青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乱れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乘~ 乙~ 九~ 九州~ 九月~ 乞~ ~乞食 乞食~ 也~ 乱~
乱れ~
~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~ 乳母~ 乾~ 亀~ 亂~ ~了 了~

「乱れ~」 1397, 15ppm, 7429位

▼ 乱れ~ (743, 53.2%)

65 いた 37 いる 20 いるの 16 来た 9 ゐた 7 きた 6 いたが, いたので, いるよう 5 いない, いるが

4 [11件] いて, いました, いるし, いると, いるので, ゐる, 居た, 来て, 来る, 行くの, 飛んで

3 [12件] いては, いなかった, います, いること, きこえた, しまう, しまった, そよいだ, そよいで, 肩に, 見えた, 顔へ

2 [34件] いたし, いても, いないの, いましたが, いるところ, いるばかり, いる心, いる時, おりました, きて, しまったの, その下, それが, なびいて, ゐるやう, 一時は, 両方の, 到るところ, 咲いて, 咲き出した, 四隣みな強敵だ, 居りますが, 居る, 徹宵水の, 来たので, 来ると, 浅黒いながら, 消えて, 白い脛, 糸の, 露の, 頬に, 頸に, 飛んだ

1 [413件] あお白く, あげくには, あっちへ, あはや, あばら家も, あらわな, あれか, いくかと, いく秋草, いずれが, いたあいだ, いたお, いたから, いたかを, いたけれども, いたこと, いたせい, いたため, いたところ, いた兵, いた心, いた時, いないこと, いないで, いないもの, いなかったから, いますが, いますけれど, いますそれ, いますの, いませんが, いませんでしたが, いるあいだ, いるお下髪, いるかも, いるから, いるからだ, いるその, いるそれ, いるだろう, いるという, いるとか, いるとの, いるのに, いるひと坪, いるまで, いるもの, いる一つ, いる中, いる場合, いる女, いる小娘, いる座敷, いる所, いる方, いる気配, いる畑, いる美しい, いる胸, いる自分, いる花薄, いる血痕, いる証拠, おいで, おりましたので, おりましたゆえ, おります, おり眼瞼, お由好み, お誓, お返事, かきむしらるるやう, かしこに, かっと眼, きた時, きっと泣い, きました, くる, くると, くるの, くるもの, くる帆村, この三十四年, こぼれた浅葱, さっき女中が, さまよえるは, ざわめき立たざるを, しとどに, しまうこと, しまう細い, しまったので, しまった頭髪, しまつたあゝ, しまつたで, じゃつい, すさみ切って, そこに, そこへ, そこらには, そして薄, そのはかま, その十年, その沈ん, その頂, その頭, それから, それから後, それと, それに, それに対する, それも, ぞっとする, たふれて, だれも, とうとうやりやがった, どれが, どッ, なにか兇悪, はおりますが, はおりません, ばらばらと, ひとつひとつ咲き誇り, ふだんの, ほつれた髪, ほとほと引裂け, ほとんどその, ぽんと, まいりまして, まいります, まことに迷惑千万, またなす, また或, まるでその, まるで心, みちのくの, むらむらと, もしも構え, もすなお, ものに, ものをこそ, やや恥ずかし, ゆかしき香り, ゆくの, ゆれて, よごれた顔, よもやに, われと手綱, ゐなかつた, ゐませんでしたが, ゐるから, ゐるの, ゐるのに, ゐる三坪, ゐる自分, ゐる褄, インクは, スツ, テンカン的に, バラバラに, 一室の, 一方の, 一時に, 下, 下ったの, 中から, 主人に, 乱臣出ず, 乳色の, 了い, 二人は, 二階から, 云い知れぬ淋し, 交って, 人まち顔なる, 人民が, 今にも窒息, 今は, 今までの, 今朝は, 何が, 修行を, 俯伏す, 傭兵に, 傷ついたから, 全身が, 兵馬都巷に, 刃みだれざる, 切れて, 初めて見る, 前面の, 力なく, 動きました, 匂ふ, 十三夜が, 半ば読み, 参りましたが, 参りましたな, 口ごもりながら, 口やかましく情, 台の, 向うから, 吹き寄せた, 味噌汁へ, 咲いた欄干, 咲くよう, 嗚呼恋, 囘転し, 困るといふ, 地上の, 埒なく, 墨を, 壁の, 夕暮の, 夢見るよう, 大勢の, 大空に, 奈良朝の, 女郎花の, 定かならず, 寒し波立つ, 寺へも, 小肥りの, 少しも, 尾花に, 居たので, 居て, 居ないの, 居らるるよう, 居ります, 居り注意, 居るし, 居るとか, 居るので, 居る国, 居る赫土, 屡ば, 山谷の, 崩折れた, 幾度か, 弁ぜず郭いわく, 彼は, 彼を, 後には, 後毛, 微笑みながら, 心が, 心もち明いた, 忠臣現, 忠臣現れ, 忠臣興るなり, 思うよう, 急なる, 悩ましいため, 惨忍性, 慄え, 我ながら, 戦った, 手も, 手紙が, 打ちかかる, 拡散し, 揺ぐ襦袢, 摩く, 散って, 散りマロニエ, 散る, 散る落花, 日本が, 昇って, 明日も, 時々お, 時々むく, 来たと, 来たの, 来てから, 来ました, 来るという, 来るの, 来るばかり, 来るよう, 来る気配, 来る胸, 梟が, 横皺の, 櫛簪, 次第に白髪, 歩調の, 残って, 殺伐な, 泳ぎけれども, 流れて, 浅ましい限り, 浅黒い脛, 浪子は, 消え, 涙ばかりを, 深い渦巻き, 渦巻き立ち, 濛々の, 濛気と, 灯に, 熱き吾身, 片手に, 狂つた, 狂ふ, 王法衰え, 珍しい見物, 環の, 生競った, 疲労の, 白きのみ, 真珠の, 眼が, 着たるコート, 着物の, 石鹸の, 私は, 穿いて, 立ったところ, 立つ時, 筋を, 糸も, 純一な, 細くまた, 細長く萎びた, 絡います, 網の, 義民が, 聞えた, 聞えたので, 聞こえて, 聞こえ口々, 聯合したる, 肝腎の, 肩へ, 背と, 背状に, 脛を, 脱しがたい, 舞台より, 舷に, 落ちた, 落ちつかなかった, 落ちぬ, 落つるとも, 葉末の, 蓬, 薄ら寒い髯, 薄紅, 薄鈍, 蘇州の, 行き京吉, 行く, 行くこと, 行くばかり, 行った, 行つた, 袖の, 裾が, 襟の, 見えたが, 見おろされた, 解らなくなった, 誘い出されて, 諸道が, 赤沼の, 赦しつるかも, 走った, 走り出で, 踊る一, 踏みはだけた下半身, 退く, 逃げ帰り夏侯淵, 通って, 連絡の, 道いっぱいに, 道具は, 遠く遠く, 長き鬣, 長く牛, 闘う, 隙と, 集まって, 静, 面影も, 面白くない, 靴音なども, 音をの, 項羽の, 頭には, 額や, 額を, 顔に, 顔の, 顔も, 顔色は, 颯と光った, 飄零として, 飛ぶの, 飛ぶので, 飛ぶ雲, 飛べば, 飛出したもの, 馬烟や, 駛り, 騒がしいと, 騒ぎはじめました, 驀然として, 黄色い花, 黄金の, 黄金色に, 黒白も, 鼻紙が

▼ 乱れ~ (68, 4.9%)

3 感じた, 気に, 見せて 2 直して, 統べる底, 起こそうと, 隠すため

1 [51件] しきりに撫でた, つくろいながら, つくろい顔, とりあげつつ, なでつけて, のぞんで, ふせぐため, みせるな, わしも, 主人に, 余り世上, 収めて, 向けて, 嘲笑って, 地上に, 察しにわかに, 帯びて, 常識の, 思い合わせないわけ, 惹き起こす巧み, 惹き起こそうと, 愛しつ, 振るい落とした, 捌き下る間断, 掻き上げた, 掻き上げて, 救うと, 救うものわれ, 整えるため, 未然に, 止めるため, 正し今, 正すこと, 片附け, 白い指先, 直さねば, 直し兵児帯, 知らぬ呼吸, 示さないよう, 繕いつつ, 見せずに, 見せず清書, 見せた大月玄蕃, 見せないので, 見たら十二陣聯珠, 見つけると, 調えそれから, 調整し, 起さして, 鎮めようと, 防ぐという

▼ 乱れ~ (40, 2.9%)

3 のよう 2 のまま, の中, を白い

1 [31件] かつ思ひ, が彼, が数本蛇, が蒼白い, が額, でやつ, といふ本, と襟足, と言っ, になっ, に雪, に顔, の一すじ一すじ, の主要テマ, の少女, の猿, の隙, の髪の毛, はめったに, は彼女, は黒幕, をかきあげる, を二, を二三本, を掻きあげ, を掻き分け, を撫で上げ, を梳き上げ, を畳, を風, 梳けと

▼ 乱れ~ (32, 2.3%)

2 口火と, 古袴, 片陰

1 [26件] あさましや, くる怖, ために, だれ刃も, ないいつも, ほかでは, まま多, ように, 中で, 先切れ, 兵庫髷の, 原因を, 収まったのち, 収まつた, 因だ, 土と, 型を, 工合先ず, 戦場に, 旗を, 苦しさ, 赤い手柄, 跡を, 重なった人波, 隙に, 龍旗という

▼ 乱れ~ (29, 2.1%)

2 して, ない, みを, 来るであろう

1 [21件] あるの, かすれる, なく蚊帳, わしく, 乗って, 今は, 体の, 何か, 始まって, 始まつて, 少し違う, 彼の, 来るでは, 目に, 窓硝子一パイに, 見えるチグハグ, 起って, 迫るよう, 青白い横顔, 頸すじに, 髪の

▼ 乱れ~ (26, 1.9%)

5 乱れて 2 近ごろの

1 [19件] おびやかされて, とつて, なって, ふるえながら, 乗じて, 乱れさせた日曜, 乱れ生きて, 乱れ討たれに, 乱れ頭, 今しも, 具象した, 刻まれて, 取って, 成って, 突ッこみ, 筆の, 見出した, 雪の, 青い風

▼ 乱れ~ (21, 1.5%)

3 ない

1 [18件] ありません博士, しない鬢, しなかった, ないこと, ない綺麗, なく, なくはらはら, なくエンジン, なく眉根, 唄の, 気に, 江戸の, 示さない, 蒼い目, 見えぬという, 見せずすこぶる, 見せて, 近づいたよう

▼ 乱れがち~ (20, 1.4%)

2 になります, になる, のイメージ

1 [14件] でありました, でしたが, で終戦後, なる胸, な短い, な雲, な髪, にこんな, にで, になり, に汗, に降っ, の小走り, の神経

▼ 乱れ~ (19, 1.4%)

1 [19件] いうまでも, いたしません, しない, しなかった, せぬかといふ, ついにそこ, なかったであろう, 乱れじゃが, 争われず組んだ木剣, 人に, 何う, 彼女にも, 政治を, 永劫を, 番鍛冶一文字に, 空吹く, 立ち直ったの, 絶えなかった, 隠秘

▼ 乱れては~ (17, 1.2%)

2 いるが

1 [15件] いず膝, いたが, いなかったなどという, いなかったの, いなかつたが, いるけれども, ならない, また彫り直し, ゐないの, 全くどうも仕方, 合い合いては, 女神どころか, 成功しません, 散り散りては, 闘えぬぞよ

▼ 乱れながら~ (15, 1.1%)

1 [15件] その乱れ, それは, それを, へやの, 両膝, 押しつぶされたすすり泣き, 新しい歌, 眺めました, 縁側に, 自分から, 艶, 落着いてる, 遠のいて, 階段を, 雑然と入りまじった

▼ 乱れ姿~ (11, 0.8%)

1 [11件] が見えた, でお, でしかも, で板の間, で縛られた, で薬鑵, のしどけなく, や羽掻, をあらわした, を繕った, を見せ

▼ 乱れ~ (10, 0.7%)

1 なる, なるは, 云ひぬ, 咲きかさなり, 更に二つ言葉, 来て, 為り踏, 縺れ合, 芸妓たちとを, 衣紋の

▼ 乱れたり~ (8, 0.6%)

1 しては, しますまい, し時, するん, する人間, 徳川氏は, 或は頭, 調えられたり

▼ 乱れても~ (7, 0.5%)

1 いたし, いない短い, 事実なら, 仮名で, 戦い合っても, 自分の, 遊行上人は

▼ 乱れ~ (7, 0.5%)

1 がふるえ, が頬, も無い, をかき上げ, をたらし, を掻きあげ, を耳

▼ 乱れつつ~ (6, 0.4%)

1 はるか廊下を, 一本の, 根を, 浮沙浮き, 産婦の, 白羽二重の

▼ 乱れ勝ち~ (6, 0.4%)

1 でございました, なしかも, な人ゆえ, にてその, に出, に聞えた

▼ 乱れ~ (6, 0.4%)

1 であった, で書いた, に於, をいだく, を林之助, 狂いて

▼ 乱れ~ (6, 0.4%)

1 には小間物, に入れ, のそば, の中, を眺める, を私

▼ 乱れその~ (5, 0.4%)

1 すさまじい形相, 仄な光りで, 暗い陰, 足取りは, 陣地変え

▼ 乱れ書き~ (5, 0.4%)

2 にした 1 になっ, の字, をした

▼ 乱れ~ (5, 0.4%)

1 が渦, にみだれ, のやう, はまだ, は舞っ

▼ 乱れから~ (4, 0.3%)

1 お前たちの, み混合, 室町幕府の, 自暴自棄に

▼ 乱れ~ (4, 0.3%)

1 その日暮し, 何か, 文章の, 汚さ

▼ 乱れ~ (4, 0.3%)

2 が血走っ 1 の光, 凹み皮膚

▼ 乱れ~ (4, 0.3%)

1 が蒼ざめていたが, の色, はみみず, は青ざめ

▼ 乱れにも~ (3, 0.2%)

1 あらはれて, なろうと, 因るだろう

▼ 乱れ~ (3, 0.2%)

1 こに, ちのさばき音という, 乱れさ

▼ 乱れ咲い~ (3, 0.2%)

2 ている 1 ていた

▼ 乱れ打ち~ (3, 0.2%)

1 に打った, に聞こえ, 閃

▼ 乱れ~ (3, 0.2%)

1 でありこれ, にもいれず, の衣類

▼ 乱れ~ (3, 0.2%)

1 で行き違う, とも見えず, になった

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 化粧崩れを, 誰に

▼ 乱れそこ~ (2, 0.1%)

1 から覗く, をあたかも

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 どうみ, もって

▼ 乱れという~ (2, 0.1%)

1 ほかない, 怖れ

▼ 乱れども~ (2, 0.1%)

1 吾は, 我は

▼ 乱れぼんやり~ (2, 0.1%)

1 して, と街灯

▼ 乱れ且つ~ (2, 0.1%)

1 引き裂かれて, 整わざるにも

▼ 乱れ咲いた~ (2, 0.1%)

1 なまめかしき丘, ような

▼ 乱れ思ひ~ (2, 0.1%)

1 乱るる, 乱れと

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 はかたく, も足

▼ 乱れ放題~ (2, 0.1%)

1 に乱れ, 乱れた社会

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 が異, であった

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 の青, をさえ隠す

▼ 乱れ立ち~ (2, 0.1%)

1 つつ, 蔽ふ

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 の足ぶみ, ふ此

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

2 が蒼ざめ

▼ 乱れ落ちた~ (2, 0.1%)

2 線や

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 が美しく, はなく

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

2 のすそ

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 の友染, 流れて

▼ 乱れ~ (2, 0.1%)

1 の中, は次第に

▼1* [209件]

乱れ藤は, 乱れかごにパアッ, 乱れがたい自然の, 乱れきつとる, 乱れくずれる時の, 乱れこれに優る, 乱れごころを誘います, 乱れ寝しさ, 乱れさえ一入の, 乱れさんざんに打ち破られ潰え, 乱れざしヨイヨイヨイヨイヨンヤサソレヘ, 乱れしかば王法も, 乱れしも乱れぬも, 乱れすらりとした, 乱れそういう自分を, 乱れそして艶の, 乱れそめにし, 乱れそめた恋心と, 乱れそれもこれ, 乱れそれいずれの日, 乱れそ妹があたり, 乱れたえず忙しく騒々しかった, 乱れたちまず何より先, 乱れたりと見えましたれば, 乱れたりなどなどその例, 乱れたるを愧ぢ, 乱れだったがほどなく, 乱れや, 乱れっきりで応仁, 乱れついに意を, 乱れてさ藤色の, 乱れてしもて各々その, 乱れてにほふふぢ, 乱れてをり標準, 乱れであり魂の, 乱れであろうと手, 乱れでも直すが, 乱れとがあふれて, 乱れともどもに閃光, 乱れと共に政治の, 乱れどくだみの香, 乱れ丁子みだれ, 乱れながらにこまごまと, 乱れながらも私は, 乱れなぞを極めて注意深く, 乱れにとって歌よみ, 乱れひまなき空, 乱れふすなる冬は, 乱れふっと手を, 乱れふと肺病にでもな, 乱れほうだいに, 乱れむとする危険を顧みざる, 乱れもうよいよい染み, 乱れものむづかしきけはひも添ふるわざなるを, 乱れやうであつ, 乱れやすいが老人, 乱れやすく常にものごと, 乱れやはする, 乱れやら黄匪の, 乱れゑひて人は居り, 乱れズボン釣がはずれ, 乱れネクタイが半ば, 乱れブツリ噛み切つて壁, 乱れ一ツなかった, 乱れ一律の連脈, 乱れの女の子, 乱れ必要な, 乱れ不思議にもその, 乱れの若人, 乱れ乍らさまよい歩いた, 乱れ乱れてかきむしらるる, 乱れ予算の大, 乱れ争いその雑踏, 乱れ事情は刻々, 乱れ二人は落花, 乱れ二目と見られぬ, 乱れ人望を失った, 乱れ今朝まだ冷たき, 乱れの客, 乱れ他人との交渉, 乱れ以来幕府に服さず, 乱れ伏しています, 乱れ何かしら動いてるものの, 乱れ侍りしに思ひわび, 乱れ侍共の士気, 乱れ入り組んで慄, 乱れ全身にねっとり, 乱れ冷たい汗が, 乱れ出ずる喧擾にくだん, 乱れの上, 乱れ初めましたので私, 乱れ前髪の根, 乱れも光, 乱れで昼, 乱れと飛交う, 乱れひて, 乱れ呼吸のはずみ, 乱れ咲きに咲き止まつ, 乱れ咲き柿の実, 乱れ咲くラ・ギモレエの, 乱れ四五軒つづいた長屋, 乱れ国民の自覚, 乱れ土気色になった, 乱れづいた髪, 乱れ堪えがたい悩ましさに, 乱れ墓地を飛ん, 乱れ太鼓のとどろく, 乱れ妄念は競い起る, 乱れ室内の物影, 乱れ寝息それが熄むと魂魄肉体, 乱れ尾道にいたたまらず, 乱れ居候折から又, 乱れ工合から見る, 乱れ工業は脅かされ, 乱れ左翼の三艦, 乱れ弥勒仏下生すと, 乱れになっ, 乱れ心地で夜店, 乱れ推断もまた, 乱れ撃ちの銃声, 乱れ放題汚れ放題伸び放題に任せ, 乱れ政治力が弛緩, 乱れ散りいつしか路傍, 乱れ日色黄に濁り, 乱れ易い休暇中の, 乱れと場所, 乱れ木剣の顫, 乱れ朱盆のよう, 乱れが茂る, 乱れ毛糸のシャツ, 乱れ気力を失い, 乱れ気味と見えた, 乱れに凍る, 乱れは太腹, 乱れの乱れ, 乱れに揺る, 乱れ湖面に美しい, 乱れ源軍討たる, 乱れ炸音は鳴り, 乱れ焼刃刀面に女, 乱れ片方の眼, 乱れ狂う嵐, 乱れ狂っていた, 乱れ狂つて冷たい窓硝子, 乱れ理論は効果, 乱れは誰, 乱れひて, 乱れが怒った, 乱れ男女相抱いた姿, 乱れ白い着物は, 乱れ白樺が細かく, 乱れ白銀の, 乱れは洞ろ, 乱れ神経は荒れ, 乱れ種々に思佗, 乱れる花びら, 乱れふが, 乱れ笠思いはいつか, 乱れ筋肉が硬, 乱れ精神がしどろもどろ, 乱れが入, 乱れの地, 乱れ繁る叢林で, 乱れ群盗所在に横行, 乱れの音, 乱れ耳朶の小さく可愛らしい, 乱れに波打ち, 乱れの戦慄, 乱れ腐れて行く, 乱れでその, 乱れがもつれ, 乱れ茂る間に, 乱れ茫然として正気, 乱れ華やかになり, 乱れ落ちてはかない, 乱れ落ち頬の色, 乱れ蒼ざめた硬い顔, 乱れの声, 乱れは破れ, 乱れ衣すべてが媚, 乱れ衣服等につき候紋, 乱れ衣紋はくずれ, 乱れ裂け帯崩, 乱れ赤い腰巻の, 乱れ身辺に内, 乱れ軌道から少し, 乱れってある, 乱れ退かせてしまった, 乱れ竪ち, 乱れ遂には何れ, 乱れ野菊また花開く, 乱れ間もなくはたと止む, 乱れり重なって, 乱れ電話の滅茶苦茶, 乱れ忽ち降り来り, 乱れの肉, 乱れに大きな, 乱れ顔半分は髭, 乱れる, 乱れ騒ぎ狂う, 乱れ騒ぐのを, 乱れ髪びんのおくれ, 乱れ髪乱れ笠思いはいつか, 乱れ髪夢にし, 乱れ髪毛は汗ばんだ, 乱れ髪落梅集むさし野, 乱れはじけ薄, 乱れ鳳凰丸の建造, 乱れがいる