青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

下げ~ ~下げた ~下さい 下さい~ ~下さいまし ~下さる 下さる~ ~下され 下され~ ~下し
下し~
~下す 下す~ ~下っ 下っ~ ~下り 下り~ ~下る 下る~ ~下女 下女~

「下し~」 1984, 20ppm, 5803位

▼ 下し~ (1186, 59.8%)

35 いた 20 いる 18 いるの 14 しまった, ゐる 9 ある, しまつ, ゐた 8 置いて 7 煙草を 6 いたが, ゐるの, 来て 5 いたの, これを, しまう, 居る 4 いること, しまったの, 呉れ, 息を, 来た

3 [24件] いて, いましたが, います, いるか, いると, いるところ, いるよう, いる所, おいて, おきます, しまうと, その上, それを, みたが, みると, やると, ゐたが, ゐること, 來た, 倒して, 机の, 自分の, 見ると, 身に

2 [66件] あった, いいか, いない, いる一般的結論, おいでに, くれた, くれと, この犬山, これには, しまうの, しまって, じつと, そのま, その中, それが, ぢつと, ぼんやり発車, やりました, ゆくと, よこせと, よこせまだ, ゐた小娘, タバコを, 両足を, 之れ, 乳を, 了った, 了つた, 人工呼吸でも, 仕事を, 休んだ, 休んで, 何にか, 例の, 入つて行, 全校の, 助けようと, 医者へ, 夜作を, 属輩にも, 差上げろと, 彼の, 彼を, 恨みを, 悠々と, 来たかと, 来たこと, 次の, 水の, 溝の, 片足を, 眼を, 私に, 私は, 育ち出発する, 腕を, 腰を, 膝の, 至極好, 茶を, 見せろ, 見た, 見て, 貰って, 針仕事を, 長い間

1 [781件 抜粋] あげます, あったが, あったリュックサック, あの人, あふるの, ありませんでしたので, あり低い, あるの, あるばかり, ある掛布, あんな奴, あーっと, いたこと, いたに, いた売り歩く蕎麦屋, いた小娘, いた東助, いた筈, いた老人, いた行李, いった, いつたどうか, いつも若々しい, いなければ, いました, いまも, いるから, いるが, いるという, いるとか, いるのに, いるのみか, いるもの, いるん, いる人, いる傍, いる学生姿, いる日本, いる時, いる有様, いる本部, いる真, いる英信, いる速水, いる黍畑, うぬ, おいたこと, おいたそれ, おいた私, おきさえ, おきの, おくれ, おくれよ, おけ, おしまひ, おまけに, おもむろに包み, おやりん, おられる向き, おられる訳, おり町, お上さんの, お呉ん, お在, お婆さんは, きた敵勢, きた朝, きて, ぎいつぎいつと漕ぎはじめる, くださるという, くださるの, くると, くる寒風, くる隅田川, くれ, くれたの, くれという, くれました, くれませんか, くれること, くれる者, けろりとした, こそこそと, こなかった, この人工的, この馬鹿, これと, これは, ございませんから, さう, さっそく, さてこれからどう, さて途方, さめてから, しだいに地上, しまいました, しまうという, しまおう, しまったあと, しまったら自然, しまっても, しまつたのは, しまつて, しまふ, しまふこと, しまふの, じっと水, じっと考え, すっかり家族, ずんずん右, そこと, そこの, そっと糸子, その事, その内容, その大, その帰, その膜, その言葉, その陋劣, その首, そろって, たくさんの, たしかに胸, たちまち山, たちまち彼, ぢつ, ついさっき, とりだしたの, どうした, なお可愛く, なすの, なだめた, にげ出した, ひっそり寝鎮まった, ぼんやり發車, まいるよし, またまじまじ, また素戔嗚, また酒盃, みずからその, みせた, みたい, みたところ, みたり, みて, みる, もう朝, もしマホメット教徒, もって, もらいたい, もらえるはず, もらった, もらふと, やさしく言った, やって, やみを, やらうと, やること, やるん, やる訳, やろうと, ゆく, ゆっくりと, ゆっくり云い出した, よし, より三度目, より俄, わざとお, ゐた着物, ゐなかつたため, ゐなければ, ゐると, ゐるといふ, ゐるやう, ゐるらしい, ゐる場合, ゐる学生姿, ゐる機關兵, アグラを, ガタガタ障子を, サッと死体, シガレットに, ジカに, ジムや, セキレイの, ネルロと, ハチロウの, フラスコへ, ベーアの, ホホホと, マントの, ムクゲを, 一つの, 一家中が, 一攫千金の, 一生草鞋穿き, 一端口外した, 一箱の, 万石の, 三人の, 下から, 下さいますならきっと, 下へ, 与里の, 世帯ぶった, 両手に, 両手を, 中の, 之を, 了は, 二人は, 二人を, 互に見る, 京都に, 人を, 人工的の, 今日いくら植へて, 仙之, 以て, 休まうなど, 休ませ休ませしながら, 休みました, 休む, 休息した, 休息しなけれ, 伺いを, 何か, 何は, 何気ない顔, 作り出した物, 來る, 先づ聲を, 入り用な, 全部改めて, 兩足を, 八方へ, 其の背後, 其内部に, 其旗艦ペトロパフロスクを, 出かけます, 出掛けて, 別な, 刺身を, 前へ, 前途の, 力漕した, 助けて, 助けに, 労働者や, 動植物の, 化石の, 北条氏を, 医家の, 十名ばかりの, 千世子の, 半ば腐れかか, 卓上に, 単におばけ, 参ります, 反對者, 取ろうと, 取籠め, 口笛を, 右手奥の, 名も, 向い合った時, 告げるです, 呟いた, 周圍の, 命拾いした, 咬み付いた所, 問責し, 喜びの, 四周を, 土間に, 在来陶器の, 地割などの, 地方の, 坐り後, 坑夫や, 墻壁と, 夕暮から, 外を, 多くは, 大勢の, 室外に, 家財を, 密閉され, 寝かせました, 対象の, 小次郎の, 尻尾を, 居った一つ, 居て, 居られます, 居られるの, 居ります, 居るかすみ網, 居る部分, 山気いと, 岩と, 峰, 師を, 幕府を, 幸村に, 庭先を, 廊下を, 弁当を, 彼に, 彼奴の, 往時を, 往来の, 後なお, 後はじめて, 後再び, 得々と, 御首, 徳市と, 心安げ, 志村其人の, 念流の, 急がわ, 恋しき故郷, 恋愛の, 戦闘準備を, 戰いました, 戴きたい, 戴きたいの, 房一が, 扇子を, 打たこと, 投げ出すやう, 抜いてから, 拙き処, 拙き處却, 振り向いた, 捨鉢にな, 掘つた防空ごう, 携えて, 改作しなけれ, 救ふと, 敵を, 斯う, 斯う計らい, 暗闇から, 曰くだが, 曰く如何に, 有る天秤, 朝野の, 本宅へ, 来かかる, 来たもの, 来ました, 来ること, 来るらしい, 松田の, 楊彪について, 槊杖で, 次に高木, 欲しいと, 此れ, 此国の, 歩より, 殺さないでも, 殺さねえでも, 殺したり, 殺すか, 殺せしより, 毆きで, 水を, 水夫長の, 水薬と, 水面を, 氷水を, 江岸江上を, 江戸城の, 泰西渡来の, 洟を, 海を, 海風の, 滅多に, 漫々たる, 火の, 灯の, 無事な, 焼酎を, 煖炉の, 煙草に, 父親の, 片手に, 独りで, 獨り考へ, 率ざとあらんは察し給へ, 玉込を, 生きて, 画界に, 畫きた, 白っぽく光っ, 盃を, 直ちに禁止, 相当の, 看護卒は, 眸を, 着物の, 矢張り石の, 知人を, 硝子の, 碎き潰さる, 神憑りに, 私と, 私等の, 空の, 空中に, 窓から, 立ち去った, 立て並べた膝, 立休ろうて, 精進の, 納まる人, 組んだと, 総動員を, 緑の, 縦横に, 繁殖し, 置いた, 置いたのに, 置きたいと, 置くの, 置く常識的観察, 美しい瞳, 美しい繪, 美和子は, 老いたるもの, 考へて, 而し, 職員室に, 能く, 腕組を, 膝に, 自ら皮相的心理状態に, 自己の, 舞台の, 船と, 若もの, 落ちつく事, 藁を, 行く奴, 行った, 行った由, 袋の, 袋叩きに, 褒賞し, 見, 見せねば, 見た訳, 見ようならば, 見渡すと, 言います, 言路を, 訓育なさらなく, 話しかけた, 読書し, 調査を, 諸神, 讃美歌集を, 貧しき者, 貰いたい, 足で, 踟, 身支度を, 辞を, 送りやる, 通りすぎました, 造り上げたところ, 遠い山脈, 那の, 部屋の, 重心を, 釣れるの, 銀の, 鋭利なる, 長く, 長崎港を, 防ぐと, 陶酔と, 雨に, 雪の, 電燈の, 霧と, 青銅の, 頑として応じなかった, 頭を, 頻に, 額の, 食べ始めて, 食事を, 飴玉を, 高い高い梢, 麻繩の

▼ 下しよう~ (83, 4.2%)

15 がない 14 もない 10 がなかっ 8 もなく 7 がありません 5 がなく, のない 3 が無かっ, もなかっ 2 はありません, もありません 1 がな, が無くなっ, である, なき次第, なく目, のない烈しい, はありませぬ, もありませんでした, もなかつた

▼ 下しながら~ (40, 2.0%)

2 云った, 快い休息, 横に

1 [34件] きいた, こう云う, ここばかりは, しかし私, しきりに彼, その目礼, てれ隠しに, ふいに, われとも, ポケツトから, 一人が, 一際高く, 不吉な, 之字形に, 仔猫の, 吐息を, 喘ぐよう, 嬉しそう, 子供らしい, 安倍さんの, 寝台に, 後を, 怖い顔, 漫然と金口, 目は, 答えた, 米友を, 自分自身も, 血に, 褐色の, 言った, 通り過ぎ嶄岩, 遡って, 酒を

▼ 下し~ (38, 1.9%)

3 かかった, 家の

1 [32件] いらした時, この家, なったという, なったり, ならずガルボ, なりました, なりましたか, なりましたら天若日子, なりませんの, なりまんが, なる, なるお, なること, なると, ろくなこと, 云う誰彼, 出帆までには, 尋ねそして, 尋ねて, 引き返すパセイジ, 扉の, 捨てた太刀, 此家の, 相談する, 秋の, 立上つた, 聞いて, 至るまで, 行くの, 賄賂を, 運動した, 頼む

▼ 下し~ (37, 1.9%)

5 婆の 2 笠を

1 [30件] お手判, セルの, 三度笠を, 事について, 事は, 事を, 來る, 儀式は, 勢力を, 名啖呵, 名誉に, 坊さんには, 坊さんは, 大風が, 婆と, 婆なぞとは, 家です, 家に, 所に, 所へ, 手伝いを, 時には, 本結城, 物ばかりを, 状景を, 疾風に, 茅葺屋根ゆえ内法が, 薬袋には, 言を, 言葉を

▼ 下し~ (37, 1.9%)

5 る有難く, れ候樣偏 2 れしが

1 [25件] るべしと, る早々, れける是偏, れしかば, れしと, れしにより, れなば, れましたと, れまして, れる樣拙者ども, れ候旨其節仰せ, れ候樣, れ候樣御取次有, れ候間其後私, れ夫道十郎, れ店請人, れ度, れ度願, れ御, れ文右衞門百兩, れ新規, れ權三, れ短刀, れ都合八百五十石, れ都合十五人扶持

▼ 下したり~ (31, 1.6%)

7 して 5 した

1 [19件] あるいはそれ, したがるそぶり, したがる素, したもの, するよう, する度, する心理, する煩, する者, それを, また松, ガラス窓を, コキ上げ, 力を, 小作連に, 新聞紙が, 演習した, 要するに文献そのもの, 訓戒を

▼ 下しやう~ (27, 1.4%)

5 がなかつた 4 もありません 3 がありません, はありません, もなく 2 がない, もない, もなかつた 1 が無, が無い, も無く

▼ 下し~ (22, 1.1%)

6 して

1 [16件] かけて, させられたり, したり, する, する度, 一心に見守っ, 二三服呑ませた, 嘲って, 夢中でし, 始めた, 恐れて, 手伝ったり, 用うる, 置かれるよう, 買った, 飲んで

▼ 下しその~ (12, 0.6%)

1 [12件] 上に, 先鋒には, 内に, 夜彭義に, 家に, 海賊は, 由を, 結果此人は, 近くに, 鍵は, 関門を, 高等官から

▼ 下しても~ (12, 0.6%)

1 [12件] きっと正しい, ちつとも, よいとさえ, よろしいという, ソッと, ミルク, 人民は, 名人の, 差支へは, 幕外への, 未来に, 殺して

▼ 下し~ (10, 0.5%)

1 きっとよい, そんな馬鹿, たきもの語原の, どこの, 名を, 城を, 実に面白い, 眼を, 自分の, 起って

▼ 下しては~ (9, 0.5%)

1 いけない, いなかったが, こなかった, イケぬ, チト迷惑だ, 不遜だらう, 翼を, 落度に, 見たものの

▼ 下し~ (9, 0.5%)

3 がない 2 がなかっ, に至る 1 が無く, もない

▼ 下し~ (8, 0.4%)

1 しないが, しないであろう, しなかつたん, その貴族, ドタリと, 平次にも, 神様を, 船で

▼ 下し~ (8, 0.4%)

1 える, える鍵, はつた, ひしは, ひし一品, ひし神, ふその, ふ詔旨

▼ 下しこれ~ (7, 0.4%)

1 に種々, は人口, は郎苦叉鬼, を更に, を照らす, を特殊, を錦織村

▼ 下してから~ (6, 0.3%)

1 いろいろな, 二十一年目実之, 卵を, 次の, 私一人を, 金貨の

▼ 下しにくい~ (6, 0.3%)

1 がこういう, ので画家, ものを, ように, 大問題, 故に列挙

▼ 下しおかれます~ (5, 0.3%)

5 ように

▼ 下しまた~ (5, 0.3%)

1 格子の, 相継いで, 私が, 若干の, 頗る奇行

▼ 下し~ (5, 0.3%)

2 するの 1 せずに, 出なくなって, 心配なら

▼ 下し置かれる~ (5, 0.3%)

1 お言葉, ことが, とあっ, 内々の, 然る

▼ 下しあるいは~ (4, 0.2%)

1 これが, それに, 卜筮者に, 危地に

▼ 下しさえ~ (4, 0.2%)

4 すれば

▼ 下し~ (4, 0.2%)

1 ある貴族, いて, 熬り豆, 言つてゐます

▼ 下しにも~ (4, 0.2%)

1 太い樫, 気を, 自分の, 船で

▼ 下し置かれた~ (4, 0.2%)

1 というわけ, ように, 御意に, 盃を

▼ 下し~ (3, 0.2%)

2 かるべきもの也 1 医者も

▼ 下し~ (3, 0.2%)

2 て煙 1 て云った

▼ 下したま~ (3, 0.2%)

1 に褒めた, へかし, へりああ

▼ 下してあつ~ (3, 0.2%)

2 た戸 1 たからとて

▼ 下しという~ (3, 0.2%)

1 ものが, 奴は, 神事が

▼ 下し~ (3, 0.2%)

1 がやはり, はない, をした

▼ 下し~ (3, 0.2%)

1 の手, は恍惚, は隅

▼ 下し置かれ~ (3, 0.2%)

1 まんいち当人, 候ては, 御時節柄

▼ 下し難い~ (3, 0.2%)

1 が多少, と思った, と述べ

▼ 下しおかれる~ (2, 0.1%)

1 のも, よう取り計らっ

▼ 下しけれ~ (2, 0.1%)

1 ばお, ば亭主

▼ 下しそして~ (2, 0.1%)

1 その父, 駆け出したが

▼ 下しそれ~ (2, 0.1%)

1 に腰, を地面

▼ 下しそれから~ (2, 0.1%)

1 君の, 次第に膨脹

▼ 下したりなど~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 下してからの~ (2, 0.1%)

1 進行ぶりは, 青年は

▼ 下し~ (2, 0.1%)

1 おざる, めしを

▼ 下しなお~ (2, 0.1%)

1 且つ金十枚, 鬼火に関する

▼ 下しながらも~ (2, 0.1%)

1 満谷剣, 自分以外の

▼ 下しならぬならぬ~ (2, 0.1%)

2 上人様は

▼ 下しスカート~ (2, 0.1%)

2 を引

▼ 下し五度~ (2, 0.1%)

2 飲むうち四度

▼ 下し~ (2, 0.1%)

1 の肺腑, をあつめ

▼ 下し~ (2, 0.1%)

1 べし, よし女

▼ 下し再び~ (2, 0.1%)

1 私を, 鍵を

▼ 下し小便~ (2, 0.1%)

2 がしたかったら

▼ 下し平地~ (2, 0.1%)

1 に波濤, に波瀾

▼ 下し~ (2, 0.1%)

1 の正面, をつかもう

▼ 下し~ (2, 0.1%)

1 で, の著名

▼ 下し~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 下し煙草~ (2, 0.1%)

1 をくゆらしはじめた, を取り出し

▼ 下し置かれたい~ (2, 0.1%)

1 ものだ, もので

▼ 下し賜わり~ (2, 0.1%)

1 弥, 雪野寺を

▼ 下し賜わる~ (2, 0.1%)

1 よう, よう公儀へ

▼ 下し~ (2, 0.1%)

1 を伸ばした, を床板

▼ 下し難く~ (2, 0.1%)

1 また赦免, 候については

▼ 下し~ (2, 0.1%)

1 な当時, を呼び

▼1* [273件]

下しはや打, 下しあおりを揚げる, 下しあらねばならぬ, 下しあるように, 下しあわや打ち砕かんと, 下しいと静かに, 下しおかれおかげを, 下しおかれしをさり, 下しおかれとう存じまする, 下しおかれまするやうに, 下しおかれますれば有難い, 下しおし下しして, 下しおのれ欲無限の我, 下しかくのご, 下しかつ適当なる, 下しからどしどし私, 下しがちであると, 下しこれから決して捉まえ, 下しさうな事で, 下しさて何を, 下ししかも私は, 下ししも韓非, 下しすなわち新宿終点に, 下しするだけの無言, 下しそうだったが, 下しそこより動かう, 下しそしてまた何者が, 下したといへるが, 下したまう鶴の, 下したりとはいたく誤れり, 下したるが如く, 下しちょっと考えて, 下しつい今しがたまで, 下しつつ微笑を, 下しづくして音果つる, 下しててのひらに顔, 下してね明けて, 下してをられます, 下しといふ事あり, 下しときどき実験をも, 下しどこに生れ変った, 下しば汝待ち, 下しながらにこつい, 下しなどして, 下しなどの難は, 下しなりを不明である, 下しにがつかりと, 下しについてまずその, 下しによって否漢文そのもの, 下しひそかに兵数, 下しふり払ったの, 下しふり上げている, 下しふり払うツモリな, 下しまで岩田屋さん御, 下しみずからその実行, 下しもう一度引き返して, 下し出来そくなった, 下しやあ小森さん珍しい, 下しやつて来た, 下しゆうべは安眠, 下しわざと煙草を, 下しグローチゥスの財産, 下しコレ聞よ逃亡者, 下しシーツを敷き延べ, 下しナイフ千枚通し鋏剃刀等先端のとがった, 下しパイエーオーンに治癒, 下しホンゴウソウなる和名, 下し一たび生れた兒, 下し一時に皆, 下し一箸もつけず, 下し一般キリスト教徒のイスラム教徒, 下し一行はぽかぽか, 下し七十銭だして, 下し三家大老を召す, 下しはかばかり, 下し上り可申と存候得共, 下しを船, 下し不折君はいきなり, 下し手の甲を, 下しには二疊臺, 下しを特殊, 下しと生, 下し二連発銃を下, 下し五箇所の暦師, 下しと考へ, 下し人工呼吸を施します, 下し人生酒あるかな, 下し今日にいたる, 下し令状も見たであろう, 下して藩主, 下し伊沢は一気に, 下しか食う, 下し何だか次郎の, 下し信房は一兵, 下し候者も死一等, 下し離れず近く, 下し先ず一服と, 下し其の間は, 下し其罪跡を審判, 下しかにクリスト, 下し切天神割しのぶ割鹿子唐団扇結綿鹿子天神四ツ目崩し松葉蝶々, 下し初めたでせうきつ, 下し加害人は跋扈, 下し加減に彼女, 下し勘辨致す樣, 下します時, 下し十字軍を起し, 下し十歳ほども年下, 下し取る時に, 下しを開く, 下しと左, 下し同時に紅塵の, 下し呆然となって, 下し味方を損ずる, 下し命令をだし, 下し固唾を呑み, 下し土用の丑, 下し坂東へ遣わさるべき, 下しの隅, 下し付く日, 下しのきらきら, 下しの十時過ぎ須原, 下し問題に, 下し大いに呵責拷問し, 下し大事にポケット, 下し大同を攻む, 下し大岡越前守役所へ差出, 下し大町から針ノ木峠, 下し大衆的基礎の上, 下し天下の政事, 下し太古天地剖判以後大和の地, 下し奉らんとしけれ, 下し奧座敷の眞中, 下し女郎ニうりしなり, 下し如何なる方法に, 下しに淋しかっ, 下しを石の, 下し宗門の威, 下しを致した, 下し小手巻きの延び, 下しを了する, 下し屋台へ天秤, 下しへ漕ぎ寄せ, 下し崔發は獄中, 下し巻煙草を分ち合っ, 下し舞台上下に, 下し幾日迄に断髪, 下しの方, 下し弁当を食べ, 下し当事者双方を信服, 下しに, 下し後方に静か, 下し後頭部をなぐっ, 下しに授けた, 下し得可し, 下しに懸る, 下し必ず龍の, 下し急ぎ門前に, 下しをきゅうだん, 下し懐中から火打石, 下し或いは人を, 下し或は指図も, 下しを引開, 下しも足, 下し手巾で汗, 下し手提を左, 下し招待券の御, 下し政治社交学問商売恋愛さへ是, 下しを為す, 下し新艘の天神丸, 下し日本のこの, 下し日本人の生活, 下し日蓮をもっ, 下し明答を与える, 下し易い美文めいた, 下し普通とは反対, 下し最初にまず, 下し最後には遂に, 下し朝日將軍の武名, 下して草, 下し来たるを上品, 下し来るを上品, 下し板張りの壁, 下しの上, 下し校長と雀部, 下しをし, 下し械枷を体, 下し棒組と咄, 下し椅子の上, 下し次第に暮れかかる, 下し正面に坐った, 下し死後の霊魂, 下し気狂いのいう, 下し気狂い坊主のよう, 下し水師をさして, 下しを眺め, 下し決して人の, 下し法被を脱ぎ, 下し泥土によごれた, 下しひて, 下し渋紙のよう, 下しを点じ, 下し炭坑地方を開拓, 下しに預かる, 下し物平を得ざれ, 下しに訓示, 下し独自の識見, 下し王弟去らしめつ, 下し甚だしきは価値, 下し田地の全, 下しを引き立て, 下しとしばらく, 下し直言を求められ, 下し相対する階段附近, 下しに潜った, 下し秀衡は凶賊義経, 下し稀少性と価格, 下しへ走り, 下し終って竹造, 下し終り手を拭い, 下し給うものである, 下し給うたとみるべき, 下し給うた後白河法皇からまた, 下し給えさもなく, 下し総監の方, 下し漫な, 下し縁側に並べた, 下しに輪, 下しを離, 下し置かれねえのだろう, 下し置かれましょうこれが, 下し置かれますよう, 下し置かれまするやうに, 下し羽根を拡げ, 下し肩あての布, 下しの方, 下し自ら代って, 下し自ら代つて之に乘, 下し自分にしがみつい, 下し自分たちの人為, 下し自身に命名, 下し芝原氏と共に茶, 下し草臥た歩, 下し荒物見世を開きまし, 下し葉巻を悠々, 下しをあけ, 下し行爲の源泉, 下し見申せば, 下し規則を規定, 下し親しく縄張り致した, 下しにても, 下し請願の事件, 下し神に, 下し諸処を食い散らされた, 下し豊前国田野浦部崎の方, 下しはつて, 下し賜はんとは, 下し賜わった名器什宝を, 下し賽銭を上げ, 下し赤川大膳藤井左京の兩人, 下し轟々たる地鳴, 下し近くの水道栓, 下し連日これを攻めさせた, 下し運転手台に乗った, 下し邸内の有志等, 下しをかけ, 下し難しと雖, 下しどつと, 下し頬杖ついて, 下しを積み込む, 下し鳴海から国境, 下し鷹匠が来る, 下し黎明にその