青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~乘 乘~ 乙~ 九~ 九州~ 九月~ 乞~ ~乞食 乞食~ 也~
乱~
乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~ 乳母~ 乾~ 亀~ 亂~ ~了

「乱~」 1506, 16ppm, 6952位

▼ 乱~ (162, 10.8%)

5 起して, 避けて 3 起した時 2 おこして, 作した, 作せし, 好むもの, 小説に

1 [139件] うるさそう, おこしたという, おこした時, おなげきなら, かさね世間, かもした折, かもす天下, このむの性質, ご制止, しずめるため, しずめ府, して, すべて臣下の, たくませるよう, たくめど, つくるなど, とげて, なさないとも, なした大昔, なした時, なすといった, なすとは, なすの, なせるは, のがれて, のぞむ戦賊, まき起こすひとつ, よろこび自己, わすれず, 企ておる, 企てたる者, 企てて, 企むとは, 作し, 作った者, 助長する, 問わるる公責, 喜ぶもの, 嘯く徒, 境として, 大きくし, 好みしは, 好み今日, 好み戦ひを, 好む, 好むという, 好むの, 好むの徒, 好むの質, 好む一種, 好んで, 平げて, 平げん, 平げ朝鮮を, 平定し, 引き起こすに, 待つよう, 忘れず, 忘れずという, 忘れずといふ, 忘れずとは, 忘れずの, 忘れず乱, 忘れず閑, 忘れて, 忘れない精神, 忘れなかったの, 忘れぬ心掛け, 思い不軌, 思い虚, 思ふの一時, 思わず創業, 思わず武士, 思わんと, 恣に, 憂えられるならよく, 払い鎮めて, 招来する, 持ち来たさないよう, 指摘し, 捲き起したの, 捲き起しては, 敢えてなす者, 書こうと, 最後として, 望んで, 未然に, 東海に, 治めるには, 治める重臣, 為しその, 為し金陵, 為す, 生じやすく, 生じ乱, 生じ候事, 生ずるに, 生みおこすよう, 発し曹操, 知って, 知らずという, 終った今, 終って, 経て, 聞いて, 聞きて, 見て, 見ねば, 見れば, 討伐した, 調べに, 調べるため, 謀むほどな悪党は, 謳ったもの, 起こした大阪, 起こして, 起こし城代はじめ, 起こすこと, 起さん, 起したからこそ, 起したそれ, 起したため, 起したという, 起したとき, 起しても, 起し今, 追いつつ, 避くる, 避け世, 醸さんと, 醸して, 醸すに, 醸すまいと, 鎮めしより, 鎮めんと, 鎮定し, 開きしこと, 離れて, 静めたといふ

▼ 乱~ (151, 10.0%)

4 時の 3 ために 2 あるたび, もとを, 因と, 基, 基です, 折に, 時に, 焦土と, 際に

1 [126件] あの残党たち, おこる日, ころは, ございますこと, さ中に, それが, ときの, とき天武帝の, とき汝らの, のちに, はじめ貧しき, まだ収まらない, むかしは, ような, ように, テンマツ自体が, 一つの, 一挙は, 一方の, 三万七千の, 中で, 主役であり, 事を, 二の舞にも, 例を, 兆しなりと, 兆と, 先駆に, 兵火を, 初めて起る, 前例も, 前後の, 剣, 勃発した, 北条勢と, 原を, 原因は, 原因を, 叛将と, 因に, 因を, 圧迫が, 地を, 境界に, 外にだけ, 大海人, 太刀風獅子刀の, 如きは, 始まる七年前, 始まる直前, 始めだ, 始めでしょう, 始めなりと, 実を, 平定を, 年, 年に, 年には, 年は, 年即ち, 年為家は, 張本人と, 張本人光秀の, 後では, 後は, 後天武天皇として, 後定家は, 後将軍義昭を, 後少年頼朝が, 後彼は, 後敗れた, 後流転し, 後立たれた, 徴候に, 怨みを, 恐慌を, 戦場を, 戦士が, 手先に, 折には, 折広, 時で, 時よりも, 時代にかけて, 時初めて, 時斯波家も, 時期に, 最中で, 未だ発せざる, 末に, 歴史から, 波及する, 波及を, 淵源を, 済んだ後, 火だ, 炎を, 目標を, 直後早速, 直接の, 石垣の, 種子を, 端緒と, 策源地と, 紛れに, 結果は, 色を, 蜂起する, 責任者である, 責任者として, 賊子蜀の, 赴く所, 起これるを, 起った寛永十四年, 起つた時, 起らぬよう, 鎮定後明治政府に対して, 間に, 陣立は, 陰因を, 際には, 雪の, 頃からは, 頃の, 頃山名宗全が, 首塚にも

▼ 乱~ (121, 8.0%)

3 乱を, 於て 2 いて, ゐて, 当り駱賓王, 逢ひ

1 [107件] いたる半, いたる暗澹, いったん滅亡, うず巻く時, おとしいれ万民, おもむく公孫, して, その義朝, なった宴席, なって, なりて, なるしか, なれ, なれ乱, のぞんで, ひとしくふし, ひどく疲れ, ふれた箇処, まかせて, まき添, よりて, わかれ鞍馬, オランダ国の, 一つでは, 与し大覚寺統, 乗じて, 乗じては, 伊予掾純, 依って, 入り乱, 入り始めたもの, 処しまた, 出て, 出征し, 到るほど, 南都東大寺が, 参加し, 参軍した, 及ばず, 及ばずの, 及ばない程度, 及びさうになつ, 及ぶなどといふ, 及ぶ憂ひは, 反動し, 反徒, 呼応し, 和蘭国の, 天武天皇方の, 始まって, 安房国に, 官軍に, 宮方へ, 寝も, 将門の, 小功, 小西大野等の, 就て, 山名宗全は, 崩れ去った義朝, 常時防人の, 当って, 徐州で, 慶喜が, 手を, 打ち向い, 打死し, 投じ自己, 支配力を, 敏感で, 敏感な, 武功を, 殪れ, 汚穢を, 湿へる宮, 源氏が, 源義朝の, 災され, 為義が, 用いて, 疑問を, 登場すれ, 目に, 破れて, 立ち入って, 終り烏合, 自分たち兄弟が, 至らない程度, 至るほど, 至るまでの, 落ちなかったの, 西国の, 西軍これを, 西郷隆盛を, 覚され御, 讃岐の, 走ること, 趁われ, 踏みこもうと, 近江を, 遭いそれ, 遭って, 遭っても, 郷を, 都へ, 鎌倉に, 陥らない

▼ 乱るる~ (88, 5.8%)

2 水の, 鳥は, 黒髪

1 [82件] あたりは, かのごとく, がごとき, がごとく縺れ, が常, きざしが, けはい, ことなく, ことを, ところも, とはかかる, と云ふか, と見れ, なと畳める, のを, の時, は伏兵, は鎮め, ばかりである, ばかりになった, ばかりに描いた, ばかり墓, もつれない, も治まる, や否や, よ, ようであった, わが魂, を従, を掻, を竟, を見, を覚えぬ, 中から, 中に, 中の, 事ども, 人の, 今朝の, 千鳥, 反故屑を, 垣根越しに, 妄想を, 姿は, 山裾の, 心と, 心を, 恋こそが, 恋に, 恋の, 揺めく, 時は, 桃の, 水とともに, 洗髪の, 流の, 濃き色, 煙くらべ, 煙は, 物なれ, 百合の, 秋ざくらよく, 笑顔を, 胸を, 膚に, 色か, 色は, 荒漠千里の, 萩の, 裾は, 裾を, 野べに, 雪の, 雪梢に, 雲に, 雲の, 高原を, 髪は, 髪を, 鬢かき上げ, 鬢髪の, 黄金の

▼ 乱~ (63, 4.2%)

6 起って 2 ありそれ, おこった, 起つた時

1 [51件] あった承平, あり続いて, ある, ここに, はしや, はじまったとき, はじまると, やんでから, わしさは, ヒダで, 三十九歳で, 二月に, 兆すと, 十一年も, 同じく一六三七年, 地方に, 多かった, 多くて, 多少の, 大きくなれ, 平いで, 平定し, 平定した, 彼が, 来て, 片付き続いて, 生じるでしょう, 目前に, 聞えたとき, 興った, 興つた, 行われて, 起きてから, 起こり, 起こりそう, 起こる, 起った, 起ったため, 起ったという, 起ったほど, 起った年, 起つたの, 起つて, 起り日本, 起り鎌倉幕府, 起ると, 起ると共に, 起るな, 違うもの, 醸されたなどと, 鎮まったと

▼ 乱~ (47, 3.1%)

1 [47件] しずまらん, しずめ得ず人心, すでに百年, その結果, ただ改めて, たとえば癬疥, どうなったろう, なぜか, まぬかれません, よい加減, わが国史, カトリック派の, 一六三七年千軍万馬を, 一般の, 上州一円にも, 中央に, 九百年来の, 乱離の, 今日にも, 何故に, 凡愚の, 四年に, 坂東に, 堪ふるに, 天下の, 女から, 実に政界, 小康を, 平ぎましたが, 当然諸州, 急速に, 熄ま, 確実, 福島の, 純然たる, 細川勝元山名宗全の, 終ったこと, 絶えないであろうという, 藤原氏に, 見ないですん, 誰が, 諸州の, 起らなかったわけ, 足利時代史において, 鎮まったが, 長しと, 騒動の

▼ 乱~ (29, 1.9%)

2 の汚名

1 [27件] あったと, が出没, が蘇州, であります, である, といわれ, となる, と呼ばれましょう, と呼ばれる, と終った, などと一たん, にされすぎ, に変じた, の主, の名, の巣, の所行, の考え方, の記事, の難, の首体, はこの, は打つ, は殺した, も終熄, を誅伐, を鎮定

▼ 乱調子~ (28, 1.9%)

2 になっ, になった

1 [24件] が続い, が起る, でいやいや, でもよく, で一切, で庭, で狂いはじめる, なの, な三味, な時勢, な気ぜわし, な無責任, な鼓動, にせず, にそむいた, にやがて, に女, に歌, に躍った, に頭, に高まりました, の世, の中, の傾向

▼ 乱~ (28, 1.9%)

3 となっ 2 の世

1 [23件] いよいよはなはだしく, たる光景, たる石塔, とあちこち, といいまし, といえ, とした, として往来, として鈎, となった, と崩れた, と払い, と斬っ, な影, な経巻, にし, の傾向, の弊, の状, の状態, の白刃, の頃, をみせだし

▼ 乱~ (26, 1.7%)

2 の京都

1 [24件] おかしなこと, であったかに, になる, にはたくさん, には忽ち, に奥州, に書いた, のこと, の世, の乱, の人戦闘, の勢, の噂, の定家, の生き, の社会混乱, の虚, はその, まだ一日, まだ仕官, わずか三年目, 後堀河, 新領主高力様, 由々しいお

▼ 乱~ (24, 1.6%)

4 の下

1 [20件] が月光, が迫っ, であった, で源三郎, に二人, に会い, に化物屋敷, に泰軒ひとり, に砕けず, に討ち取りなされ, に遭わ, のあと, のなか, のまま, の中, の光景, の場, の斬りむすびや取, を想像, を葉

▼ 乱~ (24, 1.6%)

3 の者 2 の役, も土一揆衆, を放っ

1 [15件] ですね, といえ, となっ, にそんな, に宥わり, の仕事, の声, の探り, の流布, の者ひとり, の衆, の輩, の面々, を働い, を入れ

▼ 乱~ (22, 1.5%)

1 [22件] すみやかな, なし, ひと事の, まずは, またどんな, また大塩自身, また彼ら公卿, まだかたづい, ようやく一時, 一国内の, 十年の, 名将言行録の, 四隣の, 小康を, 平げた上, 意義が, 案外早く, 知って, 約束事です, 素因は, 終りを, 鎮定した

▼ 乱~ (21, 1.4%)

2 とも夫

1 [19件] ことが, ことを, としても治安維持法, と見る, の時, べらなれ, もので, ものをば, を悪, 吾が眼, 戸外の, 空に, 者は, 表裏と, 雪に, 雪驪あした楽し, 露, 風の, 鵲の

▼ 乱~ (20, 1.3%)

2 の中

1 [18件] いわば火事場, でも名分, にし, にたとえ, につかれた, に何, に多く, に生れ, のあいだ, のあらし, の余風, の危険, の始め, の民衆, の臣, の野武士, を刑する, ノ臣

▼ 乱~ (18, 1.2%)

2 の下

1 [16件] が注がれ, が飛ぶ, にあたって戦死, の中, の交換, の巷, の闇, の雨, も加わっ, を励まし, を放ち, を浴びせ, を浴びせられた, を送った, を避け, を飛ばし

▼ 乱~ (16, 1.1%)

1 [16件] いおうぞ, いって, いへば, つづいて, なったらまたぞろ, なつた, なりとうとう, なり両, なれば, 同時に急い, 朝廷派, 矛盾, 絶滅感に, 絶滅感の, 聞くと, 風雲の

▼ 乱~ (15, 1.0%)

2 て楽器

1 [13件] その山, たり, て人, て子孫, に箭, ひと日濁れり, ほそぼそと, み冬, 尊卑序無く, 尾の, 氷雨たまれり, 行きはしる, 衣に

▼ 乱~ (14, 0.9%)

2 の八陣, の急 1 で埋まった, にあたる浪, の上, の中, の低く, の縦横, の階段, を噛ん, を浴びせかけた, を渉

▼ 乱~ (14, 0.9%)

6 を語らず 3 を語る 1 ではない, とはつきもの, の奇異, は朝吉, を語りたがる

▼ 乱~ (13, 0.9%)

1 [13件] がすべて過度, が広く, が瀰漫, によって妨げられる, に導く, の悪弊, の流行, の罪悪, はある, はブルウス, は同, は最も, 殺児

▼ 乱~ (11, 0.7%)

1 [11件] うけた恩賞, この佐渡, フシギな, 三万七千の, 大部分, 宮方へ, 宮門から, 恵那の, 手を, 早くに, 自己の

▼ 乱~ (10, 0.7%)

4 の下 1 が一瞬, のなか, の波, をもしばらくバラバラ, を天宙, を滅多矢鱈

▼ 乱~ (10, 0.7%)

3 のない 1 く着頽, ない雨, ない風, なく眠っ, になり, の無い, 無く打

▼ 乱には~ (9, 0.6%)

1 つつがなく逃れた, はっきり義朝, 全然関係, 参加不能, 彼が, 後鳥羽院を, 戦に, 村国庄司男依なる, 関係が

▼ 乱以後~ (9, 0.6%)

1 その牢人, という語, の京都, の地方的動乱, の大小, の長期, はその, は廃絶, 大いに減少

▼ 乱波者~ (9, 0.6%)

2 の石田 1 が敵国, で安中三郎様, などには心, のがん, の組, は生き, を召捕ら

▼ 乱にも~ (8, 0.5%)

1 いささか功, ならぬ以前, 兵を, 宮方元, 小西の, 帝王の, 幕府方松平伊豆守が, 率先国難に

▼ 乱~ (8, 0.5%)

2 の中, の場 1 です, に聞こえる, のなか, は開かれた

▼ 乱~ (8, 0.5%)

2 の中 1 となっ, と蒼い, と蒼白, のまま, の毛, を掠め

▼ 乱~ (7, 0.5%)

1 今昔物語に, 保元の, 寿永治承, 戦国を, 清盛の, 虚無党や, 諸地方

▼ 乱るれ~ (7, 0.5%)

4 ば横堀 1 ば, ば花, ば風さ

▼ 乱~ (7, 0.5%)

1 した, するに, するの, に堪らず, の中, よ早鐘急, をうけた

▼ 乱~ (7, 0.5%)

1 が密林, する下, する如くなりて, の中, の間, は大小, 騰下して

▼ 乱痴気~ (7, 0.5%)

1 が公然, だけのもの, な大, な灯影, な酒席, を戸, を沸かせる

▼ 乱~ (6, 0.4%)

1 が見え始め, たちまち河北, と悲しむ, の火, はさらに, は純

▼ 乱~ (6, 0.4%)

1 があがった, があっ, するよう, っ, に湖水, は退き

▼ 乱~ (6, 0.4%)

4 の中 1 に畳ん, を片隅

▼ 乱から~ (5, 0.3%)

1 三百余年も, 二三十年後延喜の, 二十余年浪人が, 二十年近衛河原の, 生じたもの

▼ 乱によって~ (5, 0.3%)

1 あらかた死滅, シナ市場が, 促進された, 利を, 命を

▼ 乱塔場~ (5, 0.3%)

1 がす, がすっかり, で偶然知己, で裏はず, に新しく

▼ 乱~ (5, 0.3%)

2 も檀林巨刹 1 で新, などする, をし

▼ 乱神怪力~ (5, 0.3%)

2 を語らず 1 を信じない, を語った, を語る

▼ 乱とも~ (4, 0.3%)

2 いうべきもの 1 いいますが, 聞いたので

▼ 乱なれ~ (4, 0.3%)

2 ば去る 1 ば諫, ば離縁

▼ 乱~ (4, 0.3%)

1 かされたもの, がまし, がましい, がわし

▼ 乱~ (4, 0.3%)

3 正の 1

▼ 乱~ (4, 0.3%)

2 がある 1 を救, を救う

▼ 乱~ (4, 0.3%)

1 に明かし, のなか, の下, の渦紋

▼ 乱~ (4, 0.3%)

1 し軋轢, せる一根, に, は何

▼ 乱積雲~ (4, 0.3%)

1 が, のわびしい, の群像, の風

▼ 乱する~ (3, 0.2%)

1 こと無数石の, に至らず, は大丈夫

▼ 乱では~ (3, 0.2%)

1 おもしろくない, 伊吹山を, 宮方へ

▼ 乱でも~ (3, 0.2%)

1 その賞罰, 後醍醐天皇のかず, 手も

▼ 乱~ (3, 0.2%)

1 んていう, 人も, 野獣の

▼ 乱なる~ (3, 0.2%)

1 ことの, ものを, や

▼ 乱~ (3, 0.2%)

1 の力, の還し, るもの

▼ 乱不品行~ (3, 0.2%)

1 は実証, は直接, を恣

▼ 乱~ (3, 0.2%)

2 のため 1 の兇刄

▼ 乱~ (3, 0.2%)

1 よりもいっそう, よりも一層, 九年後

▼ 乱~ (3, 0.2%)

1 するが, するもの十余, するよう

▼ 乱~ (3, 0.2%)

1 堆裏一船奔, 堆裡, 堆裡結茅蘆

▼ 乱~ (3, 0.2%)

1 に散る, の多い, の山上

▼ 乱~ (3, 0.2%)

1 ぎたる後ち, ぎて後伊豆の, ぎ切利支丹の

▼ 乱平定~ (3, 0.2%)

1 して, ののち, の後

▼ 乱波組~ (3, 0.2%)

1 におりまし, に働く, の者

▼ 乱~ (3, 0.2%)

1 が相次い, に伴, の昔

▼ 乱この~ (2, 0.1%)

1 かたの, かためずらしい

▼ 乱だす~ (2, 0.1%)

1 ことも, ものです

▼ 乱だの~ (2, 0.1%)

1 足利氏の, 重大な

▼ 乱だる~ (2, 0.1%)

1 は聖人, も聖人

▼ 乱という~ (2, 0.1%)

1 ものは, 鞍部が

▼ 乱などで~ (2, 0.1%)

1 はしなくも暴露, 連年いくら功を

▼ 乱において~ (2, 0.1%)

1 その予測, 身分の

▼ 乱びん蒼白~ (2, 0.1%)

1 な面, の死者

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 出なかった, 追い込む覇道

▼ 乱レテ~ (2, 0.1%)

1 主モ安カラズ, 見エル

▼ 乱以前~ (2, 0.1%)

1 あるいは一乱以後, からここ

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 でぬ, のため

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 に夜, の太刀風

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 して, を帯

▼ 乱壊転変~ (2, 0.1%)

2 の相

▼ 乱妨人~ (2, 0.1%)

2 が火

▼ 乱子女史~ (2, 0.1%)

1 と名乗る, の漢学塾

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 のめぼしい, の首領

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 の凡夫, の寄せ

▼ 乱打ち~ (2, 0.1%)

1 のよう, を初めて

▼ 乱時代~ (2, 0.1%)

1 に山田右衛門作, に生れ

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 でもない, を浴び

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 に陽あし, の間

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 が出来, と賤民

▼ 乱~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 乱生し~ (2, 0.1%)

1 ていた, 水玉が

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 に化け, をつかっ

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 の五種, は童子

▼ 乱落する~ (2, 0.1%)

2 鮮な

▼ 乱賊ども~ (2, 0.1%)

1 の首一束, を京都

▼ 乱起り~ (2, 0.1%)

1 て天宝十五年蜀, 漸く平定

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 の限り, を舞わせる

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 となり, となる

▼ 乱離骨灰~ (2, 0.1%)

1 になつたの, に崩れ

▼ 乱~ (2, 0.1%)

1 でない, の奥

▼ 乱~ (2, 0.1%)

2

▼1* [250件]

あたりから後, 乱あらば討つべし, 乱ありといい, 乱ある魔に, 乱て寄せ, 乱いらいの深い, 乱何かに, 乱がはしいまでに, 乱きわまるとき治に, 乱ぐいの歯, 乱この方世の中の相, 乱この方天下が麻, 乱さえ都の, 乱さんように恐る恐る, 乱そして平治の, 乱その門人に, 乱たちまち止みなんと, 乱たる雅文も, 乱し顔, 乱だせし姿恥かしく起き, 乱だったが市中警固, 乱だりてこれを, 乱だれ限り知られぬ, 乱ってぼろぼろに, 乱ついで起りあわれ漢帝, 乱つくからで, 乱このうち, 乱であってみる, 乱といったような, 乱としてあたりに, 乱とはもしや九州沿海, 乱とやらにて北条氏は, 乱どり舞は, 乱なかれと民, 乱などが最も大きな, 乱などもよく見聞, 乱ならば諫む可, 乱なりまたこの, 乱における内助の, 乱について教会側の, 乱に際し天草四郎以下の, 乱に際しては西国の, 乱ひとたび起こりルター, 乱寺井の, 乱へは孫堅を, 乱またすぐ三年後, 乱までは勝野城と, 乱ものにて候, 乱より先き, 乱らざるを信ず, 乱らした足跡車の, 乱りたづきあらなくに, 乱りたることなく, 乱り立つ鴨の, 乱り走りぬ波裂くる, 乱るなり世豈, 乱るるごとく流れたのである, 乱るるまもなくてかう, 乱るる如く記憶の, 乱る啼き連れ乱る, 乱をさえ呼んで, 乱を以て離縁の, 乱を通じて即位せられた, 乱として中, 乱アリマタ成親等ヲシテ鹿ヶ谷ニ会セシメ今マタコノ事, 乱ストキハ源氏コレヲ鎮メ源氏世ヲ侵ス日ハ, 乱ニ投ジタル逆謀, 乱レテ知ラヌ顔デカマワヌガイロイロ, 乱平定ニ征ク, 乱一静は寒暑, 乱即火災, 乱の間, 乱交と殺児とがその, 乱交不自然な情欲, 乱交錯し更に, 乱しないで, 乱以後天下を平定, 乱以後室町幕府の紊乱, 乱以後平家の繁栄, 乱以後日本では支配層, 乱以来明るい陽, 乱以来茲に十八星霜, 乱以来逆賊の汚名, 乱伍中軍の卒, 乱如何なる汚名, 乱候様にては何, 乱は生かしおくべき, 乱入せんとする, 乱入れば噴出づる黒烟, 乱共に浪士の, 乱刀二本の光, 乱刀膾に斬っ, 乱刀雨下に寸断, 乱刃乱走の, 乱を演じ, 乱した, 乱火災, 乱即ち日本が, 乱及び大津皇子の, 乱が始まろう, 乱て入, 乱合し神職を増置増給, 乱合って打破れた, 乱のおん大事, 乱咲蘭をたいそう, 乱国時代のこと, 乱地頭のわがまま, 乱堕するを以て疑ふ, 乱塔婆に雑草, 乱声乱声っ, 乱変転の相, 乱天武天皇と大友皇子, 乱妨反乱同族の闘い, 乱姿でこちら, 乱嫌疑を被り, 乱たり, 乱子武部小四郎等から受けた, 乱定まって泰平, 乱宮崎車之助の乱等, 乱義貞誅伐の, 乱山何れの処, 乱山落日を呑み, 乱山重畳草鞋の穿けぬ, 乱岩伐木などが雪崩, 乱岩叢竹作兵衛滝の水, 乱岩飛石の暴状, 乱といった瀞, 乱の間, 乱島原の変, 乱帙中に風俗画報社, 乱平定以後に大将軍, 乱平治の乱, 乱彩ぶりに悩まされ, 乱後七八十年であった, 乱後三年ほどはあそこ, 乱後世上が極度, 乱後反抗の力, 乱後土佐へ遷御, 乱後大和に帰っ, 乱後定家が領有, 乱後家康が井伊直孝, 乱後彼が将軍義尚, 乱後恩賞を与えた, 乱後戦犯の元凶, 乱後数年まで生き, 乱後斬首された切支丹, 乱後朝廷から罪, 乱後洛陽の外門, 乱後清盛以下の六波羅一門, 乱後讃岐へ流され, 乱後責任をとわれ, 乱後身を避け, 乱後隠岐に移された, 乱後隠岐島に遷幸, 乱悉く平らいだ, 乱憲的行為を制する, 乱戟ここに泰軒, 乱戟混戦の闇, 乱をやる, 乱せるもの, 乱に囲, 乱の結果, 乱採された結果であろう, 乱擾尚全く平, 乱政虐刑をなし, 乱早く離る, 乱暮さを御覧, 乱暴漢が耶蘇信者, 乱の仮名, 乱松地帯は道, 乱し五月二日, 乱に書い, 乱極まれば治, 乱の状, 乱此方実際教会, 乱をつけた, 乱民的暴行の演ぜられた, 乱波どもがこ, 乱波活動が頻々, 乱波渡辺天蔵の早耳, 乱波隊にもむね, 乱といふペンキ画家, 乱淫無頼な男, 乱清国出兵の報, 乱滅しおわる, 乱滅するは結句, 乱のやう, 乱せる電灯, 乱点して燈火, 乱の焔, 乱熄むののち数年を出でずし, 乱がそこら, 乱に義, 乱獣行をも軽々, 乱生した冷めたい草の, 乱畳める幾重の, 乱痴気ぶりだ, 乱痴気映画にう, 乱痴気音楽に伴, 乱痴気騒は手, 乱直前まで書い, 乱相つぎ幕府は, 乱立てじまの, 乱箭毒弩ももの, 乱にはいっ, 乱となり, 乱義満義政などの無能, 乱が竜, 乱を片づけ出した, 乱になる, 乱落つる涙に, 乱のとりどりさまざま, 乱すなり, 乱に血飛沫, 乱西南の役, 乱を空, 乱語妄言人を驚かし, 乱調子焔硝の香, 乱賊叛臣の事, 乱賊将門の悪業ぶり, 乱賊藤原純友とも交わっ, 乱賊馬超の蹂躙, 乱賊馬軍の征伐, 乱の下, 乱足せず取締の, 乱の花弁, 乱とも見える, 乱近くぞ見, 乱な廊下, 乱遂に延暦の, 乱達縞の糸織, 乱を急, 乱錯相飛躍相蟠居相, 乱をうかがっ, 乱離して騒動, 乱離動揺常なき時代, 乱離四面に薙ぎた, 乱離皆数あり, 乱離骨灰のた打ち廻る人間, 乱を畳める, 乱したる来客, 乱風騒のここ幾年, 乱するを, 乱食家であつ, 乱食者であること, 乱散と, 乱騒ぎのうち, 乱振りかかれるなか, 乱を仰い, 乱鶴乱雲の間