青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「也~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乗る~ ~乘 乘~ 乙~ 九~ 九州~ 九月~ 乞~ ~乞食 乞食~
也~
乱~ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~ 乳母~ 乾~ 亀~ 亂~

「也~」 1383, 15ppm, 7505位

▼ 也~ (249, 18.0%)

7 妹の 6 顔を 5 姿は 4 ほうへ, 姿を, 耳へ 3 ほうが, ほうを, 声が, 姿が

2 [18件] ことが, ことを, ために, ようすが, ようすを, 介抱を, 在家が, 女工さんに, 姿勢が, 寝て, 彫青, 心へ, 眼には, 耳に, 言葉を, 野郎を, 頭上へ, 顔へ

1 [171件] あとを, いるの, おつり, おり場所を, ことで, ささやいた言葉, すがすがしい性質, その考え, ためには, ほうは, もぐら代には, もの心を, わけね, イイストマンを, カバンその, ブリキの, ホリモノは, ラジウムは, 一挙手一投足を, 一節から, 一節が, 一節に, 三字を, 上に, 中に, 乾いて, 今日まで, 体は, 体形が, 供を, 入墨とを, 内訳, 再来とまで, 冷淡な, 冷静な, 刀を, 分配に, 別て, 前まで, 動作は, 危急に, 危難を, 受取である, 受取切符だ, 口から, 句は, 句を, 右側に, 右腕へ, 名は, 呻いたの, 埋合せ, 声には, 声も, 太刀に, 奇矯な, 奸計を, 好みに, 如きは, 妖術に, 妹にあたる, 妻君は, 姿も, 姿勢の, 家へ, 家を, 寝姿, 専売の, 希望としては, 年代の, 引きあけた, 影法師が, 後ろ楯が, 心には, 心の, 心持ちであった, 心持ちであろう, 心持ちと, 心持ちには, 想像には, 意味を, 意識が, 意識は, 態度という, 憔悴した, 手を, 挨拶ぶりが, 方へ, 方を, 最初の, 様子は, 洋服姿を, 為替を, 父と, 父の, 物語は, 特等券は, 申渡しが, 疑いを, 疲労は, 真っ向へ, 眼に, 眼の, 眼は, 眼前三間の, 瞳に, 立ち姿が, 竹刀が, 竹刀な, 竹刀の, 紙幣束を, 組と, 締めるやう, 罰金に, 罰金を, 羽掻い, 考えでは, 耳へまで, 肩口へ, 背に, 背中を, 背後に, 背後の, 背後へ, 腕な, 腕に, 腕にも, 膝の, 血, 行く手の, 行つ, 表情は, 言葉が, 言葉に, 言葉は, 許婚である, 諸足, 諸部将, 財布を, 買い物を, 贔屓が, 赤ネクタイを, 起き上がった姿, 足の, 足を, 身の上に, 身の上について, 返辞を, 運命は, 道場, 道場である, 邸の, 邸へ, 邸を, 長二郎から, 門弟であった, 門弟でも, 電報為替が, 青年記者が, 預金引出しを, 頭に, 頭を, 頭突きが, 額に, 顔の, 顔は, 食費では, 首は, 首へ, 香料を, 髪の毛を

▼ 也~ (246, 17.8%)

5 盃を 4 お粂, それを, 声を 3 歩き出した, 眼を, 考えた, 身を

2 [14件] こう思った, どうかと, 一人だけ, 半意識, 女の, 心に, 急に, 気づかわしそう, 猫の, 相手を, 笹家に, 絶句した, 返辞を, 露路へ

1 [189件] いかにも驚いた, いっさいそれを, うけがわ, うそぶくよう, うなずいて, ぐつと唾を, こういう, こういった, こういわざる, こういわれ, こう叫び, これも, さう, しおらしいお, しだいに下がっ, しばらくたたずんだ, すぐに, ずっと以前, せわしそう, そっちを, その家, その時足, その朝, その枕もと, それから, それが, それにも, それ以来トラックの, そろそろと, ためらうよう, とがめるよう, とっさに, どうぞし, なほ下手から, にわかに立上つて母, にわかに足, のぞくよう, はさまれて, はずむ息, ふくれて, ふと我, ほかに, まず四辺, まだ疑ひ, もんどり打っ, ガマに, チャンと, ドンと, ハーッと, ペコリと, 一人で, 一人で戻つ, 一息に, 一瞬の, 一瞬間思った, 一軒の, 不審そうに, 与里の, 九ツ, 二丁目の, 二三歩進んだ, 代官松の, 何を, 何物にも, 余儀なく分別らしい舌打, 倒れなかった, 偉いあれ, 先ずこういう, 兵馬へ, 再び狼狽, 冷然として, 凄い意気込み, 刀も, 力を, 努力を, 又顔, 取って返した, 叫んだ, 右手を, 向いた, 吾妻養狐場に, 呻いたが, 嘲るよう, 四国の, 四辺を, 困惑し, 報告した, 外に, 多少ムッと, 大声に, 大真面目, 大音, 太刀を, 夫博士の, 女を, 妙高山と, 嫌って, 子供でも, 安いこれ, 家畜小屋の, 尊王事件を, 少しく莫迦, 少しく距離, 少し乱れた, 少し頭, 尚幾度, 嵐璃寛お, 左内の, 度胸を, 弟の, 弱く言, 心も, 思い出した, 思い返した, 思ったが, 思わざるを, 思わず叫んだ, 怪訝そうに, 意味あり, 我来也で, 手の甲で, 抑えるよう, 抜き身を, 押し返したが, 放さなかった, 新しく血, 月の, 未然に, 杉の, 梅舎錦之助と, 正視した, 歩みを, 殆ん, 殺生沙汰から, 気が, 気絶し, 泣き出して, 泣き疲れたの, 温く柔かく, 漠然とそう思った, 無言で, 物体へ, 甚だ物足りない, 白く光る, 直ぐに, 眉間に, 真黒な, 知りたいと, 突っぱねたが, 突っ立っ, 立ちすくんだが, 立ち上がった, 竹刀で, 竹刀の, 笑ったが, 素早く沓脱, 素晴らしい手利き, 素気なく, 絶叫した, 総江, 美男でも, 耳に, 胴輪切りだ, 腕に, 自分から, 見る見る名状, 見当を, 見抜いたらしく紋也, 見覚えが, 解き放したが, 言う, 言つてそれから, 訊き返した, 諦めたやう, 走り寄りながら, 身分においても, 軈て立ち上, 逆に, 酒の, 酔って, 門弟たちの, 間の, 露路の, 頭上に, 飛び込んだが, 飲んで, 首を, 駄夫の, 驚きと

▼ 也~ (196, 14.2%)

18 お粂 6 ある 4 あるの 3 書いて, 解釋し

2 [12件] あって, あるが, いえども, アッパレ丈夫の, 云て, 兵馬とが, 兵馬とは, 小学校の, 断ずる, 書き入れると, 言ひ, 鈴江と

1 [138件] あった, あつて, あり又, あり左傳, あり魏文帝, あるから, あるによって, ある一節, ある中, あれば, いう, いきて, いつた所, いつは, いひ天台慈恩, いひ粤于爰曰也, いふ, いふこと, いれた, うそぶく, お遺言, かき出しの, きては, しその, した, したため, した我国, し又, せられたは, そうしてお, その老人, そもさんか, であるが, なし燕, なった, なったの, なり更に, のたまう, ののしりまた, ゆったり構え, ハッキリと, ヤッツケて, 一刀の, 一緒に, 云いて, 云い明道, 云い晦庵, 云う金額, 云える, 云えるを, 云は, 云ひ, 云ふ, 云ふから韻字なんか, 云ふて居る, 云ふべし, 云へる, 云わざるを, 人に, 人の, 侍中群要に, 入沢達吉さんの, 切り結んで, 判断せられる, 反省する, 同じよう, 名乗った女賊, 名乗る稀代, 名告, 呼ばれた大, 大きく書き残し, 姉の, 威したところ, 宣教師は, 小次郎と, 左内との, 左内とは, 干し藷, 引き添い, 彼は, 思うな, 思はる, 思ふ, 抜かすでは, 括りの, 改めたらしい, 改名し, 断じた, 断じては, 断ずる以上, 断定できるなら, 斷わ, 曰ひ, 更に異議, 書いた, 書きたる処, 書きますよ, 書き立てた, 有る, 有る意, 来るかも, 桃, 武家より, 注せられた, 爰粤于也との, 申して, 申します, 相尋候時, 確信した, 確信したなら, 示して, 答えた, 答ふ, 紅子は, 罵り又, 聞いちゃ, 聞いて, 肩を, 胸を, 解し清, 解説し, 解釋を, 觸れ出せ, 記入した, 評価された, 話し合ったところ, 誇る其の, 説いて, 説くキリスト, 読者に, 謂ふ, 述べて, 逢って, 達ちゃんたちの, 鈴江であり, 鈴江とが, 鈴江とは, 露骨な

▼ 也~ (73, 5.3%)

2 して, 引いて, 自来也, 見た

1 [65件] いただいて, いつまでも, くれる, この際, しょッてちゃ, その穴, になって, のがして, はじめお, はじめとして, まずもっ, みつめた, みつめたの, もって, もらったと, 今ここに, 借りに, 凝視した, 出して, 助けて, 助けよう, 取りこめて, 受け取った, 受け取る, 受取って, 口に, 呈して, 呈上する, 大書し, 奮発した, 寄贈した, 封入致し, 待ち受けて, 恋慕って, 恍惚の, 払う, 払って, 持って, 捉えるという, 捕えろと, 支払った, 更に自, 有名に, 泣かせて, 渡して, 滝村に, 相手に, 給す, 見守りながら, 討って, 試験料として, 請求する, 謝礼用として, 豹一に, 貰います, 貰つて私は, 貴下に, 贈呈します, 追い詰めながら, 送って, 連れて, 頂戴し, 駆って, 驚かせたこと, 驚かせて

▼ 也~ (69, 5.0%)

2 襖を

1 [67件] いった, いった時, いつの間にか入ってた, いるという, お粂, お茶と, こう思った, さして, そういうよう, はじめてその, また大当り, よろめきながら, ヒョロヒョロと, 下賤, 乱闘の, 五度目に, 今まで, 今日という, 何ゆえに, 先へ, 冷然として, 出て, 出来たとか, 刀を, 前には, 前方へ, 受難の, 呻いたの, 呻くよう, 地へ, 好きさ, 実戦的の, 寄附されました, 寝て, 小腰を, 弟の, 弟子に, 当ったので, 心細さうに, 思った時, 慇懃に, 懐手を, 投げ出した刀, 接近しよう, 敵の, 日本の, 来て, 歩いて, 気の毒に, 無言の, 現われたらお前, 突きを, 笑を, 笹家から, 舞台で, 表情を, 見て, 訊いた, 走って, 足を, 通った時, 通称に, 連れて, 邸を, 鈴江が, 静かに, 駈け登つて

▼ 也~ (24, 1.7%)

1 [24件] あらためたの, お粂, されて, しろお, なり鼻, なんの, ひしとすがった, 他ならなかった, 何らかの疑い, 作りかえたの, 取っては, 向かって, 向ひ, 始まつて, 感ぜられた, 狙いを, 知れた, 終つた最初の, 訊ねられたの, 討たれて, 話しかけた, 贔屓を, 逢いたいか, 逢おうとは

▼ 也という~ (18, 1.3%)

2 のが

1 [16件] お方の, のだ, のは, ものを, ような, ように, 一撃によって, 仮領収証, 名前で, 支那の, 文字を, 書面を, 男は, 発音が, 金が, 風よ

▼ 也~ (16, 1.2%)

1 [16件] あらう現れるなり, その話, それと, とりあえず紋付, はじめて手, めしが, オペラに, 売つて, 売りとばしたが, 売出し, 夕食を, 奉職した, 昨日と, 男の, 終るやう, 門外に

▼ 也さん~ (15, 1.1%)

2 のほう

1 [13件] から突然, がお, が危篤, だよ, とお, に元寛さん, はいかにも, はきつ, も死にました, も私, も誤解, を見送るべく, を訪ねる

▼ 也には~ (14, 1.0%)

1 [14件] こんなよう, そこまで, わからなかったとは, わからなくなった, 兵馬の, 及ぶべくも, 合点が, 心配が, 思われたの, 意味が, 感じられた, 理由が, 許婚の, 躊躇できなかった

▼ 也~ (14, 1.0%)

2 お粂

1 [12件] いれば, くだよの, その身体, ビクツカなかっ, 京師方の, 冷淡であった, 同時に抜い, 妹の, 本当に見込, 立ち上つて, 立ったまま, 芝居や

▼ 也ちやん~ (10, 0.7%)

1 があつ, に立つ, の家, はその, は寢, を一度, を寢, を抱い, を抱いた, を抱かされ

▼ 也から~ (8, 0.6%)

2 いう時 1 出発した, 夜具を, 応じた文字, 有斐君子, 盃を, 眼を

▼ 也では~ (8, 0.6%)

2 ありません, あんまりだ 1 あったけれども, なかった, なくて, 妙に

▼ 也といふ~ (7, 0.5%)

1 のには, はなゆ, 也, 勘定が, 楷書の, 見るからに, 解説の

▼ 也とは~ (7, 0.5%)

1 どういふ, 云つて居らぬ, 他でも, 先生方の, 御見事, 慈鎮の, 足が

▼ 也~ (6, 0.4%)

2 の詩, れは 1 は熱情, や鴟梟之性

▼ 也~ (6, 0.4%)

1 ども遊女, れども, れ共, 者企謀反事已爲虚誕若, 自田何而上, 黒沢独奉祀

▼ 也これ~ (5, 0.4%)

1 でやつ, なら安心, のみか御車, はビルディング, は多

▼ 也との~ (5, 0.4%)

3 ことである 1 ひらきは, 三人の

▼ 也にとっては~ (5, 0.4%)

1 不思議に, 北条美作は, 女の, 許婚の, 驚異でなけれ

▼ 也~ (5, 0.4%)

3 お粂 1 同心格子や, 同志の

▼ 也~ (5, 0.4%)

1 に至り, は其義, は死ね, より先, 皆天下

▼ 也この~ (4, 0.3%)

1 いやといふ, 会見の, 哀詩に, 國府臺の

▼ 也~ (4, 0.3%)

1 之因後, 南海有, 神人と, 草に

▼ 也故に~ (4, 0.3%)

1 其言人の, 妻君は, 採らず, 陰険也と

▼ 也~ (3, 0.2%)

1 なたは, は宮室, は汝等

▼ 也その~ (3, 0.2%)

1 よしみを, 柳原の, 欲望も

▼ 也それ~ (3, 0.2%)

1 は異, より香登それ, を強

▼ 也~ (3, 0.2%)

1 あべこべに, ぞ盗賊, つて手に

▼ 也にも~ (3, 0.2%)

1 さよならを, それを, 説明は

▼ 也を以て~ (3, 0.2%)

1 終つてゐる, 終らないで, 終るべき筈

▼ 也かの~ (2, 0.1%)

1 砌それが, 西國詩人の

▼ 也されど~ (2, 0.1%)

1 も年比うり, 全く身

▼ 也ただ~ (2, 0.1%)

1 いささか六つ, 覚ゆ両

▼ 也ちや~ (2, 0.1%)

2

▼ 也である~ (2, 0.1%)

1 と主張, と申し立てた

▼ 也どこ~ (2, 0.1%)

2 にいる

▼ 也など~ (2, 0.1%)

1 僅かに, 隨分いい

▼ 也などと~ (2, 0.1%)

1 思いません, 達者な

▼ 也はじめて~ (2, 0.1%)

1 この家, 此家へ

▼ 也~ (2, 0.1%)

1 いった, 攻め寄せて

▼ 也~ (2, 0.1%)

1 てえな泥棒, 墓仕ふる

▼ 也より~ (2, 0.1%)

1 以上皆古, 以下終也より

▼ 也一人~ (2, 0.1%)

1 となった, を相手

▼ 也乃至~ (2, 0.1%)

1 人心其神矣乎操則存捨則亡云云, 天地之

▼ 也~ (2, 0.1%)

1 八豎子来相語曰是亀比売之, 帝意也

▼ 也今に~ (2, 0.1%)

2 道の

▼ 也先生~ (2, 0.1%)

1 などはよい, 亦試ニ一聴セザルヤ

▼ 也~ (2, 0.1%)

1 曰外台, 死而復生

▼ 也東京~ (2, 0.1%)

2 での生活線

▼ 也毎月~ (2, 0.1%)

2 正に難

▼ 也~ (2, 0.1%)

1 はこれ人, は白き

▼ 也魄也者鬼~ (2, 0.1%)

2 之盛也

▼1* [298件]

、犯也惶也とあやまつ, 也あるたけ, 也うき世は, 也渡し下され, 也お茶拵へも面倒也内職婦人, 也かかる種子ある, 也かたきのちりぢ, 也からの消息が, 也がねえちっとばかり, 也きまぐれもの也, 也ひもの, 也くま又た, 也ければ頷, 也こなたは妙儀, 也つそく買物, 也されば十万石, 也しかも一気呵成に, 也しめて合計金二百九十一両三歩也, 也すべて川辺のあし, 也ばいか, 也そーめん六俵二十把入りその代金六両一歩二朱, 也とひ, 也たちの一団, 也たちのいた部屋の, 也た知る泉下遺憾無き, 也だって手に, 也だろうそんなもの, 也って晴二郎を, 也つきつくつけ, 也てえのは, 也であって今宵, 也ですね, 也でないと言い張る, 也とか世間花卉無, 也とかく義ばかりこそ, 也として権利使用を, 也としては目明しを, 也とばかり親しそう, 也などともありまして, 也などの地名が, 也にとっても幸いであった, 也に対する恋心を, 也のともすれば, 也のれんを出る, 也はとつくに, 也ばりの伊賀流妖魔, 也まれの, 也やつぱり一錢を頂いた, 也島田までは, 也よりもむしろ大きい, 也わがままもの也, 也ゑかとりや返しの詞, 也をも跳ねのけるやう, 也チューリップの立派, 也ト心得不用之参詣, 也ト此言大ニ笑フベシ性水, 也ナクシヤトラといふ, 也パウロが所謂, 也ビンだと, 也フタリ枕ヲナラベテネタルニヒトリハ悪夢, 也ヘギテ見レバ白クテ紙ナドノヤウニヘダテアルナリ大臣, 也メリヤス上下共十五通その代金二十四両一歩二朱也, 也収メヨ, 也一名ヲ白棒ト曰フ, 也一度生を稟, 也一種打栗ト云フ者アリ好搗栗ヲ用テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵, 也一鐶去れば, 也七国の王, 也万物之霊, 也万葉集抄には細き, 也上世の遺跡, 也上天気也大当り也と人, 也体游冷所謂魄降也, 也不道徳の人, 也峯不同峯如鋒尖, 也中務が娘, 也久奴木の略語奴木原也, 也を有, 也九十九一人持居たるに強く, 也事々また好事也, 也二十銭ホウ二十銭でこの, 也云々とあ, 也交番へ届ける, 也亭主も亭主也, 也を損じ, 也人者鬼之形也, 也人間の生涯, 也今年之春, 也今更のやう, 也仍日來有沙汰任寛喜二年閏正月之例, 也仔細は下々, 也他人の者, 也他方は即ち, 也他殺也と断定, 也代言的に語らざる, 也以上の幻魔術, 也以下五等まで賞品多数, 也仮にソフィヤと, 也不愧於天, 也伊藤公は榛名也, 也毎日一斗八升づつ以上, 也何ぞや曰く夫, 也何となれば, 也何合之有, 也亦与, 也余驚且喜梅舎与余, 也而武蔵調伏に, 也よりはとて菅笠, 也先生密疏言事事秘不伝, 也入っておりました, 也公家は須らく, 也其の言を, 也其爲可噌甚矣, 也其言証とする, 也内職婦人の時, 也凋めば人亡, 也凡そ一萬坪今に空地, 也の刃, 也を共に, 也則何心処之亦, 也前書委候へば略し, 也かつた, 也北平は遼遠, 也十倍にし, 也半分煮て, 也即ち茲に, 也去年今夜長屋へ鵜川携具, 也奮鬪的也, 也又は無意義なり, 也古事記には此時, 也古人学業終身を期せ, 也只今籠城いたし, 也うが, 也右借用候事しかじ, 也合一也其の刹那, 也良吉母佐藤氏墓在, 也の御, 也君可之且言, 也君美謝罪而去云詩以調之, 也其久しく, 也嘉納流の柔道也, 也嚮導を為さん, 也を治む文武二道, 也堺幸徳兩先輩の心情, 也より来る, 也大久保利通は妙義也, 也大塩平八郎は十六歳, 也大当り也と人, 也大正震災前まで東海道線平塚駅付近, 也大臣の大, 也大隈伯は妙義也, 也天下一品とうたわれた, 也天地人生の経営, 也れ国会, 也夫成天地之大功者, 也夫知己相待之殷, 也夷狄也と, 也は袖, 也婆者初也, 也孔子は必ず, 也は誰, 也を忘れ, 也宿で味噌, 也に昔, 也將軍家御幼稚之間如此云々, 也小生は是非, 也尓建内宿禰白恐我大神, 也尓高天原皆暗葦原中國悉闇, 也就中雖候于金吾將軍御方能員合戰之時參御方抽其忠是併重御父子禮之, 也れの, 也已下怖障, 也帰途お腹が空いた, 也常磐は萬梅, 也は四十, 也康熙字典に書, 也当世の臍, 也形者生之具也, 也之与, 也彼等の智識, 也得天下英才而教育之三楽也, 也徳川家康は赤城也, 也怨怒を起す, 也悲喜相慰將至家中延留供養とあり, 也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 也惶也とあやまつ, 也我儕は愛すべき, 也所樂而玩者爻之辭也とあ, 也択乎中庸得一善則拳拳服膺而弗失之矣, 也抵抗せず又, 也敵此に拠る, 也文武二道の名将, 也見矣, 也漬として, 也既帰欲遺一物以表謝意, 也日本の文明, 也日本人の詩也, 也春秋撥亂反正始元終麟, 也にたる, 也智慧を有する, 也更に一つを, 也書生様より, 也月日承之, 也服也で男, 也朝者諸神, 也木戸孝允は榛名也, 也本文挿絵は道柳子図, 也李商隠詩, 也梁川星巌は九歳, 也榛名も之, 也樹木なき山也, 也正統記大鏡等, 也ば, 也此職に在, 也此行定信其臣を襄, 也汝国之上還有, 也汝等が知る, 也況んや其の, 也泉米津までの間平原, 也へば, 也海國兵談總紙數三百五十枚にて御座候, 也渓谷は大河, 也源平の桃也馬鹿, 也漢書古今人表只柏益一人並無伯益柏翳分二人, 也漢武祈千秋, 也然るに小子元, 也爰粤于也といふの, 也を無, 也父祖の像, 也はじから, 也片上の少し, 也狐皮五十枚その代金五十両也, 也かと思へ, 也現世に在り, 也現代の文士, 也も大, 也病死跡同前也, 也病詩人の詩也, 也白痴者めが, 也直ちに自家の, 也相続ノ依, 也の子, 也神形相資亦猶, 也秦穆不用蹇叔百里子之謀, 也端唄と書け, 也一我也肉我也物我也差別我也, 也は二本也, 也極則, 也の友一斤五圓五十銭也, 也織物にさ, 也主人は, 也して, 也耶蘇教の坊さん, 也肥後守の命, 也至皐陶之後兼封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 也興福寺長屋には塙団右衛門, 也に正誤, 也蓋魂魄者其主而霊者而已矣故二気消散, 也蔡之建國東臨淮徐南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 也薄倖文人の詩也, 也虎の巻の一節也, 也に似, 也にし, 也西野末川黒沢王滝等諸村皆其麓也然黒沢独奉祀, 也詐戰書日盡也穀梁子亦曰, 也詩書皆由正而之變, 也也又は, 也論理学を以て人物, 也讀者諒せよ, 也貞盛扶の妻, 也買って来, 也賊后也夷狄也と, 也赤荻先生にも問, 也の先, 也近江大夫判官氏信武藏左衞門尉景頼生虜了行法師矢作左衞門尉, 也返済之儀者来辰三月三十日限り元金百両, 也逆浪漲り流れ渡らんと, 也逆浪流を漲らし, 也道君經を序す, 也て半, 也当ト云旅人人馬断所々, 也の相手, 也鉄色メリヤス上下共十五通桃色メリヤス十通その代金十二両二歩也, 也長谷街道也とあり, 也は女陰, 也介比と, 也は夜, 也階級の世界, 也青染と黒モジリ, 也之御, 也頓阿はかかり, 也くは, 也風雅君子東走西奔, 也を与ふれ, 也食べて泊っ, 也首相の招待, 也馬酔木元寛の三君, 也一里拾九町周囲五拾里, 也麋鹿のおの