青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人数~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

人夫~ 人家~ 人工~ ~人形 人形~ ~人影 人影~ 人心~ 人情~ ~人数
人数~
~人格 人格~ ~人民 人民~ ~人気 人気~ ~人物 人物~ ~人生 人生~

「人数~」 1599, 18ppm, 6293位

▼ 人数~ (333, 20.8%)

5 多い 4 多いから 3 多くて, 少なかった, 殖えて, 見えた, 集まって

2 [20件] ある, くりこんで, ふえて, 人数だけに, 伏せて, 出た, 右往左往し, 土手に, 多いの, 多いので, 多すぎ, 多すぎる, 寝るの, 少なくて, 少なくなっ, 揃って, 減って, 続々と, 繰出して, 走って

1 [269件] あぐらを, あった, あります, あり余る, あればなあ, いくらであろう, いちいち一戸, いて, いては, いるの, いる中, おいおいと, おったのう, お雪, かえって何倍, くずれ去って, ここへ, こなたを, この宿, この宿場, この山中, この緩, ごっちゃに, ざっと五百人, しのびやか, すぐに, ずっと先, ずらりと並ぶ, そろいません, そろったから, そろったらそろそろ, そろって, そろわなかったもの, ただ一人, たちまち部屋いっぱい, たりないの, どうしてああ, どうして音, どっとなだれ込んだ, どっと河, はいり込んだの, ひきあげて, ひそみ隠れて, ひとり足りなかった, ひどく多い, ひどく多くまた, ふえた, ふえたばかりか, ふえたよう, ふえたらしくあたり, ふえると, ほしいと, まだめいめい, まっ黒に, まばらに, みんな一ヵ月世帯主三〇〇円家族数一人につき, むこうから, もう出揃っ, やって来た, わかって, わっと, ガッと, ギッチリと, 一どに, 一ばん少い, 一ツ所へ, 一二三人執念く, 一人一人これから, 一人一人減っ, 一人足りない, 一回食べる, 一団と, 一度に, 一歩ずつ, 七八名ばかり, 三百年来住み慣れた, 上って, 下山の, 下総の, 下諏訪の, 不足だ, 不足であった, 両側から, 丹生川平の, 二の丸へ, 二ツに, 二人に, 二倍あっ, 二十人近くで, 二十余人その, 二階に, 五人揃っ, 今度の, 休んで, 何処からか, 例年よりも, 倍に, 僅かに, 僧俗等し, 充ちあふれて, 入りこんで, 入り乱れて, 六七人あるいは, 兵糧を, 出て, 出るよう, 出張って, 前後に, 割れた心細, 割合い少ない, 加はれ, 動きだしました, 十人の, 千三十四人に, 千隆寺へ, 半分も, 原の, 取巻いて, 口々に, 同一時期, 同業者, 向い公儀, 問題では, 喰べて, 四五十人ぐらいも, 四五十名も, 四人半ないし, 境界の, 増えたので, 増へて, 増加する, 多いか, 多いせい, 多いです, 多いという, 多いに, 多いん, 多い上, 多い事, 多い方, 多かった, 多かつ, 多くとも, 多く氷室, 多ければ, 多勢出張っ, 夜泊りも, 大分多く, 大勢いましたろう, 定番二百六十四人大番百六十二人合計四百二十六人に, 宿籠で, 少いしめて, 少いぜ, 少いの, 少くしかも, 少くて, 少く先生, 少しずつ, 少し多, 少し減り, 少ないの, 少ない上, 少なくなった, 少なすぎた, 居るの, 居る事, 屯ろし, 山川草木まで, 岩間岩間を, 崩れ出したこと, 幾何級数的に, 度胸を, 引きあげて, 引き退いたあと, 彼を, 後から, 御用ッとばかり, 思わず息, 急に, 悟つたらどんな, 手を, 手薄な, 押出しました, 挨拶に, 控えて, 揃はず今日は, 摺針峠へ, 散らばつて蕨, 整列し, 明瞭に, 普通の, 暴風の, 曠野の, 未定な, 来ぬうち, 来るの, 来る粛々, 果たして塩冶, 楽しく生き, 橋上に, 次第に殖え, 此処かしこに, 歩くん, 殖えも, 殖えるの, 求心努力を, 法服厳めしく, 津幡から, 海から, 減った, 減ったとは, 減つた, 減つて行く, 減り家じゅう, 減り看板, 減る, 渡り合って, 満ちて, 現われいで, 現われたが, 現われ出て, 現在に, 疾風に, 目立って, 直ちに城門, 移動し, 積まれて, 立ちはだかった時, 粛々とこっち, 粛々と此方, 粛々と歩い, 粛々と駕籠, 繰り出された, 繰出された, 繰出される, 纒って, 罵りながら, 舟で, 草鞋穿き, 血相を, 街道を, 襲いかかって, 襲い来ったので, 要る, 記されて, 話して, 走り出て, 足もとを, 足りない, 足りないかしら, 足りないって, 足りないと, 車に, 迎えに, 追分の, 通行する, 道路に, 遠く突き, 遭難する, 配られた, 配置された, 長い間格闘, 隠されて, 集って, 集まる, 集る時, 顎十郎の, 顕はれ, 飛出しました

▼ 人数~ (276, 17.3%)

10 増して 5 もって 4 まとめて, 率いて, 見ると 3 つれて, 従えて, 調べて, 連れて

2 [16件] かためて, そろえて, ひきいて, 七処女, 二手に, 出して, 分けて, 向けて, 容れて, 必要と, 揃へて, 数えて, 殖やして, 繰り出して, 読んで, 養うに

1 [205件] あげたる意匠, あげて, あつめ仙鶴観, あらため一行無事, あわせれば, いたづら, うごかそうや, うつしたれバ, おいぬきました, おっ取り囲んだ時, おびき出して, かぞえたり, かぞえました, かぞえられてから, かぞえること, かりても, かり集め得たと, くばる, こしらえまして, さし向けて, さし送り岐阜城, しらべて, じっと眺め, すぐって, そろえるわけ, そろへ, たしか五人, つれてか, ととのえて, どうする, どう分ける, どう防ぐ, どこまでも, なやまして, はいぞくさせて, ひいて, ふた手, へらして, まとめ敵, まとめ陣容, もっとふやす, やり過ごそうと, よこした, よこすよう, より豊か, オイソレと, タタキ伏せ追い散らし, 一人一人独房に, 一室に, 三井寺に, 三段に, 下へ, 乗せて, 二つに, 今までの, 伏せたの, 伏せて, 伏せること, 会して, 伴うて, 使う手, 供に, 催すため, 僅か三四十分の間, 先に, 先へ, 入れて, 入れ苦, 全て揃える, 六波羅へ, 出さないとも, 出すこと, 出すの, 出す気づかいは, 出そうという, 出張させる, 切り払った上, 割いて, 割り入れられ, 割り当てなど, 加えて, 加へ, 助勢に, 動かして, 動員し, 協力させる, 収容した, 収容すれ, 収容出来た, 取りまとめて, 召されて, 召し連れ, 合わせると, 吐き出して, 吐出したので, 向けよう, 向け自身, 呼び返す気, 国民の, 土手の, 増さなきゃ駄目, 増し最後, 多くは, 多く集め, 大体の, 失ったぐらい, 容れるに, 寸断し, 屋敷の, 屋鋪より, 巧く組み合せ, 差し出すよう, 希望された, 廻して, 引き連れて, 引つれ一時ニ, 引て, 引受けて, 張りこまして, 張りこませ目ざましい, 得る困難, 御あづけ, 手分けし, 手引きするなら, 抱いて, 抱えながら, 押しつめひそか, 押し破って, 持ちさえ, 持てる国, 指引致す, 指揮した, 挙げた, 掛けただけの, 揃えいろいろ差図手配, 揃えて, 揃へ, 数えあげて, 数え報告, 数へ, 斬って, 明かに, 曳いて, 有しない, 望みつ, 望みつつ, 泊め馬, 浅草広小路の, 添えて, 測って, 測り兼ねて, 滅茶苦茶に, 点呼した, 狩り催す云々, 狩集め, 狭い処, 率い今後, 率い御厨村, 皆入場, 目づもりでざっと, 相手に, 知らしむべ, 知らず, 示しウ, 示すもの, 積み込むと, 総出させ, 総軍, 繰りだした場合, 繰出さなけれ, 繰出して, 繰引, 聞いたり, 要する上, 見た, 見まわすよう, 見られたの, 見る盆前, 記せし紙札, 読みとろうと, 調べねば, 貰え仏, 貸して, 貸すまでも, 質問した, 蹴ちらして, 途中で, 連て, 進めて, 配ったの, 金吾は, 閲して, 限らんと, 集めたわけ, 集めて, 集めては, 集めるの, 集め仕度, 集結し, 頂戴し, 食わして, 養うだけの, 馳り催し, 駆りあつめて, 駆り集め後

▼ 人数~ (214, 13.4%)

2 だんだんに, どのくらい, 三百人にも, 二人であった, 多いし, 少いし, 少ない

1 [200件] あたかも秀吉, ある, あるはず, いたずらに, いつか二十名近くにも, いつもそろわなかった, いつもの, いつもよりも, いないな, おめ, およそ二十名, およそ知れた, おれに, かえって邪魔, かたまりころげて, かのそそくさ, きわめて少なく, くわわるばかり, こぞり起って, この前, この時合併, これまでの, ざっと三十人, ざっと三千人, すくなくとも必ず成功, すくなくも九百人, すっかり草, すべてで, すべて一千人三分の一は, それっきりか, それを, たいへん増し, たしか八人, ちょうど五人, ちょっと工合, つぎつぎに, どれほどある, どれほどか, どれほどぞ, ふえて, ふえるし, ほとんど一名, ほぼそろった, ますし, ますます殖える, またどう, まだ戻っ, まだ雨露次, まもなくそろった, みな揃いました, みな目的の, もう山, もとより焼け, やって来なかった, やっぱり十人, やりすごしその, よく分りません, わずか五人, 一人で, 一人や, 一八郎へ, 一群また, 七八人, 三万人を, 三十五人も, 三千に, 三千五六百人と, 三百に, 三百五十人で, 下の, 乗れませぬが, 二一二〇〇であった, 二人らしく, 二人ピッタリ, 二十にも, 二十人が, 二千を, 二百人は, 二百人近くも, 二百六人それに, 互に顔, 五六十飛んだろう, 五十人あまり法会の, 五十六人で, 五名であった, 五百あまり男も, 今夜どんな, 今日も, 仕切りなし, 代官松と, 何か, 何ほど, 何人だった, 何千人に, 何程に, 余りにも, 依然として多く, 僅か五百余人, 僅か四人, 僅少だ, 先払いから, 全部お, 全部で, 八百八十八人であった, 六七人枯木や, 六人それも, 六人だった, 六人計り, 其も, 其処も, 凡そ五六十人いずれも, 出しおりますが, 出づるやいな, 刻々ふえる, 割合少く, 十七名も, 十人以上に, 十倍にも, 十四五人か, 十四五人も, 十里行け, 千人という, 千人を, 半分に, 半分以下に, 半数にも, 各隊, 同じである, 四人だ, 四人でした, 土足の, 堀尾堀二人で, 堀端の, 増加する, 多いの, 多いほど, 多いよう, 多いん, 多くつもっ, 多くなかった, 多くなっ, 多く十将十隊, 夜を, 大凡十四五人ね, 大約十四五人は, 対等でも, 小馬田, 少い, 少いが, 少えけど, 少からざれ, 少くても, 少ないが, 少ないけれど, 少ないもの, 少ない時, 少なくて, 少なくともより, 少なく一般, 少なし家邸, 尠し, 屋形の, 山県どのが, 嵐に, 差程, 平均上すぐ, 後から, 忽ち二百五十名ばかり, 忽ち揃った, 折よく, 揃ったの, 揃って, 揖斐川を, 昨夜一晩踊っ, 望み次第町方与力から, 東南の, 森武蔵じゃの, 次第に少く, 止めても, 歩いて, 河岸の, 減る, 渡ったか, 漸く十人, 無論震災前, 現在の, 疎らだ, 百人からに, 百人ずつ, 百人以上にも, 籠もっ, 絡繹として, 自分より, 蟻の, 裏の, 要らぬ, 要らん一人, 途中行路の, 馬上二十騎歩士十人召し連れられ, 驚くべきもの

▼ 人数~ (195, 12.2%)

7 中に 5 中へ 3 多いこと

2 [15件] うちに, うちには, うちへ, 中から, 中で, 中には, 先頭に, 出て, 割に, 多い方, 多さ, 大部分, 少い方, 真ん中へ, 真中に

1 [150件] あいだを, あるところ, ある限り, うちから, うちの, うち七百を, かり集めに, くり出しを, ことである, しかしそれ, そろって, ために, なかに, なかを, ほうが, ほかに, まどいを, ようである, より小, わずかな, コマ五郎の, セイラーが, 一くぎり, 一家が, 一幕を, 一部が, 一部は, 一隊だった, 三倍に, 三分の一強を, 三分の二強であろう, 上から, 上に, 上を, 中だ, 中にゃ, 中より, 乱れて, 乱れる脚, 事, 二倍が, 二倍の, 二倍も, 人に, 仲間にのみ, 会で, 会でなけれ, 会合で, 会合の, 何割の, 供を, 働き手には, 入るよう, 共同生活が, 兵隊の, 内です, 出動する, 出張が, 制限を, 前へ, 割り当てに, 割合に, 割当部将の, 勢いで, 半分以上を, 半数は, 命が, 喚きです, 増した為, 多いの, 多いより, 多いわり, 多い少い, 多寡など, 多少に, 多少を, 多数から, 多過ぎな, 奇兵を, 如きは, 姿より, 宇宙艇は, 家では, 家は, 家庭に, 家族ながら, 家族を, 寺部を, 少いこと, 少いだけ, 少い葬列, 少ないだけに, 崩るる, 平均です, 引き申し, 影を, 後ろに, 御殿の, 心もちが, 悪者が, 打合, 抑えを, 拝借が, 捜査隊に, 敵は, 方だ, 方は, 方へ, 明記は, 景況から, 枠の, 桁数の, 棚田家という, 欲求する, 比率は, 気の, 水夫と, 活計には, 減った仲間全体, 減少によって, 溜り場だ, 漁夫達と, 王様や, 真中の, 端に, 筈です, 糾合に, 総動員も, 繰出しに, 若ものたちばかり, 衆へ, 補充を, 裡一万二千を以て, 西洋人の, 見張りの, 観念の, 計算を, 読者は, 警官では, 護衛者を, 輪が, 連中さえも, 配りに, 配置弾正太夫の, 重なり, 重みに, 銃が, 開きも, 限界に, 靴音も

▼ 人数~ (85, 5.3%)

5 して 4 加わって 3 なった 2 なって, なる, 取囲まれつつ, 於て, 追いついた

1 [63件] おどろいて, おどろき船づくり, この急場, したら六七人, すぎないが, すれば, ちがいなかった, つれて, なった防護団, なります, なり縄目, なるでしょう, ふくれあがって, わかれて, わかれると, 不足は, 依存する, 出逢いました, 切って, 制限が, 加えて, 加えようと, 加わる牢人者, 及ぼし得る可能, 取巻かれながら, 合する, 合わぬ食糧, 囲まれちゃあ, 囲まれ乗物, 埋められて, 城代の, 変りが, 差加えない, 必要な, 応じて, 思われた, 意味が, 成る, 成上り二十人の, 手越附近で, 抱上げらるる, 押しかけられる道庵先生, 欠けた者, 比べたの, 比べて, 比例し, 由って, 相違なかっ, 等しいだけの, 粥を, 紛れて, 落ちぶれて, 見張られるとは, 言及した, 警固され, 足らないし, 足りないと, 逢って, 連れられまして, 過ぎないし, 違いは, 適応する, 限りが

▼ 人数~ (82, 5.1%)

3 合唱し 2 あつた

1 [77件] あ, いくら頑張っ, いる寂し, か, かつ農兵, からめ捕ろうなどは, ここを, この下屋敷, この困難, この寂しい, この巨船, これを, ござりました, さびしい最後, さらに万一に, すっかり同じ, どんなところ, はやりきれぬ, ぶつかって, まことの, よい供頭, ゐながら, ガヤガヤと, シッポク料理という, 一人の, 両親が, 五千両か, 五町や, 京都まで, 今迄, 仕事を, 何百人という, 使命を, 八重子が, 出かけること, 出動する, 劣って, 十人ばかりの, 十分やっ, 十分よ, 埋まって, 埋まってでも, 夕食の, 夜宴を, 大さわぎし, 大迫玄蕃を, 守られて, 客用食卓を, 常真寺, 意見を, 房吉を, 手を, 打って出るなどは, 料理屋に, 日本兵が, 暮らして, 次の, 沢歩きを, 清洲の, 町から, 相手が, 破れるほどの, 私と, 英国兵の, 行く, 行くの, 行列も, 行動を, 豪華に, 車台が, 途中から, 門を, 関係地主の, 限られた時間, 隔てが, 風呂の, 風呂を

▼ 人数~ (79, 4.9%)

2 多くて

1 [77件] あったり, あまりたんとで, いまでは, おいおいと, おりませぬゆえ, おると, きまって, すくない, そっくり同じ, そろわずしばし, ちりぢ, ない, ひとり残らず, ふえて, ほぼ分った, ぽつ, また少ない, もう大概, やたら多く, よく調べ, わからずで鋤鍬部隊, わずかだ, わずかに, 一〇六四人と, 一名多い, 一度皆, 一粒選りの, 三人で, 三四十人蹴破っ, 上坂, 二百人ばかりに, 人数な, 今は, 余り多く, 凡そ三萬餘りはござりましょう, 出張するであろう, 前後し, 割に少かっ, 十二人だけ, 同じ四人組, 増えて, 多いから, 多いこと, 多いの, 多いよう, 多いん, 多かった, 多く老人, 多勢でいらっしゃる, 大分こもっ, 少いので, 少く殊に, 少なかった, 少なかったらしく, 引き返して, 微弱な, 慥と, 手薄に, 持たない私, 数に, 棟木に, 極めて不規則, 次第に増し, 減って, 減り三十年配, 減り圧迫, 由々しいばかり, 発信局も, 目立たないよう, 相手の, 若旦那が, 莫大に, 薄く寒げ, 連れず唯一人, 降りて, 限り人, 非常に

▼ 人数~ (26, 1.6%)

2 なった

1 [24件] ある, いっちゃあ, いわれて, その輿, それに, なって, 一戦争仕候, 一手に, 一緒に, 力量に, 十分の計とで, 十頭の, 合して, 合し更に, 同様白雲も, 女の, 家の子を, 技術では, 提灯とは, 日数で, 比例すれ, 聞いたが, 行装の, 装備で

▼ 人数では~ (19, 1.2%)

2 あったが, ない

1 [15件] ありますが, あるが, いらせられませぬか, これからさき君たち, だめだ, ないか, ないが, ないの, なかった, なく, なにもかもみんな一時, 人目に, 優って, 手に, 敵わ

▼ 人数~ (18, 1.1%)

1 [18件] からこの, からたいへん, からとて点火, からどうもよく, から近所, が, がそれ, が当っ, が歩き, し大将, し支度, とさ, とできるだけ, とよ, と認めない, な, もの, 境という

▼ 人数から~ (15, 0.9%)

1 [15件] いうと, いって, いっても, 出来上って, 出来上つてゐる, 判断した, 力と, 十人位の, 年長けた, 役割まで, 推して, 旅籠賃が, 編成され, 見ても, 言えば

▼ 人数~ (11, 0.7%)

3 奈良の 1 ために, のであった, のである, ので忽ち, ので近づく, んだ, 家で, 家族に

▼ 人数には~ (11, 0.7%)

2 広過ぎる 1 何の, 俳優芸妓旦那衆画家芸人噺家たいこもち金に, 備つても, 及びませんけれど, 広過ぎ, 広過ぎた, 漏れない判官贔屓, 際限が, 驚かなかったが

▼ 人数~ (10, 0.6%)

1 もう一組, わたした, 切り込むや, 加わった加藤図書, 呶鳴って, 手対いを, 斬り込んで, 紛れこみこけ猿, 速さ, 馳け

▼ 人数だけ~ (8, 0.5%)

1 だ前祝, でもう一度, ない, 入て, 入れて, 冷えて, 前祝いに, 買って

▼ 人数にも~ (7, 0.4%)

1 あまり驚かない, めっきり減り, 充分たべさせ得られた, 兵器にも, 勢力の, 早速出張, 足らぬからの

▼ 人数だけの~ (5, 0.3%)

1 コーヒー茶碗を, 夜具が, 昼食の, 椅子を, 自発器を

▼ 人数であった~ (5, 0.3%)

1 がさて, が平八郎, が追い追い, にも拘わらず, ので辛くも

▼ 人数でも~ (5, 0.3%)

1 ある, うならせるほど, たくさんだ, 十一円で, 犬さえ

▼ 人数しか~ (4, 0.3%)

1 おらんでは, 乗らない, 収容せず, 残って

▼ 人数だけに~ (4, 0.3%)

1 さ程, 分けて, 切放し銘々, 左程

▼ 人数である~ (4, 0.3%)

1 が一度, けれど到底, だけにかえって, と申す

▼ 人数です~ (4, 0.3%)

1 から家族的気分, が, がそれ, が水夫

▼ 人数なら~ (4, 0.3%)

1 さう, ば十人十五人, ば裸, 恐ろしくは

▼ 人数およそ~ (3, 0.2%)

1 二十人ばかり, 百五十騎が, 百人余り悉く

▼ 人数じゃ~ (3, 0.2%)

1 ごわせんぜ, ない力, 空頼め

▼ 人数だけでも~ (3, 0.2%)

1 どんなに大きい, 三百余名さすが, 知って

▼ 人数~ (3, 0.2%)

1 討タセ勝利ヲ, 集い念仏の, 集りて

▼ 人数~ (3, 0.2%)

1 に一人百円, 子の, 宿出張いたし

▼ 人数こそ~ (2, 0.1%)

1 六十人にも, 大勢なれ

▼ 人数でございます~ (2, 0.1%)

1 あのお方, ので

▼ 人数という~ (2, 0.1%)

1 のは, ものは

▼ 人数など~ (2, 0.1%)

1 つきとめて, 問うところ

▼ 人数なれ~ (2, 0.1%)

1 ばただ, ば唯舞

▼ 人数はと~ (2, 0.1%)

1 いうと, 聞かれて

▼ 人数ばかり~ (2, 0.1%)

1 いたずらに, では

▼ 人数~ (2, 0.1%)

1 兵力でも, 馬匹を

▼ 人数やら~ (2, 0.1%)

1 人の, 着物やら

▼ 人数より~ (2, 0.1%)

1 多い教師陣, 言えば

▼ 人数よりも~ (2, 0.1%)

1 思いの, 遥かに

▼ 人数らしく~ (2, 0.1%)

1 寂然として, 戸口に

▼ 人数を以て~ (2, 0.1%)

1 それを, ともかく決然

▼ 人数~ (2, 0.1%)

1 と二人, の申立

▼ 人数引連れ~ (2, 0.1%)

1 て出口, 出で

▼1* [130件]

人数あのはげしい勢い, 人数おおよそ五百人余り山を, 人数および万全を, 人数提灯の, 人数がも少し多い, 人数ことに二人が, 人数この官兵衛の, 人数さし立龍を打取る, 人数しらべをする, 人数ゃあるめえしそいつらの, 人数その他のさし, 人数それに禿, 人数それにとつぜん参りましたら, 人数たいてい勝てますまい, 人数たるや某国大使館内, 人数だけで取ろうという, 人数だけと箸を, 人数だけは黙々と仕事, 人数だけを山崎の, 人数だったが館林, 人数だって戦争の, 人数だろうが, 人数つづかば草臥れたる, 人数であってその, 人数でございましょうね, 人数でござったか, 人数でさえその個々, 人数でしかなかった, 人数でしたよ何しろ, 人数でない身の上を, 人数とが切り合って, 人数とで活動に, 人数とともにその中, 人数とは言へ, 人数と共に増す, 人数ながら豪奢な, 人数などに制限なく, 人数などは無論家, 人数なども目立たぬ程, 人数ならかんたんだろう, 人数において相手より, 人数においても業績においても, 人数にかぎっておくからさしつかえはない, 人数にて日本国を, 人数にとってはなお一層, 人数に対して一枚, 人数ののう水戸さん眼を, 人数のみはさらに道, 人数はさのみ変らね, 人数はなはだ少なくとても, 人数へらせいた洋服一枚づつ天朝より, 人数まで率き, 人数まばゆき春の, 人数よりは多かったらしい, 人数わずか三十余名, 人数ガヤガヤ喋舌りながら, 人数ハ七八百上りたりと, 人数ハ梯の段, 人数ハ死まで何, 人数一万二千余を二つ, 人数一万余という, 人数一千は入るる, 人数一同きらりきらりと, 人数七百ばかり, 人数万余に及ぶ, 人数三万金銀兵糧を積んだ, 人数三千余人出張に相成り, 人数三拾四人に相, 人数三番備えの池田勝三郎信輝, 人数上陸漁家へ止宿, 人数残湖中へ, 人数九百何十人といふこと, 人数争ったところで, 人数二百六十九人であった, 人数五万と申事, 人数人有之官軍不利, 人数人相をあらためた, 人数以上に生ずる, 人数伝馬を従え, 人数何時の間に手が, 人数入り乱れて突いつ突かれつ伐つ伐たれつ, 人数八九名に取占められ, 人数六人の同勢, 人数凡そ十余人を数える, 人数凡百余人が屋敷, 人数は, 人数十名をだす, 人数をひきい, 人数千刀を抜き, 人数参りますことに, 人数及便船かりなど, 人数召連レラレ罷リ上リ候エ, 人数各人の筋力, 人数合わせて二千五百人, 人数合六百三十六人内男三百二十五人, 人数名頭巾を脱い, 人数四九七八名でこれ, 人数四五人計も住居, 人数四五十人も雇い, 人数四五百の一手, 人数増やしたので, 人数多く候処其方には, 人数多しというの, 人数小使は壁, 人数引き連れて陰明門, 人数繰出し延引に, 人数扶持の制法, 人数押えを行うた, 人数招き約束通り猿沢が, 人数文字等のこと, 人数旅籠賃から入り用, 人数次第でボオト, 人数死亡広告の大き, 人数沢山で賑, 人数減って困る, 人数を持つ, 人数真っ黒に揉み合った, 人数総くずれと聞え, 人数総員二名とはまずまず, 人数繁きこと稲麻竹葦の, 人数船数ぞと問う, 人数船頭とも二十人, 人数の気配, 人数をつらね, 人数逃げも隠れ, 人数遠く離れて, 人数配りに手数, 人数錦絵の製造, 人数を照らし, 人数風雅の衣彩