青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘 乘~ 乙~ 九~ 九州~ 九月~
乞~
~乞食 乞食~ 也~ 乱~ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~ 乳母~

「乞~」 1356, 15ppm, 7627位

▼ 乞~ (144, 10.6%)

10 やうな 6 ことを 4 やうに 3 ことが, 者を 2 が如き, にまかせ, のか, のであつ, のである, 吾人を, 子供の, 時に, 書簡文を, 習慣が

1 [98件] いは, がま, が好い, くるしさ, ことに, つもりだ, など哥薩克, にあらず, にいたれる, にもあらず, にものうい, にも魂, に口, に肺尖加答児, のが, のつらき, のです, のといふ, のに非常, のみにては比丘, のも, のを, の人, の外之, の繁, の詩, は惡, べけん, ままに, われは, を名, アエネアスの, ウゴリーノその, シエーナ人尊大彼が, 一考あれ, 三味線の, 不許, 中に, 之れ, 之を, 乞食に, 事に, 事にな, 人が, 人の, 今夜直, 今行き, 今黒舟, 児等も, 全くの, 其一端を, 前に, 君願はくは, 吾が最後, 吾人は, 吾等五名の, 場合にも, 声が, 大義の, 家も, 家時が, 少年に, 思想の, 患者の, 悪人どもが, 戰鬪に, 所汝は, 手紙を, 救へ, 早く允可, 時は, 暇を, 様に, 次第を, 死是れ, 段弟とは, 法王その, 潛に, 爲めに, 牛の, 物を, 犬も, 神は, 積りで, 策を, 群の, 者には, 者は, 聲を, 計りに, 語, 身は, 迄もなく, 迄もなし, 速かに出, 速に, 雷霆の, 頃から

▼ 乞~ (141, 10.4%)

8 をし 6 度し 5 をした 3 に来た, をする 2 て, にきた, に來, に行つて, の挨拶, 以て, 自ら手引し

1 [102件] がペケ, その前, その大政, それより, それを, ただ一人, たり, つるに, てある, ても物, てわが, て候, て呉れぬ, て喉, て四谷, て夜具, て奥, て彼等, て後, て書画ども, て默示, などに參, など誰, にいた, にだ, にと行く, にまかせ, にも平等, にやつ, にやらされた, に世話人, に人, に出かけた, に出る, に応じ, に應, に来, に来けれ, に来たらしい, に来りぬ, に火, に行, に行く, に行つたの, に行つた村, に誓文, に赴きし, に遣, のか, のつもり, のやう, の水, の義, の聲, の話, の類, はる, よせ, をしてやる, をしてる, をしなく, を彼, を爲, を申します, を致します, 之を, 事情を, 今かく, 候は, 児童教育に, 兩人は, 初め山の, 同然なすが, 唱導者の, 問はむ, 善きマルヅッコ, 大統領は, 大速力, 女の, 希ふ, 希ふために, 師事九年奥田元, 度い, 度す, 徴りき, 押借り強盗な, 新たに, 旗本坪田三代三郎と, 歸し, 目を, 自ら身を, 自体が, 茶を, 請け, 辛うじてその, 酔眠, 雨竜雨蛙雨革雨宿り, 頼家公は, 願つてゐた, 願ひ, 養子格之, 鳥海摩耶愛宕その他を

▼ 乞~ (114, 8.4%)

22 して 6 した 4 しようと 3 すること, すると, つ, やめて 2 した時, しなければ, しに, しました, するよう, する手紙, せよと, なさるが, 容れて, 行商に

1 [50件] いたすには, こらすと, させたかったの, させて, したあと, したいの, したが, したの, したみじめさ, したもの, したやう, してから, してると, しとも, しなかったこと, しながら, しなくては, しましたが, しましょうと, しよう, するかと, するかも, するため, するところ, するの, するので, するやう, する事, のべた老父, はじめる今日, はじめる憂欝, やつて, 全然とめられなかつた, 初めたが, 妨ぐる敵役なる, 実行した, 尊重する, 明日は, 本則と, 活かすだけの, 申しに, 続けなければ, 致しまするも, 致し帰る時, 見た, 見合せて, 言つた, 言はう, 許した, 述べるでも

▼ 乞~ (86, 6.3%)

3 旅に 2 あさましさ, ためとて, 思ひ思ひに, 旅へ, 旅を, 漂浪人を, 祈祷でも, 雨は, 験なし

1 [65件] おかげで, ためか, ためだ, ために, ついでに, つかれと, みじめさである, むつかしいところ, むつかしさ, むづかしさよりも行乞の, むといへるは仏に, 一幕を, 仕度を, 仲裁なら, 体験の, 便利は, 功徳が, 功徳は, 功徳昨日は, 呪術の, 場に, 声が, 声を, 奇特で, 客観的意義は, 御祈, 御積, 意義は, 或る, 所, 技巧との, 指先にも, 挨拶に, 旅である, 旅へと, 旅も, 時に, 時は, 時ぶらさがつ, 来て, 来るの, 松火に, 歌を, 深笠, 為で, 爲めの, 牛の首, 生活から, 矛盾に, 矛盾を, 矛盾句作の, 祈祷が, 老婆の, 聲を, 胸臆の, 自信を, 行事なども, 話酒の, 語を, 連中を, 鉦を, 鉦太鼓が, 銭や, 隠語, 願に

▼ 乞~ (74, 5.5%)

3 ないで 2 さば, つらいね, ないだらう, なければ, ほんとうに, 止めに

1 [59件] あまりやらなかつた, ありがたい私, うと, ざるさき, ざるべから, ざるを, ししかども, したくないこの, しつ, しないの, しめた次第, つらいかな, とても苦しい, ない, なかつたが, ねば, ばやと, ほんた, まことにむつかしい, まつたく筋肉労働, むとて戸を, もう一晩我慢, やつぱり私に, やめとかう, やれさ, るること, るること切, れるま, れるまま, れる儘, ウソルンペンは, オヂヤンにな, ダメ新聞を, 一種の, 今日も, 他を, 六年間に, 出来さうも, 出来ないから, 否応なしに中止, 嫌だ, 容れて, 来て, 殆ん, 気が, 気分が, 気分も, 求めて, 猿丸太夫の, 省みて, 私を, 自他を, 見合せる, 見合せる明日, 身心晴朗でなけれ, 辛か, 遊歩三昧でなけれ, 雲の, 駄目当分行乞なんか

▼ 乞~ (73, 5.4%)

4 出かけるつもり 2 出かけやう, 出て, 参ずるのに, 応じて, 来た, 来て

1 [57件] おとづれぬ, のぼり来し人ら, まいりました, まはる, よりて, 上がった時, 上がりました, 來た, 便利である, 出, 出かけなくて, 出かける, 出かけるの, 出かけるので, 出そう, 出そこ, 出た, 出るなと, 出る様, 出る気, 出る迄の, 参りました, 参りました明日, 参り御, 参上いたします, 参候せつ御, 参内し, 失敗し, 婦女が, 学校の, 學校の, 寄ったこと, 寄りましたらもう, 寄る積り, 廻った家々, 往って, 從はむ, 應じ, 来たと, 来たの, 来てから, 来ましたが, 来られた時, 来る, 用いた民俗, 登りましたが, 立寄ったの, 罷り出まして, 胃は, 行くといふ, 行くよ, 行った, 行ったでしょう, 行ったので, 行飲, 降つて, 限つた

▼ 乞~ (64, 4.7%)

8 てゐる 2 ている, てゐ, て出た

1 [50件] つつ, つつ無言, てかへりぬ, てからほんとう, てから誰, てこ, てこの, てそれから, てたま, てつか, てどう, ては歩く, てひそか, てぶら, ても気分, てやつ, てよかつ, てゐた, て三時過ぎ, て二時帰宿, て仁保上郷, て俗縁, て出, て宿, て山, て帰られける, て帰らん, て帰りかけた, て帰途, て店, て引返した, て戸口, て手, て散歩, て是, て普光寺, て本郷, て椎田, て湯, て目井津, て直に, て米, て起ち, て還りぬ, ながら一時舟橋通過, ながら東, ながら歩く, ながら諫早, 直ちに家, 飯塚を

▼ 乞する~ (49, 3.6%)

2 このあたり, つもりだつた, のが, のは, やうな

1 [39件] が, こ, ことは, ことを, さてそれ, そして十二時, そして第, それでやつ, つもりだ, つもりで, には懶い, のです, ような, よりほか, を満枝, ホイトウは, 一年ぶりの, 一里に, 一風呂浴び, 二人で, 二人は, 五時前には, 冷水峠は, 四時若松で, 場合さ, 嫌な, 意力も, 最初は, 次良さんの, 気に, 気分に, 牧口といふ, 疳癪が, 私も, 者が, 行乞相は, 辛うじて食べ, 近来の, 間違ひなく降り出した

▼ 乞した~ (19, 1.4%)

3 おかげで

1 [16件] がす, がどうしても, がどの, が何分, こんなに辛抱強く, とある, のである, ので今日, のは, 勿論下関, 山は, 帰庵し, 時の, 行乞相は, 行乞相はよ, 飴豆を

▼ 乞宿~ (17, 1.3%)

13 は同前 1 に帰つて, に荷, は同, は同じ

▼ 乞ひし~ (16, 1.2%)

2 て帰らう

1 [14件] が, ても何とか, てゐた, て在所, て引下つた, て斯, て歩いた, にこの, に碧梧桐, も未だ, 乍らいと, 所, 故, 時やや暫く

▼ 乞しなけれ~ (14, 1.0%)

10 ばならない 1 ばいけない, ばならなかつた, ば現代, ば都合

▼ 乞~ (13, 1.0%)

2 出来ないので

1 [11件] あつて死, いやに, すっかりあまった, ほんた, 修行と, 出来ない今日, 嫌に, 方々で, 朱実の, 私に, 臺なし

▼ 乞ふと~ (13, 1.0%)

1 [13件] いふやう, いふわけ, いふ程, はいかなる, はわがまま, シクラメンの, 小生意気らしい, 小生意氣らしい, 新嘗, 是は, 番頭らしい, 細君が, 言ふ

▼ 乞~ (13, 1.0%)

2 やめて

1 [11件] いたさせたいの, しいろいろ, し二つ, せずに, せずひそか, つらいね, なか, やめに, 労働です, 大概顔が, 済まし其方

▼ 乞ふて~ (12, 0.9%)

2 はゐない 1 この一巻, アトリヱを, 出発した, 壁に, 大隈板垣両, 大隈板垣兩伯を, 秀秋を, 私は, 窓から, 馬小屋の

▼ 乞~ (10, 0.7%)

1 つた行乞相も, と言っ, と言つて, な, のという, むしや, 一寸御覧, 少し憂欝, 行乞しなく, 行脚と

▼ 乞なんか~ (10, 0.7%)

2 出来さうに, 出来るものぢ 1 しないこんなに, しないで, 出来さ, 出来ない, 出来ない電車, 出来るもの

▼ 乞流転~ (10, 0.7%)

2 して 1 したい, に始終, のくり, のはかな, の旅, の旅人, の苦, を意味

▼ 乞はれ~ (9, 0.7%)

31 てをかしく, て後, て心動き初めたる, て私, 候ひしか, 東大寺鎭守として

▼ 乞踊り~ (9, 0.7%)

1 があります, がござる, でも催し, なんぞを見物, の古雅, の祭, はこの, を見, を踊つて

▼ 乞~ (8, 0.6%)

1 えた銭, ござりませぬ, さぞ困っ, それだけの, 一皮だけ, 一皮脱ぐ, 物事に, 食べて

▼ 乞行乞相~ (8, 0.6%)

2 はわるく 1 と所得, はよく, は今日, は当然, は悪く, もよかつ

▼ 乞しない~ (7, 0.5%)

2 でゐる 1 で清末, で門司, と米塩, のは, 日は

▼ 乞そして~ (7, 0.5%)

1 一時の, 三重町まで, 今市に, 平戸といふ, 滞在新, 行乞し, 錦江へ

▼ 乞それから~ (7, 0.5%)

1 あちらで, ぼつ, 水に, 泥濘の, 門川まで, 鵜戸神宮へ, 麦川へ

▼ 乞はん~ (7, 0.5%)

1 といふこと, とす, とする, とてあつまり, とて其町, とて手, と欲する

▼ 乞~ (6, 0.4%)

1 出かける, 出かける山口, 地蔵, 心を, 魚釣と, 魚釣鉄鉢を

▼ 乞には~ (6, 0.4%)

1 ちと行過ぎた, 些と, 出かけられさうに, 出かけられないもう, 早すぎる, 都合よろしい

▼ 乞ふこ~ (6, 0.4%)

1 となし, とはいかに, とはやすく, とは嫌, ともうみ, と承諾

▼ 乞ひ祷~ (5, 0.4%)

2 むと言絶え 1 むと手触りなげかす, む欺かず, めり

▼ 乞午後~ (5, 0.4%)

1 の二時間, はゆつくり, は休養, は虹, は重い

▼ 乞所得~ (5, 0.4%)

1 で焼酎, の残金全部, は, はよく, も上上来

▼ 乞はず~ (4, 0.3%)

1 に上, に小谷吾郎, に立去れ, に轉げ

▼ 乞ひあるく~ (4, 0.3%)

2 道が 1 旅の, 水音の

▼ 乞ひた~ (4, 0.3%)

2 まひき, まふ

▼ 乞ふため~ (4, 0.3%)

1 にで, に前々, に書かれた, に歌

▼ 乞ふも~ (4, 0.3%)

1 のその, のなき, のの, 予更に

▼ 乞~ (4, 0.3%)

31 ばい

▼ 乞へば~ (4, 0.3%)

1 やがて出, われらの, 多の, 小僧絶壁の

▼ 乞へる~ (4, 0.3%)

1 ことみゆ, 最初の, 處なる, 道なりけり

▼ 乞三時間~ (4, 0.3%)

1 いろ, また一里, また三里ひき, もう二時近くなつ

▼ 乞途上~ (4, 0.3%)

1 でひ, に於ける, の偶感, わからずやが

▼ 乞したくない~ (3, 0.2%)

1 けれど九時, のを, よりも行乞

▼ 乞しなかつた~ (3, 0.2%)

1 が三里, 今日が, 留置の

▼ 乞しなく~ (3, 0.2%)

1 ちやならない, てはならない, なつて

▼ 乞しよう~ (3, 0.2%)

1 と思ふ, まだ, 六時出立九時着

▼ 乞それ~ (3, 0.2%)

1 から一里半, から下松, から歩む

▼ 乞にも~ (3, 0.2%)

1 お天気, 出かけられないし, 行かなければ

▼ 乞はう~ (3, 0.2%)

1 としてゐた, としてゐるで, と志

▼ 乞ひたい~ (3, 0.2%)

2 と思ふ 1 のだ

▼ 乞ひも~ (3, 0.2%)

2 また無言 1 大して差別

▼ 乞ひ得た~ (3, 0.2%)

1 のであらう, もので, 木が

▼ 乞近来~ (3, 0.2%)

3 にない

▼ 乞~ (2, 0.1%)

1 それは, 石尊詣り

▼ 乞かなり~ (2, 0.1%)

1 大きな旅館, 長い街筋

▼ 乞から~ (2, 0.1%)

1 來やあが, 行商へか

▼ 乞さらに~ (2, 0.1%)

1 一里歩い, 近在行乞財布

▼ 乞しはじめたら~ (2, 0.1%)

1 前の, 大夕立

▼ 乞すべく~ (2, 0.1%)

1 早う起きた, 湯田まで

▼ 乞すれ~ (2, 0.1%)

1 ば行乞, ば鉄鉢

▼ 乞~ (2, 0.1%)

1 やである, やと

▼ 乞だけは~ (2, 0.1%)

2 家毎に

▼ 乞でも~ (2, 0.1%)

1 して, 何かに

▼ 乞なら枉げ~ (2, 0.1%)

2 て赦し

▼ 乞はむ~ (2, 0.1%)

1 と欲し, 巡礼の

▼ 乞はれた~ (2, 0.1%)

1 ときに, ま

▼ 乞ひする~ (2, 0.1%)

1 やうな, を恥ぢない

▼ 乞ひたく~ (2, 0.1%)

1 て仕方, 思つたのである

▼ 乞ひで~ (2, 0.1%)

1 もし, もする

▼ 乞ひのめ~ (2, 0.1%)

2 ば入れ

▼ 乞ひ取り~ (2, 0.1%)

1 て入り, て恆

▼ 乞ひ奉る~ (2, 0.1%)

1 事を, 牡丹かな

▼ 乞ひ得~ (2, 0.1%)

1 て弟, て移し

▼ 乞ひ得たる~ (2, 0.1%)

1 のち, 物を

▼ 乞ひ祷みひた~ (2, 0.1%)

2 ごころ守らす

▼ 乞ふた~ (2, 0.1%)

1 樽野で, 近頃の

▼ 乞ふところ~ (2, 0.1%)

1 を絹, を陳べぬ

▼ 乞ふと暫く~ (2, 0.1%)

1 して, 音が

▼ 乞へども~ (2, 0.1%)

1 え婚はず, 乞はる

▼ 乞へり~ (2, 0.1%)

1 彼の, 或者

▼ 乞やう~ (2, 0.1%)

1 やく教, やく米一杯半

▼ 乞~ (2, 0.1%)

1 といっ, の信号

▼ 乞久しぶり~ (2, 0.1%)

1 に日本酒, の行乞

▼ 乞五時間~ (2, 0.1%)

1 ばかり嘉川方面, ばかり歩き

▼ 乞今日~ (2, 0.1%)

1 の行乞, はまた

▼ 乞十一時~ (2, 0.1%)

1 から一時, から十二時

▼ 乞成績~ (2, 0.1%)

1 がよい, は銭七十九銭

▼ 乞~ (2, 0.1%)

2 る家

▼ 乞泊つて~ (2, 0.1%)

1 食べて, 食べるだけの

▼ 乞漫談~ (2, 0.1%)

1 の材料, の資料

▼ 乞行乞~ (2, 0.1%)

1 がいや, に出かけ

▼ 乞~ (2, 0.1%)

2 はづれ

▼1* [218件]

ありがたいことも, 乞いそいだけれど牟岐, 乞いやでいや, 乞うれしい事も, 乞おいしい濁酒を, 乞かたがたかく, 乞かたがた参詣に来た, 乞かたがた報知に来, 乞かたがた根岸の親類, 乞かろうじて銭三十四銭米五合頂戴し, 乞この行乞の, 乞こんなに早う止めるつもり, 乞しおえると雨, 乞しかも最後の, 乞しぐれてさむい, 乞しぐれだしたがしぐれる, 乞したいほどで, 乞したいいひかへれ, 乞したくないしたくないけれどしなけれ, 乞じきに身, 乞つかりくたぶれたけれど, 乞すべきもので, 乞すべきなれどあわ, 乞すべく出かけた五時頃だつたらう, 乞するならむ歌を, 乞ずゐぶん暑い, 乞せしに大雨, 乞せずに自然, 乞せずやといふはフアビアニ公子, 乞せんと折, 乞そのおかげで, 乞それからまた歩いて, 乞それでも今日一日の, 乞った報恩に, 乞つらいことは, 乞唱歌を, 乞であるが何分, 乞できないのを, 乞ですね, 乞でないから, 乞でなければならない, 乞といふことについて, 乞とのおかげである, 乞どうやらかうやら, 乞どころぢやない, 乞ので何だか, 乞なぜだか, 乞など出来るもの, 乞などはまさにそれ, 乞なんかはしない悠然, 乞にて神に, 乞にと縁者を, 乞にとては何處へも, 乞によつて米代を, 乞によって飯篠門下の, 乞によりロダンに, 乞に対し六里ヶ原の, 乞に迄出る事, 乞はれざるにはやくも助け, 乞はれるよりはまだ, 乞はれ与へ候, 乞はんためそこに集まる, 乞ひいひき, 乞ひうけ, 乞ひかねては何とか, 乞ひけるに父, 乞ひしとき汝, 乞ひせなければならないだらう, 乞ひたい歌の一つ, 乞ひたき念漸く, 乞ひただその怒気, 乞ひたりとて何, 乞ひぬ川の, 乞ひねがつて, 乞ひのむ母父の, 乞ひはじめる田植が, 乞ひました處, 乞ひまつるかな, 乞ひも遊藝人の物乞ひも, 乞ひらしい法師が, 乞ひ下したとの事, 乞ひ取る人が, 乞ひ受けその奇しき力, 乞ひ受けた物と, 乞ひ哭く毎に, 乞ひ奉つたので天皇, 乞ひ奉り天皇が, 乞ひ居る者なき, 乞ひ歩く難渋の, 乞ひ求むそを, 乞ひ求むるや, 乞ひ求め彼の, 乞ひ求めし時の, 乞ひ求めたといふの, 乞ひ求めたる水を, 乞ひ泣く毎に, 乞ひ申し候, 乞ひ祈つてゐた, 乞ひ祈むけはひ, 乞ひ祷る神よ, 乞ひ縋ると覚, 乞ふお祷りの, 乞ふかのやう, 乞ふが為に, 乞ふが如き言葉を, 乞ふさまに, 乞ふたことがあつ, 乞ふた上でなければ, 乞ふつもりでは, 乞ふてもつと好い, 乞ふてわめき他方では, 乞ふてゐる四十がらみの, 乞ふと直ぐ見晴しの, 乞ふらくは其処, 乞ふわが栗, 乞ふ出て見, 乞ふ許せ尊命の, 乞まことに久しぶりの, 乞また二里で, 乞まだ早すぎる, 乞もう文なし, 乞薦僧なんかは, 乞やつと食べ, 乞よりは訴訟人の, 乞よりもお賽銭, 乞らしく行乞した, 乞に来た, 乞りし人に, 乞わるかつた, 乞ウタコトガアリ顔見知リデアル, 乞ウテ速刻, 乞エピソードとして特種, 乞キス一杯の余裕, 乞だりヶ間敷儀申モノ数多有, 乞ヒ卒伍ニ帰センでしたかね, 乞ヒ戰爭忽チ終結ヲ告ケタルコトヲ是レ米軍, 乞ヒ求ルニ銭帛ヲ納メ守護札, 乞ヱピソードの一つ, 乞一株八月十三日静宜亭宿題, 乞一週間ぶりの行乞, 乞七日間懸命に稼い, 乞七時から九時, 乞三時間三時帰庵行乞相はよかつ, 乞三時間十時ごろからそろそろ, 乞三時間悪寒をおぼえる, 乞三池町も少し, 乞三里歩いて, 乞不能ちよんびり小遣, 乞九時から十二時, 乞二時間それから今町行乞三時間, 乞二時間銭四銭米四合あまり功徳を戴いた, 乞二里歩いて, 乞五十二銭の銭, 乞今日一日の生存費, 乞伊佐へ左折, 乞伊野町へ十一時, 乞何だか嫌に, 乞何となく左胸部が, 乞の石豆腐, 乞八時から二時, 乞六里伊尾木橋畔日の出屋で, 乞出来なかつたやつと, 乞十時から十二時, 乞去年の行乞, 乞古銭事見蒙斎筆談, 乞四日間の所得, 乞四時間竹輪で三杯, 乞地蔵の開帳, 乞坊主が行乞, 乞夕立がやつ, 乞は餞別, 乞好評と書い, 乞媚びて, 乞から家, 乞小串まで来, 乞山頭火でないと, 乞巡拝したとき, 乞巡査がき, 乞帰庵の途中, 乞帰途湯田温泉浴蓮芋の苗, 乞帰途路傍に捨て, 乞往復九里は暑苦し, 乞往復六里少々草臥れた, 乞急いで帰庵, 乞路日本一といつては, 乞惜しき名殘, 乞押売すべての見, 乞から旅, 乞明日はいよ, 乞昨夜殆んど, 乞昨年と大差, 乞時々気分が, 乞時代を追想, 乞此宿をたづ, 乞流浪の旅, 乞流転七年の結晶, 乞流転中にどこ, 乞流転時代のおちつき, 乞海岸路山間路高低曲折の八里, 乞獅子と変遷, 乞生活に立ち, 乞に活気, 乞純然たる肉体労働, 乞羽根附近の海岸風景, 乞自他共にいけない, 乞蘭竹の海岸づたひに田島神社, 乞行乞相申分なしと, 乞行乞行乞に出かけ, 乞行厨を開く, 乞西市へ越す, 乞赤字がさうさせた, 乞かつた, 乞途上般若湯を詰め, 乞途中また堅田行乞, 乞銭十三銭米二合霧の中, 乞雪風不景気それでも食べ, 乞鞍掛鳳来ヶ嶽と山, 乞駅前の土産物店