青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「九月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~乗った 乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘 乘~ 乙~ 九~ 九州~
九月~
乞~ ~乞食 乞食~ 也~ 乱~ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~

「九月~」 2636, 28ppm, 4121位

▼ 九月~ (525, 19.9%)

18 末に 9 末の 7 はじめに, 新学期 5 初めに, 有楽座, 末から, 末には 4 うちに, 声を 3 ことで, ことであった, ことである, 三日に, 中頃に, 末で, 風が

2 [45件] ある日, ある朝, なかば約束の, はじめの, はじめ甲府から, はじめ私は, よく晴れた, イーハトヴの, 七日の, 上旬, 上旬から, 下旬から, 下旬特別を以て, 中頃から, 中頃まで, 九日に, 二十一日で, 二箇月間私は, 仕事は, 入学であった, 初には, 初めである, 初め頃の, 十三夜である, 十三日の, 十九日でございました, 十九日に, 十二日だ, 十五日の, 十四日然し, 半ばに, 学期が, 或夜, 日の, 晴れた日, 朝の, 末, 末だ, 末にな, 末より, 末俄かに, 末氷島からの, 條に, 虐殺に, 頃には

1 [345件] ありあけ, あるあたたかい, ある午前, ある宵, ある満月, うちの, うちを, おわり, お節句, ことだった, この頃, ごとくあたたかい, すえから, なかば, なかばから, なかばすぎに, なかばに, なかば初めて, なかば過ぎ山卯の, なかば頃まで, は, はじめから, はじめだ, はじめでした, はじめらしい, はじめ例の, はじめ家に, ままに, やうに, オペレッタ, オペレッタ題, プラン, プランの, ホトトギスに, モスク, ヤルタ天気が, リーダーズ・ダイジェストに, 一件から, 一夜に, 一番はじめの, 七八日頃が, 七八日頃二三日後に, 七日瀕死の, 七日過ぎる, 万有学会で, 三十日だった, 三十日であった, 三日から, 三日ごろかえって, 三日です, 三日は, 三日まで, 三日唯, 上半は, 上席, 上旬であった, 上旬である, 上旬に, 下旬, 下旬あたりに, 下旬であった, 下旬に, 下旬には, 下旬まで, 中ごろから, 中ごろひどく, 中ごろまでしか, 中ごろ秋の, 中旬から, 中旬まで, 中旬七戸丸の, 中旬残暑は, 中旬頃である, 中旬頃までと, 中頃, 中頃でなくっ, 九日だ, 九日は, 九日を, 九日前後を, 九日菊見, 予定的な, 事で, 事と, 二ヵ月だけ, 二十一日が, 二十一日の, 二十七日には, 二十七日の, 二十九日の, 二十八日か, 二十八日とは, 二十六日に, 二十四日から, 二十四日です, 二十四日を, 二十幾日に, 二十日から, 二十日ごろに, 二十日ごろまで, 二十日前後と, 二十日前後に, 二十日過ぎで, 二十日頃でしたやろ, 二日私が, 五日だった, 五日に, 交に, 今日まで, 休戦に, 作品題未定の, 俸給日だった, 八日には, 八朔一日が, 公演にも, 六日に, 六日には, 冷冷しい, 処女, 出しもの, 出しものにつき, 出しものは, 出しものも, 出来事で, 初で, 初な, 初に, 初へ, 初め, 初めから, 初めだった, 初めだつた, 初めであった, 初めと, 初めにかけては, 初めの, 初めミユンヘンは, 初め紅塵飜へる, 初め頃この, 初旬, 初旬で, 初旬です, 初旬母は, 初旬頃だ, 前売開始まだ, 創作についての, 十七日に, 十七日は, 十三夜で, 十三夜です, 十三夜について, 十三夜昨夜も, 十三日, 十三日から, 十三日だつた, 十三日なり, 十九日か, 十九日でした, 十二日です, 十二日と, 十二日は, 十五六日頃に, 十五夜は, 十五日, 十八日で, 十八日には, 十六日すなわち, 十六日だ, 十六日の, 十六日老, 十四日か, 十幾日であっ, 十日その, 十日で, 十日前後から, 十日過, 十日過ぎに, 十日頃だった, 十日頃であった, 十日頃には, 十日頃までは, 半ばごろまで, 半ばだ, 半ばまで, 半ば農商務省からの, 半ば過, 半ば過ぎに, 半ば頃また, 南米は, 収入は, 声とともに, 夕暮, 夕暮とて, 外気に, 大震災に, 太陽に, 央ば過ぎにも, 女優は, 如きは, 始めで, 始めである, 始めに, 季節に, 学期には, 学期までに, 宝石である, 宵, 宵が, 帝国大学法科大学の, 年三度という, 幾日だった, 廿日吉原土手で, 彼岸前で, 彼岸前でした, 感想, 或午前, 或日, 授業開始期に, 新學期, 新聞に, 日が, 日は, 日を, 日劇の, 明治座で, 時よりも, 時雨の, 暦も, 暴風雨で, 暴風雨の, 月へ, 月も, 月末から, 月送りである, 朔日から, 朔日に, 朔日は, 朔日も, 朝だ, 末か, 末きょうは, 末ごろであったろう, 末ごろに, 末ごろの, 末ごろまで, 末ごろ一人の, 末ごろ南方で, 末ごろ突然, 末だった, 末であった, 末である, 末でも, 末と, 末とは, 末まだひどく, 末まで, 末までに, 末われを, 末を, 末日までには, 末柳は, 末紀州の, 末遽かに, 末雲間を, 末頃かしら, 末頃であった, 末頃には, 末頃まで, 本が, 本読み, 条に, 条を, 来るころ, 東小川村の, 東海道の, 歌です, 歌とは, 歌舞伎新報に, 比より, 気圏です, 気圏の, 法師温泉吟行には, 洪水の, 海は, 滿月を, 爽やかさを, 物忌開始の, 狂言を, 狂言決定, 生気を, 生産予定計画を, 田圃道, 甲子を, 秋の, 秋祭十月の, 稲の, 空に, 空は, 空も, 立山, 節供の, 節句と, 節句に, 節句の, 節句も, 終まで, 終りころから, 終りにも, 終り頃この, 結改の, 縁日に, 美しい夜, 美しい青空, 聲はか, 聲を, 花嫁と, 花嫁は, 芽を, 若葉の, 菊の, 葡京の, 葡京は, 蒸暑い謂わ, 薄き弱, 虐殺, 行幸, 西日に, 諸雑誌, 近づいたこと, 間, 間に, 関東大震災である, 関東大震災は, 関東大震災を, 雑誌, 雨に, 雨期とが, 震災の, 震災まで, 青空は, 頃に, 風も, 風邪は, 麗わしい, 黄葉の

▼ 九月~ (234, 8.9%)

18 なって 9 なると 8 入って 7 入ると 6 なった 4 入つて 3 なりました, 入ってから, 出て, 日本に, 至るまで 2 なっても, なつた, なりて, なれや, 伊勢殿と, 入つて登記所, 入りて

1 [153件] あすこの, いりて, おこった自然的災害, かいて, ここへ, この坊主, して, その町, その稲, なったと, なったばかりの, なったらまた, なったら会社, なってから, なってからも, なつたらき, ならないうち, なりました所, なり掛けたので, なり節句前, なり被, なる, なれば, はじまった日本帝国主義, はやりたい希望, やらなければ, ゆる, よくなりました, アルスから, シカゴに, トゥルナウに, マリアは, ヨーロッパから, 一旦父上, 七十七歳で, 上京し, 上京そして, 主だ, 二年前新設の, 亡くなった, 京都の, 今の, 佃島に, 何処かの, 作った頃, 入った, 入ったこの, 入ったばかりの, 入ってからでも, 入ってからも, 入りては, 入りました, 入り九月, 入るの, 入るも, 出したの, 出ます, 出版する, 初霜, 到るまで, 勃発した, 北へ, 又ぶらりと, 又女子大, 又撮影, 只一人の, 名古屋へ, 吟詠の, 多くの, 多く食, 大目附服忌令分限帳改と, 奥州の, 始まつて, 婦人委員会が, 学校が, 完結せしめ, 実業之, 家を, 家督され, 實際に, 専門学校の, 少しから, 市電の, 師匠の, 帰朝する, 帷子を, 広元入道さまは, 恐慌の, 憧れの, 持ち越されいよいよ, 改まって, 改まつ, 新しい日中関係打開, 新学年, 旅行した, 旅行の, 明治座で, 春の, 暴力革命を, 来て, 東京に, 柏軒は, 根本羽嶽の, 棟上を, 棠軒は, 植物採集の, 榛軒が, 此山の, 歿した, 波岡, 淡路島の, 漱石氏を, 熊本へ, 熟す, 甚兵衛が, 留守居と, 疱瘡を, 病死した, 発表された, 發行された, 相模武蔵を, 石に, 私は, 突然今年, 竣工した, 紐育で, 終つた, 終つてゐる, 終る, 結成される, 群馬県師範学校教諭渡辺千吉郎氏が, 至りて, 至り燕兵西水寨, 至り衰弱殆ど, 至るまでに, 至るまでは, 蘭軒は, 蜂起し, 行はれる, 袷が, 起った事, 追試験を, 這入った或, 這入つた一日, 這入ると, 長崎奉行兎狩に, 長野県下水内郡桑名川へ, 開会し, 静岡に, 香以は, 駿河国に, 鳴く百舌鳥, 麹町区

▼ 九月一日~ (112, 4.2%)

6 の朝 4 である 3 の地震, の大, の関東大震災 2 だ, だった, づけの, であった, のあの, の大震, を迎えた

1 [79件] あの関東大震災, からである, からの授業開始, から一週間, から三日, から三日間, から十日, から又, から数え, がまた, が二科会, が関東, にあった, には, にはどういう, にはまた, にはもう, には函館, には家, には小田原, には私共, には西岡邦之助, には震災記念販売, にも後れ, にわが, に何, に初, に小田原, に持明院, に権現岳, に發表, に総, に蕪等, の, のパイパア, の二科招待日, の分, の午前十一時五十八分四十五秒, の午前十一時四十八分, の午後三時半頃, の午後五時ごろ, の午後四時ころ, の午餐, の地震當時, の夕刊, の夜, の大審院判決, の大震火災後一二ヶ月, の日付, の早朝, の朝わたくし, の朝東京, の東京, の正午, の正午二分前, の火事, の軍議, の遼陽攻撃, の関東, の関東大震火災, の関東大震災後, の関東大震災記念日, の關東大地震, の雜誌時代思潮, の震火, の震災, の震災後, の首山堡占領, は帝都, は謂, まで一箇月以上一度, まで逗留, も十月七日, よりはずっと, よりエノケン公演, をなごり, を以て緒, を期し, 迄四十七日間

▼ 九月には~ (81, 3.1%)

3 いって, いると 2 いってから, いつて, もう原

1 [69件] いよいよ命, いよいよ婚礼, ここから, すぐに, すっかり事務所, すでに北, そこで文部省, その一座, つまり二通であった, どうか東京, なお二隻, なお残っ, ひつてから, ほんの二十歳, もう劇, もう紅葉, もう羽前, モルナールの, 中洲の, 事故あれ, 二つ書ける, 二度までも, 五円四七年九月には, 井上元良上田などの, 京都大學の, 佐渡明和三年一月には, 何か, 信濃の, 出て, 出京, 函泊遠, 利根水源探検隊の, 十七円五〇銭と, 参詣に, 周防長門同, 嗣子田中正訓から, 団十郎も, 外国役者の, 大峰山脈を, 大暴風雨, 大通洞の, 天野遠景や, 安治川尻に, 家康から, 岩代の, 平田篤胤が, 従兄弟の, 日光山貞保元年二月には, 日向大隅同, 東京に, 欧州の, 牛込肴町の, 猶西丸下, 王政復古を, 田安斉匡の, 相模陸奥甲斐に, 私の, 竹原に, 羽後の, 茶山の, 草木の, 蘭軒に, 衆議院議員の, 記念号を, 詔し, 重病人の, 長安に, 間違いない, 騒動が

▼ 九月~ (46, 1.7%)

6 末に 3 末近い 2 いつか二十日ほど, もう二十日, もう末, 下旬に, 十日を, 半ばに

1 [25件] たけて, どこへも, なかばを, なかば過ぎた, まだ残暑, もう半ばごろ, やがて晦日, 中旬にか, 二十日を, 今日で, 十日すぎの, 半ちかく, 半ば過ぎだ, 半ば頃に, 半過ぎでしたろう, 既に半ば, 暮れて, 末の, 末近くなる, 第九, 終り頃からは, 近づいて, 過ぎた, 過ぎて, 間際にな

▼ 九月九日~ (46, 1.7%)

2 から十二日, である, の節供

1 [40件] からつけはじめ, から約, から表, すなわち重陽, っていう日, であった, でした, とも無関係, にお, にそんな, にぽ, に亡くなっ, に今, に使用, に八尾城, に十代目眞志屋五郎兵衞, に崩, に御, に氷, に準備, に英一, のある, の夕, の夕暮れ, の夜, の夜半, の払暁, の月, の茱萸, の菊, の菊の節句, の菊日, の重陽, は九月, までの長期, もさうで, より三日間, を待つ, 即ち重陽, 大抵十月

▼ 九月から~ (41, 1.6%)

2 十月の

1 [39件] お願いし, かわったん, はじめて, まる二月, 二年級に, 今年の, 十一月の, 十一月迄, 十二月までを, 十二月迄よ, 十五年の, 十月に, 十月にかけて, 十月にかけての, 十月にかけては, 十月は, 千家元麿という, 品川沖に, 始まった, 家を, 家族とともに, 左団次一座が, 彼は, 志士の, 手が, 新校舎, 月島の, 本月, 本郷座で, 東京の, 東京帝國大, 残った蠅, 母が, 毎日ちゃんと, 自家用車って, 誰にも, 開通する, 集配人に, 頼んで

▼ 九月~ (38, 1.4%)

4 に発表, の 3 のため 2

1 [25件] から一つ, というの, にのせた, にジョージ, に中国, に出した, に私, に藤田進一郎氏, に載っ, のその, の作者, の出し, の女性改造, の小説, の文芸雑誌, の新, はあの, は雑誌, への原稿, もやはり, を借り, を借りる, を貸し, を連れ, 第三〇頁

▼ 九月十三日~ (37, 1.4%)

2 の夜亥, の朝

1 [33件] お豊, から十七日, さらに同, その日, だったの, でした, ですから, ですよ, になっ, にはそこ, には上野仙駕亭, にシュッツ, に書い, に棠軒, に焼跡, のお, のこと, のこの, の出来事, の午前八時, の後, の御前試合, の条, の某, の浸水, の砲術試合, の鈔写, の項, は後, までその, までは余す, まで継続, をもって恭しく

▼ 九月十五日~ (35, 1.3%)

2 といふ日

1 [33件] から九月二十七日位, から十八日, が神田明神, それから六月十五日, である, にだんだん, にはその, には大本営, にまた, にセップク, に保, に大御, に徳川家康, に渋江氏, の前後, の地蔵講, の夜, の大風雨, の天洋, の式, の晩, の月夜, の気温, の満州国承認記念日, の神田祭, は前日, まで, までの間, まで夏, もう, より, を命日, 御大葬

▼ 九月~ (32, 1.2%)

3 農家の

1 [29件] お妻, きわめて多事多難, たいへん雲, どの位, また院, まだ治安維持法, もう二十日, 三十日です, 休み十月, 公園劇場だった, 十一日から, 十月に, 南西の, 外出の, 大いに本, 女の, 小なる, 幾日ある, 撮影は, 斎月として, 未熟の, 満員つ, 無事に, 田に, 矢代家からといふ, 自信なし, 菊が, 藤山, 風俗を

▼ 九月二日~ (27, 1.0%)

1 [27件] から五日, から十月二十日, さ, ですから, に, にきまった, には, には嘉彰親王, には父弥五右衛門景一死去, には米国, に仙台, に夭折, に家, に日比谷交叉点, に柏軒, に死んだ, に母五百, のお, の午前九時, の午前六時, の夜フインシャハ, の夜道士一人天, の天気, の宵, の記事, の頃, 又一島湧出

▼ 九月~ (27, 1.0%)

2 の或

1 [25件] からはじまる, から十月, か十月初め, か十月初め頃, といえ, と翌年, にい, になる, にはちゃんと, にもう, に初, のふけ, の出来事, の夕やみ, の夕日, の寂しい, の晴れた, の暗い, の曇り, までの約, まで休み, まで待った, まで滞在, もう朝夕, 近い日光

▼ 九月三日~ (26, 1.0%)

2 の夜

1 [24件] でした, でその間, に下さった, に五八, に五十三円, に兄, に兄さん, に北京, に市河米庵, に引移, に強, に書いた, に江戸, に生母, に肥前, のこと, の事, の号外, の夕方, の夜二人, の条, の美しい, は朝方, まで

▼ 九月十日~ (25, 0.9%)

2 に歿

1 [23件] この朝, であるべきこと, なること, に, になっ, になつて弟, に十月号, に安田さん, に急, に施先生, に榛軒, に薨, に親戚, に長崎立山, に駒込白山前, の午, の合戦, の夜, の川中島合戦, の日記, までの新山, を期した, 過ぎれば

▼ 九月下旬~ (22, 0.8%)

2 の一日, の或

1 [18件] からこの, から十月, から十月初旬, か十月上旬, だと, であるなら, という, になっ, のこと, の午後, の夜寒, の曇つた朝, の様子, の秋晴れ, の颱風季, まですっかり, までは, 尚お

▼ 九月中旬~ (22, 0.8%)

2 というころ, の或

1 [18件] からツューラウ, から十月下旬, から開かれる, になっ, になりまし, には烏川, にプラーク, に式, の一夜, の事, の夜, の日附, まだ小, まだ小麦, まではすこし, までゼネバ, まで江戸, 過ぎると

▼ 九月十四日~ (22, 0.8%)

4 の朝 2 の夕陽, の明神下

1 [14件] から復活祭, とのこと, に, にその, に撮った, に榛軒, に陸奥国棚倉, の夜モスク, の夜半, の宵月, の水, は私, よりは実験, より六十九回

▼ 九月二十三日~ (21, 0.8%)

2 のこと, の朝釧路

1 [17件] である, に夭, に山, に山陽, に日本, に歿, に淀橋, のまだ, の午後十時, の夜, の夜半, の晩, の部, はやがて, より十五日間, を以て其の, 未刻

▼ 九月四日~ (21, 0.8%)

2 の晩

1 [19件] から十日間, この朔日, だと, に, にね, には必ず, に作られた, に津港, に観, の事, の夜, の夜あけ, の夜奧州屋, の日附, の書き込み, の朝, の朝刊, は最う, は西

▼ 九月二十日~ (20, 0.8%)

2 の夜なか

1 [18件] から十月十五日, がどういう, だ, です, とはなん, にいま, に世, に危篤, に団子茶屋, に大杉栄, に撰進, の夜汽車, の晩, の朝六時, の鏡, はこんや, までお, までの分

▼ 九月十八日~ (20, 0.8%)

2 に六十九歳

1 [18件] ついに松方正義, であった, になっ, には鳶田, に例, に元明天皇, に思ひ, に怪しげ, に歿, に津山, に相州さま, に鳶田, の事件, の夕, の満, を以, を以つて, 全體

▼ 九月~ (18, 0.7%)

1 [18件] ありますから, あるから, いうと, いえば, いっても, おぼえて, なった末, なって, なりて, 二度も, 云えば, 云ふ, 十一月とに, 十月と, 十月には, 書いて, 決まった, 過しました

▼ 九月六日~ (18, 0.7%)

1 [18件] から五日間日比谷公会堂, と有, になりました, には前, にラロ, に八十三歳, に其処, に初代瑞仙独美, に書い, に歿, に池田錦橋, に聞いた, のお, のこと, の午后六時, の手紙, の歿日, 第二文書

▼ 九月~ (18, 0.7%)

2 からのよう

1 [16件] からそろそろ, からであった, からでございます, から時々, だね, であったろうか, ではなかっ, とかに火, になる, になるでしょう, の候葉間, まではその, まで体, 接した, 新芋, 有楽座

▼ 九月はじめ~ (17, 0.6%)

3 の秋 2 である, の新聞紙上, の陰った 1 から一日, に, のお, のこと, の午後, の夜, の巴里, の旅立ち

▼ 九月八日~ (16, 0.6%)

2 のこと, の午前

1 [12件] か九日, にドイツ船プロイセン號, に歿, に淡路島, の, の夜, の大水, の宵, の深夜, は三七日, 我が生まれし, 迄弟

▼ 九月二十一日~ (15, 0.6%)

3 の夜

1 [12件] から十日間, であった, にアイルランド出身, に又, に嫡男棠助, に最初, に棠軒, に福山, のよう, の午後十時半, の午後十時半近く, の近畿地方

▼ 九月二十二日~ (15, 0.6%)

2 のこと

1 [13件] おなくなり, から三日間, から二十三日, から十二月二十一日頃, が来, である, には太陽, には笞打, に歿, の会津落城, の夕方, の尺牘, まで秋

▼ 九月二十六日~ (15, 0.6%)

2 の夜

1 [13件] であったが, で電車, と思います, には短慮一徹, に六十三歳, に急死, の事, の夕方, の夜福山, の天候, の日, の朝, は雨

▼ 九月十一日~ (15, 0.6%)

1 [15件] から始まる, で余程, にケエプ・タウン, に始まった, に来訪, に正弘, に起請文, の, のこと, の夜, の夜半, は八五郎, は小雨, も雨, より同年十二月二十六日

▼ 九月十九日~ (15, 0.6%)

1 [15件] づけの, でしたが, とある一文, にて同じく, に家, に棠軒, に致仕, の午前一時頃, の午前七時, の午後三時頃, の夜, の大祭, の条, の読売新聞, 御暇御免

▼ 九月十二日~ (15, 0.6%)

2 に相当, の宵

1 [11件] から金, がいよ, がいよいよ, であつ, になつて, に勝久, に歿, に沒, に金, の午前八時頃, までのお

▼ 九月三十日~ (14, 0.5%)

1 [14件] から四日間, が土曜, すなわち神送り, には東京府社会事業協会, には街頭, に巣鴨, に御歌所寄人, に愛知県中学校長, に見た, の夜, の明けがた, を以て外國製布非買同盟, を名残, 迄に来た

▼ 九月五日~ (14, 0.5%)

2 の夜

1 [12件] から十日間, だ, であった, であったが, である, にまた, に入学, の国民大会, の條, の病院, まで約, を以て帰

▼ 九月~ (13, 0.5%)

2 例の, 過ぎて 1 來た, 名残りで, 来た, 来て, 終ろうと, 終わって, 腹帯だ, 近づくと, 長崎町十月が

▼ 九月上旬~ (13, 0.5%)

1 [13件] からかかっ, から翌年, であると, でしたが, という噂, になる, には少しく, には納まつ, にもう一度, のこと, へかけ, までに集まつた, まで忙しい

▼ 九月二十五日~ (13, 0.5%)

2 の夜, は旧暦 1 から十月十二日, であって, と主張, に九条家, の午後, の朝, の頁, はあす, 即ち殺害

▼ 九月二十四日~ (13, 0.5%)

1 [13件] で十個, と二十五日, に八十八, に城山, に纔, に駿府, の一件, の午後, の夕七つ半頃, の払暁, の旗日, の暴風雨, は割

▼ 九月十三夜~ (13, 0.5%)

2 の月見

1 [11件] が陽暦, に兩國橋, に月め, に渡邊織江, に谷中瑞林寺, の後, の晩, の月, の赤銅色, はお, 晴れて

▼ 九月十六日~ (13, 0.5%)

1 [13件] づけの, でかれは, で宗祇, に憲兵大尉, に東堂, に榛軒, のこと, の夜, はあるいは, はリンタク屋, または二十三日, より翌, 贈菊花於岡西玄亭及次子貞次郎

▼ 九月七日~ (12, 0.5%)

2 の朝 1 であったから, に, には, にはじまっ, に動坂, に寂し, に私, の正午十二時, の洪水, やはり柳橋万八樓

▼ 九月~ (12, 0.5%)

1 [12件] から暫く, ぐらいは若, というよう, には胚胎, には隆治さん, に一, に發行, のある, の事, の重要, はいる, は一羽

▼ 九月初め~ (12, 0.5%)

1 [12件] から一週間, から十月半, だと, である, にかけては時, にはソヴェト同盟, には竿, に一先づ東京, に火鉢, のうっとり, のもの, の或

▼ 九月十七日~ (12, 0.5%)

1 [12件] となりぬ, なれば, にその, には飛ん, にフリードマン, に京都, に船, に行つた, のこと, の今夜, の夜, の朝

▼ 九月十月~ (12, 0.5%)

2 の霜 1 それから十一月, とたち, となれ, と三月, と過ぎ, になっ, にもなれ, の交, の六回興行, の気候

▼ 九月まで~ (11, 0.4%)

1 [11件] つづくの, で春, ふさがって, 一銭の, 上演を, 余震が, 叔父リヒァルト・レーヴィーの, 大丈夫という, 待って, 獄中に, 続いた

▼ 九月二十九日~ (11, 0.4%)

2 の夕 1 には老中, の事, の夜更け, の序, の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, の朝, の祥月命日, より三十日, 突然ゴンサカ

▼ 九月にかけて~ (10, 0.4%)

1 とかくに, ひと月あまりは, 一戸から, 二回も, 川狩や, 旅順の, 柑赤色の, 模造碑の, 江戸には, 輕井澤の

▼ 九月~ (10, 0.4%)

1 に文部省, 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 四

▼ 九月初旬~ (10, 0.4%)

1 でまだ, になっ, のある, のこと, の或, の日付, の日曜, まで昌造, より今ここ十一月初旬, より浪子

▼ 九月~ (9, 0.3%)

2 あつた 1 あつたらう, お金が, してね, それが, 例の, 宅地も, 終って

▼ 九月にな~ (9, 0.3%)

2 つて上京する 1 つた, つてから, つてからは, つてこの, つて左近衛番長の, つて童相撲其他を, つて英文科一年の

▼ 九月二十八日~ (9, 0.3%)

1 がやつ, ついに肺炎, にし, に先ず, に棠軒, の今日, の夕刻, の夜, はミケルマス

▼ 九月~ (9, 0.3%)

2 の文藝春秋 1 であります, に何, に小説, に載つ, の, の改造掲載, の雜誌

▼ 九月~ (8, 0.3%)

1 しのげば, 待つてるよ, 思いだすね, 迎えて, 迎えるの, 迎えるよう, 過し十月, 選んだ

▼ 九月一杯~ (8, 0.3%)

1 だったら短篇, に是非祝言, に返せん, に返却, の居住, はこういう, はその, までい

▼ 九月ごろ~ (7, 0.3%)

1 だったか, であった, にまた, のこと, までしまつて, らしいが, 空くよう

▼ 九月なかば~ (7, 0.3%)

1 からは一週, と覚え, のあざやか, の午後, の夜, の陰った, の雨

▼ 九月半ば~ (7, 0.3%)

1 になる, に急性腎臓炎, のこと, の午後, の夜, の頃, まで居残った

▼ 九月二十七日~ (6, 0.2%)

1 には聖書会社, に八十四歳, に榛軒未亡人飯田氏志保, に蘭軒, の夜, の祭

▼ 九月からは~ (5, 0.2%)

1 四高と, 嵯峨の, 東京に, 秋鯛である, 自分の

▼ 九月~ (5, 0.2%)

1 かに書い, から丁度, という, のに, もの

▼ 九月九日重陽~ (5, 0.2%)

2 の節句 1 の佳節, の宵, の日

▼ 九月晦日~ (5, 0.2%)

1 から翌, に起りたる, の神送り, は俄, より十月朔日

▼ 九月までの~ (4, 0.2%)

3 間に 1 新撰組の

▼ 九月以後~ (4, 0.2%)

1 のスケジュール, の日, の日記, は殆ど

▼ 九月以来~ (4, 0.2%)

1 の仮寓, は休業同様, 一寸表現, 或る

▼ 九月十月十一月~ (4, 0.2%)

1 と丁度半歳, と三月, と徒ら, の十五日

▼ 九月廿日~ (4, 0.2%)

1 が団十郎, には愈, の刊行, の條實朝大江廣元

▼ 九月発行~ (4, 0.2%)

31 のもの

▼ 九月だった~ (3, 0.1%)

1 から齢, と思う, 筈です

▼ 九月でした~ (3, 0.1%)

1 かしら, が或, 僕は

▼ 九月でも~ (3, 0.1%)

1 いいの, ふけると, 明日が

▼ 九月との~ (3, 0.1%)

1 両度に, 二度あ, 早いころ

▼ 九月~ (3, 0.1%)

1 かけて, かけての, かけては

▼ 九月までに~ (3, 0.1%)

1 お葬式, 四人も, 最初の

▼ 九月より~ (3, 0.1%)

1 三月の, 値上の, 岩波書店内に

▼ 九月一ぱい~ (3, 0.1%)

1 で十月, という約束, は寝

▼ 九月一日私~ (3, 0.1%)

1 はこ, は名古屋刑務所, は福井県

▼ 九月~ (3, 0.1%)

1 の中央, までのうつし, を見出した

▼ 九月十七日条~ (3, 0.1%)

1 に, にも, の

▼ 九月川上音二郎~ (3, 0.1%)

1 の妻貞奴, はボート, は革新劇

▼ 九月廿九日~ (3, 0.1%)

1 に産み落しました, の夜, の早朝新宿駅中央線プラットフォーム

▼ 九月日露戦争~ (3, 0.1%)

2 の最中 1 の講和条件不満

▼ 九月早々~ (3, 0.1%)

1 となる, 市上に, 行ひたいと

▼ 九月朔日~ (3, 0.1%)

1 ついに土御門万里, つひに, のこと

▼ 九月歌舞伎座~ (3, 0.1%)

1 では団十郎, にて市川猿之助, にて沢村訥升

▼ 九月~ (3, 0.1%)

1 一日曜の, 二学期から, 二学期はじめに

▼ 九月蘆葉~ (3, 0.1%)

2 断つ 1 断つ遼東

▼ 九月いっぱい~ (2, 0.1%)

1 で私, に宝島

▼ 九月この~ (2, 0.1%)

1 三つの, 山と

▼ 九月その~ (2, 0.1%)

1 夜も, 戀は

▼ 九月ちょうど~ (2, 0.1%)

1 今日, 夏船が

▼ 九月であった~ (2, 0.1%)

1 が出帆, が土佐

▼ 九月です~ (2, 0.1%)

1 が宵, ね

▼ 九月では~ (2, 0.1%)

2 あったが

▼ 九月という~ (2, 0.1%)

1 ような, 時節で

▼ 九月といふ~ (2, 0.1%)

1 悪い月, 月を

▼ 九月にでも~ (2, 0.1%)

1 なって, なれば

▼ 九月にも~ (2, 0.1%)

1 屏中門の, 筑後前

▼ 九月~ (2, 0.1%)

1 七月などの, 十月頃に

▼ 九月スコットランド~ (2, 0.1%)

1 のストロンサ島, のブレーマー

▼ 九月一日地震~ (2, 0.1%)

2 の記念日

▼ 九月三十日土曜日~ (2, 0.1%)

1 の午後十一時半ごろ, の夜

▼ 九月中遽~ (2, 0.1%)

2 に大患

▼ 九月中頃~ (2, 0.1%)

1 から二月中頃, になる

▼ 九月九月~ (2, 0.1%)

1 と書い, は三十日

▼ 九月二十日私~ (2, 0.1%)

1 は其中庵, は故郷

▼ 九月仁和賀~ (2, 0.1%)

2 の頃

▼ 九月以降~ (2, 0.1%)

1 から十一月, のロンドン

▼ 九月~ (2, 0.1%)

1 でお, は育たん

▼ 九月六日主上二条~ (2, 0.1%)

2 の御

▼ 九月十五夜~ (2, 0.1%)

1 の月, の満月

▼ 九月十何日~ (2, 0.1%)

2 かであつ

▼ 九月十日過ぎ~ (2, 0.1%)

1 にはもう, に妹

▼ 九月午後日~ (2, 0.1%)

2 の光

▼ 九月~ (2, 0.1%)

1 の事, まで休み

▼ 九月四日通り~ (2, 0.1%)

1 で捕獲, へ出た

▼ 九月始め~ (2, 0.1%)

1 て肺患, になっ

▼ 九月~ (2, 0.1%)

1 に神有月, の日

▼ 九月廿一日~ (2, 0.1%)

1 に正, に福山藩主阿部正桓

▼ 九月廿三日~ (2, 0.1%)

1 に頼山陽物故, 迄ばつ文

▼ 九月廿八日~ (2, 0.1%)

1 だとか, とある

▼ 九月~ (2, 0.1%)

1 吉原品川楼の, 学年の

▼ 九月明治座~ (2, 0.1%)

1 にて先代左団次七回忌追善興行, にて市川莚升

▼ 九月東京~ (2, 0.1%)

1 の大震災, へ遊学

▼ 九月~ (2, 0.1%)

1 の日, 夜便所に

▼ 九月江戸~ (2, 0.1%)

1 の団子坂, を発し

▼ 九月~ (2, 0.1%)

1 が大, は左

▼ 九月興行~ (2, 0.1%)

1 から愛国切符, の楽屋

▼ 九月関東大震災~ (2, 0.1%)

1 が起り, の後

▼1* [497件]

九月あたりから悪い, 九月あなたがほん, 九月いっぱい床につい, 九月十月ごろの, 九月からの鷲撃ち, 九月ことしの団子坂, 九月これ迄省みない, 九月ごろ沼津小田原辺からくる, 九月すがすがしいある朝, 九月すぎるとさっぱり, 九月すなわち私の, 九月ちかくなったころ, 九月ついたちにまた, 九月ついたち国ことごと震亨れりと, 九月であり湾は, 九月であるが早稲田, 九月でなければ戻らない, 九月とく子の郷里, 九月としてあるので, 九月とても元来は, 九月とに立ちます, 九月ともなったらあらためて, 九月と共に五月は, 九月なかば日曜の午後一時ごろ, 九月にかけての日付を, 九月にて局中にて, 九月はじめて演ぜられた, 九月はじめ伸子は東京, 九月また会いましょう, 九月までが夏で, 九月までと云うもの, 九月までにはうんと立派, 九月よりの事なれ, 九月らしい日の, 九月わたくしは刑期, 九月わたしが出獄, 九月アイルランドのクイーンスタウン, 九月グィリエルモ・ディ・ノガレット及びシアラ・デルラ・コロンナ, 九月グエルフィ黨とモンタペルティ, 九月チェッコスロバキア國の首府プラーグ, 九月ト云ッテモマダ暑イノデ洋装ニスレバイヽノニ, 九月ニ至テ茎頂ニ淡紫花, 九月ノルウェーに帰った, 九月マニラに上陸, 九月モ中旬ダト云ウノニコノ暑サハ異常, 九月ラ・シェネエ解散のあと, 九月ロダンの招聘, 九月ワルソーに突入, 九月一丁目二丁目に分ち, 九月一七日アンナ女王が狩猟中落馬, 九月一六日のロシヤ法律, 九月一日二日三日と三宵, 九月一日以前にもひどい, 九月一日例の関東震災, 九月一日冒険ずきの, 九月一日初日の夜, 九月一日十一時五十八分までは大丈夫, 九月一日午前十一時五十八分に起つた, 九月一日半田川を渡っ, 九月一日古屋志村兩氏と田圃, 九月一日夜の大火, 九月一日大洗海岸で暴風雨, 九月一日大震災につぎ, 九月一日天柱拆け地維, 九月一日彼と一緒, 九月一日教権に反抗せり, 九月一日朝未明船すでにビゴ港, 九月一日東京の大震大火, 九月一日武州井之頭, 九月一日歿と刻せられ, 九月一日滑川より雙生丘, 九月一日空に音楽, 九月一日芝公園協調会館に開催, 九月一日被服廠跡で起った, 九月一日西軍五万余人は大挙, 九月一日開通衝突脱線等あり負傷者数名, 九月一日関東湘南に大震, 九月一日館主と共に近き, 九月一日高橋秀臣君は埼玉県下, 九月一目の有権者名簿, 九月七八日に書き上げたい, 九月七日サイレンが鳴る, 九月七日出生阿部侯長臣町野平介初名, 九月七日叙従五位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 九月七日条には由利八郎, 九月七日菅笠をかぶり, 九月七日雨に遭, 九月七日頃から打てる, 九月七月の全, 九月三十日ゾール附近に於, 九月三十日以来犯人の顔, 九月三十日入寂した, 九月三十日午前十一時五十分鹵簿粛々として東水橋町, 九月三十日午後八時から九時, 九月三十日彼はレオ, 九月三十日日附のハガキ今日, 九月三十日磐の長子信一, 九月三日以後きょう迄ね, 九月三日以後日々結婚登録をする, 九月三日仲秋明月の夜於天下茶屋瓢, 九月三日夜沢村源之助芸談を放送, 九月三日棚倉の兵, 九月三日正造はまた, 九月三日海上で行衛不明, 九月三日部下河田次郎の変心, 九月三日門出して, 九月上京の事, 九月上州の或, 九月上旬出勤も同じ, 九月上旬命恙く江戸, 九月上旬夏目さんをもと, 九月上旬栃木県芳賀郡上三川町地先の鬼怒川, 九月下旬号十月下旬号の三冊, 九月下旬大阪の安治川尻, 九月下旬発送のこと, 九月丙午天武天皇は浄, 九月中旬源平合戦七百七十年の倶利伽羅法要, 九月中旬秋の初, 九月中旬頃からであった, 九月中江戸にゐ, 九月九州旅行の最後, 九月九日だんなをめ, 九月九日ドリアンの第, 九月九日九は陽数, 九月九日九条の袈裟, 九月九日十九標準時発信者は金星, 九月九日君の病革, 九月九日彼らは忽然と, 九月九日望郷台他席他郷, 九月九日父は七十歳, 九月九日脳溢血でたおれ, 九月九日謙信は重陽, 九月は従来筆記, 九月二十一日夜具をおいれしました, 九月二十一日心臓を病み, 九月二十一日朝の四つ半頃, 九月二十一日東京京橋新富町に生れた, 九月二十七日メール主筆巖本天聲, 九月二十七日位まで二週間, 九月二十七日城山没落は三十三年前, 九月二十七日誕辰の佳日, 九月二十七日附で, 九月二十三日加波山に旗上げ, 九月二十三日夕酉刻に歿, 九月二十三日父はた, 九月二十三日申刻に至つて功, 九月二十三日開始の成人教育プログラム, 九月二十三日静宜亭集, 九月二十九日二代目坂東秀調死す五十四歳, 九月二十九日午後来訪の予定, 九月二十九日市参事会は街鉄私設, 九月二十二三日より始, 九月二十二日ごとに白兎, 九月二十二日新橋蔵前工業会館で結党準備会, 九月二十二日条に, 九月二十二日東南の山中, 九月二十二日神戸氏に一百円, 九月二十二日請求の分, 九月二十五日ヨワン・シローテは牢輿, 九月二十五日午後四時三十分バッサン・アヴァルの岸, 九月二十五日文房堂で買った, 九月二十五日日比谷三信ビル東洋軒に於, 九月二十五日東京地方裁判所刑事部で支倉喜平, 九月二十五日正造は風邪, 九月二十五日示談事ずみとなり, 九月二十五日頃から毎日新聞, 九月二十八日午前四時二十分病気のため当地, 九月二十八日土佐国浦戸港にマニラ, 九月二十八日夜は漆, 九月二十八日私ともう, 九月二十八日義雄が札幌, 九月二十六日山羊は一疋, 九月二十六日朝の九時, 九月二十六日東京を出発, 九月二十六日終戦後四十日のこと, 九月二十六日貞に会った, 九月二十四五日より大杉栄ほか二名, 九月二十四日ダブリンを出帆, 九月二十四日以来全部隊, 九月二十四日日曜日空よく晴れ, 九月二十四日男の子が生まれた, 九月二十日京都南座で氏, 九月二十日前後とおぼえ, 九月二十日平八郎の母大西氏歿, 九月二十日東京控訴院でようやく, 九月二十日近江の草津駅, 九月二十日過ぎのうらら, 九月二十日頃より青年男女, 九月二日三日とまだ, 九月二日上野介から申し出た, 九月二日十時当町沖合より朝鮮人, 九月二日千馬三郎兵衛間重次郎中田理平次は同月七日, 九月二日午前七時伏木港を発する, 九月二日午後五時頃當時燒跡ニ歸來シ境内ニ掘立小屋, 九月二日大震災の惨禍, 九月二日妻初枝, 九月二日早朝出澁, 九月二日景一も病死, 九月二日目白の方, 九月二日矢頭右衛門七も単独, 九月二日頃頭髪が脱, 九月五円程度のもの, 九月五日付ケ鎌倉執達状には, 九月五日以後王国の高貴さ, 九月五日十月五日吟味の寛容, 九月五日善光寺平の原野, 九月五日地藏寺に集る, 九月五日応永十八年十一月十九日同十二月二十一日, 九月五日戦後初の国会, 九月井伊直弼が大獄, 九月までの奉公人, 九月仙台の塩竃, 九月以前なるべきこと, 九月以後プロレタリアートを先頭, 九月以来召集されて, 九月以来金星堂としてはそれ一冊, 九月以来鷲が一羽, 九月以降東京の市中, 九月伊藤内閣辞職の後, 九月休暇を取っ, 九月作品の打合せ, 九月例会について談合, 九月修禅寺の温泉, 九月の陋屋, 九月が地方, 九月先師喜多能静氏の年回, 九月八日ハンベリイ街のアニイ・チャプマン, 九月八日プラースラロケットでこの, 九月八日岡山奥小野崎姉君御病死之旨今日御達差出一日之遠慮, 九月八日故国ポーランドの首都ワルシャワ, 九月八日昔のボヘミア, 九月八日死去いたしました, 九月八日焼け跡の灰かき, 九月八日詩人メーリケはス市, 九月八重が神田紺屋町, 九月公共図書館法委員会を開き, 九月六十六歳で死んだ, 九月六日北部ルソンカピサヤンにて新聞報道関係者二十三名, 九月六日朝はからず京師寺町ニ川村盈進入道ニ行合, 九月六日米国大統領の承認, 九月其の親戚の, 九月は北海山中, 九月出演のこと決定, 九月刊行の原本, 九月初めタトラよりプラーク, 九月初め日本橋の三越, 九月初旬三度目に行った, 九月初旬八月下旬までに又たっぷり, 九月初旬妾が一室, 九月初旬山口県光市の顕治, 九月初旬本になり, 九月初頃に行う, 九月初頭に皮下溢血斑, 九月四十四年一月, 九月にぜひ, 九月十一日上州松井田の宿, 九月十一日娘の葬送, 九月十一日沖縄の那覇, 九月十一日郷里柳河にて葬儀盛大, 九月十一月同四十五年二月, 九月十七日午前十時三十分我らのもっとも, 九月十七日午前十時三十分我等の最も, 九月十七日墺のほとんど, 九月十七日號の新, 九月十七日高らかな産聲, 九月十三夕に当たり, 九月十三日プラークにもどり, 九月十三日九代目団十郎相州茅ヶ崎に死す, 九月十三日今夜が豆, 九月十三日以後警視庁で開始, 九月十三日夜の亥, 九月十三日御簾番下馬纏兼被仰, 九月十三日明治大帝の御, 九月十三日条に, 九月十三日翁は鎌倉建長寺内, 九月十三日西九州に於ける, 九月十三日頃南洋パラオの南東海上, 九月十九日付にて其友篠田剛蔵, 九月十九日仙石久利但馬出石城を毀つ, 九月十九日日向大隅地大震とあり, 九月十九日未明三時半ごろ当港岸壁, 九月十九日柳原岩井町代地高坂茂助上り地七拾八坪余願之通被仰付候旨植村駿河守殿御書附を以て被, 九月十九日正岡先生の訃, 九月十九日秋雨蕭条の中, 九月十九日薩摩の一角, 九月十九日関ヶ原の戦端, 九月十九日附の書附, 九月十九日雪の原, 九月十二日ところはクロワッセ, 九月十二日三十七歳にて落飾, 九月十二日以後の文, 九月十二日寛永十九年三月七日安永八年九月晦日に起りたる, 九月十二日後の棠軒日録, 九月十二日文明七年八月十五日同八年九月十二日, 九月十二日法然十八歳の時, 九月十二日私は最初, 九月十二日織田信長が比叡山, 九月十二日静穏なる好, 九月十二日高杉に与うる, 九月十五日十四日の宵宮, 九月十五日日本晴の上天気, 九月十五日東西二十万の大軍, 九月十五日榊原家の留守居, 九月十五日独逸青少年使節団一行を迎, 九月十五日立憲政友会を組織, 九月十五日関ヶ原に於, 九月十五日難を避, 九月十八日プラーグを攻略, 九月十八日城の運命, 九月十八日夏目さんの宿, 九月十八日夜十時ちかいころ, 九月十八日大阪の初代実川延若, 九月十八日官三人の罪, 九月十八日平八郎以下二十人を鳶田, 九月十八日日本満州国の全土, 九月十八日江戸を去り, 九月十八日逓相官邸における電気委員会, 九月十八日開通と云う, 九月十六日北米の大西鉄道, 九月十六日午後五時わが連合艦隊, 九月十六日堀内組病者診察として愛冠, 九月十六日新撰組は肥後守, 九月十六日秋雨連日さながら梅雨, 九月十四五日から十六日, 九月十四日ブラジル首府リオデジャネイロに着, 九月十四日十字架建立の祭日, 九月十四日南米ブラジル国首府リオデジャネイロ港に入船, 九月十四日後の名月, 九月十四日条に見える, 九月十四日附の記事, 九月十日ごろお母さんから九月三日, 九月十日私は召集, 九月十日賢嗣朴甫設宴召集蓋終其先志也余亦与, 九月十日限り売渡す約束, 九月十日頃とある, 九月十月ニ採リ以テ染メ黄金, 九月十月十一月三つきめにやつ, 九月十月十一月十二月だ, 九月十月十一月御坂の寒気, 九月十月頃には前例, 九月十有二日為亡友高君子融小祥期矣, 九月午後の残暑, 九月半ばもんはやつ, 九月半ば頃大荒の海, 九月半頃からでした, 九月単独でウィーン, 九月印刷出口君の, 九月中秋無月の, 九月古い競馬場の, 九月只今思い出候ても誠に, 九月に應, 九月号所載の三枝博音氏, 九月号所載甲賀三郎氏の, 九月同社より上梓, 九月四国地方の党会議, 九月四日ドレスデンは陥落, 九月四日ニュウファウンドランド島の小さな, 九月四日余は岩礁, 九月四日信州小諸に移住, 九月四日午前一時頃我等別荘浅草区橋場町一丁目十三番地留守居の者共夫, 九月四日午後二時に咯血, 九月四日四五日いなかった間, 九月四日晴とある, 九月四日晴朗な初秋, 九月四日肺結核と確認, 九月四日谷中の蛍沢, 九月四日追放されしフィレンツェ, 九月四日雨降り本陣にて吉左衛門どの一周忌, 九月四日頃お訪ねする, 九月国際聯盟がいまだ公然, 九月大坂城へ帰府, 九月大連市の大賀一郎氏, 九月大阪浪花座へ一枚看板, 九月高く露, 九月太陽に書いた, 九月奉納書籍聚跋に序す, 九月暇を, 九月小説中の第, 九月少し不首尾な, 九月尽日に落籍し, 九月屋敷を出, 九月山地は殊に, 九月山形県金瓶在住中熱海磯八荘なる永見徳太郎, 九月嵐璃鶴は満期出獄, 九月巴里にアナトオル, 九月と云う, 九月帰京するや, 九月平八郎名古屋の宗家, 九月府県廃合の事, 九月廿一日夕男子出生名棠助, 九月廿一日寿は五十六, 九月廿七日には十四, 九月廿七日朝五時母上御卒去, 九月廿五日に十月創刊号, 九月廿六日大日本聯合青年団, 九月廿四日途上皇大神宮御遥拝, 九月廿日芝の神明様, 九月廿日頃より斃馬病馬, 九月弟ゲオルク生まれる, 九月弟ハインリヒ生まれる, 九月当時執筆の短篇小説数篇及雑録, 九月はアルパン湖畔, 九月彼女は安らか, 九月彼岸ごろに似, 九月彼岸前にならなけれ, 九月の授業料, 九月徳川の天下, 九月懿文太子の後, 九月に在り, 九月拾五日故に左, 九月擧家一同大町に移つた, 九月改造社が, 九月政友会を組織, 九月新富座にて新作, 九月方庵は六十一歳, 九月日光東照宮其他の修繕工事, 九月日本堤で唐犬権兵衛等, 九月の十二月, 九月映画の打合せ, 九月暴風の中, 九月書肆改造社の, 九月に吉田篁, 九月末プラークを経, 九月末作付期間は四か月半, 九月末宇野浩二氏から電話, 九月末日の晝頃, 九月末日限り国民新聞と合併, 九月に糟部郡, 九月東京冨山房から開板, 九月東京控訴院に於, 九月東北帝國大學, 九月松島山形新潟佐渡などを約, 九月松蔭を暇, 九月某日媒妁夫妻は小, 九月某日相州三崎は諸, 九月之助, 九月格堂遙に書, 九月楢林吉雄と共につく, 九月長夜千声万声無止時, 九月死去した生存中, 九月殆ど一杯という時間, 九月江戸昌平黌に遊学, 九月河原崎権之助, 九月津軽板柳の大農松山銕次郎氏, 九月浅草座で真っ先, 九月清三が宿直, 九月清國留學生のひとり, 九月滋宮薨ぜさせ給, 九月演劇新潮に私, 九月州の, 九月狂言決定の会議, 九月現在で一二, 九月瑞西に歸, 九月生れですから, 九月産み落したのは, 九月甲州の御坂峠頂上, 九月男異人ふたりと女異人ひとり, 九月發表の, 九月百済王が任那, 九月祖母は東京, 九月神田のお玉ヶ池, 九月福岡に戻っ, 九月秋収後の幣束祭, 九月秋風立ち初, 九月税制改革案が公表, 九月節句とておや, 九月節句前鼠木綿の着物, 九月米国ミズリー大学のブリウスタア, 九月縣會議員の選擧, 九月總會がまじ, 九月を夢みる, 九月葡京路秋来暑未, 九月藤井寺で戦い, 九月藤山特出なら作曲, 九月號豫告のところ, 九月行なわれる中見, 九月言語集成譯編の命, 九月足利将軍義持の医師, 九月迄に四十七件起った, 九月迄の間に, 九月近藤眞琴君の, 九月通盛等の軍, 九月連続せるへとへと, 九月過ぎれば船一艘, 九月長崎に帰る, 九月開場予定として工事, 九月関ヶ原かっせん, 九月関東の大震災, 九月関東地方の大, 九月陸前青根に遊んだ, 九月雑誌戯曲評のうち, 九月震災の火, 九月青年俳優練習のため, 九月頃何うだといふ, 九月頃岡田は郷里, 九月頃引越しのこと, 九月高松宮様の御成