青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「世界~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

且つ~ ~世 世~ ~世に 世に~ 世にも~ ~世の中 世の中~ 世人~ ~世界
世界~
世紀~ ~世話 世話~ 世辞~ ~世間 世間~ ~丘 丘~ ~丞 丞~

「世界~」 23582, 244ppm, 396位

▼ 世界~ (5316, 22.5%)

79 中に 35 中で 32 うちに 25 ように, 大勢に 22 どこにも 21 ことを 20 平和の, 平和を 19 外に 18 他の 17 歴史は 16 なかに, 大勢を, 方へ 15 個物として, 文化の, 歴史を 14 どこの, 人の 13 歴史が 12 ために, ような, 文化に, 日本, 歴史に, 歴史の 11 あること, ことは, すべての, 人々は, 人間が, 前に, 学界に 10 どこかに, 上に, 中へ, 人民の, 文明は 9 どこに, 中の, 中心に, 人々の, 人を, 人類が, 広さ, 文化を, 隅々まで 8 ものの, 一つの, 事情に, 人々を, 形成要素として, 文明に 7 どこでも, 三大, 中でも, 人が, 内に, 多くの, 存在を, 平和と, 文学の, 耳目を

6 [14件] あらゆる国々, うちで, どこを, やうに, 人々に, 人に, 人類に, 大精神, 情勢は, 果まで, 注目を, 生活に, 美の, 視聴を

5 [32件] ある事, いずれの, ことで, できごと, どの国, なかで, はてまで, 事実と, 人間の, 人間は, 何処かに, 出来事の, 出来事を, 国々を, 地図を, 基礎の, 基礎を, 学者が, 学者に, 座標軸の, 文学は, 文明の, 方が, 果ての, 果に, 様に, 歴史には, 涯まで, 自己形成の, 話を, 進歩的な, 隅々に

4 [57件] いろいろな, ことだ, どこかの, どこへ, ものである, やうな, ペルスペクティーフの, 一切の, 中から, 中では, 人々が, 人は, 人口の, 人民に, 人間, 人類の, 人類を, 偉人の, 各國, 各地から, 国々の, 大勢と, 大勢は, 大問題, 婦人が, 存在は, 学界を, 市場を, 平和は, 形成的要素として, 意味を, 文化は, 文学を, 文明国と, 最後の, 有つ, 有様を, 本当の, 果てまで, 海上に, 現実は, 現実を, 現象を, 生活の, 生物は, 生産様式を, 秩序を, 美を, 至るところ, 至る処, 苦しみが, 要素と, 誰も, 諸民族, 間に, 隅々にまで, 驚異である

3 [106件] あらゆる地方, あらゆる方面, うちへ, ことが, ことである, どこかで, ひといづれ, ひろさ, ほかの, まん中に, ものだ, もので, ものに, ものにな, ものは, ようで, よその, ピアニスト, ブルジョア, プロレタリア, プロレタリアートは, 一等国と, 一角を, 中には, 中心と, 事を, 二大, 人々から, 人たちの, 人と, 人心を, 人間に, 人間を, 人類は, 何処にも, 光景を, 全人類, 凡ての, 到るところ, 創造的要素として, 動きが, 動きの, 各所に, 各方面, 各民族, 問題と, 問題の, 国々に, 境遇に, 多数の, 大勢である, 大部分, 天皇と, 女の, 始であり, 存在に, 学者を, 客観的な, 富の, 富を, 市場に, 底に, 強大なる, 形成作用として, 思想史の, 情勢を, 愛と, 扉を, 文化が, 文学が, 文明が, 文明を, 文明国の, 新知識, 暗さ, 有名な, 概念は, 涯の, 涯へでも, 物理学の, 物理学界を, 状態は, 現実として, 生物の, 生産様式である, 直観である, 知識の, 知識を, 科学の, 空を, 空気が, 空気を, 第一朝日劇場, 第一線に, 舞台に, 良心に, 良心的な, 表面に, 表面を, 認識と, 資本主義が, 資本主義は, 趨勢を, 運命が, 音楽の, 音楽界を

2 [364件] あった頃, あらゆる場所, あらゆる女優, あらゆる思想, あらゆる時代, あらゆる民族, あらゆる現象, あらゆる石器時代, あらゆる罪, ありさま, ある家, いかなる方面, いずこの, いたるところ, いづれの, いろ, いろいろの, うちでは, うちどこにも, こと, ことと, ことに, ことの, この地方, この魔術的性質, すべてを, そとに, それに対する, ただ中で, ただ中に, ところどころに, どこにでも, どの資本主義国, なかには, なかへ, なかを, なぞと, はじめに, はてから, はての, はてまでも, ひとみんな, ほうが, ほかに, ほとんどすべて, まっただ中, ものが, ものだった, ものであり, ものと, ものとは, ものを, ようすを, ようだった, よさ, キィノー, ドコかの, ブルジョア文化と, プロレタリアート, プロレタリアートの, プロレタリア文学運動は, ベスト, 一切を, 一地方を, 一流の, 一等國に, 一角として, 一部を, 一部分に, 一部分を, 一隅で, 一隅に, 一隅を, 七つの海を, 三分の二を, 不思議なる, 中テパーンタール砂漠の, 丸いこと, 主観的, 事なんか, 事は, 事情が, 事情を, 交通が, 人で, 人としての, 人なり, 人民が, 人民を, 人間である, 人類諸君よ, 他に, 住人の, 何れの, 何処に, 何処の, 何処へ, 何処を, 何國の, 何所にも, 作に, 偉人が, 偉人を, 健康さと, 僕を, 光が, 入口の, 全人民, 全貌が, 公民, 公論たるに, 公論と, 内で, 出来事に, 初めから, 初めに, 別の, 刻々の, 創造でなけれ, 労働の, 労働者が, 労働者農民の, 動きと, 動きという, 動きに, 動揺は, 半ばを, 半面は, 可能性の, 各国から, 各国が, 各国へ, 名で, 名画, 名選手さ, 問題に, 問題は, 問題を, 土地は, 地図が, 地理と, 地面は, 基礎, 基礎に, 境を, 境遇は, 夜を, 夜明けを, 大きな昆虫, 大勢が, 大勢で, 大勢とを, 大地が, 大戦争, 大良心, 女が, 女たちが, 女性に, 女性の, 如くあるいは, 始から, 姿であるなら, 姿を, 婦人は, 子供の, 存在が, 学術の, 學界に, 完全な, 宗教に, 実現である, 実相である, 実際の, 富が, 富国と, 實在, 屋根, 屋根には, 展開につれて, 山, 帝国主義が, 帝王さへも, 常識と, 平和が, 平和という, 平和に, 平和をも, 平民だ, 広大無辺な, 底を, 建築者と, 強国なる, 強国の, 形勢に, 形勢は, 形成と, 形成の, 彼岸に, 思想と, 思想に, 思想界に, 思潮を, 性質から, 怪物の, 恰好が, 情勢が, 感情は, 戦争を, 描写である, 損失に対して, 政治家中ロイド・ジョージは, 数は, 敵なる, 文化にとって, 文化や, 文化事情と, 文化民族の, 文壇に, 文学にも, 文学史の, 文学史を, 文学者が, 文學に, 文明と, 文明史が, 文明国である, 文豪である, 文豪の, 新聞を, 旅へ, 景物を, 智識の, 最もよい, 最も大きな, 最大な, 最大の, 最東, 最高の, 有樣, 期待を, 未亡人の, 本体は, 果てだ, 果てに, 果てには, 果てまでも, 果へ, 果までも, 根柢には, 楽園と, 構造を, 次の, 歴史から, 歴史と, 歴史に対して, 歴史も, 民主主義と, 水準に, 永続的な, 法則を, 法律に, 法律を, 波に, 波の, 波は, 注意を, 流れの, 海を, 海員の, 海軍の, 消息にも, 消息を, 涯に, 涯へ, 涯より, 深淵から, 潮流に, 火や, 為めの, 無数の, 片すみの, 片隅に, 物は, 物理学は, 王と, 珍味も, 現実と, 現実に, 現実の, 現象である, 現象は, 生命である, 生活は, 生物だ, 生物には, 生産様式が, 男が, 男に, 男女が, 町, 発見に, 目は, 真中に, 真似を, 真相は, 真相を, 眼前に, 秘密は, 秘密を, 秩序が, 端の, 竹類を, 精神科学者が, 終わりの, 経済恐慌に, 統一に, 統一は, 繰返しに, 罪だ, 罪を, 美と, 美術の, 美術品を, 考察は, 者で, 者と, 自己形成として, 自己表現の, 舞台で, 舞台を, 舞臺に, 良心ある, 色の, 芸術の, 苦の, 草の, 蓮華の, 藝術に, 表面には, 解釈に, 認識に, 論理は, 諸国諸, 謎と, 識者が, 資本市場は, 起源について, 趨勢に, 進化を, 進歩の, 進運に, 選手権を, 都会中渡船なる, 金属な, 錦小路苗子との, 関係に, 闇は, 隅隅までを, 音楽を, 顔, 高所に, 魅力は, 魅力を, 黎明を

1 [2933件 抜粋] あくまで下世話, あの冷厳, あらゆるもの, あらゆる土地, あらゆる文物, あらゆる知識, あらゆる音楽, あるいはわが国, ある限り, いずくに関して, いつもの, いろんな所, うわさの, お内儀さん, かぎりを, きびしい悪意, ことから, ことであった, ことなれ, ことよ, ごとく純情, しきたりが, すべてに対して, そのままが, た, ため人道の, つながりで, どこかを, どちらを, どの地点, どの歴史, どの邊, ない綿密さ, ねたみを, はてを, ひらきかけたこと, ほかなる, まはり, ものであっ, やむをえざる事実, わびしさ, インテリゼンスが, キリスト教徒の, コント教会中リオ教会が, ジャンジャン横丁, ツェラ高原の, ニュースが, ピューリタニズムの, ファシズムが, ファン待望の, ブルジョア政治家も, プロレタリアは, プロレタリア作家革命的作家に, プロレタリア文学理論を, ホントの, モーツァルト歌手を, リアリティーとして, 一人だ, 一員だ, 一大普仏戦争に, 一層美麗, 一様の, 一番始めの, 一等国の, 一美事なれ, 一般的経済恐慌が, 一部には, 七不思議, 万象万事四方上下を, 上で, 不信任と, 不幸は, 不朽を, 世論調査法に, 中での, 中国である, 中心たらし, 中心市場たる, 丸っこい道理, 主の, 主蒼生の, 事々物々は, 事件に, 事物いちいち, 二大戦役を, 交通は, 交際を, 人たちには, 人でなく, 人びとに, 人口悉皆, 人心の, 人文史上に, 人種と, 人肉市場について, 人間で, 人間によって, 人類として, 今日, 代表的古典文学の, 仲間入りを, 位置足の, 住人以外の, 体系が, 何人にも, 何国の, 作るもの, 保存には, 個人的自己として, 偉大なる, 傑れた, 價値に, 兇暴を, 光景が, 入口に, 全勤労階級, 全面的戦争であるべきだ, 公敵が, 公道に, 具體的譬喩的表現が, 内容だけは, 再建に, 処女林の, 出来たの, 出来事であり, 分立を, 列強の, 初年の, 到達点に, 創造, 創造や, 力を, 労働組合総, 労働者運動と, 動きなりに対して, 動き日本の, 動物の, 勤労人民解放運動の, 区別に, 医学界は, 十四位に, 半ばにまで, 印刷歴史家たちの, 卵という, 原理と, 反対する, 古今を通じて, 叫も, 各国は, 各地を, 各部を, 同胞に, 名士の, 向う側の, 呼声を, 哲学的象徴とでも, 問題, 善悪邪正を, 噴火, 四方に, 回転軸の, 国々から, 国々或は, 國民が, 圧迫されたる, 地図だ, 地圖を, 地誌上その, 城壁の, 基礎として, 塵埃棄場と, 声の, 変化を, 外へ, 外交界は, 夜が, 大きい波, 大の, 大勢だ, 大勢の, 大國, 大學者, 大惡魔, 大抵の, 大本が, 大演奏家, 大舞台, 大通信社, 大陸島嶼の, 天才が, 天神天女も, 失業者は, 奥へ, 女一人の, 女性たちの, 好楽家, 如何なる片隅, 妙薬を, 始が, 始めに関する, 婦人たちが, 子供たちが, 存在に対して, 学問水準から, 学者たちが, 學界から, 學者達の, 宗教の, 宝と, 宝田を, 実在であった, 実現を, 実際すら, 客観的事象に, 客觀性または, 富全部よりも, 審美的観想と, 封建性に, 将来は, 少年とともに, 局面を, 屋根パミール高原中の, 崩壊は, 巨象マンモスの, 市民文学の, 帝国主義国家は, 帝王に, 常識にも, 平和であった, 平和事業の, 平和的善意理性とが, 平坦なる, 年代から, 幻が, 幻想を, 広いこと, 広場の, 底には, 弟子たちの, 強国として, 形から, 形成が, 形而上的な, 征服な, 微妙な, 心憎さ, 必然が, 思惟で, 性格を, 怪物です, 恋でございます, 恥さらしに, 悪人共が, 悲劇を, 情勢の, 愉しいエピソード, 意気立ての, 愛嬌者だ, 態度と, 成立の, 戯画に, 批判に, 拘束を, 指導者と, 掟には, 探檢, 描かれて, 支点を, 政治と, 故か, 救済など, 教主みだ, 数億人に, 敵です, 文化史の, 文化的共同体への, 文学における, 文學の, 文明人は, 文明国民に, 文豪を, 新しい意味, 新手段, 新聞に, 方々の, 方法論的分析として, 日月星辰より, 星よりも, 時代においては, 景気が, 暗だ, 曙を, 最も偉大, 最も深刻, 最も開けた, 最大なる, 最強国たる, 最深の, 有する工業力, 有様と, 有無も, 未来を, 本源に, 束縛と, 果てから, 栄達といふ, 根本性格は, 森蔭に, 極端に, 楽園化進歩それを, 榮光を, 構造上あり得ない, 様相は, 樹イュグドラジール, 權と, 正直な, 歳月を, 歴史においては, 歴史上その, 歴史風俗を, 母の, 民と, 民主主義を, 民主的文学団体へ, 民間説話の, 気運は, 水準を, 決勝戦という, 沿線を, 波濤の, 注目する, 流行という, 海は, 海陸を, 涯にでも, 混乱を, 滋味でも, 漫遊みやげの, 激しい前進, 無理解, 燈多くの, 片端に, 物理学が, 物語である, 物語を, 特には, 特色は, 状況を, 独自性を, 玄関に, 王國である, 珍果を, 現在は, 現実に対して, 現段階, 現状を, 理性だ, 理髪店で, 生きものは, 生命の, 生活者達は, 生物でなく, 生産力が, 生産様式的に, 田舍物らしい, 画家が, 発見その, 發見で, 目ざめ, 盲目的展開である, 直観としての, 相違であり, 眞生命に, 真理の, 眩しい注目, 眼と, 矛盾弱, 知識と, 短篇小説という, 破壊時に, 社会主義社会建設の, 祕密が, 神話の, 科学界を, 科学者に, 秘奥を, 秘義としての, 種を, 空中戦の, 空気や, 窯業地として, 端から, 競争場裡に, 第一義は, 精霊から, 累積の, 終りまで, 終わりと共に, 終極目的と, 経済, 経済状態が, 給養者に, 統一的な, 維新即ち, 編輯主任に, 罪個人の, 美に, 美味を, 美術史の, 習慣に従う, 者は, 聖典と, 背後には, 脅威とも, 自己形成においては, 自殺者の, 至宝であった, 航海者が, 良心と, 色は, 花形皇帝であった, 芸術界を, 若人たちと, 苦痛の, 草木も, 著名な, 血液だ, 行きづまりとの, 表現作用的個物として, 裁判の, 製作者という, 要求からは, 見て, 見方が, 視聽, 観察者として, 觀念人生の, 解釈でなく, 計量関係は, 詩人なり, 話声が, 認めるところ, 誕生生長老衰死滅に関する, 誰とだって, 調子として, 諸事件, 諸国家間, 諸断面, 諸相を, 謎として, 警察国として, 象徴な, 資本の, 資本主義国家の, 資本王と, 賭博の, 趨勢人類の, 軍艦横丁を, 輿論に, 農業恐慌は, 逆さまに, 造營の, 進みゆく情況, 進歩に対して, 遊星の, 運動を, 運行についても, 道だ, 道理に, 違った三馬, 部分と, 都巴里も, 野原の, 金貸しだ, 鎖に, 開けて, 開闢を, 関とも, 限りない, 陶酔へ, 隅々には, 階級闘争が, 際へ, 雰囲気に, 需用以上に, 青年として, 静かな, 面白さ, 革命的変革に, 音楽であった, 音楽界は, 題言, 風潮だ, 風雲いよ, 首, 馬鹿どもが, 驚嘆と, 高い空, 魔法について, 鳴動も

▼ 世界~ (3365, 14.3%)

94 於て 49 住んで 29 向って 28 生きて 27 於ては 20 於いて 18 類の 16 して 14 對し, 於ても 13 向かって 12 なって, 類例の 11 二つと, 入って, 出て 10 あっては, 就いて, 知られて 9 あるもの, 足を, 身を 7 いるの, 名を, 存在し 6 あつて, 住する, 向つて, 就いての, 帰って, 生れて, 眼を, 自分の, 類が, 類を

5 [21件] あるの, あるよう, いること, その名, たった一人, なかった, 一つしか, 住し, 入る, 同化する, 君臨する, 存在する, 導いて, 帰ること, 於ける最も, 有名な, 来る時, 目を, 立って, 誇って, 通用する

4 [25件] あって, ありて, あるん, いて, いるよう, しられて, なる, むかって, 一つの, 住むこと, 何の, 充満し, 入つて, 共通な, 冠絶する, 到達した, 又と, 属するもの, 工藝の, 於てでも, 暮して, 現存し, 行って, 誇るに, 類なき

3 [62件] ありては, ありとあらゆるもの, ある, あるもん, いるん, これほど, すんで, とじこもって, なった, なつた, ふれて, ゐるの, 一つも, 一二を, 一人も, 一種の, 二つとは, 二人と, 住む人, 住む人間, 入り込んで, 入るため, 冠絶し, 冠絶した, 出して, 及ぶと, 吾, 在つて, 存し, 就いても, 就て, 居て, 居るもの, 属する, 屬する, 引越して, 我を, 於いては, 於いても, 於ける存在, 日本の, 来たよう, 来て, 来ますと, 棲んで, 残って, 比類なき, 比類の, 没入し, 満足し, 珍らしい, 生活し, 発生する, 真実仏教の, 移すこと, 縁の, 自分を, 落ちて, 行はれ, 追放はれ, 限られる, 頭を

2 [196件] あこがれて, あっても, あまり類の, ありうちの, ありは, あり得るだろうか, あり得るであらうか, あるだろうか, あるという, いながら, いるもの, いる人妻, いる時, おこること, かくれて, くらべて, この不浄, さう沢山, すぎないの, その作用, ぞくすると, ぞくするもの, ただ一つ, たつた一つ, たつた二人, つれて, とつて, なったと, なったの, なったよう, なっても, なりました, なるの, はいった人, はいった様, ひきもどされて, ひろがって, ふた, まざまざと, またと, まれな, みちて, ゐるもの, 一人でも, 一人の, 三つしか, 交わらずば, 人の, 今まで, 似て, 住みなれて, 住むと, 住む作家連, 住もうと, 何か, 例の, 偽詐, 光を, 入ったの, 入らねば, 入りこんで, 入りその, 入ること, 入るの, 入るよう, 共通した, 冠たるもの, 出た, 出たよう, 利益を, 到つたもの, 到達する, 力と, 勝つこと, 卓越した, 単純明快な, 及ぼした影響, 君臨し, 君臨した, 味方と, 喧伝された, 在って, 在るよう, 報道され, 変って, 変わって, 大なる, 女が, 存しない, 存在出来る, 安住し, 安住する, 安住出来る, 属して, 属する事, 常住し, 引きもどされた, 引込んで, 弱さ, 彷徨し, 彼は, 心を, 或る, 戻った, 戻ること, 抛げ, 抵抗し, 押し出して, 拡って, 提供し得られる, 放って, 散在する, 於ける一切, 於ける地位, 於ける美, 於てさえ, 於てだけ, 於ての, 有史以来の, 有名である, 来ねば, 果して, 構成せられる, 止まって, 歩む, 比類が, 活動する, 消えて, 湧いた虫, 現はれる, 現存する, 現実を, 生きてること, 生きるよう, 生まれ変わって, 生活する, 生物が, 発揮する, 登ろうと, 真の, 真理多し, 知らしめ欧米人, 示すこと, 私が, 稀だ, 稀れな, 突きつめて, 立つて, 紹介され, 紹介された, 紹介し, 紹介した, 結合する, 絵描きは, 置いて, 羽を, 耽溺する, 自分は, 至っては, 芸術の, 行っても, 行わるる吾等, 行われて, 見えて, 見出されないで, 見出そうと, 親しむよう, 親の, 誇り得るもの, 誇る, 誇る日本, 誇れる, 誇示する, 誇負, 踏み入って, 踏込んで, 身も, 近づくこと, 迷信的な, 這入つて, 遊ばしむ, 遊びながら, 遊ぶこと, 遊ぶの, 過ぎない, 限ったこと, 限られて, 雄飛し, 集る, 順応する, 類例が, 飛んで, 飛躍し, 魁けて, 鳴るもの, 黒い鵞鳥

1 [2065件 抜粋] あくがれました, あなたお, あの男, あまり多く, あらずと, あらわれて, ありそう, ありとあらゆる生物無生物, ありますか, ありますまいぜ, あり来ったインジヤン, あるかしら, あるでしょうか, あるはず, あるよりも, ある棲處, ある種々, あろうとは, いかなる影響, いたたまれなくなっ, いまここに, いるという, うつらうつらと, うんとある, おくられます, おちつく外, おびただしくいる, お燗番, かえれること, かなり興味, きみが, くらべては, こうした小さな水壺, この事, これが, こんないい, こんな議論, さまよって, さ迷ったり, したいもの, しばらく楽, じまんを, せめほろぼされては, その固有, その跡, そんな女房, そんな途轍, ぞくする事物, ぞくする限り, たぐいなき, ただ魅力, たった二人, たのむの, ちらばる白系露人, つくには, つつみこまれたの, つまらぬもの, とけ入るよう, とび出して, とれば, どこと, どれだけ, ない, ないん, ない質, なったから, なったん, なります, なるべく顔, のこす積り, はいり込む前, はじめてプロレタリアート, はっきりと, はびこる罪, はやる俗俳, ひしめき合う時, ひっぱって, ひとり闇黒の, ひろく轟い, ふたりある, ふみ入って, ふれその, ほかならない, ほこる子, ほこる日本, ほとんど例, またがって, またもど, まだ類例, まれなる, むかつて, めずらしい磁力砲, もう決して戦争, もたらすこと, もとむべきもの, ゆかれました, よびかえされたの, われは, ゐて, ゐること, アレキサンドリア主義者が, ケーニヒスベルクの, デビューする, リアルに, 一つ位は, 一人あれ, 一人秘境, 一日でも, 一歩足を, 一致せん, 不本意, 与えた, 与え世界, 並ぶもの, 乗り出す事, 乱れが, 二人が, 二個出來た, 二次元世界に, 井戸側へ, 交わること, 人として, 人間が, 今や三億九千万, 他人と, 伝え残したこの, 伝統を, 住みきれないん, 住みながら, 住み自分自身, 住むとは, 住むよう, 住む作家, 住む娘, 住む種類, 住んでるよう, 何千何万人の, 余り役者が, 來て, 侵入する, 俳句を, 備わる良心, 働いて, 充満する, 先驅けた平和憲法, 入ってでも, 入りある, 入りたまえ, 入り浸りながら, 入り込むこと, 入るもの, 入る為, 全く同じ, 全身が, 公表された, 公言し, 共通なる, 内乱ほど, 再現される, 冠たりという, 冠たる仏蘭西, 冠たる文明國, 出かけステゴザウルス, 出たが, 出で, 出ると, 出入りする, 分けられたもの, 分れます, 初めてくりひろげられた, 刺戟せられる, 動いて, 勝つ, 包まれては, 十分ふれ, 原子兵器禁止の, 反抗し, 取り残されて, 受取られて, 只お, 叶ふべき, 同時に生活, 名の, 名高いポオ, 名高い小説, 名高き印度洋, 向かっての, 向つて真理, 君臨すべき, 呪詛を, 呼びよせて, 命運なる, 唯一なる, 唯一人身寄りも, 喜悦の, 四五人しか, 固有な, 在つて古典主義, 在るもの, 地獄極楽の, 執着などの, 報道される, 増して, 変らない状態, 多からぬ, 多大の, 大した変り, 大津絵は, 大見得を, 夫婦別れを, 女という, 始めが, 婬売に, 孤児として, 安じ, 実在し, 実現せん, 宣傳しなけれ, 寄与出来る, 対って, 専制者が, 導かれて, 少女時代を, 居た者, 居るか, 居る人間, 屑の, 属する人達, 嵌め込まれて, 己より, 帰らせて, 帰る事, 平和擁護運動が, 幾つといふ, 幾月かを, 建てられること, 引きもどされて, 引き入れられたその, 引き出せば, 引き戻つて, 引き込まれながら, 引入れて, 引移って, 張り渡された因果, 役に立つという, 彼ら自身を, 後れて, 徹し得ないならば, 思いがけぬ同志, 急変する, 恥しくない, 悲惨事を, 惹き入れられて, 感じて, 慰めを, 憧れるという, 憧憬れ, 懷かしい, 戦争は, 戸を, 戻ろうと, 打ち立てられた黄金, 投げ出されたもの, 抜け出たところ, 拡がっちゃ, 拡がりました, 拡大し, 振うゆえん, 探り得たもの, 描かれて, 摂取せられる, 放たれて, 放つよう, 放送された, 救う道, 数限りなく在る, 文学を, 新しい光, 新らしく生きる, 於けるそれ, 於けるアカデミー, 於ける一大, 於ける亞細亞中心説, 於ける全知全能, 於ける吾, 於ける大乱, 於ける実際, 於ける平和的使命, 於ける惡魔, 於ける文化, 於ける新聞紙, 於ける此種, 於ける第, 於てしか, 旅立てるよう, 日本ほどの, 昇華し, 昏睡さして, 昼夜の, 普及させた, 暮してるから, 曝露され, 最も優秀, 最も露骨, 有名だ, 本当には, 来たの, 来ると, 梅の, 椿事が, 模索し, 止まつて, 歩を, 殆ど比類が, 殖えし太平, 殘し, 比べれば, 比類なき高い, 民主主義婦人同盟が, 永劫の, 求むるという, 求めなくなったの, 求める事, 決して人間, 沒入し, 法則が, 活きる美, 活躍せしめよう, 流布された, 浮いて, 海が, 浸り切って, 涯ない, 深甚な, 溢流する, 滿足し, 漲って, 火あらざりき, 無いと, 無二, 無比と, 無類なる, 片足をも, 独りぼっちであったじ, 珍しい現象, 現れて, 現れるもの, 現代の, 甘えその, 生きたい, 生きながら, 生きるよりも, 生きる外, 生きる者, 生くる, 生まれて, 生まれ出たと, 生れたるだけに, 生れ出でたもの, 生命あり, 生残る, 用うる, 男女同数と, 異動の, 発明され, 発見せられなけれ, 發揚し, 目ざめたよう, 直接し, 相見ん, 眼が, 知らしめん, 知らる, 知られた傑作, 知れわたると, 確実に, 示して, 示す所以, 祖国も, 私たちが, 私の, 秘密の, 移すの, 稀なる, 穹窿し, 空間的な, 突兀として, 竄流せざる, 立ちもどるの, 立つの間, 立脚すれ, 第一歩を, 等しかつ, 紹介されたであったろう, 終り一つ, 統一が, 緊張と, 繋ること, 置き棄てられたこの, 美の, 耽溺し, 肉感の, 臨む人, 自分ひとりでは, 自由主義國家は, 至ること, 興味を, 英語の, 落ちこんで, 落ち込む, 著名き, 蓮池あり, 融け入るなれ, 行き当ります, 行ったらしく, 行わるるもの, 表はれた, 覇者を, 見つけた学問, 見るよう, 覚めしむるはあやし, 解されて, 触れるの, 許すという, 評判せらる, 話し聲, 誇らうなどとは, 誇り得る長所, 誇るべき何物, 誇るべき国宝級, 誇るべき舞台, 誇るもの, 誇る大型飛行機, 誇る泰平, 誇れ, 認められつ, 認識した, 誘ない, 読者を, 誰一人私の, 識られ, 貢献する, 贈りもの, 赴いて, 起こりつつ, 趁い込ん, 超越的である, 踏み入る一歩二歩, 踏み込むよう, 躍り出て, 輝かさんこと, 轟いたの, 近い感じ, 近づいて, 迫つて來る, 追込まれて, 逃げこむこと, 逃避したがっ, 逗留する, 這入つた方, 這入ると, 通じるもの, 通ずる大空, 通用させよう, 連なった平和, 進み入らねば, 遊ばせて, 遊びたい, 遊び我々, 遊んだ作家, 運動を, 過ぎないん, 道路が, 違いない, 選手権を, 避暑する, 還元する, 重点が, 長年暮し, 閉ぢこもつ, 関係する, 降りいろいろ, 限られるよう, 限ること, 隠れ家を, 雄飛させよう, 離れ離れに, 電波の, 非人情な, 響かせる, 順應する, 顔を, 飛びこんだモトモト, 飛び込める青年, 飛込んだが, 饑饉が, 馴れたジンバリスト, 鬼神を, 鳴り響かせたの, 鼻うたまじりで書ける

▼ 世界~ (2182, 9.3%)

20 支配する 17 見て 14 形成する 13 創造する, 征服する, 構成する 11 のぞいて, 想像し 9 もって, 支配し, 求めて 8 一周し, 作って, 征服し, 映すこと 7 一つの, 挙げて, 革命する 6 持って, 構成し, 知って, 自分の, 離れて, 震撼させた, 風靡した 5 つくって, 描いて, 相手に, 股に, 表現し, 表現する, 見ること, 覗いて, 開いて, 風靡し

4 [19件] あげて, ながめて, ひらいて, 一周する, 創造し, 家と, 対象と, 廻って, 形成し, 征服した, 忘れて, 思うまま, 映すと共に, 歩いて, 照らして, 発見し, 発見した, 眺めて, 越えて

3 [29件] して, 創造した, 取り扱う科学, 媒介として, 展開し, 想像した, 想像する, 意味する, 指すの, 敵と, 明るくする, 映すという, 暗示する, 照らす, 理解しよう, 発見する, 示して, 私の, 統一する, 考えて, 自己の, 見るよう, 見渡して, 超越し, 超越した, 越えたもの, 開拓し, 開拓する, 震駭させた

2 [129件] あるが, いい内界, いう, お常, かえて, さまよって, そのま, つくり出して, つらぬいて, どこまでも, のぞいた, ひっくりかえすよう, またに, みて, めがけて, もつこと, もつて, もとめる心, 一大動乱に, 一日も, 一統すべく, 主題と, 作ること, 侵略し, 信ずること, 健全に, 別々に, 別に, 創めて, 創ろうと, 包んで, 単に解釈, 去って, 喜びの, 喪おうとも, 外に, 夢の, 夢想し, 夢想する, 失って, 専ら解釈, 少し残し, 巡歴し, 巧みに, 形成した, 形成し行く, 彷徨する, 彼は, 心に, 感じた, 感じて, 成るべく華やか, 所有し, 打って, 承認しない, 投げかける, 抱擁し, 抽出する, 持たねば, 擧げて, 敵に, 斯様に, 明るくし, 映す鏡, 有つ, 有の, 有る現状, 材と, 根柢から, 構成せなけれ, 歩き廻って, 死物視する, 波の, 漂流し, 演繹した, 熟視し, 狭くし, 現出させ, 現出し, 異にし, 皆の, 益々堅固, 相手の, 眼前に, 知つてゐる, 知らせて, 知ろうと, 研究する, 縁として, 織り出して, 美しくする, 美にまで, 考えること, 股にかけて, 背景に, 脱して, 自分達の, 見すてて, 見せて, 見その, 見た, 見たこと, 見つめて, 見に, 見る眼, 見れば, 見出した, 見出して, 見渡すこと, 見物し, 覗いたよう, 観照すべく, 解釈する, 豐富に, 負ふ, 超自然, 跨にかけて, 身近に, 輪切りに, 通って, 造って, 造りました, 造り出した, 造ること, 進歩させた, 開拓しよう, 驚かした, 驚かして, 驚かすよう

1 [1477件 抜粋] あかるくする, あこがれ熱烈, あの急流, あらかた征服, あれこれと, いかに久しく, いきいきと, いわゆる夢中, うち見まもっ, おしかくす赤い, おどろかせる能率, お創り, お離れ, かき, かけても, かってに, くわしく研究, ぐるぐる廻れる, こえて, こなごなに, この戦争, これに, ごらんに, ささえて, さ迷い続けて, ざくざくと, しらしめよ, じっと見つめ, すぎて, すっかり見た, せばめて, そこに, そのままに, その史実, その時代, その詳細, それは, たった一つ, ちょっと覗い, つくった, つくつて, つくりたいといふ, つくる, つくる沢庵, つなぐ紐帯物, てらすの, でると, とり除けば, どんなにか, ながめる望楼, なし一つ, なし従って, なつかしく思いました, ぬすむこと, のぞいたとき, のぞかせました, のぞく窓, はっきり目, はるかに, ひたす漫画, ひと呑み, ひろげるかと, びっくりさせたい, ふるわせること, ほんとに説明, まさかに, またはフリイドリヒ, まとめること, みおろすこと, みた事, みる事, もう一度取り返す, もち得ること, もっと研究, や, ゆく, よしと, よみがえらした, よろこんで, われわれに, カットし来っ, コスモスと, ハイデッガーは, ユークリッド幾何学の, 一つ殖やす, 一周した, 一層惡, 一斉に, 一目に, 一週する, 三次元の, 上げての, 不必要, 与えて, 与へた証拠, 世界大の, 主観の, 了解する, 二重に, 云い表わす方程式, 享楽する, 今一度明るみへ, 代表し, 伝ふ, 体験しない, 作ったの, 作らせ宇宙, 作り上げて, 作り出した頃, 作り天地, 作るの, 作ろうと, 併呑すべく, 侵略する, 俯瞰した, 偲ばしめたの, 偽瞞, 克服し, 全く異, 全然別箇, 全身と, 具体的に, 再び思ひ浮べず, 処理する, 出たりは, 出外れた部分, 分けるよう, 分画する, 切り開いて, 利せんこと, 刺戟した, 創ったという, 創り出す動機, 創成する, 創造しよう, 創造的に, 動かしてる力, 動かすもの, 動かす強国, 動かそうと, 動的に, 包む大きな, 包括せん, 区切つ, 十分に, 半分占領する, 卒然と, 占領し, 去つて, 去りすでに, 反映する, 取り上げる前, 取り扱うよう, 取り扱う自然科学, 叙述した, 司配す, 向上せし, 否定し, 含めて, 吹き渡る多, 周航した, 味わったもの, 唯一の, 唱えて, 啓吉は, 喪って, 回顧し, 因果転輪の, 圧倒せ, 坂口安吾より, 堅麺麭の, 変え得るもの, 変形しゆく, 多の, 夢みて, 大衆の, 失つて彼自身の, 奥の, 好かない, 始める企て, 子供に, 守らうと, 守護し, 実現させ, 実際的, 客観する, 實感にまで, 対手として, 導いて, 小説の, 局限し, 展望する, 展開する, 己の, 席捲する, 平気で, 幾条の, 広くしました, 建て直しそして, 建設する, 廻るうち, 引き離すこと, 形づくつて, 形作つて, 形造る, 彷徨つき廻っ, 征服したる, 征服しよう, 征服せん, 従え大洋, 得ること, 御覧に, 心長く, 忘れたるに, 忘却する, 思った, 怪しいと, 恐がりは, 恐れずに, 情味ぶ, 想定せね, 意味した, 愛しドレ, 愛する心, 感じさせる, 感ずること, 感情の, 慥えた, 憎む神秘, 憧れながら, 憧れ求めること, 我々に, 我が有, 所有する, 打ち壊されて, 打震わせた, 承服せし, 抛げ, 抱かむとする永久, 押し広め多く, 拓かんと, 拡張し, 拵えるの, 持たないの, 持ち合わせて, 持つこと, 持つもの, 指すとも, 挙げても, 捨てた様, 捨て小禽, 掠奪し, 探しに, 探究し, 掩ひ, 掴んで, 描いたもの, 描いた文学, 描きました, 描き得たもの, 描くにあたって, 描こうと, 提供し得る, 撥無したる, 撼が, 擅に, 攪亂する, 支配した, 支配せよ, 改造し, 攻め取って, 救ひもする, 教へて, 数限りなく, 文化に, 新しくする, 方々見物し, 旅する, 旅行する, 早くから見出し, 明らかに, 映すと, 暗い路, 暗黒に, 書かずには, 最も精密, 有し超, 有るよりは, 望見し, 枉げこれ, 根こそぎひっくりかえし, 楽しげ, 楽しむ程度, 構へて, 構成し得る, 横断した, 次第に食い減らし, 正当に, 歩き新しい, 歩みはじめた気持, 歪めて, 民主主義化する, 求めた芭蕉, 求めるやう, 決定した, 泳がうと, 活気づける, 流るる一, 流れる言葉, 混乱に, 渡り歩いた女, 温熱と, 湧出する, 満たす唯一, 漫遊させる, 無視する, 焼きつくすか, 照す今日, 照らすまで, 照らす時, 独占しよう, 狭少, 率いる資格, 現じ, 現すやう, 現ぜんと, 現出した, 現出する, 現実と, 現実的に, 理解する, 生きかえそう, 生み出して, 田螺や, 異常な, 発見させる, 發見し得た, 盛り潰したよう, 目的と, 相互ひ, 相手として, 真しや, 眺めた, 眺めまするならば, 眺めるの, 睨みつけるため, 知らうとか, 知らずに, 知らせたいばかりに, 知らない事, 知らない女心, 知らなければ, 知りたいのに, 知るまでには, 破って, 破壊する, 確信した, 確認した, 示した, 示しはじめた, 神聖の, 私一人が, 称して, 突きぬけて, 立ちいでて, 範疇組織として, 築かんには, 築き上げるという, 粉微塵に, 組み立てて, 組み立てるの, 組織すべき, 経綸すべき, 統ぶる, 統べるという, 統一すべき, 統制すべき, 絶えず恐怖, 縮めて, 置いた, 羨望する, 考えた時, 考える単なる, 考へる單, 背に, 背負ってる売笑掃, 脅かしつづけて, 脱れた, 自分で, 自然と, 舞台と, 艶子は, 若さ, 荒らした大戦, 葬う挽歌, 蝙蝠も, 行つ, 製造し得る, 覆いつくして, 覆う厳粛華麗, 覆ふに, 見ざる時, 見せまいと, 見せられそこ, 見せられたよう, 見せられるよう, 見たがったり, 見たところ, 見た智識, 見てから, 見ながら, 見ぬゆ, 見ようと, 見るという, 見るの, 見るやう, 見る思, 見る機会, 見る蛙, 見出した一人, 見出し其の, 見切って, 見尽しその, 見抜いて, 見棄てねば, 見渡すに, 見物したい, 見物にでも, 見聞えざる音声, 視詰めて, 覗かされたの, 覗き得る唯一, 覗き込みます, 覗く切, 覗って, 観ること, 観念過剰の, 観確か, 解放せん, 訪れて, 話しながら, 認め人生, 認識する, 語り終っ, 説いたの, 説くため, 説明せん, 誰も, 諸天, 變革する, 豊富に, 象徴する, 貫くよから, 賞で, 走って, 跨に, 踏んで, 身辺から, 軽蔑する, 迷わすもの, 追い出して, 追って, 逍遥し, 造ったの, 造らむは, 造りたい, 造り給いし時, 遊歴し, 遍照せんが, 遠くは, 遠く脚下, 遠眼鏡で, 重要視する, 閉ざす時, 開きたるが, 開きも, 開展して, 開現, 限って, 陰氣な, 隅から, 隔てて, 離るべきである, 離れた第三者, 離れぬ限り, 離れ世, 震動させる, 震駭させる, 靜かな, 革新し, 領し, 顕出した, 風靡しました, 飾るという, 馬の, 騒がせに, 驚かした程なく, 驚倒させるだろう, 驚駭せしめる, 魅惑する

▼ 世界~ (1404, 6.0%)

11 一つの 10 何処までも 8 割れて 7 ない 6 それが 5 無限に 4 ないの, 平和を, 彼の, 星と, 色の

3 [12件] あの時, これを, 一面に, 作られたもの, 客観としての, 彼にとって, 彼にとっては, 死んで, 現実の, 続いて, 自然に, 非常に

2 [100件] あるの, ある意味, いかに大, いつまで, いつも現在, お父さんと, かくも, かように, ここから, この二つ, この新しい, こんなに美しい, すつかり, そうで, その日ぐらし, それぞれの, それを, ただこれ, ただ一様, たといそれ, どうでも, どんな形, ぼんやりと, また割れ, みんな, むしろ健康, もとの, よく云われる, 一如の, 一種の, 三次元の, 二つの, 人生の, 人間の, 人類の, 他に, 何か, 何という, 何を, 優者の, 光明と, 全くこの, 全く我々, 剥ぎとられては, 割れては, 十八世紀的な, 単に自分, 吾, 吾人の, 地球の, 多と, 多に, 多の, 大なる, 大人の, 客観として, 山を, 広々と, 広いけれど, 広くなっ, 廣く, 引裂かれて, 形から, 彼に, 彼等にとって, 彼等の, 彼等以外に, 息を, 意志の, 意識的である, 抽象的であり, 既に此, 昼の, 殆ど政治に, 永遠に, 浮いて, 激烈なる, 灰色で, 無限なる, 無限定, 生活意欲に, 生物の, 神の, 私たちの, 私たちを, 私の, 私は, 立体の, 紅い光, 統一する, 絶対の, 著名な, 薄明の, 要素に, 調和した, 起承転結の, 過去と, 道いまだ, 金の, 長さ

1 [1101件 抜粋] あたかもさかん, あぶなくて, あまりに暗く, あまり窺っ, あらゆる混乱, ありのままの, あり得可, あんなところ, いいところ, いかに, いちばん透きとおっ, いつに, いつもお, いつも絶対矛盾的自己同一, いつも認識上, いづこ, いまどこに, いよいよ遠ざかっ, いわば人間存在そのもの, うらやましいほど, おそらくトラヤヌス帝, おのれを, おもしろかったです, お伽噺の, かかる立場, かなり広い, がらっと変わっ, ぎらぎらと, ぐらつきは, けっしてこれ, けっして壊されない, こ, ここだけ, ことごとくワグナー, この上, この両者相俟, この夜, この対立, この戎署, この構図主義, この細君ら, これからだ, これだけの, これほど, これまでの, これらの, こんなだ, ごく狭い, さながら無辺際, さんとして, しだいに狭まっ, しばらく闇, すくなくとも私, すでに全く開け, すばらしくりっぱ, すべて二人の, すべて彼らの, せいぜいダンサー, そういうもの, そうした情, そうは, そこで, その上, その中, その創造, その否定, その小説, その昔暗黒, その死滅, その罪惡, その途方, それでもいくら, それの, それよりも, それ自身が, そんなところ, た, たしかに幻想, ただきらら, ただ一樣, ただ悲壯, ただ触覚, ちがって, とうとうこわれ, どうか知らない, どうなる, どう考え, どこまで, どの作家, どんなだろう, どんなになる, どんなに幸福, どんなもの, ないか, ないであろう, ないもの, ないよう, なおアン・ウント・フュール・ジヒ, なかった, なんにもなりませぬ, ねえん, はて無く広がって, ひっくりかえるよう, ひつそり静まつ, ひらけ, ひろく場席, ほとんどまっ, まあどれ, まことに廣大, まさにこの, まず第, また別, まだまだそうした, まだみな眠つて, まだ屠蘇, まだ扁平, まだ私, まだ経験, まったく別, まやかしものである, まるで夢, まるッきり, むかしに, もう二つ, もたないの, もっとはっきりした, もっと新鮮, ものみな豊かに, やがて又, やはり彼, やや限られ, よほどうるさい, わたくしたちの, われわれの, アナクロニズムに, イデヤ的形成的でなけれ, ガラスの, コスモスでない, サタンの, ハイデッガーに, ハッキリそうである, フィヒテにおいて, ヘーゲルに, ホンの, モー異って, ライプニッツの, レーピンによって, 一つで, 一つに, 一つ平面に, 一世界一星系は, 一体どうなるであろう, 一切の, 一千万の, 一変した, 一度に, 一瞬毎に, 一種新, 一般的な, 三四郎にとって, 三段にな, 不休, 不健康な, 不安定の, 不満足, 世界そのものから, 世界的に, 丸い, 丸で, 主体である, 主観の, 事実そのものを, 二つに, 互いに交差, 五月だ, 五色の, 人種が, 人間界とは, 人類という, 人魚の, 今それほど, 今や, 今や濡れ, 今不安の, 今日科学によ, 今真剣, 仏法の, 仮現, 似て, 何かと, 何といふ, 何もかも変っ, 何んと, 何年の, 何時も, 余震と, 依然としてゐる, 保たれがたい, 俺に, 個々の, 倒れ崩れぬ, 偏なく, 傷けられた, 僕たちの, 優しく僕, 先ず作られた, 光の, 全く他人, 全く動物, 全く狭く, 全然ちがった, 共同に, 共通し, 其れ, 具体的であり, 冬に, 凡て意識と, 分からないの, 初めて政治的, 別々の, 別な, 別天地を, 前の, 割合に, 創造的世界である, 動揺的である, 化石状態と, 協力し, 単なる外, 単に独立, 即ち戦争, 去つて, 又薄暗い, 取柁, 可動的グラヒカル・リプレゼンテーションとや, 同じ世界, 呑氣で, 呪はれたる, 單なる, 四つに, 固より, 国際関係に, 墳墓に, 壊れざるを, 変った, 変わった, 多くの, 多少の, 多忙の, 多苦, 夢と, 大きい犠牲, 大きく震駭, 大体四個の, 大覚者にとっては, 天才を, 太田にと, 太陽熱及び, 女の, 如何に, 始る, 娘時代に, 存在のみの, 学校の, 宇垣大将が, 安価に, 完全だった, 宏大であっ, 実にかく, 実に専売特許, 実に我輩, 実は海外, 客観的理性の, 家の, 富の, 富を, 實に, 實相を, 対象としての, 小さくて, 少なからず, 展開された, 層一層罪, 崩れよう, 帝國主義の, 常に最も嬉々, 常よりも, 平和親睦の, 平民の, 平等から, 幻想的と, 幾年かの, 広いが, 広いの, 広い品物, 広大無辺なりと, 廣し, 弁証法的世界な, 当時の, 形を, 影を, 彼によって, 彼らにとって, 彼方に, 征服せられ, 循環する, 徳川時代と, 必ず之, 忽ち光明世界, 思想的にも, 恐るべき歴史, 恰も自我, 悟性の, 惡に, 愉しい, 意識の, 愛の, 憂鬱である, 成り立たん, 我々に, 我と物, 或る, 截然と, 抱月氏が, 抽象作用を, 掌を, 支えられてるん, 政治的に, 数学的記号によって, 断ち切りたいと, 斯ん, 新なる, 新橋の, 方法, 既に吾人, 日に, 日常的, 日本に, 明け方に, 明るくなる, 映つて, 時の, 普通吾人の, 普遍妥当的, 景色の, 暗くなつた, 暗闇に, 更に凄惨, 更に自然的自覚, 最早何等時代, 有意味の, 朦朧と, 未曾有の, 果して幸福, 果てしも, 根柢から, 極端に, 概観による, 樽の, 次第に夏, 欧州戦争前の, 正に物理学的対象, 歩一歩世界改造の, 歴史的である, 死海そっくり, 殆ど泥水の, 残念ながら, 氏が, 水上に, 決してあるべからず, 決してひとり, 決して弁証法的世界, 決して甦る, 決して闇, 波の, 活世界だ, 活気づいた感覚, 消えて, 消滅します, 深刻な, 湖水の, 滅びるが, 漸く開け, 澄みきって, 無論さう, 無論平凡, 物価が, 物理的空間に, 特別な, 狭くその, 狭小で, 王道覇道両, 現代の, 現在より, 現実を, 現実社会の, 現象即, 理想, 環境と, 生々の, 生き甲斐の, 生れなければ, 生理的に, 由来神の, 異常に, 疲れ鈍つた自分の, 痛ましいが, 白, 白人の, 皆眠つてし, 直観によって, 相変らず, 真っ暗に, 真剣な, 真白である, 眼まぐろしい, 矛盾的自己同一的現在として, 知らなかった, 破滅し, 社会的富の, 神様が, 私たちから, 私にとっての, 科学的世界である, 移ろふ青い, 空想の, 窮極においては, 立て直しだ, 竹取, 精神の, 精神界上に, 終わるの, 経験できない, 統一される, 絶対的な, 絶対矛盾的自己同一という, 絶対矛盾的自己同一的現在として, 緑と, 繪の, 美しいです, 美しい夢, 美しくは, 美術とは, 老子の, 背徳的犯罪的であり, 自らの, 自分らの, 自分等が, 自己形成的世界である, 自己自身に, 自己自身の, 自然史的発達の, 自然的文化的生の, 自身の, 色々な, 苦である, 苦界という, 英語で, 行為の, 行為的直観的であり, 表現的である, 複雑に, 要するにロマンス, 見まいとしても, 見違えるよう, 言葉に, 計量上の, 認識によ, 諧謔の, 謂わば, 豊子の, 貧苦と, 貴族的の, 超越的方向においては, 近づいた, 退屈する, 通るに, 造物主の, 過去である, 違う, 遽かに, 重なり合って, 野蛮人が, 鉄も, 鎖国日本の, 開いたもの, 開化人が, 間もなく滅びる, 闇に, 限られた世界, 限りなき, 零下十度あるいは, 電車も, 青くなった, 頗る小さく, 顔色を, 飛躍的に, 鬼ばかり, 黄色に, 黒い旗

▼ 世界~ (1354, 5.7%)

28 あるの 26 ある 13 一つの, 急に 12 開けて 11 あった 10 あること 9 あると 8 自己自身を 7 あって 6 何処までも, 変って, 存在する 5 そこに, 一つに, 彼の, 暗くなっ, 眼前に, 知りたい 4 あつて, あります, あるという, ここに, それにおいて, 変ったよう, 暗くなった, 現われて, 真暗に, 矛盾的自己同一的現在として

3 [22件] あつた, あるよう, ひっくり返っても, ひらけて, まざまざと, 世界を, 世界自身を, 何か, 俄に, 出来て, 唯一的に, 変わったよう, 彼を, 待って, 明るくなる, 暗くなる, 残って, 現れて, 矛盾的自己同一として, 私の, 見える, 開かれて

2 [84件] あったの, あっても, あり永遠, あるばかり, あるもの, あれば, あろうとは, いかなる関係, いかにし, いやに, がらんとひらけ, こ, こんなに美しく, そこには, そんなになまなましく, だん, ないよう, はつきりし, まだなめくじ, むしろ無, シンと, 一変した, 一瞬に, 世界的に, 世間の, 人間的に, 今夜に, 何故この, 作品の, 僕の, 具体的に, 具體的に, 割れて, 創造された, 創造せられる, 動いて, 唯モウ薄光, 国際法の, 在る, 変つた, 夫人との, 好きな, 如何に, 実現する, 展けて, 展開される, 展開し, 展開せられ, 展開せられた, 忽ちにし, 恐ろしく魑魅妖怪, 悲惨で, 感性的物質的である, 描き出されたの, 散々もてあました, 新たに, 日本の, 明るくなっ, 明るくなった, 根柢から, 死の, 沈んで, 現前し, 生まれて, 真に一つ, 矛盾的自己同一的に, 確かに, 示されて, 私を, 結合し, 統一される, 絶対過去として, 脚下に, 舞台の, 要求し, 要求せられる, 見えて, 違うん, 違ったよう, 違って, 違ふ, 開かれるとともに, 開けるの, 音と

1 [895件 抜粋] あくまで現実, あちこちに, あったとして, あったら早く, あった方, あふれて, あまりに広く, あらかじめ一つ, あらゆる生き物, ありそうして, あり三次元世界, あり次に, あり空気, あるいは世にも, あるから, あるその, あるといふ, あるとしても, あるので, あるのみと, あるやう, あるわ, あるわけ, あろうという, いかなる面, いきなりここ, いつもかかる, いつも一つ, いつ自分たち, うかがわれるという, うるさくお, おじさんの, おんつ, お前を, かえってみずから, かずかぎり, かつては, かように, がらりと, くり拡げられるの, くれば, ぐるぐると, こういう目, こうなった, このうっとり, この世の, この世の中, この偉人, この句, この方四五寸の, この東京, この次, この高価, これだ, こんなにも変った, こんなに沈黙, こんな世界, さびしいよ, しきりに物悲しく, しばらくの, しびれて, しんと静まり返る, じかに触れ開け, じーん, すぐそこ, すぐ見え, すっかり閉され, すなわち以来, すべて拵え物に, すべて自分の, すべて非, ぜんたい幸福に, そういう法則, そして二人, そして恐らくは, そのよう, その働き, その子供, その東方, その温か, その足音, それだけの, それらに, ただごちゃごちゃ, ただ真黒, だんだん進歩, ちがうし, ちがって, ちょっとこの, つくづく恋しくうらやましかっ, できた, できて, できるの, とつぜん私, どうあろう, どういふ, どうしてもある, どうなろう, どう動い, どのよう, どれだけ, どんなにか, どんなに広い, どんなに広く, どんなに美しく, どんなに見える, どんなに陰気, どんな工合, ないやう, なかつた, なまなましい無尽蔵, なりますよう, なりを, のこらず金, はじめ一疋の, はっきりしない, はっと身, はつきりと, ひしとうち, ひっくりかえったらなんて, ひつくり返つたとき, ひらかれあるいは, ひらかれいこうと, ひらけたため, ひらけない前, ひらける, ひれ伏して, ひろがって, ほのかに, ほんとうに, ほんのわずか, ぼかし出され, またと, また一つ展ら, まだこの, まだ残っ, まだ芸術, まはる, まるで違っ, むりにも上昇する, もしあったら, もし日本, ようやく来た, よくわからん, わかったわい, わかわかしい緑, わたしたちの, アクチュアリティーの, アマゾン河の, クサッて, クッションの, スウィート・ファーンの, ポイエシスの, リイの, 一つにな, 一つ大きな, 一の, 一切の, 一定の, 一度も, 一時に, 一番敏活に, 一週間か, 万事に, 上の, 不景気に, 与えれば, 世界な, 中世紀, 丸いか, 丸いて, 主観の, 二つに, 二個の, 二六時中私に, 亡び行く方向, 人間により, 人間的と, 今にも崩れ墜ち, 今や事実, 今張る, 今日の, 今朗らか, 今開けました, 他から, 他の, 何だか原始時代, 何となく今, 何らかの関係, 何等直接, 作られたもの, 作られ彼女自身, 侵されて, 信吉の, 僕に, 儼として, 元へ, 光るさ, 光明の, 全体として, 共倒れに, 共通でなかった, 再建設, 写真の, 凡人の, 出来た位, 出来上がってると, 出現しました, 出現する, 分裂さるべき, 切離された感じ, 別であるなら, 到るところ, 前期化学特有の, 創られて, 動揺し, 包藏され, 化物に, 千鶴子さんばかりに, 単一国家と, 即ち大, 又彼, 各自に, 否定せられる, 吹き曝しだった, 吾前に, 哀悼した, 唯一の, 問題と, 囘転する, 在り自他, 地上いづ, 変った, 変つたほど, 変に, 変るほど, 変化したら, 多く何となく, 夢想される, 大膨張, 天才の, 天皇を, 夫だ, 好きに, 始まって, 始る, 嫌でたまらず, 子供心にも, 存在し得る, 実は一定, 実在的である, 実業家によって, 実際に, 寂と, 實在する, 封建的な, 展が, 展がり, 展じ出, 展望され, 展開され, 展開する, 岸本の, 市民生活の, 希望そのものの, 帰って, 平和運動を, 幾らか明るく, 広いもの, 広がる, 広くたっ, 広くなった, 広く又, 広大に, 広義の, 廻って, 引っ繰返る, 引出され軍国主義, 当時の, 彼に, 彼には, 従来多くの, 御仏, 必ずしも空, 必狭く, 応仁の, 思はれたり, 恐ろしく狭い, 恵まれて, 悪いから, 意味深く, 懐疑され, 成立する, 成立つため, 我々の, 截然として, 拡がって, 拡げられる, 拡って, 挙げて, 接近し, 描き出される, 救われるであろうと, 数十の, 整然と群団, 斯くある, 新しかった, 日暮る, 日本を, 早くより, 明治東京で, 昔に, 映されること, 映って, 時々刻々に, 時代の, 暗く暗く心, 暗示される, 最も住み, 最終戰爭時代に, 有する地震學參考書, 有限である, 望みで, 来た, 来て, 来るの, 東洋人乃至, 果してどれ, 果てしも, 極めて特異, 構造を, 権力への, 横たわって, 機到っ, 機熟し, 欲しいまた, 此の, 武装し, 歴史に, 歴史的という, 残されて, 残らず消え失せたよう, 殘され, 水の, 永続する, 永遠の, 決して夢, 浮き油, 消えても, 消え失せるよう, 消滅し, 深い淵, 深みと, 湧いて, 滅びちゃ, 滅亡する, 演舞の, 漸く自分, 潜む, 濃かに, 火に, 灰色に, 無い様, 無意味な, 無数の, 無限に, 煩悶と, 片付いて, 物理的方法である, 独り繁昌し, 独楽の, 狭くかつ, 狭くなりました, 現れないかぎり, 現われたところ, 現われ綿絵, 現出する, 現実の, 現実以外に, 現實, 球形を, 理論的に, 生きて, 生まれたの, 生まれるであろう, 生まれ出るの, 生れて, 生れるという, 生んだ出来たて, 生産的であり, 甦って, 異った, 異様な, 癪に, 白人文明の, 目に, 相手だ, 真に, 真に一国, 真に形成的, 真の, 真暗闇, 眼ざめて来た, 眼に, 矛盾的自己同一的たる, 知らず知らずに, 破壊しよう, 破滅する, 神の, 秀男の, 私には, 私達に, 私達の, 科学的に, 秘密に, 穴を, 空白に, 空虚だ, 突如と, 突然私, 立ち直, 立派に, 第一等, 範疇を, 純粋に, 終ったところ, 統一された, 統一した, 絶対矛盾的自己同一として, 絶対矛盾的自己同一的なる, 置いて, 美しい花園, 考えられねば, 肉体を, 自分に, 自分を, 自分達の, 自己否定的に, 自己自身の, 芸術には, 若者と, 若返る事, 薄明の, 虚無から, 蠢いて, 行為的直観的に, 行詰って, 表現せられる, 衰えるの, 見えるか, 見る間, 覗かれて, 言われて, 詩人を, 認識出来る, 語られるため, 語り得て, 読者に, 謬る, 豊富に, 象徴的に, 趨こう, 載つて, 近くに, 近づいて, 迷信の, 造られましたとき, 造り出されること, 違う, 違う気楽, 違つた, 酒場が, 金儲けに, 鎮まってから, 開かれた, 開けこうした, 開けたでしょうに, 開けたの, 開ける, 開けるでありましょう, 開らけた, 開展する, 闇に, 降りて, 隆吉には, 隠立, 静かで, 静かに, 非創造的, 非合理的な, 面して, 頭の, 餘り, 騒々しいと, 騒々しく攪, 騒がしいの, 驚いて, 驚倒する, 高くな, 鳴りひびい

▼ 世界~ (849, 3.6%)

14 と方法 12 の問題 8 である 7 という言葉, なの, に於 5 というもの, に基き, の名, は哲学 4 ではない, ではなく, と創作方法, に相当, に立っ, の下, は世界, をもつ, を持っ

3 [14件] だという, であること, であるという, という概念, となる, と文学, と観想的世界観, のこと, のこの, の上, の側, の把握, や思想, をもっ

2 [52件] から始め, から発生, が単に, が生まれる, だ, だと, であって, であり又, という, としては理想主義, との連関, とはその, と云っ, と範疇組織, と論理, なるもの, における根本概念, によって規定, に対立, に就い, に於ける, の, のうち, の中, の体系化, の内, の反映, の基礎, の方, の根柢, の検討, の理論的, の真理内容, の確立, の範疇体系, の組織, の部分, はまず, は人間, は同じ, は存在論, は最初, は次第に, は現実, は直観, も亦, や夫, を変革, を必要, を決定, を用意, を結果

1 [592件 抜粋] あり哲学, からし, からすれ, からどの, からのみ発生, からの一つ, からの当面, からの時, から一様, から切り離し, から夫, から来, から来る, から生まれた, から科学的方法, から裏づけられた, から規定, があり, がある, がここ, がそういう, がその, がそろそろ, がたしか, がだから, がでは, がなけれ, がふくまれ, がチラッ, がブルジョア文化圏, が一種, が一種均衡, が世界, が世界直観, が人心, が何かしら, が出来なかった, が出来上らない, が別, が厭世観, が只, が同じく, が同様, が哲学, が哲学体系, が変化, が如何, が宗教的思想, が実験, が往々, が必要, が成り立つ, が採用, が支配的, が文学, が明, が未熟, が杓子, が無意識, が現われる, が現代, が理論, が直接, が示す, が私の, が見出される, が観念論的世界観, が違っ, こそは最も, こそ思想, さえが成り立ち, しかも観照的, その認識論, たる唯物史観, だけで文学, だけとして論じ, だけを抽象, だとも, であったこと, であったと, であった世界像, であっても, であり, でありその, であるばかり, であればこそ, でしかない, でなくしかるに, ではある, ではないだろう, では理論, でもあり得ないで, でもそれ, でも前, で彼ら, で踏みこん, といいます, というの, というよう, というイデオロギー, という以上, という地盤, という日本訳語, という特色, という皮, という直観状態, といふもの, とかいう程, とかによって量子力学, とから切り離され, とか云った, とがある, とが又, とさえ連絡, としてかかる, としての, としてのヒューマニズム, としては事実上プロレタリア, としては存在, としては理想, として不充分, として時代, として現われた, として近世, とする, とその, とそれ, とで世界, とに支配, とのみ自然科学, との上, との乖離, との区別, との協定, との結合, との行き, との連絡, との間, との関係, とはどういう, とはドクトリン, とは世界観, とは云わ, とは他, とは切実, とは広い, とは必ずしも, とは西, とは趣, とを一纏め, とを対立, と一般, と世界思惟, と云う, と云った, と他, と何, と叫びたがる, と呼ばれる, と呼ん, と如何に, と当然, と形式, と形而上学的範疇, と思想方法, と手法, と異, と直接, と直接相互決定, と直接連, と相互決定, と相容れない, と科学, と結びつい, と結びつく, と考える, と自然科学, と自然科学的方法, と自発性, と芸術, と芸術性, と衝突, と観念論的世界観, と関数関係, と雖, などからは出ない, などから完全, などについて自己, などに関係, などは一応, などをとやかく, なり兎, なる概念, においても数段傑出, において楽天, にし, にしかならない, にしたがっ, にぞくすべきである, について, について一言半句, にとってはこの, にとつて, にどの, には唯物論, には色々, には観念論, にまでさえ拡大, にまでさまよい出なけれ, にまでそうした, にまで歴史的, にまで連絡, によって, によってすべて, によって偽善的, によって培われる, によって実践, によって導かれた, によって後々, によって様々, によって生まれた, によって確保, によって置き換えられね, によって裏づけられた, によって輝き出す, による世界像, に与える, に世界直観, に含まれる, に基い, に基かざる, に外, に対してだろう, に対してはそう, に対して一寸, に対して新た, に対する目, に或, に支配, に毒, に現われる, に直接, に符合, に結び付い, に結び附け, に絶対, に至り, に若干, に裏づけられた, に誤謬, に連, に関すること, に関するなら, に霧, に高められた, のおかげ, のおのずから, のかの, のため, のもち得る, のもつ, のインデッキス, のカテゴリー, のスタイル, の一定, の一支柱, の一片, の一種, の一種類, の一部, の中心, の云わ, の何物, の克服, の全体的統一, の具体的内容, の内容, の内部構造, の出来, の刹那的, の卑劣さ, の原始状態, の及び, の合理化, の合理的内容, の基石, の変遷, の変革, の如き, の如何, の実質, の対比, の差異, の底部, の従って, の徹底, の心理学, の性格, の成立, の所有者, の抹殺, の拒否, の支配, の新しい, の是非, の曝露, の有, の根拠, の根本問題, の根本的, の根本的対立, の概略, の構造, の歴史的移行, の段階, の比較的, の片鱗, の特色, の理論, の理論化, の環内, の産物, の異同, の発展, の相違, の矛盾, の科学的立脚点, の立ち合い, の第, の統一化, の纏っ, の表現形態, の要求, の観想的世界, の詳しい, の課題, の論争, の質, の転回, の連関, の遺骸, の閃き, の限界, の隅々, の革新, の類別, の飛躍, の魔, の齎物, はあまり, はそういう, はそれ, はそれ自体, はだから, はである, はブルジョア, は一つ, は一切, は一変, は一定, は一定形態, は一応, は世界直観, は世界観, は主体的, は之, は云う, は人生観, は他, は体系, は作用, は単なる, は単に, は又, は各種文化領域, は哲学体系自身, は唯物論, は唯物論的存在論, は実証的, は実践的, は彼, は思想, は我々, は或いは, は数学, は文学, は方法, は最も, は決して, は独り理性, は理想主義, は生ぜぬ, は眼, は科学, は自然科学, は虚弱者, は観念論的存在論, は観想的, は鋭く美しい, は類型, ひいてはまた, へと資格, への戸口, へまで連絡, へ持っ, もこの, もしくは人生観, もの, も世界観, も出, も史家, も源泉, も高まり得る, やまして, やもの, や一存在理論, や他, や存在論, や実証主義, や実際, や形而上学, や文化理論, や更, や範疇, や道徳, や音楽的世界観, をいかに, をこそ最も, をこの, をさも, をなし, をはっきり, をばその, をば意識的, をまず, をも未だ, をわが, を一致, を世界観, を乃至, を云い表わす, を偶, を具体的, を包蔵, を又, を取る, を吾, を唯物弁証法, を唯物論的組織, を地盤, を基礎, を嫌悪, を定着, を実感, を対比, を局部的, を展開, を得る, を意識的無意識的, を成り立たせる, を或, を把ん, を拒絶, を持ち, を持つ, を整理, を文学, を斥ける, を新, を有する, を根底, を樹, を正す, を流布, を無意識的, を物語る, を破壊, を確立, を私, を端的, を経営, を表現, を規定, を解明, を言い表わし, を豊富, を造り出す, を階級性, を離れ, を露骨, 乃至人間学, 乃至哲学, 乃至存在論, 乃至生活意識, 又は唯物論的存在論, 又は観念論的存在論, 及び実在論的認識論, 及び審美心, 必ずしも客観的, 第二

▼ 世界~ (506, 2.1%)

9 連れて 7 出て, 行って 6 来て 5 いって 4 はいって, 行くこと 3 入って, 向って, 来たよう, 来ても, 足を, 踏み込んで, 送って, 飛び込んで

2 [25件] かえって, つれて, のぼって, のりこんで, もどして, 一寸入れ, 僕を, 向つて, 導いて, 帰ること, 引移っ, 手懸りを, 持って, 生まれて, 移って, 行けば, 走り幾日, 踏み入ろうと, 身を, 転居し, 追いかえすの, 這入って, 這入つて來, 降りて, 飛んで

1 [390件] あそびに, あなたが, あなたは, あんないし, いきなり連れ, いざな, いってから, いよいよ出, うつされて, おちつく事, おちつけずそれ, おちつけば, お帰り, お沈めし, お行き, お連れ, かえったかと, かえって行った, かえれるん, きたもの, きたよう, きて, これからちょっと案内, これだけの, ごじ, すぐに, すっかり身, ずーっと入りこん, そしてふた, そして私, その御, それによって, たたかいを, つれだされて, でて, とうとう暴露, とけこむこと, とけこんで, とびこんで, とび入って, とび立って, とび込んだやう, なら行けますよ, にげて, のぼるしあわせ, のめりこんで, はいったとしか, はいった年, はいります道, はいり込んだ感じ, はいり込んで, はいる, はいるの, ひきずりこんで, ひきだしめいめい, ひき入れられながら, ひたり, ひびきわたった, ふみこんだよう, ほんとに自分, まいりました, まとまりだした, みなさんがたは, もちかえって, もどったら何もかも, もどって, もどりえたこと, もどりました, もどれるという, もどれるわ, ゆかねば, ゆくつもり, ゆくと, ゆくという, よびかけた, カイちゃんを, タタキ出し, ユーモアさえ, 一歩一歩引き込ん, 一歩踏み入れる, 一歩踏み出した, 下りること, 主張する, 久しぶりで, 人々の, 人を, 今少し, 伴って, 伸びる可能性, 住みたい, 住みたいの, 何回でも, 作りあげて, 來た, 來て, 例の, 停滞させ, 先走りを, 入り浸って, 入り込むの, 入ること, 入るの, 出して, 出たま, 出でよという, 出ました, 出られないん, 出る, 出ること, 出發, 到達された, 到達し, 到達した, 到達し得る, 到達すべき, 勇ましく飛びこん, 半ば出入りを, 即刻只今から, 参ってから, 参られたと, 参りましたの, 叩きこまれて, 向かって, 向けて, 向っての, 君臨する, 吸い取られて, 呼びさ, 呼び戻された, 呼び戻されないわけ, 呼び戻した, 呼び生かされて, 国宝として, 在らずには, 報告しない, 報道した, 墜落し, 夢の, 大きな世界認識, 大人らしく, 天降りました, 夫を, 封じようと, 導くかの, 導くの, 導く一領, 導びきだした, 少しづつ, 島流しに, 己れ, 希望を, 帰さなければ, 帰さぬため, 帰つて来た, 帰つて行く, 帰られます, 帰るさ, 帰るべき術, 帰る喜び, 帰れ, 引きこまれそう, 引きこまれて, 引きずり出された, 引きつける重大, 引き出されたよう, 引き戻されたやう, 引き戻されたよう, 引き摩つて, 引き込まれて, 引っぱり出して, 引入れられる感, 引戻される, 引戻した, 引移った, 引移って, 引移つてから, 引越したもの, 引越して, 引込まれた心持, 引込まれて, 弦之, 彼を, 彼女の, 彼自身を, 忍び込んだの, 思いがけも, 思ひ切つて, 想念と, 憐れな, 我我自身を, 戻ろうとして, 手渡された瞬間, 投出されたの, 抜け出でて, 押し寄せて, 押し流されて, 押し込んで, 拡がったか, 持ち出すという, 持ち去られるよう, 持ち来たされたよう, 放たれて, 放り出された, 文学も, 旅立つであろう, 旅行が, 旅行する, 昇って, 昇りたるケルン, 期待した, 本当に没頭, 来い, 来し心地, 来たかと, 来たもの, 来てからの, 来るが, 来るとは, 棄てられた, 次第に進出, 欧人移り入りて, 歸るべき, 永久に, 沈んで, 没入する, 泳ぎ入っ, 泳ぎ出した, 流れて, 消えて, 渡したいという, 溢れでて, 溶け込んで, 漂わせる不愍さ, 焼鏝を, 燒鏝を, 物質の, 独身の, 現れて, 生かそうという, 生まれた人, 生まれ出, 生まれ替った様, 生れて, 生れ代ろうと, 生物の, 産み落すの, 甦るまでの, 発展する, 登場する, 百姓が, 目を, 私と, 私は, 私を, 私娼を, 科学が, 移されたと, 移つて, 移りかわる, 移住し, 突き落さうと, 突入し, 突入する, 筆を, 精神的拠り所を, 紛れ込んで, 縋りついて, 翻訳する, 自分は, 自分を, 舞い戻ること, 色々の, 苦痛に, 蘇ったと, 融し, 行かずには, 行かせようという, 行かねば, 行かれるのに, 行かれるやう, 行きかの, 行きそこで, 行きその, 行きましても, 行く, 行くって, 行くと, 行くより, 行くん, 行く事, 行く方法, 行く積り, 行く道, 行けさえ, 行けるの, 行ける通路, 行こうと, 行こうよ, 行った, 行つた, 行つたら, 行つても, 行つてゐる, 観客を, 触れて, 話題を, 誕生し, 誘い込まれて, 誘うの, 誘って, 誘ひ込まれた小胆さ, 誘ひ込んで, 誘導する, 超スピード, 跳び込んで, 跳躍する, 踏みこんだよう, 踏みだして, 踏み入ること, 踏み入る気, 踏み入る第一歩, 踏み出した稀有, 踏み出して, 踏み迷, 踏込まねば, 躍り出して, 車を, 転向する, 転籍させた, 転落しなけれ, 輝く脚光, 迷いこんだもの, 迷い込むの, 追いやられて, 追いやり人類, 追い込む, 追い遣って, 追ひ入れられた, 送りかえして, 送りつけられたという, 送りつけること, 送るの, 逃げかえったこと, 逃れて, 逃避し, 逆もどりする, 這入り込んで, 通ふ, 通り抜けた, 逝く不安, 連の, 連れさる, 連れ出された様, 連れ込まれて, 進む事, 進水しよう, 遊びに, 遊離し, 運び去られ, 運んだ方, 運んで, 遠ざかって, 遠のいて, 遠足した, 還つたもの, 野放しに, 閉じこめられて, 閉じこもって, 閉じ籠って, 陥ったの, 陥って, 陥りかけて, 隠見出没する, 青年訓と, 青銀色の, 音も, 順吉の, 顕れて, 飛びこんだごとく後悔, 飛びこんで, 飛びさ, 飛びさって, 飛び出したやう, 飛び出して, 飛び移ろうでは, 飛翔する, 飛躍した, 飛躍せしめた, 馳け, 魅き入れられ

▼ 世界~ (504, 2.1%)

19 あつた 6 あつて 5 有名な 4 いちばん偉い 3 やつて, 一番強い, 一番美しい, 唯一の, 生きて, 著名な

2 [30件] あらう, いわゆる芝居町, この世界, それが, たったひとり, 一ばん偉い, 一ばん古い, 一ばん美しい, 一二を, 一番, 一番上手な, 一番偉い, 一番暑い, 一番高い, 凝として, 己を, 愛したと, 暮らされないこと, 最も早く, 最も美しい, 最も軽蔑, 最初に, 有數, 生活を, 目に, 相当の, 自由に, 誰も, 赤ん坊は, 過して

1 [392件] あつたら, あらうか, あらうが, あらうと, あらゆる経験, いう一瞬間, いう意地, いかにも微笑まれる, いけないと, いじめられてる人, いちばんえらい, いちばんりっぱな, いちばん不思議な, いちばん不機嫌な, いちばん善良な, いちばん大きい, いちばん小さい, いちばん広く, いちばん楽しい, いちばん貴い, いちばん貴重な, いちばん高い, いっち豪い, いつまでも, いろいろな, うたわれて, おしつめたよう, おどろかれる特徴, おどろくほど, お互, かかわりない, かつて見ざる, かりにこれ, ここだけ, このよう, この僧, この刹那, この娘, この時間, この社会, これに, これも, これを, こんなに幾種類, さいしょだろう, すでにそうな, すらさうな, すらそう, すら正直者, する仕事, ずんずん久能, せう, そこには, そのよう, その中, その雰囲気, それぞれの, それは, ただ一つプロレタリア革命, ただ一人である, ただ一人の, ただ一人人間が, ただ晴れた, ただ美しい, たった一つ, たった一人, たといいわゆる, だれも, ちよつと, つまり二人だけで, つまり舞台, でも, でももう一度, どうにか低俗, どこが, どこの, どれだけが, どんなに屡々混同, どんな人, どんな暗闘, なにより, なら恥辱, はじめての, はじめてメーデー, ひろがったの, ぴょんぴょん跳ね廻る, ふたりと, ぶつかった拉的野鶏, ほんとうの, ほんとの, またしても, また逢いましょう, まだ誰, もさういふ舞台, もっともっといろいろ, もっとも大切, もっとも怖, もっとも高名, もっと健全, もつと, もつとも質, ものに, やること, よく揉まれない, よしと, わが子と, われわれが, われわれ同志が, タカ子が, テキパキと, ディレッタントである, バルビュスとか, ロシアほど, ワイルドに, 一から, 一しよ, 一ばんえらい, 一ばんの, 一ばん愚劣な, 一ばん早く, 一丸と, 一二の, 一人立ちが, 一位二位を, 一同大元気と, 一方的, 一生懸命に, 一番あたらしい, 一番いい, 一番いくじなし, 一番えらい, 一番きたない, 一番の, 一番オッカナイ牢屋だ, 一番チャーミングな, 一番ベルリンが, 一番一人当りの, 一番上手です, 一番不実な, 一番人数が, 一番優しい, 一番古い, 一番名高い, 一番學び, 一番尊敬すべき, 一番巨大な, 一番強力な, 一番後一番後, 一番愛し, 一番愛好される, 一番成功し, 一番放, 一番新しい, 一番無頓着そうに, 一番空気の, 一番英語の, 一番貿易通商に, 一番遠い, 一番長い, 一番頑迷な, 一番高価な, 一等発禁の, 三味線の, 三文の, 三木露風氏及び, 三番目に, 世俗の, 中流的だ, 二三十種発明された, 二十二日目に, 二番目です, 二重三重の, 人々は, 人が, 人に, 人間が, 人間の, 人類は, 今の, 低劣に, 住むこと, 体験した, 何が, 何も, 何よりも, 何を, 何故今更そんな, 何番目かの, 何番目という, 何者と, 使って, 使われる手紙, 価値を, 保険の, 傲然と, 働いて, 働くもの, 僕の, 優位を, 優秀な, 光と, 光を, 六番目といふ, 再びかの, 冗談に, 写実主義が, 冷えきって, 冷り, 凱旋門を, 初めて自分, 別れても, 別れる, 到達した, 加賀の, 十五番目の, 十数億の, 占める地位, 即箱, 取り上げられた, 取り扱うこと, 叩きあげて, 可能な, 合体し, 嘗つて見なかつた, 堂々巡りし, 多少とも, 多少は, 大いに学ばしめる, 大きな働き, 大切な, 大和武尊様に, 失礼ながら, 奮戦努力する, 奮起させ, 姐御, 婦人ばかりの, 安逸を, 実にす, 実に不可思議, 実力なく, 実現される, 寸刻の, 対抗した, 小さな自然, 小林少年たった, 居辛く, 屈指の, 川が, 川鮑魚湯だの, 差別とか, 巴会の, 幸子さんと, 広く分布, 廿二日目に, 弁護しよう, 役立つかしら, 彼が, 彼の, 彼らは, 彼女の, 彼等の, 悲しくも, 悲哀と, 戦われつづけて, 指折りに, 指折りの, 指摘し, 描かれて, 数字的に, 文化という, 文化の, 日本の, 日本は, 日本人だけ, 日本日本で, 暮すつもり, 書くべきもの, 最も, 最もおくれ, 最も不便, 最も優れ, 最も勤勉, 最も古い, 最も善良, 最も変質, 最も大きな, 最も広く, 最も強固, 最も恐ろしい, 最も文盲率, 最も普及率, 最も科學, 最も美わし, 最も貧乏, 最も進歩, 最も重き, 最も重要, 最も長い, 最も音楽的, 最も音樂的趣味, 最初期の, 最大な, 最大の, 最大最強の, 最大最速の, 最近頓に, 最高の, 有って, 有数な, 本当に自分, 果してあの, 果たしませんでも, 樹の, 次ぎに, 死んで, 殺されたって, 決して筋, 活動させる, 活動し, 無限な, 特殊な, 独りぼっちでは, 独特の, 珍しい博物館, 現わし, 現世生活中に, 生きられるという, 生きるよう, 生活し, 生活する, 生活者としての, 男は, 略ぼ, 疲れ切らなければ, 発行され, 發行され, 真先き, 私が, 私の, 私は, 秘密は, 第一等, 精神侮蔑人間侮蔑残酷無慙な, 紐育と, 素人だ, 経験した, 結婚し, 統制と, 美しい花, 美味な, 肉体の, 育ち過去, 自分に, 自分の, 良人を, 芝居が, 芝居気たつ, 落ち合った事, 蛙は, 蜜を, 螢を, 行われて, 行われる犯罪, 表現し, 見られる万物, 見聞したくさぐ, 解放された, 訓練され, 訓練を, 許されるもの, 語られて, 説くこと, 論ぜずして, 買って, 起こって, 起こるできごと, 起った事実, 起らなかった問題, 起る現象, 車もろとも, 造らせようと, 逢うこと, 遊星へ, 適用される, 適用しなかった, 金銀の, 難行苦行の, 電車に, 顔を, 類の, 類例の, 餓死させられる

▼ 世界~ (485, 2.1%)

34 に有名 9 なもの, になる 7 な規模 6 に進出 5 な大 4 に見

3 [14件] なん, な人物, な作家, な名声, な名著, な意味, な流行, にいっ, になっ, に発達, に知られた, のスリ, の名人, の学者

2 [37件] だという, であったという, であった彼, である, となった, となり, なかがやきを, なり, なり人類的, なスケール, な作家達, な傑作, な名手, な実験, な文豪, な日本, な権威, な水準, な現象, な評論家, な説, になった, に共通, に對抗, に承認, に活動, に知られ, に著, の名, の問題, の大, の平和, の水準, の理想教, の発明, 大洪水説話, 自覺

1 [295件] だ, であり不可抗力, であり民族, であること, であるという, であるの, である一定, でこれ, でそれ, でない, でなく多く, では, で又, ということ, といわれる, となっ, となる, とまで言われ, と呼べる, なこの, なの, なり人種的, なるが, なること, なるまた, なるを, なる羽衣説話, なアメリカ, なオーケストラ, なスリ, なニュース, なニユース, なバリトオン, なビッグ, なプリマドンナ, なマダム, なレベル, なレヴェル, な一流探偵作家, な一規範, な事件, な事実, な交通, な企画, な位置, な例, な價値, な優秀巡洋艦, な元老, な分布, な劇作家, な動かすこと, な動き, な動流, な反響, な名, な名作, な名品, な名所, な名篇傑作, な地位, な地歩, な婦人労働者搾取, な学者, な宝, な実感, な崩壊, な市場性, な広い, な思潮, な性質, な意義, な感情, な文化都市, な文芸衰微, な新, な新しい, な日本画, な映画, な東洋関係, な松方コレクシヨン, な業績, な権利, な歌手, な波動, な燦然, な物理学者, な珍味佳肴, な理解, な目的, な研究, な科学, な空気, な立場, な範囲, な経済危機, な経済恐慌, な美しい, な群衆, な老, な背景, な舞台, な花形, な莫大, な著者, な蔓バラ, な見透しに関して, な視圏, な視野, な角度, な言葉, な詩人, な話, な諷刺作家ゴーゴリ, な謎, な賞, な重大発表, な関係, な関心, な階級戦, な震撼的, な音楽史学者クルト・ザックス博士, な鳥人, にい, にいわゆる, にかなり, にし, にした, にする, にでなく, にな, にならなかった, になり, には余り, には未熟, には美術, にみ, にみる, にもっ, にもまた, にも意義, にも渇仰, にも特殊, に一流作家, に一致, に云っ, に互, に低い, に偉大, に偉大さ, に優秀, に光輝あらしむる一つ, に公認, に出よう, に努力, に名, に名人戦, に名園, に名訳, に名高い, に唾棄, に大, に将来活動, に尊重, に崇拝, に平和主義者, に平和風, に広がっ, に広く, に彼等, に意義, に感動, に文明運動, に最も, に最優秀, に権威, に活躍, に流布, に流行, に瀰漫, に特色, に特長, に狂瀾, に珍しい, に異常, に発展, に目覺め, に知れ渡った, に破壊, に祝われた, に福, に立派, に立証, に第, に組織, に結合, に自慢, に行渡った, に観光国家, に言っ, に討論, に評判, に誇り得る, に認められた, に認められる, に賞讃, に転換期, に連絡, に運搬媒介, に重んぜられ, に金魚学者たち, に階級対立, に雄飛, に飜訳, に騒がれた, に驚異, に高める, に鳴るであらう, のもの, のオペラシンガー, のセンセーション, のプリマドンナ, の事實, の事業, の交通, の人, の人気, の作品, の作家, の信仰, の傾向, の博愛事業, の名声, の名所, の唯物科学的迷信, の地位, の基督教者, の大いなる, の大勢, の大国, の女優, の女王, の奴, の存在, の學者, の宝, の小学校, の小説家, の広大, の性知識, の支援, の文化, の植物分類書エングラー監修, の標本, の標準, の氾濫, の流行, の火災, の異常現象, の発表, の発見, の白鳥處女傳説, の短詩, の研究, の社交関税, の美文, の至芸, の著作, の蒐集品, の観念, の選手, の重大問題, の銅買占, の隠し芸, は滑稽, ひろい心, もしくはいわゆる, ノ流行, 低賃銀, 大レヴュウ団, 大不況後, 大事業, 大地震, 大宝物, 大強盗, 大投手, 大抱負, 大洪水, 大火災, 大芸術家, 大論文, 大運動, 大魔術, 大魔術師, 諸関係

▼ 世界~ (437, 1.9%)

9 なった 7 云ふ 6 なる 5 なって, 云うの, 云うもの 4 いっても, なり, なるの, 実世界, 現実の 3 いうと, 云ふも, 交通の, 人間の, 日本の, 私達の, 自分の, 頭の

2 [21件] いえば, いって, この大陸, この薄ら氷, なったの, 云う家, 云えば, 人倫との, 化した, 同じ要素, 同様に, 四次元世界との, 夜の, 思うの, 我々の, 接触し, 接触する, 文学の, 異る, 科学の, 考えて

1 [314件] いいまた, いうが, いうだけでも, いうで, いうならば, いうよりも, いえども, いかになり行く, いったら月, いはねば, いふ者は, いへども, いわねば, きめつけて, くらべて, この, この三次元世界, この世界, したがった, しないで, し精神中, す, する, するか, するかの, せられねば, せる属僚, せる屬僚, そのすべて, その一環, その不幸, その事業, その国, その導者達, その幻想的, その文学, その法則, その芸術, それからもう, それから極大世界, それは, それを, それ以前の, たましい, ちがって, ちょっとでも, であったが, である, どういう関係, どこかで, なされて, なすこと, なったこと, なった余, なつた, ならしむるあたわざるゆえんのものはただ過去, なりつ, なりましたで, なります, なり安直芝居, なるそういう, なるだろう自分, なると, なるという, なるべきもの, なるわけ, なれば, なろうと, なんという, もし二つ, やらいうもの, よく世界, わが世界, ゲネシス, ゲネシスの, シーザーの, 一つに, 一切の, 一変した, 一定の, 一応切り, 一緒に, 一致を, 下の, 不変の, 不變, 世界が, 世界と, 世界とが, 主観的自我との, 争わなければ, 事わけを, 二つの, 云う, 云うと, 云うより, 云う言葉, 云う詩, 云は, 云ひ, 云ふもんです, 云へば, 云われようか, 交ったとき, 交渉し, 交渉の, 交通する, 人力の, 人生と, 人生とを, 人間とが, 人間との, 人間を, 人間世界とに, 人間的及び, 人類の, 仏教芸術の, 他の, 伴うて, 何れが, 作家の, 信じて, 個人とによって, 倫理的な, 偽りの, 全くかけ離れた, 全くちがう, 全く違った, 公園とを, 共通性を, 内の, 出るへん, 別れさせるよう, 別れなければ, 別れました, 前々句の, 化した光景, 化して, 化し去りその, 叡智的世界との, 古代世界と, 同じく, 同じく詩人, 同じこと, 同じで, 同じに, 同じやう, 同じよう, 同じ世界, 同じ実質, 同一である, 同一の, 吾人の, 呼び得よう, 呼ぼうと, 呼んで, 哲学の, 喰い違うとき, 喰い違うとき腹, 喰違った, 国内社会の, 国民との, 変りが, 外部世界とを, 多く変らなかった, 夢の, 大いにその, 大へん, 大阪一の, 太陽の, 夫人及び, 女性獨特の, 妻の, 子供の, 孤立した, 密接し, 対立し, 少女の, 平和と, 幽霊界との, 幾世紀とで, 当時とに関する, 形而下の, 影の, 彼女の, 心の, 心得るは, 必然の, 念う, 思うて, 思う心, 思えて, 恐ろしいほど, 悟りの, 想像の, 感性的世界との, 懸け離れた徹頭徹尾, 懸絶する, 成れば, 我等とは, 我等の, 戦わなければ, 接近した, 放れた地道, 散文の, 文学に, 新しい事物, 新世界, 日本と, 日本とに, 日本に, 日本を, 昼間の, 時代とが, 最後の審判とを, 朝から, 未来の, 未来世界との, 未知の, 樽の, 次第に進化, 歓呼しつ, 死後の, 殆ど何, 気分とを, 没交渉な, 没交渉などと, 没交渉に, 活気に, 深い結縁, 濃霧の, 為すため, 無関係な, 煙の, 物質世界を, 現在の, 理想世界との, 生との, 生命の, 申すもの, 異なるが, 異なるは, 病人の, 目的の, 直接に, 相呼応, 相渉, 知識でない, 社会科学的世界との, 社會と, 社會との, 神秘世界の, 私の, 称するが, 称ばれ, 競争し, 精密性とが, 精神, 紙一重, 結びつくこと, 絶対的場所としての, 絶縁する, 考えても, 考えられねば, 考えること, 考えるの, 聲音とを, 背中合わせに, 自分が, 自分との, 自分とを, 自分らの, 自然科学的方法との, 複雑な, 見えた, 見える, 見える月, 見ても, 見ようと, 見ること, 観ずること, 角逐させる, 言い人類, 言う古びた宿場, 言って, 言っても, 言ふ, 詩の, 詩歌の, 調和する, 超自然の, 較べれば, 連句の, 連絡し, 進歩を, 違うところ, 違うん, 違つた一つの, 遠く離れた, 遮断され, 重なりあって, 関係が, 闘うこと, 闘うも, 闘って, 闘ってる人たち, 關係交渉に, 陰鬱と, 隔絶し, 隔離した, 離れた民族生活, 面と, 鬱単越洲を, 黄泉の

▼ 世界から~ (371, 1.6%)

4 姿を, 消えて, 起るの 3 他の, 出て, 完全に, 帰って, 急に, 来て, 現実の

2 [17件] この世に, 一段高い, 人間の, 何処かへ, 作られ作られたもの, 來た, 古ぼけて, 地球の, 外へ, 態, 洩れて, 自由に, 見ると, 足を, 進化し, 遠ざかって, 離れて

1 [304件] あなたの, あの複雜, あまりにも, あらゆる色彩, いえば, いきなりレンブラント, いつか道具の, いつの間にか自分, いつまでも, いつも私たち, いまわしい現実界, いわゆる竹本劇, おいでに, おぼろげな, きた怪物, こちらの, これら街上の, これを, さらに遠い, じゃりじゃりする, すっかり切り離され, すっかり隔絶, すべて暗示を, せめてくる, その呪, その思考, その行為的直観的, それが, だれも, だんだん遠ざかり, つかわされたもの, つまみあげられて, できあが, ない世界, なされ得るの, なの, なんと云う, ぬけきれないで, ぬけだすこと, ぬけ出して, ぬけ出せと, はみ出て, ひとりの, ふみ出した大人, また現実, みれば, ものを, やってきたえたい, やっとほんとう, やつて, われわれの, われわれ三次元の, コッソリと, シャルダン風の, ドッと, フイに, ロマンスを, 一人や, 一度鎌倉を, 一日でも, 一日も, 一躍に, 下の, 不自由の, 二つの, 人間を, 人間世界に, 人類の, 今は, 仏の, 伝わって, 何ものかを, 何千キロも, 何故美, 何物でも, 作られこの, 作られたもの, 作られる世界, 作られ世界, 使者として, 來つた, 借用し, 借用した, 健全な, 僅かに, 光と, 入つて來, 全く姿, 全く消え失せ, 公然たる, 再び切り, 出, 出ること, 分離し, 切りはなたれて, 切り離された四つ, 切り離された怪物ども, 切り離され時代, 別の, 別れて, 募集する, 区別された, 去って, 去りました, 受けた人, 吹いて, 喚び起されること, 喚び起されるの, 喚び起される表現作用, 喚び起される認識作用, 喰み出したい, 四次の, 在るべき世界, 地球上に, 声を, 外部の, 夢の, 大人の, 大津絵の, 大軍勢, 天下って, 天降った, 失われる, 失われるの, 奪い去った, 奪られ, 女の, 女性の, 孤立させる, 孤立し, 定限, 寂しいあきらめ, 帰つて来る, 常識と, 引きは, 引き込まれて, 彌陀の, 徐々に隔てられ, 得ます, 微酔の, 忘れられたよう, 愈々別れる, 懸け離れた想像, 或る, 把握されね, 抜けだして, 拒否され, 拔け, 推し進んで, 搾り出される生きようという, 故郷の, 救って, 文化の, 新鮮な, 旅行者を, 日本へ, 時間器械に, 更に, 最後に, 最近の, 来たの, 来たもの, 来た魔物, 来るかすか, 来るの, 桜の, 歩み出て, 歴史学の, 死の, 毎年八万人以上の, 永久に, 注目され, 流れ去って, 消えさった問題, 消失する, 消失せた, 消息を, 消滅し, 消滅せしめ得る, 漸次より, 無くして, 燻り出しますぜ, 犬の, 独り脱け, 独立した, 独立する, 現世へ, 生きものが, 生と, 生の, 生まれたもの, 生まれ漢字, 生れたこの, 生れたもの, 生れた廉価, 生れると, 生れるもの, 生物の, 異常な, 発して, 発散する, 直ちに林檎, 眼を, 知識を, 社会的自由と, 神が, 神様を, 私が, 私など, 私は, 空虚な, 突然現世, 立ちおくれた, 立ち退かねば, 細い針, 絶滅し, 絶滅しなけれ, 絶縁された, 絹と, 縁あっ, 縁の, 置き去りに, 美の, 考えられなければ, 聞えて, 聞える声, 脱け, 脱れよう, 脱れる, 自らを, 自分たちを, 自己を, 自由な, 荷風の, 落ちて, 落伍し, 葬って, 葬り去って, 薄れて, 見えない世界, 見すてられ一滴, 見たリイ, 見ましょうなら何人, 見れば, 覗いて, 覗く眼, 親としての, 解き放せ, 解放され, 解放されました, 解脱しきれ, 言へば, 言葉を, 認められると, 譬喩と, 負わされて, 赦放された, 起る, 起るもの, 身に, 轉じ, 近代的大衆的科學的な, 追い出して, 退かなければ, 逃がさない點, 逃げ出したい, 逃れる事, 逃れ出る事, 逃避しよう, 逐い出すの, 逐われて, 連れ出して, 遊離させる, 遊離せしめ, 運ばれたという, 遠いこと, 遠くへ, 遠く夢, 遠く遠く離れ, 遠眼鏡で, 遮断され, 酒という, 醸されるもの, 鑑賞の, 閉め出されて, 閉鎖する, 除外し, 陸と, 隔絶された, 隔離され, 隠退する, 隱れる, 隱遁し, 集まって, 離して, 離れこうした, 離れたやう, 離れた遠い, 離れれば, 雲で, 顛落した, 飛んで, 駈け出して, 黄金國として

▼ 世界では~ (348, 1.5%)

25 ない 8 なかった 6 ないの 5 ないか, なくて 4 それが 3 ないかと, なくして 2 この上, そうである, そのよう, 大人と, 床の間に, 恐ろしく丁寧, 通用しない, 非常に

1 [273件] あったが, あったけれど, あのよう, あらゆる経験的, ありません, あり得ないという, ある, あるが, あるの, いかにもこの, いつもひけ, いまだ主体, いろいろの, おそらく大概, おまえたちの, お芋, かかって, かならずしもそうは, このトリオ, この草, この鈍勝ち, これが, これを, さういふ風, ざらに, じつに大きな, すぐれた者, すでに岩井, すべての, そういうこと, そうだろう, そうちょいちょい戦争, そなた, そのごまかし, その二つ, その俳優, その様子, それくらいの, それは, それらの, そんなこと, そんなもの, たしかにこれ, つぎつぎと, とかく辛労, とても見られない, どうか, どうしてこういう, どう感じた, どんな山坂, どんな白人, ないから, ないが, ないけれども, ないという, ないので, ないむしろ, ない即ち, ない真, ない行, なく協力, なく唯一的, なく形, なく愛, なく暗黒, なく結ばれたる人間, なく絶えざる憂慮, なまなか誰, ほっとした, ほんとうの, またその, まだまだ戦争, みんなに, もうこの, もうよかろ, もう決して追, もう立派, もてはやされて, もとより手, よく神, イデオロギーという, ウィーンと, エロティシズムの, ストリンドベリーの, ノイリップといふ, リアリズムに, リズムメロディーハーモニーとして, リードすべきで, 一つの, 一切の, 一番いやな, 一番かわいがられる, 一體どんな, 三次元物体の, 不変の, 主体が, 二人の, 二十二三とも, 二度三度この, 交通した, 交通は, 人が, 人は, 人間の, 人間は, 仕方が, 何という, 何の, 何も, 何を, 何事も, 何故に, 何等の, 例えば個々, 偽善者は, 全然モーション, 典型的, 円が, 分類する, 利害と, 到底想像, 到底花やか, 創造こそが, 助けるといふ, 十四日間も, 千代子も, 卓一と, 原つ, 原素的, 反対に, 口を, 可逆な, 各性格, 同じ餌, 名の, 君より, 君よりずつと, 命と, 咀われ, 哺乳動物の, 問題と, 大きな人物, 大根は, 大概の, 大衆的独創など, 奨励時代は, 女の, 女は, 女を, 嫌らしい, 子供に, 子供の, 宇宙は, 完全な, 宗達が, 実現が, 実際に, 実際上, 客枕依然, 容易に, 實際上の, 小説と, 少しも, 希望を, 常識人に, 平和と, 年の功が, 幽霊を, 引力が, 強大な, 当局は, 当然すぎる, 彼は, 彼らは, 御身の, 心の, 必ずしもそう簡単, 志賀直哉などの, 怒りに, 性器さへ, 恋の, 悪を, 悪徳者ほど, 想像する, 感ずるの, 戦争中に, 政治外交の, 散らし書の, 数こそ, 文学至上主義に, 新參者, 新型であっ, 旗本で, 既に常識, 最も大きく, 月姫が, 本当の, 桶の, 極めてありふれた, 極めて常識的, 横の, 正義とか, 武家よりも, 殆どすべて, 殊更に, 気高い貴公子, 永恆に, 決してなかっ, 決して冗談, 浮世の, 漠然と浮世, 点が, 無くな, 煙硝の, 爛熟が, 物は, 物を, 物質は, 現すこと, 現在ある, 生きた人間同士, 生きて, 男女関係が, 画家は, 直ちにつかまえ, 相当の, 確定的に, 私ども人類が, 私は, 科学は, 種々新しい, 積極的な, 空間の, 空飛ぶ, 立体からの, 立派に, 笑ふ, 結局必然性の, 絵画彫刻または, 羊は, 考えること, 而も, 自分が, 自分の, 自然の, 自然も, 自然派の, 芝居と, 表象と, 西暦一八〇〇年には, 見たこと, 見られないご, 親戚関係っていう, 言葉という, 誰も, 謬ち, 象徴的気分とか, 賄賂は, 資本主義的な, 辛抱される, 近松の, 造船は, 進歩し, 進歩の, 遅く歩く, 道具とか, 金力が, 雄と, 非現実, 風の, 食糧の, 首を, 高級常識から

▼ 世界には~ (293, 1.2%)

4 ないの 3 いって

2 [19件] あるだろう, いないの, いる, いると, すでに地頭, まだ, 人は, 何處にも, 塵つ, 左様な, 床なんて, 憎悪が, 横と, 沢山ある, 生きて, 生物が, 病いは, 空気が, 高さ

1 [248件] あけぼのが, あって, あらゆる意味, あれより, あんなに美しい, いくらでもある, いつた人, いつて, いつと, いつに, いつの間にか再び, いまでも, いるが, いろいろな, いろいろ珍, おごそかな, おそらく二十組以上, かかわりない, かの女らしい, かぶき芝居, きょう少く, けっして気づかなかった, こういう根気, こうした不思議, このよう, この足, こんなに苦痛, こんな木, すでに無意識, せしトルストイ, そういうたのし, そう入っ, その奥, その怒り, それによく, そんな大艦, たくさんの, ただ亡国, ただ書物, ただ永久, だれが, ついて, どこにも, どのくらい, どの本, どんな動植物, どんな動物, どんな調子, ないと, ないとか, ないとの, ないはず, ないもん, なかなか人間, なからう, なんにもなくなる, にあわぬ洋風, またそろ, まだいろ, まだ何一つ, まだ発見, まだ醸成, まるで足, もう不安, もっと速い, ものめずらしいばかり, やはり狐, よくお, よく斯, わたしの, われわれの, アメリカ・ソヴェトを, パースペクテイヴが, 一々泣い, 三つの, 不似合, 不似合い, 丸で, 二種の, 人知を, 人間の, 人間を, 住めなからう人間世界, 何か, 何かと珍談, 何が, 何の, 何一つとして, 何人も, 何等の, 佗びしく貧しく, 例が, 俄然満々, 健康性が, 偽は, 働いて, 先輩後輩は, 光が, 全く圧制, 全然復帰, 全然復歸, 出て, 初めて足, 前人の, 前人未到の, 力の, 千里の, 厚い肉体, 又思い切った, 同じよう, 唯盲目, 四千万人に, 塵芥と, 多分に, 夢にも帰りたくなくなった, 夫としての, 女に, 女子の, 存在し, 存在しない, 宗教の, 実に興味, 容れられない, 寂しい春, 寒い恐ろしい事象, 小鳥が, 少くない, 居らぬこと, 居無い, 左へも, 希望を, 常にかつぎ, 常に食物, 平凡な, 平民的の, 幾人かの, 幾多の, 彼等と, 必ず仏様, 性情と, 恐怖という, 悪い黴菌, 悪が, 感傷も, 憎みが, 成可く, 捨つべき, 探偵小説が, 政治は, 故更衣, 救ひ, 数々の, 敵が, 新しい事, 新しい眼界, 昔も, 昼夜の, 時と, 時の, 曾つて沈静ある, 有名な, 未亡人が, 極めて多数, 正しい罪, 歳も, 死の, 毎晩の, 民族の, 水が, 水分が, 永久の, 永遠に, 法則が, 浦島太郎という, 満蒙事件の, 烏合の, 無いの, 無数に, 無数の, 物と, 物理学的に, 物質的方面と, 現世とは, 現在という, 現在の, 生きられない, 生きられないから, 生のみ, 生まれなかったの, 生命の, 生物は, 生産という, 用意されないであろう, 男尊女卑主義の, 相当の, 着物という, 知れて, 神様なんか, 神自らも, 禁物と, 私と, 種切れに, 竜に, 竜宮界の, 精神集注, 糸を, 紅い珊瑚, 純惡, 素封家は, 絶対の, 緑陰の, 美くしい, 義理も, 自分の, 自然の, 色彩という, 血よりも, 行なわれて, 西欧の, 見えない, 見出せさ, 詰らぬこと, 話し聲, 貴族的の, 賢明による, 起こり得ないの, 迚も, 途方も, 通用し, 通用しない, 通用すべき, 週期的に, 遠い遠い過去, 適用される, 重大な, 限度が, 陰影が, 随処に, 際限が, 隨處に, 雲林の, 静かさも, 非らざるなり, 非常に, 馬鹿正直な, 驚くべきこと, 鹿でも, 黄金が

▼ 世界~ (146, 0.6%)

5 ある 4 あるの 3 今は 2 ここに, また多事, まったく変化, 亦とうの, 実生活の, 形成された, 日本も, 暗いもの, 見て

1 [116件] あそれから, あつた, あり得ないから, あるのに, あるん, いつか王者その, いまは, いらないた, おしなべて決して常に此, お前に, かかる立場, こうした世界, ことごとく闇, この地球上, この己, これと, こんなの, ござるげ, ござろう, ずいぶんしずか, ずいぶん狭く, それを, そんなもの, ただ歴史的發展, たやすく想像, だ, ちょうど, つまり一切, ない, なんの, ぼんやりし, また, またかく, また今, また冷却, また変わっ, また当面, また我々の, また政府, また曾, また死, また決して, また火炎, また終末, もし独立不羈, ようやく活気づこう, よくなれ, われわれも, ケチな, パッと, 一です, 世の, 世界に, 世間も, 二人の, 亦さ, 亦さうだ, 亦常に, 亦自然科学, 人口過剰の, 人情も, 今では, 他の, 何も, 余の, 内の, 再び新しい, 同時に發行, 同様だつた, 喘ぐ, 在るって, 変だ, 変った, 変わって, 子供の, 存立する, 安からなく, 実に現時, 寂しいだろう, 寒いが, 少しずつ, 年齢の, 形を, 彼と, 彼らの, 徹頭徹尾因果律, 心中概ね, 忽ち春霞藹々, 感覚的には, 我々に, 時江さんの, 曲折せる, 根柢においては, 楽じゃ, 歴史的な, 死んだ従兄, 永久に, 決して一様, 混乱し, 無かった, 狭くなります, 現われたの, 男の, 皆闇, 築くこと, 結局肉も, 美くし, 肯定された, 自然と, 賞罰も, 遠からず, 酔つてゐる, 酩酊者の, 長くは, 離れたよう, 霊魂が

▼ 世界~ (133, 0.6%)

72 一の 9 一と 6 一流の 5 一等の 2 一で, 一を, 三位に, 二の

1 [33件] 一, 一か, 一だ, 一であった, 一であります, 一です, 一という, 一といふ, 一なり, 一なんぞは, 一のけいず, 一主義だ, 一位として, 一位の, 一位を, 一卷第十五號定期増刊, 一回の, 一無類飛切という, 一無類飛切りとして, 一番の, 一等たる, 一等という, 一級の, 一美味の, 三位の, 二である, 二位であった, 二位の, 二大, 二次大戦は, 五の, 六位であり, 四位に

▼ 世界において~ (122, 0.5%)

7 ある 2 あるという, あるの, すべての, 主体と, 個物が, 可能である, 平均化を, 特殊な, 粗悪なる, 部分の

1 [95件] あの無心, あるとともに, いかなる比例, いまだかつてない, かなりりっぱ, このよう, これほど, すべてより, たとい形象, つとに自治, でなければ, なの, ほかに, ますますその, また社会, もっとも廉価, もっとも悪事, ゆるがせに, わが現, カムチヤツカ土人や, ゴーリキイによって, プラトンが, 一個の, 一切に, 一番多く見受ける, 一般に, 与えられたもの, 主たり, 主体が, 主体的役目を, 人の, 何処までも, 何物も, 作られたという, 侵略の, 個物的多が, 個物的多として, 傲然として, 働くという, 分布区域の, 前世の, 吾人五官の, 存在の, 客観すれ, 尊ばねば, 居なかったには, 工藝を, 広くなった, 当然である, 形成され, 形成的に, 彼女は, 性格は, 我々に対して, 我々は, 或個人, 或物, 損益苦楽は, 支那人を, 敵なし, 文化的主, 日本が, 普通以上の, 普遍的な, 最も可能, 最も壮大, 最も発達, 最も革命的, 望んで, 本艇の, 無礙の, 無限の, 物に, 特に力強き, 現はれた, 現実的に, 環境という, 生きぬいた自己, 発展し来った, 発心する, 直観的に, 真に客観的, 真正の, 真理の, 矛盾が, 秀吉が, 私は, 科学的思想に, 羅馬人ほど, 英国の, 行われます, 見ること, 読まれ永い, 通用する, 隣国を

▼ 世界各国~ (118, 0.5%)

4 の人 3 の都市 2 にある, に於, のおも, の人種, の代表者, の学者, の政府

1 [97件] おびただしい数, からいろいろ, からそれぞれ, からの鋭い, からモスク, から参観人, から文化代表, から留学, から讃辞, から軍事研究者, が恒常的, が極秘, が金, でずっと, でその, でそれぞれ, ではその, で作られ, で優れた, で全面的, で禁止, で競っ, で見失われた, で評判, とは全く, とも皆, にあらわれた, において形式, において新聞創始, におけるイプセン劇, にびまん, にぼつぼつ, に分かちおる, に呼びかける, に宇宙怪人, に政法, に蒔かなけれ, に認められた, に送る, に遊学, に金, のあらゆる, のまじめ, のファッショ化過程, の一部, の交際, の人々, の人たち, の人民, の人民男女, の人種共, の仮面, の例, の兵器スパイたち, の各種雑誌機関, の大学, の天文学者, の女, の好戦的, の婦人たち, の学者達, の宗教, の建築様式, の戦争孤児, の戦車, の探偵作家, の放送事業中, の文芸, の歴史, の汽船, の犬, の王様, の研究者, の紙風船, の紙風船代表, の船, の芸術家ら, の菓物, の著名, の観衆, の言葉, の讚美, の迷路, の雪, の音楽, の風俗, の骨董品, の鶏, はこれ, はまた, は日本, は社会主義国, は金禁止, へアナウンス, へ広める, を包含, 特に兄弟

▼ 世界にも~ (117, 0.5%)

5 類の 4 入りこんで 3 類例の 2 しばしばある, 一瞬の, 似て, 起っては, 類例が

1 [95件] あって, あまねく知らしめたい, あまり比類, ありは, あること, あると, あるまいかと, あるわけ, いつかは, いろいろの, お前だけさ, お宮が, こういう美しい, この成仏, これに, さまざまの, しばしば起こる, すてられて, その林檎, その異い, たいへん面白い, ちゃんと現われ, どれほど真実, ないと, なおその, ひたひたと, またあるべし, またと, また貴ぶべき, まだかつてなかっ, まだこんな, めずらしい行事, やくざな, やっぱり数億人, やはり盆踊り, ゆけさうに, ようやく停滞, トロトロとして, 人間界の, 何時しか夏, 余り類の, 例が, 停電漏電その他いろいろ, 入り込んで, 刑罰は, 劈痕が, 劣るまいと, 勝つこと, 千日前にも, 去就に, 去年と, 又あるまじき, 又どんな, 反映し, 唯物論は, 固より, 女が, 女性という, 好いた同志, 定評の, 少なくない, 属さないという, 戦争が, 手を, 手古奈を, 拙者より, 挺身出来る, 文学者の, 新しき神学的時代, 未曾有の, 現われて, 異なること, 疑問を, 矢張り, 知られて, 確信は, 秋風が, 稀な, 空想的想像的現実が, 紹介した, 義侠心の, 良心が, 行ける, 見られ得るもの, 見受けられるもの, 詮索を, 謙譲の, 近頃電話だの, 適者生存の, 限りない, 陽は, 階級が, 餘り, 馴じ, 鬱勃と

▼ 世界大戦~ (117, 0.5%)

2 が終っ, によつて, のあと, ののち, の時, を境, を契機

1 [103件] か, があった, がおこり, がはじまっ, が人類, が勃発, が夫, が始まる, が激しく, が終った, が終わる, が繰返される, が証明, が起っ, が鎮まっ, すら終りし, そのほか三つ以上, だけは倹約, ですからね, では世界, でも何, でタンノウ, という世界史的惨禍, とその, とでは人類, とどう, となり, と呼ぶ, と第, などに際して戦争, なんてテーマ, においては大幅, において日本, にその, について最も, にでも発展, になった, には英国, によって惹き起された, によって日本, によって要求, に先立っ, に参加, に於, に於い, に突入, に際してソヴェト同盟, のさい, のとき, のとき英国海軍, のはじまった, のはじまる, のはじめ, のドイツ軍, のフランス, の休戦中, の休戦記念日, の休止, の余波, の前頃, の危機, の原因, の口火, の始まる, の導火線, の幕, の後二十年, の性格, の昂奮, の暴風雨, の最後, の末期頃, の混乱, の直後, の空戦, の終りごろ, の終る, の結果, の舞台, の複雑, の課題, の責任者, の間じゅう, の際, はこういう, はどういう, はまだ, はファシズム, は地球, は徹底的, は次第に, は済んだ, は独軍, は米国, は行われ, へ向っ, まで, までパリ, も商権, やロシア十月革命, を経, を経験, を背景

▼ 世界~ (95, 0.4%)

5 の中 4 の上 3 というもの, のこの, の一部分 2 がよしや, との横, に於, に殆, の大きい, の最大, を背景

1 [63件] がかきかわり, が一つ, が変ろう, が書かれる, が書きかえられ, であった, ではない, という芸術, とかいう名, とかかわりあわず, とその, とに終る, との連関, との関係, とは東西, と各国, と申し, にとって重大, にもない, にも他, にも例, にも多く, によつて教育, に於ける, に立つ, に規定, に顕著, のうしろ, のこと, のすぐ, のすすみゆく, のどの, のなか, のモルフォロギー, の一日, の哲学, の変動, の大, の局面, の意義, の推移, の段階, の決定的, の稿, の積極的発現, の立場, の舞台, の裏づけ, の観念, の頁, はこれ, はだから, はゲルマン民族, は何となく常に, は変った, への方向, も従っ, を書いた, を画すべき, を虚心, ノ編纂ガ始マラントスル時, 乃至某々史, 始まって

▼ 世界~ (90, 0.4%)

4 と思っ 3 から, というの, と思う 2 からこれ, から余り, ぞ, という, ということ, と信じ, と思, よ

1 [61件] からこの, からである, からといっ, からな, からなまじっか, からネどうしても, から悲しい, から日本本位, から生きね, から私自身, か知る, が併, こと横幅ばかりじゃ, し本, だから夏, つたのかも, つたのだ, つたのです, つて, と, といいます, という事実, という気持, といえる, とうぬぼれ, としてゐる, とする, とは思えない, とは誰, とばかりに大, と僕, と分っ, と左門, と心得る, と思え, と思った, と思ってる, と思ひます, と思へる, と考え, と考へ, と蔑む, と観念, と解釈, と言う, と言わぬ, と諦め, と騒ぎ廻る, な, なと気, なと氣, ね, のにね, もの, ものそんな, よ悪魔, わね, 即ち理論的範疇, 存在が, 月に, 真の

▼ 世界への~ (90, 0.4%)

2 反逆, 恐れに, 憧憬は, 最大の, 第一歩を, 開発が

1 [78件] かけ足だ, この接吻, そういう旅, 上陸が, 不安な, 不思議な, 他の, 体系にとって, 入り口である, 入口な, 入口の, 共感と, 冒険熱に, 前進を, 動きは, 動きを, 反抗が, 向上を, 君臨の, 啓示も, 啓示を, 嘆きと, 四つの, 回顧的な, 外からの, 大人の, 大警鐘, 奉仕である, 好奇心から, 屈伏を, 弁護であり, 強い興味, 思想の, 情愛が, 憤懣から, 憧れや, 憧憬が, 憧憬の, 憧憬を, 探検の, 探求心や, 接近の, 放浪だ, 故しらぬ, 暗い恐怖, 案内者を, 沈没かと, 没頭というか, 滑稽で, 理解の, 理解を, 眼を, 眼界が, 私の, 突入によって, 突進ただ, 素朴な, 義務を, 自分の, 苦しみが, 衝動を, 要求として, 視圏, 視界拡大の, 触手, 讃美には, 跳躍術を, 近接を, 連帯性において, 進出の, 開展の, 開拓が, 間断なき, 関心である, 関心は, 関心も, 関心や, 飛翔である

▼ 世界とは~ (86, 0.4%)

2 ちが, もう丸, 交通の, 似ても, 何か, 別の

1 [74件] ああいう, あまりにかけ離れ, あまりにかけ離れた, あまりにも, かけ離れたこの, こういうもの, こんなにも壯大, すつかり, その事情同一, それほど相いれぬ, たがいに, ただの, だいぶちがう, ちがったずっと, ちがった別種, つい鼻, どうもシックリ, どんな世界, ならないであろう, なんという, まるで別物, まるで違った, まるで関係, 一見はなはだしい, 丸きり, 交渉なく, 人間の, 何, 何でしょう, 何の, 何等の, 全くち, 全くちがった, 全くひどい, 全く別, 全く同じ, 全く無関係, 全く絶縁, 全く違, 全然別, 全然別種, 全然食い違っ, 別な, 別に世界, 即ちロゴス, 可成り, 同じ根源, 外でも, 多が, 客体と, 彼の, 必ずしも一見そう思われる, 我々に, 明確に, 橋ひとつを, 比ぶべく, 決して同一, 没交渉に, 物と, 異なって, 考えられないかも, 考えられないという, 考えられない世界, 自ら別だ, 視るもの, 言えないかも, 違って, 違つた世界が, 違つた感じの, 部分的に, 関係を, 隔絶した, 非ユークリッド空間, 非常に

▼ 世界~ (84, 0.4%)

23 のである 19 のだ 13 んだ 10 のです 3 の, のでございます 2 のであろう

1 [11件] のさ, のじゃ, のた, ので, のであった, のであります, のでござる, のでした, ので歌舞伎, やうな, んです

▼ 世界である~ (83, 0.4%)

6 ということ 4 ことを 3 のである 2 からし, が新しい, ことが, ために, という思想, といふこと, ように

1 [56件] いわば我々, か, かいま非常, かぎりかかる, からそのまま, からである, から何処, から癩そのもの, から自, から自ら秩序, がこの, がしかし, がゆえに, が実際, が昔, が未来派, が私たち, ことか, ことそれも, ことに, こともさう, だけにそうして, だけに尚さら, つまり真, という事, という自覚, とおも, としか感じられなかった, とする, との自覚, とも言われる, と云う, と云った, と会得, と同時に, にし, にすぎず, に反し, に相違, に違い, のを, ような, 世界は, 事は, 事を, 力の, 即ち生命, 外界の, 形は, 息子の, 汝に, 海軍が, 無限なる, 白牡丹花に, 証拠である, 通り之も

▼ 世界平和~ (82, 0.3%)

15 のため 3 の確保 2 とファシズム, と文化, と民族, に偉大, の曙光

1 [54件] えの, が確立, という名, とすべて, とに寄与, とのため, とゆたか, とよく, と人民生活, と原子兵器禁止, と戦争回避, と文化日本, と民主主義推進, と民主的社会, と社会主義防衛, に協力, に寄与, に対してきわめて, に対する一部, に対する大, に貢獻, に賛成, のモデル村, の不安定, の助成, の危険, の名目, の問題, の大計, の天使, の方策, の樹立, の機構, の渇望者, の砦, の確立, の裂けめ, の要求, の鍵, は之, は保持, は百尺竿頭, への希望, への愛, への良心, をこれ, を信ずる, を守る, を希望, を建設, を攪亂, を求め, を祈願, を語り

▼ 世界でも~ (81, 0.3%)

4 有名な 2 ない, 珍らしい

1 [73件] あまりの, ありがち, ある, あるかの, あると, あるまいし, いちばん便利, このよう, そうじゃが, そうです, そうな, そこに, その議論, それが, それを, ないその, ないという, ないリアル, ない即ち, なかった, なくその, なくアベラールたち, まずこれ程の, やはり雄, よほど珍, よろしいわ, ピカドンの, フロイドの, 一二を, 人を, 人生戦闘の, 何か, 俗物界と, 優秀なる, 同じである, 同程度, 名が, 変りは, 多分人間, 子どもの, 学ぶこと, 学問の, 宗教の, 少なくとも循環系統, 屈指であった, 嶮しい, 強いもの, 拒否し, 指折りの, 新カント派, 新世界, 映画が, 最も高名, 最古の, 有数な, 有数の, 東洋人は, 殆ど類例を, 生物の, 百人が, 眺めて, 眼の, 秋祭りな, 科学乃至, 職業と, 臭くて, 見るやう, 覗くよう, 起きて, 雪に, 類の, 類例の, 馬を

▼ 世界~ (78, 0.3%)

3 の統一, を構成 2 というもの, という観念構成

1 [68件] がその, が世界観, が極限, であった, であって, ではこの, で相対性, というモチーヴ, という概念, との吾, との落差, との間, とは世界, とは実は, と作者, と原, と所謂世界観, における, における力学的, にまで仕上げた, に一致, に媒介, に対しては之, に於, に物神, に科学的, に符合, のこと, のため, の中心, の代り, の単一性, の単純, の反転, の形成要素, の急激, の感性, の構成, の観念, の進歩, の長, の間, はそれ, は一定, は人間, は客観的, は決して, は諧調的, へ移行, も出来れ, も成り立つ, や世界観, をつくる, をまことに, を上, を前, を創り出す, を創建, を形作ろう, を把握, を採用, を整理, を最もよく, を有っ, を求むべく, を求める, を決定, を生物学者

▼ 世界という~ (75, 0.3%)

18 ものは 7 のは, ものが, ものを 2 のが, のと

1 [32件] ことが, ことで, ことです, ことは, この学校, なり, ふうな, もの, ものがね, ものの, ものも, ような, わけで, インターナショナル抜スイの, 一定の, 堕落した, 大衆雑誌に, 奴は, 字を, 存在が, 客観的存在に, 巻莨一袋を, 所へ, 料理屋兼業の, 概念を, 牢獄ああ, 空虚な, 純文芸雑誌, 絵そっくり, 者は, 謂わば, 連鎖を

▼ 世界人類~ (73, 0.3%)

11 のため 6 の幸福 2 の平和, の愛, の文化

1 [50件] が常, が猶未だ, という大きな, には依然として, に代っ, に倫理的模範, に共通, に別個, に対して独特, に貢献, の一人, の上, の中, の中心, の健全, の前, の創造的進化, の半分, の取るべき, の基礎, の大, の平和生活, の救済, の本当に, の歴史, の母, の爲, の生活, の病, の相互扶助, の真, の知らなかった, の社会, の福利, の福祉, の空想, の精神的幸福, の義務, の能力, の運命, の道徳, の頭上, は突如, への道, をし, を一視同仁, を以て連帯責任, を包容, を愛し, ノ不幸

▼ 世界における~ (72, 0.3%)

4 日本の 3 真理の 2 ギリシア文明の, 一つの

1 [61件] あたかも刀戟相摩, ありよう, いかなる偉大, この有名, なお蒸気機関, ものである, われわれの, 一個の, 二つの, 二大厄と, 交代の, 仏教の, 先生の, 出来事であり, 動物の, 単一の, 原子エネルギー学の, 名誉の, 唯物論と, 啓示は, 因果関係に対する, 地位とか, 大乗仏教国は, 女の, 存在と, 存在の, 屈指の, 形成的要素として, 我らの, 探検者としての, 文学芸術の, 文明国の, 新構想, 日本で, 日本民族の, 最もおもしろい, 最微の, 有数優秀保険会社の, 未来の, 東西両, 歴史的物としての, 歴史的物に, 無産者階級解放運動の, 煙筒の, 物理化学に関する, 生活は, 生物の, 生産階級と, 発展を, 真理と, 知識は, 確率の, 立場と, 自然力の, 英国所領中最南端に, 訓練は, 詩の, 賤民の, 風土の, 驚くべき日本, 驚くべき秘義

▼ 世界との~ (67, 0.3%)

5 間には 4 間に 2 二つに, 交渉では, 交通を, 密接なる, 対立が, 統一の, 聯關を, 関係から, 関係は

1 [40件] このよう, ために, ほかに, 一致ポリニャクと, 争戦より, 交渉が, 交渉の, 交渉も, 境界に, 対峙を通じて, 対立を, 差が, 批判的な, 持続的な, 接触面は, 接觸も, 摩擦も, 最初の, 最後の, 根柢を, 正しい関係, 淡々しい, 混合した, 特徴, 結びつけを, 結合を, 総合を, 縁を, 追分の, 通路を, 錯交を, 間の, 間のみ, 間隔に, 関係が, 関係において, 関係を, 関連的構造の, 關係に, 關係の

▼ 世界~ (67, 0.3%)

7 戰の 5 拡布説話の 32 の世界, 思想全集, 戦争が, 戦前に, 戰が, 拡布の, 皮相全集

1 [38件] となり, なもの, に及ぶ, に拡がった, に拡充, の拡布, の物, 博覧会などの, 哲人の, 地震の, 思想とか, 恐慌から, 戦乱の, 戦争という, 戦争の, 戦前の, 戰によ, 戰に際して, 戰は, 戰ノ, 戰中, 戰中に, 戰以來は, 戰以來持て囃された, 戰以前の, 戰以後この, 戰以後全体主義にたいする, 戰後の, 戰後ドイツは, 戰爭が, 戰終了, 戰終了の, 拡布神話の, 拡布説話と, 拡布説話に, 洪水, 破滅の, 都会の

▼ 世界戦争~ (66, 0.3%)

2 の危機, の影響, の時, の準備

1 [58件] があっ, がおこり, がはじまったら, がやっと, が勃発, が太平洋, が始, が始まった, が始まり, が無かっ, が私, が終り, が終る, それから今度, である, での戦敗国, でやつ, で一番, で世界, で日本, で皇帝資本家地主, で負け, という大, との違う, と十八年前, なんてなくなるだろう, にうっ, においても豊か, にまで展開, にまで発展, にも勝たなけれ, のあと, のいきさつ, のさい, の下拵え, の危険, の原因, の問題, の始まり, の最中, の直後, の終止符, の結果, の面貌, は休戦, は彼等, は恐らく, は我が国, は近く, への口火, への挑発, ももっと, を始め, を始めよう, を実に着々, を機会, を直接, を計画

▼ 世界文学~ (64, 0.3%)

3 の中 2 と翻訳, の上

1 [57件] が世紀, が包括, が多数, だろうから, でそう, という見地, とか世界, として云, と無産階級, などというもの, なの, にあらわれた, において評論, について真剣, につながる, にとって一つ, に今日, に共通, に冠絶, に座, に社会, に自分, に類, のうち, のどこ, のほこり, の一環, の一発展, の動き, の問題, の国際的特色, の如何なる, の最も, の歴史, の流れ, の状況, の発展, の眺望, の知らなかった, の立場, の範囲, の視野, の進歩, の運動, の領野, はいつも, はその, ははじめて, はプロレタリア文学運動, は平面, は感銘, は社会, は総体, は翻訳, は自我, をおどろかせ, をもの

▼ 世界においては~ (63, 0.3%)

3 主体が 2 何処までも, 単に与えられた, 生命は

1 [54件] あからさまに, あらゆる空想, いつも主体, いつも過去, かかる契機, ここは, さまざまな, その集団, それが, それは, ただこの, 一つの, 一個人に, 主と, 主体である, 主体と, 主観が, 主體, 人を, 人間の, 作られたもの, 個物が, 個物は, 先ず以, 兵は, 古い時代, 四次元物体の, 国土の, 如何に, 形という, 形といふ, 徹底的に, 悪は, 我々が, 我々は, 我らの, 既に場所的現在, 日本一国を, 時の, 欧州戦争以来すべてが, 源太型は, 無限の, 物と, 物質的世界という, 環境が, 確率のみが, 種々なる, 絶対に, 自分が, 自己同一は, 見るという, 踏み出して, 過去は, 避けられぬ或

▼ 世界歴史~ (53, 0.2%)

3 の上, の表面 2 のこの, や英文典

1 [43件] が鼻, でも最も, というもの, と同様今, など調べる, において他, において生存, におけるこの, にとって深い, に於, に燦然, に見なかった, に触れる, に関してはどんな, に類似, のあらゆる, のそれぞれ, のどこ, の中, の大, の大勢, の大通り, の年代, の必然, の段階, の永続, の発展, の進行, の運命, の面白, の頁, はじまつて, はじまりて, はすなわち, は彼ら, は決戦戦争, は漸次, は自由, をすこし, をリード, を研究, を通じて調べた, 特に世界現在

▼ 世界であり~ (47, 0.2%)

2 そこへは, 創造の, 後者は, 父は

1 [39件] かかる世界, かくの, こういう形而上, これを, そうして生きがい, その遊蕩, ながらそこ, ながら紙, ながら誰, なんびとの, ルオーの, 乍ら誰も, 事件であっ, 人の, 又其上, 同時にその, 否既に, 多数の, 後者が, 従って或, 感情の, 旧劇の, 此の世界の, 歴史の, 無目的, 特に自然科学, 王国であった, 百歳の, 真の, 矛盾的自己同一的に, 知識と, 禅定の, 私小説の, 第二, 虚偽対真実の, 行為は, 超感性界, 趣味の, 闘争の

▼ 世界~ (43, 0.2%)

3 になる 2 としての生活, の横顏

1 [36件] が住ん, が出現, が常に, じゃ, だ, だと, であった, であると, では安心, で日本, という三つ, としてという三つ, としての場, としての日本人, としての私, としての資格, としても精神的貴族, としてわれわれ, として世界人類, として同列, として生活, となった, とにかく世界全体, なりという定義, の一人, の審美眼, の想像, の戦争, の生活, の知識, の立場, の関心事, はみな奇蹟, は抽象, へと飛躍, ヘ

▼ 世界に対する~ (42, 0.2%)

2 自分の

1 [40件] ことである, のである, 一定の, 一種神秘的な, 云いがたい, 人間の, 作家の, 優越に, 全然新しい, 名誉を, 吾, 善い事, 執着が, 声であったでしょう, 大なる, 強い好奇心, 役目は, 復讐では, 憂鬱が, 憧れが, 憧れであったの, 憧憬に, 或る, 様々の, 正当な, 民族的大, 状態に, 畏敬と, 異常な, 直接な, 直観, 直観が, 知識は, 知識欲を, 義務という, 義務とか, 義務を, 考察を, 自己の, 評論は

▼ 世界共通~ (42, 0.2%)

6 のもの 2 の事実, の信仰, の文化, の現象, の要求

1 [26件] だとは, とでも云ひたい, な自分たち女, の, のありふれた, のいつもいつも, のこと, のこの, の人道, の人間, の伝説, の傾向, の問題, の善, の宝, の属名, の当然, の形, の思想, の所有, の状態, の生活状態, の血みどろ, の長寿, の音階, らしくて

▼ 世界地図~ (40, 0.2%)

3 の如き 2 の上, をひろげ, を拡げ

1 [31件] がとめ, がはりつけ, が出来, が張りつけ, が掛つて, が有力, が正確, が見える, で見る, には決して, にものっ, の, のこと, のしるし, のやう, のよう, の六曲屏風, の前, の西半球, はひどい, ほどある, もはつ, や天体, をあけ, をいつの間にか, をひらい, をひらく, を一枚, を前, を見せ, を開い

▼ 世界最大~ (40, 0.2%)

3 の強国 2 のもの, の新, の聖人

1 [31件] のど, のダイヤモンド, のニュース, の人口, の劇詩人, の取引市場, の商港, の噴火口, の国家, の地球, の宝, の恋愛文章, の恐るべき, の探検家, の文学書, の未開, の殖民地王国, の民族, の海, の発電所, の真珠, の科学者, の航空母艦, の規模, の財団デュ・ポン, の貧民窟, の資本主義, の超, の金剛石, の飛行機, を誇る

▼ 世界無比~ (40, 0.2%)

4 のもの 3 の大 2 にレアリスチック, の良憲法

1 [29件] だと, で世界, といえよう, といわれ, ともいふべき, と賞讚, な出来具合, に, に完全, の, のところ, のよう, のプリマドンナ, の仏教国, の優れた, の大国, の建築美, の強力兵器, の強大, の急, の恒寒地帯, の日本刀, の決戦兵器, の海底戰鬪艇, の特徴, の能率, の軍隊, をほこる, ノ強大海軍

▼ 世界~ (37, 0.2%)

5 である 2 とよく, や人生觀

1 [28件] がこの, がはたして, が支配的, が教育, しかも觀照的, でさ, ではある, とかいつた, としての所謂有神論, などは即ち, に就い, に關, の一片, の上, の中心, の例, の天才的, の始祖, の心理學, の詩的代表者, は其適例, は哲學, を免れうるであらう, を構造, を求める, を背景, を規定, を説き

▼ 世界として~ (35, 0.1%)

1 [35件] かたちづくられなければ, こしらえつづけて, せめてそこ, とにかく静か, ヘーゲルの, 一塊と, 何の, 作られたもの, 作品を, 働いて, 全体的一の, 出現し, 北海道の, 取り扱う立場, 客観的に, 感じた時, 感じ得るよう, 批評しなけれ, 描き出される, 日常的に, 映して, 最後に, 来て, 渉猟し, 理解され, 理解する, 自覚された, 見えて, 見せられたの, 観賞者が, 解決を, 誤認させられた, 選択した, 闇を, 限定する

▼ 世界に対して~ (35, 0.1%)

1 [35件] あらわに, こういう理想, しでかすだろうよ, その外, その方法, それが, ほこる美点, まるで勇ましい, 一つの, 不平不満も, 人間が, 以上の, 以前の, 作者は, 俗人の, 全然新しい, 呼号する, 外延的な, 常により, 持って, 指導的に, 敵対した, 日本の, 日本人の, 最大の, 栄と, 特別の, 特異の, 私の, 窓が, 自分だけが, 誇るべき有様, 負うべきの, 超越的でない, 静かに

▼ 世界文化~ (35, 0.1%)

5 の中心 3 のため 2 の水準

1 [25件] にも幾多, に対して考えれ, に対する相互的, に追, のなか, のレヴエル, の一環, の交錯, の先進国, の動き, の千万円, の問題, の指導者, の母胎, の発展, の絶頂, の融合地, の表面, の観点, の進ん, の集合地, をつなぐ, をわが, を支配, を新しく

▼ 世界~ (34, 0.1%)

2 生活が

1 [32件] からす, この人間, その行動, その認識, みんなを, シナ的世界を, 一つの, 人間の, 人類では, 其他の, 国内の, 國家や, 地獄極楽の, 大世界, 存在の, 宇宙的な, 幸福感やは, 意識を, 日常の, 日本少年の, 星の, 時代が, 法善寺横丁や, 町や, 社会を, 社會の, 神や, 職業や, 身の, 領域とかとして, 飛田の, 鶏足崇拝を

▼ 世界各地~ (34, 0.1%)

2 の博士, の未開民族, の海

1 [28件] からあ, からきた, からの同情, からの気温報告, から誘致, から集まっ, から非難, で採掘, における戦争, に亘っ, に余喘, に備えつけられる, に散在, に敷, に此種, のうち, のさまざま, のキチガイ地獄, のプロレタリア文芸, のユダヤ人, の人, の業者, の楽器, の珍奇, の精神病医, の通信機関, の開墾, より集り

▼ 世界でなけれ~ (32, 0.1%)

25 ばならない 3 ばならぬ 1 ばかんた, ば役に立たない, ば真に, ば衣冠

▼ 世界史的~ (32, 0.1%)

3 な規模, な課題 2 に奮起

1 [24件] となる, なその, なもの, なるを以て, なドイツ, な人民的基盤, な出来事, な変転, な審判, な小説, な意味, な把握, な拡大, な来歴, な激動, な考え方, な見方, にも国際的, に与えられた, に原始, に大局的, に見, に迫る, に高度

▼ 世界全体~ (30, 0.1%)

2 をひっくり返す

1 [28件] がそう, が主情的, が空前, が自分, が行く, が運動, この人生一切, としてはまだ, にとっての重大, に亘る, に叙情的, に叙情詩的, に於, に於ける, の人, の共同生活体, の在り方, の学術, の平和, の歴史, の社会主義化, またこれ, をあげ, を把握, を支配, を統一, を通じてその, を通じての観測結果

▼ 世界最初~ (30, 0.1%)

3 の原子爆弾 2 のもの, の実践者

1 [23件] の, のメーデー, のレコード, の人, の人間アダム, の出版物, の勝利, の印刷雜誌, の女, の実物創作, の指紋探偵小説, の文化, の新, の活字聖書, の発見者, の社会主義社会, の経済学教授, の自動車競走, の船, の詩人, の詭弁, の足踏印刷機, の輪轉機

▼ 世界での~ (27, 0.1%)

2 ことという

1 [25件] いたずらに, ことだ, ことでなけれ, ように, ザラに, 一方の, 事実でしか, 交わりを, 人体の, 人間解放とが, 出来事な, 出来事に, 出来事は, 勝者である, 因果律の, 媒介は, 寂けさは, 居心地の, 擬人法で, 最初の, 歩みをば, 積極性, 自由主義は, 西域には, 顔を

▼ 世界~ (27, 0.1%)

4 國の 3 國に, 点の 2 処に, 地方の, 民族の

1 [11件] 国民は, 國から, 國とも, 國を, 國を通じて, 國人種の, 國民中でも, 國程度の, 方面の, 点は, 都市の

▼ 世界主義~ (26, 0.1%)

2 でなければ, という, に於ける, も此, を外務省, を理想

1 [14件] が唱導, が生れる, であります, である国際連盟, でもあり, と一致, の, の中, の提唱, の特徴, の立場, を唱, を奉じ, を遠慮会釈

▼ 世界形成~ (26, 0.1%)

14 の原理 2 と云, と云う, には民族, の原動力 1 には何処, には何處, の神話, の論理

▼ 世界においても~ (25, 0.1%)

2 一つの, 黒田重太郎氏の

1 [21件] それだけの, なお我々, めずらしい鉱石, サラリー, ユニックな, 両者を, 主観の, 人間に, 今までに, 個人の, 個物が, 変るところ, 大人の, 学問ある, 安全な, 客観的表現という, 尊ばれて, 未来から, 気むずかしくは, 科学と, 讃えられて

▼ 世界を通じて~ (24, 0.1%)

1 [24件] あらゆる種類, いえば, この上ない完全, これは, ごく新しい, どこでも, キリスト教徒の, 三億五千万の, 今, 代表的な, 十指にも, 工業者商人地主及び, 工業者土地所有者及び, 広く行われる, 昨今衰微し, 最も目, 本質にまで, 極度に, 殉死の, 演劇は, 行われる愛, 討議せられ, 諸国民, 適用する

▼ 世界~ (24, 0.1%)

5 をもっ 3 を有っ 2 が含まれ, を含まない, を有 1 がある, であって, として理解, と地方性, と超, について沈思, は確実, をもたね, を帯びる, を見失わない

▼ 世界にまで~ (23, 0.1%)

2 拡げて

1 [21件] なって, 全部あて嵌めね, 及ぶ, 堕ちた時, 引っくり返して, 押し進めねば, 探り入らね, 浸み渡り始めたの, 浸潤し, 激しい波, 私を, 範囲を, 組み立てられた結果, 続けようと, 超越する, 転入する, 転化する, 進化し, 高まらなかったらそれ, 高まること, 高められること

▼ 世界へと~ (23, 0.1%)

2 誘って

1 [21件] かよったただ, さまよい出したの, なだれ込む, びこんでしまつた, 云うよう, 云ふ, 工藝を, 引っぱり寄せて, 正太の, 消えて, 発展する, 目を, 私達の, 移るならば, 踏み込むの, 転ぜねば, 追いやったかと, 連れて, 進むべき使命, 運ばれ去つた, 飛躍でも

▼ 世界~ (23, 0.1%)

7 秩序の 3 記録を 2 記録, 記録と 1 地理學, 秩序形成の, 記録その, 記録だ, 記録という, 記録には, 記録の, 記録宗という, 記録病という

▼ 世界統一~ (22, 0.1%)

2 のため, の指導原理

1 [18件] が実現, である, に単独, の可能性, の如き, の序曲, の政策, の時代, の時期, の条件, の業, の第, の霊力, までは約, よりも永く, を企図, を意味, 即ち八紘一宇実現

▼ 世界からの~ (20, 0.1%)

2 ように

1 [18件] かすかなおとずれ, この代表者達, ご機嫌伺い, とりなし, スパイに, 不思議な, 使者だ, 刺戟に, 意外な, 愛を, 救済こそ, 方が, 発生である, 見舞者は, 贈物な, 遺伝で, 音信に, 音楽の

▼ 世界といふ~ (20, 0.1%)

4 ものが 3 ものは 2 ものを

1 [11件] ことが, ところを, のは, のを, もの, ものの, 制約と, 大きなスタンド, 意義も, 狭い世界, 雑誌が

▼ 世界一周~ (20, 0.1%)

1 [20件] いたしましたる時, から帰村, が始まった, でございます, によって得られた, に成功, のとき, の旅, の早, の目的, の航海, の途次, の順路, も一緒, をし, をする, をやった, を企て, を試みよう, を読み出す

▼ 世界万国~ (20, 0.1%)

1 [20件] いずこ, といえる, と共に神, と対立, に向かっ, に対して将軍, に対して汚名, に対し妬, に対する文明世界中, に放つ, に示されん, の人々, の国旗, の地名, の敬礼推尊, の為, の都会中, の風土道案内, を敵, 皆其国

▼ 世界史的使命~ (20, 0.1%)

3 を自, を自覚 2 の自, の自覚, を以て一つ, を有する, を果す, を遂行 1 を奪, を奪われ

▼ 世界的世界~ (20, 0.1%)

6 を構成 2 となる, に於, に構成, に結合, の建築者, を形成 1 と云, と云う

▼ 世界聯邦論~ (20, 0.1%)

4 の根柢 2 がこの, だの共産主義, でも何, ということ, の一つ, は人間, へ構想, を唱え

▼ 世界記録~ (20, 0.1%)

2 をつくった, を破っ, を破る

1 [14件] が出た, で二十分以上, というつかみ, というもの, とスパイク, にまた, に未だ, に達した, はターザン氏, は私以外, をアナウンス, を一つ, を目指し, を破った

▼ 世界以外~ (19, 0.1%)

2

1 [17件] で立身出世, にありうる, にちよ, には物質, に人生, に住む, に捜し, に求むるにあらずんば, に消え失せ, に満, に遺言, の世界, の何もの, の処, の少し, の数, を見る

▼ 世界空間~ (19, 0.1%)

2 は自然, は自然科学的世界

1 [15件] が恰も, が最も, こそ物理的空間, として検証, と呼ぶ, と自然科学的世界, においてはたかが, によって, によって保証, に於ける, の形式, は又, は直観空間, は自然科学, は自然科学的世界形象

▼ 世界であっ~ (18, 0.1%)

2 てその

1 [16件] てそう, てそこ, てそこで, てまだ, てもう, てわれ, てわれわれ普通, て多く, て幻想, て後者, て従って, て文化的, て景色, て暗澹, て歴史的, て永久

▼ 世界です~ (18, 0.1%)

42

1 [12件] か, からもし, からやはり, から平面, から彼岸, が, けれども人気, な, なそれ, ね人, の, ものね

▼ 世界より~ (18, 0.1%)

1 [18件] する自然的生, もつともつと立派, 一段高い, 大きく見える, 実世界, 巨人ヴァルカンの, 悪の, 愛せられまた, 我を, 救ひ出し, 来し人, 狹からむ, 狹き, 籠絡せらるる, 美しい事, 見ゆる北斗七星, 通信を, 遙かに

▼ 世界的世界形成~ (18, 0.1%)

12 の原理 2 と云, と云う, には民族

▼ 世界市場~ (17, 0.1%)

2 の争奪

1 [15件] で自分, で資本家, に綿糸, に編入, のため, の完成, の搾取, の極東端, の發現以後, は商業, への日本開放, へ最も, を建設, を形成, を攪乱

▼ 世界そのもの~ (16, 0.1%)

1 [16件] から解釋, がすでに, がそう, が一つ, が一定, とこの, として, と世界像, のよう, のパテーティッシュ, の問題, の性格, の論理, を考へる, を腐らせよう, を見る

▼ 世界なる~ (16, 0.1%)

3 ものは 2 ことを

1 [11件] かな, がごとく, が如し, に男女, ものには, ものを, 六趣四生の, 内容も, 別乾坤, 現代に, 秘境に

▼ 世界にのみ~ (15, 0.1%)

2 生きて, 閉ぢ込め

1 [11件] あって, 可能な, 向えば, 存する事象, 存在し, 没頭し, 生きるやう, 生活する, 立派に, 美が, 高い工藝

▼ 世界劇場~ (15, 0.1%)

2 のまわり, の塔, の楽屋口 1 で上演, のお, のなか, のアドバルーン, の大, の屋根, の建物, の正面玄関, の見物席

▼ 世界唯一~ (15, 0.1%)

2 のもの, の衛生

1 [11件] のプロレタリアート, の一大奇湖, の優強國, の名物, の国民, の壮観, の天文望遠鏡, の奔馬性癩患, の浄土, の真理宗教, の繁栄国

▼ 世界大戦後~ (15, 0.1%)

1 [15件] からのマルクス主義, から満州事変, から現在, に勃興, に発生, のヨーロッパ, の二十五年間, の各国, の大, の好景気, の新, の新た, の社会思想, の精神, の財政

▼ 世界情勢~ (15, 0.1%)

1 [15件] という言葉, などとは全然, についての判断, についての観測, につれ, に就い, のよう, の下, の中, の動き, の必然, の特徴, の高速度的推移, は三転, への無

▼ 世界からは~ (14, 0.1%)

1 [14件] うかがいしるこ, どうしても探り出す, まったく隔絶, 今にも, 実践的当為の, 屡々来る, 忘れられ文明, 文字通りに, 次第に離れ, 決して生れない, 遠いもの, 遠ざかりゆくであろうが, 遠のくの, 離れた

▼ 世界だけ~ (14, 0.1%)

4 では 21 だった, である, です, でない人間界, でなくあらゆる, でなりと, で頼り, なでまわして

▼ 世界~ (14, 0.1%)

3 やない 2 うの, ゆうで 1 ゆうが, ゆうにひとり, ゆうにひろ, ゆうにひろめよう, ゆうにオクサーナ, ゆうに又, ゆうに知れ渡

▼ 世界とが~ (14, 0.1%)

1 [14件] あまりに調子, いかなる趣き, かくて, それの, どういうふう, 交感する, 倦怠の, 始まり彼, 対立する, 年齢を, 彼女を, 欠き難い, 結合する, 開けた

▼ 世界形成主義~ (14, 0.1%)

2 と云, と云う, には家族主義, に基礎, に於 1 とは我国家, とは我國家, と国際連盟主義, と國際聯盟主義

▼ 世界的世界形成主義~ (14, 0.1%)

2 と云, と云う, には家族主義, に基礎, に於 1 とは我国家, とは我國家, と国際連盟主義, と國際聯盟主義

▼ 世界的水準~ (14, 0.1%)

2 に迫る

1 [12件] からそんなに, から云っ, にこの, にまで発達, にまで眼, にまで追いついた, に従っ, に追いつい, に達するであらう, をそなえ, を明瞭, を目ざし

▼ 世界精神~ (14, 0.1%)

1 [14件] こそ日本, として, とによる世界主義, とを日本, と自治精神, につよい, に宇宙理性, に結びつい, の伝記, の形, の温床, の潮流, の領地, は外交的儀礼

▼ 世界とを~ (13, 0.1%)

2 区別し

1 [11件] おもち, むすびつけること, 一色に, 區別した, 実践的に, 更に真, 比較し, 混同し, 真に和解, 繋ぐ血肉的, 超越し

▼ 世界にでも~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるよう, いっそ口髭, はいって, はいらなけりゃ生活, はいり込むよう, ふみ込んでるよう, 与太者の, 住んで, 向ける外仕方, 心を, 来たかの, 生きて, 行かなかつたら

▼ 世界へは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いつた心靈, ひつて, ひるとも, もどれないであろう, 今の, 出られない身の上, 反映されなかった, 帰るまい, 御免です, 案内し, 漠然とした, 行くまい, 行けません

▼ 世界よりも~ (13, 0.1%)

2 もつと

1 [11件] あの世の, こういう白昼夢, もっとほんとう, もっと高級, モット物すごい, 一層現実, 二十年過去に, 大きく山, 数歩前進し, 美しいやう, 隠れた現実

▼ 世界一流~ (13, 0.1%)

2 の大

1 [11件] の域, の学者, の学者たち, の文学, の楽人, の潜水夫, の物理学者, の製品, の軽, の陸海軍国, の馬術

▼ 世界一般~ (13, 0.1%)

1 [13件] がある, に使用, に廣, に詮索, の利益, の境遇, の思想, の無気力, の芸術, の西洋食器, を恐怖, を表現, を通じてもそれ

▼ 世界文学社~ (13, 0.1%)

2 の方

1 [11件] ってどこ, できいた, では新しい, で会う, で小田, で落ち合う, の事務所, の島野二三夫, の扉, の若い, はこの

▼ 世界文明~ (13, 0.1%)

1 [13件] に逆行, のため, のシンポハッタツ, の一つ, の中心, の先頭, の圏内, の微光, の本流, の進ん, はこの, は東西, を輸入

▼ 世界漫遊~ (13, 0.1%)

2 の目的, は貴族教育 1 かと聞く, しつづけたろう, でもし, にでかけ, の生きた, の考え, の途, をなさる, を思い立った

▼ 世界すなわち~ (12, 0.1%)

1 [12件] こちらで, 三次元世界に, 博愛的感情と, 娑婆世界のみに, 平民的の, 平面に, 彼岸とは, 未来世界, 本体界に, 真正の, 自然の, 迷える私たち

▼ 世界まで~ (12, 0.1%)

1 [12件] これらの, ちょいと, とびました, もち上げられ, トボトボ歩い, 古臭いやう, 古臭いよう, 尋ねて, 昇りうるであらうか, 深められねば, 行かなければ, 観客の

▼ 世界~ (12, 0.1%)

2 を援助 1 されない生活感情, した分子, した文化そのもの, しつ, しつつ, では, によい, に由っ, は世界, をめざし

▼ 世界即ち~ (12, 0.1%)

2 世界的世界を 1 体に, 作者の, 想像の, 文化の, 浮世又は, 無数に, 無邪気の, 絶対的場所は, 絶対的環境もしくは, 運命の

▼ 世界征服~ (12, 0.1%)

2 を心掛け 1 があまり, と名声, に着手, に関係, の事業, の暴挙, の結社, をした, を企てる, を意味

▼ 世界最古~ (12, 0.1%)

2 の文明國, の法典 1 の人間活動地, の印刷物, の文明国エジプト, の新聞, の木造建築, の法律, の版本, の記録

▼ 世界~ (11, 0.0%)

1 [11件] お伽噺の, さっぱり見当, それとも人間, または睡たげな, 何かの, 分りますか, 星の, 死の, 無恥の, 知らん, 解るだらうよ

▼ 世界だった~ (11, 0.0%)

2 私を 1 かを思い, ことだろう, ことを, とも考えられる, と思いかえし, に相違, のだ, ので, ので事実

▼ 世界最高~ (11, 0.0%)

1 [11件] の学者, の悪魔的文明, の文明, の権威書, の水準, の洗煉, の珍味, の芸術的, の記録, の謀殺率, の通り

▼ 世界有数~ (11, 0.0%)

2 の大学者 1 であると, という実相, な染料工場, のもの, の技術, の権威, の珍, の雪国, の青銅

▼ 世界的視圏~ (11, 0.0%)

3 の成立過程 1 における近世初頭, の獲得, をおのれ, を与え, を初めて, を十分, を獲得, を開く

▼ 世界~ (11, 0.0%)

2 と孤島苦 1 というの, とも名づけた, につつまれ, の根, の気欝, の痛切, を感じず, を打っ, を絶えず

▼ 世界であった~ (10, 0.0%)

2 ものが 1 かもしれません, こと, というの, とする, とてすこしも, にし, のかも, のである

▼ 世界とか~ (10, 0.0%)

2 フランスに 1 あるいは新緑, 人類とか, 何, 名は, 哲学の, 地下の, 時代とか, 現実とか

▼ 世界によって~ (10, 0.0%)

1 古人の, 存在し, 性格づけられ, 承認せられなけれ, 特徴づけられ, 直に中世, 科学が, 簡単に, 課せられた義務, 飽くまで監視

▼ 世界をも~ (10, 0.0%)

1 いっしょに, でんぐりかえした, 亦事実人々, 包容し, 忘れたり, 恋故に, 描写する, 現実化する, 経た, 自分自身をも

▼ 世界~ (10, 0.0%)

2 體が, 體に 1 国民の, 體から, 體と, 體との, 體の, 體または

▼ 世界広し~ (10, 0.0%)

8 といえ 1 といへ, と雖

▼ 世界形象~ (10, 0.0%)

1 から抽象的, が如何なる, によるの, に移る, の制約, の成り立つ, の方法, の統一, の考察, を表わす

▼ 世界経済~ (10, 0.0%)

1 におけるアジア, についてよく, について全く, に影響, に於ける, の上, の世界, の波, の鍵, を古今未曾有

▼ 世界だけが~ (9, 0.0%)

1 あるもし, ほんもの, 一番美しい, 一箇の, 堪らなかつたの, 持つて, 文芸批評にとっての, 甘く清らか, 真実であり

▼ 世界とも~ (9, 0.0%)

1 いうべきアマゾン河流地方, いえるの, いったの, なり得るし, 云うべきこの, 思わず睡眠, 思われる世界, 時にある, 見なして

▼ 世界なれ~ (9, 0.0%)

4 ば也 1 どもその, ばこそだ, ば同日, ば早く, ば汝珠運能

▼ 世界について~ (9, 0.0%)

1 いろいろの, わかって, 一般に, 全体の, 夢を, 想像できない, 深く思慮, 特殊の, 考察する

▼ 世界についての~ (9, 0.0%)

1 全体的な, 新しい知識, 直観即ち, 真理の, 真理は, 真理も, 真知へ, 知識を, 芸術的

▼ 世界史上~ (9, 0.0%)

1 に於ける, の大, の奇蹟, の最も, の第, より觀, 初めてその, 始めて, 未曽有

▼ 世界~ (9, 0.0%)

2 北の, 富国の, 美の 1 精の, 精鋭の, 高級の

▼ 世界自身~ (9, 0.0%)

2 を形成 1 がいま, が全然, に於, の内, の客観的関係, の表現, を証明

▼ 世界それ自身~ (8, 0.0%)

1 が一つ, が今や, が他, が内部的, が勝手, ではなかっ, に又, を取り扱う

▼ 世界でない~ (8, 0.0%)

2 世界の 1 か, と否定, と誰, やうに, 事を, 所へ

▼ 世界においての~ (8, 0.0%)

1 ことで, ポイエシスによって, 個物としてという, 個物は, 出来事である, 歴史的形成作用として, 論理的意識発生の, 貴族である

▼ 世界にとって~ (8, 0.0%)

1 まことの, 如何に, 極めて多事多難, 独特な, 画布は, 紙は, 舞台の, 重要な

▼ 世界ばかり~ (8, 0.0%)

1 だ, でなくお互い, でなく更に, でなく潜在意識, でなく純, でなく純粋, では, 覗きたがるこれら

▼ 世界~ (8, 0.0%)

2 お前は 1 さようなら, さようならと, よきつくり主, 他意なき, 暫くヂッ, 熟議熟議に

▼ 世界乃至~ (8, 0.0%)

2 それの 1 は永遠的世界, 世界の, 内的運命との, 外国の, 外的運命と, 宇宙も

▼ 世界人民~ (8, 0.0%)

1 が互に, としての連帯感, の実行, の平和, の歴史, の生活破壊者, の祭日, の間

▼ 世界創造~ (8, 0.0%)

1 および大, が妄想, このかた, に当っ, の思想, の時, の闘争綱領, を説かず

▼ 世界帝国~ (8, 0.0%)

2 の理念 1 となった, の中, の内部, の基, の遺産, はそれ

▼ 世界形像~ (8, 0.0%)

1 から或, から時間表象, が仮定, とは考えられない, と呼ぶ, はなお, はなる, は実は

▼ 世界文学史~ (8, 0.0%)

3 の上 1 に於ける, に現れた, のうえ, のなか, を一貫

▼ 世界生活~ (8, 0.0%)

1 という中, とが相, に害, のいずれ, の平和, の真に, も摂取, を建設

▼ 世界観的~ (8, 0.0%)

2 な意志 1 な, なもの, な原理, な意味, な統一, な要するに

▼ 世界こそ~ (7, 0.0%)

1 君に, 吾が, 日本の, 町人の, 私に, 私の, 途方も

▼ 世界でなく~ (7, 0.0%)

1 ては考え得られず, てもよかっ, て我日本, て猫, ば深い, 一種の, 却っていわゆる

▼ 世界なら~ (7, 0.0%)

1 いつの, ばまだ, ばまだきっと, ポーデル博士に, 二円五十銭の, 何と, 第一お前様

▼ 世界に関する~ (7, 0.0%)

1 事ばかり, 人間の, 常識経験内容とは, 知識は, 知識を, 科学又は, 限り一寸

▼ 世界をば~ (7, 0.0%)

1 この岸, ひかりの, わがすでに, イアーノの, 世界そのものとして, 科学文明は, 自然界と

▼ 世界到る~ (7, 0.0%)

2 ところ, ところに 1 ところで, ところの, 処の

▼ 世界地圖~ (7, 0.0%)

1 にはすべてヂパング, には新大陸, には見る, の一つ, やらアイノ, を見, を開かれたなら

▼ 世界改造~ (7, 0.0%)

2 の偉業 1 が実現, という事, と自由独立, の大きな, の新

▼ 世界的協同~ (7, 0.0%)

1 が必要, が成立, さえ主として, であると, と共に必要, の中, を主張

▼ 世界的場~ (7, 0.0%)

2 で通用 1 では通用, に出抜けなけれ, に通用, の最低水準, の高

▼ 世界秩序~ (7, 0.0%)

1 としての結合, と相, にされ, に基い, のもの, の建設, の本態

▼ 世界経済恐慌~ (7, 0.0%)

1 が例外, との内国的関係, につれて高揚, によって起る, の発展, の行き詰り, の襲撃

▼ 世界計画~ (7, 0.0%)

1 が如何, などにはなく, に始まる, の実現, の展開, の観念, は実現

▼ 世界資本主義~ (7, 0.0%)

1 との対立, に対する共産主義, に対抗, の再, の新しい, の波, の第

▼ 世界ある~ (6, 0.0%)

2 ことを 1 がま, のみである, のみ而, を見

▼ 世界これ~ (6, 0.0%)

1 がお茶, がヘルン, が地獄, が現代, なり, を聞い

▼ 世界その~ (6, 0.0%)

1 世界には, 中では, 又ズット以前, 又以前, 空想で, 第二

▼ 世界それ~ (6, 0.0%)

1 だのに, にもまして, は或, を小生, を眼, を示現

▼ 世界って~ (6, 0.0%)

1 ことに, ずいぶん広い, なんの, 何な, 殺風景だ, 言うの

▼ 世界にだけ~ (6, 0.0%)

1 くり返された問答, とじこもって, 住みたいという, 喜ばれる常套語, 彼は, 注がれたで

▼ 世界へでも~ (6, 0.0%)

1 はいったよう, 入った様, 入って, 出かけて, 来たやう, 踏み込むよう

▼ 世界ファシズム~ (6, 0.0%)

3 に反対 1 がふたたび, と戦争挑発, の発生

▼ 世界プロレタリアート~ (6, 0.0%)

1 にとっての記念日, の共通, の祝日, の立場, の起ち, の革命的高揚

▼ 世界一切~ (6, 0.0%)

1 である, のもの, の存在, の物の本體, の菩薩, の諸仏

▼ 世界~ (6, 0.0%)

2 日本 1 公法トハ幕府之, 公法ニより, 大英雄, 数例を

▼ 世界交響楽~ (6, 0.0%)

3 はいよいよはっきり 2 だわ 1 のやう

▼ 世界列強~ (6, 0.0%)

2 の一 1 が日本, と互角, の重大問題, はいずれ

▼ 世界古今~ (6, 0.0%)

1 に其例, の例, の実際, の歴史, を通じての大, 正しく同

▼ 世界史的立場~ (6, 0.0%)

1 から物, である, であるが, でなければ, となり, となる

▼ 世界名盤集~ (6, 0.0%)

1 にある, には同じく, にギーゼキングの, にワルター, に入っ, 第三集

▼ 世界周航~ (6, 0.0%)

1 が世間, である, の中, の企て, の際, はスペイン国

▼ 世界学界~ (6, 0.0%)

1 に解けざる, に貢献, のため, の注視, の珍重, は大

▼ 世界戰爭~ (6, 0.0%)

1 による我國經濟界, のあと, の原因, の問題, の影響, の爲

▼ 世界~ (6, 0.0%)

2 産婦人デーの, 産婦人デー万歳 1 産婦人デーである, 産婦人デーへの

▼ 世界無二~ (6, 0.0%)

1 である, の大, の大河, の有難い, の海國, の至寶

▼ 世界理念~ (6, 0.0%)

2 に過ぎない, の外, の思想

▼ 世界的名声~ (6, 0.0%)

1 というもの, にあやまられた, のある, はまもなく, を博し, を有する

▼ 世界的意義~ (6, 0.0%)

4 をもつ 1 においては旅順, を持ちだした

▼ 世界的権威~ (6, 0.0%)

1 である, として大手, となり, と目, にし, は

▼ 世界的空間~ (6, 0.0%)

4 に於 1 に入, に入った

▼ 世界直観~ (6, 0.0%)

1 が所謂, だという, ではなく, と云う, に即ち, 即ち世界観

▼ 世界科学~ (6, 0.0%)

1 に伍, のため, のもつ, の学問性, の対象界, を論ずる

▼ 世界裁判長~ (6, 0.0%)

1 だぞ, になっ, になった, に一寸, のお, の官邸

▼ 世界観そのもの~ (6, 0.0%)

1 が実は, が小説, が歪曲, すらそのまま, の名, を決める

▼ 世界からも~ (5, 0.0%)

1 客を, 絶えず紙礫, 起って, 迸って, 追払わねば

▼ 世界じゃ~ (5, 0.0%)

1 ないか, ないから, ないでしょうか, なくそれ, 家柄が

▼ 世界そして~ (5, 0.0%)

1 ある表情, その第, その芸術, 声朗らかにの, 東洋における

▼ 世界たる~ (5, 0.0%)

1 に止まった, に止まつた, に過ぎない, を免れない, を覚え

▼ 世界としての~ (5, 0.0%)

3 自然 1 現実の, 自然この

▼ 世界とに~ (5, 0.0%)

1 またがる者, 共通である, 区別した, 告げて, 差し出したの

▼ 世界なり~ (5, 0.0%)

1 その中, など, 實の, 科学や, 虚の

▼ 世界にて~ (5, 0.0%)

1 作家に, 叶ふも, 我等の, 故人相, 警察の

▼ 世界にばかり~ (5, 0.0%)

2 注がれて 1 ゐた世間, 棲み得る娘, 目覚めて

▼ 世界のみ~ (5, 0.0%)

1 だった, でございまして, でなく, では, ならず人間

▼ 世界ほど~ (5, 0.0%)

1 この世で, よいところ, 不可思議な, 氣らくな, 深刻で

▼ 世界万物~ (5, 0.0%)

1 のあらゆる, の本体, はその, はみなわれわれ, は何時

▼ 世界交通~ (5, 0.0%)

1 の利益, の大, の活発, の道, の重心

▼ 世界及び~ (5, 0.0%)

1 すべて他人の, 人生の, 国家の, 日本の, 道徳の

▼ 世界史的規模~ (5, 0.0%)

1 で感覚, で新た, において証明, において證明, をその

▼ 世界周遊~ (5, 0.0%)

1 の目的, の遊覧船, の順路, は前後三回, 再見

▼ 世界始まっ~ (5, 0.0%)

3 て以来 1 て以来最初, て以来男性

▼ 世界屈指~ (5, 0.0%)

1 であった, のもの, の大, の生産品, の美術博物館

▼ 世界平和大会~ (5, 0.0%)

1 が, には七十九ヵ国, はここ, へ日本, やアジア婦人大会

▼ 世界思潮~ (5, 0.0%)

1 のより, の急激, の波, は歴史的, を知る

▼ 世界恐慌~ (5, 0.0%)

1 からのぬけ, が停止, が如何, が日本, の時

▼ 世界文學~ (5, 0.0%)

1 に伍, に於ける, の中印度, の最, の最高峰

▼ 世界文藝~ (5, 0.0%)

2 大辭典 1 が近代, の現象, 大辭典編輯

▼ 世界最悪~ (5, 0.0%)

2 の旅, の魔海 1 のコンディション

▼ 世界有數~ (5, 0.0%)

1 といふ實相, の喧嘩好き, の大, の蟹捕獲場, の製鐵所

▼ 世界民主婦人連盟~ (5, 0.0%)

1 がある, について知っ, の第, は七千万, は八千万

▼ 世界滅却~ (5, 0.0%)

4 の日 1 の予感

▼ 世界的レベル~ (5, 0.0%)

3 をあらわす 1 からおくれ, の絵画

▼ 世界的価値~ (5, 0.0%)

2 を主張 1 は吾, を持つ, を逸する

▼ 世界的立場~ (5, 0.0%)

2 は世界史的立場 1 はもとより, は主体, を意味

▼ 世界的規模~ (5, 0.0%)

1 で考えられる, において生じた, にまで高めなけれ, に於, をもつた

▼ 世界知識~ (5, 0.0%)

1 に相応, の世界, の名, の提供, 又は世界認識

▼ 世界~ (5, 0.0%)

1 の上, の交互関係, の方程式, の関係, は速度

▼ 世界連合~ (5, 0.0%)

3 の臨時緊急会議 1 としてはこれ, の会議

▼ 世界開闢~ (5, 0.0%)

1 のとき, の前, の当時, の昔, の歴史

▼ 世界革命~ (5, 0.0%)

1 がおこらない, がひき起こされた, の希望, はブルガーコフ, はヴォルガ沿岸地方

▼ 世界あるいは~ (4, 0.0%)

1 僕らの, 少なくともその, 空間とも, 精神世界という

▼ 世界いずれ~ (4, 0.0%)

2 の国 1 かの百貨店, の人種

▼ 世界でしか~ (4, 0.0%)

2 ない 1 実現し得ない, 見出すこと

▼ 世界と共に~ (4, 0.0%)

1 うたわなければ, 仕合せを, 存在し, 進歩する

▼ 世界など~ (4, 0.0%)

1 だったら個人的, 在ると, 描きたくは, 無間地獄の

▼ 世界なんて~ (4, 0.0%)

1 こっちから, すぐ突き, どこにも, どんな形

▼ 世界にたいして~ (4, 0.0%)

1 おこなった, その利己主義, 私をも, 閉ざされて

▼ 世界については~ (4, 0.0%)

1 このこと, まったく無知, 何にも, 単に意見

▼ 世界にとっては~ (4, 0.0%)

1 あまりにも, 大なる, 宿の, 自分以外の

▼ 世界へも~ (4, 0.0%)

1 ご案内, 一次元世界へも, 行きました, 面かげを

▼ 世界までも~ (4, 0.0%)

1 お言いだし, 私には, 蝕み喰い尽そうと, 飛躍する

▼ 世界~ (4, 0.0%)

1 平和ハ必ス世界, 平和ヲ, 平和ヲ期ス, 批評ニ對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改過

▼ 世界~ (4, 0.0%)

1 充顛スル非情ノ, 展開セシメタル三大, 照ス時往年ノ, 講究スルノ学ナリ

▼ 世界一周飛行~ (4, 0.0%)

1 の途, の途中, へ出よう, を敢行

▼ 世界一統~ (4, 0.0%)

1 が彼, に差しさわり, の睦まじき, もまた

▼ 世界列国~ (4, 0.0%)

1 いや全, の競争場裡, の間, はいまや

▼ 世界制覇~ (4, 0.0%)

1 の欲望, を志した, を激励, を高唱

▼ 世界単一国家~ (4, 0.0%)

1 そして各, となり, と家, の理想

▼ 世界史的課題~ (4, 0.0%)

2 の解決 1 であるの, にあり

▼ 世界商業~ (4, 0.0%)

1 および交通, に文明, のうえ, の中心

▼ 世界図式~ (4, 0.0%)

1 と呼ぶ, の力説, の方, は依然として

▼ 世界地理~ (4, 0.0%)

1 などを観察叙述, に關, を歌, を習つた

▼ 世界宗教~ (4, 0.0%)

1 の経典, の頓挫, は自分, をとり入れた

▼ 世界形成的~ (4, 0.0%)

2 として道徳 1 なるかぎり国家, なるかぎり國家

▼ 世界政府~ (4, 0.0%)

1 が樹立, の様, の樹立, を樹立

▼ 世界普通~ (4, 0.0%)

1 で何處, の世界, の定法, の状態

▼ 世界最終戦争~ (4, 0.0%)

1 が王, であり真, に対する準備, を目標

▼ 世界未曾有~ (4, 0.0%)

2 の戯曲時代 1 の大乱, ノ大

▼ 世界正義~ (4, 0.0%)

1 の世界, の名, の発動, の道

▼ 世界浪人論~ (4, 0.0%)

2 によれ, は終戦後

▼ 世界無類~ (4, 0.0%)

1 であると, の国体, の忠良, の智犬

▼ 世界独特~ (4, 0.0%)

1 な高揚, の剣戟殺人, の方法, の組織

▼ 世界的世界形成的~ (4, 0.0%)

2 として道徳 1 なるかぎり国家, なるかぎり國家

▼ 世界的作家~ (4, 0.0%)

2 であった 1 に母国語, の制作的生涯

▼ 世界的使命~ (4, 0.0%)

1 たる平和, を自, を自覚, ヲ全

▼ 世界的文化~ (4, 0.0%)

1 と詩情, にもそれぞれ民族的特色, の大, の母胎

▼ 世界的文明~ (4, 0.0%)

1 の触接, は偏局的文明, は我が国, は陸

▼ 世界的結合~ (4, 0.0%)

3 の要求 1 を即時

▼ 世界的進出~ (4, 0.0%)

1 ではない, は日本, を意味, を考え

▼ 世界~ (4, 0.0%)

3 の形而上学的原理 1 の夫

▼ 世界至る~ (4, 0.0%)

1 ところに, ところますます, ところ雷の, 所に

▼ 世界見る~ (4, 0.0%)

3 やうな 1 ような

▼ 世界観的統一~ (4, 0.0%)

1 と云った, によって各々, をも与えない, を哲学

▼ 世界認識~ (4, 0.0%)

1 に相応, の一種, の問題, へ社会

▼ 世界過程~ (4, 0.0%)

2 の如何なる 1 とにいかに, の未来

▼ 世界~ (4, 0.0%)

1 というの, のほう, の開館, へ出る

▼ 世界骸骨化本部~ (4, 0.0%)

1 から特派, がターネフ首領たち, の大, へ問いあわせた

▼ 世界および~ (3, 0.0%)

1 その対象, それの, 世界市場の

▼ 世界かも~ (3, 0.0%)

1 しれない, 知れない, 知れません

▼ 世界からでも~ (3, 0.0%)

1 やって来たまったく, 吹いて, 来た男

▼ 世界この~ (3, 0.0%)

1 あたりは, 中の, 物質を

▼ 世界~ (3, 0.0%)

1 ゅうにこんなゆめみたいなものないでしょう, ゅうになくってもいいってどういうんだい, ゅうふたりとないうつくしいひとだ

▼ 世界ぜんたい~ (3, 0.0%)

1 から見る, とあたらしい, もうどうしても

▼ 世界だけに~ (3, 0.0%)

1 なるよう, 三郎は, 人間が

▼ 世界だけの~ (3, 0.0%)

1 ことでない, 約束という, 話だ

▼ 世界だつた~ (3, 0.0%)

1 がその, が僕, やうな

▼ 世界ぢゆう~ (3, 0.0%)

1 の女, の小説, の文学者

▼ 世界つまり~ (3, 0.0%)

1 個性と, 彼の, 立体の

▼ 世界であれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ば数字的, ば生れ

▼ 世界であろう~ (3, 0.0%)

1 かと思いやった, が然し, とぼんやり

▼ 世界でございます~ (3, 0.0%)

1 から, からな, ことは

▼ 世界とかいう~ (3, 0.0%)

1 ところへ, ものとの, ような

▼ 世界としては~ (3, 0.0%)

1 史的唯物論, 眼に, 自然弁証法

▼ 世界などに~ (3, 0.0%)

1 寄稿すれ, 於いては, 踏みこんで

▼ 世界においてのみ~ (3, 0.0%)

1 かかる概念的知識, 味い得る, 爾いう

▼ 世界にこそ~ (3, 0.0%)

1 あるもの, ユートピアは, 宗教が

▼ 世界にたいする~ (3, 0.0%)

1 傲慢な, 楽しい想念, 約束である

▼ 世界にと~ (3, 0.0%)

1 つては, 散らばって, 次から

▼ 世界に対し~ (3, 0.0%)

1 どれだけの, 全ての, 闇黒なる

▼ 世界のみに~ (3, 0.0%)

1 見られる特異, 限ること, 限るの

▼ 世界ばかりに~ (3, 0.0%)

1 すぎないの, なったよう, 見られたの

▼ 世界また~ (3, 0.0%)

1 そのあと, 一都会の, 軽んず可

▼ 世界までが~ (3, 0.0%)

1 こうなる, 想像され, 眼前に

▼ 世界もしくは~ (3, 0.0%)

2 自己に 1 世界の

▼ 世界をのみ~ (3, 0.0%)

1 うたひつづけた, 掘り下げつづけた情熱, 考へつ

▼ 世界を以て~ (3, 0.0%)

1 家と, 現実の, 甘心自足すべき

▼ 世界を通じての~ (3, 0.0%)

1 原稿を, 王者である, 真理追求に

▼ 世界ピオニェール大会~ (3, 0.0%)

1 がひらかれる, のこと, は記念

▼ 世界一番~ (3, 0.0%)

1 だと, なんてそれ, の堅ゾウ

▼ 世界万有~ (3, 0.0%)

1 のなん, の中, の本源

▼ 世界万邦~ (3, 0.0%)

1 に向かっ, の思想, の艶

▼ 世界事情~ (3, 0.0%)

1 が将, の裡, は知られなかった

▼ 世界何れ~ (3, 0.0%)

2 の國 1 からも日本

▼ 世界動乱~ (3, 0.0%)

1 の気先観むとす, の渦, の萌し

▼ 世界博覧会~ (3, 0.0%)

1 が米国, の万国学芸大会, へ行く

▼ 世界印刷術中興~ (3, 0.0%)

3 の祖

▼ 世界史最大~ (3, 0.0%)

3 の課題

▼ 世界各国人~ (3, 0.0%)

1 の優秀, の各, の必要

▼ 世界各国語~ (3, 0.0%)

1 にも翻訳, による交通, に訳され

▼ 世界国尽し~ (3, 0.0%)

1 とかその他文部省出版, の如き, を読ん

▼ 世界大戦直後~ (3, 0.0%)

1 から日本, に日本, の数年間

▼ 世界宇宙~ (3, 0.0%)

1 という事, の問題, の秘義

▼ 世界巡業~ (3, 0.0%)

1 が私, の旅, を行った

▼ 世界市民~ (3, 0.0%)

1 としてのこれから, の観念, の頭脳

▼ 世界平和運動~ (3, 0.0%)

1 というスケール, についての文章, の根拠地

▼ 世界性格~ (3, 0.0%)

1 と称する, において開いた, は顕わ

▼ 世界意識~ (3, 0.0%)

1 ではなくなっ, に伸展, は云う

▼ 世界~ (3, 0.0%)

1 が始まります, に日本, の時分

▼ 世界戦争中~ (3, 0.0%)

1 では, に二百五十万, に起こった

▼ 世界支配~ (3, 0.0%)

1 ということ, の達成, への我々

▼ 世界旅行~ (3, 0.0%)

1 に出で立とう, も老後, を終え

▼ 世界日本~ (3, 0.0%)

3

▼ 世界滅亡~ (3, 0.0%)

1 のカタクリズム, の日, への前奏曲

▼ 世界演劇~ (3, 0.0%)

1 の大, の最古, を通じて最も

▼ 世界演劇史~ (3, 0.0%)

1 の一時期, の立場, の造詣

▼ 世界状勢~ (3, 0.0%)

2 は世界 1 であるよう

▼ 世界的名作~ (3, 0.0%)

1 が遺っ, であると, と比肩

▼ 世界的学者~ (3, 0.0%)

1 が日本, が来, だ

▼ 世界的宗教~ (3, 0.0%)

1 となっ, に根, に見られる

▼ 世界的有名~ (3, 0.0%)

1 な国際会議, な宗教戦, になった

▼ 世界的現象~ (3, 0.0%)

2 の一つ 1 としてあり得る

▼ 世界的類型~ (3, 0.0%)

1 に入るべき, の基礎, を含ん

▼ 世界美術全集~ (3, 0.0%)

1 などを見, に入れ, の

▼ 世界萬國~ (3, 0.0%)

1 え被爲對, の圖, の海軍社會

▼ 世界観上~ (3, 0.0%)

1 に於ける, の体系, の統一

▼ 世界観人生観~ (3, 0.0%)

1 がどう, だから, であるという

▼ 世界~ (3, 0.0%)

1 でありさえ, といふ謂, の称

▼ 世界通用語~ (3, 0.0%)

2 の必要 1 になりつ

▼ 世界連合会議~ (3, 0.0%)

1 の, は具体的, への

▼ 世界進出~ (3, 0.0%)

1 こそが匡救, の尖端, を直系

▼ 世界進歩~ (3, 0.0%)

1 に偉業, の妨害, の為め

▼ 世界革命文学~ (3, 0.0%)

1 の理論, の第, の選集

▼ 世界風邪~ (3, 0.0%)

1 が何れ, が感染, と決定

▼ 世界いたる~ (2, 0.0%)

2 ところに

▼ 世界かかる~ (2, 0.0%)

1 ものに, 世界が

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 う言, へ悉く

▼ 世界すべて~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を捨てる

▼ 世界そこ~ (2, 0.0%)

1 には生, に存する

▼ 世界その他~ (2, 0.0%)

1 のこと, をひらい

▼ 世界それから~ (2, 0.0%)

1 もう一つ, 舊早稻田文學藝苑新

▼ 世界だけは~ (2, 0.0%)

1 微動も, 拡がるだろうが

▼ 世界だけを~ (2, 0.0%)

1 知って, 私は

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 のへ, ふカフェー

▼ 世界であったろう~ (2, 0.0%)

1 か, かそれ

▼ 世界でござる~ (2, 0.0%)

1 仏道の, 日本国も

▼ 世界でさえ~ (2, 0.0%)

2 暮らされるところ

▼ 世界でだけ~ (2, 0.0%)

1 一寸法師で, 完全に

▼ 世界でのみ~ (2, 0.0%)

1 あると, 始めて頷かれる

▼ 世界とい~ (2, 0.0%)

1 へるかも, へるやう

▼ 世界といつて~ (2, 0.0%)

1 もいい, もよい

▼ 世界としても~ (2, 0.0%)

1 そこに, 理解出来る

▼ 世界とでは~ (2, 0.0%)

1 ちがったものの, 別な

▼ 世界とともに~ (2, 0.0%)

1 平和を, 民主国と

▼ 世界どこ~ (2, 0.0%)

1 の土地, へ行っ

▼ 世界なぞ~ (2, 0.0%)

1 よりも夫婦, 立派に

▼ 世界などが~ (2, 0.0%)

1 生まれて, 積み重ねて

▼ 世界ならざる~ (2, 0.0%)

1 世界を, 空想の

▼ 世界なりと~ (2, 0.0%)

1 いうを, する信仰

▼ 世界にかの~ (2, 0.0%)

1 女を, 闇黒なる

▼ 世界にだって~ (2, 0.0%)

1 流行という, 面白い逸話

▼ 世界についても~ (2, 0.0%)

1 云へる, 豊かな

▼ 世界にては~ (2, 0.0%)

1 人の, 東に

▼ 世界にまでも~ (2, 0.0%)

1 向けられて, 資本主義の

▼ 世界に対しても~ (2, 0.0%)

1 自分は, 身も

▼ 世界に対してよりも~ (2, 0.0%)

2 自分に対して

▼ 世界のみが~ (2, 0.0%)

1 初めて独立性, 自分の

▼ 世界ばかりを~ (2, 0.0%)

1 うろうろと, 花客先に

▼ 世界へで~ (2, 0.0%)

1 たがって, もとんで

▼ 世界みたい~ (2, 0.0%)

1 だ, です

▼ 世界キリスト教青年大会~ (2, 0.0%)

1 というよう, と対立

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 現ワレ, 跨ル

▼ 世界ニュース~ (2, 0.0%)

1 の聴取, の集積地

▼ 世界ブルジョア~ (2, 0.0%)

1 の, の過渡的協力

▼ 世界ペン大会~ (2, 0.0%)

1 とのためヨーロッパ, に出席

▼ 世界レコード~ (2, 0.0%)

1 に至っ, の表

▼ 世界一つ~ (2, 0.0%)

1 にある, の観念

▼ 世界一周唱歌~ (2, 0.0%)

2 で花

▼ 世界一周旅行~ (2, 0.0%)

1 にでも上りうる, の途

▼ 世界一家的~ (2, 0.0%)

1 な大, な社会

▼ 世界万国有史以来~ (2, 0.0%)

2 の厳密

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 大強国, 大睦

▼ 世界三界~ (2, 0.0%)

1 さがしても, を歴程

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 の人類, の美女

▼ 世界並びに~ (2, 0.0%)

1 科学自身に, 自然の

▼ 世界二分~ (2, 0.0%)

1 となった, と決戦兵器

▼ 世界二十億~ (2, 0.0%)

1 の人民, の脳髄

▼ 世界交響曲~ (2, 0.0%)

1 と同工異曲, をドヴォルシャーク

▼ 世界交響樂~ (2, 0.0%)

1 だわ, ははつきり地平線

▼ 世界人となり万民国籍~ (2, 0.0%)

2 の区別

▼ 世界人権宣言~ (2, 0.0%)

1 に改めて, 第二周年

▼ 世界人類的~ (2, 0.0%)

1 なるべき愛, の親愛

▼ 世界仏教~ (2, 0.0%)

1 の主人公, の基礎

▼ 世界以上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の世界

▼ 世界会議~ (2, 0.0%)

1 はまだ, をひらいた

▼ 世界何処~ (2, 0.0%)

1 にか最初, にもない

▼ 世界切つて~ (2, 0.0%)

1 のピアノ, の切手道楽

▼ 世界初演~ (2, 0.0%)

1 にライン, をした

▼ 世界劇壇~ (2, 0.0%)

1 の大局, の視聴

▼ 世界労働組合連合~ (2, 0.0%)

1 が数千万, の遠大

▼ 世界労連~ (2, 0.0%)

1 の代表, の会議

▼ 世界十幾億~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 革命の, 革命運動の

▼ 世界史的世界~ (2, 0.0%)

2 即ち世界的世界

▼ 世界史的事実~ (2, 0.0%)

1 である, を速報

▼ 世界史的理由~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 世界史的発達~ (2, 0.0%)

1 の中, の各々

▼ 世界史的見地~ (2, 0.0%)

1 から能う, に叛

▼ 世界各国都鄙~ (2, 0.0%)

2 到るところ

▼ 世界同盟~ (2, 0.0%)

1 をつくり, 成る

▼ 世界困窮~ (2, 0.0%)

1 の数語, 仕候間

▼ 世界図式論~ (2, 0.0%)

1 によって外界, に他

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 ではこれ, は歐洲人

▼ 世界坊一〇~ (2, 0.0%)

1 といふ噺家, は大層

▼ 世界変化~ (2, 0.0%)

1 あり他, の独立変数

▼ 世界外交~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の中心

▼ 世界大戦中~ (2, 0.0%)

1 のこと, の出来事

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 ってこの, って以来今日

▼ 世界~ (2, 0.0%)

2 れの

▼ 世界少年連盟~ (2, 0.0%)

1 が共同, はほんの

▼ 世界工業大会~ (2, 0.0%)

1 で二人, で私

▼ 世界平和擁護大会~ (2, 0.0%)

1 が原子兵器禁止, が開かれた

▼ 世界平和論~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, と五相会議

▼ 世界幾千万~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリア, の勤労大衆

▼ 世界建設同盟会~ (2, 0.0%)

1 の一人, の現状

▼ 世界征覇~ (2, 0.0%)

1 が出来た, だ

▼ 世界思惟~ (2, 0.0%)

1 というもの, との関係

▼ 世界悠久~ (2, 0.0%)

1 の文明, の進運

▼ 世界悲劇~ (2, 0.0%)

1 の痕迹, は終末

▼ 世界憲章~ (2, 0.0%)

1 のたて, の人類的

▼ 世界戦後~ (2, 0.0%)

2 の好況

▼ 世界指折り~ (2, 0.0%)

1 のオペラシンガー, の大

▼ 世界政治~ (2, 0.0%)

1 についてしっかり, 覆えりて

▼ 世界数億~ (2, 0.0%)

1 の人民, の働く

▼ 世界文化史上~ (2, 0.0%)

1 で最も, に求め

▼ 世界文学全集~ (2, 0.0%)

1 が十万以下, 第十一巻

▼ 世界文学叢書~ (2, 0.0%)

1 と岸田, の一冊

▼ 世界最上~ (2, 0.0%)

1 の書, の染物

▼ 世界最後~ (2, 0.0%)

1 の原子野, の決勝戦

▼ 世界最長~ (2, 0.0%)

2 のトンネル

▼ 世界~ (2, 0.0%)

2 曽有の

▼ 世界概念~ (2, 0.0%)

1 にぞくす, によって立つ

▼ 世界構成~ (2, 0.0%)

2 の原理

▼ 世界民衆~ (2, 0.0%)

1 と都市, の大勢

▼ 世界永遠~ (2, 0.0%)

1 に普遍的, の夜

▼ 世界法則的~ (2, 0.0%)

1 でないのに, に

▼ 世界活動~ (2, 0.0%)

1 のため, の中心

▼ 世界浪人~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 世界滅尽~ (2, 0.0%)

1 の大, の日

▼ 世界滋潤~ (2, 0.0%)

2 とか親和

▼ 世界漫遊者~ (2, 0.0%)

1 は二つ, もわたし

▼ 世界犯罪史~ (2, 0.0%)

1 の中, をつうじ

▼ 世界現実~ (2, 0.0%)

1 といふ, の冷めた

▼ 世界理性~ (2, 0.0%)

1 による一般性, の権化

▼ 世界界隈~ (2, 0.0%)

1 の口入屋, を思い浮かべ

▼ 世界的プリマドンナ~ (2, 0.0%)

1 として大騒ぎ, のこの世

▼ 世界的不況~ (2, 0.0%)

1 にある, にすっかり

▼ 世界的傑作~ (2, 0.0%)

1 が日本人, の一つ

▼ 世界的古典~ (2, 0.0%)

1 となっ, はホメーロス

▼ 世界的名手~ (2, 0.0%)

1 さえ交っ, によつて奏

▼ 世界的名著~ (2, 0.0%)

1 である, として重んぜられ

▼ 世界的問題~ (2, 0.0%)

1 となり, となる

▼ 世界的地位~ (2, 0.0%)

1 においてたいへん, の低き

▼ 世界的大勢~ (2, 0.0%)

1 に刺戟, を全国

▼ 世界的常識~ (2, 0.0%)

1 ヲ得, ヲ養成シ

▼ 世界的幸福~ (2, 0.0%)

1 である, を企てる

▼ 世界的意味~ (2, 0.0%)

1 をもっ, をもつ

▼ 世界的潮流~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に遅れない

▼ 世界的王国~ (2, 0.0%)

1 の建設, を建設

▼ 世界的環境~ (2, 0.0%)

1 において結合, を作っ

▼ 世界的生活~ (2, 0.0%)

1 の上, までを自己

▼ 世界的生産的~ (2, 0.0%)

1 となっ, となる

▼ 世界的発展~ (2, 0.0%)

1 のもっとも, の為め

▼ 世界的発見~ (2, 0.0%)

1 たるソテツ, の数々

▼ 世界的知識~ (2, 0.0%)

1 の損失, ノ供給者ニアラズ

▼ 世界的自覚~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 世界的連帯~ (2, 0.0%)

1 を切ろう, を樹立

▼ 世界的道義~ (2, 0.0%)

2 はキリスト教的

▼ 世界的音色~ (2, 0.0%)

1 を帯び来ら, を帶び來らむとせり

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 だの都新聞, の新社屋落成祝ひ

▼ 世界終る~ (2, 0.0%)

1 時出, 時地上一切の

▼ 世界終末~ (2, 0.0%)

2 の圖

▼ 世界経済界~ (2, 0.0%)

1 に甚大, の変遷

▼ 世界聯邦~ (2, 0.0%)

2 も大いに

▼ 世界芸術~ (2, 0.0%)

1 の世界, の宝

▼ 世界観念~ (2, 0.0%)

1 へ同, へ飛躍

▼ 世界~ (2, 0.0%)

2 民族の

▼ 世界資本主義国~ (2, 0.0%)

1 の間, 第一位

▼ 世界輿地圖~ (2, 0.0%)

2 の表面

▼ 世界開発~ (2, 0.0%)

1 の将来, の曙

▼ 世界~ (2, 0.0%)

1 が彷徨, を私

▼ 世界音楽~ (2, 0.0%)

1 に較べれ, の名勝

▼ 世界骸骨化クラブ~ (2, 0.0%)

1 とはいったい, の大

▼1* [931件]

世界あまねく平和の, 世界あらざるは吾人, 世界あらゆる国々で, 世界ありとも我, 世界あれでございますわ, 世界いちめんにひろがつた, 世界いっさいが変わっ, 世界いつまでゐる, 世界いづれの國, 世界いや宇宙いっぱいにも, 世界いや声の世界, 世界いわば全然別箇の, 世界おのれの外, 世界かち隊員全部が, 世界かでポーの, 世界かの観を, 世界かより外に, 世界からのみ来るの, 世界からわづかに, 世界がかやうに, 世界がかへつて氣が, 世界がどつと眼, 世界つての, 世界ぐらい封建的な, 世界ている, 世界じう歩かせて上げたい, 世界じゃあ憲法みたいな, 世界じゃけお前たちが, 世界じゃというて, 世界すでにみな不可思議なれ, 世界ぜんたい何をやっ, 世界ぜんたい間に合, 世界そういうものとして, 世界そうしたいうところ, 世界そのままであったにぎやか, 世界その間を私たち, 世界それら凡てのもの, 世界たらしめたい念願が, 世界たるべきはずなる, 世界だけで満足せず, 世界だけには著しかつ, 世界だっただろうから花やか, 世界だったろうか, 世界だって阿母さん, 世界だの自分にと, 世界だらうと疑, 世界だろうか, 世界であったら男女の, 世界でありましたしことに, 世界でありますから誤り, 世界であるべきはずなる, 世界でこそ美しいもの, 世界でございましょうね, 世界でさえも自分の, 世界でしたか御作, 世界でじつと堪へ忍ん, 世界でだけは流派や, 世界でのみの恥辱である, 世界というも矛盾的自己同一的に, 世界といったほうが, 世界とえせの貴族趣味, 世界とかげにいる, 世界とかの当面の, 世界とから豐富なる, 世界ときには自然の, 世界とこつちの世界に, 世界としてだけより生かして, 世界としてのみ実在も, 世界とでもいうの, 世界となつても, 世界とはな自己が, 世界とはなんぞや, 世界なしには生命, 世界などではない, 世界などと考えたり, 世界などという場合の, 世界などといふものは, 世界などとはならぬと, 世界などにはうとい深苑, 世界などは毛頭知りません, 世界などへまいるべき器, 世界なども已に設計, 世界などよりも遥かに, 世界などを展開させた, 世界なみにたいてい, 世界ならではこの, 世界なりが常識的に, 世界なりしを知るなり, 世界なりとて痛心する, 世界なんかでは, 世界なんかへいったこと, 世界なんぞに流注, 世界においてこそより純, 世界においてさえいわゆる貴族, 世界においてすら一つの, 世界においてだけ感じとりくみ, 世界においてほど驚くべきこと, 世界におけるはなお重力, 世界におけるほどはっきりと, 世界にかへらんかな, 世界にさえ安らかな, 世界にしかすぎないと, 世界にたいしてさえも誇って, 世界にといった方が, 世界にとり残されて, 世界になんぞかかづら, 世界にまでは及ばないの, 世界によつて簡単に, 世界によりもより多く, 世界による分類又, 世界にわたっておこなうこと, 世界にわたっての土地征服者として, 世界にわたり二人の, 世界にわたる未開發地域援助方策等は, 世界に対しての名状し, 世界に対しては無限に, 世界に対するということは, 世界に対するの日本なり, 世界に関して世界観が, 世界のみを取扱つてゐる, 世界はさほどに猛烈, 世界はじまって以来, 世界はじまつて以来, 世界ばかりが吾, 世界ばかりは変りました, 世界ひろしといへ, 世界へかへつて来た, 世界へばかり志願し, 世界へまで侵入し, 世界ほどに不思議な, 世界ほどの在りよう, 世界まあだいたいそういったわけ, 世界または真味, 世界までは書かない, 世界までをわれわれに, 世界みなさんが如来, 世界むごいですなぜ, 世界もしそれが, 世界もとうたうやられましたか, 世界もとより吾人の, 世界よと云うの, 世界よりもずつと広かつた, 世界らしく思われますのに実地, 世界ウソを考へる, 世界カライの港, 世界スポンジの世界, 世界スミレ類のほとんど, 世界デモクラシー時代から提唱, 世界トルストイの世界, 世界ニ交ワリタルトキニ生ズル立体的切口ナリといえる, 世界ニ出デ, 世界ニ宣布セントスル者ガ自ラノ國家内ニ於ケル幼少ナル同胞, 世界ニ對シテ勳功アル者ハ戰爭政治學術發明生産藝術ヲ差別セズ, 世界ニ布告シテ其明論ヲ待ツベシ, 世界ニ普及セラレタル暁ニハ世界中ニ只一人ノ醜, 世界ニ與ヘラレタル現實, 世界恐ルベキモノニ充チテヰル, 世界ハッキリ人生を, 世界バルザックの世界, 世界パタルプールの宮殿, 世界ビジテリアン大会堂の陶製, 世界ファシズム小論と云っ, 世界プロレタリアート全体の問題, 世界プロレタリアート解放運動史の上, 世界プロレタリア文学の事実上, 世界プロレタリア解放のため, 世界プロレタリア解放運動のため, 世界プロレタリア農民によって五十年祭, 世界プロレタリア革命との必然的連関, 世界ベストテンに数えられた, 世界ホテルという, 世界ユネスコの注意, 世界ヨリ封鎖セラレタル日本ヲ選ビテ天ノ保存シタル者, 世界レコード界の偉業, 世界一ぱいの日光, 世界一周航海を刺戟, 世界一家といふ有様, 世界一恥かしいこと, 世界一星系は一星系, 世界一等国への参加, 世界一致の文明, 世界一色の内, 世界一週をしよう, 世界一面になつて, 世界七不思議の一, 世界七不思議式不可知論の独断性, 世界万人に真に, 世界万人誰れも, 世界万国交通の便, 世界万歳というわけ, 世界万物すべて平面に見え, 世界万邦いずれのところ, 世界三十億の蛆虫共, 世界三千年を司配し, 世界不思議鏡電気屋敷などすべて, 世界与太者全集の中ロシア篇, 世界並みにあ, 世界中継のライン, 世界主宰神と称, 世界主義これに中日両国, 世界主義的国家が力強く, 世界主義的熱情クールフェーラックの奇想, 世界主義者や平和主義者, 世界事業世界のいづれ, 世界二つにハッキリ, 世界二位のチャールトン, 世界二分の政治的状態成立の時, 世界五か所の遊蕩場, 世界五州といふ意氣込, 世界人デーヴィス青年ほどの着想, 世界人主義と区別, 世界人口の半数, 世界人種のこと, 世界人道のため来春, 世界人間の顔, 世界人類ハ最大ノ不幸ニオチイルデアロウ, 世界人類中優れたところ, 世界人類主義とを背景, 世界人類全体を単位, 世界人類共楽の世界, 世界人類本位の生活, 世界人類生息の社会, 世界人類発達史の中, 世界人類發達の障碍, 世界に融け入る, 世界邦の, 世界代表との間, 世界伝説は他, 世界住民の約, 世界体系組織という認識目的, 世界という異常, 世界何だそれは, 世界何億万の人口, 世界何故其処の, 世界作られたものから, 世界作家大会が開かれ, 世界併呑の鴻図, 世界も全, 世界像世界観や更, 世界像構成要素が映画, 世界優秀な科學, 世界全土に亙り, 世界全般に亙, 世界全部が相手, 世界八十箇国の気象学者, 世界八百屋お七の世界, 世界八隅へ波及, 世界の世界, 世界公認の時間, 世界公認記録として発表, 世界公論の同情, 世界共有の世界, 世界共通何處の國, 世界共通的に流行つて, 世界具象の世界, 世界に考えられたる, 世界内存在において考察, 世界円光の内, 世界凡てが自分, 世界凡テノ言語ヲ我ガ, 世界列國といふもの, 世界列強ガ戰爭ヲ開始セントスルトキ悉ク自他, 世界まって, 世界初めの精神病院, 世界制限なくし, 世界創造伝説の原始的要素, 世界創造説の右, 世界労働問題の専門部, 世界労働組合連盟に結集, 世界労働者の国際的祭日, 世界労働賃金平均の半分, 世界勇気と自由, 世界動物だ, 世界勤労の世界, 世界化シタル亞細亞思想ヲ以テ今, 世界化シテ來ルベキ第二, 世界化世界的進出を意味, 世界医学の根柢, 世界十四ヵ国のボーイスカウト, 世界十幾億万人の中, 世界十数億の人々, 世界博大の新, 世界博覽曾開催中なので, 世界危機の一環, 世界空間的存在に, 世界原型の世界, 世界それに, 世界又は目的論の, 世界及東洋文学史の上, 世界反戦デーの大, 世界叢書と云, 世界古今人情の常, 世界古今普通の談, 世界古典のうち, 世界古典叢書だな, 世界史ト將來トニ於テノミ其ノ推移, 世界史上幼稚な人間, 世界史上空前絶後の大, 世界史概説を愛読, 世界史的スケールのもの, 世界史的代表者であるギリシア人, 世界史的任務と大, 世界史的価値を自覚, 世界史的個人において顕現, 世界史的内容が教会, 世界史的変化に当面, 世界史的実感が把握, 世界史的惨禍の発端, 世界史的意味の退, 世界史的意義を担っ, 世界史的敗北として, 世界史的本質はほか, 世界史的構想の標語, 世界史的系統樹立を解説, 世界史的覚醒のため, 世界史的運動なの, 世界史瞥見の続き, 世界各国みな交通するに, 世界各国何れの所, 世界各国共通に使われる, 世界各国数十億の人民, 世界各国足跡の至らざる, 世界同胞のため, 世界同胞ノタメニ眞個樂園ノ根基, 世界名作全集が四五月ごろ, 世界名奔利走の, 世界名所圖繪から採録, 世界名物の一つ, 世界名画の中, 世界名画集からはとりのぞく, 世界向後の趨勢, 世界君主としての夢, 世界呑吐の元, 世界周知の事実, 世界周航路でカリフォルニアン・クリッパー, 世界周遊船の旅客, 世界呪文の有難く, 世界呻吟の世界, 世界和平に参加, 世界哀しいあはれな, 世界哲學との對立, 世界唇一つ動かせない無力, 世界唯一つの社会主義国家, 世界唯心所造の理, 世界商店の栄枯, 世界商業資本主義流入の急, 世界善悪彼我是非利害のない, 世界四千万の失業者, 世界四隅の民, 世界では南北, 世界図書館の統一, 世界の完成, 世界国ノアの洪水, 世界国人になった, 世界国人運動は日本人, 世界国内の道徳, 世界国勢の衡器, 世界國盡全三册明治五年壬申初冬福澤論吉賣弘, 世界土産展覧会である, 世界在らずにはゐない, 世界在るところの, 世界地図屏風はそっくり, 世界地理学もまた, 世界変動の真, 世界の或, 世界多数の世界, 世界は悪魔, 世界大乱の時節, 世界大乱一度収まりし如く, 世界大会の日本, 世界大勢の影響, 世界大勢必至必然の圧力, 世界大勢順応はむしろ, 世界大地図をまた, 世界大戦それから二十五年, 世界大戦以前に存在, 世界大戦以来わが国一般の経済事情, 世界大戦休戦の日, 世界大戦前後に初めて, 世界大戦勃発愛国心に燃え, 世界大戦原因の研究, 世界大戦太平洋戦争に突入, 世界大戦当時最も激戦, 世界大戦後個人主義が地盤, 世界大戦後急に顕著, 世界大戦後急速な発達, 世界大戦後発生した末期的, 世界大戦後経済界の恐怖, 世界大戦敗北によるポツダム宣言, 世界大戦末期の頃, 世界大戦終了の後, 世界大戦終了後の日本産業, 世界大衆文学全集で翻訳, 世界天才主義に枠, 世界をそれ, 世界婦人にしん, 世界婦人世界などが積み重ね, 世界婦人作家伝の連載, 世界婦人會などを組織, 世界学者の論争, 世界とも何とも, 世界宝石史の重大, 世界実在に就い, 世界客觀的實在世界の性格, 世界客體の世界, 世界宮廷共通の弄臣, 世界審判の日來, 世界将来の平和, 世界にし, 世界小林多喜二の世界, 世界小説に近づける, 世界少年の連盟, 世界尖鋭画壇の有望画家, 世界崩壊説に反対意見, 世界巡礼の途, 世界の市民, 世界市價トノ差額ヲ輸出税トシテ課税スベシ, 世界市民一号から三号, 世界希覯の多種, 世界帝国主義の武力的干渉, 世界帝国主義列強における最も, 世界帝国文学新小説, 世界常識に基い, 世界平和デー委員会が設けられ, 世界平和主義協調主義を放送, 世界平和攪亂の罪, 世界平和確立の努力, 世界平和賞のため, 世界平等の苦痛, 世界年寄の世界, 世界年鑑の使用法, 世界年鑑少年文芸百科辞典一般百科辞典につき, 世界幾百の邦土, 世界広く深い運命の, 世界建設のため, 世界建設同盟会たるや全く, 世界建設同盟会員は今や, 世界建設者の一人, 世界強国の中, 世界征服史であり今日, 世界征服感を意味, 世界待望のニュース, 世界從つて一切の事象, 世界御伽話などの話, 世界徳性の世界, 世界も凍る, 世界念仏衆生摂取不捨, 世界思ひ余り思ひきる, 世界思想の存在, 世界思想ニ戰ヒテ凱歌ヲ擧タル時ニ認メラルル者ナリ, 世界思想史について些, 世界性格的に違った, 世界悉くの芸術, 世界悟れる自由な, 世界の闇, 世界情勢国際情勢を語り, 世界情勢就中欧米列強の東亜侵略, 世界意味の世界觀念, 世界愚か者の世界, 世界感冒にかかっ, 世界感情か深い, 世界態度の差異, 世界戀愛至上主義は即ち, 世界成ると説けり, 世界成立の原理, 世界或は雰囲気では, 世界戦争どころのさわぎで, 世界戦争中イギリスの総理大臣, 世界戦争以上の大, 世界戦争以前の帝政時代, 世界戦争以来わがイギリス, 世界戦争景気の余波, 世界戦争軍総指揮官ゴンゴラ大将, 世界戦以上の黄金時代, 世界戦以後のモダアニズム, 世界戦史上未曽有, 世界戦役当時ある新聞記者, 世界戯曲全集と近代劇全集, 世界戯曲的な世界とい, 世界戯曲選集について参照, 世界となり, 世界戰爭後の經濟界, 世界所有悪竜, 世界支配族たりし, 世界改造遂ぐるまでプロレタリア, 世界改革なの, 世界放浪の旅, 世界政治研究所の監修, 世界政策に乗り出し, 世界故国歴史一切の記念, 世界数ヶ所の強国, 世界文化全般が, 世界文化史である, 世界文化年表とでも称する, 世界文化擁護のため, 世界文学中に於, 世界文学史上にも特記, 世界文学史的な現象, 世界文学大の作品, 世界文学的な普遍通用性, 世界文学的角度から之, 世界文学社長を加えた, 世界文学評みたいなもの, 世界文学講座のフランス文学篇, 世界文學全集でも實行, 世界文學史一の卷一七面, 世界文學界の珍, 世界文庫という小さな, 世界文明国中第六位, 世界文献学の一分科, 世界文芸史上その影響, 世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 世界文芸批評の分野, 世界の如く, 世界新しい己が, 世界新派悲劇の傑作, 世界日報紙上に抗議文, 世界早廻り競争の西まわり選手, 世界星辰の世界, 世界映画賞を獲得, 世界時代のミカン類, 世界最も嬉しい境地, 世界最低の労働賃銀, 世界最優秀を目標, 世界最大最古の象徴的芸術品, 世界最大最深の大, 世界最小の脊椎動物, 世界最強の君主スペイン皇帝, 世界最強力のガツトリング機砲, 世界最新の物理力, 世界最深の大, 世界最深最大の大, 世界最終戦争到来の時, 世界最良の真珠産地, 世界最良書の一つ, 世界最高第一人者が名誉, 世界最高記録であります, 世界有史以來の今日, 世界未知の大, 世界本位の面, 世界本質の世界, 世界東西の文明, 世界根柢と見, 世界梨園界所謂る遊侠, 世界楽しい旅が, 世界概念的に文化問題, 世界標準語となり得るだらう, 世界歴史さへ碌, 世界毎朝眼を覚し, 世界民主主義婦人連盟反ファシスト同盟, 世界民主勢力のより一歩, 世界民主国人民の祭日, 世界民族のインフォーメイション・センター, 世界民族一般に窺, 世界民族対人類の問題, 世界民族普遍のもの, 世界水一杯水づかりの, 世界水族館などと色々, 世界水準から半, 世界の国, 世界海図のことごとく, 世界海圖を高橋ら, 世界海王の称, 世界満目唯灰色一色, 世界滅亡時の悲観, 世界滅盡の大, 世界演劇史上劃期的の事業, 世界演劇界に占める, 世界漫遊中の見聞, 世界漫遊以來久しく, 世界漫遊客が必ず, 世界漫遊飛行会社設立し旅行申込者, 世界の凡て, 世界無双の大, 世界無宿のにっぽん人間, 世界無意味な生涯, 世界無数の女, 世界無比豊富であり満州国, 世界無限なるもの, 世界の完全, 世界犬種協会の規定, 世界犯罪史上にもほか, 世界独得の日本刀, 世界珍聞集みたよう, 世界狂癡, 世界現今の東洋史界, 世界現在の風潮, 世界現状の行詰等, 世界球体の鏡, 世界環視のうち, 世界生理学大会が, 世界生産の諸, 世界生糸の故郷, 世界産業の發達, 世界畢竟ごまかしは, 世界異常な歴史, 世界発展の光栄, 世界発見後持ち渡った馬, 世界發生の原動力, 世界白皙人の宗教道徳, 世界百有余の大学, 世界的オペラシンガーが上野音楽学校, 世界的シムボルである, 世界的スクープを夢み, 世界的スケールで集団的情報組織, 世界的ダムを完成, 世界的ダンピングも論じるであろう, 世界的チツジョ樹立のため, 世界的チャンピオンであるトロツキー, 世界的デマゴギーの特徴, 世界的フリーランサーだ, 世界的リアリストになり上がった, 世界的レビュー団とあっ, 世界的不況時代にせめて, 世界的不良傾向が流れ込んだ, 世界的事件になっ, 世界的事情に少し, 世界的二大学者の脳漿, 世界的交通が自由, 世界的人間的等の名, 世界的人類的な規模, 世界的信仰と脈絡, 世界的偉人だ, 世界的傳説があつ, 世界的傾向を示す, 世界的優秀の寺院, 世界的優秀船だった, 世界的先駆思想であると, 世界的光栄をもたらしえた, 世界的共和はこの, 世界的創造は決して, 世界的功績は代数, 世界的勃興とにどれ, 世界的協力を切望, 世界的占師牛頭大仙人, 世界的原因則チ世界大戰中, 世界的同盟という意味, 世界的名ソプラノにし, 世界的名人クライスラーは兵隊, 世界的名手さへ交つて, 世界的名校歌であらう, 世界的名歌手の一人, 世界的名画や貴重, 世界的噴火が今後勢い, 世界的団結全世界的同盟, 世界的国家の建設, 世界的地質学者ライマンも, 世界的基準はトルストイ, 世界的多作家に, 世界的大作に負う, 世界的大家である, 世界的大帝國ヲ築, 世界的大業を傾け, 世界的天職ハ當然ニ實力援助トナリテ現ルベシ, 世界的奇観である, 世界的孤立と云, 世界的宇宙的事実そのものがつまり, 世界的完全なる発達, 世界的宝典と云, 世界的実証の必然性, 世界的實在者の自己實, 世界的小にし, 世界的山師は終焉, 世界的平和の中, 世界的平等觀の上, 世界的庭球選手早稲田大学商科学生佐藤次郎氏がマラッカ海峡, 世界的建築の中, 世界的強国となった, 世界的形勢に於, 世界的思潮に共鳴, 世界的性格を帯び, 世界的性質を持っ, 世界的怪盗だ, 世界的悲劇の発生, 世界的情勢のただ, 世界的愛他主義が流行る, 世界的感情を盛り込んだ, 世界的感覚がつちかわれ, 世界的成功というべきであろう, 世界的戯曲家の業績, 世界的戰場に出場, 世界的技術に踵, 世界的拡大とかいうすでにもはや, 世界的拳闘選手が芋虫, 世界的探検家なる折竹氏, 世界的搾取から徹底的, 世界的撞球選手ジョナソンのポスター, 世界的文化気運を起す, 世界的文學が起る, 世界的文献として通用, 世界的新興勢力を文化的, 世界的日本の地位, 世界的日本建設の掛声, 世界的旧友ゴンチャロヴァ女史に手紙, 世界的映画監督プドフキンによって映画化, 世界的普遍性を持った, 世界的普遍的分子が多い, 世界的本質を同じく, 世界的栄誉をも博せられた, 世界的概念における家, 世界的権威二人の碩学, 世界的機関としての構造そのもの, 世界的歌手の窓下, 世界的歴史的動向を示す, 世界的氷河研究家だ, 世界的決勝戦になろう, 世界的油脈であると, 世界的洪水説話の大, 世界的流行の徴, 世界的流行感冒が流行った, 世界的混和の方向, 世界的版画の名作, 世界的物理学者の話, 世界的猛獣使いオーケストラ, 世界的珍動物の一つ, 世界的珍奇な水草, 世界的現実の劇画, 世界的理性或は攝理, 世界的理想の従僕, 世界的発明をした, 世界的発達水準に達し, 世界的眼孔を以てこれ, 世界的知性を帯び, 世界的研究は云う, 世界的秩序或は世界的理性, 世界的紛糾動乱の間, 世界的経営の上, 世界的経済恐慌の軌道, 世界的統一を得る, 世界的罪悪というもの, 世界的考古学者また生物学者, 世界的舞台でスポイル, 世界的舞臺へと使命, 世界的良心を立つる, 世界的芸術の典型, 世界的英傑としておそらく, 世界的英雄の廉物, 世界的薔薇の花芯, 世界的見地から書かれ, 世界的規格統一が起こり, 世界的観察の眼, 世界的觀點から批判, 世界的言語と新しい, 世界的記録を有する, 世界的評価をわが国, 世界的説話なり, 世界的變革期に臨ん, 世界的貢献をし, 世界的賞讃を博する, 世界的近代商業の輝き, 世界的迷信を一挙, 世界的逸品か或は, 世界的遊楽地だ, 世界的遊離説話の分子, 世界的遠征の可能, 世界的都市として差支えない, 世界的関聯においての民族生活, 世界的陣営で芸術創作上, 世界的集団安全保障の機構, 世界的雪華研究者として歴史上, 世界的音楽家は, 世界直観的なもの, 世界眠るのに, 世界ある者, 世界石屑だらけの野原, 世界破壊作業との行われる, 世界破裂の説, 世界社会の苦悩, 世界社橘のとこ, 世界の世界, 世界神秘の世界, 世界が三ヶ月連続, 世界科学的世界である, 世界な憲兵政治, 世界稀有の魔都, 世界稀覯の奇現象, 世界ある際限, 世界の世界, 世界究竟の目的, 世界空前の大, 世界空想の世界, 世界立国の常, 世界童話大系と二揃い, 世界第一人者として少なくとも, 世界節度を人, 世界精神上の一遊星, 世界純粋な世界, 世界経営の野心, 世界経済世界政治研究所の監修, 世界経済中に占める, 世界経済恐慌以来日本の農村, 世界経済的水準に並ぶ, 世界経綸の抱負, 世界経綸家の等しく, 世界統一主義ニ宜明スル彼等ハ, 世界統一主義ニ對シテ起レル民族主義ガ近世史ノ一大潮流ナリシハ言フノ, 世界統一夢双六が一同, 世界絶好の散文たる, 世界絶対的場所としての世界, 世界絶望以外には頼り, 世界絶滅の期, 世界絶無の美婦, 世界經濟市場の景況, 世界総体を相手, 世界縦横無礙天下太平海陸安穏の護符, 世界ての部分, 世界美術の前, 世界美術史は斯, 世界考え方人生観めまぐるしい気分, 世界して, 世界聯合委員会の本部, 世界聯想の世界, 世界自然分配の法則, 世界航海圖の新しい, 世界航路の事, 世界良心が大切, 世界苦い顔を, 世界苦痛とたたかっ, 世界なる空間, 世界なき世界, 世界衆生の業力, 世界衆知の大, 世界裁判長ペンネンネンネンネン・ネネムの評判, 世界裁判長官邸と看板, 世界覆滅の毒瓦斯, 世界覇権の夢想, 世界見えない世界と, 世界見られるものの, 世界見学をし, 世界見物の方法, 世界見知らぬ人の, 世界親和を求める, 世界親愛の世界, 世界観その他の問題, 世界観それが前, 世界観それ自身だけを問題, 世界観のよりどころ, 世界観世界観と叫びたがる, 世界観人間観をもっ, 世界観光船へ乗組, 世界観全体に対して決定的, 世界観史的唯物論に立つ, 世界観嫌悪者は忽ち, 世界観学の如き, 世界観実践階級的教育で鍛えられ, 世界観察者を人間, 世界観形式としての芸術性, 世界観文学からだけのこと, 世界観普遍的で実際, 世界観照のうち, 世界観的存在理由を固執, 世界観的拡大としての文献学主義, 世界観的方法論においてはプラトン, 世界観的特色やを通じて, 世界観的神学的倫理的社会的政治的なさまざま, 世界観的背景と論理組織, 世界観社会観をもっ, 世界観等というもの, 世界観組織の力, 世界観統一を得, 世界観自身が歴史的, 世界観芸術といふもの, 世界観説の如き, 世界觀乃至人生觀として受取られる, 世界觀光團の巡禮所, 世界觀從つて一切の事象, 世界觀念の世界, 世界解釈のため, 世界言葉の世界, 世界計画図の実現, 世界記録六メートル二五に迫った, 世界記録的の間違い, 世界詩壇は著, 世界認識対象界たるに過ぎない, 世界語既刊書目を見, 世界誤解の世界, 世界説話の拡布上, 世界も独占, 世界諷刺にさ, 世界諸仏世界一切の菩薩, 世界諸国に立対, 世界警察長官邸と看板, 世界貝類の世界, 世界貪慾世界迷盲世界より救, 世界買って来, 世界貿易の中心点, 世界資本主義体制はロシア, 世界資本主義末期の激化, 世界資源の八五パーセント, 世界近代の画人, 世界近代劇の最高峰, 世界迷盲世界より救, 世界通して同一, 世界通信は金博士, 世界通商交通の前途, 世界通念を理由, 世界造船学界の権威, 世界連帯のひろ, 世界連想幻想の世界, 世界連盟本部からの温かい, 世界連盟本部科学局より, 世界週航を企て申すべく, 世界遊覧実体鏡一銭活動魔法の鏡, 世界運動史にも残つて, 世界過去も未来, 世界道化た仮面, 世界道路の極めて, 世界選手はもう, 世界選手権試合に於ける, 世界金産額の著, 世界の星, 世界開發の曙, 世界開闢以来未だ曾, 世界開闢生々の順序, 世界開闢説についてばかりで, 世界の戦争, 世界阿弥陀仏を念じ, 世界階級戦である, 世界随一の美食宝庫, 世界靈魂の王國, 世界青年のみを迎, 世界非常に観念, 世界革命的作家同盟のフランス支部, 世界の世界, 世界音楽界の至宝, 世界風俗展で巴里, 世界風景がじつによに, 世界風潮の大, 世界風邪一名西班牙インフルエンザというの, 世界驚目の事實, 世界黴菌なき世界