青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「九州~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乗っ~ ~乗った 乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘 乘~ 乙~ 九~
九州~
九月~ 乞~ ~乞食 乞食~ 也~ 乱~ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳

「九州~」 2055, 22ppm, 5199位

▼ 九州~ (610, 29.7%)

11 南の 6 地を, 或る, 諸大名 5 方で 4 さる大藩, 人で, 炭坑へ

3 [11件] ある地方, 三成党を, 北半に, 北部を, 少弐, 山の, 方に, 方へ, 炭坑に, 総追捕, 鳥の

2 [30件] いなかから, 一行は, 一角に, 一部と, 上空で, 中央の, 人が, 人たちは, 人の, 北海岸の, 南部から, 南部に, 古問屋, 各地で, 地は, 坊の, 大藩の, 島々には, 旅の, 旅を, 旅先で, 炭坑と, 炭坑の, 父へは, 生まれだ, 田舎に, 禪宗は, 芝居小屋で, 落武者の, 辺土には

1 [471件] あたりまで, あの有名, ある友人, ある地域, ある歩兵聯隊, ある湾, ある豪家, いづれかへのぞんでゐた, いなかである, うちには, おいしいポンカン, おじいさんの, お大名方, お寺の, お生れ, お話が, こうこういう, ことごとくを, ことである, ことを, この僻地, どこか, どこかに, はいずれ, はずれとかいう, はてか, はての, は明らか, ほうで, ほうにも, もので, わけめいや, オッサン組と, オッサン組は, キュウリや, キリシタン大名の, サドと, サドとも, スミソアエの, セールスマンに, ボクチン代表街だ, モロキュウ, 一島に, 一行の, 一角とは, 一角にでも, 一角まで, 一角福岡地方だけは, 一部たとえば, 一部で, 一部にも, 三池炭山や, 中津, 中津沖徳山湾で, 主なる, 久住高原は, 事である, 事は, 二つには, 二三の, 五島付近で, 五島列島の, 五島沖台湾海峡秋田地先の, 人々を, 人に, 人民の, 人間だ, 人間は, 他の, 伝統的文化は, 伝説では, 伯父の, 住人須々木四郎と, 住民に関する, 佐賀です, 佐賀の, 例と, 例を, 倭人は, 働きとな, 働きを, 兄の, 先祖の, 入口だ, 入口で, 全部と, 全部は, 兵だ, 内陸沿岸までは, 再燃が, 再燃に, 出身の, 分限者に, 切支丹一揆であった, 別府だった, 別府温泉と, 勢力を, 北半における, 北半は, 北岸に, 北方に, 北条城を, 北部が, 北部に, 北部一帯ことに, 北部大和等に, 北部既に, 北部殊に, 北部畿内の, 北部筑後の, 北隅に, 十一人の, 半分程は, 南に, 南半には, 南半を, 南半分にかけての, 南方に, 南端でも, 南端と, 南部でという, 南部では, 南部の, 南部を, 南部奥羽の, 反乱占領平定統治は, 反動組織の, 叔母の, 口を, 各々に, 各地では, 各地に, 各地には, 名医の, 名山を, 名山大川所謂温泉岳高良山阿蘇山霧島山耶馬渓筑後河の, 名所古蹟を, 名族として, 名門島津を, 味方の, 唐津へ, 商業學校に, 四丁鼻先生, 四丁鼻先生と, 四丁鼻先生など, 国事を, 土から, 土が, 土に, 土よ, 土地で, 土色を, 土豪等に対して, 在所でも, 地に, 地へ, 地よりも, 地をば, 地域に, 地方でも, 地頭として, 城という, 士の, 外に, 外側に, 外側海岸などには, 多くの, 大, 大きな自然, 大友, 大友宗麟に, 大友島津中国の, 大友相良島津らの, 大友義統が, 大友義統も, 大名これを, 大名で, 大名を, 大大名, 大実業家, 大弐に, 大藩筑前の, 天流の, 夫の, 奥に, 女の, 女を, 如く克明, 宇佐八幡の, 宇佐八幡も, 実業庭球界でも, 宮方は, 家には, 富豪であった, 将士争う, 尊攘派と, 小倉で, 小大名, 山々を, 山で, 山に, 山にわ, 山よ, 山中に, 山奥でも, 山奥に, 山奥みたいな, 山奧の, 山奧へ, 山岳地帯北は, 山村などでは, 山童として, 島々では, 島々は, 島々壱岐, 島や, 島津に, 布教に, 帰りだ, 平戸に, 平戸や, 年貢の, 広瀬淡窓によって, 床屋も, 店頭にも, 怨を, 或団体, 或炭鑛, 戦闘に, 抑えは, 押え大名は, 支店に, 数県においては, 敵どもへ, 文化について, 新しい天地, 新聞社の, 方々へ, 方か, 方から, 方だ, 方にも, 方は, 方へは, 方へまで, 方へも, 方まで, 方言や, 方面は, 旅, 旅へ, 旅先の, 旅行から, 旅行は, 旅行全体が, 日向では, 日向まで, 日田附近に, 時枝さんに, 時枝君の, 暖国の, 暖地山中に, 最も大事, 有明灣を, 末盧國即ち, 本土だった, 本土へ, 村道で, 東半分で, 東岸から, 東方, 東海岸に, 松浦の, 松浦箱崎と, 果から, 果てから, 果てで, 果てに, 果てにまで, 果てへ, 果てまで, 果てまでも, 果て長崎の, 果に, 果の, 果四國山陰山陽北海道青森縣東北北陸全部を, 某紀州の, 某駅, 桜島の, 梅谷という, 楓だ, 極より, 樹は, 次は, 武族は, 武雄温泉で, 比古, 民間にも, 沖で, 河童の, 河童は, 沿海周, 沿道筋の, 浪人が, 浪人くずれ, 浪人雷土々呂進, 海岸, 海岸には, 海岸にも, 海岸防禦の, 海端まで, 海辺や, 海陸路を, 淨土宗の, 深山には, 温泉へ, 温泉宿では, 温泉岳は, 港に, 炭坑から, 炭坑が, 炭坑でも, 炭坑という, 炭坑とかの, 炭坑とかへ, 炭坑とは, 炭坑なんかに, 炭坑なんて, 炭坑へでも, 炭坑地方の, 炭坑罷業を, 熊襲の, 父の, 片山里で, 片田舍で, 片田舍では, 片田舎でしょう, 片田舎に, 片端に, 片隅に, 特色ある, 猿が, 玄海灘中, 王さま同様だった, 生れで, 生れでは, 産という, 産の, 田舎で, 田舎とかへ, 田舎の, 田舎を, 由布岳などと, 由布院で, 男で, 男学生に, 異名でございます, 療養所から, 白皮という, 盆の, 盲僧などと, 直方って, 直方で, 石炭屋の, 神保といふ, 福岡で, 秋月という, 空へ, 突端の, 窮介吉野の, 窯, 端々でも, 端々と, 端々には, 端まで, 端みたいな, 第十六, 第十四方面軍, 筑後や, 箱根と, 統一が, 統一の, 総督という, 緒形三郎の, 緒方氏の, 縣知事が, 織物では, 美々川や, 者は, 耕地面積二割五分に対して, 自然と, 臼杵党や, 船頭の, 荒磯に, 菊池一党だけ, 菊池党が, 菊池党は, 菊池党も, 菊池四国の, 菊池武重の, 菊池神社を, 蛇神それは, 蛇神の, 蛇神も, 血を, 血鹿島と, 西海岸は, 西海岸を, 親許より, 言葉が, 話だ, 説なども, 諸君が, 諸団体, 諸團體, 諸地方, 諸武士, 諸港, 諸藩, 警視庁と, 豊後ならびに, 豊後日向の, 豪傑どもは, 豪族蒲地左衛門を, 豪族間では, 足利直冬は, 足軽風情が, 農家などで, 農村で, 農民の, 辺と, 辺りから, 辺土も, 辺土を, 辺鄙な, 迷信, 造船所から, 連中に, 連山天草諸島すべてが, 連隊で, 連隊に, 連隊には, 部族は, 郷里に, 郷里の, 都である, 都には, 野に, 野性的な, 鉱山統制会社に, 鍋島だ, 鐘ヶ崎, 長官の, 長官夫人に, 長崎の, 阿蘇の, 阿蘇地方などでは, 隼人だ, 雄々しい土地柄, 雄藩は, 青い山, 青年の, 青年他の, 香椎の, 高等学校へ, 鬼の, 鬼火以外には, 魂, 鯛生を, 鳥, 鹿児島に

▼ 九州~ (146, 7.1%)

4 入ると, 帰って 3 去ること, 於いて, 於て, 行って 2 居るだらう, 據れる, 来て, 當て

1 [118件] あって, ありますが, あるという, いた, いたころ, いて, いる, いるその, いる兄, いる兄宛, いる時分, おもむいたの, お出でに, つながった一つ, なお何, なく四国, なんとか中学, ゐた時其墓, ゐた者, 一つの, 一つ飛び離れ, 下って, 下りし紀行, 下りて, 下り玄洋社, 下り福岡通町, 下ると, 乗込んだ斎藤, 二つ三つある, 二十年も, 亘って, 伝来され, 住んで, 作って, 入つて, 入りかけて, 入り豊肥, 再婚した, 再起し, 冠たり, 初めて傳はつ, 別居する, 到着した, 到達した, 卑弥呼という, 卑弥呼といふ, 同名の, 名を, 名高い龍造寺家, 在る姉, 多い即ち, 多少の, 夥しい数, 大規模, 大風が, 奔つた, 妻といふ, 妻子と, 始まり北, 威勢を, 学会が, 居つた民族, 居りまして, 居ること三年, 居るだろう, 居城しましょう, 帰ってからという, 往った, 往つた, 放置し, 於ける二, 於ける勤皇, 於ける古, 於ける大, 於ける特殊, 於ける風水害, 於ては, 旅した, 旅立ちこれ, 旅立ちその, 最も多く, 来たが, 来てから, 某は, 歸りたい, 残って, 流れ野, 流浪し, 渡って, 渡つた但し, 渡りしとは, 渡りました, 澤山ゐる, 生じた, 産する, 由りて, 着いたの, 窯は, 緒方句狂君が, 自生あり, 至るには, 至る山野, 行かれた方, 行くこと, 行幸せられた, 襲って, 赴くに, 通ずる大道, 遊びし時家, 遊んだ折, 遊歴し, 遍く及ぶ, 遣って, 関東に, 關する, 限らず虫, 雄飛する, 頂点を

▼ 九州~ (144, 7.0%)

8 行って 3 行くこと

2 [13件] おいで, かけての, 下って, 来て, 発った, 立って, 落ちて, 落ちのびたり, 行くか, 行くって, 行くと, 追い払おうと, 逃げ落ちて

1 [107件] いこうか, いそいだ三時, いらっしゃると, おとも, お手, かえって行った, かくれたが, かけて, かたづいてる妹, つ, とどいたかしら, ひきかへ, やって来たの, やること, ゆかれたとき, ゆきます, ゆくという, ゆく時祖父, ゆく私, んで, スケッチ旅行に, 一度も, 上がったものの, 下った, 下ったという, 下ったの, 下る, 下るべきか, 下る分, 來て, 出かけて, 出かけるまでの, 出向いて, 出張する, 出掛けましたので, 出発し, 出発した, 去つて, 参りましてから, 参る事, 向うの, 向かふので, 向けて, 四時門司に, 妾下向いたします, 嫁ぎそして, 帰って, 帰りまして, 帰国の, 帰航する, 引上げて, 往った, 往つた帰途にも, 旅行, 旅行した, 旅行しました, 旅行する, 旅行を, 旅行中で, 歸る, 歸省の, 渡ったの, 渡っては, 渡り中国, 渡り本州, 渡り高島, 渡れるだけは, 渡ろうと, 演奏旅行に, 父上と, 独り行く, 疎開する, 発ちました, 発つ, 着いたという, 神籠石などの, 立つ二日前兄, 立つ日, 落ちたが, 落ちるにも, 行かないこと, 行かないでも, 行かなくて, 行かねば, 行きたいという, 行きたかったん, 行くくらい, 行くという, 行くの, 行けば, 行こうと, 行ったら, 行ったらしいよ, 行った方, 行つ, 行つた, 赴任する, 身を, 追い落したさい, 追ひ落され, 送った, 送り郵便局, 送る, 逃げた, 逃げて, 雪辱戦に, 飛んで

▼ 九州から~ (72, 3.5%)

3 出て 2 北は, 奥州の, 来て, 東京へ, 江戸へ

1 [59件] こっちの, すぐに, のだ, まるで一飛び, よびよせた, 上京され, 上京した, 上京する, 中国地方へ, 五島列島に, 信吉は, 傳習生が, 入府江戸屋敷の, 再東上, 出たので, 出ばって, 出ばつ, 出府する, 初まったん, 北上し, 南の, 南満, 呂宋や, 四国へ, 四國に, 奥羽へ, 対馬へ, 山陽線に, 師隠元を, 御入府, 志多羅神が, 慶応義塾に, 戻った, 戻って, 捲き返して, 来た人, 来た人たち, 来た私, 来た連中, 来川口署, 東は, 東京に, 東京は, 東京まで, 東海道を, 東漸した, 松前まで, 江戸の, 江戸まで, 海外へまでも, 為朝について, 硫黄を, 竹中采女正が, 聞えた, 訪問客が, 豆を, 遙, 骨を, 鬼界ヶ島へ

▼ 九州地方~ (60, 2.9%)

2 へ旅行中

1 [58件] からのみ出た, からは一つ, だが, では一向に, では山, では植ゑてもよく, では直ぐ, でも中国筋, で脆く, とは違う, と密接, なる倭人国, なる所謂倭人, には, にはこれ, にはトウガキ, には可, には風呂敷, にも流行, にわたりてその, に加はり, に及ばざりし, に多い, に女, に女子, に当時たくさん, に於, に流行, に育った, の刈しめ, の女, の婦人, の少年少女, の山窩, の方言, の看護婦会, の石炭会社, の老, の老舗, の茄子, の豪族, の都会, の長, の飢饉, はさておき, はもう, はよく, は新派, へ旅行, までも共通, まで旅, まで無断興行, をウロ, を巡業, を指しし, を流浪, 特にその, 第一

▼ 九州では~ (53, 2.6%)

1 [53件] ありませんが, あれほど, この烏祭, すっかり味噌, それ故に, ただ御, ない, また方々, まだ失はれない, めったになく酷い, やや弘, よく用いられ, エノハと, カタギン東北地方では, ゴ一つと, ツルと, トンネルの, ヒカキまたは, ヤンモコすなわち, 今でも, 博多と, 博多の, 大分市の, 大隅, 宇都宮千葉伊東などの, 宮地神社に, 小鰡, 島津家だ, 彦山の, 新探題, 昔から, 普請の, 松浦党を, 河豚を, 火スクヒなどという, 焼物の, 特に大きく, 痛いという, 福岡だけ, 筑前にも, 筑後久留米肥前の, 肥前に, 肥前の, 肥後の, 臺灣で, 茶煮, 菊池の, 薩摩串木野の, 誕生, 豊後の, 赤間三河では, 阿蘇山の, 高めて

▼ 九州~ (49, 2.4%)

3 一巡し 2 歩いて, 立つ時

1 [42件] あちこち放浪する, あても, ことごとく有し, さつと, ひかえ中国, 一週し, 中断し, 主として東, 二分し, 併せただけの, 出て, 去った, 去る時, 平定した, 征伐し, 征服し, 従へ, 御へん路, 思いの, 捨てて, 旅するなら, 旅行した, 横断した, 武者修行に, 歴遊いたした, 混一し, 犯した国難, 略し九州, 略し四国, 見るに, 視察し, 語るについては, 踏み荒させて, 追われると, 遍歴し, 過ぎ中国筋, 郷里と, 鎮めて, 除くの外, 離れた, 離れたと, 離れて

▼ 九州~ (45, 2.2%)

1 [45件] あそこは, あたたかいと, いったいに, いわば中央争覇, おろか東海道浜松も, その北端, どっちの, ひろいの, まだ彼, もう微動, 一なめ中国を, 俺の, 全体に, 冀州, 初めてです, 南部の, 博多, 周代の, 地図が, 大体これで, 太古大陸からの, 寒さ, 彼にとって, 後に, 数年らいの, 旅行する, 日本文化の, 暖い, 暖国ゆえ天気さえ, 更にその, 本文には, 東岸に, 殷代の, 申すまでも, 白紙と, 福岡の, 禹の, 統治に, 肥前佐賀やっぱし, 背振山よ, 菊池家の, 薩摩の, 過去を, 長崎の, 駅弁が

▼ 九州~ (42, 2.0%)

1 [42件] あったであろうと, あの辺, ある青年, おめにかかりましたが, かつて見ざる, かの不知火, はかの, ほそぼそと, ウラニウムが, ダイナマイトを, バエラ中部地方で, ホウライスズメまたは, ミズシン, 二十台の, 何を, 出来る竹細工, 初めてこんな, 印刷用紙が, 危い, 大人弥五郎と, 女学校の, 宮崎県の, 島津氏奥州で, 巡礼乞食に, 幅を, 有名な, 東京風の, 汽車の, 炭鉱王と, 玄洋社葬を, 生れたという, 百手祭または, 福岡は, 禪宗の, 稗搗節といふ, 終戦を, 聞いて, 育ったもん, 行われた, 行われたよう, 都会情調が, 鎌倉時代に

▼ 九州まで~ (22, 1.1%)

2 行って

1 [20件] まいったが, 一応アンマ, 七八カ所も, 兎に, 出張しなけれ, 制海権を, 南下し, 参りましたの, 彼等の, 拡大する, 日本西部の, 有り金の, 果ない, 行き先祖, 行つて来る, 講演に, 追いやらずとも, 逃げて, 運ぶ機縁, 食べ歩いたとき

▼ 九州には~ (21, 1.0%)

2 河太郎という, 菊池の

1 [17件] この帶, またこんな, もうだいぶ砂糖, もう絶え, オドロカシという, 中津大分臼杵延岡宮崎都城の, 僅かなる, 先に, 四国ほど, 土著の, 父から, 玩具の, 珍しいほど, 珍らしい, 至るところ, 野生が, 隠れ切支丹が

▼ 九州でも~ (20, 1.0%)

1 [20件] あるいはそう, ふたたび宮方, また北陸地方, 一流の, 並ぶ者, 中央の, 今の, 北岸の, 四国でも, 大分市の, 大分郡と, 宮崎県の, 常に瀕海, 武族間における, 熊本県の, 第一, 筑前から, 筑後の, 薩摩の, 高い山

▼ 九州~ (18, 0.9%)

1 [18件] いうと, つけ廻して, 云ふ, 台湾との, 同様に, 四国ことに, 四国とに, 四国との, 壱岐対島佐渡の, 尊氏との, 山陰道だけでも, 探し歩いたそれ, 渡り歩いて, 渡り歩きめっきり, 焼物とは, 聞いて, 諸地方, 関東地方とを

▼ 九州~ (18, 0.9%)

2 中国の, 東北の

1 [14件] 四国から, 四国の, 堺の, 堺へも, 奥州の, 山口などで, 山陰へ, 山陰山陽地方畿内諸, 広島へ, 東国では, 東国へ, 裏日本の, 長州に, 隠岐の

▼ 九州~ (15, 0.7%)

1 [15件] が珈琲, だろう, であること, でない証拠, というの, としての血, と東北人, に独得, の特徴, の自然観, はいい, は十万人, は多かれ少かれ, を中心, を心服

▼ 九州~ (15, 0.7%)

1 [15件] では鯛, でも似たる, で彼岸花, で運動, に居, のお, の南北朝史蹟, の大名, の常世神, の浪人, の浪人者, はそう, へは六年, へ差廻し, を遍歴

▼ 九州~ (14, 0.7%)

1 [14件] あつた, あり四国, ある, 切支丹の, 多いが, 大災害, 定められたので, 平定された, 平定する, 最も多く, 本元であったろう, 第一, 綿の, 荊州即ち

▼ 九州方面~ (14, 0.7%)

1 [14件] から瀬戸内海, でもよく, でも朝倉郡, に, にわたってその, に流れ込んだ, に特に, のある, の大名豪族, の水害, へ使者, へ旅行, へ通航, も同様

▼ 九州一円~ (13, 0.6%)

2 を風靡

1 [11件] が引っ, にはびこっ, にわたって船上山, に及ん, に近年, の河童伝説, の顔役, は太閤秀吉, へ檄, をさまよいあるいた, を転々

▼ 九州四国~ (13, 0.6%)

1 [13件] からまた, から来る, などに散在, など東京人, ならびに中国方面, ならびに本州, にあまねし, にも及び, の波濤, の辺土, の遠き, も挙げ, を除いた

▼ 九州行き~ (13, 0.6%)

3 の問題 1 が怪しまれ, にうつ, に結びつけ, はどうして, も何ん, をいや, をする, を断る, を考え, を肯

▼ 九州~ (12, 0.6%)

1 [12件] い, いいな, ずっと南, また昨今, もちろん瀬戸内海, 南端の, 大分県の, 島だ, 平らげて, 東海岸を, 蜂の巣を, 風靡する

▼ 九州北部~ (11, 0.5%)

1 [11件] から瀬戸内, では一般, では兎鼓, でも稀, という方面, などにおいてハサグヒ, にもアイヌ, に於, の勢力, の大, の方言

▼ 九州にも~ (10, 0.5%)

1 あった, ありその他, あるが, いまの, こういう無邪気, もちろん住む, 及ばぬくらいの, 昔から, 運ばれます, 釣り場は

▼ 九州南部~ (9, 0.4%)

1 ではソン, では久しい, などに自生, などは一般, にはそれ, にまだ, に行く, の山村, の熊襲

▼ 九州~ (9, 0.4%)

4 一の 2 一との 1 一か, 一と, 一に

▼ 九州あたり~ (8, 0.4%)

1 ではそう, では密航, では通用, で勧進, の, の浪人, の浪人者, へ参りましたら

▼ 九州からの~ (8, 0.4%)

2 音信なし 1 帰りに, 帰途で, 帰途二度目に, 戻りも, 早馬は, 車中の

▼ 九州~ (8, 0.4%)

1 との兩端, などの如く三代, は白鳥博士, よりも後, よりも遲, を出した, を定論, を發

▼ 九州という~ (7, 0.3%)

1 のが, のは, 今日の, 処を, 善良な, 所が, 所は

▼ 九州より~ (7, 0.3%)

1 上京の, 北は, 千葉県に, 大きいそう, 小なる, 東は, 東北地方までも

▼ 九州征伐~ (7, 0.3%)

2 の時 1 に着手, に行つた時, のため筑前博多, の計画中, を終

▼ 九州探題~ (7, 0.3%)

2 の北条英時 1 となっ, にする, の下, の北条修理亮英時, はさき

▼ 九州旅行~ (7, 0.3%)

1 が最も, で呆れた, で聞いた, に出かけ, に出立, の最後, の際

▼ 九州西国~ (7, 0.3%)

1 の方, の札所, の武将たち, 第三十二番, 第三十番, 第二十七番清岩寺, 第二十三番

▼ 九州~ (7, 0.3%)

2 党の, 藩の, 豪の 1 大名の

▼ 九州における~ (6, 0.3%)

1 上記の, 文化運動の, 武門の, 熱心家に, 菊池党の, 菊池武時の

▼ 九州博多~ (6, 0.3%)

1 で火野葦平氏, の一端, の水タキ, の海岸, の産, ばかりでなく

▼ 九州帝国大学~ (6, 0.3%)

1 ではない, のまん中, の中, の向う, の精神病科教室, の紺

▼ 九州福岡~ (6, 0.3%)

1 での談話, の三郎君, の原, の民政系新聞, の黒田如水, へ帰りました

▼ 九州なんかへ~ (5, 0.2%)

2 追いやるの 1 やらない方, 君を, 追い払おうと

▼ 九州各地~ (5, 0.2%)

1 のムグラ打ち, の切支丹武士, の旧, の正月, を打つ

▼ 九州帝大~ (5, 0.2%)

1 の今中, の前身, の哲学教授, の心理学教室, の桑木

▼ 九州~ (5, 0.2%)

1 が出る, で説明, の政談, もあれ, をやり

▼ 九州男児~ (5, 0.2%)

1 といわれ, は故郷, をひきつれ, をよびむかえ, を置き残し

▼ 九州~ (5, 0.2%)

1 にて瞽者ども, の人間, の文化, の日本人, の浪人者

▼ 九州鉄道~ (5, 0.2%)

1 のどの, の労働者間, の幹線, の豊州線, も貫通

▼ 九州にまで~ (4, 0.2%)

1 およんで, 及び遠く琉球, 流布した, 飛んで

▼ 九州へも~ (4, 0.2%)

1 および博多, ひんぴんと, 告げて, 行つて大いに

▼ 九州中国~ (4, 0.2%)

1 から北陸地方, と巡業, にだぶつい, の総

▼ 九州宮方~ (4, 0.2%)

1 の先駆, の合い言葉, の大軍, は健在

▼ 九州炭山~ (4, 0.2%)

1 の一件, の同盟罷工教唆, の坑夫間, の大

▼ 九州生れ~ (4, 0.2%)

2 の私 1 で似た, で十七年前

▼ 九州肥後~ (4, 0.2%)

2 の地 1 の国, の葦北郡水俣

▼ 九州落ち~ (4, 0.2%)

1 となっ, の今日, の御, はあて

▼ 九州~ (4, 0.2%)

1 が困らない, の舟, は春水, は決して

▼ 九州~ (4, 0.2%)

1 に逃げ延び, への遊歴, まで踏み込んだ, をまわっ

▼ 九州~ (4, 0.2%)

2 行かれたが 1 出張させる, 火野に

▼ 九州~ (4, 0.2%)

4 の記

▼ 九州あるいは~ (3, 0.1%)

2 北海道と 1 北海道に

▼ 九州~ (3, 0.1%)

1 そりゃッ, どこかの, どこで

▼ 九州~ (3, 0.1%)

1 からどうのこうの, という感じ, のは

▼ 九州での~ (3, 0.1%)

1 世にいう, 再起を, 文学運動の

▼ 九州といふ~ (3, 0.1%)

1 土地に, 土地に対して, 春の山また

▼ 九州とに~ (3, 0.1%)

1 またがり拠, 伝わるもの, 野生が

▼ 九州とは~ (3, 0.1%)

1 互いの, 冀州豫州雍州荊州揚州, 唇歯の

▼ 九州などには~ (3, 0.1%)

1 十数ヵ処も, 多い, 有ると

▼ 九州などの~ (3, 0.1%)

1 盲僧と, 西海地方では, 農業と

▼ 九州なまり~ (3, 0.1%)

1 で談, になり, も気

▼ 九州への~ (3, 0.1%)

1 いいお, 出兵な, 旅に

▼ 九州へは~ (3, 0.1%)

1 その序, 行かないでも, 行って

▼ 九州までも~ (3, 0.1%)

1 放浪し, 歩いて, 満潮の

▼ 九州一帯~ (3, 0.1%)

1 から瀬戸内海あたり, ではこれ, に分布

▼ 九州下り~ (3, 0.1%)

1 はじつに, まで出掛ける, をいかに

▼ 九州~ (3, 0.1%)

1 にても肥前, を求め, 國あたりの

▼ 九州全土~ (3, 0.1%)

1 に勢威盛ん, の朝敵, は宮方一色

▼ 九州全島~ (3, 0.1%)

1 が二, の極南界, は南北

▼ 九州方言~ (3, 0.1%)

1 ではカ, の傾向, の形

▼ 九州日報~ (3, 0.1%)

1 の記者時代, へも出た, を首

▼ 九州日報社~ (3, 0.1%)

1 が政友会万能時代, で編輯, という民政系

▼ 九州時代~ (3, 0.1%)

1 の姫君, の歌, を決して

▼ 九州浪人~ (3, 0.1%)

1 でこいつ, の名, や好漢安永氏

▼ 九州海岸~ (3, 0.1%)

2 の防衛 1 を経

▼ 九州炭山坑夫~ (3, 0.1%)

1 が昨秋来増賃請求, の同盟罷工, の為め

▼ 九州~ (3, 0.1%)

3

▼ 九州くん~ (2, 0.1%)

1 だりへ来, だりまで飛ん

▼ 九州その他~ (2, 0.1%)

1 でこれら朝鮮所産, の神無月

▼ 九州って~ (2, 0.1%)

2 遠いの

▼ 九州です~ (2, 0.1%)

1 か, からあまり

▼ 九州との~ (2, 0.1%)

1 文化的並に, 端の

▼ 九州など~ (2, 0.1%)

1 まるで清盛, 至るところ

▼ 九州にかけて~ (2, 0.1%)

1 山野に, 最も広く

▼ 九州にわたる~ (2, 0.1%)

1 のです, 宮方の

▼ 九州までの~ (2, 0.1%)

1 道筋に, 長距離を

▼ 九州アルプス~ (2, 0.1%)

1 の盟主久住, を見渡した

▼ 九州~ (2, 0.1%)

1 の祭り, の高山

▼ 九州一ヶ国~ (2, 0.1%)

2 の大名

▼ 九州一圓~ (2, 0.1%)

1 にも普及, は市村六

▼ 九州中津~ (2, 0.1%)

1 の南国, へ引上げ

▼ 九州九ヵ国~ (2, 0.1%)

1 の諸, の重鎮

▼ 九州~ (2, 0.1%)

1 というネオンサイン, の四ツ角

▼ 九州佐賀~ (2, 0.1%)

1 のかぶら, の生れ

▼ 九州北海道~ (2, 0.1%)

1 の四つ, をはじめ

▼ 九州医科大学~ (2, 0.1%)

1 の大西克知博士, の眼科教授大西克知博士

▼ 九州南端~ (2, 0.1%)

1 から直接, の長崎

▼ 九州台湾~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 九州四国中国~ (2, 0.1%)

1 などの武門, の宮方ども

▼ 九州大名~ (2, 0.1%)

1 が陣, の大友

▼ 九州太宰府~ (2, 0.1%)

1 の鷽鳥, を落ち

▼ 九州小倉~ (2, 0.1%)

1 という地名, の師団

▼ 九州山脈~ (2, 0.1%)

1 にとれる, に源

▼ 九州巡業~ (2, 0.1%)

1 に出かけ, の市村六

▼ 九州帝国大学医学部精神病科本館~ (2, 0.1%)

1 というの, の裏手

▼ 九州帝国大学法医学教室~ (2, 0.1%)

1 の一隅, の硝子窓越し

▼ 九州帝国大学精神病科~ (2, 0.1%)

1 の入院患者, の教授室

▼ 九州平定~ (2, 0.1%)

1 のいくさ, の功

▼ 九州攻め~ (2, 0.1%)

1 には堀秀政, はよさぬ

▼ 九州~ (2, 0.1%)

1 の角力行事, の諸侯

▼ 九州有明湾~ (2, 0.1%)

1 に棲ん, や豊前豊後

▼ 九州本土~ (2, 0.1%)

1 につながった, の左甚五郎

▼ 九州本線~ (2, 0.1%)

1 と筑豊線, の下り

▼ 九州武族~ (2, 0.1%)

1 がみな宮方, の腹

▼ 九州~ (2, 0.1%)

1 からこの, に現れ

▼ 九州炭山坑夫同盟~ (2, 0.1%)

1 の真相, の破壊

▼ 九州熊本~ (2, 0.1%)

1 にいた, の御

▼ 九州相良~ (2, 0.1%)

1 って云う, とか何とか

▼ 九州~ (2, 0.1%)

1 と九, にまで居た

▼ 九州芦屋~ (2, 0.1%)

1 の何某, の里

▼ 九州菊池~ (2, 0.1%)

1 の一党, の侍臣

▼ 九州言葉~ (2, 0.1%)

1 の娘, の者

▼ 九州訛り~ (2, 0.1%)

2 のある

▼ 九州諸方~ (2, 0.1%)

1 から京洛, の隠れ切支丹

▼ 九州豊後~ (2, 0.1%)

1 のこの, の国

▼ 九州豐後水道~ (2, 0.1%)

1 にたまたま, の沖合

▼ 九州~ (2, 0.1%)

1 が参加, もぞくぞく

▼ 九州辺り~ (2, 0.1%)

1 から私, へも行く

▼ 九州長崎~ (2, 0.1%)

1 に封じこめ, の

▼1* [225件]

九州いずれも無事, 九州いらい陸上軍の, 九州および東北の, 九州お前さんとなら, 九州からはやって来たもの, 九州からも北海道からも, 九州きって知らない, 九州づれの, 九州くだりは俄然, 九州ぐらい見物し, 九州このかたも, 九州さえ平定し得れ, 九州その他全土にわたる郷土, 九州その他海に近い, 九州それで明日の, 九州だけでなく山陰山陽, 九州っぽうだからな, 九州とかいう遠い土地, 九州としては気持の, 九州とても鬱勃は, 九州などで広く行われ, 九州などでは婚礼の, 九州などは早く起こっ, 九州などへ姫君が, 九州なんかに行くの, 九州において雑類と, 九州においても特に武芸, 九州にかけての各地を, 九州へと旅を, 九州へといふ話が, 九州へなんか行かないでも, 九州へまで源軍の, 九州へんの武家, 九州ほど茶を, 九州ほどには統一し, 九州ほど製陶の業, 九州までとなると, 九州みちのく信濃新田諸党, 九州みなそれぞれの言葉, 九州もしくは中国地方の, 九州よりはずっと小さい, 九州よりも多く店頭, 九州をも探って, 九州クンダリまでお, 九州帰ルカラ川崎マデ, 九州ホテルで靴, 九州ヤナガワのもの, 九州ヨリ虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 九州一円四国和歌山奈良京都などを旅, 九州一円平定したの, 九州上方地方にひきつづき, 九州中国四国紀南北陸全土の宮方, 九州中部山脈の屋根, 九州久留米出生で上野義民, 九州九州から海外, 九州五島あたりは鰡, 九州人東北人などは材能, 九州以南でもいわゆる, 九州以外に置き, 九州以東の海路, 九州信州及び北海道, 九州をする, 九州入りから東上, 九州體を, 九州全体が安い, 九州に於, 九州内地の迷信, 九州内部のたたかい, 九州出来のもの, 九州動乱の急, 九州の味方, 九州北半の大, 九州北岸へ渡つたらう, 九州北部一帯に丑の日様, 九州北陸北海道迄も行つて, 九州南方の住民, 九州厳島などの全, 九州及び治水の, 九州及瀬戸内海にも分布, 九州はこれ, 九州藩の, 九州各所にある, 九州名物の河豚, 九州吹戻し, 九州四国中国方面から攻め, 九州四国山陽のお, 九州四国本州に土着, 九州四国琉球等の地理地質, 九州四国紀州から東北, 九州四國から陸前, 九州四國方面に短時日, 九州土佐の諸, 九州土佐あたりへも分れる, 九州土着の大名, 九州在住の作家, 九州在国の豪族たち, 九州を巡業中, 九州地下水の呼び水, 九州地方一流の発音, 九州地方全部を巡られ, 九州地方十七といふ状態, 九州地方大樟尤多しと, 九州地方旅行より帰宅, 九州地方特有の顔つき, 九州多々良浜に七度, 九州大分の国, 九州大名指揮するなんぞと, 九州天狗と東北天狗, 九州天草や南海, 九州天草島郡領房雪の末子, 九州奥羽に連発, 九州山系の外帶, 九州山陽の遠征軍, 九州島原まで危險, 九州島津氏の猛, 九州大教授, 九州帝国大学医学部の全景, 九州帝国大学医学部法医学教室に到着, 九州帝国大学医学部精神病科教室の教授, 九州帝国大学医学部精神病科教授医学博士正木敬之氏で御座います, 九州帝国大学医学部長若林鏡太郎君の名著, 九州帝国大学在学当時の白鷹氏, 九州帝国大学教授医学博士で九州大学病院, 九州帝国大学構内を包む, 九州帝国大学法医学教室屍体解剖室内の奇怪事, 九州帝国大学精神病学教授従六位医学博士正木敬之氏が溺死体, 九州帝国大学精神病科教室にキチガイ博士, 九州帝国大学精神病科教室附属狂人解放治療場に於, 九州帝国大学精神病科本館講堂のボールド, 九州帝国大学総長真野文二博士は先年日比谷, 九州帝国大学耳鼻科出身の後輩, 九州平戸の粟島, 九州平氏の名, 九州弘通の法将, 九州彦山の山伏, 九州征伐余勢の気焔, 九州征略の際, 九州戸畑松本馨って, 九州折尾の納屋頭, 九州探題北条英時が蒔い, 九州探題英時は他人, 九州支社より帰朝最初, 九州政庁の探題邸, 九州文人畫と京都, 九州文学関西文学などの活溌さ, 九州新聞を読ん, 九州旅行中に聞いた, 九州旅行中錦帶橋の知人, 九州日報夕刊に大略左, 九州日田の山地, 九州時代有明海にし, 九州書生などもい, 九州朝鮮等に廣, 九州は信州, 九州東北にまでわたっ, 九州東福寺領への赴任者, 九州県の, 九州某地の赤山, 九州柳川の換字, 九州柳川在の生れ, 九州武士の感情, 九州残らず打ち従えて, 九州水城の城, 九州沖縄八県聯合の共進会, 九州沿海のお, 九州津々浦々の船, 九州活動いらいは, 九州の教育, 九州漫遊の途, 九州瀬戸内海大和地方にかけて既に, 九州炭山株式会社の取締, 九州特に筑後川流域説を, 九州特殊の迷信, 九州とか東北班, 九州男子の, 九州療養所に於ける, 九州な顔, 九州的性格が身, 九州種子島方面から相当, 九州か, 九州筋遊歴の積り, 九州筋長崎へでも参る, 九州管内敵機なし, 九州紀州などのほか, 九州紀行は天正十五年豊太閣島津義久, 九州経略を主, 九州ノ二三年先ニ江戸ニ来タトイッテモ, 九州肥前に営, 九州肥後熊本五十四万石細川侯の行列, 九州育ちのしかも, 九州脊梁の人煙, 九州であった, 九州若松で火野葦平, 九州菊池党へ秘勅, 九州をした, 九州行そのものは悪く, 九州製紙会社を見, 九州西は朝鮮, 九州西半部各地に散在, 九州西南の役, 九州西国あたりから聞伝え, 九州西国二十九番の霊場, 九州西国大和などに較べる, 九州西岸航行説を主唱, 九州と囚人用語, 九州諸国の僧, 九州諸族も我, 九州豪族中での重鎮, 九州越後奥州までのし, 九州足利方のあらまし, 九州に変装, 九州造氏であった, 九州遊説の別働隊, 九州遊説中の原, 九州遠征から帰っ, 九州遠征中に女, 九州醫大を出, 九州鎌倉の往還, 九州防衛のため出発, 九州阿蘇付近でコガネグサ, 九州陣巌石の城攻, 九州随一の勤王家菊池武時, 九州に云, 九州飯塚から親書, 九州鹿児島から人