青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「九~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~乗っ 乗っ~ ~乗った 乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘 乘~ 乙~
九~
九州~ 九月~ 乞~ ~乞食 乞食~ 也~ 乱~ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~

「九~」 21979, 237ppm, 414位

▼ 九~ (1417, 6.4%)

61 の夜 40 の朝 23 のこと 20 の晩 17 づけの 13 である 9 のお 8 に棠軒, の事, の午後, の間 7 であった, の夕, の日 6 にし, になる, に歿, に生れた, の夕方, の忌, の月 5 であつ, という日, にお, の条, の法事

4 [11件] が過ぎる, だ, という, にかい, に江戸, に蘭軒, の, の午前, の日曜日, の早朝, の集り

3 [14件] か十日, が過ぎ, だった, に, に第, に至つて, に西安, の分, の夕刊, の日附, の明方, の正午, の牡丹餅, の頃

2 [78件] か, から十二日, から開始, がすんだら, が御, が来た, しかない, たつと, だと, でございました, でした, です, で家康, とある, となる, にここ, になった, にはいよいよ, には同, には私, には関白さま, にもなる, にやる, にパリ, に五十一年目, に保, に八十歳, に又, に大阪天王寺, に完結, に帰っ, に御, に手紙, に抽斎, に書い, に書いた, に死んだ, に父, に神楽坂署長室, に自分, に至つて始, に至り, に至る, に誕生, のウォール街, の仏事, の出来事, の午前二時, の午前十一時ごろ, の午後七時五十一分, の午後七時五十一分頃, の夕暮, の夕暮れ, の夜半, の大, の後, の新聞, の日曜, の日記, の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, の昼, の條, の法会, の法要, の生れ, の節供, の草堂集, の衆議院, の記念, の貧乏, の電報, は, は三朝, は帝国芸術院会員, まで, もその, を待つ, 曇り

1 [872件 抜粋] あった, あつた, あつたり, いよいよ大坂, かかって, かに東京, かね, からじき, からのこと, からわずか, から一度, から七月三日, から三週間, から二十五日, から五月二十一日, から休会, から十三日, から十二三日, から十六日間, から建暦元年, から毎日ボーイ, から約, から翌年七月末, から表, か二十日, が〆切, があける, がす, がすむ, がどうか, がもう, が五月五日, が十三日, が日, が春尽, が済みました, が済んだ, が濟ん, が立春, が過ぎれ, ぐらいと見, ぐらい蒸されるだろう, けふ, こんなにたまりました, じゃありません, じゃから, すなわちあの, すなわち約, せいろん島コロンボ市マカラム街, そしてうた, その日, それで小塚検事, だけこの, だぜ, だつた, だとかの, だなんて, だよ, っていう日, つづいて, づけ, てっちゃ, であいにく, であったという, であって, でこれ, でしたか, でしたろうか, ですから, でせう, でないところ, でもすんだなら, でゆきき, でショウ月, で丁度, で不足, で信明, で刑死, で同年十二月, で専六, で時間, で朝, で死亡, で終る, で結ん, と, といい, というの, というハンパ, という恐慌, といっ, といふの, とかい, とし, となった, とのみ日附, とばかりで聞く, と七百六十五日目, と云, と十日毎, と口, と定家, と意識, と書し, と歩き回る, と記憶, と鹿島行方二郡, なので, なる農奴解放, にある, にいちどきに, におこった, にかいた, にかきました, にかけてソヴェト, にそういう, にその, にそんな, にてある, になっ, になつて, になりぬ, にね林町, にはお前, にはお目にかかり, にはすっかり, にはそれ, にはどう, にははや, にはまだ, にはやはり, にはりよ, にはペルリ, には上田, には二五〇, には二種類, には信長, には内務次官中村元雄, には又, には土地, には堺, には尼ヶ崎, には左, には式事一切, には征討, には徳さん, には成歓牙山, には手紙, には新年号, には曇っ, には木下, には栃木町, には樺山内務大臣, には江戸, には王侯たち, には田中派, には祖父伊兵衛, には筒井, には船岡, には蒲原, には裁判所, には長, には障子, には鞍馬毘沙門, にもう, にも十五日, にも在京, にも更, にも開かれ, にやるらしい, にゆき, にアンブロン, にサボイ, にニューヨーク, にフォニックス市法廷, にミユンヘン, に一定, に一斗五升, に上陸, に主人, に五十八歳, に亡くなっ, に今, に伊勢, に佐渡, に使用, に信長, に僕, に光厳院, に八尾城, に六男翠暫, に共立学舎, に再び, に出発, に刑法官判事, に到っ, に到達, に十六歳, に千駄木村植緑園, に単身入京, に吉津村, に四, に四十二, に多紀, に奏覧, に妻子共四人, に妾春, に子分, に安土, に安養寺, に定期登城, に室蘭, に将軍家, に将軍家綱, に将軍頼家, に小塚, に小樽, に尚侍, に届出, に山田源吾, に崩, に帯刀先生義賢様, に帰塲, に広島, に延期, に当, に当る, に彼, に忠之, に急, に我々, に手向けたらしい, に押し迫っ, に提出, に新富町, に於ける, に暴動, に暴風, に未だ, に来れ, に松田町, に林町, に森枳園, に正, に正造, に死なれる, に水谷判事, に決行, に法住寺殿, に法律, に海軍陸戦隊, に湯元, に源作, に演説会, に犬塚印南, に産み落しました, に當, に発向, に直接, に相模, に相馬大作, に瞑した, に突然, に竹里, に紐育, に緑郎, に致仕, に興行, に良経, に茶山, に菩提所遍立寺, に行っ, に訪問, に誕生日, に豊島町通横町鎌倉横町家主伊右衛門店, に貴女さま, に赴任, に起る, に身延, に通い, に逢われなかった, に那覇出帆, に鎌倉, に開成山, に関田町, に限る, に雲龍寺, に頂き, に顔, に養子雅之助, ね, のあいだ, のあかつき, のきのう, のこと後鳥羽院, のころ, のその, のところ, のひる, のまる, のラヂオ, の丑, の予告, の事件, の京都義方会, の今一つ, の例年, の供養, の公判廷, の出先, の前後両日, の前日, の十五日, の午, の午すぎ, の午前一時頃, の午前七時半頃, の午前出勤中, の午後それぞれ原隊, の午後一時半, の午後九時前後, の午後二時頃, の午後十一時すぎ月, の午砲, の印象, の和歌, の四人朗読非常, の堺, の夕かた, の夕月, の夜中, の夜以来, の夜明け, の夜母, の大祭, の大風雨, の太陽, の宵月, の寅, の序, の御, の戦災, の手筈, の拘留期間, の放射能, の旅, の日付の, の日本プロレタリア文化連盟拡大中央協議会, の早朝アムステルダム, の昼時, の昼頃, の晩長州, の暁方, の暑気, の暗夜, の曇, の曲輪, の書牘, の朝がた, の朝三人, の朝仏蘭西, の朝庄原, の朝方, の朝陽, の検挙, の比, の漂流, の父, の発病, の秘密, の空, の符, の紛失一件, の缺月, の聴取書, の興行, の茱萸, の菊, の菊兵衛, の蒸物, の血, の討幕派クーデター, の誤差, の議会, の重陽, の金曜日, の間墓, の閣議, の鴎外, はいい, はこう, はただ, はどう, はどういう, はひき明け方, はまた, はよし, はアルファベット, は一日六度台, は九月, は京水瑞英, は例, は冬, は午前中, は境, は夜, は大嵐, は強風, は戸塚, は打ち, は文化三年六月十八日, は春社, は江戸, は激戦, は生国魂, は西経, は閏年, は静岡大火同情マチネー, ばかりも彼, へかけ, べったら, また同じ, までいらっしゃる, までだ, までつづきます, までには帰っ, までには約束, までに五, までに作っ, までに遅くとも, までの三日, までの長期, まではこう, までは太陽, までは毎日, までミュンヒェン, までロンドン, まで七日, まで仕事, まで単独, まで四日間, まで延長, まで放置, みゆるし, も, もさうで, もまた, も十日, も左大臣, も明け, も経たねえ, も過ぎ, も過ぎた, も降り続いた, よ, よりただちに, よりは捕へらる, より三十日, より三月十八日頃, より二十二日, より始めた, わが妻, を以て万石以下, を以て出発, を以て霞亭一家, を大手住, を待ち兼ね, を案外, を節供, を読む, を迎える, を頂上, ノ夜, 初めて六・六, 即ち事件, 即ち忌避却下, 即ち重陽, 同十二月二十一日, 始めて, 帰ろう道場, 御卒去, 御暇御免, 心もとなさ, 早く大学, 痛ましくも, 真夜半, 祷りつづけられた, 突然ゴンサカ, 第十五回公判, 経ちますと, 経ってから, 置き位, 迄, 迄マチネー, 迄記事, 迄通す, 過藤戸浦, 長々と, 附け発令, 頂いたから

▼ 九~ (1324, 6.0%)

31 の春 25 の秋 20 の夏 15 のこと, の間 14 になる, の頃 13 の大 10 に至る, の冬 9 である, の 8 に生れ, の後 7 という年, の歳月, も前 6 にし, の三月, の十二月

5 [11件] に, になっ, の七月, の事, の五月, の作, の初夏, の四月, の役, の暮, の資財帳

4 であつ, といえ, にその, には, に彼, のころ, の一月, の月日, の長い, 後三年

3 [18件] だ, に入っ, に公, に出た, に江戸, に生れた, に至り, のあいだ, のある, の二月, の出生, の日本, の末, の正月, の経済年度, ほど前, を囘暦, を経

2 [64件] かかって, から四十年, が間そば, だから, であった, で終る, と七カ月, と云, なり, にこの, にした, になつて, になります, にはまだ, には瑞英, には脩, にセーラム, にフランス, にフランス革命, にヴィーン, に京, に出, に出版, に成就, に有名, に死, に死す, に永代橋, に病死, に私, に第, に終る, に至っ, のこの, のはじめ, のキリスト降誕祭, のヴェルサイユ会議, の九月, の今日, の何, の出来事, の十一月, の十一月中旬, の十月, の半生, の地震, の報告, の年月, の彼, の恐慌, の新春, の昔, の暴落, の条, の條, の生まれ, の真夏, の話, の非, の飢饉, はこの, もがんばった, も秋, 御国替

1 [807件 抜粋] あります, いらいとりわけ, いらい各, お冬, かかりましょうと, かふむ, から, からだ, からは労働者, からは鉱業停止, からケーニヒスベルク, からニューヨーク, から一九一四年, から一八九一年, から一八四五年, から三〇年, から三三年, から三十五, から世界経済恐慌, から二五年, から二十三年, から五ヵ年計画, から全, から六八年, から十二年, から十五, から南北統一, から四〇年ごろ, から天文十七年, から明治三年, から禁酒運動, から翌年, から言われ, かれが, か三十年, か二十年, か十年, こそソヴェト同盟, こそ自重, この家, この方涙, この東北学院, しかない, しか使っ, してから, じゃア, すなは, すなわち大, たった今, たって, だった, だったから, だと, で, であったこと, であると, でしか, です, でその, でバタビヤ, で今, で同年六月七日, で文台, で此人, で玄機, というもの, という感じ, という時代, という歳月, という特別, といっ, とすれ, となる, と一八三〇年, と一八九二年, と云え, と十月きりここ, と推定, と比べる, と続け, と英男, と革命, ないし一七九四年, ないし十年後, にいたっ, においては露船高田屋嘉兵衛, において批評家自身, において民主主義文学者, における仏国大革命, における国会図書館, にかけてのこの, にかけてソヴェト, にかけて基本的人権, にかけて肝臓炎, にかけ一つ, にこう, にそれ, についての知事, にでた, になつ, になもし, にはその, にはイエニー, にはウイン, にはオランダ, にはカラハリ, にはコーヘン, にはソヴェト全農戸, にはボストン, にはワルゲンティン氏, には三女, には二代将軍秀忠, には光明道隆氏, には六億一千万円, には前, には十石, には南畝, には吉岡憲法, には吉田内閣, には城, には失敗, には宗祇法師, には山本北山六十一, には彼, には旧, には春水五十二, には最後, には東京府, には欧洲, には王立研究所, には私達, には秋, には美作守, には関根八段, にもなる, にも劣らぬ, にも帰郷, にようやく, にわたる一会計年度, にわたる信玄, にウェストン氏, にオークランド市, にゴーリキイ, にソヴェト, にドイツ帰り, にバーソンズ, にピサ, にフルウリイ書店, にマドレーヌ, にレオン, にロンドン, にヴィユウ・コロンビエ座, に一屋無余, に一時オーストリア国, に七十七歳, に三井八郎右衛門氏, に上総国市原郡高根村, に両親, に二たび伊豫, に二十三歳, に二十五歳, に二度, に五ヵ年計画, に京都, に伝次郎事件, に僕, に六十一歳, に再び, に出でたる, に到っ, に制定, に北足立郡, に十七歳, に十八歳, に千歳村, に南方, に印刷, に吉野離宮, に吐火羅, に土御門天皇, に地球, に堺利彦君, に夭折, に奉行所, に存在, に宣言, に宮廷, に小島烏水君, に小栗栖香頂師, に工務省雇, に帝国大学令, に帰朝, に延長, に当る, に当時ロンドン大学教授, に從來中, に心霊現象研究会, に批評, に擧行, に故, に新道, に於, に早く, に書いた, に李景, に東大在学中, に検使, に此, に死する, に死せり, に江統, に潮州, に焼失, に物故, に現われた, に発行, に登勢, に發布, に穆姜, に筑前蘆屋浦, に終った, に統治, に羽柴筑前守秀吉, に職場, に芝田町九丁目智福寺, に英人, に蒐集, に蘭軒, に記した, に質問, に農奴たち, に金峰山, に金陵書局, に開催, に革命, に高知, のあいだ俺, のお正月頃, のくだり, のこのごろ, のさい, のとき, のはげしい, のひ, のやう, のアメリカ, のカルネワレ, のゴールド, のシイズン, のスタイルどおり, のダーウィン百年祭, のドイツ, のノート, のパリ, のペテルスブルク, のヨーロッパ, のレコード, のロンドン, の一四年間, の一年, の一月十八日, の一現象, の一般報告, の七月下旬, の七月十四日, の三つ, の三月日本, の三陸, の三陸海嘯, の世界, の丙午, の両, の九戸乱, の九月十三日, の事件, の二月十九日, の五月一日, の五月六日, の五月十日, の交, の人口見積り二八, の伽藍縁起, の例, の元日, の元旦, の入牢, の八月二十七日, の六, の六月三十日, の六月二十三日, の六月頃, の冬田能村竹田, の出漁船, の初春, の前, の力, の勅命, の北越陣, の十一月頃, の十月十七日, の半ばごろ, の句, の哲学的論争, の四月三十日, の堤防決潰, の報告書, の夏アメリカ, の夏休み, の夏前, の夏秋, の夏築地, の大名, の太政官, の好況時代, の屈辱, の師範学校長, の年の瀬今, の序, の庚午, の廃錮, の役ごろ, の後半, の復活祭, の心持ち, の恐慌以来, の悪夢, の懲役, の或, の戦い, の手紙, の探険, の文壇, の新, の新春型, の日, の早稲田時代, の星霜, の春創刊, の時代, の時間, の暮れ, の暴風, の木版刷, の東京, の東北海岸, の検地, の概括, の権力, の正月那須, の歩み, の死亡, の民主主義文学, の決潰, の法隆寺, の洪水, の火災, の牢獄生活, の獄, の現実, の生, の生涯, の留学, の短い, の社会主義社会, の社会政治現象, の秋上州四万, の秋英人スコット, の窮民救助法調査会, の終, の統計, の義務教育, の苦しい, の著述, の蝦夷蜂起, の表, の裏田圃, の計測, の記念塔, の記録, の誤植, の調査, の諸, の資財帳中, の辛棒, の鎖国以後, の長き, の間独学, の間隔, の革命, の類焼, はいい, はそれ, は世界, は世界恐慌, は伊沢, は伸子, は南京虫, は慶応三年, は我国, は日本山岳会, は明治十年, は明治四十一年, は極めて, は死亡, は秀忠, は蘭軒, は蘭軒歿後, は魏, ばかりの後, ばかり乗, ばかり引き, ばかり無事, ほとんど千五百万人, ほど昔, まえと同じ, まえの, まさにキュリー夫妻, までが五十七年, までここ, までには単行本, までの二期, までの仕事ぶり, までの間, までは政府, までまる, まで勤め, まで日本, まで書く, まで溯る, まで独逸公使, まで続いた, もか, もつづい, も京都, も今, も住んだ, も別れ, も存生, も少し, も惱ん, も懸っ, も押, も暮れ, も禁錮, も経った, も経ったろう, も過ぎ, や, ようやく二十, より一一六〇年, より一三一九年, より一九四二年, より一八八五年, より三十三年, より使番, より八一年, わが文政二年, をかぞえ, をさかい, をむかえた, をめとり, を以て歿, を入れる, を期し, を歴, を経過, を見よ, を迎, を通観, を過ぎ, を隔て, 不沙汰, 乃至千九百十一年, 住み慣れた土地, 依嘱, 再び渡米, 初めて箱根, 即三十歳, 及び一七一〇年, 及び一六七〇年, 同じく十年, 実朝, 御年十九, 振で, 掛るかも, 更に新進, 未だ嘗て一言, 死んだ北インド王ランジットシン, 相継いで, 立っても, 第一回, 第一次大戦, 第二囘, 第十年分, 経た今, 経つた, 迄に田畑山林屋敷, 迄四年, 迄續, 過ぎて

▼ 九~ (966, 4.4%)

16 になる 13 になっ 12 の汽車, を過ぎ 11 に起き 10 であつ, に起きる 8 から十時 7 から二時, から十一時, であった, になった, を打った, を打つ, 起き 6 から三時, から十二時, だった, だよ, 過に 5 から四時, すぎて, だ, といえ, に家, を廻っ, 少し過ぎ

4 [13件] から第, か十時, だから, です, に, にならない, になり, に出発, の急行, までだ, を過ぎる, 少し前, 過ぎて

3 [17件] から夜, か十時頃, が鳴る, すこし前, といふ, なり, にお, に出勤, に学校, の列車, までこの, を少し, を指し, 起きして, 起きで, 起きの, 起き入浴

2 [69件] かっきり, から, からである, から十時半, から午後一時, から午後五時, から午後四時, から式, から甲板, か十時ごろ, がうっ, がき, すぎても, すこし過ぎ, だったの, である, でございます, ですから, ですよ, でせう, というの, と時計, にくる, にここ, にでもなり, になりけり, にはこの, にまた, にもならない, にコゼット, に床, に眼, に行く, に近い, に青森, のかね, のニュース, のバス, の下り, の夜行, の時, の特急, の鐘, の電車, はいけない, はすぎた, まで, まであります, までかかる, までの間, や十時, より十時, をうった, をすこし, を十五分, を合図, を打ちました, を打っ, を打出した, を聞き, を過ぎました, 少し過ぎた, 起きが, 起き今日, 迄五分の間, 近い頃, 近かった, 過ぎてから, 過であった

1 [519件 抜粋] あの怪人, あるいは十時開場, あるいは十時頃, かといぶかる, かねて, からお, からおおよそ, からお待ち, からこう, からずっと, からだ, からだろう, からで, からの, からの診察, からはじまった, からは学生, からひけ, からギンネコ号, から一つ, から一時, から一時間, から七時半, から三回目, から九時五十九分, から九時十五分, から二十時の間, から二荘, から來, から十一時前後, から十二時の間, から十二時近く, から十時の間, から午前一時, から午後, から午後三時, から午後二時半, から午後十時, から売り出す, から夕刻, から夕方七時, から夕方五時, から夜中, から始まる, から學校, から宣誓式, から山口市, から彼, から徹夜, から支部長會議, から来, から正午, から生活, から翌日, から藤屋デパート, から蜿々長蛇, から行っ, から退出, から飲み始め, からPCL, か九時, か九時半, か九時半ごろ, がきた, がくる, が事実, が打っ, が打った, が打つ, が来, が過ぎる, が鳴り, きっかりに, くらいの高座, ぐらい, ぐらいな, しつとり, じゃ, すぎたばかりに, すぎたら人通り, すぎてから, すぎるまで, すこしまわった, すこし過, それにあそこ, だあはて, だか, だかに, だからね, だし, だっせ, だったか, だったからネ, だとか, だな, だろう, だろうと, だ宗三思惑, だ急いで, だ朝, ちかくな, ちかくにも, ちっと廻った, ちと過ぎた, ちょっと過ぎた, って時間, つて, てぇと, であって, でありそれ, でありました, でございます厩橋, でした, でしたから, でしょう, ですかい, ですきょう歯医者, ですぜ, ですね, でなければ, でも十時, でも相当, で帰京, で留つて, で立ちます, で立った, で行つて三時, という, ということ, という頃, としよう, となり, との鐘聞ゆ, と九時三十分, と云, と云う, と十時の間, と午後四時, と定めた, と店, と致し, と言え, と通知, どころか十時半すぎ, なのに, なん, におき, におやすみ, にかあらむ, にかえっ, にかけてのこと, にかれ, にこの, にしましょう, にしめ, にすぎなかった, にする, にそろつ, にとにかく, にとまり, になつて, になりました, になります, にねむり, にねよくっ, にね新橋駅, にはお, にはなる, にはもう, には五分, には人々, には印刷局, には水蜜桃, には着く, には計ります, には起き, には起きる, には達し, にまだ, にまっ, にまで及んだ, にもなった, にもならん, にもなるだらふ, にもまだ, にも十時, にやってくる, にやや, にクロイツア・ソナータ, にゴルフ, にスタディオ, にバベルマンデブ, にプラーグ, にヘルマン, にラッパ, に一度目, に上野, に五百磅, に会っ, に伺わせ, に佃君, に体, に來, に停車場, に僕たち, に入隊, に出, に出られる, に出る, に出港, に出社, に出船, に出頭, に到っ, に到着, に厩舎, に及んだ, に受付, に大分間, に大阪, に始まり, に始まる, に娘, に学校時代, に寝た, に寝る, に彼女, に徳山迎, に成っ, に戸塚警察, に新橋駅, に日本代表, に早, に来, に来い, に東京駅, に梯隊, に母上, に熱海ホテル, に父上山形行, に現れる, に病院, に発車, に皇帝, に目, に眞山君, に眠り, に眠ります, に着い, に着いた, に着かれる, に終った, に羽田, に芝公園, に行こう, に行っ, に解剖, に訪ね, に訪問, に貴族院, に起きた, に起させる, に起され, に起床, に辞し, に迎, に近, に近かっ, に追い着こう, に野宿所, に閉店, に隣室, に集合, に雨, に馬車, に鳴り, のうち, のこと, のつもり, のでかえる, ので大阪, ので帰ろう, のロンドン, の呼出し状, の夜廻り, の御, の急行車, の折尾行き, の明るい, の時刻, の朝食, の汽船, の無線時報信号, の爆発, の茶會, の裏町, の閉館, の青い, の高座, の鳩時計, はおろか十二時, は近い, は過ぎ, まえに, まさしく赤道, までいた, までうたせる, までお勝手, までがいのち, までそして, までだった, までだろう, までで, までと改め, までなんとも, までに, までにいらっしゃる, までにぜひとも, までにはいろいろ, までにはもう, までには上ります, までには必ら, までにみんな, までに一千万円, までに倉田屋, までに僕, までに彼, までに必ず, までに数寄屋橋ビルデング四階東洋興業株式会社, までに昇さん, までに来, までに来い, までに来なくっ, までに相違, までに藤屋デパート, までに行け, までに離床, までの一時間, までの客, までの行動, までの間頃, までは一時間八銭, までは事務室, までは申し分, までひきとめとく, までも労働, までを散歩, まで三時間, まで久万町行乞, まで仕事, まで会社, まで勤めました, まで四時間, まで地下戦車, まで夜間営業, まで寝, まで延ばし, まで打, まで時, まで書き, まで続いた, まで續, まで船, まで許可, まで読書, まへの, もうすぐそこ, もう一度飲む, もすぎた, も廻っ, も近く, よ, よりテスト, より乗船, より九時半, より前, より十一時ごろ, より十二時ごろ, より堺生, より巡査部長ほか一名, より早く, より鈴木某氏, を, をうたせる, をうち, をうち出した, をうち終った, をさし, をすぎ, をすぎる, をま, をまわった, をわすれる, を三十分, を五分過ぎ, を以て千住大橋, を報じ出そう, を報ずる, を夕, を大分, を廻つて, を打ち出した, を打つた, を知らせる, を聞い, を過ぎた, カッキリ, キッカリ, 会って, 又佐々木ガ血壓計, 小汽船, 少しま, 少しまえです, 少し廻つた, 少し過, 廻って, 御就床, 御本邸, 愈々空知川, 打ちました, 打ち軈て, 打った頃, 打つた, 早いから, 明るくなる, 正十二時, 漸う大阪, 漸く二千五百米, 着二時間あまり行乞, 着孤独, 着行乞三時間, 知る人, 約五十名, 起きお盆, 起きだ, 起きでは, 起きは, 起きも, 起きももうわ, 起きズシーン, 起きタカリ, 起きポリドール, 起きロッパチーム, 起きローマ風呂, 起き世, 起き今日一日, 起き入湯, 起き出かける, 起き医者, 起き十二時半, 起き又, 起き地下, 起き帝劇, 起き座, 起き撮影開始, 起き文ビルけい古場, 起き昨夜, 起き昨夜雨, 起き朝, 起き橘夫妻, 起き滝村, 起き若葉, 起き辛し, 起き食事パン, 起きPCL, 辞して, 迄, 迄がんばっ, 迄ぐっすり, 迄と云う, 迄に, 迄に一人, 迄に来る, 迄に母上, 迄に間違, 迄の間, 迄ビール, 迄之内, 迄働い, 迄見, 近いたっぷり, 近い時刻, 近かつ, 遅くも, 過ぎたでしょうよ, 過ぎたので, 過ぎた是りや梅子, 過ぐるころ家, 過さつき買つて來, 過で, 過でしたヨ, 過なり, 過なるべし, 過にな, 過の, 過まで, 過ギニ決マッテイルカラ, 過再び, 過辭, 過迄

▼ 九~ (754, 3.4%)

23 娘が 18 年に 8 一, 二, 厄で, 年の 7 時に 6 三, 原稿を, 娘, 娘の 5 四, 女の, 春に, 若い娘, 青年が 4 地獄第, 女が, 娘に, 娘を, 春の, 色の, 色白の, 頃に

3 [12件] ときに, 五, 厄だ, 厄の, 地獄に, 夏の, 娘と, 時から, 綺麗な, 美しい娘, 若い女, 若さ

2 [56件] これも, ころに, さちよと, さちよは, ときである, とし, 事, 今まで, 六, 厄が, 厄年が, 厄年である, 厄年に, 可愛らしい娘, 地獄この, 声を, 夏子が, 大厄だ, 女に, 娘さんだけ, 娘だ, 字が, 字の, 小娘を, 小柄な, 小粋, 少女だ, 島の, 年で, 幼, 文献が, 旅姿の, 日に, 春まで, 時である, 時でした, 時分から, 時分親爺と, 暮に, 書生の, 月は, 歳に, 歳には, 火箸の, 男が, 男は, 私は, 秋で, 秋に, 美しい新造, 色子が, 若い者, 間取り, 隠者は, 青年の, 頃から

1 [445件] うちこの, うち三〇七一の, おいしなどを, おしもに, おもかげ, お久美さん, お夏, お嬢さん, お富, お梅, お正月を, お種, お藤, お辰, お雪, かすりの, かなり年の, が行, きょうまで, くせに, ことであった, この春学校, これは, ころから, ころ春の, しとやかな, すっかりと, すばらしい花嫁, せつ女の, それは, ために, つく日, でっぷり立派, ときは, とき主人に, とき亡くなった, とき十五であった, とき持っ, とき札幌へ, とき漢学に, とき結婚した, とき貰つた妻といふ, とき隣り, とき麹町善国寺谷に, としのくれ, と三十, どこと, はずだ, はてれ隠し, は少し, ばあちゃんだ, ひつじを, ぼくには, まだ嫁, ものにとっての, やや才気, ように, よりも制作年代, われすでに, ウバ桜である, ティトフだ, ハイカラな, ブルジョアジイへの, ポチャ, ポチヤポチヤした, マリマリ嬢が, ムーゼ我に, レンズを, 一〇三以下及び, 一つ違ひ, 一一四參照, 一人の, 一字を, 一寸澁皮の, 一葉には, 一葉は, 一角で, 七, 丈高き, 三カ月は, 三ヵ月が, 三ヶ月間に, 三月にわたっては, 三月は, 三月中と, 三男正儀, 三菜園八の, 三角点ある, 上に, 不義の, 両日には, 両日にも, 両日にわたり, 両日は, 両篇, 乙女が, 二十六と, 二変ホ長調の, 五ヶ月にわたっての, 人口に対し, 人品な, 今だに, 今日まで, 今日までに, 仕事, 仕事が, 仕事がをは, 仕事を, 仕事ハムは, 仕事倦ける, 仙一は, 仮名の, 何も, 侍が, 侍は, 信長だ, 俥は, 倅が, 元気な, 六三八に, 冬に, 冬ぼくは, 処女など, 処女などと, 処女の, 別品にて, 別嬪が, 利率とか, 前髪立の, 割合で, 割合である, 十, 十七日この, 十手もて, 厄, 厄あまり, 厄これは, 厄と, 厄を, 厄娘ざかりの, 厄年, 厄年で, 厄年です, 原稿も, 原稿整理, 古女房, 可愛い娘, 右脇へ, 合唱が, 名を, 命令に, 和服に, 嚢の, 四ヵ月で, 四年間を, 四日間で, 四日間地蔵さまは, 四歳馬特別競走では, 回答に, 地獄, 地獄の, 地獄は, 地獄地球の, 坂田源三郎は, 坑婦, 堀内通孝, 夏が, 夏だ, 夏でございました, 夏に, 大家の, 天なり, 天即ち, 奇蹟を, 女中が, 女子大学生が, 女隠者, 娘ぐらいが, 娘さんと, 娘さんには, 娘たちは, 娘で, 娘であった, 娘でした, 娘です, 娘では, 娘でも, 娘とは, 娘にとって, 娘は, 娘五人欧洲婦人の, 娘姉の, 娘盛りです, 婦人であった, 婦人に, 婦人の, 嫁入, 子供に, 子供の, 子飼, 字を, 学生が, 学生時代に, 孫一の, 宇と, 家へ, 家を, 家庭では, 實在, 小ぎれいな, 小娘が, 小柄だ, 小燈, 小説, 小防寨, 少女が, 少女なるべし, 少女は, 少年の, 山吹は, 島目がけ, 巻初に, 平均は, 年, 年から, 年この, 年ごろの, 年それまで, 年であった, 年まで, 年よ, 年中学を, 年増, 年正月稽古始に, 年田舎碁打ちに, 年盛りで, 年老, 年配だ, 年頃だ, 庇髪が, 引つめ, 弟に, 弟一人の, 張安世の, 彼は, 彼律義な, 御年, 御母, 徳あら, 心は, 恋人の, 意では, 愛嬌の, 振袖が, 故郷を, 救い, 数が, 数の, 数を, 方で, 日, 日だった, 日で, 日の, 日を, 日九の, 昔の, 春, 春から, 春だ, 春と, 春という, 春なんて, 春は, 春までも, 春を, 春諸方の, 時あやめを, 時かに, 時で, 時であった, 時でございます, 時でも, 時とにかく, 時には, 時はじめて, 時三郎治の, 時代から, 時信二を, 時兄様は, 時児髷に, 時分は, 時嫁に, 時家を, 時死つ, 時母は, 時火事で, 暮まで, 書いた, 月に, 有名な, 本文には, 札が, 束髪に, 案内で, 極無, 機会が, 機会の, 歌によっても, 歌の, 歌を, 武家の, 武家風の, 歳すつかり, 歳の, 歳まで, 歳華すでに, 母とが, 母君お, 比例で, 水, 水天宮様は, 洋服を, 海騒, 淋しい娘, 淑やかな, 滅法可愛らしい, 滅法綺麗, 滑稽が, 無分別な, 無気味な, 父は, 牛酪製菓子および, 物, 物に, 物品を, 田舍娘, 男に, 男には, 男の, 町娘は, 画竜三停九似の, 異った, 癖に, 発送準備それに, 目鼻立の, 眼の, 石と, 碑の, 社会観察の, 祖母は, 私に, 秋だった, 秋まで, 秋朝の, 秋父母に従って, 立派な, 竹や, 粒を, 紀伊国にて, 素晴らしい娘, 結綿に, 絵に, 羊を, 美しいの, 美しい女, 美しい盛り, 美人が, 美女である, 美女と, 美少女と, 美少女は, 美少年である, 美男の, 老人の, 者に, 而も, 聲を, 職人が, 肉體は, 胆と, 脱線で, 腰元楓が, 膝栗毛や, 膝栗毛を, 良い若い者, 色白な, 艶姿が, 花の, 花婿まことに, 花嫁の, 花盛りであった, 芸者が, 若々しい書生, 若い武士, 若い武家, 若い衆が, 若ざかり, 若侍, 若僧が, 若武者と, 若者が, 若者で, 若者であった, 華奢な, 萩乃である, 著書, 蒼ざめた娘は, 處女らしい, 虞美人草の, 血性漢なり, 見馴れない少年, 詞書き朝麿画の, 調子で, 謝, 谷, 豊富さが, 象傳文言の, 賢さ, 賢そう, 赤ら顏紫めりん, 趣意書を, 軍曹が, 輩を, 輪また, 農家の, 農鳥岳絶頂に, 遣り口が, 銀杏返し前垂掛けの, 間取りだ, 電燈の, 青年と, 青瓢箪が, 頃いまの, 頃ドックの, 頃写真に, 頃年の, 頃漢学も, 頃相沢の, 顔に, 駈け出し, 高島田は, 高橋虫麿の, 高齢で, 魅であった

▼ 九~ (710, 3.2%)

51 の時 31 になる 18 であつ 17 にし 16 の頃 14 になっ 11 であった, で歿, のとき 9 か十歳, の年 8 になった, の少年 7 になつて 6 になつ, 若きもの 5 だった, である, で死んだ, の元旦, の春, の秋, を一期 4 だ, の, のころ, の今日, の青年

3 [12件] だと, でした, に達した, の冬, の子供, の少女, の彼, の殿様, の生涯, の老, の老人, の若

2 [30件] だったと, だという, で, であったが, であると, でございます, でモスクワ大学, で二十四歳, で卒, で新潟新聞, で母, で脳溢血, という若, と書い, なら去年, になります, に相成ります, のあんぽんたん, の人, の作, の侍, の夏, の女, の娘, の時分, の母, の若い, の青年時代, の高齢, を以て世

1 [326件] いや百八歳, か, かそれ, から三十歳, から二十九歳ごろ, から二十五, から二十六七歳くら, から二十年, から十七歳, から十二, から十歳, から後, から皆, くらいまでなんと, ぐらいで, ぐらいには殆ど, ぐらいのとき, ぐらいの女中さん, この履歴書, だうむ然, だが, だったが, だったこの, だったの, だつ, だつた, だつたの, だとかで, であったし, であった岡本况斎, であった岸田俊子, であった蘭軒, であっても, であるが, であるという, でいかにも, でこれ, でございました, でございましたが, でございますが, でしょうか, ですが, でその, では, ではじめて, でも強い, でパン焼釜, で一緒, で世, で亡くなつた, で何, で使用人, で入学, で初陣, で同, で唐, で多く年, で大体平安末, で奥医師, で女千代, で女学校, で始, で始め, で家督, で師範学校, で帰っ, で広島, で後家, で戦争, で政談演説, で文章, で春夏秋冬, で本郷真砂町, で死に, で死ぬ, で死ん, で死亡, で死去, で永眠, で没しました, で法律学校, で法然, で源氏, で現在, で番代, で病歿, で盛ん, で県会議員, で結婚, で綱村, で美女, で肋膜, で致仕, で薨, で衣笠城, で親, で誠に, で越した, で通称謙三郎, で隠居, で鴨居, とあった, とあつ, というタイムス, という年頃, という最盛期, という長男, という高齢, といふ人間, といふ見当, としてある, とその, となっ, となり, ともおもわれる, とも見られる, と一カ月, と云う, と十一歳, と数ヵ月, と横, なお二, などという年齢, などを厄年, にお, にしかならない, にて三斎公, にて逝けり, になったら, になろう, にはじまり, にはなつてる, には少し, にもなり, にもなれ, に刑刀, に成る, に相成りまする, に終わる, に至り, のいわばまだ, のお爺さん, のこども, のこの, のころ京都, のころ医者, のさい, のしなやか, のときの, のとき世, のとき彼, のとき父男爵, のとき自分, のカール, のシューベルト, のマリア, のマルクス, のロザリン, の一人娘, の三人, の三月, の中学校, の予, の二人, の五位, の五男直吉, の代官婆, の伸子, の体, の信州, の信長, の優男, の元, の兄霞亭, の兒, の冬此処, の初冬, の初夏, の勞働, の医者, の十二月, の可憐, の夏休み, の大介義明, の大晦日, の大柄, の天保十三年, の天才, の太郎, の奥田, の女中, の女性, の女流飛行家シユザンヌ・ベルナァル嬢, の妙齢, の威厳, の子供心, の家庭教師, の寛文十二年, の将軍, の小作人ニコライ・クリコフ, の小児, の小山内薫, の小柄, の少, の少女たち, の少年ピアニスト, の岸田俊子, の年下, の年長, の幼, の幼児, の弟, の弟也, の弱い, の御, の忠弘, の悪戯青年, の所謂例, の折, の新三郎, の日本, の昔, の春東北帝大, の時ラテン話, の時不幸, の時分手習師匠, の時君侯, の時学友アレキシス, の時董卓, の晩秋, の有名, の梅翁, の業平, の父, の爺さんだつ, の狼使い, の王, の環, の田沢, の田舎青年, の由, の男, の男子, の白痴, の百万長者, の盛夏, の真弓, の短, の秀吉, の稜々, の童子, の端麗, の筈, の結核患者, の美しい, の美人, の美少年, の美少年上原, の老嬢, の職人風, の肉體, の自分, の自適齋東里, の艶女, の若々しい, の若き, の若者, の茂左衛門基治, の草履取り, の蕾, の裁縫女, の親兵衛, の豊麗, の貴人, の質朴, の連中五十名ぐらゐ, の長い, の長命, の長寿, の青年艦長ペリウ, の頃東海道, の頃片山, の高倉祐吉, の高等学校, の黒髪, はたしかに, ばかりであった, ばかりとも見える, ばかりなりき, ばかりのランドセル, ばかりの少年, ばかりの痩せた, ばかりの色, ほどになっ, ほどらしく, または五十歳, までかける, までそこ, までの仏蘭西人, までの寿命, までの少女, までの武人生活, までの男女労働者, までの間, までは乞食同様, まで一ぱい, まで生きた, まで生きる, まで生き延びた, や十歳, より二十三歳, より六十五年, より十二三歳, をもって世, をもって逝かる, を以てこの世, を以て歿, を以て終った, を最後, を若, を頭, 乃至二十一歳以上, 共に後, 同じく西村新三郎, 浅黒い顔, 迄は子

▼ 九~ (543, 2.5%)

6 の家, はその 5 だ, の姿, の心, の死骸 4 の女房, はお, はただ, は女, を刺した

3 [12件] と云う, の努力, の屋敷, の店, の手, の槌, の配下, の顔, は人, は先代, を刺し殺した, を殺した

2 [40件] が, が山犬, が橋, が氣, だな, です, にそれほど, に下女, に似, に命, に騙され, の両親, の事業, の人格交替, の口, の存在, の方, の無罪, の目, の眼, の身許前身, はあまり, はこの, はもう, は主人, は二人, は切腹, は大, は屹, は平次, は昂然, は死ん, は源三郎, は目, は笑い, は自分, は蒼い, をつれ, を刺し殺す, を知つて

1 [375件] あるのみ, か, から, からよこした, か今, か何より, がお, がこのごろ祇園, がしばし, がそこ, がともかく, がなおも, がダンス, が丁度, が五間, が今, が今更, が何ん, が來, が停めた, が刺された, が刺される, が刺し殺され, が又, が境内, が大声, が女, が少し, が帰る, が帰れ, が床, が快く, が手綱, が捕まつ, が推察, が早朝, が有司, が来た, が桑名, が正, が歸, が死んだ, が炉, が猿, が真青, が義理, が蒼く, が藪原, が誘き出した, が語, が誰, が踊り出る, が近づく, が返事, が連れ, が防御, が飛びかかる, じゃア, だから, だけが当日, だろう, であった, であつ, であること, でいれ, でご, ですよ, でそれ, ではあった, でも極めたい, というの, というもの, というん, という人, という親分, といったよう, といふ者, とお, とかいうの, とは拙者, とよぶかりう, と云います, と名乗っ, と名乗った, と呼ばれし, と群衆, と聞い, などそれぞれ扮装, などと云う, など畳, ならまだしも, なら二つ玉, に, にあった, にいどみかかるべき, にかなわず, にしきり, にそんな, にとって右, になつい, には橇司, に争うべき, に休息, に取, に取りすがっ, に対して奇特, に対して被害者, に対するアタリ, に対する尊崇, に対する愛情, に案内, に没交渉, に注意, に真実, に近頃, に迫った, に送られ, に隱, に頼んだ, に食っ, のあまり正直, のからだ, のこと, のす, のそれ, のため, のなき, のふたり, のめんどう, のもと, のやしき, のよう, のイノシシ, の三, の上, の両, の両人, の二人きり, の仕事, の仕打, の仕打ち, の仲裁, の來, の健康, の出た, の前, の勧説, の勧進, の半弓, の危急, の叔父殺し, の口きき, の命, の喚声, の喜劇役者, の声, の声音, の大部屋, の奴, の妹婿, の妻, の小屋, の山犬, の常套, の張り番, の強, の強い, の性質, の所在, の掘り穿った, の描いた, の槍, の欲心, の死すべき, の殺される, の活動, の熱心, の獲物, の瘠腕, の発意, の着物, の短い, の空しい, の突落, の肉親たち, の胴, の膝, の舟, の良心, の蛇目傘, の言, の言う, の話, の身体, の身辺, の連れ, の邸, の配下ども, の青い, の鞭, の頭, の駕籠半弓, は, はあくる日, はうなずい, はおらぬ, はきっと, はさすが, はざら, はしっかり, はしぶしぶ, はしわがれた, はすでに, はそこ, はそのまま, はその後, はそれほど, はちょい, はちょっと, はとても, はどうして, はなだめる, はなんとも, はにが笑い, はまた, はむやみ, はもうこ, はやはり, はわれと, はニタリ, はホントウ, は一心不乱, は上人, は不意, は不興, は両手, は主, は二朱銀, は五条, は些細, は仄, は今, は今年二十歳, は先, は入れかわっ, は刀, は十日, は半ば返事, は原因不明, は吐き出す, は哮った, は唇, は唯, は嘲る, は嘲笑った, は売女, は変, は多四郎, は失望, は孤独, は守り, は実, は寝ころんだ, は小声, は少し, は尚もキッ, は屈しなかった, は山野, は岩壁, は己一人, は年, は店, は当然, は彼ら, は思った, は恐る恐る, は悠暢, は悪い, は懸命, は我, は手綱, は打ち解け, は振り向いた, は暗い, は杖, は杯, は東, は梳らざれ, は楊弓, は武士, は歩き, は死骸, は洞窟, は浅黄, は深い, は無言, は物言, は獲物, は現, は痛まし, は相手, は立ち上がっ, は立上がつ, は美人局, は肚, は自棄, は花火, は血刀, は街道, は表面上柔和, は言い知れない, は諭す, は踏み込ん, は身, は輩下, は途中, は過去, は邪魔, は配下, は酔っ, は金, は長押, は門前, は雨露, は頑として, は顎, は黙々, は黙っ, ばかりは全く, へ申渡されます, へ襲い掛った, へ賜わった, も, もその, もたのん, もついに, もばッ, も同じ, も身, も黙っ, や, よ, よりも後輩, らしきばかり, をおもいついた, をそこ, をただ, をはじめ, を信用, を倒した, を兄, を初めて, を嗤, を小脇, を当, を御存じ, を愛し, を援, を操つた曲者, を極め, を槍玉, を江戸, を素, を罵, を自殺, を討っ, を診察, を誘拐, を追放, を顧みた, ヘ咄シタラ, ヲ呼ン, 尋ねて, 来たか, 笑い出して

▼ 九世紀~ (458, 2.1%)

14 の初め 9 の末 8 から二十世紀 7 の後半, の歌 6 の世界, の前半, の終り 5 のフランス, の大, の始め, の文学, の末葉 4 のロシア, の今日, の半頃, の大勢

3 [12件] になっ, に入っ, に於, に於ける, に至っ, のさなか, のドイツ, の中葉, の人間, の初頭, の文明, の頃

2 [30件] が生んだ, で終った, で終り, というもの, になつて, に入る, に至り, の, のため, のはじめ, のイギリス, のドイツ唯物論, のヨーロッパ, のロシヤ, のロマンティスト, の一流品, の中頃, の作家, の初, の古風, の唯物論, の完成, の時代, の自然主義, の野蛮性, の間, の青年, はその, へかけ, より二十世紀

1 [258件] から, からの近代経済, からもちつづけ, から一, から世界文学, から二〇世紀, から二十世紀初頭, から十二世紀, から連綿, がその, だったらば, です, ですね, では, で売れ残っ, で持っ, で暴威, で終つた, というの, という大きな, という時, といふもの, とはそんな, とは一変, と二十世紀, と更に, どころか今, にあった, にある, においてあまりに, においてなに, においては自ら為政家, においてもっともよろしく, においてマクスウェル, においてヨーロッパ, において宗教的観念, において武力, において法律史上, におけるアメリカ, におけるシェイクスピア熱, におけるロシア, における彼ら, における欧洲労働者, における芸術上, にかけてのこの, にかけてのその, にかけての唯物論, にかけて所謂, にここ, にすくん, にその, になります, にはい, にはやった, には人類, には意識, には排斥, には至って, には随分, にも印度人, によって完成, にアプトン卿, にオースティン, にポーランド, に充満, に入, に入り, に全盛, に其, に及ぶ, に固有, に大, に成つた書, に支那, に最, に移る, に至つて, に至る, に若僧, に英国, に著しく, に西洋, に起った, に跡, に遺された, のあの, のあらゆる, のある, のおしまい頃, のこと, のこれ, のなかば, のはじめ執政官ボナパルト, のアラビア人, のイギリス人, のイギリス文学, のインテリゲンチャ, のインディヴィジュアリズム, のシムボリスト, のシヨウペンハウエル, のスコツス・エリウゲナ, のドイツ唯物論者, のフランス人, のフランス文学, のフランス音楽家ら, のブルジョア勃興期, のヨオロッパ, のヨーロッパ人, のライカルガス, のリアリストたち, のロシア大学生, のロマンチシズム, のロマンチズム, のロマンチツク初期, のロマン主義時代, のロマン派作曲家中, の一大奇観, の一大運動力, の一揆叛乱, の一揆叛亂, の一群, の万国旗, の世, の世界これ, の世界文学, の世相, の中ごろ, の中期, の予言者, の人, の人々, の人物, の人類, の仏独, の仏蘭西印象派, の俗流唯物論, の俗流唯物論者, の俗流唯物論者達, の倫敦, の偉人, の偉人ジョン, の先程, の全部, の八十年代, の初め頃, の初期, の匂, の半, の半ば過ぎ, の半過ぎ, の半頃丁度八五〇年, の厚み, の原則, の名, の哲学者, の好一対, の始, の始まる, の始めころ, の始めスコットランド, の始め議院改良論, の婦人, の小説, の嵯峨天皇, の巴里, の幾多, の当初, の形勢, の後半以後, の後半期, の思想, の悪, の懐妊, の或, の文学運動, の文明自由, の文芸思潮, の文豪, の新, の日本, の日本語, の最も, の最大思想家, の有する, の末ごろ, の末頃, の極東市場史, の欧州, の歌女王パティ, の歴史, の歴史的, の毒物学者, の水力モーター, の活字, の漫画, の物理学, の特に, の犯罪科学, の理想, の生物学者, の画家, の目ざましい, の社会, の社会安寧, の社会状態, の科学者, の終り十世紀, の絵画, の美学全般, の肱金, の自然主義時代, の英吉利生れ, の英国作家, の英文学史, の董仲舒, の西洋文学, の詩人, の近代社会, の近代科学, の進化論者チミリャーゼフ, の運動, の道徳観念, の醫道, の金力, の隅っこ, の露西亜, の音楽, の音詩人, の頃ディオニソス之, の黄昏, は何, は偉大, は分析, は国家的自覚, は國家的, は来るべき, は柔弱, は毒, は自然科学, は鉄道, への一大転向, までに形づくられた, までも英国, まで存せり, まで空白, まで築きあげられた, も半ば, より現, より第, をおくり, を主として, を支配, を昨日, を維新後, を見出します, 乃至二十世紀, 初葉, 即ち唐

▼ 九~ (446, 2.0%)

8 の子供 6 の人間, の子, の心 5 の姿, の者, は完全 4 と言, になっ, の中, の人, の人たち, の名, の女, の心々 3 だ, の仲間, の男達

2 [31件] いて, いるので, でありました, である, と同じ, なり, のうち, のこどもら, の内, の労働者, の勇士, の名前, の夢, の子持ち, の子福者, の家族, の家族中, の小, の決死隊員, の男, の番頭, の被害者, の警官, の部下, はそれ, はへどもど, までは, もの人, を武蔵, を選び, 詰らな相

1 [302件] あったが, あつた, ありしと, ありて, あります, あり衣食, あるべしで平家, いた, いるん, おのおのその, おめ, おりますが, かも知れない, かも知れません, から十五人, から急, か十人, か十人位, が, があつまっ, がすでに, がひとり, がテーブル, が一, が九人, が二名, が四人, が大, が寄宿, が恰も, が既に, が武蔵, が死んだ, が男, が瘋癲人, が白い, が誤, が銃剣, が青山, が風通し, ぐらいで, この御, さ小さく, しかも二組, しか見えなかった, ずつの侍, ずつ敵味方, そしてこの, その中, その多く, それから返, だか, だけ掘り出した, だけ済ませました, だったという, だと, であった, であったとも, であったのに, であつ, であるが, であろう, でこっち, です, ですが, でとりかこむ, と, とある, という, というおお, というの, という人間, という大連, といふ一つ, となっ, となっとる, となり, となる, とふ, とも幼少, とも生れたま, とも申し合せた, と弟子, と憲兵二人, と見え, と言う, どうにか切りぬけられるだろう, ないし一〇人, ないし十人, なら九人, にすぎなかった, について調べた, につき一, になった, になりました, になる, にもなり, にもふえ, にガタ落ち, に四つ, に対して六人, に対して徳川方, に対する七人, に対する四人, に皮肉, に雑, に食物, に馬, のうち四人, のどの人, のガラス珠, のリストリア人, の一味, の三条河原事件, の乙女, の人命, の人夫達, の人数, の人物, の仲間小者, の位牌, の作者, の侍, の供, の傳令使, の僧侶, の兄弟, の兄弟姉妹, の児供, の公卿, の共同生活者, の内五人, の博徒, の原士, の取り, の同勢, の同胞, の同車, の味方, の団員, の土州兵, の垢, の多数, の大夫, の婦人たち, の子ら, の子女, の孫, の家, の容疑者, の宿舎, の少女, の少年, の左右, の店員, の彼女ら, の徒士, の従者, の忍術家達, の憎悪, の手, の手負い, の教正, の敵, の方, の日本人, の有志, の有罪者, の欧羅巴人, の武士, の武者, の残り, の母, の猟人, の生き残った, の生命, の生贄, の男子, の画家, の白服, の目, の砲隊士, の組, の組合員, の義人, の舞姫, の芸者, の若い, の若者, の荒くれ, の荒くれ男, の被害民, の足軽, の身辺, の選手, の野郎ども, の鉱夫, の銃隊士, の骸顱, の髪, はことごとく, はこの, はそう, はなんにも, はへい, はまた, はドイツ語, は一時, は入らぬ, は全然, は全部, は字, は寝, は押込, は木の根, は極貧, は現状, は生き, は百九十三年後, は自分, は自殺, は駈けつづけた, は鳥巣, ばかり峰, まで, までいや, までがこの, までがそれ, までが軽薄, までその, までそれ, までなくなった, までの垢, まではうまく, まではきつ, まではた, までは丸ごと, までは他人, までは僕, までは小人, までは平次, までは年, までは惨め, までは月, までは死ぬ, までは滅多, までは生涯, までは立派, までは行く, までは霊魂滅亡論者, までまるで, までも集め, まで出来, まで大間違, まで媒介所, まで斬りつづけました, まで浮む瀬, まで皆, まで若, まで霊魂, まで飲む, まで黒髮, もの破戒僧, も乗り込ん, も乘, も十人, も同じ, も向う, も呼ぶ, も捨てられ, も詰め込まれた, も釣り荒した, も頭, も駕わき, や十人, よ, よくろんぼ, わいわい云, わいわい云い, をどんな, をも合わし, を引きつれ, を残す, を率, を率い, を相手, を葬, を薙ぎ倒す, を選ぶ, 今祝め, 伏す人一人, 出来た, 居た, 押し合, 捕まったが, 新塾, 程でご, 立ち上がる, 舞いたり, 薄暗い電燈, 迄にそう, 養って

▼ 九兵衛~ (269, 1.2%)

6 です 53 はその, はふと

2 [18件] か, という百姓, という老, と女房, の右, の姿, の家, の方, の胸, はあわて, はことば, はそこ, はそれ, はもう, は彼女, は手, は眼, も少し

1 [216件] ある一日, から知らされ, から金三郎等, が, がお, がからから, がその, がそれ, がもの珍し, がよく, がわらじ, がハッ, が一行, が云う, が何, が口車, が声, が屈み, が帳場, が彼女, が思案, が投じた, が来, が死んだ, が畳, が空, が竿, が老後, が腰, が茶碗, が這入, が部屋, が頬杖, が頻り, が驚いた, しばらくだった, それに四ツ目屋, だよ, だろうが, であった, であります, でした, というおやじ, というもん, という兇状持ち, という堅気, という老いぼれ, といえ, といっ, とを加え, と伜, と向き合っ, と眼, と金吾, などにも悪く, にその, にはそれ, には何だか, にふ, にも分っ, にも手伝わせ, に打明けた, に話しかけたい, のいう, のからだ, のすぐ, のつぶやき, のところ, のひがみ, のひとりごと, の三名, の出迎え, の前, の力, の助力, の名, の報告, の奥二階, の忠告, の忰, の態度, の手, の手の甲, の指, の挙動, の旦那, の欲張り, の相手, の眼, の策, の肩, の胸板, の膝, の膝頭, の膳, の茶碗, の行動, の話, の話した, の足, の門, の顔, はあしらい, はあと, はうなだれ, はお, はおや, はかしこまっ, はここ, はさりげ, はすこし, はすっかり, はすばやく, はせせら笑っ, はそば, はそんな, はただ, はとぼけた, はなおも, はなんと, はひとり, はひらり, はふい, はまごつく, はもいちど, はやがて, はやっと, はゆるい, はクルリ, はケロリ, はジロリ, は三服目, は下, は不吉, は両, は両手, は中門, は云われる, は初めて, は又, は変, は女房, は寄り添っ, は小屋, は小鬢, は少し, は山の上, は左, は帯刀御免, は帰り, は帳場, は帳場格子, は広く, は引っ立てる, は後, は徹頭徹尾, は思う, は思わず, は意外, は日本左衛門, は椀, は様子, は横, は死ん, は気色ばん, は深い, は煙管, は煩, は畷, は結ん, は考え, は肚, は腰かけ, は膝, は自分, は舌うち, は草, は蠅, は見る, は言い訳, は道中差, は遠い, は頷い, は顔色, は飯, は飽くまでも, は驚いた, は鳥渡, へ新, もあと, もいささか, もしかた, もじっと, もその, も劣らじ, も実は, も手代, も神妙, も程よく, も首, も驚い, も鮎舟, を出し抜い, を呼出し, を手こずらし, を振, を残し, を睨ん, を筆頭, を見, を見つけ, を覗い, を逆, 同じく野村庄兵衛, 同じこと, 思わず畳

▼ 九時頃~ (240, 1.1%)

9 になる 7 であった, になっ 6 であつ 4 のこと 3 である, でした, になつて

2 [14件] あんまり暑く, だった, であったろう, になった, には寝, にも鐘, に家, に朝飯, に涼み, に漸く, に眼, までも生徒, 寝ました, 起きて

1 [170件] お出掛, お雑煮, かい, かえった, かえられる, かえる, かな, から, からあちこち, からおそい, からここ, からプレスコ開始, から二時, から例, から例会, から其職人, から出かけた, から出かける, から出掛け, から十四日, から四時頃, から夫, から寝室, から寢室, から床, から引越し, から昼間, から空, から長男, から雨, から黒部峡谷, が命, しのび込み物置部屋, すこし窓硝子, だが, だったけれ共, だつた, だつたが, だつたけれど, だと, だらうから, って言う, であ, であったろう小屋, である途, でいい, でございます, でしたかね, でしたから, でしたけれど, でしたろうか, でしょう, でしょうか, でもあったでしょう, でもあつ, でもあろう, で初冬, で夜通し, で御座, で私, で街, となった, なのに, なりき, なり嬉し, に, にある, にかけて出盛る, にここ, にし, になつ, になり, にはきまっ, にはさしも, にはもう, にはわが, には二寸, には六・八分, には大, には床, には担荷, には擔架, には既に, には終る, には鴎外, にまた, にやありけん, にようやく, にドーブレク, に一台, に來, に出かけた, に参られました, に又, に及ん, に圭子, に寝, に寝る, に寢, に小野田, に待っ, に来, に来た, に発車, に目, に眠り, に砧, に立つ, に終りました, に義雄, に老人, に谷町五丁目, に起き, に起きた, に起きる, に起き上る, に起き出, に起上り, に起床, に酔払つて帰つたの, に醉拂つて歸つたの, に馬車, のだから, の日, の明る, の暗, は未だ, ほの暗い裏通り, まだ迷い, まっくら, までお, までぐっすり, までこの, までには花巻, までにわれがち, までねた, までの間, まではよたよた, までトランプ, まで一睡, まで冴えた, まで午後, まで朝闇, まで眠っ, まで眠ります, まで納豆, もう西, やつて來, やわ, よ, よあれ, よりは遅く, より一人, アガり, 出かけたら途中, 出かける, 出てから, 出ると, 大いそぎ, 実は上大崎所在, 帰って, 帰ると, 来ますからね, 来るん, 涼しくなっ, 目覚めて, 眠たア, 着そこ, 立った, 苦しくさ

▼ 九~ (232, 1.1%)

14 なつた 10 しては 7 なって, なつたばかり, なる娘 6 して 5 なった 4 なる 3 なったばかり, なったばかりの, なりました, なるお 2 おなりに, なりなさるの, なりましょうか, なるの, なるまで, なる婦人, なる母, 見える姿, 見ゆ

1 [142件] いの, いわく, いわく加賀の, いわく嘉州の, おきかえて, こういうこと, この后子, ござります, それが, ちのよる, ちの午の, とったため, なったとやら, なったろうけれども, なった位, なった息子, なった歳, なった錦子, なっても, なつたかならぬ, なつて, なられる娘, なりまして, なります, なりますお, なりますが, なりますの, なりますよ, なりやした, なるいささか, なるかな, なるが, なるけれど, なるだろう, なると, なるという, なるとも, なるはず, なるツネ, なるロヴィーサ, なる一目, なる万千子, なる下女, なる仕事師, なる仲平さん, なる倔強, なる八重, なる其の, なる可愛い, なる増屋, なる女, なる女子大, なる女子大生, なる妙齢, なる妹, なる姉, なる娘さん, なる子, なる子供, なる子息, なる実に, なる小童, なる少年, なる忍, なる惚, なる男, なる神樂坂小町, なる糺, なる細君, なる綺麗, なる美保子, なる者, なる若者, なる若葉樣, なる運転手, なれば, なろうという, なろうとして, はいり込まれたの, まがった分, わが第, わたるほどの, 一種を, 三十二じ, 五葉山の, 人が, 仁明天皇の, 低下し, 内わたり, 内臣, 出て, 分けて, 十七です, 十九で, 善牙獅子善搏虎と, 大伴家持が, 孔雀鸚鵡, 居る, 左大臣藤原師尹の, 平宋功臣列傳, 当る, 当家と, 成った愛弟, 成った時急, 成りますから, 成りますよ, 成るが, 成る方, 成る色, 據る, 日を, 明の, 曰く汝顏に, 曰人若し, 気仙郡五葉嶽の, 点を, 王将軍殺生を, 田村氏, 相違ない, 竜が, 第十二, 羊鳴, 至ると, 至るの, 茶の湯生花といふ, 虎地に, 虎骨甚だ, 見えますな, 見える, 見えるけど, 見えるの, 見える円顔, 見える女, 記された俗傳, 記せる, 載せた瓜姫, 載せられて, 違なかっ, 遺伝した, 陸奥の, 高橋虫麿が, 黄牛之

▼ 九~ (188, 0.9%)

11 の坂 6 の方 5 の上, の坂上 3 の三八五〇番, の中坂, へ出

2 [16件] から兩國, が何, の三八五〇, の偕行社, の婦人会, の招魂社, の斎藤, の燈明台, の祭り, の老, の華, の遊就館, へ, までも両国, まで来, を登つて

1 [120件] あはせ, からあの, からお, からき, からずっと, から眺め, から神田方面, から電車, から駿河臺, があっ, がいつ, が二人, が全然, が無事, が現れ, が私, じゃない, である, であるの, で法然上人, という名, という文字, とか何, との対局, と合せ, などはさしたる, なる者, にあたるゆるやか, にいたる, にいる, にお, におられる, にこんな, になった, になれ, には同郷, にひどい, に向った, に四季, に帰る, に相当, に陳列, のところ, の下, の中途, の例, の公園, の友達, の名, の坂下, の大村さん, の妓窩, の宮永, の宮永家, の家主, の対面, の戦勝展覧会場, の斎藤弥九郎, の方角, の本山, の森, の櫻, の次, の濠, の牛ヶ淵, の祭, の祭礼, の祭礼用, の能楽堂, の角力, の警察, の警察病院, の輸出商会, の辺, の鈴木, の銅像, の長い, の長谷川写真館, の阪, の高台, の高林, の高林先生, はその, は九段, は今, は例年通り, は碁将棋最上, へかけ, へそれから, へも帰られない, へ一足飛, へ伺う, へ帰っ, へ行きました, へ行く, へ遣つ, まで行く, もつい, や猿楽町, よりな, をのぼっ, を上り, を下り, を与え, を与える, を名人, を廻り, を得, を抜け, を散歩, を歩む, を登り, を目がけ, を祝っ, を祝福, を見る, を通っ, を通る, ヲ経, 上って

▼ 九時半~ (166, 0.8%)

4 か十時ごろ, 起き 3 にハネ, に起きる, の汽車

2 [11件] か十時, すぎて, であった, なり, に家, に打出し, に眼, に終る, に行われた, に起き, 起き入浴

1 [127件] かという頃, からといふこと, から一時半, から三時半, から二時半, から六, から十時頃, から午後, から外科, から朝十時, から正午, から毎晩, から防空演習, か十時ころ, か十時頃, が来た, きっかりに, ぐらいから十時, ぐらいだろう, ぐらいでしょう, だ, だかに, だけれど, だぜ, だな, だのに, であつ, でしたね, ですが, でもう, で何だか, で教会, で止まっ, という, という時刻, としよう, となり, に, にきっと, にちゃんと, になっ, になった, になつ, になり, になる, にはもう, には起こし, には退出, にまた, に上野光子, に亡くなられた, に京宝, に住ん, に入っ, に出かけなけれ, に出動, に帰る, に帰宅, に床, に彼, に彼女, に来, に来迎寺停車場, に梅田, に発っ, に発つ, に着くべき, に砧, に行われ, に起こった, に頂上, ねて, のニュース, の処, の方, の時報, の最後, の柱時計, の準急, まで, までいました, までぐっすり, までずっと, までにワラタ, までに京橋, までに大阪駅, までに必ず, までに起る, までのフール・デェイ・サーヴィス, までの間, までは三百万円, までは確実, まで一本, まで丁度二時間, まで午後, まで大, まで寝る, まで待つ, まで歩いた, まで眠りました, より日没, より早し, より赤き, をさした, をすぎ, をすこし, を示す, を過ぎ, を過ぎる, キッパリに, 帰る, 消燈十時, 着到十時開演, 起きして, 起き昨, 起き涼しい, 起き稍, 起き蒲田撮影所, 起き辛し, 起き阪急, 起き顔, 起き食事, 迄か, 迄にはね, 迄には賢所, 迄やり, 過ぎたから

▼ 九~ (139, 0.6%)

6 は伊代 3 の声, の眼 2 が伊代, の事, の勤め, の心, の頭, は突然, は自分

1 [113件] がこれ, が去っ, が同じ, が尋ね, が忘れ, が押入れ, が振り返っ, が枕元, が気の毒, が洋服, が疲れ, が茶盆, であった, で伊代, といふ若い, とどこ, と云う, と別れ, と寝床, と結婚, と識, と連れ添っ, にした, にとっては乾いた, になつい, には可憐, には好ましかっ, には意味, に傘, に別れ, に向, に早く, に甘えた, に話しかけた, に頬, のいま, のくれた, のこと, のよう, のアパート, のカフス釦, のヴァイオリン, の住居, の前, の告白, の実験はつ, の心持ち, の思い出, の新しい, の歩い, の残し, の残した, の狂暴, の生活, の田舎, の細君, の膝元, の若い, の身近, の部屋, の面影, はあきらめた, はきっと, はその, はふう, はもう, はチョッキ, はピアノ, は一人, は一家中引き, は一足飛び, は三楽館, は九太, は云い, は元禄袖, は冷然, は勿論, は叫び, は呆, は四合瓶, は少女, は待ちかまえ, は心, は急い, は抽斗, は梯子段, は水族館, は泣い, は泥まみれ, は深い, は知らん顔, は私達, は立ちあがる, は立ち上, は自然, は苛, は茶, は遠く, は酒店, は青年, は館, は黙っ, もかえって, も口汚く, も変, を呼ぶ, を尋ね, を帰す, を想い出す, を愛し, を明るく, を睨みつけた, を訪ね

▼ 九十郎~ (110, 0.5%)

5 と妻木右 2 の道場, はその, は少し, は自分

1 [97件] がやっ, が切腹, が半, が娘, が最後, が第, こんな貧乏, さ, そっくりです, だったの, という人物, という人間, とかいっ, と二十七歳, と信じた, と名, と幡江, と推した, と言っ, には言葉, にも恐ろしい, に対しては睚, に対する隠然たる, に次ぐ, に脊, に逢っ, に逢った, に頗る, のこと, のこれ, のところ, の上, の不思議, の主張, の優れた, の出世, の口, の変名, の妻, の娘, の引見, の弟子, の後援者, の挑戦状, の登場, の節操, の縄, の耳底, の胸, の言葉, の話, の辯佞利巧, の逞しく, の門人, の顔, の驚くべき, はこの, はこんな, はそれっきり, はそんな, はケロリ, はボロボロ, は一切, は一夜離反者, は一日一日, は三年目, は何時誰, は僅か, は全く, は切出し, は命辛, は声, は大変, は妙, は強い, は憮然, は持参, は振り返り, は斬られました, は日本, は時, は曾, は最早, は死地, は浅手, は相手, は秘か, は自若, は額, もすでに, も田沼, を再び, を待たせ, を抱擁, を捨て, を訪れ, を透視

▼ 九~ (108, 0.5%)

12 あつた 3 色の 2 東京へ, 死んだ, 髯は

1 [87件] あつて, あのきりやう, あらう, いらっしゃいましたね, おいで, おとつつ, おととしの, おとなよりも, この少い, これは, こればかりは, これも, さきに, さへ, せうか, その領土, ちょっとそういった, はじめて知つた悦び, ぱあ, まだ娘, まだ男, もう六七人情人, サガレンで, トキ子と, ラムネの, 一番美しい多, 三年前から, 三百六十一ある, 主人武蔵守の, 九年前に, 二十歳までは, 云うの, 五年も, 亡くなった, 京橋の, 人品も, 人手に, 今六・一です, 位を, 処女で, 出家し, 利口な, 割ると, 十一の, 十五円じゃ, 午年の, 去年の, 去年明石という, 同地に, 唄も, 大川に, 夫婦の, 奉公中の, 女を, 妹は, 婦人の, 嫁入りし, 家の, 容貌は, 少々智惠, 忍藻は, 成道し, 敢て, 書いたの, 次の, 死んだこと, 死んだの, 死んだ娘, 殺しちや, 江戸を, 狂い出した者, 眼元が, 私は, 終る年齢, 綺麗な, 老朽とは, 自己を, 色白で, 若いお, 虫も, 見かけは, 近代なら, 逝かれた例, 間に, 阿部さんの, 非常に, 面長の

▼ 九三〇年~ (104, 0.5%)

5 の暮 4 の夏, の春, の秋 3 のメーデー, の冬, を包括 2 だ, に入る, の初夏, の十一月, の歴史

1 [68件] からであった, から三三年, すなわちことし, その限界線, と共に消え, にいたる, における日本, にはソヴェト, にはデュアメル, には大衆, には既に, には生みの親, にまる, にオソアビアヒム, にソヴェト同盟, にプロレタリア文学運動, にモスクワ芸術座, に一日平均百三十万人, に上院一名, に五〇パーセント, に入っ, に原著者, に同じ, に据えられた, に書かれた, に見, に較べ, のこと, のこの, のスローガン, のソヴェート舞台芸術, のレンズ, のロシア共産党大会, の一特徴, の七月, の上演目録, の中頃, の二月, の党大会, の党大会後, の初めローマ法王, の初春, の収穫時, の或, の押しつまっ, の文学, の春以来, の暮れ帰国, の暮日本プロレタリア作家同盟, の末, の残余, の海, の現代, の第, の給仕男, の英国メーデー, の鉄道貨物, はあっちこっち, はかつて, はすべて, は包括, までの映画美学, までの良妻, よたいへん, をクレミュウ, を境, を待たずし, を通り越し

▼ 九時ごろ~ (102, 0.5%)

6 になっ 4 だった 3 でした, のこと 2 であった, にそこ, になる, に銀座

1 [78件] かしらずっと, からね, からパチンコ, から喫煙室, から夕方近く, から夜, から平山検事, から果して, から薩軍, だ, だろう, であったろうか, であつ, であらう, でかけた, でございましょう, でしたよ, でしょう, です, です表, と午後, と思います, なのに, にお, になった, になりました, にはそちらさま, には当家, には起き, にトラック三台, にパヴェ・サン・タンドレ街, にマルセーユ, にモコウ, にラカジーブ島, に二人, に伸子, に出, に子供, に宇治, に宮, に彼女, に必ず, に来, に来る, に松江, に眼, に石山行き, に箱型, に糺, に谷川君, に起きる, に階下, の汽車, はたぶん, ふとした想念, まで, までいつもなかなか, までかかっ, までつづく, までも続く, まで一日, まで待ちぶせる, まで探し, まで騒い, よりは如何にも, より午前二時ごろ, 再び訪ね, 出かけましたよ, 出かける古町, 出る, 同字関谷清一郎, 寝た, 来るよう, 訪ねたん, 起きたが, 起きて, 迄には帰る, 迎えに

▼ 九太夫~ (98, 0.4%)

7 の家 2 という名, の声, はこう, は自分, をはじめ

1 [81件] がきいた, がその, がそれ, がまず, がセカセカ, が後閑仙七, が来てる, が縁, が言い出した, が警察, が辛うじて, すら予期, その人, であった, である, ですか, とがこの, とであった, とをごつ, と同じ, と言い争った, と辰男, なんぞをやっ, にし, にたのむ, にとっては思いがけない, にはちと, にもあう, の, の一人二役, の単なる, の子息九郎兵衛, の意見, の旅館, の望み通り荷物, の証言, の質問, の起きだす, はあきれ, はあの, はある, はいま, はおどろいた, はその, はそれ, はねられぬまま, はふと, はまた, はもう, はアリアリ, はイス, はクツクツ, はフシギ, はホッ, は十秒前後, は吉田八十松, は商売柄, は大きな, は平素自分, は彼, は思った, は思わず, は情, は我意, は戦時, は決して, は考えた, は腰, は術師, は階下, は静か, も小さい, も当日出席, も見物, も退き, やったり, らしい, をきめ込む, をもまのあたり, を訪問, 答えるもの

▼ 九~ (97, 0.4%)

5 の時, の鐘 2 になる, まで夜延, や十

1 [81件] あります, おかせて, か, か十, が上野, が鳴った, くらいな, ぐらいな小娘, ぐらいの子供, だった, だよ, だろうと, で, でしかない, です, ですもう, で二人, で先頃, で寅, で江戸, という, と七ツ, と八ツ, ならず十, にお, になった, になりました, になります, にもなツ, に割けず, に至つた時, に裂けた, に館, のお, のそして, のとき従兄, のむ, のアンポンタン, の付目, の坊さん, の大事, の子供, の年, の幹太郎, の戒, の歩, の求太郎, の男の子, の私, の見所, の鐵橋, の頭, ばかりの男, ばかりの稚児, ばかりの絣, ばかり母, までくらいが七八人, までにわからん, まで勝味, まで女流, まで花村様, まで見つからん, も上, も勝味, も過ぎ, よっぽど過ぎた, を打ちました, を打った, を打つ, 半過から外, 半過ぎ, 半過に, 半過今, 半過外, 少しまえ, 少しまえだった, 打って, 置く必要, 近いころ, 過に, 過ニ

▼ 九~ (84, 0.4%)

8 いふに 6 いえば 4 いうに 2 なった, 二十の, 云ふ, 聞きましたが, 言つても

1 [56件] あり, いうから, いうじゃあねえか, いって, いふには, いわれて, うしやう, うしやうは, お言いなすった, きいて, なって, なりこれ, なりました男, なり三世紀, なり五, なり六月, なる, なるが, なるであろうが, 七五〇〇〇という, 三〇, 三カ月は, 三九の, 三十三と, 云えば, 五回の, 交驩し, 出かけました, 出て, 十七の, 南の, 南僑を, 又昼夜, 口の, 同じ, 四と, 四十がらみで, 増加するであろう, 廿年合も, 持ち出しました, 書いて, 最高が, 染め抜いた法被, 染め抜きたる新しき, 混同せる, 聞えては, 見える色白, 言いたいが, 言うのに, 言った, 言ったが, 言っても, 言はれ, 言ふ, 言へば, 謂ふ

▼ 九二九年~ (82, 0.4%)

5 の夏, の秋 4 の春 2 の十二月

1 [66件] から, からは労働者, から三〇年, から三一年頃, から世界経済恐慌, から五ヵ年計画, から全, から禁酒運動, か三〇年ごろ涜職事件, こそソヴェト同盟, という特別, に, にかけてソヴェト, にこう, にそれ, になっ, には, にはソヴェト全農戸, には十一万三千人, には変った, には小林多喜二, にもやっぱり, にソヴェト, に二十三歳, に五ヵ年計画, に再び, に十月革命以来教育人民委員長, に地球, に彼, に物故, に私, のこと, のアメリカ, のシイズン, のノート, のパリ, のメーデー, のヨーロッパ, のレコード, のロンドン, の三月, の世界, の世界経済恐慌以来, の二月七日, の五月, の五月九日, の元旦, の冬, の初夏, の十月二十九日, の四月三十日, の後半期, の恐慌, の恐慌以後今日, の恐慌以来, の新春型, の旅行, の激しい, の王立学会, の現実, の統計, はこの, は伸子, は南京虫, は多く, ほとんど千五百万人

▼ 九~ (81, 0.4%)

4 の熱 2 あった, から床盃, か十度, が済む, である, であるから, の盃, の間, もある, 馬鹿らしい話

1 [57件] あっても, あつた, ありました, ある, からあった, からある, から八度, から十一, から四十度, がこれ, この里程二千八百二十マイル, じゃ, だ, であった由, です, でもと, で夏, といふ病中, とか四十度, になった, にや上り, に上り, に及び, に達す, のあいだ, の儀式, の地点, の御, の杯事, の盞, の講義日, の連結, の香港, は傾い, ばかりも傾斜, ばかり熱, ほど熱, まであがった, までは許さね, まで昇る, もお, もの熱, も十一度, も地震, も夜, も戦っ, も戦場, も花嫁, も車, も通った, よりも少し, を示し, を遣った, を重ね, 之戦場ニ, 折って, 越してを

▼ 九一七年~ (77, 0.4%)

5 の革命 4 から二〇年, の, の十月 3 から二一年 2 から二一年ごろ, にロシア, の二月革命, の十月革命

1 [49件] からの党員, からシベリア, からソヴェト同盟, から一八, から二一年頃, から二三年間, から八年, から十二年, から十年, から国内戦, から始められ, から数年, から築きあげ, で十年, という年, におこった, にかかれた, にその, にはじめて, にはペルシア, には地方, に世界, に再び, に出た, に在った, に廃, に海中, に至り, に逢い, のかの, のアメリカ, のソヴェト同盟, の一大画期, の三月二十四日, の三月八日, の三月革命, の十七日, の十月二十五日払暁三時半, の十月以後, の春, の英雄, の露国革命, の革命以来, までその, までに多く, までのロシア, までは殆, までイギリス, まで頑強

▼ 九~ (76, 0.3%)

4 の婦人代議士 3 の者 2 の同志, の影

1 [65件] いた, いづれも, いるぜ, からなる, から一名増加, がバス, が春陽丸, が気, が漂流, が突然, が自由, ずつ選手, だけがなぜ, だったの, だな, だよ, であったが, できた, です, というもの, という多数, とその後親族雇人同居等, に取占められ, の, のうち, のため, のファシスト達, の中, の乗組員, の体重増加, の信徒, の入, の労働運動者, の客, の弁護士, の従業員, の愛書家, の捕手, の活動, の浪人, の留学生, の県会議員, の記名, の議員, の賛成者, の選手, はすぐ, はどうして, はのた打っ, はみな徒歩立ち, は中島鎭夫, は売, は火星人, は無給, は皆一味, は真紅, もの婦人代議士, も選出, をうしろ, をここ, を断首, 内三名, 内女一名, 参って, 近い足音

▼ 九~ (74, 0.3%)

10 二十の 7 二十歳の 4 二十ぐらいの 3 二十歳, 二十歳ぐらい, 二十歳で, 二十歳に 2 そこいらだった, 二十歳ぐらいの, 廿歳, 精

1 [33件] え, そこい, でしたよ, でしょう, 三十か, 三十ぐらいの, 三十よ, 九十か, 二十だった, 二十で, 二十と, 二十には, 二十位だらう, 二十位にしか, 二十歳くらい, 二十歳くらいの, 二十歳くらゐ, 二十歳ぐらいで, 二十歳ぐらいと, 二十歳ぐらいに, 二十歳だった, 二十歳でしょう, 二十歳という, 二十歳といふ, 二十歳ほど, 二十歳位だった, 二十歳歌が, 二十歳殺された, 二十歳色は, 六十, 十八位の, 四方の, 色浅黒く

▼ 九~ (74, 0.3%)

3 の槍 2 に三間, に足りない, の十文字, の大, の杉, の銀, ほどな

1 [57件] あるか, くらいあり, くらいか長く, くらいになる, ぐらいでした, ぐらいの髪, しかありません, しかなかっ, しか届かぬ, しか無い, だった間口, であるから, でなければ, で車, という大きい, とは離れ, にし, に余る, に掘, に繁った, のしごき, の上, の処, の土, の大輪, の板塀, の桐丸太, の番屋, の畳廊下, の腸, の距離, の陋屋, の青, の高, は通らない, ばかり, ばかりのところ, ばかりのコンクリート塀, ばかりの鉄, ばかりもあるべし, ばかりチヨイ, ほどづゝ三里, ほどのところ, ほどの闇, ほどの高所, ほども寄った, ほど下, もあ, もある, もあろう, もいる, も外, も跳ん, 列ねて, 厚さ六分, 深サ五尺四寸, 高さ五

▼ 九~ (69, 0.3%)

2 合する, 失敗る, 無かつ

1 [63件] お柳, かならずかかる, この象徴, すっかりいい, それ等の, むずかしいと, わが妻, われわれの, アメリカ人の, ガッと, メシの, 一座し, 不吉でござる, 主人公を, 事を, 事実に, 人間に, 他所者である, 以後やむ, 先ずそれ, 六十一の, 十誦律の, 各々副, 唄歌に, 国民一般の, 姿を, 子規子の, 容易に, 山城地方わけて, 御覧の, 必ずその, 忿懣から, 怖ろ, 成就に, 成長の, 戦死だ, 旗鼓を, 既に私有財産, 日曜の, 早起きを, 木村定良第, 根治する, 植物性食物から, 死ぬの, 洒落者そうして, 田舎者だ, 男が, 病五七の, 白人種百分の四十三は, 秘すですもの, 端的に, 筑摩の, 羅州盤の, 肚の, 艮で, 苦に, 虚言談なり, 軍陣の, 適中する, 酷くはしゃぎ, 長崎奉行所の, 陽数と, 題詠と

▼ 九~ (69, 0.3%)

6 に近い 5 になる 2 になっ, の老, を過ぎ

1 [52件] かです, から百七十個, から百人あまり, から逆戻り, か見当, が二つ, くらいくりくり, だの百, ちかい筈, っ, であった, であるところ, で死にました, で死んだ, という年, とかきめなけれ, にし, になつて, にアスナロウノヤドリギ, に余, に余る, に尾鷲郷, に處, に近く, のお爺さん, の三箇章, の上, の余, の割合, の力, の坂, の坐睡す, の多き, の寺, の母, の祖母, の老母, の老齢, の誕辰, の諸, の賀, はよみ書き, までは長生き, まで松属, まで生きた, まで生きよう, まで生きる, や百, を無事, を超え, 近い痩躯鶴, 近い老体

▼ 九二八年~ (67, 0.3%)

4 の初夏 2 から一九三三年, から九年, であった, に比べる, の冬, の春, の秋

1 [49件] から三〇年頃, から平均一割二分一厘, から見る, が最後, と三三年, におこった, にさえ, にどの, にはなかっ, にはみんな, にはブルュッケル, には百三十六万五千余人, には百十万人, には錘数, には雑誌, にソヴェト, にモスクワ, に北海道, に富農, に書いた, に漸く, に発刊, に這入っ, の, のクリスマス, のゴーリキイ, のソヴェト, のメーデー, の八万キロメートル, の八月一日, の六月, の初夏レーニングラード, の初秋, の十月, の四月, の夏, の学齢児童八百万人, の官僚主義撲滅, の復活祭, の春昇氏, の暮れ, の末, の真夏, の穀物危機, の著作, の赤い, の雪, まで, 迄数世紀間

▼ 九~ (65, 0.3%)

5 の女院 2 に, には, のエタ, の袈裟, へと青侍, 尚経

1 [48件] から一条二条, から堀川, から西八条一帯, で, では, とかにさえそれ, と第, にある, にまで及ん, にも御, によりあらかじめ, に依り, に昔, に照, に至っ, に至る, のうち, のけさ, のほう, の二家, の叔母, の地, の場合, の天神裏, の姫, の居酒屋, の松原, の権中納言師輔, の河原, の渡舟, の渡舟場, の渡船, の片, の硫曹会社, の辺, の違反, はまったく, は後, へは帰っ, へ遠く, また十条, までの大路, や月輪あたり, よりなり, を定めた, 或は十四条, 第一項, 第十一条

▼ 九年前~ (64, 0.3%)

5 のこと 2 である, に僕, に自分, の大阪松竹座

1 [51件] お小間使, から開けました, この屋敷, すなわち一五四〇年, たつてと, とは大した, なり, にあった, にうけた, になく, になります, には学生, には新しかっ, にもなる, にジュッド医師, に世, に僕自身, に効性もの, に当る, に拵, に於, に明語, に死せし, に病, に病死, に福岡, に私, に英国, のあぢきない, の一舟, の世間, の事, の今晩, の出来事, の分, の同僚時代, の嘉禄元年, の大, の思ひ, の悲劇, の或, の手紙, の春, の桔梗河原, の武帝, の毎, の真夏, の秋, の記憶, は享保十二年, まで歌川多門

▼ 九時過ぎ~ (61, 0.3%)

4 であった 3 であつ, になっ, のこと 2 ですよ, にはもう

1 [44件] からである, からは人, から三時頃, から通い女中, だ, だった, だつた, だつたけれども, だつて, である, でした, で二階, で野辺, というその, になつて歸, になる, にはもはや, にやっと, にアタフタ, に一同無事, に亡くなっ, に出かける, に叔父さん, に寺, に店, に御, に最う, に極, に船, に赤提灯, に青年団, までも明るい, までも社員, まで寝床, まで焼けつづき, まで語り, まで語り合っ, まで頑張り, やっとお開き, やっと田端, やのに, 起きたすぐ, 起き雨, 迄

▼ 九~ (61, 0.3%)

2 の文銭, も上手, 折り屏風, 書いた

1 [53件] あった, あつた, あてがうと, あてがっても, あります, あるとか, いづれも, かいてね, が合綴, が舞い込む, ござろうがの, しか刷られなかった, ずつであった, だ, だけ溜りました, で十枚十一枚十二枚十三枚十四枚十五枚十六枚, で毎日, で買った, といふ統計, となった, とはさすが, と来る, と算出, に小銭, のレコード, の大物, の年始状, の所, の拷問, の曲線, の葉書, の送, の選擧權要求書, の雨戸, はわるく, は白金, ばかり終り, をそれぞれ念入, を書く, を誰, 併せると, 入った綺麗, 合わせた紙, 持って, 持出したから, 書いたが, 書かなくちゃ, 書き上げた, 書く, 残って, 程の長, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚, 討取られた

▼ 九~ (59, 0.3%)

5 ってとこ 42 だ, のところ

1 [46件] あった, ある少し, くらいの角, しか入ってない, たって, だが, だけを用い, だったと, であったこと, でいつもいろいろ, で北極経由モスクワ, で同じ, というところ, といふ長さだつた, とたたぬ, と仰言った, と思ってたら, と行っ, と迄行かず, にし, になる, に取りかかり, に四平街, に増加, に対して著しい長, に着きます, に錫一分, に長春, のうち, の入, はまた, は就学, まだ一時間半, までが手杵, までそう, までと午後三時, までのこの, までは謡, までも失せ, までを包括, まで大丈夫, まで行っ, を理想, 入って, 考へて, 行って

▼ 九~ (58, 0.3%)

2 という切符

1 [56件] から出, から謄写版, が, が刊行, が急い, だね, であった, でさらに, です, で見る, という室, とかいう名前, として右, との両方, と十一号, と書いた, と番号, に, にし, にその, にも及ばずし, によりましてこの, による, による出航準備, に報告, に貯え, に載せ, の七, の二, の二十六番, の入口, の切符, の募集俳句, の四, の平助, の抜刷, の斉藤さん, の檻, の立襟, の船長, の身体検査, の難関, の露国社会党, の飛行場, の黒田正夫氏, はこれ, は伝染病隔離室, へ行かせ, へ録, また三宅島, まで続きました, をもって公布, をよん, 第四十六番, 迄は続きました, 迄続い

▼ 九時すぎ~ (58, 0.3%)

32 だった, につく, に起きる, 迄か

1 [47件] かえったらあの, かえりそして, からけさいっぱい十四時間, からアフレコ, から三時, から三時近く, から二時間おき位, から十時の間, が何日, だつた, だわ, つく, であった, でも光った, で隣室, とはい, にかえる, にアフリカ, にセット, に出, に家, に広田, に彼, に来た, に砧, に終った, に薪, に起き, に起し, に迎, に金光堂蓄音器店, のモスクワ, の客間, はじめて庭, まで大いに, まで神妙, まで起き, も戸外, 別れるが, 好い月, 終って, 起きオゾノールがい, 起き入浴, 起き左眼もの, 起き斎藤, 迄待ち, 迄見物

▼ 九一四年~ (53, 0.2%)

4 に第 2 のこと

1 [47件] からの欧州戦争, から二十数年経過, すなわち今, だ, である, という年代, となっ, と一九一六年, と推定, にいたる, にはケーテ, にはモスコウ, には世界, には六十六歳, にベルリン學士院會員, に出た, に所長ラサフォード卿, に死んだ, に起きた, に金曜, のモルトケ大将, の七月, の五月十九日, の八月, の冬二十四歳, の前半期, の十一月, の夏, の春ベルリン, の時代, の欧洲大戦, の経験, の総, の間, は時間的, は正しく, へかけ, へ進む, までヴィタミン, まで斷片的, 前大戦勃発, 同じ失敗, 特に一九一五年ルーデンドルフ等, 第一巻, 第一次世界大戦, 第一次世界大戦勃発, 第一次大戦

▼ 九〇五年~ (50, 0.2%)

43 の一月九日, の革命 2 になっ, にはロシア

1 [36件] からあと, で三〇%, にこの, にはまた, には一五・六%, には王立協会, にアインシュタイン, にケーテ, にゴーリキイ, に出版, に団子坂, に新しい, に書き始められた, に死ん, のかの, のエピソード, のカタログ, のクラブ, のシュリーフェン案, のレーニングラード, の一月ガーポン僧正, の一月九日事件, の全国的革命, の失敗, の始めごろ, の対仏作戦計画, の帆船トン数三三四, の教える, の教訓, の新しい, の暴動, の秋, の記念, をとっ, を出し, を前告

▼ 九四六年~ (50, 0.2%)

3 から四七年, のはじめ, の文壇 2 の一月, の春, の第

1 [35件] からのち, から七年, から次, か七年, においてあれ, における議会, にこの, にはあの, にめぐりあった, に全, に日本, に民族解放, に民間有識人, に用紙割当事務, に盲聾義務教育制, に組織, に結成, に行う, に農村, に音楽学校長, の下半期, の中頃, の二月, の二月ごろ, の六月, の初め, の初冬, の夏, の始め頃, の婦人デー, の新しい, の日本, の正月, の総, はこの

▼ 九三一年~ (49, 0.2%)

52 に, の後半期

1 [40件] からのち, からの著しい, からプロレタリア文学運動, から三二年ごろ, から三六年, から三四年, か二年, であった, で終っ, にいよいよ, における日本文化, にかかれ, には代議士六一五名中, には文学サークル, には日本プロレタリア作家同盟, に入っ, に彼, に於ける, に着手, の中国, の事, の二月ごろ湯河原, の冬, の夏, の夏以来, の大, の大会, の日付, の満州上海事変, の満州事変, の秋, の秋日本プロレタリア文化連盟, の秋連盟結成, の約, の終り, は日本, らしい東京ジャズ, を中心, 満洲事変以後, 迄の年譜

▼ 九三年~ (49, 0.2%)

3 の夏 2 にはローマ, の, のこと, のやり直し, のクリスマス, のフランス, は苛酷

1 [32件] からすでに, が, その妾腹, でその, にかけた, にはもう, には国王ルイ十六世, には私, には革命, にパリ, にロンドン, に一度, のよう, のジャコバン党, のジヤコビン黨, の五月二日, の初めエセックス, の十月, の四月, の恐るべき, の悲惨, の暮, の王家, の第, の肉切り庖丁, の舞台裏, の表, の震災, の騒動最中, は不幸, より一九〇一年, をめぐる

▼ 九女八~ (49, 0.2%)

1 [49件] がまず, が何, が男, が苦い, が言っ, が訪問者, だったとばっかり, だと, づきの, という名, とお, と呼ん, にはいや, には思いだせない, に惚れ込ん, のおでん, のため, の不幸, の乗り込み, の唇, の夫, の好み, の守住月華, の家, の弟子, の扮装, の芸, はこの, はしみじみ, はそれ, はまだ, は一木一石, は下谷佐竹ッ原, は凝, は女団洲, は審, は日本, は理窟, は眼, は老, は考え, は若い, は莨, は襟白粉, は銀, は鷺草, も思いうかべ, も門下, を評し

▼ 九十九人~ (48, 0.2%)

2 の夢, はへどもど, までは, を武蔵

1 [40件] が武蔵, が瘋癲人, が誤, そしてこの, だけ済ませました, である, であろう, と弟子, に皮肉, のどの人, の人, の人命, の内, の垢, の女, の憎悪, の方, の猟人, の義人, の舞姫, は全然, は字, は極貧, は現状, は自分, までいや, までがそれ, までその, までの垢, まではきつ, までは他人, までは僕, までは平次, までは惨め, までは月, までまるで, まで皆, もの人, をどんな, 舞いたり

▼ 九十度~ (48, 0.2%)

4 に上る 2 なり, の処, の暑, の角, の角度

1 [34件] ぐらいに折れ曲がっ, ぐらいの温度, だけ前方, ちがった方角, です, という冷寒, と見, になりました, にもなる, にも上る, に上った, に冷凍, に折り, に結合, に過ぎぬ, の差異, の温, の物, はたしかに, は今日, ほどちがう, を, をなし, を示す, を超, を越えん, を越し, を越した, を越す, 又は百八十度, 廻して, 廻すの, 近い暑い日, 近うございます

▼ 九年間~ (48, 0.2%)

2 の一切, の愛情

1 [44件] そのまま廻国, であった, で増殖, という期間, にはじめて, にわたって日本, に一枚, に世界史, に亘った, に亙る, に度々, に得た, に手紙, に約, に蒔いた, の全, の増加, の徒刑, の憎しみ, の日本, の歳月, の牢獄生活, の生命, の硯友社, の育て, の郊外生活, の静寂, は帰らなかった, は文化十二年乙亥, もまったく, も孤独, も山家住居, も改選, も絶え, も高い, わびしく墓表, を回顧, 住みなれた身延, 働いて, 少しも, 引き続いた罪, 生きて, 行ない澄ましたの, 過ごしました

▼ 九~ (48, 0.2%)

5 てがら 2 だ, てがらです, と五十番, の, の席

1 [33件] が奈良, だった筈, だつた, であつ, でした, でしょう, です, という木札, には馬廻, に住ん, に革命博物館, のすばらしい, のねり, のスイッチ, のソナタ, のブリストウ, のホーテンス, の三階建, の南圓堂, の右, の客, の家, の札所, の止宿人, の第, の賛美歌, の霊場, は四分の三マイル, は石福海, は遥拝, へ行け, を下, 勝つたツ

▼ 九三三年~ (47, 0.2%)

2 の秋

1 [45件] から三四年, から三年間, から以後, である, でした, と云え, にそれ, にはいる, にはその, には三億三千万トン, には極洋, には見られなかった, にもと, にわたるソヴェト産業拡張五ヵ年計画, にプロレタリア文学, にポロニー, にリスボン市, にルネッサンス, に小林多喜二, に平均六・八六時間, に日本, に百四十万人, に石坂洋次郎, の, のオリジナル, の一月ドイツ, の二月, の二月二十日, の佐野, の冬, の初夏, の夏, の文章, の春, の東京, の生産拡張五ヵ年計画, の終り, の選挙, の銀座, はこういう, は前年, は文学的, は日本, までの世界, までの五年間

▼ 九三二年~ (47, 0.2%)

11 の春 3 の夏 2 の後半期, の春以後

1 [29件] からのち, から一九四五年八月, から一九四五年八月十五日, から以後, から前後三回, から四〇年いっぱい, から四年間, であって, にモスク, に再び, に十九貫, に国際情勢, に日本政府, に私, のファッショ, の一月, の三月下旬, の三月後, の五月某日, の冬, の国際婦人デー, の大会, の封建的軍事的絶対主義日本, の文化団体, の文学生活四十年祝祭, の日本, の春ごろ, の正月, までの文化

▼ 九一八年~ (45, 0.2%)

3 の夏 2 の秋, の第

1 [38件] からのち, から二〇年, から始まっ, このかた, であった, と異なり, に, にこの, には五篇, には北イタリヤ, にアメリカ軍, にパリ, に党員, に婦人参政権, に敗戦国, に数ヵ月ニューヨーク, に米, に訪問, に露西亜, のドイツ軍攻勢, のルーデンドルフ, の三月, の三月攻勢, の停戦直後, の党員, の冬, の十一月十一日, の十二月ごろ, の国内戦, の攻撃, の暮バキンガム宮, の滞在中, の痛み, の米騒動, よ, をめぐる, 第一次世界大戦終了, 第一次大戦

▼ 九~ (44, 0.2%)

3 の指 2 の手, の棒, 切るだけは, 立つて

1 [33件] ありました, あるの, しか見つかりません, しか見つかりませんでした, ずつ正面奥, でまた, のバナナ, の一升瓶, の刀, の刄, の切ッ先, の列車, の椰子, の狼烟, の矢, の腕, の蝋燭, の足, の道路, は, はやはり, ひらひら靡い, まで一度, まで泥舟, も並んだ, も折っちまった, も私, も竝ん, をザラリ, 引いた後, 生えて, 立てその他三角形, 迄は尋常

▼ 九五〇年~ (42, 0.2%)

3 にはいっ 2 の段階

1 [37件] では, で芸術, ということし, という年, において新た, における日本, になっ, にふさわしい, にふさわしく, にオウエル, にナショナル, に三ツ, に三好十郎, に起り, のきょう, のこの, のレンズ, の世界, の八月六日, の冬, の十月, の夏頃, の新しい, の新春, の日本, の暮, の私達, の空, は世界最大, は五, は人類, は六月, は日本, は終われり, までの時代, までの私, 大いなる機械時代

▼ 九四五年~ (42, 0.2%)

5 の秋 4 の八月十五日 3 の冬 2 からのち, の八月

1 [26件] につくられた, には結婚三, にアメリカ, に創設, に東ヨーロッパ, に組織, のその, の五月, の八月以来, の分, の十二月, の十二月ごろ, の十月帝国芸術院会員, の夏, の夏ごろ, の日本, の春, の暮頃, の無条件降伏, の第, までにはその, までの世界, までの期間, まで治安維持法, 即ち一昨年, 猶太人豪商オルテヴ・イ・グンドルフ氏

▼ 九二七年~ (41, 0.2%)

3 の冬 2 の十二月, の暮

1 [34件] からは六月一日, から三〇年, このヴォルガ河, というその, と云え, に, にかかれた, にさえ既に, にはコンムーナ, にもう一度, にも一度, にウィーン, にケルン大学, にケーテ・コルヴィッツ, に出来た, に巴里, に賃銀割出し, に高等専門学校女生徒, のあれ, のクリスマス, の初雪, の十一月一日, の十二月頃, の十月五日, の夜, の寒冷, の日本, の暮れ近く, の末, の秋, の秋ごろ発表, の空気, は人, 同二九年

▼ 九五年~ (41, 0.2%)

3 ないし一八〇〇年, に終る, の人口

1 [32件] と一八〇〇年, ないし一七五六年, なり, にはそれ, にはトリニティ・ハウス, には人口, にまだ, にフィッシュ, に丁度, に古代羅馬, に彼, に死したれ, に死す, に生れた, のある, のこと, の八月, の十月, の期間, の末, の正月, の私, の舞台, の見積り, は二四七, は日本, までアントワアヌ, までカタローニア, までラヴェンナ, まで滞米三年, より一三一二年, より八一六年

▼ 九四七年~ (41, 0.2%)

4 に入っ 3 の夏 2 のメーデー, の文壇

1 [30件] が経過, との経済事情, になっ, には, にはこの, には憲法, には組合, には蔵原惟人, にブルジョア民主主義, に上演, に新聞その他, に東宝オーケストラ, のおめでとう, のはじめスタッダード博士, の二・一スト, の二月ごろ, の十月末, の夏ごろ, の後半, の文学, の日本, の日本インフレーション, の春, の春以来日本民主化, の暮, の現代, の秋, の秋一斉, は一方, 第三回新日本文学会大会

▼ 九~ (40, 0.2%)

3 という 2 そうだ, そうです, と答, と答えた, よ

1 [27件] お互に, からな, からなあ, から正直, が, がなんだか, が上, が品, そうで, つて云つてる, といっ, といふ, とえ, とかいふので何, と云う, と云っ, と嘘, と思, と思っ, と思った, と申しました, と答える, のという, のに様, よ芳公, 二十一だ, 日本の

▼ 九四九年~ (39, 0.2%)

2 という年, に入っ, の日本

1 [33件] から南北統一, が国内的, にいたっ, において批評家自身, において民主主義文学者, にかけ一つ, にこの, になっ, にはその, には吉田内閣, に職場, のこの, のこのごろ, のはげしい, の一現象, の三月, の夏前, の文壇, の春ごろ, の概括, の権力, の民主主義文学, の社会政治現象, の秋, の諸, はいい, はこの, まで日本, を, をとおし, を次, を通観, を通過

▼ 九~ (38, 0.2%)

3 である, のヴァイオリン 2 なり

1 [30件] ありますよ, から十一, しか無, じゃ東京, するか, だが, だけ貸し, だってどうか, でも八円, でも十円, というわけ, という倍加, といふ事, といふ値, となる, と九十九銭, と二十五銭, になった, には売れまい, の家, の月俸, の高価, はいる, は高い, を差し, を御礼, を納めました, を買, を除き去ら, 納めるの

▼ 九年頃~ (38, 0.2%)

2 のこと, まで営業

1 [34件] かえって来, からのこと, からの山林濫伐, からわが, から一九三二年三月頃, から二年, から再び, せっかく下等, であったの, であったろう郷里, でしょう, で後, にはもう, には歴史画, には相当, に小, に広汎, のコレラ, の事, の大学生, の如く, の或, の比, の画家番附, の病勢, の虎列剌, は大学, は寂しい, は私, までの東京地図, まではどういう, まで如雲社, より三十年代, 迄は三条瀑

▼ 九時前~ (38, 0.2%)

2 だった, には起きられない, に二人, に出かける, に床

1 [28件] だったあそこ, だと, であった, であるのに, でした, でしたろう私, なので, におきる, にこちら, には吉次, には湯, にオヨリデキヌ一一ジ二〇ヱキデオアイシタシ, にホテル, に体, に出, に出かけ, に家, に本郷基督教会, に眠り, に砧入り, に解散, に豊島園, に起き, に身体, の時, の朝, の街道, まで居

▼ 九まで~ (37, 0.2%)

1 [37件] ありて, おくに, お千勢, この儀, すべて九個の, その誤れる, そんなもの, たしかな, ともかくも, はきつと, むずかしい, 世道人心に, 仕損じは, 來た, 信玄の, 完成され, 実に称讚, 巌流の, 悲劇である, 手を, 材料の, 来ないとさえ, 正鵠を, 活き延びて, 独身であった, 男子の, 破れたよう, 確信し, 私に, 粒選りの, 育てた埋草, 自分の, 自然の, 見放された真中, 解決した, 誹謗する, 負担させる

▼ 九二年~ (37, 0.2%)

2 から死, には出生, のこと, の八月

1 [29件] その庶子ジュセッペ, とが結びつく, ないし一七五七年, にあった, になつ, にはソリスベリー卿, には最低価格, には権力, にパレート, にフランス, にマルコ, に世祖, に僧昌住, に出た, に大, に早婚, に死せり, に没した, に生れ, に自殺, のもの, のロシア, の深淵, の表, まで二百年間, まで十二年, まで支那, を境, 即ちコロンブス

▼ 九日目~ (37, 0.2%)

2 にまた, の朝, の真夜中

1 [31件] が初まる, が来, くらいのこと, でしたよ, ですが, で兼, にあります, にかえって, にその, になっ, にはブンゼン燈, にも呼吸, にやっと, にわたしども, にユタ, に三吉さん, に彼等, の例刻, の十一日, の十九日, の十二月二十日, の土俵場裡, の夕ぐれ, の日家, の晝下がり, の晩, の正月十四日, は, をさまし, をもっ, を十分

▼ 九郎右衛門~ (37, 0.2%)

4 の娘

1 [33件] が乗り, が召捕り, が怨み, が計らず, が足, が足痛, こそ其方, だ, だという, だ建築学, でございますよ, と義兄弟, なら持って, なる者, について何, に就き, のこと, の告発書, の娘本名, の捜索方鍼, の本拠, の袖, の跡, の身囲, の部屋, はそち, は博多, は烟草, は病気, は老い, も遁, や五十余名, をひっ捕え

▼ 九時半頃~ (36, 0.2%)

3 になっ 2 であった, にそれ, になつて, 起きる

1 [25件] から残り, から滑り, か二時, だと, です, なりき, にお, にかの, にし, に入っ, に去る, に漸く, に用, ねて, までに二三册金高, まで兎, まで家, まで起きない, わりに早かっ, 出掛けました, 済んだ, 起きて, 起きる入浴食事, 起き滝村, 迄やり

▼ 九~ (35, 0.2%)

3 の府 2 の居城, の終り

1 [28件] が少, とくに今, とする, になつ, にわたるご, の五郎作, の勅撰集, の執権相摸守高時, の天皇允恭, の天皇開花, の嫡, の孫, の幕府, の後胤平, の末, の栄, の法孫, の滅亡, の皇胤, の祖父, の祖虹汀氏, の裔, の間, は又, は心譽一鐵信士, を伝え, を生きる, を通じての北条氏

▼ 九時近く~ (35, 0.2%)

4 になっ 3 なつて 2 だった, であった, なって, になる

1 [20件] から, くたびれ切って, くたびれ切つて釧路, だ, であったので, であつ, なつて出立, なつて草鞋, なる頃, に, になつて, に坪内先生, に大巻, に読み終る, の汽車, まで一人, まで時々, やっとアピア, を指し, 迄

▼ 九~ (34, 0.2%)

2 に相当, は学生, を占め

1 [28件] かある, がその, が其の, が凍りつく, が建築家, ぐらいは外, ぐらいは聴き, は世々, は悟られない, は成功, は疵物, は貸家, までがこれ, までが両親, までが俳優, までが流線型採用, までの努力, までは, まではこの, までは酒代, までチャン, まで注意, まで焼きつくした, もかけ, も下っちまった, を割い, 迄の人々, 迄は憂鬱

▼ 九四年~ (34, 0.2%)

3 の春 2 ないし一七五六年, には出生, のクリスマス, のフランス

1 [23件] から一九〇一年, となつ, には四段膨脹機関, にヌウトカ・サウンド, にロンドン, に出版, に南太平洋中, に始まり, に死す, に開校, のこと, のイースタア, のドイツ, の五年間, の五月一日, の六月, の始めナポリ, の戦ひ, の最初, の発表, より一三〇三年, を通じて何時, 選ばれて

▼ 九三四年~ (33, 0.2%)

2 の十二月

1 [31件] からひどく, から三五年, という年, と三五年, にかかれた, には, にドイツ, にモスク, に出版, に改訂版, に日本プロレタリア作家同盟, の, のこと, のもの, のナツーアウィッセンシャフテン, のブルジョア文学, の一月, の人民, の六月十三日, の冬十勝岳, の十一月, の十一月日本精神協会, の困難, の夏, の学生諸君, の日本, の末, の秋, の統計, の陸軍パンフレット, までには約

▼ 九九年~ (33, 0.2%)

2 のキリスト降誕祭

1 [31件] このインスティテューション, で有名, で終る, といえ, にはワルゲンティン氏, には四ファネガ, にフルウリイ書店, に出た, に学友, に彼, に現われた, に生れ, に約, に至る, の, のブルターニュ, のロシア, の五月, の作, の出生, の四月, の夏, の大, の探険, の秋, の調査, は極めて, まさにキュリー夫妻, までのフランス軍隊, より一三一九年, より一二一六年

▼ 九十年~ (32, 0.1%)

3 の生涯 2 ほど前

1 [27件] から七百十五年, くらい, たつて, だ, であるとしても, で一章づゝ, にし, に上海, に及ぶ, の, のあいだ, の二月, の代, の命数, の星霜, の春秋, の間, は持たない, ばかり前, ほども昔, まで彼, も前, も壽命, も生き, を経, を経た, 近い歳月

▼ 九三五年~ (31, 0.1%)

2 になる, の二月十三日, の春ごろ

1 [25件] だ, であること, にそんな, に京大, に国際聯盟, のこの, の五月一日, の人物, の初冬, の四月, の夏, の大陸, の太陽, の早春, の春, の秋, の第, の給仕監督, の総, の非常時, は一ヵ月凡そ十四五冊以上, までに既に, までに発表, までの新しい, を豫想

▼ 九六年~ (31, 0.1%)

2 に, のこと

1 [27件] でフラマリオン社, で四十五, と一八〇〇年, と九七年, にそこ, には, にはサリ, にはモンド, には論文集, にツーロン, にミュース, にヴィーン, に三六, に出版, に手帳, に死す, に維也納, に起った, に軍隊, のイタリア作戦, の作戦, まで十一年間, まで皇帝, より一〇三一年, より同, より翌, 及び一八〇〇年

▼ 九十九~ (31, 0.1%)

3 の島

1 [28件] あって, あるの, で逝かれた, なれば, にし, にまがった, に見, のひつじ, の意, の文献, の異, の羊, の谷, の電燈, は不吉, ばかりお, まで, までがいい, までははらわた, までは僕, までむずかしい, まで正鵠, まで自然, 折りせる山徑, 折りの, 曲り曲つて, 迄助からない, 迄離れ

▼ 九十歳~ (31, 0.1%)

2 だか, に近い, の長寿

1 [25件] だかの, だった, だと, で一つ, で未だに, ということ, と三十二枚, なるを, になる, にもなれ, に垂んとする, に近く, に達し, のお, の尾崎行雄, の文豪, の有徳, の老, の踵, の高齢, までは大丈夫, まで生き, まで遑, を越え, を越えた

▼ 九~ (31, 0.1%)

1 [31件] あつめねば, さ, で述べた, という輝かしい, となった, には下院, には日本, にわたった, にわたって連載, にわたり姉弟, に至って, のところ, のほか, のモウケ, の会議, の噴火, の塾生活, の文展, の治療代, の注射, の見返し, の誕生日, の誕辰, の開塾式, まで年六百円, も十回, も牢屋, 始終苦界, 書き出してから, 見たるとを, 遂に会議

▼ 九〇年~ (30, 0.1%)

2 のサガレン

1 [28件] か一八八〇年ごろ, すなわちスウェデンボルク, で惨, という時代, ないし一七九五年, ないし一八一一年, における家屋, における死亡以上, にカイヨー, に一対八八, に帆船トン数, に早く, に終り, の中間期, の人口, の人口調査, の出生総数, の早春, の春ローマ, の暮, の最高価格, の海賊戦争, の聖書, の頃, まで皇帝, も前, 再び故郷, 即ちベアトリーチェ

▼ 九~ (30, 0.1%)

7 二十歳の 4 二十の 3 三馬は 2 そこらで

1 [14件] そこ, そこい, そこら, そこらの, その他の, 二十ぢや, 二十で, 二十という, 二十は, 廿の, 廿歳とは, 廿歳の, 春水は, 馬琴も

▼ 九丁目~ (30, 0.1%)

3 の軽部 2 に唐花屋, の事件, の家, の鍵屋金右衞門

1 [19件] から山吹町, から生玉表門筋, で別々, になっ, の坂道, の夜店, の富士屋, の往來, の方, の本家, の角, の路次裏, の金貸鍵屋金右衞門, の鍵屋, の騷ぎはどうなつたんだ, へ行く, までお, まで來, まで来る

▼ 九三六年~ (30, 0.1%)

2

1 [28件] という年, としての特色, において社会情勢, におけるツァラア, には六十七歳, には小松清, にファシズム, に効力, に英国, のごく, のダイジェスト, のバイロイト, のヴェノスアイレス, の二・二六事件, の二月, の初め, の初夏, の哲学科学, の声明, の夥しい, の始め, の少なくとも, の年頭, の当時, の文学, の秋, は私, まで

▼ 九~ (30, 0.1%)

2 で見物

1 [28件] から拾壱銭強, ぐらい, だつた, ですね, です珈琲, で三円三十四銭, で出来ました, で貸, というの, と帳, なぞと云, なり, のところ, のバット, の分, の朝日, の要求, の追加, よりよく, を以, を以て二度, キチンと, 借りるさ, 儲かるやう, 出来たこれ, 即ち一升, 支払えば, 残って

▼ 九十銭~ (29, 0.1%)

1 [29件] いただきます, がその, が一円, くらいする, くれれば, ぐらいのお金, だけを納め, だったか, だつたか, であるが, ですとさ, で何, で着, というの, といふ安, と二円七十銭, ならのど, なん, にせり, になった, になり, に過ぎない, の切符五枚, の日当, の現金, の部屋, も一時, を研究, 残り二円九十銭

▼ 九という~ (28, 0.1%)

3 若さ

1 [25件] のだ, 俥屋を, 厄介な, 名前で, 女が, 妙齢の, 姫草の, 娘の, 小娘と, 年齢について, 年齢によって, 年齢の, 年齢を, 数を, 数字が, 數を, 歳まで, 男は, 男前に, 良人の, 若いおかみさん, 若い女, 若僧な, 車が, 長さ

▼ 九~ (28, 0.1%)

1 [28件] すっかりすます, だして, やって, 一期として, 乗ずるならば, 出して, 占めて, 去る, 去ると, 失って, 復活したい, 復活する, 復活刊行し, 復活続, 描く事, 撰べるは, 滋賀の, 癒した由, 発刊しつ, 発送した, 算した, 綴ぢながらの, 自摸, 見され五人, 読んで, 超えては, 需要し得る, 頭にて

▼ 九八年~ (28, 0.1%)

2 である, にも当る, に著した, の

1 [20件] が明けた, にその, には二, には論文集, にゼノア軍, にピッケリング, にラングル教区, に其の, に匿名, に死す, に現れた, の作, の初め, の初頭, の四月, の春, の遅き, より一三二〇年, より一二一六年, 選ばれて

▼ 九十円~ (28, 0.1%)

2 ならよそ

1 [26件] あります, かねそれ, が元金, ずつということ, だよ, であった, である, でしかも, で他, といふもの, と外, にする, のわけ, の一月分, の全, の家賃, の小切手, の月給, の生活費, の雇人, もの大金, をといううなぎ上り, を手, を持参, 払って, 貰って

▼ 九~ (28, 0.1%)

4 の家 2 が唐太常, であるから, に告げさせた, の子, の手, の方, は大金, は老死, も前言, を余り 1 というもの, といふもの, のその, の其時

▼ 九~ (28, 0.1%)

2 より三尺

1 [26件] から一尺, から一尺余, が極り, ぐらい, ぐらいのもの, でございましたと, のところ, のもの, の一本脇差, の刀, の大刀, の投げ, の朴の木, の樫柄, ほどな, ほどの大き, もあっ, もあった, もある, もこの, を算する, 伸びた蒼, 本口直径一尺四寸, 深く切り込んだ, 程も溜まっ, 高サ八九尺

▼ 九~ (28, 0.1%)

17 の狐 2 のきつね 1 で金色, となっ, となる, に見える, の古狐, の妖獣, の怪獣, の悪, 不食人間五穀

▼ 九条家~ (28, 0.1%)

3 の家司 2 に出入

1 [23件] から十一歳, で月の輪関白兼実, と並ぶべき, に, に入り, に出頭, に同情, に対する遠慮, に対立, に赴い, の執事, の威勢, の島田左近, の島田左近様, の庇護, の政敵, は手, へお, へはおべっか, へ嫁, を尋ね得る, 旧蔵本, 若公

▼ 九~ (28, 0.1%)

2 と鳥居崎, なぞと呼ん, の名

1 [22件] か一寸見分け, という谷間谷間, とか言つて, として東京, と稱, にては見えざりし, には道楽気, に介, に出, に至り, の, の一ツ, の崖下, の日の出月, は公園, へ走っ, もう一つ, をとりまい, を埋め, を奇觀, を廻り, 御座います谷

▼ 九にも~ (27, 0.1%)

5 なって 3 なるべし貧 2 なりましょうか

1 [17件] なったもの, なったん, なつた, なつたの, なりましょう色白, なるでしょうか, なるでせうか, なるのに, なる女, なる娘, なる定吉, なる若様, なろうかと, なろうという, 出づとあるから取り出し, 注意し, 見ゆ

▼ 九~ (27, 0.1%)

3 の宝宮の内院 2 の寶宮

1 [22件] だった, という全盛, ににおい来る, に咫尺, に宮居, の, のみけしき, の上, の傍, の城, の塔, の壇, の大宮, の大膳寮, の宮居, の御, の花ざかり, の都, はいなかった, はこいしき, をきびしく, 知ること

▼ 九~ (26, 0.1%)

2 はわけ

1 [24件] あらん限り, が喧伝, が槍, が討ちとった, が駈けよっ, だぞ, であろう, という蛇, といふ百姓, といふ者, と藤枝蔵人, の話, は勇躍, は合槌, は商売, は塀, は次第に, は破れた, は納屋, もあと, もびっくり, を小脇, 大いに怖, 怨し

▼ 九~ (26, 0.1%)

2 の街

1 [24件] から一度, から前線, から漢口, では煙草, で聞いた, にとまった, にゐる, に下船, に同期, に於ける, に溯江, に腰, の潯陽湖, の生れ, は膏梁, へ帰る, へ碇泊, までは南陽丸, までは概して, まで行く, や湖口, より南昌, を目指す, 更にそこ

▼ 九~ (26, 0.1%)

6 の数字, の數字 3 の魔球 2 の天使 1 に分類, のうち, の天使九個, の婦, の子音, の燻製, の病, を用, 知れてるさ

▼ 九~ (26, 0.1%)

2 になっ

1 [24件] からなっ, である, では, で天下, とし, と十冊, と同視, においては弟子たち, にのぼり, には沙漠産ズッブ, に相違, のうち, の中, の作品, の戯曲, はそれぞれ, は亡失, までに今, より二十九篇, を何, を著し, 書き得たの, 第一節, 計三十篇

▼ 九二〇年~ (25, 0.1%)

2 から二五年, より一九三〇年

1 [21件] からの, から二二年, にこの, にはタシケント, には百二万八千, にアムンゼン, にウクライナ, にローマ教皇, に報告, に歿, に短篇, に私, のこと, のシナ甘粛省, のソヴェト, の冬, の四月二日, の国内戦, の春, の晩秋, 即ち大正九年

▼ 九十九谷~ (25, 0.1%)

2 と鳥居崎, なぞと呼ん, の名

1 [19件] という谷間谷間, とか言つて, と稱, にては見えざりし, に介, に出, に至り, の, の一ツ, の崖下, の日の出月, は公園, へ走っ, もう一つ, をとりまい, を埋め, を奇觀, を廻り, 御座います谷

▼ 九一三年~ (24, 0.1%)

2 の秋

1 [22件] からの党員, だつた, であったから, になつて, には参謀本部, にバクー, に原料, に完全, に比べる, の, のこと, の七月, の初夏, の十一月, の十二月九日, の十月, の春, の間, までには単行本, まではドイツ, より一九二五年, 即ちロシア

▼ 九七年~ (24, 0.1%)

2

1 [22件] である, とに彼, には十三パーセント, には箱形, にケーテ, にリスボン, に出, に女, に王立研究所, に生れた, に鉄幹, のある, のイタリア作戦, のハウプトマン, の八月七日, の十一月二日, の恐慌, の著書, までに三十五, までボローニア, より燃, 貧しい小学校長

▼ 九世紀末~ (24, 0.1%)

2 から二十世紀

1 [22件] から二十世紀はじめ, から今世紀, から現代, には二万法, に現われた, に行なわれた, のデカダンス, のフランス的, のロシア文学史, の出版, の大いなる, の文芸, の新劇運動, の精神, の自然主義運動, の西欧文学, の象徴派, の頽唐派, の頽廃的自然主義舞台, までの物理学, より二十世紀, より全

▼ 九二一年~ (24, 0.1%)

5 の新

1 [19件] から二二年, から二八, から死, ことに二二年, このかたソヴェト社会, には党員, に二カ年, に改訂版四冊, に新聞, に死にました, に起った, のセエゾン, の十一月十四日, の果敢, の生誕, の秋, の終り, までの単一経済組織, 新経済政策以来凡そ百万

▼ 九尺柄~ (24, 0.1%)

13 の槍 3 の十文字 2 の大身 1 のなかごろ, の使いごろ, の手槍, の穂先, の素槍, をおもちゃ

▼ 九~ (24, 0.1%)

32 に出

1 [19件] あつて, がひらい, である, にいう, になっ, になる, にはこんな, にはホトア・ポウ, にも似, に古, に紹介, に英国サセックス, の大冊, までには全快写真, を見る, を開いた, 並びに注, 共にプリニウス, 同三巻四一頁

▼ 九から~ (23, 0.1%)

4 八引く

1 [19件] ぬ, ぬと, ぬ娘, 三十ぐらい, 中間の, 二十一二くらいの, 二十七まで, 二十三まで, 二十二三まで, 二十五まで, 二十五を, 二十歳ぐらいの, 二十歳と, 二十歳を, 始めて, 廿の, 廿歳までの, 私塾の, 見れば

▼ 九~ (23, 0.1%)

5 の装甲車 2 のロケット, の救援ロケット, の救援艇, の艇 1 がその, が出かける, のハープ, のロケット艇, の僚艇, の宇宙艇, の宇宙艇内, の救援艇隊, を火, を焼き捨て

▼ 九時間~ (23, 0.1%)

2 しかありません

1 [21件] から十二時間, しか経過, だ, でチューレ, でベイルート, というもの, と三十分, と四十分, になる, に亙っ, に改む, の方, の道程, は完全, もたつ, も寝た, も小, も机, も要, を経過, を限度

▼ 九二三年~ (22, 0.1%)

3 の夏 2 にレーニン

1 [17件] でなくて, と云え, にあの, にその頃, には約, にノーベル文学賞, に二十, に八名, に改訂, に第, の七月, の九月二十日, の五月, の初夏, の地震, の夏じゅう, の春

▼ 九~ (22, 0.1%)

6 の位 2 の尊, の御

1 [12件] から一七七一年, ではなく, と一〇五, と一一五, と一二五, ないし一〇〇パーセント, に増加, の, の日清戦争, より一〇七, ノ尊, 第二回世界周遊吟

▼ 九~ (22, 0.1%)

3 の天 2 の輪, の銀錠

1 [15件] あった, あつた, が整然と, だ, と云ったら, のバラバラ, のベッド, の区画, の受影幕, の惑星, の獄, の環, の皮, の紡錘体, 平らげた

▼ 九右衛門~ (22, 0.1%)

1 [22件] が堀久太郎, が追いつい, て, という, とよく, と六郎太夫, などがある, などの真心, に奉行, に返し, のふたり, の両, の前, の手, はこう, もほとんど, もまかり出る, も亦, も太刀, も来い, をうながし, を呼び

▼ 九四歩~ (22, 0.1%)

2 の一手

1 [20件] だつたの, と突いた, と突き, と突き進め, と端, などといふ天馬, にあつ, にどう, に次ぐ, のやう, の二手, の手損, の白金光, は我, は最初, は私, もまた, を突いた, を見, を見た

▼ 九~ (22, 0.1%)

2 の精養軒

1 [20件] から上, として血統, になっ, にまで昇りつめた, に一階, に全く, に変っ, のもの, の一室, の丸ビル, の会議室, の清交社, の辺, の部屋, の食堂, は白き, へのぼった, へ移動, もある, もの破屋

▼ 九~ (22, 0.1%)

2 の水蛇, の鯨, の鹿

1 [16件] か十頭, で黒岩万五, として伝えられ, には種々, のとき, の人, の牛, の牝牛, の狗, の竜王, の蛇の目, の蟒, は散し, ほどいます, を野, 多い時

▼ 九までは~ (21, 0.1%)

2 古い茅葺勝

1 [19件] この出身, はらわたが, まとまって, 乙女の, 僕は, 分って, 努力と, 少しも, 我国の, 皆富貴の, 私の, 行灯を, 誰にも, 通じないの, 酔うた相は, 鋭敏な, 長持ちの, 難しい望み, 駄目だ

▼ 九一二年~ (21, 0.1%)

2 の春

1 [19件] から執筆, とした, に一軒, に再び, に匿名, に当時, に書かれた, のこと, のレンスキー事件, の三月, の二月, の日付, の暮, の秋, までの伝記, までは確実, まで続いた, 御治世, 第十四版

▼ 九一年~ (21, 0.1%)

2 から翌年

1 [19件] から一九〇六年, であった, なりと, にはそれ, にはケンブリッジ大学, には三十八歳, には毎年三, にオランダ, にキャプテン・ヴァンクウヴァ, にプラーク, に出版, に末子, に死す, の, のピアノ, の作, の正月, の秋, までローマ

▼ 九十人~ (21, 0.1%)

2 の上, の社中, の者

1 [15件] で最も, といわれ, になる, の中, の伝記, の囚人, の大, の小勢, ばかり現れ, までは夕食後, までは数, まで小判, もあつまっ, を家, 乗り六十馬力

▼ 九年度~ (21, 0.1%)

2 の, のノオベル文学賞, の毎日文化賞

1 [15件] において全く, には七十四万四千町歩, には二萬九百八十一町村, には十七万冊, にも民主的, に作品, のゴンクウル賞, の公安条例, の分, の文学現象, の日本美術院, の芥川賞, の調査, の調査表, は三十六万点

▼ 九一九年~ (20, 0.1%)

2 のある, のヴェルサイユ会議

1 [16件] から二三年, から言われ, において破天荒, にこの, には七篇, にヴィユウ・コロンビエ座, に到っ, に心霊現象研究会, のはじめ, のドイツ, の二月十九日, の初め, の夏アメリカ, の飢饉, も今, 第一回

▼ 九二五年~ (20, 0.1%)

2 からいま, に梅鉢工場, の文学

1 [14件] から二六年ごろ, にいよいよ, に州立マイノット女子師範学校, に書かれた, に現在, に発布, のこと, のアジア協会学報, のコンゴ, の党, の文壇, までロンドン, まで十二年間, 既にこの

▼ 九~ (20, 0.1%)

2 には主として

1 [18件] が闕, というこれ, と縦, に, にはじめて, には天武天皇, にソヴェト見学時代, に竟, に陳氏義興山中, に集められた, の初, の大悲呪, の巻末, の歌, をみたす, を持ちだし, 第十一号, 第十巻

▼ 九番地~ (20, 0.1%)

4 に住ん 3 の家 2 の角店

1 [11件] からとった, だ, だから, で市四郎, とあっ, という表札, と封筒, に移った, に移転, に転籍, の小さな

▼ 九〇〇年~ (19, 0.1%)

1 [19件] から一九一六年, になっ, にはいっ, には総トン数二千六百二十万五千トン, にもう一度, にプランク, に發表, に至っ, のこと, のパリ, のパリ万国博覧会, のパリ博覧会, の冬, の初め, の時代, の終わり, の露西亞滯在中, までの彼, より一九一四年

▼ 九三七年~ (19, 0.1%)

2 の日本

1 [17件] から四一年, すなわち今日, という年, と云え, にどこ, にベートーヴェン, に独特, の一年, の九月九日, の前半期, の日本文学, の日本社会, の私, の頁, はメーデー, は暮れよう, までに行われる

▼ 九~ (19, 0.1%)

2 となった

1 [17件] が, であった, であり埋葬, で割る, で間, という数字, となり, と七五〇〇〇, と言, と謂, なの, の一角, の二十六, の声, の粒, ばかりでした, をこそよめ

▼ 九二六年~ (19, 0.1%)

2 の間

1 [17件] から着手, でやっ, にとられた, には, にソヴェト同盟内, に二百一万八千, に五千七十七万千九百九十七人, に出た, に国交断絶, に於ける, のその, のとき, の旧, の生活, の統計, 即ち大正十五年八月二十三日, 迄かえって

▼ 九四八年~ (19, 0.1%)

3 に入っ

1 [16件] からだった, に人権擁護委員会, のなか頃, のはじめ準備会, のオリムピック・ロンドン大会, の下半期, の世界, の今日, の四月, の大統領選挙, の後半期, の日本, の日本民主主義文化連盟, の東京, の秋以後, はアロハシャツ

▼ 九~ (19, 0.1%)

1 [19件] がこれ, となっ, と第, には, にも似た, にアルサス, に当る, に示された, に至る, の, の冒頭, の小, の文中, の末, の末尾, は大体列王紀略下並, を定めた, を見よ, を読むん

▼ 九カ月~ (18, 0.1%)

1 [18件] あまりに五百両, かもしか, すれば, たって, であと三カ月, であり戦死, であるが, にわたって何とか, に亘っ, に満たぬ, のあいだ, ののち, の間, ばかりで破れ, ほど前, もたった, を費し, 見なかった容姿

▼ 九パーセント~ (18, 0.1%)

1 [18件] いや百パーセント見込み, がそれぞれ就職, ぐらいが不合理, に対して一一パーセント, の三九五社, の増加, はただ, までが知らず, までが移轍, までは嘘八百, までは外国, までを印刷工場内部, まで外れる, よ, を示し, 否九十九, 失われて, 或いはそれ以上

▼ 九ヶ月~ (18, 0.1%)

4 の間 2 にしかならなかつた, をあの 1 とはいい, になった, に近い, の身重, の長, の間熱心, ほどの苦しい, もう一人, をさう抱き, 居りました

▼ 九~ (18, 0.1%)

2 がなくなっ, が六冊

1 [14件] が見えなくなった, ぐらいのもの, ずつは必ず, だけとっ, の内, の本, は見えず, は誰, まであった, までそろっ, を製本, を雪子さん, 持って, 計二千五百四十冊

▼ 九十八人~ (18, 0.1%)

2 の文身自慢

1 [16件] か九人位, がずらりと, この意外, それにいちいち, それに一々, という数, の人間, の御, は婦人, を引き連れ, を引率, を激昂, 御ところ, 悉く裸体, 悉く裸體, 第二十二回目弘化三年

▼ 九年ぶり~ (18, 0.1%)

1 [18件] であった, でお前, で大阪, で実, で弟, で思ひ, で懐かし, で旧知, で歩く, で祖国, で親子, にて実母, にて忰, になる, に日本, に昨年, のこんな, の帰参

▼ 九年目~ (18, 0.1%)

1 [18件] だが, である, でしょう, に, にさらに, になる, には高, に今度, に当る, に養子, の, の一九二六年, の年, の春, の晩秋, の終り, 初めての, 太十

▼ 九〇一年~ (17, 0.1%)

2 の十二月

1 [15件] から一九〇二年, にかかれ, には濠洲, にわたって世間, にベルリン, にペルセウス星座, にボストン市, にロンドン, に擧行, の, のこと, の十二月末日, の四月, までの八年間, までの在学期間中

▼ 九〇三年~ (17, 0.1%)

2

1 [15件] この曲, なの, にこの, には私, には自覚, にバーナード・ショウ, に出来た, に初めて, に彼, に描かれた, に英国, に開始, の, の九月, の秋

▼ 九〇九年~ (17, 0.1%)

2 にセーラム

1 [15件] から一九一四年, だ, に, にゴーリキイ, にサザンプトン, にバーソンズ, に出, のダーウィン百年祭, の哲学的論争, の四月二十九日, の夏帝都セントピータースバーグ, の窮民救助法調査会, までには単行本, まで勤め, を見よ

▼ 九〇二年~ (17, 0.1%)

1 [17件] から一九〇九年, で, であった, に, にオリヴィエ, にクリストフ, にシェール氏, に出た, に大統領, に楽劇, のこと, のボンナール, の一月, の八月, の初め, の教育条例, の秋

▼ 九三九年~ (17, 0.1%)

1 [17件] から一九四五年, という感じ, における国会図書館, には失敗, にワシントン, に多く, の九月, の写真, の初夏, の四月, の夏, の春, の時代, の暮, は世界, も秋, より一九四二年

▼ 九二〇年代~ (17, 0.1%)

2 の後半, の終り, の青白い

1 [11件] に入っ, に適する, のありふれた, のアナーキスト, のコーガン, のドイツ, のヨーロッパ社会, の仏蘭西劇, の初期, の末, はこれ

▼ 九二二年~ (17, 0.1%)

2 の春, の暮れ

1 [13件] から後, すなわち去年, には, にはロシア共産党, にモスクワ芸術座, に出版, に本邦, に楠山正雄氏, に現れ, に生まれた, に発行, の或, の詩文集

▼ 九〇六年~ (16, 0.1%)

1 [16件] かの英国, すなわちシュリーフェン引退, その第, に, には四月四日, にポオル・クロオデル, に出た, に到っ, に参謀総長, のこと, のサンフランシスコ地震, の二月, の刻印どおり旧型, の噴火, の時, まで参謀総長

▼ 九一〇年~ (16, 0.1%)

1 [16件] であった, であったから, といえ, と一九一四年, と三十七年後, と云え, にこの, にすでに, にコペンハーゲン, に発表, の, の二十倍, の元旦, の春, より同一一年, 第三次美術座

▼ 九段坂~ (16, 0.1%)

3 の上

1 [13件] からわざわざ, だという, とお, の傾斜, の斜面, の灰色, は今, まで行つて, をのぼり, を上ッ, を下り, を下り車, を降り

▼ 九~ (16, 0.1%)

2 しか居らない, の雪狼, の雪狼ども, 出て 1 くる, くるくるくるくる火, の子, の小, の犬, の脚, までは手, 食った牝豚

▼ 九~ (16, 0.1%)

1 [16件] があっ, だから, で一升券六枚, とも気味, のうち, の八幡山, の大, の粉川, の辺, の間脇階級有, までだかん, まで勘定, もある, もやはり, をもう, をもお

▼ 九~ (16, 0.1%)

2 に囲まれ, の巡洋艦

1 [12件] からのイギリス艦隊, が固まっ, が理由不明, になっ, に兵千七百, に増し, のうち, の敵艦, の船手, の船長その他, の艦隊, の軍艦

▼ 九~ (15, 0.1%)

2 の六日

1 [13件] ですね, で速く, との差, とアラビア数字, ないし一〇〇シリング, ないし一五〇センチメートル, にある, の右, の標高, の比率, までの数字, 及び八〇クヲタア, 及び註參照

▼ 九~ (15, 0.1%)

2 それを

1 [13件] ある, つ三日, つ九日, 七面鳥の, 中軸皆んなピカ, 六十に, 六阿彌陀詣, 出来たら行乞, 年廻り悪い, 得られるが, 流れ出した, 演奏された, 通るたび

▼ 九代目団十郎~ (15, 0.1%)

2 のため

1 [13件] から破門, がまだ, が贔屓, である, と五代目菊五郎, に対抗, の, のお, の兄, の妹, の矢張り盗賊, の養父, の首

▼ 九十六号~ (15, 0.1%)

4 の自動車, の運転手 1 があそこ, が日比谷, に乗っ, の中, の箱, の車体, は横ざま

▼ 九四五年八月十五日~ (15, 0.1%)

1 [15件] からこん, からのち, から今日, から後, から植民地在住, から次, がくる, が来, が来た, という日, にわれわれ, の日暮れ, までにわたし, まで一切, まで日本

▼ 九時前後~ (15, 0.1%)

1 [15件] から夜伽, から立合っ, であったろう, でしたろう, でまだ, と思われる, と推定, にお, につく, に人力車, に於, に於ける, に洋品店, に満潮, に目

▼ 九時半ごろ~ (15, 0.1%)

1 [15件] か, かね, からもみはじめた, から十時半ごろ, から真夜中, が三つ, であった, でもありましたろう, なりけれ, にはこの, に終った, まで, までは西風, までぼんやり, 新しく借りた

▼ 九~ (15, 0.1%)

1 [15件] ある, であるに, で幅, と云, の納涼台, の間, の静まり, はやはら, もあるい, もあろう, も急坂, も逆戻り, も隔り, 走って, 走って程

▼ 九~ (15, 0.1%)

3 及び第 2 にいへる 1 が書かれ, とともに十七世紀, にいでし, にも繰返され, に忠心, の, の雷, まで眞, まで第, よりは地

▼ 九~ (15, 0.1%)

2 や十里

1 [13件] あると, だけが平々凡々, と申します, の全, の山奥, の山奧, の道, の間, は暑苦し, ばかりあります, ばかりの園部, ばかり参りました, ばかり山奥

▼ 九〇四年~ (14, 0.1%)

2 の春

1 [12件] から一二年, にはノーベル賞, には第, にフラマリオン社, に内務大臣シピアギン, の, のある, のメーデー, の五月, の四月, の暮, の秋

▼ 九マイル~ (14, 0.1%)

2 あり

1 [12件] ある, ずつを急行, にし, のところ, の内訳, の航行, の距離, の速力, の間, は熔岩, を隔てた, 離れて

▼ 九ヵ月~ (14, 0.1%)

2 で月並

1 [12件] しかない, しか執筆発表期間, だけであった, つかって, ということ, と十三日間滞在, の体, の牛乳代, の特別哺育費, ばかりしか作品発表, ほどであった, を生活

▼ 九三〇年代~ (14, 0.1%)

2 のはじまり

1 [12件] から今日, にいくら, に至つて, のはじめごろ, の世界的, の今ごろ, の現代, の終り, の自覚, の複雑, までの, より四〇年代

▼ 九三八年~ (14, 0.1%)

1 [14件] から九年, という年, にはまだ, にオルソン・ウェルス, にハーン, の十一月, の南米, の変り型, の夏ころ微熱, の現在, の秋二十二名, まる一年, よ, 第七一号

▼ 九~ (14, 0.1%)

2 でした

1 [12件] であつ, であらう, で躯, と思われる, になつ, になる, の, のこと, のひと, の學生風, の男, を占め居る

▼ 九四〇年~ (14, 0.1%)

2 にかかれた

1 [12件] かにスイス, という年, には二・〇, に東京オリムピック, に結核, のオリンピック, の変り型, の日本, の秋, の第, は前半, を目ざし

▼ 九年以前~ (14, 0.1%)

2 の物

1 [12件] おそらくは共和国, から内々山人, にはよくよく, にもどっ, に与八, に別れましたる, に遡, のそれで, のもの, の事, の遺物, よりの予謀

▼ 九年後~ (14, 0.1%)

2 の今日

1 [12件] である, には, には一, にまた, にキーゼヴェッター, にレオン・ツオルゴオズ, に養子, のドイツ人, の今, の再建, の嘉永六年, 初めて世

▼ 九~ (14, 0.1%)

11 老太 1 か八斤, である, に比べる

▼ 九日間~ (14, 0.1%)

1 [14件] あるの, かかずそれ, が満員客止め, しかない, でだ, といふ完全, にしない, に何事, のよ, の切符ギリギリ, の外出, の拘留, もある, 続いた

▼ 九時十時~ (14, 0.1%)

1 [14件] がまだ, となり, と不安, と何事, と同じ, と時間, になっ, にならなけれ, に至っ, に近い, のよう, の日, まで夜業, より段々

▼ 九~ (14, 0.1%)

1 [14件] だ, でしょう, の, の公民, の軍勢, の青少年, ばかりなり, ばかり貰った, ばかり造らなけれ, へ連想, を与えられた, を数え, 笑いなさいうんと, 計二万二千四百十三社

▼ 九~ (14, 0.1%)

1 [14件] さきなる軒下, にし, の丸太, の大殿, の橋廊下, の長, の階廊, ばかりの古い, ほど追いかけた, もある, もあるべき, もあろう, も彼方, を柳川藩

▼ 九~ (14, 0.1%)

2 に一八%

1 [12件] すなわち四九五磅, だけがわずか, である, とみ, に下落, の利子, は一〇〇, までが全く, までは帆船, までは汽船, よりいい, よりもより大

▼ 九には~ (13, 0.1%)

3 未だ 2 人の 1 なって, なるまい新, 充分見えるで, 大迦葉, 如意俵絹鎧剣鐘等と, 犬頭社は, 男女大小の, 老込みよう

▼ 九分の一~ (13, 0.1%)

1 [13件] が死亡, ずつ加えられる, だけ高められた, つまり〇・一一, であり漁家, である, ということ, と述べられ, にすぎず, に過ぎない, の斜面, を加え, 小都市

▼ 九~ (13, 0.1%)

2 の職工

1 [11件] から二匹, じゃ惜しい, だとかいふから, である, の蟹, はだいたい, はもう, まで釣った, を取上げた, を養っ, 見出されたに対して

▼ 九十パーセント~ (13, 0.1%)

1 [13件] が社会的, が間違い, ぐらいまでは自分, でこれ, と称せられる, の利益, の権力, は今日, は樹林, までは持ちまえ, までは短篇, を私, 迄碌

▼ 九十一歳~ (13, 0.1%)

2 の老人

1 [11件] が一人, だと, で死にました, で薨, にて身まかりぬ, になっ, になる, の時, の父, の老年, の老齢

▼ 九~ (13, 0.1%)

1 [13件] といい始めた, となり, となる, との両, と計算, などの数, の三数, の方, の神社, は旧, へ突いた, または八〇八三, を説いた

▼ 九年ごろ~ (13, 0.1%)

1 [13件] からこの, からし, からのこと, から今日, から十三年ごろ, から友人松根東洋城, だった, だったから, にあの, には先生, の事, の軍需インフレーション時代, は

▼ 九~ (13, 0.1%)

1 [13件] から二十三文位, しかありませんでした, ずつ出し合っ, でなければ, に売りやんせ, のこらず捜し出す, の大, の計り売り, の足袋, の銭, を拾い集め, 落したのに, 落して

▼ 九~ (13, 0.1%)

2 の塔, の頂, は動ぎ, もの眼 1 だけ光らせ, に絡みつけ, のあたり, の処, の根もと

▼ 九~ (13, 0.1%)

2 の創作今様

1 [11件] あるから, があつ, が掲載, しか残つて, の中, の歌, の雄, は當時, も其中, を作つた, を棄てた

▼ 九〇〇磅~ (12, 0.1%)

2 の支出 1 が購買, で一定量, で売る, と考える, に下落, に対し得た, は以前, を保持, を手許, を支出

▼ 九〇七年~ (12, 0.1%)

1 [12件] からやっと, にいたりまし, には千三百種, にもつづける, に書かれた, に死んだ, に発表, に逝った, のこと, の十一月, の実数, まで毎

▼ 九〇八年~ (12, 0.1%)

1 [12件] から三四年, にわたるの間, にターリング, に出た, に発表, に襲, の十月, の春, の火事以来, の秋ロダン, より同, を見よ

▼ 九一一年~ (12, 0.1%)

2 に出た 1 この原書, にはプラーグ, に出, に出版, に欧洲行, に英人ドウソン氏, の, のブルガンディー酒, の初夏, の秋

▼ 九世紀中葉~ (12, 0.1%)

1 [12件] からロシア, に既に, に活躍, のその, の作家たち, の古典学者, の帝政ロシア, の欧州, の欧州楽壇, の浮世絵師中錚, までの過去, を風靡

▼ 九~ (12, 0.1%)

1 [12件] あり, から十二俵, とれまして, までを三十俵, までを二十俵, までを八十俵, までを六十俵, までを十五俵, までを四十俵, までを百五十俵, までを百俵, を売り

▼ 九~ (12, 0.1%)

3 の字 1 ですべて, というわけ, という人口, となっ, と計算, に仏前生飛馬, の變ずる爻, の間, の間取り

▼ 九十三~ (12, 0.1%)

4 を得 1 だと, という年, とは知るまい, なの, になつて, になる, の元素表, の頭

▼ 九~ (12, 0.1%)

2 しか無 1 が予定, しかなかっ, では, となり, の一族, の小子内, の葛巻附近, の諸, もあっ, やがてイシカリ川

▼ 九日付~ (12, 0.1%)

2 となっ 1 でアメリカ應接係, で兵部, で堀達之助, で神戸アメリカ領事ロビネット, にて其友篠田剛蔵, のお, のロダン宛, の江戸奉行宛, の飜譯, を以て新しい

▼ 九日朝~ (12, 0.1%)

1 [12件] からの雨空, ついて, に永眠, のお, のラジオ, の両, の内, の都下, より夜, 再び浮御堂, 御暇乞, 起きて

▼ 九百万~ (12, 0.1%)

2 の卵 1 でもあり, でもあろう, として一戸, として約, ないし一千万, ならば, に値する, に減少, のうちこれ, の現金

▼ 九等官~ (12, 0.1%)

1 [12件] だが, だなんて, でしかあり得ない, というやつ, などはまったく, なの, なりまたは, なんかぢ, になる, に見え, のみならず, はとある

▼ 九です~ (11, 0.1%)

21 かね, から, から人柄, から彼, がもう, が一人前, が郷士, けれど, この端数

▼ 九ヵ国~ (11, 0.1%)

1 [11件] が同盟, にわたっ, の九州軍, の兵, の平和, の空, の諸, の重鎮, の鎮台, は数十党, を指します

▼ 九万円~ (11, 0.1%)

4 の金塊 1 じゃない, には買取る, の中, の液体黄金, の金魂, の黄金, の黄金液

▼ 九世紀初頭~ (11, 0.1%)

1 [11件] からそれ以前, にかけての最高, の, のドイツ小王国ワイマール, のフランス, のフランス社会, のブルジョア写実主義, のライン州, の政治的変転, の猛者, の詩人画家

▼ 九以下~ (11, 0.1%)

2 及びルカ 1 であり平均寿命, に委し, に曰く, に見, は全, 及び天, 同七三, 同二〇・一二四以下參照, 無子

▼ 九十三歳~ (11, 0.1%)

1 [11件] だと, で死にました, で死んだ, といふもの, にし, になっ, のお, のねばり, の円満示寂, の頭, の高齢

▼ 九十九パーセント~ (11, 0.1%)

1 [11件] いや百パーセント見込み, はただ, までが知らず, までが移轍, までは嘘八百, までは外国, までを印刷工場内部, まで外れる, よ, 否九十九, 或いはそれ以上

▼ 九四一年~ (11, 0.1%)

2 の一月 1 から四四年, から始, には又もや, に又もや, に第, の大, の真夏, の秋ナチス軍, までその

▼ 九~ (11, 0.1%)

3 の月, の辛棒 1 で日, まで通い, 寝て, 第二十一夜, 降り続きたりとて

▼ 九年五月~ (11, 0.1%)

21 から十二月末, であるから, で一葉, になっ, にニューヨーク, のこと, の交, の雑誌, 即ち我明治三十六年

▼ 九時四十分~ (11, 0.1%)

2 にハネ 1 か, であった, であつ, となり, のこと, 乃至五十分ごろ, 又カット相談, 着ハイヤ, 迄か

▼ 九~ (11, 0.1%)

2 の書 1 が悉く, が皆官師, では, については由來, について書いた, の中, の数, の著述, 各家

▼ 九百人~ (11, 0.1%)

2 の文学衝撃隊 1 からの仲仕, に適用, の余, の坑夫, の戦争協力者, の男, の解放, よりない, を加え

▼ 九百円~ (11, 0.1%)

2 の金 1 か, じゃア, で梅田会館, になる, になれ, に処せられ, に過ぎざるなれ, ばかりの金, もうかる

▼ 九~ (11, 0.1%)

2 の礼 1 の儀仗, の栄, の栄誉, の重き, をうく, を加え, を加えられ, を持たなかったろう, 彫の

▼ 九〇%銀~ (10, 0.0%)

5 の半 3 の二四半デカグラム 2 半デカグラム

▼ 九シムフォニー~ (10, 0.0%)

1 だったのに, ということ, のコーラス, の初演, の演奏, の第, よりも, をきい, をやっ, を演奏

▼ 九~ (10, 0.0%)

2 というの 1 がねえってこった, が出なけりゃ, であった, と二六, に, による賞与金, に騾, の面々

▼ 九一五年~ (10, 0.0%)

1 のこと, の三月, の五月二十三日, の六月二十二日, の四月, の夏, の或, の秋, の秋以来唯今, までキャリフォルニア州オウクランド市

▼ 九世紀後半~ (10, 0.0%)

2 の露西亜 1 が生んだ, に於ける, のドイツ, の写実主義, の所謂, の文壇, まで待たね, を一期

▼ 九二四年~ (10, 0.0%)

1 から一九二六年, に六名, に第, の今, の今日, の倫敦, の六月頃, の早春, までい, より一九二六年

▼ 九~ (10, 0.0%)

7 の功 1 の功名, の山, の谷

▼ 九~ (10, 0.0%)

2 もある 1 ある, からある, がいくつ, だけよく, となっ, と出し, の大軍, はいくら

▼ 九兵衞~ (10, 0.0%)

1 が置忘れ, だお前, だから, というもの, という者, といえ, と云, と云っ, の企み, 其の他

▼ 九十九枚~ (10, 0.0%)

1 ござろうがの, だ, だけ溜りました, で毎日, といふ統計, とはさすが, の年始状, の葉書, の雨戸, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 九十八~ (10, 0.0%)

4 の足さき 2 の切株 1 のピアノ曲, の大数, まで生きたじゃ, まで生きる

▼ 九千円~ (10, 0.0%)

1 になります, の保証金, の施し, の金, はタイコモチ, ばかりになっ, もある, も薬種問屋, を抱い, を握った

▼ 九号室~ (10, 0.0%)

1 であった, で誰か人, にも分宿, に足, の出口, の有様, へいっ, へお願い, へとびこんだ, へ入っ

▼ 九~ (10, 0.0%)

3 暦を 1 とは九惑星, と云, と譯, 暦が, 暦である, 暦も, 暦又は

▼ 九年二月~ (10, 0.0%)

2 に至る, の 1 としてある, にも寛政四年七月, に日本, に東京, の処女航路以来非常, の出版

▼ 九年十二月~ (10, 0.0%)

1 と十六年十月, にかかれた, には十三歳, には東寄り, に北京, に十一歳, に国際連盟, のこと, の某日, は我ら夫婦

▼ 九時十五分~ (10, 0.0%)

21 であった, でございます, といふの, にハネ, に只見川, に着くべき, までの間, より太陽

▼ 九段上~ (10, 0.0%)

2 の旅館 1 からずっと, でスパイ, の侯爵邸, の広場, の濠端, へ出, へ燒, 迄歩い

▼ 九~ (10, 0.0%)

1 あったのよ, ありましてね, か九貫, ぐらいだったろう, しかありません, しかはいらない, と渾名, もあった, もありました, やがて二十貫位

▼ 九ぐらいの~ (9, 0.0%)

1 ときに, 可愛らしい少年, 女であった, 女中らしい, 小綺麗な, 時に, 若い男, 若者ぞろいである, 身長が

▼ 九だった~ (9, 0.0%)

2 という, ね 1 かな, からこれ, からである, がすでに, が容貌

▼ 九~ (9, 0.0%)

1 ござります, で南穂高, のところ, の長い, の間, はたっぷり, ばかり登り, ほど手前, も歩いたろう

▼ 九~ (9, 0.0%)

1 ありて, いると, の兵, の兵隊, の味方, の軍隊, の軍馬, の都市, をポン

▼ 九~ (9, 0.0%)

1 である, に三人, に次女エレオノール, のごとく, の次子, は母親, をついで, 実如, 第六次十字軍

▼ 九~ (9, 0.0%)

1 かい, さがりの, そろそろ見え, であろう雲, に切腹, に近かろ, は髪切虫, も半, を過ぎる

▼ 九十一~ (9, 0.0%)

2 の媼 1 っ, といふお婆さん, となった, なる数, にいたしましょう, の老, 何卒私共

▼ 九十三年~ (9, 0.0%)

1 その稀書, に働いた, に出, に達した, の大, の悪, の有様, の鍛錬の, 溯つて

▼ 九十兩~ (9, 0.0%)

2 の盜人 1 といふより, といへ, と纒まつ, の小判, の片ら, は自分, 溜める人間

▼ 九十里~ (9, 0.0%)

1 からの旅, で弘前, と百里, にある, にわたって河北, に半ば, のところ, の処, をもっ

▼ 九四七年度~ (9, 0.0%)

2 の毎日出版文化賞, の注目 1 に起った, のハイライト, の感銘, の芸術祭, の調査

▼ 九四九年度~ (9, 0.0%)

2 の毎日文化賞 1 において全く, にも民主的, に作品, の公安条例, の文学現象, の調査, は三十六万点

▼ 九太夫さん~ (9, 0.0%)

2 の家 1 がわからない, とやりやった, とやり合った, どうもわたし, ならそれ, はどう, も年

▼ 九度以上~ (9, 0.0%)

5 の熱 2 の高熱 1 の熱度, の病熱

▼ 九時十二分~ (9, 0.0%)

3 に噴水, を期し 1 だ, になっ, ばかりだ

▼ 九歳頃~ (9, 0.0%)

1 から十二三, から沈滞期, のこと, の彼, の私, の自分, へかけ, までは基督教信者, までは少女型

▼ 九百九十九人~ (9, 0.0%)

1 が瘋癲人, が誤, であろう, と弟子, に皮肉, の垢, の憎悪, までその, までの垢

▼ 九穂子~ (9, 0.0%)

3 来る 1 と三十間堀, と共に銀座清新軒, と冨士見町, と歳晩, と牛門, と風月堂

▼ 九貫目~ (9, 0.0%)

3 の人 1 あると, しかなかつた, にて平均一反歩, の体重, の蛸, をもって一二二万九五〇八石

▼ 九~ (9, 0.0%)

2 の警衛 1 の前, の堅く, の大砲, の火砲, の通行, はすでに, 持って

▼ 九〇〇〇~ (8, 0.0%)

1 だけ多かっ, だけ実際, であるか, であるとか, に等しく, の人口, は寡婦鰥夫, 従って結婚人員

▼ 九〇年代~ (8, 0.0%)

2 に入っ 1 に太平洋航路, のフランス文学, のロシア文壇, の初め, の最も, へかけ

▼ 九である~ (8, 0.0%)

1 がちかごろ, が父, ことが, そうだ, とすれ, と推論, ように, 場合も

▼ 九までの~ (8, 0.0%)

1 ことなり, ところまず, 一年半ぐらゐな期間である, 外に, 数年を, 數字を, 歌という, 間は

▼ 九一六年~ (8, 0.0%)

1 から十七年, にわたって前後三回支那西域タクラマカン, にロシア, に出た, の一月, の三月, の五月, の夏

▼ 九~ (8, 0.0%)

2 の端 1 であり同期, と第, に砂鉄牟婁郡, の内, の君子終日乾乾, の爻

▼ 九~ (8, 0.0%)

1 であるから, というよう, となる, にこれ, に晉, の四, 深野方, 生並

▼ 九分の入り~ (8, 0.0%)

2 である 1 だ, だが, でも活気, わりによく笑った, 他座, 思ったよりい

▼ 九十九年~ (8, 0.0%)

1 である, でマホメッド, にはウイン, に延長, の年の瀬今, の春, も六百年, も少し

▼ 九~ (8, 0.0%)

1 だが, になり, になりました, の人たち, の精兵, まであげ, 或は一萬, 或は十千

▼ 九及び~ (8, 0.0%)

2 註參照 1 一七, 一七・一五等, 三六沼沢地の, 二七・八七七両, 二四である, 第二十図

▼ 九四五年八月~ (8, 0.0%)

2 からのち 1 からあと, から今日, が来, のあと, までつづいた, まで進歩的

▼ 九~ (8, 0.0%)

1 が指折り, が立っ, が道端, と藍皮, はいずまい, はまた, は單四嫂子, は承知

▼ 九工場~ (8, 0.0%)

2 の内部 1 という, に向っ, の入口, の大, の東端, の横手

▼ 九年三月~ (8, 0.0%)

1 から八月, から明治四年四月, である, に今度, に台湾, に至る, の出生, の初

▼ 九年九月~ (8, 0.0%)

2 までの間 1 に到る, に始まつ, に實際, の新, の歌舞伎新報, 某夜

▼ 九年以後~ (8, 0.0%)

2 のこと, のもの 1 のアメリカ, の日本, の漱石氏, 何ら記

▼ 九~ (8, 0.0%)

2 の時 1 じゃ, だったの, で学校, の処女, の童子, 程に成長

▼ 九日夜~ (8, 0.0%)

2 の暗殺事件 1 の四人刺殺, の戦火, の殺人事件, はじめて, 下關, 又一島湧出

▼ 九月頃~ (8, 0.0%)

1 から夫, だそう, だったろうふと, にはその, には多助, にも十日, の暴風雨, 来ること

▼ 九番目~ (8, 0.0%)

21 に母親, のものヤペツス, の子, の插繪, の末子, の祕密

▼ 九百九十兩~ (8, 0.0%)

2 の盜人 1 といふより, といへ, と纒まつ, の小判, の片ら, 溜める人間

▼ 九百圓~ (8, 0.0%)

1 しか掛らない, ですから, で半年, で戰爭, と云, の堤防, まで我慢, 掛けて

▼ 九百年~ (8, 0.0%)

1 にいたり, に世親, の後, の星霜, ほど前, もそのまま, も前, 程前

▼ 九~ (8, 0.0%)

1 で両, の三角点, の前, の地点, の小蓮華山, の附近, の高, を超え

▼ 九~ (8, 0.0%)

2 の鳥 1 しかいない, の眠り鴨, の鳥皆, の鳩, を數, 飼って

▼ 九~ (8, 0.0%)

1 にはいま, のうち, の内, の大半, の大藩荊州, をそっくり, を保っ, を治め

▼ 九〇〇年代~ (7, 0.0%)

1 からの民衆, がはじまった, に一度, に蝉脱, のスローガン, の醸造, もまた

▼ 九〇パーセント~ (7, 0.0%)

1 が青年訓練所, としても現に, の銀一グラム, の銀五グラム, の銀六百グラム, までが共産主義者, 集められたと

▼ 九〇・九二〇瓩~ (7, 0.0%)

4 から深谷氏 1 とさあ, と云う, の積載重量

▼ 九ばかりの~ (7, 0.0%)

1 品の, 小柄な, 書生風の, 略人だけの, 美人, 色白な, 頃中学三年生の

▼ 九万人~ (7, 0.0%)

1 と云われる, の婦人労働者, の常備軍, まで戻, もの兵隊, を有し, を死なした

▼ 九万石~ (7, 0.0%)

1 に封じた, に課し, の主, の本城支城, の領主浅井長政, も子息利長, を領有

▼ 九三六年度~ (7, 0.0%)

1 になっ, に厳密, に限定, の世界的デマゴギー, の出版界, の日本文化情勢, 云わば

▼ 九世紀以来~ (7, 0.0%)

1 の個性, の地上, の小説, の探検家, の社会的惨禍, の社会科学的範疇, 驚くべきもの

▼ 九世紀末葉~ (7, 0.0%)

1 においてフランス, に一ヨーロッパ人, のこと, のフランス文壇, の仏蘭西詩壇, の雑誌, は

▼ 九~ (7, 0.0%)

1 であった, である, ですが, ばかりの英辞書一部, を与え, を払っ, 貰っても

▼ 九二〇瓩~ (7, 0.0%)

4 から深谷氏 1 とさあ, と云う, の積載重量

▼ 九代目~ (7, 0.0%)

1 となった, に対しては東京, に芸, の他日, の住職, の女, の皇帝

▼ 九円七十五銭~ (7, 0.0%)

1 という小切手, の与えた, の小切手, の為替, はその, をべこ, を自分

▼ 九十九円七十五銭~ (7, 0.0%)

1 という小切手, の与えた, の小切手, の為替, はその, をべこ, を自分

▼ 九十二人~ (7, 0.0%)

1 すなわち約, で五組, といふ比例, の中, の用務, の船客, の需用品

▼ 九十日~ (7, 0.0%)

1 から先, にし, に過, のうち, の冬眠, の東風, ほど見えなかった

▼ 九千人~ (7, 0.0%)

1 になる, に至り, のお客, の内, の労働者, の従業員, をいるる

▼ 九~ (7, 0.0%)

1 があつ, で終つて, で終る, といふ卷數, になつ, に王アドラストス, を終

▼ 九~ (7, 0.0%)

1 か, この数字, であがる, とかいっ, の損害, までこれ, までの太柄

▼ 九合目~ (7, 0.0%)

1 から王滝口頂上, だ, にしがみつい, に来た, へあらわれた, より頂上, をのぼりつめ

▼ 九四六年一月~ (7, 0.0%)

1 から文学雑誌, から日本, で三月, にいち早く, の天皇, の追放令発表以来, は久しぶり

▼ 九~ (7, 0.0%)

1 として出, のごとく, のよう, の三つ, の結晶, は完全樹枝状, は羊歯状

▼ 九~ (7, 0.0%)

1 ありて, です, に分れた, に通う, は博士, までしか見られなかった, をペン

▼ 九年一月~ (7, 0.0%)

21 とうとう辛抱, に完了, に発行, に第, のこと

▼ 九年以来~ (7, 0.0%)

1 あらゆる流派, その創作方法, なん, の日本軍部, の花, 全民衆, 第二インタナショナル

▼ 九年十一月~ (7, 0.0%)

1 から三〇年, それから第, だぜ, には武蔵, に第, の冬, 向両国

▼ 九年四月~ (7, 0.0%)

2 の, の第 1 にも弘化元年正月, までに彼女, より十年四月

▼ 九年来~ (7, 0.0%)

1 いまだかつてない, の予期, の恐慌, の経済恐慌, の運動, 初めて失業者, 始めて

▼ 九日附~ (7, 0.0%)

2 のお 1 で全, で手紙, の書附, の田中, の私宛

▼ 九時三十分~ (7, 0.0%)

1 か四十分, といふ報告, との間, に決っ, に発車, 着駅前, 第二

▼ 九時十分~ (7, 0.0%)

1 ぐらいまでに終る, だ, でかえりました, と時間, になっ, まえ金庫, 過ぐらい

▼ 九~ (7, 0.0%)

5 の神 1 ありて, の中

▼ 九~ (7, 0.0%)

2 一集を 1 七第, 二回発送, 六集の, 十の, 十年における

▼ 九~ (7, 0.0%)

1 が突然, だの素心蘭, であった, と呼ぶ, などという, なる, の八名

▼ 九郎貞昌~ (7, 0.0%)

1 により, はすぐ, は今日, は再度, は彼, も侍臣たち, より岡崎

▼ 九~ (7, 0.0%)

1 すなわち修, である, と二十願, に当る, の趣旨, は, を

▼ 九までが~ (6, 0.0%)

1 いい鉋, さうだつ, そういうふう, 灯の, 甲賀流伊賀流の, 美人画であった

▼ 九ツ谺~ (6, 0.0%)

1 といいたる, という処, といひたる, といふ処, とおしえたる, とをし

▼ 九ヶ月目~ (6, 0.0%)

1 だ, ですから, にはじめて, にやつ, に消え, 即ち之

▼ 九~ (6, 0.0%)

1 であろう, には, には兎, に対して無, に山東省, を一つ

▼ 九万里~ (6, 0.0%)

1 となる, となれり, なる可, にし, の遠き, をゆく

▼ 九三〇年頃~ (6, 0.0%)

1 からアメリカ, から昨年, には便利, のヴェラ・インベル, はケーテ, より

▼ 九三二年以後~ (6, 0.0%)

2 のゴーリキイ 1 に日本, の日本, の社会主義的リアリズム, 思わず呻

▼ 九世紀文学~ (6, 0.0%)

1 が築きあげた, とのちがい, の流れ, の潮流, の特質, の研究

▼ 九五一年~ (6, 0.0%)

1 がわたしたち, に初めて, に失われ, のうつつ, のブラッセル総会, の私

▼ 九~ (6, 0.0%)

3 の神 2 の仏 1 のうち

▼ 九割以上~ (6, 0.0%)

1 はほんとに, は記録, も今, も負わなけれ, をしめる, を占める

▼ 九十七人~ (6, 0.0%)

1 および近衛槍騎兵八百八十人, というの, という尨大, という文盲者中, と三人, は睦

▼ 九十二~ (6, 0.0%)

1 ある, あること, だと, で逝く, の竅, または九十三

▼ 九十五人~ (6, 0.0%)

1 ぐらいは読ん, とあります, の司教, は影, は町人形儀, まで生き返らせる

▼ 九十八年~ (6, 0.0%)

1 なり, にはヴェ・イリイッチ, にペテルブルグ, に於, の異様, はタメルラン西部波斯

▼ 九十六間~ (6, 0.0%)

1 からある, の両国橋, の大橋, の板張り, の長い, を粛々と

▼ 九十名~ (6, 0.0%)

1 だ, の代表, の生命, の級, までは登載, 近い人達

▼ 九十枚~ (6, 0.0%)

1 だの, の仕事, ばかりの小説, ほどに書いたけれ, まで小説, 近い父

▼ 九千石~ (6, 0.0%)

2 の旗本 1 に削減, の歳費, の領主, を貰

▼ 九四二年~ (6, 0.0%)

2 の夏 1 にかけて間歇的, にその, に一応, まで調査

▼ 九~ (6, 0.0%)

1 とはまた, に下り, の果て, の端, への旅立, への遍歴

▼ 九~ (6, 0.0%)

1 をし, を封じ, を生む, 徳十五三郎四つ女長二十良, 棠助五つ女長十良八つ乃夫二つ全, 賛二十六

▼ 九~ (6, 0.0%)

2 引き攫浚付 1 に酷似, の声, も私, を髣髴

▼ 九居瀬~ (6, 0.0%)

1 が見えた, が見える, てなん, の太鼓, の祭礼, よりずっと

▼ 九年六月~ (6, 0.0%)

1 で直江津富山間, と十二月, にも甲斐, に三陸, に禁裏, の本誌

▼ 九年制~ (6, 0.0%)

1 とある, といわない, とわかれ, にし, の無料義務教育, の統一労働学校

▼ 九年十月~ (6, 0.0%)

1 に, には中華人民共和国, に小倉, に東京, の大, の或

▼ 九年生~ (6, 0.0%)

2 であるから 1 だから, で二十九歳, で二十歳, で五百

▼ 九日ごろ~ (6, 0.0%)

1 からずっと, から又, だったと, のお, の月, 見馴れない混血児

▼ 九日頃~ (6, 0.0%)

1 おみやさん, から暴風雨, から浜名湖, であった, である, のこと

▼ 九時二十分~ (6, 0.0%)

1 それから例会, だ, になる, に出, の下り, 起き

▼ 九時五分~ (6, 0.0%)

1 にはじめて, に君, に至っ, を示し, 過であった, 過に

▼ 九時五分前~ (6, 0.0%)

2 であったので 1 でした, です, に止め, の汽車

▼ 九時十五分前~ (6, 0.0%)

1 から九時ごろ, だよ, です, なら, に陣取っ, まで図書館

▼ 九時頃私~ (6, 0.0%)

1 がアトリエ, が自分, が見廻りました, はその, は何, は家

▼ 九条兼実~ (6, 0.0%)

1 さえその, その子, とか仁和寺, とその, の日記, をちょっと

▼ 九段坂上~ (6, 0.0%)

1 から下町, に居た, の今, の夜, の富士見町通, は現今

▼ 九段目~ (6, 0.0%)

2 と同一, に示される 1 と太閤記, までした

▼ 九百十年~ (6, 0.0%)

1 でしたあれ, に此, に私, の春, の調査, を一期

▼ 九百年前~ (6, 0.0%)

1 その儘, といふ説, に其の, に死, のもの, の先輩

▼ 九~ (6, 0.0%)

1 で見た, とは指呼, に一泊, に向け, の間, を見

▼ 九~ (6, 0.0%)

2 まではあしたおれ 1 に區別, の著書, まではほっと, 乃至十等出仕

▼ 九~ (6, 0.0%)

4 僧の 1 僧, 僧を

▼ 九郎方~ (6, 0.0%)

1 で暴れ, で暴れてる, に來, の奥, へ斬り込ん, を襲っ

▼ 九~ (6, 0.0%)

2 を写し, を寫し 1 と天帝, を写し終え

▼ 九~ (6, 0.0%)

2 の太平 1 から僅か, といつ, の漁村, まで行つて

▼ 九項目~ (6, 0.0%)

4 の下 1 に, を捨象

▼ 九頭龍求女~ (6, 0.0%)

1 と岩井町, と差しつ差されつ, などといふ男, の妾, の浪宅, は容易

▼ 九~ (6, 0.0%)

2 の書庫, はひとり 1 が自分, へ別書

▼ 九でも~ (5, 0.0%)

2 あろうか, まだほんの 1 二十でも

▼ 九~ (5, 0.0%)

1 ースティングズに, 登って, 行って, 逃げて, 逃げる

▼ 九~ (5, 0.0%)

21 三, 倉と, 四

▼ 九ノット~ (5, 0.0%)

3 の速力 1 のフルスピード, を出し

▼ 九ペンス~ (5, 0.0%)

1 から二, すなわちわが, と一八二二年, の九倍, の開き

▼ 九ヵ所~ (5, 0.0%)

1 と後, に浮橋, のかため, の穴, の門

▼ 九一七年以後~ (5, 0.0%)

1 には人類, に成長, のソヴェト社会, のプロレタリア, の美

▼ 九一金~ (5, 0.0%)

1 がない, と一緒, を出すまい, を吹っかけ, を四十円

▼ 九三七年度~ (5, 0.0%)

1 には急速, に於ける, の文学思想界, の日本, はこの

▼ 九三三年以後~ (5, 0.0%)

1 のかしましく苦しい, の人民戦線運動, の文学批評, の社会, は空白

▼ 九世紀頃~ (5, 0.0%)

1 である是, には知られ, に亘り, に発見移住, のアラビア人

▼ 九並び~ (5, 0.0%)

4 に註參照 1 に參照

▼ 九二八七〇〇〇~ (5, 0.0%)

2 から一〇 1 が一八〇〇年, すなわち報告, に対し一

▼ 九五〇年代~ (5, 0.0%)

2 の日本 1 にいたっ, において民主主義文学運動, のリアリティー

▼ 九割九分~ (5, 0.0%)

1 は就学, までが手杵, までを包括, まで大丈夫, まで行っ

▼ 九十一年~ (5, 0.0%)

1 に出, の一月五日, を得, 即ちこの, 若くば

▼ 九十九部~ (5, 0.0%)

2 を写し, を寫し 1 を写し終え

▼ 九十二歳~ (5, 0.0%)

1 でまだ, になっ, のおじいさん出座, の高齢, まで生きた

▼ 九十五年~ (5, 0.0%)

1 であります, のヴァンデー, の八月, の大, まで兔

▼ 九十五銭~ (5, 0.0%)

1 が七円七銭, ですむ, になります, の割, を要する

▼ 九十六人~ (5, 0.0%)

1 が昨年, という統計, といふこと, となった, の演舞

▼ 九十六年~ (5, 0.0%)

1 に牢, の七月, の始, の破裂, 病みて

▼ 九十年前~ (5, 0.0%)

1 に, に陛下, は仁明天皇, は承, まで身動き

▼ 九千トン~ (5, 0.0%)

2 の巨艦 1 というでかい, の不, の巨船

▼ 九千尺~ (5, 0.0%)

1 から一萬尺, に近い, のエヴェレスト, の高度, までのところが

▼ 九~ (5, 0.0%)

1 なるアル, にある, は候, ばかり距, も歩い

▼ 九四三年~ (5, 0.0%)

1 だったか, に, にアメリカ, にモスクワ, の春

▼ 九四九九~ (5, 0.0%)

1 が, という数字, と七五〇〇〇, なの, の二十六

▼ 九四五年八月以後~ (5, 0.0%)

1 この武士道ドラマ, この禁止, の女学生, の混乱期, 第一回

▼ 九四八年度~ (5, 0.0%)

1 における文学, にどうしても, のソヴェト国家予算, の日本, は二十五万点

▼ 九~ (5, 0.0%)

3 の底 1 に死骸, の下

▼ 九~ (5, 0.0%)

2 のお 1 のすぐれ, のむせ返る, らしい純情家

▼ 九子羊~ (5, 0.0%)

1 と同種, と同種ホドイモ, と称し, の根塊, は呉其濬

▼ 九~ (5, 0.0%)

1 には白鼠, に分ける, のため, の中, もある

▼ 九寸位~ (5, 0.0%)

2 あった, になつて 1 なんてお前

▼ 九層倍~ (5, 0.0%)

1 さ, といいます, にもひろがり, の旺盛, ほどの御利益

▼ 九年七月~ (5, 0.0%)

1 から十一年五月, でちょうど, には相模, に草, に赦され

▼ 九年代~ (5, 0.0%)

1 に女らし, に婦人作家, のソヴェト, の現実性, の社会主義教授

▼ 九年彼~ (5, 0.0%)

1 が三十一歳, が三十九歳, の死ぬる, はイェナ大学, は三十六歳

▼ 九日宿命~ (5, 0.0%)

5 の日

▼ 九日續~ (5, 0.0%)

2 きて 1 いて, きヘクト, き陣中

▼ 九日重陽~ (5, 0.0%)

2 の節句 1 の佳節, の宵, の日

▼ 九時ちょッ~ (5, 0.0%)

2 とすぎた, と前 1 と廻った

▼ 九時五十分~ (5, 0.0%)

1 となり, となりました, にこの, に幸手, の大阪行

▼ 九時開始~ (5, 0.0%)

1 でセット, とあっ, と電話, どうせ嘘, の筈

▼ 九~ (5, 0.0%)

1 だから, といふ大作, と済ませる, を一時間宛, 通して

▼ 九~ (5, 0.0%)

1 の, のうち, まで納め, りと, を十インチ四枚

▼ 九條武子夫人~ (5, 0.0%)

2 と語る 1 が矢張り扁桃腺, でした, のよう

▼ 九歳位~ (5, 0.0%)

1 だという, であろうか, のときベルリン, の時代, ゐにも

▼ 九番館~ (5, 0.0%)

1 だ, の前, は人, へ尋ね, を的

▼ 九百九十九部~ (5, 0.0%)

2 を写し, を寫し 1 を写し終え

▼ 九百余人~ (5, 0.0%)

1 から成る, の多き, の者, の脱走者, はおそらく

▼ 九百六年~ (5, 0.0%)

2 のヴェスヴィオ噴火, の大 1 に上演

▼ 九百十九年~ (5, 0.0%)

2 の七月 1 にオークランド市, の, 第一次大戦

▼ 九百米~ (5, 0.0%)

2 の山 1 の頭, を超え, を超えた

▼ 九百貫~ (5, 0.0%)

2 の石 1 ずつ運ん, という方, やそこら

▼ 九百部~ (5, 0.0%)

5 を過ぎ

▼ 九~ (5, 0.0%)

4 の差 1 という勘定

▼ 九~ (5, 0.0%)

1 の兵船率, の大船, の船, もの黒船, も見ました

▼ 九~ (5, 0.0%)

1 が元祖, の七絶, の当時, は, は窓前

▼ 九か村~ (4, 0.0%)

1 と安曇郡百四十四か村, のもの, の村民, 中三宿

▼ 九くら~ (4, 0.0%)

2 ゐの 1 ゐに, ゐ身扮

▼ 九ぐらい~ (4, 0.0%)

1 あるいはもう少し, でしょうと, な方, 高価の

▼ 九これ~ (4, 0.0%)

1 は可愛らしい, は四苦八苦, は死, は美しくも

▼ 九たび~ (4, 0.0%)

1 す終つて宮中, 到ると, 廻り血潮, 敗れぬれど

▼ 九であろう~ (4, 0.0%)

1 か, か帷子, か緋, か花模様

▼ 九でございます~ (4, 0.0%)

2 が中 1 お嬢さま, よ

▼ 九といふ~ (4, 0.0%)

1 年が, 数を, 數で, 番號は

▼ 九とか~ (4, 0.0%)

1 いつた, で, 二十二三とか, 二十歳とかいう

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 の, のが, のでした, の若い

▼ 九にしか~ (4, 0.0%)

1 ならぬ癖, 見えない, 見えない小柄, 見えない若々し

▼ 九にな~ (4, 0.0%)

2 つてゐた 1 つてから, つて婿選みといふ

▼ 九によ~ (4, 0.0%)

3 つて 1 つて酒代を

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 あと幾月も, あるいは, おしまいに, なく倒す

▼ 九カ村~ (4, 0.0%)

1 が泥海, の委員たち, の町村, の者

▼ 九ツ半~ (4, 0.0%)

1 から外, ぐらいだ, でありました, を期し

▼ 九メートル~ (4, 0.0%)

1 で周囲, といわれる, の距離, ばかりである

▼ 九ヶ月間~ (4, 0.0%)

1 つづけて, の時日, の田園生活, 蒙古

▼ 九・九五フラン~ (4, 0.0%)

1 から五九・九〇フラン, においての買手, において売手, またはそれ以下

▼ 九万九千トン~ (4, 0.0%)

2 の巨艦 1 というでかい, の不

▼ 九世紀前半~ (4, 0.0%)

1 のその頃, の喜劇作者, の社会生活, までの芸術

▼ 九世紀的~ (4, 0.0%)

1 な分析, な客観小説, にひびく, に祝福

▼ 九二八・九年~ (4, 0.0%)

1 からだ, から三三年, のソヴェト, の新

▼ 九五フラン~ (4, 0.0%)

1 から五九・九〇フラン, においての買手, において売手, またはそれ以下

▼ 九五磅~ (4, 0.0%)

1 しか附加, で売れ, となるであろう, に下落

▼ 九人目~ (4, 0.0%)

1 じゃ, の大村, の男, の花嫁

▼ 九人組~ (4, 0.0%)

1 が丸裸, とも称え, なんて大袈裟, は躍り草臥れ

▼ 九代目市川団十郎~ (4, 0.0%)

1 が, のたった, は明治三十六年九月, を襲名

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 と番号, は義, よ, を出す

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 で澤山, で濟, の金, 入れました

▼ 九円八十銭~ (4, 0.0%)

1 だけはニッケル貨, というの, にし, を出し

▼ 九分弱~ (4, 0.0%)

1 か, といふところ, の入り, の多数

▼ 九割五分~ (4, 0.0%)

1 が勤労者, は勤労, をしめる, 迄が勤労

▼ 九十九夜~ (4, 0.0%)

3 の辛棒 1 まで通い

▼ 九十九本~ (4, 0.0%)

1 ありました, あるの, 引いた後, 迄は尋常

▼ 九十五~ (4, 0.0%)

2 の孝友傳 1 で大, となく

▼ 九十五度~ (4, 0.0%)

1 から六十度, といふ日, といふ本, の風

▼ 九十四歳~ (4, 0.0%)

1 で大, を以て世, を以て韮山, ヲ以テ歿ス

▼ 九十幾つ~ (4, 0.0%)

1 かの元素, にも変化, の主導旋律, の変化

▼ 九十幾歳~ (4, 0.0%)

1 という媼, にもなる, の高齢, まで生き長らえた

▼ 九十日間~ (4, 0.0%)

1 おいた, であります, の謹慎, は雲水達

▼ 九十点~ (4, 0.0%)

1 がつけられる, で英語, の夢, を取つ

▼ 九~ (4, 0.0%)

2 の下 1 より起たしむべき, 月在天

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 にいたれ, に罰, の半, を去り

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 に劉備, に及ぶ, までは裏, わが軍こ

▼ 九四三〇号~ (4, 0.0%)

1 でジャン, となる, と呼ばれた, 再び現われ

▼ 九四五年以後~ (4, 0.0%)

1 にこれら, の作品, の日本, の民主的文学運動

▼ 九四五年八月六日~ (4, 0.0%)

2 のバクダン以前 1 のバクダン以後, の朝

▼ 九四歩突き~ (4, 0.0%)

1 という一手, などという奇想天外, の一手, も脆い

▼ 九回目~ (4, 0.0%)

1 だよ, には彼, の心霊実験会, を書きあげた

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 から最高十三圓, しか無, にしか通用, の月俸

▼ 九年め~ (4, 0.0%)

1 でそこ, に小母さま, に漢, に蘇武

▼ 九年六月十五日~ (4, 0.0%)

2 の三陸 1 に筑前國福岡, の同

▼ 九年正月~ (4, 0.0%)

1 で同月二十七日霊廟, のこと, の国民科学研究所, 生る

▼ 九年私~ (4, 0.0%)

2 の父 1 が初めて, はこの

▼ 九度八分~ (4, 0.0%)

2 に上っ 1 ぐらいの熱, を指し

▼ 九後三~ (4, 0.0%)

2 の役 1 の合戦談, の禍乱

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 の回廊, の山逕, の岩岨道, の道

▼ 九文三分~ (4, 0.0%)

1 くらいの大き, くらいの大小二, くらいまことに, ぐらいの大き

▼ 九文字~ (4, 0.0%)

2 で書かね, に一生

▼ 九日後~ (4, 0.0%)

1 の三, の事, の二, の記事

▼ 九日雪~ (4, 0.0%)

1 の原, の降る, の黄昏, 深くし

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 にあまる, の会期唯, の峰, の會期唯

▼ 九時以後~ (4, 0.0%)

2 にこの世 1 になるでしょう, は庭先

▼ 九時十時頃~ (4, 0.0%)

1 から午後, まで小さな, も一時, より段々

▼ 九時半頃眼~ (4, 0.0%)

2 がさめた 1 がさめる, が覚めた

▼ 九本旗~ (4, 0.0%)

1 がここ, にも雲, は三旗, は長竿

▼ 九条師輔~ (4, 0.0%)

1 にも会っ, の輦, は弟, や大納言

▼ 九柱戯~ (4, 0.0%)

1 でもお, の道具, ばかりで, をやっ

▼ 九歳ごろ~ (4, 0.0%)

1 から小説, には芸, のこと, まで苦難

▼ 九歳十歳~ (4, 0.0%)

1 と云つた時分, の女, ばかりのその, ばかりの其の

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 とか評点, なり, のうち, 約五千冊

▼ 九百トン~ (4, 0.0%)

1 です, のセメント, まさに一時間十一, もの多量

▼ 九百三十年~ (4, 0.0%)

1 なのに, に日本, の昔, の私

▼ 九百二十三年~ (4, 0.0%)

2 の七月 1 の, の春

▼ 九百余年前~ (4, 0.0%)

2 に丹波康頼, に撰ばれた

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 という当時, の全速力, の定家論, 及びその後

▼ 九~ (4, 0.0%)

3 の天使 1 ばかりの石段

▼ 九聯隊~ (4, 0.0%)

2 の練兵場 1 が出動, の兵士たち

▼ 九議会~ (4, 0.0%)

1 で新聞, に於, に於ける, も終ろう

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 あるは, しか出来ぬ, でたった, の草履

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 というよう, となる, に差掛った, の上

▼ 九~ (4, 0.0%)

1 助からないこと, 毎日見た, 諦める事, 離れたり

▼ 九重天~ (4, 0.0%)

2 の左行篇 1 だけ日本, 第一巻

▼ 九頭龍川~ (4, 0.0%)

1 の川面, の水, の畔, をうしろ

▼ 九〇センチメートル~ (3, 0.0%)

1 に成長, に立ち, の高

▼ 九〇度~ (3, 0.0%)

1 この机, である, を越しましたろう

▼ 九〇瓩強~ (3, 0.0%)

2 の重量 1 と云う

▼ 九〇行~ (3, 0.0%)

1 に續, まではフィリップ四世, までダンテ

▼ 九くらい~ (3, 0.0%)

1 であって, では, モスリンの

▼ 九そう~ (3, 0.0%)

1 じゃねえ, は云わねえ, を武装

▼ 九たび歌よみ~ (3, 0.0%)

2 に与 1 に與

▼ 九だって~ (3, 0.0%)

1 えの, 停車場へ, 言うの

▼ 九であった~ (3, 0.0%)

1 がもう, という, 総領の

▼ 九にもな~ (3, 0.0%)

1 つてあの, つて独身で, つて獨身で

▼ 九ばかり~ (3, 0.0%)

1 お精霊, でした, で月代

▼ 九まだ~ (3, 0.0%)

1 ひとりもので, 三十には, 若くて

▼ 九インチ~ (3, 0.0%)

1 ある, か十インチ, の大き

▼ 九カ条~ (3, 0.0%)

1 からなる, の条件, をいちいち

▼ 九キロ~ (3, 0.0%)

1 の由, ばかりで, を平均時速八百キロ

▼ 九キログラム~ (3, 0.0%)

1 だったの, にそれぞれ, になる

▼ 九キロメートル~ (3, 0.0%)

1 ということ, の高, よりも二キロメートル

▼ 九クヲタア~ (3, 0.0%)

1 に当る, に減少, の価値

▼ 九シリング六ペンス~ (3, 0.0%)

1 から九シリング一ペンス半, から九シリング一ペンス1, でありこの

▼ 九ツ過ぎ~ (3, 0.0%)

1 に宜いか, に御, に逢おう

▼ 九パアセント~ (3, 0.0%)

1 っての, ですが, までは安全

▼ 九レース~ (3, 0.0%)

1 は配当, までが千円, まで中

▼ 九ヵ月間~ (3, 0.0%)

1 の牛乳代, は特別, は雪

▼ 九ヵ月間牛乳代~ (3, 0.0%)

1 をもらう, を貰う, を貰える

▼ 九ヵ条~ (3, 0.0%)

1 なども彼, の一つ一つ, は先ず

▼ 九ヶ所~ (3, 0.0%)

2 より火の手 1 の岩岬有

▼ 九一〇年頃~ (3, 0.0%)

1 からディーゼル, にはその, のベルリン

▼ 九一〇磅~ (3, 0.0%)

1 に対し取得, に対し得た, の貯蓄額以上

▼ 九一七年三月~ (3, 0.0%)

1 から十月, にはケレンスキー, の革命

▼ 九一二年頃~ (3, 0.0%)

1 からである, から陪審員, だったと

▼ 九一六八〇〇〇~ (3, 0.0%)

1 ではなく, とされ, と比較

▼ 九一四年八月~ (3, 0.0%)

1 から各, にはじめられた, の運命

▼ 九一頁~ (3, 0.0%)

1 にいわく, に述べ置いた, を見る

▼ 九万五千円~ (3, 0.0%)

1 と云, と云う, ほどの金

▼ 九三〇年型~ (3, 0.0%)

1 の実話, の自動車, を見出すだらう

▼ 九三一年九月~ (3, 0.0%)

1 にはじまった, に結成, の収入

▼ 九三一年度~ (3, 0.0%)

1 における基本的発展, に各, の

▼ 九三三年ごろ~ (3, 0.0%)

1 からはロシア語, から最近, の諸

▼ 九三五六年~ (3, 0.0%)

1 が近い, のこと, の危機

▼ 九三五年ごろ~ (3, 0.0%)

1 から係争中, に中国, の作品評

▼ 九三六~ (3, 0.0%)

1 という数字, という番号, の運転手芳木

▼ 九三十~ (3, 0.0%)

1 でもあろう, と十一月, の三日間

▼ 九三四年度~ (3, 0.0%)

1 におけるブルジョア文学, における文学, の洋画壇唯一

▼ 九三頁~ (3, 0.0%)

1 から引, に, に紀元三九八年カルタゴ

▼ 九世紀以後~ (3, 0.0%)

2 の作家たち 1 の英文学

▼ 九世紀風~ (3, 0.0%)

1 に美文, のパリ, の粗

▼ 九九パーセント~ (3, 0.0%)

1 ぐらいが不合理, を示し, 失われて

▼ 九九九~ (3, 0.0%)

1 で間, と言, の粒

▼ 九九号~ (3, 0.0%)

1 に載せ, の二十六番, 第四十六番

▼ 九二七年度~ (3, 0.0%)

1 に著しかっ, の巴里, の技術学校卒業生

▼ 九二三年レーニン~ (3, 0.0%)

2 のすすめ 1 は自身

▼ 九二九年以来~ (3, 0.0%)

1 その創作方法, の日本軍部, の花

▼ 九二九年度~ (3, 0.0%)

2 のノオベル文学賞 1 の日本美術院

▼ 九二九年来~ (3, 0.0%)

1 の恐慌, の経済恐慌, 初めて失業者

▼ 九二九番地~ (3, 0.0%)

2 の家 1 と封筒

▼ 九二六年版~ (3, 0.0%)

1 に拠っ, に断っ, は三箇所

▼ 九二十~ (3, 0.0%)

1 のとき, の両日, の男の子

▼ 九五〇年度~ (3, 0.0%)

1 の大いなる, の文学現象, は青少年

▼ 九交響曲~ (3, 0.0%)

1 の合唱部, の崇厳, やフランク

▼ 九人力~ (3, 0.0%)

1 あるかと, あると, あるなぜ

▼ 九人衆~ (3, 0.0%)

1 などいずれ, の大, の筆頭

▼ 九代一鐵~ (3, 0.0%)

1 の時寛政五年, の父長島五郎兵衞, まで皆

▼ 九体寺~ (3, 0.0%)

1 のさびしさ, の柿, やったらあ

▼ 九六年版クルック~ (3, 0.0%)

21 の北印度俗宗及俚俗卷二頁一七四

▼ 九分通り~ (3, 0.0%)

1 は悟られ, 出来る話, 迄は皆お婆さん許

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 でしょう, の鉛, 出さなければ

▼ 九十マイル~ (3, 0.0%)

2 あり 1 の地点

▼ 九十一二年~ (3, 0.0%)

1 にかけて約, の交, の頃

▼ 九十三人~ (3, 0.0%)

1 であった, とされ, までは欲望

▼ 九十九俵~ (3, 0.0%)

1 までを六十俵, までを百五十俵, までを百俵

▼ 九十九円~ (3, 0.0%)

1 を差し, を御礼, を除き去ら

▼ 九十九名~ (3, 0.0%)

1 だけがなぜ, というもの, をここ

▼ 九十九完道~ (3, 0.0%)

1 と稱, の子孫, は依然

▼ 九十九度~ (3, 0.0%)

1 です, の香港, も通った

▼ 九十九条~ (3, 0.0%)

1 には, に照, は後

▼ 九十九歳~ (3, 0.0%)

1 では, の長寿, の高齢

▼ 九十九江源地~ (3, 0.0%)

1 からで, から流れ, なる湖水

▼ 九十九足~ (3, 0.0%)

1 しか出来ぬ, でたった, の草履

▼ 九十九錢~ (3, 0.0%)

1 だよ, なるに, は分つた

▼ 九十二兩~ (3, 0.0%)

1 で御座いました, になつ, を盜つた曲者

▼ 九十二年~ (3, 0.0%)

1 に露国, まで十八年, より着々

▼ 九十二米~ (3, 0.0%)

1 であるが, の佐武流山, の北岳

▼ 九十五種~ (3, 0.0%)

1 の外道, の邪道, はみな外道

▼ 九十以上~ (3, 0.0%)

2 の年 1 の老婆

▼ 九十何戸~ (3, 0.0%)

3 しか無い

▼ 九十余~ (3, 0.0%)

1 の老母, の藩主, まではそう

▼ 九十余歳~ (3, 0.0%)

1 の寿, の老侯, の老媼

▼ 九十十一~ (3, 0.0%)

1 とあし, とそれ, の三艦

▼ 九十十一月~ (3, 0.0%)

1 とプラン, の, の釜山

▼ 九十台~ (3, 0.0%)

1 で一ヶ月, のうち, を以てようやく

▼ 九十度位~ (3, 0.0%)

2 の角度 1 だから

▼ 九十歳近く~ (3, 0.0%)

1 までいました, までホント, まで存生

▼ 九十点以上~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, の出来

▼ 九十番~ (3, 0.0%)

1 ぐらいのところ, という危, のお方

▼ 九十貫~ (3, 0.0%)

1 ある木, もあっ, もある

▼ 九十軒~ (3, 0.0%)

1 もあらう, もあろう, より多い

▼ 九十餘里~ (3, 0.0%)

1 なり, に過ぎざれ, の短距離

▼ 九千フィート~ (3, 0.0%)

1 から一万フィート, くらいにし, の高地

▼ 九千万円~ (3, 0.0%)

1 だ, の動産, の大

▼ 九千九百九十九円~ (3, 0.0%)

1 を差し, を御礼, を除き去ら

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 が一分, まで取れました, より弐石五斗

▼ 九~ (3, 0.0%)

2 と書いた 1 だそう

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 と一人, の仏, の階級

▼ 九四〇年代~ (3, 0.0%)

1 この第, にその, には自ら文学殺戮

▼ 九四七年八月~ (3, 0.0%)

1 には夏目漱石, に出版, までに一三

▼ 九四七年四月~ (3, 0.0%)

1 に行われた, の地方長官選挙, の選挙

▼ 九四五年八月十五日以後~ (3, 0.0%)

1 に全, に東久邇, の新しく

▼ 九四五年八月十五日日本~ (3, 0.0%)

1 のファシズム権力, の侵略的, の無条件降伏後

▼ 九四五年十二月~ (3, 0.0%)

1 から四七年春, には国家権力, に国家権力

▼ 九四五年十月~ (3, 0.0%)

1 という日本, に解放, までの十三年間

▼ 九圓九十九錢~ (3, 0.0%)

1 だよ, なるに, は分つた

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 で東京市, ほどの自室, 乃至十五坪

▼ 九基督世紀~ (3, 0.0%)

1 に至る, のハルトマン, の形而上論

▼ 九太さん~ (3, 0.0%)

1 と云っ, の事, はおりますでしょう

▼ 九完道~ (3, 0.0%)

1 と稱, の子孫, は依然

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 に分裂, の碩徳たち虎豹鶴鷺, の碩徳達虎豹鶴鷺

▼ 九尺二枚~ (3, 0.0%)

2 の唐襖 1 の大

▼ 九尺四方~ (3, 0.0%)

1 くらいな, で四十カペイキ, もあったであろう

▼ 九尺梯子~ (3, 0.0%)

1 で後, は九尺, は九尺梯子

▼ 九年サラゴサ~ (3, 0.0%)

1 の戦, の戰, の攻囲

▼ 九年一号~ (3, 0.0%)

2 の雑録 1 及び十年一号

▼ 九年七月十四日~ (3, 0.0%)

1 であり, に不可抗力, を持っ

▼ 九年中~ (3, 0.0%)

1 に百二十七人, の事, 生れて

▼ 九年役~ (3, 0.0%)

1 の安倍氏, の終り, の頃

▼ 九年後三年~ (3, 0.0%)

1 の先蹤, の役, の役だつ

▼ 九年版~ (3, 0.0%)

1 が返送, にない, のドストイェーフスキイ全集

▼ 九年畑~ (3, 0.0%)

1 とて櫻, に至れ, の外

▼ 九年面壁~ (3, 0.0%)

1 した鼻, の時, 非遇

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 の主, の獄, 十八獄にも

▼ 九度二分~ (3, 0.0%)

1 なつて, に上った, 迄又

▼ 九度五分~ (3, 0.0%)

1 なんて, にあがった, ばかりある

▼ 九度目~ (3, 0.0%)

1 に出産, に寝つこう, に抽

▼ 九度近く~ (3, 0.0%)

1 あつた, のぼりたる熱, の熱

▼ 九弗八分の三~ (3, 0.0%)

1 であらう, と比較, 迄は騰貴

▼ 九弗四分の一~ (3, 0.0%)

1 か或は, に騰貴, 乃至四十九弗八分の三

▼ 九日め~ (3, 0.0%)

1 にはペルリ, にやっと, に開き見る

▼ 九日ニ~ (3, 0.0%)

2 大坂 1 来り十日ニ鹿児島ニ

▼ 九日二十日~ (3, 0.0%)

1 に国会内, は野原, をもって死滅

▼ 九日今日~ (3, 0.0%)

1 は写真, は扇ノ山, も雨

▼ 九日位~ (3, 0.0%)

1 に血尿, の月, まで曇

▼ 九日前~ (3, 0.0%)

1 なりき, に出た, の事

▼ 九日此~ (3, 0.0%)

1 の天主堂, の王立学会, の第

▼ 九日生れ~ (3, 0.0%)

2 の宿命 1 の四男幻香

▼ 九日神戸~ (3, 0.0%)

3 にて

▼ 九時の間~ (3, 0.0%)

1 にメリー号, に浅草区役所, も既に

▼ 九時一分~ (3, 0.0%)

1 であつ, になった, まえです

▼ 九時十分前~ (3, 0.0%)

1 ですよ, になった, に玄関

▼ 九時半すぎ~ (3, 0.0%)

1 に入ったら, は旅館, まで煙山

▼ 九時半過ぎ~ (3, 0.0%)

1 でしたろう, になっ, には一切

▼ 九時台~ (3, 0.0%)

1 にねます, はなかなか, よ

▼ 九時時分~ (3, 0.0%)

1 だったので, にさ, には女

▼ 九時比~ (3, 0.0%)

1 だ, でした, に目黒

▼ 九時発~ (3, 0.0%)

2 の汽車 1 の吉長線

▼ 九時頃家~ (3, 0.0%)

2 を出 1 に歸

▼ 九時頃眼~ (3, 0.0%)

2 がさめる 1 が覚める

▼ 九条兼~ (3, 0.0%)

1 実は俊成, 実は清盛嫌い, 実卿

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 は胃の腑, をあおっ, を喫し

▼ 九條武子~ (3, 0.0%)

1 と芥川, のよう, の石版ずり

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 からなるまぎれ, から成る, よりなる

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 かえるこういう, と五歩, ほどの田

▼ 九江源地~ (3, 0.0%)

1 からで, から流れ, なる湖水

▼ 九流諸子~ (3, 0.0%)

1 のごとく, の書, も大

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 の坐, の座敷, へ案内

▼ 九百三十七年~ (3, 0.0%)

1 にはチュカロフ, に住ん, のこと

▼ 九百三歳~ (3, 0.0%)

1 とは首肯, なの, のあなた

▼ 九百九十九円~ (3, 0.0%)

1 を差し, を御礼, を除き去ら

▼ 九百二十四年~ (3, 0.0%)

1 すなわち大正十三年, にはチュクノフスキー, に作られた

▼ 九百二十米~ (3, 0.0%)

2 の峰 1 の圏

▼ 九百五十七米~ (3, 0.0%)

3 の三角点

▼ 九百五番地~ (3, 0.0%)

1 だって, というの, ならこの

▼ 九百枚~ (3, 0.0%)

1 とると, の大き, 持つて

▼ 九~ (3, 0.0%)

2 の天 1 に鳶トロ

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 だ, だけと, という応接

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 の図, は死人, を観ずる

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 として今後, を有し, を食む

▼ 九石余~ (3, 0.0%)

1 かの高取り, の御朱印, の高

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 と同, の庵, は二十五

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 となる, はまだどんどん, を給せられた

▼ 九秒五~ (3, 0.0%)

1 が最高記録, であります, には相当

▼ 九~ (3, 0.0%)

3 の貝

▼ 九箇年~ (3, 0.0%)

1 に過ぎない, に関して表, の後

▼ 九篇本~ (3, 0.0%)

1 が後, という句, の問題

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 で海, の遠距離, やっぱり駄目

▼ 九軍神~ (3, 0.0%)

1 がなん, に対しても恥, に捧げられた

▼ 九里丸~ (3, 0.0%)

1 で大阪奇人伝中, の頭, は私

▼ 九銭貸し~ (3, 0.0%)

3 がある

▼ 九~ (3, 0.0%)

1 だよ, なるに, は分つた

▼ 九間半~ (3, 0.0%)

2 とあれ 1 とあり

▼ 九霞山樵~ (3, 0.0%)

1 の如き, の工夫, の水墨山水

▼ 九龍浦~ (3, 0.0%)

1 の方, の次, は何

▼ 九龍虫~ (3, 0.0%)

1 という虫, の蛹, は呑め

▼ 九〇〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 であり従って, を控除

▼ 九〇〇年時代~ (2, 0.0%)

2 の建物

▼ 九〇〇年頃~ (2, 0.0%)

1 の漫画, を境

▼ 九〇フラン~ (2, 0.0%)

1 から五九・八五フラン, へ五九・九〇フラン

▼ 九〇一年ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

2 は初めて

▼ 九〇三年三月二十日~ (2, 0.0%)

1 いよいよジャン, のその

▼ 九〇二方英里~ (2, 0.0%)

1 は諸, は露国

▼ 九〇五五〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 ではなく, とされ

▼ 九〇五年一月~ (2, 0.0%)

1 に廃刊, は帝政ロシア

▼ 九〇八〇七〇~ (2, 0.0%)

1 ではなく, を生産

▼ 九〇名~ (2, 0.0%)

2 の労働

▼ 九〇年頃~ (2, 0.0%)

1 その女婿ブランカ・ドーリアこれ, 生れ一三一五年フランス王ルイ十世

▼ 九〇頁~ (2, 0.0%)

1 にいわく, に駒井能登守

▼ 九〇%~ (2, 0.0%)

1 が朝鮮文字, を占め

▼ 九〇~一二〇センチメートル~ (2, 0.0%)

1 に成長, ばかりに成長

▼ 九ぐらいから~ (2, 0.0%)

1 六・二三分, 六・六の

▼ 九ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 なる, 見えるスラリ

▼ 九ぐらいにしか~ (2, 0.0%)

1 見えない青年, 見えなかった

▼ 九ごろ~ (2, 0.0%)

1 から二十がらみ, の意外

▼ 九それ~ (2, 0.0%)

1 が二人, が嫁

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 やな, やもの

▼ 九であり~ (2, 0.0%)

1 十二分の一を, 埋葬の

▼ 九でした~ (2, 0.0%)

1 かしら, がわたくし

▼ 九とう~ (2, 0.0%)

1 しょう, しょうは

▼ 九とは~ (2, 0.0%)

1 ひどいじゃ, 思われぬが

▼ 九とも~ (2, 0.0%)

1 二十とも, 見える唯

▼ 九などといふ~ (2, 0.0%)

2 朱印船貿易の

▼ 九などは~ (2, 0.0%)

1 その瞬間, もう晩婚

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 いい若い者, 十九から

▼ 九より~ (2, 0.0%)

1 上では, 軍に

▼ 九カ所~ (2, 0.0%)

1 と後, の穴

▼ 九シンフォニー~ (2, 0.0%)

1 との比較, の楽譜

▼ 九スー~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 九ツごろ~ (2, 0.0%)

1 から始め, のおさない

▼ 九ツ八ツ~ (2, 0.0%)

1 とうとう暮六ツ, と数えまし

▼ 九ツ前後~ (2, 0.0%)

1 にきっと, に一匹

▼ 九ツ十ウ~ (2, 0.0%)

1 くらいの時, に及ぶ

▼ 九ツ時分~ (2, 0.0%)

1 でしょう遙, になる

▼ 九フィート~ (2, 0.0%)

1 の溝, ばかりは普通

▼ 九フラン十五スー~ (2, 0.0%)

1 です, の額

▼ 九プロセント~ (2, 0.0%)

1 の偉大, までは人間自身

▼ 九ページ~ (2, 0.0%)

1 を三角, を参照

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の方, の活字

▼ 九ポンド砲~ (2, 0.0%)

1 のこと, を私

▼ 九ヵ年~ (2, 0.0%)

1 ご苦心, のあいだ

▼ 九ヶ度十二月~ (2, 0.0%)

2 には八ヶ度

▼ 九ヶ村~ (2, 0.0%)

1 の多き, をこれ

▼ 九・一~ (2, 0.0%)

1 に対する女三一・九, を得た

▼ 九・九〇フラン~ (2, 0.0%)

1 から五九・八五フラン, へ五九・九〇フラン

▼ 九・二~ (2, 0.0%)

1 に低下, に対して農村需要品

▼ 九・二十~ (2, 0.0%)

1 などとも違った, の四巻

▼ 九・八メートル~ (2, 0.0%)

1 であると, の加速度

▼ 九・後三~ (2, 0.0%)

1 の両, の役

▼ 九一〇年ごろ~ (2, 0.0%)

1 にすでに, のカイゼル・ウィルヘルム

▼ 九一〇年代~ (2, 0.0%)

1 の事, はだから

▼ 九一七年以来~ (2, 0.0%)

1 たえまないめいめい, 既に一つ

▼ 九一七年十一月七日~ (2, 0.0%)

1 は人類, 働く者

▼ 九一七年十月ホートン・ミフリン~ (2, 0.0%)

2 によって出版

▼ 九一七年十月革命~ (2, 0.0%)

1 の勝利, の第

▼ 九一三年作者~ (2, 0.0%)

2 が三十八

▼ 九一三年治政~ (2, 0.0%)

2 が四年

▼ 九一五年版エントホヴェン~ (2, 0.0%)

2

▼ 九一五年版ガスター~ (2, 0.0%)

2

▼ 九一八年十一月十一日~ (2, 0.0%)

1 だったと, の夜

▼ 九一六年十八歳~ (2, 0.0%)

1 のとき, の秋

▼ 九一四年夏~ (2, 0.0%)

1 というの, より一九一五年

▼ 九一年十月スヴォーリン宛~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 九丁目いちばん~ (2, 0.0%)

2 の金持

▼ 九七九年代~ (2, 0.0%)

1 のソヴェト, の社会主義教授

▼ 九七五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 九七八八三六四~ (2, 0.0%)

1 であること, に四

▼ 九万ルーブル~ (2, 0.0%)

1 いただきましょうネルスキー, はやすい

▼ 九万余戸~ (2, 0.0%)

1 とひと口, 大地震

▼ 九万八千里海上~ (2, 0.0%)

2 に出で

▼ 九万燭光~ (2, 0.0%)

1 が十五円, ですが

▼ 九三〇年ごろ~ (2, 0.0%)

1 からこれ, からソヴェト

▼ 九三〇年初秋~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 九三〇年前後~ (2, 0.0%)

1 のソヴェト大衆, を一期

▼ 九三〇年度~ (2, 0.0%)

1 に出版, の作家同盟

▼ 九三一年一月号~ (2, 0.0%)

1 に発表, の

▼ 九三七年末~ (2, 0.0%)

1 迄凡そ三〇〇位読了, 迄注文凡そ三三〇冊位

▼ 九三三~ (2, 0.0%)

2 が九

▼ 九三三年ナチス~ (2, 0.0%)

2 が政権

▼ 九三三年プロレタリア文学運動~ (2, 0.0%)

1 がまったく, が圧殺

▼ 九三三年一月~ (2, 0.0%)

1 に蔵原惟人, の

▼ 九三三年代~ (2, 0.0%)

1 の所謂, の素朴

▼ 九三三年四年~ (2, 0.0%)

1 という時代, の初め

▼ 九三三年日本~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリア文化運動, の権力

▼ 九三三年頃~ (2, 0.0%)

1 の満州事変, まで文学

▼ 九三九年代~ (2, 0.0%)

1 に女らし, に婦人作家

▼ 九三九年度~ (2, 0.0%)

1 には十七万冊, の芥川賞

▼ 九三二年三月~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリア文化団体, の下旬

▼ 九三二年三月頃~ (2, 0.0%)

1 まで, まで略三年間

▼ 九三二年以来~ (2, 0.0%)

1 次第に運動, 高められた国際的

▼ 九三二年以来日本~ (2, 0.0%)

1 では内外, の社会的事情

▼ 九三二年後半~ (2, 0.0%)

1 から一九三四年三月頃, になされ

▼ 九三五・六年~ (2, 0.0%)

1 がこの, の

▼ 九三五年以降~ (2, 0.0%)

1 のフランス, の混乱

▼ 九三五年六月~ (2, 0.0%)

1 にはフランス, にパリ

▼ 九三五年四月~ (2, 0.0%)

1 に中央公論, 同博士

▼ 九三年間~ (2, 0.0%)

1 に幾百万, に幾百萬

▼ 九三行~ (2, 0.0%)

1 に續, までカペー

▼ 九世市川団十郎~ (2, 0.0%)

1 が, の人格

▼ 九世期~ (2, 0.0%)

1 の一仏蘭西女, の大家簇出

▼ 九世紀はじめ~ (2, 0.0%)

1 のアストージェンカ, の小説

▼ 九世紀初期~ (2, 0.0%)

1 から中期, の諸

▼ 九世紀文明~ (2, 0.0%)

1 の世界, の歴史

▼ 九世紀的思想~ (2, 0.0%)

1 に対する反抗, に對

▼ 九世紀間~ (2, 0.0%)

1 にたどる, の事

▼ 九乃至~ (2, 0.0%)

1 三八程度に, 二十位の

▼ 九九五磅~ (2, 0.0%)

1 となるであろう, に下落

▼ 九九八十一~ (2, 0.0%)

1 であって, にでもなる

▼ 九九六年~ (2, 0.0%)

1 に死す, より一〇三一年

▼ 九九四号~ (2, 0.0%)

1 出て, 起きてるか

▼ 九二〇年私~ (2, 0.0%)

1 がイタリー, は米国

▼ 九二〇米~ (2, 0.0%)

1 の三角点, の三角点附近

▼ 九二パーセント~ (2, 0.0%)

1 が社会化, を農業

▼ 九二メートル~ (2, 0.0%)

1 であるという, の出合

▼ 九二七年頃~ (2, 0.0%)

1 であり, のこと

▼ 九二三年パリ~ (2, 0.0%)

1 に於, の旅舎

▼ 九二三年九月~ (2, 0.0%)

1 におこった, の関東大震災

▼ 九二九年以後~ (2, 0.0%)

1 のアメリカ, の日本

▼ 九二五十~ (2, 0.0%)

2 の理

▼ 九二五年十二月廿日~ (2, 0.0%)

2 にセーラム

▼ 九二八年ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 が五年ぶり, が再び

▼ 九二分の一~ (2, 0.0%)

1 となっ, の割合

▼ 九二十歳~ (2, 0.0%)

1 くらいと思われる, に見る

▼ 九二米~ (2, 0.0%)

1 で劒岳, の山

▼ 九五〇一八九~ (2, 0.0%)

1 であった, であり十二分の一

▼ 九五〇磅~ (2, 0.0%)

1 に下落, を費した

▼ 九五パーセント~ (2, 0.0%)

1 までにとり戻した, まで回復

▼ 九五一・五メートル~ (2, 0.0%)

1 の手前, へ下った

▼ 九五三〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 でなく七, という一七八〇年

▼ 九五二年~ (2, 0.0%)

1 の総会, まで時機

▼ 九五人~ (2, 0.0%)

1 となり, の女子

▼ 九五調五十五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 九五頁~ (2, 0.0%)

1 になる, へ和漢

▼ 九人づれ~ (2, 0.0%)

1 のお方, の武士

▼ 九人位~ (2, 0.0%)

1 であったかと, までは生活

▼ 九人前~ (2, 0.0%)

2 の茶

▼ 九人半~ (2, 0.0%)

1 とは, まではお

▼ 九人扶持准皆川~ (2, 0.0%)

2 元民

▼ 九人研究室~ (2, 0.0%)

2 のストーブ

▼ 九人間~ (2, 0.0%)

2 の像

▼ 九代十代~ (2, 0.0%)

1 にわたるいわゆる, の間

▼ 九代嫡家相承~ (2, 0.0%)

1 と称する, の兵法焼失

▼ 九代記~ (2, 0.0%)

1 に出, の

▼ 九代開化天皇~ (2, 0.0%)

1 の子, の時

▼ 九会場~ (2, 0.0%)

1 です, となりました

▼ 九体仏~ (2, 0.0%)

1 をすっかり, を一わたり

▼ 九個所~ (2, 0.0%)

1 あって, を一週日

▼ 九億九萬四千八百三十人~ (2, 0.0%)

1 のこの, の女

▼ 九億人~ (2, 0.0%)

1 ありて, 殺した者

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 安の

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 に武城縣志, の間

▼ 九八八七〇〇〇~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 九八分の一~ (2, 0.0%)

1 であり年結婚, である

▼ 九八十一~ (2, 0.0%)

1 であって, にでもなる

▼ 九八寺院~ (2, 0.0%)

1 の所有地, の所有者

▼ 九六年六月~ (2, 0.0%)

1 のなかば, の末

▼ 九内堂~ (2, 0.0%)

1 あるいは九納堂, の辺り

▼ 九円五拾銭~ (2, 0.0%)

1 だそう, 払えば

▼ 九円半~ (2, 0.0%)

1 の牌, は高い

▼ 九分の一以下~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, となろう

▼ 九分の一増加~ (2, 0.0%)

1 すると, せしめるに

▼ 九分の九~ (2, 0.0%)

1 は他所者, まで来ない

▼ 九分以上~ (2, 0.0%)

1 である, の真理

▼ 九列車~ (2, 0.0%)

1 か或, の二等車

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 六及び, 六皆漢人の

▼ 九刻ごろ~ (2, 0.0%)

1 から恐ろしい, までに川越

▼ 九割り~ (2, 0.0%)

2 て死なまし

▼ 九割強~ (2, 0.0%)

2 は一生良心

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の防空劃, へ出かけた

▼ 九十キロ~ (2, 0.0%)

1 という素晴らしい, の快

▼ 九十フラン~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ 九十ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 という風, 増した率

▼ 九十一マイル~ (2, 0.0%)

1 の地点, を航

▼ 九十一番~ (2, 0.0%)

1 だつた, のあの

▼ 九十七年~ (2, 0.0%)

1 にジェミエ, に至る

▼ 九十万~ (2, 0.0%)

1 に売れる, もある

▼ 九十万両~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの小判, ですとさ

▼ 九十万人~ (2, 0.0%)

1 の工場, を国境

▼ 九十万円~ (2, 0.0%)

1 がいくら, ふんだくろうという

▼ 九十三パーセント~ (2, 0.0%)

1 のロケット, は欲望

▼ 九十三人強~ (2, 0.0%)

2 の人口

▼ 九十三号室~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 九十三名~ (2, 0.0%)

1 が斃, を数える

▼ 九十三年後~ (2, 0.0%)

2 の明治四十年

▼ 九十三度~ (2, 0.0%)

1 ありて, ありました

▼ 九十三日~ (2, 0.0%)

2 の期間

▼ 九十三歳御陵~ (2, 0.0%)

2 は掖上

▼ 九十三甸~ (2, 0.0%)

1 の加勢, の各

▼ 九十三米~ (2, 0.0%)

1 の三角点, の地点

▼ 九十両~ (2, 0.0%)

1 までがやれ, も一度

▼ 九十九パアセント~ (2, 0.0%)

1 っての, までは安全

▼ 九十九人半~ (2, 0.0%)

1 とは, まではお

▼ 九十九円八十銭~ (2, 0.0%)

1 というの, を出し

▼ 九十九割り~ (2, 0.0%)

2 て死なまし

▼ 九十九年間~ (2, 0.0%)

1 にはじめて, の生命

▼ 九十九年間租借~ (2, 0.0%)

2 したという

▼ 九十九谷その他~ (2, 0.0%)

2 は歌

▼ 九十九頭~ (2, 0.0%)

1 のとき, を野

▼ 九十二パーセント二分~ (2, 0.0%)

1 あった, だ

▼ 九十二マイル~ (2, 0.0%)

1 あり, の間

▼ 九十二分の一~ (2, 0.0%)

1 すなわち九十二人, にしか当らなかった

▼ 九十二日~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 九十二銭~ (2, 0.0%)

1 で台所道具, 高い

▼ 九十五パーセント~ (2, 0.0%)

1 負けて, 負ける

▼ 九十五人合計三十八万二千八百八十六人~ (2, 0.0%)

2 とある

▼ 九十五代~ (2, 0.0%)

1 とはとり, にあたらせ給う

▼ 九十五六程~ (2, 0.0%)

2 も立

▼ 九十五円~ (2, 0.0%)

1 はいる, やすい

▼ 九十五点~ (2, 0.0%)

1 だ, とかの大

▼ 九十位~ (2, 0.0%)

1 になる, のとき

▼ 九十何パーセント~ (2, 0.0%)

1 がこの, までは愚

▼ 九十何人~ (2, 0.0%)

1 かはほとんど, という人間

▼ 九十何人裸~ (2, 0.0%)

2 にされる

▼ 九十何円~ (2, 0.0%)

1 かの月給, と書い

▼ 九十何度~ (2, 0.0%)

1 という事, とか

▼ 九十余種~ (2, 0.0%)

2 あった

▼ 九十俵~ (2, 0.0%)

1 である, に当たる

▼ 九十八人裸~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 九十八円~ (2, 0.0%)

1 ぐらい遊んだ, 取られたそう

▼ 九十八度~ (2, 0.0%)

1 の炎天, ほどの暑

▼ 九十八疋~ (2, 0.0%)

2 まで蟻

▼ 九十八米~ (2, 0.0%)

1 の三角点着, 即ち三千米

▼ 九十六分~ (2, 0.0%)

1 に対して塚田, 考へて

▼ 九十六度~ (2, 0.0%)

1 で沸騰, という暑気

▼ 九十六歩東~ (2, 0.0%)

2 の崖

▼ 九十六番~ (2, 0.0%)

1 でいま, の方

▼ 九十匁~ (2, 0.0%)

1 じゃあまり, ずつ運ん

▼ 九十匹~ (2, 0.0%)

2 の悪魔

▼ 九十哩~ (2, 0.0%)

1 の西南, ばかり歩い

▼ 九十四~ (2, 0.0%)

1 とそれ, になる

▼ 九十四人~ (2, 0.0%)

1 につき一カ寺, に終り

▼ 九十四号~ (2, 0.0%)

1 としてこれ, まであり

▼ 九十四日~ (2, 0.0%)

1 に過ぎず, に銀一貫五百八十七匁六分

▼ 九十四段~ (2, 0.0%)

1 の中, 及び第

▼ 九十坪~ (2, 0.0%)

1 に粉糠一斗, ほどの横

▼ 九十年代~ (2, 0.0%)

1 である, の芸術

▼ 九十年目~ (2, 0.0%)

1 があたかも, になる

▼ 九十年間~ (2, 0.0%)

1 あるいは宗教, には蘇我入鹿

▼ 九十日ぶり~ (2, 0.0%)

1 で忍び遍歴, のこと

▼ 九十日目~ (2, 0.0%)

1 に来, に来た

▼ 九十時間~ (2, 0.0%)

1 ぐらいよまる, もつづい

▼ 九十月~ (2, 0.0%)

1 から翌年, はいけない

▼ 九十月頃~ (2, 0.0%)

1 と春秋二度づゝあり, には毎年

▼ 九十歳以上~ (2, 0.0%)

1 にはなっ, に二人

▼ 九十石~ (2, 0.0%)

1 の身分, 少弐

▼ 九十米~ (2, 0.0%)

1 の上, を下る

▼ 九十門~ (2, 0.0%)

1 の大砲, も備

▼ 九十首~ (2, 0.0%)

1 を得べく, を棄て

▼ 九十%以上~ (2, 0.0%)

1 に成功, に肝臓

▼ 九千メートル~ (2, 0.0%)

1 とかの高度, までのぼっ

▼ 九千九百九十九人~ (2, 0.0%)

1 が瘋癲人, であろう

▼ 九千五百両~ (2, 0.0%)

1 で仕上げ, ということ

▼ 九千五百匹~ (2, 0.0%)

2 の河童たち

▼ 九千六百圓~ (2, 0.0%)

2 で拂

▼ 九千噸提供~ (2, 0.0%)

1 に応じた, の契約

▼ 九千坊~ (2, 0.0%)

1 とかで, の一族

▼ 九千年前~ (2, 0.0%)

1 の大, 大地震

▼ 九千町歩~ (2, 0.0%)

1 しかも渡良瀬川沿岸三郡, の内一萬三千町背負

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ曾, の門

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 が明けたら, は厄

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 から成っ, に

▼ 九号列車~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に乗った

▼ 九号飛行場~ (2, 0.0%)

1 に出る, を自動車

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 で後, の小屋

▼ 九合半~ (2, 0.0%)

1 のしし岩, を出外れ

▼ 九合目あたり~ (2, 0.0%)

1 としか想えない, の冴えた

▼ 九合目以上~ (2, 0.0%)

1 に約, の富士

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の装甲, もあろう

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 と称し, など

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 の針

▼ 九四〇年ごろ~ (2, 0.0%)

1 に書かれた, のファシズム

▼ 九四七年末~ (2, 0.0%)

1 から四八年初頭, には三

▼ 九四九九号~ (2, 0.0%)

1 の二十六番, 第四十六番

▼ 九四五年九月~ (2, 0.0%)

1 に発表, のリーダーズ・ダイジェスト

▼ 九四五年五月~ (2, 0.0%)

1 でありケーテ, はそれ

▼ 九四五年以後言論~ (2, 0.0%)

1 と出版, の自由

▼ 九四五年八月以後日本~ (2, 0.0%)

1 におけるラジオ, の科学

▼ 九四五年八月六日広島~ (2, 0.0%)

1 に九日, の原爆当日

▼ 九四六年以後~ (2, 0.0%)

1 久しく行われなかった, 各労働組合

▼ 九四六年以来~ (2, 0.0%)

1 いくたりか, 各大学

▼ 九四六年六月~ (2, 0.0%)

1 に発表, の

▼ 九四六年十一月~ (2, 0.0%)

1 に第, のパリ会議以後

▼ 九四六年十二月~ (2, 0.0%)

1 この委員会, になっ

▼ 九四六年四月~ (2, 0.0%)

1 に網野菊, の

▼ 九四六年度~ (2, 0.0%)

1 に軍事費, の記念的作品

▼ 九四号~ (2, 0.0%)

1 出て, 起きてるか

▼ 九四年リーヂア~ (2, 0.0%)

2 は声楽

▼ 九四年以後~ (2, 0.0%)

1 も消耗戦略, 約四百年

▼ 九夏三伏~ (2, 0.0%)

1 の暑熱, の酷熱裡

▼ 九太から~ (2, 0.0%)

1 だと, 手切れの

▼ 九太夫さんたち~ (2, 0.0%)

1 と半蔵さま, はどこ

▼ 九太夫年寄役~ (2, 0.0%)

2 の儀助

▼ 九太夫方~ (2, 0.0%)

1 で交替, へ移し

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の血統, は五十

▼ 九姿~ (2, 0.0%)

2 は風

▼ 九家族~ (2, 0.0%)

1 の小作百姓, は二世紀

▼ 九寸八分目方四十一貫~ (2, 0.0%)

1 ありと, その価

▼ 九寸四五十匁~ (2, 0.0%)

1 から百匁近く, の川鮎

▼ 九対一~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのところ, よりももっと

▼ 九対一〇~ (2, 0.0%)

1 でありそして, である

▼ 九尺以上~ (2, 0.0%)

2 もあっ

▼ 九尺位~ (2, 0.0%)

1 ありました, もあった

▼ 九尺床~ (2, 0.0%)

1 でございまして, には偉

▼ 九尺間口~ (2, 0.0%)

1 の二階屋, の寄席

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 がまた, じゃろ

▼ 九平磯丸~ (2, 0.0%)

1 という船, の若き

▼ 九年ころ~ (2, 0.0%)

1 とおも, に没した

▼ 九年アメリカ~ (2, 0.0%)

1 で出版, に亡命

▼ 九年コンムーナ~ (2, 0.0%)

1 で暮し, で暮してる

▼ 九年シエーナ~ (2, 0.0%)

1 に死す, 及びその他

▼ 九年一月号~ (2, 0.0%)

1 で発表, にのった

▼ 九年三月二十一日~ (2, 0.0%)

1 の函館, の夕

▼ 九年三月八日~ (2, 0.0%)

1 に瞑目, の午後

▼ 九年三月十七日~ (2, 0.0%)

1 になった, に東京

▼ 九年二月二十八日~ (2, 0.0%)

2 の正午頃

▼ 九年二月二十日~ (2, 0.0%)

1 の条, 第五回公判

▼ 九年五ヵ年計画~ (2, 0.0%)

1 が始まった, が着手

▼ 九年五月十八日~ (2, 0.0%)

1 から和蘭, の日曜

▼ 九年以上~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, との話

▼ 九年八月~ (2, 0.0%)

1 に代替, の終りカール

▼ 九年八月二十六日~ (2, 0.0%)

1 より遠く, 又朱印

▼ 九年八月四日~ (2, 0.0%)

1 のその, の夜

▼ 九年六十三歳~ (2, 0.0%)

1 であつ, であるべきに

▼ 九年十二月九日原~ (2, 0.0%)

2 主水等四十七名

▼ 九年十二月十三日~ (2, 0.0%)

1 から床, の法律

▼ 九年四月二日求~ (2, 0.0%)

2

▼ 九年四月十日~ (2, 0.0%)

1 の日本, 病んで

▼ 九年壬申~ (2, 0.0%)

1 の歳, の除夜

▼ 九年度分~ (2, 0.0%)

1 と十年度, より四千万円

▼ 九年末~ (2, 0.0%)

1 の疎開, 新しい光りで照らされ

▼ 九年松隈内閣~ (2, 0.0%)

2 成るや

▼ 九年現在~ (2, 0.0%)

1 のもの, の反

▼ 九年閏四月八日~ (2, 0.0%)

1 で宣告, とそれ

▼ 九年間徒刑場~ (2, 0.0%)

1 にいました, の舗石

▼ 九年間租借~ (2, 0.0%)

2 したという

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 に拠つたの, の條

▼ 九度一分~ (2, 0.0%)

1 にあがっ, に上っ

▼ 九度五分の熱~ (2, 0.0%)

1 が三日, でね

▼ 九度以下~ (2, 0.0%)

1 にさがっ, になつ

▼ 九度内外~ (2, 0.0%)

1 の熱, の高熱

▼ 九度四十度~ (2, 0.0%)

1 の發熱, を越す

▼ 九廻す~ (2, 0.0%)

2 ともいふべき

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 ありと, の神名

▼ 九惑星~ (2, 0.0%)

1 とは五行, と云

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 とは九族, を折らる

▼ 九文七分~ (2, 0.0%)

1 であったの, というきゃしゃ

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 はあるだろう, ばかりと積り

▼ 九日あたり~ (2, 0.0%)

1 のこと, の月

▼ 九日ぶり~ (2, 0.0%)

1 に御飯, の酒

▼ 九日三十日~ (2, 0.0%)

1 と箱根, の朝

▼ 九日中~ (2, 0.0%)

1 に間に合え, の事

▼ 九日事件~ (2, 0.0%)

1 の話, も落着

▼ 九日以降~ (2, 0.0%)

1 は, は従来

▼ 九日前後~ (2, 0.0%)

1 の消息, を祭日

▼ 九日十日~ (2, 0.0%)

1 になった, の土曜日曜

▼ 九日卯時~ (2, 0.0%)

1 に発す, 発す

▼ 九日原~ (2, 0.0%)

2 主水等四十七名

▼ 九日夕方~ (2, 0.0%)

1 から三月一日, のラジオ

▼ 九日夜来~ (2, 0.0%)

1 の大雨ようよう勢衰えたる, 急雨

▼ 九日寛~ (2, 0.0%)

1 は又, は札幌

▼ 九日尊氏~ (2, 0.0%)

1 の馬, は頼

▼ 九日崩~ (2, 0.0%)

2 りたま

▼ 九日己巳雨~ (2, 0.0%)

2 降る将軍家

▼ 九日市中~ (2, 0.0%)

2 を散歩

▼ 九日彼~ (2, 0.0%)

1 をし, を載せた

▼ 九日発~ (2, 0.0%)

1 で来る, のルーター電報

▼ 九日許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 九日路~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 九日長崎~ (2, 0.0%)

1 に原子爆弾, に投下

▼ 九時いくら~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ 九時ごろ私~ (2, 0.0%)

1 は人力車, は本

▼ 九時三十分ごろ~ (2, 0.0%)

1 でさ, に至り

▼ 九時二十分前~ (2, 0.0%)

1 であった, に行った

▼ 九時二十分頃~ (2, 0.0%)

1 でしょう今日, まで

▼ 九時五分過ぎ~ (2, 0.0%)

1 から始められる, にお

▼ 九時五十何分~ (2, 0.0%)

1 かにここ, かに島田

▼ 九時代~ (2, 0.0%)

1 に物価, 即ち化政度

▼ 九時出~ (2, 0.0%)

2 は七時

▼ 九時十五分発~ (2, 0.0%)

1 ですね, の列車

▼ 九時十分頃~ (2, 0.0%)

1 だったと, には完全

▼ 九時半頃秋野教師~ (2, 0.0%)

1 が遅刻, が遲刻

▼ 九時四十五分~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 九時四十分頃~ (2, 0.0%)

1 であった, まっすぐ帰宅

▼ 九時家族~ (2, 0.0%)

1 および安藤弘, が集まっ

▼ 九時東京駅~ (2, 0.0%)

1 へ, へ藤川一彦事森繁久弥出征

▼ 九時隣室~ (2, 0.0%)

1 のラヂオ, のラヂオ轟然

▼ 九時頃山本さん~ (2, 0.0%)

1 みえる, 来る

▼ 九時頃平岡~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 九時頃玄関~ (2, 0.0%)

1 にかかる, の戸

▼ 九時頃自動車~ (2, 0.0%)

2 の爆音

▼ 九會場~ (2, 0.0%)

1 です, となりました

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 なる者, まで有

▼ 九条院~ (2, 0.0%)

2 の雑仕女

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の家, より北

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 ある, を焼き

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 とも言った, の宿場

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 に見え, 第十一歌

▼ 九歳問屋~ (2, 0.0%)

2 からしばしば

▼ 九歳妹~ (2, 0.0%)

1 の袖, は園

▼ 九歳御陵~ (2, 0.0%)

1 は畝傍山, は畝火山

▼ 九段位~ (2, 0.0%)

1 をかちえ, をかちえた

▼ 九段坂病院~ (2, 0.0%)

1 に入院, に入院中

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の一つ, よりあがる

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 のはなし, の説

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の星, の紋

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 あるので, を払った

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 から縮刷六号, の編輯

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 の盃

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の間, は四

▼ 九男政之助~ (2, 0.0%)

1 が生れ, が遺つた

▼ 九番坑~ (2, 0.0%)

1 に這入った, の途中

▼ 九番教室~ (2, 0.0%)

2 の地下

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 とか此等, を錫

▼ 九疋共~ (2, 0.0%)

2 もう出

▼ 九百〇六年~ (2, 0.0%)

1 すなわち昨年, の最近

▼ 九百マイル~ (2, 0.0%)

1 はある, を隔て

▼ 九百一頁~ (2, 0.0%)

1 あると, に渡っ

▼ 九百七十八米~ (2, 0.0%)

1 であるが, の蟻ヶ峠

▼ 九百九十~ (2, 0.0%)

1 の坐睡す, の寺

▼ 九百九十七人~ (2, 0.0%)

1 という尨大, という文盲者中

▼ 九百九十九割り~ (2, 0.0%)

2 て死なまし

▼ 九百九十九本~ (2, 0.0%)

1 ありました, あるの

▼ 九百九十九足~ (2, 0.0%)

1 でたった, の草履

▼ 九百九十八人~ (2, 0.0%)

1 か九人位, 第二十二回目弘化三年

▼ 九百九十匹~ (2, 0.0%)

2 の悪魔

▼ 九百九十年~ (2, 0.0%)

1 にし, の命数

▼ 九百九十米~ (2, 0.0%)

1 の上, を下る

▼ 九百九年~ (2, 0.0%)

1 に彼, の文書

▼ 九百九町~ (2, 0.0%)

1 の静まり, はやはら

▼ 九百二十七年~ (2, 0.0%)

1 になくなる, に於

▼ 九百二十九年~ (2, 0.0%)

2 の春

▼ 九百二十二年四月二十四日~ (2, 0.0%)

2 を思い出せ

▼ 九百二十五年~ (2, 0.0%)

1 の五月, の衣魚

▼ 九百二十円~ (2, 0.0%)

1 で二千四百カロリー, の水準

▼ 九百二十年~ (2, 0.0%)

1 から二十三年, の春

▼ 九百二十年代~ (2, 0.0%)

1 の, の人心

▼ 九百五十九人~ (2, 0.0%)

1 とある, と見え

▼ 九百五十石~ (2, 0.0%)

1 とはばか, の藤堂和泉守高猷

▼ 九百五年~ (2, 0.0%)

1 に歐洲, の

▼ 九百余年~ (2, 0.0%)

1 の基, の後

▼ 九百八十兩~ (2, 0.0%)

1 では半端, といふ額

▼ 九百八十八人~ (2, 0.0%)

1 が続々, なり

▼ 九百八十六部~ (2, 0.0%)

2

▼ 九百八十米~ (2, 0.0%)

1 の圏, の小在

▼ 九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ 九百六十年~ (2, 0.0%)

1 になっ, の永

▼ 九百十一年~ (2, 0.0%)

1 に死んだ, の十回

▼ 九百十三年~ (2, 0.0%)

1 の秋, 迄は同じ

▼ 九百十八年~ (2, 0.0%)

1 の秋, よ

▼ 九百十四トン~ (2, 0.0%)

1 という巨大船, の

▼ 九百十四年~ (2, 0.0%)

1 にはロシヤ, に到る

▼ 九百十年代~ (2, 0.0%)

2 の麒麟児

▼ 九百名~ (2, 0.0%)

1 のうち, もいる

▼ 九百四十一年前~ (2, 0.0%)

1 と限定, にマリア

▼ 九百尺~ (2, 0.0%)

1 にし, のシャフト

▼ 九百年三月アントワアヌ座~ (2, 0.0%)

1 でこれ, で上演

▼ 九百年位~ (2, 0.0%)

1 であります, 生きて

▼ 九百日~ (2, 0.0%)

1 も立っ, 開かずの

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 では停止的, のうち

▼ 九種類~ (2, 0.0%)

1 に分類, の材料

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 にし, の中

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 に当たる, は米六石五斗

▼ 九等分~ (2, 0.0%)

1 がはじまった, するの

▼ 九等賞~ (2, 0.0%)

2 まではぼく

▼ 九箇所~ (2, 0.0%)

1 は普通, もあつ

▼ 九箇月~ (2, 0.0%)

1 で消費, を費し

▼ 九箇条~ (2, 0.0%)

1 の結論, を列記

▼ 九米一~ (2, 0.0%)

1 の三角点, の唐松尾

▼ 九紋龍~ (2, 0.0%)

1 のよう, の二枚半

▼ 九紋龍女湯~ (2, 0.0%)

2 の石榴口

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 といい, をよく

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 からなる

▼ 九花蘭~ (2, 0.0%)

1 の葉, の長い

▼ 九萬六千圓~ (2, 0.0%)

1 で何程, の木

▼ 九萬六千本~ (2, 0.0%)

1 の臼, を植へた

▼ 九萬四千八百三十人~ (2, 0.0%)

1 のこの, の女

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 の写真版

▼ 九蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の世話, の女長二十五

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 に移つて行, 第十二號

▼ 九西洋人~ (2, 0.0%)

1 の品行, 必ず日本

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の窓, までの高い

▼ 九谷その他~ (2, 0.0%)

2 は歌

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 といふ所, のこと

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の兵隊, の大将軍

▼ 九軍長~ (2, 0.0%)

2 の職

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 しか許さなかった, はすぐ

▼ 九通殘~ (2, 0.0%)

2 りなく

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の台, の遺子黛女

▼ 九連城~ (2, 0.0%)

1 を取っ, を見上げたる

▼ 九連城畔~ (2, 0.0%)

2 であ

▼ 九連隊~ (2, 0.0%)

1 では二十四人, の先頭

▼ 九郎一座~ (2, 0.0%)

1 にゐた, の舞台

▼ 九郎右衛門殿~ (2, 0.0%)

1 から五十両, を千日前

▼ 九郎次~ (2, 0.0%)

1 の姪, は番方

▼ 九郎等~ (2, 0.0%)

1 が有名, のため

▼ 九郎等十三人~ (2, 0.0%)

2 の労力奉仕

▼ 九郎親分~ (2, 0.0%)

1 の後, の血

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 でもいい, というよう

▼ 九銭五厘~ (2, 0.0%)

1 になります, 持って

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ 九隣家~ (2, 0.0%)

2 の松太郎

▼ 九霄応~ (2, 0.0%)

2 に侶

▼ 九面観音~ (2, 0.0%)

1 などはその, や銅像夢違観音

▼ 九頭龍明神~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれ, を祭る

▼ 九馬三博士~ (2, 0.0%)

1 が注意, の論文

▼ 九骨太~ (2, 0.0%)

2 なる手足

▼ 九~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 の高い, 高く眼

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 から二十銭, で下船

▼ 九%逆~ (2, 0.0%)

1 になり, になるであろう

▼ 九~ (2, 0.0%)

1 といふの, といふ指定

▼1* [4843件]

○六年マルセーユにカムボジヤ, 九○年ゾラを会長, 九、人麿の歌, 九〇〇ありますから, 九〇〇〇〇〇であったと, 九〇〇〇〇〇クヲタアしか産出, 九〇〇〇万ドルの公債, 九〇〇〇尺以上の山々, 九〇〇〇磅以上に騰貴, 九〇〇クヲタアは以前, 九〇〇メートル以上の高原, 九〇〇メートル附近は全く, 九〇〇万度である, 九〇〇億年もかかる, 九〇〇年ごろを境, 九〇〇年プランクによって量子説, 九〇〇年マンチェスターでの講演, 九〇〇年代ゴッホゴーガンによってそれ, 九〇〇年代ムンクより始まっ, 九〇〇年代初頭の日本, 九〇〇年八月チェホフが楽々, 九〇〇年十二月三十一日にぎやかな会, 九〇〇年國際物理學會に招かれ, 九〇〇年彼の死, 九〇〇年後私はまったく, 九〇〇年治世が一七年, 九〇〇年版と異, 九〇〇年舞台で成功, 九〇〇年軍務局で爆発物調査委員会, 九〇〇年間のそれ, 九〇〇瓦以下の蛋白質, 九〇〇瓩も少い, 九〇〇錠送りましたが, 九〇キロ下航しビスカヤ灣, 九〇クリスマスのとき寺院, 九〇クヲタアが獲得, 九〇センチメートル内外に達し, 九〇パーセント泥棒という定説, 九〇ポンドだったの, 九〇ローマ宗の組織, 九〇・一〇及びダンテ, 九〇・七個ずつ食われる, 九〇・六メートルの三角点, 九〇一国の独立, 九〇一年スイス滞在五年の後, 九〇一年ベルリンの帝室歌劇場, 九〇一年ボーア戦争後軍隊組織に関する新しい, 九〇一年ヴィクトリア女王の崩御後, 九〇一年三月彼はジェリヤ・ブルマール, 九〇一年二月号の, 九〇一年五十九歳のときの, 九〇一年八月モルシャッハにて, 九〇一年八月暴風雨のある, 九〇一年頃に至る, 九〇七に対して無, 九〇七冊目の, 九〇七年それを増補, 九〇七年一月三十一日リュー・サンモール七六番地に住ん, 九〇七年中次のごとき, 九〇七年十月三十一日と英語, 九〇七年反動時代にインテリゲンチア, 九〇七年後の数年間, 九〇七年版カウエルおよびラウス訳, 九〇七年版フレザーの, 九〇七年頃イギリスにいた, 九〇万二〇〇〇人戦時においては一三八四万一〇〇〇人, 九〇三四五六であった, 九〇三年七月七日に執筆, 九〇三年八月号に出, 九〇三年六月十八日に生れ, 九〇三年板アボットの, 九〇三年治世が一四年, 九〇三年版の作品集, 九〇三年版マヤースの, 九〇三年版マーチン女史の, 九〇三年頃このバクー, 九〇三番地に同棲, 九〇九年フェイヤアル書店から近代文庫, 九〇九年七月二十六日ワラタ号は倫敦, 九〇九年三十七の年, 九〇九年九月一日教権に反抗せり, 九〇九年事件が起る, 九〇九年五月十九日にベルリン, 九〇九年四月までに彼女, 九〇九年四月二十七日にワラタ号, 九〇九年型の女優, 九〇九年大阪毎日新聞の懸賞, 九〇九年平和の時代, 九〇九年彼が三十一歳, 九〇九年板ボムパスの, 九〇九年治世が八年, 九〇九年版にない, 九〇九年頃でしょう, 九〇二二三となるであろう, 九〇二六五タンに上っ, 九〇二年ごろである初めて, 九〇二年付の註, 九〇二年八月末はじめて巴里, 九〇五この小説, 九〇五〇二が五ポイント一八, 九〇五年モスクワに送られ, 九〇五年ロンドン出板ハズリットの, 九〇五年一月九日の日曜日, 九〇五年一月十九日の血, 九〇五年三月十日の空, 九〇五年九月以後プロレタリアートを先頭, 九〇五年以後十年間のロシア, 九〇五年以降のロシア, 九〇五年六月黒海艦隊に叛乱, 九〇五年分までが揃っ, 九〇五年十二月案にはアルザス・ロートリンゲン地方, 九〇五年度の蹴球戦, 九〇五年後の民衆, 九〇五年板ハズリットの, 九〇五年案ロートリンゲン以東は守勢, 九〇五年民衆の大, 九〇五年生れで日本流, 九〇五年自由党内閣成立するや, 九〇五年頃は仏国, 九〇人である, 九〇個ばかりだ, 九〇八の作, 九〇八〇九九〇人である, 九〇八・二・一〇とあり, 九〇八年ごろ日本で云え, 九〇八年ケンブリッジで名誉総長デヴォンシャヤー公, 九〇八年ブリストルでこの, 九〇八年ベルリンで, 九〇八年五月二十八日に下院, 九〇八年十一月の, 九〇八年十二月のつぎ, 九〇八年度の予算編成, 九〇八年板英国科学士会員ペッチグリウの, 九〇八年版ゴムの, 九〇八年版スプールスの, 九〇八年頃なのよ, 九〇八番のホテリング方, 九〇六でありこれ, 九〇六年ロシア語で出版, 九〇六年一月二十五日ライネル・マリア・リルケはロダン夫妻, 九〇六年一月二十六日ニューヨークのメトロポリタン, 九〇六年七月十四日に老齢, 九〇六年三月二日下院の議場, 九〇六年二十八歳の妙齢, 九〇六年二月二十二日の, 九〇六年十月八日の午前十時頃, 九〇六年板コンウェイの, 九〇六年板デンネットの, 九〇六年板ワーナーの, 九〇六年版スキートおよびプラグデン, 九〇六年版ドラコット女史の, 九〇六年版ワーナーの, 九〇六登録埋葬数は一, 九〇内外を上下, 九〇分の一また一七二二年, 九〇四年ジェネヴァでのこと, 九〇四年ピエールが四十五歳, 九〇四年フラマリオン社から現在流布, 九〇四年ベルリンで大, 九〇四年ロシヤ暦七月二日ブーニンの言葉, 九〇四年三月八日ニューヨーク市の東区, 九〇四年五月一日六十三歳をもっ, 九〇四年代のハイカラー姿, 九〇四年初めまでつづき, 九〇四年労働者の家, 九〇四年四月二十九日當時羅馬に滯在, 九〇四年新暦七月十五日南ドイツの鉱泉地バーデンヴァイラー, 九〇四年晶子が, 九〇四年版と同じ, 九〇太平洋の風波, 九〇尺の三角点, 九〇年のとエンゲルス, 九〇年ウォルシンガムが死ぬ, 九〇年サガレンに出かける, 九〇年サガレン島へ赴き, 九〇年ドイツが世界, 九〇年ニコラウス侯が死ん, 九〇年ハンガリアの王冠, 九〇年フランスの大, 九〇年ブサンソンの第, 九〇年ベアトリーチェの死せ, 九〇年ラヂスラーオ死して, 九〇年一世を震撼, 九〇年七月十四日に練兵場, 九〇年世界全体としてはまだ, 九〇年以来グラチアは一八九七年, 九〇年八月二十八日の, 九〇年六月死すと, 九〇年前後に亘つて, 九〇年十一月八日多くの弟子達, 九〇年十二月にベートーヴェン, 九〇年十二月二十二日仏国上院に於ける, 九〇年四月十二日および二十四日, 九〇年大井幸子が自由党, 九〇年当時の世界的水準, 九〇年彼がその, 九〇年明治二十三年から五月一日, 九〇年板ドルーリーの, 九〇年永眠するまで, 九〇年版と一六三一年版, 九〇年版クックの, 九〇年私講師としてのフィヒテ, 九〇年議会に於ける, 九〇条の, 九〇瓩と云う, 九〇瓩説は少々, 九〇米高く新高, 九〇%以上は水分, 九あいきょうたっぷりこいつ, 九あけて六十, 九あたりの列傳, 九あたりまゆのにおや, 九あってあと, 九あるのは, 九いやさ権九郎何んと俺様, 九いるだろうと思っ, 九いろはであるとか, 九いわく仏前生鶏尸馬王たり, 九おけかかめに, 九および十六, 九お初の奴, 九お前にゃァ, 九お前達が来た, 九お母さんが十五, 九お里は十七, 九かいの, 九かと思われる美少女, 九かなり良い容貌, 九かねもう, 九かの娘, 九かるいの改良, 九か村上四宿へは筑摩郡八十九か村, 九くらいかも知れません, 九ぐらゐのお孃さんとその, 九ぐらゐ以前たしか森鴎外, 九ここを見る, 九この指を, 九これからは太宰治, 九こ師団の歩兵聯隊, 九たまらねえじゃ, 九さいになる, 九さまさまよ五十キロバクダン, 九さんから頂戴, 九じゃ若いもん, 九じゃもの花じゃもの, 九すなわち約三二分の一, 九そこいら, 九それぞれの年, 九それでござりましょう, 九それにじぶん, 九ただの盗難, 九たび寡婦となら, 九たび落ち尽したれば, 九たび諸侯を合す, 九だけ減じて, 九ださうで, 九だろう成るほど非常, 九ちょうの猟銃, 九ちょっと来ねえ胆, 九ちよ二十一赤坂区氷川町清水氏寓伊沢又分家では信治二十一, 九であったり三五十九, 九でありましょうか手, 九でありませうか, 九でくゥまァの, 九でござるが倒れる, 九でござんすよ, 九ですつてあんな, 九でなければそういう, 九でもとどりかりて, 九とかいうのは, 九とかぞへて, 九とかの連隊の, 九としか思われぬ端麗, 九との間に, 九どうかしたら二十位, 九どこか名, 九どころか二十五六, 九どちらも厄, 九ないし四〇分の一の, 九などが普通である, 九などと限るは, 九などの小説に, 九などを見ると, 九なりと雖, 九なる結果を, 九なれば二, 九なんていうの, 九なんて正確な, 九なんといっても, 九にて逝く, 九に対する断行説賛成者六十七で, 九に関する数字を, 九ねんの月日に, 九はたちごろから時々, 九はをかしい, 九ばかりに成ろうかとも, 九ぺージにあなた, 九ほどの娘さんが, 九まさるはたちばかりの, 九までにおおよその, 九むすめの, 九むだ網だろうよ, 九めん十めんなさらば, 九もう觀念しなけれ, 九ものに動じぬませた, 九やがて四十年輩の, 九やったと思います, 九やれやれ大した飛躍, 九わが方の, 九をかぢつ, 九をこそよめ, 九を以て去りついで, 九イタリアにヤソ教, 九インチ一枚五ドルするという, 九インチ四方ほどの穴, 九つの, 九ゥ十九でくゥまァの, 九オタツが十七, 九オーストリアの公認教, 九カイリ半東西十六カイリの広い, 九カラット八カラット順次に, 九カ寺ありて, 九カ年のうち, 九カ年以上も彼女, 九カ年間いたる者, 九カ年間天使は怪物, 九カ月前には永, 九カ月半の刑期, 九カ月間は降雨, 九カ町村の被害民有志, 九キロ二に対して総, 九キロ以上あるそう, 九キロ身長二・〇五メートルベーアは九五キロ, 九クリスマスの祝日, 九ケ年の年月, 九ケ年振りで真実, 九ケ月にし, 九コンナ場合に限っ, 九コンフォメーションの式, 九サガレンで生れた, 九シムフォニイを聴き, 九シリヤ人にし, 九シリングに減じ, 九シリング一ペンス半に下げられた, 九シリング強となろう, 九ジョバンニの切符, 九スウェーデンデンマーク両国の国教, 九センチ厚さ六センチ, 九センチメートルのコダック, 九か, 九ッすぎで, 九ツぐらゐな小造りな小さな, 九ツこれも見納め, 九ツすぎにかえり, 九ツそこそこでご, 九ツデイタツテ小サイ子ダツタシ, 九ツニなる男子, 九ツノ年御殿カラ下ゲタガ本ノケイコニ三ツ目所, 九ツ刻の時計, 九ツ十一二なの, 九ツ半風呂敷をゴミ箱, 九ツ坊さんと来りゃ, 九ツ年下なの, 九ツ幼名丈太郎さんといっ, 九ツ時退ク, 九ツ時分三島へ来, 九ツ時頃此所にまいりし, 九ツ梯子を一つ, 九ツ頃の悪戯ざかり, 九ドイツ紀行の部, 九ハワイ出航以後の所見, 九パァセントは徒勞, 九パラグラフは第, 九パリに着す, 九ヒトナル電報が来, 九ファウストの五芒星呪文, 九フイト幅は平均三フイト四インチ, 九フランとか言いました, 九ブラジル首府リオデジャネイロの実況, 九プロイセン政府の保護金, 九プードもある, 九ペルー首府リマおよび日本移民, 九ペーギの, 九ポイントにする, 九ポイント三パーセント含水炭素は一ポイント二パーセント, 九ポイント活字にすれ, 九ポルトガルの僧侶, 九ポンドを引き出し, 九ポンド弾の古い, 九マイルヒールズビル村に至る, 九マイル幅五マイルで肥った竜, 九マイル西北の地点, 九メートルシャール十世は一万八百三十六メートル, 九メートル三の間ノ岳絶頂, 九メートル百キロの爆弾, 九モルモン宗の信徒, 九ヤソ教者悪人を感化, 九ルーブリに一九二七年, 九レアルス・ヴェロンであり一七九二年, 九ロンドン書肆発行の東洋学, 九ヱホバのさばき, 九ヵ国八千万人以上の婦人たち, 九ヵ月あまりしかなかっ, 九ヵ月幽閉されロベスピエール, 九ヵ月牛乳代をくれる, 九ヵ月間子供の牛乳代, 九ヶ国に跨っ, 九ヶ国条約は現に, 九ヶ年交際して, 九ヶ年以前累ヶ淵でお, 九ヶ年前狂死なしたる, 九ヶ年過ぎますると, 九ヶ所十幾ヶ所から火の手, 九ヶ月以上も經つた兒, 九ヶ月制でそれで, 九ヶ月目秋も終り, 九・〇〇常念頂上, 九・〇〇〇弗といふ高, 九・〇〇平の小屋, 九・一〇に発表, 九・一〇以下及び地, 九・一〇六以下に見ゆる, 九・一キログラムの肉類, 九・一クヲタアに減少, 九・一並びに註參照, 九・一分の一死亡の比率, 九・七〇六以下にいづ, 九・七六一以下にカトー, 九・七粁に過ぎない, 九・三〇一の俣, 九・三メートルを越し, 九・三二をさしひいた, 九・三八五でありそして, 九・三四にいづる, 九・二〇大助小屋, 九・二五といふ, 九・二分の一という出生, 九・二%大学専門学校在学一八・一%等である, 九・五というの, 九・五パーセントは九歳, 九・五メートルを登っ, 九・五三日という短い, 九・五十六三十五ミリなどまたは, 九・五年であり多く, 九・五弱となる, 九・五死亡率一対四七をもってすれ, 九・八パーセント増加した, 九・八一すなわち約, 九・八五フランへと下落, 九・八附読売新聞より, 九・六二及びマタイ, 九・六日に当り, 九・十日観音へ出, 九・南僑等と食事, 九・四パーセントが過去, 九・四ミクロンと答えます, 九・四四名のそれ, 九・四四対一〇でありまたは, 九一〇〇〇キロメートルに比し, 九一〇六月はじめの月曜, 九一〇年以来新しい革命的昂揚, 九一〇年八月におこった, 九一〇年十二月十六日倫敦のカックストン会館, 九一〇年四月臨終の一, 九一〇年夏ストックホルムに行った, 九一〇年死の直前, 九一〇年治世が七年, 九一〇年版六巻八頁に説明, 九一〇年産のブルゴーニア, 九一〇年頃ベルリン近郊の有名, 九一〇暮春三崎の海辺, 九一センチちょうど妊娠十か月目, 九一ポンドは十六オンス, 九一ローマ宗の賞罰法, 九一・九%までは帆船, 九一・六二だけ払おう, 九一一メートルの三角点, 九一一一八二〇年には三〇, 九一一人とし, 九一一年七月日本をし, 九一一年二月の地震, 九一一年二月二十三日に此, 九一一年以来若干の軍備拡張, 九一一年作者が三十四歳, 九一一年板ブリンケンベルグの, 九一一年板ブリンケンベルヒの, 九一一年板ロスコーの, 九一七・一八年に多く, 九一七五〇年の, 九一七五ドルなり, 九一七五七年は一対三二, 九一七五九三名でありその, 九一七八年という時代, 九一七四五年には一対一一八, 九一七年ケレンスキー内閣の崩壊, 九一七年一九年に出た, 九一七年一八年そして一九年, 九一七年一月に発表, 九一七年一月二十八日ロダンさんは自分, 九一七年三月三十日室戸丸は, 九一七年三月八日の婦人デー, 九一七年二〇年を経験, 九一七年五月五日の日記, 九一七年以前の, 九一七年以来ソヴェトがたえず, 九一七年以来ソヴェト同盟の農村, 九一七年以来パリには象徴派, 九一七年以来プロレタリアートの生産技術, 九一七年以来ロシアは新しい, 九一七年以来文盲撲滅を努力的, 九一七年以来毎年国家計画部と最高経済会議, 九一七年八月八日といふ日附, 九一七年前後のこと, 九一七年十一月に終った, 九一七年十一月十七日妾はロダンさん, 九一七年十月の夜, 九一七年四月廿六日の日記, 九一七年国内戦時代の廃墟, 九一七年大正六年ごろには遂に, 九一七年後ファデェーエフやフールマノフ, 九一七年来わかって, 九一七年来功績あったマヤコフスキー, 九一三年オデオン座で上演, 九一三年オーストリーのヰイン, 九一三年ロマノフ王家三百年記念の大赦, 九一三年ロマノフ王家三百年記念大赦令が出る, 九一三年再版エノックの, 九一三年十二月号の, 九一三年十月二十八日記す, 九一三年板ウィルキンスの, 九一三年板デ・ウィントの, 九一三年欧州戦争の前, 九一三年現在同国学校に附設, 九一九の脱線, 九一九八〇〇〇人とは異, 九一九年ごろからのこと, 九一九年イギリスのウエールス, 九一九年メデイソン・スクエア・ガアヅンで挙行, 九一九年レーリーの死んだ, 九一九年一月十日私はガール, 九一九年一月号にのった, 九一九年七月十七日東京の西郊中野, 九一九年三月一日を忘れよう, 九一九年三月八日の午後, 九一九年二月に日本, 九一九年五月十八日の日曜, 九一九年以來殆どその, 九一九年以後男女の失業, 九一九年四月十三日にあの, 九一九年大戦に於, 九一九年度のゴンクウル賞, 九一九年彼の死ぬる, 九一九年正月の国民科学研究所, 九一九年独逸の全面的降伏, 九一九年飢饉の年, 九一二九は無, 九一二年ドゥイノにて着手, 九一二年プラーグでボルシェビキ, 九一二年九月二十二日から二十三日, 九一二年代のもの, 九一二年六月に書かれた, 九一二年六月二日に完結, 九一二年六月六日にアラスカ, 九一二年四月のレナ, 九一二年四月十五日の早暁, 九一二年四月十四日午後十一時四十分タイタニック号は大西洋, 九一二年四月十日水曜日の正午, 九一二年当時の閃光伝達機, 九一二年時代の孫文, 九一二年私案は仏国側, 九一二年秋リルケは一人飄然, 九一五万トンに上らず, 九一五三四五六となる, 九一五六年頃人類の生活, 九一五年ボンベイ板ジャクソンの, 九一五年ルーデンドルフ等の東方, 九一五年二月私は独逸軍占領, 九一五年五月二十日でこの, 九一五年五月参戦と同時に, 九一五年代の作家ゴーリキイ, 九一五年以来小学校教員検定試験にも学校附設図書館, 九一五年十月二十日再び好餌, 九一五年度の予算編成, 九一人のうち女八八八人, 九一人持居たるに強く, 九一以下及び一一二以下參照, 九一八二一年には六, 九一八年ごろ日本におけるアイヌ民族, 九一八年ドイツに革命, 九一八年一月二十三日に赤十字, 九一八年三月二十五日空襲下のパリ, 九一八年三月攻勢にルーデンドルフ, 九一八年三月頃までの全, 九一八年九月一六日のロシヤ法律, 九一八年五月から私, 九一八年五月二十八日の夜, 九一八年以後の日本, 九一八年以後哲学は新, 九一八年以来世界の人々, 九一八年十一月の休戦, 九一八年十一月七日ドイツの無条件降伏, 九一八年十二月で曇った, 九一八年十二月二十九日フランスの議会, 九一八年後機関銃の音, 九一八年攻勢の指導, 九一八年時代に正しい, 九一八年百合子十九歳のとき, 九一八年西方に大, 九一八年頃愛人を追って, 九一八時間三五分三〇秒が使用, 九一六のごとき, 九一六三一であった, 九一六八〇〇〇一八一一年には一〇, 九一六八〇〇〇年死亡は一八六, 九一六年ドイツのベルダン攻撃, 九一六年ファルケンハインのいわゆる, 九一六年ファンケルハインがいわゆる, 九一六年七月二十五日射殺の判決, 九一六年二月からで, 九一六年六月二十四日の, 九一六年六月十一日であつ, 九一六年十二月十六日金曜日の夜, 九一六年十月メッツ予備病院に於い, 九一六年四月十一日にその, 九一六年四月署名の岸田, 九一六年板スペンスの, 九一六年版ホワイトヘッドの南印度村神誌六〇頁, 九一六年頃の作, 九一制度はいつか変形, 九一号の拙文, 九一号三二五頁に述べたごとく, 九一哲学館の改良, 九一四であること, 九一四一五年のパリー, 九一四五年から二三, 九一四年カフカが出会い, 九一四年ドイツではヘルマンバール, 九一四年ボンベイ板エントホヴェンの, 九一四年ボンベイ版エントホヴェンの, 九一四年ルムフォード賞牌を受けた, 九一四年ロンドンのアルバート, 九一四年一月冬にし, 九一四年七月初旬内務次官フォン・デルブリュックは当時ロッテルダム, 九一四年二月エルサレムへ旅行, 九一四年五月のこと, 九一四年以来殆ど全く中絶, 九一四年八月一日に始まった, 九一四年八月十八日頃のモルトケ, 九一四年六月十一日の項, 九一四年十一月の, 九一四年十月に書かれ, 九一四年四月であつ, 九一四年大戦がヨーロッパ, 九一四年天津で生れ, 九一四年度ロシアの中学校, 九一四年治世が三年, 九一四年版エントホヴェンの, 九一四年版チャプリカの, 九一四年版パッターソンの, 九一四年独逸軍はマルヌ, 九一四年秋に着手, 九一四年米国図書館協会総会においてこの, 九一四年英国へ帰っ, 九一四年開戦瞬前に起っ, 九一四年頃の, 九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 九一年アルフォンソ死して, 九一年オックスフォード板コドリングトンの, 九一年キエフ生れで才能, 九一年サラセン人の手, 九一年バアルがロシア, 九一年一月三日十一歳のとき, 九一年七月死す, 九一年三月に生れ, 九一年九月二十二日のこと, 九一年仏国の操典, 九一年以来国有となり, 九一年八十一歳で永眠, 九一年十二月五日の暁, 九一年南方の禅, 九一年故国スウェーデンに帰り, 九一年板ガーネットの, 九一年板ルガーの, 九一度ね, 九一泊二十五銭の事, 九一種の雑誌, 九一金全廃の腹, 九丁ものである, 九丁巳八月二日寺町宗仙寺墓あり六十歳, 九丁目智福寺の跡, 九丁目百姓延平方え為立, 九丁須原の駅, 九丁高崎駅なり, 九七〇〇〇で一八〇〇年, 九七〇〇〇対二六三〇〇〇の比, 九七〇年の夏, 九七一七九八年には二, 九七七というたった, 九七三へ登る, 九七並びに註參照, 九七九年の社会主義社会, 九七人は予科, 九七僧侶の兵役, 九七八メートルです, 九七八円であり婦人勤労者, 九七八名でこれ, 九七六頁に犬, 九七分の一女子四二・八七分の一平均四〇・九二分の一の割合, 九七名が男子有権者, 九七年オランダ人のゼーマン, 九七年トリエステにおける著者, 九七年マリヤは長女, 九七年一月十日ヴェストファーレン州ミュンステルのヒュルスホフ城, 九七年一月彼の著, 九七年一月楽友協会の演奏会, 九七年三月エコリエ社で上演, 九七年三月前進を起し, 九七年二月二日までにマントア, 九七年二月五日長崎立山の海, 九七年以前の長い, 九七年八月七日午前九時頃プランシェという人妻, 九七年十一月三日オスチアの港, 九七年春のはなし, 九七年法王ボニファキウス八世軍を起し, 九七年豕一疋神の肉, 九七年頃レーリーは自分, 九七秒である, 九七種に及び, 九七絶三百九十七通計五百八十八首である, 九七郎という癩患者, 九万〇五五四円は生糸, 九万マイルの, 九万七五六八英里をもっ, 九万七六〇〇英里なり, 九万七千三百六マルクなり, 九万三千三百六十三人の青年同盟員, 九万両合計一四二一万両と推定, 九万中僅かにその, 九万九千七百九十キロという素晴らしい, 九万九千九百九十九円九十九銭九厘の損害, 九万二千本ざっと三十万本, 九万二千票を集め, 九万五千七百六十元四六仙これが填補, 九万五千人の整理, 九万人近く入学者は十万五千三百九十八人, 九万余の者, 九万八千七社の御, 九万八千八百八十八と御, 九万八千円になった, 九万八百四十六部彼れが, 九万六千ホグスヘッドの煙草, 九万千九百二十四票をかき集め, 九万四千フランだったが, 九万四千ルーブルの金額, 九万四百社の内, 九万年に及ぶ, 九万斤が蓄えられ, 九万歩の地所, 九万氏詩家では小田原藩, 九万氏高橋二郎氏などは随分, 九万浦付近で上陸, 九万石兵数約一万, 九万石封主の力, 九万艘にし, 九万里蛇この上, 九万里青天を負う, 九に達する, 九丈二尺右の画四十七丈七尺八寸, 九丈壁の厚, 九丈左の画四十九丈二尺, 九三○年に森林官, 九三〇〇とあり, 九三〇〇〇の増加, 九三〇二七であって, 九三〇二六でなく二三七, 九三〇八の中, 九三〇年ころに出版, 九三〇年ころソヴェト市民はドイツ, 九三〇年アメリカのキャピタリスト, 九三〇年ソヴェト同盟では一日平均百三十万人分, 九三〇年プロレタリア芸術運動が高まっ, 九三〇年モスクワの群集中, 九三〇年一つの興味, 九三〇年七月の第, 九三〇年三月二十四日七十五万人の勤労者, 九三〇年三月臨時増刊号に発表, 九三〇年上演された理由, 九三〇年中村武羅夫の, 九三〇年九月七月の全, 九三〇年九月号第三〇頁, 九三〇年五ヵ年計画がやっと, 九三〇年以前の芸術, 九三〇年以後におこった, 九三〇年以来赤をやっつける, 九三〇年十一月にウクライナ共和国首府ハリコフ, 九三〇年十一月ハリコフにおける国際革命作家同盟国際会議, 九三〇年十一月一日の朝, 九三〇年文化宣伝列車にのりこん, 九三〇年組織された, 九三〇年革命劇場上演の, 九三〇式に磨き立て, 九三ニも家内ニ, 九三パーセント農村人口の七九・四パーセント, 九三マルテロ社より森方, 九三ローマ市中の僧侶, 九三ヶ月は軽井沢滞在, 九三一と見積られた, 九三一メートルであった, 九三一二年代に文学, 九三一六六すなわちほとんど, 九三一年ごろで小熊秀雄さん, 九三一年ごろ支那学者内藤湖南氏の息子, 九三一年一月のこと, 九三一年一月党中央委員会の決議, 九三一年七月中央公論のため, 九三一年二月号を見, 九三一年五月は日本, 九三一年以後の四年間, 九三一年以来はじめて小説, 九三一年六月の, 九三一年初夏から三二年一月下旬, 九三一年十一月からは日本プロレタリア文化連盟, 九三一年十月三十日自動車は州境, 九三一年十月十一月十二月とかかれた, 九三一年十月頃日本プロレタリア文化連盟の参加団体, 九三一年四月の一月, 九三一年四月九日付を以て新しい, 九三一年昭和六年に日本, 九三一年次のよう, 九三一年満州に対する日本, 九三七・八・九年ごろ言論抑圧の困難, 九三七・八年が本当, 九三七年ころの京大, 九三七年ごろ書かれたもの, 九三七年ニューヨーク・コーネル大学教授パペーズ博士の依頼, 九三七年一月に発表, 九三七年七月中国に対する侵略戦, 九三七年七月蘆溝橋ではじめられた日本, 九三七年三九年四〇年の間, 九三七年三月号のストランド誌, 九三七年九月二十七日誕辰の佳日, 九三七年九月号所載の三枝博音氏, 九三七年二月に南仏, 九三七年二月中村陸相が病気, 九三七年二月号の, 九三七年六月十一日顕治は市ヶ谷刑務所未決, 九三七年十二月二十七日警保局図書課がジャーナリスト, 九三七年十月内乱のスペイン, 九三七年彼が官吏, 九三七年彼女の死ぬ, 九三七年製の葡萄酒, 九三三三四年ごろから芥川賞, 九三三年ごろプロレタリア文化運動が弾圧, 九三三年ごろ古典はその, 九三三年ナチス独裁が樹立, 九三三年一月一日ミュンヘンに, 九三三年二月からきょう, 九三三年二月二十七日政権をとっ, 九三三年二月二十日築地署で拷問, 九三三年二月二十日築地警察で拷問, 九三三年以前の民主的文学評論, 九三三年以後とめどもなく, 九三三年以後十二年間全く暗黒, 九三三年以後日本のファシズム, 九三三年以後明確な意識, 九三三年以来はまとも, 九三三年以来ジャーナリズムの上, 九三三年以来文学に関する理論, 九三三年以来日本にはプロレタリア文学, 九三三年六月に佐野学, 九三三年前後世界各国が金, 九三三年十二月スパイの手引, 九三三年十二月二十六日宮本顕治は東京地方委員会, 九三三年十二月末ごろの題材, 九三三年向きである, 九三三年四月三十日巴里に死んだ, 九三三年型の純, 九三三年屈伏に便利, 九三三年来批判は到る, 九三三年著者が検挙, 九三三年頃左翼への暴圧, 九三三年頃百合子が弟夫婦, 九三並びに註參照, 九三九・六日に当り, 九三九八〇〇〇であったはず, 九三九四〇年にかかれた, 九三九年ごろの軍需インフレーション時代, 九三九年アーチボルド・マックリーシュ氏がアメリカ国会図書館長, 九三九年十二月にかかれた, 九三九年急逝するまで, 九三二・六・一二場所はフィラデルフィア, 九三二三年頃から一九三五, 九三二円にし, 九三二年いっぱいに書かれた, 九三二年ころの日本, 九三二年ごろまでに一応, 九三二年ロシア革命第十五周年記念, 九三二年一月のこと, 九三二年三月下旬宮本顕治はプロレタリア文化団体, 九三二年三月以後はこれ, 九三二年上半期の成果, 九三二年世界的な規模, 九三二年五月三日の天候, 九三二年五月十五日であった, 九三二年以来作者にとってもっとも, 九三二年以来当時未熟なら未熟, 九三二年前後に邦訳, 九三二年十一月号にのった, 九三二年十月にあり, 九三二年四月七日に検挙, 九三二年型のシボレー, 九三二年度を代表, 九三二年独逸留学三四年帰朝目下ステージを去っ, 九三二年秋ちかきころ, 九三二年窪川さんが獄中生活, 九三二年頃単独で大西洋横断飛行, 九三五・四・十四日これで終り, 九三五六年以後新しい情熱, 九三五年ごろ百合子の住む, 九三五年ナチスへの入党, 九三五年パリで行われた, 九三五年一月十六日の夕方, 九三五年七月文芸懇話会賞が与えられた, 九三五年七月著作権審査会官制の実施, 九三五年五月から一九三六年春, 九三五年五月十日より一九三六年三月二十七日, 九三五年以後の英文学, 九三五年以来の新, 九三五年八月三日であるが, 九三五年六月三日パリで, 九三五年六月二十六日広田外相を外務省, 九三五年六月十一日即ち河北省問題, 九三五年十二月号に発表, 九三五年四月十八日父の第, 九三五年型の映画女優, 九三五年度の戸口調査, 九三五年度内に発売禁止, 九三五年式大津絵だろう, 九三五年短篇小説でオーヘンリー賞, 九三五年頃上海で出版, 九三五米が聳える, 九三人の生産児, 九三件の重要題目, 九三億円である, 九三元五一仙株主準備金から二万元, 九三八三五七と見積られ, 九三八九はメシ, 九三八九三八九はメシ, 九三八年ごろフランスでナチス, 九三八年二月十二日唯物論研究会はいよいよ, 九三八年以来世界平和のため, 九三八年六月に亡くなった, 九三八年度はどんなに, 九三六七年以後から十年, 九三六七年頃の銀座, 九三六年あたりからの日本, 九三六年ごろイタリー映画に, 九三六年のはさすが, 九三六年アメリカへゆき, 九三六年アルプスのモンブラン, 九三六年フランスの, 九三六年ルーズヴェルトとランドン, 九三六年一月亡くなった, 九三六年一月三十日に父, 九三六年一月三十日父中條精一郎が死去, 九三六年一月二十七日まで手帳, 九三六年三月下旬まで未決生活, 九三六年三月二十七日迄の間, 九三六年三月二十四日午後五時のあの, 九三六年三月廿四日以前と殆, 九三六年九月税制改革案が公表, 九三六年二月中旬の事情, 九三六年二月二十六日の事件, 九三六年六月にはコペンハーゲン, 九三六年六月彼より一つ年上, 九三六年十一月一日から実施, 九三六年十一月二十七日発のニュース, 九三六年四月号にのった, 九三六年型のパリ女, 九三六年度予算編成中の出来事, 九三六年度思想界の展望, 九三六年度日本の社会, 九三六年春にかけて百合子, 九三六年時代の世論調査, 九三六年版の年刊, 九三六年解散させられた, 九三分の一と一二二分の一, 九三十三十一年の三年間, 九三十六品になります, 九三十日の夜, 九三名でありその, 九三四・二〇に見え, 九三四年あたり迄は吾, 九三四年プロレタリア全文化運動, 九三四年一月二日の午前十時, 九三四年一月八日にかかれ, 九三四年一月十五日にわたし, 九三四年七月の, 九三四年七月一日から所謂メートル法, 九三四年三月八日巴里市外サント・ドミニック修道院に於, 九三四年三月頃まで, 九三四年二月作家同盟は大衆組織, 九三四年二月解散するに, 九三四年五月十八日の午, 九三四年八月モスクワで第, 九三四年八月十七日から半月, 九三四年六月に歿, 九三四年六月十三日に持病糖尿病, 九三四年十二月から一九四五年八月十五日, 九三四年十二月下旬に市ヶ谷刑務所あて, 九三四年十二月未決におくられ, 九三四年式のぴちぴち, 九三四年後半より今日, 九三四年後半上述のよう, 九三四年来雑誌分類の台本, 九三四年私の五十三才, 九三四航空隊の司令, 九三年ごろロンドンで創刊, 九三年イギリス王の知遇, 九三年シエーナ市にて火刑, 九三年ヴァンニは二人, 九三年三月西羅馬の摂政オドワカル, 九三年二十四歳の時, 九三年五月三日親王は二十八, 九三年以前にさかのぼらなけれ, 九三年八月三十一日と日付, 九三年八月二日の未明, 九三年刊行のヘルマン, 九三年十一月六日のこと, 九三年十六歳のおり, 九三年国王ルイ十六世死刑執行の日, 九三年徴兵制度を採用, 九三年暮までの一年数箇月間, 九三年板ランスデルの, 九三年正月初めてニューヨーク, 九三度二分ありました, 九三式で太刀打ち, 九三月ですが, 九世助三郎政義は文政四年, 九世団十郎が市川宗家, 九世団十郎時代のお, 九世帯あること, 九世年代記をわが, 九世時代の若い, 九世栄喜は養子, 九世渡の犬, 九世紀そのものの, 九世紀イギリスのロマンティシズム文学, 九世紀イギリス資本主義興隆の科学的裏づけ, 九世紀ドイツの作家, 九世紀ニ背クヲ禁ズル革命論ノ多, 九世紀ヨーロッパの立派, 九世紀レゲンスブルグの僧正魔法師, 九世紀ロシアのリアリスト劇作家オストロフスキー, 九世紀世界の真面目, 九世紀中になさるべき, 九世紀中葉以後のブルジヨア作家, 九世紀中頃とかに公爵家, 九世紀二十世紀を予言, 九世紀仏蘭西に起った, 九世紀仏蘭西ロマンチズムの時代, 九世紀以來世界は帝國主義, 九世紀以前の神話解釈法, 九世紀以後イギリスのリアリズム, 九世紀以後人はやっと, 九世紀以後傑作を出さない, 九世紀以来世界は帝国主義, 九世紀以来今日までの文学古典, 九世紀以降の個人主義, 九世紀初めの神学者, 九世紀十年代のはなし, 九世紀半の若い, 九世紀型の西洋館, 九世紀始めのイギリス海軍, 九世紀小説の再, 九世紀後に於, 九世紀後半以来の自然科学, 九世紀後半欧州各国に萌え立った, 九世紀心理学の若, 九世紀最初の大, 九世紀末フランスに於ける, 九世紀末以来少しも, 九世紀末以降の文学, 九世紀末欧州で最も, 九世紀末的近代主義の洗礼, 九世紀東欧の運動, 九世紀欧州議院政治の制度, 九世紀浪漫主義の運動, 九世紀物理学の力学的自然観, 九世紀的メロディーを残し, 九世紀的存在状態なの, 九世紀的話法はともかく, 九世紀社会の大, 九世紀科学跋扈の潮流, 九世紀英国政治の事実, 九世記的な小説作法, 九世陛下の庶子アングーレーム公爵閣下, 九両三人扶持を頂い, 九両三分二朱だ, 九両也狐皮五十枚その代金五十両也, 九両二分まではいい, 九両何も不審, 九両地代二十二三両都合百両余を費すべし, 九両日邦楽座に於, 九並びに家庭名盤集第, 九中学および大学, 九中隊砲兵二百七中隊と算上, 九中隊長マルクス・スクーヂロが横, 九ある, 九乃ち巻を抛つて, 九九〇人である, 九九イタリアにヤソ教, 九九プロセントまでは人間自身, 九九七秒である, 九九三億円である, 九九九九八平方粁人口約六, 九九九八平方粁人口約六, 九九九冊以下のもの, 九九九年といえ, 九九九年九月九日十九標準時発信者は金星, 九九九會の常備共通, 九九二年に死せり, 九九二米で劒岳, 九九五名に株札, 九九仏理の簡明, 九九八六四一であろう, 九九八十一疋の白馬, 九九八平方粁人口約六, 九九六と計算, 九九冊以下のもの, 九九年ウイドマンの, 九九年フィレンツェのポデスタ, 九九年ヘーゲの出版, 九九年ローマに死す, 九九年一月一日死刑は執行, 九九年九月九日十九標準時発信者は金星, 九九年二月オルロフ宛の手紙, 九九年五月フランスが共和政体, 九九年以来高層気象観測所を公設, 九九年十二月十三日の法律, 九九年十二月号に発表, 九九年同国に夏期旅行, 九九年富裕なる商人, 九九年彼はイェナ大学, 九九年彼カナダにおもむく, 九九教区の報告, 九九會の常備共通, 九九条によりあらかじめ, 九九死亡は九四, 九九頁予の, 九九%までが全く, 九の鳧鐘, 九二〇〇〇から一九六, 九二〇年ごろから今日, 九二〇年一月のこと, 九二〇年五月のプラウダ, 九二〇年代以前の主観的随筆的評論, 九二〇年代卓一が中学生, 九二〇年以来たった一つ, 九二〇年十月極東白衛軍の総帥アタマン・アブラモーフ将軍, 九二〇年頃であり古い, 九二〇年頃フランス全土を慄, 九二メートル四の日本アルプス最高峰北岳, 九二ローマ宗の集金, 九二・〇六のうち七月, 九二・〇六也の内訳, 九二ー三年の囚人たち, 九二一五でありそして, 九二一年レーニングラード地方ソヴェト文化部管理の下, 九二一年七月二十五日にマイリ, 九二一年八月二日に故郷, 九二一年十一月三十日ジェー・ジェー・タムソンの司会, 九二一社で回答, 九二七であって, 九二七・八年からあと, 九二七・八年ころメイエルホリドが表現派風, 九二七・八年モスクワ芸術座で上演, 九二七・八年秋政府は富農, 九二七年アメリカ労働代表者との会談, 九二七年シュザンヌ・クラのフランス譯, 九二七年一〇月二日の最後, 九二七年一五パーセントだった, 九二七年三月二十七日三億五千万オンスの銀持高, 九二七年二十三歳で健康, 九二七年二月二十八日にヴィーン, 九二七年以後の二十年間, 九二七年八月二十八日マウント・モウリス町共同墓地に於ける, 九二七年八月二十八日夜このブレント入江, 九二七年右翼的固執を示した, 九二七年工場労働者総数平均賃銀が男二円十五銭, 九二三五四であり一八一一年, 九二三年九月一日の関東大震災後, 九二三年九月一日私は名古屋刑務所, 九二三年九月十七日にフリードマン, 九二三年十二月十二日に二十, 九二三年十月十日のエミール・フライ, 九二三年板エヴァンスの, 九二三年発行カモン将軍の, 九二三春にちげ, 九二串であった, 九二九年ごろ片岡鉄兵の, 九二九年アメリカで出版, 九二九年ザルツブルグで書かれ, 九二九年ジェルテルスキーは彼, 九二九年フランスへモスク, 九二九年ラップが, 九二九年一月二十七日にエジンバラ, 九二九年三月二〇〇〇年代に改訂, 九二九年二月十日巴黎なる里昂停車場, 九二九年五ヵ年計画が始まった, 九二九年五月一家を引連れ, 九二九年五月十三日山下奉文氏と汽車, 九二九年代の現実性, 九二九年以後アメリカの繁栄, 九二九年以後ヨーロッパ特にフランス, 九二九年以来世界の事情, 九二九年以来急速に進展, 九二九年八月東支鉄道の問題, 九二九年十一月から三〇年, 九二九年十二月のをはり, 九二九年四月の第, 九二九年四月十六日未明同志吉田君はやられた, 九二九年坊主は, 九二九年師走の三日, 九二九年最高四〇三だったのに, 九二九年末新しい光りで照らされ, 九二九年来プロレタリア解放運動における革命的プロレタリアート, 九二九年来日常生活の愉快, 九二九年東支鉄道問題が起っ, 九二九年現在の反, 九二九年私どもはモスクワ, 九二九年秋以来アメリカには農村恐慌, 九二九年頃から一九三二年三月頃, 九二二年ウインで出版, 九二二年モルトケ大将の細君, 九二二年ヨーロッパへ行った, 九二二年三年まで饑饉, 九二二年以後のファシスト事務総長, 九二二年六月二四日ベルリンで, 九二二年出版の本, 九二二年勅令で盲聾学校令, 九二二年十一月までが絢爛, 九二二年十一月十一日以来昼夜とろとろと, 九二二年四月二十八日にエミール・ザウエル, 九二二年頃の事, 九二五年ごろ死んだラリーサ・レイスネル, 九二五年九月二十九日より三十日, 九二五年党は, 九二五年六百二十軒の工場, 九二五年十一月十三日のもの, 九二五年十二月二十七日より, 九二五年型何とかいう, 九二五年彼がイタリー全土, 九二五後大分労働階級は社会政策, 九二以下に曰く, 九二八・九年ごろからこの, 九二八七〇〇〇人に加える, 九二八七一七でこれ, 九二八九年五ヵ年計画が着手, 九二八年ころのこと, 九二八年オランダであったと, 九二八年ソヴェト同盟には十六歳, 九二八年モスクワ風俗までを見せ, 九二八年一月五日のカアランド山道, 九二八年一月十二日に先だって, 九二八年一月十二日木曜日の朝, 九二八年七月一日のこと, 九二八年三月十五日三・一五として歴史的, 九二八年九月二十八日私ともう, 九二八年五ヵ年計画第一年頃非常, 九二八年五年ぶりでソヴェト同盟, 九二八年五月ごろ書き終えられた, 九二八年代どこのホテル, 九二八年以前だったら馬, 九二八年以来の実際, 九二八年以来奇妙な自己撞着, 九二八年以来日本の人民, 九二八年以来馬には防護衣, 九二八年八万キロメートルであったの, 九二八年八月一日に三男英男, 九二八年八月五日の夕暮, 九二八年八月東京高等学校三年生であった弟, 九二八年八月自分がレーニングラード, 九二八年初めから一九三二年三月頃, 九二八年十二月に全日本無産者芸術団体協議会, 九二八年十月から生産拡張, 九二八年国家保安部によって摘発, 九二八年大陰謀が発覚, 九二八年度のソヴ・キノ映画製作計画表, 九二八年托児所の寝台, 九二八年末からだ, 九二八年耕地面積は戦前, 九二八年頃おもだった売場, 九二六一九二六年即ち大正十五年八月二十三日, 九二六六すなわち年死亡率, 九二六年代のグリムプス, 九二六年以来の昨夕, 九二六年十二月の末, 九二六年四月二十三日宣戦の大詔下り, 九二六年四月二十九日の時事日報, 九二六年四月二十四日東京に達せ, 九二六年四月二十日水曜日の朝端, 九二六年後半から同, 九二六年恐慌状態にあった, 九二円〇六銭のうち前, 九二十ごろのりりしく, 九二十七の二千七百万円, 九二十七毛あるはず, 九二十二十一二十二と全, 九二十四という大人, 九二十年から二十三年, 九二十才何んとなく, 九二名中三九名の, 九二四といったよう, 九二四メートル二の岳, 九二四・五年からの八九年間, 九二四五年代に聖林, 九二四五年頃からド・ブロイ, 九二四年ごろの巴里, 九二四年九月十八日の夕, 九二四年代にプロレタリア作家たち, 九二四年以来極めて急速, 九二四年四月十八日午前七時半の汽車, 九二四年型だったと, 九二四年度の加奈陀太平洋会社汽船案内, 九二四年末以来ソヴェートに於ける, 九二四年版エントホヴェンの, 九二四年頃から三年, 九二平均一対三〇・一五である, 九二年デュウゼは初めて, 九二年フランス軍がオーストリア軍, 九二年メーテルリンクの原作, 九二年二十八歳でなくなりジョージ親王, 九二年五十一歳のドヴォルシャーク, 九二年以後欧州のあらゆる, 九二年以来増加よりはむしろ, 九二年八月に至る, 九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 九二年十一月にベートーヴェン, 九二年十一月スヴォーリン宛の手紙, 九二年王党の亡命者, 九二年秋から翌, 九二年頃からすでに, 九二式や九三式, 九二斤の生糸, 九二番とが電話番號, 九二票です, 九二英蘭土の僧, 九二銭の奴隷賃金, 九二頁に石田君, 九二頁以下に長く, 九五〇フランだった, 九五〇メートルくらいまで下っ, 九五〇万キロメートルとなる, 九五〇八石の成繭, 九五〇年二月新海覚雄氏によって, 九五〇年以後の理論機構, 九五〇年六月以後の三ヵ月, 九五〇年十月二十五日にひとまず, 九五〇年四月十五日という土曜日, 九五〇年真中の一つ, 九五カラットの事, 九五キロと一・八八メートル, 九五ページに引く, 九五一年ガリマール初版である, 九五一年度は益々, 九五七万七〇〇〇人に越え, 九五七八七五である, 九五七年の十二月, 九五七年四月以後の世界, 九五三年に実行, 九五三年八月二十日に世界, 九五上六に大人虎變, 九五二だけ少く, 九五二四度ずつの円弧, 九五二年二月二十九日というハンパ, 九五二年六月号に松谷久男氏, 九五五四三〇死亡は八二一, 九五八七九七一七九八年には二, 九五八五八六であった, 九五八年九月に新しい, 九五八米の最高点, 九五六でありそのうち, 九五六年時代の羅馬法王ウルバン二世, 九五六町五反七畝二八歩関係人数四九七八名でこれ, 九五十にもならんずらん, 九五号列車は蒼味, 九五名に株札, 九五四年から始められ, 九五年ギベルリニ黨がブレッティノロ, 九五年ケンブリッジ板カウエルの, 九五年ツァーリの検閲, 九五年バイエルンで刑, 九五年マラテスタ父子のため, 九五年ヴィテルポに死す, 九五年五月にオー・ドュ・シェーン, 九五年以後の五箇年間, 九五年十一月十九日のこと, 九五年故郷ボヘミアに帰った, 九五年板コックスの, 九五年法王ボニファキウス八世の命, 九五年版カービーの, 九五年頃のブルターニュ, 九五社である, 九五%が売れる, 九五%位の合格率, 九亡者潔癖にし, 九京ちりめんのお, 九亭寿海老人と号, 九人いずれも強, 九人のと目鼻, 九人ピエルスの九女, 九人フランス人が一人, 九人一つ座敷にいる, 九人一堂に自害, 九人一夕俳句の會, 九人一時に呼吸, 九人下町に二十一人町名主, 九人九分までそう, 九人乱刃を葉, 九人人立したが, 九人以上で親切, 九人以下ではない, 九人伊太利亜に三人, 九人伊太利亞に三人, 九人佛と平次, 九人兄弟の次女, 九人分あつた, 九人十人近い人, 九人十人以下ではなく, 九人千人が九百九十九人, 九人同音同調にある, 九人城中千帖敷の廊下, 九人大連湾の兵站部, 九人女が六人, 九人女二十一人を武蔵国, 九人家内の我等, 九人彼の人, 九人徒六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 九人得物を持っ, 九人應じて, 九人扶持御足三人扶持, 九人斃せる勇將, 九人暮らしで病床, 九人来客の数, 九人正面の高い, 九人母のみにかつかつ, 九人津百人金沢五百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 九人牛までゐる, 九人独逸人の男女, 九人甲冑の士二人, 九人皆此処で後, 九人目の子として生れた, 九人目十人目の人々, 九人福岡二百三十四人そのほか名古屋百七十九人, 九人私のやう, 九人舞ひたり, 九人車副釜, 九人錦繍の衣, 九人馳けこん, 九人高松に百二人, 九人鳥取百五十五人津和野九十三人福山に六十六人, 九仏教とヤソ教, 九仏理の簡明, 九仕事やうやう終了, 九代光仁天皇の御世, 九代前の政家, 九代宇多天皇の御宇, 九代宇多帝の時, 九代家重の寛延元年七月廿七日, 九代家重公の宝暦, 九代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 九代寧親は必死, 九代将軍が鷹狩, 九代将軍家重の長子, 九代百五十年鎌倉の府, 九代目五郎作としてある, 九代目団十郎八汐と仁木弾正, 九代目団十郎宇治紫文都千中乾坤坊良斎などの人々, 九代目団十郎相州茅ヶ崎に死す, 九代目團十郎はそこ, 九代目市川団十郎五代目尾上菊五郎とも交, 九代目市川團十郎をた, 九代高時という人, 九以上を占め, 九に比する, 九第一回, 九会みたいだつた, 九会加入のハガキ, 九会費を樹明君, 九浸及齊桓, 九似あり頭駝に, 九但し學會本に, 九佐々木君次も同じ, 九から何, 九は其の, 九余語古庵, 九佳十灰と云った, 九として神話, 九俵十俵十一俵十二俵半と云, 九個女子に逢った, 九個条にし, 九個條にし, 九個目でい, 九傷物になつ, 九僧侶の収入, 九億万キログラムだ, 九億三〇〇〇万円を要求, 九億九萬四千八百二十八人女は廿九億九萬四千八百三十人, 九億六千万ルーブリってもの, 九億圓に達し, 九億海軍は又, 九億金銭を索む, 九億銭の償金代り, 九優形のようす, 九兄妹ふたりして, 九先生に会う, 九全部発送済となる, 九兩さへ納めれ, 九兩三分三朱くらゐは, 九八〇〇〇であったはず, 九八〇〇〇人とは異, 九八〇ページ八二からページ八五, 九八〇年に甦った, 九八〇米の圏, 九八一八二三年には二, 九八丁距たった昔, 九八七・五米の三角点, 九八七九ですこの, 九八七円三二銭九厘この数字, 九八七年ルイ五世の後, 九八七米五の三角点, 九八万三九三二円にし, 九八万三二四六貫六八〇目すなわち六一四万五二九二斤, 九八三尺の綺麗, 九八九これは四苦八苦, 九八二五九である, 九八五年に初めて, 九八以下には, 九八八年即ちカペー即位, 九八六であった, 九八六〇とされ, 九八六四一であろう, 九八十一疋の白馬, 九八十八十一の五巻, 九八平方粁人口約六, 九八年これらの事件, 九八年ごろであつ, 九八年エジプト遠征を行なった, 九八年カルタゴの耶蘇徒, 九八年コンスタンティノポリスの大僧正, 九八年ゴーリキイは憲兵, 九八年スタニスラフスキイ及びダンチェンコ, 九八年ブルユウの, 九八年ミラーノのポデスタ, 九八年ロンドン板デンネットの, 九八年七月十四日は私, 九八年三月巴里フィガロの小, 九八年九年と続け, 九八年以後オーストリアとフランス, 九八年六月三十日付のシラー, 九八年前後八箇年の努力, 九八年印度のある, 九八年寛政九年北邊事情が子平, 九八年末の脱稿, 九八年板を出した, 九八年板デンネットの, 九八年版ハーチングの, 九八年社会民主労働党が結成, 九八年間康煕帝の勅, 九八町二反三畝歩なれば, 九八番地だった, 九八種を占め, 九八郎の皺, 九八銭自由購入による支出一, 九八雑支出というの, 九八頁にも暗示, 九八頁清正が夫人, 九六〇〇〇へすなわち, 九六〇米となっ, 九六パーセントが働き, 九六両四分の三千の寝床, 九六九年八月五日の夜, 九六二〇番だ, 九六二一番俺の札, 九六二年でわが, 九六五年あたりの新年号, 九六八〇三であり一八二一年, 九六八五七でありこれ, 九六八八といふ比例, 九六列車に乗込みました, 九六名だと, 九六四の男子, 九六四三〇〇〇となる, 九六対一三となり, 九六年サールディニアに死す, 九六年フイラデルフイアのアダム・ラメーヂ, 九六年三月までオート・ロアル, 九六年三月二日弱冠二十六歳にし, 九六年以前の記録簿, 九六年十二月九日であつ, 九六年四月二十二日執政官政府が五百人議会, 九六年土佐の浦戸, 九六年夫ニーノ死して, 九六年建設當時のドイツ陸軍全員, 九六年彼は公刊, 九六年板クルックの, 九六年板英訳ラツェルの, 九六年此處に死す, 九六年窃盗のため, 九六年頃から肝臓癌, 九六式の戦闘隊, 九六支払い暮の一〇〇, 九六歩と同じく, 九六百という, 九六箇の雪華図, 九六行のシャルルマーニュ, 九六頁に見た, 九六頁尾佐竹猛氏伊豆新島の話, 九六食事の礼式, 九兵士と通じ, 九兵衛いつまでこう, 九兵衛ここは大丈夫, 九兵衛これには驚いた, 九兵衛さん手をお, 九兵衛めでございます, 九兵衛何んだか, 九兵衛大儀だのう, 九兵衛夫婦も共に, 九兵衛失礼ながら気に入りました, 九兵衛宿屋稼業は致し, 九兵衛尉どのは法華, 九兵衛強っての頼み, 九兵衛念のため, 九兵衛方に当分宿泊, 九兵衛気に為ず, 九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 九兵衛生真面目な顔, 九兵衛箕浦大内蔵, 九兵衛親子を斬った, 九兵衛話には清洲会議, 九兵衛野村庄兵衛が続い, 九兵衛阿部仁右衛門山川兄弟などに対, 九兵衞さんというの, 九兵衞どんが南部, 九兵衞方より角右衞門, 九円なにがしか, 九円なにがししかない, 九円のでは, 九円三銭の金, 九円九十九銭九厘の損害, 九円九十九銭余の損害, 九円二重窓の間, 九円五十銭の家賃, 九円五十銭六畳では, 九円余に当っ, 九円八十四銭となります, 九円六十銭出して, 九円六十銭也のカバン, 九円四十銭よ, 九円近くも貯め, 九冊以下のもの, 九冊分のねだ, 九冊本を急ぎ, 九冊目の本, 九出来すぐ発送, 九出生の死亡, 九分あとのこと, 九分どおりまで校正, 九分の一健康な年, 九分の一出生は二四, 九分の一女子は一三分の一, 九分の一税カンガはポルトガル語, 九分の一結婚率一三二・〇七八分の一を示し, 九分の二となり, 九分の入り二円が大分, 九分の入り今日徐州陥落といふ, 九分の入り何うも, 九分の入り夜は満員, 九分の入り宝塚少女連大勢見物, 九分の入り見た目は満員, 九分の利子でしかない, 九分の利己心と一分の利他心, 九分の始発にのる, 九分の欠点も忘れ, 九分の水分があり, 九分の汽車で博多, 九分の減給でしかなく, 九分の発熱であった, 九分の脂肪分白胡麻は五割一分, 九分の調理を成したる, 九分一厘肉二分という, 九分七秒で泳ぎ, 九分交りといふ, 九分以下に下らなかつた, 九分位の入り, 九分位夜六・八どまりの有様, 九分前六時です, 九分十四秒と出る, 九分回復した程度, 九分夜は満員, 九分大阪発村山社長素川君等見送られる三ノ宮, 九分山々に未だ, 九分岐阜発くた, 九分方出来上つた頃, 九分梅田着の上り列車, 九分混りという, 九分烈震後十五日午後一時四十二分まで缺測, 九分無銘白鞘の短刀, 九分私は山陰線八鹿駅, 九分近く出た少々, 九分通り習慣から出, 九分針ノ木峠の頂上, 九分間後に迫れる, 九分間放送されて, 九分頃には三曲線, 九の兜, 九刻ころ御旅の汐見松, 九刻ごろ押田仙十郎は宙, 九刻ごろ甲府の南, 九刻立ちで江戸, 九刻過ぎになっ, 九刻頃そっと忍び, 九割がたを失った, 九割七分まで享受, 九割九分の利己心と一分の利他心, 九割九分の欠点も忘れ, 九割五分の人々の嬉しい, 九割以上灰になりました, 九割八分何がし, 九割漁夫に一割, 九創作に現れたる, 九の舞, 九助伊勢屋玉吉などは本当に, 九まず成道, 九勝負終りたる後, 九である, 九匁六分でございます, 九匁含水炭素八十匁位が適当, 九匹鹿児島あずけ百十匹備前岡山, 九区劃宛に割られ, 九十くらゐの, 九十へんとはそれ, 九十カ所ある, 九十サンチでほぼ, 九十パアセントまでは性病, 九十フィートのもの, 九十ポンドの資本, 九十ポンド四シリングから百五十五ポンド九シリング, 九十マイルそこそこで汽車, 九十マルクの月給, 九十ミリあると, 九十メートルばかり向こう, 九十ヤール腐って, 九十リットルしか残つて, 九十リーグほど離れ, 九十一万いくらであるから, 九十一万七千五百九十三人とされ, 九十一万二千五百円なり, 九十一万余人の婦人有権者, 九十一万余票を加え, 九十一万六百五十一人が農村居住者, 九十一万四千米は来, 九十一両という莫大, 九十一二の高齢, 九十一二歳かであつ, 九十一人であったもの, 九十一人合計百二十三名といふ大, 九十一人女が二百五十六人, 九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 九十一十三十六十七十八二十の諸区, 九十一尺即ち一町, 九十一年六月自由劇場でその, 九十一年州の事業, 九十一年数へて四十二歳, 九十一年餘となり, 九十一度と云う, 九十一才の長命, 九十一日である, 九十一段なども頭, 九十一種の題辞, 九十一米の広河内岳, 九十一米八の三角点, 九十一蔵に至る, 九十一貫六百四十八匁の食物, 九十一齊に彼, 九十七が光, 九十七万四千五百八十一方マイル, 九十七万四千四百三十九人なり, 九十七両はどこ, 九十七人合計五百〇四人なり, 九十七個のすばらしい, 九十七八まで尽く, 九十七八人まではか, 九十七八人位まではその, 九十七八兩は殘, 九十七八%の酸素瓦斯, 九十七円五十銭の給金, 九十七凶といふ, 九十七号をもっ, 九十七名居る道中, 九十七哩離れてを, 九十七哩東西六里南北三里二十七町のこの, 九十七年三月エコリエ社で上演, 九十七年版以後のもの, 九十七年葡萄牙の船, 九十七度を数, 九十七度九分山々に未だ, 九十七戸あるビリンスキー村, 九十七日目に川筋三百間, 九十七日間に五万七十五マイル, 九十七條はおごそか, 九十七歳の長寿, 九十七番目のも, 九十七石余田は千八百七十石以上, 九十七箇の結晶, 九十七通計五百八十八首である, 九十七里對馬へ九十九里半, 九十七銭でした, 九十七頁の半紙本, 九十七首後記中に九首, 九十万ぐらゐのお金ではどんなに, 九十万フランが一年, 九十万リートルざっと見, 九十万七千六百二十五人で百二十年間僅か, 九十万人英国およびスコットランド, 九十万四千四百十二人とある, 九十万枚を使用, 九十丈と聞, 九十三トンにしちゃった, 九十三万の人, 九十三人午後九時を以て千住大橋, 九十三人福山に六十六人, 九十三四度に上る, 九十三巻の嘉靖本, 九十三年ニユーヨーク州において始めて, 九十三度半といふ真中, 九十三枚手習いか, 九十三歳女史が一ばん前, 九十三母は九十一, 九十三点とか九十五点, 九十三町余り地租も以前, 九十三票強ちゅうことになる, 九十三種はその, 九十三篇が擧げ, 九十三銭であった, 九十三間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 九十三高地の北麓, 九十世紀の間, 九十両余がほどを三回, 九十両徳山ト一所ニトッタソレヨリ十二十位ハ幾度モ取ッタコトガアル, 九十九か村上四宿へは筑摩郡八十九か村, 九十九キロを平均時速八百キロ, 九十九パァセントは徒勞, 九十九プロセントの偉大, 九十九・五というの, 九十九一人持居たるに強く, 九十九万余の者, 九十九万円には買取る, 九十九世帯あること, 九十九人千人が九百九十九人, 九十九人彼の人, 九十九人皆此処で後, 九十九人舞ひたり, 九十九個所あって, 九十九兩三分三朱くらゐは, 九十九円九十九銭九厘の損害, 九十九円九十九銭余の損害, 九十九分の調理を成したる, 九十九区の防空劃, 九十九回目の心霊実験会, 九十九女一時腰曲り形毀れて, 九十九対一よりももっと, 九十九島うつくしいといふ, 九十九幅贋物ナリト思ヘバ過失少ナシ, 九十九年五月十八日から和蘭, 九十九年前佛國の大, 九十九年創立当時の計画, 九十九年国民が三十三カ条, 九十九年夥伴を率, 九十九年間東洋の同志, 九十九文しかありませんでした, 九十九日勝っても, 九十九日めに開き見る, 九十九日九分九厘であります, 九十九日目が来, 九十九橋を脚下, 九十九浦よりあがる, 九十九点九分九厘で落第, 九十九王子とて歴代, 九十九番目のもそう, 九十九疋までは手, 九十九章中本書に引用, 九十九羽の鳥, 九十九貫九百匁運ばないと, 九十九身を捨てたれ, 九十九里だけが平々凡々, 九十九銀行は最も, 九十九銭キチンと, 九十九銭九厘の損害, 九十九銭余の損害, 九十九間の階廊, 九十二シリングでありそして, 九十二パーセントでは, 九十二ページのところ, 九十二ポンドに減り, 九十二丁ありし, 九十二万七千三百七十五女子挺身隊は四十七万二千五百七十三, 九十二万五千九百五十五人という少年少女, 九十二万八千八百八十三マルクローマ宗百二十九万七千三百六マルクなり, 九十二人男女の割合, 九十二代のみかど, 九十二個あって, 九十二億の人, 九十二兩それに明日, 九十二兩八枚足りない分, 九十二円庭造り四十八円九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 九十二册の内初め, 九十二呎半龍骨から船橋, 九十二圓空鑵並びにハンダ, 九十二年三月十二日の夜, 九十二年以来学校補助費三万ドルに対し公立図書館, 九十二年六月七日西インド諸島の中, 九十二年目のもの, 九十二度という日, 九十二度きのうは朝, 九十二歳明治四十一年から三年間病臥, 九十二段に弓, 九十二法と六十サンチーム, 九十二種あるが, 九十二種以外の数種, 九十二米突を有し, 九十二翁の生涯, 九十二萬町で實, 九十二首は, 九十五カペイキお買いなさい, 九十五カラットのこと, 九十五サンティーブ飲んじばったぞ, 九十五センチぐらいありました, 九十五パーセント突撃隊じゃない, 九十五パーセント近くに昇り, 九十五ページぐらいのもの, 九十五ポンドと言われ, 九十五ミリに突き出し, 九十五ヵ所右の内三四度, 九十五万五千余名と推定, 九十五代ニ当ツテ, 九十五体の観音, 九十五億二千一百六十二萬五千七百七十六人だといふ, 九十五匹かな九十四匹, 九十五号をもっ, 九十五国を平らげ給うた, 九十五国王道融泰土を廊, 九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 九十五年前の物, 九十五年十二月即明治二十八年, 九十五斤となさば其人, 九十五日を経, 九十五時間日数百幾日とにかく始め, 九十五曲を作りひろめた, 九十五歳乙卯の年, 九十五町堤防決潰五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 九十五番目の原子チロリウム, 九十五種みな世を汚す, 九十五箇条の免罪符攻撃, 九十五行乃至百行, 九十五語でその, 九十五連隊がカラビーヌ銃, 九十五里とある, 九十五間のお, 九十五頭ほかに生馬六頭, 九十五點だの百點, 九十人お待ちなさい, 九十人それに斬りむかっ, 九十人上表して, 九十人以上は極貧者, 九十人位を泊める, 九十人位づゝ怪我人參候故早朝參候而, 九十人言フ己等ノ先祖ハ, 九十仙だった, 九十以上百近クモ打ッテイル, 九十何メートルとある, 九十何両を飲み, 九十何億の歳出, 九十何兩を飮, 九十何円献金する, 九十何年新しいの, 九十何枚かで一応, 九十何番目かで始めて, 九十余りの骸骨, 九十余人手負いは数百名, 九十余今た, 九十余年の長い, 九十余年前だ, 九十余度を越し, 九十余支里の間, 九十余枚の小説, 九十余棟の寄宿舎, 九十余頁に亙る, 九十余齢なり余, 九十倍もたかく, 九十億気圧以上になってる, 九十兩入つたのを盜まれ, 九十兩小判を入れた, 九十兩盜つた野郎を搜, 九十兩誰かに盜まれ, 九十八パーセントまで勤労者, 九十八・三五は全く, 九十八万余円というもの, 九十八万町歩作付をし, 九十八九の家庭, 九十八人全部裸体になっ, 九十八人全部裸體になつて, 九十八人招待を致し, 九十八代の王, 九十八住職を有す, 九十八名二十二年の総, 九十八年三月巴里フィガロの小, 九十八年五月二十六日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 九十八年葡萄牙の有名, 九十八点とって, 九十八犯じゃぞ, 九十八犯ぢやぞ, 九十八番目のも違う, 九十八種曲芸の馬, 九十八箇の摸写図中, 九十八級あります, 九十八軒の清洲越衆, 九十八間の両国橋, 九十八首の自筆, 九十六で世, 九十六カペーカになります, 九十六カ月の年期, 九十六マルクだから, 九十六万留を掛, 九十六人ほかに日本, 九十六人無事に亜米利加, 九十六代の現世, 九十六代後醍醐天皇が即位, 九十六代後醍醐天皇北條九代の執権相摸守高時, 九十六件内負傷者六人, 九十六個所さらにその, 九十六億人阿羅漢を得, 九十六円七十銭一ヶ月七十四円七十二銭ということ, 九十六円十一銭の不足, 九十六円茶代は廃止, 九十六圓男五人女十人の出面賃, 九十六家の書, 九十六年一月發行の, 九十六年北斎伝出でしが, 九十六年歐羅巴ハンガリーの都ブタペスト, 九十六年編纂の目録, 九十六戸の二百人, 九十六手それで足りず, 九十六文が百, 九十六文これが百, 九十六文川ニナッタカラ問屋ヘ寄ッテ, 九十六文昼飯四十八文というの, 九十六文糞くらえだ, 九十六校あったの, 九十六点とって, 九十六町不規則な長方形, 九十六種があっ, 九十六篇のほか小論文五百十四, 九十六語でこれ, 九十六軒のうち, 九十六銭になります, 九十六間構造すこぶる壮大, 九十円以下五六十円以上の為替生活者, 九十円合計三百六十円と云, 九十円外にボーナス, 九十円彼様な好い, 九十円払ふ訳, 九十分の一ぐらいにとどまったろう, 九十十一十二正二, 九十十一十二十三の諸, 九十十一十二十三十四と際限, 九十十一十二十四等の音, 九十十一図の各, 九十号というもの, 九十呎のこの, 九十呎身丈け二十呎, 九十呼吸十八だった, 九十哥が原価, 九十四万とある, 九十四五年後の貞観, 九十四五度である, 九十四五本當てる人, 九十四代に當, 九十四億と九十二億, 九十四匹かな, 九十四名改進党三十八名これに対し吏党, 九十四圓の税, 九十四室ありて, 九十四年作者三十一歳の時, 九十四年四月二十日ジムナーズで女優レジャーン, 九十四年間大衍暦, 九十四度に昇る, 九十四方里の孤島, 九十四歳祖母上来られ昼食, 九十四米の高, 九十四米湯ノ湖に較べ, 九十四間の自然石段, 九十四首は八代集, 九十回です, 九十圓でこの, 九十坪家屋つきで三万五千円, 九十封度に昇っ, 九十尺もある, 九十尺幅百二十尺の屏風, 九十尺水上の高, 九十年もの間幕府の鼻息, 九十年二百年にはならない, 九十年以前ニ当村出行仕候, 九十年以来東京においては, 九十年余も継続, 九十年元明天皇が平城京, 九十年前フイジー島で王宮改築, 九十年後の記述, 九十年戀人みまかりぬ, 九十年昔は大分賑やか, 九十年正嫡わづか, 九十年近くも経った, 九十年間日本に通商, 九十年餘の歳月, 九十幾つ八十余歳七十五十ほか合せて, 九十幾年の長生涯, 九十度どっちへも首, 九十度以上も回転, 九十度式建築の代り, 九十度横に曲った, 九十度百二十度などさまざま, 九十度西に転じ, 九十度角の頭脳, 九十度近くに達しました, 九十從弟妹ならば, 九十戸ばかりの竈, 九十才の祖母上, 九十支那里の富平縣, 九十斤長さ一丈八尺, 九十方のみ御, 九十日めの朝, 九十時に赤き, 九十曲までは十三人, 九十本欝然として, 九十枚分を一気に, 九十歩平地では百四十歩, 九十歳前後になつ, 九十点前後つまり優秀, 九十番九十番のお方, 九十疋に人, 九十発ばかりの小銃弾, 九十百になり, 九十目あったと, 九十目水を大, 九十章に書き残した, 九十箇所も荒した, 九十米位と思われる, 九十米四の三角点, 九十米最低二千百八十米平均高度は二千六百二十米, 九十米気温は平時二十二度, 九十米清水からは八百五十米, 九十粁で一時間, 九十糎も積り, 九十萬で蜀, 九十萬圓十錢づゝなら九百萬圓これを癩, 九十號に在り, 九十號緒言を見よ, 九十語で書き上げ, 九十賀を賜わり, 九十近くの老齢, 九十通十二通開きては, 九十通十二通開らきては, 九十郎二百石に加増, 九十郎俺を訴人, 九十郎勘定奉行小此木伴七大田宇川等に内談, 九十郎又の名山脇玄内とその, 九十郎殿がその, 九十部を世界各国, 九十里余皆多くは漁猟, 九十里外に博望坡, 九十里斗なるべし, 九十里横須賀への往復, 九十里退却して, 九十銭あまりしかない, 九十銭ほかに雑費一名, 九十銭也呉れ, 九十銭二日目は来客三十人, 九十銭以上になった, 九十銭位ではやり切れないでしょう, 九十銭新聞は郵税, 九十銭程度である, 九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 九十銭耳をそろえ, 九十銭若衆が十二, 九十錢でまあ, 九十錢づつの散財, 九十錢新聞は郵税, 九十頭などその, 九十餘の老人, 九十點だの九十五點, 九十點ぐらゐな死に方, 九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 九千トン十六万馬力船の全長三百十三メートル, 九千ドルとイタリー, 九千フランは家賃, 九千ポンドに増加, 九千リラかかりました, 九千七百九十キロという素晴らしい, 九千七百尺のその, 九千七百尺餘だつた, 九千万の基督信者, 九千万トンあること, 九千万人の人間, 九千万銭を医, 九千三百まだその, 九千三百万マイルを八分間, 九千三百二十九人となっとる, 九千三百二頁四百七十万字悪金子, 九千三百六十一トンの, 九千両に節約, 九千九十五人とあります, 九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 九千九百の, 九千九百九十九円九十九銭九厘の損害, 九千九百九十九円九十九銭余の損害, 九千九百九十九日九分九厘であります, 九千九百人に適用, 九千二十メートル一八四八年の共和政府, 九千二十三人の五分の一, 九千二百六十八人逐電したもの, 九千五百万人はお, 九千五百石を領する, 九千人土人一万八千人インド人および他, 九千余の小勢, 九千余両の為替, 九千余人の泥棒, 九千余円の借金, 九千八百万トンすなわち二億トン, 九千六十二人を数え, 九千六百なにがし, 九千六百七十一円よ, 九千六百万となる, 九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 九千六百噸の大戦艦, 九千六百四十四人という, 九千六百餘棟田畑の荒された, 九千匹の猫, 九千号記念紙に次, 九千呎の氷河, 九千噸の巡洋艦, 九千四百〇六人である, 九千坊親方を中心, 九千尺以上に五個, 九千尺平均高度一万四五千尺富士山の頂上, 九千尺水も少し, 九千年もまえ, 九千度という高熱, 九千枚にあまる, 九千歳にし, 九千百五十トンの主力艦, 九千百五十本のうち, 九千石毛利大膳大夫様でご, 九千萬圓に膨れ, 九千萬圓餘に上る, 九千貫だよ, 九千餘卷なれど, 九千首を得べき, 九升七合に計り込む, 九升以下を門男, 九升以下五石迄を半軒, 九だが, 九半十二丁といっ, 九南北アメリカのが三七, 九南大西洋航路およびナポレオン配所, 九南米西部およびメキシコ紀行, 九印刷文化ノウエニズイブン大キナ徳ガアル, 九印刷紙がある, 九印刷終了揃へる綴ぢ, 九卷世俗談及史譚と謂, 九卷先師島田博士の, 九卷第二號から復刊, 九卿首を俛, 九厘七毛だから, 九厘平均位になっ, 九原稿を書く, 九又は三十遅く, 九とす, 九取ってはたち, 九取り返してまいります, 九古今説海の説略, 九句作つた多すぎる, 九句句数はちようどころ, 九可愛い顔を, 九台駅の附近, 九右衛門さん麦は上作, 九右衛門六郎太夫はなお, 九右衛門吉田六郎太夫こう三人, 九右衛門尉河尻肥前守なども席, 九右衛門山本主馬, 九右衛門河内弓削村の百姓西村利三郎, 九右衛門爺さんは此雹, 九右衛門猪子兵助福富平左衛門毛利新助, 九右衛門長谷川竹の両人, 九右衞門秋元九兵衞其の他, 九号位であるであろう, 九号四二頁に宮本君, 九号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 九号機は東京湾, 九号法廷に同伴, 九号病室へ入室, 九号船に移った, 九各国みな独立の風, 九合目以上のと内院火口, 九吋体重約百九十封度, 九一〇・一一, 九名堀真琴を議長, 九名婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 九名日射病に襲われ, 九名河村は日ごろ, 九名河野広中の説明演説, 九名濠洲の港, 九名釈放されたと, 九周年何とかの, 九品以上蕃客等各位に陪, 九品庵の展観, 九品派の出家諷経, 九哩強である, 九喜劇大に出でよ, 九囘夜を重ね, 九四〇年いっぱい精力的に執筆, 九四〇年ソヴェトで発表, 九四〇年モオリス・ベッツの新, 九四〇年五月十日独軍が西方, 九四〇年以後の日本, 九四〇年以来最初の日本人, 九四〇年以来被害をうける, 九四〇年頃かかれたもの, 九四〇米の小, 九四シリング九ペンスと一八二二年, 九四・四にあたる, 九四一年一月からはじまった, 九四一年二十三月であった, 九四一年十一月より五ヵ月, 九四一年十三月一九四一年十四月エトセトラという, 九四一年十二月八日が来た, 九四一年十二月八日真珠湾の翌日, 九四一年十二月太平洋戦争にひき入れられた, 九四一年十二月真珠湾の不意打攻撃, 九四一年十四月エトセトラという, 九四一年時雨の死去, 九四一年版で十六世紀, 九四七年はじめ頃から合同, 九四七年メキシコにひらかれた, 九四七年一月にジャーナリズム, 九四七年一月吉田内閣が補強政策, 九四七年七月国会に提出, 九四七年七月日本に来朝, 九四七年七月統計局調査によれ, 九四七年三月まで, 九四七年三月GHQの覚書, 九四七年九月の予定的, 九四七年二月に, 九四七年二月一日を期し, 九四七年二月用紙入手のため, 九四七年五月三日に施行, 九四七年代になれ, 九四七年以後は総体, 九四七年以来日本民主化の全面, 九四七年八月二十三日日本長崎港内にてエス・エス・ジョージ・エルホエリー号, 九四七年八月民間貿易の再開, 九四七年八月首相官邸で開かれた, 九四七年六月には七〇, 九四七年六月ストックホルムで開かれた, 九四七年六月社会党を首班, 九四七年十二月二十二日に新, 九四七年四月五日間大阪でひらかれた, 九四七年実業之日本社より出版, 九四七年度国家予算の総, 九四七年度大会は東大, 九四七年度毎日文化賞として左, 九四七年度追加予算に四九億三〇〇〇万円, 九四七年歌舞伎座でこの, 九四七年毎日新聞社主催で出版向上, 九四七年秋以後民主的評論家の陣営内, 九四七年豊原市に二十人位, 九四三年一月スターリングラードにおいて死守, 九四九年いっぱい平和を支持, 九四九年九月二十一日から十日間, 九四九年十二月に北京, 九四九年十月には中華人民共和国, 九四九年十月六日の夜, 九四九年四月十日の日本, 九四九年型花形には青酸, 九四九年度筋書として極端, 九四二六四六であり一八一一年, 九四二年オルランドの研究所, 九四二年フロリダ州のオルランド, 九四二年一月のこと, 九四二年七月巣鴨拘置所で百合子, 九四二年三月巣鴨の未決, 九四二年五月延安で行った, 九四二年八月ソヴェト同盟の新聞, 九四二年巣鴨拘置所で倒れ, 九四五三〇結婚は三四, 九四五六方英里の領地, 九四五年一月末日神田と本郷, 九四五年七月にドレスデン, 九四五年三月日本全国のラジオ聴取者, 九四五年二月十四日マックアーサー元帥麾下のアメリカ軍, 九四五年以後日本の若い, 九四五年八月ナガサキとヒロシマ, 九四五年八月以後すべての学校, 九四五年八月以後キリスト教は他, 九四五年八月以後仏教の魅力, 九四五年八月以後同盟通信社の再, 九四五年八月以後戦時中緘口令をしかれ, 九四五年八月以後民主主義化が日本, 九四五年八月以来の民主主義文化運動, 九四五年八月以来公職から追放, 九四五年八月六日午前八時十五分広島市中央部の上空, 九四五年八月六日言語に絶する, 九四五年八月十五日以後日本にはそれぞれ, 九四五年八月十五日無条件降伏を以てこの, 九四五年八月十五日降伏の宣言, 九四五年八月戦争が終っ, 九四五年冬以後は共産党, 九四五年十一月に行われた, 九四五年十一月二十九日の議会, 九四五年十一月国際民主婦人連盟が各国, 九四五年十一月頃から, 九四五年十月二十二日連合軍総司令部, 九四五年十月十四日に解放, 九四五年十月日本の支配者たち, 九四五年末から一九四六年中ごろ, 九四信徒の挙動, 九四倍を超過, 九四八九年に批評, 九四八年ごろから日本, 九四八年一月から半年, 九四八年三月に右翼反動団体, 九四八年三月下旬であった, 九四八年三月頃まで, 九四八年二月の新, 九四八年二月二十八日中央公職適否審査委員会は文筆家, 九四八年二月十日総辞職, 九四八年五月十日までに審議終了, 九四八年八月のオスロ会議, 九四八年十二月に東條, 九四八年度予算でも軍事費, 九四八年末から一九四九年, 九四八年私の訪問, 九四八酌婦一〇二四女工は一四二七, 九四六メートルの三角点, 九四六・七年には日本, 九四六年ごろとは非常, 九四六年ヘンメル家から頂戴, 九四六年一年間の社会, 九四六年一月ジャーナリズムが戦時色, 九四六年一月一日に天皇, 九四六年一月十一日王制を廃, 九四六年一月GHQはラジオ民主化, 九四六年三月頃まで, 九四六年中は戦争, 九四六年中ごろまでにも生じた, 九四六年九月五円程度のもの, 九四六年二月新憲法, 九四六年二月一日共和制をとる, 九四六年二月文部省は高等学校令, 九四六年五月九日に共和制, 九四六年以来文化の各, 九四六年以来雑誌の企画申請, 九四六年以来非常に立体的, 九四六年以降に書いた, 九四六年六月二日にイタリア, 九四六年六月頃までの世界, 九四六年十月二十七日に新, 九四六年吉田内閣当時に学術組織改組準備委員会, 九四六年婦人参政権を与えた, 九四六年度一〇五六六人の学生, 九四六年日本の民主化, 九四六年日米間にあった, 九四六年来の出版, 九四六年頃から青年男女, 九四前後三回の足跡, 九四十九などと限る, 九四十五円ですね, 九四十四十一と満, 九四四年アーカンソー州のスツットガート市, 九四四年今から五年前, 九四四年末に病歿, 九四四年頃どこかの刑務所, 九四年イタリヤの無, 九四年スミツザース再板, 九四年ドイツのミュンヘン, 九四年フランス語で書かれ, 九四年ベルリンでノイハウス博士, 九四年一月一日ロオペ博士女王の侍医頭, 九四年三月三十日の夜, 九四年仏軍は敵, 九四年以後五箇年間の出生, 九四年八月二十三日付のゲーテ, 九四年六十三歳のハイドン, 九四年六月三人の男, 九四年単行本として出版, 九四年頃死す, 九四方里に出でず, 九四歩つきといふ一手, 九四歩同様再び坂田, 九四行の大, 九四頁になります, 九回いまぞはじめて, 九回以上にも及ん, 九回公演の内村直也氏, 九回分は浅間山麓, 九回帝国議会に提出, 九回忌仏前にぬかづい, 九回忌御幸山大権現祭日, 九回敵の損害, 九回文展出品作で大正四年, 九図中の, 九国ニ下リ諸国を遊ビ, 九国十六安八つ, 九の山野廣, 九とかいふこと, 九の中, 九圓五十錢なり十二圓三十錢, 九圓六十錢出して, 九圓近くも貯め, 九の用六, 九城一家の生活, 九に亙る, 九のこの, 九の伏手, 九変武家五変と節目, 九の炎塵, 九夕方六・六位にきまった, 九外屍は留む三日, 九夜半の太陽, 九夜日には十日, 九夜講で女房達, 九大学では文学, 九天井と鼠, 九太さん九太さんと云っ, 九太さん別に見え, 九太夫どのか伴内, 九太夫以来たいてい相場, 九太夫勝美のうしろ, 九太夫役を承った, 九太夫贄川の権太夫, 九夫婦のやう, 九失一得功は勞, 九の地, 九と競い歌う, 九女一時腰曲り形毀れて, 九女八らが去った, 九女八以外のわかい, 九女八参考資料の中, 九女八市川かつらの女優, 九女八役は花道七三, 九女八起上り合方よろしくあっ, 九女子と小人, 九女子五二七六二合計一〇七八八二すなわち男子出生, 九女柏四つ同久利二つ, 九女池で大蛇, 九女洲八つ国五つ蘭軒の女長三十五, 九女郎花は十六七, 九如園で歌会, 九のお, 九妻志保四十三女柏八つ柏軒と妻俊, 九妻柏三十八子徳十四, 九妻柏二十八子棠助四つ, 九妻柏十八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 九妻益は三十三, 九のお, 九媽貴女は年, 九媽達は面倒臭く, 九嬪二十七世婦八十一女御合せて, 九子どもの欲しい, 九子三氏見送る, 九子二女を生んだ, 九子杞を趙王, 九子義直のため, 九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 九子鉄三郎十女洲十八国十五安七つ, 九ありと, 九第二十七字, 九字ごろだった, 九季面壁非遇, 九学会の領分, 九学会連合の年会, 九安二十一柏軒の妾春四十八, 九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 九定枝は二十六, 九室生犀星碓氷山上よりつらなる, 九宮二十八宿やなんぞによつ, 九宮四庵が前代, 九宮方位の談, 九容姿端麗の美婦, 九容貌は可, 九容貌風采共卑しからざる, 九宿は堀江, 九寨駅を通り過ぎ, 九寸そこへ触れよう, 九寸三分かあるいは, 九寸五分あったおれ, 九寸他の一本, 九寸体量二十七貫見かけは堂々たる, 九寸余八百五十匁十五年目で二尺三寸余一貫四百匁, 九寸八分を萬作, 九寸内外長さ八, 九寸内守谷川辰口で一丈, 九寸幅一丈にも余る, 九寸新九郎は常に, 九寸朴の木で作つたヒヨロヒヨロ, 九寸根元から一尺五寸許, 九寸足らずの刃物一ツ, 九寸近くもある, 九寸雪太郎と雪二郎, 九寺院の俗吏, 九対一〇〇出生対結婚四対一出生対総人口一対二三・二, 九対二の比率, 九対十四装甲巡洋艦九対二の比率, 九対四・二分の一プラス二すなわち一八対一三, 九駒若, 九小名路の巻, 九少し瘠ぎす, 九往事を, 九尺おきに提げた, 九尺くらゐの, 九尺ぐらゐもあらうかといふ樫製の櫂, 九尺三方ほどになっ, 九尺二寸五分お歯, 九尺二寸半御齒, 九尺五寸と書い, 九尺余りある, 九尺余手元から先, 九尺余胴ヨリ頭小サク面赤ク眼丸クシテ鼻高ク傍ヲ見, 九尺六寸といわれる, 九尺四寸ある, 九尺四方白木の道場, 九尺四面の一室内, 九尺奥行も亦, 九尺宛二軒の茶見世, 九尺巾もある, 九尺幅の道路, 九尺幅二尺餘纖にし, 九尺後者で五尺余, 九尺忠別岳が六千四百七十七尺, 九尺戸倉から国境, 九尺柄タンポ槍の敵, 九尺柄皆朱の笹穗, 九尺柄笹穗皆朱の槍, 九尺米友の手, 九尺紗一疋青摺衣二領鞋十足などもあげられ, 九尺葉ノ大, 九尺許の橋, 九尺諸侯は七尺, 九尺高扇平藺笠, 九尺鬼怒川より高い, 九尾ぢやあるまい, 九尾人間五穀を食わず, 九尾人面虎爪この神天, 九の分類, 九層倍以上だ, 九層造りの鉄扉石柱, 九山九澤九州等と九, 九うつくしいといふ, 九である, 九の眼, 九の巫, 九巻一号に出, 九巻九九頁予の, 九巻四八章に章魚居処, 九巻日本部彙考七に明朝, 九巻頭の, 九市町村に達し申し, 九師団司令部附となり, 九師団衛戍病院の白い, 九常三郎十八長九つ, 九幅贋物ナリト思ヘバ過失少ナシ, 九の娘, 九平三郎七つ孫祐五つ女国二十四安十六柏軒の妾春四十三, 九平太はいま, 九平等抜連れ抜連れ一同立掛る, 九年あたりまでを一つ, 九年あれからもう, 九年いっぱい平和を支持, 九年ごろ其処の人口, 九年ごろ水野にもおとらない, 九年ごろ片岡鉄兵の, 九年ごろ私も小西, 九年ごろ言論抑圧の困難, 九年ちやうど日清戦争, 九年ほとぼりのさめた, 九年め師弟は九州, 九年アテネのクレイステネス, 九年アルゼリアのコンスタンチナ市裁判所, 九年アーチボルド・マックリーシュ氏がアメリカ国会図書館長, 九年イギリスのウエールス, 九年インドの北西部飢饉, 九年ウイドマンの, 九年オークランド市の所有, 九年ギベルリニ黨の首領, 九年コルレの戰, 九年ザルツブルグで書かれ, 九年シエーナ人刺客を遣, 九年シベリヤ流刑を宣告, 九年ジェルテルスキーは彼, 九年ソヴェト生産拡張五ヵ年計画が着手, 九年ダーヰンの, 九年チューリン市で初めて, 九年ツーロンの牢, 九年ナポリ王となる, 九年ニコライ一世と協約, 九年ハワイで死んだ, 九年パリに生れた, 九年パリ板シニストラリの, 九年フィレンツェのポデスタ, 九年フェイヤアル書店から近代文庫, 九年フランクの大, 九年フランスへモスク, 九年フランス革命が勃発, 九年フランチェスコは十二, 九年ブラフトン大尉は再び, 九年プルトワの戦役, 九年ヘーゲの出版, 九年ボストンに生れた, 九年メデイソン・スクエア・ガアヅンで挙行, 九年モスクワ大学の医学部, 九年ラップが, 九年レーゲンスブルグ附近に於ける, 九年レーリーの死んだ, 九年ロビンソン・クルウソウ君が, 九年ロンドン船渠の労働者, 九年ローマに死す, 九年ヴェスヴィウス山大噴火のみぎり, 九年ヴェルギリウスブルンディジウムに死す, 九年・後三年の時代, 九年一九三四年私の五十三才, 九年一屋無余の火災, 九年一月一九日マサチューセッツ州ボストン市に生まれた, 九年一月一日より宝塚歌劇, 九年一月一日死刑は執行, 九年一月二十七日にエジンバラ, 九年一月十三日に五十七歳, 九年一月十八日の曉大雪, 九年一月十日私はガール, 九年一月發賣頒布ヲ禁ゼラル, 九年一月警察署の表, 九年丁巳に六十四, 九年七十四才で歿, 九年七月はじめから法医学教室, 九年七月トレヴィーゾに死す, 九年七月バスティーユ牢獄の破壊, 九年七月久振りで尾瀬ヶ原, 九年七月九日に松田町, 九年七月二十一日のこと, 九年七月二十三日巴里で死んだ, 九年七月二十二日生涯の終る, 九年七月二十八日弘前に於, 九年七月二十六日ワラタ号は倫敦, 九年七月二十六日島木赤彦土橋青村二君と共に温泉嶽, 九年七月五日から六日, 九年七月五日年二十二歳熱病で死んだ, 九年七月十七日東京の西郊中野, 九年七月十九日のこと, 九年七月十二日の夜, 九年七月十八日大本営発表としてサイパン島守備, 九年七月十四日一七九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 九年七月宗祇の草庵, 九年七月廿七日炎天下を私, 九年七月赤城山上大沼でひどい, 九年七月頃の同誌, 九年三十七の年, 九年三十三歳の春初, 九年三十六歳の時, 九年三十年代は日清戦争, 九年三号の雑録欄, 九年三名の委員, 九年三月一日を忘れよう, 九年三月七日安永八年九月晦日に起りたる, 九年三月七日徳の幼弟季男, 九年三月三十日大地震うて, 九年三月三十日私は住み馴れた, 九年三月三日にあれ, 九年三月二〇〇〇年代に改訂, 九年三月二十三日なりき, 九年三月二日の夜, 九年三月二日神尾は翌, 九年三月五日に幕府, 九年三月十五日の其の, 九年三月弟子檀那御中に宛てた, 九年三月恋緒を述, 九年三月末に賜暇, 九年三月条約励行六派は解体合体合同, 九年三県を廃, 九年上のバルザック, 九年上京したから, 九年世界一周の途次, 九年丙戌に七十二歳, 九年丙戌二月三日の條, 九年乃木中将が台湾総督, 九年九戸政実を攻めた, 九年九月一日の大審院判決, 九年九月一日教権に反抗せり, 九年九月九日十九標準時発信者は金星, 九年九月二十一日から十日間, 九年九月二十九日の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, 九年九月二日妻初枝, 九年九月十三日翁は鎌倉建長寺内, 九年九月十三日頃南洋パラオの南東海上, 九年九月十八日に歿, 九年九月廿九日の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, 九年予がのこした, 九年事件が起る, 九年二十一歳大目付触流, 九年二十三歳の時, 九年二十年の交, 九年二十歳の時, 九年二月オルロフ宛の手紙, 九年二月三日ハンブルクの富裕, 九年二月九日発行の東京新誌, 九年二月二十七日の条, 九年二月二十九日の午ごろ目黒行人坂大円寺, 九年二月二十日公務を担い, 九年二月五日に歿, 九年二月十七日と同年十月三十一日, 九年二月十二日に長崎奉行, 九年二月十五日の衆議院, 九年二月十八日生だから, 九年二月十日巴黎なる里昂停車場, 九年二月台南にて, 九年五十五歳は少き, 九年五月フランスが共和政体, 九年五月フランス軍がウィーン, 九年五月一家を引連れ, 九年五月七日佐竹右京大夫様御家来小倉亘妹縁談願, 九年五月三十日に出された, 九年五月九日病死す, 九年五月二十五日から昭和二十年九月十日, 九年五月五日の朝, 九年五月六日私は陛下, 九年五月十七日に前記, 九年五月十三日山下奉文氏と汽車, 九年五月十九日にベルリン, 九年五月十二日の反乱, 九年五月号と三十一年四月号, 九年五月大阪に行かれた, 九年五月新富座でかの, 九年五月春陽堂が, 九年五月滿谷國四郎鹿子木孟郎二氏の, 九年他の女, 九年以來殆どその, 九年以前いろはになる, 九年以前三月上旬の頃兵庫浦, 九年以前手前四歳の折, 九年以前本郷に住みし, 九年以後アメリカの繁栄, 九年以後ヨーロッパ特にフランス, 九年以後広東における主要, 九年以後男女の失業, 九年以後芸術性をより, 九年以来世界の事情, 九年以来坂東流の家元, 九年以来当地に移住, 九年以来当時までの間, 九年以来応用され恒星, 九年以来急速に進展, 九年以来憲法なる語, 九年以来方向転換して, 九年以来高層気象観測所を公設, 九年以降であったろう, 九年位提げて, 九年佐竹義宣社殿改修の時, 九年余が手, 九年余命を授, 九年俳諧を嗜ん, 九年備後国深安郡八尋村に生まれた, 九年僕がまだ, 九年入寂せられるまでは, 九年全国に襲った, 九年八十六歳で亡くなりました, 九年八月ルッカとフィレンツェ, 九年八月三日の朝, 九年八月中旬台湾巡歴の帰途, 九年八月二十一日の裁決, 九年八月二十三日ついに天下, 九年八月二十九日である, 九年八月二十五日に忠之, 九年八月二日に六十歳, 九年八月五日の夜, 九年八月八日に王政自身, 九年八月北方千島の航路, 九年八月十三日窟寺に安着, 九年八月十五日は浅間山火山観測所, 九年八月十五日聖母まりや昇天祭, 九年八月十四日は抽斎, 九年八月十日の事, 九年八月朔日信重祝髪之時所詠, 九年八月末のこと, 九年八月東支鉄道の問題, 九年八月某日土佐を漫遊, 九年八月福来博士の発表, 九年六月アレッツオのギベルリニ黨フィレンツェ, 九年六月カムパルディーノの戰, 九年六月三十日までを粉鉱, 九年六月上旬より病気, 九年六月下旬の火災, 九年六月九日長い旅, 九年六月二十三日に起った, 九年六月二十五日小石川三石坂に蛇, 九年六月歌舞伎座で, 九年六月疎開のつもり, 九年六月頃天部村の小, 九年六歳の時, 九年冬作の毛帽, 九年冬十月最勝会, 九年出版の画集, 九年出版アンダアソンの著, 九年分の各, 九年初演オランダのアムステルダム, 九年初版ボエチウスの, 九年初秋北信沓掛の星野温泉, 九年初頭の第, 九年別の一座, 九年前アンドリュ・ラングの書いた, 九年前クリーヴランド公共図書館が始め, 九年前パリから来た, 九年前ローマ出版ソンドツァ師の, 九年前一歳の時, 九年前主人に別れ, 九年前仲居をし, 九年前佛國の大, 九年前出水があっ, 九年前原一誠の乱, 九年前大赦でカプリ, 九年前妻木右太之進, 九年前市九郎の勧進, 九年前後であった, 九年前教へをうけし, 九年前晩春の頃, 九年前曹操が北征, 九年前本郷の洋服屋, 九年前歿せられたが, 九年前私は夜中, 九年前蘇武に従って胡地, 九年創立の, 九年創立当時の計画, 九年北朝の明徳三年, 九年北邊事情が子平, 九年十ヶ月という時, 九年十一ヶ月といふ子供, 九年十一月三日の夜, 九年十一月九日附の私宛, 九年十一月二十三日午前にこの, 九年十一月二十九日の夜, 九年十一月二十四日イタリー人エロニモ師や嘗て, 九年十一月八日の紙上, 九年十一月大内政弘や畠山義就, 九年十一月明治座で再演, 九年十二月のをはり, 九年十二月一日から二十七年三月二十九日, 九年十二月三十一日までその, 九年十二月三十一日マテ其施行ヲ延期ス, 九年十二月三十日長崎発熊本泊翌三十一日熊本見物, 九年十二月三日享年六十三で歿, 九年十二月下旬から七〇年五月上旬, 九年十二月二十一日のこと, 九年十二月二十一日彼の最も, 九年十二月二十三日分に竜神, 九年十二月二十日で, 九年十二月二十日現在の群馬県青果出荷統制組合発表, 九年十二月五日附で熊本, 九年十二月十三日誕生文政八年三月廿八日十四歳を以て元服, 九年十二月十二日にこの, 九年十二月十六日薩摩大隅地大震とあり, 九年十二月十日で齢, 九年十二月原内相が出せし, 九年十二月右大将家には相模川, 九年十二月号に発表, 九年十二月四日コーペンヘーゲンでである, 九年十二月廿三日御宛介十二石, 九年十二月末現在の国債所有別調, 九年十八歳の時, 九年十四歳にし, 九年十年の風水害史, 九年十年十一年の晩秋, 九年十月アメリカのニューヨーク・ヘラルド新聞, 九年十月七日のこと, 九年十月九日より十六年三月三十一日, 九年十月九日甥の石丸英一, 九年十月二十三日大隅國大地震, 九年十月八日に卒した, 九年十月六日の夜, 九年十月十一日をもつ, 九年十月十五日曇り, 九年十月十四日墓は市内下寺町, 九年十月十四日歿行年五拾八歳とあっ, 九年十月十四日風邪をひい, 九年十月婦人公論に発表, 九年十月成願寺の激戦, 九年千石を給わり, 九年印度から途, 九年即位が一九〇〇年, 九年参議となった, 九年叙正五位, 九年史彬死し程済, 九年同国に夏期旅行, 九年善郷江戸に至る, 九年四〇年の間, 九年四一年と二囘, 九年四十にもなり, 九年四十二歳世子正精侍読, 九年四十年度に於ける, 九年四月アメリカのピヤリー大佐, 九年四月イブセンはデンマルク, 九年四月一日の午前十時頃, 九年四月下旬宗祇の地方遊歴, 九年四月中旬以後に月日, 九年四月二十一日は麦秋, 九年四月二十七日にワラタ号, 九年四月五日鯛供養に網代, 九年四月八十助は坂東三津五郎, 九年四月八日釈迦仏誕日の夜記, 九年四月八日釋迦佛誕日の夜記, 九年四月十七日賀名生で薨去, 九年四月十三日にあの, 九年四月十八日大手拓次君病歿妻と行き, 九年四月十六日未明同志吉田君はやられた, 九年四月四日に時平が三十九歳, 九年四月玉井組の営業開始紀念, 九年国民が三十三カ条, 九年坊主は, 九年型の女優, 九年型花形には青酸, 九年墺国が再び, 九年壬子十月神祖より和蘭国王, 九年声変りがし, 九年夏戦争非協力文学, 九年夥伴を率, 九年大学を出る, 九年大戦に於, 九年大戦後の波, 九年大阪冬の陣, 九年大阪毎日新聞の懸賞, 九年大阪船と月, 九年奈良地方裁判所で相, 九年奥医師に進み, 九年奥田元宋氏, 九年孫左脛に疔, 九年安楽庵策伝筆でわが, 九年宗左衛門家から分家, 九年富裕なる商人, 九年島原の乱, 九年帝国美術院第十五回展, 九年帝展出品の, 九年師走の三日, 九年平和の時代, 九年平塚雷鳥が, 九年庚午の歳四月三十日, 九年庚午四月三十日夜半の大火, 九年庚子四月八日二島相並び又湧出, 九年度地方歳入見積り額につき十一府県, 九年度年かんと一緒, 九年度筋書として極端, 九年廿年前であります, 九年彼カナダにおもむく, 九年彼二十五を過ぎ, 九年彼女は三十三, 九年後三年十二年で東北征伐, 九年後者は一八九一年, 九年後鳥羽天皇御譲位, 九年徴は十二歳, 九年忠琢三十歳の時, 九年忠琢十六歳の時, 九年急逝するまで, 九年戊戌に歿, 九年我輩が再び, 九年文政二年の三度, 九年新富座一月興行に於い, 九年既う電車, 九年日本全土にしかれ, 九年日清の戦役, 九年明治三十六年九月東京冨山房から開板, 九年春の大寒中, 九年春三月三十日二上山の賦一首, 九年春光麗な一日, 九年春白龍庵有司の毀つ, 九年昭和二十年いやもう, 九年時分の話, 九年最高四〇三だったのに, 九年朝日新聞に, 九年木星に接近, 九年末松崎天民氏歿後の雑誌, 九年末空襲の気配, 九年条の火災, 九年来プロレタリア解放運動における革命的プロレタリアート, 九年来日常生活の愉快, 九年来此のダリヤ, 九年来百種ばかりかいた, 九年杪冬の十二月十五日, 九年東支鉄道問題が起っ, 九年松陰左内ら刑死せる年, 九年板コラン・ド・ブランシーの, 九年板トザーの, 九年板ボムパスの, 九年板モニエル・ウィリアムスの, 九年次の如く言っ, 九年歌舞伎座で団十郎, 九年正月ショパンはとうとう, 九年正月七日別時念仏の間, 九年正月中リマを出立, 九年正月二十二日で此大吉, 九年正月元日氏郷は木村父子, 九年正月六十九歳で死んだ, 九年正月十三日に江戸, 九年正月雪の那須, 九年歸朝する時, 九年死去其月は不覚, 九年母岩田氏縫を喪っ, 九年沒勤王の志士, 九年没勤王の志士, 九年治世が八年, 九年法典調査会において法例, 九年洪武元年十一月の事, 九年液体だか, 九年渡良瀬の大, 九年漢口に赴任, 九年災多し先づ一, 九年為氏六十五で薨ずる, 九年無言の行, 九年版ジョーンスとクロップ, 九年版バンクロフトの, 九年版ヘンダーソンの北英諸州俚俗二七四頁, 九年独逸の全面的降伏, 九年獄中に自殺, 九年生れの兄, 九年田沼意次父子君寵を恃, 九年當時くらゐに, 九年病のため静養, 九年皇后御病い, 九年目こんど東京へ引つ越す, 九年目二年目から二年半, 九年目人文すべて革まったが, 九年目巡環説などはその, 九年目毎に變, 九年目赤坂から吉野村, 九年真船豊の, 九年福井市内屈指の紙商, 九年私どもはモスクワ, 九年私達が公, 九年秋中村鴈次郎と相, 九年秋予和歌山近傍岩瀬村の街道傍, 九年秋以来アメリカには農村恐慌, 九年秋東宝名人会第一回公演, 九年竹内式部が山崎流, 九年米国ニ留学セシ男ガアイリッシュノ若キ女, 九年粤に入り, 九年紅葉山人は明治三十六七年, 九年経済年度から一九三三年, 九年経済恐慌のとき破産, 九年経過すれば, 九年美的百姓が露西亜, 九年義隆を殺した, 九年聖武天皇奈良の御殿, 九年能く道徳, 九年著者二十八歳のとき, 九年虎之助ももう, 九年西暦七百四十一年に唐, 九年足かけ三十年ばかりの昔, 九年近くも経過, 九年連載のもの, 九年進歩党の成立, 九年進歩黨の成立, 九年遺言書に, 九年還暦の後, 九年重成法師之を新造, 九年長崎附近で捕へられ, 九年閏八月十九日羽州秋田常栄院尊竜, 九年閏十一月のこと, 九年閏四月には能登, 九年閏四月廿八日大手勤番加番面番被仰, 九年間ディーニュに住ん, 九年間仕事をし, 九年間城内は荒れる, 九年間彼は実に, 九年間手鹽にかけて輝く, 九年間東洋の同志, 九年間潜伏布教一六三三年長崎で穴, 九年間私の作品, 九年間面壁して, 九年間首の廻らぬ, 九年雷火のため焼失, 九年霜月末に焼け, 九年露細亜詩人ベールィの作, 九年露西亜の帰途, 九年頃チリ辺の洋中, 九年頃余が家一番町, 九年頃安田一家がこ, 九年頃寺内にいい, 九年頃当時私は, 九年飢饉の年, 九のもの, 九府県にすぎない, 九度ぢかくまでありました, 九度一時間もしたら, 九度七分まで上っ, 九度三分の熱だった, 九度二分の熱になっ, 九度二分の發熱も自分, 九度二分四〇秒というよう, 九度五分の熱黒襟の女, 九度五分前後の熱, 九度五分前後一日二回ずつ発熱, 九度以北の七島正月, 九度仰角八十度の方向, 九度何分といふ騒ぎ, 九度八分の熱をだす, 九度四五分の間を毎日, 九度四分ならさほど, 九度四分後頭部が痛む, 九度微風あり, 九度攻むる事九度に及び, 九度暖い日, 九度沸点零下一九〇度である, 九度禿の宿, 九度許ある, 九度辺まで, 九度音程とについて話しだした, 九度餘りも, 九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 九廻するの思い, 九弄音紐といふやう, 九式梱包用の原紙, 九弗八四六に比, 九弗貰ふといふ, 九は兄, 九弥太のふたり, 九弥太松ふたりに目, 九彼女が二十三, 九復活の外, 九復活刊行の仕事, 九復活号の裏表紙, 九怒り肩のそばかすだらけ, 九とか九疇, 九恋慕の思, 九恐怖で顔, 九恥かし盛り不二屋, 九意識対象は意識, 九或は九十九か, 九戸乱の済んだ, 九戸五千三百六十六人を数, 九戸六百二十六人はこの, 九戸政實が叛, 九戸藤吉は大, 九房州から行儀見習, 九の言葉, 九も足, 九才次が初江, 九折りの山徑, 九折りせる山徑が, 九拝むぜ拝む, 九拾何円の附加税四拾何円, 九拾円平均百五拾円あったらナムアミダブツ, 九拾尺福島県と群馬県, 九拾銭でよろしい, 九拾銭あまりしかない, 九になっ, 九十九や, 九教会の景況, 九教区の報告, 九数学優等生として卒業, 九文半の足袋, 九文字斯う書いて, 九斗九升より弐石五斗, 九斗以下七石五斗以上を七歩五朱軒, 九料理の腕前, 九斤位より多く, 九日あたり熱海でゆっくり, 九日あまりも続いた, 九日お忍びで曲輪, 九日きょうは浅草観音, 九日ごろ咲枝が赤子チャン, 九日さきに亡びたる, 九日すなは, 九日それもただ, 九日だんなをめ, 九日つまり三日前だった, 九日なにがしの寺, 九日のは左モモ, 九日みごとに晴れ渡った, 九日わたしは刑期, 九日われらはヘクト, 九日アラミス行定り楽しみ, 九日オヤオヤ今日は大雨, 九日ガポンに率いられた, 九日シュワイドニッツを攻略, 九日タラント軍港を襲撃, 九日チベット暦の四月二十日荷物, 九日ドリアンの第, 九日ニ予ノ拒絶ニ会ッテカラ, 九日ハノイより旅客機, 九日フランクフルテル・ツァイトゥングにフリッツ・シュトリヒ, 九日フランスの議会, 九日ブラッセルで客死, 九日ホノルル寄港十八日午前十時横濱に歸りつ, 九日マサチューセッツ州ボストン市に生まれた, 九日マデ諸手ヨリ搦メ捕ツテ進上サレ候分, 九日マルセイユに着き, 九日ロンドンの街上, 九日ローマにてとしてま, 九日ヴァルモンの療養所, 九日一ばいに乗り込む, 九日一人の男, 九日一日までの間, 九日丁卯兵衛尉清綱昨日京都より下, 九日七十九歳の長命, 九日七十余歳にし, 九日三たび播州を過, 九日三七日にあたりぬ, 九日三代将軍徳川家光は近臣十二名, 九日三代將軍徳川家光は近臣十二名, 九日三月十四日四月八日および十日, 九日三法師に謁, 九日三浦さんは自動車, 九日三浦祠官は朝, 九日三越本店式場で結婚式, 九日上関に薩, 九日下の関, 九日下町の大, 九日丙申京都の大番, 九日両日門弟中からの発起, 九日両氏ヲ問, 九日丸橋忠弥らの処刑, 九日九は陽数, 九日九分九厘であります, 九日九夜降り続きたりとて, 九日九州帝国大学精神病科教室附属狂人解放治療場に於, 九日九条の袈裟, 九日事務所に於, 九日二万有余の大軍, 九日二代目坂東秀調死す五十四歳, 九日二十一時間の驚異的記録, 九日二十九日こう三日, 九日二十九日信長は安土, 九日五十一歳病気で歿, 九日五十七歳で卒, 九日五時半起床六時ミサ八時半から教会, 九日京都義方会に於ける, 九日仕事の切上げ, 九日付江戸奉行達で, 九日付飜譯のペルリ, 九日仙石久利但馬出石城を毀つ, 九日以上の日数, 九日以前二三回行ったこと, 九日以後は旅人, 九日以来よ, 九日以来一度も来た, 九日以来夢之助, 九日以来征旅まさに七十日, 九日以来春季休暇中の事, 九日以来軍統帥部とも連絡, 九日以来鎌輪に幽囚, 九日仲禎君と素問合読, 九日任右中将兼加賀介建永元年二月二十二日叙従四下承元々, 九日伊豆伊東に於, 九日会の日, 九日住蓮安楽を庭上, 九日使節たちをのせた, 九日例の通り晴朗, 九日信長は安土, 九日僕が壕, 九日兄弟の一人, 九日先生の訃, 九日入京のむね, 九日八代目岩井半四郎死す五十四歳, 九日八十八歳で仏様, 九日八字官軍音辺へ著, 九日八幡の男山, 九日六・三三十日六・四三十一日六であった, 九日内務大臣樺山資紀の鉱毒地視察, 九日出のお, 九日出生場所は米国ペンシルバニア州, 九日出発とは存じませんでした, 九日分に出た, 九日前便を認め, 九日加茂社行幸がある, 九日勝頼も軍評定, 九日化粧と支度, 九日北政所へ送った, 九日北陸道鎮撫総督として高倉永, 九日十一月八日に夫, 九日十三代目長谷川勘兵衛死す, 九日十三日いずれも林町, 九日十九日二十九日こう三日, 九日十九標準時発信者は金星, 九日十六日のお, 九日十日二日續けて大風, 九日十日紅海中を北, 九日午前にはきっと, 九日午前バンガーを発し, 九日午前九時インバネスを発し, 九日午前二時である, 九日午前五時十分智頭行の汽車, 九日午前八時モルレーに於, 九日午前八時半喪主遺族近親築地代表者は四谷自宅, 九日午前六時頃宿を出発, 九日午前十一時二分浦上の中心松山町, 九日午前十時と十一時の間, 九日午前十時三十分ころ大本営に於, 九日午前十時此頂上を通過, 九日午後になり, 九日午後一時過ぐるころ安成子, 九日午後一時二十四分汽車は沼津, 九日午後一時半から二時の間, 九日午後七時不二見台に立っ, 九日午後七時五十一分三十秒にあの, 九日午後九時である, 九日午後五時四十五分発生せる事変, 九日午後十一時半過ぎだった, 九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 九日午後四時四十五分新橋発神戸行の直通, 九日午後四時頃漸く鎮定, 九日午後来訪の予定, 九日午後林町にて, 九日午時過ぐる頃, 九日協和会の声明, 九日卯の下刻, 九日去年の八月, 九日古派の寺, 九日向地より戦状申越, 九日君の病革, 九日和田泊まりの予定, 九日国の帰る, 九日国庁に入り, 九日土曜日といふところ, 九日埋葬をすませ, 九日城中で両, 九日壬辰常の御所, 九日壬辰鷹狩を禁断, 九日夏目先生の命日, 九日夏目漱石逝く, 九日夕とある, 九日外宮より内宮, 九日外目を出で, 九日外目近郊の外祖父母, 九日夜六時半会場は旭座, 九日夜半の空襲, 九日夜坂本渡辺畑宮本ら四人が刺殺された, 九日夜夢に再び, 九日夜夢中に現, 九日夜夢告に成る, 九日夜盛政を始め, 九日夜記忘れた, 九日大垣を立つ, 九日大山県令から西郷, 九日大湊にとまれり, 九日大石田にて斎藤茂吉記, 九日大阪へ出た, 九日大阪未決監獄において時に, 九日天皇親臨王政復古の大, 九日奈良井を發, 九日子の刻, 九日学校の休暇, 九日安土御発向, 九日安行僧都に勅定, 九日宗家を継いだ, 九日宝の市, 九日宝寺城に凱旋, 九日宮崎より南, 九日家宣は白石, 九日寄手の軍, 九日寄手鬨の声を揚げる, 九日寶泉寺で會談, 九日小蒸汽船にて旅順, 九日尾瀬殿邸ヲ発セラレ, 九日山本鹿州氏から聞いた, 九日山東の兄弟, 九日山道を心がけた, 九日岐阜城へ向っ, 九日工場と役所, 九日工学博士末広恭二君の死, 九日己酉天晴広元朝臣奉行として御教書, 九日己酉天陰ル時々小雨, 九日市参事会は街鉄私設, 九日市川新蔵, 九日帰国して, 九日帰朝早々から風邪, 九日年に一度, 九日年前四時の頃, 九日広島から四里あまり, 九日庚午小笠原御牧の牧士, 九日庚午晴申剋尼御台所御還, 九日庚戌晴義盛今日又御所, 九日庚辰霽相模次郎朝時主駿河国より参上, 九日庭の立木, 九日康正二年二月二十三日などそして, 九日引廻し之上, 九日当時の大, 九日彼らは忽然と, 九日彼等は二手, 九日御供番不足之場に被, 九日御用方へ相, 九日御身の令弟, 九日復たいでありく, 九日志摩の國, 九日悴良安此度若殿様, 九日戊申陰御所の造営, 九日我々は神戸, 九日手紙のかはり, 九日払暁を期し, 九日拝命早々七日ばかりで旅, 九日支倉の妻静子, 九日政府に自ら, 九日敵陣へ無二無三, 九日敵陣地を攻撃, 九日新たに親王殿下, 九日新日吉小五月会上皇御幸その時, 九日新田義宗南軍を率い, 九日日あしければ, 九日日向大隅地大震とあり, 九日日本橋区数寄屋町より失火, 九日早曉手傳の人, 九日早朝より車外, 九日明朔日悴良安御用, 九日明治天皇小御所, 九日昼間の出来事, 九日晝頃火急の義, 九日晴れのち曇り, 九日暁七時吉見英太郎河合八十次郎英太郎が父, 九日暁天解纜西南に向かい, 九日曉荷物を運び込む, 九日月も川湯, 九日月曜陰鬱寒さ冬, 九日望郷台他席他郷, 九日朝スイスのバーゼル, 九日朝九時約五十名, 九日朝九時特急つばめで東京駅, 九日朝四時という, 九日朝女子出生名良, 九日朝百合子駒込署に検挙, 九日朝肥後ニ入ル, 九日未明にはもはや, 九日未明三時半ごろ当港岸壁, 九日本人が欧洲, 九日本会に提出, 九日本木武平次之を建つ, 九日東京地方裁判所第一審判決, 九日柳原岩井町代地高坂茂助上り地七拾八坪余願之通被仰付候旨植村駿河守殿御書附を以て被, 九日検挙された百合子, 九日様といっ, 九日様々の奇瑞, 九日横町の質屋, 九日正午頃同精神病学教室, 九日正四下同三年四月十日叙従三位, 九日正岡先生の訃, 九日正巳の刻, 九日正造は島田三郎, 九日歸郷の途次辻村, 九日母の身まかりし, 九日比谷の森, 九日永井栄安成田玄良岡西栄玄私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 九日江戸着目下は松山藩松平隠岐守, 九日江畑君のお, 九日汽車の中, 九日沙門源空と署名, 九日沼田に帰着, 九日深夜の出来事, 九日淹京中の死, 九日漆のやう, 九日火曜日の夜, 九日熊本で死んだ, 九日爆弾の影, 九日父は七十歳, 九日犀川河畔の戦闘, 九日玉井組創立三十周年紀念の宴, 九日王政復古の号令, 九日理由不明で駒込署, 九日生であるから, 九日甥の石丸英一, 九日甲辰晴晩に及び, 九日當時羅馬に滯在, 九日疝積追, 九日病死す, 九日癸卯賀茂河堤の事, 九日発のがきょう, 九日発売依託雑誌の配本, 九日発行の東京新誌, 九日白雪再霏, 九日百ヶ日と過, 九日皆藤沢をまわり, 九日真珠湾攻撃の翌朝, 九日石清水参詣致別而難有感信致, 九日石狩を発す, 九日祈祷や紙レース, 九日私儀去六月下旬, 九日秋雨蕭条の中, 九日符同六年九月七日到来, 九日筑後國なる松崎, 九日筑波のふもと, 九日米ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, 九日紀の温湯, 九日紅葉館で開かれた, 九日納会相催し候ま, 九日経過して, 九日經つたら親類, 九日網走を出る, 九日署名一~三は一記者, 九日署長にも願っ, 九日美濃信州を中心, 九日羽州秋田常栄院尊竜, 九日聖土曜日の初め, 九日脳溢血でたおれ, 九日腕を剃刀, 九日船出して, 九日芝増上寺にて遺, 九日芝能楽堂で亡能静師, 九日英一の三七日, 九日英国汽船ライトニングに乗り, 九日菊見の, 九日落成した, 九日薩摩の一角, 九日西賀茂神光院なる覺樹, 九日親友シュレーデル氏の家族, 九日記としてもよい, 九日調べの内地人口三千三百十一万〇七百九十六人, 九日謙信は重陽, 九日貴族会館に於, 九日賀名生で崩御, 九日越中国府の諸, 九日軍艦数隻を率, 九日辛酉陰去る十六日, 九日近傍の岡, 九日退院だ九日, 九日郵送せる事実, 九日都ホテルにて誌, 九日金品引換え, 九日金曜の項, 九日金曜日の夜, 九日針木谷落合の小屋発足, 九日鎌倉名越の浜御所, 九日長崎撫院和泉守曲淵公に従, 九日長州藩の兵, 九日長浜へ着いた, 九日長逝す享年四十六歳, 九日間ブラ下げる事, 九日間七日目ごとに来, 九日間宛のタライ廻し, 九日間引つづいて, 九日間拘留処分に附する, 九日間穀物を食べず, 九日関ヶ原の戦端, 九日関口忠太郎山口善兵術大塚源十郎山田友次郎等が正造, 九日阿津賀志山の守り, 九日限りという, 九日陰険奸黠な英帝国, 九日陸軍大演習, 九日電報をわざわざどうも, 九日霜白き曉, 九日青森県北津軽郡金木町に生れた, 九日非常之節, 九日頃秦豊吉等と川口, 九日頃職業がきまる, 九日頼朝自身出征の途, 九日願は満たされ, 九日餘作来塲, 九日首相を訪問, 九日高木轍跡屋敷御用にも無, 九日鶴宿に宿し, 九日黒滝向川寺参詣, 九明日はいよ, 九春先の地中海, 九春水種彦を始め, 九昼飯と昼寝, 九時あい変らずこう, 九時あたりからやつ, 九時ころのこと, 九時ころここを出る, 九時ころそれから寝ころん, 九時ころ丘の横, 九時ころ塚由が長考, 九時ごろあかりもきゆる, 九時ごろうちの人がみんな寝室, 九時ごろわたしは人力車, 九時ごろガッチリと荷物, 九時ごろバラさんが外, 九時ごろメトロにのっ, 九時ごろ一人の男, 九時ごろ一台の大型, 九時ごろ二十七人が急死, 九時ごろ人力でゆき, 九時ごろ伸子と素子, 九時ごろ保吉は三人, 九時ごろ出入りのさかな屋, 九時ごろ夜は十時ごろ, 九時ごろ学者の家, 九時ごろ家をで, 九時ごろ寝床へ入った, 九時ごろ川の汀, 九時ごろ帰宅いたしまして, 九時ごろ床に入っ, 九時ごろ悪寒がし, 九時ごろ新橋の駅, 九時ごろ王様が日比谷公園, 九時ごろ看守の詰所, 九時ごろ矢代寸兵氏とあやか, 九時ごろ神田橋下で地下線工事, 九時ごろ自分の部屋, 九時ごろ行李を始末, 九時ごろ西戸部の少年懲治監, 九時ごろ輕井澤驛に着く, 九時ごろ野菜の袋, 九時ごろ鉱泉宿へでかけよう, 九時さよならをする, 九時すぎあさひがシュミーズひとつ, 九時すぎごろでございます, 九時すぎそちらへ行っ, 九時すぎボーが鳴り, 九時すぎモンマルトルの方, 九時すぎ三人で下田, 九時すぎ下山総裁が三越, 九時すぎ会社へ行った, 九時すぎ伸子がいつも, 九時すぎ別府着成天閣旅館へこれ, 九時すぎ十時近くなってから, 九時すぎ四人で歩い, 九時すぎ地震あり, 九時すぎ堀井来り鳥鍋, 九時すぎ床の中, 九時すぎ料理場で立つた, 九時すぎ柳来る, 九時すぎ目がさめる, 九時すぎ裏手にある, 九時すぎ部屋にかえる, 九時そこそこに床, 九時それに乗っ, 九時ちょっとすぎに羊, 九時つばめで発つ, 九時アデンに着いた, 九時インバネスを発し, 九時キャフェーとパン, 九時タルカワノ港に入る, 九時チリ国コロネル港内に入り, 九時ツバメにのる, 九時ホールが一番, 九時メリーさんが私, 九時メードがそっと, 九時ヨリ午後第十時ニ至ルマデ内外人, 九時ヴィクトリヤ・ステーションから巴里, 九時一の平坦地, 九時一分前だった, 九時一同はひそか, 九時一寸過ぎに二度目, 九時一般乗客にうち, 九時三分であると, 九時三十一分発にて神戸, 九時三十七分にルウス・ジュッド, 九時三十三分だつた, 九時三十五分と記録, 九時三十五分の急行に乗れ, 九時三十五分今夜は家, 九時三十五分皇国万歳を寿い, 九時三十何分まっすぐ帰宅, 九時三十八分で帰る, 九時三十分のニュースが入っ, 九時三十分の汽車でついた, 九時三十分の特急列車で福岡, 九時三十分の直行がある, 九時三十分上海行の急行, 九時三十分現場へ行っ, 九時三十分見物は一人, 九時三十分頃この邸, 九時三十四分に発車, 九時上陸す, 九時乗車名古屋へリンゴ舎, 九時九分に長春, 九時二人とも草鞋, 九時二分着第, 九時二分過ぎに時報受信, 九時二十五分ごろでしたよって, 九時二十五分三窓の頭, 九時二十五分発の撫順支線, 九時二十六分に着きます, 九時二十分の二回に亙り, 九時二十分頃呂昇が出, 九時五分三ノ宮発の一・二等特急, 九時五分以後は, 九時五分養父駅を離れ, 九時五十九分までと午後三時, 九時五十九分の汽車で博多, 九時五十二分で立ち, 九時五十二分新橋着の列車, 九時五十五分の網代行に間に合った, 九時五十六分唐津発十二時半佐賀駅にて高谷寛, 九時五十分の急行だとか, 九時五十分の汽車でウォーターロー, 九時五十分北北西に向け, 九時五十分宿へ帰る, 九時五十分島々駅に着いた, 九時五十分帰京した, 九時五十分発の汽車, 九時五十分遙か右方, 九時今日は二ドリ, 九時今花巻に着いた, 九時他の教官達, 九時仙台着やうやく青衣子居, 九時何分かに京都, 九時何分ごろでしたか, 九時何分の汽車に乗る, 九時何十分かの急行, 九時余は平民社, 九時六分のかけ時計, 九時出発岔水君夫妻よいつ, 九時出発急行にてパリ, 九時出発機上で一時間半, 九時出立渡瀬行乞三池町も少し, 九時出頭せよと, 九時分に学窓, 九時前ニ戻ッテ, 九時前品川石泉へ著, 九時前帰宅いたしました, 九時北浜に至る, 九時十七分です, 九時十三分の汽車に乗った, 九時十二分の合図をしよう, 九時十二分以前に必ず, 九時十五分ごろ行ったとき, 九時十五分のに見られず, 九時十五分マデ待つ, 九時十五分六右衛門さんとあたし, 九時十五分前ごろ待合にかけます, 九時十五分東京駅発下関行急行は欧亜連絡, 九時十五分頃定例によって出かけた, 九時十分の汽車に間, 九時十分南嶽の頂上, 九時十分火葬場に到着, 九時十分芦峅寺着九時四十分出発十時四十分藤橋十一時五十分着昼食, 九時千垣駅着九時半出発常願寺川を遡り, 九時半ごろ一時にドッ, 九時半ごろ二階に上っ, 九時半ごろ信用組合へ現れ, 九時半ごろ床に入り, 九時半ごろ自動車が来, 九時半ごろ裏へ伺ったら, 九時半ごろ鉱泉宿へつき, 九時半すぎ家を出る, 九時半ちょッとすぎた, 九時半チルベリードックに停船, 九時半ハネ昨日のメムバー, 九時半マルメ駅に着す, 九時半リバプールに着し, 九時半中天に月, 九時半俵別荘に居られる, 九時半入浴してると, 九時半出発常願寺川を遡り, 九時半前後一台の自動車, 九時半塚田八段は来, 九時半天ようやく暗し, 九時半女房見物で感想, 九時半宮越屋楼上にて, 九時半山口が築地署, 九時半岡氏と逢, 九時半川口の招き, 九時半広島安着黙壺居, 九時半東京着防空演習で昼, 九時半東京駅着高槻が来, 九時半正面の草原, 九時半殺生小屋出発大喰岳, 九時半沢をのがれ, 九時半田端につく, 九時半発にてタルカ町, 九時半発十一時着車中武者小路, 九時半眼がさめる, 九時半約束なので, 九時半自動車で立つ, 九時半赤道を横断, 九時半都に秋風, 九時半頂上へ着きました, 九時半頃お湯に入り, 九時半頃家を出, 九時半頃寝室にお, 九時半頃撮影アガり銀座, 九時半頃東京からの書留, 九時半頃桜田門のところ, 九時半頃私達は驛, 九時半頃窓越しにちらっと, 九時半頃署長が思案, 九時半頃風呂に入り, 九時半飯島駅着十時の電車, 九時古賀政男を神楽坂松ヶ枝, 九時同地着県知事へ報告, 九時四十二分で止つて, 九時四十二分の上りで立つ, 九時四十二分出発よ, 九時四十二分博多発十一時四十二分小倉著市中を見物, 九時四十五分京宝の小田, 九時四十五分南京発上海行の急行, 九時四十分の時報今点つ, 九時四十分の発信になっ, 九時四十分予定より少し, 九時四十分偃松帯に達し, 九時四十分出発十時四十分藤橋十一時五十分着昼食, 九時四十分前後であったが, 九時四十分発の夜行, 九時四十分頃国際の支配人, 九時四十分頃桜田門の停留場, 九時四十四分赤道を横断, 九時四十幾分かので立つ, 九時夕立の後, 九時夕食しはらん這, 九時大久保へ帰りました, 九時大河原下車途中笠置の山, 九時大風室を四匝, 九時奥さんはテラス, 九時始業米ずしより夜油, 九時婆やが去る, 九時家に歸, 九時家政婦が地階, 九時小屋を出発, 九時履歴書ヲ携帯シテ本社受付マデ, 九時川崎駅に六さん, 九時川村伊藤松本河西夫人八田岩崎に見送られ, 九時帝都北東地区の, 九時帰宅すぐねた, 九時帰宅雨である, 九時帰庵其中一人のうれし, 九時幾分かのところ, 九時彼が寝台, 九時後だから, 九時御殿場富士屋へ着, 九時我々は河, 九時散歩十一時それからそれから, 九時新喜楽の文藝春秋社, 九時新橋で下り, 九時早めの昼食, 九時星城子さんは役所, 九時朝食後小池さんが膳, 九時本艇はふたたび, 九時杉村八木両氏と相伴っ, 九時東京駅着高槻迎へで帰宅, 九時松崎着海岸づたいに歩く, 九時森氏と逢, 九時正午十二時午後三時午後六時には取, 九時沼津發同午後二時豐橋着, 九時海中にストロンボリ, 九時清が泣き出し, 九時湯に行く, 九時特急つばめで東京駅, 九時発のだったの, 九時発金沢行で富山, 九時着の由, 九時石造の堅き, 九時神田福原二君などを加, 九時福岡地方裁判所応接室に於ける, 九時秀仲へ, 九時私はとうとう, 九時私達は照國丸, 九時秋川駿三の家, 九時竹中氏と一緒, 九時組内の応召入隊者, 九時絶命せるが, 九時絶対就寝の私, 九時船は遂に, 九時英船仏山号に移り, 九時被害者の屍体, 九時観測所に着し, 九時診察の知らせ, 九時起床の約束, 九時起床悲壮な感じ, 九時辻待の俥, 九時近かかった, 九時近くやうやく歸つて來, 九時近くダットサン円タクで帰る, 九時近く加藤によばれ, 九時近く四時迄すっかり, 九時近く東京へ帰っ, 九時途中で酒君, 九時逢つた大山君井家上君藤君一洵君辻田君そして山頭火, 九時過ぎ出立行くこと二里, 九時過ぎ郵便が來, 九時過ぎ鮒の甘露煮, 九時邊りが, 九時開場狂言は, 九時間めに東京, 九時間カ十時間ハ寝ル, 九時間二十分で往復, 九時間以上を経過, 九時間以上休みなく働いた, 九時間以上職場にしばられ, 九時間午後五時五十五分発の汽車, 九時間実働八時間午前と午後, 九時間支那人が唾, 九時間正午といふの, 九時阜頭へ着く, 九時雨盛んに降る, 九時電話で起される, 九時頂上は三尺, 九時頃やつと船, 九時頃プランシェという人妻, 九時頃ペテルブルグ・ワルシャワ鉄道の一列車, 九時頃二人が家, 九時頃仙台市へ着いた, 九時頃会場の茶室風, 九時頃來る, 九時頃便所へ行きがけ, 九時頃便通後やや苦しく, 九時頃健一と燿子, 九時頃僕は海, 九時頃北緯八十七度を越えた, 九時頃吉村は君枝, 九時頃君のところ, 九時頃和倉町二丁目の自分, 九時頃喜久本からかかっ, 九時頃夏竹崎の主婦, 九時頃大杉は野枝さん, 九時頃宿に着いた, 九時頃寝床の中, 九時頃寺の者, 九時頃局へ持っ, 九時頃屍体を乗せた, 九時頃山中へ一泊せり, 九時頃嵐の中, 九時頃川下から吹き上げる, 九時頃帰つて来ました, 九時頃帰宅って見る, 九時頃帰宅敬坊はとう, 九時頃帰庵やつぱり庵がよろしい, 九時頃床につこう, 九時頃従妹と庭, 九時頃微雨あり涼風頓, 九時頃息子はた, 九時頃才の編物教師, 九時頃日比谷公園新音楽堂裏, 九時頃武生に着いた, 九時頃洋裝の若き, 九時頃清子はちょっと, 九時頃濱野さんが來, 九時頃独り起き一人食事, 九時頃猿沢家の居間, 九時頃病院へ行く, 九時頃目がさめ, 九時頃砧へ, 九時頃総監殿がお, 九時頃美濃十郎はてる, 九時頃羽州秋田近海へ碇泊, 九時頃菊枝は朝仕事, 九時頃蒟蒻閻魔の縁日, 九時頃酔心地のものうい, 九時頃開成山に来る, 九時頃雨が止んだ, 九時頃電話があった, 九時頃霞ヶ関の東亜局, 九時頃風呂に入っ, 九時頃駅を離れ, 九時頃鵠沼ホテルというの, 九時須山に会う, 九時飯田町発の汽車, 九時飯田町発名古屋行の列車, 九時麹町の宅, 九時麻痺剤を服す, 九時JOAKより迎, 九晩泊つて辛うじて二晩, 九景前半は長い, 九曲り曲つてゐる, 九書二記二考一墓誌三雑二でその, 九最初のそして, 九の常備共通, 九月来の勉強, 九月頃以後もう一人, 九月頃葉間ヨリ一寸程, 九とか九圍, 九の顔, 九朗右衞門氏だつたら或は, 九とは漢, 九木曜島の実況, 九未婚だと, 九本みな生爪をはがし, 九本マッチとチュウインガム, 九本マッチ浄水薬便所の紙, 九本松という俚称, 九本目十本目は弓勢, 九の掲示板, 九村社五無格社, 九条あたりかとにかく, 九条一条二条の諸家, 九条八百一条第八百十三条, 九条公爵の御, 九条口へかかるだろう, 九条堤人通りも絶え, 九条家六条の人たち, 九条家始祖の関白, 九条家御子左家組が加えられ, 九条家父子が殺害, 九条師輔さまのお, 九条師輔様などになんとか, 九条政基の子, 九条方というの, 九条殿下へ, 九条道孝がそれぞれ軍, 九条関白や参議教長, 九条関白兼実が, 九条関白家に自筆, 九来り談話を, 九枚かき終り, 九枚それもみな無効, 九枚出來ましたよ, 九枚十日に六十九枚, 九枚書きさて明日, 九枚目まで書きちらすだろう, 九柏軒の妾春四十六, 九校教職員一二〇〇名を持つ, 九校私立中等学校連合会および私立青年学校連合会一, 九校私立専門学校協会一七九校私立中等学校連合会および私立青年学校連合会一, 九格正方内に一つ, 九桂成同王, 九條公爵の家々, 九條兼實の, 九條武子さんのよう, 九條殿だの小, 九條裁判所構成法第百五條, 九榛軒未亡人志保六十四であつ, 九のおられる, 九様のをられる, 九標準時発信者は金星, 九を脚下, 九機編隊の, 九欧米各国の人口, 九欽明天皇の二十八年, 九歌集中の歌, 九正宗院は七十二, 九歩桑葉は三二六貫八〇〇目, 九歳くらゐから, 九歳ぐらゐの目立たない女, 九歳ころから川遊び, 九歳その他七八人の十七, 九歳それまで小病, 九歳イエニーは五十三, 九歳フレッシュなお若い, 九歳ヤブニラミの女, 九歳一本氣の男, 九歳三十三歳三十七歳を厄年, 九歳三十三歳四十二歳四十九歳などを厄年, 九歳三十五年撃剣をし, 九歳中肉中脊例の卅二番, 九歳二か月になります, 九歳五百三十八歳の時, 九歳人間という, 九歳以上ハスベテ眉ヲ剃, 九歳以下で死亡, 九歳以前のこと, 九歳以後のさだか, 九歳体は至極小ぢんまり, 九歳体重八十貫牡牛のごとき, 九歳余りマダ丁年にもならぬ, 九歳保は僅, 九歳信長の女, 九歳出世といふ点, 九歳十カ月くらいのところ, 九歳十七歳ばかりにし, 九歳大塩家にゐた, 九歳妹達は八歳, 九歳妻が五十一歳, 九歳妻志保三十三歳柏軒二十三歳長十九歳, 九歳妻益は二十三歳, 九歳子女は榛軒十八, 九歳定が十七歳, 九歳定家には七歳上, 九歳寢床の上, 九歳寧海県の典史魏公沢, 九歳小説を著, 九歳山野氏の一人娘, 九歳市兵衛は四十一歳, 九歳当時の人々, 九歳後から暗い, 九歳思想もますます, 九歳抽斎より少き, 九歳新井白石六十歳細井廣澤五十九歳野呂元丈二十四歳などと年齡順, 九歳昭和四年十二月二十日に旅, 九歳時分のこと, 九歳景樹は十歳, 九歳晴信よりは三つ上, 九歳書を得た, 九歳柏軒四歳であつ, 九歳榛軒は八歳, 九歳發病以來完全な健康, 九歳白面の一軍学書生, 九歳白髪頭にトンボ, 九歳皆若い仏達, 九歳祇園町の揚屋, 九歳私は, 九歳絵に描いた, 九歳縫十三四歳のとき, 九歳肉体労働をする, 九歳腰は曲つて, 九歳蘭軒は三歳, 九歳襷と手拭, 九歳負けん気と責任感, 九歳貢五十四歳所謂邪宗門事件なり, 九歳農家の若者, 九歳野呂元丈二十四歳などと年齡順, 九歳陸は二十三歳, 九歳陸八歳水木二歳専六生れて, 九死亡は九四, 九死亡総数は四, 九段あたりの内地, 九段そちらとまわり, 九段ビルを出た, 九段一口坂辺りにあつ, 九段上小川町呉服橋を経, 九段上野待乳山などに初日の出, 九段上野青山と廻っ, 九段上駿河台上野は桜ヶ岡, 九段下の玉川堂, 九段人々は祝福, 九段位争奪戦というもの, 九段全体が客, 九段兩國行の電車, 九段六分藤沢九段四分といふところが, 九段四分といふところが, 九段坂あたりの桜花満開, 九段坂三田聖坂あるいは霞ヶ関, 九段坂下の立ちン坊, 九段坂下須田町を通っ, 九段坂本所緑町通ひの, 九段大村益次郎の銅像下, 九段市ヶ谷辺の町, 九段戦に優勝, 九段社頭の夜桜, 九段神田本郷の寄席, 九段素人五段安永君など勝負師, 九段能楽堂で名人, 九段落目以降のこと, 九段近くまでの古本屋, 九段阪小鳥屋, 九段阪下まで毎日字引, 九段階と第, 九の愛情, 九毎日憲兵らが警視庁, 九の危うき, 九については誰, 九氏らと共にやはり, 九江勲業あるに, 九江戸にも二, 九江漢口長沙, 九江漢口岳州沙市の辺, 九江路を右, 九江路漢口路福州路広東路, 九江附近の農民, 九に見, 九は禹貢, 九法老の数, 九の木村君, 九流三教の事, 九流百家が各, 九流皆官に出, 九流諸子百家古今の興廃, 九浬半の遠距離, 九淵世々韮山の代官, 九澤九州等と九, 九点九分九厘で落第, 九点八点という工合, 九無口でお, 九を引い, 九版トテムの条, 九版三巻に欧州, 九の全部, 九犯罪発覚の手掛り, 九狂一拝ノ精進, 九独立を維持, 九献肴九種を用, 九献肴九種ぐらゐ気張つたツて驕奢, 九獅子頭の鼻毛, 九の盞, 九合わせて, 九王おいでになりました, 九王五八金同金, 九王子とて歴代, 九王并はせて, 九王朝のラメセス二世, 九用六の文, 九申年の三月三日, 九男二女とあり, 九男児を生ませた, 九男女三九・三八五でありそして, 九町下なる玉窪, 九町別道へ二十二町, 九町南組十一町家数竈数で言, 九町後ろになっ, 九町掛川から袋井, 九町本荘駅なり, 九町東西十五町と稱, 九町歩余の濁水, 九町目あたりに到れ, 九町葱平から絶頂, 九画連作のもの, 九ノ間ニアソビアルクホドニ念々, 九畝九歩ほどの田, 九畝歩ばかりの土地, 九番事件の時, 九番古城の趣, 九番地ポ氏は昨夜深更, 九番地下室である, 九番地光文社発行の雑誌, 九番地庄司見新吉, 九番地月まどかなる春夕, 九番目のもそう, 九番目位のホント, 九番目山の兵営, 九番茶なら少し, 九番街のクロス, 九も敷けます, 九疋向うに居る, 九疋目を噛みつかせ, 九疋螢の島, 九痩せ姿の, 九だった, 九発送第一回, 九百〇七年のアジア條例, 九百〇三年における, 九百〇八年九月二十一日心臓を病み, 九百〇四年更にまた, 九百あまり軍奉行は天野三郎兵衛康景, 九百いくらといふ勝越し, 九百カロリーがせいぜい, 九百キロのところ, 九百フィートを越えぬ, 九百ベェスター南極に至る, 九百ポンド貯めフリント, 九百メートルほどである, 九百メートル以上にはもう, 九百ルーブリで手放す, 九百一年ヴォオトヴィル座に於ける, 九百一米の峰, 九百七八年の頃, 九百七十丈朝日の影, 九百七十五人あり, 九百七十何年だかに, 九百七十余万斤二十四年には一千二百七十余万斤, 九百七十六名という竊盗事件, 九百七十四トンの巨舶, 九百七十四回に及んだ, 九百七十年代にはいる, 九百七十日目約束どおりこれから先, 九百七十条その他, 九百七年に至り, 九百七年歌麿につき, 九百万ポンドであったが, 九百万ルーブリという金, 九百万人まず三千万人以内, 九百万以上に受取る, 九百万倍もはやく, 九百万円程になる, 九百万磅という, 九百三万二千トンそのうち八百三十万トン, 九百三十一年のこと, 九百三十一年仲秋揮毫す, 九百三十三マイルなり, 九百三十三米最高点は長野県北安曇郡, 九百三十九米の前, 九百三十二年三月四日ちやうど金曜, 九百三十五年の秋, 九百三十四名と数, 九百三十回その道にあたるすべて, 九百三十年クリスマスにちかき, 九百三十年後の東洋, 九百三十本に及ぶ, 九百三回日の誕生, 九百三年仏国政府より公然, 九百両の金, 九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 九百九十七八人まではか, 九百九十三篇が擧げ, 九百九十九の電燈, 九百九十九キロを平均時速八百キロ, 九百九十九人皆此処で後, 九百九十九兩三分三朱くらゐは, 九百九十九円九十九銭九厘の損害, 九百九十九円九十九銭余の損害, 九百九十九日九分九厘であります, 九百九十九疋までは手, 九百九十九身を捨てたれ, 九百九十九頭のとき, 九百九十二米であるが, 九百九十五億二千一百六十二萬五千七百七十六人だといふ, 九百九十五匹かな九十四匹, 九百九十人といわれ, 九百九十兩入つたのを盜まれ, 九百九十兩小判を入れた, 九百九十兩盜つた野郎を搜, 九百九十兩誰かに盜まれ, 九百九十八米即ち三千米, 九百九十号というもの, 九百九十年前は仁明天皇, 九百九十年目があたかも, 九百九十米最低二千百八十米平均高度は二千六百二十米, 九百九年四月アメリカのピヤリー大佐, 九百二十三年九月東京の大震災, 九百二十三年六月アラスカから北極, 九百二十三年国立劇場コメディイ・フランセエズが特に, 九百二十九票という勘定, 九百二十二年の八月, 九百二十二年七月廿八日ベルリンに著い, 九百二十五円といふ高価, 九百二十八名です, 九百二十八年の五月, 九百二十六七年らしい, 九百二十六匹あり, 九百二十六年に程樹徳, 九百二十六年のだな, 九百二十六年五月七日に到着, 九百二十六年五月十一日午前八時五十分ノルゲ号は静か, 九百二十六米もある, 九百二十四年刊行の, 九百二十四票をかき集め, 九百二十年三月の出版, 九百二十年初秋五十六歳の時ヨルダン河, 九百二十年後の女性, 九百二年五月八日の噴火, 九百二年五月八日マルチニック島プレー山の噴火, 九百二年以後浮世絵の競売目録, 九百二年以来の事, 九百二年巴里において林忠正, 九百二番というすばらしい, 九百二間というの, 九百五六十米もある, 九百五十メートルまで実に, 九百五十万の人口, 九百五十万円の救護資金, 九百五十五人という少年少女, 九百五十人もの名, 九百五十八米の地点, 九百五十匁でまことに, 九百五十年にはじまる, 九百五十年ごろの人類, 九百五十年前にすっかり, 九百五十日計三十二石八斗五升, 九百五十萬人が餓死, 九百五年巴里のアンドレエ・アレエ, 九百人ほかに妻籠泊まり, 九百人馬やら徒歩, 九百何円の金, 九百何十人といふこと, 九百何十円といふ巍然, 九百何十圓といふ巍然, 九百何十年かにまた, 九百何号かに達し, 九百何年まで, 九百何號かに達し, 九百余両ところで此金, 九百余名の犠牲者, 九百偈の三本, 九百億弗の支出案, 九百八万九百九十人といわれ, 九百八十一町村といふもの, 九百八十七兩といつた, 九百八十万罐移出して, 九百八十二グルデン三十七クロイツァーを超えなかった, 九百八十八兩の小判, 九百八十八枚が贋物, 九百八十米上州方面の称呼, 九百八年三月先生の巴里, 九百八年十一月廿九日霜白き曉, 九百八百やがて五百メートル, 九百六七十匁ほどあっ, 九百六十三人はどう, 九百六十九年生きたと, 九百六十二と, 九百六十五円あるから, 九百六十五年前に記録係, 九百六十余万円だが, 九百六十八米の車坂, 九百六十六人を有せり, 九百六十升小通詞一級銀五百三十兩, 九百六十年間に百七十余人, 九百六十米の地点, 九百六十米突の白岩山, 九百六年五月二十三日七十九歳で同, 九百六年大佐になつ, 九百六拾参円を送り来る, 九百円づゝこれにカストリ, 九百円なにがしの金, 九百円四間ならば, 九百円毛皮類買って, 九百匁運ばないと, 九百十一年十二月彼によつて, 九百十七年の, 九百十七年九月二十三日のまだ, 九百十七年九月二十三日父はた, 九百十七年十一月二日の正午, 九百十七米の茶臼岳, 九百十九マイルの内訳, 九百十九年オークランド市の所有, 九百十二年の, 九百十二年代の不幸, 九百十二年大日本帝国の白瀬中尉, 九百十五米の三角点, 九百十八九年の西班牙風邪, 九百十六年一月十日の, 九百十四五年に死んだ, 九百十四年六月二十八日墺国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 九百十年位におの, 九百十年余が二十六歳, 九百四十マイルにし, 九百四十七を擁し, 九百四十七人尼一千九百七十五人あり, 九百四十九年のウラニウム, 九百四十九度も地震, 九百四十九米三の三角点, 九百四十二年の変り型, 九百四十二社すなわち在, 九百四十五年でなくて, 九百四十五米三と測られ, 九百四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 九百四十四年十一月○日午前二時大統領私室に於, 九百四十四米笠ヶ岳と共に牛ヶ岳, 九百四十年全世界, 九百四十枚こいつを小判, 九百四十米の一峰, 九百四年にはインド, 九百四年以来順次に, 九百四年十二月東京に生れた, 九百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, 九百四点といふ結果, 九百圓僅に二千九百圓掛つた, 九百圓掛つた尤も埼玉縣, 九百坪ばかりさ, 九百姓の子, 九百字の漢字, 九百年九百九年の文書, 九百年代の初頭, 九百年後の今日, 九百年来の弊習, 九百年皇祖皇太神宮, 九百年間に六つ, 九百幾十日の間, 九百幾年に何処, 九百度くらいにもなっ, 九百戸一万六千人にも達し, 九百把たきぎ, 九百日掛り申候二人にて彫り, 九百有七年支那では光緒三十三年, 九百枚木津新町の, 九百歩で絶頂, 九百瓦の蛋白質, 九百留も出せ, 九百疋とつて, 九百石の代官, 九百石きじはし, 九百米余が終り, 九百萬圓の整理緊縮, 九百萬圓これを癩, 九百萬戸に對, 九百萬磅を要すべく, 九百貫目掛ける十, 九百貫目九百貫目掛ける十, 九百里まで来た, 九百零何年というよう, 九百餘年前の猶, 九百首を得べく, 九に声, 九皆ソレであったその, 九と爲, 九相観不浄観を以てし, 九眉目秀麗瀟洒な風采, 九に見え, 九石七斗七升の高, 九石三人扶持という最下等, 九石九斗以下七石五斗以上を七歩五朱軒, 九の酒, 九確実であろう, 九または四八磅, 九もあり, 九です, 九の一句, 九秀郷竜宮より得た, 九秀郷竜宮将来の十宝, 九の鴻, 九秒間に生, 九種ぐらゐ気張つたツて驕奢, 九種みなメキシコの原産, 九種田は三十歳, 九という, 九穂子二十年来の痳疾, 九穂致軒の二子, 九立大一六東大一三計二九六名, 九竜停車場から汽車, 九竜半島を控, 九竜地区である, 九章一節とにある, 九章中の訳註, 九章中本書に引用, 九章附録に精神変態, 九端庸布百八十常までの特別給与, 九競馬目位に矢張り, 九等出仕某という者, 九等官あたりならまだしも, 九等星二十等星などと称する, 九の溝渠, 九の名, 九を一棚, 九箇年間に約, 九箇月余の唐土留学, 九箇月目に或, 九箇月間は保存, 九箇月間着通した紺サアジ服, 九箇村においては出生, 九箇村家数二千二百六十二軒の内, 九節以下を見よ, 九節小唄の勃興期, 九節註二に引用, 九篇中ここに幾分関係, 九篇中孔子が天, 九米オルケストラの直径三五米, 九米三の三角点, 九米二の絶巓, 九米六の平ヶ岳, 九米四の三角点, 九米突の高, 九紋竜と争, 九紋竜史進左団次の花和尚魯智, 九紋龍史進と左団次, 九紋龍史進豹子頭林冲などという談, 九納堂とあっ, 九という牌, 九細君は五フィート, 九に分ち, 九結婚の時間, 九結婚者を表わす, 九龍と, 九編中にあっ, 九縹緻よしだ, 九羅浪江の春帆, 九美人であった, 九美濃へ七, 九羽どれがその, 九を裂き, 九もだ, 九の中心あたり, 九艘一時に着き, 九十七, 九も白く, 九色白で脊, 九苦しいか, 九英国と大陸, 九英米の気風, 九茂茅蘇城来り小, 九を食, 九荘十荘十一荘十二荘十三といふ, 九といふ荷物, 九菊屋の親父, 九や十萬, 九萬八千八百八十人と御, 九萬六千圓九萬六千圓で何程, 九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 九萬四千八百二十八人女は廿九億九萬四千八百三十人, 九萬町が聊か, 九萬疋の闇, 九葉牡丹か何ん, 九葉草というの, 九蔓草類にその, 九の, 九號所載市村博士の, 九行く行くは頼もしい, 九裸身を屈ませ, 九里護, 九の交じる, 九支度も, 九を重, 九です, 九を習った, 九にアレキサンダー王大軍, 九議会大に紛擾, 九貫一寸に復活, 九貫三百三十五匁余で拙, 九貫三百二十八匁を下るまい, 九貫九百匁運ばないと, 九貫二〇〇匁で大した, 九貫五百紅顔の少年, 九貫公侯伯子男爵の女性, 九貫四百匁とすれ, 九貫廊下へどすんと, 九賽銭の掲示, 九路軍の総, 九を捨てたれ, 九身扮はひどく, 九身體がひ弱く, 九軒みんな欲しいという, 九軒一万二千五百七十八戸が災, 九軒凡そ十軒ほど素見し廻りたる, 九軒建てそれだけで一郷, 九軒次は粕谷, 九軒煙を立て, 九軒目に至ったら, 九軒立である, 九軒粉川様内おすみどの, 九の大, 九であるから, 九輛今は則, 九輯六巻に出た, 九輯巻二十一の百三十一回, 九輯巻二十九の巻初, 九輯巻四十九以下は全, 九輯百七十七回一顆の智玉, 九迄は私にも, 九送料の不足, 九逐電中の三人, 九通目だ, 九通許可し盛ん, 九連城以北に工事, 九連城右の朝鮮側, 九連城寛甸を通り, 九連城戦捷とともに人々, 九連宝燈という大役, 九連山山中に少林寺, 九連環なぞという小曲, 九連草の赤い, 九連覇と云, 九連隊区長官だった, 九週目に舞台稽古, 九は浮雲, 九やると, 九邇坂の土, 九が少し, 九郎あたりを見廻した, 九郎ことも御前, 九郎らに相当, 九郎ト云ウ者ガ公儀ノキジカタ小遣モノノ御, 九郎ノヨウナ者ガ今ハイクラモアルカラ, 九郎一羽斎武田信玄の家臣, 九郎七は家賃, 九郎七三十過ぎのちよい, 九郎丈へとか曾我廼家ちやうちん, 九郎二郎を鳴海, 九郎五一郎の衰退, 九郎五一郎合同第二, 九郎伊藤孫兵衛などの顔, 九郎信治の首, 九郎凧開いた傘, 九郎劇の脚本, 九郎助が持っ, 九郎叔父の肉親たち, 九郎右衛門一味の者, 九郎右衛門宇平の二人, 九郎左衛門が生, 九郎左衛門翁の賢者, 九郎死去団福郎を使者, 九郎版で出した, 九郎達から救い出し, 九郡十一州の主たる, 九部通りは目, 九部類に分れる, 九の杏, 九里三十一町東西櫻島の兩村, 九里中央に一つ屹立, 九里二十八町というところ, 九里二十町南北七里十町にも及び, 九里位は平気, 九里半四国の讃州高松, 九里四方にはびこり, 九里山の一戦, 九里島対岸においてたおれたる, 九里平馬戸村九右衞門秋元九兵衞其の他, 九重嶺と阿蘇山, 九重篇だけでもどうしてどうして, 九重雲深き辺, 九野人で通す, 九鉄道を破壊, 九銀座の死刑台, 九銀行は最も, 九銭九厘の損害, 九銭二厘であったと, 九銭余の損害, 九銭六厘六毛の物品, 九銭大根漬の一片, 九銭小遣がある, 九銭机の上, 九銭米一升三合もったいなかった, 九銭米二合だけなり, 九銭葱は蔬菜, 九銭里芋が五十八銭, 九は天國, 九十五で, 九間一尺もあった, 九間久留米藩次百九十三間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 九間口径三尺の筒, 九間家は広い, 九間東坡数間屋結廬十余間はみな間数, 九間横七間にし, 九間違いなく奨励金, 九間隔て大坂浦, 九を守る, 九関東地方十二北陸地方七近畿地方五中国地方四九州地方十七といふ状態, 九にわかれ, 九隊総員凡そ五万人である, 九階あたりからななめ上, 九階だての塔, 九階八階のアメリカ式, 九階建てのビルディング, 九階級の中, 九隻焼失家屋五百八十余戸死者三千人負傷者は数, 九に載せられた, 九断って, 九に入り, 九は又, 九面観音像その他優にエヂプト, 九が七音, 九頁ウッドの, 九頁予の, 九頁五行目の, 九頁等に梵士, 九からやけ, 九頭ラビツト十三頭であつ, 九頭九尾の狐, 九頭大明神と仏説, 九頭大蛇等諸怪, 九頭蛇の混戦, 九頭露国皇太子が二十七頭, 九頭龍の旦那, 九頭龍求女九州浪人でこいつ, 九頭龍河畔の輪奐, 九顛十起堅忍不抜いよいよ窮, 九首家人箴十五首宗儀九首等を読め, 九首等を読め, 九首連歌が九首, 九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 九馬三氏の, 九馬五七金スグ同, 九鬼門方位のこと, 九之釈, 九鳥居甲斐守の口添, 九鳥羽僧正が八十八, 九麿を一橋殿, 九までがみな此, 九のごとく, 九が草, 九齡大字ヲ書シ作有ツテ一襄ニ満ツ, 九龍側にあっ, 九龍口に於, 九龍山人の枯木水辺, 九龍池などの林泉, 九龍浦浦項元山方面へ行っ, 九%職員三・九%である