青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~乗せ 乗せ~ ~乗っ 乗っ~ ~乗った 乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘
乘~
乙~ 九~ 九州~ 九月~ 乞~ ~乞食 乞食~ 也~ 乱~ 乱れ~

「乘~」 2922, 32ppm, 3720位

▼ 乘~ (367, 12.6%)

9 合は 8 換へ 6 て, の玉之助 4 かかつ, になつて, になる, まは, 切つた 3 になつ, の人力車, 來る, 合ひ, 換へる, 氣に, 氣にな, 物の, 遲れ

2 [18件] たり, ていで, て來, て歸路, て驅, の幌, をあげる, をし, を擧げ, 出しや, 場で, 手に, 手の, 換へて, 遲れた, 遲れたら, 遷りぬ, 馬が

1 [255件] あつた, あはせた, あひ, うやうやしくクラーヴヂヤ・ペトローヴナ, から手, か又は, がし, がつかりした, がもつ, が何より, が僕, が出, けれどか, この停車場前, さうな人柄, さも輕, しが, しが大, そこへ, そしてきちんと, それから蹴, たるに, たるを, つぎ約, づめしかも, てかたむく, てかれこれ, ては美酒, ては赤毛, てまつし, てゆき, てゆく, てゆらりと, てより, てイエルサレム, てスティージェ, てテルラチナ, てマカオーン, て上野驛, て出, て出で, て利根川, て吹毛井, て外, て天國, て宮津, て居る, て居諸, て屏風ヶ浦, て市川新田, て床し, て延方, て怱忙, て手綱, て散り, て明日, て昔, て板橋驛, て此場, て水路三里, て江戸川, て流れ來, て熊野, て知るべし, て羽村驛, て背後, て草寮, て調布, て逃れ, て金色, て釣, て隅田川, て雙, て霞ヶ浦, て馬, て驚き, て鵝, でもした, でも結構, とほし, と身分, どほし, ながら, ながら大長谷, ながら涼む, なはれ, なむとす, になつて咽喉, になつて煙草, になろう, には人生, には無理さ, に留ま, に行かれた, に鞍, に頃合, に飛び, のお供, のかみさん, のつもり, のやう, の一等, の倉松, の傳馬, の名人, の名人倉松, の哲學, の夢, の小娘, の時, の歸, の眞, の稽古, の途中暴れ馬, の青年, はしません, はせぬ, は乘, は鮮, ばかま, まはせない, むしろ故郷, もせず, やう乳の, われら二人を, をあげ, をあげたら, をしない, を上げ, を上げる, トロイアさして, 一ノ宮に, 一臺の, 中士格ながら, 乘れなかつたら, 九日ホノルル寄港十八日午前十時横濱に, 二日目に, 五行の, 人が, 今度は, 代へる, 伊藤君が, 伊藤君の, 偶馬に, 傍から, 先導し, 入るる, 其の前後, 出で, 出でたる, 切つ, 切つたお, 初めと, 又重い, 右左に, 合せガタ馬車に, 合せ境内でも, 合つてがたがた, 合はせる, 同じく共に亡, 同じ故, 坊主くさい, 場から, 場へ, 大山街道を, 大東に, 大空高く, 寄せ, 封筒を, 少年牽く, 屈託し, 廻し, 弓を, 心地もよ, 愛の, 慣るる, 手代は, 掛つた戰友の, 掛つた舟だ, 掛つて之を, 換へた民彌, 換へに, 撞木飛び, 故郷に, 故郷を, 散々の, 方が, 方について, 朝十一時過熱海を, 本を, 札幌へ, 松浦侯に, 桃源橋を, 森を, 棹を, 此頃では, 母衣かけ, 氣だ, 氣には, 氣の, 汝ら斯く, 洋服を, 澁谷に, 烈風の, 無理にも, 物を, 犬が, 硝子戸の, 私は, 移つたのである, 移つたほどの, 移つた時の, 移つて自分を, 移つて舟を, 移つて血の, 竹川町で, 籘の, 給へ, 給へと, 繼ぎもとどおりの, 自分と, 荷鞍に, 衣冠布衣なるべき, 變へ, 財も, 赤革の, 越さむ, 越へ, 車に, 車中も, 車中安眠する, 輕く, 込み, 込みな, 込み來る, 込むとなつて停車場の, 近き鐵道, 途に, 遷り, 遷れり, 郷に, 長篠に, 長谷で, 降りが, 降りの, 雲に, 電車の, 非常に, 馬車が, 駒ヶ岳を, 驛前で, 鴨川天津を, 鷄二が, 龍土軒の, 龍頭より

▼ 乘つて~ (343, 11.7%)

13 ゐた 5 ゐる, ゐるの 4 ゐたの, 出て 3 くれさ, やつて來, ゐて, 出たの, 出ました, 出ようと, 居た, 居るの

2 [23件] いつた, からも單, しまつ, ゐたさ, ゐるやう, ゐる人, 出かけたの, 出かけて, 出ますよ, 出るか, 出ること, 出ると, 動いて, 居たと, 居て, 居ながら, 居りました, 居る事, 行きました, 行くこと, 見たいと, 見ろさ, 遊んで

1 [242件] あだ, あふり, いい氣, いろ, お君, お嫁入り, お振袖, お目, かへる, からにしよう, からの僕, からはつゆ, からはサイラス, からもあれこれ, からも二人, から喰, から町, から私, から行く, から話す, から變, この, この沈默, この道, ずつと千住あたり, ずつと延ばした, その山峽, その翌日, つたら可, と云, なかつた, ながめたこと, はし, はしつ, はゐませんでした, は何, は來, は出られない, は相, は端艇, は飛び, ひさ, ひた, ひびいて, またガタガタ, まだ若い, まはれ, みました, むしろそれ, もい, もう娘, もどること, もなか, もコート, もバス, も乘つて, も乘合, も同じ, も弓矢, も構, も空中戰, も船, も荒れたる, も誰, も雪, やがて下田, やがて結婚, やつて, やらう先づ, るやう, る姿, る客, ゐたから, ゐたが, ゐたこと, ゐたと, ゐたところ, ゐたらうか, ゐたら私, ゐた人間, ゐた女, ゐた座席, ゐた書物, ゐた板, ゐた男, ゐた舟艇, ゐた足場ロツプ, ゐた車, ゐた馬, ゐても, ゐないだらうと, ゐないもの, ゐなかつた, ゐながら, ゐました, ゐら, ゐられる, ゐるうち, ゐるきり, ゐるだらうか, ゐると, ゐるといふ, ゐるひと, ゐるよりは, ゐるわけぢ, ゐるん, ゐるエレヴエタア, ゐるラムプ, ゐる事, ゐる二等室, ゐる女, ゐる姿, ゐる小さな, ゐる屋形船, ゐる惡者, ゐる斑白毛, ゐる時分, ゐる汽車, ゐる海水, ゐる澤山, ゐる相棒, ゐる福々しい, ゐる自動車, ゐる車, ゐる軍艦, ゐる間, をつて貴重, をる, カタカタと, トコトコ登つて來, 上げて, 下りて, 之れ, 倒れすんで, 元氣, 其の仕事, 其の用足し, 出かけた, 出かけるわけぢ, 出たお前, 出たこの, 出たところ, 出たわけぢ, 出たん, 出たんぢ, 出た下手人, 出た二人, 出た位, 出ないん, 出なかつたの, 出なかつたん, 出なきや, 出られさうな, 出られては, 出るの, 出るやう, 出る出た上, 出る氣, 出る積り, 出る筈ぢ, 出る者, 出掛けた, 出掛けて, 出掛けました, 出掛けましたが, 助からうと, 又作る, 吊皮, 大きくやり過ぎた, 大きな行李, 小さな眼孔, 小兒, 居たん, 居た金之進, 居つたが, 居ました, 居らる, 居られたせう, 居るうち, 居るから, 居るぞ, 居るにも, 居るらしい, 居るん, 居る手ランプ, 居る時, 居る綱, 居る馬, 強く少年, 思はず吟じ出されること, 悠々御, 悦ばしさうにこちら, 或程度, 押して逢つて貰, 拙い物, 持つて, 推して, 描き眉毛, 搖れすらり, 暗褐色, 果し合, 泳ぐこと, 流されて, 浮かれて, 涼んで, 渡る, 甘い味, 疲れれば, 白い巾, 立ちづめ, 立去る, 行かう, 行かうかと, 行かうだの, 行かうよ, 行く, 行くとこ, 行くべき汽車, 行くやう, 行く使, 行く道路, 行けば, 行けます, 行こうとは, 見おろす瀑, 見せるさ, 見たばかり, 見な, 見ました, 見ませう, 誘はれるやう, 語り繼ぐ, 貰えて, 走つて, 追つて來, 通りました, 通る家柄, 遊んだ, 遠國, 隣りの, 飛べるやう, 飛んで

▼ 乘~ (253, 8.7%)

8 ことに 7 のを 6 のは 5 やうに 4 ことが 3 のが, のだ, のです, のも, やうな, 前に, 所の, 時に

2 [17件] が早い, ことの, ことを, ので, のである, までもなく, ものか, を得ず, 事に, 女は, 氣は, 男に, 罪人の, 者も, 親類の, 馬に, 駒の

1 [165件] かくて, かごまでも, かさもなければ, かそれとも, から大, から始末, から氣, から泳ぎ, か上り汽車, か反る, か籠, がい, が普通, が順路, くらゐ, ことそして, ことと, ことなど, ことによ, ことも, こと得べからず, こまの, こんどは, ぜ, ためには, ため警察前の, つてことは, つもりで, と, とこら, ところの, とすぐ, とその, とそれ, とでは, と一, と今まで, と今度, と先づ非常, と出掛けた, と大きな, と寒い, と屋根つき, と平次, と思う, と懲らしめ, と最早, と氣持ち, と決つて, と無効, と片, と直ぐ, と車夫, と車掌, と車臺, と辷つ, にも及ぶまい, にわれ, に似, に先後, のであつ, のでした, ので風, のなら, のに, は戰鬪, ほどの處, ほど狂つて, までの無風状態, までの道十餘丁, までもありません, まで十餘丁, ものぽ, も乘ら, やうぢや, や直ちに, よりは山路, よりやい, わけには, わけにも, をうる, をうれ, を得べからず, を願, んです, 一つ木の, 中年者の, 中老人, 乘つた, 乘れなく, 事が, 事の, 事を, 二人, 人, 人々の, 人と, 人は, 人相手の, 人降りる, 人驢に, 位の, 八五郎を, 八挺の, 其の旅畫師, 前の, 可き, 呪文ぢや, 四十恰好の, 圭一郎を, 場合も, 大官でもな, 女をも, 子猫も, 客に, 客は, 家の, 小松敏喬が, 少し前, 所と, 所まで, 所を, 方で, 旅にも, 時には, 時に使, 時の, 時も, 時わが, 時腰を, 樣な, 樣子もねえ, 機會を, 氣だつた, 氣で, 氣でした, 氣も, 汽車のと, 牛車の, 男の, 直ぐ前, 瞬間に, 稽古といふ, 筈だ, 老人は, 者が, 者だ, 能はずし, 船逆らふ, 萬兩分限の, 親船の, 誠に輕便, 質なれ, 贅澤は, 身で, 車ぢや, 都合に, 顏では, 風浪烈しく, 風船玉の, 餘地が, 馬と, 馬の, 馬鹿は, 鼻の

▼ 乘~ (185, 6.3%)

7 て來 53 たり, てあつた, てある, てやる, て置きし, て貰, て貰つて

2 [11件] てあげる, てゐた, て下さい, て居る, て持つ, て置きます, て自分, て貰ひな, て避難, やうが, 申ませう

1 [130件] お里に, かの驚き, がたしされど, その後から, たり目まぐるしく, ちよいと, てあげ, てあつて, てあり, ていつ, ていつぞや, ておくれよ, てからも怒鳴, てきた, てくるり, てここ, てし, てす, てその, てどこ, てはしり出した, ては動けない, てふち, てふら, てみる, てもう, てもと, てもら, てもらつた, てもらはう, てもらふ, てやつ, てやりたい, てやれ, てやろう, てズン, てトロイア城中, てナポリ, てプリアモス王トロイア, て一つ, て一つ輕, て下田, て二處, て今, て停車場, て再び, て出, て助言, て勢ひよく, て半, て吾, て呉れた, て呉れる, て呉れろ, て唐紙, て回轉, て夜, て大手, て子供, て家, て宿, て居, て平原, て往つて, て思はず, て戦場, て振事, て新, て新しい, て水の上, て油, て流し, て流し捨てられた, て浪, て渚, て漕いだ, て漕ぎ出した, て無理, て盛春館, て盥, て着いた, て矢, て神聖, て置い, て置け, て行, て行く, て行つて, て西, て讀む, て貰つた, て貰つてコンブレエ, て貰つて島, て走, て走る, て蹲踞, て追, て進んだ, て運ぶ, て運送, て遠く隔て, て遣, て都城, て陣中, て鳴物入り, て麹町, とくん, ながら妻, に連れ去った, むと海界の, 來り, 來る, 其頭より, 去ること, 友人はう, 周圍に, 唐紙越しに, 婆さんの, 家の, 御者に, 或は他, 手に, 歌が, 泣き悲しむ, 神奈川で, 私たちは, 糸を, 自ら推しめぐらし, 若くは, 酒と

▼ 乘~ (106, 3.6%)

3 て恩愛 2 て人, て夜, て更に

1 [97件] て, ていかなる, ていや, てこちら, てこの, てしまふ, てその, てなぐり付けた, てなつかしき, てなほ, ての青年たち, てみた, てもの, てイフヒム, てトロイア, てプチエー, て下, て之, て以, て企てた, て來, て僭し, て先生, て全盛, て其の, て勇侠者流, て十八, て又, て古い, て古人, て吾等, て城中, て壁, て宋軍, て寄, て富豪, て對象, て少し, て居る, て峰, て帆, て張魯, て往い, て悉く, て成效, て我, て我等, て戰場, て推命者, て放, て敵人, て日蓮宗, て晋陽, て朝廷, て朝日島, て本, て本島, て枯らし, て次, て歌, て歡呼, て生田君, て男, て盛, て盛ん, て私, て穀物, て突進, て竊, て立處, て筆, て自分, て自在, て自己, て色々, て行かしめ, て襲, て西域, て覺, て證言, て逃れね, て郷, て長, て隨分, て露國征伐, て飛散傳播, て高翔, 世界の, 五日四夜に, 僅に, 又は大佐, 始めは, 情に, 新思想, 木火土金水の, 無辜の, 韓國の

▼ 乘~ (85, 2.9%)

6 うと 4 ない樣子 3 ずに, ない, ない顏 2 うとして, ないぞ, なかつた, なければ, ぬが, ぬと, ぬ樣

1 [52件] う, うといつ, うとお, う乘つて我, ざりしを, ざるべ, しむ, しめた, しめて, じとよ, ず分配金, ず堅く, ず夏, せて, せるまでも, ないが, ないこと, ないで, ないでね, ないでも, ないといつて, ないの, ないので, ないも, ないやう, ないよ, ない相手, ない私, ない響き, なかつたが, なかつたこと, なかつたの, なかつたらどう, なかつた事, なきや, なくた, なけあよ, ぬこと, ぬばかり, ぬばかりか, ぬやう, ぬ前, ぬ唄, ぬ態度, ぬ聲, ぬ跣足, ぬ體, ねえ, ねえから, ねえが, ねば, むことを

▼ 乘~ (69, 2.4%)

5 てゆく 4 たま, ている 3 てきた, てくる, てしまふ 2 かつてゐる, たかい, たりし, たりする, てき, てくれ, てくれる, て下さい, て行く

1 [29件] かかるの, かつてる, かつて居ました, かつて行つた, たらしく, たりした, たり下らない, たり見合せ, たり鈴, たり驢馬, たるが, ちやひませう, ていただきたい, てくれず, てくれない, てくれるでごわす, てこつ, てしまひ, てます, てみせよう, てみたなら, てみる, てやる, てゆけ, てるのよ, てる人で, てる人の, て下され, 取りを

▼ 乘つた~ (66, 2.3%)

5 やうな 3 ことが, のであつ, やうに 2 かといふこと, ことの, といふこと, んだ

1 [44件] お組, かと思う, かも知らない, かも知れない, がす, がその, が今度, が少し, が私, が車中, ことに, ことは, ことも, ことを, し見た, その蕾, だろ, といふ, ときから, と云, と同じ, と思, など其一例, ので僅か, ので私, はるな丸, は牛車, ばかりで, ほどの厄介, ものだつた, ものである, ものです, ものに, ものは, やうだに, わけで, んだろう, ンだ, 中老人, 丸い顎, 大親爺, 女巾着切, 時と, 素晴らしい恰幅

▼ 乘せた~ (50, 1.7%)

53 馬が

1 [42件] か人, といふ自動車, のでし, のを, まま呑んでしまつた, 一方の, 俥が, 俥を, 儘, 儘ぶらつ, 列車が, 列車は, 大釜の, 山駕籠が, 手桶の, 時私は, 檳榔毛の, 汽車が, 生れたての, 白象といふ, 籠や, 米饅頭の, 老人が, 脚の, 自動車が, 自動車は, 舟が, 船が, 船は, 荷車を, 警察自動車は, 車夫が, 軒の, 辻自動車運轉手の, 通ひ, 重い車, 電車は, 顏で, 香爐に, 馬車をば, 騾馬, 鹿島丸は

▼ 乘つて來~ (46, 1.6%)

5 たの 43 た船 2 たつて, ました, ません, ると

1 [26件] い, さうな小船, たが, たといふだけでも, たので, たやう, たらしかつ, た列車, た新, た時勘次, た機關車, た汽船, た私達, た老, た馬車, た鳥取新報, ては先生, てゐた, てゐる, て凡, ない話, ること, るの, るわ, る人, る線香

▼ 乘~ (43, 1.5%)

2 小村

1 [41件] ままに, ものと, われを, タイラーなる, 二階に, 佛教に, 作にて, 信のみは, 倉松に, 兎も, 兒よ, 公式さ, 公式について, 公式を, 君が, 太宗も, 子が, 小僧や, 小學生, 愁, 感傷には, 打つた極印, 教説社會の, 星に, 根器ならざる, 極印が, 樂しみと, 歌, 歸路野末の, 洞神部に, 矢野氏に, 禪は, 稚兒, 端艇を, 能登に, 船員數名と共に, 載する所, 辯護説も, 馬車には, 馬車へ, 馬車へは

▼ 乘り出し~ (33, 1.1%)

2 てゐる, て來, て手

1 [27件] さへ, そこから, て, てきた, てくれ, てくれる, てしまつたの, てしまひました, てその, てそれでも, てにやりと, てゐた, て下さらなきや, て下さり, て下され, て兩國, て力, て嬉し, て居りました, て散々, て汽車, て用人棒, て行く, て行つて, て金五郎, 加減に, 氣味です

▼ 乘り込ん~ (30, 1.0%)

11 で來 2 でゐた

1 [17件] でいきなり, でお祭, でから事態, でから十日目, でくれた, でその, でもらひたい, でゐる, で散歩, で旅行, で朝夕, で柳澤氏, で漸く初めて, で現場, で行きました, で行く, で行つて

▼ 乘~ (29, 1.0%)

2 さうなもの, ど, ば最早, 蒲團へ

1 [21件] さう, さうにも, さうに思はれぬ, そうだ, といふ, と云, と勸め, ばその, ば好, ば明日, ば樂, ば米澤, ば落ちる, もしない, われの, ツと, ツ何處の, ツ卑怯だ, 同船許す, 天つ, 町人乘れ

▼ 乘せられ~ (28, 1.0%)

2

1 [26件] ていました, てきつ, てすでに, てそれ程, てもど, てゐる, て一日じゅう私, て不知, て仲, て取り得なかつた, て夜逃げ, て太政官, て家, て幾十人, て數哩, て殺される, て流れくだり, て海上, て淺草, て隔離病舍, て雁字がらめ, 二人は, 河口湖底に, 若い男, 髮を, 魔睡

▼ 乘出す~ (26, 0.9%)

3 ことに, 氣に 2 のは, やうに, わけには

1 [14件] ことにな, と, のが, のです, のに, のを, までもあるまい, まで殆ど, やうな, わけにも, んです, 場所ぢや, 氣にな, 親分では

▼ 乘~ (23, 0.8%)

2 いい舟

1 [21件] からだ, もので, 中老人鬢に, 井架に, 大女, 女で, 文人の, 格子が, 格子を, 潜戸を, 潜扉などを, 物干, 男が, 男で, 縁の, 舟を, 身體に, 金箱に, 長火鉢に, 鞘が, 體格が

▼ 乘つたの~ (20, 0.7%)

1 [20件] だが, だけれど, ださうです, である, であるとの, でしたが, ですよ, はお, はどんな, はほんの, はまあ, はもう, は丁度, は其の, は初めて, は最後, は鷲津, もお供, をお前, を見つけました

▼ 乘せる~ (18, 0.6%)

1 [18件] か, ことにな, とその, と又, と嚴重, と心持, と雨, のだ, のであつ, のです, のでない, より他, 分量が, 爲に, 物, 用意を, 自分は, 船が

▼ 乘込ん~ (18, 0.6%)

2 で行く

1 [16件] でお, でこの, でそんな, で一, で一つ啖呵, で主人, で何, で入口, で内儀, で御, で手前, で掛合つた上, で深山, で行きました, で行きませう, で行け

▼ 乘~ (17, 0.6%)

2 見えて

1 [15件] よりて, 二人乘つた舞子の, 反比例し, 反比例する, 尠から, 於ける始皇, 普通な, 汗を, 泥を, 現はれ, 疊見し, 痕を, 詳記され, 這ふ, 造られて

▼ 乘れる~ (16, 0.5%)

2 かどう, やうに

1 [12件] か, が二人, といふ處, のです, ま, 一客は, 也, 人多くは, 寢衣着たる, 時さへ, 船, 車の

▼ 乘~ (16, 0.5%)

2 あげて, 揚げて

1 [12件] したもの, して, する消防夫, 一挺とつて, 分ち經, 始め各, 揚げられて, 擧げて, 申し込んで, 説きしは, 遍ね, 附けて

▼ 乘り出した~ (14, 0.5%)

2 のは

1 [12件] が, ことが, ところを, のです, のも, やうで, やうな, 丹之, 時は, 汽車の, 紅組の, 造りで

▼ 乘込む~ (14, 0.5%)

3 わけにも

1 [11件] とその, とどんな, と一ぺん, と丁度, と間もなく, のかと, のは, やうな, 三谷堀は, 積りで, 筈でございます

▼ 乘~ (13, 0.4%)

2 て蘇州

1 [11件] てやつ, てパルテイヤ, て上野停車場, て乘客, て九月, て堂々, て嬉し, て居なかつた, て日本, て湯, て越後

▼ 乘込んだ~ (13, 0.4%)

5 時は 1 ときは, ところから, ところは, 天狗は, 役人と, 經緯を, 貞女畠の, 隙に

▼ 乘り越え~ (12, 0.4%)

1 [12件] てき, てこつち, てこの, てホーム, て出, て此方, て父, て逃げ出した, 乘り越え, 小僧達の, 廣い, 自由に

▼ 乘り込んだ~ (12, 0.4%)

2 同心羽田庄兵衞は 1 がその, が君, ことは, はずみに, もののいつ, 三等客車の, 人達が, 時には, 時義雄の, 汽車は

▼ 乘つて行~ (11, 0.4%)

7 つた 2 はれ易い 1 つたが, つたころ

▼ 乘り込む~ (11, 0.4%)

1 [11件] といふ場合, とその, と丁度, と今, と何, と果して, と驚いた, までにまだ, やうに, 一百二十人, 時まで

▼ 乘りし~ (10, 0.3%)

1 て笹塚, 一行の, 兵車を, 日の, 日より, 日よりけ, 時, 船黒き, 車の, 車を

▼ 乘れない~ (10, 0.3%)

1 が膝小僧, し女, とあなた, な, なぐれた, の, ので大枚四千フラン, ので窓, ものと, 氣が

▼ 乘って~ (9, 0.3%)

1 いるの, いるもの, いる彼, さかんに, 二日がかりで, 來た, 出られるの, 村の, 頂けますかね

▼ 乘りこ~ (9, 0.3%)

1 たへられるか, ませ中, もう, んで, んでやろう, んで伊藤氏, んで宇内, んで心靈科學, んで車

▼ 乘りか~ (8, 0.3%)

1 かつてゐる, へた, へたでせう, へて東村山驛, へて鬼怒川, へ正午頃高知驛, へ湯ヶ原, へ驛

▼ 乘り出す~ (8, 0.3%)

2 のです 1 からイヤ, に決, のは, までには到つ, 氣に, 車の

▼ 乘り越し~ (8, 0.3%)

2 て行く 1 てし, てその, て下, て草原, て行, て遊ん

▼ 乘るべき~ (7, 0.2%)

1 はうま, ものなし, 人が, 信越線の, 戰の, 所にて, 所へ

▼ 乘~ (7, 0.2%)

2 の, の乘ん 1 なさいよ, なせえ, なせえと

▼ 乘~ (6, 0.2%)

2 佛説でない 1 ある之, どうしました, 一番面白い, 始まつて

▼ 乘~ (6, 0.2%)

1 あつて, ゆかれた跡, 一方は, 山陰道でも, 漕いで, 端艇に

▼ 乘りたる~ (6, 0.2%)

1 そら行く, は法皇, は眞先, わが導者, 時は, 耶蘇は

▼ 乘ります~ (6, 0.2%)

1 からと無慈悲, からな, とたいへん, と其所, のかいな, よ

▼ 乘り移る~ (6, 0.2%)

2 哀れさ家には 1 ことの, の事實丈, 舳の, 靈媒は

▼ 乘つてる~ (5, 0.2%)

1 けれど細, のかも, のを, ものは, んだ

▼ 乘つ取る~ (5, 0.2%)

1 ために, 企らみだ, 大望を, 氣だ, 氣で

▼ 乘にも~ (5, 0.2%)

1 三乘にも, 少しの, 暗くした, 軍氣に, 齊しく

▼ 乘りかけ~ (5, 0.2%)

1 てし, てゐた, てゐる, て居る, て討ちたい

▼ 乘りたい~ (5, 0.2%)

21 と云, と強請りました, と言つて

▼ 乘出し~ (5, 0.2%)

1 の潮時, やがつたな, やがつて, やこんな, や千人力

▼ 乘合せた~ (5, 0.2%)

1 のか, 他所の, 旅役者の, 英米等の, 電車の

▼ 乘込みました~ (5, 0.2%)

31 がまる, ぢや

▼ 乘した~ (4, 0.1%)

1 次第です, 第一船, 者も, 車を

▼ 乘じた~ (4, 0.1%)

1 のみで, 幕府が, 平次一氣に, 群衆は

▼ 乘せられた~ (4, 0.1%)

1 ことは, といふ覺, のだつた, のは

▼ 乘せ申し上げ~ (4, 0.1%)

1 てまず, て大和, て教え, て送り出しました

▼ 乘~ (4, 0.1%)

2 られて 1 しめる機會, られる氣持ち

▼ 乘つけ~ (4, 0.1%)

1 て曳い, て楊弓, て置い, て足

▼ 乘つたら~ (4, 0.1%)

2 どうだ 1 何うだらう, 八百圓も

▼ 乘つた時~ (4, 0.1%)

1 から妙, の窮屈さ, は圭一郎, またへどを

▼ 乘つて迎~ (4, 0.1%)

4 ひに

▼ 乘りこんだ~ (4, 0.1%)

1 おばあさんは, 女の, 時澤山の, 最初の

▼ 乘りつ~ (4, 0.1%)

21 けられる者, づける場合

▼ 乘りなされ~ (4, 0.1%)

3 お供を 1 お供しまする

▼ 乘りました~ (4, 0.1%)

1 が, がそれ, が一等室, よ

▼ 乘り上げ~ (4, 0.1%)

2 てし 1 て, てそして

▼ 乘り入れ~ (4, 0.1%)

1 たり, てその, て來, て酒

▼ 乘り切る~ (4, 0.1%)

2 ことが 1 かそれ, と逡巡

▼ 乘り廻し~ (4, 0.1%)

1 てゐた, て出歩い, て見物, 雨風の

▼ 乘り捨て~ (4, 0.1%)

1 てはいけない, て大, て置い, 片隅の

▼ 乘れた~ (4, 0.1%)

1 ことだらう, と思はれる, もので, 人たちは

▼ 乘出さず~ (4, 0.1%)

2 には居られない 1 に, にはゐられなかつた

▼ 乘取る~ (4, 0.1%)

1 つもりだつた, つもりだつたらう, にはお, のに

▼ 乘合せ~ (4, 0.1%)

1 てゐたら, て大澤温泉, て居つた, て盛岡

▼ 乘組む~ (4, 0.1%)

1 事に, 事を, 必要も, 筈の

▼ 乘組んだ~ (4, 0.1%)

1 かつい, 伊太利の, 時から, 艦の

▼ 乘越え~ (4, 0.1%)

1 て入, て縁側, 火の, 錠前は

▼ 乘越す~ (4, 0.1%)

1 ところを, のは, やうに, 工夫が

▼ 乘する~ (3, 0.1%)

1 に足る, は病人, もの必ず

▼ 乘~ (3, 0.1%)

2 可きの機 1 可らず

▼ 乘ずる~ (3, 0.1%)

1 ことを, ところと, のみにあらず

▼ 乘せられる~ (3, 0.1%)

1 ことに, と町, のは

▼ 乘たる~ (3, 0.1%)

1 とに論, と小, 船中三人死し

▼ 乘った~ (3, 0.1%)

1 もので, グリンカは, 飛行機は

▼ 乘つた事~ (3, 0.1%)

2 がある 1 あらしまへん

▼ 乘つた人~ (3, 0.1%)

1 が十二名, が町, は北村勝雄氏

▼ 乘つた氣~ (3, 0.1%)

2 で安心 1 でゐられる

▼ 乘つた船~ (3, 0.1%)

1 で止む, の名前, はそれ

▼ 乘つて島~ (3, 0.1%)

1 の方, へ渡つて, へ渡る

▼ 乘つて歸~ (3, 0.1%)

1 つたが, られた, る時

▼ 乘~ (3, 0.1%)

1 一端へ, 出られた, 居る

▼ 乘なる~ (3, 0.1%)

1 ものかね, ものだ, ものの

▼ 乘~ (3, 0.1%)

1 亦風浪, 建前も, 渦を

▼ 乘られ~ (3, 0.1%)

1 て支那, て本, て見れ

▼ 乘られた~ (3, 0.1%)

1 ことを以て, 木像お召物の, 艦隊の

▼ 乘りつけ~ (3, 0.1%)

1 たり白晝, てわたし, て來

▼ 乘りまし~ (3, 0.1%)

1 て長い長い, ようえ, よう私と

▼ 乘り移り~ (3, 0.1%)

1 私も, 舟と, 蓙の

▼ 乘り込み~ (3, 0.1%)

1 以て, 殆ん, 鎌倉に

▼ 乘れたら~ (3, 0.1%)

2 乘る 1 ば乘

▼ 乘~ (3, 0.1%)

1 たが, た衆, て歩ける

▼ 乘心地~ (3, 0.1%)

1 がよかつ, はまことに, も好かつた

▼ 乘思想~ (3, 0.1%)

1 が會得, の精髓, は此

▼ 乘込み~ (3, 0.1%)

1 朝から, 淺草まで, 謠の

▼ 乘込める~ (3, 0.1%)

1 やうに, わけは, 海底戰鬪艇の

▼ 乘させた~ (2, 0.1%)

1 のだ, のに滿

▼ 乘じたる~ (2, 0.1%)

1 吾等の, 或物

▼ 乘せたる~ (2, 0.1%)

2 輕氣球は

▼ 乘せま~ (2, 0.1%)

1 する, つりて倭に

▼ 乘せん~ (2, 0.1%)

1 ときわれヘクト, とき神は

▼ 乘っけて~ (2, 0.1%)

1 仰向きに, 發たせ

▼ 乘つかる~ (2, 0.1%)

1 とそのまま, とスピード

▼ 乘つける~ (2, 0.1%)

1 とその, のは

▼ 乘つた人々~ (2, 0.1%)

1 が降り, の船舶

▼ 乘つた人たち~ (2, 0.1%)

1 が疎, であるが

▼ 乘つた佛~ (2, 0.1%)

2 の前

▼ 乘つた姿~ (2, 0.1%)

2 ではない

▼ 乘つた樣子~ (2, 0.1%)

1 です, もなかつた

▼ 乘つた者~ (2, 0.1%)

1 があの, に一人

▼ 乘つた身體~ (2, 0.1%)

1 の大きい, 少し張れつぼつ

▼ 乘つて一時間~ (2, 0.1%)

1 ばかりで, ほども來

▼ 乘つて品川~ (2, 0.1%)

1 の壽屋, まで通し

▼ 乘つて外~ (2, 0.1%)

1 の者, を見

▼ 乘つて家~ (2, 0.1%)

1 へ歸, を飛び出した

▼ 乘つて弓~ (2, 0.1%)

1 を射, を射る

▼ 乘つて得意げ~ (2, 0.1%)

2 に走つた

▼ 乘つて故郷~ (2, 0.1%)

1 へ歸, へ歸つて來

▼ 乘つて旅~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 乘つて東京~ (2, 0.1%)

1 へ來, を離れる

▼ 乘つて私~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は夢中

▼ 乘つて船醉~ (2, 0.1%)

1 すること, を感じ

▼ 乘つて行つた岡田丸~ (2, 0.1%)

1 が美保, は海そうめん

▼ 乘つて釣~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 乘といふ~ (2, 0.1%)

1 のである, ものに

▼ 乘とは~ (2, 0.1%)

1 云つても, 行かぬの

▼ 乘~ (2, 0.1%)

1 勸工場の, 岡つ

▼ 乘られる~ (2, 0.1%)

1 その瞬間, とうるせえ

▼ 乘りあるく~ (2, 0.1%)

2 時は

▼ 乘りこん~ (2, 0.1%)

1 だが, でしまっ

▼ 乘りす~ (2, 0.1%)

1 て, てた

▼ 乘りすてぬ~ (2, 0.1%)

2 雪子は

▼ 乘りた~ (2, 0.1%)

1 がつた, そに

▼ 乘りだし~ (2, 0.1%)

1 てよく, て來

▼ 乘りつけた~ (2, 0.1%)

1 のである, んです

▼ 乘りらしい~ (2, 0.1%)

1 汚い男, 若侍

▼ 乘り出せ~ (2, 0.1%)

2 ば家中表

▼ 乘り切り~ (2, 0.1%)

1 て遣, 汗塗れ

▼ 乘り合し~ (2, 0.1%)

1 てゐた, てゐる

▼ 乘り居たる~ (2, 0.1%)

1 は三十計, は三十許

▼ 乘り捨てた~ (2, 0.1%)

1 ソオル主任警部と, 自轉車

▼ 乘り越す~ (2, 0.1%)

1 手段として, 者が

▼ 乘れず~ (2, 0.1%)

1 只管雙脚の, 車にも

▼ 乘れなかつた~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, もの急ぐ

▼ 乘れます~ (2, 0.1%)

2 物か

▼ 乘出さう~ (2, 0.1%)

1 かと思つて, としてゐるで

▼ 乘切る~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことの

▼ 乘廻す~ (2, 0.1%)

1 人を, 小説を

▼ 乘越える~ (2, 0.1%)

1 だけさ, 術が

▼ 乘越し~ (2, 0.1%)

1 さう, といふ失敗

▼1* [496件]

いたし天台, 乘大乘, 乘きつてゐる, 乘さばつてコツプ酒の息, 乘さんに聞い, 乘したる男の, 乘しなさるとかあの, 乘じさせて其の, 乘じるつもりで, 乘ずる事の早い, 乘ずる巧妙なる舟子たる, 乘ずる敵軍の不意, 乘ずる特殊な空氣, 乘ずる處となつ, 乘ずる隙が無い, 乘ずれば, 乘せあるは夜目, 乘せでつて貰ふす, 乘せない工夫ばかり, 乘せましたよ, 乘せまつりし昔思ひ, 乘せようとしてゐる, 乘せろといつ, 乘せ丸めたモグサを, 乘せ奉り大海が, 乘せ掛けたので差引, 乘ぜんとする, 乘たちであつ, 乘と樹, 乘だして見た, 乘やア, 乘っかったのよ, 乘ってからもつらさ, 乘ってね二日も, 乘つかつて村, 乘つかつた日には, 乘つからうとしてゐる, 乘つからせないやうに, 乘つかる如く下駄を, 乘つきつてゆく, 乘つけたの繋い, 乘つたかいなアあんたは全, 乘つたくらゐの, 乘つたさうで, 乘つたつて走らない, 乘つたつて恥かしくないわ, 乘つたほか全部草鞋の厄介, 乘つたやうにも思, 乘つたように沈沒, 乘つたらうと思ふ, 乘つたら行けるんでせう, 乘つたる秀吉が, 乘つたタクシは僕等四人, 乘つたボオイこそいい, 乘つたポーズのある, 乘つた上り列車が停車場, 乘つた中年増を雲, 乘つた二等室には他, 乘つた五十六人は薩摩國甑島郡, 乘つた五島の奴, 乘つた俥がはずむ, 乘つた切りだが, 乘つた列車の食堂車, 乘つた勢ひでやつてのけなけれ, 乘つた同勢の一人, 乘つた四十一人は肥後國天草郡, 乘つた四肢などを見る, 乘つた女と一, 乘つた姿勢の立派, 乘つた子供づれの細君, 乘つた學生とも職工, 乘つた客は行商, 乘つた小菅がかへつて易々, 乘つた少年達が手紙, 乘つた彼女は少し, 乘つた後でも氣持, 乘つた志筑忠雄は良永, 乘つた恰幅で少し, 乘つた新潟からの連, 乘つた時事の記者, 乘つた時貴女はもう, 乘つた時車室はどの, 乘つた普賢菩薩の優れた, 乘つた栗毛の轡, 乘つた樣に威勢, 乘つた武家が番頭, 乘つた氣持になつて, 乘つた汽動車といふもの, 乘つた浪人者の長屋, 乘つた爲に轉覆, 乘つた特別急行列車は名古屋, 乘つた狸のいろいろ, 乘つた猿や其の, 乘つた玉蟲もよく, 乘つた男を人柱, 乘つた男女の侠客, 乘つた町内一番の息子, 乘つた皮膚の光澤, 乘つた相ですから, 乘つた瞬間に船, 乘つた立兵庫お妙, 乘つた等身大の菩薩像, 乘つた紀昌が珍しく, 乘つた群盜がやつ, 乘つた胸や腕, 乘つた自動車を見た, 乘つた舞子の髷, 乘つた舟に近づく, 乘つた艶めかしさ, 乘つた菩薩を少し, 乘つた落人らしい, 乘つた血色はどう, 乘つた警察自動車は十五分, 乘つた譯であるが, 乘つた豊かな感じ, 乘つた豐艶な身體, 乘つた車の轟き, 乘つた近藤宇太八さんとかいふ御, 乘つた連中はまた, 乘つた醜男なのに, 乘つた電車が京橋, 乘つた非凡の美し, 乘つた餘勢でよろよろ, 乘つた馬だけが精進, 乘つた駕籠が嫁入り, 乘つてあしの葉, 乘つておいでになつて, 乘つてざわざわと蘆荻, 乘つてしまつてゐた, 乘つてそこのズック, 乘つてそれから一里, 乘つてづぶぬれの兵隊の列, 乘つてなほ笑ひながら, 乘つてなほ言葉をつづけた, 乘つてもんは椅子, 乘つてイエルサレムの都城, 乘つてキレイだつたの, 乘つてゴロ石の河原通, 乘つてヒステリツクで主人, 乘つてピシヤンコにつぶし, 乘つてベルリンへ引返す, 乘つてペストの噺, 乘つてホテルに歸, 乘つてロシヤ人たちを迎, 乘つてワザをした, 乘つて一かど遠, 乘つて一人の者, 乘つて一足先に移つて, 乘つて一面に桑畑, 乘つて三田の薩摩ツ原, 乘つて三輪の親分, 乘つて三里十何丁上井出の村, 乘つて三鷹村の私, 乘つて上に請求書, 乘つて上京したといふ, 乘つて上方へゆく, 乘つて主君大場釆女と祝言, 乘つて之から數ヶ月, 乘つて乘ると, 乘つて了ふとあたり, 乘つて人氣のない, 乘つて人間の村, 乘つて今しもぱつと投網, 乘つて何をする, 乘つて何處かへド, 乘つて信濃町まで, 乘つて信濃追分の方, 乘つて俺達が窓, 乘つて元村へ歸, 乘つて入江に乘出, 乘つて兩國の橋間, 乘つて出でら, 乘つて出征した女, 乘つて函館へ歸, 乘つて勢がよく, 乘つて十日位そんな風, 乘つて午前八時二十三分發で伊勢路, 乘つて南へ下, 乘つて原つぱ, 乘つて參りましよ, 乘つて台州の官舍, 乘つて名乘りを, 乘つて噺をし, 乘つて四國の高松邊, 乘つて四時四十分頃大宮町についた, 乘つて塀を越さう, 乘つて増田の麥藁帽越し, 乘つて士分に準ずる, 乘つて壻の家, 乘つて夕闇の降り, 乘つて大勢の家來, 乘つて大洋に出た, 乘つて大阪の病院, 乘つて天城山を越す, 乘つて天衣無縫に牌, 乘つて奈落へ來, 乘つて奧に向, 乘つて女の子を二三人, 乘つて女連に盃, 乘つて妖怪を語らう, 乘つて娘と二人, 乘つて尋常に勝負, 乘つて小八幡か酒匂, 乘つて小手をかざし, 乘つて居はしなかつた, 乘つて山を降りる, 乘つて山上へと心, 乘つて山奧へ出掛け, 乘つて岩村田町に向, 乘つて峠の下, 乘つて左手へ通り拔けたん, 乘つて巨富榮爵を得た, 乘つて市中を隈, 乘つて平塚まで入浴, 乘つて平野屋へ散財, 乘つて幾種類もあ, 乘つて廂へか, 乘つて建長寺の方, 乘つて弘く移り, 乘つて彈力と骨格, 乘つて彼女の夫, 乘つて彼岸の沃肥, 乘つて彼等の樣, 乘つて息子の不平, 乘つて我にかへりたい, 乘つて戰ひますから, 乘つて所作事をする, 乘つて手摺に手, 乘つて拍子をとり, 乘つて撒布されるやう, 乘つて支那へ渡つて來, 乘つて敵を討つた, 乘つて新宿へ出, 乘つて日當のい, 乘つて曇つてはをります, 乘つて曳船に曳かれ, 乘つて朝日島の名, 乘つて東京通ひを, 乘つて枝を伐つ, 乘つて槍を持つ, 乘つて横木のうへに腰, 乘つて横濱から留學, 乘つて樽前山をず, 乘つて機關銃を撃つ, 乘つて檣のすぐ, 乘つて權力者の保護, 乘つて歌ひ出すこと, 乘つて正面から向, 乘つて此大使命を果さん, 乘つて歸國した, 乘つて歸路についた, 乘つて死骸を抱き上げ, 乘つて殆んど, 乘つて毎日停車場や船乘場, 乘つて氷柱の垂下つた, 乘つて汐見橋の下, 乘つて江戸中の好事家, 乘つて汽船へ移る, 乘つて沖へ出, 乘つて河下の村, 乘つて法螺を福岡, 乘つて波を立て, 乘つて波浮への道, 乘つて浦島はぼんやり, 乘つて海岸の村, 乘つて海岸傳ひに, 乘つて海濱づたひに遁走して, 乘つて溌剌としてゐる, 乘つて灣の向う側, 乘つて火事場へ往つた, 乘つて無駄口を續けた, 乘つて父のところ, 乘つて牛込から芝, 乘つて現世へやつ, 乘つて畷のほ, 乘つて發表すること, 乘つて白豚のやう, 乘つて百人ばかりの天人, 乘つて皮膚が桃色眞珠, 乘つて秋晴れの田圃道, 乘つて稻穗のよく, 乘つて窓から見下ろした, 乘つて競技的にやる, 乘つて紀尾井町と其先生, 乘つて終ふの, 乘つて終點奧山村に到り, 乘つて綱で高い, 乘つて縣廳に顏, 乘つて翠巒のおの, 乘つて臺灣に往來, 乘つて色白で愛嬌, 乘つて菓子が頭, 乘つて行つた小蒸汽, 乘つて行つたのです, 乘つて行つた先は洛北, 乘つて行つた發動機船の後, 乘つて行つて見た, 乘つて行つて宍道湖の水, 乘つて行つて新築の家屋, 乘つて行つて社の扉, 乘つて街へ出た, 乘つて見送りにかこつけ, 乘つて語つてしまつ, 乘つて警察のヘンダスン大佐, 乘つて貰ひたかつたが, 乘つて赤坂の方, 乘つて蹲むで居た, 乘つて身體を動かす, 乘つて車夫は互, 乘つて輸送船を離れた, 乘つて逃げ渡つて來て難波, 乘つて途中妙義山に登らう, 乘つて通じを催した, 乘つて遂行つて探偵して, 乘つて遊び廻ること, 乘つて郊外へ行, 乘つて都合に依つたら, 乘つて醉つた話などを食後, 乘つて長野方面を遊興, 乘つて開業醫に成り, 乘つて關所破りでもした, 乘つて雨戸の引合せ, 乘つて靜岡から出た, 乘つて顏の道具, 乘つて風や凍りつく, 乘つて食糧を搬ん, 乘つて饒舌つてをられた, 乘つて首がブルブル, 乘つて馨さんがこツそり, 乘つて高粱畠を過ぎ, 乘つ着けたんだ, 乘とか小乘, 乘とかいふことが, 乘などを擧げる柄, 乘になつて突いた, 乘には佛教の, 乘やうで, 乘はなどと當面の, 乘九人も, 乘らして後, 乘らしめよ, 乘らずして城, 乘らばやといふ, 乘らむと思へ, 乘らむとする時にその, 乘らむとせしが二番船出でずといふに, 乘らむと待ちかまふれば, 乘られなかつたに違, 乘らんでも, 乘らんずる如くに見え, 乘らん車屋に空車, 乘りあげたとき源吉は, 乘りうつり小舟を, 乘りうつるとはしけ, 乘りうつれり, 乘りおくれまいとする, 乘りおくれるとボルドー, 乘りかかりますと否, 乘りかけたお菊, 乘りかへたといふの, 乘りかへた僕らのうしろ, 乘りきつた良い年増, 乘りきつた非凡の美色, 乘りきつて申分なく媚態的, 乘りくるを, 乘りくさつたな, 乘りけるが心, 乘りこめずにいる, 乘りさうもなかつたの, 乘りさせる魂膽だ, 乘りすぎてちよきの櫓, 乘りたくて仕方, 乘りたてば樫, 乘りたれば古祠, 乘りだすやうに, 乘りつけろと命じた, 乘りつこはねえや, 乘りではゆツくり, 乘りなさいさあすぐ, 乘りなるを, 乘りはんどるを握つ, 乘りましたら皆さんに, 乘りませうと言, 乘りませんかと言, 乘りまわし月に, 乘りや宜い, 乘りやすのやご, 乘りやブランコの稽古, 乘りや夜の集まり, 乘りよるわいとおも, 乘り上げた氣持ちが, 乘り下りて家, 乘り付けたのである, 乘り入らうとする, 乘り入れし車は, 乘り出さうといふ氣, 乘り出さずにはゐられません, 乘り出さない平次です, 乘り出されてゐる, 乘り出す出さないは別, 乘り出す如きことは, 乘り出ないのが, 乘り切らなければならぬ, 乘り切れないのです, 乘り切れるかどう, 乘り合せて馬車屋, 乘り合せたが生徒達, 乘り始めし日より, 乘り廻すさ, 乘り廻りし方角の, 乘り後れてはつまらない, 乘り後れる所で, 乘り捨てし自轉車, 乘り捨てた憐れむべき姙み, 乘り掛らねば止むまい, 乘り替へたる, 乘り替へて三里, 乘り替へたのだ, 乘り棄ててあつ, 乘り棄てた馬は, 乘り歩き夜遲く, 乘り潰すから, 乘り移つたかと思ふ, 乘り移つてるんや, 乘り移らうとする, 乘り移れトロースの, 乘り終れば年, 乘り組んだことが, 乘り行きクラナエー其の, 乘り行く程に, 乘り行けば海, 乘り調子付いた處で, 乘り超えて, 乘り越えるかどうして, 乘り越え指すかたをも, 乘り越さうとあせつた, 乘り越し突き崩さずには居られない, 乘り込まむ, 乘り込ませられたのであった, 乘り込ませることを, 乘り込めて東京, 乘り通してはいけない, 乘り馴れし駿足にもの, 乘るだろうなんて, 乘るでもなく, 乘るならば, 乘るべし尾の, 乘るまい夜中の, 乘るまじき氣魄が, 乘る知り人の, 乘れといつて僕等畫かき連, 乘れなかつたらその時, 乘れなくても明日, 乘れぬといふ, 乘れませんな, 乘れんですな, 乘ソレ大得意, 乘一番首の功名, 乘上げてくれ, 乘付けて來意, 乘入れると片側, 乘出さないもので, 乘出さなきやなるまい, 乘出せるかなやつ, 乘切らう意氣込が, 乘切れないもんです, 乘取らうと考へた, 乘取りを思ひ, 乘取り得たると, 乘合せたる時は, 乘始皇の前, 乘寺山から下り松, 乘小官員と見えた, 乘惟聖賢能見其微孔子序五篇於書之終, 乘貴年卅六, 乘掛け來り武裝, 乘が正宗, 乘洞元部は中, 乘洞神部は小, 乘移らんと人, 乘移らんず海賊共の, 乘移り互に血汐, 乘組みたる看護, 乘譽依心連戒居士と法諡, 乘越さうとしてゐる, 乘越せないでせう, 乘越せるやうに, 乘込まれたことは, 乘込めば皆んな, 乘通しは危險, 乘逸話の上, 乘自西方來遊上國, 乘陽慶慶年七十餘と記し, 乘鞍山と書い, 乘項處と記せる, 乘高田屋嘉兵衞が國後