青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乗った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

之~ 乍~ ~乏しい 乏しい~ 乗~ ~乗せ 乗せ~ ~乗っ 乗っ~ ~乗った
乗った~
乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘 乘~ 乙~ 九~ 九州~ 九月~ 乞~

「乗った~」 1123, 12ppm, 9062位

▼ 乗った~ (111, 9.9%)

13 である 12 です 5 であった, であるが 3 だ, だが 2 か, だと, であったが, は白い

1 [62件] かい, かその, かなあ, かね, か支那, がこの, がこのほど戦地, がまちがい, がもう, が持病, が最後, が残念, だった, だという, だな, であったかも, でありました, であるかを, でございます, ですか, ですが, ですけれど, ですね, でないこと, では, と余り, と驢馬, にはその, はいつか, はかの, はこれ, はごく, はその, はたった, はどの, はもう, は一月, は事実, は二度目, は十九, は嘘, は夕方, は帝, は新しい, は新吉, は日本, は正真紛い, は瑠璃子, は生まれ, は生れ, は翌日, は菅笠, は豊橋某町, は赤い, は鶏, もこの, よりもズット楽, をなぜもっと, をふと, を手, を見る, テンダロイン等スフレが

▼ 乗った~ (37, 3.3%)

1 [37件] いわば敵人, こいつは, この度, この駕籠賃, これでは, そのまま見えなくなっ, その夕刻, その際, それが, ふしぎに, まことに男性的, 一方の, 乗りながら, 人なんか, 今夜自分と, 何だか身体, 出発の, 土手にて, 夜に, 子供を, 宜かろう, 時を, 最後ひき摺られ, 最後身動きが, 最後途中で, 最期沖へ, 東京で, 海の, 相去る, 私は, 窓外の, 美和子は, 舟の, 車内では, 途中で, 連が, 運転台に

▼ 乗った~ (37, 3.3%)

2 に限っ

1 [35件] から三四郎, から秋, この男, その降り, だけは野郎, ちょっと男, と同じ, においてであった, にはこの, には半分, には波打ちぎわ, にも今日, にも容易, に回数切符, に急, に松林, に江戸帰り, ねクション, のよう, の彼, の鈍い, の鈴ヶ森, はさすが, は一つ二つ, は仰せ, は何だか, は偉い, は全体, は大変, は未だ, は町はずれ, は私一人雪, ふとバス, 下襲, 再びお

▼ 乗った~ (33, 2.9%)

5 でいる 4 でおい 2 で, で安心, で居る

1 [18件] でいなさい, でいろ, でおいで, でご, でちかく, でまあ, でゆっくり, で一つ, で居らっしゃい, で屋敷, で彦左, で待っ, で押, で晩, で水, で随, になれる, には成れぬ

▼ 乗ったこと~ (31, 2.8%)

4 がある 3 がない 2 が無い, のある, のない, はただ, はない, よ

1 [12件] があった, がありません, がなかっ, が美奈子, だろう, で御座いました, はなかっ, はねえ, もなし, を, を彼, を記憶

▼ 乗ったよう~ (31, 2.8%)

2 である, なもの, な気

1 [25件] だ, だから, だが, だけれど, だな, であるが, でね, な御歌, な心持, な意気込み, な投書, な気持, な炎々, な趣, な顔, にさらり, にし, にゆ, に並ん, に云った, に円く, に宙, に説明, に蹌踉, に身体

▼ 乗った自動車~ (27, 2.4%)

2 がすぐ

1 [25件] がその, がどこ, が岡, が川, が左折, が運, との距離, に円タク, のラディエエタア・キャップ, の姿, の運転手, はお, はただちに, はどう, は三十哩, は地下鉄道, は強く, は熱狂, は真暗, は空気工場, は築地小田原町一丁目, は門, をもとめ, を最後, を東京駅

▼ 乗った~ (26, 2.3%)

4 見えて 2 思うと

1 [20件] ある, いえる, したの, すれば, みせた栄三郎, みたらそくざ, 云うこと, 云うその, 云う自白, 云う話, 思いたまえ, 思ううち, 思うの, 思ったの, 思って, 知って, 知ると, 見せかけ二十面相, 見せかけ桜木町八王子線, 見せて

▼ 乗った~ (23, 2.0%)

1 [23件] がこちら, がちょうど, が一艘, が偶然, が外海, が岸壁, が洲, が通る, で沈まない, にも上, のよう, の中, の事務長, は, はあちら, はいつ, はそっと, はもどっ, はゼルシー島, は四百石, は小さい, まで推測, もここ

▼ 乗ったもの~ (19, 1.7%)

3 である 2 であるが

1 [14件] が最も, であろう, です, で太平, とはさとらなかった, と思っ, と想像, と諦め, なの, にブナッケ, に相違, に頼んだ, はないだらう, は誰

▼ 乗った~ (16, 1.4%)

2 がさっと

1 [14件] があちこち, がやってくる, が二, でした, で日本橋辺, と一般, と共に真向, なぞがその道, ならば, なりが道路, はいま, もあり, もしばらくたって, を送り

▼ 乗ったまま~ (15, 1.3%)

1 [15件] お庭, この向こう, その毬, でやや, で京, で自ら, で車, で駕籠ぐるみ, に三味線, の方向, ほえ始めた, また当時, 急がせて, 落ちまいとして, 通りすぎて

▼ 乗ったところ~ (14, 1.2%)

2 がある, でしたちょうど 1 が直ぐ, で強い, で東京, で長女, で風呂敷包, にあった, は, を三丁, を中断, を賞味

▼ 乗った~ (12, 1.1%)

3 だから 2 ですが 1 だか, だからね, だが, だそう, だね, だろ, ですね

▼ 乗った汽車~ (12, 1.1%)

1 [12件] が何度, が東京駅, が通りすぎ, に間に合わなく, の窓, の走っ, ははや, はリモオジュ, は今ごろ, は午後九時頃駅, は四時二十分, や馬車

▼ 乗った~ (12, 1.1%)

2 の運転手 1 から見える, が中央九番街, が来た, が走りだし, が鴨川, はいくら, はもう, は空中, も存外疾く, を一台

▼ 乗ったので~ (11, 1.0%)

2 急に 1 その日, とうとう満, 乗って, 帰って, 心細かった, 満員に, 軽便鉄道は, 陶の, 駕屋は

▼ 乗った~ (11, 1.0%)

2 のない, もない 1 がある, などを述べ居る, はございません, もある, を後悔, を知らず, 見ゆるモセス

▼ 乗った~ (11, 1.0%)

1 [11件] があと, が水平線, が通った, と平三郎, の舳, の船頭, は堤, をその, を漕い, を示し, を見た

▼ 乗った~ (11, 1.0%)

1 [11件] が綱, であった, と振りあげた, に似, に前, のある, の尻, は倶楽部中, は向う, は無事, は私

▼ 乗ったつもり~ (10, 0.9%)

2 でいらっしゃい 1 であそこ, でい, でいたま, でいらし, でね, で待っ, で疑へ, で船長様

▼ 乗ったという~ (8, 0.7%)

1 ことが, ことだ, ことだけで, のが, ものさ, 名目さえ, 想いが, 確証は

▼ 乗った~ (8, 0.7%)

1 がき, が来, が私達, と一しょ, の姿, はさがし, ももう一度, を送っ

▼ 乗った~ (8, 0.7%)

1 が一人, が三人, が子供, が登っ, に御, の方, の生徒, は米沢人

▼ 乗った~ (8, 0.7%)

1 が自分, こそ災難, の姿, はない, は十, は幾人, は新聞社, もあれ

▼ 乗った~ (7, 0.6%)

1 さむらい様, 君の, 妻は, 影で, 才色白で, 杉は, 関は

▼ 乗った~ (7, 0.6%)

1 がずっと, がよかろ, が大丈夫, には二重マワシ, のは口, の美しかっ, へ傾き

▼ 乗った~ (6, 0.5%)

1 下り列車, 不思議にも, 乗ったとき, 乗らぬかと, 乗らぬと, 列車が

▼ 乗ったから~ (6, 0.5%)

1 それで暴風, ひやりとし, シャフトが, 傘は, 怖くない, 民子の

▼ 乗ったロケット~ (6, 0.5%)

1 がうつりだした, の距離, は地球, は氷, は見る見る, は遂に

▼ 乗った一人~ (6, 0.5%)

1 の労働者, の武士, の牧師, の男, の筒袖姿, の美しい

▼ 乗ったとき~ (5, 0.4%)

1 から心, にどんな, にゃ正真正銘, のこと, もう二度とこの

▼ 乗った二人~ (5, 0.4%)

1 がそこ, と徒歩, の武士, の童子, を新子

▼ 乗った駕籠~ (5, 0.4%)

1 に乗り込んだ, のところ, は上水, を取り巻き, を棄て

▼ 乗ったかと~ (4, 0.4%)

2 思うと 1 云えば, 思うまもなく

▼ 乗ったその~ (4, 0.4%)

1 男の, 美しい青年, 舟は, 車室の

▼ 乗った~ (4, 0.4%)

2 しても 1 しては, ちがいない

▼ 乗ったジプシイ~ (4, 0.4%)

2 なんぞで 1 でもなく, でも何

▼ 乗った以上~ (4, 0.4%)

1 でしょう, ともかくも, はその, は降りる

▼ 乗った~ (4, 0.4%)

1 の上, の姿, は三条, は停車場

▼ 乗った~ (4, 0.4%)

1 がある, の当り, はちゃんと, は右

▼ 乗った山駕籠~ (4, 0.4%)

1 が列, には上, を守り, を真ん中

▼ 乗った~ (4, 0.4%)

1 から這入っ, ではこうして, の事, も青木

▼ 乗った電車~ (4, 0.4%)

1 が私, の上, はほとんど, は伊那大島

▼ 乗ったこの~ (3, 0.3%)

1 数日の, 水一滴こそは, 白鮫号は

▼ 乗った~ (3, 0.3%)

1 どなた様, 乗ったけれど, 米屋の

▼ 乗ったわけ~ (3, 0.3%)

2 では 1

▼ 乗ったボート~ (3, 0.3%)

1 はボルク号, は橋, や田舟

▼ 乗った~ (3, 0.3%)

1 でないと, でわし, の狐

▼ 乗った人々~ (3, 0.3%)

1 とは違っ, などがだんだん, の服装

▼ 乗った~ (3, 0.3%)

1 が雪, が飛び込ん, はそこ

▼ 乗った列車~ (3, 0.3%)

1 はクロス点, は一々, は白樺

▼ 乗った場合~ (3, 0.3%)

2 である 1 に駕籠

▼ 乗った宇宙艇~ (3, 0.3%)

1 の進路, の針路, はいよいよ

▼ 乗った~ (3, 0.3%)

1 が生憎, を中途, を捕えられた

▼ 乗った最初~ (3, 0.3%)

2 の日 1 の晩

▼ 乗った様子~ (3, 0.3%)

1 だ, もない, もなかっ

▼ 乗った若い~ (3, 0.3%)

1 ハイカラの, 安南, 巡査が

▼ 乗った~ (3, 0.3%)

2 じゃなかろう 1

▼ 乗った馬車~ (3, 0.3%)

1 の馭者, は埃, は弱い

▼ 乗ったあと~ (2, 0.2%)

1 うやうやしいもの, からじ

▼ 乗ったあの~ (2, 0.2%)

1 まんじゅう笠の, 海岸から

▼ 乗ったうかつもの~ (2, 0.2%)

1 の愚, の愚か

▼ 乗ったお客~ (2, 0.2%)

1 があった, のよっかかり

▼ 乗ったけれど~ (2, 0.2%)

1 何だか気, 停留場で

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 そしていつも, モーターボートに

▼ 乗ったせい~ (2, 0.2%)

1 かいい, か無

▼ 乗ったそう~ (2, 0.2%)

1 だ, です

▼ 乗ったため~ (2, 0.2%)

1 だと, にそれ

▼ 乗っただけ~ (2, 0.2%)

1 でしょうあれ, で郊外

▼ 乗ったところが~ (2, 0.2%)

1 つい乗り替, 乗り越して

▼ 乗ったなり~ (2, 0.2%)

1 その窓, 一日唸っ

▼ 乗ったまでは~ (2, 0.2%)

1 良かった, 覚えて

▼ 乗ったままガレージ~ (2, 0.2%)

2 の中

▼ 乗ったもん~ (2, 0.2%)

1 だと, ですから

▼ 乗ったタクシー~ (2, 0.2%)

1 の尻, は皆

▼ 乗った不定期急行~ (2, 0.2%)

2 はもう

▼ 乗った人たち~ (2, 0.2%)

1 が二組三組, が疎

▼ 乗った人間~ (2, 0.2%)

2 は網

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

2 の先生

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 でより, で行き過ぎ

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 だった, で小

▼ 乗った医者~ (2, 0.2%)

1 が二人, が私達

▼ 乗った大将~ (2, 0.2%)

1 はやはり, らしい侍

▼ 乗った姿~ (2, 0.2%)

1 ではない, を見

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 が昂然, は二人

▼ 乗った小さな~ (2, 0.2%)

1 帆前船である, 蒸汽船は

▼ 乗った小舟~ (2, 0.2%)

1 のよう, を漕

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 の蔭, の陰

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 が島, はその

▼ 乗った心地~ (2, 0.2%)

1 して, でずいぶん

▼ 乗った時分~ (2, 0.2%)

1 にはもう, に出来た

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 な気, にも似

▼ 乗った武士~ (2, 0.2%)

1 が女, と訊い

▼ 乗った気持~ (2, 0.2%)

1 でこの, の安心

▼ 乗った気持ち~ (2, 0.2%)

1 でいられる, で甚だ

▼ 乗った気球~ (2, 0.2%)

1 のガス嚢, の方

▼ 乗った汽艇~ (2, 0.2%)

1 が影, に追いついた

▼ 乗った渡舟~ (2, 0.2%)

1 が上流, はそれでも

▼ 乗った真ん中~ (2, 0.2%)

2 の駕籠

▼ 乗った神尾主膳~ (2, 0.2%)

1 ののろ, は

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 は, は最後

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 じゃいとしい, や特別室

▼ 乗った覚え~ (2, 0.2%)

2 のある

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 をお, をする

▼ 乗った警官~ (2, 0.2%)

1 の一行, の数

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 という獣, の像

▼ 乗った車室~ (2, 0.2%)

1 の前, はほとんど

▼ 乗った~ (2, 0.2%)

1 からまだ, にはまだ

▼1* [342件]

乗ったたくしの, 乗ったあやし気な, 乗ったいなか者である, 乗ったおいらの道庵先生, 乗ったおかげで同乗, 乗ったおとなもつい, 乗ったおりは純白, 乗ったお客様ではあり, 乗ったお松は犬目新田, 乗ったかのように, 乗ったからってすぐ落ちる, 乗ったからとて淋しいし, 乗ったことヴィルノンブルから歩い, 乗ったころはこれ, 乗ったころ女は蒼白い, 乗ったこんな綺麗な, 乗ったさいもん語りのデロレン坊主, 乗ったさっきの母子, 乗ったすべての人々, 乗ったそれだけの事, 乗ったそれなりにまた, 乗ったため満載のまま, 乗ったって一人切で, 乗ったえ奴, 乗ったでもない様, 乗ったとか秘密の, 乗ったとき人力車と競走, 乗ったとき助手席にいた, 乗ったとき博士はさも, 乗ったとき尾の脚, 乗ったとき彼は生き, 乗ったところ付近の国民学校, 乗ったところ無理やりに待合, 乗ったところ領事館へは行かない, 乗ったとて非難される, 乗ったとの情報が, 乗ったのにとうとう影, 乗ったはずの君, 乗ったばかりと思うよう, 乗ったばかりにこんな処, 乗ったばかりの豊志賀の, 乗ったひどい設備それに, 乗ったふうにし, 乗ったぶらんこはますます, 乗ったほうが風がわり, 乗ったまでで何ら, 乗ったままこっちのほう, 乗ったまま宿駅の門, 乗ったまま崖から落ち, 乗ったまま昭和通で自動車, 乗ったまま棒の先, 乗ったまま母の足もと, 乗ったまま犬に吠え立てられ, 乗ったまま玄能で天井, 乗ったまま病院の二階, 乗ったまま破風屋根越しに薄, 乗ったまま自分で動かし, 乗ったまま自転車がもろに, 乗ったまま行方不明となった, 乗ったまま見物すること, 乗ったもう一艘の, 乗ったものの内心の, 乗ったやつの顔, 乗ったアブハジヤ人に出くわす, 乗ったエブスウオウスという新聞記者, 乗ったエレベーターはゆっくり, 乗ったキリストを私たち, 乗ったコサック騎兵が現われた, 乗ったジャンダアクを忘れかねた, 乗ったジーナが, 乗ったジープがつい, 乗ったタクシイの中, 乗ったダグラス機が六時, 乗ったピグミーは刀, 乗ったブランコのみが或, 乗ったマダム丘子の死骸, 乗ったメリーさんがこれ, 乗ったモツの肉, 乗ったライカ犬もぼく, 乗った一乗客の切符, 乗った一団の英国軍楽隊, 乗った一座の人々, 乗った一式小一郎が女馬子, 乗った一枝が必死, 乗った一番列車の上る, 乗った七福神組は追い討ち, 乗ったでもしょっ, 乗った三つの黒い, 乗った三五八八の自動車, 乗った三人の人, 乗った上野介の姿, 乗った上野駅発明石行の列車, 乗ったらしいから, 乗った下市場の兵, 乗った中年の好, 乗った丹生川平の郷民達, 乗った久慈は横, 乗った乗合自動車を日比谷, 乗った九段両国行の電車, 乗った二枚半の字凧, 乗った二等の喫煙室, 乗った二等車は教会堂, 乗った五挺の駕籠, 乗った京子さん諸井看護婦木曾乃この三名, 乗った人物を逃がし, 乗った人達でした, 乗ったの前, 乗った伊丹屋のお, 乗った伊勢守の側, 乗ったのこと, 乗った位置からおのずと, 乗っただったと, 乗ったができなく, 乗ったしは, 乗った俊助はもう一度, 乗った信一は又, 乗った信越線の汽車, 乗った値段をつけました, 乗った停車場はどこ, 乗った偵察機は垂直旋回, 乗った偵察機ただ一機がもうぜんと, 乗ったはこんど, 乗ったの二人連れ, 乗った先生のきちょうめん, 乗った全部の重量, 乗った兵たいが大風, 乗った兵馬と七兵衛, 乗った具合がとろり, 乗った円タクを硝子屋, 乗った冷泉華子を南部集五郎, 乗ったであった, 乗ったのタキシイ, 乗ったの車, 乗った前髪の美少年, 乗った勇助を川中, 乗った勇士のよう, 乗った勘次がこう, 乗った午後八時五十二分の汽車には間に合いませんでした, 乗った蓋馬車と, 乗った南陽丸では竹内栖鳳氏, 乗った叔父の話, 乗ったを開きかけた, 乗った口調で, 乗った吾輩の頭, 乗った味噌樽があまりに, 乗った喪服姿の源氏, 乗った四五十騎の武士, 乗った四角い提灯の, 乗った土御門家一流易道と真赤, 乗った地上の虫けら, 乗った地下戦車がぶるぶる, 乗った地点に近い, 乗った執達吏と一人, 乗ったお染, 乗った籠は, 乗った大きな黒板に, 乗った大串を充分, 乗った大臣家の老, 乗った天女に抱かれ, 乗った天狗の面, 乗った夫妻はぢ, 乗った女子衆のお, 乗った女客が造花屋, 乗った女達は尚, 乗ったが刺繍, 乗った嬢さんが此方, 乗った子供が遠く, 乗った学生とも職工, 乗った孫悟空ならば, 乗った孫策の軍, 乗った宗助は風の音, 乗ったはいくらか, 乗った容色のすぐれた, 乗った寝台車の明け方, 乗った蒸気船が, 乗った小僧にうしろ, 乗った少女の叫び声, 乗った少年が走っ, 乗った山口太郎兵衛という者, 乗った山田敬一にあった, 乗った巧緻な素足, 乗った市電の中, 乗った年増盛り大柄, 乗った年増ざかりの女, 乗った年増盛りに眼, 乗った幼い方は, 乗った幾台かの車, 乗った広大な騎者, 乗った張作霖はソロソロ, 乗った当座はしばらく, 乗った当時の気持, 乗ったで音, 乗った彦太郎が同じ, 乗った彼らのすさまじい, 乗った彼等がセント・ジョウジ・プレス, 乗った往路は多分, 乗った御用聞きが西洋婦人をよけよう, 乗った復活祭のお菓子, 乗った心持に恍惚, 乗った心持ちがある, 乗った恰好でふらりふらり, 乗った愛敬者の田中中尉, 乗った慢心だけで, 乗ったる時, 乗ったですら, 乗った押送使と四人, 乗った支那の労働者二, 乗ったが二人, 乗った敵将一名を部下六人, 乗った敵方の一将, 乗った新興の思想, 乗った新興美術家同盟の指導者, 乗った旅車の轍, 乗った旗艦には特に, 乗った日高丸が帰っ, 乗った明智探偵が原っぱ, 乗ったの黒鶫, 乗った春日丸で, 乗った時それは何, 乗った時町はずれに大きい, 乗った時発射装置のボタン, 乗った時私ゃソッと抱い, 乗った普賢様のよう, 乗った有朋のさき, 乗った木葉船でも間違い, 乗った枯れ葉のよう, 乗った柔和な顔立ち, 乗った格好で賊, 乗った桃林橋の辺, 乗った機上の感じ, 乗った次郎は何, 乗ったの船, 乗った毛糸の襟巻, 乗った気配がし, 乗った汽船は遠州灘, 乗った法王が現, 乗った波立二のみはその後, 乗った浅井君は約, 乗った浪人風の人物, 乗った淀屋の持ち, 乗った源吉が今, 乗った滑稽の果, 乗った漫談中は直立不動, 乗った火星人の乗物, 乗った物乞いを, 乗ったは一層, 乗ったらしく大きな, 乗っただから, 乗った理学士も金庫, 乗った生絹は右, 乗った男共を四人, 乗った異人の行列, 乗った病人ですが, 乗った白く長方形の, 乗った白髪赫顔の老, 乗った白鮫号は左舷, 乗った百姓に大道, 乗った百姓たちが鞭, 乗った皇子の幻, 乗ったを引き寄せ, 乗った盛りである, 乗った省線電車は幸い, 乗った眼差しで語りつづけた, 乗った碩寿翁が走らせ, 乗った私達は車室, 乗った稲葉丸はその, 乗った立像だそう, 乗った立派な人達, 乗った童子の銀製, 乗った二篇に, 乗ったの大井, 乗った筒井にこういう, 乗ったの後, 乗った紀昌が珍しく, 乗った紅い人形を, 乗った紙鳶糸の如く, 乗った紳士である事, 乗った経験を話し, 乗った綺麗な王子, 乗った緊張の過ぎた, 乗った縫子の姿, 乗った美女の中, 乗った耄碌爺からわけ, 乗った者らは繰り返す, 乗った職工かいウン, 乗った用車らしい, 乗った自分が悪い, 乗った自動三輪車がポクポク, 乗ったがこちら, 乗った艦船はいいあわせた, 乗った芳本と別れ, 乗った英国人がけさ投身, 乗った茶碗はだいぶ, 乗った菜穂子がよく, 乗った薪左衛門とそれ, 乗った藤勝はいきなり, 乗ったの空軍, 乗った行きずりの商人, 乗った製作となっ, 乗った親仁も馴れた, 乗った親類の村蔵, 乗った観世音菩薩の威神力, 乗った記憶がある, 乗った調子がなくなる, 乗った警察自動車は弾丸, 乗ったのよう, 乗った貴族らしい夫婦, 乗った赤電車がやはり, 乗った車輛は最後車, 乗った軽い木の, 乗ったが一番最後, 乗った辻馬車の中, 乗った通船が竪川, 乗った連れの女中たち, 乗った運転手などまるで, 乗った道庵先生下谷の長者町, 乗った郊外電車をとある, 乗った酔漢たちの耳, 乗ったさに, 乗った野郎共を呼ん, 乗った野雉たちが必何人, 乗った釣人は誰, 乗った銀造の瞼, 乗った陸橋の上, 乗った隊商が風, 乗った隊長様の脇, 乗った雪駄を爪立て, 乗った電報配達人が綱, 乗った電車切符を記念, 乗った頃千世子はふく, 乗った頃本降りになった, 乗ったを微か, 乗ったして, 乗った飛行機が英国, 乗った養策が帰っ, 乗ったから小, 乗った駅馬車というの, 乗った駆逐艦はそれ, 乗った鬼王丸だけが残された, 乗った魚雷型の高速潜水艇, 乗った鳳陽丸は浦口, 乗った黒雲のよう