青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乗っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

久慈~ ~之 之~ 乍~ ~乏しい 乏しい~ 乗~ ~乗せ 乗せ~ ~乗っ
乗っ~
~乗った 乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘 乘~ 乙~ 九~ 九州~

「乗っ~」 5219, 56ppm, 2052位

▼ 乗っ~ (4928, 94.4%)

147 いた 107 いる 80 いるの 50 いたの 40 いて 29 しまった 28 いるよう, 来て 26 いると 25 来た 22 出て 21 いたが, いました, 帰って 19 いるん, いる船 18 行った 17 行って 16 いる人, 来たの 11 いる馬, 行くの 10 いる間, みると 9 いたと, いるもの, いる者, きた, きたの, 来るの 8 いた者, いること, おくん, くる, しまえば, った, どこかへ, 居るの, 走って

7 [11件] いた小, いた馬, いても, いない, いるので, みた, 下さい, 帰った, 東京へ, 行こうと, 飛んで

6 [18件] いたり, いたん, いるわけ, いるロケット, いる女, いる時, いる汽車, いる男, いる自動車, いる舟, くれと, 出た, 居る, 川を, 流れて, 海へ, 行く, 見ると

5 [20件] いた人間, います, いる小, いる方, いる車, きて, くると, ここを, しまいました, しまうと, しまったの, やって, 出かけた, 出ると, 大阪へ, 来た車, 来た馬, 沖へ, 行くうち, 行くと

4 [46件] いたこと, いたもの, いた二人, いた人たち, いた男, いた船, いないの, いながら, いるか, いるから, いるという, いるところ, いる事, いる人々, いる人たち, いる駕籠, いれば, おいで, おいでに, しまって, その船, それを, まっしぐらに, やって来た, ゆく, ゐる, 二人は, 何処かへ, 先へ, 出発した, 外国へ, 天に, 家へ, 山の, 帰ったの, 帰ること, 来た船, 来ない, 来なかった, 来る人, 海の, 海を, 空を, 行けば, 行ったの, 通って

3 [88件] いたから, いたので, いた人, いた自動車, いった, いって, いなかったの, いますから, いるうち, いるこの, いるし, いるでは, いるとき, いるに, いる客, いる彼, いる牛, いる白い, お出かけに, きた小舟, きました, ください, くるよう, くれ, どこへ, ひらりと, またかけ, ゆくと, ゐて, 上野で, 下って, 停車場まで, 僕の, 出かけました, 出掛けた, 出発する, 動いて, 北へ, 去った, 参りました, 四方を, 大空を, 子供の, 帰る, 帰ると, 帰るの, 帰る途中, 帰ろうと, 彼の, 彼は, 急いで, 来たこと, 来たと, 来たロード, 来た馬車, 来ました, 来る, 来ると, 東京を, 歩いて, 歩くこと, 江を, 江戸へ, 流されて, 海に, 渡って, 湖の, 町へ, 町を, 私の, 窓から, 笛を, 聞こえて, 自分で, 行きます, 行くん, 行こう, 行ったん, 行った船, 行っても, 見た, 逃げて, 進んで, 遊んで, 遠くへ, 静かに, 風や, 駆けて

2 [227件] あとは, いきました, いくの, いたか, いたその, いたはず, いたやつ, いたわけ, いたボート, いたロケット, いた女, いた婦人連, いた時, いた牛, いた舟, いた車, いた駕籠, いたLST, いないから, いなかった, いましたが, いようと, いようとは, いらしたの, いらっしゃい, いらっしゃるん, いられない, いるくらい, いるその, いるはず, いる主人, いる人力車, いる人間, いる列車, いる労働者達, いる奴, いる小さな, いる様, いる訳, いる車室, いる連中, いる限り, いる雲, いる電車, いる飛行機, いる駒, いる黒い, おりました, お星様, お越しに, きたよう, きた汽車, きな, くれそう, くれない, くれなかった, くれば, ここまで, この館, しまいには, しまう, しまった私, それから, ったよ, では, どことも, どっかへ, なにを, ひらひらと, ほかの, まるでこわれた, みたいと, みたいん, みたり, みて, みましょう, みる気, やって来ました, やる, やろう, ゆくが, ゆくこと, ゆくとも, ゆけなかった, ゆこうと, ゐるの, ドンドン逃げ, 一緒に, 一飛びに, 上京した, 上野まで, 下さいと, 下さるとよ, 二人の, 云った, 五右衛門を, 京都に, 今度は, 伝わって, 何か, 何処へ, 先の, 入城し, 出たの, 出るという, 出張し, 出掛けて, 出立した, 北洋から, 半蔵門外の, 南の, 去って, 名古屋城の, 向うへ, 土地の, 外へ, 大胆に, 太平洋を, 家を, 居るから, 峠を, 川上の, 帝都を, 帰るん, 帰る船, 帰途に, 幌を, 幾分の, 引返して, 当も, 往きや, 往来を, 後から, 急に, 戦場に, 手を, 放牧場の, 故郷の, 敵中へ, 方々の, 旅に, 日本に, 日本の, 晩の, 本郷まで, 村はずれの, 来そう, 来たから, 来たが, 来たその, 来たん, 来た乗物, 来た汽車, 来た車夫, 来た駒, 来た駕籠, 来られた, 来るお, 来るべき産婆, 来るもの, 来るよう, 東京に, 此の, 沖の, 波を, 泥の, 海岸に, 湖水の, 無形の, 父を, 牛の, 現れて, 田端の, 甲の, 町の, 矢の, 福島の, 私に, 私は, 私を, 空から, 空へ, 空中に, 空中へ, 窓の, 立ち去った, 立ち去って, 立派な, 竜之, 腰を, 自分の, 荒海に, 行くか, 行くが, 行くこと, 行くという, 行くところ, 行く途中, 行け, 行った時, 街を, 西へ, 見たいよう, 見たまえと, 見物に, 走った, 走らせて, 足で, 身を, 身体を, 退屈し, 逃げるつもり, 逃出した, 通る, 通るの, 遊びに, 還って, 銀座八丁を, 長城の, 門を, 雲の, 飛ばして, 馳け, 駈けつけた, 駈けつけて, 駈けて, 魚を

1 [2823件 抜粋] ああやっ, あちこちし, あの二人, あまつさえその, ある足, あんまり長居, いい女, いくが, いけないと, いずれへか, いたいと, いたけれど, いただきたい, いたとしても, いたジョリクール, いた一両, いた事を, いた偵察機, いた古い, いた大池忠平, いた帆村, いた御, いた搭乗員, いた次, いた獣, いた艦, いた警官たち, いた連中, いた馬車, いったんだ, いっちまったの, いないはず, いない空舟, いない飛行機, いなかったら, いましたのに, いよいよ四国, いらしった事, いらっしゃること, いられます, いるお方, いるが, いるでしょう, いるならひと, いるふたり, いるもう, いるエロ・ハイヤ, いるフロスト陸軍少将, いる一号艇, いる丸木橋, いる二等室, いる仕事, いる伸子たち, いる兵隊姿, いる司令機, いる場合, いる大型セダン, いる官兵衛, いる屋形船, いる当時, いる旗艦, いる板, いる櫓, いる潜水機, いる物, いる短艇, いる童子, いる老, いる花嫁, いる足場, いる金色, いる青馬, いる驢, うかうかと, うつかり, おかしな調子, おったの, おめおめ秀吉, おられたあいだ, おられる方, おります事, おれと, お出ましあそばす, お寺へ, お母様の, お逃げ, かえりました, かすかに, きたごとくこつぜん, きたコスモ号, きた時, きた魚雷型潜水艇, きみの, くださいと, くらっせえよ, くるんだ, くる梅, くれないか, くれまっか, くれるもの, くン, ここへ, こない, この, この北里先生, この川すじ, この片隅, これからすぐに, ころんだか, こッち, さぎ, さっそく王允, さんざんな, しまいいったい, しまったと, しまったわけ, しゃべって, すぐゆだんし, そうし, そこを, そのガラス, その友人, その水, その軸物, それからも, それくらい, それには, ただ一面, たまにそこ, だんだん病が深入り, ついに集合時間, でたらめを, とびだした新, どうかする, どこへとも, どんな空, ねえ母様, はやり唄まで, ひどい事, ふらふらとつい, へんぽんと, まいりましたが, ました船, まず京都, また反響, まっすぐに, みかた, みたいもの, みたくなりますわ, みないと, みようという, みろ親, もうテント, もらいたい, もらう家, やがて臥龍, やって来たん, やらうさ, やるの, ゆかれる姿勢, ゆくお, ゆく客, ゆっくり腰, よけいな, ら曲馬の, わずかに, ゐるから, アラスカの, ウカ, オテルドヴィーユまで, ギッコンギッコンと, サッカリンばかり, スーッと, タレを, テルソン銀行へと, ドテを, ハヤブサ丸に, バーミングハムへ, ヒョロ子だけ, ピシャピシャ打つ, ブロードウェイを, マドロス達は, リヨンを, ローマ蝋燭を, 一ぺんに, 一人の, 一匹の, 一時の, 一瞬の, 一週に, 万里の, 三十分ほどで, 三階へ, 上ったもの, 上海に, 上陸しよう, 下さるの, 下ること, 不思議な, 丞相府へ, 両膝, 中野で, 主調音へ, 九州南端から, 事件が, 二十円三十円にも, 二階から, 京城へ, 人を, 人魚が, 今の, 今橋の, 以前の, 伸びを, 何を, 作ったか, 俯向き加減に, 働いたこと, 元船へ, 先生よりも, 入って, 全身に, 兵庫に, 出かけたが, 出たあと, 出たので, 出た駕籠, 出る者, 出掛けたらいい, 出陣した, 利の, 前後に, 助かろうと, 勤めに, 北国も, 十六日の, 千余の, 博士邸へ, 去り太子一人無銭, 参りますよ, 又呶, 古田中さん, 号令を, 同じ軌道, 向う岸へ, 君ご, 吹いて, 和歌山まで, 唯一無上の, 四十を, 四時間半も, 国分寺で, 地球に, 城へ, 埒の, 堪るかって, 墨田川から, 外出した, 夜ふけの, 大いに泣かせる, 大人しくすまし込ん, 大川を, 大津の, 大連の, 天を, 天幕を, 夫人へ, 好きな, 娘や, 宅へ, 宇都宮を, 実地に, 家まで, 宿に, 尋ね廻ること, 小橋を, 小金井で, 尻尾を, 居た軍夫, 居らっしゃった女房, 居りまして, 居るところ, 居る内, 居る此, 屋敷へ, 山桜を, 岩村田町に, 島を, 巡閲し, 巴里へ, 帆走する, 帰った人, 帰りましたらまだ, 帰るとき, 帰る意志, 帰ろうという, 平凡な, 平野間, 広袖を, 建場や, 張魯は, 当地へ, 往った, 後ろから, 徐々に動い, 御帰り下さい, 御覧なさい, 徹底的な, 思うさま飛ん, 急流下りを, 怪しいこと, 息を, 愉快そうに, 或る, 戦闘中の, 所司代詰所目ざし, 手足を, 押し潰されそう, 掻巻の, 揺れない方, 故国に, 散歩する, 断雲が, 新橋で, 旅する, 旅行を, 日本堤分署へ, 早く帰っ, 明国から, 時々奇妙, 時勢の, 暗い夜道, 書くの, 有馬へ, 本土へ, 本艇へ, 来たお, 来たひと, 来たらしい二十五, 来た乗客, 来た伝馬船, 来た古い, 来た小さい, 来た様子, 来た男, 来た街衢, 来た馬ども, 来ないからは, 来ない感じ, 来ますから, 来るついで, 来る態, 来る線香, 東を, 東北に, 枚方まで, 栄三郎泰軒の, 桜木町の, 椰子の, 横切って, 機械的に, 正体失い, 歩いても, 歩くの, 母者人の, 氏神様の, 気違いに, 水色の, 江戸八百八街を, 沖に, 泛んで, 泳いで, 流れついた, 浜へ, 浪に, 海外に, 淡紅の, 渋団だの, 渡るん, 湖を, 滑って, 漂うまでさ, 漕ぎ出した, 漢江の, 火葬場の, 無類の, 牛込まで, 独逸の, 現れるところ, 瓢箪ぶっくりこなぞは, 田圃の, 甲府へ, 畷の, 登ってさえも, 白い蛾, 盛広の, 直にサラット師, 相変わらず寂しい, 眠って, 石炭を, 秀才と, 空に, 立ち別れた, 立つお方, 竿を, 約一時間半, 素遊する, 終日終夜野を, 緋の, 美しい振袖, 羽生に, 聞えを, 胡坐を, 腹の, 舌たらず, 舟遊びみたいな, 船頭も, 花開いて, 茶色な, 落ちて, 蚕席を, 行かなかったの, 行きたい, 行きますさかい, 行くだけでも, 行くもの, 行く事, 行く支那婦人, 行く筈, 行こ, 行ったやつ, 行った俥, 行った自転車, 行先を, 街路を, 裏門から, 西洋へ, 見せて, 見たが, 見ねえな, 見ようじゃ, 見ろ人, 言うの, 試して, 語り続けた, 警察へ, 貰いたくない, 賑やかに, 走り出すと, 走れば, 蹲って, 身長を, 軽井沢に, 近くの, 迫って, 追いかける米友さん, 追っかけましょう, 追跡し, 逃げた気球, 逃げようじゃ, 逃げるでしょう, 逃げ出すまで, 途中魚尾に, 通り過ぎたころ, 連れだって, 遊ぶこと, 運命を, 道を, 遠い屋外, 遠くも, 遠く遠くいっ, 遠方から, 部落, 里を, 野原の, 金五郎が, 針金で, 銀の, 鎖と, 長谷寺へ, 間もなく日本, 降りた, 陣中を, 随兵十二番までの, 雪の, 青山一丁目で, 順ぐり奥へ, 顕れる生命, 飛び交う, 飛ぶよと, 館林街道を, 香港の, 馭者に, 駅と, 駈け付けること, 驚くべき遠距離, 高い垣, 魚見崎の, 鷺太郎の, 黄塔君の

▼ 乗ったり~ (79, 1.5%)

14 して 8 降りたり 2 したの, するの, 下りたり, 乗ったり, 別荘を, 歩いたり

1 [45件] あるとき, こういう集会, さもなければ二階, した, したが, したらひどい, しないから, しないからね, すると, するよりは, そういう瞬間, なさる, またある, また胸, また鉄工場, また電車, ダンス, テニスに, 一緒に, 下を, 乗り替え, 人一倍の, 体操競技を, 弓を, 権現へ, 歩かせられたり, 毛皮の, 汲取屋に, 汽船に, 父が, 目的地へ, 立派な, 罵ったり, 自転車を, 貿易風に, 足で, 遊びに, 道草を, 雲を, 馬から, 馬勒を, 馬車に, 駄ちん馬に, 鬼ごっこを, 鯉に

▼ 乗っても~ (71, 1.4%)

2 よい

1 [69件] あっちへ, あるいても, い, いい, いいが, いいし, いいでしょう, いいです, いいん, いい訳, いかに貧しく, うっとうしいです, こちらが, こちらは, これが, すぐ五六円, そうだ, どこか, どこで, なお鉄胎, まださ, まだ兵隊, まだ身内, ゆだんせずだ, よいし, よろしい, グラつかない, 一里三十二文それも, 三人は, 三銭とか, 上中等は, 不安な, 両岸, 依然として争っ, 午前七時に, 危険な, 危険は, 君さっぱり, 大事は, 大旅行, 好いです, 宜いといっ, 宜しゅう御座います, 幾年かかる, 彼女は, 徒士供の, 御父様, 怪我を, 料理屋へ, 旅行に, 来ずまた, 東京へ, 波の, 発覚しない, 目まぐるしいよう, 破れること, 空脛の, 背筋から, 舳は, 虚空へ, 行かでは, 足の, 車の, 追いつきたい, 酔っぱらった青年団, 電車と, 電車に, 音が, 食堂列車は

▼ 乗ってから~ (34, 0.7%)

3 行くんだい 2 彼女は

1 [29件] お話ししよう, ろくろく運動, ソッと, 一年目に, 一時間ばかりも, 九時間めに, 兎や, 士卒たちは, 捨てるつもり, 捲るの, 春の, 暫らくの, 書くこと, 書こうと, 甲斐は, 瞬間それが, 矢代は, 祐助君は, 窓の, 立会いの, 第二, 絶えずこの, 美沢は, 羽織を, 自分でも, 芸名の, 訊ねた, 重吉は, 骨箱を

▼ 乗っては~ (32, 0.6%)

2 いけないと, ならない

1 [28件] いけない, いけないとの, いけないよ, いけません, いけませんよ, いつも負ける, いないだろう, いなかった, いなかったの, くれませんで稼ぐに, この工事, それこそ, たまらないと, たまりません駕籠, どこへ, なりますまい, なりません, なるまい, みたが, 口ぎたなくののしり, 四国町の, 料理屋なる, 来て, 来ますまい, 江戸の, 行けん, 顛り返る, 飛び掠めては

▼ 乗ってからも~ (25, 0.5%)

3 彼は 2 お島

1 [20件] あたりに, そればかり, それらの, やはり後悔, 並んで, 今見た, 信一郎の, 動き出してからも, 単に役目, 妻を, 岸本は, 庸三は, 彼女は, 明智に, 時々彼女, 決して言葉, 消えなかった, 相手が, 私は, 葉子が

▼ 乗ってさえ~ (7, 0.1%)

1 いれば, おれば, すれば, その門, 眩暈が, 隣の, 頭痛が

▼ 乗っちゃ~ (5, 0.1%)

1 いかん, いかんよと, いけないよ, いけません馬鹿, ぞろぞろぞろぞろみんな衣裳

▼ 乗ってと~ (4, 0.1%)

1 うっと, ぶし竹, 割って, 彼は

▼ 乗っ~ (3, 0.1%)

1 られて, られようという, り滝川一益

▼ 乗っ込み~ (3, 0.1%)

1 の季節, の鯛, をどんなに

▼ 乗ったって~ (2, 0.0%)

1 何も, 威張れるどころ

▼ 乗ってでも~ (2, 0.0%)

1 いたかの, いるかの

▼ 乗ってという~ (2, 0.0%)

1 欲心も, 類の

▼ 乗ってや~ (2, 0.0%)

2 がる

▼ 乗っ~ (2, 0.0%)

1 くれ, くれや

▼1* [18件]

乗ったりなんかして, 乗ったりなんぞして, 乗ったりはしなくなった, 乗っちゃあ俺たちが, 乗っていうのだ, 乗ってからにしよう, 乗ってからは父は, 乗ってからまで外から, 乗ってけつかるか, 乗ってこそはじめてお客様, 乗ってさ笑っちゃあ, 乗ってしもたもん, 乗ってな行くん, 乗っての大村湾縦走は, 乗ってばかりいられなくなった川辺みさ子, 乗ってまで百貨店に, 乗ってよか雪姉ちゃん, 乗ってわッと