青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「与八~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不足~ ~与 与~ ~与え 与え~ ~与えた 与えた~ 与えられた~ ~与える 与える~
与八~
丑松~ ~且つ 且つ~ ~世 世~ ~世に 世に~ 世にも~ ~世の中 世の中~

「与八~」 1116, 12ppm, 9412位

▼ 与八~ (312, 28.0%)

4 それを, 郁太郎を 3 自分の 2 お松の, この小屋, その時, また道場, みどりの, 和尚の, 手桶を, 早くも, 歩きながら

1 [283件] あとを, いきなり取っつかまえ, いちいちそれ, いちいち見世物, いっこう知らない, いったん自分, いつもそれ, いない, いよいよ怒り出し, いろはから, うちの, おとなしい眼, おとなしくこの, おとなしくそれ, おひる, おもむろに湯槽, お初穂であろう, お地蔵様, お婆さんに, お婆さんを, お松から, お松に, お茶を, きまったよう, ここへ, ここまで, こごんで, この, この中, この住居, この土地, この多数, この家, この時, この矍鑠, これで, これを, こんなこと, こんな独言, さむらい, しきりなく, しきりにその, しきりに感心, しげしげと七兵衛, しばらく考え, しょげ返り, じっと黙っ, すっかり煙, すべて一括し, せっかく解放, せめて苦衷, そこで, そこに, そのお手玉唄, そのグロテスク, その入り込ん, その大きな膝, その昔, その老人, その言葉, その話, その途端, その金, その非凡, その風呂敷包, それこそ, それに, それまでに, それらの, そんなこと, だまって, ついしゃがませられ, ついつい手, ついに草履, つるべ, ではこの, どうかし, どうでも, どうもこの, どうも仕方, なるほどお松さん, なんだかこの, ぼんやりしました, まず最初, またお松, またも郁太郎, また人, また改めて, また独言, みんな焼い, もうすでに片肌, もう地蔵, もとの, もとより少しも, やっとの, やっと気がつい, やっぱり目, やはり呆気, やや事情, よく呑込ん, よく認め, スタスタと, ゾッとして, ホロホロと, ポキリと, ムキになって, 一人の, 一切を, 一切知らぬ, 一向それ, 一室で, 一層の, 一応納得, 一括した, 一時の, 一途には, 七人の, 与えられたお茶, 与八らしく, 串に, 二つ返事で, 二人に, 二人の, 二度安心は, 今の, 今室内の, 他国者だ, 他教育, 伊太夫直々の, 何か, 何とも押す, 何の, 余念なく, 傍の, 八戒よりも, 再び七兵衛, 再び跪い, 初めて聞く, 別に新しい, 別段赤い, 助け舟に, 半纒着, 受取れぬ面, 口笛を, 只管に, 右の, 呆れて, 周囲の, 和らかに, 善いこと, 土下座こそ, 変ったお客様, 変な, 多少その, 大したもの, 大へん, 大悦び, 天性心得た, 婆さんを, 子供たちに, 学問の, 実に有難迷惑そう, 家に, 寺子屋教育の, 寺男の, 少年の, 居ても, 左右を, 常に切々と, 幾日かを, 弱りきって, 彼等の, 心して力, 必ずしもその, 怒って, 急に, 恐怖と, 恐縮し, 恥か, 悪女の, 悪女塚, 情けない面, 意地も, 慄え, 戸を, 所在な, 手綱を, 提灯に, 早速それ, 早速松本吉蔵, 昔から, 暫らく返答が, 暴女王の, 更に動ずる, 更に怖, 有合せの, 有難がらない米, 村の, 村人二人と, 来るごと, 枕もとを, 染色の, 槌を, 欺かれたとても, 歩き直して, 歯の, 死人の, 残って, 気の, 気の毒な, 水車小屋から, 沢井を, 泣き出して, 泰然自若として, 浅からぬ, 海蔵寺の, 炉辺の, 焼筆を, 父の, 片手に, 片膝, 物に, 犬を, 珍客の, 甚しく, 疲労と, 白洲に, 直ちにこの, 直ちに手当, 直ちに訪れ, 直覚する, 相変らず, 相手に, 真に当惑面, 真先に, 知って, 確実に, 立ち上りました, 竹箒で, 笑って, 答えて, 答えました, 箒を, 箸を, 羊羹を, 考えて, 耳に, 聞いて, 脳裏の, 腰に, 膝の, 自在の, 自家の, 苦り切って, 蔭ながら, 西へ, 言われた通り, 説教だけ, 負惜しみに, 足を, 迷惑を, 逆らわず望み通り, 道場の, 道庵に, 道順によって, 郁太郎に, 郁太郎の, 鉄瓶の, 鋤簾を, 隣村大島村の, 離れて, 電剣先生から, 面の, 鞘を, 頬冠り, 飛びついて, 食事を, 飾るところ, 首の, 馬の, 馬鹿の, 馬鹿みた, 黙って

▼ 与八~ (192, 17.2%)

6 前へ 5 ために 3 力は, 姿を, 手から, 手に, 頭へ

2 [19件] ことは, ためには, ところへ, わからないお, 人相を, 仕事の, 仕事ぶりを, 前に, 力量の, 名を, 手で, 手を, 独言は, 言うこと, 言葉を, 面を, 頭に, 頭は, 首へ

1 [128件] いるうち, おっくうな, お経, が特別, きざむ仏像, こしらえた新しい, ことです, このごろは, この仕事, この新屋, この決心, ずうたいを, そばへ, ためにと, ところを, はお伽噺, はやっぱり, は必ずしも, まいた種, また一つ, もてなしぶりを, ように, わからない読経, 三人が, 不幸であります, 人相そのものを, 人相に, 人相の, 人相は, 仕事を, 仕事場が, 仕事場の, 体格の, 信仰と, 信念で, 傍で, 傍へ, 働きと, 働きぶりという, 分として, 力を, 勧誘に, 取柄と, 口から, 口許を, 周囲に, 周囲の, 坐った膝, 塾を, 境涯を, 天下で, 好意に, 姿は, 存在という, 学問では, 学問には, 家は, 巨躯が, 帯に, 彫刻にも, 彫刻ぶりに, 彫刻術が, 後ろへ, 心情も, 心配としては, 心配は, 志を, 快き承諾ぶり, 怪力よりは, 所有物として, 手には, 手によって, 指図に, 推察通り今自分の, 教場の, 教場も, 教策は, 教育の, 方で, 方へ, 明答に, 有する彫刻術, 本心の, 本望は, 歩くの, 水車小屋へ, 災難と, 為すこと, 無駄骨を, 特志に, 生みの, 生活は, 生活も, 生立ちは, 目を以て, 直ぐ前, 眼で, 眼には, 眼をさえ, 私塾には, 私塾は, 経済学を, 耳に, 背に, 背には, 腰に, 膝に, 膝の, 興奮も, 製作場と, 身に, 身上であります, 身体に, 身体の, 運んだお, 道場の, 面の, 面倒も, 面前で, 面前に, 頭では, 頭の, 頭を, 顔を, 首に, 馬鹿力で, 驚き方が, 骨折りという

▼ 与八~ (149, 13.4%)

2 急に, 立って, 言いました, 謙遜する

1 [141件] あの時, あんまり商売, いいだろう, いいますと, いう, いつも思い出す, いないで, お松の, お浜, かぶりますから, こうしてボンヤリ, こう言いました, こしらえたという, この彫刻, この春, この道場, さきへ, しきりに木, すると, そう言っ, その相手, それを, そんなに不平, どういう人, どうしてこの, なだめて, なるほどと, ばかに, ほとんど嘆願, ほんとうに, まず言葉, また怖, また返答, もてあまして, もろくも, やって来て, やや硬く, ようやく自覚, よそゆきの, わけが, わざわざたずね, キッパリと, ダニに, ブラリとして, ホトホト当惑し, 一つクシャミを, 一人で, 丁寧に, 今後の, 今自分の, 仰天し, 伊太夫に, 伏し拝んで, 佐久間町の, 何者かの, 余念なく, 傍へ, 像を, 内心の, 再び抱き起し, 出て, 剣術の, 取押える, 右の, 呆れて, 咽び上って, 地蔵を, 声を, 大きな声, 大菩薩峠を, 子供たちの, 安心を, 実によく神妙, 実行する, 居村から, 帰って, 弁解を, 引受けて, 彫刻を, 彼等を, 御成街道を, 心配を, 応接に, 念を, 怖れれ, 思わず傍, 恐懼戦慄する, 悲しい思い, 感じて, 手を, 拾って, 振向いた時, 整理に, 未決監に, 本家の, 村へ, 東妙和尚から, 松原の, 板の間で, 梅を, 次の, 歯噛みを, 母屋へ, 沢井から, 熱いお茶, 特に見立て, 特志の, 生きて, 申しわけを, 監理人の, 相手に, 知らないこと, 立てたもの, 答えました, 米を, 背負って, 胸を, 自分の, 若干の, 血の, 裏の, 西谷田村大字西岡新田へ, 覚悟を, 観念は, 訪ねて, 註文した, 試みました時, 跪いて, 身を, 通るの, 道場で, 道場の, 道庵先生に, 郁太郎を, 鑿を, 雲龍寺の, 飛んで, 馬に, 馬の, 馬を, 驚きました

▼ 与八さん~ (103, 9.2%)

3 と一緒, の好き, はあと 2 が来た, のところ, の刻んだ, は力

1 [86件] いいだろう, いい着物, うまいだろう, おめ, お出しなさい, お団子, お早う, お食べ, かえ, からお松さん, が, がいら, がいる, がお, がなに, が好き, が来, が来ました, が来る, が馬, この土地, この方, この涎掛, この鯣, さしあたりそれ, そのお, そりゃ無理, そんな悪い, たいそう早く, だけを西, だって苦しい, だって頭, ちょうどよい, ちょっとこちら, ちょっとの, でなければ, では, という人, という若い衆, とおっしゃる, とやらはおそらく, とわたし, どうしてあの, どうしてもここ, どう考えた, なんぞもあれ, にかなう, にはわたくし, に志, に石, に見せよう, に送っ, に逢った, に頼め, に食べさせ, のいる, のお, のこしらえた, のまわり, の傍, の力, の塾, の方, の立てた, は, はありゃお, はいない, はいません, はお人好し, はここ, はどこ, はよろこん, は残り物, まあよく考え, までに迷惑, もいよいよ, もうあたし, もう一つ済み, もここ, もこちら, もしお前, よくおいで, を, を小舟, 動いちゃ, 生れぬ先

▼ 与八~ (49, 4.4%)

7 向って

1 [42件] あっては, お地蔵様, お礼を, こう言われ, しかるべく処分, しては, すすめて, その奉書, つきつ纏いつして, よい道づれ, わかとうという, 与えて, 付ききり, 供養し, 勝てっこ, 厚く礼, 口を, 向っての, 問いかけたの, 問いかけましたから, 声を, 懐くこと, 抱えられて, 抱かれて, 提言し, 教えました, 於て, 於ては, 渡しました, 申し聞かせたの, 相談なし, 紐を, 聞かせました, 言葉を, 話したいこと, 話して, 説いて, 貸して, 返事を, 違いない, 郁太郎, 食わせ自分

▼ 与八~ (49, 4.4%)

2 して, しゃがませて, つかまえて

1 [43件] うちながめ, お供餅, くびり, しゃがませること, そそのかして, だまして, だますと, つれて, ながめ込んで, はじめ聞い, ばかに, また伏し, 三味線と, 使わないこと, 例に, 出して, 出し抜いて, 助けて, 労わり, 取囲むよう, 同行した, 引き寄せて, 引据える, 恐れないで, 担ぎ上げること, 捨てたの, 捨てた人, 擁して, 早くから水車番, 杉の, 煙に, 煙草入と, 猪八戒として, 相手にあたり, 胴上げに, 自分の, 見て, 見ると, 訪れて, 説きつけに, 追抜いたつもり, 道場の, 驚かせ夕方

▼ 与八~ (44, 3.9%)

2 これには

1 [42件] お松も, こう答える, このごろ一つ助かる, この御馳走, さすがに, そういう空気, その一隊, それに, それは, それを, どのみち末始終は, またそちら, またそれ, また同村, また川俣, よく知っ, わけが, 一刀三礼の, 二つ返事と, 何が, 即答の, 困って, 変な, 多少気恥かし, 大口を, 奇異なる, 子供を, 少し乗り気, 時間の, 期せずして, 気がつかずには, 漸く一日, 狼狽し, 知らないでは, 見知り越しであり, 送ると, 郁太郎も, 郁太郎を, 鈍感な, 飛び退きました立って, 驚かされました, 驚かないわけ

▼ 与八~ (31, 2.8%)

2 お松の

1 [29件] お松とは, その携え, それから掃除, みどりとは, もう一人, ムク犬とが, 一緒に, 二人だけで, 同様の, 名のり過日不躾な, 唯一の, 太平は, 実兄永島忠三郎及び, 打解けての, 教え子である, 睨めくら, 短小なる, 米友とは, 米友は, 組打ちまで, 言われた男, 話を, 逃げたの, 連れ立って, 郁太郎が, 郁太郎とを, 郁太郎の, 郁太郎を, 馬とは

▼ 与八としては~ (13, 1.2%)

1 [13件] お松ほどの, ここまでは, この竜王村, その施主, その父, やっぱり日課, 今まで, 強いて, 気の, 決して無理, 片時も, 珍しくない, 背面の

▼ 与八さんお前~ (9, 0.8%)

1 がよけれ, が一緒, この中, のお, の好き, はお前, はずいぶん, は何, 知らないの

▼ 与八という~ (8, 0.7%)

1 ものが, 名も, 水車番の, 特種人物の, 男の, 男を, 者の, 風来の

▼ 与八には~ (8, 0.7%)

1 その満足そう, ちんぷんかん, よくのみこめませんでした, わからないが, 人を, 特に附け加える, 解せないこと, 馴染とは

▼ 与八お前~ (6, 0.5%)

1 がひとつ梅干, が来た, に少し, に餞別, は力, は貧乏

▼ 与八~ (5, 0.4%)

2 はない 1 はどうしても, は根本的, 子が

▼ 与八ひとり~ (4, 0.4%)

1 が罪, が舟, だけを残し, のため

▼ 与八から~ (3, 0.3%)

1 一応お松, 尋ねられて, 言われたこと

▼ 与八さんわたし~ (3, 0.3%)

1 はお前さん, はこの, は直ぐ

▼ 与八さん一人~ (3, 0.3%)

1 でそんな, で行く, を舟

▼ 与八さん御苦労~ (3, 0.3%)

1 だが, でした, ですが

▼ 与八である~ (3, 0.3%)

2 ことは 1 ことの

▼ 与八として~ (3, 0.3%)

1 こんなもの, それを, 光栄でも

▼ 与八自身~ (3, 0.3%)

1 がつとめました, も出立, も知らない

▼ 与八さんこれ~ (2, 0.2%)

1 をお, を上げる

▼ 与八さん与八さん~ (2, 0.2%)

1 の好き, はいない

▼ 与八さん今日~ (2, 0.2%)

1 は一人, は松茸

▼ 与八とが~ (2, 0.2%)

1 坐って, 武州沢井の

▼ 与八としても~ (2, 0.2%)

1 ほぼお松, 気が

▼ 与八とは~ (2, 0.2%)

1 土間の, 大の

▼ 与八に対して~ (2, 0.2%)

1 こんな言葉, 一つの

▼ 与八~ (2, 0.2%)

1 の生徒, をたずね

▼ 与八独特~ (2, 0.2%)

2 の彫刻

▼ 与八聞い~ (2, 0.2%)

1 てくれ, てみ

▼ 与八~ (2, 0.2%)

1 は先鋒総括, を先手

▼ 与八郎長忠~ (2, 0.2%)

1 だけはそう, は他国

▼1* [89件]

与八あんなものを, 与八いいかえさっきも, 与八うっかりあの前, 与八おれの豪い, 与八お松が案, 与八たみの, 与八ここに軽業, 与八こそは全く世, 与八これがそんなに, 与八あん, 与八さんあとでお, 与八さんいつか一度あの大菩薩峠, 与八さんお前さんだってあて, 与八さんお前どこへお, 与八さんこっちへおい, 与八さんそれはよい, 与八さんどこへ行きましょう, 与八さんわしは少し, 与八さんわたし忘れ物をしました, 与八さんエラク御精, 与八さんエ与八さんエラク御精, 与八さんモットお団子, 与八さん七という字, 与八さん与八さん与八さんはいない, 与八さん何かし, 与八さん勘違いをし, 与八さん変なこと, 与八さん後生だから, 与八さん御苦労ついでに道庵先生, 与八さん残り物でもなん, 与八さん独得の説教, 与八さん皆さんがあれ, 与八さん窮屈だろうもう少し, 与八さん遠慮しないで, 与八さん郁坊は無事, 与八じゃねえか, 与八その巌の, 与八それだけ腕が, 与八だけがこの大門, 与八でございますよ, 与八ですもの, 与八でなければ面, 与八とかいう馬鹿が, 与八としての新しい仕事, 与八とだけ書いて, 与八どうだお前ひとつ, 与八どのこの女, 与八どんこないだの話, 与八どん居ついて, 与八いやどうも, 与八ならば据わり, 与八なんぞと呼捨てに, 与八について引上げる, 与八にとってはドレが, 与八にも必ずしもどうでも, 与八に対する態度という, 与八のてもとを, 与八ほどよく知っ, 与八らしく世間の, 与八をもかなり失望, 与八ムク犬の一行, 与八与八と唯一, 与八今夜は心ゆく, 与八出来上ってからここ, 与八同様のもの, 与八大明神の御託宣, 与八がかつぎ上げられる, 与八小屋がおのずから, 与八小林猶之介, 与八少々残念らしく見えます, 与八庭田恒吉山本栄四郎とかわるがわる, 与八庭田恒吉設楽常八, 与八引合わされて取っ, 与八弾正殿の三年忌, 与八彼自身の子供, 与八ろしい, 与八松の木にバッタリ, 与八栃木県では渡瀬村, 与八殿がかなり, 与八がその, 与八田名網忠吉大森留吉島田団蔵中田善次郎福地彦蔵小山藤八黒田茂吉大朏善平, 与八田野入利三郎等, 与八稲村与平等であって, 与八の飯, 与八遊びに来い, 与八郁太郎が上っ, 与八郎下心に挾む, 与八郎家来渡辺金太夫伊達与兵衛中山是非介働き殊, 与八郎殿同半左衛門殿