青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

久~ ~久しく 久しく~ 久しぶり~ 久慈~ ~之 之~ 乍~ ~乏しい 乏しい~
乗~
~乗せ 乗せ~ ~乗っ 乗っ~ ~乗った 乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘

「乗~」 1783, 19ppm, 5959位

▼ 乗つて~ (291, 16.3%)

20 ゐた 9 しまつ 8 ゐて 6 来た, 来たの 3 ゐました

2 [20件] もい, ゐたが, ゐた人達, ゐた船, ゐる, をりました, 出た, 出たが, 出て, 出掛けた, 居たの, 居て, 帰るの, 来たもの, 来たやう, 来たん, 来た汽車, 来た馬, 歩いて, 行くん

1 [199件] あだ, あの人, いかつしやる, いろんなこと, からで, からまだ, からもそれ, からも信一郎, からも妻, からも幾島, からも死ん, からも滝, からも自分, から彼, から暫らく, から玄二郎, から私, から降りる, こんなところ, さびしい平泉, しまつたらあと, しよんぼり小宮町, ずつと来る, その峠, その木の下, そんな余計, たつて, たらいまごろ, つたら可, とりとめの, ね, はみました, はゐない, は何, は時間, もいい, もらひたい, も三人, も乗客, も堪らない, も広島入, も時間, も正宗, も羽, も行かで, も電車, やがる, やられたので, やろう, ゐたいと, ゐたいやう, ゐたか, ゐたかつた, ゐたかつたから, ゐたところ, ゐたの, ゐたのに, ゐたもの, ゐたわけ, ゐた乗客, ゐた乗客たち, ゐた亡父, ゐた人, ゐた代, ゐた奴, ゐた彼, ゐた彼等, ゐた白い, ゐた老翁, ゐた谷丹三, ゐた踊り子, ゐた連中, ゐた馬, ゐちや話, ゐても, ゐなかつたか, ゐながら, ゐましたが, ゐましたので, ゐます, ゐると, ゐるところ, ゐるもの, ゐるわれ, ゐるトラツク, ゐる一本, ゐる二等室, ゐる二頭だて, ゐる容子, ゐる自動車, ゐる限り, 下ること五里, 倒れすんで, 出かけた, 出れば, 出掛けて, 出掛けようと, 出来た物語, 別れて, 去つて行, 去ると, 堪るもの, 寒い寒い白い道, 居た, 居たお蔭, 居たが, 居たので, 居た汽車, 居ながら, 居られた電車, 居られる車, 居る, 居るもの, 居る丸裸, 居る此, 居る蝋燭立て, 帰らうかな, 帰りあくる, 帰りますよ, 帰る, 帰るがい, 帰ると, 帰るん, 帰れば, 往くこと, 往くと, 往く道, 戻ろうよ, 押し寄せ不様, 暴れ過ぎた, 書いて, 来たから, 来たからには, 来たといふ, 来たので, 来たらしい山高帽, 来たんぢ, 来たゴンドラ, 来た三輪事, 来た人, 来た列車, 来た娘, 来た客, 来た男ぢ, 来た舟, 来た車, 来た道, 来た都大路, 来た電車, 来た鼠色, 来ました, 来らア, 歩きながら, 歩く人, 流れつくといふ, 流れて, 消えた, 照り渡れる月, 画く調子, 白い柔, 瞬くうち, 約二時間, 行くの, 行くン, 行く筈, 見えた, 見せて, 見たいな, 見たく成つた, 見たばかり, 見ようと, 見ると, 見るの, 見れば, 訪れた, 語り亜ぐ, 読むといふ, 走つて, 走るんで, 走る人, 走る気持, 踊り出した, 逃げましたが, 通りました, 遊べるやう, 遊べる舟, 遣つて, 遣つて下, 附いて, 離れた影, 飛び廻るのみ, 飛び降りたの, 馳せ廻る東京市民, 馳せ戻ったほどの, 駈けすぎる鍛冶屋, 駈け廻る自分, 駈付けたの, 高い処, 黒い風

▼ 乗~ (151, 8.5%)

4 君の

2 [12件] ことを, 上手な, 名人が, 君と, 国が, 国の, 大君に, 大君を, 天皇を, 心に, 心は, 稽古を

1 [123件] けいこも, ことと, ことなんぞ, したこと, した時, した返事, しないの, しないよう, しない風, する材料, ままで, ものも, やからの, よぼよぼ車, シンドバッドさまと, 一つである, 一座に, 一端を, 両方法, 二字を, 云った通り, 云ふ, 人力車が, 人力車で, 人力車根津の, 位に, 位を, 体も, 体を, 作らしい, 俥に, 俥を, 元締それを, 前を, 半窄袴, 名のりを, 君, 君ある, 君が, 君でも, 君なり, 君に, 君まします, 君主が, 喧しさ, 四輪車は, 国に, 国は, 国を, 報告などに, 声は, 大君の, 大型ボート, 天子も, 太郎兵衛が, 女の子が, 姿勢を, 定紋つきであった, 家の, 小さなボート, 小柄を, 小舟も, 小舟を, 尾根路を, 市さんと, 市四郎さんだ, 市四郎に, 市四郎は, 床の, 御君, 手に, 手頃なる, 技を, 指図を, 数珠を, 方で, 方へ, 暮しを, 服だ, 楽屋で, 機会に, 民顕に, 汽船なり, 法, 法廓として, 法界ぞ, 淡味な, 清八ひとり, 爆撃飛行艇三台攻撃機十五台偵察機三十台戦闘機三十台及び, 王侯さえ, 現神の, 理想に, 生活という, 皆さんどうぞ, 看板を, 研修は, 競争自動車だった, 結果たる, 縁として, 縁なり, 罪では, 自動車を, 自転車を, 見世物の, 親方か, 言葉を, 誤謬を, 谷の, 車が, 車だ, 車に, 車を, 軽快な, 途中であった, 道すがらお, 郵船とともに, 鍔は, 鍔も, 陽気な, 難儀は, 頬冠を, 顔が, 黒熊

▼ 乗~ (110, 6.2%)

34 になっ 7 になる 5 だった 4 なの, になり 3 になつて, になりました 2 でないの, では, になった, になります

1 [42件] がしまッ, がせん, が出来, だし, であ, であった, でこの, でして, でない, でないらしいので, でも, で下手, で居る, で此良縁, で碁道具一式, で話した, で饒舌, となっ, となり, なのよ, なん, な返事, な顔つき, にさえなっ, にずんずん, になつ, になつたの, になつて出演, になつて早, になつて用, になつて買つて, にならず, にならなかった, になりまし, にはなれない, にもなった, に成り, の理由, はいい, を正しい, を示し, を見せだした

▼ 乗~ (66, 3.7%)

2 あの地峡, 丁度三月十九日, 中津に, 亜米利加に, 行けと

1 [56件] この度, どん, ジャラ, ペラ, 下さい, 仏蘭西の, 仕舞う又, 先ず大阪, 出帆する, 出掛けようと, 吉原見物を, 品川沖を, 埃及の, 夕刻沖の, 大阪に, 太平海を, 居たの, 居て, 居る, 居る上方辺, 居れば, 帰て, 帰国したい, 弁じ附けられたけれども, 往復する, 手柄顔に, 来た, 来る百姓, 殺活, 気に, 海を, 海上無事神戸に, 直ぐ横, 神奈川の, 神戸まで, 箱館に, 脱走した, 航海中薩摩の, 葡萄牙に, 虚空を, 行きなさい, 行くつもり, 行くと, 行くの, 行け貴様, 見て, 見ると, 誰に, 諸方を, 送る千, 里昂に, 陸に, 面を, 飛廻わり誤って, 香港新, 馬関に

▼ 乗~ (50, 2.8%)

7 なって 5 比例する 2 なるん, 反比例する, 青年と

1 [32件] なった, なつて, ならない前, なりたかつたの, なるという, よく懐い, 乏しく鷹, 乗って, 似たる事, 似て, 其年月を, 出た本名, 別れて, 夢中だった, 帰依し, 引き合わせると, 張り鼻血, 恋慕し, 拠れば, 森川宿と, 比例し, 汗を, 泥を, 知られて, 而出立, 腰かけて, 言った言葉, 詳密なる, 誘われる, 跨がって, 逆比例, 通じて

▼ 乗~ (41, 2.3%)

2 いい舟, 木戸, 男で

1 [35件] からだ, でくでく肥った, どっしりした, ワーレンキだった, 両手の, 五十男で, 代物だ, 刃物が, 半白の, 大女, 屋造これなら, 巡査が, 工員から, 弾条で, 普請に, 普請を, 板の, 格子が, 梁が, 槲の, 檻を, 無愛想な, 男だ, 睥睨が, 石壁が, 箱を, 絵に, 肩には, 舟を, 角風呂が, 金網が, 鉄の, 鉄拐の, 防塞を, 青塗の

▼ 乗~ (35, 2.0%)

6 して 2 したの, 承諾する

1 [25件] したのに, した時, しようか, するよりも, だジム, どこへか, なさいましょう, みんな知っ, やって, 二枚かつぎ出せ, 含むから, 思ひこませるため, 抄し, 抄出し, 森の, 横付けした, 油断なく, 演ずるが, 照す, 相手に, 裏山へ, 見に, 見付け値切倒して, 閲すること, 飛ばして

▼ 乗~ (29, 1.6%)

2 して

1 [27件] こんなこと, したよう, しない, しない座方, しなかったので, しなくなって, せず秋, せず諸国, せぬので, そのあと, もつ鞘つきナイフ, やがて堕落, 一台, 二台, 作らしく観世水, 又スットボケ, 姉さんを, 指してるん, 日本の, 最大関心の, 来て, 此処で, 直りますと, 縊れたの, 街道を, 誤り伝へて, 魚を

▼ 乗~ (27, 1.5%)

2 かって, ていた

1 [23件] かるほど, かッ, けてあっ, けてみ, けて底, けて曳く, たが, たよう, てからお, てしまえ, ても来ない, ても片瀬, て三人, て剣術, とるか, とる計画, とろうと, 切るかは, 切るだろうかとも, 取って, 取られるやう, 取られるよう, 込んだ先祖

▼ 乗つたの~ (25, 1.4%)

6 である 3 だが

1 [16件] が終列車, だ, だつた, では, とあまり, はかれこれ, はこの, はたとへば, はもう, は今度, は初めて, は十時, は夜, は最後, は残念, は翌日

▼ 乗~ (15, 0.8%)

1 [15件] がすが, がんす, そこい, ゆけば, 乗切る心無し, 令を, 其が, 力業ア嗜だ, 塀際へ, 大層白い, 市四郎と, 帰る道, 沖漁に, 薬を, 行こうじゃ

▼ 乗~ (15, 0.8%)

1 [15件] お歌に, とうとう私, 余程無理, 力が, 即ち一乗, 又もや泣い, 叱るよう, 夜明け前に, 女の, 年も, 得心いたしません, 悪く致す, 船魂神社を, 見られぬ, 言ふまで

▼ 乗替え~ (15, 0.8%)

2 てパナマ

1 [13件] お客の, たり電車, てえ, て復, て神戸, て秋田, の奥羽線, の度, の時, の汽車, の間, 八王子で, 栗橋へ

▼ 乗しかかっ~ (14, 0.8%)

3 て来る 2 て来た 1 て, ている, てさらに, て久作, て咎め, て噛み合い, て夕暮, て来, て行った

▼ 乗心地~ (14, 0.8%)

2 のよい

1 [12件] が天地, が好い, が好かっ, が好く, が第, の平安, はあまり, はさう, は好い, は日本, は決して, も夢

▼ 乗~ (13, 0.7%)

1 [13件] かかるよう, て, ていた, ている, て下さったら, て下さつたら, て行く, て見せた, とくんな, 大泊から, 掛る怒は, 榛名山へも, 正午横浜を

▼ 乗掛っ~ (13, 0.7%)

32 て止め 1 てひょいと, て先ず, て床, て忘八, て掴まえよう, て砂, て階子段, て頸

▼ 乗~ (13, 0.7%)

1 [13件] という姿, に人, のマチ, の上, の姿, は膝, をつけ, をつけた, をはき, を穿い, を穿き, を脱い, 小さな白足袋

▼ 乗~ (13, 0.7%)

2 の役者, の鮎 1 とある, と鑑, になっ, の事, の水夫, の申込, の船員, の雑沓, 之処

▼ 乗つた~ (12, 0.7%)

1 [12件] か, その当時, だけで, ついとほり, ですよ, と云つて, にし, はいつ, も同然, よりも速やか, 同時にくる, 真新しい自転車

▼ 乗~ (12, 0.7%)

1 [12件] いうほどの, ならん, もう一つ, 名乗り続けて, 名告, 従者多く, 心得たこと, 心得前後, 月夜の, 申すもの, 行きますから, 重量とが

▼ 乗~ (12, 0.7%)

2 の城下, の本城 1 から乗物, にある, の地, の太守, の御, の金ヶ崎城, へ帰る, を出

▼ 乗~ (11, 0.6%)

4 になっ 1 となり, になつて女神様, になり, になりかかる, に成ッ, のきた, の唯継

▼ 乗つて行~ (10, 0.6%)

3 つた 1 つたが, つたやう, つたよ, つたらしい, つたらよい, つたら好い, はれ易い

▼ 乗~ (10, 0.6%)

1 が乗人, が出来た, が暴風, が迷っ, ですから, とあら, の如何, はまた, は上手, も見事

▼ 乗~ (10, 0.6%)

2 にある, の寺記 1 といふ寺, の住職, の前, の門内, へ墓, をたずねる

▼ 乗~ (9, 0.5%)

1 あるほどの, しないで, する恐い, やるし, 困って, 太子に, 建前も, 断わりました, 気が

▼ 乗~ (9, 0.5%)

1 か, けて見, たが, た事, た船, てる人, てゐる, て来た, て萎び

▼ 乗~ (8, 0.4%)

1 がいった, が店, といえ, の住居, の姿, はそういう, はまた, はもともと

▼ 乗という~ (7, 0.4%)

1 ものは, ような, 人が, 代数の, 坊主か, 坊主は, 莫大な

▼ 乗もの~ (7, 0.4%)

1 そのものにも, で帰っ, として恰好, に乗る, を, をつらねた, をと思う

▼ 乗合わせ~ (7, 0.4%)

4 ていた 2 ている 1 ていなかった

▼ 乗提灯~ (7, 0.4%)

1 が暗夜, で鯨, の古びた, をともし, を下げ, を動き出し, を点け

▼ 乗つて行つて~ (6, 0.3%)

1 しまつ, ゐるが, 取つて, 落ちます様, 見ましたが, 転げ落ち

▼ 乗合わせた~ (6, 0.3%)

1 と顔, 人相の, 時の, 男子に, 農夫農婦などは, 近まわり

▼ 乗~ (6, 0.3%)

3 ったの 2 っている 1 ったん

▼ 乗~ (6, 0.3%)

1 であって, での送別会, というの, と来, のこと, を選ぶ

▼ 乗願房~ (6, 0.3%)

1 から謂れ, が驚い, の庵室, の持っ, の救われる, は却って

▼ 乗した~ (5, 0.3%)

1 ものと, 処へ, 山の, 数が, 数とは

▼ 乗つた人~ (5, 0.3%)

1 が通る, と一般, は綱, も少く, を誤魔化し

▼ 乗つた自動車~ (5, 0.3%)

1 が社, のラデイエエタア・キヤツプ, の通つて, は門, を最後

▼ 乗でも~ (5, 0.3%)

2 たかが 1 ありません, するよう, 猿芝居でも

▼ 乗~ (5, 0.3%)

1 コペンハーゲンの, 勧工場の, 桜か, 海軍軍人の, 由井の

▼ 乗らしい~ (5, 0.3%)

1 よく通る, 件の, 大きな荒っぽい, 振舞か, 老爺でした

▼ 乗ヶ谷~ (5, 0.3%)

1 から出, にある, にこもっ, の余煙, の城下

▼ 乗~ (4, 0.2%)

1 えの, え切符, え棹, 烏丸光広卿か

▼ 乗つた汽車~ (4, 0.2%)

1 が通りすぎ, が非常, の走つ, は走り去らう

▼ 乗つて家~ (4, 0.2%)

2 を出た 1 に帰る, へ帰らう

▼ 乗つて帰つて~ (4, 0.2%)

1 おくれんか, 来ようか, 来る, 行きました

▼ 乗つて東京~ (4, 0.2%)

1 に急いだ, の銀座, へ帰, へ踏み出した

▼ 乗上っ~ (4, 0.2%)

1 ていのちがけ, てもその, て乗, て二階

▼ 乗仲間~ (4, 0.2%)

1 で使われる, にだけ適用, の不文律, の面

▼ 乗打ち~ (4, 0.2%)

1 ができない, をさせ, をし, をした

▼ 乗かって~ (3, 0.2%)

1 ゐました, 最大速力で, 草臥休め

▼ 乗しか~ (3, 0.2%)

1 かつてその, かつて傍, かられて

▼ 乗たち~ (3, 0.2%)

1 に騙された, の迷信, は

▼ 乗だった~ (3, 0.2%)

1 ほんとにな, んだ, フリントの

▼ 乗つけ~ (3, 0.2%)

1 て, て又, て鼻唄

▼ 乗つて町~ (3, 0.2%)

1 のダンス, へ行かない, へ買

▼ 乗です~ (3, 0.2%)

1 か, からね, がお初

▼ 乗とか~ (3, 0.2%)

1 あの頃, いって, 云うん

▼ 乗には~ (3, 0.2%)

1 わからない菩薩, 元禄十三年初めて, 蘭軒に

▼ 乗~ (3, 0.2%)

1 に対する義務, に申しわけ, は意外

▼ 乗~ (3, 0.2%)

1 というはその, というもの, の上

▼ 乗~ (3, 0.2%)

1 と交換条件, ル, 梯子支那元代

▼ 乗~ (3, 0.2%)

1 がこれ, で, でたる

▼ 乗十二分教~ (3, 0.2%)

1 である大蔵小蔵, の所談, もその

▼ 乗市四郎~ (3, 0.2%)

1 が今年十五歳, でございます, という者

▼ 乗房重源~ (3, 0.2%)

2 は上 1 を推挙

▼ 乗杉さん~ (3, 0.2%)

1 でございましたの, ね, の俳号

▼ 乗輿~ (3, 0.2%)

1 および乗馬, に就い, 被成

▼ 乗いたす~ (2, 0.1%)

1 から用意, か競っ

▼ 乗かっ~ (2, 0.1%)

1 ている, てくんなせ

▼ 乗さん~ (2, 0.1%)

1 が死にました, を堕落

▼ 乗しあげ~ (2, 0.1%)

1 てきた, て来た

▼ 乗つかつ~ (2, 0.1%)

1 てしまふ, てみる

▼ 乗つたブランコ~ (2, 0.1%)

1 は巨大, は悪魔

▼ 乗つた仏~ (2, 0.1%)

2 の前

▼ 乗つた俥~ (2, 0.1%)

1 が木戸, の輪

▼ 乗つた私~ (2, 0.1%)

1 は多分, は派手

▼ 乗つた自転車~ (2, 0.1%)

1 が心持下り勾配, は半ば

▼ 乗つてさ~ (2, 0.1%)

1 へゐれ, へ岸

▼ 乗つてマルセーユ~ (2, 0.1%)

1 から帰国, まで行き

▼ 乗つて上野~ (2, 0.1%)

1 の花, まで来

▼ 乗つて了~ (2, 0.1%)

1 うと, へば直ぐ

▼ 乗つて云~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 乗つて何杯~ (2, 0.1%)

2 も何杯

▼ 乗つて停車場~ (2, 0.1%)

1 まで往復, まで送つ

▼ 乗つて力~ (2, 0.1%)

2 いつぱい娘さん

▼ 乗つて帰~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 乗つて御覧~ (2, 0.1%)

1 なさい私, にならない

▼ 乗つて旅行~ (2, 0.1%)

1 しましたから, すれば

▼ 乗つて本郷~ (2, 0.1%)

1 へ行, 迄買物

▼ 乗つて松山~ (2, 0.1%)

1 に近い, へ行く

▼ 乗つて空~ (2, 0.1%)

1 に昇る, 高く飛ばね

▼ 乗つて自分~ (2, 0.1%)

1 から引込むで, で椅子

▼ 乗づくり~ (2, 0.1%)

1 のずんと, の小

▼ 乗である~ (2, 0.1%)

1 ということ, と云った

▼ 乗として~ (2, 0.1%)

1 あの男, 快適な

▼ 乗なら~ (2, 0.1%)

1 一本脚でも, 行ても

▼ 乗まわし~ (2, 0.1%)

1 ている, て原

▼ 乗らしく~ (2, 0.1%)

1 はみえる, 日に

▼ 乗三従~ (2, 0.1%)

2 の一行

▼ 乗~ (2, 0.1%)

1 が胸, は

▼ 乗円戒~ (2, 0.1%)

1 を法然上人, を法皇

▼ 乗円房~ (2, 0.1%)

1 は戦死, もここ

▼ 乗坊重源~ (2, 0.1%)

1 が入唐, が弟子三十余人

▼ 乗~ (2, 0.1%)

1 が行われる, で背なか

▼ 乗~ (2, 0.1%)

1 ては艪櫂, ても心

▼ 乗懸っ~ (2, 0.1%)

1 て, て黒

▼ 乗懸った~ (2, 0.1%)

1 ので心, 舟で

▼ 乗~ (2, 0.1%)

1 がこの, が興福寺

▼ 乗掛馬~ (2, 0.1%)

1 で道中, のこと

▼ 乗~ (2, 0.1%)

2 の時代

▼ 乗棄て~ (2, 0.1%)

1 てある, て魔国とこ

▼ 乗渡っ~ (2, 0.1%)

1 てき, て来た

▼ 乗~ (2, 0.1%)

1 に見惚れた, の衣

▼ 乗~ (2, 0.1%)

1 であったこと, であるから

▼ 乗附ける~ (2, 0.1%)

1 と忽ち, 積りの

▼ 乗降り~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 乗~ (2, 0.1%)

2 と可被

▼ 乗~ (2, 0.1%)

1 して, す

▼1* [449件]

込まうとして, 乗うつり土佐に, 乗かえて修善寺, 乗かえるのが, 乗かけ声をかけ, 乗かへ須崎を, 乗かへの別府行き九時すぎ別府着成天閣旅館へ, 乗きるなと疳違, 乗その又, 乗けたり除っ, 乗こそ一八五一年の, 乗こなしている, 乗渋色に, 乗さっている, 乗さつて花輪を捧げ持つ, 乗しあげるぞ, 乗しかかッて, 乗しかかった荒くれどもが, 乗しかけるように, 乗しないので書かなかつた, 乗じゃなかったん, 乗すなわち三百四十三分の一である, 乗することに, 乗たって何, 乗だけの組み合わせが, 乗だの娘手踊だの, 乗ってな甘い物, 乗てきた, 乗つかってゐた, 乗つかることが, 乗つたこれはどこ, 乗つたさかりで丁度, 乗つたつて平気よ, 乗つたわたしは末, 乗つたタクシイが走り出す, 乗つた一時は浅草, 乗つた三頭の馬, 乗つた九段両国行の電車, 乗つた事あ無い, 乗つた二輪馬車より他, 乗つた人力車が後先, 乗つた作品が書けない, 乗つた像の活ける, 乗つた其なりに又, 乗つた印度の労働者, 乗つた女は白い, 乗つた巴里行の汽車, 乗つた帰り途の想像, 乗つた後も青木, 乗つた後彼女はぢ, 乗つた心地がした, 乗つた所を中途, 乗つた東京の空, 乗つた歌であること, 乗つた此線の汽車, 乗つた盆を引き寄せ, 乗つた省線電車は幸, 乗つた真中に小さく, 乗つた紅丸にも二度, 乗つた舟がおそろしい, 乗つた虎の足跡, 乗つた車室には二三人, 乗つた軌道車が樋田あたり, 乗つた途中三田尻下車伊藤君を訪ね, 乗つた露西亜の汽船, 乗つた風のやう, 乗つた馬が綱, 乗つた馬車の蹄, 乗つておいでになる, 乗つてさまよひ出た, 乗つてしまつたのやいふ言, 乗つてよもやまの話, 乗つてらつし, 乗つてわたくし共は幸, 乗つてアントワアプに着いた, 乗つてイーハトヴを発つた, 乗つてガリバアの小人国巡遊, 乗つてキタイスカヤ大街へ行く, 乗つてダーポーシュ帽の赤い, 乗つてナポリに向つた, 乗つてニンフンブルグに在る, 乗つてピアノの稽古, 乗つてピラミツドの周辺, 乗つてフインボロオグ・ロオド二十八番のフイルプス夫人, 乗つてユウゴオの旧宅, 乗つて一と月, 乗つて一あし先へ行, 乗つて一人で東京, 乗つて一先づ帰つたが, 乗つて一回づゝおそろしい運動をしない, 乗つて三十分程でムウドン駅, 乗つて三階へのぼつ, 乗つて上京しは, 乗つて上屋敷に出入, 乗つて上陸しようと, 乗つて下車し引返して, 乗つて丘を昇つて, 乗つて了つてやあ風呂, 乗つて了つて半分は西岡, 乗つて五所川原町に帰り着いた, 乗つて人魚が通る, 乗つて伴廻りを三人, 乗つて余り書きし故, 乗つて修善寺へ行, 乗つて傍への洋館, 乗つて儀来河内からやつ, 乗つて先づ太鼓がきこえ, 乗つて先輩某氏の邸, 乗つて先頭に立ち, 乗つて其から其, 乗つて内へ帰れ, 乗つて出入する, 乗つて出立した, 乗つて分れる迄, 乗つて到着した御身, 乗つて助川駅に下りた, 乗つて吉林へ帰られる, 乗つて吉林省の首府, 乗つて吊革にぶら, 乗つて吶喊し駆け崩した, 乗つて吾家へ行かう, 乗つて哈爾賓に向つた, 乗つて唯一人沖へ出た, 乗つて問屋へ運ぶ, 乗つて営利主義投機主義宣伝第一主義, 乗つて地図と街, 乗つて外から帰つて, 乗つて外套を体, 乗つて大阪へ降りた, 乗つて天上に去る, 乗つて女のいふ, 乗つて姿をくらます, 乗つて宅へ帰, 乗つて安住自足して, 乗つて安静を破る, 乗つて宮中へ出入, 乗つて家族の中, 乗つて宿に行き着きました, 乗つて小一時間位ありました, 乗つて小手をかざし, 乗つて小月で下りる, 乗つて小田原へ着きました, 乗つて山を降り, 乗つて山口へ, 乗つて山谷に通, 乗つて島原の入海, 乗つて巴里へ直行, 乗つて市内へ引返し, 乗つて帰つたのである, 乗つて帰つて其所を通り, 乗つて帰つて行つた, 乗つて帰り行く影, 乗つて帰途に就いた, 乗つて往つた, 乗つて往来して, 乗つて往診に出かける, 乗つて後から駆け, 乗つて御殿へ参りました, 乗つて心配さうな青い顔, 乗つて怒田へ伴, 乗つて悪ふざけをする, 乗つて悪戯をした, 乗つて戦場に立つ, 乗つて招ばれて, 乗つて支那料理屋へいつた, 乗つて故郷へ帰つて, 乗つて散歩に出かける, 乗つて斯だから, 乗つて新興医学者らしい顔, 乗つて旅籠屋に出掛けた, 乗つて日本橋まで行, 乗つて日比谷へ急がせた, 乗つて昂昂渓に引返し, 乗つて昇降する其人物, 乗つて晩の見物, 乗つて暹羅の国王, 乗つて書物の広, 乗つて朝霧の深い, 乗つて村のモダン娘, 乗つて東京駅へ行, 乗つて東区の福谿, 乗つて柳島へ向, 乗つて歌をうた, 乗つて気を良く, 乗つて水底の想, 乗つて水族館を見物, 乗つて江戸へ来た, 乗つて沖へ漕ぎ出しました, 乗つて河のほとり, 乗つて河上に掉, 乗つて沼津へ, 乗つて波のま, 乗つて津軽に赴, 乗つて浜づらを, 乗つて浮田の邸, 乗つて海に漁猟, 乗つて海岸まで送, 乗つて海峡を越える, 乗つて海路を取り, 乗つて海辺へ行かうで, 乗つて淀川を下, 乗つて渡つて来た神様, 乗つて湖の上, 乗つて湖縁を, 乗つて湯崗子温泉に帰, 乗つて溜池まで来た, 乗つて漂つてゐた, 乗つて濛々たる飛砂, 乗つて焼跡を走る, 乗つて父のところ, 乗つて牧場に出かけた, 乗つて猟に行きます, 乗つて獲物を狩つて, 乗つて田舎の都市, 乗つて病気でも悪く, 乗つて白帆を張つて, 乗つて盲目だのなん, 乗つて相川ツて云, 乗つて砂埃りの, 乗つて砥部といふ土地, 乗つて稲の穂, 乗つて競走をする, 乗つて結婚式に出かけられる, 乗つて羽振りのよかつ, 乗つて胎動しはじめて, 乗つて胴の間に腰, 乗つて膝を抱, 乗つて航海した, 乗つて航游して, 乗つて艫の方, 乗つて苦使はれて, 乗つて英国へ渡つたこと, 乗つて葡萄圃の間あたり, 乗つて蔵屋に宿つた病人, 乗つて行つたのです, 乗つて行つた日に見ました, 乗つて行つた時は私達, 乗つて行つて小諸辺とは余程, 乗つて行動して, 乗つて街へ出た, 乗つて表面的な活動, 乗つて西側に達し, 乗つて貰はなけれ, 乗つて買物に出かける, 乗つて足を踏みしめ, 乗つて近郊へ遊び, 乗つて逃ようとした, 乗つて通ふやう, 乗つて通りかかつ, 乗つて遊山に出ました, 乗つて郊外まで出掛けなけれ, 乗つて野にゆく, 乗つて釣をし, 乗つて銀座の関口, 乗つて長持の中, 乗つて雲脂だらけな頭, 乗つて静浦に出た, 乗つて頭を振立てた, 乗つて颯爽と舞台, 乗つて飛行を試験, 乗つて馬場に居た, 乗つて黄海を行く, 乗づめで閑な二月, 乗ても矢張其後に, 乗であったが陣中, 乗できた挨拶を, 乗でございましょうかな, 乗でへい少し, 乗で縛られ地蔵の, 乗で計らず四人組二人組と, 乗とのみ心得た第, 乗とは書き得ないので, 乗とろうとして居る, 乗ない返事を, 乗なさるな, 乗などに出たといふ, 乗などはいい寺, 乗などもあり雪舟門, 乗などを拵えた, 乗なんかの様な, 乗にも自由に, 乗はずしつぐも退くも足, 乗合は, 乗ほろかけてけれつ, 乗まだ若年で, 乗まわせば急度平気, 乗ものぐるみ跳ねとばした, 乗ゆえ上仕事に時々, 乗をぞあてが, 乗をもって細君から, 乗を以て一切兎身衆生を, 乗セタルガ為メニ更ニ転生シテ第四, 乗セパナマ運河ヲ通過シテハワイヘ, 乗セラレテコンクリートノ長イ廊下ヲレントゲン室ニ連レテ行カレル, 乗ッけた顔は見当違い, 乗ッテ来タノデス, 乗ッテ橋本庄右衛門ガ林町ノウチマデ来タガソレカラ何モ知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 乗ッ込釣り秋, 乗今ヤハワイ群島, 乗リノ顔モオソロシカツタ大ヘンヒドイ勢ヒデアル, 乗リ出シテ云イカケタ言葉ヲ僕ハ怺エテ, 乗リ廻シタリソコラヲ曳ッ張ッテ歩イタリシタノデ若奥様ハ経, 乗ル蒲団ヲ一ツズツ拵エテアッタ, 乗一挺誂らえて来, 乗万騎走るなる, 乗三乗峻別して, 乗三次以上の悪党, 乗つたやう, 乗上り乗下つてやがて野, 乗下がり鞍つぼ去っ, 乗下つてやがて野, 乗下ろし三崎町の, 乗主殿にはさだめ, 乗二番乗と名乗り続け, 乗作りの老人, 乗の子, 乗入ったり, 乗入らんとせしなり, 乗を裁判長, 乗円提灯を翳し, 乗冥利に尽きる, 乗出いて一花咲かせる, 乗出だしつ, 乗です, 乗初めをし, 乗が出来た, 乗の価, 乗化亭の書以外, 乗千乗の王侯, 乗協会の会員章, 乗という画工, 乗坊信救は, 乗の大きな, 乗如何ですと, 乗妙典のみ法, 乗の二三, 乗学者によれ, 乗の顔, 乗寺内に石塔, 乗寺山が自分, 乗小屋の前, 乗はいつ, 乗峻別して, 乗廻り向島と, 乗で五十俵三人扶持, 乗の模様, 乗心持もよかっ, 乗憑つて自分の隱, 乗懸けて, 乗打ちして行った, 乗打ちしますかただ, 乗据えた形に, 乗掛った船だ, 乗掛り胸先を, 乗掛下十貫目より十八貫目, 乗掛候て不, 乗って落ち, 乗放して下りた, 乗放ちこの自動車, 乗とぞんじます, 乗とか掏摸, 乗日進大姉である, 乗易いお島, 乗更馬など美々しく, 乗更駒に青海波, 乗の馬, 乗替えずにそのまま, 乗替えたがこいつ, 乗到長, 乗杉校長がこの, 乗来し処天満橋天神橋難波橋より, 乗棄てた千六は, 乗しに, 乗権兵衛という神事, 乗と一分一厘, 乗機賃発着飛行場と市内空中館間, 乗止観院と云っ, 乗氏来訪あり, 乗気味に田, 乗気術これらに関する大, 乗治監へ護送後, 乗浄教村の住人, 乗と呼ばれた, 乗渡りそこで故国, 乗片手間の独学, 乗が瀬, 乗着いて滝太郎, 乗着けしが一斉, 乗着けた時帳場の, 乗着けまして隣家, 乗了和尚さんが, 乗積ゆえ弥勒の無, 乗が大, 乗であった, 乗とは他, 乗箱型の自動車, 乗絶壁のよう, 乗の早, 乗継ぎの催促, 乗継し清川を, 乗網中は風浪, 乗網中ハ風浪ノ危険ヲ犯シ, 乗編纂に従事, 乗と云う, 乗羽織馬に乗った, 乗自動車が一足先, 乗自身の申す, 乗自転車のペダル, 乗致しておりまする, 乗には料金, 乗の医官, 乗は素晴, 乗行く人数は, 乗衣類箱と同じ, 乗被さるではござりませぬか, 乗袴それに縫紋, 乗袴朱鞘の大小, 乗要略その他に彼, 乗要訣を撰, 乗要訣往生要集等の著述, 乗試しをし, 乗調子の船乗物語, 乗諸法寂滅相という言葉, 乗体飛行機が, 乗込たるが如き, 乗込ム前ニ, 乗込員などはもう, 乗込客は酒筒, 乗込客今度は五六台, 乗込船の名, 乗込鮒の水路, 乗乗って, 乗返して来た, 乗な年配四十五, 乗造りの身の丈抜群, 乗違えた自動車は, 乗り船中, 乗で試合, 乗より二六・九〇〇瓩, 乗鎮めるが如く, 乗附けたが途中, 乗院門前で俗, 乗は家, 乗よりも同様交易筋, 乗馬幾匹定め以上, 乗馬数匹従者の二十人, 乗魚形水雷ボートが吾輩, 乗鶴附驥情孤歳在辰, 乗もあるべく