青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「之~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~ 久~ ~久しく 久しく~ 久しぶり~ 久慈~ ~之
之~
乍~ ~乏しい 乏しい~ 乗~ ~乗せ 乗せ~ ~乗っ 乗っ~ ~乗った 乗った~

「之~」 19784, 214ppm, 466位

▼ 之~ (7681, 38.8%)

91 見て 22 眺めて, 聞いて 21 称して 18 して 17 他の, 代表する 16 見れば 15 否定する, 理解する, 見ると 14 説明する 12 一つの, 見るに 11 利用する, 自分の 10 人に, 利用し, 或る, 認めて, 説明し 9 云わば, 信じて, 名づけて, 問題に, 手に, 救ふ, 機会に, 聞くと, 逆に 8 如何に, 行ふ, 観察する, 読んで 7 一種の, 信用する, 口に, 如何とも, 決定する, 発見する, 評して

6 [14件] 公に, 別の, 勝手に, 吾, 實行する, 想像する, 日本の, 明かに, 知る, 聞きて, 見ても, 觀れ, 証明し, 迎へて

5 [38件] きいて, 久うし, 云い換えれば, 他人に, 名けて, 味は, 唯一の, 実地に, 実際に, 得ること, 思へば, 思念せよ, 愛して, 採用する, 望めば, 次の, 治する, 発見し, 着て, 知らず, 知ること, 研究する, 社会の, 神と, 等閑に, 耳に, 見るとき, 視て, 解釈す, 言ひ, 言へば, 証明する, 詳に, 語り, 説明しよう, 説明せん, 身に, 避けて

4 [67件] ただの, 何か, 使用し, 具象せしめた, 出した方, 前に, 勸める, 否定し, 含む限り, 喩えば, 外に, 多少とも, 天下の, 実行する, 實行し, 弁証法と, 得るに, 思うと, 想像し, 抜きに, 持って, 指して, 指すの, 指摘し, 排斥し, 握む, 擒に, 日本に, 書いて, 正当に, 気に, 獄に, 生産する, 用ひ, 目し, 瞻た, 知って, 知らずに, 知るに, 破壞, 窺ふ, 筆に, 聞て, 聴いて, 裂きて, 見ること, 見るも, 見るもの, 見る者, 観れば, 觀る, 解決する, 言えば, 言ふ, 記する, 証して, 認識する, 語る, 読む, 読むと, 論ずれば, 諾し, 述べたり, 過ぎて, 限定する, 非と, 食ふ

3 [123件] カントは, 世間に, 中心として, 二重の, 人の, 人間の, 人類の, 今の, 今日の, 他に, 他日に, 代表し, 何かの, 余戸といふ, 使って, 使役し, 例する, 例の, 侵して, 偶然の, 優越する, 充分に, 具体化す, 具体的に, 出来るだけ, 助けて, 反映し, 取る勿, 取れば, 取扱ふ, 受けて, 和と, 問ふ, 問へば, 地盤と, 女王國の, 実際的, 察して, 察する, 察すれ, 將來に, 度外に, 御覧なさい, 意味する, 愛するの, 憶ふ, 戰場に, 批判する, 押へ, 拒絶した, 指導する, 指摘する, 捨てて, 排除する, 擯斥する, 支配し, 支配する, 教へ, 明らかに, 書きつがうと, 棄て, 極端に, 構成する, 正しいもの, 殺して, 求めて, 済ふ, 無理に, 現実的に, 理解し, 目に, 看過する, 知らずして, 知るもの, 知るを, 神の, 私が, 私は, 科学的に, 純粋の, 統一する, 統一的に, 考ふる, 考へて, 聞き, 聽き, 自然の, 自然科学の, 行は, 補充する, 見たり, 見む, 見よう, 見る, 見るを, 見出すこと, 観察し, 解して, 解明する, 解釈する, 解釈せん, 訂正し, 許す, 許せば, 説いて, 説き給, 説くこと, 読むに, 諒せよ, 證し, 識別する, 譬ふれ, 讀んで, 貫くと, 述べんに, 逐ふ, 通過する, 遠ざく, 避けた, 領し, 飮み, 養ふ, 高く評価

2 [502件 抜粋] いた, いふとき, お前に, お持ち下さいまし, お玉が, お糸さん, お芳, きいた時, するには, そつくりあなたに, その内容, その本, どうする, どう説明, まともに, めぐりて, もつて, カントの, シグナルと, ツルイズムに, ハッキリと, バックする, ラネツサン氏に, 一つに, 一個の, 一味に, 一定の, 一洗する, 一般の, 一般的に, 一言すれ, 一言で, 三個の, 不問に, 不思議の, 不用意に, 与へ, 世界的な, 中心と, 主体的に, 主張する, 主観の, 事実に, 二つの, 二魂一体と, 云い得可, 云い直せば, 云い表わすの, 云うこと, 云うの必要, 云ひ出す, 云へば, 人々は, 人と, 人前に, 人間に, 他へ, 作つた時の, 作る, 作るに, 使ひ, 使用した, 促進する, 俎上に, 保存し, 保存する, 信仰する, 個々の, 個人の, 假に, 傍觀する, 傷け, 働かせる, 償ふ, 償ふて, 先き, 克服する, 免ぜんと, 全般的に, 公然に, 其の人, 冀望せざりし, 内務大臣に, 内容から, 処理し, 出す者, 分けて, 分解し, 分類し, 分類する, 切腹に, 判断し, 判断する, 判断の, 別として, 利用した, 制して, 制すること, 制止せん, 割合に, 助け家来, 助長し, 動機に, 勧めたるもの, 包みて, 区別する, 却けて, 却ける, 反軍思想で, 反駁し, 取り上げたもの, 取り上げて, 取れりと, 取締れ, 可決し, 合理化した, 合理的に, 否認し, 否認する, 呼ぶに, 呼んで, 唯物論の, 唱へる, 唱道する, 問へ, 喪ふ, 因果律の, 国際的な, 埋む, 基ける, 報道し, 報道する, 変革する, 多くの, 大切に, 大別し, 天下に, 太政官に, 夫, 夫に, 夫の, 奉安し, 奉行す, 奬勵する, 女神と, 好まぬ傾向, 好んで, 威嚇し, 婦人の, 存し, 守りて, 守るに, 完全に, 完成する, 実現する, 実行し, 実行に, 容れて, 實物に, 實行に, 實際に, 審に, 審査する, 尊んで, 尊重しなけれ, 尊重する, 導いて, 己を, 希臘神話と, 座右に, 強ひる, 彼が, 彼の, 征服し, 後任に, 得む乎, 得んこと, 復活した, 心に, 必然に, 忍ばざるを, 思い切って, 思ふに, 怠って, 怯と, 恐れて, 悪み, 悪む, 惜み, 想ふも, 想へば, 意識の, 慰めて, 憐み, 懐くる, 我が國, 我我の, 戒めて, 手先として, 打ち破つて, 打毀す, 承けて, 承認しなけれ, 承認する, 抄録し, 把握せね, 抑壓, 抹殺すべからず, 拒まざるの, 拒む, 拒んだ, 拒絶し, 持出して, 持掛けずには, 持續し, 捉へ, 捕へ, 捕へんと, 排斥す, 採用した, 採用せなかつた, 探りて, 推すに, 推測し, 掩ふ, 掩蔽する, 措き其他, 措て, 換言すれ, 援くる, 携へて, 攫むこと, 支那に, 攻撃し, 政府に, 政治家の, 救はんと, 救済する, 敢て, 敬遠する, 整理した, 敵陣へ, 斃す, 文字に, 文学と, 文学に, 文章に, 断って, 日本人及び, 日本文化の, 明に, 明白に, 明言し, 是と, 是非する, 時代への, 普通の, 書いたか, 有すること, 有た, 望むに, 東西の, 果すこと, 根本より, 根本的に, 棄つること, 歡迎する, 正しく育てうる, 此の, 歴史主義的に, 歴史的な, 殖林の, 殺さんと, 殺したの, 殺すの, 殺すは, 殺せり, 殺害し, 比較する, 比較せん, 氣の, 氣を, 水に, 求めようと, 求めるので, 求め得可, 汝に, 決して高く, 決定しよう, 決行する, 治療する, 活用する, 海外に, 混一する, 潜りて, 激励し, 為すこと, 為すに, 為すは, 無として, 無上の, 無条件に, 無視し, 無視する, 然ら, 然らし, 燒く, 爲す, 爲すの, 父母に, 物に, 物の, 物語って, 特殊な, 特殊の, 犯して, 獲ること, 率ゆる, 率直に, 現実に, 現実の, 理由として, 理論的に, 生食した, 用いて, 用ひた, 用ひる, 用ゐ, 用ゐたる, 男子に, 画因に, 畏る, 畫因に, 疑は, 疑はず, 発表し, 発表せん, 相手に, 省略する, 看て, 真の, 知つて居る, 知らざるのみ, 知らざる也, 知らないこと, 知らないもの, 知らん, 知るが, 知ると, 知る機会, 知れりと, 破る, 示して, 礼拝し, 社会的に, 禮拜し, 秀吉の, 私有地に, 科学と, 科学の, 稱し, 積極的な, 立證し, 第一, 約言すれ, 純然たる, 純粋直観と, 索めず, 紹介する, 組織したる, 統一せ, 統治す, 維持し, 總べて, 罰す, 美事に, 耕作する, 聞かざるも, 聞く, 聞くもの, 聽いた, 聽く, 肩に, 肯んぜずして, 能くするの, 自然に, 與ふる, 興ある, 英国正統なる, 行う, 行うて, 行つた, 裏から, 補う可, 要するに, 要するに伊藤侯, 見ず, 見た, 見た人, 見るや, 観察す, 觀ても, 解けば, 解釋し, 言は, 言へ, 記した史料, 記して, 記す, 記述し, 記述する, 許さず, 許さない, 許さぬ, 許して, 許せと, 訴へ, 評すれ, 評論する, 詩に, 詳述する, 認ざるに, 認むるを, 認識し, 誦して, 説くのみ, 説くを, 説けり, 説明す, 読むは, 読む者, 談ずるなり, 諒し, 諒と, 論じて, 論ずるも, 論理に, 論理の, 諸君に, 謀るも, 謂へ, 謂へば, 讀みまして, 讀むこと, 賞すること, 起して, 超えて, 越えて, 蹈み開いた, 軍部の, 軽侮し, 軽蔑し, 輕蔑する, 辮み, 辯解する, 農村労働力の, 辿って, 迎へ, 近づくれば, 述べて, 追ひ求める, 追ふ, 追跡する, 退治する, 通過し, 連れて, 運用する, 過ぐれ, 遡って, 適当に, 遺憾と, 避け, 避けたり, 邦語に, 醫する, 重大視し, 銷す, 錯る, 開いて, 開設する, 閣下に, 閲するに, 防ぐも, 防遏せん, 降す, 限定すべからざる, 集めて, 雑誌に, 雪ぐか, 非難する, 音響に, 頭上に, 顧れ, 食うべし, 食う可, 食した, 食ふも, 飮めば, 飮んだ, 駆使する

1 [5225件 抜粋]  ―― ―― ― ―― ― シ, いえば, うちつぶす, おのが, かくす為, きくに, この過程, しりぞける事, そのまま平均, その末尾, それを, とざせり, なお資本主義工業, のす, ひるが, めぐる一連, もて全, よい事, アカデミー主義から, イデオロギー性とは, クリティシズムの, シヴアーリーと, トイチセクルと, ハイデッガーの, ブルジョア, マスターする, モーラリティーと, ルーズに, 一に, 一層明白, 一歩も, 一纏めに, 一萬二千餘里と, 七百里と, 三日間食った, 下され今日, 不安という, 与えたり, 世界から, 両立させる, 中止し, 主張した, 久しうして, 乾と, 争い時として, 事の, 二兒に, 云わず, 享受せらるる, 人殺しと, 今上天皇に, 他領域, 仮に, 任意の, 伝承させ得た, 何うし, 佛語に, 作りたりとて, 作詩の, 使ひこなし得る, 例えば社会科学, 促したやう, 保有する, 信じ之, 信仰した, 修身要領と, 倭韓兩國の, 傍観し得べき, 僕に, 兄弟として, 先進作家の, 全く忘れ, 八景と, 公認し, 其の發起者, 具体化し, 内篇と, 写さ, 凌駕せん, 出来る限り時代, 分ちて, 分封する, 切つて僕阿, 判し, 別に調査, 制しつ, 制限した, 割引する, 加ふる, 助長する, 動かすこと能, 勧めて, 包んだ, 匹夫匹婦が, 十八県に, 卒業し, 単に何, 単一的に, 印度動物説話の, 却下す, 厭がる, 去るまでには, 又軍陣, 収公し, 取り上げ自分, 取り更に, 取る事, 取捨し, 受けしも, 受け伝, 叙し, 古史と, 台紙に, 合併し, 同志と, 君に, 否定しよう, 吹かせて, 告白する, 味噌汁と, 咎むるものなきこそ奇怪なれ, 哭したもう, 唯心史観と, 商賣, 喜ばず一瞬時, 喩へ, 嘆美し, 嚴禁した, 四部の, 固執する, 国権発動の, 圧服し得る, 坐中, 執行すべし, 堪へ忍び其の, 壇の, 変改する, 外官の, 夢寐に, 大蓮華山, 天下り式の, 天祐という, 失するとき, 奈何なる, 奪ひ, 好い機会, 好機と, 妨げたるのみ, 威さうとして, 嫌ふ, 存, 学問として, 守る如く遠, 官に, 実体と, 実験に, 宰予に, 寝たふり, 審判する, 専ら観念, 尊崇し, 尋ね沙汰, 小説に, 尽く灰, 島民の, 巧みに, 常に懐中, 平時化さなく, 度外視し, 廟見, 弁知すべき, 弔つた, 引力と, 張らずやと, 彈く, 形式論理的に, 待つ間, 従てば, 得るには, 御勘定奉行松平美濃守殿, 御通夜, 徴する, 心配する, 忘れたるにも, 念ひ, 思い止まるの, 思ふて, 思想警察と, 怪み, 恥づると, 悦ばなかったよう, 悲しまうとも, 惜むの, 愈々思想, 意識中に, 愛惜し, 感覚を, 慰撫し, 憤り其子弟, 懐に, 懺悔する, 成立せしめる, 戒し, 所有する, 手頼りに, 打合, 払おうとも, 批判すべき, 承認し, 承諾し, 抉剔, 投げ返す, 抜く事, 押し広めて, 抽き, 拒む能, 拝借し, 拯って, 持ち出した動機, 指摘しない, 振り廻したれば, 捕獲せしならん, 掌に, 排除し得ざる, 採用しない, 探索し, 推挙する, 措き北宋, 描出せん, 握れと, 搜す, 撃つ我が, 擅に, 攀ぢて, 支ゆる, 收めたり, 改めない為, 放ちて, 政友会創立委員の, 政治的デモクラシーの, 救わんと, 教法に, 数の, 敵の, 文化上の, 文学技法や, 文芸学に, 斥けるよりも, 断ず可, 新文学, 施して, 日常性にまで, 日本読みに, 明末より, 春の, 普通人の, 暴露した, 更に経済上, 書きつごうと, 書くは, 最大公約数的に, 有力な, 望むこと, 本人が, 本邦の, 来年度の, 枯し尽さざれ, 梁の, 棄よ, 楽むに, 標準語に, 機会として, 欠いたなら詩人, 欲, 歌ふ, 止むる時, 正しく認識, 正視する, 歴史に, 死後の, 殺しそうして, 殺せしと, 母に, 民具と, 水陣の, 求めた, 汚す者, 決せざるべからず女王, 河に, 泉南と, 注意せしめるであろう, 流動化し, 消されて, 混同され, 測るも, 演じる俳優, 潰して, 灯取, 為す能はず, 無下に, 然るべき人間, 熔解し, 爲さしめ, 爾波, 物質的生産技術に, 牽く者, 独り作者に, 献ぜしむ茶徳, 玩味し給う, 現象に, 理解させる, 生き盆, 生産一般乃至, 用いんと, 用ゐぬ, 男女に, 略しますが, 略論し, 疑いようやく, 病まず知識, 発明に, 登り詰るか, 發見せる, 皮相する, 監獄裏に, 直うす, 直解, 省みず離れて, 看過し, 真似るをのみ, 眺めしヘクトール悲哀, 着ざれば, 瞞着する, 知つて大に, 知らすが, 知りますには, 知るも, 短かくし, 石槍と, 破らず之, 確かめんとは, 示したり, 社会から, 社会的生産機構の, 祖述したる, 神社や, 祭るは, 福手, 秋から, 秘書官の, 稱明し得た, 穿たず, 窺うを, 第三, 簡単な, 糠塚様と, 納受しぬ, 細論すれ, 経験発明せし, 統制と, 經驗し, 維持したい, 縛し, 縮小した, 繙どき, 罪し, 罵らん, 美学的価値に, 翳し山膚, 考へますと, 聞いた大, 聞き思は二途, 聞くものおれ我, 聞ば, 聴せ, 肯定する, 脱いで, 膝の, 自家の, 自然的運動から, 自覚される, 舁かしむ疋夫数十人歩, 良心の, 苦しいと, 荷物として, 葬る者, 蔽えば, 藏めて, 虚誕と, 行き着くべき終点, 行ふこ, 表白し, 裏書きし, 補充した, 襲ぐ新しい, 要するに以上掲, 要するに吾, 要するに民國七八年以來, 要するに自由黨, 要素的ヒューマニズムと, 覆薦, 見たが, 見つめて, 見るならば, 見る是, 見付け出す, 見得可, 見送り後, 視ること能, 覚る機会, 観念形態と, 解いて, 解析的に, 言うの自由, 言行に, 計算に, 訓讀し, 記せるのみ, 訪へ, 許すや, 訴へる, 証明しよう, 評論せし, 試みた, 詩人に, 話しますまい, 誅せずんば, 認むるなかりせば, 認めないと, 認めレナン, 認識の, 語る友, 誦する再三, 説くの要, 説明し得る, 読むの, 調べる必要, 論ずるの, 論ぜり, 論理的と, 諫め申さると, 講習せよ, 識る, 議するの, 護法実と, 讀書人に, 谷中村に, 貫いて, 責むるは, 貴様に, 買取つて仕舞ひ, 賞し水野勝成, 賣らせると, 贈りて, 走らす, 越えるの, 路傍の, 蹤跡せん, 載せざるを, 輕視せなかつた, 辭し, 迂闊に, 近代的に, 述べたる時, 追ひ, 退く, 逐い落して, 造つた人自身が, 連続の, 遂行せん, 運転する, 道徳的自由主義にまで, 遠山望見の, 遮り所天, 避くべし, 避け自ら病, 都に, 重く見なけれ, 釜と, 鍋割山と, 鐵函に, 閉伊沿岸でも, 開巻第, 閨房に, 防ぐ為, 降服せしめたる, 除くこと, 随意に, 隱蔽せん, 雲南に, 非大衆, 頂戴致させる, 頭へ, 顧慮し, 食せしめた, 飲ましたら喉, 餘儀なく, 高き處, 高頭君の, 黄金と

▼ 之~ (2599, 13.1%)

646 反して 40 對し 23 よると, 對する 20 対立する 17 就いて 15 基いて, 就て 13 關する 12 応じて 11 反對, 対応し 10 よれば, 加ふる, 較べれば 9 依て 8 依って 7 就いては, 次ぐもの, 準じて 6 依りて, 加うる, 向ひ, 和し, 対抗する, 平行し, 答えて, 答へ

5 [12件] 伴ふ, 似た驚き, 依つて, 反対し, 就いての, 就ては, 心を, 惑ふ, 次ぐ, 相当する, 答へて, 続いて

4 [18件] つ, 並行し, 侍立し, 加えて, 同情を, 外ならない, 対応する, 從ひ, 應じ, 手を, 捉へ, 次では, 比べると, 注して, 結び下げた, 較べると, 連関し, 類似した

3 [32件] 一定の, 付いて, 代るの, 代るもの, 伴うて, 伴は, 何か, 傚ふ, 先立って, 加へて, 加へるなら, 動かされて, 反抗する, 対立した, 属するもの, 帰着する, 接して, 於て, 服從せね, 比して, 現われない内容, 答えること, 續き, 腰を, 費す所, 較べては, 通達する, 関聯し, 關し, 附隨し, 類して, 類するもの

2 [100件] ぞくする, ひとし, 与えて, 与えること, 乗じて, 乘り, 代った, 代って, 代つて天下, 代へ, 代りて, 伴う祭祀, 似たもの, 似て, 何等かの, 依つて近国, 倣って, 倣ふ, 先んじわが, 入れて, 副たり, 加えること, 加ふ, 加ふれ, 加へ, 加わって, 匹敵する, 參加する, 及ぶ, 反作用する, 取って, 和した, 因せずん, 因って, 因りて, 基いた相談, 報ゆる, 如かんや, 対比し, 対立し, 將たるは, 就いても, 属すもの, 己れ, 干渉し, 従ひ, 従ふ, 從ふ, 從ふと, 意を, 慣る, 應じた, 托さる, 抱きつきぬ, 抵抗する, 敵對する, 旌表を, 服從する, 比すれば, 比べて, 比べれば, 比肩し得る, 比較する, 気が, 注文を, 添ひ, 準じる, 火を, 生命あり, 由て, 由ると, 直接に, 相当するであろう, 相槌を, 眼を, 示すに, 私達の, 積極的に, 答うる, 續く, 聽き, 自分が, 處する, 見入つた, 触るれば, 觸れ, 越したこと, 身を, 載つて, 近いもの, 追随する, 過ぎたるは, 違いない, 配するに, 關聯し, 附する, 附随し, 順じ, 順應し, 類したこと

1 [1209件 抜粋] あつまれる, お前おぼえ, お負け, かかる時, からむ, こだはる, さへも, しがみつこうと, すがること, その団扇, その方, ぞくすること, ぞくする諸々, つきましては, つぎアートレ, つぐ, つけ加える, つけ足す, なつて, ならつて王族たち, ならひ元, また大隈侯, むけしはた, やと, よらで成りたるは, よりて後漢書, クリティシズムそのものとしての, ニーチェの, ミコトの, レーニンの, 一升五合の, 一帶の, 一書を, 一等初めに, 万一方法上の, 下らない学問, 不平を, 与えたの, 与える仕方, 与からんこと, 与りて, 並ぶべき人物, 並立し, 中し, 主宰者造物主等の, 乗じ傑等大, 乗りて, 乘じ, 乘ぜんと, 乞うて, 事へ, 二人の, 亞ぐものであることは明である, 人を, 人間の, 仍つて一人前の, 仏蘭西人許りで, 他ならない, 他なるまい, 付今般仲裁人立入其扱に, 付属した, 付録し, 代ったの, 代ったよう, 代つた大西洋時代, 代つて史實監視, 代へん, 代らんこと, 代り又, 代るべきもの, 代るべき何物, 代る一般向き, 代る動詞, 代る椅子, 代る資格, 代わって, 代わる処, 代位すべき, 会い異, 伴うを, 伴う不安, 伴ふあり, 伴わないで, 似たよう, 似たる所, 似た形, 似た書目, 似た気雰, 似た遭遇, 似てたじろ, 体系的に, 使ふべき, 侍す, 依つて略, 依つて金解禁, 依ると, 依れば, 価格を, 便宜上どこ, 信を, 信頼を, 倍す, 倣つて謝啓昆が, 倣ふべき, 偏するの, 備うるあり, 備へ, 傾倒し, 僞り, 優ると, 優る社會組織, 先だって学問という, 先立たねば, 先立つて, 先立つ理解, 克ち之, 入り若く, 入れる人, 入會, 共え, 其古泉癖を, 写実味を, 処するに, 出して, 到るを, 到達する, 則れと, 副ふ, 力を, 加えた批判, 加えると, 加え又は, 加はり, 加はり日本で, 加はるに, 加へよ, 劣らず括弧, 励まされて, 動機された, 勝つべし, 勝るとも, 勝る者, 勢づいた, 匹如たる, 匹敵す, 區ぎりを, 半年苦心すれ, 協力する, 参加出来る, 及ばじ, 及ぶなり, 反き, 反しても, 反し人間, 反し宋代, 反し當時, 反し自分, 反するも, 反する過程, 反せり, 反対する, 反対な, 反駁を, 取るその, 古金だ, 合せんと, 同じ, 同じた人達, 同じ対話, 同意した, 同感な, 向うて, 向けること數囘, 向つて一直線, 向つて進撃, 向へ, 含めると共に, 告げて, 呼ぶこと, 和し終に, 和す, 唇を, 唯々諾, 嗣ぐユウアイモーン, 因つて道士は, 因みて, 因りては, 因るのみ, 圧倒せられ, 在来の, 垂る, 基くこと, 基く劇場文化統制, 基く理論内容, 基づくの, 堪えざる者, 堪える者, 堪へず, 増したもの, 声帯模写を, 外延上の, 大して劣らない, 天下を, 如かむ, 子供は, 学んで, 安ん, 実業界の, 宣教師を, 寄与する, 対って, 対処する, 対応せしめられる, 対抗し, 対抗意識を, 対比し得る, 対立させられる, 將たり, 對へて, 對面す, 少しでも, 尤もらしい, 就くべき通路, 尽きないこと, 居たと, 屈す即ち, 属した, 属す, 左袒する, 帰属せしめられね, 常日頃, 平行し得る, 幻惑せられざる, 廻り会, 引っ掻, 引比べ, 当てねば, 当らむとし, 当り内務農林, 当るを, 影を, 後くる, 従いけるに, 従うこと, 従えば, 従ふこ, 従わなければ, 從は, 從ふつわ, 從事賃を, 心服する, 必然的に, 応じた, 応じたシローテ, 応じなかつたが, 応じ始めたの, 応ずる何事, 応へて, 忠実な, 思い到らず愚図愚図, 恋歌を, 恐る, 恵みを, 悪人悪女の, 惚れ込みたるも, 感動し, 感染する, 感謝の, 慥か鐵翁, 應ずべき, 應ぜ, 懲りたか, 我楽多, 戯る, 手向ふ, 手頼り, 打って, 承認を, 抗議を, 抵抗し得, 拘泥する, 拘泥せる, 拠って, 拠ると, 振動を, 捉はれすぎ, 接尾語を, 接近しよう, 摸倣せん, 據て, 據れり, 放ち置く, 故障を, 教育の, 数えること, 数学的操作が, 敵し得る動物, 斬りつけたの, 新生命, 於いては, 於てのみ, 施政者の, 日本ラジオという, 曰ふ, 最も同意, 最重, 服従しない, 服從し, 朝晩乗つて停車場まで, 本当に答える, 枝葉に, 根ざして, 槍を, 檀家の, 次ぎ, 次ぎヒュペーノール敵將, 次ぎ悲嘆, 次ぎ鈴ヶ岳, 次ぐメーリオネース, 次ぐ新, 次ぐ遙, 次で, 止まらない, 止まること, 止らない, 歸する, 殉は, 比すべき寶無し, 比せん, 比敵, 比隆, 気づかないという, 気の, 気付かぬ, 水の, 汝は, 没頭します, 沿って, 注ぎ心, 注げば, 注意したる, 消極的に, 淋疾を, 深厚な, 渡せる丸木橋, 満足し得る, 準じる公吏, 準じる執筆家, 準ずべきもの, 激し, 点じて, 無条件に, 照応する, 熱烈な, 物が, 狎る, 理由が, 生動の, 田樂を, 由つたのだらう, 由つて外蒙, 由りて, 由来する, 異なりだ, 異論は, 當り, 當る, 発見する, 登りたいもの, 盛つて贈る, 目方が, 盲すべきであろう, 直接し, 直接比較され, 直接連なる, 直接関係する, 相当し, 相応し, 相當, 着せし後, 砲工兵各々一小隊が, 祈りて, 科学的, 移りて, 種々故事, 立脚する, 答えたであろう, 答えんと, 答へる, 籠つてある, 精神的な, 組み入れること, 結婚しない, 継いで, 続けて, 縋って, 繼いで, 續ける, 羊脯を, 耐えること, 耳を, 背けば, 腰かけ得る性質, 臨まば, 臨むと, 臨む経済対策, 臨時に, 致さんこと, 與ふる, 興味を, 若かん曩, 苦情は, 苦痛を, 葱を, 虚靜謙柔なる, 被らせ敵中, 要する心労, 視線を, 観念的作用力を, 解消された, 解説を, 触れた場合, 触れ又は, 註して, 註釈を, 誇らず失策, 説明を, 論理学的規定を, 謁す, 譲つたこと, 負嫌, 財産を, 賛成さえ, 賛成しない, 賜うに, 贊成し, 贊成を, 越えるもの, 越したる好い, 跡が, 躓き仰むき, 軍にも, 較べるべくも, 辛うじて割り込ませ, 近きて, 近づき探り得て, 近づく方便, 迫り來, 迷ふと, 逆うも, 逆う媒質, 通じる諸, 通ふ, 通風の, 連なる一群, 連続の, 遇えば, 運動力が, 過ぎしと, 過ぎたるはなし, 過ぎん乎, 過ぐるもの, 達せざるも, 違背する, 適するは, 適へる, 適應する, 遵って, 醫した, 金文字を, 銘する, 間違いが, 関与されたる, 関係づけられ, 関連し, 關連しない, 附け加, 附和するであらう, 附屬せる, 限って, 限らなかった迄, 限る, 隣つた明倫堂には, 隨順する, 雜れり, 音學的な, 順うも, 順ふこ, 順應する, 頭を, 頼る者, 顔の, 類するは, 類する二三, 類する念, 類似し, 飛びかかる, 馴れた, 高き学問, 黄金の

▼ 之~ (2580, 13.0%)

22 云うまでも 21 云わば, 何も 13 一種の, 私の 12 一つの, 何と, 後に 11 確かに 10 明らかに 8 ただの, 今の, 今日の, 併し, 吾, 或る, 普通の 7 他の, 前に, 取りも 6 一方に, 何か, 哲学の, 少しも, 自分の

5 [12件] カントの, 一切の, 一般の, 人間の, 今でも, 何かの, 日本の, 現下の, 社会の, 私が, 科学の, 非常に

4 カントが, 一面に, 俺の, 彼の, 後の, 最近の, 現実の

3 [33件] いけない, ファシズムの, ブルジョア哲学の, ブルジョア社会に, 一体どうした, 一定の, 一般的に, 世界の, 事実に, 二つの, 今日では, 何でも, 何の, 何を, 何人も, 全くの, 前の, 外でも, 外国の, 夫, 少くとも, 当然な, 従来の, 思想の, 日本に, 此の, 殆ん, 現代に, 現代の, 理論の, 科学では, 自然科学の, 誰しも

2 [109件] あるの, いずれも, いつまでも, え筆, その限り, とりも, どういふ, どうした, ない, なかなかの, もはや単なる, イデオロギーの, カントによって, フランスの, 一つには, 一寸聞く, 一応は, 一般的な, 上古に, 不成功, 世界に, 中, 主に, 事件後の, 仕方が, 何かに, 何です, 何といふ, 何れも, 例の, 僕の, 全く人間, 内務省の, 切支丹で, 初めから, 単に一個, 単に外務省式, 又政治家, 告げて, 咢堂の, 哲学が, 哲学乃至, 唯物史観の, 單に, 大なる, 大へん, 大体に, 大体加茂五郎兵衛の, 大変な, 天下の, 女の, 存在, 學者の, 実は単に, 専門の, 尤も何, 屈折光学と, 常に天才, 常識と, 広く知られ, 引退の, 弟子達の, 当時の, 当時岸田国士岩田豊雄氏らが, 当時発狂し, 形式的に, 彼が, 後で説明, 必ず前, 快心事, 怪しいと, 悟性に, 成程, 技術という, 文化の, 文学に, 方法概念の, 日本民族の, 明に, 明治の, 本当かも, 次の, 止むを, 歴史が, 歴史の, 氏の, 決して棄てない, 注目に, 現在の, 生きた労働力, 真理の, 確に, 社会に, 社会科学の, 私にとって, 私有者の, 立場の, 結局生産関係によって, 自然の, 観念論の, 言葉の, 言論の, 認識の, 諸科学, 資本主義工業の, 返す気, 進化論の, 運動の, 金比羅様

1 [1921件 抜粋] あくどいやり方, あながちナンセンス, あなた方も, あまり信じられない, あまり普通, ありそう, いき, いつもの, おあづけ, お互いに, お寺の, かの二律背反, この主題, この批評家自身, この遠隔距離, ごく一般的, さだ子だ, すでにフリッシュアイゼン・ケーラー, すでに方々, そう不思議, そっちで, その不可避性, その年, その試論, それ自身としては, たしかに冗談, ただちに上司, だからと, つまり人間性, つまり社会それ自身, であるから, どうしても帳中, どうもえらい, どれも, なぜ無意識, ひっこませた, まあ相当, また美しい, まだ健康体, まだ彼, まだ本当, まだ科学的研究, まだ説明, もうたまらぬ, もう現実, もっと他, もはや一切, もはや決して消極的, やがて古典そのもの, やがて近代自由主義, やはり編纂物, より未, わが国などに, アウフクレールングの, アピアの, イデオロギー乃至, インテリジェンス, カラ手に関する, カント自身の, キュリ夫妻が, コントの, ジャーナリストが, スコラ哲学者の, デマだ, ドイツ人にとっては, ナチスにとって, ハイデッガーの, パレート一派の, ファッショ団体の, ブッツケに, ブルジョア大学が, ブルジョア的地主的政党もが, プランクの, プロレタリア文学者の, ボグダーノフ等党内の, マリヤンの, マルクス及び, モルモツトの, ヨーロッパで, リボーの, レイノーが, 一々申, 一九三四年の, 一例に, 一定状態の, 一応の, 一応尤も, 一方から, 一朝に, 一等多い, 一見し, 一見有り, 一體宗教である, 三十七歳で, 上中下三冊に, 不可能で, 不断の, 世界的に, 並々ならぬ, 丸部さん其の, 主として問題, 主人駿三の, 事実上右翼社会民主主義, 二・二六事件以前であった, 二府十県の, 五六年経たなけれ, 京都出身では, 人も, 人生に, 人間的社会実践の, 仇名である, 今では, 今も, 今日でも, 今日プロレタリア, 今日行なわれ, 今次の, 仏蘭西唯一の, 仕立の, 他人の, 以前から, 伯爵酒井忠正氏が, 体系の, 何たる急激, 何とも言, 何斗の, 何等の, 余り, 余程注意, 例えばよろしく, 例えば歴史, 依然として疑問, 信用の, 個別化の, 偶然で, 催眠剤を, 僕も, 元々骨董収集癖, 元来哲学的範疇としては, 元来経済的自由主義の, 先刻から, 先方では, 全く云わ, 全く地獄, 全く実験的経験, 全く自由, 全国に, 全部当局者が, 公民だけに, 其施術者が, 再び大衆, 凡そモダーニズム, 凶作匡救の, 出藍の, 初め何等かの, 別にそれ, 別段驚く, 到底第, 前期の, 劇場の, 労働手段乃至, 動機の, 勧進帳が, 勿論不良少年, 勿論常識用語, 勿論田辺教授, 化学プロパーに, 北海道其他開墾地の, 區長さんの, 十八歳で, 単なるビューロークラシー, 単なる対比, 単なる誤謬, 単にわが国, 単に伝承, 単に前, 単に官尊民卑, 単に政治上, 単に新聞紙, 単に極端, 単に群衆, 単に表現技術, 単に誤謬, 単行本による, 博士自身にとっては, 印象を, 却けられるであろう, 却って数学的概念, 原始的な, 厭な云い, 又とんだ, 又実証的, 又此, 又目, 又色々, 又面白い, 双関性, 受けた, 古今の, 可笑かつ, 司法部内の, 合目的的, 同時にマルクス主義, 同時に少なから, 同時に物理学, 吏道を, 君の, 否定出来ない, 哲学と, 哲学法そのものから, 哲学的範疇に, 唯外囲い, 唯物弁証法的批評, 唯物論的存在論, 啓蒙という, 善い意味, 嘘だ, 四五日遅れ, 困る, 国家や, 国民道徳から, 國産自動車工業確立上第, 堪らぬ, 変ったもの, 夕方な, 夙にエレア, 多分に, 多分脳髄, 夢だ, 大きく云え, 大事に, 大体被疑者を, 大分書き振りが, 大変工合が, 大日向の, 大穴村の, 大衆的地盤を, 大革命以来, 夫直, 失言として, 如何に, 妻が, 娯楽といふ, 子供達の, 存在乃至, 学問構成後の, 学術上の, 安定性を, 官吏の, 実は主として, 実は例, 実は右翼, 実は必ずしも, 実は自然科学, 実在乃至, 実証的検証を, 実際家, 客観に, 容易な, 實に, 寧ろ例外, 寧ろ当然である, 封建的な, 将来の, 小市民達, 少し変, 少し趣き, 尚後代, 山鹿素行先生の, 崔承, 己の, 市内と, 常識の, 広く一切, 座談会に, 弁証法的な, 弁護士たる, 弱る, 当然である, 当然来なけれ, 形態相互の, 彼等が, 後々大事な, 後日話しなれ, 従来単に, 徳川幕府の, 心理的には, 必ずしもフロイト自身, 必ずしも主観, 必ずしも例, 必ずしも杞憂, 必ずしも科学, 必然に, 必要であり, 念の, 思出の, 思想などを, 思想的運動として, 怪しからん, 恐らく今, 恐らく歴史的, 恐ろしい本, 恰も各, 悉く覚えしめ, 想像でなく, 愛着で, 感情と, 我国ばかり, 或いは現下, 戦死者及公死者の, 所謂ユーモア文学では, 批判の, 技術候補者の, 抗い難き, 撲られるぞ, 改めて別, 政府の, 政治的事物決定の, 教育, 数学に, 数理経済学と共に, 文化上の, 文化的自由主義, 文学にとっても, 文学中心主義や, 文明から, 文献解釈の, 文部省単独の, 新しい第, 新聞という, 新聞紙そのものに, 既成の, 日常的論理である, 日本と, 日本主義だけの, 日本文化の, 日清日露の, 明白説も, 昭和十五年の, 時評集である, 晶子さんの, 更に多様性, 最も具体的, 最も手近, 最低の, 最近文芸評論などで, 有でない, 本当は民族自決, 条約が, 東京府へ, 果して真面目, 根本的で, 検事という, 極めて最近, 極めて重大, 橋田邦彦博士から, 機械論的唯物論の, 正に人間的誤謬, 正に政治的, 此歌舞劇の, 歴史では, 歴史的社会的条件によって, 母親譲り月謝一円の, 民族理論へ, 気の, 江口渙氏等と, 決してただ, 決して単純, 決して少く, 決して日本精神主義, 決して武内某氏, 決して消滅, 決して理論, 決して科学的精神全般, 決して議会, 決して鑛毒, 注目すべき, 流言飛語に, 深く謀, 無から有, 無用な, 無論の, 無論世界的現象, 無論単なる, 無論運転手, 物に, 物理学が, 物理的, 物質の, 特に記憶, 独り原著が, 玄也の, 現代的神秘主義, 現在主として, 現実に関する, 理性的に, 理論と, 甚い, 甚だ結構, 生物の, 生産と, 畫伯が, 疑いも, 白井鉄造から, 皆南支那に, 皮相の, 直ちにヘーゲル哲学体系そのもの, 相対化される, 相応し, 看護婦などの, 真理と, 矛盾である, 知能の, 研究室を, 確率に, 社会から, 社会的な, 社会身分から, 神学的自由である, 神経衰弱や, 私たちの, 私以外の, 私自身が, 科学的公式や, 科学的認識という, 科学階級性の, 種を, 空間的な, 筋違いで, 簡單な, 約束に従って, 素人なら知らぬ, 経験主義, 結局に, 結局文学と, 絶対励行の, 総て和女の, 縛の, 考え方によっては, 聞く方, 背景なり, 能狂言や, 自分だけに, 自然が, 自然哲学では, 自然科学自身にとって, 舞子ばかりの, 色々不都合, 若者が, 落城の, 血液型の, 表紙の, 被告賞恤や, 西洋にも, 要するにブルジョア的技術哲学, 要するに意識, 要之助に, 親戚の, 観念的方法では, 解き得る問題, 言葉から, 言論という, 記録に, 証明し, 評論家の, 認識論的である, 誠に悦ばしい, 読んで, 誰でも, 誰れ, 論理上の, 諸事物, 警察の, 譲吉が, 貴様の, 資本主義的イデオロギーによって, 足利將軍義教の, 軍部に, 辞令を, 農民以外の, 近代作家が, 退却による, 通じ無, 過ぎると, 遺憾ながら, 都合の, 量子力學の, 鐵の, 間違いである, 除くとして, 階級的な, 露国ワルソウの, 非合理的な, 非常は, 面白く演, 順用し, 頭脳明晰な, 餘り, 高々一群, 麥を

▼ 之~ (1319, 6.7%)

28 為に 22 爲に 14 今日の, 為めに 12 日本の 11 吾, 彼の 9 ために 8 私の 7 カントの 6 一つ 5 本当の, 第一 4 なければ, 一般に, 人間の, 例の, 取りも, 彼等の, 最後の, 現代の

3 [20件] イデオロギーの, 一切の, 一定の, 今の, 出來, 力学の, 北支の, 常識の, 折て, 昨今の, 普通の, 書きたくな, 次の, 済んで, 為であろう, 為めには, 第三, 自分の, 自然科学に, 行末をも

2 [55件] この方法, この著書, すむと, ためである, なくば, ほんとの, イデオロギーとしての, 一つの, 上部構造の, 世間へ, 両者の, 中, 二つの, 五郎兵衛一世一代の, 余の, 価値一般の, 信長の, 又如水, 哲学の, 唯物史観的方法の, 問題である, 嘘だ, 大事である, 大変な, 如何に, 少くとも, 当主の, 彼には, 彼女だ, 所謂, 持って, 文化の, 日本で, 日本に, 日本型ファシズムの, 歴史の, 毎朝の, 河川法に, 済むと, 爲めに, 現下の, 現象性の, 生きて, 生産諸, 直接心配に, 眼で, 科学論の, 第二, 終ると, 綿入れも, 縁と, 西田哲学の, 論理の, 賭博に, 重大な

1 [965件 抜粋] あの人, あれば, いわゆる牛溲馬勃, うまく行っ, お詫びの, かの悪徳, ききてえこと, この問題, この場合, この数年来, この階級, さう, すえ子と, すでに経験, すんで, その上, その方法, その規定, それを, ただ言葉, ためには, ため禍難, ため臺人, ため鑑賞玩味, ついたら副詞句, つまり最も, どういう範疇, ないという, のぞみに, ほんた, また同時に, まつ先き, みんな支倉さんの, もとと, やがてより, やがて本当, やはり当り, わしの, イデオロギーに, オントロギー, ギリシアの, ゴッチャに, シェリングに, シュトゥンプフから, シヴアーリーである, ジードに対する, セムボビチスの, ヅボア氏の, デマゴギーである, ドイツ社会学乃至, ハッキリしない, パレートに, ビッコを, ファシズム, ファッショ的官僚の, フューシスに, フランス文学の, フロツクコート一着の, ブルジョアジーを, プラグマティズム風の, マキシミリヤンの, マルクスに対する, マルクス主義的批評である, ヤルート環礁の, ラスクの, ロダン翁程の, 一つお前達二十人位は, 一九三六年度の, 一層はつきり, 一歩誤れ, 一生の, 一番普通である, 一等先に, 一等支出が, 一等賢明な, 丁度江戸城, 三十二歳にな, 三國志を, 上に, 上手である, 不動瀧である, 不思議なる, 不決定性, 与えられて, 世界と, 両天子, 中蓋, 主宰たり, 主義や, 之まで, 九州の, 事実である, 二・二六事件と, 二十五歳で, 云い表わすと, 云うまでも, 云わば, 亦驚いた, 人々の, 人心を, 人格の, 人道正義と, 人類の, 今まで, 今後の, 今文学的, 今日までの, 今日広範に, 今日新劇の, 今茲, 他人の, 他殺じゃ, 仮面で, 伊豆半島の, 伝統として, 何か, 何よりも, 何れも, 何時かは, 何者が, 佛國の, 価値の, 価値関係づけ, 俺の, 個人的意志の, 働くと, 元來空想的, 元来日本農村, 先祖と, 入部した, 全く新しい, 全巻唯物論的観点によって, 全般の, 六百五十萬兩斯樣な, 具体的である, 内面的道徳の, 再びと, 凡そ反, 凡ての, 分類学の, 初まる, 初めて自由, 判斷は, 前に, 助長的動力として, 効果が, 医師の, 千艸屋から, 単なる知識社会学, 単に満州行動, 単に理論的活動, 博士の, 即ちラジウム, 即ち名, 即ち文法學, 即ち空間直観, 原因で, 又た, 又ひどく, 又ドイツ哲学, 又三時頃, 又全く, 又実際アカデミー化, 又数, 又甚だ, 又空間, 又酔払っ, 反対の, 取返されるだろう, 古典である, 古我判事, 古来観念論と, 可能である, 合圖で, 同時に歴史哲学, 同時に現在並, 君等に, 和辻博士の, 哲学と, 哲学一般を, 哲学的世界観に, 唐の, 唯物論と, 問題な, 單に, 嚆矢では, 因を, 国内思想対策と, 国民生活安定という, 國を, 地を, 型と, 変化する, 夏なら, 多分に, 多少積極的, 夢である, 大事だ, 大分の, 大問題, 大抵の, 大正十一年頃支倉が, 大衆の, 大阪某, 天下の, 奥さんです, 始めで, 孔明の, 存在の, 学問全部に, 完全に, 宗教で, 実は代表的, 実は実証的, 実施された, 実現可能である, 実質から, 実際に, 客観的存在としての, 家の, 対策に, 將と, 導火線と, 尽く灰, 山林亂伐山の, 嵩山に, 左翼の, 己を, 帰って, 帰順朝貢とは, 平安朝の, 幽霊の, 幾十幾百の, 底を, 座標軸の, 弁別に, 弁証法である, 弁証法的な, 引摺つて足を, 当ったもの, 当時の, 当然相続人, 形の, 形式的である, 後々まで, 後に三木哲学, 後年数年の, 御奉行様, 微積分的方法の, 心理学的と, 心理的な, 必然的でない, 必要に, 忘れられが, 思う壺, 思想の, 思想的抵抗線上の, 思想統制の, 性格としての, 恐らく外, 恐らく芸術表現説, 悲鳴を, 意味を, 意外の, 成人の, 我々の, 我国に, 或る, 戸山学校の, 所謂公式主義に, 所謂古典復興な, 所謂存在の, 所謂批評家だ, 所謂科学主義, 所謂自然科学の, 所謂非常時な, 手紙の, 手頃な, 打つかって, 批判な, 技術問題の, 抑, 捨台詞とでも, 排斥を, 携帯者の, 支倉さんさ, 改善を, 政治家で, 政策を, 教学としての, 教養という, 文化であり, 文化形態論としての, 文化的自由主義という, 文化財生産関係に, 文学主義という, 文明人の, 文芸の, 料に, 新しい量子理論, 新政府下, 新聞問題の, 方言を, 日本へ, 日本ラジオの, 日本人の, 日本的範疇の, 旧来の, 明日早速, 昔からの, 映画と, 映画統制の, 時代の, 時間を, 更にその, 更に一歩, 更に日本, 書きたくなった私一個, 最も必要, 最も科学的, 最も重大, 最初であり, 最後であった, 最近の, 本会の, 本当なら, 本当に置きかえられ得る, 本当に進歩的, 本来は, 本統の, 東洋に迄も, 枕を, 果して眞理, 栃木県知事と, 案外多く, 極めて慶賀, 極めて日常的, 構成に, 模範にでも, 権を, 權利を, 欠乏を, 正しい興味, 正当な, 此の, 此國の, 歴史に, 歴史的原理を, 歴史的社会的に, 歴史科学の, 死なら, 歿し, 殆ど即日, 残された疑問, 民主主義を, 永遠の, 決して内容的, 決して最初, 法廷に, 波動の, 洗練される, 流行に, 混同した, 清三の, 測量部で, 滑稽であっ, 激しい恋愛, 為なり, 為めなり, 無口で, 無意識であり得る, 無産勤労大衆の, 無関係なら, 爲である, 爲めである, 父の, 特に宗教, 特殊な, 特殊化, 特殊的に, 独り文芸に, 独逸流な, 王と, 現代に, 理解という, 生理学と, 略, 疑問, 発表され, 發見せられる, 白馬岳や, 皆わが, 皆焼け, 皮肉でなく, 直ぐ様心理学的な, 直に健康, 直観空間の, 相応しいだろう, 真に審美観, 真実の, 矛盾と, 知覚である, 知識社会学の, 石塔尾根に, 確かな, 確められたなら, 社会に, 社会主義の, 社会的歴史観の, 神代の, 秀子で, 私と, 私には, 科学を, 科学主義, 科学大衆性の, 科学的批評一般への, 科学的精神の, 空想だ, 空間の, 空間を, 立廻りぶりであります, 竹の, 第二段, 箋注を, 箸にも, 純巴里人, 紙料の, 紹介の, 終って, 経済現象に, 経験科学に, 結局の, 結末は, 統計的叙述様式と, 絶対的に, 続いて, 線である, 續い, 自主性の, 自分とか, 自然そのものの, 自然史である, 自然弁証法という, 自然科学の, 自由に, 自由競争を, 芸術に, 若し我國, 藥物療法とか, 虎としての, 被告を, 西學凡の, 要求されたる, 見られないの, 見附かつた, 解釈を, 解釈学と, 解釋を, 記を, 許される以上茲, 評し宋, 話しを, 認識論の, 誠に願っ, 説明を, 論証としての, 谷中買收費とな, 貞女であります, 貴族の, 資本制社会という, 起きるだろうという, 路案内で, 輸入した, 辯明に, 近世に, 近所の, 透察に, 通俗的概念である, 連続した, 進歩的だ, 道徳の, 道徳的である, 遠くから, 選ばれたの, 遺恨の, 郊外を, 醫方明に, 野戦の, 金解禁後の, 閊えて, 間にあうよう, 間違いなら, 防戦の, 階級社会に, 隠匿した, 難有, 非論理的, 養母をまで, 馬場蔵相の

▼ 之~ (1119, 5.7%)

23 に反し 11 に反, に反対 8 をし 7 を觀

6 [16件] が為, が為め, と相, に答, は先生, を, を伊藤侯, を利用, を奈何, を疑ふも, を知る, を組織, を要するに, を見る, を見れ, を観れ

5 に依, に依り, を聞く

4 [19件] が爲め, が首領, と調和, に加, を不問, を伯, を同化, を善用, を得, を掣肘, を攻撃, を目撃, を自己, を表面, を見, を説明, を迎合, を運用, 等の

3 [15件] が爲, に代り, に對, に類する, を大隈伯, を守る, を実行, を實行, を批判, を爲, を知つて, を言, 丈け, 實に, 等は

2 [205件] が免黜, が原因, が我が, が打撃, が施設, が牛耳, が犠牲, が犧牲, が監督者, が目的, が矯正, が講究, が通過, が首相, だけである, とは全く, と交通, と共に生ずる, と利害, と結托, によりて又, によりて好個, によりて柱石, に付き, に代, に代らしめ, に代る, に伴, に加入, に及ぶ, に反すれ, に反抗, に同意, に堪へざる, に委任, に容喙, に対しては大いに, に干渉, に應, に打ち克つ, に擬する, に政治的著色, に柔順, に次ぐ, に用, に異議, に着手, に耳, に記名, に近, に酬, に難癖, に頼ら, に馳せ, は一つ, は日本人, は本物, は欣一, は生前先生, は畏れ多い, は私, まで以上, も亦, も伊藤侯, よりも一層, をあすなろ, をい, をいへ, をいへり, を一, を一時, を中ころ, を亡ぼす, を人才内閣, を今, を仕, を他人, を以て伊藤侯, を以て伯, を以て大隈伯, を以て毫も, を伏見鳥羽, を使用, を保育, を償, を公, を公表, を出だす, を制定, を前, を創定, を劉坤一, を助け, を助長, を協定, を占領, を受けざりき, を受け取っ, を名, を否定, を否認, を問, を変更, を天下, を完成, を実施, を容れ, を容れん, を察すべし, を實, を尊重せり, を導く, を山県侯, を山縣侯, を度外, を庶幾, を引, を彼, を待つ, を後, を後日, を徳, を心上, を恃, を恥, を患, を惜むものなかりき, を愛する, を所有, を手首, を托, を拒絶, を持論, を指導, を指揮監督, を捨つる, を控, を提供, を提議, を操縦, を操縱, を改良, を改造, を教授, を施し, を更改, を望みたる, を根絶, を止めよう, を正面, を死地, を決する, を消化, を清新, を濫用, を為す, を熟計, を現時, を畏れずし, を疑ふ, を皇室費, を知れり, を確立, を禁じ得べし, を称し, を稱, を第, を統一, を聞い, を自, を自覚, を藩閥, を行, を製造, を解し, を解すべき, を解決, を討論, を認め, を誡めたる, を説きつ, を諒せよ, を論じ, を論ずれ, を論責, を謝絶, を譏, を議院, を變更, を迎, を追, を逸, を達する, を避け, を閑却, を閣下, を防遏, を顛倒, を首肯, を首領, 丈の, 位の, 余が, 等食人種, 詩人なり

1 [417件] から別, か改良, か習慣, がお, がため, がなかつたなら, がガルスワーシー, が一, が三十八年, が別個, が劇, が口供, が吹き来る, が單, が對照, が改良, が日本全国的, が淡路人形操, が済む, が漸次進化發展, が百太夫, が第, が肝心, が花, が西沢, が見, が記録, が證例, が進歩, が阿波淨瑠璃, こそ民法, ぞと云, ぞ二本煙筒, ぞ虎髯大尉, だけで片付けられない, だけの金, だけを考へ, で精精, で随分, とお, とは反, とは反対, と全く, と共に大同団結, と共に大同團結, と其の, と其理, と反, と反対, と反映, と密接, と對, と性質, と結びついた, と言つて取り立て, なしと, なつかしき杜陵, などは先づ侠客, にて事, にて候ひき, によりて云い, によれ, に一種, に不, に亦, に依っ, に依つ, に優る, に充, に充つる, に加はる, に加ら, に又, に反動, に困, に外部, に字, に対して究竟, に対する匡救, に対する名士, に対すれ, に就い, に属したる, に属せり, に屬, に屬せり, に從, に応じ, に慈憐, に慣れ, に成功, に據, に政権, に政權, に是認, に服従, に服從, に東葛飾一郡, に比較, に注意, に満足, に無, に無条件譲与, に盲従, に盲從, に短所伴, に續, に色調韻律, に触れざる, に触れず, に許す, に近似, に逆, に過ぎ, に重み, に関与, に関係, に關係, に陶, に陶鑄, に韻律, のみ, の傍, はいい, はしかし, はなんと, はもう, はよく, はアダ花, はガウェーン, は一例, は之, は人形, は人間, は今, は仕替えね, は仮作, は例外, は信じられる, は全く, は別, は土俗, は土地, は夏, は太夫, は好都合, は子供, は容易, は專業, は屹度伯父様, は左, は巴里祭, は平民, は後年, は恐らく, は愉快, は所詮, は日本, は昔, は永い, は決して, は海上法, は珍, は秀吉中心, は筑紫, は糸操り, は紛れ, は翌, は老, は英吉利, は西宮廣田神社, は誠に, は酷い, は面白し, は黒い, ほどまでに, ほど立派, また八幡神, までとても, までと思いけん, までもちこたへ, までも度度, まで自分, も一つ, も世, も仮作, も何, も初めて, も大した, も忘れ, も書い, も特殊, も當代, も着膨れた, も総て露子, よりも學者, より日本文学史, をしたい, をその, をそのまま, をふせぎかね, をぽ, をゲーテ, を一面, を三人, を三十五六度柝木, を事実, を云う, を亨, を代表, を以て今, を以て日本国民, を以て窃か, を以て竊, を伝, を信ずるなら, を修正変更, を修正變更, を個人, を倫理的, を傳, を僵, を全, を全体, を全国, を全滅, を公処, を公處, を其の, を分析的, を勧むる, を勸むる, を包む, を取ら, を叩かざる, を司つた, を合議体, を合議體, を同氏, を呼, を命じた, を唐文粹, を唯心的, を嘲笑, を國, を埋, を好む, を委員会, を委員會, を宣, を寄せる, を尤も, を崇拜, を崇拝, を希臘, を弁駁, を弾劾, を彈劾, を形容詞, を従来, を從來, を心, を心霊化, を忌ん, を思う, を思はずし, を恭三, を慕う慕う, を憶, を憶起再現, を持ち上げん, を持ち出す, を排斥, を採用, を描い, を描け, を描写, を擔, を改める, を政党内閣, を政友会, を政友會, を政府党, を政府黨, を政黨内閣, を教, を教習, を敵, を日本国民, を明瞭, を最も, を有せう, を横切り, を歓迎, を歡迎, を求むべき, を混同, を為し, を熟察し, を燬, を爲す, を率, を率い, を理性, を生みし, を用い, を発表, を発見, を発達, を發表, を發見, を發達, を盛榮, を眞理, を真理, を破, を破壊, を神話伝播説, を空間的, を耻ぢ, を聞いた, を背負う, を能くせず, を菊池五山, を街頭, を襲用, を見た, を観る, を解釋, を討伐, を認めし, を説く, を説けり, を読ん, を調理, を諾册二神, を證據, を識ら, を賞翫, を迎え撃った, を述作, を追懐, を鎭壓, を鎭撫, を鎮圧, を鎮撫, を音, を養, を高め, を默會, を黙会し, 一幅生命反乱の, 一幅生命反亂の, 一枚脱いだら凍え, 一粒の, 一致の, 両木相摩, 中, 主と, 人情の, 人間の, 以上, 以上の, 以上發達せし, 以上進ん, 以外に, 何等の, 其の大名, 即ちかの, 即ち亡國, 即ち恋愛, 即ち所謂, 即ち東西思想, 即ち粋, 即ち調和, 国民の, 土居し, 大暮, 天に, 天地開発後の, 太田の, 実に官憲, 実に海島国, 実用の, 当年第, 彼の, 徒労のみ, 徒勞のみ, 必ず機, 快楽を, 恐らく偶然, 既に驚くべき, 次平枝ぶりよき, 正は, 正造が, 毎会必ず, 民間語源論発生の, 滅亡を, 火山の, 火神と, 牧民官として, 独り我が, 白浪の, 皆他の, 神話発達の, 程で, 程意味あり, 等大建築物, 純粋の, 絶世の, 罪の, 記紀と, 詩なる, 詩人が, 迄なり, 邦家なり, 飢渇せし

▼ 之~ (506, 2.6%)

5 のほう, の娘, はそう 4 であった, の家, の方, をはじめ, を隊長 3 だ, と云, の一隊, の前, の声, の妻, の姿, の邸, は, は足

2 [27件] がいきなり, が大, が来, でした, です, という若, と一緒, に頼ん, のお, のため, の一党, の一刀, の一団, の二人, の兄, の靴, の顏, はあわて, はその, は呟いた, は平次, は胸, は自刃, は自分, は芝居, を, を殺し

1 [387件] あり硬直, からこうつぶさに, から三右衛門, から彦四郎貞宗, から聽, から藤枝蔵人, から言葉, が, があと, がいっしょ, がききかえした, がこの, がしずか, がそれから, がセキ払い, がフト眼, が互に, が亡くなつた, が今, が仰天, が何事, が何者, が余り, が入っ, が出向い, が前, が取り揃えた, が口, が声, が女の子, が帰った, が応対, が手, が手配, が抜いた, が振り, が捧げ持っ, が推参, が改めて, が早く, が最初, が正式, が江戸, が燃え, が皆饒舌, が目, が相当, が相談, が眼, が矢留瀬苗子, が腕, が自分, が辰, が迎える, が逸早く, が運動, が鍬, が鍵, が階段, が音, が顎, が飛び出し, が首, じゃ, すらりと, その人, それでもめったに, だけは心中, だろう, だ色, つくづく考える, てえ武芸者, である, であるから, であるが, であると, であるとは, でご, で生, といい, という, というこれ, というやつ, という人物, という人間, という名義, という旗本, という有名, という武士, という武芸者, という死んだ, という男, という者, という色, という通称, といっしょ, といった, といったな井上, といひ, といふヤツトウ, といふ人, といふ卜傳流, といわれた, とお, とか言, とのこと, とは何者, とは刎頸, とは心, とは絶えざる, とは誰, とやらが残し, と加世, と同じく, と密談, と平次, と申し, と申す, と睨ん, と結婚, と言った, と談合, どのわし, なあ小, などはその, なら大変, なら親殺し, なんだか懐中, なんて人間, には何, には妙子, には非常, にも分らない, に与えたで, に力, に厳重, に取, に取っ, に同情, に向っ, に強く, に捕まった, に掴まっ, に替るべき, に渡し, に疑ひ, に目, に突, に聞け, に與, に見込まれ, に較べ, に違い, のあわただしい, のす, のその, のふたり, の一人娘, の一派, の一行, の下知, の不在, の仕業, の優, の右手, の命令, の場合, の墓標, の外, の夜遊び, の失恋, の奥, の実, の尚, の屋敷, の左, の左側, の左脇腹, の帰る, の応援隊, の忰, の情熱, の愛娘, の態度, の抜きとっ, の持つ, の斬っ尖, の智惠, の歯, の死骸, の浪宅, の熱意, の父親麻井, の狂気, の痘痕, の目, の矢留瀬苗子, の老眼, の聞いた, の肩, の胴ッ腹, の胸, の脇腹, の膝, の若党, の許嫁, の足, の身, の運, の長, の隠し持った, の頬, の額, の顏色, の顔, はあくる日丹那山, はいつか久米一, はいま, はお松, はきりっと, はこう, はこういう, はこの, はこれ, はさすが, はすぐ, はそのまま, はその間, はそれでも, はだまっ, はつぶやき, はつめよる, はどう, はふんわり, はまた, はよろよろ, はわれ, はウン, はゾッと, はツイ両手, はトントン, はビックリ, はピタ, はフト口, はベク助, は一刀, は不思議そう, は不意, は事情, は云いついだ, は云った, は五十がらみ, は仆, は伝法, は何事, は何處, は俯, は僅か, は先づ防禦, は全く, は全身, は兩刀, は凶作, は刀, は初めて, は前後, は卜傳流, は却って, は口, は唸され, は夜, は夜眼, は大いに, は大きく, は大きな, は大声, は大阪, は実行家, は家中, は家来一二人, は小野門, は島, は布団, は帰路, は引, は引っ込んだ, は彼, は御寝所, は心, は必ず, は必死, は思わず, は思わぬ, は怪訝そう, は捻, は提革, は改めて, は新しい, は新しく, は日一日歩行, は早く, は本陣, は枕, は格別問題, は櫛, は正義, は死骸, は気味悪く, は永久納谷家, は江戸, は海上, は深々, は渠, は漸く, は潔癖, は無, は無恥, は由羅派, は畏, は目付支配, は矢, は知り過ぎる, は竹藪, は笑っ, は素早く, は素直, は總髮, は脇差, は興奮, は花世, は苦笑, は華奢立ち, は蒼白, は薄, は血みどろ, は血刀, は裏, は言います, は言葉, は身分, は部下, は釣り込まれ, は長崎屋, は隣町, は順賀橋, は頼母, は顔, は駕籠, は驚い, は高, は黙っ, へ取り縋り, へ囁いた, へ眼, も森, も胸, も茫然, も顔, や覚兵衛, や頼母, よりはびっくり, をいよいよ, をそそのかし, をとむらい, をねえ, をはじめ柳生, をまい, をみつめ, を先頭, を初め末輩, を助けた, を召し捕り, を呪殺しよう, を夜逃げさし, を従け, を恐ろしい, を殺す, を湯島金助町, を眺めた, を窮命, を見やった, を討たね, を蹴倒す, を送つた, を進め, 早意, 至急したく

▼ 之~ (366, 1.8%)

11 同樣 6 矛盾する 4 並行し, 反対な, 反対に, 同じこと, 平行し 3 並んで, 日置部, 比較し, 異る, 連関し, 類似の

2 [26件] 云って, 全く反対, 全く同じ, 全く干, 全く異, 反対の, 反對, 同じで, 同じに, 同じ事情, 同じ位, 同様な, 対立する, 戰ひ, 戰ふ, 戰へ, 時を, 正反, 比肩す, 爭は, 独立な, 異った, 異って, 趣を, 違つて居, 類似する

1 [259件] いって, いわば分極的, この観測器械, すり替えるの, その他との, つらなる家族制度, ならせた, イデオロギー的交流を, スコラ哲学以来の, ヒューマニズムとの, プロレタリアとの, 一つである, 一つに, 一定に, 一定の, 一定形態の, 一定関数関係に, 一致する, 丁字形に, 不離に, 事かわり, 云い抜けたの, 云う宗教, 云う手証, 云う目的, 云う考え, 云つた思想上の, 云ふ, 五十歩百歩の, 交はれり, 交叉しなけれ, 交歡し得る, 交通し, 交通する, 今の, 他の, 似たこと, 似たもの, 似た論理的代位, 似て, 似寄りの, 倶なら, 傾向を, 優善とは, 入換, 全く反, 全く同, 全く同一, 全く質, 全く違, 共, 共に進む, 共軛的に, 共軛関係に, 共鳴を, 其方の, 別れた, 前後し, 区別された, 原理上連関し, 友誼関係を, 反対で, 反比例である, 取り換えられるの, 取組まねば, 合致する, 同しく, 同じい, 同じく, 同じくルビコン河, 同じく万葉集, 同じく例えば, 同じく真理, 同じだった, 同じであっ, 同じ姿勢, 同じ形, 同じ意見, 同じ感じ, 同じ様, 同じ社会的機能, 同じ筆法, 同じ経験, 同じ結論, 同じ話, 同じ飛行練習場, 同一と, 同一なりし, 同一の, 同一視される, 同一視し, 同伴しなけれ, 同伴と, 同化し, 同時にこうした, 同時に下等, 同時に亦, 同時に人, 同時に今, 同時に俺, 同時に其趣味, 同時に彼等人民, 同時に支那, 同時に私, 同時に近江, 同様で, 同様の, 哲学の, 唱へ, 因縁の, 報道との, 大同小異だ, 大関係, 如何に異, 如何に関係, 婚姻を, 存候え, 存候この, 存候へ, 存候へど, 存候其後珍事も, 存候間何卒, 存在という, 学術を, 安楽を, 実践的に, 家族制度とを, 密接な, 密接に, 密接の, 対を, 対抗す, 対抗せん, 対比させられた, 対比し, 対比す, 対立しない, 対蹠的な, 對抗し, 少しく異同, 少しも, 少しも異, 幾何学との, 弁証法的連関統一を, 徹底的に, 必然的な, 必然的に, 思うが, 思は, 思はば, 思わば, 懐い続けるの, 戦い之, 戦うに, 戦ひしが, 戦ふを, 戰はむ, 手を, 技術家の, 接いて, 接続させる, 握手せ, 敵対関係に, 文芸の, 文芸批評とは, 日本農本主義との, 日置部置部など, 春宵の, 札つきの, 根本的に, 構成的概念の, 様子が, 正反対に, 正反対の, 歴史的現実との, 比肩すべき, 比肩する, 比較す, 無縁な, 無関係であっ, 爭ひし, 爭鬪し, 甚だ紛らわしい, 申御, 略, 略同じ, 異つた材料, 異なった聴覚, 異なり, 異らず, 異り, 発音の, 直接に, 直接には, 直接連関し, 直接関係の, 直角を, 相伴うもの, 相似た, 相似て, 相前後, 相反し, 相圖, 相婚, 相容れない無限, 相対し, 相対的に, 相對, 相当の, 相應, 相照応, 相策応, 相策應せ, 相若, 相融合, 相關聯, 相頡頏, 矛盾するで, 等しいもの, 組織的に, 経験法則とは, 結び付くという, 結合し, 統一を, 絶対的に, 縁の, 美を, 自然史的な, 自然弁証法との, 著しい対比, 著しい相違, 裏表の, 語を, 變な, 貿易し, 質的に, 質的スケールを, 逆ま, 逆行する, 通信し, 通話を, 連結せしめ, 連関が, 違って, 違つて人入れを, 違つて支那の, 違ひ, 違ひます, 関係ありし, 関係が, 関係の, 閣老決議之, 闘い之, 關係ありし, 離すこと, 離れること, 食い違うもの, 食い違ったり, 鬪ふ

▼ 之~ (307, 1.6%)

4 一つの 3 亦た, 亦実は

2 [19件] その一つ, 一人の, 一面の, 亦一つ, 亦一種, 亦一身, 亦風, 人に, 今の, 子持ち, 拝借もの, 歴史的に, 浮田の, 神経衰弱療法の, 秀吉への, 練習と, 行方知れず, 賭博だ, 青道心の

1 [259件] あなたの, あり相当, い, いつでも, うまし, お弟子, お正月らしい, けい古した, この記事, ごく広い, そんなに不自然, たしかに政治的自由主義, たじろいだ, だめという, つい先日, ひとへに, また今日, まだハッキリ言い切る, まだ包括的, まだ容易, みんな神様が, アリヤンの, スマートすぎる, スマートで, メートルに, 一万円も, 一定の, 一旦貰った, 一時の, 一時やめね, 一種の, 三百年の, 不充分と, 不思議と, 中, 丹を, 久しからずし, 予審廷に, 二つうす暗い, 二度目の, 二晩も, 二間ばかりは, 云うまでも, 云わば, 五月中で, 亦ごく, 亦もと, 亦もはや決して孤立, 亦イデオロギー, 亦カント, 亦一種類, 亦不可, 亦不思議, 亦事実上, 亦五日後, 亦今ここ, 亦例, 亦偶然, 亦儚, 亦刑法上, 亦制作, 亦単なる, 亦古代, 亦史的唯物論主義, 亦同, 亦否定, 亦吾人修養, 亦唯一無二, 亦変, 亦奈良, 亦巷間, 亦師範学校, 亦情けない, 亦文化的社交組織, 亦日本文化, 亦日本民族, 亦極めて, 亦歴史, 亦矢張り, 亦組織立った, 亦統計的操作, 亦要らぬ, 亦資本, 亦軍需工業資本家, 亦遂に, 人形の, 人間の, 今や其の, 今云った, 今朝は, 仕方が, 伊豆の, 作者は, 価の, 倫理主義化し, 偶然の, 僥倖と, 先づよからう, 先方から, 入口の, 全く無効, 其れ, 其形は, 其意義は, 其義難計御, 其著作した, 冥護に, 分らぬ, 別論だ, 則を, 前と, 前記抛, 動きの, 包牌である, 十数株の, 印象歌の, 又, 又ラガド市, 及第し, 友達に, 反作用的に, 取て, 同じくその, 同じく日本人, 同じ標準, 同樣, 否定し, 味ひ, 呼び寄せて, 哈爾賓の, 嘘だ, 噂だ, 四十の, 四年程, 堆かき枯葉, 多分一市民の, 夜の, 大切な, 大抵は, 女らしい基督, 完全な, 実は必ずしもそう, 実は虎, 実験でない, 實は, 小屋の, 少々ゲテ, 少しも, 屡, 屡々用, 左肺を, 年齢の, 幼い頃母, 康有爲の, 建築の, 張合な, 役どこは, 後に, 後にな, 後には, 御題目の, 心持悪し, 心理と, 念の, 怪しい男, 恥かしく思つた, 悲む時は, 慶応の, 成立する, 我子を, 手帳を, 揃って, 支倉の, 支那人間に, 教へを, 文義的に, 新しい社会, 日本人は, 日本的な, 是は, 普通の, 晶子万有教の, 書こうと, 最低の, 最近, 有名な, 朝市での, 未来の, 未遂に, 本当は方法, 本質的には, 検事を, 此無名の, 此部類に, 歩兵が, 殺したる所, 毎年やる, 比較的回り道, 決して私, 浮世の, 無言, 煤と, 犠に, 王朝の, 現在の, 現職巡査の, 生の, 町娘の, 病床吟である, 病身の, 白状しなけれ, 皆師に, 眼眩き, 矢張り広い, 矢張衛から, 矢張衞から, 知って, 確かな, 確かに, 神州の, 私の, 私は, 空屋と, 立憲的ファシズムの, 笑を, 管理人に, 箱根の, 精しくいふ, 素より思想, 細雨ふる, 結局は, 結局何の, 結局同じ, 結局生活の, 自分で, 自分に対しても, 芋の, 落ちたる松明, 蝉の, 行先が, 複雑な, 見様に, 観念の, 解き放した片側, 訣らぬ, 誇大狂の, 誤解され, 読めあれ, 譲つて戴けませう, 讀者の, 賄賂の, 跡を, 鉄の, 風に, 風の, 餘程餘裕が, 馬鹿げたお話, 駐在所が, 高い所

▼ 之~ (193, 1.0%)

23 のもの 5 の人々, の詩 3 の人, の諸, は決して, も亦

2 [13件] がその, が私, ではないだらう, の一見, の内, の句, の問題, の所謂文化, の整理, の言葉, は, は他, は示す

1 [122件] からも, から受ける, から可, から推し, が低級, が夫, が寄っ, が導誘, が機械論的範疇体系, と之等, と区別, によれ, に伍, に実験, に比較, のどれ, のデパート, のブルジョア・イデオローグ達, のモーラリスト, の下等動物, の不快, の中, の中心, の事物, の光景, の公式, の凝視, の凡て, の出版物, の助手, の参考書, の古調, の句ただ顔面, の句中, の右翼政党, の名, の哲学, の唯心論, の噂, の夢, の大勢, の契機, の女, の女連, の媒介, の学者, の小, の小さい, の思想, の感懐, の手段, の指導者, の新, の新劇, の旧, の昔, の書物, の有益無益, の業績, の災禍, の片鱗, の犯罪人, の独占形態, の理論, の研究, の範疇, の維持者, の美談, の考え方, の者, の要素, の規則, の記事, の記述, の諸君, の逆説, の運動, の遺, の陣地, の非難, の飛報, の默止すべ, の黙止, はいずれ, はしかし, はその, はハシゴ, は今日, は先ず, は先づ国神系統, は凡て, は凡て後人, は千万言, は即ち, は合図, は如何, は形式, は昔, は材料, は此, は決定版刊行, は混色, は特異, は畢竟, は皆, は皆人間, は皆形式論理学的範疇, は社会政策, は自分, は要するに, を充分, を含む, を始め, を容れる, を形式化, を批判, を見る, を適用, を郷, を領, 及びその他, 諸理論

▼ 之によって~ (187, 0.9%)

4 社会の 2 インテリゲンチャが, 大衆の, 彼等は, 撤兵問題が, 日本の, 決定される, 自然科学の, 記者達は

1 [167件] この本, この犯人達, すべての, その存在性, なぜ社会政策, また初めて, アプリオリ主義と, デマゴギーは, ブルジョアジーの, ブルジョア学校内部に, ブルジョア社会は, マルクス主義は, ロマンティークの, 一切の, 一見虫も, 世界が, 世界観そのものが, 事物の, 事物を, 云い表わされて, 人々にとって, 人民戦線運動の, 人間の, 今の, 今まで, 他の, 代表され, 以前の, 伝えるもの, 何故に, 保証され, 保護され, 個々の, 倫理であろう, 優越されるなら, 充分に, 内容が, 出来るだけ, 初めて哲学, 初めて学問, 初めて完全, 初めて文化, 初めて日支, 初めて概念, 初めて社会史, 初めて科学, 初めて統一, 初めて聖書, 割合明白, 半ば必然的である, 即日日本領土の, 却って世間的信用, 却って益々直観的, 又学問, 又生産, 又自然科学, 又著作物そのもの, 右翼そのものは, 右翼愛国団体の, 否定されない, 吹き飛ばされる保守退嬰, 国民生活安定政策だけが, 基底づけられた, 多衆, 如何なる不, 始めてオブヤェクト, 始めて保証, 始めて空間, 始めて購う, 存在は, 実は同時に, 実在乃至, 実証主義に対して, 実際的, 平均され, 影響され, 従来の, 得た諸, 微積分的な, 必然的である, 思想を, 愈々方法的, 愈々自分, 意識し, 意識的に, 成立する, 戒厳令と, 或る, 所謂労働手段の, 所謂熟練工の, 提供された, 政友と, 文化勲章なる, 文学と, 文明人に, 文章自身は, 日本や, 日本民族の, 日本的現実の, 明らかと, 明らかとは, 明らかな, 模写は, 権利が, 次の, 歴史が, 歴史そのもの, 歴史としては, 歴史は, 殆ん, 民衆は, 決して定義, 決して蔽われる, 浸透された, 物体に対する, 物質が, 特色づけられる, 現在の, 現実が, 現実の, 理解し, 理解する, 生じるもの, 生は, 生活安定の, 生産される, 生産力が, 発生又, 相当盛大, 研究の, 示されるもの, 社会的に, 神の, 空間が, 空間なる, 空間直観に, 立つこと, 立派に, 精度は, 結果する, 統一的な, 自分の, 自然なる, 自然弁証法という, 自然概念は, 自然科学が, 著者の, 蒋介石政権は, 裏づけられて, 見れば, 見出される筈, 見過すこと, 観念的に, 観念論の, 解釈される, 証明され, 認識し, 認識能力としての, 読者は, 諸々の, 諸科学, 警察官の, 軽減されるだろう, 農村問題でも, 逆効果, 限界される, 駅舎から

▼ 之~ (177, 0.9%)

15 見ると 7 以て 5 判る 4 判るだろう 3 私の, 見ても 2 い, いいの, お別れ, 一まずホッ, 安心だ, 宜敷い, 汝の, 目が, 終った

1 [122件] あの霊, あらう, いいとして, おとしも, お役に立つなら, この家, この時, すべては, すらもう, すんだの, その晩, どうやら活気づくだろう, どんなに広, まあ済んじまった, まづ片, もう直, もう郷里, もって, よし, アカデミーに対する, ファシズムの, ロケが, ロケは, 一つお, 一つ書ける, 一まず, 一寸気分, 一応いい, 一応例, 一本書ける, 一通り私の, 万々歳だ, 万一駄目, 万事了った, 三度目くらい, 不純分子一掃ます, 了った, 事が, 二三日分の, 人は, 人情判事と, 今まで, 例の, 俺は, 充分だろう, 充分に, 全く此, 全部だ, 出来上ったが, 分った彼, 分る, 分る余, 判ったこと, 判りかけたかと, 十分だ, 可し, 合格した, 噺は, 埋合せ, 堪忍し, 大の, 大刀を, 大抵分る, 少なくとも自分自身, 尽きるであろう, 帰れるの, 幾本かの, 座談会を, 弁証法は, 弾圧されるだろう, 当署の, 得心した, 恰度好い, 愈々私, 折角の, 文学も, 方針定り, 明らかだ, 明らかと, 昔の, 朝鮮に, 止める, 止めるの, 正しいの, 此の, 気が, 消えて, 済んだの, 漸く大入, 烏の, 無難と, 片付けて, 甘いもの, 相続人たる, 知ること, 私が, 立派に, 第一幕終り, 筆を, 終り, 終りを, 終る, 終ろう, 結構である, 絶交に, 考へると, 能と, 自然への, 自然弁証法の, 良いなら, 行ける所, 見て, 見れば, 解けた, 解決が, 計画の, 警察へ, 足取, 述べ盡, 邸の, 開店する, 食って

▼ 之から~ (157, 0.8%)

52 一応区別, 何うし, 僧籍を, 出発する, 区別された, 区別される, 見て, 見ようと, 述べようと, 離れて

1 [132件] あなたに, あんな深山幽谷, お心安く, お話しよう, この子爵, して, しないから, ずっとこの, だ, だと, つまり今日の, でも, なの, はずれたもの, はずれるという, ます, まだ段々分つ, まだ段段分つ, もう一つ, プレスコで, マテリアリズムの, モ少し, 一つ怒鳴りつけ, 一切出すまい, 一大事の, 一生けん命やる, 三十里の, 三度目の, 世に, 二年九ヶ月の, 些と, 今迄, 他土地, 以後一層, 何うなります, 何かの, 何事を, 何千年つ, 何千年つづく, 何方へ, 何者をも, 僕に, 先の, 先は, 先君が, 先当分吾, 先石油を, 免れるには, 其教授の, 出ては, 出掛ける途中, 出来上って, 出発し, 出発するなら, 出發, 区別され, 区別される云わ, 区別する, 叙述する, 名探偵, 君を, 塔の, 夕餉を, 始まるの, 媒介する, 媒介分化された, 實驗を, 少し道, 少と, 差し引く, 帰結する, 後が, 急な, 惹き出された諸, 惹き出すため, 愈々藻西, 或年月, 戻つて行つて, 手風琴を, 押登つてやつと, 推すと, 損害を, 數ヶ月の, 數年間同じ, 新らしい, 日本まで, 時々妾, 普遍者ならぬ, 本当の, 来る吾, 来る幸福, 東京の, 次に述べる, 次元や, 次第に発達, 正しくなろう, 此櫻木重雄が, 歩かねば, 毎朝時間を, 比較的独立, 海原遠く, 犯すよう, 独立した, 獅子狩だ, 獨逸の, 王様の, 現像を, 生れたかも, 生命という, 発生する, 直ぐに, 真直に, 神の, 祭られるの, 競走だ, 第二次的, 糧食を, 絶縁する, 考へられること, 育つ果実, 自分で, 色々に, 行くっていう, 討議を, 話そう, 説明しなけれ, 起りそう, 越前へ, 逃れんと, 金の, 長時の間, 食事し

▼ 之~ (137, 0.7%)

3 が生き 2 が生き還つた, だけで, とお, と云, の声, の答, はしばらく

1 [120件] から借りた, があの, があんな, がいた, がお, がにこにこ, が一年目, が何, が元, が助, が坂下, が壽命, が居室, が新一郎, が死ん, が死んだ, が殺し, が泣き止む, が生き還つ, が行った, が雨, さえ助かれ, たつた, だろう万之助, ぢや, でないかも, ではなかつた, ではなく, で御座います, と, とあの, という役, といふの, といふ味方, と二番番頭, と云う, と氣, と要, と言っ, と重臣たち, どのサ, には姿, には我慢, に宛てた, に対し少し, に復讐, に正面, に見せた, に見られる, に逢つて, のことば, のため, の乗った, の出る, の前, の変り果てた, の妹, の家臣, の様子, の死骸, の激しい, の片, の目, の腹痛, の苦笑, の言, の話, の部屋, は, はお, はお玉, はそれ, はたしなみ, はただちに, はもう一度, はハツ, は丁寧, は上京, は人, は今年十七, は大, は委細構はず言葉, は密談, は少し, は当時, は怖, は懐中, は手, は敵討, は新一郎, は本名, は正直眞, は毅然, は毒薬, は水道橋, は江の島, は矢, は稻葉屋, は素直, は言, は言ふん, は飛ん, もお, も今年二十二, も昔, も来い, も無事, も艱難, も髻, やお, をさらつて大川, を三人, を国, を左右, を當つて, を突き落した, を膝元, 位の, 樣屋敷の, 漸く起上がらう

▼ 之を以て~ (124, 0.6%)

10 なり 3 見ても 2 余は, 彼れ, 詩人の

1 [105件] しては, しても, その情, その意, みても, われは, イエスの, バイロンは, レッシングは, 一国民の, 一種の, 一般に, 三湖を, 三百年の, 之を, 事を, 亞細亞文明なりと, 今の, 今回の, 仏蘭西の, 伊尹周公に, 僕が, 北陸道から, 合理的な, 和栲と, 均しく王莽, 天子念ずれ, 威すつもり, 学と, 学問性の, 孰れ, 宇宙を, 宗教なし, 実行に, 尚書の, 左翼の, 巨人は, 幕府の, 平軍の, 形式的に, 彼が, 彼の, 彼は, 思想界に, 我事成れり, 我神功皇后と, 戦争化そのものが, 戸を, 教を, 教育の, 日本文学の, 早暁の, 明かに, 是に, 時間自身に, 暗に我党, 暗に我黨, 最も根本的, 最上の, 来るべき戦争, 極めて大, 歐西人種に, 歐西文明を, 此等女王の, 民心を, 法を, 波濤の, 演劇の, 煩ひとなす事なく永く, 甚だ結構なる, 甲乙二県ハ独立し, 直ぐ様今日の, 直ちに作者, 直ちに天然, 直ちに活動写真, 直ちに老生, 直に人口, 直に救世, 眞正の, 真実と, 真正の, 知性的合理的表現に, 研究の, 神話の, 科学的批評などと, 程度の, 空間理論の, 窺ひ知る, 終る, 繪の, 美的生活なりといふ, 考えると, 聊かその, 舞蹈を, 見るべし, 見れば, 観ても, 言を, 調和す, 轉定の, 農村の, 都留郡福地郷の, 鎌倉時代の, 陳壽の, 魏時代に

▼ 之に対して~ (116, 0.6%)

2 マルクス主義も, 云わば, 例の, 外部的な, 積極的な

1 [106件] あゝ遣, お鯉さん, このシーリース, その必然性, その概念, どういう批判, どういう関係, どのよう, より根柢的, オルガニザトールや, クロポトキンは, デボーリン一派は, ハイデッガーの, フランスの, ヘーゲル自身の, 一定の, 一言の, 不平不満の, 主観としての, 事実は, 云々すべし, 京極家を, 人間の, 今度は, 仮に純粋直観, 仮定, 何の, 何等の, 依然としてその, 個別化が, 先の, 前者が, 前者の, 割合生命的, 化学の, 印度哲学や, 却ってモダーニズム, 同様に, 否と, 哲学は, 商工省当局は, 固より, 声を, 外務省当局や, 多少問題, 大審院側は, 大蔵省当局は, 大袈裟な, 夫, 始めて成り立つ, 官僚ファシズムは, 官軍の, 実証科学としての, 家宣は, 小ブル高級インテリ, 小島君は, 小生の, 小生は, 小説であった, 常識的概念は, 形式的真理を, 後に, 後者は, 思ふ, 悖として, 情意, 意識, 感嘆久しうし, 感覚独特の, 或人, 所謂哲学は, 所謂現実主義とは, 批評を, 抗議書を, 拓務省側の, 文化の, 文相斎藤総理大臣は, 方法も, 暗黒の, 暫く悵然, 極めて冷淡, 次の, 次郎太刀という, 殆ど其一劃を, 消極的な, 潜水艦の, 物理的空間は, 甚だ冷淡, 生活費を, 田辺元は, 異議を, 直観は, 真理は, 神を, 福沢諭吉が, 私が, 私は, 空間そのものでは, 第二, 第四, 調査を, 警視庁獣医課の, 進化学の, 部分が, 重ねて, 金沢市の

▼ 之まで~ (96, 0.5%)

2 でも, 云って, 見て

1 [90件] あまりその, あまり体系, あまり充分, あまり認められ, こうした狭隘, この点, すでに人権蹂躙, どういう意味, どこの, どの論文集, なかった, なんにも文字, まず無かっ, もう少し熱心, よく口, わが国などでは, クドクドと, ジャーナリズムと, ドイツの, 一向根本的, 一般に, 与えられて, 世界の, 主に, 二回分を, 何の, 例の, 信じて, 充分工夫, 出版した, 割合文学的な, 及び今後, 名だ, 唯物論は, 商売人は, 多くの, 多くは, 大体三つを, 如何に, 存在しなかった, 存在する, 学問性は, 宗教的な, 実証哲学の, 常に形態, 幾十度と, 幾度も, 度々署長以下, 弁護人から, 往々に, 思想警察とか, 慣れて, 慣れ親ん, 承認し, 指摘し, 文化と, 日本の, 時々あった, 時々この, 権右衛門が, 殆ん, 決してそういう, 決して充分, 注目され, 満鉄付属地, 無かった, 現われて, 生物学を, 産んだ所, 私が, 科学的な, 繰り返し繰り返し, 翻訳と, 聞いた何, 聞いて, 自然として, 著しく玩具, 見たこと, 見られなかった処, 説けば, 誰も, 警察が, 転って, 較やも, 述べた漠然たる, 述べた通り, 述べて, 這入って, 過程の, 隠者生活を

▼ 之~ (89, 0.4%)

2 外に, 欠乏する, 隠蔽を

1 [83件] かがんだあたり, ことで, ことは, ごときは, ために, ないもの, ような, ように, ジャーナリズム外的検討は, 一手を, 一枚絵も, 主観への, 仮名書の, 件の, 住んだ湯島, 例として, 修行を, 分析こそ, 十六字を, 原道に, 反映である, 名を, 否定即ち, 哲学体系に, 四人を, 基礎として, 外では, 外側に, 大著を, 夫人に, 奥で, 奧で, 女を, 如きは, 字か, 字であっ, 字巴の, 存在は, 存在を, 実験的検証も, 室である, 宰相に, 弟子に, 形態を, 後半は, 応答に, 應答に, 手に, 描いた時, 文を, 方は, 方法を, 昂った気持, 最も直接, 有と, 梅が, 森氏父子及岡西養玄を, 此論は, 武士訓などは, 決定者たる, 消化に, 淡い浮世絵, 無辜なる, 画く女, 皮を, 禁止すべき, 経済の, 絵に, 維新後の, 自然の, 致命的な, 蔭口を, 試行を, 詩, 詩の, 詩をも, 認識に, 諸関係, 謂いである, 起原は, 輪郭を, 述語である, 障碍と

▼ 之には~ (79, 0.4%)

2 タマげて, 多少の, 流石に, 色々の

1 [71件] お浦, さしもの, どうしても少なくとも数, スティヴンスンの, 一つの, 一指も, 両者の, 中に, 二つの, 何か, 何よりも, 何等の, 併し, 例の, 俺も, 僕も, 全くクサ, 全く同感, 全く絶望, 区画も, 南北書派論北碑南帖論と, 及ばない, 名聞利慾の, 多くの, 多少異議, 多額の, 大きなコック, 大に, 大体次の, 奉供養大師堂, 女性尊重主義を, 嬢様も, 少しく怯んだ, 尠から, 尤も露骨, 彼女の, 從來種々異説も, 応対の, 所謂外交の, 支那史や, 支那文様の, 服從しなけれ, 条件が, 来らず横, 歴代天皇とか, 歴史科学其の, 殆ど手掛かりも, 注意しなけれ, 深い理由, 無之, 無数の, 然るべき理由, 独特の, 男に対する, 異説が, 異議を, 直接研究室生活を, 私も, 種々の, 種々内面, 良いも, 見えざる手, 記して, 警察当局も, 賛同せざる, 途方に, 長慶天皇御, 難有迷惑, 頗る閉口, 頼らない, 顏を

▼ 之~ (79, 0.4%)

1 [79件] アハセテ, サク山ト云, 一般ニ布告セントスル為メナリ, 七箇町ニ分割ス, 三弦ト云, 上策トス, 不知ト謂フナリ, 中国ノ, 中策トス, 以テカ欧米列国ハ夙ニ莫大ナル費用ヲ, 以テ或, 仮スコトナシ, 伏兵ニテ撃タバ御, 借リ来ツテ酒肆ニ名クト雖其, 倭名鈔ニハ王孫ニ宛テ沼波利久佐此間ニ云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めは, 傷寒論ニ対検スルニ馳駆範ニ差ハズ, 全国ニ告諭セヨ, 再ビスル必要ハ國家組織, 再別シテ識ト才トノ二ツニ分ツナリ, 分チテ智情意, 反對ニ無罪ナル者ト假定スルトキ現時, 反復スルハ速, 取ツテ失フ, 取リ帰ルヨリ, 同ジウスルハ, 同日ニ論ズ可ケンヤ, 名ケテ感覺ト云フ, 名ケテ理性ト云ヒ, 大別スレバ, 好マズ, 如何トモス可ラザルモノナリ, 子孫ニ伝フル所ナリ, 宇内万国ニ徴スルニ之ヲ, 定ム, 小學校ニ採用セリ, 師トセザルヲ, 延期ス, 弁論周旋スベシト反覆請求シタレドモ英国人民モ共ニ是レ聾盲ニシテ嘗テ之, 承ク, 捨テ他, 採ルトキハ厳祟, 擯テ隠, 支持点トシテ運動スル如ク構成セラレタルニ対シ本願発明ニ於テハ問題ノ, 攻ムルニハ塀越シノ槍コソ利アラントテ十文字鑰槍ナド打捨テサセ皆長柄, 教フト雖モ無益也, 斬リ, 斬ルベキコト, 明示シタル所以ハ此限度ヨリ免カルヽ目的ヲ, 明言スル事甚ダ困難ナリト雖モ北海道ト本州トノ古物遺跡ヲ, 曙, 有スル者ニテ, 有セズ, 梓ニ上ス, 棄テテ魯西亜ニ附シ力ヲ, 棄ルヲ下策トス, 江口ト謂フ蓋シ典薬寮味原樹掃部寮大庭ガ庄ナリ摂津, 澤山ニ知リ且又之ヲ, 獲タルヤト問ヒシニ, 現在新, 甘ンジテ屈従スルモノノ如シ, 石時代ト云フ, 祭ルヲ卜鬼ト名ヅケ年々外国人ヲ, 秀吉ニ献ジ半, 納付シタル次第ニ有之, 結構シテ其大, 結構組織シテ事, 自ラ製スル能ハザルモノニ比スレバ難易, 自生スルモノニ非, 覆ヒ, 言志四録ト稱ス, 誤解シテ限度超過額ノ, 論難シ第, 謝セザレバ新聞, 謝セントスレバ無礼不敬ヲ, 迎フ, 返ス, 運命トスベキ者ノ, 遣フ湯水, 頭上ニ加フベシ

▼ 之より~ (73, 0.4%)

2 して, 入るを

1 [69件] けし飛びぬ, 一回転し, 一定の, 一層重大, 上に, 下れる, 両人あれこれと, 二年おくれ, 二年を, 人間に, 仕事, 他に, 以外には, 來らん, 優雅で, 先, 先づ人類が, 先伏見鳥羽淀には, 先八月廿六日聖誕日を, 先十一日には, 先四六版時代に, 先天王山が, 先山田は, 先常藏は, 先弘中三河守は, 先我等の, 先政友会大会で, 先楽器の, 先漁船に, 先陸軍は, 其秘密なる, 凡て人間は, 出たる者, 出でしが, 分らぬもの, 分離し, 列車は, 前家康, 又明朝, 古くなる, 古く凡そ五百年前文安五年, 四五十年おくれ, 四五町に, 始まらんか, 完全の, 家へ, 審理を, 左右に, 左折し, 廻りて, 引下げん事, 当り前な, 我が懷, 推せば, 日本人民の, 月水の, 甚しきは, 生ずる直接, 発生し, 確かな, 私は, 穉く, 終始千曲, 行わんと, 見んと, 謡曲に, 足の, 重き罰は, 高らかに

▼ 之こそ~ (68, 0.3%)

2 優越なる, 哲学の

1 [64件] まちがいの, ドイツ文化社会学の, ファッシズムを, モダーニズムの, リッケルトの, 一年の, 人心の, 今回の, 今日の, 例の, 個性の, 僕の, 初めて真に自然科学, 却って西洋倫理, 吾, 基礎づけである, 外部的な, 子爵の, 学問の, 実は所謂機械論, 実は所謂生気論, 実在を, 実質上の, 実践の, 寧ろ極めて有益, 幾何学の, 弁証法の, 当の文化水準, 形而上学的である, 意識の, 批評の, 抑, 新しい自我, 最も内容, 最も悪質, 本当に方法, 本当の, 正にその, 正に低, 歴史の, 火事の, 物質そのものの, 物質的存在である, 現代に, 現代の, 現代人の, 生の, 田辺博士の, 真に概念構成, 真の, 真理自体だ, 知識の, 社会主義にとって, 科学的批評という, 空間の, 空間表象に, 精神の, 自治主義の, 自然科学の, 見遁, 言葉通りの, 誠に物理学, 論理機能の, 赤化思想である

▼ 之とは~ (60, 0.3%)

6 異った 5 反対に, 独立に 4 異って 3 別な 2 全く別, 全く独立, 区別された, 殆ん

1 [29件] どう関係, ハッキリと, 一応別に他, 一応区別, 一応独立, 一見殆, 亦別に, 全く反対, 全く性質, 全く相反, 全く質, 全く違った, 別に, 別に改めて客観, 区別した, 反対な, 反對, 同じ根拠, 多少異, 対蹠の, 愈々以, 根本的に, 正反対に, 深い関係, 無論全く平行, 独立的に, 範疇的に, 関係ない, 餘程塲合も

▼ 之に対する~ (48, 0.2%)

3 答えは 2 ものは, 人間の, 政所派といふ

1 [39件] のである, また一篇, ものが, プロレタリア側からの, 一応の, 上演科の, 主観が, 傍観者だ, 僕の, 其態度に, 勧懲を, 印象を, 反動的な, 反対として, 反対を, 反駁は, 嘲風, 如何に, 対立美術に, 復讐としては, 復讐も, 意味の, 批判としての, 批判の, 批判を, 批難と, 氏の, 民衆の, 特定の, 立派な, 答は, 精神の, 精神は, 観察の, 解答が, 触れて, 軽卒な, 近世の, 道も

▼ 之では~ (41, 0.2%)

2 仮に独立国

1 [39件] あるまいかと, とても葛巻, ないか, ないであろう, ないと, ないという, なかった, なくて, まず何より先, まるで専ら例, まるで最も良心, 一向解決, 一寸話に, 世界は, 全く警察, 判ろう筈, 単なる外部的批判, 却つて足手絡ひ, 吏道の, 啓蒙とは, 国家の, 実際の, 少しも, 成り立たなくなるし, 戦争に, 折角の, 時間表象と, 活動的な, 滿足出來ぬ, 熊沢氏は, 理解できない, 科学の, 科学的, 観念は, 説き尽くせないが, 説明も, 警察当局者でなく, 遂に例, 長くもつまい

▼ 之によ~ (41, 0.2%)

2 つても

1 [39件] つて, つては, つて一は, つて一家言を, つて七志の, つて世界の, つて他人を, つて佛教の, つて全, つて其の, つて各自が, つて周禮若しくは, つて土器を, つて多大の, つて大, つて始皇を, つて將來西域文化の, つて對應原理は, つて幾分緩和される, つて患者の, つて所謂新劇の, つて挫折せぬ, つて支那の, つて書籍の, つて朝は, つて朝廷に, つて根治する, つて構成された, つて症状の, つて種々に, つて立つ, つて自然宋朝の, つて見, つて見る, つて賞罰を, つて起る, つて過去の, つて非常に, つて高められる

▼ 之~ (41, 0.2%)

2 でした, の手

1 [37件] から予期, がよく, が飽き, である, といふ一つ, と大, と電話, なる男, には音楽会, に会, に廻し, のす, のやう, の信念, の前, の姿, の存在, の孫, の署名, の職業, の述懐, は, はこちら, はそれ, はまあ, はもう, はやがて, は子供, は帽子, は彼女, は昭和合金, は時々, は興, は道ばた, ほどの男, もそれ, も近頃

▼ 之さん~ (38, 0.2%)

3 の病気 2 のこと, の事, の処

1 [29件] が一緒, が中, が連れ, では, と, とは迚, と可, と花魁, に似た, のよう, の字, の気に入らん, の胤, の顔, はそれ, は助かるでせう, は嫁, は男, は相, は親, は赤ん坊, は近所, は阿, ばかりが男, も亦, も侍, も堀切, よりも上手ぢ, を巳

▼ 之によりて~ (32, 0.2%)

1 [32件] うる, かの神女, かの鶏子説話, イカリオスの, 二神の, 人間が, 以て, 其一斑を, 医薬の, 太陽神話と, 山名の, 律する事, 所謂漂える, 擧げられて, 攪擾されぬ, 支那説話と, 新なる, 日韓の, 朝議を, 毀損せらる, 発露せらる, 直ちに古代, 神話学に, 称して, 第二, 自分の, 自家心中の, 自然主義其者の, 見れば, 象徴される, 過去の, 青年英雄再び

▼ 之だけの~ (30, 0.2%)

2 準備を

1 [28件] ことである, ことは, ことを, もので, ものを, ギャップが, 事で, 事を, 事件的な, 事実の, 事情を, 内容では, 周到な, 幅で, 手数を, 数の, 文句である, 條件が, 現象を, 理由から, 発明に, 相異, 相違が, 落ち付きと, 金が, 金を, 金額なら, 電車税を

▼ 之だけ~ (28, 0.1%)

9 では 32 一緒に

1 [14件] いつたら何とか, だと, である, ならば, 上げよう, 云って, 働いて, 出て, 拾って, 時代を, 残って, 見ても, 読んだ不案内, 讀んだので

▼ 之までの~ (25, 0.1%)

2 事情が, 所ない

1 [21件] すでに挙国一致的, 仕来りな, 他の, 伝統である, 処一つの, 常識にとっては, 常識によって, 御心尽し, 忙しさ, 攻撃は, 文化, 文芸評論の, 日本では, 業績全体が, 業蹟に, 歴史で, 理論家の, 生物学諸, 結果は, 自然科学者らしい迂, 通念から

▼ 之なら~ (24, 0.1%)

1 [24件] お久美さん, ばあまり, ばデュアー壜, ば万葉, ば仮令, ば先, ば哲学者, ば実は, ば寺内陸相, ば明々白々, ば確か, ば訣, ば誰, もっと早く, 一突きだ, 之と, 二十六七歳で, 吹込み直しの, 問題は, 天井の, 日本に, 華族さんの, 貴方だって, 費用は

▼ 之~ (24, 0.1%)

1 [24件] ただの, ジャーナリズムの, 一つの, 一種の, 余程この, 作者の, 偶, 同じ理由, 唯物論にとって, 夫, 必ずしもそうで, 悲しむべき現象, 新聞紙が, 最も代表的, 決して概念, 無声版だ, 物理的な, 生命の, 相當丸味, 科学の, 科学的に, 稀有な, 誰にでも, 驚くの

▼ 之~ (23, 0.1%)

3 一つの 2 僕流の, 屈託が

1 [16件] もう一つ, タカの, 主観による, 争ふべからざる, 今日では, 厳格な, 御礼の, 感心した, 文学主義者の, 殆ど少い, 決してそうで, 決して単純, 涙ぐましい美談, 特別の, 皆目分らない, 空疎な

▼ 之~ (22, 0.1%)

2 被災害事者決

1 [20件] など何心, なり, にて去年来, に可, に御座候間, に申し聞け, に被, は不, は皆以世間之妨候間, も御, も無御, を誅戮, 今文部, 御坐, 申出づべし, 罷出世に, 罷出何, 罷出急, 重て, 非此書

▼ 之ほど~ (21, 0.1%)

1 [21件] シニカルで, 不安定な, 不得策, 云っても, 俗悪な, 先験主義, 勢を, 国を, 恵まれた条件, 正確, 気高くは, 無意味な, 無知な, 現代哲学の, 用心に, 疑わしい感情, 致命的な, 興味の, 評判の, 適切な, 都合の

▼ 之こそが~ (20, 0.1%)

2 本当の

1 [18件] その新, 今日の, 元来今日の, 初めて, 又文芸界, 吾, 唯一の, 存在であり, 存在の, 日本的な, 現代に, 生きた真理意識, 生物学が, 真に吾, 真に生物学的, 社会学の, 神の, 自然科学の

▼ 之~ (16, 0.1%)

4 のである 2 を送る 1 ことも, と猫例, の間, はない, やうに, を知り, 場合を, 所に, 時上に, 途中老婆または

▼ 之~ (16, 0.1%)

2 というの, とベッド, 之だ 1 からである, が之, ぞと取, という, ということ, と云わざる, と思い, と思つた, と或, と発展

▼ 之以上~ (15, 0.1%)

2 のもの

1 [13件] に高い, の交際, の手段, の独立性, の設問, の遺恨, はどうしても, は答えぬ, は訊くべき, は読者, もてないので, 何ともしよう, 長いつきあひ

▼ 之~ (15, 0.1%)

2 へども只今

1 [13件] か何れ上京, て, と思召, は, へどもさりとて, へども技倆, へども欧州各国, へども目下, へば出し, へば所詮, や, や春, 御すいりょ

▼ 之~ (14, 0.1%)

5 のである 4 のだ 2 のであった 1 のであり, 処まで, 古い建て物

▼ 之~ (13, 0.1%)

2 の清女たち

1 [11件] から出, といっ, に置い, に起き臥しし, の内, の巫女たち, の裏口, は二年前癸丑, へ置い, へ置く, を出

▼ 之だけは~ (12, 0.1%)

2 素性がよ 1 あまり腹, 出る気, 廃止どころか, 改作の, 有難いけれど, 確です, 神にも, 覚えて, 訣る, 違うが

▼ 之なき~ (12, 0.1%)

2 に非 1 なり, なり即ち, にしも非, に敬首和上, は決して, も, やうなる, や或は, を信ぜん, 租税等御

▼ 之ある~ (11, 0.1%)

2 がため 1 かなと膝, が故に, なり畢竟するに, によって始めて, はその, は人間, は理想家, もその, も次第に

▼ 之からの~ (11, 0.1%)

1 [11件] 一足毎に, 事を, 叙述の, 哲学的抽象物に, 問題な, 或る, 文章を, 日本は, 最も広い, 若い人達, 行き方

▼ 之にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] 一の, 亦一同一種, 前掲の, 劣る所, 勝る一層, 半面の, 叫びあうよう, 幾分の, 抵抗する, 異状は, 聊か呆れた

▼ 之~ (11, 0.1%)

1 [11件] お掛けなさい, つながって, ば消化の, 上れば, 持て, 捲き附いて, 歩み入って, 直接連関し, 誘導し得る, 足を, 食事の

▼ 之までに~ (11, 0.1%)

1 [11件] ない事, なかった, もっと早く, 之を, 仮令誤判, 六遍も, 卓一君の, 却って或, 明らかに, 約二億円, 規定した

▼ 之~ (11, 0.1%)

1 [11件] が実は, に令, に比する, の創作欄, の恐るべき, の絵, の調書, の間, は久しく, を結合, を集め

▼ 之~ (11, 0.1%)

1 [11件] ヲ, ヲ冬筍ト謂ヒ甚ダ美ナリ, ヲ叩ケバ声アリ, ヲ宅蒜, ヲ挿スニ生ジ易シ, ヲ掘, ヲ水ニ, ヲ罰セザル理由ハ, ヲ途方モナキ一夫一婦制ニ對スル反逆ト考フルハ, ヲ食ヘバ人, 憂ヘンヤ

▼ 之~ (10, 0.1%)

2 ざるなし, んか 1 ああ蛸, あれか, あれかを, しむ, ずして, 斡旋の

▼ 之でも~ (10, 0.1%)

2 判るだろう 1 人を, 判ると, 判るよう, 喰へ, 庭中での, 心配も, 懸賞小説の, 決して公共的

▼ 之~ (10, 0.1%)

1 といふ少年, には伯父, の敵, は下, は伯父, は死様, は生きた, は眼, は臍, は身体ぢ

▼ 之~ (10, 0.1%)

1 にて御, に加, に墓志有, に満ち, に病気之者, に者, の丘, の唐橋, の地域, の館

▼ 之即ち~ (10, 0.1%)

6 風である 2 バスク開闢の 1 傑人である, 前内閣系

▼ 之~ (10, 0.1%)

1 は但馬殿, は早早, は海援隊一手, は血気, は豊年, を期候, 出鹽盈珠而令溺, 初號千山萬水樓主人, 若不, 頻相

▼ 之~ (10, 0.1%)

2 思つてる 1 仕事の, 公共的な, 大きく深く刻まれた, 嬉しさ, 日常的な, 正しくて, 生々した, 自然であり

▼ 之~ (9, 0.0%)

2 けの事 1 けあと, けの絵商人, です, は申し上げたい, を口走っ, を早口, 云うと

▼ 之だけが~ (8, 0.0%)

2 講談と 1 ジャーナリズムでは, 不良少女では, 具体化の, 完全に, 本当の, 現代に

▼ 之と共に~ (8, 0.0%)

2 逆に 1 一種の, 今一人の, 優秀なる, 忠が, 爾後の, 生きる時

▼ 之れなき~ (8, 0.0%)

6 に非 2 に非ら

▼ 之をも~ (8, 0.0%)

1 その読者, なお法則, 一度近代, 併せて, 廢案と, 拒絶した, 権田が, 知る能はず

▼ 之あり~ (7, 0.0%)

1 て世界変化, 南洋神話に, 支那神話に, 此外にも, 漢籍にては, 著者の, 赤色人種の

▼ 之~ (7, 0.0%)

1 て一老人, て友人, て木, 夜中に, 少より, 或は澄む, 黒は

▼ 之~ (7, 0.0%)

2 神様の 1 小松が, 後に, 目指す大敵, 近代世相の, 遮り

▼ 之だけで~ (7, 0.0%)

1 充分だ, 少なくとも明らか, 已に夫, 気を, 氣を, 略, 終り吾

▼ 之とても~ (7, 0.0%)

1 事実は, 亦た隠, 個々の, 彼女の, 準備の, 牙や, 私は

▼ 之との~ (7, 0.0%)

2 弁証法的統一を, 統一を 1 連帯関係を, 間には, 関係も

▼ 之なく~ (7, 0.0%)

2 んば 1 ては国民, ては思想, ては鳥, ば如何, 候既に

▼ 之なし~ (7, 0.0%)

1 といふ, とする, と云, と信ずる, と断言, には或いは, 魯西亜人にて

▼ 之よりも~ (7, 0.0%)

1 もう少しは, モツト複雜した, 先に, 差し当り余, 恐ろしい到底, 手近かに, 遥かに

▼ 之~ (7, 0.0%)

1 なり, の句, も必疲労, 不改其官, 之言乎, 可有罪科左右歟云, 自魯外

▼ 之~ (7, 0.0%)

1 のある, の次に, は嘘, より上り, 亦有, 仰經歴輩, 被尋出所給御教書

▼ 之からは~ (6, 0.0%)

1 凡てかね, 努めて, 土地の, 最う負ける, 特殊な, 隣組長も

▼ 之にて~ (6, 0.0%)

1 お別れ, 大事なし, 幕と, 御免を, 敵の, 胸をば

▼ 之はん~ (6, 0.0%)

3 の事 1 に欺, のこと, の心

▼ 之~ (6, 0.0%)

1 あれの, あれや, と存候, と所々見分相捜候得共, の形而上学, の文化

▼ 之助さん~ (6, 0.0%)

1 が入, とか言, とやらは, とバツタリ顏, はお, も知つて

▼ 之助様~ (6, 0.0%)

4 ふで 2 ふでよりと

▼ 之~ (6, 0.0%)

2 には烏漆, を知らぬ 1 というもの, といふもの

▼ 之じゃ~ (5, 0.0%)

2 ないか 1 まるで気, 困る, 弥之じゃ

▼ 之なくし~ (5, 0.0%)

1 ては与えられた, ては成立, ては物質, て教, て道

▼ 之などは~ (5, 0.0%)

1 全く何, 古語を, 国際文化局に, 必ずしも絶望, 最も明らか

▼ 之について~ (5, 0.0%)

1 ゴルキーを, 余りに頭, 大いに解明, 富永が, 注意を

▼ 之によっては~ (5, 0.0%)

1 単なる多様, 実際問題, 少しも, 尽され得ない或, 自然科学と

▼ 之により~ (5, 0.0%)

1 兩將進ん, 峙つ故, 思ふに, 雋傑を, 風の

▼ 之に対し~ (5, 0.0%)

1 或る, 有明氏の, 正宗白鳥氏も, 正式裁判を, 結句の

▼ 之に対しては~ (5, 0.0%)

1 何とも云うべき, 勝敗を, 匂坂検察官の, 彼は, 悲劇は

▼ 之に関する~ (5, 0.0%)

1 ラングの, 何等の, 唯一個の, 多少は, 科学も

▼ 之のみが~ (5, 0.0%)

2 天才の 1 全部では, 初めて存在, 反抗の

▼ 之までと~ (5, 0.0%)

1 して, 戻って, 戻つて, 腕を, 雖も

▼ 之れで~ (5, 0.0%)

1 は到底, 安心, 払へる, 此被告の, 間に

▼ 之をば~ (5, 0.0%)

1 その観念, 主観という, 全く何等, 原因としての, 確實の

▼ 之~ (5, 0.0%)

1 反シテ皇帝ニ墮落セザル以前, 反スル, 反對シテ露西亞, 同ク, 如かん

▼ 之~ (5, 0.0%)

21 へ久米三, 乏而分與, 極有無如何者也

▼ 之~ (5, 0.0%)

1 が先進者, に嫁いだ, の人物日本史, の没後, は内務省

▼ 之からも~ (4, 0.0%)

1 するか, それを, 好きには, 案外腐れ縁

▼ 之ただ~ (4, 0.0%)

1 ここにては, 各, 御高覧, 此処にては

▼ 之だけを~ (4, 0.0%)

2 見ても 1 いくら解剖, 覚えてる

▼ 之であっ~ (4, 0.0%)

1 て之, て婦人達, て文章, て日本

▼ 之という~ (4, 0.0%)

1 のです, 動かせない証拠, 理由も, 者が

▼ 之については~ (4, 0.0%)

1 大家の, 当然生起, 後で, 拙稿

▼ 之に関して~ (4, 0.0%)

1 宗教的且つ, 第三, 説を, 論ずるの

▼ 之ほどの~ (4, 0.0%)

1 品は, 大きな企て, 悲嘆には, 苦労を

▼ 之もの~ (4, 0.0%)

2 呼出宜 1 に御座候, 異人と

▼ 之れあり~ (4, 0.0%)

3 とせ 1 と聞く

▼ 之れありし~ (4, 0.0%)

2 のみならず, を疑

▼ 之れによつ~ (4, 0.0%)

1 て今日, て幾分, て成功, て跡

▼ 之~ (4, 0.0%)

1 は恐れ, 常以百姓為心, 御火葬可, 或絶

▼ 之~ (4, 0.0%)

1 と存じ, と存候處, も無, を証明候也

▼ 之以外~ (4, 0.0%)

1 にはない, に彼女達, のこと, のどんな

▼ 之便~ (4, 0.0%)

1 に二三巻宛四五人, に御, に而, 遣しがたく

▼ 之~ (4, 0.0%)

2 失果英雄 1 拠御, 禁用之

▼ 之~ (4, 0.0%)

1 でさ, でさえ, 再三お, 科学と

▼ 之~ (4, 0.0%)

2 下されその 1 と被, 可召出

▼ 之通勝手次第~ (4, 0.0%)

2 被仰 1 と平助殿, と被

▼ 之進樣~ (4, 0.0%)

1 か知ら, が碁, でせう, にお

▼ 之間敷~ (4, 0.0%)

1 かと被, と取, 又さ, 御自身

▼ 之からが~ (3, 0.0%)

1 名代の, 本統の, 私の

▼ 之だけに~ (3, 0.0%)

2 して 1 止まらない

▼ 之ては~ (3, 0.0%)

1 不相叶候得共, 国民の, 迚も

▼ 之であり~ (3, 0.0%)

1 又ヘーゲル, 又之, 農村精神作興などが

▼ 之です~ (3, 0.0%)

1 か, か之, と差出した

▼ 之とて~ (3, 0.0%)

2 今の 1 持物は

▼ 之とを~ (3, 0.0%)

2 比較せよ 1 区別せよ

▼ 之に従い~ (3, 0.0%)

1 之に, 疑わしき事, 諍うて

▼ 之また~ (3, 0.0%)

1 唯分離, 相当に, 科学者の

▼ 之もし~ (3, 0.0%)

2 感情を 1 大寺が

▼ 之よりは~ (3, 0.0%)

1 いるもの, 山美は, 我大

▼ 之れなら~ (3, 0.0%)

1 ば全然, 大丈夫かも, 本統の

▼ 之を通じて~ (3, 0.0%)

1 正に科学的精神, 歴史的, 見当の

▼ 之~ (3, 0.0%)

1 をたより, を頼置候, 坐死

▼ 之~ (3, 0.0%)

1 いとち, いとは, いと後妻

▼ 之候得共~ (3, 0.0%)

2 さりとて其 1 去朔日府中勢

▼ 之~ (3, 0.0%)

1 に御, に被, へ被

▼ 之~ (3, 0.0%)

2 の道柏 1 が預つた

▼ 之~ (3, 0.0%)

1 といふ条, に出, に薫

▼ 之駄歌~ (3, 0.0%)

3 に御座候

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 て了, て歸

▼ 之かと~ (2, 0.0%)

1 存じ候, 思つて窓を

▼ 之こそは~ (2, 0.0%)

1 形式論理学に, 父の

▼ 之その~ (2, 0.0%)

2 方が

▼ 之だって~ (2, 0.0%)

1 大衆的に, 立派に

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 よい筈, 坤乾を

▼ 之である~ (2, 0.0%)

1 が併, と考えられる

▼ 之であろう~ (2, 0.0%)

1 とも呉道玄, 高輪田長三が

▼ 之でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならない, ては値打

▼ 之といふ~ (2, 0.0%)

2 奇策も

▼ 之なり~ (2, 0.0%)

1 別れちやアツケナイ, 実なき

▼ 之にすら~ (2, 0.0%)

2 例外は

▼ 之につれて~ (2, 0.0%)

2 五郎兵衛の

▼ 之にまで~ (2, 0.0%)

1 復原出来るべきである, 限定する

▼ 之によってのみ~ (2, 0.0%)

1 理解し得る, 空間直観は

▼ 之によっても~ (2, 0.0%)

1 幕府に, 知ること

▼ 之によつ~ (2, 0.0%)

1 て又, て愈

▼ 之による~ (2, 0.0%)

1 ので, 歴史の

▼ 之に従って~ (2, 0.0%)

1 マルクスと, 一つの

▼ 之のみ~ (2, 0.0%)

1 では, でも

▼ 之はと~ (2, 0.0%)

1 ふいとお, 思ふ出しもの

▼ 之ばかりは~ (2, 0.0%)

1 どうにも, 何様な

▼ 之へば~ (2, 0.0%)

1 妄りに, 星が

▼ 之ほどまで~ (2, 0.0%)

1 夢中に, 彼れ

▼ 之れある~ (2, 0.0%)

2 ことなし

▼ 之れつきり~ (2, 0.0%)

2 で女

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 いよいよ警察, どうする

▼ 之~ (2, 0.0%)

2 返しますだよ

▼ 之レニ~ (2, 0.0%)

1 反シテ, 同ジ

▼ 之人金輪~ (2, 0.0%)

2 へ参候時何

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 にし, の事

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 が証拠不充分, だった

▼ 之候処其方殿~ (2, 0.0%)

1 多年間, 多年間予

▼ 之全く~ (2, 0.0%)

1 国家と共に, 黙殺し去らん

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 も夜, も自ら

▼ 之古くさき~ (2, 0.0%)

2 ものに

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 そら可, 朝より

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 が描い, などと題する

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 に刻下, に生死

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 その上, に宜

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 がある, は正月三日

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 定式之, 膝下天狗並降魔神業存候爾来

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 などといつ, を以て豕蛇

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 に幕兵, 実に屋かま

▼ 之日本文学~ (2, 0.0%)

2 の城壁

▼ 之有り~ (2, 0.0%)

1 と雖, 候に

▼ 之有る~ (2, 0.0%)

1 即時に, 可く

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 などと思召, 相循而作

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 の東, よりお

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 の上流, の謚

▼ 之無く~ (2, 0.0%)

1 候ては, 小生を

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 とあります, 及び天子

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 殊に重立候, 被仰

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 と云い, 又非

▼ 之程に~ (2, 0.0%)

1 書物とは, 神経質な

▼ 之者御供~ (2, 0.0%)

1 不仕, 被仰

▼ 之自身~ (2, 0.0%)

1 は別に, 又新聞界調査

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 と名づけ, のひろい

▼ 之進博士~ (2, 0.0%)

1 とはこれ, に話した

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 という書, の句

▼ 之間敷八大竜王~ (2, 0.0%)

1 を叱, を叱咤

▼ 之間敷哉~ (2, 0.0%)

1 又は立論, 若しこれ

▼ 之~ (2, 0.0%)

1 なる名, の刃傷

▼1* [440件]

つてお, 之ありしとする, 之あるまじき事なり, 之あるまじく候間お, 之あれという真理, 之いず方より, 之いつも世上の, 之うちは如何, 之かかる折に, 之かざるところなし, 之かな抑, 之きし時この事, 之き終る所を, 之ぎりの人数, 之くに房屋を顧みず, 之くまでの間, 之くらい詰まらぬ莫迦げたもの, 之ぐらい自信の, 之ぐらいに思う丈, 之ぐらゐ不利な条件, 之この塩梅にては, 之へシッカリ, 之さえも怪しさ, 之さん一本槍で見掛け, 之しきの事, 之すべて一瞬の出来事, 之それを両者相関係, 之ぞと云う東京, 之ただただ老病にて, 之たとへ一度失敗, 之だけからも明らかであるだろう, 之だけこそは大層な, 之だけしか上げられませんよ, 之だけでも是非とも今, 之だけとして何の, 之だけにて無罪の, 之だけにはつきない, 之だけによっては科学は, 之だったのである, 之でこそ天下の, 之でなければならない, 之ときは夫, 之とても決して絶対的に, 之とともに二里行く, 之なからんか, 之なかりしは異, 之なければ放縦懶惰安逸虚礼等, 之なぞは駄洒落文学を, 之などからして, 之などとしたため, 之なども矢張一種の, 之なる聴取書だ, 之なんめり, 之にかへん他, 之につきあは, 之によってこそ批判的に, 之によってしか把握されない, 之によつたがこれ, 之にるつがつい, 之に対しても貴女は, 之に対するに流行の, 之に対するよりも智識の, 之に従う動揺と, 之のみを頭に, 之はきよすのはんと, 之はをかしな, 之まずは欣然御, 之までで空間を, 之まではあまり筆, 之までもなんにも文字, 之までをもなお心的, 之まま一字金一円と大きく, 之みつねは自然, 之やうに仰せられ, 之れあらん想ふ, 之れである此の, 之れですつかり安心致しました, 之れで見ると道薫坊, 之れで読めた読めは読めた, 之れなく甚だ困り居り, 之れなる骸骨は, 之れより其の戀塚, 之れ思へば, 之れ有るのみで, 之れ有るべく候間前記会所組合の, 之れ求めむ, 之れ無きが如し, 之をかばふ, 之をこそ言葉の, 之をさえ見れば, 之をしも史實として, 之を以てにあらずや, 之を通して学生は, 之を通しての思想干渉は, 之ガ適当ノ措置, 之同ジキ者ニハ右手, 之ト同時ニ一百萬圓以下ノ株券, 之ト相反シテ我ガ日本ハ彼ニ於テ破壞, 之ニサシサワリアル向ニ対シ警告ヲ発スル次第ナリ, 之ニ由テ国政ヲ議スルノ権ハ, 之ニ違反シテ雇傭シタル者ハ重大ナル罰金又ハ體刑ニ處ス, 之ニ附与スルニ動カス可カラザルノ通義, 之字は, 之マルセイロ吊され穴, 之レニテ判ズレバ古ヘハ, 之レ教育スベキ國家ノ窮乏セルト, 之レ有ルニ於テハ急度, 之一つやって, 之一切事濟と看, 之一切無と観ずる, 之一種の規則, 之丈あとの高い, 之丈証拠が揃っ, 之上一昨夜平館著船昨夕蟹田村御逗留, 之丞さん斬られたじゃ, 之丞はじめ下僚は幔幕, 之乎路から直, 之乗様しに, 之事曽所念水江之浦島児, 之二者は並, 之云々かつて行き, 之云曲者即螫手矣, 之云理曲者即手爛或置蛇瓮中令, 之亦全く無理解, 之人冷気之見廻, 之人当時国中に而ハ鬼神, 之人此邊え參候事, 之人父母既歿必称曰某院尤不可也, 之人率本地祠丁平日被役於人, 之人経歴数日乃過其下去之顧望, 之人者国之元気, 之既朽, 之介像を作りあげ, 之介福由和寿蔵太田重十郎原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 之構いなき, 之以上判定に油, 之以上完全な輝かしい, 之以上愚圖愚圖して, 之以上斯の道, 之以上突つく必要, 之以上絶対に出せない, 之以上見張りを続ける, 之以上追及する方法, 之以上進展しさ, 之以上重大な事, 之以前之通可召出, 之と書く, 之伎麻世流四方国爾波山河乎比呂美安都美等多弖麻豆流御調宝波, 之を読む, 之何國之船, 之余恵被後代, 之併せて奉, 之侯間内外百官此旨を奉体し, 之便一年にいく, 之候今度元気回復いたしたし, 之候朧気乍ら昨日の御, 之の法, 之儀一切停止なさる, 之儀其身之後世, 之儀前々より堅禁止申渡置事候処, 之儀昨年以來厚く御, 之に海外, 之先始於大業大業生大費與禹平水土大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 之先旧習は追, 之其方が美感, 之内さん所やくの事, 之内容もそれほど, 之内改服に而出仕可致旨, 之内本木昌造樣へも御, 之内為助斎木文礼, 之内船大工之者三四人有之其餘大工鍛冶心得候者有, 之再度帰京し, 之御安全慶賀, 之処仏師抃躍之余, 之分且時代亦遠, 之則歸靈魂之徳, 之前文の通り小屋跡等道形, 之たべゐ申候, 之加礼騰母, 之助それを種, 之助久之助丹蔵の三人, 之助今見る姿, 之助俄かの腹痛, 之助大内青也, 之助岩槻禮次郎黒田清隆澁澤榮一平田東助淺野長勳松崎藏之助, 之努めなければなりませぬ, 之可仰, 之化可仰可感候, 之南柯の一夢春風面, 之又堂々と街頭, 之又続々と新聞, 之此處にては, 之史輯申度志御坐, 之右衛門というもの, 之同志之由, 之くる与猶, 之名巫更巫咸巫式巫目巫易巫比巫祠巫參巫環字皆作巫と言, 之にでも聞く, 之唯々不思議と申す, 之唯今の御状, 之四人は種々, 之国魚沼の僻地, 之土人此話をする, 之猶未だ王沢, 之而闇鬱窟哉詔而射通坐, 之塵從古人祝還暦吾於今覺非無其故, 之奈夜麻須爾鶏鳴, 之夜五ツ時まで營中, 之夜遊びは平気, 之多数の, 之失敗のもと, 之奴倍之, 之始終袱紗にて, 之などに名, 之字形に辿っ, 之学洵東方之博雅也将別矣率成一律以贈其帰時五月十八日舟過安南海書此, 之安堵いたし候まま, 之実に同一生命, 之容易ならぬ現象, 之定宋本, 之専ら旧師竹内端三先生の, 之射ぢや, 之少女の顔, 之の一章, 之と模造品, 之幾重にも御詫申上候, 之度如此に御座候以上, 之度此段申進じ候, 之座間賦一律似朴甫及, 之にも不, 之後以雪僞古文之憾, 之後何爲殿彼不殿此耶, 之後兼封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 之後居于其院故崩後仍称, 之後心神違亂之間讓御劒於仲業朝臣, 之後滅於陳田卒不能與皐陶伯益爭衡夫子以秦誓繼甫刑知皐陶伯益之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 之後皇太子近習者を召し, 之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 之後舜仰慕三年, 之後賃得者纔三間之矮屋也竊審容膝之易安, 之後贏爲伯益之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 之従って非合理は, 之従つて非合理は文学, 之從つて非合理は文學, 之御前様御事を思死, 之御見舞状を受け, 之顯微, 之ありと, 之心弱しとは思ひ, 之思召を以て御, 之悲哀感慨を述べたる, 之深美, 之を教育, 之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 之る場合, 之戰始也秦穆不用蹇叔百里子之謀, 之所不在に付, 之所興人力不與, 之所覃阿黨射, 之所謂務去陳言戞, 之總て, 之敗而三次報復濟河焚舟顯存王覇之分且時代亦遠, 之行さて, 之料二百余反播州杉原紙二百束鞍置物十疋明石干し鯛千籠, 之料献上之諭達, 之へ避難, 之方一寸程突創一箇所, 之族一人而無之, 之既に御出版, 之早速當方に, 之春一の弁護人, 之昨夕老骨奮起一番して, 之時ハ銃の音, 之時土蜘蛛八十女又有, 之時如夢兮白犬見御傍之後, 之時平日之稽古, 之時瀧口衆事自關東可, 之時独化三神の自ら化生, 之時秀郷朝臣以来九代嫡家相承の兵法焼失, 之時稽首白僕者自今以後爲汝命之晝夜守護人, 之時高天原に成りませる, 之之御返事也, 之書惟文侯之命秦誓二篇而已, 之月々に割り当てられたる, 之月代仕湯島天神下薬湯, 之候, 之有べき事如何御座候や, 之有るべし寒山子の, 之朝四時迄にわづか, 之未だ信ずる能わずと, 之少々のこり, 之村方親類は不, 之条四隣之諸人, 之条穴太散所法師, 之東京近来の模様, 之果して如何で, 之検事の方, 之亦似, 之横目中にも見聞申付, 之此上之以御慈悲, 之此者に一々, 之殊におん鼻は, 之比奇能夜麻古要, 之氏今は文部省, 之氏族等但彼時人數記, 之流久之米多底, 之も既に, 之火事を見, 之災難に逢, 之為征討発向ノ処嘆願, 之為祝儀若殿様え組合目録, 之無かるべきところの, 之無かるべく存じ候, 之無きことと, 之無様に被, 之今門立小唄その他, 之物詣女王不得差錯, 之向申付, 之用用亦窮矣, 之由惣別これのみ申事, 之番附坐下, 之當方通詞共儀も亞米利加語, 之百姓と穢多, 之皆外形の事柄, 之皆浅はかなるわたくし, 之といふの, 之程にも一つは, 之程までに敵愾心を, 之停ツ, 之立昇依而文政十一年十一月十四日騎西熊次郎依願祭之, 之に凶, 之に候, 之等三つの空間, 之等下情に通じた, 之等二人は私, 之等五つの小説, 之等凡てのもの, 之等労働手段自身のこと, 之等区会議員諸君はこの, 之等南方離島は地質的, 之等四つの空間形態, 之等娼女が働く, 之等巨大な岩石, 之等幾つかのもの, 之等幾多の疑惑, 之等機械論者の誤謬, 之等自称批判者達の非, 之等道士達の風貌, 之策急に出所見え, 之節縫箔の振袖, 之の碑, 之と奉, 之羅甸とやら申す, 之今曰大櫛岡, 之老生は二重, 之者ハねぼけて, 之者三四人有之其餘大工鍛冶心得候者有, 之者云々近國御家人群參如雲霞, 之者先年より島田左兵衛尉, 之者共可加成敗候者也, 之者十一月十七日病死仕候, 之者十五歳に成候者愚姪方, 之者召連福山え発足, 之者四人が出張, 之者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 之者忽朝廷を憤怨し, 之者於有之は時, 之者申合於定福寺少分, 之者等へ尋候, 之者聟伊兵衛を父子申合しめ, 之者臨時役替等被, 之至つて短氣強暴, 之若し感情を, 之處立匠作之鎧草摺之間, 之要之助は水準, 之見よがし, 之ゐ申候, 之読む方を, 之諸氏のみの名, 之貴方の家, 之には御, 之が立っ, 之輔当選議長第一候補, 之迄に見た写し絵, 之通可被仕, 之通申上候所に被, 之通路自由ニテ三郎殿ヘ加勢, 之進うしろ飛びの, 之進これは一年前, 之進ただ一人の所存, 之進たちが戸, 之進びっくりして, 之進らとかたらっ, 之進三月目には御, 之進代々の医業, 之進伊藤祐介二荒四郎東田行蔵らの人たち, 之進君が, 之進命を投げ出し, 之進噫止ぬる哉, 之進平戸久作いずれも妻女, 之進心中おかしくて, 之進性来無頼の質, 之進手付きの尚, 之進方へ渡した, 之進権田直助, 之進氏に面会, 之進物産に委しき, 之進絹布の夜具, 之進聞棄てに, 之進腹を切らね, 之進花世郁次郎の三人, 之進草野清利蛭田甚左ヱ門木村常陸之助, 之進通り名をアバ大人, 之進鎌田栄吉等があり, 之進驚き呆れて, 之道木節と病床, 之といふかといへ, 之だって差当り, 之鏡不能視之, 之間信實追討之訖, 之間八人方よりは不, 之間敵味方閧死軍兵皆令入仏道也, 之間敵味方鬨死軍兵皆令入仏道也, 之間敷三河士は何れ, 之間敷八大龍王を叱, 之間爾墻毛無家滅目八跡, 之間物各有主, 之間維久令與義盛奉射御方, 之間讓御劒於仲業朝臣, 之間違のよし等, 之間適也君可之且言, 之限りだ, 之露台庭の檻, 之頼之本少々のこり, 之顧望猶在, 之までも成瀬屋, 之飽くまでも成瀬屋を, 之饑甚し, 之首當彼時此堂戍神不坐