青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「久しぶり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

主婦~ ~主張 主張~ 主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~ 久~ ~久しく 久しく~
久しぶり~
久慈~ ~之 之~ 乍~ ~乏しい 乏しい~ 乗~ ~乗せ 乗せ~ ~乗っ

「久しぶり~」 2021, 22ppm, 5273位

▼ 久しぶり~ (791, 39.1%)

10 自分の 5 故郷の 4 につこりした, 上京した, 来て, 東京の, 髪を

3 [11件] あつた, あなたの, 会って, 何か, 先生の, 帰って, 御目, 昔の, 行って, 銀座へ, 顔を

2 [41件] お前さんの, このひと, しろとに, 一緒に, 下町の, 例の, 出て, 友人の, 口に, 国へ, 夕飯らしい, 大沢の, 家の, 家へ, 家庭の, 崋山渡辺登が, 心持の, 心持よく, 思ふぞんぶん歌, 愉快な, 手紙を, 折角お, 故郷へ, 机の, 東京に, 林町へ, 楽な, 歌舞伎を, 水滸伝を, 江戸へ, 汽車の, 海に, 私が, 聞いた, 胸の, 腕だ, 行く, 行田に, 訪ねて, 逢ひ, 郷里の

1 [641件 抜粋] обедの, ああ云う, あつちの様子, あなたどう, あなた様の, あのお嬢さん, あの先輩, あの好き, あの寛斎老人, あの話, あの長い, あの間, あれ以来足, い, いいなぎ, いい形, いくつかの, いねちゃんが, いらして, いろいろしゃべった, いろいろ面白い, うれしくうち, うれし涙, おとよも, お三輪, お二階, お京, お出でに, お前も, お山も, お帰, お松を, お母さんも, お湯を, お目にかかった最初, お目にかかって, お目にかかりたいでしょうから, お目にかかります, お話を, お銀, かしらは, ききます, こういうところ, こちらも, このクロ, この家, この小屋, この峠, こんな晴々, こんな自分, ごぜえます, さいの, さまざまの, さらさらと, ざぶざぶと髪を, しろとの, せわしい目まぐるしい様子, そちに, そちらに, そなた, そのお, その仮面, その友だち, その蓋, その銀, その面上いっぱい, それを, たっぷり一時, たっぷり寝た, たっぷり炭, たんのうした, たんのうする, たッぷりと鼓腹, つまらない淋しい心持, どうです, どこかへ, どこと, のうのうと, のそのそと, のんきな, のんびりした, のんびりと, はっきり晴天, ひとつだんなの, ほがら, ほとんど半日, ほんとにいい, またそれ, また夏, まるでのんき, みなと共に, もう帰れない, やって, ゆっくりお, ゆっくりやりましょう, ゆっくり出だ, ゆっくり種々, ゆったりした, よくねた, よく眠った, わが家の, わしも, わたし一人, われわれの, アラスカへ, ウインチを, カグラ坂から, ゲームパイを, ストロー, テッちゃんに, ハムレットの, ピアノを, ホラ, マア坊だった, ムク犬に, モスク, ユックリと, ルウビッチュに, ロシアに, ヴァイオリンを, ヴァライエティを, 一しょに, 一つ正月らしく怠けよう, 一人者に, 一度会いたい, 一日家居, 一本女房の, 一杯さす, 一杯やる, 一石囲む, 万太郎娑婆の, 三つ四つの, 三千疋を, 下階の, 不沙汰見舞, 世話物を, 世間の, 主人に, 久助さんに, 久野先生に, 二三の, 二十七年五月に, 些心持も, 京の, 京都へ, 人を, 人中に, 人間の, 人間らしい声, 今夜は, 今日あたりは, 仙子さんに, 以前の, 仰ぐ空色, 仲の, 会いうれしく, 会いたいから, 会いたいと, 会う, 会うこと, 会うのに, 会う植田良平, 会った, 会ったからって, 会った人, 会った時, 会つ, 会つた, 会つた僕等の, 伴奏を, 住吉に, 佐賀へ, 何やら十年, 何処へか, 俺は, 健全な, 偶然私の, 元気で, 元気な, 兄の, 先刻よりました, 入浴本を, 全家, 共に, 内地の, 内湯へ, 再びながめる, 再発足, 出たついで, 出席したら, 動かない陸上, 十二円ばかり, 十五年度の, 半蔵は, 去年の, 去年逢つた時から, 又赤い, 友の, 叔父さんにも, 叔父さんの, 口ずさんだが, 呂昇を, 味わう生家, 和尚さんに, 品の, 喉に, 喰べ, 四方山の, 図書館に, 国男さんも, 在宅, 地方らしい, 塩っ, 墓参りを, 墓参を, 夏めいて, 夕ぐれの, 外の, 外出, 多賀ちゃんと, 夜の, 夜明し, 夜静かである, 夢で, 大いにき, 大いに腕, 大きな声, 大よろこび, 大将の, 天頂に, 太郎と, 太陽を, 夫人を, 妙な, 妹たちにも, 姉弟三人一緒に, 娘から, 娘たちを, 娘に, 娘の, 孤獨の, 学校に, 宇都宮へ, 宝塚は, 実家を, 実現される, 客の, 家に, 家を, 家族生活を, 富士の, 尋ねて, 尋ねると, 對面し, 小判の, 小石川の, 小説書い, 少し酔おう, 屋敷の, 山へ, 山や, 山地に, 巴里へ, 市へ, 市長室に, 帰ったん, 帰ると, 帰る郷里, 平和が, 平和な, 幾つか, 広々と, 床の間の, 庸三の, 引き戻されるよう, 弟を, 弾いて, 彼と, 彼は, 往った, 得た源氏, 得意の, 御夫婦, 御散歩かたがた徒歩, 御機嫌窺い, 御膳を, 心の, 心地よい見物, 心持甚だ, 忠臣蔵を, 思い出しました, 思ひ出, 恁うし, 惣菜らしい, 愉快であった, 意外な, 成瀬と, 或る, 戦の, 戯曲の, 戸外の, 手に, 手めえ, 手入れを, 拝見したい, 故郷に, 散歩でも, 文学作品を, 文学座の, 斬髪した, 新な, 方面の, 旅から, 旅人の, 日本との, 日本の, 日本らしい, 日記を, 旨い, 明い気持, 映画でも, 暑い, 書架より, 會つたのに, 月の, 朝の, 朝酒の, 木曾の, 本田の, 来たのに, 来たん, 来られる, 東京見物を, 東京風うなぎ蒲焼で, 東照権現に, 松瀬青々氏や, 染, 桜木町の, 検閲を, 此処の, 歸つた故郷の, 殿様の, 気保養しよう, 気焔を, 気軽く立ち居, 水瓜を, 江戸川氏の, 江戸見物を, 池朗が, 泊る気, 浅草のみや, 浅草や, 海の, 涙が, 涙を, 混一トイ, 湧かしも, 湯滝に, 満腹した, 濱町の, 燥いだ, 父上と, 特に彼, 犬と, 珍しく愉快, 用の, 田舎の, 甲府という, 甲武線の, 町を, 画板と, 病人の, 登校し, 皆よろこび, 相府, 眼に, 短い小説, 碁でも, 神保町の, 神戸の, 私の, 私は, 空気の, 窮屈な, 立ちん坊だ, 笑った, 第一回日本アンデパンダン展覧会, 築山へも, 紋付を, 綺麗に, 羅馬の, 美しいと, 翁の, 肉の, 肉を, 肉薄来襲した, 腸の, 自分と, 自分を, 自由の, 舞台で, 舞台を, 色んな附会, 芸術の, 芸術上の, 苅られ分けられて, 英語の, 草鞋を, 落ち合, 落付い, 葉ちゃんに, 蓬, 行き宝塚名妓三四人あら, 表を, 見た, 見たかった公園, 見た人々, 見て, 見られる海, 見るやう, 見るパリ, 見る気, 見聞きする, 親子の, 親子水入らずで, 親密な, 触れること, 訪ねたが, 訪問し, 話すの, 話対手を, 読み始めた, 読んだという, 読んで, 調子を, 赤坂に, 踏むの, 身を, 透明な, 途中郷土の, 通って, 逢いたい顔, 逢うわが子, 逢えて, 逢える兄, 逢ったが, 逢った主, 逢った主人, 逢った亢奮, 逢った秋本, 逢った親分, 逢って, 逢つた友達でも, 連中の, 過日宿望の, 道庵先生を, 郊外に, 郊外へ, 郷里を, 酒が, 酔ッて, 酩酊の, 重荷を, 金沢へ, 銀座を, 長い廊下, 長刀を, 関先生の, 阿佐ヶ谷の, 院本に, 随分どっさりいろいろと, 隠居所にも, 雨あがり, 雨が, 電話を, 電車に, 静かな, 面白いの, 面白うございました, 音楽を, 音楽歌が, 頭の, 風呂に, 飛んだ喜ばせて, 飮まう, 飲むため, 飲もう, 飲もうじゃ, 馬籠旧, 騒々しい都会, 驚いたよう, 骸骨館探検を, 髪容を, 髭を, 鳴らして, 麹町元, 麻雀でも, 黄家を, 黄色い生々, BRへ

▼ 久しぶり~ (756, 37.4%)

7 自分の 5 来て 4 ほんた, 味噌汁を, 来庵, 訪ねて 3 落ちついて, 豆腐を, 顔を

2 [38件] い, うまい水, かるい食事, たよりが, アグニの, 一緒に, 三人で, 上京し, 会うと, 入浴そして, 君を, 喬之, 夜の, 大阪の, 家に, 尋ねて, 山の, 帰って, 帰省し, 幸福な, 彼と, 彼の, 掃く垣根, 接した外界, 旅から, 日本へ, 普通の, 晴れ晴れと, 河童の, 海を, 瑠璃子と, 私の, 見たの, 見れば, 道後へ, 銀座で, 鏡の, 須永の

1 [643件 抜粋] あ, あいたいもの, あざやかな, あたたかい布団, あのねっとり, あばれるん, いきいきした, いっしょに, いろんな人, うまい味噌汁, うまい御馳走, うまい酒, うまし三杯, おふろ, おむす, お互いの, お刺身, お姿, お宮の, お持ち, お目, お目にかかって, お目にかかります, お目にかかる大金, お給仕, お聞かせなさい, お茶を, かいごうし, かいふくしたよう, かぜ引も, きちんと夏服, ぐたぐたに, ぐつすりと一夜を, こ, こうやっ, こう落ち合っ, ここの, こっちから, この主従, この手紙, この父, この頃小町, この顔, これを, しずかな, しばらくここ, しみじみと, じぶん, そして沢山, そなた, その, その友人, その家, その影, その細い, それぞれその, た, たづね, たんのうした, たんまりと, ついた好い, つい一石, なりました, のどかな, のびのびした, はいりました, ひと口のっ, ひょっこり出, ひょっこり姿, ひろびろと, ふたりし, ほんに久しぶり, またお雪ちゃん, また伊予, また妙, また社長, めでたく卒業, ゆっくりと, ゆつくり, ゆつくり飲まう, ようねむれた, よく寝た, よその, わが生れ故郷, わたしを, オルガ姫の, クラバツクを, ケリイさんに, ゴルフ場を, シンから, デンマーク語を, ドストエフスキーの, ドンタクで, バーに, パイプを, ヒヨツコリ初, フテブテしい, ホントに, モオリスさんに, モルモットが, 一つ帰雁に, 一人とな, 一局やろう, 一戦やらう, 一杯やる, 一目見る, 三味を, 三沢の, 上野音楽学校の, 下宿し, 下谷の, 世間らしい, 両国橋の, 主人の, 乾分の, 二三年いかが, 二人きりで, 二人っきりです, 互いの, 京都から, 亭主を, 人形芝居を, 人間から, 今夜は, 今日また, 仙臺の, 会いに, 会い鴫丸, 会う兄, 会う友だち, 会えるの, 会ったせい, 会ったばかりの, 会ったん, 会った人, 会った日吉, 会った昨日一昨日, 会って, 会つた, 伯父と, 佐吉や, 佐賀に, 何か, 何となく景子さん, 何の, 佛都的な色めき, 信二郎と, 俺あ, 健な, 傳造に, 元気に, 先生の, 入浴しづかなる, 入浴湯は, 入浴髯など, 八ツ山下の, 内地へ, 内治外政, 再読し, 凭つた暗い, 出かける, 出京, 出逢ったもの, 動きだしたん, 北海道へ, 十兵衛は, 千代子から, 参内し, 友だちと, 友達の, 取り出して, 古い思い出話, 句作した, 可愛い伜, 吉松へ, 吉祥寺の, 向きあった, 味つた, 味ふ, 味わった, 味噌汁三杯すすつた, 和田と, 喋って, 喜色満面で, 四日目の, 国許へ, 地橙孫君を, 坂本さんところへ, 堂助と, 堪能したらしく, 塩引を, 夏らしく, 夕飯な, 夕飯を, 外に, 外出し, 外出した, 外国で, 夜店風景を, 大きな刺戟, 大地を, 大層話が, 大江山捜査課長の, 大街道散歩松山は, 大関柊郎来, 夫と, 奇妙な, 女に, 女學生の, 好い気保養, 好きな, 妊娠し, 妻へ, 妻や, 妾宅へ, 娑婆に, 子供を, 学校の, 安住の, 安芸守信博と, 家で, 家らしい, 家庭的雰囲気に, 富岡先生の, 寝る二階, 対面し, 小幡民部らしい, 屋根の, 履きしめた草鞋, 山内さんに, 山口へ, 山村情調を, 山路を, 岡田という, 島の, 川べりに, 川長を, 工場に, 師匠あてに, 帰った, 帰京る, 帰山, 帳を, 帽子を, 店へ, 廣い, 廻って, 弟らしい, 彼に, 彼君の, 彼女の, 彼女を, 往年の, 後ろ手に, 御前を, 御機嫌伺い, 御父子, 御筆蹟, 御飯を, 復員し, 微笑した, 心の, 心持よし, 思い出した, 急に, 悠くり湯で, 愉快だった, 愚痴も, 慶四郎の, 成都へ, 戸外へ, 戻つて, 手紙の, 掃いた柿, 揮う長剣, 故国の, 故郷に, 敬君来訪なつかしく, 敷石を, 文明に, 新潟へ, 旅に, 旅行が, 日本で, 日本の, 日本流の, 日本酒を, 旧師と, 旧師の, 明るく賑やか, 明るみへ, 春の, 昨夜は, 昭, 晩飯でも, 晴々した, 晴れた視野, 晴ればれと, 晴れ晴れした, 暮羊君来庵, 暮羊君来庵餅を, 書いた, 會社へ, 月給を, 有つ, 朝まで, 本当に落, 本来の, 村の, 来たと, 来たもの, 来翰, 来訪あいか, 東京から, 東京に, 東京の, 東京へ, 東海道を, 柳沢の, 柳生父子の, 横浜の, 樹明君来庵宿酔の, 歩いた行乞, 母にも, 母へも, 気兼ねの, 気持よく, 江戸を, 沖から, 法衣を, 波の, 津軽訛を, 浅草へでも, 海の, 涙が, 涼しく虫, 淀橋の, 淋しい微笑, 清子は, 湯上りで, 満洲, 溜飲を, 漢詩という, 漱石先生の, 炉を, 焼酎の, 煤煙の, 煮えたて, 熱いもの, 熱を, 熱海へ, 父の, 父母の, 父母や, 爽快だつた, 犬を, 独りで, 独酌を, 猪の, 珍しい仕事装束, 生々と, 生きて, 甦った嫉妬, 田園の, 男子として, 町へ, 畑仕事土を, 登城し, 登城殿様に, 白い米, 白船君と, 相撲でも, 知りたいもの, 磯の, 祈祷を, 秀吉の, 窮屈な, 筑波以来の, 箱の, 篠崎流を, 米だけを, 純粋な, 紙魚亭と, 経験した, 結婚以前の, 綺麗な, 綿の, 美しいと, 美しい花, 美に, 聞いたせい, 聞くおもい, 聞くなつかしい, 聞く浪, 聴く都会, 胡弓を, 脂の, 腸心を, 腹いつ, 腹を, 自宅に, 自由詩の, 與へられた, 舊師の, 芝居に, 芝浦へ, 花を, 若君へ, 若竹へ, 若返りましょうよ, 草鞋を, 蒲団と, 蜩を, 血を, 行くちゆうのに, 行って, 行つ, 行つた其處では, 行乞を, 街の, 裏山へ, 見せられたやう, 見た時, 見ましたよ, 見るお, 見ると, 見るマルラ, 見る塗駕籠, 見る憎悪, 見る百合, 見る近親, 見る陽, 見る高氏, 見下した, 見世へ, 見出した気, 見舞つたら, 訪ねたいと, 訪ねる針金, 訪問し, 訪問した, 話が, 話して, 談笑する, 論じるの, 豆腐屋さんが, 貴女に, 買いに, 賑やかな, 起きて, 身も, 身心明朗, 軽々と心, 迎える嫁, 近所の, 近頃健康, 通ったという, 逢ったせい, 逢った仲良し, 逢った時, 逢って, 逢つた, 逢つたら, 逢つた叡子さんは, 逢ひたい気持も, 遊びも, 遊んで, 過去の, 遠望が, 遭ひまし, 還って, 都会の, 酒に, 酒盃を, 酔っぱらった, 金を, 銀座通や, 鎌倉へ, 長谷や, 開いて, 開かれた一昨年, 集注し, 雑誌らしい, 青い伸, 青天を, 面接おでんや, 須永を, 頬白の, 願いましょうか, 風呂へ, 食事らしい, 飲み歩いたに, 飲むと, 飲んだそしてまた, 飲んだ一服, 髪を, 髪結床へ, 髭を, 魚を, 麦飯を

▼ 久しぶり~ (187, 9.3%)

2 お天気, ことである, ように, 千曲川は, 友だちと, 対面だ, 珍味だった, 行乞だ, 雨な

1 [169件] あいさつを, うどんだ, お友達, お天氣, お客を, お手紙, お接待, お魚, ことだ, ことでありまし, ことです, ことな, この都, この高原, ごちそうだ, しずけさ, そして最後, つもりで, ときは, ほんた, やうで, やうな, やうに, よい泥酔, よい雨, ような, よろこびであった, アルコールが, オアシスだ, コーヒーは, ビクター鈴木静一曲菊田詞の, モスク, 上方芝居だ, 主人を, 主君を, 二人, 二人遊びで, 人の, 今年の, 休日か, 休日だった, 会合で, 会見の, 会飲うれし, 入浴, 再会で, 再会を, 前後不覚宿酔気味だ, 創の, 勝重を, 半蔵が, 友人が, 咬みあいまんざら, 喜びを, 固い土, 国府津であった, 報時, 変動が, 夕立で, 外気, 外気が, 夜の, 夢を, 大下宇陀児の, 大声, 大戦果, 天氣だ, 夫との, 女先生, 女装を, 好天だ, 好天気, 客を, 家で, 家庭製品美味し, 寛ぎに, 寝酒が, 寺の, 対面であった, 対面でございました, 対面な, 対面を, 小さい小さい脱線, 山門を, 山頭火的飲ツ振だ, 川万河を, 帰国と, 帰省者であった, 帰郷では, 平兵衛の, 当りつひに, 彼の, 御天氣, 御馳走でした, 徹夜仕事だ, 心持よい, 快力, 快晴である, 快晴にて, 快晴身心も, 挨拶を, 敵の, 旅に, 旅心地に, 旅行な, 日劇を, 日曜や, 明るさ, 晴天です, 月に, 来訪に対して, 東京は, 楽しい気持, 楽しみに, 洋服の, 洋食や, 涼しい日, 源氏の, 炬燵話に, 煤を, 熟睡だ, 熟睡でした, 爪びき, 父と, 父なり, 独居の, 珍味にも, 目保養気保養に, 眺めでしたろう, 知音が, 笑が, 老妓の, 舊知との, 良人へは, 良人を, 血腥い騒ぎ, 行水を, 行為は, 訪れに, 訪問を, 話が, 豆腐で, 邂逅だ, 郊外散策足固めかたがた新宿から, 部屋を, 酒が, 酒だ, 酒である, 酒です, 酒でも, 酒と, 酒の, 酒を, 酔態だ, 長い抱擁, 阿部豊十何年ぶりの, 雨, 雨だ, 雨の, 雨を, 雨秋らしくしよう, 雨秋雨はつきり夏から, 青空が, 青空だつた, 青空である, 非番を, 面会が, 音信という, 顔を

▼ 久しぶり~ (87, 4.3%)

119 なあ 643 なア 2 から御飯, ねえ, 今日は

1 [48件] いつ出, お豊, から, からあちら, からきまり, からその, からという, からという口実, からどうか, からなああの, からなるべく, からひとつ, からほか, から君, から話, から飯, きょうは, けれども何となく, ぞ, つた, つたな, つた持参の, でノコ, という, というわけ, と云わざる, と前, と寒い, と思, と笑い顔, なあパリ, なあ日本, なえ, なく, なとだけ云いました, なと一言, な与, な全く, な爺, ねえこんなに, ねえ加多さん, ねお茶, ねその後, ねと笑い, の, よ全く, わお客, 久しぶりだ

▼ 久しぶり~ (26, 1.3%)

1 [26件] ことの, のだった, のだつた, のでげっそり, のでなつかしく, のでセリフ, のでボビー, ので喜ん, ので大, ので手心, ので舞台, ので酔ひ, のね, のは, んだ, んで, 会飲だ, 右馬介よと, 声は, 師の, 微笑を, 快晴だった, 染, 筈だ, 身心地, 雨だ

▼ 久しぶりです~ (16, 0.8%)

531 からね, から一銚子, ねえ, のう, のよ, もの, わ, ネエよく

▼ 久しぶりにて~ (14, 0.7%)

1 [14件] わが家より, 便りを, 同情の, 大気焔, 大氣焔, 女子らしき, 帰りゆきぬ, 御休息, 御話, 御飯に, 牛鍋の, 遇った人, 金子茂河崎なつ石本新妻氏等と, 風呂へ

▼ 久しぶりだった~ (11, 0.5%)

2 ねえ 1 せいで, な急, ねい, のでこわい, ので大いに, ので悦び, ものだ, ような, 久しぶりに

▼ 久しぶりでした~ (8, 0.4%)

41 なあ, のに, のね, わね

▼ 久しぶりでの~ (8, 0.4%)

1 お目見えです, 元気で, 対面で, 対面は, 清潔な, 試みに, 遠出に, 邂逅である

▼ 久しぶりじゃ~ (7, 0.3%)

3 ないか 1 あるし, ちと庫裡, まさか手ぶら, 私も

▼ 久しぶり~ (4, 0.2%)

1 ひるを, 会いするの, 出しな, 局方と

▼ 久しぶりであった~ (4, 0.2%)

31 が違っ

▼ 久しぶりにと~ (3, 0.1%)

1 いわんよりは, 大反跳, 誘なった

▼ 久しぶり~ (3, 0.1%)

1 お手紙, 八重桜なんて, 吉田さん

▼ 久しぶり~ (3, 0.1%)

1 にかすか, は明るく, までほぐれ

▼ 久しぶりだつた~ (2, 0.1%)

1 がかなしい, ねたいへん

▼ 久しぶり~ (2, 0.1%)

1 やない, やの

▼ 久しぶりでございました~ (2, 0.1%)

1 なあ, ねえ

▼ 久しぶりでございます~ (2, 0.1%)

1 ねエ, よ

▼ 久しぶりなる~ (2, 0.1%)

1 帰京の, 故郷の

▼ 久しぶり~ (2, 0.1%)

1 に帰る, の床

▼ 久しぶり~ (2, 0.1%)

1 も清々しい, をゆるし

▼1* [79件]

久しぶりおいしい水を, 久しぶりお目にかかるがよい, 久しぶりこうして主従で, 久しぶりこの世の美しい, 久しぶりあんす, 久しぶりやない, 久しぶりじゃったからのう, 久しぶりそつちは, 久しぶりだあたっておくれ, 久しぶりだしたなア, 久しぶりだすなあ, 久しぶりでありましたな, 久しぶりできていらっし, 久しぶりではないかも, 久しぶりでもなかッた, 久しぶり聞けば, 久しぶりとの仰せだ, 久しぶりとも第一, 久しぶりどうなさって, 久しぶりどころじゃない, 久しぶりどころかこんなこと, 久しぶりながらクラシックサンチマンに, 久しぶりな思ひで対談, 久しぶりねと云って, 久しぶりみたいだなあ, 久しぶりなあ, 久しぶりよなあ甚七, 久しぶりさすがに, 久しぶりルパンへ行く, 久しぶり一ぷくする, 久しぶり一家君臣一座に会し, 久しぶり七十五日ぶりだ酒, 久しぶり三人で夜明し, 久しぶり三等てもの, 久しぶり両派の人々, 久しぶり久しぶりねお, 久しぶり交じえてみよう, 久しぶり会った感じで, 久しぶり便りを出した, 久しぶり即ち十七年目に, 久しぶり吉川さんのもの, 久しぶり声色なんぞをやっ, 久しぶりのお, 久しぶり大蔵もにぎやか, 久しぶり天下晴れて, 久しぶりの寧子, 久しぶり対面しますと, 久しぶり少々飲みすぎたので, 久しぶり尾崎士郎の手, 久しぶり山野に鬱, 久しぶり平和な景色, 久しぶり微酔の快, 久しぶり憂悶を忘れました, 久しぶり我々は有難く, 久しぶり我が家へ帰っ, 久しぶり戦場から帰っ, 久しぶり拝顔して, 久しぶり撮影所へ, 久しぶり日記今日の分, 久しぶり明るいのだった, 久しぶり月下に膝, 久しぶり東国の遊山, 久しぶりの宅, 久しぶり武男さんいっしょに行っ, 久しぶり水入らずで, 久しぶり江戸入りをした, 久しぶりの香, 久しぶり空蝉のくだり, 久しぶり美味く食べた, 久しぶり領の, 久しぶり若若しい青年に, 久しぶり行乞の旅, 久しぶり覚一の稽古, 久しぶり観音院の上司さん, 久しぶり逢つた秋のふぐ, 久しぶり関西方面へ旅行, 久しぶりにふけ渡った, 久しぶりの味, 久しぶり麻雀に浸る