青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「久しく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

主君~ 主婦~ ~主張 主張~ 主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~ 久~ ~久しく
久しく~
久しぶり~ 久慈~ ~之 之~ 乍~ ~乏しい 乏しい~ 乗~ ~乗せ 乗せ~

「久しく~」 2118, 23ppm, 5049位

▼ 久しく忘れ~ (35, 1.7%)

18 ていた 14 てゐた 1 たりし, てゐる, て居た

▼ 久しく~ (32, 1.5%)

4 目に 3 目にか 2 たよりも, 見えなさらん

1 [21件] 仕えすること, 会いしてないが, 会いしませんでしたね, 使いあそばされねえので, 出が, 役人の, 待たせいたしました, 心安く願います, 心安く願えます, 煩いだった, 眼に, 米様の, 聞きに, 蔵に, 見えなさいませんから, 見棄てないやう, 見限り, 逢いしないで, 遇いしませんでしたが, 銀母子が, 馴染に

▼ 久しくその~ (29, 1.4%)

2 地に, 自然価格を

1 [25件] 一代を, 伝統を, 前に, 厚遇を, 名を, 名聞え, 命を, 坑の, 姿の, 存在をすら, 家に, 悪趣味, 折を, 掛け図の, 操を, 様な, 機会を, 武力を, 気の, 江戸弁も, 甘味を, 確信を, 禍亂に, 習慣に, 自然的水準に

▼ 久しく~ (24, 1.1%)

1 [24件] て, てかく, てかつ, てからまた, てすなわちまた, てまた, てオーヴェルニュ, て主人, て其地, て去り, て尋ね, て帝これ, て得ず, て忽ち, て愈, て曰く, て果たして, て焔, て益益詩, て破り, て終に, て色, て雨, 以て

▼ 久しくこの~ (22, 1.0%)

2 声を, 目標を, 自由なる

1 [16件] 先の, 古城に, 問題に, 国に, 地に, 家に, 座敷に, 応えを, 所を, 方面に, 曠野の, 男の, 職に, 軍と, 辺を, 風は

▼ 久しく~ (18, 0.8%)

2 の住, の出入り

1 [14件] と語らざる, に踏まれ, の中, の口, の声, の姿, の心, の敬仰, の記憶, も住まず, も住まず荒れ果てる, らしい人, を待ったらしい, を斬らざる

▼ 久しく~ (16, 0.8%)

2 目に

1 [14件] 一しょに, 交際を, 仕え申して, 別懇に, 参納いたします, 墓参の, 懇意を, 消息に, 滞留に, 父上には, 病中に, 贔屓おん引き立ての, 贔屓を, 高名は

▼ 久しく住ん~ (13, 0.6%)

6 でいた 1 でい, でいよう, でいる, でおられ, でゐる, で千山, で居る

▼ 久しく~ (13, 0.6%)

2 を目する

1 [11件] から便り, と会見, のため, の前, の声, の家名, の血管, の謎, を引きつけ, を扶, を苦しめた

▼ 久しく会わない~ (12, 0.6%)

1 [12件] お甲, から私, が会っ, けれど僕, し留守, には違, ような, 中に, 先輩の, 女房の, 寧子の, 恋人の

▼ 久しく~ (12, 0.6%)

2 の家, の耳 1 が皆, と寝よう, の中, の個性, の生活, の血, は夜明け, を悩ませました

▼ 久しく見ない~ (11, 0.5%)

2 で居た 1 があの, がどこ, が百合ちゃん, ので見違える, 土地の, 師匠の, 引廻しを, 弟達を, 町の

▼ 久しく~ (10, 0.5%)

2 友の 1 さかる, また力強く, やみこやす, 実に是, 我は, 村には, 白虎に, 閉ざされて

▼ 久しく~ (10, 0.5%)

5 はなかつた 3 はない 1 はなかっ, ひたく思つて

▼ 久しく別れ~ (10, 0.5%)

3 ていた 2 たりし, てゐた 1 てい, ている, てまた

▼ 久しく見なかった~ (10, 0.5%)

1 おひろ, こと, わが家の, 主人に, 人の, 広い原, 惨めな, 琵琶湖を, 葉子の, 農村へ

▼ 久しく消息~ (9, 0.4%)

1 が絶え, のたえ, の絶え, を欠い, を絶, を絶し居り, を聞かざりし, を聞かずにおった, を聞かなかった

▼ 久しく姿~ (8, 0.4%)

1 が見えなかった, の見え, を見うしなっ, を見せず, を見せない, を見せなかった, を見せなかつた, を見なかった

▼ 久しく眠っ~ (8, 0.4%)

7 ていた 1 てい

▼ 久しく逢わなかった~ (8, 0.4%)

1 が君, が汝, なこの, ねお父さん, のだ, 恋人に, 松島氏には, 間に

▼ 久しく~ (8, 0.4%)

1 も出しおらん, をあたりません, をみない, を上げた, を見せ, を見せなかつた, を見せねえ, を見合せ

▼ 久しくこれ~ (7, 0.3%)

1 が続くであろう, に応ぜず, に悩み, に答, に関して読み書き, を信じ, を護持

▼ 久しく先生~ (7, 0.3%)

2 の御 1 と共に知つて, におめにかからない, のお, の尊名, の神韻縹渺

▼ 久しく~ (7, 0.3%)

2 て来なかった 1 ている, て来ない, て来なかつた, て見ない, 遇は

▼ 久しく待つ~ (7, 0.3%)

2 扶揺万里の 1 こと能わずし, てゐる, ともなく, 何ぞ一向薄情是, 間の

▼ 久しく絶え~ (7, 0.3%)

5 ていた 1 て何処, 此方には

▼ 久しく行われ~ (7, 0.3%)

4 ていた 1 ている, ておった, て既に

▼ 久しく~ (7, 0.3%)

2 なし 1 がなかっ, が止, なかりしが, ふらず候, も雪

▼ 久しくなっ~ (6, 0.3%)

3 ている 1 てもその, て心, て忘れ

▼ 久しく~ (6, 0.3%)

1 れ飢渇, を望め, を知らずし, を等閑, を聞け, を試み

▼ 久しく保存~ (6, 0.3%)

4 せられて 1 さるると, せられるに

▼ 久しく~ (6, 0.3%)

1 いれを, にしません, にせぬ, をふれ, を入れない, を触れた

▼ 久しく~ (6, 0.3%)

2 はない 1 はなかつた, はねえ, へない, 見ぬ心地

▼ 久しく逢わない~ (6, 0.3%)

1 うちに, から逢いたい, が吉里さん, できのうきょう, ので娘, 友達にでも

▼ 久しくおれ自身~ (5, 0.2%)

5 にすら忘れられ

▼ 久しくなる~ (5, 0.2%)

1 が今, と妖, のだ, ので家, ので樫

▼ 久しく会わなかった~ (5, 0.2%)

1 が光秀, ので私, 姉の, 彼にも, 発戸の

▼ 久しく会わぬ~ (5, 0.2%)

1 がもう, が武蔵どの, 友だちも, 旧友を, 母者を

▼ 久しく~ (5, 0.2%)

1 あるところ, があります, を得ました, を成しました, 譽の

▼ 久しく御無沙汰~ (5, 0.2%)

1 に打過ぎ候段平, をしました, 申し上げて, 致して, 致しました御機嫌

▼ 久しく手紙~ (5, 0.2%)

2 を出さなかった 1 なし, をよこしません, を書かない

▼ 久しく~ (5, 0.2%)

3 のみ子さま 1 が経った, の当たる

▼ 久しく~ (5, 0.2%)

1 父の, 見ざりし人々, 見しこと, 見ゆる機, 讓らざる

▼ 久しく立っ~ (5, 0.2%)

3 ている 1 てい, ていた

▼ 久しく絶えた~ (5, 0.2%)

3 と思つて 1 と思っ, のであった

▼ 久しく~ (5, 0.2%)

1 にし, にした, に馴れ, の疾, を澄ました

▼ 久しく聞い~ (5, 0.2%)

2 て居た 1 ていた, ている, てゐる

▼ 久しく見えなかった~ (5, 0.2%)

1 な, ね, のう, 姉の, 空に

▼ 久しく起き~ (5, 0.2%)

4 てゐる 1 ている

▼ 久しくいた~ (4, 0.2%)

1 がその間高知, ことが, という関係, 長浜や

▼ 久しくここ~ (4, 0.2%)

1 に住ん, に取り遺され, に止まっ, に逗留

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

1 心配を, 相愛の, 陣中に, 高名を

▼ 久しくそれ~ (4, 0.2%)

1 に堪へる, に拘っ, に見入つて, は聞いた

▼ 久しくなりぬ~ (4, 0.2%)

1 このころ, 住吉の, 夕の, 天の

▼ 久しく京都~ (4, 0.2%)

2 に住ん 1 にあり, へおいで

▼ 久しく使~ (4, 0.2%)

2 はない 1 はなかつた, はぬ

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

1 に仕え, の処, の行方, を知る

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

1 に燻, に蔵匿, に近い, をさがし

▼ 久しく居る~ (4, 0.2%)

2 可き 1 こと能はず英國に, 者で

▼ 久しく待っ~ (4, 0.2%)

2 ておいで 1 ていた, ている

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

3 絶えて 1 棄てて

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

2 はない 1 はなかつた, わない

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

1 に住む, に居らず, の家, の森

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

1 にはいらない, にもはいらず, に這入らなかった, の中

▼ 久しく無沙汰~ (4, 0.2%)

2 をし 1 になった, の芝居

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

1 のかたち, の色, も言った, を案じ

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

2 ゐられて 1 ゐて, ゐなれぬれば

▼ 久しく絶版~ (4, 0.2%)

2 となっ 1 になっ, になつて

▼ 久しく続い~ (4, 0.2%)

3 ていた 1 て幾日

▼ 久しく続いた~ (4, 0.2%)

1 が日本, ことを, 事を, 後声を

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

2 らるる 1 ていた, て始終なんだか

▼ 久しく見ぬ~ (4, 0.2%)

1 すね法師の, せいか, 妻に, 間に

▼ 久しく見馴れ~ (4, 0.2%)

2 ている, て来た

▼ 久しく話し~ (4, 0.2%)

1 ていた, ている, てゐる, て黄色連

▼ 久しく~ (4, 0.2%)

1 にい, に見失ひける, の空気, は見てない

▼ 久しくそこ~ (3, 0.1%)

1 に留守, に足, の

▼ 久しくたっ~ (3, 0.1%)

1 てからとうとう, てから音, て彼

▼ 久しくつづい~ (3, 0.1%)

1 ていたらしい, ておった, て誰

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 其を, 待かね, 待ちかねたま

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 つた何の, つた頃, つて名

▼ 久しくなり~ (3, 0.1%)

1 て健康, ぬる人, 候ふと

▼ 久しくなります~ (3, 0.1%)

1 か, か蘆, が外

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 保たじ, 行われなかったはず, 覚えて

▼ 久しくまた~ (3, 0.1%)

1 かくも, そういう語, 散所

▼ 久しく且つ~ (3, 0.1%)

1 廣く, 深いから, 深きこと此

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

2 に知られず 1 の語り草

▼ 久しく世人~ (3, 0.1%)

1 から忘れられ, の知らざる, の耳目

▼ 久しく世間~ (3, 0.1%)

1 の事, の無, を見なかつた

▼ 久しく中絶~ (3, 0.1%)

1 と来た, に帰した, の処

▼ 久しく交際~ (3, 0.1%)

2 して 1 した君

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 の得る, も書かぬ, を見る

▼ 久しく便り~ (3, 0.1%)

1 のなかつた, も怠っ, をする

▼ 久しく其の~ (3, 0.1%)

2 位地を 1 跡を

▼ 久しく取らない~ (3, 0.1%)

2 から駄目 1 んです

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 について彼女, に就いた, の中

▼ 久しく廃れ~ (3, 0.1%)

2 ている 1 ていた

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 られたまま, られた若い, る万戸

▼ 久しく忘れられ~ (3, 0.1%)

2 てゐた 1 ていた

▼ 久しく恋し~ (3, 0.1%)

1 ていた, てゐた, 女に

▼ 久しく支那~ (3, 0.1%)

1 に參つて, に居住, に布教

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

2 しうす 1 しうするもの

▼ 久しく明い~ (3, 0.1%)

1 ていた, て居る, 所を

▼ 久しく来なかった~ (3, 0.1%)

1 じゃない, の, のう

▼ 久しく東京~ (3, 0.1%)

1 で母子, の歌壇, へ出

▼ 久しく江戸~ (3, 0.1%)

1 にいた, に出た, の市中

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 沙汰し, 沙汰致しました, 牧で

▼ 久しく独身~ (3, 0.1%)

1 でいた, でいる, の生活

▼ 久しく留守~ (3, 0.1%)

1 なの, なれば, の家職

▼ 久しく病床~ (3, 0.1%)

1 にあり, に伏す, に呻吟

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 にしなかった, につかず, に見えぬ

▼ 久しく立つ~ (3, 0.1%)

1 を得ず, を得る, 者は

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 を履, を果さなかつた, を果さぬ

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 いて, いても, けられて

▼ 久しく自分~ (3, 0.1%)

1 の名, の家, を可愛がらう

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

2 の底 1 に乗り

▼ 久しく荒れ~ (3, 0.1%)

2 はて 1 ていた

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 つたこと, はれた事, はれて

▼ 久しく行かない~ (3, 0.1%)

1 から先祖, ことも, なア

▼ 久しく見え~ (3, 0.1%)

3 なん

▼ 久しく見た~ (3, 0.1%)

2 ことも 1 ことの

▼ 久しく記憶~ (3, 0.1%)

1 せられ且つ, で伝わり, に殘

▼ 久しく逆境~ (3, 0.1%)

2 に沈淪 1 にある

▼ 久しく逢いません~ (3, 0.1%)

1 からちょっと, しどう, 人の

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 にも渇い, に遠ざかり, の香

▼ 久しく音信~ (3, 0.1%)

1 なかりしかば, もしない, も絶え

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

1 を俯, を惱, を洗わない

▼ 久しく~ (3, 0.1%)

2 を見せなかつた 1 を合せなかつた

▼ 久しくあれ~ (2, 0.1%)

2 果たる

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 て姥, て見る

▼ 久しくおいで~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, にならぬ

▼ 久しくお目にかからなかった~ (2, 0.1%)

1 お客さんである, ことも

▼ 久しくお茶~ (2, 0.1%)

2 にも縁

▼ 久しくかたみに~ (2, 0.1%)

2 心の

▼ 久しくかの~ (2, 0.1%)

1 国に, 地に

▼ 久しくこういう~ (2, 0.1%)

1 問題に, 話題の

▼ 久しくそう~ (2, 0.1%)

1 では, 云う人

▼ 久しくそんな~ (2, 0.1%)

1 不健康な, 軽口を

▼ 久しくたった~ (2, 0.1%)

1 ころ代, 熟柿の

▼ 久しくどなた~ (2, 0.1%)

1 にも御, も御

▼ 久しくない~ (2, 0.1%)

1 ので案じ, 事な

▼ 久しくなかった~ (2, 0.1%)

1 ことらしい, ので沓

▼ 久しくなかつた~ (2, 0.1%)

1 から到頭, ことらしい

▼ 久しくなった~ (2, 0.1%)

1 ことについて, 後まで

▼ 久しくもの~ (2, 0.1%)

1 を言わず, 言わざりしにより

▼ 久しく一緒~ (2, 0.1%)

1 に住ん, に暮し

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 へ落, を見

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 分明であった, 淨なる

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 には今, 絶えたお

▼ 久しく人口~ (2, 0.1%)

1 が充満, に膾炙

▼ 久しく人間~ (2, 0.1%)

1 から遠ざかっ, の手

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 ふる藤助, へ美しき

▼ 久しく仕えし~ (2, 0.1%)

2 が後に

▼ 久しく他郷~ (2, 0.1%)

1 と交通, に出

▼ 久しく伊豆~ (2, 0.1%)

2 の下田

▼ 久しく休刊~ (2, 0.1%)

2 したまま

▼ 久しく会わず~ (2, 0.1%)

1 にいなけれ, に居る

▼ 久しく伝わっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 久しく住み~ (2, 0.1%)

2 袋物の

▼ 久しく住む~ (2, 0.1%)

1 人たちの, 人も

▼ 久しく使わない~ (2, 0.1%)

1 のですっかり, ので赤く

▼ 久しく使わなかった~ (2, 0.1%)

1 のです, 標本の

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 ざりき, ないから

▼ 久しく俳句~ (2, 0.1%)

1 をやめ, を作っ

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 に仕, の生活

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 まらざらん, 滯し

▼ 久しく別れゐし~ (2, 0.1%)

2 我等なりけり

▼ 久しく勤め~ (2, 0.1%)

1 ていた, て居られた

▼ 久しく北国~ (2, 0.1%)

1 の一地方, の陣

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 度々くり返されね, 悔いるという

▼ 久しく召仕~ (2, 0.1%)

1 われたの, われた婢

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 れ復, を忘れ

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 ははなかつた, ひ得なかつた嬉し

▼ 久しく土民~ (2, 0.1%)

1 として今, の中

▼ 久しく外人~ (2, 0.1%)

2 に知らる

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 議論が, 開化に

▼ 久しく大隈伯~ (2, 0.1%)

2 を敵視

▼ 久しく天下~ (2, 0.1%)

1 に王朝時代, はみだれ

▼ 久しく太陽~ (2, 0.1%)

1 の直射, を見ざれ

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

2 を籠め

▼ 久しく奥州~ (2, 0.1%)

1 に在り, の任地

▼ 久しく子供~ (2, 0.1%)

1 がなく, の遊場

▼ 久しく存続~ (2, 0.1%)

1 した訣, し得ないこと

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 となっ, も稀

▼ 久しく家康~ (2, 0.1%)

1 に手, の前

▼ 久しく平和~ (2, 0.1%)

1 に馴れ, に馴れた

▼ 久しく待ち~ (2, 0.1%)

1 しに, にし

▼ 久しく復奏~ (2, 0.1%)

2 まを

▼ 久しく心がけ~ (2, 0.1%)

1 ている, て居た

▼ 久しく怠っ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 久しく意義不明~ (2, 0.1%)

1 のま, のまま

▼ 久しく戦場~ (2, 0.1%)

1 に会わない, の水

▼ 久しく打ち絶え~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 久しく持続~ (2, 0.1%)

1 すること, するもの

▼ 久しく探し求め~ (2, 0.1%)

1 ていた, て居た

▼ 久しく政治的野心~ (2, 0.1%)

2 を抑

▼ 久しく政界~ (2, 0.1%)

2 と絶縁

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 と鉄砲, なしの

▼ 久しく新しい~ (2, 0.1%)

1 着物も, 部落を

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

2 をしない

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 に遇わず, を待っ

▼ 久しく望ん~ (2, 0.1%)

1 でいた, でいる

▼ 久しく此地~ (2, 0.1%)

1 にゐる, に居ります

▼ 久しく民間~ (2, 0.1%)

1 に伝わらずし, に播く

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 にかけて居た, 附かなかったほど

▼ 久しく泣い~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 久しく泳いだ~ (2, 0.1%)

2 ことも

▼ 久しく流離~ (2, 0.1%)

2 の苦

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 に入らない, を見ませんでした

▼ 久しく無事~ (2, 0.1%)

1 でお, で活命

▼ 久しく無住~ (2, 0.1%)

1 であ, の荒れ

▼ 久しく煩っ~ (2, 0.1%)

1 て居られ, て居る

▼ 久しく物置~ (2, 0.1%)

1 と化し, に入れ

▼ 久しく独り~ (2, 0.1%)

1 で楽しん, 抱き秘めて

▼ 久しく生活~ (2, 0.1%)

1 して, の物音

▼ 久しく田舎~ (2, 0.1%)

1 に引, の裡

▼ 久しく甲州~ (2, 0.1%)

1 に取られ, に質子

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 に伏し, に臥し

▼ 久しく病ん~ (2, 0.1%)

1 で悲しい, で病いよ

▼ 久しく相互~ (2, 0.1%)

2 の調和

▼ 久しく眼前~ (2, 0.1%)

1 にちらつい, の事実

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 いとなった, をいたしませんでした

▼ 久しく空地~ (2, 0.1%)

1 でした, になっ

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 を断ち, を断つ

▼ 久しく経っ~ (2, 0.1%)

1 ている, ても帰っ

▼ 久しく経験~ (2, 0.1%)

1 して, するところ

▼ 久しく統治~ (2, 0.1%)

2 したる領分

▼ 久しく継続~ (2, 0.1%)

1 したならば, するごとくに

▼ 久しく続く~ (2, 0.1%)

1 ものでございません, 国に

▼ 久しく考え~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 久しく考えこん~ (2, 0.1%)

2 でいた

▼ 久しく考えた~ (2, 0.1%)

1 ができなかった, 末届と

▼ 久しく自然~ (2, 0.1%)

1 の美し, の肌

▼ 久しく自然主義~ (2, 0.1%)

1 の淤泥, の美学

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 なり実, の色

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 にあります, の茶

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

2 ばず鳴かず

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

2 を吸わぬ

▼ 久しく血腥い~ (2, 0.1%)

2 邪宗徒の

▼ 久しく行かん~ (2, 0.1%)

2 からな

▼ 久しく行く~ (2, 0.1%)

1 え不明, ことが

▼ 久しく行われた~ (2, 0.1%)

1 か, ことが

▼ 久しく西洋~ (2, 0.1%)

1 にあり, に留學

▼ 久しく見ざりし~ (2, 0.1%)

1 家具に, 築地の

▼ 久しく見ず~ (2, 0.1%)

1 にいた, 評判の

▼ 久しく覚えた~ (2, 0.1%)

1 ことの, 事が

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 はむと, ひ合つて

▼ 久しく訪ね~ (2, 0.1%)

1 て行かなかった, もしません

▼ 久しく試みなかった~ (2, 0.1%)

1 腕が, 菱の

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 をし, をしつけない

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 として殘つて, に包まれ

▼ 久しく貴族院~ (2, 0.1%)

2 に於ける

▼ 久しく踏み慣れぬ~ (2, 0.1%)

2 大理石の

▼ 久しく返事~ (2, 0.1%)

2 をしない

▼ 久しく逢わねえ~ (2, 0.1%)

1 がそこで, のう

▼ 久しく遠ざかりたる~ (2, 0.1%)

2 を以て政治上

▼ 久しく都会~ (2, 0.1%)

1 の中, の喧騒

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 というもの, の吹替

▼ 久しく鈍つて~ (2, 0.1%)

2 ゐた筆

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 を入れた, を知らない

▼ 久しく開けない~ (2, 0.1%)

1 ために, と見え

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 がとぎれ, を置い

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 に会わない, に当らなかった

▼ 久しく面会~ (2, 0.1%)

2 せざるを

▼ 久しく鞍馬~ (2, 0.1%)

1 にあり, や奥州

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 の訛つて, 絶えて

▼ 久しく~ (2, 0.1%)

1 ひし事, ふ所

▼ 久しく風雨~ (2, 0.1%)

1 にばかり曝され, に任せ

▼ 久しく馴らされ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 久しく黙っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼1* [1096件]

久しくハぬ, 久しくあけていた, 久しくあこがれてゐた, 久しくあちこち動いて, 久しくあったがやがて, 久しくあるほど人, 久しくあわないでいた, 久しくあわねえ兄を, 久しくいさしてはいけない, 久しくいじけたままで, 久しくいただかないからどんなに, 久しくいつもお噂, 久しくいよいよますます一滴水の, 久しくいらだち屈して, 久しくいる媼であった, 久しく忘れぬやう, 久しくおかれていた, 久しくおとづれずおん身さへ健康, 久しくおとづれせざりける女の方, 久しくおられるからのところ, 久しくおりましたうちに, 久しくおれば久しく, 久しくお互いに疎遠, 久しくお便りしない, 久しくお出でなさいませんね, 久しくお前の世話, 久しくお参りをせぬ, 久しくお待ち申しあげて, 久しくお目にかからぬ紫水生深沢多市君をも, 久しくお祈り申上げるばかり, 久しくお菓子も買っ, 久しくお話をし, 久しくかうして毎日來, 久しくかかっていた, 久しくかけられてあった, 久しくかけ離れていた, 久しくかぜを引い, 久しくかたり竭きめ, 久しくかつ英, 久しくからヒステリーの, 久しくかわききっていた, 久しくきいている, 久しくくすぶって居る, 久しくこうしていたくは, 久しくこれからは伊之助, 久しくさいなみ玉ふ, 久しくしかもなお偶然, 久しくしたがってその術, 久しくしなかった仕事に, 久しくしまってあった, 久しくじっと瞶めて, 久しく可くん, 久しくすべて羨望の情, 久しくすることであろう, 久しくそういう骨っぽい人間, 久しくそれらの理想, 久しくそんなに致して, 久しくたつてやうかん, 久しくたのまれて居た, 久しくためらつてゐました, 久しくたよりを聞き, 久しくだらけていた, 久しくちょうど我々の, 久しくつかいません湯殿です, 久しくつきまとって離れる, 久しくつづけて来た, 久しくつとめて兄, 久しくても敗れず, 久しく云ったところ, 久しくとか天地無窮とか, 久しくとどまっていたらしい, 久しくとらず蓼の, 久しくななえが, 久しくなりけるに市場, 久しくなりしに同じ, 久しくなりてたしかにも, 久しくなりぬすみの絵, 久しくなりぬ行きてはや, 久しくなりましたからさすが, 久しく五人風も, 久しくねがってゐた, 久しくのらなかったあとで, 久しくはやり神となつ, 久しくひざまずいていた, 久しくふれない町の, 久しくゐ出來ざる, 久しくまからざりし丹後国の, 久しくまことの悦び, 久しくみた事が, 久しくみない一本どう, 久しくみることあた, 久しくめでたく取り行われるの, 久しくもつてゐた, 久しくやっている, 久しくやもめでいられた, 久しくやらないね, 久しくよい玉に, 久しくわが蛮都とは, 久しくわが家の床下, 久しくわすれていた, 久しくわたくしの忘れ得ぬ, 久しくわたしはこんな, 久しくわたしたちの祖先, 久しくて姥, 久しく声ひとつたてず, 久しくイギリスに往つて, 久しくインドにあり, 久しくオシカと訓, 久しくキトウスの月, 久しくコーセン和尚の高名, 久しくゴブサタして, 久しくタヌキ屋で飲まない, 久しくニルヤもしくはアマミヤ, 久しくバタもたべず, 久しくフォルリを圍, 久しくポオト・ジャクソンに住ん, 久しくマラテスタ家の所有, 久しくミブまたはミブベ, 久しくラヂオを聴かなかつた, 久しくランプを使っ, 久しくロシア語をつかわなかった, 久しくヴォオドヴィル座に原稿, 久しくの場所, 久しく一人称形式をもっ, 久しく一同とは相識, 久しく一定の数, 久しく一室に閉じ籠っ, 久しく一文官として侍側, 久しく一本調子にその, 久しく一致して, 久しく一般に行, 久しく丁原の邸, 久しく万里の異境, 久しく上方へ参りまし, 久しく上杉家の帷幕, 久しく上流の方, 久しく上演されないもの, 久しく下方に圧さ, 久しく下火とも謂うべき, 久しく下総の方, 久しく下草の中, 久しく不動尊の傍, 久しく不品行な事, 久しく不在なる間, 久しく不妊性と思われ, 久しく不心得にて過ぎ, 久しく不快で今に, 久しく不明であったが, 久しく不浄なる人物, 久しく不眠症で困, 久しく不通だったもん, 久しく不遇の位置, 久しく世事を忘れ, 久しく世話になっ, 久しく軍の, 久しく両親に遠ざかっ, 久しく中世になっ, 久しく中国と上方, 久しくに置き忘れられ, 久しく主人と奴隷, 久しく主家を泰山, 久しく久しく何を, 久しく乗り馴れている, 久しく九州に居りまし, 久しく乾いている, 久しく予期せられたる没落, 久しくへし, 久しく二三の草稿, 久しく井上家の後園に住む, 久しく交っていた, 久しく交わること兄弟の, 久しく交際つてゐでも, 久しく京外に在ったなら, 久しく人口稠密となっ, 久しく人口過剰に苦しん, 久しく人界から超絶, 久しく人類の欲望, 久しく仏国劇壇を騒がした, 久しく仕えた君家の, 久しく仕ふるといふ番頭, 久しく仕事をしない, 久しく他行だったじゃあねえか, 久しく付属草地として開かれず, 久しく企てている, 久しく伊勢山田のよう, 久しく伊太利亜に遊べり, 久しく伊沢の家, 久しく休み居りました累ヶ淵, 久しく会いもせず, 久しく会いませぬが, 久しく会う機会も, 久しく会わンから, 久しく会わねえまア本当に, 久しく会わんのう, 久しく伝へ此が, 久しく伝わり是に, 久しく伝家の物, 久しく伝本の世, 久しく伝来して, 久しく伽藍にすみし, 久しく佇みて四方, 久しくりと, 久しく住みたれどそこ, 久しく住みなれし往生院を, 久しく住み慣れたラサ府に, 久しく住み馴れていた, 久しく住み馴れた自分の, 久しく住居すれば, 久しく住民心をともに, 久しく何事をか語っ, 久しく何分にも御, 久しく併存しその, 久しく使いもしない, 久しく使われていない, 久しく使用しなかつた為, 久しく侍りてひたすら, 久しくの前, 久しく保持された為, 久しく信じきれなかったが加冠, 久しく信ぜられていた, 久しく修業を積ん, 久しく修養を積ん, 久しく倉庫に溜った, 久しく借りて返さぬ, 久しく借り手がない, 久しく借り給うてお, 久しく偉大なる勢力, 久しく停滞的であり容易, 久しくへ聞きゐたる, 久しく傳つて今も行, 久しく傾城遊君の如き, 久しく働き続けるからである, 久しく働く人々に, 久しくの顔, 久しくとは会いませぬ, 久しく兄さん夫婦を呼びたい, 久しく先輩山崎楽堂さんが続けられ, 久しくかれて, 久しく入らなかったから, 久しく入浴しなかった, 久しくからざりし, 久しく全く他郷との, 久しく歓共苦し, 久しく兵営の跡, 久しく其予期したる, 久しく其心の底, 久しく其方を眺めた, 久しく具足師の柳斎, 久しく内縁の関係, 久しく凝るときは, 久しく凝視して, 久しく出かけることも, 久しく出さなかった西行法師を, 久しく出しても見ませぬ, 久しく出でざるをもどかし, 久しく出なかった仕事への, 久しく出入して, 久しく出勤しなかつた, 久しく出窓に坐し, 久しく函館に在り, 久しく分らなかったが私, 久しく分離した支那, 久しく切らなかったね, 久しく切れて居ります, 久しく切所に引籠, 久しく刈込を怠った, 久しく別れた人たちに, 久しく剃ってない鳩羽色の, 久しくに移転, 久しく剣劇といい, 久しく劇場に遠, 久しくをかけ, 久しく動かなかったけれどもそれ, 久しく勤めることに, 久しく満市場唯一, 久しく北海のほとり, 久しく医界の疑問, 久しく十四五年を経た, 久しく千穂子に逢う, 久しく南方の島々, 久しく南端の島々, 久しく占有されて, 久しく厄介になっ, 久しく参らん内に, 久しく参詣を怠らざりき, 久しく友達に借り, 久しく取り出さずに忘れ, 久しく口頭に委ねられ, 久しく召使った老, 久しく吃驚というもの, 久しく各地に令尹, 久しく合戦もなく, 久しく堤へ, 久しく同じ弓矢が, 久しく同一の状態, 久しく同棲して, 久しく向い合っている, 久しく君子をおとづれねば, 久しく吸わなかった煙草が, 久しく呉国に留まらせた, 久しくはれて, 久しく呼びならわしたなんらの, 久しく和泉橋附近に住ん, 久しく和蘭語を学んだ, 久しく哭したり, 久しくふるところ, 久しく問題にされ, 久しく喘息の氣味, 久しく喧伝せられたものの, 久しく喧嘩をしつけなかった, 久しく喰わずにいたん, 久しく営裡に権勢, 久しく嗅がなかった匂であった, 久しく囚われたうち筆した, 久しく四方を巡っ, 久しく固守して, 久しく固定したま, 久しく国中を漂泊, 久しく国民と争, 久しくへ歸, 久しく國民と爭, 久しく阿どの, 久しくを踏まず, 久しく圧迫されて, 久しく城すれ, 久しく在任し領事, 久しく在住でございまする, 久しく地下に眠つて, 久しく地表に現れなかつた, 久しく埋もれていた, 久しく埋れていた, 久しく堅く仕付けられた習慣, 久しく堪う可から, 久しく塾頭たらしめた, 久しく壟断するの, 久しく外務書記官にし, 久しく外国へ行つて, 久しく外國貿易のこと, 久しく外道的な快楽, 久しく福を, 久しく多少の疑い, 久しくの御殿, 久しく夜明けの帰り, 久しく大体同じ用語例, 久しく大塩平八郎と云, 久しく大小幾つかの中洲, 久しく天気が続いた, 久しく天狗護法の別名, 久しく太守の軍, 久しく太平文化の世, 久しくから脱, 久しく失っていた, 久しく夷陵の城, 久しく奈落の底, 久しく奉公して, 久しく奥さまのお, 久しく奥田家の出入り, 久しくの髪, 久しく女姪の顔, 久しく女香にも隔絶, 久しくたる境遇, 久しくの家, 久しく委員の手, 久しく婆さんの家, 久しく子規氏の宅, 久しくし飛騨, 久しく孤忠苦節をつづけ, 久しく孤独の中, 久しくに荒める, 久しく学んでいた, 久しく学校の宿直室, 久しく学界にその, 久しく學校の宿直室, 久しく宇都宮に教鞭, 久しく守られていた, 久しく宗祇の関係, 久しく官辺との縁故, 久しく定まっていた, 久しく定まった様式が, 久しく定住された国, 久しく宝貝の重用, 久しく実地を省みなかった, 久しく実戦の体験, 久しく家庭と因習, 久しく寂寞な家庭, 久しく寄留して, 久しく寄稿する, 久しく富士見の病院, 久しく付く事, 久しく寒い故郷を, 久しくている, 久しく寡婦でくらし, 久しくて居た, 久しくを無人, 久しく封建的家風の下, 久しく尊氏へも消息, 久しく尊重せられたの, 久しく尋ねていた, 久しく尋ねあぐんでいた, 久しく尋ねねえだが秋口, 久しく對峙したと, 久しく少年の耳, 久しく尼寺のうち, 久しく尽き生死苦余す, 久しく居たのであった, 久しく居つて居心地, 久しく居所さえも不明, 久しく届かずにゐた, 久しく届けてこ, 久しく屋内の労働, 久しく屋外に囲っ, 久しくの中, 久しく山僧の生活, 久しく山国へ来, 久しく山積みのまま, 久しく山谷の間, 久しくにはそれ, 久しく島人の心, 久しく崩れていた, 久しく巻かなかつた時計が, 久しくに放棄, 久しく市村座を経営, 久しく布団の中, 久しく希望して, 久しく帰って来ません, 久しく帰らず家が, 久しく帰らぬがため, 久しく帰り来さりしかば父, 久しく帰国もしませんでした, 久しく帰省しませんでした, 久しく帳内の壁, 久しく常盤座に居付い, 久しく常陸ぎりで喰ひ止められて, 久しく平氏が頭上, 久しくに一度, 久しくにえ, 久しく庸三のところ, 久しくして, 久しく廃って居りました, 久しく廟堂に巣くっ, 久しくされて, 久しく廢つて居つたの, 久しく建築物残りて国, 久しく廻つてみない, 久しく弓矢取る身分, 久しく籠って, 久しく引かされて桜, 久しくの住所, 久しく当らずこの数日, 久しく当地にご, 久しくも見えずなりけれ, 久しく彼らはそれぞれ縄張り, 久しく彼女たちから引, 久しく彼所に住む, 久しく彼方にい, 久しくれたもの, 久しく待ち望んでいた, 久しく待ッている, 久しく待望して, 久しく後れたものとして, 久しく従事しは, 久しく従属的奴隷的の階級, 久しく御不沙汰で, 久しく御前に遠, 久しく御無沙汰申上ました, 久しくの奧, 久しく心待ちにし, 久しく忍び難い程, 久しく忍ぶ可から, 久しく忍んだ不運, 久しくを得ず, 久しく忘れることが, 久しく忘れゐたりし, 久しく忘れ去ることの, 久しく忘れ居たりし, 久しく忘却されて, 久しくつて帰つて来は, 久しく怒って帰っ, 久しく思いが残っ, 久しく思い出さずに居た, 久しく思い出さなかったお浜たち, 久しく思い出したことも, 久しく思うて居た, 久しく思ひ疑ひ居けるに全, 久しく思慮いたるが, 久しく思考を費し, 久しく恋いわたりながらなか, 久しく恋愛に迷つたためし, 久しく恍惚として眺め入った, 久しく恐しくて執念深い, 久しく悔いさせてやる, 久しく悩まされている, 久しく悩み苦しんで, 久しく悩んだが大食, 久しく悲しまるるか, 久しく悲境に沈淪せり, 久しく想い合っている, 久しく想う処であった, 久しく愛してきた, 久しく慣用し来った江南竹, 久しくを致す, 久しく憎み合ひ, 久しく憧れていた, 久しくい出さなかった少年, 久しく成りける程に, 久しく成るのだ, 久しくを窶れし, 久しく我らを賤, 久しく我国には行われず, 久しく我学者間に軽蔑, 久しく我等を賤, 久しく或いはこの, 久しくに忙しく, 久しく戦いもない, 久しく戦時ハ必そこに拾人, 久しく戦陣の務め, 久しく戯曲を書かなかつた, 久しく戯曲創作から遠, 久しく戴いた殿様を, 久しくの外, 久しく戸籍上及び民法上, 久しく房州にいる, 久しく所謂土民の上位, 久しく手入をしない, 久しく手入れを怠, 久しく手土産を頂かぬ, 久しく手足にムクミ, 久しく打たえておった, 久しく打ち目守り居, 久しく打ちすててあつ, 久しく打ちすてし生け花の, 久しく打ち捨てていた, 久しく打捨てて作品集, 久しく抑えた静かな怒, 久しく抑圧して, 久しく抛って置いた, 久しく抱えこんでいる, 久しく抱月須磨子逍遙を描きたい, 久しく押してると之, 久しく押し込んで置く, 久しく抽斎に託し, 久しく拒まれていた, 久しく拝謁を見ませんでした, 久しく拝顔を得ない, 久しく拠りたまえる所々を, 久しく持ち歩いたうたと, 久しく持續されなくても, 久しく捗らなかつたのは, 久しく捨ておいた私の, 久しく掃除をしない, 久しく掛かり碑を, 久しく採らぬ水茎の, 久しく探していた, 久しく探求して, 久しくしない故郷, 久しく接していない, 久しく提擧市舶の職, 久しく播州の方, 久しく伐し合った暴虐, 久しくぽり出され, 久しく放っておいた, 久しく放棄した財産, 久しく放置し神職, 久しく政権と近接, 久しく政權と近接, 久しく故郷を離れ, 久しく教壇と書斎, 久しく散らざりしより桜町, 久しく散歩した為め, 久しくを論ぜざる, 久しく文壇的摩擦をうけた, 久しく文献の徴, 久しく文通を怠っ, 久しく断えたままに, 久しく断食した人, 久しくかる英雄, 久しく斯様な事, 久しく旅包みに負っ, 久しく旅行する事, 久しく旗箱の中, 久しく既成政党の弊害, 久しく既成政黨の弊害, 久しく日光にあてなかつた, 久しく日和悪しく難儀, 久しく日本に住ん, 久しく日本化されて, 久しく日本国民の特徴, 久しく日記を中絶, 久しく日輪巻の弓, 久しくせしが, 久しく明智家へ寄っ, 久しく明治の景物画, 久しく昏迷の虚空, 久しく昨年十月歸朝以來常にお目にかかり, 久しくと弥勒, 久しく晒したるを以て白色, 久しく晴れたる空は, 久しく暖かいものを, 久しく暗黒界に潜ん, 久しく暴風つづきだな, 久しく書いている, 久しく書かなかった為なかむずかし, 久しく書かなかつたので諸君, 久しく書きかけてそれなり, 久しく書き怠つてゐた, 久しく書家董斎の如き, 久しく書窓の下, 久しく替えたことも, 久しく最大の行事, 久しく服すれば人, 久しく診して, 久しく望みを囑, 久しく望みしフランスイタリアに, 久しく朝廷におかれ, 久しく期待して, 久しく木剣も取りませぬ, 久しく木精と問答, 久しく本質的に農業国, 久しく本邦に在留, 久しくの上, 久しくに止つて, 久しく村落がない, 久しく絶えて, 久しく杜絶したり, 久しくんで居った, 久しく来ないので人, 久しく来なかったらよくよく様子, 久しく来なかつたね, 久しく来ねえから案じ, 久しく東洋の研究, 久しく東海に君子国, 久しく松平家は今川家, 久しく果たすことが, 久しく枯田衰煙の歎, 久しく栄え衰えていた, 久しく根深いものに, 久しく案じていた, 久しく森彦の傍, 久しく棲んだらその虚, 久しく業家にあり, 久しくはない, 久しく様子が悪かっ, 久しく樊籠の中, 久しく横たわって居る, 久しく機会を待った, 久しく屈したもの, 久しく欝積したる彼等, 久しく欝結してたもの, 久しく欠乏して, 久しく欧洲の内, 久しくを作つて, 久しくつて, 久しく止まる可き, 久しく止めていた, 久しく止んでいた, 久しく止宿して, 久しく此処に湯治, 久しく此国に留る, 久しく此家の旦那, 久しく此寺に居る, 久しく此類話を日本, 久しく此風は守り, 久しく武家は武家, 久しく武鑑の上, 久しく行かぬため, 久しく歩いてゐなかつた, 久しく歩かれなかったからご, 久しく残っている, 久しく残つたのである, 久しく残り伝わること, 久しく残存して, 久しくに面, 久しく民夷雑居の境, 久しくの流, 久しく水底に沈み, 久しく求めて止まなかった, 久しく求めしものを, 久しくが上, 久しく江戸表にござっ, 久しく決闘を忘れたる, 久しく沈んで灰色化, 久しく沈吟して, 久しく油っこいものいただかねえ, 久しく治平うち続き候えば, 久しく法典上に絶え, 久しく注意せられずもしくは, 久しく泰平に慣れ, 久しく洋行をなすっ, 久しく活動もみない, 久しく流浪生活を營ん, 久しく浅草代地なる竹翁, 久しく浪人して, 久しく浪人生活を続けた, 久しく海外よりみれ, 久しく海岸の地, 久しく海浪人の身, 久しく消えなかつたかと云, 久しく消え残っていた, 久しく深雪の下, 久しく清川の家, 久しくえて, 久しく渇いていた, 久しく渇望して, 久しく渋江の家, 久しく渝らずに, 久しくしぶねという, 久しく渡頭に立ちつくし, 久しく洲に, 久しく溜めておいた, 久しくつてゐた, 久しく滞在して, 久しく滞留の折柄, 久しく漁猟なりがたく, 久しく漕いでから私, 久しく漕いだので大分腕, 久しく漠然と体験し, 久しく漢医方のため, 久しく潜んでいた, 久しく澱粉類を絶たれ, 久しく瀋州と称せられた, 久しくにあたっ, 久しく無人であること, 久しく無残にも蔽, 久しく無縁と看做され, 久しく無言で居た, 久しく焦点を定め惑う, 久しく煙草も吸わない, 久しくつたり, 久しく煩いたりといえり, 久しく煩いましても可, 久しく煩つて居たの, 久しくの橘円蔵, 久しく牢舎に抛りこまれ, 久しく物集高見君が許, 久しく狙っていた, 久しく独り暮しである, 久しく独居すると, 久しくを飼, 久しく玄徳が恩遇, 久しく王化の外, 久しく王政を復古, 久しく現れなかったバラバラの, 久しく現われなかった狼を, 久しく琉球を通じての密貿易, 久しく琵琶など教え, 久しく生き延びて洗濯婆, 久しく用いて多く, 久しく用いなかった髀肉は, 久しく用いられている, 久しくの中, 久しく田安家内外に暴威, 久しく由紀子は弘, 久しく甲斐の武田家, 久しく留つたのに送, 久しく留まり三冬連日の, 久しく留まり観ることを, 久しく留まる可き, 久しく留まれる所由を, 久しく留め置けるに其友, 久しく留る可けんや, 久しく留るべき理由は, 久しく民族住居の, 久しく異教の下, 久しく縁だ, 久しく疎遠なりし父兄, 久しく疑う所で, 久しく疑ひのまま, 久しく疑問であったしね, 久しく疲れて産業, 久しく病みてありし, 久しく痙攣するばかりの, 久しく癒えないので英書, 久しく発覚せずに, 久しく登る機会を, 久しく登城の姿, 久しく白粉をつけた, 久しく盗人といふ者, 久しくにも留めず, 久しく目的を達する, 久しく直らずにゐ, 久しく看ざりし歌舞伎座を, 久しく県令知事務めたる間に積みし, 久しく県庁に勤めたで, 久しくに就けなかった, 久しく眠つて居た昔, 久しく眠りたるドイツ国民的感情を, 久しく眩しい叙情詩的の, 久しく眺めるほどの美し, 久しく着たきりでヨレヨレ, 久しく知っている, 久しく知らずに居た, 久しく知る無し, 久しく知れずにてとうとう, 久しく石碑を建てなかった, 久しく砂村のお, 久しく破損のまま, 久しく磐石の下, 久しく挽きばかりに, 久しく社會と遠ざかる, 久しく祈つてゐる, 久しく祈念して, 久しく祖母独り家を守っ, 久しく祖述する人, 久しく神社に人身御供, 久しく禁門の騒塵, 久しく禅僧に因り, 久しく禿山のみを見, 久しく私達の家, 久しく秘められて遂に, 久しく積んで相互, 久しく穢土にいなけれ, 久しく空いていた, 久しく空き家になっ, 久しく空けていた, 久しく空家となりいたれ, 久しく空気に晒され, 久しく窒息状態に潜伏, 久しく立ちどまって見, 久しく立ち働く音聞えし, 久しく立ち竦んでゐた, 久しく竹刀さえ持たぬ, 久しく筆硯に親しまざる, 久しく等閑に附せられ, 久しく筐底の旧, 久しく籠城中の樊城, 久しく米國のニューヨーク, 久しくと卵, 久しく精神を統一, 久しく細君の父, 久しくで解けざりし, 久しく結わないから, 久しくを見, 久しく続きしとその, 久しく続き得ない取引である, 久しく続けている, 久しく緊張した関係, 久しく総髪でいた, 久しくけてその, 久しく美しいお嬢さんの, 久しく美人を以て聞え, 久しく美学を研究, 久しく美衣美食に馴れた, 久しく美酒も飲まん, 久しく羨んで居た, 久しく習慣漸く人, 久しく考えるという能力, 久しくふる人, 久しく耳馴れし西湖の, 久しく聖教を見ない, 久しく聞いたことが, 久しく聞かない言葉だ, 久しく聞かなかった位気持よく, 久しく聞かぬような, 久しく聞かれなかった頼朝の, 久しく聞きたいと希望, 久しく聞き馴れた月並の, 久しく聴かむと欲せし, 久しく聴かないなと思っ, 久しくにおり, 久しくの汚れ, 久しく肉食の風習, 久しく腐った諸ろ, 久しく腐るものは, 久しく腐れ文学に, 久しく腐朽せるもの, 久しくの利かなくなった, 久しく自動車に慣れた, 久しく自問自答して, 久しく船中の生活, 久しく艶名を馳せた, 久しく芝居も見ない, 久しく芝生の縁代, 久しく芭蕉の人格的圧力, 久しく苦しみし例も, 久しく苦しんでいる, 久しく英国との競争下, 久しく英国ロンドンに留学, 久しく英国駐在の帝国公使, 久しく英國駐在の帝國公使, 久しく茅葺であった, 久しくの生え, 久しく荒蕪地となつ, 久しく萬葉詩人の作, 久しく落て之を, 久しく葉子を見ない, 久しくかぬ, 久しく董卓を討たん, 久しく蓄えたここの, 久しく薄給で虱, 久しく薗八一中節の如き, 久しく藤吉郎は北近江, 久しくの枢要, 久しく藻西太郎と共々, 久しく蘭軒の許, 久しく蟠つている, 久しく行かなかったし母さん留守, 久しく行かなかつたのは, 久しく行かぬゆえ今その, 久しく行かねえから連れ, 久しく行き絶えてゐた, 久しく行って居た, 久しく行われなかった学会研究発表会などが, 久しく行人の耳, 久しく行商を営み, 久しく行方知れずに, 久しく行水しないから, 久しく補任の中絶, 久しくをしめた, 久しく襄陽に往, 久しく西日まば, 久しく西瓜も食べた, 久しく西荻窪の植木屋, 久しく要路に居た, 久しく見えないこともかの, 久しく見えなくなってしまった, 久しく見えんのう, 久しく見かけない人に, 久しく見ざれば停車場, 久しく見なかつた星が, 久しく見られなくなつて, 久しく見るに忍びざる, 久しく見廻して汝ら何人, 久しく見当が附かなかった, 久しく見舞わなかったことを, 久しくと一緒, 久しく親しい文学の, 久しく親密にし, 久しく能を, 久しくんこと, 久しく解けずついに発し, 久しく解體を免れ, 久しく触れなかった琴を, 久しく言い伝えたりし, 久しく言はんと欲する, 久しく言文一致の創始者, 久しく記念致したいと, 久しく訪ねない鉄胤老, 久しく訪ねなかった自分を, 久しく訪ねなかつた詫びが, 久しく訪れて来ない, 久しく訪れなかった番町の, 久しく訪わない旧知の, 久しく訪わなかったのでいわれなく入っ, 久しく許都にとどまっ, 久しく註無し唐の楊, 久しく試さねば少し, 久しく試みぬ夕雲流場合によっては, 久しく話題になっ, 久しく認識されんこと, 久しく語り継がれてきた, 久しくも顧, 久しく論ずべき文を, 久しく諷誦せられたこと, 久しくひ伝へられて, 久しく議会に絶えた, 久しく谷川の底, 久しく貯えて長く, 久しく買官制を行, 久しく購読を謝絶しき, 久しく赤毛布の上, 久しく起らないしこの, 久しく起らなかったが今日, 久しく越前侯松平慶永の親任, 久しくを留むべ, 久しく跪いていた, 久しく身体を使わなかった, 久しく車小舎の一隅, 久しくの倉庫, 久しく軍旅にあっ, 久しく軍議もなかっ, 久しく転換した生活, 久しく輔佐となっ, 久しく辛抱して, 久しく辛抱強く力を, 久しく農人の生活, 久しく迷っていた, 久しく退かないので土地, 久しく送らせようと, 久しく逃げまわっていた, 久しく途切れたからこれ, 久しく途切れるので別れ, 久しく途絶えて居た, 久しく途絶え忘れるともなく, 久しく通じなしと, 久しく逢いに来, 久しく連歌師の職, 久しく連絡を絶たれ, 久しく連続して, 久しく遇ったことが, 久しく遊んで居た, 久しく運動から遠ざかっ, 久しく運命末に望めり, 久しく過ぎていたらしい, 久しく過ぎたところへ, 久しく過剰では, 久しく道教と仏教, 久しく道誉を見てない, 久しく國に, 久しく遠ざかっていた, 久しく遠ざかつてゐる, 久しく遠国に旅, 久しく遠方に行き, 久しく遺っていた, 久しく遺る力を, 久しく還さなかつたと云, 久しく邦人会社に圧迫, 久しく郷里に帰らない, 久しく郷里菩提山の城, 久しく都人の伝称, 久しく都門の風塵, 久しく酒乱の見せ場, 久しくに漬け置くべし, 久しく重ねられて竹, 久しく重傷に悩んだ, 久しくに隠れ, 久しく錬磨を怠ったれ, 久しく鎌倉の大蔵ヶ谷, 久しく鎌倉表にある, 久しく鎖されていた, 久しく鎖されたままで, 久しく鎖されたるま, 久しく長崎に詰め, 久しく長火鉢に相対, 久しく門口に立っ, 久しく閉された柴の, 久しく閉じこめられていた, 久しく閉じたる帷幕から, 久しく閑却して, 久しく関係して, 久しくとして聲無, 久しく阪地へいっ, 久しく防ぐことは, 久しく阿波の内情, 久しく降らねば, 久しく降りませぬな, 久しく降雨を見ず, 久しく陣地に見ませぬ, 久しく陶然とした, 久しく陽春に遇わず, 久しく隠してある, 久しく隠れておる, 久しく隠れたる尼の, 久しく隣どうしに暮らし, 久しく集会も廃, 久しく電燈の明り, 久しく電車が来ない, 久しくはながれぬ, 久しく静岡地方の富士製紙会社, 久しく静止して, 久しく非人扱いを受け, 久しく非難しつつ, 久しくを見ざりし, 久しくなどというもの, 久しくの眠り, 久しく音信不通の伯母, 久しく領下にうけ, 久しく頬杖をつい, 久しく顕れずしてしかも, 久しく願います娘は, 久しく風呂番をし, 久しく風霜と闘う, 久しく飛ばねば, 久しく食えば人, 久しく食べに行った, 久しく食わないから腹いっぱい, 久しく食わなかったが偶然, 久しくを腹いっぱい, 久しくひたまひ, 久しく飼い慣らしたあの秋篠, 久しく飼えば猫又, 久しく飼った白犬告げ, 久しくを覺, 久しく首桶に使, 久しく馴れて居た, 久しく馴れた夫婦同棲の, 久しく馴れない私は, 久しく馴れ睦みたる婢どもは, 久しくる可ら, 久しく駐まるべきでないから, 久しく高知に住, 久しく高閣に束ねた, 久しく鬱屈して, 久しくに仕え, 久しく魚釣りをやらない, 久しくをひそめ, 久しく鳴りとどろいて, 久しく鴎外の文章, 久しく麁蝦夷すなわち生蕃, 久しく麦酒製造会社の庭園, 久しく麺麭だけで我慢, 久しく麻痺の徴候, 久しくせるため, 久しく拝し, 久しく黙祷した, 久しくが欠けた, 久しく龍顔を拝