青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主観~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

主人~ ~主人公 主人公~ 主任~ 主君~ 主婦~ ~主張 主張~ 主義~ 主膳~
主観~
乃至~ 久~ ~久しく 久しく~ 久しぶり~ 久慈~ ~之 之~ 乍~ ~乏しい

「主観~」 2583, 28ppm, 4182位

▼ 主観~ (768, 29.7%)

93 なもの 12 のもの 109 である 6 では, なるもの, に, の句 5 な意識, な感情, に自分

4 [12件] であること, であると, であるという, と客観的, なリアリズム, な動機, な意欲, な態度, な欲望, な表現, な関心, の方

3 [12件] だと, と考えられる, な作用, な勝手, な意味, な我, な概念, な目的, な誇張, にし, に理解, の歌

2 [49件] たれ, だという, でしか, ということ, と申す, と考える, なる, な判断, な利害, な印象, な印象批評, な叙述, な必要, な意図, な感動, な欲求, な気分, な気持, な知的, な精神, な自然, な自由, な表象, な要素, な観察, な観念, な観点, な角度, な解釈, な評価, な辞書, な限界, にある, にしか過ぎない, にそう, になり, には, には日記, には第, にも客観的, に内部, に強調, に感ずる, に物, に置きたる, に考えれ, に自覚, に過ぎない, の要素

1 [423件] すぎる, すなわち生理的錯覚的, だったところ, だったの, であ, であく, であったこと, であったと, であったの, であって, であっては, であっても, でありながら, であり個人的, であり抒情的, であり独断的, であり箇人的, であるか, であるかの, であるかも, であるから, であるが, であるこれ, であるとか, であるとして, であるべき, であるべきで客観主義, でいかん, です, でないの, でない困難, でなくて, でなくなり社会的, でなく普遍妥当的, でなければ, でエゴ, でロマンティック, で他, で作者, で偏頗, で偶然, で分派主義的, で勝手, で宗教感, で局部的, で後者, で感情的, で批評, で歴史的事実, で無形, で知性, で自分, で自己耽溺, で観念的, で詩的精神, で超, で身, という意味, といえ, とか客観的, として排斥, とも客観的, とも申されましょう, と云われる, と客観, と考えられ, と考えられるであろう, と考え得る, と考え得るなら, と考へられる, と評する, なあるもの, ないい, ないのち, なおさまりでないところ, なおさまりや, なそういう, なその, なだけの, なところ, なの, なまた, なものども, なものの, ならぬ区別, ならぬ表象, なり, なるからに, なるが, なるを, なる一切, なる今, なる作家, なる内面的, なる制裁, なる吾等, なる愛そのもの, なる感情, なる態度, なる憎, なる気分, なる盲目, なる精神, なる詩, なコムプレックス, なコンベンショナル, なシグサ, なスピリット, なセンチメント, なラッサール, な一生懸命さ, な主張, な事情, な亢奮ぶり, な人的, な人間精神, な仕方, な仮定, な任意的, な何物, な作家, な作為, な信念, な個人, な個人倫理的道徳, な偏極, な側面, な偶然性, な働き, な働きかけ, な内在的, な内部的, な写実, な冥想, な出発点, な分子, な利害意識, な制限, な力みで, な即ち, な原因, な原理, な又, な反対, な反抗, な古風, な善意, な嗜好, な困難, な執拗, な境地, な大胆, な天, な契機, な好悪, な存在様式, な存在者, な実在, な実際, な客観性, な宣伝, な希望, な常套, な幸, な弱, な強, な強調, な形容, な従って, な心理, な必然, な思惑, な思惟, な性質, な情緒, な意見, な愛憎, な愛着, な感情家, な感想, な感慨, な感懐, な態度そのもの, な憤懣, な技能, な抒情詩, な抽象, な放恣, な放送, な政策, な教養, な文学上, な断想表現, な方向, な方法, な時代的, な時期, な本来, な条件, な枠, な根拠, な様式, な横溢, な歌, な歓喜, な気持ち, な浪漫的, な漠然たる, な点, な照明, な物, な物言, な特長, な独りよがり, な独善性等, な独断, な独断的, な独裁, な独語, な生命主義, な生活主義, な画家, な画技, な目的意識, な直覚, な真理概念, な研究方法, な私, な私小説, な立場, な精神作用, な精神的, な精神自身, な経験, な統一, な緩和剤, な美, な美文的叙述, な考えかた, な聖戦論, な肆意, な自分, な自己, な自己評価, な自我の, な自覚, な自身, な良心, な色調, な芸術, な芸術家, な芸術家等, な表現法, な見方, な見解, な見識, な観念的理由, な詩人, な詩的精神, な認識, な読み方, な豊富さ, な輪, な道徳意識, な道義性, な道義感みたい, な階級, な階級性, な題材, な高邁, にいい, にいかに, にいや, にうたわれ, にこちら, にさう考へる, にしかそして, にすすん, にせきた, にそのもの, にそれ, にだけ流れ, につかんだ, にとなえ, にとび越え, にどう, にどういう, にどんなに, になった, になりすぎた, にはいつも, にはげしく, にはそう, にはその, にはそれ, にはです, にはなし, にはまじめ, にはリアライズ, には一層, には努力, には却って正に, には反, には壮快, には日本, には然, には科学, には自己, には自覚, には迅, にばかりさう, にばかり存在, にひどく, にも, にもかかる, にもとらえどころ, にも一, にも全集刊行, にも宇宙, によみ, にわかれ, にわるあがき, にシチュエーション, にタネ, にマルクス主義, に不自由, に主体的, に之, に二里, に云い出した, に云え, に云った, に体得, に作者, に使用, に例えば, に信念, に傾かせた, に内容, に切実, に到底, に制約, に動かされ, に合理化, に客観的, に対立的, に対象, に形容, に思いこん, に愛情, に感じた, に或は, に所謂, に把握, に持つ, に提出, に斯, に書生, に歪ん, に求め, に求めなけれ, に没入, に満足, に演者, に現実, に画き出, に眺める, に知り, に立てられ, に笋, に精神, に経験, に考える, に自己, に自由, に藤村, に見られ, に見る, に見れ, に規定, に観念的, に解する, に言え, に語られる, に選択, に部分的, に高揚, に高調, のにおい, の作物, の俳人, の傾向, の内職, の分子, の効験, の叙述, の問題, の善意, の場合, の想像, の想考, の意味, の感じ, の態度, の文学, の時, の標準, の独断, の現象, の真実, の経験, の考察, の詩, の詩的述作, は汎人間天才論, は範疇, よりどころ, よりも却って, 乃至主客合一的, 乃至精, 及び客観的利害, 生きかた, 諸価値

▼ 主観~ (365, 14.1%)

7 内に 5 うちに, 中に 4 中で, 感情によって 3 側に, 問題です, 構成する, 苦悶を

2 [21件] ための, なかに, 中の, 傾向に, 内で, 分子を, 外に, 如きもの, 客観化, 強さ, 形式である, 所産である, 方の, 枠の, 概念とは, 歌は, 真の, 綜合の, 綜合統一によって, 能動性の, 能動性を

1 [286件] いかに空疎, うちでは, かくも, かような, こうした主動的, こってりと, ことに, この自覚, その主観性, つよい句, つよさ, ない芸術, なかで, なかでだけの, なかでのみ, においを, もつ客観性, もので, ものと, より瞑想的, イデヤに, レアリズムを, ヴィジョンが, 一切を, 一定条件だけに, 一首を, 上で, 上での, 上では, 上に, 不確定性, 世界と, 世界という, 世界における, 世界を, 両態度, 両面へ, 中での, 中では, 主は, 主体的な, 主観とも, 主観性の, 主観的案出による, 事実として, 二つの, 任意か, 任意に, 作為と, 作用では, 作用として, 侘しい心境, 信念から, 修養を, 側から, 側とが, 偶然性を, 傾向が, 働きとして, 働きに, 先天的形式に, 先験的な, 光りという, 光を, 六分しか, 内では, 内にだけ, 内容, 内容としての, 内容は, 内容をも, 内景, 写実を, 写生帳には, 判断構造の, 利害である, 利害などに従って, 利害にしか, 利益に, 制約の, 加った, 動きは, 匂い主観, 南極に, 単なる対立物, 印象に, 反対である, 叙述が, 叙述は, 句が, 句である, 呼びかける絶叫, 問題, 問題の, 圏内にと, 地位等を, 場合と, 外まで, 多少周到, 夢を, 大地を, 奥底より, 実体化の, 実践的な, 客観化であり, 客観性に, 対立を, 少し厭味, 崩壊, 崩壊は, 平面描写によって, 幻想や, 弁証法, 弁証法は, 強いポエジイ, 強い意志, 強烈な, 当為に, 形式的な, 影が, 影に, 得手勝手な, 心境の, 心情に, 心象において, 必要な, 思い詰める方向, 思想めいた, 情と, 情念にのみ, 情愁とを, 情愁に, 情意から, 情熱を, 情緒主義によって, 情調や, 想念する, 想念や, 意志する, 意志とか, 意識中に, 感動によって, 感情それ自体を, 感情では, 感情と, 感情に, 感情の, 感情を, 感情状態や, 感覚によって, 感覚器官の, 態度であります, 態度によって, 所有者が, 手綱を, 排斥を, 掲げる観念, 放肆を, 政治的任務を, 断独的個人的の, 方に, 方を, 方面すなわち, 時代を, 普遍的必然的構成である, 普遍的必然的構成に, 暴露され, 暴露し, 暴露という, 最も純粋, 最奥に, 本性を, 条件である, 条件と, 枠内で, 極端に, 概念に, 概念分析の, 構成した, 構成に, 構成の, 権威とか, 気分に, 気分や, 気息を, 洗練味を, 活動である, 活動の, 活躍に, 流れに, 混淆を, 潜んで, 激しい細か, 濃く鮮やか, 濃厚に, 火を, 無知から, 無限地獄を, 煩いが, 燃え立ちで, 燃焼, 物の, 特定の, 独自の, 生活イデヤを, 産物, 産物であり, 癖で, 発想に関する, 発見者カントを, 目の, 直感的触発物を, 相対の, 相違だ, 知恵が, 確立に, 確立の, 程度には, 空疎とを, 立場に, 範囲に, 範囲内にのみ, 精粗に, 結晶である, 統一の, 統一は, 統率の, 置かれて, 肯定が, 能力が, 能動性は, 能動的な, 脈管には, 自己省察であり, 自我の, 自由意志とも, 自発性, 自覚が, 色調を, 芸道を, 荒海でも, 行為が, 表現に, 裡では, 裡に, 見地である, 観念性どころで, 観念性に, 観念界にも, 観念的な, 観照した, 角度から, 角度に, 言葉だ, 言葉という, 訳語に, 詞を, 詩客観主義の, 詩的精神が, 詩的精神を, 認識すべき, 認識で, 語を, 説明を, 課題を, 謙抑とでも, 貫ぬく, 超現実的, 趣味や, 躍動に, 転廻の, 輝きが, 逆説であり, 部に, 部分は, 鏡に, 関係によって, 関係は, 限界を, 隣接した, 雲が, 靄で, 飛躍を, 高さ, 高まりの, 高揚

▼ 主観~ (154, 6.0%)

7 ぞくするもの 6 於て 4 立って 3 ぞくすと, 於ては

2 [13件] ぞくすもの, ぞくする, ぞくするにも, なって, 依って, 出づ, 対立する, 属して, 属し形式, 於ける作家, 於ける先, 於ける選択, 由来する

1 [105件] あっては, ある影響, いい気, いきなり立っ, うつしとる作用, かたよらずに, ぞくして, ぞくしては, ぞくすこと, ぞくすという, ぞくすること, ぞくするの, ぞくする直観形式, ぞくする認識, ぞくせしめること, たって, たよって, とらわれたり, どのよう, なければ, なり得るならば, ぶつかること, よれば, 与えた影響, 与えられた処, 与える運動, 主観を, 亡霊の, 他ならない, 何等かの, 作用した, 偏し, 偏するきらひは, 偶, 備わる直観, 傾きがち, 傾くところ, 入った自然, 具わるもの, 到達せん, 反動する, 取っての, 向って, 回帰性が, 基く主観的規定, 基礎を, 堕して, 存するもの, 就いては, 属しては, 属し主観, 属するが, 属するの, 属するもの, 属する一切, 属する理解, 引き入れ気分, 掲げられた観念, 摂取し得た, 於いて, 於けるこれ等, 於ける人生観, 於ける俳味, 於ける具体性, 於ける存在様式, 於ける従って, 於ける心情, 於ける意味, 於ける感情, 於ける或, 於ける明白感, 於ける春日長閑, 於ても, 映じた色彩, 普遍的に, 根柢を, 正説, 求める, 溺れるよう, 煩わされず持味, 発した所, 目が, 直接し, 相当する, 相応する, 立ったこころもち, 立ってだけの, 立つならすでに, 立つべきもの, 立つ印象批評, 結びつけて, 融け込んで, 訴うるなり, 訴ふるなり, 認識能力を, 貫かれたもの, 走ること, 足場を, 逆説する, 通用する, 連絡し, 醜悪に, 間違は, 間違われる心配, 関係し

▼ 主観~ (150, 5.8%)

8 離れて 3 超越し, 高調する 2 もって, 叙し, 否定する, 意味する, 持って, 捨てよ, 暴露した, 超越する, 露出し

1 [118件] いれて, こしらえるだけ, して, じかに出し, そのうち, そのままに, そのより, とおすと, はなれて, はなれても, ば客観化そうかという, ひっこめて, むきだしに, カントは, 一如の, 一枚, 与へて, 中心と, 丸彫りに, 主題と, 云って, 交えずに, 交へ, 体得した, 修養する, 倩つて充足した, 全体の, 別に, 加えずに, 受取ること, 否定した, 含まない客観, 含んで, 喜ぶ時代, 圧しセンチメンタル, 圧し情緒, 実践的たらしめる, 客観と, 客観に, 客観にまで, 常に持ってる, 弄さず, 強調した, 意味するなら, 意識一般と, 感得する, 抑え情緒, 抑圧する, 担いながら, 拒絶し, 拡大せよ, 持った人, 振りまわさない, 捉え得たとき, 捨てないまでも, 捨てること, 排しなかった, 排し真に, 排せ, 排せよ, 排斥し, 排斥する, 掲げて, 掲げ何, 掲げ或, 斥け純粋, 有しイデア, 有し共通, 有する人間, 有せず, 本質に, 汲み取ること, 決して暴露, 没した客観描写, 没した様, 活動写真の, 流露し, 混ぜない筆致, 満足させ, 無視する, 生命と, 生命として, 盛ろうと, 直通させる, 真似て, 確立した, 禁じ得ぬまでに, 縦ま, 考えて, 肯定する, 脱却する, 表すわれ, 表は, 表現する, 見て, 解し得ないから, 解体させ, 触発した, 言葉で, 誇張し, 読むならべつ, 読者に, 踏えて, 述べずこれ以外, 述べた句, 述べようと, 述べられた, 追跡さす, 透して, 通じて, 重く出し, 離れた幾何学的, 離れること, 飛び越えるほどの, 飛躍させ, 高揚させ, 高調し, 高調せよ

▼ 主観~ (128, 5.0%)

46 客観との 7 客観, 客観の 6 客観とを 5 客観という, 客観とが 4 客観と 3 客観は 2 客観とに, 客観形式と, 対立し

1 [39件] いえば, いっても, し筋肉, その内的構造, なって, ヴィジョンを, 主観の, 他人が, 個性との, 共鳴させる, 分離し, 合理化が, 同字義, 呼ぶこと, 呼ぶ代り, 客観が, 客観とは, 客観内在と, 対立した, 対象との, 感情の, 所謂客観との, 明朗闊達な, 独断とによ, 独立な, 独立に, 理念と, 異る, 矛盾する, 石とが, 考えるの, 自分の, 観念が, 言えないの, 訳される, 評し去っても, 認識対象が, 認識対象との, 貧弱なる

▼ 主観~ (96, 3.7%)

3 客観を 2 あって, 客観に, 客観に対して, 客観の

1 [85件] あまりに勝ち過ぎ, いかに, おのづか, おのれの, かかる知的, ここでは, この精神能力, さし当り逓信省に, そう感じる, その中, その先験的形式, その観察, それを, それ自ら実在であっ, どうである, どんなに真率, ないか, なくなって, なく純一, ぬっと頭, まじって, もっと大きな, もつ処, もつ制限, もつ諸, 一つに, 一切排斥され, 万能と, 交り, 何等かの, 優位だ, 創り出し拡大, 創造する, 力強く籠め, 勝って, 十九世紀に, 即ちその, 受動的に, 句の, 合目的的である, 場合, 大きければ, 存するの, 存するもの, 存在の, 実体或いは, 客観からの, 客観と, 客観的に, 客観的事情へ, 幕の, 強くなっ, 強く高調的, 感じ取るという, 我々である, 明らかに, 最もつよく, 欠くべからざる要素, 泌み出る, 浸透し, 演じる積極的, 濃厚に, 物そのものから, 現われて, 現われるの, 真理である, 稀薄である, 積極的に, 窺われるよう, 自己の, 自我を, 自発的に, 芸術家としての, 行なう筈, 行為的である, 設けた概念, 認めら, 認識する, 認識を, 読者の, 邪魔に, 附き纏, 隠見し, 露出し, 頭を

▼ 主観主義~ (64, 2.5%)

14 と客観主義 6 の芸術 5 である, の文学 2 に属する, の哲学, の立場, を代表

1 [26件] が出, が情意本位, だの客観主義, であり先験主義, であるとして, でなければ, となる, とは感情, と考えられてる, に立脚, に過ぎない, に陥る, のもの, の人生観, の標題楽, の範疇組織, の高調, はヘーゲル, は不十分, は彼, は現実, は秩序, は道徳, や又は, を単に, を通じて近代

▼ 主観~ (61, 2.4%)

2 客観を, 対象を, 真の

1 [55件] あらゆる存在, かように, きわめて希薄, この対立, その, それが, たえず発展, ただこの, とりのぞき真実, どうでも, もとより個人的, もはや存在, カントの, 一個の, 一方に, 一語であり, 世界に対して, 世界を, 主観としての, 主観の, 之に対して, 之を, 何と, 個人的な, 先ず第, 出て, 刹那, 単にいきなり二つ, 単に個人的, 単純である, 博士に, 却って客観, 右の, 客観と, 客観に対して, 客観の, 客観条件の, 小主観, 少くとも, 崩壊し, 常に, 常にポエジイ, 床屋の, 感ずる, 既に身分, 明鏡止水でなく, 本当の, 概念としても, 発見されなかった, 絶えず自然, 自分自身の, 自我と, 観念的に, 語られずに, 隠そうとしても

▼ 主観から~ (32, 1.2%)

5 独立な 3 独立に, 見れば 2 規定される

1 [19件] あくまで独立, いうと, とりあげて, 出て, 出るの, 出立する, 切り離され純, 好きとか, 未来を, 独立した, 独立だ, 由来する, 発して, 科学の, 考えて, 臆測し, 見て, 見ること, 離れ私達

▼ 主観~ (26, 1.0%)

17 と客観派 3 に属する 1 と言うべき, に属し, のもの, の大将, を代表, を典型

▼ 主観的態度~ (23, 0.9%)

2 とは何

1 [21件] でなく他, で主感主義, で取り扱っ, で注意, で聞い, で話し, としてしか認めない, とは事物, と言われる, によって宇宙, によって見たる, によって認識, のこと, の三叙述, の叙述, の有無, の画風, の第, の芸術, の観照, をとり

▼ 主観客観~ (22, 0.9%)

3 の対立 2 の区別, の概念, を超越

1 [13件] がなけれ, が平行, が脳髄, という哲学固有, という概念, の一致, の三対, の別, の同格的対立, の相互限定, の相関関係, の融合, を出

▼ 主観という~ (19, 0.7%)

1 [19件] ことが, のは, のも, ものが, ものは, 一つの, 以上それは, 又客観, 平面と, 意味に, 意味を, 抽象物は, 概念が, 概念と共に, 概念にまで, 概念をも, 転語が, 転語によって, 鏡の

▼ 主観~ (15, 0.6%)

3 客観も 2 入って 1 あれば, すでに行為的, またいよいよますます, また写生, また到達, 単一な, 成り立つ理由, 操作的であり, 筋肉であり, 読まず只目

▼ 主観によって~ (14, 0.5%)

1 [14件] ゆがめられた点, 一々その, 世界を, 事実を, 人生を, 何物かの, 夫, 思考される, 書かれたならば, 歪めたり, 総合された, 色づけられ, 認識され得る, 選まれた

▼ 主観~ (13, 0.5%)

1 [13件] されうすめられたフーシェ, される, されると共に, され主観的, され同時に, して, し人間化, である, というよう, によって動機, のこと, の動機, はその

▼ 主観的精神~ (13, 0.5%)

1 [13件] である, ではなく, との二つ, と主観, と対蹠, に外, に対し個人, に触れ, のない, を否定, を指す, を排斥, 即ち

▼ 主観~ (12, 0.5%)

1 [12件] それが, それに, つつまれるに, また平凡, また陳腐, まとめられた世界, 事実を, 感を, 書くこと, 理屈っぽい主観, 自己の, 見れば

▼ 主観では~ (12, 0.5%)

2 なくして 1 いつも人生, ないと, ないという, ないといふ, ない深い厚い主観, ふと最初, もり切れないもの, やはりその, 当って, 決められない

▼ 主観~ (12, 0.5%)

1 [12件] 主体や, 主観的な, 主観的存在者は, 客観と, 思想が, 思想な, 情緒を, 感情の, 自覚, 自覚の, 芸術至上主義やは, 観念である

▼ 主観主義者~ (10, 0.4%)

1 と云うべきである, と客観主義者, と見, にあっ, になるであろう, のイデヤ, の感情的態度, の観照, はどれほど, は考える

▼ 主観的存在様式~ (10, 0.4%)

3 としての技術 2 としての物質的技術 1 から云え, が知能, に対応, の下, を原理

▼ 主観との~ (9, 0.3%)

2 対立を 1 ように, 交錯が, 以上の, 存在と, 存在関係に, 間とか, 間の

▼ 主観とは~ (9, 0.3%)

1 いわず主体, およそ反対, その物自体, 何か, 作用する, 全く別, 客観との, 自我に, 見るもの

▼ 主観による~ (9, 0.3%)

2 何等かの 1 偶然な, 印象批評であった, 外界の, 整理検討つまり, 方法も, 理性の, 知的材料の

▼ 主観への~ (9, 0.3%)

1 一直線な, 一直線の, 反映として, 徹入, 突入であります, 逆説, 逆説であり, 逆説である, 関係を

▼ 主観~ (9, 0.3%)

1 が多い, には何, に沁む, に無限, のもの, の短い, は切実, は相当, は空想

▼ 主観そのもの~ (8, 0.3%)

1 が又, が宣伝, が行為的, である従って, に矛, の内, は世界, も年

▼ 主観に対する~ (8, 0.3%)

1 それとが, ものは, 倫理的批評をも, 反語, 客体として, 或る, 物質の, 超越性に

▼ 主観~ (8, 0.3%)

2 に於ける 1 での測量, のもの, の事実, の意欲, の真理, の芸術的燃焼

▼ 主観的モメント~ (8, 0.3%)

2 の本質 1 から出発, から客観的モメント, が初めて, というよう, としての物質的技術, と客観的存在

▼ 主観的美~ (8, 0.3%)

2 ともまた, は客観, を発揮 1 の行, の行われたる

▼ 主観として~ (7, 0.3%)

1 さながらに, 一直線に, 存在でなく, 対立する, 理解されるなら, 自身が, 詳細明白に

▼ 主観的表現~ (7, 0.3%)

1 が認められる, であること, といふの, とはそういう, に達する, の一切, を含まない

▼ 主観芸術~ (7, 0.3%)

3 の典型 1 である故に, の代表, の特色, も客観芸術

▼ 主観でも~ (6, 0.2%)

2 客観でも 1 ありそれ, ない, ない客観, なく客観

▼ 主観としての~ (6, 0.2%)

1 人間の, 存在は, 意識一般も, 本来の, 純粋自我は, 階級主観は

▼ 主観主義的~ (6, 0.2%)

1 であるに, となった, ない, なもの, なるすべて, な態度

▼ 主観的分子~ (6, 0.2%)

2 の混入 1 が無くなった, はいくらでも, は欠け, を多く

▼ 主観的観念論~ (6, 0.2%)

1 だという, と心理主義, にまで, によって過去, の誤謬, 及び不可知論

▼ 主観であっ~ (5, 0.2%)

2 てはならない 1 てその, てそれ, て環境

▼ 主観であり~ (5, 0.2%)

1 かつ元来, 客観とは, 独断であり, 言わば, 詩の

▼ 主観である~ (5, 0.2%)

1 から作家, から詩的感動, とともに客観, と云う, に反し

▼ 主観において~ (5, 0.2%)

1 ソヴェトの, 居るが, 強烈であり, 極めて生々しい, 特にイメージ

▼ 主観的傾向~ (5, 0.2%)

1 が隅田川, であ, に重き, のもの, を其間

▼ 主観的制約~ (5, 0.2%)

2 を受ける 1 を去っ, を脱せしめよう, を脱皮

▼ 主観的意識~ (5, 0.2%)

1 なの, に於ける, に映ずる, は現象的, をいう

▼ 主観には~ (4, 0.2%)

1 ぞくさないから, 内面的存在性が, 往々病的, 非ずして

▼ 主観態度~ (4, 0.2%)

1 から出ぬ, が朧げ, の方, の間

▼ 主観的制限~ (4, 0.2%)

1 のつい, の裏, を主観みずから何とか, を脱する

▼ 主観的弁証法~ (4, 0.2%)

1 が積極的, に対して客観的弁証法, に属し, に属する

▼ 主観的歌想~ (4, 0.2%)

1 の中, は多く, を現すあたわず, を述べたる

▼ 主観相互間~ (4, 0.2%)

1 から生じ, に社会的, の便宜的, の関係

▼ 主観~ (4, 0.2%)

1 から安全, には以前, はこの, を常に

▼ 主観からの~ (3, 0.1%)

1 脱却を, 色どりで, 関与に

▼ 主観とが~ (3, 0.1%)

1 少しも, 相触れる, 非弁証法的

▼ 主観とも~ (3, 0.1%)

1 いうべきもの, いうべき大衆, 客観とも

▼ 主観~ (3, 0.1%)

1 ので, のです, 太陽が

▼ 主観なる~ (3, 0.1%)

1 ものと, ものの, ものの展発

▼ 主観にとって~ (3, 0.1%)

1 与えられたもの, 実践の, 明白な

▼ 主観にまで~ (3, 0.1%)

1 世界の, 事こまかに, 結び付けたもの

▼ 主観に対して~ (3, 0.1%)

1 おかれ従って, 優位を, 客観と

▼ 主観~ (3, 0.1%)

1 力の, 局部より, 感覚として

▼ 主観~ (3, 0.1%)

2 方面の 1 態度の

▼ 主観~ (3, 0.1%)

1 の理屈, の理窟, より取り去る

▼ 主観主義化~ (3, 0.1%)

1 されたヘーゲル, したり, を考え

▼ 主観乃至~ (3, 0.1%)

1 客観から, 意識による, 観念に

▼ 主観描写~ (3, 0.1%)

1 の句, をした, を加え

▼ 主観的たる~ (3, 0.1%)

2 を免れない 1 にとどまっ

▼ 主観的事実~ (3, 0.1%)

1 あるが, であります, を哲学的

▼ 主観的作品~ (3, 0.1%)

1 だと, とし, の物

▼ 主観的価値~ (3, 0.1%)

1 が増し, に悩まず, のある

▼ 主観的利害~ (3, 0.1%)

1 が客観的, によってさえ私党, の意識

▼ 主観的印象~ (3, 0.1%)

1 か思い付き, の主観, の印象自身

▼ 主観的契機~ (3, 0.1%)

1 から逸脱, の方, や意識

▼ 主観的形式~ (3, 0.1%)

1 ではない, の範疇分析, へと変更

▼ 主観的観念的~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 な表現

▼ 主観的関心~ (3, 0.1%)

1 が党派的関心, に再帰, の輪

▼ 主観精神~ (3, 0.1%)

1 と客観精神, に属し, の対立

▼ 主観~ (3, 0.1%)

2 と客観者 1 はそれ自ら感情

▼ 主観自身~ (3, 0.1%)

1 が自ら, にとってすら極めて, の媒介物

▼ 主観~ (3, 0.1%)

1 の無い, を必要, を用い

▼ 主観~ (3, 0.1%)

1 である, を惹き出す, を脱する

▼ 主観いかん~ (2, 0.1%)

1 にかかわらず, はべつ

▼ 主観だけで~ (2, 0.1%)

1 すでに夫, 決めて

▼ 主観とか~ (2, 0.1%)

1 客観とか, 意識とか

▼ 主観なく~ (2, 0.1%)

1 して, 相互に

▼ 主観にのみ~ (2, 0.1%)

1 ぞくすという, 又は客観

▼ 主観によ~ (2, 0.1%)

1 つて物を, つて自由に

▼ 主観のみの~ (2, 0.1%)

1 世界に, 実在性を

▼ 主観よりも~ (2, 0.1%)

1 先であった, 先に

▼ 主観をも~ (2, 0.1%)

1 成り立たせて, 書き足して

▼ 主観以外~ (2, 0.1%)

1 には現象, の何物

▼ 主観~ (2, 0.1%)

1 の主観性, の観念

▼ 主観同志~ (2, 0.1%)

1 の対立, の対立関係

▼ 主観~ (2, 0.1%)

1 に復活, に空想的仮象

▼ 主観的佳句~ (2, 0.1%)

2 よりも客観的佳句

▼ 主観的側面~ (2, 0.1%)

1 から見れ, だとでも

▼ 主観的卵殻~ (2, 0.1%)

2 を脱し

▼ 主観的叙述~ (2, 0.1%)

1 と同, をあらわす

▼ 主観的客観的~ (2, 0.1%)

1 のむずかし, の度差

▼ 主観的意図~ (2, 0.1%)

1 に於, のこの

▼ 主観的技術~ (2, 0.1%)

1 と呼ん, と客観的技術

▼ 主観的描写~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれ, と言い

▼ 主観的文学~ (2, 0.1%)

1 と言えないだろう, と言っ

▼ 主観的方面~ (2, 0.1%)

2 の叙述

▼ 主観的時間~ (2, 0.1%)

1 の特徴, の経過

▼ 主観的興味~ (2, 0.1%)

2 に属する

▼ 主観的要求~ (2, 0.1%)

1 がすなわち, によりて色

▼ 主観的認識~ (2, 0.1%)

1 にも拘らず, の問題

▼ 主観~ (2, 0.1%)

1 の変化, の語

▼ 主観表現~ (2, 0.1%)

1 と言い得ない, に外

▼ 主観論者~ (2, 0.1%)

1 であった, であるとい

▼ 主観過程~ (2, 0.1%)

1 に還元, の外

▼1* [216件]

主観いずれの態度, 主観かと云う問題, 主観からだけでなく病弱, 主観からは客観は, 主観へ深けれ, 主観て苦しん, 主観した東洋的エキゾチシズムの, 主観じゃないかと, 主観すなわち主感の, 主観する人生観, 主観たる意識の, 主観だけに捉われ, 主観だけによる合則的な, 主観つまり自我であり, 主観でだけ感じられる一つ, 主観でなくより歴史, 主観といふことは, 主観とさえ絶縁した, 主観としてはこれ等の, 主観とにはおのずから隔たり, 主観とを冥合させ, 主観ないし主体的立場の, 主観なき純粋の, 主観などとても現, 主観などはどうでも, 主観ならびに主として酔っ払い, 主観なり神経なりが, 主観においては極めて重大, 主観にだけぞくする問題, 主観にて共に愛誦, 主観にも客観にも, 主観に関する限り, 主観ぬきで叙, 主観のみ存在する, 主観のみを土台と, 主観ばかりを固執し, 主観までが今は, 主観みずから何とかして, 主観めいた観察の, 主観もろこつ過ぎて, 主観より現実は, 主観を通して少女に対する, 主観を通してのみわれわれの, 主観一方に盲動, 主観両面の目的, 主観主体の語源, 主観主知主感の解釈, 主観主義個人主義であって, 主観主義形式主義を継承, 主観主義心理主義に陥る, 主観主義文学の根拠, 主観主義的個人主義的な道学者趣味, 主観主義的前提の結果, 主観主義的心理主義とは異, 主観主義的懐疑論が結果, 主観主義的見地から取り上げる, 主観主義説等に対する唯物論的, 主観として三代目, 主観価値説でもなく, 主観からその, 主観優位説の根本要求, 主観化そうかという問題, 主観即ち観察の, 主観又は客観から, 主観及び主観的表現の, 主観の勝った, 主観にどうか, 主観客観合一の境地, 主観客観関係にぞくす, 主観対客観の問題, 主観小説が直ちに, 主観式精神科学の感ずる, 主観形式の活動相違, 主観感情理屈の語, 主観感情理窟の語, 主観或いは主体について, 主観排除せられて, 主観方面に属する, 主観概念を借り, 主観沈湎のデガダンス, 主観派文学がこれ, 主観玩弄の癖, 主観的がんばりだけで達成, 主観的アイデアリズムでも客観的アイデアリズム, 主観的イデヤの線, 主観的イメージュを弄ぶ, 主観的ロマンチシズムの人生観, 主観的ロマンチズムのまざりあった, 主観的両者いづれが, 主観的両者いずれが美, 主観的主体の実践, 主観的主張の裏, 主観的人生を顧みざる, 主観的人生観は時間, 主観的人間にとって特徴的, 主観的作家の擾, 主観的作家態度の益々, 主観的作為の問題, 主観的作用と事物, 主観的作風にいた, 主観的価値説もなけれ, 主観的信念より客観的組織, 主観的個人的なもの, 主観的偏見であるか, 主観的判断を恕す, 主観的印象同志をどんなに, 主観的印象的に評価, 主観的咏嘆派の詩人, 主観的国際性を有, 主観的女権尊崇の栄光, 主観的存在者は客観, 主観的実践行動には止まらない, 主観的客観から触発, 主観的客観的態度の分け, 主観的客観的表情に合, 主観的川柳と比べみる, 主観的幻想をあたへる, 主観的強制と見, 主観的形容が桜, 主観的心想を重んずる, 主観的必死のしがみつき, 主観的必然性というもの, 主観的思想は旧き, 主観的性向が潜ん, 主観的性質の文学, 主観的恣意から独立, 主観的情勢の極めて, 主観的情意から純粋, 主観的情熱からの超越, 主観的情的である場合, 主観的情緒の表現, 主観的情緒主義を許す, 主観的意味を失っ, 主観的意志に対してのみ当為, 主観的意識それ自体にいろいろ, 主観的感動なしに, 主観的感性的で自分, 主観的感情的であるけれども, 主観的感情的結末に落付, 主観的感慨とを表示, 主観的手法の作品, 主観的把握の姿, 主観的抒情の挿入, 主観的抒情的小詩人, 主観的抒情詩を開国三千年, 主観的文学者は各々, 主観的方便によるより, 主観的日本的なるもの, 主観的案出による産物, 主観的概念的評論よりもはるか, 主観的様式としての技能, 主観的権力感の現われである, 主観的独断を加, 主観的理屈の句, 主観的理想家であるから, 主観的理由によって, 主観的理窟の句, 主観的理解には例えば, 主観的生活を化合, 主観的生活者即ち所謂, 主観的生理的影像が為政者, 主観的生理的現象である, 主観的発言ではなく, 主観的目標は時論, 主観的相互の普遍的, 主観的真実を記録, 主観的短篇などそれ, 主観的立場で聴いたら, 主観的範囲に限られ, 主観的純化拡大の翹望, 主観的素材のもの, 主観的翹望であるゆえん, 主観的考察にかたよった, 主観的肯定に陥る, 主観的能力の代り, 主観的自己の立場, 主観的自我との間, 主観的芸術の典型, 主観的虚偽に対応, 主観的要因たる労働力, 主観的見方のなか, 主観的規定を指す, 主観的視像を客観的実在そのもの, 主観的親愛に止っ, 主観的観念性幻想の壤土, 主観的観念論者フィヒテなどは断言, 主観的角度をもつ, 主観的解決は炭, 主観的解釈をした, 主観的言志の形, 主観的評釈を附した, 主観的詠嘆の表現, 主観的詠歎ではない, 主観的詩人あり千里, 主観的誠実は年, 主観的誤解を加, 主観的論理学であったの, 主観的象徴と申したい, 主観的身辺的な多く, 主観的遊離をむさぼる, 主観的道徳的宗教的というよう, 主観的郷愁の一咏嘆, 主観的錯覚の加わった, 主観的随筆的評論が横行, 主観的願欲を以て現ずる, 主観的高調時代であった, 主観相互観の普遍通用性, 主観の雑, 主観纏綿の事情, 主観融合の境, 主観に於, 主観で客観的分子, 主観論的な規定, 主観論観念論は次第に, 主観個人的な, 主観と客観面