青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主膳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~主人 主人~ ~主人公 主人公~ 主任~ 主君~ 主婦~ ~主張 主張~ 主義~
主膳~
主観~ 乃至~ 久~ ~久しく 久しく~ 久しぶり~ 久慈~ ~之 之~ 乍~

「主膳~」 1384, 15ppm, 7496位

▼ 主膳~ (507, 36.6%)

12 それを 7 こう言っ 4 お銀様, ここで, 刀を 3 この時, その時, 竜之, 自分の

2 [21件] このごろは, その刀, それに, どうした, どこを, むらむらとして, ムッと, 例の, 入木道の, 堪り兼ねて, 子供の, 寝ながら, 小柄を, 幸内を, 徳川家康の, 手を, 承知しません, 机竜之, 槍を, 立って, 長州の

1 [422件] ああし, あたりが, あの時, ある時, あれだけ, いい気, いささか気, いったん舌打ち, いやな, いよいよ眼, うっとりし, うわ言の, うんざりし, おせい, おひる, おれに, お絹, お茶屋へ, お菊, お預けから, かっとなっ, かわいそうだ, きっと駒井能登守, こいつ憎い, こういう自省, こうして池, こう思う, こう思っ, こう考え, こう言い残し, このごろ, このごろ子供と, このごろ書道に, このたのもしい, このたび, この人, この古屋敷, この女, この思いがけない, この手槍, この時勃然, この時気の毒, この残忍性, この肉細, この頃, これだけの, こんなこと, こんな独言, さかいの, さきほどがんりき, さしおいた伯耆, さすがに, さながら絵, さもこそという, しきりに水, しつこくお, じっとし, じっとその, すぐ去った, すごい眼, すっかり興, ずっと膝, せっかく興味, そういうこと, そういう目, そこでまたカッ, そこまで, そのあいつら, そのあきれた, そのあまりに, そのまま手, そのまま群集, その一類, その事, その人, その傍, その家, その後しばらく, その後京都に, その心持, その急報, その態, その日, その時火付盗賊, その晩, その物騒がし, その疑問, その目, その箱, その翌日, その足, その迎え, その頭, それから, それから自分, それでも一通り右, それと, それほどに, それほど気, それも, それよりも, たあいも, たしか提灯, だまって, ちょっと考え, ちょっと興, つくづくと, つっつきたくなるほどに, とうとうお, どうしてる, なお, なお同じ, なぜか, なにげなく番組, なにげなく笑いました, なんだか一種異様, なんだか平生, なんとなく焦れ出し, のしかかって, ひそかに, ふたたび大, ふとさんざんに, ふらふらと, ほとほとこの, ぽかんと天井, またし, またその, またふらふら, またも声高らか, また凝然, また発作的, また行燈, また酔眼, まだその, まだ釣瓶, むらむらと, もうそれ, もう栃木, もう白刃, もう矢, もがくけれども, もと三千石の, もはや我慢, やがて少しくまどろんだ, やがて甲府詰, やっと起き直りました, やはり本性, やはり槍, やはり酔眼, やや暫くあっ, やや遠く, よく心得, よほど覚王院義観, よろよろと, われと, キリキリと, サラサラと, ズカズカと, ズッと, ソロソロと, ドシンドシンと, ブルブルと, ムカムカと, 一同の, 一向とがめる, 一座の, 一座を, 一旦むらむらとして, 一生懸命に, 一諾し, 一途に, 三たび大盃を, 三つの, 三ツ目錐の, 上野へ, 不安らしく起き直っ, 不服の, 不興満々で, 中へ, 乗物の, 九尺柄の, 二三の, 二度目の, 云った, 人心地が, 今は, 今ほとんど, 今までの, 今も, 今日を, 今更の, 今更身, 今朝は, 他人事, 仰向いて, 仰向けに, 件の, 伯耆の, 何ともなし, 何を, 何事も, 何者にか, 先に, 先程は, 再びその, 再びたずねました, 冷笑を以て, 冷笑気分に, 出陣の, 切れ切れに, 別に長持, 前の, 前後も, 前後を, 勝ち誇った態度, 化物と, 医者を, 又六, 取って, 受身で, 同じく聞き流し, 同じよう, 同じ家, 呆れが, 周章しく帰りました, 咳払いし, 唸るよう, 喜んで, 噛んで, 囈言の, 四辺を, 土蔵に, 土蔵の, 坊主の, 執念深くも, 堪え兼ねて, 場所柄をも, 境の, 外を, 夢だ, 大女, 妙に, 始終お, 嬉しくなり, 子供たちには, 子供たちの, 安達の, 家事不, 容易に, 小耳に, 屈んで, 左様な, 差して, 座敷の, 弁信の, 後れて, 心持よ, 志士の, 忘れて, 怒心頭, 思い切って, 思うまま, 思わず小さな, 悪人で, 悪謔, 悪魔の, 慌てて, 憎らしい毒口, 憮然として, 我ながら, 我知らず叫び出す, 手持無沙汰の, 手水に, 投げ捨てた槍, 折助を, 押えて, 敷居の, 日本国中を, 早くも, 晝間の, 暫らく起き上る, 書画会の, 書道を, 朝寝を, 朝食前から, 机の, 栓を, 根岸の, 椅子に, 業が, 横の, 正銘の, 歯を, 母屋へ, 気がついた時, 江戸に, 池向うの, 汲み上げた水, 法帖と, 流行の, 深く気, 満腹の, 濡れみづくに, 火の, 無手と, 無茶苦茶に, 焦れた声, 焼けた提灯, 燈下で, 燈火に, 片手で, 片手に, 物に, 珍しく暢, 甚だしく怒りました, 用捨なく, 申しわけの, 留まりませんでした, 畳の, 畳を, 病床の, 病気保養お, 痛快な, 癪に, 百姓を, 直ぐに, 直ちにこいつ墓掘り, 直ちにこれ, 相変らず, 相当くすぐったがっ, 相当の, 眉間に, 真中に, 真顔で, 眼を, 知らないが, 石燈籠へ, 神尾主膳だ, 福村の, 秘蔵の, 程遠からぬ, 立ちしびれた, 立ち上って, 立ち上りました, 立ち上ると, 笑いました, 筆を, 答えながら, 紙に, 素直に, 結局その, 結局己の, 絶叫し, 縁側に, 縁板を, 縮緬の, 聞き入れずに, 肩先に, 肯かない, 能登守の, 脇差を, 脇息を, 膝を, 自ら召捕り, 自分が, 自分で, 自慢で, 興味ある, 興奮の, 舌を, 舌打ちを, 良寛には, 苦しがっ, 苦しそう, 苦りきって, 苦笑いし, 荒々しく立っ, 荒れた庭, 落着いた, 著作を, 蒲団の, 血管が, 覚えて, 言うの, 認めたけれども, 読み去り読み来る間, 読んで, 赫と, 起き上って, 起き直って, 躍起と, 車井戸の, 追われて, 逃げるよう, 逃さじと, 透かさずそれ, 遊山が, 過ぎ行く十六騎, 遠くから, 酒の, 酒乱の, 釣瓶を, 鏡を, 鐚の, 鑓で, 長い箱, 門番の, 陶然たる, 陽気に, 隠居に, 露ほども, 青地錦の, 面を, 頷いて, 風呂敷の, 飽かずに, 首を, 馴染の, 駒井能登守の, 駒井能登守を, 高笑いし, 鬼でございます

▼ 主膳~ (293, 21.2%)

9 面を 7 ために 5 前に 4 耳に, 頭の 3 口から, 名を, 声であります, 手に, 手を, 眼が, 膝を

2 [26件] ことを, 一行が, 三つの, 三ツ眼が, 人柄を, 前から, 咽喉元へ, 声が, 姿が, 姿を, 家で, 家に, 居間の, 居間へ, 屋敷の, 左の, 方で, 方に, 書道に, 眼に, 眼には, 邸の, 邸へ, 酒乱が, 面は, 首を

1 [191件] いう, いわゆる大奥, こう言った, ことで, ことであります, ことでしょう, ことと, このごろは, このたび, この発言, ところに, のろさ加減, は空也上人, ほうは, むずかりに, もとへ, やりそう, ような, パックリ, 一味は, 一文句ごとに, 一派であるらしく, 一派は, 一行の, 一行は, 一言に, 丁寧な, 三ツ眼は, 上へ, 下屋敷に, 下屋敷にでも, 仕業としては, 仮面を, 伝馬町の, 体勢までが, 傍へ, 傍らに, 働きは, 先輩では, 兵は, 冷笑は, 別邸の, 前だけの, 前では, 前にも, 前を, 力が, 勇気は, 取組みの, 同僚木村は, 同列へ, 同類でござんした, 咽喉元を, 在所をさえ, 地位として, 声では, 声は, 如きが, 妾の, 姿などを, 姿も, 娘を, 子で, 室へ, 家から, 家では, 家と, 家の, 家庭味という, 家来どもを, 家臣豪勇無双と, 寝床の, 寝間へ, 居間から, 居間は, 屋敷では, 屋敷へ, 屋敷を, 左右に, 後ろ姿に, 後ろ或いは, 得意な, 得意の, 得意を, 御機嫌, 微行姿であります, 心身が, 怒りは, 怖るべき, 怪しい眼つき, 悪いの, 意に, 愛妾であった, 手で, 手では, 挙動は, 新ばけ, 新屋敷, 方が, 方は, 方へ, 旗色が, 書と, 書斎へ, 来訪を, 枕許の, 槍を, 槍先を, 機嫌は, 残忍さ加減と, 残忍な, 残忍性が, 母, 気が, 気組に, 江戸再, 無遠慮な, 焼け跡では, 片腕でありました, 珍しく気持, 癇癪が, 癇癪と, 監督が, 目では, 目頭が, 直ぐ隣り, 眠りを, 眼から, 眼にも, 眼の, 眼を, 眼中が, 矢表に, 秘策なる, 筆に, 経験に, 結婚問題の, 耳へは, 耳へまで, 耳もとへ, 腕が, 膝と, 興が, 苦々しさったら, 血が, 行く先の, 衣を, 袖を, 言うこと, 言うの, 言葉な, 言葉を, 計らい, 許にまで, 許へ, 話だ, 論鋒が, 賛成し, 趣味筆力にも, 足もとへ, 身は, 身辺に, 辛辣な, 近くへ, 返事は, 逆上が, 邸が, 邸では, 邸と, 邸内へ, 酒乱は, 酒癖を, 酔眼が, 野性が, 鑑識の, 閑居の, 陥穽に, 隠れて, 隻手は, 面と, 面には, 面倒を, 面影は, 面目の, 頭巾に, 額から, 額の, 顔は, 駕籠わきに, 魂の, 鼾が

▼ 主膳~ (184, 13.3%)

3 それを, 急に, 書道に 2 この時, これからひとつ, 戻って, 眼を, 自分の, 言う, 酒を, 酒乱の

1 [159件] あの男, あの際, いう, いつに, いよいよ興ざめた, うそぶいて, うむと, おもしろい話, お君, かくの, こうして痛快, ここへ, ことわって, このたび, このまずい, この上, この場, この女, この春来, この部落, こんな心, さすがに, そぞろ心に, その同役, その時, その酔眼, それと, それとなく行っ, そろりそろりと忽ち, そんな空想, たずねる, ただ何事, ちょっと寝惚け, つねられて, どうしても腹, どのくらい, なお窓, なんだか手のうち, またも, もがくから, もてあましたの, やけに言います, やっと衣服, ようやく起き上った, わざわざ多数, カラカラと, ニタニタと, ニタリと, ニヤリニヤリと, ハタと, ハッと, ブルブルと, 一人で, 一喝した, 一応書巻, 三度目に, 世に, 世間に, 九尺柄の, 云った, 亡君忠宗の, 今に, 今まで, 低能娘を, 住みそこ, 何かの, 何故に, 保護する, 入木道を, 全く圧倒, 再びうたた寝, 冷笑しました, 冷笑に, 出て, 包みを, 同じよう, 呆れて, 呆れ返って, 善を, 嘲笑い, 土蔵の, 地上へ, 坐って, 声を, 外出した, 大声を, 大将気取りで, 姿を, 寝込んで, 小吉の, 差料誰にも, 帰っての, 心魂に, 忙しくなっ, 怒って, 怒鳴りつけるよう, 怖れる, 恨みの, 感じたこと, 承つて, 招きました, 拾い上げて, 振向きました, 故意か, 日脚の, 早くも, 早く追い立て, 昨晩から, 書道三昧を, 朝から, 本通りを, 机竜之, 来て, 柄にも, 極力農民, 槍を, 死んだそう, 殿様芸では, 水戸を, 痛ッ, 百姓を, 直ちに知っ, 着くと, 硯を, 福兄を, 突き破って, 筆を, 続けざまに, 考えて, 聞きました, 胸の, 自覚せしめられました, 舌を, 苦々しげ, 荒々しく向き直りました, 襟く, 西郷の, 見ました, 見ると, 言葉を, 註訳し, 認めました, 負惜, 足を, 躑躅ヶ崎の, 身に, 通りかかると, 進んで, 遠くから, 酔っぱらって, 酔眼に, 鐚の, 閑居し, 領内幾万の, 頭ごなしに, 頭巾の, 顔を, 食いおわったわけ, 駕籠の

▼ 主膳~ (65, 4.7%)

2 またこの, 百姓を, 身に

1 [59件] あいた口, いささかアクドイ応酬, いない, いないが, いなくなったし, いよいよ笑止, おのずから不興, お絹, がらに, このまま, これだけは, こんなよう, しかるべきところ, その後お, その辺, それと, それにつれて, それを, だまって, ついそこ, とうに心得, ほとほと身の毛, またここ, またさあ, またその, また一歩, また刀, また同じ, また老人, よく心得ず, わからない, 一時, 一議に, 先刻承知の, 兵庫も, 勢い道, 取っては, 味方の, 多少の, 好意を, 娘の, 安心した, 座に, 廃りじゃ, 得意に, 忌々しがっ, 思わず手拍子, 拍子抜けの, 暫く耳, 最初の, 槍を, 甲府に, 相当に, 眉を, 祖先以来の, 聞いて, 転がって, 酒乱の, 面喰わざる

▼ 主膳~ (57, 4.1%)

5 して 2 なんとする, 遮って

1 [48件] こんなところ, そそのかして, たよって, なぶって, なんと心得, はじめ勤番の, はじめ数多, もてなすだけの, 一応まるめ込ん, 不快な, 侮ると, 初めとして, 取って, 叱るよう, 呼ぶこと, 呼んで, 奥へ, 尋ねると, 尻目に, 抱き上げて, 提灯を, 撞着せし, 斬った際, 本邸から, 歓迎し, 殺して, 温かい方, 煙に, 物狂わしく, 狂喜させました, 睨みました, 笑止がっ, 絞め殺して, 置く寛永十七年極月主膳獨, 背中から, 見すえて, 見ました, 見る, 見舞に, 討って, 討つこと, 迎うべく, 迎え, 送らせること, 送りに, 送り込んで, 酔わせるよう, 驚かしたその

▼ 主膳~ (38, 2.7%)

2 しても, 向って, 舌を

1 [32件] お暇乞い, ございまする, すすめました, すれば, とりつき, 一隊を, 可愛がられて, 報告し, 対面し, 尋ねたの, 引合わせた時, 怖るべき, 思い切って, 挨拶した, 於て, 於ては, 柳屋へ, 武者振りつきました, 殺されるよりは, 立聞きを, 紛れも, 紹介されました, 脅された時, 脅迫された, 言いつけて, 語り聞かせますと, 返されて, 違いない, 酒を, 金廻りが, 附添い, 頼ること

▼ 主膳~ (30, 2.2%)

5 お絹 2 いえども

1 [23件] あの藤原, このお, すれ違った時, そうして同じ, 一味の, 一緒に, 云う売卜者, 云う竜泉寺前, 云う者, 出会うこと, 勢力争いでも, 同格でしょう, 名乗りたくない尋ねたならば, 喧嘩を, 土肥庄次郎と, 幸内とを, 机竜之, 申す者, 聞くと, 肩を, 覚しき人, 認めて, 酒を

▼ 主膳殿~ (16, 1.2%)

1 [16件] か, があすこ, であるが, というお方, と知っ, に会いたい, の許, は何, は能登様, は躑躅ヶ崎, へ, まで罷り越したく, もこれから, も申し, 御壮健, 珍しいこと

▼ 主膳~ (14, 1.0%)

5 のお 1 からその, がお迎え, が近い, その次, と書い, のこと, の御, よ, 御寵愛

▼ 主膳には~ (12, 0.9%)

1 [12件] それが, それに, ひしと思い当る, バスも, 三つの, 主人が, 主膳だけの, 分りは, 多少槍, 断じてそれ, 特に尊王佐幕, 酒乱の

▼ 主膳という~ (9, 0.7%)

1 のは, 人の, 人は, 侍から, 奴は, 武士が, 武士の, 男は, 老臣も

▼ 主膳から~ (8, 0.6%)

1 こう挑戦的, とうに聞い, 云われて, 仕掛けて, 我が子, 聞いたか, 貰ったもの, 貰った紙包

▼ 主膳としては~ (8, 0.6%)

1 あまりに人, こいつらが, そのハミ, どうしてもあの, 今朝は, 峻烈でも, 珍しいこと, 近頃の

▼ 主膳~ (7, 0.5%)

1 ここへ, さえがこの, さえも怪しげ, その時, はありません, はない, 一人は

▼ 主膳~ (7, 0.5%)

1 この家, そして女, 出会うの, 出会って, 紹介し, 耳打ちした, 訊き出した

▼ 主膳にも~ (6, 0.4%)

1 あんなに心安立て, こうして召, また多少, 本当な, 申し聞けました上, 誰も

▼ 主膳ほどの~ (6, 0.4%)

2 ものが 1 ものも, ものを, 乱暴者でも, 者が

▼ 主膳としても~ (5, 0.4%)

1 あの女軽業, その辺, 不意であったろう, 何だ大人げ, 思い切った御

▼ 主膳にとっては~ (4, 0.3%)

1 堪えられない残念, 子供の, 金の, 駒井能登守という

▼ 主膳~ (4, 0.3%)

1 がそっと, にまかせ, の才覚, も雪辱

▼ 主膳~ (4, 0.3%)

1 が能登守, の心持, の隠れ家, はいっかな

▼ 主膳あたり~ (3, 0.2%)

1 とは全く, には打っ, の手

▼ 主膳とは~ (3, 0.2%)

1 少しは, 碁敵に, 違って

▼ 主膳どの~ (3, 0.2%)

1 は欠席, は殉死, は禍根

▼ 主膳自身~ (3, 0.2%)

1 が侮辱, の暴虐, はそれ

▼ 主膳重安~ (3, 0.2%)

1 の伜, の子, は五十二歳

▼ 主膳さま~ (2, 0.1%)

1 が亡くなられた, に私ども

▼ 主膳そのもの~ (2, 0.1%)

1 の感じ, の本性

▼ 主膳~ (2, 0.1%)

1 が相手, 鐚は

▼ 主膳であった~ (2, 0.1%)

1 ことは, 折助の

▼ 主膳など~ (2, 0.1%)

1 五六人が, 前後し

▼ 主膳にとって~ (2, 0.1%)

1 善心の, 運の

▼ 主膳への~ (2, 0.1%)

1 紹介状を, 縁談の

▼ 主膳主従~ (2, 0.1%)

1 は京都行き, は昌平橋高札場

▼ 主膳~ (2, 0.1%)

1 康穣の, 忠固

▼ 主膳正直溥~ (2, 0.1%)

1 の世, の女

▼ 主膳民谷玄蕃~ (2, 0.1%)

1 などだった, などの侍臣

▼ 主膳自ら~ (2, 0.1%)

1 はここ, もこのごろ

▼ 主膳~ (2, 0.1%)

1 広, 広は

▼1* [59件]

主膳主膳なら入っ, 主膳からの使でございます, 主膳すらも知らない, 主膳そちは老臣輩, 主膳その腰抜け振りで, 主膳それを逃れ, 主膳だけでは, 主膳だけの自重も, 主膳だけは残って, 主膳であって主膳, 主膳でありとすれ, 主膳であるならば藤原, 主膳でござる今日は, 主膳でなければならぬ, 主膳といふ男こそ, 主膳とが眠るの, 主膳としてまた心, 主膳との間が, 主膳ともうまが, 主膳とやらのお邸, 主膳と共にこの楼, 主膳などが何も, 主膳なら入ってもいい, 主膳なら知らぬこととにかく, 主膳についてはお角, 主膳のみが苦り切って, 主膳はじめ一座の者, 主膳はとにもかくにも, 主膳ばかりでは, 主膳ひとりであります, 主膳もとより別段に, 主膳福村一派の, 主膳より若くその, 主膳一刀を提げ, 主膳主膳っ, 主膳創口から矢, 主膳千坂内膳和田兵部芋川平太夫などもみな, 主膳厠中より煩, 主膳喜んで娘, 主膳大国平馬など, 主膳天井裏の鼠, 主膳実はその代理, 主膳懸け合いはうまく, 主膳有江休意相津宗印以下十数名の浪士, 主膳の打ちあけ, 主膳正御上屋敷の, 主膳此城主は主人明成, 主膳殿拙者は山崎, 主膳殿方へ, 主膳殿珍らしいところ, 主膳浦上三郎兵衞菅彌一右衞門黒田半右衞門, 主膳り座敷, 主膳監等式又見, 主膳の一派, 主膳等功名する者数多, 主膳藤夜叉も今, 主膳士の, 主膳酔眼をみはっ, 主膳高清に宗家