青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主君~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

丹~ ~主 主~ ~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公 主人公~ 主任~
主君~
主婦~ ~主張 主張~ 主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~ 久~ ~久しく 久しく~

「主君~」 1314, 14ppm, 7863位

▼ 主君~ (483, 36.8%)

6 仇を, 前に 5 ために, 身を 4 すがた, 信長が, 命を, 姿を, 胸に 3 ように, 信長の, 側に, 前へ

2 [23件] おことば, ためには, 側を, 前では, 前を, 剣は, 命で, 命と, 命令に, 座に, 御不興, 御妹, 御憤り, 御癇癖, 心を, 意を, 爲に, 申つけられ, 耳へ, 許へ, 身代りに, 顔が, 馬前に

1 [383件] あとを, あなたへ, あなた様の, あの笑い声, あぶない所, いいなずけだ, いうこと, うえに, うしろで, うわさだ, おいいつけ, おおぼえ, おくちから, おこころ, おさ, おとが, おゆるし, おんため天下の, お不為, お使い, お供である, お供という, お供を, お側に, お側を, お召しである, お叱り, お名, お名残, お妹, お姿, お家の, お居間, お帰り, お従兄弟, お心, お怒り, お手, お持ち, お旅立ち, お申しつけ, お目, お相手, お眼, お眼鑑, お胸, お草履, お行方, お身, お身の上, お顔, お馬, かげを, かたき討, ことばでも, ことばは, ことばみたいであった, ことばを, この常, ごとく敬って, ご一命, ご信頼, ご安危, ご息女, ご懇望, ご来着, ご無事, ご生命, すぐ下, すること, その当惑, そばから, そばへ, それを, ためでも, ためわが子を, ときから, にちがい, ほろびたうえ, まえに, また世, もどりを, ゆるしに, ダンカンを, 一子竹若, 一日の, 一行を, 一騎のみ, 下に, 下屋敷まで, 下屋敷を, 不明を, 二夫人に, 二夫人を, 亡きあと, 亡びた今, 人がらに, 仇として, 仇に, 仇も, 仇上野介の, 仇敵は, 代理という, 仰せでも, 仰せどおりに, 仰せには, 位置に, 体ばかり, 体を, 使いに, 使いを, 使者いう, 使者な, 供を, 信を, 信用をも, 信長から, 信長と, 信長などの, 信長に, 信長へ, 信長へも, 信長より, 信長を, 信長公を, 信頼に, 信頼には, 側近に, 元親, 光尚, 内意を, 凄まじい気配, 凄まじい顔色, 動静は, 勘を, 勘気にたいしても, 勝家から, 勝頼公を, 北条氏政が, 危急に, 口を, 周囲を, 命とは, 命なく, 命の, 命令を, 唇が, 唇もとに, 唇もとを, 唐突な, 囚われを, 地は, 地を, 墨付は, 声だ, 大事に, 大志は, 大患は, 天性か, 夫人たり, 夫人であろう, 夫人また, 夫人徐氏へ, 夫人様に, 奥方様と, 好色は, 如く考えられて, 妄執も, 妹である, 妹に, 妹に対して, 妻子一族を, 姿が, 姿も, 威厳に, 威厳を, 婿君たる, 嫡男太郎信勝の, 子が, 子と, 孫権を, 安危如何が, 安否については, 宗族を, 定公, 室を, 家を, 家康という, 家族らを, 寝室の, 寵が, 寵を, 寵愛を, 寿命を, 居どころが, 居城にも, 居所が, 屍とを, 左右から, 師直は, 帰りが, 床几の, 弔い合戦を, 弔合戦, 弱点を, 張繍の, 影が, 影を, 後を, 従兄弟たる, 御こころ, 御一族, 御不満, 御乗馬, 御乱行ここ, 御前という, 御名前, 御大事, 御威光, 御恩, 御意を, 御本心, 御気色, 御気象, 御為, 御無理, 御用に, 御用向私も, 御胸中, 御観察, 復仇戦を, 心が, 心は, 心理に, 忠利も, 忠直卿に, 怒りを, 思し召しどおりに, 思し召しのほどを, 恣意が, 想い人でなけれ, 意は, 意志である, 意志も, 意志を, 意思の, 愛かも, 愛半兵衛は, 愛妾の, 愛馬を, 戯れに, 戸田氏銕が, 所為が, 手で, 手もとへ, 手を, 指さすところ, 指す手, 指名であった, 掌面に, 救援に, 敗北を, 敵であり, 敵なれ, 敵討ちの, 敵討ちを, 方は, 旗下に, 暴言にも, 曹丕へ, 曹操の, 最期を, 朝倉義景どのと, 期待に, 末路やら, 来訪を, 梅雪は, 楯と, 槍先に, 様子を, 歓待に, 死に対して, 母堂や, 気を, 気持は, 気象を, 浅井が, 消息を, 温言のて, 満足そうに, 激しい槍先, 為に, 為めに, 無事を, 無念を, 爲お, 爲と, 獄舎まで, 獣欲ぶりに, 玄徳や, 玉体を, 生命を, 生害と, 用向, 申陽侯が, 異母弟とは, 病は, 病死に際して, 目的の, 眉を, 真情に, 真槍に, 眷属二十余人と, 眷族を, 眼には, 知遇に, 石橋を, 秀吉も, 秘命を, 稚子, 紂を, 義景に, 考えに, 耳にも, 肌へ, 肚を, 肚芸であった, 肩ごしに, 胸が, 船を, 菩提を, 菩提所を, 行いについて, 袁紹に, 袂を, 袖に, 見参にまで, 視野に, 覚えも, 言である, 言下に, 言葉として, 言葉に, 言葉によって, 許可を, 謙信が, 謙信の, 謹慎の, 貴殿に対する, 貴賓が, 質子を, 足もとまで, 足もとを, 跡に, 身なりを, 身の, 身の上に, 身辺は, 軍略の, 運命も, 道すじを, 道を, 遺子などを, 部屋に対して, 重さ, 鐙の, 長槍, 閨門の, 非を, 非政, 面を, 領土の, 顔つきとが, 顔つきな, 飲料水と, 館が, 館の, 首を, 首尾についても, 首級に, 馬前乱軍の, 駒井能登守が, 龍興は

▼ 主君~ (117, 8.9%)

3 仕えて 2 したがって, 何を, 渡して

1 [108件] ありついた時, おかれてさえ, おくるべき, おけるが, おつたえ申しあげます, おわびを, お伺い, お叱, お暇, お目にかかっても, お縋りしよう, お聴かせ下さい, お顔, きまっておる, くらわせて, これを, ござりまする, ござり申す, ご運, すすめて, そうおすすめ, そむき良い, たずねた, ちょっとでも, なったらこの, ねだるよう, まみえても, まみえようぞ, まみえん, もの申すこと, ゆずった自分, ゆづりて主君の, 一命を, 一指でも, 不信の, 二刀まで, 仕えながら, 仕えるもの, 仕える者ども, 仕え年, 代つて, 代るご, 会えと, 会って, 偽りは, 出会った, 刃を, 反むく, 取り入る気, 叛く, 告げた, 告げて, 告げよ吾死, 告げるべきか, 命じられたので, 報じて, 報わでや, 奉る, 奉事, 奏上する, 安心を, 容れられず政務, 差出す, 帰して, 弓を, 弓射る, 当る人, 当る方, 彼は, 御報告, 御復, 徴し, 心を, 忠義を, 忠言を, 忠諫などは, 思われる点, 恥かしい, 戯れられたこと, 持ったため, 暇を, 次いで, 正論を, 殉じこの, 殉じて, 求めたの, 生涯を, 申しあげます, 申上げ, 申上る, 申譯しました, 直言するごとき, 相済まない, 礼を, 立ち向った, 累を, 自分たちの, 自分たちを, 虚言を, 被対, 裏切るなどという, 見せ, 言ふ, 許されて, 詰め腹を, 近づくべき方策, 迷惑を, 降服を

▼ 主君~ (97, 7.4%)

3 捨てて 2 して, 正面の, 迎えて

1 [88件] あざむくへ, いさめて, いた, いただいて, いろいろ変え, うかがった, うばいさられたかれの, お選び, かえて, かこみ友, かこんで, ここへ, この城, さして, じいっと仰ぎ見守り, そそのかした蔭, つくりあげなに, どなりつけると, のろうた, はじめわれわれにも, まじまじと, むしろ笑っ, より以上, 一刻余りも, 亡い, 出迎えに, 刺した中村新八郎, 取りしずめるのに, 呪殺し, 唆か, 喩した, 嘲弄する, 天下様と, 失った源三郎, 守って, 害し人道, 害めこの, 式部少, 弑して, 弑しても, 弑し子, 弑逆し, 後ろに, 思うならば, 思う幕臣ら, 思えばこそ, 恥か, 悼むの辞, 想ひ, 愛し返し, 打った冥加, 持たないでは, 持ちながら, 持ち得たるもの, 持った, 持ったこそ, 持ったこと, 措いて, 操って, 攻め殺して, 救い奉れ, 救出する, 敬する者, 欺き終ろうと, 欺くに, 此處へ, 殺したもの, 殺した逆臣, 求めて, 求めるため, 求める君たち, 無實, 畏敬し, 第一, 繞って, 罵倒し, 船へ, 裏切り城中, 見限り領地, 見離せと, 討たすな, 討ち奉るなどとは, 訴えた黒田藩, 軽ん, 輔導すべきである, 追い慕った, 開拓使の, 養い育てて

▼ 主君~ (43, 3.3%)

2 しいて

1 [41件] ありますから, ありますし, ある, あるからには, いようとは, いること, お立ち退き, かえるに, そこに, その重喜, ただあいまい, なければ, にんげんにかえって, みずから自嘲を, 二十三歳允成が, 仰せられた, 倒れる時, 半兵衛を, 口に, 君臣関係の, 多弁に, 大坂方, 奉公人と, 女を, 家来を, 彼女の, 微かでも, 心がかり, 悪戯を, 想像の, 戯れて, 手を, 敵手に, 無事に, 肥桶を, 臣下へ, 臣下を, 自分たちの, 過ぎ去るの, 鋒先を, 鍬を

▼ 主君~ (42, 3.2%)

2 あがめて, いえども, して, 同住

1 [34件] あれば, いい君側, ご昵懇, する人, たのみ仰いで, なるの, わかれて, 一つ棟に, 一処に, 中務父子の, 主君との, 仰がせて, 仰ぎたいかね, 仰ぎたいと, 仰ぐならば, 仰ぐに, 仰ぐばかり, 仰ぐ頼朝, 先祖の, 又左殿, 奉め, 家来と, 将軍との, 彼との, 彼らの, 思えばこそ, 思わぬばかり, 戦にのみ, 物争いを, 相手の, 祐筆であった, 言つても, 貴賓の, 雖ども無

▼ 主君~ (35, 2.7%)

2 死罪三件まで

1 [33件] あずかり知らぬこと, あんな男, いわば置物同様, このところ, じれじれと, そのほう, その辺, それは, それを, ただいまおし, どこへ, ほかに, もとより夢寐, 亡い, 今度は, 他人の, 喜ばれないに, 客を, 家来に, 座を, 彼を, 御主君, 御在國中, 歓んで, 死ななければ, 殺され領民, 水野左近将監忠精で, 物堅く呉, 犬山の, 脂こき, 衣冠を, 開拓主事である, 阿諛する

▼ 主君から~ (29, 2.2%)

1 [29件] いただいたお, こんな賞め方, ご勘当, さとされると, そういう公認, それを, もらいうけた信長, ゆるされた, 一伍一什を, 予期せざる, 保証された, 刀を, 叱られた, 叱られてばかり, 叱られようが, 姓を, 敬遠し, 普請奉行の, 渡された竹筒仕込み, 理不尽な, 申しつけられて, 疎まれて, 補助金を, 訊かれるまで, 託された父, 買われて, 長船の, 預けられたので, 頭を

▼ 主君信長~ (21, 1.6%)

2 のお

1 [19件] がお, がそれとなく, が叛臣光秀, が逆臣明智光秀, との最後, にその, にも御, に従って赴いた, に御, の俗名, の四男於次丸, の愛馬, の来臨, の死, の気もち, の軍, は三十七歳, をし, を討った酬い

▼ 主君~ (16, 1.2%)

1 [16件] おこたえ, お告げし, お渡し, お辞儀を, 上げ置いた身体, 伝え給え, 声を, 宥わろう, 対しよく, 対する作法, 弓を, 推挙する, 申上げた, 言上する, 進言したら, 鉄砲を

▼ 主君には~ (15, 1.1%)

1 [15件] しきりとお, ほかに, 一刻も, 二十五歳で, 何と, 実の, 床几を, 彼と, 往年この, 急病を, 手も, 毎夜の, 臣下の, 遽に, 面目を

▼ 主君邦夷~ (14, 1.1%)

1 [14件] がつと, が自身, が近づき, にあたえられる, のいなかった, の名, の披瀝, の来着, の笠, の言葉, の身の上, の面前, をひきぬかなけれ, を中心

▼ 主君~ (13, 1.0%)

1 [13件] あの辺り, あろうそれで, ことの, とれる人間, ないと, なく朋輩, 主君将軍家の, 主隊も, 今は, 先に, 大いに同情, 妙な, 陽気が

▼ 主君尊氏~ (12, 0.9%)

2 のお 1 がお, にはなお, の依, の意, はただ, は申します, へお, もさぞ, も今夏, を訪う

▼ 主君たる~ (10, 0.8%)

2 人の 1 お方に対して, の修養, ものが, ゆえに, 位置に, 創造的能力に, 脇屋殿と, 葡萄大谷の

▼ 主君玄徳~ (10, 0.8%)

1 が袁紹, だった, の仁愛, の命, の懇望, の留守, の行方, はかえって二度と, は貴方, は近日

▼ 主君として~ (9, 0.7%)

1 それのみ, でなく人間, 合わせる顔, 君臨し, 家康は, 立って, 立ってからでも, 臣下から, 重く臨めない

▼ 主君にも~ (9, 0.7%)

1 お気の, お疲れ, ご一笑, 同僚にも, 困った瑾, 家中全体に, 疎み憎まれて, 終日ご, 見換

▼ 主君より~ (9, 0.7%)

1 おあずかり, おいと, お許しを, お預け給わった, 上使が, 任せられて, 励まされて, 拝領なせし, 賜わったからには

▼ 主君である~ (8, 0.6%)

1 ことによってのみ, と思う, のでとかく, ものも, 人の, 大頭株, 邦夷を, 陛下に対して

▼ 主君への~ (8, 0.6%)

2 御奉公 1 忠義, 忠義じゃ, 忠義の, 申譯腹を, 聞こえも, 聞こえ藩中

▼ 主君~ (8, 0.6%)

1 上役に, 周囲から, 客の, 家中に, 尊公の, 自藩, 釘勘にさえ, 領主に

▼ 主君信長様~ (8, 0.6%)

1 から名氏, から申され, にお, におかれ, には密か, のお, の徳, の烱眼

▼ 主君に対して~ (7, 0.5%)

1 であろうと, 不忠である, 何うし, 困ること, 困ると, 大御所の, 忠勤を

▼ 主君孫権~ (7, 0.5%)

1 が玄徳, にはお, にははやく, にまみえさせた, の妹, はなお, へありのまま

▼ 主君という~ (6, 0.5%)

2 ものは 1 ものに対しては, ものの, 絶大な, 身も

▼ 主君とは~ (6, 0.5%)

1 いえ余り, いえ彼, いったいどなた様, そうしたもの, 一つの, 縁辺だ

▼ 主君に対する~ (6, 0.5%)

2 臣家の 1 忘恩の, 恨みと, 感情であった, 親しみを

▼ 主君源三郎~ (6, 0.5%)

1 にくっつい, のす, の帰り, の帰る, は今朝馬, へ向けられ

▼ 主君との~ (5, 0.4%)

1 争いである, 名分を, 恩顧の, 間に, 間を

▼ 主君なし~ (5, 0.4%)

1 との立言, と放言, と言う, と言わざる, 夫を

▼ 主君~ (5, 0.4%)

1 に御, の御事, はいつ, への忠義, を裏切っ

▼ 主君~ (4, 0.3%)

2 主君 1 主君っ, 直参浜松城の

▼ 主君へも~ (4, 0.3%)

1 一同へも, 双方へ, 天下に, 届け済み

▼ 主君あの~ (3, 0.2%)

3 城を

▼ 主君たり~ (3, 0.2%)

1 といえ, と彼ら, 義兄たる

▼ 主君であり~ (3, 0.2%)

1 ながらまだ, 師でも, 王である

▼ 主君では~ (3, 0.2%)

1 あると, ないか, 決してない

▼ 主君でも~ (3, 0.2%)

1 ありまた, そう義弟, 亭主である

▼ 主君勝久~ (3, 0.2%)

1 そのほか, に切腹, をなぐさめ

▼ 主君家康~ (3, 0.2%)

1 のす, の軍, より信ぜられ

▼ 主君対馬守~ (3, 0.2%)

1 になりきっ, のお, のお供

▼ 主君弾正太夫様~ (3, 0.2%)

1 と来たら, を敵, を日頃

▼ 主君~ (3, 0.2%)

2 自身にて 1 卒去遊ばされ

▼ 主君曹操~ (3, 0.2%)

1 としめし合い, の行方, をおい

▼ 主君秀吉~ (3, 0.2%)

1 の直面, の身, を迎え上げた

▼ 主君義明公~ (3, 0.2%)

1 と同盟, より心, を敵

▼ 主君高氏~ (3, 0.2%)

1 の夫人, の方, の隠し子

▼ 主君あり~ (2, 0.2%)

1 と言わん, 私には

▼ 主君~ (2, 0.2%)

1 つつがもなく, 立帰りの

▼ 主君~ (2, 0.2%)

1 といっ, よ

▼ 主君~ (2, 0.2%)

1 耳に, 馬を

▼ 主君であろう~ (2, 0.2%)

1 と多少, と左様

▼ 主君とも~ (2, 0.2%)

1 思う, 思って

▼ 主君なら~ (2, 0.2%)

1 こんな大敗, 義龍様も

▼ 主君なる~ (2, 0.2%)

1 將軍家に, 神の

▼ 主君にたいして~ (2, 0.2%)

1 事ごとに, 弓を

▼ 主君に対し~ (2, 0.2%)

1 吾, 奉っては

▼ 主君へは~ (2, 0.2%)

1 無断の, 申し上げること

▼ 主君信玄~ (2, 0.2%)

1 の危機, の座所

▼ 主君信長公~ (2, 0.2%)

1 の不慮, の命令通り

▼ 主君出羽~ (2, 0.2%)

1 の御, を恨み

▼ 主君劉予州~ (2, 0.2%)

1 にお伝え, は大義

▼ 主君勝家~ (2, 0.2%)

1 は若年, より密命

▼ 主君大場石見~ (2, 0.2%)

1 のお, の暴壓

▼ 主君大膳正~ (2, 0.2%)

1 の死骸, の浅ましい

▼ 主君忠利公~ (2, 0.2%)

1 に向っ, に御

▼ 主君忠長自殺~ (2, 0.2%)

2 の後

▼ 主君日向守~ (2, 0.2%)

1 の浮世絵, は事芸道

▼ 主君義貞~ (2, 0.2%)

1 には何, もお

▼ 主君袁紹~ (2, 0.2%)

1 に諫言, の命

▼ 主君謙信~ (2, 0.2%)

1 のす, の楯

▼ 主君道三様~ (2, 0.2%)

1 と義龍様, の思い立ち

▼1* [145件]

主君からの預りものである, 主君からも家中からも, 主君がよ目先の, 主君こそその人なれ, 主君これにか, 主君さまからたく, 主君すなわち竜神様は, 主君その奥方が, 主君それに反抗, 主君ぞと大笑, 主君だけであった, 主君だけは欺かれんぞ, 主君だったじゃない, 主君あらせられる, 主君であって見れ, 主君であった伊達邦夷は, 主君でございますかな, 主君ですから対等, 主君でないと考えられ, 主君としての礼を, 主君としてばかりでなくもっと, 主君とともに戦死を, 主君とにそそがれて, 主君とを切りは, 主君と共に出陣した, 主君ながら男冥利に, 主君なく天下は, 主君なにもかもお分り, 主君なりの落着きを, 主君にこそ似て, 主君にたいしては申しわけない, 主君にとり入る一つ, 主君に対しては誠忠無類の, 主君のうでに, 主君のてまえ, 主君までおいたわり下さる, 主君までが観抜いて, 主君みずからねぎらい給えば, 主君范蠡が, 主君ようやくおわかり, 主君よりの討手を, 主君をも冒しかねない叛骨, 主君志ヲ, 主君一石飛騨守どのはなんと, 主君万之助の乗った, 主君上野の安否, 主君中川久昭も亦, 主君主君に仕える, 主君乾坤二刀の巴渦, 主君仕えの侍, 主君伊賀の源三郎, 主君伊達政宗公より他, 主君伊那丸さまが穴山梅雪, 主君佐々木家の本城, 主君信玄公のお, 主君信長はじめみなお嗜み, 主君備公であったろうと, 主君光秀の身, 主君冷光院殿の前, 主君別所長治によく, 主君利治公の御寝所, 主君劉予公へよろしく, 主君劉璋に直言, 主君勝りの大, 主君北畠大納言を擁し, 主君候御方不可敵于父祖不, 主君右少将家康様だ, 主君同士ふたりの争い, 主君呂布との間, 主君因幡守に暇, 主君土佐守のニコニコ, 主君在るかのごとく慎み, 主君大事と思ひ込ん, 主君大内義隆を殺した, 主君大切の際, 主君大場釆女と祝言, 主君大膳亮を思い出したらしく, 主君官兵衛の兇変, 主君官兵衛様の囚われ, 主君家康さまのお, 主君家康公にもうしあげ, 主君家康様へ口上, 主君家時の話, 主君将軍家の城, 主君尼子勝久の首級, 主君山城守様に殉じ, 主君左近太夫が所領, 主君左近太夫樣によく, 主君師匠および財寳, 主君御嶽冠者は仁義, 主君忠之公のお, 主君忠利の命, 主君忠房の音物, 主君忠直の振舞い, 主君成瀬隼人正西丸様お企て, 主君扱いされて, 主君政職様にはそれ, 主君救出の目的, 主君救出決死組の盟, 主君新免氏の娘政子, 主君の家臣, 主君昭公に御, 主君景勝も望外, 主君晴賢の退却, 主君木曽のお, 主君本多上野之介, 主君松山新介, 主君の守, 主君柳生対馬守の御, 主君柳生源三郎が同じく, 主君桓公から一, 主君植村土佐守がお, 主君榊原式部少輔様, 主君殤公の怒る, 主君氏政がゆるさなかった, 主君浅井長政の命, 主君浅野内匠頭の泉下, 主君浅野内匠頭殿中にて高家, 主君父上の大事, 主君独りをおいとく, 主君生害のさま, 主君直義の人数, 主君相馬大膳亮のため, 主君相馬大膳亮殿の秘旨, 主君石川左近将監その人, 主君石見の前, 主君秀吉どのと東海, 主君筑前様に対して腹, 主君織田信長様をおい, 主君において父, 主君義信を掩護, 主君義経の身辺, 主君自らの心安立て, 主君自身遠く途中, 主君謙信公からのお, 主君越前守の下, 主君道誉のあ, 主君鐵三郎樣の圍, 主君長上に対して不満, 主君長崎どののお, 主君長崎殿自身であったの, 主君長政様には断じて, 主君飛鳥井右京次郎黒姫山の賊寨, 主君駿河守の下屋敷, 主君鬼王丸今夜結婚いたすについては