青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一言~ 一貫~ 一足~ 一身~ ~一軒 一郎~ ~一部 一部~ ~一部分 一部分~
一間~
~一隅 一隅~ ~一面 丁~ ~丁寧 丁寧~ ~丁度 丁度~ 丁目~ ~七

「一間~」 1706, 16ppm, 6907位

▼ 一間~ (249, 14.6%)

5 とじこもったきり 3 あって, とじこもって, とじ籠って, 入って, 案内された, 籠って

2 [16件] こもって, 世を, 四間の, 坐って, 寝て, 延かれ, 招じ, 招じた, 旅装を, 枕を, 案内され, 立ちて, 通された, 運び込まれて, 閉じ籠ったまま, 閉ぢこもつた

1 [194件] あまねく行潦, ありて, いたが, いたに, いつまでも, いるの, うない, お君, お絹, お銀様, お雪ちゃんは, かすかに, ぎつしりと座り込ん, この小さい, この時, ごろごろし, した, して, じっとし, そのままある, ただひとり, たった一人ッ切り, たれこめて, つつしんで, とじこめられ障子, とじこもったまま, とじこもり人, とじこもり数日後, とじこもるなんて, とじ籠ったきり, とじ籠ったまま, とじ籠った切り, なり二間, ねて, ひとり静か, ぽつねんと坐っ, まだ新しい, ものの怪の, ガラツ八を, シロオテが, 一人は, 一尺五寸幅の, 一間の, 一間半ぐらい, 一間半ぐらいの, 一間半ばかりの, 一間半も, 一間半位の, 三人の, 三人火鉢を, 三尺張だしの, 三間の, 三間ほどの, 並んで, 互いに別れ, 五人ぐらいは, 仏壇が, 付き四円七十銭, 休息させ, 伴ひ入りぬ, 佇んで, 住み給, 兄妹の, 入った, 入つたきり, 入つて, 入て, 入りし維盛卿, 入りて, 入りますと, 入り來, 入り給, 入り翌日, 入り込んで, 入るを, 入れられた, 刃三十郎と, 切つ, 切燈台の, 到りしかば, 半病人, 召し入れ人, 名ばかりの, 囁き合って, 四尺もの, 土曜日曜を, 坐りこんだ時, 夕食の, 夜の, 夜を, 女がたの, 女は, 宋版の, 寄せ集め, 寄り集って, 富五郎の, 寓する, 寝かせて, 寝ころんで, 寝たの, 寝台を, 寝転んで, 寢てから, 導いた, 導かれぬ, 己の, 席を, 床を, 引籠れるなりけり, 引越したが, 形は, 彼等の, 待たせられた, 徳川万太郎は, 恐ろしい殺人犯人, 招き妻, 招じ入れた, 据わつて, 控え例, 控へ, 朴の木樫の, 来て, 案内し, 案内せられた, 横たえて, 檻禁し, 歩み入り給ひぬ, 毛氈を, 滿ちたれ, 瀧口入道終夜思ひ, 炉を, 無事な, 燈火が, 留まりぬ, 留守居の, 監禁しよう, 相対し, 眠るよう, 着座し, 石橋様という, 私を, 立ちこもって, 籠ったの, 籠ったまま足腰, 籠った能登守, 籠りて, 籠りゐて, 籠ッたぎり, 籠居し, 納まって, 経机に, 置いて, 置かれて, 自分を, 荻生さんが, 請ぜ, 起き出た頃, 起りぬ, 足らない御, 身動きも, 軟禁した, 辰弥は, 逃げた奥さん, 這入って, 通されて, 通されました, 通って, 通つた, 通つた時頭巾を, 通りました, 通り主, 通り主重, 通り座が, 連れ込んだ, 進み入って, 進み入りぬ, 進入し, 逼った討ち, 過ぎなかつたの, 閉じこもって, 閉じ籠ったが, 閉じ籠ったきり, 閉じ籠りて, 閉籠った, 閉籠り, 限られたれば, 陣取つて, 隠れて, 集ひし, 集まって, 集めました, 頭垂れ, 食客なる, 高さ

▼ 一間~ (216, 12.7%)

8 内に 7 中に 4 中で 3 うちに, 戸棚只一つ箪笥長持は, 押入れが, 襖を, 距離を

2 [23件] うちから, うちで, うちへ, 中が, 中窓が, 内を, 出窓が, 壁に, 床に, 床の間が, 床の間に, 床の間には, 戸棚を, 押入が, 押入床板二三枚は, 杉戸を, 窓が, 肱かけ, 腰高です, 腰高窓が, 行燈の, 路地一方は, 高さ

1 [136件] あいだは, あいだを, うちしばらく, うちにわかに, うちを, ことは, ことを, こんな犬小屋, たたみ廊下, ところで, なかに, ひっそりかん, ほうには, ほうへ, ほかは, まわりへ, ように, カーテンを, コンクリで, 一間ぐらいしか, 下屋を, 両側に, 中から, 中は, 中を, 中央なる, 二階に, 余の, 余も, 値い二万銭とやら, 値ひ, 入口に, 内は, 内より, 出窓と, 出窓の, 出窓を, 前である, 半を, 右の, 唐紙は, 唐紙を, 四分の一に, 四尺五寸つまり一坪に, 土塀と, 土間が, 塀すら, 塗箪笥に, 壁の, 外に, 外へ, 大きさ, 大ダンス, 大地図, 大床, 大穴物凄い, 天井と, 家で, 家体は, 家體は, 寂しい女, 寒は, 小さいネクタイ屋さん, 小流れ, 小窓, 平和の, 平和を, 広いお, 広い地下室, 床が, 床には, 床の間と, 床の間の, 庵室で, 廊下, 廊下を, 張出窓硝子戸が, 彼方に, 戸棚だけ, 扉は, 押入, 押入は, 押入れに, 押入れも, 敷居に, 明り窓に, 暗がりに, 暗転も, 書架が, 書棚と, 木連格子が, 本棚が, 板敷なる, 栗林家の, 格子と, 框ごと何んの, 棟割長屋に, 欄干だけには, 沈黙を, 燈り, 燈火も, 片端へ, 片隅に, 狹い, 真中に, 眼前に, 穴を, 空家が, 空間を, 窓そこには, 窓である, 窓の, 竹垣, 縁側は, 置炬燵に, 背後に, 腰の, 腰掛後, 茅屋のみ, 蚊帳の, 距離が, 距離で, 距離とか, 路地, 近さ, 道中恙なく, 部屋を, 鉄部屋が, 門が, 間口で, 間隔が, 間隔を, 障子に, 障子外より, 離家を, 頑丈な

▼ 一間ばかり~ (107, 6.3%)

10 離れて 3 向うの 2 さして深く, 先に, 先へ, 前に, 前へ, 向うに, 歩いた, 水に, 行き過ぎてから, 跳ね飛ばされ

1 [74件] あとを, ある小河, うしろの, かなたへ, ずんずん先, そろそろと, づゝ上流の, で入口, で行き止り, とびのいた, なれど, ひょろひょろと, ひよろひよろ, 下が, 低くなっ, 側まで, 傍に, 先が, 先で, 前で, 前途の, 向へ, 土間に, 塀の, 天井と, 左へ, 廊下の, 引きずられると, 後の, 後ろ入口の, 手前に, 手前へ, 手前まで, 投げられたる其処, 掘ると, 横に, 歩いて, 残つてゐる, 汽車の, 流れたかと, 犬かきを, 登りました, 登りましたが, 砂土が, 空中に, 筵を, 蘆が, 行き過ぎた娘, 行ったかと, 行った所, 跌, 距てて, 身を, 退くと, 逃げた, 這って, 遣違えに, 間を, 隔った, 隔って, 隔てたところ, 隔てて, 隔りぬ, 離れた, 離れたところ, 鞠の, 飛びしさった米友, 飛びしさりました, 飛び足, 飛び退いて, 飛び退きました, 飛び退りて, 飛退っ, 高いと

▼ 一間~ (90, 5.3%)

15 借りて 5 覗いて 3 占領し 2 借りること, 自分の, 見た

1 [61件] あけた, あたえかいがいしく, あたえ今, お貸し, しめきって, どうして抜け出した, のぞいて, のぞくと, へだてた別, へだてて, よく, ピッタリ閉めきった, 三人の, 与へられて, 借りたかと, 偸み, 出て, 出でしとき, 出でぬ, 出で立ち給, 区切り古風, 占めて, 取り散らした儘, 四人に, 巨勢に, 彼女は, 思ひ出した, 思ひ出すこと, 拝借し, 拝借致す, 振り向いたのみ, 掃き出しながら, 探って, 措いて, 早水藤左衛門は, 案内し, 横に, 清掃し, 清算し, 為切っ, 照す, 片付けて, 狭しと, 申訳の, 立てきって, 立て切って, 脱け, 見るなと, 見渡したが, 貸して, 貸し与えてから, 越した隣り部屋, 距てた, 這って, 通りけり, 過ぎて, 閉めきると, 閉め切って, 隔い, 隔てて, 隔てないうしろ

▼ 一間~ (77, 4.5%)

7 もある 4 の欄間 2 の間, の高, ばかりの細い, ばかりの路地, ほどに達し, ほど向う, ほど庇, も離れ

1 [50件] あるか, か二間, くらいの幅, ぐらいで, ぐらいな, ぐらいの廣さ, ぐらゐで庭は, ぐらゐになつてゐる, ずつの距離, だってこれ, なんて長, に一間, に三四尺, に三間, に二間, に足らない, の古, の大, の旅行, の梯子, の水路, の畳床, の窓, の背景, の襖, はあるだらう, はあるだろう, ばかしも行っ, ばかりの円, ばかりの円筒形, ばかりの出窓, ばかりの小さな, ばかりの棚, ばかりの細長い, ばかりの苗代茱萸, ばかりの距離, ばかりの辺, ばかり岸, ばかり登ってる, ばかり登ります, ばかり離れ, ほどもあらう, ほど行く, ほど隔て, もあろう, も描い, も離れた, 乃至二間, 四方ほどの, 許り

▼ 一間~ (69, 4.0%)

3 あつた

1 [66件] あつたらう, あの人, いつも原稿紙, おさむい, おしまいだ, きょうから, しきりに書物, じっとし, それから右側, ひろい, まるで人形, カアテンから, ゴロリと, 七兵衛は, 中に, 人生の, 仕事を, 会見を, 何か, 兩方から, 其処に, 凄い目つき, 刀を, 前に, 十銭一人について, 四五人の, 執り行なわれた, 墨を, 壁は, 天井は, 寒さ, 岩畳に, 庭を, 待つこと, 急病に, 憂鬱に, 暖たかい, 机竜之, 泣いて, 淋しく待っ, 煙草を, 熱心に, 玄鶯院は, 申しわけの, 眼の, 老婆が, 脇息に, 腹ン這い, 若い人達, 葉子を, 行燈の, 衣類なぞを, 見た机竜, 見ること, 言葉は, 貧乏くさい, 返事を, 過ごした, 酔眼を, 重役らが, 長ッ尻, 長押の, 雪之, 青梅の, 駒井と, 魔天の

▼ 一間~ (62, 3.6%)

4 入って 2 導き入れるの, 来て, 通された, 通した, 連れて

1 [48件] はいった, ぽんと, もどった, ようよう行ッ, 上がった, 上がり込んで, 休ませた後, 來り, 入ると, 向って, 呼入れ時候, 喚込ば, 寝る, 導き扨珠運様, 床を, 庭の, 引据え, 彼を, 御慶を, 悠々と, 戻って, 打通っ, 抛り込んで, 担ぎ込みました, 招きて, 招き入れたと, 案内した, 案内しました, 浪目に, 若い男女, 行く, 誘ひ今, 走り入られた, 迎え入れた, 通されて, 通される, 通しけるに, 通しやれ, 通す, 通すお松, 通すよう, 通る, 通るに, 連行其方は, 運ばせて, 陣取って, 集まって, 駈け込んだ人影

▼ 一間ほど~ (44, 2.6%)

5 離れて 2 隔てて

1 [37件] うしろとび, うしろに, おいて, お下がりくださいまし, さしこみて, その男, づつ隔て, はいりこむと, へだてて, ほうり投げて, むこうのう, もうしろ, 上に, 下を, 丸くど, 先に, 先の, 先を, 切り落されて, 前に, 前の, 前へ, 南へ, 塀の, 崖を, 川下の, 手前に, 来たとき, 登って, 築いて, 舞い上がった, 辷り兵衛, 進み出ました, 長い海蜈蚣, 隔った, 離れたところ, 離れてから

▼ 一間ばかりの~ (40, 2.3%)

4 所に 2 丸太が, 所で, 所へ, 所を, 橋一つにも, 石橋を

1 [24件] ところで, ところです, ところを, 丈の, 処で, 前へ, 堤だつた, 小川に, 川幅である, 廊下の, 彼方に, 手前に, 木の, 木橋を, 水底まで, 細い板橋, 角材で, 距離に, 距離を, 路次を, 近さ, 長さ, 間岩の, 間隔を

▼ 一間~ (40, 2.3%)

2 此方から, 離れて

1 [36件] あとへ, あらうかといふ, あり両側, あるまんまるい, あるん, ある杖, ある石, ある車輪, あれば, あろうか, あろうかと, あろうと, がたがたと, はなすおつもり, はなれないところ, ひっそりかん, ふた間も, 下ると, 二間も, 二間もの, 候べき, 先から, 先へ, 向うに, 向ふ, 幅飛びをするといふ話で, 手前まで, 拵へるだらう, 掘り下げると, 歩むと, 登ると, 解放し, 隔って, 離れたところ, 離れた寝台, 高く撥ね上がっ

▼ 一間~ (31, 1.8%)

2 寂と, 相対し

1 [27件] あたかも本丸住居, かれには, こざっぱりした, づして演じ, なれた部屋, 七人詰なり, 下の, 五人詰である, 仕事場で, 何も, 全部蒲團で, 六フィートに, 化粧の, 又ひつそり, 土間一間は, 塩垢離に, 広きを, 新聞が, 明うなりぬ, 明るかった, 棚や, 確かに, 私達の, 秘書役の, 警戒が, 這入って, 雪見には

▼ 一間四方~ (31, 1.8%)

3 もある 2 の空間, ほどの堂

1 [24件] くらいのもの, ぐらいの煙突, ぐらいの真四角, ぐらいの穴, ぐらい畑土, のお化け, の囲炉裡, の地所, の放射状, の湯槽, の炉, の石床, の間道, ばかりだけが私, ばかりの板張り, ばかりの肘掛窓, ばかり水溜, ほどの戦場, ほどの洞, ほどの眞ん中, ほど新しい, もあったでしょう, を明るく, 程の穴

▼ 一間ほどの~ (29, 1.7%)

2 板を, 距離を

1 [25件] うす緑の, その廊下, テーブルです, 三和土が, 入口が, 壁が, 壁を, 家に, 幅の, 手欄が, 水面を, 溝の, 田圃道に, 窓格子の, 竹垣で, 腰高窓が, 蓮根を, 足の, 距離が, 距離まで, 近さ, 闇市だけ, 青大将を, 飾窓の, 高さ

▼ 一間~ (28, 1.6%)

3 ある 2 あつて, 南に

1 [21件] あかるくなる, あって, ある草鞋, いつも母, わるくって, 一円八十銭に, 出っ張って, 十三円八十銭平土間は, 又ひつそり, 四円五十銭という, 外より, 徐々と, 時に取っ, 狭くなる, 産室に, 空いて, 綺麗に, 襖で, 見えたり, 見えました, 間毎間毎の

▼ 一間~ (26, 1.5%)

2 隔てずに

1 [24件] いうと, して, それだけしか, それに, なかった, なり二間, へだたって, へだて睨み合って, 三尺の, 二間半の, 余が, 先は, 取り拡げ間口, 壁を, 奥行を, 思はれるのに, 言つた長い, 隔てぬ所, 離れず油井とみの, 離れた後, 離れないところ, 離れない丸善, 離れぬところ, 離れぬ相手

▼ 一間~ (25, 1.5%)

4 の廊下, の道 3 の道路

1 [14件] ぐらいの小川, しかない, にずっと, に四間, に敷いた, の回り縁, の土間, の押し入れ, の窓, の雛段, の露路, は三間, ほどの露路, を三角

▼ 一間~ (24, 1.4%)

2 しかない, の長

1 [20件] あるいて, しかあるまい, しか隔, であるが, な, に過ぎない, のところ, の低, の堀, の大き, の小路, の所, の押入, の木枠, の深, の細長い, はあつ, もあり, ゐの, 隣りで灰白色

▼ 一間には~ (22, 1.3%)

2 いって, ひる

1 [18件] いつて, さきほどから, すべて陰深, 丸い朱塗, 主客都合四人が, 午の, 壁の, 宿の, 屏風が, 床の間に, 母子の, 窓といふ, 義雄の, 色の, 裏宿の, 足りないん, 重蔵が, 鉄柵の

▼ 一間あまり~ (21, 1.2%)

2 の古, 切られたところ

1 [17件] しかなく, すぐ側, すべるよう, の大, の渠, の距離, の近く, は最後, もあるべし, も後ろ, も投げ飛ばした, も逃げ戻った, も開い, 上ったかと, 引きつけて, 飛び退ると, 高さ四

▼ 一間しか~ (19, 1.1%)

3 ない 2 ない小屋, なかつた

1 [12件] ありやしない, ないこの, ないらしく, ない住居, ない六畳, ない四畳半, ない座敷, ない狭い家, ない裏店, ない部屋, なかった, なくて

▼ 一間から~ (15, 0.9%)

2 琵琶の

1 [13件] この遊魂, つと出, であります, ふいに, 二間に, 二間の, 出て, 姿を, 日野俊基は, 洩れた, 話し声が, 音も, 飛出しまして

▼ 一間きり~ (13, 0.8%)

2 の部屋

1 [11件] ない部屋, の六疊, の家, の小さな, の広々, の廣, の柱, の框, の狭い, の総, らしい家

▼ 一間~ (13, 0.8%)

4 も見えない 2 きに 1 きからは, さえ見え分かぬ, には誰, に平八, の唐紙, は見えない, をも辨

▼ 一間とは~ (12, 0.7%)

2 離れずに 1 いえも, 引っ返さないうち, 歩き出さないうち, 襖一重の, 走って, 隔たぬ目, 離れて, 離れぬ所, 離れぬ迄に, 飛ばず多分

▼ 一間余り~ (11, 0.6%)

2 あるので 1 にも及ぶであろう, に近寄る, のところ, の崖, の後方, もあろう, も深い, も飛び退った, 入ったので

▼ 一間だけ~ (10, 0.6%)

1 であるといふ, 上げて, 壁に, 庭を, 建つて, 灯の, 自分で, 自分の, 襖子が, 通して

▼ 一間隔てた~ (10, 0.6%)

1 上り端の, 六畳から, 六畳に, 向うの, 座敷に, 所へ, 次の間で, 老夫婦, 臺所では, 部屋の

▼ 一間ぐらいの~ (9, 0.5%)

1 ものです, 小路, 広さ, 暗くて, 畑左は, 細荒らし, 長さ, 間隔を, 青大将に

▼ 一間ばかりも~ (8, 0.5%)

2 流れて, 離れて 1 ある手紙, わきへ, 大狼狽, 離れたり

▼ 一間~ (8, 0.5%)

1 にし, の土手, の大石, の空間, の緋羅紗, の高, もあらう, もある

▼ 一間ほども~ (7, 0.4%)

1 あって, ある細長い, あれば, 外に, 行きすぎると, 逃げ延びたかと, 隣りの

▼ 一間~ (7, 0.4%)

1 なる水彩画, 下った時, 切り拔ける, 前に, 奥に, 離れた岸辺, 離れて

▼ 一間置い~ (7, 0.4%)

3 て隣り 1 て向う, て次の間, て隣, て高

▼ 一間程の~ (6, 0.4%)

2 波が 1 幅の, 綸に, 長さ, 高さ

▼ 一間置き~ (6, 0.4%)

2 位に 1 くらいに燭台, ぐらいに並ん, ぐらいに人, または二間

▼ 一間~ (6, 0.4%)

2 り外 1 りの, り下, り戻りしを, り西手

▼ 一間~ (5, 0.3%)

1 一間半, 一間半ぐらい, 一間半ばかしも, 九尺しか, 二間の

▼ 一間ぐらい~ (5, 0.3%)

1 あろうと, のが, はなして, はねとばされた, 切りとって

▼ 一間とも~ (5, 0.3%)

2 離れねえ置床 1 ありません, この際, 歩けません

▼ 一間以上~ (5, 0.3%)

1 の所, もあっ, もしかする, も引こんだ, 潜るに

▼ 一間住居~ (5, 0.3%)

1 から甲府勝手, というの, に決まりん, は蹴破っ, を言い渡す

▼ 一間半位~ (5, 0.3%)

1 なもの, の, の小さい, の通路, の間口

▼ 一間あまり跳ね~ (4, 0.2%)

2 飛ばされた彼, 飛ばされ家屋

▼ 一間ぐらいしか~ (4, 0.2%)

2 ない 1 ないの, 無く奧行き

▼ 一間では~ (4, 0.2%)

1 お銀様, 人の, 奉行の, 憤然と

▼ 一間一間~ (4, 0.2%)

1 をのぞい, を案内, 導かれて, 見て

▼ 一間四方位~ (4, 0.2%)

1 しかない狭い, のお, の大き, の大きな

▼ 一間四面~ (4, 0.2%)

1 なる堂, のお, の堂, の祠

▼ 一間足らず~ (4, 0.2%)

2 ろくな柵 1 の円い, の青大将

▼ 一間あっ~ (3, 0.2%)

1 てそちら, て壁, て真鍮

▼ 一間くらいの~ (3, 0.2%)

1 入口には, 処に, 幅が

▼ 一間ぐらいな~ (3, 0.2%)

1 ちょろちょろした, 大時計, 裏堂が

▼ 一間そこ~ (3, 0.2%)

1 には丸頭巾, に静か, まで迫っ

▼ 一間それ~ (3, 0.2%)

1 から八畳, がお, に破れ

▼ 一間たらず~ (3, 0.2%)

1 の土間, の幅, の路

▼ 一間なる~ (3, 0.2%)

1 処に, 縞毛布の, 處に

▼ 一間ばかりは~ (3, 0.2%)

2 なれたところ 1 どうにか見える

▼ 一間へだてた~ (3, 0.2%)

1 客間では, 方が, 次の間では

▼ 一間ほどは~ (3, 0.2%)

1 なれて, なれ校門, 横に

▼ 一間より~ (3, 0.2%)

1 まろび出, 他に, 聞えぬ

▼ 一間二間~ (3, 0.2%)

2 の小 1 はそのまま

▼ 一間~ (3, 0.2%)

1 にある, に往来, へ出た

▼ 一間廊下~ (3, 0.2%)

1 は一枚板, を書院, を武蔵

▼ 一間あり~ (2, 0.1%)

1 てその, てへだて

▼ 一間ある~ (2, 0.1%)

1 がいづれ, ばかりである

▼ 一間おき~ (2, 0.1%)

1 ぐらいに大きな, に打ちはじめろ

▼ 一間くら~ (2, 0.1%)

1 ゐある巨大, ゐの

▼ 一間くらい~ (2, 0.1%)

1 で徒歩, 手前の

▼ 一間さき~ (2, 0.1%)

2 が見えない

▼ 一間ずつ~ (2, 0.1%)

1 ある位, 部屋を

▼ 一間でも~ (2, 0.1%)

1 二間でも, 小さな爐

▼ 一間という~ (2, 0.1%)

1 ことに, デカバチも

▼ 一間として~ (2, 0.1%)

1 あるが, 計算するなら

▼ 一間とに~ (2, 0.1%)

2 家族十人の

▼ 一間どころ~ (2, 0.1%)

1 に寝かい, をこぎ

▼ 一間なれ~ (2, 0.1%)

2 ば天井

▼ 一間にて~ (2, 0.1%)

1 先生及び, 飮み

▼ 一間にのみ~ (2, 0.1%)

1 垂れ籠めて, 籠り居らんこと

▼ 一間~ (2, 0.1%)

1 二間どっちへ, 二間の

▼ 一間をば~ (2, 0.1%)

1 仏所に, 御寝所に

▼ 一間一分の絵図~ (2, 0.1%)

1 が備え付けられた, に引き直した

▼ 一間~ (2, 0.1%)

1 が二間, はうす

▼ 一間二尺~ (2, 0.1%)

1 ほど切り下げられる, も切り縮められ

▼ 一間借り~ (2, 0.1%)

1 てくれまい, て妹

▼ 一間半あまり~ (2, 0.1%)

2 の溝

▼ 一間四角~ (2, 0.1%)

1 の掘, の箱

▼ 一間~ (2, 0.1%)

1 に小田原, の白

▼ 一間行っ~ (2, 0.1%)

1 ては息, ても二間

▼ 一間近く~ (2, 0.1%)

1 ある, も転がる

▼ 一間間口~ (2, 0.1%)

1 の小さな, をはっ

▼ 一間離れ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ても聞きとれない

▼ 一間~ (2, 0.1%)

2 りの

▼ 一間~ (2, 0.1%)

1 がかり, さ一間ばかりの

▼1* [148件]

一間あいておれ, 一間あったが其処, 一間あまり床板の上, 一間あまり空に浮かぶ, 一間ありますよ, 一間いつもお銀様, 一間おいて隣, 一間からは玲瓏と, 一間からびッくりした, 一間くらいもある杉, 一間ぐらいずつ滑走し, 一間ぐらいで崖の, 一間ぐらいを隔てた障子, 一間ぐらしの貧乏, 一間ぐらゐ離れた所, 一間ぐらゐの流れだつた, 一間こそ客間を, 一間これを奥, 一間ございますの, 一間ごとに高く, 一間すゝむと其処に五分間, 一間せんだって宇津木兵馬もこの, 一間そのとたん敵の, 一間そもそもこの屋敷, 一間それから板の間が, 一間それだけの間数, 一間たつたこれだけの, 一間だけが少しく, 一間だけもと玄關の, 一間だけを毎日二圓の, 一間ちょっと深さ四尺, 一間っきりの家, 一間っきり作爺さんの家, 一間づゝ遅らせるといふ, 一間であったが設け, 一間ですがその, 一間とってくれ, 一間のです, 一間ないし二間に, 一間にぞ住まなと, 一間にだけまだ寝ない, 一間について敷物代五十銭を, 一間につれゆき一隅に, 一間にと床を, 一間にも足りないまでの, 一間に対して敷物代として, 一間のこらず歩いてあった, 一間のれんじ窓, 一間ばかりしか離れて, 一間ばかりずつ上流の, 一間ばかりに近け, 一間へだたった所に, 一間へと引き退がること, 一間ほどしかなかった, 一間ほどへだたって, 一間ほどまで詰め寄りましたが, 一間ほどを距てて, 一間なかに, 一間まで主膳の, 一間ものの本箱, 一間よりもちょッと, 一間らしいすんだ落ち着きが, 一間わがためには, 一間をと誂えて, 一間をはせいで, 一間を通してあちらの, 一間ギリの事務所, 一間一パイの大, 一間一円八十銭平土間が一円二, 一間一尺離れて, 一間一間丹念に, 一間一間楽屋にし, 一間一間雨戸を繰っ, 一間三方がらりと, 一間丸位の大, 一間二円八十銭高土間一間二円二十銭平土間一間一円三十銭そのほか, 一間二枚の襖, 一間二畳が一間, 一間二間それの掲げられ, 一間五人詰の価, 一間仏壇のある, 一間以内のところ, 一間位宛に五本, 一間住宅であるアパートメント, 一間余り行違った時, 一間余り走り退くよと, 一間余り身体を閃かす, 一間余大身の槍, 一間の鉄格子, 一間先二間先一面にあの, 一間八円三十銭ほかに敷物代一間, 一間六尺に餘, 一間六畳二間四畳一間の離家, 一間の夜, 一間切に一人以上の, 一間切りの六畳, 一間十円ばかり, 一間半それに反し, 一間半下之島の沿海周, 一間半二間足らず離れたろうか, 一間半危くも巡査, 一間半口の埃, 一間半奥行二町云い古るされた形容詞, 一間取るとかそれ, 一間四円五十銭というの, 一間四円四十銭高土間三円三十銭平土間二円四十銭但しいずれ, 一間四方あまりの空地, 一間四疊半が一間, 一間壁際を抜ける, 一間多いだけぐらいの相違, 一間に主, 一間の窓, 一間屏風が立て廻し, 一間巾位の中庭, 一間幅位の溝, 一間当りの権利金, 一間往来に面し, 一間へ, 一間忍びの間, 一間手前マデ追イ着イタ, 一間払いて居らす, 一間掛かりと来たら, 一間寝て, 一間によれ, 一間欲しとならば, 一間にいや, 一間煤けた障子に, 一間蒼にな, 一間程も押し流される, 一間は大きく, 一間絹紬の夜具, 一間置いた向の, 一間茶の間と並んだ, 一間薄暗い座敷を, 一間西側があい, 一間貸切厚く待遇, 一間を盡, 一間通しの四本襖, 一間通りにする, 一間通り越して奥まった, 一間遅れて, 一間が出来れ, 一間違つてゐたの, 一間開放した筈, 一間だけの戸, 一間隔たっていた, 一間隔てて老, 一間離れてるか離れない