青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主人公~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

丸~ 丸い~ 丹~ ~主 主~ ~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公
主人公~
主任~ 主君~ 主婦~ ~主張 主張~ 主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~ 久~

「主人公~」 1987, 21ppm, 5354位

▼ 主人公~ (476, 24.0%)

9 ように 4 やうに, ような 3 やうな, 上に, 名の, 名は, 名を, 名前を, 方へ

2 [28件] うちに, かなしく美しい女, どれにも, ゲエルは, 中で, 人物が, 名前です, 姿が, 容貌を, 寝言を, 心の, 心持の, 心理に, 性格を, 手を, 時ならぬ, 書斎は, 書齋に, 横山属でも, 気持が, 王妃なる, 理想を, 生活を, 精神的闘争は, 繊細な, 職業である, 許へ, 頭に

1 [382件] あの優越慾, あまりにも, ありかた, ありのままの, いふがま, お妙, お岩, お話を, お説, かえりを, こと, ことなどが, ことに, ことを, これまでの, ごとくに, さまが, すでに現代, すべての, その本心, それである, ただならぬ氣魄, ために, つつがない顔, つもりにな, ところに, にんじんである, ねずみや, ふっくらした, よりよく生きたい, わかい落語家今松, わななき, アリアです, エゴイズムを, カパディア氏の, コンタリー・フレミング, ジャックの, ジャン・ヴァルジャンも, タイプ, チルチルが, ナルモヴが, ネルリが, ネヴィール嬢に, ノラにばかり, ノラは, バック氏が, ヘルギが, ヘルマーといふ, ベートーヴェン的系統を, ミヤ子, モデルとして, モンゴリア人は, ラスコリニコフが, レミヤハルスカインと, ロジェル・エ・ギャレは, 一人は, 一人ウフラカニヤナと, 一生を, 一身を, 三田という, 下人の, 不安な, 不行跡よりは, 世紀末的思想, 中から, 乗り越えた最大, 事を, 人格化は, 人物を, 人生に対する, 人生への, 人間としての, 人間像までが, 今松, 伝で, 伯爵が, 伯爵海蔵寺三郎が, 住んで, 佐野治郎左衛門なぞという, 何ものかを, 俺という, 個人的情熱の, 個性が, 個性は, 側から, 側近くゐた, 傍に, 催眠術師が, 僚友に対する, 儚い一生, 元素同一なる, 党員は, 全生活感情, 全面を, 八さんや, 内部に, 内面的推移心持の, 写真を, 冷めたさ, 前で, 前身を, 勇少年に, 医者は, 卑劣さ劣等ささえ, 危難を, 友達なる, 反対者は, 口から, 口許は, 吉村に対する, 名が, 名だ, 名で, 名と, 名に, 名ほど, 名も, 名前だ, 名前で, 名前に, 名前にも, 名誉の, 周囲には, 商売が, 善意の, 嘆息で, 国野基を, 境遇と, 境遇を, 墓が, 外なる, 外科医ぶりは, 多くは, 夜叉王という, 大五郎氏, 大人たちに, 大学生が, 大学生は, 大學生, 太鼓手は, 夫である, 奇智, 女という, 女に, 女の, 如く癡愚無明, 妊娠を, 姓名は, 姓名を, 姿だ, 姿に, 姿は, 姿を, 威厳を, 婆さんは, 子供は, 孝子ジョン, 学者名探偵が, 安否を, 実隆の, 家出破婚流浪の, 小粟桂三郎, 小説を, 小間使が, 少年によって, 少年の, 少年サニカが, 少年時代を, 居るところ, 居間は, 居間へ, 山川正太郎だけは, 山犬の, 希望に従って, 席を, 帰ったの, 平九郎を, 年齢を, 幸福を, 幻影を, 幻想に, 建築家の, 強さ, 役を, 後日に, 御機嫌, 復讐は, 心境の, 心持に対する, 心持は, 心持も, 心持を, 心理を, 心理描写を, 心理状態の, 心的状態が, 思いあがった, 思いも, 思ひあ, 思想なり, 性格, 性格に, 性格の, 性格や, 性格やを, 性行より, 性質を, 恐ろしい心持, 恐ろしい苦しみ, 悲劇と, 悲劇性の, 悲劇的な, 意匠の, 意見の, 愛と, 態度は, 態度を, 憂鬱に, 戀人の, 成長とともに, 我がいかに, 持って, 持つて, 持つ方向, 描写は, 教心という, 方の, 日本人の, 暴れ出すの, 書斎の, 末路を, 本当の, 松王を, 柄でも, 栄達の, 様な, 模倣者さへ, 権下に, 歌人の, 正体が, 歩きかたの, 死で, 母も, 母親として, 気づかぬ間, 気分からは, 気分が, 気分は, 気持から, 気持に, 氣持が, 河野ばかり, 波瀾曲折の, 津島修治は, 活躍する, 浪子は, 海千山千的な, 淪落する, 深見氏も, 深見進介が, 源ちゃんは, 為に, 無慾無邪気の, 無技巧, 煩悶の, 熊野を, 父は, 父親, 物悲しい死, 物語よりも, 独白的, 玉置子爵は, 王様でも, 理平も, 生きかた, 生活が, 生活に, 生活の, 生活は, 生活全体に, 生涯の, 用事が, 男が, 留吉を, 病的な, 益田男爵に, 盗賊児雷也を, 眼を, 睡って, 睡つて, 知識人意識人としての, 私生子である, 稱し, 立場から, 立場を, 筆蹟が, 籠城し, 精神が, 精神と, 精神病的な, 素春に, 素朴な, 経て, 経歴は, 結局る, 緊張した, 美少年と, 美貌が, 老富豪, 老父が, 老画家, 考えかたは, 耳辺に, 職業が, 肩さきが, 背の, 背中の, 胡見沢に, 胸に, 胸までが, 脇腹や, 腕を, 膝へ, 自己完成の, 良心の, 若いゴーヴァン, 若い鼠, 若くして寃屈, 若く美しい妻, 苦しみの, 苦悩の, 苦難や, 英国紳士が, 藤吉郎よりも, 藪医者の, 號にもな, 行動を, 行為も, 行雄が, 見聞を, 親友が, 言葉も, 話である, 語り出した所謂, 語る理想, 資格が, 赫耶姫の, 身の上話を, 身持不行儀に, 身辺に, 迷惑には, 逃避と共に, 遊戯的な, 運命に対する, 運命は, 部屋だけが, 郷田三郎が, 醜態を, 鏡葉之, 長尾君は, 階級的人間成長を, 青年が, 青年の, 青年巧者すぎ, 青年時代の, 面影を, 頭脳さえ, 顏が, 顏を, 顔が, 顔の, 顔を, 顔貌が, 風流に, 風貌との, 香代を, 鬼三郎に, 魂と, 魂に, 魂の, 黒い影, 鼓賊と

▼ 主人公~ (274, 13.8%)

3 ない

2 [19件] あしたには, いつも彼自身, えらくなく, みんな金に, もはや第, やがて平凡, 何の, 女を, 女教師, 如何に, 惚れないうち, 愛情の, 新作家, 日本一どころか, 縁側へ, 自分の, 虚栄心や, 銅像に, 隣の

1 [233件] あたかも切り札, あの通り単純, あるいは僕, いずれも, いたづら, いつまでも, いつも自分自身, いつも辻褄, いまや追放者, お出, かんかんに, ここは, こちらです, このとおり高等学校, このところ, このよう, この村, この西洋間, これで, これも, ころが, さっそく知事夫人, しかしいいかげん, しののめの, じつは昌造, すべてを, すべて之であった, そういった, その主人公, その原則, その奥, その妻, その尨大, それから後, それぞれ一同の, そんな時計, た, ただもう, だから, ついに地主館, ついに寝言, てんでそんな, どういう理由, どういふ, どこに, なにか室内, ひどく自分, ほかならぬ, みんな年とっ, むしろ孝謙天皇, もう匙, やはり女, やはり道徳的不感症者, ゐなかつた, インテリゲンチアです, ウンとも, エゴイストだ, オスタップ・ベンデルという, ジャックという, セムシの, ソヴェト同盟の, ダンサー陽子であろう, チエホフの, ディーダラスで, ニューイングランド出の, フランス革命である, ボルシェビクである, マリアでなけれ, レオナルドオ・ダ・ヰンチなりき, 一人ならずある, 一人の, 一人昌造のみ, 一場の, 一秒ばかり, 世間の, 二月ばかり, 京水即, 今兀, 仏国大統領の, 伝説では, 何か, 何処に, 何時までも, 作者の, 作者自身である, 依然として器械台, 僅に, 初めちょっと, 初子で, 刺戟によ, 勿論も, 北川町の, 北風の, 医者の, 卑俗な, 占師の, 即ち作者, 反省といふ, 取り立てて, 口を, 名を, 君とは, 唯軽蔑, 外套を, 多くの, 夜明けに, 夢とも, 大いに笑い, 大きな荷物, 大分滑かにな, 大江山の, 大満悦, 大自慢, 天真爛漫に, 女優では, 女性であろう, 学者, 宗教家自然現象の, 客間の, 家政婦らしい, 宿無しの, 小さい赤ン坊, 小や, 小田家の, 少女では, 少年である, 山頭火た, 差引き大した, 常に道徳的薄明り, 弁護士事務所を, 影響力の, 彼の, 従兄と, 微かに, 心細いこと, 必ずしも貞女, 必ず歌, 忍野半三郎と, 思わず一歩後, 恋愛を, 恐らく不安, 恐らく不安ぢ, 惨めな, 我々の, 我儘に, 我等読者を, 或る, 或精神的, 掌に, 旅行に, 既に中年, 日本の, 日本橋の, 早速老婆, 時々それ, 時代が, 景岡秀三郎, 最後に, 有名な, 机の, 松木亮二郎その, 桜の, 椅子から, 椅子にかけて, 楽天家だ, 概ね薄志弱行, 武士に, 死んで, 母で, 毎月金を, 澁い, 無駄な, 熊本で, 猟師で, 猩々である, 猿飛佐助百地三太夫霧隠, 王様と, 理性に, 理想化された, 生涯の, 申しますが, 畫家である, 異常心理の, 痛くも, 直覚する, 眉を, 真に迫りすぎ, 知って, 神を, 祭文語りであっ, 私でない, 私では, 私と, 私な, 私の, 私好みの, 童話の, 答弁の, 節子に, 精神異常だ, 経歴ある, 継娘と, 美しい少年, 考えて, 肺を, 肺結核に, 自分にだけ, 自分には, 自叙伝的無, 自身の, 若い奥さん, 苦労人と, 行方不明に, 見つむれば, 見るも, 観音の, 言う, 語る, 酷薄ムザンな, 釈放を, 長く東洋, 附加へ, 雑踏の, 非常に, 革命的精神に, 音樂家の, 領主の, 頻りに飯, 顔面並びに, 馬や, 駕籠より, 高まいなる, 魅力ある

▼ 主人公~ (260, 13.1%)

12 自分の 3 何を, 出て

2 [17件] あって, こんな所, こんな淋しい, それを, ひところはやりの, 元旦に, 家庭に, 牢屋で, 独りで, 男が, 病床の, 盗んだ金, 美しい夫人, 裸体画を, 言って, 赤い顔, 遠い旅

1 [208件] ああした, あったろうか, あやなされて, あらわれて, あゝいふ風, いかにも深い, いないと, いますね, いまわの, いるので, うんと働い, お家の, かつかつ六等官, かねて, くっついて, ここでも, ここを, このまち筋, この方面, この白銅一個, さっさと踵, さっそく立ち, さほど怪奇, さも甘ったれる, さア, すぐ出征, そう慎しん, そこに, その女主人公, その心, その親, その野霧, だんだん幻想的, だんだん箔, ついうっかり, でぶでぶ肥っ, どういう計画, どれも, どんなに激昂, どんな武装, なければ, なにを, ふっと眼, ふんべつ顔, ほかならぬ画家, ほとんど世, ゆつくり, よかったら泊っ, よく酒, われわれに, ゐなくなる, アマチユーアといつても, アリョーシャと, シッカリし, シャンパニエの, スヰッツルを, タバコを, ペラペラと, マスクを, リベラリストである, ヴァン・タッセルの, ヴニズの, 一人の, 一人浮かび出し, 一冊の, 三味線の, 世にも綺麗好き, 乗込んで, 亡き父, 亡びてから, 今お鳥, 休暇で, 何で食っ, 何人である, 何処かに, 使つてゐた, 例の, 信子と, 入り替る場合, 其の女主人公, 前後姿を, 勤労生活の, 即ち二人, 厄介な, 受けとったこと, 受けとつ, 団十郎であった, 困って, 困つて, 外国から, 大いに羨ましかっ, 大きな聲, 大阪太陽新聞主催の, 夫を, 女で, 女と, 女主人公, 女優の, 如何なる成功, 学問上の, 対象と, 小さい声, 小間使を, 屍体そのものもしくは, 屍体に, 常に女性, 平生あらゆる, 年とった, 幻想を, 店の, 役所から, 彼女の, 待合入りを, 御飯と, 心ならずも置かれ, 必ず, 必要なら, 念仏者自身な, 怪しいとは, 怪我を, 惱んだり, 懐中へ, 或る, 戻つて, 手近に, 描かれて, 放浪の, 文芸なぞを, 旅中に, 昔の, 本人は, 来たがらないんで, 検出せられた, 次第に狂的, 死と, 死ぬところ, 死んで, 殺人を, 比較的リアリスティック, 汚らしい蒲団, 泳いで, 洋行から, 活躍する, 流轉の, 無人島に, 無気味な, 父や, 父平助でなく, 片腕を, 現われる, 生きて, 生まれつきそれ程, 田舍言葉で, 男で, 留守に, 番台で, 異る, 疑わしい点, 病気か, 病的であった, 盗人に対し, 盛んに, 目前に, 盲目で, 禅学趣味を, 私に, 私生児を, 穴蔵へ, 突き拂つて席を, 突然中途, 窓から, 窓ぎわで, 立去ると, 経験した, 続いて, 罪の, 背後を, 脱ぎ去られた跡, 腰元の, 膳を, 自分からは, 自己完成を, 自殺する, 舌戦を, 舞い出す, 苦境に, 草原に, 荷車の, 薄志弱行に, 行きます, 袖で, 読者の, 貯金勧誘に, 赤ん, 辻本という, 辻本といふ, 近世の, 部屋の, 部屋借り, 郷里へ, 銀座へ, 開会の, 頗る手相学者, 風土の, 飄逸な, 食事を, 食前祝福の, 首を

▼ 主人公~ (166, 8.4%)

22 して 12 なって 5 扮した 4 しても 3 したもの, しなければ 2 した小説, し僕, し大体三十余り, すること, なったよう, なり更に, 夢物語を, 比べると, 見出した魅力

1 [99件] いわせて, お酌, かれは, こういう風, したおおげさ, したお話し, したがるん, したくは, したの, したリデンプション, した一幕物, した可憐, した史劇みたい, した映画, した脚本, した青年, してね, しなくては, しよう, しろこの間, する, するの, するもの, する作者, する非常, そのこと, そんな家族, ちがいない, ついて行くこと, なさらなければ, なつた, なつたらしい, なられると, ならんとは, なり済まし現在, なるゲニヴィア, なる事, なる人形, なる資格, なろうと, なろうとして, はじめ冷たく, ぴつたり合つた, ふさわしい名前, ママは, モデルが, 云わせて, 仕えて, 仕立てたり, 仕立てる必要, 何か, 作為された, 再び会う, 分らなかったの, 勇気を, 取りしには, 取扱つた, 同情した, 向かって, 好んで, 就きて, 屡々シルヴィヤ, 差出す, 常にその, 年を, 得意を, 心を, 扮し, 扮するため, 扮するは, 扮装する, 挨拶を, 捉へて, 於て, 溶け込んで, 無条件の, 生きた人間, 碩寿翁の, 私はなつた, 結婚しない, 絶大の, 老人を, 肉体感を, 肖て, 脅やかされ, 自分を, 至っては, 至つては, 至るまで, 致されて, 花といふ, 芸術家も, 躍りかかると, 迎えて, 返して, 選ばれたの, 静かに, 類型が, 魅力ある

▼ 主人公~ (125, 6.3%)

7 なって 6 した小説 3 した, なったの 2 されて, したもの, したる本篇, して, なつて, なること, なるの

1 [92件] いうが, お客とは, これを, したけれども, したそれぞれ, したの, したものの, したり, した人情噺, した伝記小説, した夢幻的, した物語, した長い, し之, し私, す, すべき或, するいくつ, すること, するの, するもの, する事件, する六幕, する大, する大きい, する岡崎, する恋愛, する方針, する近代的, する連作短篇, そして帆村, その一族, その主馬之進, その乗馬, その環境, それを, である, なしたるもの, なし之, なすべき婦人, なった, なった梟, なった者, なってからは, なつた, なると, なるべき筈, なるもの, なる世界, ほぼ似た, バッタリ顔を, 三藏の, 世間話を, 主人公との, 云うの, 云う位置, 作者とが, 使われる女達, 傍系人物とが, 別れて, 同じくらいの, 同じよう, 同じ名, 同じ貴族的, 同名なり, 同等の, 呼んでは, 喧嘩を, 壁一つ隔てた, 夫人は, 女主人公が, 女主人公の, 寸分違わなかった, 彼女の, 思われる緞子, 手に, 洋琴を, 深く交, 源三郎さんと, 為り而, 爲り, 看做すべきもの, 知合に, 考へたがる人, 見えるの, 見做, 談判を, 運命を, 違って, 関係した, 面目を, 音川という

▼ 主人公~ (112, 5.6%)

6 して 3 とおして 2 やって, 何う, 演った, 苦しめて

1 [95件] いたくまごつかせた, いたはりたい心, いたわりたい心, いつの間にか今, お客さんに, からかって, さも人間, した女優, した男, しっかり支え, たいへん恋い慕っ, たすけるという, たすけるといふ, できるだけ文学臭, できるだけ文學臭, ひそかに, ふと胸, めぐる家族関係, もった長篇, やつて, やる事, アルジェリーへ, クリスマスの, スマートな, ピカ一に, モオリアックは, モンティオン賞の, 一ばん性の, 一固めに, 三条西実隆に, 中心と, 中心として, 以ツて, 作る可, 使って, 働かせしもの, 出して, 出す喜劇, 動かして, 勝手に, 勤めた, 勤める, 匂は, 十年間も, 原作通り女に, 口先だけ, 叩くべきだ, 君は, 小説の, 常に女性, 徒らに, 忠義の, 思はせるやう, 愛して, 慈愛心の, 慰問する, 持った一つ, 描きつつ, 描き出した女らしい, 支那人のみに, 書いたから, 書いたとだけ, 東京へ, 桜町中納言と, 清盛と, 演つた, 演る, 現実の, 生そうか, 突ッ放し, 竹林の, 築き上げた, 簡単に, 置かないでも, 聯想した, 胴上に, 腹の中で, 自分が, 自分に, 自由自在に, 芸術の, 苦しめた様, 衷心から, 見いだすこと, 見た, 見て, 見やった, 見失つて, 誠実な, 迎えた, 造り上げる, 遊廓内に, 選んだの, 闇討に, 題材に

▼ 主人公である~ (50, 2.5%)

2 ことが, ことを, 白痴の

1 [44件] あの快闊, あの画家, お力は, かのやう, が, ことは, その画家, とそう, アメリカ人が, サラミヤ姫な, セエラに, デンマアクの, ラニー・バッドとは, 一個の, 一武士が, 亀田という, 会社側に対しては, 余の, 先生の, 前衛が, 女と, 妻たる, 娘が, 少年が, 悧溌な, 房一の, 机竜之, 浦和充子が, 父の, 画家が, 発明家チュダコフと, 盲人の, 私の, 私生子の, 自分だけは, 自己犠牲的な, 若い未亡人, 詩人シヤナアンは, 針目博士か, 限りは, 青年が, 青年ペーターの, 青年闘士が, 高間房一の

▼ 主人公たる~ (33, 1.7%)

2 僕は, 彼も, 皇帝に

1 [27件] この民衆, の感, を以て人口, ストックマンには, パリー貴婦人の, 二組の, 人間にと, 伝説的人物の, 優越的地位を, 卑彌呼女王の, 単細胞が, 君が, 哀れな, 少年の, 当人で, 民衆だ, 無双の, 獅子と, 男の, 老大医, 脳髄を, 自己の, 自身が, 若者が, 英雄らを, 豊と, 貴夫人

▼ 主人公として~ (31, 1.6%)

1 [31件] お目見得させた, こくめい, この資格, その作, その家庭的苦境, その苦悩, それに上野, イタリー系の, メレジェコフスキーが, 世も, 伝説的の, 作ったもの, 兎の, 動物の, 女の, 当代並ぶ, 想像する, 描いた最近, 描き出して, 書かれた物語, 書かれるのに, 書こうと, 現れたお, 現実的な, 童話を, 考へて, 自身の, 芸術化される, 見られた女性, 謂ゆる, 起されたそんな

▼ 主人公たち~ (27, 1.4%)

1 [27件] がさまざま, がそれぞれ多数, が一ぱい, が一定, が常識, が生まれる, が通り過ぎ, のこと, のよう, の伝奇的, の内的成長, の悲しい, の有閑者, の長い, はこん, はその, はほとんど, は今, は書きつぶし, は自身, は近所, をこっそり, をこつ, をふと, を必要, を想像, を法廷

▼ 主人公~ (25, 1.3%)

1 [25件] あのよう, いて, さうであるが, ただの, ただ優美, なくただ, また多年, また私, 主人公に, 再び馬車, 嘉門も, 型の, 奥さんも, 妻君も, 客人も, 家内も, 常にこの, 折ふし此の, 橘之, 洋行する, 漂遊を, 細君も, 起きて, 飮む, 鶴子さんも

▼ 主人公~ (15, 0.8%)

3 のだ, のである 2 のです, んです 1 ので, のであった, ので彼女, ので私, んだ

▼ 主人公~ (14, 0.7%)

2 副主人公, 風景を 1 その他に, その細君, 事件の, 例えば, 半主人公, 女主人公, 少なくともパリー, 相手役端役の, 細君と, 誰

▼ 主人公~ (12, 0.6%)

1 [12件] あつて, あらう, その題, 両親も, 他人が, 例の, 偽善者の, 彼女が, 既に一年半以前, 私は, 紛紜した, 美貌の

▼ 主人公には~ (12, 0.6%)

2 英雄が 1 お構, ならないね, まだあの, ラスコオリニコフとか, 一つの, 一体どんな, 季の, 成長も, 撃退される, 高潔な

▼ 主人公~ (9, 0.5%)

1 からどこ, から世にも, から彼, が以前巴里, つたのである, という, ということ, ともいえる, と思ってる

▼ 主人公なる~ (9, 0.5%)

1 が如く心得, この古銭蒐集家, イバンの, 三枚目俳優が, 將軍を, 櫻木海軍大佐の, 者が, 貴い女性, 間貫一が

▼ 主人公~ (9, 0.5%)

1 だったと, である, と共にその, によって表面上, の悲劇的, の苦悩, は私, は総て何, よりももっともっと

▼ 主人公では~ (8, 0.4%)

2 あるが, ないという 1 いけない, ないと, なかった, なしに

▼ 主人公とは~ (7, 0.4%)

1 せず馬琴, それが, また異なる, 全く別人, 撓めんと, 独立に, 見ず相互

▼ 主人公とも~ (6, 0.3%)

2 いうべき人物 1 いうべき義経, 見える水, 言える恰好, 言へる

▼ 主人公にも~ (6, 0.3%)

2 しまほしき美し 1 あなたの, かかる形, 似て, 手紙の

▼ 主人公という~ (5, 0.3%)

2 ものは 1 のは, ものが, ような

▼ 主人公に対する~ (5, 0.3%)

1 ような, 作者の, 倫理批評と, 倫理批評は, 抜きさしならぬ

▼ 主人公自身~ (5, 0.3%)

1 がいかに平然と, が熊野, でなく其親近, の過去, を権現

▼ 主人公たり~ (4, 0.2%)

1 しアウレリア, し印度人, 得ること, 得るの

▼ 主人公との~ (4, 0.2%)

1 漫画, 間に, 間の, 関係も

▼ 主人公南家藤原郎女~ (4, 0.2%)

4 の幾度

▼ 主人公葉子~ (4, 0.2%)

1 に対して示した, の感情, は自分, をとらえる

▼ 主人公~ (3, 0.2%)

1 かみさん小豆島から, ふみの, 美代に

▼ 主人公だった~ (3, 0.2%)

1 がラジオ, のだ, 人間が

▼ 主人公としての~ (3, 0.2%)

1 他偏見無しには, 何か, 意義が

▼ 主人公としては~ (3, 0.2%)

1 人情も, 優しいもの, 面白い存在

▼ 主人公などは~ (3, 0.2%)

1 やはり病的, 善人の, 新派の

▼ 主人公らしい~ (3, 0.2%)

1 微笑が, 怪人物を, 調子を

▼ 主人公クライド~ (3, 0.2%)

1 が愛人, にとってのりこえられなかった, のよう

▼ 主人公ジャック~ (3, 0.2%)

1 の人間形成, の成長, は真実

▼ 主人公夫婦~ (3, 0.2%)

1 が現実, として現われる, の夢みる

▼ 主人公~ (2, 0.1%)

1 作者自身か, 分らなかった

▼ 主人公から~ (2, 0.1%)

1 冷淡に, 突然

▼ 主人公こそは~ (2, 0.1%)

1 当時の, 彼

▼ 主人公さえ~ (2, 0.1%)

1 よければ, 彼女に

▼ 主人公その~ (2, 0.1%)

1 人ならずや, 人を

▼ 主人公そのもの~ (2, 0.1%)

1 が没義道, も一人

▼ 主人公であった~ (2, 0.1%)

1 こと出来栄えは, 時分の

▼ 主人公であり~ (2, 0.1%)

1 又同時に, 画業何十年かの

▼ 主人公であるべき~ (2, 0.1%)

1 自分が, 資格を

▼ 主人公です~ (2, 0.1%)

1 か, ね

▼ 主人公といった~ (2, 0.1%)

1 ような, 風な

▼ 主人公といふ~ (2, 0.1%)

1 ものも, ものを

▼ 主人公と共に~ (2, 0.1%)

1 この作家, トリックを

▼ 主人公などに~ (2, 0.1%)

2 一種の

▼ 主人公なり~ (2, 0.1%)

1 しなる可, 其他の

▼ 主人公はね~ (2, 0.1%)

1 二時に, 容だい振

▼ 主人公ほど~ (2, 0.1%)

2 老獪な

▼ 主人公みたい~ (2, 0.1%)

1 な名, な解釈

▼ 主人公~ (2, 0.1%)

1 まで勅命, を知っ

▼ 主人公をば~ (2, 0.1%)

1 必ずしも設けず, 遊子とか

▼ 主人公ゼッド・ラッシャー~ (2, 0.1%)

1 は作者, を方々

▼ 主人公ラスコルニコフ~ (2, 0.1%)

1 が金貸, のうち

▼ 主人公一人~ (2, 0.1%)

1 の実感, より居ない

▼ 主人公上月~ (2, 0.1%)

1 が時に, は長い

▼ 主人公以下~ (2, 0.1%)

1 ことごとく架空, 悉く架空

▼ 主人公以外~ (2, 0.1%)

1 の人物, の者

▼ 主人公其人~ (2, 0.1%)

1 と客観的, と運命

▼ 主人公梅田十八~ (2, 0.1%)

1 が遂に, はお

▼ 主人公梨花~ (2, 0.1%)

2 を見れ

▼ 主人公~ (2, 0.1%)

1 にいえ, に分け

▼ 主人公豊原~ (2, 0.1%)

1 が如何なる, の思想

▼ 主人公金定等~ (2, 0.1%)

2 は悉

▼ 主人公鳰鳥~ (2, 0.1%)

1 の方, はその後

▼1* [177件]

主人公がをさな, 主人公ことに光栄ある, 主人公この二人は, 主人公へ多く, 主人公さだ子が一, 主人公それを持ち出し, 主人公たち人間の内面的発展, 主人公たる者が其曲, 主人公だつたので呆れ, 主人公であってもみずから, 主人公であるらしいシェーパードが, 主人公である如く空想裡の, 主人公でないとすれ, 主人公でなくほんとうの, 主人公でもあるし知己, 主人公とか独往などと, 主人公とが混同した, 主人公とさえなった, 主人公としても差支の, 主人公とともに苦しみ共に, 主人公となツて, 主人公とまでもなったの, 主人公なかなか風流人と, 主人公などを持って, 主人公なんかを思って, 主人公にてセリメーヌは, 主人公にと云ふんぢや, 主人公にとっての雑多な, 主人公になつてし, 主人公にまつわる運命の, 主人公に対して倫理的批評を, 主人公のせゐだつたのである, 主人公ひろ子のその頃, 主人公またしかり, 主人公もしくは作中の, 主人公やを標準に, 主人公よりもや, 主人公らしく見えたのでしょう, 主人公わたくしという人物, 主人公を通して我らに, 主人公アサとの対照, 主人公アベ・コワニヤアルを想, 主人公アルセストに扮, 主人公アレクセイ・フョードロヴィッチの価値, 主人公アレクセイ・フョードロヴィッチ・カラマゾフの伝記, 主人公アンさんは日曜日, 主人公アンネットです, 主人公イリンスキーが笑劇, 主人公エセルレッドが隠者, 主人公エネエアスが乳媼, 主人公エルシーニンが第, 主人公コッペ先生が門, 主人公サビイヌを不朽, 主人公シッダールタは釈尊, 主人公ジァン・デ・ゼッセントが愛吟, 主人公ジェルヴェエズに扮する, 主人公ジム・ホーキンズから一時的, 主人公ジャンヌの運命, 主人公ジャン・バルジャンの飢え, 主人公ジュリイの役, 主人公テレマコスに該当, 主人公デスデモーナの運命, 主人公トパアズの役柄, 主人公ドミニックの生活, 主人公ネフリュドフに比べ, 主人公フェル博士の, 主人公フサコがやつ, 主人公プロレタリア発明家はチュダコフ, 主人公マルコフが作者, 主人公マルテ・ラウリッヅ・ブリッゲを指し, 主人公マルトにはたしかに, 主人公マーリニが密室講義, 主人公ムウトンと之, 主人公メリサンヌの役, 主人公ヤリウスの秘密, 主人公ラスコリニコフの心理, 主人公ラデック青年は天才的, 主人公ラニー・バットはフランス, 主人公ラヴィックが人間らしく, 主人公ルイザの熱誠, 主人公ルスタムと同じ, 主人公レオナドダヴィンチの独身生活, 主人公レンは支那, 主人公ロシヤのエカテリイナ女皇, 主人公ロベールの一人きり, 主人公ロマショーフ少尉は実に, 主人公ワイラー氏が大きい, 主人公ヴィオレエヌの惜しげ, 主人公下士官ブリシベエフ的な, 主人公之助, 主人公にて尤も, 主人公主人公と三藏, 主人公今日は特に, 主人公仙三は所謂良心的, 主人公の年輩, 主人公侠賊リユパンが柔術, 主人公個人の内的経験, 主人公のもの, 主人公光源氏の母桐壺, 主人公助次郎の如く, 主人公勝夢酔である, 主人公半七の名, 主人公半蔵の悲喜, 主人公即ち本人と, 主人公右京次郎が現われた, 主人公呉一郎の花嫁, 主人公土屋庄三郎昌春は実に, 主人公埃及の女王クレオパトラ, 主人公へ出, 主人公夢子の數奇, 主人公大黒屋のみどり, 主人公太田なるもの, 主人公太田豊太郎がベルリン, 主人公女主人公たちはこん, 主人公宗一の移民, 主人公小畑耕二の視点, 主人公山河幾太郎という探偵小説家, 主人公左衛門太郎夢酔入道であること, 主人公に殺人, 主人公を世に, 主人公或は副主人公, 主人公探偵は大, 主人公政右衛門は彼自身, 主人公旗本の藪紋太郎, 主人公明子の苦悩, 主人公月君これを輔, 主人公有村恒太郎を如何, 主人公朝子の姿, 主人公本位にできた, 主人公本木六世三谷氏系圖では第, 主人公本木昌造はどう, 主人公梅川忠兵衛や小, 主人公榕子の人間性, 主人公正宗菊松氏の胸, 主人公河野と云う, 主人公みるはなし, 主人公深見進介の苦悩, 主人公とても元気, 主人公源氏はその, 主人公滝人の絶望, 主人公独りが料理屋, 主人公的人物が時代時代, 主人公に浮き立っ, 主人公石田昇さんの話, 主人公種田順平が世, 主人公は異常, 主人公篠原良平が仙台, 主人公継娘であった, 主人公緑平さんは今更, 主人公美しきシンデレラでは, 主人公羽左衛門が愛読, 主人公自ら然う, 主人公自ら読書を奨励, 主人公自身我等の借りてる, 主人公若しくは女主人公の, 主人公苦沙弥先生と同じく, 主人公荘子ならん, 主人公莫連お広, 主人公菱川重信の画風, 主人公薫大将の出生, 主人公覚えてい, 主人公謙作が京都, 主人公赤格子と後年字名, 主人公迷犬を書斎, 主人公通り二時になったら, 主人公達少年少女としての朧ろ, 主人公野田その他の性格, 主人公銭形平次については私, 主人公鏡葉之助, 主人公長井代助の性格, 主人公雉本静也が失恋, 主人公雑誌の経営者, 主人公雛妓かの子はこの, 主人公鞠信及びその, 主人公順慶は内心秀次, 主人公駒井の室, 主人公駿介にとって最も