青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主として~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

中心~ 中村~ 中途~ 中間~ 丸~ 丸い~ 丹~ ~主 主~ ~主として
主として~
~主人 主人~ ~主人公 主人公~ 主任~ 主君~ 主婦~ ~主張 主張~ 主義~

「主として~」 2371, 26ppm, 4555位

▼ 主としてこの~ (77, 3.2%)

5 点に 3 方面の, 種の 2 ものが, オプティミズムの, 意志である, 点で, 點に

1 [56件] 一科目を, 下層民と, 不安を, 事件の, 二つの, 二人の, 前の, 労力の, 古屋敷に, 品を, 商人達を, 問題が, 地位の, 基金の, 妨げの, 学の, 家内いっさいの, 寺の, 小さい組, 岩礁地帯である, 工業的労働の, 幸福または, 思想に対する, 手首の, 技術水準という, 支那人の, 改革に関する, 敵方の, 文学の, 文学的な, 新組織, 方面から, 時の, 時代から, 時代の, 最後の, 木の, 極めて大切, 極西の地に, 泉の, 流行を, 港から, 点を, 理由から, 疝痛の, 精神に, 統一運動が, 職業教育が, 華麗さは, 被害を, 言葉の, 部分に, 重い首枷, 附近の, 高く揚げる, 高畑である

▼ 主としてその~ (46, 1.9%)

2 うちに, 句の

1 [42件] ところに, 一つだけが, 事に, 体上に, 作品を, 内容如何である, 利害を, 剰余生産物の, 力に, 北山なる, 名称が, 国の, 国土の, 土地に, 地中に, 天井から, 実験室に, 家々の, 寄宿学校を, 差別待遇から, 形式体裁の, 徒及び, 御養父様, 方面に, 明晰に, 暴動に, 本の, 材料を, 果実を, 点から, 点を, 環境であった, 用語と, 真理原則を, 組を, 肝心な, 芸術史的見地より, 表現法に, 覆滅の, 鑑定の, 香気が, 點に

▼ 主としてそれ~ (18, 0.8%)

2 は人間, への肉付け

1 [14件] なの, によって土地, に合う, に舞, は作品, は卑猥, は社会, は衣裳, は過去, へ, よりも前, より何年, をもって維持, を感性的

▼ 主として~ (18, 0.8%)

1 [18件] ゐたの, ガンダーラ美術であった, 下層階級の, 五穀豊穣を, 在来の, 大阪へ, 小学校を, 屑米, 山の神荒野の, 常世と, 彼の, 東北の, 楽器を, 歌が, 母親が, 海岸から, 爰に, 石体です

▼ 主として日本~ (15, 0.6%)

2 の陶器

1 [13件] が支那, で通用, の在来, の小, の復興状態, の数学史, の文字文章, の景色, の歴史, の民衆, の海軍軍人, の軍関係, 乃至日本文化圏

▼ 主としてこれ~ (12, 0.5%)

1 [12件] である, にかかる, に依る, に光, に当, に用いられる, に関する者, を世界, を擔當, を現, を石油ランプ, を調べた

▼ 主として~ (10, 0.4%)

2 の政略, の趣意 1 に存ず, の岩礁地帯, の相互作用, の素晴らしい, の職業教育, の行

▼ 主として~ (9, 0.4%)

2 の一生, を現在保存 1 が発言, と宿, の性格境遇, の抱い, の案

▼ 主として農業~ (9, 0.4%)

3 に向けられ 2 に従事 1 から生じた, に向けられる, に注がれる, を生活

▼ 主としてここ~ (8, 0.3%)

2 にある 1 から来, から生まれる, で話題, で飲食, にあった, に由来

▼ 主として小説~ (8, 0.3%)

1 だけ書き, でその, とか絵, と戯曲, について論じ, の構成法, を書いた, を書く

▼ 主として~ (8, 0.3%)

2 の芸術 1 がもっ, の人間, の父親, の資金, の鼻ヒゲ, れの

▼ 主としていた~ (7, 0.3%)

1 がしかし, としてもともかく, のが, ので, のであまり, のである, ように

▼ 主としてドイツ~ (7, 0.3%)

1 とフランス, に向, に往く, のグナイスト, の哲学, の哲学書, を指した

▼ 主として~ (7, 0.3%)

1 で造つた器物, に穿, のごとく, の刃物, の刄物, 彫であって, 彫として

▼ 主として社会~ (7, 0.3%)

1 なの, による道徳的統制力, に於ける, の問題, の圧迫, の最, 乃至歴史

▼ 主として自分~ (7, 0.3%)

1 の一生懸命, の古代東洋, の好, の文化学院, の発見, の見聞, の身辺

▼ 主としている~ (6, 0.3%)

1 うちに, それから小伝馬町, のであります, のでいわば, のでしょう, 釈迦は

▼ 主として労働~ (6, 0.3%)

1 によって生産, により生産, に対する有効需要, の支持, の生産物, の真実労賃

▼ 主として支那~ (6, 0.3%)

1 からの絹糸, で鬼, に起原, の文字, の生, を中心

▼ 主として知識~ (6, 0.3%)

3 の立場 1 とその, の問題, の形式

▼ 主として若い~ (6, 0.3%)

2 連中が 1 女女学生と, 女性, 娘だけが, 細君や

▼ 主として~ (5, 0.2%)

1 その姿, もので, 流れは, 義務が, 話では

▼ 主として人間~ (5, 0.2%)

1 と最も, の靈魂, を幸福, を高尚, 実際の

▼ 主として~ (5, 0.2%)

1 がやった, が実地踏査, の作品, の手伝い, の此性質

▼ 主として全く~ (5, 0.2%)

1 内容の, 別個の, 宝石の, 語意の, 韻律の

▼ 主として~ (5, 0.2%)

1 作家の, 個人の, 天皇史の, 方面の, 職場における

▼ 主として居る~ (5, 0.2%)

1 ところ実に, ばかりで, ものであります, 是が, 是れ

▼ 主として彼ら~ (5, 0.2%)

1 がシナ人, が牛馬, が特殊部落, の人口, の人口増加

▼ 主として感情~ (5, 0.2%)

2 からはいっ 1 から来た, の影響, の意味

▼ 主として書いた~ (5, 0.2%)

1 のが, のとは, ものとも, やうであります, 各篇

▼ 主として狩猟~ (5, 0.2%)

2 と漁撈 1 でありまして, にありし, を業

▼ 主として自然~ (5, 0.2%)

1 と恋愛, に委ねざる, の形, の風情, の風物

▼ 主としてあの~ (4, 0.2%)

1 ライプニツの, 喪章の, 女の, 辺の

▼ 主としていわゆる~ (4, 0.2%)

1 文明開化の, 東人に, 茶道として, 詩的な

▼ 主としてそういう~ (4, 0.2%)

1 ところに, 人たちが, 客観的情勢が, 抽象名詞を

▼ 主としてやる~ (4, 0.2%)

1 ことに, ところ, のです, ように

▼ 主としてゐる~ (4, 0.2%)

1 ことが, ものだ, もので, 点は

▼ 主としてアメリカ~ (4, 0.2%)

1 で急激, の哲學, の物質文明, の軽音楽

▼ 主として~ (4, 0.2%)

2 をラネツサン氏 1 だ, を外交

▼ 主として~ (4, 0.2%)

2 のした 1 のフンドシ, の心

▼ 主として~ (4, 0.2%)

1 の所, を主, 事物に対する, 県に

▼ 主として~ (4, 0.2%)

2 の手 1 の変説, の變説

▼ 主として~ (4, 0.2%)

1 の, の氣持, 句と, 版の

▼ 主として~ (4, 0.2%)

2 の問題 1 を筑前, を費した

▼ 主として~ (4, 0.2%)

1 に捧げたる, の情操, の知力, を迎

▼ 主として問題~ (4, 0.2%)

1 とした, になっ, になる, を単純

▼ 主として土地~ (4, 0.2%)

1 から生ずる, に向けられ, に投ずる, の肥沃度

▼ 主として~ (4, 0.2%)

1 中小の, 地主より, 英帝国の, 鯛を

▼ 主として子供~ (4, 0.2%)

1 だけがこれ, のうち, の冬, の死亡率

▼ 主として宗教~ (4, 0.2%)

2 の自由 1 の威厳, の立場

▼ 主として~ (4, 0.2%)

1 ブルジョア乃至, ブルジョア層や, 劇場の, 市民

▼ 主として描いた~ (4, 0.2%)

1 のです, もので, 作品で, 作品では

▼ 主として新聞~ (4, 0.2%)

1 が日本, と婦人雑誌, のインスティチュート, の機関

▼ 主として書い~ (4, 0.2%)

1 ている, てゆく, てゐた, てゐる

▼ 主として東京~ (4, 0.2%)

1 にあり, に於, の中央, へ拘引

▼ 主として武士~ (4, 0.2%)

1 という遊食階級, のもの, の権, の給与方法

▼ 主として歴史~ (4, 0.2%)

1 と地理, の書物, の材料, を社会概念

▼ 主として用いる~ (4, 0.2%)

1 ことと, その洋服, ということ, ウナギは

▼ 主として~ (4, 0.2%)

2 の親 1 となる, の側

▼ 主として精神的~ (4, 0.2%)

1 な意味, な方面, の休養, の宗教

▼ 主として素子~ (4, 0.2%)

1 が日本語, が話した, に懇願, に話しかけ

▼ 主として経済上~ (4, 0.2%)

1 の事情, の利害, の理由, の進歩

▼ 主として考え~ (4, 0.2%)

1 かたの, ている, またいくらか, 運営される

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 てこれ, て今日流行, はゆる

▼ 主としてそれら~ (3, 0.1%)

1 のもの, の男子, の製造業

▼ 主としてやっ~ (3, 0.1%)

1 ている, てくれた, て行く

▼ 主としてやつ~ (3, 0.1%)

1 たと, たなら主, て居る

▼ 主としてフランス~ (3, 0.1%)

1 の今日, の象徴派, 大革命

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 から現れる, 世紀の, 天竺で

▼ 主として作家~ (3, 0.1%)

1 としての完成, として活動, の気分

▼ 主として僧侶~ (3, 0.1%)

1 がこれ, が教育, の手

▼ 主として其の~ (3, 0.1%)

1 人の, 目的と, 間に

▼ 主として内容~ (3, 0.1%)

1 が尊い, に即した, を評論

▼ 主として~ (3, 0.1%)

2 歌に 1 美術品の

▼ 主として国内~ (3, 0.1%)

2 の戦争 1 の競争

▼ 主として外国人~ (3, 0.1%)

1 のため, の流入, の犯罪

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 に向, の設備, を

▼ 主として実物~ (3, 0.1%)

2 には重き 1 について調査

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 が低く, だが, に関する雑文

▼ 主として~ (3, 0.1%)

2 の方 1 に海道

▼ 主として徳川時代~ (3, 0.1%)

1 にある, に出版, の武士

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 を貴び, 寄宿生という, 軍人の

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 のよう, の如く, の諸

▼ 主として武家~ (3, 0.1%)

1 に必要, のため, の奉公

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 が父, にまかせ, の方

▼ 主として現代~ (3, 0.1%)

1 における奥州方面, における詩, に於ける

▼ 主として生活資料~ (3, 0.1%)

1 の不足, の増加, の多少

▼ 主として科学的~ (3, 0.1%)

1 な方面, な考え方, に興味

▼ 主として~ (3, 0.1%)

2 のみを用い 1 から来る

▼ 主として自分自身~ (3, 0.1%)

1 のため, を守る, を限り

▼ 主として西洋~ (3, 0.1%)

1 から招かれ, の詩, の近世史

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 と俳諧, の精神, の表現形式

▼ 主として貴族~ (3, 0.1%)

1 の特権的懸賞物, 乃至武家階級, 大資本家

▼ 主として身体~ (3, 0.1%)

1 の恰好, の部分的移動, の鍛錬

▼ 主として過去~ (3, 0.1%)

1 から生成, の異常, への關係

▼ 主として~ (3, 0.1%)

1 凡人の, 尚武的な, 性格的概念として

▼ 主として食物~ (3, 0.1%)

1 に関せざる, の価格, の良否

▼ 主としてあっ~ (2, 0.1%)

1 て形, て美しい

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 ほま, 恭ちゃんの

▼ 主としてかかる~ (2, 0.1%)

1 性質の, 無銘品であった

▼ 主としてこうした~ (2, 0.1%)

1 ところに, 方面の

▼ 主としてそこ~ (2, 0.1%)

1 に反感, に集まっ

▼ 主としてその間~ (2, 0.1%)

1 に, に起った

▼ 主としてただ~ (2, 0.1%)

1 あそこが, 伸子という

▼ 主としてどういう~ (2, 0.1%)

1 ところに, 点で

▼ 主としてまだ~ (2, 0.1%)

1 加工しない, 名を

▼ 主としてもと~ (2, 0.1%)

1 穢多, 蝦夷の

▼ 主としてわれわれ~ (2, 0.1%)

1 に迫る, はまだ

▼ 主としてゐた~ (2, 0.1%)

1 ことを, ので従つて彼女

▼ 主としてアルプス~ (2, 0.1%)

2 の氷河

▼ 主としてキリスト教~ (2, 0.1%)

1 の歴史, を中心

▼ 主としてバイブル~ (2, 0.1%)

1 の解釈, や教義

▼ 主としてポオ~ (2, 0.1%)

2 とドストイェフスキイ

▼ 主としてラネーフスカヤ夫人~ (2, 0.1%)

2 あるいはガーエフ

▼ 主としてリッケルト~ (2, 0.1%)

1 によって代表, の科学論

▼ 主として下町~ (2, 0.1%)

1 の寄席, の目抜

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 生産的労働者の, 行為すなわち

▼ 主として不満~ (2, 0.1%)

1 に感じた, を軸

▼ 主として中年以上~ (2, 0.1%)

1 の婦人, の男

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 を好まぬ, を為す

▼ 主として事実~ (2, 0.1%)

1 の記述, や宿命

▼ 主として二階~ (2, 0.1%)

1 で書生流, にあっ

▼ 主として人物~ (2, 0.1%)

1 に対してのみ用いられる, 特に女性

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 できあがりつつ, の代々木駅付近

▼ 主として使用~ (2, 0.1%)

1 されて, せられて

▼ 主として先生~ (2, 0.1%)

1 と大連, の持つ

▼ 主として其処~ (2, 0.1%)

1 で行われ, に呼子鳥

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 に住む, より発する

▼ 主として内務省~ (2, 0.1%)

1 がその, と陸海軍省

▼ 主として利益~ (2, 0.1%)

1 するもの, を受ける

▼ 主として力点~ (2, 0.1%)

1 をそこ, をアンチ

▼ 主として労働手段~ (2, 0.1%)

1 の体制, 乃至その

▼ 主として動物質~ (2, 0.1%)

2 の餌

▼ 主として単に~ (2, 0.1%)

1 形式的, 政治上の

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 軍国主義文学に, 閇の

▼ 主として取扱った~ (2, 0.1%)

1 もので, ものと

▼ 主として古典的~ (2, 0.1%)

1 なるに, なバレー

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 の原因, の樺皮

▼ 主として各国~ (2, 0.1%)

1 の出生, の達した

▼ 主として商業~ (2, 0.1%)

2 に従事

▼ 主として国家~ (2, 0.1%)

1 が映画, とか議会

▼ 主として国王~ (2, 0.1%)

2 の治安判事

▼ 主として国語~ (2, 0.1%)

1 の関係, を万葉仮名

▼ 主として地方~ (2, 0.1%)

1 への出張, を廻つて

▼ 主として大衆作家~ (2, 0.1%)

2 の小説

▼ 主として天草~ (2, 0.1%)

1 に根, に行

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 のかぶき, の顔

▼ 主として学問~ (2, 0.1%)

1 に志す, の心得

▼ 主として宗教上~ (2, 0.1%)

1 の立脚地, の罪悪

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 の貧富, を脅す

▼ 主として家族~ (2, 0.1%)

1 の労働力, の扶養

▼ 主として家畜~ (2, 0.1%)

1 から生ずる, や家禽

▼ 主として専門~ (2, 0.1%)

1 に本心, の科学者

▼ 主として小学校~ (2, 0.1%)

1 の先生達, の生徒

▼ 主として小生~ (2, 0.1%)

1 の性格, の目ざせる

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 なく人, の力

▼ 主として工業~ (2, 0.1%)

1 によって生計, に従事

▼ 主として巴里~ (2, 0.1%)

1 に留つて, の芝居

▼ 主として当時~ (2, 0.1%)

1 の中流, の反

▼ 主として彼等~ (2, 0.1%)

1 のポケットマネー, の初期

▼ 主として後者~ (2, 0.1%)

1 に赴い, 即ち文学的味い

▼ 主として必要~ (2, 0.1%)

1 なよう, な種類

▼ 主として意味~ (2, 0.1%)

1 するよう, の側

▼ 主として我が~ (2, 0.1%)

1 皇の, 軍部によって

▼ 主として採用~ (2, 0.1%)

1 されるの, すると

▼ 主として描い~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ 主として支那人~ (2, 0.1%)

1 の心理現象, を指す

▼ 主として政治~ (2, 0.1%)

1 が良かっ, における人間性

▼ 主として文太郎~ (2, 0.1%)

1 がした, の前

▼ 主として文学~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 フランス評論, 註により

▼ 主として日常~ (2, 0.1%)

2 の雑事

▼ 主として最も~ (2, 0.1%)

1 凝縮し, 大きく最も

▼ 主として朝倉先生~ (2, 0.1%)

1 と恭一, を失った

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 では豆州, の国

▼ 主として東洋~ (2, 0.1%)

1 の諸, の諸国

▼ 主として歌った~ (2, 0.1%)

1 それは, ものでしょう

▼ 主として此理~ (2, 0.1%)

1 あれば, による

▼ 主として此等~ (2, 0.1%)

1 の事蹟, の人々

▼ 主として此點~ (2, 0.1%)

1 である, にあつ

▼ 主として武士階級~ (2, 0.1%)

1 の間, を中心

▼ 主として歴史的~ (2, 0.1%)

1 な顧慮, の觀念

▼ 主として死亡~ (2, 0.1%)

1 によって左右, に依存

▼ 主として比較研究~ (2, 0.1%)

2 の方法

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 が日常, に就い

▼ 主として民衆~ (2, 0.1%)

1 のため, の生活

▼ 主として決定~ (2, 0.1%)

1 されて, せられたもの

▼ 主として法律~ (2, 0.1%)

1 と政策, 諸部門

▼ 主として洋風~ (2, 0.1%)

2 の生活

▼ 主として漢字~ (2, 0.1%)

1 に依拠, に拠り

▼ 主として父親~ (2, 0.1%)

1 と子供たち, のない

▼ 主として現在~ (2, 0.1%)

1 だけで定まる, の文化指導者たち

▼ 主として理智~ (2, 0.1%)

1 のみによって出来, の力

▼ 主として田舎~ (2, 0.1%)

1 の現代風俗, を見た

▼ 主として男子~ (2, 0.1%)

1 に帰し, の猜疑心

▼ 主として画家~ (2, 0.1%)

1 でありことに, の想像

▼ 主として発達~ (2, 0.1%)

1 した第, して

▼ 主として皇室~ (2, 0.1%)

1 およびその, の図書館

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 に映ります, を付ける

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 であって, を止めた

▼ 主として瞑想的~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 主として知力~ (2, 0.1%)

1 であって, の器官

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 と英雄, の本質

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 一の, 一版と

▼ 主として米国~ (2, 0.1%)

1 であった, を相手

▼ 主として粉末絵具~ (2, 0.1%)

2 が使っ

▼ 主として精神~ (2, 0.1%)

1 の現われな, の美し

▼ 主として考える~ (2, 0.1%)

1 かだ, のが

▼ 主として考へ~ (2, 0.1%)

1 てゐた, てゐる

▼ 主として考慮~ (2, 0.1%)

1 されたの, して

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 から這入った, で学問

▼ 主として肉体的~ (2, 0.1%)

1 な病気, の苦しみ

▼ 主として肺臓~ (2, 0.1%)

1 で行われ, で行われるべき

▼ 主として自然科学~ (2, 0.1%)

1 に関し第, を意味

▼ 主として芝居~ (2, 0.1%)

1 の方, をやっ

▼ 主として花島政人博士~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 主として芸術~ (2, 0.1%)

1 として開拓, を問題

▼ 主として英国~ (2, 0.1%)

1 の海軍, を目標

▼ 主として英書~ (2, 0.1%)

1 を教えさせ, を読まね

▼ 主として英語~ (2, 0.1%)

1 と算術, の注釈

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 に存ず, に胚胎

▼ 主として藩閥~ (2, 0.1%)

2 を控

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 つて, はれる事実

▼ 主として行爲~ (2, 0.1%)

2 にとつ

▼ 主として見る~ (2, 0.1%)

1 ため, 時自分は

▼ 主として解决~ (2, 0.1%)

2 せらると

▼ 主として言葉~ (2, 0.1%)

1 の音韻, を用い

▼ 主として記憶~ (2, 0.1%)

1 と思考, なる者

▼ 主として読む~ (2, 0.1%)

1 のは, 勉強を

▼ 主として論ずる~ (2, 0.1%)

1 ことと, 学者に

▼ 主として諸侯~ (2, 0.1%)

1 の家, の間

▼ 主として警察~ (2, 0.1%)

1 での病苦, のひどい

▼ 主として財政~ (2, 0.1%)

1 を従, を從

▼ 主として貧窮~ (2, 0.1%)

1 した地方農民自身, のため

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 が問題, の時代

▼ 主として運命~ (2, 0.1%)

2 は我等

▼ 主として都会~ (2, 0.1%)

1 の中産階級, の小

▼ 主として都市~ (2, 0.1%)

1 からとられた, に住ん

▼ 主として~ (2, 0.1%)

1 の問題, の時代

▼ 主として金持ち~ (2, 0.1%)

1 に向かっ, に聞い

▼ 主として関係~ (2, 0.1%)

1 したこと, して

▼ 主として阪神地方~ (2, 0.1%)

2 に限られ

▼ 主として随筆~ (2, 0.1%)

1 と文芸時評, を収録

▼ 主として~ (2, 0.1%)

2 を眺め

▼ 主として青年~ (2, 0.1%)

1 が自発的, を昂め

▼1* [1491件]

主としてあなたの御, 主としてあなた方の双肩, 主としてあるが, 主としていい聞かされたが威重, 主としていくものと, 主としていけ花の, 主としていはば私, 主としていわば私の, 主としておったものです, 主としておらぬという証明, 主としてお上さんがきめた, 主としてお客とし, 主としてお忍びの態, 主としてお茶だという, 主としてかかりあっていた, 主としてかぎられた文学的集団に, 主としてかくの如き, 主としてかの子さんの話, 主としてかへつて十八世紀, 主としてかような事実, 主としてきめたものが, 主としてこうでありました, 主としてこういう民衆の, 主としてこしらへ, 主としてこの同じ銀河区域に, 主としてこれから出て, 主としてこれらの漁獲物, 主としてさかななので, 主としてしかもその成功, 主としてずっと長篇に, 主としてそうだ, 主としてそそがれていた, 主としてそれに元代諸家, 主としてそれら諸国の異分子, 主としてそんな類いの, 主としてッた, 主としてつかえた老女は, 主としてつくばいは朝日, 主としてできるだけおもしろくすごしたい, 主としてとりあげている, 主としてどこにある, 主としてどの社会部分に, 主としてなお英米児童の, 主としてなされていた, 主としてなにがしの友情, 主としてのこっている, 主としてはいません, 主としてはじめのひと, 主としてはじめて有名であり, 主としてはたらいて完成, 主としてひさごを考へた, 主としてみたいわゆる育児法, 主としてもう往来を, 主としてもたせたこういう幻想, 主としてもつぱら在来の, 主としてやらないでよろしい, 主としてやりくって手堅く, 主としてよく走ること, 主としてわが国の有名, 主としてわたしの姿, 主としてわれわれ日本人が民族, 主としてて國柄, 主としてアカデミズムの契機, 主としてアチラで見, 主としてアナタの力, 主としてアフガニスタンベルジスタンペルシアアラビア方面からスエズ, 主としてアランベールによって訂正, 主としてアレゴリーの形, 主としてアワビ採りに用いられ, 主としてイスラム教徒と見え, 主としてイス式またはイス式, 主としてイングランドの生産力, 主としてインテリ層の間, 主としてイ段ウ段に属する, 主としてウォリク伯の偉大, 主としてエタと云われた, 主としてエッセイやアフォリズム, 主としてエネルギーを屬, 主としてオオトヂダクトとして其学, 主としてオランダ人であった, 主としてカトリック教理の組織立て, 主としてカントを批判, 主としてキケロの説, 主としてキャヴェンディシュで行なわれた, 主としてキリスト教側から起された目覚めた, 主としてキングスレエのもの, 主としてギニイ金貨から成り立っ, 主としてギリシアにはじまる, 主としてグリムにより, 主としてケエラにおける自分たち, 主としてコムソモール出身の作家, 主としてコンマ形の石, 主としてササユリオニユリヒメユリである, 主としてスウドラ階級に及び, 主としてスタインル・コックペリオなどの蒐集品, 主としてスペインベルギー等の隣国, 主としてスポーツとたまに, 主としてセリュローズと称する, 主としてソヴェトの文化, 主としてソヴェト生活の見聞記, 主としてゾシチェンコの, 主としてタッギングであった, 主としてタマをとばし, 主としてダンテを指す, 主としてチェホフの短篇, 主としてチャムモンクメールマラヨポリネシア系の言語, 主としてテクニック上より, 主としてデイヴィッド・リカアドウであった, 主としてデビーの研究, 主としてドイツ風を模擬, 主としてドケルヴァン博士の手, 主としてドストエフスキーとバルザック, 主としてドミトリイ・フョードロヴィッチに関した, 主としてドレフュース事件を仕組み, 主としてナポレオン戦争の講義, 主としてナンセンスを感じた, 主としてニイチェの心理学教室, 主としてニューヨークに住ん, 主としてニルの上流地方, 主としてヌカブクロですよ, 主としてハキダメへ捨て, 主としてハヴィエル以下第一線に立つた, 主としてバイロンやシェリイ, 主としてパアクによれ, 主としてパトス的なもの, 主としてパリ周辺の村落, 主としてフォイエルバハがヘーゲル, 主としてフランス語と国際法, 主としてフリードリヒ大王とナポレオン, 主としてプラグマのこの, 主としてプロシァの学者グナイスト, 主としてヘレニズム時代の新劇, 主としてヘーゲルの自然哲学, 主としてペンキ塗りである, 主としてボニファキウス八世がコロンナ一家, 主としてポンズで食べる, 主としてマカオならびにマニラ, 主としてマダムとの間, 主としてマテリーを屬, 主としてマルクスやエンゲルス, 主としてマルクス主義的社会科学のこと, 主としてマルクス主義経済学を文学的, 主としてマルクス主義者の側, 主としてマンチェスター派より来, 主としてマンローの摘要, 主としてメクラで杉山流, 主としてメロンと蘭, 主としてモスクワに生活, 主としてモヤシを盛りあげ, 主としてユサピアといふ霊媒, 主としてルソーモンテスキューギゾーコントトクヴィールというよう, 主としてルードヴィヒ・ブッセが哲学, 主としてロシアと関係, 主としてロシア文学が紹介, 主としてロシヤ及びドイツ, 主としてロスコーファウン, 主としてロンドンとパリー, 主としてヴィンセントの方, 主としてヴィンデルバントリッケルトらの新, 主として一つの原因, 主として一ヵ月や二ヵ月, 主として一八一七年にこの, 主として一夫多妻の慣行, 主として一時しのぎのさもしい, 主として一般に需要, 主として一般人民の真実, 主として一般社会の多年, 主として一行の爲め, 主として一部の仏教家, 主として万事を経営, 主として万葉を思はせる, 主として丈余の陣竹, 主として上代だが, 主として上体を使う, 主として上方地方で呼ばれた, 主として上流施政者間の思想, 主として上胸部又は左, 主として上記の点, 主として上記三君の賜, 主として上述の川, 主として下僕たちの話, 主として下田の口から答えられ, 主として不作を惹き起す, 主として不安の念, 主として不義者に加, 主として不自然の生活, 主として不覚筋動と予期意向, 主として与えた限りの, 主として与って力, 主として世界文学的な普遍通用性, 主として世話を燒, 主として世話物語りが持場, 主として世間の差別待遇, 主として世阿弥の功績, 主として両国橋の女, 主として両親に云った, 主として並木先生にそそがれ, 主として中世のヨーロッパ人, 主として中国並びに朝鮮, 主として中国人の生活, 主として中国文化を輸入, 主として中央に多忙, 主として丸い中高の, 主として丸字を附けたらしい, 主として主力を政友系, 主として主観的歌想を述べたる, 主として久保田正文荻野悌亀島貞夫などの人々, 主としては自由, 主として九州で行われた, 主として九州博多の水タキ, 主として九州地方を指しし, 主として事えその君主, 主として事件の葛藤, 主として事柄の含み, 主として事物の表面, 主として二つの連作, 主として二十七歳の時, 主として二十三日の晩, 主として二十尺前後の白檜, 主として二句の, 主としてはれる如くまた, 主として云うまでもなく, 主として云っている, 主として互助教育主義を採り, 主として互性活眞の道理, 主として五月の苦行, 主として井字形をした, 主として亜爾然丁, 主として交感迷走神経と連絡, 主として京大阪の町, 主として京太郎と言, 主として人々が高遠, 主として人倫の道, 主として人口に依存, 主として人屋の門, 主として人工の美, 主として人格の力, 主として人民の屋室, 主として人民戦線のフランス, 主として人物表現にごまかし, 主として人造人間の秘密研究室, 主として人類に関する学, 主として人類学上の見地, 主として人類生活をし, 主として人麻呂のした, 主として仁徳に関する言葉, 主として今堀摂津守の指南, 主として仏事の小宴, 主として仏像や菩薩像, 主として仏教の側, 主として仏教内の争い, 主として仏法の影響, 主として仏蘭西の芝居, 主として仏蘭西租界に悠々, 主として仏蘭西語と独逸語, 主として他所者の大きな, 主として以上の省察, 主として仮名の使い分け, 主として仮名序の直訳以外, 主として伊曾に起つた, 主として伊沢氏の助, 主として会創立後に於ける, 主として会津八一君の新, 主として伝えたものは, 主として伝来の古い, 主として伺っていた, 主として低級神話の領分, 主として住みのちに, 主として佐藤佐和子姉や近く, 主として体躯にご, 主として何處かの海岸, 主として作中諸人物, 主として作品の細部, 主として作用するの, 主として作者の心理的, 主として供給されるの, 主として依存する他, 主として価値を定め, 主として俗語ではあった, 主として保さんから獲た, 主として信越岩野の国境山脈中, 主として信長の独創, 主として俳人である, 主として俳優を通じて名作戯曲, 主として俳優本位の芝居, 主として個人商店の経営法, 主として個人自身の行為, 主として倫敦にいた, 主として倫理的な意味, 主として倫理道徳の要素, 主として偶像的虚妄の信仰, 主として傍ら各種の遊芸, 主として傾いて行ったであろう, 主として働いてゐる, 主として働いた岡っ, 主として働らきかけて, 主として先入観からまったく, 主として先入觀からまつたく, 主としての心臓, 主として全国婦人の連合運動, 主として握脛, 主として八郎湖の周辺, 主として共産主義者であり共産党, 主として兵器の進歩, 主としてに説明, 主として其展開を考へ, 主として其改革を計らう, 主として其活動力を北陸道, 主として其爲であつ, 主として其理論的方面に第, 主として其用語と形式, 主として其罪無知且つ不, 主として其餘從來未だ解釋, 主として内務省玩具は商工省, 主として内務省畑の官吏群, 主として内地の人間, 主として内心の自律的発展, 主として内界的主觀的研究, 主として内部的なこと, 主として写実的な場面, 主として写生画である, 主としては川, 主として出入するところ, 主として出家入道し臨終正念, 主として出張先の宿屋, 主として出征遺家族の慰問事業, 主として出来る時の, 主として出版する本屋, 主として出雲系統の傳來, 主として刀剣のブローカー, 主として分析しよう, 主として分解的なしかし, 主として分解的研究の賜, 主として切支丹の子孫, 主として初学の便利, 主として初期の肉筆, 主としてるる点, 主として利根川の水源, 主として到達点を結果, 主として到達點を結果, 主として刺戟されて, 主として前山久吉翁の現業窯, 主として前者にまで召命, 主として前記の電気心働計, 主として前髪を額, 主としてを使う, 主として剣槍馬術を修める, 主として割合によく, 主として創作上の技術, 主として創作年代の順序, 主として創作活動を通じてなし得る, 主として創業費を支出, 主として創造の働, 主として劇場並に劇場関係者取締, 主として劣った者を, 主として労賃の支払, 主として勉強した歴史哲学, 主として動きの研究, 主として勤めてゐた, 主として勧説した所, 主として包孝粛の芝居, 主として化学薬を製造, 主として北信の諸, 主として北倉と南倉, 主として北川君を見舞うらしい, 主として北欧の芝居, 主として北欧並にドイツ, 主として北海道の山奥開墾牧場経営, 主として匪賊討伐にあたる, 主として医学の交流, 主として十七世紀末のイギリス, 主として十六隻の戦艦, 主として十勝岳で行った, 主として十座の者, 主として十惡の中, 主として千代川の氾濫, 主として千里を遠し, 主として午前のを朝ケンズイ, 主として南側を搦, 主として南方の林業, 主として南洋系のモン, 主として単なる混乱が, 主として博物局の学者, 主として卜筮に關, 主として原動機を三個, 主として原文を理解, 主として厳格という点, 主として参劃経営するところ, 主として参考書使用法に関する説明, 主としての知る, 主として取ったのは, 主として取り扱われて来た, 主として取るかといふ議論, 主として取扱う材料が, 主として叙景の際, 主として叡智的世界に他, 主として口誦による傳來, 主として古文書の調査, 主として古本を買つて, 主として古生代の水成岩, 主として古語古調を用, 主として只今では俳優, 主として台詞の妙味, 主として史学者であるべきはず, 主として史的唯物論の方法, 主として史詩にのみ唄われ, 主として右平であったが, 主として右手だけである, 主として司法であるが, 主として各種の植物, 主として各部各項目, 主として合理的且つ趣味的, 主として合理的知性である, 主として吉利支丹宗門の名目, 主として同人仲間の消息, 主として同志の中, 主として同情的に書かれ, 主として同行のいまひとり, 主として名古屋へ移つて, 主として向う犬の, 主として向っている, 主として吹奏楽それでなければ, 主として呂宋に対し経略, 主として呑気で喧嘩, 主としてうと, 主として味わわなければなりません, 主として和服だった, 主として和本唐本を置かず, 主として和歌俳句写生文を学び, 主として哲学乃至は, 主として哲理めいたもの, 主として唄ふうたは, 主として唐人川尻に棄てる, 主として唐宋の禅僧, 主として商人派の方, 主として商家の子弟, 主として商工業から得た, 主として善良な市民, 主として四五軒ずつ長屋, 主として四人の猟師, 主として四十歳以上のその, 主として四国の四つ, 主として団体と団体, 主としての権理, 主として国内戦時代歴史的な過去, 主として国境を越えた, 主として国境山脈即ち後立山山脈, 主として国学に関する書籍, 主として国家理論的な乃至, 主として国家社会の小学教育, 主として国権の拡張, 主として国民の道徳, 主として国民性と国情, 主として国民意識の表面, 主として国立劇場にも迎, 主として国語問題に由来, 主として国防充実の目的, 主として土佐藩の人たち, 主として土俗學方面の研究, 主として土台にした, 主として土地占有権の侵害, 主として土壌の現実, 主として土師部或いは駆使部, 主として土着の民族, 主として地上へ降っ, 主として地上水上の戦い, 主として地主という寄生的封建的階級, 主として地主連にし, 主として地方工藝ではない, 主として地方銀行の供給, 主として地球物理学的の現象, 主として地理的事情のため, 主として地蔵や観世音, 主として均一本の, 主として埋葬簿の脱漏, 主として城下に生, 主として執筆したこと, 主として堂々たる写真入りで, 主として報道員として参加, 主として境遇的なの, 主としてと共に此, 主として売つて居る, 主として売り歩いている, 主としてのもの, 主として夕顔の女, 主としてより入る, 主として外交員の仕事, 主として外人を斎忌, 主として外国の技能, 主として外国劇の先駆的傾向, 主として外部的な条件, 主として夜具地に後者, 主として大きな国外流出によって, 主として大内家を目的, 主として大坂の町人, 主として大宝令などに見える, 主として大山の方角, 主として大気中炭酸ガスの含有量, 主として大江山捜査課長のふかい, 主として大病人のある, 主として大脳の力, 主として大部屋である, 主として大都市に滞在, 主として大雪の日, 主として大額の絵馬, 主として天上や陸, 主として天子様の御, 主として天成の美, 主として天智天皇が之, 主として天智後の戦争, 主として天然物が詠ぜられる, 主として天竜に居, 主として天部部落から出, 主として太平洋の波, 主として太陽がかよう, 主としてが解釈, 主として夫婦喧嘩だの三角くじ, 主として奇数句に傾く, 主として奈良にプロダクション, 主として奉仕した職務, 主として奥羽地方である, 主として女子の遊, 主として女学校や専門学校, 主として女帝によつて孜々, 主として女房に支那ソバ, 主として妨げている, 主として妻母という極めて, 主としてを特殊, 主として始めしことに, 主としてのため, 主として娯楽本位の観光道路, 主として婦人によってつくられた, 主として婦人たちがそれ, 主として婦人記者であったけれども, 主としての初産, 主として子供等が先, 主として孔子が門人, 主として字音假名遣の, 主として存し乃至盡, 主として存覺の弟子, 主として学ぶもので, 主として学んでいた, 主として学校教師官吏会社員等のインテリ, 主として学生が多く, 主として学生上りからなる, 主として学生思想問題なの, 主として学生達の栽培, 主として学窓生活者が単なる, 主としてれに, 主として學んだのだ, 主として守り立って行ける, 主として守護地頭其他の法制, 主として守護霊又幽界, 主として奉線, 主として安彦の身長, 主として安藤の確信, 主として宗徒の文武官四十数名, 主として宗教家であるが, 主として宗教的典礼を制定, 主として宗教的登山の発達, 主として官僚的国家権力そのものを通して上, 主として官吏に年功, 主として官吏方面に偏重, 主として官製なるもの, 主として官設のそれ, 主として宝石と黄金製品, 主として宝貝を意味, 主として実例により, 主として実施を次に, 主として実物上よりその, 主として実際の生活法, 主として実験による実証, 主として客觀的世界の出來事, 主として室内における仕事, 主として宮中に残され, 主として宮廷との血縁関係, 主として家内私徳の事, 主として家族間の, 主として容貌の美醜, 主として寄与した原因, 主としてや力, 主として富士男が指揮者, 主として實用的標準に照らし, 主として寺田先生から提供, 主として寺院関係の極めて, 主として対ソヴィエト・対アメリカの外交政策, 主として対位法によるフーゲ, 主として対手の有無, 主として対症療法を主として, 主として封切りもののため, 主として封建的専制主義及び外国, 主として封筒に入れた, 主として専ら火砲の, 主として専門家中に行われる, 主として将来の道, 主として将軍の御用, 主として將來我が國民, 主として尊敬し国王, 主として導かれてゐる, 主として小さな子の, 主として小作人によって行われる, 主として小児の事業, 主として小型戦闘機で決せられる, 主として小栗上野の方寸, 主として小田原の山荘, 主として小石川におるお, 主として少年少女の行事, 主として尚書の大, 主として尽力したよう, 主として居た為兄妹, 主として居つたのである, 主として山の手や郊外, 主として山人の側, 主として山崎譲と田中新兵衛, 主として山川正太郎の旧知, 主として山田友次郎荒井友七郎須藤与惣治の三名, 主として山野に寝, 主としてによった, 主として州立図書館の管理, 主として工夫された作品, 主としての三策, 主として左側の巨岩, 主として左右田喜一郎先生の影響, 主として左岸の水際, 主として左翼に対しての用意, 主として左翼出版物を通して, 主として差し迫った減免租と, 主として差別的待遇から起った, 主として市九郎の瘠腕, 主として市井の小祠, 主として市電の赤字, 主として市電従業員の整理, 主として帆村荘六の考えだした, 主として帝紀のみに依つた, 主として師匠東雲師の葬送, 主として師家のため, 主としてや袴, 主として帳場に頬杖, 主として常識と修養, 主として常連に売つ, 主として常陸下野から陸路拓殖, 主として幕府から人夫, 主として幣帛供進の方式, 主として平仮名で書かれた, 主として平民を済度, 主として平素の習練, 主として年々一八歳に達する, 主として年々結婚する人間, 主として年々結婚年齢に達する, 主として年死亡数によって左右, 主として年玉についての過去, 主として年長のピオニェール, 主として店主の気風, 主として座像に関係, 主として座頭であった, 主として庶務の北川, 主として廐祈祷の意, 主として廣州府城内の光塔街, 主として弁護すれば, 主としてを用いたらしい, 主としてで決定, 主として強い淋しい徳の, 主として強調されて, 主として当局の婦人, 主として当時世界観の新しい, 主として形式論理学数学自然科学等の基礎, 主として形式論理學數學自然科學等の認識, 主として形而上学の特有, 主として彩色を主, 主として影像を狩野派, 主として影響を与えた, 主として役人であった, 主として役所のあたり, 主として彼ら自身の自覚反省, 主として彼方此方で別れた, 主として彼等同志の世界, 主として彼自身が前, 主として待機の姿勢, 主として後天的に身, 主として後年になつて写真, 主として後藤塙の助太刀, 主として徒歩によるゆっくり, 主として従来からの所謂純文学作家, 主として従来プロレタリア文学に対して純文学, 主として話いたしたい, 主として御家人はじめ多くの門弟, 主として御牧であるいは, 主としての働き, 主として心がけから行為, 主として心理学者と云う, 主として心的とかあるいは, 主として心身の健康, 主として必ず自ら動い, 主として志摩の海女, 主として忠君の意味, 主として快楽が一切無責任, 主として思想の方面, 主として思想家であったという, 主として思想的貢献である, 主としてのコンプレックス, 主として性格を表わす, 主として性格的概念として現われるであろう, 主として怪奇小説であり推理小説, 主として怪奇小説犯罪小説冒険小説探偵小説怪談などの取り扱う, 主として怪奇物語を取扱っ, 主としての歌, 主として恋愛や思慕, 主として恋愛小説であった, 主として恩地孝四郎が描い, 主として悲しい事ばかり, 主として情想やスタイル, 主として想像力に基く, 主として意思のまことに, 主としてや人道, 主として感じた座談以上の, 主として感受性の発展, 主として感性的な直, 主として感性的世界にその, 主として感情本位であり情象, 主として感情的な日本人, 主として感覚中心の仕事ゆえ, 主として慾得のため, 主として憧憬と反抗, 主として憲法の法律学的解釈, 主として成功した眞面目, 主として成年戒得受以前に死んだ, 主として成立すれば, 主として我国の外国貿易, 主として戦争によって女子人口, 主として戦争中フランス文化人たちがドイツ占領軍, 主として戦争直後から作品, 主として戯曲中の人物, 主として戰國の諸, 主として戰爭と戀愛, 主として所有する階級, 主として所謂透察的学問性に関わる, 主として所謂非人に関す, 主として手堅くやって, 主として手職をうけ襲いだ, 主として手腕を要する, 主として手長と云い, 主として手首にある, 主として打ったのは, 主として扮装とか何とか, 主として扱われている, 主として批評が対象, 主として技術の工匠, 主として技術向上のため, 主として技術家の失業, 主として抒情に適する, 主として抜擢しそれ, 主として披瀝されて, 主として拙者の旧悪, 主として持った家中の, 主として持続睡眠療法でありほか, 主として指したに違, 主として指圧を覚えた, 主として指導霊のお世話, 主として振動数の著しく大きい, 主として振舞わねばならぬ, 主として捜査艦艇の配置, 主として授けず御門違な, 主として採録した, 主として探偵小説の技術的方面, 主として探偵捜索の用, 主として探検する山岳会, 主として探索の末, 主として掲載する機関, 主として描かうとした, 主として描かれていた, 主として描かれることに, 主として描かんとしたる, 主として描き伽香は, 主として描きたがるこれは, 主として描写する作家, 主として支えられている, 主として支那出来のもの, 主として支那向きの物, 主として支那方面の材料, 主として支那朝鮮内地に活躍, 主として支那絵や日本画, 主として支部のやう, 主として支配して, 主として支配階級の聡明さ, 主として收められ, 主として改善にのみ向かっ, 主として攻撃と防禦, 主として政治上の進歩, 主として政治法制の改良, 主として政治的及び経済的, 主として政治的権力がこれ, 主として故事を集めた, 主として救治策なかんずく産婆, 主として教えざるものは, 主として教導の機能, 主として教育映画です, 主として教育衛生食糧の部門, 主として散歩と読書, 主として敬いいたのが, 主として数学の面, 主としてを欺こうで, 主として文化史の側面, 主として文化文学問題にふれ, 主として文化職能人の高度, 主として文学博士坪井九馬三氏の, 主として文学青年の噂, 主として文學と言, 主として文筆の功徳, 主として文芸の領域, 主として文芸方面の顧問, 主として文藝を解する解せない, 主として斎部祝詞であるが, 主として斯くの如き, 主として新聞人として活躍, 主として方法的のこと, 主として方言を読み, 主として旅客を副, 主として旅行の印象記, 主として日和見主義との闘争, 主として日本人だけあいて, 主として日本内地だけをにらん, 主として日本机を用い, 主として日本演劇の伝統, 主として日本画の贋物, 主として日比谷の避難バラック, 主として日記ですが, 主として旧約聖書から題材, 主としてかに友, 主として明るくさわやかに, 主として明代の記録, 主として明律清律などを基礎, 主として昨年後半期の作品, 主として時間的空間的に限定, 主として晩婚従って, 主として智力の多少, 主として暗記すべきもの, 主として暦術の問題, 主としての鎮魂式, 主として暮す生活が, 主として暴力の有無, 主として暴力的手段でそれ, 主として暴君達の, 主として書かれている, 主として書かれた言葉誌された, 主として書く方に, 主として最初の二箇章, 主として有職故実を調査, 主として服従忍辱を尚, 主として朝倉の尽力, 主として朝廷及びその, 主として朝顔の美, 主として期待するが, 主として木材輸出の事, 主として木村の時間切れ, 主として未來への傾向, 主として未来に約束, 主として本国もしくは故郷, 主として本所の邸, 主として本願寺のタヤ, 主として札幌の建物, 主としての前, 主として材料を所謂, 主として条約により最も, 主としてています, 主として来世に係わる, 主として東亜と米州, 主として東京以西あるいは近隣, 主として東北の寒い, 主として東北地方から産出, 主として東洋哲学を攻究, 主として東海道沿線に分散居住, 主としての樹, 主として松山の二番町, 主として松田氏と塩田氏, 主として林道春を採用, 主としてや樅, 主として栄えたことを, 主として梵字のよう, 主としてであるが, 主として植え込み空池を, 主として植民地の産業, 主として植物の葉, 主として検査され評価, 主として椰子の実, 主として極めて希れ, 主として構成せられた写実的外面, 主として模倣して, 主として模倣時代の句, 主として権勢に対する欲望, 主としての関係, 主として樹皮を原料, 主として樺太における収穫, 主として橇列車であるが, 主として機動によりなるべく, 主として機械器具建物等にすなわち, 主として機械類である, 主としてを用い, 主として欧州大戦が殲滅戦略, 主として歌舞伎俳優に依つ, 主として正にこの説, 主として正月中の慣習, 主として此処に存する, 主として此塔を観たい, 主として此奧州に於, 主として此寿詞並びに寿詞, 主として此点にある, 主として此科擧ありしが, 主として此連中が片, 主として武人武士であります, 主として武器や築城, 主として武器築城に依っ, 主として武田君の考定, 主として歯茎と放射線, 主として歴史上の事實, 主として歴史的認識に関する方法論, 主として死後に発見, 主として母尼公とともに鞍馬, 主として毎日の長時間, 主として比較すること, 主として民族的特色を持っ, 主として民衆劇論である, 主として民間に覇, 主としてにかかる, 主として気分が違ふから, 主として気圧薄弱の然, 主として気象学的現象の結果, 主としてが凍る, 主として水土の功, 主として水戸派即ち安島帯刀, 主として水石であって, 主として永久ならぬ言葉通り, 主として求めたものは, 主として江南の地, 主として江戸が中心, 主として江戸大阪生れの人間, 主として河鮭と河鱒, 主としての北岸, 主として泉石によって為され, 主としてと権力, 主として法制上の進歩, 主として法律方面に於ける, 主として法治国と官僚主義, 主として法顯玄奘の印度, 主として泡盛の甕, 主として注がれなければならぬ, 主として注意をそれほど, 主として洋學者たちだつた, 主として洗練されて, 主として浪漫主義の色彩, 主としてで採った, 主として海中の岩礁, 主として海岸ぞいに走つた, 主として海岸線に沿つて, 主として海沿いの高台, 主として海路を利用, 主として海軍拡張及び養老年金法実施, 主として済度されたの, 主として渓流に沿うた, 主としての表面, 主として満州軍これにあたり逐次, 主として漁師の顔, 主として演ぜられる端を, 主として演劇欄に筆, 主として演繹的のもの, 主として演繹論理学に限る, 主として漢籍に固定, 主として漢魏六朝唐宋の怪談, 主として漫画喜劇における登場人物, 主として漱石門下の人々, 主として潜在意識の問題, 主として濶達に書きすすめ, 主としての美感, 主として火口の表層, 主として火山性で生産的要素, 主として災害を蒙りたる, 主として炬燵掛に用いられます, 主として炭焼である, 主として無神論の問題, 主としてる後, 主として煙草入として用いられ, 主として照ちやんの姙娠, 主として熔岩迸發以前, 主としてに関した, 主として熱学に関係, 主として熱田西浦東浦に行われる, 主として爆発物類似の物体, 主として捨て塲, 主として物ごとを, 主として物理医学農学などの分野, 主として物理的な問題, 主として物理的作用が応用, 主として物質を従, 主として物質本位の個人, 主として物質界の現象, 主として特権から成っ, 主として特殊民の三, 主として犯罪の犯人, 主として狙う富でも, 主として狙つてゐるの, 主として狩猟民族を引例, 主として独創的でまた, 主として独逸劇の紹介演出, 主として猖獗を極める, 主としての宍, 主として猴王をその, 主として獣肉魚肉野菜の寄せ鍋, 主として獣類に不安, 主として獨人或は獨逸系, 主として獨逸流の研究者, 主として獸皮木皮席類等を以て屋根, 主として玩具屋や犬, 主として皇太后に, 主として現代唯物論を中心, 主として現代日本文化の様相, 主として現場の模様, 主として現実的に書く, 主として現行法の知識, 主として理想的の避暑法, 主として理知的でありあるいは, 主として理解の立場, 主として理論の方面, 主として理論的に時として, 主として理論的認識に即した, 主としてひ立ち, 主として生じるのでしょう, 主として生ずる悪性熱病及び, 主として生徒たちの修養, 主として生死の解決, 主として生活の手段, 主として生活必要品の価格騰貴, 主として生物学的なもの, 主として生理学乃至物理学, 主として生計の資, 主として産児に産湯, 主として産業組合あたりの斡旋提供, 主としてふるか, 主として用いられるようであります, 主として用語の上, 主として田村麻呂や綿麻呂, 主として由来するもの, 主として甲州裏街道に連なる, 主として男児に現われ, 主として男女間の性的交渉, 主として男性の眼, 主としての銀行, 主として町内会の運営, 主として画いた風景画が, 主として画題選択の斬新, 主として留意するの, 主として番付でも作る, 主としてって, 主として疫病流行の後, 主として病弱な人間, 主として病気の程度, 主として痩せている, 主として発動するもの, 主として発句だけを作っ, 主として白木と鉄造, 主として白檜と, 主として白耳義のアントワアプ, 主として皇后陛下の事, 主として皇太子暗殺を企て, 主として皇子に産湯, 主として盗難少なく道路安全, 主として盡力した僧侶, 主として目指すところは, 主として直径一寸ぐらい時に, 主として直接に国司, 主として直接行動にならざる, 主として眞僞善惡に關, 主としての発揮, 主として真偽という方面, 主として眼付と言葉, 主として睡たくなる不幸を, 主として睨んだ足利時代の, 主として矢張僕自身の罪, 主として矢野文雄であると, 主として矢面に立った, 主として知らむと欲した, 主として知情の面, 主として知識人の知性, 主として短歌に熱中, 主として研究したの, 主として研究活動と会員制, 主として研究生自身の自発的研究, 主として碾割にし, 主として礼楽に関する訓言, 主として社会上政治上のこと, 主として社会主義国家乃至共同体, 主として社会教育を考えるべきである, 主として社会生活に現れ, 主として社会的経済的制度の革新, 主として社会科学に関し第, 主として社会階級人の主観, 主として祇園の犬神人, 主として祖母に育てられた, 主として神事に使, 主として神代の物語, 主として神婚の第, 主として神曲示現當時の法王ボニファキウス八世, 主として神楽を奏し, 主として神社の合祀, 主として神祇官系統の文献, 主として神秘荘厳優艶典雅等の情的, 主として禁裡御所へ対する, 主として禊祓の起原, 主として福建で修業, 主として私たち自らの理論, 主として私情的な面, 主として私法刑法および官吏法, 主としての感謝祭, 主として秋水幸徳傳次郎が相州湯ヶ原, 主として秋田生れの者, 主として科学乃至哲学, 主として科学的認識に就い, 主として移植されるもの, 主として移民船に設計, 主としての栽培, 主として穀物価格の騰貴, 主として積極的なもの, 主として空軍に頼らね, 主として立った孫権に, 主として立てている, 主としてを生じ, 主として筆談を行なった, 主としてをもっ, 主として節子に起っ, 主として米國流の統計的研究者, 主として米大根魚等の食物, 主としてを玄米, 主として粘土中の鉄分, 主として精神的刺戟が体躯, 主として精選砂利を用い, 主として組合の, 主として組織して, 主として経済戦に敗れ, 主として経済的技術である, 主として経験的諸科学, 主として結局一言に言う, 主として結晶の一面, 主として結果に関係, 主としてを描いた, 主として絵巻物に依る, 主として絵画的な舞台, 主として經學の方面, 主として継母との間, 主として日本紀に, 主として維持される収入, 主として維新後に呼びなされた, 主として緋鯉やドイツ鯉, 主として編年の体, 主として編輯及び出版, 主として編集の技巧, 主として緩急相救い死生, 主として練習させるの, 主として織物業のダンナ方, 主としてを行, 主として美女の音声, 主として美食にあり, 主として群集心理だとか, 主として翻訳者の個人的趣味, 主として通人で, 主として考えないその背景, 主として考えねばならぬ, 主として考えられてい, 主として考証の方面, 主として考證を要する, 主として耶蘇教の宣教師, 主として聞いていた, 主として職場の若い, 主として職業漁師が用いる, 主として職業的な又は, 主として肉食や殺生, 主として肋膜炎高熱及び結核, 主として胃袋のぜい弱, 主として胎児の期間, 主として胡桃と栗, 主として能狂言猿楽などで家来達, 主として脅迫や誘拐, 主として腕力で測りました, 主として自らこれをなすべく, 主として自作農ばかりの集り, 主として自分たちの髭, 主として自分らの情婦, 主として自分自身自分の迂闊さ, 主として自己を省, 主として自然主義時代の作家, 主として自然描写の詩, 主として自然派の文藝上, 主として自然淘汰の働き, 主として自然発生の女性, 主として自然的対象界が問題, 主として自然科学的世界であって, 主として自然科學に定位, 主として自然科學者の間, 主として自由主義的気分として現われ, 主として自身の文壇生活五十年, 主としてと杵, 主としてに生きる, 主として舞台のリズム, 主として舞台装置の芸術的革新, 主として舞蹈会で近づき, 主として航空機による攻撃力, 主として船長附きに, 主として良人のマリ, 主としてのマッス, 主として色彩の触発性, 主として芥川氏がこれからどう, 主として芭蕉一派の俳句, 主として花崗岩石英斑岩の如き, 主として花崗岩質のもの, 主として花托からのもの, 主として花柳界つづいて, 主として芸者をつれ, 主として芸術哲学の講義, 主として芸術的な価値, 主として芸術的センスに富んだ, 主として芸術部門だけに限られた, 主として若き新進気鋭の, 主として若林甫舟中川雀子川上喚濤の三氏, 主として若衆であつ, 主として若鮎の群れ, 主として苦痛を軽減, 主として苦行に從事, 主としての公事, 主として英国式裁断のインバネス, 主として英国海軍の発達, 主として英獨の詩歌, 主として英米独仏人だそう, 主として英蘭フランススウェーデンロシアプロシア及びアメリカ, 主として茂吉が主動, 主として茶道による国民, 主として茶飲茶碗に用いられた, 主として草紙樺白樺小米柳十勝柳水楢等の闊葉樹, 主として草野を行く, 主として荒蕪地で飼育, 主として荷物の世話, 主として菅沼の山, 主として菜食主義の生活, 主として落ちて行った, 主として著作権法中教科書の無断採録, 主として著述流別の原則, 主として葡萄糖である, 主として蒐めた, 主として蔬菜について行なわれ, 主として蔬菜類を作っ, 主として蔵原を批判, 主として蕎麦のかい餅, 主として薩州あがりの, 主として藁仕事に日, 主として藤原氏を中心, 主として蘭書仕込みの, 主としてが棲む, 主として虚栄心のため, 主として蝦夷人が住ん, 主として蝶々が花, 主として行くことと, 主として行なわれていた, 主として行なわれたのである, 主として行為に関係, 主として衣服の面白, 主として衣食のため, 主として表しております, 主として表現するため, 主としてなし半, 主として抑圧的な, 主として被害を受け, 主として被害地区の慰問激励, 主としてかみしもなどの, 主として裁くべきかと訊く, 主として装置の考案, 主として補助機関が附し, 主として製造者たる鈴木氏, 主として西が強い, 主として西洋哲学を研究, 主として西洋方面の材料, 主として西洋近世戦史に依る, 主として西田さんが斡旋, 主として西田猪之輔さん, 主として西部亜米利加及メキシコ境へかけた, 主として西鶴の作, 主として要求するし, 主としててやる, 主として見せていた, 主として見出されるもので, 主として官に, 主として観世流の人々, 主として観客や役者, 主として観念的な苦し, 主として観照の態度, 主として解釈法律学的法学教育である, 主として穢, 主として触覚の世界, 主として言われている, 主として言語的たる可, 主として言語研究の立場, 主として言語音韻に就い, 主として言論や其の, 主として訊問によるの, 主として訓練によつて身, 主として記載する小, 主として訳したのである, 主として評価の機能, 主として詠みし歌なれ, 主として試みんとする, 主として試驗に應ずる爲, 主として詩人の引用, 主として詩書に見え, 主として詩評論の仕事, 主として詰込教育と試験, 主として話される言葉に, 主として話したのは, 主として話題となった, 主として認識理論の一つ, 主として認識論の問題, 主として認識論上の論理主義, 主としての使用價値, 主として語勢の強弱, 主として語原や語史, 主として語音の珍, 主として説いてゐる, 主として説く従来の, 主として読者と記者, 主として課税によるの, 主として調べに来た, 主として調べたのは, 主として調べ上げたのだ, 主として論陣を張った, 主として官省に, 主として諸家の日記, 主として講じましたは帝, 主として講義の形式, 主として警察事務に従事, 主として警戒等の目的, 主として譬喩の一点, 主として譬論比擬の言辞, 主として議会自身の責任, 主として議會自身の責任, 主として象徴して, 主として負担する階級, 主として貧民を襲っ, 主として貧農階級の子弟, 主として貴金属を供給, 主として貿易の生産面, 主として賀茂川の河原, 主として資本主義の没落期, 主として資金と資材, 主としてはこういう, 主として起ったのである, 主として起つたものでない, 主として起る部分の, 主として越後から入, 主として趣味に関する書物, 主としてに出来る, 主として身辺瑣事の記録, 主として身近に置きたい, 主として軍人の戦ひ, 主として軍器や食糧関係, 主として軍国主義の実質, 主として軍納品となる, 主として軍部に関係, 主として軍部関係者へ陳情, 主として軍需的重工業の基礎, 主として辛抱すること, 主として農家の余裕, 主として農村匡救費を意味, 主として農村好況が農業, 主として農村家庭の, 主として農業国と考えら, 主として農業技術学上の必要, 主として農業生産物に対し何, 主として農民であった, 主として辿って人間形成, 主として辿るのに, 主として迎えるように, 主として近代の油絵, 主として近代ドイツの文学史家, 主として近年福井侯が港口, 主として近畿地方に居住, 主として返済は三ヵ月限度, 主として退る足ばかり, 主として通常以上に多数, 主として逢いましたるは主人, 主として運搬にかかった, 主としてを従, 主として道具の構造, 主として道徳に於ける, 主として道徳教育が施され, 主として道徳的な面, 主として道義的人生に渉, 主として道釈人物花鳥動物雲鶴竜蔬菜図等が描かれ, 主として遠慮深いといふ, 主として部屋や衣服, 主として部落の歴史, 主として鄭家屯と此地, 主として配偶者を択, 主として酒場だ, 主として酔うためむつかしい, 主として酔っ払いの客人, 主として里人で里人みな剣, 主として野口に使われ, 主として野獣との争闘, 主として金利生活者の選択, 主として金属ででき, 主として金銭の事情, 主として鉄道により, 主として鉄道各駅の構内, 主として鉦打の念仏修行, 主として鉦打聖の徒, 主として銀行制限令施行以来一磅及び二磅, 主として鎌倉時代以来のこと, 主として鎮魂法の為, 主として長崎晩期の心, 主として長田秋濤君の斡旋, 主として長野や群馬, 主として関八州を流浪, 主として関西に多い, 主として関西方面に多く, 主として関野君の発表, 主として關係して, 主として關心される, 主として關東から奧羽地方, 主として阪東三十三ヶ所お大師詣で, 主として附和と雷同, 主として陸路人力車並に馬, 主として階級が分裂的要因, 主として隠匿物資の摘発回収, 主として隨筆を收録, 主として集録されて, 主として雉子のこと, 主として難民に占領, 主として雷雨の際土, 主として需要供給の関係, 主として霊感にまかせ, 主として霊視でそれ, 主として霞雪月花紅葉時鳥等のありふれたる, 主として霧島連峯中の山人, 主として露人の経営, 主として露西亜劇を土方, 主として青年教育の事務, 主として青年諸君にご, 主として非違の警戒罪人, 主として非難や軽蔑, 主として面相を似せ, 主として鞦韆の枝, 主として韓国に出入, 主として韓國に出入, 主としてによって識別, 主として音楽殊に吹奏楽, 主として音響学について研究, 主として頭脳的なもの, 主として頼るところが, 主として頼んでおいた, 主として顕微鏡写真を撮る, 主として顕微鏡的の微細植物, 主として風景で三人, 主として風景人物風俗あるいは汽船, 主として風景小前にひ, 主として飛行機と機械化兵団, 主として飛行機戦車の威力, 主として飛騨山脈に足, 主として飜訳の生理, 主として食べなければならん, 主として食鹽注射によつて自然, 主として飢餓によるもの, 主として飯綱の法, 主として飲ませる店だ, 主として饂飩や蕎麦, 主として饒舌った, 主としてに飲, 主として馬方が篤志, 主として馬鈴薯の価格, 主として駒井はそれ, 主として駿三の供述, 主として高山地帯に冬, 主として高級神話の記録たる, 主としてと魂, 主としての魚豢, 主として魚介の目利き, 主として魚貝と野菜, 主としてを聯想, 主として鳥取県と島根県, 主として鳥追いだが, 主として鳥類のかつて, 主として鳩尾のあたり, 主としてを輸出, 主としてを用い, 主として黄河の流域地, 主として黒檜や羅漢柏, 主としてに任せ, 主としての表現