青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「不快~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不可能~ ~不安 不安~ ~不審 不審~ ~不平 不平~ ~不幸 不幸~ ~不快
不快~
~不思議 不思議~ ~不愉快 不愉快~ ~不意 不意~ 不断~ 不明~ 不気味~ ~不満

「不快~」 2451, 25ppm, 4599位

▼ 不快~ (765, 31.2%)

23 顔を 16 感じを 14 印象を, 思いを 11 気が 10 気持に 9 感じが, 表情を 8 ことを, ものが, もので, 感を, 感情を 7 ことが, ものに, 気分に, 色を 6 ものを, 気持が 5 ことで, のだ, 感じの, 気持で, 色が, 音を 4 ことは, 圧迫を, 心持に, 恐ろしい手紙, 感覚を, 気分を, 気持を, 目に, 記憶を 3 ことに, ものは, んだ, 事で, 物を, 皺を, 眼を, 職務として, 記憶が

2 [66件] あさましいと, あさましい想像, いやな, ことだ, ことであった, ことばかり, のである, のです, のなり, ものであった, ものである, 事が, 事も, 事件が, 二年間で, 冷笑を, 出来事を, 動揺に, 匂が, 圧力を, 執拗な, 壓迫を, 声が, 声で, 夢でも, 心もちを, 心を, 心持が, 思いに, 悪魔の, 想像を, 感が, 感じに, 感じは, 感情から, 感情が, 感情に, 憤怒が, 日で, 暗いもの, 気持だった, 気持ちに, 気持ちは, 気持ちを, 気持は, 求婚に, 熱の, 現象と, 生唾が, 疑惑を, 疲労を, 老人を, 臭が, 臭気が, 苛, 荘田と, 言葉を, 記憶の, 調子で, 通知書を, 通知状は, 重くるしい眠が, 雲が, 顏を, 顔いろ, 駭きで

1 [354件] あさましい記憶, いきさつが, いきさつを, いやらしい動物, いらだたしい気分, おもしろからぬ, お互いを, お思い, お気持ち, お顔, くだらない紛紜, ことじゃ, ことだった, ことであろう, こととを, ことにも, ことの, この草, しかも現実的, そうして危険, ときに, ときは, ところが, ところじゃ, ところなり, と思われる, ぬるぬるした, のでわたし, ので几帳, ので時折, ので瓜生, のは, のを, はあの, ばかりか如何, ほどに臭く, ほど威張っ, ほど快活, みじめな, めを, もがもがが出来, もの恐るべき, もの悲しい考, やうな, やがては, わけです, んかは, オヤジの, シインや, ショックを, パリの, 一夜は, 一瞥を, 一種の, 一致点は, 不安な, 世の中にも, 予感を, 事だ, 事でも, 事に, 事ばかりが, 事を, 事件を, 事実が, 事実と, 事実に, 事実を, 事情から, 事柄が, 事柄そういう, 事柄だろう, 事柄の, 五百円を, 亢奮を, 人生の, 人相を, 人種に, 他の, 会見を, 位だった, 住所と, 何かの, 何だか心, 侮辱を, 光景は, 冷水を, 冷笑を以て, 出来ごとを, 出来事と, 出来事は, 出来事ばかりしか, 刺激が, 力が, 努力の, 動作を, 動揺とを, 動物獰猛な, 匂い, 午後であった, 印象が, 印象は, 印象をさえ, 印象を以て, 危なつかし, 厭な, 反感を, 反抗で, 口語脈が, 味が, 咳ばかり, 唾そして, 唾をのみ, 唾気を, 問答が, 問題である, 嘔吐気と, 嘔感の, 圧迫から, 圧迫との, 圧迫に, 圧迫に対する, 圧迫や, 声である, 夢を, 天候が, 奴である, 娘でした, 嫉妬心をも, 存在です, 存在では, 存在と, 存在の, 容子を, 容貌を, 宿を, 寒けを, 寒さ, 小人物, 屍体の, 幻影を, 幻覚に, 幼稚な, 幽霊は, 店と, 形と, 影が, 影と, 影を, 後味が, 微温湯を, 心に, 心の, 心もちに, 心地だった, 心地に, 心持さえ, 心持ちが, 心持ちに, 心持ちにな, 心持ちを, 心持で, 心持の, 心的状態は, 念は, 思いで, 思い出が, 思い出は, 思で, 性格で, 悪寒を, 悪感と共に, 悪臭が, 悪臭みたいな, 悲しいよう, 惡臭が, 想ひ, 想像では, 想念が, 意味が, 意味において, 意識を, 愕き, 愚痴や, 感じだけ, 感じだった, 感じでは, 感じまで, 感に, 感情です, 感情という, 感情の, 感情や, 感情より, 感情水たまりを, 感覺が, 感触を, 慄え, 憎しみとして, 懊悩は, 戦慄に, 所が, 打撃を, 投やり, 抵抗を, 接触を, 放心が, 数々は, 日を, 映像が, 時を, 時間に, 時間を, 暗い陰影, 暗示を, 朝だ, 朝を, 条件も, 業病人達の, 様子で, 横行に対する, 比喩かも, 気も, 気もちが, 気もちで, 気もちでは, 気もちに, 気もちには, 気分が, 気味の, 気持, 気持さて, 気持だけ, 気持だつた, 気持ちが, 気持であった, 気持と, 気持も, 気特に, 氣が, 氣持ちだつた, 氣持を, 水を, 沈黙が, 沈黙に, 沈黙を, 沼地特有の, 淋しさ, 温さ, 滑稽味の, 濫用にたいする, 特色を, 状態である, 状態の, 現象を, 生活が, 用事だ, 男たちが, 男だ, 男なり, 疑いが, 疑問を, 疲れという, 病らひ, 痛みから, 監獄の, 目にも, 目を, 目を以て, 眉や, 眉を, 眼に, 眼まい, 破綻を, 程の, 程不幸な, 種を, 空想を, 空気が, 空気の, 空氣から, 笑いを, 節の, 節まわしの, 結果を, 絶望に, 緊張が, 緊張した, 義務では, 考えを, 考へから, 考を, 者にたいしても, 聯想を, 胸の, 胸苦しさ, 腹立たしい気分, 自分の, 臭いが, 臭いの, 臭の, 臭ひ, 臭気の, 興奮から, 舌を以て, 色さえ, 色でも, 色に, 色感で, 苦汁に, 苦渋を, 蒲団部屋と, 血痕が, 衝動を, 褐色に, 視線を, 触感を, 言葉だった, 言葉だつた, 訊問から, 記憶として, 話が, 話に, 詳録を, 軍隊から, 迷いに, 迷惑な, 連中の, 遣り場の, 醜さ, 重しに, 重みと, 重みを, 重苦しい心持, 関係が, 限りで, 面を, 面色に, 音は, 音以外の, 響が, 響きが, 響きを, 顔だつた, 顔の, 顔ばかり, 顔も, 顔色に, 顔色を, 香い, 香いを, 騒音が, 驚きを, 鼻の

▼ 不快~ (382, 15.6%)

18 なった, 思って 16 思った 14 なって 10 お思い, した, なる 9 思つた, 感じた 8 感じて 7 なつた 6 するの 5 したの, なつて 4 思うの, 思わずには 3 なると, なるの, なるので, 似たもの, 感ずること

2 [16件] おなりに, させたの, して, する, するもの, するやう, なり硝子戸, 思いながら, 思いながらも, 思うこと, 思ったが, 思ったの, 思召す, 感じ出した, 相違ない, 面憎く感ぜられた

1 [182件] おとしいれた一波瀾, おもう, おもつ, おもふ, くずされて, ございましょう, ごとごと鳴っ, ごらんでしたろう, させたつまらぬいろいろ, させたり, させてはと, させない程度, させまいと, させるかも, させるくらい, させるの, させるもの, させる位, させる悒鬱, させる程, させ人, さっきから, されるいや, されるの, しその, したあの, したこと, したそれ, したらしいすまなかつた, したらしく, したり, した上, しないだろうと, しなかつた, しました, し喧嘩, すること, するごとく一種異様, するばかり, する敵, たえない顔, つれて, とったよう, なったお, なったこと, なったという, なったの, なったらしかった, なったらしく手, なった所, ならざるを, ならないこと, なりそわそわ, なりました, なりもう, なり一層, なり不安, なり休まなければ, なり僕, なり口, なり同時に, なり恐ろしく, なり自分, なること, なるばかり, なるまで, なるもの, なる丈, ほてって, または寂しく, わくわくし, ドキドキと, 且變に, 亢奮の, 今更思い起された, 付て, 付当分之内為助, 付昨日より, 付為見舞可罷, 付病院入, 内攻し, 刺戟した, 動かされての, 向つて, 堪えがたくて, 堪えず流れ, 堪えない, 堪えない心, 堪えんの, 堪へざりし弁護士, 堪へず, 堪へないので, 大臣は, 底から, 彼の, 得堪えず, 思いが, 思いました, 思い出して, 思う, 思うけれど, 思うだろう, 思うであろうが, 思うであろうこと, 思うと, 思うよう, 思うわけ, 思う事, 思う為, 思ったこと, 思ったばかり, 思ったらしく, 思ったらしく苦りきって, 思った激しい, 思っては, 思ってる様子, 思つたと, 思つたのは, 思つてゐる, 思つてゐるらし, 思つて訊ねる, 思はずには, 思はなかつた, 思ひつ, 思ひました今, 思ひ延, 思ふであらう又, 思わざるを, 思わないで, 思わないもの, 思われた, 思われないこと, 思われます, 思われるか, 思われること, 思われるに, 思われるほどの, 思われる心, 思われ出した, 思召した, 思召し下さいません, 思召すようだ, 悩まされたか, 感じたかと, 感じないわけ, 感じながらも, 感じられます, 感じる, 感じるの, 感じるので, 感じる心, 感ずるよう, 感ずる人, 感ずる頃, 感ぜら, 感ぜられた, 感ぜられたと, 感ぜられるの, 或る, 昨夜を, 曇る関係, 濁って, 生温るいもの, 疼いて, 相違なかつた, 終ったすぐ, 縛らるるあたわざるなり, 而其宿へ, 襲はれ, 襲われて, 襲われる, 見えたので, 見えて, 近い感, 近い曇色, 違いありません, 違いない, 違いなかった, 重苦しくなっ, 響いたらしい, 響くもの, 顎を

▼ 不快~ (335, 13.7%)

35 感じて 24 感じた 7 覚えた 5 感じたの 4 感じました, 抱いて, 覚えて 3 与へるやう, 忍んで, 感じずには, 感じながら, 感ずる, 感ぜずには

2 [18件] かけないため, こらえて, 与えた, 与えて, 与へるの, 予想する, 催した, 感じたが, 感じること, 感ず, 極むるところの一路, 胸に, 與へる, 覚えたが, 覚えるの, 覺え, 辛くも噛み殺し, 避け幼児

1 [198件] あたえたあの, あたえたくない, あなたに, いつまでも, おぼえた, おぼえたの, おぼえたらしくベタベタ, お与えする, かくさない私, かけて, かすかに, こらへて, しのんで, そのま, ともなった, のこして, もって, よそおったり, 一掃する, 与うるその, 与うるは, 与えさえ, 与えたこと, 与えたと, 与えたの, 与えたのに, 与えた事柄, 与えない, 与えは, 与えようと, 与えるかも, 与えるによる, 与えるはず, 与えるほど, 与えるほどの, 与える恐れ, 与へずに, 与へた, 与へられた何, 与へられて, 与へられる恐らくは, 与へる, 与へるかも, 二重に, 今まで, 今日もう, 伴うもの, 伴ふ, 催させるよう, 催したらしかった, 克服する, 全く忘れ去る, 公表する, 加えさせた, 加えて, 加えること, 反撥する, 取り除く第, 含んで, 味つた, 味わいなど, 味わうごと, 呼び起させる何物, 善悪として, 圧え, 圧し秘して, 増すに, 察して, 彼に, 忍ぶだけの, 忘れさえ, 忘れなかった, 思いだして, 感じさせた, 感じさせながら, 感じそれ, 感じたいつか, 感じたから, 感じたそう, 感じたと, 感じたので, 感じたらしく, 感じたらしく監督, 感じたるを以て, 感じた其角, 感じた原因, 感じた程, 感じてる様子, 感じない程度, 感じなかった, 感じはじめて, 感じましたが, 感じよく, 感じるかも, 感じるだろう, 感じると, 感じるとともに, 感じると共に, 感じるどころか, 感じるの, 感じ冷やか, 感じ出した, 感じ出した彼, 感じ合つて, 感じ憤るかも, 感じ軽蔑, 感じ遺憾, 感ずるか, 感ずるかも, 感ずるが, 感ずるに, 感ずるの, 感ずるので, 感ずるやう, 感ずるよりも, 感ずる事, 感ずる程, 感ずれば, 感ぜさせるやう, 感ぜざるを, 感ぜしめぬ訳, 感ぜしめぬ譯, 感ぜしめる, 感ぜずむしろ, 感ぜられ早速, 懐く自然, 手伝って, 打ち消そうと, 抱いた使い, 抱いた樣, 抱いてるん, 抱かしめたり, 抱き顏, 招くこと, 持つて, 指すの, 排し難し, 掩ひ得なかつたらしい, 放散させる, 日本女は, 明らかに, 求めたばかりか, 洗ひ落す, 洩して, 溶いて, 滿たし, 点じた私, 現して, 生ずるは, 知って, 示して, 禁じえなくなられたに, 禁じ得ざる面色, 禁じ得ないだろう, 禁じ得なかつたといふ, 禁ずること, 積むの, 紛らす慰藉, 結果せぬ, 耐えられるよう, 耳に, 聯想し, 萌して, 装いつつ, 覚うべきのみ, 覚えさすの, 覚えさせられたが, 覚えさせられて, 覚えしむ, 覚えたこと, 覚えたの, 覚えたり, 覚えたるも, 覚えた妻君, 覚えてるの, 覚えないもの, 覚えましたけれど, 覚えられるばかりの, 覚えること, 覚えると, 覚えるもの, 覚え完全, 覚へた程, 覚へる, 覚ゆると, 覺えた, 誇張せざる, 買う, 買うよう, 買ったわけ, 買つた, 起させまいと, 起すこと, 避けなければ, 避けるため, 避ける本質, 避けんが, 隠さなかった

▼ 不快~ (205, 8.4%)

30 念を 16 感を 10 色を 7 色が 6 念が 4 念に, 念は, 情を, 感じを 2 原因は, 外見上の, 思いを, 感が, 感に, 目を, 霧に

1 [106件] ある時, うえいたく, うちに, かい, かええ, ことなどは, ため来られず, ていで, ところを, のちに, やうに, やりば, ようすを, 一つだった, 一つの, 上に, 中に, 事を, 二字に, 処御, 出來事をば, 分子の, 刺激しか, 効果を, 印象は, 印象を, 原因と, 原因を, 塊を, 声が, 声だ, 姿を, 対象と, 底意これ有, 度を, 影が, 御様子, 徴し, 心に, 心もちを, 心持を, 念から, 念これが, 念さえ, 念には, 念の, 念も, 性質は, 情は, 感から, 感じが, 感の, 感情, 感情で, 感情も, 感覚が, 感覚を, 時に, 根本の, 様に, 様子も, 様子を, 気に, 気を, 気分に, 気持に, 氣分が, 氣持は, 点が, 為に, 爲めに, 物を, 状を, 現実でなく, 眉を, 真因が, 種が, 種だった, 種と, 種に, 種子と, 立場から, 第一, 経過などを, 背景の, 臭を, 至りで, 色あり, 色で, 色は, 色や, 苦さ, 萌すの, 表出, 表情を, 表現では, 裏に, 観念を, 言を, 記憶に, 間に, 雲は, 面持で, 頭痛を, 顏を, 顔を

▼ 不快~ (86, 3.5%)

3 を感じた 2 だった, の残る

1 [79件] かもしれなかった, から來, から脱せられず, があっ, がありまし, がぐつと, がこみあげ, がさ, が一そう, が充分, が加わっ, が喉元, が残つて, が甦っ, が直接, が読みとれ, が軽く, が込み上げ, が頭, さえあった, さえ感ずる, だ, であった, であつ, ではない, で面, となさけな, とはワケ, と同じ, と気味悪, と無意味さ, と逢引, などによつて, にけり, にその, になっ, に一刻, に久能, に前途, に揺すられ, に満面, に目, に終らない, に耐えられない, に行きたく, に襲われた, に顔, のいりまじった, のため, の中, はえ, はこれ, はむしろ, は一生, は何時の間にか, は持っ, もある, もない, もなく, も手伝っ, も綾子, やこういう, をその, をどう, を其儘投げやり, を取除く, を始終, を忘れさせ, を思い出させられた, を愚痴, を感じ, を明らさま, を知っ, を紛らし, を著者, を表, を追, を追払おう, を隠し

▼ 不快~ (78, 3.2%)

11 あつた 8 はない 6 はなかっ 5 はなかつた 3 仕方が 2 加入する

1 [43件] あらうが, おこった気分, かの夫妻, さうし, しばらくの, すらある, そしてみじめ, そわそわし, たまらない, たまらなかった, たまらなくなる, は, はあった, はありません, はございませんでしょう, はないとお, はなくなる, は無, もなかっ, ヒヤリと, 不平であった, 不快で, 中, 人形に, 今に月代, 今夜は, 仕事出来ず, 休んで, 余程御, 去年の, 右の, 引いて, 心寂しい, 思わず顔, 憂鬱で, 横に, 第一和風そのもの, 耐らなかつた, 腹立たしいもの, 退屈で, 邪魔っけな, 集会す, 顔までも

▼ 不快~ (58, 2.4%)

2 するところ, する所, 不安とが, 嫌悪の, 恥しさ, 精神的快

1 [46件] いうよりか, いったらありません, いっても, この二つ, したこと, したの, して, しないもの, しばしの, し不満, するよう, する処, する理由, なって, なる, なると, よぶほどの, 不安とを以て, 不安の, 公憤とを, 反感とを, 反抗を, 嫉妬とから, 実はお, 寂寥との, 心細さ, 快感を, 忿怒と, 怒りを, 思うよう, 思う人々, 思う所, 怪訝り, 恥辱から, 悪感とを, 憂欝を, 焦燥の, 焦躁を, 知つて引取る, 苦痛だった, 苦痛とを, 言い立てて, 言うよりも, 認めざるを, 遠慮とを, 重苦しさ

▼ 不快そう~ (47, 1.9%)

6 に顔 5 な顔 2 に口

1 [34件] であった, なお, なこわい, なもの, な口元, な面持, な面持ち, な顔色, に, にこっち, にし, にする, につけ加えた, になった, にみとめた, にわき, にベッド, に云った, に呟き, に垢だらけ, に外, に外ずし, に太い, に寐, に新聞, に横, に源氏, に理屈, に眉根, に眺め, に答えた, に見, に言った, に黙っ

▼ 不快~ (32, 1.3%)

2 ある, こみあげた, こみあげて, 信吾の, 忽ちにこみ上げ

1 [22件] あった, こ, こめかみを, そのうち, まだ滓, まったく消え失せる, よくわかる, 一時に, 伴うた気分, 伴ふて, 伸子の, 判らない筈, 去りませんでした, 少し減じました, 彼の, 我慢出來る, 残り釈然, 殘つた, 流れて, 混って, 込みあげて, 陰口と

▼ 不快~ (32, 1.3%)

2 全然相

1 [30件] あの面白い, あるまいか, いよいよ不快, ことごとに, せいろん, その後だんだん, たまらない, ないが, なかつた, また一層, まだこの, 一朝に, 不快でも, 先達中ひどく, 募るばかり, 圧し隠し, 年ごとに, 強まるどころか, 彼女が, 必ずしもそれ, 感じなかった, 感じませんでしたが, 拭き消された, 未に, 椿岳自身の, 爆発的な, 自分たちが, 薄らぐとも, 避けるの, 頭痛では

▼ 不快~ (29, 1.2%)

3 である 2 をまだ

1 [24件] からは救, がある, がこみあげる, がだんだん, が急, で唇, とか不眠, と屈辱, に自分, に過ぎない, の原因, はぢ, は日光浴, もちりっ, もとも, をひっさげ, を味, を消し, を率直, を私達, を覚えさせ, を起させる, を起し, を進級式

▼ 不快なる~ (24, 1.0%)

2 怪物である

1 [22件] あまたの, こと第, にはあらずや, 事は, 事を, 光景に, 光景に対して, 印象の, 印象は, 印象を, 声を, 感を, 感情の, 文字は, 者の, 臭気を, 船乗りの, 調子と, 諸影響, 面色し, 音調を, 顔垣の

▼ 不快~ (18, 0.7%)

1 [18件] いよ, からです, からと断つ, からな, から今, から休みたい, がもう, がやむをえない, つたおい老いぼれ, つたからかも, つたけさ思ひだし, つたといふ, つたので, という足, とは思はなかつた, とも思わない, と思はす, 憎悪を

▼ 不快でも~ (16, 0.7%)

1 [16件] あった, あつた, ありまた, あり嫌悪, あるし, あるの, あれば, いらっしゃいませう, しのんで, ない期待, なかつたの, なくそれら, なければ, 何となく面白く, 宜しい一寸, 起したの

▼ 不快である~ (14, 0.6%)

2 ばかりでなく

1 [12件] かと訊い, かを考えた, がしかし, し自分, ために, という, ということ, といふこと, と共にうしろめたい, のか, のかも, 慎しむべし

▼ 不快~ (14, 0.6%)

2 厭や

1 [12件] あるまい, なかろう, わすれて, 不満も, 与えず会, 忘れたよう, 感じた, 感じない, 感じなかツ, 潜んで, 見せなかつた, 起りません

▼ 不快~ (9, 0.4%)

2 な顔 1 な寝, な小皺, な陰影, にイタリア人, に眉, に眼, に言った

▼ 不快だった~ (9, 0.4%)

2 がその 1 がそれでも, が一方, が隠し, でせう, とみえ, のです, のは

▼ 不快らしい~ (9, 0.4%)

1 事柄が, 反射を, 白い眼, 皺を, 色は, 表情が, 表情を, 顔で, 顔付

▼ 不快であった~ (8, 0.3%)

1 からである, がそれ, が自分, けれど見, とのこと, のでクラブ, のと, 能静氏が

▼ 不快とも~ (7, 0.3%)

1 しなかった, つかぬ気分, 思って, 思わない, 恐怖とも, 感じないらしい, 感じなくなる生理的心理的状態

▼ 不快がっ~ (6, 0.2%)

2 ていた 1 ている, ていろいろ, ておいで, て頭

▼ 不快きわまる~ (6, 0.2%)

1 ものであった, 場面に, 大音, 失望を, 手紙を, 病理的の

▼ 不快には~ (6, 0.2%)

1 ならない筈, ならぬ, 思って, 思わなかった, 思わぬくらい, 思われなかった

▼ 不快にも~ (6, 0.2%)

1 させること, 余り眠, 思わない, 思わなかったと, 思われるらしい, 眼を

▼ 不快から~ (5, 0.2%)

1 いっぺんに解放, お前にとっては, 反抗的に, 発祥する, 逃れようと

▼ 不快がる~ (5, 0.2%)

2 ことが 1 ことであろう, どころか唇, のは

▼ 不快であり~ (5, 0.2%)

1 万事に, 三成の, 厭悪を, 私は, 苦痛な

▼ 不快という~ (5, 0.2%)

2 ような 1 ことは, ので, のも

▼ 不快との~ (5, 0.2%)

1 夜は, 感情に, 目を以て, 記憶は, 間に

▼ 不快とは~ (5, 0.2%)

2 同一の 1 優にそれら, 心の, 思わなかった

▼ 不快らしく~ (5, 0.2%)

1 もせず, 一分と, 何より武士道, 目を, 顔を

▼ 不快さうに~ (4, 0.2%)

2 して 1 じろじろ眺め, 黙つて

▼ 不快です~ (4, 0.2%)

1 から, が義捐, ねそれ, よ

▼ 不快とを~ (4, 0.2%)

1 感じて, 感じないでは, 感じながら, 抑えること

▼ 不快ない~ (4, 0.2%)

1 さかひ, し不潔, ろが, ろを

▼ 不快~ (4, 0.2%)

1 不安を, 嫌悪の, 損が, 苦痛を

▼ 不快をも~ (4, 0.2%)

1 忘れて, 悉く忘れ果て, 感じたに, 除いて

▼ 不快~ (3, 0.1%)

2 顔を 1 気持は

▼ 不快がった~ (3, 0.1%)

1 に違い, のか, のである

▼ 不快さうな~ (3, 0.1%)

1 眼付で, 色を, 表情を

▼ 不快といふ~ (3, 0.1%)

2 わけで 1 反動が

▼ 不快なく~ (3, 0.1%)

1 して, すんだの, 日常机上に

▼ 不快なら~ (3, 0.1%)

1 ばあなた, めた, 早くモスコウ

▼ 不快な思ひ~ (3, 0.1%)

1 をさせられた, をなぜ, 出の

▼ 不快よりも~ (3, 0.1%)

2 恐怖に 1 これから袂

▼ 不快不満~ (3, 0.1%)

1 であっても, というもの, を

▼ 不快~ (3, 0.1%)

1 るもの, る存在, る存在ぢ

▼ 不快極まる~ (3, 0.1%)

1 悶著が, 気持ちに, 眼

▼ 不快至極~ (3, 0.1%)

1 であったには, なまるで, の取柄

▼ 不快苦痛~ (3, 0.1%)

2 に対して永久愛情 1 若くは

▼ 不快がられ~ (2, 0.1%)

1 たり軽蔑, ている

▼ 不快がり~ (2, 0.1%)

1 それを, もせず

▼ 不快~ (2, 0.1%)

1 はまる, 脂の

▼ 不快この~ (2, 0.1%)

2 上も

▼ 不快さえ~ (2, 0.1%)

1 感じるかも, 露骨に

▼ 不快だつた~ (2, 0.1%)

1 が一方, けれど昨夜

▼ 不快でない~ (2, 0.1%)

1 といふこと, 程度に

▼ 不快で堪らない~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ 不快とが~ (2, 0.1%)

2 彼女の

▼ 不快とで~ (2, 0.1%)

2 小さい胸

▼ 不快とに~ (2, 0.1%)

1 堪えたため, 襲われたの

▼ 不快なり~ (2, 0.1%)

1 とはし, 不快不快

▼ 不快なりし~ (2, 0.1%)

1 がその, は亦

▼ 不快な疑ひ~ (2, 0.1%)

1 が咽喉, を父

▼ 不快にさえ~ (2, 0.1%)

1 思った, 感じた

▼ 不快~ (2, 0.1%)

1 アル, 六七日逗留ヲシタイトイウカラ泊ッテイルウチハ立タレズイロイロト支度ヲ

▼ 不快不安不自由~ (2, 0.1%)

1 との複雑, と更に

▼ 不快不平~ (2, 0.1%)

2 を一

▼ 不快~ (2, 0.1%)

1 由申来午後見舞行, 趣

▼ 不快千万~ (2, 0.1%)

1 なもの, な気持

▼ 不快~ (2, 0.1%)

1 御看病出府, 御看病東京府出府

▼1* [110件]

不快いやお怒り, 不快但しは, 不快かも知れぬが, 不快がってる癖に, 不快がらしたと, 不快がらせずに出来る, 不快がらせまいと努力, 不快がらせようとする, 不快がらせるような, 不快がらせ叫ばせようとした, 不快がられないかなどと右近, 不快がりだしたのは, 不快きこといわん, 不快きものでなし, 不快きわまる如き顔を, 不快さうだつたが, 不快さうに二三度頭を振つ, 不快さうに言ふと, 不快さうに額に皺, 不快さうに顔をしかめ, 不快さったらない, 不快じゃなかったの, 不快じゃの不調法じゃの, 不快そういう感情を, 不快そのものぢや, 不快へがたし, 不快たることあるべし, 不快だつたりしました, 不快だろうということ, 不快であって因襲, 不快であるらしかったがすぐ, 不快である如く或る, 不快であろうともブールボン家自身, 不快でおりました故御無沙汰を, 不快でございましたそうで, 不快でございましょうから, 不快でしょうか, 不快でとじ籠っておられます, 不快でないならばそれ, 不快でないらしいと彼, 不快でなくやって行く, 不快でなければ近代的, 不快でならなかったので事務長, 不快でならぬことも, 不快でもなつたの, 不快で堪まら, 不快で堪らなかったから知らぬ顔, 不快で臥せっている, 不快で苛立たしかつた, 不快で見てゐられない, 不快とかの念が, 不快としていつまで, 不快とやら承候, 不快どころかむしろそれ, 不快なかたまりもさがった, 不快なさげすまれの語源, 不快なぞは忘れて, 不快など経験した, 不快ならしめている, 不快ならしめたのは, 不快ならしめることが, 不快なるべき筈が, 不快な凹みができ, 不快な曇りが想, 不快な来るべきものが, 不快な苛立ちを唆, 不快な軋音に, 不快について処置を, 不快にて候故, 不快になど思うわけ, 不快によって振舞った, 不快によるので, 不快もしくは苦痛の, 不快よく食べる私, 不快をさえ覚える話, 不快をともなふもの, 不快を以て想起する, 不快峡江ヲ, 不快ヒゲ剃りに, 不快一時間治療して, 不快一種の確実, 不快不出来に付, 不快不安な緊張, 不快不安障礙蹉躓は隨つて, 不快不潔感を与えず, 不快不甲斐なさ全体と, 不快不良不適の状態, 不快はなはだお, 不快中拝診被, 不快以上の歓び, 不快其の後如何でございます, 不快利不利は別, 不快なぞは皆, 不快嫌悪の情, 不快嫌惡の情, 不快怏々と先, 不快趣味厭じゃ, 不快悲しさに, 不快情欲亢奮などは何れ, 不快憂欝等の非難, 不快憂鬱等の非難, 不快手伝って呉れ, 不快無気味なるに, 不快症状を起す, 不快空想四方絶壁のうち, 不快自分が本気, 不快ながら心配, 不快為入御, 不快するその, 不快が屋根