青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「不幸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不可~ ~不可能 不可能~ ~不安 不安~ ~不審 不審~ ~不平 不平~ ~不幸
不幸~
~不快 不快~ ~不思議 不思議~ ~不愉快 不愉快~ ~不意 不意~ 不断~ 不明~

「不幸~」 6479, 67ppm, 1688位

▼ 不幸~ (1765, 27.2%)

33 目に 29 ことに 22 ことには 16 のは 15 ことは 14 人の 12 ものは 11 男だ 10 人々を, 運命の 9 人々の, 人が, 人は, 男の 8 ことで, のだ, 事には, 人だ, 人で, 者は, 運命に 7 ことだ, ものだ, ものを, 人間だ, 人間の, 人間は, 境遇に, 娘の 6 ことが, 友を, 女だ, 女の, 彼女は, 男は, 結婚を, 結果を, 運命を

5 [15件] ので, のです, 事が, 人々が, 人と, 人を, 人間に, 人間を, 友の, 女が, 女です, 生涯を, 男を, 者が, 身の上を

4 [19件] ことである, ものが, んです, 人々は, 人に, 人間が, 女に, 女性の, 姪を, 子供の, 帽子を, 恋を, 母と, 状態に, 町です, 私の, 者を, 青年に, 青年は

3 [36件] かた, ことであった, のか, のである, めに, ものたちよ, ものである, 一人の, 事で, 事です, 事に, 事件が, 事情が, 人々に, 人たちの, 人です, 人な, 出来事は, 境遇を, 姉を, 姪の, 娘でございます, 娘に, 娘を, 子だ, 幸福の, 最後を, 死を, 生活を, 男が, 男に, 結婚生活の, 老人の, 者に, 青年たちの, 青年の

2 [105件] お前, かたね, ことでありました, ことです, ことと, ことを, それからちっと, ところで, の, のかも, のであろう, ひとを, ものだろう, ものであり, ものに, んだ, 一家であろう, 一面を以て, 不幸な, 事であった, 事は, 事件を, 事情の, 二人の, 人, 人々への, 人たちが, 人たちと, 人たちを, 人であった, 人である, 人も, 人生を, 人達は, 人達を, 人間であった, 人間でも, 人間な, 作家の, 偶然が, 先天的欠陥が, 出来事が, 友人を, 国民から, 境遇の, 夭折が, 女である, 女でしょう, 女と, 女は, 女を, 女性で, 姿に, 娘は, 婦人と, 子供だ, 子供で, 子供は, 孫の, 家庭が, 宿命を, 少女は, 幸福とでも, 彼女の, 思いを, 恋は, 息子の, 日の, 日を, 星の, 時代だ, 暗合が, 暗示に, 最期を, 村だ, 母の, 父を, 状態を, 環境に, 生れつきの, 生活し, 男, 男である, 町の, 疾病が, 眼疾を, 私は, 立場に, 節子の, 素質を, 終りを, 経験を, 者にとっては, 者の, 自分の, 芸術家では, 若死を, 身に, 身の上に, 運命について, 過去を, 錯乱に, 関係が, 関係は, 魂の

1 [922件 抜粋] あたしたち兄妹, あるいは酬いられぬ, いくじの, おれの, お亡くなり, お兄上はじめ, お千代, お婆さんが, お志保, お方, お方だった, お方では, お父様, お身の上, からす, ことか, ことだつた, ことだろう, ことであろう, ことでも, ことにな, ことの, こと悲しい, この同胞患者, この小屋, せいで, その人達, その嫂, その若者, ぞっとする, できごとの, ときと, と挨拶, のかは, のだろう, のであらう, のでどんな, のに, のほんとに, のよ, はずは, はらからとに, はらからを, ひとに, びいどろ学士は, ままの, めぐり合わせを, ものか, ものだった, もので, ものでなかった, ものとは, ものや, やうに, より惨め, わが十九世紀, わたくしの, んかには, んだらう, アンチの, アンナが, イカバッドの, クリストフの, ゲファーレンという, ジャンナン氏が, ソクラテスに, ドイツの, ニユースを, フィヤンセに, ヘンリー・ジーキルの, ベートーヴェンは, ポーランドが, ユダヤ人に, リアリズムの, ルイ十六世の, ロシアの, 一ヶ月あまりの, 一夜だった, 一家の, 一握りの, 一生で, 一生は, 一生涯の, 一種の, 一部が, 世の中な, 世の中を, 世を, 中根の, 主人公を, 予感だった, 争いで, 事でございます, 事でした, 事なんかも, 事件であったで, 事件という, 事件の, 事実を, 事情を, 事態においても, 亭主の, 人々そういう, 人々と, 人々な, 人々に対する, 人々も, 人々十五六人余りも, 人たちは, 人だったらしい, 人だろう, 人であり, 人とは, 人には, 人ね, 人本当に, 人物だった, 人貧しい, 人達で, 人達な, 人達ばかりが, 人間, 人間じゃ, 人間でし, 人間として, 人間とは, 人間にたいする, 人間のみが, 人間や, 人間中の, 今までよりも, 伯母に, 体験とか, 作家だ, 作者よ, 依頼主義者として, 偏りという, 偏執と, 偶然から, 偶然な, 偶然の, 僕であろう, 儚ない, 兄弟は, 兆候の, 先入見, 光景は, 入牢者を, 公爵は, 内地人犠牲者の, 再登場, 出來事から, 出來事の, 出来ごとでありました, 出来ごとを, 出来事で, 出来事である, 出来事では, 出来事には, 分化の, 別れかたを, 利三郎は, 前例は, 劇作家の, 加害者の, 努力であった, 動物を, 包囲と, 半裸体, 又危険, 友, 友だちは, 友情の, 叔甥が, 受刑者の, 古賀に, 召集された, 名物, 呻吟の, 喜助の, 嘗て一たび, 噴火は, 囚人は, 囚人らへ, 囚徒は, 四人の, 国を, 園丁等を, 地主の, 地位に, 場合には, 場所悲惨な, 境涯にも, 境界に, 境遇そのものには, 境遇であろう, 境遇は, 士官の, 夜だろう, 夢を, 夢殿村には, 大戰爭, 大日向, 大衆は, 太子の, 夫ルパートが, 夫婦であった, 夫婦には, 奥さんや, 女, 女たちの, 女だった, 女で, 女であるらしかった, 女では, 女として, 女のみに, 女より, 女主人公, 女性だけに, 女房の, 奴かも, 奴が, 奴の, 奴を, 妹弟が, 妻は, 姪だけには, 姪と, 姪に対する, 姿を, 娘が, 娘たちと, 娘であった, 娘である, 娘とりは, 娘達は, 婦人たちは, 嫁入は, 嫂の, 嬰児の, 子たちの, 子であった, 子では, 子どもの, 子に, 子供が, 子供たちが, 子供らよ, 子供等の, 子供達の, 存在で, 孤児の, 孤独な, 孤独に, 宮様として, 宴会は, 家に, 家來に, 家庭とは, 家庭に, 家庭生活の, 家族を, 家運を, 宿命かも, 宿命に, 小僧生活, 小松の, 少年が, 少年も, 少年一太の, 市民たちを, 帽子と, 平民の, 幸福であらう, 幸福人だ, 廻り合わせで, 弟を, 弱い人間, 当番だけ, 影響を, 彼女その, 後家たちを, 従姉と, 心で, 心持, 心理状態の, 性格, 性格と, 性的混錯或は, 恋人たちは, 恋愛と, 患者ラオチャンドの, 愛人としての, 慘酷な, 懐疑者である, 我子に, 戦国女性である, 戦禍を, 扉を, 手紙を, 摩擦が, 故郷へ, 敗北を, 文芸落伍者を, 新英蘭人, 方かも, 方である, 方です, 方に, 方はと, 方を, 方法であった, 旅を, 旅人であるらしい, 日かも, 日であった, 日本人民と, 日本青年についての, 時でも, 時に, 時ばかりを, 時代といふ, 暗合か, 暗合を, 暮しを, 有様に, 未亡人に, 村である, 村を, 村民を, 根本原理として, 楽人の, 欠点と, 歌手は, 正直な, 歴史を, 死の, 殿様だ, 母親の, 気品が, 気持ちに, 気質な, 気質は, 決意を, 没落後三十年ぶりで, 浪人犬を, 淋しい人, 渕へ, 源氏を, 濁流に, 災禍が, 点は, 父は, 父親は, 物足りない結果, 犠牲と, 犠牲者として, 犠牲者は, 犠牲者群, 犬だ, 犯人の, 状態が, 状態とは, 狂水病者の, 王の, 現実の, 現状について, 現象かという, 現象であります, 環境から, 生まれの, 生存を, 生活である, 生涯に, 生涯の, 生涯を通じて, 田園紳士の, 男だった, 男だろう, 男とは, 男に対する, 男らに, 男女を, 画家の, 病人が, 病人の, 病気の, 病氣に, 痕跡を, 百姓は, 目には, 目にばっかり, 相手を, 真名古からの, 真名古が, 瞬間が, 破滅を, 社会に, 祖先たちの, 私に, 私を, 私達を, 秘書役は, 程度においては, 窓を, 第一印象, 籤を, 精神状態を, 紛擾の, 終末が, 経験から, 経験は, 結合から, 結婚でありました, 結婚の, 結婚談が, 結果と, 絶交の, 美的記者の, 群の, 老いたる, 老先輩, 老朽な, 老若子供より, 者そねむ, 者でし, 者です, 者どもでは, 者なり, 者にたいして, 者よ, 聯想が, 聴覚も, 肉体の, 肺病患者を, 胎児が, 胚子を, 自分たちは, 自分は, 自分を, 自尊心, 船客の, 芭蕉の, 芸術の, 芽が, 苗が, 若い婦人, 若者の, 菅氏は, 薄暗さ, 蠅を, 血の, 行きがかりを, 被害者の, 親に, 親子喧嘩に, 言葉は, 詩句を, 話じゃ, 話に, 話を, 調馬師の, 貧しい男, 貧民は, 賓客を, 身であり, 身の上だった, 身の上という, 身の上ばなしを, 身体に, 農村婦人は, 近代の, 運命で, 運命などは, 運命は, 運命聞く, 達人を, 遭難者に, 部下の, 部分と, 金魚が, 銃士の, 長い自身, 階級の, 電気人形よ, 青年が, 青年たちに, 青年だろう, 青年について, 青年を, 面例えば, 頼りな, 騎士たちの, 魂, 魂と, 魂にとっては, 魂を, 鰻が, 鶴に

▼ 不幸~ (1260, 19.4%)

726 して 17 なって 8 なるの 7 すること 6 なること, なると 5 なる, なるか 4 あって, する, するもの, するよう, なるという, 同情し

3 [13件] したの, すると, するの, なるだけ, なるに, 同情する, 相違ない, 終わって, 逢ひ, 遭遇し, 遭遇する, 陥って, 陥ること

2 [27件] あったひと, させたの, したもの, しようと, するかも, するに, する事, する場合, なっても, なつて, なりそう, なります, 充ちて, 同情しない, 同情を, 向って, 感ずるの, 残酷な, 気がついて, 突き落すの, 耐え得るもの, 蝕まれて, 違いない, 遭遇しはじめた, 陥った, 陥らなければ, 陥る

1 [363件] あいました, あいまず, あい悪人, あうだろう, あうと, あうの実証, あえば, あこがれたこと, あこがれるという, あったこと, あったり, あつた, あふ, あへる, あらざること, あわなければ, おさらばしよう, おちいっても, おとしいれる例, おわった一例, お逢いなさる, かかわる民法, きまって, くらべると, こ, ごつた返し, させ, させがち, させたところ, させて, させては, させは, させもし仮に, さへ, さらされねば, された哀れ, されては, しそう, したか, したがって, したくないからと, したこと, しただけ, した償いには, した原因, した噂, した大きい, した特権者, した罪, した覚え, しては, してやろうとして, しないため, しないだろうかという, しなくては, しました, します, しまるで, しわたし, し悲しい, し牛疫, し経済, し若い, すぎないの, すっかり心, すっかり逆上, すつかり滅入り, するか, するかを, するこの, するしか, するため, するだけ, するだろう, するつまらな, するという, するな, するばかり, するやう, するシステム, する刻薄, する存在, する社会性, する種, せずには, せよ生まれた土地, その家, たえて, たちいたりましたの, ちがいない, とらえられて, なし最後, なったかも, なったの, なったら三人, なったり, なった人間, なった時, なった時代, なつた, なつたの, ならざるを, ならないよう, ならない様, ならなけりゃと, ならなければ, ならぬかぎり, ならねば, なりたくない, なりたくないという, なりたくない故, なり他人, なり再び, なり多く, なるかも, なるし, なるそんな, なるだけの, なるだけよと, なるだろうと, なるって, なるであろうこと, なるでしょう, なるでしょうか, なるでは, なるなどという, なるばかり, なるまいと, なるもの, なるよう, なるわたし, なる人, なる必要, なる条件, なれば, なればとて, なろうと, なろうとも, なんかならない, はじまりて, ひしがれ自分, ひどく同情, まきこむかも, まみれた男, みいられて, みちびきます, みまわれて, むしばまれた自分, めぐり合うの, もう堪えられない, 一寸顔出しを, 一瞬ハッ, 不幸が, 不幸の, 世間では, 乗ずるは, 乗って, 人の, 会いつづけて, 会せしため信仰的自殺, 会って, 会っても, 会わなかったら今, 似て, 何の, 停ま, 充ちたわれわれ, 充ちた生活, 出あって, 出あっても, 出会わなければ, 出會, 出逢, 出遇, 出遇つた, 出遇つて, 勝るとも, 反して, 呪われて, 呻吟せざる, 嘆息を, 圧しつけられながら, 圧しひしがれた人間, 圧倒され, 圧倒される, 堪えずして, 墜し, 家族が, 對し, 導いたほどの, 導いた病根, 導くもの, 導くよう, 導く在, 導く場合, 導こうと, 属して, 引きくらべて, 引き裂かれて, 強いられた無, 影響を, 彼は, 心から, 心から同情, 心打たれ, 忍従し, 思う, 思はせた, 悩まされ切つた秋川一家, 悩み失意, 悶えなければ, 愁然として, 意識が, 感じて, 感じること, 感じを, 感ずるならむと存じ候, 感ぜられます, 感情だけで, 慣れて, 打たれて, 打たれなおかつ, 打ちくだかれた可憐, 打ちのめされて, 打ちひしがれすっかり, 打ち克つため, 打ち勝つこと, 打ち勝とうと, 打ち沈んで, 打ち砕かれたよう, 拘わらず繭, 拮抗し得る, 敗れて, 断たれた宋, 斯う, 暮すため, 暮す人達, 暮らして, 最も關係, 歎く, 止まらずその, 此丈の, 歸し, 死なせた母親, 死なせた自分, 殉じるの, 比ぶれ, 比べたらわたし, 比べて, 比べること, 気づかであるなり, 沈ませては, 沈まなくては, 沈むこと, 沈淪し, 泣いた, 淪落する, 淵源し, 滅入り込んだ, 無関心な, 甘んじて, 生まれた一人, 生み付けられた私, 生れついた者, 生れて, 生れ付きながら, 直面し, 真の, 立向, 終っても, 終つてし, 終るか, 終ると, 終るもの, 終わったよう, 置かれて, 考えたの, 耐えて, 育った故, 自分自身を, 苦しむだけ, 苦しんでるらしい様子, 落ちこんだの, 落ちたの, 落ちること, 落ち込んで, 蔽われて, 襲はれ, 襲われました, 見えて, 見えるけれども, 見えるの, 見舞はれ, 見舞われた, 見舞われたの, 見舞われたよう, 訪れられました, 負けたとも, 責任が, 追いこんで, 追い詰められて, 通夜する, 逢うと, 逢ったこと, 逢ったほか, 逢って, 逢っても, 逢ひませう, 逢わなければ, 連繋し, 遇いましたから, 遇い心身共, 遇うこと, 遇うです, 遇えり, 遇っても, 過ぎた人, 遭うとき, 遭った日, 遭って, 遭はば, 遭へ, 遭われた他, 遭逢せる, 遭遇した, 遭遇するなら, 陥いれたの, 陥しいれたものの, 陥った女, 陥つてる女, 陥らしめ天理人道, 陥らねば, 陥りたるもの, 陥りたるを, 陥りなお, 陥るため, 陥るだろう, 陥るの, 陥るよう, 陥れたりは, 陥れたるもの, 陥れた元兇, 陥れて, 陥れなかった私, 陥れまいと, 陥れようとしても, 陥れること, 陥れる憂い, 陥れ他人, 陥れ巨大, 陥れ愛, 陥入れた罪滅ぼし, 陷らで, 陷れ, 際して, 際会し, 際會し, 面した汝, 面して, 面すると, 馴れきって, 驚くどころか, 黙って

▼ 不幸~ (517, 8.0%)

4 見るに 3 どうにかし, 悲しんで, 招くこと, 持って, 歎く, 目の, 背負って

2 [27件] きたすこと, もたらすこと, 不幸と, 不成功, 予防する, 助くるの, 嘆いて, 忘れて, 意味する, 感じた, 感じて, 感ずる, 抱いて, 招くに, 招く結果, 持ち来すもの, 探しも, 断とうと, 未然に, 決定する, 浴びせて, 特徴附け, 絹子に, 繰り返すべく作られた母, 見て, 見ないで, 転じて

1 [438件] あたかもおのれ, あてに, あばき立てたり, あわれむ心から, あわれんだ, あわれんで, い, いい事, いたむと, いたむよう, いっそう重く, うちあけて, うち亡ぼし, おもわず自己, お思ひ, かえし天下億民, かこつもの, かさねた, かんじるの, きたさしたの, きたすの, きっかけに, こうむったもの, ここで, ここでは, この時, さらに大, しても, すい又, そういう形, その目, それが, たえがたい不幸, ただ不運, ただ孤児, たったいま責任, たのしむため, だん, つくづく悲しんだ, できるだけ早く, では, とりのぞきたいという, どうしても受けない, なくしよう, なぐさめて, なぐさめるため, なげきこの, なすもの, なめ尽くしたよう, はじめと, ば一人で, ふせごうとして, へらそうと, ほんとに小気味よく, また零しはじめた, まねくん, まねく基, まるで知らない, みずから責め, むしろ夜明け, めぐらすと共に, もうすこしで, もたらしたとき, もたらしたん, もたらすの, もたらそうとも, もったり, もって, もっとも悲しむ, ゆるししたしい, よく理解, よろこぶよう, よろこぶ心, わかつ原因, わざと大きく, われわれの, オセロに, 一人で, 一人の, 一切度外視し, 一定の, 一層不幸, 一杯に, 一瞬に, 一般の, 一身に, 上天に, 不愍とも, 与うるのみ, 与えた最初, 与えるよう, 与える方法, 中心と, 予感し, 予感し始めた, 予感せず, 予感できなかつた, 予知する, 予示す, 予覚し, 予言し, 予言する, 二重に, 云った, 人の, 人天に, 他の, 伴わぬ発言, 作ったの, 作り出した社会, 來した, 信仰の, 僕は, 僕らも, 充実した, 先づ頭に, 免れしむることあたわず, 免れしめたいという, 免れないの, 共にする, 冷笑する, 凌ぎやすい, 分かたなければ, 分ちあうもの, 切りつめる生活, 利用される, 努めて見, 勘定し, 十倍も, 千代子から, 及ぼすを, 反映し, 取り除くため, 取除くため, 受けたり, 受けて, 同情なし, 名誉として, 否定する, 呪い不幸, 呪おうと, 味い, 哀れんだ, 哀悼し, 問はず確かに, 喜ぶの, 喜ぶよう, 喜ぶ心, 喞ち, 嗅ぎま, 嘆いたもの, 嘆くに, 嘆くにも, 嘆くやう, 嘆じた, 嘆ずる人, 嘗つて打明けず, 嘲り笑うの, 嘲笑し, 噛みしめた, 回復しました, 地下で, 増したこと, 増すこと, 増すだけの, 多少緩和, 大きくし, 天や, 女々しく悔やむ, 女々しく悔やん, 女と, 妻に, 始終嘗めなけれ, 始終甞め, 定めるため, 実感する, 密かに, 導いたと, 少くし, 希うべきなの, 希ふ, 平和に, 幸に, 幸福と, 幸福に, 幾つも, 底まで, 度外に, 弔するのみ, 弔する等, 弔ふ, 引いて, 強く感じさせる, 強調も, 彼に, 彼の, 徹底的に, 心から願っ, 必然的の, 忍びに, 忘るべし, 忘れてるよう, 忘れようと, 忘れ去り昔, 念じて, 怖れる, 思いだして, 思うと, 思つた, 思つたが, 思ふ, 恥も, 恨み飜, 息子の, 悪魔の, 悲しまざらん, 悲しみ国家, 悲しみ歯, 悲しむといふ, 悲しむの外, 悲しむよう, 悲しむよりも, 悲しむ人, 悲しむ希くは, 悲しめども, 悲まず, 悲むものは交際官試補なる, 悲んで, 悼みて, 悼み男子, 悼む自然, 想いては, 想像の, 惹き起した罪, 愉快がる, 愍ま, 意識する, 愛して, 愛すな, 愛する傾向, 感じたこと, 感じたで, 感じつつ, 感じなくなる, 感じなければ, 感じます, 感ぜしめ終, 慰められたり, 慰める為, 憐んだり, 憐んで, 憫れんで, 懸けは, 手探りし, 扱ふ, 招いた悪魔, 招いた最大, 招いだので, 招かれたの, 招きたま, 招きは, 招きまた, 招く, 招くたち, 招くという, 招くの基, 招くよう, 招く発端, 招けり, 招こうと, 招来した, 持ちあわせた教養, 持ち来すこと, 持つ, 掴むだろう, 携えて, 播いた女, 救う実力, 救う為, 救は, 救はんと, 救ひ得べき, 救わんが, 数え来れば, 日本の, 明示し, 書こうもの, 最も少なく, 最後の, 有する快活, 望むひま, 本能的に, 来せるなりけり, 来たしたの, 果敢な, 極めおり候えば, 極度に, 欺き合, 歌ひ, 歌ふ, 歎い, 歎き合った, 歎し, 正視する, 比喩的に, 気に, 決する鍵, 決定した, 泣いて, 準備してる, 滓まで, 烙印され, 無視した, 生ぜしも, 生む元, 生んだ, 用いて, 痛感し, 痛感する, 目ざす放火者, 目にも, 省る, 真に意義, 眼前に, 知ってる女弟子たち, 知らざる者, 知らずに, 知らせに, 知らない, 知りつくして, 知りながら, 知り過ぎて, 知ると, 祈って, 祈り他, 私に, 空想した, 突き抜けて, 立派に, 箱根細工の, 約されて, 細かに, 経ても, 経験する, 絶え間なく新しく, 絶対に, 続ける精神, 織り交ぜて, 義経に, 考える余裕, 考定する, 耐えて, 聞いたり, 聞くべき耳, 脊負い, 脊負込む, 自分の, 自覚させず, 自身の, 致し大, 致すの, 致すもの, 苦しんで, 蒙むると云, 蒙りまた, 被る者, 見たなんて, 見たの, 見た者, 見つめその, 見てと, 見るであろう, 見るという, 見るや, 見るよう, 見る人, 見る場合, 見れば, 見デンマーク人, 見下ろす太陽, 見聞きする, 見聞する, 見舞いに, 見舞うため, 見舞ふために, 見越して, 解決されず, 許せかし, 訴うべき, 訴えたと, 訴えたの, 訴えるかの, 訴えるよう, 話した, 話して, 誇張し, 誇張し過ぎ, 語って, 語り人, 語る語り方, 豫想し, 負わされて, 超脱しよう, 超越した, 身に, 身辺索漠たる, 軽くする, 逃れる唯一, 通知する, 造るきわめて, 連續的に, 選ぶと, 選ぶ事, 選んだの, 避けようと, 避けるため, 醜い賤, 醸さずには, 醸した, 醸して, 醸し一家滅亡, 醸すの, 醸す目的, 釣上げろと, 長続きさせる, 防ごうと, 阻止しない, 雁江に, 雙忘し, 面白がる, 頭の, 願う, 願って, 顧みずして, 齎しました, 齎すかといふ, 齎すと, 齎すという

▼ 不幸~ (461, 7.1%)

18 ために 7 どん底に, なかに, ように, 中に, 原因に 4 あつた

3 [12件] あった時, うちに, なかで, もとに, ドン底に, 人を, 原因は, 原因を, 大きな原因, 底に, 最大の, 運命を

2 [39件] あった家, うちこれより, はじめ, ようだ, 一つだった, 上に, 下に, 人で, 人と, 人の, 人は, 何である, 兆しである, 内に, 原因と, 因と, 地に, 境遇に, 始まりである, 子に, 小石を, 意味を, 意識から, 感が, 方が, 最なる, 末路に, 本である, 根が, 根を, 根拠を, 死を, 民が, 淵に, 源である, 起つたでも, 運命に, 重荷を, 電報が

1 [290件] あったあと, あったのち, あった米本, あった翌々年, あとだった, あまりに全, あるの, うえに, うちだ, うちにおいてのみ, うちにも, おかたは, おくやみ, おも, ことって, ことであった, ことも, ことを, ございました時, ございましてからは, ざわめきさえ, しみの, そこから, ためな, ための, ためエクセントリックな, ため何もかも, つづいたうえ, ときには, とき下谷の, ところへ, どん底につき, ないところ, なかった, のこした傷痕, はじまりだという, はじめおのれの, はじめに, ひそむ大悲殿, ひそむ雪, ほかにも, ままに, もっと大きな, ものも, ようで, ドン底まで, プロバビリティーは, 一つだけに, 一つであった, 一つと, 一つとして, 一つね, 一つの, 一代を, 一因と, 一族で, 一見最後的な, 一部を, 万般の, 上の, 中から, 中で, 中でさえ, 中にこそ, 中は, 予兆を, 予感が, 事の, 事件が, 事件につき, 人々を, 人たるを, 人だ, 人もしくは, 人若く, 人間が, 人間に, 代りに, 伴は, 住所と, 來る, 例について, 僧は, 元である, 元兇だ, 兆だ, 兆を, 児が, 全範圍, 全綜括, 公子, 内容にも, 分れめ, 分れ目は, 初まり, 前に, 前兆が, 匣を, 区別が, 医者は, 半分以上が, 原因が, 原因たる, 原因であった, 原因である, 原因でした, 原因とさえ, 原因としては, 原因とも, 原因な, 原因なりと, 原因について, 友なり, 君と, 唯一の, 問題では, 図絵であった, 国民と, 圧迫の, 地位を, 場合にも, 場合のみ, 場所に, 境に, 境涯に, 壮大さが, 多くと, 大い, 大なる, 大団円が, 大部分, 女だった, 女である, 女は, 妹に, 姉は, 始まりであった, 娘たちを, 娘であります, 婦人を, 子と, 子なりき, 子の, 密接な, 対比が, 尤なる, 差という, 差は, 幸福, 幸福だ, 幸福とでも, 幾許不幸, 広告なども, 底へ, 底を, 弁才坊が, 形を, 影は, 後でさえ, 後には, 後を, 心を, 忽ち目前, 怕るべき, 思いを, 思い出である, 性来です, 性質が, 悲しみから, 意味などは, 懸隔の, 我を, 我身をも, 打撃を, 支度に, 数々が, 方を, 日の, 時に, 時は, 時期に, 最初の, 最大な, 最大なる, 最大原因である, 本質が, 来たの, 来ること, 来るの, 来るらしい感じ, 根拠が, 根源に, 極の, 歳月を, 歴史進歩の, 民を, 決果を, 決潰を, 海の, 淵から, 淵へ, 淵源である, 源たるの, 源な, 源を, 源泉と, 源泉な, 溜息を, 溝犬の, 滓まで, 為めに, 甚しき, 生れゆえとても然, 生活が, 由來に, 男よ, 的に, 直後本家から, 相が, 眞の, 真の, 真相を, 知らせは, 禍因を, 程度において, 程度は, 種, 種かも, 種だった, 種である, 種と, 種とばかり, 種に, 種も, 種を, 種子であり, 種類いたって, 範囲でだけ, 続いた十九年, 罪何を以てか, 翳は, 者が, 者で, 者どもで, 者を, 者今宵死ぬる, 至りだ, 至りと, 芸術家は, 芽を, 荷い, 見舞いなどに, 観念は, 解決が, 記憶の, 訪ずれた, 訪れを, 話や, 誘拐され, 謎の, 警告者と, 谷底に, 象徴として, 起りしため, 身, 身の上で, 身廣き, 輪廓を, 迫ってるの, 通知は, 連続, 連続に, 連続の, 運を, 道を, 重な, 重荷でへ, 野犬の, 鋭い寒風, 開きが, 間にも, 際に, 際やむをえず, 隠棲において, 雲が, 霜雪に, 頂點に, 餓鬼どもを, 骨頂だ, 體質を

▼ 不幸にも~ (326, 5.0%)

5 彼の 3 かう云, それは, 余は, 大抵の, 彼は

2 [23件] それほど単純, ふたたびヨーロッパ, 人々は, 信仰を, 僕の, 先生の, 全五年, 国と, 寸毫の, 彼女の, 彼等の, 忘れたり, 日本人は, 流感で, 父に, 独歩の, 現代は, 私の, 私は, 経済的事情に, 航海中に, 詳細に, 適中し

1 [260件] あたって, あなたの, あの時分, あの時刻, あの有名, ある場合, いつか4に, いまだわが, お前さんは, お雪伯母にと, かかわらずなるほど, かつが, こうした, ここに, このこと, この世での, この前, この国, この大, この大切, この建白, この心配, この絶大, この虚, これほど, これ等の, こんな脱走犯人, した, すっかり当, するの, する力, そこへ, そのよもや, その何物, その娘さん, その拍子, その時, その栄冠, その気, その滞在中殆, その熱心, その真中, その確信, その祖父祖母, その船, その試み, その電柱, その頃, その養子, それが, それほど單純, それらの, ただただ周囲, たった半年, ついに一匹, つまらない男, ならず楽し, ならず経済的不安, なるもの, またここ, もう将来, われわれの, ウィンチが, キリストなどに, クリストの, クリストフには, ビルマの, フリーメーソンリイの, プロレタリアの, モロー彗星の, モンパルナスは, ユダヤ人らが, ヨーロッパ人は, ラックの, ラツクの, 一つの, 一年の, 一銭も, 丁度その, 三木は, 不可知的な, 不可知論的な, 且つ誤謬的, 世益主義, 主義によ, 之を, 事実であった, 事業は, 二人は, 人間ば, 今までの, 今日まで, 今日までは, 代作し, 代表され, 仲哀天皇様には, 保持し, 俺は, 僕には, 兄が, 先年東海道川崎駅に, 其翌年最愛の, 凍死した, 凡てが, 出で, 出会った, 出版後直に, 切られました, 前より, 北側の, 十一才で, 十分に, 原稿の, 又蘇, 同情する, 君が, 命數に, 哲学的な, 喧騒に, 單に, 四五年前から, 困難にも, 地球と, 堪え忍んで, 多くの, 多額の, 大なる, 天平時代の, 夫婦とも, 夭折し, 失敗に, 失敗を, 女子の, 妹に, 娘は, 嫉妬を, 存在し, 実はそう, 宮方の, 家治将軍は, 寡聞の, 小耳に, 崖から, 嵐に, 帝都の, 常に僕, 常に破っ, 幻滅の, 弁えなかったの, 弁解は, 弟の, 当世の, 当時ヒューマニズム行動主義の, 彼が, 彼には, 彼を, 彼女に, 彼女は, 後者であった, 御存じの, 御礼が, 御隠居, 徳川の, 急死した, 恋愛は, 恐怖にも, 悪性の, 悪獣, 感じて, 我々の, 我が党, 攘夷家達乱暴なる, 支那の, 政府を, 敏感な, 救け得る人, 敵弾を, 新帝は, 方角を, 既に言語, 日本の, 日本へ, 時と, 暗やみの, 最もしばしば連想, 最も屡聯想, 未完成, 桜桃は, 欠けて, 次第に西, 此心配が, 武さんの, 死刑判決の, 氏の, 気の毒至極の, 気象台の, 水上村の, 深さ, 清閑を, 源氏は, 漂流器を, 牙に, 狂人に, 甘んじます, 男子が, 画の, 當り, 病死された, 百日の, 的中し, 相識れる, 矢張りゼーロンの, 知って, 知つてゐる, 社殿の, 私が, 私たちは, 私ら夫妻は, 紛失し, 結婚の, 絵にまで, 絶体に, 総蔵, 習得する, 肉体的に, 脳溢血とは, 腫物を, 自分が, 自分は, 至るまいという, 若い嫁, 若様が, 英吉利は, 落伍者の, 蘇武は, 裁判官が, 見るべき品, 見事に, 観る人, 詩人には, 読経の, 誰一人認め, 調和を, 貪慾な, 賊に, 跡を, 送信機と, 通用しない, 逢わない証拠, 過たで宮, 適中した, 遭わず無事, 遭わないで, 遷延する, 金兵衛は, 陣歿した, 革命の, 頭を, 餘り, 馬車に

▼ 不幸~ (258, 4.0%)

10 あって 5 あると 4 ある 3 あった, あるの, やつて

2 [19件] あったと, あったとか, あったり, あった場合, あれば, あろうか, ございまして, できて, 人間を, 彼女を, 待って, 来るの, 現れる, 続いた, 襲って, 起こった, 起こって, 起った, 起って

1 [192件] あったという, あったとき, あったので, あった時, あつた, あつたと, あつて, あつて大阪, ありて, ありどんなに, ありまして, ありましてな, ありましてね, あるか, あるという, あるよう, ある場合, いくつもの, いくらかわたし, おこったとき, おこって, おそつ, くい込んで, ことごとく我身, この悲しみ, これ以上でございません, ごはし, させるわざ, すぐれた作家, すぐ彼, そこに, その藤田一家, それを, そんなにこわかっ, ついにきた, つぎつぎに, つづいて, ないと, なんとなく剣山, はじまったこと, はっきりした, ひそんで, まだあまりに真, まだ餘, みまったの, もたらされる以外, やがて順慶, やっとわかったらしい, よくわかります, わいて, わかるもの, わたしを, 一つ増した, 一度に, 一斉の, 不幸と, 与うる誤れる思想, 予知せられ, 予知せられる, 予言され, 予防され, 今にも手, 今にも落ちかかっ, 仕足らい, 他の, 伝染し, 倍加され, 其女を, 凡そどんな, 出来たとかいう, 分れば, 力を, 十分に, 参りました, 執拗に, 多いかと, 多ければ, 大きくなれ, 失われ多く, 始まった, 始まつたの, 始めて, 実はかえって, 家に, 家へ, 寝そべって, 少くとも, 岐れる, 廻つて來る, 引続い, 引續い, 彼に, 彼の, 彼ら二人を, 彼以外の, 彼女の, 御有, 忍びよって, 忍び寄って, 惹起された, 打ち続いたの, 日本全体の, 明日ここに, 最初の, 最小限に, 有ったもの, 有るなんて, 有形無形に, 望む時, 来たこと, 来ても, 来ないよう, 来なければ, 来る, 来るかも, 来ること, 来るこれ, 来るという, 根絶されるだろう, 次郎, 此那葉書一枚で, 此頃有りましたらう, 決して本当, 湧いて, 潜んで, 生じて, 生ずる, 生まれるの, 男女の, 直接伯父自身の, 相か, 相かわらず, 相応に, 私に, 私には, 私の, 私を, 突然起つ, 終わること, 絶えません, 続いたもん, 続いたり, 続きとうとう, 続きますと, 続きまた, 続くん, 続出し, 美代子を, 自分の, 舞い落ちて, 落ちかかって, 落ちて, 落下した, 融け合って, 襲いかかって, 襲うし, 見えたが, 見舞って, 訪れたもの, 訪れた日, 訪れぬよう, 訪れるという, 起きて, 起こったもの, 起こりますよ, 起こるであろうと, 起こるならば, 起こる前, 起ったと, 起ったの, 起ったらしいぞ, 起ったら一体, 起った家, 起った当日, 起つて, 起らうが, 起らずに, 起り止むを, 起るかも, 起るであらうと, 起るの, 起る事, 近くに, 連続した, 重なって, 重なり火災, 重なると, 長びいたに, 降って, 降りかかり彼自身, 離れる事, 頻発する

▼ 不幸~ (239, 3.7%)

7 私は 3 それは, 僕は, 彼は, 私には

2 [12件] これは, これも, わからない, わたし自身その, 一度も, 人生の, 今の, 余は, 幸か, 彼の, 必ずしも主格, 短刀は

1 [196件] あの大震火災, あれだけの, いくら荒れ狂っ, いつも男装, いまだ全く文明化, いま竹童は, お秀, お蝶, お銀様自身, かなり鋭い, こうした天才, こう云う, このこと, このとき坊や, この公式, この山, この御, この怖, この意見, この潔癖, この盲人, この美しい, さいぜんまで, さして宣傳, すぐ近く, そういう傾があらわれ, そうでない, そこでバッタリ, そこへ, そのお方, その一員, その大きな波, その当時, その日, その時, その晩, その晩萬兵衞, その欲望, その近所, そりゃ知らん, それでござった, それらしい, そんなもの, そんな年廻り, たいへんな, たと, ちょうどその, でなければ恋愛, とうとう側近くお世話, とにかく幾多, どうかは, どちらでも, なにしろ血, なわを, まだ検屍, まだ檢屍, まだ自分, まだ自由販売, わからなかった, わかるまい, われわれ年輩の, インテリの, テーブルスピーチや, トンネルの, ドイツも, パトラッシュには, 一時ノウトルダムの, 一時雨過ぎ去, 七月の, 不思議にも, 中以上の, 中学時代から, 久保田先生今日は, 予の, 事実は, 二三冊読ん, 人間は, 今に, 今は, 今一人の, 今度は, 今日まで, 仏蘭西語は, 以前ハルトマンブーシュケンプナーなど, 伊東俊さんに, 何か, 例の, 俳人であった, 債権者の, 僥倖かは, 先刻遣わした, 全然昨日, 公判記録の, 其の怪談, 其一二篇は, 分るもん, 判らなかったが, 別にその, 到頭側近くお世話, 十一の, 単に買った, 反対の, 叔母が, 叔母は, 喜ぶべきか, 嗜好品としての, 外に, 大きな問題, 大哲人, 大岡市十郎が, 大河という, 太平の, 妙な, 妙子自身が, 妻には, 始めから, 安蔵は, 将た, 幼少から, 弁信でありました, 弥太郎は, 当ってたん, 当時ツェッペリン飛行船の, 彼に, 彼には, 彼も, 彼女は, 彼女を, 彼等は, 待乳の, 後に, 心臓の, 忘れられて, 性来財を, 悪運かに, 我々の, 我は, 戦争は, 料理屋兼業で, 日本の, 日頃は, 昔から, 昨今の, 朝鮮人の, 来なかつた私, 死ぬなら死んで, 死産であった, 求め難い, 洋海の, 浅間の, 海老塚氏は, 滲み入らなかった, 演劇は, 田村君は, 男の, 男の子が, 病気に, 病気の, 病気は, 病氣の, 発声法を, 相当に, 看板の, 知らぬが, 知る由, 石崎氏の, 私の, 私も, 私達の, 種の, 突然マキシモヴィッチ氏, 米國には, 精神病者の, 系図を, 紙の, 結婚した, 繁昌の, 育たなかつた, 自分は, 自然主義演劇の, 芹沢は, 茂太郎は, 見なかった, 誰も, 諸家の, 身を, 運命は, 道庵先生が, 遥かに, 選ばれて, 鈴木忠次郎は, 雨が, 雪舟の, 高級生活者の, 鳥や, 黒吉は

▼ 不幸~ (208, 3.2%)

3 母の, 私たちの

2 [13件] いうまでも, その下等さ, またと, まだ終らぬ, 不幸と, 不幸に, 丑寅の, 人生に, 彼女を, 必ず避け, 更に彼, 死の, 赫く

1 [176件] あたし一人責任を, あった, あなたが, あるいは不可抗力的, あるまいなあ, ある日, いつも心, おいらに, お父さんの, かえって大, かかって, かさなって, ここに, ここの, この上, この二つ, この四日間, この時潮, これを, しかしながらあなた, すべて自分の, そこに, そのこと, その人, その時, その暴力, その當時, その罪, その起らざる, それから, それからのち文芸評論, そればかり, たしかに人, ただその, ただ自分, でも幸せ, とにかく夫, とりさること, とりのぞかれず犯罪人, どこに, どこにも, どれほど, ないが, なく人生, なにげなくその, なんとし, ふせげない, また彼女, また部落民, むしろ民自体, もう何もかも知っ, もちろんである, もはや村一面, やはりこれ, わが過去, わたしの, アグリパイナの, キャラコさんが, 一層ます, 一度もっとも大, 一毛利家の, 一通りでなかった, 不平は, 不幸, 不幸である, 不幸なり, 不幸の, 不思議な, 世の中の, 主観の, 人に, 人の, 人間の, 今な, 今や彼ら, 他に, 他人の, 以前に, 住人の, 何もかも自分たち, 何処に, 倍に, 偶然的な, 全く運, 共存する, 内と, 内閣大臣以下腰弁当にて, 内閣大臣以下腰辨當にて, 初まつ, 別として, 前に, 千差万別の, 単にそれ, 又量無し, 各々の, 各文化部門, 名門の, 哲学を, 單獨では, 嘗て淨土, 国内で, 外的境遇の, 大人物の, 大部分コンドル, 天命である, 始めより, 子供から, 実にわからない, 少数の, 弱点に, 彼から, 彼が, 彼に対する, 彼らよりも, 彼女らが, 彼女自身自分の, 彼等の, 往々に, 御身の, 心に, 急湍の, 性格の, 意外な, 成育した, 我輩の, 所謂世間に対して, 拒否の, 敢えて意, 斯の, 既に早けれ, 日本人らしい, 明かに, 有形無形に, 柏村が, 案外早く, 様々で, 母国語の, 母親ばかりの, 深いと, 父母はやく, 独裁政治である, 環境から, 生きんと, 生じたの, 生れながらに, 申すまでも, 男には, 疑えないの, 癒されること, 発覚を, 直ぐに, 神様に対する, 私が, 私ども留学生の, 私に, 私には, 私の, 私自身が, 米の, 結婚そして, 結婚で, 絶対には, 繼續する, 老いたる, 肉体や, 自分に, 自然と, 萌しはじめた, 見たがらなければ, 詩の, 誰それ個人の, 起らずに, 起らなかったであろうが, 酒癖, 重なるもの, 靜かな

▼ 不幸なる~ (193, 3.0%)

5 かな 3 人々は

2 [20件] かなだ, かなである, は無し, ものあゝ, ハイネは, 人の, 内心の, 境遇に, 尊公らは, 幸福, 弱者が, 彼の, 彼は, 患者が, 男よと, 私は, 者と, 者を, 運命に, 閲歴を

1 [145件] かな旦那方, かな遠, がごとくなれ, がゆえに, ことが, ことには, この時代, この重, に死し, はかかる, は今, は女性, は我が, は明白, ものに対する, ものも, もの寧斎第, を知りぬ, イヤ清浄潔白な, ウオルト・ホイツトマンと共に, コスモポリチズムは, ジョリクール氏が, スペイン人の, ラート教授が, リザヴェッタは, 一国民に対して, 二基の, 二等艦メデューズ号について, 亡友, 人々の, 人々法律によって, 人さえ, 人ならず, 人には, 人マックファースンに関して, 人道擁護者の, 人間として, 人類と共に, 人類中に, 信号手が, 偶像観念を, 僕等に, 出版なら, 判決が, 収穫である, 同胞, 四つの, 埃及の, 境地に, 多くの, 夢遊病者彦太郎と, 大河の, 失敗とが, 女バリザール劇詩人ジャンフロー老, 女ファンティーヌへの, 女子を, 妻である, 姫よ, 娘の, 娘は, 婦人らの, 嫌悪彼らの, 子である, 孤児等が, 学者は, 宇治山田の, 家族の, 家族生活に, 尊長中村武羅夫の, 小さな甚公, 少女にとっては, 少数者は, 山本一家の, 幸運とでも, 幽霊に, 弟ミスター・スティーフンと, 後者は, 思いがけない出来事, 怪我で, 恋人に, 恋人同士の, 患者の, 患者への, 戀と, 我が子, 我子の, 我身の上を, 戦いでした, 所以は, 手代の, 日の, 日本青年たちであった, 時が, 時機を, 晩婚者が, 最初の, 最後に, 最後を, 最期を, 母の, 民族国家を, 漂流者を, 犠牲が, 犠牲者ハナマキ村の, 犧牲者を, 犯罪者と, 狂人だ, 猶太教徒, 生涯の, 生涯を, 男は, 男を, 病人は, 病気の, 病者には, 知力僧服の, 破綻の, 私の, 結婚に, 綱宗に, 者という, 者は, 者よ, 者われ知らず, 者汚辱を, 自分が, 自分にとっては, 自覚が, 誤解が, 貧児を, 貧者の, 身の上は, 身の上を, 農夫が, 運命の, 運命も, 過失, 闇川吉人が, 階級の, 障害が, 青年の, 青年紳士と, 駆逐艦, 魂に対する, 魂は

▼ 不幸~ (121, 1.9%)

4 感じて 2 いうべきは, いはねば, するもの, 云わなければ

1 [109件] いいきれるだろうかとも, いうので, いうべし, いえば, いえようが, いえるの, いおうか, いったらこの, いっても, いつも手, いはば, いひ窮苦, いふべきか, いわざるべ, いわばその, いわれないの, きいては, くるしみの, ご恩顧, してだけの, しないで, すべきか, するなりと, するに, する即, なったかも, なったに, なつた, なりがち, なりそれ, なり楽しから, なるべきもの, われわれの, 不安である, 不運とが, 二重の, 云うか, 云うの, 云うべきかと, 云う訳, 云える身, 云おうか, 云って, 云わねば, 依倚, 信じて, 偽瞞, 分けられる種類, 同じよう, 固定し, 固定した, 変化し, 宿命の, 寂しさ, 幸福は, 幸運とが, 思うのみ, 思うヤケ, 思う狭い, 思つたのは, 思はせるもの, 思ふこと, 悲哀を, 悲惨とに, 悲惨との, 悲歎に, 感じないの, 感じなければ, 感ずるであろう, 戦いぬいたこの, 損失とを, 極まりきったもの, 歡喜と, 災厄と, 災禍の, 災難の, 為すに, 無智, 爲すに, 犠牲という, 生活の, 直接関係し, 絶望との, 考えなければ, 考へたり, 自然現象の, 自覚しえる, 苦しみ, 苦しみが, 苦しみの, 苦痛は, 苦難とを, 観ずるより, 観念論の, 解しては, 言うべからず, 言ったよう, 言つても, 言は, 許しがたい, 認むべ, 認めあわせて, 認めないわけ, 諦めるほか, 謂つ, 較べて, 運命の, 邪淫との, 闘って

▼ 不幸~ (115, 1.8%)

21 はない 19 あつた 6 はなかっ 5 はなかつた 3 はありません, はなく 2 はあります, はある, ヒステリイが

1 [52件] あつたらう, あらうが, あらうと, あらゆる人, いそがしかった, いちばんひどい, いらいらし, これが, さえある, さえもある, しかも幸福, そいつを, そして乞食, それが, だけわかっ, どの人間, なんと軽はずみ, はあっ, はあった, はあるまい, はないだろう, はなかろう, はなし, また同じく, もなかっ, ショックを, ジョンソンは, 一生を, 中津に, 仕事も, 休んだ困った心がけ, 利己主義者や, 孤独で, 孤独の, 慰めなどとは, 本人は, 本筋の, 母に, 母の, 沈んだと, 火宅を, 無権利, 病気には, 短命な, 私らが, 美妙斎は, 自殺でも, 貧しくて, 貴様が, 質の, 越前屋の, 頭が

▼ 不幸~ (104, 1.6%)

4 と感ずる 3 つた, とか大, と思う, と思った 2 からそう, とあきらめ, といふ, と思います, と思つて, と諦め, ね, わ

1 [72件] いまの, からここ, からこの, からといっ, からとおだやか, からと云っ, から村, かわからない, か知らない, が, がこれ, がやむをえない, けれどもあの, この上, し老, それだけに, だから元気, ついには, つた人の, つて思つたから, という, というしかありません, といっ, といつ, とかいふこと, とかもう, とこぼし, とさえ思っ, としてもそれ, とは思っ, とは思わない, とは感じなかった, とは考えなかった, とばかりお, とも思っ, とも知っ, とやはり, と一種, と云, と同じ, と幹男, と思, と思い, と思いこん, と思いました, と思っ, と思はない, と思ふ, と思われる, と感じ, と知り, と私, と考える, と言い, と言っ, と言われ, なあ, などとは露, なやっぱり, なんて我儘, のって, のと, もの, やら一つ, やら何, よ, よ娘っ子, わと白い, ア, 不幸だ, 孤独だ, 誰も

▼ 不幸である~ (74, 1.1%)

7 ことを 4 ように 3 ことは 2 か, かも知れない, か幸福, と, ということ, ばかりでなく

1 [48件] おりに, かさえも考える, かと云, かのよう, かは平塚さん, かは知らない, かよい, から, からこそ彼ら, かを知らない, か惨, か考, がお互い, ことなどを, ことにか, だけの力, とか臥蠶, とご, としたら, とすれ, とだが, とは思えなかった, とは真実, とは考えられない, とまで云った, ともいい得よう, と云つて, と共に斯様, と勘兵衛, と同様, と彼女, と思います, と思う, と思っ, と思わなけれ, と感ずる, などと思った, にも拘わらず, に違い, のです, のは, のみならず, ばかりで, やうに, 事柄を, 悪質の, 私は, 者にたいして

▼ 不幸~ (43, 0.7%)

3 どこ吹いた

1 [40件] あったに, あらんには, ありけるよと, ありは, ありません, あるまいかと, おこって, おれの, このジャン, ございませうが, すべり落ちて, そこから, その社会全体, それ自身の, なかった, なき世, のばすその, みんなこれが, もろともに, わからない, 不幸と, 二重に, 十分に, 幸福も, 彼の, 彼は, 御自身, 必ず何事, 忘れること, 悲劇的な, 慰められて, 数多いは, 無いもの, 知らない世の中, 知りませぬ, 終わるべき時, 見舞いに, 親の, 解りませんサヨナラ, 起らずに

▼ 不幸~ (39, 0.6%)

17 の幸 8 の幸い 3 の幸福 2 の不幸 1 にも代官邸以西, にホツ, に付家人一切面会謝絶, のさいわい, のしあ, の幸ひで, の幸ひと, の幸運, 之幸

▼ 不幸~ (35, 0.5%)

4 苦しみを

1 [31件] さかいどうも, さかい別れた, ならんか, 不安の, 不平等, 不正を, 利欲やの, 友人や, 喜びに, 天気模様に, 天災地変といった, 失敗には, 幸福なぞが, 悪徳の, 悲劇や, 悲哀を, 悲惨の, 悲惨事に, 憂鬱を, 暗さ, 浮世の, 災害が, 災難は, 苦しみの, 親戚に, 貧困や, 遂に現世, 障害は, 障碍が, 零落に, 魂の

▼ 不幸という~ (34, 0.5%)

4 ものは 3 ことが, のは, ものが 2 ものの, ものを, ような

1 [15件] こと, ことに, ことを, のが, ものな, ものについて, ものに対して, わけで, 事は, 二つの, 具合いに, 浪の, 点に, 生活の, 言葉に対して

▼ 不幸~ (23, 0.4%)

1 [23件] が聞い, だ, だってね, だとか, だよ, であったろうと, である, で一番, という仮面, となり, と彼, と雖ども, なく真, にする, の中, の第, の群れよ, はお, はどう, は唐天竺, をあわれみ, を劬, を見

▼ 不幸でも~ (22, 0.3%)

2 ある

1 [20件] あった場合, あつた, ありました, あり幸福, あり生存, あるい, あるが, あると, あるなら悔み, あるやう, あッた, ござったかと, ないよう, なく特に, なければ, コーコーでも, 彼らに, 快活に, 親の, 過ぎて

▼ 不幸とは~ (22, 0.3%)

1 [22件] して, そういうもの, どんなこと, どんなもの, また違った, 不幸と, 予想である, 何の, 何を, 何物であろう, 反対に, 少しも, 彼が, 思えまい, 思はない, 思わないだろうか, 愛されないという, 正比例し, 獨り, 考えない, 限らなかった, 限らなかつた

▼ 不幸だった~ (21, 0.3%)

2 んだ

1 [19件] かいかに, かも知れない, ことなどが, ことゴットフリートから, ころと, ころの, そうです, ために, とばかりは言えない, と思う, にしろ, のだ, はずは, ひとだけが, わ, モーツァルトや, 女が, 父が, 自分の

▼ 不幸から~ (20, 0.3%)

2 生じて

1 [18件] こちらの, たすけたり, 不幸な, 掠奪せられ, 救った場合, 救って, 救つてあげたい, 救はれた, 残りなく, 滅亡から, 脱出しなけれ, 脱却したい, 脱却する, 自ら解き放つ, 自分たちの, 解放され, 逃げ出して, 離れられない自分

▼ 不幸には~ (18, 0.3%)

2 違ひない

1 [16件] あらずして, いたしませんが, いつもハッピー, させなかったもの, なって, ならない娘, ならなかったでしょうし, ならなかつたらう, なりたくない, なりたく無かったので, 休みといふ, 会わなかった, 少しも, 相違ありません, 違いない, 陷らざりし

▼ 不幸であった~ (13, 0.2%)

1 [13件] か, か幸福, がそれ, が細君, だけそれ, に反し, のです, のと, のは, のを, 不幸を, 結婚生活の, 過去の

▼ 不幸とも~ (13, 0.2%)

3 感ぜずに 1 いふべき, いわれないもの, また幸, 云われません, 思って, 思はないが, 思はんかね, 思われるけれども, 申されぬで, 考えられる

▼ 不幸について~ (13, 0.2%)

1 [13件] この時代, のは, はつひ, 公けに, 噂を, 弁明の, 想像力を, 深い理解, 考えて, 考へて, 訴へる, 語ったこと, 返報し

▼ 不幸とを~ (12, 0.2%)

2 同一視する 1 ごっちゃ交ぜ, 一層深めた, 共に醸し出してる, 受くる, 担う苦悩, 比較し, 物語るもの, 知れる心, 祕めてる, 顧みずして

▼ 不幸ばかり~ (12, 0.2%)

2 では 1 して, だもの, でなくわが, でなく山岳文学, でもう, 数え立てて, 狙って, 続くので, 続くん, 重なって

▼ 不幸であり~ (11, 0.2%)

1 [11件] しかも彼, そして道徳的因子, また心, もしくは彼ら自身, 不安である, 之を, 同時に又, 損害であり, 特に婦人, 良人の, 野蛮の

▼ 不幸です~ (11, 0.2%)

31 からね, が一般民衆, が信之, けれど世界, この道理, ってまさか, なあ, の

▼ 不幸といふ~ (11, 0.2%)

2 ことも, 言葉は 1 ので, ものが, ものさ, ものだ, ものです, ものは, 意味は

▼ 不幸とか~ (9, 0.1%)

2 苦しみとかが 1 いろいろな, 云うもの, 以上の, 幸福とか, 幸福の, 悲酸な, 災難とかについては

▼ 不幸をも~ (9, 0.1%)

1 受けいれた, 味わ, 存じて, 慰むべし, 早くから経験, 正視し, 満足げに, 見つけ出す, 賭して

▼ 不幸として~ (8, 0.1%)

1 この上ない不幸, そこの, そこへ, 云って, 忌み又は, 片附け得る, 聞いて, 見るよりも

▼ 不幸なり~ (8, 0.1%)

1 と, といへ, と思ふ, と断言, と雖ども, トロイア城に, 不徳なり, 愛いする

▼ 不幸そう~ (7, 0.1%)

2 に見えた 1 な娘, な婦人, な日本人, に見えました, に見えます

▼ 不幸であろう~ (7, 0.1%)

21 ぞ, とは誰, とわたし, と思います, と恥ずかしくもったいなく

▼ 不幸との~ (7, 0.1%)

1 ために, 予知せられる, 分れ目でしょう, 原因でなかつた, 岐れ, 理由を, 賭事の

▼ 不幸~ (7, 0.1%)

1 であろう, であろうか, です, と考えざる, もしくは屍体一個, をも生む, を惹き起した

▼ 不幸悲惨~ (7, 0.1%)

1 がどういう, な生活, に終る, の地位, の境界, は決して, をもっ

▼ 不幸短命~ (7, 0.1%)

7 にし

▼ 不幸つづき~ (6, 0.1%)

1 か, で, で弱り切つ, に昔名, の侯爵家, の喪

▼ 不幸に対して~ (6, 0.1%)

1 こんな同情, その気持, 一滴の, 先ず医学的処置, 文学が, 素知らぬ顔

▼ 不幸不運~ (6, 0.1%)

1 が身, と思われ, な生まれつき, の淵, ばかりにてこの世, を悔むより外

▼ 不幸災難~ (6, 0.1%)

2 に際會 1 が続々, のその, の經過後, 等しきり

▼ 不幸かは~ (5, 0.1%)

1 それは, どちらでも, わかりませんが, 岸本にも, 申し上げること

▼ 不幸そのもの~ (5, 0.1%)

1 だつた彼女, である事, とその, に転化, の如き

▼ 不幸かも~ (4, 0.1%)

1 しれないが, しれませんが, 知れないといふ, 知れんよ

▼ 不幸~ (4, 0.1%)

1 に変わり, へ, も忘れ, を加える

▼ 不幸つづきで~ (4, 0.1%)

1 こんな淋しい, ござります, 今は, 清康の

▼ 不幸とが~ (4, 0.1%)

1 いっしょに, 湧き返り立ち返つて, 直ちに知られる, 重った時

▼ 不幸なんて~ (4, 0.1%)

1 どこに, どんな所, 妙な, 当てに

▼ 不幸への~ (4, 0.1%)

1 嘆き正しい, 憤りを, 逆落しに, 道である

▼ 不幸続き~ (4, 0.1%)

1 で, で店, で第, となり

▼ 不幸それ~ (3, 0.0%)

1 ははかりしれない, は一様, をも打ち拉いてる

▼ 不幸たる~ (3, 0.0%)

1 ことは, に留まる, 彼れ

▼ 不幸でない~ (3, 0.0%)

1 のが, やうにと, ようにと

▼ 不幸でなく~ (3, 0.0%)

1 あなたが, そしてまた, てむしろ

▼ 不幸とに~ (3, 0.0%)

1 かかわること, 刺戟され, 泣かねば

▼ 不幸なら~ (3, 0.0%)

1 お馨さん, せめてこの, 僕は

▼ 不幸にと~ (3, 0.0%)

2 申した方 1 遭遇した

▼ 不幸によって~ (3, 0.0%)

1 かえって深い, めちゃめちゃに, 与えられた一種

▼ 不幸のみ~ (3, 0.0%)

1 で無い, ならず天下文学, ならず娘

▼ 不幸ばかりが~ (3, 0.0%)

1 あるだけ, 浮んで, 続いて

▼ 不幸よりも~ (3, 0.0%)

1 さらにいっそう不幸, 不幸を, 添れぬ

▼ 不幸不平~ (3, 0.0%)

1 のため, の人, を慰め

▼ 不幸~ (3, 0.0%)

1 が行く, だ恵まれた邪宗徒, の一句

▼ 不幸~ (3, 0.0%)

1 であった, でもあった, の運命

▼ 不幸運不運~ (3, 0.0%)

1 のわかれ目, の大きな, を考えた

▼ 不幸あたし~ (2, 0.0%)

2 の汚な

▼ 不幸あり~ (2, 0.0%)

1 との占, 不幸の

▼ 不幸ある~ (2, 0.0%)

1 ときは, にはあらざる

▼ 不幸これ~ (2, 0.0%)

2 より大

▼ 不幸さえ~ (2, 0.0%)

1 なかったなら, 招きますから

▼ 不幸すぎる~ (2, 0.0%)

1 ことである, わ

▼ 不幸だけが~ (2, 0.0%)

1 あるん, 感じられた

▼ 不幸だけを~ (2, 0.0%)

1 いやと, 自分の

▼ 不幸だって~ (2, 0.0%)

1 いといは, ことは

▼ 不幸だつた~ (2, 0.0%)

1 ことには, ね

▼ 不幸だらけ~ (2, 0.0%)

1 じゃしかし, の人間

▼ 不幸~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 不幸~ (2, 0.0%)

1 ふもの, ふ方

▼ 不幸であっ~ (2, 0.0%)

1 たりする, てもそしてまた

▼ 不幸でした~ (2, 0.0%)

1 のでしょう, 吾家の

▼ 不幸でもって~ (2, 0.0%)

2 幸福を

▼ 不幸としての~ (2, 0.0%)

1 性格を, 貧や

▼ 不幸とで~ (2, 0.0%)

1 あると, ぷんぷん臭っ

▼ 不幸とや~ (2, 0.0%)

1 いわん不便, 云わんと

▼ 不幸などで~ (2, 0.0%)

2 つい手

▼ 不幸などと~ (2, 0.0%)

1 云うこと, 云うもの

▼ 不幸などという~ (2, 0.0%)

1 なまやさしい言葉, 大袈裟な

▼ 不幸なりし~ (2, 0.0%)

1 予は, 十年まえ

▼ 不幸にでも~ (2, 0.0%)

1 なると, なんなすったら

▼ 不幸になんか~ (2, 0.0%)

2 なっては

▼ 不幸にばかり~ (2, 0.0%)

1 おあい, 考える悪い

▼ 不幸~ (2, 0.0%)

1 しござって, つかりぢ

▼ 不幸より~ (2, 0.0%)

1 もっと不幸, 甚し

▼ 不幸らしい~ (2, 0.0%)

1 ことも, 人だ

▼ 不幸~ (2, 0.0%)

1 救ウタメカワッテソノ暴挙ヲ, 除キテ無用ナル立法ナリトス

▼ 不幸不相~ (2, 0.0%)

2 應の

▼ 不幸人間~ (2, 0.0%)

2 のすべて

▼ 不幸及び~ (2, 0.0%)

2 必ずこれ

▼ 不幸~ (2, 0.0%)

2 苦の

▼ 不幸悲しみ苦しみ~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 不幸惨憺~ (2, 0.0%)

2 の境界

▼ 不幸~ (2, 0.0%)

1 の描出, を毎日

▼ 不幸極まる~ (2, 0.0%)

1 ものに, 最後の

▼ 不幸災患~ (2, 0.0%)

1 を忘, 多き世界

▼ 不幸薄命~ (2, 0.0%)

1 な女性, に狂死

▼1* [202件]

不幸あらしむるとするも自由党は彼, 不幸あらしむるとするも自由黨は彼, 不幸あらゆる悲惨に対して, 不幸いいことと, 不幸かお顔がめちゃめちゃ, 不幸かぎりなしとの, 不幸かさういふ時代は, 不幸かということは, 不幸かといふことに, 不幸かなおりました, 不幸かならずしも不幸で, 不幸かに岐れる, 不幸からの復活が, 不幸かを齎すこと, 不幸こそ試金石である, 不幸こちらの囮網, 不幸こびを受け入れぬ, 不幸さぞや両親を, 不幸さ加減はどう, 不幸さ焦燥が話, 不幸しかない, 不幸しかも周囲の, 不幸じゃないん, 不幸すべての社會的矛盾, 不幸ずくめの私, 不幸そして常に失はね, 不幸その軛が, 不幸その後中村先生は二豎, 不幸だけでしょう, 不幸だつたらいくらでも我慢, 不幸て何, 不幸つづきだったナ, 不幸つづきなのだ, 不幸であったろうと思う, 不幸でありませんか, 不幸ででもある, 不幸でないであろうか, 不幸でなく引いて人類全体, 不幸で居るといふも知つて, 不幸で悲しんでいる, 不幸で食べる者は, 不幸で飲まないだけ幸福, 不幸といふだけでは, 不幸といッつべきだよ, 不幸とかにこれは, 不幸とから脱れ, 不幸とさえなる場合, 不幸とて附近の, 不幸とでもいうの, 不幸とともにあの秘帖, 不幸どころでは, 不幸なありさままたは, 不幸なあわれむべき人物を, 不幸ながらそこに, 不幸なく幸福のみを, 不幸なこつた不幸な, 不幸など初めから, 不幸などは言うに, 不幸などを経験させられる, 不幸なにがその, 不幸なのろわれた人々でも, 不幸なめぐり合せが, 不幸なめぐりあわせに陥った, 不幸ならしめ多数の, 不幸ならしめたるは朝廷, 不幸なり受けし災難いくばく, 不幸なるべきは勿論, 不幸なわらうべき人物, 不幸なんぞはみぢん, 不幸な忘れられた槽の, 不幸な煮えるような, 不幸な終わりを見, 不幸な荒れ狂う人たちを, 不幸な蝕みを芯, 不幸において相似たる, 不幸にたいしていたずらな, 不幸についてさえまともな, 不幸についても深く喜, 不幸につき落すかも, 不幸にても一不朽の, 不幸によってのみほんとうに, 不幸により而も, 不幸に対する理解や, 不幸に関する限りそれに, 不幸に際し悲歎やる, 不幸に際して跡に, 不幸のみかあれ見よ, 不幸のみが待ち構えて, 不幸のみとは云へ, 不幸のみを下すこと, 不幸はいふに足らぬ, 不幸はもののうらおも, 不幸ばかりを探して, 不幸ひとたび先生の, 不幸抵抗する, 不幸へと送りこんだ者, 不幸ほか見ず人, 不幸ほど子供を, 不幸また僕が, 不幸まで部屋の, 不幸むすこを折檻, 不幸ものだろう, 不幸やの鉄床の, 不幸さあくる, 不幸を通じて偉大だった, 不幸カ彼女ヲ熱愛シテイル, 不幸ガチッと音, 不幸ナル幸ハ中學教育ニ英語ヲ課シ來レル慣習, 不幸ナル者ニ虐待ヲ加フルト, 不幸ニシテ夭亡ス天人倶ニ傷マザルハ非ズ, 不幸ニシテ父又早, 不幸一人もぶつかりませんでした, 不幸一升は一升, 不幸一時に襲來, 不幸一杯二杯三杯で陶然, 不幸一歩を誤り, 不幸不孝の数々, 不幸不安どうしたら, 不幸不幸になっ, 不幸不潔な場処, 不幸不相応の縁, 不幸不縁のもと, 不幸不遇の人, 不幸不運病気災難貧苦のごとき, 不幸砌存寄らざる, 不幸か悲惨, 不幸何物かよく, 不幸より多病, 不幸兇刃に仆, 不幸なり, 不幸遊困難所が, 不幸出版社の都合, 不幸する力, 不幸半途でお, 不幸に係る, 不幸噫竟にこれ宮, 不幸困難といふもの, 不幸国家の大, 不幸大雨のため, 不幸天災に際會, 不幸の心そのもの, 不幸如何なりやなど, 不幸の分娩, 不幸子供の歩調, 不幸孤立放棄貧困などは皆一つ, 不幸官吏皆因修, 不幸将門は幼少, 不幸山東を流, 不幸年少の長次, 不幸廃刊を見た, 不幸引退のやむなき, 不幸の天国, 不幸征韓論に蹉跌, 不幸まだ間, 不幸徒刑場を出, 不幸心中の相手, 不幸悲哀で御座います, 不幸悲惨失望並に生理的苦痛, 不幸憂苦を醫, 不幸戦慄醜態の連続, 不幸戦災に会っ, 不幸政友諸氏と意見, 不幸数奇なること, 不幸敵弾にたおれられた, 不幸う, 不幸日々見聞するあらゆる, 不幸日本美の優雅, 不幸早く世を, 不幸早世次子亦先, 不幸極まるあわれな情ない, 不幸歌人中には一人, 不幸此上もあるまい, 不幸此迫害と健鬪, 不幸殊に多くの, 不幸残酷にさえ見える, 不幸牲以賽神霊而則不, 不幸殿様の不幸, 不幸のため, 不幸満足と不, 不幸災難病気等に際会, 不幸災難等に際會, 不幸無力な人たち, 不幸特に必要な, 不幸當時からその, 不幸病気にて役立ち申さず, 不幸病気泣きごと流血殴打ひどい言葉, 不幸直後にこっち, 不幸相破れ屍を原野, 不幸真に人生の, 不幸きに, 不幸に陥れた, 不幸肉親の愛憎, 不幸自分はあなた, 不幸艱難の所産, 不幸苦痛などを判断, 不幸落魄の身なり, 不幸薄命なお君さんという女性, 不幸薄識で知らぬ, 不幸見舞いに行っ, 不幸の運命, 不幸過ぎる事件は, 不幸集まって幸福