青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三河~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

三~ ~三つ 三つ~ ~三人 三吉~ 三味線~ ~三年 ~三度 ~三日 三月~
三河~
三浦~ 三田~ 三角~ 三郎~ ~上 上~ ~上がっ 上がっ~ ~上げ 上げ~

「三河~」 1062, 11ppm, 10218位

▼ 三河~ (214, 20.2%)

6 国の 3 山奥に, 松平元康の, 親類へ, 長篠の

2 [13件] 伊良胡が, 古狸には, 古狸めを, 国では, 守である, 山奥へ, 山村では, 山間松平に, 岡崎へ, 或る, 矢矧まで, 花祭りに, 花祭りは

1 [170件] おとら, くに長篠城を, ごんごろ, さる所に, ためにも, どこの, ものは, 一向一揆, 一色, 一色党の, 一色村に, 一色村へ, 一色村へと, 一色郷に, 一色郷にも, 一部と, 万歳以外に, 三河党の, 中山越えでは, 事想ふべし, 二見は, 人で, 人の, 伊良湖岬では, 伊良湖岬に, 伊良湖崎の, 住人足助次郎が, 作手の, 俗説に, 八橋に, 八藩遠江の, 冠者は, 出だ, 出ださうですが, 北の, 北東の, 北東は, 北設楽郡の, 北部で, 北部などは, 北部にも, 半島の, 南設楽郡の, 収入も, 古老たちは, 古老たちへは, 古老どもへ, 古老どもも, 吉胡だ, 吉良, 吉良氏が, 向背も, 国あたりの, 国から, 国境地域など, 国高師ガ原を, 國の, 地は, 境山の, 大平川が, 大浜へ, 奥で, 奥の, 如き鎌倉街道筋, 宝蔵寺産の, 宝飯郡, 宝飯郡で, 宝飯郡などで, 宝飯郡などでも, 宝飯郡の, 家康ごとき, 家康などに, 家康を, 将来を, 山中などにも, 山奥には, 山村の, 山間にだけ, 岡崎には, 幡豆郡は, 幡豆郷は, 幡豆郷へ, 平野を, 当時の, 徳川家が, 徳川家の, 徳川家康, 徳川家康とは, 徳川蔵人元康へ, 手勢も, 方言で, 方言では, 方面では, 本国の, 本国へ, 本多佐渡守正信の, 本宮山と, 東加茂郡でも, 東部へ, 松井田村で, 松平, 松平から, 松平と, 松平などは, 松平に対しても, 松平や, 松平を, 松平元康, 松平元康が, 松平元康は, 松平元康を, 松平勢は, 松平家でも, 松平家とは, 松平家は, 松平氏も, 松平隊を, 横山という, 水の, 水野家, 海岸に, 海辺の, 海近い, 渥美半島では, 煙火陣に, 狭投神社, 狸に, 猿投山三河とは, 生れで, 産とかいう, 田舎ざむらいを, 田舎に, 田舎武者は, 眠流しと, 矢作川の, 矢作豐川と, 矢矧から, 竹内某といふ, 精鋭どもが, 老臣どもは, 者を, 臣にも, 花祭りの, 花祭りを, 菅江真澄の, 蒲形, 衆か, 西辺の, 西部地方から, 豊川の, 豊川稲荷小田原の, 財政は, 赤坂の, 足助次郎重, 足助矢矧衆の, 足助重範が, 農夫の, 近状は, 遮断あり, 郷里へ, 鈴木伝助の, 長篠城を, 陰鬱な, 隠し子の, 隠忍自重我慢の, 香積寺に, 馬は, 鳳來寺山と, 鳳來寺山に, 鳳来寺山へ

▼ 三河~ (171, 16.1%)

31 の半 13 の家 9 の親分 8 の佐吉, の親分さん 7 の伊太松 4 の吉五郎 3 の吉田屋, へ行く

2 [16件] で器用, なる山口惣右衞門, に居りまし, に浪宅, に町道場, の三丁目, の千代鶴, の叔父, の大, の建部久馬, の手習師匠建部久馬, の殺し, の溝口屋, の酒村草之進, へ飛ん, まで踏込ん

1 [53件] か, からは足踏み, が変, が變, でござんす, でェ, で半, とやらへ往, なる右惣右衞門, にと馳行, にゃあ, に住む, に住ん, に到り, に立退きまし, に質兩替渡世, の, のあの, の伊勢屋五兵衞, の伊太松親分, の伊豆伍, の伊豆屋, の伊豆屋伍兵衛, の兄, の半分, の吉田屋彦七, の奈良屋三郎兵衛, の奈良屋三郎兵衞つて, の御, の徳次, の徳次兄い, の我が家, の留, の細工物屋, の若旦那, へかかる, へと急ぎ, へ入, へ入っ, へ參, へ急がし立て遣けれ, へ持っ, へ罷り, へ行きました, へ行っ, まで八五郎, まで急い, めずらしいな, より直, より須田町邊, をさして, を指, 半七

▼ 三河~ (63, 5.9%)

2 に任

1 [61件] からしばし, がある, がよろい, が一身, が奥, が迎え, すなわち武蔵先方衆, だった昨日, であった, であり自分, とその, と傅役, と申す, になっ, にまかせ, に思いかしずかれる, のあわただしい, のこと, のつれ, の一念, の告げた, の智謀, の眼もと, の良策, の諫言, の遺子, の門前, の館, はいった, はかれ, はこちら, はさき, はふたたび, はもう, は伊万里兵部大夫, は促した, は同, は大聖院, は怒れる, は思わず, は怪しんだ, は悔い, は懐紙, は改めて, は炉, は結論, は自分, は茶わん, は釜, は陶, へこう, もいい, もにこやか, もぽっと, も何, も声, も是非, を持った, を見かけ, を近く, 親貞

▼ 三河武士~ (63, 5.9%)

2 であったが, である, にも全く, の右, の名折れ, の末流, の硬骨, の精鋭

1 [47件] がある, がそんな大した, がみな, が主君家康, が信玄, が家康, が黙っ, だ, ではない, といえ, としてかつて, とは全く, と称された, と貧乏, なり, なるもの, におくれ, にとりかこまれ, には一すじ, の剛毅, の勇猛, の卵たち, の口癖, の名だたる, の子孫, の対大坂感情, の手なみ, の旧, の本, の気骨, の用意, の筆法, の精神, の背, の蛮骨, の解釈, の質素さ, の軍紀, の辛抱強い, の通念, の隊, の骨, は貧乏, もある, も三里, を以て天下, を血草

▼ 三河~ (61, 5.7%)

4 のお 3 の方 2 にあった, の淺吉, の菜漬, の親分, の野

1 [44件] あるひ, から尾久, が本場, でございますが, で秘密裡, と路, には縁家, にも赤外線男, に引っ込ん, のとある, のもん, のバタヤ, の一帶, の伯父, の兄哥, の口, の屋根, の工場, の御, の方向, の方角, の日本建鉄工業株式会社, の河, の淺吉等, の火葬場, の田地, の町屋, の百姓, の百軒長屋, の省線, の納豆, の紙漉村, の茂み, の草屋, の菜園, の雉御成, の馬鹿囃子, は不思議, へゆく, へ拔, へ遁げ, を通っ, を過ぎ, 迄散策

▼ 三河~ (22, 2.1%)

2 もらわれて, 古狸が

1 [18件] あっては, あらせられる御, ある, おるお, おわす千寿王さま, また大, もらはれて, 住みたいの, 入って, 入り野田城, 出て, 同十三年十一月, 在りし頃, 昔犬頭という, 残つてゐる, 漂着した, 行ったか, 退陣した

▼ 三河~ (18, 1.7%)

2 返して, 退いて

1 [14件] 下ったの, 使いして, 使いに, 入るには, 帰して, 帰った家康, 帰ると, 帰国の, 引き揚げの, 探りに, 攻め入ろう, 渡るの, 行ったの, 逃げて

▼ 三河万歳~ (12, 1.1%)

1 [12件] だったと, といふもの, と普陀洛, と選ぶ, のよう, の唱歌, の如く, の才蔵, の株主, の鼓, までがめでたい, もでき

▼ 三河~ (12, 1.1%)

1 [12件] が槍玉, が火, では長陣, によって辛くも, に合体, ぬけ目, の手, の退去, はその, も榊原康政, も浜松, をもっ

▼ 三河~ (11, 1.0%)

2 歩いたの 1 ごらんなさい, 中心と, 外廓として, 廻れば, 歩いて, 立って, 脅やかし, 襲ッて, 離れること

▼ 三河~ (11, 1.0%)

2 はみな 1 としては若, に焚きつけられ, のよう, の将, の血気ども, の諸, の面々, はすべて, 大部分

▼ 三河から~ (10, 0.9%)

1 おたより, この身延路, 今川家へ, 出て, 初穂を, 帰って, 戻って, 昨日お, 清洲城へ, 越える道

▼ 三河殿~ (10, 0.9%)

1 で, では, との和盟, と和協, にとっても同様, のあいだ, のよこした, の人数, の苦戦, は狡い

▼ 三河以来~ (9, 0.8%)

2 の譜代 1 のお, の名門, の御, の旗本, の由緒, の譜代者, 御懇意

▼ 三河~ (9, 0.8%)

2 ですよ 1 の家来, の徳次, の朴訥, の血気, の質子, は意地, は権現様

▼ 三河~ (8, 0.8%)

1 そのから, におこった, に着いた, の三奉行, の矢矧, の菅江真澄, を出, を経行

▼ 三河では~ (7, 0.7%)

1 あるいは分木, へんべと, 一番奥で, 岡崎尾張の, 松平清康が, 武者押しや, 設楽

▼ 三河ながらの~ (7, 0.7%)

2 由緒ある 1 御直参, 手の内試し御, 旗本の, 旗本は, 直参旗本早乙女主水之

▼ 三河~ (6, 0.6%)

1 ぐずり松平, オチという, 伝うるは, 無事に, 病人久しく, 蛇が

▼ 三河との~ (6, 0.6%)

1 同盟を, 和戦は, 國境に, 提結を, 東岸は, 競技に

▼ 三河には~ (6, 0.6%)

1 まだ三河人, まだ翁, 家康甲斐には, 徳川氏と, 足利将軍家の, 限ったこと

▼ 三河まで~ (6, 0.6%)

2 送って 1 出かけて, 切り抜けて, 帰り着けるか, 押し通ろうという

▼ 三河~ (6, 0.6%)

1 にあった, の丘, の佐良井邸, の家, の近く, の馬場

▼ 三河~ (6, 0.6%)

1 にし, にとっては国, にも働かせた, の供人, の顔, は尾

▼ 三河~ (6, 0.6%)

1 でした, の一角, の方, はお, へ逃げ, を南

▼ 三河~ (5, 0.5%)

1 きのうまで, もうかつての, 人も, 今内, 遠江の

▼ 三河~ (5, 0.5%)

1 というの, の屋根, の邸あと, の邸跡, よりこっち

▼ 三河町二丁目~ (5, 0.5%)

1 にて彼質兩替渡世伊勢屋五兵衞方, の, の伊勢屋五兵衞養子千太郎, の惣右衞門, を種々

▼ 三河譜代~ (5, 0.5%)

1 の八万騎, の家臣たち, の石川, の老臣たち, の面々

▼ 三河~ (4, 0.4%)

1 よく似た, 今戦う, 御和議, 美濃の

▼ 三河どの~ (4, 0.4%)

1 ご案内, にお, にもよく, も達者

▼ 三河一色村~ (4, 0.4%)

1 に隠れ, へさしつかわす, へ追, へ送り返し

▼ 三河入道~ (4, 0.4%)

1 が, が口, が訊いた, をニラメ

▼ 三河在国~ (4, 0.4%)

1 のやから, の分家間, の足利党, の面々

▼ 三河町三丁目~ (4, 0.4%)

2 で足 1 で質両替油渡世, の

▼ 三河足利党~ (4, 0.4%)

1 の兵馬, の出迎え, の留守居, は十九家

▼ 三河遠江~ (4, 0.4%)

1 に大きな, のうち, のザシキ小僧, は中央

▼ 三河風土記~ (4, 0.4%)

1 の講読, ばかりで, を読ん, を講読

▼ 三河とは~ (3, 0.3%)

1 一色村でございましょう, 三河の, 地域が

▼ 三河ながら~ (3, 0.3%)

1 なる正義観, 三河ながらと, 江戸ながらの

▼ 三河やの~ (3, 0.3%)

2 御用聞きが來るだろう 1 御用聞き

▼ 三河地方~ (3, 0.3%)

1 でも水恋鳥, に淨音法興, の平坦

▼ 三河守定基~ (3, 0.3%)

1 であった, の出家因縁, はまだ

▼ 三河方面~ (3, 0.3%)

1 から引き揚げ, へ南下, へ放

▼ 三河~ (3, 0.3%)

3 党の

▼ 三河この~ (2, 0.2%)

2 三河に

▼ 三河でも~ (2, 0.2%)

1 此行事は, 段々平野

▼ 三河なる~ (2, 0.2%)

2 八橋も

▼ 三河にまで~ (2, 0.2%)

1 働きかけて, 行ったこと

▼ 三河にも~ (2, 0.2%)

1 また図る, 越前にも

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 吉良を, 弱小であった

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 伊勢で, 信州の

▼ 三河三奉行~ (2, 0.2%)

2 の一人

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 に落度, の山家

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 から万才, から万歳

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 といったよう, などの随身

▼ 三河守宿老~ (2, 0.2%)

1 の益田孫右衛門, の蔵光正利

▼ 三河守師冬~ (2, 0.2%)

1 が東国, に出逢った

▼ 三河尾張~ (2, 0.2%)

1 と来る, の街道

▼ 三河島向島~ (2, 0.2%)

2 なぞと呼ばれ

▼ 三河島田圃~ (2, 0.2%)

1 に待受け, の方

▼ 三河島菜~ (2, 0.2%)

1 が土, の葉張り

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 との出先, の諜報役

▼ 三河時代~ (2, 0.2%)

1 の功業, の向う見ず

▼ 三河武士ども~ (2, 0.2%)

1 の無念顔, も永く

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 との配合, に秋田

▼ 三河生来~ (2, 0.2%)

2 の狸

▼ 三河町一丁目~ (2, 0.2%)

2 の大

▼ 三河萬歳~ (2, 0.2%)

1 で聽, の言葉

▼ 三河蒲郡~ (2, 0.2%)

1 か或いは, の居城

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 だけを實行, の小さな

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 には算, にも久手

▼ 三河~ (2, 0.2%)

1 でござると, を守る

▼ 三河駿河~ (2, 0.2%)

2 を通つて

▼ 三河駿河遠江~ (2, 0.2%)

2 は家康

▼1* [165件]

三河あたりではポン, 三河日光か, 三河からさえ着いたほど, 三河ふくれて, 三河その他の二, 三河であるということ, 三河どうじゃ, 三河どのあなたは話せ, 三河ながらと吹きおったそち, 三河においてあれば, 三河への帰国の, 三河へもお訴えなさる, 三河までは足利家の, 三河より尾張に, 三河ッ児の洒落た, 三河ミソ越後人だと, 三河一万石に蟄居, 三河一円に儼, 三河一国は今や, 三河一城の独立, 三河一色の郷, 三河一色吉良今川その他あの地方, 三河一藩をうごかした, 三河万才だつた, 三河三河からこの, 三河与党との小, 三河丹波伊豆信濃出羽越中越後出雲にも大きな, 三河乍らの御, 三河の強靱, 三河仕立ての輜重隊, 三河伊勢伊賀近江山城をつらぬく, 三河伊勢尾張美濃飛騨近江越前加賀讃岐の諸国, 三河伊勢甲州頼む味方, 三河伊勢等十二ヶ国の領主, 三河伊吹さらには, 三河併呑の策謀, 三河の気風, 三河侵入軍にも軍監, 三河信州両国の煙火試合, 三河信濃の国々, 三河入りの総, 三河とその, 三河出身の, 三河出雲備後にまで分布, 三河司親朝その, 三河北設楽の山村, 三河半島の一角, 三河半紙だから, 三河南北設樂の山中, 三河古畑権内木曽伯耆山村七郎馬場半左衛門, 三河台のかどの, 三河二十一年南海道同, 三河名物だ, 三河喜博士に托し, 三河国一色村の郷党, 三河国国府を去っ, 三河国奥山明神に参籠, 三河国奥殿の領主松平左七郎乗, 三河国宝飯郡国府町に著い, 三河国岡崎の老, 三河国横須賀村の草, 三河国渥美郡田原町の青年, 三河国額田郡伊田村の獅子舞塚, 三河國奧殿の領主松平左七郎乘羨, 三河國岡崎の宿, 三河國蓬莱寺山からの中繼, 三河國額田郡西太平を居所, 三河坊村上彦四郎片岡八郎平賀三郎矢田彦七らと共に熊野, 三河坊野長七郎など, 三河坊野長七郎矢田彦七平賀三郎などである, 三河は何れ, 三河奉行の名, 三河守たちの苦心, 三河守どのでよろしけれ, 三河守どのお越しにご, 三河守三陣赤田信濃守四陣大野木大和守などの兵, 三河守大野木大和守その他何れも武勇, 三河守娘などが皆このごろ, 三河守時英と紀伊, 三河守桜井安芸守すなわち城内公事奉行, 三河守汝をここ, 三河守癖でやたら, 三河守秀重の一子, 三河守等の勇将, 三河守隆兼は陶方, 三河宝飯郡御津町附近だろうという, 三河家荒二郎合同の歌舞伎劇, 三河少将光明同小椋少将藤原定信, 三河少将卒去又茲ニテ, 三河尾張伊勢近江若狭飛騨伊賀越後に領地, 三河尾張等を殆ど素通り, 三河屋嘉兵衞夫婦の歎, 三河山城元禄七年五月には羽後, 三河岡崎の松平元康, 三河島あたりの町, 三河島たんぼを兄, 三河島一帯が低く遠く, 三河島大根葱などの山積, 三河島小松川すじ品川目黒すじの三カ所, 三河島日暮里に大火, 三河島村先の石川日向守, 三河島火葬場へ向, 三河島蓮田の古道具屋小林文平, 三河島辺でその, 三河幡豆郡へ送り返され, 三河幡豆郡地方には足利一族, 三河後風土記である, 三河譜代の, 三河御在國の, 三河が隙, 三河房武蔵房村上彦四郎片岡八郎平賀三郎の人々, 三河教授の日夜お忙しいの, 三河新城の菅沼織部正, 三河新城町に, 三河東部上野の西部, 三河棚尾ホトトギス連中来る, 三河権守重兼が嫡男, 三河武士すべてが一致, 三河武士たちはほとんど, 三河武士一片の精神, 三河武士二三百人に取りまかれ, 三河武士全体の特色, 三河武士八千を加え, 三河武士横柄に頭, 三河武将のあ, 三河武者の訪れ, 三河武蔵下野あたりに子孫, 三河段戸山の周辺, 三河殿始め家臣一統にも早, 三河流儀の旗本ども, 三河流軍制が採用, 三河深沢に僅か, 三河渥美郡の伊良虞崎あたり, 三河生えぬきの勇猛, 三河生え抜きの仲間, 三河甲斐などに卜筮, 三河町さんでございますか, 三河町二丁目家持五兵衞元召使三州藤川, 三河町呉服屋の小, 三河相模駿河甲斐伊豆豊後の諸国, 三河の万歳, 三河系統の旗本, 三河美濃に行幸, 三河育ちの御, 三河だ, 三河落ちはみじめ, 三河衆一同の言い分, 三河の秋田犬, 三河設楽郡辺では, 三河語等の力, 三河路一色村とか幡豆, 三河を西, 三河遠江そこの狩宿, 三河遠江三十余郷の代官, 三河遠江伊豆駿河に蕃息, 三河遠江山城同年九月には信濃, 三河遠江水は天竜, 三河遠江駿河伊豆甲斐信濃の九ヵ国, 三河の汐, 三河野田の陣中, 三河間道が望まれる, 三河へはいる, 三河領豊根村三沢の花, 三河のさかな, 三河鳳来寺或は田峯