青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「中年~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

並ん~ 並木~ ~中 中~ 中国~ ~中央 中央~ 中学~ 中将~ 中尉~
中年~
~中心 中心~ 中村~ 中途~ 中間~ 丸~ 丸い~ 丹~ ~主 主~

「中年~」 1313, 14ppm, 7869位

▼ 中年~ (710, 54.1%)

60 男が 37 女が 24 女の 16 婦人が, 紳士が 15 男の 98 男で 7 女, 男と 6 女は, 婦人を, 男だった 5 女を, 婦人の, 男に, 男は 4 女給に, 婦人は, 恋が, 男女が, 給仕人が, 逞しい武士

3 [12件] 刑事が, 女と, 婦人, 小僧が, 武士が, 男も, 男を, 男女の, 私服は, 紳士で, 紳士と, 紳士の

2 [36件] おかみさん, かみさんが, ころに, 中国人が, 人が, 人の, 侍が, 医者が, 商人風の, 夫婦が, 夫婦づれで, 夫婦者は, 女で, 女中と, 女将が, 女房が, 女教師, 女給が, 女給は, 好紳士, 小柄な, 巡査は, 校長が, 男さ, 男であった, 男二人, 番頭が, 百姓が, 立派な, 紳士だった, 紳士として, 紳士を, 警官は, 貴婦人が, 頃の, 頃は

1 [341件] ああ云う, いかにも粋, いさ, いれまじった顔, おかみさんによって, おっさんだ, おとうさんと, お上さんの, お嫁さん, がじ, くるしみ, ことな, これも, ころから, はたまた, ひとが, ひとたちの, まじめな, もしゃもしゃした, もっともらしい, やかましさ, やさしい男, アメリカ人やはり, イギリス紳士, インテリ奥様とでも, インテリ婦人の, サラリー, スカンジナビア婦人が, ニコチン中毒患者に, ハープトマンに, フランス人でした, フランス人何れも, ボーイが, リアリストの, ロシアの, 一人が, 一人の, 一人者一番手前の, 一個美髯の, 一武者が, 三人の, 下町女が, 不具者だつた, 世渡り巧者らしい, 中耳炎は, 主婦の, 事務員こんな, 二人連れの, 五人の, 人々である, 人々に, 人から, 人だつた, 人と, 人は, 人物が, 人達で, 人間が, 仇めかし, 今井が, 仏蘭西人で, 付添婦が, 令夫人に, 仲仕, 会社員風の, 何屋だ, 作が, 作家が, 作家でなけれ, 作家も, 作者が, 作者達に, 侍女が, 俄仕込みだ, 保母が, 俥ひきが, 修験者は, 偉丈夫である, 傍觀者には, 働き盛りの, 僧が, 僧だった, 僧侶が, 分別あり, 刑事は, 力の, 勤め人, 医者の, 厚司男が, 召使とでも, 名妓が, 商人, 商人が, 商人とも, 坊主に, 坑夫, 域に, 壮者が, 壯な, 大工と, 大柄な, 大男が, 大野が, 太った方, 太った紳士, 太つた夫婦, 夫人たちである, 夫人に, 夫人は, 夫婦から, 夫婦づれは, 夫婦と, 夫婦は, 夫婦らしい, 夫婦者が, 夫婦者それが, 夫婦者である, 夫婦者と, 夫婦者に, 夫婦者の, 奥さんに, 女あり, 女だ, 女だった, 女だつた, 女でも, 女という, 女といふ, 女とが, 女に, 女には, 女も, 女らしい作り愛嬌, 女らしくサッパリ, 女らしく妙, 女中は, 女二人づれで, 女人の, 女体に, 女優, 女優が, 女性が, 女性の, 女性を, 女性一人で, 女盛りには, 女角帽湯屋帰りの, 女達だ, 女達の, 好人物らしい, 威が, 婆さんで, 婦人しなびた, 婦人たちが, 婦人だ, 婦人で, 婦人である, 婦人と, 婦人とに, 婦人に, 婦人も, 婦人未亡人でも, 実業家など, 家庭婦人は, 家康を, 富裕らしい, 寛容な, 寡婦ジェニファーが, 寫眞師で, 小ぶと, 小学教員の, 小説家とが, 尼さんが, 岩丈な, 巡査に, 巡査部長から, 差配人と, 店員が, 彫塑家が, 待が, 従兄が, 従業員と, 御婦人, 御家来, 心には, 思慮あり, 怪我で, 恋と, 恋を, 感じの, 成熟が, 支那人でした, 放浪者が, 教員ででも, 文豪の, 方に, 方は, 方やら, 方達だけに, 日々が, 日の, 日本人が, 日本人の, 日本婦人が, 日本服を, 日本紳士が, 時代が, 普通の, 東洋人である, 案内人は, 止宿人は, 武士に, 武士は, 武士或, 武家が, 武家で, 武家の, 武家は, 歯を, 殿様は, 母らしい, 母親は, 洋服男と, 洋画家の, 洋画家は, 浪人です, 淋しさ, 源氏の, 漁夫も, 漁師は, 激しい衝動, 猫背の, 現在と, 田舎者が, 田舎者や, 男から, 男たちが, 男たちの, 男たちばかり, 男だ, 男だけ, 男だつた, 男である, 男でした, 男とが, 男とに, 男にとっては, 男圖太い, 男女に, 男女二人連れが, 男女彼等は, 男子に, 男子の, 男性, 男性が, 男性たちが, 男性である, 男組はに, 男達でありました, 男鳴海司郎の, 町医者が, 痩せた男, 痩せて, 瘤男が, 癖に, 百姓を, 百姓女の, 看護婦であった, 看護婦と, 看護婦に, 看護婦長が, 社員が, 社長と, 神主が, 私服が, 私服だった, 私服の, 私服も, 空気の, 管理人は, 粋な, 紳士, 紳士であった, 紳士である, 紳士は, 紳士女は, 紳士姿に, 紳士懐の, 美しい女, 美しい独身, 美女の, 美麗な, 職工や, 肥った女優, 肥大った, 肩の, 背の, 腰元は, 船頭が, 良妻の, 芸術家の, 苦しい初産, 苦労人に, 苦勞人に, 苦悩に, 苦痛を, 英国の, 華奢な, 落ちついた男, 蒸気乗りが, 袴を, 講師が, 警官が, 豊かな, 身なりは, 身体の, 軍曹が, 農夫が, 農家の, 近代調を, 運転手一人, 道楽者らしい, 郵便配達手が, 都会女には, 酒客に, 醜女しかも, 重役的認識と, 銀行家と, 鍬を, 長い放浪生活, 長身の, 閨秀作家と, 隠亡と, 露西亜婦人が, 非人が, 頃石州流の, 頃赤痢に, 馬車挽さんは, 鬚も, 魚屋が, 鰥男の

▼ 中年~ (116, 8.8%)

5 の御用聞 3 でした, の男

2 [11件] です, ですが, のことに, の下女, の姿, の客, の強か, の恋, の浪人, の秋山, の良い

1 [83件] がひどく, が世, が云, が住ん, が入, が入っ, が生活, が賦役, が通されました, が面白, が顔, が風雅, が食卓, たしなみが, たつた一人, だけにいろ, だったが, だつた, であった, である, でございました, でさえたまらない, でしたが, ですがね, でも錢形平次, で丸屋, で亭主, で人間, で何ん, で平次, で新聞社, で狐, で田園, で禿げあがった, で若, で見てくれ, で身扮, と呼ばれる, と土地, と幸吉, と立ち話, に多い, のお, の下, の久七, の人, の分別, の勤人, の口, の太, の女, の孫三郎, の巳之吉, の御用聞三輪, の投機家, の文治, の木戸番, の来襲, の武家, の武家姿, の気持ち, の氣, の浪人庵崎數馬, の熊吉, の百姓, の老巧, の訓練, の都会出稼ぎ, の酒, の錺徳, はどこ, は大, は安倍地伯, は普通, は膳, もあった, もありました, も多かっ, らしい女, らしい頑固さ, らしく露骨, を排斥, 及び小僧

▼ 中年~ (79, 6.0%)

4 のお, の女 3 であった, です 2 だ, ですが, でわざと, に紛れ, の女中, の妓, は僕

1 [51件] がある, がそこ, がふるえおののい, が僕, が出, が奥, が女, が所謂番新, が描い, が新川, が給仕, が自信, が門, が附い, が顔, でありその, でありました, であり東京, でした, でもなけれ, でも生娘, で内証, で色, で藍鼠, で顔一面, で髪, と云, と女, と言います, なん, にお, に言った, に酌, のわり, の内儀, の声, の大, の女房, の女房さん, の姿, の媚, の後家さん, の淪落, はお, は変, は客, もこの, や婆さん, を想像, を雲, 若い神さん

▼ 中年過ぎ~ (49, 3.7%)

9 の女, の男 2 の, の百姓, の紳士

1 [25件] からは專ら江戸中, てからの, てから娶, てから武家, て男の子, になっ, のこのごろ, の下, の不満, の俳人, の俳諧師, の分別, の召使, の女らしい激しい憎, の婦人, の御, の思い切っ, の日焦け, の漁夫, の激し, の生活, の笑顔, の身装, の郵便屋, よりこども時分

▼ 中年~ (36, 2.7%)

3 して, なって, 至るまで 2 なっても

1 [25件] いたって, すすんだ四十七, なったお, なった人たち, なってから, なつた, なり老年, 入つて後, 入られようと, 入りかけて, 夫人を, 小さん円右円蔵橘之, 成って, 更にまた, 死んだ彼, 私の, 至つて今日も, 至るも, 芸事, 詞科に, 近くに従って, 達した家長, 達した後, 郷を, 長崎奉行を

▼ 中年から~ (35, 2.7%)

2 仰向けに, 晩年へ

1 [31件] そろそろ活動, でないと, はじめた剣, ドラマチック, 九谷焼に, 以後ミケルアンジェロの, 作家生活に, 初めて支那, 大阪や, 失明し, 始めた道楽, 小劇場, 小説を, 少し気, 少年まで, 山に, 後家に, 支那語に, 文選工に, 来り加わったの, 江戸に, 皇国古典の, 眼を, 老人格, 老年にかけて, 老年の, 親の, 貸元に, 金を, 風眼を, 飛び出して

▼ 中年以上~ (24, 1.8%)

6 の人 2 の人々, の者

1 [14件] か老人, に多い, のまちまち, のもの, のやつら, のオバサン, のパトロン, の婦人, の学者, の武家, の男, の相当, の通人, の重

▼ 中年~ (23, 1.8%)

4 と若い

1 [19件] うなずく, から受取っ, がずっこけた, に, のセピア色, の三輪, の手, の方, の武家, の眼, の肉欲, の頭, はニヤニヤ, は三束四束, は傍, ひげ面, を夜中, を横眼, を見る

▼ 中年~ (19, 1.4%)

2 から晩年期, と晩年, に入っ

1 [13件] がその, には松花堂, にもまた, のほとんど, のよう, の事業欲, の傑作, の四十歳, の恋, の男女, の男女性, は住所, を過ぎ

▼ 中年~ (18, 1.4%)

1 [18件] がその, である, でした, と彼自身, のヒナタ, のメランコリー, の壮烈, の好きそう, の嫉妬, の悩み, の激しい, の病態, の美し, の舌, の覺悟, の靴音, は何だか, を聯想

▼ 中年~ (17, 1.3%)

2 過ぎて

1 [15件] こした女, すぎたこの, すぎたよう, すぎて, 越えた詩人, 越した夫, 越した左翼的生活経験, 越した者, 過ぎかけて, 過ぎた漁夫, 過ぎた理知そのもの, 過ぎた生涯, 過ぎた落付き, 過ぎた血色, 過ぎてから

▼ 中年以後~ (13, 1.0%)

1 [13件] からあらゆる, ずっと霊魂, でも書齋, になっ, には短い, に起こる, の人, の作品, の夫婦生活, はやる, は全く, ますます甚だしく, まで結婚

▼ 中年紳士~ (13, 1.0%)

1 [13件] がお, が二人かなり高声, が切符切り, が黒革, であったが, でペダル, に行き会った, の上顎竇蓄膿症, の気持ち, の肩越し, はあなた, は何, は村松検事

▼ 中年~ (10, 0.8%)

1 でっぷり肥っ, 一たん治まった, 入店, 妻を, 数学の, 牛込の, 眼が, 習つた, 習つて折角, 連れ合いに

▼ 中年婦人~ (10, 0.8%)

1 から五銭白銅貨, がいる, が千人針, が狭い, であった, のお, の声, の変形, は改めて, も彼女

▼ 中年からの~ (7, 0.5%)

1 修業でございました, 修業で御座いました, 年期である, 役者でも, 盲目で, 盲目です, 骨の

▼ 中年まで~ (6, 0.5%)

2 毎度野諸村を 1 この母親, 奧方に, 小学校の, 概ね浮浪生活

▼ 中年~ (6, 0.5%)

1 がお, がニコニコ, が一人, が改めて, が箒, は

▼ 中年近い~ (6, 0.5%)

1 お母さんが, のでもう, 女が, 女の, 女性に, 美人として

▼ 中年過ぎた~ (6, 0.5%)

1 亜米利加の, 外国人, 漁夫が, 漁夫は, 警部によって, 鬚の

▼ 中年~ (5, 0.4%)

1 呼ばれる時代, 呼ぶには, 思って, 老年とにおける, 若年の

▼ 中年~ (5, 0.4%)

1 から園, に成っ, の氏, までは大川, 重い眼病

▼ 中年老年~ (4, 0.3%)

1 の僧侶, の教育機関, の生徒, の紳士

▼ 中年すぎ~ (3, 0.2%)

1 たおせい様, のしっかり, の汚らわしい

▼ 中年もの~ (3, 0.2%)

1 だけにあまり, の男, も居た

▼ 中年以下~ (3, 0.2%)

1 の婦人, の婦人たち, の紳士連

▼ 中年作家~ (3, 0.2%)

1 が振, のつかれ, の奮励

▼ 中年~ (3, 0.2%)

1 になっ, に習つたの, に覚えた

▼ 中年からは~ (2, 0.2%)

1 この方面, 氣が

▼ 中年までは~ (2, 0.2%)

1 ひどく貧乏ぐらし, ピンと

▼ 中年中産階級~ (2, 0.2%)

2 の者

▼ 中年商人~ (2, 0.2%)

1 に戻っ, に戻った

▼ 中年増眉~ (2, 0.2%)

2 の跡

▼ 中年夫人~ (2, 0.2%)

1 が来, は黙っ

▼ 中年時代~ (2, 0.2%)

1 になる, は実に

▼ 中年者飯炊き~ (2, 0.2%)

2 は信州者

▼ 中年近く~ (2, 0.2%)

1 になったら, の美人

▼1* [63件]

中年あり稍, 中年おんなの活躍, 中年からでも一人前に, 中年小供, 中年たけたるもの二人あり, 中年ちかい年配敗戦と, 中年ですがすべて, 中年での疲労, 中年ではありそれ, 中年のが, 中年にも個人的修行の, 中年意気を, 中年まことにどうも当人が, 中年までの私の, 中年過ごして, 中年ものでかねて吶, 中年らしい仕事を, 中年万世橋駅楼上のレストラン, 中年だったの, 中年以上姉さんという女, 中年以後わたくしは機会, 中年以後晶子さんには心臓, 中年以後書を読ん, 中年仲仕は将棋, 中年前後の夫妻, 中年号干支ある作, 中年増唇から真っ白い, 中年増喜蔵の女房, 中年増喜藏の女房, 中年増新造から小娘, 中年女らしく達辯に, 中年婆サンニナッテイル陸子ガアトヲ引キ受ケテ続ケタ, 中年学校老年学校を設置, 中年に帰り, 中年少年の弟子徒弟, 中年思ふところあつ, 中年時代シャトウ・チェリイから出, 中年期功成り名, 中年期成熟期から晩年, 中年未婚婦人と呼ばれる, 中年武士の追, 中年は姑, 中年男これは異性, 中年男ガクリガクリとうなずく, 中年男女の性的, 中年男年は平次, 中年百姓を相手, 中年米国へ渡り, 中年紳士岡田道彦は化物みたい, 中年美人の狂気者, 中年老年どものクリゴト, 中年者らは享楽, 中年者乍ら槍の名人, 中年者以上の生活, 中年者夫婦が一緒, 中年者常吉は十三四, 中年自分が若い, 中年迄の貧苦は, 中年近い醜い女平次は, 中年ぎになつてから身を, 中年青年少年の人々, 中年頑骨の武士, 中年に於