青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「中尉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~並ん 並ん~ 並木~ ~中 中~ 中国~ ~中央 中央~ 中学~ 中将~
中尉~
中年~ ~中心 中心~ 中村~ 中途~ 中間~ 丸~ 丸い~ 丹~ ~主

「中尉~」 1169, 13ppm, 8706位

▼ 中尉~ (393, 33.6%)

6 帆村の 3 僕に

2 [16件] いつもとは, おどろいた, おどろいて, おどろきの, それを, たずねた, 何か, 僕を, 塹壕の, 帆村が, 彼を, 思った, 急いで, 目を, 通訳を, 還って

1 [352件] あぶら汗, あまりに帆村, ある煉瓦塀, ある重大任務, いきなり椅子, いつの間にかまた, いつもきまって取り残される, いつも他人, いよ, いよいよ来る, いわゆるきれい, うしろに, うしろを, うなずいた, お茶を, かしこまって, かなり綿密, きっぱり言った, きまって, きょうも, きょう夫人が, くるりと, こういう金言, こう云っ, ここで, この事件, この使命, この地, この墓地, この返事, この非国民, こみあげて, こめかみに, こんど川上機関大尉を, こんな場合, さうい, さっきから, さっそくその, さっそく帆村, さらにAS, しっきり, じれったそう, すこしも, すっかり帆村荘六, すっかり憂鬱, すべての, そこで運転手, そこに, そこにごろん, その中, その夜, その姿, その晩, その潰れた, その第, その聲, その説, その間一言も, それそこに, それぞれ陸上偵察機を, それでも一語, それほど評判, それらの, そんなきちょうめん, たちまち眉, たべながら, たまりかねてか, だんだん不安, だんだん眞顏, ちゃんと操縦桿, ちょっと不快, ちょっと疑惑, ついに手さぐり, ついに操縦桿, つかつかと, つくづくおもっ, てれ隱し, どこかへ, どこだ, どこに, どこまでも, なかなか面白い, なぜか, なんとなく奥歯, にこやかに, はっきり反対, はっと答え, ひっこんで, ひひ猿, ふざけた号令, ふと計器盤, ふるえて, ほっと一息, ほっと息, まじまじと, まず日課表, またさつきエリザ, まだ希望, まったく得意, もうすっかり戦闘熱, もうすつかり打ちとけて, やかまし屋の, やがて思ひ出した, やがて諦めた, やって来るなり, やっとこう言った, やっと保吉, やむを得ないという, ようやく気がついた, よろよろと, インタアルに, カンカン怒っ, ガスコアン大尉が, ガンルウムの, ギクリと, サイド, ジム水兵よりも, セルロイド製の, タイトル・ページに, テレビジョンの, ドイツ系では, ハッと, パイ軍曹の, ピンと, フレロン要塞の, ボストンの, モグラ下士を, リエージュの, リット少将に, リット少将の, 一個小隊を, 一年ほど, 一月二十五日の, 一生けんめいに, 万事を, 上官の, 下士の, 下顎骨, 不動の, 不相変晴れ, 事の, 二三十分喋りまくっ, 二人に, 二人位多く, 云った, 今まで, 今晩中に, 休戦に, 住民の, 何処に, 例の, 保吉の, 僕が, 僕にとって, 僕も, 元より, 元気な, 先刻脾腹を, 兵員の, 別に叱, 前に, 前日も, 勝つたと, 勿論何, 勿論葬式, 又もや肩, 口を, 口髭の, 叫んだ, 叱るよう, 司令塔の, 同じところ, 吐き出すよう, 喜んで, 四十人を, 図面を, 固い決心, 地上に, 壇から, 士官学校を, 声を, 夜番よりも, 大きく息, 大声で, 大馬鹿者, 天の, 夫を, 女と, 女を, 如何にも口惜し, 威たけ高に, 嬉しそう, 子供好きで, 孤独であった, 孫伍長を, 室内気圧計へ, 専門的俗語を, 射撃の, 小心ものだけに, 少々くすぐったかっ, 少しあせつ, 少年の, 居ないか, 左の, 左臂を, 巻煙草に, 巻煙草を, 帆村と, 帆村に, 帆村荘六の, 常に二人, 平気な, 幽かに, 幾分か, 庖丁を, 廊下を, 引込んで, 弟に, 強い信念, 彼の, 待ちかねて, 後の, 従兵へ, 従卒の, 得意そうに, 心の, 忙しい最中, 思わず叫んだ, 思わず彼, 思わず足, 思わず靴, 怪しい呻, 怪漢暴行中との, 悪魔に, 愛弟を, 成層圏に, 或いは生命, 戦時何とか令によって, 戦死した, 戦死と, 手を, 手紙を, 批評眼で, 承諾し, 折々文士, 拳を, 提督が, 敵塁に, 日に, 早くも, 早くやって来た, 時々三色, 時を, 暗視器, 書いて, 書くの, 最初に, 望月大尉に, 本年九月二十八日午前四時二十分病気の, 本当に読む, 本気に, 机の, 極度に, 極度の, 横顔を, 次に命令, 正真正銘の, 歯を, 歯切れの, 毎朝八時には, 水兵に, 決して一人, 決然として, 泰然自若として, 浴衣姿と, 溜息を, 澄ましたもの, 火の, 独兵が, 独軍が, 生前暇々を, 生死の, 癇癪玉を, 白い目, 目にも, 直ぐ席, 直ちに私, 眉を, 眼を, 砲の, 硬いひやりと, 神経を, 私に, 立ちあがって, 笑いながら, 繃帯の, 翌日司令に, 翌朝, 考へました, 耳に, 聴音機の, 胸の, 脾腹を, 腕が, 腕を, 腕時計を, 腹立たしげ, 腹部に, 膝に, 自分が, 自分で, 自分の, 良い軍医どの, 若いに, 若い将校, 英語が, 落ちついた声, 血まみれに, 衝突の, 親切で, 言った, 言下に, 話された, 警備兵を, 警官の, 警官を, 豪快に, 豪胆な, 起き上ると, 軍刀を, 軍曹に, 軍服の, 軽がる, 軽く肯く, 返事に, 速射を, 酒を, 鎧を, 間もなく気がついた, 防寒帽を, 険しい眼, 露子の, 青い目, 青年らしい, 額の, 顔の, 首を, 驚いて, 高取の, 魔法壜の, 鸚鵡が, 黙つて

▼ 中尉~ (259, 22.2%)

5 方へ 4 顔を 3 ことを, 顔が, 顔色が

2 [13件] テオデュールは, 不品行, 噂を, 声が, 姉が, 屍体も, 心に, 服を, 肩を, 記録を, 軍服を, 遺骸を, 顔は

1 [215件] あざやかな, いうこと, いうとおり, いわゆる, うしろに, からだ, からだを, くやしがる, この態度, ごとく年歯, ごとく文才豊, さしだした紙片, そのよう, そばに, そばへ, それに, それも, ために, どなりつける声, もとに, よろこびは, テオデュールが, ピストルに, プウアな, 一件を, 上に, 両名, 乗るの, 仇を, 令姉の, 令姉も, 令姉夫人の, 住んで, 体操兼舎監の, 作戦を, 佩劒の, 側へ, 傍に, 先輩や, 処に, 処置よろしかっ, 出した紙切れ, 前で, 前に, 剣光が, 勘は, 卒直な, 厳格ながら, 友人として, 友情に, 反駁を, 叫びを, 叱るよう, 号令を, 同僚友人愛人に, 名前を, 命令で, 命令に, 営みが, 報告を, 場合に, 墓側に, 墓域を, 墓所の, 墓所は, 墓詣り, 墓辺を, 声, 声に, 声は, 夫人が, 奮戦は, 女気無しの, 女氣無し, 妙技に, 妻だった, 妻君は, 妻女, 妻女何人か, 姉に, 姉の, 姉宛に, 姿が, 姿は, 姿を, 守備する, 安否を, 小屋に, 小屋は, 岳父たる, 帰還直後一週間の, 弟である, 弟の, 弾は, 当番兵, 役で, 後ろを, 心づかいで, 心の, 心もちは, 心事は, 心臓はど, 念頭には, 思ひ入れ, 性格を, 恐ろしい復讐, 恐ろしい決心, 意志, 意志の, 愕き, 愚劣さについては, 愛人ロゼリイス姫の, 所在は, 手記による, 手記中に, 指揮し, 操縦し, 敵打ちを, 新宅に, 新生, 方である, 方を, 書いた航海記録中, 書いた記録, 書翰に, 書翰記録類によって, 服装で, 服装を, 期待が, 朧げな, 棺を, 様に, 死に, 死を, 死体も, 気まぐれも, 永眠後二カ月一昨々日をもって, 永遠に, 注意力を, 注文によって, 激しい声, 熱血, 状況を, 独断的な, 生死が, 申出が, 疑い深い招請, 病勢昂進の, 病患に対して, 病氣は, 発議で, 目と, 目も, 眉が, 真似を, 短く刈り込んだ, 砲撃命令に, 神経は, 童顔へ, 笑いの, 笑いは, 笑い方に, 筆は, 紫色に, 細君, 紹介で, 練兵燒けの, 耳に, 耳近く, 職責が, 肩章は, 胸の, 脚を, 臨終は, 自慢の, 行動は, 袖を, 観測では, 言い分は, 言葉は, 計画は, 記述の, 記録中に, 許しを, 許へ, 許を, 訴に, 評判は, 話には, 話の, 誘導で, 語学の, 議論を, 身の上を, 軍刀の, 通訳と, 遺言, 遺骸も, 部下に, 部屋へ, 長逝を, 間を, 隊からは, 電話に, 非常に, 靴の, 頃であった, 頭に, 頭脳の, 顔だ, 顔でした, 顔へ, 願いを, 魂魄は, 黙って

▼ 中尉~ (120, 10.3%)

3 叫んだ

1 [117件] いった, いて, お一人, きくと, こうひとりごと, こんなにまで, さきに, すらりと, そうきめた, そこに, そのポケット, その方, そばに, たちまち驚愕, つかつかと, つぶやいた, にこにこし, のりこみ近道, ひと通り図上で, まだ知らん顔, やってきたの, ケムニッツ市に, タルミミ君へ, ピストルを, フロスト少将に, メリケン兵を, ライプチヒ大学の, ラ・エー・サントの, ロゼリイス姫と, ロット海を, 一人おりまし, 一名の, 一番さうし, 中隊長の, 乗った, 乗つて, 云った, 仏国から, 会うこと, 何か, 何の, 佛國留學を, 僕に, 僕の, 先頭に, 入って, 八方へ, 八羽の, 六角に, 再びウィイン, 出て, 単身乗りこん, 原隊を, 口を, 叫ぶと, 叫んだ時, 塔を, 塹壕の, 墜落した, 声を, 外部気圧計の, 大きなこえ, 大喝した, 大突撃, 姿を, 室を, 少将に, 山岸宏でした, 帆村に, 帆村の, 帽子も, 当たられた, 彼に, 彼の, 後を, 従来の, 急に, 急を, 恐ろしく憤激, 手に, 持って, 最後の, 梯子を, 横に, 気の毒そうに, 水兵たちを, 泊って, 熱心に, 片手には, 現れ親切, 生前愛惜措かざりし, 真先に, 眼を, 知らぬま, 突然叫んだ, 答える, 聞いたが, 背後の, 薬名が, 話し始めたの, 返事を, 這入って, 通る時, 連絡に, 酔つ, 鉄鞭を, 長だった, 長を, 隣室に, 電話帳を, 頭を, 顔を, 顔色を, 飛びこんで, 飛行将校に, 駈けこんで, 駈けて

▼ 中尉~ (62, 5.3%)

6 中西伍長 3 山岸少年の, 顔を 2 二人の, 僕とが, 帆村とを, 結婚する

1 [42件] いう, そして十人, その十八人, その細君, であった, よばれた若い, ガスコアン大尉は, フンク・アダルベルト二等機関兵曹と, フンク・アダルベルト二等機関兵曹とが, ホッと, モグラ一等下士との, 一しょに, 一番先に, 一緒に, 三人きりに, 五分間写真を, 交情を, 交際した, 余モグラ一等下士の, 僕とは, 兵曹長は, 同じ位, 同じ駆逐艦シャッガァ号, 君僕の, 少尉とは, 山岸少年を, 帆村が, 帆村の, 帆村班員と, 帆村荘六とは, 役が, 恋と, 木谷の, 東大出身の, 比べること, 申し候, 相許し, 知り合いに, 私だ, 竜造寺兵曹長の, 話しながら, LSTの

▼ 中尉~ (48, 4.1%)

3 昇進し

1 [45件] あの恐ろしい, いった, いったの, いわれて, かえしベッド, きいた, こう言っ, この手紙, この時, この話, すがりつかんばかり, たのんで, なり今, なり高射砲隊, なる大尉, 不思議にも, 任ぜ, 会い射殺, 会った, 会って, 向って, 声を, 引卒され, 扮した, 挨拶を, 木曾節を, 案内させ, 注意された, 注意を, 用が, 申込んだ, 眼くばせ, 知らせた, 累を, 耳打ちしました, 聞いて, 肩を, 腕を, 言った, 警告を, 貰った機械化部隊, 近寄つて, 通信方を, 銃剣を, 頬が

▼ 中尉~ (48, 4.1%)

2 促して, 見て

1 [44件] うながして, この辺, して, その候補者, つかまへて, ともない一週間, ひじょうにおどろかせた, やっつけた, やって, 不安に, 両方から, 伍長の, 偲んで, 別に毛虫, 勤めて, 呼びよせ二人, 呼び返し, 呼んだ, 外に, 失って, 奪われしこと, 對象に, 当てこんだ, 心から卑し, 心から憎んだ, 思う姫, 憫まず, 戸口まで, 抱えて, 拝命し, 指揮者と, 横濱の, 永遠に, 睨みつけた, 知って, 知らぬ者, 突き倒した, 第四エンジン室, 見つめた, 見上げた, 見出したの, 認めるや, 遮り止めた, 避けて

▼ 中尉~ (25, 2.1%)

1 [25件] いさ, この水, そのひとり, だまるより, ともにはっきりと, どこからか, はじめの, やはり彼等, ハッと, ハンカチで, ピストルを, フォードの, フランス軍にと, 一しょに, 事の, 僕の, 定の, 小馬鹿ぐらいの, 思わず声, 怪訝な, 歩けなくなりましたか, 消え失せたよう, 理智的には, 美しく死にたい, 見出した

▼ 中尉~ (16, 1.4%)

3 あつた 2 今は, 奉天の 1 はために, マニラで, 一人は, 今では, 白髮に, 編隊長であり, 背が, 自習室へは, 語学研究の

▼ 中尉どの~ (14, 1.2%)

1 [14件] お迎えに, からの速達報告, これ一重に, だ, ですね, にお目にかかれ, にサービス, に申しわけ, の姿, は御, は息, は昇天, わしが, 仕方が

▼ 中尉殿~ (14, 1.2%)

2 と本人

1 [12件] が彼奴, が来る, であります, にお, に上げます, に今日中, の室, の方, はその, は命令, は居ません, は居られません

▼ 中尉から~ (10, 0.9%)

1 はじまって, もう例, 下は, 叱られた, 命令を, 渡された受信紙, 貰った地図, 連絡され, 離れて, PW二十名残れ

▼ 中尉さん~ (8, 0.7%)

1 が持っ, が窓, で日本, と花売娘, になった, の物, はあの, は一日じゅう図面

▼ 中尉には~ (7, 0.6%)

1 こたえないで, ほんとうには, 不思議な, 愉快でない, 熊内中尉の, 薄暗い一面, 間違はれる

▼ 中尉との~ (6, 0.5%)

1 交情が, 交情の, 交情は, 前を, 縁組を, 間に

▼ 中尉とは~ (6, 0.5%)

1 しばらく睨み合っ, よく話, 別れられなかったよ, 同期生だった, 思わず顔, 約束の

▼ 中尉自身~ (5, 0.4%)

1 が生命, の飲まない, は操縦桿, もこんな, も砲弾

▼ 中尉~ (4, 0.3%)

1 がね, と仰っし, なんて思わない, 兵卒とは

▼ 中尉という~ (4, 0.3%)

1 のは, 乱暴者が, 人から, 指導者が

▼ 中尉にも~ (4, 0.3%)

1 おそらく分っ, また親しく, 伝わらない訣, 町の

▼ 中尉~ (4, 0.3%)

1 その部下, アダルベルト兵曹たちと, 中隊長や, 少尉ひどい

▼ 中尉テオデュール~ (4, 0.3%)

1 の属し, はたしかに, は意外, は鉄門

▼ 中尉~ (3, 0.3%)

1 せいぜい大尉以下, であったが, 大尉かの

▼ 中尉といふ~ (3, 0.3%)

2 のは 1 若い士官

▼ 中尉以下~ (3, 0.3%)

1 がぶっ, の使役兵二十数名, の常備使役兵

▼ 中尉たち~ (2, 0.2%)

1 は高角砲, もあたり前

▼ 中尉だけは~ (2, 0.2%)

1 こう云う, よく描い

▼ 中尉であった~ (2, 0.2%)

1 にし, 良人が

▼ 中尉とが~ (2, 0.2%)

1 大きに関係, 立って

▼ 中尉として~ (2, 0.2%)

1 従軍フランス戦線で, 生れた許

▼ 中尉~ (2, 0.2%)

1 のです, んだ

▼ 中尉にて~ (2, 0.2%)

1 男爵フォンメエルハイムという, 男爵フォン・メエルハイムといふ

▼ 中尉によって~ (2, 0.2%)

1 指揮されてる, 書かれたもの

▼ 中尉~ (2, 0.2%)

1 の搭乗, の頬

▼ 中尉ゼラール~ (2, 0.2%)

1 といえ, はいかなる

▼ 中尉ルドヴィッチ~ (2, 0.2%)

1 の人間的, は後

▼ 中尉並びに~ (2, 0.2%)

1 ロゼリイス姫に, 姫の

▼ 中尉~ (2, 0.2%)

1 と書いた, は今日ばか

▼ 中尉寄生木~ (2, 0.2%)

2 の篠原良平

▼ 中尉~ (2, 0.2%)

1 の方, も崇拝

▼1* [69件]

中尉および開南丸船長に, 中尉からの命令が, 中尉ぐらいのところで, 中尉これでこんな, 中尉さん位のもの, 中尉すらも教養の, 中尉だけです, 中尉だけにその不満, 中尉だったりし, 中尉だったが直接指図, 中尉だの一等兵だ, 中尉である大島軍司という, 中尉ですか, 中尉でなくても誰, 中尉ではなかった, 中尉とかでやがて, 中尉とかとて名を, 中尉とともに力を, 中尉などとよそよそしく取り扱う, 中尉などはずっと前, 中尉にとってすぐには, 中尉に対する憎悪は, 中尉はちようど當番で勤務中, 中尉はと仰言いましたよ, 中尉はははははとわざとらしく, 中尉ひどいカンシャクモチ, 中尉ふいと馬, 中尉更に数弾, 中尉への注意だ, 中尉ほど真面目に, 中尉よりも後から, 中尉らしい副官は, 中尉を通じて皆に, 中尉イワン・フョードロフ・シュポーニカと申します, 中尉ウィルダが農家, 中尉ウィレム・ファン・ラウテンブルクは黄いろい, 中尉ソーリン家の支配人, 中尉ハーンドーンバングボーン両君わがリンドバーク大佐, 中尉一人だけは独軍, 中尉瀬古庄平が, 中尉中尉の顔, 中尉伯爵ポルジイ・キルヒネツゲルは実際, 中尉冐險の始まり, 中尉加島医師森山特派員のいつも, 中尉君自作の詩, 中尉君電話口へ出ろ, 中尉大尉までがこれ, 中尉夫人に向っ, 中尉少尉に叱られ, 中尉川村国彦だった, 中尉彼ら緑鬼は動物, 中尉憲兵のよう, 中尉の一人, 中尉を載せ, 中尉に同乗, 中尉機関長のマイエル・ブルメナウ, 中尉殿ヒョウキンな話, 中尉特務曹長がそこら中, 中尉独自の領域, 中尉三号機には, 中尉かも知らなかった, 中尉蓮池様のは大学数授, 中尉藤堂正男と申します, 中尉軍医長のリンデンベルゲル軍医大尉ら, 中尉逝去前後の御, 中尉遺愛のツワィス望遠鏡, 中尉野坂中尉という指導者, 中尉閣下と囃した, 中尉飛行島内に怪漢