青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下駄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~下女 下女~ ~下宿 下宿~ ~下手 下手~ ~下手人 下手人~ 下男~ ~下駄
下駄~
不便~ 不可~ ~不可能 不可能~ ~不安 不安~ ~不審 不審~ ~不平 不平~

「下駄~」 3015, 31ppm, 3747位

▼ 下駄~ (1126, 37.3%)

86 はいて 81 穿いて 36 突っかけ 31 脱いで 26 履いて 24 突つかけ 19 つっかけて 16 ぬいで 14 持って 13 出して 8 手に, 脱いだ, 鳴らして 7 持つて 6 つ, 引きずって, 突掛け 5 ひっかけて, 提げて, 片手に, 突かけて, 突っかけた, 突ッかけ, 買って 4 借りて, 取り出して, 揃えた, 穿いたまま, 貸して

3 [22件] お貸し, つっかけると, つッ, ぬいだ, ぬぐと, はきながら, ひきずりながら, 取り上げて, 引きずりながら, 揃えて, 揃へて, 穿いた, 穿きながら, 突っかける, 突懸け, 脱ぐと, 脱ぐに, 脱ぐ音, 見て, 買うの, 買ふ, 足に

2 [54件] いじるという, おろして, そろえた, そろえて, ぬぎ捨てて, ぬぐところ, ぬぐの, はいたり, はいた魚屋, はいては, はかせて, はくと, ひきずって, もって, キチンと, ポンと, 下げて, 切らして, 履て, 引っかけて, 引掛けた, 引摺る, 引擦り, 引擦る, 拾って, 持つた手, 振り上げて, 探して, 揃へながら, 握って, 格子の, 止めた, 減らす男, 片ちんばに, 直せお, 穿いたが, 穿いたり, 穿いた二十八, 穿かけ, 穿かして, 穿かずに, 穿き帽子, 突かけ, 突っ掛けた, 突つかけた, 脱ぎました, 脱ぎ裾, 見ると, 買うて, 買った, 買ひ, 踏み込んで, 踏み鳴らして, 頂戴し

1 [502件 抜粋] あずかる気分, あてがって, いじらせて, いじりて, いじり続けて, いたわりながら, いっしょくたに胸, いつも彼女, うがちしとき, おとしたり, おもちゃに, おろすと, おろすもの, お借りし, お出し, お履きなすっ, かたかた, かたかた音, かちかちと, かぶるね, からから踏み鳴らし, かりて, がら, がらつかせ, がらつかせた, がら付かせた, きれいに, く, くねらして, くれましたコート, こしらえた, こっちに, これあ, さがしても, さがし襟, さがす時, さげた, しみじみながめ, じっと見つめ, そこに, そそくさと, それから袋物屋, そろへたり, たずねて, ださせて, だして, ちらと, つかむと, つかんで, つっかけ, つっかけそれ, つっかけた, つっかけたタミ, つっかけた青年, つっかけましたが, つっかけるの, つっかけ土蔵, つっかけ外, つっかけ庭, つっかけ画材, つまだて棕櫚, つまんだ素跣足, つまんで, つツ, とつた, とらなかつたが, とられさうに, とられさうになつ, とりか, どう処分, なくなされたよう, にぎったまま二階, ぬいだり, ぬがせられやがて, ぬぎかけると, ぬぎすてるよう, ぬぎながら, ぬぎ捨て着物, ぬぎ文壇進歩党, ぬぎ終るまで, ぬぐべしと, ぬぐまで, ぬぐまでは, ぬげばよ, ぬごうと, はいた, はいたとき, はいたまま, はいたもの, はいたらさぞ, はいた姿, はいた書生, はいた様子, はいた生首, はいた男, はいた足, はかうと, はかして, はかせた, はかない風, はき, はきうち, はきかけて, はきそれに, はきました, はき半白, はき回って, はき学校, はき寮歌, はき折, はき清潔, はき片方, はき用, はき番傘, はき網代笠, はき脇, はく, はくかと, はくこと, はくの, はくもの, はくバカ, はく音, ひいてから, ひっかけた, ひっかけての, ひつかけ, ひびかせて, ひろひ歩いて, ひッ, びしょ濡れに, ぶらさげたま, ぶらさげたまま横, ぶらさげて, ぶらさげ足袋はだし, ぶら下げたまま, ぶら下げて, ぼんやり見, ぽか, みると, もちて, もつて, やりながら, よう御, よくおぼえ, よく見る, よけいに, よごすまいと, わって, わらないよう, カタ, カッ払っ, カラ, カラカラいわせ, カラコロ, カランカラン引きずっ, ガチャ, ガチャガチャひきずった, ガラガラいわせ, ガラガラ引き摺っ, コロンコロン鳴らし, ゴロゴロ運ん, ズーズーひきずっ, バタバタやっ, フトロコに, ベッドの, 一つ貸し, 一ト隅に, 一足やっと, 一足一足整えはじめた, 一足持つ, 一間も, 丁寧に, 上草履に, 下駄箱に, 両方とも, 並べて, 二つ掛け並べ, 二三度鳴らし, 二足とも, 交換した, 仕舞ったり, 代る代るにとりかへて, 作つてゐる, 作り結び, 借さした, 借りたいと, 借りたいという, 入れて, 入れ廊下, 再びいじくる, 出した, 出しねえ, 出すお, 切らした先生, 印しつ, 又履いた, 取って, 取られそう, 取られますから, 取りに, 取り上げさせた, 取り入れに, 取り替えに, 取り替える, 取出した, 取替へる奈々子, 叩きへ, 台所の, 土間から, 土間へ, 垂下げてる, 売った大浜, 奥に, 履いたという, 履いたなり, 履いたので, 履いたま, 履いたまま, 履いたり, 履いた内股歩き, 履いた男, 履いた竹馬, 履かしたので, 履きかけて, 履きな, 履き白鞣, 履き追っかけるよう, 履くと, 履くの, 履く為, 履される, 左に, 差し出した場合, 差し出すと, 帰りまでに, 平たくし, 店の, 庭に, 廻して, 引いて, 引かけて, 引きずった若い, 引きずりて, 引きずり引きずり歩き出した, 引きずるやう, 引きずる音, 引き懸けて, 引き摩りながら, 引き摺つたやう, 引き摺るやう, 引き擦つて, 引ずって, 引ずつて横, 引ずつて歩るい, 引ずつて雨, 引ずる音, 引っかけた結綿, 引っ掛けて, 引ツかける, 引取った, 引抓ん, 引摺つて前屈みに, 引摺つて行く, 引摺り帽子も, 後に, 思わず引っかけ, 意識した, 懐に, 手で, 手許へ, 打つけるやう, 打当てた, 打着けよつた, 把った, 把って, 投げつけた, 投げつけたり, 投げつけて, 投げ棄てるなり, 投げ込んで, 投げ附けたん, 抛り込むところ, 抛り込んだり, 抜きながら, 抱えた女, 抱えて, 拵えたこと, 拾つて外套の, 持ちあげるやう, 持ちあつかっ, 持ちあつかって, 持った, 指さした, 指し示した, 振り廻して, 振上げて, 捜したりなんか, 捜しだしそれ, 捜して, 捜しまわったり, 捨て草鞋, 捩る間際, 探した, 探すこと, 探すよう, 探って, 掴んで, 掻掴めり, 揃えさせると, 揃えたから, 揃えなさい, 揃える, 揃へたり, 提げたまま二三町無我夢中, 提げ跛, 搜し, 改良し, 早くいためる, 曳きずりながら, 書生の, 棚から, 検し, 横ば, 気の毒そうに, 気ばって, 沢山作ります, 洗って, 洗つて軒下へ, 浮かした, 海の, 減らしても, 濡らしては, 焚きつけに, 無雑作, 片っぽ, 片よせた, 片一方だけ, 片一方持っ, 片方の, 片方は, 片方拾ひ上げた, 片足藁草履を, 片足門外へ, 片跛, 玄関に, 田丸の, 留めると, 畳の, 盗まれたの, 盗まれました, 直しお茶, 直して, 直しに, 直し茶, 直すお爺さん, 眺めて, 砂上に, 空で, 穿いたところが, 穿いたとも, 穿いたなり, 穿いたの, 穿いたキザ, 穿いた二人, 穿いた儘, 穿いた商売もの, 穿いた小, 穿いた小児ら, 穿いた後姿, 穿いた男, 穿いちゃ, 穿いてかい, 穿いてると, 穿かうと, 穿かされたかと, 穿かないお, 穿き, 穿き上, 穿き二連銃, 穿き他, 穿き片手, 穿き脊割羽織, 穿き見るからに, 穿き試みて, 穿き通りかかって, 穿き違えたもの, 穿き鉄骨, 穿く, 穿くと, 穿くの, 穿くもの, 穿く事, 穿く時, 穿く癖, 穿けば, 穿し, 穿て傘, 突きつけられても, 突っかけました, 突っ掛ける, 突つ掛け, 突ッかけかけ, 突ッ掛ける, 突ツかける, 突掛けた, 突掛け勝手元の, 立派な, 笊で, 納め藁草履, 素早く源右衛門, 置いて, 脱いだところ, 脱いだままぼんやり, 脱いだんで, 脱がすと, 脱ぎすつる様子, 脱ぎすてて, 脱ぎそれ, 脱ぎまして, 脱ぎ捨てて, 脱ぎ揃えて, 脱ぎ散らした奥, 脱ぎ棄てたまま, 脱ぎ棄てて, 脱ぎ洋傘, 脱ぎ鳥羽絵, 脱ぐ, 脱ぐだけの, 脱ぐの, 脱ぐよう, 脱ぐ事, 脱ぐ前, 脱ごうと, 脱捨てて, 腰に, 臀の, 自分の, 茣蓙の, 草履と, 藪の, 裏返して, 製作し, 見たろう, 見つけた男, 見つけると, 見つめた時, 見ながら, 見失い足袋はだし, 見廻した, 覗いて, 認めた, 調べて, 謎の, 謙造のも, 貰って, 買いに, 買おうと, 買ったり, 買つ, 買つてお, 買は, 貸さした, 貸すの, 贈つて貰, 起す程, 足さぐりし, 足で, 足先で, 踏みちがえて, 踏み割つたので, 踏み脱いで, 踏み返さないよう, 踏み開いて, 踏み鳴らした, 踏み鳴らし見るからに, 踏み鳴らす音, 踏んだが, 踏石の, 踏違える, 蹴散らし, 軽くひい, 返して, 返しに, 造るやう, 造る小屋, 運び出すの, 遠くへ, 間違えたやつ, 隠し首, 離して, 雨ふりなどには, 預かるだろう, 預けっ放し, 預けて, 預けること, 飛ばした片足, 鳴して, 鳴らしかけますと, 鳴らしながら

▼ 下駄~ (681, 22.6%)

100 音が 31 音を 19 鼻緒が 17 音, 鼻緒を 14 歯を 13 歯の 12 跡が 11 上に 10 音は 9 歯が, 歯に 7 音と, 音に 6 緒を, 音も, 響が, 鼻緒の 5 ように, 緒の, 音だけが, 音の 4 下に, 先で, 先に, 音で 3 ままで, 上へ, 先を, 古いの, 台を, 男を, 跡も, 跡を, 音や

2 [32件] おと是れ, おと村田の, やうな, 一ツが, 並んだ飾り窓, 先にか, 古鼻緒, 女事務員, 底を, 方が, 方は, 材料を, 歯から, 歯で, 歯入れが, 歯入れを, 歯入れ屋も, 減らしやう, 緒が, 見えが, 足跡が, 跡, 跡だけが, 雪を, 音職人の, 高きに, 鼻を, 鼻緒に, 鼻緒は, 鼻緒も, 齒に, 齒の

1 [254件] あくの, あしおと, あたりから, あたりを, あとの, あとや, あと始末夜が, ありかが, あわただしい音, うえに, うしろで, うしろを, うら, おとかぞへ, おとこれも, おもさ, お酌, かち合う音, きたなくなった, ことで, ことについては, ことを, さきで, さきと, それも, たぐい新しき, ために, ないこと, ないところ, ない國, ない處, ぬいである, はいれ, はき方, はなしは, ま, ままあがった, ままでと, まま其処から, まま板敷へ, まま海には, まま花壇に, まま鼻緒の, まんまで, やうに, ような, ようなすり切れた, アイノコだ, ハイレ屋の, ハナオにも, マークを, 一つは, 一方だ, 一足も, 上まで, 下へ, 並び方, 並んだ台, 並んだ間, 並んで, 主で, 主と, 予算です, 二の, 代りに, 代価へ, 件です, 側には, 側方に, 先き, 先鼻緒, 入用の, 内側を, 冴えかえった, 出し入れを, 出来かけ, 前歯が, 前歯で, 前鼻緒, 力の, 包提げたるあり, 半分ばかりは, 台が, 台まで, 台木を, 向と, 埃り, 大きいの, 如き長家, 如く何, 姿で, 尖へ, 底に, 形の, 後歯へ, 悪いのに, 惜しさ, 抜け歯, 拵へにて, 擁護から, 散乱した, 方を, 時の, 板の, 様な, 横に, 歯と, 歯にまで, 歯は, 歯や, 歯をよけて, 歯先に, 歯入が, 歯入と, 歯入まで, 歯入れに, 歯入れや, 歯入れやだの, 歯入れやの, 歯入れやは, 歯入れゐた, 歯入れ灰買い, 歯入屋は, 歯入氷売団扇売土方日傭取などが, 歯削り, 歯音は, 歯音を, 泥が, 泥を, 泥洋杖の, 派手な, 火葬という, 無いこと, 無提灯, 焼印を, 爪先で, 爪先ばかりへ, 爪先まで, 爪頭に, 片方を, 甲羅問屋の, 畳表を, 痕とが, 痕を, 眞つ, 端緒が, 緒でも, 緒は, 緒も, 置き場所へ, 肚で, 肚癒を, 脱いで, 脱落ちたる, 臺の, 臺を, 花緒を, 若い娘, 蝉表の, 表が, 裏の, 裏へ, 購買を, 贅沢を, 足を, 足許には, 足跡で, 足跡は, 足跡を, 足音が, 足音だけが, 足音なんどに, 足音ばかりが, 足音も, 趾を, 跡しか, 跡じゃ, 跡だけ, 跡ぢや, 跡で, 跡と, 跡は, 跡ばかり, 跡まで, 跡や, 跫音が, 踏み工合, 踏み込む畔, 踵を, 蹈返された, 迹を, 運びを, 重みが, 金具に, 鋭くきしむ, 間に, 雪の, 鞭に, 音から, 音がから, 音これらの, 音さえ, 音し, 音たしかに, 音である, 音です, 音では, 音とが, 音とともに, 音とは, 音とまる, 音と共に, 音などが, 音にまで, 音にも, 音のみが, 音ばかり, 音ばかりが, 音ふと, 音カラコロカラコロ, 音カラコロリ琴ひく, 音俄に, 音午前十時何分かの, 音叫び聲それから, 音堅く淋しく, 音夏近き, 音夜廻りの, 音女の子の, 音屋敷町に, 音物凄き, 音犬の, 音猶, 音笑い声かけ声が, 音聞え, 音荒々しく, 音近づく, 響きに, 響きを, 響と, 響ばかり, 響を, 鼻緒から, 鼻緒と, 鼻緒とは, 鼻緒なども, 齒が, 齒で, 齒と, 齒を, 齒入れ, 齒入れでも, 齒入れに, 齒入れ屋が, 齒音に

▼ 下駄~ (161, 5.3%)

4 脱いで

2 [18件] あつた, あります, そろえて, ぬいで, ぬげちゃった, ぬげちゃったよ, ふと彼, 二三足特に, 出て, 探せないらしく数分間ごそごそ, 揃えて, 沈んで, 洗って, 浮いて, 片一方, 空から, 脱げて, 行儀よく

1 [121件] あったからと, あって, あります薄暗う, あるじゃ, あるので, いかぬので, いっぱいなら, いつぱい, おっこっ, お庄, ころがって, さくさく, しとって, すごかった, ずらりとタイル, そこに, たくさんに, だいぶ並ん, ちゃんと脱い, ちんば, どうした, どつ, ない, ないじゃ, ないと, ないという, ないの, なかった, なかつた, ぬぎっぱなし, ぬげました, ぬれて, はいって, はかれて, はみ出したところ, ひっくり返ったの, ひっくり返って, びしょぬれである, みんな浮き上っ, もう見えなかった, われかかっ, スッ飛ばされ, ノートの, 一つしか, 一ツ二ツ残る, 一揃出, 一杯杖洋傘も, 一足あった, 一足ずつ, 一足そろへ, 一足づつ備へて, 一足どこへか, 一足並ん, 一足爪先を, 三足ある, 下駄の, 並んで, 並んどるなあ, 何うし, 出来そう, 割れたので, 割れたら十二銭, 割れて, 勿体らしく揃え, 半分ずつ, 右の, 土間一杯に, 埋る有様, 大分並ん, 女衒には, 好きであった, 寒氣の, 少し強く, 履けるん, 左右別ものである, 彦太郎の, 彼の, 悪くなっ, 挾まるので, 散らかって, 新しいとか, 新聞に, 日ぐれどき, 有るぞ, 横緒が, 歩いて, 汚い, 沈黙の, 浮くと, 減らなくて, 潜んでるか, 濡れやしないか, 爪先を, 片っぽ, 片ッ方, 片方踏み石の, 片脚, 片足ころげ, 突然彼女, 窓の, 置き忘れて, 脱いだまま, 脱ぎ捨て, 脱ぎ捨てて, 脱げましたの, 見えて, 見えぬ, 見えぬの, 見える, 赤い鼻緒, 足に, 足の, 足先に, 足駄も, 踏み荒してを, 載って, 雨垂れに, 飛んで, 食い込んで, 鳴りローラースケート, 鼻緒を

▼ 下駄~ (115, 3.8%)

7 の親爺 6 の二階 5 の亭主, の店 4 のお, の前 2 との間, になった, の主人夫婦, の孝行娘, の小母さん, の息子, の隣り, をし

1 [68件] から, からこつち, から巧, から鍬, があります, がまわりもち, が一軒, が桐本, が見える, さえ連れ, だの太物屋, であった, でその, では新聞代, で家主, で殊に, で狭い, とあれ, とが並ん, とすし, と共通, と御家人, と時計屋, と水菓子屋, と駄菓子屋, なん, にさそう, にされ, にはいつ, にはひつ, にまで飾った, に奉公, のさき子, のそれ, のショウ, の下駄, の主, の主人, の住居, の入夫, の善吉, の女, の娘, の婆さん, の店さき, の方, の煤払, の犬, の発案, の看板, の隣, はいい, はいない, はここ, は両親, は兩親, は藤助, へたびたび, へはいつ, へ寄, へ持つ, まで軒, や差配人, や莫大小屋, や豆屋, をせびっ, をのぞきこんだら, を罷め

▼ 下駄~ (105, 3.5%)

3 田町まで 2 かちりと, つけたもの, 出て, 行くの, 足跡まで, 踏みつけた, 踏むと

1 [88件] あつた, から, ここを, せっかくの, そこい, そのまま歩く, それも, てくてく牛込, ひどい目, ふみつぶして, ふみにじった時, ぶって, もって, イヤと, コツ, コツコツ石, コトコトいわせ, スケツチ板を, 一杯に, 三十歳の, 上るや, 乗った, 傷を, 入っては, 出かける, 前垂れがけの, 力一ツ杯その, 力一杯踏みつけた, 午後の, 土の, 土間の, 土間へ, 土間を, 地団太ふむ, 埋められて, 姉たちとは, 始終歩いた, 差支ない, 心持が, 打ち据ゑられて, 敏子が, 教室へ, 散々に, 敲く泥溝, 日傘を, 枯木の, 枯葉を, 権兵衛さんの, 歩いたところ, 歩いて, 歩いては, 歩くの, 歩けるの, 歩けるのよ, 渡るん, 渡れ, 現に鼻緒, 畳の, 相手の, 私の, 蜆の, 走りま, 足跡を, 路面に, 踏みつけて, 踏みながら, 踏みにじりあたり近所, 踏み消したの, 踏み消しました, 踏み荒した跡, 踏み鳴らして, 踏み鳴らしながら, 踏むの, 踏む処, 踏んだり, 踏んだ人, 踏んで, 踵を, 蹴つたが, 蹴つたり, 蹴とばした者, 蹴とばしも, 蹴付けたの, 蹴付けられて, 通って, 鈍重に, 革鞄を, 鳴らす

▼ 下駄~ (103, 3.4%)

10 いて 3 いた, 己れ 2 だれの, もって, 携帯すべからず, 足音の

1 [79件] あの船, いかが, いたし, いたどこ, いつも鼻緒, いづれ其中, うちの, お国の, お縫, お角, かちかちと, きて, きなれ, こんなに大きな, さっきから, さつきから, すぐにみつかつた, ずいぶん古くから, そこには, その後三日目四日目ごとに, その泥溝板, たいてい同じ, どうだ, どうも柳沢, どう処分, どこで, どこを, どんなの, どんな物, ないし, ないの, のぶちゃんが, まさしく若い, みな段梯子の, みんな富三の, もちろん女もの, カチカチと, フトおそろしく, 一足あつ, 両手に, 乱暴な, 今は, 何処に, 何処へ, 前が, 固い土台道路, 変です, 大抵同じ, 大抵籐表, 女物か, 宙を, 将棋の, 後の, 戛と, 携帯すべからず履い, 朴歯だ, 歯が, 江戸ッ子の, 泥だらけである, 礫に, 穿かないで, 穿かないね, 穿きよく, 穿くに, 翻筋斗を, 自分の, 英子さんに, 見えるわけ, 足が, 足の, 足先に, 鈴の, 雨の, 雪駄に, 飜筋斗を, 驛の, 黒塗の, 黒塗りの, 黒闇で

▼ 下駄~ (68, 2.3%)

7 の上 3 に入れ, の中 2 からお, から新しい, の前, の方, の蓋

1 [45件] えもん竹, からキルク, から下駄, から出した, から靴, があっ, がまた, が竝, つまり出入口, と器械体操, などを照, にしまう, にしまっ, にしまつ, には履物, に下駄, に仕舞う, に澤山, に草履, に隠され, のあたり, のある, のかげ, のところ, のなか, のほう, のよう, の並ん, の側, の厭, の垂, の奥, の底, の見える, の透い, は正面, へしまわした, へ入れた, へ手, へ自分, へ蔵, まで血眼, も特別, を並べた, を横

▼ 下駄~ (61, 2.0%)

3 七五三の 2 しても, 火が, 炭俵さては, 疲れたらしく, 突懸けた

1 [48件] こうして月, さはるがさ, して, しや, しようか, する気, つかえた石ころ, なる普通, はきかえて, はねあがる砂埃, ほんとうに, よい品, よく似, 二十円三十円と金を, 代え尻端折の, 何か, 兀げた紺足袋を, 古ズボン, 壓へ, 小褄を, 当った人, 手を, 抽斗を, 於いては, 月の, 模様の, 気がついて, 気がつかなかったか, 気がつくと, 気を, 焼味噌, 物を, 白の, 目鼻を, 箸が, 蒔絵を, 蛇の目傘の, 見覚えが, 踏まれて, 踏みつけられて, 踏みに, 違いない, 違ひない, 長い着物, 限ります, 雨傘という, 馴れないかの, 黒天の

▼ 下駄~ (57, 1.9%)

6 草履が 3 靴の 2 帯や, 帽子を, 着物の, 草履の, 草履を

1 [38件] くくり枕, くつを, ごみとりなど, スリツパが, ドロ靴が, 一寸した, 何かの, 何日も, 傘が, 傘なども, 傘までも, 傘を, 布きれ等, 帽子に, 日和や, 時々の, 木履が, 桶などを, 棍棒の, 櫛の, 泥まみれの, 簪も, 細工物の, 色々の, 草履には, 草履も, 草履積み重ねた, 蟇口や, 足袋を, 足跡を, 足駄の, 足駄や, 鍋を, 雪踏を, 雪駄それから, 雪駄で, 雪駄の, 靴や

▼ 下駄~ (53, 1.8%)

22 きで 14 きの 2 きだった, きという, きに

1 [11件] き, きおまけ, きだったの, きでかけ廻った勝気, きでは, きでも, きで出かけようと, きにでも, きの連れの, きや, き白い

▼ 下駄~ (46, 1.5%)

2 ある, 浮いて

1 [42件] あった, あるっ, あれば, さきに, しかし利休帽, そのまま暫く塀, ちびて, なければ, ぬがず上口, はいたまま, 一切兄のと, 一物として, 何もかもなく, 何もかも富三, 借りなければ, 入って, 取り込んだらしく板戸, 子供に, 小ぎれも瀬戸物, 履かずに, 履かずぴしや, 欲しいと, 泥に, 洗う逗留客, 片方すら, 直しませんで, 穿かず直, 脱ぐか, 船の, 草履も, 見えません, 許さぬこと, 買つ, 買つてお, 買つてやろ, 踵の, 途中で, 遺書も, 重たい, 面白い勢ひで二三間さき, 鹿嶋屋が, 鼻緒が

▼ 下駄~ (41, 1.4%)

3 草履を 2 云えば, 傘を, 帽子, 鈴の

1 [30件] あの小さい, お梅, この三つ, この都会, インバネスとが, ステッキの, 三味線を, 下駄の, 交る, 人力車である, 傘が, 別れて, 小遣いとを, 履脱ぎ, 帽子が, 帽子と, 新井田氏が, 来ちゃあ, 桜の, 牧田の, 琉球那覇の, 白足袋が, 着物とを, 着物を, 言付けられれば, 買いたく候, 足袋と, 足袋を, 鈴, 食いものと

▼ 下駄でも~ (14, 0.5%)

1 [14件] あげようと, ないが, なく珍, はきなよ, はき捨てるよう, 何でも, 大偉, 年に, 持って, 持つて, 穿いて, 羽目板でも, 脱いで, 買ったら好い

▼ 下駄穿き~ (14, 0.5%)

1 [14件] でいる, でサッサッ, で歩く, で表, で足, で足許, ながらひよ, に傘, の私, の素足, の足踏み, みたいな, を紅葉, 二重廻しの

▼ 下駄まで~ (13, 0.4%)

2 去年の, 揃えて 1 そっくり拵え, ハッキリ読める, 一切揃え, 並んで, 他の, 大事に, 持ち去る, 綺麗に, 繪が

▼ 下駄をつつ~ (12, 0.4%)

6 かけて 1 かけおなか, かけただ, かけた本家, かけると, かけ土蔵, かけ外

▼ 下駄屋さん~ (12, 0.4%)

1 [12件] から新しい, があります, がこの, であった差配, にはいっ, のお嬢さん, の小母さん, へ参り, へ參, もどう, や差配人さん, を出ました

▼ 下駄~ (11, 0.4%)

1 [11件] から御, がこれ, けど町はずれ, とお前, とか或いは, と先刻, と称えた, のにぷすり, もん, ようッ, 誰が

▼ 下駄~ (10, 0.3%)

7 かけの 3 かけが

▼ 下駄では~ (8, 0.3%)

1 どうしても歩けなくなり, なかった, むろんない, ゆけない, 出られない, 少し辛い, 満足には, 滑稽な

▼ 下駄だの~ (7, 0.2%)

1 いろいろな, 扱帯だ, 灸だ, 空罐だ, 紅緒の, 足袋だ, 足袋だの

▼ 下駄~ (7, 0.2%)

1 ざぶりとかゝつた, その目, 小倉の, 引擦った, 杖を通して, 白な, 行火を

▼ 下駄から~ (6, 0.2%)

1 出て, 発せられるところ, 直に大, 触発し, 飛び降りた, 魚類の

▼ 下駄などが~ (6, 0.2%)

2 池に 1 ころがって, 浮いて, 目に, 色刷の

▼ 下駄には~ (6, 0.2%)

1 きかへて, その人, それだけ又, ちが, 別に手紙, 都らしく

▼ 下駄とを~ (5, 0.2%)

1 かり下界, その中, 持つて, 敷居の, 眺め乍ら

▼ 下駄など~ (5, 0.2%)

2 身の 1 何の, 山で, 欲しと

▼ 下駄より~ (5, 0.2%)

3 雪駄が 1 はるかに, 遥かに

▼ 下駄らしい~ (5, 0.2%)

2 ものを 1 から探してる, のが, 足跡が

▼ 下駄穿~ (5, 0.2%)

1 だから, でしゃんしゃん, のまま庭, のまま籾, のまま風呂

▼ 下駄職人~ (5, 0.2%)

1 が新品, と一緒, と美術家, と違, は自分

▼ 下駄がけ~ (4, 0.1%)

1 であった, で出る, の出で立ち, の野武士

▼ 下駄という~ (4, 0.1%)

1 ものは, ものも, ものを, 下駄が

▼ 下駄とか~ (4, 0.1%)

1 帽子という, 猫の, 珍しく見立て, 足袋とか

▼ 下駄をも~ (4, 0.1%)

2 藏させたれ 1 はきかえて, 蔵させたれ

▼ 下駄一足~ (4, 0.1%)

1 でも買える, に傘一本買, をぶら下げ, 持たないん

▼ 下駄~ (4, 0.1%)

2 を借り 1 を作る, を買う

▼ 下駄~ (4, 0.1%)

1 が窓下, と共に消す, 騒然と駆けつづく, 高くかよっ

▼ 下駄いつ~ (3, 0.1%)

3 まで懸り

▼ 下駄だけは~ (3, 0.1%)

1 白く新しかった, 脱いだものの, 間違えないで

▼ 下駄なら~ (3, 0.1%)

1 いやだ, ば急, ば茨

▼ 下駄なんか~ (3, 0.1%)

1 ぢや, 丸で, 穿いて

▼ 下駄にて~ (3, 0.1%)

2 重き物 1 板敷を

▼ 下駄ぬぎ~ (3, 0.1%)

1 に立った, を掃いた, を掃く

▼ 下駄直し~ (3, 0.1%)

1 そのほか人, など限られたる, の仕事場

▼ 下駄直す~ (3, 0.1%)

3 まで時

▼ 下駄~ (3, 0.1%)

1 に生れ, に転じ, の労苦

▼ 下駄~ (3, 0.1%)

3 に引かくる

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

1 なにかを, 皮草履を

▼ 下駄じゃあねえか~ (2, 0.1%)

1 下駄じゃあねえか, 串戯じゃあねえ

▼ 下駄だけ~ (2, 0.1%)

1 位に, 刄物も

▼ 下駄です~ (2, 0.1%)

1 かい, よ

▼ 下駄とも~ (2, 0.1%)

1 一つ縄緒の, 違って

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

1 ほしで, ほしの

▼ 下駄などは~ (2, 0.1%)

1 いて, ほとんど買った

▼ 下駄などを~ (2, 0.1%)

1 一トそろひ持ちこん, 一通り見調べ

▼ 下駄ぬい~ (2, 0.1%)

1 て投げろ, で

▼ 下駄はく頃~ (2, 0.1%)

2 にや

▼ 下駄ひたひた~ (2, 0.1%)

2 と信如

▼ 下駄みたい~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 下駄よりも~ (2, 0.1%)

1 五倍も, 六円九十二銭高い

▼ 下駄をは~ (2, 0.1%)

1 こうと, こうなどとは

▼ 下駄一つ~ (2, 0.1%)

1 の捨て, もあがらず

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

2 鼻緒の

▼ 下駄履い~ (2, 0.1%)

1 て二階, て来た

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

1 の主人, の前

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

2 たむ

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

2 の半端物

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

1 のかげ, の間

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

1 というまじない, という療治

▼ 下駄片足~ (2, 0.1%)

1 なるを, は跣足

▼ 下駄竹草履それ~ (2, 0.1%)

2 は雪

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

1 が捨てられ, はひとり

▼ 下駄箱落し~ (2, 0.1%)

2 と手早く

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

2 りや

▼ 下駄論者~ (2, 0.1%)

1 だったと, だと

▼ 下駄買つて~ (2, 0.1%)

1 はかし, はかせう

▼ 下駄~ (2, 0.1%)

2 の揃

▼1* [124件]

下駄いくつ鼻緒紅きは, 下駄おろすと狐, 下駄こちらへ廻す, 下駄さえも重吉は, 下駄じゃないという, 下駄ずれの音, 下駄その他パアジャマは丸善, 下駄それはどんな, 下駄そろへときなさい, 下駄だけがトンネルの, 下駄だってえばよう, 下駄ったら何人家内です, 下駄つっかけて来宮神社, 下駄であったらしいが初代, 下駄でありまして歯, 下駄であることが, 下駄でさえ履きづらい, 下駄でなんか歩けるもの, 下駄でぶッてくる, 下駄でもはいて, 下駄といった風に, 下駄といふいでたち, 下駄とかいうものには, 下駄とが並べて, 下駄とちんばにこれ, 下駄とのかなでる交響楽, 下駄どころか足駄を, 下駄なぞは何時でも, 下駄などの好みにも, 下駄なども買つた, 下駄なり草履なりを, 下駄なりと看護婦に, 下駄なれば飛, 下駄なんかじゃありません, 下駄なんぞありやしないやう, 下駄によって確かめられました, 下駄ぬげばいそいそ, 下駄のながもちする履き, 下駄はき物を屋外, 下駄はね本当は誰, 下駄ひとつ買うの, 下駄ふると云う, 下駄べらしに, 下駄もって来, 下駄やの斜向うに, 下駄やへよったら隣組配給, 下駄をかへられて, 下駄をでも見るやう, 下駄をと申しました, 下駄スケートからスキー, 下駄たら困るよ, 下駄バキで歩い, 下駄ヒョッとつかんだ, 下駄穿コウトシテ縁側カラ下リル時一遍ニスラ, 下駄一ツ前壺, 下駄一足傘一本バケツ一箇に至る, 下駄一足新規に買おうで, 下駄一足買つて履いても, 下駄一足足袋一足に近い, 下駄不断の下駄, 下駄二三足料理番が欠伸, 下駄五十銭を樹明君, 下駄傘台所の流し, 下駄傘枕に熨斗, 下駄に森, 下駄の敗北, 下駄全体がめいりこむ, 下駄博多の帯, 下駄同様に取上げ, 下駄同様作品の美, 下駄名物ハ鮎うまいな, 下駄唐傘や菅笠, 下駄にみ, 下駄屋さん差配さんたるより, 下駄屋さん差配人さんを理想, 下駄屋カバン屋などがあった, 下駄屋太物商などなかには, 下駄屋小間物屋の間, 下駄屋小間物屋糸屋あるへ, 下駄屋牛肉屋といふやう, 下駄屋石坂屋由兵衛神田の鉄物屋近江屋九郎右衛門, 下駄屋青物屋花屋人力車夫馬車屋下男女中給仕等の職業, 下駄履かせた奇抜な, 下駄工場へ, 下駄平歯入れ鼻緒のすげ替え, 下駄店針店その他紺の暖簾, 下駄弁当の包, 下駄引きずりもつて行かう, 下駄のとれた, 下駄手拭鼻紙にいたる, 下駄握り太のステッキ, 下駄方々から集つた教師達, 下駄松葉カレイをお, 下駄でほじくられる, 下駄歯入れ仔細を訊け, 下駄殊に足駄穿き, 下駄泥棒がはやる, 下駄片づけちゃどう, 下駄破れ靴犬猫や傘, 下駄穿いて行く, 下駄穿きで近在の, 下駄穿きで越えて夏休み, 下駄穿きゃがるで油断ならん, 下駄穿き終りし頃には, 下駄穿物に至る, 下駄突かけて裏, 下駄筆者は五リン刈, 下駄等汚物洗うべからずの, 下駄箱一つ背負いだしたとか, 下駄箱上げ板薪雑多な木屑等, 下駄箱上げ板薪雜多な木屑等, 下駄箱代用になつ, 下駄脱ぎへ降り, 下駄脱しや羽織, 下駄草履のよう, 下駄草履靴素足紺足袋白足袋が音頭, 下駄草鞋ある時, 下駄の類, 下駄製造職人と何ら, 下駄買うて來, 下駄赤塗の畳付, 下駄足駄傘ゴム底の足袋, 下駄銀柄の舶来洋傘, 下駄からレインコート