青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下男~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~下る 下る~ ~下女 下女~ ~下宿 下宿~ ~下手 下手~ ~下手人 下手人~
下男~
~下駄 下駄~ 不便~ 不可~ ~不可能 不可能~ ~不安 不安~ ~不審 不審~

「下男~」 1307, 14ppm, 8193位

▼ 下男~ (474, 36.3%)

29 猪之 11 佐吉が 7 佐吉を 6 佐吉も, 幹助の 4 ように, 佐吉は, 幹助と, 藤助を

3 [12件] ような, スメルジャコフが, 三次は, 五助が, 五助と, 五助は, 佐吉に, 佐吉まで, 元吉, 圓三郎と, 早川は, 爲吉を

2 [49件] やうに, スメルジャコフの, 一人が, 与次郎が, 久助は, 九郎助は, 伊太郎が, 佐吉までが, 作松の, 元助, 八蔵が, 助市, 勇太郎が, 勇太郎さ, 勇太郎とは, 勇太郎の, 勇太郎は, 勇太郎を, 勇太郎目黒の, 勇太郎草角力の, 厄介に, 喜八でした, 喜八は, 嘉七が, 圓三郎は, 圓三郎を, 声に, 太吉に, 姿が, 寅藏は, 幹助あれは, 幹助も, 庄吉が, 庄吉の, 持って, 早川が, 早川です, 森三が, 次六は, 猪之吉が, 猪之吉といふ, 茂十は, 茂吉が, 茂吉に, 茂吉は, 茂吉下女の, 藤助の, 野草さんと, 音松が

1 [265件] あとに, いないとき, いる座敷牢, うしろに, うち, お一人, ごとく, ごとく追い使われた, じいやが, そばに, ひたむきな, ひとりが, ひとりに, へらへら平兵衛, まわりを, やつだ, ようで, グリゴリイが, グリゴリイによって, ゴーでない, ジャンが, ジュピターが, スメルジャコフに, パヴルーシャが, フョードルの, ポポフ, モモンガアーの, 一人で, 一人とを, 一人に, 一人を, 一作が, 一同を, 七助という, 七平に, 七平養子の, 三人づれで鈴ヶ森を, 三次だ, 三次二人は, 丙吉が, 丙吉です, 丙吉でなく, 丙吉は, 中年男でした, 中年者が, 丹治が, 久作が, 久六が, 久六などは, 久助が, 久助も, 九助は, 九郎助だけ, 九郎助に, 九郎助貸金も, 五助そして, 五助といふ, 五助の, 五助や, 人が, 仕事です, 仕事などは, 仕事は, 仲助が, 伊太郎ぢや, 伊太郎で, 伊太郎の, 伊太郎は, 伊太郎も, 伊太郎を, 伊太郎隣の, 似せ声, 佐吉と, 佐吉なぞと共に, 佐吉なぞを, 佐吉にも, 佐吉の, 佐吉一人を, 作平爺が, 作松は, 作松まで, 供述であった, 傍を, 儀平を, 元吉さんは, 元吉といふ, 六兵衛を, 六兵衞を, 内報によって, 助次郎, 半次に, 半次は, 半次まで, 友吉が, 友吉は, 友吉も, 取次を, 口から, 口と, 召使が, 名を, 喜七は, 喜作じいさんだ, 喜八ちよいと, 嘉七といふ, 嘉七は, 嚏が, 圓三郎が, 圓三郎です, 地位に, 声が, 声は, 外に, 夜なべ仕事に, 夢と, 太助は, 太吉が, 太吉でした, 太吉と, 太吉には, 太吉は, 太吉はけ, 太吉を, 子供である, 存八に, 孝治さんといふ, 宇太松が, 宇太松でした, 宇太松という, 宇太松は, 安五郎と, 安五郎は, 安五郎を, 宗吉ださうです, 宗吉と, 宗吉の, 寅も, 寅蔵は, 寅藏が, 寅藏といふ, 密告は, 居間であったらしい, 居間に, 庄吉で, 庄吉も, 弥助に, 弥吉じいやに, 彌八, 役で, 役を, 忙は, 忠蔵が, 忠蔵であった, 思案は, 思案眉山九華錦簔露紫虚心柳蔭いづれ, 恋慕の, 息子今は, 手によって, 持つ品, 指さす方, 提灯が, 教育も, 敬作, 方は, 早川か, 早川でございます, 早川と, 時は, 松さんに, 松蔵が, 松蔵を, 松藏が, 松藏を, 栗毛の, 権治でございます, 権治の, 権爺と, 權三でした, 權三などは, 權三の, 權八が, 權八といふ, 權八は, 權八を, 權次に, 權次は, 權次も, 權次先刻案内し, 權治で御座います, 權治の, 次六が, 次六外に, 治六だけ, 治郎作が, 滝蔵が, 為木音也は, 為木音也を, 熊吉, 熊吉が, 熊吉に, 爲吉か, 爲吉が, 爲吉です, 爲吉といふ, 爲吉は, 爲吉も, 父は, 猪之吉と, 猪之吉に, 猪之吉の, 甚三郎だった, 甲子松です, 甲子松には, 甲子松は, 甲子松よ, 留めるの, 癖だった, 百助の, 眼は, 磯松が, 磯松これは, 等閑など, 答は, 紹介で, 老爺夫婦たち一同が, 耳には, 肩から, 背の, 背後に, 腰が, 芝山宇平を, 芳夫の, 茂作が, 茂十といふ, 茂十などが, 茂十に, 茂吉の, 茂吉を, 茂吉爺やを使ひ, 言葉を, 請人と, 財布の, 身分で, 身分に, 辨次と, 辰三の, 酉松が, 酉松です, 酉松は, 金三も, 釜七に, 釜七下女の, 釜吉, 釜吉です, 釜吉昔の, 長屋には, 音吉が, 音松に, 預りにて, 顏は, 顏を, 顔へ, 鬘が, 鹿造, 鹿造が

▼ 下男~ (133, 10.2%)

7 来て 4 答えた 2 いて, ゐる, 一人露店の, 主人の, 出て, 門を, 頭を

1 [108件] あるなか, ある日, いうには, いた, いる, いるあいだ, うつかり, おっついて, おもしろ半分, おりました, お勝手から, きくと, きっと供, この離, これの, そこへ, それを, そんな事, とんで, なかった, なくて, はりに, ひとり依田の, ひとり陸尺が, ふたりか, また提灯, やって来まして, ゐたし, ゐるの, コレットの, ジャック・グランジュを, ナイフに, 一人ある, 一人か, 一人小僧が, 三人小間使が, 世間から, 主人たる, 主人を, 二つの, 二人駈け降り, 付くの, 全部の, 其酒を, 写真機を, 十人, 向うから, 哀れな, 国王の, 多勢立ち働い, 夜じゅう凉み, 家の, 居た, 居合わしたもの, 幾人も, 彼の, 急ぎ足で, 恐る恐るそれ, 憎らしくて, 或日僕, 扉を, 手燭を, 手紙を, 打たれて, 持って, 掃除を, 旅籠町と, 昨日から, 曲者といふ, 村役人に, 柿の木から, 案内し, 案内も, 梯子から, 殖えて, 気づいて, 気を, 清水を, 牡丹刷毛を, 狐の, 独身で, 獨語を, 球江を, 矢つ, 知らして, 石油缶へ, 硯箱を, 磨くらしい, 磨澄して, 窃取る, 竹竿を, 義夫に, 自ら薪木を, 自分で, 自転車で, 荷物を, 菜を, 行屆くんです, 足舂き, 身分の, 迎いに, 迎えに, 近所の, 道案内に, 隠して, 雨戸を, 飯を, 馬鈴薯を

▼ 下男~ (99, 7.6%)

2 それを, 狐に, 薊の

1 [93件] いいつけ, いくら頼ん, いった, いつしか疲れ, いぶかりながら, いよいよ驚い, いわゆる中間, ここなら, しかし大変, すぐに, そうかと, そう聞く, そのハシタオトコ, その寝台, その方, それをも, とりどりに, どこへ, なるほどそれ, びっくり仰天し, ふたたび石だたみ, ふとって, ぶつぶついっ, また三皿目, まっ黒な, まるでひどく, もぞもぞし, レイモンドが, 一人しか, 一昨年僕が, 不審そうに, 中庭を, 二人とも, 二皿目を, 云い合したよう, 五合庵への, 何とかいう, 何事や, 何人いた, 假に, 側の, 僕の, 全く小, 初めの, 勇み立つて, 口癖の, 叫んだ, 可笑しくな, 向うの, 四五度も, 夜半に, 妙に, 子供の, 寒い風, 實に, 幾人でも, 当惑を, 心で, 忽ちふるえ出した, 思いました, 態としらばくれた, 料理を, 更に低, 松の, 此処より, 死んだ馬, 死んで, 焦れるよう, 爪先で, 牛小屋へ, 牢へ, 特別に, 申しました, 百三十だった, 百姓に, 目を, 直ちに舟, 私たちを, 答えました, 絶望し, 絶望の, 縁側に, 裏口から, 詳しく夢, 起って, 釣りについては, 銀平という, 長年い, 随い, 頑張って, 食事手もち給金七ルーブリという, 飼って, 黒住教か

▼ 下男~ (83, 6.4%)

4 いいつけて, 向って 3 なって 2 タガネを, 供を, 持たせて, 案内を, 知己は, 訊ねた, 送らせようと

1 [58件] いいつけました, おやと, お引き立てくださった, さう言つて, すぎませんよ, せがんで, たつたいちど, どなりつけた, どんな影響, なった, よくある, わたして, ソレ膳を, 一言断わる, 云いつけて, 云って, 仕立つてある, 住みこんで, 住み込みました, 住み込んだ元吉, 使って, 使つてゐた, 入れない家法, 化けて, 取つて, 向い, 向い彼, 命じて, 喰って, 売られたの, 己が, 引かれて, 引出させて, 打たれて, 扮し, 抱かれて, 持たして, 挟み筥, 文筆の, 旨を, 渡して, 物置の, 自分と, 至るまで, 致しまして, 薬籠を, 藥箱を, 見つけられること, 見張りを, 言いつけて, 言い付けて, 言ひ付け, 送らせて, 送られすぐ, 連られ, 遣つて, 長柄の, 雑用の

▼ 下男~ (70, 5.4%)

7 して 3 呼んで, 連れて 2 伴れ, 使って, 使つた祖母が, 供に, 数日の, 相手に

1 [45件] うながして, させて, したこと, したり, つれて, とりに, ふやそうかと, みかえって, やって, よこして, よんで, 一人後に, 一人門番に, 供につれて, 促して, 借りること, 先へ, 勤めたら親父, 取押えて, 召使う, 呼びましょう, 呼び出して, 呼んだ, 呼んだが, 嗾し, 外に, 多く使っ, 多く召使, 夫に, 宜しからず, 対手に, 尻目に, 帰して, 従えて, 招いた, 捉えて, 率いて, 縛って, 置いて, 置くと, 追立てた, 連れたる紳士, 雇えと, 頼んで, 飼禽場へ

▼ 下男部屋~ (58, 4.4%)

4 を覗きました 3 の方

2 [11件] から浅草紙, から淺草紙, から爺, とが背中合せ, の前, の戸, の隣, の雨戸, へ飛込む, を一, を見ました

1 [29件] からは寝, からは寢乍ら, か薪小屋, でむだ話, で寝る, と女中部屋, にゐる, に戻っ, に起臥, に轉げ, に通じ, のすみっ, の上がり框, の上り框, の入り口, の片隅, は母家, への戸, へま, へもぐり込んだ, へ行く, へ轉げ, へ顔, へ駈け上っ, を借り, を搜, を見せ, を見よう, を覗く

▼ 下男~ (42, 3.2%)

2 なって, 下女は, 小僧だけ

1 [36件] いいあらそいに, いう, いうか, いえども, いっしょに, いって, おぼしき若いやっこ, してでも, そしてこの, ロダンさんの, 一緒に, 三段に, 下女が, 下女だけ, 不義を, 二人それを, 二人で, 力を, 十二歳に, 城太郎とは, 大きな商, 女中とが, 女中頭で, 植木屋は, 白い服, 私し, 興哥に, 言つた範疇に, 話しあったり, 話を, 長老ゾシマの, 門の, 雇婆が, 雇婆の, 音の, 馭者の

▼ 下男たち~ (29, 2.2%)

2 が出, にデモクラシイ, の庭, は私

1 [21件] があわただしく, がい, がいった, が嘆き合っ, が旦那, が笑っ, が藪, が重, と他, と共に水ッ洟, にさしず, に何, に叫んだ, に連れられ, の囁き, は, はみんなポケット, まで今夜, も呼ん, も大, を助ける

▼ 下男~ (20, 1.5%)

2 女中も

1 [18件] いらん, いりませんでした, おりました, この推論, なかった, みんなも, やれば, 一緒であり, 内から, 出て, 子分も, 居る, 帰って, 暇を, 父母に, 知らぬ間, 見かえると, 門番も

▼ 下男~ (14, 1.1%)

2 女中たちを

1 [12件] 下女たちを, 下女にまで, 下女にも, 下女まで, 他所の, 壮丁に, 女中や, 婢たちまでが, 家来共は, 庭掃き, 農民に, 馬

▼ 下男下女~ (11, 0.8%)

1 [11件] おちゃこ駕籠, が私, とともにこの, となっ, と一所, にかしずかれ, に使う, の室, の趣き, は日本, 残らずの

▼ 下男から~ (10, 0.8%)

1 伝へ, 勝手の, 哀しい事, 渡して, 知らせられたポアイエ, 親兄弟に, 軽蔑され, 軽蔑せられる, 針と, 飼犬の

▼ 下男奉公~ (10, 0.8%)

2 するもの, をし 1 し俥夫, などに甘んじ, にでも出した, のかたわら, をする, を志願

▼ 下男~ (9, 0.7%)

2 同時に狩衣 1 あらうと, いなければ, もう一人, 我が十二歳, 房吉と, 近所の, 鶴吉

▼ 下男~ (9, 0.7%)

1 によつて, はお前, は叫んだ, は声, は景, は皆, は直ちに, は隙, も笑わず

▼ 下男とも~ (6, 0.5%)

1 つかぬ家族, つかぬ生活, みえない, 小使い, 小使とも, 申されませぬ

▼ 下男幹助~ (6, 0.5%)

2 がそれ, の部屋 1 に縄, に繩

▼ 下男~ (6, 0.5%)

2 の男 1 な丁髷, な怪奇, の大男, の老爺

▼ 下男~ (5, 0.4%)

1 か庭, か若党, つたな, つた元吉が, な

▼ 下男には~ (5, 0.4%)

1 あるまじき態度, 何の, 勿體ない, 菱形の, 違ひありません

▼ 下男佐吉~ (5, 0.4%)

1 に気, の力, は木小屋, は百姓, も今度

▼ 下男として~ (4, 0.3%)

1 この物語, また, 働いて, 働かなくちゃ

▼ 下男などの~ (4, 0.3%)

2 多数から 1 そこに, 間の

▼ 下男などを~ (4, 0.3%)

1 さして置く, 呼出して, 女親の, 宮家へ

▼ 下男にでも~ (4, 0.3%)

2 使って 1 なったもの, なれ

▼ 下男代り~ (4, 0.3%)

1 にこき使い, にコキ, のよう, の部下

▼ 下男小屋~ (4, 0.3%)

1 であった, に暮らさなけれ, へおもむいた, へ引き取られた

▼ 下男ども~ (3, 0.2%)

1 が出直し, のこと, はあんなに

▼ 下男など~ (3, 0.2%)

1 はたんねんに, 渡舟に, 皆

▼ 下男までが~ (3, 0.2%)

1 父親に, 親切で, 銃を

▼ 下男下女ども~ (3, 0.2%)

1 がぞろぞろ, にも口, の主人

▼ 下男久七~ (3, 0.2%)

1 が確か, てえの, の間違い

▼ 下男~ (3, 0.2%)

1 は來, は周章て, は来

▼ 下男圓三郎~ (3, 0.2%)

1 に間違ひも, の姿, の容易

▼ 下男~ (3, 0.2%)

2 の作平 1 が小作人

▼ 下男です~ (2, 0.2%)

1 ね, よ

▼ 下男でも~ (2, 0.2%)

1 いいから, 作男でも

▼ 下男という~ (2, 0.2%)

1 ことに, ものが

▼ 下男とが~ (2, 0.2%)

1 一つの, 住んで

▼ 下男との~ (2, 0.2%)

1 手を, 邂逅を

▼ 下男とは~ (2, 0.2%)

1 歩く方, 駒ヶ岳に

▼ 下男なみ~ (2, 0.2%)

1 に扱われ, の食事

▼ 下男にまで~ (2, 0.2%)

1 この愛らしい, それではまたと

▼ 下男ばかり~ (2, 0.2%)

1 でどうして, 何人も

▼ 下男べやの~ (2, 0.2%)

1 中を, 壁に

▼ 下男まで~ (2, 0.2%)

1 ざつと十二三人の, 弟御

▼ 下男をも~ (2, 0.2%)

2 兼ねる少年

▼ 下男一人~ (2, 0.2%)

2 を斬る

▼ 下男七平~ (2, 0.2%)

1 の話, を引立てる

▼ 下男丙吉~ (2, 0.2%)

1 と生, の姿

▼ 下男八蔵~ (2, 0.2%)

1 なり, は墓原

▼ 下男兼帯~ (2, 0.2%)

2 の熊蔵

▼ 下男勇太郎~ (2, 0.2%)

2 の死骸

▼ 下男及び~ (2, 0.2%)

1 前屍体陳列所紛失屍体たる余, 概してすべて

▼ 下男~ (2, 0.2%)

2 樣に

▼ 下男同様~ (2, 0.2%)

1 に住みこむ, の粗衣粗食

▼ 下男女中~ (2, 0.2%)

1 に至る, を督

▼ 下男子守~ (2, 0.2%)

1 の雇, 或ひ

▼ 下男小僧平次~ (2, 0.2%)

1 とガラッ, とガラツ八

▼ 下男森三~ (2, 0.2%)

1 は石田清左衛門, は石田清左衞門

▼1* [105件]

下男あつかいにし, 下男ありで不知不, 下男いずれもまだ, 下男下働きか, 下男がはひつて, 下男がわりの使走り, 下男さては泊り客, 下男その又下働き, 下男それからお前も, 下男だったが先刻侮辱, 下男だろうと思う, 下男やありません, 下男つまり給仕を, 下男づれの母子, 下男ではあるが, 下男といった調子に, 下男といふのは, 下男とか風呂番ぐらゐの所だらう, 下男とで女中や, 下男とともに一泊し, 下男とばかり思い込んで, 下男などじゃありませんよ, 下男などと一緒です, 下男などというものは, 下男などに飛び出されては, 下男なら知らぬことかりに, 下男について野あそび, 下男にも人物様々時として, 下男に対し酒場の, 下男ふうに姿, 下男五兩づつ手代へ, 下男やから, 下男ほども揮ふ, 下男までの定められた席, 下男てえな男, 下男みたような, 下男みたいな野郎, 下男めはじめは通すまい, 下男よりは吝嗇と, 下男よりも劣った人間, 下男から侮辱, 下男らしい人に, 下男ら都合三人を引きつれ, 下男グリゴリイがほとんど, 下男ザムエルの供述, 下男一人婆やが一人, 下男一同心張棒を持ち出す, 下男一族をかばう, 下男丈助が悪人, 下男三助生真面目にてよし, 下男下女たちの憎むべき, 下男下女国家の用役, 下男下女小女の出入り, 下男下女庭番などにはこの, 下男下女薬局の輩, 下男下婢たちにも酒肴, 下男五人下女一人を使つて, 下男人夫を指図, 下男佐吉らまでいずれ, 下男佐吉下女お徳ら, 下男元吉の疑ひ, 下男元吉船の中, 下男兩人腰の立たない, 下男共々介抱仕り, 下男兼帶の手代, 下男出入小作の者, 下男持て表, 下男勤めをしてる, 下男助といふ, 下男友吉人別を調べる, 下男召し伴れ, 下男夫婦といつ, 下男奉公女房も女中奉公, 下男女中給仕等の職業, 下男姿で植木, 下男寅藏の姿, 下男彦八長助権介伊介の十一人, 下男急いで主人, 下男ひに, 下男もまじる, 下男数十人をやしなっ, 下男数多召使う身分, 下男書生ら二十数名をよびあつめた, 下男横だきにし, 下男權八の動機, 下男次六はどちら, 下男正直者で頑固一徹, 下男爲吉の注進, 下男父子にも安彦君, 下男之松, 下男相手にいつ, 下男に言, 下男等々全部で二十五人, 下男等数多召使い何暗からず, 下男苦虫の仁右衛門親仁, 下男諸共転がるよう, 下男趣味の骨頂, 下男足下にも手, 下男迄も胸が, 下男郎屋で寅藏, 下男部屋執事の部屋, 下男重吉又の名は蛸, 下男釜吉それに下女一人, 下男銀平は下枝, 下男階級の男