青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「中国~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~両親 両親~ 並~ ~並べ 並べ~ ~並ん 並ん~ 並木~ ~中 中~
中国~
~中央 中央~ 中学~ 中将~ 中尉~ 中年~ ~中心 中心~ 中村~ 中途~

「中国~」 2422, 26ppm, 4457位

▼ 中国~ (746, 30.8%)

6 書物の 5 原産で, 昔の, 書物に 4 人々が, 人民の, 民衆の 3 人々は, 原産である, 名は, 女が, 或る, 有名な, 椿の, 民衆生活の, 特産で, 辞書の

2 [45件] プロレタリアート, 一般の, 一部である, 一隅に, 人々の, 人たちの, 人は, 人民が, 名である, 国民に, 地を, 大藩の, 女を, 女学生が, 女学生たちの, 存在を, 学者の, 宋の, 将来は, 小箪笥, 小豪族, 庶民の, 情勢地理風俗にまでわ, 料理は, 方が, 書物には, 最古の, 本に, 東北地方一帯, 栗は, 歴史に, 民衆が, 民衆は, 状況を, 現在の, 生活を, 田舎から, 白楽天の, 社会は, 言葉に, 説では, 雑誌の, 青年と, 飛行機が, 鯰は

1 [593件 抜粋] あの平原, ある地方, ある山村, ある資産家, いいところ, いなかには, いろいろの, うっすり黄色い, おびただしい文盲者, かなたとの, こととは, ことねえ, ことは, ことを, この, しかるべき家中, しんの, すっぽんでも, そとの, ために, とある田舎, とうとうと, どの書物, どの顔, ひとで, ひとは, ふうで, ものとしては, も日本の, やうに, よろいなどが, よろしさ, アジア的生産は, アルケミィ, インテリの, インテリゲンツィアとしての, エリット達は, キリスト教女学校に, スペイン化が, ソヴェト区域の, トウビョウ蛇神が, プロレタリアも, プロレタリアートと, 一味同心の, 一地方に, 一寒村での, 一田舎に, 一般人民としての, 一角に, 一部で, 一部であり, 一部であります, 三次町に, 与党を, 丹道も, 主に, 乳母と, 事情を, 事成る, 二川とも, 人々に, 人々には, 人が, 人たちも, 人だ, 人で, 人とかいう, 人にでも, 人事風物は, 人人や, 人士が, 人心に, 人民という, 人民民主主義革命は, 人民生活の, 人民社会において, 人民解放の, 人民革命の, 人間は, 今日の, 仏教は, 他の, 代表権問題に, 仲間, 佐々木塩冶の, 何とかいう, 作家が, 作家たちは, 作家郁達夫の, 偸盗説話に, 僻地に, 優秀な, 元, 先儒たち, 先達に, 八仙花などに, 共産党員が, 兵は, 兵よりも, 兵隊に, 出席を, 労働者が, 労働者を, 動きに, 動きの, 勢を, 勤労人民の, 北地ならびに, 北平に, 北部から, 区別を, 危機を, 原産であっ, 友人の, 友誼と, 反信長圏内, 古代思想という, 古代研究の, 古書に, 古書の, 古画を, 各地を, 同志について, 名が, 名すなわち, 名だ, 名には, 名優の, 名料理, 名族毛利に, 名誉の, 呉の, 問題は, 問題大使館の, 嘆きが, 国土を, 国旗について, 国民が, 国辱だ, 国際管理と, 土に, 土地の, 土音が, 坊さんは, 夕べ, 多くの, 夜空を, 大きな花びん, 大兵を, 大名の, 大名小族たちは, 大哲, 大文豪, 大機すでに, 大藩としての, 大藩を, 大藩御三家の, 大衆の, 天地には, 奇葩東北の, 奥地へ, 奥地旅行には, 女, 女たちとも, 女の, 女は, 女も, 女キタヤンカであった, 女博士, 女博士リン, 女学生は, 女性として, 女性の, 奴輩に, 如き人口稠密, 姿とは, 姿を, 威は, 娘たちの, 娘たちを, 婦人たちの, 婦人の, 子供が, 子供たちの, 子供とが, 字という, 存立は, 学者が, 学者は, 宋時代に, 宋時代の, 客の, 宮方が, 宮方どもも, 宮方を, 家で, 家に, 寛大な, 将士も, 将軍連は, 小説の, 少年に, 尺土たりとも, 尾道と, 山は, 山を, 山地な, 山野に, 帝国主義者たちを, 帝立や, 帰趨は, 広大な, 庶民生活の, 建築, 弘い, 弱兵, 張良と, 役すら, 役を, 御陣, 徳川からの, 心臓を, 性格が, 悲傷誠意人民の, 情景が, 情熱は, 慣習としては, 戦いに, 戦争次で, 戦場に, 戦場へ, 戦陣とは, 戦陣に, 抗日戦にも, 指導者層は, 探題羽柴筑前守と, 攻略, 攻略四国の, 政権を, 政治家という, 教育の, 数学パズルの, 文化が, 文化に, 文化に対して, 文化は, 文学を, 文明も, 文物については, 文献には, 文芸や, 料理を, 新しい文化, 新しい更生, 新しい民主主義, 新しい社会, 新民主主義, 新興力を, 方, 方で, 方に, 方へ, 方言に, 方面から, 旅客よ, 日常風景は, 日常風景を, 昆布の, 明の, 普通の, 書が, 書は, 書物にも, 書物も, 書簡箋という, 曹直属の, 最も交通, 最も進歩的, 有閑モダン女性という, 本が, 本なんかが, 本を, 本当の, 村では, 村人市民が, 村民は, 村落の, 村落へ, 村里にも, 東北地方, 東北地方の, 東南方面の, 松江に, 某都市, 桂魚の, 桜桃は, 梁の, 梁楷の, 植民地化さえ, 検閲責任者は, 椶櫚の, 椶櫚を, 椿そっくり, 椿では, 楡を, 業は, 様々な, 様子が, 樗に, 模範青年, 武人たちに, 武士どもが, 武士山内源五兵衛という, 歴史, 歴史が, 歴史と, 歴史家は, 歴史生活の, 殖民地的再, 毛利だって, 毛利と, 毛利という, 毛利どのも, 毛利にも, 毛利の, 毛利元就へも, 毛利大膳大夫輝元を, 毛利家あり, 毛利家にたいして, 毛利氏を, 毛利輝元であり, 民の, 民主主義の, 民族的自立の, 民衆との, 民衆には, 民衆はとに, 民衆生活に対して, 民衆生活を, 江南の, 江南竹を, 河南の, 海の, 海岸でも, 海岸線の, 海近くに, 湖北省西方から, 焼法によるとかいう, 片田舎に, 版画の, 版画展中国の, 物語に, 物語を, 玄奘三蔵が, 玉篇を, 王侯たちにも, 現在は, 現実そのものの, 現状について, 現紐育総領事張平群氏, 生活について, 生活の, 生産条件から, 産である, 産では, 産業を, 田舎の, 男の, 男女で, 画壇は, 画家は, 留学生が, 留学生にとって, 白玉の, 皆さんの, 真の, 着物を, 知人達から, 知識人たちが, 知識人として, 知識階級は, 研究は, 硯だ, 社会の, 社会を, 祝詞を, 神仙思想は, 神仙道一般に, 神仙道一般についての, 神通川の, 秀吉に, 秀吉にたいして, 秀吉は, 秋は, 空でも, 空気は, 空軍は, 第二次五カ年計画, 経済事情の, 経略に, 統一は, 統一的自主の, 総兵力, 総督羽柴筑前守秀吉安土へ, 総税務司, 総耕地面積, 美しい娘, 美しい織物やじうたん, 美しさ, 羽柴軍を, 習俗では, 習慣の, 脊梁山脈の, 脊髄の, 自然的な, 自立し, 至宝は, 興亡の, 良人へ, 良心ある, 良民でさえ, 良民に対しては, 良識と, 若いもの, 若い人々, 若い女性, 若い女性たち, 若い教育者, 英傑馬占山将軍だって, 萩は, 萱草は, 著しい影響, 蒋介石政府と, 蛇神トウビョウも, 蜀へ, 蝙蝠は, 血が, 複雑な, 西の, 西部に, 要所に, 要鎮, 要高松の, 覇業は, 言葉も, 詩に, 詩人が, 詩人は, 話を, 説が, 諸国を, 諸川の, 謝冰瑩という, 豊富な, 豪勇日幡景親が, 貧困な, 貨物船な, 資本主義が, 資本主義より, 赤い星, 軍が, 軍にも, 農村に, 農村プロレタリアートに, 農村プロレタリアートは, 農民たらん, 遊里へ, 遠くに, 部が, 部に, 部分的植民地化の, 野原である, 金博士に, 鉄道技師として, 長い歴史, 長い長い歴史, 長陣中, 関係であります, 陣で, 陣へ, 陣より, 陰陽五行と, 随園という, 青年たちに, 青年です, 青年の, 青年劉が, 領土の, 顔であった, 風景を, 風習では, 風雲を, 食器を, 首都が, 首都であります, 首都と, 首都は, 高松城を, 黎明が, 黒田官兵衛の

▼ 中国~ (117, 4.8%)

4 於ては 2 ないから, 出張し, 攻め入るなら平定容易, 来て

1 [105件] あっては, ありえたでしょう, ありながら, ある, あるが, あるので, ある本来, ある秀吉, ある良人, いいふらし中国内, いたっては, いて, いるアメリカ人, いる隆吉, おりながら, かえって自国, きて, だぶついて, とられる, ない, ないもの, ない植物, なく近畿, なるの, まいりましたさい, まいりましてから, キリスト教と, 一度帰りたい, 与えた損害, 仕向ける侵略戦争, 伝えようと, 伝わり日本, 侵入し, 侵略した, 保食神を, 働いて, 僧肇という, 入って, 出征させられた, 勝って, 十年も, 及び遂に, 及ぶもの, 喜んで, 在って, 在るもの, 在る秀吉, 多く飼われ, 多種の, 大事を, 就ての, 帰って, 感動し, 拡った, 持って, 振いたる毛利氏, 接し日一日, 接する第一線, 攻め入って, 数億ポンドの, 料理が, 新しい医学, 新しい資本主義, 於ても, 旅行した, 時を, 暮した, 最も多く, 服属すべき, 来りそして, 比すれば, 毛利あり, 泰一という, 流布された, 渡って, 滝川は, 潜伏布教一六三三年周防で, 甘蕉, 生れて, 生れ合わした, 産する多分, 百合という, 相当に, 着く予定, 移ったが, 移封し, 穢多, 聞こえた大, 育ったジョン, 蠅が, 行くと, 行った, 覇を, 見られたあの, 見るべからざる, 軍を, 送り返すと, 逃亡し, 遊び給ひける, 還して, 阿片を, 青竜刀という, 食器らしい, 養う直属, 高いと

▼ 中国~ (73, 3.0%)

3 行って 2 かけての, 出征した, 御出陣, 持って, 来てから

1 [60件] いくたび, うつる, お供仰せつけられ, さして帰陣, さまざまの, はいった外国産, まいりました, まいりまして, むかし遣唐使を, やる, やれ, 一司令官として, 下ったばかりと, 下って, 下るとともに, 下るべきを, 下る明智, 下向し, 入攻以来, 出すだけでも, 出陣し, 出陣すれ, 出陣を, 出馬し, 加勢に, 参って, 向うの, 向けて, 報じた吉川元春宛, 帰って, 帰つた, 帰つて行く, 帰り住むつもり, 帰ること, 帰るつもり, 帰るといふ, 帰ろうかと, 帰陣した, 引っ返して, 征け, 急ぎます, 急ぎ一名, 懸り給わば, 来て, 渡ったアジサイ, 秀吉の, 積みだして, 落延給ひ, 行きたい, 行こうかと, 行った時, 見送ってから, 赴き毛利一族, 赴任し, 軍を, 軍勢の, 送り込む各国, 逐電いたしました, 進駐するで, 飛行機を

▼ 中国~ (69, 2.8%)

2 侵略し, 攻撃し, 理解し, 訪問し, 訪問した

1 [59件] あとに, うごき得ない, お愛し, さまよい京大坂, つくる陰謀, まず赤化, ゆるさなかったら, ケシかけ, 一擲し, 公然と, 出て, 出る時, 味方に, 囲続するなく, 固め父祖, 守るため, 守れ, 対象と, 小説に, 平げて, 往来し, 征し, 征服し, 心から愛し, 念う, 愛しなければ, 愛する心持, 手本に, 指す, 救い得たの, 敵視する, 棄てて, 植民地と, 植民地として, 植民地化し, 植民地化する, 歩いて, 歩き廻ったとしても, 毒殺する, 治して, 治めて, 流れる神通川, 焦土に, 独立した, 相手に, 相手の, 知って, 知る人, 経て, 背景として, 見て, 覦うの便を, 解放しなく, 近代的統一国家へと, 遊説する, 開国させた, 離れて, 頂戴します, 顧みるいと

▼ 中国から~ (64, 2.6%)

4 渡来した 3 来たもの, 渡り来った 2 帰って, 手を, 日本へ, 渡って

1 [46件] かけつけて, その生品, その雌本, それを, つたわって, 一掃せよ, 一転できた, 九州へまで, 九州九州から, 九州各地を, 九州路への, 九州辺の, 京大坂伊勢路近江路所々を, 京畿を, 伝えたの, 伝わったもの, 信忠卿に, 内海へ, 分捕った貨物船, 北陸地方を, 吾が子, 四国九州と, 堺の, 女学生が, 嫁を, 学んだ式典, 山崎戦へ, 帰った当座, 帰つた当座の, 帰国し, 帰還し, 引っ返した彼, 復員する, 攻めのぼられて, 攻め上って, 攻め上る秀吉, 来た伝説, 来た呉茱萸, 来た女学生, 来た時, 来た者, 来た花木, 渡ったもの, 渡った外来, 豊後水道の, 預つた秘蔵

▼ 中国~ (59, 2.4%)

2 一つ台湾は, 中国日本は

1 [55件] あまりに大きく, いまや一切, いまや国内, いよいよこれから遣, こうで, この欧州, すでにどこ, すなわちとこしえ, そうじゃ, その広, その広大, それでは本物, ちょっと嶮, なつかしく思いおこし, にわかに騒ぎ, もう滅亡, やはりでっぷりと, やはり大国, やはり愛国心, わが米国, アメリカと, フランスと, 一種の, 一般に, 一衣帯水で, 中国という, 中国として, 中国なり, 中国の, 中華人民共和国と, 中華人民共和国に, 九州にも, 人間じゃ, 今しきりに, 侵略者の, 国家として, 大きな変革期, 安心な, 宋代より, 対外戦に, 当る, 戦争に, 政治独立に, 救われないよ, 新しい中華人民共和国, 日本の, 東洋で, 気を, 笑うだろう, 終戦と共に, 自分から, 軍事同盟経済一体化に対して, 辺土に, 長州の, 面白い国

▼ 中国~ (48, 2.0%)

2 成長し

1 [46件] いう, いう牽牛星, お兄さま, お別れ, お暇, この草, さんざん使用, たまたま草, はしょっ中, やかましい燕巣, スッカリ梵語聖典を, ツヅミグサと, ホルナーの, 一番深い, 九子羊と, 今度の, 再会の, 出来た古, 刷った赤い, 叛旗を, 名僧の, 大太郎法師, 対面するであろう, 幼年少年時代を, 従来からの, 戦死された, 戦死した, 昔飼い馴らし, 栽培せられ, 歴史の, 毛利と, 活動し, 漆黒と, 猴を, 生れて, 目下進捗してる, 示して, 称する八重咲き, 経験した, 芝と, 若い女性, 見たの, 謂ふ, 貨幣を, 資本主義以前に, 遠からず

▼ 中国では~ (45, 1.9%)

2 古くから

1 [43件] こういうこと, このタマナ, この実, この樹, この草, これを, さすがに, すべての, どういう字, なく大昔, まず共通, むしろ均窯, 一つに, 上の, 世界及東洋文学史の, 人に, 出雲の, 大内氏の, 大同に, 大山山彙, 宋美齢を, 峠を, 恩を, 支那精神の, 料理の, 日本の, 昔から, 桜山茲俊が, 毎年この, 毎年天澄み, 沈香といふ, 洟を, 漢の, 牡丹が, 特に種子食用, 病人の, 蒜すなわち, 誉れの, 貴族の, 赤松氏の, 革命家たちに対して, 馬櫪神という, 鮎という

▼ 中国には~ (41, 1.7%)

6 ないから 4 産しない 2 ない

1 [29件] あるまいよ, いって, いま誰が, この二つ, この種, ございませんな, ない落葉喬木, もとより毛利, 一日の, 前記の, 可なり, 周孔の, 土地が, 宇喜多北部の, 宗教という, 日本の, 早くも, 普通に, 栽培せられ, 沢山ある, 無関心, 特別な, 狐狩が, 生まれない, 蛍が, 見られども, 見られない中国, 詐術又は, 近代が

▼ 中国~ (40, 1.7%)

4 日本との, 日本の 2 日本とは

1 [30件] いう, その攻略, ちっとも変りません, オランダとだけは, ソヴェトとの, 上方との, 世界プロレタリア革命との, 並んで, 中国は, 九州とに, 侵略を, 危くなっ, 四国とは, 地理的には, 大差が, 巡業した, 当時の, 思えば, 戦争が, 接触を, 日本とが, 日本とに, 日本においては, 朝鮮を, 満州国とを, 相接し, 言ったに, 違って, 限らず今, 限らず西洋

▼ 中国地方~ (35, 1.4%)

2 から東, のある

1 [31件] から来, ではこの, ではこれ, ではゴギ, ではハスワ, ではヒラメ, では馬, でも伯耆, でヒトヒ正月, などは数県, におけるえ, に一躍, に及び, のイノコヅキ, のオバサン, のコトコト・ホトホト, のトノス, の一部, の低, の山間部, の或, の某, の気象, の田舎, の科学的構造, の花崗岩, の裏日本側, の西北海岸, は以前, は鳥取, も隠岐島

▼ 中国山脈~ (29, 1.2%)

2 から出る, がどこ, の背, の脊梁, の表情, も湾口, やその

1 [15件] があった, といっ, と瀬戸内海, に近い, のどこ, の山間, の皺, の美作国, の脊柱, の臍, の西, の要地, を分水嶺, を貫い, を間

▼ 中国料理~ (27, 1.1%)

2 は世界一

1 [25件] がただ, が真に, が進ん, でもそう, で使う, というやつ, とかいうもの, と京都料理, にあっ, にその, にともすれば, にはまた, にも重宝, にパイモール, に似た, に近い, のごとく, ののさばり, のコック, の吸い物, の感じ, の発達, の話, は食品原料, を是認

▼ 中国~ (26, 1.1%)

5 すなわち漢名 3 はない 2 である

1 [16件] がない, が禍, だと, であった, である桔梗, でこれ, ではない, のあろう, のこと, の栗, の百合, の秋海棠, の芭蕉, は, は石蒜, は西瓜

▼ 中国~ (26, 1.1%)

4 を着 2 の少女, の裾, を包ん

1 [16件] かやっぱり, だ, であった, ではなく, には金色, に包ん, に包んだ痩せた, に身, のうえ, のよう, の前, の老人, はその, をとりあげる, を出し, を着た

▼ 中国~ (24, 1.0%)

2 悲惨だ, 日本ブルジョアジーの

1 [20件] あらわれること, あり朝鮮, いま外国資本を, いま大日本帝国と, かうも, この際唐朝以前, これまで, そうである, その運命的, もう立腹, アジアにおける, 世界で, 中華人民共和国として, 二二〇万人, 人民共和国に, 内戦と, 最も知りたい, 東は, 見られ現代, 開国した

▼ 中国にも~ (24, 1.0%)

3 朝鮮にも, 産する

1 [18件] あったこと, あります, あるし, ずいぶん多く, もうこういう, アフリカにさえも, インドにも, 三国時代の, 人物は, 入りこんだもの, 円盤が, 出来かかって, 同時にプロレタリア, 庚申の, 産しない, 産し巻丹, 紋章類似の, 行き厦門

▼ 中国との~ (22, 0.9%)

2 原産で, 間に

1 [18件] あいだには, 友好と, 国交回復の, 国交回復を, 国交正常化アジア, 国境が, 国境で, 戦争だ, 戦争の, 戦争は, 永遠の, 海上を, 間で, 間の, 関係においては, 関係には, 関係を, 闘争に

▼ 中国~ (22, 0.9%)

2 の者

1 [20件] からこの, から九州, から四国, から近, じゃ, では少し, でも奥州地方, で牛, といっ, に伸び, のあいだ, のある, のさる, の或, の某, の薫, をまっしぐら, を上っ, を流れ流れ, を飛び

▼ 中国~ (20, 0.8%)

2 日本の

1 [18件] ソヴェト同盟に対して, フィリッピンに, ローマの, 九州では, 北朝鮮の, 四国も, 安南, 日本で, 日本などの, 日本また, 昔の, 朝鮮で, 満州に, 満州の, 西洋には, 西洋の, 関東方面や, 韓国とは

▼ 中国攻略~ (20, 0.8%)

1 [20件] が経営, が行われた, という大任, などとは片, については宿老, の令, の基地, の大事, の大局, の急務, の折, の業, の足場, の軍, の重大性, の難, の難業, は当然, は片, への決定的

▼ 中国~ (19, 0.8%)

2 に容認, に苦情, の最後, の秦徳純氏, は党部, を恐縮 1 がハルビン, においては政府, にたいしても浅沼, にも一部, のねばりで, の動き, の強引

▼ 中国でも~ (16, 0.7%)

1 [16件] この房術, また北欧, 人が, 作って, 名の, 四国でも, 婦人と, 敢て, 日本でも, 早くから, 昔から, 珍しい例, 蛙の, 詳しい文献, 諸説紛々いまだに, 銀行は

▼ 中国~ (16, 0.7%)

2 日本も, 朝鮮も

1 [12件] また甲州, アトランティス大陸に, 一面近代的な, 伊丹も, 危くなっ, 各国の, 大さわぎである, 帝政時代の, 既に荒蕪, 日本と, 時代の, 阿波も

▼ 中国九州~ (16, 0.7%)

1 [16件] があり, きって, でホウライスズメ, と探し歩いた, におもむいた, に亘っ, に名, の例, の敵ども, の旅, の果て, の民間, の統一, までも満潮, まで七, まで食べ歩いた

▼ 中国文学~ (15, 0.6%)

1 [15件] が特に, が進ん, でありロシア文学, においてこの, にまだ, に一つ, に対してこれ, に対して日本, の一歩, の中, の影響, の相貌, はだんだん, は不断, を知りたい

▼ 中国~ (15, 0.6%)

3 のある, の或 2 に至る 1 で呉れる, にいかなる, の女学校, の山道, の新聞記者, の田舎, の船唄

▼ 中国への~ (14, 0.6%)

2 侵略戦争が

1 [12件] 侵略を, 侵略戦争に, 侵略戦争の, 侵略戦争を, 出軍の, 同情が, 愛を, 戦争を, 貢国です, 道へ, 長陣と, 関心が

▼ 中国大陸~ (13, 0.5%)

1 [13件] からいくら, で行われた, にあった, には三国志時代, には大きな, の, の某所, の至る, の風雲, へ引返し, へ行っ, よりも逆, を植民地

▼ 中国~ (13, 0.5%)

1 [13件] では多く, に臨ん, に関するもの, の一段落, の場合, の戦局, の秀吉, はふたたび, は次, は秀吉, への発向, へ参加, 総指揮

▼ 中国征伐~ (12, 0.5%)

2 の時, の最中, を要請 1 に出発, のついで, の大将, の成る, の軍務, の陣中

▼ 中国少年~ (11, 0.5%)

1 [11件] に眉一つ, の汚れた, の頭, はその, はびっくり, は彼, は見殺し, をおこし, をたすけ, を床, を飛行艇

▼ 中国に対する~ (10, 0.4%)

1 侵略戦が, 侵略戦争は, 侵略戦争を, 侵略行為に, 同情を, 新しい解釈, 日本の, 最後の, 認識の, 諸外国人

▼ 中国女学生たち~ (10, 0.4%)

1 に与えよう, に話した, のそういう, のほとんど, の顔, はそういう, ははじめ, は仲間, は礼儀上しずか, を見た

▼ 中国における~ (9, 0.4%)

1 ヨーロッパ人と, ヨーロッパ第, 二人の, 古代の, 外国資本主義の, 広義の, 新しい人民, 民主的連立政権の, 白人の

▼ 中国人民~ (9, 0.4%)

1 が植民地人, と中共, に極東派遣軍, の人民的成果, の勝利, の独立, の目ざめ, の自然, は前進

▼ 中国古代~ (9, 0.4%)

2 の思想, の神仙思想 1 のあの, の仙術, の神仙思想一般, の美人, の装飾具

▼ 中国国民~ (8, 0.3%)

2 が悉く, とは日支関係, は必ずしも, もそう

▼ 中国での~ (7, 0.3%)

1 万葉集とも, 二十四孝中の, 京の, 人民革命の, 生活経験と, 誤称, 説である

▼ 中国において~ (7, 0.3%)

1 お味方, この二人, わが羽柴軍, 孔子に, 既に知られ, 遺憾なく, 食器が

▼ 中国全土~ (7, 0.3%)

1 がわが, にわたる日本軍, の億民, の将来, はこれ, も戦時下, を失う

▼ 中国~ (7, 0.3%)

1 が不法発砲, が鳥, と対立, に上官, の捕虜, を捕えた, を殺し

▼ 中国四国~ (7, 0.3%)

1 にも, にも及ん, のかなり, の亥, の兵, の山, の方々

▼ 中国探題~ (7, 0.3%)

1 としてここ, としてやって来た, に任, の副将, の居城, の職分, の長門

▼ 中国日本~ (7, 0.3%)

2 は日本 1 と連想, などの歴史, の今日, の建築, はそう

▼ 中国朝鮮~ (7, 0.3%)

1 から渡った, とちがった, などに日本, に産し, をこめ, をはじめ, を経

▼ 中国~ (7, 0.3%)

1 でどなりつけた, でべらべら, でよびかけられ, としての, に堪能, の, のさよなら

▼ 中国~ (7, 0.3%)

2 の反乱 1 がいまや, の兵器, の発砲, は連戦連敗, を蹴ちらした

▼ 中国という~ (6, 0.2%)

1 のは, ものに, ものは, 国は, 国へ, 考えは

▼ 中国とは~ (6, 0.2%)

1 くらべもの, ちがって, 同文同, 国交断絶した, 正に弟, 限らないでしょう

▼ 中国文化~ (6, 0.2%)

1 について知らない, に対する私, のある, の日本, は精神面, を輸入

▼ 中国方面~ (6, 0.2%)

1 から攻め, では古い, でも関東, に産, の山林中, も外交

▼ 中国武士~ (6, 0.2%)

1 などのほう, にはある, の荒胆, の鈍骨, の面, をおどろかした

▼ 中国~ (6, 0.2%)

2 のもの 1 であるシナフジ, なる右, のすっぽん, の藤長苗

▼ 中国訛り~ (6, 0.2%)

2 のある 1 が交じる, が出る, そのまま朴とつ, で訊いた

▼ 中国~ (6, 0.2%)

1 で敵, に這入った, の備前, の奥, の目, へかかる

▼ 中国まで~ (5, 0.2%)

1 いままでの, もと期し, 御出馬, 急に, 行って

▼ 中国より~ (5, 0.2%)

1 これに, 九州に, 京阪地方暴風雨に, 何でも, 取って返し倶

▼ 中国入り~ (5, 0.2%)

1 に別所家, のお, のしるし, を光輝, を命ぜ

▼ 中国出陣~ (5, 0.2%)

2 の命 1 の上, の前, の日

▼ 中国四国九州~ (5, 0.2%)

1 ぐらい見物, と諸, にまで及び, のお, の宮方

▼ 中国~ (5, 0.2%)

1 代官所にて, 代官所之, 在陣が, 発向の, 陣の

▼ 中国経略~ (5, 0.2%)

1 に消耗, の前途, の大事, の業, の途中

▼ 中国~ (5, 0.2%)

1 が前方, に乗れ, のつもり, の水夫, はどこ

▼ 中国革命~ (5, 0.2%)

1 と中国, に対してはソヴェト同盟, の圧殺, の進行, の達成

▼ 中国からの~ (4, 0.2%)

1 女子学生団という, 宋元の, 殿の, 襲撃でない

▼ 中国ならびに~ (4, 0.2%)

1 全アジア, 日本に, 東南アジア諸国に, 満州にかけて

▼ 中国においては~ (4, 0.2%)

2 六億八千万の 1 人民の, 題号通りの

▼ 中国へも~ (4, 0.2%)

1 南方へも, 無論その, 立って, 行って

▼ 中国婦人~ (4, 0.2%)

1 であった, と伸子, のリン博士, の沈んだ

▼ 中国~ (4, 0.2%)

1 な楡銭樹, になっ, の轎, や欧米風

▼ 中国政府~ (4, 0.2%)

2 の領土 1 が支那, の実力

▼ 中国文学研究会~ (4, 0.2%)

2 の仕事 1 が, という集り

▼ 中国民族~ (4, 0.2%)

1 の仕事, の性格, の眼, の言葉

▼ 中国民衆~ (4, 0.2%)

1 がいきなり, のハート, の人間らしい, の智慧

▼ 中国貿易~ (4, 0.2%)

2 でイギリス 1 でアメリカ, の面

▼ 中国青年~ (4, 0.2%)

1 にみまがう, の抵抗, の新しい, は抗議

▼ 中国~ (4, 0.2%)

1 な卓子, な腰高, に飾りたてた, の浴槽

▼ 中国である~ (3, 0.1%)

1 が日本, が最後, だけに一応

▼ 中国とが~ (3, 0.1%)

1 戦争状態に, 露骨な, 馬来半島で

▼ 中国に対して~ (3, 0.1%)

1 ただに, 他界の, 言えるばかり

▼ 中国~ (3, 0.1%)

1 一寺ニ一女ヲ, 変ニ転ゼシメヨ, 射法ト謂フ

▼ 中国~ (3, 0.1%)

1 ぞ安芸, の大河, の大河郷

▼ 中国五ヵ国~ (3, 0.1%)

2 の譲渡 1 を譲渡

▼ 中国代表~ (3, 0.1%)

1 が, のツァイ・チャン, はいよいよ

▼ 中国作家~ (3, 0.1%)

1 として或, に課せられた, は魯迅

▼ 中国労働者~ (3, 0.1%)

1 がジェネスト, によって行われはじめた, の虐殺

▼ 中国~ (3, 0.1%)

1 はすでに, は強い, も上方勢

▼ 中国商人~ (3, 0.1%)

1 に売りわたした, の張りつめた, の死活問題

▼ 中国文芸~ (3, 0.1%)

3 の方向

▼ 中国浪人~ (3, 0.1%)

1 と称し, なの, のきり

▼ 中国独特~ (3, 0.1%)

1 の伝統, の神仙道, の肌理

▼ 中国街道~ (3, 0.1%)

1 の終る, の頻繁, をはるばる

▼ 中国解放~ (3, 0.1%)

1 のため, の味方, を殺し

▼ 中国軍人~ (3, 0.1%)

1 が活躍, のニュース, の勇敢さ

▼ 中国からも~ (2, 0.1%)

1 出征した, 風を

▼ 中国じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ア鳴らした

▼ 中国その~ (2, 0.1%)

1 ほか各地は, 人間が

▼ 中国その他~ (2, 0.1%)

1 にしかけた, の国々

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 しまた, とのべ

▼ 中国だけに~ (2, 0.1%)

1 ある悲劇, 面白い字

▼ 中国などの~ (2, 0.1%)

1 家父長制を, 武門も

▼ 中国などは~ (2, 0.1%)

1 いらない, 他の

▼ 中国についての~ (2, 0.1%)

1 感情は, 映画では

▼ 中国ソヴェト~ (2, 0.1%)

1 に向け, を守れ

▼ 中国ビル~ (2, 0.1%)

2 の七階

▼ 中国一円~ (2, 0.1%)

1 から東北, を切り従えるべく攻め下った

▼ 中国一点張り~ (2, 0.1%)

1 で来た, な趣味

▼ 中国上閉伊郡~ (2, 0.1%)

1 にある, に遠野郷

▼ 中国中央軍~ (2, 0.1%)

2 と党部

▼ 中国以西~ (2, 0.1%)

1 の地, を睥睨

▼ 中国側代表者~ (2, 0.1%)

2 と中国国民

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 の有様, の織田勢力

▼ 中国古代史学~ (2, 0.1%)

1 の展開, の発展

▼ 中国各地~ (2, 0.1%)

1 にのこっ, に東亜連盟運動

▼ 中国国民そのもの~ (2, 0.1%)

2 とは全く

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 陣中の, 陣中冠山の

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 でありがたい, の魚どころ

▼ 中国大使館~ (2, 0.1%)

1 へは私, へ出向いた

▼ 中国女学生~ (2, 0.1%)

1 が余興つき, の集団的

▼ 中国将来~ (2, 0.1%)

1 の考慮, の運命

▼ 中国少女~ (2, 0.1%)

1 の梨花, を認め

▼ 中国平定~ (2, 0.1%)

1 の如何, の業

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 の二度目, の総

▼ 中国征伐山崎合戦四国征伐抜群~ (2, 0.1%)

2 の偉功

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 の味方, を聞きつけ

▼ 中国攻め~ (2, 0.1%)

1 のせつ, の根拠地

▼ 中国新聞~ (2, 0.1%)

1 に投書, のある

▼ 中国植物~ (2, 0.1%)

1 である馬鈴薯, の辛夷

▼ 中国沿岸~ (2, 0.1%)

1 から九州方面, は元

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 に作られ, のきちんと

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 洲にも, 洲を

▼ 中国満州~ (2, 0.1%)

1 と前線, のよう

▼ 中国特産~ (2, 0.1%)

1 のシナマツ, の蘭品

▼ 中国生れ~ (2, 0.1%)

1 のアメリカ婦人, の手品師

▼ 中国発向~ (2, 0.1%)

1 のとき, の場合

▼ 中国百万~ (2, 0.1%)

2 の軍

▼ 中国神仙道~ (2, 0.1%)

2 の本統

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 のよう, は現在

▼ 中国行き~ (2, 0.1%)

1 の不定期船, は硯

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 の御, へ先陣

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 のもの, ノ最良

▼ 中国趣味~ (2, 0.1%)

1 に走った, を捨て去り

▼ 中国進攻~ (2, 0.1%)

1 の場合, の門出

▼ 中国青年たち~ (2, 0.1%)

1 が素子, は知らない

▼ 中国~ (2, 0.1%)

1 で, である

▼ 中国食器~ (2, 0.1%)

1 の絢爛, は立派

▼1* [260件]

中国いらいの相棒, 中国山陰か, 中国かぶれであったに, 中国こそ中央と, 中国ことごとに闇, 中国この四カ国いわば, 中国そだちの室殿, 中国その他各国から代表的, 中国だけでない, 中国だけでも三十六家の, 中国だけを拾った, 中国だったなんてそんな, 中国といふ感じが, 中国としてどうなろう, 中国としては民族自立の, 中国とても同様, 中国とともに自身の, 中国とはとなりどうし, 中国のです, 中国など信長が, 中国なにほどのこと, 中国なにがし藩の伊沢千右衛門, 中国なりというところまでを, 中国においてすら御着, 中国においても日増しに衆望, 中国にたいする植民地化の, 中国にだって見かけより, 中国にとっても彼自身にとっても, 中国にまでも思いを, 中国にわたって生じまた, 中国にわたりふたたび二一年, 中国にわたる流浪の, 中国に対し南は, 中国に対してはいつも侵略者, 中国に関する九ヶ国条約, 中国ねェ何たること, 中国のにがみ甘み, 中国のみでなく世界的, 中国のみに産しその, 中国のみの特産である, 中国ばかりでなく日本, 中国へんのなにがし侯, 中国までへは手が, 中国みたいに想像力, 中国もので矢張素, 中国を以て任じ天, 中国を通してひたすら善根, 中国の文学, 中国ソオーストラリアオランダカナダニュージランドなどの代表, 中国ソヴェト建設のため, 中国ソヴェト日本ドイツイタリー等の文学, 中国ソヴェートや, 中国トノ界ハ山深ク嶮岨ナル, 中国ドイツ日本などはその, 中国フィリッピン濠州諸国の勤労大衆, 中国フィリッピン等の各国代表, 中国フィリピンドイツポルトガルベルギースイスの遠く, 中国プロレタリアートの前進, 中国一たび亡びんか, 中国一帯を一時戦時色, 中国一流の華麗豪壮, 中国上閉伊郡土淵村で撮影, 中国上閉伊郡金沢村字長谷という所, 中国上閉伊郡馬牛村字東禅寺という, 中国下りして, 中国並びに朝鮮, 中国中国と言った, 中国九州みなそれぞれの言葉, 中国九州四国などに散在, 中国九州地方に多い, 中国九州筋か, 中国九州諸方から京洛, 中国交通銀行の紙幣, 中国た暗く, 中国人民婦人達こそ日本, 中国仏教会は中国, 中国以来山崎の快, 中国以来連戦のつかれ, 中国以東の川童, 中国侵略戦争だ, 中国全体の攻略, 中国全土敵ならぬは, 中国全般を観, 中国公使館があつ, 中国兵八方へ蹴ちらした, 中国兵器やソ連兵器, 中国分割の, 中国出兵の用意, 中国出征中は長浜, 中国出石藩の老職, 中国出立をいいつけられた, 中国制覇の足がかり, 中国労働大衆の革命, 中国医師の服装, 中国南方までのきりとり, 中国南部やフィリッピン, 中国印度支那ビルマタイに限られた, 中国原産の植物, 中国又はドイツソヴェト同盟各, 中国及び我が国にまで, 中国古代思想即ち春秋, 中国台湾に二つ, 中国史中に日本, 中国同志の写真, 中国同志会の結成, 中国アジア大陸には, 中国周代の民, 中国問題の一つ, 中国四億の人民生活, 中国四国紀南北陸全土の宮方, 中国固有の上帝天帝, 中国国民党の走狗ども, 中国国民党宣言を発表, 中国国民政府治下にぞくする, 中国土産の品, 中国土着の豪族たち, 中国地方その他にある, 中国地方四九州地方十七といふ状態, 中国地方近畿は一帯, 中国売笑婦だ, 中国大使館付の通訳官, 中国大使館参事官仏天青氏を御, 中国大坂間の交通, 中国大陸土産を掻き集める, 中国であった, 中国女性のつよ, 中国婦女子の顔, 中国学生たちがひとめ, 中国学生運動から見, 中国の館, 中国守職田二町稲に准, 中国寄りの天山南路, 中国対東洋鬼国との戦闘経過, 中国射水神社の獅子頭, 中国少年同様南シナ海になげこまれ, 中国山東省曲阜県当時の魯国昌平郷陬邑, 中国山陰押えの大名, 中国平定後は之, 中国の諸, 中国庶民の自由さ, 中国引っ返し以後山崎の, 中国征攻中も山崎, 中国征覇の急, 中国征討の大事, 中国必ず長夜の, 中国思想の専門学者, 中国情勢や領下, 中国捕虜のおそるべき, 中国攻略もさように短い, 中国攻進の覇業, 中国文学史の上, 中国文学研究会編という一冊, 中国文学研究者によって現代中国文学, 中国文明を摂取, 中国文献の自由, 中国料理可てんぷらよかろう, 中国料理日本料理の現状, 中国旅行から帰っ, 中国旅館に二週間, 中国にもあった, 中国書道史のたしか, 中国服すがたの, 中国服一着預金帳二冊ハンカチーフにパン, 中国朝鮮南方諸島に通う, 中国朝鮮台湾樺太さらに遠い, 中国朝鮮婦人作家の紹介, 中国朝鮮日本などのよう, 中国本国や印度, 中国村民がそれ, 中国東亜連盟運動発展の一動機, 中国東北部をおびやかし, 中国東北部駐屯軍の六倍, 中国東海東山諸道の大軍, 中国東礪波郡の増太郎, 中国松倉の住人右馬介義弘, 中国欧米にも断じて, 中国歴代の王朝時代唐, 中国歴史中一番食器に適した, 中国んど, 中国毛利氏と対陣中, 中国として入籍, 中国氷見郡へ出よう, 中国氷見郡仏生寺村というの, 中国江刺郡米里村字古歌葉, 中国汽船の平靖号, 中国より玄海ニ出ルアリ, 中国海ニて私, 中国海戦科学研究所大師に任, 中国のケーテ, 中国ではない, 中国特有の低い, 中国特産植物専用の中国名, 中国玄巣慶祥氏の報ずる, 中国玉墻内国細戈千足国磯輸上秀真国或いは虚, 中国琉球などとの交易, 中国産品であるが, 中国が居る, 中国も本物, 中国では, 中国的哲学文学の法典, 中国研究所新演劇人協会, 中国立山剣ヶ峰の雪, 中国一の, 中国筋大坂島原と諸国, 中国筑紫の果て, 中国に収載, 中国精神というもの, 中国経営の大業, 中国司令官として, 中国総会の発会式, 中国総督でもある, 中国になつて, 中国自ら照り明かなるを, 中国自身が感じ, 中国船平靖号の一員, 中国艦隊にやらせ, 中国苦力に乞食, 中国茶館の系統, 中国草莽期の思想, 中国華厳宗とは異, 中国西下の儀, 中国西半の四つ, 中国西国をさまよう, 中国西国激浪漲る天下, 中国西海平定したらば, 中国西部の例, 中国要人の人物論, 中国視察談である, 中国記者も墺国貴族, 中国訪問の報告, 中国詩人の張子馬, 中国が本邦, 中国藩の, 中国警察との共同変装, 中国貨物船の平靖号, 中国資本主義の立役者, 中国赤化の日本, 中国路方面のけわしい, 中国農業問題研究者として権威, 中国辺田舎のおばあさん, 中国近畿殊に慎作, 中国近畿中部地方と北上, 中国にかぎっ, 中国通たちを案内, 中国連合国側の婦人, 中国進駐の第一歩, 中国には老, 中国遠征は大, 中国銀行の大洋紙幣, 中国鎌倉と三分, 中国閉伊郡附馬牛村字生出という山里, 中国防衛の一線, 中国陣開戦以来秀吉の功, 中国陶磁に朝鮮陶器, 中国雑貨と酒, 中国露国と相, 中国青年男女が再び, 中国革命同盟会が成立, 中国高僧では趙州和尚, 中国高松城の水攻め