青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

下され~ ~下し 下し~ ~下す 下す~ ~下っ 下っ~ ~下り 下り~ ~下る
下る~
~下女 下女~ ~下宿 下宿~ ~下手 下手~ ~下手人 下手人~ 下男~ ~下駄

「下る~」 1508, 16ppm, 7197位

▼ 下る~ (274, 18.2%)

4 いって 3 云ふ, 今度は, 水が 2 あたりは, すれば, そこに, 尾根の, 左側には, 彼は, 申します, 言って, 道は

1 [243件] あとは, あるそう, いう, いうので, いきなり寝床, いきなり舞台, いつたやう, いひて, いふこと, いよいよまた, うまく瀑, おもうの, おりおりは, かなり繁っ, きょう目ざし, ごく小さな, さっき渡った, さっそく肥後, すぐ男, すぐ稚児落滝, そういう保証, そこが, そこには, そこは, その邸, その釜石, ただそれだけ, とたんにみな, なれば, ぶら下り, ぷんと谷底, ほっとした, また同じ, もうすぐに, もう海, もう雲, もう風, やっかいです, よい, わが海, わずかに, アゾ原に, アメリカ系の, カラリと, サア何う, シラツキ沢が, ナプキンを, 一小, 一軒の, 一週間以内に, 一里ほどで, 丁度浄禅寺ヶ淵辺り, 丁度顔, 七八人は, 七百十九両さえ, 七百十九兩さへ, 三人の, 三依, 三十分で, 三十分許で, 三囲神社の, 三日月形の, 下から, 下の, 不破氏は, 中は, 主に, 二人楽に, 二十八年下だ, 二間とは, 云う有様, 云ひます, 云われし頴悟, 人の, 人も, 位の, 佐賀から, 何うだらう, 例の, 停車場の, 傍の, 傾斜は, 兵部の, 其処が, 其処には, 冷たい北西, 初めて少し水, 劒沢が, 十七度前後に, 又一つ, 又瀑, 又石像, 右手に, 右手の, 吉崎の, 同時にあなた, 同時に堂上, 同時に客, 同時に野菜, 呀然として, 和泉橋です, 四五軒の, 地面は, 変な, 多くの, 大虎杖, 大雪田が, 奥ノ, 子酉川の, 寒暖計が, 寺泊の, 小さな河原, 小屋に, 小森村で, 小窓裏, 山から, 山側が, 山間における, 峠の, 峠より, 川が, 川の, 川岸でございます, 川畔の, 左岸の, 左手に, 左斜に, 平な, 幾万とも数知れぬ, 後の, 復上りと, 忽ち行手, 怖いもの, 思う, 怪しや, 惰力で, 懐しい偃松, 播但線の, 教えられた如く草間, 旅客等は, 旦開村新野の, 旧道と, 普通の, 最早墓地, 木刀を, 木造の, 東覗きと, 枝沢から, 柿に, 栂の, 栂樅などの, 森の, 横幅十間長, 次に私, 次第に晴れ, 水の, 水戸樣だ, 氷の, 河原が, 河原に, 沼山津村, 浅い谷, 温度傾斜が, 湖面が, 滝が, 片側は, 猿倉の, 申しますが, 申すもの, 男体山の, 白いペンキ, 直ぐに, 直ぐ三宝山, 直ぐ左手, 相生村へ, 石像の, 石英閃緑岩が, 碇関という, 私は, 程なく例, 突き当りが, 窪地に, 立売坂, 竜頭山という, 竹屋の, 第一, 笹が, 精魅の, 紙器会社の, 細い谷, 絶えず右, 美しいよそおい, 美しい栂, 聞けば, 茅葺屋根の, 茶屋が, 草原を, 蔵の, 蜆谷の, 装甲自動車から, 西の, 西川に, 見れば, 見渡す限り青田, 親の, 親分が, 言い, 言い切って, 言った, 説く辺, 諏訪である, 變な, 谷一杯に, 谷中新, 谷底に, 路に, 路の, 軒なみに, 追っ掛けられるかも, 退屈男とは, 道を, 道端に, 金沢の, 針木の, 鈍い翅音, 鋲靴の, 長い吊り橋, 開いた地面, 間もなく駒ヶ岳神社, 雀は, 雄吉は, 雪が, 雪は, 雪渓が, 雪渓は, 霧が, 鞍部から, 鞍部に, 食ひ, 飯場が, 高さ, 鶏冠山と, 黒部川で

▼ 下る~ (131, 8.7%)

8 である 5 だ, では 4 だから, であった 3 だが, だと, です, を待っ, を待った 2 であります, でした, はいい, は知れ切った, を今や, を習慣, 日は, 記

1 [74件] か, かと思う, かと思っ, かは判らない, が一番愉快, が十五円, が困難, が尤も, が普通, が見えた, だか, だったらその, だなと, だもの, だろうと, だわ, であり此爲替相場, であるから, であるが, であろう, ですか, ですって, ですよ, でも, なら早う, に従いやはり次第に, に恰好, に時間, はそれだけ, はたいてい, はだらし, はまだ, はよい, は分っ, は午前, は危, は大変, は岩, は彼らすべて, は敢, は疑, は矢, は自明, もブレーカブル・クラスト, よ, よ大した, をおぼえる, をささえよう, をしかし, をよい, を今, を停めた, を引き止め, を待ってる, を待つ, を感じた, を気, を無, を細い, を見かけました, を見た, を見る, を見送った, を覚えた, を覚える, 功未だ, 報あり, 定則と, 後は, 思いを, 慨を, 方へ, 止むなき, 歩を

▼ 下ること~ (87, 5.8%)

11 になった 5 にした 2 が出来る, に決め, はあるまい, も出来

1 [63件] かえって上る, ができた, ができました, ができる, が出来た, が分る, が愉快, が重要, た, であったに, となつ, とわたし, なくば, などがございました, など許す, なり, にいたします, にしたい, にしました, にする, になっ, になつ, になる, によって之, に同意, に就い, に極めて, に決意, に致します, のない, の楽易, はある, はなかっ, はなかつた, はもう, は一般人, は不可能, は出来る, は既に, は決して, は言う, は難事, までをもかぎ出し, もある, もしばしば, も人伝, も寒, も東沢, も知らず, わずか数十里, を主張, を好まなかった, を好まなかつた, を学ぶ, を強味, を得た, を得べし, を相, を祈る, を肯んぜず, を願った, 少許, 約三十町

▼ 下る~ (50, 3.3%)

6 したがって 2 しても, 逢ひぬ, 随って

1 [38件] あらざれば, あらずただ目捷, ある熊野座, いたらむことを, いたれるなり, おあつらえ, および, したが, その馳, ちがいない, モーターを, 一の, 一任し, 三階目で, 中, 付而行, 会い臨邑, 兄弟急難とのみ, 及びて, 呆れ立ち居ると, 家が, 従ひ, 從つてその, 從つて地狹し, 從つて次第に, 從つて詳密に, 極めて容易, 楽だ, 相違ない, 竹林の, 聖ピエトロの, 聞きしに, 見渡す限り皆薄, 車夫は, 速しかりに, 連れて, 遇い切り, 隨ひ

▼ 下るよう~ (38, 2.5%)

3 にし, になる 2 な心持, な気, になっ

1 [26件] でしたらそれ, ないかめし, なおだやか, な事, な様子, な気取り, な自分, な足どり, にした, にしなけれ, にしなさっ, にすらすら, にすれ, にと申された, にと祈念, になった, にわざと, に幹, に思った, に思われた, に撚った, に早く, に燒, に祈る, に走った, 見うけましたれば

▼ 下る~ (28, 1.9%)

1 [28件] が恐い, その像, とところ, なども鞍, なんぞはずいぶん, にその, にたしか, には今にも, には切明け, には屏風岩, にも叫び声一つ, に上神坂, に法然, に笈, に自責, に茣蓙, の特別, はほうふつ, は一人, は其岸邊, は半日, は川, は討たれる, ひとたび足, むかひめ依羅娘子, も同様, も重なりつらなる, 始めて嗅ぎ覚えた

▼ 下るもの~ (21, 1.4%)

2 では

1 [19件] か, か想像, が考えられる, だ, であった, である, であること, であろう, でござる, でよかっ, とが左右, と考えられる, と見えました, のうち注目, のよう, はよく, もあつ, もある, やら二

▼ 下る~ (20, 1.3%)

1 [20件] いい, ごとく進撃, ごとく運動, はやいか, よろしいと, 之に, 分けて, 却り, 右に, 大した下り方, 好い, 如き仕組, 如くきのう過ぎ, 如く我, 如く葡萄圃, 故に人, 数奇者の, 社寺の, 貴公此の, 足と

▼ 下るという~ (19, 1.3%)

7 ことは

1 [12件] ことに, のは, ような, よろこばしい知らせ, 事に, 仕組みに, 形に, 悲痛の, 日の, 日を, 犬神の, 眼目に

▼ 下る~ (18, 1.2%)

1 [18件] いづれはどうしやうもない身分, そうでなけれ, それとも綱渡り, だ, とくと思案, 二つに, 今日下る, 僕を, 如何かという, 川浦という, 左も, 己らア知んねえ, 明日下る, 松井田へ, 猿めを, 車で, 都合で, 顳

▼ 下るので~ (16, 1.1%)

5 あつた

1 [11件] それを, 下手と, 博士は, 家の, 幾筋にも, 甚しく, 白龍競ひ下る, 目籠が, 空寂たる, 膝が, 船脚は

▼ 下るやう~ (16, 1.1%)

2 なところ, な事, に祈 1 なその, な人徳, な仕事, な樣子, な気, にし, に感ぜられる, に早く, に曲馬場, に書き

▼ 下る~ (16, 1.1%)

2 見て

1 [14件] いとは, うべし, 一つ, 好まないと, 好まない傲岸不屈, 得ず引返して, 拜せ, 治し内服, 知るされど, 禁ずること能, 見き, 見るのみ, 見るは, 遲し

▼ 下る~ (16, 1.1%)

3 がある

1 [13件] から眺めた, があります, こそ上る, でこれ, です, で途中, のある, のほとり, はない, もあっ, もある, をたずね, を例

▼ 下るとき~ (14, 0.9%)

2 そのなか, には両 1 おい満洲, が来た, にこの, には振り, には旅費, の千鶴子, も思わず, 少し霧, 我がさし, 溜って

▼ 下る~ (14, 0.9%)

2 になりました

1 [12件] あるまじと, となり, にいたしましょう, になっ, に成れ, の出来ない, の出来る, も出来ん, をお, を覚えこみぬ, を願, 約一里

▼ 下るばかり~ (12, 0.8%)

2 である 1 だから, だぜ, だつた, でこいつホント, です, でなくどんなに, で何等, で口, で家賃, な真心

▼ 下る途中~ (11, 0.7%)

2 なの 1 からも十内, であるが, でご, でも, で今村善太夫ら, で雷雨, とうとう六兵衞, の通路, 猛雨

▼ 下るから~ (10, 0.7%)

2 駄目だ 1 いいって, ますます人, 人形の, 妙だ, 我が國, 生きて, 立つので, 面々においても

▼ 下るには~ (10, 0.7%)

1 きっと姫路, つかえそう, どう参ったら, 十一日くらい, 少し右, 峰伝いの, 易い, 春隆は, 桟橋も, 飛び込むの外

▼ 下る~ (10, 0.7%)

2 です 1 じゃ, だから, だってははははは, だ仕事, でしょう, ですか, ですかい, ですのよ

▼ 下るに従って~ (9, 0.6%)

1 予想の, 射し込む日光, 少しずつ, 崖の, 崖は, 段々と, 谷は, 重大な, 霧は

▼ 下るかと~ (8, 0.5%)

1 その相談, 噂され, 思うと, 思えば, 思ったところ, 思って, 思へば, 空頼みを

▼ 下る~ (8, 0.5%)

2 否や 1 ずかずかと, 其の勢, 手短に, 竹の, 雪を, 黄河揚子江の

▼ 下るかも~ (7, 0.5%)

2 知れない 1 しれぬと, 判らんから, 知れないが, 知れない景気, 知れんの

▼ 下るといふ~ (7, 0.5%)

1 ことが, ことは, のである, ものだ, やりかた, 却, 場面に

▼ 下るところ~ (7, 0.5%)

1 が聊か, で御座います, のない, は誠に, またかく, をわれわれ, を景色

▼ 下る~ (7, 0.5%)

1 あり一方, があっ, がありました, に出る, の右側, の如き, は母

▼ 下る~ (6, 0.4%)

1 さらに一層を, その人, つなげる手, 必定, 易く水, 難し然

▼ 下るまで~ (6, 0.4%)

1 ご同道, 一同は, 余り外出は, 各, 慎んで, 鞭打たれた

▼ 下る~ (6, 0.4%)

1 があったら立ち寄っ, なり私, の足音, は時に, は皆無, もこの

▼ 下る~ (6, 0.4%)

1 あり, いかなる苛責, があった, には鷹買, の數, 少なからぬ

▼ 下る~ (6, 0.4%)

1 がなけれ, のお, のよう, の絶え間, は早かっ, を認め

▼ 下る~ (6, 0.4%)

1 から眺め, の数, の準備, はどどど, も完全, よりも速い

▼ 下るとも~ (5, 0.3%)

2 なく下っ 1 さきに, なく下り, 必ず再会

▼ 下るまでの~ (5, 0.3%)

1 事情に, 十年間であった, 生活費が, 迅速さ加減は, 間は

▼ 下る予定~ (5, 0.3%)

2 であったが 1 でしたが, で午前七時, にし

▼ 下る官使~ (5, 0.3%)

5 の一行

▼ 下る~ (5, 0.3%)

1 では無い, なの, の道, はない, は雨

▼ 下る~ (5, 0.3%)

1 かどう, が崖, の側, の右側, もあり

▼ 下るごと~ (4, 0.3%)

1 に下界, に女神, に蕃国, に銀潭

▼ 下るその~ (4, 0.3%)

1 不安定な, 前日私は, 旅の, 溝や

▼ 下るため~ (4, 0.3%)

2 には不都合 1 にといふ, の場所

▼ 下るだけ~ (4, 0.3%)

1 だった, です, では, 下った

▼ 下るほど~ (4, 0.3%)

1 その労働者, 悪くなります, 沢山なっ, 途

▼ 下るほどの~ (4, 0.3%)

1 すばらしい模様, 人に, 人間には, 熟睡の

▼ 下る~ (4, 0.3%)

1 できないこと, 上るも, 出来んよう, 遅くは

▼ 下るより~ (4, 0.3%)

1 ほかない, ほかに, 外には, 迅に

▼ 下る一方~ (4, 0.3%)

1 だ, であった, である, は石

▼ 下る光景~ (4, 0.3%)

1 がありあり, である, は如何にも, は見事

▼ 下る~ (4, 0.3%)

1 から東, に一疋, に卜居, に寓居

▼ 下る~ (4, 0.3%)

2 髮の 1 に眺望, 髪の毛を

▼ 下る尾根~ (4, 0.3%)

1 に引込まれ, はなかなか, は急, は笹

▼ 下る~ (4, 0.3%)

2 な坂路 1 な坂, な広い

▼ 下る~ (4, 0.3%)

1 に先, はエズレル, まで木下君, を後

▼ 下る~ (4, 0.3%)

1 なそんな, な感じ致候, な物, に掛け

▼ 下る~ (4, 0.3%)

1 がたどたどしい, の美し, はみんな片足, は重

▼ 下る~ (4, 0.3%)

2 がした, がする

▼ 下る~ (4, 0.3%)

1 だった, までは寒中, より雨, 全く紅葉

▼ 下るそれ~ (3, 0.2%)

2 に縋っ 1 だによって

▼ 下るとともに~ (3, 0.2%)

1 それを, だんだんと, 彼らの

▼ 下るとは~ (3, 0.2%)

1 受け取れない, 恥さらし, 皆天罰と

▼ 下るなり~ (3, 0.2%)

1 して, 所詮自ら, 武石峠の

▼ 下るのみ~ (3, 0.2%)

2 なり 1 なり降りるのみ

▼ 下るほどに~ (3, 0.2%)

1 宵の, 尊げに, 風村雲を

▼ 下る必要~ (3, 0.2%)

1 がなくなった, はない, もない

▼ 下る~ (3, 0.2%)

1 がずっと, が安全, は案外

▼ 下る~ (3, 0.2%)

1 であるもちろん, を待ち侘び, を待つた

▼ 下る気持~ (3, 0.2%)

1 がする, だのに, になる

▼ 下る~ (3, 0.2%)

1 の声, の美味, は電流

▼ 下る熔巖~ (3, 0.2%)

1 の上, の色, はその

▼ 下る~ (3, 0.2%)

1 に交つて, の中, の如く

▼ 下るあたり~ (2, 0.1%)

1 とほ, にさる

▼ 下るくらい~ (2, 0.1%)

1 で丁寧, なら私

▼ 下ること四十分~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 下るこの~ (2, 0.1%)

1 列車は, 声この

▼ 下るだけで~ (2, 0.1%)

1 ござりまする, 上ること

▼ 下るつもり~ (2, 0.1%)

1 だったのに, でそうそう

▼ 下るといった~ (2, 0.1%)

1 ような, 有様で

▼ 下るとて~ (2, 0.1%)

1 ちょうどこの, 蟹に

▼ 下るとでも~ (2, 0.1%)

1 思うの, 申して

▼ 下ると共に~ (2, 0.1%)

1 他の, 吾等一等船客たるの

▼ 下るなど~ (2, 0.1%)

1 あなたこそ, これが

▼ 下るにつれて~ (2, 0.1%)

1 熊笹どもも, 石は

▼ 下るに従い~ (2, 0.1%)

1 一時代は, 恋の

▼ 下るのに~ (2, 0.1%)

1 太陽が, 誘はれなかつた彼女

▼ 下るはず~ (2, 0.1%)

1 だ, の首

▼ 下るわけ~ (2, 0.1%)

1 がなんだか, でも

▼ 下る以外~ (2, 0.1%)

1 には少し, に法

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 になった, は承知

▼ 下る土地~ (2, 0.1%)

1 であるが, なので

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 ないの, はない

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 なくし, の中

▼ 下る小径~ (2, 0.1%)

1 だったと, のある

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 だけに流れる, の面

▼ 下る平岡~ (2, 0.1%)

2 の影

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 上使との, 加勢ありた

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 から宝鏡先生, だけであり

▼ 下る心持~ (2, 0.1%)

1 がした, がせらるるで

▼ 下る思い~ (2, 0.1%)

1 がします, はどう

▼ 下る斜面~ (2, 0.1%)

1 が峻, には海藻

▼ 下る旅人~ (2, 0.1%)

1 が大江山, でござる

▼ 下る~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 下る次第~ (2, 0.1%)

1 で市内, には行かない

▼ 下る段々~ (2, 0.1%)

1 に腰, は間二丈

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 になれない, にはなれなかった

▼ 下る氷柱~ (2, 0.1%)

2 は二尺

▼ 下る流れ~ (2, 0.1%)

1 の喧しい, の水

▼ 下る~ (2, 0.1%)

2 とも川

▼ 下る白露~ (2, 0.1%)

2 に育まれた

▼ 下る目的~ (2, 0.1%)

1 なので, の逃亡

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 に上る, を見張った

▼ 下る蚊帳~ (2, 0.1%)

1 の外, を凌ぎ

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 は中ノ谷, へ入りました

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 に主人, の調子

▼ 下る重み~ (2, 0.1%)

1 で枝, は以前

▼ 下る長い~ (2, 0.1%)

1 サルオガセ濃い, 光った氷柱

▼ 下る~ (2, 0.1%)

1 をときつけ, を時々

▼1* [351件]

下るあいだからまるで, 下るあやなき春の, 下るあらゆる面と, 下るあるじの運平不惑, 下るあれである, 下るうえは断じて, 下るうしの刻, 下るうち一日二日三日とビスケット, 下る君の, 下るかっていうこと, 下るかによって郵税として, 下るかの岐路に, 下るからといろいろ苦心, 下るからとて莫大の, 下るかわりに五色ヶ原, 下ること一代となる, 下ること一時間でミズナラ, 下ること一町ばかり左, 下ること一等だからと, 下ること一等公侯大臣も伏し, 下ること一里とある, 下ること三四町にし, 下ること久ふして, 下ること九里ばかりの園部, 下ること二三十丈ようように, 下ること二三十歩にし, 下ること二三町一段と大きな, 下ること二三級なる窪みに, 下ること二十五分にし, 下ること二里余り紺碧の水, 下ること二里福地温泉があつ, 下ること十三哩にし, 下ること十五六分で水, 下ること十五分で越後沢山, 下ること十余丁山と前景, 下ること十分で最低, 下ること十里また一つ, 下ること少時にし, 下ること数町大雪渓, 下ること数等のもの, 下ること数里にし, 下ること緻密で熱, 下るころには大阪, 下るまいと, 下るさまなど画, 下るさま血の創, 下る深くお, 下るすさまじい風景に, 下るその間を鳥, 下るぞよ恐ろしい危険, 下るただひとつの勲章, 下るため吸収される分量, 下るだんだん畑を, 下るって云う事, 下るついでに純, 下るつまり目的を, 下るというか或は祈る, 下るとか心配ば, 下るときわれフエデリゴに名, 下るとき手を取っ, 下るとき撫院を迎, 下るところ赭岩壁立して, 下るとしても滝の, 下るどころでは, 下るなかなかはかどらず, 下るながい坂に, 下るなだらかな牧場, 下るなどと古風の, 下るなまけものあるは貧しく, 下るなんて信じられないや, 下るにあたりてその紐, 下るについて萱野三平も, 下るにゃどう出たら, 下るの悲壮な場面, 下るの様はこの, 下るばかりになって, 下るふたすじの, 下るふりをし, 下るまあまあ兄貴に, 下るまでぐらいはどうにか持ちこたえられる, 下るまでは天災を, 下るよう風邪をお, 下るよと鷹匠に, 下るよりも上るほう, 下る下るわ, 下るアルヴ河の音, 下るグリセードは誰, 下るズッてズッ, 下るテンと面白笑止しき道楽三昧, 下るモメントとなった, 下る一ツの小舟, 下る一刻に始まつ, 下る一本の大きな, 下る一町ばかりの所, 下る一種の寛衣, 下る一路のほか, 下る三人の者, 下る三十棒を観念, 下る三合四合皆天には霧, 下る三年魚迄の小型, 下るに遺産, 下る上高地への分岐点, 下るつてまた, 下る九十九折のピンヘッド曲路, 下る了簡で胡座, 下る事七八度目にし, 下る事二里にし, 下る事二里あまり一つの川, 下る事十哩にし, 下る事実なの, 下る二つ三つ續けざま, 下る二人を援, 下る二年前に栄次郎, 下る二本半の熔岩, 下る二條の大瀑, 下る呉人園囿中および, 下る今にも底を, 下る仕切との間, 下る仕掛けである, 下る低温室が出来た, 下るの尾根, 下る傾向あり, 下る八九丁で南穂高, 下る八町ならでは, 下る処悲めば則, 下る処曹洞派禅院宗仙寺へ御, 下るには何, 下る前日の元禄十五年十月十六日, 下る劇的光景を現出, 下る勝田検事に裁判長, 下る勢いもって, 下る北海道のお, 下る十八九の娘, 下る十年前から擧國一致, 下る十餘町山腹ゆすり落つる大瀧, 下る危惧の堪難, 下る厚い髪の毛を, 下る各種各様のとりまき, 下る同じ水かと, 下るを仲, 下る命令が下った, 下る地域全部がさうな, 下る坂道でちょうど, 下る執着の乏し, 下る堀割の水, 下る場合が予想, 下る夜舟の火, 下る夜船の櫓音, 下る大きな尾根の, 下るの何本, 下る好人物としての入道, 下る如くにて譬, 下る姿が見えた, 下るの態度, 下る子供の重み, 下る宮本武蔵が便乗, 下るの内, 下る宿屋でもない, 下る小川は澄明, 下る少し雪渓を, 下る少女は月さやか, 下る山の端に瞳, 下るの路, 下る巖角に裾, 下る川船の艪, 下る幅員頗る大, 下る幾人かの樵夫, 下るの道, 下る度ごとに講釈, 下るには潔よから, 下る後態の湖, 下る心臟の血, 下る急峻にし, 下る想像に絶, 下る意味なり, 下る感じになり, 下る懲治としての苦難, 下るにも同じ, 下る拍子に後, 下る挨拶であった, 下る掘割がある, 下るである, 下るに遲, 下る散歩道は日曜, 下る方向へは顔, 下る方法がない, 下るの途中, 下る旅客を学ぶ, 下る旅道づれになった, 下る勢力が, 下る早川の水勢, 下る明智の軍勢, 下る明瞭な重み, 下る昔風の旅姿, 下るは又, 下る時あんたはんもし, 下る時われ戰鬪に加, 下る時アカイアの衆みな之, 下る時オゾーンの發生, 下る時七里の渡し, 下る時両側の家, 下る時億年の栄華, 下る時分には銀さん, 下る時多くの男, 下る時天領との間, 下る時彼は一, 下る時村の屋根, 下る時柏を轎, 下る時自分が乾鮭, 下る時裏宿七兵衛はまた, 下る時間まで少し, 下る暗愚な仲間, 下る林道もある, 下ると枝, 下る枝ぶりを眺め, 下る枯葦の濁り江, 下る染物悉皆商近江屋宗兵衛, 下るになり, 下る森林道にてなかなか, 下るの枯枝, 下るみは, 下るなお, 下る機関車は更に, 下るより寺, 下る此方も油断, 下るを降りはじめた, 下るに二七四度, 下るの渦紋, 下る決心なん, 下る決意をし, 下る汽船は更, 下るの水, 下るの中, 下る洞窟の中, 下るの呼吸, 下るを渡る, 下るとなった, 下る淀船の名, 下る湾頭きはまるところ, 下る潺閑たる流も山端, 下る瀑布の水, 下る災禍は果して, 下るである, 下る熱質の一部, 下るに成る, 下る爽快さを味, 下るのよう, 下るなど外, 下る猟士ですら, 下る猪牙船影淡く水, 下る理由如何の問題, 下るが萎んだ, 下る用意もあらかた, 下る町銭屋総四郎, 下る痣蟹の黒い, 下る登山者などがあろう, 下る白帆の頂, 下る白雪をオーヴァ, 下る百帆の兵船, 下る皇子がすべて源氏, 下るをとじ, 下る矢代の足首, 下る石ころ坂の急, 下る神楽師だと, 下る私共の船, 下る私達を送り迎え, 下る新しい部分, 下る兒の, 下る積りの私たち, 下るです, 下る筏舟の中, 下るの竹, 下る範囲内を示す, 下る粘りをもった, 下る純真があつ, 下るの縁, 下る細引に釣るされ, 下る細谷川の私語, 下るの河, 下るが付け, 下る習いではあった, 下る者水雷室に行く, 下る聖徒の光, 下るづけの, 下るの曲線, 下る自分を予想, 下る船中富士迎へ筑波, 下る花入れや立っ, 下る芸者はどうやら, 下る若い男の, 下る若草は本間, 下る苦難である, 下る萬七に案内, 下る葡萄を見上れ, 下る蔓葉の盛り, 下る藩主が封土, 下る藪垣をむこう, 下るに見ゆる, 下るを上衣, 下る西人此種の所作, 下る西側に住ん, 下る西国大名の行列, 下る計画であったが, 下るりだ, 下るだ五千疋, 下る負担を感じ, 下る足かけ十年前後鳥羽院は十二歳, 下る足元から既に, 下る踏板の上, 下るであるが, 下る車窓から旅客, 下る軍勢が催された, 下るの処, 下るあれに, 下る途すがらふさぎの, 下る途上その弟子魚, 下る途中エホーと声, 下る途中二三の登山者, 下る途中伊賀の上野, 下る途中四高の連中, 下る途中水を得, 下る途中私はちょっと, 下る途中骨逞しい船頭, 下る運命にしかなかっ, 下る道中に於, 下る道理でご, 下る道程ほどは歩けよう, 下る道筋が容易, 下る重い金属製の, 下る鐘ヶ淵の広い, 下るにくくられ, 下る間断のない, 下る階段がある, 下る際右のよう, 下る際曲り目の所, 下る際源次郎は仁王立ち, 下る雑兵四五人を引きずる, 下るの中, 下るを添, 下る雪片があまりに, 下る電車の奔, 下る大將, 下るではない, 下る駕籠を担い, 下る騒ぎです, 下る髪の毛を撫付け, 下るを頭, 下るの尖端, 下るの毛, 下るは飛び, 下るを突く