青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「両親~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

両人~ ~両側 両側~ 両国~ ~両手 両手~ ~両方 両方~ 両者~ ~両親
両親~
並~ ~並べ 並べ~ ~並ん 並ん~ 並木~ ~中 中~ 中国~ ~中央

「両親~」 2871, 31ppm, 3764位

▼ 両親~ (705, 24.6%)

10 ために 8 顔を 7 ことを, 顔も 6 もとに, もとへ, 家に, 家を 5 家へ, 所へ 4 ところへ, ように, 事を, 前に, 意に, 許に, 間に

3 [13件] そばに, ところで, 住んで, 処へ, 前へ, 心を, 手から, 手前も, 生活は, 許しを, 許へ, 許を, 許可を

2 [45件] あとを, ありがたい心, あること, いなかったため, いる家, お悲しみ, お蔭で, ことなどを, ことは, ためには, ないこと, 仇を, 位牌を, 冥福を, 前で, 喜びは, 嘘の, 墓に, 声が, 外に, 室の, 家から, 寝室で, 寝物語から, 心に, 心も, 心配は, 意でなく, 意志や, 愛を, 憤りを, 手前は, 揃って, 方で, 機嫌を, 歓心を, 王様と, 罪を, 耳に, 膝の, 苦痛は, 言ふ, 言伝を, 頭を, 顔や

1 [482件] あきらめ方, あたたかい愛情, あったころ, あるか, ある事, ある短, ある者, ある間, いうこと, いずれにも, いた家, いないペレール, いなくなりましてからは, いらっしゃるの, うしろから, うちの, うちへ, うち父だけに, うち片親が, おいでに, おかげで, おかげである, お世話に, お世話を, お心, お心持, お心根, お恥, お望み, お考え, お耳, お覚え, お許しが, お許諾, ことじゃ, ことでした, ことなんか, ことに, ことについては, ことばかり, ことばを, ことも, こと兄弟の, ご心中, さとしを, して, すがた, すむ城下町, すゝめる, せめてその, そのほか, その計画, そばを, それとが, そんな気持, ただ一つ, ため, ためか, ためな, ため同胞の, ため国家の, つごうばかり, とこへ, ところには, ところへは, としとってからの, どちらかが, どちらかに, どちらに, どちらにも, ないと, ない三十歳以内, ない事, ない娘, ない子, ない後, ない私, ない許宣, ない身の上, なきあと酒, ひざにも, びっくりする, ほうが, ほうは, ほかには, まるでちがった, まわりを, もとで, もとを, もの, ものなる, ものの, ものわかり, ような, よろこびとびたつばかり, ゐる前, アパルトマンを, エンゲージ, ソブリだけでも, テーブルの, ヒッそりと, ベッドの, 一人だけは, 一人息子で, 一方が, 一方を, 一番気に入っ, 上に, 不安は, 不幸が, 不心得から, 不断の, 不正それから, 世話に, 世話は, 世話を, 中でも, 中の, 乙束区長夫婦は, 争ひ, 事なぞは, 事ばかり, 事や, 云いつけ, 云い分, 云ったこと, 亡いあ, 交る, 仇, 仇が, 仇とは, 仇妹の, 仇敵を, 代には, 伝である, 位牌にも, 低脳ぶり, 体臭の, 何れに, 供養も, 保護で, 借金を, 偏見とが, 健在した, 側へ, 側を, 傍で, 元気な, 全盛時代に, 全財産, 冷淡と, 処置の, 出生地であった, 前では, 前には, 前神仏の, 勘当とで, 勢力を, 勧むるまゝに前科ある, 勧めに, 半左エ門様, 厳格な, 友人などが, 反対する, 反対には, 反対を, 反省を, 叔父叔母達へも, 古い位牌, 叱責まで, 名は, 名や, 名を, 名前は, 名前も, 名前や, 名前を, 君へ, 吩付けを, 吩付で, 味を, 命で, 和洋趣味の, 和解が, 喜びようと, 喜び一方, 嘆きも, 四人であった, 困難が, 国王と, 墓は, 墓へ, 墓石を, 墳は, 夢枕に, 大きな期待, 大多数, 大自慢, 夫婦喧嘩が, 夫婦生活を, 失望隣組の, 好意に, 好物である, 妹の, 姿が, 姿とか, 威光と, 娘である, 子供が, 子供たちが, 子供たちを, 学界に対する, 実子でない, 室との, 室へ, 家が, 家でも, 家など, 家の, 家へと, 家へは, 家まで, 家より, 家庭から, 家族であり, 家系の, 家計が, 容貌の, 富の, 寝て, 寝室が, 寝室であった, 寝室の, 寝室へ, 寝室へは, 寝床の, 寝話, 寵を, 寵児だった, 寵愛も, 寿命を, 小供, 小屋へ, 小言も, 居間の, 希望に, 希望によって, 希望を, 希望通り医者にな, 幸福は, 形見な, 後を, 御代から, 御姿, 御無念, 御秘蔵っ子, 御職業, 御遺産, 御配慮, 心と, 心にも, 心の, 心は, 心や, 心地は, 心底にも, 心持の, 心理生活を, 心遣いで, 心遣いを, 心配を, 志を, 忿怒の, 思い出, 恥ずかしさ, 恥に, 恨みは, 恨みを, 恩を, 恩愛の, 恩愛を, 悪意なき, 悲しみ妹の, 悲哀を, 悲歎は, 悲痛, 意向を, 意志のみ, 意志をも, 意見に, 意見を, 愛と, 愛に, 愛の, 愛嬢である, 愛情の, 愛撫を, 感受性を, 慈愛が, 慈愛その, 慈愛の, 慈愛も, 態度を, 憤り啓介, 憤怒を, 手で, 手に, 手前どうも, 手前近所の, 手助けを, 持って, 撰択した, 教育は, 敵を, 断末魔の, 方が, 方を, 旅行の, 時代遅れを, 晩年に, 望に, 望みを, 期待された, 本人たちの, 機嫌よ, 機嫌見る見る, 次に私, 歎き, 死に, 死んだ時, 死後何かに, 死後彼女の, 死後現れる, 歿つたのも, 殺されたこと, 気に入らずそのまま, 気持とか, 気持の, 気風だ, 治療効を, 注意, 流した血, 消息が, 消息を, 深い心がかり, 漫遊に, 無い人, 無い許宣, 無知に, 無考えな, 王さまお, 玩具であり, 理由ない, 生れた土地, 生れた所, 生れ故郷に, 生年月日までも, 生活, 生活を, 留守を, 病気を, 百姓夫婦に, 目から, 目には, 相談なぞ, 真の, 眠って, 眠りを, 眼から, 眼に, 知ったこと, 石塔などについて, 石碑の, 社会的な, 私たちにも, 私生活その, 秘蔵ッ子には, 移民第, 立ち会わない小さな, 立腹大きな, 第四子, 精神さえ, 純粋な, 紳士を, 経済状態は, 罪です, 罪悪であり, 罰が, 美点や, 羽交いの, 老い先を, 老夫婦, 老後を, 考えで, 考えや, 考の, 耳には, 肖像に, 肖像画が, 胸を, 脚の, 膝下で, 膝下に, 膝下を, 膝元に, 自慢の, 苗字は, 苦しめられると, 苦心も, 苦悶の, 苦慮を, 菩提の, 蔵元屋の, 薬代に, 血を, 行方と, 行方を, 見出して, 見計らいにて, 親筆に, 角蔵や, 言いつけで, 言うこと, 言では, 言葉に, 言葉を, 記憶は, 許しが, 許諾を, 註文という, 話して, 話を, 語る言葉, 諫止をも, 諾否が, 譲歩は, 譴責が, 讐仇を, 讐年頃, 讐敵を, 財産を, 貧困が, 貧困と, 責任軽から, 賜物であった, 足元に, 跡を, 身うちに, 身体に, 身体の, 身持の, 辞儀を, 達者な, 選んだお, 邸を, 部屋に, 部屋の, 部屋は, 都合ばかり, 重苦しいときどきごろごろ, 金を, 銀婚式の, 間では, 間には, 離婚と, 霊を, 非業な, 面前で, 面前に, 面影などを, 頼みが, 顔が, 顔に, 顔の, 顔まで, 顔をさえ, 顔色の, 顔色や, 願いだった, 食いものとして, 驚きと, 齢は

▼ 両親~ (428, 14.9%)

6 娘の 4 あるの, それを, 死んで, 私を, 顔を 3 子供の, 少しも, 眠って, 私が, 私に, 私の, 非常に, 驚いて

2 [15件] ずっと前, そのこと, ないの, ないん, ひどく心配, 何とお, 医者の, 彼を, 彼女を, 心配し, 早く亡くなっ, 自分たちの, 要次郎, 赤新聞の, 酒飲みでも

1 [348件] ああ見え, あかの, あせった, あなたを, あまりに身分, あまり内気, あり弟, いいました, いきなり青眼先生, いくら上京, いずれも, いつに, いつ頃, いづれも, いとま, いないし, いろいろごちそう, えらい苦労, おことわりいたしました, おじいさんの, おっつけ知れるであろう, おむこう, おもにこの, お前の, お絹さん, お達者, かえって安心, かえって幸, がっかりし, きっとお, きっと差止める, きつい仏教信者, きみにとっては, けっして相手, ことしの, この寺, この時, この様子, この老人, この頼もしい, これまで, これを, こんな事, ございません, ご承知, しばしば妹, しばらく昼寝, すぐぐっすり眠ります, すでに死ん, そこでその, そこへ, そのため, その不遇, その娘, その定まった, その心情, その故, その日, その本質, その迷信, その頃, それと, それ故, たいそう心配, ただお, つまらなそう, とうになくなっ, とうに没, とっくになくなっ, とっくの, ともかくも, ともに正, ともに殉教者, どういう態度, どうした, どうしても彼, どうだす, どう考えるだろう, どこか, どこに, どこまでの, どちらも, どんなに家, ないか, なくなりました, なく一人, なく二つ違い, なく伯父, なく文学士, なく盲目, なし妹, なるべきもの, はじめ躊躇した, はやくに, ひどく喜んだ, びっくりし, ほとんど一年じゅう北部イタリー, また亡き, まだぴんぴんし, まだ何, まだ健全, まだ四十前, まだ御, まアない, みすみす私, もうこの, もうなく, もうルイス, もう三個月, もう亡い, もう十年前, もう居らん, もう年頃, もう手, もとよりその他, もとより望ん, もとより誰, やがてこの, ようやく青年, わが子に, わが子を, わたくし共を, わたしが, ゐさ, ゐぬ家, イワンに, シベリアの, スエ子を, トテモ貧乏で, 一時に, 一生懸命だ, 一般に, 七年ほど, 不在で, 世間知らずの, 両親で, 二十年あまり前に, 二階の, 云うに, 亜米利加に, 亡くなり番頭, 交, 人に, 今までの, 今年が, 今後わが子の, 今遠い, 仔細を, 仕方なし, 仲, 伊賀国柳生の, 何であった, 何故に, 何者か, 余り高田家, 例の, 侍女に, 俺の, 兄弟を, 兎も, 全然別, 八九郎を, 共に伊太利人, 其語れる, 初め彼の, 判らないの, 力強い愛, 勘当を, 勿論の, 勿論親戚, 勿論賛成, 北村君を, 北海道に, 医師を, 十分苦しん, 十年前地震で, 却ってこの, 去年つづい, 又もや一人小供, 取りあえず品川, 可なり気乗り, 可愛い政子さん, 可愛い末, 名実ともに, 君の, 否定されない, 嘸御, 土佐の, 在世であった, 外人相手の, 多計代, 夜も, 夜逃げ同然に, 大に, 大へん, 大事な, 大声を, 大抵揃っ, 大自慢, 天主の, 失礼ながら, 女の, 妹を, 娘さえ, 娘を, 娘一人ふえた, 婚礼の, 婚礼を, 子を, 子供と, 学生生活は, 安心する, 安心致し, 家の, 容易く承知, 富裕な, 寛永の, 寝に, 小石川水道端の, 尾の, 居心地わるい, 居間で, 山形の, 左団扇の, 左程には, 己が, 師より, 帯刀御免の, 幣の, 年老いて, 幸いと, 幾度と, 弟に対して, 弟を, 彼が, 彼についての, 彼の, 彼等の, 御仲人様, 御健在, 御承知, 御満足, 心の, 心配し出した, 心配に, 忽ち元気, 思って, 怠らず私, 悲しくばかり, 悲嘆に, 我が児, 戦後相つい, 手紙を, 承知しません, 掌中の, 揃って, 揃つて居る, 揉手を, 支配人と, 故郷に, 旅店へ, 旗男たちの, 日本人です, 早く死し, 早く歿, 昨日手紙を, 晴らして, 朝夙くから, 期せずし, 末怖しく, 村境の, 東京を, 果て郷里, 死んだあと, 毎日或いは, 気が, 永年の, 泣いて, 津田の, 活きて, 派手好, 涙を, 災難だ, 無理やりに, 無論賛成, 父の, 独息子を, 生涯本棚らしい, 用が, 町を, 白髪小僧に, 益々驚き周章てまし, 相次いで, 真に素晴らしい, 私たちを, 稼人が, 空襲に, 紀州の, 紀州生れで, 結婚式は, 老人に, 老体なり, 考えたの, 聞く事毎, 職人の, 肝を, 自分にとって, 自宅で, 蔭で, 行くえ, 行く行くその, 見返りて, 見違えるよう, 親と, 親切と, 親切な, 言葉を, 許さなかった, 話して, 誰に, 誰も, 諏訪湖の, 貴族では, 赤本漫画の, 足の, 身体上の, 軽くて, 逗子とか, 達者です, 郷里の, 金光教の, 長い間散々種々, 長く置きたい, 長男の, 青眼先生が, 非業の, 革命の, 須美子が, 頗る喜ん, 頗る平気, 頼もしいもの, 頼もしがりぬ, 顧秀才の, 食事し, 飽くまで自分, 養育費の, 駆けつけて, 驚いた

▼ 両親~ (310, 10.8%)

6 連れられて 5 して, 向って, 死に別れて 3 つれられて, 似て, 苦労を

2 [24件] あいさつを, この事, ともなわれて, なついて, 代って, 別れその, 別れて, 報じやらざりし事, 孝行を, 御身懐胎の, 心配を, 愛されて, 早く死に別れ, 死別し, 死別れ, 申出た, 相談いたします, 相談した, 知れて, 秘して, 育てられて, 許して, 謀らんと, 送金を

1 [232件] あいさつし, いらぬ大変, おめ, お会いかえ, お会いなさるでしょう, お眼, お見せできる, お見舞, さんざん心配, しかられる覚悟, しても, すっかり打, すまないって, せがんだ, そう云った, そだてられた, そちらに, そっと話し, そのこと, その事情, その子, その維持扶養能力, たずねた, たのまれましたので, つたえて, つづいて, つれられ当時映画劇場, とくと話し, とりすがられまるで, どやされるという, なくなられた子, なって, なつかれないって, まかされる時, まかすこと, まず有力, めぐりあえたの, よっく相談, わかれいま, わけを, わたしが, 一応東京, 不平や, 与えられた期待, 乞うて, 云い聞かせられて, 云えば, 云った, 亡くなられると, 今日只今まで, 今更子供, 仕えて, 仕えるの, 代つて弟, 会いたい事, 会いに, 会うと, 伴なわれ, 伴われたおし, 伴われて, 伴われ侍女, 似ざれば, 何を, 供へて, 依頼の, 促が, 内証で, 出くわした, 出させて, 出迎, 分れて, 別れお, 別れた, 別れたし, 別れたよう, 別れた小原, 別れてから, 別れを, 別れ妻, 到るまでの, 到る迄の, 劣らずよそよそしい, 反省を, 叮嚀な, 可愛がられて, 合わせる顔, 向かいて, 向かって, 向つて悔み, 含ませるだけの, 吹聴し, 告げない積り, 告げようかとも, 告白し, 圧制せられ, 在った, 堅い拒絶, 声を, 売り飛ばされて, 失望させ, 奏任の, 委ねら, 嬰児の, 安心させ, 宛てたの, 宛てた形, 密告しよう, 少しも, 引き合わせた, 引き渡すと, 彼らが, 彼人の, 従いて, 従つて百姓を, 御分れなさっ, 御挨拶, 御馳走を, 心配させる, 怒鳴りつけられた, 悲しみを, 愛育を, 憎まれた話, 懺悔せん, 手を, 手紙を, 打ち出して, 打ち明けかつ, 打明けまして, 捨てられた, 接近させ, 提出する, 教育され, 新しい勤め先, 於ても, 早く別れ, 早く別れた, 早く死なれ, 案内され, 楯つく, 歎を, 死なれた, 死なれたの, 死なれたので, 死なれたら悲しい, 死なれた時, 死なれるという, 死に, 死にわかれてから, 死に別れたお前, 死に別れたら尼, 死に別れた姪, 死に別れてから, 死に別れました, 死に別れまして, 死に別れ他, 死別した, 残されて, 気を, 気苦労させた, 涙の, 為替を, 無断で, 特になつく, 甘えながら, 申訳が, 異議が, 疎まれ他人, 病気危篤の, 相すみません, 相談する, 知らした, 知らし兄, 知られること, 知られると, 知れたよりは, 確答を, 秘密と, 立会って, 紹介する, 絶えず圧迫, 縄を, 聊かも, 育てられる幸福, 薄縁である, 袂を, 見えんとて, 見せませんでした, 見せること, 見ぬかれて, 言いつけたり, 言い聞かせられたお, 託してから, 訣れて, 許されて, 訴へ, 話されましたらさすが, 話して, 話しました, 話すと, 誓いしこと, 誓ひし, 説いて, 読んで, 請願と, 諒解され, 諭した親切至, 譲って, 譴責せられ, 貴嬢, 近づける様, 逝れ, 逢いたいもの, 逢ったの, 連れられた十歳, 連れられた十歳位, 遠ざかって, 遠ざかるは, 遺棄される, 附いて, 隠し通せること, 隠すよう, 非常に, 頼むと, 頼むといふ, 頼んだ, 頼んだか, 頼んで, 顔が, 顔向は, 願いできるだけ, 願って, 食事を

▼ 両親~ (299, 10.4%)

4 揃って, 生きて

2 [13件] ある, あるか, お亡くなり, これを, なかった, ジェネ, 初めは, 心配し, 早くお, 早く亡くなった, 暮して, 殺されて, 私の

1 [265件] あきれたばかり, あそこに, あったが, あって, あっても, あつたり, あとあとの, あなた一人を, あの昔気質, あらゆる困難, ありとあらゆる拷問, ありながら, ありません, あるから, あるに, あるゆえ, あるん, ある弟, ある時, ある祖国, あんなこと, いた, いたわけ, いないと, いよいよ出, いるの, うまく取入っ, おありでした, おたま, おらぬと, お年を, お揃, お揃い, この成行, この曲馬団, こんなこと, こんな所, ございます, しかるべく処置, ぜひ逢いたい, その娘, その子, その子供, その結婚, それに, それは, それを, そろって, たまたま横浜, ついて, できること, です娘, とても添わせ, どうあっ, どういう意志, どうして子供, どれほどお, どんな方, どんな暮し, どんな考え, ないから, ないこと, ないという, ない筈, なかつた, なきゃならん, なくその, なくたった, なくだから, なくって, なくつて婆, なくて, なくても, なくなったので, なく一人ぽっち, なく惣領, なく昼, なく親戚, なけりゃなら, なければ, なんと言, のちに, はいって, まだ達者, もうすこしわたしたち, もしお, もしこれ, もし見る, もはや養う, やかましく申しました, やっとの, ゆるして, よくくさされ, よく知っ, より少ない, わからないから, わずかの, わたしを, わたし達の, テーブルに, パリを, ピン, 一人子の, 一週も, 不同意, 不在に, 不安を, 不慮の, 世話を, 世間へは, 両親だ, 並んで, 二人の, 二人祖父母が, 亡くなって, 亡くなりますと, 亡くなり海石, 亡なっ, 今まで, 会いに, 伯父さんについて, 何か, 何と云うであろう, 何も, 余に, 借金を, 児童に対するの, 入って, 内職に, 出かけて, 出て, 卓子に, 厳重な, 反対した, 反対だ, 口を, 向うに, 否応なく, 外国人に, 多くの, 夜の目も, 大事だっ, 大変な, 大騒ぎを, 娘の, 子が, 子供の, 子供を, 宗家と共に, 定め手続, 寝泊まりする, 山に, 常に傍, 常磐津が, 年を, 年老いてから, 引き取りに, 当世風の, 彼に, 彼の, 彼らの, 待って, 待つて, 御在り, 御帰京, 御着き遊ばしたら, 心配した, 快く諾, 恋しくなる, 悪いちゅうもんじゃけ, 意地悪い, 憐れに, 手を, 手際よく, 承知し, 承知を, 承認した, 持って, 指図で, 新しい物好き, 旅行した, 旧くから, 早く亡くなっ, 早く亡くなり, 昔安政の, 昔気質の, 昭和初年の, 最もつよく, 有って, 未だに時々困らされ, 未だ実際は, 来て, 来ると, 来るという, 案じて, 案じますから, 極度に, 極度の, 欠かさず道頓堀, 次々に, 次ぎつぎ, 歩き廻ったり, 死なずに, 死ぬと, 死んだ, 死んだ後, 殺されたとは, 殺されまた, 気を, 泣きながら, 深川西六間堀に, 滞在し, 無いじゃ, 無いとは, 無くなったので, 猪飼野で, 玄関まで, 現れました, 理を, 申しまするには, 男の子は, 町の, 町へ, 異見を, 病気で, 直ぐ御, 相互に, 相前後, 相果て, 相続いで, 眠って, 着きましたらば, 知れれば, 神仏に, 私に, 立って, 純粋の, 結婚し, 結婚した, 結婚に, 膝づめで詮議する, 自分と, 自分に対する, 自分の, 自分を, 若い時, 莫大の, 蔵の, 親方さんに, 許せば, 訴へ, 話を, 貧乏です, 過大の, 選んだ娘, 選んで, 郷里から, 附き添うて, 非凡な, 非常に, 預ると, 額ずき, 飛び起きて, 飛んだこと, 黙って

▼ 両親~ (234, 8.2%)

7 失って 5 殺した犯人 4 持って 3 愛して, 捨てて 2 この世から, 国元から, 失くなされたせい, 憎んだ, 扶養する, 相手に, 知らない, 見て, 説いて

1 [194件] いたわって, いたわります, うしないました, お持ち, かかえた私, かまって, こんなびんぼう, さがしに, さがし出しては, して, じっと眺め, その家, その財政的破綻, それぞれ特別な, そんな風, たずねに, たずねると, たばかってや, だまして, どんなにか, なくしたという, なくした姪, なくした子供, なくした孤児, なくした孤児同様, なくした彼女, なくして, はじめ一家の, はじめ一門の, はじめ子供の, はじめ家族たちを, はじめ家族の, はじめ皆さんから, はじめ貴, はやく失っ, もった彼女, もって, もつたつ, もと通り祖父母とのみ, テーブルの, 一時に, 一生懸命いたわっ, 中心と, 丸めこみ出来たこと, 亡い, 亡くしたの, 亡くしたので, 亡くした不幸, 亡くして, 亡くしてから, 亡くしてからという, 伴いて, 使いまわして, 僕は, 兼ねたよう, 兼ねる気もち, 初め皆いよいよ, 初め皆の, 初め見世の, 助くるため, 助けて, 却って驚かした, 叫び求めては, 呼びよせろと, 呼んで, 喜ばせるため, 喪いこの, 喪いまして, 喪いましてから, 喪い叔父, 喪うと, 喪った彼女, 喪ってから, 困らせました, 困らせる息子, 圧倒し掛け, 失い家, 失い浮浪児, 失い自分, 失い遠い, 失くし, 失った, 失ったため, 失ったの, 失った孤児, 失った後, 失ってから, 失ってからという, 失ひひいては, 始めとして, 始め多く, 始親, 存じて, 安堵せしめる, 安心させよう, 寺参りさせおき, 弁護する, 待合した, 得て, 心配させる, 思いまして, 思うであろう国, 思うもの, 恋うる, 恐れて, 恨むの, 愛した, 愛し彼ら, 愛すべきでしょうか, 愛せぬから, 押へ, 持たない程, 持ちそして, 持つ私, 探し出すこと, 救いたさの, 散々泣かせた, 敬愛し, 早く失っ, 早く失ひ, 早く歿, 晩餐に, 東京へ, 楽々養う, 欣ば, 欺いた, 欺いて, 欺き妹, 歿くし, 残して, 殺させたその, 殺して, 永久に, 没くし, 泣かせて, 滅ぼすまでは, 焼き尽せり, 焼くと, 爺婆とのみ, 狙って, 生んだ懐しい, 疑わなければ, 知って, 知つてゐる, 知らずただ, 知らない私, 知りませんでした, 知る者, 突っぱねねば, 納得させ, 納得させた, 紹介し, 置いて, 自分の, 苛め殺したの, 苦しましめ朋友, 苦しめ始めた時, 苦境に, 葬った, 見くらべると, 見つけだして, 見つけよう, 見つけるまでに, 見廻しながら, 見舞かたがた新一郎は, 見舞ひ, 見送っての, 見送りに, 親しくそば, 討ち亡ぼした敵, 討ったもの, 訪い次いで, 訪れ老い, 誘って, 説きすすめて, 説き伏せた, 説き伏せて, 説き伏せるの, 識らない, 軽蔑しかねた, 軽蔑しき, 迎えに, 追求する, 連れて, 遊ばせて, 隣人として, 離れ飛び立つ思ひなりその, 非難した, 頼りに, 養い唖, 養うこと, 養う義務, 養って, 驚かした

▼ 両親~ (178, 6.2%)

7 兄弟も 5 それを 4 なければ 3 何も, 兄も, 私の 2 よろこんで, 不思議に, 健康で, 許して

1 [145件] あたしの, あまり少年, ある兄弟, あれに, あれば, いじめられて, いずれ改めて御返事, いっしょうけんめいで看病, いまの, いる, おなじ日, おれば, お丈夫, お前の, お家柄, お帰り, きょうだいも, けっしてこんな, こんな事, さぞお, さぞ悦びましょう, さだめしお, さまざまな, しまいには, ずいぶん達者, そう思っ, そこに, そしてまた彼, そのうちきっと探し, そのおつもり, それに, そろって, そろつて, たいそう心配, たって, つれづれには, とうとう思案, ない妻室, なき孤児, なく友だち, なく只一人斯, なく妻, なく誰, ひとつの, ひどく喜んだ, ひどく心配, ほっと一安心, まだそろっ, まだ達者, もうかれこれ言う, もうこの世, もう健次郎, もう新, もはや今, わが父君, わたしの, ゐないし, イギリス人である, ピンピン健康, モー一両日中に, 一度は, 両親です, 両親の, 丹波屋の, 亡く, 亦引っこみ勝ち, 体を, 倦み果てて, 兄妹も, 兄達も, 其は, 内々相当の, 別れなくて, 厳格である, 友人も, 叫んで, 可哀, 可愛がっ, 叱りやう, 君次第と, 喜ばしく子, 喜ばせて, 喜ぶでございましょう, 嘸悦びましょう, 困って, 多分その, 多少は, 大変喜ん, 大層悦ん, 妹も, 姉弟も, 娘の, 家庭も, 居なさろうと, 幸福で, 怪き事, 怪しんで, 我を, 所詮こ, 承知の, 承諾された, 持て余して, 捨てる事, 揃い子供, 揃って, 早く没, 早逝, 望んで, 末期の, 本人同志も, 来る貴女, 松井田へ, 棄てる, 欣ば, 死にもう, 歿く, 歿し, 源氏に, 無下に, 琴女を, 異存は, 皆あの世, 相ついで, 知って, 知つて居る, 知らぬであろうアア今頃, 知らぬ孤子, 知りませんが, 罪を, 聞いて, 自ら覚る, 自分の, 親子の, 貴娘, 赦したのに, 身もとも, 身寄も, 身寄りも, 近所の, 逝くなって, 達者で居ます, 郷里から, 青年も, 頗る満足, 驚く自由自在

▼ 両親~ (111, 3.9%)

6 一緒に

2 [11件] その子供, ひとりの, 二人の, 令妹が, 同居し, 同居する, 妹が, 姉の, 弟とが, 相談し, 私

1 [83件] いえども, いへども, いました, おなじ悲惨, お神さん, その一族, それから, それから壮助, つや子が, つや子の, ゆきました, わかれて, わたくしが, 一人息子の, 三人きり養子を, 三人で, 争って, 争つたのだ, 争つた時の, 云う者, 仲の, 任地の, 会見した, 伸子と, 佐介と, 信じて, 僅に, 兄と, 兄の, 先生との, 別れて, 別れるの, 別居した, 叔父叔母が, 召使いとを, 召使と, 和一郎との, 四国地方を, 大切な, 夫を, 女中とが, 女達に, 妹とが, 妹とに, 妹との, 妹を, 妻と, 姉が, 姉夫婦と, 子供たちを, 小妹, 差し向いに, 帝劇に, 常に同じ, 庚娘を, 弟と, 弟妹から, 弟妹の, 彼女の, 御懇意, 急報を, 折り合わずあるいは, 教会に, 札幌で, 母とには, 生き残った女, 生活し, 申すもの, 男に, 相談する, 社長とに, 祖母に, 私と, 秋田の, 自分との, 若い妻, 衝突した, 話が, 財産とを, 違うわい, 避暑に, 醜い云, 音信を

▼ 両親~ (98, 3.4%)

3 その他の, 兄弟や, 周囲の 2 兄弟の, 兄弟まで, 兄弟を, 友達に, 友達を, 外の, 妹の, 姉妹の, 教師は, 親類の

1 [69件] お妹さん達, つや子と, なにか, また兄嫂, 人の, 他人に, 仲人たちは, 伯母たちに, 伯母や, 何かの, 兄が, 兄の, 兄妹たちは, 兄妹と, 兄嫁という, 兄弟から, 兄弟が, 兄弟たちに, 兄弟に, 兄弟は, 兄弟までが, 兄弟達へ, 友人たちに, 友人知人や, 叔父叔母が, 召使いたちの, 同胞たちが, 同胞の, 唖の, 多勢の, 奥さんについて, 女房が, 妹が, 妹に, 妹共の, 妹御様方が, 妻に, 妻子にも, 姉たちに, 姉の, 姉妹に, 姉妹に対する, 姉妹や, 娘の, 家の, 家内の, 家族から, 家来に, 幼い弟妹, 弟たちに, 弟たちを, 弟の, 御姉弟, 才次などが, 沢山の, 監督の, 監督者に, 監督者の, 祖母が, 細君の, 自分自身から, 親戚などが, 親戚の, 親戚や, 親戚友人にも, 親類たちも, 貴方や, 近い親類, 近所の

▼ 両親から~ (47, 1.6%)

1 [47件] いい残された, ききました, この事, さづかつた, して, しば, しばしば叱られた, せめられるので, そう言われれ, それとも何, なめるほど, はなばなしく扱われる, ひとり遠く, わたしを, 一切を, 伝染した, 出た同じ, 厳しく叱られた, 受けついだもの, 召ばれ, 可愛がられなかった, 叱られた, 叱られて, 呼ばれる気づかいは, 大なる, 娘を, 小さい犠牲者, 御仲人様, 悪く思われ, 承け継いだ冷静, 汚れたダッタン人, 沢山の, 物質的補助を, 甘やかされ我儘一ぱい, 生れた同数, 相談される, 聞かされたところ, 見れば, 親類中かかっ, 解放され, 言われたこと, 言伝た, 買って, 買取るの, 送金を, 離れねば, 非常に

▼ 両親とも~ (44, 1.5%)

2 死に絶えて

1 [42件] あったん, あなたと, おありなんでございます, そこに, そのこと, そんなこと, たいへんお話, とうに無くなっ, ないもん, なくなって, にあたかも, にない, にもう, に書, に死ん, ほとんど同時に死ん, また里方, もう永く, よく気, ジョンが, 兄弟姉妹とも, 別居し, 医者で, 商家の, 声楽家で, 弱り切って, 御健在, 御隠れ, 日本橋生れで, 早世だった, 来ること, 正しく日本人, 涙を, 無残な, 猶太人, 生きて, 甲斐の, 留守だった, 相談の, 立派に, 達者かね, 随分お

▼ 両親~ (37, 1.3%)

3 の御 2 がお, にも御, のお

1 [28件] おいそがしい, おからだ, お身, から急, がさぞ, さぞお, にお礼, にそむき, にもお目にかからせ, にも大事, によろこん, によろしく, に当惑, に申, のおかげ, の夢, の大, は何, は皇太子殿下, へ大, へ孝, へ家事, も, よろこんで, をはじめ皆様, 始め御, 定めし御, 御壮健

▼ 両親には~ (30, 1.0%)

2 不名誉を

1 [28件] かうは, この新, そうしたこと, なれた心, ほかに, ますます縁遠い, むっつりし, もうお話し, 二夫人以下われわれどもが, 今までの, 似ないで, 内証な, 前後し, 勘当は, 大した御, 大変に, 孝行だった, 孝行であった, 早く別れ, 早く別れ兄弟, 早く死別, 甘やかされたり, 知られず済んだ, 約束通り金の, 許可を, 話さないで, 長女として, 風邪気味と

▼ 両親にも~ (27, 0.9%)

2 その裁判

1 [25件] この事情, その人, その旨, それは, だれにも, ながの暇乞を, まさって, ろくに口, 今朝は, 仕送って, 会わせて, 兄にも, 兄妹にも, 判った, 勝るほど, 又弟妹, 妻にも, 彼の, 感謝する, 手紙を, 承諾を, 聞かれて, 見えが, 見当らない, 話し本人

▼ 両親たち~ (25, 0.9%)

2 の経済能力

1 [23件] がただ, が子供, が自分たち, それから知人たち, であった, などとの間, のお, のこと, の帰り, の生活, の自覚, はその, はまだやはり, はシャヴァノン, は今, は労働基準法, は思っ, は経験, は自分たち, は飛んだ, も海外, も私, を面

▼ 両親~ (22, 0.8%)

3 手紙を 2 あてて, 通知し

1 [15件] あてはがき, いったこと, 一ぶし, 係官が, 委しい手紙, 宛てた遺書, 宛てて, 差上げるの, 御馳走する, 清子さんを, 結婚の, 詫びに, 謝罪申しあげます, 贈物を, 送って

▼ 両親との~ (13, 0.5%)

1 [13件] いきさつでは, 不和で, 取引である, 四人暮し, 意見相和せずし, 生活よりも, 約束は, 衝突を, 贅沢な, 通信も, 間が, 間に, 間は

▼ 両親への~ (9, 0.3%)

1 反抗だった, 反撥力の, 土産という, 復讐心の, 悪態と, 愛着にも, 窺いが, 贈り物でも, 追憶に

▼ 両親より~ (9, 0.3%)

1 よろしく申, 一定の, 受けました遺体, 大きな子供, 少しく後で私, 更に親切, 突然結婚, 身長は, 遥かに

▼ 両親~ (8, 0.3%)

1 いなくなって, お揃い, がすすめる, なくなった事, に三十代, に三味線, に健か, に殉教者

▼ 両親~ (8, 0.3%)

1 が大学, であった, でももう, の信用, の手助け, の時代, はラジオ, は草葉

▼ 両親に対して~ (7, 0.2%)

1 あらわに, より以上, 今日ああ, 是非云いたい, 済まないやう, 済まないよう, 特別事情に

▼ 両親兄弟~ (7, 0.2%)

1 が出, が同意, などとも懇ろ, に対し前約, の見送り, への申し訳, も親方

▼ 両親と共に~ (6, 0.2%)

1 ニイスに, 寝起して, 山陰の, 東京に, 着のみ, 迎えて

▼ 両親からは~ (5, 0.2%)

1 なれた気持, 使者が, 妙な, 拒絶の, 絶対に

▼ 両親という~ (5, 0.2%)

2 味方が 1 のが, ものが, ものは

▼ 両親とは~ (5, 0.2%)

1 かけ離れた近代娘, 一致し切れない, 初対面である, 約して, 親しくし

▼ 両親さま~ (4, 0.1%)

1 にはお, にも, のお, はたいそう

▼ 両親に対する~ (4, 0.1%)

1 僕の, 子供の, 恩愛でございました, 青年の

▼ 両親および~ (3, 0.1%)

1 兄弟両, 学生友人を, 諸兄弟

▼ 両親さえ~ (3, 0.1%)

1 おいでに, 万事が, 私には

▼ 両親~ (3, 0.1%)

1 からそんな, からなア, のが

▼ 両親だって~ (3, 0.1%)

1 だれだって, 御諒解, 頼りない

▼ 両親~ (3, 0.1%)

1 お灸, 元緊, 子の

▼ 両親でも~ (3, 0.1%)

1 いやき, お祖父さんでも, 祖父母でも

▼ 両親~ (3, 0.1%)

1 ので正月, んだらう, んです

▼ 両親について~ (3, 0.1%)

1 いえば, 埼玉へ, 来て

▼ 両親にとっては~ (3, 0.1%)

1 これで, ぼくが, 掛け替えの

▼ 両親はじめ~ (3, 0.1%)

1 平常それら, 御縁女, 殆ど全部

▼ 両親よりも~ (3, 0.1%)

1 一歩先に, 妹共よりも, 身長の

▼ 両親~ (3, 0.1%)

1 とも妾, の意見, は福田

▼ 両親夫婦~ (3, 0.1%)

1 とつや子, に反撥, 即ちお爺さん

▼ 両親からの~ (2, 0.1%)

1 云い伝え, 命令を

▼ 両親ことに~ (2, 0.1%)

1 その母親, 母者人が

▼ 両親たる~ (2, 0.1%)

2 責任上明らかに

▼ 両親だけ~ (2, 0.1%)

1 だ, 御残り下さい

▼ 両親だの~ (2, 0.1%)

1 同胞たちだ, 良ちゃんの

▼ 両親です~ (2, 0.1%)

1 がね, ね

▼ 両親とても直ちに~ (2, 0.1%)

2 結婚発表を

▼ 両親なんて~ (2, 0.1%)

2 私と

▼ 両親にとって~ (2, 0.1%)

1 一方ならない, 英男の

▼ 両親に対しては~ (2, 0.1%)

1 どうしてもその, 何の

▼ 両親に対しても~ (2, 0.1%)

1 その, 至れり尽せりで余り

▼ 両親ほど~ (2, 0.1%)

1 大切な, 子に

▼ 両親らしい~ (2, 0.1%)

2 河童を

▼ 両親をも~ (2, 0.1%)

1 隣人の, 養つてゐる

▼ 両親スエ子~ (2, 0.1%)

1 と国府津, と常盤館

▼ 両親親戚~ (2, 0.1%)

2 の勧告

▼1* [115件]

両親ありながら大目, 両親あるものには, 両親あれば彼, 両親城大工の, 両親お揃いで御出, 両親男が, 両親かずかずの恩師, 両親かも解らないと, 両親からもその危険性, 両親ぐらゐに乾い思はきつと, 両親へ承知, 両親さえも私が, 両親その他に反抗, 両親そろい月給で, 両親そろってしあわせ, 両親たち学校の先生たち, 両親だけが彼等一日の, 両親だけでも町だけでも, 両親だつて喜ばぬ, 両親ついて来た, 両親であったことは, 両親であったならばかえって, 両親であり結婚者であり, 両親でしょうか, 両親でなければ自分, 両親とが公人として, 両親とても決して馬鹿で, 両親とともにボートに, 両親とに祝福され, 両親どもの不心得, 両親なき孤児が, 両親なく独りぽ, 両親など飛んで, 両親などから与えられて, 両親などに復讐の, 両親にさえ一ことも, 両親にさえも言わないと, 両親にたいして特別やさしい, 両親にたいする愛や, 両親にだって指一本ささし, 両親にでも托そうかと, 両親によってアメリカへ, 両親によってかそれとも何, 両親に対し又私達夫妻, 両親のどつちか, 両親のみめ形を, 両親はじめ兄弟達の頭, 両親はじめ私もこちら, 両親はじめ親類中挙って, 両親はと見ると, 両親ばかりでなく君, 両親ばっかりと限ったわけ, 両親へは内密に, 両親または妻に, 両親までが腹を, 両親までもが朝から, 両親もとほうにくれ, 両親やら上杉殿をも, 両親やられたんだ, 両親よりの依托, 両親よりは利口に, 両親をかへりみて, 両親を以て最上なり, 両親を通して知り得た宮廷生活, 両親ノセキニンデスカラボクヲ咎メナイデクダサイ, 両親早ク世, 両親ルピック夫妻も, 両親一同誰もかないません, 両親不明身分不詳で数度, 両親並びて五六歳, 両親交情好く暮し, 両親代わりに御, 両親以上に慕っ, 両親以外のだれ, 両親仲人たちがズラリ, 両親兄弟主人にも後れ, 両親兄弟達の住ん, 両親八時の特急, 両親共四十の坂, 両親共逝去なって, 両親が殺される, 両親初め周囲のもの, 両親同士が許した, 両親同胞が助けない, 両親境遇そして性質等, 両親大阪より戻り来りぬ, 両親妻ロイドと揃っ, 両親妻子を軽んずる, 両親始め祖父までが折角, 両親の分, 両親よりまでを加えたら, 両親弟妹からそれぞれ少量, 両親弟達芝御祖母様, 両親兄弟の, 両親御立会の上, 両親心遣いして, 両親我々両人その他一二名と覚え, 両親揃って濃, 両親栄さん夫婦徳ちゃん夫婦があつまり, 両親様はじめフチ達も皆々様, 両親様はじめ御一同様おからだ, 両親様はじめ皆様の御, 両親様神様は私, 両親此世を逝っ, 両親殊に母親それから, 両親殺しの犯人, 両親法友ならびに大衆, 両親の間, 両親祖父母良人をはじめ, 両親立会の上, 両親良人子供たちには出来る, 両親艶子お絹さん, 両親親族等から与えられる, 両親貴女たちはそれ, 両親魔法島の王