青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

下さる~ ~下され 下され~ ~下し 下し~ ~下す 下す~ ~下っ 下っ~ ~下り
下り~
~下る 下る~ ~下女 下女~ ~下宿 下宿~ ~下手 下手~ ~下手人 下手人~

「下り~」 5878, 61ppm, 1889位

▼ 下り~ (3656, 62.2%)

181 行った 135 来て 123 来た 89 いった 81 行つた 65 きた 43 行く 42 きて 39 来る 33 いた 32 行って 30 来ると 29 行くと 27 来ました 25 行くの 24 いる, 來た 22 來て 21 來る 20 いって, 行きました 19 いて, 来たの, 見ると 17 ゆくと, 来るの 16 しまった, ゆく 14 くる, くるの, 行ったが 12 くると 11 ゐる 10 いく, きました, みると 7 いるの, おいで, ゆくの, 来ること, 行こうと 6 いつた, くること, それを, ゐた, 来た時, 来ない, 行ったの

5 [15件] いきました, いくと, いったが, きたの, しまつ, 来い, 来たので, 来ながら, 来ます, 来る時, 水を, 河原に, 浸す, 行きます, 行きますと

4 [19件] いたの, いらつし, いると, しまいました, しまって, そこの, 下さい, 徒歩す, 来たが, 来たこと, 来たところ, 来ても, 来る人, 歩いた, 歩いて, 真直に, 私は, 行きながら, 見た

3 [45件] いきます, いらっしゃい, しまう, みたが, みようと, みれば, ゆく時, ゐて, 丁寧に, 下駄を, 人の, 例の, 停車場の, 入らつした, 向うへ, 家の, 家へ, 巨人の, 往つた, 戸を, 手を, 来たお, 来たとき, 来たもの, 来なかった, 来るその, 来るという, 来るよう, 来る者, 格子戸に, 私の, 自分の, 行かうと, 行かなければ, 行かれたの, 行きましたが, 行く音, 行つたら, 裏の, 裏口の, 見て, 見れば, 車に, 車室の, 門を

2 [161件] いくの, いこう, いたが, いったきり, いったとき, いったんだ, います, いよ, いらっしゃいな, いるが, いるので, いる事, いる時, お出でに, きたという, きたよう, きた時, きては, ください, くるとこ, くるところ, くるまで, くる声, くる者, くる足音, くる音, こっちへ, しまうと, しまったが, しまったの, しまひました, しまッた, すぐに, ずッ, そこに, その一週間, それから, つかつかと, つく, みた, みようでは, もう一度それ, ゆくという, ゆくよう, ゆけば, 一兵卒に, 了うた, 井戸端へ, 人々の, 來い, 來ても, 來なけれ, 來ます, 僕は, 入らつして, 別れたの, 利根川に, 北上川に, 午下りの, 叢に, 吾妻橋の, 地に, 城の, 外へ, 大洗に, 大音寺前の, 婆さんに, 宿の, 富士形の, 小六, 小盥, 居るの, 川原の, 左へ, 庭の, 庭へ, 廊下を, 当も, 彼の, 往くと, 往った, 後から, 暗い場末, 来いと, 来たばかりの, 来たよう, 来たん, 来た人, 来た自分, 来てから, 来ないと, 来なかつた, 来なよ, 来ませんでした, 来や, 来ようと, 来るが, 来るところ, 来る白い, 来る足音, 林の, 格子の, 橋を, 此の, 母親や, 水の, 河の, 河を, 沼の, 海岸に, 焚火の, 無明の, 煙草を, 玄関の, 畑の, 睡蓮科の, 石の, 私を, 私達の, 腕を, 自分で, 舟に, 草履を, 行かう, 行かれます, 行きかける, 行くこと, 行くよう, 行く気, 行く私, 行こう, 行ったとき, 行ったところ, 行ったもの, 行ったん, 行った容子, 行った後, 行った時, 行った隙, 行つて伯林で, 行つて頂戴よ, 表へ, 見えなくなる, 見たいやう, 見たが, 見たり, 谷あ, 谷中の, 貰う, 逃げ出した, 通路へ, 遠いところ, 郵便局へ, 酸いもの, 闇の, 雨の, 霜の, 飯を, 馬の, 馬を, 駒を

1 [1648件 抜粋] あすんで, あとを, あの町, ありあわせの, あれを, いきたい, いくといった, いく後, いく道, いたから, いただきましょう, いたのよ, いた戸田老人, いったお, いった様子, いつたあの, いつて, いないに, いなかったならば, いますのね, いらしたん, いらっしゃるのに, いるせい, いるだけで, いるもの, いるらしく押せども, いる津田, いる通り, いる鴫, おいでな, おくん, おゆう, お出でなさい, お絹, かの別墅, がみがみと, きたと, きたのにと, きたらどう, きた一勢, きた俳優, きた師匠, きた竹童, きながら, きませんでした, き庭, くるぞ, くるだらうそして, くるとき, くるよう, くる例, くる小鳩, くる弟, くる無数, くる若い, くる靴音, くれるかも, こいッ, こな, この大いなる舟, この酸鼻, こんどは, さがして, さっさと門内, しばらくは, しばらく歩く, しまいましたらほんの, しまうだけ, しまったらしい, しまひましたが, しまわないと, すぐああし, すぐ川, するすると, そこい, そこへ, そのあと, その一輪, その困難, その玉, その雪田, それから猶, それとは, たき火かきたて, たちまち小柄, ちょいと, とある空家, どういふ, どちらからか, なさい下りて, はぎ野, ひざまずいたが, ひろおうと, ぴたりと, ほしい, まいりました, まいりますると, まさに水道, またパン, また昨日, まっすぐに, みたくなった, みたらまた, みよう, もう一度坂, もとの, もらえば, やらうか, ゆきたかったけれど, ゆきまして, ゆき階下, ゆくが, ゆくところ, ゆくよ, ゆく方, ゆく球面, ゆく街, ゆこうと, ゆつくり, より横川驛, ゐそれ, ゐないため, ゐるので, ゐる戸, イグナート・イグナートウィッチと, ガッチ河内の, キヤツ, スリッパを, ニュウスを, バタンと, プラツトホオムの, ホテルへ, マチアを, リノリウムに, 一の宮の, 一人前に, 一同は, 一寸茶の間, 一本の, 一泊, 一淀みし, 七合目に, 万能を, 下から, 下せえな, 下を, 中味を, 久し振りで, 乳の, 了ひ, 二人は, 云い合わしたよう, 五分ばかり, 享け, 人々を, 人家の, 人穴の, 今まで, 仏天青は, 仕舞った跡, 他が, 以来一度も, 休みも, 休んだ後, 住みけるなり, 何とかドイ, 來さうにも, 來ません, 俯向きに, 停車場へ, 僅に, 元箱根に, 先ず一口, 光代の, 入らつし, 全身の, 共に一店, 其夜は, 其靄の, 円板ロケットの, 再び鉄, 出入口は, 列を, 北に, 北窓の, 半日は, 参りました, 参りますが, 參りません, 又帰洛, 取って, 右に, 吉野町を, 名乗り合うの, 向う岸へ, 吾妻橋に, 呼んだ, 哺乳動物の, 噴水の, 四十二章を以て, 四階で, 土に, 圧して, 地へ, 地平かに, 坐られたん, 壮い, 外れし戸, 大きな夜, 大地のへ, 大宮に, 大庭に, 大隅, 太郎が, 女を, 姫の, 学校の, 室に, 宿へ, 寝て, 小さな石, 小声で, 小林一三邸を, 小窓, 小黒部本流に, 少し遠く, 尾花の, 居ます鍵, 居りますから, 居る嚏, 山を, 岩魚や, 川で, 川を, 川縁へ, 己が, 席に, 帳場から, 平地に, 底に, 庭に, 庭面に, 引き回すごとくに, 彼女は, 彼等を, 往つたかも, 後の, 後勃発した, 従妹に, 復一に, 忽ち小柄, 性懲りも, 惰力の, 戸口へ, 房枝の, 手ずから一戦, 打見やりたるに, 拾って, 挨拶する, 採り得た珠, 提燈の, 政府黨を, 敬礼を, 斜に, 新しいの, 旅亭の, 早稲田の, 春光台に, 昨夜の, 晝飯を, 暗い旅, 更に人力車, 月下に, 木履を, 本澪, 朴, 来たあの, 来たから, 来たですがね, 来たならどう, 来たやう, 来たらなか, 来たエレベータア, 来た一刀, 来た久作, 来た保, 来た勢い, 来た奴, 来た山側, 来た彼女, 来た机竜, 来た武士, 来た清澄, 来た私達, 来た船頭, 来た蝶吉, 来た頃, 来ないこと, 来ないの, 来ぬこと, 来ねえ, 来ねえな, 来ましたの, 来やしねえ, 来られた, 来られるの, 来るうす, 来るか, 来るかるい, 来るだろう, 来るでは, 来るな, 来るはずみ, 来るや, 来るらしくかすか, 来るカーテン幕, 来る不安, 来る人影, 来る反射光線, 来る場合, 来る幼児たち, 来る気勢, 来る田の神, 来る跫音, 来る間もなく, 来んと, 東沢から, 松明を, 枇杷の, 校長閣下を, 梯子を, 森林の, 極惡, 横に, 橋がかりから, 次第に同村, 此方へ, 歩き出したジョン, 歩くと, 歩行く, 段層を, 毎朝はじめて, 気やすく, 水中に, 池の, 沓を, 洋装の, 流れに, 浜に, 海岸づたいに走り出しました, 清水に, 渚づたい船を, 渡良瀬川の, 港に, 漸く偃松, 瀑底に, 煖爐に, 片手を, 物足らぬ, 玄関から, 生垣の, 用箪笥の, 田圃を, 甲州街道を, 町へ, 畑を, 疲れ果てた, 白い雲, 白鳥を, 盲の, 相交差, 真暗な, 眼の, 石垣下の, 硫烟の, 礼儀を, 神保町を, 秋草を, 穴の, 突然消える, 立った, 笠を, 笹の, 筑前守とお, 紀伊から, 細い廊下, 絵に, 縁側伝いに, 美緒の, 聴くと, 脚に, 自分が, 自動車を, 舳に, 芝原水源地に, 茜色を, 草の, 荒涼たる軽井沢, 菊坂へ, 蒼々と, 蕎麦を, 行かなかつた, 行かれようか, 行きお前, 行きたいの, 行きましたら春, 行き一番隅, 行き二時間, 行き空地, 行くお雪ちゃん, 行くから, 行くという, 行くところ, 行くのに, 行くん, 行くメス, 行く以外, 行く夫婦連, 行く弁信, 行く方, 行く様子, 行く継子, 行く跫声, 行く道すがら, 行け, 行けるの, 行ったあと, 行ったかれは, 行ったので, 行ったり, 行った彼, 行った留守, 行っては, 行つたさうだ, 行つた俺は, 行つた時義雄は, 行つてそこから, 行つて二人は, 行つて書物を, 行つて水を, 行つて電鈴の, 衣を, 表門の, 裾を, 西洋人の, 見せたの, 見たくなる, 見たところが, 見てるん, 見ましょうおや, 見ようかと, 見れバ, 見上げると, 覗くと, 詩人に, 警察署の, 貉沢から, 貴下と, 賊地の, 赤松の, 足の, 路すがら人に, 身が, 身軽に, 車夫を, 輝かしい六月, 迂廻しても, 近いところ, 近所の, 追いすがった咲耶子, 逃げださうと, 逃げる, 這入りこむ, 通路の, 遂にこの, 遊んで, 道樂の, 酒盛り食事を, 野の, 金剛草履を, 鉄道線路を, 銀座裏の, 長い縁側, 門外に, 附近の, 陸に, 雪に, 雲の, 靜かに, 頬かむりを, 額い, 顔をば, 食いきれないほど, 食堂へ, 餌差町の, 馬道へ, 駈け出した, 魚を, 鳩の, 黄色いふくろに

▼ 下り~ (257, 4.4%)

5 雪之 4 暑い盛り, 汽車が 3 丸髷に, 列車が, 路を

2 [13件] 下手な, 列車に, 小道の, 旅人は, 旅人を, 汽車を, 特急の, 船の, 貨物列車が, 運動を, 陽が, 陽を, 電車が

1 [209件] うららかな, おかた, おつづら馬, お客が, お客様から, ことで, ことである, ことは, こと諏訪山下坂道の, これは, ために, ための, できるもの, とき鎌倉で, とまるも, なだらかな, ひどく嶮, みち行を, イヤな, カーブに, ズボンの, テニスシャツ一つに, ハイカラ, ハンティングを, フロックを, ペン皿に, マドモアゼル, ラッコの, 一節を, 一齣, 三十里舟中我が, 三島までが, 上り口へ, 上方役者の, 上方役者雪之, 中村又五郎と, 中村菊之丞の, 中村菊之丞一座の, 丸髷思ふ, 乗合船では, 予感が, 二大将と, 人々の, 人で, 人達である, 例は, 俤橋は, 光線で, 列車は, 勢いで, 友禅の, 右左は, 合羽を, 吾妻下駄の, 地勢で, 坂で, 坂に, 坂の下あまざけやの町の, 坂路を, 坂道に, 坂道を, 堂の, 場合です, 夕日の, 夜汽車は, 大丸髷, 大冒険, 大名が, 大名の, 女を, 女郎屋の, 女郎衆と共に, 娘を, 字で, 客が, 客だった, 客に, 客は, 小径が, 小蒸気, 小高いところ, 屋形船とともに, 山の手が, 山路の, 嵐三左衛門っていう, 嵐翫之丞という, 川船も, 川蒸気川の, 川蒸汽川の, 市村宗助っていう, 帆の, 帆前船が, 帆影真, 広い家, 広い道, 庭に, 廊下へ, 弥次よりは, 御板輿, 快味, 態度は, 散位平永衡, 数字を, 方の, 方へ, 方も, 旅の, 旅人が, 旅人の, 旅人以外には, 旅人諸, 旅行者を, 旅馴れた, 日が, 日光と, 昇降機を, 時は, 時分に, 景色は, 晴れ渡った空, 曲りくねった道, 書物よみ, 条の, 業平さんに, 業平朝臣だ, 樂な, 武士の, 水に, 氷川の, 汽車の, 河原者か, 河船の, 流しも, 浪人者です, 海道談に, 煙管日向ぼっこ植木の, 熱気で, 特急列車が, 理窟や, 生き人形, 病ひ, 癖に, 癖の, 盲縞で, 石炭列車が, 砂利道を, 立女形上村吉三郎でした, 笑いで, 筏師とも, 節, 紋付袴を, 紺背広が, 終汽車らしい, 線の, 縞縮緬, 羊羹色浪人の, 背中の, 背広襟飾が, 舟を, 舟乗っ, 船が, 船も, 船を, 船列を, 芸者と, 苦しそう, 茶色の, 草鞋で, 荷を, 荷主なんども, 荷足の, 薄気味わるい, 街道を, 袴姿で, 裾野平の, 西国船艫に, 西日が, 見当が, 諸大名, 諸講中, 谿底に, 足りないという, 足許に, 路すがら菊川の, 路筋が, 遊覧や, 道中また, 道行の, 都合の, 醜怪, 銀杏返しで, 銀杏返しや, 間も, 陽に, 陽光を, 難所の, 雨と, 雨に, 雪駄で, 電車自動車の, 頃に, 頃ほ, 顔見世興行も, 風から, 風情は, 馬子唄と, 馬車が, 馬車を, 高瀬舟に

▼ 下り~ (214, 3.6%)

21 なって 5 なった, なりました 4 かかりました 3 なったよう, なる, 下る, 向うと

2 [12件] かかった, けり, なったの, なつた, なつて, ならなければ, なりまして, なると, なるの, 下って, 向った, 掛ると

1 [143件] いちいち心臓, かかった覆面, かかって, かかりましたが, かかる, かかると, かかるの, かかる時, かかる気, かさの, くわえて, ぐる, この姿, しても, しめつぽい, しろ菜園, じろりと視, その繰伸した, なったお, なったとか, なったところ, なったので, なったり, なったん, なった低い, なった尊げ, なった方々, なった時, なった暗い, なった櫟林, なった鋪道, なった頃, なってから, なつたり, なつたんです, ならないで, ならないん, ならねば, なりそれから, なりたるもの, なりて, なりどう, なりました時, なります, なりますと, なりゃ五両, なり御, なり神武天皇, なるん, なる仏頂寺, なる日, なる殿下, なれば, なろうと, べたん, もう一度狂いまわる, よごされた階段, ニヤリニヤリし, 一刀を, 一面莚を, 下がって, 乗って, 二三里に, 五十体ずつ, 五月闇の, 低いからね, 入り来りて, 出来て, 切りつけた, 劣らぬ疾さ, 十分かかる, 千金を, 友染の, 右の, 向いたかな, 向うの, 向った塩尻峠, 向った汽車, 向った脚元, 呑んで, 啣え, 噛んだ煙管, 因つて地割れを, 在る事, 墓参りを, 大番頭, 安煙草, 富士川まで, 小平太は, 少し迷い, 山の, 岡安巳太郎が, 峯が, 帰った, 帰るの, 度胆を, 弓鉄砲を, 引き摺って, 戸を, 抜刀を, 撃つたもの, 斬りつけた, 春うらかすむ, 晃, 未練が, 来たの, 来まして, 梓川の, 樹を, 水際まで, 河原町の, 洋杖も, 溶岩と, 狙つても, 町へ, 白刃を, 目の下の, 粉河寺の, 約三時間, 締めた顔, 自分は, 船を, 草鞋の, 落して, 落目と, 藍がかった, 血を, 見えなくなつ, 見込んで, 谷の, 走って, 辷つて, 連った, 連つた稻塚の, 鉄ペンで, 銀煙管を, 鐵砲の, 長七郎山の, 間に合うか, 風呂場の, 駆出した, 駈出して, 麓から

▼ 下りながら~ (85, 1.4%)

3 考えて 2 云った, 私に

1 [78件] あわてて, いった, ううう, がんりきの, ぐっすりと, こちらへ, さすがの, しみじみ万事休す, すばらしい空中, そう云った, そこに, そして大, ただ自分, ひょいと立, やはり真直ぐ, わたしたちに, わたしは, ランプを, 一刀浴せ掛けれ, 三四郎の, 両手で, 云い始めた, 云って, 人間の, 何にも, 先生は, 兼に, 双手を, 受取ったパン, 叫ぶの, 向うを, 呟いた, 変な, 夜の, 大月氏が, 川の, 左手の, 弾く時, 彦太郎は, 後を, 思い悩んで, 憤然として, 懐中時計を, 振り返って, 振り返つて, 旧友間貫一を, 晴代は, 木剣作りの, 横の, 樽ちゃんは, 正面から, 武人として, 癇高い, 眼と, 突然劇, 窓をは, 笑ひ, 答えた, 紐の, 脈搏は, 茜色に, 草鞋の, 薄ぼけた, 見下すと, 言つた, 赤く熟した, 路, 通り越した, 遂に河原, 遥かに, 遥かの, 部将へ, 鉢巻を, 長つゆの, 隠袋, 雪を, 高座の, 高慢な

▼ 下りたり~ (79, 1.3%)

30 して 4 した, するの 3 上ったり 2 しながら, する, するので, するよう, まだ延び切らない, 廊下や

1 [26件] したこと, した水, しなければ, し過ぎたので, するが, すること, するところ, するやう, する元気, する時, する玩具, する諸君, する鉄, それに, なさるところ, なにか, 上つ, 同じやぶ, 同じ下宿屋, 外に, 富士大山から, 平地を, 横へ, 蒲團の, 裏町の, 足場の

▼ 下り~ (68, 1.2%)

2 したが, しない, 早い

1 [62件] あれど, いっそう歩み, うねうねと, お師匠さま, かなり急, ごく平気, しなかつたが, しまいか, しまいな, じつにそんな, ちょっとで, ぢめた, とても雪, なにしろあの, なるべく人目, はじめてで, もう来ぬ, よくころびました, わたしの, クラストの, スキーが, スキーに, 一時間と, 三里と, 上の, 上りが, 二〇〇〇メートル附近で, 二六〇〇メートル附近から, 京へ, 元気に, 先年二月に, 出来ぬくらい, 哀れにも, 安全だ, 実に愉快, 張りシールの, 急きぬ小石, 急で, 故障だ, 故障です, 昔からの, 更に急, 更に笹, 案外容易, 楽だ, 流せばい, 深い偃松, 濃霧で, 登りよりか, 登りよりも, 相当に, 私などが, 藪が, 谷全体が, 速いが, 遠くから, 長かつ, 随分急, 雪も, 非常に, 頂上から, 馬籠峠大雨でも

▼ 下り~ (64, 1.1%)

4 念願する 3 した, して 2 続けて

1 [52件] あてがって, いかに待ち, いた, おとづれて, きょうから, したこと, したの, したばかりの, したもの, しないでも, しなければ, しようとして, するなり, する時代, する東京, する馬士, せねば, なさるの, なされるが, やった, やって, やはり興味, やりたいナ, ゆたゆ, 一散に, 一日に, 入れて, 嘱され, 多くした, 帰りきぬ, 待って, 待つと, 待合せて, 念願に, 急ぐに, 日課とは, 果し玉, 止めて, 決行する, 特別の, 眼顔で, 行う地方, 見守り初める, 読んで, 買って, 這曳いたらしい, 間違えて, 阿弥陀沢の, 頂戴, 頂戴し, 食べた事, 駆け出して

▼ 下り~ (39, 0.7%)

4 のところ, の方 2 で, に立っ, の戸

1 [25件] から下, があっ, がある, がわからない, である, で停滞, で遁げ, になっ, に石長生, に膝, の処, の北側, の右側, の大きな, の左側, の義, は根津, は見る見る, へかかった, へつれ, へ出, へ突進, までうまく, も出口, を塞い

▼ 下り~ (38, 0.6%)

8 ている 2 てその, ながら廻る, に呼ぶ

1 [24件] が水口, たりし, たりむずかしい, たり水浴び, てい, ていた, ています, てきた, てまで水瓜, ても大丈夫, てや, てゆく, てキイキイ声, て他, て森, て歌, て膳, て躍っ, ながらおもしろい, ながら鳴く, に八月十六日, に舟, 其等の, 談話室から

▼ 下り~ (36, 0.6%)

2 みんなほんたう, みんなほんとうの

1 [32件] あって, ある, しないの, しない内, しない映画, しなければ, しばらく間, する, せずに, せずぽかんと, せず左右, せず進み, なく粛々, 上の, 両方とも, 僕は, 出来ず文字どおり進退, 出来そう, 出来ないと, 加納の, 同様自然伏見は, 同然で, 問題なく片づい, 大変な, 少しすぎ, 帆を, 楽に, 為ない, 穩かな, 老いたころ, 聖の, 近づいたから

▼ 下りてから~ (27, 0.5%)

1 [27件] お前は, きょうまで, すこし昇つて, その男, また健三, ルウスは, ヴイタリス老人と, 一度夜風に, 一足さき京都に, 八ヶ岳に, 又大, 吾, 坊ちやんが, 思ひ出して, 或る, 振り返つて, 村までは, 柳橋納屋橋を, 登ったもの, 稲田家までは, 義兄の, 言った, 賞めた, 路も, 間もなく野道, 飯田の, 馬越は

▼ 下り~ (25, 0.4%)

2 ある, 急に

1 [21件] あった, きた, ぱあっと府内, また馬鹿, まるで脈搏, わからなくなるから, 六里から, 出来まして, 出来るかを, 出来るやう, 四時間たらず, 大変だ, 大変であった, 徹底し, 恐ろしく急, 意外に, 激しいので, 直ぐに, 着いた, 見えた, 足りないという

▼ 下りする~ (24, 0.4%)

2 花見の

1 [22件] ことが, だけで, だけで胸, とき足を, のには, のは, ように, ポンポン蒸汽, 中に, 人々を, 人の, 人間は, 十二三段の, 場合に, 数千の, 時に, 様な, 細道を, 耳に, 草履の, 裏梯子が, 跫音も

▼ 下りては~ (21, 0.4%)

1 [21件] いたが, いなかったから, いるが, こないだらうあの, なりませぬ, 何にも, 來ない, 又他, 四年五年心配打った, 夢の, 居ぬ, 山の, 攀上り, 攀上りした, 暗い中, 来ましたが, 殺人強奪を, 波を, 舞い上る鴎, 見たが, 邸内に

▼ 下り~ (21, 0.4%)

4 なって 2 なれば

1 [15件] いい遠く, いえば, おぼしく太陽巒際, である様, なつて, なり三時三十分最初, なり砂走り, なる石仏, 上りを, 入れちがいに, 名づけて, 宣らしつ, 聞いちゃ, 観衆の, 違って

▼ 下り~ (20, 0.3%)

2 あつた, 行ぐぞ, 行ぐべがな

1 [14件] いっしょに, お引ツ, 九州へ, 人間の, 偃松の, 内儀の, 安積に, 新雪の, 理不尽な, 糸田へ, 足の, 足早に, 辻で, 通行の

▼ 下りつつ~ (19, 0.3%)

4 あった 3 あるの

1 [12件] あった間, あります, ありまする, あり時, あるよう, ある人造人間, ある北口吉田方面, ある時, 三人一時に, 下枝に, 海の, 種々の

▼ 下りその~ (17, 0.3%)

1 [17件] なかの, ほの, わきに, 一本は, 一部分が, 下で, 下は, 中央では, 余力の, 儘役僧の, 刑日も, 向うに, 家屋も, 幕の, 端から, 都度に, 項から

▼ 下り気味~ (17, 0.3%)

2 になる

1 [15件] に一町許, に七, に三町, に十分, に四町許, に岩壁, に東, に横巻, に涸沢側, に真直, に行く, に辿っ, に通り抜ける, のところ, の自分

▼ 下りそう~ (15, 0.3%)

2 なもの, になった

1 [11件] かと思う, だ, で天窓, なるを, な晩, な暗, にした, にする, に冷えた, に静か, もない

▼ 下りそこ~ (14, 0.2%)

1 [14件] からコーカサス, から一里, から二里, から右, から船, から裸, から隣り合っ, から馬そり, から馬橇, でも鍋茶屋その他, の便船, の捨石, の果物屋, へ猫

▼ 下りまた~ (12, 0.2%)

1 [12件] あがる, その下, 上り下る, 上り騒ぎ叫んで, 坂を, 山林を, 幕が, 登りて, 絶壁を, 脚光にも, 若いものたち, 衣物を

▼ 下り~ (11, 0.2%)

1 [11件] かの列車, からこれ, からた, から無造作, が傾斜, というイカモノ, と云っ, もの, よう, 此處で, 気を

▼ 下りても~ (11, 0.2%)

1 [11件] いいの, その方, らへば, 二文すなわち, 俳優は, 尽きないのみか, 川は, 温泉場まで, 自動車は, 須永の, 駄目だ

▼ 下りよう~ (11, 0.2%)

1 [11件] がひどい, じゃない, ではない, としても車, として切符, として囲炉裏, として後向き, として暗い, として着物, はない, や何

▼ 下り~ (11, 0.2%)

1 [11件] から八軒屋, に上る, に乗る, に乘, に御座候ところ, の船, は反対, は左右, も毎日便宜, よりも私, 上りくる橋立

▼ 下りまで~ (10, 0.2%)

1 凡て主体の, 出かけて, 出張する, 出掛けて, 出掛ける気, 引っ張って, 落ちさせるとは, 行って, 行つて骨を, 銀流しの

▼ 下り一方~ (10, 0.2%)

1 だから, である, でさあ, ではある, で始め, で日, なの, の帰り駕籠, の開いた, は希臘

▼ 下りたる~ (9, 0.2%)

2 事は 1 お銀様, ことは, ままに, ベルナルドオを, 所一羽の, 扇子にて, 薄き灰色

▼ 下りには~ (9, 0.2%)

1 この清水, なりやんす, べつな, 二十分上りには, 急斜面を, 恐ろしくて, 特にいや, 緩めて, 赤帽が

▼ 下りそれ~ (8, 0.1%)

1 からはすぐ, がもう, が風, に気圧, に沿っ, より元田氏, を売っ, を賣

▼ 下りした~ (7, 0.1%)

1 ことやら, ところで, にちげ, 実例を, 正面階段には, 石橋と, 証拠だ

▼ 下りそれから~ (7, 0.1%)

1 クルクル走り, 八幡まで, 兵庫までは, 地中に, 更らに, 次の, 登山しました

▼ 下り~ (7, 0.1%)

1 がる, さんと, アな, 何のき, 朝ぐもりなんて僕の, 様々の, 走らうず蜈蚣

▼ 下り~ (7, 0.1%)

2 が激しい 1 が足りない, が非常, ではない, はまことに, をし

▼ 下りから~ (6, 0.1%)

2 ふり出した雨 1 オーイと, スキーを, 叡山方が, 甲州入りまで

▼ 下りそして~ (6, 0.1%)

1 ぼくらより, 回転窓の, 曳っ, 正確なる, 私が, 頭は

▼ 下りなす~ (6, 0.1%)

3 つてと 2 つて最う 1 つてもう

▼ 下り~ (6, 0.1%)

1 だが, とに電信, との両道, にも電車, に沿っ, を越え

▼ 下り~ (6, 0.1%)

1 といわれた, ともいった, と云われた, の徒, の義, の職業

▼ 下り~ (6, 0.1%)

1 から崖, が二つ, にかかっ, は上り道, は上下左右, をこしらえ

▼ 下りさらに~ (5, 0.1%)

1 こんどは, 林の, 筑紫に, 虚空を, 迂廻して

▼ 下り~ (5, 0.1%)

1 いけねえこと, けりや, ので他, ば汝待ち, よ雪

▼ 下りにも~ (5, 0.1%)

2 まだ間 1 さまで脚, どうかする, なって

▼ 下りやがて~ (5, 0.1%)

2 真直に 1 偃松が, 岩村田町江畔老の, 申刻にも

▼ 下り切る~ (5, 0.1%)

1 あたりは, とやや, と何時, と四五間平ら, と易老岳

▼ 下り~ (5, 0.1%)

1 にしかと寄り添っ, のいう, の地, の女, は同年八月十三日刑場

▼ 下り~ (5, 0.1%)

2 へりける 1 ふ程, へ, へと云

▼ 下り行く~ (5, 0.1%)

1 に足, のである, 坂道に従って, 末の世に, 空腕車の

▼ 下り~ (5, 0.1%)

1 になった, に北斗石, をすら失うた, を猿ヶ京, を見出す

▼ 下りここ~ (4, 0.1%)

2 は松山 1 ですよ, まで小

▼ 下りこの~ (4, 0.1%)

1 うるさい音, 国を, 少年に, 赤い広場

▼ 下りこれ~ (4, 0.1%)

1 あり村国庄司内, に擢, より北穂高, を頭上

▼ 下りてからも~ (4, 0.1%)

1 マーシェンカは, 十分の余は, 唯の, 彼方此方の

▼ 下りでも~ (4, 0.1%)

1 したかの, したら罰, 優に一里程, 歩く心配

▼ 下り~ (4, 0.1%)

1 かかって, かかる岐, 向って, 掛けての

▼ 下り更に~ (4, 0.1%)

1 夫を, 山を, 表通りへ, 釜沢に

▼ 下り~ (4, 0.1%)

1 たるを, たれり, て悪, て行き

▼ 下り着いた~ (4, 0.1%)

1 ときは, 所は, 時には, 鞍部は

▼ 下り~ (4, 0.1%)

2 の彫物 1 の刺青, の野金

▼ 下りきつ~ (3, 0.1%)

2 たが 1 たところ

▼ 下りさま~ (3, 0.1%)

1 にふと, に連なる, 振り返った時

▼ 下りさん~ (3, 0.1%)

2 やお 1 はこちら

▼ 下りしな~ (3, 0.1%)

1 には陣場夫婦, に何, に小耳

▼ 下りすぐ~ (3, 0.1%)

1 左に, 釣橋を, 飛騨側を

▼ 下りそこで~ (3, 0.1%)

1 はじめて法然, スキーを, 殆ど米の

▼ 下りそのまま~ (3, 0.1%)

1 敵の, 秋田県から, 非常門から

▼ 下りです~ (3, 0.1%)

1 から訳, が腰の物, よ

▼ 下りでは~ (3, 0.1%)

1 あるが, なく谷あい, ボウダラの

▼ 下りという~ (3, 0.1%)

1 こと更に, ものであった, 時には

▼ 下りながらも~ (3, 0.1%)

1 とかくに, ほぼ等しい, 二人は

▼ 下り一番線~ (3, 0.1%)

1 との線路, との間, を通過

▼ 下り~ (3, 0.1%)

2 にはさき 1 一年措い

▼ 下り~ (3, 0.1%)

1 さ, だと, を上っ

▼ 下り来れ~ (3, 0.1%)

2 ば午 1 ば海水それ

▼ 下り~ (3, 0.1%)

1 が住ん, とともに階下, に半

▼ 下り~ (3, 0.1%)

2 で平潟 1 を北廓

▼ 下り遂に~ (3, 0.1%)

1 は暗黒, 屍骸を, 根方の

▼ 下りあるいは~ (2, 0.0%)

1 登り道なき, 起き伏すうねり

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 春の, 秀も

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 くる, 何んかで

▼ 下りさて~ (2, 0.0%)

1 仰いで, 駅を

▼ 下りしばらく~ (2, 0.0%)

1 様子を, 沢について

▼ 下りちゃ~ (2, 0.0%)

1 ア仕様が, 来られねえ

▼ 下りつい~ (2, 0.0%)

1 て吻, て来た

▼ 下りついた~ (2, 0.0%)

1 ころには, ところが

▼ 下りでございます~ (2, 0.0%)

1 からそう, から楽

▼ 下りとも~ (2, 0.0%)

1 ほとんど同時に来た, 謂つてゐる

▼ 下りなすった~ (2, 0.0%)

1 に相違, 時は

▼ 下りなどの~ (2, 0.0%)

1 悪趣味, 意で

▼ 下りにか~ (2, 0.0%)

1 かつた, ぶつて

▼ 下りにな~ (2, 0.0%)

1 つてからも, つて裏の

▼ 下りやう~ (2, 0.0%)

1 とした, と彼

▼ 下りようやく~ (2, 0.0%)

1 人里に, 呉の

▼ 下りゐ赤らみ~ (2, 0.0%)

2 垂るる

▼ 下り一度橋~ (2, 0.0%)

1 を渡った, を渡つた上

▼ 下り三時間~ (2, 0.0%)

1 と見, ばかり右岸

▼ 下り三里~ (2, 0.0%)

2 の峠

▼ 下り~ (2, 0.0%)

2 の関

▼ 下り久しぶり~ (2, 0.0%)

2 に普通

▼ 下り二人~ (2, 0.0%)

1 の水夫, 下りて

▼ 下り京都~ (2, 0.0%)

1 の町, へ行き

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 にきき, は無

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 では陳留, のわし

▼ 下り余等~ (2, 0.0%)

2 は八時札幌

▼ 下り六列~ (2, 0.0%)

2 ばかりに横

▼ 下り再び~ (2, 0.0%)

1 丘陵と, 吊橋を

▼ 下り列車~ (2, 0.0%)

1 で多分, の走る

▼ 下り到り見る~ (2, 0.0%)

2 眼まばゆき

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 に左, の新柳町

▼ 下り右足~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の雪靴

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 二日の, 處に

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 がうすく, 厚く真赤

▼ 下り四つ~ (2, 0.0%)

1 の罪人, 這いに

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 三角の, 槍の

▼ 下り将校~ (2, 0.0%)

2 の訓示

▼ 下り将軍~ (2, 0.0%)

1 においても遂に, の墨印

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 の鼻, へ上る

▼ 下り川口~ (2, 0.0%)

1 に碇泊, の囲倉

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 の谷, へ曲っ

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 の林檎, へ出まし

▼ 下り庭園~ (2, 0.0%)

2 に出た

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 から飛, ガレを

▼ 下り~ (2, 0.0%)

2 た我等

▼ 下り既に~ (2, 0.0%)

1 御霊社の, 黐に

▼ 下り月光~ (2, 0.0%)

1 の中, をかり

▼ 下り来し~ (2, 0.0%)

1 かな, 品も

▼ 下り松浦川~ (2, 0.0%)

2 を渉

▼ 下り果てた~ (2, 0.0%)

1 所が, 為体竜も

▼ 下り格子~ (2, 0.0%)

1 のそ, を出

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 の下, を渡り

▼ 下り沈む~ (2, 0.0%)

1 蘭鋳の, 蘭鑄の

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 に出た, に浮んだ

▼ 下り甲府~ (2, 0.0%)

1 の娘さん, へ出

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 に入っ, を流れ

▼ 下り着い~ (2, 0.0%)

1 て又, て大

▼ 下り積雪~ (2, 0.0%)

2 を踏みわけ

▼ 下り~ (2, 0.0%)

2 仰げば

▼ 下り荒々しく~ (2, 0.0%)

2 監房の

▼ 下り蓑笠~ (2, 0.0%)

2 するや

▼ 下り行き~ (2, 0.0%)

1 たり障子, て彼

▼ 下り裏口~ (2, 0.0%)

1 から戸外, の幕

▼ 下り途中~ (2, 0.0%)

1 で一晩, 辷りなかなか

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 の脇, を潜っ

▼ 下り頗る~ (2, 0.0%)

1 危険なれ, 困憊を

▼ 下り~ (2, 0.0%)

1 は山々, を受け

▼1* [681件]

下りあそばしまする鯛も, 下りあと電車で駅, 下りいかにもガサツに, 下りいつも主人が, 下りいでましてその, 下りいろいろつまらねえ細工, 下りうっかりすると, 下りおることと, 下りかつ辱くも入獄者一同に, 下りかと聞く上り, 下りかの汽車の, 下りがたりびしりと手当り強く, 下りがんりきは脚絆, 下りきたった赤谷川である, 下りきたりて佐伯, 下りきょうは海路, 下りきり島の社, 下りきると急ぎ足, 下りくださいませんでしょうか, 下りくらいになって, 下りぐつすりと云へない, 下りぐらいの店が, 下りけり香を, 下りける時, 下りければ流石, 下りこそもう自分, 下りこちらにおいで, 下りこれから少しずつ北, 下りこんどは岩, 下りごつごつ転がった石塊, 下りさうな階子も, 下りさえすれば, 下りさきほども申しました, 下りさま空を切っ, 下りざまに叩頭, 下りしおりその風, 下りしかるのちオテルサヴォイの, 下りしなきゃならねえだろうかってことが不思議に, 下りしらしらと, 下りじゃない, 下りすでに同地位, 下りずり下る寝衣, 下りせねばならなかつた, 下りせまいその家, 下りそうして鋭い爪, 下りそこなっては一大事, 下りその後から我々, 下りそれでも蔓の, 下り暗き, 下りたちもう一度前, 下りたちまち櫂音たかく, 下りたち牡丹の一もとごと, 下りたった彼の, 下りたまへりけるあやし, 下りたりとやうに, 下りたりとて浜町の, 下りたれば谷風応, 下りだって甲府までは, 下りだの上りだ, 下りだんだん大きく揺れ, 下りやある, 下りっていうのが, 下りついに地に, 下りつかつかと周倉, 下りつらつら当時の, 下りてかの大いなる魂, 下りてからの長い桜並木, 下りてからはほとんど歩い, 下りてなの字浦に, 下りてへえしという, 下りてをさまつた, 下りであったが今度, 下りでありそのいくつ, 下りでありましょうともお, 下りであるそのゴム長, 下りできるように, 下りとか称へて, 下りところどころたゆた, 下りとしかいいよう, 下りとてさすがに, 下りとではまるで違った, 下りとなつた, 下りとはいえ路, 下りどこへとも無く, 下りどすんと落下させ, 下りどっちの切符, 下りなかなか困難数時間に, 下りなくつちや, 下りなくっちゃ御前, 下りなさいますか, 下りなすってくださいまし, 下りなと言ったら下りないか, 下りなどこの辺, 下りなどには十六七日を, 下りなら江戸への, 下りなら引返してまた, 下りなら願うても頂く, 下りにて七合より, 下りにやりと笑いそう, 下りに対する私の, 下りはてたもの変れ, 下りばかりで赭土, 下りひさは出かけ, 下りひとすじは三越, 下りふと行手を, 下りぶらぶら歩いて, 下りえと俺, 下りまたは融解蒸発し, 下りになっ, 下りめくれ下り黒い目金, 下りもう夕霧に, 下りもと庭園であった, 下りものなどのした, 下りもはや手は, 下りやがつた, 下りよき日を, 下りよく真青に, 下りて, 下りイスマイリアを通っ, 下りクルリと空, 下りサルオガセが灰色, 下りセルロイドのラッパ, 下りダニューブ河を下, 下りテヱエル河に沿, 下りニタトロマップの細流, 下りハンドルを手, 下りポトポトとそれ, 下りモントルウの附近, 下りラホスースから今度, 下りロイドと共に政務長官エミイル・シュミット氏, 下りワーッと喚声, 下り一〇一〇メートルくらいの山, 下り一七五二年で終る, 下り一二〇〇メートルくらいから右, 下り一人の女, 下り一挺の鍬, 下り一時頃ででもあ, 下り一様にキャッキャッ, 下り一気に敵陣を, 下り一番の線路伝い, 下り一番線上を通過, 下り一行はここ, 下り一里余りも来, 下り一門広大子孫繁昌というめでた, 下り一頭の乗馬, 下り三十二きろの, 下り三十日に親任式, 下り三和土の床, 下り三寸不爛, 下り三峰川に沿う, 下り下るかと思へ, 下り下戸は旋毛, 下り下草の多, 下り下駄を引ツ, 下り忍池の, 下り世間の評判, 下り線路の, 下り中入りが過ぎる, 下り丸髷にひっかけ, 下り丹波山に出, 下り乍ら貪るよう, 下り乗客も増し, 下り九度山へ立寄っ, 下り亀一の体, 下り二〇五〇メートルくらいの尾根, 下り二丁下りして, 下り二三十人を立たしむべき, 下り二三度小凸起を上下, 下り二十八日には法制局長官神鞭知常, 下り二十四日の旅程, 下り二回の直通列車, 下り二時五分越中沢を徒渉, 下り二段を踏ん, 下り二階から階下, 下り五万の官軍, 下り五時前と云, 下り井手邊で美しい, 下り京上り往来に果つるおん旅, 下り人力車雇いて, 下り人里へ出た, 下り今のは杵, 下り今宵は湖西, 下り今朝の寒, 下り以前は番獅子, 下り伊那部の宿, 下り伏見からは例, 下り伸子は正気, 下り佐原屋を出, 下り佐渡が饗応, 下りの傍, 下り作業をしなけれ, 下りりお茶, 下りの曠野, 下り俺達を討っ, 下り候時は薩, 下り停車場前にて舟, 下りはなんだか, 下り優等なる文化, 下り兄弟は中の間, 下り先づ驛前の一亭, 下り先刻の砂, 下り先陣が対山, 下り入らんとはし, 下り八丁堀の合点長屋, 下り八丁堀町御組屋敷, 下り八時頃ホイットミイ氏の家, 下り八間の灯, 下り公債も社債, 下り公園を抜け, 下り六時大絶壁に遇い, 下り具合が乙, 下り写本は葛籠, 下り冬山に入る, 下り冷たい水に, 下り凌雲岳を右, 下りは江戸ッ児, 下り出口から出, 下り出来るのは, 下りを鞘, 下り切ればすなわち, 下り刑事室の前, 下り初めて駒ヶ岳に, 下り初舞台初日の日, 下り別れて帰つた, 下り到る可き, 下り到頭燃え盡, 下りへまわっ, 下り勝ちになっ, 下り勝手の分らぬ, 下り勾配のため, 下りして, 下り化粧部屋の口, 下り北上川を渡り, 下り北都留とある, 下り十二月から春三月頃, 下り十二月降雪を見, 下り十五分にし, 下り十文字峠を踰, 下り十日ほどまえ, 下り十歩ほど退っ, 下り千メートルぐらいの高度, 下り千葉街道の裏手, 下り南麓のフランケンハウゼン, 下り危うき板橋を, 下り即座に車馬千駄, 下り即日ふたりは葭萌関, 下り原告の敗訴, 下りな下界, 下り去らざると山, 下り取る時に, 下り口石欄の前, 下り井戸の, 下り右碇泊いたし候アメリカ船, 下り叶津から八十里越, 下り吉田口から富士山, 下り名主へ訴えよう, 下り名主塚越弥左衛門殿母儀検脈に参り, 下りひて, 下り呉侯に会っ, 下り呉淞へ出, 下り周馬もまた, 下り四ツ谷へのコース, 下り四日に蒸気船ニ両人共ニのり込ミ, 下り四時頃と覚えます, 下り四月下旬に上っ, 下り四束の花, 下り四辺の空気, 下り土地の豪族南海, 下り土樽に出る, 下りへ着く, 下り地図の道, 下り地底が直ちに, 下り地所一万何千坪は拝借, 下り地面に引きずらぬ, 下り垂れを揃えた, 下り城兵に鉄砲, 下り埠頭から石山行, 下りに添つて東, 下り堂前のだらだら, 下り堰口の瀑, 下りの方, 下り塵芥の重量, 下り士官の音調, 下り士官学校の前, 下り夕刻大坂の八軒屋, 下りのようす, 下り多くの河, 下りの町, 下り夜明村から北, 下り夢中の推摩居士, 下り大きな眼は, 下り大宮方面の大, 下り大東岬に至る, 下り大浜から半島, 下り大通峠を経, 下り大阪より篠崎, 下り天下の事, 下り天井の低い, 下り天保山築港をみ, 下り天神の築地, 下り天竜川のほとり, 下り太い掛樋で, 下り太い逞しい樹の, 下り太田は外, 下り夫人は七日, 下り奥入りに揃え, 下り奧入りに揃, 下りは髪, 下り女子の背後, 下り女王が蛇, 下り妙法寺川に沿っ, 下りお比奈, 下りを連れ, 下り姿見の池を右, 下り婦人を窺う, 下り存外容易に, 下り守一はいよいよ, 下り安松へ上がる, 下り宝蔵院の案内僧, 下り室中を見廻した, 下り宮家の前, 下りのうち, 下り家康に増封, 下り寒いぼんやりした, 下り対岸に渡っ, 下り射ると共に颶風, 下り溝に, 下り小さい川に, 下り小さな小兎, 下り小川を飛び越え, 下り小梅のお, 下り小男の頭, 下り小石川極楽水自証院の和尚, 下り小金井に出, 下り小黒部を経, 下り少し歩いてから, 下り少しく六嚢の, 下り尽してもまだ, 下り尽したけれどもかの, 下り尽したら何処へ, 下り尽す一夜の, 下りて一つ一つ, 下り居る山路かな, 下り居間の障子, 下り屋根の上, 下り山一つ越えて, 下り山楊の家, 下りをめぐり, 下りから岩, 下り岩美駅へ午後九時半, 下り岸見の飯田屋, 下り崖上壁面尽く偃松, 下り川下りの水, 下り川床伝いに行け, 下り左膝が地, 下り巫女の手, 下り差益は減少, 下り巴町の方, 下り市内電車にて本所押上, 下り市川の近く, 下り市街を歩い, 下りは垂れ, 下り帰りには食い物, 下り帰京の段, 下りの小屋, 下り平湯に出ず, 下り平潟市街を過ぎ, 下り平野屋の寮, 下り庭内の砂, 下り廊下を小走り, 下り張飛の軍, 下り強制を以て比隣, 下り弾丸に削られた, 下りの家, 下りが見えなくなる, 下り彼らの後, 下り彼等と最も, 下り彼自身は魏, 下り往来の雪, 下り後汝等の西, 下り徒歩の連中, 下り御成門の方, 下り御牧が原, 下り心臓をエレクトロカルヂオグラム, 下り意識が朦朧, 下りいて, 下り慇懃に両手, 下り懐ろからはノート, 下り我が家の庭, 下り或いは藤蔓などに, 下り扇風舎桃林って, 下りの方, 下りから茅, 下り手綱を曳き, 下り掛けてゐた, 下り推し合せ長刀で, 下り損なうかも知れない, 下り敷いたのか, 下り料理人が細か, 下り斜めに水, 下り旅店について朝食, 下りはもう, 下り日和田へ八時間, 下り日本橋辺に旅宿, 下り日没椶櫚生ふるエニン, 下り明日もお, 下り明朝上京と存付候間, 下り易い道です, 下りの前, 下り昨夜花咲き亂れて, 下り時行を逐う, 下りは陽動, 下り暗夜身を郵便車, 下り暫く便所の, 下り曳網をし, 下り更に少しく右折し, 下り書棚が左右, 下り最低との開き, 下り有明の内海, 下り木曽家に寄せる, 下り木津川沿いに郡山, 下り来って黐, 下り来らし声霧らふなり, 下り来らんとす, 下り来りて鳴く, 下り来宮へ参詣, 下り杭州から越州, 下りに行く, 下り東側の偃松, 下り東方へ入る, 下り東海道へ出現, 下り東照宮大猷廟その他, 下りの根元, 下り枕許につめ, 下りの中, 下りの両端, 下り枝折り戸まで出, 下り枯草の路, 下りと云う, 下り染八の面前, 下り案内知った東南, 下り桑谷で迷っ, 下り梅雨ちかい空, 下りの露一つ一つ空, 下り森林の中, 下り椅子は倒れ, 下り楠軍の後続部隊, 下り極めて深き底, 下り楽屋に帰っ, 下りを手, 下りともしなくなった, 下り次第に死滅に, 下り歎かいは新, 下り此辺の村, 下り武蔵が神田お玉ヶ池, 下りして, 下りと半, 下りの手助, 下りのどす黒い, 下り水煙を立て, 下り水道橋の歯科, 下り汀灣に出でしめ, 下り江口の遊女, 下り江岸いたるところ, 下り江戸へ入り込んだ, 下り江戸川を下っ, 下りの弁天社, 下り河原をドンドン, 下り沿岸を廻航, 下り法相宗の碩学蔵俊僧都, 下り注連飾りの店, 下り洗面所へ行きました, 下りにかくれ, 下り流れに近く, 下り浄瓶峰に在る, 下り浮穴郡の他, 下り消防夫屯所の所, 下りの落つる, 下りが流れ出, 下り済して光明, 下り温泉へと霧, 下り湖面近くへ辿りつきました, 下り湯浅とコーカサス, 下り湿けた, 下り滝の下を横切っ, 下り滝壺の淵, 下り漸く午後一時ごろ自動車を, 下り潮來鹿島に押し, 下り濃霧の中, 下りまた瀑, 下り点々と散在, 下り為兼独力で撰ん, 下り無事にめいめい, 下り無法をいいかけられ, 下り焼岳の灰, 下り熱海宝塚劇場へ入り, 下り牛丸君の家, 下りをも言わ, 下りに両手, 下り狭い曲り角に, 下りの子一ぴき, 下り猫遊軒猫八とあっ, 下り太人街内に, 下り獄中になお, 下り玄洋社の二階, 下り玄関の外, 下り玉置の陣, 下りの極, 下り琵琶湖の岸, 下り甚だ速く人, 下り申し候, 下り申すぞッ, 下りを以て没す, 下り登嶽の客, 下り白馬温泉に行く, 下り皆默默としてプラットフォーム, 下り鳴りぬ, 下りを溶け, 下り目団栗目いろいろなの, 下り目白臺を左, 下り目黒不動祠の茶亭, 下り直ちに又船, 下り真っ青な顔, 下り真先の車, 下り真青な顔, 下り眼尻が心持ち, 下り着物の裾, 下りが宙, 下り矢野文雄や小野梓, 下り石切から国境, 下り石切橋から電車, 下り石段の下, 下り石滑かに水駛し, 下り石舟斎にも床几, 下り砥石を持, 下り福岡通町に住み, 下り立ツて洗濯, 下り立売堀に住, 下り競いながら獲物, 下りの蓋, 下り箱部屋などでもちょうど, 下り素晴らしい一つの, 下り終って登り, 下り終るのを, 下り経済的原爆が平和, 下り経過よく膿腫, 下り絡みつき輪索を, 下りを辷っ, 下り縁側伝いに来, 下りのごとき, 下り美濃尾州と歩い, 下り美緒の傍, 下り義弘に乘ら, 下り義弟に礼, 下り老年期の処, 下り老母と妻, 下り肥後守念比ニ申候ニ付而逗留仕居候, 下り背中の赤坊, 下りの辺, 下り自分の身, 下り自己を与えん, 下りを吐く, 下り舍人等を隨, 下りを喚び, 下り舟夫達や河, 下り船上り船の往き交, 下り船路の後, 下り花束美人の真只中, 下り茶の間の用箪笥, 下り草履をはく, 下り荘官が家, 下り荷物を持っ, 下り荷車にすがっ, 下りの新芽, 下り萬年橋を渡り, 下り著くを見, 下り蔵裏の廊下, 下り蕃使の前, 下り蒼く月光, 下り薄暗い船員室の, 下り薄暮結束屋に達す, 下り薬師沢を上り, 下り藤岡より鬼石, 下り藩主越中守の指揮, 下りがその, 下り行きし男の, 下り行き靄に隠れ, 下り行く手の陸, 下り行った傾斜の, 下り行手の草木, 下りで馬車, 下り街道は白い, 下り衝立小机竹馬大小の箱, 下り衣冠着用のまま, 下りの井戸, 下り裏手の廊下, 下り裸足になっ, 下りを伝う, 下りをあけ, 下り西の京の町, 下り西岡邦之介等水戸に縁, 下り西武線に乗る, 下り西蔵とネパール, 下り見越入道は誂, 下りを作り, 下りを聞い, 下り調子の低い, 下りをわたっ, 下り谷崎氏の, 下り豊前より再び, 下り豊川稲荷に賽, 下り賃銭を払った, 下り資本をつかいはたし, 下り赤坊の揺り, 下り赤男山との鞍部, 下り走り上った山路, 下りに任せ, 下りを延ばし, 下り轉串機は爐邊, 下り余曲折する, 下りへの上山, 下りる, 下り途中浸水の迹, 下り遊ばした後も, 下り遊ばすとすぐ, 下り運送に積まれ, 下りのごとく, 下りの夜宮, 下り里蘇生致し候次第, 下りを越え, 下り野営の仕度, 下り野山の獄, 下り野路を横ぎる響, 下り鉄漿溝というの, 下り銀座へ出, 下り吏以下の, 下り長江を溯り, 下り開戸を開け, 下り間もなく三人は, 下り関守氏が入っ, 下りは一層, 下り附近の都合, 下り降るを説く, 下り階下の室, 下り階段をあがっ, 下り随分時間を, 下りに顧み, 下り隣り植ゑたり田竝びの, 下り雁二郎の, 下りを山王台, 下り雪崩の下敷, 下り雪解水の音, 下り零下十何度という寒, 下り電光のよう, 下りが下りる, 下りに乗っ, 下りは谷, 下りをはく, 下りかの婆さん, 下り頸はつッぱつて苦しくなり, 下りには漆黒, 下り風邪も一週間, 下り飛沫散じて, 下り食堂の方, 下り飯富に上陸, 下り飽海郡から西海岸, 下り香椎中将の下, 下りに飲, 下り馬車に乗った, 下りから出よう, 下り駅前の市場, 下りに乗っ, 下り高い石段を, 下り高低參差黄赤相交はり濃淡相, 下り高杉晋作や桂小五郎, 下り鬼岩や松原, 下り麹町を過ぎ, 下り黒い目金と, 下り黒さんお下り, 下りを撮まれる, 下り鼻下の薄い