青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「両方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~丞 丞~ 両~ 両人~ ~両側 両側~ 両国~ ~両手 両手~ ~両方
両方~
両者~ ~両親 両親~ 並~ ~並べ 並べ~ ~並ん 並ん~ 並木~ ~中

「両方~」 2791, 30ppm, 3884位

▼ 両方~ (941, 33.7%)

25 眼を 21 手を 14 手で 9 腕を 8 手に, 手の, 耳の 7 掌を, 間に 6 手が, 目が, 目を, 眼に, 耳に 5 岸に, 掌で, 眼が, 肩を, 腕に, 間を, 頬を, 顳, 鼻の

4 [14件] 人差指で, 意味に, 拳を, 目から, 目に, 眉を, 眼から, 眼の, 端に, 耳が, 耳を, 肩に, 足の, 頬に

3 [16件] あいだに, はしに, 手首が, 手首を, 掌に, 眼は, 端から, 肩から, 腕が, 腕で, 腕は, 袂に, 袂へ, 言い分を, 長所を, 頬が

2 [71件] あまり興味を, お乳, こめかみの, ために, はしを, クツした, 中間に, 乗降口に, 乳房が, 位置が, 停車場を, 側から, 切り口を, 前足で, 力の, 原因が, 叢に, 口から, 国の, 場合に, 壁に, 岸から, 意味が, 手は, 指を, 木の, 氷河が, 皮へ, 目とも, 目の, 目は, 眉毛を, 看病に, 眼玉が, 瞼が, 端が, 端で, 結果が, 耳で, 耳へ, 肘を, 肩で, 肩へ, 肱を, 胸は, 脇腹を, 脚に, 脚を, 腋の下から, 腎臓が, 膝に, 膝頭は, 船から, 袂が, 袂で, 袂の, 袂を, 袖が, 袖で, 要素を, 親の, 親達が, 言葉が, 運が, 酔いが, 間が, 関係者を, 電車が, 頬っ, 頬の, 頬は

1 [513件 抜粋] あなを, あらゆる労働, ある島, いい分, いうこと, おけを, お家で, お巡りさんが, お役に立ち, お手, お目の玉, お目目, お耳, お袂, かくしには, かけ持ちでしょう, かごに, かべぎわにおき, からだに, が尻, ことを, こぶしを, すみが, せいであった, たぼを, たもとに, たもとを, つむじ曲りを, どちらにでも, どちらの, なかに, のこぎりめが, はしが, はじにく, ひざに, ひじを, ひとさしゆび, びんと, ふくらむだ頬, ふたを, ほおに, ほおへ, ほおを, ほっぺたに, まぶたが, もたれ気味, ものが, わきの下から, を合せる, ガラス窓が, ガワが, キゲンを, タメだろう, ハゲが, ピストルの, ペダルを, ホシを, ポケットから, ポケットに, ポケットも, ポケツトに, 一致した, 上隅に, 下瞼, 世界に, 丘に, 両親も, 中に, 中指を, 乳の, 乳房を, 争いを, 事を, 事件に, 事業に, 二の腕で, 二階から, 云う事, 人々から, 人たちは, 人差指を, 人足共は, 仕事が, 仲に, 仲を, 任務を, 企ては, 体が, 何れだらう, 何れだろう, 作用が, 作用の, 便利屋だった, 停車場には, 側に, 傍を, 兄さんたちは, 先陣とも, 入口から, 入口からは, 入口は, 入口へ, 入口を, 全身を, 公然の, 共同に, 兵隊は, 円柱に, 円精から, 出入り口の, 出入口から, 刃が, 刃を, 分前, 切口には, 判事に, 前へ, 前を, 前端相合する, 前足が, 力が, 勢力互角, 区別が, 協調である, 危険を, 原因から, 反対衝突する, 口許へ, 各心皮, 名が, 名に, 名前を, 呼吸の, 和解の, 喰競べを, 国から, 国語で, 地主の, 地名が, 地所に, 地面は, 坂の, 場合の, 堵を, 塀の, 壁が, 声が, 声援ぶりが, 大岳, 大平野, 大腿の, 大関みた, 女に, 子供は, 字の, 実状を, 室に, 室の, 室を, 家が, 家の, 家庭で, 家族は, 家族関係の, 家来は, 宿の, 宿屋へ, 寝台の, 小指を, 尖端は, 尻に, 局のを, 山とも, 山の, 山岳会から, 岸が, 岸で, 岸にまで, 岸の, 岸は, 岸へ, 岸を, 島には, 島の, 川縁の, 巡査に, 巾を, 平野の, 度合を, 座敷を, 庭に, 庭の, 庭を, 廊下から, 廊下へ, 建物に, 引力が, 引越騒ぎが, 張りつめた心, 形の, 得であった, 徳利に, 心を, 志通じかね, 思想の, 思想は, 性質が, 性質を, 悪いところ, 意味を, 愚劣な, 愛着を, 感情を, 感覚が, 態姿や, 戸籍しらべ, 手すりに, 手だって, 手のひらに, 手のひらへ, 手のひらを, 手の平を, 手へ, 手エに, 手胴体首と, 批判役として, 拇指の, 拳で, 拳も, 拳固で, 拳骨で, 拳骨を, 指が, 指の, 指先が, 指先に, 指紋が, 指紋は, 指紋を, 挨拶も, 掌と, 掌肩下, 握り拳で, 握拳, 政党から, 政府が, 教師に, 斎戒を, 斜面は, 新聞を, 星さまが, 時期において, 時間が, 暮しを, 村, 村の, 村人の, 板挾み, 柱とも, 柱に, 柱を, 根を, 桟敷の, 棒は, 棚に, 極端です, 極端の, 権利が, 横腹から, 橋の, 欄干に, 欄間に, 武器を, 歴史が, 母から, 気持に, 気持を, 決定が, 法主, 混雑に, 温度の, 漁師は, 火夫は, 火鉢に, 炎の, 点が, 点の, 為に, 無事を, 燈明を, 父親たちが, 特性を, 特長を, 猛焔, 玉を, 王様に, 王様も, 瓦を, 瓦屋で, 瓶の, 生活全体が, 町から, 疲れを, 病気を, 白眼を, 皿が, 皿に, 目いっぱいに, 目へ, 目玉の, 眉の, 眉毛の, 眸が, 眼, 眼からは, 眼と, 眼尻に, 眼瞼から, 着物を, 瞳を, 瞼に, 瞼は, 石の, 稼ぎが, 穴と, 空間が, 窓から, 窓の, 窓枠に, 立場を, 端を, 端艇の, 競技者が, 箱の, 箸尖でほ, 籍から, 籠へ, 紋が, 紐で, 終る日, 結果を, 絵の, 絶壁は, 綱を, 総名, 線で, 縁へ, 縫い目には, 縷述と, 群の, 義理に, 羽は, 翼で, 翼を, 考えが, 考へが, 者に, 者について, 耳たぶに, 耳でも, 耳ッ朶に, 肉親の, 肌を, 肩おさえ, 肩が, 肩つきが, 肺が, 肺臓から, 胸にも, 胸の, 脚が, 脚の, 脛を, 腋の下へ, 腕とに, 腰に, 膝が, 膝を, 膝頭が, 膝頭に, 臂を, 臭いを, 舟に, 舷へ, 舷側には, 船が, 船は, 船頭が, 花を, 花立ての, 茶わんの, 藩から, 蝋燭に, 血を, 衣兜へ, 表面には, 袂から, 袖を, 袖口に, 袖口を, 裏通り馬屋新道とは, 裾が, 襖から, 要求が, 親は, 親御さんたちも, 親指の, 親指を, 親達から, 親達も, 親達や, 角から, 角で, 角を, 解決を, 言う事, 言葉を, 設計図を, 話し即ち, 話別々な, 語の, 調査を, 論争頗る, 識者が, 譜を, 警官が, 議論が, 豹の, 財政に, 財産を, 足が, 足で, 足に, 足を, 足両方の, 足首も, 路から, 身に, 身の, 車と, 軍勢が, 軍勢は, 軒に, 近所へ, 通路には, 運転手は, 道の, 道へ, 道端に, 選士が, 部屋の, 部屋を, 部落で, 酋長が, 重力が, 釘に, 針を, 鐙と, 長たる, 間の, 間柄は, 関係が, 隠しに, 青あおと, 面から, 面皮を, 靴の, 音頭取りが, 頬から, 頬からは, 頬つ, 頬と, 頬には, 頬にまで, 頬にも, 頬ぺたがふかふか動き出した, 頬ぺたをへこますほど長い, 頬ッぺたからおでこまで一面について, 頬ッぺたを, 頬骨が, 頬髭を, 頭を, 顔いろ, 顔形を, 顔色を, 飛行船すら, 食堂では, 高地が, 高見に, 鬢に, 鬢は, 鬢を, 鬼瓦は, 魂を, 魅力を, 鴨居の, 黒目が, 鼻から, 鼻孔からも, 鼻孔の

▼ 両方から~ (379, 13.6%)

9 手を 7 腕を 4 一時に, 左右の, 彼の 3 持って, 来て, 肩を, 近づいて

2 [19件] お世辞, ぐいぐいカン蛙, はさみうちに, まだ破けない, カン蛙の, 一緒に, 取詰めて, 合せて, 寄って, 引っぱって, 打つて, 板で, 板ばさみに, 歩み寄って, 縄を, 襲って, 迫って, 逆に, 逼って

1 [301件] あの沙門, あますところ, いちどに, いったり, うら庭, おさえた, おされるので, おやと, お賽銭, かこんで, かじり付いて, かついで, かわるがわるいろいろ尋ね, くる, くる感じ, この白骨島, この都, さげて, しげみの, して, しめ切って, すこしずつ, すごくすっとぼけられちゃった, すり寄って, そっと顔, そのあき, そのまんなか, その山, その汚い, それへ, だったの, だろう, だんだん近づいた, とらへて, とりかかる大小二つ, ながめるから, のし懸る, のばした手, のびて, はさまれた形, はさみうち, はさみ撃ちに, ひしッ, ひたと押し寄せ, ひっぱられて, ひとつずつ, ぶっつからないうち, ぶらさげた, ほとんどぶつかり, まだ空中, むしゃぶりついて, やって, よせあって, よりあって, よりそって, グイと, グッと, ゴツンと, ダンシング・チームが, トム公の, ニューッと, ブツカッて, ボトボトと, ムクの, ムク犬を, 一丈余の, 一人一人撫でまわした, 一度に, 丁寧に, 万吉の, 三四インチ離れた, 下ろした, 与一の, 世界一の, 丘の, 両方へ, 並行的に, 乗っ込んで, 二つかかっ, 二人が, 二口ある, 二度も, 二重に, 互いに接近, 今度は, 仔犬を, 伸びだした潟, 伸びて, 佃と, 佐吉と, 何者を, 使って, 便りが, 保護され, 借りて, 偶然に, 傾きよった, 先生の, 入ったもの, 内へ, 出た端山間, 出る馬車, 刹出し, 力を, 助け合って, 助け肩に, 助だち, 勢ひ込ん, 包囲しよう, 取りすがって, 取捲いて, 受けて, 同時にいっせい射撃, 同時に初瀬, 同時に受ける, 同時に口, 同時に起っ, 同時に駆けつけた, 向う岸へ, 吸込まれて, 味って, 圧迫し, 報酬を, 声が, 姫の, 姫を, 家光めがけ, 寄っかかって, 小方二人ずつが, 小林君を, 差し延べた手, 帰って, 帰つ, 引き合って, 引っぱりあって, 引っぱりっこで, 引っぱり合うの, 引っぱると, 引っ張る, 引っ張ると, 引張って, 引張り合った, 当って, 影が, 彼へばかり, 彼を, 彼女の, 徒渉し, 従けさそう, 御こごと, 心配し, 忍, 急いで, 悚然として, 患者の, 想われて, 感じた生徒, 感謝しられるべきや, 手真似を, 打って, 抓ねられ突飛ばされたり, 抱えて, 抱えられるよう, 抱きあげつつ, 押えながら, 押えるから, 押さえて, 押しつけちゃ, 押しつぶされる思い, 押しよせて, 押すので, 押つけられる, 拳銃を, 持つ小さい, 挟まれて, 挟みつけられて, 挟み討ちに, 挟撃できる, 振が, 挾み撃, 挾んで, 掘って, 探偵たちが, 握り固めました, 支えて, 支えられた, 支柱に, 攻めかかりました, 攻められて, 攻める奴, 敵に, 方向を, 明智探偵の, 来いと, 来る, 来る俥, 来る感情, 柄を, 柔に, 槍を, 様づけ, 次第にはつきり, 次第に近づき, 歌を, 歩いて, 歩みよ, 歩みよるという, 歩行びよつて一所に, 殴られたの, 殺到し来る, 水火の, 汽車が, 沙門の, 洗いあげて, 淀山崎にわたる, 漏り出して, 潮の, 火に, 無邪気に, 犯人の, 猿臂を, 現れた, 生茂ったの, 生茂つたのが, 申しますとね, 発売せられた, 発射された, 相寄って, 眺めつつ, 眺めて, 眼を, 石少年を, 砂丘が, 程よく交叉, 突き返されて, 突合つて其下を, 立証され, 竹藪が, 等しく理解, 組み合わさっ, 絶え間の, 継合せた, 締つて来, 縛められ錘, 繩を, 繰言, 罪の, 耳に, 聞えて, 聞かされた, 腕の, 自然に, 舁き据えたの, 舞台際へ, 行つてゐる, 見られたの, 見る者, 覗いて, 親しげ, 親しみこんで, 観測し合っ, 言った, 訴えられた北条幕府, 詰寄るの, 話しあうとく, 話を, 谷の, 象の, 貰って, 路を, 軒が, 軒並びが, 近づく, 近づくと, 近づくにつれて, 近よっ, 迫りつつ, 通すと, 進まねば, 進み出て, 逼つて来, 避け合って, 部屋の, 重なりあって, 金が, 金五郎の, 鉢合せを, 長い手, 長い槍, 門の, 閉ざす二つ, 関係者一同に, 障子を, 集まった人たち, 靴を, 顔を, 飛んで, 首ッ玉を, 駆け出して, 駆け寄った, 駈けよって

▼ 両方とも~ (374, 13.4%)

2 うれしくて, 同じくらいの, 同じよう, 同じ程度, 彼の, 手に, 私には, 見せて, 閉って, 開いて

1 [354件] ああ云う, あいまいに, あい手を, あかりを, あったという, あとかたも, あの人, あまり話ずきで, あまり遠く, ある確かさ, いっしょの, いっぺんに, いわれる事, うまく使う, うらがえしに, おそろしく強い, おびただしい痛手, おもしろい, お達者, お閑, お高, かしこまって, かなりしゃれた, かなりに, が, が割合, が広幅帯, が泣き, が狭く, きかれる程度, きれいに, くりくり坊主, ここを, こんなに肉, すべて, すまして, そうはっきり水, そこの, そこへ, そしてことに, そのお, その後に, その針状葉, それからそれ, それなりけり, たいへん早く, たがいに, ただ油, だ, ちゃんと開い, ちょっとバツ, ついて, ですか, とられるん, ないって, なくして, にあかじみた, にあき, にそそっかしい, によろしく, に一人, に一度, に一生懸命, に単に, に大した, に実際, に左, に彼, に必ず後で, に恐るべき, に戦争, に殆ど相, に殺す, に沈ん, に生きたい, に生命, に益々, に相当, に石, に絵, に舞, に謂っ, ひたとつぶれ, ひどくゆっくり, ぴったり閉, ほうほうの, ほんとうな, まあ牢獄, まず山岳割拠, またいつも, まるで見えない, まんまるい頂き, みごとな, むずかしいという, むつつりし, もう戸, もう紳士, やたらに, やはり同じ, よく知りあっ, よく食べなさいます, を見られない, アメリカの, ウンとう, カラいけない, ケンカを, ソーダ松魚と, ファシズムという, リイが, 一人娘だった, 一刻も, 一変され, 一寸ほど, 一時に, 一気に, 一重なら, 三十一日に, 三千五百円だ, 三月に, 下から, 世間から, 中つた, 事実で, 事実であった, 二十六メートルずつ, 二十面相の, 二時十六分である, 二歳ばかりの, 云わずに, 五枚ある, 人間である, 仔羊の, 何処までも, 余計に, 備わって, 僕は, 先が, 先生に, 全速力で, 八の, 八年以内, 写真で, 冷たい, 出征し, 刃物を, 別真別正の, 前夜の, 力まかせに, 取っちゃ, 取つてしまつて, 取られた上, 取り組みに, 口へ, 右足じゃ, 各, 合せて, 同じ, 同じこと, 同じ小川町停留所, 同じ左腕上膊部, 同じ権利, 同じ考, 同じ薬品, 同じ調子, 同一の, 同時に眼, 同様に, 吸い尽さなければ, 呑みません, 問題を, 喰べて, 嘔きたくなる, 嘘か, 嘘である, 嘘では, 嘘と, 国を, 園田さんの, 土地よりも, 地蔵岳と, 基本時称で, 堅く拳, 塞がって, 壁に, 外の, 多少の, 夜に, 夢中に, 大きく開い, 大切な, 大変早く, 大学へ, 失敗する, 失策って, 女の, 好う御座い, 完全に, 実ザクラ, 寒さ, 寝台の, 少しずつ, 少しだまった, 尖って, 尤もらしい, 屍体の, 平行し, 幹は, 廊下に, 強かりし, 彼は, 彼らより, 待ってるが, 徳子の, 心配したよりい, 恐しい力, 悪くなっ, 愛しては, 感じが, 慎しみと, 懐中手大, 成長し, 手首から, 承諾し, 持ってること, 故人では, 文禄慶長の, 既にしばしば借り, 普通と, 曲がりかけた腰, 有りたけ, 本当か, 本当でも, 本当の, 根の, 根拠が, 根神である, 極くありふれた, 極めて真剣, 極めて静か, 極端に, 橙紅色で, 欲しかった, 此んな, 死に, 殺気立って, 気抜けした, 水の, 氷の, 江戸者同士です, 沿線と, 浮いた気持, 涙ぐみながら, 渡りに, 漆塗の, 漢方医の, 濁, 無手, 無理が, 無理でねえ, 爪先ばかりで, 狭く細く山, 玄人です, 現在, 理屈としては, 甚気まずい, 画かれたもの, 発育し, 白い, 百枚ずつ, 益々はしゃぎ出した, 盛に, 真である, 真に美しい, 真実であり, 真実の, 眠れない, 眼が, 眼を, 矛盾し, 知って, 知らないの, 私に, 私の, 稀世の, 稽古した, 空虚だった, 窓には, 立派に, 箱の, 約一万三千七百フィート, 約二粁位, 結局むだ足でした, 考えぶか, 職工らしくない, 肩を, 脱走する, 腐りはじめて, 腑に, 自分が, 自分の, 自由に, 自説を, 舞わせそれ等, 若い女らしい手, 若い者同志, 茶わんの, 著しく大きい, 蚤の, 見れど, 見物の, 覚えにく, 親から, 言合わせたよう, 証拠の, 誠に, 誤って, 読んで, 誰かから, 議論を, 譲らずその, 象である, 豪い, 赤革トランクを, 身代も, 返しながら, 迷惑を, 退校だ, 送って, 通れること, 運ばれた, 過てしまうもの, 違うこと, 邪魔には, 針の, 銀で, 鍛練された, 長い刀, 間が, 間違いです, 間違いを, 間違って, 間違でない, 雪を, 青眼先生を, 面倒なら, 風速によって, 飲み物である, 飾編を, 首くくりもんだ, 馬の, 黄泉の, 黒だった, 黙々と口, 3

▼ 両方~ (238, 8.5%)

5 分れて, 開いて 3 共通な, 手を

2 [11件] ある, ひらいて, ひろげて, わかれて, 共通で, 刃の, 同情した, 差支の, 気を, 突立つてゐる, 立ち並んだ道

1 [200件] あった, あったので, あって, あると, あるの, あるもの, ある茶の間, いいこと, いるよう, お目にかかって, かかって, かかるよう, かけたよう, きりっと引き, さっと開い, さらさらと, その詞, その部分, それぞれ一つの, それぞれ普通の, たくさん悪い, ついた所, つかって, つき立て蒼, つづいて, つられて, どんな様子, なかったらしく, なかろう, ならんで, になって, はねて, はね上がって, ばらの, ひかえて, ひらかれた部屋, ひらきました, ひろが, ひろげ黒めがね, ふたりの, ふりわけ歩板, ぶらさげて, ぶらついて, ぶら下って, またがって, またがる怪しい, まったくとらえられ, めぐまれて, よくし, ブラリと, 上げて, 下げて, 下げる担い桶, 二つの, 二つ顔を, 五百体千体と, 似てるに, 住んで, 体を, 何の, 何度も, 例の, 共有の, 共通の, 兵を, 具合の, 出て, 出演し, 分かれて, 分けて, 分つ最高点, 分れたとき, 分れる, 別れたまま, 別れて, 別れると, 別れ私, 利く温泉, 力なく, 劣らぬほどの, 可能性が, 各一個, 同等の, 向って, 呑まれて, 呪いの, 問題が, 喚声を, 坐り込み幾久雄兄妹, 夢中に, 大きな領地, 大きな魚, 大岩あり, 好都合だ, 学生風の, 寝泊りし, 尊敬を, 小さい入口, 居て, 属する男, 嶮しい, 平均に, 広がって, 広く離れた, 度肝を, 引いて, 引っ張りだこに, 張り出し内, 当て往々始め剛毛, 往き来し, 往っ, 往つ, 往来する, 心の, 心を, 必要だ, 忠実な, 忠誠を, 思い違いが, 恐ろしいガレ, 扮した, 抱えよせて, 押しのけて, 押し下げその, 持つ言葉, 振り放しました, 振分けて, 掛けたので, 控えゴブラン, 提げて, 敵を, 於ける不, 於て, 明け放たれその間, 書いたもの発送, 書いて, 植ゑてみたがこれは, 楓を, 残って, 比べますと, 毛布を, 気の毒で, 永田組の, 泣きつかれて, 注ぐ, 注意せぬ, 渉つて用ゐられ, 満足を, 火を, 狭い通路, 生被さった, 用ゐられた, 男と, 留守の, 目標を, 相分かれ, 相対し, 真碧, 突張っ, 立ち別れて, 立てる, 精密に, 約束し, 細めに, 縄を, 聳えた山々, 膝が, 膝まずい, 膳支度が, 自信を, 葬式が, 血統一系ある, 見る事, 観音びらきに, 言ひ, 谷を, 貼る尻あて紙, 跨いで, 跨った一学科, 跨って, 跨つて使, 身を, 迫って, 通じてや, 通じる様, 通ずる, 通口の, 遠くは, 銀の, 開きました, 開く鉄, 関係する, 離して, 離すと, 離れだした, 離れるとともに, 雲井の, 飛び別れて, 駆られドレゴ, 高く生い茂ってる

▼ 両方~ (140, 5.0%)

2 あらう, 口を, 愛して, 行はれた, 顔を

1 [130件] ああな, あきらめるか, あけて, あつたらしい, あやまって, いつでも, いのちの, うまくお, おじぎし, かみ合ったまま, からだを, しきりに通信, じゃんじゃんやった, そう信じ, そこまで, そしてどれ, それほどの, たがいに, だまつてゐました, ちゃんとあらたまっ, ちゃんと調子, どこかで, ぶらんこが, まるで駆けっ, みた夢, もっと仲良く話し合っ, よけそこ, イガミ合っ, ブスブスと, ペエジを, 一万に, 一寸睥, 丁度碁盤, 三十四五枚かき終りました, 三十銭位かかりましょう, 三百五十円は, 両方を, 九匁六分でございます, 争って, 二万五千だ, 二十二万石の, 二升位取れる, 二朱余り三朱出ない, 云い出すの, 云ひ, 五人ゐる, 五通あります, 休み, 余計な, 十三円だ, 半分ずつ, 及ばないところ, 取り調べた, 可愛そう, 合計十四五万樽も, 同じこと, 同じ事, 同じ右, 同じ非難, 向ひ, 呼びあう力, 問い合わせたところ, 四円少し, 四十分と, 大笑いを, 大臣が, 女の, 寝息を, 小癪に, 平然と, 引き合うの, 引張りっこ, 慨嘆され, 懐しさ, 手を, 打つ碁石, 折合って, 押し合いを, 押せ押せに, 持って, 挨拶でも, 探し合った日, 損が, 時々むずかしい, 机を, 根比べを, 案じ合って, 気がついて, 気分の, 決まりの, 泣いて, 田村君の, 男と, 相助け合う, 相談の, 瞳を, 稼ぎを, 笑いながら, 約五十日, 自分たちの, 自分の, 花を, 苛, 苦る, 苦労し, 荒い声, 見初めたという, 見詰め合いました, 解らないよう, 言い合って, 話し合って, 話を, 調子を, 諷誦と, 議論し, 路を, 軽蔑し合っ, 適度に, 避けて, 避けよう避けようと, 都合も, 静かな, 音楽上の, 頭の, 頻りに接吻, 飛ぶの, 飽きて, 驚く, 黙つた, 鼻面を

▼ 両方~ (127, 4.6%)

4 兼ねて 2 一人で, 一緒に, 使って, 使用しました, 含んで, 用いて, 見較べて, 関係させず

1 [107件] からかってるん, かわるがわるつかっ, こっそり調べ, この国, こめた体力, たび, ちょっとつまん, つきあわせて, つなぐ横棒, とりもつた話ぶり, ひっくるめて, ぶん擲ぐる, ぼんやりながめ, みくらべると, むいて, やった, やっつけて, ゆっくり取る, よみ合せる形, わしづかみ, 一つずつ, 一所の, 主と, 互に尊重, 交えた態度, 交る, 交換する, 何気なく見比べ, 併せ用いるシナ文字, 備え無言, 公平に, 共に失ひ, 共に活かす, 具体的に, 兼ねたやう, 兼ね備え得る見込, 別々に, 包括され得るだろう, 包括し, 区別し, 取りまいて, 取る, 合せて, 合せてから, 同じく宮中, 同一の, 同時にする, 同時に兼ねる, 同時に引受け, 同時に祝福, 向いて, 嗅ぐと, 失ったかと, 少しずつ, 少し割り, 尤もだ, 岸の上へ, 強く燃え立たし, 彼は, 往き来しました, 征服しよう, 心配し出し, 思って, 想い出させるよう, 愛す自分, 懐手で, 懐紙で, 押えた後, 持って, 指定した, 挙げねば, 掌で, 携えて, 撲りつけて, 放して, 散らさぬ先, 晩の, 比べて, 比較し, 混ぜて, 混同し, 焚きつけて, 照らした, 狙うの, 監督しました, 眺め尽した次, 睨んでるが, 知って, 秤にかけて, 突きあわせたくなかった, 竹で, 結び付ける大きな, 綜合し, 総括した, 考えて, 見くらべて, 見たこと, 見て, 見比べた, 見比べて, 見較べたが, 見較べられる位置, 試みた私, 認め合った, 軽蔑なさっ, 開けて, 食い比べて

▼ 両方~ (117, 4.2%)

3 一緒に 2 同じよう

1 [112件] あったの, ある, ある訳, あろうと, いがみ合って, いた, いよいよ一種, うまく合体, おおよそ同じ, おなじ釣り道楽, お可哀そう, けんかを, こう意気込ん, しっくりしない, しばらく黙っ, じれ込んで, ずっと田圃, そう云い募っ, それぞれの, たがいに, だまった, ばったりと, ひっくりかえる, ふさがって, また漕ぎよせ, まるで別々, よく似, よく調和, よっぱらって, わるい, ガラスの, ガラス窓に, ヘトヘトに, 一時に, 一点に, 一種の, 一致し, 互いの, 五分五分で, 交ざって, 交り合っ, 伴わなければ, 何時でも, 倒れる, 出ないと, 分るので, 別々な, 助かるの, 努めて, 原因し, 可哀そうだ, 同属, 同時にいきいきし, 同時に奥さん, 喰い違って, 噛み合って, 固有名詞で, 堕落する, 声を, 変って, 大切である, 御上京, 心中でも, 必死に, 怪しいという, 悪いから, 悪いん, 悪かった, 意地に, 意地の, 慕っても, 憎々しいくらいな, 或る, 暮したくなったとき, 林に, 正反対で, 残酷な, 決して欲しく, 泣き顔に, 浄瑠璃好きとき, 深い馴染み, 渾然として, 無いなら, 無言で, 生の, 田畑に, 相手の, 真剣に, 知合いの, 突き当ったので, 立ち停まって, 競争の, 笑った, 胸に, 自分の, 自分勝手に, 茱萸と, 萱山で, 虎視眈々何か, 見識り合いである, 角突き合いに, 調子を, 近寄ると, 迫って, 迫つて来, 酔って, 重って, 重り合い乱れ合って, 釣り合って, 顔を, 驚いた拍子, 魂を

▼ 両方~ (114, 4.1%)

2 だらりと, 義理が, 聳つて行つてゐる, 身を, 離れて

1 [104件] いよい, お目, お送りいたしました, かくれた一面, くちが, つき出た羽毛, どこからとも, のびて, ばらばら人通り, ひつぱられる, わかれて, スーッと, 下知を, 二三べ, 二寸ばかりは, 出せと, 出入りし, 分けられた髪, 分れて, 刎ねた処が, 別れて, 別れる, 前後に, 危険信号を, 反対する, 叩頭を, 同じよう, 同じ力, 同時に乗せ, 向かって, 味方し, 呼び出しを, 呼んで, 四五フィートも, 好い子, 好ましくない, 嫁きませう, 嫁く, 対して, 小さい灯, 展けて, 展げる, 幻の, 広がって, 引かれるため, 引く事, 引張り引張りぐっと, 引落し, 張って, 張つて居る, 御丁寧, 手伝いに, 投飛ばす, 披見を, 押しやった, 押分けたれば, 拡げると, 振って, 捌き拡げた両, 擦れ違った, 斜面を, 明放した, 梢が, 歪んだが, 気を, 泥をと, 流言を, 漕ぎ別れて, 灯を, 現われやがってね, 甜めさせるよう, 目が, 眼を, 積上げまして, 立ち分れさて, 立った者, 端然と置く, 等分の, 等距離の, 羽搏く, 聳って, 背中合せに, 艸冠とやらに, 行けば, 表紙を, 詣ること, 跳びわかれ, 跳び下りた, 迸ると, 通じないよう, 道を, 避ける時, 開いた, 開いたでしょう, 開いて, 開かれた, 開くよう, 開けた襖, 開けて, 間を, 電話を, 顔を, 颯と分け, 黒いハート形

▼ 両方~ (34, 1.2%)

2 とりついて, に緊張, 大した変り

1 [28件] おない, しばらくそこ, それ程えらい, ついて, にぞっこん, に仰せられる, に声, に完全無欠, に少し, に怪我, に所詮, に持っ, に湿性, に焔, に行, ぬるぬるし, はい, ほぼ同じ, よく考えた, わかって, 何とも答, 別に異同, 同じであった, 塞がって, 正しいの, 等しく面白いだろう, 読み終えたが, 面白いが

▼ 両方~ (16, 0.6%)

1 [16件] できますまい, はやく志, グレゴール, 一段低く, 出来ませんよ, 出来ません忠孝, 大衝突, 岨なり, 御姉妹, 持ちえない, 杉の, 武力を, 死人の, 無理です, 竜宮界切っ, 飛

▼ 両方より~ (9, 0.3%)

1 前へ, 取りて, 大捜査, 大砲小銃打発候得バ自分もち, 挟みうち, 来たこと, 結びたる藁縄, 迫ってる岩壁, 道也義也と

▼ 両方~ (8, 0.3%)

21 からね, ときめる, と云, と思え, と私, よいや

▼ 両方からの~ (5, 0.2%)

1 依頼で, 恋に, 時に, 火で, 距離で

▼ 両方ながら~ (5, 0.2%)

2 別に挨拶 1 完全な, 憎む念, 自然に

▼ 両方には~ (5, 0.2%)

1 おもりが, なれて, 入込, 松の木や, 樒の

▼ 両方同じ~ (5, 0.2%)

1 くらいの程度, だとして, でない人, ように, 数を

▼ 両方あわせ~ (4, 0.1%)

1 て, ても三千騎, て一体, て三千二百円

▼ 両方かも~ (4, 0.1%)

1 しれない, 知れない, 知れないと, 知れないという

▼ 両方~ (4, 0.1%)

1 もどろ細工, 存じ候父上は, 見て, 関係が

▼ 両方~ (4, 0.1%)

1 ので一時半, んだ, んでしょう, んです

▼ 両方一度~ (4, 0.1%)

1 にぱっと, にプツリ, に引き, に脱

▼ 両方合せ~ (4, 0.1%)

1 てそれ, て三人前, て三十五版, て茶碗

▼ 両方である~ (3, 0.1%)

1 かこれ, かも知れない, からである

▼ 両方です~ (3, 0.1%)

1 か, よ, わ

▼ 両方にとって~ (3, 0.1%)

1 消えること, 縁起が, 隣国であり

▼ 両方に対して~ (3, 0.1%)

1 共に宗吉, 心苦しく感じた, 苦しい心持

▼ 両方のての~ (3, 0.1%)

3 ひら

▼ 両方への~ (3, 0.1%)

2 気兼ねの 1 御断也

▼ 両方別々~ (3, 0.1%)

1 なら尚更, の存在, の掩

▼ 両方同時に~ (3, 0.1%)

1 活動を, 真実であり, 述べる数

▼ 両方ある~ (2, 0.1%)

1 といふの, 点まで

▼ 両方いい~ (2, 0.1%)

1 ように, 事は

▼ 両方いっしょ~ (2, 0.1%)

1 にいつも, にやる

▼ 両方いつ~ (2, 0.1%)

1 しよなの, しよに

▼ 両方からは~ (2, 0.1%)

1 トム公と, 小草

▼ 両方だろう~ (2, 0.1%)

1 が健全, と思う

▼ 両方でしょう~ (2, 0.1%)

1 そうじゃ, ね

▼ 両方のぶぢ~ (2, 0.1%)

2

▼ 両方やっ~ (2, 0.1%)

1 てもくどく, て三十八円

▼ 両方~ (2, 0.1%)

1 アル, 日増シニ連動ノ

▼ 両方一時~ (2, 0.1%)

1 に抜け, に掴まえ

▼ 両方一緒~ (2, 0.1%)

1 にくる, に引っ

▼ 両方中空~ (2, 0.1%)

1 へ翻した, へ飜

▼ 両方共拘引~ (2, 0.1%)

2 に価する

▼ 両方共本当~ (2, 0.1%)

1 としてそれ, の場合

▼ 両方共頭~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 両方兼ねてる~ (2, 0.1%)

2 から

▼ 両方~ (2, 0.1%)

1 で千何百ルーブリ, の挨拶

▼ 両方合わせれ~ (2, 0.1%)

1 ばおそらく, ば三十両

▼ 両方後家~ (2, 0.1%)

1 になっ, になつて

▼ 両方持っ~ (2, 0.1%)

1 てい, ている

▼ 両方~ (2, 0.1%)

1 だ, 両名

▼ 両方~ (2, 0.1%)

2 に乗せ

▼ 両方知っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 両方~ (2, 0.1%)

1 つれば, 上って

▼ 両方見較べ~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼1* [174件]

両方つては, 両方あげておく, 両方あつたらしい, 両方いただき事務室に, 両方うまく調子が, 両方もてを, 両方おんなじ形でおんなじ, 両方かくれるばかり深く, 両方かさなるのが, 両方かつかまたは, 両方からより添って, 両方くっつけて並べた, 両方くっつけた名前を, 両方さしむかい官女たち, 両方しばらくうなりつづけたが, 両方それぞれの特殊, 両方そろった時を, 両方だけしかないよう, 両方だったろうが, 両方だっておなじく手拭浴衣一枚, 両方だんだんぶっつかると, 両方つかえる変装用の, 両方であっと云った, 両方であったから彼女, 両方であったろうと思います, 両方できないことは, 両方でございますからね, 両方でしたんじゃ, 両方でないまでもその, 両方では何彼と勝手, 両方でもあければ, 両方という訳には, 両方とって平, 両方ともそうだろうという, 両方ともとも倒れにな, 両方ともにそのほう, 両方とも使へるやう, 両方によって彼女とは, 両方ぬぐと彼, 両方のうでを, 両方ばらばらになっ, 両方ひっくるめての首席通訳, 両方ひとり占めにしたい, 両方ひろげかけまっ青な, 両方ぶらさげて行きます, 両方べつべつに染めました, 両方御安心, 両方もっともなん, 両方もろとも天狗岩, 両方ろうと, 両方やっつけるのが, 両方一しょに立ちかけた, 両方一つにし, 両方一個宛目立って, 両方一致するもの, 両方一足ずつチャンポン, 両方丁度同じ日, 両方の方, 両方世の中知らず主観的, 両方互に入れ代っても, 両方交ってたと云う, 両方交互に読む, 両方何十人という若い, 両方併せて丁度千円, 両方使って年, 両方儲かる話が, 両方山形という, 両方六人の手, 両方共かすかに見えます, 両方共そこに意味, 両方共それを露骨, 両方共どこかで見た, 両方共ニ其顔がつくり, 両方共一度に屁, 両方共不手際に丸く, 両方共両方で云い出す, 両方共二三日前に当分望, 両方共二股に割れ, 両方共二重にする, 両方共代役するてんで, 両方共佐野の批評, 両方共入り口は明けた, 両方共困難ならぷつりと縁, 両方共大袈裟に見えた, 両方共好きなん, 両方共始から別, 両方共強情だから, 両方共手落なく見張り終, 両方共無一物になつ, 両方共無言のまま, 両方共焼穴にし, 両方共物心のつかない, 両方共真面目だから, 両方共紛失して, 両方共肉体的関係に或は, 両方共膝小僧までしかない, 両方共路になってる, 両方共軟体動物だ, 両方共農作自慢の男, 両方共遠慮がちでいっこう, 両方共銀賞だった様, 両方兼帯の昼食, 両方出来なくちゃ意味, 両方別れてい, 両方動いちゃだめ, 両方十七八メートルしかはなれ, 両方取り混ぜて六条院内, 両方いことは, 両方はせれ, 両方合すと五尾, 両方合わせて見れ, 両方夢中になっとる, 両方肌脱ぎ毛だらけの, 両方大きかつた, 両方大したもんよ, 両方大袈裟に振っ, 両方宿り住んで, 両方寄せると十円, 両方履き了えた, 両方平行して, 両方引合せた袖口の, 両方必死に闘っ, 両方忙しいなかを, 両方忙しく立廻り, 両方を出し, 両方折畳み式に, 両方押している, 両方持ちよらなければ出来, 両方持ち寄ると少し, 両方分に, 両方掛けた手の, 両方揃えてのせた, 両方揃った時, 両方揚げて悪かっ, 両方有っている, 両方有効に使っ, 両方木賃宿の羽目板, 両方を交え, 両方森々とした, 両方欠けるぜ, 両方欠ければ一家全滅, 両方死ねいやいや女房, 両方死んだのだ, 両方注文する, 両方洗ってき, 両方ってい, 両方渡辺がやる, 両方立つやう, 両方片手に延び, 両方狎れ合いでやっ, 両方申し合わせたように, 両方相俟ってぎょろりと, 両方相書しこれ, 両方真赤になっ, 両方結局同じもの, 両方がつて, 両方考へてゐる, 両方聞いて下知, 両方捲を, 両方苦しんでいる, 両方を流した, 両方褄前を揃え, 両方西と東, 両方見えて来た, 両方見くらべてるまに, 両方見比べて気がついた, 両方見通し左手の男湯, 両方親骨にちらりと, 両方試みたがま, 両方谷海の方, 両方ひませう, 両方遁げるから, 両方適宜に自分, 両方食ってやった