青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「両国~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~世間 世間~ ~丘 丘~ ~丞 丞~ 両~ 両人~ ~両側 両側~
両国~
~両手 両手~ ~両方 両方~ 両者~ ~両親 両親~ 並~ ~並べ 並べ~

「両国~」 1364, 15ppm, 7594位

▼ 両国~ (577, 42.3%)

25 方へ 15 橋の 12 女軽業 8 小屋に 7 ほうへ, 広小路に 6 間に 5 広小路で, 橋を 4 列び茶屋, 国技館の, 広小路を, 橋番の, 秋, 花火の 3 川開きの, 川開きは, 広小路へ, 拝み屋, 方から, 旅籠屋を, 水茶屋に, 水茶屋の, 見世物小屋の

2 [34件] 人々は, 仮橋, 会議による, 回向院で, 国境を, 境界を, 官兵等馬筏押し破られ, 宿屋を, 小屋で, 小屋へ, 川の, 川へ, 平和の, 往来で, 曲独楽の, 書を, 桟橋で, 橋間を, 水よけに, 水茶屋で, 水茶屋へ, 水茶屋を, 生存の, 空を, 花火は, 薬種屋の, 袂の, 見世物に, 親方じゃ, 観世物小屋に, 観世物小屋の, 鉄橋に, 鉄橋は, 間には

1 [368件] あいだには, あたり, あの宿屋, あの株, あの袈裟切り太夫, あるところ, ある鳥屋, いずれが, お初が, お泊まり, お絹, お角, くさびを, こちら側の, これこれの, しもたやへ, すしや, とある船宿, どちらに, びっこ捨日本橋の, ほうの, ほど開放的で, もとの, エリット達は, スパイは, トラや, 一ぜんめし屋で, 一件, 一件を, 万八, 万八楼で, 万八楼へ, 下へ, 不作の, 与兵衛代地の, 与兵衛鮨などが, 与兵衛鮨の, 並び茶屋の, 中心に, 中村楼だった, 中村楼を, 中私にとって, 亀清も, 事情上当然, 交換教授として, 交易に, 交渉が, 交通の, 交際の, 人民と, 人民誠意不朽の, 人気を, 人混みの, 人混みへ, 人相見が, 人間の, 今日は, 仏教徒は, 伊勢辰で, 侵略主義者が, 修交を, 修交共栄の, 停車場で, 停車場に, 元町に, 共有物で, 利害問題を, 利益が, 利益に, 勝敗が, 北よし, 医者玄道の, 十一屋から, 十一屋でも, 十一屋に, 十一屋は, 十一屋まで, 十一屋を, 十一屋泊まりで, 南川はた通り難波橋の, 原子方面の, 合戦が, 同じ質, 同宗徒三百一万二百八十五人, 名が, 名称まさしく, 和平の, 和睦も, 唇歯の, 商業的関係が, 噂を, 回向院に, 国交は, 国交上多年にわたる, 国境である, 国境に, 国技館である, 国技館前の, 国教, 国語と, 土産植物である, 地に, 地点が, 地震は, 坂本公園の, 坂本公園へ, 坂本公園を, 境に, 境界争いの, 外交問題は, 夜の, 大きな小屋, 大きな貸席, 大使館員は, 大吊橋, 大夫たちは, 大官名士と, 大川開きの, 大工だ, 大臣が, 大衝突, 天霊様に, 女役者, 女芸人, 女軽業師, 好誼を, 婦人達が, 学界に, 実力に, 実力は, 家に, 宿屋では, 宿屋は, 対日軍事同盟は, 対面は, 小大橋, 小屋では, 小屋主から, 小屋掛で, 小料理屋に, 島市という, 川が, 川べりであるらしい, 川下には, 川増で, 川縁まで, 川開が, 川開きが, 川開きこの, 川開きである, 川開きという, 川開きとも, 川開きに, 川開きも, 川開きを, 川開き前後から, 川開で, 州界である, 席亭の, 干渉戦と, 平和を, 広場にかけて, 広小路, 広小路すなわち, 広小路である, 広小路でも, 広小路辺にも, 広小路銀座通り四谷伝馬町赤坂一ッ木など, 広瀬亭だった, 底の, 店って, 店に, 店の, 御産物交易, 戦争力相伯仲し, 戦備が, 戦端が, 指導者は, 控え宅へ, 握手と, 政府が, 政府は, 政府より, 政治的結合が, 文化交流といふ, 文化水準から, 文壇並に, 文明その, 新花屋, 新関係, 方が, 方で, 方に, 方の, 方へも, 方まで, 方角から, 方面と, 方面の, 旅人宿に, 旅籠屋に, 旅籠屋まで, 旅籠屋十一屋に, 旅行者だけ, 明星座の, 曠野は, 曲独楽使いの, 最短に, 望みを, 木賃宿で, 本能は, 東洋学校には, 東西橋詰を, 某という, 柳橋に, 楽屋で, 楽屋を, 権利義務を, 橋へ, 橋向うの, 橋番を, 橋番小屋から, 橋番小屋の, 橋番小屋へ, 橋番所伝馬町の, 橋袂には, 橋詰めの, 橋詰めまで, 橋詰大弓場の, 正常な, 民族に, 民衆の, 水兵は, 水練場へ, 水茶屋時分平次と, 汽車の, 河岸っ, 河岸までの, 河童に, 河童は, 河蒸汽の, 河開きには, 河風に, 海戦は, 消耗を, 消費者にとっては, 渡し舟に, 為政者自らが, 煙火試合は, 煙花の, 物理学者を, 猿芝居の, 玄, 生存が, 生活の, 生薬屋に, 界隈は, 疲弊を, 百日芝居で, 百日芝居の, 百本杭には, 盗児観は, 盛り場で, 盛り場の, 盛り場は, 盛り場へ, 盛り場やら, 盛場へ, 相撲の, 矢場の, 祈祷所で, 福本という, 秋の, 秋は, 空に, 空は, 空へ, 立花だった, 立花家で, 立花家は, 立花家本郷の, 精鋭軍団は, 紛議が, 紺屋に, 絵を, 緩衝地帯である, 美術倶楽部などに, 興行を, 興行場へ, 良識の, 芝居小屋阪東米八の, 花火, 花火で, 花火に, 芸人松井源水, 葛藤ぞと, 葛藤は, 薩摩座に, 薬屋の, 虚を, 蛇つかい, 衝突は, 装飾風を, 見世物にだって, 見世物へ, 見世物を, 見世物小屋に, 見世物小屋も, 見世物小屋を, 親交, 親和に, 親和提携に, 親和提携のみに, 親善提携については, 親善提携の, 観世物なぞは, 観世物などを, 観世物に, 観世物小屋で, 観世物小屋にも, 角に, 角力や, 言葉は, 請地へ, 識者が, 貸席井生村楼で, 賑わいは, 質屋の, 質屋へ, 軍, 軍勢も, 軍隊の, 軍隊は, 軍鶏屋で, 軽業の, 軽業小屋から, 近所は, 近辺へは, 追分に, 運命は, 運命を, 過去の, 重臣で, 野天講釈や, 釣金の, 鉄橋の, 鍵屋弥兵衛が, 長い橋, 間の, 間は, 間はなはだ, 間を, 間風雲転た, 闘争には, 阪東三八の, 附近から, 附近に, 陸軍の, 際までは, 雑踏の, 雪, 青年の, 青柳といった, 骨接の, 魂を, 鯨が, 鳥安に, 黒鯨を

▼ 両国~ (119, 8.7%)

13 の上 10 を渡っ 4 を渡った, を渡り, を渡る 2 に, にいまだに, の中央, の有無, の近く, へさしかかった, をわたり, をわたる, を歩い, を間

1 [64件] からブラ, が御, が焼けおちる, が長蛇, で黒ん坊, となる, と言った, など皆, に向っ, の下, の事, の太夫元, の方, の暗い, の橋詰め, の欄干, の男, の繁華, の見られ, の際, はそれ, は出水, は天保十年四月, は当分, は新柳町, は東西, は通れない, は鉄橋, へかかる, へ旗揚げ, もその, よりやや, をあすこ, をあっ, をいそい, をうろついてる, をころころ, をはじめ, を中心, を向う, を啣, を後, を新, を望む, を本所, を東, を渡つた人, を渡つて, を渡りかかる, を渡りかけ, を渡りかけました, を渡りきっ, を渡ります, を渡り出しました, を渡り終っ, を渡り越せ, を睦まじ, を行く, を西, を越えた, を越し, を通る, を過ぎ, 架れり

▼ 両国~ (72, 5.3%)

7 行って 2 おいで, まわって, ゆくと, 引き返しながら, 歩いて, 行くの, 訪ねて

1 [51件] お帰りください, かけて, きて, ついたよう, ひと回りし, むかったの, んの, 伴つ, 使いを, 八五郎の, 出かけたお, 出かけました, 出た, 出たが, 出ないで, 出ること, 出張って, 向いました, 回って, 急いだ, 急がせました, 押しだす, 掛って, 来た印度人, 来て, 来てから, 毎日通っ, 気保養に, 渡った, 現われるの, 着いた時, 着いた翌日, 知れて, 若い女, 行かなくちゃ, 行き着くと, 行くは, 行く前, 行く途中, 行った, 行ったところ, 行ってから, 行つては, 走らせた, 近づいたため, 通わせて, 遊びに, 飛びます, 飛火致し, 駆けつける途, 黒鯨が

▼ 両国~ (67, 4.9%)

3 出て 2 住むよう, 小屋を, 至るまで

1 [58件] いたろうそうして, いた売卜者, いた大道売卜者, います, いる女軽業, おで, ちげえ, ついでの, よく分った, 一つ根から, 万八という, 世帯を, 人の, 人魚の, 伸して, 使節を, 入って, 共通なある, 出ようという, 地震が, 垢離場が, 境する, 多分の, 小屋が, 小屋掛の, 屋敷を, 幼馴染が, 掛かって, 敗れてからは, 新しい穴, 於て, 於ては, 来れば, 河童は, 片桐と, 至るべく順序, 花火の, 行わるる公議輿論, 見つけひとまず, 見られました, 観世物小屋を, 訪うて, 負け六日目, 走る, 跨るが, 跨ること, 身投げが, 軒を, 近いところ, 近い三吉, 近い所, 近い駒留橋, 近くあら, 送ってから, 遊び親しく, 遊んだ話, 集まって, 難波橋が

▼ 両国~ (41, 3.0%)

2 さして帰っ, 渡って

1 [37件] さして, さして乗りこんだ, さして歩い, つなぐ動脈, はっきり境, はても, 七時半に, 主人公と, 乗越さないじゃ, 六時五十分に, 出て, 分断し, 分離せん, 否両側, 引き払って, 指して, 掠籠, 接いで, 描き残して, 比較し, 渡ったもの, 渡り浅草, 立ち生れて, 立って, 管領し, 管領した, 管領すと, 結合せん, 諷う, 賜わりこの, 距る, 跡に, 返顧, 通ったと, 遊覧の, 過ぎて, 除きたる各国

▼ 両国~ (39, 2.9%)

2 夏の, 本所区の

1 [35件] いずれも, いつも熱狂, おそらくそれ自身, この河流, すでに製品輸出, どんな態度, なんと言いました, ほとんど同等, ぼくにと, ぼくの, もう海, もってるよう, やめに, 両国でも, 中立を, 交戦関係に, 仏, 共同の, 勿論列国, 夷の, 平和と, 慾望を, 提携しなけれ, 江戸の, 江戸錦絵などに, 現に東亜, 石原の, 米友にとっては, 絶えずお, 縄張じゃ, 西と, 貴金属を, 連盟の, 野次馬の, 降伏

▼ 両国~ (31, 2.3%)

1 [31件] いいん, お逢いしました, すばらしい花火, どうやらこうやら, また一旗揚げる, また看板, みんな知っ, 一杯飲んだ, 人魚に, 仕損じたらここ, 催される刺青会, 切利支丹お, 女軽業師の, 左へ, 後白浪, 心中の, 旗上げを, 日本一太郎と, 景気の, 独立に, 花火を, 茂太郎の, 薬研堀この, 行倒れに, 見たあの, 見たよ, 豹の, 銀二郎は, 面目を, 鯨が, 鳴らした美しい

▼ 両国から~ (29, 2.1%)

2 亀沢町に, 汽車に, 船に

1 [23件] さるを, ひッぱり凧, フラフラと, 佐原に, 別の, 右に, 向嶋永代から, 大橋永代と, 大網駅まで, 小日向まで, 小間木善十郎を, 帰ると, 明神下まで, 来る水, 柳橋まで, 死骸を, 江戸を, 河岸を, 清洲橋あたりの, 袈裟切り太夫を, 親父橋まで, 香具師を, 駒形橋を

▼ 両国広小路~ (25, 1.8%)

1 [25件] から柳橋, である, にあります, にこの, にて商家殷賑, に名物, に店, の, の人混み, の例, の列び, の地本問屋加賀屋吉右衛門, の巴屋, の方, の曲独楽, の独楽, の現況, の軒並み, の雑沓, は変わらず, は米友, へ出, へ出られた, を横, を通り

▼ 両国~ (17, 1.2%)

1 [17件] にあらた, に協議, に存在, に戦闘, に正式, に秘密外交, に電話, のたたかい, のヤソ教, の協定, の和睦, の国境劃定, の機微, の絶えないいがみあい, の自由貿易, の通商, はその

▼ 両国~ (16, 1.2%)

2 消費する, 用意した

1 [12件] あたえられた, この交換, 中心で, 修好を, 再確認, 変った話, 夷の, 対立する, 強く奈良, 済んだら, 無益な, 連合し

▼ 両国まで~ (14, 1.0%)

2 来て

1 [12件] いって, その持参, チョイと, 出かけて, 出て, 客を, 帰って, 来たこと, 来たと, 車を, 鉄道馬車で, 銭湯という

▼ 両国~ (14, 1.0%)

1 [14件] から銚子行, にはいる, に変っ, に変つて, のホーム, の入口, の前, の始発列車, の引込み線, の引込線, へつい, へチッキ, へ押しよせる, を出る

▼ 両国河岸~ (13, 1.0%)

1 [13件] から五, にて見せ物小屋, に中村梅車, のほう, のよしず, の中村梅車, の方, の模様, の見せ物小屋, は身動き, までは柳原, を水茶屋, を色

▼ 両国界隈~ (11, 0.8%)

1 [11件] がトピック, に悠遊, の人間, の何処, の様子, の面影, の風致景物, は俄, は辻, を天地, を見廻らなけれ

▼ 両国~ (10, 0.7%)

2 題したの 1 いって, いつた, す, 交戦し, 余り遠く, 同じ芝居, 呼ぶ年寄り, 奥山は

▼ 両国~ (8, 0.6%)

2 とは土地 1 でいっしょ, のある, の人たち, の運送問屋, まで出, を散歩

▼ 両国とも~ (6, 0.4%)

2 油断せず 1 につぶれ, 容易に, 後進国に, 民安く

▼ 両国において~ (6, 0.4%)

1 その趣, 全く等しく, 出生及び, 前世紀間, 同一であろう, 行動の

▼ 両国には~ (6, 0.4%)

1 お化けや, たいへん猥褻, 生れてから, 荒筵を, 華やかな, 西陽が

▼ 両国橋畔~ (6, 0.4%)

2 の大 1 になじん, に船, の人間, の第

▼ 両国にも~ (5, 0.4%)

1 いるには, おりましたが, よく分った, 他と, 暮れゆく秋

▼ 両国~ (5, 0.4%)

5 の電車

▼ 両国~ (4, 0.3%)

1 つたに対して, ということ, ね, 大きな川

▼ 両国でも~ (4, 0.3%)

1 この筋違, 娘手踊りなどの, 手妻の, 本家の

▼ 両国~ (4, 0.3%)

1 永代の, 浅草と, 浅草とは, 浅草の

▼ 両国十一屋~ (4, 0.3%)

2 の隠居 1 に滞在, の方

▼ 両国あたり~ (3, 0.2%)

1 では専ら, の矢場, へはよく

▼ 両国では~ (3, 0.2%)

1 あわ雪西で, 先ず人気者, 森本馬喰町四丁目の

▼ 両国という~ (3, 0.2%)

1 地名も, 眼抜きの, 題を

▼ 両国までは~ (3, 0.2%)

1 一里あまり丑の, 船で, 遠くねえ

▼ 両国~ (3, 0.2%)

1 たち所, 同様に, 本所だ

▼ 両国停車場~ (3, 0.2%)

2 や陸軍被服廠 1 になっ

▼ 両国寄り~ (3, 0.2%)

1 にもう, の裏通り, の角

▼ 両国政府~ (3, 0.2%)

1 のあいだ, の間, は果して

▼ 両国橋上~ (3, 0.2%)

2 では 1 に梟

▼ 両国米沢町~ (3, 0.2%)

1 の権次, の鈴木亭, の養父

▼ 両国行き~ (3, 0.2%)

3 の電車

▼ 両国といふ~ (2, 0.1%)

1 料理屋で, 題を

▼ 両国における~ (2, 0.1%)

1 愛国心を, 毛織布の

▼ 両国にとって~ (2, 0.1%)

1 より有利, 太青

▼ 両国へでも~ (2, 0.1%)

1 着て, 行って

▼ 両国までの~ (2, 0.1%)

1 すなんて, 間に

▼ 両国までも~ (2, 0.1%)

2 いな

▼ 両国より~ (2, 0.1%)

1 人形町の, 人形町へ

▼ 両国一パイ~ (2, 0.1%)

2 に網

▼ 両国~ (2, 0.1%)

1 に卓出, の水茶屋

▼ 両国中村楼~ (2, 0.1%)

1 で名弘め, の書画会

▼ 両国二丁目~ (2, 0.1%)

1 の角屋敷, の辻番

▼ 両国公使~ (2, 0.1%)

1 に御, のさやあて

▼ 両国劇場~ (2, 0.1%)

1 という芝居小屋, といふ芝居小屋

▼ 両国垢離場~ (2, 0.1%)

2 の昼席

▼ 両国川開き~ (2, 0.1%)

1 の情景, の絵

▼ 両国~ (2, 0.1%)

1 花屋と, 花屋小菊と

▼ 両国橋詰~ (2, 0.1%)

1 にあっ, のある

▼ 両国稲荷~ (2, 0.1%)

1 の御, の縁日

▼ 両国薬研堀~ (2, 0.1%)

1 に住ん, の花屋敷

▼ 両国~ (2, 0.1%)

1 の佐久間, 同汁粉店

▼1* [138件]

両国からと江戸川からと, 両国じゅうを引き摺っ, 両国だけでも資源は, 両国だらうが浅草, 両国であったがこれ, 両国ですから回向院, 両国との二橋は, 両国とはかなりの, 両国なぞのような, 両国などの熱鬧した, 両国なりとするもの, 両国なりへ引つ返さうと, 両国について道を, 両国にては富の, 両国にとり職業を, 両国に対して特にフシギ, 両国に対しては鎌倉の, 両国のやぐらや, 両国しの中ほどまで, 両国への物貨輸送は, 両国へも行きませんね, 両国まででも行って, 両国までときめて, 両国よりか一見空車, 両国よりも川下か, 両国を通じて一種の, 両国跨リ, 両国ファンである, 両国一万余の村, 両国一帯の盛り場, 両国一面火になっ, 両国下手の川沿い, 両国不和の根本的原因, 両国主としてロンドンと, 両国重役立合其上ニて, 両国乗合船の立札, 両国争端を開く, 両国互に兵端を, 両国井生村楼で新曲開き, 両国交渉の結果, 両国は雑婚, 両国人民交親を旨, 両国人連名のこんな, 両国人間の身体的表情, 両国人雑居の条約, 両国の公園地, 両国以外でも間もなく, 両国元町へ引返した, 両国だつた, 両国八景といふもの, 両国公園になっ, 両国共通の言語, 両国の優劣如何, 両国冬ざれの師走, 両国出船と記したる, 両国協同で海底潜水爬行, 両国友好の緊密, 両国合意の上領事, 両国吉川町の角, 両国向うの得客先, 両国向島だんだんと, 両国唇歯の関係, 両国回向院の墓場, 両国回向院のかの鼠小, 両国回向院前にてもこの, 両国回向院前等に卸売見世, 両国回向院境内の世界, 両国国境線がひと目, 両国国技館の前, 両国国技館以外の地, 両国大相撲春場所の初日, 両国尾上町京屋が楼上, 両国という宿屋, 両国に入, 両国川開中止となる, 両国広小路両国橋を渡り終っ, 両国広小路寄り表通りは軒並み, 両国広小路方面から歩い, 両国広小路芝の久保町, 両国広小路見世物小屋の方, 両国広小路辺へもそう, 両国廣小路ノアレハ何ト云ッタッケナ, 両国の大, 両国戦争力の甚だしい, 両国接戦のはじめ, 両国提携の実, 両国方面へと和助, 両国晴天十日晴れて, 両国東小柳と呼ぶ, 両国極東兵備の差, 両国橋辺りから上, 両国水茶屋の茶汲女, 両国河岸厩河岸とやがて, 両国河畔に開い, 両国河開中止となりし, 両国浅草の奥山, 両国生霊の塗炭, 両国の篠崎小竹方, 両国百本杭の近く, 両国盛りこぼれるような, 両国相撲小屋跡菊人形見世物塲より失火, 両国の倉, 両国八の, 両国を通っ, 両国米沢町十一屋あてで半蔵, 両国美術倶楽部にて古書珍, 両国船中の場, 両国艦隊の決戦, 両国花火の屋形船, 両国花火猫は鯰, 両国若松町の吉田, 両国薬研堀辺に住, 両国行き浅草へ行き, 両国西広小路にあり, 両国詰めどうだいマアマア, 両国で同時に, 両国語彙一般の比較, 両国ヲ合テ云々ト, 両国諸郡郷地頭所務のこと, 両国識者の間, 両国軍隊共同これに当る, 両国辺りに住んだ, 両国近い河岸の, 両国近くに聞こえた, 両国近辺に居りました, 両国ふ灯, 両国運動者には既に, 両国郵便電話支局いろは第八番, 両国附近のある, 両国領事裁判の結果, 両国風物詩であるから, 両国と相, 両国館落語席の立花家福本, 両国馬喰町辺の事, 両国駅頭で大江山課長, 両国かい白魚, 両国鶴見あたりを飲ん, 両国麾下の士