青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~世界 世界~ 世紀~ ~世話 世話~ ~世間 世間~ ~丘 丘~ ~丞
丞~
両~ 両人~ ~両側 両側~ 両国~ ~両手 両手~ ~両方 両方~ 両者~

「丞~」 3448, 37ppm, 3109位

▼ 丞~ (899, 26.1%)

6 それを 5 お米, 心の 4 その時, 権兵衛の, 目を, 自分の, 黙って

3 [11件] いつまでも, お綱, しずかに, そこに, 心で, 思った, 急に, 相変らず, 静かに, 顔を, 首を

2 [31件] あわてて, いつもの, おれの, さすがに, その瞬間, それに, フラフラと, 了解した, 今は, 冷たく心, 出来るだけ, 口を, 呟いた, 哀れな, 女の, 妹に, 広海屋, 彼の, 手を, 早々に, 権兵衛に, 歩き出した, 浪路の, 眼を, 笑った, 自分に, 芳年の, 茫然と, 言葉を, 隣室へ, 顔いろ

1 [768件 抜粋] あえて意, あたりを, あても, あの瞬間, あまり笑止, ありあわせた尻切れ草履, あわただしく抑えた, あわてました, あッと, いかにも申しわけ無げ, いきなりお, いっその, いっそ八橋, いつのまにか倒れ, いつもよりも, いない, いやでも, いよいよ冷たく, いよいよ月江, いよいよ江戸, いわれるまま, うけたが, うつむきながら, うなずいたが, うなずくと, うなだれて, うれしげ, おとなしく挨拶, おびえたよう, おりから, おるか, お初が, お初に, お千絵, お稲, かえってそれ, かぎりない, かすかに, かたちを, かの女賊, かれら, きっとなった, きまりが, きわめて落ちつき, けろりとし, こう云った, ここだッ, ここで, ここに, このにきび侍, この事, この人物, この安成三五兵衛, この府内, この正月, この無惨, こは, これは, これ以上この, さしずめ小, さし招きます, さっき桟敷に, さては平, さもしおらしく, さも当惑, さらに必死, さり気なげ, しおらしく受け, しおらしげ, しかしため息, しきり, しきりにその, しっとりと, しとしとと夜道, しばしここ, しばしその, じっと奇怪, じっと立っ, すがりついて, すくい取って, すぐにも, すさまじい刀, すばらしい贈り, せきこんだ, そういったきり, そういった口, そうした表情, そう凄, そう心, そう言われる, そこで, そこまで, そこを, そのふところ, そのまま部屋, その中心人物, その二本, その場, その山絵図, その幽霊, その後方, その手, その無鉄砲, その美しい, その途端, その間に, そらさぬ微笑, それから, それが, それだけを, それらを, そんな予感, そんな風, たしなみ深く, ただ深く, たって辞退, ためらわなかった, だんだんに, ちょっと女好き, つるぎ山の, とうとう皆深手, ともかくも, とりわけこの, とんと突き返した, どうした, どうしたろう, どうする, どぎまぎし, どんなとき, なすまま, なにも, なんとも言い返す, にやにや笑っ, にわかに眼, はじめから, はっきりと, はっと驚いた, ひたむきに, ひらりと, びっくりした, ふだんから, ふとその, ふと暗い, べったりと, べらべらと, ほかの, ほんとうに, まじまじと, ますます女ごころ, まず安治川, またこう, まだ帰らず, まだ釣り出されよう, まるで先刻, むしろ得意, もうそれ, もうとくに垂井, もうまだ癒ら, もう一歩, もう何, もう昨夜, もう盲目, もがきながら, もっと悲しい, もとより廓内, もはや三斎, やがて大津, やがて湯, やがて菊之丞, やっとの, やっとホッと, やっぱり顔, やはり蛇, やや激し, ゆうべ打出ヶ浜から, よほど円朝, わが身の, カツと, キッと, キリリと, ギュッと, ジリジリと, スタスタと, ツイ今しがたまで, ヌケヌケと, ハッと, フイと, フッと, ヘドモドし, ホッと, ミシャロフ少佐の, 一と, 一口の, 一家を, 一方の, 一歩を, 一水舎宗匠及び, 丁度むこう, 万一の, 万吉の, 丈太郎を, 三斎一党から, 三角石の, 下つ, 不審に, 不思議にも, 不意に, 世阿弥から, 両刀を, 両手を, 中途で, 主計方へ, 乾いた舌, 二つに, 云いながら, 五つの, 京都寄竹派の, 人界の, 仆れ重なった, 今そんな, 今年十五歳に, 今朝起きる, 伊賀衆の, 会釈した, 伝兵衛の, 伯父に, 低い強い調子, 何かに, 何と, 何ともいえぬ, 何べん, 何やらゴトゴト, 何事も, 何思った, 何時の間にやら, 使いの, 供の, 俯向い, 元より, 兄弟子が, 先の, 先代勘弥第, 全身を, 八橋に, 兵庫屋を, 其の後, 其中心人物として, 内儀に, 冷静であった, 冷静に, 出先から, 刀を, 初めて注意, 別に意外, 別の, 前からの, 前へ, 前後の, 力なく, 動じない唇元, 千人同心という, 半眼に, 南の, 厭な, 受けた朱杯, 口の, 叫んだ, 可い, 右の, 右腕の, 合掌し, 否やなく, 呆然と, 呶鳴り, 呼び止めた, 咄嗟に, 唇を, 唐草と, 喘ぐよう, 四囲鉄壁の, 四辺り, 困じ果てて, 困惑した, 堪えがたいいまわしさ, 夏の, 夕方路傍に, 夕雲流の, 大いに立腹, 大した熱心, 大喜利を, 大地に, 大急ぎで, 大番頭法月一学, 大股に, 天井を, 天蓋を, 奥へ, 奥まった茶室風, 奥深い屋敷, 好みの, 妙に, 妹と, 始終挨拶, 媚びて, 容を, 寒そう, 対い合っ, 小膝を, 小走りに, 少しからかい気味, 少し躊躇, 少し退っ, 尺八を, 山絵図を, 岩壁へ, 師を, 帰らなかった, 平馬が, 廊下へ, 強いたやさし, 影の, 役人の, 後から, 後の, 後衞, 御嶽冠者に, 御霊廟, 御高祖頭巾を, 微笑した, 心に, 心持頭を, 心耳を, 思いがけなく闇太郎, 思い入った, 思わずそれ, 思わず芳江, 思案した, 恋する女, 恐る, 恐ろしくて, 悩ましい肉感, 想像した, 意味あり, 慎ましく云う, 懐剣を, 我身に, 戸口から, 手早く着, 抜かりの, 振り冠つた刀, 掛守から, 推量した, 改まって, 改めて清左衞門, 断念し, 斯う, 早速本題, 明るげ, 星の, 春日邦之助に, 是非とも, 暇を, 暗然として, 月に, 未だ寝足りない, 本当に刃, 東下りを, 松平家から, 枕へ, 案外に, 構内奥深く, 櫓仕立を, 次第に兇暴, 止刀を, 正直に, 死様の, 殆ど一世一代の, 残忍酷薄の, 殺されたらしい, 殺気を, 気の毒そうに, 気の毒でも, 池田出羽の, 決していい, 決して死ん, 沈思から, 浅間しい, 浦役人と, 浪路が, 消えた提灯, 涙が, 渋々ながら, 渡辺氏年齢不詳, 源三郎の, 漫々たる, 火鉢に, 無事わたしも, 無言で, 無関心, 熱心に, 燭台の, 父親の, 片手で, 物の, 狂気仰天した, 独りぎめに, 生きた気持, 生れて, 畑の, 畳に, 白い前歯, 白い手, 白い顔, 白くかぼそい手, 直覚し, 相手の, 真昼の, 眼に, 矢つ, 知らないの, 破れた扇, 禁じ得ぬ微苦笑, 禊橋の, 程なく山, 突っ張って, 立って, 立つたり, 笑ましげに, 笠ぐるみ頭を, 第二, 答えた, 答えなかったが, 簣の, 紅い口, 素直であった, 素直に, 結び文を, 絵の, 群集とは, 老師の, 背けたかお, 胸が, 胸の, 能役者崩れで, 膝まずい, 臍の, 自分から, 自害を, 自身を, 良心の, 芸道一すじの, 苦も, 苦笑いし, 茶ばなしでも, 菊の, 蒼白い顔, 蔑称した, 行く道, 行灯の, 衣服を, 見のがさなかった, 見向きも, 言い難い, 訊いた, 訝しさ, 話を, 谷中の, 負ぶっ, 蹲まっ, 蹲まった, 躊躇した, 身を, 身体疲労れ, 辺りの, 迷惑きわまる, 退って, 途中から, 部屋には, 都にて, 醜男だ, 鉄扇を, 鍬を, 長旅に, 闇太郎の, 闇太郎を, 陸へ, 隙ある, 雪之, 青年二十二歳北辰一刀流の, 面白くなかった, 項垂れた, 頑張って, 頭巾の, 飲めも, 駕から, 驚いて, 驚きました, 高僧が, 鴻山の, 麗質を

▼ 丞~ (598, 17.3%)

12 姿を 10 前に 7 ために 6 ことを, 姿は 5 姿が, 居所を, 耳に 4 ことは, 名を 3 三人は, 口から, 手を, 方で, 言葉に, 話を, 身は, 顔を

2 [37件] ような, 側に, 側へ, 前へ, 呻く声, 呼吸が, 家の, 弟の, 影を, 役に, 後ろに, 心が, 心に, 心は, 所へ, 手に, 手には, 手の, 手は, 手へ, 操は, 方へ, 方を, 木刀の, 案内で, 母が, 眼には, 耳を, 胸の, 胸は, 胸を, 許へ, 身に, 面が, 顔に, 顔には, 顔へ

1 [436件] あとを, あの凛, あまりに昂然, い, いつに, いるところ, いる所, いる部屋, うしろから, うしろに, うしろ姿を, おかげであった, おとずれとお, おどろきや, お墓参り, かすれ声, からだ, かわりに, きょうの, ことか, ことだけは, ことです, ことなど, ことに, ことばを, ことも, この太刀, したためた密封, すぐ側, すまぬ色, せいみたいに, そうした容態, その後については, そばに, そばへ, たまり場へ, ためだった, ためにゃ, たわや, はなしを, ふたりが, ふたりは, ふところから, ほうから, ほうを, ほかこれが, ほっそりした, ほのかな, まじめさと, まわりを, ものに, やさしい手, やつ, やつが, やつさだめし, やつは, やつ拙者を, わかく青白く美しい平, ノッペリした, 一克さが, 一喝が, 一派で, 一行は, 一言に, 一言一句が, 三人, 三人を, 上に, 上書には, 不真実, 両手を, 両配下, 乗物を, 二の腕を, 二人です, 五体から, 亡霊だ, 人品や, 人魂かも, 仆れ, 今日の, 仕け, 仕業に, 代理では, 位置に, 住居が, 住居の, 住居は, 体は, 供を, 傍らに, 働きに, 兄の, 兄妹も, 兄弟は, 全身が, 兵八百, 内儀, 内縁の, 冷厳な, 出現にも, 出稽古を, 刃と, 切っても, 切ッ尖, 前では, 前には, 前を, 剣前に, 匕首の, 十七歳羽柴秀勝の, 印と, 口元を, 召捕を, 右側へ, 右手が, 名が, 向うに, 周りを, 周囲と, 命が, 命も, 命を, 和らかく, 喰へ, 嗄れ声, 嘆願書を, 嘲笑に, 四つ約, 四人が, 地盤と, 声, 声が, 声だろう, 声に, 声らしい, 声音かと, 変幻自在な, 夕雲流には, 多難を, 大敵の, 天から, 天蓋が, 天蓋を, 太刀, 奮起は, 女にも, 女寅, 女房で, 奴あとで, 奴に, 奴は, 好評を, 如く悪女大姉, 妹お, 妹だ, 妹と, 妻であった, 妻として, 妻に, 姿さえ, 姿とを, 姿へ, 姿も, 姿絵三枚つづき, 姿逆風剣の, 娘, 娘である, 娘の, 娘琴と, 嫉みの, 子か, 安否を, 官女が, 実の, 家へ, 家を, 家族をも, 宿だけでも, 宿の, 寸志じゃ, 居合い抜き, 居合い抜きが, 居所や, 屋敷には, 屋敷は, 屋敷へ, 左の, 左へ, 左刃ひとつに, 差金か, 師であった, 師匠だった, 帰らぬわけ, 帰りを, 座元に, 座元を, 弟, 弟でござる, 弟では, 弟に, 弟は, 影に, 影は, 影も, 後について, 後ろで, 後ろの, 後ろ姿に, 御歌を, 復讐心に, 心づかいであった, 心も, 心もちを, 心を, 心をも, 急所を, 性根を, 性格に, 恐れ入, 恨み, 息村野山人が, 悩みを, 悲観歎息は, 惡事何も, 愛妾で, 態度が, 懸念は, 懸念も, 戦意を, 戴員と, 所在を, 手から, 手が, 手へな, 手もとを, 手並に, 手先が, 手先を, 手裡を, 技芸に, 拝島の, 持物である, 挂冠を, 挙動を, 挨拶意外に, 撃たれた箇所, 故家, 敵では, 敵を, 文章の, 方から, 方が, 方でも, 方は, 星にも, 昨夜の, 最期を, 末期の, 本質について, 来あわせるの, 枕元に, 枕許に, 楽屋に, 楽屋を, 構えが, 構えは, 横が, 横顔は, 横顔を, 欠伸とが, 次の, 死骸の, 死骸は, 毒舌を, 毛を, 気持が, 気色を, 注文通り温和で, 洩らす溜息, 浪宅の, 浪宅を, 浮いた仲, 消息を, 涼しい眼, 満身に, 滝夜叉は, 演技を, 澄んだしかし, 為た, 烈刀にあたって, 無表情に, 父浅尾工左衛門で, 父親な, 父親を, 片手を, 片肘, 物語を, 理性も, 甘言に, 用事が, 留助を, 白い姿, 白い顔, 白くほっそり, 白く匂う, 皎刀が, 目と, 目に, 目にも, 目は, 目を, 目的である, 真の, 真向から, 眸は, 眼から, 眼が, 眼くばせ, 眼を, 睫毛に, 瞠目を, 瞬速に, 禍いの, 秘剣秘術を, 空屋敷に, 立合い方, 立場が, 第一刃, 筆で, 簡単な, 粗野な, 紅唇から, 紅唇が, 素直な, 細い影, 細っそり, 細君が, 総領内記は, 縄を, 置手紙, 美しい眉, 美しい瞳, 美しく優しい瞳, 耳には, 耳へ, 耳近くに, 肉も, 肩を, 肩越しに, 肺病が, 背すじを, 背後へ, 背後左右には, 背骨から, 胴を, 胸に, 胸には, 胸へ, 胸も, 胸もとへ, 脾腹を, 腋下からは, 腕の, 腸は, 膝に, 自若と, 致命を, 舞台す, 舞台で, 色氣違ひ, 艶す, 艶姿を, 茶屋へ, 蒼白い顔, 血を, 行動は, 行手に, 襟もとを, 視線を, 言外に, 言葉は, 言葉らしい, 言葉を, 計略の, 許芝は, 評判は, 話に, 話は, 話も, 誘惑を, 調子は, 負けで, 貧乏臭く, 足に, 足は, 足もとへ, 足元へ, 足許に, 身がらについて, 身ごなしが, 身にとって, 身の上に, 身の上ばなしに, 身辺へ, 軽舸, 近くで, 返し太刀が, 返辞が, 退路を, 運命が, 過ぐる, 遠い從弟, 遠い從弟とりいふ, 邸前へ, 野郎が, 鏡台近く, 隱れ, 雪太郎は, 雪白の, 青白い眉間, 面に, 面を, 面上に, 頬は, 頬や, 頭の, 頭へ, 頭を, 頭上に, 顏に, 顔が, 顔色を, 駕籠は, 鬱雲の, 黒い手

▼ 丞~ (326, 9.5%)

3 出て, 江戸へ 2 剣を, 帰って, 来て, 目を, 自分を, 身を

1 [308件] あたふた弓張提灯, あの諸手突き, あまりにつつまし, あやしい, あらわれた時, あらわれて, あれだ, あわてて, あわてる列, いうと, いた, いつの, いよいよ暇乞い, いよいよ阿波, いるかって, うたいおわって, うわべでは, おつれづれ, おらんぞ, お初を, お吉, お行方, お詣り, かたき持ち, きっと一度, きっぱりそう言う, きょう思いがけなく, くさい, くたびれたよう, ここから, ここに, ここへ, ここまでの, ことさらに, このごろの, このとき, この木曾街道, この父, この頃, さすがに, さも悲哀, しんから, じろじろと, じッ, すぐ去ろう, すでに散々, せっかく手, そういう, そう云っ, そう呟いた, そこから, そちを, その乱髪, その前, その後の, その提灯, その藩, それを, そんな家庭, ただひとり, たって云っ, ちっとも顔, ちらり八人, つかまった夜, とうてい竜, とりおさえようと, どうして一人, どうやら鮎川, なお話, なかったなら, なぜそんな, ひらりと, ふっとつぶやいた, ふと天蓋, ふと見る, ふるえるの, まいた種, また叱りつけた, まるで容子, もがきに, もしも一倍, もつ苦しみ, もどって, もはや寺後, ゆびさした, よいほどに, よく, よく知っ, わが事以上, イヤな, ツイ鼻の, ナゼあんな, ハッと, ホトホトと, 一弾に, 万難を, 三人並べ, 上の, 上江の, 上目で, 両手を, 久々にて, 乗りこむこと, 二階の, 云った, 仆れた, 今宵同じ, 今度こそ, 代玉, 何か, 信徒に, 側に, 偶然訪ね, 傍らの, 優しい言葉, 優しく訊く, 元の, 先に, 全身の, 八幡宮鳥居前に, 其の時, 内縁の, 刀を, 初役色事師として, 初志を, 助けられたとは, 医王山の, 厳重に, 参って, 参りましたからには, 反対を, 受けた運命, 口から, 口を, 只一人で, 叫んだ, 右すれ, 呟いた, 呟いたの, 呼びに, 咄嗟そこを, 國許を, 坐ったとき, 坐って, 堀田原から, 塀を, 声を, 外へ, 多勢の, 多少の, 大公儀, 大学南校の, 大府の, 大阪から, 妹と, 妹に, 妻で, 妻の, 孤軒老師の, 宅助へ, 宿の, 射場通いの, 尋ねて, 小さな過失, 小篠, 少年の, 居場所から, 屋敷で, 岐路の, 左剣わき腹を, 師事し, 師匠の, 帰ったあと, 幻の, 座を, 彼女の, 待兼ね, 後見人に, 心おきなく, 念の, 思った時, 恋しい, 息せき, 惚れこむと, 憎い, 應じます, 懐かしくなっ, 懐紙へ, 懲らしめの, 懸念そうに, 戸外の, 戸棚の, 戻らぬので, 手の裏を, 手を, 承知したら, 投げつけられた時, 披露を, 捕われて, 探りの, 救って, 敢行した, 斫り, 斬りたおされて, 斬り抜けて, 既に徳島, 早くも, 書いて, 松前の, 松枝町屋敷玄関先まで, 松蔵の, 板張に, 次の, 歓語の, 歸る, 殺されねば, 気がついて, 永年に, 汲んだアカ柄杓, 洛中洛外の, 浪路から, 浪路さまとかの, 浪路の, 為すこと, 熱心に, 爪を, 現在平気を, 生きて, 生命に, 畢生の, 病人でない, 白い歯, 目安箱を, 相手を, 真っぷたつになっていたのだから, 真白な, 知って, 短銃の, 秀吉の, 私の, 稲塚の, 突いた捨身, 突然に, 窓を, 立ち止まると, 端に, 答えました, 答えると, 組みつく, 美しい目, 脇田の, 自分で, 自分にも, 自分へ, 自席へ, 若かった, 苦しめられて, 蒼い面, 虚無僧寺に, 血眼な, 見舞いたいと, 討ち取った, 討てぬの, 訪うと, 訪ねて, 詩に, 話しかけて, 話したよう, 話し出す用件, 話を, 詳密な, 謡曲の, 賊名を, 踏み止まりながらも, 転身たる, 軽くおさえ, 近ぢ, 追いついた馬上, 通りの, 進まぬげに, 遊びに, 運の, 酌を, 酒を, 酢ぱい顏を, 重い罪科, 長崎屋の, 長州で, 門弟への, 間遠に, 闇を, 阿波へ, 障子を, 隠したの, 隠れて, 雷門まえ, 電光の, 震え上る, 面を, 顎を, 顔の, 顔を, 飛び乗った, 首を, 鬼丸で, 鬼小僧と, 鳥追姿の, 龍耳老人へ

▼ 丞~ (202, 5.9%)

5 見て 2 して, ながめて, 勤めて, 家督に, 怨む者, 手に, 案内に, 見た, 説き伏せて

1 [179件] あとに, あのまま, うらみごとも, おどろかすには, おびき寄せ槍玉, お初ふところ手で, お勝, かくまって, からかいに, ぎろりと鋭く, こっちへ, この席, さえぎりつづけた, さがしに, さしまねいて, じろりと見た, すっかり与し, たずねて, たずねる筈, だきこんで, ちょいと, ついに刺, ついに動かす, つけ廻るうち, つとめ叔父, とり逃がしたこと, どうしよう, どこぞ, にらみつけながら, はじめその, はじめ五人の, はじめ常木鴻山や, はじめ数多の, みつめた, みつめるの, みつめるよう, もじったもの, やって, やつて, ムリ無, 中心に, 乗せた駕籠, 乗せた駕籠屋, 亡き者, 介抱し, 介抱する, 仕止めねば, 先に, 凝視し, 処分する, 初代として, 制して, 刺しとめずには, 刺止める, 刺殺すれ, 刺殺せよ, 加えて, 助けて, 助けようため身, 助けようと, 勤める沈持要, 卑怯な, 危地へ, 去らせて, 取りかこんだ時, 取扱いたかった, 取押えるため, 召し連れた, 召捕って, 召捕るまで, 呼びに, 大事な, 好いて, 嫌って, 嫌つてあの, 嫌つて六郎に, 客に, 射った得意, 尋ねる武士, 導こうと, 尾け, 左眼で, 師匠は, 床の, 引き出したの, 弱いやつ, 待たせて, 待ちぶせしたその, 待ちぼうけて, 待ち伏せして, 御随意, 怨んで, 恋うお, 情痴の, 慕う想い, 憂暗に, 憎むよう, 懇, 打ち殺して, 打つ前, 振り返った, 振返りました, 探して, 搜し, 搜すより, 敵の, 斬ったお, 斬った沖田総司, 斬って, 早くあなたがた, 暗殺か, 木剣の, 柳ば, 案内し, 殺さねば, 殺したくなった, 殺したの, 殺したも, 殺せという, 殺害せん, 毒殺致し, 浪路に, 無事に, 無礼にも, 牽制し, 狙い打つため, 狙ったところ, 疑った, 疑ふ氣, 目がけて, 真二つ, 眺めると, 睨め下ろしたまま, 罵倒しつづけ, 胴輪斬り, 色めかして, 苦しませて, 見たとき, 見た時, 見ると, 見下ろすと, 見事に, 見出した, 見捨てた証拠, 見詰めると, 見限ったという, 討たんと, 討ち損じた腹立ちまぎれそぼろ助広, 討ち洩らしたが, 討ったと, 討ったという, 討ったに, 討って, 討つか, 討つたは, 討つと, 討つについて, 討つには, 討つ機会, 記したる建札, 訪ねて, 訴人した, 識って, 貢いで, 起こし麓, 軽蔑する, 載せたかご, 送って, 逃がしたとは, 逃がして, 酒席に, 間に, 闇打ちにかけ, 闇討ち, 陥れたかは, 陥穽に, 険しすぎる, 鞍掛宇八郎に, 頤で

▼ 丞~ (167, 4.8%)

6 のお, は 3 の奥様, はどう 2 あのお方, が御, が江戸, だ, というお方, に会う, に頼まれ, の居所, の弟

1 [131件] いったいこの, いよいよあなた様, お千絵様, お逃げ, からの使い, があんなに, がおっしゃる, がば, がまた, が代々木, が土牢, が待っ, が持っ, が望み, が消え, が私, が負けた, が首尾, こそ大切, このお, この夜中, こんな物騒, じゃねえ, そのお, た大変, だ弦, ってそりゃ, でご, でございます, ですか, でも, でも江戸, と, というもの, という心, という恋人, とし, とそして, との恋, とは大津, とふたり, とやらにいったい, と一緒, と俺, と園女様, と御, どうか, どうした, どうなさいます, なんでお, に, におすすめ, にお目にかかっ, にしまし, にすがっ, には女, には女子, には腕, にも誰, に会った, に似合わねえ, に物申す, に相違, に追いつい, に逢わず, のあと, のこと, のただ, のため, のところ, の事, の安否, の帰る, の弟さん, の御, の恨み, の所, の父上, の素姓, の親御たち, の足手, の身, はあて, はあの, はお, はこの, はどこ, はまだ, はわざと, はキット, は今, は只今, は土牢, は大した, は弦, は本来, は活き, は相, へお, へお前, へごく, へ差上げよう, へ無礼, まだ夜明け, もうなんにも申しますまい, もう運, もお, もやっぱり, も弦, も悠, も憎らしい, も近々, やお前さん, よく見つかりました, より他, を, をたずね当てる, を亡, を大切, を大阪, を御, を思う, を死なし, を毒害, を毒殺, を無い, を直さね, 何しろワッ, 実はその, 水臭いご, 驚いちゃ

▼ 丞~ (135, 3.9%)

35 お綱 3 申す者 2 お十夜, その師匠, 万吉の, 月江とは, 来ては, 申すもの

1 [85件] いう, いえば, いっしょに, いつて, いふ者の, おぼしい衣類, およつの, お勝, お千絵, お千絵様, かたく誓い, これなる, そんな仲, はじめて奇怪, ほんとに宣っ, やらいう役者, やらいう者, よくない, よぶ旧家, わかれて, 一座が, 一角の, 万吉に, 万吉を, 下津鹿之, 云い幸村, 云い承応元年九月, 云う武士, 云う男, 云う近き, 云って, 会わなかったため, 出会ったまで, 分る姿, 別室で, 半蔵とは, 口を, 合しぬうち, 同じこと, 同行同, 名だたる三人, 名づけられた, 名乗る者, 名乘, 呼ばれる役者, 呼ぶの, 呼ぼう, 呼んだ, 呼んだ師範代, 園女がか, 園女であろう, 存じ合いか, 密通した, 師匠菊之丞との, 常木鴻山二三尺ほど, 押し並んで, 改名した, 暫く対談, 月江の, 机竜之, 次郎左衛門とは, 源内の, 申される仁, 申しましてな, 申します, 申します者, 申すやつ, 申せば, 看板の, 真に同, 眼の, 石田清左衞門が, 築城問答を, 組み合ったの, 自分との, 芳江の, 落ちあった, 西東に, 西組与力近藤三右衛門とが, 言つた, 青い富士形, 鞍掛宇八郎砧右三郎, 香山半, 鬼小僧とは, 鴻山が

▼ 丞~ (135, 3.9%)

5 お綱 2 それに, ほっとした, 立って

1 [124件] あたふたと, あんまりだ, いそがしい間, いた, いつかお, いつまでも, いて, うなずいただけ, うんざりした, えぐった刃, おとなしく受け合った, おのずと聴き, お供致しましょう, かたちを, かれを, くやしかった, この音, これには, こんな屋敷, さるもの, その夜, その妙音, その後浪人し, その枕元, その白い, その話, それを, たしかにこの, つい今, つい心, つねづねなら, つんとした, とうに知っ, ともども, ともに, なるべくそれ, ふと思った, ほほ笑まれる, まじって, まず安心, またいつ, また夙に, また新吉, まだそこ, まだ若かっ, もうじっとし, もう見えない, やはり眠り, ハッと, ピッタリ前, 一応の, 一箇の, 不愍な, 主人に, 人間だ, 今は, 今一度浪路と, 仕方なし, 何だかいじらしい, 傷口の, 先の, 冷やり, 刎ね, 初めてこれ, 前から, 剣を, 勿論ホッと, 又かねてから, 合点し, 吐血し, 呼吸が, 咄嗟に, 垂井の, 妹の, 少しあわてた, 少しギョッ, 少し安心, 少し焦れ出した, 少し驚きました, 居ること, 強いたほほえみで, 微笑を, 思いがけないところ, 思わず物蔭, 惑悩し, 愕然と, 手足の, 手際よく, 承知した, 救われたよう, 暗くいった, 死にもの狂い, 漸くホツ, 無理に, 無論それ, 焦, 申開きが, 益, 相手が, 眠られぬまま, 竜之, 絶体絶命で, 緊めかえし, 考えた, 茶屋から, 萩乃も, 見知って, 親しげ, 親類へ, 言った, 話を, 赫と, 追っつけ江戸, 酒盃を, 鞍掛宇八郎も, 頗る満足, 顏色が, 飲む, 飲んだ, 首取りの, 驚いたが, 黙ったまま, 黙って, 黙然とふたり

▼ 丞~ (126, 3.7%)

2 お綱, 取っては, 相違ない

1 [120件] ある同情, いいかけるの, いうが, いつ通じた, お前の, お許しお, お話が, かくまわれて, くだって, この屋敷, ございます, ござります, ささやいて, しがみつくよう, しては, しろ何しろ, すぐうなずけた, すげなく別れ, すすめられて, すすめる, すれば, せまられるこの, せめては, そのうえあの, その次第, それが, それを, だまされなすったという, ちらと, はじめて, ぱったり出逢った, まがいも, まぎれも, みにくい, もたれかかって, やられた太刀傷, オッ惚れやがった, ポンと, 一目だけでも, 一目逢わせ, 不思議な, 二三の, 云われてから, 今夜逢える, 会うつもり, 会えようと, 会った時, 会って, 似て, 似よりの, 何の, 別れて, 力と, 十両の, 千石, 取って, 取つて, 取りついで, 命じて, 唆られ, 嘘を, 囁いて, 声を, 天満の, 嫁せん, 弟が, 御病気, 微傷を, 心を, 心酔する, 思いを, 恐怖すべき, 想いを, 意趣返しを, 愛想を, 手を, 打ち倒されて, 打ち明けた通り, 持たれた一刀, 擦り寄せるよう, 敵い, 未練が, 来て, 杯を, 案内させ, 狙いを, 目を, 直々の, 眼を, 秘巻拝見を, 突きつけられる, 篏めて, 組み敷かれながら, 絡まる伊達, 絡み付くの, 縋ったまま, 聞け, 行あ, 被せて, 見せた, 見せた上, 見咎められそれ, 視線を, 言いました, 言って, 誓った手前, 贈ろうと, 足許を, 足首を, 返り討ちに, 迫り近づいて, 逢いたいため, 逢った, 逢ったという, 逢ったらいって, 逢って, 逢わずに, 鋭い視線, 鋭く注がれはじめた, 頼み甲斐の

▼ 丞という~ (59, 1.7%)

3 名を 2 のは, ものが, 人に, 人は, 江戸方の, 者だ

1 [44件] あたら侍, いつか大津の, お方, お方は, のが, のであった, のに, ものを, もの刀を, やつ, やつか, 一言を, 一難去っ, 人が, 人の, 人を, 人傷寒を, 切支丹侍で, 初恋の, 女形昨夜閉ね, 奴とんだ, 奴は, 強敵を, 役者に, 役者只の, 忘られぬ, 持主の, 敵を, 方の, 方は, 武士らしい, 狐が, 男どうも, 男は, 者ありし, 者が, 者で, 者に, 者の, 者や, 能役者あがり, 若い浪人, 若者が, 青年は

▼ 丞殿~ (56, 1.6%)

3 のお 2 の御

1 [51件] いざおいでなされい, お妹御, お身, から頼まれ, が塀, が待っ, が江戸, が蘇生, が見詰め, だ, ちょっとこちら, てっきり殺された, とはここ, と万吉, と同腹, と添う, と芳江姫, に早速, に芳江姫, の伯父, の内, の姿, の手, の武術, の無事, はおりませぬ, はどこ, はまだ, はもはや, は何, は土牢, は姫, は師, は急, は愚僧頂戴, は毒刃, は活き, へも会いたく存じた, も定め, も皆健康, も芳江殿, をつけ狙っ, を助ける, を咒縛, を土牢, を害め, を我々ども, を殺した, を殺す, を盗み出した, 被申談候由

▼ 丞には~ (33, 1.0%)

1 [33件] いつか抱きしめ, お綱, かれの, さしたる驚動, すでに愛人, その後お, それとお, どうにも, まぶしすぎる, よくその, ハッと, 一言も, 伯父が, 何も, 判らなかった, 却って胸苦しい, 奇怪な, 妹に, 娘二人あり, 対手の, 尊い一つ, 尤もに, 弟が, 心苦しく思われ, 答へ, 肉親の, 行路の, 誂え向き, 逢わせかねるが, 遠い從弟, 開けずの, 静かに, 頬の

▼ 丞さん~ (29, 0.8%)

1 [29件] お久しい, か番頭, があんまり, が一人, が死體, が相手, じゃあございません, ぜひ一目, で御座います, との試合以前, に丁度, に呼ばれ, のでないと, のほう, の事, の宿屋, の足, は, はこの, は嘘, は話合い, ひどい所, ふざけちゃ, も身内, も随分, よく氣, わちき, 何とかお, 斬られたじゃ

▼ 丞から~ (21, 0.6%)

2 出た諸手突き, 打ち明けられて

1 [17件] いくら催促を, まざまざと, やっと離れる, パッと, 先に, 卜斎に, 受け取ること, 掛物の, 改った, 新太郎少将の, 知らせて, 聞いたが, 見ると, 訊かれて, 離縁を, 頼まれたの, 頼まれた掛物

▼ 丞~ (20, 0.6%)

1 [20件] お若い, からのお, から平次殿, から承つた, が申します, が駈け付け, といふこと, とは前, と申す, に取つ, のに間違, の御, の恥さらし, の死體, はどこ, は塀, は川崎, は才物, を, を殺した

▼ 丞~ (19, 0.6%)

5 はない

1 [14件] あつた, ござります, はありません, はあるまい, はございません, はなかっ, もあるまい, もなけれ, 世間からは, 宰相中将の, 楽屋に, 父の, 蔵人を, 解職され

▼ 丞~ (19, 0.6%)

2 向って

1 [17件] お互に, それと, ひそかに, 云うの, 取入った, 名乗りかけぬか, 向ける, 対して, 怨み顔する, 恋して, 捨てぜりふを, 毒薬を, 眼を, 絡み付いて, 話しかけた訳, 酒井家留守居庄野慈父右衛門から, 飛びかかって

▼ 丞どの~ (17, 0.5%)

1 [17件] か, がま, が拒み, とやらも情, と添いとげさせ, にどうしても, の宿, はお, は何日, まそっと, やその他, よいうしろ立て, をたずね, 分つて, 御息女さま, 御挨拶, 第三

▼ 丞~ (13, 0.4%)

2 が何

1 [11件] が戻りおっ, とその, はすでに, は感づい, も当今, を, をつけ狙っ, をという手配, を刺, を贔屓, 悪い時

▼ 丞その~ (12, 0.3%)

2 人の 1 うちに, ほかの, 人すらも, 人では, 人な, 人に, 涼やかな, 男の, 礼は, 翌日舞台から

▼ 丞とは~ (12, 0.3%)

1 [12件] いったいどこ, お浜, さきに, その間を, 元より, 同腹だ, 喪主の, 媚めきたる, 往来の, 思はれぬ人物, 血気の, 道が

▼ 丞にも~ (12, 0.3%)

1 [12件] お初という, この無名, これは, それは, それを, ちょいちょい逢います, もう引留める, よくわかる, 万吉にも, 三日に, 会えるだろうし, 竜之

▼ 丞~ (11, 0.3%)

1 [11件] から必ず, か弁, か知らねえ, が, がそれ, が可哀そう, そうである, とはいう, な, 弦之, 麓口さえ

▼ 丞~ (9, 0.3%)

1 である, にある, に依, に鷹匠殿御用, の由來, の興行地點, は未だ, は比較的, を立っ

▼ 丞といふ~ (8, 0.2%)

2 のは 1 のを, 人が, 人は, 切支丹侍で, 好い男, 少年が

▼ 丞~ (8, 0.2%)

1 お綱, お綱たち, かに前轍を, 万吉たちの, 万吉の, 仁助が, 東条数馬や, 私も

▼ 丞さま~ (7, 0.2%)

1 が乗出し, と仰せられ, と呼んだ, にこの, は父, への片思い, を失おう

▼ 丞自身~ (7, 0.2%)

1 がそこ, が調べ拔, すらが流, ではあるまい, で手, の本体, も数ヵ所

▼ 丞~ (6, 0.2%)

1 もてを, 太刀すじが, 稲は, 綱の, 綱万吉の, 綱御用である

▼ 丞とが~ (6, 0.2%)

1 いのこっただけ, 一緒に, 入って, 夫婦に, 源氏の, 老師と

▼ 丞との~ (6, 0.2%)

1 争いが, 平和な, 恋は, 恋を, 身の上であった, 間に

▼ 丞これ~ (5, 0.1%)

1 がため, が初恋, で思い, と日夕往来, はそ

▼ 丞である~ (5, 0.1%)

1 が, がその, ことを, と知る, 天魔神を

▼ 丞様弦~ (5, 0.1%)

5 之丞様

▼ 丞だけは~ (4, 0.1%)

1 ひそかに, 何と, 大丈夫です, 黙然とそこ

▼ 丞とか~ (4, 0.1%)

1 云う敵, 申した兄, 申す女がた, 言ったな

▼ 丞としては~ (4, 0.1%)

1 そのお, 多年の, 色と, 見くびられたとも

▼ 丞に対する~ (4, 0.1%)

1 お通, 人々の, 熱い恋, 複雑な

▼ 丞以下~ (4, 0.1%)

1 おろかしき浪人共, の伊賀衆, の郷士達, は氏郷出発以前

▼ 丞住居~ (4, 0.1%)

2 の一席 1 において栄, の裏

▼ 丞黒田清隆~ (4, 0.1%)

1 が北海道開拓使次官, が陸軍, の名, はその

▼ 丞~ (3, 0.1%)

1 なたこれ, なたは, なたも

▼ 丞とて~ (3, 0.1%)

1 お初の, 師匠の, 迂濶

▼ 丞とともに~ (3, 0.1%)

1 お綱, 手を, 鯉屋の

▼ 丞~ (3, 0.1%)

1 ので, のであった, んだ

▼ 丞によって~ (3, 0.1%)

1 恋と, 浪路を, 盗み出され又

▼ 丞はと~ (3, 0.1%)

2 見ると 1 見廻したが

▼ 丞ひとり~ (3, 0.1%)

1 に燃え, を大勢, を挟ん

▼ 丞より~ (3, 0.1%)

1 さし出し候品, 先に, 叱つたり

▼ 丞~ (3, 0.1%)

1 の中, は何, は思い切っ

▼ 丞~ (3, 0.1%)

1 へ出ませい, 次さまと, 次と

▼ 丞少し~ (3, 0.1%)

1 居ずまいを, 病弱で, 身を

▼ 丞あの~ (2, 0.1%)

1 園女を, 時主君源三郎に

▼ 丞いかに~ (2, 0.1%)

1 強くっても, 心を

▼ 丞おまえ~ (2, 0.1%)

1 はこれ, も月江

▼ 丞ぐっと~ (2, 0.1%)

1 唇を, 裾を

▼ 丞こそ~ (2, 0.1%)

1 いみじく淋し, ハッと

▼ 丞この~ (2, 0.1%)

1 勝負が, 日だけは

▼ 丞その他~ (2, 0.1%)

1 おもだった連中, が待伏せ

▼ 丞つつまし~ (2, 0.1%)

2 やかに

▼ 丞です~ (2, 0.1%)

1 がこの, よ

▼ 丞でなく~ (2, 0.1%)

1 てもええ, とも誰

▼ 丞でも~ (2, 0.1%)

1 たずねて, 自分が

▼ 丞というは~ (2, 0.1%)

1 小太刀の, 薬丸という

▼ 丞とかいう~ (2, 0.1%)

1 のが, 男見た

▼ 丞として~ (2, 0.1%)

1 できすぎた僥倖, やった仕事

▼ 丞とても~ (2, 0.1%)

1 人今夜これから, 尽未来あなたさまの

▼ 丞とを~ (2, 0.1%)

1 どうしたら救う, 乗せ私

▼ 丞と共に~ (2, 0.1%)

1 床の間に, 質屋の

▼ 丞などは~ (2, 0.1%)

1 寄せ付けなかつたといふ, 面目ない

▼ 丞にとっても~ (2, 0.1%)

1 それは, 侮るべからざる剛敵

▼ 丞への~ (2, 0.1%)

1 奥義伝授の, 接近へ

▼ 丞一人~ (2, 0.1%)

1 だけは遁, だけを未来永劫

▼ 丞~ (2, 0.1%)

1 だってあんなにじっと, でもない

▼ 丞~ (2, 0.1%)

1 と左, の肩

▼ 丞~ (2, 0.1%)

2 八の

▼ 丞~ (2, 0.1%)

1 海屋の, 海屋を

▼ 丞旅宿~ (2, 0.1%)

1 の方, の門

▼ 丞~ (2, 0.1%)

1 にかかる, をつけ

▼ 丞~ (2, 0.1%)

1 を光らし, を反らし

▼ 丞谷大八~ (2, 0.1%)

1 なんかという先生方, の三人

▼ 丞闇太郎二人~ (2, 0.1%)

1 とも身, の背中

▼1* [334件]

あての書簡, 丞あとからあと, 丞あれッきり屋敷から出た, 丞あわてたやうに, 丞あわれみを乞う, 丞いい程に, 丞いく久しく御, 丞いくらかホッ, 丞いちだんこえ, 丞うわべはどこ, 丞うんと揮うが, 丞お前もせいぜい, 丞かごに引き添っ, 丞かすかな不安, 丞かなわぬまでもこの, 丞かねがねから若し, 丞からの手紙を, 丞からんだ鍔を, 丞がもッと, 丞ゃつを, 丞きょうで勝負, 丞ぐいと引きつけて, 丞こそは実に彼女, 丞こちらがお, 丞さえ誘拐された, 丞さも仰山に, 丞さんあれは, 丞さんおれはただ, 丞さんお前にもその, 丞さん二人は死ん, 丞さん先へ往こう, 丞さん八橋はお前さん, 丞さん死體を抱き上げた, 丞さん闇の親分, 丞しからばその, 丞しっかりしろ, 丞しんみりいって, 丞じっとみつめて, 丞じゃありませんどこ, 丞すなわち城内横目衆は, 丞すべて初演同様の顔触れ, 丞すら唖然として, 丞ずれのこと, 丞そう聴くと, 丞そこまでの大望, 丞そのまま見世口へ, 丞それを忘れ, 丞たいそう自信が, 丞たちのため, 丞たる丸山作楽が, 丞だしぬけに不思議, 丞だって主人を, 丞だつたがつ, 丞ちょうど温泉に, 丞って云うの, 丞っていうご浪人, 丞つづいて立ち塞がった, 丞であってその, 丞であった血ぬられた, 丞でありましたがあと, 丞であるらしくそしてまたその, 丞であろうとは思い, 丞でござるが, 丞でないことは, 丞でなければならない, 丞でねえかね, 丞では一方ならぬ大望, 丞とある杜かげに, 丞とかいふさうだが, 丞とかが御当地, 丞とっくの昔, 丞とっくりと見たであろう, 丞とな何用あっ, 丞とも年来の, 丞とやらたとえ夕雲, 丞とやらが萩乃に, 丞とんだ邪魔が, 丞どうなって, 丞どうかしたの, 丞どこにどう, 丞どのこれほどわたし, 丞どの用のある, 丞なだらかな呼吸, 丞などと申す者, 丞などという名は, 丞などの人々は, 丞などもいるし, 丞なまめかしく居くずれたまま, 丞ならこの孫兵衛, 丞なりお綱, 丞なる者ここで, 丞なんてやつが, 丞なんというと, 丞にっこり笑って, 丞について歩きだした, 丞にとってゆかりの, 丞にまで登りました, 丞にゃあいつ, 丞に対してなんと男, 丞のうしろすがた, 丞はうすら眠い, 丞はかの女, 丞はからだ中, 丞はしごの下り, 丞はじめ下僚は幔幕, 丞はじめ五六人の下僚, 丞はじめ平馬も手負い, 丞はともすれば, 丞はわッと, 丞ばかりでない彼女, 丞ふたたび引き戸を, 丞ふたりもちょうど, 丞ふと不幸薄命に, 丞へと渡されようと, 丞へよりも闇太郎の, 丞ほどの流行児を, 丞まずその方, 丞まで申し入れましたところ, 丞までがお叱, 丞め半年とこの世, 丞もかあいそう, 丞やがて駕籠に, 丞やら婚家の, 丞やらが松下家の, 丞よりも茶屋の, 丞が見えられた, 丞らしい白衣天蓋の, 丞ガラリ障子を, 丞ケロリとし, 丞ズーッと匕首, 丞御申聞相願候事件, 丞ハッと思い当った, 丞フワアッとしちまっ, 丞一たん意を決し, 丞一刀の柄, 丞一箇の立場, 丞一行がまず, 丞万吉ふたりの姿, 丞丈江を一枚, 丞上方にてもただただ, 丞中村右助皆八戸住, 丞久しぶりだな, 丞が不思議, 丞之丞, 丞二三服の煙草, 丞二人の相手, 丞二十四五の絵, 丞交野十郎の率いた, 丞人気を振り捨て兼ね, 丞代理銀之丞か, 丞以外の一座, 丞伊豫を中心, 丞何で忘れて, 丞何気なく廊下に, 丞兄妹に深く, 丞先づそのとき, 丞其子当助三郎, 丞再三参り私, 丞の下, 丞刀葉林に坐し, 丞初めは渋々, 丞刺殺の目的, 丞刻一刻と苦闘, 丞剣下を交わし, 丞剣道では一刀流, 丞加藤彌三之丞, 丞助けてやる, 丞勝信また信行, 丞匕首を高く, 丞半四郎の三千蔵, 丞三條村で, 丞参議にゃなれない, 丞留源八郎などと, 丞合口に掛け, 丞吉川隼人幸田八五郎その他みな二十から三十, 丞向って右, 丞君命令だったから, 丞笑ったが, 丞呪わしさの, 丞は文治二年九月十五日難, 丞土屋右衛門尉等が信房, 丞坂の下寄りへ廻っ, 丞をひそめ, 丞に気, 丞夜具や辺り, 丞大きな一役を, 丞大したことには, 丞大輔権頭いわゆる朝野, 丞天蓋をむしり取っ, 丞夫婦に挨拶, 丞女形の舞台, 丞始め我々の藩吏, 丞孤軒老師がこの, 丞の格子戸, 丞安積八弥太など膝, 丞安積八弥太木南加賀四郎など夜来, 丞宋若思や武勲赫々, 丞のため, 丞家内から洩れる, 丞を切っ, 丞小褄もちらほら, 丞尾上松寿中村竹三郎などであった, 丞居なりで鉄扇で, 丞市川駒三郎嵐鱗昇市川鯉之丞, 丞布施次郎右衛門建部令史永原孫右衛門松田金七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 丞師匠の前, 丞師弟の手, 丞師走興行に忠臣蔵, 丞平馬のいきさつ, 丞の吏, 丞座中が村中, 丞弥五郎という二人, 丞弥蔵さえも拵え, 丞当年とって, 丞役者は女性, 丞が奪い去った, 丞贔屓, 丞心中に考え, 丞心願のすじ, 丞必死にてみずから, 丞志筑町の淡路源, 丞忠季を以て御, 丞忠綱さまの米町, 丞思いつめた面上には, 丞思わず慄然と, 丞怨みを受ける, 丞恐れる芳江その, 丞愚痴はてんめん, 丞感謝のおもい, 丞を突い, 丞折檻の役割, 丞指導で鈴ヶ森, 丞摩詰共に王維, 丞改め女寅などは殆, 丞昌綱討ち取って, 丞来り幡随院の, 丞松平藤九郎そのほか, 丞松永弾正の郎党, 丞柘植玄蕃などの部将, 丞桃六六十じばかりの, 丞案外落ちつきすまして, 丞楽屋にもどる, 丞榧野五助鳥飼四郎大夫山岸監物など馬上, 丞様それやこれ, 丞様たちが一生涯浮沈, 丞様どこかへ当分, 丞様ほんとのこと, 丞様わたしの名, 丞様一人がいい, 丞様今申した私, 丞様今夜はちょっと, 丞様園女様ご無事, 丞様承知したという, 丞様秘帖は万吉, 丞様銀五郎が一生, 丞の語, 丞次の間では川前市助, 丞を噛む, 丞殺しがまだ, 丞殿愚老に構わず, 丞殿芳江殿遠慮なく戴こうで, 丞毒蛇のよう, 丞河内通いの狂言, 丞津々浦々に聴, 丞浅間岡村の同心, 丞海軍大将に叱られた, 丞をおさえ, 丞淫らな雌狼, 丞測らず邂逅した, 丞之丞, 丞漸く金の, 丞無念そうに唇, 丞煩わしくなって, 丞珠玉のかんばせ, 丞生き物でご, 丞甲賀組の者, 丞申すまでもない, 丞畢生の大願, 丞番僧のほう, 丞痴欲に心, 丞相手がかわされ, 丞真赤な下着, 丞石丸茂平佐田長久郎杉村友太郎山谷勘兵衛以下十名いずれも勤王, 丞石原量之助, 丞石川県金沢に死す, 丞破邪の剣, 丞磯野弾正鳥山主殿助など枕, 丞突然駕籠を, 丞笠間甚八峰淵車之助箭作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 丞紀州を主として, 丞紅い美しい舌の, 丞いろ勝ち, 丞美文をつらねだした, 丞肱岡五郎太村田平内左衛門等でご, 丞が鬱し, 丞胸苦しさを, 丞脇田一松斎の愛弟子, 丞に落ちない, 丞をおろせ, 丞の上, 丞舞台を見た, 丞船曳杢右衛門丞安積八弥太など膝, 丞苦い思いで, 丞をはねのけ, 丞を分け, 丞荒々しく蒲団を, 丞莞爾として, 丞行って見, 丞西北の船手, 丞西村左馬允北川久八三騎並んで, 丞見覚えの武家, 丞親方いずれそのうち, 丞言葉も手つき, 丞討ってくれ, 丞許芝などという魏臣, 丞誠に先生の, 丞貴公はどう, 丞起上って極り, 丞足もとの岩の上, 丞の二人, 丞をひねっ, 丞近藤隆左衛門の人々, 丞鄭雍の甥, 丞金出宿には黒田監物, 丞長崎屋の血, 丞門屋助右衛門寺村半左衛門, 丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 丞闇太郎の奇妙, 丞闇太郎ほんとうの敵, 丞闇太郎多言の場合, 丞阿部栄太郎久保田勇吉内蔵豊蔵の十一名, 丞飯能主馬の三人, 丞鮎原村の小林六太夫, 丞黒田清隆どのを貴殿