青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一部分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一言 一言~ 一貫~ 一足~ 一身~ ~一軒 一郎~ ~一部 一部~ ~一部分
一部分~
一間~ ~一隅 一隅~ ~一面 丁~ ~丁寧 丁寧~ ~丁度 丁度~ 丁目~

「一部分~」 1244, 12ppm, 8853位

▼ 一部分~ (241, 19.4%)

4 平岡の 3 占めて

2 [13件] とつて, なして, なすもの, 三千代の, 与えて, 会社員としての, 切り放して, 取って, 曇らす為, 望み得させる事, 構成し, 洗って, 見て

1 [208件] あのケバケバ, あらわすの, うけて, おなじ新聞, おのが, かくせば, きいたわけ, こうして聞いた, このよう, そして国庫, そのまま次に引用, その中心, その以前, その方, その骨壺, それに, それを, そんなに重大, た, ちらと, でもわれわれ日本人, とって, どうしても野菜畑, どんな眼, なさないもの, なした何もの, なしてる時, なすこと, のぞいて, ひきつづき, もって, よんだという, イェルザレムによって, シュレーデル氏に, ファッショ哲学として, ブッ欠き, ポイと, モデルと, 不二商事, 不要に, 二人は, 云い表わされるよう, 伐り開いたところ, 何年にも, 使用すれ, 働くべき人間, 先生の, 免れんと, 入れて, 公開した, 切つて持つ, 切詰めて, 切離して, 剃髪する, 削って, 助けるという, 動かせば, 務むるものは必ずともに, 区画し, 取っても, 取り出して, 取り抜いて, 取り除いても, 取得する, 受けとると, 受け持つ裁判方法, 受取って, 受持つに, 含みそして, 吹き込んで, 唱へる, 喜んで, 嚥んで, 埋葬者に, 売らなければ, 売りて, 外国貿易から, 失うであろう, 奪う, 奪うこと, 奪われるから, 奪われる時, 子供の, 小作や, 尚細く, 左右する, 市へ, 師匠及び, 庭で, 形成し, 形造る, 彼自身では, 後生大事に, 得たるに, 忘れて, 忘却し, 意味し, 成して, 成すもの, 或は鎭守, 手に, 払うに際し, 抛棄しなけれ, 抜粋する, 抜粋節略し, 披瀝し, 持って, 指さして, 掲げて, 掲載し, 描く以上, 摧い, 支払ったの, 支払わしめ得るに, 改めて終る, 改良された, 日光に, 暗誦し, 書きなおして, 望み左, 棄てねば, 検察行政という, 構成する, 欠損した, 次に記す, 歌う, 止めると, 正月の, 此処へ, 殘した, 比較し, 消して, 消費し, 混じて, 添へて, 無利子, 照し, 照した, 熟知し, 燒き, 片づけたり, 片原または, 特に神聖, 現わし, 生産的に, 生産者は, 田中氏の, 発見し, 白く残し, 百枚くらいの, 着服した, 知ったばかり, 知って, 知る料, 研究対象と, 破壊し, 礼拝堂の, 私の, 秤にかけて, 移して, 移すこと, 穴の, 突破し, 綿密な, 縛って, 縦に, 纏めて, 聞けりと, 茶の, 葡萄の, 蔽う, 裂かれた屍体, 要求する, 見せて, 覗いた感じ, 詞華集に, 話し一部分, 説いて, 説明した, 読んだきり, 読んで, 読者に, 諸兄姉の, 證據立てるなら, 識得し, 譬えて, 貰ひ, 貰へれ, 賦与せられたる, 蹂躪される, 輸出する, 辛うじて判読, 送って, 過重する, 達したという, 遮ぎる津田, 鎌倉の, 除いた米国総体, 随筆風に, 露出する, 靴製造業者は, 領し, 題材と, 食物及び, 鴨川といった, 麻痺さした, 黒くなっ, 黒く染抜い

▼ 一部分~ (134, 10.8%)

2 恐らくこの, 確かに, 過去の, 間接に, 革命が

1 [124件] いたましいほど, いつのまにか信子, おそらく予防的妨げ, ここからも, この中, この住職, この時期以来, この目的, この種山中, すでに谷川, その変化, その後の, その肥沃度, たしかにこうな, とれたが, やめなければ, より不, アクチニオ四十五世の, エルンストから, クーノー・フィッシャーの, ブルジョア社會の, ラグランジュ, 今の, 今も, 今や国家, 他ならぬ, 他国の, 信ずると, 傳誦で, 僕の, 先へ, 共著と, 其の他, 内部競争と, 出入口を, 制御可能の, 前の, 前版, 動物なお, 印度の, 唯物論に対する, 唯物論への, 国家の, 土地の, 地主により, 地主の, 地面に, 地面へ, 変化する, 大きな魚, 大正十二年私の, 完全に, 届きました, 山と, 岩と, 巣に, 市場価格によってのみ, 常にこの, 広い世界, 引き出す時, 引去られ従って, 彼らの, 後に, 得意な, 御社の, 必ず行われる, 必然的に, 戸山学校の, 戸袋に, 救われるだろうが, 教授の, 数えること, 斎部の, 早く起き, 明かに, 明白な, 時代と, 暗く一部分, 月の, 歩いて, 水に, 水の, 無感覺, 猶皇室, 率直に, 生ける資本, 直接に, 直接的な, 直接間接の, 眞理に, 社会科学に, 神並びに, 私も, 私一人の, 立法の, 米国大陸を, 純粹, 練兵場として, 繍即ち, 耕作の, 聖なる資格, 自然的という, 自然科学に, 與吉の, 艶, 記録一部分は, 課税貨物に対し, 輸出され, 輸出される, 近々に, 近年見られる, 遅く休む, 遊園地や, 遠く野蛮未開, 遠慮する, 長い間, 開いて, 阻止され, 雲に, 青春期以下の, 非常に, 非社会性, 靴にまで, 馬の

▼ 一部分~ (129, 10.4%)

12 過ぎない 8 して 4 なって, 於て 3 過ぎないの 2 すぎない, すぎなかった, なつて, メスを, 彼の, 相当申候, 過ぎないから, 過ぎないので, 過ぎなくて

1 [80件] あつて, さへ, しかじ, すぎないもの, すぎないよう, すぎなかったこと, すぎなくなる, すぎぬ, すぎません, そんな現象, ぞくして, ぞくする限り, とって, ならなくては, なりそして, なります, なる, なるの, もっともらしく触れ, トロッコの, ポッカリと, 下落させた, 事情が, 人間は, 人間や, 他ならない, 他ならなかった, 使用し, 光りを, 入つてしまつたの, 入れて, 剖葦は, 化し得たならば, 向って, 含まれて, 含まれる, 壊れたまま, 外ならない, 外ならなかつた, 存在し, 封じ込める, 属さなくては, 属して, 影響し, 心得て, 或時, 接触する, 数えられた, 數へ, 此神授の, 消え化, 澄み切った芸術味, 濃厚の, 生ずるとき, 生ずるも, 當て, 相当する, 納められて, 組み込まれて, 繰り込む譯, 行わるれば, 行われて, 迷いこんだと, 過ぎずしかも, 過ぎないこと, 過ぎなかつたけれど, 過ぎぬ, 過ぎぬの, 過ぎぬ魂, 過ぎませんまた, 過ぎんの, 過ぎん上, 附いて, 限られた称呼, 限られて, 集まるところ, 集めて, 雲の, 頑丈な, 黒い濃い雲形定規

▼ 一部分~ (124, 10.0%)

2 余剰価値の, 母の, 疎らに, 見えて

1 [116件] あの山林, ありそう, ある, あるの, うたである, かくの, かすかに, かの抑圧, ここに, こっちからは, こつちから, この地方, これは, すでに黒ずん, そこに, その上, それぞれの, それに, ちぎれでも, ちょうど背筋, ちょっと片, ついて, ついに現れ, どうかする, どんなに大きく, なかった, はっきりと, ひどく似, まるでと, もろく欠け落ち, やはりそこ, ゆらゆらと, より以上, ギイと, ゴトゴト動きだした, ザクザクに, チラチラッ, ディアレクティクである, トウトウくたびれ, ブルジョアに, 上げ板, 事実と, 人間の, 今, 他部分, 休養を, 其國の, 再現される, 又史的唯物論, 口を, 呼びよせられたほどの, 四角に, 国家経費を, 地代として, 多少とも, 夢である, 失われて, 女房にも, 始めて, 存し, 実現されるであろう, 常にある, 心理的である, 所有者から, 抉りとったよう, 早く大事, 明確に, 昼の, 時折り, 曾て, 最も無遠慮, 月光を, 極度に, 欠けて, 武蔵野の, 残って, 残存し, 泡に, 流れて, 無くなること, 狡猾にも, 独立し, 現れたの, 現れて, 現実で, 生ける貯財, 産業發達の, 発達した, 眺められた, 眼を, 私の, 科学的に, 移住させられた, 種々な, 筋違に, 繃帯の, 聞えたと, 自ら消費し得, 自然弁証法に, 舟木さんの, 芸術を, 蒙って, 衝突した, 見えた, 見えたり, 見えるの, 見える左手, 解けて, 解消され得る, 解消すべきである, 遺って, 鉛の, 露出し, 飜訳後暫らく経っ, 飢餓地帯と, 黒く焦げ

▼ 一部分~ (96, 7.7%)

4 ような 3 ように 2 やうに, 仕事を, 価値を, 意義は, 期限は, 遂行に

1 [77件] ある特定, うかがわるる永い永い, ことしか, ことであります, ことの, ことを, ごとく住職, ぬけたの, もので, ものの, やうな, ようにも, 不覚を, 世界に, 中に, 中には, 事を, 人は, 人を, 仕事が, 代表者の, 使用を, 例証でありまし, 働き出すこと, 六時間か, 内容の, 写しを, 利潤を, 取りこぼちが, 合唱や, 国民が, 地名である, 外は, 夜の, 如きは, 対馬へ, 山奧に, 復歸を, 忘失遺, 想像の, 意識作用によりて, 感情は, 懸崖を, 成功を, 戸が, 技能つまり, 改革であっ, 文化は, 新羅, 暗躍に, 有個所, 構造や, 深さ, 湖面だけを, 演出表現に, 演劇と, 炭酸は, 無意識的にか, 現象に, 理由である, 生活ほかなくなる, 発行方法たる所の, 白白しさ, 研究たるに, 破損は, 破綻を, 組織の, 脱稿を, 註釈に, 責めは, 貴い分担者, 返済を, 連鎖を, 遂行だけでも, 雑木が, 風習だ, 飛び飛びの

▼ 一部分~ (52, 4.2%)

3 なって, なるの 2 なるよう, 実質に, 額と

1 [40件] いうよりも, しこれ, すでに書い, せんと, なし妹, なし或は, なった訳, なってまで, なつて, ならなければ, なること, なれるなり, みなすべし, 云い度い, 云うと, 云ふも, 入って, 古事記の, 合致する, 同等または, 名く, 名づく, 大學, 心得て, 思ったもの, 想定し, 正当に, 比較すれ, 看做しその, 考えられたり, 考えられない事, 臼齒が, 見て, 見ても, 見ること, 見傚す点, 重複する, 隔離室の, 額とを, 飛ぶ雀

▼ 一部分として~ (36, 2.9%)

2 人を, 講述する

1 [32件] いつも座席, この講義, これに, その存在, 之を, 云い表わし又, 五万円と, 仕事によって, 例の, 出るの, 初めて充分, 初めて成り立つ, 取扱うべき廉, 取扱ふべき, 取扱われたが, 学ぶは, 家族の, 彼らに, 扱われて, 採用する, 極めて重要, 機能する, 無雑作, 狹くも用ゐる, 理解し, 生きて, 私より, 編成される, 考えて, 観ると共に, 認められて, 送ろうと

▼ 一部分~ (32, 2.6%)

6 あつた 2 あつて, いやはや, 私は

1 [20件] あつたらしい, しきりに触れろ触れろ, そこに, へりは, ほかにも, みじかくわらわれた, 何も, 何度と, 初めそれが, 反射交感され, 所謂大衆に, 殊に眼, 浮彫に, 片附く, 神楽は, 縁では, 色は, 裏は, 購買される, 隔離した

▼ 一部分である~ (22, 1.8%)

2 がやがて, ことを, 処の

1 [16件] がしかし, が故に, が芸術家, ことに, ことも, としても安っぽかろ, と云う, にかかはらず, にかかわらず, にすぎない, ので, ゆえわれらは, ような, 以上は, 唯物史観の, 文化社会圏を

▼ 一部分~ (18, 1.4%)

4 のだ 3 のである 2 のか, んだ, んです 1 のそれ, のだろう, のであります, のであろう, のです

▼ 一部分としての~ (13, 1.0%)

2 北支一帯の

1 [11件] マルクス主義文学, マルクス主義文学は, マルクス主義文學は, 史的唯物論の, 唯物史観の, 微妙な, 知識の, 知識社会学或いは, 芸術特有の, 記憶は, 靈や

▼ 一部分たる~ (12, 1.0%)

2 に過ぎない 1 これ等を, に過ぎざる, に過ぎず, の旨, は論, われわれの, 子供, 子供が, 所謂特殊部落に, 精神においては

▼ 一部分でも~ (12, 1.0%)

1 [12件] あるかの, いいから, うちこまねば, お洩らし下さるまい, よいから, ラジオ放送化し得る, 全員集まっ, 校長先生に, 発見されれ, 真実に, 説明されたら, 迷妄の

▼ 一部分だけ~ (11, 0.9%)

1 [11件] こは, こわし残って, もんで, 出て, 寫眞石版で, 截り放され, 抽い, 活動写真の, 焼け残ったの, 細い縞, 賛成し

▼ 一部分~ (10, 0.8%)

1 からだ, つたのだ, という, という風, といったところ, として感じた, とは考え, と思う, よ, 土足に

▼ 一部分では~ (10, 0.8%)

1 ありながら, ありますけれども, ありませうが, あり得ない, ないこと, なくて, 信じて, 天井を, 思い乍ら部屋, 有ません

▼ 一部分には~ (10, 0.8%)

1 あの人, たしかにその, 切り開きたる所有, 外国人の, 崖の, 掛茶屋の, 武家以前古く, 水草を, 相違ありません, 通用すべからず

▼ 一部分だけが~ (8, 0.6%)

2 路地の 1 なぜ任意, わずかに, 歌はれる, 無数に, 狂人化した, 見えたの

▼ 一部分なる~ (8, 0.6%)

1 が直ちに, のみ, もの, より起こる, をもって我人, 事を, 小説家を以て, 春田打ちの

▼ 一部分しか~ (7, 0.6%)

1 ない, 分つて, 現わし, 真似てない気, 瞥見し, 耡起されなかった, 見えない

▼ 一部分~ (7, 0.6%)

1 よほど皮膚, 失うこと, 届いた者, 引くるめ, 支払わなければ, 望まれる, 見える

▼ 一部分だけを~ (6, 0.5%)

1 せまく射る, 憐れみの, 照らし出す, 行つて居る, 見て, 風に

▼ 一部分であった~ (6, 0.5%)

1 からこそである, から社会, が水, ことに, にすぎない, 科学が

▼ 一部分であり~ (6, 0.5%)

2 そしてそれら 1 そして常に, 労働者の, 又夫, 吹込みも

▼ 一部分にしか~ (6, 0.5%)

1 すぎなかつたの, 人の, 通用しない, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎなくなって

▼ 一部分から~ (5, 0.4%)

2 他の 1 微弱なる, 或物, 見えるだけ

▼ 一部分ずつ~ (5, 0.4%)

1 やらせて, 含んだ形体, 改造に, 片付けて, 調べて

▼ 一部分でしか~ (5, 0.4%)

1 ありません, ない, ないが, なかった, 無いの

▼ 一部分です~ (5, 0.4%)

1 から全体, し公園, どうか, よ, よ自分

▼ 一部分をも~ (5, 0.4%)

1 久光を, 引き受けなければ, 形づくらなかったから, 草案しない, 見る事

▼ 一部分だけは~ (4, 0.3%)

1 トタン塀が, 今一つ前からの, 保存する, 残って

▼ 一部分なりとも~ (4, 0.3%)

2 縮写せん 1 この名人, 知ること

▼ 一部分のみ~ (4, 0.3%)

1 であって, では, 作用を, 発動する

▼ 一部分~ (4, 0.3%)

1 吾, 持って, 流れて, 滑って

▼ 一部分乃至~ (4, 0.3%)

1 一党派の, 一小, 一部面に, 全部で

▼ 一部分とも~ (3, 0.2%)

1 いふべきもの, なつて, 為して

▼ 一部分または~ (3, 0.2%)

1 その一部分, 一方面の, 全部が

▼ 一部分あるいは~ (2, 0.2%)

1 全部が, 大部分

▼ 一部分おぼろ~ (2, 0.2%)

2 な気分表現

▼ 一部分すなわち~ (2, 0.2%)

1 三角アンドロメダ牡羊及び, 同胞国民の

▼ 一部分すらも~ (2, 0.2%)

1 われ, 分ち與

▼ 一部分だけの~ (2, 0.2%)

1 引用では, 特権と

▼ 一部分であっ~ (2, 0.2%)

1 てこの, てこれ

▼ 一部分でなく~ (2, 0.2%)

1 てはなるまい, はない

▼ 一部分とは~ (2, 0.2%)

1 同乗する, 法律の

▼ 一部分なり~ (2, 0.2%)

1 しやも, 人間も

▼ 一部分にな~ (2, 0.2%)

1 つてしまつ, つて獨立を

▼ 一部分にも~ (2, 0.2%)

1 たしかまた, 適用される

▼ 一部分みたい~ (2, 0.2%)

1 にいう, にいとおしく

▼ 一部分もしくは~ (2, 0.2%)

1 倭人の, 生命そのものを

▼ 一部分より~ (2, 0.2%)

1 ほかに, 読まなかった

▼ 一部分をさえ~ (2, 0.2%)

1 なして, マスターしよう

▼ 一部分を通じて~ (2, 0.2%)

1 事実上吾, 激しい災厄

▼ 一部分一部分~ (2, 0.2%)

1 に分解, の細かい

▼ 一部分勿論~ (2, 0.2%)

2 それは

▼ 一部分即ち~ (2, 0.2%)

1 春秋の, 野鄙な

▼ 一部分理想~ (2, 0.2%)

2 の高

▼ 一部分~ (2, 0.2%)

1 な映像, の科学

▼ 一部分邦訳~ (2, 0.2%)

2 あり

▼ 一部分醒覚~ (2, 0.2%)

2 して

▼1* [131件]

一部分ありてその, 一部分かと疑ふ迄に, 一部分がはひつて, 一部分ぐらいにしか考えない種類, 一部分さえどこからも, 一部分じゃねえか, 一部分じゃあないの, 一部分すら洩らし得ずに, 一部分ずつを雑誌, 一部分その中の, 一部分だけさつと照らし, 一部分だけしか見えて, 一部分だけで別段熱も, 一部分だけでも科学的に, 一部分だけなりとも私自身で, 一部分だけに眼を, 一部分だの室の, 一部分だろうかと思う, 一部分ちぎれちぎれとなつ, 一部分でありまして當時, 一部分であるらしいから後, 一部分であればいい, 一部分でさえあったの, 一部分でもに諸兄姉が, 一部分というものは, 一部分としか思えない, 一部分とでもいうよう, 一部分との間に, 一部分とを含む不規則, 一部分なくなり或は殆ど, 一部分なぞいうこと, 一部分などではなくて, 一部分なりを描きちょっと, 一部分なればその, 一部分においていかなる作用, 一部分にだけあてはまること, 一部分についてはやや楽観的, 一部分にて開校せる, 一部分にてもこれを, 一部分にでも潜んで, 一部分にとかしこんで, 一部分に対しあえて一言, 一部分に関してだけ通用する, 一部分のみが土壌の, 一部分のみを取つて, 一部分のれん瓦を掘返し, 一部分はっきり映って, 一部分ばかりが気に, 一部分ひき裂いて, 一部分ひとりかふたり, 一部分ほんの一面に, 一部分まぜてごまかす, 一部分までは亥の, 一部分までも入れて, 一部分みな安心税なること, 一部分知人達の, 一部分やら訣らぬ, 一部分らしいものが, 一部分をしか代表しない, 一部分をのみ歌ふ, 一部分を以て自ら居る, 一部分クーセヴィツキーの指揮, 一部分コロムビアにオリジナル, 一部分ドイツ人ゴッセンに認め, 一部分一分子たること, 一部分が闇, 一部分丈けが開いて, 一部分上演を坪内先生, 一部分中央阿弥陀如来の向っ, 一部分乱れている, 一部分五六行のもの, 一部分交錯し他, 一部分今日の滿洲, 一部分休息して, 一部分休止して, 一部分に考へ, 一部分何だかわかった最初, 一部分例へば人膽人骨人血毛髮爪甲等を, 一部分共通して, 一部分共鳴したり, 一部分切り取って今, 一部分剥がれた家が, 一部分剥げて居ります, 一部分又は全部引つこめた, 一部分古典時代の民族, 一部分樣である, 一部分同感して, 一部分喰わしてしまった, 一部分に向った, 一部分多分はその, 一部分失うた事に, 一部分なの, 一部分実用生活の一部分, 一部分岡山県広島県山口県となります, 一部分崩壊した家, 一部分つて大体に, 一部分回読経は, 一部分折られている, 一部分押入のよう, 一部分換言すれば, 一部分方言として保存, 一部分と似, 一部分時に積れ, 一部分書き写して, 一部分書くのも, 一部分残しておく, 一部分殘つて居りますけれども, 一部分濁つて今度, 一部分に埋り, 一部分現在保存されて, 一部分生ずべきことは, 一部分のやう, 一部分略する習慣が, 一部分疲労したるとき, 一部分発動するもの, 一部分白く硝子も, 一部分的取締のため, 一部分知つて居る, 一部分磨穀器によってなされる, 一部分紫色に霞んだ, 一部分組織され他, 一部分能面風俗に関する特別, 一部分衣類や書画骨董, 一部分表して後, 一部分詰り大師の, 一部分起動すれば, 一部分逃げおくれて茂み, 一部分と顔, 一部分露出して, 一部分を出し, 一部分首府に運ばれ