青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一部~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一角 一角~ ~一言 一言~ 一貫~ 一足~ 一身~ ~一軒 一郎~ ~一部
一部~
~一部分 一部分~ 一間~ ~一隅 一隅~ ~一面 丁~ ~丁寧 丁寧~ ~丁度

「一部~」 5015, 50ppm, 2328位

▼ 一部~ (1170, 23.3%)

31 人々の 22 人々は 21 人の 14 人々に, 作家が 12 人々が, 人は 9 人々を 8 人に, 人達の, 間に 7 ものに, 人々によって, 人には, 読者には 6 ものの, 人々には, 兵を 5 ものは, やうに, ように, 人たちに, 人たちは, 人達に, 者は, 読者に 4 ものが, 人々からは, 人間は, 作家たちの, 作家の, 兵力を, 者の

3 [12件] 了り, 人が, 人士の, 人士は, 人達は, 作家たちは, 十六冊の, 婦人の, 批評家は, 観客の, 読者を, 間にしか

2 [62件] ものを, インテリゲンツィアは, 人々から, 人から, 人からは, 人たちの, 人では, 人にしか, 人を, 人士のみ, 人間の, 作家から, 作家と, 作家に, 偏向を, 傾向を, 兵は, 内に, 写生を, 勢力家, 堰を, 学生は, 学者の, 学者は, 将士は, 小説と, 小説として, 常識を, 建物の, 影を, 役割を, 手勢を, 批評家が, 指導的な, 文学が, 文学者が, 文学者の, 文芸家によって, 日本人の, 書として, 書を, 期限が, 本に, 極端派を, 歴史小説なり, 流行が, 特権者と, 生徒の, 知識人の, 第二章, 者からは, 者が, 者に, 華族は, 街で, 読者の, 識者の, 農民との, 連中は, 青年たちの, 青年に, 青年の

1 [737件 抜粋] あらわれに, うちには, お味方, が出来, ことだ, ことであろう, したり顔の, ために, はずれの, ひとの, ほか外部へ, めざめたる人, ものたちが, もので, ような, よさ, アウトラインだけを, アカデミーに, イギリス人の, インテリゲンチャは, インテリゲンチャ層は, インテリゲンツィアの, インテリゲンツィア婦人は, エジプトに, キリスト教徒以外の, ジャーナリストを, ジャーナリズムの, センチメンタリストの, ゾッキ本の, バンドリスズメと, バースデイ・ブツクを, パーソニフィケーションである, ファンが, ブルジョア, ブルジョアジーにとって, プロシアは, プロレタリア作家, プロレタリア作家自身の, プロ階級の, マジックスクェアーの, モリアン族は, ロシア・インテリゲンツィアに対して, 一致と, 上流的な, 下拵えは, 下等神あり, 不平の, 不幸な, 与論の, 世人の, 世論には, 世間には, 中で, 主家の, 予言とも, 事には, 事業として, 五百部と, 交代ぐらいにしか, 交際社会所謂派手者の, 人々とともに, 人々にだけは, 人々にと, 人々への, 人々特に, 人々等の, 人たちから, 人と, 人にとっては, 人によって, 人ばかりが, 人員に, 人士に, 人影は, 人数を, 人種なら, 人達から, 人達からは, 人間だけは, 人間共は, 人間達が, 人間達の, 今日の, 仏教家の, 他の, 仙台藩閥を, 代表者と, 仲間作家達は, 会員から, 伝記が, 伝記を, 低俗な, 余白みたいな, 佛蘭西人の, 作家たちが, 作家たちには, 作家たちをも, 作家にとって, 作家によって, 作家自身が, 作家評論家は, 例に, 俳人は, 俳優演出家の, 俳優達は, 側臣を, 偶像の, 傾向も, 僞印を, 児童は, 公卿がたを, 共産党員が, 兵が, 兵へは, 兵を以て, 兵馬が, 具眼者に, 册子と, 出版業者は, 出版資本の, 切れ地から, 切支丹学者の, 前借を, 前半は, 劇通か, 劇通に, 効用を, 勇敢な, 勢力も, 半可通とは, 原因である, 原因に, 原文を, 厭勝の, 反對, 反感に, 古名, 句集も, 同志は, 同胞に, 同胞を, 名ぐらい, 名で, 商人達は, 商工業者階級は, 噂に, 因を, 国民の, 国粋主義者の, 地にも, 地を, 地方に, 地方ばかりの, 埃を, 城兵に, 執筆業者や, 塾生の, 境遇を, 士心の, 壮烈な, 変化に, 外は, 大体出来, 大學生, 大資本家, 大阪人の, 奉仕者では, 女子は, 女学生などに, 女学雑誌を, 好事家は, 好事家間に, 好学の, 好小説, 好戦者が, 好楽者, 如きに, 如く表現され, 妄誕の, 姿かと, 婦人たちに, 婦人雑誌が, 嫉視は, 学生の, 学者から, 学者が, 学者に, 学者物識りであっ, 学者輩の, 学芸界, 學生からは, 學者は, 完成として, 官僚が, 実業家には, 実業家を, 実用化を, 実践家, 客は, 客を, 家庭料理によって, 家臣の, 専門以外には, 専門家が, 専門家と, 将の, 将兵を, 将士が, 将士の, 尊敬を, 小数を, 小説が, 小額を, 少数の, 尖端都会人は, 尾根の, 屋庇の, 山廓を, 工場労働婦人を, 市民の, 市街は, 常識に, 幕府主脳の, 幹部には, 幹部士官に, 幻覚でも, 建物は, 影と, 役員間に, 御婦人, 必要必然と, 志士では, 思想の, 思想家たちの, 思慮分別などは, 急性痲痺だろう, 惣標, 意見にも, 愛国者を, 愛好者を, 態度として, 慣例が, 成熟し, 所謂推理小説より, 批評に, 批評は, 批評家に, 批評家の, 批難を, 技術将校たちは, 抜粋を, 指導者から, 指導者たちの, 掛り長だ, 損害が, 撮映を, 支那人に, 攻撃は, 政治家と, 政治常識に, 教師仲間の, 教育家の, 教育家は, 文として, 文化人と, 文化財の, 文学アカデミシャンの, 文学者である, 文学者は, 文芸家の, 文芸批評家が, 文芸批評家によって, 新劇団, 新劇運動者が, 新聞に, 新進作家によって, 方面においては, 旅券係という, 日本な, 日本の, 日本人を, 日本文化論者の, 暴力かの, 暴民は, 書中に, 書冊懐にとり, 書物を, 書物全体を通じて, 有志者が, 朗讀を, 望まれるよう, 朧げな, 木目へ, 東洋の, 板屋廂には, 桟を, 森林を, 極めて不完全, 極貧者すら, 権威ある, 歌, 歌ハリキリボーイを, 歌沢節を, 歓心を, 正誤が, 武人に, 武将と, 死滅運動の, 殺人者や, 殿軍を, 民族学者によ, 民族学者によって, 気むずかしい批評家, 気運も, 水戸の, 氷が, 活動家の, 活動家を, 流行の, 浅井家家臣が, 消息通に, 減刑, 演劇評論家の, 演劇運動は, 激昂も, 火災で, 無根拠, 物体も, 物好きの, 物議を, 特権の, 特権階級に, 特殊な, 狂言を, 独占的な, 王朝文学に, 現象を, 理由は, 理解者に, 生活は, 生活感情にとっては, 田畠を, 男子を, 画家に, 画家仲間に, 発育を, 発達も, 発達或は, 登山家連中には, 登山者仲間では, 真理が, 真理である, 知識人さえ, 知識人に, 知識人言論人ほど, 知識階級の, 研究か, 研究家には, 破壊であった, 社会からは, 社会に, 社会には, 社会常識や, 社会情勢が, 神経が, 神経を, 禁止林を, 科学者たちが, 科学者と, 科学者を, 稗史などに, 稿を, 稿丈も, 空気を, 竄入は, 紙中を, 素行よから, 細長い部屋, 紹介者によって, 終の, 終り二部, 経世書を, 経文へ, 結実と, 經學者から, 繁栄には, 纏まった狂言, 老人と, 老将, 者であり, 者という, 者や, 聲は, 聴取者が, 肉体の, 肉片が, 胎土が, 脈絡と, 脳膸なり, 自然主義者も, 自然現象に, 自由主義者は, 舞台芸術家は, 船頭などが, 色が, 若い世代, 若い人々, 若い女, 若い女性, 若ざむらいども, 若公卿, 茶話会が, 草屋根が, 荒野を, 荘厳を, 著述にも, 血気者たちには, 補正を, 西営口に, 見方で, 見解へ, 観客に, 観客は, 観客を, 観察では, 観衆が, 解題としては, 言は, 記事あたりが, 訳を, 評も, 評もか, 詞章を, 詩人に, 話題にな, 認識を, 誤解を, 誤謬が, 説に, 読者が, 読者は, 読者批評家の, 論者が, 論者の, 諸君に対しては, 識者によって, 識者は, 警官を, 議員と, 象嵌は, 貢與を, 責任ある, 責任が, 貴族富豪の, 貴重なる, 賛同を, 賞讃を, 購買力を, 身売り防止事業などに, 軍卒が, 軍需生産者ばかりが, 輿論には, 農場では, 迷信に, 連中信用組合員や, 進歩的な, 遊芸人化した, 運動を, 違反者を, 避暑地を, 重臣側から, 重鎮と, 長いソナタ, 長吏法師等, 開墾役を, 間から, 間では, 間には, 閭門の, 限られた人間, 陰謀や, 階級に, 階級には, 随筆ぐらいは, 霊媒達は, 青年たちが, 青年たちに, 青年らは, 青白きインテリ, 非難に, 革新主義者の, 順序を, 頑健な, 顔が, 顕官に, 風景が, 風評が, 骨目真髄である, 鬼火研究家は, 黄巾賊が

▼ 一部~ (859, 17.1%)

26 なして 11 なすもの 10 割いて 6 譲渡し 5 成して 4 さいて, 占めて, 左に, 持って, 書き出しに, 残して, 蔵し 3 ここに, 借りて, 制して

2 [46件] かすり袷, なしそして, なす, なすの, なす歯車, のこして, 中止す, 代表し, 代表する, 作って, 俗に, 保存し, 分有し, 区画し, 占める, 占領し, 学校へ, 工房に, 左右に, 引出して, 引取る, 意味する, 成すとは, 成すもの, 手に, 担当する, 拭いたあと, 指して, 採録する, 描いたもの, 描いて, 描くは, 極端に, 構成し, 歩いて, 犠牲に, 示すもの, 自分たちの, 裂いて, 見て, 見ること, 見ると, 覗かせながら, 読んで, 負担し, 開いて

1 [672件 抜粋] あげたの, あげとくん, あの血, うか, うずめたよう, お伝えし, お送りする, かえて, かき取つた, かすかに, かすという, ここの, こっそり取っ, さいても, さし出したり, さまよって, しきりに擦, しきりに擦っ, しげしげと見, そういうふう, そういう目的, そがれたの, そこに, そこへ, そのままそこ, その言顯はし, その領地, ちょっと変え, つきくずした泰軒, つぎの, つくって, つぶした, とつて, とどめたほか, とりあげて, どこかで, なしたいとの, なしたの, なしたもの, なした名残り, なしてるの, なします, なすこと, なすに, なすに迄, なすよう, なす人, なす現在, なんらかの形, にらんで, のせて, はっきり見る, ひきつれて, ふと学校, ぼんやり見廻, また生き直させ, むしりとって, もぎとっても, もぎ取りまた, もち殷, もらうだけ, やっと返済, わが新劇共通目的, われわれに, アディジェ河谷に, カッと, ザクセンに, スガナ河谷に, トゥンベスに, バージーンから, パッと, プライス博士の, メリメリと, モデルと, ロンドンへ, ワルソー方向に, ヱンヂ色に, 一つの, 一寸お, 一席弁じさせ, 上下した, 上坂と, 上記の, 与えたならば, 世間に, 主人が, 了って, 予報し得る, 事務所風に, 互に結合, 今松, 仏蘭西の, 仕切つた, 仕切つて筵を, 他の, 伐り出す許可証, 会社が, 伝えるべく新た, 低利で, 体得した, 体系から, 作りかえ漆喰, 作るため, 作者によ, 供する英語教師, 保つて, 修復し, 修理し, 借りること, 傳通院内に, 僕が, 僕二部を, 全群, 公に, 公売に, 内裏の, 再びよみかえした, 再遊, 写さ令, 写した, 写したこと, 写生した, 凝視し, 出し広く, 分つのみ, 分担する, 切ったり, 切と, 切とっ, 切られたも, 切りとった水口, 切り取り画面, 切り開いた火葬場, 切除した, 刈り取って, 利用し, 剥いで, 剥ぎ取つたやう, 割いた金, 割き優秀, 割き豪州艦隊, 割くという, 割くのみにて, 割愛し, 加えたもの, 助くるとか, 助けて, 助成し, 動かして, 勝手に, 千五百部印刷し, 卒業した, 占めます, 占めるでしょうが, 占有した, 占領された, 印刷にまで, 卸して, 反映し, 取ったの, 取りだして, 取り出しても, 取り消したり, 取り込めて, 取去りそして, 取捨し, 取消しては, 受けようと, 受持つこと, 受持つ老年, 口移しに, 含んで, 吸収しつ, 唱へる, 喚び醒さうと, 喜捨し, 固く縛っ, 国内では, 国外に, 圓舞臺に, 土岐への, 圧した, 地及び, 城の, 境として, 売った, 売ったりは, 売り, 売る場合, 多くの, 多く知り得た, 失いてすら, 失ふかの, 失へる, 奪へる, 孤立させ, 完うし, 実現する, 実験室として, 客間で, 家賃の, 容れ彼, 寄進し, 寫生した, 将軍家に, 小さなショーウインドウ, 崩しなど, 巧みに, 帝国劇場で, 席捲し, 建て増して, 引用し, 弟に, 強く引っ張れ, 形づくつた, 形成する, 役立てて, 彼と, 彼等の, 征服し, 得たの, 得んこと, 御購求, 徳川時代の, 急いで, 急転させ, 想像する, 成した五坪, 成します, 成す, 成すこと, 成すところ, 成すわれら彼, 截ち切って, 所持すれ, 手写した, 手紙の, 打ちぬいて, 打ち明けたやう, 打ち明けたよう, 払い下げる代価, 払って, 托すべきあるに, 抄させ, 抄せん, 抄写した, 抜き取って, 抜き書き, 抜出すといふ, 抜萃すれ, 抵当に, 抽読し, 拂ふこ, 担任し, 担当し, 拿捕兵員百數十名を, 持たせて, 持ちあげその, 持ち帰る, 指した, 指し示した, 指先で, 指差しながら, 指示する, 捉えて, 捲き上げたり, 授けて, 掘起こして, 掠めて, 採りて, 採用した, 掩って, 掴んだに, 揉ぎ取られる, 描きついで, 提え, 携えた使者, 摩って, 擔當した, 支弁し得る, 支持する, 支配し, 改めて上演, 改めない限り, 救い出したよう, 救うため, 救済せん, 散兵, 散歩した, 数えあげられた論拠, 文字として, 斬られながら, 斬り取って, 旅に, 既に彼, 日本植物学界の, 明かに, 明らかに, 是非とも, 普請し, 暴露し, 書きかえられた程, 書きとって, 書き出して, 書き始めて, 書き拔, 書き終わったもの, 書抜いて, 月々親元へ, 有するところ, 望む, 望むよう, 本人に, 本軍として, 東京に, 板の間に, 果した, 果たしました, 染め波頭, 棄て去らねば, 構成しなけれ, 横に, 横浜まで, 機關雜誌に, 歌ったもの, 止めに, 歩き廻ったが, 毀して, 氏は, 民営に, 江戸時代には, 池に, 沃野に, 波うたせて, 洗い出すの, 洗ふ, 流しやったこと, 流れて, 海津に, 測って, 満たし得るやう, 漏して, 演じて, 漢方医局か, 濡らして, 焔章旗と, 無遠慮に, 焼かれて, 照らす鏡, 熊本に, 片づけさせそこ, 物置き, 物語って, 犠牲として, 現して, 現わし, 生かすの, 申し上げた次第, 申し込んで, 番頭が, 癒したるに, 発見する, 發表する, 百円で, 盗むこと, 眺めながら, 眺める工合, 眼に, 知つて諸平の, 石鹸で, 研究する, 破却, 破壊する, 破棄し, 示せば, 禁断の, 禁裏に, 私したなら, 私に, 私の, 秘密に, 租税として, 移したもの, 移すの, 積み立てて, 穴に, 窒息させる, 窺うこと, 窺う事, 筆録し, 納めたるもの, 紹介し, 紹介します, 紹介する, 結婚の, 緩和した, 繰り返して, 置か令む, 翰林の, 聞かされた, 肩から, 背景に, 脱ぎうしろ, 自分の, 自分領に, 自由に, 自由學園に, 自身の, 舞ったり, 苔むす果樹, 茶山に, 薄くはがした, 蘭軒に, 表して, 表現する, 被覆し, 覆つて, 見せて, 見せられると, 見せ遠く, 見た, 見ても, 見て取ると, 見るよう, 見上げること, 見事に, 見張って, 見晴らした, 見晴らす庭, 見落して, 視察し, 覗いて, 覗くと, 親父に, 観て, 観察できる, 解決し, 触るること, 記憶によって, 訪れた, 許し他, 認めたるのみにて, 語るもの, 説明する, 読んだ折, 調べる学者, 謂ふ, 譲って, 譲られました, 讀み畢, 負担する, 貴女に, 買い取るべく余儀なく, 貸しあたえること, 貸して, 費さねば, 賃貸する, 資本に, 購買する, 贈って, 贈つて, 赤く塗っ, 赤木の, 走らせて, 載せて, 輸入する, 近世の, 返還する, 送って, 送らして, 通り抜けて, 通讀した, 造って, 遮って, 選び作中, 選ぶという, 鋳潰して, 開きその, 開けたの, 開墾する, 闇に, 防げば, 除いては, 除くのほか都々逸, 除く外, 除去する, 随意に, 隠すこと, 集中的な, 雑巾で, 露はに, 順序も, 預け車, 風呂場に, 風靡しかけてる, 飜訳した, 食って, 食ひはじめた, 鴻山に, 黙って

▼ 一部~ (483, 9.6%)

6 して 5 なって, 於て, 蓮根を, 過ぎない, 限られて 4 多少の, 統一を 3 すぎない, それを, なるの, 手を, 過ぎぬ

2 [18件] いわれて, ちがいない, ひらべったく密集, ホンの, 不自然な, 当ること, 当るの, 徒刑囚の, 感じた, 現れた日和見主義, 當る, 着手した, 編入された, 行はれた, 足を, 過ぎないかの, 過ぎないこと, 非ず

1 [393件] あおりが, あたって, あった, あった誤った性関係, あって, あてて, あらわれた, あらわれて, あり, あること, あるしけ, あるの, あるブルジョア社会観, ある低い, ある卑俗性, ある名所, ある極めて, ある浅, ある煙草屋, ある筈, ある美, ある金蓮花, いくつもの, いたっては, いはれて, いろいろの, いわれるが, うすい板, おかれた, おこった, お嗽い, お蓮様, かかげられた, かかって, かかる思想, かくこれ, かくされて, かたよった景気, かなり強い, かわって, くいこんで, ぐらぐら沸き立ってる, けじめの, こしらえられて, ことさらな, この, このよう, こんな人間味, しきりに行われた, しろ自身, すぎずまた, すぎず他, すぎず必ずしも, すぎないが, すぎないの, すぎない存在, すぎなかった, そう云う, そんな恐ろしい, ぞくして, ぞくするにも, ぞくするもの, たいし断乎, たしかに自ら青年, たふとき, ちゃんと存在, つき金二歩, ですが, とりあえずごく小規模, どうしても必要, どう見, なった, なったかの, なった小, なつた, なつて, なりきって, なり切って, なるもの, なるらしい, なんと申します, によつきり, はめ込まれて, はやるよう, ひそかな, ひとしいもの, ぴんと響かず, ふくまれて, ふるいもの, ふれると, へんに, ほんの一部, まだその, まるで怪物, やかましく論ぜられ, やって, イタリイの, カタグロもしくは, カード室が, キリシタン墓地を, グレエトヘンの, ゲーテ熱が, ショー, シンドバード, バリケードが, ビール瓶様の, リアリズム研究の, 一人住居を, 一種の, 一面に, 三浦一族の, 三角形の, 不吉な, 不平の, 不徳漢が, 中臣, 乳色した, 二天別人説も, 二尺四方ぐらいな, 二部は, 人差指を, 人道主義や, 人麻呂歌集などにも, 今なお, 付, 任して, 会いたいの, 伝えられたもの, 伝えられたる事, 伝えられて, 伝えられるよう, 伝えられる選手, 住み町, 住んで, 何かの, 何となくエゴ, 俊敏の, 入れると, 共産主義の, 兵営が, 凄いほど, 出来るイギリス海軍根拠地, 出版取締法の, 分外に, 列し町村, 別の, 副窓, 割り込んで, 加えられた, 加えるの, 加わって, 包み込んで, 包含すべく, 包括した, 化粧品の, 十畳と, 原田を, 参与し, 参画した, 又はそれ, 及び云わば, 及んだとの, 反対が, 反響を, 収めて, 取り入れたこと, 取り込んだところ, 可笑くも墨染, 名前を, 君臨した, 含めて, 唱わせながら, 噂される, 四角な, 固まって, 固陋な, 土あるいは, 圧搾した, 埋め込んだこと, 変化が, 外からは, 外国語学校を, 多く一部, 多少は, 大きく左文字, 大きなはれ, 大きな建物, 大きな支障, 大きな欠陥, 大学生プレットニョフと, 大破損, 太田の, 好かれたの, 妙な, 実行され, 密室を, 寺田社長住ん, 専門的に, 小さい傷, 小さい畑, 小高い山, 少し, 少しばかりの, 居る極めて, 属して, 属し四, 属す, 属するなり, 山野辺右衛門大夫義忠の, 崇拝される, 巣くって, 幕を, 広がった, 建てられたの, 張り入れても, 当って, 当てて, 彫りつけられる, 彼自身千曲川の, 後ろを, 心を, 必ずと, 必ず短き, 悪と, 惡戲が, 愛好され, 成金が, 手は, 持つ山, 接すること, 接触した, 故障の, 数え入れられて, 文学趣味を, 新しく日本街, 於いて, 於いては, 於ては, 日和見主義が, 日本的文学の, 日本語の, 明白な, 書かれて, 最も正統的, 最よく, 最高音, 朧気, 札が, 棚曳き, 極端な, 概ね空濠, 止めては, 止め自由競争, 残留し, 比して, 水溜りが, 沿って, 流れたため, 流行した, 浅ましい亜流, 淡黄, 深い裂けめ, 深く染み込ん, 漂って, 潜伏する, 火災が, 灼けつくよう, 炉を, 炊事夫の, 焼畑を, 熱心な, 片よって, 特別な, 特徴あり, 狂いが, 狭少な炭水槽, 現れて, 生じたこと, 生じて, 用いられました, 用ゐ, 画室を, 異常を, 疊を, 發見せられ, 白い斑点, 白く立つ, 相当する, 相良家は, 研究室を, 破れた穴, 破傷, 祝部高坏土器を, 私を, 秩父古生層及び, 移された, 移ってから, 移りさらに, 移植した, 移転した, 種種の, 稲の, 積んで, 穴を, 空虚を, 立派な, 結びつければ, 編纂し, 義憤の, 自殺説も, 至つては, 英学塾を, 茂る熊笹, 茣蓙が, 蒐集し, 蓆を, 蛇紋岩の, 行なわれて, 行は, 行はれ, 行われて, 行当っ, 表われた, 被害が, 被害者が, 見つけると, 見るだけと, 見透しの, 解らぬ点, 触らせた, 触るること, 触れたこと, 触れると, 設けた受附, 設けられたる展望室, 設けられた仮, 設けられた研究室, 詰めこんで, 該当する, 認められて, 講和論が, 識られ, 象り結構, 貯藏され, 起りて, 足跡を, 跨がりその, 跨つて, 身を, 軽微な, 輝いた白線, 近頃まで, 逐いやって, 通じて, 造りつけた座敷牢, 連続的な, 過ぎざりき, 過ぎざりしか, 過ぎず他, 過ぎず経営万端, 過ぎないという, 過ぎないもの, 過ぎなくすぐ, 過ぎぬなれど, 過ぎません, 過ぎんと, 違いありません, 違いあるまい, 遠い所, 遮断され, 還元し, 醸されてるの, 重治の, 銘々の, 附著する, 限られ他, 集まったまま, 雪明りめいた, 電流の, 露西亜の, 音叉で, 食ひ入りつ, 飾られたこれら江戸ッ児, 馬も, 馬鈴薯が, 高く評価, 高氏を, 鳥渡問題に, 鳩たちが, 黒いところ, 黒いカーテン, 黒く幼体, 黒色の

▼ 一部~ (430, 8.6%)

9 見える 7 残って 5 見えた, 見えて 3 欠けて

2 [18件] あった, ここに, ちらちらし, なくなって, ぼんやりと, わかって, スウッと, ドアに, ドアの, 出版され, 映って, 発表された, 私達の, 虫に, 西南役の, 見えます, 見られる, 長さ二フィート

1 [365件] あって, あつた, あつて, あるという, ある偶然的事故, あんなに悪かっ, いかなる価格, いけなかったの, いて, いよいよ破れ始める, うつって, おひさの家, おりたかと, かくも, かすかに, かんたん, がたんと, くずれたの, くっきり見える, ぐらっとゆれてそこに, ここだ, ここで, この廣場, この白毛みたい, これな, これに, これまでの, こわれたの, こわれて, こんなこと, ごぼりとなく, さすがに, さっと本来, さわらぬよう, しぜん, しびれて, じかに路, すでにこの, するすると, ずきずき熱, そうやっ, そこから, そこを, そっくりその, そのまま一つ, その向う, その場所, その失敗, その生活, その高い, それを, たしかに動い, たむろし, だんだん焦げ, ちぎれて, ちょうどヴェニス, ちょっと見えた, ときどき翳る, とけること, とったその, となりの, とび出して, どんなに書物, のこって, はいって, ひそかに, ぶらぶらし, ほかと, ぽかり, まだ駅, まるでと, まッ黒, みられる, もう稀薄, もし自殺, ゆらゆらと, よく見えます, わがもの, われわれに, アパリの, インテリゲンツィアに対して, オーストリア政府から, クッキリ映り相川と, コバルト色に, セイロン島や, チャイムと, テーブルの, パッと, フランスの, プロレタリヤに, ボロボロに, 一八〇八年スタアル夫人の, 一八四〇年ジョルジュ・サンドによ, 一尺足らずの, 一様に, 一眼だった, 丁度此方向き, 三角形を, 上肉です, 下から, 主と, 了った, 了り, 二号艇に, 二重にな, 五十間ばかり, 人様の, 今度七万何千円といふ, 今日も, 他の, 他国で, 仲間割れが, 何う, 使われたり, 使用された, 修正された, 修繕され, 修験道にも, 俺の, 個人的な, 倒れる, 偉大なる, 偏光で, 偶然か, 偶然に, 光において, 入営し, 典厩隊を, 凍ったば, 凝縮する, 凹間に, 分かれて, 分離し, 切りとられたから, 切り取られて, 切れたもの, 切断され, 剣道部に, 加えられて, 加わる, 動いて, 包んで, 南蛮胴である, 南都末の, 参加し, 反対側の, 収公せられ, 古川に, 同時に裏日本, 吹きとばされる, 吾人の, 周囲の, 嗜味を, 四散し, 地面の, 坂に, 城内を, 場所を, 墓原に, 壊れるか, 変えられる迄は, 変形する, 外に, 外れるよう, 大きな穴, 大鋸の, 夷陵へ, 女子学生を, 子種を, 守備し, 完成された, 実現した, 実行され, 家に, 家出当時の, 小便で, 小田原海岸へ, 少しく動揺, 屍体の, 屯し, 左の, 巧妙に, 巨大な, 広瀬を, 廻りはじめたらしく微か, 引込んで, 弾薬食糧物資などを, 当然自分, 彼に, 後世に, 後年島田篁村翁の, 忍びやかに, 思い切り長く, 悠悠錬, 成功した, 戦闘に, 折れて, 持って, 掘崩されて, 接がった, 支那人を, 攻めよせて, 救済を, 教授の, 文学の, 文芸懇話会の, 新規に, 方々から, 既に発表, 日本海沿岸の, 旧いという, 明り窓の, 易々諾々として, 昨夜発見の, 晴れて, 書き上げられて, 有るでは, 望まれた, 朝鮮南部に, 朧げに, 木間が, 未だ燃え, 未だ知られざる, 本土内に, 本当になった, 東へ, 枯木の, 権力を, 機関を, 櫓を, 次の, 此処から, 残り街路, 段々に, 殿下の, 水溜りに, 氷河の, 氷結し, 波立ちその, 洩れて, 浮いて, 浮出して, 海水に, 消化しきれず, 済んだらしく猛烈, 減少する, 滑って, 灼きつくよう, 焼けでも, 焼け落ちご, 照らし出される, 照明によ, 燃え切らずに, 犠牲に, 現れたという, 現われて, 現われ出た, 現存する, 瓦礫の, 異常な, 異民族, 畸形的な, 疲れて, 瘤起した, 癒着し合っ, 発光する, 発散し, 発表され, 發見され, 目の, 直ぐ右手, 真先に, 眺められた, 眺められ雨, 眼に, 睾丸に, 瞰下される, 砥石で, 破れた, 社会的動揺によって, 程近い, 穴の, 窓に, 窓掛の, 管中から, 箱の, 精密な, 紛失しました, 缺けて, 置いて, 羅典語で, 耳を, 胃の, 腕の, 自由に, 良くならう, 英国の, 英訳され, 落ちた, 落ちて, 落ち壁, 落込ん, 蒸発する, 薄い橙色, 虧ける, 裂きとられて, 裂き取られて, 裂けましたので, 襖紙の, 見えそこ, 見えその, 見えそれ, 見えたり, 見えはじめた, 見えるくらい, 見える程度, 見え出すと, 見え草, 見え赤い, 見え道路, 見おろされる, 見ゆる, 見られた, 見下せた, 見渡せた, 見込みを, 覚醒中に, 觸れた, 訴へて, 負けただけ, 貯蓄と, 赤く焼けた, 赤字に, 跳ね返った, 輝いて, 輝くよう, 轟然たる, 辛うじて大地, 辛うじて本国, 逃出した, 這入つて, 通じられて, 週期的の, 遊離した, 遠く望まれた, 郷里に, 重複し, 野菜畠に, 錐で, 開いて, 開き戸に, 除去された, 隆起し, 集つてや, 雑誌購読会を, 雪よりも, 霞んで, 音響にたいして, 頭文字の, 頽れ, 駅留便で, 驚くべき決算書, 高い黒土塀, 高氏を, 黒く厳め

▼ 一部~ (356, 7.1%)

3 他の

2 [13件] あまり賑, この種, これらの, そこに, みすぼらしい木造, 今も, 信じられないほど, 実現を, 数百個の, 明らかに, 橋の, 準弟子, 編入され

1 [327件] あかあかと, あとに, いやおうなく, おもに一九四〇年頃, かかる失意, かくれ一部, ここに, こっちへも, この対照, この退潮, これで, これに対して, これは, こわれて, さわやかな, すでに兵庫, すでに千曲, すでに古くから, そういう講演, そのよう, その効力, その斜面, それが, それて, それで, それに, たしかに支那, たちまち馳, たぶんそれ, つねに闘牛, どうやら彼, なお平静, なお抗戦, なくては, はこび去られたが, まだ溶けきらない, まだ無感覚, まるで火, まるで無感覚, むかし何か, むろん幼児期, やがて女教師, やはり一个処, やはり一个處, やはり鵯, やむを得ず途中, わかる, わかれて, アピア市に, アフリカ東岸の, アメリカに, ガスコ氏が, クマボ山本郡では, ゴチック第, シュナイダア家の, シュレージエンを, スペイン植民地の, トントンと, フランスから, フランス大, プラットホームに, リフエの, ロシアと, 一切の, 一攫万金を, 一昨年の, 一行の, 下へ, 下座敷, 下男の, 不気味な, 両国の, 中和する, 中層を, 丹塗りと, 事実であった, 二等客車へ, 人家の, 人間の, 今サナトリー, 今日では, 今朝から, 今殆ど, 伐木し, 保守論派に, 信用によって, 修正される, 健康の, 傳通院の, 僕を, 全く欧米模倣, 全然間違っ, 全艦隊, 公庫へ, 兵庫へ, 其儘岩の, 其手に, 凝結し, 出来かけて, 初めての, 前方へ, 前述の, 勘次の, 北の, 十吉の, 十月四日ベルリンを, 半ば正しく, 印度藍色に, 又土, 友岡附近に, 叡山へ, 台所へ, 右足湖の, 各自の, 同じく意識, 同一の, 向うの, 喉頭から, 單なる, 固有の, 土の, 土地の, 地上にも, 地面に, 城中に, 多分ヘシオド, 多少物好き, 大分現代化し, 大正七年四月に, 大部分, 太陰を, 太陽から, 夫に, 失わずに, 奉天の, 女性を, 好逑伝に, 妻籠本陣同様取り崩し, 守りながら, 完成し, 実にそこ, 実行せられ, 実際引上げ, 宮方へ, 家の, 家内工業の, 寝小屋の, 小林氏との, 屠殺する, 岐阜方面の, 川股さんも, 市内へ, 帝の, 幕府天文方に, 平野であった, 年々一八歳に, 年代の, 幸に, 幾分自ら, 建て増されたもの, 廻り廻っ, 当然知っ, 彼らが, 後方へといった, 徳山の, 必ず参加, 必ず無駄, 必ず熱, 必要以上に, 恩師でも, 悲憤の, 懸崖を, 或る, 戦争中より, 戦前に, 戦闘区域と, 所謂進歩的と, 支那船に, 改められたに, 教育家に, 文化活動に, 文学の, 新しい一座, 新らしく, 新聞社の, 既に文字, 既往にも, 日光が, 日本が, 日本に, 早く一部, 早く進み, 早や, 明日の, 明治四年と, 昔細見を, 映画としての, 昨年山中湖畔に, 暗黒体の, 暴動化し, 更に旅行, 最近作家同盟常任中央委員会が, 朝日ゆふ, 朝晩の, 木幡から, 未正誤本, 本当だろう, 本当に手堅い, 本書に, 来会し, 東の, 板の間の, 某の, 柵外に, 根拠を, 植物園に, 極端に, 次の, 欧化論派に, 欧米の, 欧米模倣でも, 歌稿として, 正金銀行へ, 此の, 歩道の, 殆ん, 残存し, 殘つてゐた, 気温によって, 水を, 永久的の, 汝等の, 決して眠っ, 汽船で, 河上に, 沼沢が, 洲崎へ, 浅ましい, 浜の者が, 消防の, 液体空気の, 滿つべし, 灰と, 焦げて, 爲に, 猿の, 現われたもの, 理想家シューマンと, 瓦斯に, 生活の, 産科院に, 畳を, 痲痺し, 直線的の, 眩しい片, 瞬間的に, 石神様鎮護料として, 砂地に, 破壞, 硝子絵の, 確定され, 福隆火柴公司へ, 私の, 私個人にと, 科学者の, 穀倉で, 空気を, 競売に, 精妙の, 約束だけ, 素っ裸に, 編纂せられた, 翻訳といふ, 翼に, 翼を, 考えて, 脛まで, 脳病院の, 腐って, 自から, 自分で, 自動車が, 自殺または, 舊堤を, 花壇にな, 草が, 菊池の, 菰田家に, 落ちて, 蒋介石に, 薛礼城へ, 藤吉郎の, 蛋粉工場へ, 街道に, 衝突によって, 西寄りの, 西洋各, 見えるが, 記憶の, 説明され, 諦め一部恋着, 謂わば, 近代の, 近頃こわされ, 退路を, 逃亡し, 遅くまた, 過度に, 達しました, 鉱物の, 鎌倉へ, 鎌倉街道に, 鎌輪, 長崎から, 関口の, 陸上へ, 随筆に, 際立つて, 雨戸も, 青春の, 非我の, 非音階音, 風呂場へ, 飛散し, 餌食と, 馬から, 黒いよう

▼ 一部~ (165, 3.3%)

15 なって 5 見做 4 なつて, 第二部, 見て 3 なった 2 和歌の, 唇の, 西の, 閣下の

1 [122件] いうより, この岩石層, したいと, したすべて, したので, したらいったい, した信濃そのもの, す, するが, するつもり, その他の, その胸, それから私, たやすくそう, なしたい要求, なだらかな, なったもの, なりました, なりまた, なり椅子, なり波, なること, なるところ, なるべき熟練工, なるもの, また眼, みなして, トラックの, 一塊の, 一致する, 両方の, 両横, 乙動物の, 乳房を, 二百五十六個の, 二部左側には, 云ふ, 五番町を, 人夫小屋を, 仕様と, 仮目次, 先生が, 八年の, 兵庫県の, 其編者を, 化しきった時, 化した, 化しつつ, 化して, 北満とを, 南緯八十二度の, 同様死ぬ, 名付けられたラビラント, 土埃に, 外史の, 大学総長の, 家門の, 寂然した, 少数な, 当人以外の, 御承知, 思えないよう, 思われた, 思われました, 思われますが, 思われる, 思われるうち, 思われるもの, 戦いの, 文法書の, 易経の, 曲馬団の, 本丸天守閣を, 東奥の, 東奧の, 極東日本, 母屋の, 水平線が, 河内守への, 潜水艦の, 特に親密, 犬歯の, 猿之助横町の, 申しても, 画幅とを, 看られるも, 眼の, 纏つた, 羊皮紙と, 考えたが, 職工の, 肉桂の, 船尾の, 行動とを, 見た, 見たり, 見なして, 見られる, 見られるもの, 見るには, 見るべきであらう, 見做す説多く, 言えるの, 言っても, 言ふ, 言ふより, 認めて, 認められ内地, 認める伝統, 誤判し, 諏訪郡を, 赤煉瓦の, 足の, 通じて, 遠江一国を, 金杉下町の, 離れの, 離れ離れに, 青山家所有の, 青年イングランド黨とは, 顎の, 馬の

▼ 一部には~ (98, 2.0%)

2 ちがいない

1 [96件] あった, あの誅殺, あらざるか, あるが, いや後の, いわゆる文学趣味, かなり古い, この鳥, さう, すでに畳, すでに萌し, その恐怖, たしかにあった, たしかにコマ語, だれかに, ちょっと眉つば, つまりは, つよい反対意見, なかなか大した, なくて, なほ言文一致は, ならなかつた, なるだろう, ふしぎな, また火吹竹, まだこの, まだ現存, オオカメダオシという, コマと, チョンまげ, リアリズムへの, 上流社会におけるよりも, 不信の, 中国革命に対しては, 享保六年, 今も, 仕事が, 何かの, 余りにみつ, 余計に, 例えば平野謙, 偶然とが, 元からの, 兎が, 八月節の, 十二月の, 同感を, 固陋な考へ, 国境の, 大会開催の, 女でなく, 好意的な, 好感さえ, 当って, 彼の, 彼等詩人たちが, 恰度小林多喜二が, 悪い結果, 悪評であっ, 憂いを, 懐疑病に, 持てはやされがち, 教室と, 既に名, 既存の, 日本には, 早くも, 昔の, 是を, 有名である, 流布され, 海水が, 畠が, 相違ありません, 相違ない, 神秘怪談を, 私の, 第一短歌, 自分として, 芦や, 若葉の, 英語と, 草花の, 薄縁などを, 蛆虫も, 親愛の, 赤い血, 越後の, 軍国主義が, 違ひない, 遠慮から, 選挙権が, 里芋を, 錆が, 雲の, 麦の

▼ 一部~ (96, 1.9%)

8 あつた 2 グレエトヘンが

1 [86件] あつたの, あつたり, いい, お噂, ここには, この鳥, これが, これは, さういふ時代, ずいぶん殺伐, そこには, そこの, その嶺岡, それは, つくつた新調, でも, なんの, はじめに, ひどく悪口, まだ世界, ままごとを, われわれの, イロヌカという, キノと, トノサマユムギという, ネバリモノの, バルと, ヒ行器の, ファウストの, ホウカンショ埼玉県の, ホエドノマクラという, 三宅坂, 三宅定太郎は, 三本の, 上り下りの, 乾大根を, 云われて, 五ヵ年計画についての, 五ヵ年計画完成後には, 全く鶴, 全体の, 其處へ, 利根川の, 勿論交遊録, 南を, 同じよう, 唱へて, 問題に, 多くは, 大戦の, 太閤秀吉の, 夫から, 守られたの, 宮滝の, 少し行く, 帰る筏, 幼少時代はさのみ, 床も, 彼の, 急に, 惜しんで, 想像され, 憶測し, 挙げられ現今, 旅費は, 日本の, 旺に, 普通の, 有た, 植えて, 測量標の, 烏が, 焼打ち, 盛に, 相当の, 稲扱きを, 翻訳され, 考慮せられる, 聴いたトゴエ, 色は, 蒲公英を, 薩摩芋を, 行なわれて, 試みて, 論じられて, 長城と

▼ 一部として~ (84, 1.7%)

2 是認する, 申し上げるの, 茶器を

1 [78件] あますところ, かえりみるべきもの, これが, さきに, さっそく栄三郎, その男, それを, ただ因襲的, つかみ芸術, てらし出して, であった, でなく独立, なされて, なるつたけ上等, み神話, もちながら, やりはじめる計画, われわれに, ゐます, アダム, コロラド州に, 不断に, 久しい戦争, 五百円やる, 作家の, 併合されるべき, 児童文学の, 取り扱ったなら都合, 否定すべからざる, 吸収する, 国際的主題が, 地球の, 執筆された, 壁紙の, 外篇第, 失業の, 婦人委員会の, 小説を, 帰属する, 強迫的に, 従属せしめ, 思出の, 成り立った維乗法, 挙げられて, 新たな, 新潮社から, 映つて, 書くつもり, 殆ど何人の, 水田灌漑の, 永久に, 永遠に, 消防隊の, 為政者が, 牧場内の, 献納する, 生徒を, 生活し, 発生した, 発表した, 石油の, 私は, 米国の, 自分が, 自分たちの, 自分たちを, 自分にも, 自分等を, 自己の, 虚心に, 血肉を, 行われる以外, 覆刻した, 見るの, 読者と, 誰かの, 論ぜられグローチゥス, 通される事

▼ 一部では~ (69, 1.4%)

2 あるまいか, それを, なくて, 彼を

1 [61件] あつた, あらうが, あるが, あれは, あれを, このオヤ, この小正月, そういっ, その仏縁, その旅僧, その非, それが, それなら, それは, ただ痕跡, ないかと, ないごとくわたし, なかった, なくなって, はっきりし, はやくも, またヤツマナコ, キリコまたは, コウゲと, タビタビ中国の, 亭主の, 仲よく軒, 俳句に対する, 僕が, 全く忘れられ, 土人のみか, 地主たちが, 城壁の, 契月の, 子供が, 宮門の, 房一が, 挽割麦と, 敵意を, 既に認められ, 最後の, 武太郎は, 毎号私の, 無批判, 産児の, 疑問に, 痛快がっ, 皇太子を, 相当潰家, 私を, 移植栽培を, 竿を, 笠井氏の, 自殺説も, 行はれ, 見られて, 見識手腕倶に, 軽薄呼ば, 隣組に, 雲雀を, 鶏冠山の

▼ 一部である~ (68, 1.4%)

4 ことを 3 かのよう, ように 2 ところの, やうに

1 [54件] からそれゆ, からである, からには一般, から固, が, が其, が本来, が為, が畝傍山, が私, けれども今, ことが, このつぎ, これらの, そうだ, という事実, という従属的地位, といふ, といふやう, といふ点, としておった, として共産主義, として見れ, とする, との考, と主張, と共に他方, と分った, と思っ, と私, と私ども, と考え, と見られる, にも拘らず, のかも, ものが, ような, ネバダ州が, 事を, 古風な, 台湾には, 少数の, 布地については, 政治宗教などの, 文化特別委員会なる, 文壇において, 文学に, 時肉体の, 暴風の, 本來自然界, 猫魔山の, 筈だ, 頭の, 鮫を

▼ 一部~ (41, 0.8%)

2 この第, たりとも永く, だけでもあの

1 [35件] ことに一方, しかえられないであろう, しかまだ, しかわからない, しか彼, しか現れ, しか見る, しか言, しか語っ, ずつが編輯, ずつコスチューム, ずつ取っ, それとなく気まま, だけあてがわれ, だけが消え残った, だけが露顕, だけこ, だけここ, だけでももっとも, だけでも優, だけでも手, だけでも立証, だけは毎年主婦, だけをベニヤ板, だけを伺った, だけを読め, だけを辛うじて, といふこと, とかを写す, とか海, について申, について見, ばかりを標準, 掻き濁して, 見えるの

▼ 一部~ (37, 0.7%)

3 蔵せられて 2 藏せられ, 見える

1 [30件] あった, あるが, うつつて, くわわって, たち交じって, ない, また秀政, 下瞰, 其人の, 其辺に, 前に, 加茂川の, 同じこと, 売れなかった, 売れんですとぶあいそ, 学資も, 彼らに, 彼等に, 新しい糸, 没収された, 無い, 無くって, 無くなりました, 第二部, 街道も, 見え那須山, 讀んだこと, 貰うと, 賣れんですとぶあいそ, 述べて

▼ 一部から~ (36, 0.7%)

2 六部まで

1 [34件] ある眼, では, なる修養団, ひどく受けた, 一部へと, 他の, 佞臣と, 侵入者と, 共鳴される, 切り取るので, 北陸, 反小林多喜二論, 反感を, 叫ばれて, 大和路へ, 害馬という, 寄手の, 彼が, 思いも, 所謂報告文学が, 推奨され, 敵と, 暗殺されるだろう, 毛嫌ひされ, 湖水まで, 独立した, 猿若町聖天町, 畳んで, 瘤の, 華族一代論が, 認められて, 隣の, 馳せ上って, 黒煙が

▼ 一部~ (35, 0.7%)

2 が, といっ, と思っ

1 [29件] からな, からふつう, が石橋, そうである, という, ということ, というの, というよう, という意味, という見当, といふ, とことわっ, としか考へない, としたら, としてもバルナバス, とはじめ, とは思われない, ともいわれ, とも考えられる, とわかった, と云, と云われる, と信じ, と思つて, と悟つたの, と見られる, と誰, などいう, 日が

▼ 一部~ (25, 0.5%)

2 の頭目, を残し

1 [21件] がここ, がむくむく, が敵, しか残っ, だけをひきつれ, につき軽輩, につき輕輩, には一貫, の乞食たち, の援兵, の移住, は安中, は早く, をあずかり, をし, をつくり, をひ, をひきい, を上げ, を以てこれ, を設け

▼ 一部でも~ (23, 0.5%)

1 [23件] あった, あつた, ある, あるわけ, どこでも, なかなか脱, もし巧, ミズヨロという, 二部でも, 今實際問題, 地熱で, 変へる, 多く売れる, 明らかに, 残って, 毎朝読ん, 渡すよう, 相府, 聞くこと, 聴きとどけられると, 見られるよう, 見るよう, 諺と

▼ 一部~ (23, 0.5%)

4 のだ, のである, んだ 3 のです 2 ので 1 のか, のかは, のであった, ので古池, のには, のに古城址

▼ 一部一部~ (18, 0.4%)

2 の写生, の本

1 [14件] については精細, について詳しく, には女, に解らぬ, の切れはし, の書籍, の著述, の解題, は生活, は非我, を, をその, を取捨, を観

▼ 一部にも~ (17, 0.3%)

1 [17件] これを, その研究, それに, なる, のって, ふれた, またいかだ組, オラガ村の, シャアマン教の, ユルイまたは, 当てて, 時の, 火災が, 行われまた, 負傷者は, 這入つて, 顔を

▼ 一部しか~ (16, 0.3%)

1 [16件] それが, ないから, ないもの, 出て, 望まれない, 来らずと, 歌ひ得ない, 消費しよう, 見えない, 見えなかった, 見て, 見ること, 覗けません, 解って, 負担しない, 達せられないわけ

▼ 一部だけ~ (16, 0.3%)

2 である, 板の間に, 残って 1 です, わずかに, 凍る, 印刷され, 影を, 払って, 申上げます, 的中しました, 見つけて, 見て

▼ 一部~ (16, 0.3%)

2 に他

1 [14件] からだけでも世界的意義, が崩れた, であるに, であるよう, として見る, と一致, と相, に於, の研究, を強調, を指摘, を独立化, を見せる, 乃至一部分

▼ 一部であり~ (14, 0.3%)

1 [14件] それ故, ながらわたし, コゼットは, プロレタリアートは, 丁度日本, 乗客は, 国政は, 大和朝廷の, 日本の, 本尊阿弥陀仏の, 正確に, 死によってしか, 沖縄は, 神戸は

▼ 一部~ (14, 0.3%)

1 [14件] かけての, かけては, 住んだ, 出るには, 加えられた圧力, 喰い込んで, 手を, 押しこんで, 映し込んで, 秘密が, 突進し, 蛸は, 這いあがったふたり, 黒い幕

▼ 一部~ (14, 0.3%)

2 二部が, 二部と, 二部の 1 三章の, 二年生で, 二章の, 二節を, 二部そして, 二部を, 二部第, 六章の

▼ 一部~ (13, 0.3%)

1 [13件] あれ果てた, 一種類では, 加茂神社などへ, 印刷紙などを, 家の, 岡場所語としては, 看板の, 粗雑な, 脛の, 自然を, 荒れ果てた庭, 蓼科山も, 門の

▼ 一部人士~ (13, 0.3%)

2 の常識, は星亨氏 1 が極端, であらう, により堅持, のあいだ, の不満, の取沙汰, の好み, の研究, の趣味

▼ 一部~ (12, 0.2%)

2 があり 1 があった, が区別, についてその, にのみ残り, に夙, の中, の集團, また一家族, を介在, を為し

▼ 一部だけを~ (11, 0.2%)

1 [11件] あらわし沈没, のぞかせて, チョコンと, 与え退き下がらせよ, 大うつし, 得たのみ, 掲げたもの, 行うても, 見て, 誇大した, 連れて

▼ 一部なる~ (11, 0.2%)

1 [11件] アイルランドに, 中古の, 人間を, 入道歌人, 帝王本紀が, 幌向原野は, 日本の, 欲が, 洗禮を, 自己社会といふ, 首を

▼ 一部をもって~ (11, 0.2%)

1 [11件] その抑え, シュレージエン主力を以て, シュレージエン方向に, ライプチヒ方向より, 元宮様の, 前線を, 敵の, 新資本, 普軍の, 露軍に, 露軍を

▼ 一部からは~ (10, 0.2%)

1 予言者ほど, 厳重すぎる, 売名の, 大いに不評, 大山師, 曲解を, 権威とも, 牧師と, 現在の, 買ひかぶられ

▼ 一部ずつ~ (10, 0.2%)

1 さし引い, ちゃんとそろえ, 備え附けて, 古い形, 国立国会図書館に, 御求め, 手に, 納本に, 贈呈した, 送る

▼ 一部とも~ (10, 0.2%)

2 見られる 1 いうべきもの, いうべき御用達, いふべき場面, なって, 見ること, 見るべき外国劇, 言うべきあれらの, 言うべきもの

▼ 一部だけが~ (9, 0.2%)

1 きらきらと, こちらに, 僅かに, 残った, 残って, 禿げて, 見えて, 送電線の, 重り合って

▼ 一部であった~ (9, 0.2%)

2 ことを 1 が庸三, といわれる, と私, に相違, のを, ものの, 彼女

▼ 一部としての~ (9, 0.2%)

1 かの内部的, スパイ物語は, 人間という, 人間人類を, 国際婦人デーの, 存在を, 性関係においても, 知識人の, 自由詩に関する

▼ 一部とを~ (9, 0.2%)

1 別別に, 包容した, 合せかつて, 旅行する, 書いたもの, 照らして, 見渡した, 観察した, 除いた約

▼ 一部をも~ (9, 0.2%)

2 こめて 1 そういった例, その点, 作つたと, 眺めること, 瞥見する, 見渡すこと, 負担し

▼ 一部とは~ (8, 0.2%)

2 思われないよう 1 ある種, 中国の, 何処かと, 共に無事, 映らなくて, 生物と

▼ 一部であっ~ (7, 0.1%)

1 てしかも, てみれ, て卒業実験, て断じて, て為時, て結局, て金銭

▼ 一部とが~ (7, 0.1%)

1 主力に, 仰臥し, 内地へ, 幸いに, 押しかけて, 総勢廿五人ばかり, 辛うじて得られた

▼ 一部まで~ (7, 0.1%)

1 引受けて, 戻って, 蔓延し, 西南は, 見えた, 関係し, 雀を

▼ 一部少数~ (7, 0.1%)

2 のもの, の人 1 の, の人たち, の分別

▼ 一部だけは~ (6, 0.1%)

1 どうにかこうにか, 判ったじゃ, 夫人の, 残して, 読んで, 隱され

▼ 一部です~ (6, 0.1%)

1 からずっと, から整形外科, けれども問題, って, な, 一部だけでも

▼ 一部にまで~ (6, 0.1%)

1 分布し, 同じ風, 摂取され, 散在し, 浸透し, 統率権を

▼ 一部のみが~ (6, 0.1%)

1 わずかに, 其儘に, 厳密には, 同胞の, 平凡に, 越後に

▼ 一部または~ (6, 0.1%)

1 中部地方の, 全体が, 全部を, 土佐などで, 有力なる, 瀬戸内海の

▼ 一部より~ (6, 0.1%)

1 いで, 印刷しない, 参らずと, 大雷神化生, 支出された, 變節者を以て

▼ 一部~ (6, 0.1%)

1 包有スル要求ヲ, 告白スルト共ニ之ニサシサワリアル向, 国民革命ニ対スル連合, 概論スベシ, 残シテ大, 祝ヒテ終ヘタレバ玉匣フタミ相称ヘル験アリテ蔵ス所世ヲ

▼ 一部~ (6, 0.1%)

1 たる文学オリンピツク, だけに対する凝視, だけを見, とか何とか, の専門家, を立てる

▼ 一部たる~ (5, 0.1%)

1 ことを, に過ぎぬ, キリスト論派に, 支那文典は, 漂泊生活の

▼ 一部において~ (5, 0.1%)

1 中止せね, 任意の, 彼の, 私の, 語られた事件

▼ 一部にて~ (5, 0.1%)

1 イストリアの, ギベルリニ黨中屈指の, 土手の, 彎き張れる, 眺望いと

▼ 一部のみ~ (5, 0.1%)

1 であって, である, では, ならずその, 醒覚したる

▼ 一部始終~ (5, 0.1%)

1 ばらしたるぞ, 不正の, 残らず知れて, 聞き終わると, 見届けようと

▼ 一部送っ~ (5, 0.1%)

1 てきた, てくれた, てやれ, て下さい, て来てる

▼ 一部かも~ (4, 0.1%)

2 知れない 1 しれないね, 知れないが

▼ 一部という~ (4, 0.1%)

2 のは 1 ところだろう, 風であった

▼ 一部との~ (4, 0.1%)

2 間に 1 外には, 間で

▼ 一部なり~ (4, 0.1%)

2 とも後代 1 とソロモン, もとよりお

▼ 一部~ (4, 0.1%)

1 が, があった, が手, に過ぎない

▼ 一部又は~ (4, 0.1%)

1 全部に, 全部を, 校長の, 表象と

▼ 一部及び~ (4, 0.1%)

1 これに関する, 今放棄, 土耳其人も, 神奈川

▼ 一部~ (4, 0.1%)

1 になつ, の反動, の香炉, または漸進的実現

▼ 一部あたれる~ (3, 0.1%)

1 ことを, というはこの, ものである

▼ 一部その~ (3, 0.1%)

1 方に, 頃は, 高きが

▼ 一部それ~ (3, 0.1%)

1 でしんご, に僊道関係, に向った

▼ 一部たとえば~ (3, 0.1%)

1 ローヴェルニュル・ヴレール・リヴァレール・ケルシール・ルーエルグレ・セヴェンネル・ラングドックという, 佐賀県の, 無線電信電波

▼ 一部だけでも~ (3, 0.1%)

1 仕遂げたの, 莫大だった, 観て

▼ 一部にしか~ (3, 0.1%)

2 知られて 1 すぎなかつた

▼ 一部については~ (3, 0.1%)

1 久しくポオト・ジャクソン, 第六版, 精細な

▼ 一部にな~ (3, 0.1%)

2 つてし 1 つて呼び名の

▼ 一部のみを~ (3, 0.1%)

1 勤めたもの, 捉へ, 灰の

▼ 一部をば~ (3, 0.1%)

1 まるで商人, 敵に, 眼下に

▼ 一部~ (3, 0.1%)

1 すら甚だしく, のあと, の兵

▼ 一部~ (3, 0.1%)

1 である, をなし, を立てた

▼ 一部ある~ (2, 0.0%)

1 かない, 所も

▼ 一部あるいは~ (2, 0.0%)

1 全部の, 模様の

▼ 一部~ (2, 0.0%)

1 二部で, 或は山

▼ 一部かと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 思はれる程朧ろ

▼ 一部からも~ (2, 0.0%)

1 呪われてる人間, 見えるかと

▼ 一部しじゅう~ (2, 0.0%)

1 を全部, を相談

▼ 一部ずつが~ (2, 0.0%)

1 のせて, 燈台の

▼ 一部ずつを~ (2, 0.0%)

1 分担し, 胃に

▼ 一部そう~ (2, 0.0%)

1 しました, だったの

▼ 一部だけで~ (2, 0.0%)

1 これに, それに

▼ 一部だった~ (2, 0.0%)

1 のである, ので文作

▼ 一部だの~ (2, 0.0%)

1 すべてを, 二部だの

▼ 一部であろう~ (2, 0.0%)

1 との考証, はずが

▼ 一部でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, なくなった

▼ 一部といふ~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 一部としか~ (2, 0.0%)

1 思われぬけれど, 見えない

▼ 一部とともに~ (2, 0.0%)

1 これを, スコッチ

▼ 一部と共に~ (2, 0.0%)

1 こまごました, 短歌会を

▼ 一部なども~ (2, 0.0%)

1 手に, 開放された

▼ 一部なら~ (2, 0.0%)

1 で数部, んも

▼ 一部ならびに~ (2, 0.0%)

1 仏舎利五粒を, 果実の

▼ 一部なれ~ (2, 0.0%)

1 ども, は特に

▼ 一部における~ (2, 0.0%)

1 よくない, 圓朝の

▼ 一部にかけて~ (2, 0.0%)

1 厳重な, 松虫草玉簪花日光黄菅が

▼ 一部について~ (2, 0.0%)

1 詳しく批評, 論じただけ

▼ 一部にのみ~ (2, 0.0%)

1 流われた想像動物, 知られて

▼ 一部によ~ (2, 0.0%)

1 つて指摘され, つて提唱されつ

▼ 一部によって~ (2, 0.0%)

1 ある国民, こしらえられた

▼ 一部に対する~ (2, 0.0%)

1 全部の, 青野季吉の

▼ 一部までも~ (2, 0.0%)

1 含む, 報告し

▼ 一部らしい~ (2, 0.0%)

1 ところで, ものを

▼ 一部らしく~ (2, 0.0%)

1 上側のは, 前線で

▼ 一部をしか~ (2, 0.0%)

1 なさないもの, 満たして

▼ 一部を以て~ (2, 0.0%)

1 全部を, 行ふ

▼ 一部一円~ (2, 0.0%)

1 か一円二十銭, または二円

▼ 一部下さっ~ (2, 0.0%)

2 て云われる

▼ 一部削除~ (2, 0.0%)

1 でも打撃, となった

▼ 一部労働者~ (2, 0.0%)

1 が芸術, ではなく

▼ 一部即ち~ (2, 0.0%)

1 物を, 石川富山の

▼ 一部官僚~ (2, 0.0%)

1 がその, の教養

▼ 一部~ (2, 0.0%)

1 たらしめて, の妻

▼ 一部~ (2, 0.0%)

2 數の

▼ 一部~ (2, 0.0%)

1 たる調査立法考査局, だと

▼ 一部~ (2, 0.0%)

1 でいくら, で違う

▼ 一部~ (2, 0.0%)

1 に坐する, に摘録

▼ 一部発表~ (2, 0.0%)

1 された, されたもの

▼ 一部~ (2, 0.0%)

1 に一部, の貧しい

▼ 一部移住~ (2, 0.0%)

1 となった, は自然

▼ 一部見られる~ (2, 0.0%)

2 とのこと

▼ 一部識者~ (2, 0.0%)

1 の好評, の手近

▼ 一部零度~ (2, 0.0%)

1 の水, の氷

▼1* [362件]

一部あった草双紙は, 一部あつた, 一部あり其奧書には, 一部いまや成れりと, 一部うち交りて, 一部うむと決意, 一部および少数の, 一部お送り申しました, 一部からでも排除された, 一部からの中心人物である, 一部がかあっと熱く, 一部きりないディオゲネス・ラエルチオス, 一部ぐらいである, 一部ぐらいな小銭が, 一部ぐらいは宇喜多家の, 一部ここには米一丸, 一部この基, 一部これは紙片, 一部これらは総て自分, 一部こわれたがそれ, 一部さいてそういう, 一部さえ今では, 一部さむらひ人, 一部しかも劣等なる, 一部じつに最も重要な, 一部すなわちその場, 一部ずつと降つて, 一部ずつはその災厄, 一部その他中立実業家というもの, 一部たりしや, 一部たりとも冒認する, 一部だけさうしろ, 一部だけになった, 一部だけの人間, 一部だったらしいが兵士たち, 一部だにかくの, 一部づつ贈呈した, 一部づゝ四庫全書を傳, 一部であればなに, 一部でございましょうがとんと, 一部でさえあった, 一部でしたが途中, 一部でないように, 一部でのことで, 一部でもが事実上の, 一部といったような, 一部といつても僅か, 一部とか骸骨とか, 一部とから成って, 一部とかを博士に, 一部としてしか存在の, 一部としては数多い膳椀, 一部とだけで痣蟹の, 一部とて信用されない, 一部とで露草を, 一部とではこれが, 一部となつてゐた, 一部とにのみ産する, 一部とばかり見て, 一部とめてしまう, 一部ないし全部, 一部など百万石に, 一部などでニジウソと, 一部などではこの棒, 一部などにもりっぱな, 一部などのサジッポ備後の, 一部などは聖母への, 一部なりしが地勢, 一部なりと云うを, 一部なりとも稼ぎたいと, 一部なりを成して, 一部においてもタンポポを, 一部にかけての百姓たちが, 一部にこそオシロイは, 一部にさえ戸を, 一部にとっては彼は, 一部によりやや天明, 一部に関する点だ, 一部のみであらうと, 一部はきづたによってうまく被われ, 一部ばかりでなく殆, 一部ばかりを今に, 一部まことに朽敗に, 一部まぜたもので, 一部までに今日も, 一部までを従えて, 一部みたいに組みあわされ, 一部もしくは全体が, 一部もずつと終りに, 一部もと近衛師団本部に, 一部やることに, 一部よむ声怠らざりけり, 一部よりは少し大事變, 一部らしいですよ, 一部らしき友軍の, 一部わかったがあの, 一部をさえあらわした手, 一部をすら彼等に, 一部インテリゲンチャによって代表, 一部インドの一部, 一部コロンナ家はラテラーノ, 一部セミチック文化の創造, 一部タリ一行政區タル大本ヲ明ラカニス, 一部タルコト北海道ト等シク正ニ, 一部トシテノ平等日本人トシテノ自由ヲ對鮮策, 一部ニ源因ヲ施セバ他, 一部ニ限ラレテイタノデアッテ情事ニ必要ノナイトコロハ絶対ニ見セテクレナカッタ, 一部バークの, 一部ビビエーナ附近の平原, 一部フォーシェー・ギューダンの描図, 一部マリアナ周辺に出動, 一部ユ着して, 一部リアルトとブレンタ, 一部ヲカーテンノ外ヘ露出シタ, 一部一万円位になる, 一部一厘だにも學ぶ, 一部一厘もちがはず, 一部一杯に撒き散らした, 一部一篇一局部の話柄, 一部一要素なの, 一部一馬克貨幣大の癒著, 一部をやつ, 一部七銭だったと, 一部けの御, 一部三冊は新しい, 一部三角測量臺の見通し, 一部上げてもよい, 一部上層の人々, 一部上流社会の奴原, 一部上流貴族のあ, 一部上陸す, 一部下司なお客様たち, 一部不整発達一部慢性炎症による退行変性, 一部不明なもの, 一部不通になった, 一部世間の批判, 一部にもどの, 一部中里介山居士の武術神妙記, 一部主として新フランス評論, 一部主人の手, 一部二冊物がある, 一部二部は此人, 一部二部いまは第, 一部二部三部を通じて一二九, 一部二銭です, 一部五銭であつ, 一部京都一部大阪に移つた, 一部人道の大本, 一部人間性にたいして寛大, 一部今なほ存して, 一部の一部, 一部伊沢氏の酌源堂, 一部伝承の古い, 一部の中枢, 一部体質のある, 一部作家の関心, 一部使用権を地元, 一部例えば犬養健氏の, 一部信者のあいだ, 一部信里村の一丘, 一部優等にて英語読方, 一部免除を願い出でた, 一部八月の, 一部六百巻の真髄, 一部共同になつ, 一部兵力を抑え, 一部兵営内の需用, 一部其書誤脱不爲不多, 一部は性経, 一部写して貰いたい, 一部処刑された数人, 一部てきた, 一部出来かけた堤の, 一部出版者の利益ろう断等他, 一部分の吉川町区分だけをこ, 一部分の者だけしか知らなかった, 一部分与って力, 一部分水が氾濫, 一部切り離してきた, 一部列王記傳ヨブヨナです, 一部利用されて, 一部刻みに細かく, 一部剥がれて赤煉瓦, 一部劇壇の少数党, 一部劇壇人は今日, 一部は陸奥, 一部北方の高地, 一部千何百名が引, 一部千圓に近い, 一部南進論者は三年後, 一部即其本紀を言うた, 一部原稿の寫し, 一部及音覚を主, 一部古代の第, 一部史論篇第二部法律篇, 一部叶って魔法瓶, 一部名づけて隣帆亭, 一部吐露しうる, 一部にやる, 一部の役目, 一部喜びまたは憂ひ, 一部四円というの, 一部四冊だけを別に, 一部四十四巻を造らしめられた, 一部地方から江刺郡, 一部地方民家のあの, 一部売れるに従って三十サンチーム, 一部外国公使館領事館その他の最, 一部の段, 一部大官たちのみにいよいよ, 一部大阪に移つた, 一部に過ぎない, 一部劇家の, 一部好事家の随喜, 一部好事者の口, 一部存在の全量, 一部学生を動員, 一部学者の言, 一部安政四年緒方塾でへんな, 一部官吏の一部, 一部を標本, 一部実費二銭八九厘であがる, 一部室内には二人, 一部専修科二部専修科があります, 一部専断に代, 一部専門家の批評, 一部小作して, 一部少数ファンの支持, 一部少数者だけであった, 一部崩れたがすぐ, 一部崩壞落下し同時に紅塵, 一部崩潰しペドロ爲, 一部左翼的な演劇理論家, 一部平坦な部分, 一部序戦の殲滅, 一部強硬な仲間, 一部当っている, 一部に進歩, 一部後宇多帝の花押, 一部後陣に身, 一部徒歩連絡で開通, 一部復活すること, 一部の書, 一部志望の下岡, 一部恋着するアマチュア風, 一部愛陶家たちに皿, 一部慢性炎症による退行変性, 一部我等の繼承者, 一部或は全部を, 一部として端, 一部戯曲専門家には容れられる, 一部抑えるとみせ, 一部抜萃して, 一部拵えると云う, 一部持って来, 一部捻出のため, 一部支那人の間, 一部改正案の提案理由, 一部次回に, 一部日本人の非, 一部書くにも三日, 一部最初の一節, 一部最近の短篇, 一部朝吹英二氏よりおくりこ, 一部朝鮮満洲, 一部村民の気持, 一部東海道すじは愛知県, 一部極端に言, 一部樹木にかくされた, 一部欠点はある, 一部正しいものが, 一部此上に聳ゆ, 一部歴史家の考, 一部殊にこの歴史的運動, 一部殘つてゐた, 一部浮石の浮ぶ, 一部渋江小島森狩谷各一部, 一部溶け去って海潮, 一部濛々たる噴煙, 一部濠洲の一部, 一部烏島により, 一部無窮の一部, 一部焼けた建物を, 一部熔けて飴, 一部特に心臓などを, 一部独逸人の支持, 一部生門へ喚きかかった, 一部に無, 一部男性に代っ, 一部的文化所産の創造, 一部的解決を見る, 一部的説明の熱情, 一部皇后筆の金剛般若経, 一部破壊されたといふか, 一部硫黄島附近に於, 一部科学者の理想, 一部程度だから, 一部稗史たり, 一部窮乏せる国民, 一部で主墳, 一部紀州や北陸, 一部縉紳間にのみに限られた, 一部である, 一部羽仁第二部野呂, 一部聯想の悲痛, 一部脱落したへ, 一部臨春閣を見る, 一部自作し一部小作, 一部自分が観た, 一部芸術史家の研究方法, 一部落当に老人二人婦人一人半子供十人半, 一部落民は果物, 一部藤原に居た, 一部蜂屋頼隆の三万石加増等, 一部表面的な現象, 一部見たいと思っ, 一部見ましたがここ, 一部解けるというもの, 一部解除のとき, 一部訂正を加, 一部詩人の標語, 一部読者の好評, 一部講演二部講談や漫才, 一部豊平村などではオッカブロウノチンゴンバ, 一部負担を実行, 一部つたが, 一部貴族の占有, 一部貴族富豪階級の間, 一部買い取るとはげしく, 一部買つて送つて, 一部買わされそうして上座, 一部贈って戴い, 一部贈ったところ或, 一部贈呈する, 一部越中の南, 一部軍隊の行為, 一部農場の一つ, 一部つて呉ろと, 一部送られてま, 一部進ぜましょう程に閑, 一部進歩的科学者が益々, 一部運動論は分量, 一部過激学生の, 一部に見, 一部重臣の私腹, 一部金融業者を刺激, 一部金の, 一部長所と恩恵, 一部開けさせましたが, 一部の踊, 一部陸軍のそんな, 一部隊的な任, 一部隊長にすぎない, 一部階級の権勢利福, 一部雪庇ができ, 一部出せるもの, 一部露出もしくは覗見等, 一部面一部分が独立, 一部類一部類に例へば, 一部飜訳したく思いしこと, 一部騎兵第四軍団, 一部高原并に那須火山塊