青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一身~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一般~ ~一行 一行~ 一見~ ~一角 一角~ ~一言 一言~ 一貫~ 一足~
一身~
~一軒 一郎~ ~一部 一部~ ~一部分 一部分~ 一間~ ~一隅 一隅~ ~一面

「一身~」 1254, 12ppm, 8792位

▼ 一身~ (324, 25.8%)

28 集めて 12 あつめて 5 具現し, 集めること 4 うけて, 背負って, 負って 3 あつめた, 兼ねて, 受けて, 就いて, 引き受けて, 引受けて, 集まった, 集まって, 集めたよう, 集中し 2 あつまって, お集め, しても, 具現した, 聚つて其痩せ, 聚り, 背負つて立つた, 荷って, 負うて

1 [214件] あつまりいまや, あつまる魅力, あつめさせた, あつめしと, あつめた感じ, あつめながら, あつめる教祖, あつめリラッ, あつめ世の中, あつめ千代田城, ありしこと, あること, あるのみ, うけるよう, うける場, うけ近頃, おい沙門遁世, おっかぶせて, おんわ, お引き, かえても, かかわるところ, かかわる大事, かねて, かぶる, こころよからざる, さる下心, して, しよつて, そ, そぐなは, そそがれた, そなえて, そんなにも, つきて, つき問い, とんでもない, にない活躍, ひきうけまする, みじん隙も, もつ主君, 一奇禍が, 一部の, 世の, 世界中の, 両役, 両能, 二様の, 二身を, 代表する, 任じて, 体し, 体を, 体感し, 備えた仏陀, 備えた奇妙奇態, 備えた意味, 備へん, 具えて, 具す, 具へて, 具有し, 具足した, 兼ぬる, 兼ねそ, 兼ね備えた, 兼ね備えた紳士階級, 兼備し, 努めんか, 及ぼすところ, 反映し, 取って, 取て, 取りては, 受けた打撃, 受けねば, 叢まっ, 合せた悲劇的, 向いて, 向って, 向つて, 堅持し, 始終せず, 就て, 帯し, 帯びて, 帰して, 帰すべきでないの, 帰せられるの, 引きうけ, 引きうけるとは, 引き受けたその, 引き受けたわれわれ, 引き受けた人類, 引き受けた長州侯, 引き受けなお, 引き当てて, 引受けたの, 引受けた日付, 引受けた日附, 引受けねば, 徹して, 心を, 応えたの, 懸つて, 戴きシグルド, 扱う器量人, 抱いて, 担いおおせた悲痛, 担いました, 担いモハメッド, 担い切れない思い, 担うて, 担うと, 担って, 担つてゐる, 担は, 担われて, 持ち前, 擔ふ, 擔へる, 於いて, 於かれましても, 於て, 止まらず社会, 気を, 汲々と, 決定的な, 注がれたの, 注がれました, 浴びて, 浴びながら, 浴びなければ, 浴びる思い, 湊まれり, 溢れ心, 無数の, 疲労を, 直接し, 立て籠つて本能, 絡まる怪奇, 繋ぐの, 考えふけって, 聚つた, 聚まる, 背負いでも, 背負うと, 背負う覚悟, 背負つた, 背負つて遠国に, 荷はんと, 荷ひたりしか, 荷わんと, 萃まっ, 萃まり喝采の, 落付が, 蝟集し, 覚えが, 覺え, 調和し, 負いさえ, 負いその, 負いまして, 負うべく人間, 負える醜名, 負は, 負ひ, 負ふ, 負わせられた責任, 責めて, 起こった大きな, 起った不測, 近しいこと, 迫るでなくとも, 鍾めて, 関して, 関わったこと, 関係した, 関係しました, 關する, 集った, 集って, 集つた, 集つたり, 集つて来るらしい, 集まったり, 集まつた, 集まり明けても, 集まれりと, 集むる楊貴妃の, 集めさすが, 集めた, 集めたいと, 集めたこと, 集めたその, 集めたという, 集めたといふ, 集めた三浦右衛門, 集めた忍男, 集めた稀有, 集めた身, 集めついに, 集めてを, 集めなければ, 集めるの, 集めるよう, 集め商売, 集め巴里, 集りぬ, 集るの, 集注し, 集結し, 離陣の, 體現し

▼ 一身~ (322, 25.7%)

8 利害の, 安全を 7 独立を 6 危険を 5 安きを 4 利害を 3 ために, 上にも, 安穏を, 自由を

2 [29件] うちに, うちには, ことなどを, ことは, ためには, ためにも, 事で, 利害などは, 利害に, 名誉を, 命令権を, 哀歡を, 大事は, 始末を, 安全ばかりを, 安危に, 安穏和楽を, 幸福を, 得失を, 徳を, 文明を, 栄達を, 浮き沈みを, 浮沈の, 私を, 行末を, 謀を, 賭博に, 運を

1 [214件] あらゆる深み, あらゆる資力, うえにおいて, ことなどは, ことに, ことまで, ことより, ことを, ごとく融け合って, ためまことに, ためわが, ため万民を, ため人民を, ため悲痛を, ため縛を, ふり方に, 一も, 上に, 上についても, 不安などとは, 不幸ばかり, 不義理, 世話を, 中に, 中にも, 主である, 乱でも, 事なり, 事のみ, 事を, 事又, 他の, 休みを, 何もの, 保全ばかりが, 信用地に, 働きを, 働を以て, 儲けの, 兩全を, 内に, 内には, 処決を, 処置さえ, 処置に, 処置について, 出世を, 利の, 利害から, 利害と, 利害に対して, 利害損得から, 利益を, 力を, 功業にのみ, 助かる道, 労れ, 動揺が, 危い, 危きを, 危急つい, 危機も, 危険という, 危険など, 危険よりも, 危険をも, 去就に, 名分にばかり, 名利などは, 名誉の, 名誉一家の, 品行亦, 品行修まり, 問題ぢや, 問題に, 四囲を, 垢を, 大危機, 好悪や, 始末だけは, 存付ニ而手銃一千廷買求芸州蒸気船を, 學に, 安きをだに, 安き無し, 安全から, 安全ばかり, 安危など, 安危などは, 安危になど, 安危によって, 安危に対する, 安危の, 安危を, 安定も, 安慰, 安穏の, 安穏のみを, 安穏や, 安逸を, 寵の, 尊きこと玉璧, 小楽, 屍と, 平和を, 幸福いよいよ, 幸福と, 廉恥すでに, 後始末を, 御幸福, 御迷惑, 快楽という, 怱忙を, 恥辱家族の, 所信覚悟も, 打算と, 損得から, 損得などという, 政治的乃至, 故を以て, 方向だけ, 方向を, 施捨によって, 有様は, 有様を, 有無は, 栄えを, 栄利に, 栄爵を, 栄達などは, 栄達の, 栄達も, 欲望どんなに, 歓楽を, 死後は, 死活浮沈なんぞ, 毀誉褒貶の, 氣分を, 汚名を, 浮沈に, 為に, 為めに, 為めには, 為めのみに, 無事のみが, 無実を, 無病長寿安楽を, 爲に, 爲めでも, 爲めには, 物質生活にさえ, 犠牲において, 生命の, 生存を, 生活を, 生涯を, 病ぐらい, 病気に, 目的の, 矜持を, 破滅に, 破滅ばかり, 破滅を, 私徳において, 私徳は, 私徳を, 私権を, 私権戸外の, 空虚の, 立つよう世話, 童貞とか, 細事猶, 美に, 義務は, 自家宗教を, 自由曰く思想の, 興味打算, 芸術の, 苟安を, 苦楽を, 苦痛よりも, 苦痛を, 英雄心, 處置に, 行ないを, 行動を, 行末については, 行状は, 衣食住を, 見解を, 誉れ, 誉れと, 誹謗の, 誹謗を, 調和も, 護りと, 護衛として, 豊満とを, 責めに, 責任が, 趣味に, 進退素と, 運命の, 運命も, 運命を, 過ちより, 道楽と, 重きを, 閲歴と, 防御さえも, 静安に, 面目は, 面目家門の, 音楽は, 鬼神にて

▼ 一身~ (305, 24.3%)

21 犠牲に 13 賭して 7 捧げて 5 もって, 挙げて 4 賭しても 3 ささげた, ささげて, なげうって, 犧牲に

2 [16件] あげて, つながる, はつた, 君国に, 大切に, 托して, 投げて, 投げ入れて, 投げ出して, 抛って, 挺し, 捧げようと, 棄て, 此事業に, 潔くせ, 立憲政治の

1 [206件] あずけて, いさぎよくすれ, おまえ達ふたりに, お師匠さま, かえりみて, かけたか, この袁紹, ささげたあの, ささげたく思うよう, ささげつつ, ささげられたに, ささげ五慾, ささげ合うもの, ささげ父親, すっかりわが, すっかり牲, その専門, たくして, つ, つかみ取って, どうかし, なげうつ冒険, はり投げすてて, ばらばらッ, ぼくらの, まかして, まもつ, やどすに, ゆだねたの, われに, ギセイに, ミネルワの, 一億金に, 一度だけ, 乞い受け奉るべし, 二体に, 亡ぼしたとか, 亡ぼすも, 任せたいこと, 任せねば, 任ねた人も, 伯父様の, 何処の, 保たんと, 保全する, 保護しよう, 保護する, 修めて, 修め自分の, 假り, 傾けて, 免れんが, 入る, 入るるに, 全うし, 全うした, 公共の, 具現した, 処し世海, 処するとか, 処決し, 処置する, 助け出すまで, 危くする, 友に, 受け生死無量, 国に, 売って, 奉じつくして, 如何に, 学理の, 守って, 守り詰め敵, 守ること, 守るにも, 安全に, 害すれど, 容るる, 尽すは, 屠腹し, 弓の, 引き受けるほど, 引下げて, 彼女の, 後醍醐に, 恐れるの, 悪魔に, 愛する人々, 感じない, 慎しみ或は, 成立する, 所有され吸い取られ, 托する, 托する生活, 托せらるべし, 投げた, 投げだして, 投げ出した, 抛擲し, 拾い取って, 挺す, 挺出せん, 捧ぐること, 捧ぐる事, 捧げたの, 捧げるくらい, 捧げること, 捧げるよう, 捧げる人, 捧げる印度人, 捧げる決意, 捧げる真, 捧げ燐みを, 捧じ, 捨て, 捨てそれ, 提供された, 擧げて, 擲って, 政治運動に, 救えば, 敵の, 斯程迄に, 日本の, 日本へ, 智慧に, 本国に, 棄てる日, 棄てる覚悟, 植物の, 楽まし, 樂まし, 歩ませて, 歩ませ起るところ, 殉ぜんと, 汝に, 流し去る, 浅く思い, 清くする, 満たし浸し包みおぼらして, 潔うせん, 潔くしよう, 潔くする, 爭はむ, 物的境遇より, 牲に, 犠牲と, 犠牲として, 独立せしめ, 献ぐる女の, 献げて, 献げようと, 生命の, 田舍婆, 相談も, 真に君国, 祈祷と, 私に, 立てさせようと, 立てなおすこと, 絶望の, 維持し, 縛りまた, 繞る, 置くべき場所, 罰し給えという, 苦めて, 苦境に, 處決して, 處理する, 襲った, 託すと, 誤つたの, 誤り一家を, 誤り給うなと, 誤る理由, 談ずる處, 諾ねたる, 賭けてまで, 賭しまったく, 賭し紿, 賭する覚悟, 贄に, 身に, 軍国蜀に, 退かんと, 過つたと, 遠い米沢, 避ければ, 重んじて, 閉塞してる, 領したる激しき, 頼んだ添え状, 顧ても, 顧ぬ, 顧みざるの, 顧みずボース氏, 顧みず知遇, 顧みず道, 顧みて, 顧みますと, 顧みるいとまもなく, 顧みるとき, 高尚至極に, 魔術に, 黙然と暮

▼ 一身~ (48, 3.8%)

3 私が

1 [45件] あなた様の, あまりに貴重, おのれらの, お任せ申します, お頼み, これ普通の, それで, そんな風, どうなる, ひきうけた, 一側より, 一魔物の, 三軍の, 世にない, 今多忙を, 他人と, 何処に, 別離し, 則ち, 国家である, 国家に, 大に, 大勢の, 天地の, 天皇陛下と, 幸いにも, 引き受けた, 彼に, 心と共に, 心配す, 恋愛の, 是君の, 束縛される, 極めて櫟林, 浅野家を, 爾う, 私の, 総てこれ罪なり, 肉体と, 自己の, 萎靡る, 落ちんと, 重しと, 鉄石の, 青春と

▼ 一身一家~ (34, 2.7%)

3 の世帯 2 のため, の安定, の安穏, の生計

1 [23件] にかかわる, にしか用, にとどまれ, に受け, の不, の内, の冥福, の利益, の外, の奢侈ぜいたく, の守護神, の安危, の富, の小さい, の独立, の目前, の破滅, の福利, の経済, の衣食, の貧苦, の餘儀, を固守

▼ 一身同体~ (20, 1.6%)

2 であの

1 [18件] から来, だ, です, とあれ, という証拠, となり, とも云う, と心得, にし, に暮らし, の, のもの, のよう, の個人的関係, の如く, の我等, の文学, の関係

▼ 一身~ (14, 1.1%)

1 [14件] いずれに, どれ程, もう全く心配, 危ない, 形体的に, 忙しくな, 快感の, 新しくなる, 案じられたもん, 直ぐに, 着る, 秀子の, 軽くなった, 遁れる

▼ 一身~ (10, 0.8%)

1 お顧みなき, どこの, 一国も, 位置する, 危ないでしょう, 同じとまで, 始めて, 春といふ, 自ら破り, 變化した

▼ 一身を以て~ (10, 0.8%)

1 ご恩, 万死の, 保護し, 各方面, 国難に, 嫉妬に, 常に臣下, 朝廷幕府諸侯を, 東西の, 賊を

▼ 一身~ (9, 0.7%)

2 財産の 1 こんどの, さる北境, 一家とを, 名前とが, 彼の, 疾病説以上數篇は, 自分の

▼ 一身から~ (8, 0.6%)

1 ひどい嫌悪, またどこ, 下し切れない, 或る, 消え去った心地, 発散し, 言うと, 起こって

▼ 一身に関する~ (8, 0.6%)

2 ことは 1 ことである, 不公正, 他の, 危険なぞは, 奇怪な, 相当の

▼ 一身一命~ (7, 0.6%)

1 さえ忘れかけ, は申す, まで自分, をなげすて, を賭け, を賭し, 御自由

▼ 一身には~ (5, 0.4%)

1 一人探偵が, 何事も, 恐ろしい変化, 父母の, 至難の

▼ 一身~ (5, 0.4%)

2 體の 1 體で, 體である, 體と

▼ 一身~ (4, 0.3%)

1 如何とも, 引き受けがたい, 道筋の, 青磁と

▼ 一身~ (4, 0.3%)

1 一族だけの, 一生の, 名前などが, 財産に

▼ 一身独立~ (4, 0.3%)

3 して 1 と云う

▼ 一身など~ (3, 0.2%)

1 さておいて, 問題では, 考えて

▼ 一身について~ (3, 0.2%)

1 少々不審の, 必要な, 考えますれば

▼ 一身~ (3, 0.2%)

1 一杯に, 意地わるげな, 集まって

▼ 一身をば~ (3, 0.2%)

1 偶然かうした, 入鹿, 愛児の

▼ 一身~ (3, 0.2%)

1 好ムマヽニ事, 幸福ヲ, 覚悟ヲ

▼ 一身および~ (2, 0.2%)

1 その位置, 一国の

▼ 一身にとって~ (2, 0.2%)

1 此落第は, 武門の

▼ 一身にも~ (2, 0.2%)

1 引くら, 関る

▼ 一身に関しては~ (2, 0.2%)

1 今後とも, 敬虔で

▼ 一身はど~ (2, 0.2%)

2 ないなっ

▼ 一身~ (2, 0.2%)

1 以テ利害ヲ, 自由ニシテ自

▼ 一身係累~ (2, 0.2%)

2 を顧みる

▼ 一身投出~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 一身~ (2, 0.2%)

1 に向, 壊して

▼ 一身痩せ尽し~ (2, 0.2%)

1 て枯葉, て纔

▼1* [78件]

一身あたかも空虚なる, 一身あるのみ, 一身おもしろくなしと, 一身こそなによりの, 一身この君に, 一身これ現朝廷, 一身さえ危うかった, 一身すでに独立すれ, 一身すべて青銅と彼, 一身すら持耐えられん, 一身ために愁殺, 一身たるや骨肉, 一身だけでは, 一身だけの貧困などが, 一身だけは命を, 一身つかれて痩せ, 一身つつがなく栄え玉璽, 一身でかく久しい間浮世の, 一身というものだ, 一身との間に, 一身なしじゃ, 一身なぞは粉微塵に, 一身なんかドウなった, 一身にかけましてお引き受けする, 一身にしか通用しない, 一身についてはいっさいを, 一身にとっても今は, 一身にのみ不意の, 一身によつて表現せられる, 一身に対しては満足し, 一身に関して責任を, 一身のみの利益と, 一身もってその, 一身より冷汗を, 一身をかへりみず万里, 一身をさえ忘れて, 一身をだけだった, 一身をだにもてあましたる乞丐, 一身を以ても思い止まらせねば, 一身一体のよう, 一身一国を賭し, 一身一家一国のため, 一身一家内の始末, 一身一家経済の由来, 一身一業を持ち, 一身一王国の存亡, 一身一箇の事, 一身一藩の栄誉, 一身三頭である, 一身両面の人出ずる, 一身両頭あるが, 一身九頭の水蛇, 一身二一添作の五, 一身二頭の異形, 一身代位のねうち, 一身代作って勘当, 一身て公共, 一身かあらん, 一身何ぞ能く, 一身同体妻の病気, 一身同体敗戦の苦しみてえ, 一身の具体性, 一身多病何等のなす所, 一身失策の為, 一身安危の場合, 一身実に困窮仕, 一身已に累無し万事更に, 一身し間, 一身憂慮しつ, 一身に入る, 一身犠牲論で一族縁類, 一身去無, 一身的自由の代り, 一身置き場もない, 一身蕭然たる四境, 一身詩仏と詩魔, 一身して, 一身舟トナリ落日西山