青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「世人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

与八~ 丑松~ ~且つ 且つ~ ~世 世~ 世に~ 世にも~ ~世の中 世の中~
世人~
~世界 世界~ 世紀~ ~世話 世話~ ~世間 世間~ ~丘 丘~ ~丞

「世人~」 1312, 14ppm, 7875位

▼ 世人~ (419, 31.9%)

22 注意を 9 注目を 7 これを, 記憶に 6 多くが, 多くは 4 頭に 3 好奇心を, 批評に, 眼に, 耳に, 耳目を

2 [34件] ために, 一般に, 中には, 予期したる如き, 信用を, 危む所たるのみ, 口に, 均しく意外, 多数は, 好まざる所, 妖怪と, 心に, 心を, 惑いを, 想像する, 想像を, 理想に, 皆知っ, 目に, 目を, 眼を, 知らざる南方, 知るが, 知るところ, 知識に, 耳目に, 視聴も, 記憶する, 話柄と, 誤解を, 豫期したる如き, 非難を, 顰蹙, 風説に

1 [275件] あまねく知る, あまり気の, いう日本, いかにこの, いって, いわゆる不思議, いわゆる幽霊, うけた感銘, うわさの, かくあれかし, この首都, ささげて, さようの, すこぶるこの, すでに知る, それと, ためなり, ためには, ひとしく認知, まなこを, ようやく講究, わいわい騷ぐものには, われも, ウケは, コックリを, 一半は, 世隔てざる, 乱暴を, 亀鑑に, 予想を, 予期に, 争って, 人格の, 休養保健の, 伝うる, 伝唱し, 位置も, 価値と, 信用が, 信頼や, 偏見に, 利害に, 到底豫想, 前に, 前にも, 前へ, 勝手である, 反省せね, 口の, 口碑に, 台所は, 同情は, 周く, 周知せる, 品行道徳を, 喜び迎ふる, 喜ぶ所, 嗜好に, 嘲笑の, 嘲笑を, 噂に, 夙に認むる所, 多いの, 多くその, 多くはと, 多く用ひ, 夢にも, 大多数, 天気予報に対する, 失望は, 好まざるところ, 好ましいよう, 好んで, 好奇心の, 妖怪とも, 妖怪を, 妥当な, 婦人観を, 嫉視の, 嫌がる職業, 嫌忌を, 嫌悪する, 嫌悪と, 嫌惡する如き, 學ぶ所, 実験において, 審る, 尊崇を, 尊敬を, 尊敬憧憬の, 少なくない, 尤も危ぶむ, 屡, 常とて, 常に見聞, 常に言う, 常識と, 常識を, 常識外に, 幸福と, 幽霊に, 強いと, 形くる, 彼に, 心痛は, 忌み嫌うある, 忌み嫌うよう, 思い付くべき名称, 思い出しそう, 思う如く苦, 思う所, 思ふは, 怨を, 恭敬愛慕絶ゆる, 情は, 情を, 惑を, 想像するごとく, 意表に, 意見と, 感動と, 感謝は, 慈悲同情に, 態度が, 憐れなる, 憧憬の, 或る, 所謂, 所謂多情なる, 所謂美田を, 手本に, 才能を, 拍手喝采を, 持つ誤った独断的知識, 探偵的傾向は, 擯斥を, 改新を, 教えを, 斯く解する, 日常的感能と, 旧思想, 明知する, 普ね, 智識が, 更にこれ, 最も恐怖, 最も惑い, 有様を, 望むが, 期待と, 歓迎にたいしては, 気に入るの, 気に入るよう, 気もちの, 気合が, 気楽なる, 注意が, 注意する, 注目する, 注目と, 深く注意, 清国に対する, 為めに, 無情を, 無智, 熟知し, 熟知する, 熱心に, 熱狂に, 理解を, 生活に, 生活は, 疎外排斥を, 疑惑当局の, 痛ましい好奇心, 益にも, 目から, 目前にも, 目撃する, 盲目を, 看て, 眞の, 眼にも, 眼は, 知って, 知らざるところ, 知る如くであるが, 社会を, 祈りに, 祈りを, 神経は, 福祉と, 科学に対する, 立憲政体なる, 精神に, 繁殖運動を, 罪では, 羨むところ, 羨む高い, 考えでは, 考えを, 考えをのみ, 考ふる, 考へるやう, 耳を, 耳朶を, 耳目から, 耳目も, 胸に, 能く, 脳裡に, 臆測を, 自ら工夫し, 自暴や, 興を, 興味を, 蒙を, 薄徳, 衆苦充満せる, 行爲を, 被害民に, 要求よりは, 見せしめに, 見も, 見るところ, 見解を, 視線を, 覚えにも, 観念に, 観念を, 言う, 言うが, 言半ば信なら, 言葉では, 言行に対する, 言語一として, 記憶から, 記憶せる, 設想とは, 許す所, 評には, 認めるところ, 認識から, 認識する, 誤ら無いよう, 誤解に, 誤解の, 誤解は, 誹りを, 議論が, 讃嘆しない, 讃嘆の, 豫想する, 貴しと, 買い被りを, 賞め者と, 賞粲に, 賞翫する, 賞讃する, 趣味は, 軽々看過する, 輿論やら, 迷信に, 通常支那の, 通念は, 重き宝を, 長い不, 間に, 間にも, 間違った考え, 附会した, 非難や, 驚駭と, 魂の, 黙過すべからざる

▼ 世人~ (279, 21.3%)

13 これを 8 それを 6 一般に 4 彼を 3 彼の

2 [13件] おもしろいと, この至宝, またよく, 之れ, 佳なりと, 信長の, 又彼, 好んで, 家康を, 寧ろ尾崎行雄氏, 挙げて, 此の, 深く公

1 [219件] あげて, あの男, あまりに冷淡, あまりに急, あるいはこの, いうであろう, いざ知らず, いった, いへり汝, いやしくもその, おそらく自分, けっして君, このイキサツ, このムラサキ科, この区別, この句, ごうごうと彼, さほど厳密, さらによく反省, すべからくよく部落, そうよん, そう云っ, そう思う, その, そのミカン, その出身, その前, その名, その思違い, その日本化, その落伍, その表現, その言論, その論議, その酷, それが, それより, そんなもの, たたえるが, ただちに枝葉, たまに彼, だから彼, とかく他人, とかく西洋料理, とかく迂闊, なほ平和の, はじめより, ひとしく仙, ふたたびその, また山陽, まだこの, まったく僕, むろんふたたび博士, もう博士, もっともっと深刻, やがて佐々木小次郎, ややも, ややもすれば教育, よくその, よくもこんな, よく国際, よく平易簡単, よく理論, よく西洋, よく覚えず, よく言, よく評し, よく部落民, タチバナ, タチバナの, タルマ自身に, ハスの, 一切の, 一向反省, 一面に, 上の, 上も, 之を, 事物の, 二三歳の, 云う, 云うかも, 云ふかも, 今日なお, 今更ながら, 仮りに, 仮怪, 何と云ふか, 何故この, 余が, 余らの, 余りこれ, 侮蔑と, 俊頼と, 倹約という, 元禄の, 再び言った, 分数比例もしくは, 刑罰が, 到底その, 前世の, 労力と, 動物植物の, 勿論警視庁自身, 却って第, 口で, 古名画, 同氏を, 唾し, 問わない, 單に, 嗤った, 嘲罵の, 囚人を, 均しくこの, 多くその, 大分その, 大抵これ, 大抵その, 大抵まず第, 大方忘れ, 大方知悉, 奇怪なる, 妖怪に, 子規の, 学術振興会が, 宗教の, 宗教家と, 寒玉子と, 将に, 平和の, 幽蘭, 当時之を, 彼らが, 彼らの, 彼らを, 彼女が, 往々に, 往々祖先, 忘れは, 思うだろう, 怪魔王と, 恣に, 愛と, 憎むべきじゃ, 我々共産主義者を, 承知しない, 支那の, 改革者の, 教育教育と, 斯くの, 新らしい, 書物に, 木綿ほどに, 此博学の, 死因に, 氏の, 汎く, 決して斯, 海で, 深き興味, 深く考えなけれ, 漸くこの, 焚書事件のみを, 無論そんな, 特に彼等, 狼が, 猿の, 理窟なる, 異数と, 皆世界を, 皆小野蘭山の, 皆科学者でなけれ, 盛りの, 直ぐまた, 直ぐ衰える, 直ちに, 直義の, 知つてゐなけれ, 知らない程, 社會多數の, 神仏の, 私が, 秋川夫人の, 科学に, 稍も, 精密科学の, 緩く歌, 繰り返させようと, 美術家より, 耳によって, 自分の, 自分らの, 自分勝手に, 舌を, 華嚴を, 薩長政府と, 薬剤官を, 藤枝林田両, 被告が, 西洋料理と, 視て, 言う, 言った, 記憶せね, 記憶の, 記憶術の, 誤解し, 軍が, 軽く考え, 達磨大師の, 釈然と, 金解禁が, 間違ったこと, 頻に, 食事の, 飲食物を, 驚くべき大, 魅せられて

▼ 世人~ (136, 10.4%)

3 それを, 佶屈と 2 古今集を, 特に彼ら, 自分の, 迷信を

1 [122件] いま少しく, いろいろ悪口, いわゆる部落民, こぞって私, このよう, この問題, この顔ぶれ, これには, して, すべてこれに, すべて仙人と, その店, その後兄弟じゃ, その源流, その良否, ただこれ, つねに平和, つねに称道, とがめよう, となえた, どういうもの, なお草木, まだ他人, まだ菓樹, まだ西洋食品, みとめて, もし, もしもこの, もし真にその, もし真に部落, もとエタ, よくこれ, よく歴史, よく蘭, われわれに, アダ名し, ウィルソンとか, キヨメをも, スミレを, モット食物問題と, 一般に, 一般的に, 万葉中の, 三千三百万から, 上下こぞって, 二千五百年の, 何ら確か, 偽怪, 其を, 処世主義とか, 半意識, 博物家と, 口に, 古來慢心, 史学に, 同意する, 否定してる, 呼ぶ唇形科, 奢りを, 如何に, 子規門下の, 学校にさえ, 実に罵詈讒謗, 家庭教育の, 常にいわゆる, 当然境界, 彼に, 彼らに対する, 彼らを, 彼を, 往々彼ら, 往々誤解, 忘れようと, 思って, 愛しにくい, 感動を, 我慢を, 文化其の物を, 期待する, 植物に, 極めて簡単, 歓迎する, 歴史の, 毎度いう, 決勝点なりと, 満足し, 滅ぼさんと, 理由を, 畜生塚と, 疑い深いと, 皆犯し, 皆自然に, 相手に, 知らないだけの, 知り得たら世人, 知る所, 科学系統の, 称する蓮根, 突込ん, 等しくその, 結納を, 羨望措く能わざる, 翁の, 考へて, 肉食を, 色を, 芙蓉と, 萬葉中の, 蓮根と, 解するが, 言いふらすかの, 誰も, 軍人, 軍人軍人と, 迷ってるから, 迷信の, 迷心惑情を, 迷惑を, 道真に, 鉱毒問題を, 頭を, 風流にばかり

▼ 世人~ (130, 9.9%)

2 与えた, 向かいて, 向って, 忘れられ所在, 文学の, 説いて, 警告を

1 [116件] いわれて, おしえた, この怪指紋, その趣意, とりて, はじめは, もっぱら取沙汰, もてはやされ讚め稱, よく知られ, チビ飲流の, 一番欠乏し, 一目瞭然であっ, 与えたこと, 与えた教訓, 与えるもの, 与へ, 与へた, 交わり人, 今もか, 仰がれ一世, 伝えられしが, 何か, 余り知られぬ, 信ぜしめん, 其旨味を, 分りやすい, 分りやすく, 励行せし, 勧めたいと, 向うて, 向かって, 向かっては, 向こうて, 向つて, 向つて萬葉, 告げて, 哲学的知眼を, 問はる, 喜ばる, 喜ばるる事火, 奇異の, 安く供給, 尊敬さるる, 崇められて, 幸福を, 広く読まれ, 強いたの, 忘られ, 忘られたる, 忘れられて, 忘却され, 恐れはばかられて, 愛せられて, 愛読せられ, 披露し, 教えて, 更に外国人, 書いて, 有用有意義なり, 歓喜を, 残した強い, 注意されなかった, 深い反省, 理解せらるる, 畏怖せられ, 痛切な, 益せん事, 知らしむるにはあらざるなり, 知らしめたいもの, 知らしめれば, 知らしめん, 知らせんもの, 知られず, 知られたる, 知られて, 知られてる動植物, 知られる通り, 知られ遂に, 知れて, 示したもの, 示して, 示し直す日, 示すを, 立ち交じること, 紹介する, 羨まれた様, 耳新しいこと, 臨むよう, 與へ, 衝動を, 見えたのみ, 見せたし, 見せびらかす形, 親しくない, 親しまれて, 解毒剤も, 認めしむる, 認められて, 認識され, 語られ私, 謝し, 謳われて, 警告する, 讀まれ多少, 賞翫されぬ, 起さしめしなり, 軽蔑され, 迷信され, 遺したの, 非難される, 頒ちし, 顔向けが, 顧みられないで, 驚かれたさうだ, 黄金を, 齎し示せるもの

▼ 世人~ (91, 6.9%)

26 して 2 ばかに, 籠絡し, 誤って

1 [59件] あざむきおおせたの, いかに利益, おどろかし又, しては, しばしの, まどわすこと, アットいわせる, アット言わせ, 一驚させた, 信用せし, 半信半疑の, 啓発し, 啓発した, 啓發する, 善道に, 喜ばしめたる, 大いに輕蔑, 導く側, 常に瞠若, 惑は, 惑わして, 愕か, 感化し得るだろう, 憤慨さした, 憤慨させた, 戦慄させた, 救う仕事, 教化する, 欺いて, 欺き財貨, 欺くこと, 歯ぎしりさせた, 毒するは, 畏嚇する, 眼中に, 考へて, 見て, 見るに, 見るのに, 見る底, 誘導しなけれ, 誤まる, 誤るの, 説き廻ったという, 警醒し, 迷わせる盲者, 避けたもの, 顧慮しない, 首肯させる, 駭かす, 驚かしたこと, 驚かしたと, 驚かしたの, 驚かした事, 驚かしはじめ, 驚かすも, 驚かせた人, 驚倒せしめた, 驚嘆せし

▼ 世人から~ (40, 3.0%)

2 忘れられて, 誤解される, 謳はれた

1 [34件] いわれなかった, そうひどく, ややもすれば軟弱, 一般に, 光明優婆塞と, 冷罵を, 区別さるる, 卿と, 売笑婦として, 変な, 嫌われずして, 嫌われること, 嫌忌せられる, 尊重される, 少しも, 忌まれる事, 忘れられかけて, 憎まれて, 排斥せられ, 最も多く, 殆ど特殊扱い, 注目され出した, 珍重される, 理由を, 生ぐさ坊主, 社会圏外に, 耳遠くなった, 薄気味悪く思われた, 見て, 誤解を, 賤しい, 賤しめられた, 軽侮せられる, 軽蔑された

▼ 世人~ (35, 2.7%)

2 亦一名

1 [33件] あえて望まざるべし, これを, し確証, すぐに, すべてそれを, その時, ない有様, またおなじ, またかかる, またこれ, また同情, また無, まったく無, よく知るごとくであっ, 何らこれ, 咎めなかった, 咎めるのみ, 大将の, 常に気づい, 思った, 思って, 怪まず, 我も, 此の, 泥棒を, 漸くその, 等しく認め, 羨む位, 衛生料理という, 言うこと, 部落問題の, 関心を, 驚かされた

▼ 世人一般~ (16, 1.2%)

2 はもとより

1 [14件] が可, に分らない, に対しては必ずしも然, に考, に金, に骨肉, の予想, の信ずる, の如く, の心配, の科学, の科学的知識, の認定, はいかに

▼ 世人~ (11, 0.8%)

1 [11件] 一様に, 一緒に, 交際する, 伍し, 併せて, 同じく千差万別, 同様私の, 哲学者, 変わらずただ, 異なって, 離れて

▼ 世人には~ (7, 0.5%)

1 あまり用の, わからないから, 何の, 山師の, 思われた, 文弱者の, 知れなかったの

▼ 世人~ (6, 0.5%)

1 俳句の, 我の, 知れり出家, 醉へり, 風邪を, 驚いて

▼ 世人からは~ (5, 0.4%)

1 それほどの, ますます軽しめられ, 全くこれら, 往々忘れられる, 非常な

▼ 世人あるいは~ (4, 0.3%)

1 わが輩の, 宗教そのものが, 曰く, 美術の

▼ 世人これ~ (4, 0.3%)

1 を宗教, を怪しまず, を称し, を赤入道

▼ 世人よりも~ (4, 0.3%)

2 お金を, 尊敬を

▼ 世人往々~ (4, 0.3%)

1 この事実, にし, コックリは, 宗教を

▼ 世人に対して~ (3, 0.2%)

1 これが, その主義, そんな話

▼ 世人多く~ (3, 0.2%)

1 は家庭問題, は曰く, 余が

▼ 世人すべて~ (2, 0.2%)

1 から冷眼視, の常識

▼ 世人にとって~ (2, 0.2%)

1 それは, 後代にとって

▼ 世人~ (2, 0.2%)

1 向って, 投げかけた映画女優志賀暁子君

▼ 世人また~ (2, 0.2%)

1 この教え, よくこれ

▼ 世人みな~ (2, 0.2%)

1 そのもっとも, 眠たごころ

▼ 世人より~ (2, 0.2%)

1 たっとばるるの, 嘲罵を

▼ 世人~ (2, 0.2%)

2 れを

▼ 世人~ (2, 0.2%)

2 れを

▼ 世人或は~ (2, 0.2%)

2 伊藤系統に

▼ 世人購求~ (2, 0.2%)

2 の神速

▼ 世人~ (2, 0.2%)

2 もすれ

▼1* [93件]

世人あまねく口に, 世人いまだこの論派, 世人おおむねこれを, 世人からも直ぐ忘れられ, 世人がいはゆる, 世人がらその姓名, 世人ことごとく聖人ならざる, 世人この地を, 世人しばしば俳諧附合の, 世人だけに他人の, 世人とは常にかう, 世人とも又単に, 世人どもを反省, 世人などの間では, 世人なり部落民なりに, 世人なりに対して特殊部落とか, 世人にたいする軽蔑や, 世人にとっては地震現象の, 世人にとっても耳に, 世人にまで称美される, 世人にも我にも, 世人に対する必要も, 世人のみならず多く, 世人はかへつて師団, 世人へは知れて, 世人みな薄情にし, 世人労働運動者の, 世人よりはよつぽ, 世人は何とか, 世人をも警醒せん, 世人イヤ歌読みでも俳人, 世人シェストフを贋物, 世人ヲシテ一類ヲ哀マシメン, 世人と口, 世人一汎に想う, 世人一般これを悟らず, 世人交リヲ結ブニ黄金ヲ須フ, 世人其方法を, 世人より此問題, 世人以上にその, 世人に蚯蚓, 世人俳句を知らず, 世人全部満足だという, 世人共通の弱, 世人冷かして榎木僧正, 世人剥寺と稱, 世人もすれ, 世人動も, 世人を見る, 世人同様ただ外部, 世人君羊蹄春無有来, 世人呼んで世界, 世人和田義盛の墳, 世人因つて切株の僧正, 世人因つて堀池の僧正, 世人に其事, 世人天満焼と称した, 世人好んで豊屋峻宇, 世人憧憬の的, 世人断じて山師的宗教家の, 世人既に姦淫双, 世人ヲ利根川, 世人にこれ, 世人普通に明日, 世人曰く不吉の聲, 世人曰く不祥の曲, 世人更に其利益を, 世人を買わずし, 世人未知の富, 世人果して然, 世人の易き, 世人に詩人, 世人伝えて, 世人知る所の, 世人研究費を出し惜しみする, 世人結婚を欲する, 世人から惑, 世人自ら進んで, 世人して, 世人蛭児尊を称すれ, 世人誤, 世人誤って人事変革, 世人誤り認めて, 世人れか, 世人へむ我, 世人蹲踞太子と申したてまつる, 世人追剥を略し, 世人釣り落せし魚, 世人長崎の平野富治, 世人革命を語る, 世人願わくはこの詩, 世人黒白して, 世人の来っ