青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一言~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一致 一致~ ~一般 一般~ ~一行 一行~ 一見~ ~一角 一角~ ~一言
一言~
一貫~ 一足~ 一身~ ~一軒 一郎~ ~一部 一部~ ~一部分 一部分~ 一間~

「一言~」 5812, 58ppm, 1996位

▼ 一言~ (1695, 29.2%)

209 口を 50 ない, 物を 41 ありません 31 なかった 19 云わなかった, 口に 17 いわずに 16 云わずに 15 発しなかった 14 云は, 言わずに, 言葉を 13 ものを, 言わなかった 12 いわなかった 10 無い, 発しない, 発しないで, 言は 9 言わないで, 返事を 8 云わないで, 口が, 答えなかった 7 それに, ないが, ない姿, 声を, 発せずに 6 それを, 何も, 答へ 5 あるめ, ございません, ないの, 云はずに, 語らなかった

4 [12件] ありませんが, いはない, ないよ, ないよう, なかつた, ふれて, 口には, 口へ, 彼の, 発しなかつた, 言わない, 語らなかつた

3 [26件] いわないで, きかされたこと, ことばを, そんなこと, ないわけ, なかつたが, ふれなかった, 不平を, 云わないうち, 口は, 口へは, 吐かなかった, 弁解が, 彼に, 意見らしい, 挨拶を, 書いて, 本当の, 泣き言を, 洩さ, 申しませんでした, 発し得なかった, 発すること, 触れて, 言って, 言はずに

2 [73件] ありませんでした, あるまい, あるまいがな, いはなかつた, いわないが, いわなかった様, お定, かわさないで, しなかった, しゃべらなかった, そのこと, ないと, ないので, なく, なくして, なくすぐ又, なく閉口, なしに, まこと, 之を, 云えなかっ, 云って, 云へ, 云わず私, 云わないだけに, 云わないの, 交わさなかった, 人に, 何にも, 僕を, 出さないで, 出て, 利けない, 勧めて, 口も, 喋らない, 喋らなかった, 小言を, 御座いません, 書いては, 洩らさずに, 洩らすまいと, 漏しません, 無い姿, 物いわず, 発しなかったが, 発しなかった彼, 発しません, 発する者, 発せずその, 發しない, 白状しなかった, 私に, 答えずに, 答えないという, 纒まった, 自分の, 触れなかった, 言いません, 言いませんでした, 言い出さないの, 言い出さなかった, 言つ, 言つて呉れる, 言へ, 言や, 言わず, 言わないこと, 言わなかったの, 話さなかった, 話しかけない, 話を, 述べなかった

1 [716件 抜粋] あとに, あなたに, あまさず信長, あらそわぬ, ありませんな, ありませんや, ありませんわい, ありよう, あるまいその, いいませんいかなる, いいませんでした, いい開き, いうこと, いうまい, いえず何だか, いえなかった, いかなる人, いっちゃ, いはず又, いはず物陰, いはなかつたの, いひわけ, いりません, いわずうしろ, いわずまっすぐ, いわず生憎, いわない, いわないでは, いわないの, いわないのに, いわなかったの, いわぬ, いわんで村, おっしゃらずかえって, おっしゃらなかったじゃ, おっしゃらなかったという, おぼえて, おもの, お久美さん, お利き, お島, お話しに, お返事, かけないという, かわさなかった, かわしたこと, きかず, きかずに, きかない, きかないで, こうであった, こちらに, こっちの, この事, この事情, この客来, この際, これを, ござ, ございませんが, ございません何しろ, ござるまい, しおらぬが, しない事, しゃべったこと, しゃべって, しゃべらないで, しゃべること, すること, せずに, せぬ, その作, その心, それについては, そんな類, たずねかねるの, だぞ, つけ加へる, どうしてこの, ないからさ, ないけれど, ないこと, ないさ, ないでしょう, ないという, ないところ, ないとは, ないまさに, ないらし, ないわ, ないん, ない平次親分, ない怒罵でした, ない怪我, ない態, ない相手, ない虎, なからう, なくいまいましそう, なくじっと, なくそこ, なくただ, なくては, なくロセツ, なく二人, なく其の, なく尻, なく尻込なす, なく平, なく引き, なく引下, なく恐れ入っちまうなんぞは, なく恐れ入って, なく敵, なく沈默, なく澄まし込むべき, なく白眼合, なく硬ばっ, なく聞きたりけり, なく閾, なく黙りこんだ警部, なし, なしなのよ, なし之, なりませぬ, ねえがね, ねえ事, ふき子に, ふれずじかに, ふれず宗教, ふれない, ふれないので, ふれないのよ, ふれなかったが, ふれなかつたの, ふれられて, まだそれ, まだ出ない, もう国, もう言わなかった, ものいわで, ものは, もらさなかった, わからない, わからないねえ, わからぬらしくただ, わかりませんが, わたしの, アッシェンバッハには, コゼットに, フリイデマン氏と, ロシア語を, 下さずに, 不平憂悶の, 之に, 云いださずに, 云いません, 云い返さなかったの, 云い逆らわ無い小田島, 云うと, 云うまい, 云う折, 云う遑, 云えない, 云えなく, 云えなくなって, 云っては, 云つてありませんでした, 云はずすぐ, 云はず下向き勝ちに, 云はず居, 云はず直に, 云はず行つてし, 云ひ, 云ひ得ず, 云わざるは, 云わずあんまり, 云わずただ, 云わず初夜前, 云わず別れましょうとも, 云わず必死, 云わず膝, 云わず隣りの, 云わず青い, 云わず顔, 云わなかったこと, 云わなかったそう, 云わなかったの, 云わなかったよう, 云わなくなって, 云わぬ中, 云われません, 亡児の, 交えざりき, 交えなかった, 交えなかったの, 交じえ, 交じえない, 交わさずに, 交わさぬ, 交わすこと, 人の, 今晩の, 仰有る道理, 何とも云っ, 信じて, 信じないで, 個人の, 僕には, 僕の, 兄の, 冗談さえ, 出ないで, 出なかった, 出なくなって, 出んの, 分らない子供達, 判らない, 判らないので, 利きません, 利くな, 利くまいと, 加えないで, 加えないでいい, 加へた事が, 加わろうと, 卑猥な, 卓一の, 及ばないうち, 反対は, 反駁し得なかった, 取り落とされは, 取調べに, 口外しません, 叫んでから, 吐かないし, 吐かないで, 吐かないの, 吐きませぬゆえ, 吐きません, 吠えず踏込んで, 呼ばれませんでした, 咎めなかった編輯長, 品右衛門爺さんに, 問を, 喋らず三四日, 喋らず警官, 喋らないよう, 喋らなかったが, 喋らなかったよう, 喋らなければ, 喋らぬうち, 喋りは, 喋りませんでした, 嘘を, 坊ちゃんの, 声が, 声は, 奥さんに, 宗教に, 密告者を, 小田原の, 広告しない, 弁解できない, 弁解の, 弁解も, 彼から, 彼には, 御座りませね, 御話, 忽せに, 怒らないこと, 恨むせき, 恵んでは, 悔むな, 意見を, 手紙に, 打開けませんでした, 批判する, 批評らしい, 抗議しなかった, 抗辯, 挾まず黙って, 挿まず, 支那語を, 支部に, 教えて, 教えられたこと, 文句を, 断わりを, 日本語は, 明言する, 書いてないから, 書き及ぼしては, 書き落とさないこと, 有の, 正成へ, 歯向かわず悄, 母が, 決して仰し, 注意すら, 注釋, 洩らさず且, 洩らさない態度, 洩らさぬ故, 満足に, 漏しては, 漏らしたこと, 漏らしては, 漏らしません, 無いがね, 無いけれど, 無いだらう, 無いと, 無いには, 無いの, 無い君, 無い親分, 無かつ, 無く參つて, 無く疊, 無駄言を, 物いはざりし, 物いわぬ, 物が, 物は, 王を, 甘利の, 申さずとも, 申さなくて, 申し上げずひた隠し, 申し果てざる中, 申すまじ, 申せないん, 畑の, 疑問を, 病気については, 発しないうち, 発しないかも, 発しないの, 発しない少年, 発しない福島, 発しませんでした, 発し得ない, 発し得なかつたよう, 発し得ぬに, 発する能わず, 発せずしきりとまた, 発せずじまい, 発せずそのまま, 発せずただ, 発せずぶるん, 発せずまた, 発せず不興, 発せず供, 発せず天井, 発せず息, 発せず痛心, 発せず自分, 発せず身動き, 発せぬうち, 発せぬが, 発せられなかった, 發する, 發せず, 發せられなかつた, 白幽霊の, 知らないの, 知らなかったの, 知るまい, 私には, 私は, 立てないの, 答うる, 答えず答, 答えて, 答えないで, 答えは, 答えません, 答えられなかった, 答えること, 答え得ない, 答へは, 細君に, 老妻, 耳に, 聞えなかつた, 聞えやしない, 聞かず自分, 聞かなかった, 聞かなかったの, 聞きとれない, 聞きとれなかったという, 聞きもらさなかった, 聞き出し得なかった, 聞き漏さ, 聞き糺さなかったの, 聞糺さず, 自分たちの, 自分には, 自己を, 自白しまい, 表現されない, 見出さなかつた, 覚えなかつた, 解さぬ知事, 解らなかったから, 触れず自分, 触れてない, 触れない, 触れないでは, 触れないので, 触れないよう, 触れない場合, 触れぬさき, 触れませんでした, 触れる容子, 觸れ, 言うては, 言うと, 言うもの, 言せぬ, 言った事, 言はずじ, 言はんと, 言ひませんでした, 言ひ出さない, 言ひ及ばなかつた, 言ひ得なかつた, 言ふこ, 言わさねえで両, 言わしなければ, 言わずただ, 言わずど, 言わず大きな, 言わず現像室, 言わず美, 言わないが, 言わないでは, 言わないのみ, 言わないまま, 言わないもの, 言わなかったし, 言わなかった書生, 言わなくても, 言わなくとも, 言わぬ先, 言われずただ, 言われなかった, 言われなくても, 言及し, 言葉は, 言葉も, 訊かずに, 訊きは, 記し居らぬ, 訝な事, 許されないの, 訴えなかったという, 話さずそこ, 話さないが, 話さないよう, 話さなかったよう, 話さなかったり, 話されなかった, 話したこと, 話して, 話すこと, 話合った, 語らず, 語らずこの, 語らずしかも, 語らず絨毯, 語らないこと, 語ろうと, 語ろうとは, 説かずに, 説明なさらず, 説明らしい, 費して, 費やさなかったが, 辯解が, 返さざりし我が, 返さないで, 返しよう, 返し樣, 返すことば, 返す言葉, 返事しません, 返事する, 返辞せず, 返辞を, 這入らなかった, 通じないので, 通じなかったが, 金の, 間違は, 非難の, 音を, 驚きの

▼ 一言~ (488, 8.4%)

40 下に 36 もとに 23 挨拶も 15 相談も 13 言葉も 9 返事も 7 ために 6 批評も, 答へも 5 口も, 口を, 弁解も, 断りも, 返答も 4 うちに, 許に, 話も, 話を, 説明も 3 不平も, 中に, 口上も, 注意を, 答えも, 苦痛も, 説明を, 非難も

2 [22件] あいさつも, お礼も, お答え, こして, 之に, 別辞を, 前に, 恨を, 意見を, 挨拶を, 教えを, 文句も, 異議をも, 答えを, 答を, 苦情も, 言い訳も, 言葉の, 詞も, 質問をも, 辯解も, 返辞も

1 [220件] あやしさ, いい訳, いさかいも, いや味も, おかげで, お世辭, お口添え, お礼の, お詫びどころか, かそけきこと, ききとれないよう, ことはりも, ことわりも, ご激励, ないこと, は別れ, ひなんも, ふれるところ, われを, タンカを, 下で, 不平なく, 不服も, 中で, 中なり, 中には, 中にも, 予告も, 争も, 云々も, 云いわけ, 云い分, 云い開き, 云ひ, 云譯も, 会釈も, 伝言も, 侮辱に対してすら, 便りも, 偽あらず, 偽りを, 内乱鎮撫に, 内容も, 別れに, 別れを, 前触れも, 勢いは, 反対も, 反抗も, 口出しで, 口答えも, 口答へ, 口答も, 叫びをも, 合栄聖眷を, 否みも, 呟きの, 咆哮が, 咎め立ても, 哀れを, 問いも, 問いをも, 問答にも, 囑を, 報告も, 報讐すらも, 声すら, 声を, 大事と, 失策を, 失言より, 奬勵一顧の, 尖先, 師と, 弁明も, 弁解さへ, 弁解する, 弁解は, 弁解をも, 弁論あるべからず, 弁護を, 強情も, 形容を, 後は, 御挨拶, 御糺し, 御見舞い, 御言葉, 必要を, 応えも, 応へも, 忠告しなかった, 忠言も, 怨が, 怨みが, 怨みも, 悪口も, 悪罵を以て, 意味を, 愚痴が, 愛嬌を, 愛情の, 愛想も, 感動も, 感想も, 感想を, 慰めくらいは, 慰めをも, 憐憫の, 應へ, 我に, 所を, 手向けが, 手紙を, 打とけた, 批評を, 抗いよう, 抗ひ, 抗弁の, 抗弁も, 抗議さえ, 指の, 指図も, 挨拶が, 挨拶さえ, 挨拶すら, 挨拶と共に, 挨拶なし, 挨拶に, 挨拶をも, 支吾あらん, 效果に, 救助をも, 文句すら, 断りさえ, 断わりも, 斷り, 方が, 末に, 権利も, 注射は, 注意で, 為に, 為には, 犒いを, 申しわけも, 申上樣も, 申訳は, 申訳も, 申譯は, 申開きも, 発する言葉, 白を, 白一目の, 相談すら, 真と, 知らせさえも, 知らせも, 礼も, 礼を, 答えが, 答えにも, 答えの, 答えは, 答へ, 答へは, 答弁が, 紹介すら, 紹介も, 結論を, 色善き, 要求らしい, 見当が, 見舞は, 見舞を, 言うべき言葉, 言葉だけ, 言葉を, 言訳の, 言譯さへも, 言質を, 訓諭をも, 註脚を, 註釋を, 詞にも, 詫でも, 詫びを, 詫も, 説明が, 説明すら, 説明をも, 説明半, 調子が, 談も, 論争も, 謝言も, 謝辞も, 警句を, 警告も, 返事さえ, 返事ただ, 返事だ, 返事だけ, 返事をも, 返事無し余は, 返報で, 返辭, 述懐も, 述懷も, 通りです, 通知でも, 通知も, 道理に, 酬い, 附記を, 非難を, 響きの, 飾りつけを, 駁論も, 驚きや

▼ 一言~ (466, 8.0%)

204 して 12 いえば 8 すれば 6 云えば 5 言えば, 言って 4 言うと 3 いって, 力を

2 [16件] ある, かう答, かかって, ふと心, 依って, 堪忍し, 彼は, 撮めば, 斥けると, 暗示せられ, 河田だ, 現はる, 眼前一時に, 約すれば, 返されて, 雲霧は

1 [184件] あの両, いいあらわしきれない思い, いいますと, いうこと, いうには, いふならぼく, いわばエゴイスチッシュ, おうっと, おもわぬ珍事, お断り下さい, お登和嬢, かっとなっ, ぎゃふんと, こだ, こめられた複雑, さっと冴えた, しかりつけて, していう, しては, すがって, すぐおびえ, すっかり戦慄, その功, その背, それまで, ぞっとし, ただならぬ何, たちまち眼, たらされて, ついに到達, つきて, つきる, つきると, つくし得ぬ思い, つくせば, つづめて, つよく奮い起された, どれだけの, なんという, のさばり若, ほろりと, ぼんやりした, まだその, まとまりて, まとまり下りて, まとめて, むかッ, イギリス人の, ジャン・ヴァルジャンは, 一座は, 一縷を, 一馬は, 云うと, 云って, 云へば, 人を, 人生の, 今度は, 何か, 依て, 偽りは, 僕は, 光明を, 全員は, 全生活, 制して, 刺される思い, 包みしようなり, 包含する, 却って晴天, 及ぶ次第, 双方兵を, 口惜しげに, 古島雛の, 叱りつけた, 叱り鎮めて, 叱り附けて, 各, 含まれた詩, 含まれて, 告げた, 喜助は, 四郎兵衛は, 固執し, 圧して, 坐客興, 多治見の, 大佐も, 奥底まで, 奮い起き仮令, 好奇心を, 孔明も, 家臣を, 富田六段は, 對し, 小さな反抗, 小腰を, 少々同情, 尽きます, 尽きる, 尽したならば, 居合わした, 左衞門呆れ, 常態に, 底から, 心臓を, 心臟を, 忌々しさ, 惘然として, 感動し, 手塚は, 打ち消して, 批難は, 抑えつけたうえ, 持病むらむら, 排斥すべきで, 掩へ, 断ろうと, 朝田は, 期せずし, 松浦の, 概括すれ, 歌劇と, 武具室の, 汚れて, 決した, 流石の, 流石惡徒, 渾身の, 激しい衝動, 無限の, 煽られて, 父の, 片付けられるであろうが, 片付けること, 生命まで, 由って, 皆の, 盡き, 直に私, 眩惑され, 破壊された, 突ッぱねればどういう, 竹さんの, 笑い興じて, 簡約し, 籠めて, 約すること, 維盛卿は, 縮みあがるの, 縮めると, 纏められないにも, 老女は, 肉親の, 胸を, 自分達の, 至りましては, 茫然と, 蔑しつけた, 蘇つて働く, 血液の, 表現出来ない, 言うならば, 言つちまう, 言つて佐々と, 言ふと, 託すの, 許した, 評しても, 誘導訊問を, 趣味を, 退け, 退けました, 重みを, 釘を, 針が, 関れり, 隆三の, 隠亡どもの, 頭を, 頷いて, 飛び立つよう, 黙って, 黙つて

▼ 一言~ (409, 7.0%)

35 いえば 29 云えば 12 いうと 10 いうならば 8 言えば 7 云へば, 言へば 6 いへば 5 あつた, 云うならば, 申せば 4 国を, 私は 3 いふと, きれいに, もって, 彼女は, 私の

2 [16件] いいから, いいん, すむでは, ずばりと, つきる, よろしう御座います, 云うと, 今まで, 急に, 知者とも, 答えた, 自分の, 要約すれ, 言える, 言って, 評すれ

1 [225件] いい, いいあらわすなら彼ら四人, いいあらわせば, いいます, いいますれば, いいわ, いい切る事, いい君, いうなら工藝, いえること, いかなる善事, いって, いわば古藤, お答えを, お返辞, かあ, かうと, かたづけられて, きまって, きまるまでに, きめて, けりを, この創作集, この問題, こりゃあ駄目, これを, さだ子の, さとらなかったり, すっかり平次, そうむき, その不気味, その座, その急所, その諾否, それへ, それを, たくさんの, たちまちに, つくされる, つくせる気持, どう変化, はしなく三人, はっとした, はねつけましたが, ぱッと, ひとりの, ぴたりと, ぼくは, また寝返り, また時には, まったくはぐらかされ, まるで満月, みごとに, もつて, やっとおさえつけ, やっと安心, ゆるされるもの, ゆるした, よかった, よし, わかった, わたくしは, カッと, ピッタリ止んだ, フォーシュルヴァンは, ブーンと, 一つの, 一同は, 三四郎は, 中止に, 了解する, 事を, 云いあらわせてよ, 云いますと, 云い表わす言葉, 云つて了へば, 人々は, 人間を, 今までの, 以って, 以つて双方の, 以て, 何もかも滅茶苦茶, 何もかも身, 何を, 僕に, 僕は, 充分だ, 充分でしょう, 先ず我々, 全体の, 全部許るされ, 分らせて, 分る, 初めて解けた, 助かったという, 十分である, 双方の, 反対した, 吉凶が, 君は, 否定し, 喝破した, 四人とも, 報いられたも, 大抵分った, 大童に, 夫人は, 失して, 好いから, 威嚇し, 宜いのです, 尽きる, 尽しきれない決心, 尽すならば, 山三郎は, 島は, 崩されて, 平素の, 彼が, 彼は, 彼を, 忽ち子, 思い出した, 愚者とも, 打ち崩されたの, 打ち崩す事, 打消そうと, 承知すまい, 押さえつけた, 拒絶し, 拒絶した, 掩へ, 断った, 断って, 断言します, 斷つてやらう, 早速逃げる, 明日の, 明示する, 是非共右か, 木っ, 木偶の, 杉村の, 概括したら, 母親を, 決して他, 決します貴方, 決せられた運命, 決算を, 泥棒たちは, 済むわけ, 済んで, 片が, 片づけて, 片づけようと, 片づけること, 片づけるの, 片附け, 片附ける, 生涯の, 申さば, 申します, 申します開けません, 申訳が, 疑ひを, 皆破られ, 盡きる, 盡せ, 直ぐたりと, 直ぐ応じた, 直ぐ馘首, 直ちに国外, 直ちに國外, 眞劍に, 石川も, 示せば, 空に, 窮処に, 答えて, 答えられます, 答え得るだろうと, 答へ, 簡単に, 簡潔に, 細君を, 終るの, 絶望せしめた, 継いだよう, 総奉行, 美しいと, 翻されるもの, 聞き捨て見捨てさて, 良さそう, 虎之, 裁断を, 褒めて, 見はり番, 解決するであろう, 解説し得る, 言い切り構光利一, 言い尽くすこと, 言い表わすこと, 言おうおまえたち, 言つて, 言ひ切つ, 言ひ尽せ, 言ふと, 言ふなら, 言へ, 話題の, 説明し, 誰も, 起こしも, 足りよう, 足りる, 述べて, 退けられたなら鬚, 運命が, 遠い思い, 遮られた, 面くらって, 頼むこと, 首を, 騒ぎが

▼ 一言~ (297, 5.1%)

9 もって 7 聞くと 6 聞いて 4 聞けば, 遺して 3 きくや, 残して, 耳に, 聞いた時 2 きいて, なさざるを, 一期の, 序する次第, 求めら, 発する者, 記して

1 [241件] あとに, いって, お告げし, お忘れでない, お時, かれら, きいただけで, きき合うという, きくと, きくに, きっかけに, きわめて強い, くれて, さしはさむこと, さへ, すすめたること, すると, ぜひとも取り消し, そつくり真似, それに, たいした努力, ただ默つて, ついに死, つけ加えたが, とって, のこして, ひょいと漏らし, ひろ子は, まだ言わぬ, もつて, もらした, もらしたが, アレキサンドライトと, カンブロンヌは, ローリイさんの, 三言に, 与えただけ, 云い出す決心, 云い足した, 云うため, 云おうと, 云ひ得た, 五日間待った, 交えないで, 交へ, 人々に, 付するに, 付加し, 付加せず, 以つて答へる, 伝える為, 信じたの, 信じて, 信じるぞ, 信長の, 信頼し, 僕は, 免かれる, 八重子に, 冠せん事, 出せば, 創作する, 加うる, 加えます, 加える, 労するにも, 区切るよう, 十兵衛から, 十兵衞から, 千倍も, 口に, 叫んだと, 合言葉に, 名残り土方歳三は, 吐いた, 吐いたり, 吐けば, 吝ま, 含味しうる, 呈さねば, 呈した, 呈したいと, 呈したい気持, 呈したのみで, 呈して, 呈す, 呈する, 告げんと, 報いようと, 守袋に, 容れよと, 希ひ求むる, 待ち構, 待ち設けた主人, 待った, 待って, 得た, 得て, 徴せられたが, 心の, 心一つに, 忘る, 忘れないため, 忘れないで, 思いだした, 思い付きました, 思い出して, 思い出しました, 思い起こした, 思い起し予, 思い返そうとして, 思う毎, 思出す, 感動を, 我一人には, 承らせて, 承りたいもの, 承われば, 投げて, 投げられて, 拇指で, 拾い集めて, 授けかしこ, 提供し, 放ち却って, 放つて, 敗戦場に, 新版発兌の, 書かせて, 書き送るか, 書添えたいと, 木村重吉に, 標準に, 残した, 殘し, 気に, 求めた, 求めるらしいが, 洩らした, 洩らして, 浴せかけて, 添えさして, 添えて, 添ふる, 添へ, 渇き求めた, 満腔から, 物越しに, 用意した, 申しあげる時, 申しそれから, 申し上げたので, 申し添, 申上げなけれ, 申添へ, 発した, 発しただけ, 発して, 発しないで, 発し電光, 発す, 発すること, 発するすき, 発するだけの, 発する間もなく, 発せず, 発せず世話人, 發する, 直ちに毒, 秀子が, 私が, 私の, 種に, 答へ, 繰り返した, 考えると, 耳へ, 聞いただけ, 聞いたと, 聞いた以上, 聞いた原さん, 聞いた同じ, 聞いてすら, 聞いても, 聞かせて, 聞かない内, 聞かれると, 聞きて, 聞き届けた上, 聞き落すまいと, 聞くか, 聞くだけでも, 聞くまでに, 聞くや, 聞け, 聴いて, 聴くと, 胸が, 胸に, 與へる, 草葉の, 薦むるものはいささか, 要するの, 要するもの, 覚えて, 言い渡したの, 言えば, 言った時, 言って, 言ひ落した, 言わなかった, 言わんが, 言葉通り実行し, 託しおけば, 託した, 記憶し, 許せ, 誤らざらん, 貴女の, 費さねば, 費したい, 費やし開化, 費やすつもり, 費やすであろう, 足さん, 身を, 述べずして, 述べて, 述べるに, 金打に, 附け加, 附け加える, 附加えた, 附加し, 附加すれ, 限りなく喜ん, 陳ずべし, 頭に, 頼みに, 餞す, 餞別に

▼ 一言~ (118, 2.0%)

2 ある, パンドラの, 地上に, 妙に, 私には

1 [108件] あたかも堅い, あなたから, あるかと, あるからには, いかに彼女, いけなかった, いまでも, いろいろの, お互に, お君, お家を, かくも, ぐっと僕, ぐっと胸, こんなに人, さつと電光, しかし佐古, すべての, ずっと後, そのお婆さん, それです, たしかに利いた, だがあの, ですな, とても女, どうしても口, どうしても忘れられません, どのよう, なかったら, なかなか言えぬ, はいった, ひどく彼, ぴいんと頭へ, まるで匕首, よく証明, ハッキリききとれた, ヤケに, 一言ごとに, 不思議に, 争論の, 事件の, 今でも, 今やまた, 件の, 伸子に, 似れば, 何か, 何よりの, 何より有難し, 入つた, 入つて, 出ず誰, 出ねえうち, 却って壮, 厳粛に, 吾輩を, 多くの, 大変いい, 大変な, 奇妙に, 如何に, 導火と, 小草, 己を, 幼い胸, 彼の, 彼を, 彼女の, 彼等の, 忘れかねわし, 忘れられないため, 忽ち宿, 忽ち照ちやん, 思い掛けない結果, 我々を, 本に, 果して正当, 森と, 欲しかつ, 此世の, 母の, 渠女の, 漏らされるの, 火に, 田丸浩平の, 畢る, 発せられるか, 相対し, 礫の, 私たちの, 私に, 私の, 端なく, 聞えた, 聞けない以上, 胸の, 自分の, 若い男, 菊乃さんの, 警部の, 身に, 逆な, 雷の, 電気の, 非常に, 頼もしいよう, 飛び込んで, 鹿子色を

▼ 一言~ (108, 1.9%)

2 すべてを, 俄かに, 彼を

1 [102件] あった, あながちに, ある, いうまでも, いかにも北国, いくら木戸博士, いたく前嗣, いつぞやの, かうである, きき捨てならなかった, ぐさりと, この意味, この葡萄酒, ございません, それとは, たしかに彼女, たちどころに推理, どうも米友, どんなにか, なおさら心魂, はしなくも自分, はたして効果, ひろ子を, ぴたりと, まさしく青天の霹靂, またし, みんなに, やっと鎮まりかけた, やはり, わが軍, わしに, ピンと, ベンサムの, 一層こたえ, 一年以上に, 中園を, 主人の, 予にとっては, 云わないでも, 人形の, 今でも, 今後の, 他日に, 以て, 何かの, 依然レヴェズ, 俺には, 俺の, 全く聴衆全体, 内中の, 冷淡な, 効き目が, 十内の, 博士を, 君にとって, 吾輩の, 呉の, 器の, 大いに考, 実に不思議, 実に秀子, 実は古く, 帆村の, 常に冷汗三斗, 平一郎の, 心から出た, 忽ち婆, 急に, 手痛く胸, 政江の, 明智一族の, 更に大きな, 柳生の, 正しく私, 汝の, 深く吾輩, 犬の, 甚だしく私, 百万騎の, 百言に, 皆の, 真実なら, 真実なりけり, 石を, 石田氏にとって, 石田氏にとっては, 私にと, 私にとっては, 聞きすてに, 聞きずてに, 聞き捨ての, 聴き捨てに, 胸に, 薪に, 言は, 言ふも, 訂正し, 誰れ, 謹厳な, 貴方の, 金鉄です, 風が

▼ 一言~ (105, 1.8%)

22 ておきたい 18 ておく 7 て置く 6 ておかね, て置きたい 5 ておこう 3 ておいた, てみたい 2 ておかう, ておかなけれ, ておけ, て置かう, て置かね

1 [25件] ていささか, ておかず, てから独言, てみよう, てみる, て併せ, て全身, て妄, て氏, て筆, て置かなけれ, て置き, て置きます, て置きませう, て置こう, て見たい, て諸, て顧みぬ, て餌桶, また李厳, やうと, やべり, 原庭田関口三氏は, 如何に之, 度い

▼ 一言でも~ (100, 1.7%)

4 言って 3 口を 2 そのこと, 半句でも, 言葉を

1 [87件] あゝ孝助, い, いいから, いうて, いおうと, お世辞, お聞き, お見舞が, ことばを, この俺, この哀れ, この方, しゃべって, その唇, それが, とりなしを, ひょいと顔, よい, よけいな, ソンキの, 主人の, 事の, 二言でも, 云いは, 云い争って, 云い掛けると, 云うたこと, 云た, 云ったら私, 他人から, 何か, 何とか力, 先方の, 半言, 取り換, 口に, 口の, 吐かしおって, 吐こうもの, 呟いたこと, 嘘言を, 多く喋らせる, 天の, 好いから, 彼奴等の, 心からの, 忘れたらな, 悟り得いでか, 悪く言う, 愛の, 感謝される, 承って, 抗議めいた事を, 抜かしは, 挨拶した, 救いの, 文句を, 斉彬公に, 断定的な, 母の, 洩す事, 物が, 物を, 皆樣, 直接に, 直接恋しい, 真実を, 知らせて, 確かに, 私から, 私の, 秘密を, 聞く人, 自分の, 褒められて, 触れようもの, 言う筈, 訊いて, 訊かうと, 記述する, 話頭が, 語るもの, 費す気, 逆う, 逆ふこ, 陰謀に対する, 饒舌つては

▼ 一言一句~ (70, 1.2%)

2 が五十銭づつ, に微笑, を苟も

1 [64件] あやまちなし, がただ, がまるで, がクラス, がハッキリ, が心, が悉く, が胸, が遠い, この少年, そのまんま私, その儘, といえ, とも思われません, につけ加え, にも千蛾老人, にも干渉, にも私, に女, に擒, に注意, に私, に罪, に聞き入っ, に肩, に身内, のうち, の区切りごと, の末, の責任, の間違い, はことごとく, はさながら, はネルチンスキイ, は猛烈, は直ちに, は私, は鋭く, までが静粛, もはっきり, も吐かない, も聞きもらさじ, も聞きもらすまい, も聞き落とすまい, も語れなかった, をきき, をききとった, をさ, をも審, をも聞き落すまい, をも諳んじ, を信頼, を剰さず, を彼等, を真, を研究, を考え考え, を聞きはずすまい, を記憶, を違えず, を重んじ, 極めて重要, 聞きの, 違わないと

▼ 一言二言~ (57, 1.0%)

4 話して 2 うまいこと, しゃべりました, はなし

1 [47件] いううち, いうと, いえば, いったと, いっては, いひ試みしが, いふと, いわねば, いわれたり, おはなし, きいたの, しや, ずついった, それとなく問, ちょっと示唆的, つぶやきながら, であれ, でいろいろ, ですが, でその, で言, に耻, の忠告, の批評, の答え, の言葉, は口, 云い交わしながら, 云おうとして, 交すついで, 叱つて, 喋って, 囁いたと, 答える切り, 言い出すの, 言うた, 言われたかと, 話しかけたが, 話しかけては, 話し合, 話すこと, 話せば, 語った事, 語り合いながら, 述べると, 鋭い口調, 鋭い御

▼ 一言だけ~ (48, 0.8%)

2 いつた, 注意を, 聞いて, 言って

1 [40件] あなたの, いい女, いうと, いって, お告げを, お話しする, だと, である, であるが, で左, で後, で村中, で武蔵, ジエィンあなたが, ネルスキーに, 云いました, 云おう, 付け加えて, 付け添へる, 仰言って, 告白する, 心付いたこと, 感謝の, 我々の, 突然, 聞かして, 聞かせて, 要領を, 言います, 言い置いたこと, 言うて, 言えば, 言える, 言つて, 言つてよ, 言つて置かう, 言わせて, 訊き度い, 軽くいった, 述ぶる

▼ 一言いっ~ (42, 0.7%)

4 ておきたい 3 ておく 2 てくれれ, てまた, て置く

1 [29件] ておかね, ておけ, ておこう, てください, てくださるなら, てくれ, てくれたら, てくれる, てごらん, てさえくれれ, ては息, ては泣いた, ては相手, ては眼, ては黙り, てみな, てやった, てやりたい, て下さい, て帰っ, て帰った, て彼, て暫く, て死なせたかった, て玉, て聞かし, て聞かす, て聞かせる, て軽蔑

▼ 一言すれ~ (35, 0.6%)

2 ば, ば彼等

1 [31件] ばい, ばここ, ばこれ, ばこれら, ばすべて人生問題, ばそれ, ばはたして, ばぼく, ばよく, ば予, ば二葉亭, ば仕, ば僕, ば元来, ば冒頭, ば商家, ば婚姻, ば彼, ば彼ら, ば教育, ば東洋的, ば果して, ば殺風景, ば法理, ば理窟, ば田舍, ば田舎, ば私, ば芭蕉, ば芸術, ば過日

▼ 一言一言~ (35, 0.6%)

1 [35件] がまるで, が小, が渠女, が田丸浩平, が私たち, ききて, で母親, とがめられるあの, とつみ重ね, なおされるは, にその, に力, に小さな, に小腰, に底, に汚れ, に笑い興じ, に肉親, に誘導訊問, に重み, に頭, に頷い, はっきり, はっきりしゃべってる, ゆっくりと, を区切る, を心, を拇指, を拾い集め, を気, を頭, ハッキリ語尾, 区切って, 平伏してばかり, 絞り出すやう

▼ 一言する~ (33, 0.6%)

4 必要が

1 [29件] がタキツス, が人, が修道院, が彼, が田植, が私, が自分, ことに, ことを, ときは, とこれ, ところが, にこれ, のが, のは, の必要が, の機会, の止むべから, は古, は同姓婚, は壮歳諸国, も亦, も無益, を以て已, を要す, 必要あり, 換言すれ, 方が, 次第でございます

▼ 一言云っ~ (25, 0.4%)

4 ておく

1 [21件] ていただきたい, ておかね, てそれ, ては涙, ては目, てほしい, てやりたかった, てやれ, てやん, てホッ, て嫌, て帰っ, て手焙, て死にてえ, て煖炉, て置く, て聞かせ, て膝, て行かなかった, て見ろ, て貰え

▼ 一言いう~ (23, 0.4%)

2 ことが

1 [21件] からその, さえ口, たびごとに, だけで, だけのほんの, てくれはらぬ, てよこせ, て置かね, て置きたい, と, とあ, とそれで, と十言, と同時に, と恐れ, と自分, と黙っ, ので, のであった, 中に, 事が

▼ 一言~ (22, 0.4%)

3 はし 2 つた

1 [17件] したら腮骨, つたこと, つたらば, つちや旦那, つて, はなけれ, はねば, はれし限り, ひたかつた, ひ忘れたの, ひ様, ふとあ, ふならば, へばすぐ, へばそれ, やそれで, やア

▼ 一言~ (21, 0.4%)

2 ことわりし

1 [19件] ことわりを, たずね申したいと, 伺いし, 伺いしたい, 光を, 吉の, 声を, 夏さんに, 断わりして, 斷りし, 洩しが, 耳に, 聞きしたいと, 聞き入れをと, 言いに, 訊きしましょう, 訊ね申したいの, 詫を, 諫めし

▼ 一言したい~ (21, 0.4%)

7 のは 3 ことが, のである 2 と思ふ, のだ 1 ことは, と思います, と思う, と思ひます

▼ 一言には~ (20, 0.3%)

1 [20件] さすがの, さすが星田, すべて新奇の, どことなく挑戦的, ひと頃の, まるで串, 三四郎も, 云えないで, 出て, 可なり刺激, 対立も, 尊氏も, 微塵も, 恒川氏も, 武松を, 老人も, 表現し切れぬ, 言葉を, 身に, 非常に

▼ 一言をも~ (18, 0.3%)

2 発すること

1 [16件] 云ひ得ませんでした, 交さないで, 交へる, 出さず顏, 出さなかったが, 忽せに, 挿さま, 洩らすまいと, 漏れなく聞いてること, 発しないで, 発しなかった, 発しなかったの, 発し得ぬ顔, 発せずじっと, 語らざりしかど, 費やさしむることなくして

▼ 一言云った~ (17, 0.3%)

2 だけで

1 [15件] きりその, きりのろくさい, きりやはり, きり唖の, きり顔も, きり黙っ, ぎりで, そうです, だけだった, だけである, のです, ばかりであった, ものだ, 千鶴子の, 時には

▼ 一言~ (16, 0.3%)

3 いえども 2 すること

1 [11件] いかにも荘重げ, いわずお, そう二度, つみ重ね, 同じほど, 怒髪鳥打帽を, 思ったから, 思ったことば, 申したら間さん, 言はれ, 餞別の

▼ 一言~ (14, 0.2%)

2 二言しか, 二言質問を 1 それは, 二言お, 二言か, 二言きけ, 二言ずつの, 二言で, 二言の, 二言何か, 二言言つただけ, 半言

▼ 一言~ (14, 0.2%)

1 [14件] がその, が見た, ぞ, つて云は, つて口は, つて老子は, つて言葉を, と云っ, と彼, と思う, な, も交さず, よ成, ダーネー君

▼ 一言ぐらい~ (13, 0.2%)

2 挨拶が

1 [11件] あつて, こうだ, 仰しゃって, 何か, 出るの, 口を, 斯う, 母にでも, 相談に, 祝いを, 鋭いリマーク

▼ 一言によって~ (13, 0.2%)

1 [13件] である, どういうふう, わたくしは, 云い表わせば, 僕は, 公明に, 冷ややかに, 彼は, 物の, 私は, 身の, 電光の, 預かって

▼ 一言~ (13, 0.2%)

3 挨拶を 1 参考の, 叱咤を, 忠告する, 挨拶申上げます, 書き下さる訳, 注意し, 注意したい, 注意します, 注意だけ, 自身の

▼ 一言いった~ (12, 0.2%)

1 [12件] がふ, が胸, きり, きりくるり, きりである, きり一樹が, だけであった, にすぎなかった, のよ, ままさっさと, 切りである, 藤吉は

▼ 一言申し~ (12, 0.2%)

3 ておきたい 2 開きを 1 ておく, てみい, てみましょう, て置く, て見よ, 傳へ, 度い

▼ 一言~ (11, 0.2%)

1 [11件] からすべり出た, がききたく, もきかず, をきい, をきいた, をはさんだ, を入れ, を出した, を切れ, を利い, を滑らした

▼ 一言注意~ (11, 0.2%)

7 して 1 しなけれや, すると, を与, を促した

▼ 一言いい~ (10, 0.2%)

1 ことにも, さえすれ, ながら藤吉, わすれた, 出しさえ, 分を, 度い, 捨て身, 残した, 残して

▼ 一言いえ~ (10, 0.2%)

1 ばきっと, ば京吉, ば可, ば政江, ば生涯, ば直に, ば相手, ば秀吉, ば私, ば総じて

▼ 一言~ (10, 0.2%)

2 あいさつを 1 主人に, 忠告いたします, 挨拶すべきであった, 挨拶を, 挨拶申しあげます, 注意, 注意し, 返事を

▼ 一言ずつ~ (10, 0.2%)

1 でも, で美し, 力を, 呟いて, 呼気を, 発言された, 綴るよう, 考えながら, 長く曳き, 顎を

▼ 一言せざる~ (10, 0.2%)

3 を得ず, を得ない 2 を得ざる 1 ことを, 可から

▼ 一言そう~ (10, 0.2%)

2 云って 1 おっしゃって, かと答えた, です青木君, どなりつけた途端, 云ったきり, 云ってに, 呟く声, 答えた

▼ 一言それ~ (10, 0.2%)

1 がお, と云われない, につけ加え, に極まる, に触れ, は正気, は私, も殆, をいわなかった, を折竹

▼ 一言~ (10, 0.2%)

6 の大神 1 さながらで, における泊瀬天皇, の神, は唯

▼ 一言~ (10, 0.2%)

4 上げて 1 上げたいが, 上げたいこと, 上げたいと, 上げます, 残して, 述べます

▼ 一言しなけれ~ (9, 0.2%)

4 ばならぬ 2 ばならなくなりました 1 ばならない, ばならないだらう, ばなりません

▼ 一言すべき~ (9, 0.2%)

3 ことあり 1 ことが, ことは, は, はゴンクウル, は劇場内外, は平民

▼ 一言だって~ (9, 0.2%)

1 いいやしません, つくり変える権利, 交された験し, 人びとに, 口は, 口を, 愛を, 私に, 苦しいと

▼ 一言では~ (9, 0.2%)

2 あったが 1 あったけれども, いい現し, お引き受けなさらなかつた, 云いつくされないもの, 到底片づけられない, 片づかないもの, 言えない味

▼ 一言にて~ (9, 0.2%)

2 疑いを 1 他の, 仰せられい, 地獄にも, 尽くし難き, 底の, 政府中の, 申候者と

▼ 一言ごと~ (8, 0.1%)

2 にはあはあ 1 にすぐ, に云っ, に切なく, に憎悪, に栖方, に驚かない

▼ 一言云う~ (8, 0.1%)

1 ことが, ためには, てくだされたら, とやがて, と外, のが, のである, はずである

▼ 一言~ (8, 0.1%)

3 て之 2 てこれ 1 って之, て仏教史家, て尽せ

▼ 一言挨拶~ (8, 0.1%)

2 をし 1 して, しろい, する, つ, を返す, を述べよう

▼ 一言その~ (7, 0.1%)

1 偉大なる, 労を, 名流の, 問題に, 窈窕たる, 耳に, 要点だけを

▼ 一言によ~ (7, 0.1%)

2 つて自分は 1 つていままでの, つて我が, つて極, つて極楽へ, つて認め得る

▼ 一言もっ~ (7, 0.1%)

1 てこれ, てその, て動かすべからず, て巻首, て所感, て答, て結果的

▼ 一言云え~ (7, 0.1%)

2 ばいい, ば何 1 ばすぐ, ばすべて, ばそれ

▼ 一言断っ~ (7, 0.1%)

3 ておく 2 ておきたい, て置く

▼ 一言~ (7, 0.1%)

1 にジクザク, に打ち砕いた, に母, に涙ぐん, に熱度, に間, に點頭

▼ 一言~ (7, 0.1%)

1 がそう, にそう, に向, に言わせ, の名, は批評, は自分

▼ 一言述べ~ (7, 0.1%)

1 ておいた, ておきたい, ておく, ておこう, てみよう, て置きたい, て置く

▼ 一言附け~ (7, 0.1%)

4 加へて 2 加へ 1 加へるなら

▼ 一言お断り~ (6, 0.1%)

4 して 1 申して, 致して

▼ 一言くらい~ (6, 0.1%)

1 すまないと, ものを, よぶの, わしたちに, 何とか言っ, 口を

▼ 一言ここ~ (6, 0.1%)

2 で一句 1 でいわし, にさし挟む, に弁じ, の事

▼ 一言この~ (6, 0.1%)

1 問題に, 弟の, 点を, 現在までの, 理論が, 老人の

▼ 一言~ (6, 0.1%)

1 一瞥に, 二言で, 二言では, 二言は, 直ちに霹靂, 鉄の

▼ 一言を以て~ (6, 0.1%)

1 その座, 云えば, 押さえられ自分, 答へる, 言へば, 諸君を

▼ 一言一行~ (6, 0.1%)

2 でもそれ, でも上記 1 でも漫然と, というもの

▼ 一言言っ~ (6, 0.1%)

1 てくれなかった, てじっと, てやりたかった, てやる, て釘抜藤吉, て頤

▼ 一言説明~ (6, 0.1%)

3 して 1 したが, してやれば, しました

▼ 一言いつ~ (5, 0.1%)

1 てまた, てやれなかつた, て下さい, て危く咳, て笑つた

▼ 一言から~ (5, 0.1%)

1 して, である, とんでもない, クリストフとの, 偶然その

▼ 一言これ~ (5, 0.1%)

1 だけいっ, だけを夢中, は南半球, まことに御前, を掩

▼ 一言せん~ (5, 0.1%)

1 とする, と欲す, と欲する, に僕, のみ

▼ 一言つけ加え~ (5, 0.1%)

2 ておく 1 ておきたい, ておけ, てみた

▼ 一言もの~ (5, 0.1%)

1 をいう, をいわれ, を云え, を言っ, 云えば

▼ 一言一動~ (5, 0.1%)

1 によつて, に移し, は悉, は皆, を怠らず

▼ 一言~ (5, 0.1%)

1 にも云っ, に云っ, に注意, に物語らう, の参考

▼ 一言残し~ (5, 0.1%)

1 てからす, てそのまま, て山, て歩み, 老女の

▼ 一言~ (5, 0.1%)

1 ぐらいは申す, に, に来た, をいう, をのべる

▼ 一言~ (5, 0.1%)

2 へた, へて清子 1 へたる醫學士

▼ 一言答える~ (5, 0.1%)

2 ことが 1 だけである, とつかつか, にすぎない

▼ 一言いつた~ (4, 0.1%)

1 かと思ふ, きり石の, その自分, 丈で

▼ 一言お詫び~ (4, 0.1%)

1 がしたい, したいと, を申, 申したい

▼ 一言こう~ (4, 0.1%)

1 いうより, 云って, 言い切ってさえ, 言つた切り何も

▼ 一言した~ (4, 0.1%)

1 がロシヤ, だけである, ように, 次第である

▼ 一言なかるべからず~ (4, 0.1%)

2 と思った 1 と思われるであろう, 式の

▼ 一言~ (4, 0.1%)

1 かぼつ, か口, か弟, の証人

▼ 一言叫んだ~ (4, 0.1%)

1 お政, きりまた, と思う, なりに呆然

▼ 一言弁じ~ (4, 0.1%)

1 ておい, ておかなけれ, ておく, て後

▼ 一言彼女~ (4, 0.1%)

1 と夫十四郎, と語った, に向っ, に彼女

▼ 一言忠告~ (4, 0.1%)

1 さえすれ, させて, でもし, を許し

▼ 一言教え~ (4, 0.1%)

1 ておく, てくれ, てやる, て下さる

▼ 一言申し上げ~ (4, 0.1%)

2 ておきたい 1 てみたい, て置く

▼ 一言触れ~ (4, 0.1%)

2 ておきたい 1 ておきます, て置いたごとく

▼ 一言返事~ (4, 0.1%)

2 をした 1 したでしょう, をさせたい

▼ 一言あった~ (3, 0.1%)

1 きりである, のみで, のみ取りつく

▼ 一言あなた~ (3, 0.1%)

1 からまし, が私達, に聞かせ

▼ 一言いいたい~ (3, 0.1%)

1 が, ことが, という女

▼ 一言いひ出す~ (3, 0.1%)

3 までは忍ん

▼ 一言いわし~ (3, 0.1%)

1 てください, てくれ, て下さい

▼ 一言いわせ~ (3, 0.1%)

1 てもらえ, て下さい, て貰います

▼ 一言お前~ (3, 0.1%)

1 に届済み, に知らせ, に言っ

▼ 一言お話~ (3, 0.1%)

1 しくだされば, して, をし

▼ 一言きい~ (3, 0.1%)

1 てみる, て多く, て置きたい

▼ 一言きく~ (3, 0.1%)

1 がね, すきま, と牧野さん

▼ 一言じゃ~ (3, 0.1%)

1 くどうきかぬ, 忘れぬよう, 気を

▼ 一言せざるべからざる~ (3, 0.1%)

1 ことは, ものあり, 事が

▼ 一言せし~ (3, 0.1%)

1 がごとく, のち第, はこれ

▼ 一言せず~ (3, 0.1%)

1 にいられない, 一言する, 湖の

▼ 一言つけ加える~ (3, 0.1%)

1 ことを, と本当, 必要が

▼ 一言である~ (3, 0.1%)

1 ぞ, という者, と結ん

▼ 一言ですつかり~ (3, 0.1%)

1 平次に, 感動し, 萎氣て

▼ 一言なりとも~ (3, 0.1%)

1 批評的な, 私に, 諸君に

▼ 一言はっきり~ (3, 0.1%)

1 しゃべってるの, 云って, 口走りましたよ

▼ 一言もねえ~ (3, 0.1%)

2 あの中 1 感心した

▼ 一言やさしい~ (3, 0.1%)

2 語を 1 ことを

▼ 一言二言何~ (3, 0.1%)

1 かいった, かつぶやき, か囁いた

▼ 一言云いたい~ (3, 0.1%)

1 ことが, ために, 心持に

▼ 一言付加~ (3, 0.1%)

2 して 1 したい事

▼ 一言何とか~ (3, 0.1%)

2 云って 1 言つて見ろ

▼ 一言~ (3, 0.1%)

1 が勇敢, にも一言, に知らし

▼ 一言~ (3, 0.1%)

1 にだし, をかける, を発する

▼ 一言尋ねた~ (3, 0.1%)

2 だけで 1 くも仲

▼ 一言弁明~ (3, 0.1%)

1 して, するが, せざるを

▼ 一言~ (3, 0.1%)

1 の耳, の耳許, れの

▼ 一言~ (3, 0.1%)

2 を押し 1 を入れ

▼ 一言感謝~ (3, 0.1%)

3 の意

▼ 一言~ (3, 0.1%)

2 われ 1 わろうと

▼ 一言書き添~ (3, 0.1%)

1 へた, へて置く, へる

▼ 一言~ (3, 0.1%)

1 のな, のない, の無

▼ 一言~ (3, 0.1%)

1 なし子, に向, へ恨み

▼ 一言~ (3, 0.1%)

2 を言 1 に譬

▼ 一言申しあげ~ (3, 0.1%)

1 ておかね, ておく, て置かね

▼ 一言申し添え~ (3, 0.1%)

1 ておきたい, て置きたい, て置きました

▼ 一言~ (3, 0.1%)

2 しようと 1 すれば

▼ 一言相談~ (3, 0.1%)

3 して

▼ 一言答えた~ (3, 0.1%)

1 きり言葉を, だけだった, だけで仰向き

▼ 一言聞い~ (3, 0.1%)

2 ておきたい 1 てみたかった

▼ 一言聞く~ (3, 0.1%)

1 が最後, と颯と, 久光を

▼ 一言自分~ (3, 0.1%)

1 がたべる, のため, の耳

▼ 一言言った~ (3, 0.1%)

1 きり棒だち, きり相, 時には

▼ 一言~ (3, 0.1%)

1 したう厶, をし, をしたい

▼ 一言述べたい~ (3, 0.1%)

1 と思ふ, のは, 由を

▼ 一言金鉄~ (3, 0.1%)

2 の如し 1 のごとし

▼ 一言頼みたい~ (3, 0.1%)

2 ことが 1 ことも

▼ 一言いはれる~ (2, 0.0%)

1 度に, 百姓達は

▼ 一言いふ~ (2, 0.0%)

1 かとでも思つて, にもつかれる

▼ 一言いわなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば納まらない

▼ 一言お礼~ (2, 0.0%)

1 をいう, を申し上げたい

▼ 一言かう~ (2, 0.0%)

1 強くいへる, 言つて大事さうにフツと

▼ 一言きかし~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ 一言ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 何か, 何より先

▼ 一言こそ~ (2, 0.0%)

1 どんなに高氏, 得難き薬

▼ 一言ことわっ~ (2, 0.0%)

1 ておく, て更に

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 うです青木君, へも解らない

▼ 一言さう~ (2, 0.0%)

1 言つてよ, 言ひました

▼ 一言さえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 思い出せたら夢

▼ 一言させ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て頂きます

▼ 一言しか~ (2, 0.0%)

1 いわなかった, 言わずに

▼ 一言しよう~ (2, 0.0%)

1 と思います, と思う

▼ 一言すら~ (2, 0.0%)

1 なかった, 口を

▼ 一言するなら~ (2, 0.0%)

1 ば例えば, ば総じて

▼ 一言せなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 一言せね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ばならん

▼ 一言そういった~ (2, 0.0%)

1 きりであった, だけで

▼ 一言そっと~ (2, 0.0%)

1 おわびを, 私に

▼ 一言それから~ (2, 0.0%)

2 先は

▼ 一言そんな~ (2, 0.0%)

1 ことが, 高価な

▼ 一言~ (2, 0.0%)

2 着の

▼ 一言ただ~ (2, 0.0%)

1 の一動き, 一瞥

▼ 一言たった~ (2, 0.0%)

1 一言, 一言で

▼ 一言たり~ (2, 0.0%)

1 とも人に, とも同情

▼ 一言たりとも~ (2, 0.0%)

1 叱咤れた, 諸君に

▼ 一言だけでも~ (2, 0.0%)

1 容易に, 話を

▼ 一言だけを~ (2, 0.0%)

1 中の, 生涯の

▼ 一言つけ加~ (2, 0.0%)

1 へておく, へれば

▼ 一言つぶやいた~ (2, 0.0%)

1 ようであった, 尊氏だった

▼ 一言ですつかり萎れた~ (2, 0.0%)

2 形だつた

▼ 一言として~ (2, 0.0%)

1 本邦の, 辻褄の

▼ 一言なかるべからざる~ (2, 0.0%)

1 ところだ, ところで

▼ 一言なき~ (2, 0.0%)

2 を得ん

▼ 一言なぐさめ~ (2, 0.0%)

1 てやりたかった, て欲しい

▼ 一言なりと~ (2, 0.0%)

1 下し給わらば, 朕に

▼ 一言にだけ~ (2, 0.0%)

2 留意し

▼ 一言にも~ (2, 0.0%)

1 僕の, 打てば

▼ 一言に対して~ (2, 0.0%)

1 わたしは, 駿三が

▼ 一言のべ~ (2, 0.0%)

1 ておきます, ておこう

▼ 一言のみが~ (2, 0.0%)

2 掻き消え失せて

▼ 一言ぶっきらぼう~ (2, 0.0%)

2 に云いました

▼ 一言また~ (2, 0.0%)

1 一言と, 不思議だ

▼ 一言みんな~ (2, 0.0%)

1 に向っ, 消え去り富子

▼ 一言もって~ (2, 0.0%)

1 いうならば, 云えば

▼ 一言ゆっくり~ (2, 0.0%)

1 とソヴェト, 静かに

▼ 一言より~ (2, 0.0%)

1 滔滔と, 知らないの

▼ 一言わびる~ (2, 0.0%)

1 だけで万事無難, だけで無事無難

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 言イマスアレハアレダケノモノデホカニ言イ様ゴザイマセヌ以後ボクノ, 言エルコトナラ一言デ

▼ 一言一動俗臭芬々~ (2, 0.0%)

2 として甚だ

▼ 一言丈貴君~ (2, 0.0%)

2 に申

▼ 一言二言云つて~ (2, 0.0%)

1 直ぐ教會, 置いて

▼ 一言二言別れ~ (2, 0.0%)

2 の詞

▼ 一言二言挨拶~ (2, 0.0%)

1 をし, をしてる

▼ 一言二言言~ (2, 0.0%)

1 ってにやにや, ひすて

▼ 一言云い捨て~ (2, 0.0%)

1 てほうほう, て行っ

▼ 一言云ったら~ (2, 0.0%)

1 モスコーの, 嬉しく成仏

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 の苦し, 一言聞て

▼ 一言仰し~ (2, 0.0%)

1 やつた, やつて

▼ 一言仰せられた~ (2, 0.0%)

1 まま内殿へ, 切りすっと

▼ 一言仰言っ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て下さいませ

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 は, 云ったの

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 きに, に申し

▼ 一言励まし~ (2, 0.0%)

1 てくれよう, てくれれ

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 句も, 句叫び得ぬ

▼ 一言半語~ (2, 0.0%)

1 といえ, の満足

▼ 一言吐胸~ (2, 0.0%)

2 をつい

▼ 一言告げ~ (2, 0.0%)

1 があれ, に来た

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 をむすん, を開け

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 つたら十言, つて

▼ 一言喋る~ (2, 0.0%)

1 のを, 度に

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 で武田勢, のうえ

▼ 一言女房~ (2, 0.0%)

1 にも云はず, にも云わず

▼ 一言学生~ (2, 0.0%)

2 が何

▼ 一言小声~ (2, 0.0%)

1 でいう, で洩した

▼ 一言希望~ (2, 0.0%)

1 をのべ, を述べさせ

▼ 一言広告~ (2, 0.0%)

2 します

▼ 一言弁解~ (2, 0.0%)

1 すれば, をしてやらなかった

▼ 一言感想~ (2, 0.0%)

1 を述べ, を述べた

▼ 一言手早く~ (2, 0.0%)

2 尻を

▼ 一言押柄~ (2, 0.0%)

2 に許しける

▼ 一言捨て~ (2, 0.0%)

1 てたった, 科白を

▼ 一言断つ~ (2, 0.0%)

1 ておかね, て置かね

▼ 一言斯樣~ (2, 0.0%)

2 な生活

▼ 一言書き~ (2, 0.0%)

1 のこせ, 始めるや

▼ 一言死ぬ~ (2, 0.0%)

1 と答えた, と霊

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 に何, は何所

▼ 一言洩れる~ (2, 0.0%)

1 と御両人, と源十郎

▼ 一言申した~ (2, 0.0%)

1 ところ嬰児の, のを

▼ 一言申しまする~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 一言申し上げる~ (2, 0.0%)

1 光栄を, 魚などは

▼ 一言申す~ (2, 0.0%)

1 ぞ, もの候わず

▼ 一言申上げ度~ (2, 0.0%)

1 いこと, い事

▼ 一言知らせ~ (2, 0.0%)

1 ておきたい, て呉れ

▼ 一言答えたる~ (2, 0.0%)

1 医学士の, 夫人が

▼ 一言答えれ~ (2, 0.0%)

2 ばそれで

▼ 一言蛇足~ (2, 0.0%)

1 をつけ加, を加える

▼ 一言言い~ (2, 0.0%)

2 さえすれ

▼ 一言言いたい~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 一言言え~ (2, 0.0%)

1 ばもう, 謙信は

▼ 一言言わせ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てロドリゲス

▼ 一言許す~ (2, 0.0%)

1 と書いた, と言っ

▼ 一言話し~ (2, 0.0%)

1 さえすれ, 残りが

▼ 一言話せ~ (2, 0.0%)

1 ばあの, ば作品

▼ 一言~ (2, 0.0%)

1 であり一種, の特質

▼ 一言諸君~ (2, 0.0%)

1 に聞い, に言っ

▼ 一言警告~ (2, 0.0%)

1 を与へる, を発し

▼ 一言費す~ (2, 0.0%)

1 ことに, 筈である

▼ 一言述べなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 一言述べる~ (2, 0.0%)

1 事を, 様にという

▼ 一言附加~ (2, 0.0%)

1 して, へて言

▼ 一言隻句~ (2, 0.0%)

1 にも感服, も述べてない

▼ 一言頷く~ (2, 0.0%)

1 だけ強, だけ強いて

▼1* [630件]

一言あいさつしたぎりであった, 一言あしらってせせらわらった, 一言あたかも百雷耳に, 一言あっていい, 一言あとも先, 一言あの仁から, 一言あはれ千万無量の思ひ, 一言あらんとは何, 一言あり僕も, 一言あると答えた, 一言あれば不日, 一言いい残す, 一言いいそこなうとこちら, 一言いいたげであったがこの, 一言いいなさいよ, 一言いいわけをする, 一言いい出すや否, 一言いうべきことを, 一言いきをつき, 一言いたいのは, 一言いたしおきたき儀は, 一言いったいここは, 一言いっとくぜ, 一言いつか千鳥ヶ浜で会った, 一言いつたらそれで, 一言いのちをくれぬ, 一言いひしが御, 一言いひたいのは, 一言いひ残してその, 一言いへば二言目, 一言いわずにはおられない, 一言いわないように, 一言いわねばならぬ, 一言いわれると身, 一言うかがいますが居士, 一言うかがえばよろしい, 一言うけたまわりたいのです, 一言うなったきり社長の, 一言うなると直ぐに, 一言うれしいという率直, 一言おじさんにおっしゃっ, 一言おっしゃってくださりませ, 一言おっしゃって下され, 一言おっしゃったきりです, 一言おっしゃるのを, 一言おっしゃればいい, 一言おぼえている, 一言おれにもそれ, 一言お伝えすれば, 一言お伝えおき下されい, 一言お可久さんに, 一言お告げいたしたいこと, 一言お喋りを, 一言お尋ねしたいは, 一言お歌も結構, 一言お知らせを致したい, 一言お話し下さいましあんまり, 一言かけてやりゃ, 一言かの女に, 一言かはしたばかり, 一言ききて全体, 一言ききたいことで, 一言きけばいまわしい, 一言きっと伝えて, 一言きっぱりと答えました, 一言きつぱりと発言し, 一言きわめてそっけない, 一言くらゐ彼, 一言くらいの返辞を, 一言くるしげに笑, 一言くれえやさしい, 一言ぐらゐは云ひつけるだらうほんの, 一言ぐらゐ言遺いて, 一言ぐわんと怒鳴りつけて, 一言こういうことは, 一言こたへて置かう, 一言ことばを教, 一言さえも云わなかった, 一言ささやくと子供, 一言ささやけばそれで, 一言さしてくれた, 一言さだ子にという言葉, 一言さよならを言, 一言しかるに何ぞ猿公の, 一言したかったのに過ぎない, 一言したるごとくこの講義, 一言した如く氏が, 一言しつれば今, 一言しますがね僕, 一言しみじみと慰め, 一言しゃべることは, 一言し置くべきことあり, 一言すべし大出氏は, 一言ずつの会話も, 一言ずつをひとまず終る, 一言む, 一言せぬと気, 一言せようと思ふ, 一言せり故に此, 一言そしてこの物語, 一言そのままに捨て, 一言それで充分だった, 一言それとなくでも, 一言たしなめてみ, 一言たしなめると恐れ, 一言たのまれている, 一言たのみたかったと云っ, 一言たれが花, 一言だけしかいわなかったの, 一言だけで済ました, 一言だけは鼓膜に, 一言だったが殆, 一言だつて私, 一言だにふれなかつた, 一言ちかへば文相自ら, 一言ちょいと言っ, 一言ちよいとした, 一言や忘れぬ, 一言つけ加えさせていただくなら, 一言つけ加えようと思った, 一言つけ足したがそれから, 一言つぶやいて義景, 一言つぶやくのが, 一言つまらぬことを, 一言づつしか口に出し得なかつた, 一言づゝの會話, 一言であってこ, 一言できゆつと相手, 一言でさえすでに異国語, 一言でしか表現できない, 一言ということに, 一言とがめられるあの右翼, 一言とて将士の, 一言とともにふっとおの, 一言とはまるで反, 一言さりと, 一言どうぞ頼みます云うて, 一言どもを引き, 一言さんとの, 一言ないかある, 一言なおされるは, 一言なかつたですよ, 一言なく稻妻は, 一言なし一言なし, 一言なぜ言って, 一言なんか言つてやれ, 一言にぞッと, 一言にてもありたくば, 一言に対しても少しは, 一言ぬかしてみろ, 一言ぬかせばいい, 一言のべさせていただきます, 一言のべたいと思います, 一言のみでございましたな, 一言ばかりは如何に, 一言ひしがれたかれ声が, 一言ひと言切って, 一言ぴんとした言, 一言ふいに立ち上る, 一言ふれている, 一言ふれるならばこの, 一言ほど矢代の, 一言ほめられた事が, 一言ぼつりと, 一言みじかいことばを, 一言みなさんの覚悟, 一言もござりませんねははははは, 一言ものいいかけたそのとき, 一言ゆめにでもあらわれ, 一言ゆるがせならぬことだ, 一言ゆるしを得たい, 一言よい事も, 一言よく大利を, 一言よろしいと言, 一言神の, 一言わたくしそんな女, 一言わたくし共へ話し, 一言わたしたちだってそう, 一言わっしが, 一言われ知らず口, 一言われらも斬っ, 一言をすらお酬い下さらぬで, 一言をだに發せざりき, 一言アリョーシャに向かっ, 一言クリストフの親切, 一言コゼットに対する極度, 一言ショパンのピアノ曲, 一言タ大膳亮チ近ごろ満足に思う, 一言ナムアムダブツそう称え, 一言ハッキリ語尾の, 一言パパといったぎりで, 一言ピカ一さんをやりこめる, 一言ピタリ適中じゃ, 一言触レテナイ, 一言モイウコトガ出来ヌ故兄ガイウニハ, 一言モッテ覆エバ, 一言一句むだのない, 一言一句一挙一動の極, 一言一句国内の耳, 一言一句真実に相違, 一言一句筆者の表情, 一言一句陳じ得ず何等, 一言一声がもう, 一言一度の相談, 一言一思一行が原因, 一言一言いきをつき, 一言一言剣を並べた, 一言一言力を入れ, 一言一言念を入れ, 一言一言明瞭耳に入る, 一言一言肝に銘じ, 一言一話活溌と共に野鄙, 一言一語をも洩らさじ, 一言一語一挙一動が醸しだす, 一言一語沸る血液, 一言下げ髪緋の袴, 一言不服かなにか, 一言不用意な言葉, 一言不肖ながら我等, 一言世間の諒解, 一言に暴露, 一言主神だ, 一言言おさ, 一言二言お祈りした様, 一言二言プールと言葉, 一言二言交へる音, 一言二言口を利い, 一言二言問答したらそれで, 一言二言声をかけ, 一言二言夫となく, 一言二言小声に口, 一言二言批判がましい, 一言二言狂気のやう, 一言二言皮肉みたいなこと, 一言二言礼を言う, 一言二言話しあって, 一言云いようなく, 一言云いましたね, 一言云い出せば彼女, 一言云い足せばよかっ, 一言云うたぎり手古奈を, 一言云つたのです, 一言云つて置きますが, 一言云はんけりや, 一言云ふかとおも, 一言云わせてもらえるなら, 一言云わないでいられぬ, 一言云わなければならぬ, 一言云わねえければならねえ, 一言云われしぎり振り向き, 一言云われたがその, 一言云われたら時を, 一言云ッテミロ手ハ見セヌト脇差, 一言亡状を極めた, 一言交した切りそれから, 一言交したかりしを邪見, 一言交せば一生, 一言重しと, 一言を冷, 一言今度の旅, 一言仏頂面に頬かむり, 一言付け加えておきたい, 一言付け足しておきましょう, 一言付すべきことは, 一言付加えておきたい, 一言付記すると, 一言以つて著者の為め, 一言以上はしゃべらなかった, 一言以外にまだ, 一言言ッた, 一言仰しゃって下さる, 一言仰せ聞かせ下されば, 一言仰っしゃって下さいませ, 一言仰有って下され, 一言会葬の日, 一言伺いやすがその, 一言位言ッたッ, 一言低い声で, 一言低く云った, 一言余事をはさむ, 一言余言を加, 一言でも誰, 一言さしい言葉, 一言優しい言葉を, 一言先生に告げ, 一言先祖の身分, 一言光代さん綱雄さんにお, 一言其事に就, 一言其眼光の鋭さ, 一言其間へ加え, 一言冷やかに答えた, 一言冷笑をまぜ, 一言ンで, 一言切り出してみる, 一言判然仰しや, 一言別れを告げ, 一言前置きしなければ, 一言を並べた, 一言を入れ, 一言区切って云った, 一言医者ということ, 一言十八に童部, 一言千万の味方, 一言千登世宛に書き送, 一言単簡に述べ, 一言厭味でもいっ, 一言のべずのべなば, 一言又四郎へ贈ろう, 一言反対の見解, 一言反駁のしよう, 一言取りなすような, 一言取り澄ましてセリフ, 一言口上をもっ, 一言口出ししたこと, 一言叫ぶとロオラ, 一言叫んで死ん, 一言叫んだなり俄かに, 一言へ行け, 一言吉事も一言, 一言吉次にお, 一言同志リャザーノフに挨拶, 一言を名乗ったら, 一言名乗って聞かし, 一言名乗り捨てて, 一言吐いて与惣次, 一言吐き出すように, 一言吐き捨ててあと口, 一言吐き捨てた泰軒は, 一言向うのテーブル, 一言否多言を費やした, 一言否定するの, 一言呈したいことは, 一言呟いて葬式彦はく, 一言呪言を唱, 一言呼ばわり叫びぬ, 一言呼んで差しあげ, 一言してから, 一言和歌以外の文学, 一言咎められて返す, 一言咒文の様, 一言問題のこと, 一言善事も一言, 一言喋らせりゃ大抵解っちゃう, 一言嘉助ついて, 一言噛んで吐き出す, 一言四十九歳を以てこの世, 一言塾生諸君におわび, 一言多くの画家諸君, 一言大きい声を, 一言天地自然の淨玻璃, 一言太兵衛女房の在所, 一言夫人にむかっ, 一言奉行所の不, 一言奨励の言葉, 一言はいった, 一言如意輪寺裏を指し, 一言如是閑君に忠告, 一言に伝っ, 一言に云いたい, 一言実に藻西太郎の, 一言家人のいるまえ, 一言富子に言った, 一言寸感を述べたい, 一言寸鉄腸を断つ, 一言尋ねてみ, 一言尋ね得たらどんなによ, 一言小さい声で, 一言小さな声で, 一言小倉女史に苦言, 一言小次郎も慥, 一言尚も申し添, 一言島原といつた, 一言左様言つてお呉れ, 一言左膳はなぜ, 一言差出口をする, 一言帰った挨拶が, 一言常に天地神明に, 一言平伏してばかりいる, 一言にいいました, 一言底意なき御, 一言弁じたいと前提, 一言弁じなければならない, 一言引き止めようともせず, 一言強く呼んだ後, 一言後で眼にもの, 一言御前体へ親父, 一言の中, 一言心境に大, 一言心臓が普通, 一言心配した自分, 一言必ず云う事, 一言急所をついた, 一言恨みを言っ, 一言悪かったと, 一言悪くないといっただけ, 一言悲觀して, 一言ある言葉, 一言意見はない, 一言感懐を述べる, 一言慰めの言葉, 一言懺悔させて, 一言知らず云い出したるぎり挨拶, 一言我知らず云ひ出したる限り挨拶さ, 一言或は一目彼女を, 一言所望さえしたなら, 一言手前も元, 一言手紙を書く, 一言投げ捨てておい, 一言抗議めいた事を言っ, 一言挟むが手記, 一言掛けて発奮むばかりに身, 一言提示したいこと, 一言提議したい, 一言支那から帰つた秋田, 一言改めておはなし, 一言放てば汝, 一言政二くんはいった, 一言政府へ御, 一言教会へ直接, 一言文句をいっ, 一言断りゃいいん, 一言断わっておきたい, 一言断わるだけのこと, 一言斯様な生活, 一言斷つて置く, 一言方向を示せ, 一言方針を御, 一言旦那に申, 一言早々帰りまして, 一言明快なる反駁, 一言明瞭耳に入る, 一言春台展では片多, 一言春隆はいきなり, 一言時子が発音, 一言暫時は糸子われ, 一言曖昧にいつた, 一言書いて置い, 一言書きしるしそれをオリヴィエ, 一言書き残した紙片を, 一言書き送つて欲しい, 一言最前より容子, 一言最後に申, 一言本読みに入る, 一言栄三郎は本堂, 一言根岸に会いたい, 一言森成さんに余, 一言概括したに, 一言権威をもっ, 一言のやう, 一言正成が存ずる, 一言の事, 一言此長庵を騙り, 一言残さず女中部屋へ, 一言殿様へ申し上げた, 一言母子を陸, 一言沈痛な声, 一言さなかっ, 一言洩されただけである, 一言洩らして内匠頭, 一言深く社会の, 一言漏した言葉が, 一言漏らしては貰, 一言激しくたしなめたこと, 一言激越に叱る, 一言無作法な言葉, 一言無量の情, 一言爺さんに嘲弄, 一言片手を頭上, 一言へ打, 一言を嗾, 一言独り語を空, 一言独語の調子, 一言生意気な口, 一言生活としての例, 一言申さば主, 一言申さばと威丈高, 一言申しあげたいことが, 一言申しあげるのを, 一言申したいことは, 一言申したら宜かろう, 一言申しのこすならば荊州, 一言申しますことは, 一言申し上げたいのです, 一言申し上げようと思う, 一言申し残せしことの, 一言申し添えたいのでございます, 一言申し聞かすことが, 一言申し聞かせてわれ, 一言申し聞かせまして得心, 一言申し述べさせていただきたい, 一言申し述べたいことが, 一言申出る者なく, 一言申開き致そう, 一言留保をさせ, 一言病気で亢奮, 一言白い唇を, 一言皆さんと一緒, 一言皮肉を吐き捨てる, 一言には有松家, 一言眠いのだ, 一言を射た, 一言を射た, 一言神戸へまて, 一言私見をゆるし, 一言私語いて, 一言筆者が申したい, 一言答えて微笑, 一言算哲の生存, 一言簡潔にし, 一言約束の言葉, 一言紹介の言葉, 一言経過と期待, 一言絞り出すやうに, 一言絶叫すると, 一言置きに彼, 一言美惠比丘尼の, 一言老父に祝した, 一言て見よ, 一言聞いただけでもそれ, 一言聞いてればいつ, 一言聞えたのみで, 一言聞かしてあげよう, 一言聞かせてもらいたい, 一言聞かせたくその為, 一言聞かんが爲め, 一言聞きさへ, 一言聞き取れぬほどな, 一言聞き捨てなりませぬゆえ引ッ捕えた, 一言聞けばよい, 一言聴取出来た, 一言きたきは, 一言に銘じ, 一言長く日, 一言臨終に言い残す, 一言致しただけであります, 一言致すこと斯の, 一言船客を慰める, 一言花房一郎は自若, 一言芸術の神聖, 一言芸術的態度に就い, 一言茶器の性格, 一言荒地のこと, 一言蝶ちゃんに聴い, 一言行雄があきれはてた, 一言褒めてくれる, 一言見つけるに一日, 一言見舞を云う, 一言覗けば良い, 一言親しみある言葉を, 一言触れたように, 一言言いかけたらすぐに, 一言言い分ける神である, 一言言い及びたいと思っ, 一言言い残したい事が, 一言言い置いて出よう, 一言言い過ぎたら平次を, 一言言うのが, 一言言つてみて, 一言言わでもの説明, 一言言わざるをえなくなった, 一言言わしてくれ, 一言言われるとひどく, 一言言伝てし, 一言言葉をかけた, 一言言離の神, 一言訊いたばかりで, 一言訊くとこの, 一言記して置かね, 一言註文を出す, 一言註釈をつける, 一言がしたい, 一言詫びよといった, 一言詰らないではいられない, 一言話しかける機会だけを, 一言話したのであつ, 一言話しはじめると今, 一言誓いを立て, 一言語りよらし, 一言説陳して, 一言が来, 一言誰かが口, 一言論及したいと, 一言謀反やめると, 一言謙信のため, 一言謝ってそして, 一言謝るつもりで, 一言謝辞を述べる, 一言貴方に伺ひたい, 一言費やしておこう, 一言費やすのも, 一言質問をしよう, 一言赦して遣る, 一言走り書きをした, 一言越前敦賀まで使い, 一言車夫は聞き, 一言じて, 一言辯解をしてやらなかつた, 一言潤に, 一言近侍にいいつけ, 一言近年の人文地理, 一言返辞がある, 一言述べさせていただきます, 一言述べたのであっ, 一言述べようと思います, 一言透きとおるような, 一言通ずると家, 一言運転手は答えた, 一言運送屋たちはもう, 一言遠まわしに仄めかし, 一言遺く言遺, 一言酬いたのだ, 一言釈明したかったの, 一言重く文を, 一言重ねますれば, 一言重蔵の容体, 一言鋭いことを, 一言開会の辞, 一言間違えばすぐ, 一言加えて, 一言附け加えて置きたい, 一言附け足して置く, 一言附記して, 一言陳ぶることを, 一言陳べまして次に, 一言頂戴致しとうございます, 一言を見, 一言顧みて五十五年, 一言に乗, 一言馬超もきょう, 一言に似た