青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「世の中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

与える~ 与八~ 丑松~ ~且つ 且つ~ ~世 世~ 世に~ 世にも~ ~世の中
世の中~
世人~ ~世界 世界~ 世紀~ ~世話 世話~ ~世間 世間~ ~丘 丘~

「世の中~」 6991, 76ppm, 1491位

▼ 世の中~ (1765, 25.2%)

43 生きて 36 なって 25 何が 21 出て 18 これほど 12 生れて 10 あって, 存在する 9 存在し, 立って 8 なったもの, なると 7 なったの, なっても, 於て 6 ある, たった一人, 住んで, 自分の 5 なるの, 何も, 生まれて, 私の

4 [17件] あっては, あるの, あろうとは, このくらい, そんなこと, ないと, ないもの, なし遂げられぬ, なつた, 一人も, 何の, 処して, 生きては, 用が, 自分ほど, 金ほど, 顔を

3 [20件] あるだろうか, あると, あるはず, あるもの, あろうか, いかに多く, いるもの, これほどの, して, そんな馬鹿, なくて, なりました, なるよう, なれば, 在ること, 在るの, 現われて, 生活し, 絶えて, 絶望した

2 [102件] あったの, あつて, あらずして, ありとあらゆるもの, ありますか, あり得ると, あるその, あるだろうかと, あるでしょうか, あるといふ, あるべき筈, あるよう, ある人, ある美しい, あれほど, いくらでも, いくらも, いて, いるから, いるはず, いろ気, おさらばする, お前位な, かなって, こういうこと, こは, これより, こわいもの, こんなうまい, こんなきれい, したいと, そのよう, そんな人間, ないこと, なったん, なっては, なりかけて, なりましたからね, なりましたね, なりましたよ, はね, また自分, まだ朝, めったに, 一人ぼっちだ, 一番えらい, 一種偏窟な, 事業を, 二匹と, 人間の, 人間ほど, 住みながら, 住む人間, 何にも, 候, 儼として, 全然ない, 公に, 出たの, 出られる方, 出れば, 分らない人間, 又と, 取り残されて, 可愛がって, 唯一人の, 在つて, 変わって, 大きな顔, 如何なる騒動, 存在し得る, 尊き物, 對し, 怖いもの, 恐ろしい事, 悪人は, 悪党は, 揉まれて, 於いて, 母様と, 沢山ある, 活きて, 無用の, 現はれ, 用のね, 発表する, 知られて, 私が, 私ほど, 立っては, 絵の, 能ぐらい, 自分から, 自分を, 良くある, 蚊ほど, 行はれ, 誰か, 誰一人ない, 身の, 遅配だの, 金より

1 [1159件 抜粋] あしたと, あったでしょうか, あつた, あなたの, あなた様お, あの人一人, あの怪しい, あはれいづれ, あらむ限の, あらわれて, ありうること, ありとあらゆる器, ありは, ありません, ありゃあし, あり得ないほどの, あり得ること, あり得るの, あるおいしい, あるかと, あるさまざま, あるだらうかと, あるであらうか, あるでせうか, あるとは, あるまいと, あるも, ある一切, ある円, ある物, ある簿記, あれば, あろうかとか, あろうはず, あんなによく似た, あんな咀, あんな痛快, いかなれ, いたかと, いちゃ, いっぱいおる, いつぱい, いないの, いやな, いること, いるとき, いる以上, いろ, いろんな神, おしばい, おまえさんより, おもしろい楽しい夢, お世辞食い, お前達が, お目, お鷹匠, かくも, かつて存在, かなうよう, きれいな, くらべるもの, ぐずぐずし, こういう, こういう文化人, このよう, この伊那丸ひとりきり, この古風, この珍, これだけの, これは, これ以上大事に, これ程つらい, これ程残酷, こんなおそろしい, こんなにし, こんなに簡単, こんな先, こんな哀れ, こんな小うるさい, こんな恐し, こんな明るい, こんな癪, こんな結構, こんな美味い, こんな連中, ござります, さきがけて, さらに思い, しかも眼, しても, じったん, すること, するには, せめて神領, そういう心持, そう鬼, その子供, それほど打ち込ん, そんなに無い, そんなバカ, そんな手数, そんな馬鹿気, たかが万年筆, ただひとり, ただ一つきり, ただ若様, たとい帝国, ためしの, ちがいない, つくし画壇, つながって, とどめずばい, どっさり存在, どのくらい, どんなにか, どんな心持, どんな珍景, どんな長上衣, ない何故, ない問題, なくても, なくならないもの, なぜ神様, なったお前一つ役人, なったこそ, なったと, なったもん, なっちまって, なってからでも, なってこそ, なつちや岡ツ引は, ならない限り, なりましたなんて, なりまして, なり帝, なるか, なるであろう, なる樣, なろうと, なんで麿, なんの, のこるの, はなはだ少ない, ばかな, ひろまつて, ふえるという, ほんとうに, まことの, まさしき人の, またいつか太平, またもあらめ, まったく容れられない, まるで自給自足時代, むずかしき仕事, もう一人, もっとも進んだる, やたらに, やっぱりともかくコニャック, ゆるせないこと, よしあしびきの, わたしは, われわれの, ゐるといふだけ, イヤ氣が, ガッチャキ病は, シャボンが, デヴユーさせた, ヒガゴトが, マスク人種と, ミミイ嬢の, 一つの, 一人あっ, 一人だって, 一人ぽっちだ, 一人淋しく, 一家を, 一流新聞の, 一種類の, 万葉学が, 不可能などという, 不思議だ, 不思議の, 不愉快の, 世の中に, 二人が, 二人は, 亡夫に, 交際し, 人間がちえ, 今の, 仕事といふ, 他人の, 伝えよと, 住まって, 住み終つて後, 何か, 何だって, 何一つ出来ない, 何一つ有りゃしません, 何事も, 余り例の, 作りたいと, 信用する, 借金しない, 偶然なんて, 働きかける可能, 僕以上に, 儚ない, 充ち充ちて, 充満する, 入って, 全く無理, 全知全能の, 其力を, 凡そ一定の, 出さないで, 出して, 出すって, 出たかったの, 出た一番最初, 出でない前, 出ない木登り, 出られたので, 出られるという, 出るに, 出るよう, 出る毎, 出現せしめた, 別に物理, 利用される, 制裁が, 割合よき, 効の, 動いても, 十二通や, 単に数, 厄介と, 反抗し, 可厭, 合理的な, 名も, 名前は, 名詮自称, 向って, 命まかせ, 唯ペルリ渡来, 唯一枚の, 問うて, 善いこと, 嘘が, 因果に, 固定を, 土地が, 在ると, 在るもの, 地獄が, 売僧も, 変った男, 多いと, 多い物語, 大なる, 天才が, 天道などという, 失望と, 奇蹟は, 女が, 女房の, 如何なる歌道, 妙な, 姿も, 嫌われるもの, 存在しない, 孤独の, 宅助ほど, 完全な, 官吏ほど, 実現しよう, 実際あり得る, 家も, 寂しい思い, 寝るほど, 小さくな, 少えもの, 少ないの, 尽きせぬもの, 居ます, 居るの, 居るん, 巡査ほどの, 左様なふざけた, 帽子ほど, 幽霊なんて, 廃り物, 弁信さんほど, 弱さ, 強くなろう, 当って, 役だつ学問, 彼は, 往々存在, 御飯を, 必ずしも少く, 怖いこと, 思いどおり, 急ぐこと, 怪しきもの, 怪談の, 恋の, 恐しいと, 恐ろしい者, 悪い奴, 悪だの, 悪名を, 悲劇が, 情に, 愛情も, 慣れ切つて仕舞つて, 成り立つべしと, 成ると, 我只, 戦争だの, 所謂天才少年といふ, 投げ出されたとき, 投げ出されて, 抛り出した, 持ち込まれたら誰, 捨てられ忘れられて, 接触し, 接觸しよう, 攘夷なんて, 文学だけが, 斯んな, 新思想, 於ける位置, 於ける地位, 於ては, 旧式の, 易々たる, 是くらい, 普及させる, 暴れて, 更に物議, 有っても, 木場の, 未練なんぞは, 本当の, 来ると, 東洋の, 棲んで, 様々な, 樹木といふ, 歌なぞ歌は, 正しいこと, 正直が, 武に, 歸つてきた, 死ぬこと, 残す痕跡, 残るの, 殺人犯の, 母親みたいな, 気の毒にも, 気兼を, 決してすくなく, 法律は, 泥棒が, 津田君の, 活動し, 流布され, 流行りも, 深切ほど, 温いもの, 漂泊らえる, 火の, 無い, 無いの, 無用に, 無駄な, 父親も, 牝牛に, 特殊部落などという, 狐が, 独りこれが, 猫の, 現れて, 現われたろうと, 理想的の, 生かさうといふ, 生きちゃ, 生きながらえること, 生き長, 生じたもの, 生みつけられた男, 生れたとき, 生れれば, 生命が, 産み出したがらない, 用の, 男って, 男は, 男も, 病ちょう者な, 発表されない, 發表する, 皆いい気な, 相手の, 真の, 真面目は, 知ってるもの, 知られないの, 知られぬ宿, 知れわ, 石ころでも, 示さなければ, 社会的な, 神じゃの, 神なんかが, 神様ほど, 禁園の, 稀な, 突き出す, 立ったの, 立つ侘し, 純粋は, 紹介され, 絵が, 続いて, 置き去りに, 美しいもの, 美人は, 羨ましくも, 翻弄され, 聞て, 背くという, 腹の, 臨んで, 自分らほど, 自分程, 自由解放を, 色男面を, 荒れても, 蔓延する, 蜃気楼でない, 血属は, 行きがかり, 行われて, 行われる犯罪者, 表彰せられ, 見つかるもの, 見切りを, 触れさせ生きて, 訴える力, 認められて, 誠実て, 誤解ほど, 誰が, 誰も, 誰一人と, 豊富に, 貢献する, 貧乏し, 貧乏人の, 贅沢な, 起こって, 起ったああ, 起ると, 踏み出したころ, 躾けという, 辛苦する, 追い出される不幸, 退屈し, 送り出すこと, 送り出せる迄に, 逆らって, 造らなければ, 運命が, 運慶なんぞ, 適して, 遺す事業, 酒といふ, 重んぜられる人, 野暮な, 金以外女に, 金持ほど, 鈴さん一人だ, 長くいる, 隠れて, 雜り, 青鬼, 革める, 頓着せず, 頼りの, 顔向けが, 飛び出したの, 飛出したもの, 飼つた狸の, 養老院だの, 骨折損という, 鳥も, 鼠ほど

▼ 世の中~ (1212, 17.3%)

61 ことは 37 事は 21 人は 20 ことを, ために, 人が 12 すべての 11 人の 8 ことに 7 ことが, 事が, 人を 6 すべてが, 事に, 苦労を 5 ことで, よせが, 人たちは, 凡ての, 様子が 4 あらゆるもの, 一切の, 事を, 人に, 人達は, 人間の, 仕事に, 瑞々しい消息, 男の

3 [12件] いろいろな, 人々は, 人と, 人間が, 人間を, 他の, 出来事の, 女の, 普通の, 男が, 豊かな, 酸いも

2 [83件] あぢきなきを, あらゆる不幸, あらん限り, うつけた, お役, ことと, ことという, ことなどを, ことも, さまざまな, どこかに, どこにも, どんなところ, はうから, 一つの, 不思議な, 事って, 事も, 事情が, 人々が, 人々に, 人々の, 人たちの, 人たち誰にも, 人間は, 何もかもが, 何よりも, 偽映, 光明であり, 全部の, 凡てを, 出来事が, 動き掛けた, 千万人から, 堕落に, 多くの, 大概の, 女が, 女という, 女達は, 奴らは, 好奇心の, 定規通りの, 実情を, 寐鎮まる, 憂きを, 推移に, 既知未知の, 有り様を, 有様は, 有様を, 樣子が, 沢山な, 波の, 流行が, 浮いて, 為めに, 焦点から, 物の, 物騒な, 生活を, 相は, 秩序が, 秩序も, 總ての, 美人観が, 義侠心に, 苛烈が, 苦労という, 苦労も, 萬事は, 規則で, 話を, 調節に, 豐かな, 貧乏とか, 進歩に, 進歩の, 進歩を, 進歩開化の, 醜い病, 面白いこと, 風に

1 [700件 抜粋] あさましい実相, あだなる, あまりの, あまりむつかしく, あらゆる事柄, あらゆる出来事, あらゆる問題, あらゆる幸福, あらゆる幸福感, あらゆる辛苦, あら浪に, ありさ, ありとあらゆる, ありとあらゆる人, ありよう, ある種, あわれ, いろいろの, いろんなこと, うえに, うごきなどについて, うさには, うちなら, うらお, おとな一般に, おめぐみ, おもしろいこと, おもなき人, お定まり, お話が, お話を, かきがらの, がさついて, きたなき道, くは, けわしい貧富, こう二人みたい, ことさつぱり知らない, ことし, ことすべて真剣勝負だ, ことだ, ことって, ことな, ことなら, ことには, ことはな, ことはなあ, こと男女の, この不自由, さま驚く, さわぎならねど, さわぎに, しきたりに, しくみが, すいも, すすんだこと, すべてだ, せいで, せいと, せち辛さ, そう云う, そしりを, たくさんの, たった一人, たつた一人, ためあなたの, ためだ, ためとか, ためなら, ため人は, ため国の, ため死んだ, だれからも, だれにとっても, つまらなくなっ, できごと, とかく恋しく, どういうもの, どこかで, どこに, どこを, どさくさま, どっちを, どの宝, どんなつまらぬ, どんなに偉い, どんな事, どんな仕事, どんな問題, なつかしいところ, なにもかも信じられなく, なべての, なんです, におい, はじまりだと, ひとが, ひとたちが, ほうが, ほこりに, ぼんくら批評家の, まともな, めぐり合せ, もので, ものと, ものは, ものを, もの皆すべてつまらぬ, ような, ように, わけても名, ウラばかり, ゴタゴタの, ハズミで, 一人だ, 一切を, 一変した, 一方には, 一部です, 一部分で, 一部分を, 一隅における, 万事が, 下積, 不仕合せの, 不如意を, 不孝者に, 不平を, 不徳の, 不思議と, 不景気が, 不景気は, 不正や, 不満は, 不満や, 主な, 主義って, 事々は, 事だ, 事という, 事な, 事なんか, 事には, 事ハ月と, 事一切が, 事実は, 事態が, 事柄, 事柄の, 事殊に, 事物には, 事物は, 事象に, 人々にも, 人々に対して, 人々を, 人すべてに, 人たちが, 人たちにも, 人たちも, 人でない, 人という, 人には, 人へ, 人みんなに, 人をば, 人事に, 人事は, 人心で, 人心の, 人気も, 人特に, 人誰か, 人間で, 人間といふ, 人間にだって, 人間には, 人間にも, 仇です, 仕事が, 仕組みでは, 仕組みを, 何かが, 何もかも変つ, 何ものよりも, 何者よりも, 例として, 価うちだ, 信用も, 信用を, 信頼を, 偏人奇物にて, 健康者の, 儘ならぬ, 光や, 光明たり, 児童だ, 全体が, 出来ごとだった, 出来事という, 出来事に, 出来事は, 出来事を, 刺戟が, 刺激が, 動きに, 動きを, 勢は, 十中ほとんど, 博愛とか, 厳粛な, 受けは, 可笑味, 吉凶を, 名士の, 味が, 味を, 品物は, 問題に, 問題殊に, 善や, 善人なんて, 善悪を, 噂なぞは, 噂の, 土台が, 地球の, 坊主が, 塩梅式が, 塵は, 変り目ごとに, 変り目に際して, 変り目の, 変るにつれ, 変わり方, 変わろうと, 変化が, 変化とでも, 変貌に, 変遷じゃ, 変遷は, 変遷を, 多くは, 大きな不, 大きな意志, 大人の, 大人は, 大勢これを, 大小ありとあらゆる, 大清潔法, 夫婦関係という, 奥様達の, 女から, 女は, 女への, 奴あ, 奴が, 奴の, 如何なる事業, 如何に, 妾とは, 姿そのものから, 娘持つ, 子供達が, 存在を, 宗匠といふ, 宝だ, 実に夥しい, 実相を, 実際に, 実際を, 害に, 害悪は, 家常茶飯に, 寂しいこと, 實相を, 将来やらを, 尊敬を, 少年や, 少年少女にも, 希望で, 常で, 常無き, 幸福にも, 幽霊は, 広いという, 広さ, 広告気球を, 廃りものが, 廢り, 廣さと, 廻り合わせは, 形勢は, 役に立たなくなって, 役に立たぬ無駄, 役に立つから, 役に立つという, 役に立つ人間, 御厄介, 心の, 怖い者, 怖さ, 思想は, 急変も, 恋する男, 恐ろしければと, 悉くの, 悪いこと, 悲しさ, 情をでも, 愚を, 態だ, 慣いで, 憎まれ者, 成功者とは, 所謂幸福なる, 手助けに, 手本に, 掟と, 掟をを, 故又は, 教訓として, 教訓に, 文明が, 文章を, 断面を, 方にも, 方は, 方向が, 日の目を, 明るくなる, 明るさ, 景色な, 暗い方, 暗い裏面, 最もわびしく貧しかっ, 最も醜い, 最大危険の, 有り様でした, 有り様という, 有様が, 有象無象が, 期待の, 来たの, 柱, 楽しみと, 概念でしか, 槓桿とも, 様子を, 機關に, 歌よみが, 歌人達の, 歎かわしい, 正直者とかいう, 毀誉褒貶も, 毒虫は, 水という, 汚いところ, 泡つぶこうして, 波に, 渦中に, 激変し, 激変につれて, 為にも, 為めだ, 無常に, 無常を, 無言の, 父兄先輩教育家道徳先生皆多くは, 片隅には, 物を, 物事という, 物事について, 物嗤いだ, 物質に, 特色国家社会の, 犯と, 犯罪者一般に対する, 現実に, 現実には, 現実は, 現象が, 現象の, 現象を, 瑞々しい語草, 生きてる頭, 生活様式を, 男で, 男は, 男を, 男子を, 画家が, 疝痛が, 皆の, 皮肉を, 看護婦の, 真実や, 眼先にばかり, 秩序を, 称讃を, 空気が, 空気として, 空気の, 立派な, 端も, 笑は, 精神の, 紳士や, 絆を, 経験を, 經驗も, 総ての, 総てを, 罪でしょう, 罪深きを, 美しい女, 群書は, 義捐など, 義理前には, 習ひだ, 習わしに, 習俗からも, 習慣は, 者たいてい, 耕地を, 腐敗を, 自然の, 至妙でも, 色々の, 色盲から, 花は, 芸術的作品は, 若いまだ, 苦しみは, 苦しみを, 苦は, 苦労といふ, 苦労なんて, 荷やっかいに, 華やかさ賑やかさを, 落寞に, 虚偽を, 衆生という, 行き詰りが, 行くてを, 行進は, 表面でも, 表面に, 裏を, 裏ッ側みたいな, 覊絆から, 見かた, 見方考方には, 見透しなども, 親不孝者に, 観かたの, 言葉は, 評判にさえ, 詩人たちに対して, 詩人には, 誘惑が, 誰でもが, 誰へとも, 誰よりも, 誰れ, 調子は, 調子を, 諸分け, 識者は, 變り果てた, 賊だ, 賢い女, 賢顏する詰らない, 辛い義理, 辛酸も, 迫害を, 進むの, 進歩文化の, 遊びの, 遊興の, 道, 道である, 道なる, 違ったこと, 選ばれて, 邪魔物片隅に, 重荷を, 金廻りが, 隅々から, 隅から, 雑談を, 雑音には, 雑音悲しい, 音朝の, 音楽が, 風儀は, 馬鹿が, 馬鹿には, 騒がしさ, 鹹いも酸い, 黎明る

▼ 世の中~ (714, 10.2%)

7 広いもの 5 妙な 4 かうしたもの, 不思議な, 何が, 少しも 3 これで, そんなもの, どうなる, ままならぬ, もうす, 何と, 広いよう, 空しきもの, 面白いもの, 面白くない

2 [43件] うまくできてる, おかしなもの, おしまいだ, きびしいの, さう, そう簡単, だんだんに, つねにもがもな, つらいの, むずかしい, よくでき, 不平で, 不幸に, 不昧因果, 人を, 今の, 何という, 僕たちに, 前に, 変って, 変わった, 多事だ, 実に美しい, 實に, 己れ, 広い, 広いから, 広いやう, 広いん, 広うおす, 急速に, 悪くできてる, 悲しいもの, 戦争の, 案じるより, 案外やさしい, 私に, 結構な, 自分の, 薄情に, 進んだ, 進んで, 金だ

1 [570件 抜粋] あまり贅沢, あるが, あること, あれから, あんまり荒っぽい, いいも, いいもの, いかさま師ばかり, いっそうはげしく, いつでも, いつもそうばかりは, いつも正月, いつ參, いやな, いやに, いろんなもの, うごいて, うっかり感心, うまくした, うまく出, うるさい人間, おしまいだって, おそろしい, おそろしいの, おちついて, おもしろくなっ, お父さんと, かかる細君, かくぞ, かくまで, かるたを, きっとこう行く, きっと住み, きつと, ぐずぐずに, ぐんぐん苦しく, こうしたもの, こうなる, こうも, ことごとく敵, この, このと, このところ, このよう, この青年, これからだ, これは, こわいと, こんなもの, こんな工合い, こんな風, ご無事, さうも, さまざまだ, さんざんで, しつこい毒々しいこせこせ, すきま, すっかりゆがん, すべてかうした, すべてこれだ, すべては, すべて慣性イナーシアーという, すべて老少不定寿命ばかりは, すべて表裏が, ずいぶん見飽きる, ずんとよく, せち辛いのよ, せち辛くなっ, そういう男, そうしたもん, そうなっ, そうなん, そうは, そうむき, そう云う, そう思っ, そう貴下, そのよう, その換, その時代, その遺失品係り, それぢや, それで, そろば, そんなに甘く, そんなに長く, そんな甘く, そんな男, そんな融通, た, たいへん違つて, ただうとうと, ただちにやれ, ただ楽しい, たったこれ, だらしなく, だんだん悪く, ちっともよくならない, つくれない, つねにも, つまらなくなる, つまらんもの, とうてい意, とうとうおしまい, とてもかく, とにかく平和, どういうもの, どういう風, どうする, どうせ泥水, どうだったろう, どうなっ, どうなるだろう, どうなるであろう, どうなろう, どうにも, どう変貌, どう持っ, どこも, どんどん変つて, どんどん進ん, どんなにか, どんなに楽しかろ, どんなに甘い, ないの, なかなかよくいっ, なって, なにが, なるべく鹿爪, にやにや笑っ, のんびりし, ひどく騒々しい, ふしぎなことだらけなのだ, ほんとにあなたみたい, ま, まあどうだったろう, ますますおだやか, まず自分, また不思議, まだかんかんし, まだまだ変り, まだ当分, まだ暗い, まだ殺伐, まだ無事, まっくら, まったく変りました, ままならないあたしあんた, ままに, まるでたのしみ, まるで百鬼夜行, みだれて, みむいても, みんなこの, みんなそんな, みんなの, みんな馬鹿ばかり, むつかしいうるさいなあと, むなしく見え, めまぐるしくなっ, もうすっかり変っ, もうよい, もう信長, もう夏, もう引, もう晩春, もう知り抜いた, もう遠く, もつと, もともとこんな, もんどり打っ, やうやうに, やつて, ゆだ, ゆだんも, ようやく秋, よくなりません, よくもよくもこんなにひ, よくもよくもこんなにひびだらけ, よく出来, よっぽど楽, りくつどおりにゃ, わからないことだらけ, わかりませんぜ, わたれてよ, わたれは, わりなきものかま, ウソも, オシマイじゃ, ソンナ様な, ヨ, ラジオが, ロクな, 一変革した, 一寸先が, 一寸先は, 一所停滞であります, 一本立では, 一治一亂で, 万事そうした, 万事幸福に, 万劫末代, 三つの, 三分五厘風鈴の, 下には, 不人情な, 不公平な, 不幸なる, 不思議だ, 不思議に, 与ふる者, 乱んとして, 乱妨で, 二人きりの, 人の, 人間的な, 今が, 今は, 今日より, 今駘然, 住みにくい, 何か, 何の, 何も, 何事に, 何故こうなった, 依然として夏, 便利な, 停止し, 儘に, 充たされて, 先づ以て, 全く出鱈目, 全く成っ, 全く自分, 内政国策会議の, 円く治まるべし, 出直さねば, 刀なんて, 切りつめられたの, 判決ばかり, 利口に, 利己主義が, 刻々に, 前の, 力だ, 力である, 動かぬもの, 北原ばかり, 千人寄つても, 半信半疑の, 又か, 又激しい, 古飛斯宜志恵夜, 右でなけれ, 君らが, 呑気な, 味な, 哲学の, 唯無闇, 商人は, 嘘やへ, 回り回って, 因果応報, 土の, 堪忍が, 変った, 変ったかと, 変ったろう, 変ったろうと, 変りつつ, 変りましたね, 変るもの, 変れば, 変わって, 変革しかけ, 夢か, 大した変り, 大たい妥当, 大ぶ, 大傑作, 大分かわっ, 大変多事である, 大正から, 大船を, 大部分, 天地の, 好いが, 好くした, 妙だ, 威厳に対して, 存外甘, 学校の, 学校を, 安全だ, 完全な, 宏大で, 実に醜く, 実力が, 実学と, 小説よりは, 師走も, 常かな, 常し, 平和で, 平和に, 幼稚な, 広々と, 広いな, 広いの, 広くなる, 広大だ, 広大な, 廣い, 廣く, 廣けれど, 建武正平の, 廻り合せという, 張合ひ, 彼等を, 御存じない, 御方便, 御機嫌が, 心一つの, 必ずしもメニューイン万能, 必ず静謐, 忙しいや, 思うたほど, 思ふま, 思ふやう, 急に, 急転し, 恐ろしいもの, 悲しい誤解, 悲しくも, 悲嘆の, 情緒だけの, 惡い, 愉快な, 懐疑です, 成るよう, 成れば, 成功せん, 戦国である, 手枕で, 承応三年, 持ったもの, 救えましょう, 救ふ, 数多いプロット, 數學や, 文明開化に, 斯う, 新浪漫派, 新陳代謝と, 日に日に惡, 日進月歩ぢや, 明るくなる, 明るく強く美しく真, 春たけぬらし, 春だった, 昨日も, 時雨ふる, 暗い, 暗だ, 暗やみじゃぞ, 暮らしにくく, 曲つとる, 朗か, 根柢的に, 案外甘い, 案外静か, 桜も, 楽しいの, 樣, 欧洲戦争の, 正に一変, 正直すぎる, 歴史を, 段々と, 毫も争い, 気に入らんの, 気の, 決して一つところ, 法律だけで, 法治国である, 渡りにくい, 渡れんと, 滔々として, 漸く押詰, 無い, 無いの, 無事で, 無事である, 無事平和電車にも, 無惨な, 無道な, 物わかりの, 猫の, 理想通りに, 甘いぞ, 甘いもの, 甘いもん, 生きて, 男と, 男の, 男女の, 當然亡びゆく, 皆なりに, 皮肉だ, 皮肉に, 益々騒然, 目くら千人目あき, 目眩しい, 相次ぐ内憂外患, 真っ暗だ, 真暗じゃ, 真直ばかりでも, 知らない人達, 神代以来すっかり, 秋の, 穏かに, 穢いもの, 空しく生活, 立ちは, 笑って, 筋の, 簡単な, 簡単に, 絵に, 緑の, 締めたもの, 繪かきになどか, 美しい無邪気, 聖人君子の, 胡魔化し, 自分に, 自分を, 自分一人の, 自分共に, 自然と, 自由に, 自由主義の, 至る所, 至極調法, 色と, 芝居で, 苦しいもの, 苦労の, 草っ, 葉子に対して, 藤原氏や, 虚偽でも, 虚栄的である, 蝸牛角上の, 行きゃしませんて, 行き詰って, 複雑味を, 覆面なし, 見様で, 観念を, 諸事ご, 謀反人だの, 貨が, 貴郎, 走った, 足らん, 足りて, 軽薄な, 近々平和, 進歩した, 道中同然, 遠慮する, 金が, 金さえ, 金と, 長しみじかし心, 長雨に, 闇だ, 闇ぢや, 阿母さん, 陰欝暗, 陰陽陰陽, 階級という, 階級を, 随分変, 随分妙, 随分無慈悲, 隙間だらけだ, 青葉の, 面倒くさくなる, 面倒さ, 面倒な, 面白いこと, 面白いだらう, 面白かろう, 面白がっ, 馬鹿らしくって, 驅足し, 黄金にこそ

▼ 世の中~ (629, 9.0%)

11 いやに, 急に 8 嫌に 7 厭に 4 開けて, 面白くて

3 [12件] このま, して, 不景気に, 変って, 変に, 悪いの, 悪くなった, 惡く, 無事な, 複雑に, 進んで, 面白くない

2 [45件] あるの, こんなふう, すつかり, だんだんに, つまらなくな, つまらなくなった, できて, どうなっ, どうなろう, どのやう, どんなに変っ, なって, スラリとは, 一日も, 世智辛く, 云う事, 今の, 何か, 何だか急, 動く, 堕落した, 変わって, 大變, 妙に, 小癪に, 少しの, 強いの, 心細いの, 文明に, 暗くなる, 本当な, 森と, 泥棒ばかり, 無事で, 物騒に, 真赤に, 詰らない, 賑やかに, 退屈で, 進むと, 進んだならば, 逼迫し, 面白くな, 面白くなく, 面白くなくっ

1 [458件] あくびを, あさましいもの, あじけなく, あじけなくなっ, あじけなくなりで, あまりありがたく, あまりにさびしいつまらない, あまりに果敢, あまりに汚れすぎ, あまりに科学, あまり文化的, あるいは政府, あるか, あるが, ある人々, いいでしょう, いいの, いっそう味気, いっそう憂く, いつどう, いつも火山, いつも騒がしく, いやで, いやになつ, いよいよ乱れる, うつらうつらし, うまく行こう, うるそう, うれしゅうて, おだやかでない, おもしろくねえ, おもしろくは, かような, かわったもの, かわって, かわらない限り, きたらその, きめて, きゅうくつに, くら, くると, こうなる, こうの, こう面白い, このよう, この位, この調子, これでは, こわれちゃいそう, こんだけ, こんなに動乱, こんなに悪く, こんなに面白い, こんなに騒々しく, さういふ人たち, さか, さっきとは, さわがしかった, さわがしくある, ざわつき心持, すっかり夏, すっかり空虚, せ, せめて自分, せわしくなっ, そういうおとな, そういうよう, そうぞうしくなった, そう自分, それほど恋しけりゃ, そんな風, たちまち変わった, だいぶ変った, だん, だんだん忙しく, ちがって, ちと退屈, つまらないの, つまらないよう, つまらない為, つまらなくなりました, つまらなくなる, つまらなくッ, どういう風, どうならう, どうなるだろう, どう変ろう, どれほど悲観, どんでん返しを, どんなこと, どんなに子供, どんなに悪く, どんなに明るく, どんなに無意味, どんな時, ないん, なくなるまで, なぜ廻転, なるもの, なんだか味気, にわかにこれ, のんびりし, のんびりした, はたしてよくなっ, はなやかに, ばかばかしいと, ひっくりかえるよう, ひっくり返った, ひつくり返つたやう, ひとりでに遠のく, ひどく複雑, ひねくれたって, ひらけた, ひらけたの, ひらけて, ひらめいて, ますますせまく, ますます乱れ, また恋しく, まだ十年, まだ静か, まったく変っ, まつくら, まるくいく, みんな間違ってる, むつかしくなる, めんどうに, もうそれ, もう少し住み, もう少し美しい, やつて, ゆるすこと, よくさえ, よくな, よくないであろう, よくならない, よくならなかったら, よくなる, よくなろう, よく治まった, わかって, わきかえるよう, わるいの, イヤに, イヤにな, グラグラする, スクリーンに, チットずつ, ツクヅク厭に, デタラメに, デモクラチックに, デングリ返, ヒドく, ラジウムば, 一つの, 一人の, 一変し, 一日で, 一番不景気の, 一転しよう, 一面に, 三四十年も, 世智からく, 中, 乱れたからとて, 乱れたらこういう, 乱れては, 亂れ, 予想を, 二つに, 二間四方に, 人間の, 人間を, 人間意志だけで, 人間的に, 今渡れたら, 住みにくく, 何かしら微妙に, 何かを, 何だか陰惨, 何となくさわがしく, 何となくざわつき始めた, 何となく厭, 何となく面白く, 何と明るく, 何やら味気, 何んだ, 何時も春, 便利に, 信じられない気, 元に, 公平に, 其通りに, 凶作よ, 出来たろうか, 出来て, 出来とるでなあ, 分らなくなった, 切迫し, 判然見える, 別な, 力に, 助かる, 動いて, 動き出して, 半世紀, 単調に, 古くなっ, 君たちの, 否に, 味気ない, 味気なく, 味気なくなっ, 味気なく感じられた, 和やかでありました, 善くなる, 四尺五寸に, 固まると, 土台から, 変った, 変ったからと, 変ったぞ, 変ったという, 変ったの, 変った様, 変っても, 変つ, 変つた, 変りましたね, 変りも, 変り和田, 変り自分自身, 変ると, 変ろうという, 変わったとても, 変わると, 変動する, 変遷つて来た, 大きく変わる, 大體, 天明から, 夫を, 始まってから, 嫌いに, 嫌で, 完全で, 害される, 寂しい頃, 寂しくなる, 寛ろいでいました, 小生を, 少しでも, 平ったい, 平和に, 広くな, 広くなった, 広くなりまし, 廻って, 引っくり, 心細いわ, 忙が, 忙しくなっ, 怖いよう, 怖くなる, 思いの, 思う様, 思つ, 思ひも, 急激に, 怪しい評判, 恋しくなります, 恐ろしくて, 恐ろしくなりました, 恨めしくなった, 恨めしくなる, 悪いと, 悪くて, 悪くなる, 悪くなるらしい, 悲しくなったれ, 悲しくなる, 悲しく見える, 悲観され, 悲観された, 惨忍, 愈, 愈々鋭い, 愉快で, 憎いで, 戦争一方に, 手ぐすね引い, 手先が, 手広くて, 持って, 挙げて, 支配せられ, 改まれば, 斯うなっ, 日に日に進む, 旧に, 明なった, 明るい, 明るい気, 明るくな, 明るくなり, 明るくなる, 明るく成った, 昔に, 春に, 暗いが, 暗かった, 暗くな, 暗くなった, 暗く見えた, 暗やみに, 暗澹と, 暗闇に, 暮して, 末に, 来たと, 来て, 来なくちゃ, 来るかも, 案外住み, 楽しいなぞという, 欝陶しく, 次第と, 段々おだやか, 段々ませ, 段々末世, 段々複雑, 殺伐に, 治つて來た, 治つて其恵が, 治まると, 治まッ, 泥水の, 活気づいて, 流轉, 淋しくなる, 混乱し, 済むの, 渡って, 渡つて行けます, 渡れないと, 満ちて, 無事息災で, 無我無性に, 物を, 物騒だ, 物騒で, 物騒でございます, 物騒な, 狂って, 現出するであろう, 男ばかり, 癪に, 皆空, 皮肉な, 真っ暗に, 真に必要, 真暗く, 真暗に, 眠ると, 秋の, 移って, 移り変つて, 移り帝, 窮屈に, 立直しが, 納まらぬ, 紐の, 組織だつて, 統一され, 続いて, 美しくなつた, 美しくなる, 腐敗し, 腐敗した, 膨れた, 自分に, 自分の, 自分勝手だ, 自分自身が, 自滅するだろう, 自由に, 自由主義であった, 至極暢気, 良くなれ, 苦しいところ, 苦しくなる, 莫迦に, 華文妙辞を, 萎びかかって, 薄汚くなる, 行詰って, 見廻わ, 解るん, 詰らなくなりましたわ, 諦め易く, 變つた, 變つて居る, 贅沢に, 辛く思えた, 近づいて, 迷惑するであろう, 退屈でなくなった, 退屈に, 逆に, 通るもの, 進みまして, 進み知識, 進むとともに, 進むにつれて, 進んでも, 進歩し, 進歩した, 進歩すれ, 運転する, 違うからな, 違って, 遠からず, 遠のいて, 都合よく, 配給制度に, 醇風美俗ばかりに, 長閑だ, 開けたから, 開けないで, 開けぬ時分, 開けまして, 開けませぬから, 開けるという, 開けるにつれて, 閑であった, 間違って, 険しくなっ, 隔たりすぎ柳生石舟斎, 青葉で, 静かに, 静寂に, 面倒くさくなった, 面倒臭くって, 面白いだらう, 面白かつ, 面白くなかった, 面白くなくなる, 面白さ, 面白そう, 面白過ぎ, 馬鹿げて, 馬鹿で, 駄目に, 騒がしかった, 騒がしくなっ, 騷が, 騷動にな, 驚きはてて

▼ 世の中には~ (602, 8.6%)

6 いろいろな 5 いろいろの, 理外の, 跡を 4 わたしより, 自分の 3 ある, さう, 不思議な, 人の, 人間の

2 [33件] あるの, あんなに大勢女, いくらも, いるもん, お女郎屋, これに, これほど, どんな狸, よくそんな, 一人も, 一口で, 人に, 他の, 何か, 何の, 変な, 多くの, 女の, 妙な, 彼の, 案外な, 法律の, 猜疑と, 理窟で, 男女の, 神の, 神も, 自分は, 色々な, 荘田夫人の, 解らないこと, 面白い事, 頭の

1 [492件] ああいう, あざらしばかり, あのよう, あの人たち, あらうさ, あらゆる芸術, ありあまつて, ありがたいお, ありそう, あります, ありますよ, あること, あるでしょう, あるもの, ある種, あわれな話, あんな人間, あんな恐ろしい, あんな馬鹿, いい人, いかに文学的修練, いかに気に入らぬ, いかに氣, いそう, いない人, いない神, いろ, いろいろむつかしい, いろいろ変った, いろんな人, いろんな種類, うまくでき, えらいお, えらい女, おかしな人, おたがい, おれたちに, おれ見たい, お前さんなどよりも, お前の, お姫様より, お玉の, お舟, かうした, かかる人, かなり多い, こういう事, こういう変, こうさか, こうした場合, こうすれ, こうも, ことに君, このよう, この一枚, この名状, この支那事変, この様, この種類, この蟻, これくらいの, これを, こんないい, こんなにたくさん人間, こんなばかげた, こんなもの, こんな不思議, こんな事情, こんな優美, こんな因果, こんな女, こんな手紙, こんな美しい, こんな頓珍漢, こんな頭, さし物の, さまざまな, さまざまの, ざらに, じつに馬鹿馬鹿しい, すくなくない, すぐれた人, すぐ目, すでに愛憎, すること, ずいぶんいろいろ, ずいぶんと, ずいぶんな, ずいぶん似た, ずいぶん変った, ずいぶん変わった, ずいぶん尻腰, ずいぶん未亡人, ずいぶん無造作, ずいぶん物好き, ずいぶん貧乏人, ずい分と, ずうずうしい奴, ずっと清潔, ぜんぜん無駄, そういう処, そういう商売, そういう階層, そうした事, そうして他人, そのやう, それは, そろそろ統制経済, そんなにお, そんなに悪い, そんな不思議, そんな事, そんな人, そんな仲間, そんな場合, そんな気, そんな途方, たくさんあります, たしかにある, ただ面倒臭い, たった一人, たんとあるこった, だれも, とても想像, ともするとただ, ともすれば誤解, どうしてこんな, どうして見, どこに, どこにでも, どれも, どんなこと, どんなに悪事, どんなに真心, どんな健全, どんな批評, ない, ないこと, ないと, なかなかそういう, なんという, なんと夥しく, ふしぎな, ふてえ, ほんとうに, ほんとうの, またお父さん, また厭世主義, まだこれ, まだこんな, まだどんなに沢山ある, まだまだ私, まだ別, まだ退屈, まったく棄てる, ままある, みんな幸福な, もっと暖か, もつたいないこと, もつと, もはや懐疑, もはや懷疑, よく, よくある, わしに, われわれが, われわれの, ゐませんでした, アラビアンナイトや, イケずうずうしい, エネルギーは, チャンバラと, ドンナ豪傑が, ノラリクラリと, パンを, ボロイ話も, ヨハン・セバスチャン・バッハの, リンカンの, 一つくらい, 一体誰, 一日も, 一種の, 一笑に, 三年経つ, 上には, 上にも, 不可思議無量の, 不幸な, 不思議という, 不思議にも, 不思議極まる, 不換紙幣という, 不換紙幣といふ, 二一天作の, 人と, 人を, 人情の, 人間よりも, 人間以上の, 今や大, 今日も, 他人の, 似たよう, 似た者, 何が, 何だかはずみ, 何も, 何ものも, 何一つ起こりっこない, 何事か, 作品の, 便宜上つねに用いる, 健忘症の, 側面ばかり, 偶然の, 偽せ, 傍からの, 僕が, 僕の, 兄弟という, 先ず有り, 兎角その, 全く同じ, 全く変, 冬が, 凡庸性の, 出来も, 分って, 別れの, 利益と, 前代の, 割れても, 功利主義的の, 十年も, 古往今来かう, 古社寺保存, 同じヘーヤピン, 同じ形, 君の, 君随分, 善いこと, 善人も, 嘘が, 嘘の, 嘘や, 国家の, 土地の, 堂々たる大, 変ったもの, 変った人, 外に, 外道の, 多いと, 大きな潮, 大根の, 大關, 大風に, 奇人という, 奇特な, 奇蹟的に, 妖怪に, 子供に対して, 子供の, 存在しない, 存在し得ない, 学者だの, 宗旨を, 実にたくさん, 実際この, 実際そういう, 実際そうでない, 実際必要, 宿命しか, 対人関係人と, 少からず有らう, 居ない, 山の, 己の, 帝王の, 常にある, 常識という, 平和は, 幸福な, 幽霊は, 幾十万とも, 弁口と, 形而上学の, 形而上學の, 役にも, 律の, 御主人敬三郎樣, 徳義的に, 思ひ違ひと, 怪物が, 恋する女, 恐ろしい人殺し, 恐ろしい奴, 恐ろしく惡賢, 恐ろしく溜めた, 悠長な, 悪い事, 悪い人間, 情死や, 想像も, 愉快で, 意外な, 意外の, 愛し合うという, 憑くものは, 戀愛以上の, 戦争と, 手を, 放置せられ, 敵討は, 文学を以て, 文学上の, 文芸という, 斯んな, 早くから何, 時々縁遠く, 時々馬鹿, 智慧の, 智慧者が, 暇な, 有り得ること, 朝出, 未だ民族, 未だ生物進化論, 未だ階級本能, 未練が, 本当にある, 本当に嘘, 極めて些細, 次々と, 欲の, 歓楽も, 正しき人, 死ぬと, 殆ど没趣味, 殆ど現実とは, 気の毒すぎる, 江戸は, 決して同じ, 法律とか, 法身と, 浅薄な, 海豹ばかり, 満足し, 満足した, 澤山あるだらう, 無い様, 無名の, 無愛想な, 無駄な, 煩悶し, 物の, 物好きが, 猿に, 玉石混淆し, 珍しがられ, 現にいる, 現実の, 理不尽な, 理屈だけ, 理窟では, 理窟に, 生ませられる母, 病人が, 癆, 百姓も, 監獄よりも, 相当な, 知れなかった, 磊落な, 神様が, 神秘の, 神経に, 私が, 私たちみたいな, 私と, 私の, 私共の, 科学万能主義を, 種々な, 種々雑多, 窮鼠かえって, 立派な, 笑いや, 笑つて済まされる, 米国の, 精を, 素手の, 結婚した, 結婚する, 結婚可能な, 結婚後二十年二十五年と, 結婚後八年目に, 結構な, 絶えずいる, 纏まりそう, 罪な, 美しい女達, 美しく見え, 羞恥心の, 聴覚型の, 自分が, 自分だけが, 自分という, 自分にだけ, 自分を, 自分等の, 自足した, 船ッてえ, 良いこと, 良い女, 色々と, 色とりどりの, 色盲という, 芝居が, 芸術の, 芸術家を, 蔵書狂と, 蝗など, 行詰った生活, 裁判官に, 見たいもの, 見事な, 親切な, 親切心を, 解釈の, 言葉でない, 評判のみ, 詮索し, 誉めたいの, 誘惑の, 誤解という, 誰か, 謡曲嫌いと, 警察は, 譲って, 變つた野郎が, 變な, 豪そう, 豪傑ぶっ, 貧乏性と, 買物でなくっ, 転がって, 転がってるもの, 軽蔑し, 近眼者といつても, 迚も, 途法も, 通じないこと, 運命とか, 運命の, 選者無用論を, 酢でも, 酷い奴, 醜の, 醜惡そのもの以外, 野だみた, 金持が, 鈍物が, 鍛冶屋の, 間違つた野郎が, 随分ある, 随分いろんな, 随分口先, 随分多く, 随分娑婆塞げ, 随分就職難, 随分巧, 随分巴里, 随分悪, 随分悪戯気, 随分暗合, 随分無法, 随分無責任, 随分緋, 隠れた天才, 雑草や, 雷の, 電子の, 面白くさえも, 順境と, 食えない人, 飢えて, 駄目な, 駆落, 髪の毛一本生えてない, 魚屋が, 鳥や

▼ 世の中~ (454, 6.5%)

10 見て 4 眺めて, 知って 3 よくする, 不愉快に, 歩いて, 渡って, 見る眼, 見渡すと

2 [34件] 住みよく, 何に, 傍観し, 動かす力, 去り山, 善くし, 少しなり, 忘れて, 憚かる, 捨てて, 明るくする, 映しとって, 有の, 浄化する, 渡ると, 渡るには, 渡れるもの, 渡ろうと, 眺める事, 知らないよう, 知り盡, 約束する, 經綸する, 考えて, 自分の, 見たり, 見るかと, 見ると, 見るよう, 見れば, 貫いて, 飛び廻って, 騒がして, 騒がすこと

1 [350件] あきらめて, あきらめながら, あざむくとは, あまり見, あらみこちた, いちど失脚し, いちど失脚しちゃった, いとえば, いとわしく思う, うしと, うまく渡っ, うまく渡る, うろうろし, おねがいに, くらしたらそれ, こんなかたち, こんなこと, ごまかすこと, ごらんなさい, さくさく, さびしく思う, さわがす怪しい, さわがせて, すくつて, すこしでも, すこしもよく, すてさせる事, すてるの, すねちゃった人物, ずっと苦労, そこまで, そのよう, その一色, それに調子, そんなになめる, そんなにタカ, そんなに知らない, そんな風, ただいっそう, ただ一色, ただ威張っ, だますため, つくづく果敢, つめたく見, てんから疑っ, どうして秩序, どう考え, どんな波瀾, ながめて, なげいた, なめ過ぎて, のそのそし, のぞいただけ, のぞいて, はたして善く, びっくりさせる, ふさがれた思い, ほんた, ほんとうに, ましな, ますます暗黒, また人生, まだ知らない, まどわすもの, まるで忘れた, みだすだけ, みんな仲よく, みんな敵の, むかえたの, むずかしくする, もじつと, よい世の中, よくしよう, よろこんで, わが物顔に, わき目, わずらわしくする, わたりくらべて, ズット通り過ぎ, ハスッカイに, ブルジョア, 一層よく, 一新し, 一時に, 世辭笑ひと妥協で, 乱す魔神, 乱そうと, 互に力, 今少し, 伊兵衛は, 住みよい, 何とも思わんだろう, 何と思ってるだろう, 何と見, 何んにも, 余り胡魔化, 作って, 作りかえなくちゃ, 作りたいもの, 作りたい希望, 偽映, 傍觀する, 元気にわ, 光明裡に, 公平に, 其程深く, 冷笑し, 凌ぐ主婦たち, 分った顔, 切れるよう, 前に, 創り出して, 動かすもの, 十幾年以前の, 半分しか, 厭に, 厭ふ, 去るつもり, 又は人, 古い力, 向け直そうとしても, 否定する, 呪い出した, 呪詛しも, 味気なく思わせる, 啓蒙しよう, 善と, 喜ぶ人, 回顧する, 大手を, 少しは, 少しも, 崩し始めて, 常に新しく, 常無き, 平和に, 幸福に, 幾分か, 建設し, 彷徨って, 征服し, 御存じない, 復興する, 忌むの, 忘れたやう, 忘れた気, 忘れもう, 忘れ果てたり, 思いの, 思って, 思ひは, 思わせる様, 恨みてぞ, 恨むべきでは, 悲観しない, 悲観し続け, 想像し, 意味する, 意地にも, 愛しても, 愛するため, 愛する事, 憂け, 憎んだ, 憚らず, 戯れに, 打棄, 打遣, 打遣っ, 捨てたいといふの, 捨てた自分, 捨てること, 捨てる門出, 掻廻した, 搖り動かそう, 支配し, 改革し, 救ふと, 敵だ, 敵に, 断念めました, 明るくしよう, 明るくし得る, 映して, 最も広く, 望んで, 楽しみお, 楽しんで, 樂しんで, 横に, 横行し, 横領し, 正直に, 正直一方に, 歩きまわって, 殺風景に, 毒する様, 気楽に, 永く見た, 池の, 泰平に, 海に, 混乱させ, 済まして, 渡ったこと, 渡ったもの, 渡ってるよう, 渡らないの, 渡るが, 渡るに, 渡るのに, 渡るよう, 渡る男, 渡る間, 渡れやう, 渡ろうパンパン暮し, 瀑布の, 照し, 照らして, 狂歌に, 狭く見る, 猿同然渡っ, 現じ, 甘いと, 甘く見, 生き延びて, 疾に, 発見し, 目がけて, 相手に, 真っ二つ, 真っ直ぐに, 真暗闇の, 眺めだしたの, 眺めはじめた一八四五, 瞞着する, 知ったと, 知ったもの, 知らずに, 知らず又, 知らない, 知らないくせ, 知らないため, 知らないもの, 知らない二人, 知らない人間, 知らない深窓, 知らなかった, 知らなかったけれども, 知らなかつた, 知らなかつたところ, 知らぬ強, 知らぬ老, 知り苦労, 確定不動の, 神代の, 私が, 空想し, 立ちまわれない者, 立派に, 統一すべき, 維新当時と, 緑色に, 罵倒し, 考えどんな, 胡魔化し, 脅かす野蛮, 脱却しなけれ, 自分らの, 自由に, 苦界悪所の, 茶に, 荒れ回らん, 行く末遠く, 見ずに, 見せつけられて, 見せつけられます, 見せる, 見たいもの, 見たこと, 見たと, 見たまえ, 見つけるだろう, 見よ, 見ようと, 見ること, 見るに, 見るの, 見るべきである, 見るやう, 見る先生, 見る目, 見ろ, 見わたし, 見わたせば, 見出して, 見捨てずに, 見捨てられなかつたので, 見渡した, 見渡したかったの, 見渡すに, 見渡すよう, 見渡す便宜, 見渡せば, 見直したん, 見直そうと, 見返すだけの, 見過ぎた話しである, 見限りその, 規律しうる, 覗いて, 観る目, 観る眼, 話し合ったり, 諦めて, 諦めるか, 諷した作, 識って, 走り廻るに, 超脱した, 踏み上げて, 転がって, 退いて, 送らうと, 送りました, 送るよう, 逃げまわって, 逃れたい人たち, 通って, 進歩させる, 進歩せしめる, 過ぎゆくなり, 都合よく, 重箱に, 闇と, 闇に, 闊歩しはじめたら, 離れない生きた本当, 非常に, 面白く暮す, 頃あいで, 顧みすまじう思ひ侍りしかど, 餌食と, 駆けて, 駆け抜けた, 騒がした人達, 騒がした問題, 騒がせるもの, 騷が, 高尚に

▼ 世の中~ (302, 4.3%)

5 いちばんえらい 4 一番恐ろしい, 何が 3 あつた, 何よりも, 自分ほど

2 [14件] いちばん忌み, お前の, 一番愛し, 一番気楽な, 一番美しい, 何か, 何の, 石地蔵が, 第一, 精, 美い, 自分が, 頼りに, 高尚な

1 [252件] あなたの, あなた方が, いちばんおいしい, いちばんたのしい, いちばんだらしない, いちばんわかりきった, いちばん不, いちばん好き, いちばん好きだった, いちばん強い, いちばん真実な, いちばん貴重な, いちばん軽い, いちばん静かな, いながら, いふ善事, いわゆる勝負, いわゆる官僚, うちの, えらいと, およそむずかしい, およそ一ばん美くしいもの, お兄様, お前さん, お前さんそんな, かんじんな, きいたことば, げすからな, こういう達人, この人間, この春, この間私は, これから仕事, これだけはと, これほど, これを, これ以上なんにも, こんなに楽しませ, ござりまする, さき子さんを, しかも人間, せう, せう此, その最愛, その波, その発言, その義理, それ相当の, そんな事, ただ一人, ただ千鶴子, たった一つ, たった一人, たった一片, たつた一人, だれが, とても覚え, とやかくいう, どんなに貴い, どんな危, なくして, なし慷慨どころ, なんの, な使われる, はよういな, ほめたたえられる方, ぼんやり出, まず嘘, まれに, みた最も, めくらほど, めぐり合うもの, もっとも社交的, もっとも穢, もっと胸糞, もつて, やっとること, やはり捉, わたしが, グレハマ, ゴロゴロ昼寝, トップクラスと, ドビュッシィの, マアこの節は, 一つの, 一ばんいい, 一ばん不幸な, 一ばん優しく, 一ばん大切で, 一ばん好きな, 一ばん強い, 一ばん救われ, 一ばん美くしい, 一ばん美くしいものを, 一ばん美しい, 一ばん醜い, 一人の, 一番あてに, 一番いやな, 一番えらい, 一番えらく, 一番お, 一番おいしい, 一番つまらん, 一番の, 一番むずかしい, 一番不幸な, 一番不足の, 一番偉い, 一番大きな, 一番好きな, 一番寂しい, 一番尊い, 一番幸福な, 一番怪しげな, 一番新しい, 一番明るい, 一番正直で, 一番求め, 一番苦手だった, 一番行屆く, 一番親愛と, 一番詰まらない, 一番貴い, 一番輕蔑すべき, 一番醜い, 一番難しい, 一番頼もしい, 一芸一能に, 下積みの, 不安や, 人間が, 人間は, 体裁よい, 何も, 何より幸福, 何んの, 何処に, 何某が, 価値あり, 信用する, 僅かの, 働く事, 僕が, 僞作と, 出っか, 出来ようはず, 勝手気儘に, 半刻, 受けるもの, 古いもの, 合わせるまで, 唯一人の, 困った困ったと, 図々しい押し, 外国に, 大森山王に, 女が, 女という, 女の, 女は, 女子の, 如何なる待遇, 嫌いだ, 実行する, 川崎まで, 己れ, 帰国の, 幅の, 幅を, 幸運という, 広い場所, 当今なら, 待ち程, 必ずしもよし, 怖いという, 怖いもの, 恋を, 愛したたった, 愛したたつた二人, 成功者と, 我が身に, 捨て子である, 擦れっ枯らしと, 支那の, 日本橋の, 最も尊い, 最も幸福, 最も愚劣, 最も簡単, 最も美しい, 最も近い, 最劣等, 本屋が, 本式の, 栄進出世に, 欲し, 正しいこと, 武芸を, 母の, 毎日み, 泣く者, 洋学者も, 源作叔父程, 無産の, 無邪気な, 熱に, 爲る, 狡い人間, 独り一番目の, 珍らしい, 理想の, 生きて, 生れてから, 男の, 直覚的と, 真の, 祝言を, 私たちが, 私ほどにも, 科学だけが, 簡単に, 経て, 結婚が, 結婚した, 繁夫を, 育った人, 自分たちだけの, 自分の, 自分一人が, 自分達の, 自由である, 萬一無, 落人と, 行われた一番怪奇, 表面は, 裏店や, 裕福な, 西洋流など, 見て, 見ないところ, 許されぬよう, 認めて, 諷刺の, 農工商の, 途中で, 重んぜられて, 重複し, 金や, 隣同士の, 風刺文学と, 高いの

▼ 世の中~ (153, 2.2%)

33 出て 6 生れて 5 顔が 4 出るの 3 帰って 2 でて, 出して, 出ること, 出ると, 戻って, 生まれて, 発表した, 苦労を, 顔を

1 [84件] おっぽりだした訳, お出かけに, たくましい腕, たつの, だして, でても, でるの, 乗り出して, 交りたい, 何を, 働き出しやがて, 僕を, 公表し, 出かけなければ, 出そうという, 出たいと, 出たいの, 出たこと, 出たって, 出たて, 出たらよ, 出たら僕, 出た時分, 出た者, 出てから, 出てからも, 出ての, 出ても, 出ないとき, 出なくっちゃ, 出なくつちや, 出なければ, 出ようの, 出られたらそれでも, 出られたら何処, 出られた後, 出るという, 出るには, 出るよりも, 出るチャンス, 出る時分, 出る門立ち, 出れば, 勇ましく出発, 化けて, 各, 呼び戻されるだろう, 巣立し, 帰ったよう, 帰りあなた, 帰れるかも, 引出す大役, 戻して, 打って出るにも, 抛り出された姉弟, 押し出して, 推し出して, 放し飼, 放り出されたので, 敲きつけて, 溢れ出ずには, 生かして, 生み出すと, 生んで, 男として, 発表し, 知られて, 立った処, 紹介しよう, 聞こえて, 聴え, 行くが, 行こうと, 行って, 親あれ, 踏み出して, 迷惑を, 送ったわが, 送り出した以上, 送り出そう送り出そうと, 遠慮なく吹き出した, 面を, 面出しが, 飛び出した

▼ 世の中では~ (131, 1.9%)

3 ないか 2 ありません, しかたが, ない, ないの, 一利一害を, 国家の, 国家までが

1 [114件] あの冷酷無情, あり得ないこと, あり得べからざる異変, ある, あるいは非, あるが, かういふ男, くよくよし, こういう方法, こういう結婚難, この二つ, この方法, この最も, これは, これを, ございません, さうたん, すでに仙人そのもの, ずいぶん迷信, そういう科学者, そうだ, それらの, たいてい幸福, とかく法科万能, とても成功, どんな事, ないと, ないわ, ない事, なおさら危険千万, なお更, なかった, なくて, なくなって, なるたけらく, ほとんど目的, まだ少年, むしろ富, よく裁判官, りりしく独身生活, わからない事, 一体幾ら位, 一刻でも, 一番成功する, 万事積極的の, 三尺に, 事実この, 人生の, 仇討と, 今村の, 何が, 例外です, 価格の, 信ぜられぬこと, 八病と, 到るところ, 口で, 否応なしに自分, 土地は, 報道され, 大勢の, 大比叡, 大金と, 女は, 如何なる場合, 実行が, 常識だ, 幸福な, 形だけが, 心からの, 悩むか, 数の, 敵を, 文壇的特色の, 文学の, 是非骨休めの, 有りますが, 有名に, 末期の, 機関車の, 死んでも, 殺人罪が, 決して二度と起こり, 河原者の, 無いといふ, 無論割引, 申します, 男女協力し, 痩形の, 真の, 真実の, 私たちを, 結局奴隷と, 美しいもの, 職業の, 能く, 自分が, 自然に, 自身の, 芸術家とか, 葉ざくら見物という, 表てだけ, 誰だって, 論理的の, 谷中村買収問題は, 賞めて, 身すぎ世すぎをも, 軍備を, 軽輩者は, 過激思想と, 長生を, 電話帳という, 面白くない, 騙児仲間

▼ 世の中から~ (125, 1.8%)

2 ひどい焼印, 去って, 手ひどいしっぺ返し, 落伍し, 解放し, 跡を, 金を

1 [111件] あまりかけ離れた, おさらばしたい, かくして, きれいに, その後二十年経つ, その楽, その泥棒, ちやほやされ, つかんだ, どんなに見られ, なくなったこと, なくなったら世の中, ほんとうに, まったく引っこみ, まったく隠され, まつたく隠遁, まつたく隱遁, まるで奇妙, まるで見すてられ, まるで見離され, もてはやされるよう, もとめるもの, わる口を, 一人でも, 三つの, 今日の, 何に, 何ものをも, 侮辱されなけれ, 便利を, 傲慢非情無, 傷つけられ歪みっぽく, 光明を, 全く隠退, 凡ての, 去ったの, 去るまで, 取残された感じ, 取残されて, 受けて, 名士の, 変人とか, 失くなつて, 失われて, 姿を, 完全に, 実にわかります, 引退し, 忘れられたが, 忘れられたと, 忘れられた人, 忘れられて, 忘れられ捨てられて, 忘れ去られて, 思い違いという, 戦争という, 捨てられた成れの, 捨てられて, 排斥される, 救い出されました, 敬われても, 松なんか, 棄てられた人, 歓喜を, 正当に, 殆ど隔絶し, 永劫に, 注目され, 消えて, 消え失せない道理, 消して, 消しまた, 滅びない原因, 災を, 無籍もの, 爪弾きされ, 美しい喜ばしいこと, 美男子と, 聞こう聞こうと, 背徳者の, 自分だけ, 葬られるなんて, 葬られるまでも, 行方が, 衰えて, 見捨てられる時期, 見放された十兵衛, 評判され, 貞女だ, 超越した, 足一たびこの, 辞職する, 辭職する, 追い出されても, 退治た, 逃れるには, 遠のいて, 遮斷, 除外された, 隔絶した, 隔離され, 隔離されました, 隠されて, 隠したい身体, 隠棲し, 隠遁し, 離れた気, 離れて, 離脱した, 離脱する, 韜晦し

▼ 世の中~ (85, 1.2%)

8 から 32 からこの, からなあ, からね, ぞ, もの

1 [64件] いったいおいら, からそんな, からたとい, からです, からと言っ, からよい, から体, から何事, から午前, から品川, から大久保知事, から女, から子供, から孝経, から敵同志, から毛筆, から町家, から皆大小, から目黒, から確, から私, から誰, から道中, から髪の毛, かわからん, か考へ, がかならず, が鼻, それを, だが日本人, ってこと, つたのかと, つたのだらう, つたのです, つてそんな, て, と, ということ, といふ, としても御, とすれ, とでもいう, とは言, と信じ, と思, と思う, と思えた, と思わず, と猶, な, なあ, ね浪さん, のにネハハハハ, のに昔気質, やあ失敬失敬君に, わね, アな, 七人の, 幕吏に, 惡いと, 歴史家だ, 笑ひたく, 骨休めも, 鼻の

▼ 世の中~ (70, 1.0%)

5 なった, なって 4 云うもの, 云ふも 2 なれば, 言うもの, 隔離した

1 [46件] あはれなり, あまり縁, いうものの, いえば, これだけの, したら, して, なったの, なったらやたら, なっては, なつて, なりいま, なるかも, なるでは, なると, はまるつきり違つて, まるっきりちがった, 云もの, 人間に対する, 今の, 取ッ, 同じよう, 君の, 呟いて, 太平百余年の, 寺の, 思うひと, 悟りあいなるべく, 接触する, 歎きおとした, 没交渉な, 申して, 申しても, 筍と, 組みあって, 絶縁された, 絶縁した, 自分の, 見えて, 見るべきでは, 覚悟した, 調和する, 関係の, 闘う必要, 闘かっ, 離れて

▼ 世の中~ (70, 1.0%)

2 ある, かわって, こんなもの, 変ったもの, 変わって

1 [60件] あの時, いきもの, いらない, おしまいだ, この座, こんな気, すでに行, その通り, その頃, だいぶ変わりました, ちがって, つくづく嫌, ひどい変わり, またこんな, また定まった, まだ充分, もっと住み, やや後, 一変し, 世の中なり, 世の中に, 丸で, 亦平穏, 亦私達, 人の, 人も, 人心も, 人間も, 何だ, 何も, 吾, 変りましたが, 変りますね, 変れば, 変わった, 変わったか, 変わったぜ, 変わりましたね, 変わるはず, 多忙な, 妙な, 嫌だ, 暗かった, 暗くなった, 此通なら, 無心で, 男も, 眼中に, 私も, 穏か, 苦悩の, 落ちついて, 見て, 見るの, 観人生, 變つてゐる, 進歩かは, 青年学徒の, 面白いの, 騒がしくなる

▼ 世の中という~ (69, 1.0%)

31 ものは 7 ものが 6 ものを 4 ものの 2 ことを, ところは, のは, ものである, ものはね

1 [11件] ことも, すり鉢の, ところがどんな, ものがね, ものだ, ものです, ものに, やつは, 大海の, 所は, 摩訶不思議な

▼ 世の中にも~ (33, 0.5%)

5 暫らくは

1 [28件] ある, あんまり有まい, あんまり有るまい, いないと, いろいろな, うなって, かような, こんな奇怪, その事例, ちょっと例, ときたまあらわれる, なお飲料水, なって, 一匹の, 世の, 多い耽溺主義者, 少ないの, 常にあった, 思ひ合, 沢山ある, 満足し, 特にその, 疑念なき, 美を, 自分ほど, 行われて, 通ずる, 静かな諦め

▼ 世の中でも~ (26, 0.4%)

1 [26件] ありません, あると, あるよう, ここで, これらの, ない, ないけれど, なしひと, まれには, もしもピストル以上, オリジナルな, 一番馬鹿, 世人全部満足だ, 二円の, 兎に, 千年と, 古いもの, 場合によっては, 変れば, 幾たびか, 成功は, 戦争は, 放火殺人専門の, 此旅人は, 神戸から, 罪の

▼ 世の中です~ (23, 0.3%)

43 からこれ, もの 2 からね

1 [11件] か, からこの, からね叔母様, から一方, から人間, がその, が今日, けれど時節, で鑑査, よ, よと自分

▼ 世の中である~ (22, 0.3%)

1 [22件] か, からせい, からと思う, から上の者, から張子, が苔虫類, けれどもその, ことが, ことを, この海底都市, でも行乞, ということ, という考え, という考えかた, といわね, と思う, と歎息, に, にもせよ, のに, 此不公平を, 自他共に

▼ 世の中とは~ (22, 0.3%)

2 種類が

1 [20件] いえ一戦, いえ三味線太鼓, いえ農工商いずれ, いつの, かくも, かけはなれたよう, ここに, このこと, そういうもの, まるでちがった, よく云, 予て聞い, 交渉が, 何という, 元来農作の, 全く同じ, 即戦国, 思はれない様, 打て変, 隔離した

▼ 世の中といふ~ (19, 0.3%)

7 ものは 5 ものが 2 ものだ 1 ことを, もので, ものはね, もんは, やつは

▼ 世の中じゃ~ (18, 0.3%)

4 ないか

1 [14件] ありませんから, ありませんよ, そんなに物, ないかね, ないと, なしそう, なし知った, ねえか, ア無, 仕様が, 有りませんか, 罪に, 色に, 遠慮なし

▼ 世の中~ (18, 0.3%)

5 のだ 3 んだ 1 のかも, のさ, のであらう, のでその, ので地方, のに, のに先方, んさ, んだろう, ンだ

▼ 世の中全体~ (18, 0.3%)

2 が憤ろしく

1 [16件] がすべて祝福, がだんだん, がどんなに, が寄っ, が悪く, が神罰, が踊り出し, にその, に見切り, に道, の人たち, の浮気, は考, もこの, よりもいっそう, を考察

▼ 世の中なら~ (17, 0.2%)

1 [17件] こちらから, それは, ばこちら, ば寧ろ, ば所謂親, むりに, もう死ん, 一しよ, 今頃は, 何処までも, 何為一思に, 何處までも, 問題は, 天保の, 御免を, 私などは, 私も

▼ 世の中なんて~ (16, 0.2%)

2 甘いもん

1 [14件] いい加減で, おめ, そもそも藤原道長以来, なんの, ものは, 何が, 何を, 何時どんな, 利己的な, 変な, 平凡で, 糞面白く, 言つても, 言葉は

▼ 世の中にゃ~ (16, 0.2%)

1 [16件] あるから, あんないい, あ出ねえ, お父さんどころか, こんな不敵, こんな炭火, とんだ唐変木, まったく気味, 変わったキ印, 妙な, 妹の, 河野さんこんな, 見えるちんば, 金の, 随分馬鹿, 馬鹿な

▼ 世の中って~ (12, 0.2%)

3 こんなもの 2 ものは 1 あんなもの, そうしたもの, そう調子, ままならないもん, ソンナも, 楽な, 運一つの

▼ 世の中との~ (11, 0.2%)

2 相違が 1 つながり, つながりが, つながりである, つながりを, 交渉は, 交渉を, 交際を, 縁が, 縁は

▼ 世の中にな~ (11, 0.2%)

3 つて居た 2 つてし 1 つたの, つても, つてゐた, つて何カ月かを, つて來る, つて品物が

▼ 世の中に対して~ (10, 0.1%)

2 威力が 1 そう言ってるん, よほど大きな, 人よりは, 怨みを, 懐いて, 持って, 持つて, 次第に用心

▼ 世の中への~ (10, 0.1%)

2 出口を 1 みせかけの, 出口が, 恐怖わずらわし, 望みが, 漠然とした憧れ, 義理です, 贈物として, 顔出し生命と

▼ 世の中ほど~ (10, 0.1%)

1 人間の, 女に, 有為転変の, 浮浪人が, 理想の, 社会の, 込み入って, 進歩した, 都合よく, 面白い所

▼ 世の中からは~ (8, 0.1%)

1 あれも, すたれ物に, まだ封建的, 何と, 信じられないこと, 卑しい俳優, 忘れられて, 詩の

▼ 世の中において~ (8, 0.1%)

1 すでに用いられ, 一番小さな, 名誉心から, 名譽心, 彼が, 武力によって, 私が, 義を

▼ 世の中~ (8, 0.1%)

2 人間の 1 人々や, 人間について, 他人に, 家の, 男に対して, 芸術の

▼ 世の中そのもの~ (6, 0.1%)

1 から締出し, があらかじめいちいち, がばかばかしい, が今, が法学的, が組立て直されなけれ

▼ 世の中なれ~ (6, 0.1%)

1 ば, ばこそ一介, ばとかく, ばにや華族, ば令孃, ば教え

▼ 世の中でございます~ (5, 0.1%)

2 から 1 からね, から見識, が昔

▼ 世の中での~ (5, 0.1%)

1 うるさかった, 一番いい, 父の, 生活は, 頼る人

▼ 世の中一般~ (5, 0.1%)

2 の人 1 に頭, のこと, の人間

▼ 世の中だった~ (4, 0.1%)

2 のです 1 が人, ことが

▼ 世の中だって~ (4, 0.1%)

1 おもしろすぎる, こう町, やっばりそれ, 同じ事

▼ 世の中だろう~ (4, 0.1%)

1 というの, と不安, と思っ, ね

▼ 世の中であれ~ (4, 0.1%)

1 ばこそお, ばこそその, ばこそ世の中, ばどんなに

▼ 世の中へは~ (4, 0.1%)

2 昔から, 目も

▼ 世の中建て直し~ (4, 0.1%)

1 ということ, のこの, のまっ, もわきまえない

▼ 世の中~ (3, 0.0%)

1 このあり, そんなもの, 佐渡の

▼ 世の中つて厭~ (3, 0.0%)

2 やな 1 なもの

▼ 世の中であっ~ (3, 0.0%)

2 てみれ 1 てはならない

▼ 世の中であった~ (3, 0.0%)

1 からかもしれない, から儀右衛門, から産業

▼ 世の中であり~ (3, 0.0%)

1 ながらわれわれ一般, 又ファシズム, 最近武藤元帥の

▼ 世の中にや~ (3, 0.0%)

2 味の 1 隨分見え透いた

▼ 世の中からも~ (2, 0.0%)

1 色々の, 資金を

▼ 世の中がよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつたせゐである

▼ 世の中さえ~ (2, 0.0%)

1 よく知らない, 怖ろ

▼ 世の中すべて~ (2, 0.0%)

1 の男, の自然

▼ 世の中それ~ (2, 0.0%)

1 で生き, は実に

▼ 世の中それで~ (2, 0.0%)

1 いいの, 人間が

▼ 世の中~ (2, 0.0%)

2 かし

▼ 世の中だけの~ (2, 0.0%)

1 差別です, 話では

▼ 世の中でありまし~ (2, 0.0%)

1 て下, て科学知識

▼ 世の中でした~ (2, 0.0%)

1 からじっさい, からその

▼ 世の中でない~ (2, 0.0%)

1 ことも, にしろ

▼ 世の中とも~ (2, 0.0%)

1 云える, 思はれぬと

▼ 世の中なんか~ (2, 0.0%)

1 滅ぼうと, 知りも

▼ 世の中にては~ (2, 0.0%)

1 その子, 一種族が

▼ 世の中にと~ (2, 0.0%)

1 つては, 頼母しく

▼ 世の中に対する~ (2, 0.0%)

1 大きな憤りでした, 漠然とした

▼ 世の中はね~ (2, 0.0%)

1 五月の, 輕蔑し

▼ 世の中はまん~ (2, 0.0%)

2 ご末代

▼ 世の中ばかり~ (2, 0.0%)

1 では, 眼中に

▼ 世の中より~ (2, 0.0%)

1 ずっと簡単, 遥に

▼ 世の中何もかも~ (2, 0.0%)

2 が吸殻

▼ 世の中先生~ (2, 0.0%)

1 の友達, は形

▼ 世の中~ (2, 0.0%)

1 體が, 體の

▼ 世の中即ち~ (2, 0.0%)

1 法世を, 自然世に

▼1* [157件]

世の中あたら美玉に, 世の中いつまでも, 世の中いつたい誰の, 世の中うき立ちて, 世の中韓碓の, 世の中かきくらして晴, 世の中かと思うと, 世の中かねえといつて, 世の中からとでも申したら宜しい, 世の中がをかしくなる, 世の中くらい学問の, 世の中ことに日本などは, 世の中これも世の中, 世の中さだめしと察し, 世の中さわがしかりし, 世の中じゃあなかった, 世の中じゃァ勝利を, 世の中じゅうの真当, 世の中すこしでも賑やか, 世の中すっかり自粛で, 世の中すべてアプレになつ, 世の中せち辛くなって, 世の中その冒険小説を, 世の中それに初めて向つた男, 世の中それ自身が全体, 世の中そんなに甘くいっ, 世の中だかういふ事は, 世の中だけが働く婦人, 世の中だけにまた都合, 世の中だったらどんなに楽しかろ, 世の中だつたので浅草, 世の中だの楽土なんて, 世の中だもつと正直, 世の中だ疑はる可くし, 世の中や私, 世の中っていう奴は, 世の中ってナアハハハ, 世の中は思う, 世の中つい通り, 世の中つてこんなに変, 世の中つていふもの知つて, 世の中つてものは何だか, 世の中つらく明けては, 世の中てえものは, 世の中でありましたけれど清澄, 世の中であるならおそらくこの, 世の中であろうと思う, 世の中でしたらいろいろの, 世の中でと現代の, 世の中とか何とか偉さうな, 世の中とかいうものが, 世の中とかく騒がしかりけれ, 世の中として把握した, 世の中とてそんな事気, 世の中とを隔離し, 世の中ながら幸福に, 世の中なら生れて来ない, 世の中なら言ってみれ, 世の中なりか, 世の中なりと狭き心, 世の中なり知り顏し, 世の中なれ憐れむべきにあらずや, 世の中なんでもそう, 世の中においては炉の, 世の中における並々ならぬ, 世の中にたいして影響の, 世の中にちゃあんと, 世の中につれ戻しなされたの, 世の中にて觀察と, 世の中にとってまるで有害無益, 世の中にとっても惜しい若者, 世の中にねぢけし人は, 世の中にのみ眼を, 世の中にはをかしいこと, 世の中にもかの女自身, 世の中にゃもッと, 世の中によザグヴォズキンみたいな, 世の中にをかしきもの, 世の中に対しては言うまでもないが, 世の中ねと云はれる, 世の中のこたアちょっと, 世の中のみだれて, 世の中はかような, 世の中はの歌の, 世の中はも少し融通, 世の中さらに送らいで, 世の中ばかりじゃもちろんありません, 世の中へなんか出て, 世の中まさかそんな極端, 世の中また文化文政の, 世の中まで厭に, 世の中までを一貫した, 世の中もかはらであれや, 世の中よいと申します, 世の中よてふ, 世の中よな汲むに, 世の中よりはのらくらもの, 世の中よろこびの宴, 世の中らしくかなり深刻, 世の中をかへすが, 世の中どうなる, 世の中ア百転びの方, 世の中カサ高いヤクザ本, 世の中チウものは不思議, 世の中てもの, 世の中ハダカでよい, 世の中一帶銀座界隈の景況, 世の中一度に二つ, 世の中一廉の実入り, 世の中一様に, 世の中万端の事智識, 世の中世の中何故, 世の中人生人間社會と言う, 世の中何一つ面白い事, 世の中何事も不思議, 世の中働くものの, 世の中元禄の淫逸, 世の中全般から集まった, 世の中十五夜の闇, 世の中友情のみはまこ, 世の中同じ人間と, 世の中商人の手廻し, 世の中多くはかかる, 世の中教人の, 世の中寛永尚武の世の中, 世の中年者らが茶屋遊び, 世の中従兄弟となれ, 世の中心的なもの, 世の中必ずや我國に, 世の中悟りすましたよう, 世の中或いは世間である, 世の中打割りて見れ, 世の中文学作品とくに女, 世の中断念して, 世の中是非なきこと, 世の中汚職という字, 世の中に笑, 世の中独り文章而已は黴, 世の中知らず主観的で, 世の中は高価, 世の中考へることの, 世の中耳元で鉄砲, 世の中自体が甘え, 世の中良かれ酉の, 世の中につき, 世の中若い者子供赤ン坊の, 世の中見れば阿波, 世の中見当外れの通ぶり, 世の中のよう, 世の中送るは, 世の中道徳節操のごとき, 世の中遺憾ながら筆, 世の中重宝な時計, 世の中面白からずあはれ何處, 世の中面白く存申候, 世の中飢渇して, 世の中騒がしくなりて