青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「上方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~上る 上る~ ~上下 上下~ ~上京 上京~ 上人~ 上品~ ~上手 上手~
上方~
上流~ 上海~ 上等~ 上衣~ 上野~ 上陸~ ~下 下~ ~下げ 下げ~

「上方~」 1353, 14ppm, 7954位

▼ 上方~ (286, 21.1%)

6 方の, 方へ 5 ほうへ 4 国で, 国へ

2 [13件] お酒, 人で, 写真ニュースや, 勤王家は, 国から, 壁に, 女と, 御老体, 方から, 芝居は, 落語の, 遊びも, 風雲を

1 [235件] いずれに, いたずら者は, いわゆるシュク, うごきでも, うごきには, えいじゃないかはこれどころではございませんな, おんなに, お人, お客が, お持米, お稽古, こみ入った組立, さかいは, それではなかっ, それも, とは異なり, とろみに, なわが, はそんなに, はやりの, ほうで, ほうを, ぼろくそ, めずらしいお話, ものざます, ものは, ような, ような開けた, コードに, ステップの, モダンの, 一枚の, 一般の, 一角に, 一部のみを, 三粋人吉郎兵衛六右衛門甚太夫とて, 与力羅門塔十郎だ, 丘から, 事, 二つの, 二階で, 人ぢや, 人である, 人に, 人には, 人の, 人は, 人士で, 人心ために, 人気女形の, 人間だ, 伸間へ, 何処の, 佛師に, 冷い, 出入口から, 出版物であった, 分子が, 動乱の, 千両役者今で, 半分が, 名優と, 名捕手羅門塔十郎, 商人で, 四天王寺で, 国生れ育った, 地で, 地点で, 壁には, 変事を, 外気の, 女が, 女の, 女形として, 女形芸術一途で, 奴だ, 奴は, 娘さんを, 娘は, 実業家と, 客と, 客信濃路から, 寄席の, 富田左近将監や, 寒暖計は, 小さな抽出, 小孔, 屋根の, 山中を, 差出しの, 庇柱長押などは, 建物の, 建築だ, 形勢は, 往来も, 後塵を, 御仁で, 御勝利, 急変を, 急進派を, 悪口を, 情勢を, 戦が, 戦乱や, 戦場へ, 戦況を, 手切れと, 持米が, 揚巻, 撚り目, 攘夷家と, 敗報し, 文化が, 文明は, 料理には, 斜面に, 方が, 方で, 方に, 方へでも, 方へは, 旅へ, 春の, 時局を, 書棚に, 有志も, 枝は, 栖鳳や, 桷を, 検校さんの, 模様は, 横に, 横木から, 櫓に, 歌であろう, 武家らしき, 武辺と, 残用一切を, 段階とは, 比でない, 水平部も, 江戸唄の, 沢を, 流行唄だ, 流行唄を, 海軍も, 深い青空, 深淵を, 滑車を, 煙道に, 熱い空気, 特殊性を, 犬は, 狭い風窓, 生れと, 生世話物の, 白ミソといった, 直線が, 神, 稀薄な, 稍左よりには, 空が, 空に, 空へ, 空を, 空気から, 空気という, 窓には, 窓も, 竈の, 粹といふ, 細い竹竿, 絹あきん, 絹商人と, 絹商人とは, 絹商人ひとりに, 緞帳役者がと, 織物で, 羅門, 羅門塔十郎殿で, 群わ, 群を, 者か, 者で, 者に, 胸欄の, 自然に, 興行に, 舞ひ, 芝居が, 芝居絵は, 花車方江戸の, 芸人が, 芸人だった, 芸人は, 芸者の, 茂みを, 茶道具屋の, 落語, 落語を, 落語家だった, 藩の, 衆か, 衆を, 街, 親方を, 言葉には, 言語表情を, 話でも, 語音を, 調子とで, 賊軍が, 辺に, 連中が, 道糸に, 部分が, 部屋に, 都への, 都近い, 酒の, 酒仙たちの, 野菜物は, 金持が, 鉱坑も, 銅板が, 鋭い山脈, 長袖殊に, 雑誌ばかりが, 青屋が, 面丈けが主として, 風勢が, 風雲は, 食通には, 高地に, 鶉通に

▼ 上方~ (156, 11.5%)

2 いちめんに, 五六人の, 伸び出て, 向けて, 幽かな, 浮きました, 魚の

1 [142件] あたかも空中, あたりて, あったため, あったという, あって, あっては, ありがち, あり京阪, あり今やいたく, あり汝等これ, あるお, あると, あるもの, ある一軒家, ある時, ある横木, ある灯, ある部分, いた者, おったころ, かかってる鉄, こんな場所, しがみつきそしてまた, しゃくれて, ずんずん押し, つくって, つけつ廻しつ折, つけられるので, つっ立って, とどまって, ながめるだけ, なだらかな, なったんで, のぼって, はやること, ひろげて, ぼんやり白い, めでたく治まる, ゆき恐らく, ゆくもの, ヘアピン形に, 一郭の, 下げて, 両軍開戦, 中央の, 二本の, 伸べそ, 住み着いて, 住んで, 何が, 入れて, 凄愴, 出かけた人々, 出れば, 切られて, 向かわないで, 向って, 向ひ, 向ふ, 向ふごとく, 吹きあがる所, 四角な, 地歩を, 大きな光, 天険を, 威を, 実行し, 寸刻も, 導くが, 小田原に, 居た頃, 屈伏し, 展く, 差上げた, 幾つもの電燈が, 引裂いて, 彎曲させ, 当る方向, 彫像の, 往來した, 懸吊点, 押し上げ次に, 持米多きよし, 文鎮を, 新葉, 於いて, 於ける人気, 日本アルプスの, 昇つて行つてし, 昇る眞, 来たの, 柱廊の, 桃の, 欄間が, 比べると, 流下せる黝黒色熔岩, 消え去りました, 燭心が, 留め付けると, 発る, 知人が, 示したもの, 祖母の, 移ると, 空は, 立つた高, 立てて, 置いたり, 罰せらる, 聞こえるきり, 虹の, 行くと, 行くに従って, 行けと, 行て, 行われる砂持, 見えて, 見ゆる物, 見透しも, 觀光に, 認められるきり, 走って, 起り其, 踊り上り物, 踵い, 近いせい, 近い優しい口, 近うございます, 這い上がって, 運ばる, 運び帰り, 過ぎて, 鎧通しの, 鏡台山一帯は, 長く居りました, 隠れて, 隱れ, 離れゐたるため, 雷雨が, 領地も, 馳せて, 高千穂の

▼ 上方~ (142, 10.5%)

8 行って 6 のぼって 4 行くと 3 参って, 向けて 2 いって, おいでに, やりました, 上るの, 帰って, 持って, 流れて, 送ること, 飛んで

1 [100件] あげて, おいでなさる, お引き, お立ちに, かけおちして, かけて, くれば, さすらいの, せめのぼるよう, ともども出立いたされよ, どんどん生糸, のぼりいい, のぼる, また志し, むかって, やっては, やって来て, やられたもの, ゆくそう, ゆくという, ゆく時, ゆく目的, 上ったが, 上ったとき, 上って, 上ること, 上るも, 上る約束, 乗りこんで, 乗出したかったん, 二人で, 伸び上げるよう, 修行に, 入った葡萄畑, 出かける, 出かけるつもり, 出ましたまま, 出るには, 出張し, 出陣した, 参ったそう, 参りまして, 参ります, 取って返したもの, 向って, 売りに, 奉公に, 奔つた, 媚び陰, 小田原へ, 山女魚釣りに, 帰して, 帰ろうという, 往った, 戻っての, 持ち返された酒, 援軍に, 旅し, 旅行中で, 昇って, 暫く, 来た敏腕, 来て, 来ては, 来ると, 案内する, 流れだしなんと, 漂泊し, 潜行す, 発つという, 発足した, 移って, 立ち廻って, 立って, 立つ, 立て, 立とう, 絶えず楕円形, 荷を, 落ちて, 行きて, 行くについて, 行くの, 行く途, 行く途中, 行けないの, 行ったと, 行ったらひとつ本場, 行っちゃ, 行つた錢形の, 行つて了つたと, 行つて惡事を, 行つて留守この, 行つて留守な, 送られた様子, 逃げたと, 連れて, 馳せつけたはず, 馳せ上った, 鬚の

▼ 上方から~ (89, 6.6%)

6 帰って 3 下って 2 九州までも, 江戸へ, 落ちて, 足と, 順次に

1 [70件] あちこち巡業って, あなた様に, かえり向こう, この甲州, この鎌倉, して, ついたり, どしどし隠密, ながめようとは, ひっさげて, やって来たの, やって来た工合, 一介の, 一台取りよせた, 下る神楽師, 下方へ, 世帯を, 二つ目の, 來た, 來て, 來なすつた, 俯瞰した, 凍えた外気, 博多に, 右斜めに, 吉野丸太や, 大菩薩, 奧州へ, 女形と, 女浄瑠璃の, 層を, 山羊を, 帰る時, 帰国し, 平らに, 建設の, 弦之, 戻って, 招いた菊之丞一行, 持ち伝へたもの, 持って, 撮影した, 新しく流れこん, 来たと, 来た一座一行, 来た夫婦者, 来た目明し, 来た老, 来た者, 来れば, 東へ, 東国への, 江戸に, 江戸表まで, 流れて, 知らせが, 神楽師に, 群集の, 聞えて, 西の, 西は, 見ても, 追つかけ, 逃げた母親, 連れて, 運ばれたので, 鍔競を, 間諜が, 関東と, 飛脚が

▼ 上方~ (42, 3.1%)

1 [42件] いう松葉, おそらく上行大動脈, このなり, こやつ, また東京, ケチな, 一流の, 亡くなりましたけれど, 人間に, 仕立てさ, 以前は, 何を, 作られたの, 儲けたやう, 別れてから, 勤めを, 友達に, 名人と, 大吉の, 奈良の, 完全な, 密着し, 懇意に, 教育を, 整えた討入, 新撰組と, 溝を, 為込ん, 生れたもの, 策を, 芸人として, 華やかな, 薬屋を, 薬種屋を, 藥屋を, 藥種屋を, 見ました時, 買いしめて, 贋金の, 逢おう, 遠国すじの, 鍛え上げた腕

▼ 上方では~ (30, 2.2%)

1 [30件] ぐちと, これを, それが, だいぶ大石殿, やや様子, クルリ棒茨城県などでは, ジンキとも, 一般に, 京都で, 京都の, 六波羅の, 初陣ここで, 刺身や, 勝助が, 幾度か, 座頭の, 弱くて, 恐らく真, 摂津旧, 旧幕時代から, 昔から, 江口とか, 舐り人形, 舞ひ, 見られない景色, 誰について, 額に, 駄目である, 騒動が, 高氏が

▼ 上方~ (28, 2.1%)

2 見あげて

1 [26件] かたく紐, はなれますとき, 仰いだり, 仰いだ彼, 実見し, 思い出させぬよう, 我は, 指し, 発足した, 登るの, 目的と, 真似て, 眺めて, 破談に, 立つ日, 笑殺に, 粹な, 覆うて, 見て, 見ながら, 見るに, 見上げましたが, 見物した, 視るかれら, 遍歴した話し, 飛んで

▼ 上方には~ (26, 1.9%)

1 [26件] かかって, すでに闇, ずいぶん飛ん, そんな例, 不動な, 加治木玄白斎が, 原始的な, 古い大きな, 古い穹窿状, 同じ筆, 大きな樹木, 大塩平八郎の, 太陽が, 掛架が, 明るい明るい空, 東京の, 無い事, 独自の, 窓ガラスの, 縮れっ毛, 美い, 通路絶えぬ, 阿拉伯父, 限らず関東地方, 騒動が, 黒獅子という

▼ 上方地方~ (24, 1.8%)

2 には後世, のエタ

1 [20件] から行つた, であった様, でいわゆる, ではまた, ではエタ, でももと, でや, で呼ばれた, で年取った, という中, にあっ, にのみ主として, には夙, にひきつづき, に住ん, に古今, のいわゆる, の人, の古来, の宿

▼ 上方~ (24, 1.8%)

3 の塗柄

1 [21件] ではなおさら, な嫁, な家屋, な少し, になっ, にベッタ人形, に辨當, の, のすき焼, の二枚目芸, の土間, の地下室, の婦人, の小意気, の標準, の細折結, の美人, の者, の荏柄, の長, の長火鉢

▼ 上方~ (23, 1.7%)

1 [23件] がひた, が攻めあぐんだ, で実戦, と対抗, と関東勢, に与みする, のこと, の中, の手並, の旗印, の様子, はことごとく, は一ノ宮ひとつ, は支離滅裂, は攻め, は柔弱, は鉄砲, も眼, を十万, を寄せ集め, を悩ました, を見くびる, ヲ見

▼ 上方見物~ (22, 1.6%)

2 の途中

1 [20件] から西国廻り, が出, という名代, とし, にきた, にでも上る, に出かけ, に出かける, に出る, に名, に往く, に行く, に行っ, の母, の道中, はかこつけ, は口実, も罷め, を, をする

▼ 上方~ (19, 1.4%)

1 [19件] が多い, が家主, が目, だと, です, ですよ, で二分, なん, のねっちり, の吝嗇家, の家, の葛籠, の闘, はさう, は到らぬ, は自分, やからすぐ, らしい優男, らしい男

▼ 上方役者~ (15, 1.1%)

2 を芯

1 [13件] であった, でも彼, とかいう野郎, にぞっこん, のため, の乗りこみ, の嵐三左衛門, の憎, の来訪, の楽屋入り, はてんで, は今どこ, は降矢木以外

▼ 上方~ (14, 1.0%)

2 うっすらと, 重過ぎ 1 うまいのう, よかった, 恋しくなった, 折れ朽ちてる桜, 本場の, 特に著しく, 蚕室に, 連年戦乱に, 開いて, 開きまた

▼ 上方~ (12, 0.9%)

1 [12件] いかぬところ, ここ数日の, 上方で, 今度はじめて, 住みにくい, 兀, 勿論長崎, 原語下方が, 可なり, 戦だ, 火山岩に, 酒が

▼ 上方へでも~ (12, 0.9%)

3 行ったよう 1 出て, 落ちのびて, 行かうといふ, 行こうかと, 行ったの, 行って, 行つて修業し, 迷って, 逃げたこと

▼ 上方~ (12, 0.9%)

1 [12件] がいつしか, だの, でもどうぞ, なぞの好き, なぞを聞かせ, などを歌った, にも其文句, の三味線, の台広, の合の手, の特色, の色香

▼ 上方でも~ (10, 0.7%)

1 ずいぶんイギリス, ずいぶん失くなっ, どのお, はつきり座頭と, やはり牛馬医, 困るだろう道庵, 武蔵野でも, 江戸でも, 流行って, 疲労した

▼ 上方にも~ (9, 0.7%)

1 ある, あんなお金, お江戸, ない, なかなか面白い, 下方にも, 聞えた事, 背後にも, 起つて

▼ 上方~ (9, 0.7%)

1 で, で余計, との比較, との見解, の捕物, の捕物法, の相違, の羅門, の詮議法

▼ 上方~ (9, 0.7%)

1 かイヤ, では手, の唐辛子, の情報, の道具買, は何, は別して, へかけ, を同行

▼ 上方あたり~ (8, 0.6%)

2 に遊ん 1 からしばしば, でもよほど, の古い, の成金, へ駈, までは聴く

▼ 上方からの~ (8, 0.6%)

1 いわば頼り, 圧力によって, 意見な, 新輸入, 流れの, 素浪人のみ, 統制が, 軍勢と

▼ 上方下り~ (8, 0.6%)

2 の雪 1 で辻, の人達, の嵐翫之丞, の生き, の立女形上村吉三郎, の荷主なんど

▼ 上方~ (8, 0.6%)

1 でもきっと, で語られた, というもの, のアク, の会話, の滑, の色, らしい点

▼ 上方への~ (7, 0.5%)

1 よい土産話, 御出馬, 御旅中, 方向だ, 減少が, 路銀を, 転進を

▼ 上方訛り~ (7, 0.5%)

1 があります, のお客, のアクセント, の七五調, はあります, はある, も妙

▼ 上方~ (6, 0.4%)

2 ねといわれる 1 ということ, と聽, なあ, 今は

▼ 上方~ (6, 0.4%)

2 許り 1 よぶその, 奧州と, 江戸の, 関東とを

▼ 上方まで~ (6, 0.4%)

1 つれて, 尋ねて, 沸き立たせたこの, 行くから, 見に, 逢いに

▼ 上方~ (6, 0.4%)

1 な要素, に拠った, に気, に米, の, の前

▼ 上方~ (5, 0.4%)

1 いが, いの, いはうし, いはこの, いを

▼ 上方との~ (5, 0.4%)

1 個々直接の, 和睦の, 流行の, 相違な, 重要な

▼ 上方における~ (5, 0.4%)

1 お雛遊び, 大石の, 若竹との, 鎌倉軍の, 雛遊びと

▼ 上方方面~ (5, 0.4%)

1 からの勢力, からの情報, から出た, に配し, の酒

▼ 上方芝居~ (5, 0.4%)

1 だから, には珍しい, に入り, に真, の女形

▼ 上方西国~ (5, 0.4%)

1 から高い, で沢山, にたんまり, の手持ち, の田舎

▼ 上方言葉~ (5, 0.4%)

1 で押し通した, で聲, で自分, の, をもめずらしく

▼ 上方~ (5, 0.4%)

1 では, の大, の茶屋女, の騒動容易, は大

▼ 上方くだり~ (4, 0.3%)

1 のあの, の女形, の絹, の若い

▼ 上方もの~ (4, 0.3%)

1 とは違う, のから, の母子, をあの

▼ 上方より~ (4, 0.3%)

1 初下り, 斜に, 望み見れば, 馳せ下りて

▼ 上方一線~ (4, 0.3%)

4 の霞

▼ 上方~ (4, 0.3%)

1 であって, なら言うところ, に見せる, 同じ様

▼ 上方~ (4, 0.3%)

1 があります, がある, で読んだろう, の商人

▼ 上方とは~ (3, 0.2%)

1 まるでちがっ, 全く風俗, 間接の

▼ 上方のぼり~ (3, 0.2%)

2 をし 1 こそ究竟

▼ 上方へは~ (3, 0.2%)

1 いちど行っ, 無制限である, 近いところ

▼ 上方~ (3, 0.2%)

1 ンは, 似たりよったりな, 山陰道も

▼ 上方~ (3, 0.2%)

1 との相違, にその, に賞翫

▼ 上方寿司~ (3, 0.2%)

1 と江戸握り, と異なる, の風情

▼ 上方~ (3, 0.2%)

1 から売り出され, といふ花骨牌, はここ

▼ 上方落語~ (3, 0.2%)

1 に, のため, は大

▼ 上方行き~ (3, 0.2%)

1 ということ, の代償, の随行

▼ 上方~ (3, 0.2%)

1 が一つ, と江戸語, のまじる

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 いずれかに, え

▼ 上方という~ (2, 0.1%)

1 ところに, ものは

▼ 上方なまり~ (2, 0.1%)

1 がある, をむき出した

▼ 上方にても~ (2, 0.1%)

1 ただたださまざま, はやり候

▼ 上方へと~ (2, 0.1%)

1 その城, 志した

▼ 上方へも~ (2, 0.1%)

1 廻ったぞ, 行って

▼ 上方までの~ (2, 0.1%)

1 道中が, 道場という

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 江戸の, 諸国の

▼ 上方三界~ (2, 0.1%)

1 をほっつき歩き, を自棄

▼ 上方俳優~ (2, 0.1%)

1 であるから, で興行

▼ 上方四尺~ (2, 0.1%)

1 のところ, の点

▼ 上方料理~ (2, 0.1%)

1 のうまい, の変った

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 などでも沢山, の方

▼ 上方生まれ~ (2, 0.1%)

1 に相違, の男娼

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 の胆玉, れの

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 の東, を廻漕

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 五町許り, 五百メートル近い

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 との打合せ, を差し措い

▼ 上方育ち~ (2, 0.1%)

1 で酒, の者

▼ 上方落語界~ (2, 0.1%)

1 だが, について言及

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 へ, を経

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 の滑, を混ぜた

▼ 上方~ (2, 0.1%)

1 といつ, を飲ませなけれ

▼ 上方高く~ (2, 0.1%)

1 一枚の, 入道雲が

▼1* [128件]

上方いずれ大相撲の, 上方からくだって来た, 上方からけえって, 上方からは毛利大膳大夫が, 上方くんだりからそんな, 上方こそは日本で, 上方ことばの尼さん, 上方じゃ一二を, 上方じゃあ中納言様が, 上方すじへ立廻り, 上方そこの山腹, 上方そだちだけにどうしても, 上方だけ雪雲らしい, 上方だけが薄白く, 上方だけでも二十名以上の, 上方づくりの濃, 上方でかき豆という, 上方でなければ滅多, 上方での出来事が, 上方とでは舞踊家の, 上方なり何でも, 上方において信雄卿が, 上方においては昆布も, 上方にかけて最初から, 上方にて取戻して, 上方にては桂圓枝この, 上方にでも遠征したら, 上方にわたって隠密として, 上方にをりました頃, 上方のさかいとちつとも, 上方のさかいとは語の, 上方のちぼ流, 上方はなこの東京, 上方ばかりじゃございません先生, 上方ふうの広い, 上方までも調べたけれど, 上方やなんぞで励んで, 上方かまわず馬, 上方らしい悠長な, 上方わかれたる火に, 上方をてきに, 上方をばほぼ半, 上方ディーテの門外, 上方吊リ上ゲタリ, 上方行コウト思ッタラ長州萩, 上方と言われた, 上方一面にかぶさり, 上方三四尺を一厘五毛柄, 上方三寸の辺, 上方上りをなされ, 上方上方で人間, 上方世話物に一貫, 上方眼の, 上方二十尋に及ぶ, 上方五六寸の所, 上方人垣の脚, 上方人通有の俗っぽい, 上方作者の筆, 上方修業によつて, 上方修飾語の常習, 上方六日より此所, 上方のあきん, 上方出征の途中, 上方劇壇で揺ぎ, 上方加担の大名, 上方勢ト取合フコトノ無益ハ, 上方勢トハ似ルベクモナシ, 上方勢十万も十五万, 上方名物のよき, 上方向きの俳優, 上方と使い分け, 上方四階のある, 上方女形雀右衛門の住居, 上方女郎衆の輸送, 上方好みのケバケバ, 上方客東京っ子芸者学生の団体, 上方で今, 上方山城の国, 上方式手古舞と金棒, 上方役者里虹と道, 上方役者雪之丞, 上方征伐に相, 上方怨霊にちげ, 上方成金の心意気, 上方手紙では埓, 上方持米の江戸廻送, 上方文化即ち貴族, 上方文明の洗練, 上方方言を使, 上方根性の好かない, 上方歌舞妓の立役, 上方武士と東国武士, 上方武者は浮華軽薄, 上方気質というもの, 上方江戸を通じて幕末明治以来, 上方流れの安, 上方流儀のねちっこい, 上方海拔約五百米突許りの, 上方のお伽稗子, 上方狂言師の巨頭, 上方生れ公卿侍の, 上方の届かない, 上方の産物, 上方種族の玉, 上方端唄として謡, 上方者ひとりは江戸っ子, 上方者夫婦が自分, 上方を見惚れさせる, 上方が江戸前, 上方枝の, 上方若手芝居として京都, 上方落ちを極めて, 上方落語華やかなりしある, 上方落語通の殆, 上方に見せ, 上方へ立ち, 上方見上ぐるばかりの高, 上方見物夫れは, 上方調である, 上方讃美が始まった, 上方踊りを見せよ, 上方ひの, 上方通いの帆船, 上方遊里の忘れられない, 上方とある, 上方の人達, 上方風俗だったらしい, 上方高く高く軒並に