青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「世に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

与えた~ 与えられた~ ~与える 与える~ 与八~ 丑松~ ~且つ 且つ~ ~世 世~
世に~
世にも~ ~世の中 世の中~ 世人~ ~世界 世界~ 世紀~ ~世話 世話~ ~世間

「世に~」 1648, 18ppm, 6413位

▼ 世にいう~ (52, 3.2%)

5 ところの

1 [47件] がごとく, とおりうじくらい, ものも, 一寸法師か, 三代相伝の, 三左陣の, 不義理が, 不運だろう, 乞食坊主でも, 八代集を, 化け物と, 姑根性を, 娼婦の, 幸福な, 幻術という, 幽霊という, 待味方の, 恋煩いの, 悪女の, 愛を, 手裏剣なる, 政治家らしい, 木の葉天狗の, 母性中心説である, 水鬼であった, 渡仙は, 漁樵耕牧の, 犬神では, 狐憑きの, 異相という, 石女の, 神隠しという, 竜まきなる, 築山殿事件が, 蛇の, 血の池なる, 血塊という, 親子の, 賢母じゃ, 赤絵とやら, 越前家の, 運の, 隠士だ, 隠者とでも, 高田殿, 鬼女でござろう, 鹿鳴

▼ 世にある~ (38, 2.3%)

3 頃の 2 か, 多くの

1 [31件] うちから, うちはと, お方と, かと疑い, が彼, ことだろう, ことも, ことを, のか, のだ, のも, はずは, は唯, ほどの殿上人, もので, ものとは, ものは, も無駄, を無駄, 不道理, 人の, 人は, 人びとにとっては, 人びとの, 方たちには, 日の, 日藩主に, 時は, 美しいもの, 者の, 頃から

▼ 世に~ (36, 2.2%)

10 にする 4 にし 3 にした, にせられた, にせられる 2 けにする, にされた, にせ, にせし 1 けにした, にさるる, にせざる, にせられなかった, にせる

▼ 世に~ (24, 1.5%)

2 なもの, なる美人

1 [20件] しい高価, でない, とはいい, ならぬこと, なるところ, なるべき美人, なる宝, なフェミニスト, な三つ児, な仁人, な出来栄え, な所以, な美人, な美女, な美徳, な薫, な謹厳, れなる才能, れな少年, れな男らしい

▼ 世にこれ~ (21, 1.3%)

1 [21件] と同一, ほどの幸福, ほどの美女, ほどの距離, ほどセンス, ほど口惜しい, ほど大切, ほど奇怪, ほど女人, ほど妙, ほど幸福, ほど贅, ほど醜き, ほど風変り, を, を三桓, を信ずる, を十作, を文政, を紹介, を赤穂

▼ 世にない~ (21, 1.3%)

1 [21件] お方です, ことである, ことを, でもない, と思う, ので, ので挿絵, ので遺憾, はずの, もう一人, ものと, ものに, アイルランドの, 一人の, 人でありました, 人です, 人を, 夫の, 彼女へか, 父上母上を, 身ぞと

▼ 世に~ (21, 1.3%)

5 ふこと 2 はれた

1 [14件] はうと, はれなけれ, ふこの, ふた明治末葉, ふてみようといふ, ふてゐた長髪, ふに, ふべき機縁, ふべく書かれた作品, ふ機会, ふ機関, ふ決心, ふ野心, ふ限り

▼ 世に最も~ (18, 1.1%)

2 人を

1 [16件] 優雅に, 公平な, 勝れた一人, 尊くし, 尊貴な, 崇高深遠な, 平和な, 幸福なる, 悲しむべきこと, 憐れむべき餓鬼, 稀な, 詩的でない, 誇って, 賢明確実な, 賤ま, 軽快な

▼ 世に紹介~ (18, 1.1%)

3 しようと 2 するため

1 [13件] されたという, されたの, されたはじめ, されてから, したの, したばかり, した最初, した率先者, しシラノ, し世に, するの必要, するもの, する豈

▼ 世に~ (17, 1.0%)

3 そうという, でむ 2 でたる, で玉はん日 1 そうが, づる頃には, てゐる, て人, でお, でたれば, で大

▼ 世に出し~ (15, 0.9%)

2 てくれた

1 [13件] てあげる, てえと, てやる, てゐる, て上げたい, て上げる, て下さい, て世評, て以來五經正義, まいちど家名, また御, 且つ其書, 御恩報

▼ 世に云う~ (13, 0.8%)

1 [13件] そら義侠心, 世紀末の, 以心伝心という, 勝利者の, 天草一揆が, 手繰り渡しに, 水際が, 無頼の, 牢番なら, 盲蛇だ, 象形文字だ, 迷信であった, 風を

▼ 世になき~ (12, 0.7%)

3 人の 1 が如き思ひあり, ように, 事や, 人にては, 妻を, 母方の, 翰の, 身ぞと, 陸軍少将松島主税の

▼ 世に亡き~ (12, 0.7%)

2 母の, 者と 1 ものと, ものに, 乙女を, 人々の, 人となりぬ, 御方である, 御方なれ, 謙三郎の

▼ 世に出た~ (11, 0.7%)

1 [11件] ことを, のが, のであっ, はよほど, もので, もんだ, ような, 大宮殿を, 時用うべき, 物と, 頃には

▼ 世にあろう~ (10, 0.6%)

71 かとばかり惜しげ, かと卯木, 筈が

▼ 世に~ (10, 0.6%)

1 はるもの, ふるが, ふるところ, ふるを, ふテスピス, ふ板垣伯, ふ頃ろ自由黨, へらるとも, へられ一, へんこと

▼ 世に名高い~ (10, 0.6%)

1 あの高齢者, ことである, エジェリヤの, ヂェイムズさんも, 九十九里の, 人々は, 吉広江の, 大画家ルーベンス, 玻璃窓の, 高僧の

▼ 世に多い~ (10, 0.6%)

1 がその, ことである, ことでござる, と認め, わおまえ, アイヌ語の, 例で, 例です, 平凡と, 訳です

▼ 世にいわゆる~ (9, 0.5%)

2 幽霊と 1 はびこる人, 古代では, 妖怪変化の, 妖怪屋敷は, 才色兼備の, 盲者蛇で, 神経を

▼ 世にただ~ (9, 0.5%)

2 一人なつかしき 1 ひとりの, 一つ深く, 一人と, 一部きりない, 二つの, 彼ひとりだった, 美術ある

▼ 世にまた~ (9, 0.5%)

2 得が 1 あるべしや, かほどまでに打解けた, とあろう, 何物も, 庭の, 戀に, 新なる

▼ 世に~ (9, 0.5%)

2 のやう 1 でもなく, の楽しみ, の榮, の歓声, の貢献, をたより, を残す

▼ 世に~ (9, 0.5%)

1 をとった, をアラージヤ, をウーゴ・チャペッタとい, を出し, を取らん, を成した, を揚げる, を知られ, を知られた

▼ 世に問う~ (9, 0.5%)

1 いわば坂田, ことによって, てみる, てゐた, て自ら明らか, て見る, まで青春, 事が, 必要が

▼ 世に~ (9, 0.5%)

1 しからず, らしいもの, らしい品, らしきもの, らしき巨大, らしく仕末, らしく思ひぬるかな, らしく澄みわたりゐて, らしの

▼ 世に~ (9, 0.5%)

2 ふ所 1 ふ元服, ふ女, ふ女好き, ふ娼婦型, ふ小才, ふ捕物, ふ繼

▼ 世にその~ (8, 0.5%)

2 形体を 1 例の, 名を, 才を, 母以外に, 跡を, 願ひ

▼ 世に処する~ (8, 0.5%)

1 ということ, の徳義, は危険, ものは, 上において, 事の, 妙法である, 道也は

▼ 世に在る~ (8, 0.5%)

1 の日, や沖天, 人々に, 人々の, 人とは, 目付, 間彼等を, 頃は

▼ 世に無き~ (8, 0.5%)

1 に如かざるなり, オルワンガル島の, 亡霊を, 人ぞ, 人の, 以上は, 君か, 母に

▼ 世に発表~ (8, 0.5%)

3 したの 1 されてからは, すること, するには, するよう, せられしこと

▼ 世に送る~ (8, 0.5%)

2 のであります 1 くらいなら, こと昨年中に, ものは, 所以の, 所以は, 機会は

▼ 世にたぐい~ (7, 0.4%)

1 ないかとも, なき物, なくこの, なく美しゅう見える, なく見ゆる, もない, もなく美しい

▼ 世に出した~ (7, 0.4%)

2 のは 1 お手柄, もの, 一箇の, 時に, 最初の

▼ 世に名高き~ (7, 0.4%)

1 三羽烏玄, 人とも, 伊那家の, 御嶽冠者の, 秀才の, 船廠なりし, 遊女の

▼ 世に存在~ (7, 0.4%)

2 して, する 1 すること, せしむるなり, せずと

▼ 世に立つ~ (7, 0.4%)

2 事は 1 ことに, ことの, ことを, と称し得る, 考え故

▼ 世に行われ~ (7, 0.4%)

2 ている 1 ていた, て是, また江戸絵, 幕府も, 貴殿の

▼ 世に~ (6, 0.4%)

5 ことの 1 ことらしく伝えられ

▼ 世に出したい~ (6, 0.4%)

2 ばかりで 1 からでございます, という其の, と思っ, のでございます

▼ 世に喧伝~ (6, 0.4%)

2 せられて 1 され, された状況, して, せられる考説

▼ 世に在りし~ (6, 0.4%)

2 時は 1 時の, 時よりも, 頃の, 頃親しく

▼ 世に~ (6, 0.4%)

2 しない 1 しまた, せざるならば, せずと, せぬであらう

▼ 世に残した~ (6, 0.4%)

2 最後の 1 お菊, のかを, ので, 本に

▼ 世に珍しい~ (6, 0.4%)

1 その男, 宝物か, 尺八の, 豪傑の, 鶏を, 麗質の

▼ 世に疎き~ (6, 0.4%)

4 もの哀れなる 1 まで思い入る, 偏僻なる

▼ 世に~ (5, 0.3%)

1 ぐひなきは炭竈の, ぐひなき影ぞ, ぐひなき糸子の, ぐひなき美男子なり, ぐひなき音樂の

▼ 世に亡き人~ (5, 0.3%)

2 にもせよ 1 なるべければ, になっ, の怨靈

▼ 世に出よう~ (5, 0.3%)

1 というこころがけ, という心得, とし, とする, の幸福

▼ 世に容れられず~ (5, 0.3%)

1 か, にしじまっ, 世の, 明治以後の, 汨羅に

▼ 世に~ (5, 0.3%)

1 されて, して, すごとく名, すべき價, ること

▼ 世に~ (5, 0.3%)

3 のない 1 あり又は, あるもの

▼ 世に示した~ (5, 0.3%)

4 がよい 1 のは

▼ 世に~ (5, 0.3%)

1 る, れた詩人, わされん, われない学者, われること

▼ 世に言う~ (5, 0.3%)

1 五・一五事件, 大食いとは, 狐狸の, 腐れ縁さ, 自由結婚で

▼ 世に~ (5, 0.3%)

1 くれなき事實, れなき七隻, れなき海賊船, れの, れも

▼ 世に高名~ (5, 0.3%)

1 であった年, となった, な人々, を取り, を求めよう

▼ 世にいま~ (4, 0.2%)

2 されざらむよはひにもあらざるものを 1 されざらむよはひにも, されざらむよはひにもあらざるものをあはれ親

▼ 世に~ (4, 0.2%)

1 出し申したい, 出なさる時, 戻しいたしたい, 目に

▼ 世になつ~ (4, 0.2%)

31 たと

▼ 世にもっとも~ (4, 0.2%)

1 力強い喜び, 恐ろしい不幸, 愛してるもの, 自由な

▼ 世に~ (4, 0.2%)

1 いかた, い女房, い子供, い愛する魂

▼ 世に~ (4, 0.2%)

1 はつて, ふるもの, ふる所, ふ頃ろ自由党

▼ 世に伝える~ (4, 0.2%)

1 ことだけで, ために, のは, 機関と

▼ 世に出る~ (4, 0.2%)

1 ことが, とまた, までの間, わけには

▼ 世に定評~ (4, 0.2%)

1 あるところ, ある人, のある, もあった

▼ 世に容れられない~ (4, 0.2%)

1 ものである, 不遇の, 生涯を, 筈は

▼ 世に忘れられた~ (4, 0.2%)

1 か, 様な, 生活を, 詩歌も

▼ 世に捨てられ~ (4, 0.2%)

1 てお, て此山, て終に, でもした

▼ 世に有名~ (4, 0.2%)

2 である 1 であるが, な隠士

▼ 世に殘す~ (4, 0.2%)

1 にいたれる, は老い, は若くして, は貞操

▼ 世に無い~ (4, 0.2%)

1 こととは, のである, 兩親へ, 御良人

▼ 世に無用~ (4, 0.2%)

1 な人, な人間, のもの, の人物

▼ 世に~ (4, 0.2%)

2 わさず 1 はれた例, る

▼ 世に~ (4, 0.2%)

2 無く烏滸 1 いなき美しき, なく幸福

▼ 世にあさましき~ (3, 0.2%)

2 終りを 1 ここちこそ

▼ 世に~ (3, 0.2%)

2 つても 1 つて仮装の

▼ 世になかっ~ (3, 0.2%)

3

▼ 世によく~ (3, 0.2%)

2 ある奴 1 聞えます

▼ 世に不思議~ (3, 0.2%)

1 なし化物, なもの, にも

▼ 世に二つ~ (3, 0.2%)

1 とあらう, とない, と無い

▼ 世に~ (3, 0.2%)

2 の年忌 1 の腸

▼ 世に伝えられ~ (3, 0.2%)

2 ている 1 ていた

▼ 世に何物~ (3, 0.2%)

1 も愛する, をか求むるを願, をも見ない

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 のある, のない, のなかつた

▼ 世に出で~ (3, 0.2%)

21 たり

▼ 世に出ぬ~ (3, 0.2%)

2 は恥 1 先から

▼ 世に出られない~ (3, 0.2%)

2 ように 1 ことなどは

▼ 世に化け物~ (3, 0.2%)

2 のあらん 1 がある

▼ 世に問うた~ (3, 0.2%)

1 と云, 時ルタン紙の, 第一作

▼ 世に変化~ (3, 0.2%)

1 あらんこと, あり社会, の類

▼ 世に存する~ (3, 0.2%)

1 以上は, 政論の, 無しと

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 べん, べ伝, べ伝へん

▼ 世に宣傳~ (3, 0.2%)

1 する此, へし, へといひ

▼ 世に容れられぬ~ (3, 0.2%)

1 ことを, 天才の, 畸形の

▼ 世に捨てられた~ (3, 0.2%)

1 場合のみは, 私の, 身の上で御座います

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 て, て加益, て猛

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 ほどの意外, ほど忌わしき, を告

▼ 世に珍しき~ (3, 0.2%)

2 塔供養あるべき 1 長談議

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 表せぬ, 表せられずして, 表せられたの

▼ 世に示し~ (3, 0.2%)

1 その力, てその, て居る

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 はるれ, ばれるよう, わるれ

▼ 世に美しい~ (3, 0.2%)

1 お方じゃ, 女の, 青年が

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 ふ健忘症, ふ美人, ふ都会

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 へよう, へん, へ外

▼ 世に贈る~ (3, 0.2%)

1 という仕事, についての言葉, ゆえんも

▼ 世に隠れ~ (3, 0.2%)

3 もない

▼ 世に~ (3, 0.2%)

1 かな御, はさしむる, はれたり

▼ 世に高く~ (3, 0.2%)

1 なったが, なって, 遺ったわけ

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 づけたる, われな

▼ 世にあはれ~ (2, 0.1%)

1 の人也, 深きは

▼ 世にあまり~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 世にあらゆる~ (2, 0.1%)

1 害毒を, 災厄を

▼ 世にありとあらゆる~ (2, 0.1%)

1 不思議な, 名詞に

▼ 世にあるまい~ (2, 0.1%)

1 がそれ, 何うし

▼ 世にいで~ (2, 0.1%)

1 てもろもろ, て邪見

▼ 世にいない~ (2, 0.1%)

1 ことを, のを

▼ 世にいふ~ (2, 0.1%)

1 ものが, 際か

▼ 世にいまだ~ (2, 0.1%)

1 渡らぬ朝川, 真実無

▼ 世にいよう~ (2, 0.1%)

1 か, とは考えなかった

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 枯れせん長き, 種は

▼ 世にこの~ (2, 0.1%)

1 上の, 求めざるの

▼ 世にこんな~ (2, 0.1%)

1 あわれ, 良人が

▼ 世にそう~ (2, 0.1%)

1 云う神秘, 多くは

▼ 世にそんな~ (2, 0.1%)

1 奇怪な, 恐ろしいこと

▼ 世につたえた~ (2, 0.1%)

1 ものであっ, 人も

▼ 世になく~ (2, 0.1%)

1 も, 心ある

▼ 世にはびこる~ (2, 0.1%)

2 者は

▼ 世にふる~ (2, 0.1%)

1 川の, 身の

▼ 世にまれ~ (2, 0.1%)

1 なお, なる勲功

▼ 世にめずらしい~ (2, 0.1%)

1 宝石を, 才女の

▼ 世にめずらしき~ (2, 0.1%)

1 悪人武蔵すでに, 河内殿と

▼ 世にわれ~ (2, 0.1%)

1 ただひとり, を据ゑ

▼ 世に一人~ (2, 0.1%)

1 の兄上, の父親

▼ 世に一種~ (2, 0.1%)

2 の俗論

▼ 世に不遇~ (2, 0.1%)

1 だった不平武士, に終

▼ 世に与え~ (2, 0.1%)

1 て居った, て居りました

▼ 世に並びなき~ (2, 0.1%)

1 信仰と, 名将であろう

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 える本多中務, ふ龍まき

▼ 世に伝え~ (2, 0.1%)

1 て置くべき, もする

▼ 世に伝えたい~ (2, 0.1%)

1 のである, 微衷に

▼ 世に住み~ (2, 0.1%)

1 て, ながらひそか

▼ 世に偉い~ (2, 0.1%)

1 人は, 奴であったごとく

▼ 世に免れぬ~ (2, 0.1%)

1 例かや, 罪の

▼ 世に入る~ (2, 0.1%)

1 とも吾, や塵芥

▼ 世に全く~ (2, 0.1%)

1 妖怪なし, 無いもの

▼ 世に出したき~ (2, 0.1%)

2 にいかにも

▼ 世に出でた~ (2, 0.1%)

1 がしかし, 時間もなく

▼ 世に出ない~ (2, 0.1%)

1 のであろう, 月日待受けぬ

▼ 世に出られる~ (2, 0.1%)

1 ことと, やうに

▼ 世に名だたる~ (2, 0.1%)

1 柳生の, 銘刀を

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 て, はせしめよう

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 の如く, の御

▼ 世に吹聴~ (2, 0.1%)

1 させようと, せんとには

▼ 世に問い~ (2, 0.1%)

1 それが, 私は

▼ 世に問ひたい~ (2, 0.1%)

2 と思つて

▼ 世に堪えがたい~ (2, 0.1%)

2 悪臭を

▼ 世に報告~ (2, 0.1%)

1 された初雪, して

▼ 世に妖怪~ (2, 0.1%)

1 なきが, の根拠

▼ 世に定説~ (2, 0.1%)

1 ありと, がある

▼ 世に宣伝~ (2, 0.1%)

1 するこの, という事

▼ 世に害毒~ (2, 0.1%)

2 を流す

▼ 世に尊重~ (2, 0.1%)

2 され出した

▼ 世に屡々~ (2, 0.1%)

1 ある事, 見る所

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 する種々, する者

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 なる沙糖, なる美人

▼ 世に平凡~ (2, 0.1%)

1 なる偉人, な者

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 までがと一圖, よきは

▼ 世に忌々しき~ (2, 0.1%)

1 は煩悩, は煩惱

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 られて, られ果てた月

▼ 世に忘れられ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 るべきは, るべきもの

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 あること, を見し

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 囃される名古屋種, 囃される身

▼ 世に教育論者~ (2, 0.1%)

2 あり

▼ 世に普通~ (2, 0.1%)

1 なるに, 呼ばれるごとく

▼ 世に有る~ (2, 0.1%)

1 ものとも, 間は

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 る人, る者

▼ 世に残し~ (2, 0.1%)

1 ている, てより

▼ 世に残る~ (2, 0.1%)

1 くらいのもの, よりは

▼ 世に母親~ (2, 0.1%)

2 ほど端倪

▼ 世に流布~ (2, 0.1%)

1 して, するに

▼ 世に流行~ (2, 0.1%)

1 したる事, しはじめた

▼ 世に珍し~ (2, 0.1%)

2 いくらゐ

▼ 世に現実~ (2, 0.1%)

2 が実在

▼ 世に用いられなかった~ (2, 0.1%)

2 ために

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 るべき敵, ろしきもの

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 はしき事, はしく思ひ

▼ 世に発出~ (2, 0.1%)

2 されし師

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 の不幸者, の神

▼ 世に知られた~ (2, 0.1%)

1 この武生, 此の

▼ 世に禍い~ (2, 0.1%)

1 をなす, をなそう

▼ 世に立てない~ (2, 0.1%)

1 ことを, よ信心

▼ 世に絶つ~ (2, 0.1%)

1 にいたらざる, にいたれり

▼ 世に罪深き~ (2, 0.1%)

1 人なれ, 人を

▼ 世に美しくも~ (2, 0.1%)

1 湧きたるなるべし, 湧たるなるべし

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 えたほどの, えた権臣土部家

▼ 世に臨ん~ (2, 0.1%)

1 では政治, で出る

▼ 世に~ (2, 0.1%)

2 へよう

▼ 世に落人~ (2, 0.1%)

1 の宿る, の見る

▼ 世に薄命~ (2, 0.1%)

1 なもの, なる女子

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 はれ, はれて

▼ 世に行わるる~ (2, 0.1%)

1 かは想像, 作法に

▼ 世に行われる~ (2, 0.1%)

1 概論書の, 進化の

▼ 世に誉れ~ (2, 0.1%)

2 高くまします

▼ 世に認められない~ (2, 0.1%)

1 天才, 独創的な

▼ 世に~ (2, 0.1%)

1 かまた, よりも将門

▼ 世に貢献~ (2, 0.1%)

1 すること, する年月

▼ 世に送り出した~ (2, 0.1%)

1 感が, 甲斐の

▼ 世に頼もしい~ (2, 0.1%)

1 旦那様に, 男と

▼ 世に顏向け~ (2, 0.1%)

1 もならない, もならぬ

▼ 世に馬鹿~ (2, 0.1%)

1 と気狂い位, ほど怖い

▼ 世に高い~ (2, 0.1%)

1 さう, そうな

▼1* [632件]

世にあおう武芸学門ご, 世にあつたが, 世にあまたあると, 世にあまねく知られざる一事, 世にあらわれざるものあり, 世にありといふ名, 世にありがたき至宝は, 世にあるだろうか, 世にあるまじく大抵は, 世にある如く芸術家風という, 世にいう寄る年波の, 世にいだせる時までに, 世にいづるに及び, 世にいなくなりこの鎌倉, 世にいれられず受難四年閑古鳥が, 世にいれられずして獄窓, 世にいれられぬ名家の, 世にいわれた後藤又兵衛基次とは, 世にうずもれてしまおう, 世にうたはれて, 世にうち勝つこと, 世にうつくしき事榮の, 世にうとい老学者, 世にうれしき事はかずあれ, 世にえがたき珍品で, 世においで遊ばさぬ, 世におこし大川筋に, 世におしひろめんには学校, 世におそらく二人とは, 世におそろしいことを, 世におそろしき戀の, 世におのづから骨董, 世におのずから骨董の, 世におもかげばかり, 世におわせば, 世にかかる浮雲に, 世にかくれないお市の方は, 世にかしこかるべし, 世にかしこかれよただ, 世にかなしきはかかる, 世にかの百分一の, 世にかへりうべし, 世にかよりかくより, 世にかをるわが魂, 世にくらべるものの, 世にくるしげに, 世にものと, 世にげに一度は, 世にさすろう以上は, 世にさびしき姿を, 世にさらしてるときは, 世にすてられんとは, 世にすてられし身の, 世にすね物の, 世にすねさせたのだろう, 世にすみて狩, 世にそれを七聖画, 世にそれ以上を予期, 世にたのしきは妹, 世にためしのない, 世にだしたいために, 世につたはつて, 世につまらないものは, 世にでるように, 世にとい一般民衆と, 世にとどまりて人, 世にとぼけている, 世にどのやうの, 世になかりけりか, 世になかなか悲し荒地菊, 世になからうでは, 世にながらへるなり, 世になしひらめくひかり, 世になみならぬ騒ぎ, 世にならびなき英傑と, 世ににたつかと人, 世にのこしおけばやがて, 世にはかどさせりとも, 世にはばかるってこの, 世にはびこる如く巧に, 世にひとりの母, 世にひろく事を, 世にふしぎなるフロリダ州, 世にふるい唱えねばならん, 世にほとんど見られないほど, 世にまことに多いの, 世にまたとないその一冊, 世にまたとなき宜き, 世にまだ知られて, 世にみとめられざる我が万能, 世にめづらしきかの, 世にめでたきもの, 世にもしほらしき人達, 世にやかましい神奈川条約は, 世によばれていた, 世にわが求めゆく平和, 世にわが身ほどうたて, 世にわびしきは雨, 世にわれひとり殘されて, 世にかしきは, 世にアイデアルリアルを訳し, 世にイデアリズムでないところ, 世にギリシア宗という, 世にユーモア小説として喧噪, 世にの言語, 世に一分間の恋, 世に一愚人を増す, 世に一番に恐ろしい, 世に不可思議なフロリダ州, 世に不幸な人々, 世に不幸不平のため, 世に不死の薬, 世に不満な人間ども, 世に不良少年少女というもの, 世に与えたと見える, 世に与えられないのは, 世にあれば, 世に事々しき繰言, 世に事々しく蛇の, 世に二ツある可, 世に五大院の先, 世に亡いものと信じ, 世にる成, 世に仕ふるほどの人, 世に伊賀流も甲賀流, 世に伝うとあるに, 世に伝うることは, 世に伝えられたら父の, 世に伝えんがため, 世に伝はつたもの, 世に伝へられて居る, 世に伝へんとする, 世に伝わりたるに相違, 世に伝わる武州公の, 世に伝唱される, 世に伝説するが, 世に伯楽なし矣, 世に佃煮にする, 世に住みわびて山, 世に住む善人の, 世に何人いるだろうか, 世に何等かの大, 世に使ひし語, 世にり世, 世に侵害されて, 世に便益を与へん, 世にれた人, 世ににセステルチア金貨, 世に保護者もなかっ, 世に偶合ありと, 世に偽りの親, 世にるが, 世に傲り自ら喜ぶ気色, 世に傳はるに違, 世に傳はる攝養法に種々, 世に僭越なりしもの, 世に儔稀であらう, 世に優しきものなれ, 世に優しくも待遇, 世に充盈せりと見る, 世に先んじて進まう, 世に先生を非難, 世にを思わせる, 世に光被させようと, 世に入れない欝, 世に公売する者, 世に公布して, 世に其名を知られたる, 世に内記の上人, 世に再びかくの, 世に写真というもの, 世に出さなければ済みません, 世に出してえから貸せ, 世に出し度いと云う, 世に出し給うは天, 世に出ずに亡びた, 世に出せと注文, 世に出だせり, 世に出だす意義を, 世に出だせよ, 世に出だそうというお, 世に出なかったに相違, 世に出なければ太閤, 世に出られずええまま, 世に出版されて, 世に分る様に, 世にってゆく, 世に前生を鑑, 世にあるは, 世に功名をあせっ, 世に効益を与ふる, 世に動揺紛乱の絶, 世に勝たしむるものはわれらの信なり, 世に勝とうとし, 世に勢力ある人, 世に包むを聞かせ, 世に十人といる, 世に十年二十年の間人間, 世に何物も, 世に及ぶにあらず, 世に及ぼしこれに, 世に及ぼしたように, 世にもなき, 世にぶ者, 世に双人なかりき鑑真和尚のこの, 世にく孤高, 世に反抗して, 世に古い老い柳の, 世に可憐なる唯一, 世に同じ人間は, 世に名乗りで, 世に名声も香しき, 世に名島殿と呼ばれ, 世に名高けえ, 世に名高かるわざぞくすしき, 世に呂覽を傳, 世に呼ばるる佐々木定綱高綱らの, 世に呼ばれてゐる, 世に呼び掛けてみたい, 世に和計伊加豆知と唱, 世に哀れで浅間, 世に此の, 世に商売工業の議論, 世に問いたい誘惑に, 世に問おうとするで, 世に問わんとせし, 世に善本と稱, 世に喜捨報謝して, 世にりなき, 世に嘖々として聞える, 世にわるる, 世に嘲われるような, 世にれたる人, 世に困難とか不可能, 世に国手とよばれたる, 世にしまさば何と, 世に堕落したる者, 世に売るわけには, 世に多きためし, 世に多しと聞く, 世に夢中に夢, 世に夢違観音と俗称, 世になる苦痛, 世に大きな炎が, 世に大部の著書, 世に大阪城の竹, 世にの御所, 世に失うとも彼女, 世にならばや, 世に女婿ならざる良人, 世に妖怪不思議は絶無, 世に妖怪変化などのあろう, 世にほど怜悧, 世に婦人の薄命, 世にぶる者, 世に媚びざるはこれ, 世に嬉しげに, 世に存せしめざるやうに, 世に孤独ほど呪うべき, 世に孤立して, 世にんじ, 世に安き人を, 世に定論あり, 世に実在するね, 世に実際幽霊を, 世に宣布するという, 世に他利身, 世に容れられがたし利害, 世に容れられざりし人なり, 世に容れられなかった理由の, 世に容れられようとする, 世に容れられる事に, 世に實物を見, 世に寸益もなけれ, 世に将軍家の御, 世にまる, 世に尊敬されてる楽匠ら, 世にして, 世に少からず誠に, 世に少なかったらその, 世に少なくはない, 世に尼君ならで, 世に玉は, 世に希有しき人形あり, 世にある人となり給, 世に幸福な者, 世にと明, 世に幽霊や妖怪変化, 世に広く時久しく, 世に広めていた, 世に広めたきが熱心, 世に広めよと言, 世に度し難きは己, 世に建築てふ, 世にまった, 世に弘まりそめたるは, 世に弘めたので今日, 世に弘めると西洋食品, 世に弘めんとして種々, 世に強い母です, 世に影響なからん, 世にれ程外觀内容のち, 世に彼等程自由, 世にうるを, 世に徒事の多き, 世にひ行くもの, 世に得ず失望し, 世に得難い宝や, 世に忌わしきものの, 世に志そうといのち, 世に忠臣の亀鑑, 世に怖しいこと, 世に怪しきものは, 世に恐らく達人と, 世に恐ろしと思う, 世に恐ろしき因縁とこそ, 世に恥じぬ思うざまな, 世に悪しきものなし, 世に悪人なるもの, 世に悼ましい生贄でありました, 世に悽愴い変化, 世に情けないものは, 世にまれる, 世に意気地のない, 世に愚鈍なる人, 世にたき宝石, 世にへむと, 世に慈善家多し, 世に慈鎮和尚の著, 世に慨する所あり, 世に憎きもの一も, 世に憎み荒ぶる言も, 世に憐れなる声, 世に憚らぬほどの, 世に懶きものは, 世に成上りものはこれ, 世に所謂新しい芝居, 世に所謂三大ヴァイオリン協奏曲, 世に所謂国粋論者なる者, 世に所謂国語整理と云, 世に所謂好色的恋愛を主, 世に所謂封建骨董の江戸渇仰, 世に所謂放蕩書生の類, 世に所謂文學書生も新聞記者, 世に所謂麒麟児にし, 世に打捨てて一つ, 世に抗する数奇の, 世にかる様, 世に拡めたもの, 世に挙げられ給うことまた, 世に接木上手とほめられき, 世に推賞して, 世に提供したが, 世に揚げてくれれ, 世に揮うことが, 世に播かんためいくばく, 世に播つたとある, 世に改革の曙光, 世に放って悪い, 世に放てるなり, 世にひを, 世にへたり, 世に教導したる者, 世にて出す, 世に散る卍の, 世にあれど, 世に文章ありて, 世に斯くも不思議, 世ににする, 世に新たにした, 世に既にかかる語, 世に日影色と云われる, 世にかになり, 世に明け暮れ淋し老, 世に明らかにし, 世に時として見ら, 世に景慕すべきもの, 世に智徳の二字, 世に暴政府のある, 世に暴露して, 世に曝し妻を, 世に有ましょうか老人, 世に有ろうか世, 世に有数の異相, 世に有用な人, 世に有益なる泉, 世に有難き人かなとぞ, 世に望みを繋い, 世には要らぬ, 世に本質なき個体, 世に果さんとするでしょう, 世に案山子に似たる, 世に棄てられて呑気, 世に棄てられたるアヌンチヤタを, 世に楽土を創, 世に槍中村と称えた, 世に横行すること, 世にはれて, 世になきまで, 世に此盗人ほど清らか, 世に此處に顯, 世に死者を出さなかった, 世に残されたからである, 世に残したいとは思わぬ, 世に残そうとする, 世にられざる人, 世に母性あるは, 世にひなき美しい, 世に比類なき大, 世に民衆ほどにも真に, 世に気の毒な顔, 世にらうべき, 世に永き眠りの, 世に永らえて生き老いる, 世に決してない, 世に沙門の性, 世に波及するところ, 世に洋学者なきに, 世に活用せしめたの, 世に流伝して, 世に浅間しい方法, 世に海底の景色, 世に清僧というもの, 世に減る道理, 世に滿ちたり, 世に道徳的なる, 世に無くて此様, 世に無謀な仕事, 世に無駄人はいない, 世にせず世, 世にゆるぞよ, 世に狐火と称する, 世に狡獪姦佞の輩, 世に珍かなるもの, 世に珍しくない皮肉, 世に珍宝饒し, 世に現れしに相違, 世に現れずにはいません, 世に現れないことほど, 世に現出する事, 世に理窟をも感ぜず, 世に甚だ少く無い, 世にくる者, 世に生かしたからこそいわれる, 世に生きんより自由, 世に生みのこした, 世に生み出している, 世に生れ世をおくれる, 世に生存して, 世に生息するやと, 世になき此身, 世に用いられて爰, 世に用いられず終りを, 世に用いられないでも初, 世に甲斐なきこの, 世に申しますがアダム, 世にの大厄, 世に男女の相性, 世に畏れられるのは, 世に留めしほどの文才, 世に異様なもの, 世にそうな, 世に疎いわれを, 世に疑いというもの, 世に疑獄と云い, 世にの床, 世に病人の死生, 世に痛き鞭笞や, 世に痛むべきものは, 世に百害を生じさせる, 世に益することなし, 世に盛えた大爬虫プレシオサウルス, 世に盛んになった, 世に盡きぬ命なく, 世に盲目と言われ, 世に真に偶然なる, 世に真田が庭, 世に真田道明寺の軍, 世に知らしむるに大に, 世に知らせまたその, 世に知らせたものは, 世に知らせます之を, 世に知らせようと尽力, 世に知らせる確かな, 世に知れず隠さんために, 世に知れ渡つては, 世にほど憂鬱, 世に碌々として居た, 世に示さうとする, 世に示さなければ朕, 世に示さんとする, 世に示そうでは有りません, 世になしと, 世に神仏は無用, 世に神聖な戀愛, 世にといふもの, 世に福原遷都といわれる, 世にれて, 世には生まれ, 世に秘められた浜川横山の, 世に称されたのである, 世に称する自治論派と, 世に称せられていた, 世に穢れし者なりき, 世に空虚なたより, 世に立たんとした, 世に立ちこれを, 世に立ち帰る人の, 世に立ってゆく, 世に立ては父母, 世に立てようとか或は, 世に立んという考え, 世に立交らひて, 世に米友の弟, 世に惡の, 世に紫式部が作, 世に経るを岳神, 世に繁茂する思想, 世になる丹青, 世に罪過なくし, 世にはしき生活, 世に美くしくながら, 世に美わしいものはことごとく, 世に美人は幾等, 世に羨ましき者は, 世にゆる神算鬼謀, 世に聞えていた, 世に自ら高うせる者, 世に自分ほど不幸, 世に至難なもの, 世に出したま, 世に良沢という人, 世に艶めけるお, 世に苦しまんより魂魄, 世に苦労もない, 世に荒波をかきたてた, 世にはふれたる, 世に落語家のお通夜, 世に蔓延る者は, 世にすれば, 世にとなれよ, 世に行えと命じ給う, 世に行った変革の, 世に行なわれている, 世に行われればいつ, 世に行われ出した蓄音器を, 世に裁判と云い, 世に見棄てられた医学生の, 世に見馴れない旗が, 世に親子夫婦睦まじく笑っ, 世に親鸞上人おはす, 世に言われている, 世に言われる事件で, 世に言挙はせしか, 世に記憶術として講習, 世に訝しきものは, 世に訴え外に, 世に訴えたい志を, 世に訴えねばならぬ, 世に評判になっ, 世に誇りうる国と, 世に誇る仙台伊達の, 世に認められて其人, 世に認められざるがために, 世にられたり, 世にが伝へられ, 世に誤解された教訓, 世に誰一人として差入れ, 世にの種, 世に謡われたということ, 世にの寒燈, 世に貧同人のある, 世に貧民救助とて人物, 世に賢明の人, 世に贈り得ることは, 世に赤帽派といわれ, 世に起こるものであろう, 世に起してしまった, 世に生きて, 世にあらむそれ, 世に迎えらるる, 世に迎えられ如何なる状態, 世に迎えられた時も, 世に近隣の小言, 世にさむ, 世に返そうと計っ, 世に迷信の痕跡, 世に送つたが既刊, 世に送りかえされるのであろう, 世に送り出してその後, 世に逍遙子が才, 世に通つてゐるもの, 世に造るならばその, 世に逢坂の関, 世に逢申儀にて無, 世に連れ戻した自分の, 世に遠い半島でも, 世に遠かるが故に, 世に遺ると聴い, 世に還れる後にも, 世に配した位の, 世にゆる丹心, 世に醍醐棚と申しまし, 世にみそめしこと, 世に里見夫人のある, 世に重視せられた一因, 世にして, 世に長い半兵衛とも, 世に長くお倖, 世に閑却される所以, 世に間々あること, 世に降誕した神, 世に陰気なもの, 世に階級あるの, 世にへと教, 世に隔てなく待遇した, 世に隠くれなき事実に, 世に隠れない舞の, 世に隠れなきと同時に, 世に隠棲して, 世に有き, 世に難解視されるよう, 世に霊魂の滅不滅, 世になる人, 世に韜晦して, 世に順応せよと, 世に頑愚固陋の徒, 世に頼なく思わるる折も, 世に類例が稀, 世に顧みられない淋しい道, 世に飼鳥を好む, 世に魔法幻術として伝え