青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「与~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不気味~ ~不満 不満~ 不自然~ ~不自由 不自由~ 不良~ ~不足 不足~ ~与
与~
~与え 与え~ ~与えた 与えた~ 与えられた~ ~与える 与える~ 与八~ 丑松~ ~且つ

「与~」 1745, 19ppm, 6087位

▼ 与~ (541, 31.0%)

25 なかつた 20 なければ 12 ないで 10 ました 9 ない 6 ないの 5 得るもの 4 たことは, たるもの, ないやう, ます, 給へ 3 さへ, しに, そこに, なかつたの, なかつたので, やうと, 得るの, 時としては, 而し

2 [30件] しこと, それによ, たいと, たさうである, たら好から, たるに, つ, ないこと, ないもの, ねば, むと欲し, やうとは, られんこと, 今は, 合つてゐる, 合ふこ, 合ふも, 堅く口止め, 得ず特に, 得たの, 得るか, 得るで, 得るやう, 得る唯一無上, 得る感銘, 感情を, 教育に, 易い, 給へる, 行詰つて

1 [347件] あはれなる, いは, うるもの, うるや, うるやう私, うる一部, かたで, かつあらゆる, かつまたその, かつ限定, がちで, がちな, ください, けり, けるに, これに, さうし, さてあらためて, ざりければ, ざりしなり, ざりしもの, ざるの, ざるのみかかへ, ざるを, ざる話を, しかも論理, しが, したの, しのみかは, しは, しほどの, しむ, しめたこの, しめよ, しめるであらうとは, しめるもの, しもの, しより, し上, し切支丹煙草, し由, し男, し痴者, し約束, すぎる私, すると, ずんば, そして私, そのか, そのため, その上牝牛, その嬌笑, その希望, その悩める, その方向, その精神, その進むべき, それから, それが, それに, それを, たいが, たいばかり, たい欲望に, たかつたの, たがい, たくさ, たくない, たくらゐで, たこと, たことも, たつて, たといつて, たといへる, たといへるだらう, たとて, たのも全く, たま, たまふ, たら, たらうと, たらよい, たら怎, たら貪り食ったさうだ, たるが, たると, たるとき, たるのみ, たるは, たるも, たるを, たる事に, たる人物は, たる功は, たる同じ, たる夏より, たる大, たる如し, たる平和談判開始の, たる恩恵は, たる愛を, たる手紙を, たる特権に, たる男子一と, たる篠田長二君が, たる者己の, たる自由意志の, たる薔薇の, たる訓戒, たる許可を, たる詩, たれば, ついでに, つくして, とるです, ないかも, ないこの, ないでも, ないと, ないといふ, ないのみか, ないばかり, ないよくない, ないチヨツ, ない叙景, ない外, ない方法, ない様, ない程度, ない訣, ない許りか, なかった, なかつたと, なかつたといふ, なかつたとしても, なかつたに, なかつたばかりか, なかつたものの, なかつた場合, なかつた時, なかつた炉辺, なくたつ, なくては, なくな, なくなつた, なさる時, なされ, なば, にくいといふだけ, ねば成らなかつた, はじめた, まいと, まさにそれ, ましたか, ますが, まする, ませんでした, また, また与へられたい, また十分の理解, また吾等, また豊かさ, みづから, む, むが為に, むが為には, むと, むとするのみ, むと欲する, む乎液体は, やうとして, やうや, よい役, られん, られんという, ろと, マノンに, ランチルームで, レース毎に, 一は, 一人一人に, 一定の, 一寸手が, 下さい, 不快感を, 与へられるよろこびは, 世界の, 主の, 乍ら生活は, 二度とその, 今の, 今も, 今日まで, 他の, 以て, 侍従武官として, 候ことかへ, 候ひけん, 候ふ, 候を, 僕から, 元老女優で, 其うち神田佐久間町の, 其領土を, 劇作家の, 力を, 助手や, 去つて貰, 又同時に, 又従来, 取り留めなき自分, 取ること, 合ひつ, 合ふ, 合ふところただ, 同劇場, 同時に完全, 同様の, 命ぜられること, 国民の, 国民文化の, 国民錬成の, 地の, 多くを, 奮心を, 女神は, 如何に, 妻の, 官立音楽学校に, 家屋倉廩を, 宿と, 専心その, 少くとも, 尚その, 尚初恋, 常に清新溌剌, 幸福を, 彼女と, 彼等の, 徐々にわが, 従来の, 得ずまた, 得たこと, 得たるを, 得た唯一, 得ない, 得ないの, 得るため, 得ると, 得るといふ, 得るところ, 得るプラン, 得る人物, 得る作者, 得る回答, 得る場合, 得る大仏殿, 得る快感, 得る恩恵, 得る最深最善, 得る結果, 得る者, 得る興味, 得る資格, 得れば, 心に, 必要が, 恐怖混乱せしめ, 愚劣な, 感情の, 或者, 戦争も, 戯曲は, 手であり, 手では, 手は, 手紙を, 文化水準の, 文学としての, 新しくする, 新たに, 方法を, 施げよと, 旅の, 易いからね, 易い為, 易い物語, 易くしよう, 時による, 時に不朽, 更に一週間, 最善の, 有り得べからざること, 来年の, 法王宮職を, 演劇美学と, 漸次美の, 無いといふ, 無数の, 熱心に, 犬は, 生活の, 生物学を, 申し候, 疲れた呪ひと, 目に, 知性人たる, 石牀に, 精神を, 精霊を, 終り, 給え, 給はず, 給はむ, 給ひけり, 給ひし, 給ひしや, 給ふ, 給ふたので, 給ふなり, 給ふも, 給へと, 給へとて, 置きましたる様, 美しさ, 美とは, 自らその, 自分は, 舞台の, 花など, 芸術の, 華奢な, 薄汚い馬鹿者, 詩と, 赤きもの, 追払, 連日満員の, 過ぎるの, 過ぎる事, 長い首, 雀は, 難いので, 難解と, 静かに, 首相の, 驚きて, 鶏を

▼ 与~ (124, 7.1%)

97 公が, 公は, 公も 5 公の 4 公この 2 ついた山松, 公だ, 公と, 公に, 公までが, 公を

1 [73件] ものである, 二名です, 人々必ず, 公あの, 公いちだんと, 公お, 公お前いい, 公お前が, 公お前は, 公お前らしく, 公きょとん, 公ここは, 公ことごとく, 公したく, 公すばやく, 公せっかく, 公だけは, 公ちょい, 公てめえほんとうだろう, 公です, 公とうとう, 公ときたら, 公とび帰っ, 公な, 公なんかに, 公なんと, 公にとっては, 公はじめて, 公ひっこん, 公ほんとうかい, 公まずたま, 公まだ, 公まるで, 公イヤおどろいた, 公ギオッ, 公一代の, 公与, 公二度びっくり, 公仮装行列の, 公何が, 公前方を, 公壺の, 公大丈夫か, 公妙な, 公小首を, 公心中ひそかに, 公急に, 公手の, 公手も, 公手拭を, 公橋の, 公水入らずの, 公洗濯物を, 公突拍子も, 公素頓狂な, 公耳を, 公腰を, 公逸早くコソコソ, 公頭を, 公首を, 奥蔵左側は, 専恣たる, 後へ, 従者たちに, 手其外淀の, 最大怨府でなけれ, 歓心を, 為に, 熟田津へ, 言との, 逮捕を, 食物量な, 首を

▼ 与へた~ (97, 5.6%)

3 とすれ, らしかつ

2 [11件] か, かそれ, が茶の湯, だけで, であらう, といふ, と云, と同時に, ならば, に相違, のが

1 [69件] かういふ風, かといふ, かはこ, かは明, かも知れない, かも知れぬ, からだ, からである, からと云つて, か私, がし, がその, がとりわけ, が又, が如水, が盗人, が結局其本質, が自分, が青々, そんなこと, とあるの, といふ事, といふ単純, といふ言, といふ話し, ところが未だ, としたなら, としてもせいぜい, としてもそれ, としても果して, としても若し, とはいへ, とは不可, とも云, と同一, と思はれる, と思ふ, と言, と鏡, なら生活, にし, にち, に過ぎない, に違, のかも知れない, のだから, のでは, のみで, のみである, ばかりで, ばかりでなく, ほどの, もので中, もので其文, もので文淵堂, らしい, 其の勢力, 原住, 大害, 大纏, 弱さ, 待たう, 最も貴重, 最も進歩的, 最強い, 最近信, 永い間, 第一, 覚えが

▼ 与~ (77, 4.4%)

2 するに, せんと, 之を

1 [71件] あり, あり衰老病死, かせん, この歓喜, した人, して, しともに, すべしとて, すると, するの, するの契約, するを, せざるや, 一方には, 世称し, 依て, 共に之, 共に勇奮以, 共に坐さん, 兵を, 出でて, 可何の, 合刊した, 同じうせん, 同じく出, 同じく楽む, 困苦に, 国家の, 士卒を, 大崎を, 天地の, 帝の, 并て, 徒役を, 徳を, 志を, 成長したる, 手を, 断れて, 日本社会の, 楽むべから, 樹てり, 橋より, 歩し, 歩め, 死に就くに際し, 民選議院の, 水西荘に, 沈没致候得, 為すあるに, 燈の, 燕を, 現世を, 生きて, 産まれて, 真理を, 神奈川に, 立って, 立てて, 船暈を, 観たりて, 論ぜん, 謀を, 議して, 車を, 較する, 進歩せし, 遊ぶと, 配達せしめ, 酒肆に, 非ずして

▼ 与五兵衛~ (64, 3.7%)

5 は云った 4 が云った 32 は平助, は甲斐, は眼, は若者, は黙っ

1 [42件] が, がいた, がかしこまっ, がはいっ, がひどい, が呟いた, が来, が殿さま, が片手, が納戸, だけだ, とただ二人, と一人, と二人, と同じ, に云った, に接待, に預け, の眼, の顔, の髭だらけ, はその, はそれら, はなお, はなにか, はひどく, はふきげん, はまた, は二人, は云われる, は付い, は周防, は礼, は立, は立ちあがっ, は答えなかった, は繰り返した, は鉄砲, は雪帽子, は頭, も留守, を見た

▼ 与ふる~ (54, 3.1%)

255 書に 3 書を 2 書には, 書は, 者に, 者の

1 [13件] さへ, のみ, のみか紅葉, のみにし, も可, 場合以外には, 幾通かの, 斥けがたき, 書の, 書並に, 書又, 者ぞ, 者は

▼ 与~ (49, 2.8%)

9 右衛門の, 右衛門は 5 右衛門も 2 兵衛の, 右衛門に, 右衛門を

1 [20件] が織田九郎次, はそれ, ッ, ッ与, 兵衛と, 兵衛という, 兵衛といふ, 兵衛は, 兵衛も, 兵衛自殺せし, 右衛門からの, 右衛門が, 右衛門としては, 右衛門にたいしては, 右衛門には, 衛門いずれも, 衛門これらの, 衛門それに, 衛門それらの, 衛門に

▼ 与~ (32, 1.8%)

2 の紙入

1 [30件] から聴いた, が声, が怨み骨髄, が息, が毎晩, にみせた, に案内, に渡し, のため, の家, の言った, の説明, はあたふた, はささやいた, はそば, はキナ, は一旦, は上, は上がり框, は云った, は眼, は覗き, は雨, もひどく, も凋, をあまりよく, を下, を呼ん, を店口, を見

▼ 与茂七~ (30, 1.7%)

3 であった 2 の讐, は刀

1 [23件] か, が, が不意, が現われる, とお, とのみ思いこん, と三段早変り, と思っ, に囁いた, に逢っ, のだんまり, の三役, の刀, の尺八, の後, の死体, はお, は主家, は宅悦, は火, は驚いた, も外, を斬り伏せよう

▼ 与へた書~ (28, 1.6%)

32 がある, は下

1 [21件] があつ, が前, が関藤氏, であつ, にかう, には茶山, に就い, に徴, に拠れ, に於, に由つて, の断片, の断片中, の註脚, はかうである, は文, は断片, は既に, は猶, を引いた, を抄

▼ 与茂四郎~ (26, 1.5%)

3 という人 2 から注意, という浪人

1 [19件] とも自然懇意, に紹介, に逢っ, の前, の暗い, はかさねて, はひたい, はまた, は別に, は小声, は帰っ, は念, は急, は早くから, は更にこう, は気の毒そう, は深い, は祖母, も黙っ

▼ 与茂吉~ (21, 1.2%)

1 [21件] が鍵, で, と下男, と申す, などが居ります, に介抱, に向っ, に案内, に開けさせ, の答, の話, の里方, はいささか, はいずれ, は憤然, は諦め切った, も大敵, を帰す, を振り返りました, を相手, を誘っ

▼ 与かる~ (18, 1.0%)

2 ことが, ことを

1 [14件] がいい, ことの, ことも, ためには, だけで専ら, ところでない, ところなく, のである, ものは, を得云々, 事である, 六百万の, 力が, 彼等は

▼ 与へたり~ (18, 1.0%)

1 [18件] した, して, する, すること, するの, とりあげたり, または不幸, 一切父が, 又屡々, 害虫を, 少しでも, 時に酒, 月に, 而し, 賞与を, 軽蔑的な, 領地を, 頭を

▼ 与九郎~ (17, 1.0%)

1 [17件] が不行跡, が大, が妾ども, が握っ, でも御座るまい, に引っ立てられ, の不行跡, の家, の里方, はこれ, はモウ白髪頭, は隠居, へ申渡されます, へ賜わった, も一, を槍玉, を追放

▼ 与七郎~ (12, 0.7%)

21 がいつも, が上, が法外先生, などという連中, の面々, は一人, は故, は虫の息, は足早, やられたの

▼ 与~ (11, 0.6%)

1 [11件] か, がおれ, が怒る, が来る, に怒られる, に案内, はいた, はいつ, はお供, はよく, は決して

▼ 与~ (10, 0.6%)

1 つて居る, 仰向けに, 勿論政宗, 心の, 支えきれず呉城, 政宗に, 早速講和, 楓橋, 総て叛逆匪徒を以て, 腰の

▼ 与つて~ (9, 0.5%)

1 もいい, ゐた, 多きに, 居さうに, 居たが, 居たの, 有難いわ, 有難うございます, 来たかも

▼ 与~ (9, 0.5%)

2 は兄 1 とともに無双, なる者, の思う, は大将, は政元, は竹田源七, は面白く

▼ 与へては~ (8, 0.5%)

1 くれなかつた, その目的, どうだ, ならないの, ならぬ, ゐない, 呉れなかつた, 激励の

▼ 与へながら~ (8, 0.5%)

1 あちらこちらと, いつた, しかも恬然, それで, それでも最初, 子供を, 極めてつ, 次第に馬

▼ 与~ (8, 0.5%)

1 して, すっかりボッ却, 後備と, 忠興と, 挈けて, 捕縛し, 経て, 議会に

▼ 与~ (8, 0.5%)

4 の妻 1 という小作人, という男, と鼎座, の潜

▼ 与から~ (7, 0.4%)

1 せようとして, ない, なければ, ぬの, ぬ善い, 指示された, 聖上河内笊に

▼ 与へて~ (7, 0.4%)

1 去る, 去るの, 去る式, 後棄てられた, 立ち去るの, 竹山を, 遣るか

▼ 与へに~ (7, 0.4%)

2 なつた, なつて 1 ならうと, なるつもり, 来た

▼ 与へは~ (7, 0.4%)

3 しなかつたが 1 しない, しないが, しなかつたかしら, するで

▼ 与つて力~ (6, 0.3%)

2 あるの 1 があつ, があつたらしく, がある, のあつ

▼ 与へた事~ (6, 0.3%)

1 がある, や当時, を優に, を思う, を悲しむ, を紀

▼ 与へよと~ (6, 0.3%)

1 いふこと, いふもの, おん跡お, 云ふ, 言ふ, 逼らるる

▼ 与~ (6, 0.3%)

1 がある, さえ寺内, と号, の不平, をあわせ, を虱つぶし

▼ 与つたの~ (5, 0.3%)

2 である 1 であるが, では, は猿女氏

▼ 与~ (5, 0.3%)

1 ずに, たすべて, 其本国ニ向, 半ハ更ニ三分シテ茉莉, 残余中ヨリ於菟ヲシテ志げ喜美潤三郎ト協議シ親戚故旧ニ贈

▼ 与九郎奴~ (5, 0.3%)

1 の家禄, の追放, は切腹, は大目付殿, を肥後

▼ 与~ (5, 0.3%)

1 は与, 仕事は, 者, 者風の, 話を

▼ 与~ (5, 0.3%)

1 である, の戸部氏, の戸部近江, の近江, を勤め

▼ 与という~ (4, 0.2%)

1 のであった, 佯狂の, 料理茶屋で, 料理茶屋の

▼ 与七さん~ (4, 0.2%)

1 か, だね, というの, も

▼ 与九郎昌秋~ (4, 0.2%)

1 が太刀, のう, の額, は二十畳

▼ 与~ (4, 0.2%)

1 あどう, なら俺, の変り果てた, 丸めたな

▼ 与茂七さん~ (4, 0.2%)

1 と云う, どうか, にはぐれた, に逢う

▼ 与~ (4, 0.2%)

1 穀, 老臣, 臣, 隊合力

▼ 与頭戸部近江~ (4, 0.2%)

3 之介 1 へごま

▼ 与かって~ (3, 0.2%)

1 力ある, 効力の, 大に

▼ 与~ (3, 0.2%)

1 二男並馬ハ戦場ニて, 訊きかえすと, 黙然と帰りかける

▼ 与さま~ (3, 0.2%)

1 がみまかられました, にはただ, の外戚

▼ 与~ (3, 0.2%)

1 下されと, 了う, 大に

▼ 与へた人~ (3, 0.2%)

1 かも知れない, の真心, はない

▼ 与へた影響~ (3, 0.2%)

1 が多, はかく, を考へ

▼ 与へた彼~ (3, 0.2%)

1 の不朽, の顔, の魔力

▼ 与へた約束~ (3, 0.2%)

1 の手前, を取り消す, を男らしく

▼ 与へよといふ~ (3, 0.2%)

1 叫びに, 声だ, 画帖を

▼ 与へん~ (3, 0.2%)

2 が為め 1 も定か

▼ 与一郎様~ (3, 0.2%)

3 の奥様

▼ 与七郎数正~ (3, 0.2%)

1 が御前, であった, は何十頭

▼ 与~ (3, 0.2%)

1 旧相識, 無半面, 看

▼ 与治兵衛~ (3, 0.2%)

1 から仕丁頭中, の子孫, は維新

▼ 与~ (3, 0.2%)

1 が青年会, さん, の如き

▼ 与うべ~ (2, 0.1%)

1 からざる者, からずとて

▼ 与うるか~ (2, 0.1%)

1 といえ, と云う

▼ 与~ (2, 0.1%)

1 ろうとは, ろう訳けも

▼ 与かつて~ (2, 0.1%)

1 力ある, 力が

▼ 与つた人~ (2, 0.1%)

1 とに就, も亡くなつた

▼ 与にか~ (2, 0.1%)

1 坐して, 語り候ふべき

▼ 与へた人間~ (2, 0.1%)

1 に心から, の愚

▼ 与へた力~ (2, 0.1%)

1 であらう, をも数

▼ 与へた印象~ (2, 0.1%)

1 に依る, は深甚

▼ 与へた名称~ (2, 0.1%)

1 である, なので

▼ 与へた恩恵~ (2, 0.1%)

1 と五十歩百歩, の外

▼ 与へた手紙~ (2, 0.1%)

1 がポケット, のうち

▼ 与へた注意~ (2, 0.1%)

1 が守られなかつた, といふは職員

▼ 与へた神~ (2, 0.1%)

1 であ, の声

▼ 与へつつ~ (2, 0.1%)

1 ある, あること

▼ 与へよ~ (2, 0.1%)

1 価の, 力と

▼ 与エラレナイ不満ニ~ (2, 0.1%)

1 堪エカネテコレヲ書ク, 堪エカネテコレヲ書ク気ニナッタノダ

▼ 与七郎北伝八郎~ (2, 0.1%)

1 など出羽守側近, など気に入り

▼ 与上人~ (2, 0.1%)

1 に与える, をこと

▼ 与久村~ (2, 0.1%)

1 から保泉村, の者

▼ 与五左衛門~ (2, 0.1%)

1 を出し, 勝って

▼ 与五松~ (2, 0.1%)

1 という若者, の家

▼ 与余語天錫山本恭庭木村駿卿~ (2, 0.1%)

1 同遊石浜墨陀諸村途中作, 同集石田子道宅

▼ 与光寺~ (2, 0.1%)

1 という寺, の学頭

▼ 与六手~ (2, 0.1%)

1 与などという, 与七手

▼ 与~ (2, 0.1%)

1 同美名, 毎並竹輿行

▼ 与大小神祇乍恐同心合意候間一切災害不加正直忠信之人祈願仕候間其地吾一家~ (2, 0.1%)

2 に不

▼ 与彦君~ (2, 0.1%)

2 とであった

▼ 与惣公~ (2, 0.1%)

1 とばかり思い込ん, と化

▼ 与曾松~ (2, 0.1%)

2 の岩

▼ 与~ (2, 0.1%)

1 を一身, を荷

▼ 与石田士道成田成章太田農人皆川叔茂~ (2, 0.1%)

2 同詣

▼ 与~ (2, 0.1%)

1 としての超人, として扱っ

▼ 与茂七殿~ (2, 0.1%)

1 に酒, 聞いて

▼ 与~ (2, 0.1%)

1 でございますが, の適切

▼ 与諸君~ (2, 0.1%)

1 取道湖西, 同池亭

▼ 与諸子~ (2, 0.1%)

1 同千秋亭賞月, 同遊中川七首

▼1* [242件]

えっこだ, 与かって力あったこと, 与かつたの, 与かりに外出する, 与これは少し, 与なければ, 与たりしに, 与つたに我が, 与つた人たちはお, 与つた名です, 与つた様である, 与つて下さりませ我夫, 与つて了う, 与つて二人で塔, 与つて仕舞ふが, 与つて大に咎めあり, 与つて大功ありしもの, 与つて尽力したん, 与つて此源太が恩, 与つて甚力ありしなり, 与つて霊力が有, 与目す可, 与なお存するを, 与などというのは, 与などは憂いを, 与には当時も, 与のさんただ大変, 与ふたつながらしかし彼, 与ふらんボウダの国, 与ふるからその便利, 与へしかど花子は, 与へずしてこれ, 与へたあとで彼, 与へたそれが言, 与へたまひしものなれ, 与へたようであつ, 与へたりしかの陋苦しき, 与へたりと雖も, 与へたりとは知らずただ, 与へたテーブル椅子のほか, 与へたハガキの中, 与へたロシアの小説, 与へた一番美しい物, 与へた一瞥は敵意, 与へた一通の書牘, 与へた丁丑八月七日の書牘, 与へた丈けで, 与へた人物は無, 与へた仇名であ, 与へた任務は恐らく, 与へた休暇として斯, 与へた作である, 与へた侮辱の後, 与へた偶然である, 与へた動機に因る, 与へた反駁文と同じく嘗て, 与へた古の宮殿ぢ, 与へた向きもある, 与へた報告書の一節, 与へた場合に始め, 与へた外の影響, 与へた奇妙な恩賞, 与へた女が連れ, 与へた子供の学資金, 与へた寿命の尽きる, 与へた小柬がある, 与へた川口三郎案の曽我廼家種, 与へた左門の迂闊, 与へた庚午の書, 与へた影響言ひ換, 与へた彼女は主婦, 与へた後又一箇月, 与へた後飄然とジャワ, 与へた恥辱を忍ばう, 与へた恩封の帛書一巻, 与へた恩沢は今, 与へた悲しみを逆, 与へた愛情のあかし, 与へた戒は身, 与へた手柬の断片, 与へた打撃の結果, 与へた打撃あれほど白昼, 与へた打撃深刻を極めて, 与へた抒情歌に比べる, 与へた損害は決して, 与へた教訓もかう, 与へた文章でその, 与へた日本の力, 与へた日本画壇においてもその, 与へた明治政府のインテレスト, 与へた時その財布, 与へた時田辺をし, 与へた時翁助の妻, 与へた書数通関五郎が復, 与へた書等を引い, 与へた最良の器具, 与へた本誌編輯者の表面的, 与へた歌に相違, 与へた此年文政四年五月二十六日の書牘, 与へた父の気持, 与へた特典である, 与へた献身と開発, 与へた理由が大, 与へた田畑之助, 与へた白金の時計, 与へた私の印象, 与へた経験でもある, 与へた者は余りに, 与へた能力上の制限, 与へた蝙蝠は籠, 与へた衝撃をわれわれ, 与へた解答は次, 与へた言葉を写しとる, 与へた記事と写真, 与へた記憶なり回想, 与へた訣ではない, 与へた証拠としてか, 与へた農民を拘束, 与へた部屋があつ, 与へた霊感も小さい, 与へた非常に低級, 与へた魔術の命, 与へてはをられないだらうな, 与へと喜びて, 与へになつたのが, 与へまほしくなれる, 与へよなどと説いたこと, 与へをり候, 与起さないらしい, 与ゆ者ど我, 与其他の, 与ようというの, 与わっても人, 与エザル限リ第一条及ビ, 与エツツ利得ヲ恣ニセシ形跡アリ, 与エ給エリ但シソレニハ一ツノ条件ガアッテ毎朝午前六時ニハ必ズ起キ出デテ呪文, 与エ自分ハ下半身ヲ受ケ持ッタ, 与エ辛ウジテアノ病的ニ絶倫ナ妻ニ対抗シテイル次第ダガ, 与シ時ニ或ハ心ニ従フ, 与助ケテ以テ稍ク二三ノ楼, 与フル各千円, 与フル歟否ザレバ死, 与フ於菟ハ志げ喜美ト協議シ其取扱方法ヲ定, 与ヘテ離別ヲ告グ木剣ナリ, 与ヘバ必ズ急ギ, 与ヘヨト唱ヘシモ, 与リ其編纂ノ重任, 与七みたいな気, 与七手与此三, 与七手代栄吉下女お文, 与七郎忠利などもつい, 与七郎数正等が, 与七郎氏という測量家, 与七郎等の一行, 与七郎阿部正定らの分別, 与三右衛門であらう, 与三童子同, 与両生同遊皇子村, 与などいう, 与之右衛門というもの, 与之座間賦一律似朴甫及, 与九番には馬廻, 与九郎宅の奥庭, 与五兵衛ただ一人であった, 与五兵衛らが捜し, 与五兵衛一は青根, 与五兵衛尉が禁裡馬術, 与五右衛門と幕臣, 与五衛門といひし, 与世医同流, 与有因, 与佐久間久右衛門同じく源六, 与余語天錫森立夫岡西君瑤高橋静覧横田万年叔宗橘酒井安清多良辨夫及二児厚重, 与余語觚庵犬冢吉人有泛舟, 与板同, 与六隊で一集団, 与の馬場, 与十竹の小, 与友人別詩にいふ, 与庵余語君万笈兄同賦以謝, 与の竹, 与同紀州高野深谷石上, 与すと, 与曰常三郎恬, 与喜氏の紹介状, 与地峠武田耕雲斎の越えた, 与の府関, 与塾中諸子同分韻得肴, 与天穹窿羹牆如見夢寐相逢, 与夫木石而能言者之不可思議奚以異, 与見雪, 与子妹の貞子, 与存焉父母倶存兄弟無故一楽也, 与実相不相違背, 与山室士彦石坂白卿及厚重二児賦, 与岳其上には小島君, 与峯不同峯如鋒尖処, 与べき事, 与惣さんお前その五両, 与惣さん宅かえ, 与惣丸坊主たあ, 与惣公待ちねえってこと, 与憺父狩谷卿雲諸子曾作此賞距今十一年矣憺夫有詩, 与抽斎兄同至羽根沢, 与於母比弖大伴能遠都神祖乃其名乎婆, 与で上州大胡, 与日々新聞社長柳原極堂氏から二人, 与日本三四段名手対局輒勝布置謹厳守堅攻鋭且才思敏捷, 与さを, 与易く思った処, 与木村駿卿狩谷卿雲及諸公同集菊潭吉田医官堂, 与材料を統計的, 与の八並, 与柳文と, 与横田万年同賦, 与次浅井おきく, 与次関十郎赤座七郎右衛門などである, 与此三与を, 与源波響木文河釧雲泉川槐庵同賦, 与狩谷少卿, 与狩谷卿雲往候之, 与子細あり, 与海, 与茶遇, 与せざる所, 与立夫魯直酔梅家弟柏軒同訪高滝大夫旅館, 与と叫び, 与なし牟尼両足尊, 与次で, 与不相見, 与青蘿, 与茂七其奴を私, 与茂七恋の仇, 与茂作や太五兵衛, 与茂次郎という猟師夜明, 与蒲生将監蒲生主計助蒲生忠兵衛高木助六中村仁右衛門外池甚左衛門町野主水佑, 与蘊蔵之遺, 与も苦, 与金輪寺混外上人相知五六年於茲而以病脚在家未嘗面謁, 与還, 与駒鋸の諸山, 与鹿城西先生相識当時既以同志相期許焉先生時猶在