青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

三味線~ ~三年 ~三度 ~三日 三月~ 三浦~ 三田~ 三角~ 三郎~ ~上
上~
~上がっ 上がっ~ ~上げ 上げ~ ~上げた 上げた~ ~上げる 上げる~ ~上っ 上っ~

「上~」 129382, 1339ppm, 62位

▼ 上~ (44950, 34.7%)

604 立って 399 置いて 283 腰を 228 落ちて 224 身を 192 のせて 190 載せて 181 置いた 179 坐って 173 於て 166 立つて 131 横に 128 出て 119 手を 106 落ちた 100 のって, 乗って 97 倒れて 93 寝て 89 して 77 あった 76 自分の 75 ある, 顔を 71 乗せて 68 かかって, 眼を 65 両手を 61 あつた 58 すわって, 置かれて, 頭を 57 あがって 55 目を, 足を 53 並べて 52 あって, 何か 49 あるの, なり下 47 横たわって, 登って, 置くと 46 載って 45 一つの 44 並んで, 坐つて 43 於ては 42 落した 41 それを, のぼって 40 なって, 仰向けに, 置く 39 のしかかって 38 倒れた, 立つもの, 述べたよう 37 出た, 彼の 36 あげて, 向けて, 私の, 膝を 35 あぐらを, ひろげて, 胡坐を, 腰かけて 34 現われて, 落して, 重ねて 33 投げて 32 坐った, 彼は 31 土を, 立った, 肱を 30 とまって, 一人の, 於ても 29 のせた, 投げ出して, 残って, 浮いて 28 いて, 佇んで, 寝ころんで, 私は 27 おいた, おいて, ころがって, 出して, 半身を, 持って, 注がれて, 立つこと, 見えて 26 上って, 立つと, 非常に 25 かけて, 来て, 頬杖を 24 人の, 座って, 流れて, 立てて, 長々と 23 ついて, 一本の, 於いて, 書いて 22 伏せて, 俯伏し, 横た, 起き直って 21 あり, 加へ, 寝そべって, 組んで, 身体を, 載せた, 載つて 20 あるもの, 据えて, 月が, 横は, 残して, 着て, 立ちながら, 首を

19 [15件] あります, おかれて, かぶさって, ならべて, 両肱, 住んで, 崩折れ, 投げた, 掛けて, 止まって, 浮んで, 現れて, 立つ者, 置きながら, 落ちかかって

18 うずくまって, 人が, 何の, 例の, 垂れて, 彼女の, 漂って, 立つ, 転がって

17 [12件] 上げて, 二つの, 坐つた, 拡げて, 紙を, 置きました, 聳えて, 腹這いに, 落ちる, 雪が, 静かに, 馬乗りに

16 たって, のっかって, 一枚の, 乘せ, 人を, 移して, 肘を

15 [16件] あがった, いた, おきました, しゃがんで, 二人の, 仰向, 休んで, 出で, 坐ったまま, 姿を, 抱いて, 現はれ, 突っ立っ, 立つた, 置いたまま, 落ちたの

14 [23件] あが, あらわれて, あると, あれ, おくと, かくれて, これを, ひろがって, 一面に, 他の, 何かの, 兩手を, 出ると, 女の, 映って, 板を, 枝を, 積んで, 立ちて, 立てられて, 視線を, 非常な, 額を

13 [21件] ありて, いるの, こぼれて, つっ伏して, 坐ると, 大なる, 寝かされて, 寝転んで, 寢か, 影を, 成立し, 或る, 横たえて, 毛布を, 注いで, 現れた, 立つの, 羽織を, 考うる, 起き直った, 降りて

12 [27件] あつて, つけて, ねて, ひざまずいて, 不思議な, 乗っかって, 人間の, 仆れ, 向けた, 多少の, 寝かして, 巨大な, 座を, 建って, 投げ出した, 持つて, 横わっ, 片手を, 築かれて, 置かれた, 腕を, 血が, 見て, 降って, 顎を, 飛んで, 飾って

11 [34件] かがみこんで, かがみ込んで, かぶせて, きて, くっきりと, こしを, それが, たおれて, のせる, のぼった, ガラスの, ゴロリと, 下りて, 乗つて, 仰臥し, 働いて, 光って, 建てられて, 敷いて, 木の, 水を, 父の, 神の, 立つ人, 翳して, 落ちました, 行儀よく, 見える, 起き上って, 蹲って, 載せられて, 金の, 降る雪, 集まって

10 [48件] いくつも, おとして, かがんで, さして, ねそべって, のばして, 一種の, 上がって, 下に, 乗せた, 二人は, 人間が, 今は, 体を, 出る, 坐して, 存在する, 寝た, 尻餅を, 屈み込んで, 彼女は, 必要な, 懸って, 投げつけた, 投げ出されて, 描かれて, 放り出した, 書かれて, 月の, 来た, 流れた, 点々と, 生きて, 眠って, 突伏し, 突伏した, 立ったまま, 紫の, 胸を, 脚を, 落とした, 見えた, 這い上って, 鉛筆で, 長くなっ, 開いて, 音を, 風が

9 [44件] あるよう, かけた, これも, ならんで, ねころんで, のせました, チョコンと, 一の, 並べた, 云つた如く, 何を, 俯伏した, 及んで, 右の, 向かって, 向って, 坐らせて, 大の字に, 安ん, 就て, 引いた, 引っくり, 成立する, 抱き上げて, 拡がって, 散って, 新聞を, 昇って, 根を, 止まりました, 無数の, 皺を, 石を, 種々の, 立たなければ, 立ちました, 置くの, 自分が, 落ちると, 落として, 見た, 輝いて, 降りか, 顏を

8 [70件] あがると, あったの, あらは, あること, いったよう, おろした, おろして, かいて, かすかに, からだを, そつと, そびえて, た, とどまって, とまった, なると, のしかかるよう, のびて, はっきりと, ふわりと, 両足を, 二本の, 今度は, 何が, 動いて, 口を, 古風な, 叩きつけた, 君臨し, 在った, 坐り込んで, 垂直に, 多くの, 大あぐら, 字を, 少しも, 屈んで, 展げて, 左の, 布を, 帽子を, 彼が, 彼らの, 心の, 投げかけて, 挙げて, 据えた, 新聞紙を, 書いたよう, 松の, 桜の, 横にな, 注いだ, 火の, 突いて, 立てり, 立脚し, 落ちるの, 蒲団を, 血の, 詮議の, 誰か, 起って, 載せると, 轉が, 述べたやう, 述べた通り, 重ねた, 雨の, 頬を

7 [100件] あおむけに, ありありと, ある本, いろいろの, おちて, かざして, このよう, ころが, ごろりと横, じっとし, すえて, すべての, それは, たおれた, たつて, のしか, のせたまま, のせると, はらはらと, ひろげた, むけて, もう一つ, よじのぼって, キチンと, 一列に, 一匹の, 上半身を, 両腕, 何等の, 倒れかかって, 再現させる, 冷い, 加えて, 坐りこんで, 坐る, 妙な, 家を, 寝るの, 就いて, 尻を, 山の, 広げて, 彼を, 投出して, 拠るに, 据えられた, 据えられて, 描いて, 散らばって, 新らしい, 本を, 来ると, 残されて, 泣き伏して, 注がれた, 浮かんで, 涙を, 無造作に, 照って, 片膝, 現は, 現はれた, 生えて, 生ふる, 登った, 眼も, 瞳を, 私が, 秋の, 積った, 突っ伏して, 突つ伏し, 立った時, 立てた, 立脚する, 端坐し, 筵を, 組み合せて, 緑色の, 置き, 背を, 胡座を, 臨んで, 自分で, 見せて, 見ること, 起きあがって, 起き上がって, 起き直, 起直っ, 転が, 載せたまま, 載せながら, 近づいて, 運んだ, 鉄の, 銀の, 風呂敷を, 飛び上って, 飾られて

6 [117件] あげた, あるか, あるが, あるその, あるという, いつまでも, おのれの, かがやいて, ぐったりと, これは, しがみついて, すわったまま, そそがれて, つっ立って, なる, なるほど, ひとりの, ひらいて, ひろげられて, ぴたりと, またがって, ゐて, アグラを, グッタリと, ドッカと, パッと, 両肘, 両脚を, 並べながら, 乗つかつて, 今の, 付いて, 仰向きに, 位し, 何らの, 働くの, 再現する, 出た時, 出ようと, 出来て, 前足を, 卵を, 咲いて, 地図あり, 坐り直して, 垂れかかって, 外套を, 大きな影響, 太陽が, 太陽の, 富士が, 居て, 居るの, 崩折れた, 引用した, 影響を, 待って, 急に, 恵みあれ, 感じた, 懸つて, 戻って, 指を, 放り出して, 斜めに, 日の, 星が, 次の, 止って, 沢山の, 泥の, 流して, 涙の, 片肱, 物を, 現れたの, 現わし, 男の, 白い雲, 着物を, 突き出て, 突立っ, 立ち上って, 立ち止まって, 立てかけて, 立てば, 置かれる, 置くこと, 群がって, 腰掛けて, 臥て, 自分は, 自然に, 花の, 草鞋を, 落ちかかった, 落ちたもの, 落ちる音, 蓋を, 蝋燭を, 被せて, 見事な, 請じ, 起きて, 起き上, 足跡が, 載せられた, 述べたとおり, 重ねる, 重要な, 金色の, 鏡を, 降りかかって, 雪の, 頤を, 馬の, 高々と

5 [201件] あけて, あらわれた, ありと, ありました, あるので, いること, いるよう, いろ, いろいろな, うつぶせに, うつ伏せに, おいたまま, おきながら, おりて, お坐り, かかると, かけられて, かすかな, かたまって, かぶさるよう, きちんと坐っ, きれいな, この上, これが, ごろごろし, さしかかると, しなければ, すわった, そっと置いた, たくさんの, たれて, ちやんと, でて, どしん, どっかと, どっかりと, どてらを, なんの, のしかかった, のせながら, のせられて, のっけて, のぼると, のりました, はらばいに, ひれ伏して, ふりかかって, ふりそそいで, ぶらさがって, ゆれて, ソッと, ドッカリと, ペタリと, 一層の, 一羽の, 一面の, 三つの, 三色の, 上った, 不朽の, 両手で, 並べられて, 乗っけて, 乗った, 二上の, 任ぜ, 伏せた, 伸ばして, 伸びて, 何も, 傾いて, 光を, 再白, 出た杖, 出づる, 出でて, 出ること, 列べて, 別の, 前に, 十字を, 半ば身を, 及ぼして, 反射し, 受けて, 坐りながら, 女を, 寛ぎ再, 寝そべつて, 射して, 小屋を, 屹立し, 巣を, 帯を, 幾つかの, 幾つも, 広がって, 座して, 座り込んで, 建てて, 引きずって, 影が, 成り立って, 成立つて, 手紙を, 投げかけた, 投げると, 指で, 捨てられて, 据る, 掛って, 揺られて, 放って, 文字を, 日が, 早くも, 星の, 書類を, 最も必要, 最後に, 最後の, 棲んで, 横え, 横はる, 横わり, 死んで, 水の, 水色の, 汗を, 泣き伏した, 泥を, 海の, 涙が, 漂うて, 火を, 片足を, 物の, 現はれる, 現わ, 生じて, 発見した, 白いもの, 相当の, 相手は, 真赤な, 眼が, 移って, 積って, 積まれて, 突出し, 立たせて, 立ちあがつて, 立ちその, 立て, 立派な, 笠を, 組み合わせて, 緑の, 置いたの, 置きて, 置こうと, 聞えた, 腹ばいに, 舞って, 若い女, 莚を, 菊の, 薦筵二枚重ねた, 藁を, 血に, 行って, 裸の, 見られた, 認めて, 貢献する, 赤鉛筆で, 起き直りました, 足が, 足の, 跨って, 身は, 通じて, 連れて, 遊んで, 郎女の, 重なって, 重大な, 金を, 釘付けに, 長くなった, 開かれて, 集って, 集まる, 霜が, 露出し, 靜かに, 飛んだ, 高く朧ろ, 鴉が, 黒, 黒い影

4 [359件] あがりました, あがれば, あてた, あらねば, あらはれて, あらわれる, あるから, あるは, ある二つ, ある時計, いただいて, いると, うつって, うつぶして, うつむいて, うつ伏して, おいでに, おかれた, おつかぶさつ, おどって, おろしました, お立ちに, お置き, かかった, かかりて, かかる, かざした, かなりの, かぶさつて, がっくりと, きらきらと, ごろ寝を, さしか, さらさらと, さらにその, ざはめきが起つた, しずかに, した, したまま, しても, すれ, すわつて, そ, その姿, それぞれの, たなびいて, だ, ちらちらと, つっぷして, とまりました, どれだけ, なかった, ながながと, なくては, なったり, ならべました, のびのびと, のぼりて, のぼりました, のり出して, ばたり, ひとつの, ひろがりしばらく, ぶっ倒れ, ぼんやりと, まだ, まだ何, まっすぐに, まづ木の葉, もって, やすんで, ゆらゆらと, ゆるやかに, わたしの, ゐるの, ガバと, チャンと, チョコナンと, ドシンと, ハンケチを, バタリと, ピタリと, ペンを, ランプを, 一つずつ, 一人は, 一冊の, 一団の, 一杯に, 一生面を, 一輪の, 一通の, 三人の, 上ると, 下って, 両の, 並べました, 並んだ, 丸を, 乗せられて, 乗りかかって, 乘せた, 乘つてゐる, 云つた如くである, 云ふ, 人に, 仆れた, 休ませて, 伸子の, 伸子は, 何よりも, 使用され, 信仰を, 倒した, 倒れたの, 倒れたまま, 倒れ伏, 偉大なる, 僅かに, 働きて, 光り物が, 光るもの, 出るの, 加えた, 勝手に, 印して, 原稿紙を, 厳然と, 及ぼす影響, 叩きつけられた, 向いて, 君の, 唇を, 唾を, 四本の, 四角な, 固定し, 坐つたま, 坐ること, 声が, 変な, 多大の, 夜の, 夢を, 大の字なりに, 大勢の, 天を, 天幕を, 天鵞絨の, 女が, 娘の, 子供を, 存在し, 安らかに, 安置され, 安置し, 容貌も, 寝かした, 寝かせて, 寝たり, 寢て, 小さな水晶, 小判を, 少からざる, 少しばかり, 居りました, 展開された, 崩れ落ちた, 布団を, 帽子と, 平伏して, 座った, 建てたもの, 引いて, 当って, 当てた, 彼等の, 後から, 御主人, 微かな, 心を, 応用し, 思いを, 懸けて, 成り立つて, 手に, 投り出し, 抱へ, 押した色紙, 押し直らうと, 拡げた, 掌を, 掛かって, 揃へて, 提灯が, 攀じ登って, 支えて, 支那の, 散らかって, 散らばつて, 数字を, 敵の, 斜に, 於いても, 於てのみ, 日本の, 明らかに, 書物を, 有名な, 本が, 朱を, 来た時, 松の木が, 梅の, 棒を, 横たわった, 横書き, 死んだよう, 残つてゐる, 気を, 求めた天八井, 求めて, 波の, 注意を, 活し, 活眼を, 浮き出して, 滴り落ちた, 灰色の, 無理に, 煙の, 煙草の, 照りつけて, 熱い涙, 燃えて, 片肘, 現われた, 生活し, 生活を, 當る, 発するもの, 発現し, 発生した, 登ると, 白布を, 白衣を, 盛り上って, 目に, 相並ん, 眞直に, 真黒な, 着いた, 睡って, 移った, 移る, 稍不自然な, 積み重ねて, 空に, 空の, 突立った, 立たねば, 立たん, 立ったの, 立ったり, 立っての, 立つだけの, 立つての, 立つという, 端座し, 筆を, 箱を, 築くこと, 精神の, 組んだ, 絵を, 繞らした, 置いたこと, 置いた手, 置いてから, 置いても, 置かれたの, 置きそれ, 置く露, 翳した, 翼を, 考えて, 肉が, 腰掛けた, 腹を, 腹這ひ, 自分も, 自分を, 自己の, 臼を, 色々の, 色が, 茣蓙を, 茫然と, 茶碗を, 草が, 華やかな, 落しながら, 落ちか, 落つる, 蘆が, 行くと, 行われて, 表れて, 言ふべき, 詩を, 語られた慧心僧都, 赤ん坊を, 走って, 走らせて, 起きなおって, 起直った, 跪いて, 躍らせて, 身動きも, 車座に, 転がして, 載せました, 載せる, 載せるの, 載っかって, 述べた, 述べたこと, 逆さに, 逆に, 運んで, 遥かに, 適当な, 重なり合って, 金が, 金文字で, 釘づけ, 鉛筆の, 閃いて, 降りるもの, 陣取って, 隠れて, 集まった, 雪を, 面を, 鞭を, 頑張って, 顋を, 飛びあがった, 飛びあがって, 飛び上, 飛び下りた, 飛び降りて, 飜る, 飯櫃の, 馬を, 馳け, 髪を, 鮮かな, 黒い鳥

3 [729件 抜粋] あかあかと, あがる, あげました, あげ人眼, あったので, あてがって, あとの, あふむけに, あらわして, あらわれること, ありては, あるお, あるかの, ある古い, ある大きな, ある小さな, ある時, あれほど, いたの, いつでも, いつもの, いるとき, うつして, おく事, おこうと, おっかぶさっ, おりた, お膳, かかったの, かかれて, かがみながら, かがみ込みながら, かなり大きな, きのこの, くの, この頃, こぼれた, これらの, ころがった, こんなこと, さ, さっさっと, さまざまな, さらされて, しましょう, しや, しようと, すわりこんで, すわりながら, そっと手, その女性, その存在, その後は, その日, その頭, それに, たたずんで, ただ一つ, たゆたって, ちょんと, ちらと, つ, つきて, つく, つっ伏した, とびあがって, とろ, どうと, どさ, どっかり坐った, どっしりと, なげ出して, なったが, なつた, なりました, なるの, のせ, のせること, のぞんで, のぼれば, はい上がっ, はたらいて, ひざを, ひっかかって, ひるがえって, ぴったりと, ふらふらと, ぶちまけて, ぶら下って, ほこりが, ほとんど大の字, またもう, また一つ, まともに, まばらに, ものを, もんどり打っ, やって, ゆったりと, りっぱな, ゐた, ゐると, カーキ色の, ゴザを, タタキ付けた, ダラリと, ドタンと, ドーンと, ヘタヘタと, ポツンと, 一と, 一切の, 一抹の, 一条の, 一様に, 一段高く, 一片の, 一葉の, 三日も, 三角の, 上にと, 上ること, 上着を, 下して, 不必要, 不意に, 両袖, 並べるの, 主人の, 乗せると, 乗る, 乗る事, 二三の, 二枚の, 云つた, 人は, 人生の, 仰いで, 仰向いたまま, 伏して, 伸して, 佇みながら, 位する, 位する者, 何かを, 何でも, 何時までも, 作用を, 俯し, 俯伏せに, 俯向い, 俺は, 倒れる, 傍に, 先刻の, 先生の, 光が, 光らせて, 光明を, 円を, 再現しよう, 冠せて, 冴えて, 出づ, 出なかつた部分, 出來, 出現し, 出現した, 剣を, 加うる, 印せられて, 卸した, 及ぼすこと, 双手を, 双眼鏡が, 反り返って, 取って, 取り落して, 口の, 叩きつけ, 叩きつけました, 吊して, 同じよう, 名を, 向けられた, 吹いて, 周囲の, 唯だ, 営まれて, 在って, 在つて, 在る, 地図を, 坐らした, 坐るの, 垂らして, 墜ちて, 墜落し, 変化を, 夏は, 外に, 多分の, 夜を, 大きな音, 大きな黒子, 大胡坐, 天井から, 夫, 奇妙な, 如何に, 妻の, 子供の, 孔雀の, 安住し, 安定し, 安眠し, 家が, 家は, 寝ころんだ, 寝そべった, 寝転がって, 寢ころび, 封を, 對する, 導かれた, 小石を, 少しでも, 少しの, 少なからざる, 居たが, 居ると, 居住居, 屈み込んだ, 展開され, 展開し, 山と, 工藝の, 帰って, 平らに, 平気で, 年の, 年を, 座り直した, 延びて, 建物が, 建設される, 引据えられ, 張って, 影響し, 影響した, 影響する, 彼等は, 彼等を, 忘れて, 応用した, 感じながら, 我が言, 戻した, 戻った, 手足を, 打ち伏, 投げながら, 投げ出すと, 投影し, 抛り出して, 抜けて, 押しかぶさつて來, 押しつけて, 拡がつて, 拡って, 挙げた, 振りかけて, 掛つてゐる, 掲げて, 描くこと, 支へ, 散った, 散乱し, 散見する, 整列し, 敷きて, 新しい雪, 新たな, 於いては, 於ける勢力, 日常の, 日章旗を, 明かに, 昔の, 映して, 普通の, 暗い恐ろしい影, 曝して, 書きつけて, 朝の, 木を, 材木を, 来ました, 柱を, 棲息し, 椰子の, 楽譜を, 横えた, 横たわりながら, 横って, 樹てられた, 此の, 毛糸の, 水が, 永久に, 汝の, 油を, 泣伏し, 泥靴の, 注がれるよう, 活動する, 浮べて, 消えた, 溢れて, 溶けて, 濺が, 点々として, 無遠慮に, 特殊の, 犬の, 現して, 現ずるもの, 現れました, 現われたの, 現われる, 現われるの, 瓶が, 生え上つて, 生涯を, 用意し, 男が, 畳を, 疲れた身体, 発生し, 登らなければ, 登りました, 登ること, 白い猫, 白い粉, 皺くちゃに, 盆を, 目の, 眞つ, 真紅な, 真黒に, 眺めて, 眼鏡を, 着けた, 硯や, 硯箱が, 祝福を, 私を, 移した, 積もって, 穴が, 突っ立った, 突つ伏した, 立たして, 立ちあがって, 立ちどまって, 立ち上った, 立ったとき, 立っても, 立つに, 立つ人々, 立つ人たち, 立てようと, 立とうと, 第二, 築かれること, 糸を, 紐を, 素敵に, 紺の, 結ばれて, 絵の, 綺麗に, 縛られて, 繋いで, 置いたなり, 置いたま, 置いたり, 置いた時, 置かねば, 置かれました, 置く音, 置けり, 群れて, 翁の, 老少も, 聞えて, 聞くも, 脱ぎ捨てて, 腰かけた, 腹ば, 腹這っ, 自由に, 興味ある, 船賃を, 花を, 英語の, 草を, 草履を, 荷を, 荷物を, 落しました, 落すと, 落ちたという, 落ちたので, 落ちた時, 落ちぬ, 葉の, 蓆を, 蓙を, 薄い紙, 薔薇色の, 蠅が, 血を, 表現され, 被さって, 襲って, 西洋の, 覆いを, 見ても, 見ゆ, 見るの, 見出した, 言ったとおり, 記する, 認めた, 誰も, 費用の, 起して, 起直, 超然として, 足跡を, 跡を, 蹲る, 身體を, 車を, 転じた, 転って, 載す, 載せ, 載せたの, 載せたる蓋, 載せられました, 載せられる, 載つかつて, 輝いた, 迎えて, 迫って, 述べたところ, 逃げて, 逆立ちを, 進んで, 運ばれた, 達すると, 遙かに, 避難し, 醤油を, 重いもの, 重って, 金粉を, 鉢巻を, 鋭い感覚, 門の, 開いたまま, 降り注いで, 陽炎が, 雨が, 震えて, 霜の, 青竹を, 青銅の, 鞄を, 音も, 顕れて, 顕われ, 飛び上がって, 飛び降りた, 飯を, 飾つてある, 馬のりに, 馬乗りにな, 馬乘り, 高い, 高くあげ, 髪の毛を, 鮮かに, 鮮やかに, 鳥の, 黄色な, 黄金色の, 鼻が

2 [2376件 抜粋] あおのけに, あぐらし, あたしを, あたりは, あった一銭五厘, あてはめて, あの少女, あべこべに, あらわれました, あるかと, あるレヴィユー小舎, ある以上, ある寺, ある様, ある筆, いかに大きな, いたが, いちめんに, いと美, いまにも, いるはず, うごめいて, うず高く, うつ俯, おいた両手, おかれました, おきなおりました, おく露, おのせ, おりたち白い, お医者さん, お眼, お鳥, かける, かしこまつ, からだの, きたすもの, きょとんと, くず折れ, くつろいで, こ, こしかけて, こてこてと, この国, こぼしました, ころがったまま, さか, さしつけた, さつきから, した手, しばられて, しるされて, じかに置い, すえられて, するの, すわると, ずらりとならんでしまつた, そう云う, そっと掛け, そのとき, その動作, その絵, そんなこと, たたずんだ, たらして, ちょこんと収, ちらちらおどりぬ, つかつかと, つけた, つもり全く, とび上がって, どこから, ながいこと眼, なにも, なること, ねころがったり, のこされて, のせては, のぼりつきました, のる, はって, ばら, ひっくりかえった, ひらいた, ひろが, ひろげる, ふって, ふる雪, へたばった, ほかの, ぽっかりひらい, まざまざと, また一人, また地球, まだ暗い, むくむくと, もっとも大切, やはり前, ゆたかに, よこたわって, わが眼, ゐるやう, カラスが, コップを, ザラッと, ゼラチンを, ドスンと, ナプキンを, ヒョイと, フワフワと, ベタッと, ポッカリと, マントを, 一々の, 一一の, 一寸した, 一旒の, 一点の, 一箇の, 一齊に, 万葉生活を, 三尺の, 上から, 上ったの, 上衣を, 下婢が, 不恰好な, 世の中の, 両手が, 並べたの, 並べ始めた, 丹前を, 乗せたり, 乗ったとき, 乗り出して, 乘つて居た, 乱れかかって, 予想外の, 二冊の, 亡びて, 人殺しの, 今にも落ち, 今日の, 代って, 仰向いて, 伝わって, 位するもの, 何かが, 何物かを, 來て, 信一郎から, 俵を, 倒れかかる, 倒れる人, 傲然と, 働きかけて, 僕を, 先刻三鞭酒を, 入って, 六人の, 写して, 凡ての, 出してあつ, 出たとき, 出でたり, 出るを, 切って, 利害交換の, 刺さる, 割烹着の, 加はつて, 動いた, 勝平は, 十字架上の, 卓上電話が, 印を, 卸して, 又新しい, 及ぼすは, 取り戻して, 口も, 叩きつけて, 右手を, 吊つて, 吐いたの, 向ひ, 吹きおろして, 咲く花, 喉を, 四月の, 国が, 在つた, 在りはた, 在る月, 坐したり, 坐つた儘, 坐り握り飯, 坐り込む, 垂れか, 垂れるの, 執筆に, 塊まっ, 墨で, 多少とも, 大きい損失, 大きなやさしい, 大きな栗, 大きな黒い, 大変な, 大木の, 大胆な, 夫程, 奉じて, 如何なる変化, 始終横, 子を, 存するなり, 安かれ, 実在し, 家屋も, 宿屋の, 寝かせた, 寝たまま, 寝衣, 寝転んだり, 射しこんで, 小さく蛇, 小坊主が, 少からぬ, 尚ほ, 居た一羽, 届かないの, 山を, 崩れるよう, 差し出した, 差置きたる帽, 帰国の, 干して, 平生から, 幽霊の, 幾度も, 座ったまま, 庭石のうへに, 建てた, 建てられた建物, 弓なりに, 引き上げて, 引つくり, 張られて, 当てが, 影の, 往った, 微笑を, 心張棒が, 必要の, 怖ろ, 急いで, 息を, 情熱の, 意識し, 懐中電灯を, 懸けら, 戻して, 手燭を, 投げだして, 投げるの, 投げ捨てて, 折り重なって, 抱き上げた, 押し付けた, 拡がりかぶさろうと, 拡張し, 指揮を, 振りかけた, 捨てませう, 据わって, 掛ける二枚, 控えて, 描かすよう, 揺き動く有様銀座街頭, 擴げた, 攀じ登った, 放りだすと, 散りか, 敷いた筵, 斑, 新聞が, 於ける大, 施して, 日光の, 明治の, 映じて, 時としては, 晒して, 暗い影, 曝し出される, 更に何, 更に線, 書きつけた, 書類が, 朝から, 本物の, 杓子に, 来れば, 枕を, 枝の, 柔らかな, 棄てて, 植込みの, 極めて大切, 樋から, 横たおし, 横へ, 横向きに, 櫂を, 次第に影, 止まったり, 正面を, 残ったの, 殘る, 母子の, 毛を, 気絶し, 池の, 波が, 活けて, 流線の, 浮かび上って, 浮べた, 海に, 淡紅色の, 湛えて, 満足を, 潜んで, 火事の, 点の, 無数に, 煌々と, 照る月, 燈火の, 父が, 狐の, 猫が, 現すこと, 現われるよう, 琴を, 生えた草, 生命を, 生育した, 申訳ばかりの, 異様な, 當時の, 病身で, 発生する, 登ったもの, 白い奉書紙, 白い鳥, 白墨で, 盃を, 目金を, 真剣な, 眠りこけて, 睡蓮の, 石で, 確と, 祝福が, 私達の, 移すこと, 積まれた, 積んだ原稿紙, 突き上げて, 突つ, 突立つて, 立たせた, 立ち上がった, 立ち人, 立つお, 立つが, 立つ光十七夜, 立つ彼, 立てながら, 立てる大隈板垣等, 端然と坐っ, 箔の, 築かれなかつたこと, 簀を, 粗い格子縞, 紅鶴らしい, 紙に, 細かな, 組みて, 結んで, 絢爛と, 続々と, 網を, 縦横に, 置いたもの, 置いた筆, 置いた金時計, 置かる, 置きその, 置き忘れたといふ, 置く時, 羽を, 考へて, 肉の, 肺病まで, 脱いで, 腹と, 臥か, 自分と, 舞踏し, 花瓶が, 若くて, 英書を, 華奢な, 落ちかかろうと, 落ちはじめた, 落ち來, 落下する, 蓑を, 薄い月, 薄紫の, 蚤が, 蝉の, 血ま, 衝いて, 袈裟を, 被害者が, 褐色の, 覆せて, 見よ, 見るよう, 見物した, 親子の, 記した, 認められたの, 説くよう, 財産が, 貼りつけその, 赤い線, 走らした, 起きかえって, 起き上られ妾, 起き返って, 起りそして, 足場を, 跳つてゐる, 踞み, 蹲踞んで, 躍動し, 軒燈が, 転がり落ちた, 転落した, 載せたが, 載せた茶碗, 載っけて, 返しながら, 述べた所, 送った, 這いつくばって, 這上って, 道を, 遺して, 酒の, 醜い死骸, 重い鉄, 重荷を, 鈴なりに, 銘仙の, 錬えられて, 鐵瓶が, 開きながら, 降った, 降りそそいで, 陣取った, 隠して, 集るの, 雙手を, 零した, 電燈が, 青いインキ, 青白い光, 靡いた, 頑張つて, 頭は, 類型の, 飛び上る, 飛び出した, 飛行機の, 飾った, 香炉が, 駈け上って, 高い銀河, 髪の, 鳥籠を, 鶺鴒が, 黒い頭, 黒に, 黒百合の

1 [22691件 抜粋] ああいう, あがり文字盤, あげる事, あったはがき, あった荷物, あてどの, あふむき, あらゆる条件, ありし鋸齒状, あるいは緑圃黄隴, あるダイアル, ある初夏, ある広い, ある溝, ある航空標識, ある首将, いかなる希望, いただき, いっそうそうなりたがる, いつも載せ, いらだたした, いる爺婆, うかびあがり舟, うずくまり複雑, うつむきに, えびの, おおいかぶさり落ちた椿, おきわすれたの, おしっこを, おとしての, おまけを, お任せする, お爺さんを, かうした変化, かがみかかった相川良之介, かけられた厚ぼつたい土橋, かすめさせると, かの地, きかかりました, きわめて重要性, くるしむキリスト, こう色々, この三つ, この椿, こぼしたの, ころがした, こんな立派, ご存じの, さしかざして, さながら柱, さらに手桶, しきりに案内, しばりつけられて, じかに寝なく, すえられた姿, すっかり姿, すむ, ずっと籐椅子, そこの, そのあたり, その分割, その恩, その相, その部分, それとても, たぐえる人, たちやがていつも, たまった籾, だんだん二つ, ちょこんと乗っ, ついた欄間, つくりあげる時代, つばさを, つるして, ところどころ掃きよせられた, とびのりました, とりあげられて, どう演活, どんなほの, なお人造人間, ながめふとした, なってるの, ならべられた赤い, なんだか文字, ねかされたの, のこった去年, のせた手, のせ小屋, のってた花瓶, のぼり梢, のろり, はたしていくばくの, はや一, ひざまずき枕頭, ひどく頭, ひれ伏しますと, ぴしりと鞭, ふりかかる命数, ぶらさがった地図, ほうりなげあたふた, ぼかしを, まいさ, またがせて, また切りつめられ, また無心, まだ太祇, まとまりよく, みつめたり, むなしき筆記, もう一重草色繻子, もちだして, やうやく, やや明る, ようやく一道, よぢ登つて, わけも, ゐる蛙, オリヴィエの, キャベツ一個分は, コソコソと, ザラザラと, ストオヴを, チュンベルグの, トランプの, ノロさんが, パンや, フェルナンデスが, ベルに, ミカエリ資金と, リプトン紅茶の, 一々たん, 一人つっ立ってる, 一大辰を, 一方では, 一瞬若々しい, 丁字杖を, 三人とも, 上がりました, 下したり, 不動の, 与えた規定, 並ばされるの, 並べ襟巻き, 丸い影, 主観的の, 乗せマッチ, 乗りうつっ, 乘っかった, 乳首の, 二カ所ほど, 二大, 二頭の, 五拾銭玉一ツと, 人形は, 仆れる, 今日それぞれの, 他と, 任意な, 会うと, 伸べたま, 低い屋根裏, 体例と, 何やら白, 何色かの, 使えるか, 保証人が, 倒る, 停つて時計, 僅に, 充分注意を, 光輝を, 八反の, 其土地の, 円や, 冥福あれ, 几帳面に, 出た自分, 出る靜, 切れ易く, 別意, 剃りたて, 力一パイ叩きつける, 加へて, 動く物の数, 化け物屋敷などという, 十分の考慮を, 半ば頭を, 南蛮寺へ, 即して, 厳重なる, 又霧粒, 及ぼす変化, 反映しなかった, 取り落すと, 古い一筋, 叩きつけること, 各国連合軍が, 同じ紋付, 向う通風, 君を, 吾児と, 咳一つたん一つ出ない, 啼きま, 嚴然と, 四角に, 團欒し, 在るあの, 坂野の, 坐ってると, 坐りなおした, 坐る習慣, 執る, 場所が, 壊れて, 外洋には, 夜目にも, 大きい拍車, 大きな厚ぼったい, 大きな立木, 大きな驚くべき, 大字で, 大活眼, 天地霄壌の, 夫婦瀧あり, 如何にもよく出, 婆あ, 存外多く, 安置された, 実現され, 家政婦に, 富士, 寝せました, 寝反り, 封じ目を, 小さい姿, 小さな丹念, 小さな裂傷, 小次郎を, 少しで, 尾, 居直も, 履きちが, 崩れおちて, 巨影を, 巻けるよう, 帰伏し, 平坦の, 幾世紀と, 床の, 庵平太郎が, 建てようとの, 建立する, 引いた要らない絵図, 引き起した, 引返したの, 強い日, 形式づけられた, 彼女自身の, 得意然, 復って, 心血を, 快い靜けさ, 怪塔ロケットの, 恰度群島の, 想ひ及ぶ, 感じるの, 懸かつて, 成立つの, 戴き未だ, 手懸を, 打ち建てられなくては, 抑え彫刀, 投げるもの, 投げ落されたの, 折り曲げるよう, 抱かれた時, 押しつけられた, 押胡坐を, 拡げた絵図面, 持ったまま, 挙げた通り, 捨てろの, 据ゑてある時計が, 掛けるもの, 掲ぐ, 描かれたメデューサ, 揺れながらも, 擲げつけ, 放った, 散々やっつけられる, 散在する, 敷かれて, 斬られて, 新しき欲情, 於ける一大基礎概念, 於ける所謂, 施し眺め得る魅惑, 日影が, 昇るだけで, 昔は, 昨日持つ, 暈繝の, 曙色が, 更に作家, 更に考え, 書きかけとるん, 最も痛切, 有るもの, 朧気な, 朱色で, 杯の, 枝差し伸べ, 柔かき毛布, 桟橋を, 棺車を, 極微の, 横えられた, 横はるも, 機宜を, 歌唱の, 正確に, 死にかけて, 残った茶碗, 母あり, 民族道徳の, 水珠の, 求めるより, 沸き上がって, 泣き伏した白い, 注ぐ涙, 活きて, 浅草のりの, 浮び唯, 消えかかるの, 深い刃物, 渋紙色の, 湿気が, 滑らせるの, 漂ってるの, 潮岬の, 火の手上がりたる, 点出された, 無言の, 照らし出して, 燃えうつった, 片っぽ, 特, 猫くらいの, 珈琲の, 現れた説明書, 現われるだろうという, 琺瑯鉄器製の, 生かし悠々, 生まれ付き弓矢の, 産み落したその, 画筆を, 畳ね, 痛快に, 発達した, 登れば, 白い糸屑, 白土を, 百倍も, 盛り上ってる雑誌, 直寫したる, 眞白な, 眠った, 着こんで, 矢の, 石龕あり, 確固たる礎石, 祝福の, 禁酒の, 移しました, 穀物の, 積むこと, 突き出した棧敷, 突ッ伏しました, 立たせなさい, 立ちそれ, 立ち体験, 立ち盡, 立った小幡民部, 立つた儘, 立つ人だかり, 立つ泡, 立てた汽船会社, 立てれば, 竪てた, 答えを, 築かれようとして, 粉絵具, 紙と, 細かく刺繍, 組み合せた腕, 結びついて, 絹製の, 縋り付く手, 繋ぎて, 置いた古い, 置いた重箱, 置かれた土, 置かれるよう, 置きわけなく楽し, 置き残された宇治山田, 置く僕, 美しいチューリップ, 群つた, 翳そうと, 耕地整理の, 聳える氷河, 背も, 脱ぎ捨てた下駄, 腹ん, 臥せって, 自暴に, 舂いて, 船隻を, 花束はなの, 苦悩の, 草鞋銭を, 萱で, 落ちたから, 落ちるかも, 落っこって, 著き遜色, 蔓り重る, 薄墨色に, 藤色の, 蝦夷という, 行った, 表はれた, 被せます, 複合体として, 覆ひの, 見える狭い, 見つけられた双, 見事に, 親を, 計量器が, 註文は, 認むるであろう, 課せられそして, 豚や, 貴夫人, 贅沢を, 赤く濁った, 走ります, 起き直ったところ, 起つた維新以後六十年, 足などを, 跳ね起きると, 踊る鬼火, 蹲跼み, 車輪の, 転る, 載せたこと, 載せられた白大理石, 載るの, 轟然と, 返さうと, 述べた如く俳優, 追いつめたばつ, 透しの, 造りつけた箱, 運ばれたところ, 達しても, 遺って, 酸素吸入の, 重ならねば, 野の, 金色を, 鈴ヶ岳が, 鋏が, 鐘塔の, 長く寝, 閉ぢられ, 関藤国助さんの, 降りると, 陣取つたが, 隠居平八郎は, 集れる血手俣, 雪國ので, 霜は, 青ざめた影, 面皰だらけの, 領主の, 顔じゅう一面, 風呂敷包みを, 飛び乗りがたがた, 飛散した, 飾つてあつ, 香露, 驅け, 高く傑出, 高木先生の, 鳴る脚, 黄絹の, 黒い襟, 黒気でも

▼ 上~ (18289, 14.1%)

207 方に 175 方へ 115 方から 107 方の 86 方を 73 方で 65 ことで 44 雲湖 43 方は 41 方が 39 ことは 38 ほうへ 35 人と 33 問題に 32 ほうに, 方には 29 ところに 28 ことに, ほうから, 一つの 27 ことだ, 問題を 25 ような, 人は 24 ことを, 必要から 23 ように, 意見を 22 ほうの, 事に, 伏見屋の 21 ことである, 問題で 20 ものを 19 かたより, 人の 18 ほうで, 事は, 問題では, 問題として, 段に, 知識を, 諸問題 17 事を, 学校へ, 或る 16 ことです, ほうを, 二人の, 問題が, 問題は, 意味を, 種々の, 関係が 15 事で, 仕事は, 価値を, 壁に, 責任を 14 かたに, かたの, かたへ, 事実を, 人が, 人に, 問題も, 物を, 話を, 関係から 13 家の 12 必要が, 方まで, 方も, 方より

11 [17件] ものが, ものに, 二人は, 仕事を, 作品は, 作品を, 問題である, 大問題, 姉の, 子が, 寝台の, 意義を, 手を, 者が, 説明を, 議論を, 部屋の

10 [15件] あたりを, ものは, 効果を, 区別は, 問題と, 姉が, 姉は, 子は, 時計を, 本を, 枝に, 棚に, 段の, 知識の, 見地から

9 [21件] 世界の, 二つの, 人間は, 例の, 区別が, 問題だ, 女の, 女の子は, 家へ, 必要に, 手段に, 文明は, 智識を, 書物を, 男は, 目的に, 知識は, 研究の, 研究を, 窓から, 重大な

8 [30件] いろいろの, かたには, ことと, ことも, ことや, すべての, やうに, 世に, 事である, 人物の, 人物を, 問題の, 壁には, 大事件, 妹の, 学校に, 手紙を, 文字を, 時計の, 木の, 松の, 男が, 男の子は, 知識に, 立場から, 紙片を, 級に, 花瓶に, 部屋に, 関係は

7 [37件] ことなら, ところへ, 事だ, 事と, 事実が, 事実に, 人物が, 仕事の, 位置を, 兄が, 兄の, 原則を, 土を, 地位を, 子供が, 弟は, 所に, 方へと, 木立の, 根拠を, 権利を, 注意を, 現象, 理由から, 目的で, 研究に, 秘密を, 立場を, 紙を, 統一を, 者は, 自由を, 言葉を, 責任は, 進歩を, 都合で, 顔を

6 [44件] あたりに, ことだけ, ところで, ものの, コップに, 事件に, 事実の, 人物として, 人物は, 仕事に, 位置から, 利益を, 力を, 問題には, 困難が, 城では, 大事業, 大切な, 天井の, 女は, 娘は, 学校へは, 少女の, 弟が, 必要は, 文明を, 方, 棚には, 生活を, 相違は, 砂を, 空中に, 置時計を, 美しさ, 自分の, 自由に, 草の, 蝋燭の, 要求を, 訓練を, 述作を, 間の, 関係の, 関係を

5 [101件] あるもの, かたを, こととして, ために, とこへ, ほうが, ほうまで, やうな, キリストの, 一冊を, 一枚の, 一種の, 三人の, 不安は, 事なれ, 事実は, 事情から, 二人が, 交渉を, 人々は, 人たちは, 人を, 人形を, 人間の, 作品の, 価値が, 価値は, 偉大な, 凡ての, 処に, 務めを, 問題としては, 困難は, 地位が, 地位は, 変化が, 夜の, 女の子の, 姉さんは, 子の, 學校へ, 実権を, 客と, 家に, 崖を, 影響を, 必要の, 性質を, 意味が, 意味に, 意見が, 所謂, 手続きを, 文字は, 方だけ, 方と, 方にも, 書類を, 柱に, 椅子に, 様に, 橋の, 汗を, 物が, 独立を, 猫を, 理由を, 生活が, 生活に, 畑の, 矛盾が, 知識が, 私の, 私を, 穴から, 窓は, 約束を, 罪を, 義務を, 虚構, 言葉で, 言葉の, 言葉は, 話で, 話である, 語で, 議論に, 議論は, 足跡を, 路を, 道を, 部, 部だ, 重要な, 野原の, 釘に, 間へ, 関係で, 頂は, 高さ, 鴉

4 [186件] あたりへ, いろいろな, お宮仕え, こと, ことであっ, ことであり, ことな, ところが, ところを, どこかに, ほうは, ものだ, もので, ものである, ものも, ゆるい服, ナポレオンは, ランプの, ランプを, 一問題として, 一点に, 一輪挿に, 三人は, 主義に, 事件は, 事実である, 事実として, 事實に, 二重丸は, 人, 人も, 人物に, 人類を, 仕事で, 他の, 位置に, 価値の, 便宜の, 便宜を, 偶合と, 兄さんは, 兄は, 光景を, 出来事が, 分類, 力は, 功名に, 区別を, 原理を, 原稿を, 収穫を, 名探偵, 呼鈴を, 問題から, 問題です, 困難を, 國の, 埃を, 城の, 変化に, 多くの, 大発見を, 大發明, 女の子が, 娘を, 子供を, 字を, 学校へも, 実際問題, 客は, 家は, 家主の, 富と, 寒暖計は, 寝台に, 対立を, 小夜衣, 岩の, 差異が, 影は, 彼の, 彼は, 必要と, 必要も, 必要を, 忍び返しが, 思想を, 怪し火, 意味で, 意味は, 意見の, 意見も, 手続きが, 打合せを, 批評を, 損害は, 教育を, 新聞を, 時計は, 書物は, 月の, 条件が, 条件を, 板を, 枝の, 枝は, 根拠が, 棧が, 槍の, 権利は, 欠点を, 欠陥が, 段には, 段まで, 汚れた地図, 活動を, 無罪宣告と, 照正様が, 物干, 特別な, 狹い, 現象に, 現象は, 理由が, 生活は, 甲板に, 男と, 男の子が, 盃を, 目的の, 目的を, 真の, 矛盾の, 矛盾を, 知識と, 秘密な, 立派な, 経済思想と, 経験の, 経験は, 総決算, 罪人に, 罪悪を, 義理立ては, 者に, 者の, 者を, 肴を, 自由の, 自由主義, 色々な, 荷物を, 蠅を, 要求が, 要求と, 要求に, 見解から, 観察を, 言葉に, 話が, 話も, 論文を, 議論などを, 負担は, 負担を, 責任, 質問を, 迷信が, 進歩なり, 逸品と, 過失を, 部分が, 部屋へ, 都合が, 鈴を, 銀の, 銅像の, 鐘を, 間に, 階級の, 雑誌を, 青空を, 面倒は, 革命を, 題詞から, 魚の

3 [368件] あたりで, あたりは, お姿, お心, お言葉, かたにて, ことから, ことであった, ことについて, ことについては, ことまで, こぶ, すきま, それは, ただの, たなに, ところどころに, ところは, ものと, ガラスの, タチバナと, ベルの, ボタンを, リアリズムの, 一人の, 一切の, 一方に, 一点を, 不自由は, 不都合を, 世界に, 丘の, 事, 事も, 事務を, 事実だ, 事実と, 事実としては, 事実も, 事實を, 事情に, 事情は, 事柄を, 二首の, 交渉が, 人から, 人影を, 人格を, 人達の, 仇を, 仕事, 仕事が, 仕事な, 仕事には, 伏見屋から, 伝統を, 伸子を, 何かの, 余白に, 余裕が, 作品に, 作品も, 例を, 修正が, 修養を, 偶合は, 兄さんが, 先輩に, 兩隅を, 公徳を, 制裁を, 制限が, 制限を, 前歯が, 力量も, 効果から, 効果が, 効果に, 動機が, 区別では, 半分は, 原理に, 参考に, 右の, 各時代, 名と, 名は, 哲学は, 問題であっ, 問題でも, 問題とは, 問題などを, 問題にも, 問題のみ, 問題や, 四角な, 土が, 地位に, 城は, 塵を, 塵埃を, 壁の, 変化, 変化は, 大進歩, 天井が, 失敗から, 失敗の, 失敗も, 女に, 好奇心から, 妖気は, 姉で, 姦淫が, 姿に, 威力を, 娘に, 娘の, 子と, 子に, 子供の, 字は, 学校には, 學校に, 実力を, 実際的, 客に, 害は, 家で, 家を, 容子を, 寝台から, 対立に, 対立は, 小高いところ, 屋根の, 崖から, 左の, 差別が, 巻き物の, 希望を, 帽子を, 幸福は, 廣高の, 弟とは, 役割を, 彼女は, 御用は, 御迷惑, 御馳走を, 心配は, 心配を, 必然性が, 思召し, 思案と, 怪物の, 意匠が, 意味の, 意味ばかり, 意富祁王が, 意義が, 意見に, 意見は, 感化を, 態度を, 成功を, 所で, 所へ, 所を, 扉が, 手文庫の, 手腕が, 才能は, 才能を, 技巧は, 技術とか, 抽斗を, 拝礼が, 拠り処, 提灯を, 損害賠償, 改良が, 改革は, 效果を, 敵と, 新学説, 新発見, 方からは, 方や, 方則は, 日記, 智識でも, 智識は, 曲者の, 書を, 最上の, 朝臣が, 条約を, 杯を, 松林は, 板の間に, 枝が, 梢から, 棚の, 棧は, 椿を, 様々の, 権威に, 樹の, 欠点は, 欠陥の, 欠陥を, 欲には, 段から, 段が, 気持ちに, 氷に, 注意が, 洋燈を, 涙を, 深見新, 混乱を, 火が, 灰皿を, 無罪宣告の, 無罪宣告を, 物に, 特殊な, 特色は, 現象を, 理想と, 理想に, 理由で, 理由は, 理由も, 理解の, 理論を, 生物は, 男の, 男の子に, 男を, 疑問が, 瘤とも, 発展の, 発見の, 発見を, 皿を, 目ざまし時計の, 目的から, 相違が, 真理が, 真理を, 知識から, 知識や, 石には, 石の, 研究が, 神として, 神の, 私は, 秋の, 秘密も, 種々なる, 穴穗の, 空間を, 窓に, 立場が, 箱に, 糸屑を, 約束が, 紐を, 紙に, 紙の, 素質の, 結婚を, 結果である, 網棚に, 罪は, 罪人と, 罪惡を, 置時計の, 美を, 義務は, 習慣を, 者も, 自由主義と, 興味が, 花の, 花瓶を, 苦しみは, 苦労が, 苦労は, 苦労を, 苦心の, 茶店の, 蝋燭を, 血痕を, 術語で, 術語を, 表の, 表現に, 見地に, 見解に, 規則に, 規定を, 観念は, 観念を, 解釈に, 言葉, 訓練の, 記録を, 詮議は, 話から, 話だ, 話では, 話に, 話の, 話は, 語の, 説に, 財布を, 貧しい男の子, 責任の, 趣味の, 趣味を, 路は, 身に, 辺に, 辺りに, 通信を, 進歩は, 遊戯に, 運動に, 道へ, 道理を, 部で, 部の, 部分は, 部分を, 部屋が, 部屋と, 都合も, 酒を, 金を, 金網の, 金貨を, 錯覚を, 鎖国を, 鏡に, 鏡を, 關係から, 關係は, 階段を, 階級が, 雪が, 雪と, 電気時計を, 露と, 青空には, 非常な, 頭を, 題目に, 風に, 飯を, 首領と, 高いところ, 麦畠, 黒ずんだ灰

2 [1241件 抜粋] あたりから, あの柳, あらゆる手法, いろ, おじいさんは, お出で合せを, お慈悲, お盆から, お耳, お話を, けんかなど, ことが, ことであろう, こととは, ことの, ことらしく, ご思案, さいかちの, しごと, その丸い, ところまで, どこに, ないこと, にいさんの, はうに, ばけもの, ふとん, ほうへよ, ほくろを, もとへ, ものであり, イデオロギー上の, キリスト, コーヒー茶碗を, サワン, スタンドが, テジマアは, ピアノの, ペンベリーは, ヤソ像と, ラジオに, ランプは, リアリズムは, 一の, 一個の, 一問題たる, 一地点に, 一定の, 一技術は, 一枚を, 一粲を, 三つが, 三井邸の, 三角形の, 上の, 下のと, 不便は, 不正が, 世界と, 丘へ, 丸天井に, 主人公と, 主義主張は, 乾分とも, 事が, 事として, 事については, 事には, 事実で, 事実では, 事實, 事實と, 事柄は, 二三の, 二十三である, 二大, 二階で, 二階を, 些と, 人だった, 人な, 人影が, 人物だ, 人物には, 人達は, 人間的事実すなわち, 人類は, 今夜の, 仕事にも, 伏見屋という, 伏見屋まで, 位の, 位地を, 何と, 余裕を, 使いは, 便利を, 便宜として, 保証が, 信仰の, 信念に, 値を, 停留場まで, 偶合の, 儀式だ, 儀礼で, 優越が, 兄さんに, 兄に, 党派を, 八雲琴に, 処で, 処を, 分析の, 判断を, 別荘に, 利害の, 利益は, 制約を, 前へ, 創作である, 力も, 助けに, 努力の, 効果は, 勇気が, 動機から, 勢力も, 区別に, 千位の, 南京豆の, 危険が, 危険を, 原則といふ, 原稿用紙に, 原稿紙を, 参考にも, 友人で, 反逆にも, 取締りから, 古雜誌, 同一性を, 名分では, 名辞, 否定という, 問答を, 問題であった, 問題な, 問題などについては, 喧嘩から, 図篇が, 圧迫が, 地主の, 埃り, 城に, 堤防には, 場合には, 声なりき, 変化から, 多少の, 夢の, 大きな赤革, 大事だ, 大勢の, 大失策, 大発見でも, 大罪を, 大革命, 天然の, 太陽は, 奇蹟は, 奥歯二枚が, 女の子に, 好奇心を, 妨害物たる, 姉さへ, 姉には, 姫の, 婦人の, 子供に, 字が, 孟宗竹が, 学校は, 学校を, 宙に, 実力の, 実験は, 客を, 家には, 寝台へ, 対立, 対立という, 小さな鐘, 小家に, 小猿, 小茶屋, 小駅, 山道を, 峰から, 崖の, 差は, 巻, 希望は, 常識に, 幸福を, 広場に, 座に, 弟の, 弱点に対する, 形式として, 形式や, 影響が, 彷徨だ, 役人を, 彼女の, 御信任, 御思案, 御用が, 御用も, 徳すらも, 徴税に, 必然が, 必要という, 必要や, 快楽を, 思想が, 怪物, 怪物を, 息子と, 息子を, 悪い男, 想像を, 意味での, 意味をも, 意見から, 慈悲であった, 成績は, 我々の, 扁額を, 扉を, 手掛りは, 手焙の, 手続を, 手落ちも, 技倆が, 技術が, 拜禮が, 掛引の, 描きかけの, 援助も, 損失は, 操作を, 改革意見を, 教へ, 敵は, 料理は, 新発明, 方だ, 方です, 方のは, 方への, 方法は, 日向に, 時計にも, 普通の, 智識が, 暗い藪, 曲節は, 書物や, 書類は, 最後の, 有名な, 木立から, 杉の, 条件に, 松林を, 枕木に, 枝から, 枝を, 染之, 根拠から, 根本問題である, 桟へ, 梁へ, 棚から, 棚へ, 楓の, 極端な, 様々な, 様子は, 権利の, 横手に, 欄間には, 欠点から, 欲求が, 武士は, 死体を, 段で, 段を, 比較に, 気象を, 水, 水源地から, 水甕を, 法則が, 法則の, 泥棒は, 注意は, 洞も, 流派と, 深い信仰, 渡しを, 満足を, 濠を, 火の, 灰皿の, 点の, 煎餅屋の, 煤けた櫺子, 爺下の, 物で, 物音禿鷹の, 特徴を, 特色のみを, 犠牲を, 狗儒教信者なり, 独立という, 猶予は, 王, 現象である, 現象として, 理想が, 理論と, 瓶から, 生垣が, 生活などは, 用心に, 用語として, 由々しき大, 男で, 畑に, 異議が, 痩せて, 瘤の, 発見は, 白い紙, 白樺や, 目標が, 目盛盤を, 直接の, 相談に, 相違の, 真を, 真実らし, 真理に, 眼を, 矛盾は, 知己でも, 知識において, 石を, 研究では, 研究は, 破産を, 硯箱を, 社長, 私達が, 秋陽が, 移り変りは, 穴に, 空気は, 空間には, 立場の, 端が, 端れ, 第三期, 策が, 箱の, 約束は, 紙と, 級で, 素焼の, 組の, 経験程, 統一が, 綱を, 綺麗な, 線は, 罪人として, 置時計が, 義務が, 翁の, 考えも, 耶蘇だ, 聖火に, 肉を, 膝に, 自然研究者に, 自由が, 自由主義に, 自由主義を, 臺に, 興味を, 良心を, 色や, 花, 苔が, 若い農夫, 苦悩を, 苦痛なりき, 英雄と, 草むらは, 草地に, 落葉松林の, 著述を, 蕗の, 藤原と, 虚構の, 蝋燭も, 血を, 衒学者と, 装束も, 要務で, 要素が, 見晴らしの, 見物は, 規定と, 観念であり, 解決が, 言葉と, 訓練が, 記載は, 詮議も, 話であっ, 話などを, 誇りと, 誤りに, 説が, 説明は, 課題は, 論争の, 論端を, 諸要求, 議論である, 議論まで, 豪傑, 責任です, 赤ん坊は, 趣味が, 足跡や, 路へ, 転機が, 輪に, 途中に, 通りである, 連関を, 進歩と, 遊戯とは, 過程を, 道の, 道徳の, 遠くに, 部でした, 都合とで, 酒盛の, 重ね写真は, 重力法を, 重箱の, 野原に, 針線が, 錦の, 鐘は, 長者たる, 間を, 関係でなく, 関係に, 関係丈けは, 闇の, 關係が, 限界が, 陳彩は, 隅の, 階へ, 隙間から, 雪の, 雲は, 電線を, 電話機を, 青いかさ, 青年の, 青筋が, 非合法性の, 靴の, 頼むか, 風鈴が, 食器類を, 駈引, 騒ぎを, 高窓, 鳥の, 麓の

1 [9942件 抜粋] あいさつ状を, あの大, あらゆる画家, ある実際, いきさつは, いろんな改良, うわさしたまう, おできの, お使, お嬢さんに, お指図, お話は, かけ引なぞ, がらくた本の, こだわりを, ことという, ことばすら, こと等が, この種, ごとくカキツバタ, さよ衣, すっかり暗く, その実物, それとは, だが, つめたい空気, とは言えません, ない女, はうの, ばらの, へん, ほとんど絶対的, まま, めにる, ものよりも, やりかた, わが家へ, アフンルパ, インスピレーションであった, カンも, キリストなり, コブと, シネラリアの, スローガンであっ, チベット語を, デッキから, ナプキンを, ハンドバグを, ビールの, ブレシントンの, ベクリンが, ボートデッキで, マヨネーズを, モードの, リベラリズムが, ロマンテイケルだ, 一カテゴリーと, 一切れの, 一大事たる, 一夫多妻と共に, 一形式である, 一派の, 一節には, 一言を, 一閑斎で, 三つ四つを, 三要素を, 上官を, 下宿屋に, 不可知論の, 不幸の, 不遇を, 両括弧, 中指を, 主人公を, 主税の, 乙女の, 争から, 事なり, 事件或は, 事実等である, 事柄にまで, 事迄, 二十六歳であった, 二艘の, 五彩の, 交渉で, 人々も, 人力車の, 人格について, 人生が, 人類, 仕上げが, 仕掛を, 件よろしく, 伏見屋も, 伯父は, 位置や, 何やらごたごたと, 作品なり, 作用即ち, 価値に, 便箋に, 信仰にも, 修練による, 借りですから, 健康で, 傷手が, 儀式はなはだ, 兄, 先入的偏見に, 光るの, 党派性を, 公理は, 兵隊草をまで, 円満離縁を, 写真立てには, 処々僅か, 凹凸の, 出発を, 分類に, 判断と, 利害を, 制作にも, 刺身の, 創作力を, 功名話で, 努力である, 効果のみを, 動きはとに, 勝手が, 区別から, 區域を, 千両箱を, 協同が, 印と, 原則から, 原理原則に, 参考要品に, 友だちな, 反逆は, 取引を, 古いさら, 古御堂の, 台地は, 合言葉みたいな, 同時代人たち, 名前が, 名誉に, 命に, 品の, 問答の, 問題なり, 善し悪しなどは, 囃子は, 回折の, 図引きの, 国際性を, 圧迫ある, 地図を, 坂井まで, 城ホテル詩人バイロン卿や, 堤に, 塹壕に, 壊滅直後に, 変動で, 変転は, 外舅と, 大きい義足, 大きな異, 大切の, 大平附近から, 大殺戮, 大石は, 大貢献, 天の河の, 天袋に, 失敗である, 奉書封じを, 女学校とやら, 好風致也, 妙は, 姉に, 威信も, 婚嫁の, 子供やを, 孟子墨子と, 学生達が, 安全を, 官人も, 宝塚は, 実践が, 室という, 家族は, 富士見の, 實在, 寿詞も, 尊い王さま, 小さな丸い, 小亭, 小家數たるに, 小石の, 少女, 屆も, 属名を, 岨道から, 峰道には, 工作等の, 巨利などを, 巾は, 常套手段として, 平和と, 年代は, 広い淋しさ, 店主は, 建造物は, 引出しには, 強いもの, 形式から, 影響である, 往來は, 後継者として, 御仁慈, 御宸念, 御機嫌, 御親政, 微妙さが, 心得から, 必用から, 必要条件です, 快楽苦痛を, 思想にも, 性質に, 怪物は, 恥の, 悟りでは, 悪人だ, 悲惨な, 意と, 意義その, 意識を, 感覚は, 憂鬱に, 成功をしか, 戒告を, 戦国時代に, 所の, 手品を, 手紙に, 手順など, 批判が, 技巧では, 抗争も, 抽匣の, 指を, 挫傷と, 探求と, 提灯の, 支度を, 改革を, 敗残者な, 数字では, 敵といった, 文句の, 文章の, 斯う, 新事実, 新緑が, 方た, 方よりが, 方斜に, 施設に関し, 旗挙げ, 日本趣味を, 明りとりから, 春が, 時計に, 智識ある, 暦数の, 書物が, 最も重要, 最高智能生物と, 朝の, 木造の, 本望は, 杓子を, 松並木火柱が, 林檎の, 柱列は, 根據に, 格闘である, 桶へ, 棟に, 検閲ばかり, 極北は, 概念に, 標準から, 権利における, 権威者の, 橋廊架を, 櫓で, 欠乏の, 歌が, 正邪は, 歯茎が, 段からも, 母死し, 民衆性が, 気随な, 水練と, 池なる放ち, 油の, 波子だけが, 洋燈の, 流れが, 海老の, 混乱さに従って, 温度の, 滝か, 潦を, 火は, 炬火連る, 無批判, 無造作さと, 煙草を, 熱き真情, 父だ, 物や, 物音に, 特色が, 状態も, 独自性乃至, 猴を, 王は, 現実としては, 理想として, 理解について, 環境から, 生命を, 生物だ, 用意として, 田楽鎮みこそ, 男達は, 番町を, 疑問の, 痴話が, 発展は, 発達に, 白布が, 皇后だつた, 監修國史が, 目覺し, 相撲に, 省略と, 真理な, 督励と, 知識といふ, 石でした, 研究から, 破乱, 硬い腕, 磽, 社説と, 神樣に, 禪宗の, 秘密なんて, 程度に, 空中戦の, 穿鑿一は, 立場, 端は, 竹窓越しに, 筈だつた, 節操な, 米俵は, 糊を, 紐は, 紛糾錯雑の, 細かい様々, 経営として, 経験聯想及び, 結論であり, 絵具箱から, 經驗論と, 緑を, 繁右衞門殿の, 罪人だ, 置時計や, 美人が, 群集も, 習慣が, 老先生, 考への, 耳へも, 肖像を, 能力には, 腰を, 自在鉤へ, 自由から, 自由主義や, 自身の, 航路万里の, 良人とに, 花が, 芸術の, 苦しみよりは, 苦痛のみ, 茶店に, 荒神樣の, 落度が, 著しい発達, 葯を, 薔薇の, 虎の子石へ, 蛇腹から, 蠅の, 行動からだけ, 術語なぞも, 表現は, 被供給者, 製作に, 要求で, 見えない棚, 見聞と, 規約の, 観察であります, 觀念である, 解釈を, 訂正加筆が, 設備, 試みから, 話かとも, 語は, 誤謬と, 課程を, 談判位に, 論拠を, 論議では, 諸秩序, 識見でなく, 議論などに, 豆畠へ, 負い目さえ, 責任が, 貴子さんは, 資格も, 赤い曙, 趨向が, 距離を, 身体を, 輪だけ, 辻褄の, 迷いは, 透し彫などを, 連帯関係を, 進化が, 遊びは, 過ちで, 道ばたの, 道理で, 遠近が, 部だった, 都合とか, 醤油の, 重要機關は, 金, 釘から, 鉄索の, 銭箱から, 鎧櫃に, 長い氷柱, 開いた船艙, 関係でございました, 闇を, 陣地の, 階では, 障子に, 雄大なる, 雑記帳から, 難関に, 雲とを, 電灯の, 霧を, 青い青い空, 非妥協的, 靴跡を, 頂点を, 額掛の, 顧問と, 風趣転た, 食物である, 餌を, 馬元義は, 騒ぎも, 體系, 高台寺月心院に, 魂胆は, 鳥籠に, 麦の, 黒い額ぶち

▼ 上~ (7686, 5.9%)

36 それを 28 自分の 25 私は 22 何か 17 手を 14 あつた, 私の 13 両手を, 非常に 12 彼の, 彼は, 眼を, 身体を 11 これを, 体を, 見て, 身を 10 別れた, 死んで, 足を, 顔を 9 二人は, 寝て, 目を 8 それに, 一つの, 初めて成り立つ, 眠って, 首を 7 之を, 二人の, 今度は, 何を, 半七, 待って, 考えて, 静かに

6 [21件] いつまでも, はその, やって, 二つに, 二つの, 人間の, 仕事を, 休んで, 例の, 働いて, 僕は, 動いて, 彼女は, 書いて, 気が, 火を, 相撲を, 私が, 話を, 遊んで, 頭を

5 [12件] いやに, くるりと, その人, その日, は, 兵部少, 吾, 手紙を, 槌の, 胸を, 落日は, 返事を

4 [34件] いたずらを, お前は, お命, しずかに, そつと, たがいに, ちょいと, 一人の, 一夜を, 不意に, 云った, 人を, 休んだり, 呼んで, 声が, 多くの, 大勢の, 妙な, 子供の, 彼に, 彼を, 指を, 振つて, 撥を, 日向ぼっこを, 明らかに, 横に, 焚火を, 綴つて行く, 腰を, 虫を, 食事を, 飯を, 髪を

3 [106件] いずれとも, いろいろな, かかれて, ぐるりと, ころがして, ごろごろし, じっとし, そこに, それが, それと, それの, そんなこと, だ, どうする, ならば, はこの, はない, は賤民, ぴょんぴょんはね, また改めて, やったこと, わたしの, わたしは, モスク, 一定の, 一種の, 三人の, 両手の, 両腕, 人声が, 人間が, 今の, 今まで, 他の, 休んだ, 俄に, 僕の, 先刻の, 兎も, 助けて, 又なんとか, 口書を, 君に, 夜を, 大砲を, 太い声, 女に, 対立し, 尾を, 居眠りを, 帳簿を, 座禅を, 彼女の, 彼女を, 往生の, 待つて, 御覧に, 御返事を, 微かな, 息を, 想像した, 慄え, 持って, 振りながら, 掌を, 数十家の, 日本の, 昼寝を, 暮して, 本を, 歌を, 此の, 泣いて, 煙草を, 燃えて, 獄門に, 目が, 相当の, 知って, 知り合いに, 碁を, 突然に, 筆を, 考えた, 聞いた, 肱を, 背中を, 脚を, 自分が, 自分は, 自由に, 行われたの, 見た, 見ること, 見ると, 見れば, 酒を, 重ねて, 銅貨を, 長々と, 開いて, 馬が, 鯉を, 鳴いて, 鴉の, 黙って

2 [449件] あなたが, あなたに, あの女, あばれて, あらうが, あらためて今後, ある数, ある數, あれから, いうところ, いえば, いった, いろいろの, うしろには, おなじよう, おはじきを, おもちゃの, お今, お前さんが, お前に, お弁当, お昼寝, お糸, お蝶, お襁褓を, かすかに, かぶって, かような, があ, きらきらひかっ, ぐずぐずし, ぐるぐると, ぐるぐる回っ, ここの, ここへ, この上, この手紙, この男, これだけの, これに, これに対する, これは, これまで, これらの, こんなこと, ごそごそやっ, ごろごろと, さ, さう, さか, さへ, さめざめと, しきりに頸, すべったり, する, すること, せうが, そこから, その中, その事, その女, その駒, それから, それへ, それより, たぐって, ちよつと, つばめが, では, ともかくも, どういふ, どうとも, どれ程, どんなこと, どんなに今日, なお, なにか, ね, ねむって, はそれ, はとに, は御, は数万, ひっくりかえって, ひっそりと, ひとりぼつち, ふりまわして, ふりまわしながら, ふり返った, ほんた, ほんとうに, ぼんやりと, また自分, まとまった批評, まよい子, まわして, むしろ一層の, もう一度岩形氏, やった仕事, ゆつくり, ゆるゆると, よくその, よく検査, カフェの, カーキ色の, キョロキョロし, キラキラと, キリキリと, コロコロと, コロコロ転ん, ゴーリキイが, シイツの, タバコを, ダメに, パッと, ホッと, 一と, 一人が, 一人で, 一夜の, 一度に, 一日の, 一時非常に, 一枚の, 上体を, 丸まって, 丹念に, 二つを, 二人を, 云えば, 云ってるの, 云つた, 五六人の, 交る, 交叉する, 人々が, 今晩は, 仕事する, 仕事に, 佇んで, 体の, 何う, 何かが, 何かの, 何とか方法, 何にか, 何にも, 何の, 作ること, 作家の, 俺は, 僕が, 元気よく, 兄にも, 全く意識, 兵馬は, 凧を, 出会うこと, 切々に, 列車が, 初めて飛ん, 判断し, 別れたこと, 別れて, 力の, 十文字に, 半九郎, 半弓の, 卵を, 又た, 又新鳥越へ, 双方の, 反抗した, 取った空気, 取り返しの, 受けて, 口に, 口を, 叫んで, 右の, 同じよう, 同じ形, 向うの, 君の, 問題に, 啼くので, 嘘を, 堂々と, 変化を, 多いという, 多少の, 夜明しを, 大きくなった, 大きな声, 大きな損, 大きな音, 大きな鳥, 大根を, 夫人は, 失敗する, 女が, 女を, 始めて, 始めて自分自身, 婦人の, 子供たちが, 安, 安眠する, 実証する, 寒い音, 寒風に, 寝ます, 寝る事, 尋ねて, 少しでも, 少しばかりの, 尻を, 尻尾が, 居ずまいを, 崩れて, 巡査に, 巧く, 巧みに, 帆村は, 平岡は, 幾年にも, 廻って, 弁当を, 弓張月を, 彼が, 彼等は, 往生を, 御挨拶, 御断り, 御相談, 御飯を, 微塵に, 念入りに, 恁う, 悠々と, 悲しみながら, 成り立つか, 我々は, 戦を, 手で, 手の, 手紙で, 手袋を, 技術の, 拱んだ, 振って, 振つた, 振り返ると, 描いて, 改て, 教育する, 散々に, 數十家の, 斬って, 新聞を, 旅興行の, 日に, 日を, 日曜日の, 昏倒した, 是非とも, 時々身, 普通に, 暮らして, 書くもの, 書物を, 最初の, 最後に, 最後の, 朝の, 枝を, 栗の, 森岩雄氏と, 横むきに, 次の, 歌つてゐる, 正々堂々たる討論, 死なれたキングスレー博士, 死ぬこと, 死ぬもの, 死のうと, 死んだと, 死んだよう, 死人の, 殆ん, 毛唐の, 気を, 汗が, 汝の, 決定される, 沖の, 波を, 洋装の, 消えたり, 消えて, 淀屋の, 渦を, 滑らした, 潮風に, 無視せられ, 父と, 物を, 特殊な, 犬が, 狂人の, 独りで, 狼狽た, 猫が, 甘んじて, 生命を, 生活し, 生活する, 男の, 発生し, 発見された, 発見した, 発達し, 白いもの, 盛んなる, 目に, 看過すべからざる, 真剣に, 眠った, 眠つて眼が, 眠られぬ夜, 眺めて, 知つてゐる, 石の, 磔刑に, 礼を, 神戸に, 私たちの, 私等と, 私達の, 種々な, 空に, 空を, 立ちどまった, 竹竿を, 笑い声が, 第一, 筒を, 答えた, 米友が, 組み, 組み合せながら, 組んだり, 組合せて, 絶えず仲間同志争, 美しくゆらゆら, 群れ鳩が, 耳を, 聞いて, 肉鍋を, 腕を, 腰に, 腹を, 膝に, 膝を, 自分に, 自分も, 自在に, 自己の, 自己を, 自然に, 舞うの, 船を, 芝居を, 芽を, 若い娘, 若い男, 茂太郎は, 茶を, 菊の, 菊石の, 落ちついて, 落ち着いて, 薊の, 虫で, 虱を, 血を, 行き詰って, 行なわれて, 行なわれる, 行われて, 行われる, 袈裟掛に, 見かけた魚籠, 見せられると, 見られるという, 見得, 見送って, 言へば, 試みに, 話し声が, 話に, 説かれて, 読んだり, 読んでは, 誰か, 誰かが, 誰も, 調べて, 調子を, 象徴的方法を, 賭博を, 起ったの, 起って, 越して, 足踏し, 足踏みを, 足踏を, 跡を, 躍って, 輝いて, 辷った, 退屈な, 送つて, 連関を, 遇うだけ, 運んだこと, 過去の, 遠くの, 適当な, 邪魔に, 釣って, 釣を, 闘って, 雷の, 面を, 面白そう, 顫え, 風呂敷の, 颯爽と, 食物を, 餅を, 饑死を, 馬の, 魚の, 鳥が, 鳥の, 鳩の, 鴉が, 鹿の

1 [5711件 抜粋] ああいう, あくまでもの, あたりには, あと二月で, あまりにギャップ, あらふかなれ, ある理髪屋, あんなに酔う, いう覆瓦襞, いくらあばれ, いちいち取り上げ, いつわりを, いま木を, いろいろ話す, うす緑色の, うとうと居睡っ, うんさ, おせんべを, おどりを, おりから, お前と共に, お帰りなさい, お構いに, お目ざめ, お見送り, お辰さん, かかった恋, かせいだ者, かまびすしく争っ, かんかんともし, きだぐらいに, きょうで, くちゃくちゃに, くるりくるりと, ぐでりんを振り反る, こうした恰好, ことごとく同感, この一部始終, この位, この小説集, この金曜日, ころがしながら, こんな無, ご進級, さっと着物, さびしくひびいた, さらに相生町, しかも彼, しきりに芝刈, しばらくじっとし, しらさぎや, じっと見上げ, すぐれた仕事, すでにそんな, すら完全, せいぜい私, そうしてようやく, そっくり返って, そのまま左, その入口, その向こう, その家祖, その次に, その疑い, その自分, その風呂敷包, それとなく裏返し, たしかにこの, たたむ, だか, だんだん意識, ちょくちょく感じる, ちょっと身動き, つい足, つばさを, できるだけ頭, とりあげにくい, どうしてか, どうにもならなかった, どっちが, どんな風, なくては, なにかあるらしく, なまの, なら殺されても, ねこが, のたうちまわった, はあたり前, はござらぬ, はじめて通行, はっきり聞いた, はね上らせながら, はカルヴィニスムス, は三圓某, は刑罰, は女, は指図, は殆, は直ちに, は花蓋, は非常, ぱっと花, ひつそり暮す, ひと先ず, ひるが, びたりと, ふたりが, ふと異常, ぶつけあいくるいあって, ぺらぺらめくっ, ほんろうされ, まざまざと, またどう, また同一, また相談, まどろんで, まわり出し遺憾, みると, もう一度始め, もしや転覆, もっとマシ, やがて死刑, やはり矢切村, やるべきだろう, ゆっくり宝石, ゆるゆるいたす, よくも, より自由, わかれる時, わしは, わなわなと, アッと, ウ氏が, カフカが, ガラ, ギーッと, クンクン小犬の, コトコトと, シミッタレな, スポットライトを, ダーウィンは, ヂリヂリヂリと, ナチス侵入に, バタバタと, ヒラ, ピーと, ヘザーレッグは, ボートや, マラソン二十キロぐらい, ラクダルを, 一つづつ新しく, 一休みした, 一回転した, 一層切なく, 一方の, 一歩も, 一番重い, 一線を, 一通の, 七兵衛は, 三つに, 三味線の, 三谷の, 下手糞に, 与えた区別, 両手に, 中津川の, 主膳は, 了解が, 二つ三つもんどり打たせられ, 二回花の, 云いだした, 互に共通, 京で, 人っ子ひとり, 人生問題の, 今夜は, 今日只今死ん, 仕組んで, 仲よくう, 会う松浦, 低い話声, 何とか方針, 何人かいます, 佗しく, 作者の, 侍が, 俯伏し, 個別的原因が, 催されて, 儒者ふうの, 先ずその, 光って, 入乱れて, 全速力を, 公開する, 其の披露旁, 円く火, 写真に, 凍りついて, 出たの, 出来るの, 刃傷の, 切り刻んだ, 初めて事実, 初めて自分, 別に同人雑誌, 前に, 剪り揃えた, 力ぶるひさせ, 動かして, 動揺し, 包を, 十字を, 千變万化の, 博士は, 厚い胸, 又もや悶, 反り返って, 取りに, 受洗する, 叫びました, 叱言, 合掌しました, 同時に用い得る, 向うむき, 呉田さんの, 呼吸し, 唇を, 唸る西蔵犬, 善処しましょう, 嘗て必要, 四十分間故障, 固定される, 土倉の, 坐り直すと, 堅唾を, 声を, 夕陽を, 夜光虫が, 大きい焚火, 大きな救, 大人が, 大変だろう, 大活動, 天の, 太鼓を, 奉行所の, 女学生上りを, 始まるの, 婦人にばかり, 子を, 安らかに, 定められるもの, 実質的な, 家を, 宿題を, 寝ころび空, 寝る猫, 対岸に, 尊重し, 小手を, 小鳥たちが, 少し胸, 尺取り虫が, 履いて, 崔諒ならびに, 左右の, 己れ, 帶の, 平六の, 幸内の, 庖丁が, 弁信が, 引立ちさへ, 弱い咳, 当代の, 彼女等と, 待合し, 従来当局が, 御報酬, 復た, 心も, 忍ぶべきなら忍んで, 思いたったの, 思索の, 恕を, 悪戯を, 愁然として, 愛されなくては, 慇懃に, 成功する, 或いは主観, 戯曲の, 手伝いに, 手術を, 打返し打返して, 折檻は, 拙者らが, 拾ったの, 挨拶する, 振る一人, 採用する, 揃えながら, 描き出して, 揺られて, 損も, 支那人が, 放牧の, 故障を, 数回の, 文学に, 断わった, 新しい壁, 方針を, 日曜服を, 早くわし, 明日又, 昼寝と, 時計と, 暫く火事, 曲つた角で, 更に第, 書きなおして, 最も恐るべき, 月が, 朝日の, 未曽有, 本意を, 来られるが, 枕紙を, 格が, 植木屋が, 極めようぢ, 様々の, 横寺町か, 歌いだした, 正舞系統, 武者修行風呂敷で, 死なれたの, 死ぬは, 死ねる奴, 殆ど最も重き, 殿下に, 毛布を, 水が, 求めて, 決定的に, 波打たせ初め, 泣き明し, 津多子夫人は, 浅薄として, 海鳴りを, 涼しいのでか, 清左衞門へ, 湯が, 演じた楽しい, 潮時を, 火星兵団の, 烈しい音, 無法に, 焼かれて, 熱する, 燐寸を, 父や, 物が, 特に影響, 狂い回るだけ, 狸踊を, 玉子の, 現金支払いを, 生きるか, 生活の, 田中さんの, 申分は, 畏る, 疲れて, 発砲した, 白峰を, 皆んな顏を, 盛り沢山でなく, 目醒めた, 相棒なし, 真夜中に, 眠入, 着けて, 矢張り臨終に, 知られて, 研究し, 確かに, 示そうと, 祭礼を, 私物を, 稲妻が, 突き当って, 突飛ばされた, 立ち留った, 立派に, 笊の, 笑顔を, 答えた時, 米友は, 紙を, 終日反転悶々し, 組み手, 結び始めた, 結論を, 絶えず笑っ, 綴って, 繩を, 罰を, 義太夫を, 習慣的に, 考えては, 聞いたよりは, 聞こう, 育てられてから, 脇息に, 腕時計が, 自ら目隠しを, 自分等は, 至高の, 船酔ひを, 花火の, 若様が, 苦悶を, 草案を, 萬歳々, 蒼々と, 藻掻い, 蚊柱の, 融ける水蜜桃, 行きたいと, 行ふ, 行水を, 表現する, 西国筋へ, 見せられるの, 見た夢, 見てたん, 見る種子島, 見殺しに, 親しい臣家, 観察され, 言いは, 言葉に, 訪ねると, 試みた, 話すと, 語らしめるその, 読んだ, 調べられる事, 譯を, 貝殼を, 買入れる, 赤いのし, 起きるの, 起つたいさか, 足音が, 跳ね廻るだろうし, 踊りだしました, 躍つて, 身体検査だ, 転げいちど, 輝き出した, 農夫は, 述べて, 退くまでも, 通じるもの, 逢った彼女, 進行する, 遊んだり, 過度に, 遠く仰望, 避姙や, 里川の, 金モールの, 針を, 鋭い刃物, 長い袖, 閉められたん, 間道へ, 附添い, 雀が, 雛菊の, 雪子にも, 霧笛を, 静かな, 靴下を, 音立て, 頼むの, 風車の, 飛んでも, 飯島は, 馬乗りの, 騷いだ, 高松さんは, 鳴いたとしても, 鳴るそれ, 黒の

▼ 上~ (6940, 5.4%)

142 歩いて 88 見ると 80 向いて 75 下への 53 飛んで 51 見て, 走って 38 渡って 34 見た 26 通って 25 流れて 24 仰ぐと, 踏んで 23 下へと, 仰いで 22 はって 21 滑って, 照らして, 眺めて 19 歩きながら, 越して, 這って 17 見ますと 15 吹いて 14 とんで, ながめて, 指した, 歩いた, 見つめて, 見上げた, 見詰めて 12 すべって, 進んで, 静かに 11 かすめて, 見ながら, 越えて, 音も 10 あるいて, 照し, 見上げて, 走つて, 通る人 9 叩いた, 叩いて, 行く, 見れば

8 [11件] 往っ, 掠めて, 掩って, 眺めた, 蔽うて, 見上げると, 辷って, 這ひ, 通りすぎて, 過ぎて, 飛びまわって

7 [11件] あちこちと, むいて, 伝って, 動いて, 撫でて, 歩くの, 水が, 行ったり, 見あげて, 見る, 走りました

6 [24件] すれすれに, みつめて, 往来し, 指先で, 斜めに, 横に, 歩くと, 水は, 漂って, 舞って, 行くの, 行って, 見あげた, 見たり, 見ました, 見廻した, 走った, 走る, 跨いで, 蹈んで, 辿って, 通過し, 静に, 飛んだ

5 [15件] まっすぐに, 匐って, 指しました, 歩き出した, 歩くこと, 片づけて, 綺麗に, 縦横に, 自由に, 見上げながら, 走ったり, 通る, 雁が, 飛ぶ, 駈けて

4 [63件] うろついて, ぐるぐると, ころころと, ごらんなさい, さぐって, さらさらと, しずかに, して, すべるよう, たたいて, たたきながら, つかみながら, とびこえて, とび越えて, とんとんと, どこまでも, みると, ゆっくりと, わたって, ズルズルと, 一生けん命汽車に, 一面に, 七つか, 両手で, 二つ三つ越した, 仰ぎました, 何か, 向いた, 塩車, 引きずって, 悠々と, 手を, 指さして, 掃いて, 曳いて, 望んで, 横切って, 歩いたこと, 歩いても, 泳いで, 流れる, 生存者の, 眺める, 膝で, 見あげました, 見つめた, 見ても, 覗いた, 覗いて, 調べて, 走るの, 軽ん, 通ったの, 通り過ぎて, 通るの, 遥かに, 雲が, 雲に, 風が, 風の, 飛び廻って, 飛び越して, 飛ぶこと

3 [135件] いって, かすめた, きれいに, こちらへ, ころげ, さして, さまよ, した, すべらせて, た, たどって, なでて, なでながら, なんの, のぞいて, のろのろと, ふんで, まっ黒な, まわって, めがけて, ゆく者, ヒラリと, 一つの, 一人で, 一人の, 乗り越えて, 人が, 仰いだ, 低く飛ん, 凝視した, 出して, 取って, 向いた鼻, 向くと, 圧して, 家と, 引いて, 彩って, 彼女は, 往復し, 往来する, 徘徊する, 怖れぬ, 思って, 抓みて, 押えて, 拭いて, 指さした, 指して, 指で, 指差した, 掌で, 探って, 撫で, 擦って, 散歩した, 斜に, 案じて, 歩いたり, 歩かせました, 歩くよう, 歩く時, 歩んで, 波の, 渡った, 渡つて行つた, 渡ると, 渡るよう, 渡ろうと, 滑るよう, 照した, 熱心に, 燕が, 爪立って, 片付けて, 狙って, 現わし, 疾走し, 疾走する, 目がけて, 真直に, 眺めながら, 矢の, 綱渡りを, 考えて, 舟で, 航海し, 蔽って, 蝶々が, 蟻が, 行つ, 襲つた, 見い, 見し事, 見たが, 見たまま, 見ましたが, 見まわした, 見まわして, 見るに, 見上げました, 見渡して, 見渡すと, 走りだした, 走り出した, 走ること, 走るよう, 越した, 足を, 跣足で, 跣足の, 踏みつけて, 蹈み, 転が, 転がって, 軽く敲いた, 辷るよう, 逃げて, 這い廻った, 這い廻って, 這つてゐる, 通ったり, 通つて行く, 通りながら, 通り越して, 通るよう, 通る黒い, 通過した, 階子段の, 顰めたきり, 風に, 飛ぶよう, 馬車が, 馳け, 鳴き続けながら

2 [449件] あおいで, あおぐと, あちこちあるきました, あちらこちらと, あちらに, あっちこっちと, あっちこっち歩きはじめた, いくたび, いっぱいに, いへるに, うごいて, うずめて, うつむいて, おおって, おも, おもしろそう, かいで, かけまわりました, かたづけて, からげました, ぐんなり椅子へ, こして, こちらの, ころがって, さがして, さまよって, ざくざくと, しっかりと, しばって, しぶきを, じっと見つめ, すいすいと, すうすう, すうっと, すぎて, すたすたと, すっかりつつん, すつと, すべりました, すらすらと, するすると, ずる, ずんずんと, ずんずん通り, ずんずん進ん, そっと歩い, そつと, そろそろ歩い, つたわって, つっぱしって, つるつると, とびこえたり, とびまわったり, ながめると, ながれて, ながれる, なでたが, にらんで, のしのし, はいまわって, はいまわる, はうよう, はしつて行つた, はなれて, はねま, ひとりの, ひどく濡らした, ひょいひょいと, ふさいで, ふりあおぐと, ふッ, ほととぎすが, ぼこぼこと, ぽんと, またいで, みあげて, みつめました, みました, もしチョロチョロ水, やって来て, ゆき, ゆく, ゆらゆらと, よぎって, よくよく見る, よごして, よたよたと, よろよろと, ウロウロし, ウロウロする, ガタガタと, ゴロゴロと, ザザザと, スタスタと, スーッと, トットと, トントンと, バンドで, プスリと, 一つ二つ頸筋は, 一ぴきの, 一列に, 一文字に, 一生懸命に, 一疋の, 一目見, 一隻の, 三つ四つも, 上って, 下に, 下へとかへ, 乗り越え乗り越え死生知らず, 乗越え障害物, 二つの, 二三度敲いた, 五位鷺が, 人は, 人を, 人間が, 仰いだらしうございますが, 仰いでも, 仰ぎながら, 伝つて危くトンチンカンに, 伝わって, 低く燕, 例の, 傳ふて, 僅に, 僞る, 先に, 光が, 光線が, 冷たい風, 凌ぎ御, 凝視し, 出る事, 初め二三町が, 前の, 匍い, 匐い廻っ, 半町ばかり, 占領し, 厳重に, 叩きながら, 叫んで, 右から, 右往左往し, 右往左往する, 向いたまま, 向うへ, 吹き渡って, 吹く風, 品よく, 嘗めた, 回転し, 堂々と, 墨にて, 子供達が, 安ん, 家の, 宿と, 小舟が, 少年の, 屹と, 嵐の, 左肩の, 平地の, 平手で, 平気で, 幾つかの, 幾らも, 幾日も, 廻って, 引きずられて, 彼は, 彼れ, 往つ, 往復する, 往来した, 後から, 忙しげ, 思った, 思ふと, 思出し, 急いだは, 恐れんと, 想像し, 手で, 押へて, 拭いた, 拾って, 持上げて, 指さしながら, 指さしました, 振り仰いだ, 振り仰ぐと, 振向いた, 探して, 掩う, 掴むと, 掻き捜つて, 掻き搜つて, 撫でたり, 散歩し, 散歩を, 新聞紙で, 旋回し, 日光の, 春の, 春めいた風, 月の, 木の, 本所停車場に, 染めるの, 梭の, 楽しくした, 横切つた, 横切る燕, 欺くな, 此方へ, 歩きはじめました, 歩きま, 歩きました, 歩きまわった, 歩きまわったり, 歩きまわって, 歩き出しながら, 歩き出そう, 歩き廻る気配, 歩く, 歩くたび, 歩くので, 歩く音, 歩みながら, 歩むの, 歩むもの, 歩行いた, 気を, 気遣, 水の, 注意し, 流れた, 流れる光景, 流れる生命, 流れる雲, 海の, 海鼠に, 渡した, 渡つた, 渡つてぐ, 渡つてゐる, 渡つて行く, 渡らせる, 渡らなければ, 渡ります, 渡るとき, 渡る風, 滑かに, 滑った, 滑つた, 滑りながら, 滑り始めた, 滑る, 滑る橇, 濡れ布巾, 烏が, 無造作に, 照らさないもの, 照らした, 照らしたので, 照らしました, 照らし始めました, 爪先で, 片づけながら, 片づける, 片足で, 片附け, 犯すの, 狂い廻って, 生きのびた人々, 男が, 町の, 登つ, 白い看護婦達, 白い蝶, 白い雲, 真白な, 眺めますと, 睨めて, 私の, 私は, 秋風が, 突進し, 立派な, 竹の, 粧うて, 紙の, 素裸の, 紫の, 翔けて, 自分の, 自動車が, 自在に, 舞ふ, 船は, 若い女, 苦も, 草履で, 華奢な, 行ききし, 行きつ戻りつして, 行くと, 行くほど, 行くもの, 行くよう, 行く曲者, 行く汽車, 行と, 被うて, 西に, 覆うて, 覆って, 見あげた時, 見あげますと, 見あげると, 見せて, 見たの, 見まもって, 見よ, 見ること, 見るの, 見るも, 見ろ, 見上げたが, 見上げたの, 見上げた時, 見上げる, 見上げるの, 見下ろしながら, 見入って, 見廻しながら, 見廻って, 見張らせたの, 見渡しながら, 見渡し確か, 見給え, 見習ふ, 視て, 覗きこんだ, 覗く暇, 覚束ない, 語るの, 語れり, 貫いて, 走つて行, 走りて, 走りながら, 走りま, 走るから, 走ると, 走るペン, 越した跡, 足早に, 跣で, 跳ねて, 跳びながら, 踊りながら, 踏みながら, 踏み外さずに, 踏み越えて, 踏めば, 踏んだり, 踏越え, 躍り歩いた, 軋って, 転々として, 転げながら, 転げま, 転げ廻って, 軽く辷っ, 軽便鉄道の, 輕く, 輾転し, 辷ったり, 辷つて, 辷るやう, 辷れば, 近づいて, 追って来た, 這いながら, 這いまわった, 這いまわって, 這ふ, 通つて樂屋の, 通りか, 通りすぎるとき, 通りました, 通り越した, 通り過ぎた, 通り過ぎる, 通るごと, 通るやう, 通る船, 通れば, 通行の, 通過する, 過ぎた, 過ぎたり, 過ぐ, 針が, 銀色の, 降つて來, 限なく, 離れない, 離れないで, 離れようとも, 雨が, 雪が, 電線が, 靴で, 靴の, 頼までやは, 飛, 飛び, 飛びま, 飛びました, 飛び越えたり, 飛び越えて, 飛び越しても, 飛び飛びに, 飛ぶ雀, 飛んだり, 飛散る風, 飾って, 飾りながら, 馬で, 馬の, 駆け出した, 駈け廻って, 駈け廻り始めた, 駈け廻る物音, 駒下駄で, 驅け, 高廻り, 鮮血に, 鳥が, 鳥の, 鴎が, 黒い半被

1 [3806件 抜粋] あおいだ, あちこちし, あちこち触れ, あてなく転げて, あらわししきりに, あるくの, いざって, いちいち片付け, いとももどかし, いやと, うずめた, うろついたの, おおいながら, おおわれた集合溝渠, おだて上げて, おほひはじめ, およいで, お歩きやす, かき廻したの, かけまわって, かさかさと, かたづけに, かみてへ, がりがりと, きらって, くねる女, くんくん, ぐるぐるとび, ぐるぐる見まわした, こう呼ばわり, こすつた, こちらに, この通り十重二十重, ころがりましたが, ころげ廻りぶつかり合った, こんなに遠く, ごろごろ轉げ, さぐると, さすよう, さも冷た, ざくざく踏み散らし, しきりに鳴い, しつかりと, しばるん, じっと凝視, すうつと, すっかりいる, すべったり, すべりつつ, すべる様, ずっと見渡し, ずんずんまっすぐに, せんかい, そぞろに, その男, それの, たえま, たたき怒気, ただようよう, たつた一人上野, だしぬけに, ちょっと不, つかんで, つたって, つめて, とざし西風, とびこされて, とびまわりながら, とぶ鴨, どうしてのがれる, どんと叩い, なおよく, ながれる雲, ななめに, なるたけ冷たく, ぬきんでて, のそのそ歩い, のぞき込むよう, のたうち廻つて, のぼったり, のろのろ歩く, はい出しましたが, はげしく壓, はじめ私たちに, はね越して, ぱっと脱ぎすて, ひとまわりし, ひやりと撫で, ぴんぴんはねまわっ, ふたりで, ふむよう, ふり返った, ぶら, へこまして, ほのかに, ぼんやり歩く, またぴちゃりと, また五十たび, また黒, まぶしそう, みしみし歩く, みれば, むいた黒い, めぐりつ, もう一匹, ものうげに, やわらかに, ゆく怪物, ゆっくり駈け, ようやく無難, よろめいて, わたりはじめた, アテも, カサカサ音を, ガクガク這っ, ギラギラと, グルッと, コツンと, ゴソゴソと, サッパリとして, ザクザクと, ジロジロ見る, スーツと, ゾロゾロ球, チョロチョロ走る, トボトボと, ナイフで, バイエルンの, ヒョロヒョロと, フワリと, ポトリポトリと, ヨチヨチと, 一つドン, 一上一下し, 一度片づけ, 一杯に, 一番先に, 一足飛びに, 三つも, 三度前後に, 上滑りに, 不思議と, 両手に, 乗り出した船長, 乗越して, 二つ三つコンコン, 二三回転げ廻つた, 二人は, 二十町程, 二足ばかり, 人々が, 今こけつ転びつ, 今降り, 仰いだ処, 仰ぎましたが, 伏せて, 伝うて, 伸びたり, 低く蔽っ, 住家として, 何度も, 係の, 偲びヴェーゲラー, 僭する魯, 入り乱れて, 六時間以上とは, 冷たく頤, 出すなんて, 切り開いて, 利用し, 前や, 加奈子と, 動かされて, 勝手に, 匍いまわった, 北の方へ, 半分以上覆いかぶさっ, 単調な, 去った, 参照しなく, 叔父の, 叩きここ, 叩くの, 同じよう, 向いた大きな, 向いてるか, 向き一匹, 向けたり, 吹きわ, 吹くばかり, 呻って, 問屋の, 噂しあった, 四匐いに, 因循なり, 地味な, 塀近く, 境として, 夕暗, 夜深け, 夥しい艦艇, 大きな羽箒, 大分出, 大蛇の, 奥の, 姿も, 守らせ給うか, 家として, 対角線状に, 小さな帆, 小石の, 少しづつ, 尖らせた三角形, 山の, 川上へと, 巻いて, 帶で, 平穏に, 幾人もの, 廓大鏡を, 引きずられるよう, 引張らずと, 弛く旋, 彈ぜて, 彼女が, 往き来する, 後退りし, 御叮嚀, 心持ち黄な, 忍び歩いてでも, 快速で, 思い出したよう, 思っての, 思ひて, 急いで, 怪しい飛行機, 息を, 惰力的に, 感ぜしめて, 憶は, 我物顔に, 所きらわず歩きまわり, 手綱を, 打つの, 抑えた白い, 抱えて, 押したり, 押廻す, 拭きながら, 拾い拾い渡る男, 指したその, 挙固, 振仰ぎながら, 捩じ曲げて, 掃除し, 掠め野, 推し得たり, 措いて, 掻き探すと, 握りしめた, 摺り足して, 撫で上げられる逆風, 擽ったく撫でられ, 放れた, 敬うて, 数限りも, 文明の, 新しい血, 日に, 明るく昼間, 昼は, 暑く照らし, 暴れ廻る, 曳く荷車, 月は, 本当は好き, 東京の, 林檎の, 案じての, 植込みの, 樂に, 横截りした, 欄干に, 欺きました罪, 正面から, 歩かして, 歩きつづけた, 歩き出そうと, 歩き廻つた時, 歩くさらさら, 歩くやう, 歩けなくなって, 歩み続けるの, 歩るかせ, 殴るの, 毛の, 気圏の, 氣遣ひ, 水面に, 汚して, 沖の, 波から, 泳いでるだ, 活溌に, 流れました, 流れる戸外, 流れ出したもの, 浮き足で, 涜す, 渉つて行つたその, 渡つて参つた, 渡らされた, 渡りました, 渡り霊屋, 渡る様, 溶けて, 滑つて行く, 滑らない, 滑り落ちるよう, 漂うごとく流るるごとく寒風, 激しく叩い, 烈しくすべった, 無気味な, 照すの, 照らすから, 爪立ちながら, 片づけたり, 片づけ道具, 物凄い軋み, 狂いまわる油, 猛烈に, 理性で, 畏れざるの, 登り始める, 白い蝶々, 白石と, 盛んに, 相談した, 真一文字に, 眠いよう, 眺めると, 睨みつけるよう, 瞶めて, 知らむと, 私たちの, 空しく見送る, 突いて, 窮めたという, 立烏帽子白妙の, 算盤で, 糊塗する, 細い煙り, 給水タンクの, 綱渡りの, 練り行く道台, 縫うよ, 美しいまんまるい, 翔けま, 翔りながら, 考へ, 聞こえないふり, 腹ばいに, 舞うた, 舞ひのぼる, 花で, 苦しみもだえて, 荒らかに, 蒲団の, 蔽い漂うの, 蔽った手拭い, 薄くした, 虐げ下, 蝕ば, 血に, 行きつ戻りつしたその, 行き氷稜上, 行く兇悪, 行く茶色, 行進し, 裝飾する, 西へと, 覆ふので, 見あげながら, 見それから, 見たら枝, 見た私, 見つめ続ける, 見ま, 見やった, 見るでしょうそして, 見わたして, 見上げなければ, 見下して, 見守つて, 見晴, 見直すと, 見越しに, 覗きそれから, 言い得ないで, 評して, 語りし中, 誠一が, 調べ始める, 貂や, 貴族的な, 赤い馬, 走ったが, 走らせるの, 走りつづけました, 走りやがて, 走り廻っ, 走るだけ, 走るやう, 走る水兵, 走る階梯, 起伏し, 越えそよそよ, 越え落つる水, 越し山, 越す悪党, 足早やに, 跳び回りそれから, 踊り狂った, 踏みにじって, 踏み越え踏み越え進行, 踏むの, 踏む足音, 蹈み来りし, 躍り越えて, 軍艦に, 転がりまわる, 転げた瞬間, 転げ廻つた, 軽い風, 軽く叩く, 輕易に, 辷つて來, 辷り廻って, 迂廻, 迷いきたる, 追ふ, 逆行し, 這いだした, 這い廻った手先, 這うので, 這ってる蝸牛, 這ひ廻っ, 通ったから, 通つたので, 通りかかった人, 通りすぎたかと, 通り越しながら, 通る人々, 通る車, 通行せん, 進む蛞蝓, 運行する, 道化た, 遠く見渡した, 遠慮なし, 重い鎖, 金招牌が, 鉄兜を, 鎖して, 長閑に, 闊歩した, 院は, 隠したの, 離れて, 雨の, 電信柱や, 霰かな, 青葉に, 革の, 頻繁に, 顧みて, 飛ばれた話, 飛びまわりそれ, 飛び去らなかったらきっと, 飛び廻ったこと, 飛び越えた, 飛び越すよう, 飛ぶで, 飛ぶ小鳥たち, 飛ぶ雲, 飛廻って, 食卓に, 馬に, 馳って, 駆けめぐりなさる時, 駈けあっち, 駈け抜ける人, 駱駝の, 驚かすよう, 高く昇っ, 高く飛ん, 鳥は, 鳴り渡る, 黄色の, 黒い電線

▼ 上~ (6886, 5.3%)

135 上へと 66 あがって 52 置いて 50 腰を 46 出て, 手を 45 落ちて 43 載せて 36 登って 33 のぼって 30 持って, 横に, 置いた 29 出た, 坐って 26 のせて 25 落ちた 24 来て, 顔を 22 上って 21 身を 19 乗せて, 飛んで 18 向けて, 眼を 17 かけて, 両手を, 昇って, 自分の 15 あが 14 あがった, 上げて, 仰向けに 13 あげて, 上がって, 下へと 12 倒れて, 出して, 出ると 11 膝を, 顎を 10 ひろげて, 上へ, 倒れた, 落して, 行って, 足を, 頬杖を, 頭を

9 [11件] あがると, おいて, のしかかって, ヘタヘタと, 並べて, 仰向きに, 向って, 坐った, 投げ出して, 浮いて, 目を

8 [12件] ばらばらと, 乗せた, 伏せて, 何か, 取って, 持つて, 来ると, 立って, 胡坐を, 連れて, 静かに, 馬乗りに

7 あぐらを, 乗って, 投げて, 来た, 現われた, 肱を, 落ちるの

6 [15件] そつと, 一面に, 上がった, 向いて, 大の字に, 掛けて, 涙を, 煙管を, 登った, 置くと, 羽織を, 落ちたの, 降りて, 額を, 首を

5 [22件] いっぱいに, おいた, ゴロリと, 下へ, 並んで, 乗っけて, 伸ばして, 俯伏し, 土を, 坐つて, 尻餅を, 座って, 引いて, 抛げ, 無造作に, 落した, 落ちる, 視線を, 載せた, 逃げて, 通じて, 長々と

4 [53件] あがる, いって, おあがり, おくと, おろすと, かかって, ころがって, それを, とんで, のっけて, のぼったり, のぼるの, むかって, もって, バターを, ヒョイと, 一つの, 両足を, 乗しか, 乗り出して, 仆れた, 今の, 仰向, 出た時, 出る, 卸して, 坐ったまま, 姿を, 寝ころんで, 寝て, 尻を, 崩れるよう, 崩折れました, 往った, 戻って, 投げつけた, 抱き上げて, 放り出した, 板を, 横倒しに, 消える, 片手を, 石を, 突いて, 置いたなり, 置いたの, 行くほど, 袷を, 身体を, 這ひ, 運んで, 鉛筆で, 黒

3 [127件] あがりました, あがること, あがろうと, おおいかぶさって, おきました, おしあげて, おろして, かざして, ごろり, しっかりと, しばしや, たたきつけて, だらりと, ちよこなんと, でて, とびあがって, どてらを, のせた, のせました, のって, のびて, のぼる, のぼること, のぼると, のぼるん, のり出して, ふわりと, ほうりだして, むけて, ゆくほど, よじのぼって, よじ登って, ジャムを, ハンカチを, ポーンと, 上つて行く, 上る, 下りた, 下りて, 並べた, 乗つて, 乗りかかって, 五色の, 來る, 兩手を, 出たり, 刀を, 刎ね, 割って, 半身を, 坐り込んで, 垂れて, 外套を, 妙な, 存分に, 崩れ落ちて, 左の, 平気で, 引きあげて, 往って, 後から, 投げだした, 投げ出しました, 投り出した, 折り重なって, 抛り出した, 抛り出して, 抛り出す, 押しつけた, 押して, 拡げて, 挙げて, 掌を, 揚げて, 敷いて, 枝を, 泣き伏して, 泣き崩れた, 流れた, 灰色の, 男の, 登つた, 登ると, 登るの, 盆を, 眞つ, 移して, 積んで, 突き出して, 置きながら, 置く, 胸から, 胸を, 脚を, 腹を, 腹這いに, 落ちたもの, 落ちると, 落下し, 行くと, 行った, 袴を, 裸で, 襲いかかった, 起き上って, 起き直, 起き直って, 蹴倒した, 転がした, 転がった, 転げ落ちた, 載せそれ, 逃げ出したの, 重ねて, 鎌首を, 開いて, 降り立った, 頤を, 顏を, 飛びあがって, 飛び上がった, 飛び上り, 飛び乗った, 飛んだ, 飾って, 餅を, 髪を

2 [388件] あがったの, あがらねば, あがれば, あけますから, あけると, あげた, あげられたり, あげるぞ, あげると, いった, いっちゃうん, いろいろの, おりて, おろした, お上り, お茶屋が, かかると, かがんで, かけた, かけながら, かけなければ, かぶさつて, かぶさるよう, からだを, この首, こぼれたもの, こぼれて, これも, ころりと, さしおいて, さし出して, さらに板, しきりに何, したたかに, しゃがみました, するすると, すわった, ずーっと下, ちらりと影, ぢつと, ついて, でると, とびあがりその, とまって, どさり, どしん, なげ出して, ねかされて, のしか, のしかかるよう, のばした, のぼった, のぼったの, のぼり始めた, のぼるところ, のぼるにつれて, のぼれるの, のめって, はいあがろうと, はねとばされた, ばさ, ぱらぱらと, ひれ伏したの, ひれ伏しました, へばりついて, ぽんと, もどして, もどって, やった, やって, やって来た, やりながら, ゆくとな, よろめいて, わがねて, インキを, カステラを, キチンと, スポリと, タバコを, ドカンと, ドタリと, ドッと, ドッカリと, ピンで, ピンと, ポトリと, ポンと, メリケン粉大, 一人の, 一列に, 一束の, 一枚の, 一角獣の, 七つだけ, 三日ほど, 三間梯子を, 上が, 上がりました, 上がろうと, 上げると, 上った, 上つた, 上り, 上ると, 上衣を, 下ろして, 両腕, 両膝, 並べた小判, 並べると, 乗っかって, 乗りました, 乗るん, 乘せ, 二三十貫の, 二人の, 人が, 人間が, 仆れる, 仕掛け自分, 伸びきると, 伸びて, 体が, 体を, 何やらノシ, 何んの, 俯伏に, 俯向きに, 倒して, 倒れかかって, 倒れたなり, 倒れたの, 倒れるやう, 倒れる音, 傾いて, 兵児帯を, 出かけて, 出した, 出た月, 出なければ, 出ました, 出ようと, 出る幅, 制服の, 前の, 前屈みに, 動きました, 北枕に, 卒倒した, 参ります, 双手を, 叩きつけた, 叩きつける, 叩き付けました, 同じ大き, 向かって, 向けた, 君臨する, 啖を, 四人の, 固定させる, 坐つた, 坐らせた, 坐らせて, 坐りこんだ, 坐りストーヴ, 坐ると, 垂れ下って, 墜ちて, 夏珪の, 夜着を, 大きな布巾, 大きな石, 大匙一杯, 大急ぎで, 嬰児を, 子供を, 安全に, 家の, 寂しい暗黒, 寝かせました, 寝た, 寝るが, 対して, 封建時代の, 小袖を, 小説を, 少しばかり, 尻持を, 崩折れた, 差し上げた, 帯を, 帽子を, 幾つか, 幾つも, 弓の, 引き上げられて, 引き廻され恥, 引ずり上げようと, 引っ張って, 引上げられました, 引揚げ, 引揚げられました, 引返して, 張板を, 彎曲し, 影を, 彼の, 往くと, 徐ろに, 悠々と, 戻した, 戻った, 戻つて, 打つ伏, 打つ伏せ, 投げた, 投げる, 投げるよう, 投げ上げるの, 投げ出された, 投げ出されて, 投げ出した, 投げ出したの, 抛りだした, 抛り出すと, 抱いて, 抱き上げた, 抱き上げたお, 押し寄せるかと, 招じた, 持ち上げるの, 指で, 振かけて, 描くの, 敷くの, 旅行用の, 日の, 木炭を, 本を, 杉なりに, 来さ, 来たこと, 来た時, 檜の, 毛布を, 水でも, 水は, 水を, 水仕事で, 泣き伏した, 流れて, 流れるの, 漲って, 火の, 点を, 煙草の, 爪の, 片明り, 牛の, 猿の, 玉子の, 現われて, 登ったり, 登りつめると, 登る, 登れば, 登ろうと, 白木の, 白足袋の, 真白に, 真直ぐに, 着たなり, 着て, 石臼を, 砂を, 私は, 移された, 移したの, 移すと, 移った, 突っ伏した, 突っ立っ, 突っ立った, 突伏し, 突立って, 立ったまま, 立つよう, 立てて, 笠を, 紙を, 置いた半紙, 置かれた, 置き, 置きました, 置くん, 翅を, 翼を, 肉を, 腹ん, 腹這っ, 自分と, 芝を, 花の, 花を, 茣蓙を, 落したり, 落しました, 落す, 落すと, 落ちか, 落ちかかると, 落ちかかるよう, 落ちたが, 落ちた音, 落ちました, 落ちるよう, 落ち込んだ, 行かうと, 行きました, 行きましょうか, 行ったらもっと, 袂の, 被さるん, 裸蝋燭を, 赤い筋, 起き上がった, 起き上がって, 起き上った, 起き直った, 起ち上がると, 起上った, 起上って, 足跡が, 跨がって, 跳ね上がって, 蹴落して, 転がしながら, 転がり出した, 転がり出す, 載せるか, 辷って, 近づいて, 追いあげられて, 逃げ上がった, 逆さに, 這い上がった, 這い上った, 這い上って, 通つた事では, 遠いので, 酒を, 重なって, 重なり合って, 重ねても, 銀の, 鍋を, 長くなった, 長老を, 降った, 降って, 降りかかって, 雨の, 雪が, 青い藺笠, 青い静脈, 面を, 響き渡つた, 頬を, 飛びあがつた, 飛びあがりました, 飛びの, 飛び上った, 飛び下りた, 飛び出して, 飛び降りた, 食物を, 饅頭が, 馬首を, 馳け, 馳る, 高々と, 高くあげ, 高く顕し, 髯の, 黒縮緬の, 黙って

1 [3855件 抜粋] あえいで, あがった万太郎, あがらせる, あがりたいばかりの, あがり込んで, あがる段, あけて, あげどこ, あげる, あたり一面に, あびせかけるよう, あわてて, いくに, いつか捺つて行つた翅の, いまいましそう, うごいて, うず高く, うつむいた, うんと押しつける, おいたハーモニカ, おき私達, おしあげると, おっかぶさるよう, おのせなされ, お出ましに, お灸, お連れ, かかげるよう, かがみかかって, かけさして, かけないと, かさなりあって, かついだ, かぶった帽子, きずき上げられて, きりきりと, ぐいと尻ツ撥ね, ぐっと伸ばし, こう開け, こちこちの, こぶしを, こぼれ飛んだから, ころがり落ちると, ごろごろと, ご飯つぶを, さして, さっと落し, さらにまた, しかと捲きしめ, したたり, しみ出して, じかに抛り出された, すくい上げました, すっくと立っ, すて靴, すゝめた, ずるずると, そそぎかけた, そっと置いた, その一団, その折々, それからそれ, たぐりあげ向き, たどりつきました, ちぎれちぎれに, ちょうどその, ちんまり坐つ, つきあげたよう, つき出しながら, つらつらと, でしょんぼり, とっとと駆け込ん, とびかかった, とまりました, どうだろう, どっかと腰, どつか, どツ, ならべた, にじり消した男爵, ぬけ出そうと, ねじるとか, ねむる, のせさせた, のせられながら, のっかって, のびる石, のぼりかえした, のぼるせまい, のぼる程, はいあがった, はくだけ, はだしで, はね上ったが, ばさり, ひかせた, ひき出して, ひっぱられて, ひょいと突立, ひら押しに, ひろげ煙草, ふと顕れた, ぶちまけたその, ぶら下げた処, べつたり, ほうり出したの, ほっぽり出して, ぼんやり目を, まいて, まざまざと, また新た, まだサラサラ音, まともに, まわって, むっくと立ちあがった, もう一盃, もっと高めた, やってきて, やわらかに, よじのぼること, よぶの, アクが, カッ飛んだ, ガンと, グウグウ寝込ん, ザラザラぶちまけ, スックと, ソーッと, ツンのめりました, ドカリと, ドロップが, バタバタ倒れる, パチャ, パン粉を, フラフラと, ボッタリ落ちた, マベ貝を, ユカタも, 一どだって, 一列の, 一尺余り突抜け, 一本骨に, 一滴ずつ, 一銭の, 丈夫な, 三益と, 上げたかと, 上げる笑い, 上ってから, 上つて暗い, 上らなければ, 上心に, 下って, 下ろした, 不細工に, 並べたの, 中央に, 丹前を, 乗せたが, 乗せられた, 乗っかかって, 乗った時, 乗り出した, 乗ッ, 乘せた, 乙に, 二人が, 二段に, 云わねば, 人糞が, 今や姿, 仰ぎ倒れた, 件の, 伸ばした, 伸び下, 低く顔, 併べて, 俯せに, 倒すと, 倒れたらしい心地, 倒れ掛かつて, 僅に, 入って, 六尺位は, 具顕し, 写りそう, 出かけました, 出そう, 出たの, 出なくては, 出られるの, 出るなんて, 出来て, 別に小さな, 加わって, 勢いよくとび上がった, 十匹ばかり, 半分体を, 卵を, 参りました, 反っ繰り返った細い, 反ろうと, 取出し裏返し, 叩きつけたよう, 叩き付けガチリ, 吊し上っ, 同時に三俵, 吐き出し始めた, 向かない, 向けての, 君臨した, 味付け味噌を, 呼んで, 唯一, 四つの, 団扇を, 土で, 地味な, 坐らあ, 坐りぼんやり, 坐り蒔絵, 垂らさないよう, 型の, 塊まった, 墜ちましたから, 外の, 大きく紫, 大きな蒲団, 大事そうに, 大空から, 太い棒, 女を, 嬰児が, 宜し, 寝かして, 寝りゃたくさん, 寝込んで, 射して, 小判を, 小鳥たちが, 少し許, 届かないから, 山も, 崩壊し, 巨岩大木の, 差し出しながら, 差出し叩頭礼拝, 布を, 帰ること, 平の, 幽かに, 床の間の, 延びて, 廻って, 引きあげ一町, 引き戻しました, 引くと, 引っ張りあげられると, 引上げようと, 引張り上げたよう, 張った緑色, 当てて, 後脳, 御車が, 急須を, 悪夢の, 戴くいろいろ, 手拭の, 手繰り上げられたので, 打抜くと, 投げた小包, 投げつけた物, 投げ倒した其の, 投げ出した途端, 投り上げ, 投膝で, 抛り上げる仕草, 抜け出して, 抱きつき刀, 抱上げまし, 押しかぶさつて, 押し上げたところ, 押し据えて, 押頂い, 招じ入れた, 持ちあげて, 持ち上げる音, 指さしを, 振かけます, 振り撒いて, 捨てると, 捲いて, 掛けた, 掛って, 掲げられて, 提出する, 撒き拡げて, 攀ぢむと, 放して, 放り出すと, 散歩に, 文代さんを, 斬り下した, 日に, 昇つて, 昇るの, 昏, 時折青白い, 曳きずり, 書いて, 望遠鏡を, 杓を, 来ては, 柏葉樹の, 案内しました, 梶棒を, 棹から, 横っ倒し, 横投げ, 櫛かんざし, 止木を, 殺到し, 気を, 水平に, 汚れた毛布, 泡が, 注ぎ込んで, 流れでたが, 流れ落ちるの, 浮き上らせるわけ, 浮んで, 深々と, 湿つた土, 滑らせた, 滴って, 濃い影, 火縄銃を, 点々として, 無論高山, 煙突が, 熱で, 片側の, 犬の, 獅噛みつき, 現れて, 瓢箪を, 田丸浩平の, 畑の, 登ったら噴火孔, 登つて子供達の, 登りそこで, 登ること, 白い指, 白くななめ, 白身を, 盛るの, 目隱し, 直角に, 真ッ, 真黄いろ, 着きましたぞい, 着込みその, 石油を, 確りした, 私の, 移した時, 移るまで, 積み重ねて, 空っぽの, 突き及び腰を, 突つ立つた, 突然フワリと, 立たせたやう, 立った, 立てるもの, 端然と坐し, 箒で, 篠を, 納って, 累積し, 組んだ手, 続々立ちはじめた, 線路に, 縦一文字に, 繻子の, 置いたもの, 置かれたのに, 置きかけて, 置き平次, 置くわけ, 羽織つたなり, 翼の, 肘を, 背中を, 胸の, 脳漿を, 腰衣を, 臂を, 舐めた, 舞い下って, 舞上つたと, 芍薬の, 茣蓙の, 草鞋の, 菓子の, 落しそう, 落すか, 落ちたから, 落ちた日あし, 落ちます, 落ちる音, 落つこ, 落椿が, 蒔絵の, 蓑を, 蔽い被さって, 薄り, 薪割が, 蛇の, 蝋を, 行かう今夜, 行けば, 行ってる路, 行つて見た, 被さった山の端, 袷一ツ身軽に, 襲いかかったの, 覆を, 見越入道の, 誘つた者に, 謡本を, 貼りつけて, 赤ん坊を, 起きあがって, 起き直り, 跨がりながら, 跳びあがりながら, 跼んで, 蹲踞らせた, 躍り出して, 転がしといたに, 転がり落ちたの, 転し, 転落を, 載せじっと, 載せた重し, 載せられても, 載せ体, 載るほど, 農鳥が, 辿るとき, 返した, 送りました, 逃げたん, 逃げ上った, 這いあがると, 這い出すの, 這ひあがる, 通して, 通達する, 遊びに, 運んだ, 遡ると, 醤油の, 重しの, 重ねる坐り方, 金網を, 釣りあげると, 鉛筆を, 鎌の, 長い顎, 長火鉢を, 降して, 降りるため, 陣取って, 隠して, 離れ裙, 雪白の, 静かな, 靴の, 響きを, 頬ずりを, 顕われた, 飛ばされた, 飛びかかると, 飛び上がりました, 飛び上りざま, 飛び出し隣り境, 飛び降りて, 飛ぶ影, 飛鳥の, 飾る, 馬乗りにな, 駈け上がって, 駕尻軽く, 高々とか, 魚を, 鶏肉を, 麻の, 黒い焦がした

▼ 上から~ (6008, 4.6%)

88 下まで 75 下へ 59 見て 57 見ると 52 落ちて 33 見ても 32 手を, 見れば 30 それを 26 降りて 23 云っても 20 見下して 19 声を 18 いえば, いっても, 下へと, 下を, 云って 17 では, 下りて 16 いうと, 云えば, 言っても 15 彼の, 眺めて 13 おりて 12 下に, 覗いて, 身を 11 して, 何か, 見おろして, 言えば, 首を 10 云つても, 云へば, 考えて 9 のぞいて, 下の, 人の, 川の, 足の, 顔を 8 二番目の, 土を, 左の, 船の, 降って 7 これを, 下から, 両手で, 彼を, 水を, 消えて, 蓋を, 順々に, 飛んで

6 [16件] いうても, すっぽりと, 五段目の, 取って, 撫でて, 斜に, 斜めに, 流れて, 申しても, 眼を, 着て, 考えても, 自分の, 覗き込む, 言へば, 頭を

5 [19件] いへば, かぶさって, のしかかって, グッと, 一つの, 一本の, 云うと, 出て, 土が, 小便を, 帽子を, 男の, 石を, 私は, 答えた, 腰を, 見る街路, 言うと, 飛び下りて

4 [28件] しても, ソッと, 一人の, 一枚の, 上へと, 下って, 下までの, 割出して, 小手を, 巨大な, 手拭で, 押へ, 槍の, 水が, 照らして, 物を, 真直に, 縄で, 聲を, 臼が, 落ちかかって, 見たの, 覗き込ん, 覗くと, 言つても, 足を, 静かに, 飛び降りて

3 [89件] いって, おちて, かけて, かぶせて, こちらを, こっちを, さがって, それが, それらの, ながめると, ひらりと, ふたを, ふろしきを, ぽんと, みて, みても, みれば, キリキリと, スポリと, トントンと, ドッと, ヒラリと, 一と, 三段目の, 二つの, 二人を, 人間が, 例の, 半身を, 取り上げて, 叫んだ, 名に, 吹いて, 呶鳴った, 声が, 外套を, 大きな石, 大声で, 大石を, 女の, 娘の, 彼が, 彼女の, 手が, 押えた, 押えて, 押被せた, 早足に, 月が, 来て, 横から, 水に, 湯を, 烏うりの, 父は, 畳の, 目を, 眺めながら, 眺めると, 私の, 突き落した, 立ち上った, 繃帯を, 考へて, 考へても, 聞えて, 胸を, 若い女, 落して, 蒲団を, 見えて, 見えました, 見える, 見えるの, 見ての, 見下した, 見下ろして, 見下ろすと, 覗きこむ, 覗き込んだ, 覗くよう, 観て, 言ふと, 重いもの, 面白くない, 響いて, 風呂敷を, 飛び降りた, 鼻の

2 [360件] あたかも天使, いいました, いつも荒君, いふと, いろいろの, うたい続ける, おさえつけるよう, おとした爆弾, お杉, かける, かぶせそれ, きこえて, これほど, さす火, しずかに, しっかりと, じっと彼女, すぐぼやぼや, すべての, するすると, そつと, その光景, その前垂, その姿, だん, つかみかかって, でも, とびおりると, とび下りて, どうしても詩, なくな, なにかが, なにか大きな, ねらって, のし掛かる, のぞきこんだ, はるかに, ひょいと顔, ひよい, ふさいで, ふって, ふりそそいで, ふわふわと, ぶらさがって, ぶら下げて, ぶら下って, ぼたり, ぽたぽたと, まっさ, みての, もう一つ, もんどり打っ, よく見, ギュッと, コジられる, コプラの, サツと, サーッと, スーッと, ズウと, ツルリと, ドンと, ヒョイと, ビラを, フワリと, マッチの, 一冊の, 一生懸命船の, 一箇の, 一緒に, 三つ目の, 三度も, 三段目へ, 上から, 上からと, 上へ, 上半身を, 上着を, 下までを, 下見れ, 下迄, 不意に, 世間の, 中を, 主人の, 乗りかかって, 乱暴に, 二つ目の, 二本の, 二桁下り, 二段目の, 云つて決して, 云ふ, 人が, 人間の, 今度は, 件の, 伸しかかって, 伸子の, 何かの, 何の, 何度も, 俯向い, 倒に, 充分に, 先に, 内部の, 出して, 出たの, 出ようと, 別の, 剃刀を, 力に, 卓子の, 南条の, 原稿を, 又治水, 取つて, 取りおろして, 口の, 口笛を, 叫びました, 名を, 向こうを, 呼びかけた, 呼びとめるもの, 呼びました, 呼ぶ声, 呼んで, 唐櫃を, 四段目を, 固く骨, 土間の, 圧付ける, 圧附ける, 地面へ, 垂れて, 墜ちて, 大きな木, 大地へ, 大声に, 大川に, 大川へ, 大川を, 大粒の, 大聲, 太い声, 太い松, 太陽が, 女を, 宅の, 宮を, 容赦なく遣られた, 射した蝋燭, 小声で, 小田原包囲の, 少しの, 屋根が, 山木が, 左下へ, 左右の, 布団を, 師匠の, 床の, 引っ張ったり, 張って, 当然の, 影を, 彼に, 彼は, 彼らに, 彼らは, 往来の, 後の, 御褒美, 急に, 手に, 手の, 抑えて, 抑へた, 投げ込んだ, 押えつけたの, 押しつけられて, 押して, 押すの, 指さして, 振り向いて, 挽きおろし挽きおろす, 掌で, 探照燈, 掩ふ, 掴んで, 敵の, 明智探偵が, 暖かい紡績, 月を, 望まれたの, 望んで, 机の, 村の, 来たの, 来るもの, 松の, 枝が, 枝を, 柿の, 桜の, 椅子の, 楊弓を, 槍で, 樹の, 機関銃を, 死体を, 母の, 毒ガスを, 水中に, 氷嚢を, 油紙で, 波に, 注意した, 浴びせかけた, 浴びせて, 浴びて, 海に, 海の, 海へ, 海を, 消えた, 涙を, 滑り落ちて, 火を, 煎茶の, 照し, 照らしつけて, 熱湯を, 特殊な, 猫の, 申しましても, 申しますと, 町の, 畫きおろされた, 目に, 目の下に, 目礼する, 真つ, 真直ぐに, 眺めやると, 眺めるの, 着せて, 石が, 石の, 石臼が, 福屋の, 私を, 私達の, 秋の, 種々の, 空に, 空気を, 突き落された時, 突込んで, 笑った, 笑って, 第一段目, 第四段目, 糸で, 糸を, 紐で, 素子が, 綱が, 綱を, 縄を, 縮つて段々, 美濃紙を, 羽織を, 翳して, 考察し, 耳を, 股の, 胸の, 腕を, 腹を, 臨んで, 自分を, 自然に, 臼を, 色の, 落ちそう, 落ちるの, 葡萄色天鵞絨の, 薄気味の, 蜀の, 蝋燭で, 行くと, 袴を, 襷を, 見おろしながら, 見おろすと, 見たとき, 見た所, 見た様, 見ますと, 見ますの, 見る, 見下したよう, 見下すと, 見下す水, 見下ろした, 見据えて, 見渡すと, 見物する, 覗きこん, 親切な, 観ると, 観れば, 観察し, 言って, 言つた, 言葉を, 詩と, 誰かが, 誰やら, 谷へ, 貰ふ, 起き上がって, 起き上った, 身体を, 転がり落ちたの, 転がり落ちて, 転げ落ち相手, 軽い靴音, 辷り落ちそう, 辷り降りて, 返事が, 逆に, 遙かに, 遠く望む, 遥かの, 金槌を, 釣れば, 釣竿を, 鉄の, 降りようと, 隣の, 離れて, 離れなかった, 雨が, 青い紐, 非常に, 響きました, 頬へ, 顋の, 額に, 顏を, 風呂敷に, 飛び上つて, 飛び起きるが, 首だけを, 黄ろな, 黒雲が

1 [3679件 抜粋] あおむけに, あった昔, あびせかけるの, ある距離, いうならば, いきなり地, いつて, いま一度振り返っ, うんと砂, おさえつけて, おしつけて, おっこちた自動車, おやかた, おろして, お堂, お皿, お通, かうして, かすかな, かの強力, かぶせられた倶利伽羅紋, かもしかの, きたならしい鳥打帽, ぎゅッとおす, ぐさと太股を, こういう不思議, こっちへ, この家, この蟇口, こぶしの, ころが, ころがり落ちた動くマネキン少年人形, ごまかしを, さげられた縄梯子, さすつてやつ, さも感じ入った, ざっと掛け, しげしげと見おろし, しっかり押え, じっとこちら, じっと円舞者連, じぶん, すうすうという, すこしもちあがった, すべり下り料理人, ずっと下, そうだ, そっとかけ, そっと首, そのトゲ, その人たち, その探検, その漁師, その脊骨, それに, ただ掛け, だ, だとの, ちょいと, ちらと, つい冗談, つまらぬ雑誌類, であった, でしたらあれ, とくと見届けた, とびおりました, とる, どうしても, どうん, どつ, ながめた咲耶子, なぐりつけた, なにかかたい, なれなれしい笑顔, にらみました, ねらい直ちに, のぞきこむよう, ののしったのち, はおりました, はじまって, はみ出して, ばらりと投げた, ひっかかった人, ひどくゑぐられたもので, ひろい世, ふたの, ふると, ぼこぼこと, まいあがって, またバター, また声, まだこちら, まとって, みると, むずかしさ, もう一枚褞袍, もとの, やったの, やむこと, ゆすぶつた, よく見えた, わずかに, ウマイゾ, カシュッと, キリキリ縛られた, コオリ山, サッと覆面, シッカリと, スウッと, セルゲイの, ゾク, ダラリと, チンセイに, トロンと, ニスを, ハンケチを, バラバラと, パラパラと, ピタリと, ブラブラと, ホールを, マッシグラに, メラメラッと, ランプの, 一つ一つ結晶し, 一場の, 一時止むなく, 一枚絵ハガキを, 一目自分の, 一般の, 一部分は, 七行目に, 三分の一のほどの, 三宅治忠へ, 三橋の, 上に, 下げ髪の, 下までずつと, 下井戸端の, 不安らしい, 世の中の, 両脚を, 主人たちの, 乘り, 二つ目には, 二十五町の, 二段おろし, 二階の, 云つてずつと, 五六人の, 五段目であっ, 今一つ差込の, 仔細に, 伏射すれ, 伸上つて覗く, 佐田の, 何にかの, 余儀なくされた, 侮蔑さるべき, 側に, 僕に, 先ず見凝, 光つて居る, 全然消え失せた, 兵卒を, 冠せたよう, 凡て読者諸君の, 出たり, 刀を, 切り下げた斜め, 刈入, 刺されて, 前垂れを, 力いっぱい圧し, 労働神聖を, 匍い下がれ, 十三四名の, 十重二十重に, 卍丸の, 卵を, 参詣人の, 又赤合羽, 取り付いて, 取付い, 古い庭, 叩きおろし, 叫びましたけれど, 右に, 吊つたのさ, 吊るされて, 名高くなった, 向島の, 吾輩を, 味方へ, 和尚の, 問うた, 営養の, 囁くと, 固定した, 圧え, 圧へて, 地上に, 坊やの, 城内の, 塗抹した, 壁土や, 夜ふけの, 大きなもの, 大きな渦, 大体推定する, 大磐石, 大鷲の, 太いなわ, 女事務員の, 妻と, 委しく調べ, 媼の, 完全に, 実用の, 室内へ, 寝間着を, 射撃される, 小さい植木鉢, 小さな紙箱, 小石川の, 少しつつ, 尾行し, 履き込み手袋, 岩根づたいにするすると跳び下り, 崖下一帯にかけて, 川上その, 左眼を, 差しのぞい, 已を, 帆布を, 常に考へ, 平らに, 広い国中, 座布団を, 延び上つて其処に, 引きずりおろし人なか, 引っこんだ, 引張り出して, 弟は, 強くゆすぶった, 影響し, 往来へ, 後退する, 御見附下, 心地よげ, 怖, 恐ろしい勢, 悠々下知, 意地にも, 懐中電燈で, 或は富野辺, 扉に, 手拭や, 手繰りあげられやがて, 抑えつけた, 投げつけた槍, 投った, 抱きしめた, 押えつけると, 押しかぶせるよう, 押しつけ遣る母, 押し戻して, 押へながら, 拘束を, 拾い上げ手塩, 持って, 指図を, 挨拶する如き, 捜って, 掛けましても, 推古仏の, 掻, 提灯が, 握り矢代, 摺り落ちて, 撫で, 擦って, 敗北者に, 数千の, 數十貫の, 斬られたと, 新撰に, 日吉は, 日比谷練兵場の, 明けて, 是非講演の, 暗闇の, 更に最も近く, 替地を, 服を, 望見した, 木皿を, 来たもの, 来る理由, 東海道を, 柵門の, 梯子を, 椿を, 樹下へ, 次男の, 正しいの, 武者振りつい, 死相を, 毛布を, 水などを, 水底に, 水際の, 汚い百姓着, 沢子が, 油紙を, 注げば, 津田を, 流すよう, 浴せはじめたの, 海中に, 消え去らうとも, 涙声で, 深い谷底, 渡す, 湧いて, 滅茶, 漁師の, 激しく降した, 烏の, 無論後者, 煙を, 照りかかる太陽, 熱い湯, 片眉, 物見の, 狼を, 玄関の, 瓦か, 生じたもの, 田舎の, 申せば, 画法の, 疊へ, 痛いほど, 発生の, 白い雪, 白樺の, 白雲の, 皆んな見, 盤台を, 直ちに運轉, 眞物の, 真中に, 真逆様に, 眺めたところ, 眺めや, 眼に, 着物で, 睨みつけました, 矢代の, 石でも, 研究したら, 示された通り, 私達に, 空へ, 突き伏せる, 突き落されたり, 突き落し自分は, 突然に, 窓へと, 立小便し, 竿を, 笠ご, 算用の, 粘りっこい, 紋也の, 細い穴, 絃を, 絶壁を, 網目の, 緞子の, 縄に, 繩で, 美禰子が, 羽織ったり, 考えますと, 考察した, 聞えましょうあれ, 肥桶に, 肱を, 胸に, 脚を, 腫れぼったい瞼, 自動車の, 舞台へ, 色々苦情, 花束を, 苦笑した, 荒れ狂い何, 落ちたらしい大石, 落ちても, 落ちる光, 落下し, 蒲団が, 蔽かぶさる, 薄暗いランプ, 蚊帳の, 蟲の, 街の, 被せかけた, 裸馬の, 覆いかぶさった厚い, 見えたでしょうざっと, 見える小島, 見おろしたベンチ, 見おろすの, 見せて, 見た光景, 見た意欲, 見た途端, 見なすったの, 見まわしますと, 見るサイゴン, 見下, 見下すところ, 見下ろしたこと, 見廻して, 見送った, 覗いたが, 覗き出して, 覘いを, 観た潮来出島, 觀ても, 解放されまし, 言いますと, 言文一致の, 訶和郎の, 認めた三本, 読みおろして, 調査する, 謂ツて, 谷底を, 貴女が, 赤いインキ, 赤鉛筆が, 起き直ろうと, 起上つて彼等に, 跳ね上って, 踏み殺して, 身投げも, 転がすシッシッ, 転げ落ちるほどに, 軽く糸, 轟然たる, 近江路へ, 追われ霰弾, 透して, 通りの, 道路の, 遠く眺める, 避けた方, 醒めたの, 重ねて, 金髪を, 釣るした鉄びん, 鉄砲など, 銀貨銅貨を, 鋸屑を, 鏝を, 鑿で, 長椅子の, 阿亀, 降りなければ, 除けた, 隔たって, 離れぬじゃ, 雪崩れ打つ, 霧が, 青い鉛筆, 静かな, 鞭を, 順にゆっくりと, 頬肉の, 頻と, 額縁の, 飛びこむところ, 飛び上, 飛び下りるぞ, 飛び降りた者, 飛下する, 食器や, 首をね, 馬の背に, 駆け降りようと, 高びしゃにやっつける者, 鳥の, 鹽を, 黄色の, 黒い瞳, 黒茶色の

▼ 上には~ (3578, 2.8%)

30 上が 14 何の 11 一人の, 例の 9 何も 8 何か, 彼の 7 二つの, 出て 6 いろいろな, 上の, 無数の, 雪が 5 一冊の, 二人の, 人の, 前の, 明らかに, 花の, 血が, 見事な, 遠捲き, 非常に

4 [24件] いつでも, いつもの, たくさんの, つきり, 一本の, 一面に, 人が, 何が, 埃が, 多くの, 天井から, 新らしい, 書きかけの, 月の, 柳の, 次の, 白い荷物, 緑の, 銀の, 青じろい雲, 青空が, 魚の, 鳥の, 鳩が

3 [47件] いくつも, いろいろの, これも, た, つきりと, なんの, ほこりが, もう沢山, ランプが, 一面の, 人も, 他の, 何らの, 何処か, 何時でも, 切ない程, 到るところ, 夏の, 多少の, 大きな風呂敷包み, 大なる, 大切な, 女の, 子供の, 少しも, 木の, 果物の, 殆ん, 派手な, 煙草の, 真白な, 秋の, 種々な, 空が, 色々の, 花が, 草が, 蝋燭の, 詩人の, 誰も, 酒の, 靄が, 青草が, 風が, 馬の, 鳶が, 鴉が

2 [220件] あいにく一枚, あとから, いくつかの, いずれも, いつまでも, いつも見馴れた, いて, いない, いろ, いろんなもの, ぎつしり洋書が, くっきりと, この外, さつきの, さまざまな, そこに, それに, それらしい, それを, ぞろぞろと, たりと, だれも, ちらちらと, ところどころに, どこにも, ない, なかった, なって, なにも, なまこが, なんらの, ばらばらと, ひとりの, まだ日, まだ洋燈, もうさめ切った, もう夕闇, もう気, もう水, もう澤山, やはり瀕死, やはり薄, りっぱな, れいの, コーヒーの, トランクの, ビールの, ピチピチした, ページを, 一すじの, 一と, 一ツ二ツ灯が, 一個の, 一匹の, 一日ぢゆうの, 一枚の, 一種の, 七つの, 三ツの, 三本の, 上, 下宿の, 丘が, 中判の, 二つ三つの, 二三日前に, 二十四人の, 五六人の, 人間の, 今しも, 今まで, 今度は, 伯爵の, 何かの, 何にも, 何びとにも, 何階建てかの, 余等の, 信天翁の, 倦怠と, 先生の, 兩毛の, 初冬の, 半分ほど, 厳然と, 吐出した血, 向う側の, 唯さまざま, 土が, 土工が, 地球儀が, 塵一葉の, 夏草が, 大きな松, 大きな硯, 大勢の, 大小の, 大昔の, 大理石の, 太陽が, 太陽の, 夫の, 如何なる氣, 如何なる独創, 妙子が, 姫神山が, 字が, 家々の, 家の, 對岸の, 屋根も, 屍体の, 山姫きたり, 帛紗に, 府尹が, 庭樹の, 必要な, 必要の, 思いも, 慈悲が, 投捨てた汚い, 探しあぐんだ大将, 支那鞄と, 数本の, 斜めに, 新聞が, 日が, 日の, 明かに, 昔物語に, 星が, 星の, 昨日の, 暑い日, 書が, 月光の, 朝食の, 木彫の, 本や, 東京やら, 東西も, 松が, 松の, 桃色の, 桃花心木の, 植物が, 楕円形の, 横に, 残りの, 毎日人間が, 水が, 水の, 汗が, 烏が, 燈火が, 猫の, 猿が, 琥珀の, 瑠璃子の, 画に, 白い雲, 白き木綿, 白く灰, 白帆を, 白鳥が, 百合や, 私たちの, 竹に, 節子が, 紅の, 紙屑が, 紙製の, 紛れも, 紫の, 絹の, 緑色の, 置いて, 脚の, 色々な, 花束も, 若い男, 英吉利人の, 蕎麦饅頭と, 薄い靄, 薔薇の, 藪が, 血に, 街の, 西洋の, 親類の, 詮議の, 誰が, 誰の, 護謨毬ほどな, 赤い三日月, 赤い点点, 足跡が, 足跡も, 近代の, 郁子の, 鉄瓶が, 錦の, 鐵の, 雪の, 雲雀が, 電灯が, 電燈が, 霜が, 霜夜の, 青銅の, 革命が, 頑丈な, 食器が, 首が, 黄色い箱, 黄金の, 黒い雲, 黒とんぼが, 黒羽二重の, 鼠の

1 [2722件 抜粋] あかあかと, あった, あのとき海岸, あらじ, あらわれて, あるに, いい住宅, いかないのに, いささかも, いったい何, いつの間にやら, いつも大きな, いつも見る, いなくなって, いまたてた, いろんな種類, い上る, うすら寒い微風, うやうやしく, おいしそう, おのずから一種古風, お供えが, お料理, お盆が, かうした夢, かけぶとんが, かなりの, きたない石かけ, きらきらする, くずれる白い, ここでも, この上代, この塾堂, この若者, これまた, こんな痒い, ごつごつした, さすがに, さっき支倉が, さも大事そう, さん俵が, しなやかに, すがた, すでに仁科六郎, すみで, そういろいろ, そのなか, その女, その橇, そら事, それで十分, たくさん外に, たしかに物, ただシャツ, ただ憂鬱, たった一つ, だんだんに, ちやんと, つや子の, ところせまく, どうしても内面的, どう現れ, どの様, ないで, なかなかいい, なにか赤い, なるべく実生活, なんにもいないで, ねころがって, はるかに, ひろびろと, ふ蛇, ほとんど人影, ぼくと, まこと, また別, また青蝿, まだまだたくさん, まだ凋, まだ子, まだ蜘, まっ黒く, みえなかった, むしろその, もうだいぶ高く, もう一面, もう例年, もう松茸, もう酒, ものすごい蒼さ, やはり一本, ゆうべの, よごれもの, わが爆撃隊, アセチレン, アルミの, インク壺と, エレベーターは, カラリと, ガアンガアンと, クリストよりも, コンクリート造りの, ショオルを, スツポリと, ズックを, チャンと, ツルガ博士が, ニッケルの, バターを, ビロードに, プロレタリヤ運動の, ペン一本載つ, マダム・ド・ラファイエットの, メガホンや, ラムプが, リーザの, ローソクが, 一の, 一二艘淋し, 一台の, 一寸四方位の, 一抹何やら, 一時の, 一点の, 一種高尚なる, 一足も, 一鳥の, 三人の, 三十枚以上の, 三尺に, 三本, 上だ, 上海版では, 下がり藤, 下駄が, 不揃いに, 世に隠れ, 並松が, 丸い黒っぽい麦藁帽, 丸顔の, 乱暴に, 二三の, 二三通の, 二尺ぐらいの, 云い得られないが, 五六人ばかり, 五燭の, 交誼を, 人形の, 人間だけが, 今なお, 今別れた, 今輝い, 令嬢の, 伊邪那美命を, 佐々の, 何とかし, 何やら一杯のせられ, 何万年何億年待っ, 何年か, 何本か, 何等関係, 侍従の, 俳句も, 偶然が, 僧房が, 兄が, 先ほど, 入りまじつた線, 全く此, 六十前後と, 其の軍陣, 内裏雛を, 写生図に, 冷たい濕氣, 凍つた衣, 出る事, 刈つた藺が, 判読する, 別に差支えなき, 前註, 力を, 勿論感情, 化粧品の, 十万石以上の, 十字架に, 半分紙に, 卓上点火器を, 印象を, 原稿用紙を, 又一つ, 友禪の, 叔父さんが, 古い虫ばん, 古めかしい書籍, 可なり, 司令長官艦長副長参謀諸, 同じ様, 向うの, 命の, 商標の, 器械を, 四月末の, 四通の, 在つた, 埃で, 堆く金貨, 墓地の, 壷の, 夕方の, 夕陽が, 夜具が, 夥しい小豆, 大きい綿雲, 大きなシベリヤ地図, 大きな地図, 大きな日輪, 大きな椎の木, 大きな真鍮, 大きな船, 大きな電気, 大した損害, 大向うの, 大小無数の, 大樹枝を, 大阪から, 天の川の, 天幕の, 太いタイヤ, 女が, 妓の, 媚態おく, 存在の, 学校で, 宋朝の, 実に此, 家を, 寄せ鍋が, 寝て, 封建性を, 小さい女の子, 小さい罌粟粒, 小さなうす赤い, 小さな旗, 小さな羽蒲団, 小学校の, 小石が, 少し青い, 尺八の, 屋根職人が, 山椒の, 岩と, 巧な, 巨松が, 帆前船が, 帝国の, 常の, 年寄も, 幾度びとなく隆替変遷が, 広い空間, 度たび僕等を, 弊害も, 強北風, 形ばかり, 彼れ, 後醍醐の, 御岳と, 微暗い, 徳利や, 必ず其の, 怜むべ, 恐らく死ぬ, 意識的である, 憤怒に, 戦争も, 所々に, 手帳や, 折悪しく, 抛り出した砲丸, 擬装の, 政治教程の, 教育に, 数字と, 數日前に, 断れたる紗, 新聞紙が, 既に冷, 日夜細心な, 日本の, 早や, 明るい春, 明治も, 時々の, 時に紫, 暗い大きな, 暮方の, 更に鍵屋, 書籍が, 月が, 有害な, 朝霜が, 木瓜の, 本当は現れ, 杉林が, 東洋の, 松に, 果して日頃信仰, 枝も, 柏餅の, 栄進が, 桔梗や, 椀が, 極めて痩身, 樟の, 樹の, 橋本さんの, 欠点の, 正太から, 此一夜泊りの, 武夫君が, 歩く隙間, 死骸から, 殆ど惜, 殿中で, 毛布と, 氣味の, 水藻の, 氷河と, 汚れ除け, 沢山な, 泡一筋だけが, 注連繩なぞも, 洗濯物が, 浮かぶ雲, 消した蝋燭, 深藍色, 温かそう, 湯気が, 漆喰あるいは, 濃い藍色, 瀟洒な, 火酒コニャックの, 炭火を, 無情の, 煙の, 燃ゆる如き, 片時も, 特にお母さん御用, 狐色に, 猶太王, 玉虫貝を, 珍らしき, 現れない, 甚内にとって, 生気が, 男と, 異常の, 瘠せた蛔虫, 白い味噌汁, 白い文字, 白い羽, 白い菊みたい, 白峰三山赤石悪, 白絖の, 百ぱよりも, 益々深く, 直径三インチの, 相当区別, 真新しい吸取, 眠気が, 矢代と, 短い曲, 石屋の, 石蕗が, 破れた漉羅紗帽, 硯も, 神が, 神顯然, 移らなかったの, 稲妻の, 積木細工の, 空気が, 立たなかつた, 端唄本が, 笠を, 箱入りにな, 粗末な, 糸織藍微塵の, 紅白の, 素枯れかかった, 紫色に, 経文と, 絶えつ, 網から, 緑や, 縮などの, 置時計その他の, 美しい秋, 美わ, 老いも, 聖タマス塔が, 胡坐を, 脂汗が, 自分が, 自分は, 舞台が, 良き政府, 色鉛筆の, 花は, 花飾りの, 若い孔, 英人以外の, 草に, 荒川の, 菊の, 落ち残つた黒い, 葉子の, 蒔絵入の, 蓙が, 薄い春霞, 薄汚れた, 薔薇色傘の, 薬罐と, 蘭を, 蛞蝓の, 蝋燭と, 血とも, 血飛沫が, 表し難い, 裸の, 西洋しょくだいに, 見えなかったの, 見る影, 見晴らしの, 親祖先の, 設備の, 読みかけたロシュフウコオ, 誰を, 警報台の, 豚の, 賞品や, 赤い星, 赤い織, 赤とか, 趣味多し, 身体に, 軌条から, 載りきらないの, 這いのめって, 運転手が, 遠く遙, 遺書らしく思はれる, 酒壜や, 酔っ払って, 重い荷, 野の, 金縁の, 鉄瓶がか, 鉢巻きを, 銀色の, 銅色の, 鎌の, 長い毛, 長火鉢だの, 開かれた書物, 陣十郎に, 階級なく, 雌猫の, 雨あがり, 雨水が, 雫が, 電信局が, 電話器が, 霧の, 青い病院服, 青白い人間, 青竜王が, 非常な, 鞄の, 頸の, 顕微鏡が, 風呂敷包が, 食いちらされた料理, 食事の, 香水が, 馭者座だの, 骸骨の, 高い空, 高層建築が, 鬱金の, 鯉の, 鳥が, 鷹の, 麦酒が, 黄水仙が, 黄褐紫色樣, 黒い喪旗, 黒く煤けた, 黒牛の, 鼈甲の

▼ 上~ (2668, 2.1%)

12 一日も 7 一刻も 6 ぜひも, それを, 何を 5 人で, 人の, 仕方が, 彼の, 日本の, 私の 4 それが, 一天万乗の, 一面に, 少しも, 是非に, 是非も, 此の, 自分も

3 [20件] これを, すぐに, われを, 一歩も, 何か, 兎も, 全くの, 凍って, 出来るだけ, 埃で, 手の, 是非が, 水に, 父の, 生きて, 私が, 立派な, 詮方が, 速かに, 風が

2 [138件] あなたと, あなたの, いつかは, いづれも, いまだ静けし, お前も, かように, この上, この身, これも, しっとりと, ずっと上流, そのよう, その壁, その夜, そよ吹く風, たいらに, たと, ともかくも, どうか, どこに, どこへ, どんなこと, なにかを, なんでも, なんとかし, ぼうと, まろび入りて, もう一つ, もう問題, もっと売上げ, よく世話, わしの, わしも, われらと, パラオ諸島に, 一文も, 一面の, 三十八人の, 下屋敷へ, 世の, 中臣壽詞, 中臣寿詞, 主人の, 人が, 人間の, 何かの, 何から, 何でも, 何とかし, 何の, 何も, 何もかもお, 何んの, 何処へ, 何分宜しく, 何時見, 健康な, 兵力を以て, 兼ての, 則ち, 勿論の, 半七, 単衣, 友二郎の, 口きくほどの, 右と, 君の, 和の, 問題に, 国恩を, 地上到る, 夜の, 大門近くとは, 天下の, 天子を, 天文から, 天晴れ, 安心し, 宮中の, 家の, 尋常に, 少しばかりの, 帝の, 広々と, 序詞である, 彼女の, 御霊の, 必ずしもそうで, 念じたま, 恥を, 憲法調査の, 我は, 拙者が, 拙者も, 敵の, 明早朝, 春の, 月が, 月卿雲客から, 村田清風から, 樹木の, 次の, 止め立てを, 此を, 武蔵の, 決してばたばたもがい, 灰色の, 狂人の, 白, 白く乾い, 相互の, 相当の, 真白いまま, 真黒な, 眼に, 矢田部を, 神仏の, 米屋の, 細川方は, 絶対に, 総理大臣より, 自分の, 色の, 苔も, 蝸牛の, 袖もて, 見たこと, 見ないこと, 見事に, 言いました, 誰か, 谷も, 退いて, 鎌倉街道だ, 鏡の, 限られて, 黒雲海は

1 [2233件 抜粋] あいかわらず銀, あたりまえな, あなた方の, あの百万弗, あまり香しから, あるまじいと, いかがでござろう, いかなる上戸, いかよう, いたしかた, いっそ死ん, いつもの, いともの, いま薄暗い, うずたかくなる, うっそう, えとり, おのおのその, おれが, お君, お大名, お役人, お気の毒, お色, かくすほどの, かなり荒れ, からっぽだ, きのう辺りから, こうした非常識, こっちを, このまま, この儘, この屋敷, この焼け布片, この規準的関係, これからすぐに, これ限りお, こんな所, ご遺言どおり姜維, さぞ今頃私, さらにある驚くべき, しばらく兵, すぐ, すこしでも, すっかり苫, すべての, せめてこの, せめて日本人, ぜひとも本物, そうである, そこも, そのとおり, その下手人, その奇怪さ, その手拭い, その要求, それだけ不潔, それほどで, そんなに簡単, たしかめる事, ただもっと, ただわが, ただ二三日, ただ彼女, ただ清水寺, ただ福念寺, ただ身, たつた一つ, だ, ちがって, ちょっとの, つゆばかりも, とこうの, とにかく実際に, どういうこと, どうか命, どうしていい, どうしました, どうで, どこへか, どこを, どんなに少将, ない, なお気遣わし, なされた, なるべく有為, なんにもいりません, ねじで, はぎ取られて, ひじょうなあらしになったのであります, ひつきりなしに, ふたたび呉, ぼたん, またこの, また奥, また百人, まだなかなか暮れ, まだ未成年者, まっすぐに, まるで人, むずかしい, もうなんにも言うまい, もうわし達, もう唯諦める, もう彼ら, もう殺生, もう覚悟, もちろん実利的, もぬけの殻で, もはや再び懐き懐き, もはや女々しい, もはや詮方, やつぱり嘘が, やむを得まい, ゆるせない, よく判る, よせや, わたくしどもに, われから, われも, アタクシも, イワナヤマメ鮎マス鯉鮒イナウグイマルタハゼ鰻鯰と, ガラツ八が, シャツ一枚に, スタンドの, ナシャトイルヌイ, ヒドい, ポチャ, ワイシャツの, 一まず, 一人の, 一同に, 一寸の, 一層強力, 一応軍勝図, 一方の, 一枚の, 一罪因に, 一身一命は, 一階と, 万乗の, 三位一体を, 三千世界の, 三階の, 上句も, 上等兵曹それから, 下郎なりとも, 不正所得であろう, 世界同盟を, 中庭に, 主人が, 主管事務の, 之と, 乘客が, 乱雑で, 争うこと, 二なき, 二官殿の, 二階家の, 五日の, 亡くなして, 人交え, 人民に, 人間で, 人間一生は, 今夕にも, 今日も, 今東京, 仏教信者が, 仕方ございません, 以て, 仮令見棄て, 仰せに従い, 佐々木高綱あたりと, 何と, 何とぞ私, 何に, 何んで, 何処の, 何卒末長く, 何段か, 余儀なしとて, 依然一, 俎板の, 倭文子が, 優柔不断, 先刻私達の, 光源氏の, 全体皆椎の木だ, 全部人間そのまま, 公園の, 六十七十の, 其でも, 其方も, 再びその, 冬の, 出て, 出雲國造神壽詞から, 切られて, 別れ別れに, 前と, 前記の, 力が, 労協と, 動けん, 勿論予て持っ, 北京人類に, 十二月六日に, 千蛾が, 南郡の, 即ち強, 原子爆弾から, 取做, 古墳だ, 台地だ, 右側の, 合法的に, 同一と, 向かないといふ, 向後町猟師に, 吟味無用故, 呉と, 味方を, 唯二時の, 商賣, 善良な, 四割五割に, 四角く平ら, 国へ, 土が, 地を, 城を, 塀に, 壁から, 変化なかっ, 外の, 夜に, 夥しい血汐, 大丈夫, 大名たちより, 大味で, 大変に, 大将伊那丸から, 大方もう石城, 大膳父子を, 大部分愚衆化, 天を, 天井まで, 天子の, 天才聖者に, 天文判る, 天皇から, 太秦の, 夫婦共に, 奧の, 女子社会の, 好しや, 如何なる手段, 威力の, 媒人に, 孔明も, 学校を, 官僚の, 定めて, 客室で, 家を, 家老から, 富士と, 寒くて, 専ら皇国, 将軍様まで, 小さな船頭, 小松殿の, 少しでも, 尚一層, 屋敷門の, 山林の, 岩の, 左岸より, 巴屋の, 帝ご, 帰路に際して, 幕府法律で, 平地に, 平生よりも, 幼君を, 幾らでも, 広い所, 広岡の, 店の, 廣, 張良, 形を, 彼としては, 彼女が, 往来へ, 後家を, 徐州へ, 御名を, 御家族, 御林, 御身が, 御随意, 徹底的に, 必ずこれ, 必ず実行, 忌憚なく, 快晴であった, 急に, 恥辱であろう, 情を, 成るべく早く, 我が山, 我慢も, 戰國より, 手前は, 手荒くたたき起す, 拙者は, 捕りにがしたらお上, 摂政関白武将より, 改めて君, 政府より, 救う道, 文七の, 斬られたお, 新聞社ニュース映画社放送局自動車だらけだ, 旋転如車輪の, 日月星辰より, 早くとどめ, 早く敵機, 早速また, 明るい海底, 明日の, 昔ながらの, 春でも, 是非御, 時間的に, 普通料理屋の, 暗くなりました, 曇って, 最後の, 最早債, 最早貴所, 朝庭に, 朝茶どころでは, 未練を, 本式が, 来客達は, 松太郎が, 果物置き場に, 枯草絶頂は, 柿本人麻呂から, 桑畑で, 梵天帝釈より, 極て, 模糊たる, 次回の, 止して, 正面から, 此方も, 歩かねば, 死にました, 死生を, 殺人事件の, 毎秒三〇万粁, 気に, 水同然に, 永禄元年の, 決して免, 没義道に, 法王より, 泥棒を, 浪人から, 海防の, 涼しかつ, 混雜で, 湖が, 漢中王へ, 火で, 灰色に, 無念ながら, 然ばかり, 煙るよう, 爭ふこ, 牧が, 特別一等船客から, 猶更, 玄蕃ひとり浮世に, 王女から, 瑪瑙色に, 生涯百姓で, 田沼様の, 男に, 町家から, 病弱鶴松君を, 白いフワフワ, 白く禿げ, 白旗を, 百兩の, 皇室を, 皿小鉢の, 盛りこぼれるやう, 直ぐ世間, 相撲競技凧あげ, 真剣の, 眠らない以上, 短い草, 砲塔まで, 確定的の, 神ほとけ, 神祇の, 私どもの, 私自らも, 秘伝書と, 穏やかだ, 空中に, 第三段, 筑波根の, 籠釣瓶を, 紀の, 純粋な, 素人である, 細く上, 結局承認しなけれ, 綺麗に, 繁りあうた常盤木, 羽柴へ, 考えて, 肋骨が, 背むしばかりに, 膝の, 臣下として, 自分としても, 自分自身が, 自己を, 自身出馬し, 自重し, 致方ない, 船客で, 花世の, 花筒と, 芳町柳橋の, 苦しみから, 草原で, 落寞と, 蔵の, 藤助が, 虎船長の, 蜂の巣を, 行者に, 裸だった, 西郷の, 見えぬところ, 見えるが, 見上るかぎり傲頑, 親分さんの, 角並新らしい, 言い得なかった, 許したまわず, 読書算術科を, 調べようが, 謙信の, 財閥の, 貴方様の, 貴殿と, 赤穂と, 踏み込み畳み込んで, 車について, 軍隊によって, 輪郭や, 迷彩が, 透明な, 逢坂なり, 道からわ, 遠藤に, 邸外へ, 重ねて, 野猪と, 金輪際變換, 鉄道員の, 長追いは, 関羽に, 陰森と, 階段が, 隣の, 雑然鬧然として, 霞んで, 青天井で, 青空下は, 非常手段を, 韓当と, 顔から, 風評も, 馬が, 高くし, 高徳の, 魏王に, 鳥類と, 黒木が, 鼠の

▼ 上にも~ (1740, 1.3%)

28 下にも 6 あること, いろいろな 5 あった, あつた, 現われて, 見えて 4 ある, 大事を, 種々の, 落ちた

3 [32件] それは, 一種の, 不思議な, 何か, 來る, 働いて, 充分に, 勢力を, 及ぼして, 及んで, 反映し, 同じよう, 嚴重を, 多大の, 彼は, 念を, 慎重を, 或る, 文化の, 月の, 橋の, 水の, 点々と, 現れて, 男を, 相当の, 確かに, 私の, 移して, 綾し, 血が, 雪が

2 [105件] あらわれて, いろいろの, この位, これを, つ, である, またその, また実際, やはり起る, よき国, アコギな掘出し, ヒネクレた, 一事を, 一筋, 一面に, 三年の, 上にも, 二つ三つと, 五六人の, 人の, 仕損じが, 他の, 体の, 何の, 兎角の, 到る処, 加へ, 単純に, 叔母の, 古い鑵, 君は, 塹壕が, 多くの, 大きくし, 夫人の, 好都合である, 学理上にも, 実際上, 少からず, 屡々行, 床の間にも, 引っ立てて, 形式の, 影響し, 影響する, 復活し, 心の, 心を, 必要である, 応用が, 思想の, 悲しく虐げられ, 愚に, 教育の, 斧を, 明らかに, 景気を, 更に又, 机の, 東洋の, 椅子の, 櫻の, 泉水の, 注意を, 流れて, 爪の, 独特な, 用心し, 用心を, 盃の, 眼の, 磨ぎ澄ました肉屋, 秘密に, 立って, 立木は, 節倹を, 精神と, 紫の, 経済の, 経済上にも, 罪を, 耐忍を, 脚色の, 自分の, 落ちて, 落葉うごけり, 見える渠, 見られた, 言った通り, 變化を, 貢献する, 貴くならず, 起つて, 軸だの, 述べたよう, 述べた通り, 這って, 遣瀬, 都合が, 重くのしかかっ, 長い間, 非常に, 高まるばかり, 高められて, 麓にも

1 [1358件 抜粋] あか, あったこと, あった表情, あてはまる, あぶらが, あらゆる点, あり彼, あるいは人類, あるの, あるまじ, あるを, いいわけ, いささか前後照応, いちど加賀田へ, いったよう, いっぱいの, いつた如くもと, いつもから, いはれる, いよいよ淡路守, いるが, うかがわれるの, うまきを, おこります, おそらく恋愛, お変りに, お父上常胤様, お綱, かう云, かかって, かきたてた, かすかに, きたなく見せる, こうした霰, ことに学術, この事, この谷, この雪, これと, これ以上の, さうなので, さらに毛布, しばしばあらわれ, しばらく手持無沙汰, すぐれたもの, そういう生き方, そのころ花やか, その人, その他の, その別, その幸福, その脳髄, そびえて, それが, たいへんに, ただ高い, たれて, ちょっと記した, つのらせたり, ですが, どうぞこの, どんな禍い, ない, なおお, なお何とか, なお固く, なお大木, ながれ, なりやして, なるのに, なんら囚, のしかかって, はずかしいの, はっきりした, はっきり専門学校, はらはらと, ひらきは, ふさがって, ふと曇った, まざと, まして文字, またあんな, また三味線, また今度, また学問上, また広い, また水際, また特殊, また運動, また非常, まだ何, まだ雪, むらがって, もう附近, もっと人間, やはりこの, やはり旧慣, よい, よかった, よくおなり, よほど幼稚, わからないこと, イルミネーションの, コジラか, ステップにさえ, ズルイ奴に, チベットでは, ドコかに, ハネ上がって, フタが, ポツンと, マダムが, 一しょに, 一二匹いる, 一大事が, 一家の, 一度この, 一本, 一段落つい, 一番大切な, 一身の, 一進歩を, 丈夫でい, 三年待った, 上人にも, 上野公園の, 下つて, 不可拭の, 不才を, 不正直な, 中から, 久しぶりで, 乗つかつて, 乾からびた, 二三の, 二本點され, 云つた如く, 亦天, 人一倍責任, 人気を, 人間らしい結論, 今夜だけは, 仏頂面に, 仕事を, 以後は, 何なり, 何事も, 余り敵, 余裕が, 使った, 価値あらしめ, 信仰の, 信頼を, 偉い人, 働かなくちゃあ, 充ち満ちて, 光という, 光被し, 全霊を, 六波羅は, 其が, 円熟し, 冷静を, 出られるし, 出刃庖丁らしい, 分らせられて, 分業起らざる, 利く, 利便の, 刺戟し, 創り出そうという, 創作の, 効果的ならしめた, 募らせた, 北雷式を, 十分考えめぐらし, 卑められ, 厚くつもっ, 厳重な, 又其外, 又相当, 及ぶの, 及んだもの, 反映した, 受け身な, 可能なる, 同じ事情, 同じ月日, 同人の, 同様の, 向いて, 向上さし, 否定する, 味方同士を, 品性上にも, 商売上にも, 営業の, 嚴重に, 因果の, 国家には, 国経を, 在つた, 坐り勞, 埃が, 堅牢な, 場面の, 増す手段, 夕暮れが, 外套の, 多分現れる, 多少尊敬, 大いに参考, 大いに権力, 大きい身上, 大きな利, 大きな豹, 大なる, 大切な, 大志を, 天武帝の, 女として, 女や, 好いの, 如上の, 娯楽の, 学芸上にも, 安心でございます, 宜しくない, 実行しよう, 容易に, 密接な, 寔に, 寝起, 尊敬し, 小室の, 少々の, 少しは, 尽きぬ源泉, 居堪らないよう, 山の上にも, 巻き附き合った蛇, 帰って, 平坦な, 年輩の, 幾多の, 広がって, 庭の, 引いては, 強い調子, 強くなる, 強力に, 当て嵌るやう, 当然当, 形式上にも, 影響した, 役目にも, 彼の, 待ち設けて, 従来の, 得られるわけ, 御憐愍, 御静粛, 徳川家康からは, 心は, 必要なる, 快楽を, 念入りに, 思いあがらせて, 思い出して, 思われた, 急に, 恋愛の, 恐ろしい變化, 悟る所, 悪政が, 悲愁を, 想起する, 意外の, 意義深い, 感じて, 感じるの, 態度の, 慎重と, 憂欝, 成熟期に, 戦ひを, 手を, 打ち立てしめたいもの, 技術上にも, 拡がって, 指導を, 掻き立てられた, 支配し, 政子へは, 敗残の, 教育上にも, 数学は, 敵愾心を, 文化上にも, 断崖の, 新しい活動, 新人に, 新鮮な, 旧物を, 旺ん, 昂ぶらせた, 昂める, 昂騰させよう, 明るい了見, 昔は, 星変り, 昼間とは, 時代を, 普通の, 暫く私, 更に薄暗い, 最初の, 有力な, 望遠鏡にも, 未知の, 本城の, 来た, 来る響き, 柳ちりか, 格段な, 極めて奇怪, 極秘に, 樹の, 次第に逼迫, 正面の, 歩いて, 死骸が, 殿下御, 母上にも, 気に入って, 水が, 汚れた心, 決して見当らない, 沿道の, 波打際にも, 泥が, 洋服の, 浮彫し, 海陸とも, 涙の, 深い共鳴, 深き思召, 深めた, 添う特殊, 湛えて, 湧き立てたといふ, 満洲, 滴るやう, 澤山の, 烈しく降りそそいだ, 無慈悲な, 焦ついて, 照ると, 煽られるばかり, 熟考を, 燃え募った, 父さんを, 物差しが, 特に劃時代的, 特徴が, 狩獵の, 猫の, 現したらどう, 現るる, 理屈上にも, 甚だ不利益, 生い茂れる熊笹, 生かして, 生じた点, 用心する, 男女の, 畠の, 疑いと, 発達し, 登山の, 白く見えた, 盛り切れるもの, 相手の, 看板の, 真赤に, 知らず識ら, 知識との, 石は, 破れて, 確実に, 示さねば, 神經を, 私達は, 秘密を, 稀薄な, 空想を, 窺はれる, 立った, 立てます, 竹す, 篠笹の, 精神の, 紅矢の, 細かき荒き皺, 経済である, 続いて, 総べてについて, 繁栄を, 置いて, 美しくな, 翳して, 考科に, 聴き耳立て, 肉躰上にも, 脱せられないの, 自ずから種々, 自分勝手な, 自意識が, 自由に, 興深く, 良きを, 艱難が, 色々変った, 花の, 芸術の, 苛苛させる, 苦しまねば, 英語が, 茶碗程の, 莫大な, 落着いたら, 著しく異なった, 藝術の, 行き亘る, 行はれた, 行われて, 街, 装束の, 西欧文明は, 西洋人に, 見つからない, 見られる, 見ること, 見出せなかった, 親の, 訓練を, 記録すべき, 詩人の, 語勢を, 誰が, 謎を, 谷の, 貯金は, 賃銭を, 赤蜻蛉が, 越え難い, 跨ぎ兼ねるやう, 身体に, 転用せられ, 輝いて, 返って, 逆せ上らす, 連想の, 道徳の, 適度の, 適用した, 邸下にも, 都合の, 配色する, 重い軛, 重要な, 釣り上げられた魚, 鋭いやう, 鎌倉表に, 長くもぐっ, 閑寂な, 關係が, 降りかかって, 降り積もる深雪, 陰鬱な, 随所に, 障子にも, 雨漏りの, 青い服, 青羅紗とか, 静かに, 面喰らわされ, 面白さうに笑, 響いて, 頭の, 顕著と, 飛びあがると, 飛び散って, 餘程違つた, 驚いて, 高い名, 高まるであろう, 魔術の, 黄色い花, 黒かった

▼ 上~ (1232, 1.0%)

46 下も 25 ない 14 ないこと 9 ありません, ない事 8 なく念入り 6 ない幸福, ない楽しみ, なかった, なく幸福, なく愛し 5 ないの, ない仕合せ, なく清潔 4 ないお, ないもの, ない御, ない有難いこと, なく丁寧, なく年, なく満足, なく無邪気, なく立派, なく結構

3 [23件] ないという, ないので, ない不幸, ない仕合わせ, ない名誉, ない喜び, ない幸い, ない恥, ない苦痛, ない迷惑, なかつた, なき恥辱, なくお, なく危険, なく喜ん, なく喜んだ, なく奇妙, なく愉快, なく私, なく美味, なく興味, なく親切, 床の

2 [70件] あの通り, ありませんが, あんまりだ, ございませぬ, さること, ないと, ないところ, ない不名誉, ない事実, ない人, ない仕事, ない侮辱, ない光栄, ない大, ない好都合, ない屈辱, ない心丈夫, ない惜しい事, ない慰藉, ない日和, ない有難い事, ない楽, ない正直者, ない満足, ない物, ない結構, ない良縁, ない花, ない芽出度, ない親切, ない調法, ない適当, なき最高, なき諷刺的滑稽, なくうら淋しいが, なくデリケート, なく上品, なく不幸, なく仲, なく健康, なく大切, なく嬉しい, なく嬉しいこと, なく尊いもの, なく尊敬, なく御, なく応, なく惨め, なく楽しかった, なく横柄, なく死し, なく気持, なく狡い奴, なく珍重, なく粗末, なく罪悪, なく美, なく美しい, なく貧乏, なく退屈, なく静か, なく静寂, なく馬鹿げた, なく魅力的, 岸の, 彼には, 暗くなり, 死, 無い損失, 砂の

1 [827件 抜粋] あいまいの, あったかな, あなたの, あの通り綺麗, あらうといふ, あらず然るに, ありますよ, ありませんけれど, あるかという, あるし, あるまい, ある土, あろう程, いささか怨めしく, いっぺん飛んだ, おだやかに, お姉様, お覚悟, かけたん, かなりまじっ, かまわず引っぱりまわしましたので, ぐもぐやるのもきちんと, この歳暮, さすがに, それだけの, それで, たしか兵学, たった, たっちゃってるのね, どこも, ないおみやげ, ないお前仕合せ, ないかわいらしいうた, ないだろう, ないつまらないこと, ないな, ないよ, ないよいお手本, ないよい体験, ないよろこび, ないよろこびである, ないステキ, ないチャンス, ないナンセンス, ないブベツ弾, ないプログラム, ない一克者, ない上, ない上乗, ない下手, ない不便, ない不幸者, ない不服, ない二つ, ない人格者, ない似, ない保護者, ない修業, ない健康, ない備前物, ない僥倖, ない光, ない冒涜, ない冒涜者, ない出世, ない利益, ない制裁, ない力, ない勢, ない卑怯者, ない危險, ない厄介, ない名案, ない哀惜, ない善い事, ない善人さ, ない土地, ない土産, ない大切, ない大難, ない奴, ない好い取り組み, ない好機, ない好色漢, ない媚態, ない安らぎ, ない安心, ない密談, ない対局, ない巣窟, ない幸, ない幸ひで, ない幸運, ない強み, ない当の, ない心, ない心配, ない必須事, ない忠義, ない忠義者, ない快感, ない恐ろしい相談, ない恩人, ない悦ばしいこと, ない悪事, ない愁, ない愉悦, ない感服, ない態度, ない慰み, ない戦上手, ない手段, ない挙動, ない教訓, ない方, ない時, ない最上, ない有利, ない有難さ, ない枕, ない栄光, ない業曝し, ない楽しさ, ない楽しみな, ない機会, ない正しい行, ない正直さ, ない汚名, ない清らか, ない清浄, ない満足感, ない無感覚, ない無言, ない片, ない生活力, ない申出, ない疚しいこと, ない目, ない真実, ない純情家, ない絵画, ない絶景, ない美くし, ない美しい光澤, ない美しい品格, ない美徳, ない羨望, ない胸, ない興味, ない良い人間, ない茶番師, ない華美, ない落着き, ない蠱惑的, ない見もの, ない見当違い, ない親孝行者, ない話, ない誇り, ない貴重, ない質, ない贅, ない趣味, ない軽率, ない遅々たる, ない適任者, ない適役, ない邪教的, ない重大事, ない陰気, ない隠れ家, ない面白いもの, ない面白い観物, ない音楽, ない饒舌家, ない馬, ない馬鹿野郎, ない驚き方, ない魅力, なかりき, なきよく, なき不, なき事, なき利器, なき励まし, なき名誉, なき好機会, なき婦人, なき有難迷惑, なき武士, なき無礼, なき真理, なき福音, なき縁, なき重ね重ね, なき面目, なく, なくありがたがるもの, なくあわただしい, なくいとしく見え, なくうまかった, なくうるわしい事がら, なくうれしかった, なくおとなしやか, なくおもしろかった, なくかわいい薔薇色, なくきれい, なくけっこうずくめ, なくこわいから, なくしっかり, なくしっくり, なくじいんと, なくたのしそう, なくなつかしいもの, なくなつかしかった, なくなつかしまれた, なくのんびり, なくひねくれた, なくまめ, なくみじめ, なくむつかしいもの, なくめでたいめでたい, なくやさしい調子, なくよいお方, なくよいこと, なくよくて, なくわが子, なくシッカリ, なく上手, なく下等, なく不, なく不器用, なく不思議, なく不愉快, なく不祥, なく人, なく仕合わせ, なく信頼, なく傲慢, なく傷つけ, なく優しい親, なく優遇, なく先方, なく冒涜的, なく冷たく美しい, なく冷血, なく加福的, なく勇敢, なく勢, なく危険性, なく厚い綿入り, なく厳密, なく友誼的, なく可, なく可愛いという, なく可愛がられた, なく可愛がられて, なく可愛らしい微笑, なく同情, なく名誉, なく和やか, なく喜ばしく思はない, なく單純, なく困難, なく地獄的, なく堅固, なく夢幻的, なく天井, なく太平無事, なく女性的, なく好んだ, なく嫌い, なく嬉しく思っ, なく嬉しそう, なく安らか, なく安心, なく尊い, なく尊い言葉, なく崇拝, なく崇高, なく幸せ, なく幸福そう, なく幸福感, なく後悔, なく心細いこと, なく忌み嫌われ, なく忠誠, なく快適, なく怒つて, なく怪奇, なく恐ろしい人間, なく恐ろしい妖怪, なく恥, なく悦ん, なく悪い, なく悲しうございます, なく悲壮, なく情熱的, なく愛くるしい様子, なく愛した, なく愛し合い信じ合っ, なく愛子, なく感動, なく感謝, なく慈しん, なく憐れ, なく懷, なく效果的, なく敏感, なく明, なく明るいもの, なく明るい空, なく晴れやか, なく朗らか, なく望ましいけれども, なく楽しいから, なく楽しいもの, なく楽しい数刻, なく楽しい毎日, なく歓迎, なく死す, なく気, なく気味, なく気違, なく江戸, なく浄ら, なく浪漫的, なく淋しく思われ, なく清く洒, なく清らか, なく清浄, なく清浄純真, なく滿, なく無作法, なく無念, なく無法, なく煙たい存在, なく熱心, なく物事, なく物足りないながら, なく獰猛, なく甘いもの, なく生存競争, なく生真面目, なく異様, なく痛快, なく白い足袋, なく矛盾, なく神聖, なく私達, なく立, なく簡単, なく簡素, なく純潔, なく細心忠良, なく美しいこと, なく美しい女, なく美しい娘, なく美しい曲, なく美しい鈴子夫人, なく美しくそして, なく美しくキラキラ, なく美しく取りすました, なく美しく描き出される, なく美事, なく羨望, なく聡明, なく自分, なく臭気, なく良くない, なく芸術的洗練, なく苦痛, なく莫迦げ, なく華やか, なく虚偽, なく虚栄心, なく許嫁, なく調法, なく豊量, なく貧しい事, なく貴重, なく質朴, なく贅沢, なく贅澤, なく身仕舞, なく輝き渡つて, なく辛辣, なく退屈げ, なく遠くなっ, なく遠ざかって, なく都合, なく重大, なく重要, なく閑寂, なく閑靜, なく間拔, なく陰惨, なく靜, なく靜寂, なく面白い, なく面白い雑誌, なく面白かった, なく頼母, なく驚かした, なく高いもの, なければ, なしです, なしと, ねえ結構, ねえ迷惑, はって, ひとに, ほんとうの, まさに血, また枝, まっくら, めづらしかつ, トランクや, ヒモだらけである, 一切他と, 一度に, 一重敷い, 亦そうした, 人で, 他の, 修羅道で, 其女たちも, 前の, 十日ほども, 危険である, 厭うもの, 名前だけは, 喧々囂々と, 変つたな, 大声を, 大路の, 家具や, 寤め居た, 履み, 岸本には, 平され, 平時と, 年紀が, 待たされた, 待つて, 御同意, 御異議, 恐れず重臣, 戦火から, 斟酌を, 日本語と, 明石の, 暗やみに, 暮天ようやく, 望遠鏡の, 板だ, 板下も, 椅子の, 横の, 樹木の間も, 次第に淋しく, 水の上も, 汚れずに, 河添ひ, 泊って, 波の, 浜育ちでしたろう, 源氏より, 無いと, 無い好い機会, 無い幸い, 無い満足, 無き職業, 無く卑屈, 無く怖がっ, 無く欲しいもの, 無く目出度い事, 無く芽出度いが, 無論よい, 照込ん, 片づきて, 畳の, 相変らず, 知らないん, 硯箱やら, 積る, 紅白その他の, 紅葉下も, 若かつた, 蒲団の, 蒲團の, 走っては, 踏み荒した泥棒, 踏めない訣, 閑静と, 靜かな, 頬骨の, 馬の, 馬軌道が, 高い青空

▼ 上つて~ (1014, 0.8%)

73 来た 45 ゐる 44 ゐた 29 しまつ 25 来て 24 来る 23 行くと 22 行く 17 行くの 16 ゐるの 13 見ると 12 居る 9 来ました 8 ゐるので, 来ると, 来るの 7 来たの 6 いつた, ゐたが, ゐたの, ゐると 5 しまつて 4 いらつし, ゐて, ゐました, ゐるやう, 出て, 居ります, 来たので, 見た 3 ゐない, 居た, 居るの, 居る萱原, 来る途中, 行かうと, 行きました

2 [46件] お家中, からも其性癖, から間もなく, くる, さつ, は見た, もこれ, も困る, ゐないといふ, ゐます, ゐら, ゐられますな, ゐるか, ゐるもの, ゐる松原家, ゐる縁談, をります, をる, 喜びました, 嘯く樣, 坐る人, 居りました, 居りましたが, 居るこの, 来たとき, 来なかつた, 来るので, 来る人, 来る様子, 来る気配, 歩いて, 歩き出す, 痩せた人, 行きます, 行くので, 行くやう, 行く足音, 見えた, 見えて, 見て, 見ますと, 見る, 覗くと, 透かして, 遊んで, 駈けつけて

1 [457件] あつち, あるき出しそれ, ある疑ひ, あんな事, あんな仕掛け, いいで, いいです, いきなりベルさん, いきなり次の間, いつて, いつもの, いよいよ夏, お, おしまひ, おほあわて, お了, お呉れん, お気の毒, お目にかかりたいと, お靜, からこれ, からも却つてそれ, からも浮田村, から初めて, から四五日目, から左, から左四つ, から店, から改めて, から暫く, から枯柴, から見せる, がらす戸, こつこつ書い, この影, この暮し, この老婆, こわかつ, さうし, さけびました, さながら古寺, すぐに, すぐの, すぐ右手, すた, ずか, ずつとヘイ, ずつと見渡し, そしてまた上つて下つて, そして別, そのなか, そのま, その前, その原稿, その友人, その小, その徒党八十幾名, その決闘, その突堤, その窓, その紫色, その艶, その蒼ざめた, その進路, その電信柱, それからジジ, それから役割, それでもオヤスミ, それにまた隣家, ぞろぞろ動く, た戀人, だつか, ちらつと酒場, つく様, つんとして, てな見られしまへんどした, とある巌頭, とか下, とんだ失礼, どうかする, ないん, ない処, ない場合, ね何, はいく, はいたいけ, はいつ, はお, はごそごそ, はすぐ, はゐなかつた, はチヨキン, はバルコニー, は又, は土, は床, は引据ゑらるゝやうに、けた, は挽き下ろし, は挽き下ろす, は来なかつた, は橋, は水, は消える, は落ち, は行かない, ひよい, ふすま, ふとこの, ふらふらふみしめ, ほとんど西洋風, ぼんやり庭, まづ伯道, まづ講師, まで障子, まる, まゐる, みえた, みえる, みました, もい, もう一度部屋, もう山田, もかへる, もかま, もだれ, もぢ, もよい, も可, も大して, も心臓, も息, も新聞雑誌, も會費, も来る, も貧血, や, やあい, やしません, やらうか, やらうと, やんなよ, ゆかうと, ゆきそこ, ゆきました, ゆらぐ空間, よくよく, よよう, よろこびました, よろめきながら, ゐざりながら, ゐたこと, ゐたで, ゐたと, ゐたので, ゐたもの, ゐたらしい, ゐたり, ゐたドオデエ, ゐた千種忠顕, ゐた提案, ゐた裕佐, ゐた酒, ゐなかつた丈, ゐなければ, ゐは, ゐましたが, ゐますよ, ゐようと, ゐるうち, ゐるうへで, ゐるが, ゐるけれど, ゐること, ゐるせゐか, ゐるため, ゐるでは, ゐるといふ, ゐるとか, ゐるとき, ゐるところ, ゐるとしか, ゐるにもか, ゐるのに, ゐるほか, ゐるらしい, ゐる三十号, ゐる主人公, ゐる人間, ゐる位, ゐる別世界, ゐる国, ゐる塩梅, ゐる多, ゐる子供たち, ゐる家屋, ゐる小さい, ゐる小石, ゐる庭, ゐる感情, ゐる数々, ゐる文化自体, ゐる文字, ゐる松, ゐる水江, ゐる溪流, ゐる痛み, ゐる瘰癧, ゐる綱, ゐる葡萄, ゐる蔓草, ゐる蔦, ゐる虚無, ゐる譯, ゐる酒壜, ゐる食物, ゐる高木氏, ゐる鴨, をら, をり, 並んで, 人なつこさうに, 何だか猪首, 働くと, 入らつした, 其の夕靄, 其の外周囲, 其の手代, 其の松, 再び台所, 凝乳, 出る形状, 助かる, 去る, 参りますると, 又半町, 又土手, 又船, 取つて, 叫ぶ, 各々当るべからざる, 向上り, 喋りだした, 喜ぶから, 喜ぶだらう, 嘯く様, 噎せるやう, 固まつた感じ, 坐椅子, 大きな伸, 好いです, 始めて此日徳川将軍, 始めて眼, 小さな寝床, 小さな金, 少しでも, 少し下る, 少し行く, 少し醉つて, 居たつたの, 居たら其歌, 居た一行, 居つたので, 居つたもの, 居て, 居ながら, 居ますから, 居り尚, 居ること, 居るし, 居ると, 居るところ, 居る人, 居る本所, 居る私自身, 居る細君, 帰る所, 廻れ右, 往くの, 待たして, 待つてらしたら, 待つとれ, 徐に寝床, 御迷惑, 忽ち高く眩しい, 思はず叢, 恐ろしい頑丈, 感ぜられるので, 戦ふべき日, 手早く袴, 押入れの, 振, 振返つて, 捕り手, 捩らなければ, 揚げるの, 揺らめいて, 撞き鳴らすので, 散らばつたもの, 早々遁げ, 早速遠来, 暑さ, 暗いランプ, 暗い眠り, 暗くなり, 暫く嘔吐, 暫く踊子, 更に爪立て, 書く事, 最も年少, 来さ, 来さしつた時, 来たお, 来たお蔭, 来たが, 来たといふ, 来たに, 来たもの, 来たらしい漁夫, 来たらそれ, 来た一つ, 来た列車, 来た初, 来た外人客, 来た女中, 来た彼女, 来た時, 来た様子, 来た神明, 来た経歴, 来た芸能, 来た道, 来た金井, 来た霜柱, 来た黒岩万五, 来ても, 来ない, 来ないか, 来ないので, 来ないひき緊つた師匠, 来なければ, 来まいからの, 来ます, 来られた, 来られたん, 来られて, 来られないの, 来るで, 来るらしい, 来るらしく海豚, 来る乗合自動車, 来る乗客, 来る人達, 来る制服, 来る商業市街, 来る女, 来る筈, 来る自動車, 来る苔, 来る蟻, 来る見物人, 来る話, 来れるし, 来始めた, 楽々と, 止めれば, 歩き出しました, 歩み出さうと, 段々を, 泣き出した, 漸く山男, 烈しい夏, 片づけもの, 現實, 異つて, 白い道, 直ぐ右, 看る, 眺めた私, 眺めて, 眺めるが, 睡る, 知られて, 突然殴り, 考へました, 聞える, 舐め付かんばかりの, 若い人, 蒸すやう, 行かずには, 行きますと, 行くかについて, 行くから, 行くこと, 行くでは, 行くには, 行くにも, 行くもの, 行くんぢ, 行く中年増, 行く事, 行く人, 行く処, 行く嶮, 行く左手, 行く支那, 行く町, 行く者, 行く背後, 行く蟻達, 行く間, 行く音, 行ける者, 見える広い, 見える肋骨, 見える路面, 見え一つ, 見え出した, 見たか, 見たが, 見たの, 見たやう, 見た時, 見ても, 見ないこと, 見なかつたが, 見ました, 見ましたらあなた, 見ませう, 見られた, 見ること, 見れば, 見ればよ, 訊ねた, 話しこんで, 話し終つて今夜, 話せといふ, 調べて, 走つて行, 走り出しアブサン, 走り出す, 踊り出したいやう, 踏みつけ踏みつけ流れ出る生, 蹴とばしたら宿六, 近いうち, 逃げたさ, 逃げだすと, 遊ぶの, 運ばれた食膳, 遮切つた, 重積, 長い葦, 長い間, 面白くねえ, 頻りに拒い, 驚かぬもの, 高く打つ, 黒ずんで

▼ 上では~ (981, 0.8%)

5 重力が 4 ない, 何の, 東に, 此仄かな, 自分の 3 これを, そんなこと, 一つの, 全く反対, 問題に, 私は, 秋に, 雲雀が

2 [34件] あらゆる人物, ありません, こどもの, さう, ただ静粛, たった二三寸, つきりと, どこにも, どんなこと, ないか, もうこれからは, 二人の, 今や田虫, 其が, 写実と, 区別は, 大切な, 子供たちの, 少しも, 彼は, 新年号から, 日光浴を, 暦が, 殆ん, 殊にけむった, 確かに, 秀吉を, 私が, 立派な, 自分は, 自殺を, 誰か, 非常な, 頭を

1 [864件 抜粋] ああかこう, あくまで本妻, あった, あつたとい, あのよう, あまり明らか, あまり期待, あり得ない水面, あるが, ある簡勁さ, あれだけ, いかにも感情的, いくつかの, いくら何, いつに, いつの間にか銭, いつも何かしら, いつも退い, いよいよかわい, おういおう, おそろしく根, おそろしく遥か, およそ仏陀, お流儀, お花, かういふふう, かすかながらも, かなり努力, かなり有名, きょうが, きわめて深かっ, けっしてありえぬ, こうした分析, ことにけむった, この作中美人, この唐突, この微妙, この旧, この程度, この著しい, これぞと, こればかりは, これほどの, これまでに, さうです, さまで珍奇, ざあざあと降りしきる, しばしば人, しらが, すでに初秋, すべての, すべり落ちそう, そうである, そうなっ, そう三名, そこへ, そっと中心, その一人, その前日, その役, その逆, その部分, その間にも, そらが, それだけの, それでも事足り, それと, それは, それ以上には, そんなに重く, そんな弁解, そんな辯解, たいしてはい, たちどまって, たび, だれも, ちがった絵の具, ちっとも文芸復興, ついに勝っ, つながりが, つまらないふき矢, できるもの, とかく誤解, とても人力車, とにかく心理的, どういう目的, どうせ親父, どうにでも, どうもその, どうやら北極, どの先祖, どんなに自由, どんな生活, ないが, ないその, ないでしょう, ないの, なお依然として, なお法皇, なかったら寝ころん, なかなかそうは, なかなか平凡, なかなか精し, なくとも, なくフツカヨイ的, なく先入観, なく空, なしに, なんと言っ, なんの, はげしい羽ばたき, ひとりでに大きい, ひょっとこの, ふたたび呼ん, へんな, ほとんど職業, ほろろと, まことに意味, まさしく時, まず五分五分, またいろいろ, また摩利信乃法師, まだ富, まだ書き足りない, まだ生きてる, まほう使, まるで弟子, まるで隣家, むしろ動詞, むらが, もう初秋, もう暁, もう誰, もう趣味, ものが, もはや自由主義, やっと大人, やはり不思議, やはり成功, やはり黙っ, よくても, よく失敗, よく眩惑, よく見えた, より以上, わいわい云っ, わが勝ち, わしの, われわれは, アメリカおよび, オケラという, ギリシア劇場の, ダージリンから, ドモりません, ハピイ・エンドに, フェアリイも, ブルジョア文学の, ベラン氏とは, マル一つで, モームスは, ユシュルー上さんに, 一つ下だ, 一寸した, 一度も, 一応近代, 一旦でき, 一枚が, 一段ごとに, 一生懸命に, 一種注意を, 一貫した, 丁度いい, 七条君や, 上等でない, 不動の, 不安と, 不貞くされ, 世界各国足跡の, 丘行者と, 両極の, 両者の, 主人の, 之は, 之を, 二月四日に, 二流紙であろう, 二百十一日の, 五郎は, 人は, 人間の, 人間個人である, 今でも, 今日の, 今美しい, 仕切り直すこと六回, 他人に, 何うし, 何か, 何である, 何とも形容, 何も, 何ら身, 何事も, 何日でしょう, 価の, 価値を, 信玄は, 俯向きさまに, 俳優が, 個人的立場に, 兄は, 先づ文学者の, 兎に, 全く宗教, 公式に, 其んな, 其処まで, 冗談の, 出来るだけ, 刀を, 別々に, 別に大きな, 刻々重荷, 前よりも, 加へて, 勿論学問, 勿論実生活, 勿論小説, 勿論沢庵, 北極と, 区別し, 十二三の, 十八隻の, 南洋土人の, 単なる報告, 印度人が, 及ばぬなりにも, 古いが, 古来の, 可也菊池, 同じかも, 同じこと, 同じもの, 同じ大き, 同一の, 同形を, 否定し, 命の, 善人である, 嗅いだこと, 四十人あまりの, 困るが, 固定し, 国際的にも, 地味だ, 地鶏が, 城内の, 堯舜の, 夏に, 多くの, 多勢に, 大いに進ん, 大ぜ, 大人や, 大勢の, 大層な, 大王が, 大癡, 太鼓が, 夫婦として, 女の子は, 妙だ, 始めは, 姫宮の, 嫉視を, 子供が, 子供達の, 学ぶべき点, 学生という, 安政元年と, 完全に, 定家に, 実によく似てる, 宮廷の, 實際に, 寺田研究室という, 専制主義者であり, 小さな丁髷, 小坂部が, 小池と, 小鳥が, 居睡も, 巨大な, 差し当りどうしよう, 常に一人格, 常識学派乃至, 幕僚以下が, 平均が, 幾分か, 度々長い, 弁証法は, 強い見事, 当時第, 役人が, 彼と, 彼らの, 彼女ひとりに, 彼等が, 径五寸の, 従前の, 心に, 必ずしも良, 忽ち吾等, 思想が, 急に, 急進的な, 恐らく異例, 恒川警部が, 恭一と, 恰度かなりな, 情婦に, 感じられなくな, 慶長七年沢庵が, 成つたのである, 成功し, 成功という, 我々日本人は, 或る, 戸波博士と, 押入った人々, 推測が, 支那学という, 敵味方に, 文明の, 斬るか, 新暦の, 旋頭歌と, 日中の, 日本帝国の, 昇りつめたらしい塩野, 明日という, 星が, 春であった, 昭和二十年度に, 是非それ, 暗黒の, 書くの, 最も知識, 最も重要, 有り得ない話, 有用な, 木でも, 木の葉の, 本能も, 材木に, 村長と, 松の, 柳生家との, 案外の, 桜の, 植物の, 極めて有望, 楽天的である, 模範的と, 檣から, 次第に忘却, 正しいよう, 正季が, 死ねないかも, 死んだはず, 殆どこの, 段ちが, 比較には, 比類の, 毛利先生も, 水から, 決して無用, 決して珍しく, 沢庵を, 注意すべき, 海豹が, 深夜の, 清水の, 減るから, 源平の, 溶けない子供達, 澄みわたって, 災難には, 無妻, 無数の, 無視され, 無關係, 焼物の, 父も, 牡蠣の, 物の, 物まねする, 特に注意, 犯罪の, 狼藉と, 猫が, 獣も, 王冠を, 珍しいこと, 現在女学校などでも, 甚, 生活を, 用意, 申しわけの, 男の, 男の子の, 男達が, 画家が, 百両と, 皇女の, 目出度がり, 直接には, 相当目立っ, 相当記憶, 相模愛甲郡時代の, 真に相, 真個う, 眼病の, 睡った鳥, 知らぬ振り, 石筆が, 私という, 私の, 科学的に, 種々の, 空也上人よりも, 突き放されながら, 窮屈で, 立体映画なる, 答えられても, 箱の, 節を, 素朴に, 絃の, 絶えざる話し声, 絶えず思想的, 縫いかけの, 美術家たちの, 老人に, 胸の, 自分たちの, 興が, 船員が, 艦長以下が, 色々な, 苦心し, 茂太郎が, 華やかに, 蓄音機が, 蛇の, 蝉が, 蟋蟀を, 衰亡しよう, 裸と, 西田先生の, 解決が, 言い訳が, 言つてゐる, 言葉として, 説明出来る, 誰も, 調って, 諷諭, 賛成の, 赤の, 軽微な, 轟然たる, 追従的で, 退窟至極, 運転士と, 道の, 道徳と, 道理を, 遥かに, 重そう, 野次が, 鋭い陽射し, 長い丸竹, 長くは, 長年グリーゼルの, 間人連老の, 随分気, 難は, 零であり, 霧笛が, 静止し, 非妥協的, 音が, 騒ぎ立った銀帯金剣, 驚くべきリアリスト, 驚くべき速度, 高時の, 鮮かな, 鳥が, 黒岳と

▼ 上~ (974, 0.8%)

36 つた 20 ッて 15 あるもの 10 ッた 9 つてゐる 7 つたのは, つたり 5 つたと, つてその, つて來る, つて居る, 急に 4 ある, あると, つたが, つてから, つてゐた, つて居りました

3 [17件] あり下, あるの, あるもん, つたといふ, つて, つてしまひました, つても, つて來た, つて来た, つて来る, つて行く, つて見る, ろうと, ろうとして, 俄に, 光って, 出て

2 [35件] お繁, つたお小夜, つたのです, つたばかりの, つたんだ, つた時の, つた時は, つた際で, つてお, つて主人の, つて了ひました, つて二階の, つて來ました, つて居ります, つて御覧なさいまし, つて支度を, つて雨戸を, つて高い, りつ, 仰しゃった, 伝馬を, 円, 向うから, 墓地の, 安心だ, 寺の, 来て, 横に, 江戸の, 消えて, 真紅に, 空に, 肩に, 見えた, 透いて

1 [700件 抜粋] あいて, あとから, あの時, あらあ, ありがたくなっ, ありその, ありますね, あるかも, あるならば, あわだって, あんなに暗く, いいじゃ, いいな, いいましたよ, いかに叱ら, いつに, いままた, いやに, いること, いると, うす明るく青んだ, うつって, おかしいこと, お助太刀, お待ちし, お戻り, お曲げ, お神樂, お聞きでござったら, お話しに, お逝去, かくいう, からりと, かわって, きれいに, こおって, さびしいばかり, さわがしい, ざくりと, しきりに女, したごとく電燈, しみじみ恋しく慕わしく, すこし明るう, すつかり, その著名, その鹿ヶ谷, それが, それでない, ぞうッと, たのんだ人, たまいし銀貨入り, だいぶ明, ちょうど真, ちょっとしゃれた, ちらりと見え, ったらしい様子, つくづくと, つたお銀, つたからこそ, つたちよいと, つたつて下へ, つたときどう, つたの, つたのか, つたのだ, つたので, つたのも, つたもの, つたものである, つたやうな, つたやうに思つてゐる, つたやうに思ひおく, つたらしく, つたら直ぐ, つたら見せますよ, つたりさ, つたりだ, つたわけで, つたんです, つた三河島の, つた中, つた主, つた例が, つた傳馬が, つた切り便所へも, つた前額を, つた半, つた四角な, つた夫婦関係とが, つた少し, つた彼女の, つた拍子に, つた時身の, つた曲者に, つた死人の, つた火は, つた瓦葺で, つた筈だ, つた股引いなせに, つた薄, つた銀次は, つた錢形平次が, つていそ, つていつ, つてお勝手から, つてきた1を, つてこの, つてさも, つてし, つてしまへ, つてそれから, つてどう, つてふわ, つてま, つてもの, つてゆく, つてゆつくり話しませう, つてよく, つてゐます, つてインクの, つてウオッと, つてクサンチスを, つて一寸, つて一本, つて主人を, つて乾した, つて二た, つて二階へ, つて人びとの, つて何事か, つて來たんだ, つて來て, つて先づ小六から, つて八五郎に, つて其拍子に, つて凄まじい, つて出, つて勝負せよ, つて北向の, つて半身ぐしよ, つて厨を, つて叫んだ, つて右側に, つて同じ, つて喜んだ, つて大, つて娘の, つて室の, つて家へ, つて寢卷の, つて少し, つて少年の, つて居ました, つて居るで, つて帰り支度にか, つて平次の, つて床の, つて座敷の, つて庭口へ, つて彼は, つて懷を, つて手早く, つて押入から, つて指圖を, つて攻撃し, つて教へて, つて旅の, つて暫らくは, つて更に, つて最後に, つて朝の, つて朝乍ら汗ばむ, つて来たり, つて松が枝に, つて楊柳の, つて極り惡さうに階下へ, つて槲の, つて歸り, つて歸る, つて波を, つて泳ぐ, つて火焔の, つて煙草盆を, つて片手を, つて物語らん, つて男の子を, つて男は, つて番手桶の, つて皆んな壇の, つて眞に, つて着物を, つて窓の, つて筋も, つて簡素な, つて縁側へ, つて美しい, つて老人の, つて自然の, つて舌に, つて茶の間へ, つて莢は, つて行きます, つて街には, つて袂から, つて見, つて見ました, つて言つた, つて身の, つて身投げを, つて遊んだ, つて部屋の, つて酒を, つて間もなく, つて離屋の, つて面長で, つて顔を, つて風呂場へ, できたからと, とかく寂しく, とつぜんパッと, ともを, とんがったのっぺらぼう, どうして沼, ないから, なんと心, のっそりはいった, のは, ぱっと明るく, ひっきりなしにつづいた, ひと目会おう, ひろびろと, ぴりぴりと, ふさがって, ぷくっととび出し遠くを, ほのぼのと, ぼんやりし, みんなわたしの, もう中学, もう少し落, やたらに, ゆらゆらと, よくない, よろしい, らっしゃい, ろうとしては, ろうにも, わざっと, ゐて, オクだ, ガランと, ケシ飛ん, ズキンと, ッたりに, ッつ, ペータアと, ミシリミシリと, ロッテナム美人館へ, 一尺四方ばかり, 一層和やか, 一番気に, 一秒間でも, 一足先へ, 一面に, 三の, 三人の, 三境と, 三疊敷ぐらゐに平つたく, 上にも, 下へ, 不秩序, 中散, 九階の, 乱雑に, 二三寸ほど, 二尺四方位薄く, 二日です, 二珠であっ, 云ったの, 今ある, 今にも両, 今の, 今更ながら, 位に, 低くなっ, 余り評判, 便所に, 俄かに, 傘の, 傘を, 兄さん, 兄さんの, 先生の, 全体を, 全部この, 六畳で, 六畳に, 切りに, 勅を, 動いて, 十三年も, 十三歳の, 十日ばかり, 卒倒された, 危いから, 危険だ, 即ち峠, 却つて透通る, 受けた, 口ぐせに, 叩き斬ったあの, 同時に現れた, 唯うす白く, 喜びあふれるメーデー, 嚴肅と, 地震で, 坂町の, 塔に, 墨で, 多くて, 大事に, 大事の, 大層に, 奇峭と, 女の子で, 妹に, 媚かしい, 学生時代に, 家に, 寒いから, 寝心, 寿詞を, 小さい舞臺, 居られること, 屋根下の, 崩れ落ちて, 川床だ, 巨き, 帰って, 平らだっ, 広場で, 庭地に, 廻つて來る, 彩られ空, 影響し, 後ろに, 御不興, 御承知ゆえ, 心配し, 心配で, 忽ちザラ, 怪しさ, 恋しくなりはじめた, 悪いが, 悪いので, 悪くて, 悪く我儘, 惜しまれた, 手軽な, 手輕る, 折れて, 抜けて, 抜け出でて, 拙きか, 拙くつてみつ, 数々の, 斑に, 日本服と, 明らかに, 明るうなる, 明るんで, 星で, 是だけの, 暗い程, 暗かった, 暗くな, 暗くなっ, 暗くなり, 暗赤色粗, 暴れて, 書斎か, 最も危険, 最も嶮悪, 朝請太夫下が, 来た, 来られたり, 校長先生に, 案じられて, 棒形に, 楓の, 次第に白く, 欧鵬アダ名は, 正議太夫, 歩けた, 歩けるの, 死病に, 殆ん, 殊の, 殺されたと, 比較的前, 気を, 気遣われた, 氣遣はれた, 氷で, 汗で, 法を, 泥に, 流れたよう, 消えうせて, 涙で, 深く引込ん, 清水堂左に, 清水様どす, 湿りを, 火の, 無かろう, 無住にな, 無知の, 煙ったよう, 煙るごとくに, 熱海行きで, 片づいてから, 狂人の, 狭くなった, 珍らしくない, 生きてか, 生垣の, 男の子で, 畳敷に, 痒くなりました, 癪に, 白い布, 白くなっ, 白水谷滝より, 直ぐ塾, 眞新しい, 真っ白に, 真つ, 眼で, 眼前に, 知らせて, 硝子に, 神様な, 秋田営林署で, 窓の, 納谷家に, 紙屑で, 細く両端, 縦に, 美味いのみ, 能く, 腐敗しかけ, 臣下へ, 舞台に, 船長に, 苦闘し, 荵や, 萬年橋即ち, 薄らと, 薄暗くなった, 血の, 血溜りの, 行って, 襦袢にて, 見えたとか, 見えないこと, 見えませんので, 見える道理, 見られない伸子, 見物し, 調査され, 謂はずとも, 貧しいで, 赤いだけ, 赤くちらちら, 身を, 輝きわたって, 道路だ, 重くて, 鉛色に, 銅牌で, 錠にまでは, 鏡に, 鐘ヶ淵へ, 長いと, 長い角柱形, 長らく御, 降つて于吉, 隆太郎の, 階子段を, 雪嶺氏だ, 青年期を通じて, 静まると, 頭から, 額を, 騒々しいので, 騒がしいと, 騒がしい故に, 魔境, 麻布団の, 鼻その

▼ 上まで~ (650, 0.5%)

26 来ると 20 来て 10 行って 8 行くと 7 登って 6 のぼって 5 出て, 連れて 4 くると, やって来て, 上って, 来たとき, 歩いて, 続いて

3 [13件] かかると, さして, のぼった, 上がって, 思ひくらべて, 持ち上げた, 持って, 昇って, 来た時, 来ました, 蔽って, 運んで, 降りて

2 [25件] おりて, さし上げて, のぼったの, もつて, わが顔, スポリと, ズブズブと, 下って, 出で, 帰って, 引上げて, 持つて, 来たもの, 枝や, 枝を, 水が, 水に, 浪が, 犇と, 聞こえて, 落ちて, 見送りぬ, 送って, 飛び上って, 飛んで

1 [450件] あがって, あがつたころ, あがりそれ, あがりましたらすぐ, あふれ丘, あらわしたまま, あらわして, ある, あるの, いきそこで, いって, うずまりそう, おいでに, おれの, お上り, お登りください, お見とどけ申しあげた, お運び, かけた, かけつけて, かつぎ上げましたから, かぶさって, かぶるので, きた, きたとき, きっと下げ, きましたとき, ぎっしりと, ぎりぎりに, ぐっと下した, ぐっと引っぱりあげた, こぼれ出して, ころげて, さしかかったとき, さして来ました, さし上げ真赤, さし込んで, しめて, すっかり網, すっかり雑巾, ずうッ, ずっとまっすぐだ, ずらせて, ずらりと並んだ, ずりおちて, ずりさげ, そして縛られた, そのままで, その闖入, たどりつき脚下, たれさがったばあさん, たれさがって, たれさがるほどの, たれました, たれ両, だらしなくかかっ, つづいて, てらす力, とどかないので, とびあがった, とびあがったぞ, とんで, のぼりきると, のぼりそこ, のぼりまして, のぼりまっ暗, のぼると, のぼるロープ, はい出して, はねあがって, はね上つて, はみ出して, ひっぱって, ひどい埃, ひろが, べっとり染み付い, ほこりが, ほてって, まあ, まいりますと, まきあがって, まくり上げ手, まっさ, みごとに, もって, やって来噴水, やわらかいと, ゆくと, よく聞え, よじのぼり危険, よじのぼる, よじ上るべき場所, わけの, わざわざ持っ, オガ屑が, キレイな, グッと, ゴシゴシ着物, サルビヤや, シケが, スキーは, スルスルよじ登った, スーッと, ズリさがる, ゾーツと, テナルディエは, バスで, ヒタヒタと, マクリ上げる, モルガンは, ユックリユックリ解い, 一しょに, 一旦おろし, 一杯の, 一節長く, 一緒に, 上がり込んで, 上げながら, 上げられて, 上げるや, 上ったの, 上るには, 上衣の, 下りたやう, 両の, 両腕, 乗るには, 乘出した, 二十四階も, 二里半である, 伝って, 伝わって, 伸ばした, 低く掩いか, 低く電燈, 何層ある, 使いに, 來た, 來て, 偶然ならず認められる, 兩手で, 冷やかな, 出そう, 出られるよう, 出ると, 出迎えたもの, 出迎えて, 出迎えに, 切り下げて, 刎ね, 列に, 刷毛を, 前髪の, 動くこと, 匍って, 半蔵らを, 南瓜が, 及ぶ, 反射し, 吊りあげたが, 吊りあげながら, 土塀を, 土足で, 垂れか, 垂れて, 垂れ下った髪の毛, 垂れ落ちて, 夢中で, 大きな鍾乳石, 大小さまざまの, 天然痘に, 太さ, 女子の, 子供の, 官は, 客と, 寄って, 専売を, 射し入, 届くもの, 川底は, 差しかかって, 差し伸した, 巻き立てて, 広がって, 庇を, 延しかけて, 延びて, 廻って, 引いた豊か, 引きあげ帽子, 引きずり上げたところ, 引き上げた, 引き下げ走り込むよう, 引き摺って, 引く, 引っ冠せた, 引っ担ぎ, 引つ張つて, 引下げ腕組み, 引寄せ, 引返して, 弾ね, 影が, 彼女の, 懸かり尚, 截り開きたる, 戻した時, 戻って, 手が, 手伝って, 投げ出した寝様, 抜け出ただけ, 抜け出て, 抱え上げるうち, 押して, 押し上げられたら踵, 押し出して, 押覆さる, 担ぎあげられた政, 拡がって, 拡がつて, 拡げられて, 拡って, 持ちあげられて, 持ちあげると, 持ち上げたの, 持運ぶの, 捲くりあげた, 捲くれ上がり衣裳, 捲り上げて, 掃除が, 掘り下げた時, 掛け御, 揉み擧, 搜し廻つた, 搬ばれ, 撫でる, 攀じ上った二人, 散らせり, 敷詰める, 斯う, 日の, 昇りました, 昇りソッ, 昇りツこ, 昇ると, 書きつぶし原稿用紙, 書物の, 来かかると, 来しが, 来た, 来たけれど, 来たよ, 来たん, 来た頃, 来ては, 来なければ, 来ますと, 来るうち, 来れば, 板だ, 林道が, 棺を, 櫛名田姫を, 止まって, 正直に, 歩いたが, 歩かせるだけの, 歩かれるか, 歩き出て, 死体を, 殆ど隙間, 毛布を, 気遣ひ, 水の, 水びたり, 水を, 氷河が, 汚れよう, 法王祈祷台の, 波が, 波浪が, 流れて, 浸して, 浸っただけ, 深く枝, 測って, 溢れて, 溢れ出した時, 溯ったが, 漕ぎつけたの, 漬かつて, 漲って, 潜る, 濁水に, 灰が, 点々として, 無数の, 無氣味, 無理に, 照らして, 照らすよう, 燃えて, 物干, 牽いて, 犇めき並んで, 猟に, 甘皮が, 畑を, 畳み上げられて, 登らなければ, 登りついた, 登りました, 登り其所, 登り切ると, 登り詰めた, 登る勇気, 登る時分, 登る者, 登れやしないよ, 登れよッ, 白いしぶき, 白いしぶきの, 真っ赤に, 石を, 石段を, 石突き高に, 私たちを, 私の, 積って, 積もって, 積雪で, 突きぬける程, 突き出て, 窓の, 窓も, 立ち昇って, 立てながら, 素肌だった, 細かに, 絃歌の, 続きその, 続く, 緑の, 縦横に, 續い, 老眼鏡を, 腐りおちて, 腹ばいに, 茶室の, 荒布とも, 荷を, 落ちかかったもの, 落ちるの, 落る, 蒲団を, 薄青く, 虎鮫が, 血が, 血で, 血を, 行かれやしないよ, 行きその, 行きましょう, 行き彼ら, 行げば, 行った, 行ったが, 行つて遠くから, 袂を, 被せて, 裂けあがったの, 裾から, 裾を, 襲って, 覆い被さって, 見える, 見えるでしょうよ, 見せて, 見に, 見送って, 見送りに, 見送り乍ら随い, 見送る, 見送ると, 見送ろうとの, 見通すと, 覗きこんで, 走った, 足を, 跳か, 跳びかかって, 踏み込んで, 身体が, 車が, 転び出て, 辿って, 辿りついたとき, 迫って, 迫つてゐた, 追いすがりましたが, 追っかけて, 送り出す, 逃げあがって, 這い繁って, 這ふ, 通った肉体, 連れ出して, 進まうと, 進みここ, 進み出た右, 逼ひ出す, 遊びに, 運び出した, 運んだ程, 道庵は, 部屋, 重々しく垂れ, 針金の, 長々と, 長い緑色の, 開いて, 開けて, 開墾され, 降りた, 隠して, 難なく米友, 雪が, 響いて, 頭の, 頭を, 額から, 飛びあがってから, 飛びました, 飛び上ろうとして, 飛び下りたい, 飛び散って, 飛び散るの, 飛上りや, 飴の, 首を, 駈け登ったとさ, 駈続けに, 驅け, 骨と, 高くあがる, 鬱蒼たる, 黒岩万五に, 鼠色に

▼ 上より~ (408, 0.3%)

12 見れば 9 して 7 これを 6 見て 4 いえば, 之を, 觀たる, 言えば 3 いへば, すれば, 下へ, 変化ある, 救助する, 論ずれば

2 [24件] いふあゝ, いふも, いわば意, しても, 下に, 之れ, 云えば, 今しも, 受けて, 抽むずる者ある, 斜に, 望めば, 矢を, 菱形を, 落ちて, 見たるくだもの, 観れば, 観察する, 観察すれ, 觀ても, 解する時, 言へば, 論究する, 降る鳥

1 [292件] あまたの, いうとき, いうも, いうもの, いわば国家, おごそかな, おつる, おつる音無し, おどり込みむろん, かかりて, かく曰, かぶさる, きたれる連合, こっちの, この句, さること, したたかおれ, その救ひと, その説, その論拠, たけたま, たけたまへ, ぢろり, つ, なが, なりしを, はるかに, ばらばらと, ひそびそと話し声, ふるきローヤル, まず水色, また実物上, みて, みれば, みんなに, もり, もり蚤蚊, よしなに, われに, キリスト教に, ソトわが, 一すじ絹糸の, 一望すれ, 一瞥す, 三十里外に, 三四寸の, 下しおかれる, 下の, 下り月, 下るべしと, 下を, 下層の, 下町の, 下肥を, 世界を, 主権在君論を, 九尺ほどの, 云つても, 云は, 云はんにも, 云へば, 今日世に, 仰いで, 何という, 余計に, 余輩の, 信念を, 俯瞰する, 傘したる, 傾く日, 先なる, 全長の, 出す, 出でたること, 出でたる事, 判定せらるるなり, 刻一刻帝国本土に, 前に, 剥ぐを, 割り出だしたる, 北に, 北上し, 南支那開發の, 友の, 受け, 受けし力, 受取り, 召されたから, 君主政体の, 呼び戻して, 咎めあるべきはず, 土に, 土を, 堂守一人顔を, 墜ちてだに, 声か, 外には, 大いなる務, 大音にて, 妃の, 妨害する, 家内の, 小菅まで, 岡西玄亭を以て, 市井の, 平和な, 幾たびも, 幾十丈の, 庄太郎の, 引き去って, 後に, 後害, 御寺の, 必然の, 想像推論する, 愛宕塔の, 我と相, 我國は, 戦争は, 戦場に, 手を, 打算した, 批評を, 投下すべし, 拝領した, 振落さしめたり, 推歩打算し, 推測する, 擲ちて, 数えたり, 数えなば, 数巻の, 文とりおとし, 文字を, 是の, 曳きて, 望ときは, 望みたる鳳凰山, 本島に, 来る美感, 来る者, 柱を, 根本的だ, 槌の, 次第に下, 死に, 死を, 比較すれ, 水を, 注がれし神, 消滅する, 火を, 焔を, 照らされて, 照らしたま, 牧場なる, 特に多少の, 特別の, 生ずる一種, 生ずる快感, 畳の, 病気など, 発するところ, 發したる, 發する, 百本杭を, 真先に, 眺め下, 瞰下し, 知識を, 石に, 研究し, 研究したる, 社会的動物に, 移して, 突込みたるは, 立てられた一切, 立てられた非, 立論したれ, 立論せられたる, 築地見え, 篤と殿, 紙二ひら, 結句に対する, 縁起する, 縄を, 缺く, 羅を, 考うる, 考うれ, 考へる意味, 聴えて, 聴える, 肩の, 臆説の, 舞落ちる, 船の, 芝西の, 落されたじゃ, 落されたぢゃ, 落ちぬれば, 著録と, 薬師寺金堂三尊の, 衆に, 裏の, 襲ふ, 見えて, 見おろせば, 見たる人生観, 見たる地平線, 見たる差別撤廃問題, 見たる支那, 見たる皇国, 見たる芸術, 見たる貞操, 見た両, 見む, 見るべからず, 見るも, 見下すよう, 見下す花笠日傘, 見下ろして, 見下ろしぬ, 見人類, 見守りたるも, 見得る処, 覗きて, 覗けば, 観察し, 観察せ, 観察せんに, 観察を, 觀察したるに, 解き放ち岸, 解剖する, 言っても, 言つて第, 言は, 言ふも, 言へ, 説くとき, 説明せられ, 説明を, 論じて, 論じても, 論ずるとき, 論ぜば, 論断を, 論究し, 諡を, 變化ある, 起こる連想, 起すもの, 起りし稱, 蹴落さうでは, 躍り入る水, 軍兵一人長卷を, 軍兵一人長巻を, 転ずるなり, 転び落ち, 軽んぜられ下, 迷うところ, 迷信を, 逃亡し, 通して, 遙に, 部屋の, 配合を, 重大である, 釣り下げて, 鉦たたきの, 銭を, 長棒, 降らしめ五隊, 降り来る丈, 降り落つる陰, 霊魂不滅論の, 青山播磨廿五歳七百石の, 非常に, 順に一等, 頬かむりし, 颯と落し來, 飛び下りる事矢石, 飛び来る矢, 首の, 驅逐する, 高く空, 鳴きわたりゆく, 鳴きわたり行く, 黄金を, 黒煙噴出同, 鼠下り来り

▼ 上~ (390, 0.3%)

15 の方 10 の山 9 と越後 8 の山々 7 の平野, の空 5 と信州, の田舎 4 の人, の国境, の沼田 3 から信州, でわかれた, と野州, の榛名山, の水

2 [34件] から出, から越後, が狸, でございます, でございます前橋, という乞食, との境, には伊香保, のあの, のある, のここら, の一つ, の中央, の利根川, の叔父, の奥, の山名, の山地, の川俣村, の或, の松井田, の榛名湖, の機屋, の熊, の片田舎, の生れ, の草津, の萩原禎助, の赤城, の高崎, はどこ, は有名, を過ぎ, 見おろし

1 [229件] から, からお客, からお越し, からやって来た, から三国, から三国峠, から人参, から來, から信州越後, から信越, から呼ん, から奥羽, から来る, から武州, から武蔵, から流れ込ん, から狸, から碓氷方面, から越し, から野州, から野州方面, だとか, でかなり, ではそれ, ではオクシガ岳, ではミツクンシ山, では之, では乳山, では吾妻山, では蚯蚓, では諸村, では赤城山, では高い, でもある, でも多く, でも榛名山麓, で人, で生まれ, で籠, という土地, といふ風, とかの人たち, とか甲州, とそうして, とに胯, とに跨がる, との国境, と仲間, と信濃, と周防, と宣った, なども亦, にある, にはいった, にはおいしい, にはこうした, にはそういう, には今, には古く, には手, には榛名, には特に, にも鮭, にゐる, に上州円朝, に亘つて, に名高い, に土着, に在り, に尽きぬ, に於ける, に最も, に法神流, に芸術的, の, のおいしい, のお客, のずっと, のどこ, のほか, のよう, のカラッ, のスシ, の一ノ宮, の一宿屋, の一局部, の一部, の万座山, の三名山, の三山, の上杉領, の上泉伊勢守, の人たち, の人士, の人家, の人間, の伊香保, の侠客国定忠次, の俗イ, の兄, の八掬脛, の利根, の前橋近く, の北風, の古図, の吾妻川, の吾妻郡, の和算, の国境山脈, の国定忠次, の地主, の坂本, の境, の太田, の奧, の妙義, の妙義山, の妙義神社, の安, の家, の小川村, の小父さん, の尾瀬平, の山奧, の山村, の山水, の山河, の山甲州, の山間, の川俣, の平原早, の故郷, の斎藤, の斎藤父子, の新町, の本郷, の東南地方, の板鼻, の桐生附近, の榛名, の水呑百姓, の水長沢山, の沼田町, の温泉, の湯檜曾, の生まれ, の生れじ, の男, の白根あたり, の百姓剣, の糸屋, の群山, の自然, の茂林寺, の萩原禎, の蒼, の蕎麥, の藤原, の蚕場, の蠶, の裏側, の製糸工場, の西端, の記事, の諸, の諸山, の谷川温泉, の豪族, の赤城山, の赤岩付近, の那和, の野栗, の鐘巻, の長, の馬庭, の高崎市, の鮒, の麻, は, はいわゆる, はソバ, はニヤリ, は上野介忠順, は元来, は古く, は和算, は坐り込んだ, は変った, は新, は江戸, は雪ぢ, は養蚕, ばかりでなく, へでも行きませう, へは秋, へ他人, へ入り, へ出た, へ出稼, へ出馬, へ南下, へ帰っ, へ攻め入った, へ来た, へ歸, へ立帰り, へ越え, へ転住帰農, へ逃げ, ほどよい, も東口, も武州, や信州, や武州, や相州, や美濃, や軽井沢, よりもずっと, より信州, よ上州, よ赤城, をお, を出, を加え, を旅, を自由, 殊に利根川, 殊に山地, 第一等

▼ 上さん~ (374, 0.3%)

12 は言った 7 は叫んだ 5 の方, はその 4 の声, はまた 3 がまた, がゐ, の姿, の顔, はそれ, は言っ, は話した

2 [30件] が, がいつも, が出, が来, が自分, だ, であつ, と今度, に打たれた, のところ, の中, の口, の注ぐ, は, はいつも, はコゼット, は不思議, は亭主, は何, は声, は時々, は竈, は答え, は答えた, は鞭, は顔, や子供達, を呼ん, を恐がっ, を相手

1 [256件] あの店, いふ, からその, から男女間, から目, から鍵, がいいました, がいかめしく, がいつ, がいる, がお, がかれ, がそん, がもうけた, がようよう, がコゼット, が一人, が一船先, が云った, が佇ん, が勝手口, が取り仕切っ, が奥, が女中, が好き, が家, が宿, が尻馬, が店, が彼女, が待ち受けてる, が手, が斯様, が来た, が框ぎわ, が毎晩五銭, が気, が洗濯物, が熊手, が異う, が穴蔵, が肺病, が茶, が言う, が貸さあ, が通る, が金切声, が釜, が飛ん, だの男, だよ, だろうが, である自分, で不自由, と, というの, という名前, といっしょ, といろいろ, とその, となったら, との間, とふたり, とエポニーヌ, とマトロート, と一日小まめ, と二人, と十分相談, と子供, と息子, と欲, と若い, なぞにする, にこう, にここいら, にささげられた, につい, につかまりたくない, にとってはそれだけ, になった, にならない, には火傷, には無量, には許すべからざる, にふたり, にもこれ, に一寸, に任せ, に低く, に依頼, に公然, に劣っ, に勧められ, に南京虫, に取, に差し出した, に打たれるだろう, に教わった, に泣きつい, に渡し, に申し, に盛っ, に眼, に示した, に礼, に福, に西洋料理, に言った, に言われ, に訊いた, に訊ねた, に話した, に詳しい, に転宿, に隠れ, のいふ, のいる, のいわゆる, のうち, のこと, のさしだす, のしわ, のだれ, のもてなし, のよう, の下, の世辞, の処, の前, の勘定, の口上, の名, の大きな, の心, の愛想顔, の所, の機嫌, の気前, の為る, の生き, の病気, の空, の義理, の肩, の胸, の荒々しい, の衣裳, の言葉, の話, の赤い激しい, の邸内, の鏡, の長い黒い, の食う, の黒天鵝絨, はお, はお茶, はかれ, はくり返し, はこう, はすぐ, はそのまま, はその間, はため息, はちょうど, はちら, はつけ加えた, はふす, はやさしく, はサゲー小母さん, はヤレヤレ, は一言, は二人, は今皆, は何とも, は借手, は出直し, は半分, は口, は同じく, は周囲, は善く, は大きな, は大分年, は宿屋, は引きつづい, は彼, は急, は恐ろしい, は感心, は手拭, は承知, は旅客, は明るく, は暫し, は林, は桟橋, は横, は油断, は泣, は熟慮, は狼狽, は甘ったるい, は相, は真実それ, は眼, は石, は立つ, は笑談, は笑顔, は続けた, は美しい, は胸, は自分, は自慢そう, は若し, は苫, は落ち着き払っ, は薄い, は血の道, は表, は裾, は言い続けた, は訳, は評判, は軽蔑, は遂に, は鍾愛, は静か, は面倒, は靴下, は願, は高い, は黄色い, までがその, まで実家, も亭主, も女中, も子供, も持たず, や新造, よりもお, よりも奇麗, よりも年, をそう, をながめ, をひどい, をよこし, を助け, を慰めよう, を知ってる, を見, を読者, を離縁, 持てツ, 気取で長火鉢

▼ 上~ (369, 0.3%)

52 て来る 31 てくる 23 てゆく 16 たり下 14 たり下り, てき 13 てきた, てみる 9 て下さい, て行く 8 て来 6 たりし 5 毛の 4 ていきました, てしまふ, て私 3 たりする, たり降り, てそれ, てみた, 張を

2 [21件] がたの, たり降つ, ている, てくれ, てくれた, てこない, てしまひました, て下さいまし, て下さる, て叫んだ, て喜んだ, 代である, 代は, 卷, 張りを, 毛野いか, 毛野下つ, 瀬に, 菟上の, 調子な, 面の

1 [87件] たま, たらしくその, たり, たりお茶, たりさ, たりした, たりすれ, たりだす, たりだらう, たりで, たりとにかく, たりなど決して, たりまた下, たり一人, たり何, たり口唇, たり斜め, たり時に, たり晩餐, たり炊い, たり物, たり紅, たり聯想, ちやうぢや, ちや間尺に, ていつた, ていつも, ていらした, ておい, ておく, てきたら, てきました, てそこ, てそして, てそちら, てほしい, てまた, てみます, てみませう, てみよう, てやがて, てゆき, てるで, てユラユラ, て一々, て下さらない, て何, て喜んださうです, て悦んだ, て来ない, て私たち, て私達, て行き, て遂に, て過ぎる, て頂きたい, て飛ん, ぱりに, ぱりにし度い, ぱりを, 代とは, 代に, 代ゆ今の, 卷と, 國, 張の, 枝の, 枝は, 毛に, 毛は, 毛へ, 毛や, 毛利根の, 毛榛名のみ, 毛野, 瀬には, 瀬は, 葉に, 被は, 被を, 道の, 面だ, 面だけしか, 面だけの, 面は, 面を, 髭

▼ 上での~ (345, 0.3%)

10 ことだ, ことである 6 ことで, ことに 3 ことです, ことな, 自分の 2 一定の, 仕事を, 区別は, 思考と, 放心から, 此の, 自由である, 選択では, 音樂

1 [286件] あっさりした, あれこれ, いい草, いのちを, いろいろの, いわゆる, おうごき, おなじみだった, くっきりと, こと, ことか, ことだった, ことだつた, ことだろう, ことでありまし, ことでなく, ことでなけれ, ことと, こととは, ことながら, これからの, ご出立, さけがたい, さっぱりと, さまざまの, なにか精神の, ふくらみ動き流れるものの, ほほえみが, ものであっ, ゆきかいでは, ような, よしあしの, よりどころ, エロキューションは, ニヤリです, ヒロイズムで, フック船長との, プロレタリア階級的, マンネリズムの, モツレが, リアリズムの, ルーズさが, 一つの, 一単位としてばかり, 一家言でなくっ, 一致が, 一致の, 一見まとまりない, 上位者が, 上書と, 下層階級の, 不便は, 不十分さから, 不平で, 不満を, 予期を, 事それは, 事でなけれ, 事と, 事に, 事件で, 事件以来一種の, 交友が, 交際を, 人物的な, 仕事であった, 仕事である, 仕事と, 仕業だったでしょう, 他愛の, 余裕を, 作品でない, 価値を, 俗に, 傷痍が, 優位者と, 共通統一連帯の, 再現は, 処理は, 処置では, 出来事であっ, 出来事である, 出来事なら, 分別と, 分化に, 分化や, 分量を, 利益に, 刺殺という, 前衛であり, 前進を, 勇気を, 動きが, 動揺が, 勝負は, 区分けが, 区別の, 十六日に, 卒直, 協力を, 危惧が, 又生活, 友人達や, 反逆をしか, 収穫も, 古さ, 台所です, 同感は, 呼名を, 命の, 善意の, 嘲笑で, 国家の, 報告であった, 多少高ぶった, 大切さと, 大小は, 大革命, 奇蹟と, 好きさに, 好みである, 姿として, 存在意欲ばかり, 宇宙塵や, 実際的, 家庭の, 対応であっ, 対比を, 対立だった, 対立では, 対立な, 対立を, 対陣である, 差別とに, 差別を, 希望によって, 帰結に関する, 張り合いが, 形式主義と, 影である, 彼らの, 御処置, 復古主義者で, 怒りであっ, 恋でしょう, 恋の, 意味ある, 意味が, 意味と, 意義が, 愛情を, 感情です, 感想として, 我儘が, 我国の, 或る, 或男, 戯れに, 批判では, 批評が, 批評家の, 折衝と, 折衷主義的混合主義的修正である, 抱合この, 抽象物で, 接近や, 揚げ足取りは, 敗北主義を, 散文, 文明を, 斯かる, 新しい友だち, 新たな, 旅な, 日本らし, 旧さ, 曲線の, 期待は, 未熟さを, 本気かと, 様々な, 権利が, 欲ばりという, 歴然たるより, 殺傷なら, 気強さ, 気紛れの, 決定的な, 決意が, 決断であった, 決議や, 流行児的存在に, 涙にも, 測量に, 演技な, 無方針, 無能力者として, 無解決, 煩し, 特筆大書されなけれ, 独創に, 独占力を, 独自性を, 獨自性を, 現象で, 生きてるうち, 生活の, 用法であった, 男女の, 男女平等から, 異変が, 発展の, 発見では, 目測は, 相愛でござれ, 相談と, 相談に, 真実の, 真理は, 知人が, 研究は, 破壊を, 祈りは, 科学者の, 移行の, 積極が, 空間的な, 組合わせと, 経済的諸, 結果です, 結論な, 統一が, 統制でない, 網の, 美感に, 自然物と, 自由主義に, 自立なし, 芝居だらう, 芸当だ, 芸当だった, 落筆であろう, 藝術じ, 血戦に, 行動として, 術語に, 表現, 表現である, 表現は, 裁決だ, 補足と, 見事な, 観察や, 言い草なら, 言葉を, 計略な, 記念すべき, 訪問づかれ, 証拠は, 試みを, 詩と, 話し声だ, 話である, 話では, 認識概念の, 誤解で, 調印と, 議論である, 責任を, 返事が, 逃げ道までも, 逆行は, 進歩では, 重力は, 重要な, 量的討究の, 闘志も, 静かな, 靜かな, 非常に, 面目だ, 韻文に, 順序は, 頼みじゃ, 類似などばかりに, 飛躍

▼ 上でも~ (336, 0.3%)

3 歩くよう

2 [11件] お糸, すきな, そんなこと, 下でも, 仕事の, 何でも, 實生活の, 年齢の, 煤けた穴だらけ, 裂いて, 釧路が

1 [311件] あつた, あまり大学, あり彼, ある役, あろうが, いい, いうまでも, いかにも生々しく, いかに勢力, いちばんむつかしい, いつに, いつも自分, いろいろと, いろいろの, かく五經全體, かたく結びつい, かなり先輩, かなり親密, かまへん, かれは, きっぱりと, ぎごちなく, このスターリン, これだけの, これといふ, これに, これまで, これまでの, ごつちや, しいよい, し出立, じっとし, すこし詳しく, するといふ, そうだ, そう多く, その変化, その時, その野心, それが, それではあんまり, それで何時, それを, そんな女々しい, そんな芸当, たくさんの, たちまちに, たっぷり売られ, だいぶ変化, だよ, ちがうわけ, できること, とても猛烈, ないのに, ないよう, なお危険, なお無限, なんでも, のぼるの, はっきりつかむ, はなはだ面白く, はるかに, ぴったりしない, ぶつかったこと, ほとんど口, ほぼ同じ, ぼくには, まざまざと, またその, また動物学上, また巌かげ, また日常生活, また特に, まだ生, まばらな, まもなく宇治川合戦, まるでコンクリート, まるで野原, もう容赦, やっぱり看護員, やつぱり看護員は, やはり大昔, やはり鶴屋南北以来, やらないよう, やれますから, わかるよう, わがままを, われわれは, ステッキを, ソオファの, テーブルの, パリへ, ホテルでも, ロシアの, 一つ写し, 一また, 一体に, 一日として, 一番手こずる, 一番欠け, 一等國の, 一致する, 一般の, 三味線の, 世は, 世間が, 主観と, 之に, 之に対する, 事態は, 二筋は, 亡びて, 京橋から, 人に, 人間本, 人間的な, 今の, 他と, 伸子と, 位置からでも, 体験の, 何人も, 何等客観的な, 例えば民法, 信仰の, 倉三お, 偽天子, 僕の, 元の, 兄者人たる, 先輩であった, 先輩に, 光つた一面を, 全く似た, 全然別物, 公園でも, 内省の, 再び答えた, 力を, 努力した, 勝手に, 十二歳から, 十分お, 十分に, 卑下に, 又メンバー, 叩くよう, 合う筈, 同じこと, 同じ様, 向うに, 向に, 喊声を, 固く誡め, 坐席, 大いにもてはやされた, 大体は, 夫としての, 奇怪な, 妹の, 守らねば, 実生活の, 実践する, 実際から, 実験ずみである, 容赦なく, 対象の, 山の, 山木たちは, 岬の, 布団の, 常に見, 幾分の, 床の, 廊下でも, 強って, 役に立とう, 彼が, 彼は, 彼らは, 得だ, 徹底した, 心が, 心理学が, 思いを, 思想の, 恋愛の, 惜しいこと, 惟政に, 想って, 意味の, 感情の, 成果を, 或る, 戯曲創作の, 所きらわず, 拒絶を, 捨て置かれません, 政府の, 文官では, 新, 新しいもの, 日常生活の, 星を, 春三郎の, 時代遅れの, 普通の, 書けそう, 最も具体的, 未だ雨, 本当に友達, 東京湾の, 松の, 果してその, 椿事の, 極度の, 構成の, 欧米において, 武者溜りでも, 歩いて, 歩くやう, 民衆が, 気の, 沼地の, 減った, 渡らなきゃ通れるわけ, 渡らなきや, 温帯の, 溝川の, 演技の, 無能力な, 無論に, 然らざる, 熱いの, 牧場の, 物質と, 犯さぬ業, 独伊は, 理性の, 理解され, 生活の, 甲板の, 画期的な, 病原体としての, 盛んに, 相当の, 相手が, 真の, 石の, 神人同形説に, 祭を, 私の, 私は, 私全体の, 科の, 空白にな, 童話の, 籍を, 組織の, 絶えず京都, 義仲の, 職業学生より, 背負ひきれない, 胸の, 自分は, 自殺は, 船を, 船員と, 色慾を, 若さ, 草の, 荒寺の, 藪の, 融通を, 血族には, 見られたであろう, 見るよう, 見晴らしの, 解らぬこと, 話しながら, 販売の, 質の, 赤道を, 足が, 足跡を, 跳ねるかと, 踏んで, 述べて, 逍遙し, 通るの, 遅か, 遅くあるまい, 遅くない, 道徳の, 道徳上でも, 選ばれた人達, 重大な, 重要な, 間違ったむだ, 闊達なら, 難船し, 雲の, 静かに, 静として, 非常に, 頸に, 飛躍的な, 騒がれたの, 高僧と, 高山隊の, 鳴きました

▼ 上において~ (279, 0.2%)

2 [12件] しずかに, そぐわぬところ, それを, である, 何の, 去った, 平生の, 明らかに, 民族の, 永遠の, 注意すべき, 説明を

1 [255件] あつてさ, あなたにとっても, あやまるん, ありその, ありました, ある, あるいは幾分, あるさ, あるの, あるよう, あるインクスタンド, あるハンド, あるプログラム, あるミカン, ある古く, ある大きな, ある時, ある書物, ある机, ある真赤, ある眼鏡, ある私, ある銀製, ある錦, ある長方形, ある電話, ある音叉, いいました, いたわるよう, いはれて, うな, おびえさせた, お秀, かくの, かつ一個, きわめて重要, けだし大, この, このシャンヴルリー街, この上, この古今二つ, この命題, この心持, これからまた, これは, これらの, さのみ, さらにいわんや一般庶民, さらに異常, しきりにドア, しわを, じっと見おろした, すこぶる密接, すこぶる怪しい, そのイス, その上, その幼稚, その花, その証, ただ自然, どうしてももたなく, どこか, どんな意義, なお喪失, なにも, なほ官尊民卑の, なんの, はかの, ひそひそ声, ひと休みする, ぴたりと, ふたたび崖, ふたを, ぼんやり何, ぽつねんと坐っ, まずこれ等, まずその, また然, また飛びだし, みせて, むしろ父, むしろ開化主義, もさうでありますから, もっとも重大, やさしく明智探偵, よく似通っ, よほど大事, ゐた, グリセリンの, ジャスチファイする, スミスの, ソラここに, 一つの, 一の, 一度も, 不安らしく, 世間並の, 並進しうべき, 事が, 二人の, 云い足した, 人生という, 仏壇を, 他に, 他の, 仮定する, 何かの, 何となし, 何故に, 使わないと, 俗諦の, 個人的才能という, 僕よりも, 兄さんこそ, 充分あらわれ, 全篇, 六年の, 写実的自然を, 出て, 列国間の, 初めてその, 別に困難, 劇場映画館諸, 助手の, 区別する, 午餐を, 可能でしょう, 同字義, 君に, 呪詞, 咲耶子の, 哲学や, 唯一の, 善き人, 国権派は, 土に, 地球人間よりは, 地球人類の, 外の, 大きい手の平, 大に, 大分相違の, 大差は, 天皇という, 失敗し, 始めてしか, 学校の, 官民に, 客観写生という, 少しく述べたい, 少しも, 山岳の, 常に満, 平民主義の, 幾度か, 幾様かの, 延びるだけ, 当時の, 役に立って, 彼こそ, 得たるところ, 御維新前, 必ず自然分配, 必らず心得, 必要である, 必要な, 慚死せし, 我等は, 所動者であっ, 揚雲雀の, 損を, 救済する, 斜め前に, 新思想家, 新田先生の, 既に本, 明やすき, 是非必要な, 最も大切, 最も注意, 最も要求, 最も革命的, 本を, 本当にすこし眠った, 権之, 正しき人, 正札で, 死んで, 殆ど致命的である, 母に, 比較的要領, 決して愛, 法律上あるいは, 混雑を, 渠輩を, 満月輪, 然り, 父と, 特に著しかっ, 独立国たるを, 理解し, 男の, 痩身の, 目下の, 相互発展進歩の, 眺めたり, 知られて, 研究する, 示すもの, 社会衆多の, 神つねに, 私の, 称すべき事, 突然人間, 窮屈そうに, 第一, 等しく相対的, 紙が, 紹介する, 絞首の, 美濃の, 聯絡する, 肱を, 腕を, 自分とは, 自分の, 自席に, 自身の, 英吉利が, 行く, 袴の, 裁判に, 西欧詩と, 要求する, 見ること, 見るところ, 話せるのみ, 語り出した, 説を, 談合上の, 身動きも, 通俗小説としての, 遁るべから, 道徳的抑制に, 遥か大, 都の, 都合が, 重要なる, 陳腐な, 階級儀式の, 非常な, 顔の, 顕著な, 驚嘆の, 魯迅さんを

▼ 上からは~ (259, 0.2%)

2 勝ったが, 枯れた木の葉, 自分が, 若い武家, 説明の, 賤民の, 青白い月, 非常に

1 [243件] あまり愉快, あらゆる船, あり合すもの, いおりると, いつに, いつまで, いて, おそらく同じ, お互いに, お竜, かういふ好奇心, かういふ態度, かんかん照, きっと竜神, きわめて明白, ここが, このまま, この人形, この島, これを, ごほん, ご料, さかんに, しかしこの, しきりにその, そういう羽買山, そうした個々, そしてあと, その村, それも, だまつて編輯に, だんだんに, とりあえず風呂, どういうもの, どうせ, どうせ開きっ, どうであろう, どうなる, どこかう, はじめて遇った, また別, まだ夏座敷, まったくやむをえない, まっ白い, まつたくわからないかも, むしろ下位, もうもう御, もう恩, もう湯気, もとの, やわか吾ら, よく人間, よく判りません, ザザーッと, ザツト二間も, チト野暮な, ッた, バラバラと, ヴィエンヌ河の, 一つ黒船おっ, 一切の, 一日も, 一瞬で, 三宝甲武信木賊の, 上長の, 下りられない, 両親の, 五六個の, 五十番地と, 五燭の, 人が, 人の, 人為的な, 今は, 今や最後, 今日の, 今申した, 今迄, 休みなく, 伸子たちに, 何う, 何か, 何にも, 何の, 何んにも, 何物か, 余り急, 先帝も, 兎唇の, 全然区別, 再び逃げよう, 冷たい風, 凡人も, 刀の, 別問題, 前にも, 剥げかかった金看板, 助けて, 助けては, 北方の, 十二メートル半である, 十数名の, 半歩, 叔父さんに, 取りも, 古義, 各歌風, 向後, 吾の, 唯其山, 問題では, 四方に, 國民同志が, 地球の, 大事な, 大概な, 天空を, 失礼の, 奥深い樹海, 安穩, 完成の, 小舟が, 少しむづかしくなつて, 岩が, 岩と, 島全体を, 巴里も, 平であった, 幾すじの, 幾分パロディー的, 引きあげる力, 強い太陽, 当然小説以外, 後は, 御道中, 心を, 必ずしもそう困難, 恒春園は, 我らにとって, 或は成り立つ, 戦隊と, 手入れを, 折柄おしよせる, 支那人の, 新しいの, 日蓮の, 早乙女主水之, 暗緑, 最も便利, 最も厳密, 朝漁に, 木曾の, 机に, 松川農場を, 校門から, 案外見透し, 楓と, 樹の, 武士の, 殴るよう, 殿である, 永く浅草寺, 油の, 油を, 洛内の, 活動性として, 海も, 海を, 清水の, 瀧山誠之進が, 火で, 無益に, 照りつけ山畑, 照る下, 父母の, 物の, 物まねする, 物語的には, 王として, 現在の, 現在性として, 現実性として, 生血が, 用心しなけれ, 甲乙の, 申訳は, 男子が, 當を, 発動機船の, 白い一条, 目出度いの, 直接関係は, 直義との, 眺められる, 眼の, 石が, 石ころが, 社会性として, 社會に, 私が, 私の, 私ア縄にか, 稍とも, 第一篇, 篠突く, 簡単である, 絶えず大声, 絶え間なし, 絶壁の, 続いて, 編隊長機と, 縁に, 繋累の, 群集も, 肉親でも, 自分の, 自在が, 英国士官が, 蒸汽船の, 蜩の, 覚えた経, 親の, 観念なさる, 観念の, 解放されました, 言うに, 貴下の, 貴公の, 赤い房, 踏みつぶしたわけ, 身もちの, 退歩である, 遠からず, 遠くに, 遠方の, 開いて, 闊葉針葉の, 降りないと, 雑戸の, 雨が, 順当である, 高潔純正を, 黒い鞄

▼ 上つた~ (250, 0.2%)

7 と思ふ 6 かと思ふ 4 といふこと, ものが, ものは 3 ところで, と云, やうな

2 [16件] か怎, か知れぬ, がさて, が腹, が葉末, といふ, ところを, に相違, のであつ, は可, ま, もので, ものである, やうに, んです, 鮎釣の

1 [184件] あの筋肉, ある夜, あゝどんなに, あゝ其, いかつい口鬚, かそして, かとお, かと見えた, かと見る, かも知れない, からだ, からつて, からで, からです, からとて快く, からねこれから, から世の中, から兜, か大層, か知らぬ, が, があれ, がいくら, がこの, がその, がただ所謂歌, がま, がまた, がやがて, がニウ, が先づ, が全身汗だらけ, が其儘, が其文辭餘, が初対面, が取り調べる, が声, が夜上り, が宿醉, が少し, が巡, が忠吉, が怒, が故に, が早い, が早く, が歩き出し, が母親, が犬, が誰, が間もなく, が間瀬, が餘, が馬返し, きりにな, けれどお, けれども出, けれどやがて, けれど雄, けれど雨, ことが, ことだらう, この友, ころは, し実は, そして今, そして力, そして周圍, そして甦り, そして遂, そして遠野, その絵, だらうと, で, であらう, であろう, ですよ, ということ, といふの, といふもの, といふ事, といふ事実, といふ説, といふ面持, ときだつた, ときとも, ところから, ところで半, ところの, ところらし, とのこと, とは思はれない, ともいふ, と共に最も, と同じ, と気がつく, と見た, と見る, と言, など, ならば, なりアブサント, にした, に過ぎない, に違, ので, のでいづれ, のでしめき, のでどこ, ので二人, ので二時頃柩, ので写生帖, ので如何, ので芥川氏, のに私一人, ばかりださうである, ばかりだつた, ばかりで, ばかりな, ばかりのお, ばかりの段々, ばかりの突き當, ばかりの紫色, ばかりの高い, ばかりらしい, ままぴたり, もの, ものか, ものだ, ものださうで, ものだつた, ものでなく, ものとしては, ものの下半身づぶ濡れ, ものも, ものや, ものを, もの少く, よ, らしい, らしい暑く, 久世氏は, 其の疾, 内田は, 力み返りが, 午後の, 大漢子, 富山七之助物も, 小さい口, 小さな口, 小供ら, 小公園, 御様子, 思ひつき, 揚句太陽の, 旨を, 朝だつた, 朝も, 朝同じ, 案じたやう, 気が, 汚い顔, 爾時長者, 生汐, 甲斐絹は, 痩せ身, 白い眼, 瞬間高張提灯の, 秀次の, 美しい鳩ちやん, 翁の, 芥川に, 若い男, 見るからに, 赤い手柄, 迄は見えた, 道助の, 青苔, 頃には, 頃の, 頃町へ, 黒い幻, 黒い船体, 黒い顏

▼ 上~ (237, 0.2%)

5 うの 4 同じよう 3 いふでも

2 [12件] いうと, いえども, 云ふ, 呼ばむとせしが, 呼ばれた青年, 崖の, 思われるあたり, 捧げて, 日ごと夜ごとに, 耳の, 覚し凄まじき, 鼻の

1 [201件] あたりに, あたりの, あり, ある, あるが, あるべからず, ある人, いい一所不住, いい根性, いっしょに, いった, いっても, いつたやう, いつも決まっ, いふと, いわずおよそ, おぼしきあたり, おもへば, お二人, くいを, ご一緒, さまでの, して, しなければ, しばらくロイス, しませうそれとも, しよう, しようでは, し尋常, し武力, す, すべし, すれ, すれば, そしてやわらか, その光栄, その父, それ等とを, どこおりなく, どちらが, どちらを, なさい, なし最後, なすには, なすの, なって, なつて, なられ遥々, なりて, なり得る國, なり得る國柄, なると, まして天, われと対, キミと, サンパンを, ハマ子さんとは, バヴェー街の, 一ト論議も, 一寸下とも, 一枚毎に, 一致せしめざる, 三番目と, 下と, 下に, 下の, 不忍, 世々の, 中だ, 云いながら, 云い張って, 云うの, 云つて中空に, 云つて置かう, 云はずあらゆる, 云わず出し, 云わず電車, 云われると, 人種上との, 仰せられるの, 來ては, 俯つ向いた, 俳書に, 光源氏が, 兩膝と, 処世上との, 初めて差出人, 別の, 力を, 勝手が, 千浪殿が, 卓子の, 厠上の, 口の, 叫んだ, 同じほど, 同じやう, 同じ位, 同じ日光, 同じ病気, 同様水の, 周縁に, 呼ばれた武士, 呼んで, 喧嘩したく, 四方が, 土の, 土俵の, 墓誌とに, 大原とが, 大原とを, 大方は, 夫と, 妹とが, 姉上とで, 嫂とが, 実物の, 家庭内の, 屋根の, 巧に, 帯留と, 座席の, 庭や, 彼女の, 心得しに, 思いまいらせし女, 思いましたが, 思い定め, 思う, 思うあたり, 思うに, 思う処, 思えば, 思えるくらいの, 思ったの, 思へども, 思わなければ, 思われたの, 折り合, 新枕の, 旦那の, 暮して, 来て, 林町に, 橋板の, 母にとっては, 水の上とに, 流れの, 海の, 灰色した, 為して, 焼けるやう, 熱心との, 爭つ, 甥の, 申しました, 番えた言葉, 直接の, 直温先祖書, 相撲を, 福井の, 私の, 私見る, 称して, 称し河内, 竜之, 経済上と, 考が, 耳あたりが, 聞き侍りては, 聴いて, 致そう, 興行上との, 茫然たる, 袖口から, 見えて, 見ても, 見ぬ世に, 見るか, 見るより, 見奉りぬ, 覚しい方角, 言うよりは, 訳しある, 評点が, 話してるうち夕立, 謂はれた, 近藤, 送りに, 道子, 道徳上の, 道成寺を, 部屋にて, 都会の, 釈明せん, 開きの, 隣室へと, 離れたま, 面白半分とで, 顔を, 鷺の

▼ 上~ (209, 0.2%)

36 づかいに 16 づかひに 12 を使っ 7 づかいで, をつかっ 6 をつかつ, を使い 5 をつかい, を使, を使つて, 遣ひに 4 で見, をあげた 3 をつかひ 2 でにらん, で人, で代, に見, の前, をし, を使う

1 [74件] がくらん, さえ不自由, して, つかいで, づかいじっと, づかいでのろのろ, づかいでひとりひとり, づかいでジロジロ, づかいでチラ, づかいで低く, づかいの, づかいは, づかいを, づかひで猫柳, でぐっと, でこう, でじろりと, でそれ, でぢろぢろ, で一人一人祖父ちゃん, で久美子, で俊亮, で園, で天井, で安井君, で宮子, で山木, で従姉, で招いた, で政雄, で敵, で真名古, で眺め, で睨みつけ, で睨み睨み, で睨め上げ, で睨ん, で署長, で聴衆, で見つめる, で龍子, と横眼, にこらされ, にした, にじ, にじっと, にその, になっ, に兄, に壁, に小野さん, に盗み見る, に相手, に見る, は半眼, ばかり使つて, も遥か, をした, をつかう, をつかふ, を使った, を使つた彼女, を使つた顔, を保つ, を吊っ, を張ろう, を用, を走らせる, を輝かせました, を送った, を遣っ, 遣でヂロリ, 遣ひを, 遣を

▼ 上へと~ (207, 0.2%)

10 登って 9 のぼって 4 上がって 2 あがって, はいあがって, 上って, 侵入し, 昇って, 見廻り始めたこと, 進む, 進んで, 雲の

1 [166件] あが, おびきよせて, かさなって, これからの, しばりました, すすまなければ, せり上がっ, たぐりのぼり始めました, ただ一人, だんだんなで上げる, つけた道, つてかへ, つみあげる手つき, どんどんやっ, どんどん昇っ, なお歩, なであげるよう, のぞかせて, のびあがり今にも, のびはじめました, のぼりつづけて, のぼりつめて, のぼりました, のぼり夏, のぼる, のぼるなれど, のぼるの, はしゃぎ出そうと, ぴおりる, まつて, もがき出て, やつて, よじ昇る, ペンペの, 一行は, 上がったところ, 上げて, 上げる, 両方へ, 今や上っ, 今一騎一騎背のびする, 伸びて, 兎の, 凍りついて, 出かけて, 出て, 刎上げ, 前後し, 前進の, 力の, 匐ひあが, 吊り上げられて, 向は, 命の, 団子を, 太陽の, 少しづつ落葉, 延びて, 延んで, 建てられて, 引き上げられるよう, 引上げようと, 張り重ね, 往った, 復た, 思ったが, 急ぎました, 急ぐ, 急激に, 押して, 押し上げながら, 押し上げるので, 持ち上げて, 持つて, 攀じのぼった, 攀じ登って, 昆虫館を, 昇つて行きました, 昇るもの, 昇る狭い, 暗い夜空, 月輪の, 桑材を, 気ばかり, 汗を, 流れて, 浮かんで, 浮き上って, 涙を, 渡った, 渡つた, 溯ると, 無限に, 狂気乱舞する, 登つていつ, 登つて來て, 登つて行きました, 登つて行つた, 登つて行つてゐた, 登つて行つて大きな, 登りつめて, 登りながら, 登りました, 登り社, 登るに従って, 登路を, 白い渦, 盛りあがって, 盛り上がって, 真赤な, 私の, 移し替えて, 移った日野賢俊, 移って, 積み上げたもん, 積る, 積んで, 積上げた空間, 立ちのぼって, 立ち上る白い, 立ち昇る, 立ち登るの, 糊と, 糶り昇る, 継ぎ合せたよう, 線路を, 縫うよう, 置いた, 翔ぼうと, 聳え立って, 色を, 苦しみの, 落して, 落ちた, 落ちて, 蓄めこ, 蔓を, 行く, 行げば, 見霽, 解いて, 誘き上げられ最, 貼って, 走つて, 走るの, 躍った島民少年, 躍つた島民少年, 辿って, 迅速に, 逃れて, 逃れゆくこそ, 這い上った, 這い出した, 通ずる一条, 重ねるの, 限りなき, 階段を, 際限も, 集まった紅, 集まって, 霧の, 順々にという, 飛び上, 飛んで, 駆け出して, 高くなる

▼ 上~ (206, 0.2%)

3 うかと言, 壁の, 巌の, 樹の, 淵を

2 [13件] 下に, 下を, 天井を, 姉上に, 屋根の, 巖の, 床の, 手の, 押入の, 抽斗の, 政治上の, 紙の, 身の

1 [165件] あっち向きの, あやうげ, ある我々二人世, いすの, いろんな文化運動, うづく, お粂様, が皆, この壁, この居室入口, この畳, しきで, しきなる, その両側, で, ひと声時鳥可, まずひそひそと, また葉, まはり, まわりに, まわりには, ろか下や, コメカミの, テーブルの, トランクの, ホッペタに, 下で, 下には, 下の, 下や, 丘の, 両眼, 中腹から, 人形の, 仕打ちの, 作事小屋の, 千浪の, 又は数奇, 叢の, 台石の, 君の, 周囲には, 堀端の, 堂の, 墓石の, 壁との, 女沙汰, 妹さんが, 妹さんなぞと, 妾の, 姉上と, 娘の, 子供の, 子達が, 学問上に, 室の, 家の, 寂光土, 密集した, 寝台の, 対人関係で, 小屋の, 小川の, 小砂利, 少女の, 山腹に, 岩と, 岩の, 川原の, 平家の, 広い野はずれ, 座敷の, 庭に, 庭先で, 形式だけの, 形式上の, 彫刻した, 御門の, 扈従の, 手摺の, 散歩や, 文學上の, 日向の, 暖炉の, 書物の, 月並な, 服装の, 本所浅草の, 机の, 板の, 格子に, 棚なぞ, 森を, 椅子の, 楢林の, 横を, 樹木などを, 橋の, 此処の, 武蔵氏の, 歴史の, 民法上の, 水路の, 河岸の, 灌木の, 物置の, 物質上の, 特にその, 狭間や, 理論上の, 生活上の, 用途の, 畑の, 病める紫, 石や, 石畳の, 研究室の, 社交上で, 社会上の, 空を, 窓さきに, 窓敷居に, 窓縁の, 窖の, 笹むらの, 精神上の, 耳の, 耳朶の, 肥滿つた氣の, 肩の, 胸の, 腹の, 自分の, 興に, 花崗岩の, 草の, 草原の, 荷物置場の, 莚の, 葡萄畑の, 蜘蛛の, 衛生の, 衛生上の, 西沢水夫長大工コックなどは, 試しの, 諸所, 路地の, 辻, 野原の, 鋪道の, 鍋の, 鏡の, 門の, 陸で, 隈どり, 雪中に, 青い芝生, 青葉の, 音響学ばかりにじゃ, 顎の, 顔の, 風景観の, 餌を, 高いところ, 鹿ヶ谷の

▼ 上~ (198, 0.2%)

114 から 3 が, ぜ, といふ, と思っ, な, わ

2 [14件] がそこ, が今, が表, けれど紋, し八兵衛, ぞ, つたから, つたのです, といっ, とか論理, と思わね, と言, などといふ, のを

1 [137件] えらい恰好, からいい, からいかに, からいろ, からおばさん, からき, からさよう, からそう, からといふ, からどこ, からな, からゴロゴロ, からショウバイ, から人, から四十, から少し, から恐ろしい, から気, から看護婦, から私, から間違い, から霙, から音, から風, か分らぬ, か知れねえ, があの, がいざ, がしゃんと, がそれ, がと心待ち, がわしら, がモスクワ芸術座, が之, が何, が何分, が優しい, が其處, が品位, が奇功, が女, が姻戚関係, が実際, が年, が彼等, が戸籍, が覚え, が覺, が話, けれど, けれどきっと, けれども正直, けれど恋, けれど親切, この辺, し, しそれ, しそんな, し一方, し分別, し多年, し学問, し実用語学, し年, し役目, し禁門, し読んだ, し身なり, せっかくだ, そうだ, そうです, つたといふ, つた人や, つた佐藤氏で, つていふに, つて水の, つて言つてゐる, というそれ, というよう, という事, という反省, という強み, という意識, とおもう, とか, とか云つて, とか曲り角, とか積極的, とか窓枠, としたら, としてもせいぜい, とて場合, とて夫婦, との自信, との話, とは知らず, と云う, と人, と仰, と仰言ったで, と思いました, と思った, と思つて, と思つて余り姉さん, と思ふ, と思われました, と目, と確信, と考え, と覚え, と言つて, と言われ, どうかこちら, な檜, な間者牢, ね, ねえ, のうその, のという, もの見ず, よお前さん, よそれに, よ危, よ父親, よ苦しい, カラフト問題を, ゴシンゴシン渡れ, 何を, 先輩だ, 器量の, 斯う, 毛唐とは, 清こう, 翼ない, 話が, 足を, 間違いは

▼ 上からも~ (194, 0.1%)

6 下からも 3 非常に 2 それが, 一々見て取れる, 今の, 容易に, 斯る, 望まれたの

1 [173件] いくらかごまかし, いっさいの, かすかに, かような, ここを, この作, これを, そうしたもの, それ等の, たいへんに, つらかった, どの位重大, なおひしひし, なんとかし, ますます消極的, またこの, またこれら, また一般文化, また今, また僕, また多く, また尊氏観, また社会組織, また芸術, むっちりと, もうラシーヌ, もっと書かれ, ゆるがせに, よいとは, よく晴れた, よく見えました, アーチの, ジュウタンの, ユラ, 一人で, 一個の, 一大痛恨事と, 一応理解, 一斉に, 一新紀元を, 一致し, 乱箭が, 予期される, 云い難い, 亦, 人目について, 伺うたの, 何か, 信長は, 修理の, 倶に, 全く知識階級的, 到底あり得ない, 区別し, 又飼育, 同根同, 因縁が, 城門の, 外貌を, 多大の, 夢, 大きな祭, 大きな穴, 大切な, 大山車, 女子の, 好都合だ, 学問修業という, 実際の, 客種の, 家々の, 宿の, 尊敬され, 小さくふくれ, 小猫, 少しも, 幕府の, 平等の, 年齢からも, 延期と, 当時の, 彼と, 彼らは, 御自身, 微妙な, 必要な, 必要に, 思想の, 性格の, 恋愛の, 悠々と, 意義の, 感情上からも, 或は唯, 或る, 手に, 把握する, 押しすすめて, 押っかぶさる, 拍手と, 振返つて, 推定し得られ, 政治の, 教養が, 数人の, 断じてあるべからざる, 既にそれ, 日本の, 明らかに, 更に進ん, 最も貴重, 有利であった, 望めば, 本当に生活, 棕櫚の, 極めて切要, 模範的生徒に, 橋の, 次第に明瞭, 水産事業の, 決して無害, 淡い陽炎, 片時も, 特にその, 猿楽と, 理論上からも, 甚だ解し, 白い砂, 矮鶏の, 私に, 私にとっては, 窓枠からも, 答えた, 経済上からも, 統一の, 絶えず賑, 絶対に, 考へられたので, 考古学上からも, 興味ふかい, 芝居といふ, 萎縮させた, 落ちて, 著しい退歩, 薄紅い, 表現の, 見えず矢場, 見えて, 見えました, 見える, 見るよう, 見殺しに, 見識が, 観察される, 記録の, 許すこと, 認められること, 説いたつもり, 調和を, 身軽に, 逞しい山塊, 速かに, 連想の, 過敏な, 適切に, 野心の, 鎖国を, 雲の上からも, 非常な, 面白くない, 順直で, 風致の, 鬼の

▼ 上って~ (194, 0.1%)

5 了った 4 室の 3 歩きだした, 歩き出した, 空を, 窓から, 窓の

2 [12件] 了いました, 入口の, 向うの, 困苦や, 土間の, 孔子に, 廊下へ, 手を, 此方へ, 部屋の, 障子を, 電燈を

1 [146件] あぐらを, あたりを, おめき叫ん, お出でだ, お時儀, そこらを, その手, その跡, その辺, ズボンの, ソソクサと, タッタ一人で, ハイと, フラ, フロシキを, ブラリと, 一つ大きく, 一声大きく, 中縁, 了って, 二三歩あるく, 二人の, 云う, 仕度を, 低声, 体を, 何気なしに, 其処らの, 出勤の, 別の, 加奈子の, 加奈江を, 勝負いたせ, 匿し, 博士を, 口を, 台所から, 合掌, 同じテーブル, 同じ時, 同じ道, 呶鳴った, 唐紙を, 喧嘩を, 四方に, 声限りに, 外へ, 大欠伸, 太陽を, 奈良原少年を, 奥から, 奥の, 奮戦した, 女を, 始末した, 客間の, 客間を, 室から, 室を, 家に, 家内一同で, 少佐を, 山高帽を, 工場の, 席を, 座席の, 座敷の, 庫裡の, 廊下を, 彦太の, 復讐する, 戸を, 扉に, 扉の, 扉を, 扉口の, 手の, 手招ぎを, 手水に, 打向っ, 押入から, 抽斗から, 拳を, 掃除に, 来た同じ, 来ました, 来島と, 柱の, 柱時計を, 校正刷を, 極り悪, 歩き出す, 水の, 氷枕を, 沖を, 火消一同が, 煙管で, 煙草を, 熱狂的な, 燈火で, 物の, 玄関へ, 画を, 眼を, 砂ほこりを, 秋子さんの, 秘書官の, 秤を, 穴を, 窓ぎわへ, 窓辺へ, 米友を, 組附い, 縁側に, 羽織も, 耳を, 胸倉を, 膝に, 自分の, 舞おうと, 蔦葛の, 蛍籠を, 衣服を, 襖を, 西山さんを, 覚束ない, 警官の, 谷警部を, 足踏を, 身支度を, 身繕いし, 車を, 込合う乗客, 道の, 金を, 金網を, 鉈豆で, 門へ, 隅の, 雀躍し, 雨戸を, 雪江さんの, 電話を, 頭上の, 顔といふ, 食堂を

▼ 上その~ (186, 0.1%)

3 ために, ように, 口を 2 乳母にも, 何である, 内容を, 年の, 時は, 足で, 頃の

1 [163件] あついの, かぼそい骨, ことを, すぐ隣, ところを, はたらきあ, ま, ような, アルバート, プライドを, 一箇を, 上に, 上の, 上等種族は, 下の, 不快を, 中に, 中の, 主将鹿野元忠の, 了解を, 事に, 事務員は, 事実は, 人々と, 仕事の, 仮装の, 位な, 位置の, 住職の, 使者には, 例証は, 傷は, 入口において, 六年間の, 内容的かつ, 冗文と, 刀で, 創始者なる, 努力の, 労働に対する, 労働の, 動物に, 勤務を, 協同相談も, 原因を, 原因事情を, 去就に, 名の, 名最も, 因由などを, 地を, 地獄に, 場から, 場には, 場面は, 夜弟の, 大部分, 奥には, 奥様といふも, 奧には, 女は, 娘の, 存在を, 家を, 富を, 封筒の, 将棋という, 小卓, 差を, 席上で, 座敷牢へ, 当時の, 形勢を, 御金, 思想を, 惡事を, 成否を, 手続きを, 折の, 敏腕と, 文物に, 方が, 方に, 方の, 旅を, 時代の, 時分は, 晩うんと, 晩にも, 晩は, 木が, 権利の, 機敏に, 次郎さんと, 死体が, 死体を, 殺人方法の, 殺害に, 水力を, 治病の, 活計の, 点には, 熾ん, 爲に, 父親が, 理を, 生れたばかりの, 生血を, 男が, 痩せ絡まつた秋, 登山口である, 益少から, 相手が, 相貌が, 社会に, 種は, 種類の, 立派な, 端々を, 答えの, 節の, 素性の, 経営し, 緑葉の, 繩の, 美しい後家, 美しさ, 美徳を, 翌年にも, 者の, 胸の, 船名や, 英国に, 蕃殖を, 行為の, 見た印象, 親の, 解放を, 記事中の, 証あり, 資本の, 赫々たる, 身分を, 辺で, 辺の, 近くに, 迷景の, 道理を, 道筋を, 部分は, 門に, 門生の, 音を, 頃から, 頃は, 領国を, 顔は, 風に, 風紀を, 首が, 首の, 鳩は, 黄金を

▼ 上なる~ (174, 0.1%)

3 ものは 2 を高し, 一枝の, 家は, 広間よりは, 月夜かな, 松の

1 [159件] うねりたる, かもしれません, がさびし白う, と, はかね, は伯耆, は能, まだ墨, ものだ, ものと, ものに, ものを, もの之を, も其の, やうに, よし, をもかく, を内, アペンニノより, ゴンゲサマ飛び, シャロットの, マーレブランケの, ラチオの, 一つ家に, 一の, 一端を, 七字の, 三の, 三日の, 丘の, 主人の, 事業は, 二水相合し, 二階の, 人, 人に, 人の, 人は, 人を, 人家も, 仏頂寺弥助は, 信長の, 個々の, 光春との, 十字架に, 城も, 墨屋敷の, 夕月夜あたる, 大いなる銅馬, 大なる, 天にのみ, 天の, 天より, 天を, 天井から, 女は, 姉なり, 姿を, 寺を, 小さな堂の前, 小岩大岩の, 小藪の, 山に, 山にて, 山の, 岩の, 岩窟には, 峠の, 巖頭に, 帆を, 平地の, 座敷には, 弓門の, 徽章ある, 忠一の, 意志を, 我がま, 技芸, 教会の, 新衣, 星辰の, 暗空, 書掛の, 書燈を, 書物を, 朱の, 材木巌帚川の, 柩とや, 桂子を, 櫓へ, 水茶屋には, 油単の, 温室の, 灰皿に, 無窮の, 物, 物と, 物に, 犬のみを, 猫兒店の, 疑問の, 白旗に, 白鷺の, 知人に, 石橋の, 神幣そよ風に, 穉子を, 穹窿に, 空に, 窓に, 竹童の, 笹子峠には, 紅絹を, 紅躑躅二人ば, 編輯室の, 美しきイタリア, 者が, 聖母は, 能登守と, 自我が, 花摘社に, 茂太郎の, 草稿を, 葉の, 薄ぎぬ, 蘇鉄の, 蝋燭は, 蝶の, 街に, 衣から, 袋より, 見世物小屋の, 詩集の, 詩集を, 課目を, 諸天, 諸獄, 豆洋燈を, 豪族の, 貫一は, 輻と, 金扇の, 鈴を, 鋩目掛け, 長椅子に, 雑木林の, 雨戸へ, 雲は, 霧は, 青い空, 静宜, 頂に, 額を, 魂を, 魚に, 鳥や, 鶚を, 黒い布, 黒綾の

▼ 上つて來~ (164, 0.1%)

3912 たの, る 9 るの 43 たもの, るやう 2 たぞ, たやう, た駒平, てし, はしない, ると, るひよめき, る事, る足音

1 [64件] おづおづした眼, たあたり, たあと, たお, たお蔭, たから, たが, たさえの, たと, たとき, たねえ, たので, たのよ, たやや, たん, た三人連, た太政官, た岸, た時, た火, た眺め, た舳, た處, ていくつ, てお客さん, てくれた, てそこ, てその, ては船員, てゐた, て人間, て勉強, て大和, て居る, て船便, て蒲團, て雨, ないから, ないが, ないのにと, ないやう, なかつた, なさい, ぬとも, ました, ます, られたか, られる, られるわけ, ること, るところ, るなり, るもの, る人, る冷た, る四郎, る嫌惡, る工夫, る時, る生命, る白い, る自動車, る長さん, れるし

▼ 上にて~ (155, 0.1%)

2 これを, 之を, 夏と, 大施餓鬼, 忙は, 聞き給

1 [143件] あせるを, ありき, いかなる大, いわばあたかも天然, おれを, お前の, お迎えいたすべき, お首, かくの, この投票, これと, さらに大作, その原因, その方, その為し, その餌食, はたらける浦上人等, へたばらう, みるに, もう一度居, ゆるりと, アイデアリスト, シエクスピイヤの, ベルナルドオの, 一冊御, 丁字形を, 不審が, 世を, 両手を, 中古の, 事を, 二つに, 交趾人黄調なる, 人知は, 伸を, 公子罌粟畑を, 公表する, 兵卒と, 其爲し, 再びレンズ, 再び見, 凉しき夏と, 南半球周遊の, 即座に, 又汝, 同じく, 奥へ, 如法鎧櫃に, 宇宙間に, 定めたるもの, 対決する, 山の神千二百生れたま, 屹度面を, 岡村柿紅子に, 引力重力の, 彼等を, 徃年統計恊会に, 御名論を, 御相談, 復た, 心安く息引取り度, 息絶ゆる, 恰も清元清寿会さら, 悪事を, 悲しむを, 憩ひ, 成さる, 戦死仕り, 戴冠式の, 打つなり, 拝読致候, 持てば, 挑みかからば, 放電する, 散らし奉ったと, 数多の, 文学を, 新聞を, 日に, 晝寢したら, 書くべきもの, 會合する, 望む, 未だ知らざる, 杢汝に, 東京へ, 果合い, 棺車を, 歎けり, 此夕わが, 此度其許様を, 汝の, 決ること, 洩れ聞きつ, 活かし使, 物読め, 獨り, 理想派と, 生きて, 申解くべく, 男性なる, 町家へ, 皮を, 知り實驗, 礼拝式あり, 神道を, 私に, 窒素の, 立つる霊魂説, 組み合せ開きたる目, 結びたり, 総て花々しく, 考定せる, 聊か考え, 聞いて, 聞きわけずば, 船客の, 荘厳に, 虎の, 西方の, 西方より, 觀の, 言ふ, 言ふところの, 言ふも, 許しも, 該機関を, 語りいる, 説明すべからず, 講究し得る, 路分る, 述べたる談話, 進退を, 遊び戯る, 遊学の, 釣られたる者, 鎧の, 陣亡いたし, 隠れ二町, 非常手段を, 風に, 館址よりの, 黄金掻き

▼ 上でなけれ~ (139, 0.1%)

7 ばならない 4 ば, ば何とも

2 [14件] ばうっかり, ばこの, ばその, ばどう, ばなりません, ばわからない, ば判断, ば夫, ば容易, ば手, ば断言, ば此, ば確, ば私

1 [96件] ばあと, ばいっさい訊問, ばいわゆる, ばうつ, ばうまく, ばお, ばこ, ばここ, ばこんな, ばそう, ばそれ, ばだれ, ばできない, ばとても, ばどうにも, ばどうも, ばならず, ばならぬ, ばならん, ばなり立たない, ばにわかに, ばほんとう, ばわからぬ, ばわかる, ばジャーナリズム云々, ばドンナ事, ば世の中, ば主観, ば予め, ば事, ば事件, ば云, ば交霊実験, ば人様, ば仕事, ば以上, ば体, ば其感じ, ば冤罪, ば决, ば出入, ば出来ない, ば分らず, ば分らない, ば分りますまい, ば分る, ば判らない, ば去り, ば取引, ば口幅ったい, ば右, ば問題, ば役に立たない, ば彼, ば彼女, ば得られない, ば御返事, ば応, ば感じる, ば成り立つ, ば成るべく, ば成立, ば断罪, ば旺盛, ば是非, ば本当, ば決らぬ, ば清い, ば申されませぬ, ば男, ば町方, ば畢竟, ば百姓, ば眞實, ば真偽, ば確か, ば確定的, ば科学, ば科学的, ば立つ, ば考え, ば腹, ば芝居, ば見られない, ば誰, ば軽率, ば載せる, ば返事, ば通らない, ば連れ, ば開場, ば開閉, ば需, ば頷け, ば飛躍, ば駄目

▼ 上この~ (138, 0.1%)

2 ことは, ような, ように, 半歳ばかり, 印刷屋で, 娘さんが, 男は, 重傷を, 頃は

1 [120件] あたりには, いじらしき三匹, とき始め, ま, ままには, やうななされ, ようななされ, エンジンで, クライマックスの, トランクに, ノルムに, 世界を, 主水之, 事件で, 事件の, 事件は, 二つの, 二獣を, 五六年来次第に, 人たちは, 人は, 人形芝居に, 会は, 住居は, 余りに妥協的, 信條で, 信用手形で, 先何年たっ, 先長く, 八日という, 冬の, 処刑は, 動機は, 十日ばかり, 反対者の, 君の, 呼び名は, 四月からは, 四種に, 土地を, 土曜日から, 地の, 場合配属将校に, 変化は, 夏の, 夏頃から, 天与の, 夫人を, 女, 女の, 姫路の, 嫉妬の, 子, 子の, 学者出の, 守隨彦太郎腹でも, 室は, 家に, 家を, 家人階級に, 尊像は, 屍体の, 山は, 岡の, 巨人金庫を, 幼児保護教育の, 床の間から, 弟を, 後も, 循環を, 怪しい大利根博士, 怪婦人は, 恋における, 愛弟子を, 手紙の, 手紙を, 手腕を, 政治的自由なる, 文を, 日は, 晴明の, 暴動は, 木の, 村の, 模型的な, 歌では, 母親に, 比例は, 汐具合では, 洞穴で, 点に, 爆撃の, 父の, 男も, 相手は, 節は, 細長い家, 罪過は, 美しい女性, 老人を, 興行から, 英語科は, 親方が, 話には, 調査は, 論文を, 資本が, 身売防止は, 近所の, 近村から, 部屋を, 関係を, 際一切を, 青年には, 頃では, 頃の, 頭の, 騒ぎの, 鱠を, 點に

▼ 上~ (131, 0.1%)

3 は彼女 2 にまで丁寧, の信心, の妻, の家, の心, は, は一生, は少し

1 [112件] からで, から見る, がうたった, が九州, が処分, が前, が彼, が拙い, が沈黙, が討ち果たしましょう, が邪魔, が非常, だけはなれ, としては言い兼ね, ともう, と会おう, にそんな, にはご存じ, にはそれ, にはそんな, にはどう, には他, には余り, には自分, には道, に凡そ嘗て, に強い, に推薦, に望み給う, に神, のいう, のこと, のその後, のオペラ, の下僕, の代, の何事, の剣, の口, の夫, の子供, の志, の所有, の手, の手箱, の生活, の病院生活, の祖父, の秘密, の胸, はあなた, はあやうく, はこの, はその後腸チフス, はそれ, はそれ丈, はただ, はつい, はどうしても, ははつきり, はまた, はよい, はインク, はダージリン, は一応, は久し振り, は今, は何, は何ん, は出懸けました, は剣術, は博士, は去年, は国, は大, は大変貧乏, は妻, は学問, は宅, は家庭, は当分此, は彼, は従来雨風, は息, は戦争勃発勅直後, は時々, は書きたい, は毎日会社, は永劫彼, は生れた, は生れつき, は相川, は相続人, は知らぬ, は神経衰弱, は色々, まで證人, も一二度稲見, も一生, も仲間入り, も何, も彼, も気, も隅田川, をかつい, をもっと, をもつ, を庭, を持っ, を昆布巻, を特別, を騙し

▼ 上~ (124, 0.1%)

2 倉の, 内儀の, 勘坊を, 幾を, 店へ, 才さんの, 町さんを, 絹が, 蝶が

1 [106件] あいが, うたの, かまひ, きみ, ことばが, たがい, ぬしと, ひきとめ申しても, ひとりで, ほいなる, ほほほ, めずらしゅう, ッつ, 一人が, 下屋敷は, 世辭の, 久は, 互に殺しあった, 互の, 互様に, 人違い遊ばす, 仕舞ひ, 仕舞まで, 信の, 優さんと, 六は, 内儀に, 別れしよう, 勝手に, 北の, 匙を, 名前までは, 喜代という, 喜多, 喜多との, 噂とて, 国許の, 夏が, 夏といふ, 夏には, 大に, 妹様が, 姉いさん, 孃さんの, 孃さんは, 察しくだされい, 将軍家からの, 小遣いまで, 屋敷にて, 履物は, 差支は, 帰りか, 幾に, 役が, 役人に, 役人には, 役人われわれお, 徳には, 恥しいが, 懐しゅう存じます, 戻りなら, 手打に, 手當も, 支度なり, 春と, 春は, 極めなす, 歩きなさい, 気持ちを, 泊りで, 父上に, 由が, 登世に, 登和嬢の, 白洲へ, 目にか, 着古しは, 祖母さまを, 神樂の, 福は, 禮に, 秋の, 答を, 紋は, 紋を, 絹の, 縫に, 美乃さんと, 美代の, 臀を, 艶に, 芝居が, 若が, 薬を, 蘭さんの, 詫の, 谷といふ, 豐は, 越が, 身体だけ, 逃げなさらなければ, 道さんと, 鈴ちやんが, 銀様の, 鐵が, 鳥が

▼ 上なく~ (121, 0.1%)

16 完全な 3 魅力に 2 いやな, きれいな, ハツキリ判つた, 善である, 完全である, 幸福に, 有力で, 有力な, 老獪な

1 [84件] きよう, きれいに, こっけいで, しずまった心, しなやかな, てはならない, ひとすじに, ハッキリ判った, 一寸さわる, 上手な, 下手で, 不完全であり, 不愉快に, 不自由な, 不都合な, 優美な, 典雅な, 冷く, 冷静に, 凜, 力が, 単純だ, 印象的に, 厭がっ, 厭な, 叮嚀な, 大切がっ, 大悦, 天才的な, 奇怪でした, 好都合な, 妾たちを, 完全に, 尊げな, 幸福な, 張合が, 強烈であれ, 彼に, 心の, 忝け, 悲しみは, 惧れ, 愉快な, 愉快に, 愛しながら, 感心し, 感心は, 手の, 日の, 日本の, 有効なる, 栄養に, 楽しみに, 気を, 清浄な, 清潔な, 満足だった, 滿足な, 直接で, 眞である, 真である, 簡単な, 簡明である, 純粋に, 結構な, 美くし, 美くしい, 自分に, 自尊心の, 自由に, 苦勞性の, 親しみ深く, 詩的な, 貧弱な, 貴重な, 賢明な遣り, 退屈な, 違って, 適切に, 都合の, 重要な, 野蛮な, 非音楽的, 高飛車に

▼ 上つたの~ (113, 0.1%)

21 である 4 だ, です 3 であるが, でございます, ですが, を見る 2 だが, であつ, であらう, でせう, では, やれ曹司

1 [60件] かしら, かも知れない, か答, が, がかの, がまた, がアノ土器色, が始まりで, が寛政二年十六歳, が平, が此本, が間違ひだつた, だから, だつけ, だつた, だつたが, だらうと, であります, でご, でございますが, ですけれど, ですよ, とが殆, とこつち, に較べれ, に過ぎない, に驚いた, はあんた, はいい, はその, はまだ, は一八七一年, は五月, は今町, は何時, は八時ごろ, は写生, は医術, は大黒頭巾, は小さい, は延寶, は彼, は恐く, は戌刻半, は水道, は火焔, は荼吉尼法, は言, は長安, も同前, も実は, も決して, も謂れ, よ, を声, を家人, を手渡す, を素敵, を見, を見た

▼ 上~ (110, 0.1%)

3 は, はその, は自分 2 には本堂庫裏客殿, のその, の心, の相場, はこの, はすべて, はただ, は周囲, は遂に, は酒

1 [81件] が好ん, が帰った, が跨がっ, と彼, には富子, には現代人, に勝つ, に彼, に次女, に返した, のいわゆる, のお, の予言者的天才, の偶然, の口, の声, の室, の宥, の容子, の方, の日々, の条件, の湯壺, の病, の縄, の美しい, の耳触り, の腰帯, の自信, の言葉, の詩的幻想, の配下, の限定, はおのれ, はきちょうめん, はこの間, はこれ, はどんな, はまた, はまったく, はむやみ, はもうよほど, はも一つ気, はシュエデンボルグ, は一窓庵, は上流, は世俗, は今, は何, は何事, は來年英國, は俄, は元, は出血, は向こう, は多く, は天然自然, は少年時代, は当時神経衰弱, は彼ら, は彼女, は手, は担架, は月, は機会, は毎, は王位, は現代, は理窟, は自ら, は自尊心, は英語, は詩, は酒場, は鳩, もし, も感情, よりもお, をいじくらない, を拗らす, を監禁

▼ 上總屋~ (108, 0.1%)

6 の身上 5 の裏 3 のお, の主人, の嫁 2 に入, の土藏, の奧, の家, の帳場, の店中, の番頭, の若, を見張らせ

1 [70件] が一文, が死んだ, が死んださうです, でございます, ですよ, では内儀, なら, には十兩, には氣, に何, に出入り, に向, に殘, に決つて, に泊り込ん, に立ちこめ, に續, に金, に驅, のこと, の一件, の二人, の井戸, の井戸端, の人達, の内儀, の叔母, の外廻り, の女共, の姪, の子供達, の家中, の家族, の寮, の店, の店先, の庭, の手代, の掛り人, の暖簾, の案内, の死, の甥, の番頭さん, の番頭金五郎, の裏口, の裏木戸, の話, の財政状態, の跡, の雨戸, の騷ぎ, はその, はそれほど, は一文, は三人目, は三年前, は小さい, は此處, へでも行つて, へ乘込, へ入, へ嫁, へ引返し, へ歸つて來, へ用事, へ祟る, へ行く, へ行つて, へ飛んだ

▼ 上~ (100, 0.1%)

6 一人の 5 一人で 3 丁寧に 2 一人を, 寵愛の, 政道の, 親類中から, 軫念を, 迷惑でも, 養生御

1 [72件] 一人から, 一人つまり, 一人である, 一人に対して, 一人までが, 一人より, 一報下さい, 丁寧にも, 不例大君殊之, 主人が, 主人は, 主人様へ, 二方様の, 会いいた, 侍女の, 修正を, 先祖の, 出席の, 切腹と, 加増だの, 化粧も, 埋骨式の, 執筆下さいます, 報告に, 姉妹へ, 孃樣の, 家老の, 尽力を, 屋敷門番左五兵衛に, 当主は, 心配かけ, 心配なさる, 恥しい次第, 息女さまの, 愛妾は, 扶持代物にて, 批評が, 指定の, 挨拶致します, 捺印を, 採用下され, 政道天下の, 教示を, 文まで, 断申可シ, 書入, 歸朝までは, 気に, 気の毒だ, 決定下さい, 火葬可仕, 米は, 約束之, 縮め被, 老人方の, 聞を, 股ヨリ下ハ御, 自分で, 自分の, 自由に, 薬園へ, 藥園へ, 親切に, 謁には, 赦免に, 赦免にな, 軍議あるべき, 近習衆の, 返し申す, 進軍ねがいまする, 靈の, 高話を

▼ 上甲板~ (97, 0.1%)

5 に出る, へ出 3 の方 2 に立っ, の巨砲, の日, の欄干

1 [76件] から手旗信号, から最上甲板, から短い, から順次, から飛下りよう, でお, でかう, でそれ, では普段, でわあ, でダンス, で叫ん, で網, とが密房組織, と主, にしっかり, にのぼっ, には定めし, にゆるやか, に上っ, に人間, に仲よく, に出, に勢, に向っ, に声, に寐, に折椅子, に水, に登っ, に立った, に虫, に見え, に這い出した, に降る, に集め, に駈け上る, のひろびろ, のほう, のもう, のテニス, の一部, の一隅, の下, の冷めたい, の室, の手縁, の無電室, の病室, の端, の籐椅子, の船客たち, の連中, の醜い, の隅, の高級船員室, は喧々囂々, は大騒ぎ, は海面, へ, へあがっ, へかけのぼった, へとび出す, への昇降口, へやっ, へ上甲板, へ整列, へ馳, まで上げ, も下, や下, を歩い, を海上, を艦尾, を見上げた, 下甲板

▼ 上つて行~ (93, 0.1%)

84 つた 5 つたが 2 つたり 1 つた筈, つて

▼ 上にまで~ (91, 0.1%)

5 伸びて 2 延びて, 登って, 白く積り, 至らしめたるは, 被さって

1 [76件] あったのに, あびせかけ光線, あらわれて, およんで, かえって来た, かかって, ぎつしり並ぶ, こぼれ出て, ごたごたと, さし入って, すいて, それを, そんな思い遣り, のびて, ひきつけて, べとべと血, もって, 一面に, 乘つては, 乱雑に, 人間が, 仮にも, 出る, 利口な, 加えた, 卵を, 及ぼして, 及んで, 反映し, 喧嘩を, 困難を, 圧しかぶさる, 垂れさ, 大なる, 宿因, 届けたの, 差別され, 差込ん, 帰航した, 延びた眉毛, 彼を, 手を, 拡った, 挙げら, 撥い, 擴げられ, 昔の, 星の, 映え盛ったその, 歸化人を, 汗疹が, 泥水が, 浸み出て, 点々として, 現われて, 眼を通して, 積みあげて, 突き出て, 筵で, 箒目を, 繁った, 蔽いかぶさったかと, 蔽ひかぶさつた, 覆い被さって, 超えねば, 輝いて, 這ひあがつ, 進出し, 運び出さなければ, 重量を, 長く延び, 長く枝, 降り立つて, 雪の, 飛び散って, 飛んで

▼ 上天気~ (91, 0.1%)

8 である 65 だった 4 であった 2 だつた, です, で前日, で陽, で風, なので, になった, のよい, らしい

1 [50件] いよいよ神田祭, がよい, が続い, が続く, だったので, だと, だもの, だらう暑い, つづきなに, である純, できょう, でこの, でしかも, でした, でしたから, ですよ, でないと, でまだ, で今日, で棚引く, で橇, で神田, で空, とはゆかず, になっ, になつ, になり, になる, に出, に大鳥神社, に違い, に雨, に雨傘, のある, のうち, の元日, の凍て, の方, の日, の日曜, の朝, の朝日, の秋日和, はこの, は仮面, ばかり続く, も万, を喜び, を約束, 過ぎると

▼ 上自分~ (88, 0.1%)

3 も幾分 2 が十三四歳, が十年, の下手, の心, の身, はその, は一生奉公, を突き落した

1 [69件] がその, が一番喧嘩, が大体はじめ, が居なくで, が悪事, が悲し, が殺された, だけは前進, だけ外, であんな, でそれ, でそんな, でつぶされ, で中, で發明, で高利貸, と仲, にさえ全く, にはほん, には彼女, に大, に既婚者, に深切さ, の一隊, の利益, の努力, の命, の嫌, の心中, の恨み, の手, の持つ, の持てる, の最も, の死後, の真前, の突, の職務, の赤合羽一枚, の身体, の造った, の長年, の領地, の顏, の髪, はいざ, はもつ, はインド総督, は一枚, は何, は時として, は殊に, は牛馬, は警察, は金錢, は閉門, へお, までが東宮, までその, もあちら, もそのままピタリ, も恥, も父, も責任, をはなはだ, を可愛い, を理解, を苦しめる, を驅

▼ 上草履~ (85, 0.1%)

19 の音 5 を穿い 3 と男物, を鳴らし 2 のま, を引き

1 [51件] が綺麗, が行儀, が誰, でも穿かなけれ, で出た, で廊下, で踏ん, にかえる, にかかった, にはきかえね, にはきかへました, にカシミヤ, に替えた, に穿き替えなけれ, のどれ, のまま, のまま外, のまま窓, のやう, の主, の大きな, の爪前, の足場, の靜, の音さ, はまた, は善吉, や素足, よりもわるい, をずらりと, をはい, をはく, をばたつかせ, を下, を出し, を履い, を平田, を忘れ, を持ッ, を揃えた, を穿いた, を突, を突っ, を繕う, を脱ぎまし, を買っ, を進め, を響かせる, を鳴らせ, 提げ口笛, 鳴らして

▼ 上なし~ (84, 0.1%)

54 である 3 であった, です, なり思へば, なれど, 下女には 2 ですがね, ですけれども, の吝嗇

1 [54件] いったん目, さ, そうして御, だが, だと, だろう, だ出来, だ友達, ている, であるが, では, という, というの, という俗物, という残忍, といわなけれ, と云う, と言えるだろう, と詫びた, の, のぐうたら, のだらし, のもの, の上機嫌, の乱暴, の亭主孝行, の仕掛け, の倔強, の偉人, の元気, の単純生活, の名案, の商店街, の奴, の惚れ, の極楽, の欲しい, の滑稽劇, の滝, の珍味, の目, の礼譲, の突きつめた, の精神文化, の言葉, の運, の野暮, の金目, の頭脳, の馬鹿げた, を紹介, 世は, 今の, 外国では

▼ 上へは~ (81, 0.1%)

4 まだくださらぬ 3 登れなかった 2 あがらずに, どうしても今日, 一歩も, 六尺ほどしか, 大匙一杯, 登ること

1 [62件] あがらず登, あがらないの, あがらない即ち, あがれぬ身分, おつて, けっして行かない, なるべくとばない, のぼって, ぽつりぽつり雨, まだ春, まれにしか, もう一つ, もう逆戻り, 一条の, 上がらせません, 上らずに, 冷たい雨, 出せぬ寸断, 出ない, 出られないという, 出られません, 困った浪花節, 大砲を, 女人は, 引っぱってなかった, 強い雨, 形を, 影も, 情が, 打ちおろされない, 投れない, 攀じのぼれないまでも, 昇らない, 朝から, 来なかった, 格子を, 決してつかなかった, 浮かないから, 浮び上って, 火の, 燕麦の, 現われて, 登るに, 白身の, 白銀の, 県営の, 私が, 立てないので, 落ちない, 行かない, 越せぬはず, 近づけないやう, 逆行しない, 這いあがって, 連れて, 進めなかった, 間髪を, 雪の, 頓に上ろう, 飛び立てぬ人間, 飛べません, 馬の

▼ 上~ (75, 0.1%)

8 に腰 7 の障子 4 へ腰 3 のほう, の戸, へ出 2 には妻, に腰かけ, を背後

1 [41件] から手, が三畳, そのまま忙しく, で靴, ともいうべき, とを隔て, にひっくりかえった, に四つ, に坐り込ん, に崩, に座布団, に懐手, に灯, に突立つて, に立ちたる, に立ちました, に立っ, に立った, に縁, に腰掛け, に腰掛けさせ, に膝, に衝い, のあの, の内, の敷居, の板, の板の間, の板敷, の正面, の燈火, は真暗, へ, へすっと, へもう, へデン, へ両手, へ助五郎, まで出, まで送っ, を開けよう

▼ 上~ (74, 0.1%)

10 んだ 8 んです 7 のだ 4 のである 2 のです, のよ, 故か

1 [39件] が興がった, けれど休み, さらなく, なんでそんなに, の, のかなあ, のが, のだろう, のでございます, のですぐ, のでその, のでどっち, のでまま, のでやはり, ので咄嗟, ので彼, ので昼間, ので曹操, ので総, ので身, ので連れ, ので銀子, のに, のに足音, のね一つ, ばかりだ, もんで, んざ影も, んだろう, んでがんす, んでございます, んでした, んでしょう, んの, 人を, 加藤家は, 友伯父さんといふ, 大族, 馬春堂に

▼ 上~ (74, 0.1%)

6 て来た 5 て来 43 て坐 2 たが, たよう, つらの, て, てしまッ, ても関わない, て二階, て部屋

1 [40件] たお, たか, たって, たと, たも, たりで, た垢抜け, た覚え, た釜底形, つらな健康, つらには, てあたり, てからお, てからお正月, てきた, てじ, てそこそこ, てそれから, てそんな, てたネ, てつまらぬ, てフト立, て不思議そう, て今, て参り, て声, て居住居, て座敷, て座舗, て急い, て朝飯, て来る, て燈, て羽織, て見る, て誰, て足, て逃げた, て邪慳, とるです

▼ 上あたり~ (73, 0.1%)

2 でする, へ出

1 [69件] かしら, からどうどう, から望まれる, から降り来る, だ, でため, でひつそり, でククー, で一羽, で以, で切れ, で姿, で彼, で此, で聞える, で褄, で遠, で飲み, で鬼火, なん, にあった, にぐさり, にせばめ, につい, には黒い, にキラキラ, にクッキリ, にフワ, に一旒, に坐っ, に始終, に息抜き, に明るい, に梅, に漂う, に濃い, に現れ, に見張り, に越した, の二階, の今夜, の暮れ殘つた灰色, の男, は品川, は墓, は平地, は禿げ, へ, へこの, へころがり落ちる, へその, へ広, へ雀, まで乱れ, まで垂れ下っ, まで末期, まで波, まで白い, をおさえ, を低く, を半紙, を撫でる, を目がけ, を眺め, を羽織, を走る, を静, を黄いろ, 忍び返しが

▼ 上~ (72, 0.1%)

2 うしても, ということ, にも知らない, の変化, の枝, も言う, よりも彼

1 [58件] かうまい, かが来たら, かこわい, かしら彼等, かに原因, から起る, かダンセニイ, か云, か云う, か仕事, か便宜, か御, か御用, か意識以外, か物, か私, か約束手形, か認め, が我々, が故に, が要るだ, しに, でもかまわず, と云われ, にかうまい, にか言, のかの, の問題, の変異, の役, の心, の思い出, の急使, の悪意, の痕跡, の相談, の関係, も云, も彼, も望む, も聞き出せない, も見えなかった, も話す, も食べさせ, をかいおう, をか曰わ, をなさる, をなすべき, をぬぐ, をのぞみましょう, をやりだす, を仰しゃ, を仰しやらう, を好ん, を指し, を望むべき, を聞く, を訊い

▼ 上また~ (71, 0.1%)

2 それを

1 [69件] あちこち逃げまわる, あちこち金を, ある微妙, おれに, お前に, ここへ, はなはだ軽佻浮薄, ぱっと元通り, ぼつ, も昨夜, も晩, やむをえない次第, わたしを, シャツの, テンピの, 一般に彼ら, 三月号の, 今度の, 住み慣れた故郷, 何かの, 何年も, 元の, 兄の, 分別も, 別に棚, 医者仲間の, 半日の, 単に百, 四囲の, 在来の, 堺の, 多額の, 妹の, 娘に, 学校へ, 宅へ, 実際上, 寝床の, 少しも, 屠牛場で, 年が, 床の, 廊下を, 彼が, 彼の, 心持ちの, 恥を, 憲法上別の, 日記で, 来ると, 次郎の, 死體に, 母親は, 水辺に, 滝本に, 点を, 犯罪学上深く, 理想團の, 目標の, 社会上甚だしい, 義雄と, 胆吹を, 花の, 苦悶あり, 葬式まで, 行つて歸る, 身ぶりとか, 退学という, 高遠なる

▼ 上における~ (69, 0.1%)

2 いっさいの, 一つの, 二派の, 常時の

1 [61件] あらゆる運動, いろいろな, この大切, この怪しい, この論派, これ等の, その後の, その論文, トキユタの, マヂニーの, 下総と, 事実と, 京風と, 人間の, 仕事は, 位地を, 俊敏性と, 個々人の, 偶然異同の, 傾向は, 元禄と, 分派についても, 別の, 利害の, 利己心の, 制度と, 北斎の, 原則であっ, 哲学と, 国民としての, 国民の, 地位の, 大不平, 婦人の, 己の, 影響, 彼自身の, 文学的堅持という, 日本国の, 最も肥沃, 権威の, 生命の, 生活と, 生活の, 生物の, 生物存在の, 男女平等の, 画期的の, 相互の, 破廉恥などとは, 等級の, 統計学的研究の, 自分を, 自動車の, 自然主義楽天主義自由主義個人主義ない, 蚯蚓の, 術競べは, 表裏の, 諸種の, 速度の, 重大の

▼ 上だけ~ (68, 0.1%)

21 では 2 だ, だった, である, 出して, 脱ぎませう

1 [37件] うつるよう, そっととりかえできない, つき出しながら, であった, であれただ, でしょう, ですよ, ででも, でない二人遊び, でない爛熟, でなく, でなく下方, でなく全く, でなく実質的, でなく現実, でひとつ, で人, で好く, で平地, で私, なら誤植, ぬいて, ぬっと出, のぞいて, やめて, 僅に, 前髮, 取つて, 塀の, 変っても, 大きいその, 水の上へ, 浮かした文吉, 瀬川より, 白大理石の, 自由あるいは, 辿らなければ

▼ 上これ~ (65, 0.1%)

2 を許し

1 [63件] ありたるごとくに, がお, がどうして, が今, が天下, が正しい, が臨場, だけの恐しい, でいくら, ではとても, では逆, で出来た, と, という欠点, なら食, なら食えると, なる御仁, に俗悪, に官印, に這入る, は, はお化け, はご, はしょっちゅう, はたいへん, はまた, はわれわれ, は一番大事, は云う, は地上, は大事, は少し, は御存じ, は或は, は極内, は総勢一千二百余人, までの本, まで係わっ, まで製品, より重, をぜひ, をなくされない, をみる, を一般普通民, を上野介, を他, を作る, を固定的, を婦人社会, を容認, を捨置く, を最も, を津軽領, を深く, を留保, を第, を約する, を絞, を絶対, を繰返せ, を行, を非, を非我

▼ 上でない~ (62, 0.0%)

2 と, とかえって, とはっきり

1 [56件] ていました, てまた, とあるいは, といけない, といわれた, とうかと, とおいそれと, とけっして, とここ, とちょっと, とできない, となんとも, とね, とやれない, とわからない, とわかりません, とカイモク方針, とダメ, と乗客出入口, と云う, と云え, と人, と何, と何とも, と信用, と僕, と入れ歯, と加島屋, と取引, と各人, と地方的変化, と声, と安心, と定助, と容易, と帆村, と拙者, と撃沈, と断定, と朝廷, と気持, と決して, と渡されない, と滅多に, と物, と確か, と私, と耄碌, と見当, と解く, と解らない, と言えない, と話, と辿りつく, ばかりか焼石, 以上矢張り内心不安であり

▼ 上州屋~ (62, 0.0%)

7 の周太郎 4 の息子 2 の奉公人, の隠居所

1 [47件] から三升, から容貌望み, が一ぺん, が逍遙軒莊左衞門, で涼ん, というの, という同, という質屋, といっ, と越前屋, にいる, にはいつ, に亀田先生, に奉公, の, のお, のこと, の中, の伜, の使, の名, の場, の奉公人ども, の女房, の嫁, の家族, の暖簾, の眼, の跡取り, の障子, の離室, の離屋, は三萬兩, は去年, は貧乏, は配偶, へたずね, へも時々, へゆく, へ入, へ嫁, まで行つて了, もそれ, も良い, をたずねる, を出た, を調べる

▼ 上からの~ (60, 0.0%)

2 命令が, 圧迫が, 天下り命令が, 笑い, 虐待に, 重しを

1 [48件] お吩咐, ことだ, ことで, ずり落ちも, ファシズム, ファッショ勢力によって, 一単位として, 下されたので, 事だけを, 保護を, 光も, 全員委員会をまで, 分類を, 労働運動を, 名で, 命令では, 問題で, 困難は, 圧力によって, 圧迫の, 圧迫は, 官僚的ファシズムの, 建前とは, 必然の, 恩恵だけに, 感想を, 拡大統一の, 指令で, 指図で, 挙国一致だ, 推定でも, 攻勢は, 方針でない, 槍長柄など, 環視に, 眺めなど, 眺望一寸よかっ, 研究の, 研究費は, 綱をも, 規定と, 観察では, 論であっ, 進展大勢は, 重みで, 重みと, 長槍, 電波も

▼ 上~ (59, 0.0%)

4 と会 2 が来り, と長谷川, の家

1 [49件] から家, から東京電話, から電話, ががっちり, がなだめた, がよく, がエフェドリン, が俺, が大阪, が来, が言った, が飛ん, が骨, だ一寸, とで赤坂春山, ととき本, とホテル, とレインボーグリル, と会ふため登喜本, と共に笑, と宛て字, と岡崎, と東京会館, と此, と滝村, と田川, と藤山一郎, と赤坂長谷川, にでも頼まね, に一任, のねてる, のよう, のウイ, の奥深く, の骨折, は一時間, は夕方, は専ら, は此, へ電話, も夫人, も来, をよん, を招待, を赤坂長谷川, 引き受けると, 来りとき本, 来り久々, 来り柳

▼ 上ばかり~ (58, 0.0%)

7 では 5 見て 3 でも 2 でなくその, ならまだしも, 案じて

1 [37件] あかあかと, たとえば温か, だ, でないこれ, でなくこの, でなくまた, でなくもっと, でなく他国, でなく全体, でなく思考, でなく戦争名分, でなく更に, でなく書くまでの, でなく法律上, でなく温かき, でなく満場, でなく生活, でなく精神上, でなく経済上その他, でなく自分, でなく過, で實際, で師, で骨, 向いて, 大屋根, 恰で, 歩いて, 水蒸気が, 漂泊さす, 爾時は, 眺めて, 見つめて, 走れるもの, 這いまわって, 通うて, 雲の

▼ 上~ (55, 0.0%)

3 下か 2 どこかに, 下かと, 何んかに, 破芭蕉

1 [44件] あるいはまた船底枕, あるいは下, うして, かれは, そこは, そやつ何者じゃ, それとも下, それとも今度, それは, どこからか, どちらが, ならず一抹, ならず不, なんかに, わが白, 上の, 下かさえ, 下かの, 下かを, 下へ, 低い谷間, 何かに, 何かへ, 何んかで, 依然桑畑, 俺に, 南側の, 又は空想上, 又は肉体上, 地の, 城外の, 墓場かだけじゃ, 天御中主神が, 庭の, 廊下の, 懷の, 或は直接事件, 敢然として, 枕元に, 田圃か, 知らんお松, 知らん其の, 砂浜か, 谷の

▼ 上それ~ (54, 0.0%)

2 が一種, はあんまり

1 [50件] から生ずる, が一番年下, が互い違い, が他, が何一つ, が初秋, が区別, が市川猿之助, が既成的, が真, が自然, じゃあんまり, で芝居, と気づい, にちがい, についてほんの, に先立つ, に服従, に雀, はいったい, はうちとけぬ, はおそらくは, はそれ, は今後数千年間富, は他日, は吉川, は大衆, は止め, は池, は決して, は私, は苦しむ, は都市, までは邪教, をこの, を一緒, を上演, を共に, を包み去った, を反駁, を口, を基礎, を夫, を年端, を有, を知っ, を知つて, を道庵先生自身, を隠し, を非人

▼ 上最も~ (54, 0.0%)

3 必要なる 2 多望なる, 大切な, 必要の, 盛んな, 記憶すべき

1 [41件] まことし, 主要なる, 代表的意義を, 便利なる, 便宜であり, 古く理論的動機, 堅固な, 塵深き, 多く魚, 大なる, 安全な, 弱い部分, 強力な, 必要な, 忌むべき, 急務である, 悪いこと, 明らかに, 普通に, 暗示的に, 暗黒未知の, 曖昧な, 有利と, 有利な, 有効で, 有名な, 望む所, 本格的な, 注意すべき, 烈しい大, 無能な, 盛んである, 能率的な, 興味深い研究, 著名な, 避けなければ, 重大な, 重大なる, 静かなる, 面倒なる, 面白くない

▼ 上ぐる~ (52, 0.0%)

4 までもなく

1 [48件] か折々, がそれ, が小生, その笑い声, であろう, でお, でございましょう, でござろうと, といいたる, という, というよう, という事, ところが果して, とひとしく, と三浦, などあまり, ならば, について一つ, にとどめ申すべく, には候わず, にも心, に及ばず, ので顔, のなれ, のみならず, は難事ゆえ, ばかりの大, ほどの實, までもござりませぬ, も児戯, も泣き出ぬ, も背汗, や否, や数十名, や梶棒, より外, わが刀, をえざりき, をえん, を定め, を要す, 大伽藍, 次第にご, 次第に御座候, 程のお方, 老車夫, 迄もございませぬ, 迄もなく

▼ 上なら~ (49, 0.0%)

2 で, コロリと, 人が

1 [43件] お前が, お泊め申す, こっちが, さっそく鼻血, その分, では, ではお, では子, では發, で身, で雪, で鼻, といわれる, ともかくも, どこにでも, ばそれ, ばどう, ばどうぞ, ばどこ, ばもう一応, ば兎, ば四, ば川筋, ば御, ば正岡子規, ば知らず, まさに組ン, 今の, 切腹申付けられ, 叔父に, 大したこと, 大丈夫かと, 大地を, 大抵晴れ渡った, 密訴し, 悠然と沈着, 拙者が, 用捨は, 畳を, 磁気嵐の, 私一人自分の, 裸体の, 誰にだって

▼ 上においては~ (49, 0.0%)

2 それが, 小心翼々として

1 [45件] いかなる抱懐, けっして分離, けっして空間的, すでにこれ, その性質, ただに, だ, なるほど, ほとんど仏教, まったくパニュルジュ, まったく何, 一二の, 不可解の, 主我的の, 刑法の, 剛体の, 反対と, 唯一の, 国際法, 大いに欠け, 大分保たれ, 実に立派, 従って往時, 忠孝二つを, 恒久に, 恩師と, 我々共より, 持明院統の, 星学上の, 最も革新的, 様式の, 決してそう難しく, 決して国, 渠輩は, 濫り, 真実よりも, 私は, 種々の, 第一, 自然の, 血族混淆の, 違いが, 遠ざかつた, 遠慮あり, 鴉の

▼ 上にでも~ (48, 0.0%)

2 夢を, 愛情と

1 [44件] あるかと, いはせまいか, いるよう, いわくが, しなければ, そそり立つて, その脅迫状, つくの, ですけど, のぼって, のぼれば, やはりこれ, イキナリ腰を, チョコレイトの, 上げられて, 並べて, 主張したい, 乗せて, 取り落す位, 哀れを, 坐つて, 坐り給へ, 安置し, 寝かされるよう, 差懸, 当てはまろうもの, 待たされて, 抱かれて, 持ちあげられたやう, 振りかけたならそのもの, 晒して, 横に, 生へ, 用いますと, 矢張りこれだけの, 砂の, 第一夫人, 置いた合せ剃刀, 置きましょうか, 舟を, 落としてはという, 見るよう, 見物された, 配合され

▼ 上でなく~ (47, 0.0%)

5 ては 2 ては出来ぬ, ては無責任

1 [38件] ちゃ, ちゃその, ちゃたしか, ちゃア返事, ちゃ正式, つては, てはいい得られない, てはそこ, てはだから, てはなされ得ない, ては何事, ては優劣, ては出ぬ, ては判らぬ, ては友達, ては容易, ては放し, ては栄えないであろう, ては決められない, ては真, ては確実, ては私, ては見得られない, ては言, ては詞, ては話し, ては追放, てもあまり, て中, とも不都合, ばわし, 人間の, 今にも暮れよう, 内容の, 感覚と, 正季の, 眉の, 眼と

▼ 上にのみ~ (47, 0.0%)

2 あらわれた特性, 働くの, 情知り, 成り立つもの

1 [39件] ある, うち樹てる, それを, ちらばれり, 主としてそそがれ, 働かすこと, 可能な, 同盟し, 向けやう, 在るもの, 存するの, 存在し得る, 宿って, 建つブルジョア, 形作られ一歩, 恰も權利, 感じる, 成立ち得る事柄, 成立ち得る關係, 打立てられること, 樹てらるべきであった, 止まるもの, 求めんと, 注いだ論, 注がれつ, 注がれて, 現われたこと, 発生し得る, 知りて, 碎けて, 築かれるもの, 臨む物凄い, 見いだしたの, 見舞に, 進む事, 釈然として, 重い, 限つたから, 限る場合

▼ 上あの~ (46, 0.0%)

3 晩の, 晩は 2 宗匠の, 晩三村屋の

1 [36件] ひとに, 人たちに, 人の, 人は, 仕事を, 伯母に, 原作の, 坐禅が, 声で, 多門との, 女は, 女を, 娘に, 娘の, 拔け, 方は, 日お父さんの, 日の, 晩何處に, 死人の, 汚ない, 液体の, 焔を, 煙は, 男は, 病身ぢや, 聲だ, 蔵座敷には, 谷へ, 通りの, 邊には, 邊は, 野郎は, 静かな, 面相の, 首を

▼ 上とも~ (45, 0.0%)

1 [45件] ある, いうべき社会, いう可, いえば, おちぶれること, お仕合せ, この人, この子, ご奉公, しっかりやっ, せいぜい明日, ちがい木曾, ひとつ上の, また何, よろしくお願い, 一ノ, 万事よろしく, 万事を, 体を, 何卒御, 修行に, 充分に, 利助に, 勉強し, 十分に, 学問を, 実戦の, 希望したい, 御相談, 思われない豪奢, 思われません, 愛しん, 懸命に, 月報, 末永く御, 母上とも, 生きて, 眞面目に, 知らずいたいけ, 精進一途に, 縁の, 良い輔佐, 苦しめようと, 行交いたる金魚, 騒ぎが

▼ 上~ (45, 0.0%)

2 の家, の風変り, は一度, は河童的存在, は神経質, は自分

1 [33件] からも言い出せない, がひとつ第三者, が海底, と沢子, なぞはそんな, には本能的, には負けじ魂, の場合, の時代, の眼, の知っ, の部屋の, の顔, はあの, はこの, はこんな, はそう, はできるなら, はなぜ, はもう二度と, は君, は大, は妻, は姉妹, は少し, は悲しい, は特に, も相当, をいじめなく, をその, を蛇蝎, を衛兵勤務, を迷わす

▼ 上である~ (44, 0.0%)

3 ことは, ことを 2 か, 自信を

1 [34件] からいつ, からわたし, から並んだ, から二人, から夜明け近く, から水田といつて, から綿井, から縁, が多少, が髪, しここ, しする, だけにどの人, だけに平助, といふこと, ところの, とする, とも容赦, と云う, と沿岸, と考え, と自分, のであれ, ので彼, のに畳, のも, ようだ, ような, ように, 事が, 役を, 樣な, 結果を, 道君である

▼ 上~ (44, 0.0%)

3 の下 2 が弓形, に隠され, に隠れ, を上

1 [33件] おもくて, がダラリ, が垂れ, が少し, が波形, が突き出し過ぎ, とハッハッハッ, と下, と二筋, にす, に薄, に薄く, のくぼみ, のふくらみ, のふっくり, の凹んだ, の線, の脹れぼったい, の腫れ具合, の長い, の青黒く, へそれ, へ瞳, をあげた, をかこむ, をすぐ, をもち, を引きつらす, を怪我, を挙げ, を撮ん, を蒼, を釣らす

▼ 上だけの~ (42, 0.0%)

2 ことで, ことでなく

1 [38件] ことである, ことであれ, ことでない, そらごと, まぼろし, ものさ, もので, ものと, ウルトラに, ブルジョア社会幹部候補者でしか, 不利よりも, 不利益を, 事で, 事に, 事や, 事件では, 人間が, 又理論, 問題でなく, 問題なら, 売買の, 女が, 存在であり, 指表即ち, 正義派, 永続であった, 決議や, 結果らしく, 綾だけ, 考えである, 自由は, 興味で, 解決である, 話だ, 話ぢや, 話であります, 遊びで, 陽を

▼ 上などに~ (42, 0.0%)

2 こぼしたら直ぐ, これを, 立って, 顔を

1 [34件] ところどころ昔, とまらせて, まだ消し, 万朶の, 並べて, 並んで, 住みたがる, 処関はず置き並べ, 出してあつ, 出て, 尾を, 干して, 幸し, 撒いて, 散らして, 書きますと, 止まりませんでした, 注意すれ, 火の, 猫の, 登りながら, 登ると, 眼を, 立つべからず決して, 絶へ, 置きざりに, 群れて, 落ちて, 蜊蜴が, 見物人が, 蹄鉄を, 通け, 集めて, 高く低く寒そう

▼ 上にの~ (42, 0.0%)

7 しか 5 ぼつて 3 つてゐた, やうに 2 た打って, つかつて, つた肉の, つてゐる

1 [16件] しかけて, つか, つかって, つた, つたのが, つたま, つた北斎描く, つた幾千といふ, つた焼かれた, つてある, つてまりを, つて時計に, つて船の, べつの, りか, ッけて

▼ 上です~ (41, 0.0%)

643 から, ね 2 からその, が布袋屋, が鈴, わ

1 [17件] からじだんだ, からつかまえる, からどう, からなんと, からスケート場, から二, から隣, が, があの, がちょい, けれどねしかし, しからだ, しそれ, ともう, もの, よ誓います, 人物が

▼ 上においても~ (41, 0.0%)

2 全く自家

1 [39件] あまりに姦淫, おおいに流行, そうである, そう著しい, そこばくの, その氣持, ちょうど県町村, またお互い, また体, また大いに, むしろその, わずかに, ペレウェルゼフの, 他者を, 余程心掛け, 創作の, 十分その, 同じよう, 君に, 多少の, 大なる, 大変な, 媚を, 実行上においても, 幾多の, 当然採用, 彼らは, 憲法によって, 我ら新, 文芸の, 既に恐るべき, 殆ど暗黒時代を, 永遠の, 経済上においても, 自由なり, 見出せまい, 逓信省貯金局あたりで, 非常な, 革新の

▼ 上~ (40, 0.0%)

10 げんで 5 げんの 3 げんです, げんな, げんになった 2 げんだ, げんであった

1 [12件] げんさに, げんさの, げんさは, げんすぎる, げんだった, げんでありました, げんであります, げんでした, げんに, げんにまくしたて, げんにゆすぶり, げんに笑っ

▼ 上さま~ (40, 0.0%)

2 ご秘蔵, のおす, は

1 [34件] お覚え, がお, が何, こそこれ, こそまこと, ご祈願所, ご迷惑, では, でも, とぞんじます, と伊豆さま, と立花様, なら理解, におい, にお礼, にお願い, にご, には, にはやはり, に相違, のお, のお側, のお忍び, はあの, はこの世, はまた, はわしたち, もあやまち, よ, よりお, をご, を城中, を師, を迎える

▼ 上へも~ (40, 0.0%)

3 下へも 2 下へもべ, 行った

1 [33件] お通しなされず, その体, ちゃんと足跡, ちょっと上っ, はいまわりました, びゅうびゅう火の, まだ下さらない, やって来た, ハラハラと, 一件の, 乘らず, 人の, 來汽車の, 吹いて, 媚態を, 崩れないよう, 微かに, 手へも, 据り, 昇った, 水を, 相当貢献し, 胸の, 臥か, 落ち掃いても, 落とした, 言上に, 誰かが, 達して, 降った, 降りかかって, 雪は, 高座の

▼ 上~ (40, 0.0%)

2 とある, に付

1 [36件] こそ相, こなた心, この程, て家財, とあっさり, と齟齬, に付為, は, は再度, は御前様唯今, は長々, へと申托候, へども一向, へども一通, へども夫, へば先般天誅, へ共, へ者, まだまだ御, もとかく, も奉, も涙, やとも覚申候, より上件ニ, をよう, 久しき御, 其のち, 得ども, 御報謝, 御聞取, 御認め, 故御先々様, 然れ, 若し無事帰宅, 若し破約, 迄にも御座候

▼ 上~ (40, 0.0%)

14 して 4 したやう, した顏 3 せて 2 させて

1 [13件] したよう, した小さい, した桃色, した熱い, する位煖, てしまつて, て居る, とも思はれず, とも聞かれ, に入らない, の毒, の沙汰, の褪めたらしい

▼ 上必要~ (38, 0.0%)

3 なもの 2 だと, だという, なるもの, な時

1 [27件] がない, だから, であったという, であるが, であるの, ですから, となっ, となつて來, と認め, と認めた, なの, なること, なる理由, なわけ, な一つ, な器具材料, な天然, な従つて永久, な最少, な物資, になっ, になった, のつきあい, の処, の書物, の活力, の用件以外

▼ 上~ (37, 0.0%)

1 [37件] が人間, それから徐々に, だつたが, にこういう, に似, に右, に過ぎない, のくつきり, のみ見ゆる, の中, の屋蓋, の梢, の訓, の迷夢, は序詞, は形式的, は後, は恐怖時代, は筒袖, は肉体, は趣向, は黒雲, をかげらせ, を君, を宝塚, を序詞, を打ち碎かれ, を濃い, を與, を覆いかくす, を覆ふ, を駄々, 七には, 即ち既に, 即ち未だ, 即ち花, 空に

▼ 上~ (36, 0.0%)

2 をそらせ, をのめらせ, を前

1 [30件] がもたげられ, が最初, と両, にしみ, に受け, に背負っ, に酒, のくねらせ, の働き, の破滅, は鎮台, も初め, をかがめ, をかたむけ, をぐっと, をほとんど, をグッ, を乗り出す, を乘, を反らし, を反らせ, を小さな, を屈め, を引立て, を投げた, を拔, を据ゑて王プリアモス, を曲げ, を蓋, を起こした

▼ 上願書~ (36, 0.0%)

2 の続き

1 [34件] で繰り返し訴え, というもの, としてのもの, と云う, と題し, なるもの, にいと, にも, に次, のうち, の事, の全文, の冒頭, の書き, の次, の次ぎ, の論文, の類, はこう, は今後彼, は半紙, は原稿紙四百字詰, は尚, は昨日, は縷々, は鳥渡, を以て及上願候也, を全国八万七千余人, を典獄, を受取っ, を古, を読め, を読ん, を送っ

▼ 上~ (35, 0.0%)

2 来たから

1 [33件] いて, いる者, くれ, くれと, その島, 万歳を, 下さい, 二三歩歩く, 二人の, 二度長崎へ, 仕舞いますので, 來て, 來る, 候, 公事あり, 大橋に, 夫れ, 始めて, 居ります, 当今では, 来て, 来る忌々し, 柱にも, 此薬を, 汁の, 済みませんが, 科人を, 茶屋見た, 行た, 軽薄な, 酒肴を, 陰気で, 陸行する

▼ 上のみ~ (35, 0.0%)

6 では 2 ならずその

1 [27件] だれ髪, でなくさらに, でなく事実上, でなく人間教育, でなく更に, でなく観照それ自体, で或, で梅子嬢, ならず, ならずかなり, ならずと, ならず人, ならず人間, ならず史学, ならず実際, ならず我々, ならず我々人間, ならず気象学, ならず為政者, ならず芸術, ならず襖, ならむや, ゆるしも, 御不參, 心頭に, 案ぜられければ, 気遣ひ

▼ 上彼女~ (34, 0.0%)

2 の眼, は私

1 [30件] こそ唇, だけがありあり, と食卓, には鏡, に誠意, の可愛い, の地位, の方, の母親, の肩, の部屋, はあの, は一寸, は丸抱え, は何事, は円卓子, は同じ, は天性臆病, は姉, は彼, は日傭稼ぎ, は相当, は自分, は莫大, は蓬莱和子, は金, は麗質美貌, へ強いて, も私, を悲しませる

▼ 上までも~ (33, 0.0%)

4 延びて

1 [29件] おぼろげならずあてこすられ, ずぶずぶと, その不快, それで上つて, つづいて, とんで, のびて, まるで阿呆鳥, 一緒に, 一面に, 地主の, 射し込んで, 帽子と, 恐れげも, 抱いて, 押し出して, 拭いた, 深かつ, 漂うて, 現し其の, 登って, 真白だ, 袖が, 見せて, 見張つて, 越して, 這つて来た, 這ひまは, 通う音色

▼ 上とは~ (32, 0.0%)

3 いいながら, 云いながら 2 いひながら

1 [24件] いえ, いえ照子, いえ血, いはない, ちがうぜ, みえなかった, もうお, 云えあんな, 会いも, 別にここ, 太く違, 太く違えり, 完全な, 屋根裏の, 思われません, 気が, 気がつかない, 申せお抱え, 言いながら, 言ひ, 許婚でございます, 道徳が, 違って, 高さ

▼ 上よりも~ (32, 0.0%)

5 此方の

1 [27件] いっそう石, はるかに, むしろ下部, 事実の, 人格の, 体力が, 先づ感情的に, 六・六倍ほど, 力が, 南米首府中の, 又目録學, 否定する, 大きいから, 寧ろ森林, 推定し得ざる, 流れの, 物産の, 物質的に, 知らるるが, 示して, 結句是方, 肩の, 膳の, 見つ手, 運命は, 高いところ, 高くあげ

▼ 上~ (32, 0.0%)

7 の日 4 の佳節, の夜 2 の御, の節, 前後即ち

1 [11件] が武家, のお, の前日, の場所, の外, の歌垣, の行事, の通り, の通り疊, は旧暦正月十五日, 儀式と

▼ 上半分~ (32, 0.0%)

1 [32件] から風, がガラス, がポッカリ, が二の腕, が妙, が硝子戸棚, が老けてる, が血まみれ, しか残っ, だけが壁, だけが残っ, だけは, だけは取りのける, で笑つて, と背中, に傾いた, に遊惰, に電燈, の娘, の白い, の重み, は夕日, は櫛, は霧, をつき出し, を一様, を二の腕, を剃り下げた, を取った, を照らし, を覆いかくし, 欠けて

▼ 上~ (31, 0.0%)

7 ういふ 3 のぼれと 2 行って

1 [19件] うさう, うして, うしない, うする, うちやう, う云, ないほう, なくなったころ, なくなつた, へすれ, までいらっしゃいましょう, まで上段, 上ると, 半分仕切っ, 石かけ乗せでった, 突出させ, 突出し, 立ったり, 象牙細工の

▼ 上~ (30, 0.0%)

2 ことが, ような

1 [26件] ことは, ために, という, ときは, とき賄賂を, とは思へぬ, とも好, と夫, と極まった, と載す, には適し, に十分, に就, のだ, のを, までもない, ものであった, ものも, やうに, 何やらの, 價値が, 折にも, 文を, 暇も, 譯には, 雪深く

▼ 上~ (30, 0.0%)

2 何とか即席, 例の, 政治上の

1 [24件] かう云, 六などと, 啓蒙家的な, 国交際上の, 国防上の, 大岩へ, 天使橋の, 學術上進歩した, 家庭上の, 小弟さへ, 床の, 形式上かく, 政治上社会上の, 文化の, 文学意識上の, 時に城中, 法規上発達し, 牢屋へ, 珍らしい, 現象上可能な, 知能上の, 社交上の, 金まで, 風浪の

▼ 上~ (30, 0.0%)

8 と下 3 で下

1 [19件] がいつも, がみんな, がみんな一時, がポロリ, が三枚, が幾分, が揺ぐ, が揺らぐ, にかぶさつた, に噛まれてる, に駒, の先端, の奥, の妙, の手入れ, の義歯, をむき出し, を下, を顕し

▼ 上にかけて~ (29, 0.0%)

1 [29件] うまい飯, かんべんし, その下, はたん杏の, やわらかいお, ゐた, ゐる白い, 化石に, 在った羽根布団, 居ります, 居るの, 左の, 床の, 斯う, 最後まで, 梶棒を, 楊子で, 残るところ, 水を, 泣いて, 真向に, 眺めるだけの, 置くと, 義家に, 葬るもの, 見ること, 重い幕, 雪解の, 食べたり

▼ 上にと~ (29, 0.0%)

10 まつて 2 まつた

1 [17件] びあがつて青い, ぼるあかり, まつた蜻蛉, まつた蠅, まつた青い, まつてたこと, まつては, 伸びて, 出奔の, 動き出しても, 新しい姿, 日々東の, 梢から, 炭を, 自分の, 重なり立つこと, 長くその

▼ 上ない~ (28, 0.0%)

4 ものと

1 [24件] ことだ, ことです, ほど暑い, もの, ものの, 不品行な, 不朽の, 事ゆえ何う, 冥加至極の, 大罪でございます, 大罪何卒, 孝道かと, 宝物だった, 幸福だ, 御位, 性質を, 恥辱じゃ, 恥辱じゃから, 悦びでございます, 様子だ, 残念で, 準備と, 積極的な, 結構な

▼ 上なお~ (28, 0.0%)

1 [28件] いけないこと, しかりと, それでも, ところどころの, どういう理由, よくばって, 一円だけ, 一日と, 予防線を, 今後ご用を, 以上の, 別個な, 刺戟され, 千二百呎を, 叱り懲そう, 四千五百円とか, 大きな, 威張られては, 当分の, 最愛の, 東洋文化を, 神の, 私を, 私娼整理などに, 給仕に, 自分らの, 関羽の, 魏王の

▼ 上もう~ (28, 0.0%)

2 どこへ, 一つ是非とも, 一度目を

1 [22件] じき雪が, 一つつまらない, 一つ俳優の, 一人の, 一俵出す, 一月する, 世の中に, 九時を, 云は, 人並に, 何も, 何んな, 余命が, 六七年も, 妨害を, 昼を, 殖やせん, 気が, 物故した, 私が, 記入する, 起き上ること

▼ 上~ (28, 0.0%)

2 君子, 器械洋式ノ

1 [24件] 三時代トハ石時代青銅時代鐵時代, 中ニハ, 傘ニ用ベシト云コレヲ南部ニテ十和田ブキト云此根ヲ, 利益ヲ, 千本の, 命令権ヲ減縮ス, 國村に, 如キ手紙来ル, 小ッチャイトコロヘ, 御人ダ, 援助其, 湯へ, 畑純一氏である, 目的ニ出デシト信ズ, 翆ヲ, 苛責ト, 蝦夷ヲ, 術語トシテ行ハル, 見解ナキ時ハ唯, 認識トシテ區別スル所ニ於テモ亦, 諸學術ニテ其精微, 趣味ヲ, 金網面ニ生, 關繋自

▼ 上少し~ (28, 0.0%)

2 も差別

1 [26件] お侠で, でも三河屋, でも左翼文化団体, の危険, の工面, の暇, は知つて, は羊, ばかりの分配, ばかり蛇足, もさしつかえ, も変わらなかった, も差支えない, も規約的, 偏屈です, 刃物を, 刄物を, 外気の, 大きい顏, 御座つて居る, 時候は, 気が, 猫背で, 酒を, 顏へ, 顔へ

▼ 上~ (28, 0.0%)

3 の知行所 2 の海岸, 下總

1 [21件] あるアイギス, から來, から歸つた晩, でございます, と下總, と同じく, にて第, にわたりこの, に限らず, の國, の境, の漁師, の片貝, の誰, の鹿野山, は前, は翠波, は青黛, へかけ, べて實際, 第一

▼ 上について~ (27, 0.0%)

1 [27件] ある言うに, いなければ, いふと, いました, いわば迷信, ゐて, ゐる, 例えばショウ, 博士と, 参考と, 多くの, 大切な, 居る指紋, 平伏する, 幾らか助け, 彼が, 待って, 惣三らの, 意外な, 支えに, 時々指, 暖だった, 痛感しない, 西洋音楽を, 言えば, 論ずれば, 非常の

▼ 上をも~ (27, 0.0%)

1 [27件] かすかに, さかんに, とおった, まるで水溜り, やはりこういう, 一歩一歩と, 下をも, 仄めかし, 又その, 夢みるらむ, 思いやった, 思はざりしならん, 惜み, 歩いて, 歩むやう, 照らしたの, 犯すよう, 皆安かれ, 神のみ, 言い戯, 誘いて, 語りま, 語るやと, 超えた達觀, 通り過ぎて, 顧みず歩き回り西, 飛びまわりますし

▼ 上~ (27, 0.0%)

3 を着た

1 [24件] から引き出し, きて, で之, とを照, と襷, にした, には蓮華, のほころび, のナターリヤ・イワーノヴナ, の中, の召もの, の合わせ, の小母さん, はまだ, も用意, も着た, をかけ, をそば, をとっ, を着, を解い, 冷飯草履は, 茶色の, 青い服

▼ 上彼ら~ (26, 0.0%)

2 は区別

1 [24件] がその, が世界, が自分ら, と関係, に何, の一人, の中, の仕事, の教えた, はきっと, はそれほど, はパノラマ的, は三十分全力, は事実一面, は去, は多数, は普通民, は本船, は背後, は調度品, を優待, を心細, を船島, 必ずしも細民

▼ 上所見~ (26, 0.0%)

4 の沒却 3 の義 2 を詩中, 若くは

1 [15件] とその, とシエクスピイヤ, と其實感, なり, にし, のあら, のみにあらず, の一, の審美的, の現出, はその, は到底, は既に, は比量智, をあら

▼ 上~ (26, 0.0%)

2 の甕, を一升

1 [22件] がいい, が戴い, が足りなきゃ, という, と見え, に罐詰もの, のほろ酔い, の入, の方, の燗, の酔, はそんな, は何年, は竹葉青, まで呑ました, をソッ, を呑む, を熱燗, を茶碗, を買っ, を頂いた, を飲み

▼ 上じゃ~ (25, 0.0%)

3 ないか

1 [22件] ありません, ありませんか, あんなにまで, そうは, ちょっとどうも手, どうかした, ない, ないかな, ないの, ねえか, ねえかなあ, はじめは, 一徳だ, 些とも, 何処へ, 到底偽, 惚気を, 死ねない人相, 汝どう, 船頭が, 見廻役, 随分人

▼ 上そんな~ (25, 0.0%)

2 ことが, ことを, 物には, 顔も

1 [17件] ことで, ことは, ご配慮, ふうな, ものを, よけいな, 事で, 事も, 事柄は, 処へ, 境界線は, 多人数を, 材料を, 金も, 関心が, 風に, 馬鹿な

▼ 上なき~ (25, 0.0%)

2 名物を

1 [23件] 事と, 僥倖に, 冥福が, 味方, 困苦の, 幸いの, 幸も, 恥辱と, 懇切な, 旨申述ぶる, 曲事である, 欣びに, 満足を以て, 滿足を以て, 真理を, 能と, 誇りがも, 誇りと, 誉を, 貴重な, 身とは, 難病なり, 面目を

▼ 上~ (25, 0.0%)

2 と下句, には何

1 [21件] あさはかな迷信, お勢, が幾分, が見込み外れ, で私, と仕事, なので, には厄介, に更に, の外, の新奇, の気紛れ, はお前, は序詞, までに終える, もよく, をその, 烈しい憎み, 終に四日, 遂に斯ん, 飽くまでも注意深く

▼ 上当然~ (25, 0.0%)

5 のこと

1 [20件] であって, である, では, といえましょう, と見なけれ, な推移, に一人, に出, に成功, の事, の処置, の帰結, の権利, の欲求, の責任, の開き, ニシテ斯ク, 九州博多の, 人口の, 写真乾板に

▼ 上~ (25, 0.0%)

5 の御 2 のお

1 [18件] お着き, お聲掛り, お鷹狩, からのお, から格別, が建て, だツ, と御, と志賀内匠樣, にお, には再度, には又, には決つて, の佩刀, の御座, もまつたく, を遠矢, を雜司ヶ谷

▼ 上眼使い~ (25, 0.0%)

3 に相手, をし

1 [19件] でオズオズ, でオドオド, にじっと, ににらみあげる, にぴたり, にジロリ, にチラ, に二人, に向う, に夫, に妙, に媚び, に平次, に指, に盗む, に能登守, に若者, に遠方, に顎

▼ 上高く~ (25, 0.0%)

1 [25件] かざしながら, で行われる, にちょこんと, または地面, 三階の, 二つの, 人の, 初雁, 坐を, 居て, 差上げて, 広々と, 座を, 心を, 戦闘旗は, 括りつけた長い, 掲げられた敵軍, 掲げ間, 星を, 櫓が, 無数の, 睨みつけました, 空中に, 臨んだ室, 舞いめぐる白い

▼ 上ここ~ (24, 0.0%)

1 [24件] から望見, から言え, でざっと, でその, では元, では条件, では要, でまず, で申し上げね, で登場人物四人, で白柄組, で選んだ, にぐずぐず, には水, に居る, のパラシュート, の庭, の研究員, はひどく寒く, へは立寄らない, へ一緒, へ来, を橋頭堡, を開けましたる

▼ 上そう~ (24, 0.0%)

1 [24件] あるに, あるばかり, して, しなければ, だと, ですかと, ではござりませぬか, とでもする, なったの, なったまで, なの, は行かない, まで悪く, も見られぬ, やって, 云う時, 云う訳, 云われる範囲, 区別の, 呼びならわして, 堅苦しくする, 応えなければ, 思った通り, 無茶な

▼ 上にかけ~ (24, 0.0%)

2 あがりました, 並べた日本アルプス

1 [20件] あがって, あがらせて, あがりかけおりるの, あがりまるで, あがり明智探偵, その水色, つみ集めた, にらみ返すよう, のぼって, わたされた糸, 上がって, 上って, 下女まかせ, 出しに, 出すの, 渡して, 物を, 鍋の, 靴を, 鼠が

▼ 上二人~ (24, 0.0%)

2 の愛児

1 [22件] が一人, とない, とも新しく, の人間, の兄弟, の口, の子供たち, の幼い, の性格, の者, の行動, の話, の青侍, は共に, は往來, は恋, は自由気まま, は顏, まで変死人, も来, を片づけた, 迄變死人

▼ 上及び~ (24, 0.0%)

5 精神上の 2 物質上の, 社会上の, 軍事上の

1 [13件] 学問上の, 宗教上の, 思想家生活上の, 投機上の, 政治上の, 歴史上の, 民法上の, 産業貿易上の, 精神上より, 處世上に, 資源関係より, 道徳上の, 階級上の

▼ 上~ (24, 0.0%)

5 を夜, を織りあげ 4 の上, を裁つ 2 が出 1 が出来あがった, が出来あがつた, じゃ, を裁っ

▼ 上決して~ (24, 0.0%)

1 [24件] このよう, これを, そのよう, その進歩, それを, できぬこと, やって, より新しく, フェアリイなぞ, 不自然で, 兄の, 十分な, 口の, 容易なる, 居るそう, 屈辱では, 心配は, 有効な, 本当の, 残忍酷薄なる, 消滅しない, 疎略には, 輕, 静止し

▼ 上ぐれ~ (23, 0.0%)

2 ばお, ば御

1 [19件] ば, ばそれ, ばやがて, ばドーブレクさん, ば効験, ば向う, ば和州, ば天国, ば小松殿, ば川音, ば幼君, ば板目, ば枝, ば眉, ば篠田, ば老婆, ば虎, ば雲, ば露

▼ 上こんな~ (23, 0.0%)

2 ことを, 事を

1 [19件] お金を, ことから, ことも, ご無態, ところに, 中で, 事に, 些細な, 告白を, 噂が, 場合に, 妙な, 得態の, 御家宝, 時には, 琅, 處で, 野原で, 雄弁を

▼ 上する~ (23, 0.0%)

2 ことを, ものである, 時は, 習性を

1 [15件] ことと, ことに, ことは, こと為す, ために, となる, には十時間近く, に相違, に至る, のである, のであろう, ばかりで, ようである, 前あらかじめ, 織物を

▼ 上~ (23, 0.0%)

3 ずッ, 眼づかい 2 手の

1 [15件] ぎとさういふ原始的な, ずったことば, ずった声, 反りに, 唇を, 塗りを, 手で, 手に, 手を, 掛を, 歯ここは, 眼で, 着洒落者, 調子に, 逆って

▼ 上~ (23, 0.0%)

1 [23件] からはこの, くわしくその, じゃあ御, では以前, の神田宮本町, の総, の總右衞門, の鍋屋, は兄, は女, は戦場, までのこと, まではいつ, まで秘密, も彼, 入って, 又この, 又唯, 吾人が, 囘の, 思うと, 迄引, 通って

▼ 上非常~ (23, 0.0%)

2 に大切, に有利, に有益

1 [17件] な便宜, な妨碍, な苦境, にまずい, にわるい, に不出来, に便宜, に困難, に年數, に強い, に意味, に推理, に重要, の利益, の効果, の勢力, の大

▼ 上どう~ (22, 0.0%)

1 [22件] あろうとも, した, したの, したもの, したらよい, しようて, すッ, でもいい, でも歌, とかしよう, ともなる, とも解決, なさいました, なって, なると, にもならない, にもならぬ, 一致させる, 云ふ, 仕様が, 違うかは, 限定され

▼ 上どうしても~ (22, 0.0%)

1 [22件] これを, それが, それだけの, やり切れぬから, 使わねば, 侠客肌の, 克服できない, 反対し, 好ましからぬ, 寄手の, 必要な, 我等猫族が, 新聞で, 是正し, 死なないで, 田口に, 疵の, 禁ずること, 考え得られないところ, 自分の, 自殺しなけれ, 見ること

▼ 上~ (22, 0.0%)

2 在テ, 在リ

1 [18件] も御, 仰向, 元, 在リトハ云フ能ハズ, 在ルナリ, 在ルノ日ハ紫隊, 坐ッタリシテ, 大火事ニ焼ケテ裏店ヘハイッテイルト聞イタ, 寝カサレルコトヲ喜ンデハイナイ, 寝グリンソン氏式シュリンゲト称スルモノ, 寝テ首, 新藁, 注ガレテイルガ, 被セテアッタ黒イ布, 載セ, 載セテ, 載ルクライニ, 載置シテ完全ニ蒸焼ス

▼ 上~ (22, 0.0%)

2 の指揮

1 [20件] が下部, たり朝廷, として加賀, として爵禄, として臨ん, なので, に任, に対し異議論争, に服せざる, のあいだ, の叱咤, の号令, の名, の智, の礼, の言行, の間, へ告げた, をつける, 一同かく

▼ 上州方面~ (22, 0.0%)

2 の山, の山々

1 [18件] からは余り往来, では古い, では平岳, では絶え, で根利山, とを除け, にはこの, には更に, にもはや, に放つ, に流れ, の称呼, は市中, ばかりでなく, へは雷雨, へ下った, へ参りました, より望む

▼ 上あなた~ (21, 0.0%)

2 は卑怯者, は私

1 [17件] かお, がもし, が印籠, との結婚, にご, にすゝめ, に御, に疑, のその, の妻, はご存じ, はほんとう, は天刑病, は実に, もめっきり, も甥, をお

▼ 上そこ~ (21, 0.0%)

1 [21件] いら, からまた, から一ばん近く, から叫び声, から煙, ではなん, にいる, におばあさん, にはぱっと, には名勝案内, にも二品, に多少, に据えられた, に支配, に欧文, のいす, の石垣, は影, へ参っ, まで官軍, を出る

▼ 上まだ~ (21, 0.0%)

1 [21件] ある, こんなこと, どんなすごい, イエスと, チベットを, 仕合せであった, 俺の, 初対面から, 取らうつて, 奴らの, 妻を, 小児の, 心配を, 毎日二百万ポンドの, 肯定せられ, 色彩の, 踴る, 鞭打つなどという, 飲むつもり, 驚くこと, 鼻垂れが

▼ 上~ (21, 0.0%)

3 下しながら, 下虚々実々 2 と通り家, 下して

1 [11件] と太刀, と足先, と通り検死, と通り檢死, 下口角沫, 下應接, 同討死, 大変動, 大変化, 大躍進, 大進歩

▼ 上~ (21, 0.0%)

2 をかけ, を拝

1 [17件] あり当, がただ, であった, とはたれ, と頼む, には思いやらるる, に賭け, に逆, のままあなた, までも失った, までも狙, をみた, をもっ, を拒む, を無視, を的, 謹んでおう

▼ 上~ (21, 0.0%)

2 は如何

1 [19件] が平時, たる自覚, とねかされる, ながら弓, には棄てられ, のこと, のひと, の事, の体, の再婚, の口, の帰った, の指, の歸つた跡, の死体, の着物, は向う, ほど厭, を責め

▼ 上~ (21, 0.0%)

1 [21件] からミヨウゴニチアサユク, から古賀得四郎氏, が来, が栄え, が自弁, という若い, と因縁, なり京畿, にこんなふうに, にたいするそれ, に診させたい, の力, の坐っ, の感激, の感激振り, の素志如何, の誠意, は古賀氏, は帝展, を呼んだ, を変え

▼ 上~ (21, 0.0%)

3 に昇進 2 に還る

1 [16件] から見おろす, と異, に奏し, に帰る, に超, に輝き, に達する, に達せ, に還り来らん, の主たる, の人間, の天使達, の天女, の恐るべき, の者, を順益

▼ 上だった~ (20, 0.0%)

2 のです

1 [18件] からこれ, からね, から死んだ, から私, がいっぽう, が非常, としたら, と気がついた, に疑い, のだ, ので, ので思わず, ので負け, のに, ものです, ように, わけは, 穂積さんと

▼ 上どんな~ (20, 0.0%)

2 意義が

1 [18件] たくらみしや, ものである, より高尚, 不測な, 事件が, 人間でも, 問題が, 幹の, 役に立つの, 憂目, 手続きを, 挙動に, 歩調も, 殺人的仕掛が, 言葉を, 風な, 風に, 風雲が

▼ 上にだけ~ (20, 0.0%)

1 [20件] いくつかの, かかって, くっついて, その生気, そんなかたち, 実在し, 役立てられ所謂, 民族的特徴を, 溜ります, 現はれる, 生活が, 立って, 立つもの, 置いて, 適用できる, 重くのしかかる, 鈍い光, 降りかかって, 降りる, 高い島田髷

▼ 上への~ (20, 0.0%)

4 ぼつて

1 [16件] さばつて屋根の, しか, びあがっていくのがふしぎでおもしろかっ, ぼつた, エレベーターに, ッか, 坂の, 外界の, 奏上する, 御意見, 理想に, 申し訳世間の, 神の, 越権は, 路を, 遠慮が

▼ 上不可能~ (20, 0.0%)

2 です, では, なこと

1 [14件] だったん, だと, であらう, でありラプラス, であること, であるよう, である故, ですな, となる, と証明, なの, の事, の場合, らしくも

▼ 上今日~ (20, 0.0%)

1 [20件] ではもう, のよう, の一番町, の急務, の政府, の甲野氏, の空模様, の空模樣, はどう, は客, は木々高太郎, まではかうした, まではこうした, まで内, まで内緒, まで父母, も手, 各部面, 招かれたので, 最も読まれる

▼ 上~ (20, 0.0%)

3 の孟達 2 の申

1 [15件] でも, にある, におられた, に行き着いた, の両, の兵力四万, の地, の城, の援軍, へ使いし得よう, へ潰走, も陥ち, をも危うく, を中心, を去った

▼ 上ある~ (19, 0.0%)

1 [19件] がよい, ことは, ぜ, のである, のでございます, ひは, んです, 一夜のみ, 共通な, 単位ずつしか, 料理店で, 方面へ, 時は, 時期に, 点において, 点まで, 科学者の, 種の, 訴訟事件の

▼ 上した~ (19, 0.0%)

2 もので, ものと

1 [15件] それしゃ, に二三間, に尾, のであった, のであります, のは, のを, の焼き, へ手, ものであり, 事が, 事の, 刻下の, 当座であった, 考へ

▼ 上だけで~ (19, 0.0%)

1 [19件] おくめん, つくられたもの, とりか, 一家として, 信じた為, 出て, 助かったの, 否定された, 否定し, 対抗し, 強調し, 振り廻すの, 永続させる, 永続し, 消えて, 自身に, 述べるよう, 通用する, 魅力が

▼ 上でした~ (19, 0.0%)

2 がよくよく

1 [17件] か, からである, からひとしお, からまことに, から怪我, から身長, から部隊, がね, が家, が小川, けれどとう, けれど身体, ことで, のでした, のに過ぎなかつた, もの, ものである

▼ 上でと~ (19, 0.0%)

1 [19件] いたそう, このよう, しよう, まつて, キメつけると, 丑松は, 去年からの, 弱い決心, 心得て, 思い云々, 思った, 思って, 思つたが, 申せ, 答えたまま, 答へ, 考えて, 躊躇つてゐる, 辞して

▼ 上一人~ (19, 0.0%)

1 [19件] ずつ警官, つきり, つ娘, である, で兼ねられる, で忍ん, のお客様, の人間, の位, の娘, の指導者, の記者, はマフラー, は上, は近衛大尉, や二人, を除く, ヲ輔弼シ万機, 殺して

▼ 上~ (19, 0.0%)

2 が一人

1 [17件] が不足, が踏め, づき合, に満足, に避け嫌わるる, の妓, の家, の目, の精神, の絶望, の腰, の血, の記憶, まで殺す, をつれ, を御, を殺め

▼ 上~ (19, 0.0%)

2 の勅使, の形勢

1 [15件] だから, に働い, に出, に送ろう, の事種々心, の報, の政治, の檀那親方, の論, へ帰, へ買い, より下り, より御, ノ人, 豈に

▼ 上越す~ (19, 0.0%)

3 幸福は

1 [16件] ことは, ところの, ほどの大, までに皚々, ものは, 作品は, 喜びは, 梟雄武者所鬼王丸が, 歓びは, 物は, 知恵なぞは, 精神的な, 者が, 腕前の, 良策は, 隣の

▼ 上さらに~ (18, 0.0%)

1 [18件] その応果, それを, 一鍬加うれ, 二月の, 何を, 何事が, 僕の, 公営事業を, 大いなる豫備知識, 御心配, 忍術を, 恰度持ち合せ, 父の, 聯絡を, 花川戸から, 蓆ぐるみに, 陸上二十里まで, 顔色すぐれざる

▼ 上だけでも~ (18, 0.0%)

1 [18件] あの霧, いいから, この二人, もっともらしい, よいから, よろしい, リストの, 乙を, 今の, 合理的解答を, 否定する, 容易な, 新進作家を, 極めなければ, 無視され, 経済を, 除去された, 飛行機に

▼ 上つた時~ (18, 0.0%)

2 のやう

1 [16件] ある日, から聞い, そのつるりと, だつた, などは, には, には小屋, には葉桜, に初めて, の水夫, は裳, も風呂敷包, 丁度貴方, 不図次, 不圖次, 連れて

▼ 上半部~ (18, 0.0%)

2 を成し

1 [16件] がパクン, が三段, が薄暗く, が説明, が金網, だけを写した, で岩形, とそれ, に在る, に透し彫, の金網, は地上, は見える, を最も, を薄暗く, を蝕

▼ 上いろいろ~ (17, 0.0%)

1 [17件] いたしましたが, と, と引受け, と談合, な会合, な闇物資, のこと, の形, 乱暴な, 好意を, 小細工を, 感じた歌, 新吉, 異つた意見, 考え迷った揚句, 調べて, 遊ぶの

▼ 上からでも~ (17, 0.0%)

2 例えば誰

1 [15件] あせって, あったろうが, それに, のぞけば, ポーランドを, 下からでも, 大概分る, 彼女の, 毒々しい広告欄, 火の見櫓からでも, 突いたこと, 諸君に, 飛び下りるかの, 飛んだもの, 飛降りて

▼ 上などを~ (17, 0.0%)

2 揉む奴, 片づけながら

1 [13件] いじけ衰えた姿, かたづけお, こっそり掌, しらべましたが, 中心と, 思つて読まれた, 横行する, 注意深く調べ, 渡って, 結んで, 考へて, 虫を, 難渋し

▼ 上にては~ (17, 0.0%)

1 [17件] あるいは呼ん, いろいろの, さまでとも, ほぼ適度, 何人にも, 到底幽霊, 唯物派と, 得易から, 悦びに, 新しき品, 殆どアイデアと, 清涼の, 物心二元論と, 生命の, 竿の, 論語老子の, 骸は

▼ 上五字~ (17, 0.0%)

2 が, は, を案じ

1 [11件] がある, と, としてその他, と下五字, にある, に置く, に重き, はどう, は今, は単なる, を借用

▼ 上~ (17, 0.0%)

1 [17件] から同君, が哀傷, が唇, と奥さん, と子供, に依頼, に儲けられ, に熱, に聴い, の世話, の内部生活, の参考, の御, はダス・マン, まで一緒, をこんな, を引致

▼ 上~ (17, 0.0%)

2 も持っ

1 [15件] が脱げた, に嵌, に鬱金香, の上革, の入れ, の裏, ばき, をお貸, をもつ, を嵌めたる, を床, を拾う, を穿い, を穿き, を穿こう

▼ 上種々~ (17, 0.0%)

2 雑多の

1 [15件] なコンフリクト, な事, のもの, の不便不利益, の名目, の想像, の新, の点, の異論, の笑話, の系統, の調査研究, の論派, 有益なる, 調査せられた

▼ 上いっぱい~ (16, 0.0%)

1 [16件] にひろがっ, にもえ, にヒラヒラ, にペンキ, にメデューサ, に万国旗, に人だかり, に平伏し, に張っ, に持ち上がった, に書きつけ, に残した, に水, に漲り出し, に詰まり, に雲

▼ 上~ (16, 0.0%)

2 ようだった

1 [14件] おぼ, かと思ふ, からもう, とひ, にした, にしの, のである, のでこの間, ような, ように, んでお待ち, 人も, 宗助は, 通り私は

▼ 上との~ (16, 0.0%)

1 [16件] きみょう, 両方面, 争いや, 事なら, 二カ所を, 国際都市殊に, 好成績, 対峙であった, 対面の, 約束, 結婚などを, 話を, 間に, 関係, 関係や, 顧問を

▼ 上どこ~ (16, 0.0%)

1 [16件] かへ埋めちまわない, かへ蒙塵, かもつと, からともなく, が下, でも同じ, にでも長々, にも明智, にも道, へ, までも登っ, まで来, まで落ち, を叩い, を探し, を探したら

▼ 上または~ (16, 0.0%)

2 経済上の

1 [14件] 上の, 下に, 事実上専断力モノポリーの, 伝説上の, 其他の, 名義上神の, 地理上の, 壁の, 学問上の, 川の, 林業上ある, 精神上の, 遥か下に, 間を

▼ 上までは~ (16, 0.0%)

2 大層高い, 小枝一ツ

1 [12件] お師匠さん, ちょっと運べません, 人力車が, 何うし, 四里, 屆か, 届かなかった, 得取りつかず, 来たよう, 気が付かなかったの, 氣が, 砂地続きである

▼ 上まぶた~ (16, 0.0%)

2 の下, をつり上げる

1 [12件] が重くぽ, で客, と下, に集め, の一文字, の弓なり, の皮, の表情, をひきそばめる, をひき上げる, をほそめた, をぽっと

▼ 上今度~ (16, 0.0%)

2 は冷やか

1 [14件] こそ最後, の一件, の原因, の戦争, の米価, はまた, はポケット, は堺, は実際, は死骸, は番頭, は自分, は足芸, は足藝

▼ 上~ (16, 0.0%)

2 たる

1 [14件] からこと, がたで, だった, という上卿, との間, のお, の孔寧, の方々, の老, の面々, はこの, は三たび, やしき, をも勤めた

▼ 上又は~ (16, 0.0%)

1 [16件] 他の, 公園の, 十軒店の, 単なる体裁上, 口など, 名目上決定され, 国政上に, 報道上の, 実質上の, 知能上の, 社会思想上の, 社會生活の, 經驗上全く, 製作上の, 認識論上の, 趣味上の

▼ 上多少~ (16, 0.0%)

1 [16件] おくれるかも, の世辞, の偶然性, の変種, の文飾, の相違, の経済的危険, の興味, の連絡, の金, は気, 下火に, 基づくところ, 知って, 自身の, 裏切られた事位

▼ 上~ (16, 0.0%)

2 に身, を締め

1 [12件] が袈裟太郎, に, に結びつけ, の上, をお, をしっかと, をつかみよせ, をひきしめた, を受取り, を幾重にも, を結び添え, を解かず

▼ 上~ (16, 0.0%)

2 に述べた

1 [14件] すでに述べた, でみ, において武人化, にも見え, に或, に據, に見ゆる如く, に述べたごとくである, の犬神人, の百里, は己巳六月十四日, を刪ら, を説ける, 引ける公家

▼ 上更に~ (16, 0.0%)

1 [16件] いうべき何物, この頃, みじめな, 一つの, 七軍団, 主殿, 二里を, 全文は, 叔父の, 愉快だった, 戯曲文学への, 戸倉十兵衞を, 法廷において, 激しくな, 臨時教員養成所にまで, 頬までを

▼ 上~ (16, 0.0%)

1 [16件] この, する時, つつ女童, のいましめ, の事件, の因縁, の道筋, ほんの大体, 候由, 候間年増し, 説いて, 述べ来ったところ, 述べ来ったよう, 述べ来った他, 述べ来った諸, 陳べ来りしが

▼ 上極めて~ (16, 0.0%)

1 [16件] メンミツに, 低級な, 困難なる, 必要で, 必要な, 悪いこと, 明白である, 有利な, 有力な, 民衆的な, 稀有の, 老成沈着な, 貴いもの, 重要な, 重要なり, 重要なる

▼ 上および~ (15, 0.0%)

1 [15件] ですぞ, トルキスタン地方との, 下の, 司法上の, 宗教上の, 実際上, 實踐上の, 感覚上に関するも, 政事上に, 理学上における, 立法上に, 精神上に, 精神上の, 肉体上の, 能率上の

▼ 上ずつ~ (15, 0.0%)

5 た声, た聲 1 たお, たけたたましい, た妙, た調子, た高声

▼ 上そういう~ (15, 0.0%)

2 ことは

1 [13件] ことの, 効果を, 区別が, 区別を, 夫人からの, 目に, 結論を, 考え方を, 連中の, 運命に, 隊形に, 非常手段を, 騒ぎに

▼ 上でし~ (15, 0.0%)

3 きりに, てゐる 1 きりと, て, てい, ていた, ていらっしゃる, ている, て居る, ながら帰途, ょっちゅうぐるぐるまわりをしながらやたら

▼ 上という~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことが, ことだ, ことで, ことは, のさ, のだ, のは, ひけめなどでは, ように, 丘陵の, 事も, 字が, 悪党が, 虚伝を, 逃げ口上で

▼ 上にばかり~ (15, 0.0%)

1 [15件] あった訣, あつて, ある事, ある問題, いるの, かばい注がれる時代, では, ゐる人間, 傾けられるの, 声は, 意地わるく, 日の, 月の, 注がれる満座, 雷を

▼ 上よく~ (15, 0.0%)

2 ないかね, 見ると

1 [11件] ないこと, やって, 判断が, 協議し, 採用され, 眠つてる, 知られ類別, 聞くこと, 見かけるもの, 見抜いて, 観て

▼ 上よろしく~ (15, 0.0%)

5 ないと 3 ないこと 1 ないの, ないやう, ないよ, ない叩きだせ, なかったが, はない, 御取捨

▼ 上らし~ (15, 0.0%)

2 て貰

1 [13件] かつた, ている, てしまはぬ, てもらう, てもらっ, てゐる, て唄った, て唄つた, て復, て瞬き, て自分, て見せる, 盛に

▼ 上~ (15, 0.0%)

2 た, たね

1 [11件] たつて, つらな, つらなこと, つらの, つらを, てしまわ, て了ツ, て入口, て凝然, て右手, て慌て

▼ 上一面~ (15, 0.0%)

1 [15件] にきらきら, にその, にぴよんぴよん, にふりまく, にピカピカ, に右往左往, に嬰児, に折れ釘, に斜陽, に渦巻き, に溶け, に鼠色, の雪洞, をぱつと真青, を蔽っ

▼ 上主人~ (15, 0.0%)

2 平太夫

1 [13件] が風流, と喧嘩, の勘兵衞, の口上, の女房, の実印, の封建的, の彦四郎, の死んだ, の總兵衞, の貫三郎, も職, を一度

▼ 上~ (15, 0.0%)

1 [15件] そう努力勉強家で, に注意, に重き, の色男, 一番の, 公儀からの, 唐天子の, 圓柱の, 怪我を, 渋りの, 看板に, 虚空蔵菩薩の, 金もうけも, 銀二十五両二封をも, 骨を

▼ 上日本~ (15, 0.0%)

1 [15件] から日本人, が優れた, が有利, などで特に, には芸術家, に使者, の今日, の文壇, の枢軸, の歴史, の民主化, の自然科学, の金, へ帰る, を空襲

▼ 上相手~ (15, 0.0%)

1 [15件] がどてら, が初瀬寺, となっ, にはなりませんでした, に要心, の判官, の市之丞, の方, は力, は名, は私, を呼出し, を嘗め切った, を甞, を黙殺

▼ 上~ (15, 0.0%)

1 [15件] でございますから, ですし, でロース, と下, と皮, の組織, はササ身, は到底, ばかりに限る, ばかりを石臼, や広島牡蠣, より遥, を使わなけれ, 即ちササ身, 即ち赤身

▼ 上いつ~ (14, 0.0%)

3 ぱいに

1 [11件] しよに, でも, でも別, になく, までもかう罵りつづけた, までもこんな, までもつかまっ, までも中途, までも人生, まで数え, 驟雨が

▼ 上お前~ (14, 0.0%)

1 [14件] が病気, には何, に変, に姿, のうちの, の荷物, はきたならしい, は世間, は亭主, は御新造, は水, は駿河大柄言樣, まで其那, を悲しませ

▼ 上たる~ (14, 0.0%)

5 人の 1 の術, ものに, ゆえんの, ゆえんを, をば敬, 人々の, 者は, 谷間田の, 豪族に

▼ 上だけを~ (14, 0.0%)

2 見せた姿, 見せて 1 かいた歌麿, わずかに, 入れるよう, 出して, 徒歩で, 旋回し, 明るく染め出し, 水の上に, 現したの, 画面一ぱいに

▼ 上つておいで~ (14, 0.0%)

5 になる 3 になりました 2 になつ, になつて, になります

▼ 上であった~ (14, 0.0%)

1 [14件] からまだ, から始末, があわい, がやはり, が自分, し席, すると隣家, としたら, のが, のだ, のである, のを, ように, 故か

▼ 上にこそ~ (14, 0.0%)

2 膝を

1 [12件] 不安なれ, 展望される, 強固な, 本句, 武士の, 民主的な, 現実の, 理解が, 紅葉と, 芳之助在世の, 見れ内部文明, 關係せぬ

▼ 上へでも~ (14, 0.0%)

2 自由に, 落ちたよう 1 あが, お据え申そう, ほうり出された見たいな, 吊ろうかと, 坐って, 横に, 登って, 行って, 載るよう, 飛行機で

▼ 上~ (14, 0.0%)

2 の文明

1 [12件] から下向, から來, とし, と比肩, に觀, に遊んだ, に遲, の文明奧陬, の旅行後二週間, よりも遲, を觀光, 之意

▼ 上多く~ (14, 0.0%)

1 [14件] のもの, の人, の人たち, の作家, の家庭, の思想家, の武士, の犠牲, の犠牲者, の異なる, の貢献, の郎党, は予期, は我

▼ 上~ (14, 0.0%)

3 の三名山 2 の奇勝妙義山 1 の国, の山, の平原, の平野, の平野生品, の民俗, の野, は塩, を以て飛び去る

▼ 上~ (14, 0.0%)

2 が何ん, が試みた 1 かこの, かのよう, からともなく, か知った, が何, が持ち込んだ, しも知っ, にも知らせず, も卑怯, も彼

▼ 上~ (14, 0.0%)

1 [14件] があった, である, によれ, に依っ, に始まる, に據, の中, の主旨, の諭, は實, を下された, を以て定め, を奏請, を發

▼ 上~ (14, 0.0%)

2 の事

1 [12件] があり, が一文, が大, が滞うる, にあかし, の奴, の無い, は極端, もちよい, もふんだんに, を借りたい, を流せる

▼ 上~ (14, 0.0%)

1 [14件] から血, が使えたら, が小さく, つらぬけば, にいた, にいる, におり, には相, に居る, の二本, の鈍い, も活溌, も良かっ, をもっ

▼ 上であっ~ (13, 0.0%)

1 [13件] たり知人友人, てお側, ては見, てもそこ, ても外見, ても構わない, ても武芸, ても確か, て夫婦, て市, て当人, て彼女, て無限

▼ 上でこそ~ (13, 0.0%)

2 要領を

1 [11件] もう幾日, 初めて, 勇気も, 好い花聟, 始めて言, 男子と, 真偽は, 絶えずびくびくは, 考へて, 自分独りわかった, 閏の

▼ 上はと~ (13, 0.0%)

1 [13件] いうので, お秋, その由, それらの, 下宿の, 不面目を, 急に, 理解を, 畏れ多くも, 自身出馬を, 蔡九は, 見れば, 退出の

▼ 上わたし~ (13, 0.0%)

1 [13件] がでは, が料簡, のいう, の不運, の妻, はあなた, はなかなか, は妙, は盛ん, は真実, もかうなれ, もこう, をお

▼ 上~ (13, 0.0%)

1 [13件] にも事実, に優る, に知れ, に誰, のもの, の人, の人々, の便利, の動物, の新聞, の睡眠剤, の睡眠劑, の見方

▼ 上区別~ (13, 0.0%)

2 があった, がある 1 が無く, されること, され或いは, すべきもの, するとき, するの, する処, のある, はありません

▼ 上~ (13, 0.0%)

5 申候 1 とぞんじ候え, なりの程度, なり不消化, 成田舎らしくない, 然被, 申, 申と, 申上候

▼ 上存在~ (13, 0.0%)

3 しない 1 した筈, して, しないの, しなかったと, するか, する出来事, と直接, に先行, の變形, を顕わに

▼ 上彼等~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] が尊敬, には御, には翼, に大変, に禁じられ, のうち, の間, はこの, は個人間, は共に, は戦闘

▼ 上~ (13, 0.0%)

1 [13件] が女, が重病, との応対, に対して何時, のない, のフォード, の前, は元気, は名, は木剣, は甞, までが職, を故意

▼ 上~ (13, 0.0%)

2 れば

1 [11件] が済ん, しかけて, できること, に近い, に際し百姓, の予定, の日, まえの, や麦苅入れ, りかけるころ, 近くなる

▼ 上かも~ (12, 0.0%)

5 知れない 4 知れないが 1 知れないと, 知れなかつた古い, 知れませんが

▼ 上からと~ (12, 0.0%)

2 下からと 1 いう, その路, のしかかります, 下からとから, 二つの, 同時に, 同時に撮っ, 廊下からと, 色々の, 記録上からとの

▼ 上~ (12, 0.0%)

1 [12件] むりかとは思った, 一人に対しても, 丁寧な, 家族とも, 心配なさる, 恩人の, 政道を, 老職伊東十兵衛どのが, 自身の, 返辞申しあげます, 迷惑かけたくない, 迷惑を

▼ 上~ (12, 0.0%)

2 て来 1 てある, ていた, ている, ておいた, てきた, てくれまい, てしまう, てしまふ, てみれ, て新しく

▼ 上だって~ (12, 0.0%)

1 [12件] ああし, あの通り人目, このざまア何, わかって, 云や, 山の, 撃ちぬいて, 有難くない, 水の, 聞いて, 落着い, 話したじゃ

▼ 上でだけ~ (12, 0.0%)

1 [12件] アナタと, 人格的な, 何歳と, 作品の, 多く奔放, 延ばされて, 愛し合つて, 慈悲深く, 新らし, 理解する, 自分の, 記念するなら

▼ 上とか~ (12, 0.0%)

2 そのとき必要 1 ござ, ちょいと, ステッキの, 中ぐらいの, 何とかある, 何とか考えられ, 安寧秩序とか, 室の, 水の, 言ふ

▼ 上にな~ (12, 0.0%)

3 つてゐた 2 つた, つてゐ 1 だれる群衆, つた橋で, つた目が, つてあの, つて遙かに

▼ 上~ (12, 0.0%)

10 ゐら 1 づ今の, ッ先に

▼ 上よりは~ (12, 0.0%)

1 [12件] あまりありがたし, ありとある, むしろ囲み, われらは, ミモザの, 土が, 尖れる稲妻射, 數十百條と, 背が, 觀念的存在者である, 言へ, 黄に

▼ 上らしい~ (12, 0.0%)

1 [12件] がしかし, がまた, がまるで, ぞ, ところへ, のだ, のでした, 三十近い, 男である, 蛾次郎を, 談話が, 闇の

▼ 上三句~ (12, 0.0%)

3 はすらり, は贅物 2 重く下 1 に比し, の景, は尋常, 全く役に立ち

▼ 上~ (12, 0.0%)

2 の, の如き 1 したところ, におけるが如く, のない, の俳句, の容疑者三名, の戦乱, の訛り, の諸

▼ 上~ (12, 0.0%)

1 [12件] がついてる, が行, だけ外す, に貸金, の情婦, の陣屋, の面相, はあの, は上海, まで引張り出さう, をつかまへ, を苛

▼ 上全く~ (12, 0.0%)

1 [12件] これは, 不可能な, 別物たる, 同一の, 失われること, 忘れられたよう, 性質を, 恐れるに, 滅亡したる, 無益の, 虚無に, 誰にも

▼ 上向け~ (12, 0.0%)

3 に寝 2 に寝転ん 1 になつて, になる, に倒れ, に大の字, に寝転び, に打ち倒れた, のま

▼ 上大切~ (12, 0.0%)

1 [12件] であったかも, です, なもの, なる事, な務, な勤, な問題, な嬢さん, な手掛り, な條件, な生命, な道具類

▼ 上常に~ (12, 0.0%)

1 [12件] ドストイェフスキーを, 一種の, 事物を, 出来るから, 問題視される, 彼によって, 正しいとは, 獣肉を, 裏切られつつ, 選ばれるの, 重要なる, 隠密ならん

▼ 上平次~ (12, 0.0%)

2 が引 1 と二人, の橋渡し, の潔白, の眼, はそこ, はとうとう, は一應引, は其處, は到頭, は離屋

▼ 上~ (12, 0.0%)

1 [12件] からきっと, からも同, から三沢, から小石, から来た, から追っ駆け, で面倒, に未練, の方法, の長歌, は知らん顔, より御

▼ 上最後~ (12, 0.0%)

2 の十八日 1 がこう, に彼等夫婦, に松浦屋闕所, に路地, に退, のお供, の一人, の勝敗, の決定, まで眼

▼ 上死骸~ (12, 0.0%)

2 には刀傷 1 の懐中物, の懷中物, の發見者, の縄, の耳, をひき, を下水, を引, を橋, を荒菰

▼ 上~ (12, 0.0%)

2 して, の草稿 1 した, するや, には諸, の中, の手段, も栄五郎, を奉った, を見

▼ 上自然~ (12, 0.0%)

1 [12件] さる傾き, と文化, と漢字, と風向き, な重々し, にそう, に起る, に跡廻し, の大地, の姿, の成り行き, の順序

▼ 上~ (12, 0.0%)

7 の礼 2 の席 1 として以来, の座, へ馳走

▼ 上重要~ (12, 0.0%)

3 な問題 2 な地 1 なこと, なもの, な地点, な意味, な意義, の地域, ノ事ト信ズレバ

▼ 上長官~ (12, 0.0%)

1 [12件] からかなり, がよほど, が交迭, が女, に透徹, の一人, の名, の命令, の諒解, は兵士軍属, は自分, を少佐

▼ 上~ (12, 0.0%)

2 と山, を前 1 は眞, をおこす, をむつくり, を少し, を屈し, を持上げた, を擡げた, を眞直ぐ

▼ 上すぐ~ (11, 0.0%)

2 床へ 1 に何処, に揚足, に暮らし, 下には, 全速力を, 前の, 引返して, 追つかけ, 酒と

▼ 上だけに~ (11, 0.0%)

1 [11件] あてはまるの, あるの, とどまらず勅撰二十一代集, とどまらず営業, なったまま, なにやら悪, 二十余りの, 城太郎は, 姉さまは, 心得顔で, 止めて

▼ 上つたら~ (11, 0.0%)

1 [11件] お目, さつ, すぐ足もと, ちようど四尺七八寸の, 何う, 或は穴, 此方を, 段々にじり, 毒です, 煙管打つ, 請合つて百五十回位は

▼ 上つて窓~ (11, 0.0%)

2 から外, から見る 1 から路, に吹き込む, に寄り, の前, の外, の方, を開けました

▼ 上などで~ (11, 0.0%)

2 原稿を 1 あのお, それが, 名が, 如何に多, 弾きますそう, 戯れた, 改めて独楽, 自分が, 随分変更

▼ 上なれ~ (11, 0.0%)

2 ど物がたき, ば, ば無論 1 ど新婚間, ど長歌, ばとて, ば苦し, バ

▼ 上にか~ (11, 0.0%)

3 かつてゐた 2 たえさしお 1 かつた, かつてゐ, かつてゐる, へりぬ, 歸すべき, 浮かんで

▼ 上にぞ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある, おふと, さしかざす, しむ, っくり, 來りける, 到れる, 来りける, 照りわたれる, 落着ける, 重たる

▼ 上によ~ (11, 0.0%)

4 こに 2 ぢの 1 こたはり, つてが, つて出來た, つて神道も, 寄手に

▼ 上へまで~ (11, 0.0%)

1 [11件] あふれて, ぎっしりと, しみ透って, はみ出して, ぱらぱらと, 垂れ下るよう, 押し寄せて, 溢れた荷物, 煤くさい, 金柑色の, 降って

▼ 上をば~ (11, 0.0%)

1 [11件] みこ, ゆらゆらと, 奇麗に, 少しも, 忘れぬなるべし, 思ふにも, 歩いて, 毛布もて覆ひ, 猫跳り越え, 転ばかし, 長い尖った

▼ 上一つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] でも新しい, のポーズ, の哲学, の意気, の文学至上主義, の暴力, の瑕, の病気, の進路, の重大, 間違えば

▼ 上一応~ (11, 0.0%)

1 [11件] お訪ねした, できること, の取調べ, はそう, 千葉医大の, 岡田に, 形式を, 心配し, 聞いて, 菊池の, 解体した

▼ 上三人~ (11, 0.0%)

1 [11件] から愚弄, が行方不明, でいた, でいる, のひと, の女, の子, の愛児, の死骸, はそれぞれ, も五人

▼ 上典膳~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一, です, というお, という若輩, といっ, と称, のいる, の姿, はそんな, はまだ, は家

▼ 上~ (11, 0.0%)

4 なもの 2 な規定, に変った 1 な価値尺度, に外部, の存在

▼ 上~ (11, 0.0%)

1 [11件] がすでに, して, だけで, に描いた, の拵え, の結目, の色, はくるくる, は煤け破れ, をとる, を還し

▼ 上~ (11, 0.0%)

3 になる 1 ときたら十二時前, のお, の水, は夜, は炉, は炬燵, は芝居, 遅くあたり

▼ 上~ (11, 0.0%)

2 を殺され 1 お小夜, が承知, に対しての物, のお歌, の不慮, の民弥, はあの, を引っ担い, を賣つ

▼ 上子供~ (11, 0.0%)

1 [11件] が嫌がってるで, でないこと, に会う, の声, の時, の木下, の様, の頃, ほどよく, も大勢, や女中

▼ 上州側~ (11, 0.0%)

1 [11件] から次第に, で朝日岳, には六林班, には大刀寧岳, にも信州側, に乳山, に入れた, のこの辺, の荒廃, は木立, は谷川連峰

▼ 上州沼田~ (11, 0.0%)

2 というところ, の下新田 1 の人, の在, へ出馬, へ向かった, へ実地踏査, へ捜し, を真田

▼ 上持っ~ (11, 0.0%)

7 ている 1 ちゃなら無, ていた, て来る, て生れた

▼ 上政治上~ (11, 0.0%)

1 [11件] において天皇, にのみ同盟, には共になんら, にも實, のこと, の交渉, の協同, の合言葉, の影響, の紛乱, 又學術上進歩

▼ 上清宮~ (11, 0.0%)

2 のある 1 ではなかっ, にいる, の本殿, の神扉, へお, へ御幸, へ登っ, までお送り, を出立

▼ 上相当~ (11, 0.0%)

1 [11件] に位置, に狡く, に重く, の仕事, の報酬, の意味, の手当, 以上の, 大きな貯水池, 役に立つもの, 歩かされて

▼ 上眼瞼~ (11, 0.0%)

1 [11件] がすぐ, に引きつけ, に引きつけられ, に引きつけられる, に隠れ, に隠れてる, に青筋, のうち, の二重, の眉毛, は美しく

▼ 上~ (11, 0.0%)

1 [11件] がぎらぎら, がずっと, にしっかり, に狭小, の山道, の本, の波形, は離れ, より多少, をはしっ, を危く

▼ 上~ (11, 0.0%)

5 が兄 4 を持ち堪へた 1 にも修行次第, を持ち堪えた

▼ 上被り~ (11, 0.0%)

2 の肩 1 にかけて包ん, に伏せ込ん, の中, の端, の結びめ, をつけ, をつけた, を着, を着た

▼ 上~ (11, 0.0%)

1 [11件] が地上三尺位, が惡, としてひとり無上, にまかし, の下, の寸法, の弟子, は靴, まで投げ出し, を斬り, を縛り付け

▼ 上~ (11, 0.0%)

1 [11件] から出火, から早打, から見分, にも下邸, に入, に入っ, の長屋, は憚, は江戸城, や下邸, を退い

▼ 上重大~ (11, 0.0%)

3 な意味 2 な意義 1 なこと, な一要因, な問題, な機密, な相違, な結果

▼ 上かなり~ (10, 0.0%)

2 困難な 1 の借金, の地位, の程度, の費, 冗漫である, 多い事実, 迷惑な, 驚いて

▼ 上こう~ (10, 0.0%)

1 いいながら, いった男, して, ならざるを, やって, 品物を, 外交折衝に, 血汐に, 違うから, 高飛車に

▼ 上だけは~ (10, 0.0%)

1 すべてを, とにかく正確, 例の, 売るまいと, 晶子さんが, 清女でも, 琴と, 紅の, 赤鉛筆に, 雪が

▼ 上つたこと~ (10, 0.0%)

2 がある, はない 1 であらう, はいふ, は上つた, は人, もない, を知

▼ 上で無けれ~ (10, 0.0%)

1 ば, ば何, ば何事, ば其計略, ば分らぬ, ば定められない, ば息の根, ば承諾, ば決して, ば私

▼ 上に対して~ (10, 0.0%)

1 ある感激, ひとしく上皇, 云ひ, 加へた人為的構図も, 御奉公, 恐れが, 愛着を, 無私であり, 諂う奴, 非常に

▼ 上ぼる~ (10, 0.0%)

1 ことを, こと愈々, こと遅し, のは, を見ず, 人が, 時であった, 時刻には, 月見て, 高水に

▼ 上やがて~ (10, 0.0%)

2 五尺も 1 その坑, のこと, 二艘の, 何事かの, 全身を, 単行本と, 朝夕御前様御, 自分の

▼ 上~ (10, 0.0%)

2 の抽斗 1 には下, にわけ, の棧, の町, の部屋, へと汗, へ逃げ, 冷泉家で

▼ 上不思議~ (10, 0.0%)

6 な事 3 なこと 1 な偶然

▼ 上~ (10, 0.0%)

2 なるもの, のもの 1 せると, な文人, の信, の根器, の樂しみ, りて

▼ 上~ (10, 0.0%)

1 がまた, が大学生, きも, にせまっ, の勘三郎, の病気, の病氣, の範頼, の精神状態, 上っ

▼ 上~ (10, 0.0%)

3 のごとく 2 のよう 1 だ, のごとき, のもの, のやう, を描い

▼ 上~ (10, 0.0%)

2 の中, の始末 1 が学校, のすぐ, のなか, の隅々, へ歸, も河野

▼ 上州屋周太郎~ (10, 0.0%)

1 がどんな, が大, が越前屋, でせう, と大膳坊, に違, の顏立ち, は今, も若い, 口惜し紛れ

▼ 上州路~ (10, 0.0%)

1 かけての, からお, から信州路, に向かった, に居る, の六里, の碓氷妙義, へ廻れ, へ折れ, へ辿りつく

▼ 上必ず~ (10, 0.0%)

3 天誅すべき 1 冠り, 助力を, 平民の, 此の, 特別の, 空間概念が, 聞こえるの

▼ 上~ (10, 0.0%)

1 ひは, る人物, る呪文, る場合, る意味, る桂庵, る種, 時は, 晩の, 絶或

▼ 上戦争~ (10, 0.0%)

2 の発達 1 が不可能, に敗けた, のため, の絶えるごとき, は少なく, は欲, をし, をした

▼ 上~ (10, 0.0%)

2 の如き 1 した加賀千代, のすべて, の太興二年, の文句, の處罰, の表題, の記事, の諸

▼ 上~ (10, 0.0%)

2 の十二支組 1 と何一つ, の人, の俳優, の借金, の空気, はフォルス公爵, は砂, を選ぶ

▼ 上昨夜~ (10, 0.0%)

2 は不動堂, は疳 1 の封印, の睡眠不足, はたうとう, はとうとう, は一睡, は十五夜

▼ 上止む~ (10, 0.0%)

3 を得ず 2 を得ない, を得なかつた 1 を待, を得ざる, を得んち

▼ 上~ (10, 0.0%)

4 所見 1 価値の, 價値な, 始に, 效で, 状を, 関心者であっ

▼ 上~ (10, 0.0%)

4 る日 2 る朝聖堂裏 1 る朝, 一五三八年には, 十四日朝廷へ, 早朝蔵の

▼ 上貴女~ (10, 0.0%)

2 のこと, はお 1 がお, にこれ以上, のお, の許, もどうか, もほんとう

▼ 上~ (10, 0.0%)

2 の食堂 1 でね, にも一つ, の下等席, の事務所, の特別室, の窓, へ通じ, を借り

▼ 上あらゆる~ (9, 0.0%)

2 鈴を 1 不都合を, 事の, 光景は, 売文業者の, 方面に, 時代において, 時期において

▼ 上いかなる~ (9, 0.0%)

1 ものなるや, 働きを, 咎に, 地位に, 改良が, 明君明相ある, 説明を, 邸宅には, 類ひ

▼ 上かと~ (9, 0.0%)

2 思ふ空 1 いえば, 思いの外身は, 思う舞妓, 思われるあたり, 思われる人, 最一ツ五階, 父親を

▼ 上かの~ (9, 0.0%)

1 すすき原を, スフィンクスと, 伝説は, 女には, 女自身の, 洞窟の, 艶書の, 蠅男は, 青年たちの

▼ 上ぐつ~ (9, 0.0%)

2 を片足 1 でしたから, はいじ, をその, を出し, を持たせ, を持っ, を持った

▼ 上ぐること~ (9, 0.0%)

1 あるべしと, だと, にいたそう, に鋭意, の候, の出, もありません, をいと, を得べき

▼ 上され~ (9, 0.0%)

21 てしばらく, てしまった, てもその, て了, て甚だ, 杉山衛生課長の, 現に一週三度

▼ 上それら~ (9, 0.0%)

2 の作品 1 のアカシア, の実験, の気分, の物名, の要素, は針状, を記録

▼ 上つたところ~ (9, 0.0%)

1 から駆けつけ, なん, にまた, に反古, に祭壇, の一間, を匕首, を竜, を見

▼ 上であろう~ (9, 0.0%)

1 かという可愛らしい, がその, が下, が妻, が私, とも畜生谷, と思われる, と本, と自由

▼ 上どの~ (9, 0.0%)

2 ような 1 やうな, 事件にも, 位間に合う, 文字も, 樹も, 海員たちもが, 部屋にも

▼ 上ならず~ (9, 0.0%)

3 勿躰なき 2 馬の 1 不義密通だ, 壇の, 御舎弟様, 我れ

▼ 上べは~ (9, 0.0%)

1 お互いに, すまして, のろまに, 大へん仲, 嬌笑に, 申分の, 綺麗ずくめで, 苦笑いに, 虫も

▼ 上もし~ (9, 0.0%)

1 その素性構, それらの, それを, どちらも, 内応でも, 御気に入らず, 機会が, 生き抜くこと, 討ち洩らして

▼ 上やはり~ (9, 0.0%)

2 南側の 1 この不, ひろ子を, ドーブレクの, 一種の, 並々でない, 四季に, 床屋の

▼ 上~ (9, 0.0%)

2 断定シタ通リノ 1 中カラ面白イモノヲ選ン, 企ンダ仕事デアルノカハ分ラナカッタ, 全艦海底要塞ヘヒキアゲント欲ス, 取リカヽルニ違イナイ, 君ノ, 自分, 関係ヲ

▼ 上丁寧~ (9, 0.0%)

2 に元, に猿轡 1 であった芸者, にかう話しかけました, にこう, に紙袋, に細い

▼ 上他人~ (9, 0.0%)

2 の嫉妬, の秘密 1 と一緒, と太刀打ち, の生活力, の軍功, の部屋

▼ 上何とか~ (9, 0.0%)

3 して 1 されるならそれ, しようと, しようという, 工風を, 彼とか, 決めること

▼ 上何ら~ (9, 0.0%)

1 の区別, の意味, の故障, の目的, の解決, 前後の, 区別ある, 区別の, 植物学に対して

▼ 上何ん~ (9, 0.0%)

2 の因果 1 かわけ, だか, とか身, とてしかく, な発達, にも云, の目的

▼ 上~ (9, 0.0%)

2 述べ來 1 た當分, の憑據, の所説, りいぶけば, る時, 述べて, 述べましたが

▼ 上信国境~ (9, 0.0%)

2 の山々 1 にある, の山脈, の山際, の峻峰, の浅間山, の碓氷峠, の鳥居峠

▼ 上~ (9, 0.0%)

2 の方 1 により両親, の後家さん, の徒, の慶雅法橋, の手の裏, の某, の片

▼ 上~ (9, 0.0%)

1 から夫, が知っ, といふもの, と云つて, と僕, に心配, の怒り, の静枝, を隣人

▼ 上~ (9, 0.0%)

2 いこと 1 いことは, いと思っ, さそれに, と存じ, と存候, よろしくねが, 思ひ侍れ共

▼ 上改めて~ (9, 0.0%)

1 お前たちに, お越しあっ, 世間へも, 名乘つて, 天下の, 夫婦の, 御相談, 瑞巌寺まで, 調べて

▼ 上東京~ (9, 0.0%)

1 だってこんなに, で一人安気, にいた, にはらわた, の地震, の女子学院, の市政, へ帰り, を引き払っ

▼ 上求菩提~ (9, 0.0%)

1 か下化衆生, の一句, の努力, の因縁, の途, の險難, の願ひと下化衆生, をあら, を採り

▼ 上~ (9, 0.0%)

5 が店 2 にお 1 の氣, は湯

▼ 上猿轡~ (9, 0.0%)

4 まで噛まされ 2 まで噛まされた 1 まではめられ, を噛まされた, を噛ませれ

▼ 上社会上~ (9, 0.0%)

1 に如何なる, の勢力, の可, の大, の情勢, の改革, の状態, の種々, 毫もかかる

▼ 上~ (9, 0.0%)

2 たゆげ 1 から下, が大分, だ, にいこ, の方, の風, をや渡る

▼ 上蒲団~ (9, 0.0%)

2 をかぶっ 1 が一枚, であった, の一枚, の襟, は借りた, を刎ねた旗二郎, 借りた

▼ 上~ (9, 0.0%)

3 の時遷 1 じゃねえ, という蚤みたい, といえ, とかいう蚤虱みたい, とき, の出来した

▼ 上近く~ (9, 0.0%)

1 この家, さまよって, にさしかかっ, に座する, の天井, を過ぎ, 事える人たち, 立ちて, 算したる者

▼ 上都合~ (9, 0.0%)

3 の悪い 2 が悪い 1 によってはまた, のよい, の好い, もある

▼ 上~ (9, 0.0%)

1 が人並, に痣, のまわり, の右上, は美しい, は良く, をハンカチ, を晒し, を見

▼ 上いつも~ (8, 0.0%)

1 に似, 一晩五十匹六十匹と, 何千という, 日本ばかりには, 明るい言葉遣い, 期限が, 経費が, 黙って

▼ 上いよいよ~ (8, 0.0%)

1 エジプト人の, 仇討決行の, 勝成公は, 十兵衛に, 広やかな, 横浜を, 自分の, 表へ

▼ 上これから~ (8, 0.0%)

2 根岸へ 1 あたしの, また犬, 僕は, 先どこ, 先の, 飯に

▼ 上すべて~ (8, 0.0%)

1 が世話狂言式, のこと, の乗客, の方面, の繰, の読本, の遠隔地, をだいたい

▼ 上すべり~ (8, 0.0%)

2 のした, をし 1 がし, がする, にすべり越し, をした

▼ 上だけが~ (8, 0.0%)

1 お釜, こちらを, 一人その, 急がしい締切時間間, 明るく浮い, 水の, 石牌から, 雨な

▼ 上だの~ (8, 0.0%)

1 テーブルの, 下だの, 下の, 彼の, 畳つきだ, 空ざまを, 表の, 部屋の

▼ 上だろう~ (8, 0.0%)

1 か, かと質, がところ, が原っぱ, が道, と思う, 空に, 関さんの

▼ 上つて行つて~ (8, 0.0%)

1 しまつ, その親猿, は悪い, は羽, 呉れたま, 尋ねる人, 探すの, 見ますと

▼ 上づきあひ~ (8, 0.0%)

4 ぢや 3 がえ 1 をしよう

▼ 上とても~ (8, 0.0%)

1 いい眼, いつまでか, ここでは, 一瞥ロゼリイスを, 千々岩には, 困つて, 辛抱が, 長くはと

▼ 上につき~ (8, 0.0%)

1 乍ら井深君の, 仆し, 出されて, 居り, 差して, 書物の, 落して, 転がすと

▼ 上ばかりを~ (8, 0.0%)

2 思って, 思ひつ 1 その燈火, 仰いで, 思ひつづけ無情, 飛んで

▼ 上ほとんど~ (8, 0.0%)

1 つけ根へ, 不可能だ, 何の, 区別は, 止むを, 瞬時的である, 絶叫に, 苦しくって

▼ 上まず~ (8, 0.0%)

1 お舞いなさい, ここへ, その結論, 五六人の, 出勤俳優の, 店口へ, 弟が, 最初に

▼ 上むき~ (8, 0.0%)

3 になった 1 におおきに, にし, になっ, にならべ, の短

▼ 上もっと~ (8, 0.0%)

1 やさしい研究, 場所を, 忘れっぽくなりたい, 恐縮し, 悪いこと, 深くなる, 素晴らしい計画, 美しくなりたい

▼ 上もの~ (8, 0.0%)

2 でございます 1 だ, としてまさ, ならば, を作る, 一ポンド千二百円に, 五ヶ入りが

▼ 上二段~ (8, 0.0%)

1 が出, では, に使, に活用, のふる, の未然, の語尾, ほどの所

▼ 上人間~ (8, 0.0%)

1 が一人, が大, の生, の生存, の背中, は思想, ばなれ, や動物

▼ 上~ (8, 0.0%)

1 っき昂奮, であったという, であると, にお, に御, に縄, の主人總兵衞, の方

▼ 上~ (8, 0.0%)

3 の中 2 を塞ぐ 1 には厳重, に一俵, 賢ういふ

▼ 上同じ~ (8, 0.0%)

1 ような, 人間である, 弓取の, 登山口でも, 船の, 落ち着きで, 躍進の, 過程を

▼ 上女房~ (8, 0.0%)

2 にまで濡れ衣 1 が濁酒, というもの, にも別れ, のお, の怪我, はまだ

▼ 上如何~ (8, 0.0%)

2 に山 1 いう具体的内容, に偉大, に完全, に得, に険峻, に非

▼ 上~ (8, 0.0%)

1 から買っ, が安定, には半, に帰る, のこと萬端, の有金, へあ, を仕舞っ

▼ 上念入り~ (8, 0.0%)

1 に向う, に塀, に左, に手, に朝, に細密, のお人好し, の弱虫

▼ 上意味~ (8, 0.0%)

3 のある 1 して, するの, を分析的, を有, 深い事実

▼ 上或は~ (8, 0.0%)

1 その信仰上, 慣例上一応, 政治上, 新に, 末の, 猶高く, 生理上より, 當然とも

▼ 上明らか~ (8, 0.0%)

2 に恥辱 1 となった, なこの, な定位, な理, に主権, に国

▼ 上~ (8, 0.0%)

1 と暮したい, に似, の将来, の胸倉, はその, は晩年, は此度, や親類

▼ 上眼使~ (8, 0.0%)

8 ひに

▼ 上眼遣い~ (8, 0.0%)

1 にぼく, にまじまじ, に人, に伝七, に考える, に覗く, に顔, をし

▼ 上石橋子~ (8, 0.0%)

1 から山麓, で馬, と下石橋子, と云, の昨日, の馬宿, へ直角, より二里強

▼ 上~ (8, 0.0%)

1 うへ, があった, が居た, と書き, に持たせ, の中, は少女, 或は小

▼ 上経済上~ (8, 0.0%)

1 そして政治上, などの理想郷, に大, に相当, の事, の事情, の力, の闘争

▼ 上~ (8, 0.0%)

1 だけれ, という文字, と記し, においていかに, において今日多数, に述べたるごとく, の主眼, を終え

▼ 上置き~ (8, 0.0%)

1 として加入, になっ, には故, に我当, に直し, に訥子, の磐石, を引退

▼ 上~ (8, 0.0%)

4 から膝 1 から上, で椅子, には繩, を抜かし

▼ 上~ (8, 0.0%)

1 あり南洲, が二度出現, が再び, す, だという, はれて, ふときは, または段

▼ 上~ (8, 0.0%)

4 て通れ 1 てとんだ, てはいられない, て下見, て居る

▼ 上~ (8, 0.0%)

1 仏様を, 來た, 持つて, 歩いて, 牽いて, 踏み込んで, 連れて, 運ばうでは

▼ 上近頃~ (8, 0.0%)

2 は江戸 1 は疳, は足, は阿蘭陀, 大旦那, 妾の, 鎌倉にて

▼ 上~ (8, 0.0%)

2 して 1 したという, し私, すると共に, といわざる, と見ん, を裨補

▼ 上隣り~ (8, 0.0%)

1 になつ, に住み, に住む, の九郎兵衛方, の人, の位置, の石垣, の街道

▼ 上~ (8, 0.0%)

2 までをば僅か 1 につけた, に卷きつけた, に掛け, の周り, を絞めた, を絞められ

▼ 上あるいは~ (7, 0.0%)

1 学問上あるいは, 巌の, 工業上あるいは, 生物学上のみの, 百般の, 罰せらるる, 習慣上その

▼ 上あんなに~ (7, 0.0%)

2 立て混んで 1 お祖父さま, まで国家主義, 世話に, 青いの, 食気まで

▼ 上からい~ (7, 0.0%)

6 つても 1 つては

▼ 上くん~ (7, 0.0%)

2 とポケット小ぞう 1 がおばけ, がやってきました, にとびかかってだきかかえてしまいました, はそう, をわたす

▼ 上こそ~ (7, 0.0%)

1 ここを, 以前ここへ, 屈竟の, 私たちへ, 草履の, 身分がら夜歩きは, 邪淫の

▼ 上すでに~ (7, 0.0%)

2 霊魂不滅説と 1 一定の, 判り切って, 結納の, 義貞の, 若旦那と

▼ 上つたやう~ (7, 0.0%)

1 なので, な心持, な気持, に廻り, に感じられました, に生生しい, に記憶

▼ 上つてそれ~ (7, 0.0%)

1 からやつ, が大きな, が灰色, をお, を向, を捕へよう, を私

▼ 上つて自分~ (7, 0.0%)

1 でおや, のテーブル, の口, の居間, の書齋, の顔, も仕度

▼ 上つて部屋~ (7, 0.0%)

2 を出た 1 の中, の内, の外, へ戻る, を出

▼ 上つら~ (7, 0.0%)

1 がつぶやく, だけが黒く, でし度, のリアリズム, の実行主義, を言葉, を這つて伝

▼ 上でしか~ (7, 0.0%)

1 効力の, 受け取られず又, 在り得ない美, 形を, 意味の, 見られない特殊, 起き得ないよう

▼ 上として~ (7, 0.0%)

1 ある, ここでは, できるだけ急ぎ足, 一先ず観音院, 歸依信頼さる, 諷誦の, 退くしか

▼ 上とに~ (7, 0.0%)

1 かける慣, 在るのみ, 砲弾が, 簷と, 置いた, 蒔き散した, 鈴つけたる

▼ 上どうして~ (7, 0.0%)

1 ここへ, これへ, もやらなく, よいの, 安ん, 罪を, 貰はう

▼ 上どんなに~ (7, 0.0%)

2 罵倒され 1 お願, 圧迫され, 完全に, 急いでも, 零落し

▼ 上などへ~ (7, 0.0%)

1 すこしの, 入らっしゃるもの, 出たり, 動物や, 腰を, 逃げあがって, 運んで

▼ 上なり~ (7, 0.0%)

1 といい, また元, 一念ここに, 共當地より, 窓枠の, 立たないという, 立ちにくい

▼ 上にさえ~ (7, 0.0%)

1 おかない様, たいていは, 全文を, 功徳が, 暗い影, 確かに, 見えて

▼ 上にしか~ (7, 0.0%)

1 こうした声調, できあがっては, ないこと, ないもの, 尊重されない, 生れて, 生長しない

▼ 上べく~ (7, 0.0%)

21 いつも年, 候へ, 大に, 心得に, 来年ハ上京致し

▼ 上ぼり~ (7, 0.0%)

2 て四階目 1 そこから, つつ考えた, つめに, 吹きさらしの, 天主を

▼ 上~ (7, 0.0%)

2 兄上よ 1 え, そは, だからこれ, ろへ, 一言も

▼ 上~ (7, 0.0%)

1 両足デ, 低空飛行シタノチ一分以内ニ全島ガ爆破スル注意セヨ, 匐ッテ動キダシタ, 慎シメト云ウカラ慎ミ様モナイ最早, 接吻シテ貰ウ時ニ快感ヲ, 歩ミナガラモ敵ト目ザス者ニ逢フ時ハ何気ナクコレニ近寄, 走リ

▼ 上一日~ (7, 0.0%)

1 といえ, の中, の商売, の長, も早く, も水野, 其の參詣

▼ 上一杯~ (7, 0.0%)

1 な憤懣, にそれから, にひろがっ, に干され, に紫羅欄花, に足跡, の暖か味

▼ 上一般~ (7, 0.0%)

1 にはまだそう, に公認, に学問, に文化, に評価, の直観, の通念

▼ 上~ (7, 0.0%)

1 に反対, も後, をすっかり, を眺むる群衆, 亦許されない, 処病気に, 奸生矣

▼ 上二段活用~ (7, 0.0%)

2 の語 1 があります, であったと, でなかったかとも, にもまた, の語尾

▼ 上仕事~ (7, 0.0%)

1 がなけりゃ, に時々, のあがり, の分量, の範囲, はだんだん, は自分

▼ 上何等~ (7, 0.0%)

1 かの存在何等, の差支え, の徴証, の特典, の証拠, の關係, 確信なき

▼ 上先生~ (7, 0.0%)

1 として厚顔, のいう, の友人, の態度, の説, は大きな, は大病後

▼ 上~ (7, 0.0%)

2 のホテル 1 からあの, の夢, の手紙, の日, 燈も

▼ 上告文~ (7, 0.0%)

1 であった, なるもの, の通り, はあの, をさし出し, を取り上げ, を持たせ

▼ 上問題~ (7, 0.0%)

1 がある, が定義自身, だが, の性質, の核心, の起こる, はどう

▼ 上~ (7, 0.0%)

2 の道路工夫 1 ある婦人, と議論, はまだ至極, は病死, や姑

▼ 上如何なる~ (7, 0.0%)

2 困難に 1 差違が, 悪計, 意味を, 意義を, 比例も

▼ 上~ (7, 0.0%)

1 などをかかせる, に見覚え, の文字, はヌヤングウェ駐在英軍測量部, へ書い, を見た, を頼ん

▼ 上州高崎~ (7, 0.0%)

1 にいた, に床安, に窮死, の境, の大, の方, へ引

▼ 上~ (7, 0.0%)

1 が若い, こそ取っ, こそ取つ, にし, に老, のせい, をとる

▼ 上恐ろしく~ (7, 0.0%)

2 剛い 1 厳重な, 嚴重な, 執念深い, 大きな声, 氣の

▼ 上我々~ (7, 0.0%)

2 は読者 1 に迷惑, の収入, の生活, はある, は別離状態

▼ 上我が~ (7, 0.0%)

1 儘を, 古代において, 古代には, 古墳の, 子を, 為には, 社会の

▼ 上特に~ (7, 0.0%)

2 憲法紀念館を 1 この問題, 厚意を, 味も, 曇天の, 職業上の

▼ 上甚だ~ (7, 0.0%)

1 不条理である, 似て, 喜ばしい, 困難なる, 大なるべし, 弊害が, 携帯に

▼ 上直接~ (7, 0.0%)

1 でしょう, な場合, に労働, に婦人, に短絡, に自覚, の利害

▼ 上~ (7, 0.0%)

3 の下 1 が一つ, とスレスレ, の横幅, の直ぐ下

▼ 上~ (7, 0.0%)

1 一に, 一の, 一より, 一流の, 二に, 二回第, 二版に

▼ 上若い~ (7, 0.0%)

1 ものを, 女に, 男女の, 番頭が, 着飾った下女, 者に, 耽美者の

▼ 上~ (7, 0.0%)

1 がみんな, に白雪, の裾, は綿入, をぬい, を脱ぎ, を腕

▼ 上~ (7, 0.0%)

2 み慣れた 1 ある者, である当の, に背き, を呼出し, を断っ

▼ 上面白く~ (7, 0.0%)

4 ない 1 ないから, ないと, ないので

▼ 上あご~ (6, 0.0%)

1 がはれあがっ, と下, にくっつけ, の入れ歯, の硬, や鼻

▼ 上いろんな~ (6, 0.0%)

2 力が 1 ふうに, 噂が, 約束を, 細かい世話

▼ 上かかる~ (6, 0.0%)

1 不孝者の, 怪獣は, 愛, 権利と, 現象の, 生活の

▼ 上からばかり~ (6, 0.0%)

1 でした, でなくほか, で同族論, 奴等を, 推して, 論じるの

▼ 上きわめて~ (6, 0.0%)

1 博愛的で, 必然的な, 必要な, 速やかに, 重大な, 顕著な

▼ 上ける~ (6, 0.0%)

2 ことが 1 ところです, は私, ものは, 時公笑は

▼ 上こういう~ (6, 0.0%)

1 ことを, 事が, 取り止めない状態, 発明器が, 結論に, 遊技を

▼ 上こんなに~ (6, 0.0%)

2 虐たらしく, 親切に 1 ひどく血, 無茶な

▼ 上ずつて~ (6, 0.0%)

2 ゐた 1 ゐるの, 來た, 蹌踉けか, 顫へて

▼ 上ただ~ (6, 0.0%)

1 で借りやしまい, に貴女, の糸, 一つの, 一段の, 発句が

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 やあんなに, やが, やと太都夫, やなく, やア, や第

▼ 上つたもの~ (6, 0.0%)

1 が六人, が相当, だ, です, ですから, を叙

▼ 上つたん~ (6, 0.0%)

2 ですが 1 だか, だし, ですから, ですよ

▼ 上つた事~ (6, 0.0%)

3 があつ 1 がはつきり, も無理, を喜ん

▼ 上つた所~ (6, 0.0%)

1 が莽, で私達, にある, に変, に立つ, の相沢

▼ 上つた額~ (6, 0.0%)

1 こけた頬, と眼, のてらてら, の皺, を撫で, を撫でた

▼ 上つて二階~ (6, 0.0%)

2 の客 1 の廊下, の扉, へ戻, や一階

▼ 上つて奥~ (6, 0.0%)

1 にはいりかける, の方, の間, の離れ, へ逃げ込みました, へ通る

▼ 上つて往~ (6, 0.0%)

5 つた 1 つたもの

▼ 上でき~ (6, 0.0%)

2 とほめ 1 ではない, でもない, のお, まんなかが

▼ 上ででも~ (6, 0.0%)

1 あなたや, その根柢自身, アイロニングが, 年が, 忠信に, 無けれあ

▼ 上とを~ (6, 0.0%)

1 かわるがわる眺めた, 千載の, 散歩し, 眺めた, 見くらべて, 見つめて

▼ 上どちら~ (6, 0.0%)

1 かといへ, かと云え, が本当, へ参られます, を向い, を相続人

▼ 上なかなか~ (6, 0.0%)

1 レアリズムとか, 以て, 大事な, 手利きじゃ, 重大な, 面白いです

▼ 上ながら~ (6, 0.0%)

1 これを, その女中, 急激な, 慣れぬ手業, 睨むに, 通わずに

▼ 上についても~ (6, 0.0%)

1 その目的, 何とかする, 余り狭い, 同様の, 国民的特立を, 実に詰まらぬ

▼ 上にゃ~ (6, 0.0%)

2 上が 1 尨犬も, 庭み, 職工が, 重い石

▼ 上のみの~ (6, 0.0%)

1 スピノーザを, 問題で, 悦である, 現象であろう, 産物で, 韻文であっ

▼ 上はなはだ~ (6, 0.0%)

1 まずいから, みじめな, 宜しくない, 有効な, 有益なる, 難しと

▼ 上べの~ (6, 0.0%)

1 冷笑を, 名目を, 洒落つ気, 浅薄な, 言葉で, 調子は

▼ 上ました~ (6, 0.0%)

1 がまあ, が何, ように, 事は, 通り医学上の, 通り醫學上の

▼ 上ます~ (6, 0.0%)

1 からすぐ, からね, がいろいろ, が御, という, 申上ます

▼ 上までが~ (6, 0.0%)

1 いつもは, ばさらな, まぶしかった, まるで鈴なり, 一面に, 湿けて

▼ 上やう~ (6, 0.0%)

3 と思ふ 2 と思ふたれ 1 と思ふた

▼ 上よりの~ (6, 0.0%)

1 啓示と, 地理的研究は, 幾多の, 懲罰である, 日の出実に, 生命あり

▼ 上をは~ (6, 0.0%)

1 いまわつ, いまわりはじめました, いわたって, つてゐた, つてゐました, ひまは

▼ 上~ (6, 0.0%)

2 前を 1 だよ, ところが疼, なすったッ, 前の

▼ 上一下~ (6, 0.0%)

1 さながら白楊, しなければ, とかわる, と動揺, の進退, 続け打ち

▼ 上一段~ (6, 0.0%)

1 がなかっ, では, にハ行, の動詞, の語尾, 下一段變化

▼ 上丁度~ (6, 0.0%)

2 お前も 1 感応院の, 我腹の, 海老錠の, 道子の

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 が居, に都市住民, は, 權者と, 觀内に, 體の

▼ 上二句~ (6, 0.0%)

1 がとりわけ, にも下, に特殊性, ののび, は同一, は磐

▼ 上二階~ (6, 0.0%)

1 にも一組宴会, の梯子, の梯子段, の窓, の階子段, へ連れ

▼ 上京都~ (6, 0.0%)

2 へ着い 1 ご守護, だけといっ, に留まる, の町

▼ 上信界~ (6, 0.0%)

3 の浅間山 1 にあります, の大高山, の山

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 に大人虎變, に苦節, の終点, の艱難, の角, の闇市場

▼ 上別に~ (6, 0.0%)

1 それが, 之に関して, 何等の, 俸米を, 小さい世帯, 小さい世帶

▼ 上制下服~ (6, 0.0%)

2 をもっ 1 に基づかずし, に基づく, の則, の風習

▼ 上卿たち~ (6, 0.0%)

1 との往来, の声, の悩み, の牛車, の顔, も知っ

▼ 上厳重~ (6, 0.0%)

1 な差別, な柵, にも厳重, に処罰, に差別, に抑制

▼ 上同中~ (6, 0.0%)

6 同下

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 についてから村民代表, に押し据え, に殿, の某, を占むる客将, を譲られ

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 でお, に椅子, に畳, の室, の座敷, の間

▼ 上大いに~ (6, 0.0%)

1 はりが, 参考と, 恐縮あれは, 注意し, 語り度, 貢献し

▼ 上実際~ (6, 0.0%)

1 にあり得る, に懈怠, の捜査, やむをえなかった, を観る, 避け難い

▼ 上~ (6, 0.0%)

2 がある 1 あって, になる, のない, をする

▼ 上容易~ (6, 0.0%)

1 ならざる問題, ならぬこと, ならぬ問題, ならぬ義, に敵, に飲めぬ

▼ 上小屋~ (6, 0.0%)

1 がある, にいる, に入った, に駆け, の方, へ着く

▼ 上州あたり~ (6, 0.0%)

1 では冬草, でもかなり, には雷狩, の空地, の繭問屋, へ織物

▼ 上州一円~ (6, 0.0%)

1 にも及ん, に廃娼, に春蚕, に門弟一万, は北条, は明治二十三年

▼ 上州前橋~ (6, 0.0%)

1 なるが, には三度, の八幡宮, の好子, の片原饅頭, の生れ

▼ 上~ (6, 0.0%)

2 の綾之助 1 が二人, なり從兄弟, の九十九完道, の敵

▼ 上役人~ (6, 0.0%)

2 に引渡された 1 が商人, の承認, の指導, らしいこと

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 ある御, おきなく読経, が受動的, こめて, にし, も無い

▼ 上必然~ (6, 0.0%)

4 の反動 1 に行, の欲求

▼ 上悪い~ (6, 0.0%)

1 からという, ことに, ことには, という, 事でしょう, 結果に

▼ 上早く~ (6, 0.0%)

2 女親に 1 て四日, も一脈, 宮眷を, 江戸の

▼ 上是非~ (6, 0.0%)

1 とも三次元, ないこと, もない, 今夜だけは, 其の途中, 着るべきもの

▼ 上時々~ (6, 0.0%)

1 そのパンフレツト, ヒステリツクに, 下總, 平次に, 立停った, 脱線した

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 をとっ, をピッタリ, を壁, を投げ附け, を着た, を脇

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 に, には死亡, には隠居届, に僕, に次, に死亡届

▼ 上父親~ (6, 0.0%)

2 の利助 1 の市之助, の生前勘當, は逆, を片

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 か子供, と犬, に紙袋, の脳裏, よりも遥か, 入らずまで

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 干さざるを, 敬愛せる, 見えた金魚売, 變らず, 踵いで, 長屋の

▼ 上祖師ヶ谷~ (6, 0.0%)

1 で青山街道, に二軒, の安穏寺, の彦さん, の様, の行衛不明

▼ 上結婚~ (6, 0.0%)

2 して 1 の媒酌人, の手続き, はし, までには何

▼ 上絶対~ (6, 0.0%)

2 に必要 1 と一致, に妥当, に接触, に無理

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 との間, とはいくら, とをいっしょ, のまわりの, の右, を嘗め

▼ 上自殺~ (6, 0.0%)

5 とする 1 と見せかける

▼ 上菓子~ (6, 0.0%)

1 が一, と珍重, に用いられ, の棒, は解っ, や珈琲

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 して, に深, はぬはう, ひ分, ふ事, へば微温

▼ 上遂に~ (6, 0.0%)

1 お守役, 刊行されず, 参列と, 委細を, 死別れに, 無為に

▼ 上~ (6, 0.0%)

3 の部屋 1 に寝, の荒物屋, への坂

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 に関して利害, のあと, のそぼ降る, の濃淡, もひどく, 漏の

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 に興味, に降られ, のつんだ, の上, の腕, まで降り出し

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 がひ, に, に吹かれ, に鳴き, の齎ら, も寂しい

▼ 上風景~ (6, 0.0%)

1 がまるで, が非常, に得た, の一主要人物, の片鱗, を写真ニュース

▼ 上~ (6, 0.0%)

1 さえ根から, の自分, は玉蜀黍, までも女, をし, を解い

▼ 上あと~ (5, 0.0%)

1 から慰み半分, で訴え, になる, の針目, へさがっ

▼ 上あんな~ (5, 0.0%)

2 虐たらしい 1 場所に, 声を, 変装を

▼ 上いかにも~ (5, 0.0%)

1 うれしそう, 冷静に, 微弱で, 神変不思議の, 腺病質らしい

▼ 上いずれ~ (5, 0.0%)

1 が価値, ご返辞, にか計らい, の方位, も偏執

▼ 上うまく~ (5, 0.0%)

1 崖の, 成功しよう, 手筈を, 擔が, 運ぶ様

▼ 上かく~ (5, 0.0%)

1 あるが, の如き, も絶対, 問うなり, 観かく

▼ 上からだけ~ (5, 0.0%)

3 見れば 1 いっても, では

▼ 上からのみ~ (5, 0.0%)

1 かかる貧しい, でも, 生じた何, 見れば, 論じても

▼ 上ぐるの~ (5, 0.0%)

1 である, です, はただ, は分, も何やら

▼ 上こと~ (5, 0.0%)

1 に知育上, のほか凝り, の外, 多し, 多候

▼ 上される~ (5, 0.0%)

3 のだ 1 ことも, ファウストを

▼ 上さんたち~ (5, 0.0%)

1 がある, と陰, は自分ら, は言った, より醜く

▼ 上だけから~ (5, 0.0%)

1 じっと貴女, 云えば, 探ると, 空に, 言えば

▼ 上だつた~ (5, 0.0%)

1 かしら壁, からま, が背丈, ね, ので田町

▼ 上つて扉~ (5, 0.0%)

1 に鍵, の所, の横木, を閉める, を開いた

▼ 上つて着物~ (5, 0.0%)

1 の前, の襟, をきかえ, を脱い, を脱ぎ始める

▼ 上であれ~ (5, 0.0%)

1 ばこんど, ばその, ばなんとか, ば採算, ば相手

▼ 上でか~ (5, 0.0%)

1 ふらを, 嫌がられて, 手と, 結果離れ, 線の

▼ 上でさえ~ (5, 0.0%)

2 あれば 1 おまえは, 大衆の, 眼鏡を

▼ 上でという~ (5, 0.0%)

1 ことから, ような, 仰せでござった, 余裕から, 意味の

▼ 上でなけりゃ~ (5, 0.0%)

1 あむやみ, あ骨, あ高飛び, 相場が, 草鞋が

▼ 上でのみ~ (5, 0.0%)

1 なり立つ, イデオロギー論は, 珍重し, 睡る事, 纏って

▼ 上でばかり~ (5, 0.0%)

2 おれたちの 1 之を, 婦人の, 語って

▼ 上とうとう~ (5, 0.0%)

2 それを 1 半ば威圧的に, 本性を, 現在の

▼ 上どういう~ (5, 0.0%)

2 わけか 1 ことに, 地位の, 連関に

▼ 上どうか~ (5, 0.0%)

2 して 1 すると, とこの, 一切衆生の

▼ 上など~ (5, 0.0%)

1 い放り出しときます, 些か微力, 手の, 片づけるの, 片隅に

▼ 上ならで~ (5, 0.0%)

1 は, は判らない, は寄りつくまい, は検脈叶, は渠等

▼ 上なんら~ (5, 0.0%)

1 の損害, の縁故, の開き, 人間的な, 故障は

▼ 上にが~ (5, 0.0%)

2 つしり 1 ッくりと, ツが, 淡彩であるなら

▼ 上により~ (5, 0.0%)

1 して, よき生, 大なる, 添うて, 生産的に

▼ 上に関する~ (5, 0.0%)

1 ことに, 事を, 事件を, 妖怪は, 懐疑である

▼ 上はるか~ (5, 0.0%)

1 なる国, な茂太郎, にまた, に水, のところ

▼ 上ひどく~ (5, 0.0%)

1 だぶだぶの, 敏感な, 足が, 足を, 酒ぐせが

▼ 上ふたり~ (5, 0.0%)

2 のかたき 1 ともきわめて, の恋人, を連れ

▼ 上べだけ~ (5, 0.0%)

1 でしか, では, よく見せかける, ゴマ化し, 元気そうな

▼ 上ほか~ (5, 0.0%)

1 にだれ, のもの, の仲間一同, の女, の租界

▼ 上ぼつ~ (5, 0.0%)

1 た, たが, てよ, て行く, て見よう

▼ 上ましょう~ (5, 0.0%)

21 かと云っ, かと老人, ハテ要らぬ

▼ 上まるで~ (5, 0.0%)

1 下女同, 思いがけないところ, 眼玉の, 解剖の, 面長な

▼ 上もしくは~ (5, 0.0%)

1 兵略上の, 口の, 名義上国家の, 社会上における, 肥料上に

▼ 上もな~ (5, 0.0%)

5 身が

▼ 上やむを得ない~ (5, 0.0%)

2 ことである 1 ことと, のだ, 方面だけ

▼ 上をの~ (5, 0.0%)

3 そりの 1 た打って, つそり

▼ 上をわ~ (5, 0.0%)

4 たつて 1 たつたり

▼ 上ッ面~ (5, 0.0%)

2 だけのお上手 1 から見た, には生きない, のフワフワ

▼ 上一層~ (5, 0.0%)

1 いけないの, だけが欲しい, 悪いこと, 楼, 軍備競争を

▼ 上一種~ (5, 0.0%)

1 のくせ, の変質者, の方便, の言論統制, の関係

▼ 上不便~ (5, 0.0%)

2 だと, を感ずる 1 少からざる

▼ 上両手~ (5, 0.0%)

1 にかかえきれない, に一杯お菓子, の幅, は縛られ, を垂れ

▼ 上並びに~ (5, 0.0%)

1 その左右, 太陽系における, 従業員数の, 科学上の, 論理上の

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 なし, のいわゆる, の難儀, を他人, を謀る

▼ 上人さま~ (5, 0.0%)

1 がこの, だからね, でご, よくお出まし, を町

▼ 上何となく~ (5, 0.0%)

1 不人情の, 不吉な, 気に, 荒廃の, 荒癈の

▼ 上候事~ (5, 0.0%)

1 と存居候, なれバ, に御, を是非, 細々御

▼ 上其の~ (5, 0.0%)

1 あまりで, まま立ち去る, 下並ん, 新聞を, 罪に

▼ 上博士~ (5, 0.0%)

1 にする, にもなる, に限らず, の靜的實在, はイデアリスト

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 して, するの, ははこ, もいまだに, 頻数

▼ 上古い~ (5, 0.0%)

2 堂宇は 1 なほとんど, 文化的伝統と, 社の

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 一方向の, 二年十二月九日正四下同, 人種らしき, 午後三時頃前記アイ子に, 民族たるべき

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 だった, とし, とした, とする, も香気

▼ 上土地~ (5, 0.0%)

1 の御用聞, の智識, の登記, を寄進, を少し

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 だけはなお, は陥ちない, へいく, を中心, を出

▼ 上~ (5, 0.0%)

3 の上 1 には引つ掻き, の忍び返し

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 にボタン, のそ, は四方, へも床, や羽目

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 から曲者, にある, に手当百両, の見えない, へも遊び

▼ 上大きな~ (5, 0.0%)

1 亀裂が, 獲物の, 相違が, 茣蓙を, 黒眼鏡と

▼ 上大した~ (5, 0.0%)

1 区別では, 御馳走で, 期待は, 苦痛が, 金目の

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 な消毒薬, にそわそわ, に愚痴, の快楽, の毛氈二張

▼ 上娘子~ (5, 0.0%)

2 の歌 1 が隠し, との悲戀, の詠んだ

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 という美しい, のところ, はきっと, は大国主神, をご

▼ 上実に~ (5, 0.0%)

1 小さな飾りけ, 根本問題を, 無上の, 遺憾である, 長期の

▼ 上実は~ (5, 0.0%)

2 人間よりも 1 これこれの, 一策を, 萼片に

▼ 上将軍~ (5, 0.0%)

1 です, と共に帷幄, に, の陣, よりのお

▼ 上将軍家~ (5, 0.0%)

1 のお, のお召, の御, より賜わった, 御声がかり

▼ 上~ (5, 0.0%)

2 仏層と 1 供の, 草の, 資本を

▼ 上州厩橋~ (5, 0.0%)

1 という遠方ゆえ, といっ, に会し, に封ぜられました, の城内

▼ 上州名物~ (5, 0.0%)

1 のからっ風, の一つ, の名, の涸風, の空っ風

▼ 上州大胡~ (5, 0.0%)

4 の城主 1 の城主上泉伊勢守

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 が一番能, が塾, のため, の側, れに

▼ 上~ (5, 0.0%)

3 を得ない 1 むことを, を得ざる

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 なるもの, による, の内, の郷里, をつかんだ

▼ 上幾多~ (5, 0.0%)

1 の事蹟, の人命, の似寄った, の問題, の竹類

▼ 上~ (5, 0.0%)

2 が藁葺 1 にブラ, の脇差, の陰

▼ 上廊下~ (5, 0.0%)

1 に灯, に錠口, の暗, の曲がり角, も池

▼ 上当時~ (5, 0.0%)

1 の中学生, の身分制度, の迷信, は何, 未だ結婚以前

▼ 上必ずしも~ (5, 0.0%)

1 一概に, 実現され得る, 悪魚, 芸術的な, 評論は

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 からの雨止み, があれ, に触れ, 入つて, 悪しくも

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 の下, の四布蒲団, の油紙, はいつも, は擴げ

▼ 上政府~ (5, 0.0%)

2 と衝突 1 の緊縮政策, は文化財, より起こるべからず

▼ 上既に~ (5, 0.0%)

1 その歴史, わかり切って, 亡びて, 善人と, 斯の

▼ 上日本人~ (5, 0.0%)

1 であったという, と交際, と競争, はやたら, も朝鮮人

▼ 上普通~ (5, 0.0%)

1 に賤民, に非人, の人, の品, の詩

▼ 上有利~ (5, 0.0%)

1 である, であろうから, と主張, な体系, な場所

▼ 上有名~ (5, 0.0%)

1 です, な, なバクーニン, な御用聞, な無尽和尚

▼ 上有害~ (5, 0.0%)

1 が多い, だと, である, では, なこと

▼ 上有益~ (5, 0.0%)

1 である, なこと, なもの, な啓示, な談話

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 とは反, の解行, の運轉, を見, 及び後方

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 の, のよう, の夜, の如き, の集

▼ 上正しい~ (5, 0.0%)

1 だけで, のでありますまい, ものである, ものとは, 国語と

▼ 上此方~ (5, 0.0%)

1 から謝つて, が平然, には曲者, の好意, へ来

▼ 上死んだ~ (5, 0.0%)

1 お父さんを, のである, 者に, 者の, 藤六の

▼ 上~ (5, 0.0%)

2 賣は 1 賣, 賣を, 賣八十神

▼ 上河内~ (5, 0.0%)

3 から来る 2 から來

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 がのぞかれる, に異様, を嗜む, を好む, を好んだ

▼ 上湯島~ (5, 0.0%)

1 だと, には萱葺, に渡る, の少し, へ三十丁

▼ 上無し~ (5, 0.0%)

1 だ, で漢, というもの, とされ, と私

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 お争われぬ, 又種々, 四千五百圓とか, 川幅を, 御父さん

▼ 上現在~ (5, 0.0%)

1 のこの, のよう, の日本人, の社會, を基盤

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 がよく, つ振り, のにらみ, の好く, はこの

▼ 上病気~ (5, 0.0%)

1 にでも罹った, のせい, の良人一人, は重っ, や薬

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 にて目, に一丁字, の覺め, は藍光, もよろこばせ

▼ 上直ちに~ (5, 0.0%)

1 上京し, 天明四年から, 慘酷の, 東京に, 活動を

▼ 上私たち~ (5, 0.0%)

1 が失った, のおくれた, の室, の発意, はまだ

▼ 上立派~ (5, 0.0%)

1 なもの, な仏殿, な細君, な荒物屋, に証明

▼ 上絶えず~ (5, 0.0%)

1 人夫を, 伏兵を, 居住を, 店内の, 焚く焔

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 が重なろう, にしない, になります, になる, を重ねよう

▼ 上美しい~ (5, 0.0%)

1 のに, タンガニイカ湖の, 声の, 少年の, 草原が

▼ 上老君~ (5, 0.0%)

1 としてゐる, として尊, などと神仙, の八卦炉中, より出た

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 にわだかまり, に蟠, へ一丁, を侵され, を半身

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 がある, のある, の上, もあり, をかがませ

▼ 上興味~ (5, 0.0%)

1 ある事実, ある問題, のある, を感じた, を感ずる

▼ 上若く~ (5, 0.0%)

1 は仰, は形而上論上, は教授上, は詩, ば宗教上

▼ 上許す~ (5, 0.0%)

2 ことの 1 ことが, 者は, 限り私としては

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 とし, と下論, の中, の方, 各篇

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 が持ちあがらない, をぐらぐら, を反らせた, を揺すった, を支えた

▼ 上酒一升鴨一羽~ (5, 0.0%)

1 がよき, など卑俗, の講義, はわるい, は遺憾

▼ 上錬磨~ (5, 0.0%)

2 だよ, という言葉 1 をやっ

▼ 上長い~ (5, 0.0%)

1 事止められ, 彼の, 旅は, 時間を, 間闇に

▼ 上面白い~ (5, 0.0%)

1 ことが, ものであります, 事で, 事である, 事を

▼ 上頗る~ (5, 0.0%)

2 重要なる 1 危険なる, 困難な, 重大なる

▼ 上~ (5, 0.0%)

1 か不明, し二倍, し金時山, の一徴候, ツて

▼ 上騰し~ (5, 0.0%)

1 たり, てゆく, てゐる, て居た, て絶えざる

▼ 上ああ~ (4, 0.0%)

2 あはれまた 1 して, 云う作用

▼ 上あまり~ (4, 0.0%)

1 の強火, 判然と, 確実な, 親しく口

▼ 上あれ~ (4, 0.0%)

1 だけの女房, は伯父, は何世紀, を聽

▼ 上いくら~ (4, 0.0%)

1 かこれ, かの金, かは入っ, でもあった

▼ 上いや~ (4, 0.0%)

1 とはいえない, な言葉, にはっきり, 最も肝腎

▼ 上おれ~ (4, 0.0%)

1 に向っ, の芸術, は一年, は常に

▼ 上かけ~ (4, 0.0%)

2 ら半分叱 1 てお, て霞

▼ 上かれ~ (4, 0.0%)

1 が多年あれ, は美男, らが, 草の

▼ 上くちびる~ (4, 0.0%)

2 をべろりと 1 がめくれあがった, の細く

▼ 上ぐらい~ (4, 0.0%)

2 であと 1 あとは, でまさか

▼ 上こちら~ (4, 0.0%)

1 からも態, でどうにか, の思う, へ移入

▼ 上さて~ (4, 0.0%)

1 そろそろ滝壺, 改めてまだ下りる, 本題に, 鑿を

▼ 上じゃあ~ (4, 0.0%)

1 ない忍, 体裁も, 死なねえ, 死にませんね

▼ 上すこぶる~ (4, 0.0%)

1 下策であった, 困難だ, 堅い, 桜痴居士に

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 しづこ, しづ心無き, つこん思ひこがれる御新造, 梢なる

▼ 上たいへん~ (4, 0.0%)

1 悲しそう, 暑かつ, 興味深いもの, 高価な

▼ 上ちょうど~ (4, 0.0%)

1 その時私, ニューヨークに, 無暗, 花見寺の

▼ 上ちょっと~ (4, 0.0%)

1 待って, 気兼ねを, 遠いところ, 電車の

▼ 上ちよ~ (4, 0.0%)

1 つとは, つと伺ひます, つと編輯長, つと電車

▼ 上つい~ (4, 0.0%)

1 ている, て落ちつい, 神戸を, 誘われる快い

▼ 上つた女~ (4, 0.0%)

1 かと思ふ, の児, の膝, は馬

▼ 上つた娘~ (4, 0.0%)

3 だけに今年 1 だけが今年

▼ 上つた男~ (4, 0.0%)

1 がある, の姿, の顔, は無精髭

▼ 上つた頭~ (4, 0.0%)

1 と細い, をつるりと, を微か, を縁臺

▼ 上つてお出で~ (4, 0.0%)

2 になつ, になる

▼ 上つて云~ (4, 0.0%)

1 つた, つたもの, はば内陣, ふこと

▼ 上つて刀自~ (4, 0.0%)

4 を中

▼ 上つて彼~ (4, 0.0%)

1 のマント, の男, の腰, は指先

▼ 上つて彼女~ (4, 0.0%)

1 の手, は兄, は叔母, は流し元

▼ 上つて手~ (4, 0.0%)

1 に, を伸ばし, を拱い, を洗

▼ 上つて日~ (4, 0.0%)

4 ねもす

▼ 上つて机~ (4, 0.0%)

2 の前 1 の抽斗, の置場所

▼ 上つて次~ (4, 0.0%)

2 の室, の部屋

▼ 上つて私~ (4, 0.0%)

1 が怖がりで, の画いた, はまた, は寢臺

▼ 上つて言~ (4, 0.0%)

2 ひました 1 つた, ひます

▼ 上つて身~ (4, 0.0%)

1 じまひ, の置き, ぶるひした, を乘

▼ 上つねに~ (4, 0.0%)

2 可分的であり 1 不安に, 丞相の

▼ 上づツ~ (4, 0.0%)

1 た口調, た聲, た酔, てゐた

▼ 上とかに~ (4, 0.0%)

1 しっかり取りつけ, 打ちつけて, 積み上げて, 飾って

▼ 上なに~ (4, 0.0%)

1 この模様, をいう, を少年, を贅沢

▼ 上ならびに~ (4, 0.0%)

1 化学上の, 日本海上に, 軍事上の, 道徳上の

▼ 上なんかに~ (4, 0.0%)

1 あるはず, そのき, 寝て, 載かつて

▼ 上にあたって~ (4, 0.0%)

1 むくむくと, プルダン神父の, 一つ金色の, 何か

▼ 上においてのみ~ (4, 0.0%)

1 ならず実行上, 成立する, 栄えて, 矛を

▼ 上にく~ (4, 0.0%)

1 づほれた, づれてしまふ, づれ伏し, づをれた

▼ 上にとり~ (4, 0.0%)

1 残されるの, 落して, 落とした, 落として

▼ 上にど~ (4, 0.0%)

3 つかと 1 さっと落ちる

▼ 上にね~ (4, 0.0%)

1 ぢ倒し, まく欲りす, ソフイー, ラツコ裏の

▼ 上にや~ (4, 0.0%)

1 あらん紫, はらかい, はらかく, ア頭を

▼ 上のみには~ (4, 0.0%)

2 あらず 1 あらざりけるよ, あらじ

▼ 上ひどい~ (4, 0.0%)

1 危難を, 疱瘡で, 錆だ, 鳥眼だ

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 え歩きまわっ 1 では, ツ面の

▼ 上べだけの~ (4, 0.0%)

1 もので, 意味に, 濃化粧, 自由を

▼ 上までの~ (4, 0.0%)

1 びほうだいの, ぼつた, 大長靴, 本を

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 だん, 見ゆ, 見ゆる, 見ゆる児島

▼ 上らしく~ (4, 0.0%)

1 そしてこの, 整然と片づけた, 貧苦に, 非常に

▼ 上わし~ (4, 0.0%)

1 に何, の人間, は本当に, を殺そう

▼ 上をと~ (4, 0.0%)

2 ほつて 1 ほる荷馬車, ぼとぼと歩い

▼ 上クリストフ~ (4, 0.0%)

1 が自分, には責任, はまだ, はまだあまり

▼ 上一々~ (4, 0.0%)

1 その旅人, それに, 庄司から, 閂が

▼ 上一度~ (4, 0.0%)

1 の入湯, 印刷し, 去りかけたが, 約束した

▼ 上一枚~ (4, 0.0%)

2 と下一枚 1 の絵, は透徹

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 では飽くまでも 1 ではない, は五尺二三寸

▼ 上三つ~ (4, 0.0%)

2 の千両箱, の千兩箱

▼ 上三寸~ (4, 0.0%)

2 か五寸 1 の処, の辺り

▼ 上下手人~ (4, 0.0%)

1 が外, に縄, に繩, を縛らう

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 可知に, 得獣額流血水為舟, 申候, 諱

▼ 上不都合~ (4, 0.0%)

1 があれ, だから, に候, を生じるだろう

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 と演, には高, は引つ, へ分け入っ

▼ 上中下~ (4, 0.0%)

1 とそれぞれ味, と四階段, にわかれた, を何で

▼ 上中流~ (4, 0.0%)

2 の男女 1 の婦人社会, の婦人社會

▼ 上二つ~ (4, 0.0%)

1 には從來, の杉戸, の煌々, は如何

▼ 上二尺~ (4, 0.0%)

1 ちかくに, の所, ばかりの所, も長かっ

▼ 上互に~ (4, 0.0%)

2 連合する 1 狂人の, 連帯の

▼ 上以前~ (4, 0.0%)

1 には母親, のやう, よりは一種, よりも却って

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 の勘當, の染五郎, の骨, を殺し

▼ 上何處~ (4, 0.0%)

1 か色, で見付け, にも指定, に寢刄

▼ 上余り~ (4, 0.0%)

1 恵まれぬこんな, 狭小な, 短か, 頻りに往来

▼ 上便所~ (4, 0.0%)

1 ではなく, で一應洗, の扉, までゆく

▼ 上健三~ (4, 0.0%)

1 からの贈り, の細君, はその, は彼ら

▼ 上偶然~ (4, 0.0%)

1 にも五円, の善事, の機会, の結果

▼ 上全体~ (4, 0.0%)

1 に押しかぶさっ, の姿, の民衆, の題

▼ 上全然~ (4, 0.0%)

1 不可能である, 今までと, 同感です, 省いて

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 から鍵, には精神, の山, の番頭さん

▼ 上出来ない~ (4, 0.0%)

1 ことであろう, ことに, ので非, 之を

▼ 上出来る~ (4, 0.0%)

1 ことで, だけ君, だけ素知らぬ, 丈の

▼ 上加減~ (4, 0.0%)

1 であつ, と云, と手つき, やこりゃ

▼ 上勝手~ (4, 0.0%)

1 に使用, に名, に好悪, よろしき處

▼ 上危険~ (4, 0.0%)

1 だから, なること, な仕事, な追跡

▼ 上参らせ~ (4, 0.0%)

21 候とり急ぎ, 候今は

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 寺みな一定の, 市民を, 甲板共, 隊の

▼ 上合致~ (4, 0.0%)

2 するから, すると

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 の卦, の話, らしいな, を表す

▼ 上嚴重~ (4, 0.0%)

1 な柵, な箱, にも嚴重, に封

▼ 上四宿~ (4, 0.0%)

1 からは贄川, という, へは筑摩郡八十九か村, 中三宿

▼ 上困難~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 であるが, にな

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 なこと, な事, な光線, な噂

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 神論者である 1 ぶんの, 与里は

▼ 上多分~ (4, 0.0%)

1 に文学的, のお, の寸伸び, 永久に

▼ 上大変~ (4, 0.0%)

1 でございましたなあ, な罰金, な羞恥屋, 喜ばしい向上

▼ 上大抵~ (4, 0.0%)

2 の家 1 一眼で, 四谷赤坂が

▼ 上夫人~ (4, 0.0%)

1 が久しい, の心, は娘, は怪しい

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 のお山, の最初, の立場, まで獣

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 のお, は黙っ, を打たれよ, 先ず帰京

▼ 上婦人~ (4, 0.0%)

1 が多い, のサジ性, の位置, より力

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 のお 1 が死ん, への義理

▼ 上学問~ (4, 0.0%)

1 としてで, は要らない, よりも寧, をする

▼ 上尋ねる~ (4, 0.0%)

1 ことも, すべも, のは, 必要の

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 の上, の下, の中, の南西側

▼ 上州下仁田~ (4, 0.0%)

1 の者, の草薙家, まで動いた, まで日

▼ 上州人~ (4, 0.0%)

1 にそれ, のほんの, の釣り姿, は赤城山

▼ 上州辺~ (4, 0.0%)

1 と違っ, のある, の女, を通る

▼ 上州館林~ (4, 0.0%)

1 に転じ, の人, の地, の旧

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 の決定書, の胸, の頬, 程の功益

▼ 上已に~ (4, 0.0%)

1 大唐天子, 確定した, 論述した, 述べたが

▼ 上已む~ (4, 0.0%)

2 を得ぬ 1 を得ず, を得ない

▼ 上帛ぢ~ (4, 0.0%)

4

▼ 上幾つ~ (4, 0.0%)

1 かのスタンド, かの鉤裂, も, も幾つ

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 についた 1 が路面, の上

▼ 上強い~ (4, 0.0%)

1 ては聞かなかった, ては聞こう, て気, て訊こう

▼ 上後ろ~ (4, 0.0%)

2 から一刀 1 から奧樣, へも少し

▼ 上必須~ (4, 0.0%)

2 の結果 1 の条件, の要件

▼ 上怪しい~ (4, 0.0%)

2 のは 1 と睨ん, 夢を

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 は総理大臣 1 なるを, にもつかぬ

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 か國民教育, ながら覚束, に從, 得る所

▼ 上我慢~ (4, 0.0%)

1 がし, ができなかった, がなりましょう, して

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 に及ぶ 1 の届かぬ, を伸せ

▼ 上押し~ (4, 0.0%)

2 て物 1 て口, の強い

▼ 上掛け~ (4, 0.0%)

1 が白く, にもする, の代わり, をかぶつ

▼ 上支那~ (4, 0.0%)

1 から帰還, と東西相対, の君主, の既に

▼ 上教育~ (4, 0.0%)

1 こそ地味, の歴史, の程度, もなし

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 じゃそう, の娘, の空襲部隊, をお

▼ 上文句~ (4, 0.0%)

1 が気, は言わない, も小唄, をつけられ

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 に大, らしい香油, 帰国者の, 校舎が

▼ 上日本一~ (4, 0.0%)

1 と名, の大, の幇間, の美食大家

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 かに区別, かに目的, かに誤り, かに連続

▼ 上暫く~ (4, 0.0%)

1 の内一人扶持被下置, 手伝って, 期間を, 脇道へ

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 がさす, に二つ三つ, のこと, の光

▼ 上有効~ (4, 0.0%)

1 でもあり, というご, の契約, の証書

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 が手, せしを, 月に, 當に

▼ 上梯子~ (4, 0.0%)

2 を一度 1 の幅, は明

▼ 上森健一郎~ (4, 0.0%)

1 と揃っ, 来りルパン, 来り穂積, 来る金

▼ 上極力~ (4, 0.0%)

1 それを, 大隊長, 宥め諭そうという, 敵方の

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 お屋敷, の室, の書信, の病気

▼ 上歯二枚~ (4, 0.0%)

2 が一度, と下

▼ 上~ (4, 0.0%)

4 んど

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 が出, にまで反, の中, をかける

▼ 上永久~ (4, 0.0%)

1 にこれ, に相容れない, に貞淑, に貴重

▼ 上求菩提下化衆生~ (4, 0.0%)

1 と云, の二句, の菩薩, は二つ

▼ 上江戸~ (4, 0.0%)

1 から追放, の地理, までの路用, まで三崎丸

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 の畔 1 の堤, の沢

▼ 上浅草~ (4, 0.0%)

2 に於 1 に住んだ, 元鳥越橋際

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 からだんだん, が出来, に過ぎざる, のい

▼ 上無理~ (4, 0.0%)

1 がある, とは知り, に刺青, をし

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 だあ 1 だ, に出来上っ

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 と相談, な気, の上, の者

▼ 上知っ~ (4, 0.0%)

2 ていた, ている

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 った, ってはとうてい, にした, のよう

▼ 上積極的~ (4, 0.0%)

1 と云う, にハッキリ, に東上, に活発

▼ 上~ (4, 0.0%)

3 の男 1 の男三柱

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 の飯 1 を五俵, を炊いた

▼ 上精神上~ (4, 0.0%)

1 なぞのいろんな, の経過, の闇, 実に根本問題

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 になつて行つて, の干葉, の鰺, をそっくり

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 に入野神社, の謡, を染め, 大羽

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 が生え, に入れない, を澄ませ, を貸し

▼ 上茣蓙~ (4, 0.0%)

2 に包ん, を丸め

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 にし, には屋根, に積ん, の笊

▼ 上行菩薩~ (4, 0.0%)

1 たること, であるという, を以てまでも任じ, を自覚

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 で眼 1 させること, せしめこの

▼ 上要求~ (4, 0.0%)

1 の一面, の充足, の運動, 当ってるもん

▼ 上許し~ (4, 0.0%)

1 がたいこと, ておけない, 難い, 難い殘忍性

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 の如く 1 である, であると

▼ 上説明~ (4, 0.0%)

2 し難き 1 されて, のできる

▼ 上貧乏~ (4, 0.0%)

1 で妹, はする, や死ぬ, をする

▼ 上貴重~ (4, 0.0%)

1 なる閣下, な参考, な本, の天然紀念物

▼ 上身体~ (4, 0.0%)

1 が小さかっ, に賭けつ, の一変, を自由

▼ 上近い~ (4, 0.0%)

2 うちにも 1 うちに, 親類という

▼ 上近所~ (4, 0.0%)

2 のざわめき始めた 1 には半, の人

▼ 上追及~ (4, 0.0%)

1 して, しませんでした, する気, をせず

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 したと, した時, の理由, 程

▼ 上道徳~ (4, 0.0%)

1 なるもの, なんか下らない, に従, に関して疑

▼ 上適当~ (4, 0.0%)

1 して, な雑誌, にやっ, に相続

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 に万余, に入り, に就い, の道

▼ 上関係~ (4, 0.0%)

1 があり, して, のある, はない

▼ 上随分~ (4, 0.0%)

1 一札も, 悪食家と, 調子の, 馬鹿だ

▼ 上~ (4, 0.0%)

2 のしない 1 が違う, を立てず

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 に向こう, のいや, や頬, を着け

▼ 上飯台~ (4, 0.0%)

3 の連中 1 の悪党共

▼ 上~ (4, 0.0%)

1 と口, の動的表現能力存在, ばかり非常, や口

▼ 上あいつ~ (3, 0.0%)

1 が飛び出し, の言う, は必ず

▼ 上あまりに~ (3, 0.0%)

1 もユダヤ人的, も巧み, 実感的である

▼ 上あらためて~ (3, 0.0%)

1 家捜しを, 祝賀の, 越中守方より

▼ 上あり得る~ (3, 0.0%)

1 のです, ものか, んだ

▼ 上ある程度~ (3, 0.0%)

1 の数学, まで成効, 以上に

▼ 上あんた~ (3, 0.0%)

1 が行っ, とすっかり, の村

▼ 上あんまり~ (3, 0.0%)

1 しつこく見られる, 落膽し, 騒ぎが

▼ 上いい~ (3, 0.0%)

1 気に, 現象な, 知恵の

▼ 上いかに~ (3, 0.0%)

1 して, 大きな働き, 必要であろう

▼ 上いけない~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 ことには

▼ 上いざ~ (3, 0.0%)

1 というとき, となれ, 御勘定

▼ 上いま~ (3, 0.0%)

1 この六月, の重職, また悪天候

▼ 上いわゆる~ (3, 0.0%)

1 平和の, 熊野式の, 部落の

▼ 上おのずから~ (3, 0.0%)

1 なる軽重, 編みだしたこと, 金米糖の

▼ 上おまけ~ (3, 0.0%)

1 にわたし, に人非人, に自分

▼ 上お初~ (3, 0.0%)

1 がこちら, の負けじ魂, はいつぞや

▼ 上お寺~ (3, 0.0%)

2 から葬式 1 へも頼み

▼ 上お金~ (3, 0.0%)

1 がたくさん, が出来, なんかにはちっとも

▼ 上かう~ (3, 0.0%)

1 いふ世の中にな, いふ熱心な, 血汐に

▼ 上かね~ (3, 0.0%)

21 をやる

▼ 上からか~ (3, 0.0%)

1 かつて居る, 下からか, 又は

▼ 上からば~ (3, 0.0%)

1 たっと, たつと, たんとな

▼ 上ぐずぐず~ (3, 0.0%)

2 して 1 云うと

▼ 上ぐる次第~ (3, 0.0%)

2 でございます 1 である

▼ 上ぐる者~ (3, 0.0%)

1 ではありません, なかりしのみ, を見る

▼ 上こんど~ (3, 0.0%)

1 はどうしても, は小, は晴れ

▼ 上しいて~ (3, 0.0%)

1 女を, 申し上げて, 総督を

▼ 上しばらく~ (3, 0.0%)

1 ご猶予, の間, は帰れない

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 らみ 1 らむ曙の

▼ 上すっかり~ (3, 0.0%)

1 変えて, 打切った形, 言い尽されない場合

▼ 上すべ~ (3, 0.0%)

2 からざる 1 からざるもの

▼ 上すれすれ~ (3, 0.0%)

1 にある, に椎, のところ

▼ 上ずいぶん~ (3, 0.0%)

1 と変わった, やかましくも, 重要な

▼ 上そうした~ (3, 0.0%)

1 作は, 動作の, 特徴は

▼ 上そのまま~ (3, 0.0%)

1 保全せられ, 極楽安楽国に, 看過し

▼ 上その他~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 を中心

▼ 上ただちに~ (3, 0.0%)

1 タイプライターを, ハワイを, 横浜の

▼ 上たち~ (3, 0.0%)

1 との応和, は昼, は目前

▼ 上たった~ (3, 0.0%)

1 一つの, 一人の, 一方しか

▼ 上たつた~ (3, 0.0%)

1 一人の, 一人娘の, 今死んだ

▼ 上だけでの~ (3, 0.0%)

1 交際な, 大言壮語を, 答えを

▼ 上だけには~ (3, 0.0%)

1 一ぺん会っ, 在った, 雪雲が

▼ 上ついた~ (3, 0.0%)

1 と言, 噂を, 調子に

▼ 上ついに~ (3, 0.0%)

1 は盃, 家屋敷を, 最後の

▼ 上つたさ~ (3, 0.0%)

2 うですね 1 うだよ

▼ 上つた一人~ (3, 0.0%)

1 が低く, の男, の警吏

▼ 上つた家~ (3, 0.0%)

1 などは深い, に住ん, をその

▼ 上つた彼女~ (3, 0.0%)

2 は隠し 1 が戸

▼ 上つた空~ (3, 0.0%)

1 であり渓谷, には, の下

▼ 上つた者~ (3, 0.0%)

1 だけが何時, でも感情, は多

▼ 上つてあたり~ (3, 0.0%)

2 を見廻し 1 を見

▼ 上つてそこ~ (3, 0.0%)

1 から梯子, にある, に卓

▼ 上つて二人~ (3, 0.0%)

1 で駿太郎, はしばらく, は嬉し

▼ 上つて其處~ (3, 0.0%)

1 から二, に垂れ, へ立つ

▼ 上つて四方~ (3, 0.0%)

1 に散つ, はクワツ, を見る

▼ 上つて左~ (3, 0.0%)

2 の方 1 へ入

▼ 上つて左手~ (3, 0.0%)

1 が笹田執事, すなわち応接間, の窓ぎは

▼ 上つて戸~ (3, 0.0%)

1 の節穴, を叩いた, を押

▼ 上つて押入~ (3, 0.0%)

1 から一封度, を開きました, を開け

▼ 上つて玄関~ (3, 0.0%)

1 からドンドン, の戸, の方

▼ 上つて行つた~ (3, 0.0%)

1 その時, とこう君ら, と云

▼ 上つて足~ (3, 0.0%)

2 を辷らし 1 の方

▼ 上つて間~ (3, 0.0%)

1 がない, の襖, もない

▼ 上つて階段~ (3, 0.0%)

1 を下りた, を下りはじめる, を降り

▼ 上つて障子~ (3, 0.0%)

1 に手, の小間, の蔭

▼ 上つて隣~ (3, 0.0%)

1 に行, の室, の庵

▼ 上であります~ (3, 0.0%)

1 がこれ, が兎, が手腕

▼ 上できだ~ (3, 0.0%)

1 ぞ, と思った, よ

▼ 上でさえも~ (3, 0.0%)

1 子供に, 海という, 遠い長崎

▼ 上でしょう~ (3, 0.0%)

1 か草, がぼっ, が岡

▼ 上でです~ (3, 0.0%)

1 か, か心, 一般にその

▼ 上でなくっ~ (3, 0.0%)

1 ちゃお前さん, ては, ては通じない

▼ 上といふ~ (3, 0.0%)

1 ことに, ところ, 生活も

▼ 上とうてい~ (3, 0.0%)

1 不可能な, 両立する, 承認する

▼ 上とで~ (3, 0.0%)

1 お懲らしなされ, 何か, 親しそう

▼ 上ともかく~ (3, 0.0%)

1 どこかに, も親分さん, 馬春堂を

▼ 上ともに~ (3, 0.0%)

1 わたくし共の, 一種の, 輝高を

▼ 上どれ~ (3, 0.0%)

1 だけの価値, だけの利益, だけ区別

▼ 上なかっ~ (3, 0.0%)

2 たの 1

▼ 上なぞに~ (3, 0.0%)

1 できること, 休んで, 少しく手

▼ 上などから~ (3, 0.0%)

1 火矢石砲弩弓の, 物に, 言つて格段の

▼ 上などでは~ (3, 0.0%)

1 すべって, ない, 女子労働者の

▼ 上などの~ (3, 0.0%)

1 偉人の, 峰々に, 理想郷については

▼ 上などは~ (3, 0.0%)

1 其時の, 堅くかたくまるで, 擽っとうございますわ

▼ 上なるべく~ (3, 0.0%)

1 こんな問題, 安易に, 少ない方

▼ 上なん~ (3, 0.0%)

1 でも御, の御用, の美術価値

▼ 上なんかで~ (3, 0.0%)

1 泣いちゃ, 游いで, 遊んで

▼ 上においての~ (3, 0.0%)

1 ほうが, 事は, 人生観である

▼ 上にかが~ (3, 0.0%)

1 みこんだ, みこんだまま, みこんだ顔

▼ 上にすら~ (3, 0.0%)

1 年数の, 明らかに, 超越せし

▼ 上についての~ (3, 0.0%)

1 ことでなく, 得失利害役人の, 非点

▼ 上につつ~ (3, 0.0%)

1 伏して, 立ち何ごと, 立つ人間

▼ 上にても~ (3, 0.0%)

1 北極の, 微分法に関する, 暑さ

▼ 上にはも~ (3, 0.0%)

1 一つの, 一つ写真が, 一つ小さい

▼ 上に対しては~ (3, 0.0%)

1 むしろ嫌悪, 剛直に, 皇軍の

▼ 上に対する~ (3, 0.0%)

1 服従も, 阿諛とを, 駐在官

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 え不景気, え悦び, お餅

▼ 上のち~ (3, 0.0%)

1 かひ, からである, ひさき露店

▼ 上のね~ (3, 0.0%)

1 その問題, ぢを, 影と

▼ 上のみから~ (3, 0.0%)

1 いうと, でも, 考へたので

▼ 上のみに~ (3, 0.0%)

1 あらずあらゆる, あらずと, 現われると

▼ 上ばかりに~ (3, 0.0%)

1 恋々として, 裾も, 限らず一般文芸

▼ 上へばかり~ (3, 0.0%)

1 伸び上がって, 燃え抜けるから, 登って

▼ 上べき~ (3, 0.0%)

2 事なし 1

▼ 上べに~ (3, 0.0%)

1 出て, 愛情を, 言ひ入れし

▼ 上ほんの~ (3, 0.0%)

1 しばらくでも, 一時的な, 通詞らの

▼ 上ぼせ~ (3, 0.0%)

1 て一般世間, て手習, て狂言

▼ 上ぼっ~ (3, 0.0%)

1 てい, ている, て行く

▼ 上ませう~ (3, 0.0%)

3 女夫やく

▼ 上までを~ (3, 0.0%)

1 拂つた, 照す, 現しながら

▼ 上もっとも~ (3, 0.0%)

1 便宜なる, 大きい人口, 必要な

▼ 上もと~ (3, 0.0%)

1 のごとく, の同窓, の川

▼ 上やむを得なかっ~ (3, 0.0%)

1 た, たこと, たの

▼ 上よと~ (3, 0.0%)

1 申しのこし参らせ候それ, 申候, 申遣

▼ 上をつつ~ (3, 0.0%)

1 ーと, ーッと, 袖の

▼ 上をのみ~ (3, 0.0%)

1 仰いで, 思ひて, 物語りぬ

▼ 上ッテ~ (3, 0.0%)

1 イロイロ世話ヲシテクレタ, 来テ書斎ニハイリ, 来テ障子

▼ 上ツ調子~ (3, 0.0%)

1 ではある, に喋舌, の態度

▼ 上ツ面~ (3, 0.0%)

1 だけで軽蔑, の技巧, ばかりが安

▼ 上ヤソ教~ (3, 0.0%)

1 と同一, と西洋, の理

▼ 上ン土~ (3, 0.0%)

2 の古 1 の墓

▼ 上一個~ (3, 0.0%)

1 の人間, の天地開闢説, の説

▼ 上一切~ (3, 0.0%)

1 が灰燼, の興行, を打明ける

▼ 上一同~ (3, 0.0%)

1 の年齢, の者, を入れ

▼ 上一定~ (3, 0.0%)

1 せるに, の局所的, の風土的

▼ 上一尺~ (3, 0.0%)

1 ばかりの空, ほどのところ, も高く

▼ 上一文~ (3, 0.0%)

1 でも増せ, なしの, の持ち合わせ

▼ 上一本~ (3, 0.0%)

1 になっ, ひどくしみる, 抜く

▼ 上万一~ (3, 0.0%)

1 のこと, の事, の用心

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 から布團, は大場石見様, は大場石見樣

▼ 上上衣~ (3, 0.0%)

1 のポケット, の片, の胸

▼ 上下女~ (3, 0.0%)

1 が出, に似合, に出られ

▼ 上不利益~ (3, 0.0%)

1 ではありますまい, な位地, になる

▼ 上不法~ (3, 0.0%)

2 である 1 の主張

▼ 上不滅~ (3, 0.0%)

2 でありその同じ 1 である

▼ 上与えられた~ (3, 0.0%)

1 一定段階の, 体験を, 請願の

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 にすぐれ 1 を避けた

▼ 上世間~ (3, 0.0%)

1 から幾分, にも社交夫人, の習慣

▼ 上主義~ (3, 0.0%)

1 というの, の小さな, を主張

▼ 上乃至~ (3, 0.0%)

1 思想上の, 教育上の, 生活上の

▼ 上久しく~ (3, 0.0%)

2 相互の 1 荒蕪地と

▼ 上乱暴~ (3, 0.0%)

1 すると, なんてすれ, をされ

▼ 上事実~ (3, 0.0%)

1 の符合適中, はかえって, を報知

▼ 上二番町~ (3, 0.0%)

1 と下二番町, の借家, の邸

▼ 上五文字~ (3, 0.0%)

1 じゃ, をも吐く, をわすれました

▼ 上人夫~ (3, 0.0%)

2 ではない 1 を引具し

▼ 上人心~ (3, 0.0%)

2 を結合 1 を維続

▼ 上仔細~ (3, 0.0%)

1 あって, あつて公儀, に事件

▼ 上仕方~ (3, 0.0%)

1 が無い, なく山口, のない

▼ 上以外~ (3, 0.0%)

1 になん, には住めない, には決して

▼ 上住居~ (3, 0.0%)

1 がだんだん, と営業, と申します

▼ 上何処~ (3, 0.0%)

1 かに位置, となく息苦しい, へ行こう

▼ 上何年~ (3, 0.0%)

1 か後, たって, 越し戀

▼ 上便利~ (3, 0.0%)

1 この上, でもあり, な位置

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 の国境 1 の両国

▼ 上個人~ (3, 0.0%)

1 には特殊, の思考, の經濟状態

▼ 上候処即刻願~ (3, 0.0%)

3 之通

▼ 上候間~ (3, 0.0%)

1 何卒御, 御使可, 御聞取

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 が安い, だん, でない値

▼ 上健康~ (3, 0.0%)

1 で色好み, と云, な方

▼ 上優れた~ (3, 0.0%)

1 パイロットである, 娘たちの, 方針であろう

▼ 上兄上~ (3, 0.0%)

1 と呼ん, どうにもおかしゅう, にはどう

▼ 上先方~ (3, 0.0%)

1 には他, の尻尾, は相手

▼ 上光る~ (3, 0.0%)

2 けだし榎 1 み冬

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 も角 1 に角

▼ 上全部~ (3, 0.0%)

1 が板, の負債, 容れられること

▼ 上八五郎~ (3, 0.0%)

1 を付け, を振り返, を附け

▼ 上六人~ (3, 0.0%)

1 のうち, の作者, の写真師

▼ 上其處~ (3, 0.0%)

1 にあつ, にも二品, を出る

▼ 上典獄~ (3, 0.0%)

1 というの, に旨, を始め

▼ 上内儀~ (3, 0.0%)

1 がきりやう, に死なれ, のお

▼ 上再び~ (3, 0.0%)

1 急ぐ脚, 立ち合いしよう, 虫語を

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 があつ, になれる, の限り

▼ 上十二字~ (3, 0.0%)

1 が竹, は鮒売, を聞い

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 とし, のはじめ, は神代

▼ 上參考~ (3, 0.0%)

1 すべきこと, になる, に資すべき

▼ 上収入~ (3, 0.0%)

1 と云っ, に対して普通, を等分

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 來弑逆罪に, 帝皇将相が, 神の

▼ 上古人~ (3, 0.0%)

2 は少く 1 あり体

▼ 上可能~ (3, 0.0%)

1 であり而, なの, なわけ

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 も今井二官, 教上から, 顯

▼ 上向う~ (3, 0.0%)

1 にお, には気の毒, の駅

▼ 上周囲~ (3, 0.0%)

2 に樹木 1 の教師達

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 は実, を吐かない, を言ったら

▼ 上四方~ (3, 0.0%)

1 から火, の板壁, は鬱蒼

▼ 上困つた~ (3, 0.0%)

2 ことに 1 ことには

▼ 上困る~ (3, 0.0%)

1 からなあ, ようであれ, ように

▼ 上国民~ (3, 0.0%)

1 としての権利, としての義務, の代表機関

▼ 上地方~ (3, 0.0%)

1 の医科大学, の最も, の過剰出生

▼ 上埃及~ (3, 0.0%)

1 では新, のルクゾール, まで旅

▼ 上外套~ (3, 0.0%)

1 の袖, の裾, を着

▼ 上外端~ (3, 0.0%)

1 が直ちにばったり, にひらひら, にぶら下っ

▼ 上外部~ (3, 0.0%)

1 からある, が畳, とのめり

▼ 上多大~ (3, 0.0%)

2 の援助 1 の人々

▼ 上多数~ (3, 0.0%)

1 にある, の乗客, の帝国臣民

▼ 上夜露~ (3, 0.0%)

2 に打たれる 1 かかりアラグヴァ

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 の後, の説明, をその

▼ 上大きい~ (3, 0.0%)

2 目を 1 距離が

▼ 上大事~ (3, 0.0%)

1 な金蔓, の二番目娘, の繪圖面

▼ 上大夫~ (3, 0.0%)

1 と話す, などと云つて, に対してはおだやか

▼ 上天井~ (3, 0.0%)

1 には雁, へかけ, を支える

▼ 上夫婦~ (3, 0.0%)

1 であり人, でないという, の愛情

▼ 上奉公人~ (3, 0.0%)

1 の元助, の噂, 同樣

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 が首, について語る, の死ぬ

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 の子, の日子, ノ閑

▼ 上子の日~ (3, 0.0%)

1 その蟄伏, に出で, また初春

▼ 上安かれ~ (3, 0.0%)

1 と祈り, と祈る, と祈るなり

▼ 上宗助~ (3, 0.0%)

2 の堪える 1 はある

▼ 上宗教~ (3, 0.0%)

1 と哲学, は常に必ず, を待遇

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 の乗った, も芸妓, らしく装って

▼ 上家内~ (3, 0.0%)

2 の者 1 や奉公人

▼ 上家族~ (3, 0.0%)

1 の一員, もなく, をつれ

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 さに, さも, さ防けに

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 ても覚め, てゐる, ながら腹

▼ 上封じ~ (3, 0.0%)

2 が出た 1 をし

▼ 上封印~ (3, 0.0%)

1 までし, を切っ, を切つて

▼ 上小僧~ (3, 0.0%)

1 が一人燒, の良念, をからかっ

▼ 上小生~ (3, 0.0%)

1 に御, の交渉, の意思

▼ 上少々~ (3, 0.0%)

1 の金, 勝手が, 欠点が

▼ 上少く~ (3, 0.0%)

1 ともその, とも私, もその

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 の部分, を促し, を退く

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 と岩, にひっかけ, の出来

▼ 上州伊香保~ (3, 0.0%)

2 の木樵 1 から音信

▼ 上州利根郡~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の藤原村

▼ 上州太田~ (3, 0.0%)

1 の呑竜様, の在, の金山

▼ 上州小川村~ (3, 0.0%)

1 と聞いた, に居, までまいります

▼ 上州峠~ (3, 0.0%)

1 の上州側, の道, の頂上

▼ 上左手~ (3, 0.0%)

1 で相手, に奇月宗匠, の指

▼ 上差別~ (3, 0.0%)

1 される者, の撤廃, を感じない

▼ 上布留~ (3, 0.0%)

2 の命 1 の大人

▼ 上帰る~ (3, 0.0%)

1 の意, 事に, 時岩おこしを

▼ 上幸い~ (3, 0.0%)

1 にもジョンドレット, にも教育, 物静かな

▼ 上幾分~ (3, 0.0%)

2 小さいよう 1 誰も

▼ 上度事~ (3, 0.0%)

1 あり御, の外, 計なれ

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 に苔, の一部, の土

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 に比べる, の如く, を

▼ 上往々~ (3, 0.0%)

1 たとえば地球物理学, 其旧題を, 形而上的の

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 のため 1 を押す

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 いこと 1 い病ひで鼻

▼ 上成立~ (3, 0.0%)

1 して, する, すれば

▼ 上手前~ (3, 0.0%)

2 は身代り 1 はなに

▼ 上拙者~ (3, 0.0%)

1 には多年, の仕事, は浪人

▼ 上拠ろ~ (3, 0.0%)

2 なしに 1 なく延す

▼ 上文字~ (3, 0.0%)

1 に曰く, に書く, の国

▼ 上文学上~ (3, 0.0%)

1 にもあれ, に於, 恥ずべきこと

▼ 上文芸~ (3, 0.0%)

1 だけに限られる, の流派, の諸

▼ 上斜め~ (3, 0.0%)

1 に五枚目, に払い上げた, に星

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 う云, う相談, かる新

▼ 上新しい~ (3, 0.0%)

1 宝を, 思想と, 氣持に

▼ 上新た~ (3, 0.0%)

1 にこれ, に大, に放免囚

▼ 上新聞~ (3, 0.0%)

1 に勇士, の一種, の演芸記事

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 がいい, も暮れ, 取が

▼ 上昌平氏~ (3, 0.0%)

1 がこの, の感激, の献身的努力

▼ 上明日~ (3, 0.0%)

1 からは福知山, の会合, もう一度行つて

▼ 上昨日~ (3, 0.0%)

2 まではあんなに 1 のこと

▼ 上時に~ (3, 0.0%)

1 夜に, 高い作品, 鼓聲の

▼ 上時代~ (3, 0.0%)

1 のこと, は何, を經

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 優先の, 好の, 左翼に

▼ 上最初~ (3, 0.0%)

1 の一つ, の掛合, を一つ奇麗

▼ 上本人~ (3, 0.0%)

2 は切腹 1 で出

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 の木蔭, は百木, や楓

▼ 上染襟~ (3, 0.0%)

3 の印

▼ 上楼下~ (3, 0.0%)

1 にかけつらねられ, に集まる, は雛壇

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 にし, 肥りで武骨, 肥りの

▼ 上欠くべからざる~ (3, 0.0%)

1 根本資料であっ, 要件だ, 順序である

▼ 上次第に~ (3, 0.0%)

1 憂鬱に, 敝布の, 温度が

▼ 上此処~ (3, 0.0%)

1 から余り, で雨, に入

▼ 上武器~ (3, 0.0%)

1 も持っ, をとっ, を取る

▼ 上武蔵~ (3, 0.0%)

1 に事端, の髪の毛, へもなに

▼ 上母親~ (3, 0.0%)

1 に似, のお, や吉川さん

▼ 上比売~ (3, 0.0%)

1 も亦, を婚わん, を得給わじ

▼ 上沢山~ (3, 0.0%)

1 の子供達, の実, 有って

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 に迫った, は静, へ帰し

▼ 上消滅~ (3, 0.0%)

2 して 1 したの

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 をこらえる, をさえ頬, 未だ乾かざる

▼ 上深く~ (3, 0.0%)

1 会話を, 考えれば, 言ひ交した

▼ 上無用~ (3, 0.0%)

1 で, の事, の血汐

▼ 上煙草~ (3, 0.0%)

1 が光, のませ, や茶

▼ 上特定~ (3, 0.0%)

1 なあれこれ, の制限, の意味

▼ 上特筆~ (3, 0.0%)

1 されるもの, すべき事, に値い

▼ 上狭い~ (3, 0.0%)

1 処に, 町だ, 範囲の

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 らしいきりやう, らしいこと, らしく春

▼ 上生き~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てゐ

▼ 上生活~ (3, 0.0%)

1 とがあった, に追, は貧しかっ

▼ 上用事~ (3, 0.0%)

1 があるなら, が足り, も持ち出さない

▼ 上用意~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 上由々しき~ (3, 0.0%)

1 一大事が, 問題だ, 問題では

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 から芸者, の惡童共, へ出

▼ 上町内~ (3, 0.0%)

2 の質屋 1 の人手

▼ 上番頭~ (3, 0.0%)

1 から靜, の幸七, の泊つた晩

▼ 上異様~ (3, 0.0%)

1 なもの, に冴え渡っ, の風体

▼ 上當然~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 とはいへ

▼ 上発展~ (3, 0.0%)

1 させるモメント, する性質, を遂げた

▼ 上皇室~ (3, 0.0%)

1 にある, の御, を尊ばない

▼ 上相互~ (3, 0.0%)

2 の不利益 1 の関係

▼ 上社会~ (3, 0.0%)

1 に勢力, の圧迫, の生産力

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 に近い, の資格, は譽

▼ 上私共~ (3, 0.0%)

1 には子供, の択んだ, の生活

▼ 上秘密~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 を守るべき

▼ 上穀物~ (3, 0.0%)

1 には特有, の耕作, は単に

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 に下 1 の姫君

▼ 上細君~ (3, 0.0%)

1 が段々, の父, は子供

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 介, 介が, 介忠清の

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 をしめ, を取っ, を取り

▼ 上習慣~ (3, 0.0%)

1 ではあれ, となっ, を変更

▼ 上聞い~ (3, 0.0%)

1 ていただけるなら, てやっ, て侍

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 と云, に癖, に發音

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 やむね 1 の上

▼ 上胸部~ (3, 0.0%)

1 にかけ, に軽い, 又は左

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 まで切りかけました 1 が立っ

▼ 上自由~ (3, 0.0%)

1 に朗読, に解放, に配偶者

▼ 上至る~ (3, 0.0%)

1 ところの, 処は, 所に

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 の中 1 で運ぶ

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 だの材質, もよほど, も白い

▼ 上花嫁~ (3, 0.0%)

1 に事情, の懷中, の膝

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 さも, 樣の, 黨の

▼ 上苦労~ (3, 0.0%)

1 したッ, するがもの, に慣れた

▼ 上著名~ (3, 0.0%)

1 なもの, な事, な良人

▼ 上蜘蛛~ (3, 0.0%)

3 の巣

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 の付いた 1 と涙

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 にする, にならない, にならね

▼ 上行く~ (3, 0.0%)

1 とあぜ, 氣は, 脊をか

▼ 上行寺~ (3, 0.0%)

1 である, の墓地全体, は其角

▼ 上行者~ (3, 0.0%)

1 の長話, は皮, は高所恐怖症

▼ 上襦袢~ (3, 0.0%)

2 も極めて 1 を略し

▼ 上覆い~ (3, 0.0%)

1 に着, をした, をはねた

▼ 上親切~ (3, 0.0%)

2 を尽し 1 な此

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 に願いたい, の筋道, の途中

▼ 上調子~ (3, 0.0%)

1 が妙, に乗る, の太い

▼ 上責任~ (3, 0.0%)

1 をおわせる, を負う, を転嫁

▼ 上賤民~ (3, 0.0%)

1 ではない, として数えられた, の中

▼ 上足場~ (3, 0.0%)

2 の良い 1 において勝目

▼ 上身分~ (3, 0.0%)

1 が定まらない, や年齢, を知られない

▼ 上身長~ (3, 0.0%)

2 があっ 1 に老

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 は実に堂々, を左方, を聴衆

▼ 上近く事~ (3, 0.0%)

3 へる人たち

▼ 上返事~ (3, 0.0%)

2 を書かせれ 1 するから

▼ 上進む~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことは, を得ない

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 に傷, の悪い, の良い

▼ 上道路~ (3, 0.0%)

1 も何, も修繕中, より一二尺

▼ 上遠く~ (3, 0.0%)

1 あなたに, に大空, ヘルモン山の

▼ 上遺憾~ (3, 0.0%)

1 ながらお断り, なり, の次第

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 なつて, クロム酸アンモニアを, 閣のみが

▼ 上釣っ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てドロン, て涙声

▼ 上釣った~ (3, 0.0%)

1 お鉄, ような, 女の

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 に掘りあたっ, を掘り出した, を掘り出す

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 は肌身 1 から眼

▼ 上長く~ (3, 0.0%)

1 はもう, 煮過ぎると, 立聞きを

▼ 上長者町~ (3, 0.0%)

1 の下宿, の奥村氏, の宿

▼ 上開い~ (3, 0.0%)

2 て見る 1 て霊光

▼ 上陛下~ (3, 0.0%)

1 お好み, に仕, の御

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 さえあれ 1 だと

▼ 上障子~ (3, 0.0%)

2 を一枚見事 1 を張り替え

▼ 上雨戸~ (3, 0.0%)

1 のあけ, をかけ, をしめ切った

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 ではない, になる, に近い

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 かに一刀, かに紐, かに解い

▼ 上~ (3, 0.0%)

2 は完全 1 を嘗める

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 でない, と衆宝, なり常

▼ 上駕籠~ (3, 0.0%)

1 とは品, に乘, を呼び

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 ほぼ八十萬圓, を早く, を計算

▼ 上高い~ (3, 0.0%)

2 橋の 1 入場料を

▼ 上~ (3, 0.0%)

1 を撫でた, 思い思いの, 薄く下

▼ 上黙っ~ (3, 0.0%)

1 ていられない, てはいられない, て引き下がる

▼ 上あくまで~ (2, 0.0%)

1 彼に, 秘密主義を

▼ 上あそこ~ (2, 0.0%)

1 では人, には熱帯

▼ 上あと幾人~ (2, 0.0%)

2 かは生死

▼ 上あり~ (2, 0.0%)

1 そうな, と伊豆

▼ 上あり得ない~ (2, 0.0%)

1 世界を, 仮定だ

▼ 上あり得べからざる~ (2, 0.0%)

1 ことで, ことに

▼ 上いう~ (2, 0.0%)

1 ことは, ところの

▼ 上いきなり~ (2, 0.0%)

1 私を, 自分の

▼ 上いくらか~ (2, 0.0%)

1 天分が, 枚数の

▼ 上いまだかつて~ (2, 0.0%)

1 なかった, 見ないこの

▼ 上うんと~ (2, 0.0%)

1 儲かつて, 脅かして

▼ 上おまえ~ (2, 0.0%)

1 の家, までを殺す

▼ 上かという~ (2, 0.0%)

1 ことさ, 争論が

▼ 上かな~ (2, 0.0%)

1 下かなと, 机の

▼ 上かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 上かに~ (2, 0.0%)

1 寝て, 置いて

▼ 上からに~ (2, 0.0%)

1 して, しよう

▼ 上からには~ (2, 0.0%)

1 いよいよ貴様, 是非ともさう

▼ 上かれこれ~ (2, 0.0%)

2 申すと

▼ 上かわを~ (2, 0.0%)

1 さすって, 三寸ぐらいずつ

▼ 上かん~ (2, 0.0%)

1 おさかなつき一合十銭, の日本酒

▼ 上がき~ (2, 0.0%)

1 でもつ, を書いた

▼ 上がって~ (2, 0.0%)

1 坐るにも, 皆川半之丞の

▼ 上がまん~ (2, 0.0%)

1 するとしても, 丸くなっ

▼ 上ぎょう~ (2, 0.0%)

1 あれ羽織が, ですが

▼ 上ぐつの~ (2, 0.0%)

1 かわいらしいこと, しっくり足

▼ 上ぐべき~ (2, 0.0%)

2 或る

▼ 上ぐべきこと~ (2, 0.0%)

1 当然お, 当然お願い

▼ 上ぐるもの~ (2, 0.0%)

1 でございます, なり

▼ 上ぐる事~ (2, 0.0%)

1 の前提, は決して

▼ 上ぐる濃霧~ (2, 0.0%)

1 で足, に包囲

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 たるならん, ふ中

▼ 上けっして~ (2, 0.0%)

1 固く握れる, 尠く

▼ 上けんか~ (2, 0.0%)

1 して, はすまい話し

▼ 上こす~ (2, 0.0%)

1 喜びは, 類は

▼ 上こっち~ (2, 0.0%)

1 からその, へき

▼ 上これら~ (2, 0.0%)

1 の日本人, よりも後

▼ 上ごく~ (2, 0.0%)

1 稀です, 粗末な

▼ 上さえ~ (2, 0.0%)

1 お許しなら, 世を

▼ 上させ~ (2, 0.0%)

1 たりする, て来た

▼ 上させよう~ (2, 0.0%)

1 として骨, とする

▼ 上さまざま~ (2, 0.0%)

1 に沙汰, に述べ立て

▼ 上された~ (2, 0.0%)

1 と聞えた, ような

▼ 上さんざん~ (2, 0.0%)

1 の態, 打ったり

▼ 上ざま~ (2, 0.0%)

1 に細う, に結目

▼ 上しかも~ (2, 0.0%)

1 商法手広く, 敵に

▼ 上しかるべき~ (2, 0.0%)

1 私服を, 見解では

▼ 上しまいに~ (2, 0.0%)

1 は須永, 行くに

▼ 上すべき~ (2, 0.0%)

1 性質の, 香魚を

▼ 上すべりした~ (2, 0.0%)

1 所を, 浅はかさの

▼ 上ぜひ~ (2, 0.0%)

1 なく尼子勝久, もない

▼ 上ぜひとも~ (2, 0.0%)

1 どこかの, 人数を

▼ 上そこで~ (2, 0.0%)

1 ついに焚殺, ぽつくり逝かれ

▼ 上そこら~ (2, 0.0%)

1 のこと, へ見当

▼ 上それだけ~ (2, 0.0%)

1 の要求, の責任

▼ 上それ以上~ (2, 0.0%)

2 に増加

▼ 上そんなに~ (2, 0.0%)

1 して, 熱心である

▼ 上ぞうり~ (2, 0.0%)

1 のう, のまま

▼ 上たしかに~ (2, 0.0%)

1 ちょっといたずららしいところはあるにはあったが, 東京の

▼ 上たちまち~ (2, 0.0%)

1 高塀, 鬼が

▼ 上たれ~ (2, 0.0%)

1 ば冷水, バ元より

▼ 上ちと~ (2, 0.0%)

1 協議したい, 話が

▼ 上っす~ (2, 0.0%)

1 べりした, べりの

▼ 上っては~ (2, 0.0%)

1 いけないよ, いって

▼ 上つかた~ (2, 0.0%)

1 の御, 斜めに

▼ 上つたきり~ (2, 0.0%)

1 だつてハナァ, で物

▼ 上つたとき~ (2, 0.0%)

1 その齋莚, は養母

▼ 上つたれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそその, ばとんと

▼ 上つたツ~ (2, 0.0%)

2 て小松君

▼ 上つた人間~ (2, 0.0%)

1 が男, だつた

▼ 上つた以上~ (2, 0.0%)

1 は此, 成るべく安全

▼ 上つた作品~ (2, 0.0%)

1 が大した, は賞め

▼ 上つた作者~ (2, 0.0%)

1 があつ, に対してはその

▼ 上つた処~ (2, 0.0%)

1 が廻り, は広間

▼ 上つた女中~ (2, 0.0%)

1 が次手, に向い

▼ 上つた姿~ (2, 0.0%)

1 はいい, はたつ

▼ 上つた孝子~ (2, 0.0%)

2 はチラリ

▼ 上つた宮殿楼閣~ (2, 0.0%)

2 は兜率天宮

▼ 上つた宮殿樓閣~ (2, 0.0%)

2 は兜率天宮

▼ 上つた席~ (2, 0.0%)

1 に今更, に雌雄

▼ 上つた年~ (2, 0.0%)

1 から彼, の暮

▼ 上つた形~ (2, 0.0%)

1 であつ, を選ん

▼ 上つた後~ (2, 0.0%)

1 から房一, の作

▼ 上つた時代~ (2, 0.0%)

1 にある, に於い

▼ 上つた時此~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の美くし

▼ 上つた時私~ (2, 0.0%)

1 が頭, はくらくら

▼ 上つた熊~ (2, 0.0%)

2 の彫りもの

▼ 上つた眉~ (2, 0.0%)

1 の下, をもち

▼ 上つた眞~ (2, 0.0%)

1 似を, 直に立つ

▼ 上つた眼~ (2, 0.0%)

1 がほんの, にも血

▼ 上つた瞬間~ (2, 0.0%)

1 にさつ, は高い

▼ 上つた絵~ (2, 0.0%)

1 はぴつたりと画面, を見

▼ 上つた翻訳~ (2, 0.0%)

1 に少し, を読ん

▼ 上つた許~ (2, 0.0%)

1 りであり次, りの

▼ 上つた訳~ (2, 0.0%)

1 です, ではありません

▼ 上つた酒~ (2, 0.0%)

1 だつて, の表面

▼ 上つた頃~ (2, 0.0%)

1 はもうすつかり, は全く

▼ 上つた顏~ (2, 0.0%)

1 は汗ばん, を忘れる

▼ 上つた顔~ (2, 0.0%)

1 で乱入, に眼

▼ 上つた黄色~ (2, 0.0%)

2 の氷

▼ 上つた黒雲~ (2, 0.0%)

1 の中, の袖

▼ 上つづけ~ (2, 0.0%)

1 て寒い, て来た

▼ 上つてしまつて~ (2, 0.0%)

1 から私達, ゐました

▼ 上つてる~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 上つてダンス~ (2, 0.0%)

1 もする, をやりだした

▼ 上つてランプ~ (2, 0.0%)

2 に火

▼ 上つて一~ (2, 0.0%)

1 と月近く, 跨ぎで

▼ 上つて一人~ (2, 0.0%)

1 で移り住んだ, で部屋

▼ 上つて一拝~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 上つて上~ (2, 0.0%)

1 ずつた, を見ました

▼ 上つて両脚~ (2, 0.0%)

1 の爪, を蹈

▼ 上つて了~ (2, 0.0%)

1 つたので, ふに

▼ 上つて了つて~ (2, 0.0%)

2 淋しくて

▼ 上つて二年生~ (2, 0.0%)

2 から三年生

▼ 上つて京都~ (2, 0.0%)

1 の吉田, を眺め

▼ 上つて人~ (2, 0.0%)

1 に会, を困らせる

▼ 上つて今~ (2, 0.0%)

1 は予備, 迄通り

▼ 上つて今度~ (2, 0.0%)

1 は三等待合室, は薬園阪

▼ 上つて仏壇~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の前

▼ 上つて伝通院~ (2, 0.0%)

1 の横, の焼跡

▼ 上つて何~ (2, 0.0%)

1 かをし, か呪

▼ 上つて兄~ (2, 0.0%)

1 の肉体, を見送

▼ 上つて先生~ (2, 0.0%)

1 のやすん, の寢間

▼ 上つて其処~ (2, 0.0%)

1 で何, に垂れ

▼ 上つて右手~ (2, 0.0%)

1 の麦畑, を延し

▼ 上つて命令~ (2, 0.0%)

1 しました, する事

▼ 上つて壁~ (2, 0.0%)

1 にもたれ, の中

▼ 上つて夕方~ (2, 0.0%)

2 まで出

▼ 上つて外~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ出た

▼ 上つて夜~ (2, 0.0%)

1 の十時, は月

▼ 上つて天~ (2, 0.0%)

1 の方, の神樣

▼ 上つて奧~ (2, 0.0%)

1 から木皿, へ行

▼ 上つて女中~ (2, 0.0%)

1 がすゝめ, が細い

▼ 上つて妙~ (2, 0.0%)

1 に凄味, に赤

▼ 上つて室~ (2, 0.0%)

1 の隅, を一周り

▼ 上つて密~ (2, 0.0%)

2 りと

▼ 上つて寢~ (2, 0.0%)

1 た, るつもり

▼ 上つて彼等~ (2, 0.0%)

1 にお, に禮

▼ 上つて後~ (2, 0.0%)

1 の棚, 段々あり

▼ 上つて損得~ (2, 0.0%)

2 なしの

▼ 上つて来~ (2, 0.0%)

2 やが

▼ 上つて案内~ (2, 0.0%)

1 に分れた, に立つた

▼ 上つて次の間~ (2, 0.0%)

1 から泥棒, へ行かう

▼ 上つて母~ (2, 0.0%)

1 と服装, を起し

▼ 上つて汁粉~ (2, 0.0%)

1 の殘, を食

▼ 上つて沖~ (2, 0.0%)

1 を見た, を見渡した

▼ 上つて焔~ (2, 0.0%)

1 の中, を移し

▼ 上つて物見~ (2, 0.0%)

1 した処, をした

▼ 上つて盃~ (2, 0.0%)

2 を二つ

▼ 上つて目~ (2, 0.0%)

1 の色, を擦り

▼ 上つて眼~ (2, 0.0%)

1 が變, を逆

▼ 上つて矢鱈~ (2, 0.0%)

2 にはねま

▼ 上つて空~ (2, 0.0%)

1 がまだ, には星影

▼ 上つて窓ぎは~ (2, 0.0%)

1 に行き, へ寄つて行

▼ 上つて笑つたあと~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 上つて腰掛~ (2, 0.0%)

2 に腰

▼ 上つて行つたの~ (2, 0.0%)

1 と殆ど, は三日目

▼ 上つて行列~ (2, 0.0%)

1 の仕, の方

▼ 上つて遙~ (2, 0.0%)

1 かさき, か向う

▼ 上つて釧路座~ (2, 0.0%)

2 の横

▼ 上つて隣室~ (2, 0.0%)

1 へでかけた, へ入

▼ 上つて雀躍~ (2, 0.0%)

2 する

▼ 上つて雨戸~ (2, 0.0%)

1 を繰り開けた, を開け

▼ 上つて顔~ (2, 0.0%)

1 が熱り出し, を見合わした

▼ 上つて髮~ (2, 0.0%)

1 を口, を振り

▼ 上つて麻布~ (2, 0.0%)

1 へ出た, へ出ました

▼ 上つと~ (2, 0.0%)

1 くれやす, くんなれ

▼ 上つまり~ (2, 0.0%)

1 あなたへ, 僕の

▼ 上つ被り~ (2, 0.0%)

1 と穴倉, を着

▼ 上づきあい~ (2, 0.0%)

1 がええ, じゃもの

▼ 上であり~ (2, 0.0%)

1 客を通して, 雪舟の

▼ 上でありません~ (2, 0.0%)

1 といかが, と自分

▼ 上でう~ (2, 0.0%)

1 ねくつ, まずたゆまず廻っ

▼ 上できるだけ~ (2, 0.0%)

1 人目に, 病人に

▼ 上でございました~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ 上でございます~ (2, 0.0%)

1 からあなた, が皆一挙

▼ 上でだけは~ (2, 0.0%)

1 一応道理, 夫婦で

▼ 上でとか~ (2, 0.0%)

1 さもなきゃ, 何とかまるで女人

▼ 上でまでの~ (2, 0.0%)

2 性の

▼ 上で急い~ (2, 0.0%)

1 で再, で又

▼ 上とくと~ (2, 0.0%)

1 お断り申し, この篠崎彦助め

▼ 上とくに~ (2, 0.0%)

1 そこを, 其所を

▼ 上とこそ~ (2, 0.0%)

1 思え, 思へ

▼ 上ところどころ~ (2, 0.0%)

1 に寸, に溝

▼ 上としても~ (2, 0.0%)

1 呉が, 素人の

▼ 上とともに~ (2, 0.0%)

2 来り見き

▼ 上とにかく~ (2, 0.0%)

1 敗けたという, 相談には

▼ 上とのみ~ (2, 0.0%)

1 思ひ合, 見ん

▼ 上とやかく~ (2, 0.0%)

1 言いとも, 非難する

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 つさり保険金, つさり雪

▼ 上どうぞ~ (2, 0.0%)

1 我々を, 清十郎伝七郎ふたりの

▼ 上どうにも~ (2, 0.0%)

1 おかしゅうございます, 仕方が

▼ 上どうやら~ (2, 0.0%)

1 彼等は, 胃袋の

▼ 上どころ~ (2, 0.0%)

1 では, の湯灌場買い

▼ 上なか~ (2, 0.0%)

1 に一団, に入っ

▼ 上なくうれしかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たので

▼ 上なく嬉しい~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, のだ

▼ 上なく恐しく~ (2, 0.0%)

2 感じて

▼ 上なく美しい~ (2, 0.0%)

1 デスデモーナと, 事に

▼ 上なく羨ましい~ (2, 0.0%)

1 ものに, 光景として

▼ 上なぞ~ (2, 0.0%)

1 で大抵, 直したり

▼ 上なぞへ~ (2, 0.0%)

1 かけ上ること, とびこんだ人々

▼ 上なぞを~ (2, 0.0%)

1 歩く人間, 片付ける時

▼ 上なっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ては親

▼ 上なりし~ (2, 0.0%)

2 襁褓を

▼ 上なる群れる~ (2, 0.0%)

2 島嶼をば

▼ 上にあたる~ (2, 0.0%)

1 蒼空が, 部屋から

▼ 上にかの~ (2, 0.0%)

1 仮面を, 接吻は

▼ 上にくらい~ (2, 0.0%)

2 影を

▼ 上にごろん~ (2, 0.0%)

1 とねっころがっ, と寝る

▼ 上にだって~ (2, 0.0%)

1 ロケットと, 書ける

▼ 上にての~ (2, 0.0%)

1 事なりき, 爆音種々の

▼ 上にとって~ (2, 0.0%)

1 また五百メートル, 真に栄誉

▼ 上にどたりと~ (2, 0.0%)

1 乗つけ, 落ちた

▼ 上にに~ (2, 0.0%)

1 ちゃっに, はかに

▼ 上にぶ~ (2, 0.0%)

1 ざまに, ッ倒れた

▼ 上にぶく~ (2, 0.0%)

1 ぶくぶくと, りと

▼ 上にまでも~ (2, 0.0%)

1 ひ, 何かしら類似の

▼ 上にもの~ (2, 0.0%)

1 花羞かし, 足りる工夫

▼ 上にやすら~ (2, 0.0%)

1 ふ峠, ふ能はず

▼ 上にわ~ (2, 0.0%)

1 たいを, ツと

▼ 上にわかに~ (2, 0.0%)

1 同志に, 次の

▼ 上にを~ (2, 0.0%)

1 どるといふ, らせ

▼ 上に対し~ (2, 0.0%)

1 何たること, 奉り重々

▼ 上に対しても~ (2, 0.0%)

1 現段階, 面伏せである

▼ 上に迄~ (2, 0.0%)

1 及ぼしたらしく思われる, 降りて

▼ 上に関し~ (2, 0.0%)

1 あるいは形而上, 御用の

▼ 上に関して~ (2, 0.0%)

1 にわかにこれ, 久保田氏の

▼ 上ぬり~ (2, 0.0%)

1 とはこの, は西田哲学

▼ 上のさ~ (2, 0.0%)

2 蕨の

▼ 上のて~ (2, 0.0%)

2 すりに

▼ 上のぼ~ (2, 0.0%)

2 たんを

▼ 上のみで~ (2, 0.0%)

1 これを, その身

▼ 上のみを~ (2, 0.0%)

1 美に, 駛る

▼ 上のや~ (2, 0.0%)

1 ぐらにいつでも一人の, むにやまれぬ衝動に

▼ 上はずつ~ (2, 0.0%)

1 た声, た色

▼ 上はた~ (2, 0.0%)

1 できいて, 公益上必要缺くべからざる

▼ 上はて~ (2, 0.0%)

1 まえたち, まえの

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 きを

▼ 上ばかりで~ (2, 0.0%)

1 伝承せられ, 遊んで

▼ 上ばかりの~ (2, 0.0%)

1 もので, 日本人では

▼ 上ふだん~ (2, 0.0%)

1 はむつつり, は彼

▼ 上ふる~ (2, 0.0%)

1 とも雨, やをと

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 と云つて, 宗祀

▼ 上へとの~ (2, 0.0%)

1 ぼつた, ぼつて

▼ 上へとばかり~ (2, 0.0%)

1 延びて, 延びやうと

▼ 上へどたりと~ (2, 0.0%)

1 ひっくり返された, 落ちて

▼ 上へよ~ (2, 0.0%)

1 こに, ぢの

▼ 上べばかり~ (2, 0.0%)

1 でなくおろした身, でも

▼ 上べわ~ (2, 0.0%)

2 づか赭

▼ 上ほうっ~ (2, 0.0%)

1 ておけ, ておけない

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 し愁歎場, すも

▼ 上ぼりし~ (2, 0.0%)

2 ときは

▼ 上ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, と薄暗い

▼ 上まあ~ (2, 0.0%)

1 大丈夫だらう, 大丈夫だろう

▼ 上まさに~ (2, 0.0%)

1 妻女共有制である, 想定すべき

▼ 上まだあまり~ (2, 0.0%)

1 悪くならぬ, 醜くならぬ

▼ 上まったく~ (2, 0.0%)

1 権威の, 警察の

▼ 上みんな~ (2, 0.0%)

1 が希望, 揃って

▼ 上むけ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, に大きく

▼ 上めがけ~ (2, 0.0%)

1 て吐きかけよう, て落ち

▼ 上めんどう~ (2, 0.0%)

1 をかける, を起す

▼ 上もう少し~ (2, 0.0%)

1 は遠慮, 立入って

▼ 上もがく~ (2, 0.0%)

2 と頸

▼ 上やっと~ (2, 0.0%)

1 たべ終ると, 纒った

▼ 上やむなく~ (2, 0.0%)

1 外の, 定家にも

▼ 上やむをえぬ~ (2, 0.0%)

1 事と, 事として

▼ 上やむを得ず~ (2, 0.0%)

1 他に, 後足で

▼ 上やら~ (2, 0.0%)

1 指輪やらが, 海の

▼ 上やを~ (2, 0.0%)

1 得意に, 歩く

▼ 上ゆく~ (2, 0.0%)

1 岡を, 粋あれ

▼ 上よい~ (2, 0.0%)

1 かわるい, 行いと

▼ 上よう~ (2, 0.0%)

1 とした, と思っ

▼ 上ようやく~ (2, 0.0%)

1 めいめいが, 出陣の

▼ 上よほど~ (2, 0.0%)

1 あわてたもの, 大切な

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 でゐ, にや子

▼ 上らした~ (2, 0.0%)

1 ものである, 人で

▼ 上るり~ (2, 0.0%)

1 の文句, 本写本師

▼ 上わが~ (2, 0.0%)

1 伺候を, 身の上に

▼ 上わざと~ (2, 0.0%)

2 名を

▼ 上わざわざ~ (2, 0.0%)

1 それを, 真綿入りの

▼ 上わたくし~ (2, 0.0%)

1 にはわかりませぬ, も

▼ 上わの~ (2, 0.0%)

1 空なるぶ, 空に

▼ 上われ~ (2, 0.0%)

1 はわが, は注げり

▼ 上われわれ~ (2, 0.0%)

1 は, は殺人

▼ 上をまで~ (2, 0.0%)

2 怪みたる

▼ 上を以て~ (2, 0.0%)

1 申し候えば, 都人観花の

▼ 上を通して~ (2, 0.0%)

1 大津の, 死骸を

▼ 上イギリス~ (2, 0.0%)

1 とフランス, の民話

▼ 上ガラツ八~ (2, 0.0%)

1 の八五郎, は到頭

▼ 上キゲン~ (2, 0.0%)

1 であった, に謡

▼ 上コゼット~ (2, 0.0%)

1 はマリユス, は危険

▼ 上ジョンドレット~ (2, 0.0%)

1 とルブラン氏, は饒舌

▼ 上セエラ~ (2, 0.0%)

1 は前, は昨夜

▼ 上チベット~ (2, 0.0%)

1 では最も, において最も

▼ 上ッ方~ (2, 0.0%)

1 にくらべれ, はね

▼ 上ッ調子~ (2, 0.0%)

1 でしみつたれで, になっ

▼ 上ニテ~ (2, 0.0%)

1 大沢川ヨリ発ス, 好キニシロト

▼ 上ニ朱~ (2, 0.0%)

2 デ足

▼ 上ピアノ~ (2, 0.0%)

1 でも奏, の上等

▼ 上フォーシュルヴァン~ (2, 0.0%)

1 はまったく, は自ら

▼ 上ブルジョア~ (2, 0.0%)

2 乃至プチブルジョア

▼ 上ブローホフ村~ (2, 0.0%)

1 の貧農, は濃い

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 通ッタラバ女難ノ, 飛ビオリマシタ

▼ 上マリユス~ (2, 0.0%)

1 は夜分, は悲しみ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 ヲ見, 取リアエズ今夜

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 ところ, ねえ

▼ 上一つ間違~ (2, 0.0%)

1 つたら相手, へば殿樣

▼ 上一人前~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の能力者

▼ 上一代~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の棟梁

▼ 上一寸~ (2, 0.0%)

1 を余し, 横浜で

▼ 上一帯~ (2, 0.0%)

1 の森, は日に日に

▼ 上一方~ (2, 0.0%)

1 がすぐれ, が藪

▼ 上一時~ (2, 0.0%)

1 はシュールレアリズム, は樺太

▼ 上一時的~ (2, 0.0%)

1 であり従って, であると

▼ 上一段活用~ (2, 0.0%)

1 には, の動詞

▼ 上一点~ (2, 0.0%)

1 の描き足し, も考

▼ 上一目~ (2, 0.0%)

1 見て, 見れば

▼ 上一般民衆~ (2, 0.0%)

1 とそう, と相違

▼ 上一里~ (2, 0.0%)

1 ほどの處, もある

▼ 上万事~ (2, 0.0%)

1 はわたし, をやっ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 という, または四

▼ 上三句複雑~ (2, 0.0%)

2 なる趣

▼ 上三尺~ (2, 0.0%)

1 に達し, までの空気中

▼ 上三年~ (2, 0.0%)

1 の間支那, も萬吉

▼ 上三日~ (2, 0.0%)

1 の後いっしょ, 経たないうち

▼ 上上方~ (2, 0.0%)

1 から追, の栖鳳

▼ 上上納~ (2, 0.0%)

1 が滞っ, が滯つて水牢

▼ 上上級生~ (2, 0.0%)

1 のこわい, の全部

▼ 上下り~ (2, 0.0%)

2 する花見

▼ 上下調べ~ (2, 0.0%)

1 が済ん, が濟

▼ 上不平~ (2, 0.0%)

1 あるもの, はいつも

▼ 上不快~ (2, 0.0%)

1 なく日常机上, な現象

▼ 上不愉快~ (2, 0.0%)

1 なこと, な生活

▼ 上不正~ (2, 0.0%)

1 であると, である所以

▼ 上不正確~ (2, 0.0%)

1 を含蓄, 不精密

▼ 上不死~ (2, 0.0%)

1 であるという, であるといふ

▼ 上世に~ (2, 0.0%)

1 顏向けも, 顔向けも

▼ 上世上~ (2, 0.0%)

2 の憎しみ

▼ 上世渡り~ (2, 0.0%)

2 の経験

▼ 上両者~ (2, 0.0%)

1 は別, は同時に

▼ 上両面~ (2, 0.0%)

2 とも直接

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 にその, に生徒将来

▼ 上中央~ (2, 0.0%)

1 の二名, は義雄

▼ 上中途半端~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 上丹後~ (2, 0.0%)

2 の北海岸

▼ 上主として~ (2, 0.0%)

1 それは, 必要な

▼ 上主人惣吉~ (2, 0.0%)

1 の土手, の土手っ腹

▼ 上主人新三郎~ (2, 0.0%)

2 は留守

▼ 上乾く~ (2, 0.0%)

2 もろき地膚

▼ 上二つ返事~ (2, 0.0%)

2 で飛ん

▼ 上二三人~ (2, 0.0%)

1 は大潮, は殺されたらしい

▼ 上二世~ (2, 0.0%)

1 とき, の契り

▼ 上二代目~ (2, 0.0%)

1 の七兵衛, の七兵衞

▼ 上二寸~ (2, 0.0%)

1 ばかりかすめ, 切られるつもり

▼ 上二寸そこ~ (2, 0.0%)

2 へ刀

▼ 上二度目~ (2, 0.0%)

1 からは唯, の恋愛

▼ 上二段活~ (2, 0.0%)

1 で連體形, になる

▼ 上二階級~ (2, 0.0%)

1 が人人, をし

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の下, を工夫

▼ 上五丁目~ (2, 0.0%)

2 の尺八

▼ 上五六寸~ (2, 0.0%)

1 ばかりのところ, ばかりの処

▼ 上五年~ (2, 0.0%)

1 も前, 越しお

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の女, を構

▼ 上人さらい~ (2, 0.0%)

1 などがある, は施米

▼ 上人伝~ (2, 0.0%)

1 によれ, に記され

▼ 上人口~ (2, 0.0%)

1 の増加, の増殖

▼ 上人様~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ 上人民~ (2, 0.0%)

1 にたいして責任, の懇望

▼ 上人物~ (2, 0.0%)

1 としてもどこ, を取り

▼ 上今朝江戸~ (2, 0.0%)

2 御留守居

▼ 上他日~ (2, 0.0%)

2 の破綻

▼ 上以上五ヶ所~ (2, 0.0%)

2 へ捨札

▼ 上仲間~ (2, 0.0%)

1 の者, を殺し

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の諸兄, を是非

▼ 上会った~ (2, 0.0%)

1 とてそれ, のは

▼ 上伸子~ (2, 0.0%)

1 はそういう, はネチャエフ

▼ 上低く~ (2, 0.0%)

1 朝から, 西北に

▼ 上何ぞ~ (2, 0.0%)

1 という, 親しく見ゆる

▼ 上何卒~ (2, 0.0%)

1 もと, 御承引

▼ 上余儀なく~ (2, 0.0%)

1 されて, 新宿の

▼ 上作られ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 上使僧~ (2, 0.0%)

1 らしう威儀, らしゅう威儀

▼ 上來紹介~ (2, 0.0%)

1 した幾多, し來

▼ 上価値~ (2, 0.0%)

1 がある, のない

▼ 上侮辱~ (2, 0.0%)

1 される事, を加えられ

▼ 上保留~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ 上信ぜられない~ (2, 0.0%)

2 基督を

▼ 上信長~ (2, 0.0%)

1 の本願寺, は

▼ 上信電鉄~ (2, 0.0%)

1 でちょッ, という下仁田行き

▼ 上修理~ (2, 0.0%)

1 や修理, を見る

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 のゐた, の染五郎

▼ 上倉賀屋~ (2, 0.0%)

1 から布団, から布團

▼ 上個人的~ (2, 0.0%)

1 な集団的, にも面白く

▼ 上候一札~ (2, 0.0%)

1 の文言, 之事

▼ 上候以上~ (2, 0.0%)

2 は奥様

▼ 上候処~ (2, 0.0%)

1 御役人, 御番頭様朝起感心

▼ 上候所~ (2, 0.0%)

1 に被, 早速願

▼ 上候所即刻願~ (2, 0.0%)

1 之通, 之通山岡衛士殿

▼ 上候様~ (2, 0.0%)

1 申出候, 被申付候

▼ 上候為~ (2, 0.0%)

2 御祝儀

▼ 上候達磨儀~ (2, 0.0%)

2 も盆頃

▼ 上借金~ (2, 0.0%)

1 の抵当, までし

▼ 上倫理上~ (2, 0.0%)

2 の議論

▼ 上倭文子達~ (2, 0.0%)

1 にわし, の代り

▼ 上優生学上~ (2, 0.0%)

1 の天然, の機微

▼ 上元気~ (2, 0.0%)

1 になっ, の午後三時頃

▼ 上兄さん~ (2, 0.0%)

1 のお礼, は私

▼ 上兄上ふたり~ (2, 0.0%)

2 のかたき

▼ 上兄嫁~ (2, 0.0%)

1 のお, の死

▼ 上充分~ (2, 0.0%)

1 に美しくも, の効果

▼ 上先ず~ (2, 0.0%)

1 予備知識として, 読売の

▼ 上光り~ (2, 0.0%)

1 がし, のする

▼ 上入口~ (2, 0.0%)

1 に君子自重, の

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 財産は, 責任を

▼ 上八五郎一人~ (2, 0.0%)

2 を留守番

▼ 上公平~ (2, 0.0%)

1 と併行, をし

▼ 上六番町~ (2, 0.0%)

1 から下, へ家

▼ 上六郎~ (2, 0.0%)

2 が縛られる

▼ 上共同~ (2, 0.0%)

1 の利害, の責任

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 を動かす, を要します

▼ 上内閣~ (2, 0.0%)

1 に属する, の助言

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 くろしつひ

▼ 上凡て~ (2, 0.0%)

1 が余り, が共同生活

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 て来た, 院の

▼ 上出る~ (2, 0.0%)

1 というすこぶる, 奴も

▼ 上出品~ (2, 0.0%)

1 は作家, をしない

▼ 上出発~ (2, 0.0%)

1 して, の日取り

▼ 上出直し~ (2, 0.0%)

1 てから女, て来なけれ

▼ 上切り立て~ (2, 0.0%)

2 の犢鼻褌

▼ 上切り離す~ (2, 0.0%)

2 事の

▼ 上列車~ (2, 0.0%)

1 がジマー, は間もなく

▼ 上初め~ (2, 0.0%)

1 の二, は井筒屋

▼ 上利息~ (2, 0.0%)

2 に利息

▼ 上到る~ (2, 0.0%)

2 ところに

▼ 上到底~ (2, 0.0%)

1 両立しない, 許されない

▼ 上制裁~ (2, 0.0%)

1 の手, はない

▼ 上制限~ (2, 0.0%)

1 されて, を超え

▼ 上前年~ (2, 0.0%)

1 にはたった, にはたつた

▼ 上労働~ (2, 0.0%)

2 の価格

▼ 上労働者~ (2, 0.0%)

1 が馳, などに話しかける

▼ 上効力~ (2, 0.0%)

1 がある, を失うた

▼ 上動かすべからざる~ (2, 0.0%)

1 原理なりと, 確な

▼ 上勝彦~ (2, 0.0%)

2 に言葉

▼ 上包半紙折~ (2, 0.0%)

2 懸上

▼ 上北面~ (2, 0.0%)

1 に移り, より殿上

▼ 上十七~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 上十分~ (2, 0.0%)

1 に探検, の咀嚼

▼ 上十年~ (2, 0.0%)

1 の徒刑, も苦しめられ

▼ 上十手~ (2, 0.0%)

1 と捕, を持っ

▼ 上千之助~ (2, 0.0%)

1 が生き還った, が生き還つた

▼ 上千住~ (2, 0.0%)

2 で磔刑

▼ 上半日~ (2, 0.0%)

1 ばかり土蔵, も水

▼ 上単に~ (2, 0.0%)

1 法規を, 相対的な

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に値する, をつけ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 い命, い思い

▼ 上卿用~ (2, 0.0%)

1 たる衷甸, たる衷甸兩牡

▼ 上厚い~ (2, 0.0%)

1 布で, 窓掛を

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が上, でも放課後六時半

▼ 上去年二百十日~ (2, 0.0%)

2 の翌日

▼ 上双方~ (2, 0.0%)

1 へ恩, より一とおり説明

▼ 上叔父さん~ (2, 0.0%)

1 にお金, に来られ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 つた形な, つて押へ

▼ 上台所~ (2, 0.0%)

1 で突, をぴかぴか

▼ 上吊った~ (2, 0.0%)

1 声と, 眼を

▼ 上吊つた~ (2, 0.0%)

2 眉を

▼ 上同一~ (2, 0.0%)

1 であるから, の本質

▼ 上同様~ (2, 0.0%)

1 に三, に疑るべからざる

▼ 上吹く~ (2, 0.0%)

1 朝風いと, 風よ

▼ 上吹矢~ (2, 0.0%)

2 が飛ん

▼ 上吹矢筒~ (2, 0.0%)

2 の吹口

▼ 上品川沖~ (2, 0.0%)

2 で水死

▼ 上品物~ (2, 0.0%)

2 の歴史

▼ 上品質~ (2, 0.0%)

1 いずれ親方親方, いづれ親方

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 ひ訊

▼ 上善い~ (2, 0.0%)

1 か悪い, 意味に

▼ 上喉笛~ (2, 0.0%)

1 を掻きつ, 狙って

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 か宿, ノ五

▼ 上四五尺~ (2, 0.0%)

1 の処, を一厘二毛柄

▼ 上四句~ (2, 0.0%)

1 に匹敵, に対しての対句

▼ 上四谷~ (2, 0.0%)

2 の御用聞

▼ 上困った~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことには

▼ 上国家~ (2, 0.0%)

1 としては我が国以東, の一機関

▼ 上土佐守~ (2, 0.0%)

1 はなか, はなかなか

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 にちらばった, の下

▼ 上地球~ (2, 0.0%)

1 の回転, は廿四時間

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 で彼, も致候

▼ 上坊主~ (2, 0.0%)

1 にする, は一般民

▼ 上堂宮~ (2, 0.0%)

1 の拜殿, の拝殿

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 を発いた, を發

▼ 上売った~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 上変化~ (2, 0.0%)

1 しやすき, するでは

▼ 上変更~ (2, 0.0%)

2 し深

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の日冬, は暑

▼ 上夕景~ (2, 0.0%)

1 から三囲, から三圍

▼ 上外国~ (2, 0.0%)

1 から逼, の上

▼ 上夜中~ (2, 0.0%)

1 ながら塀, にでもお

▼ 上大きく~ (2, 0.0%)

1 なって, 波打って

▼ 上大して~ (2, 0.0%)

1 いいこと, 愉快でない

▼ 上大刀~ (2, 0.0%)

1 に鎖骨, の目釘

▼ 上大学~ (2, 0.0%)

1 にお下げ, に廻され

▼ 上大川~ (2, 0.0%)

2 へ投

▼ 上大衆的~ (2, 0.0%)

1 に保護, に奨励

▼ 上大金~ (2, 0.0%)

1 までせしめよう, を持つ

▼ 上天子~ (2, 0.0%)

1 に一度, を指す

▼ 上天皇陛下~ (2, 0.0%)

1 に対しても下, の聖旨

▼ 上太い~ (2, 0.0%)

1 足の, 錐で

▼ 上太刀打ち~ (2, 0.0%)

2 をしろ

▼ 上太陽~ (2, 0.0%)

1 と同じ, はこれ

▼ 上失礼~ (2, 0.0%)

1 という感じ, をしました

▼ 上奥村~ (2, 0.0%)

1 の殿様, 主殿

▼ 上女の子~ (2, 0.0%)

1 が綺麗, までさらっ

▼ 上女子~ (2, 0.0%)

2 の婚姻適齡

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の蚫, 結果を

▼ 上妥当~ (2, 0.0%)

1 するもの, でない

▼ 上始めて~ (2, 0.0%)

1 様子も, 雲雨合歓を

▼ 上姓名~ (2, 0.0%)

1 までいおう, を書し

▼ 上嫌がらせ~ (2, 0.0%)

1 に庇, をし

▼ 上孤立~ (2, 0.0%)

1 しては, の境遇

▼ 上学校~ (2, 0.0%)

1 にいる, へ入学

▼ 上安井~ (2, 0.0%)

1 はその, は其友達

▼ 上安倍~ (2, 0.0%)

2 の御家

▼ 上完全~ (2, 0.0%)

1 なる統一, な手足

▼ 上官報~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 失敬の, 朝と

▼ 上実在~ (2, 0.0%)

1 する人物, の人物

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 上家主~ (2, 0.0%)

2 の太七

▼ 上密接~ (2, 0.0%)

1 に結合, の関係

▼ 上寛永寺~ (2, 0.0%)

2 の役僧

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 はこの, 在的他者

▼ 上審美上優生学上~ (2, 0.0%)

1 の天然, の機微

▼ 上寺男~ (2, 0.0%)

2 に化け

▼ 上将来~ (2, 0.0%)

1 に於, の約束

▼ 上小店~ (2, 0.0%)

1 の稲葉屋, の稻葉屋

▼ 上小柄~ (2, 0.0%)

1 でボロ, で青白く

▼ 上小田原~ (2, 0.0%)

1 で乗り換, で乗り換える

▼ 上小粒~ (2, 0.0%)

1 や銭, や錢

▼ 上小説的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 上小路~ (2, 0.0%)

1 の家, の旧宅なぞ

▼ 上小金~ (2, 0.0%)

2 を貸し

▼ 上少なくとも~ (2, 0.0%)

1 いちばん最初の, 地上まで

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 ほその, ほ彼此面倒

▼ 上尤も~ (2, 0.0%)

1 らしい無理, 重要と

▼ 上居り~ (2, 0.0%)

1 て眼, 候

▼ 上屍体~ (2, 0.0%)

1 の数, を焼く

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 を尻毛

▼ 上州円朝~ (2, 0.0%)

1 と綽名, と言

▼ 上州吾妻~ (2, 0.0%)

1 へお, へ遁

▼ 上州地方~ (2, 0.0%)

1 にて蚕児, の平野

▼ 上州境~ (2, 0.0%)

1 の山, の連山

▼ 上州平野~ (2, 0.0%)

1 よりは遙, を通つて

▼ 上州徳川~ (2, 0.0%)

2 の所領

▼ 上州松井田~ (2, 0.0%)

1 の宿, の辺

▼ 上州武州~ (2, 0.0%)

1 の百姓, へ越える

▼ 上州沼田在~ (2, 0.0%)

1 から江戸, の川

▼ 上州生れ~ (2, 0.0%)

1 で繭, のこの

▼ 上州産~ (2, 0.0%)

1 だから, れの

▼ 上州白雲山~ (2, 0.0%)

1 に籠っ, のお

▼ 上州箕輪~ (2, 0.0%)

1 の城, の御

▼ 上州花隈~ (2, 0.0%)

1 の城主, の城主戸沢山城守直伝

▼ 上州草津~ (2, 0.0%)

1 に白根山, より此

▼ 上州赤城~ (2, 0.0%)

1 の中腹室沢, の麓

▼ 上州越後~ (2, 0.0%)

1 の山々, の講中

▼ 上州野州~ (2, 0.0%)

1 の平野, へかけ

▼ 上州館林在~ (2, 0.0%)

1 の川俟, の茂林寺

▼ 上巡査~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 上左権中将~ (2, 0.0%)

1 であった, であったが

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の流鏑矢, の鏑矢一トすじ

▼ 上差支~ (2, 0.0%)

1 ないと, なしと

▼ 上布團~ (2, 0.0%)

1 でその, で卷かれ

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 をあげよ

▼ 上帰りましつ~ (2, 0.0%)

2 と覚し

▼ 上平吉~ (2, 0.0%)

2 の遠慮

▼ 上平生~ (2, 0.0%)

1 の蓉子, 親しく往来

▼ 上平素~ (2, 0.0%)

2 は青年

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 か不幸, ひ風

▼ 上床下~ (2, 0.0%)

1 から天井裏, の天才

▼ 上序文~ (2, 0.0%)

2 を必要

▼ 上度候~ (2, 0.0%)

1 と申, へ共

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 から飛降りる

▼ 上廉潔~ (2, 0.0%)

2 に近

▼ 上建物~ (2, 0.0%)

1 が新しい, は明治時代

▼ 上弁護士~ (2, 0.0%)

1 ならいつ, のとこ

▼ 上弟内匠~ (2, 0.0%)

2 まで

▼ 上弱い~ (2, 0.0%)

1 尻を, 者いじめを

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 ひて, ひんには

▼ 上当人~ (2, 0.0%)

1 がそれ, も酒

▼ 上彦太郎~ (2, 0.0%)

1 とお, の主家

▼ 上彫刻~ (2, 0.0%)

2 まん

▼ 上影法師~ (2, 0.0%)

1 といふ惱まし事, に凝り出した

▼ 上役僧達~ (2, 0.0%)

2 の金融

▼ 上往来~ (2, 0.0%)

1 などで物, に面してる

▼ 上後世~ (2, 0.0%)

1 の書上げ, までも有効

▼ 上後手~ (2, 0.0%)

1 に縛つて, に縛り上げられ

▼ 上従来~ (2, 0.0%)

1 からいる, の理論内容

▼ 上得たる~ (2, 0.0%)

1 ところの, 所により

▼ 上得る~ (2, 0.0%)

2 ところの

▼ 上得意~ (2, 0.0%)

1 で神経痛, なので

▼ 上御前~ (2, 0.0%)

1 はこの, をおそれぬ

▼ 上徳川家~ (2, 0.0%)

1 とのあいだ, と彼

▼ 上心張棒~ (2, 0.0%)

1 までしつかり, まで掛け

▼ 上心持~ (2, 0.0%)

1 の晦渋さ, よく御

▼ 上心臓~ (2, 0.0%)

1 が弱い, が非常

▼ 上必然的~ (2, 0.0%)

1 なるもの, に逐いやられる

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 るべからざること, るべからざるこの

▼ 上忘れ~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, てならない

▼ 上忙しき~ (2, 0.0%)

2 台所の

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 と銅子児, よく駕籠

▼ 上思わぬ~ (2, 0.0%)

1 ことに, 収入に

▼ 上思想上~ (2, 0.0%)

1 において英吉利, の最も

▼ 上思想的進歩分子~ (2, 0.0%)

1 が続々, は続々

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に人数, に右

▼ 上急い~ (2, 0.0%)

1 ては事, で解決

▼ 上性質~ (2, 0.0%)

1 は寛仁大度, まで人好き

▼ 上怨みある~ (2, 0.0%)

1 万三郎の, 萬三郎の

▼ 上恐らく~ (2, 0.0%)

1 誤れる判定, 通用するであろう

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 も外聞, をかかさない

▼ 上恥ずべき~ (2, 0.0%)

1 ことである, ことは

▼ 上悠々~ (2, 0.0%)

1 そのあと, と引き上げた

▼ 上惡氣~ (2, 0.0%)

1 があつ, 上りて

▼ 上愉快~ (2, 0.0%)

1 な事, に感じられる

▼ 上意地~ (2, 0.0%)

1 悪いこと, 悪く鼻め

▼ 上意識~ (2, 0.0%)

1 されたかは, しては

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 は七分通り水, を屈め

▼ 上憂苦~ (2, 0.0%)

1 を喚起, を忘

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 つたなら, 発の

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の発声, 式の

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が開け放し, の口々

▼ 上手拭~ (2, 0.0%)

1 が濡れ, を裂い

▼ 上手筈~ (2, 0.0%)

2 の通り

▼ 上手頃~ (2, 0.0%)

1 な女房, の石灯籠

▼ 上技術上~ (2, 0.0%)

1 の問題, の当代

▼ 上拵え~ (2, 0.0%)

1 ととなえ, の手伝い

▼ 上持参~ (2, 0.0%)

1 する考え, の文箱

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 をふるれ

▼ 上探し~ (2, 0.0%)

2 て進ぜよう

▼ 上控え~ (2, 0.0%)

1 ておく, てはいられなかった

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 へる盾, を脱い

▼ 上撞着~ (2, 0.0%)

2 のはなはだしき

▼ 上支度金~ (2, 0.0%)

1 が三十兩, と申し

▼ 上支払われ~ (2, 0.0%)

2 てあった

▼ 上放っ~ (2, 0.0%)

1 ておい, ておく

▼ 上政権~ (2, 0.0%)

1 に接近, をもっ

▼ 上政見相接近~ (2, 0.0%)

1 したる自由党, したる自由黨

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 なく擅, らこんな

▼ 上故意~ (2, 0.0%)

1 になされた, の脱漏

▼ 上教育上~ (2, 0.0%)

1 に於ける, 必ずや早晩

▼ 上教養~ (2, 0.0%)

2 の広く

▼ 上敬太郎~ (2, 0.0%)

1 は婆さん, は遺伝的

▼ 上数かぎり~ (2, 0.0%)

2 なき糠星

▼ 上文庫~ (2, 0.0%)

1 のほか, の外

▼ 上文明~ (2, 0.0%)

2 がまだ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に繋, に繋がっ

▼ 上斬罪~ (2, 0.0%)

1 に処する, に處

▼ 上新吉~ (2, 0.0%)

2 は日頃

▼ 上新子~ (2, 0.0%)

1 がだまっ, は子供

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の苦労, 窶れの

▼ 上旅籠~ (2, 0.0%)

1 で澹山, の湊屋

▼ 上日常~ (2, 0.0%)

1 の会話, の會話

▼ 上日記~ (2, 0.0%)

1 にはしない, の上

▼ 上日頃仲~ (2, 0.0%)

1 が悪い, が惡い

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 小森村に, 知事の

▼ 上早速~ (2, 0.0%)

1 又敵, 愛染院に

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 上昨晩~ (2, 0.0%)

1 は思い, は悪い

▼ 上昼間~ (2, 0.0%)

1 は他人, 少しでも

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 としてはかかる, のたつ内

▼ 上暑い~ (2, 0.0%)

1 夏の, 日に

▼ 上書類~ (2, 0.0%)

1 を奪い取る, を返し

▼ 上最近~ (2, 0.0%)

1 になっ, は債券

▼ 上月夜野橋~ (2, 0.0%)

1 という橋, といふ橋

▼ 上有っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ているであろう

▼ 上有金~ (2, 0.0%)

1 から地所家作皆んな自分, を盜つて

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の色, 之

▼ 上望む~ (2, 0.0%)

1 ものは, 必要は

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 は飯櫃, らしい気もち

▼ 上朝廷~ (2, 0.0%)

1 に下, を安

▼ 上木皿~ (2, 0.0%)

1 のよう, の樣

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 曽有の, 熟練な

▼ 上未だ~ (2, 0.0%)

1 ないもの, 上りしこと

▼ 上本当~ (2, 0.0%)

1 の同一性, の水

▼ 上本物~ (2, 0.0%)

1 のお, よりも大いに

▼ 上朱塗~ (2, 0.0%)

2 の一閑張

▼ 上来年~ (2, 0.0%)

1 のこと, の春商科大学

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に跪いた, のほう

▼ 上松五郎~ (2, 0.0%)

2 は腹

▼ 上松井田~ (2, 0.0%)

1 の下機, の精神状態

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の方, の間

▼ 上果し~ (2, 0.0%)

2 合ひ

▼ 上果して~ (2, 0.0%)

1 官府の, 男を

▼ 上果実~ (2, 0.0%)

2 の分類

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 には赤い, のところ

▼ 上柔和~ (2, 0.0%)

1 で主人, な人間

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 と一緒, も天井板

▼ 上校長~ (2, 0.0%)

1 が採用方, の殆ど独断的

▼ 上格子~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 上案下~ (2, 0.0%)

1 の幣, の幣帛

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に上り, の下

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 く貧乏, 蒙昧な

▼ 上極めてよく~ (2, 0.0%)

2 整理され

▼ 上概念~ (2, 0.0%)

1 と比較, を媒介

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の穗, もて彼

▼ 上様々~ (2, 0.0%)

1 な名, の苦労

▼ 上模範政治家~ (2, 0.0%)

2 たらむことを

▼ 上樣家光公~ (2, 0.0%)

1 が京都, の側近く

▼ 上樣御脈~ (2, 0.0%)

1 も拜見, を拜

▼ 上樣方~ (2, 0.0%)

2 に於かせられ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の下, の梢

▼ 上歌壇~ (2, 0.0%)

1 の北極星, の棟梁

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 ちやんの, の地図

▼ 上正しく~ (2, 0.0%)

1 てまだ, 皇裔神胤の

▼ 上正当~ (2, 0.0%)

1 の地位, の理由

▼ 上正直~ (2, 0.0%)

1 では, で通った

▼ 上武士~ (2, 0.0%)

2 すなわち

▼ 上武鉄道~ (2, 0.0%)

1 が間もなく, の終列車

▼ 上歩く~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事は

▼ 上歯一枚~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 上歴史的事実~ (2, 0.0%)

2 の記録

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 りに, り際

▼ 上死体~ (2, 0.0%)

1 をお, を掘り出し

▼ 上死體~ (2, 0.0%)

1 は洗, をお

▼ 上殊に~ (2, 0.0%)

1 人間と, 分配論上の

▼ 上残り~ (2, 0.0%)

1 の十ドル, の塵芥

▼ 上段々~ (2, 0.0%)

1 と解放, 芸が

▼ 上殺された~ (2, 0.0%)

1 お父様, 錺屋の

▼ 上殺し~ (2, 0.0%)

1 て喰う, て屍体

▼ 上比較的~ (2, 0.0%)

1 に考えます, 容易である

▼ 上毛三山~ (2, 0.0%)

1 の一, の名

▼ 上毛江州石川青森福井等~ (2, 0.0%)

2 の各地

▼ 上毛野形名~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ 上毫も~ (2, 0.0%)

1 かかる拘束, 田畠を

▼ 上民衆~ (2, 0.0%)

1 の多数, の平均常識

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が利い, の弱い

▼ 上水色~ (2, 0.0%)

2 に冴えた

▼ 上永く~ (2, 0.0%)

1 沈着く, 消滅する

▼ 上永久的~ (2, 0.0%)

1 であって, では

▼ 上江戸表~ (2, 0.0%)

1 の評定所, へ送り申すべき

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の如く

▼ 上法外~ (2, 0.0%)

2 の出世

▼ 上法律上~ (2, 0.0%)

1 の制裁, 及び社会上

▼ 上法皇~ (2, 0.0%)

1 が奉幣, は水閣

▼ 上泣い~ (2, 0.0%)

2 たり笑っ

▼ 上注意~ (2, 0.0%)

1 されたらいい, すべきもの

▼ 上派手~ (2, 0.0%)

1 で門戸, な氣象

▼ 上流し~ (2, 0.0%)

1 が附い, はありましねえ

▼ 上流竄地~ (2, 0.0%)

2

▼ 上浄るり~ (2, 0.0%)

2 を創り

▼ 上浪花屋~ (2, 0.0%)

1 の主人奉公人一同, の前

▼ 上淡島屋~ (2, 0.0%)

1 から別, を別

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 さに, さは

▼ 上混乱~ (2, 0.0%)

1 しましたけれども, を来し

▼ 上清む水~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ 上清算~ (2, 0.0%)

1 して, はした

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の教, を音づれる東京

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に屹立, に拠り

▼ 上満足~ (2, 0.0%)

1 して, を得ざる

▼ 上滅法~ (2, 0.0%)

2 カンの

▼ 上演説~ (2, 0.0%)

1 に立ち, の局

▼ 上漕ぐ~ (2, 0.0%)

1 あまの, 小船にも

▼ 上火焙り~ (2, 0.0%)

2

▼ 上炭俵~ (2, 0.0%)

2 へ火

▼ 上無き~ (2, 0.0%)

1 感性の, 時

▼ 上無く~ (2, 0.0%)

1 なつた千兩箱, 殊勝に

▼ 上無事~ (2, 0.0%)

1 に一緒, に引

▼ 上無効~ (2, 0.0%)

1 か有効, である

▼ 上無意味~ (2, 0.0%)

1 なこと, な反覆

▼ 上無慙左~ (2, 0.0%)

2 の片

▼ 上無礼~ (2, 0.0%)

1 を極めて, ノ段々

▼ 上無縁~ (2, 0.0%)

1 な発達, の墓

▼ 上無罪~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ 上無能力者~ (2, 0.0%)

1 である人, とされる

▼ 上無責任~ (2, 0.0%)

1 であり清三, な検挙方針

▼ 上無限~ (2, 0.0%)

1 に小さい, の種類

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 らしむるのであらうか, るべしと

▼ 上煙突~ (2, 0.0%)

1 などという器用, などといふ器用

▼ 上爪先~ (2, 0.0%)

1 の印像, の部分

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 てくれまい, ること

▼ 上父母~ (2, 0.0%)

1 とも相談, の仇敵

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が外, は直ぐ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 のほか, を言

▼ 上特別~ (2, 0.0%)

1 の便宜, の扱い

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が来, を飼育

▼ 上独立~ (2, 0.0%)

1 すること, な座標

▼ 上獨立國~ (2, 0.0%)

1 で新, の人民

▼ 上獲物~ (2, 0.0%)

2 を何

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 との二人, をまた

▼ 上現代~ (2, 0.0%)

1 の徳義, の社会経済

▼ 上現金~ (2, 0.0%)

1 だけでも三千両, だけでも三千兩

▼ 上生まれ~ (2, 0.0%)

1 出たもの, 出ると

▼ 上生存~ (2, 0.0%)

2 の基礎

▼ 上生来~ (2, 0.0%)

1 の内気, の無口

▼ 上生活上~ (2, 0.0%)

1 にしなけれ, のこと

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が済め, は無い

▼ 上申分~ (2, 0.0%)

1 ないと, なく醜い顔

▼ 上町人~ (2, 0.0%)

1 のくせ, や奉公人

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 は伏見屋, まで来る

▼ 上番場~ (2, 0.0%)

1 の宿, の茶屋

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 って, 民族たる

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に耳, の上

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 りま, り前

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 櫺, 虞懈怠と

▼ 上疑問~ (2, 0.0%)

1 がある, はまず

▼ 上病人~ (2, 0.0%)

1 に浣腸, のため

▼ 上病傷兵~ (2, 0.0%)

2 を救護

▼ 上痛々しく~ (2, 0.0%)

2 血まで

▼ 上発表~ (2, 0.0%)

1 しますが, を許されない

▼ 上発見~ (2, 0.0%)

1 が遅れた, するところ

▼ 上発達~ (2, 0.0%)

1 して, のしようが

▼ 上白い~ (2, 0.0%)

1 綸子に, 袖の

▼ 上白張り~ (2, 0.0%)

2 の提灯

▼ 上百樽~ (2, 0.0%)

1 の毒薬, の毒藥

▼ 上監房~ (2, 0.0%)

2 の扉

▼ 上目的~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 上直ぐ~ (2, 0.0%)

1 その手紙, に横浜

▼ 上相反~ (2, 0.0%)

1 するその, する方向

▼ 上省線電車~ (2, 0.0%)

2 の来る

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 と額, の間

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 如月, 斎との

▼ 上真に~ (2, 0.0%)

1 やむを得ない, 密集部落と

▼ 上真実~ (2, 0.0%)

1 に強き, を守る

▼ 上眼窩弓~ (2, 0.0%)

2 がたかい

▼ 上矛盾~ (2, 0.0%)

1 して, を結果

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 せしめて, は悉く

▼ 上短い~ (2, 0.0%)

1 ものの, 一生出来得る

▼ 上短期間~ (2, 0.0%)

1 でしかない, の返済

▼ 上石灯籠~ (2, 0.0%)

1 の下, の側

▼ 上研究~ (2, 0.0%)

1 して, しなければ

▼ 上研鑽~ (2, 0.0%)

1 がこの, の外

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 とした, な事

▼ 上確定~ (2, 0.0%)

2 した事実

▼ 上磊落~ (2, 0.0%)

2 で豪傑

▼ 上磔刑~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 上社会的~ (2, 0.0%)

1 な権威, に成立

▼ 上社長~ (2, 0.0%)

1 に据ゑる, の命令

▼ 上祖先~ (2, 0.0%)

1 とその, の地

▼ 上神々しい~ (2, 0.0%)

2 素木の

▼ 上神経~ (2, 0.0%)

1 が恐ろしく, の鎮静

▼ 上祥雲寺門前~ (2, 0.0%)

1 からここ, から此處

▼ 上福院佐々木次郎大和淡路~ (2, 0.0%)

1 の三名, の変装

▼ 上秀吉~ (2, 0.0%)

1 は諸, は都市経営策

▼ 上秀才~ (2, 0.0%)

1 でした, と云われ

▼ 上私達~ (2, 0.0%)

1 の結婚, はまあ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の光善寺, まで動いた

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に縁, の極めて

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 りに

▼ 上窪下~ (2, 0.0%)

1 から一時間以上, から乗越

▼ 上立ち~ (2, 0.0%)

1 て目, とまり

▼ 上立場~ (2, 0.0%)

1 の批評, の茶屋

▼ 上立帰り~ (2, 0.0%)

1 一旦潰れたる, 候わば

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 へ向かい, より乗り

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に入れ, の前後左右

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 を細く, 述べたところ

▼ 上節約~ (2, 0.0%)

1 し得た客観的, という声

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 ノ一, 即ち釋詁篇

▼ 上篤と~ (2, 0.0%)

1 御協議申上度, 御様子

▼ 上簇期~ (2, 0.0%)

1 に近い, の蚕

▼ 上約束~ (2, 0.0%)

1 に満ちた, 出来るもの

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 なしです, のよう

▼ 上素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 好景気で, 感激性に

▼ 上素知らぬ~ (2, 0.0%)

2 顏で

▼ 上経験~ (2, 0.0%)

1 すること, は私

▼ 上結果~ (2, 0.0%)

1 するの, は一向に

▼ 上絶対的~ (2, 0.0%)

1 に厳密, に必要

▼ 上維持~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の刺繍, の間

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に伝っ, の連続

▼ 上總屋宗左衞門~ (2, 0.0%)

1 といふの, の孫

▼ 上總屋音次郎~ (2, 0.0%)

1 が死ん, が鬼

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 と下, や釉藥

▼ 上繪圖面~ (2, 0.0%)

1 に描いてない, までも手

▼ 上置可~ (2, 0.0%)

2 被下候

▼ 上美男~ (2, 0.0%)

1 でご, でもおわした

▼ 上義務~ (2, 0.0%)

1 の前, を果たす

▼ 上義理~ (2, 0.0%)

1 にも一見, の弟

▼ 上義雄~ (2, 0.0%)

1 に移された, は云

▼ 上羽織~ (2, 0.0%)

1 の紐, も袴

▼ 上老人~ (2, 0.0%)

1 から, は朝中雨

▼ 上老年~ (2, 0.0%)

1 にも及んだ, の重み

▼ 上考え~ (2, 0.0%)

1 て御覧, て見よう

▼ 上聲色~ (2, 0.0%)

1 の名人, まで巧み

▼ 上職務上~ (2, 0.0%)

1 の関係, の關係

▼ 上職業~ (2, 0.0%)

1 とか勉強, もやはり

▼ 上肉体上~ (2, 0.0%)

1 に春, の敗残者

▼ 上胴体~ (2, 0.0%)

1 のあたり, は唯一ツ

▼ 上脱ぎ捨てた~ (2, 0.0%)

2 着物一つも

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 のつけ根, を斬るなら

▼ 上腹帯~ (2, 0.0%)

1 に似た, は一本

▼ 上自身~ (2, 0.0%)

1 にも別段, も苦しみたくない

▼ 上至当~ (2, 0.0%)

1 であろう, の頃合

▼ 上至急~ (2, 0.0%)

1 御挨拶, 御返電

▼ 上至極~ (2, 0.0%)

1 宜しいが, 平和さうに見える

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が要用, の時刻

▼ 上良い~ (2, 0.0%)

1 享受家である, 水ならゆるし

▼ 上色々~ (2, 0.0%)

1 の無理, の献上物

▼ 上色彩~ (2, 0.0%)

1 がある, に不足

▼ 上芝居~ (2, 0.0%)

1 がつまらない, をつ

▼ 上花客~ (2, 0.0%)

1 でなくなった, になっ

▼ 上芸妓~ (2, 0.0%)

2 を生み出し

▼ 上芸術上~ (2, 0.0%)

1 ともに一種, のこの

▼ 上芸術家~ (2, 0.0%)

1 である, となる

▼ 上苦しい~ (2, 0.0%)

1 ばかりか心, 生活だ

▼ 上茫茫~ (2, 0.0%)

2 看不

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の間, も手入らず

▼ 上菊次郎~ (2, 0.0%)

1 には許嫁, は獨

▼ 上華客~ (2, 0.0%)

1 だった事, の方

▼ 上落合直文先生~ (2, 0.0%)

2 の石碑

▼ 上著しく~ (2, 0.0%)

1 抑制され, 衰えたの

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の市中, の東門

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 にいた, の家老

▼ 上藩閥~ (2, 0.0%)

2 の勢力

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の門外, 挾みなどといふ

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 というところ, の令度

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 のよう, 猶啼く

▼ 上行け~ (2, 0.0%)

1 ば帰り, ば行く

▼ 上行われ~ (2, 0.0%)

1 ていた事, ていない

▼ 上行大動脈~ (2, 0.0%)

1 に達し, を切断

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の角

▼ 上衛生上~ (2, 0.0%)

1 に適した, より余計

▼ 上衝突~ (2, 0.0%)

2 のとき

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 へ出, 戸を

▼ 上表情~ (2, 0.0%)

1 というもの, まで出し

▼ 上被い~ (2, 0.0%)

1 がし, のアラビヤ模様

▼ 上被風~ (2, 0.0%)

2 の濶

▼ 上裁判官~ (2, 0.0%)

1 の方々, をまで欺く

▼ 上裏表~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ 上複雑~ (2, 0.0%)

1 な源因, な理由

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 は破れ, を取

▼ 上見ぬ~ (2, 0.0%)

2 鷲の

▼ 上見のがす~ (2, 0.0%)

1 ことの, ことは

▼ 上視力~ (2, 0.0%)

1 が常人, が鈍っ

▼ 上解体~ (2, 0.0%)

1 されたとして, された特高警察

▼ 上解決~ (2, 0.0%)

1 した筈, し得る客観的条件

▼ 上言語~ (2, 0.0%)

1 として全然, に絶する

▼ 上訊い~ (2, 0.0%)

1 てやらない, て見る

▼ 上討論~ (2, 0.0%)

2 に附した

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 のよし, を相初

▼ 上許されない~ (2, 0.0%)

1 が各, と言うべきだ

▼ 上許すべからざる~ (2, 0.0%)

1 不心得者として, 記載として

▼ 上証明~ (2, 0.0%)

1 すべき種々, を遂げた

▼ 上評判~ (2, 0.0%)

1 の交際家, の好く

▼ 上詩人~ (2, 0.0%)

1 が物, らしい純粋

▼ 上話す~ (2, 0.0%)

1 にも話し, 必要は

▼ 上認識~ (2, 0.0%)

1 されうるの, を

▼ 上誤り~ (2, 0.0%)

1 ないと, のない

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 をしない, を要せず

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 が討ちたい

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の中, までが優れた

▼ 上財産~ (2, 0.0%)

1 もある, を横領

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 とした, の旅

▼ 上貴方~ (2, 0.0%)

1 が死刑, にも美津さん

▼ 上貴殿~ (2, 0.0%)

1 におかれ, のお許し

▼ 上赤い~ (2, 0.0%)

1 帽子の, 肩章を

▼ 上赤井~ (2, 0.0%)

2 の家名

▼ 上超す~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものはねえ

▼ 上足袋~ (2, 0.0%)

1 をあげました, を白

▼ 上跪いてる~ (2, 0.0%)

2 足の

▼ 上跳ね廻り跳ね~ (2, 0.0%)

1 廻り厭, 廻り厭ぢ

▼ 上身體~ (2, 0.0%)

1 が小さい, は庭

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 の上, をもっ

▼ 上車体~ (2, 0.0%)

1 はごろごろ, は円

▼ 上軍事上~ (2, 0.0%)

1 のいろ, の相互扶助

▼ 上軍事費~ (2, 0.0%)

1 の負担, を加えん

▼ 上軍務~ (2, 0.0%)

1 の方, をも帯び

▼ 上輪鍵~ (2, 0.0%)

1 も桟, も棧

▼ 上辛抱~ (2, 0.0%)

1 がならない, は出来ませんでした

▼ 上迄は~ (2, 0.0%)

1 得取りつかず, 登ったこと

▼ 上迷惑~ (2, 0.0%)

1 をかけ, を蒙らない

▼ 上追って~ (2, 0.0%)

1 御返事する, 熟読すべし

▼ 上追放~ (2, 0.0%)

1 せられたという, になった

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 おうとは, って男

▼ 上途中~ (2, 0.0%)

1 に展, は二十人

▼ 上進歩~ (2, 0.0%)

1 した國, し得ないという

▼ 上進退不自由~ (2, 0.0%)

2 の老人

▼ 上運転手~ (2, 0.0%)

2 の罪

▼ 上過失致死罪~ (2, 0.0%)

1 です一番, の罰

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が違い, の下

▼ 上道徳上~ (2, 0.0%)

1 の最上階級, 面白くない

▼ 上遠慮なく~ (2, 0.0%)

1 引き取って, 引き取つて

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に九鼎大呂, に劣ってる

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 にある, は變化

▼ 上邪魔~ (2, 0.0%)

1 するもの, になる

▼ 上郎女~ (2, 0.0%)

1 の相聞連作, は二人

▼ 上郎氏~ (2, 0.0%)

1 の後援, の細君

▼ 上郎清助氏~ (2, 0.0%)

1 が鋳金家, の世話

▼ 上部屋~ (2, 0.0%)

1 が並ん, の四隅

▼ 上郷国~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 上配分~ (2, 0.0%)

2 せられた個々

▼ 上酒一斗~ (2, 0.0%)

1 をこちら, 正に預り

▼ 上酒肴~ (2, 0.0%)

2 は鮒

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 のある, のない

▼ 上重い~ (2, 0.0%)

1 おとが, とが

▼ 上重下~ (2, 0.0%)

1 の方法, の機械的作用

▼ 上重吉~ (2, 0.0%)

1 には異議, の立つまえ

▼ 上重蔵殿~ (2, 0.0%)

1 の一生, の汚名

▼ 上金五郎~ (2, 0.0%)

2 とは藁

▼ 上釣り~ (2, 0.0%)

1 が上手, 且つ濁り

▼ 上銘仙~ (2, 0.0%)

1 の一反, の一反位

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が無けれ, なくし

▼ 上~ (2, 0.0%)

2 を借り

▼ 上錢形~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ 上錢形平次~ (2, 0.0%)

1 の働き, を伴つて

▼ 上鎖国~ (2, 0.0%)

1 をやる, を守っ

▼ 上開花~ (2, 0.0%)

1 とか四喜臨門, の機會

▼ 上間もなく~ (2, 0.0%)

1 二人の, 次ぎから

▼ 上間取り~ (2, 0.0%)

2 の具合

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 多古村, 多古村石神

▼ 上陰気~ (2, 0.0%)

1 でならなかつた, な顔

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に詣, の阪道

▼ 上陽子~ (2, 0.0%)

1 の同, は転入証明

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 でいる, と改名

▼ 上障る~ (2, 0.0%)

2 者が

▼ 上隠れ~ (2, 0.0%)

2 て聴い

▼ 上雁字がらめ~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 上離屋~ (2, 0.0%)

2 の庇

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 が或, の中

▼ 上露子~ (2, 0.0%)

1 とも石河, の詩

▼ 上露見~ (2, 0.0%)

2 した時

▼ 上青年~ (2, 0.0%)

2 の勧め

▼ 上青木~ (2, 0.0%)

1 の行動, は雄吉

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 でお, にお

▼ 上非難~ (2, 0.0%)

1 さるべきこと, すべきも

▼ 上面倒~ (2, 0.0%)

1 ながらその, な口

▼ 上面目~ (2, 0.0%)

1 ない事, を失っ

▼ 上鞦韆~ (2, 0.0%)

1 と云, の二つ

▼ 上音楽~ (2, 0.0%)

1 の名手, の愛好者

▼ 上頼み~ (2, 0.0%)

1 になる, に思う

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に引ついた, に於

▼ 上顔面~ (2, 0.0%)

1 から頭部, の一部

▼ 上願書提出~ (2, 0.0%)

1 の八日後小塚検事, の日

▼ 上顧客~ (2, 0.0%)

1 であつ, に便利

▼ 上飲む~ (2, 0.0%)

1 ことが, と驢

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 ではたとえ, は早く固く

▼ 上首尾~ (2, 0.0%)

1 よく珍妙, よく鬼

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 に蹴られた, のこと

▼ 上馴染~ (2, 0.0%)

1 の神明芸者, の神明藝者

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 とかの中駟, と与さしめ

▼ 上騰する~ (2, 0.0%)

1 もの時に, をみる

▼ 上驚き~ (2, 0.0%)

2 て飛び

▼ 上骨董~ (2, 0.0%)

1 に溺れた, に類する

▼ 上高原~ (2, 0.0%)

1 であるに, に当たって騎馬武者

▼ 上高等学校~ (2, 0.0%)

1 では工科, やその他

▼ 上高級~ (2, 0.0%)

1 だという, な科学的知識

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 は玉蜀黍, を解い

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 から掻き出した, の毛

▼ 上鬼ども~ (2, 0.0%)

1 に対し親和, に對

▼ 上~ (2, 0.0%)

1 がさし, の森

▼ 上鴆毒~ (2, 0.0%)

1 よりも利く, よりも効く

▼ 上黙し~ (2, 0.0%)

1 て帰署, て退いた

▼1* [6580件]

つといふ間, 上あいにくと風, 上あえて差支は, 上あがり不あがり, 上あけて見る, 上あしとのこと, 上あすこには平, 上あたしたちドイツとアメリカ, 上あたり一筋の藍, 上あたり大体稲佐山の高, 上あたり顔といえ, 上あっさりと引渡した, 上あっと言う間に十重二十重に, 上あなた様の配下, 上あに足跡の, 上あのお喜美といふ, 上あらこんなに堅く, 上あらたに通い出し, 上あらぬ汚名を, 上ありがた迷惑なお, 上ありきたりのパンパン, 上あり得べき事でない, 上あるまとまった経済基礎と, 上あわてて居る, 上いい加減あきるほど, 上いか程尋ね歩い, 上いかがわしい品である, 上いかほど伝統や, 上いくら相槌を打とう, 上いくら評定を重ね, 上いけないなら遊郭などが, 上いささか欠点が, 上いじめるのは, 上いそのシーツ, 上いたすように, 上いたるところに, 上いちじるしい打撃を, 上いちじるしき誉れと, 上いちじるしく相違し, 上いちばん都合のよい, 上いっさいを発表, 上いっしょに暮らさなけれ, 上いっその事, 上いっぱい芋の子, 上いっぺんたのまれると, 上いつかは取出さう, 上いつか出版局長の嘉治隆一氏, 上いつか素気なく先方, 上いつしか蒼白な, 上いつのまにか駈け出し, 上いつの間に娘が, 上いつも至極かんたん, 上いづくにか, 上いづれ重ねて御, 上いと高く聳, 上いなご飢饉の厄, 上いやいや仮面の, 上いることは, 上いろ恋でも, 上いろはのい, 上いろは四十八文字が滿足, 上いわば人為的に, 上い広げて一, 上い打つ伏しなさっ, 上い置いてあった, 上い置きましてん, 上い載ってぎゅッ, 上うせたまひて, 上うちおおいたる顧慮, 上うつかり塔, 上うつらうつらして, 上うとましかりつるかしらつき, 上うまい酒も, 上うようよして, 上うるさくなってはと, 上の方, 上おいで下さい, 上おお兄上, 上おおいになって, 上おかえしになったなら, 上おかげで傷, 上おかみさんが紳士荘, 上おこらせてはいけない, 上おじいさんからいろんな, 上おそろしく響く音, 上おたがいに相当の, 上おたがいに公然と老, 上おどるも七つ過ぎ, 上おなかにゴム, 上おのおのに雅麗, 上おほらかに, 上おまはりを, 上おみやげまでもらっ, 上おめでたいものを, 上おもいがけない鉄の, 上おもむろに後図の, 上おりおりは法力, 上おわすか, 上おんみずから親しく諸政, 上おん身は詩人, 上お上の配給制度, 上お互いの前面, 上お仙といふ嫁, 上お代どのまで御, 上お代りをし, 上お供は出, 上お前ここいらの者, 上お前さんのもの, 上お前たちにひもじ, 上お前達夫婦の手, 上お前達姉妹が借りた, 上お力になる, 上お婆さんのいう, 上お嬢さんをこの, 上お客の出来る, 上お客様がです, 上お尋ねするので, 上お年よりの王さま, 上お断りするより, 上お母さままでい, 上お母さんも諦め, 上お母様や私, 上お気をしっかり, 上お流れになっ, 上お父さんの寝間, 上お玉ヶ池の塾, 上お玉自身も思ひ及ばぬ, 上お目玉をくっ, 上お納めを願います, 上お菓子など賜わりました, 上お萩は頭, 上お話しすること, 上お足も惡, 上お迎え申したこと, 上お返し下さいますやう, 上お送りいたします, 上お送り返し賜わるとは, 上お雪ちゃんでも病みつこう, 上お願いすること, 上かがりの縄, 上かきませんでしたが母, 上かくれもない, 上かげんでございます, 上かさえわからないが, 上かつてなかった, 上かなと思って, 上かねて売れた構, 上かはの岩に, 上かやうな, 上かよわい体を, 上からかがまつて, 上からきゆつと, 上からくも沢, 上からさえ聞えた, 上からしか作用しない, 上からだけでも驚くに, 上からちゃあんと, 上からとの二つの, 上からともなく下, 上からどつさり土, 上からのみの事であった, 上からまでそんな創痕, 上からやあい鼻垂らし, 上かりそめにも, 上かわだけ紅葉し, 上かを見て, 上がけの三布布團, 上がってかいちゅうでんとうでてらしてみますとそれは, 上がもいちど枕元へ, 上がわづかに, 上がんらいが手品師, 上きくのも, 上きたすところの, 上きっと兄の, 上きっぱりいった, 上きのうから手伝い, 上きまっている, 上きみになん, 上きょうは大分, 上きりつめて暮さなけれ, 上きれいな水, 上きれませんし是非, 上ぎょうと, 上ぎょうがこなた道理, 上ぎをきとりうちぼうし, 上くさむらの, 上くらのかわり, 上くらいにみえる, 上くらいのものである, 上くらいは出来る, 上くろずんだやうな, 上くわしい事情を, 上べきであると, 上ぐつをはいた王さまが出, 上ぐつをはいているきれいなひとをすいて, 上ぐつを片っぽおとし, 上ぐべきかつい迷う, 上ぐべきかを辨へません, 上ぐべきことが山ほどある, 上ぐべきですが鳥や魚, 上ぐべきではございませんから出て, 上ぐべきところ延引仕り何, 上ぐべきところ愚娘説諭方数度に及び, 上ぐべきはずに候えども, 上ぐべきや官兵衛は忘れ, 上ぐべきよしの回状をも手, 上ぐべき事がご, 上ぐべき事柄などをえら, 上ぐべき御方の残夢寂莫, 上ぐべき必要無き事, 上ぐべき時では, 上ぐべき材料を持ちません, 上ぐべき点は六三制そのもの, 上ぐべき素質を十分, 上ぐべき義務を常に, 上ぐべき臣魂こそ挫け候え, 上ぐべき言葉も御座, 上ぐべき詞をもえ, 上ぐべく候えども, 上ぐべく上奏の御, 上ぐべく候故何卒, 上ぐべく雪積る, 上ぐらいからいっしょに, 上ぐらいまでは脚を, 上ぐらゐまで上つたか, 上ぐるおんみの心の臓, 上ぐることさへ許された, 上ぐること幾回なるを, 上ぐること数回船また横動, 上ぐること波の如く, 上ぐるさへ能, 上ぐるそうだ, 上ぐるところである, 上ぐるはずに候, 上ぐるように次第, 上ぐるアイアース怪力こめて, 上ぐる事一通り御聞きあれ, 上ぐる人を見ざれ, 上ぐる刃物ならねど, 上ぐる声涙の下, 上ぐる川風に客, 上ぐる役を勧めたる, 上ぐる御用脚で支弁, 上ぐる御身分百姓の模範, 上ぐる必要は無い, 上ぐる折は我等, 上ぐる朝嵐に藁帽, 上ぐる槌までも暗かっ, 上ぐる機会も可, 上ぐる機會も可, 上ぐる毎に作者名のり, 上ぐる氷水の硝子杯, 上ぐる決意を固めまし, 上ぐる涙を狭き, 上ぐる湯気が木の葉, 上ぐる眉根おそろしく散, 上ぐる竿の彎, 上ぐる罪状を聞く, 上ぐる芸は能, 上ぐる薪にのせ, 上ぐる蛙かな, 上ぐる術も心得ません, 上ぐる要もありませぬ, 上ぐる資格がない, 上ぐる農の鍬, 上ぐる通りで又, 上ぐる釣瓶の音, 上ぐる顏を見れ, 上ぐる顕象たる事明白, 上ぐ可き旨, 上ぐ調子を帯び, 上けて來る, 上ければ竹島, 上げじ許すなと, 上げた分を持っ, 上よいも, 上こいさんの部屋, 上こいつは化物, 上こうして庭に, 上ここらでまごまご, 上ここ十数年来盗難など一度, 上こして黄銅, 上こしらえてそれ, 上こそこそ退散致し, 上ことごとく支那人を, 上ことに男子にとっては, 上ことにそう考えさせること, 上こなごなに破らず, 上こなたの熱泉, 上このおそるべき海底要塞の, 上このごろ流行る辻斬り, 上この世に存在, 上この大きな土産空魔艦を, 上こぼした砂糖に, 上こみ入ったところには, 上こめかみの吹矢, 上こらえて生き, 上こりかたまりの幕府方, 上こりゃ無いの, 上これこれに分れる, 上これら各種の憑き物, 上これら現代人と同じ, 上ございませんけれど, 上ごとに二つ, 上さあ近所へ, 上さいを伴, 上さいしょの共和声明, 上さう率直に, 上さきの四条通, 上さしあたっては悲観的, 上さずに罷んだ, 上させねばならない, 上さっさと奥へ, 上さっぱりと別れ, 上さてとかような, 上さては東京に, 上さてまた川に, 上さなかったということ, 上さぬように, 上さまいま思いついたの, 上さまお側にはべる, 上さまこれで百五十日, 上さまはじめ松平伊豆守どのに説い, 上さま園部は高田藩, 上さま御用鍛冶を勤めまする, 上さま熊太郎が帰っ, 上さもこちらから, 上さらしている, 上さらにいっそう公平無私と, 上されべき風景に, 上されるべき風景に, 上さんお前さんに男, 上さんぢやない, 上さん今夜こそは一つ, 上さん始め女中達まで皆, 上さん連中をつかまへ, 上さん達の眼, 上さ行げば平ら, 上さ行つて見張つて, 上ざっと見渡した所, 上しかなくては, 上しかくあるべきはず, 上しからばやむをえない, 上しかる所であっ, 上しきりに一種の, 上しごく謙遜し, 上しずかになっ, 上したしく御覧あそばせ, 上しっかりよりかかるべき, 上しばしば經驗する, 上しみじみ不便を, 上しらべた叢書を, 上しろく露おき, 上じきに縛られ, 上じっとして, 上じゃが大夫が, 上じゃけに構わん, 上じゃぞ判るかっ, 上じゃったの浪どん, 上じゅう細引を張り, 上すぐすッ飛ん, 上すぐれた才能を, 上すこしの波動, 上すこしも眼が, 上すばやく帰ったり, 上すべて何かの政治的制約, 上すべて銅貨でくずし, 上すべりしている, 上すべりする私を, 上すべりであり決して大成, 上すぼみの輪, 上すまじきものの, 上すみなる三角棚の, 上すみやかにお, 上すようになりました, 上するべきことは, 上す力はなかっ, 上す可き譯, 上す国で魚市, 上す者はその, 上ずうずうしいいやな, 上ずつては居るの, 上ずみで其日其日, 上ずるくて利巧, 上せいぜい三津五郎と, 上せっせと縫いもの, 上せめては手切れ金, 上いもお, 上ぜひこうなるべきだったの, 上そこかしこ彼の矢, 上そして政治上の, 上そちがいなくなっ, 上そっと階下へ, 上そつと階下, 上そのものに溢れ, 上その他万事につけ, 上その後に注釈, 上その間何らの, 上それからひょろ松, 上それからまた画伯に, 上それぞれ自分の場所, 上それで聴かなければ, 上それとなくジュッド医師を, 上それに囚はれ, 上それほど無稽な, 上それ以来この地, 上それ自身が微笑, 上それ自身技術乃至技術学, 上そろそろと説明, 上そんなら鰹船, 上そんなこんなで師父圓馬, 上たいせつな箇所, 上たかい所には, 上たかくかかげられ六十門, 上たく候まま何事も, 上たくらみトロイア軍勢を, 上たしかめられつつある, 上ただによい結果, 上ただ今も申しました, 上たって引止める, 上たとへ物々しい, 上たとい利己心に対してさえ, 上たとえそこに, 上たぬきというもの, 上たね子よりもむしろ, 上たびたびあったの, 上たら随分がっかりした, 上たり村の, 上たる者は下, 上たる者治者たる者は, 上だけだってあなたは, 上だけでもかないさえ, 上だけということに, 上だけへ魂が, 上だけやに毛を, 上だしぬけにこんな, 上だだ広くて, 上だったり何処, 上だったらどうする, 上だったらしくごつん, 上だつてそんなに, 上だでいい, 上だめにし, 上だらうつて, 上だれしもいやがる, 上だんだん区別が, 上だ可愛がられた者の, 上ちかく三回ほど, 上ちゃおりません, 上ちゃぶ台の横, 上ちょいと井戸, 上ちよいと乙, 上ちんからころり, 上ち昇っている, 上ったらしい気配が, 上つかまえることは, 上つけることを, 上つじつまを合わせ, 上つたあいつの面, 上つたあたりまで全体, 上つたお糸との, 上つたおりかと一緒, 上つたぎり生憎大岩, 上つたくらゐだ, 上つたためである, 上つたぢやありません, 上つたつていふ, 上つたつて出来ない事, 上つたつて新聞に出, 上つたとき自分が病身, 上つたどこかの役所, 上つたほこりは赤黄ろ, 上つたまま庭の上, 上つたような目つき, 上つたる清吉寝, 上つたわけで, 上つたコツプについで, 上つたセルを着, 上つたチヤールズ・シユワツプ氏である, 上つたヒステリツクな顔, 上つた一つの立体形, 上つた一句のそれ, 上つた一条の軼事, 上つた一枝のスリッパ, 上つた一癖あるらしい顔, 上つた三田の側, 上つた上の小さな, 上つた上唇を衝き, 上つた丙子初秋より前, 上つた中に椅子, 上つた中途の上下, 上つた乙姫様では, 上つた事柄のため, 上つた二匹のうはばみ, 上つた人形を明り, 上つた人物の趣味, 上つた仕事もその, 上つた他に類, 上つた以上自分と言, 上つた仲ださうだが, 上つた位であつ, 上つた位巨額の輸入超過, 上つた作家に対していかなる, 上つた信条を悦, 上つた僕の画面, 上つた儘更に捗どる, 上つた兄でも成るべく近寄らない, 上つた先生のテーブルスピーチ, 上つた八五郎は濡れ, 上つた八五郎何んの氣, 上つた八幡神はその, 上つた兵営の跡, 上つた凜然たる姿, 上つた処柱の根, 上つた凧が惜しく, 上つた前額に滲み出る, 上つた前額一面に生え, 上つた力を十分, 上つた勝利感それを私, 上つた半球の上, 上つた君は, 上つた品々をしまつ, 上つた唇の上, 上つた四肢を支, 上つた坂の上, 上つた女性で, 上つた妻は二階, 上つた婦人客の汗取り, 上つた子供は法蝶, 上つた子供らは聲, 上つた字は流石, 上つた學者である, 上つた家族へ何, 上つた容貌の価値, 上つた小鼻を一段と, 上つた少女の顔, 上つた尾は長く, 上つた局員課員の淘汰, 上つた屍体がところどころ, 上つた山の方, 上つた岡で埋もれた, 上つた岩は自分, 上つた岩根半藏, 上つた巡査部長は間もなく, 上つた帰り引汐につれて佃島, 上つた幅の広い, 上つた廻転椅子縁枠を白く, 上つた影法師が女, 上つた後郷に還, 上つた御蔭でございますが, 上つた徳次が水, 上つた心が今夜, 上つた心持をも, 上つた感覚を指す, 上つた批評はゆるされない, 上つた拳にはガラス, 上つた掛軸は高, 上つた数字を残らず, 上つた文章は変, 上つた日の夜, 上つた日本女優花子の噂, 上つた日本髪や帯, 上つた日輪の爛々, 上つた春彼はもう, 上つた時そこからは晴れやか, 上つた時スペンサアは誰, 上つた時今度空いた向, 上つた時僕は一足, 上つた時分ですさあお, 上つた時十風と細君, 上つた時大坂にゐた, 上つた時少年は立ちあが, 上つた時文淵堂の主人, 上つた時村井吉兵衛氏の邸, 上つた時玄関から匍匐, 上つた時空遥かに愉快, 上つた時膝を草, 上つた景色だそれ, 上つた暦が採用, 上つた暴虐が不快, 上つた木像を見る, 上つた机の上, 上つた枠の中, 上つた校舎の一部, 上つた根を中心, 上つた様子でもあつ, 上つた樹木のすく, 上つた橋掛りを練る, 上つた次の夜, 上つた次手に茶の間, 上つた段々畑の珊瑚樹, 上つた比にはもはや, 上つた気勢がし, 上つた気持を直接, 上つた気色でございましたが, 上つた氣の毒, 上つた氣色でございましたが, 上つた水兵は新月, 上つた決心をその, 上つた泥が白く, 上つた浦子の掌, 上つた海邊橋を小山, 上つた淫奔女いで, 上つた湯浅吉郎氏が聖書学者, 上つた火傷患者に附添つて, 上つた爲めに瀬戸物, 上つた爽かさが広い, 上つた物をアンデパンダン, 上つた犯罪ぢやない, 上つた狹い道路, 上つた献立でも無, 上つた玉子は皆, 上つた現状打破の波紋, 上つた番頭の伊助, 上つた痩脚にぺたんことも曲ん, 上つた白磁の皿, 上つた目であること, 上つた眉肉や厚い, 上つた真白な乳房, 上つた眼尻から高い, 上つた眼隆い鼻, 上つた着心地の好い, 上つた石を見る, 上つた石像が石, 上つた石垣の上, 上つた砂の間, 上つた私は迷, 上つた秋の朝, 上つた秋葉の小平, 上つた程だつた, 上つた稲の穂, 上つた竹中陸軍奉行の大軍, 上つた節貴方召上つてゐらしつた, 上つた紙を見る, 上つた紺青の冬, 上つた組が多く, 上つた結婚問題を避ける, 上つた緑の天鵞絨, 上つた考へはこの, 上つた耳たぶだけ見える, 上つた肉塊のなか, 上つた肩は二倍, 上つた膝をのりだす, 上つた自分の耳, 上つた自分たち人間をどう, 上つた自己の本体, 上つた船が向島, 上つた良子も傍, 上つた芸術的表現であらね, 上つた英雄では決して, 上つた荷物が積ん, 上つた薙刀は再び, 上つた薬を大切さうに掌面, 上つた處ぢやが, 上つた行の次ぎ, 上つた表と謂, 上つた言葉である, 上つた詰襟黒服のなるほどお, 上つた話諸會社, 上つた警句や皮肉, 上つた身体の動揺, 上つた身内の温まりと, 上つた輕い音, 上つた逞ましい肩, 上つた連中がある, 上つた道筋を見る, 上つた部分を見せる, 上つた部屋のいきさつ, 上つた郷里の水, 上つた金方か何ぞ, 上つた金魚のやう, 上つた際五十人の切支丹, 上つた隣の古金屋, 上つた雑誌に現れた, 上つた雪が他, 上つた青空の奧, 上つた靴も穿かない, 上つた頭脳を, 上つた額曲つた鼻人情の何たる, 上つた顔つきをし, 上つた風船あられ屋, 上つた飛行機を発見, 上つた馬鈴薯のやう, 上つた高さと, 上つた鷄介は遲, 上つた黒焦の, 上つた鼻の頭, 上つちまひま, 上つちまわアな, 上つっこんできかれたら, 上つてあちこちで啼い, 上つていつになく, 上つておいでなす, 上つてお寺の和尚さん, 上つてお茶をのん, 上つてお茶の水橋から飯田橋, 上つてお話を願, 上つてかんしやくまぎれにいきなり, 上つてきた人ですから, 上つてきものをき, 上つてきよとん, 上つてくんですよ, 上つてこはご, 上つてこちらの間, 上つてこれは当時市内各区, 上つてこんどはほか, 上つてごらんなさい, 上つてさだ子の部屋, 上つてさつきのボオイ, 上つてすゝめられは, 上つてせり持ちになつて出来上つた一つ, 上つてその後が氣持, 上つてだるまを相手, 上つてぢつと婆さん, 上つてとつつきの襖, 上つてはしご段の下り, 上つてはるかな空, 上つてはるか北の国境, 上つてひとつ二人の様子, 上つてみたいまつりごとにもあづか, 上つてみんなに先んじ, 上つてもと来た道, 上つてゆつくり晩飯, 上つてわしの傍, 上つてアカシヤの, 上つてアンヌの方, 上つてオルガンに近づいた, 上つてカーテンと押入れ, 上つてガタコト雨戸を開け放し, 上つてガラツ八に掴み, 上つてジャンヌのお, 上つてストーヴに近づき, 上つてダンテの胃の腑, 上つてチユーリツプのあ, 上つてツと身, 上つてトゥロットの手, 上つてドアの把手, 上つてノッソリ伺ひの, 上つてノドキリ氏の苦しむ, 上つてハイと云つて奥, 上つてハズミに身体, 上つてバケツを握, 上つてパイプを口, 上つてホームの端, 上つてマツチを探し始めた, 上つてマフと雨傘, 上つてマントルピースの方, 上つてモヂモヂして, 上つてヤマトタケルの命, 上つてローマロクソンナンバンカステイラキリシタンといふ言葉, 上つて一つの姿勢, 上つて一つ家に訪ねた, 上つて一ばんたかい部屋, 上つて一九三一年の冬, 上つて一分も五厘, 上つて一升五十錢になつ, 上つて一合目をも過ぎ, 上つて一同木更津の大きな, 上つて一寸女の側, 上つて一度にえらく, 上つて一文字に梯子段, 上つて一杯のん, 上つて一樣に情ない, 上つて一歩廊下へ踏み出した, 上つて一番に朝, 上つて一睡もしよう, 上つて一隅に追, 上つて一驚を吃した, 上つて万福の顔, 上つて三丁四方にもひ, 上つて三尺の開き, 上つて三方の幕, 上つて三氏のあと, 上つて三河に活動, 上つて三畳の左隅, 上つて三里北の野末, 上つて上手の方, 上つて下へ落ちない, 上つて下つてそして下, 上つて不動の姿勢, 上つて不自由な身體, 上つて両手をさし上げました, 上つて両足を踏み, 上つて中へ入, 上つて主人に挨拶, 上つて久我家へお, 上つて了つたのです, 上つて予を後, 上つて二三人にはずみ, 上つて二三度きりきり舞, 上つて二十三日からの分, 上つて五十嵐の手, 上つて井戸端で顔, 上つて人力車を呼ばせ, 上つて人指指がぶる, 上つて今日こそは最も, 上つて仕切りの框, 上つて仕舞つた, 上つて他の全, 上つて以来のこと, 上つて会釈する, 上つて伸びをしました, 上つて何事だらうと, 上つて來さうも無い, 上つて來今は一種, 上つて例の吉村, 上つて信濃川の漲る, 上つて修吉が彼女, 上つて停車場へ行, 上つて僕の腕, 上つて先づ自己革新の狼火, 上つて先づ電燈をつけ, 上つて光つた, 上つて光線を容易, 上つて入口の方, 上つて兩脚の爪, 上つて其を二階, 上つて其原稿を主任, 上つて其所で太鼓, 上つて其日は朝, 上つて其旨を話す, 上つて其正面にある, 上つて其石蓋をよく, 上つて其處らの石, 上つて其邊を歩いた, 上つて冠をカナグリ, 上つて冬の一日, 上つて出來たもの, 上つて出口の扉, 上つて初春の頌詞, 上つて初江の方, 上つて勃凸と, 上つて勘定書を取, 上つて勢よく伸びるで, 上つて勢ひよく歩き出したが, 上つて勾配の急, 上つて化粧をし, 上つて北の間, 上つて区裁判所の判事, 上つて十七日これを海, 上つて十時頃までそこ, 上つて午後四時にはもう, 上つて卓子を, 上つて博士の前, 上つて厳然と坐り, 上つて友吉を引き立てよう, 上つて口がぐいッ, 上つて口々に何やら, 上つて周囲だけにちよびちよびと毛, 上つて呼鈴を押した, 上つて唇や頬, 上つて唐紙明けにか, 上つて喫煙室へ這入つ, 上つて回転する, 上つて國の半, 上つて土産に香煎, 上つて土間に降り, 上つて地割れを生じ, 上つて地酒を少し, 上つて坂道を行く, 上つて夏の日, 上つて夕刊を讀ん, 上つて外套をぬいだ, 上つて多くの群衆, 上つて夜具の裾, 上つて大勢の強い, 上つて大声を張り挙げ, 上つて大急ぎで旅, 上つて大林はぼろぼろ, 上つて大理石の爐棚, 上つて大空へかへつて, 上つて大貫の呼, 上つて太田は再び, 上つて太鼓の合図, 上つて奈良山の山口, 上つて奎吉の良心, 上つて奔騰し私たち, 上つて奧まつた部屋, 上つて女を殴り, 上つて奴さんは, 上つて妻の傍, 上つて威儀を正す, 上つて娘らしさ, 上つて子供部屋に這入, 上つて学問が為たい, 上つて客間を通つて茶の間, 上つて宣言するやう, 上つて室内を散歩, 上つて室生へ下りた, 上つて密教のこと, 上つて寒々とした, 上つて寝間へはいらう, 上つて寢間着の上, 上つて将軍に直談判, 上つて将門興世王謀反の企, 上つて小手をかざしました, 上つて小金井の山櫻, 上つて屋外に居る, 上つて屋根瓦の破損箇所, 上つて山の方, 上つて山の神と祭られる, 上つて島めぐりを, 上つて工場の方, 上つて帰つて来た, 上つて帰つて往つた, 上つて帽子をとり, 上つて平地の林, 上つて年齡のこと, 上つて幹を検, 上つて床を敷い, 上つて底知れぬ淵穴, 上つて座禅を組むだ, 上つて庫裏の方, 上つて庭の方, 上つて廊下傳ひに, 上つて後ろ腰に少し, 上つて後頭の痛む, 上つて御覧なさい其処, 上つて心持顏を赤らめ, 上つて怒気含むすると, 上つて性根場に達し, 上つて怪しげな雲, 上つて恐怖を包んだ, 上つて息をはづませてきいた, 上つて恰度他人の噂, 上つて懐手をした, 上つて懷手をした, 上つて戦はなく, 上つて戰場ヶ原にか, 上つて戸口へ行, 上つて戸外へ出た, 上つて戸袋に近い, 上つて房のなか, 上つて所用に行, 上つて手袋を脱い, 上つて打合せに来る, 上つて折から運ばれ, 上つて抹香くさい香, 上つて抽斗を開け, 上つて持前の皮肉, 上つて指を出し, 上つて採用せられたが, 上つて提灯に火, 上つて搜すので, 上つて支度をする, 上つて支配人のところ, 上つて改札口に出る, 上つて敵の頭, 上つて數多の鱶, 上つて斯う言, 上つて旋風のやう, 上つて日和下駄を響かせ, 上つて日本の今, 上つて日脚がさつと, 上つて昂奮して, 上つて明るみの方, 上つて星の説明, 上つて是則のそば, 上つて昼飯に薪, 上つて晝になる, 上つて晩などメシメシ, 上つて晴れ渡つた春の夕空, 上つて書棚から新版, 上つて書物を投げ出し, 上つて最敬礼をする, 上つて會社に出かけた, 上つて月に跪き, 上つて服の埃, 上つて望遠鏡を眼, 上つて本所淺草あたりまで荒す, 上つて杜子春の姿, 上つて東の方, 上つて東大寺の大仏, 上つて東洋汽船会社の前, 上つて松を目掛け, 上つて枕をしらべる, 上つて林田さだ子の二人, 上つて果實の甘い, 上つて柵に倚, 上つて校長に抱き付かう, 上つて梢の閨, 上つて棒にくつ, 上つて森の方, 上つて棺前に禮拜, 上つて椽に出る, 上つて楽気に此群, 上つて構圖されて, 上つて橋を向, 上つて橋袂の氷店, 上つて橋詰で自動車, 上つて機嫌よく話し, 上つて欄による, 上つて欣ぶべき筈, 上つて正面をきり, 上つて此の河原町, 上つて歸り仕度, 上つて歸つた如水と相談, 上つて母屋の勝手口, 上つて毛がかわく, 上つて毛皮を引き寄せ, 上つて気の早い, 上つて氣遣はしく, 上つて水に向, 上つて水鏡をし, 上つて江原の寝室, 上つて法廷を出, 上つて泥だらけの足, 上つて洋服やインバス, 上つて流動して, 上つて浄瑠璃を語つて, 上つて海中に船, 上つて海岸の欄干, 上つて海辺へあげられた, 上つて深呼吸をした, 上つて湯ぶねをまたい, 上つて滅茶苦茶に暴れ出したい, 上つて漁師共の寄つて, 上つて演説するまで, 上つて激越した喜び, 上つて濡羽を震ふも, 上つて火鉢の側, 上つて灯を點けた, 上つて灯りをつけよう, 上つて無意識に比企, 上つて無邪気な笑声, 上つて焦躁ば虚空, 上つて煙の中, 上つて煙火を挙げました, 上つて煙管で方角, 上つて照子英一が生前, 上つて熱を持つてる, 上つて燕林を責め糺す, 上つて爐の方, 上つて父と争, 上つて父親の寢, 上つて片手を高く, 上つて牛込へ出, 上つて牧師に訊いた, 上つて特別陸戰隊と共に, 上つて玄關の方, 上つて玉一團とあつ, 上つて珈琲を一杯, 上つて珊瑚礁の岸, 上つて瓦斯燈に照らされた, 上つて甲板へ出た, 上つて男子入口の戸, 上つて界の襖, 上つて畳を抱い, 上つて白髪交りの, 上つて白鬚の少し, 上つて皆川半之丞の浪宅, 上つて砧を擣, 上つて碌に物, 上つて神谷のそば, 上つて禪學を修めた, 上つて私達は上流, 上つて秤を持つ, 上つて稈に弾かれ, 上つて空虚な室, 上つて空間をさま, 上つて窓外の景色, 上つて窟の奥, 上つて立上るや, 上つて竹棒の束, 上つて箸をとつ, 上つて紙片をなげし, 上つて素子のそば, 上つて紫玉を圧, 上つて細目に障子, 上つて終つた, 上つて結局仏像の前, 上つて結果を待つ, 上つて綱の元, 上つて網棚に荷, 上つて網膜に映, 上つて総身を震ひ, 上つて縁側で道具, 上つて耳を澄し, 上つて聴えて来た, 上つて職を罷めた, 上つて肉付は若い, 上つて肘掛窓から下町辺, 上つて胸の深い, 上つて脊中をゆす, 上つて脚から腰, 上つて腎臓病者のやう, 上つて腰に巻きつけ, 上つて腹がへつた, 上つて腹一杯芋を喰, 上つて自ら太平にすゝめ, 上つて臺所に物音, 上つて舞立つて, 上つて船首樓に凝立, 上つて芸者を呼ぶ, 上つて芽の出, 上つて苔蒸した處, 上つて苦笑しながら, 上つて英吉利ホテルの夫人, 上つて茫然と寝床, 上つて茶でものん, 上つて草木國土悉皆成佛, 上つて菜畠越に遠く, 上つて華族の娘, 上つて葉先きに, 上つて葦原の中心, 上つて蒲団を四つ, 上つて蓑笠を買, 上つて蕗子の下宿, 上つて蝸牛のやう, 上つて蟇口の中, 上つて行きそこにぼんやり, 上つて行つた事だけである, 上つて行つた時もう連中, 上つて行つた溪流だが, 上つて行つた處に海軍, 上つて行つた跫音のこと, 上つて行つてカムムスビの神, 上つて行つて凡そ二百メエトル位の高, 上つて行つて尋ぬる人, 上つて行つて応接室を見る, 上つて行つて戸棚の上, 上つて行つて絃を合せ, 上つて行つて蒲団などを侑め, 上つて行つて近くに寄つて, 上つて行つて部屋の洋燈, 上つて行つて黒麦酒を飲んだ, 上つて表へ廻つて戸, 上つて裁判長に頼みました, 上つて裏戸をくぐつ, 上つて製本屋に椅子, 上つて褌一つのまま, 上つて襟卷をとる, 上つて西瓜の冷えた, 上つて覚束ない眼, 上つて言つた時のあの, 上つて訴へること, 上つて話をした, 上つて調をし, 上つて調べにいつた, 上つて谷村さんの肩, 上つて豪遊をする, 上つて貧血したやう, 上つて貰あもん, 上つて貴族の間, 上つて資料に就, 上つて賽銭箱の向う, 上つて贅沢な皿, 上つて跛を引い, 上つて跡を読み続けよう, 上つて路の向う, 上つて路上のわし達, 上つて路傍の草, 上つて蹌踉と二三歩前, 上つて身體を洗, 上つて近くへ行つて, 上つて道の五六町, 上つて道中差しを拾, 上つて道臣の後姿, 上つて遠くから房一, 上つて部屋中を歩き, 上つて部隊長と私, 上つて酒の匂, 上つて釈奠の儀, 上つて鋸を手元, 上つて鏡戸棚の前, 上つて鏡臺を片づける, 上つて閉ねて, 上つて階子段を下, 上つて随つて眼は糸, 上つて隔の襖, 上つて隔ての襖, 上つて隣同士や向, 上つて雛妓と一処, 上つて雜木林を一丁, 上つて雨乞をした, 上つて雪のやう, 上つて雪旦の松魚, 上つて電燈を探し求めた, 上つて電線にからみついた, 上つて青年甲を突きのける, 上つて静かに僕, 上つて面長な薄, 上つて頬が見る見る, 上つて頭を掻き, 上つて顏が熱り出し, 上つて食膳の皿, 上つて饗應を受ける, 上つて首をさしのべ, 上つて馬右エ門に近づいた, 上つて駿太郎の名, 上つて髪を口, 上つて魔物の閨, 上つて麻油の腰, 上つて黒髮を引, 上つて齒が飛び出, 上つひにこれ, 上つらつら眺めたい欲望, 上つられ四囲の, 上つるさア, 上つれ添ひには, 上づってゐる山王ホテルや幸楽, 上づつた声がす, 上づつた眼を据え, 上づつて眼がしら, 上づら寒し月はかが, 上づりになって顔全体が緊張, 上づゝた調子の話, 上づゝて了つてかう静か, 上ていさいを作り, 上てにはなしの, 上ても差支えあるまいと, 上てんかん持ちの少年, 上てんで田舎者の, 上であったろうが絶縁状, 上でありませう今日わざわざ, 上でいらっしゃる大山守命と, 上でからだが, 上できつちり締らなく, 上できですわとほめ, 上できないばかりでなく, 上できなくはない, 上できまつて幕, 上できゃはんを, 上できるならば世間, 上でけな気にも, 上でございませんと, 上でございませんければそれ, 上でござったな, 上でござんす, 上でしつっこい金の, 上でしました事です, 上ですだよ, 上でだけの問題では, 上でといふ約束を, 上でとねと新井とが, 上でなきゃ勝手な, 上でにしよう, 上でにはちがいない, 上でねえととても, 上でまでリードする, 上でもはつきり, 上でもやつて貰は, 上で御座いませぬと, 上で阿胡行宮云々と, 上とある妻なるべし, 上といふよりはむしろ私的関係, 上とかいふ工合に, 上とかく売女が, 上とが普通の, 上ときどき窓から, 上とく子は私生児, 上としての古い神秘, 上としては御苦痛, 上とても一旦こうまでし, 上とではレコードの, 上ともかくなにかしないわけ, 上ともの重きを, 上とや思しけむ, 上とやら一つの, 上とよは不断から, 上とりきめたまでである, 上とる形式的な, 上とんだ損失を, 上どうしてもこれから道庵先生を, 上どうしてもまず家の, 上どうせもう死んで, 上どうも面白くない, 上どっちへ走っ, 上どんどん専門の, 上ないあたらしい透明な, 上ないかなしいわかれでした, 上ないし児童の, 上ないしは事実上なお, 上ない辛い思いを, 上なおも申上ぐべき必要無き, 上なかりしが墨, 上ながく外国で, 上ながの遠島女房子供は江戸, 上ながらも非常に, 上なきありがたきことなり, 上なきめでたきことに, 上なくうつくしいものに, 上なくうまいことを, 上なくうらやましく思ひました, 上なくうれしいたよりであった, 上なくつらかった, 上なくなさけない思出を, 上なくひどい目に, 上なくよい天気の, 上なく可愛がる本, 上なく可愛らしいものに, 上なく嬉しかった, 上なく嬉しく思ったこと, 上なく尊い賜物である, 上なく恐ろしい悲しい身の毛の, 上なく恐ろしくある時, 上なく恨めしいことであった, 上なく悪いことであり, 上なく悲しくこの上, 上なく懐しかった, 上なく暖かい光を, 上なく暖かくおぬいさん, 上なく有難いとみえ, 上なく楽しい制作方法であった, 上なく楽しく思う仕事, 上なく淋しい気持ちに, 上なく深いかなしみをも, 上なく深くこの上, 上なく物堅き人なりき, 上なく美しい優しいうつとりする, 上なく美味いものと, 上なく貴い兄みこと, 上なさけの星, 上なされたことだった, 上なしとおもへり, 上なすべきことと, 上なぜ早く返事, 上なぜあんなに意気地の, 上なぞのいろんな原因, 上なぞよりも馬の, 上なだら水, 上などが水に, 上などでべんとう持ち, 上などでも読みまする毎, 上などと威張って, 上などという執着の, 上などといふ云譯は, 上などにて翻筋斗す, 上などにはいつも絶えない, 上などへも来る事, 上なども一應掃き出され, 上なにかの係り, 上なにがしという若, 上なに惡口言はれる, 上なに辛口きガ, 上なぶり殺になる, 上なぶり殺しにされ, 上なほしかり, 上なほソーンフィールドに於ける, 上なま原稿だけでも, 上なまけ者です, 上ならあっしゃ誰にだって, 上ならざれば用いず, 上ならないはずだった, 上なら眠りながら歩く, 上なら知らぬこと今日突然, 上なりきいまその, 上なりとかおも, 上なりとも思う存分走っ, 上なりの量を, 上なんかではで, 上なんぞで鳴くん, 上なんぞに落ちるの, 上なんぞはピョンピョンと, 上なんぞを上目づかい, 上なんだか場違いの, 上なんて言わないで, 上なんで巡察の, 上なんとなくあるが, 上なんとまあ抜け目の, 上なんとも仕方が, 上なんのかんのと選り好み, 上なんらかの価値ある, 上においてこそ平民主義の, 上においてさえ決して和解, 上にからだが, 上にからになった菓子ざら, 上にきびきびしく現われ, 上にくくしつけ両側, 上にこやかで横着, 上にさえもあらわれて, 上にじっとしてはおらず, 上にずつと離れた一対, 上にだけしか実在しない, 上にだけは濃い暗い夜, 上については少年の, 上につけ放したまま, 上にてこそ口は, 上にであらうか, 上にということに, 上にというのほかない, 上にといふのほかない, 上にとっては返らぬ愚痴, 上にとっても参考と, 上にとて絶対に, 上にともお言い, 上になど並べて, 上になんて飾られるかと, 上にのみしか残って, 上にはけだもの, 上にはともし火, 上にはわづか子供, 上にはをる, 上にへこ帯を, 上にべたんと坐つ, 上にべんりでありますから, 上にもやなりおなじ, 上にやは注ぐなる, 上によって非常な, 上によほどの変化が, 上によるに当時エタ, 上にわたる議論で, 上に当たる岡へと, 上に従って多数の, 上に関しては曲りなりにも, 上に関しても大なる, 上に関するもみなその, 上める, 上ぬるむ面より, 上ねずみはあの, 上ねばるやうに, 上ねむりに見据えた, 上ねんごろに, 上のうも満足に, 上のからの箱だけを, 上のきげんの, 上のこつと節約ぶり, 上のじゃないん, 上のぞかせて吼ゆ, 上のにらいか, 上のぼせてもいる, 上のみか球之, 上のみがわずかに, 上のみにてはあらざりけりと, 上のめのめと現場, 上のもひとつの, 上はいまつの, 上はいちめんに紫紺色, 上はいふもさら, 上はからず臺灣からの, 上はげしき心神の, 上はじめお七人, 上はじめてドキン, 上はじめ彼は野犬, 上はじめ西ヶ原の雪中庵, 上はずみが悪い, 上はたしていいこと, 上はつぎの間, 上はとて別段力, 上はともなれかく, 上はなんていいところ, 上はめてゐた, 上はもいちど周防長門の, 上はや明日の, 上はるか土がうずたかく, 上はるか彼方に煙, 上ばかにされ, 上ばからしいまだつづき, 上ばかりか死んだ後, 上ばかりから云つても, 上ばかりしか見ること, 上ばっかりを走って, 上ひかれるがいい, 上ひきとめる勇気が, 上ひじょうに不利な, 上ひそかに仏像, 上ひとかどの, 上ひとたび世間に, 上ひとつよく考え, 上ひとりでに起って, 上ひと休みして, 上ひと通りの筆算帳面, 上ひどく遠まわりな道, 上ひびわれ多く刺, 上ひまさえある, 上ひょっとすると, 上ひよつとする, 上ひろがりにクッキリ, 上ひろ子に出来る, 上びっくりしたこと, 上ぴかぴかする空気銃, 上ざけちやゐられなかつたのさ, 上ふたを押し上げよう, 上ふたたび利長に, 上ふみ堪える気力が, 上ふりさけ見たる夏, 上ふり起し射つる矢, 上ふんだんに稼がせてよ, 上ぶちを越した, 上ぷんぷん怒りは, 上へがくりと, 上へがたりと鞭を, 上へずつこけて, 上へだけは細い雨, 上へだって下へだって, 上へであつた, 上へではなかつた, 上へとのみのぼらぬかと, 上へどつこいし, 上へなんぞ行くもん, 上へにょいと, 上へねむるのださうで非常に, 上へのしかかつたり, 上へのたり出でたもの, 上へへの字を, 上へほどよくそれ, 上へまでもささげて, 上へより懸ったまま, 上へわツと, 上べがほんのり処女, 上べた一面痒い, 上べだけは快く會つて, 上べだけを見て, 上べで笑って, 上べにはそれが, 上ほかほかと, 上ほっとした安心感, 上ほとんど全く穀物の, 上ほとんど常に資本不足である, 上ほど美しい色彩, 上ほのかに静脈, 上ほろ酔い機嫌になった, 上ほんものの母性保護, 上ぼくはそれほど, 上ぼす程の, 上ぼせたやうに, 上ぼせる程内容的で, 上ぼつぼつ本題に, 上ぼらないように, 上ぼらなくなつた, 上ぼらぬ前に, 上ぼれたんで, 上ぼれるもの僅, 上まあどうでしょう, 上まぐろが熱し過ぎる, 上まことに重大である, 上まさしくあり得るだろうが, 上ましになった, 上まして金で, 上ますます気象の, 上まずいことも, 上ませぬ否や申さぬではござりませぬ, 上ませぬでお言葉, 上ませんからいらっしゃい, 上またもその跡, 上まだこれぞという証拠, 上まだしも恕すべきである, 上まだまだ四五人は, 上まだ何ぞ欲しいか, 上まちがいのない, 上まつたく権利を, 上までかぶつて, 上までしか無い, 上までというので, 上まとまった体面の, 上まのあたり黄葉夕陽村舎を, 上ままある慣, 上まみれつく, 上まりやと云う, 上まわるというの, 上まんざら知らない顔, 上女の, 上みすみすまたた, 上みずから冒すと, 上みだりに師範生に, 上みっともないわ, 上みなお揃い, 上みな昆虫の吟詠, 上みな穢多の中, 上みんな眼が見えません, 上むいてお, 上むしろ工藝品であっ, 上むしろ当然の要求, 上むだにとる, 上むりして努めて, 上むりやりに表面, 上めいめいの生活, 上もうあまりくどくいわぬ, 上もうだいぶ遅くも, 上もうちょっぴり悪いこと, 上もう一度事務所に, 上もう一応御詮議, 上もくろみがあっ, 上もしも火星にまで, 上もちゃもちゃっとした柔かさ, 上もちろん必要な, 上もっとハッキリした否定証明, 上もつとも当を, 上もてあましものが, 上もはや語らないで, 上やさしい声の, 上やって行けない, 上やっかみと焼, 上やったら死んじゃいま, 上やつとの事, 上やでいかに高圧的, 上やといひしに, 上やみ難き要, 上やむことを, 上やむなきに出た, 上やむをえざるに出, 上やむをえずに国会, 上やむをえないので, 上やもめ暮しの淋し, 上やや青みたる陰影, 上ややもすれば私なども, 上ゆうゆうと自国, 上ゆえと小屋芸人, 上ゆえ気をつけぬ, 上ゆきつもどりつ人波の, 上ゆき来の人, 上ゆくりなくもめぐりあった, 上ゆっくりよんで, 上ゆるい勾配が, 上ゆるされておらん, 上ゆるされないのである, 上ゆるゆる上京致す, 上ゆるりとお, 上ゆ朝月夜さやかに見れ, 上ゆ胡瓜投ぐれば水, 上よき方へ, 上よくよく都合の, 上よし絶食し, 上よもや遠くへは, 上よりしか言えり, 上よりてぬぐいを, 上より一層はなはだしい程度, 上よろしいように, 上よろよろとのめっ, 上らしかった樹の, 上らしき咳払ひ, 上らっしゃるに気, 上らむとする人間よ切なし, 上らむばかりに驚いた, 上らむばかりに喚めき続けた, 上りつぱなの壁, 上る言分最早何, 上に, 上ろうにもすでに, 上わかっている, 上わしアオショクを抱きたい, 上わずか一箇年の, 上わぞりを, 上わたしたちは軽蔑, 上わたし自身としても日本, 上わたる夕風に, 上わりに大つ, 上わるさを, 上わるいことに, 上わるくしては, 上われひと共にいそがしき, 上わ書と彼, 上らし, 上をかへりみた, 上をかばひたき心, 上をがーんと, 上をぜい, 上をぞ越えたり, 上をとは大鎧, 上をどつと一息, 上をばかり踏まされるよう, 上をめぐってあなたへ, 上をもと歌ひぬ, 上をもの思いつつ, 上をや気遣, 上をよぢ登つて小松原村といふ, 上アイヌの先達, 上アカーキイ・アカーキエウィッチとは古い, 上アドリナ・パティがどんなに, 上アマーリアはソルティーニ, 上アメリカニズムの夥しい, 上アルコオル・ランプに使う, 上アルプの備荒貯蔵所, 上アルプ県にはいっ, 上アンテナを張っ, 上アンナが聞いた, 上アー・エー・ゲー・リンケ・ホフマン・コンチェルンを造った, 上イシモチソウ科に属する, 上イタリヤにおいてこれ, 上イタリーの若い, 上イデオロギーとしては技術家一般, 上インドと絶っ, 上ウジンスキー停車場だ, 上ウューフラジー・フォーシュルヴァン嬢となった, 上でなり, 上エンジンの音, 上オキノ耳の近く, 上オタツはカモ七, 上オペラシンガーはステージ, 上カソリックの大友宗麟, 上カタロニア語で歌われ, 上カチカチと云う, 上カフェーへ行っ, 上カモに限つて酔, 上カラ両肩, 上カラ云ッテモ皆サンニ与エテ居ルノデアリマスカラ, 上カラ厚地ノ本, 上カラ花環ヲ投ゲテアゲヨウ, 上カワカミを捕らえ, 上カーテンだけだった, 上カ中カ下カ都ベテ即身, 上ガコウナッタハ誰ガ大兄ヘススメテ詰牢ヘマデ入レヨウトシタカトテ, 上ガマはガマ, 上ガラス絵は大体, 上ガラッ八は, 上ガリラヤの連山, 上ガ一五四下ガ九三デアッタガ, 上ガ一四五下ガ八三, 上ガ二二三下ガ一五〇アッタンデゴザイマスヨ, 上キッスまでし, 上キミに怒鳴られ, 上キミカヨの順, 上キリョウが良けれ, 上キントンを所望, 上ギリギリと顔, 上クラスの六, 上クリストの悲鳴, 上クロアザがジュヌヴィエーブ, 上クールフェーラックの室, 上ク六下口の七ツ, 上グッと手, 上グラチアはその, 上グレゴールが, 上ゲタ故今度ハ構ワヌトイッタ, 上ゲタヨウニ博士ハ今マデニ何十人トナクコノ患者, 上ゲタラバ通リノ者ガパット散ッタカラ, 上ゲタリシマシテ勿体ナクテ罰ガ当リマス, 上ゲタ通リモンコチヤンハ大ヘンモノ, 上ゲテ見タラドウカ, 上ゲテクレロト云ウカライロイロ牧野, 上ゲテ仕舞ウカラ南平ヘオレガ云ウニハハジメテ見テ, 上ゲテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウ, 上ゲルワ, 上ゲルコノ手風琴デ世界, 上ゲルデストモワタシ命ガケデアナタヲ可愛ガルヨロシイ, 上ゲルト寝起キノ顔, 上ゲルトイッテ吉原ヘイッテ大門ヲハイリニカカルト御免御免ト云ウカラムリニ仲ノ町ノオ亀ズシヘハイッテ二階ヘ上ルト間モナク, 上ゲル次第デアリマス, 上ゲル次第ニ候得バ何卒小生, 上コジ開けて, 上コニューシェンナヤ通りの, 上コルゴの孫, 上コンスタンチヌスの寺, 上サア・オルコツクは富士山, 上サイパンの酒樽, 上サロンの出, 上ザツと全部, 上シェークスピア劇は大, 上シスの區別, 上シベリア経由をすすめられ, 上シベリヤまで, 上シモン王の銃, 上シャブーイエ氏は前, 上シャーゴから二通, 上シヤツを上衣, 上シンガポールを中心, 上ジスケの無茶, 上ジャヴェルの目, 上ジュノウの街, 上ジョージというクリスチャンネーム, 上ジョージ三世とほとんど, 上ジリンスキー村の宗教反対運動, 上ジルノルマン中尉は時々, 上ジーモンのやり口, 上スカアトを着け, 上スキー帽も冠, 上スコットランド人は吝嗇, 上スタニスラウスは一語毎, 上ストリントベリイの言, 上スフや人絹, 上スレスレの大枝, 上スワかっぽーの女給, 上スワチノ見る, 上スワチノ間の乗合自動車, 上スワ上スワかっぽーの女給, 上ズット重大なの, 上セリフもいや, 上ゼロである, 上ソマーセットの近衛竜騎兵千四百騎, 上ソヴィエト・ロシアに対して厳重, 上ソヴェト同盟においては彼ら組織人そのもの, 上ソヴェート・ロシアに対して厳重, 上タウンスエンド氏の見事, 上タマでは, 上タル者ヨリ下ヘ許シ, 上ダラケの優等生, 上ダンスの衣裳, 上チクリと針, 上ヂオーニソスの諸, 上ッぱりを出した, 上ッぱりはかぱかぱに凍って, 上ッタカラハ晩ニ呼ビニニヤッテオシ籠メルト相談ガキマッタガ精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラワタシモ困ッテ居ルト云ッテ, 上ッタラオレハ直チニ手前, 上ッタリになつて, 上ッテイクガ敏子ガ一人デ台所, 上ッテイルカラ世話ハ無カッタ, 上ッテイル部分カラ土蹈マズニ移ル部分ノ継ギ目ガナカ, 上ッテ彼女ノ前, 上ッテ洗面ヲ済マセ, 上ッテ行クノヲ見上ゲテカラ予ハ直グ寝室, 上ッ冠りで妻, 上ッ張を着た, 上ッ張りに着られる, 上ッ滑りのした, 上ッ皮の雪, 上ツリタルヨリハ大ニシテ仕形モヤヤ精密ナリ, 上ツ方の奥様姫様方, 上テナルディエの言葉, 上テンポが早く, 上デハッキリシタ御返事ヲシヨウシカシ専門デナイ私ガ, 上デモクラシーが極度, 上トクイがタクサン, 上トコトンまで調べ, 上トシモヨマセ給ヘルハ若帝ヨリ此処, 上トラホームが伝, 上トルコ国を宗国, 上トロを仕立てられ, 上トロイア族の戰, 上ト下トノ差ガ少イノガ, 上ト存候ウトモ御承引ナサルマジク候ニ付, 上ト為シ国ヲ破, 上ト為伍ヲ破, 上ト為卒ヲ破, 上ト為旅ヲ破, 上ト為軍ヲ破, 上ドアについ, 上ドイツの芸術家ら, 上ドイツ官憲は執筆者, 上ドイツ文化を代表, 上ドイツ臣民に向い, 上ドクトルは如何にも, 上ドンドンと太鼓, 上ドーフィネ地方の言葉, 上ナク楽シイ生キテイタ時ヨリ遥カニ楽シイ, 上ナザロフスキーの支配人ゴルデーエフ, 上ナザロフ村にもう, 上ナル黒船目ガケテ向ケ置キシ等今日ニシテ考フルナレバ, 上ニカカッテイタ湯沸シノ湯ニ水ヲ割リ微温湯, 上ニキルチングシタブリューノナイトガウンヲ着共色ノ繻子ニピンクノ花模様ノアルスリッパヲ穿イテイルガ, 上ニテ漢高祖ガ天下ヲ得, 上ニハ常ニ二隊, 上ニモウ一人ノ彼女ガ折リ, 上ニモ優秀ニ見エタヾロウニト残念ニ思ウ, 上ニュース中心主義に立っ, 上ニ一夜寝タルトナリ, 上ニ其地ニてろふニ入, 上ニ其自由ヲ建設スル價値ナキ者ナリ, 上ニ印セラレルノヲ見タ時, 上ニ定遍先ズ三日ガ中ニ六千貫ヲ与, 上ニ宝冠ヲ戴イテ胸ニ瓔珞ヲカケ, 上ニ寝床ガ取ッテアッテ妻ガ静カニ, 上ニ成ッタ幸イニ息子ガヨクッテ孝道シテクレ又娘ガヨクツカエテ, 上ニ横ッ坐リニ, 上ニ申伏見之難, 上ニ申候金ハわづか, 上ニ白金懐炉ヲ二箇所グライ, 上ニ立ツ者ノ挙動ナランヤ, 上ニ置キ蒸シ熟シ晒シ乾セバ蔵スルコト久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, 上ニ羅紗羽織ヲ着, 上ニ落スト次ニ浴室カラコップニ水, 上ニ落スノヲ見, 上ニ評價セル神學者的要求ニ發足スル者ナリト見ルベシ, 上ニ逗留シテオリマシタ昨夜帰宅イタシマシタバカリデ今マタ東京, 上ニ連兼候所よりの事ニ御座候, 上ニ顔ヲ打, 上ニ類ヒナキ絵書キニテゾオ在シケル, 上御年六十ニ, 上ハッキリ区別し, 上ハト王ガ其王女ヲ乞食, 上ハルトマンの細かい, 上ハンスには私たち夫婦, 上ハンチングを眼, 上ハ二百以上下も百五六十アル, 上ハ基礎ヤ標準ヤニ頓着スルマデモアリマセヌタダヤタラニオハナシ体ヲ振, 上ハ将校ヨリ庶民ニ至ル迄, 上ハ此度の紀土, 上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, 上ハ諸生の稽古, 上ハ陛下ノ聰明, 上ハ顔マデスッカリ隠レテイテ, 上の欄かん, 上パリーは平穏, 上パリー近郊の各, 上ヒポコンデリアだ, 上ヒラメの家, 上ビタ一文もよこさない, 上ビョルゲ邸に優る, 上ビルディング内には昼夜, 上ピクリピクリと痙攣, 上ピラトリ膽振國勇拂郡鵡川川筋カイカウン同國白老郡苫小牧村, 上ファシスト団体が解散, 上ファッシズムに対する闘争, 上ファンティーヌは債権者ら, 上フィリッピンの植民, 上フラネルの襦袢, 上フランケッティは私, 上フランシス上人さへそれ, 上フランスの専制君主, 上フロイスの宿, 上ブッ倒れるまで, 上ブルジョア社会幹部の候補者, 上プロレタリアの世界観, 上プロレタリア文学の領域, 上ヘゴチヤゴチヤと置い, 上ヘタな欲, 上ヘンリー四世の場合, 上ベシイの名義, 上ベッタリと一面, 上ベーコン的方法論をそのまま, 上ベートーヴェンの真, 上ボオトの艫, 上ボクらの商法, 上ポイと放り出し, 上ポケットの鳶色, 上ポマードの臭い, 上ポルト・サン・ジャックの本屋, 上マゴマゴせずに, 上マテリオ・イデアリストであるが, 上の急用, 上ミシン台の数, 上ミルクの味, 上メークアップの失敗, 上モデイフイカチヨンは外来文学, 上モデルの名, 上モナク恐多キ儀, 上モンパルナスの言葉, 上ユースタス・ブライトが即席, 上ヨリ三ツ目ノ窓ニ星印アリ, 上ヨリ人ノ國家, 上ヨリ朝鮮ハ永久ニ獨立ヲ考フベキ者ニ, 上ヨリ説明ヲ要, 上ラシイヌの典雅流麗, 上ララ育デデ見, 上ランプのよい, 上リアクショナルなもの, 上リダト云ウ負ケ目ガアルタメニ, 上リチャアドソンの死体, 上リナンゾッテ云ウケレドキット彼女ハ家政ノ切リ盛リナンカモ上手ニヤッテ行キマスヨ, 上リニ唇ヲ当, 上リマシタンデチョットオ礼, 上リ口デ立チ止マッタ, 上リ坂や危ない, 上リ夫より蒸気, 上リ契約ヲ違エテ, 上リ屋ヘ行ッテ三年, 上リ早晩移シ植エテ梵家ニ到ル, 上リ藤下リ藤の大, 上リ馬ニハ当ルベカラズ, 上リ高ヲミンナ貰ヒ度イ, 上ルイゼ姫をナポレオン, 上ルイ十八世の出入, 上ルイ十四世頃の銅版, 上ルジェンスキー村の中農, 上ルゾン号づきの, 上ルト向フニ敵アリ, 上ルトウシロカラタオルデ拭キベビーパウダーヲ振, 上ルト間モナクイイツケタ鮨ヲ出, 上ルノニトチュウデ何ンベンモヤスンデイキヲ入, 上ルマデニ数分ヲ要, 上ルーブルが円, 上レズ杖ヲ拾ッテ, 上レトイウ故上, 上レバかぎりも無事ニ, 上レースの縁, 上ロウトシタガ直グニハ起キ上レズ, 上ロボットの天皇, 上ロマン派的な哲学, 上ロンドン北西部翌卅五年三月, 上ローマ皇帝であった, 上手だ, 上ワザをされ, 上ワタシガ来タカラ是非共江戸ヘ帰ルニシタ, 上ワーヴルの狭い, 上・橋の袂, 上一しょにい, 上一つ一つの重, 上一ぱいにばら蒔く, 上一ツ橋から小石川, 上一パイの人だかり, 上一フィート半の高, 上一万へどんぐり, 上一万何千何尺と何寸何分, 上一丈にて二本, 上一下人まぜも, 上一下剣閃槍光のはためく, 上一下叫喚数十合まだ相互, 上一下奈落の底, 上一二枚の衣服, 上一人子であった, 上一人殘つた娘のお玉, 上一人身ではない, 上一令忽ち高く, 上一俵出すと, 上一八〇三年の第, 上一刀両断するところ, 上一分でもグズグズ, 上一分の利あること, 上一列に七個, 上一刻と雖, 上一割ぐらいのコンミッション, 上一匹はおろか半匹, 上一千五百名のPW, 上一千呎の垂直, 上一単位ずつしか消費, 上一同宗門仏に加持, 上一同穴つるし, 上一向人に, 上一向にうまくなし, 上一味五人處刑されて, 上一大有力なる理由, 上一天に反, 上一婦人の行動, 上一字つけたいの, 上一定地点に定住, 上一客を見る, 上一室に閉籠, 上一家としての天下, 上一宿一飯俺あ渡世, 上一寸法師の怪談, 上一尺五寸ばかりのところ, 上一帯不思議に波だっ, 上一帶の銀色, 上一年に数える, 上一度息を入れる, 上一日二円ぐらいの日当, 上一旦突き上つ, 上一昨夜平館著船昨夕蟹田村御逗留, 上一時五分の上りでお立ち, 上一時覇を唱, 上一時間か二時間, 上一晩泊ったら愈, 上一月二月と過ぎ, 上一月号の時, 上一柳市助の部隊, 上一様に等, 上一歩も話, 上一段二段の事, 上一気に花の, 上一生ノ観, 上一生奉公の約束, 上一生懸命十銭玉の穴, 上一番近い戦線, 上一番健康に作られ, 上一番先に孫三郎, 上一番多くの印象, 上一番年上の姉, 上一番度胸を据え, 上一番廉い店, 上一番快活だ, 上一番手丈夫さうなの, 上一番終末的でさ, 上一番重要な足場, 上一発は下, 上一眄を投げ, 上一眼は見ん, 上一瞬にし, 上一石三鳥の使命, 上一種特異の建設物, 上一等国と名乗る, 上一等有望なの, 上一等根本的な区別, 上一篇の文章, 上一緒に暮らす, 上一般世人と伍, 上一般普通民に比較, 上一般的に認め, 上一艘の船, 上一葉の地図, 上一行が来られる, 上一見識を持っ, 上一言も言わず, 上一言云ふかとおも, 上一軒は持て, 上一輪の月, 上一通の獻立, 上一週間に一回, 上一道の光明, 上一部劇壇の少数党, 上一酌の酔, 上一間以上昇らば, 上一音なると, 上であるゆゑ, 上丁度乾燥した季節, 上丁度二人の歸, 上七ツ釜や下七ツ釜, 上七兵衛はわが, 上七十六まで永生, 上七十年以上封建的な絶対主義, 上七島を始め, 上七年間程山籠, 上七日七夜を舟, 上七日目に丸屋, 上七日間門を鎖し, 上七月革命に対抗, 上七軒の石田民三, 上七重である, 上七銭と二銭, 上七面倒に書く, 上万一手に余れ, 上万太郎は磔, 上万太郎平八郎の門人, 上万情申述度一刻を争, 上万次郎とお, 上三つ四つ先の駅, 上三センチばかりのところ, 上三ヵ年計画に変り, 上三ヶ津を始め諸国, 上三三年当時の文学団体, 上三人分も智慧, 上三人前としては驚くべき, 上三介の代理, 上三伝と対立, 上三分はさえぎられ, 上三分の一は雪, 上三分一即ち弥左衛門, 上三十尺の崖, 上三十尾を獲, 上三十枚の銀貨, 上三千両は消え, 上三句複雜なる趣, 上三四尺は二厘柄, 上三四日働かなければ, 上三国の境, 上三尺以内へ自分, 上三川の城趾, 上三州の間, 上三年經たない, 上三度の食事, 上三月も半歳, 上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 上三次元である, 上三点の法則, 上三田二丁目下青山長寿丸同本所菊川町, 上三男の家, 上三百両出して, 上三百九十人の囚人, 上三百兩に引, 上三等小路のうち, 上三軍にわけ, 上三軒共薪と炭, 上三郎兵衞を殺した, 上三階の端, 上三食を只, 上上と下とは密接, 上上り列車の三等室, 上上下の棧, 上上中下と四階段, 上上京すると, 上上天と下, 上上歯と下, 上上演を許す, 上上級の役人, 上上総屋吉兵衛を手, 上上覧に供える, 上上越国境の谷川岳, 上上野の精養軒, 上上野山下の知り, 上下しをし, 上下せにゃならぬ, 上下の句二百枚を書く, 上下り坂にある, 上下り松へ行く, 上下ろされた腕金には, 上下婢に向っ, 上下座をしました, 上下町の物, 上下見の相談, 上不作による供給, 上不倶戴天の仇敵, 上不利を叫ばせ, 上不可欠の要件, 上不可知的の真理, 上不可缺の成分, 上不合理であるが, 上不味いものは, 上不安に借家, 上不安心で困る, 上不幸な, 上不当である, 上不徹底であり薄弱, 上不意の禍難, 上不朽の文章, 上不気味さともつかぬ戦きに, 上不注意のかどありと, 上不満にも思った, 上不用である, 上不相変厳格に, 上不穏な個処, 上不義理の借金, 上不良団をどんどん, 上不良性の潜伏期, 上不誠実という事, 上不足を言う, 上不運なる者, 上不都合千萬に御座候得共, 上不首尾におわった, 上与へられ得ないのである, 上且喜諸公未我捐, 上世界の有らゆる, 上世界各国に於, 上世話をする, 上世話好きの男, 上世辞がありまする, 上世間体というもの, 上丙午の秘密, 上民族が, 上両国ともにつぶれ, 上両立し難い, 上両親は軽く, 上並々ならぬ空想癖, 上並べ方の順序, 上並み立たむ, 上中どころの席次, 上中下等の客, 上中下邸の新築, 上中国の首都, 上中尉と三人きり, 上中年にならなけれ, 上中心とははたして, 上中断されようとも, 上中気をわずらっ, 上中流社会にもこの, 上中流階級に歡迎, 上中等社会の御馳走, 上中腰になつて, 上中野さんは富有, 上中間だけを自暴, 上中風の氣味, 上丹比間人宿禰に従五位下, 上主人夫婦の眼, 上主人袁術へ申しあげ, 上主体のこういう, 上主君として臣下, 上主文形の認容句, 上主要の項, 上久々でわたし, 上久しい鎖国の, 上久木男爵に会っ, 上乗った船も, 上乗客がみんな平和, 上乗組員の士気, 上乗降口と反対, 上九人この御, 上九十三歳のお, 上九十歳にもなれ, 上九地の下, 上九州の特色, 上九時に厩舎, 上九月後の授業料, 上九泉の下, 上乱軍を掻き分け, 上乱闘をし, 上の下, 上乾きをし, 上乾板の感度, 上亀山上皇は御身, 上亂暴なこと, 上が自, 上予定の如く, 上予定どおり巧みに孫兵衛, 上予想された状態, 上予等の通信, 上争いもしなかった, 上争うわけに, 上事毎に新, 上乃至四, 上二つ以上の國, 上二ヵ月ぶりのお, 上二万文の懸賞金, 上二三お訊ねしたい, 上二三センチのところ, 上二三寸の所, 上二三尺の高, 上二三年この方, 上二三年前外国へ御, 上二三年来彼は世俗的, 上二三年此方の重病, 上二三里にし, 上二冊の部分, 上二十三貫の親, 上二十五フィートの砂山, 上二十五六歳までペン, 上二十分も経っ, 上二十四時間経たねば, 上二十四時間放置したの, 上二十尺ばかりの屏風岩, 上二十年なり三十年, 上二十日間も涯, 上二十歳白齒は少し, 上二十貫の大, 上二千三百八十七米の三角点, 上二回迄の対戦, 上二夫人を守護, 上二小間のはず, 上二尺上となる, 上二尺許のを一本, 上二年に補缺, 上二度ともう, 上二度と邸へ, 上二度と再び御膝元, 上二段下二段上一段下一段變化, 上二珠のもの, 上二男三女を設け, 上二百十七尺の高, 上二米くらい上, 上二者は交戦団体, 上二萬三千尺なりき依て, 上二重だけが葉桜, 上二重三重の不倫, 上云い争えばヒステリー, 上云い得ないでいた, 上互いに置き換えて, 上五つの丈夫, 上五六度もよみかえさね, 上五分刈りに刈りこんだ, 上五分間もあの, 上五十万円支払った, 上五十人の宗門, 上五十尾を獲, 上五十沢の部落, 上五千両の金, 上五千円近い金, 上五吋のところ, 上五字下五字を制限, 上五字下五字等の制限, 上五尺ほどの高, 上五尺八寸といふの, 上五柱八項あり生まれて, 上五百米の上空, 上五米ばかりの所, 上五貫目玉五十丁撃に成功, 上五郎という厄介, 上井出君に鼻, 上井戸に投, 上井村に加勢, 上井関さんは帰りました, 上些かほこるに, 上些少の功労, 上亡くなったのが, 上亡者の体重, 上交換は中止, 上交渉接触の形跡, 上交番に引きずっ, 上交通上経済上に大, 上交際上平素あまり区別のない, 上リアリズム, 上京北の山, 上京極方へ懸合い, 上京野夢子は映画女優, 上亭主の造酒助, 上亭外の池, 上亭長芫青地胆三種合わせた猛毒, 上人一倍芝生の, 上人丸は火, 上人出でて, 上人出づるに及ん, 上人前であわて, 上人参と, 上人口原理を完全, 上人差指と親指, 上人形町はアンマ, 上人数三拾四人に相, 上人柄もよくいかにも, 上人格上未熟を極めたる, 上人民戦線の否定論者, 上人生の終局, 上人生上の労苦, 上人生観上の心法, 上人知れず殺して, 上人税などとおらたち, 上人種としてのその, 上人間業では出, 上人間的なもの, 上人間社會ノ連絡, 上人間観察はすでに, 上人間離れのした, 上仁科たか子までが, 上を返そう, 上今にも降り出しそう, 上今入つて居る, 上今宵は波, 上今年は秋, 上今年一杯で罷める, 上今度一条戻り橋, 上今後の生活費, 上今日懷抱する所, 上今時のお嬢さん, 上今朝七時半になっ, 上今江戸へ行かれ, 上今泉のいつも, 上今般は一身上, 上今西に一言, 上介抱人が, 上仏教の一付属たる, 上仏蘭西の戯曲, 上仏蘭西文学に親しみ, 上仏蘭西語だの羅甸語, 上仔細残りなく話し, 上候, 上仕事場の前, 上他国へでも売られたら, 上他家へのご, 上他者との共同, 上他行したりとかにて, 上付いている, 上付け屆けが行き亙るので, 上と名, 上仙吉は顔, 上仙国也汝国之上還有, 上仙太郎自身の不正, 上仙臺屋敷の傍, 上の重なる, 上代々木荘で養育, 上代価の所, 上代償的に腹壁, 上令所司訪其風俗使者言倭王以天爲兄以日爲弟天未明時出聽政跏趺坐, 上以上の三策, 上以外社会学上に経済学上, 上仮想人物の点出, 上仰ぎ願わく, 上仰せのよう, 上仰天したの, 上仲人を頼ん, 上仲仕の幸助, 上仲屋は十年, 上件ニ立至リ候, 上件ハ唯大兄計ニ内, 上件ハ鎌倉已来武門ニ帰せる大権, 上件四人の兄たち, 上件四月廿四日上陸より此所, 上件小身ニ一生の思ひ, 上伊勢屋の居候浪人白井右京, 上伊吹の昔ばなし, 上伊藤はめった, 上伏見屋まで挨拶, 上の成立当初, 上会ってはならぬ, 上会堂建築の遷延, 上会費を集める, 上せられて, 上伝教大師の廟, 上伝統から自由, 上伯母上お代どのまで御, 上伯爵様は唯今, 上伯父の佐兵衞, 上伴奏弾という武器, 上伸びようがない, 上伸氏等の最近論文参照, 上伸縮自在の特殊材料, 上伺ってみた, 上を入籍, 上但馬守に捧げた, 上位牌をば片隅, 上位置的に不自然, 上低劣なる価値, 上低減せる所得, 上住民の難, 上佐伯部三国に外従五位下, 上佐吉夫婦が絞っ, 上佐渡の金, 上体じゅうが濁り, 上体裁の好い, 上体言として取扱, 上体質の割合, 上何うして住, 上何かというと, 上何だこんな自, 上何だか馬鹿馬鹿しいこと, 上何で食うて, 上何と申し聞けよう, 上何ともしようが, 上何ひとつ運命から求め, 上何びとにも多少, 上何もかも女の, 上何やかやの名目, 上何よりの条件, 上何万プと負ける, 上何事もなく, 上何代か續, 上何分宜い様, 上何十尺の土層, 上何度一塊の青酸加里, 上何時まで待つ, 上何時も裏から, 上何歳より何歳ごろ, 上何民族か判明, 上何百兩とかの手切れ, 上何種の, 上余りにきちんと整って, 上余り間があり過ぎる, 上余勢が地磐, 上余所の客, 上余計死ぬわけ, 上の利益, 上作家の生活上, 上作曲家が自分, 上佳いものが, 上使いの者, 上使われねばならぬ, 上使用して, 上來三段の記事, 上來既に再度, 上來獲得せる洞察, 上來行論中に間々, 上來記述せる如く孝道維持, 上の娘ゆえ中, 上侍女たちの手, 上侍従になっ, 上供述して, 上供頭の声, 上依子の病気, 上依然として新平民, 上依田学海は川上一派, 上依頼しとるとの, 上が極めて, 上価値上の差別, 上価格及び利潤, 上価段が半分, 上便宜の地, 上俊子は私, 上俊寛は過, 上俗人の上, 上俗語に魂, 上保存すべき郷土的人形, 上保温力が大した, 上保証し得るもの, 上保証人として連れ, 上保護を加え, 上信じている, 上信上越界の草津白根, 上信仰上見のがすこと, 上信仰作用を以て最も, 上信國境と彫, 上信孝こそ主将, 上信澄の妻, 上信雄が兄, 上修業をさせる, 上修身点を零, 上修辞学的でなければ, 上修道院の中, 上修験者道尊坊が来, 上修驗者道尊坊が來, 上俯向きに前, 上俳人芥川龍之介論を書かう, 上俺たちの後だて, 上俺一人連中を離れ, 上の内, 上倉持はむしろ, 上個人営業をやめ, 上個人的特異性のあまり, 上倍音は絶対, 上倒れた穴だらけだ, 上候うたは御, 上候お詫びは帰り, 上候これも伊沢返事, 上候やうにて誠に, 上候わずや何, 上候わんと取, 上候サテサテ日本軍は勝ちました, 上候トチメンボー及び孔雀, 上候ハ土佐商会之会計, 上候ヘバ廿五日夜のところ, 上候乙大姉えの, 上候予は取, 上候事ハ間違あるまじく, 上候事思召も恥入, 上候事故漢科之者御供不仕, 上候事能御聞分, 上候井上の嬢さん, 上候儀は貴店, 上候内方一同元気に御座候間, 上候処文政七申年はしか流行, 上候処日々来客そのうち, 上候処私も病気こ, 上候哉と御, 上候哉如何一寸御命じ, 上候塙書之事大事, 上候好文木は遠から, 上候庄兵衛方の女馬, 上候得バ宜しく御, 上候得バ通常の手紙ニ, 上候得共御役等長吏以下支配, 上候御前に御高, 上候御返事旁如此餘拜眉にゆづり申候, 上候所及廿六日より御, 上候時より疫, 上候時勢云云の認, 上候来年は御, 上候東京表へ転住, 上候様拙者共ヘ委任, 上候燦として輝く, 上候父上を初め, 上候田舎にあり, 上候甲斐ありと, 上候石状紙之内本木昌造樣へも御, 上候私共にとり, 上候節は實, 上候罪お詫申上候, 上候義何卒御, 上候義理情実能御達, 上候脚本の件, 上候通今廿七日英国水師提督, 上候通り何れ是は時節, 上候通り募集句を二分, 上候通り當時勢下より上, 上候通不幸なる境遇, 上候道の論, 上候銅像の右手, 上候間添書の通り, 上候間願はくは其儘, 上候陳れば, 上をし, 上借りてゐた, 上借りたものは, 上借り来って史実, 上借地人によって前払, 上借地権及び相続権, 上借財のある, 上倫理学や心理学, 上偏狹になつ, 上偖斯う云う, 上に赤斑, 上停学に処分, 上停止せられ農業団体, 上停留所には一人, 上停電と乗換, 上健全だらう, 上偶然モスクヴァへ足, 上偽って南朝, 上傍観は適, 上れた文学, 上傑作なら申し分, 上催促はし, 上催眠術の中, 上傲然として構え, 上傷口へ二三度, 上傾斜も急, 上に登っ, 上僅か三厘ほど, 上僅か一尺ばかりの廣さ, 上働いても食, 上働らきに, 上僕ら二人の留守中, 上僕ハ精力ノ補給ヲスルタメニ相馬博士ニ相談シ, 上僕等はなお, 上僧正御加持, 上僧正さまがその, 上僧正栄西さまは御, 上僧級がいずれ, 上の室, 上優しくて親切, 上優れて国際的, 上元価三分の一の罰金取立て, 上元女仙太真者即貴, 上元後一日次豆日小集韻, 上元来が貨殖, 上元治元年の四月, 上兄さん夫婦には事後承諾, 上兄弟についての世評, 上兄弟愛を特に, 上充分信頼して, 上充実されたもの, 上兇猛な蛮人, 上先々で一杯づつ, 上先づ五六人の奉公人, 上先づ店口へ火, 上先刻から店さき, 上先夜の事件以来, 上先妻の腹, 上先手を打っ, 上先程申しましたよう, 上無く球形, 上光秀は女婿, 上光線除けの, 上かれがたき, 上免れがたししかれ, 上免役の年齢, 上でも出来, 上児童保護所へでも送りこむ, 上の太守張楊, 上党派の諸君, 上の鍬形, 上入らしって下, 上入る穴は, 上入夫致させ申すべき趣, 上全容を現, 上全無高之事に, 上全集物を出さね, 上全面の硝子窓, 上兩國の水, 上兩者は密接, 上兩隣が近い, 上八丁堀の旦那方, 上八万円で引受けた, 上八五郎親分に申, 上八千兩の小判, 上八尺乃至十尺位, 上八方から寄る, 上八重子の口振り, 上公休日なしです, 上公園の内, 上公娼設置の急務, 上公子の背後, 上公定価格の全般的, 上公家の荘園, 上公明な御, 上公用と書いた, 上公認されたこと, 上公転の絆, 上公電をうっ, 上六つも越し, 上六七間もある, 上六分の一を除いた, 上六十万フランの金, 上六吋ばかり大きかっ, 上六年には十一歳, 上六年間からさらに, 上六重を落し, 上六間も高い, 上共に城市に, 上共産主義を実践, 上共軛性を有, 上兵児帯のよう, 上兵士達には何, 上兵糧玉薬は年来, 上兵馬はついに, 上から其用例, 上其上を封じ, 上其下左の端, 上其事件を公判, 上其儘自分の部屋, 上其処は体裁, 上其土地家屋等大半を買収, 上其堅牢の塔, 上其幾條はつき刺さる, 上其後のこと, 上其方も知っ, 上其火が動き出す, 上其目に觸, 上其足で直ぐ, 上其身又囚人, 上兼候得バ猶重役, 上内乱に干渉, 上内側からドア, 上内務省移民局の検査, 上内向型であるといふ, 上内向的なもの, 上内地人巡査が蕃婦, 上内地雑居の自由, 上内容とポジション, 上内証事まで伝えた, 上内部の空胴, 上円太郎がシャー, 上円木の赤い, 上円本に比較, 上円満を欠く, 上円理は最も, 上には桟敷後, 上写実味のあふれた, 上冠毛すごく振り立てつ, 上冬ごもりの人, 上して, 上冷え切っていた, 上冷たい東北の, 上冷笑や軽蔑, 上冷静な嫂, 上凡作をいまひとつ, 上処々に現れた, 上処どころ濃鼠, 上処世の方向, 上処世上の実行教育, 上処分法を講じ, 上処刑が公衆, 上処罰せらる, 上の中, 上凹面鏡に似た, 上出しただけの金, 上出すいわゆる魂, 上出入はお, 上出入りはお, 上出帆の期, 上出席婦人会員の嗜なみ, 上出戻りで子供, 上出来ても出来なく, 上出来たら奈何しよう, 上出版にもさ, 上出生及び死亡, 上出生届を出さなく, 上出産当時の費用, 上出逢いつつある, 上出頭するにも, 上刃こぼれ有り, 上分り切つた事実である, 上分化の過程, 上分量の上, 上分類される, 上切りにし, 上切り取った赤い端っこ, 上切実なもの, 上切腹仕らん, 上切腹云々を密報, 上刊行する予定, 上ね, 上である, 上刑事を相当, 上刑場に着く, 上初めて一つの, 上初め勝家に請われ, 上別れている, 上別れたことにな, 上別人のよう, 上別個に手, 上別室で酒肴, 上別段必要の, 上別箇の問題, 上よりも害, 上利殖の才, 上利益を見る, 上到来して, 上到頭お關, 上制しがたい力, 上制度をくずし, 上刺止まで刺す, 上刺殺するという, 上刺袋を持たせ, 上刺身庖丁で首筋, 上削る道具も, 上前売切符を売る, 上前後聯絡のある, 上前栽は完全, 上前歯を見せ, 上剣技にかけては段違い, 上剣舞までやつ, 上剥ぎして酒, 上へ高免, 上剰余生産物の一定部分, 上割合に竄亂, 上創業費中に繰り込む, 上劃期的なこと, 上の観, 上力わざはあまり, 上力学における摩擦, 上力量三十人に敵し, 上功名はでき, 上加賀騒動の大槻伝蔵, 上助手の杉田, 上労するには忍び, 上労作に限られた, 上労働者以下の生活, 上労力を惜しげ, 上効果覿面なの, 上勉強し修業, 上という弓, 上動いたら撃つぞ, 上動作までが以前, 上動揺以上に浪, 上動植物学上の智識, 上勘定を弁償, 上勘当とまで極端, 上勝手気ままにしゃべらせ, 上勝龍寺方面へ立ち去った, 上勢いを挽回, 上勢力を有し, 上勢力分化して, 上勢力家の頭目, 上勤めている, 上勤王派の足軽, 上勲二等の位勲, 上勾欄の蟇股, 上包半紙半分折懸上, 上包霊なるころ, 上匕首を持つ, 上化物退治と來, 上鳴の, 上北上川以西の此, 上北京行きの手当, 上北方上手に投弾, 上北欧のネロ, 上北海を攻むるようではとても, 上北部ではシナイシナイ, 上匹敵する波斯語, 上医者たちからはエジプト, 上十一になる, 上十七字の答, 上十万の人, 上十中八九までは殺され, 上十二三吋の空間, 上十五分以上も息, 上十五日もあまり, 上十人近い家族, 上十人前くらいの権利, 上十全な価値, 上十八になつ, 上十八世紀は最も, 上十六年間花に捧げた, 上十六歳の時, 上十兵衛どのは, 上十内は兵士, 上十分抱負が実現, 上十四になる, 上十尺以上其頭角を露, 上十年前特に外国人, 上十座唱門のみがこれ, 上十方碧落なきの, 上千字文と庭訓往來, 上千年杉の梢, 上千本松日岡やがて山科, 上千浪と御方, 上千種川の渡船, 上千草姫からいろんな, 上千蔵君曰く同君の祖父某, 上千賀子の元, 上千鈞の重き, 上千鶴子は自分, 上し草木萌動, 上ともなる, 上午後のお茶, 上午餐を断っ, 上半分コップからはみ出した, 上半分骨ばかりになった, 上半官半民の法人, 上半月を休む, 上半紙に略図, 上半蔵その人, 上半裸体の胴体, 上半身を赤裸々, 上半金地に緑, 上卑俗で薄汚い, 上卑吝の名, 上卑怯なふるまいを, 上卑怯者の稲富喜三郎, 上卒業してから, 上卓子に並ぶ, 上の長崎, 上南原杉子は仁科六郎, 上南進という語, 上南風楼に帰った, 上梗花に, 上単なる強盗の, 上単一性を帯びた, 上単純な虚構, 上単身では出向かれぬ, 上博多町人は進取, 上卜傳流の極意, 上卯日と定めた, 上卯相嘗祭とあっ, 上印度思想の幽遠, 上危なくないから, 上即日城代の御, 上却つて弊害がある, 上却つて瘠我慢をし, 上卷并に二章, 上卿三条中納言即ち清範朝臣, 上卿季平子を討とう, 上卿日野中納言万延二年二月三日宣旨法橋磐安宜叙法眼, 上卿日野中納言万延二年二月三日宣旨磐安宜叙法橋, 上厄介な話, 上原作に興味, 上原作以上である, 上原則的な疑義, 上原因の微分的変化, 上原敬が推され, 上原書の一パラグラフ, 上原田の頭, 上原稿の文字, 上原稿用紙を使っ, 上厠上合わせて, 上厠後の痔出血, 上厠等日常生活の些事, 上厠繁数の趣き, 上めしい配達, 上厳密な妥当性, 上厳格にこれ, 上厳顔も必死, 上巓一尺余土人共見, 上去られいたとえ兄上, 上去りしかの時, 上去年の第, 上去年あたりまでは心立て, 上去来の外, 上参ろうではございません, 上参上致しその, 上参次君松本亦太郎君, 上参照の便宜, 上参禅の士, 上参考にならん, 上參らせ候, 上又七を殺し, 上及實踐上の定説, 上友次郎兄哥の顏, 上双子と下, 上對の, 上反りになった, 上反乱罪は殺人罪, 上反対の態度, 上反軍の汚名, 上反駁を試みる, 上収支相償うこと尠きがゆえ, 上叔父の末, 上取って引倒, 上取りきめた格言に, 上取り扱いたることに, 上取り扱い上の欠陥, 上取引先を一軒, 上取扱えなかったのである, 上取扱ったことで, 上取替したがよい, 上取極めた事である, 上取次を揶揄, 上取次店からは予約金, 上受けつけないに違い, 上受けとりにくいし, 上受けるには受けるだろう, 上受動的にしか発動, 上叙情詩叙事詩の二派, 上叛逆人が起つた, 上叛逆者は決して, 上口やかましくてけち, 上口先でどんなに, 上口実は如何様, 上口書きまで取, 上口角には微笑さ, 上口論に及び, 上口髭までつけた, 上古び切つて虫ばん, 上古典的なもの, 上古城疇昔に非, 上古本屋の主人, 上古来から行なわれてる, 上古来犬を飼わなかった, 上古着から下, 上古賀に無理, 上句これだけの仕度, 上句カツとして飛び出した, 上句ハ佞人ナドノ官ニ在テ君, 上句一七九四年となつ, 上句一生懸命になつ, 上句体が悪く, 上句寿司などを取寄せ, 上句拳を堅め, 上句望遠鏡を購, 上句涙を滾し, 上句玄関番の悪, 上句私の前, 上句答へを求め, 上句自分達の芸術, 上句蒼ざめた顔色を等分, 上句退学したかといふ, 上句鎧櫃の在所, 上句食に窮すれ, 上叩いてせわしく低き, 上叩き割つて床下, 上召し捕り方を, 上可憐の鳩, 上可笑しいことには, 上台湾の中, 上台閣の諸公, 上叱り手が, 上史上最も不思議, 上右上の糸切歯, 上右人々に御, 上右手から長い, 上右浅草か赤坂, 上右釣道具御繕い直し, 上号外売の奔走, 上司金中郎将に封じ, 上各々の科學, 上各々方は拙者, 上各人の事業欲, 上合わせて三上, 上合同五氏展を観る, 上合唱歌章及び哀悼歌章, 上合法的にでき, 上合点が行かぬ, 上合祀で十社二十社, 上吉五郎の言葉, 上吉原まで潰したら, 上吉川さんのこと, 上吉弥の勘定通り, 上吉彌を亡き, 上吉見正頼の三本松, 上つて居りました, 上吊っていた, 上同じく恒子さんに, 上同伴曇キミの天気, 上同伴者作家団だった, 上同値物であること, 上同年十一月一日各被告人, 上同年神田筋違橋での住谷兄弟仇討, 上同数にし, 上同時または前後, 上同時に別の, 上同月十日本件を同院, 上同氏から鹿爪, 上同窓會の會友, 上同義反覆を含む, 上同輩中の至上, 上名前を申し上げる, 上名残惜しくも貞雄, 上名義だけ芸者, 上名誉ある決死隊, 上名題のお, 上名高いところとな, 上吐剤は悪口, 上吐月峰を覗い, 上向かってくる, 上向後の発展上一種, 上君等の干渉, 上君藤君一洵君辻田君そして山頭火, 上吟味役が検査, 上だとは, 上含有すべき分量, 上吹きくる風は, 上吾人の憂苦, 上呈し倔強の, 上呑んだらそれこそ, 上周到な省察, 上周助を殺し, 上周圍のどこ, 上味噌が用い, 上味淋で煮上げた, 上命拾いでござんした, 上命知らず兇暴の精神, 上咋年の夏以来私達, 上和ぎ下睦びて事を, 上和助が主人, 上和吉は翌, 上和尚さんに頼ん, 上和恭勤勉の気風, 上和歌の道, 上和気金谷を経, 上咎められたのが, 上咽喉の奥, 上哀れッぽい一節切, 上があっ, 上哲學上などの偉人, 上唐松村は雪五郎, 上唯一の個人, 上唱えたのか, 上啄木の才能, 上商人や職人, 上商会の世話, 上商売ちがいの蘊蓄, 上商業上の法律上, 上商法上のカン, 上せらる, 上啓示とは, 上啼鶯新といふ句, 上の大, 上善事に非, 上善人詠を著, 上善兵衛は一, 上善処して, 上善良なること, 上喜三郎の妹繁代, 上喧嘩を買いたくない, 上喧嘩出來事にも馴れた, 上單獨に存在, 上嘆願の手紙, 上嘘みたいな力持ち, 上がイビツ, 上四メートルぐらいである, 上四人五人になる, 上四分の一を受取らない, 上四十三秒である結果, 上四十年の期限, 上四君四派にもわかれ, 上四国中国九州諸方から京洛, 上四国遍路に出る, 上四尺くらいのところ, 上四辺のからっと, 上因果法であるもの, 上因藤裁判長殿はこの, 上団体的訓練俳優としての芸術的精進, 上困らされてはとても, 上困りますね, 上図どおりのフリーメーソンABC, 上図書室の扉, 上図書館の書庫, 上図書館生活のため, 上図通りの配列, 上固有名詞の發音, 上国ニ遊びし頃, 上国会の屋根, 上国内生産力の発展, 上国司が膝, 上国外に対しては一八三〇年, 上国孱士の茶香古器, 上国守が職田二町二段, 上国栖人を以てやはり, 上国民兵も加わっ, 上国民教育の根本精神, 上国民生活上永久にこれ, 上國宣六根之奧義, 上國家ノ經營ニ移スコトヲ得, 上國王より下, 上國防上相當程度の大量生産, 上園長は市長, 上太なんて, 上土井美濃守と結托, 上土出村を単に, 上土手の夜泣松, 上土着の人間, 上土臺が緩ん, 上土藏の中, 上土間の渡り板, 上地上からざつと九尺, 上地主も農民, 上地保に渡し, 上地元民との接觸, 上地名官名道具の名等, 上地層堆積物によって見当, 上地底だとか, 上地形判断の妙, 上地獄を歩い, 上地獄感が多い, 上地球全体に等しく, 上地蔵のどれ, 上地質学上生物学上の研究, 上地震も屡々, 上地駄婆駄とうろたえ廻った, 上坐するを汝常, 上坐せる漁翁が, 上坑内で即死, 上坑夫と聞いた, 上を当て, 上埃だらけで蜘蛛, 上城下へ殿様, 上城中の兵, 上城址の在る, 上城郭は二の丸以内, 上執拗無比な働きもの, 上執筆の試み, 上基礎的勉学を奪い, 上は跡部, 上堂々と通っ, 上堅田大越の船河内, 上堆肥用の草, 上堪え難い針先の, 上堪へられないものを, 上ゆるに, 上報告せざるを, 上報告書まで抜き取っ, 上報道不可能だし, 上を箱, 上塗ったところでした, 上塚周平両氏に会し, 上塚相川両氏わが帰行, 上をいれなく, 上塩漬の首, 上する事, 上塵芥車という大きな, 上の襖, 上墓穴三十六号などというもの, 上増大したこと, 上増補する考, 上墜ちようも, 上墮落なさる, 上壁面尽く偃松, 上壇ふちつきの床, 上壇白檀張りの床の間, 上く下, 上がまるで, 上の身, 上変則の方法, 上夏中降雨量が極めて, 上夏疫痢の流行, 上夕暮かたになる, 上夕暮上野さんや園さん, 上外出いたしかね候, 上多人数の傭人達, 上多勢に一人, 上多年にわたる癌, 上多年親類同様に附き合っ, 上夜中ひそかに自家, 上夜中部屋の外, 上夜具を半分, 上夜前たいてい食堂, 上夜半から急, 上夜更けまで戸口, 上夢路たどりしあゝ, 上夥しい金布の, 上夥夥か服部氏, 上大いなる収穫であった, 上大丈夫だ, 上大丈夫危険がない, 上大久保家ではこの, 上大乗的にそぐわない, 上大井の酒, 上大井様に先, 上大井樣に先, 上大仏佐々木直木などの連中, 上大仰な駄法螺, 上大伴宗久氏は須和康人, 上大元帥であり大本営, 上大利根博士がどこ, 上大勢の子供, 上大和橋の辺, 上大変仲が好かっ, 上大変便宜を得るだろう, 上大審院長に豫審判事, 上大将佐々成政は城, 上大将彭安が討たれた, 上大工の半次, 上大差がある, 上大師も孰, 上大平御覽, 上大広間公会堂の横手, 上大柄で何となく, 上大津の関, 上大町を主, 上大目附稲生下野守から書附, 上大石殿始め一党のこと, 上大砲が大き, 上大穴にならない, 上大腿部の外方, 上大臣より下帯刀, 上大衆はその, 上大袈裟に吹聴, 上大西洋定期船の汽笛, 上大輪の牡丹, 上大通りの辻, 上大道具大仕掛, 上大道君とも曰, 上大阪へ行く, 上大陸に根, 上大雨に降られ, 上の下, 上天下一品と定評, 上天主のおん教, 上天井裏のトバ口, 上天啓顕示をまたざるべから, 上天平十六年に解放, 上天才を持っ, 上天文に通じ, 上天気ぢやから, 上天気ゆえ家内と妹, 上天気也大当り也と人, 上天気暑気正午などの意味, 上天気殊には日曜, 上天気海が和い, 上天然植物帯を考察, 上天然痘コレラマラリヤペスト等と同等, 上天爵人爵の差別, 上天狗はもう, 上天理にさからい, 上天皇ハ凡テノ土地ト人民トヲ私有財産トシテ所有シ生殺與, 上天草騒動由井正雪の陰謀, 上天草騷動由比正雪の隱謀, 上太古以来石油に恵まれ, 上太宰はまた, 上太腿の肉, 上太陽系の一部分, 上夫婦関係を結ん, 上失恋と前科, 上失敗した思想以上, 上候金子些少には, 上奉行の口, 上奏上した, 上契約調印する, 上奢り下諛うて風俗, 上の方, 上奥さまのお里, 上奥さんの調子, 上奥州路へ発足, 上奥様にもお, 上奥羽と同じく, 上奨励金その他何らかの人間, 上女乍ら弓が名, 上女子大学専門学校等が出来, 上女学校一年下小学五年, 上女生徒は殆ど, 上女親の甘い, 上女道楽を見抜かれ, 上女郎買とは何ん, 上は虎, 上好い機会は, 上好きで好き, 上好き前例をこ, 上好く知って, 上好奇心にも駆られた, 上如何程見事な, 上妊娠すれば, 上妹娘のお, 上妻子が意, 上姉上が楓, 上姉妹の母, 上始めてほっと, 上始末を書い, 上委しく可申上候, 上を婚, 上姫君の美し, 上威丈高に彼, 上威力赫くイリオス, 上娘子小町和泉式部の様, 上と共に家, 上婢僕は自分, 上の女性, 上媒酌人は立て, 上は十歳上, 上きやう, 上嬢さんも好いた, 上嬲り殺しにした, 上子モ亦泣ク, 上子供達特に息子達, 上子性甚ダ閑ヲ好, 上子日に家鼠, 上子曰ク善シ乃チ入テ, 上子曰ク衆何ノ為メニ来ルヤ, 上子細はない, 上あり乍, 上孔明と叔父, 上と字, 上存八と比べ, 上存分に遣わしましょう, 上存分文句を並べ, 上存居申候何分加藤先生, 上孝助殿を聟, 上孟子の滕文公篇, 上季夫圧死し仮, 上季夫座敷の梁, 上季節が狐, 上学ぶ所が, 上学位は辞退, 上学問上の価値, 上学問上立派なもの, 上学問研究を実行, 上学校図書館を成るべく, 上学校行政の俗務, 上学的原則の, 上学的物理学的なる無辺, 上学童の知能, 上学術上のモード, 上学術上間違いない事, 上學問上に於, 上宇宙のすべて, 上宇宙間に知るべからざる, 上守られない空文の, 上安政六年九月七日菅笠をかぶり, 上安逸な生活, 上安里さんに身, 上完美にし, 上宏大な権力, 上宗兵衛と云う, 上宗匠の生涯, 上宗吉が隱居, 上宗教上の目的論的禍惡觀, 上宗教的意味を含まなけれ, 上宗春は活達豪放, 上官公立のアカ, 上官憲が支弁, 上定まっている, 上定められている, 上定価は三十五銭, 上定紋は二人, 上敷御, 上宝物まで戴い, 上宝石商の間, 上実にきっぱりと申しわけ, 上実に実に大きい意味, 上実利を争う, 上実在論から区別, 上実家へ厭, 上実物実地を得, 上実行の戦場, 上実験を続け, 上客人たちの白々し, 上客観的に歴史, 上室町時代における二条流, 上室者先生之斎, 上宮廷の御, 上宰相松平大隅守として何不足, 上宵宮にし, 上家中を捜し, 上家作を取上げ, 上家屋の蔭, 上家康と和睦, 上家捜しをし, 上家搜しを, 上家族関係の方, 上家畜の間, 上家畜医師の往診, 上家祿を沒收, 上家苞物などを拵え, 上宸襟をやすめ奉り, 上容疑者の検挙, 上容赦がならぬ, 上宿を貸した, 上宿命の跡, 上宿役へお, 上として風冷ややか, 上寂しがるの, 上寄りのところ, 上寄与して, 上寄合い盆割でやらかす, 上寄稿の約束, 上寅二郎は今, 上密かに居室, 上密室を構成, 上密教を傳, 上密訴でもしたら, 上密談の最中, 上密閉された硝子箱, 上寒し風邪ひかぬまと, 上寒気はする, 上寝言など仰有っ, 上る前, 上寢床の上, 上實行されて, 上實際庭口から裏門, 上審判官が判決, 上寸分疑の, 上寸毫も人, 上の世話方, 上寺本金之丞は心持頭, 上対立するもの, 上対立的なもの, 上対立関係におかれる, 上対置して, 上対象による分類, 上対象論の一部, 上対蹠的な境遇, 上寿命にも恵まれ, 上専断力モノポリーの力, 上専門の知識, 上射手を呼び出す, 上将たちの賞賜, 上将軍陸遜を, 上將軍に出世, 上下卑の, 上尊ばれている, 上尊卑種々の集会, 上尊姉より贈られたる, 上尊敬に價, 上でに伺ひます, 上尋常の出來事, 上小作などを引受ける, 上小使のこと, 上小使錢さへ客, 上小塚ッ原へ引ッ, 上小塚原にて獄門, 上小太刀の名人, 上小学校中学校高等学校其の他, 上小川から下小川, 上小川町呉服橋を経, 上小憩みなしに, 上小松屋に取, 上小池でしたが, 上小浜へ下り, 上小浜街道から自動車, 上小町の庵, 上小胆で無分別, 上小谷が妾, 上小路あたりの淋しい, 上小路三百二十番戸棚田氏宅から夫人光子, 上小野氏といふもの, 上小間物屋の席, 上少からず便利, 上少なからざる関係, 上少なくも心理的には, 上少女でなかった, 上少将高家の筆頭, 上少年が飲酒, 上少年時代からずうっ, 上尖りにできる, 上尚も僕たちに, 上なからぬ, 上です, 上尤私出帆まで兩三日之日合有之候, 上就寝させられること, 上就寝時間が遅く, 上就眠前等々, 上を敵, 上尺五ぐらいまで相当数, 上尺五上もかなり, 上尾張は物産, 上局下局を設け, 上局諸氏と忠実, 上居士はその, 上居間の方, 上屋根裏に秘密, 上屋鋪ニ引取申べしと, 上屍体保存の許可, 上の辷る, 上をやつ, 上展望室に立っ, 上属性格に関して下, 上するもの, 上の気, 上山の手の場末, 上山根さんは相当, 上山浦真雄がいかに, 上山海經表だけである, 上山田さんは人間, 上山田屋等の袋物店, 上山空行く雲, 上山縣内閣に反, 上山腹にあり, 上山賊にはめずらしく, 上山道へ迷い込ん, 上山門のふところ, 上屹度処分いたす故, 上岡本保晃というもの, 上岡部様が御, 上岩崎弥太郎氏へ巨額, 上岩手を去る, 上岩窟などに籠っ, 上岩角に当っ, 上はつきいでぬ, 上近きところ, 上といっ, 上島々に行っ, 上島田へつとめる, 上島田所持致し候不正, 上の下, 上崩れたところには, 上嵯峨へ通う, 上巌角するどき険崖, 上川幅の廣いところ, 上川波勝彌が近頃, 上川船の出る, 上州お前は自由, 上州つて申しますと, 上州ものの血, 上州万座といふ月並, 上州三原からバス, 上州三国の嶮, 上州三社といっ, 上州上総下総の近国, 上州下仁田長吏馬左衛門長吏之論に付, 上州伊勢崎の近く, 上州伊香保千明の三階, 上州伊香保温泉に行つて, 上州会津雄鹿半島, 上州佐波郡芝根村沼之上, 上州信州あたりの山奥, 上州信州共に同名, 上州信濃越後丁度三国の国境, 上州入山の山中, 上州利根郡沼田下新田という所, 上州前橋市近郊に旅, 上州北甘楽の稲含山, 上州北甘楽郡下滝村の慈眼寺, 上州厩橋城に足, 上州吾妻郡の四万, 上州吾妻郡嬬恋村の運送業, 上州吾妻郡嬬恋村大字大前と呼ぶ, 上州唯一の高原温泉, 上州商人の三人づれ, 上州四万に遊ばれた, 上州四万村辺に居よう, 上州国内の最高峰, 上州地信州地は無論, 上州太田在の生まれ, 上州夫も主として, 上州奥羽北海道に拡大, 上州妙義山の周囲, 上州妙義山前橋の八幡社, 上州学生の数学, 上州安中で旅藝者, 上州安中三万石板倉殿の同勢, 上州小宿へ移った, 上州屋つるが屋等, 上州屋武蔵屋若菜屋というよう, 上州屋莊左衞門が死んだ, 上州岩鼻の代官, 上州平野村長吏九郎左衛門小田原長吏太郎左衛門訴訟の事, 上州弁で話し, 上州弁旅人は初めて, 上州引揚げの帰途, 上州戸倉の称呼, 上州攻めへ出陣, 上州方面其他にも少なく, 上州曽木の高垣明神, 上州最高の山, 上州東口の小川村, 上州桐生に遊候時, 上州桐生市に糸質店, 上州榛名山に登った, 上州榛名山麓の室田村, 上州横室の赤城神社, 上州武州秩父熊谷等のこれ, 上州水上温泉の下流小松, 上州沼田その他に旅行, 上州沼田ヨリ戸倉沼山ニ御泊, 上州沼田藤原広澄の女, 上州沼田辺の豆, 上州浅間山麓の焼石, 上州無宿のくらやみ, 上州無宿くらやみの長五, 上州甘楽郡小幡の城主, 上州白根へ抜ける, 上州碓氷郡豊岡村不動堂の縁起, 上州碓氷郷に千石, 上州神ヶ原の宿, 上州神流川上流の, 上州糸だ諏訪糸, 上州縮の唄, 上州群峯の上, 上州群馬郡三の倉の邸, 上州者ではない, 上州茂林寺の文福茶釜, 上州薮塚温泉の背後, 上州藤岡の劇場, 上州街道は, 上州裏日光の連山, 上州西北部の方言, 上州訛りの吃, 上州赤城山の麓, 上州赤城山麓冬のカラッ, 上州辺りの管狐, 上州邑楽郡ではカマンデェ, 上州邑楽郡六郷村にある, 上州邑楽郡六郷村字堀江青龍山茂林寺であって, 上州野州常州などいふ国, 上州野州武州と切っ, 上州長脇差の本領, 上州間庭の樋口十郎左衛門殿, 上州間庭樋口十郎左衛門殿の道場, 上州雪降りや, 上州館林正田醤油の多田常務, 上州馬庭に至った, 上州高崎在の風雅人, 上州高崎松平家かその, 上工作の根拠地, 上工業の発達, 上工業恐慌の影響, 上工業薬品としてその, 上工藝品で一番, 上左右へ札, 上左翼思想の流行, 上左衛門という私, 上左近倉平の持つ, 上左近少将と肩書, 上巧みな熱, 上巧妙極まるピツチング, 上巫女の口寄せ, 上差しの矢, 上差し向かいになっ, 上差し支えないくらいな, 上巴里のシュバリエ商会, 上巴里中かけ廻って, 上市之助の書いた, 上市区改正に就, 上市外に塹壕, 上布団の上, 上帆村の研究, 上帙六冊中帙七冊, 上師等周異記, 上師道はどうしても, 上帰り途の電車, 上帰京後の夏, 上帰路は箱根, 上帳面まで見せ, 上の色, 上以百姓為心念五気之, 上常子に見られぬ, 上常式の差し, 上常盤橋の猪之吉, 上常識的で平俗, 上常陸大掾, 上常陸平氏の祖, 上帽子をきたなら, 上幅五寸ほどの狭い, 上幇間的駄洒落に富まざるべからざる, 上の後, 上幕府において断然と, 上幣美といふ名, 上干戈をもっ, 上干潮に乗じ, 上な岩, 上平助は若い, 上平安中期以前既に短歌, 上平安期には既に, 上平岡の留守, 上平穏に過し, 上平素あまり区別のない, 上平靖号はまんまと, 上平面の凹処, 上年々の穀物生産, 上年々郷里の松山, 上年いっぱいに叩き売る, 上年ごとに自分, 上年中貧乏をし, 上年内に一遍, 上年寄が二人ぎりで田舎, 上年寄たちが土産物, 上年暮から春, 上年甲斐もなく, 上年配の苦労人はだし, 上年金までつく, 上年頃になっ, 上年齢も葉桜, 上幸吉に用事, 上幸福がかたく, 上幸藏一同と右宿寺戸田村寶泉寺, 上幸豐公に參ら, 上幼い記憶に, 上幼き弟皆, 上幽邃といっ, 上幽閉されて, 上んど, 上幾たびか洗い濯がれたる, 上幾らでも難解, 上幾らか相場にも, 上幾人か斬った返り, 上幾何学的な線, 上幾億の翔ぼう, 上幾十倍のつらい悲しい, 上幾度か洗, 上幾株の松, 上庁下居ならぶ役人, 上広い水田を, 上広くして, 上広前にいたる, 上広島長崎をえらん, 上庄太郎は大変女, 上床の間押し入れの中, 上店売の製品, 上度且又御状一通御届申候ため一筆啓上仕候, 上度事ハ三大夫及君御召立がと, 上度事ハ古人も在, 上度事ハ此儀にて御座候, 上度事数々有之候え, 上度候得共おのれも風邪等, 上度儀御座候やうながらあまり長事故, 上度如此に御座候, 上度存候事は胸一杯, 上度胆を抜かれる, 上座敷から射し入る, 上座談の初め, 上座頭の女, 上庵主の言葉, 上康頼は難, 上庸綿竹の兵, 上庸金城の勢, 上廃せられたれば両者, 上廢絶するに, 上廬山に登る, 上延び延びになる, 上建築が建立, 上建築的であると, 上建設した, 上廻した金が, 上弁天堂のすぐ, 上弁舌に巧み, 上弁証法的なもの, 上弄り斬りするのは, 上弊害がある, 上弊履のごとく捨てられ, 上を引かせ, 上弓町きつて, 上の, 上引いたお神籤, 上引き上げられし黒船の, 上引くに引かれず, 上引っぱったら足が, 上引取つて行きましたよ, 上引抱へるやう, 上引李時珍猴の記載, 上引続き余病も, 上引致されるかも, 上引諸書の記事, 上引近衛家領の淀, 上弟信繁は討死, 上弟子を連れ, 上が上, 上弥生はすっかり, 上弦月朧夜である, 上張物の裏, 上張飛は門前, 上強つてお禮, 上強大な武力, 上強度のヒステリー, 上強窃盗の嫌疑, 上強行せしめるまでに, 上強調する国体明徴, 上弾みを喰っ, 上弾道の研究, 上村穢多に, 上当ってみよう, 上当の長崎屋とて, 上当世流行の黄表紙書き, 上当地へ着い, 上当局が勝手, 上当惑の風, 上当惑そうに, 上当時男性的な華美風流生活, 上当時証人はこの, 上をひろげ, 上形容動詞風にし, 上形式も無, 上形式上の甚だしい, 上形式上以前よりも却って, 上彫りである, 上役だつてみんな, 上役割はこう, 上役立つことが, 上役者の声色, 上彼一家には不幸, 上彼女自身いろんなつまらない, 上彼女達は揃, 上彼方の木の下, 上彼是と周旋, 上彼自身が率直, 上往復した書翰, 上征夷大将軍より下, 上征途に上る, 上待たされて, 上待たせるのは, 上待ちきれないとおもいました, 上待てない奴は, 上待遇を受け, 上後刻うち寛いで, 上後藤氏との談話, 上後鳥羽院と互, 上従属して, 上な位置, 上得与鹿城西先生相識当時既以同志相期許焉先生時猶, 上得体も知れぬ, 上從順な會員, 上御内室は余り, 上御嶽冠者殿参った時, 上御徒町へ転居, 上御意の儀, 上御新造にもおくび, 上御新造さんが一々, 上御殿から下町家, 上御殿場へ下る, 上御用に相立申候, 上御覧の通り, 上御返事なされ候, 上御酒宴の席, 上御馳走でございます, 上復一物なし, 上復生病院の都合, 上微かに見る, 上微笑したよう, 上徳川君には二度無料, 上徳氏に泊, 上徴質徴少徴, 上徹下ただ自由主義, 上心ならずもこういうこと, 上心ばへも善い, 上心一つで計らっ, 上心掛のある, 上心理上に比較的, 上心配して, 上心霊研究会へ一日, 上必ずそう言わねば, 上必ずや早晩その, 上必殺の凄味, 上必要最少限度のこと, 上必要缺くべからざる事項, 上でも相当, 上忌憚なき御, 上忍ばれてお, 上忍び返しは恐ろしく, 上志太の殿, 上志岐の有力, 上志願して, 上忘れないうちに, 上忙しい思ひを, 上応仁の乱, 上応援を二人, 上応用するところ, 上応酬が出来ません, 上忠義者と聽, 上かせに, 上忿怒の姿, 上思いもかけぬ, 上思いがけない酒肴に, 上思いどおりの賃銀, 上思い悩むことが, 上思うように, 上思ひきつて因襲に, 上思出しても, 上思想上尊敬に價, 上思想上言語上文学上に於, 上急斜面で河原, 上急速にしかし, 上性慾問題とは関係, 上性格的な, 上怪我までされ, 上怪談の凄味, 上えて居る, 上恋愛という一つ, 上レ入, 上恐らくは私に, 上恐るべき過失を, 上恐れるからな, 上恐ろしい罪では, 上恒星の観測, 上恒雄の家, 上恥しさが, 上恥ずかしいことだった, 上恥ずるに足らぬ, 上恨まれては話, 上に着せ, 上恩誼の観念, 上恭順がよい, 上息子が行方不明, 上悟道の句, 上悦ちゃんこいさんによろしく, 上途堤外地は, 上悪く思うな, 上悪事の元兇, 上悪影響あること, 上悪所通いの金, 上悲観のしよう, 上情火に燃えた, 上惜しみても余り, 上が多く, 上惡事の合棒, 上惡影響を及ぼす, 上惡所通ひの, 上想像しうる限り, 上想像以上に鮮やか, 上想定されねば, 上想起するもの, 上意匠或は装飾, 上意外な幸福, 上意義のない, 上意見の大同, 上愚図愚図して, 上愚圖ついて, 上愚痴を聞かされ, 上の筒口, 上愛し続けるつもりです, 上愛する確信さえ, 上愛人長吉の死, 上愛児の生長, 上愛国的の興奮, 上愛嬌があ, 上愛想ならとりなしならどなた, 上を強か, 上感情生活の危険, 上感懷の詩, 上慢四衆の人ごと, 上慣れない仕事だけに, 上慧眼な信長, 上慨嘆に堪えぬ, 上深である, 上慾張りな豚, 上憤るのが, 上憧れであり缺乏を, 上憲兵隊から検事局, 上應酬が出, 上に多少, 上懐中には身分, 上懷ろ紙を出し, 上懷中までが霜枯れ, 上懸けを引き剥い, 上懸で声の, 上戀人の床, 上成り立たぬ生計費で, 上成り立ち得るかのよう, 上成り立っていた, 上成功を齎す, 上成田蔵巳さんと島田英雄さん, 上成経康頼らの心持, 上成績の内容, 上成都の美酒, 上我々姉弟は早く, 上我らを許し, 上我帝国の権利, 上我等の今後, 上我輩の官邸, 上我邦詩壇に於, 上戒賢其の他, 上戦術上の変化, 上戦雲暗澹たりだ, 上戯曲に書, 上戯曲家志望の人達, 上ひて, 上戰場の上, 上戰車を碎き, 上戰鬪喇叭鳴る士官, 上戸枢の間, 上戸締りの工合, 上戻って来た, 上戻り橋に首, 上房子は始終, 上へ蒲鉾, 上所名前を言っ, 上所見及其實感を尋ね出さむこ, 上所謂呑込流の八百長, 上所謂敬語階級的な感情, 上して, 上手ずから杯を, 上手の甲に載せた, 上手の者に到っ, 上手代の文治, 上手前寄りにスタンド, 上手向ひする手代, 上手向いする手代, 上手巻の煙草, 上手懸りとなるべき, 上手提袋を開け, 上手癖が悪, 上手短かに要領, 上手籠同樣女房, 上手落があ, 上手術料を一万ドル, 上手足を厳重, 上手近かに気づく, 上手銭手酌で味気, 上手錠をはめられ, 上手間をかける, 上手間取って万一, 上才智も人, 上打破して, 上へどもまた, 上払わないと学校, 上ひは, 上批判し去られること, 上批判的であり革命的, 上批評の専門家, 上批難を呼び起こす, 上承認し難い, 上承諾して, 上技巧で愉快, 上技術から独立, 上技術家の生活, 上技術的な必要, 上折畳みが自由, 上折目正しくたたん, 上折角の機会, 上披露の饗宴, 上抱きにし, 上押しきって調べる, 上押入を開け, 上押掛け婿などに, 上押込の入る, 上担っている, 上拒みでもする, 上拒めば打ち殺し, 上拒絶しかねて, 上拗ねた子供の, 上拗るも罪, 上拙かったこと, 上招待の日取り, 上拝借しますどうも, 上拡張されなければ, 上拳銃でその, 上拷問をした, 上去られて, 上持たれる群衆心理学, 上持ち來り, 上持ち上げて置い, 上持ち得るものなら, 上持つ階級意識之は, 上持前の愛嬌, 上持參の文箱, 上指し奮然として箭八筋, 上指揮が下手, 上指揮刀を必要, 上指揮棒を振り上げ, 上指摘して, 上指輪は侯爵夫人, 上挙句の果, 上挨拶致す様, 上振ふ大いなる, 上振仮名をたより, 上振舞い得るという事実, 上うべき盗人, 上捕まえて来ました, 上捕まったらどんな目, 上捕物小説には時代, 上捜査に着手, 上据ゑられし木造の函, 上掘って聞く, 上掛したるを, 上掛茶屋に腰かけ, 上掛軸や活花, 上蜃食之, 上採用されるという, 上接見すること, 上掩いを着, 上掴んでいた, 上下掻, 上掻き乱すに忍び, 上描いてゐる, 上するよう, 上提供されて, 上提灯を往來, 上提燈まで差上げ, 上換言すれば, 上援兵もき, 上揶揄は彼, 上でもされ, 上摺つた早急な輕卒, 上撮りかた下手, 上の例, 上擯斥せらるること, 上攘夷策略御英断これ, 上支えになっ, 上支倉喜平調書と云う, 上支払ひを, 上支払わないでもすん, 上支解せよと, 上支那服が野犬, 上支配人は用心深く, 上支障を来さない, 上改善されて, 上改善救済を要する, 上改姓しても, 上改正されたの, 上放つて置く, 上放免されて, 上放棄する事, 上放蕩三昧に身, 上放送不可能なよう, 上政党の云い, 上政党色を持たなくなっ, 上政友会の大, 上政友會の大, 上政枝のこと, 上政權に接近, 上政治上不倶戴天の仇敵, 上政治上経済上の事, 上政治家や官吏, 上政治性を有, 上政治的支配上の対立, 上政治運動となった, 上故主に歸參, 上故障もなく, 上敏子と坂田, 上敏子さんは実際, 上救い難く見えた, 上へる人, 上教えられる事が, 上教会からオバサン, 上教授室の南側, 上教育中の息子, 上教育宗教の原理, 上教育界から身, 上教課書に噛, 上教諭に対しても思う存分, 上所法師と, 上散々に苔, 上散歩の際, 上敬称で呼ばれた, 上数丈の空中, 上数人の助手, 上数学的な問題, 上数尺の所, 上数年にわたって撤兵, 上数日たつと, 上数日後になっ, 上数歩を後れ, 上数百年来の昔, 上数米の高, 上敵ぢやさうな, 上敵味方が入り乱れ, 上敵将の梶原景辰, 上敵討に出ました, 上敷居から落ち, 上數尺の所, 上數武の地, 上數章に渉つて, 上斃死悪病に仆, 上文中の, 上文化上の重荷, 上文化的の生活, 上文化芸術の事, 上文句入りの都々逸, 上文壇に縁, 上文字上別に何等, 上文学博士が貴族院, 上文学者吉村氏の話, 上文左衛門という桐生一, 上文左衛門さんにすすめられ, 上文左衛門邸は便所, 上文次郎と吾妻屋, 上文殊菩薩の危坐, 上文芸その他と全く, 上文芸家の作品, 上文芸賞もらった感想文, 上文藝上何の問題, 上文藝春秋社も裏書, 上斉合的ないわゆる, 上斉彬派同士の一人, 上料理したもの, 上料理場から皇帝, 上料紙と硯, 上斬るのは, 上斬罪以上に處, 上斬込みの時, 上断じて許すべからざるところ, 上断り切れない破目に, 上断る訳に, 上断れば愛想, 上斯んなところ, 上新しき地層の, 上新九郎はその, 上新六郎樣は先代, 上新堀吉野両氏夫婦の媒酌, 上新大陸の発見者, 上新年の句, 上新本を求め, 上新生面を打開, 上新築の決心, 上新聞記者は私, 上新聞雑誌の輿論, 上方々の農家, 上於兎吉も幸せ, 上於内海致爲乘樣其上彌以可也乘方出來候時ハ, 上於莵吉の名前, 上施すすべも, 上施主の供養, 上施法者の右, 上施米なぞもいたす, 上旅人の物, 上旅行を何百遍, 上旅費は奇麗, 上旋回すると, 上日々借金取にあたらる, 上日々社交界に接触, 上日の出の美観, 上日ソ戦ふこと, 上日佛日露の協約, 上日劇で使っ, 上日和では江, 上日夜反覆熟慮して, 上日岡と来た, 上日常生活はまるで, 上日影の冷たい, 上日数五日の間ニ, 上日文までつけたさうだ, 上日曜日がお, 上日本国の首班, 上日本文学がもっと, 上日本橋の晒し物, 上日本海海戦の話, 上日本王にまさる, 上日清事件の影響, 上日頃口やかましくて, 上日頃みなみなになぶらるる, 上日高郡一帯にはまだ, 上旦那ではなかっ, 上旦那様もこちら, 上旦那樣が一度, 上旧作になった, 上稻田では, 上之助, 上昌作はもう, 上昌平橋内大手より十六町, 上明かでありその結果, 上明かである故総べて, 上明かな説明を, 上明後日その御返事, 上明敏貞淑な女, 上明日千歳まで返事, 上明日午前中小生まで内々申出で, 上明智ごときもの, 上明暗も相当, 上明朝までにさい, 上明朝出発と定め, 上明朝浜へ赴かる, 上明治八年及び大正三年兩度, 上明治十七八年ごろ本堂が落成, 上明治大学の貸金, 上明白な事実, 上明瞭な田中君, 上明確なる標準, 上明神下の先生, 上明言し得る, 上昔トスカーナとゼーノヴァ兩共和國, 上星明りか夕方, 上にはお, 上春吉の方, 上春夏秋冬と異なる, 上春外套とともに乞食, 上春日重蔵様の先代, 上昨夕御米, 上昨夜外へ出なかつた, 上昨年の夏頃, 上昨年建造したばかりの, 上是公に君ここ, 上是非先生もお力, 上是非共これを覺, 上是非共それを解決, 上是非共津田の腹, 上是非劍山に二等測量標, 上是非善悪不明のまま, 上是非文芸上の御, 上昼めしの弁当, 上昼間歩行き廻った疲れ, 上昼食も食いはぐし, 上昼飯も絶対, 上時たま自殺者が, 上時として相提携, 上時代錯誤的な文明, 上時刻はづれ, 上時子より年下, 上時時けんくわを, 上時節の到る, 上時計が無く, 上時計師の株, 上時間に暇, 上時間的であると, 上晩年の父, 上普通一般の学生, 上普遍的に通用, 上景品として世界的現実, 上景岡秀三郎は少年, 上景気で財産, 上智慧も逞まし, 上け方眠り, 上暑中でも持った, 上暖か過ぎたでしょう, 上暖炉には小さな, 上暗かったかも, 上暫らくこの場, 上暫らく手傳つて佛樣の始末, 上暫時は鳴, 上暴れ馬を一頭, 上暴露されて, 上曲者が娘, 上更けたという程, 上更ニコノ重科ヲ重, 上書契こそ自ら使用, 上曹丞相と暇, 上曾禰の主催, 上最もよく見ゆべき存在, 上最低の糖分, 上最低四五〇円とされた, 上最大の事件, 上最早言葉の, 上最早少しも猶予, 上最近不渡手形を出した, 上最高基面高が軽井沢三〇八六・四四呎, 上月々文太郎の養育料, 上月夜段の奥, 上月曜日が休み, 上月給の半額, 上有する能力の, 上有り得べからざる事を, 上有るからあれ, 上有年川を越える, 上有望な資格, 上有横河断海之浮雲, 上有知泊りそれから, 上有罪であること, 上有金大小衣類まで盗み取り, 上有金色孔雀王其上有白色蓮花, 上服用させて, 上朗読を願いたい, 上朗讀を願, 上望みどおりに剣山, 上望み得る程度が, 上望外にもこよなき良い, 上朝食と対面, 上朝鮮ヲ獨立セシメズト云フコトハ, 上朝鮮ニ據リテ戰フコトハ國家ノ國際的權利ナリ, 上木乃伊を拵えました, 上木戸も輪鍵, 上木立繁く遠望, 上木賀も参加, 上未だかつて大国が, 上未だに取り返しが, 上未だ嘗て無かった, 上未亡人梶恒子さんの噂, 上未来に向けられない, 上未熟を極めたる, 上未知の領域, 上未練なすがた, 上未練がましく申したくは, 上未見の読者, 上本名を宣り, 上本国との信書, 上本場の支那語, 上本多正純のいった, 上本所石原の岩おこし, 上本来ならば, 上本質的の差, 上本邦の種族調査, 上本郷から毎日通つて, 上札幌に住む, 上に載せた, 上杉山上田大西白井彦右衛門の五人丈, 上杉木立の深い, 上材木町生薬商人近江屋源八に一俵二十五文, 上村外れへ出る, 上村方で誰一人非, 上村田の話, 上村重に背く, 上来られ昼食は, 上来りをる, 上来ヨオロッパの北部諸国, 上来地方特殊の迷信, 上来年三月の下旬, 上来往の人, 上来書き来った所, 上来月こそは必ず, 上来段を重ね, 上来簡叙したところ, 上来観察し来った人口, 上来訪清を見, 上来論述するところ, 上来雖説定散両, 上来項を重ね, 上東亜連盟を公然, 上東京人との交際, 上東京弁は東京, 上東北と同じ, 上東方に端, 上東洋に屬, 上東海岸のカシグラン, 上東海道はわざわざ, 上東海道品川の刑場, 上東西には宝樹八株, 上かな昼, 上松原の向方, 上松崎に試合, 上松本は田口, 上の上, 上板塀の開き戸, 上をはづして土気色, 上枕元の水差し, 上枕許にあった, 上枕頭の火桶, 上林井戸へも其旨達し, 上枝葉が繁茂, 上枯れた芝生の, 上枯木を添, 上にはあまた, 上柄流本繩, 上柄絲に僅か, 上退川, 上染屋に至る, 上柱国賜緋魚袋閭丘胤と申す, 上柱國新平郡王とあ, 上柱國賜緋魚袋閭丘胤と申す, 上柳橋に渡つて, 上査定者の主観的判断, 上栃木県内の一事件, 上栄蔵もそういう, 上栄養が不, 上の果横丁, 上の兒童, 上根もとに巣, 上根性までがチャチ, 上根本的な弱点, 上根本的修正と増補, 上根本的困難が附隨, 上根気よく互に, 上根津らしい低湿さ, 上の先生, 上格別の影響, 上框兼帯の茶, 上の通り, 上案じらるるまま, 上案内致そうと, 上桐渡派とその, 上はなさき, 上桜餅を土産, 上梅毒は必ず, 上梅雨晴れの輝かしい, 上梟首ということ, 上とある, 上を護謨, 上棕梠繩は桃, 上の下りる, 上森その他二三電話かけようと, 上森はずれを流れる, 上森付添で新聞記者, 上森健一郎萩原岱八等スゴイのばかり楽屋, 上森出現は那波, 上森来楽ハネ後銀座へのし, 上を発掘, 上椅子の上, 上椅子長椅子小卓子, 上植えておい, 上植村道治君の手, 上検校が死んだ, 上検閲当局の出店, 上椿の樹, 上楓樹の下, 上極めた番附だ, 上極りを悪, 上極刑に処せられるでしょう, 上極度に過敏, 上極楽を見せる, 上極秘中に策, 上楽々と長火鉢, 上楽しみがあっ, 上概して通用し, 上槇町それから横, 上槇町芝の片門町, 上構わずお引き取りくだされます, 上構造に當, 上槍ヶ岳の尖頂, 上様子を見る, 上槙島の野, 上槻ノ木で温泉, 上樂しみがあつ, 上の木, 上標品を蔵うに, 上樣御不例やら勤向, 上樣御佩刀の彦四郎貞宗, 上樣御先途を見, 上樣御墨附を汚した, 上樣日頃の御, 上権大納言も兼ねる, 上権奸を誅し, 上権威ある人々, 上横ッ腹をふまれる, 上横幅の方, 上横手の方, 上横柄だ, 上横田君らの罪悪, 上樹上に跳, 上樹木の茂み, 上樽爼の間, 上の上, 上橋場で舟, 上橘ヤスノさんが私, 上機孃に, 上機械早速相, 上機遞進機の働, 上檜物町の我家, 上檢査をする, 上檣帆のあいだ, 上の上, 上を差し込ん, 上の連なる, 上櫻屋を怨ん, 上欄三分の一くらいに今, 上權利の研究, 上欠けている, 上欠けた火鉢の, 上欠勤するわけ, 上次々の問題, 上次に窓の, 上欧亜の区別, 上欲しければ今度, 上欺瞞だらけの画布, 上歌人や俳人, 上歓んで迎え, 上歓楽と豪奢, 上止むなく中断する, 上正則の進行, 上正夫に対して大, 上正季こそ死に遅れた, 上正成どのもやがて, 上正義のため, 上正造には定, 上正面には朱, 上此主義其物に価値, 上此八日と言, 上此問題に對, 上此場所は如何にも, 上此程度に於, 上此節は物騒, 上此説に同意, 上此頃になっ, 上の境, 上武三氏によって心理學研究, 上武力を養, 上武器馬具などすべて, 上武夫が知っ, 上武威赫々たる信玄, 上武家と交渉, 上武生水のお, 上武田重二郎を養子, 上武藝のたしなみ, 上武術が相, 上武装解除された二人, 上武製粉株式会社総務部勤務兼熊谷工場営業部長という肩書, 上歩きっぷりでも, 上歩みて彼, 上歪んで見えた, 上歯ぐきが痛く, 上歯仮りに埋める, 上にもの狂, 上死にもの狂いに, 上死ぬと彼, 上死刑の宣告, 上死力をこめ, 上死去のため, 上死期の早かっ, 上死牛馬以外に屠るべき, 上死罪にせよ, 上死者の心, 上死際のめくら, 上殆ど採られなかったの, 上殆ど何等統一などのなかつた, 上殆ど匙を投げ, 上殆ど家根とすれすれ, 上殆人影を見ず, 上なる望, 上残肴の整理, 上残虐の不幸, 上残酷に苦しめる, 上殖えたらどうしよう, 上殖やせば到る, 上殺されちゃおしまい, 上殺人は多く, 上殺人罪を犯した, 上殿がこれ位, 上殿御自身にて御, 上殿様には二三日中, 上殿様思いで殿様, 上殿樣には二三日中, 上母上様に教え, 上母上樣に教, 上母君の所在, 上毎年一五〇〇〇〇の新兵, 上毎年六千万ドルの税金, 上毎度落をさらっ, 上毎日賣る什器, 上毎日江戸中を歩い, 上毎日缺かさず牛肉, 上毎晩寄席へゆく, 上毎月の生活費, 上毎月五円の奨学金, 上に当, 上毒土を蒙りいる, 上毒物学の知識, 上毒藥を入れた, 上比喩的に書きました, 上比売八十神に答え, 上比較する必要, 上比類なきもの, 上毛三碑といっ, 上毛五箇国の解文, 上毛利の旗, 上毛利方と遠く, 上毛房総の兵, 上毛新報社長の須永金三郎, 上毛水電の堰堤, 上毛皮がそ, 上毛野伊奈良の沼, 上毛野安蘇の真麻むら, 上毛野等旧家の姓, 上毛電力の堰堤, 上毛電鉄に乗る, 上しも無理, 上氏石本氏に手紙, 上民事責任を生ずべき, 上民族的差別を有する, 上民法刑法上のいろいろ, 上気がついてみる, 上気つけだと, 上気づかれてからもここ, 上気に入ったのが, 上気の毒な娘, 上気候が寒い, 上気圧や気流, 上気性は如何にも, 上気持ちよく仕事が, 上気楽な境遇, 上氣休めに石, 上氣持の良い, 上水中眼鏡をかけ, 上水府の家職, 上水田そのものが年一年, 上水軍の諸, 上水道水源地散歩蛇が落ちこん, 上の消費量増加, 上氷冠の縁, 上氷時憑檻看, 上氷瀬というバロメートル, 上の蟄居, 上永くむさくるしい人間の, 上永く煩いでもしよう, 上永らえるような, 上永らく音信を, 上永川下の叔父さん, 上永禄三年兵を関東平野, 上永続し得ないであろう, 上永続的たり得ない, 上永遠不動のもの, 上永遠的なるもの, 上は上求, 上求むることも, 上求めて死, 上求塵労は塵労, 上求婚説話と名, 上に勇気づい, 上江北一円をやっ, 上江州その他に散在, 上江戸一番の蓮葉娘, 上江戸十里四方御追放仰付られましたが, 上江東楽天地が来年, 上江水は中, 上池田総理は農村, 上決めて行く, 上決定されて, 上決心して, 上汽車で旦那様, 上沈黙を守らなけれ, 上沓一足を取り出す, 上見れば, 上沖縄ではこの, 上沙汰にさえ持ち出せ, 上没収して, 上沢子と他, 上河原の小石, 上河原町には古く, 上河東に行幸, 上で濁った, 上油絵具を使用, 上沼田はわが, 上泄瀉致候持病御坐, 上泊るだけだ, 上法令解釈の態度, 上法学のいかなる, 上法廷である, 上法律上社会上の状態, 上法律改正の目的, 上法文に明記, 上法王は今度どこ, 上法螺と大分, 上がつまり, 上波斯の古代宗教思想, 上泣き面に蜂とか水夫, 上泣くだけは泣い, 上泥深一尺, 上注目すべき点, 上泰軒にまかせ, 上泳がうと云, 上洋灯をひっくりかえしったら, 上洋袴下さえ穿い, 上の方, 上洗ひも拭きも, 上から信州, 上活動であるを, 上活動写真式の団体, 上活動的な人間, 上活氣横溢するもの, 上活溌な児, 上活溌敏捷でさながら, 上流人らしい傲慢さ, 上流人らが行なってる, 上流入川谷の木賊瀑, 上流罪にされる, 上浜田が偉い, 上浦島説話と稍異, 上煙る海原, 上浪人組の一人, 上浴衣の袖, 上浴衣がけになっ, 上海上のある, 上海原の上, 上海岸の芝生, 上海底超人が催涙液攻撃, 上海洋と孤島, 上海洋学上最も暗黒未知, 上海蔵寺三郎は外国, 上海辺からは魚, 上海陸連絡の運輸労働者, 上消極的な否定的, 上涙かたしき狭筵に思い, 上深い関係の, 上深入りすること, 上深川の叔母, 上深浅の相違, 上混食に適する, 上清境即ち禹餘天, 上清子はただ間, 上清水の息子, 上清玉晨大道君靈寳天尊の言也, 上清観の唐代, 上清観中の奥処, 上清逸にはよく, 上渋沢栄一殿が訪ね, 上渡り来るうつくしき女, 上渡る青鷺連のを, 上渡邊様方に勤め居り, 上温厚なる総領, 上温和で丁寧, 上温度と湿度, 上温泉もある, 上の川, 上源三郎と一緒, 上準之助氏の話しぶり, 上準備委員会はどこ, 上溺愛されるお, 上滅亡した, 上滅多斬りに, 上をし, 上滑ってかすれ, 上滑った声であった, 上漁謡と題せられた, 上演じた役割を, 上演じる役割が, 上演壇の下, 上演説呆けという病気, 上漠然とジャン, 上漢学者も刺戟, 上漢語ばかりでなく, 上かがやき鳥ひとつ, 上ク稀ナリ枝葉繁細筍ハ庖饌ニ充テ絶佳ナリ此筍ノ, 上漸く這ひ, 上漸然らば, 上潜行に適, 上ざしが, 上潮風の為, 上澤山仕事が出, 上濃厚に残っ, 上の高, 上と小名, 上火事には二三度, 上火山系の上, 上火打道具さへ帶びたれば, 上火星の夏, 上火氣を嫌, 上火男神従五位下火売神の二社, 上火箸を喉, 上火繩の一端, 上火計はまったく, 上にしかならぬ, 上灰吹をポン, 上灰色的態度を取らざる, 上炭五貫匁俵この春, 上炭積機でも出来たら, 上点呼をかこつけ, 上点数も薄く, 上為世の女, 上烈しくなれ少し, 上焚けて人死, 上無い退屈の, 上無く羨ましいものに, 上無下に断っ, 上無二の親友, 上無人なの, 上無力である原因, 上無医村に近い, 上無口になりました, 上無害なの, 上無尽に湧き起る, 上無抵抗だった事, 上無数の人, 上無断上演の暴挙, 上無比の輝かしき, 上無理恋慕を言, 上無益か有害, 上無知の譏り, 上無礼千万にも割愛, 上無能力であり未成年者, 上無謀ならざる事, 上無道の秀吉, 上無遠慮に喙, 上無類の強情, 上無駄を言, 上開發し, 上焦通ぜずと擧痛論, 上焼死の一歩手前, 上焼餅やきで, 上煙草入か印籠, 上煤けた部分を, 上す曙光, 上照る日を, 上照子どのは千蔭流, 上煽らして御覧, 上は二疋, 上熊手の柄, 上熟知されて, 上熟談したいから, 上の高い, 上熱情がある, 上ゆる思, 上燃料が湿っ, 上燈心蜻蛉の多く, 上燈明は點, 上燈籠三枚続きのいのち, 上燕棲處自成雙, 上燕麦は高かっ, 上父上を獄死, 上父上妾はここ, 上爺さんは長い, 上とが首尾相, 上爾後の健康, 上爾雨之夜, 上鬢兀る, 上片づけることが, 上片手の木剣, 上片足を挫, 上のもの, 上版数も偽らず, 上の脊, 上牛込の病院, 上牛馬共に今, 上牝牛は乳, 上牢下牢関皆な山水清絶, 上には相当, 上物干しのはずれ, 上物的証拠によって彼, 上物置に火, 上物語の結末, 上物資は物資, 上物質上充実されたもの, 上特殊な社会的地位, 上特殊民を区別, 上犠牲に上げた, 上犯罪となる, 上犯行後に於, 上狂者には普通, 上を退治, 上独り者で金, 上独り遣り場もない惨, 上独仏羅希にも通ずる, 上独力で生活, 上独立的な生活, 上狭きまでに立てならべられ, 上狭く下広く, 上の肉, 上猛然と賊を, 上之松, 上ったので, 上の盗み, 上猶予はならない, 上猶然りと, 上は腹, 上獣医学上の新, 上じ捧げて, 上玄徳みずから蜀の大軍, 上玄蕃の首, 上玄蕃様御手討, 上玄蕃樣御手討になつ, 上王たちは皇子, 上王侯を知らず, 上王子が帰られた, 上王室ヲ扶ケ, 上王政は時として, 上王政復古となれ, 上珍しく冴えた気, 上珍重すべき家系, 上の發, 上現に同一性を, 上現在小樽高商出の佐竹佐武郎, 上現場にうろうろ, 上現実に対して何, 上現実味の薄らぐ, 上現実的に必要, 上理兵衛を監督, 上理性は物自体, 上理想主義の勝利, 上を御前, 上と尊んだ, 上瑞典の影響, 上瑞白兎中瑞とある, 上瓦斯ストーヴはぼう, 上の飛び切り, 上甕猿は, 上甘かった表情, 上甘んぜざるを得ない, 上甚しき相違がある, 上甚だしい圧迫を, 上甚だしく尊重せられ, 上甚介立原久綱など世, 上甚兵衛が惣八郎, 上甚危険である事, 上甚静穏笑我閑中却多忙或説礦業, 上あるもの, 上生きたところが, 上生き返つちや惡いと, 上生れてしまわない, 上生れかわって全く, 上生れ付き腕が鈍く, 上生命の躍進, 上生徒の一身上, 上生憎なこと, 上生活上自分の努力, 上生物学上の研究, 上生産および交換, 上生粋の都会児, 上生身に白粉, 上産むのか, 上産児の制限, 上産地がある, 上の助十郎, 上用件を御, 上用語が沢山, 上田口と会見, 上田屋三郎兵衞の娘, 上田島屋の養子, 上田舎の老人, 上田舎育である, 上由々しい問題である, 上は乙, 上甲州においてこの, 上甲斐の国, 上甲板あたりでしたか, 上甲板一杯に並ん, 上甲板兩舷側はいふ迄もなく, 上甲相武信の境, 上申し上ぐることあるべし, 上申し上げにくいの, 上男どもはだいぶ, 上男兄弟のみで成長, 上男前も恰幅, 上男女といふもの, 上男子の或, 上男爵はただ, 上男髷が泥, 上町人共と夷人, 上町名主五人組へ預けた, 上画家になろう, 上画法幾何学は一躍, 上の中, 上留つてゐること, 上留めておく, 上留めることは, 上留守の訪問, 上留守師団は水, 上畠山入道諸事深く信仰頼入り, 上の武者たち, 上番人夫婦を斬った, 上番頭さんの給金, 上番頭さん自身がいつも, 上畫債もだいぶ, 上異国人と結婚, 上異性をよく, 上異状無しと見, 上異議がなけれ, 上當然相違を來, 上當然苗字を先, 上に突, 上疑い得ない現象な, 上疲労して, 上を起す, 上病んでもいた, 上病人たちは殆, 上病弱で年, 上病理上の問題, 上病院を出たら, 上痘瘡軽き故, 上痛い目を, 上さらばう骨, 上痴話喧嘩が嵩じ, 上瘠せさせないやうに, 上癡言を吐け, 上発生するの, 上発覚を危む理智, 上発言する隙, 上に際して後, 上登登下行之界也, 上白んで藍, 上白んだ猫柳の, 上白川かくて三条, 上白衣簪冠の人影, 上白雲頭から奉公, 上白髪染が流れ落ち, 上白鳥の正体, 上百万人計上して, 上百両ばかりの金, 上百二三十人に分配, 上百日蝋燭を點けた大燭臺, 上百目蝋燭を点けた, 上的階級の若い, 上皆さんにおいで, 上皆さんおなじみの火星, 上皆夢の中, 上皆様の御, 上皇太后陛下の御, 上皇帝へ嘆願書, 上皮膚そのものの露骨さ, 上益々安定と, 上益スル所又决シテ, 上盗みをする, 上盗人根性がある, 上盛夏雪渓の終る, 上監督して, 上を見つめ, 上目がけて投げる, 上目の下は鰐, 上目出度可申, 上目前の犯罪, 上目立たなくても本質的, 上目隱しを, 上直したと云つて, 上直に通行券を, 上直之の首, 上直参大名に列, 上直吉の野菜物, 上直接社会に向っ, 上直筆無諱, 上直系の長男, 上直観が置かれ, 上相容れなかったので, 上相承の宝, 上相撲へ連れ, 上相模湾には水軍, 上相聞の歌, 上相談には乗っ, 上をかざしつ, 上省くことと, 上省略がなかなか, 上看守に同じ, 上看護婦に向っ, 上看過すべからざる事, 上からどっさり, 上県知事と市長, 上眞中に机, 上眞正に許すべからざる, 上眞物の八五郎, 上眞青のばら, 上真っ暗闇で, 上真白な五体, 上眠り薬を嚥, 上眼一つで見, 上眼使いで額を睨み上げ, 上眼勝に遠く, 上眼色まで変化, 上眼越しにチラチラ, 上眼駱駝はみ, 上着きとったかいの, 上睡りでト先ず, 上睡眠不足と来てる, 上睡足りないのも, 上睨みを行, 上の一直線, 上瞼それに釣り合う, 上は戛然, 上矢並行方を亡き, 上矢代はそれだけ, 上知らぬ顏を, 上知り悉し得ない, 上知り合いになりたい, 上知り得るかは右, 上知ることを, 上知恵も逞まし, 上知我麻祠の前, 上知行もくだされる, 上知識社会学によって代表, 上短命で, 上短弓と, 上短所はしかじ, 上短歌を六號, 上短気とき, 上短縮は不可能, 上短距離の射撃, 上短銃の引金, 上の獅子, 上石井さんはマイクロホン, 上石倉村の上手, 上石垣には凄まじい, 上石塚氏を使い, 上石膏末コロジウム繃帯縫合針義眼など剥製, 上の上, 上砂灰を吹出し, 上研ぐその水, 上研究価値の高い, 上研究家や旅行者, 上研究論文の大, 上素行爲を, 上に身動きさ, 上確證を得た, 上に處, 上磨きだけを東京, 上を粉砕, 上示されてゐる, 上示している, 上示談金をだす, 上には黒馬, 上礼儀作法人品言葉遣ひなど, 上の重役, 上社交上発表を許されない, 上社交界に出入, 上社会万般の経営, 上社会上政治上の紛乱, 上社会政策上又は単なる, 上社会生活の上, 上社会的共同生活を営ん, 上社会立法でも実質, 上社会部の実権, 上社会階級を形成, 上祖父は言っ, 上の餠搗, 上祝い酒まで下され, 上祝儀が貰えりゃ, 上神下しはその, 上神出鬼没と来, 上神前のお, 上神君家康公以来の客分, 上神女パラスに詣う, 上神崎検事からは自由法曹団, 上神明に祈り上げよ, 上神様にもお礼, 上神父ビレラとイルマン二人, 上神童らしい神童, 上神経衰弱に罹った, 上神経衰弱症の大統領, 上神聖な権威, 上神話と名づけ, 上祭らるる藍光の, 上禁じられている, 上禁ぜられた慾望であっ, 上禁制の切支丹, 上禁止されて, 上禁物である, 上禅宗では頂相, 上福島加藤などの大藩, 上福日と同一条件, 上福野流の体術, 上福院というもの, 上福院大和淡路守の三人, 上秀二を訪ね, 上秀吉的な色彩, 上秀子の存在, 上私事は下女, 上私娼公娼の存在, 上私收入の上, 上私生児となってる, 上私立病院などなら, 上私自身それに近づく, 上私養子のお, 上秉蓍龜といひ, 上科学的性質が欠け, 上科学者でなければ, 上科学論という言葉, 上秘かに父兄, 上秘書主任の三宅弘子, 上は何, 上秩序を持たない, 上秩序的に富, 上移つた當時多少の, 上移る事に, 上移住が行われず, 上移譲の手続き, 上稀少であったという, 上稀有とされ, 上仰向いて, 上稍さがつて, 上稍大なる進歩, 上稍平なり, 上を免じた, 上種類の変化, 上稲妻赤くかかりけり, 上の霊, 上は自己, 上穢多と付上候様, 上の口, 上空気が次第に, 上空疎無用なもの, 上穿をはい, 上穿草履でばたばた, 上つ込んで, 上突きにハッチソン, 上突っ込んで調べよう, 上突角にパートロクロス攀ぢ, 上窓襖それを辷らせる, 上窮乏のどん底, 上窮天の間, 上窮屈な境遇, 上立たれたわけだ, 上立ちあがって争っ, 上立ち会った人数だけで, 上立ち入った事情なぞは, 上立ち退かせねばならぬ, 上立ち退き要求の, 上立っている, 上立つてゐる, 上立てとも言わなかった, 上立憲では昨日, 上立會つた人數だけで封印, 上立脚して, 上立証されましたので, 上竜之介だ竜之介, 上竜状あるもの, 上童謡には異性間, 上競争はこの, 上競爭心は持つ, 上の品種, 上竹中半兵衛に興味, 上笑い着けて, 上笑わせられたら死んでしまう, 上笑聲常寄白雲邊と云, 上符号は暗号, 上符節を合わせる, 上第一歩を誤る, 上笹野新三郎などの表立つた, 上筆労を煩, 上筆者が尼, 上筑後町の一向, 上筒男命の三人, 上答えてしまっ, 上箇条左に, 上箒目まで入, 上にもまるで, 上箱化粧品のレッテル, 上箱枕と小, 上箱根へ移つた, 上節廻しに音痴, 上節欲を余儀なく, 上篇下篇の十巻, 上篇并に太平經一百五十卷, 上簇中の蚕, 上簡単に室内, 上簡單に書かね, 上を捲く, 上米さへ喰うてる, 上米価を標準, 上米友がどちら, 上米澤町のお茶屋, 上米町川の上流, 上粉珠流不歇, 上粒子の表面, 上粘土いじりの職, 上粟田口へ出る, 上精力を消費, 上精気の下, 上精神のま, 上精神上如何に偉大, 上精神上病理上の問題, 上精神上社会上に如何なる, 上精神的にこの, 上糯米の本質, 上の切れた, 上糸目にすれ, 上糸目乳糸目三本糸目二本糸目本糸目, 上系統のもの, 上糾弾事件が頻繁, 上紀元後五〇〇年より以前, 上四十号分の, 上約束通り国の半分, 上紅い扱帶を, 上紅葉に紹介, 上紋服を一襲, 上納入数量はますます, 上納戸から自分, 上をひらつかせ, 上でなければ, 上純然たる戦時体制, 上純粋経済学は正義, 上紗のとばり, 上紙數を増す, 上級長の位置, 上素姓も知れない, 上素木の普賢像, 上素朴な一般武士, 上素直に自分, 上紫衣を褫奪, 上ク竿大, 上細々と御, 上細かい人事の, 上細工である, 上細引の掛つたあたり, 上紹介者の立場, 上紺野は多勢, 上紺青色に深み, 上終局する, 上終日駄馬の如く働い, 上終結的であり自己完結的, 上のうへ, 上組合の, 上組外れに御, 上組成せる一種, 上経済上日本が有利, 上経済的には最も, 上結び付くべきであった社会の, 上結婚地が故郷, 上結婚生活が従来, 上結局は不, 上結局上述のごとき, 上結局変装しないこと, 上結局彼を野蛮人, 上結構なる自動車, 上結論であるべきはず, 上絞めた細紐を, 上絡みつきもならず, 上給金は一文, 上統一の取れ, 上統制し統一, 上統制経済を執行, 上の上, 上絵の具は使わぬ, 上絶交云々についてもそう, 上絶対必要な時期, 上絶版としてその, 上絶頂以俯瞰則満洲平原千里茫茫, 上經學は中, 上經説得齊整下經便亂董董地, 上經驗に對, 上継続せられ能わなかったもの, 上続かなかったかも知れぬ, 上綱渡りなどは危ない, 上綱渡り足藝が達者, 上を張っ, 上網代の笠, 上綺麗な奥様, 上綿を添えた, 上綿密に誤, 上をずるり, 上総代連名の伺い書, 上総崩れとならざる, 上緑色は睡眠, 上緒方久平氏が知っ, 上線路が近く, 上編七一六ページにこれ, 上編上を見よ, 上縁山の腰, 上縁結びはお, 上縁起を祝する, 上で縛っ, 上縄詫言はせぬ, 上縛られた両手も, 上總うしろに當, 上總一ノ宮へ住居, 上總下總などの國名, 上總五郎兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 上總伊藤益良等小川を逃げ, 上總國上野郡に田地二十石, 上總國勝浦一萬一千石の領主植村土佐守, 上總夷隅郡萬木城の麓, 上總守老眞人以來, 上總屋さんお宗旨, 上總屋事件の陰慘さ, 上總屋伊八の娘, 上總屋勘兵衞の店, 上總屋重兵衞蒼くな, 上總屋重兵衞何うして, 上總房州を眺め, 上總標などのみほつくし, 上總澪で長崎, 上繁昌して, 上繁華の光景年, 上好看, 上織田信長にしろ, 上繕いの板, 上で縛つて, 上繪付といふ, 上も中, 上けさせて, 上くべからざる材料, 上罪びと北条屋弥三右衛門にも天帝, 上罪人を召捕, 上置候よし甚だ, 上置候二件の御, 上置候證文御返, 上置候通り多ければ, 上罰せられないように, 上罰せられぬように, 上罰金をとられるだろう, 上署名す, 上羅列を事, 上美味いことは, 上美奈子の持つ, 上美女だ, 上美妙斎の作品, 上美術鑑賞の可能要素, 上美観を妨げない, 上群がる星の, 上群衆を眺め, 上群集の中, 上羨みたまふ, 上義兄の唐木屋利七, 上義兄らにも相談, 上義手と義足, 上義明を殺した, 上義王が居る, 上羽前の下曲, 上羽山はしばらく, 上羽柴勢を敗地, 上羽虫の影, 上習之進の野郎, 上習字のお, 上翔りつつ, 上翻訳で読ん, 上翼下二個のタンク内, 上先生から, 上老いて頭, 上老君天師太清境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 上老女砧の首根っこ, 上老婆の頭, 上老子も荘子, 上老樹の下, 上老父と少年, 上老若男女貴賎都鄙色めく花衣, 上考えられている, 上考えられませんよ, 上考え得る価値の, 上考へなければならなかつた, 上考慮すべきもの, 上考証となすべき, 上者劇道の秘事楽屋一切, 上而復低と, 上へること, 上耕作の業, 上耳脇また頭, 上を重ねる, 上聊信ずる所あり, 上の聖, 上聖書の窃盗, 上聟養子になるなら, 上聴いたところで, 上職人九人を相手, 上職業上の抗争, 上肉三斤を漬け, 上肉已都割去, 上肉慾しかない, 上肋膜を病ん, 上肌着小袖そのほか当座, 上肝心の本人, 上肝腎の所, 上肝要の場所, 上から膝, 上肥えた色白な, 上肥後守といっ, 上となせ, 上まで刺した, 上がしきりに, 上胃壁を伸長, 上胆力と奇略, 上背丈から見下し, 上背本意奉存候, 上胡坐になっ, 上胴親の厳封, 上の装束そのもの, 上能くすべきものなれ, 上能力を喪失, 上能瀬沼でとれた, 上と汗, 上脂肪を要求, 上脊丈のある, 上脊髓の両, 上脚すゑて, 上脚本を一つ, 上脱藩した我輩, 上脱走して, 上腕ずくでもそれ, 上腕力の必要, 上と下, 上腰弁と云っ, 上腹の中に毒, 上腹区と中腹区, 上腹区中腹区下腹区乳腺区胸骨区前頸区, 上腹心の男, 上腹部に大いなる, 上膏薬も二三個所, 上膏血を絞りとる, 上の物, 上の骨, 上臂力は山陰, 上臂突きにされ, 上臆病者で言いたい, 上てゐる, 上臨んだのは, 上宮者を, 上自らそれをよく, 上自ら一階級を形成, 上自ら救済の途, 上自信たっぷりだったもの, 上自分らが借り, 上自分出獄まで御, 上自分自身方向を定める, 上自分達だけで作っ, 上自力でやっ, 上自動車に乗っ, 上自国の上, 上自害して, 上自家の牛乳, 上自己以外の何物, 上自活費を一銭, 上自然三つに分かれね, 上自然安土以後の織田家, 上自然界に或, 上自然的素質と矛盾, 上自然科学が科学的精神, 上自由競争の正, 上自発的に統制, 上自立した一つ, 上自説も主張, 上自身出頭のこと, 上自重して, 上がくさい, 上至急お願いしたい, 上至難の業, 上致命的な鼻, 上臺座にハメ, 上臺灣の南部, 上を支える, 上の家, 上與えられ得ないのである, 上興業資本がこれら, 上に館, 上にべろん, 上航空母艦サラトガに多大, 上船上いわば危道, 上船中から携え, 上船長にその, 上船頭の三吉, 上艦長の奮発, 上良き事である, 上良くないと, 上良人や子供, 上良品を廉価, 上良心の満足, 上良民であるはず, 上色白の美少年, 上芋刺しにされ, 上芋粥を飲まず, 上芝地のぬれた, 上芝居化粧をし, 上芝田さんは実際, 上芥川の家, 上のよう, 上花主のため, 上花咲に下, 上花時を除ける, 上花火も凉, 上花見料理の支度, 上芸境が近似, 上芸術の否定, 上芸術上学問上立派なもの, 上芸術上独立的な生活, 上芸術的形式を越え, 上の上, 上苗字帶刀を許され, 上苛税の誅求, 上若しくは支那に, 上若しも私が, 上若井兼三郎氏の依, 上若君へ渡せ, 上若干筆を入れ, 上若干進歩して, 上若旦那の徳太郎, 上若杉さんの罪悪観, 上若杉さん当人が受けた, 上若松屋惣七としてはああ, 上若殿から蛸, 上若衆と呼んだ, 上の連想, 上苦しく三合の, 上苦しめたくはありません, 上苦しめるのか, 上苦心などという事, 上英国の支配, 上英国人に負けた, 上英国皇子お買上げ, 上英國人の中, 上英領インドと絶つ, 上と訳する, 上の間, 上茗荷谷の牢獄, 上や釘, 上に長居, 上茶代を取っ, 上茶席が建つたら, 上茶瓶仲間だから, 上茶臼の山々, 上草履一つ買えずに, 上草履制度の無視, 上草履鳴して, 上草色新なり, 上草莽の臣下, 上草野東草野にわかれ, 上荊棘の中, 上荒らし果てたあとで, 上荒れはてた周囲の, 上荒地となっ, 上荘厳な讃辞, 上荷げてあつた, 上荷拵えをし, 上荷船で密貿易, 上荷頭の伝法寺屋松右衛門, 上の下, 上莫大な財産, 上菅笠で云え, 上菊子の身の上, 上菓子一と折, 上菩提心不退転為欲満足六波羅密勤行布施心無悋惜, 上といふ群衆, 上萬一の事, 上萬吉が見えなく, 上ぶれ町人, 上落し人明白に相, 上落ち着く先は, 上落下の區分, 上落下歸着する所, 上落着いて, 上落籍されて浜町, 上落葉狼籍たり, 上葉腋にいわゆる, 上葉隠れに昼杜鵑, 上葉隱れた晝杜鵑, 上著しく異りたる點, 上著作権の移転, 上著書も持っ, 上葛宮吉祥院であるだけに, 上葛粉五勺の割, 上董卓の口, 上はすっかり, 上葺きを萱, 上蒙る不利益は, 上蒲團を引きずり出し, 上蒸し返す白雲を, 上蒼空の中, 上蓄電池自動車の製作, 上蓬莱之頂, 上の字, 上蔀めきたる卍字, 上へまわっ, 上蔵書を始め一切, 上の直線, 上蕎麦屋行き団子屋行きを禁じられてる, 上薄暗く閉め切つた小さな, 上薄物の紋附, 上薔薇の冠, 上薙刀を習った, 上薩兵の方, 上薬品で声帯, 上薬物として用, 上に火, 上藁屑らしいもの, 上藝術上の思想, 上藝術上人格上未熟を極めたる, 上藤原家の若殿, 上藤壺特に六条御息所, 上藤沢もその, 上藥研堀の與三郎殺し, 上藩地へ帰らるる, 上藩庁に居た, 上藩用を詐称, 上を背負つて, 上の湖, 上蘆山の河原, 上蘇生仕り候類, 上虎五郎の胴巻, 上虐げられて外, 上虞山に於, 上虱潰しに見, 上のごとき, 上の押寄せる, 上蚊帳までも持っ, 上蚤どこでそんな, 上を大好き, 上の腸, 上の張翼, 上蜀紅の打, 上蝙蝠が頻りに, 上をし, 上のやう, 上については井野格三郎老人, 上蟹江夫妻は猿沢夫妻, 上血だらけの剃刀, 上血染の匕首, 上血眼になっ, 上衆民の見る, 上行かない方が, 上行かれては, 上行かれぬなんぞとあなた, 上行なわれている, 上行動的であった, 上行政権をおこなう, 上街道を往來, 上街道越前を敦賀, 上衛兵を殺し, 上をはがれ, 上表して佛僧, 上表明しつつ, 上表現の自由, 上表面は居留地以外, 上表面上共同の責任, 上袈裟掛に斬られ, 上の上, 上被い紙はやたら, 上被で革鞄を, 上被告のため, 上被告人を二つ, 上被告全部を特別刑事部, 上被衣を浅葱, 上袴裳だ, 上裁判の内容, 上装置のすぐ, 上装釘も実に, 上装飾的な背景, 上裏側にはげしく, 上裏口から飛鳥, 上裏門の門番, 上裏面の快楽, 上補助が又やたら, 上裨益するところ, 上裨補する所, 上裸体で杭, 上裸體で井戸端, 上製本の用紙, 上製紙製油製綿糸の大, 上製造に手数, 上製造能率が非常, 上を直し, 上褪せた唇の, 上へ寄っ, 上西に跪き, 上西方の文化, 上西洋人といふもの, 上西瓜を鱈腹やつ, 上西風が吹く, 上要らざる舌の, 上要らない関係を, 上見たところ長柄の, 上見たいなところで, 上見つめられることに, 上見ゆるもの自己みずからを, 上見りゃきりなし, 上見るに見かね, 上見事真っ二つ, 上見事娘に添, 上見出す場合その, 上見廻っておくべきであり, 上見掛けよりは金儲け, 上規定すること, 上覚えが悪う, 上覚悟をし, 上覚悟相定め申べしと, 上親分の錢形平次, 上親分さん私のたつた, 上親子の名乗り, 上親孝行の嫁, 上親戚も少なく, 上親族的の関係, 上親殺しをやりかけた, 上親父の凸凹頭, 上親船端舟も斧, 上親類や近所, 上親類中に大, 上親類方の相談, 上親類麹町二本傳次方江同居仕御用向無滯相勤候處當夏中より中風相煩歩行, 上観せたくないと云つて, 上観念の聯合, 上観菊の遊, 上観音さんの感じ, 上解いて頭巾, 上解けたり汚れ, 上解剖上精神上病理上の問題, 上解放されて, 上解散した, 上解職又は他, 上触るるも忌わしい, 上触れたにすぎない, 上言い分があっ, 上言葉の上, 上言語上文学上に於, 上訊くことも, 上訊こうともせず, 上記念の落葉松, 上記憶して, 上記紀などに見える, 上記録簿は明, 上訣らないでも, 上訪問客に対してあらたまっ, 上設けられたものであっ, 上設置せられること, 上許さなかったんです, 上許されていない, 上許されざるのみならず, 上許されるものであろう, 上許され得なかったのは, 上許両人の自, 上許嫁のお松, 上許容して, 上許相願候を約し申せ, 上の分らない, 上訴書を認めさせました, 上証拠が一つ, 上詐欺的犯罪の犠牲, 上評論家の世界観, 上試みられたくはございません, 上試合に立会う, 上試合シャン・ゼリゼー通りの演芸, 上話させちやいけない, 上話し相手ほしさに飢え, 上話合で表向, 上詳説せずとして, 上認められた真理である, 上誠に必要な, 上誤って御, 上誤解をせない, 上誤謬によって高められ, 上説こうともしなかった, 上説教をなさし, 上説諭をした, 上読みくだしてゆく, 上読み方まで教わりゃ, 上読んでいただきたい, 上読ンデ下, 上読者の習性, 上読者一私個人の利害, 上課題であつ, 上調べやうのない, 上調べれば調べる, 上調和を破る, 上調査の必要, 上調達致すべし, 上談話者の姓名, 上請し勅許により, 上請することに, 上請願運動は, 上諏訪池から帰った, 上論ず可き, 上論ずべき価値ある, 上論九篇においては弟子たち, 上論九篇中孔子が天, 上論争する考え, 上諦めて頂く, 上諭十六條の第, 上諭奏摺或は通儒名士, 上諭条例と云う, 上諷刺性格が二通り, 上峰, 上諸事公のお, 上諸君の悪, 上諸方の言語, 上講ずべき宗教なき, 上講究するに, 上謝ってまた, 上謝礼の金, 上謝罪金を出さしめる, 上謹しむべきことで, 上謹慎を表し, 上識者に図る, 上警官が来てる, 上警察に呼ばれぬ, 上警察上の一問題, 上警戒厳重を極めて, 上警戒嚴重を極めて, 上議会を通過, 上議論をし, 上譲りてもよい, 上譲り渡すことに, 上の子, 上護衛の役, 上讀者にはか, 上美した, 上豆州の湯治場, 上豐田常務和田三造畫伯は夫, 上の生, 上を孤立, 上も変われ, 上負かされて黄いろい, 上負けた形での, 上負けろったら四十一円だ, 上負わされるのは, 上財宝はもちろん, 上財産税の用途, 上貧乏暇なし手, 上貧乏疲れのした, 上貧弱なること, 上貧民法の弊害, 上貨幣は常に引続き, 上貫き更に劔, 上責めても仕方, 上責める必要も, 上責任者の駒三郎, 上ふとか, 上貰うとか貰われる, 上夫人令嬢と, 上貴公の妹, 上貴君方に訴えられれ, 上貴様が深夜, 上貴様母親とも一緒, 上貸してやらね, 上貸した金を, 上貸すという当人, 上貿易上總べて實際, 上貿易品向きのもの, 上賀奈女には小, 上賃銀が七一パーセント増大, 上資力充実して, 上資本を要せずし, 上資本主義にとってこのましく, 上賞品を貰つた, 上賞金まで横取り, 上賞金五円を贈呈, 上賠償請求の目的, 上賢明であったと, 上賤者階級のもの, 上賦与せられたる権利, 上賭博をなした, 上賽銭箱が無事, 上賽錢箱が無事, 上贄卓に登らせ, 上贋金の一件, 上いひげだるま, 上赤ん坊がまた, 上赤坂の某, 上赤裸々なる腕力, 上赤貝の女郎, 上赦すべからざる罪過である, 上つてゐ, 上走っているだ, 上走る畏怖の, 上起こる著しい変化, 上起草された原案, 上起訴されて, 上越えて, 上越しに人, 上越した粋な, 上越したる好き地あるべく, 上越前勢も大和川, 上趣味の上, 上趣味上の直接, 上趣味的に云つて色とりどり, 上足型自身にも僕等, 上足弟子とで維持, 上足痕はすぐ, 上足許も不確か, 上足蹴術を心得, 上跛足だという, 上距離の遠近, 上跡絶えたわけである, 上路用まで用立て, 上踊子だ, 上踏み止まっていたら, 上踏む草履の, 上踏切の尾, 上踏跡は全く, 上の音, 上躊躇して, 上躍進しつつ, 上身柄は都返し, 上身裝なども相模屋, 上身輕だ, 上身體檢査を受け, 上軌道の上, 上を興し, 上軍事行政司法外交一切の権限, 上軍職も所領, 上軍部に対して感じさせ, 上軍馬の損傷, 上軍鶏と話, 上軸部を充分, 上軽々に看過, 上軽い所得税を, 上軽く足重く, 上輕禁錮であつ, 上輪袈裟どころか燃え立つ, 上輸出する国, 上輿で御, 上じて, 上しむる, 上農夫は群れ, 上農村工業として最も, 上農業に対する最も, 上農業改良上について非常, 上辷った声が, 上辺りに垂れ, 上辻褄は合つて, 上込んで大分話, 上込んだのや, 上迄も及んだので, 上迎えの自動車, 上來甚だ, 上近く身をかがめ, 上近ごろは毎月五六篇, 上近づいて行こう, 上近側の若手, 上近傍に紙鳶, 上近在の河童小僧連, 上近寄りもしなけれ, 上近年病者になり, 上近松巣林子であって, 上近江の百済寺, 上近眼なこと, 上近藤勇は精悍そのもの, 上近頃人氣の出, 上返り討ちに逢った, 上返品は一切, 上述べると際限, 上追う事が, 上追っかけて行っ, 上追分のあたり, 上退屈な家庭生活, 上退潮すれば, 上退路も絶たれる, 上退陣したのち, 上送ってやらね, 上送還せしむべ, 上逃げようとも人, 上逃れるに逃れられぬ, 上逃亡を胡魔化そう, 上逃走者の暗い, 上逆光線のせい, 上逆説的にも正に, 上逐字訳は許されぬ, 上逐条的に明, 上逐條的に明, 上逓増はせず, 上途方もなく, 上這いじゃある, 上這い廻るように, 上といふ形, 上通じた所の, 上通学して, 上通用するカテゴリー, 上通貨の真実, 上速力を下げる, 上ふこと, 上連れてゆく, 上連中のうち, 上連合国個別の要求, 上連日の霖雨, 上連歌は和歌, 上連翹が上, 上連関して, 上進め走らす術を, 上進出したと, 上進行します, 上遅くなるし, 上遅れたにちがい, 上遊戯とは思はれぬ, 上運ぶこころも, 上運動のため当分休刊, 上運慶と書いた, 上運搬の石碑, 上過ぎたのに女子, 上過信すること, 上過分の福, 上過失がある, 上道徳上学術上間違いない事, 上道徳上社会政策上又は単なる, 上道徳的事実であり正義, 上道徳観念を養う, 上道成寺そういうもの, 上道楽に小説, 上道楽本位の職業, 上道理に合う, 上道頓堀の芝居見物, 上違った点が, 上違作引きや土地, 上に不利益, 上遠い旅を, 上遠からの大工, 上遠島之ヲ申付ル, 上遠慮深い性, 上遠近法なども多少, 上文林郎裴清使於倭國度百濟行至竹島南望, 上遣っておりました, 上遣るにも及びませぬ, 上遥かヤルート島へ, 上選曲がぴつたりと合致, 上遺留品は本国, 上遺骸を大阪, 上避け難い結果, 上避病院は設けられ, 上那児去, 上那足貴とも, 上邦人が唐尺, 上邪宗徒の数, 上邸内の練習場, 上邸永田馬場を中邸, 上邸西邸とは中邸, 上の久留馬, 上郎党たちは, 上部落の女たち, 上部隊解散のあの, 上都々逸と変り, 上都下の大, 上都会に近い, 上都合云々と内通, 上都地方の住民, 上都留を好字, 上鄭寧な態度, 上配慮を依頼, 上酒一斗二百十八文下酒二斗三升, 上酒二升と肴, 上酒五升で四百三十文, 上酒井博士が二百粒, 上酒代七十二文伊丹西宮上酒代八十文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 上酒代八十文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 上酒八勺と水, 上酒場へ帰っ, 上酒屋の伜, 上酒数百斛をわが, 上酒甕を抱え込ん, 上酒精中毒にかかった, 上酔った戻りに, 上が發, 上醍醐寺の宝蔵, 上醜くふくらんで, 上醤油を使った, 上釈明する気力, 上で聴く, 上里方のお世話, 上重き罪に行うべし, 上重くなるよう, 上重く堅い巌を, 上重なるところ打ち, 上重ねてまた, 上重らない用心の, 上重大ニュースの発表, 上重太郎は正家, 上重科にも可及, 上重苦しい酒の, 上重荷です, 上重蔵様から来た, 上重陽の節句, 上の果, 上野州の畑, 上野村に金, 上野猪をやっつける, 上野蛮な権勢, 上野辺に聊か, 上金三郎は暫らく, 上金主に叱られ, 上金之助が裏, 上金儲けの為, 上金兵衛はお, 上金剛嬉戯即彼法, 上金太夫の屋敷, 上金次の煙草入, 上金盥に温湯, 上金藏は年, 上金貸業者人力車人の結髪, 上金銭に関して鷹揚, 上金錢的關係がある, 上金難まである, 上は古く, 上釣らしておろおろ, 上釣らせて黒い, 上釣らせたまま調査部を, 上が付い, 上鈴ヶ森の處刑場, 上鉄屑の上, 上鉄瓶に水, 上鉄砲玉のお, 上より卑しい, 上銀杏返しがすたれ, 上銀河は煙り, 上銓衡の結果, 上銭形のが来た, 上銭形平次の働き, 上錆び付きかかった彼の, 上錢形のが來, 上錬成局に思想部, 上まで綺麗, 上鍵のか, 上鍵穴の鍵, 上鎌倉以後の文學, 上鎌倉時代の産物, 上鎌輪の仮, 上鎖された閂が, 上鎧櫃に入れ, 上鎮魂とは合体, 上鏘然と, 上鐘声の不思議, 上鐘巻自斎, 上の火箸, 上鐵磨きの火箸, 上か何, 上長兄鼎の次に, 上長崎へ護送, 上長崎人は鹿児島, 上長年連れ添ふ女房, 上長押に掛けた, 上長次郎光悦から下, 上長火鉢の陰, 上長生きをするなら, 上長者町御所鴨川それにこの, 上長谷川が来る, 上やら芦垣, 上門人とも称し, 上門外漢である風来, 上門鑑から外, 上までかかっ, 上閉会後入場料総計算, 上閉口です, 上開けて見ました, 上開墾一段歩につき, 上開封した, 上開祖以来関係深い熊野権現, 上間違いない事, 上間髪を容れぬ, 上関取に助太刀, 上関東新報の記者, 上閣下が私, 上の夜, 上闖入者が一度, 上關係を有する, 上阪中にて留守, 上防波堤へ上がっ, 上防禦の威力, 上阻害され廻り途, 上阿蘇の麓, 上附かずにじつくり, 上附き合つてゐる, 上附近の陸地, 上降った上へと, 上降矢木の烙印, 上降続いちゃ秋風, 上限りなき自然, 上陣馬ヶ原いちめん, 上陰惨な印象, 上陳登に対策, 上陵墓の前, 上陸影は徐々に, 上陸戦隊を上陸, 上陸道から江戸, 上の近く, 上陽春館というそれ, 上陽気で明けっ放し, 上つこの, 上隅っこの, 上隆吉に対するあの, 上階下に満ち, 上階下窓外の草木, 上階級的利害を反映, 上隠した場所から, 上隠居謹慎兼松三郎は帰国, 上隣室へ摺, 上隧道の長, 上隨分制度改革を實行, 上隱居を階下, 上雄鶏などはすまし, 上雅兄よろしく, 上集会所で開いた, 上雇い主からそう, 上雇われた話家の, 上雇人の喜三郎, 上雑色の職務, 上雙方とももの, 上雜漁者等が昆布, 上離婚させられたこと, 上離婚届をだした, 上離散せる人心, 上離縁させられる若し, 上雨水海の如く点滴, 上雨潦河をなす, 上雨風がはげしく, 上雪子は私, 上雪渓から上, 上雷洋丸の爆沈原因, 上電気炬燵も一応, 上電氣は寸時, 上電話を切った, 上電車の数, 上霊魂不滅を説き, 上にぬれた, 上霧合へり, 上露子さんとどっち, 上露柴の話, 上靈魂上の教養, 上青く苔が, 上青年志士連の幕府批判, 上青春の国, 上青梅宿の坂下, 上青楓画伯に逢, 上青錆まで浮いた, 上青雲の上, 上静かなる空, 上静まり返った建物の, 上人頭の, 上非人階級から解放, 上非合理であって, 上非合理的なこと, 上非常手段としてそれ, 上面白き人, 上面目次第もござりませぬ, 上面食いだから, 上を片々, 上革命の熱, 上靴紐で背ろ手, 上靴跡の証拠, 上で頭, 上音曲など交え, 上音標文字の一種たる, 上音物を贈っ, 上の後, 上を変, 上順々に病氣, 上順ぐりに席, 上申被, 上預けて置く, 上頑張つて居, 上頑張ってい, 上頑張つてゐる, 上頑強一点張りの肉体, 上領事を置く, 上領内を追われた, 上領民を苦しませ, 上領純一氏日本車輛製造の原田勘七郎氏, 上頭上に落下, 上頭脳の半面, 上頼まれもせぬ, 上頼母の配下, 上顋切歯は幾分, 上顋歯列前に出でず, 上の人物, 上顎頬額とその他顔じゅう, 上から胸, 上顏半面の大, 上顔中つやつやし, 上わくば, 上願書及庄司利喜太郎に対し斯, 上の少ない, 上顴骨が高い, 上風俗上の取締り, 上風俗人情の改良, 上風呂に入, 上風桐は枝, 上風流をこそ談ずるらしい, 上風物詩の第, 上風紀上よろしくない, 上風邪を引いた, 上風采のいい, 上風間木曾の二少年, 上飛び乘り, 上飛び過ぎて, 上飛下を試み, 上飛箭鋭き大神, 上飛行船や飛行機, 上飜訳書はその, 上食べることに, 上食事もせず, 上食器の不振, 上食器棚の上, 上食欲は不断, 上食用として人手, 上食糧のこと, 上食費をはねる, 上飮まれたんじや, 上飯山満の林, 上を売る, 上飽く迄も反対だ, 上飽迄も躊躇, 上飾りを付けた, 上ひ娘, 上養い娘の, 上養子の柳吉, 上も水, 上餓死に瀕, 上餓鬼大将の吉公, 上り不都合, 上餞別の用意, 上の水, 上饒江の河原, 上首もと近く胸打ちて, 上馬大尽が来, 上馬籠の庄屋, 上馬車を呉れ, 上駒ヶ岳の名, 上駒吉を見舞つた時, 上の中, 上駿府の今川家, 上駿河台上野は桜ヶ岡, 上駿河守になった, 上駿河町越後屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び小石川, 上騎士の間, 上騰があの兇悪, 上騰ですしわたし, 上騷ぎ出すやう, 上驚くほど狭く, 上驚異すべき発見, 上だつた山脈, 上體はかへつて土臺, 上高きところを, 上高く寒さを, 上高下の相違, 上高尚で実は, 上高度や地形, 上高氏の結婚ばなし, 上高津二学士の如き, 上高等師範学校もある, 上高級社員確かな人物, 上高辻氏は何, 上髪の毛を握つ, 上髭頬髯を無遠慮, 上の面, 上鬪爭用の歌, 上魏王の令旨, 上魔薬の力, 上魚類に近い, 上鰐ざめに喰, 上の天ぷら, 上鳥の子檀紙から仙貨, 上鴛鴦の衾, 上鶴御成の日時, 上鹿踊りというべき, 上麻繩を持つ, 上黄昏の場末, 上黄金の襟留用, 上黒き一艘の, 上黒く干しかためた, 上黒帽をいただき, 上黒田家奥頭取の処, 上黒門町の壁辰, 上默つて居ると, 上つてゐ, 上黙つてゐる, 上黙認の形, 上黨人參といふ野生, 上鼻緒も好い加減, 上齎すことが, 上齒ぐきの肉, 上すでに六十, 上345といふ数