青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

一旦~ 一昨日~ ~一時 一時~ ~一時間 一月~ ~一本 ~一杯 一杯~ ~一枚
一様~
~一歩 一段~ 一流~ ~一点 一片~ ~一生 一生~ ~一生懸命 一生懸命~ ~一番

「一様~」 1006, 10ppm, 10712位

▼ 一様~ (733, 72.9%)

7 動いて 4 これを, 頭を 3 うなされて, して, 上へ, 塚に, 忙しく声, 流れて, 真面目な, 着た四人, 露に, 首を

2 [25件] さながら箒, びくびくもの, やられて, 云うの, 塗りつぶすもの, 平伏して, 彼を, 愛して, 手を, 抱いて, 揃って, 揃つて見える, 水を, 発達し, 目を, 眼を, 着て, 緋羅紗の, 肩を, 自分の, 藤色に, 視線を, 青い色, 青みわ, 鴎座の

1 [638件 抜粋] あたためた点, あてどの, あらゆる貨物, ある光線, ある水準, あわを, いうの, いかに若い, いってないので, いつのまにかゆれだし, うつむいて, うなだれて, えぐりぬかれて, おしょう水, おそろしく退屈, おだやかな, おのれの, お倉, かえって大島, かかるわけ, きまり悪, ぎらぎらと, くすんだ羊皮紙, くたびれ眠たく, こうした苦い, こちらを, こっちへ, この御殿, この機械時代, この濛々, この風, これから遠ざかろう, さういふ不安, さう感じて, させること, したいと, しないため, しのびの, しびれを, じっと暗, すやすやと, するの, そう呼ん, そう思っ, そこから, そなえて, その上, その国, その恩徳, その日, その考え, その裾, その頭, それから, それらの, それらを, たまって, ちょっと嫌, つぶれ人間, では, ならずむら, なり単調, にこにこ笑っ, につこりと, のんびり前方, はなつて, ひしひし感じ, ひどく荒廃, ほうは, ほっと胸, ほの, ぼかされて, ぼやけた光, ぼんやりと, まく効果, まずいう, まだ数尺, まとって, みな不愍な, みな涙を, みな頭を, みんなそろっ, もう, やつて, やや倒れ, やるせない暑さ, ゆるさなかった, よろこんだ様, カーテンが, キャッキャッと, ギラリと, グラグラゆれだす, グレッチェルグラスを, ジョルジョの, ズズダマという, セル物の, チョコレート色に, ヒレ伏し, フレッシュな, ブス, ポカンと, ポーッと, マア坊みたいな, メリンスな, 一ヤアルにつき, 一八〇クヲタアであるなら, 一座の, 一応ふれ, 一方向, 一瞥を, 丁寧に, 三千四五百人と, 上を, 上衣を, 不安そうな, 不愉快な, 不気味な, 不良分子である, 両手を, 並びおり一目, 並んでる広い, 並行に, 九日と, 乾いて, 事件の, 二類の, 云う不平, 五吋程の, 交じらないでしょうか, 人と, 人気が, 人生が, 今年の, 仲よしであり, 何かに, 何となく, 何を, 何時間労働という, 作用するであろう, 侮蔑を, 保持し得られる, 信じて, 健康を, 僅かながら, 働く日, 僕の, 僧院めいたみなり, 六十四頁に, 六方晶系に, 六方晶系の, 其の行く, 円いなら, 冷く, 冷たく澄し, 凡庸な, 出す看板, 出ださしむる法, 分らないと, 刎ね, 列を, 別れて, 功を, 労働組合と, 勉強しなけれ, 動かして, 動き出しました, 動す, 動物的であった, 十メートルの, 南を, 単に絵の具箱, 単純化した, 参りません, 受け入られようといふ, 口惜しいなか, 口惜しくなる, 各, 同じいのち, 同じしめ, 同じ作り, 同じ頃, 同形の, 向ふ, 否定の, 吹きつける海, 呆れました, 呉氏の, 味つてゐた, 咲き匂ってる梅花, 嘔吐し, 四斗入と, 均等に, 坑中に, 城寨から, 塗り潰して, 変わりの, 夕濛靄に, 外面を, 夜業の, 夜霧に, 大きく左, 大宮人の, 大根を, 天妙様の, 天空を, 嬉しそう, 孤独である, 定った, 定め難い, 寧ろ男性的, 封印し, 小仏小平, 小首を, 少しずつ, 少しも, 山々を, 差し控えた訳, 差別の, 巴里を, 布かせようという, 平か, 平かな, 平にならし, 平河天神の, 平滑である, 幸福に, 幼名多聞丸といった, 広き灰色, 引かれた泥, 強い大将, 当り外れの, 影響しなけれ, 彼には, 彼の, 後へ, 従事させ, 心得おるらしい, 心臓が, 思いを, 思い出したの, 思い取り其, 思うよう, 怪しからぬ, 恍惚の, 恐ろしい影, 悲痛な, 情けない灰色, 愛す可, 愛らしく感じられる, 感じたある, 感じて, 感じられる, 慄へ, 憧れ求めて, 或る, 扁平な, 押しつけがましい明らかさ, 拡がつて, 拡って, 拡つて田舎の, 持って, 振り向くと, 掏摸の, 推移し, 揃いの, 提唱し, 搾取する, 敬服し, 斃れ, 斃れゆく, 新しい柿, 新開地と, 日傘を, 旦那様と, 是を, 暗くて, 暗誦し, 暮してるん, 服従の, 未だ沢田, 束ねて, 枯葉勝な, 槍先を, 横揺れし, 正宗を, 正義派である, 武者修行の, 歩調を, 歯ぎしりしたらしかった, 残って, 母性愛に, 毫も古典的, 気易く, 水が, 水平であっ, 水平を, 汗ばんで, 汚して, 決定され, 流れる量, 浮かぬ顔, 消して, 淡い水色, 淡く寛舒, 深い感慨, 深い深い色, 深まっただけ, 混って, 混沌と, 清らかで, 濃い落胆, 濃厚な, 濡れて, 灰ばんだ, 灰色だった, 灰色であった, 灰色な, 灰色の, 無名人, 無関心, 無関心な, 熱する, 熱って, 燈火を, 片手に, 現われるという, 甘く何, 生気に, 申せない, 病院を, 白, 白い手拭, 白っぽい布, 白緑色で, 白色の, 皆つづまる, 相当の, 真の, 真ッ, 真暗で, 真暗にな, 真白き脚絆, 真白で, 真黒で, 眸を, 着物を, 短かく, 祝福する, 祝詞として, 神の, 私の, 私を, 積った, 積って, 穏かな, 穏やかな, 空々寂々たる, 窓に, 立ちすくんだ, 童武者と, 笑った, 笑ひ崩れ, 等を, 等質的に, 簡明であっ, 純文学も, 素人として, 紫紺の, 経験する, 経験によって, 統一され, 絶対の, 緑であった, 緑色である, 縁色の, 美しくは, 美食家である, 羽子板が, 老人の, 聞き流して, 肉愛の, 肩の, 育て上げるの, 胡坐を, 胸は, 自己を, 船を, 色が, 芝居と, 花を, 苦しかった, 落ちついた艶, 著けた道士達, 蒙って, 蒼く霧, 蒼空高く, 蕎麦も, 薄情であり, 薄気味, 薄穢い, 薄色裾模様, 薄青い, 藺笠を, 虚無僧姿の, 血みどろの, 血相変え, 血走つた眼つき, 行き渡って, 行わるるは, 街頭から, 表情が, 裏を, 褐色に, 褪めかかって, 覆面し, 見すえて, 見て, 見ら, 見るべきもの, 覚悟の, 観察し, 言う, 言うところ, 記憶し, 話を, 誕生し, 誰にも, 誰も, 論じ立てた, 警戒せね, 貧乏な, 貨幣から, 資本の, 賛意を, 賤者として, 質素である, 贅沢な, 赤い布, 赤くなり, 赤く塗りたる, 走る限り, 趣味といふ, 身を, 軒先の, 軽蔑する, 迦陵頻伽の, 退屈し始める, 通じては, 適用される, 酒杯を, 醜いもの, 醜である, 重たい沈んだ, 金の, 鉄格子が, 鎖籠めて, 長い長い戦き, 長柄の, 門へ, 闃寂し, 阿鼻叫喚の, 陥つた過失, 雇傭契約書に, 雨後の, 雲の, 霓博士の, 青みわたって, 青春の, 青白く生々, 青葉し, 非難し, 面白くは, 鞘を, 頭の, 頼朝の, 顔を, 飛び退くと, 食欲を, 饑え, 髪を, 鬼の, 黄ばんで, 黄色い日光, 黄葉し, 黒い毛皮, 黒い針葉樹林, 黒い長屋造り, 黒かった, 黒くは, 黒く並んでる, 黒く廃屋, 黒ずくめで, 黒ずんだ褐色, 黒つ, 黒塊を, 黒朱子の, 黙って, 黙りかえって, 鼠がかった, 鼠色の

▼ 一様~ (68, 6.8%)

2 もので, 単調な, 速さ, 速度で, 運動に

1 [58件] のも, ものであろう, ものとは, ものらしかった, テンポで, ホモゲンな, ユニフォームを, 事を, 併移運動に, 公式主義的な, 其中間の, 単純な, 厳粛に, 向に, 域に, 夢の, 姿を, 姿勢で, 家々高い, 対岸が, 山崩れの, 平面や, 平面を, 強さ, 強力姿だ, 彫刻が, 性質の, 悩みの, 扮装だ, 扮装で, 敷波に, 時の, 暗さ, 曲率で, 柔い, 栄養品の, 極限の, 機械的な, 水の, 流動でなく, 独言は, 理知の, 眼を, 緑の, 美しさ, 色合は, 色紙では, 芝生に, 蛙の, 表情を, 調子の, 貧書生であった, 身なりを, 転変を, 運動は, 運動を, 風を, 黴の

▼ 一様~ (51, 5.1%)

29 はない 4 はなかっ, はなく 3 はありません

1 [11件] いかによく似, いずれも, ただ細か, どの人の, はありませぬ, はありませんでした, はなかったろう, 何処と, 変化が, 皆, 穂先を

▼ 一様~ (48, 4.8%)

3 もので 2 古語と, 柔和さと

1 [41件] ことを, ものでない, 中国である, 仕着せさ, 供給を, 価値として, 四階建の, 大律, 姿を, 学問しか, 家造りと, 強さ, 影絵を, 律調を, 慣例な, 或る, 扱方を, 批判は, 既成観念を以て, 東雲に, 水準に, 灰色である, 灰色を, 点数を, 爺さんに, 程度で, 立場でも, 緑色に, 羞恥と, 色の, 花笠で, 調子明暗の, 警告が, 貧乏人に, 越智さんであった, 路地な, 速度で, 運動である, 間隔を, 黒いページ, 黒いマスク

▼ 一様でない~ (22, 2.2%)

2 ことは

1 [20件] かもしれない, からであり, から今日, から日, けれどもともかく, ことも, ことを, ところを, としてもそこ, と云う, と仮定, のだ, のである, ので困る, ゆえ大, わけである, 丹礬釉, 事は, 国語が, 土民兵も

▼ 一様には~ (12, 1.2%)

1 [12件] いかぬの, いわれ得ない, ならないもの, 云われません, 往きませんわ, 申されません, 直上しない, 行なわれずあたかも, 言えない, 論じられない特種, 起らない, 進歩しない

▼ 一様なる~ (11, 1.1%)

2 事情の 1 その中, に何, 供述に対して, 内海の, 善悪の, 強さ, 棒, 漢来れり, 語調あり

▼ 一様でなく~ (10, 1.0%)

1 あるいは入り交, てはならぬ, またほとんど, また花, 仏眼金輪五壇, 又マサツ, 従って歴史, 末端の, 粗雑な, 随意に

▼ 一様ならぬ~ (6, 0.6%)

2 長逗留 1 ものであった, 切実さに, 哀調を, 投機癖の

▼ 一様ならず~ (5, 0.5%)

1 あるいは一人, ということ, 女子の, 村に, 美醜の

▼ 一様~ (5, 0.5%)

2 や世界聯邦論, を説く 1 に対立物

▼ 一様でなかった~ (3, 0.3%)

1 がその, が錦絵, のでした

▼ 一様~ (2, 0.2%)

1 こんな姿, わたしを

▼ 一様~ (2, 0.2%)

1 けれど人家, という仮定

▼ 一様であった~ (2, 0.2%)

1 のである, ので彼

▼ 一様であり~ (2, 0.2%)

1 えない, ながら低い

▼ 一様~ (2, 0.2%)

1 存じ候えば, 限らず或

▼ 一様~ (2, 0.2%)

1 された小, されるの

▼1* [20件]

一様であってただ, 一様でありますなれど, 一様であるのみでなく, 一様であるならばそれ, 一様であれば我輩, 一様でないごとくに本質, 一様という意では, 一様とは云ひ, 一様ならざるが, 一様ならざりしに由る, 一様なりと断言, 一様についてある, 一様にてぬぐいで, 一様にわッわ, 一様一色な遍路, 一様化人格の就職化, 一様同等にし, 一様には青く, 一様たり得る, 一様普通のもの