青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「不思議~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不安~ ~不審 不審~ ~不平 不平~ ~不幸 不幸~ ~不快 不快~ ~不思議
不思議~
~不愉快 不愉快~ ~不意 不意~ 不断~ 不明~ 不気味~ ~不満 不満~ 不自然~

「不思議~」 17681, 191ppm, 532位

▼ 不思議~ (8265, 46.7%)

303 ことに 281 ことには 179 ことが 135 のは 114 気が 98 事には 90 もので 78 事に 75 ことは 74 ことを 60 ことで 57 ものを 51 ものだ, 事が 44 ことも 41 ことだ 38 力を 34 ことである, ものが 33 夢を, 御縁 32 事は, 美しさ 31 魅力を 30 力が 27 ものは 25 事を, 話を 24 くらゐ, 事で 23 顔を 22 縁で 21 ことの 20 ものである, 形を 19 ものに, ような 18 ものです, 事件が, 事件の 17 感じが, 現象が 16 くらいだ, んだ, 話が, 魅力が 15 事も, 力で 14 感じを 13 くらいです, ところで, んです, 事だ, 変化が, 現象を 12 のである, やうな, 世界に, 微笑を, 心の, 気持が, 言葉を, 音が 11 ことと, 働きを, 光景を, 気持で, 運命の

10 [12件] くらいである, ことにも, ことばかり, ものでした, ものの, 世界が, 世界の, 位だ, 出来事が, 力に, 気持に, 術を

9 ことです, もの, んで, 事実を, 位である, 光景が, 夢の, 姿を, 心持が, 目に

8 [14件] のだ, ようで, 世界を, 事の, 光を, 力は, 女の, 形の, 気も, 現象だ, 男の, 男は, 経験を, 魅力の

7 [23件] ことだった, ほどよく, もんだ, ようにも, 事と, 位です, 作用を, 出来事を, 力の, 因縁が, 声を, 女だ, 対照を, 方法で, 物を, 現象に, 生活を, 生物が, 生物の, 眼を, 興味を, 話では, 運命を

6 [26件] くらいだった, くらいであった, くらいでした, くらゐだ, ことでございます, ことでした, ことな, ところだ, ように, 事である, 事ばかり, 事件を, 事実が, 人の, 人間が, 噂が, 女が, 感情を, 所で, 沈黙が, 物が, 物語を, 現象である, 老人の, 花の, 表情を

5 [34件] ものでも, ものと, ものね, もんです, やうに, ようだ, ようである, 世界である, 人物は, 偶然の, 光景に, 処へ, 出来事は, 印象を, 因縁で, 因縁の, 圧迫を, 奴だ, 家の, 心持に, 思いを, 愛着を, 手紙を, 気さえ, 気味の, 矛盾を, 神秘的な, 程に, 老人に, 能力を, 話だ, 謎を, 面白さ, 魔力が

4 [65件] くらいで, ことであった, ことであります, ことでしょう, こととは, ところへ, ので, のです, ほど熱心, ほど静か, ものじゃ, ものであった, ものでございます, 一夜を, 一種の, 予感に, 人物が, 位で, 光景だった, 出来事に, 出来事の, 力, 力と, 効果を, 国へ, 声が, 女で, 存在だ, 尼や, 心持を, 快感を, 思いに, 性格を, 性質を, 悩ましさ, 意外な, 感じで, 感じに, 感に, 感動が, 感動に, 手紙が, 文字を, 晩だ, 有様を, 様な, 淋しさ, 物の, 物語に, 現象で, 現象と, 男が, 男だ, 男と, 病気に, 神経を, 縁です, 縁故から, 自分の, 表情が, 話である, 話は, 響を, 魅力に, 魔力を

3 [136件] くらい平静, こと, ことから, ことじゃ, ことだろう, ことであろう, ご病気, ご縁, ところに, なつかしさ, のさ, ほどお, ほどである, ほどです, ほどハッキリ, ほど冷静, ほど心, ものか, ようであった, ようです, 不思議な, 事件です, 事件に, 事件は, 人だ, 人です, 人に, 人物である, 人物の, 人間だ, 人間の, 仕事を, 仙術を, 位, 位に, 位の, 低気圧, 作業が, 僧の, 光の, 光景は, 出来事であった, 出来事では, 別箇の, 動物だ, 匂いが, 半襟を, 友よ, 名の, 因縁と, 因縁に, 因縁を, 国である, 国を, 変化を, 女です, 姿に, 存在に, 寂しさ, 建物が, 形に, 役割を, 心地が, 心持で, 心理が, 怖ろ, 恐怖に, 悲しさ, 情景を, 感を, 感動を, 感情が, 感覚が, 戦慄が, 才能を, 振舞を, 新鮮さを, 景色が, 景色を, 様子を, 樹木の, 歌を, 歓びを, 死を, 殺しが, 気持ちだつた, 気持ちで, 氣が, 炎が, 点は, 物で, 物は, 物音は, 珍らしい, 珠を, 現象の, 現象は, 生命を, 生活が, 男だろう, 男で, 男を, 病気を, 空気の, 笑いを, 緑色の, 縁だ, 自然の, 色で, 色を, 色気が, 芸を, 衝動に, 表情の, 言葉に, 言葉は, 訳で, 詭計を, 話で, 話です, 話な, 話に, 話も, 調和を, 調子の, 輝きが, 運動を, 運命だ, 音の, 音を, 響きが, 響きは, 驚きに, 魅力です, 魔術が, 魚が

2 [441件] いたずらを, おもしろいもの, お嫁さん, お話です, お話な, お話を, お酒, きれいな, くらいしょげ返っ, くらいでありました, くらいであります, くらいのもの, くらいハッキリ, くらい敏感, くらゐである, くらゐです, こころもちで, ことだつた, ことって, ことでございました, ことでない, すがた, ちからが, ところが, ところね, なつかしみ, の, のでございます, のでその, のでもう一度, のよ, ばかりで, ほどだ, ほどだった, ほどで, ほどでした, ほどはっきり, ほど亡くなった, ほど何, ほど同じ, ほど涙, ものさ, ものだつた, ものだろう, ものであり, ものでありました, もので御座います, ものとして, ものな, ものまた, ものよ, もんや, もン, やうで, んだろう, んで親分, アクセントで, ゴムだ, スウィッチが, 一つの, 一事を, 一夜が, 一般性こそ, 不愉快さが, 乞食坊主の, 事から, 事でございました, 事でございます, 事でございませう, 事として, 事件で, 事件も, 事実である, 事実として, 事実な, 事實が, 事柄である, 二人の, 人が, 人で, 人と, 人を, 人影を, 人格が, 人物だ, 人物です, 人物を, 人間に, 人間は, 伝説が, 位であった, 位な, 位似つ, 体験を, 作家である, 作用が, 信仰の, 偉大さを, 偶然だらう, 偶然だろう, 先生だ, 光が, 光景で, 光景であった, 光景である, 光線の, 入口から, 処で, 割れ目を, 力も, 努力を, 動乱の, 動作を, 動物である, 動物の, 動物を, 印象に, 厭な, 友情を, 叫び声を, 味の, 呻吟の, 命を, 命令を, 和やかさを, 品を, 唄の, 問答が, 問題に, 喜びが, 噂の, 囁きを, 因縁から, 因縁だ, 因縁でしょう, 国だ, 国です, 国の, 地図を, 型の, 報告を, 場所が, 場所で, 境遇を, 声と, 声は, 変化の, 夜であった, 夢に, 夢は, 大きな提灯, 天賦の, 夫婦の, 女, 女であった, 女と, 女は, 女らしいぞと, 女を, 奴, 奴です, 好奇心と, 好奇心を, 好意の, 妻の, 姿な, 娘の, 媚を, 子で, 存在, 存在で, 存在であります, 存在である, 存在でした, 存在です, 存在な, 存在を, 客を, 宴の, 家だ, 家で, 家へ, 宿の, 対象を, 對照を, 少年が, 少年の, 少年は, 屋敷の, 展開を, 島が, 巫女は, 幻覚に, 廂に, 建物の, 廻り合せで, 引力が, 強烈な, 影が, 影を, 影響が, 役目を, 彼女の, 御対面, 御方が, 微笑に, 心もちが, 心地を, 心持ちが, 心持ちを, 心持にも, 心理だ, 心理を, 念に, 怒りを, 思いで, 性格の, 性質が, 性質の, 怪物が, 恋に, 恋の, 恋を, 恍惚を, 恐怖は, 恰好を, 情火が, 情熱に, 情熱を, 情緒, 意識が, 愛の, 愛情が, 愛撫を, 感じの, 感じは, 感情の, 感触の, 或る, 戦慄を, 手紙と, 手練が, 挙動に, 挙動の, 挙動を, 振舞が, 文体としか, 方です, 旅で, 日だ, 昂奮に, 明るさ, 時代を, 晩餐の, 暗合とは, 暗示を, 曲です, 書物だつた, 木だって, 木の, 本能の, 柄の, 根強さ, 業を, 様子で, 模様が, 樣に, 機械が, 機械を, 歌である, 歓喜を, 死に, 死方を, 殺しでした, 殺人事件として, 殺人事件の, 殺人事件を, 気に, 気もちが, 気もちで, 気分が, 気持だけは, 気持ちが, 気持ちだった, 気持ちを, 気持を, 氣持が, 深さ, 温泉をも, 源を, 災難に, 焔が, 焔に, 父と, 物として, 物も, 物語が, 特殊な, 特色を, 状態が, 猿だの, 猿の, 現象であった, 現象では, 生き方を, 生き生きと, 生存を, 生気を, 生物だ, 男だった, 男である, 町である, 町は, 病に, 病気が, 癖で, 癖の, 白さ, 白犬よ, 盗賊が, 目で, 真実性と, 真言秘密の, 眼つきで, 眼で, 眼の, 眼鏡の, 着物を, 瞬間が, 矛盾した, 石が, 神の, 祥瑞, 秘密と, 秘密の, 程で, 空の, 窓を, 笑ひ, 笛だ, 箱の, 糸が, 索莫さに, 経験だった, 経験の, 結構な, 結論を, 線の, 縁という, 縁の, 縁故で, 美くしい, 美しいもの, 美しい女, 美に, 美女の, 老人が, 老人と, 老婦人, 聖諦の, 胸騒ぎが, 興奮が, 興奮を, 良さ, 色に, 色彩に, 色彩を, 花でも, 芸術至上生活が, 若い男, 落付きと, 落着きを, 薬を, 蘇生の, 行列が, 行動に, 行動を, 行為である, 行者が, 術も, 街が, 街の, 表情に, 見物でした, 角度でした, 言葉の, 記憶の, 記録を, 評判が, 話じゃ, 話であります, 話という, 話として, 話の, 話や, 語を, 調子で, 謎が, 謎です, 謎の, 讖を, 象眼に, 透明な, 連想を, 運動が, 運命が, 運命で, 運命に, 道楽を, 金剛力が, 錯覚で, 錯覚に, 錯覚の, 錯覚を, 関係が, 関係を, 霊的な, 青年の, 静かな, 音は, 音楽の, 音楽を, 響き, 頬の, 頼みを, 顔, 顔が, 顔し, 顔つきを, 顔の, 風体の, 風評である, 香の, 香気が, 高い塔, 魅力であった, 魅力でした, 魚を, 鳥の, 鳴き方を, 黄金の

1 [3184件 抜粋] あいまいな, いたずら気から, うねりが, おなつかし, お伽噺を, お尋ねでございます, お方で御座います, お話, かげろうの, くらいお家, くらいその, くらいなん, くらいに彼, くらいの名所図会的情景, くらいビックリ, くらい体格, くらい嬢様, くらい愉快, くらい簡単, くらい若く, くらい鮮, ぐらいだ, こだわりの, ことでございませぬ, ことについて, こと何かの, この大, さかなが, さ気, じいさんを, その注文主, だけじゃなく, できごとの, ところでございました, とんとんとんとん, なぞとして, のであるいは, ので何, ので翌朝彼, のを, ばかりである, ひとだ, ほどあざやか, ほどかっと, ほどになにもかも, ほどに実体, ほどのかすか, ほどの無学, ほどぴたり, ほどホイスト, ほど信ぜられなかった, ほど商人, ほど夫, ほど平静, ほど早く, ほど清教徒, ほど異, ほど種類, ほど美, ほど落, ほど調子, ほど震災, また不気味, まわりあわせである, ものだった, ものとは, ものも, もんさ, やうであります, やつらだ, わけじゃ, わびしさ, んでずいぶん, んで大きい, アクドイ遊戯に, インキで, ガラス玉の, コーナーでも, スランプに, テレヴィジョンとも, ノスタルジヤが, ボンボンよ, ヤーフが, 一そう恐ろしい, 一個の, 一大氣體が, 一物を, 一群の, 一行の, 丈夫さに, 三題噺が, 不氣味さ, 世の中に, 世界と, 丸藥を, 乙女の, 予言の, 事だらけです, 事とは, 事件だった, 事件については, 事実でございます, 事実も, 事柄について, 二階の, 交際を, 人であった, 人わたしなら, 人徳に, 人格に対して, 人物そしてまた, 人物正直一轍の, 人間じゃ, 仇つ, 仕事の, 仙丹を, 会戦である, 伝説です, 位い怒る, 位ゐ減り, 位理に, 住居, 何とも云えず, 作品の, 使い, 侍と, 俗語では, 倍音演奏を, 停止船からは, 偶然によって, 傷でした, 像を, 光は, 光景に対して, 光輝を, 兵隊が, 円陣を, 写真が, 凄い声, 出來事を, 出現に, 初江の, 利目が, 剣幕で, 力だろう, 力学の, 勉強室で, 動悸が, 動物か, 勢力に, 化け物を, 半面美人と, 印象の, 原因でない, 又馬鹿げた, 反抗心が, 取合せでしょう, 可愛い花, 司祭らは, 同名者と, 名女形, 呪, 呼吸と, 和合が, 品は, 商売, 問答を, 喜びの, 嗜被虐性変態趣味を, 嚇し文句で, 因縁あっ, 因縁といふ, 団体の, 国々を, 国家として, 團體を, 圧迫的な, 地図の, 執拗な, 報告には, 場所の, 壓迫感は, 声に対して, 変化も, 外国の, 夜遊神に, 夢だ, 大きいもの, 大尽が, 天才も, 失踪について, 奇蹟を, 女であろう, 女に, 女子で, 女駕, 好奇を, 妖女性の, 妙てこな, 姿だ, 威圧である, 娘心を, 媚態だ, 子守唄の, 季節が, 学風が, 宝を, 実感と, 客ばかり, 家である, 家屋を, 密室事件が, 対比を, 対話は, 小母さんに, 少し気違, 居心地よ, 山が, 巡り合せで, 巫女を, 布団を, 帽子を, 幸福の, 幻像に, 幻想に, 幻覺に, 広告, 建物まで, 廻り合せに, 強ひ, 形と, 影像を, 後光に, 御姫様, 微笑, 心と, 心地に, 心持でしょう, 心理信ぜられない, 心理過程に, 快いもの, 怖い怖い人, 急速な, 性質から, 怪我人を, 怪盗の, 恐いもの, 恐ろしい船, 恩寵な, 悪い事, 悲しみの, 悲哀感が, 情熱であった, 惡相にな, 愉快だつた, 意地と, 愛情だった, 感じね, 感性に, 感情作者は, 感覚を, 態た, 態度や, 憂鬱と, 憎悪を, 或は気味悪い, 所だろう, 所作を, 手品を, 手紙, 手落と云っ, 技術を, 持久性を, 振り付けが, 接吻, 支配が, 数学的の, 文化では, 文字を以て, 斯くも, 新鮮な, 方鏡が, 旅人が, 旋律とを以て, 日本を, 昆虫類が, 昏迷を, 春ね, 時代文化文政の, 晩だろう, 景観だ, 暗号の, 暗合である, 曲線を, 書は, 有難い夢, 朦朧と, 木魚の, 村の, 東方文字を, 梨畑に, 業さえ, 楽器で, 構成の, 様子とに, 模様でも, 横死が, 機械だった, 機縁で, 欲望, 歓楽境で, 死がいでしょう, 殺しだ, 殺人事件である, 毒瓦斯電球を, 気さへ, 気味悪さ, 気持でじ, 気高さ, 氣持に, 氷の, 沈黙と, 泉を, 波が, 洋画の, 浦島太郎の, 海上の, 涙の, 深夜の, 混和体を, 温泉の, 滿足を, 火と, 烈しい感覚, 無限, 煉瓦塀が, 熱病, 爪の, 爽やかさと, 物狂わしい, 物音に, 特性を, 犯罪として, 状態凡ての, 狼狽の, 王の, 現われ, 現象でさえ, 現象な, 理解し, 生々しさ, 生を, 生彩を, 生活である, 生物と, 田舎者と, 男共の, 町に, 画家神泉氏の, 疑いが, 疑惑を, 病症が, 療治に, 発病であります, 白粉を, 盜賊の, 直覚的想像の, 看板を, 眺めです, 眼は, 着物に, 矢の, 社を, 神は, 秀才の, 程であった, 程元気好く, 程快く, 程私の, 税の, 空気を, 窓よ, 競走を, 笑みを, 答えを, 節回しに, 精神力に, 紐帯に, 素直さを, 組合わせであった, 結合な, 統一である, 絶叫と共に, 緊張の, 線を, 縁だった, 縁と, 縁談の, 繪といふ, 美しい歌, 美貌の, 習性についての, 翼の, 老恋人達, 者どもばかり, 聡明さに, 肉体の, 胴震ひ, 能力の, 自分が, 自己催眠術を, 興奮と, 船が, 色つやにも, 色気に, 花な, 芸術品で, 若さ, 茶道の, 落着が, 葬礼, 薬の, 蘇生に, 蝶が, 行を, 行動と, 術であった, 街を, 表現の, 西遊記の, 見物だったでしょう, 観察を, 言い伝えが, 言葉でした, 訪問, 訳け, 詩を, 話だろう, 話などを, 誘惑を, 調和という, 諸王国, 謎も, 變化さ, 貨幣が, 賊あっ, 超人的迷探偵, 足跡, 踊り全体の, 身元の, 車も, 輪の, 迷宮に, 逃亡と, 速さ, 遊戯を, 運命でございます, 運命悲劇が, 道連れであった, 遭逢の, 邸では, 都の, 都市である, 重さ, 金属的光沢を, 鉄片であった, 錯覚は, 長い地下道, 間抜けさが, 阿弥号の, 陶酔と, 障壁が, 難病の, 雰囲気の, 電報紙を, 震撼の, 青年である, 静けさな, 面白いお話し, 面白い話, 音声を, 音樂的な, 韻を, 頽廃に, 顔である, 願と, 風が, 風景を, 食いものが, 首吊り繩の, 駄賃馬の, 高さ, 魅力だ, 魅力有る, 魔力だ, 魔法めいた, 魔物だ, 魚族が, 鳥と, 麗姫の

▼ 不思議~ (2660, 15.0%)

266 思って 97 思った 47 思いながら 29 思つた 28 思いました 27 思われた 21 思われて 20 思ったが 19 思ったの 17 感じた 16 思う, 思うの, 思えた 11 思うこと, 思ひながら 10 思われる 9 思うて, 思はれた 8 お思い, 心を, 思つてゐる, 感じて, 私の 7 して, 思ふ, 思われるの 6 なって, 思うかも, 思うくらい, 思ったこと, 思つてゐた, 感じたの

5 [11件] なった, 人を, 思いまして, 思うもの, 思えて, 思はれて, 思われたの, 思われること, 思われる位, 生き生きと, 綺麗な

4 [18件] おも, はっきりと, 彼の, 心が, 心の, 思いながらも, 思います, 思うほど, 思ったくらい, 思つ, 思つて居る, 思はずには, 思ふこと, 思ふの, 思われるかも, 気に, 生きて, 見える

3 [46件] した, しっくりと, そこに, なつて, なる, なること, よく物音, 今まで, 今日は, 似て, 何の, 僕の, 命を, 夫の, 女の, 就いて, 彼は, 彼女は, 思うだろうが, 思うん, 思う者, 思える, 思えるが, 思ったから, 思ったん, 思った位, 思つてる, 思ひました, 思わなかった, 思われたほど, 思われます, 思われるが, 感じたが, 感じられた, 感じられたの, 気が, 気持が, 涙は, 清らかな, 生命を, 目が, 相違ない, 私は, 良いの, 足が, 風が

2 [141件] うまいの, おどろかされて, おもえた, おもって, こ, その人, その時, その晩, その男, その看板, それが, それを, たえない, たえません, だん, なつた, はつきりと, むしろ清潔, むすび付けられて, よく調和, 一種の, 一致し, 丈夫で, 不愉快な, 人が, 人の, 人足が, 人間の, 何も, 冴えて, 冷気を, 前の, 力が, 勇壮な, 動悸も, 印象に, 合うて, 同乗者の, 呆気に, 呻き声, 嚴かな, 堪えないで, 堪へなかつた, 夜の, 夥多しい, 女は, 女房は, 姿を, 彼女の, 思いますよ, 思い思いした, 思うが, 思うだろうね, 思うに, 思うばかり, 思うも, 思うよう, 思うよりも, 思う事, 思う人, 思う位, 思う方, 思う程, 思えるほど, 思ったと, 思ったので, 思ったほど, 思ったもの, 思った事, 思つて, 思はないの, 思はれるくら, 思はれるで, 思はれる位, 思ひまして, 思ひ乍ら, 思ひ笑つて, 思ふくら, 思ふて, 思ふ事, 思わずには, 思わないよう, 思わないわけ, 思われたので, 思われました, 思われるくらい, 思われるでしょう, 思われるほど, 思われる程, 怪我も, 恐怖が, 意地の, 感じたと, 感じられる, 感じる, 感ぜられた, 感ぜられる, 憂鬱な, 手が, 敵陣から, 明るい, 昔から, 段々汀, 活, 活き活きと, 涙に, 混乱した, 混和した, 無作法に, 眺めた, 眼だけが, 私と, 私には, 継子さんの, 綺麗に, 緊張した, 縁が, 美しい, 美しいもの, 美しい灯, 美しさ, 考えた, 考えられた, 考えられて, 考えるの, 聞こえた, 胸が, 胸の, 自分の, 自分は, 色の, 落ち散りも, 見えたの, 見えても, 覚えて, 足も, 運が, 鈴の, 非ず, 顔の, 高貴な

1 [1347件 抜粋] ああいふ, あたらない, あたりて, あの晩, あらず幻怪, ある, い, いくらでも入る, いたずら好きな, いつに, いやな, いろいろな, うすらいで, うまい, うまくかくれ, おかしくならなかった, おどろかされると, おもいました, おもつて, お前の, お妾, お目, お腹が, かがやいて, からみ付いて, がら空きに, きみは, ぐんぐん大きく, ここで, この一本, この夢, この小柄, この想像, この男の, この雪駄, こわくて, さびしい太鼓, しばしば見帰れ, しやんとして, しんみりし, すくなかつた, すべての, するかの, そっと後, その刹那, その場, その姿, その時聴衆, その背景, その谷間, それからは, そんなたちでも, そんな音, たえない気, たえぬという, たすかって, だらしなく, つづきぶきみはぶきみ, である, どこにも, どの男達, どんなみすぼらしい, なくなって, なついて, なまめかしく映じた, なりました, なる位, なんとも感じない, のがれた, はっきり見え, ひきつけられ犢, びっくりし, ふがいない様, ほっとした, ほんのりと, またか, また我等, また腹立たしく, まだ壊れた, みずからこう, みんな祖母の, むす子, めぐり合つて, もう熱, もた, やはり事実, よい, よくお玉, よくなる, よく似, よく利いた, よく当る, よく猿股, よく知つて, わずかの, わたしの, キモ, グッと, シナ人の, ジョンの, ドツシリした, フランスの, ポロリと, ルビイの, 一人だけ, 一挺ずつ, 一様な, 一突きで, 三吉には, 不快を, 不気味に, 中る人相見, 二と, 二人の, 二度と死ぬ, 井月にだけは, 交錯した, 人さまが, 今の, 今日の, 仏像が, 伊香保と, 会社関係の, 伸び育って, 佃の, 何かに, 何から, 何とも答えなかった, 何度も, 例の, 俄然川鮎, 倒壊を, 健全な, 僕を, 優秀な, 元の, 元日も, 元気よく, 免れたこと, 入りまじつた, 全体円い, 六の, 其の隠れ家, 内部から, 冷淡で, 出逢, 出逢ったこと, 出逢って, 利くそう, 劇しい, 加茂丸へ, 助かったと, 助かったん, 助かりは, 効いたが, 動く壁, 勢いづいた機械, 危難は, 厳かな, 及第し, 反対しなかつた, 取り亂, 古くからの, 向うで, 呆れて, 和げて, 咲く, 啄木の, 喜ばないで, 四月の, 圓朝の, 地下へ, 坪庭の, 堅固なる, 堪えないの, 堪えなかった, 堪えられない, 堪えられませんでした, 変な, 外部の, 夜目が, 大きく普通, 大きな叫び声, 大勢に, 大森氏よりも, 大袈裟な, 失明については, 女も, 女らの, 好意を, 妙な, 威圧的な, 婦人方に, 嬉しい気持, 子供は, 子路は, 存じます, 安堵に, 宗兵衛は, 実業志望が, 家でも, 容易に, 寂しく聞いた, 寝顔の, 寺内に, 小さく近く, 小郷と, 少年は, 屈従と, 山彦の, 巧かった, 平気だつた, 幾たびか, 建久館だけは, 引寄せられ, 強い確信, 強く反応, 彌三郎, 当つた, 彼等は, 御婆さん, 御驚き, 微細な, 心苦しい思い, 忘れられない名前, 念佛嫌ひでね, 怖かつ, 思いいるところ, 思いしが, 思いなすったでしょうね, 思いましたけれど, 思いますがね, 思いませぬ, 思いエスさん, 思い乍ら, 思い凶事, 思い娘, 思い思いモト, 思い朝, 思い翌朝, 思い誰, 思い返して, 思うた, 思うたの, 思うだけ, 思うって, 思うほどに, 思うよりは, 思う最も, 思えた男の子, 思えました, 思えるこの, 思し召し披, 思っただけで, 思ったばかり, 思ったり, 思った村, 思った次第, 思った館, 思ってると, 思つただ, 思つたのも, 思つてあの, 思つてじ, 思つてそこの, 思つてゐました, 思つて二階を, 思つて其処へ, 思つて居ました, 思つて持つ, 思つて自分が, 思つて近づい, 思つて飽かず, 思つとる, 思はざるべしと, 思はれしは, 思はれたので, 思はれた位, 思はれる, 思はれる事, 思はれ候, 思ひましたが, 思ひ中, 思ひ犬, 思ふですよ, 思ふらしく訝の, 思ふ一つ, 思へた, 思や, 思わず太刀, 思わないから, 思わないもの, 思わなければ, 思わねえか, 思われたから, 思われたもの, 思われない事, 思われは, 思われるであろうが, 思われるに, 思われるん, 思われる聖者, 思われ滑稽, 思わんかね, 思召すで御座いましょう, 怪我一つしない, 恐れる気持, 恐ろしくなる, 息の, 悪魔じみた, 悲しく胸, 情緒に, 意味の, 愕く, 感じさ, 感じなければ, 感じます, 感じられるという, 感じ出したもの, 感じ引揚げ, 感ずるの, 感ぜられたそう, 感ぜられますが, 感心だ, 慰安と, 懐しい思ひ, 成功なさいました, 手も, 手足まで, 打たれて, 拾って, 整然と, 文化が, 断れて, 新しいもの, 新らしい, 旅人の, 日本人の, 旨く食えます, 早く帰った, 早寝の, 明るく温か, 映ります, 暖かくて, 會社關係の, 木と, 柔い, 柔らかな, 楽しい感慨, 正直で, 歴々と, 死に直面, 残って, 毅然たる姿勢, 気にばかり, 気を, 気圧されるの, 氣が, 水神に, 沈んだ気持, 沒却し, 波立つの, 洗面所の, 浮んで, 消えるの, 涙が, 淋しい気, 深い感情, 深刻味を, 混んがらかったよう, 混和してる, 清純な, 温厚な, 滑らかな, 漆黒の, 濃い印象, 無疵の, 焼けのこり付近, 焼け残ったの, 焼け残って, 熱くなっ, 燈籠に, 物珍らしく, 犬を, 甘い妥協, 生々した, 生き残って, 生気が, 男に, 病人が, 發展し, 白樺の, 皆よく, 皆海外に, 目に, 目立ちます, 真理の, 眼だけ, 眼先の, 知らないらしい, 砕けないで, 破れて, 祖母が, 福に, 私を, 稀薄な, 突き當つた, 立ちあがったので, 粗雜, 紛失した, 結合してる, 絶えなかった, 縁の, 繋ぎ候, 美くしい, 美しい技術, 美しかった, 美しく見える, 考えて, 考えられたので, 考へないでも, 耐えなかったところ, 聞えたの, 聞かれたの, 聞入つてゐた, 肥立っ, 腹が, 自分で, 自己自身と, 自由に, 興味が, 舌が, 良人の, 艶めい, 芸術座の, 苦に, 荷を, 落付きを, 蔦が, 蘇生した, 虱を, 血が, 街の, 複雑な, 見えて, 見えるけれども, 見えるであろう, 見えるほど, 見ゆれども, 見通しの, 解けた, 言葉だけは, 詩が, 誘惑した, 誰も, 諸事に, 象徴的な, 賢い性, 起つて, 跡かたも, 身の毛が, 身動き一つ出来ず, 軍備景気の, 輝いた, 返らないと, 逃が, 透徹した, 遇合する, 遠い地方, 遥々と, 遭遇した, 酒の, 重々しい力, 重厚な, 銃殺の, 鍵屋に, 長いくちばし, 開いて, 険しい気持, 難有, 雪が, 霊化され, 静かである, 静的な, 面して, 面白かった, 音楽の, 頭が, 食えて, 食奢, 饒舌らない, 馴れて, 騒がぬ裸女達, 驚き将来, 髯が, 魅力的な, 鮮かに, 鳥の, 默つて, 鼓の

▼ 不思議~ (623, 3.5%)

136 ない 58 ないが 42 ないの 22 なかった 20 ないと 14 ありません 12 ない筈 11 ありませんが, ないわけ 10 あるまい 9 ないよう 8 無い 7 ないで 6 ないかも 5 なかつた, ねえじゃ

4 [11件] ありませんよ, そればかり, ないこと, ないさ, ないので, ないはず, ないよ, ないん, なかろう, 噂にな, 無いの

3 あるめ, ないけれど, ないだろう, ないという, 無いが

2 [21件] ありませんね, あるまいと, これを, ございません, ごわすめ, ないからな, ないし, ないぢ, ないであろう, ないとしても, ないのに, ないやう, ない訳, なかつたの, ねえが, ままある, マルクス主義作家若しくは, 不思議である, 夫れ, 無いと, 無い筈

1 [146件] あっても, ありますまい, ありますまいと, ありませぬ, ありませんかねえ, ありませんけれど, ありませんやね, ありませんわ, ありませんわね, ありゃア, ありやしないよ, かえって世人, この医者, この地球, この婦人, この対比, ございますまい古金, ございませんとも, ござらぬが, ござらぬ矢部, ごわせんよ, しばしば見, すこしも, そこでは, そこに, その後も, その後真正の, それだけ, それ限りは, だ, だんだん深く, どう解いたら, ないからと, ないがな, ないがね, ないくらいの, ないけれども, ないしかし, ないじ, ないじゃ, ないそこ, ないそれ, ないでしょう, ないですな, ないですよ, ないといふ, ないとね, ないね, ないものの, ないや, ないわよ, ない一週間, ない事, ない勘定, ない大望, ない当然, ない御, ない所, ない車屋, ない鼠, なかつたが, なかるべきである, なかろうじゃ, なくそこ, なくなりますよ, なくなるであろうと, なくましてや, なく持病, なく煩つて若死, なく苦難, なさそう, ねえさ, ねえだろう, ねえや, ねえよう, ねえん, ねえ当然, ねえ理窟, ふしぎと, むしろ何, もって, わしには, アバタ面二目と, 一つも, 一層激しく, 下女の, 不思議, 不思議さ, 不思議です, 不思議でない, 不思議に, 主として石, 久しい以前, 何んで, 作品の, 例の, 依然としてやまない, 全く引用, 出来まいと, 十二年間私の, 古来すべて, 同じこと, 喜ぶと, 噂に, 四福音書に, 外国と, 多角的な, 大歓迎, 実はまだ, 少しも, 常にこの, 廻廊の, 彼の, 御座いませぬが, 御座らぬ, 心の, 必ず解ける, 我我の, 早くから自分, 有るまい, 此の, 決定的の, 無いじゃ, 無いだ, 無いとは, 無いので, 無いサ, 無い男たる者, 無くなりますよ, 無理なし, 物を, 猶ほこれ, 畢竟コロイド, 百貨店の, 皆この, 確か諸, 絶無かとの, 至る処, 見掛けだけの, 解けないでしょう, 解けなかった, 解けなかつた, 解けるもの, 間もなく解けた, 青山の, 顕されないと

▼ 不思議にも~ (621, 3.5%)

8 私の 7 今まで, 彼の, 彼は 6 それが 4 それを, 此の, 私は 3 それは, 思って, 思わなかった, 自分の

2 [24件] いま成功し, ことしに, この二つ, この女, すべての, わたしの, 一つに, 今日まで, 唯一人君に, 好意を, 娘と, 少女らしい, 彼女は, 後悔し, 思いました, 思うの, 急に, 我が友, 日本の, 爬虫類の, 美しい器, 若旦那の, 詰らなくも, 身に

1 [514件 抜粋] あのけばけばしい, あの吸血鬼, あまり多く, ありてかひなき命, いつもの, うりが, おかしくも, おみよ, お信さん, お浜自身, お能, きまったよう, きまって, けがひとつせず, こうした巨大, この中坂, この土地, この地帯一帯, この時, この燈下, この獰猛, この異郷, この種, この自分昌作, この言葉, この詞, この談話, この講義録, この豫言, この赤毛布, この顔つき, これまでに, これまでは, これを, じろじろ私, そう云う, そこには, そのきられた, そのこと, その亀, その二人, その今, その偉大さ, その傷, その双生児, その古, その同じ手, その品, その夢, その妨害, その家, その小さい, その小さな店, その年, その手, その日, その時恐怖, その染物, その法林道場, その男, その皮, その瞬間限り, その童児, その翌晩, その胸, その腕, その言葉, その調法さ, その間に, その骨牌, その鼓動, それから, それっきり敵の, それと, それに, それにつれて, それほど思つて, それらの, それ以来は, それ故に, そんなこと, そんな場合彦兵衛, そんな実像, た, たいてい一つ, ちょうど三角, ぢつ, どうしても, どこからとも, どの元首, ないの, なつかしく思える, はっきり浮き上っ, またありがたい, またちょうど, また内務大臣, また老婆, また耳もと, まだ声, みすぼらしい寒々, みんなは, めぐり会った以上, もどかしくも, やさしい口, やはり同じ, よく働く, よく正確, わいて, わが我儘, わが経済学, わしは, わたしは, アングロサキソン人種の, ガラリ気, ギョクポ・ペブという, ジャヴェルの, フィルムの, フォーシュルヴァン氏が, ブルジョアならぬ, ブーレー博士が, プロレタリア文学は, マリヤの, モルヒネが, モルヒネ中毒は, ルウス・ジュッドは, 一人の, 一人も, 一体を, 一方には, 一日來ず, 一瞬正気に, 一種の, 一種モダーンな, 一箇月ばかり, 一言の, 万力か, 万象を, 三たびまでも, 不安にも, 世に盲目, 両艇, 中は, 中学生, 中庸を, 亂雜に, 二つながら彼, 二の句を, 二三年置き, 二三日し, 二人か, 二人とも, 二十日の, 二年つづいた, 二等賞が, 互に他, 亦さ, 人情は, 人情本なんぞを, 人猿どもは, 今から, 今は, 今度の, 今日という, 今日の, 今日は, 今聞かされた, 住職同士も, 何かで, 何の, 何時までも, 何等の, 余より, 余命を, 余技である, 俗謡を, 俺は, 個人の, 倍音, 偉大さを, 偽善者の, 催促の, 僕等に, 先の, 先程の, 児太郎の, 全く常体, 全然睫毛, 其寫し, 其日は, 其時心から, 冷く, 冷笑できない, 出て, 別段恐ろしい, 到頭又, 前の, 加行の, 動機の, 勝子は, 十二時にな, 午後二時過ぎに, 厭にも, 反対の, 口は, 古来学者の, 叫び終る, 司直の, 吉岡は, 同じ不幸, 同じ運命, 同一の, 同一化しない, 同君は, 同数であった, 同種類, 吾, 命の, 咳は, 噴水の, 四つとも, 国君の, 土彦の, 地理的分布の, 坊間に, 城の, 堅く閉した, 堪え難い, 壁の, 変化する, 外界の, 外部においては, 多く殘つて, 大体国際的である, 大抵此, 大抵頸, 大覺寺統, 大輕氣球, 天の, 天孫降臨の, 奇怪にも, 女の, 奴隷牧畜が, 妖精達は, 委細に, 孔子が, 存じて, 学問を, 安心に, 実に七日前, 実隆と, 宮原俊彦に対する, 家中の, 小倉君が, 少しも, 少し平靜, 屠られた牛, 山形に, 岸本の, 岸本は, 工藝の, 工藝を, 左足の, 常にその, 常に今日, 平生の, 幼児の, 幼兒に, 廻転しました, 当たらぬこと, 役割が, 彼が, 彼らは, 彼れ, 彼女迄が, 彼女達と, 御米, 微妙な, 心の, 心は, 心を, 必ず晝間, 必ず病気, 思います, 思い当った, 思い心配, 思い気安く, 思う位, 思った, 思ったが, 思ったもの, 思つた, 思はず眠つて, 思はれない者, 思わずに, 思わない, 思わないで, 思わなかったが, 思わなかったらしいん, 思わぬ, 思わぬ人, 思われたの, 思われないよう, 思われは, 思われますが, 怪獣の, 恐しくも, 恢復す, 悠久な, 悪病は, 悲鳴を, 悽愴たる, 情熱を, 愈々益々色々の, 意味深く, 感じかた, 感じなくなったよう, 感じられなかった, 感じられるの, 感傷的に, 我知らず涙含みました, 戸と, 所属の, 押し寄せて, 振り返った眼, 政治学を, 斯の, 新鮮な, 旅は, 日本人は, 日本物が, 日露戰爭と, 明かに, 昔の, 映りませんか, 昨日出来なかつた, 昼間の, 智的に, 朝夕顔を, 朝鮮人では, 朦朧と, 李堂から, 村の, 来る連中, 柳秋雲は, 格子戸が, 森は, 森木は, 楽々と, 櫃の, 此處一軒だけは, 死ねなかったの, 死んだ物語, 死んだ私, 殆ど黒く, 段々快く, 民衆と, 気が, 気に入ったとの, 気絶から, 水, 水が, 決して威張つたこと, 汽車に, 沈默を, 波は, 浅間しく, 海の, 涙を, 深い沈黙, 深い色, 清らかな, 清太郎の, 清左衛門は, 清水が, 清逸の, 源叔父が, 滑稽にも, 濃厚という, 災禍を, 災難を, 無難に, 煙草の, 熊はた, 熱くなった, 燈火が, 燐寸の, 片っぽ, 片つ, 犬の, 独詠的な, 狭いと, 猛虎の, 琉語を, 生きて, 生き生きした, 生き返って, 生まれた時, 生れ故郷の, 生命拾い, 白い文字, 百姓達には, 的中した, 直ぐに, 相手の, 眉の, 眉目の, 瞬間的に, 矢が, 矢の, 砂の, 研究用具, 社の, 神秘にも, 私に, 私ひとりには, 私自身だった, 私達は, 秋風に, 秦は, 種々な, 空中に, 突然, 窓から, 立派な, 紀尾井町の, 続きもの, 維也納で, 繊細な, 美しい紙幣, 美しく陳べ, 羨ましくも, 翌十九日, 翡翠の, 肝腎の, 肺の, 胆力が, 自分と, 自殺を, 芸術に対する, 芸術的感情の, 若いルセアニア人, 若親分, 英国に, 落ちついて, 落ち着いて, 葉之, 葉子の, 蒹葭堂主人と, 蕪村だけが, 薩張り判っ, 蛇が, 血は, 見えませんでした, 見当らなかった, 見解の, 見過ごされて, 親しみを, 親指の, 言い中, 詩や, 警察は, 讖を, 豫言の, 貞操の, 貞操道徳は, 赤, 赤茶けたあんどん, 身體が, 車は, 車室の, 軽浮, 軽部と, 込上る, 近松の, 過去の, 道に, 達雄からは, 部落は, 金博士そっくり, 鋭く光った, 鍔から, 鏝を, 長い月日, 門の, 開かれたの, 間一髪も, 間抜けた, 隠れた人望, 難破信號を, 雪一重降っ, 雲水の, 電灯が, 面白い装飾, 順序よく続き続い, 驚かなかつた, 鬼の, 鵞鳥の, 鵞鳥は, 黄金色であった, 黙って

▼ 不思議そう~ (590, 3.3%)

69 な顔 22 に見 2017 に私 16 に訊いた 13 に眺め 12 に眺めた 11 にその 10 に眼, に首 7 に言った 6 な眼, にし, にながめ, に云った 5 にあたり, にお, に二人, に彼, に相手 4 に僕, に文三, に考え, に見守っ

3 [11件] にじろじろ, にそこ, にそれ, に呟いた, に夫, に室, に尋ねた, に尋ねました, に紳士, に聞く, に顔

2 [37件] な目つき, な顔つき, にいう, にいった, におじさん, にきょろきょろ, にこっち, にこの, にしかし, にたずねた, にキョロキョロ, に主人, に声, に尋ねる, に小首, に彼女, に才蔵, に眉, に眺める, に私達, に窓, に立ちどまっ, に籠, に老人, に自分, に見た, に見上げ, に見守った, に見比べ, に見返った, に覗い, に訊き返した, に訊く, に訊ねた, に訊ねる, に話した, に驚い

1 [211件] だが, であった, でありますから, です, なふらふら, な作り話, な剣呑そう, な嘆き, な声, な好奇的, な思い入れ, な目, な目付き, な眼つき, な眼差し, な表情, な訝かる眼, な話, な面持, な顏, な顔付, な顔付き, にいいました, におじいさん, にお互い, にからす, にきょとん, にくり返し, にこちら, にささやい, にした, にする, にそこら, にただ, にだんな, にながめた, にながめ入った, になんで, にのぞきこんだ, にはしなかった, にふたり, にまじまじ, にまず, にまわり, にみ, にみる, にみんな, にゆっくり, にわき, にウィルソン教授, にオシャベリ姫, にグルリ, にジロ, にジロジロ, にチロ, にドクトル, に一同, に一寸, に一男, に一瞥, に一角, に中有, に云い出しました, に云う, に云っ, に仏像, に代, に伊賀, に何もかも, に俊夫君, に倉地, に僕ら, に先頭, に六十絡み, に円い, に凝視, に刑事, に又, に叔母, に口, に古藤, に吾, に呟き, に地丸左陣, に夜鷹, に大きな, に天井, に女中, に姉, に姫, に娘, に安, に室内, に小切手, に小耳, に居ずまい, に屋敷, に山根さん, に平, に店, に庭先, に御, に念, に恐々叔母, に愛子, に慶応, に成吉思汗, に打, に振り, に振り返った, に控えた, に昇, に時彦, に木, に木剣, に松代, に林田, に案内, に棺, に検, に歩いた, に溜息, に為吉, に無言, に煖炉, に甥, に男, に省三, に眺めてる, に眺めました, に眺めやった, に眼玉, に瞬, に瞳, に瞶, に矢代, に石, に示す, に私ら, に私達二人, に突, に立っ, に笑い出した, に笹村, に筆, に絵, に美しい, に美奈子, に群集, に考えた, に考える, に考え込みました, に考え込ん, に考え込んだ, に耳, に聞い, に聞いた, に聞きかける, に聴い, に興奮, に良一, に若殿, に薄暗い, に見かえられ見送られ, に見かえる, に見つめ, に見つめた, に見つめる, に見てる, に見とがめた, に見まわした, に見やった, に見やり, に見る, に見上げました, に見上げる, に見廻した, に見比べた, に見物, に見詰める, に見調べ, に見送っ, に見過ごし, に視つめた, に視線, に覗, に覗き込ん, に親父, に観察, に言い合っ, に詩人, に詰った, に話し出す, に語る, に説明, に読ん, に警官, に赤い, に蹴起し, に迎えた, に選り出し, に酒太郎, に銀子, に銅助, に雀, に雪子, に靴, に餌ちょく, に鳴らし, に黙った, らしかった

▼ 不思議~ (531, 3.0%)

36282624 不思議だ 22 なあ 12 と思った, ねえ 11 と思っ, わ 8 なア 7 と思 6 と云っ, と思う, と思つて 4 というの, と思い, と言っ, などう 3 が私, これは, つたのです, という, というよう, といふ, とは思わない, と心, と申し, わね

2 [23件] から昨夜, がしかし, が事実, つたのは, と, とある, といえ, といっ, といふ取沙汰, とおっしゃる, とされ, とは思ひました, と云, と思いました, と思ったら, と思はない, と思ひました, と思われる, と言う, と言った, の, のう, ナと考へ

1 [224件] あ, あなたの, あの十曲峠, あれだけ, あんな町, え, お墨附, お里が, かいたずら, からお, からこれから, からそう, からまた, からサ, から二三度押問答, から今, から今朝其話, から全体何, から夜, から女房, から怖い, から熊野, から話しかけ, から隣, から非常中, から駅夫, か當, が, があの, がいったい, がしかも, がそう, がその, がそれ, がそんな, がな, がひょっと, がまだ, がハタゴヤ, が今, が度々, が果して, が気, が清吉, が現場, が考え, が若い, が論, が関口屋, が黒燒屋, けれどそれ, けれども事実訣, こと, こと先刻の, こりゃア神様, こればかりは, こんな毛糸, こんな筈, し, しかしお前, し台, ぜ, そんな悪漢, ぞ, つたくらゐ, つてお, つてね, て, といううち, というん, という感じ, という話, という調子, といったよう, といった顏つき, といってる, といつ, といつたら, といふ眼つき, といふ風, といやしません, といわね, といわれた, とお, とおっしゃった, とか, とか人生, とか奇妙, とご, とさ, とし, としばらく, とその, とでもいわれる, とね, とのこと, とはいった, とは思った, とは思はない, とは思はなかつた, とばかりさして, とばかり云っ, とも思いません, とも言われる, とよくよく, と三人一所, と主治医, と二人, と云い, と云う, と云える, と云つた顔, と云つてら, と云はず, と今度此, と冬坡, と思います, と思いません, と思うた, と思つたの, と思はれる, と思ひます, と思わず, と思わない, と怪, と感心, と斯, と更に, と栞, と申す, と私, と紀, と絶ず, と繰返し, と考え, と覚っ, と言つたの, と言われる, と語り合う, どうした, なあとくりかえした, なあと首, なあ不思議, なあ牛乳屋, なあ物音一つ, なここら, なさ, なそれ, なそんな, なぞと, などという, などとお茶, なまるで, なんていう, な併, な俺, な全く, な夢, な持っ, な斬る, な消え, な見当, な随分, ねえと三ツ木, ねえもいちど, ねえ僕, ねえ私, ねえ雲, ねこいつ, ねしかしそりゃ, ねそろ, ねたしかに, ね一体どう, ね何, ね僕, ね我輩, ね此, のに二匹, まず古い, まったく不思議, もう日, ものだ, よと心, よ今度, よ何, よ何しろ, よ実際, よ鎌, アノ室には, ッて, ナと思つて, ナ僕, ネ, ネ何, ミラクルである, 不思議だって, 中西へ, 今の, 今朝で, 仔細ぞ, 何う, 何んという, 何故社会, 俺の, 僅か四五十年, 多分お前, 奇妙だ, 奇怪だ, 家相という, 屹度お宮の, 忰小三郎と, 損徳を, 是が, 此の, 煙草の, 着物の, 石の, 神秘だ, 私の, 私は, 若し此, 雌鶏ばかり, 面白いもん, 骸骨に

▼ 不思議~ (500, 2.8%)

29 いえば 18 云えば 13 いうより 8 言えば 7 するに 6 思って 5 云わねば 4 いうよりも, いって, 思へば, 称して 3 いわざるを, するには, 云うの, 思う位, 思われるの, 申すより, 神秘と, 神秘の, 私の, 称す

2 [28件] いうばかり, いおうか, いへば, いわねば, この兵助, したこと, せざる可, なって, 云へば, 云わなければ, 人家らしい, 可憐な, 川の, 平然たるもの, 心を, 思い出せないの, 思うほどの, 思つてゐる, 思わない, 思われるばかり, 申し上げるより, 申すほか, 耳を, 見入る野良男, 言うのほか, 言っても, 言へば, 面白さ

1 [312件] あいつは, あざやかである, あなたに, あの世の, あの変, あの家すじ, ある人, あんたに, あんな深刻, いうか, いうたら家, いうべきは, いうべきもの, いうべくかつて, いうほどの, いうよりか, いえる, いったって, いっても, いはなければ, いふべきは, いふべし, いふよりは, うけとらぬ様子, うまいこと, おっしゃいますと, お芝居, お雪ちゃんには, かえってその, こう妙, この時, この木槿, この松原, この白銀荘, これを, さへ, さらに山崎, されて, されぬが, したかが, したけれど, したり, して, しないであろう, しないの, しないわけ, しない瞳, しない虚脱趣味, しなかった時代, し種々, すべきに, すみやかな, するならば, するにも, するも, するもの, する世, する程, せざるを, せずに, せなくば, せぬ世の中, せぬ所, せぬ時, そこに, その一つ, その二つ, その千鶴子, その女, その姿, その娘, その日, その血, それだけで, それは, それも, それらしい, だれも, ちっとも変わらなかった, どうにも体, どちらが, どっちも, どの家, なして, なつて, なにものにも, なるでしょう, はっきり感じ, ぱっと光り, ひきつけられて, ほこらしげ, ほめて, またいつも, また二, また彼女, まだ大勢, まだ病気, みなさるる現象, みなすに, やぶれ戸, よく似合った, よく見れ, よく話しました, ソノ何んだ, マヌエラには, 一つに, 一度は, 一座が, 一言も, 主人が, 久し振りで, 事実で, 云い囃す其の, 云い暮して, 云うでは, 云うもの, 云うものの, 云うやつ, 云う不思議, 云う事, 云っても, 云ふ, 云わざるを, 云われるよう, 互に似た, 人の, 人を, 人通りの, 他人の, 仰有るの, 何うし, 何れも, 何事かを, 何時までも, 余り遠く, 信ずるよう, 健康な, 優雅ななまめいた, 元気にも, 其声に, 冴えて, 出て, 勝つね, 北の, 命助かりし, 唱えられて, 唱われた, 喰い違う歯車, 四国に, 四辺の, 天災を, 女が, 妹の, 姿を, 娘の, 子供たちが, 家中くまなく, 宿では, 審べて, 左を, 幾年か, 弁慶の, 弟子を, 弦之, 当らねえもん, 影の, 彼の, 彼は, 彼女に, 彼女を, 心の, 心得ずに, 心掛けの, 心掛の, 思いしも, 思いたるは, 思いつつ, 思いました, 思い出した, 思う, 思うくらいに, 思うたこと, 思うだって, 思うの, 思うばかり, 思うもの, 思うより, 思う点, 思えなかった, 思えば, 思ったの, 思ったまず, 思つたところが, 思はずには, 思はない程, 思はなかつた, 思はなかつたの, 思はなくな, 思はれるくら, 思はれるほどの, 思ふ, 思ふから, 思ふくら, 思ふん, 思わず, 思わず食指, 思わないよう, 思わなかった, 思わなければ, 思わるる程, 思われずに, 思われて, 思われるくらい, 思われるほどの, 思われる事, 思われる程度, 怪しんで, 怪奇と, 恍惚たる, 恐怖とは, 恐怖には, 恐怖の, 意志を, 感じさせるの, 感じそれ, 感じたの, 感じる事, 我も, 或る, 或程度, 早く癒つて, 昌造だけは, 映る現象, 時計を, 暖かい日, 月曜日である, 歓喜愉快の, 残つてゐた, 気持が, 泰助は, 激しい胴震, 父の, 爺どのが, 球根の, 甘く懐しい感じ, 生き生きし, 生命だけは, 生滅の, 申さねば, 申しましょうか, 申しますの, 申すの, 申すも, 申せば, 画の, 病気が, 真実の, 着のみ着のままが, 知らない女, 石の, 神妙に, 神尾が, 神秘に, 私には, 称すべきもの, 称すべき事項, 称するもの, 穏やかささえ, 紅毛人は, 経さえ, 老僧, 考えて, 考えら, 考えるほか, 聞取る事, 能く, 花や, 苛, 苦し紛れの, 草鞋穿で, 血潮は, 西洋かぶれの, 見たの, 見入る田舎人, 見物は, 覚えけり, 覚えて, 言い募って, 言う, 言えるでしょう, 言って, 言は, 言ふべし, 言わねば, 言わんばかり, 評判が, 読めるただ一つ, 誰にも, 誰も, 誰より, 速断し, 道傍の, 開き見れば, 関係の, 面白くなっ, 顔が, 風当りが, 馬を, 騒ぎおるうち, 魚の, 鳥も, 鳴りを

▼ 不思議~ (499, 2.8%)

18 ように 7 感に 6 ことが, ことには 5 ことで, ないこと, やうに, 壺, 思いを 4 ことは, ようで, ようであった, ようである, 力が, 因縁が, 御縁

3 [13件] ない事, ない話, ようだ, ようです, ような, 一つで, 一つである, 一つと, 力を, 国巡廻記, 対面に, 念に, 術を

2 [26件] ことじゃ, ことである, ことでござる, ことに, ことも, ものなら, 一つに, 事で, 事に, 作用を, 出来事として, 力あり, 力に, 命を, 因縁で, 因縁と, 国の, 國だ, 感が, 数々, 為体に, 的中は, 草本, 象を, 魔力に, 魔力を

1 [318件] あったこと, あらむか, ありさま, あるところ, あるよう, あるを, ある処, いかでありうべき, うちには, うちの, うなりが, おくめん, おとぎ, お話も, こと, ことであった, こととは, ことの, ことのみ, こもるお, その倶係震卦教, ないところ, ないほど, ない場所, ない成行, ない様, ない美しさ, ない若さ, なぞを, はずみに, ひかりは, ほうに, めぐりあいであった, もとは, ものじゃあ, ものだ, やうだ, やうで, やうであります, よい匂い, ようなれ, ようにさえ, ようにも, ようね, ローマンチックに, 一つかも, 一つだ, 一つでした, 一つでない, 一つでは, 一つで御座います, 一団が, 一種に, 一連が, 一隊である, 上にも, 不思議たる, 世界で, 世界でも, 世界に, 世界に対する, 世界の, 中から, 中に, 中の, 中へ, 予感が, 事ある, 事が, 事である, 事と, 事とは, 事には, 事も, 事を, 事件を, 事多, 事柄という, 人攫いが, 人物こそ, 代表と, 候うぞ, 働きをも, 働き故, 働を, 元であるまい, 光に, 光りを, 光怪し, 光芒を, 再会最も, 写真を, 出来と, 出来事が, 出来事だ, 出来事である, 出来事は, 出来事を, 前に, 力で, 力であった, 力の, 力も, 功を, 勢力を, 原因は, 叫び声が, 和やかな, 商標つけたるが, 噂が, 噂は, 囁きでございました, 因が, 因縁じゃ, 因縁である, 因縁です, 因縁でも, 因縁なり, 因縁に, 国が, 国は, 国へ, 国ギリシャの, 報知を, 境に, 声が, 声は, 壺から, 変化は, 多いの, 多い神代, 多い自分, 多い部分, 多かり, 夢を, 大合奏, 大男, 大盗賊, 大魔術, 天地は, 奇蹟が, 奇蹟に, 奇遇が, 奈落に, 女に, 女は, 妖術でも, 妖術を, 妙味を, 妙藥である, 妙術を, 始で, 婦人, 婦人に, 存在である, 宝物が, 家, 家に, 家筋の, 対照を, 形が, 形相が, 御予言, 御教訓, 徳を, 心理では, 忍術の, 念などが, 思いが, 思いに, 思ひを, 情が, 感じが, 感じは, 感を, 感応も, 才能を, 折を, 振る舞いを, 攻撃を, 政変あら, 政變あら, 数々は, 方へ, 旅, 旅人に, 暗合が, 暗合だ, 書物だ, 最期である, 有様かな, 木わたしの, 材料は, 業この世には, 業通力が, 極では, 極内心, 楽音に, 様である, 様に, 樣に, 横死を, 機縁あつ, 檜は, 正体を, 死を, 殺人を, 永く行われ, 沈黙に, 法味あり, 濡衣, 火, 火を, 無いこと, 物が, 物と, 物の怪に, 物語アラビヤあたりの, 犯人は, 狼藉者に, 現象と, 現象に, 現象に対して, 現象の, 生命を, 生物らしく立っ, 男だ, 男一人はんべりその, 町は, 癖者に, 発端で, 白粉よく, 目を, 盲人の, 真実炳として, 眼で, 眼を, 石にも, 石打ちは, 神力を, 神火眞先に, 神通力を, 種な, 笙の, 答えじゃの, 精霊を, 約束思へ, 縁でございます, 縁と, 縁という, 縁によ, 縁の, 縁を, 罪名であった, 老人あっ, 老人あり, 老人が, 肉感が, 背後には, 腫物が, 至である, 至り, 至りさ, 至りである, 花であった, 芸であった, 芸を, 芸術の, 虹を, 蝶合戦が, 蟹が, 血, 行はれる, 行動を, 術あり, 街, 衰へに, 解決とか, 解決方法が, 訪問者を, 話, 話です, 話でも, 話は, 誓願に, 誓願を, 謎を, 豊富に, 負債と, 赫き, 起こる理由, 趣味は, 蹟を, 輝きを, 連れを, 運命を, 部屋, 鏡で, 間違いに, 限を, 雲と, 雲霧拂ひ, 霊夢を, 霊感を, 音と, 音に, 音響, 顔を, 願という, 風雨に, 食物の, 香が, 騎士は, 驚き, 骨格が, 魅力を, 魔力あり, 魚も

▼ 不思議~ (462, 2.6%)

150 はない 36 はありません 28 あつた 24 たまらなかった 13 はなかっ 10 仕様が 8 たまらない, もなかっ 7 たまらないので 6 たまらないから, はあるまい, 仕方が 5 はなかつた 4 ござります, しようがない, なりませぬ, なりません, なりませんでした, はある, はなく, 不思議で 3 はありませんでした, はございません, は無い, 何か

2 [12件] ござりまし, ござりまする, せう, その上それ, たまらないと, たまらないの, たまりません, はあった, はありますまい, もない, もなく, 不思議でならない

1 [87件] あつたくら, あてには, あの水, いい, いっぱいです, いつの間にか二人, かえって自分, かの女, この廿日正月, こりゃア頂戴, しかたが, しようがなかつた, しようがねえ, すっぽんという, その中, ただその, たまらないが, たまらないこと, たまらないといった, たまらないらしく, たまらない樣子, たまらなかったです, たまらなくなっ, どう, どういう訳, どうどうと, どう思い出し, な, ならんので, なりませぬナゼ, なりませんのよ, なりませんわい, なんねい, ね第, はありませぬ, はないだらう, はないでしょう, はなかろう, はなくなる, はのう, は御座いませぬ, も無い, わけが, ワケが, 一應自分で, 三月と, 不思議でなりません, 不思議でなりませんでした, 世間に, 主人徳右衞門と, 人間の, 仕方なかった, 何うなさる, 何だか嬉しくっ, 何を, 傍の, 傘が, 其の癖, 其辺に, 十和田湖で, 又知りたい, 反撥する, 周囲の, 実は来春, 家の, 小三津, 少しも, 帯を, 御座ります, 我々が, 日頃自分を, 明言する, 暗い情慾, 無くし, 珍らしく, 眼と, 稀れなる, 美しくて, 耐らなかつた, 耐らなく, 耳新しくそれ, 腹立たしくて, 自分で, 表に, 訳を, 鱗が, 鱗ばかりの

▼ 不思議~ (260, 1.5%)

14 あろう 9 ある 6 あるか, あるもの 4 つき添うて, つたといふ, つてゐた, つてゐる, つて居りました, つて居る 3 あった, あって, あらう, あるでしょう, つたり, つても

2 [18件] あるかよ, あると, あるよう, あるん, あろうぞ, おぢ, この世の中, ございました, つた, ない, ないとも, 伝えられるもの, 漏れた, 無いとは, 現われて, 籠つてゐる, 美の, 起った

1 [147件] あったか, あったという, あったに, あったので, あったはず, あったらなぜ, あっても, あつた, あらう勝負附, あらう博士, あらう小文さん, あらう歌, あらう知つて, あらわれたの, あらわれて, ありそう, ありましょう, ありましょうか, あります, ありますので, ありません, ありませんでした, あり秘密, あるその, あるだろう, あるでありましょう, あるであろうか, あるでせう, あるでせうか, あるとか, あるとともに, あるね, あるの, あるので, あるもん, ある今, ある者, あればこそ, あろうか, あろうかい, あろうかと, あろうとね, あろうとは, あろうとも, いつまで, うまれても, うまれれば, おこります, かえって古い, きこりには, ここの, こもって, ございましても, ござりましょう, ござります, ござる, しるされて, すでに子供心, つたが, つたのに, つた日にや, つた末に, つた石を, つづくので, つて, つてじ, つてわるく, つてゐるだらう, つてを, つて二の, つて子供を, つて居た, つて居ました, つて由緒を, つて聞い, つて見, つて訊いた, つて訊く, どしどしと, ないが, ないとは, ないの, ないよう, ないん, なくなるの, なしとげられる, ほんとうに, まことにあった, もう一つ, スッカリ解決される, ホントウ国の, 不思議でない, 世にあろう, 伝えられた, 働いて, 公に, 土地の, 増えた, 多かった, 多く現われ, 多量に, 大きな謎, 如何にも不思議, 始まったの, 存在し, 存在する, 幾つか, 彼を, 彼女を, 必ずしもない, 有って, 有る親子, 次々と, 次々に, 正面から, 毎々ある, 沢山ある, 潜んで, 無い, 無いか, 犯人の, 現れたと, 現れるかも, 現われずには, 現われそれ, 生れたわし, 疑団氷解, 発見された, 私の, 絡み付いて, 聞え妙, 胸に, 行われた, 見えるの, 見たくば, 解けずに, 解ける日, 解決された, 言い伝えが, 語られて, 起ったと, 起ったの, 起って, 起りました, 起るの, 起る時, 陽の

▼ 不思議~ (225, 1.3%)

6 感じて 4 呼び起したと, 現わし, 見せたの, 解決する 3 みせられて, 感じた, 見せて, 見せるの, 通り越して

2 [15件] あくまでも不思議, つ, 感ずること, 挟む余地, 照し, 現じ, 示し, 私は, 考えた, 聞いて, 聞けど, 見せようとは, 見せること, 見に, 説くが

1 [158件] あまた見, あらゆる角度, あれも, おあらわし, おもう公卿輩, おもふ, かさねて, するそう, そっとそのまま人形, といて, とりあつ, どう解釈, どの程度, なしとげるもの, なし得るの, なす, ひとつに, まのあたり見るであろう, みせると, みた者, よく考え直し, 一々泰さん, 不思議でなく, 不思議と, 不思議として, 人に, 仏教では, 会得した, 体と, 何と考へる, 作り出して, 信じた行爲, 信じて, 信ずること, 信用しない, 俺は, 働く例, 働く物, 加えて, 十分に, 喜ぶという, 嘆息する, 存分に, 学ぶこと, 待たずに, 忘れて, 思い当って, 思はざるを, 思わせる, 怪しんで, 想うと, 感じさせたの, 感じさせる方, 感じその, 感じたよう, 感じた位, 感じた菩提山, 感じないもっと, 感じないやう, 感じないわけ, 感じなかった彼女, 感じました, 感じません, 感じやすく, 感じ宇宙, 感ずる, 感ずるぐらゐに欧羅巴化, 感ずる事, 感ぜずには, 感得した, 我等に, 描くのに, 描く事, 攫んだ職業, 教えられた, 数へ, 映したの, 極めて, 極わめ, 歌わせ氷河, 残して, 殺すもの, 洩れ聞いた, 湛へた眼で, 演ずるの, 照らし出すの, 物語ってから, 狐か, 現ずるもの, 生ずるなり, 生み出すもの, 産み出したよう, 疑いかつ, 痛感する, 発見し, 発見した, 直視した, 眼前に, 知って, 知らないの, 知りたいと, 知りたいという, 知りません, 示さないので, 示した, 科学的に, 立てるよう, 細胞から, 絶対に, 聞き伝えて, 脳髄の, 行って, 行ふ, 見きわめて, 見せたのち, 見せられたの, 見せられて, 見せられる道理, 見た, 見たいと, 見たの, 見たり, 見たる瞳, 見た桂月香, 見た為, 見た隠者, 見つけた子供, 見つけ出したという, 見て, 見ては, 見ると, 見るというも, 見るよう, 見る以上, 見出した, 見出し熱心, 見出すの, 見出すもの, 見守りました, 解いて, 解きかねて, 解くこと, 解くには, 解く者, 解明し, 解釈しえざる, 解釈する, 説き明し, 説明した, 説明しよう, 説明する, 説明せず, 證として, 貪り眺めて, 追って, 通りこし, 重ねて, 首肯する

▼ 不思議なる~ (197, 1.1%)

3

2 [12件] かな, ことこそ, ことを, は侯, は尚, 事実, 御縁, 概括力に, 縁に, 美しさ, 道を, 遠荒磯

1 [170件] お話が, かなその, かな一年余り, かな二人, かな些, かな兎, かな度盛り, かな萎えたる, かな襟筋に, かな電光石火, が如くなれ, が如し, ことである, ことも, この所, ところは, と問える, にあらざる, に愕, に憎し, に頼みたき, はこの, はわが, は二十何年前, は人生, は同人, は弁信法師, は彼, は悪, は我ら, は王制維新以来, は男女, は自分, ほどなり, ほどに酸鼻, ものを, もの覗ける, ゆえに, を以てかかる, を告げ, を国, を知りおれ, 一つの, 一事は, 一事を, 一大交響楽が, 世界に, 中学時代の, 主従は, 也と, 争闘は, 事かなと, 事にて, 事も, 五年間の, 人と, 人物秀蓮尼, 今日の, 何事かを, 作用にて, 借家において, 働きを, 働を, 儀式の, 光景である, 光景は, 出來事も, 出来事の, 出来事を, 力が, 力である, 力と, 力の, 動物を, 南極探検船の, 合致を, 哉ほとんど, 哉一度, 哉凡そ二三ヶ月も, 因縁を, 国, 国ほんとうに, 塵よ, 変化を, 夕かな, 天の, 夫婦は, 女性が, 姿, 宇宙の, 宇宙を, 家を, 岩陰から, 年月を, 幸運を, 廻轉作用の, 彫刻は, 御名にこそ, 心像, 心持いまも, 悦びを, 悪戯よ, 惨劇, 愛, 戦いの, 救ひ, 斯くも, 方法によって, 時世の, 暗合と, 書面なり, 書面を, 機關の, 欲望を, 決闘事件を, 法則であったらしい, 注意人物であった, 洞中造船所の, 海底の, 海底戰鬪艇は, 深山の, 災厄の, 物あまた所持せらるる, 特質が, 現象が, 現象に対する, 現象等, 瓶中より, 疫病が, 癖であった, 発展を, 盲剣客の, 直覚を以て, 神祕なる, 神祕的の, 空気孔の, 立体感なき, 笛太鼓鼓の, 絵ぞと, 繊細さと, 能力とに, 腰つきし, 自動鐵車の, 船を, 芸術三昧の, 行を, 記事中の, 詩的調和を, 變化を, 變形を, 賞讃をすら, 身の, 軍隊は, 迷子ありし, 造化も, 運行を, 醫術上の, 金属の, 鐵檻の, 難破船の, 雲の, 電話, 革命は, 響は, 願が, 願では, 願という, 願は, 願を, 點は

▼ 不思議~ (195, 1.1%)

25 ない 19 ありません 12 ないの 9 なかった 8 ないが 7 ないこと 5 ないよう 3 ないやう, ないわけ, ない事, ない筈, なく貰ふた 2 ありませんが, あるもの, ないとは, ないはず, ないん, なければ, なさそう, 奇蹟も

1 [79件] あまり喋々, ありますまい, ありますまいが, あり得ると, あるまい, ある訳, こうして解っちまった, それに対する, とうとう要領, ないあり得べき, ないけれどなも, ないその, ないだらう, ないぢ, ないで, ないでしょうしかし, ないと, ないという, ないとして, ないので, ないのに, ないは, ない出来事, ない半紙半枚, ない如く, ない小, ない日常, ない普通, ない普通日常, ない簡単, ない至極, ない訳, なかつた, なかつた筈, なくお松, なくこれ, なくその, なくて, なくなった, なく並ん, なく働い, なく入って, なく前, なく取り済して, なく取り濟, なく妹, なく平次, なく最も, なく残って, なく残つて, なく永正六年, なく自由, なく行なわれ, なく語られて, なく食べ, なさ, ねえじゃ, ねえ事, はっきりし, 一応ない, 不審も, 不思議, 亦昭和, 何にも, 何も, 屈托も, 感じさせなかったほど, 感じて, 感じない様, 或はその, 敢へて, 気味わる, 無いが, 無いこと, 無いじゃ, 無しに, 見いださないので, 起こらなかつた, 起って

▼ 不思議~ (150, 0.8%)

43 である, よ 2 うな, だ, な, に我, もない, を思ふ, を知った, 恐ろしさ

1 [124件] あわれさ, うなおも, があった, がはじめて, が万物, が少し, が心, が消え, が結局, であったが, であらう, であろうか, で一ぱい, で人, とはレザール, とを感じた, とを感じ合うた, と不安さ, と反対, と申しましたら, と美し, と裸女達, などと比較, にあっけ, にいち早く, にいわば, にうたれ, にその, にその道, にそれ, について考える, には訳, にひよつ, にぼんやり, にもう, にもかの, にもすべて, にやや暫く, によく, にわたくし, にビックリ, に乞食, に人々, に何処, に何度, に先ず, に同じ, に夢, に対してはもはや何ら, に対する白痴相応, に就, に彼, に思い到った, に恐れ, に息苦しく, に手, に暫時棒立ち, に狐, に眩惑, に眼, に立ち上っ, に自分, に至っ, に茫然, に襲われた, に言葉, に警部, のあまり, のあまり呆然そこ, のなか, の泉, はしばらく, はそ, はそこ, はなかなか, はふか, はわれわれ, は何, は地上, は少し, は常人, は彼女, は擂鉢, は文字, は次第, は行く, は身近, もなく, もヨーロッパ, も感じさせず, も滑稽味, やまた, よと眼, をいろいろ, をつくづく, をときどき, をぶつぶつ, をもつ, をも少し, をタカ子はさ, を二人, を今, を増させた, を常に, を思いえがいた, を思はず, を想うた, を感じないで, を感じる, を感ずる, を探求, を明け暮れ, を生み出す, を示す, を考える, を見せた, を追求, を驚く, を高め, 呆れた野郎, 怪しさ, 毒々しさ, 気味悪さ, 面白さ

▼ 不思議です~ (139, 0.8%)

401410 ねえ 4 な, なあ, わ, わね 3 わねえ 2 か, がその, よなんだか, 貴女と

1 [48件] からよく, から充分, から八五郎さん, から好く, が, がこれ, がそれ, が上, が人類, が偶然, が兎, が八五郎, が外, が女, が小便組, が平次, ことネ, たった今計った, なあ小米, なア, な前, な本部, な頑固, ねえこんど, ねえ走つ, ねえ金田, ねその, ねそれ, ねとよくそう, ねエ, ね影法師, ね行触れ, ね馬車, のねえ叔父さん, もの, よここ, よその, よどこ, よ一體, よ毎朝, ネ, ネエ, 事ねえ, 僕には, 大村さんは, 屡々アノ塔, 後で聞く, 私も

▼ 不思議でも~ (121, 0.7%)

26 なんでも, 何でも 15 ない 5 ないの, 何んで 3 あった, ありまた, ある, ないこと 2 ないわけ

1 [30件] あつた, ありましたが, あります, ありますよ, ありません, ありませんこっち, ありませんよ, あり少し, あり心, あり悲しく, あるが, ある私, あろうさ, ないかも, ないという, ないむしろ, ないよう, ない不審, ない事, なかつたが, なきを, なければ, なさそう, 不審で, 例外でも, 信用せざる, 奇妙でも, 奇態で, 無理でも, 起りそう

▼ 不思議がっ~ (84, 0.5%)

22 ている 12 ていた 2 て, てその, て探り

1 [44件] たりし, たりした, たり余り, たり初めて, ていさ, ていたで, ています, ていらっしゃる, ていられました, ているらしかった, ているらしく, ていろいろ, てお, ております, ておりまする, てききます, てここ, てしげしげ, てじっと, てたっ, てばかりはいられなかった, てアジャンター, てテレビジョン, てマダム三浦, てワイワイ, て一緒, て云いはやし, て人, て僕, て居た, て居ました, て居る, て彼女, て更に, て注意, て眺め, て見, て覗眼鏡, て言った, て訊く, て近所, て首, て騒ぎ立っ, て騒ぎ立てる

▼ 不思議~ (78, 0.4%)

2 な, 主人の, 今まで, 嘆きが

1 [70件] ある日, いぶかしや, おへん, お勢, お小夜, お日様は, かなしみの, きらきらと, くら暗, この時, すみれ売のか, そのとき, そのまま行方不明, その天産物, その時妾, それらしい, どこからとも, な小机, な左, な汝, わらんべの, セエラは, 一天にわかに, 亀縮ん, 何やらん, 其の天守, 其の時計, 其處らが, 前庭の, 去る三日, 唄った時, 唄つた時の, 四人の, 四十人の, 墓所の, 壁は, 天窓は, 妙へ, 妾は, 宇津木兵馬の, 実際には, 小便たちまち, 己が, 忽ち眼前, 忽然とし, 悪魔は, 暗い空, 棺の, 模擬貨幣は, 死人の, 池の, 王さまの, 生き神生き仏良心あっ, 立ち竦んで, 総身の, 羽根布団が, 自分は, 色面白い, 若き日, 蒔絵の, 裾も, 見も, 追えども, 酒の, 錠は, 長寛二年の, 青眼先生の, 静かに, 鬼火は, 麗しい紅

▼ 不思議じゃ~ (72, 0.4%)

13 ありませんか 12 ないか 5 ない 4 ござんせんか, アありません 3 のう 2 ござんせんかい, ないよ, アねえか

1 [25件] ありませんよ, あるまい, けえ, この家, ございませんか, ござんせぬか, ごわせんか, どうしてもこれ, な, ないかいな, ないかも, ないじゃ, ないと, ないわ, ないわね, ねえかよ, ねえですかい, ねえよう, アございません, アない, アねえかよ, ア御座いません, ア有りません, 一体全体, 今の

▼ 不思議がる~ (71, 0.4%)

9 ことは 4 のは, のも 3 事は 2 にも及ばない, にも当らない, のが, のである, 人も

1 [41件] かも知れない, ことが, ことも, であらう, ところである, とスマイリイ, と同時に, と女, には何, には当らない, にも及ばねえ, にも当たらない, のでした, のみのこと, のを, ばかりでなく, ほどの事, ほど冬, ほど甘い, ものでございます, ものは, やうな, ようです, ような, ように, よりこちら, 人が, 以前に, 余りバシリスクの, 余り雷の, 奴が, 始末です, 心の, 必要は, 所は, 方が, 暇も, 程指先の, 親達が, 階下の, 頃でした

▼ 不思議さうに~ (64, 0.4%)

10 訊いた 7 眺めて 4 立つて 3 見た 2 き, 眺めた, 眺めたが, 見ま

1 [32件] お二人, お富, かの女, きよろきよろし, しげしげ私, して, じつと, その虫眼鏡, ぼやいた, 何もかも不思議さ, 凝と, 尋ねました, 思ふ者, 眺め二人, 立ちどまって, 立ちどまつて, 立去る, 聞いた, 聞いて, 若い男, 見おろした, 見まもりながら, 見やりながら, 見上げて, 見入るだらう, 見迎, 見過ごしながら, 訊いた事, 訊かれました, 訊きました, 訊ねる, 訊ねるので

▼ 不思議とも~ (61, 0.3%)

3 思わずに 2 なんとも思いませんでした, 思はず又, 思わずその, 思わないほど, 思わなかった, 思われなかった

1 [46件] いうべきであるから, いうべきめぐり合せ, いえば, しないの, しなかった, しなくなるもの, せざるところ, せずに, たとえよう, なく傳, なんとも思わないであろう, 不快とも, 何とも云い, 何とも形容, 奇体とも, 形容し, 思いませんがね, 思いませんでした, 思はずぴよん, 思はない, 思はないの, 思はれるの, 思わずそこ, 思わずやっ, 思わないかの, 思わないで, 思わなかったの, 思わなかったらしい, 思わなくなりまた, 思わぬほど, 思われるの, 思われる一つ, 思われる一種, 思われ何ん, 感じて, 感じなかったほど, 感じること, 有難すぎる, 無気味とも, 異様に, 矛盾とも, 考えないこと, 考えなかった, 言えよう, 訝しいとも, 面妖とも

▼ 不思議である~ (59, 0.3%)

2 がしかし, と思った

1 [55件] いかに月光, から, からそこ, からである, から又, から友人, から小, から母, から翌日, がさらに, がよく, が二人, が人, が今, が兎, が地方, が大, が実は, が実際, が実験室, が工藝, が恐らく, が此, が民藝館, が結構, が要するに, が調べ, ことか, こんなところ, こんな用事, だけだつた, という, という顔つき, といえ, としてもあまりに, と云うなら, と同様, と思い, と思いました, と思う, と思っ, と思ひ, と感心, と語っ, な, などとお松, のに今, のに庭中何処, ばかりか女, ばかりでなく, もしや鍛冶, ように, 以上は, 婆者初, 小説的である

▼ 不思議でならない~ (43, 0.2%)

5 のです, のは 4 のだ 2 ことが, ことは, と燒, よ, んだ

1 [19件] が, くらいで, くらいです, たかが女, と云う, と焼, と言つて, どうしてお前, のだった, のでございます, のでしょう, のでそれ, ので小僧頭, ほどの恐しい, やうでした, やうに, 気が, 矢張雪子ちゃんと, 顔つきであった

▼ 不思議とは~ (43, 0.2%)

3 思わない 2 云は, 思いません, 思いませんでした, 思はない, 思はないか

1 [30件] いえない, いえないかも, いえないの, いはれないの, いふもの, この事, しないで, しないの, しない事象, せぬが, 云ったものの, 何が, 何だ, 存じ申さぬ, 思えないの, 思ったが, 思って, 思はないの, 思はぬので, 思わせないほどの, 思わないでしょう, 思わぬ, 思わぬが, 思わねえ, 思われない, 思われなくなるの, 思われん, 申されぬ, 申し難い, 考えないが

▼ 不思議~ (40, 0.2%)

18 やありません 13 やない 2 や, やねえか 1 やあねえか, やが, やございません, やと謂はつ, やなかつた

▼ 不思議でない~ (36, 0.2%)

3 ことに, 気が 2 ことは, ような

1 [26件] かお, かもしれない, かも知れません, が世間普通, が觀自, ことも, ことを, であらう, というべき, とお, としても不思議, と思った, と思ふ, と静子さん, にし, のでなぜ, ばかりか我々, ものが, わけには, 事を, 今迄, 入訳を, 所有品だ, 況んや, 町, 立派な

▼ 不思議だった~ (29, 0.2%)

4 のです 3 のは 2 がその

1 [20件] がそれ, がでは, がやがて, くらいずんずん, くらいで, くらいでございます, けど今, けれど喧嘩, しまるで, し雪, なあ, のかも, のだ, ので, のである, のでつい, ので特別, ばかりで, よ, わけである

▼ 不思議千万~ (29, 0.2%)

4 である, なこと

1 [21件] その者, だと, で, であるイヤ不思議, でした, ではない, な事, な事実, な動作, な場所, な心理状態, な情景, な決闘, な盗難事件, な色出入り, な話, にも珊瑚, に思う, の次第に, 何か, 胆を

▼ 不思議という~ (27, 0.2%)

5 のは 4 ほかは 3 ほかない, 外ない

1 [12件] ことは, ことばを, ことを, ものが, ものだ, ものだろう, 中に, 外ありません, 心持が, 段には, 言葉に, 言葉の

▼ 不思議には~ (27, 0.2%)

2 思いながらも, 思はなかつた, 思わないで, 思わなかった

1 [19件] おおよそ定まった, なれられない縁, 思いませんでした, 思えない, 思ったが, 思って, 思はない, 思はないので, 思はないらしかつ, 思はぬであらう, 思ひ及べなかつた, 思わなかったが, 思わなかったけれども, 思わぬであろう, 思われないでしょう, 感じないが, 感じられなかった, 映らなくなった, 自分自身の

▼ 不思議さうな~ (26, 0.1%)

16 顔を 4 顏を 1 容子を, 眼を, 顏に, 顔で, 顔付, 顔付で

▼ 不思議がった~ (23, 0.1%)

2 のは

1 [21件] うえ六ツもの, がお, がやはりずるずる, が彼女, くらいだ, くらいです, というの, とか立舂, に相違, ね, のが, ので, のも, は馬鹿げ, ものさ, ものである, ものです, ものも, ような, 歌の, 験は

▼ 不思議がり~ (18, 0.1%)

5 もせず

1 [13件] ながら傍ら, ながら口, ながら立っ, ながら逸作, はしない, はしなかった, はしません, もし, もしなかった, もしなかつた, もせず帰っ, 容易に, 若しかする

▼ 不思議にさえ~ (16, 0.1%)

3 思った, 思われた 2 思われて 1 思う, 思えた, 思ったもの, 思って, 思われる, 思われるほど, 感じながら, 感じられた

▼ 不思議でございます~ (15, 0.1%)

2 な, ね, ねえ 1 から私, がその, ことね, それは, なあ, な小, の, わ, 歩くにさえ

▼ 不思議~ (15, 0.1%)

4 な顔 2 にお, にし, に二人 1 な顏付, に答えた, に見つめ, に覗き, に部屋

▼ 不思議な思ひ~ (14, 0.1%)

1 [14件] がした, がする, きりを, すら与へず, であつ, でしばらく, でそんな, にとらはれはじめ, に打たれた, に撲たれた, に満たされた, をした, を起させる, 出だ

▼ 不思議であった~ (13, 0.1%)

1 [13件] からでありました, が, がそれ, がふと, が恐らく, が私, が要するに, くらい四囲, ことを, と林, にし, のだ, のである

▼ 不思議として~ (12, 0.1%)

1 [12件] こう訊ねた, のぞいて, ゐる, 伝えられて, 信ずる, 感じる事, 数えられて, 数えられ得るの, 私の, 葬らるべき性質, 親から, 話した

▼ 不思議でなく~ (11, 0.1%)

2 たまたま特別 1 あなた方の, ってなん, てその, また珍, また荘一清, もない, 事実また, 自然な, 顕現する

▼ 不思議なり~ (11, 0.1%)

2 と謂 1 というべし, とし, とした, として, とてその, とて恐ろし, と云, わが新しく, 城の

▼ 不思議でならなかった~ (10, 0.1%)

5 のです 1 がかえって, がじつは, がそれ, のであります, のは

▼ 不思議な死に~ (10, 0.1%)

6 方を 1 ようを, 方は, 様だ, 様だった

▼ 不思議きわまる~ (9, 0.1%)

1 ことでした, ものだ, 出来事が, 因縁に, 感じです, 早わざを, 言葉でした, 話である, 謎の

▼ 不思議でならねえ~ (8, 0.0%)

2 なんて無駄 1 からいろ, からいろいろ, と金之丞樣, ンで, ンです, 唐犬の

▼ 不思議~ (7, 0.0%)

1 あらむ, え, それは, ない方, 不思議でない, 判らなかった, 私は

▼ 不思議であり~ (7, 0.0%)

2 罪と 1 且つ遺憾, 恐れである, 第二, 認識上の, 驚異であり

▼ 不思議でたまらなかつた~ (7, 0.0%)

7 のです

▼ 不思議でならなかつた~ (7, 0.0%)

6 のです 1 のである

▼ 不思議なら~ (7, 0.0%)

1 ばまだ, ば幾何学者, また少年, む, 不思議な, 小判一枚だけ, 燐寸の

▼ 不思議がってる~ (6, 0.0%)

2 んだ 1 と肥った, のだ, ようだった, んです

▼ 不思議がられる~ (6, 0.0%)

2 のである 1 ことが, のでありました, のは, 方が

▼ 不思議だろう~ (6, 0.0%)

1 か, この石化, て, な, よ, 冷泉華子の

▼ 不思議でたまらぬ~ (6, 0.0%)

2 というよう, ように 1 という気持, といったふう

▼ 不思議でなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばならない, ばならぬ 1 ばなりません, ば色

▼ 不思議でならぬ~ (6, 0.0%)

1 くらいによく, ことは, のだ, のである, のです, のは

▼ 不思議といふ~ (6, 0.0%)

1 のは, ものだ, 事を, 外ない, 意味が, 氣は

▼ 不思議不思議~ (6, 0.0%)

1 と云い囃す, と云い暮し, と考え, と言い募っ, と騒ぎおる, 近づいて

▼ 不思議極まる~ (6, 0.0%)

1 ことだった, ものです, 事態だった, 大鳥が, 潮流な, 顔附で

▼ 不思議じゃあ~ (5, 0.0%)

2 ありませんか 1 ないか, ないですか, ないよ

▼ 不思議どころ~ (5, 0.0%)

4 でなく以前 1 じゃねえ

▼ 不思議なれ~ (5, 0.0%)

1 と大原, ども実は, ど勘藏, ばとて山臥, ば鬼火

▼ 不思議がらない~ (4, 0.0%)

1 でもいいでしょう, で済ん, ような, 事柄の

▼ 不思議さうにあたり~ (4, 0.0%)

2 を見 1 を眺め, を見廻し

▼ 不思議さうに丑松~ (4, 0.0%)

4 の顔

▼ 不思議さうに私~ (4, 0.0%)

2 の顔 1 の顏, を見た

▼ 不思議でげす~ (4, 0.0%)

1 が些, が彼様, ねえ, ねえこれ

▼ 不思議でした~ (4, 0.0%)

1 が, が刀, けど, のにこの

▼ 不思議でなりません~ (4, 0.0%)

21 から親分さん, なあ

▼ 不思議なし~ (4, 0.0%)

1 といい, わざだけ, 化物なし, 猿の

▼ 不思議よりも~ (4, 0.0%)

4 我々の

▼ 不思議をも~ (4, 0.0%)

1 偶には, 感じなかつた, 疑わず素直, 胸に

▼ 不思議~ (4, 0.0%)

4 でもない

▼ 不思議~ (4, 0.0%)

4 を導く

▼ 不思議~ (4, 0.0%)

1 がどうして, が助け, もいない, も住ん

▼ 不思議あり~ (3, 0.0%)

1 将軍御車より, 此事周書異, 血天井不

▼ 不思議がらず~ (3, 0.0%)

1 にはいられなかった, に平然と, に矢

▼ 不思議がらせ~ (3, 0.0%)

1 それより, ついにその, て見

▼ 不思議がらせた~ (3, 0.0%)

3 のは

▼ 不思議がります~ (3, 0.0%)

1 が僕, と実は, よ

▼ 不思議さうに云~ (3, 0.0%)

2 つた 1

▼ 不思議さうに首~ (3, 0.0%)

1 をかしげ, を傾けず, を傾げ

▼ 不思議であっ~ (3, 0.0%)

1 てそういう, てなにか, て何物

▼ 不思議であろう~ (3, 0.0%)

1 ぞ, な, やと豪語

▼ 不思議でたまらん~ (3, 0.0%)

1 から理由, ことが, のだ

▼ 不思議でならず~ (3, 0.0%)

1 いずれその, 何となく雪子, 夫の

▼ 不思議でならん~ (3, 0.0%)

2 のは 1 が停車場

▼ 不思議とや~ (3, 0.0%)

1 いふべき, 云わん天, 言はん

▼ 不思議なんて~ (3, 0.0%)

1 ことは, そんな洒落た, ものは

▼ 不思議な殺され~ (3, 0.0%)

2 方で 1 方は

▼ 不思議な消え~ (3, 0.0%)

2 方を 1 かたを

▼ 不思議な話し~ (3, 0.0%)

1 でどうも, をし, を思ひ出し

▼ 不思議について~ (3, 0.0%)

1 何かしら, 新田先生は, 考えた

▼ 不思議に対して~ (3, 0.0%)

1 あんなに吃驚, はつきりと, 知らず知らず感服

▼ 不思議に対する~ (3, 0.0%)

1 世間普通の, 疑いは, 詩的驚異と

▼ 不思議~ (3, 0.0%)

1 すぐに, 国男さんに, 貴方は

▼ 不思議ねえ~ (3, 0.0%)

1 あなたは, きのうまで, わたしたち一人で

▼ 不思議みたい~ (3, 0.0%)

1 だよ, なもん, な調子

▼ 不思議~ (3, 0.0%)

1 心理ヲ, 紳士ニナツテ数々, 経験デアッタ

▼ 不思議研究会~ (3, 0.0%)

1 においてそのいわゆる, において試験, にて御

▼ 不思議かも~ (2, 0.0%)

1 しれないが, 知れません

▼ 不思議がられ~ (2, 0.0%)

1 ている, 問題にも

▼ 不思議がるであろう~ (2, 0.0%)

1 か, がその

▼ 不思議こそ~ (2, 0.0%)

1 神の, 米国人の

▼ 不思議この~ (2, 0.0%)

1 御家騒動の, 方面からは

▼ 不思議さうに四方~ (2, 0.0%)

1 を眺め, を見廻し

▼ 不思議さうに対手~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ 不思議さうに母~ (2, 0.0%)

1 の顔, を見上げ

▼ 不思議さうに目~ (2, 0.0%)

1 をぱちくり, を見合

▼ 不思議さうに眼~ (2, 0.0%)

1 を光らせた, を視

▼ 不思議さうに窓~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 不思議さうに老人~ (2, 0.0%)

1 の手, を眺め

▼ 不思議さただ~ (2, 0.0%)

1 の海亀, の海龜

▼ 不思議じゃが~ (2, 0.0%)

1 冬どのとやらも, 当夜は

▼ 不思議じゃと~ (2, 0.0%)

1 思うて, 言うばかり

▼ 不思議その~ (2, 0.0%)

1 声が, 数だけの

▼ 不思議だって~ (2, 0.0%)

1 えの, 大評判

▼ 不思議だつた~ (2, 0.0%)

1 が其の, が別に

▼ 不思議だの~ (2, 0.0%)

1 なぜでござろう, 妖怪だ

▼ 不思議ぢやあ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ 不思議でありました~ (2, 0.0%)

1 からひとみ, が丹後守

▼ 不思議でなかった~ (2, 0.0%)

1 しその, に相違

▼ 不思議でなくなる~ (2, 0.0%)

1 ようである, ワ

▼ 不思議でなり~ (2, 0.0%)

2 まへん

▼ 不思議で堪らない~ (2, 0.0%)

1 から聞く, のだ

▼ 不思議で堪りません~ (2, 0.0%)

1 からそれ, 私の

▼ 不思議というの~ (2, 0.0%)

2 ほかは

▼ 不思議というも~ (2, 0.0%)

1 余りあり, 愚かならずや

▼ 不思議とを~ (2, 0.0%)

1 感じて, 感ぜざるを

▼ 不思議なあり~ (2, 0.0%)

1 さまは, さまを

▼ 不思議なおも~ (2, 0.0%)

1 ひであたりを, もちを

▼ 不思議なかがやき~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を浮べ

▼ 不思議なく~ (2, 0.0%)

1 出来るって, 感じて

▼ 不思議なはにかみ~ (2, 0.0%)

1 をその, を持っ

▼ 不思議なよろこび~ (2, 0.0%)

2 を君

▼ 不思議な祟り~ (2, 0.0%)

2 はこれ

▼ 不思議な言い~ (2, 0.0%)

1 つぎが, 現わし方

▼ 不思議な驚くべき~ (2, 0.0%)

1 ことだった, 性質を

▼ 不思議にて~ (2, 0.0%)

1 たすけたま, 地上に

▼ 不思議にばかり~ (2, 0.0%)

1 お思われ, 思われて

▼ 不思議のち~ (2, 0.0%)

1 から, からである

▼ 不思議より~ (2, 0.0%)

1 ゃむしろ乱暴だ, 今目前

▼ 不思議~ (2, 0.0%)

2 の不思議

▼ 不思議~ (2, 0.0%)

1 事候, 事出来仕

▼ 不思議~ (2, 0.0%)

1 までたしかに, 眼の

▼ 不思議千萬~ (2, 0.0%)

1 である, なもの

▼ 不思議及ぶべしや~ (2, 0.0%)

2

▼ 不思議~ (2, 0.0%)

2 を経る

▼ 不思議現象~ (2, 0.0%)

1 だけで葬りたく, の儘

▼ 不思議至極~ (2, 0.0%)

1 で思いだしても, 奇怪千万な

▼ 不思議見た~ (2, 0.0%)

2 か聞いた

▼ 不思議~ (2, 0.0%)

1 がある, はどれ

▼1* [334件]

不思議あれは魅力, 不思議いつまでも爆発, 不思議いつやつてきた, 不思議いやなんたる, 不思議國さんが, 不思議かかる奇蹟で, 不思議かつ巧妙な, 不思議かと問えば, 不思議から不思議へ, 不思議がってるらしい彼の, 不思議がっとる福昌号の, 不思議がらうともしなかつた, 不思議がらざるを得なかった, 不思議がらせないやうに, 不思議がらつしやる, 不思議がられず理想の, 不思議がられたそうである, 不思議がられなかったかも知れない, 不思議がられましたけれど失っ, 不思議がりなさるには及びません, 不思議がりましたが夜, 不思議がり寝椅子が, 不思議がるでも無く, 不思議がるまえにまず, 不思議がればいよいよ, 不思議がんのん, 不思議きかばや, 不思議きわまりない幾文字か, 不思議ぐらいな賑いである, 不思議に彼, 不思議ことにある, 不思議これは希代, 不思議さうにおんつぁん, 不思議さうにこちらを見上げた, 不思議さうにそれに見とれ, 不思議さうにちよつと眼, 不思議さうにぢつと見あげ, 不思議さうに一郎をふり, 不思議さうに不思議さうに何もかも不思議さ, 不思議さうに二人の会話, 不思議さうに云つた事があつ, 不思議さうに代助を見た, 不思議さうに僕の顔, 不思議さうに卓子の向側, 不思議さうに友達の顔, 不思議さうに口を入れる, 不思議さうに周三の顏, 不思議さうに四囲を眺めた, 不思議さうに大西の股間, 不思議さうに大越さんは私, 不思議さうに女の顔, 不思議さうに娘の顔色, 不思議さうに子犬を見, 不思議さうに對手の顏, 不思議さうに小僧の顔, 不思議さうに小生の表情, 不思議さうに幼な子, 不思議さうに弄くり廻して, 不思議さうに指先を眺め, 不思議さうに振りむいて, 不思議さうに擬と見, 不思議さうに支配人の顔, 不思議さうに此方を見, 不思議さうに歸つて來るの, 不思議さうに照ちやんを見た, 不思議さうに物問ひたげな顏, 不思議さうに珍らしさ, 不思議さうに田中博士の顔, 不思議さうに男を見る, 不思議さうに盜み見るので, 不思議さうに目送した, 不思議さうに省三の顔, 不思議さうに眉をしかめた, 不思議さうに眺めまは, 不思議さうに空を見あげ, 不思議さうに突立つて居りましたが, 不思議さうに箱を開け, 不思議さうに糸子を見, 不思議さうに給仕の者, 不思議さうに美奈子をジロ, 不思議さうに聽くと, 不思議さうに覗き込で漸く, 不思議さうに赤塚氏の顔, 不思議さうに車の上, 不思議さうに返事した, 不思議さうに青年の顔, 不思議さうに頭をかしげ, 不思議さうに顏を擧げた, 不思議さうに風早學士の樣子, 不思議さえあるの, 不思議さそれに鞘, 不思議さ刄物なんか何だ, 不思議さ忍藻の眼, 不思議さ気が気, 不思議さ限りなくあの, 不思議さ餘つ程, 不思議しかとさようかな, 不思議しかもその後には, 不思議やない, 不思議じゃあねえか争われねえもん, 不思議すぎてばからしい, 不思議すぎますよ, 不思議ーッと, 不思議せんばん, 不思議そこに居る, 不思議そのまますうっと下, 不思議そのものであり微か, 不思議それほどの意味, 不思議たる所です, 不思議だきたいだといったところ, 不思議だらけのこと, 不思議づくめの, 不思議であらうか, 不思議でありますねえ, 不思議でありませんか, 不思議である分かるわけが, 不思議であれば時, 不思議でございましょうがまあ, 不思議でございませんけれどもそれ, 不思議でござんすな, 不思議でごすて, 不思議でしてね, 不思議でしょう此様な, 不思議でしようねえ, 不思議ですつぽんと, 不思議でたまらずさればといっ, 不思議でたまらねえのが, 不思議でつかまえにくくて, 不思議でなくなって, 不思議でならねえ, 不思議でならないらしく何度も, 不思議でならなくなつた, 不思議でなりませぬよ, 不思議でなりませんでしたから, 不思議でのうて熊, 不思議で堪まら, 不思議で堪らずロシア人という, 不思議で御座いますよ親分, 不思議で無い幽霊塔の, 不思議で無く行われたという次第, 不思議で見えない方が, 不思議で解きがたく謎, 不思議というくらいなもの, 不思議というは青い腰, 不思議といったのだ, 不思議といふの外なし, 不思議といふも類なし, 不思議とうたが一つ, 不思議とかいうような, 不思議とさえ考えた, 不思議としか言うこと, 不思議とで頭脳が, 不思議とでも申すより, 不思議ととなうるもの, 不思議となつて眼前に, 不思議ろへ, 不思議どうした訳, 不思議どうして知って, 不思議ども現じける人, 不思議どんどん飛ばして, 不思議ないが変, 不思議ないいつたえのある, 不思議なうなり声を, 不思議なえぐり傷とを, 不思議なおどろくべき物語では, 不思議なかたまりがいつのまにか, 不思議なかなか便利ぢや, 不思議ながらに引揚げる, 不思議ながらも確かな, 不思議なこじれ方を, 不思議なこたない, 不思議なこんだ殺された処へ, 不思議なさびれた所が, 不思議なさり氣ない, 不思議なぞありません, 不思議なだんだら, 不思議なとらえ難い勇士, 不思議などといろいろの, 不思議などはないの, 不思議などをすっかり聞き出し, 不思議なばけ物だ, 不思議なひびきを持っ, 不思議なめぐり会いがただごとでない, 不思議なめぐりあわせじつは黒岩さま, 不思議なゆれかたを, 不思議ならいったかと思う, 不思議ならしむる最も異様, 不思議なりし事なり, 不思議なり遊ばせてゐる, 不思議なる変り方を, 不思議なんたる惑わしさ, 不思議な云い方で, 不思議な似方な, 不思議な信じ難いもの, 不思議な光りが隅々, 不思議な光るものが, 不思議な分捕品は, 不思議な切っかけで本, 不思議な判じものでした, 不思議な動いている, 不思議な啼き声だ, 不思議な嗄れごえの, 不思議な嗄れたる声で, 不思議な嘯くような, 不思議な嘲りに似た, 不思議な圧しつけるような, 不思議な変り方を, 不思議な変わり方だった, 不思議な役に立つ事を, 不思議な息づまるような, 不思議な惑わしを持っ, 不思議な惚れ薬黒鉛に, 不思議な憧れや, 不思議な戦きが身内, 不思議な探險でした, 不思議な掻き傷が, 不思議な断り方で, 不思議な殺されようをした, 不思議な焼いた粘土の, 不思議な生きた感じに, 不思議な疑間は, 不思議な粘りづよさで漉し, 不思議な縺れ合いについて何, 不思議な考へ方の, 不思議な苛立たしさと, 不思議な苛立ちに駆られる, 不思議な見え難い線, 不思議な見なれない船が, 不思議な軋り泣きする, 不思議な輝いた顔つきで, 不思議な追っ駈けっこを, 不思議な遣瀬な, 不思議な酔い方を, 不思議な阿娜女は, 不思議な隠約が, 不思議な鳴り方を, 不思議な黒ずんだ色を, 不思議にすら思えた, 不思議にな一つ色では, 不思議にもにッたりと, 不思議によってこの蔓草, 不思議はも耀き出, 不思議ばかりは世代を, 不思議ふしぎを繰返す, 不思議ふたりの太刀持ち露払い, 不思議釣り込まれつつ, 不思議もねえわけの, 不思議やさしも温順, 不思議やったんで軍曹, 不思議やめちやめちやの惣潰れ, 不思議やら何が, 不思議やらで暫時心の, 不思議喃, 不思議よく自分に, 不思議よりはこの方, 不思議らしい調子である, 不思議らしくトリツクが, 不思議らしくなかったのが, 不思議らしく眺めてゐた, 不思議らしく見えても撥条, 不思議ダフウトと名づけ, 不思議アル, 不思議デゴザイマスネ無理ニ力ンデ堅イオ通ジデモナサイマシタカ, 不思議ナクライ旺盛ナ慾望ニ, 不思議ナナマメカシサハ彼女ガ和服ヲ着, 不思議ナ顔ヲシテイル, 不思議重ミガカヽリ, 不思議ニ歌舞伎俳優ノ若, 不思議ヨイヨイ足で米とい, 不思議一夜のうち, 不思議不思議一夜のうち, 不思議不思議蟹のよう, 不思議不思議誰がどうして, 不思議と思ひ, 不思議云々然後日所令風聞彼時刻也, 不思議人心顔かたちでは分らね, 不思議以上だ, 不思議何事かこれ, 不思議何者であろう, 不思議は益々, 不思議偏屈予の如き, 不思議兄重蔵をご存じ, 不思議は彼, 不思議効験いやちこのこれ, 不思議千万奇怪の至り, 不思議博士の身体はぶーん, 不思議日本橋の, 不思議古語の魅力, 不思議同じ一つの, 不思議因縁で寂心, 不思議のアリス, 不思議国行脚ですけど, 不思議奇々妙々なの, 不思議奇っ怪に思う, 不思議奇手烈妙ちきりん庄公びっくりするな, 不思議奇蹟などいふ, 不思議に押えられました, 不思議実によく当りました私, 不思議容易に釣れる, 不思議小さき人一人殖えたれ, 不思議小僧不死身小僧無病小僧漫遊小僧ノロノロ小僧, 不思議式不可知論の独断性, 不思議当然といえ, 不思議彼女は軽く, 不思議を帯び, 不思議怪塔ロケットは傘, 不思議に凝, 不思議に其声, 不思議或は射られた時, 不思議打たせて知らせた, 不思議林檎はグチャリ, 不思議正しく彼の, 不思議に尋ねる, 不思議気分が平常, 不思議水晶の栓, 不思議滅多に外出, 不思議の中, 不思議無いでは, 不思議猛犬の四肢, 不思議畜生ながら奴等, 不思議突飛と言え, 不思議紅茶が半分, 不思議の喩, 不思議薫不思議臭の喩, 不思議のよう, 不思議蠅男の身体, 不思議近づいて見る, 不思議金博士の驚異軍艦ホノルル号, 不思議釣れましたからどうも, 不思議鏡電気屋敷などすべて, 不思議雪子さんの葬儀, 不思議霊妙の境遇, 不思議霊怪というべけれ, 不思議