青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

万~ 万一~ 万事~ ~丈 丈~ ~丈夫 丈夫~ ~三 三~ ~三つ
三つ~
~三人 三吉~ 三味線~ ~三年 ~三度 ~三日 三月~ 三浦~ 三田~ 三角~

「三つ~」 6981, 72ppm, 1558位

▼ 三つ~ (2425, 34.7%)

29 ものが 23 ものを 17 ものは 13 ものの 11 影が 10 千両箱を, 金の 9 千兩箱を, 寶 8 うちの, 場合を, 岩の, 年に, 眼が, 角は 7 時に, 条件を, 窓の, 部分に, 部屋が, 顔が, 黄金どく 6 トランクを, 中で, 影は, 歳に, 段階に, 点を, 理由が, 種類の, 要素を, 音が 5 ことを, どくろ, 品を, 年から, 方法が, 死, 段階を, 点に, 要素の

4 [24件] ことが, 三角標が, 世界を, 中の, 原因が, 型に, 大きな窓, 手紙を, 時代を, 条件が, 棺, 死骸が, 渦巻が, 生活が, 異った, 種類に, 要素が, 角の, 言葉が, 言葉で, 言葉を, 谷を, 頭の, 顔を

3 [51件] うちで, たるに, もの, ものに, コップが, ワルツ, 事を, 事件を, 人影が, 傾向を, 内の, 内容が, 別な, 句の, 呪文を, 問いの, 問いを, 問題を, 場合が, 声が, 島が, 島を, 川の, 文字を, 方面から, 星が, 時の, 枝の, 歳死ん, 煩悩を, 特色が, 独楽が, 理由から, 生命は, 生活の, 異つた生命, 眼で, 神が, 種類を, 線を, 花の, 部分から, 部屋を, 鐘が, 門を, 隊に, 階級に, 階級の, 頭を, 顔, 黒い影

2 [179件] お面, こと, すがた, ときに, どれかを, なかで, ものこそ, ものである, イスを, イズムは, オレンジの, サーチライトが, テエブルと, テントを, ドアが, リボンを, 上に, 丘の, 事情が, 事柄が, 例は, 偉大な, 傾向が, 像を, 分化である, 劇団が, 劇場は, 千両箱が, 千両箱に, 千両箱は, 千兩箱は, 単語を, 卵を, 口から, 名は, 名を, 名前の, 命を, 品物を, 問答が, 問題が, 問題の, 団子を, 場合に, 場所で, 外には, 大きな, 大きな岩, 大学が, 契機を, 妖しい光, 娘が, 娘まで, 子が, 子を, 字が, 字は, 完全に, 客車とで, 寳, 寺を, 対し方, 小説が, 小説を, 小部屋, 展覧会, 山を, 岩を, 廻転錐の, 形の, 影を, 影法師が, 性質が, 意味が, 感情が, 慾望に, 懐中電灯の, 扉が, 手毬を, 提燈は, 文字と, 方法しか, 方法とも, 時おふくろが, 時代に, 時代の, 時期に, 時死ん, 曲輪が, 条件に, 条件の, 杯が, 枝に, 根拠を, 根本契機を通じて, 條件が, 梨の, 死骸を, 死體を, 段階, 段階が, 殻片に, 池の, 涌き口, 源泉を, 漢字を, 潮流が, 点が, 点で, 点は, 煙りが, 煩悩の, 物語が, 物語には, 特徴が, 王冠, 理由を, 生活を, 異る, 疑問と, 病棟に, 皮袋に, 目が, 相に, 眼を, 石の, 砦門を, 秘曲を, 穴を, 空間の, 窓, 窓から, 窯を, 章が, 節句の, 籐の, 籠を, 縁台に, 縁台の, 罪が, 者は, 色が, 色彩の, 蛟は, 街区を, 街路を, 規定は, 角が, 角を, 言葉の, 記念の, 話は, 説は, 資本を, 足跡が, 輪が, 道が, 道に, 道の, 部分が, 重大な, 重要な, 鈴を, 鉄の, 開閉器を, 間に, 階段を, 雑誌と, 面から, 面が, 音の, 頭は, 首が, 首の, 骸骨が, 骸骨は, 黒い丸薬, 黒い人間, 鼻の

1 [1485件 抜粋] あたり文句が, うす赤い鎖, うちいつかひとりでに, うちどれを, うち一つが, うち二つを, うどん玉は, お蔭で, かなり長い, かわった話, きのこの, こって, ことばで, ころより, さらし首を, ために, つづらを, てんぷらの, ときだ, ときの, とき六番目の, どれもが, なぜ, ひきだしへ, ほかに, ぽうで治ま, まどからどっかに, むくろ, ものと, もの夫, んだ, アーチから, イズムを, エレメントが, ガラス戸つきの, グループを, コースの, シルエットが, ジェネレーションを, ストランド, タンクです, チョコチョコと, トランクと, トーチの, ノートを, バザーと, ピアノ曲, フレースに, ベースに, ランプを, レブは, ヴァライエティだけが, 一つは, 一般的事実であり, 下山口を, 不可分の, 不適当, 世界が, 中では, 中学校の, 中継局を, 主なる, 主題が, 九十円, 予言, 事しかと, 事に, 事件の, 事情の, 事柄の, 事項は, 井戸は, 享樂の, 人形が, 人物の, 仕事を, 代表作と, 代表的質問の, 仮定の, 件には, 伝記は, 位置の, 住所を, 作品に, 作品の, 作品特に, 例なども, 価格が, 停車場からは, 偶然が, 傾向によって, 働きが, 像は, 元から, 光芒が, 公理に, 兵力が, 内が, 内容である, 内規を, 出入り口は, 出入口が, 分野の, 切字が, 創作方法は, 力が, 力を以て, 勢力が, 包を, 区別を, 區別は, 千兩箱が, 南瓜を, 即興曲と, 厚い板, 原因の, 原素, 友という, 口で, 口伝は, 古典的源泉に, 叫びを, 台の, 名作が, 名前さえ, 吸入井戸を, 呪い方, 味方を, 品の, 品物の, 問いが, 問ひ, 問題に, 嘗め物, 四角い漆塗, 図面が, 国は, 土倉を, 在所に, 坐った猿, 埃だらけの, 基本的な, 基本的問題が, 基礎的な, 堂を, 場処の, 場合について, 場面と, 境地は, 墓並び, 声について, 変化が, 変死事件と, 変遷の, 外惑星が, 大きい燭台, 大きな月桂冠, 大きな谷, 大きな骨, 大勝あり, 大山が, 大広間を, 大罪を, 大阿, 天体の, 天罰の, 太い肱金, 奇しき事蹟, 契機と, 契機の, 女の, 女大学, 妨げと, 姿と, 娘は, 子供を, 季節即ち, 宝物が, 実例が, 実験を, 室が, 室の, 室屋に, 家の, 家訓書は, 宿題に, 寸分違わない, 寺へ, 封金を, 小さい沼, 小さな包, 小さな町, 小さな空気抜き, 小島にあたる, 小説から, 小部落, 局面に, 屍体が, 属の, 山っていう, 岐路に, 岩頸は, 島々を, 島影へ, 工場は, 帆は, 年かさであった, 年上で, 年下として, 年齢は, 店先に, 建物に, 弁と, 彗星が, 形に, 形態が, 形相を, 影の, 影法師を, 徳目を, 心に, 心得て, 心理的分散を, 志を, 思の, 性格は, 怪談は, 悲劇を, 惑星を, 意義と, 態度が, 懐中電灯に, 戯談を, 手本を, 手紙に, 拡がりを, 指紋, 捜査方針は, 据り, 探検隊の, 提灯の, 提燈の, 據有り, 教理を, 数字が, 敵意が, 文句が, 文字が, 文章に, 断片は, 新聞を, 方向を, 方法要素は, 方言の, 旅, 旗掲げた, 日本画の, 明かな, 星の, 時ひとりで, 時代すなわち, 時代的要因の, 時女は, 時期は, 時母に, 時計が, 時里に, 曲線の, 書きもの, 月は, 本能を, 机を, 材木会社と, 条件さえ, 条件について, 条件は, 枕を, 柱に, 根本契機は, 梅干瓶は, 棲処を, 椅子黒塗りの, 極寒村の, 様相に従って, 樂しき時刻, 樣態乃至, 横町の, 機会ある, 機関によって, 欠点を, 歌を, 歌集が, 歳から, 歳行方知れず, 歴史的時期によって, 死が, 死蝋の, 段階であった, 段階の, 殺人には, 母音に, 氏を, 民主主義の, 民謡, 池が, 法が, 波が, 洋酒の, 派が, 流れを, 流系を, 消防組を, 深いくびれ, 混合は, 渦巻も, 源泉から, 準備が, 演目の, 瀑布と, 灯し火明ら, 灯は, 炭車に, 点である, 点景に, 煙と, 燈の, 燭台や, 物の, 物質の, 特徴の, 状態間の, 独楽を, 獲物, 王冠が, 現実の, 理想の, 理由で, 瓶が, 生き物を, 生命の, 生産的用役を, 用役を, 男の, 男女五つの, 画を, 畏れが, 異なった姿, 異なれる, 疑問であります, 疑惑が, 癌を, 登山道が, 白馬連峯の, 盒に, 目的に, 目録に, 相を, 相異なった, 真相さえ, 眼ざし, 石に, 砦である, 確率この, 神性が, 秣桶と, 種類が, 穴が, 空間軸を, 窓と, 窓は, 竈が, 立場といふ, 竹生じ, 等級が, 策を, 箭筒が, 節の, 範疇を, 精神層は, 精進揚が, 系列と, 系統の, 紛失事件, 組に, 経は, 結合は, 絵画上の, 網代笠が, 線によって, 縦筋を, 罪とは, 美しいもの, 羽ばたきで, 考え方を, 者が, 職場を, 肺が, 能力が, 臓器を, 自殺が, 花が, 花薔薇と, 芸術団体が, 若い男, 茶碗に, 荒んだ滝, 萩の, 著述を, 薬名を, 藁屋根と, 虐殺の, 血が, 行李と, 行進曲の, 表現法によ, 要点, 要素と, 要素に対する, 要素範疇組織, 規定でなけれ, 観念は, 解が, 解答, 言葉に, 言葉位は, 記号が, 註文で, 評伝, 試し事とは, 詩も, 話が, 話を, 説が, 論文に, 謎が, 警戒すべき, 貝殻に, 資本の, 質を, 赤い十字記号, 赤い花, 超俗的な, 足に, 身体十字架の, 転化わけても, 輪の, 辞書を, 辻馬車に, 連続的音調を, 過程を, 道を, 違った作用, 違った音, 邦も, 部分を, 部分首と, 部屋の, 部曲は, 部門を, 都会から, 金モールの, 釦が, 鉢へ, 銀貨は, 錢が, 錦嚢を, 門の, 間の, 関所で, 關節の, 陶器を, 階梯から, 階級が, 隠者の, 電灯が, 需要が, 青年の, 面という, 韓方明が, 音階を, 頂点ABCが, 領地の, 題を, 顔も, 願ひ, 類型に, 風呂敷包や, 食事を, 飴チョコを, 首は, 駅に, 骨に, 體裁を, 鬼の, 魂が, 鳥の, 麦藁帽子が, 黄身と, 黒い斑点, 黒点

▼ 三つ~ (332, 4.8%)

15 分けて 10 なって, なる子供 9 なつた, 分れて 7 なる 6 なる女の子 5 なつて 4 切って, 大別し, 岐れ 3 して, なった, なったばかりの, なります, 分つこと, 切らなくても, 区切って

2 [20件] なったとき, なった訳, なるの, なるまで, なるミーチャ, なる娘, なる子, わかれて, わけて, 仕切って, 分かれて, 分けた人, 分けること, 分つた, 分れその, 割って, 区別した, 尽きると, 折れて, 配置しました

1 [188件] あったよう, おなりなされ, お砂糖, きまって, きめて, きめられた, くるんだ八十六文, これも, したにも, したもの, する, する人, そそのかされて, たった三月, なったその, なったの, なったので, なった子供, なった時, なった頭, なられるまで, なりはては, なりました, なりましたがね, なりますからね, なりますが, なります女の子一人, なり三つ, なり四名, なり小さい, なるお, なるお嬢さん, なるか, なるが, なるこの, なるめん子さん, なるわけ, なるトシ, なる児, なる女, なる女児, なる姉, なる子ども, なる弟, なる時, なる時小日向, なる次男, なる琴柱, なる男の子, なる細君, なる貴族, なる赤ん坊, なる迄, なる郁太郎, ひとつは, ひらいて, わかる, わかれた, わかれた編隊, わかれては, アイロンを, アルファを, ボール二つそれを, マグロアールは, 一つぐらいは, 一つである, 一つです, 一つと, 一つの, 一つを, 一つ位面白い, 三杯だけ, 二つは, 仕切ったその, 他ならなかった, 凧三つ, 分かれねば, 分かれます, 分かれるの, 分かれヒラヒラ, 分けた, 分けたこと, 分けたその, 分けちょうど, 分けます, 分けますが, 分けます時代もの, 分けられて, 分けるつもり, 分けるの, 分けるヒント, 分け栄養, 分たれて, 分ちその, 分ち京城, 分ち左脇, 分つて, 分つ事, 分れた地線, 分れた槍, 分れます, 分れること, 分れると, 分れる処, 分れる左, 分れわれわれ, 分れ言葉, 分割し, 分裂した, 分類され, 分類されね, 分類される, 切った死骸, 切つ, 切られて, 切られてからは, 切りました, 切りました時, 切れて, 別ける事, 別れた地点, 別れた大きい, 別れて, 割ったもの, 割られて, 割れた, 割れて, 割れば, 区分され, 区分される, 区切ったものの, 区切つたのは, 區分され, 區分した, 區切れ, 千切れ二つは, 又四つ, 固まつて, 室が, 対処する, 岐れた, 岐れる, 帰着する, 引き千, 引つ切つた板, 念を, 成つたので, 成つて居た, 成りますよ, 折っちゃったん, 折って, 折りたたまれて, 折り両端, 折ること, 折れた, 折れるたたみ三味線, 折れるの, 散った, 散った山, 数えると, 整つた山の, 斬り払った, 横裂き, 比べて, 減つ, 減るという, 火を, 爲切つてあり, 砂糖を, 砂糖三杯を, 砂糖二杯と, 砂糖大, 砕けて, 組まれて, 組みたる髪, 組んで, 裂いて, 裂けて, 要約する, 見えること, 重ねたもの, 開いたまま, 關はる, 限って, 陶酔し, 隣村までの, 隱した, 霊と

▼ 三つ~ (305, 4.4%)

62 四つも 5 あつた 4 四つもの, 持って, 越して 3 あった, あって, あれば

2 [18件] ある, くしゃみを, した, 上だ, 並んで, 僕は, 入れて, 小説を, 少かつ, 年上で, 年上の, 年下の, 持ち出した上, 書いて, 置くの, 運ばれて, 重な, 重なって

1 [181件] あいて, あったし, あったと, あつたり, あとに, ありおまけ, ありましたよ, あります, あるじゃ, あるの, あるのに, あるん, ある二階, ある庭, ある毛唐, あろうとは, いちどき, いちどきに火, いる, かけて, かけば, くれた, ころが, ころがって, こわせし由, こんな魚の目みたい, ごろごろし, しかもそれ, たべて, だ, ついたし, ついて, ついてるんでさ, つくったの, つけて, つづいて, つづけさま, できると, とおりすぎました, なくつ, ならんで, のばして, のばせるお, はさまれて, はずれて, ぶら下げて, やすんだらもう, やったの, よんで, サントノレで, フラッシュが, ポケットから, 七輪を, 丈夫な, 下げて, 下の, 並べたところ, 並べられて, 中学校を, 交ぜて, 作ったとか, 作ったらそれ, 作って, 使ったん, 倒した, 兼ねて, 冠って, 出してから, 出た, 出て, 出来て, 出来てるの, 動かすなんて, 動く中, 取り集めて, 吊り下げ拝殿, 呉れて, 噛つた, 嚏を, 固有名詞が, 固有名詞を, 地名が, 季題が, 宛然私の, 岡惚を, 年う, 年が, 年を, 年上だった, 年上であろう, 年上でしょう, 年下かと, 年下で, 年下に, 年長の, 建てて, 張つてある, 当るか, 懸って, 所持する, 手紙が, 打った, 打叩かれ, 投げて, 抛り込んでは, 抱えて, 括らうと, 持ち込まれて, 持ち込んで, 持ってけ, 持ってるん, 指の, 指輪を, 掘り出したら排日問題, 掛かったの, 掛かって, 掛けて, 掴みやがって, 描かなければ, 攻め落さうは, 有って, 有れば, 有力な, 椅子を, 横に, 横切つたが, 欲しかったろう, 殴った男, 水が, 氷嚢を, 注文の, 消して, 溜めたら少し, 溜めちまう, 現われたと, 生れた, 発見された, 盗み出すよう, 盜み出す, 立て続けに, 立て續, 結んで, 続いて, 続けて, 総上げ, 繰返したの, 繰返して, 置いて, 置かれて, 聞いたといふ, 舞い込んで, 若く見える, 落ちる, 落下した, 衝り, 裂けあがって, 襲撃し, 見え出した, 覚えて, 解決した, 谷を, 貼されて, 越えたらしい顔, 越えた肥満漢, 越えて, 越したらしい女, 越したる可, 足の, 載せて, 迂回し, 通って, 通らないと, 道が, 重ねると, 重ねるところ, 隔て, 離れた所, 頭の, 頭を, 食ったので, 飲めば

▼ 三つ四つ~ (250, 3.6%)

4 ある 3 のころ

2 [16件] と貯蔵, の例, の大きな, の子供, の幼児, の燈火, の話, は転ん, をブラ, 並んで, 出て, 小さな駅, 嵌めた白い, 続けて, 置いて, 越えて

1 [211件] あああすこ, あった, あったでしょう, あって, あります, あるか, あるが, あるばかり, いつしかに, うづく, おいた室, おかれて, おりかさなりて, かけて, から物, が程, きらめいて, ころがりおち鼻, ころげて, さがしだした, さよう, しかない, しか光つて, しか残らない, しか残るまい, しぐれて, した, しだいにたくさん顔, しるされて, すてて, ずつの轎, ずつ柿, ずつ米俵, そういう未, そなえられて, それから赤い, だけ埃, つくりました, つけて, つまむ, できた, とおしました, とだんだん, とやみ, と一ぺん, と云, と出, と大きい, と帰り, と所, と渡り越す, と畳, と穴, と紅い, と紹介, と続け, と針金, と飛ん, などの組合せ, ならず道ばた, にくだけ, に分れ, に割れ, に折り, のおさな, のそういう, のまた, の仕切り, の分離, の切り目, の包, の山, の年, の床, の懸子, の提灯, の星, の時分, の書きこみ, の段階, の火, の炭, の点, の燈, の私, の種痘, の習作, の花壇, の花房, の轟音, の露路, の頃, の顔, の風呂敷包, はあり, はいっ, はこっち, はこび出された, はふけ, は奥, は擲, は朝めし前, は緩く, は見, ばかりでもと思っ, ふっ飛んだ私, ぽつと, まがってから, また五つ六つ, まとめて, むこうの, もこえたら, もぶら下っ, も仕事, も古, も合, も少ない, も年上, も微塵, も明ける, も渡り廻った, も続い, も若く, も越し, も踰, やって, や五つ六つうち, よりなる, よろめいて, をり, を強襲, を除け, コロコロと, 下りて, 並べた食卓, 並んでる中, 並んでる出張り框, 光って, 入つて, 入り乱れて, 出して, 取って, 取り出して, 叩いて, 合わせて, 咲いたじぶん, 喰わした, 大きくも, 大きな人形, 小さい墓, 小隆起, 差入れて, 干し並べ, 引いて, 張り飛ばして, 急いで, 打ちつづけた, 打ち据えると, 打っこ抜いて, 打って, 打つこ, 投げ付けた, 拵えて, 拾いとったかと, 拾った, 挙げること, 据えて, 掴んだま, 揺れたかと, 撲りつけるの, 数えて, 新しいしかも, 書いたと, 書いて, 殴った, 殴りつけた, 浮いて, 淋しく迎える, 白い花, 積みあげて, 積み重ねて, 穫物, 築いて, 続いたよう, 続けさま, 続け打, 老けて, 考えて, 聞いて, 若い主婦さん, 若くつまり, 若く見られる, 見えた, 見える, 見えるだけ, 設けられた茶店, 読みましたけれど, 読んで, 買うて, 起こった, 起って, 越さなければ, 越して, 輝く星, 過ぎたが, 過ぎると, 重ねるうち, 長い蔓, 頼む要件, 頼んだ, 黒い影

▼ 三つ~ (123, 1.8%)

3 かかげて, 挙げて, 集めて 2 一緒に, 併せて, 兼ねて, 持って, 載せて

1 [104件] かしらに, くりかへ, こ, ここに, ことごとく兵庫, ことごとく長所, して, すこしずつ, せわし, そつと, つかんで, とりて, とり出して, どう結び付け, ひたすらに, まとめて, もち重り, やりました, よびもの, より合せ, 一つに, 一度に, 一纏めに, 一遍に, 三つとも, 三蔵と, 下らなかつたさ, 並べて, 佐々木君に, 何かという, 元来別, 先ず思い出します, 前に, 前後左右から, 前提に, 劃したるさま, 加へる, 区別した, 區別する, 取納め余, 合せて, 合わせると, 同時に書き現す, 同時に考える, 名文だ, 含む活力, 含んで, 唯一の, 噛んで, 奥の手と, 好み尊敬, 引っ剥い, 得さすべし, 感ずるよう, 懺悔いたしましょう, 成善の, 投付けた, 押しくるめて, 拾い取って, 掛け合わせた三次元, 掛合に, 摘み取つて, 摘んで, 摘出する, 擧げた, 擲げて, 数えること, 早く縮め, 書いて, 書かなければ, 有つ, 期待する, 机の, 正式に, 泡立てて, 獲たもの, 用意しなけれ, 目前に, 目指して, 眺めわたすと, 示されそうして, 私の, 空間に, 結びあわせて, 続けると, 総称し, 繋ぐ直線, 罎に, 考え合せると, 聞かせて, 膝に, 見給え, 覚えて, 覚悟の, 読んで, 買った, 買って, 踰えぬ, 軒辺に, 重ねて, 鉢へ, 除いたありとあらゆる, 非常に, 順ぐりよん

▼ 三つ~ (121, 1.7%)

2 あった, ある, お徳, 手掛けますが, 目に, 除けましたが

1 [109件] ある同じ, いずれも, うごく, かかしませんが, きっと起っ, くぐりぬ糠星, こうして人間, ここに, ございましたが, しだいに一つ, すぐ平げ, そんな話, たくと, たしかに有る, たっぷりし, できるだろうな, どうしても引き放す, どうしても未だ思い付かない, どうにかなる, なかった, ひつて, みんな一つところに, やって, よく出, わたしが, アニオン, カチオンである, サバを, ドイツ文, 一つに, 一つの, 一所に, 一部ずつ, 一釈尊に, 三つ巴の, 之に対して, 互に持ちつ持たれつ, 人間本能の, 仮名の, 仮名遣の, 何れも, 何時でも, 優に, 全く他, 共にいわゆる, 冬の, 切っても, 切り拂ひました, 切字の, 別として, 前に, 取り度, 同じである, 吾, 單純な, 四つはの, 国内に対しての, 国内の, 国立劇場で, 大分悪評, 完全に, 実は一つ, 尽く再び自ら翻, 岩峰で, 年数の, 年數の, 引き離すこと, 引用される, 必ず残され, 必ず見る, 悪魔である, 懸つて, 打つても, 折檻し, 招待状の, 持って, 持つて, 新作だ, 新嘗祭に, 既に映画化, 書き上げたに, 果てしなく実現, 栗色に, 死刑囚の, 混同すべきで, 無駄が, 犬であった, 玉ちゃんの, 現在から, 皆一つ宣命から, 相互に, 私十の, 立ちどころに踏みつぶされたであろう, 耐火建築で, 背の, 若い, 蛋白質と, 行ける口, 要る, 要求条項中重要な, 見つけたもの, 見掛けるに, 読めるし, 谷の, 資本であり, 越した年齢, 連珠の, 隠して, 馬超の

▼ 三つばかり~ (112, 1.6%)

4 ある 3 先の, 置いて 2 あった, して, やって, 明いて

1 [94件] あったが, あつた, あり, ありまるで, あるほか, おしあっ, お町, ここに, こしらえて, しゃがれた咳, すぐあけよう, そのため, それを, た, だけれど, だったが, つけました, なくなりました, なの, ならんで, はらい落として, ぶつけたと, ほしいって, カンテラを, 三吉の, 上の, 下げて, 並んで, 乗って, 乘せた, 人待ち顔に, 何時でも, 作って, 備えて, 兼ねて, 冴えて, 出来た, 占めて, 取って, 叩いた気持, 土間へ, 執って, 売地が, 大きいの, 大きい故, 大急ぎに, 小ひ, 左の, 年上の, 年長であった, 年長に, 心に, 持って, 振った, 文案を, 暗い停留所, 曲がった, 曲って, 曲つて行く, 有り棚, 有るん, 横に, 歌を, 死んで, 水の泡, 波を, 番号を, 白馬ヶ岳の, 秀雄さんの, 端れ, 筋違に, 簗の, 続けて, 考えましたが, 行き過ぎた隅, 行くの, 裡紫の, 見えたよ, 見えて, 見える, 買いて, 買収し, 質問を, 越えたところ, 越えた嶮崖, 越すと, 通過し, 部屋が, 鞍に, 頬張りました, 食ってから, 飲みすると, 駅を, 鳶凧が

▼ 三つ~ (105, 1.5%)

6 の窓 3 の, のある, の化けもの 2 だ, の怪物, の淀屋, の眼, の街路, の部屋

1 [78件] が既往, が雨, ぐらい, ぐらいの処, この談話, だけミス, でありまた, で横, で水, とか四つ目, と想う, に, にしねえ, になる, にはもっと, にも覚, に手, に有, に頬, のお化け, のよう, のパラグラフ, のポスト, の俥, の俵, の假名, の大, の室, の家, の小, の小判, の山, の引出し, の扉, の握飯, の板, の林, の椅子, の権威, の橋, の湖水, の独楽, の獲物, の理由, の畝, の疑, の登り, の盃, の目印, の石, の社, の竹, の紙帳, の舞台, の色, の談判, の貝ボタン, の車, の鈴, の鐘, の長櫃, の難点, の頃, の食器口, の駅, の骨, はこんな, はなめらか, ばたき, へ上げ, を, をもつた, をギラギラ, を六つ, を署長, を袖, 小ぞう, 思ひの

▼ 三つ~ (89, 1.3%)

2 ある, 巧く守れたら, 影も, 熟柿と

1 [81件] あった, あるが, あると, あるもの, ある世界, ある様, いずれも, いつでも, ここに, それぞれ二箇所に, それである, それな, たちまちに暗い, できたら本格, どうにかなった, どうも合点, なかの, ひとつの, ふえる, ふんだんにある, ほぼ同時に同じ, めぐまれた, わが太平洋, 一つの, 一つ闕けて, 一日経つ, 一月経つ, 一緒に, 三つとも, 三叉の, 下流に, 二つやがて, 今後自分の, 僕の, 全く三つ, 八八と, 出で, 判らない, 別々の, 反信長聯盟, 同盟する, 固まり合ったの, 大きく大きくその, 大事という, 大切だ, 大町から, 布三反に, 平家大敗の, 必要です, 思いうかべられたの, 悉く働い, 悪かった, 意外な, 或倫理的, 打ち切るまで, 抜けたと, 捻じれて, 揃つても, 提出された, 擧げられると, 書いて, 次第に理想的, 毛虫を, 混合し, 相応じ, 確実に, 私の, 秘密裡に, 積まれて, 結婚の, 舞台には, 落ちあって, 見られると, 記されて, 重複し, 重要な, 長い, 開け放されて, 間を, 関係の, 電光の

▼ 三つとも~ (76, 1.1%)

2 持出して, 掛けて, 綺麗に

1 [70件] あけて, あたらなければ, いい歌, いずれも, いっぺんに, うわついた書き方, かけて, からっぽです, が作家論, こよい, それぞれの, それぞれ買われ, とてもよく受ける, とれて, ぴしよ, もりだして, トーキーであった, ピッタリあてはまる, 使って, 兎に, 全く違った, 具つてゐる, 出して, 分かりましたね, 同じで, 否定した, 否定する, 含まれるであろうか, 壊れて, 大事な, 封印を, 尖って, 届かずに, 巨大な, 引き出しは, 強い日, 形が, 応った, 思われません, 急に, 揃って, 新しく同じ, 日本へ, 明らかに, 有って, 柱の, 沈没し, 燦々として, 甘味かつ, 生きて, 登って, 皆な, 相手の, 短いもの, 短文では, 私が, 空っぽに, 笑ひ, 符節を, 聞き入れられたので, 色は, 見あげるよう, 見よう, 買って, 銀座尾張町な, 隈なく, 集って, 飲って, 駄目だ, 1926年で

▼ 三つ~ (72, 1.0%)

2 いうと, なり, 帳場で, 炎が

1 [64件] いかなかった, いっても, いふと, お噺, かぞえ九時ごろ, きたない骨牌, したり, する, すること, そして宇乃, それからおかゆ, それに, つてお, どちらを, なつて, なり五つ, もう一つ, やあ, よし異, ニュームの, ハムと, バター大, ボールを, 一晩の, 三ヶ所に, 二つとに, 六つの, 分れて, 刻んだは, 勘定した, 取り集めたもの, 口の, 台所とが, 合わせて, 塩を, 増して, 壱岐守様の, 小さいナップキン, 小さな渦, 山の, 年の, 広い穴蔵, 思う弱々しい, 思われたが, 戦わなければ, 撞き鳴らした, 時間座標一つと, 残って, 申しましても, 砂糖を, 砂糖五杯と, 砂糖大, 置時計の, 自分で, 臺どころの, 違いまして, 酒一合を, 鋼装の, 限って, 離れ離れの, 飛び飛びに, 飛んで, 骨製の, 鳴かぬ間

▼ 三つある~ (66, 0.9%)

4 うちの 2 とか何ん, と思います, のです, のは, ようです, 華魁は

1 [50件] いちばん奥まった, かなあ, からその, が是, が秋山, が階下, きり, きりで, けれどもそれ, ことが, ことに, ことも, ことを, その一つ, といい, という外, という薄っぺら, といったの, と三, と嘆, など云, のう, のかと, のが, のだ, ので, のに引き, のみである, の耳まで, はずだ, ばかりで, わけだ, わけである, んだ, 中から, 中で, 奴を, 小さな家, 小さな耳, 怖いおじさん, 方が, 旗の, 爺の, 物干, 狗の, 矢を, 窓の, 蝶は, 訳だ, 赤毛の

▼ 三つ~ (63, 0.9%)

18 四つの 3 四つか, 四つに 2 五つで, 四つを, 四つ越した

1 [33件] あるに, ぎざきをせねば桃下の, さらずば, せいぜい四つ, はっきりしない縺れた飛び, 五つかを, 六つずつ, 四つ, 四つあり, 四つかの, 四つくらいの, 四つぐらい, 四つぐらいの, 四つぐらゐになる子供が, 四つしか, 四つだけ, 四つぢや, 四つは, 四つ一緒に, 四つ上である, 四つ位に, 四つ位の, 四つ位付け, 四つ入れ, 四つ出た, 四つ摘ん, 四つ歳上の, 四つ炭と, 四つ連絡が, 四つ頃の, 四つ齢上で, 四ツ, 精

▼ 三つ~ (52, 0.7%)

28 の源吉 10 の兄哥 2 の源吉始め

1 [12件] から音羽, になつた, にわかれ, の, のある, のうしろ, の源吉兄哥, の裏, の親分, の親分さん, の辻, の錐

▼ 三つ~ (46, 0.7%)

7 あつた 2 方鼎と

1 [37件] あとは, いいと, おしまひ, すぐ忘れる, すんだ, そんな告白, たけが, どちらも, みひ, やって, やるん, ジェ・ターサンには, 一銭そして, 下に, 他は, 何も, 何を, 六十枚と, 六銭ぐらいよ, 十七に, 喘息持にな, 夜に, 女の子は, 女性の, 婆さんの, 感ずる, 気が, 疫痢を, 百だ, 第一, 結構だ, 置くと, 至極簡単, 赤くな, 赤くなっ, 里から, 音楽が

▼ 三つしか~ (45, 0.6%)

4 ない 3 ないもの, なかった 2 ない膃肭獣

1 [33件] ついて, ないかと, ないその, ないらしい, ないわけ, ない一朱銀, ない灯, ない鉄, なきという, へやの, 事を, 受取って, 年が, 年上でない, 当らないわけ, 手を, 拾わぬとは, 拾わねえ, 捉まえない, 掛かって, 残らなかつた, 無いの, 無いん, 皿には, 見えて, 讀んでは, 越して, 違わない, 違わない去年八月九日, 違わなかった, 部屋が, 願えぬなら旦那, 齢下では

▼ 三つほど~ (44, 0.6%)

2 あって

1 [42件] あがり手前, あった, あり淋しい, ある, あると, かたまってる, きいて, こえました, ねたその, はさまって, まがりますと, まるで指貫, 三郎の, 上で, 上らなければ, 並びそれぞれ, 出来た, 合せた遠, 大きな変遷, 小さい箱, 年上でした, 年下の, 年嵩にあたる, 年配の, 床から, 引きこまれて, 打ちかえして, 拵へて, 拾って, 据えつけられて, 掘つて, 曲がると, 書いたこと, 書きついでに, 燃やして, 町かどを, 腕に, 若かつ, 転がった, 転がったまま, 通りすぎたとき, 飲むと

▼ 三つボタン~ (30, 0.4%)

1 [30件] がはた, が恐ろしい, が自分, だった, でありもう, である, とはちがっ, にとっては全く, に対して最後, に対して身構えさし, のいや, のせせら笑い, の五年生, の仲間, の顔, はいかにも, はしかし, はすぐ, はにやりと, はもう, は十八金, は変, は大喝, は室崎, は煙草, は真赤, は肩, は腕組, らしかった, 赤い日傘

▼ 三つにも~ (29, 0.4%)

10 四つにも 4 分れて 2 なると

1 [13件] こだまを, なつて, ならない彼, なる娘, なれば, わけるわけ, 分かれて, 割られて, 割りて, 屈折し, 幾つにも, 見える青, 迷って

▼ 三つ年上~ (29, 0.4%)

2 の兄, の六十一, らしいもう

1 [23件] かと思はれる, であったの, であらう, でもあり, で十三, で去年, で小ざっぱり, で郵便配達夫, の三十四, の五十四, の勇蔵, の女, の広, の廿五六, の役人, の有, の素子, の編物, の者, の芸者, らしいけれど, らしい少年, らしくこれ

▼ 三つだけ~ (27, 0.4%)

2 多くなっ

1 [25件] うけ取るきり, お願い申した, この店, する事, だあと二千兩, だったのに, です, で南, とどけさしたよ, 何でも, 光ってたこと, 出して, 完成し, 工場に, 彼を, 据えたささやか, 明けて, 書きつづって, 残って, 無くなって, 茄子を, 視て, 質問が, 赤い鉛筆, 集めました

▼ 三つ~ (27, 0.4%)

2 ですが, の姉

1 [23件] かも知れない, かも知れません, だが, だし, だった, だつた, だつたが, だという, つたかと, であって, でしか, ですから, では, で子供, にのせ, に見える, のローズ, の兄, の兄さん, の女, の宿, の正一, の長男

▼ 三つ~ (26, 0.4%)

5 四つの 4 四つは 2 四つあっ

1 [15件] 五つでは, 四つぐらい, 四つじゃ, 四つぢや, 四つで, 四つできた, 四つならべ, 四つを, 四つ五つ, 四つ位ひ, 四つ何でも, 四つ採る, 四つ現われ, 四ツ父親の, 表から

▼ 三つあっ~ (24, 0.3%)

4 てその

1 [20件] て, てその間, てそれ, てどれ, ても足りねえ, てア行, てプロレタリア児童, て一ダース, て三人, て人め, て倚掛り, て六つ, て思惟, て桜, て次々, て此, て海道筋, て花, て足, て階上

▼ 三つには~ (24, 0.3%)

2 書物と

1 [22件] いうまでも, いよいよ自軍, その足, なって, またよく, 一般の, 今この, 八万騎旗本一統の, 国際生活の, 天下に, 夫が, 完全に, 容儀神妙の, 市民の, 師命を, 故太守, 文武の, 杉浦透馬に, 歌の, 武士道の, 真の, 雪の

▼ 三つ並ん~ (24, 0.3%)

10 でいる 4 でいた 3 でい 1 でいます, でおります, でその, でゐた, で大池, で小さく, で街道

▼ 三つ~ (23, 0.3%)

2 の男の子

1 [21件] いや四つ位, しかない, しか違わぬ, しゃべる, で一つ, で出来るやろ, に響き, のテーマ, の割, の小, の歳, の裸, の連絡, はサバ, ひの, ゐ書きたいこと, 入れて, 大きな音響, 明けて, 穿って, 開いて

▼ 三つなら~ (21, 0.3%)

5 んだ, んでいる 2 んでる 1 まず見当, んだたる, んでいた, んでその, んで何, んで立つ, 未だしもの, 茶筅で, 錢は

▼ 三つずつ~ (20, 0.3%)

1 [20件] せ中, のぞいて, もつこと, わけるん, 一線に, 一週間後から, 並らべ, 二列に, 別々の, 向う合せ, 影法師を, 持って, 横倒しに, 横向きに, 積み重ねて, 貝を, 部屋が, 銅の, 順に年, 鳴らさせて

▼ 三つばかりの~ (18, 0.3%)

2 男の子が, 男の子を

1 [14件] とき戦争に, 例歌を, 女の子に, 女の子を, 子を, 子供に, 孫娘を, 新聞電報を, 瀑の, 理由を, 白い小さな, 石を, 色の, 蜜柑を

▼ 三つ~ (18, 0.3%)

2 のたま, の魂

1 [14件] だって御, だろうか, でも出発, でも知っ, というの, にでもわかる, に違い, のおろせし, のよう, の寝息, の魂百, も知っ, をうん, を二組紹介

▼ 三つ~ (17, 0.2%)

7 辭儀を 1 すそわけに, 勝手に, 叩頭を, 土産, 灸を, 耳に, 見舞いされる, 豆を, 辭儀する, 重ねに

▼ 三つ目小僧~ (17, 0.2%)

1 [17件] か傘, がつづら, がでた, が出, が出た, だの一つ目小僧, です, とかの方, となり, ともなり, に幽霊, に言い含め, のお話, のつじ, の如き, の顔, は十二三

▼ 三つまで~ (15, 0.2%)

1 [15件] ころころと, つまんで, はいったまんまるい硯, 下げクリーム色, 印して, 捜しました, 捜って, 搜しました, 搜つて居ります, 映画化した, 正面首の, 紙帳の, 続けて, 見えるので, 重ねて

▼ 三つ年下~ (15, 0.2%)

2 の弟

1 [13件] だった二葉亭, である, ではある, で下総, で任官, のこの, の三十四, の二十前後, の十八, の娘, の嫂, らしい, らしく見えた

▼ 三つ~ (15, 0.2%)

2 を見よ

1 [13件] がまた, がもう, さえ光り出し, だらう, だろう, と, に似, の, のよう, の名, の西, の見, を見る

▼ 三つ越した~ (14, 0.2%)

2 かと思われる, 牛の 1 くらいな, とか云っ, とか云つて, ばかりの肌, ばかりの血気, 年配であった, 色の, 若者だった, 髭の, 髯の

▼ 三つ~ (13, 0.2%)

6 のお 2 に結つて總 1 だよ, と同じ, に結っ, に結つて総, の髷

▼ 三つまた~ (12, 0.2%)

1 [12件] にある, になっ, になった, に割れ, の大通, の方, の長, へさしかかった, を街灯, 五つ灯さきは, 咳き入りました, 迄もどり

▼ 三つ~ (12, 0.2%)

1 [12件] か二つ三つ上, つ腹, であり正宗白鳥, である, であろうが, なの, のあはれ, の三十二歳, の五十四, の人, の春生, の義雄

▼ 三つ持っ~ (12, 0.2%)

1 [12件] ています, ていらっしゃる, てかえったら, て久しぶり紫石街, て元, て半, て戻った, て来, て来た, て来ました, て来れ, て行け

▼ 三つ~ (11, 0.2%)

2 ている 1 てお, ております, てそれから, てはじめて, てみせ, て半, ながら, ッぱだいて自分の, 初めた

▼ 三つその~ (11, 0.2%)

2 外小さい 1 すぐそば, 一つは, 上を, 前に, 座から, 日の, 橋, 穴で, 麓と

▼ 三つ~ (11, 0.2%)

3 りの 1 の峰頭, の池, りあった, り小さい, り見えたよ, り越えた時目, り踰, り転がされて

▼ 三つあつ~ (10, 0.1%)

31 たが, たの, た中, た敬治居, た筈, てどれ, て火

▼ 三つそれ~ (10, 0.1%)

1 がひとつびとつ, が尾, が済む, こそは生きた, に読者諸君, はむなしい, もほとんど, も雑誌社, も飛び飛び, を床

▼ 三つという~ (10, 0.1%)

2 のが 1 ところ, ところで, ところまで, のは, 女の, 子供たちが, 荷で, 風に

▼ 三つ並んだ~ (10, 0.1%)

1 ことについて, はばかりの真中, 土蔵の, 大窓, 小さな墓, 死體は, 真中の, 眼玉の, 茶碗の, 鞄と

▼ 三つ~ (10, 0.1%)

6 の羽織 1 ありしさ, でお召, で焦茶色, を撫で肩

▼ 三つぐらいの~ (9, 0.1%)

1 とき既に, ものだ, 一番高価いお, 子を, 子供の, 新しい柚, 段階が, 純吉, 組に

▼ 三つ~ (9, 0.1%)

1 から日本, そうだ, といわれ, と云っ, と念, と思っ, と申します, ね, アッ

▼ 三つでも~ (9, 0.1%)

1 お持ちなさい, お閉じなされ, とべる様, よくまた, よろしい, 何かしら考へない, 四つでも, 御勝手次第, 自分の

▼ 三つより~ (9, 0.1%)

1 ないの, ない角, なると, ほかに, ほかには, 他に, 以上には, 外あるまい, 多くの

▼ 三つ四つ五つ~ (9, 0.1%)

1 おおやっぱり, とつづけ, と機上, と虚偽, の提灯, の田, の籾, 同じよう, 子雀

▼ 三つ続け~ (9, 0.1%)

4 さまに 1 ている, て打った, て話, て鳴り渡つた, 打に

▼ 三つあり~ (8, 0.1%)

1 その一つ, はしまい, またほぼ, 大きい方, 後なき, 意匠としては, 曰早稻田文學の, 益戸に

▼ 三つながら~ (8, 0.1%)

2 同じである 1 同じ色, 枕詞或は, 甲乙なし, 荏原屋敷から, 荏原屋敷に, 遺憾なく

▼ 三つ森山~ (8, 0.1%)

4 の方 2 の麓 1 で, の西半分

▼ 三つ瞬き~ (8, 0.1%)

4 をし 2 をした 1 したが, もせず

▼ 三つ若い~ (8, 0.1%)

1 だが禅坊主, だけな, やうに, ようで, ように, 筈だ, 背丈も, 苦味走つたい

▼ 三つ~ (8, 0.1%)

1 のたぐい, の周囲, の外部, の模様, の紋, はとくに, を定紋, を描いてる

▼ 三つくらい~ (7, 0.1%)

2 揚げて 1 あるだろう, だったお, 二人の, 建つからな, 食べて

▼ 三つくらいの~ (7, 0.1%)

1 中心に, 因子でなく, 女の子が, 子供が, 時でしょう, 時の, 頃でした

▼ 三つぐらい~ (7, 0.1%)

1 あるだろう, だわ, でしょう, ならあります何方様, わけないの, 上らしい, 若うに

▼ 三つでは~ (7, 0.1%)

2 碌々に 1 ない, ないの, 無い, 無かった, 親の

▼ 三つほどの~ (7, 0.1%)

1 あいだ気を, 仲間が, 入口が, 内に, 弟分である, 水玉模様が, 車を

▼ 三つ~ (7, 0.1%)

2 と豚肉代 1 および鮮魚一盥, じゃ, じゃア, なら秋元淡路守様, は出す

▼ 三つ叩く~ (7, 0.1%)

1 とそこ, とポコリ, と俯向き加減, のだ, んだ, 之が, 暗號

▼ 三つ重ね~ (7, 0.1%)

1 が一つ, その印象, てあった, てあつ, て冠, て埋没, を一町先

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

3 つても 1 たまの, つといふ間, われな

▼ 三つから~ (6, 0.1%)

1 七つまで, 五つまで, 八つまで, 十までの, 十四まで, 成り立って

▼ 三つころがっ~ (6, 0.1%)

2 てい, ていた, ている

▼ 三つならんだ~ (6, 0.1%)

4 入口の 1 星が, 真中の

▼ 三つ一つ~ (6, 0.1%)

2 は殿御手筥 1 だけ身, つまり十五兩出, の二分, は何處

▼ 三つ世間話~ (6, 0.1%)

3 をし 1 があつ, なぞをし, などをし

▼ 三つ並べ~ (6, 0.1%)

1 ていくつ, てみよう, て取つ, て書い, て腰元, て見たら

▼ 三つ光っ~ (6, 0.1%)

3 ていた 2 ている 1 てここら

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

1 て, て來, て来た, て来ない, て来ました, て空

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

2 だよ 1 にあたる, の玉子, を差引い, 稼いだお銭

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

2 になった 1 にさし, になっ, にサンショウクイ, の路

▼ 三つ四つ年上~ (6, 0.1%)

1 でこれ, ですが, なの, のよう, の令嬢, らしくやはり

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

2 の紋 1 がそれ, じゃない, と, の二つ

▼ 三つ打つ~ (6, 0.1%)

2 うちに 1 て苦, て靜肅, とどんな, を押

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

1 つたらば, に括りつけ, の上, へて長崎, へなき, へる大望

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

1 に呉れた, のたずねる, のたもと, の手, よりも年長, より年上

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

2 作つてよ 1 ならべて, 年下の, 擡げた上, 隠して

▼ 三つ積ん~ (6, 0.1%)

4 である 1 であった, であつ

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

3 け樣 1 いた火山湖, いて, けざま

▼ 三つ置い~ (6, 0.1%)

3 てある 2 て少し 1 て行きました

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

1 があった, をし, をしたら, をすれ, を聞いた, を聞かし

▼ 三つ買っ~ (6, 0.1%)

1 てあげといた, てき, てホクホク, て帰る, て来, て置かない

▼ 三つ越えた~ (6, 0.1%)

5 ばかりの大伴家持 1 と思われる

▼ 三つ軽く~ (6, 0.1%)

1 そこの, たたいた, 叩いた, 叩きます, 咳を, 揺ると

▼ 三つ~ (6, 0.1%)

2 である 1 である事, ひ, ひの, よたった

▼ 三つ違い~ (6, 0.1%)

1 でございまして, で通子, の三十五歳, の兄さん, の異母姉さん, 知りあってから

▼ 三つあった~ (5, 0.1%)

1 がその, が正面, そうです, わけで, んだ

▼ 三つお辞儀~ (5, 0.1%)

2 をしました, をする 1 をした

▼ 三つまでは~ (5, 0.1%)

1 床の間さえ, 廃せられたが, 数えたが, 明かに使つて居ります, 私に

▼ 三つ二つ~ (5, 0.1%)

2 見に 1 と鬼, は今, ひらひらと

▼ 三つ五つ~ (5, 0.1%)

1 とより多く, と担ぎ出された, の氏, の物語, 見えて

▼ 三つ以上~ (5, 0.1%)

1 ある, の割引, の戦争, はある, も象牙

▼ 三つ~ (5, 0.1%)

2 の部屋, の駅 1 の戸

▼ 三つ取り出し~ (5, 0.1%)

1 て, て噛んだ, て態と, て熊笹, て私

▼ 三つ~ (5, 0.1%)

1 など囃し, にした, にほうり込み, に入れた, の中

▼ 三つ~ (5, 0.1%)

1 が六本, にとりあげ, に取りあげ, を動かし, を拍

▼ 三つ持つ~ (5, 0.1%)

1 ても大した, て参れ, て帰つた土焼, て来た, て来る

▼ 三つ残っ~ (5, 0.1%)

3 ている 1 てそれ, てそれに

▼ 三つ~ (5, 0.1%)

2 が開い, を覗い 1 を開け

▼ 三つ若く~ (5, 0.1%)

1 てお前, て上さん, 四十七八にも, 見えたのに, 顔立は

▼ 三つ見え~ (5, 0.1%)

2 ていた 1 てい, て居る, 地階には

▼ 三つ~ (5, 0.1%)

1 になった, に来た, のある, の雑沓, を曲っ

▼ 三つ~ (5, 0.1%)

1 つてゐる, つて軽い楽しい, なつた殺し, なつて, なつて十二月

▼ 三つあります~ (4, 0.1%)

1 からそれ, しネープルス, ね, よ

▼ 三つあれ~ (4, 0.1%)

1 ば中, ば好い, ば宜, やこれ

▼ 三つぐらいに~ (4, 0.1%)

1 くびれて, なっても, 分けて, 折れて

▼ 三つだけは~ (4, 0.1%)

1 光って, 全部読ん, 同じ音, 実際毎日

▼ 三つだけを~ (4, 0.1%)

2 習得した 1 余分に, 選んで

▼ 三つだった~ (4, 0.1%)

1 か, んだ, 木美子は, 私の

▼ 三つ~ (4, 0.1%)

2 がふ 1 がつた考, がひだ

▼ 三つちがい~ (4, 0.1%)

1 でそこもと, の二十歳, の兄さん, 次郎とは

▼ 三つつけ~ (4, 0.1%)

1 てありました, ていた, ている, て帰りかける

▼ 三つ~ (4, 0.1%)

1 あんて, つてた, つてゐる, のである

▼ 三つにな~ (4, 0.1%)

1 つた年に, つてゐた, つて此頃は, つて行儀よく

▼ 三つやる~ (4, 0.1%)

1 とやがて, と半, と又, と老人

▼ 三つ入れ~ (4, 0.1%)

1 それに, て, て三十分間, て水

▼ 三つ出し~ (4, 0.1%)

2 てあり 1 てお菓子, てやれ

▼ 三つ叩い~ (4, 0.1%)

1 ていた, ては, てみせる, て見る

▼ 三つ四つ続けざま~ (4, 0.1%)

1 にお辞儀, に主人, に喰わせられた, に芳公

▼ 三つ四つ續~ (4, 0.1%)

2 けざま 1 いて, け樣

▼ 三つ大きく~ (4, 0.1%)

2 またたいて 1 描いたアフイシユ, 揺り動かせながら

▼ 三つ~ (4, 0.1%)

3 の紋 1 の単

▼ 三つ~ (4, 0.1%)

1 み出させて, み出したの, み出して, られたんで

▼ 三つ~ (4, 0.1%)

1 につく, の下, の蜥蜴, をしば

▼ 三つ~ (4, 0.1%)

1 も投げた, をたたきつけた, を投げ込ん, を炉

▼ 三つ組み~ (4, 0.1%)

1 にせし, のお, の親指, を着た

▼ 三つ続く~ (4, 0.1%)

1 なんてそんな, ような, 場合は, 所に

▼ 三つ越え~ (4, 0.1%)

1 てもなかなかそんなに, て商売, て大河, 候か

▼ 三つ食べ~ (4, 0.1%)

2 てさて 1 て冷めたい, て帰った

▼ 三つおい~ (3, 0.0%)

1 てあります, てある, て小田原町

▼ 三つかかっ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 三つじゃ~ (3, 0.0%)

1 ないか, 仕方ない, 手の

▼ 三つたたい~ (3, 0.0%)

1 てぜひ, て丈夫, て少し

▼ 三つたたく~ (3, 0.0%)

1 と大きな, と孫悟空, ように

▼ 三つである~ (3, 0.0%)

1 がその, と思ふ, と言い得よう

▼ 三つでした~ (3, 0.0%)

1 が四つ, が床, ね

▼ 三つとは~ (3, 0.0%)

1 まるきり変つた画, 何できめた, 限らないか

▼ 三つならべ~ (3, 0.0%)

1 てその, て建て, て書かれ

▼ 三つにでも~ (3, 0.0%)

1 くるんで, わけて見ねえ, 四つにでも

▼ 三つばかし~ (3, 0.0%)

1 すれば, 買って, 食つた

▼ 三つばかりに~ (3, 0.0%)

1 折れたかと, 挽き離されたまま, 減って

▼ 三つぶん殴られ~ (3, 0.0%)

1 ている, てたじたじ, てゐる

▼ 三つまたは~ (3, 0.0%)

1 二つの, 四つの, 四個の

▼ 三つまでも~ (3, 0.0%)

1 なくなって, カンカンに, 甲を

▼ 三つもらっ~ (3, 0.0%)

1 てそれ, て喜ん, て都

▼ 三つやっ~ (3, 0.0%)

1 ている, てから, てみる

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 と處, には彼人我我所, も減っ

▼ 三つ並べる~ (3, 0.0%)

1 とずっと, のじゃ, より三幕物

▼ 三つ五銭~ (3, 0.0%)

2 の回転焼 1 の回転焼饅頭

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 かの柱頭, か問う, のこと

▼ 三つ入っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てきた, てくる

▼ 三つ入り~ (3, 0.0%)

2 の石鹸 1 ぬその

▼ 三つ刺した~ (3, 0.0%)

2 くしだ 1 串が

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 に知っ, の驛, へでた

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 にする, になつて間, に白く

▼ 三つ劣れ~ (3, 0.0%)

3 ど家

▼ 三つ合せ~ (3, 0.0%)

1 て人, て考え, て馬

▼ 三つ向う~ (3, 0.0%)

2 の村 1 へ飛んだ

▼ 三つ咲いた~ (3, 0.0%)

1 と, は, も

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 が出ました, をした, をする

▼ 三つ四つお辞儀~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 三つ四つ五つ六つ七つ八つ九つ十~ (3, 0.0%)

21 もほつ

▼ 三つ四つ年~ (3, 0.0%)

1 うへ, の若い, も若い

▼ 三つ大きな~ (3, 0.0%)

1 石が, 箱を, 部屋を

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

2 な調子 1 な光景

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 がえり, におどる, を切つて

▼ 三つ小さな~ (3, 0.0%)

1 卵が, 掌を, 鏡それから

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 が上, の上, 若いヴィアルドオ夫人

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 が敷い, の上, を叩い

▼ 三つ挙げ~ (3, 0.0%)

1 ておこう, てみせた, てみよう

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 つて見, の泡立てた, の白身

▼ 三つ振っ~ (3, 0.0%)

2 て面白 1 てみ

▼ 三つ曲る~ (3, 0.0%)

2 ととある 1 ともう

▼ 三つ書いた~ (3, 0.0%)

1 それが, だけである, 手紙を

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

2 つ面 1 に四側

▼ 三つ歩い~ (3, 0.0%)

1 てき, てゐる, て来る

▼ 三つ溜め~ (3, 0.0%)

1 てはいる, ては居る, て世帶道具

▼ 三つ用意~ (3, 0.0%)

1 されました, して, に持っ

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 に書き, に載せ, の上

▼ 三つ続けざま~ (3, 0.0%)

1 に歌, に聞こえた, に霞

▼ 三つ続け様~ (3, 0.0%)

1 にお茶, に喰わし, に来た

▼ 三つ蒲団~ (3, 0.0%)

1 が敷きならべ, に睡らない, の上

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

2 を開く 1 の澁紙

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 てまわっ, て自分一寸, へ出した見る

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 であった, の後, も添え

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 い美しい, くする, く叩きます

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 何とかかとか, 持合せた, 札幌の

▼ 三つ過ぎた~ (3, 0.0%)

1 と思われる, ばかりの洋装, 主婦が

▼ 三つ部屋~ (3, 0.0%)

1 がありました, の隅, を隔てた

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 をどやしつけ, を下げ, を叩いた

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 に卷きつけ, を振, を捻

▼ 三つ~ (3, 0.0%)

1 であらためて, になる, に夫人

▼ 三つありました~ (2, 0.0%)

1 もんです, 事を

▼ 三つあるいは~ (2, 0.0%)

1 それ以上あったら, 七十近い

▼ 三つあんまり~ (2, 0.0%)

1 お可哀想ぢ, お可哀相

▼ 三ついい~ (2, 0.0%)

1 旅館の, 雑誌に

▼ 三つおよび~ (2, 0.0%)

1 生絹五反, 縮緬十匹酒五駄

▼ 三つお願い~ (2, 0.0%)

1 になっ, にならねえ

▼ 三つかと~ (2, 0.0%)

1 お思い, 思えば

▼ 三つきちんと~ (2, 0.0%)

1 並んで, 行儀よく

▼ 三つきり~ (2, 0.0%)

1 しかない, なかった

▼ 三つぐらいは~ (2, 0.0%)

1 教えて, 食った

▼ 三つぐらゐの時~ (2, 0.0%)

1 に主婦, のこと

▼ 三つぐり~ (2, 0.0%)

1 の手頃, の細引

▼ 三つこいつ~ (2, 0.0%)

1 は空, は空ぢ

▼ 三つごらん~ (2, 0.0%)

2 に入れる

▼ 三つした~ (2, 0.0%)

1 が油井, 上で

▼ 三つしば~ (2, 0.0%)

1 だたいた, だたくよう

▼ 三つすぎ~ (2, 0.0%)

1 たらしく見える, て四つめ

▼ 三つする~ (2, 0.0%)

1 とようよう, と急い

▼ 三つずつの~ (2, 0.0%)

1 部屋が, 銃眼が

▼ 三つそうして~ (2, 0.0%)

1 両方を, 順次に

▼ 三つそこ~ (2, 0.0%)

1 で呼吸, に姪

▼ 三つそこら~ (2, 0.0%)

1 に出, の軒先

▼ 三つだけが~ (2, 0.0%)

1 今よりも, 残ったり

▼ 三つつけた~ (2, 0.0%)

1 といふ, 広告が

▼ 三つづつ~ (2, 0.0%)

1 叩いて, 叩く人

▼ 三つづつ二つ~ (2, 0.0%)

1 と戸, 叩くこと

▼ 三つです~ (2, 0.0%)

1 からね, が今これ

▼ 三つとか~ (2, 0.0%)

1 もしくば, 五つとかが

▼ 三つとっ~ (2, 0.0%)

1 てあった, てくれました

▼ 三つとを~ (2, 0.0%)

1 持って, 細かく切っ

▼ 三つなく~ (2, 0.0%)

1 ときには, なって

▼ 三つによって~ (2, 0.0%)

1 判る, 経済

▼ 三つばかりも~ (2, 0.0%)

1 余計に, 叩かれました

▼ 三つばん~ (2, 0.0%)

1 だ, でしたから

▼ 三つぶん~ (2, 0.0%)

2 で三十銭

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 大匙二杯, 御飯を

▼ 三つまたたい~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 三つみんな~ (2, 0.0%)

1 の突, はなぐさめる

▼ 三つもの~ (2, 0.0%)

1 お手紙, 流され人

▼ 三つゆるく~ (2, 0.0%)

2 流れて

▼ 三つを以て~ (2, 0.0%)

2 折衝し

▼ 三つガラクタ~ (2, 0.0%)

2 と一緒

▼ 三つガランガラン~ (2, 0.0%)

2 とやる

▼ 三つペン皿~ (2, 0.0%)

2 に代

▼ 三つ七つ~ (2, 0.0%)

1 と, と指

▼ 三つ三つ~ (2, 0.0%)

1 おぼえられる噺, だと

▼ 三つ上っ~ (2, 0.0%)

1 て, ていた

▼ 三つ並ぶ~ (2, 0.0%)

1 土蔵の, 大きな窓

▼ 三つ並べた~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 四斗樽の

▼ 三つ主人~ (2, 0.0%)

1 は此処, は此處

▼ 三つ二つ三つ二つ~ (2, 0.0%)

1 と鬼, は今

▼ 三つ二つ全国~ (2, 0.0%)

2 に指

▼ 三つ二人~ (2, 0.0%)

2 は何れ

▼ 三つ五つ七つ~ (2, 0.0%)

1 と續, と進みました

▼ 三つ今度~ (2, 0.0%)

1 は正, は正真正銘

▼ 三つ作っ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て一号

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 でもこさえ, をうけたらしく

▼ 三つ傾ける~ (2, 0.0%)

2 と陶然

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 が出, を追

▼ 三つ入れた~ (2, 0.0%)

1 ことも, 漆塗の

▼ 三つ入れられ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 三つ入れる~ (2, 0.0%)

1 ことに, とハッチ

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 であろうか, 明け放って

▼ 三つ冷かし~ (2, 0.0%)

2 て八丁堀

▼ 三つ出た~ (2, 0.0%)

1 男だつた, 頃に

▼ 三つ出来~ (2, 0.0%)

1 ております, て私

▼ 三つ刺し~ (2, 0.0%)

2 てさて

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 つたと, て待ち

▼ 三つ取っ~ (2, 0.0%)

1 て来い, て鬼ども

▼ 三つ取り~ (2, 0.0%)

1 て待ち撃, 四つ取り

▼ 三つ呉れた~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 三つ咲い~ (2, 0.0%)

1 て, てみ

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 をいたしました, をし

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

2 はせ

▼ 三つ器用~ (2, 0.0%)

2 な手品

▼ 三つ四つ上~ (2, 0.0%)

1 だと, らしく見えた

▼ 三つ四つ下~ (2, 0.0%)

1 であらう, らしい

▼ 三つ四つ五つ六つ七つ~ (2, 0.0%)

2 と順々

▼ 三つ四つ力まかせ~ (2, 0.0%)

2 に殴り

▼ 三つ四つ外~ (2, 0.0%)

2 には持ち物

▼ 三つ四つ峰~ (2, 0.0%)

2 の尖り

▼ 三つ四つ年かさ~ (2, 0.0%)

1 でしかし, の幸子

▼ 三つ四つ手~ (2, 0.0%)

1 に採った, に鳴らし

▼ 三つ四つ横っ飛び~ (2, 0.0%)

2 に下流

▼ 三つ四つ私~ (2, 0.0%)

1 の足許, の足許近く

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 の上, の中

▼ 三つ在る~ (2, 0.0%)

1 という事, のである

▼ 三つ地面~ (2, 0.0%)

1 にころがし, をころがっ

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 があっ, を登る

▼ 三つ多い~ (2, 0.0%)

1 ことに, 筈だ

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 の紋, 向こうから

▼ 三つ大きい~ (2, 0.0%)

1 くしゃみ残し, のです

▼ 三つ大して~ (2, 0.0%)

2 深くない

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 しかなかつた, 並んで

▼ 三つ実例~ (2, 0.0%)

1 によってお話し, を挙げ

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 粒銀三十ばかり, 鮒八つ

▼ 三つ小さい~ (2, 0.0%)

1 拍手が, 柏手が

▼ 三つ小粒~ (2, 0.0%)

1 が入, を盆

▼ 三つ平次~ (2, 0.0%)

1 の突く, の記憶

▼ 三つ年長~ (2, 0.0%)

1 の友伯父さん, の姉照子

▼ 三つ引起~ (2, 0.0%)

2 し更に

▼ 三つ張り倒し~ (2, 0.0%)

1 てやり, てやりたくなる

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 の指先, の顔

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 につき出し, の停車場

▼ 三つ微か~ (2, 0.0%)

2 な溜息

▼ 三つ思ひ出し~ (2, 0.0%)

1 てみよう, てみる

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 をする, を引く

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 の定紋, の黒紋付

▼ 三つ手前~ (2, 0.0%)

1 というところ, の駅

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

2 り込んで

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

2 ひやめられぬ栗

▼ 三つ拾っ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て来た

▼ 三つ振り~ (2, 0.0%)

1 だとも, を入れる

▼ 三つ掴ん~ (2, 0.0%)

1 で入口, で飛び出した

▼ 三つ撲られ~ (2, 0.0%)

1 ていた, 何を

▼ 三つ撲る~ (2, 0.0%)

2 と乙

▼ 三つ教え~ (2, 0.0%)

1 てあげる, てもらっ

▼ 三つ暗い~ (2, 0.0%)

1 原ツぱ, 客席から

▼ 三つ曲っ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 三つ書い~ (2, 0.0%)

1 ていた, てくれた

▼ 三つ書きだし~ (2, 0.0%)

1 ている, てそれで

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 がめっきり, を裏

▼ 三つ橋昌平橋今川橋日本橋~ (2, 0.0%)

2 の順序

▼ 三つ歳上~ (2, 0.0%)

1 だが, だつた

▼ 三つ歳下~ (2, 0.0%)

1 といふだけのこと, の長男

▼ 三つ残った~ (2, 0.0%)

1 倉庫用の, 歯を

▼ 三つ殴られ~ (2, 0.0%)

1 それからお, て土手

▼ 三つ沈ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でしまふ

▼ 三つ浮い~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 三つ渡らなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばなりません

▼ 三つ無い~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 のごとく消え失せ, の如く

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 である, となり

▼ 三つ猫板~ (2, 0.0%)

2 に並べ

▼ 三つ甘い~ (2, 0.0%)

2 汁を

▼ 三つ生え~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 でも鳴る, は敲かれぬ

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 の上, をたたいた

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 の相手, を唇

▼ 三つ目入道~ (2, 0.0%)

1 に化けた, みたやう

▼ 三つ目通り~ (2, 0.0%)

1 に江島屋, の元

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 触れて, 觸れ

▼ 三つ眺め~ (2, 0.0%)

1 て見, とよむの

▼ 三つ積み重ね~ (2, 0.0%)

1 てある, 側より

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 にうかび, になつ

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 に見えた, を開い

▼ 三つ立つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, てゐるつ

▼ 三つ立て續~ (2, 0.0%)

1 けにお, けにつぎ

▼ 三つ結びつけ~ (2, 0.0%)

1 て名, て感じる

▼ 三つ続いた~ (2, 0.0%)

1 湖水を, 火山湖の

▼ 三つ置かれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていない

▼ 三つ羽箒~ (2, 0.0%)

1 にいたします, には野雁

▼ 三つ老け~ (2, 0.0%)

1 て見えた, て見える

▼ 三つ背中~ (2, 0.0%)

1 をどやしつけ, を打たれた

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 に乗る, のあたり

▼ 三つ落ち~ (2, 0.0%)

1 て居た, 散って

▼ 三つ見せ~ (2, 0.0%)

2 てくれた

▼ 三つ見受けられた~ (2, 0.0%)

2 がみんな

▼ 三つ覗い~ (2, 0.0%)

2 てもう

▼ 三つ記され~ (2, 0.0%)

1 てあった, てあります

▼ 三つ設定~ (2, 0.0%)

2 されたという

▼ 三つ読んだ~ (2, 0.0%)

1 ことは, だけで

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 ひ取つた, ふのに

▼ 三つ越し~ (2, 0.0%)

1 ているらしく, て甲府

▼ 三つ路地~ (2, 0.0%)

1 を拔, を曲る

▼ 三つ跳ん~ (2, 0.0%)

2 で木戸

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 の袖, を入れ

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 がつて, っている

▼ 三つ載せ~ (2, 0.0%)

1 てあった, てある

▼ 三つ過ぎる~ (2, 0.0%)

1 ともう, と奧

▼ 三つ重なっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て鱗

▼ 三つ重ねた~ (2, 0.0%)

1 くらいの大き, 古鍋

▼ 三つ釣り上げ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 三つ附けた~ (2, 0.0%)

1 白旗七本を, 肖像畫が

▼ 三つ集め~ (2, 0.0%)

1 て五徳, 鍋を

▼ 三つ雨戸~ (2, 0.0%)

1 へ触っ, へ觸つて

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 を出し, を蹴つけました

▼ 三つ飛ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 三つ~ (2, 0.0%)

1 つたが, ひけり

▼1* [1040件]

三つあいたのと, 三つあかりを洩らし, 三つあげてそれら, 三つあげさせてもらふ, 三つあげますよ, 三つあっという間に持出すに, 三つあてに据えられ, 三つあと六つ鳴るわけ, 三つあの得体の, 三つあばたがあつ, 三つあまくなった革, 三つあまり七歳にし, 三つありしを例, 三つありとて子, 三つありゃ三つ輪だ, 三ついずれもその, 三ついってみたい, 三ついっしょに働らく, 三ついや何も, 三ついるよ, 三つうけて屠蘇, 三つうち合わして, 三つうっすらと見え, 三つうったね三時, 三つうなずきながら大仰, 三つおきに読んだ, 三つおしたのである, 三つおじぎをし, 三つおだまきの紋, 三つおぼえられる噺が, 三つお作りなさつたりなど, 三つお話を伺う, 三つかかり三つの, 三つかが使い切られた時, 三つかけば千秋楽, 三つかさねたものだ, 三つかじりながらいつ, 三つかすかに光っ, 三つかぞえてみる, 三つかにぶっ切って, 三つかの新らしい, 三つかはして, 三つかるく叩きひらり, 三つがけの出店, 三つきざまれてゐた, 三つきらめき出していた, 三つくらゐの, 三つくらいに分かれて, 三つくらわせたら泣かぬ女は, 三つぐらいずつお砂糖, 三つぐらいも若く見える, 三つぐらゐづゝ串にさし, 三つぐらゐに分けて, 三つぐらゐの年上だつた, 三つぐらゐ上の級, 三つぐり商賣用, 三つぐれえのもん, 三つこしらえたんです, 三つことさらに破壊, 三つことによると, 三つこの第十六巻, 三つこぼれた水引草の, 三つこれでも私, 三つころがつて, 三つころがったほどです, 三つころころと飛び出しました, 三つごくつまらないこと, 三つごまかすのは, 三つさえも何となく混雑, 三つさけび声を, 三つさして来た, 三つさんざんに打ちこわされ, 三つしかもまたこれが, 三つしきや, 三つしきゃ刺してなかったんでちくしょうめ, 三つしくじれば敗退, 三つじっととまって, 三つじゃがもう一つ重大, 三つすえてある, 三つすらすらと畳触り, 三つずつもやれば, 三つせいぜい五つか, 三つせきばらい, 三つせきばらひを, 三つそういう口が, 三つそこここに立てた, 三つそして続いてな, 三つそれから左の, 三つそれぞれ何城と呼ばれ, 三つそれだけあとは, 三つそんな話も, 三つああ白き, 三つたおれてパチンパチン, 三つただよっていた, 三つたべてこれ, 三つたまっている, 三つだけで百五十枚ぐらい, 三つだけの道は, 三つだしてくれました, 三つだろうということ, 三つちがってもまことに, 三つちゃんと打ってるのに, 三つや手, 三つぢゃ仕方ないお, 三つついていました, 三つつかまえて調べ, 三つつぎに記し, 三つつたない作品を, 三つつづいてい, 三つつづけざまに, 三つつないだ短い蝋燭, 三つつなげ一つを, 三つつまみさつ, 三つつまみ出して肩越し, 三つつまんでそれで, 三つづけて汗ばむ, 三つづつ三つ叩く暗, 三つづつ三つづつ叩くと, 三つづつ三つづつ三つ四方は靜, 三つづつ三つ四方は靜, 三つづつ二つ三つづつ二つと戸, 三つづつ二つ小石で戸, 三つづつ二度叩くん, 三つづつ四角に竝, 三つづつ抽斗のついた, 三つづつ食ふことに, 三つであって, 三つであった事は, 三つでありまして大乗経典中, 三つできていました, 三つできるだけだ, 三つでございますが麻, 三つでござるが, 三つでなくて四つ, 三つといふことに, 三つとかしかない珍しい標本, 三つとして吾, 三つとつた, 三つとばしてしまった, 三つとまで數へ, 三つとも揃つてゐなければ, 三つとも買ひ取つて, 三つとりあつめて作る, 三つとりだしてき, 三つとりちぎつて待ち受け, 三つとり出すと一気に, 三つとると爐, 三つとればお母さん, 三つとれなかったのだろう, 三つとんとんとんとたたくの, 三つと共に器に, 三つや, 三つどう積つても, 三つどころでは, 三つどころか四つも, 三つないからとて悲しむ, 三つなぐりつけるとさすが, 三つなぐれどなほ悲鳴, 三つなければ不可ん, 三つなしとげておる, 三つなってしまった, 三つなどあるの, 三つなどは設計から, 三つななめに夕やけ, 三つなりよくいけ, 三つなりがいっしょに, 三つなりの寫眞が, 三つなんて言うんだい, 三つについて幾島に, 三つによつて古, 三つにをれて, 三つぬいてそっちこっち持, 三つぬっと出ました, 三つぢ合つたと, 三つねとガラス戸を, 三つねんねしたらオルガン, 三つのちがつた世界觀, 三つはげしく咳を, 三つはった分で, 三つはのこり伝わって, 三つはよかつた, 三つばかりと作りつけ, 三つばかりは毀れて, 三つばかりを勿体らしく盛り上げた, 三つばん近火ならば, 三つぱっちりとかがやい, 三つらの, 三つひいてくれない, 三つひっぱたいたらしい音さえ, 三つひとかたまりになっ, 三つひらめいている, 三つひらめく舌を, 三つひろつたい, 三つびろうどのよう, 三つふけても見えよう, 三つふたりの間, 三つふりかえってピオニェール, 三つぶっ付け合うと, 三つぶっかきを入れ, 三つぶっ違いになっ, 三つぶらさげたままで, 三つぶん三十銭ずつ九十銭, 三つぶん三十銭づゝ九十銭だつたか, 三つへでも入れて, 三つほうることに, 三つほか残らん言うとるが, 三つほか千切ったの, 三つほこりをた, 三つほどずつおろすよう, 三つほどに砕けて, 三つましの兄人, 三つまず第一, 三つまたも扮装は, 三つまだ暮れきらない薄, 三つまでが紛失し, 三つまでのことな, 三つまとめて大家, 三つまわしたばっかりで, 三つみなをわに, 三つの駅, 三つもって来, 三つもとしが, 三つもみ出いた, 三つもらったくらいの大いなる, 三つもんどり打たせられ氣, 三つやったらしいがその, 三つやつたところ, 三つよく読めない字, 三つよこしたって呉れ, 三つよりは古い形, 三つりっぱな紙, 三つわざと舌打ちし, 三つを通じてその如何なる部分, 三つオルゴールは, 三つカタログを照らし合わせ, 三つキリキリ舞ひ, 三つクツクツと笑, 三つクマをえさせましょう, 三つグングンこちらへ, 三つコップへ入れ, 三つコロコロと這入る, 三つコンコンと叩きました, 三つジャガ芋三つとを細かく, 三つスエ子の分, 三つチラチラと渦巻い, 三つツイとこちら, 三つテーブルをおく, 三つノックした, 三つバウンドして, 三つパタパタとやる, 三つピアノで諧音, 三つピリオドが一つ, 三つピーピーと吹い, 三つプレスされて, 三つベルの数, 三つポンポンと手, 三つメフィストのささやき, 三つレコードされて, 三つローズにした, 三つ一つ七兩は大膳坊, 三つ一息に平らげ, 三つ一時につづけ, 三つ一緒に歩い, 三つ光った星座, 三つ三五郎に脅かされる, 三つ三笠の, 三つ三角に並べた, 三つ上がってはいりかけ, 三つ上演しました, 三つ下り三和土の床, 三つ下膨れの尻, 三つ同意な, 三つ不安らしい息, 三つ不審の廉, 三つ与えると嬉しい, 三つでいます, 三つ並びの角張った, 三つ並べられた植木鉢に, 三つにはいっ, 三つ中国における二人, 三つ丸ごと焼いて, 三つ乃至五つの, 三つ久世氏の頭, 三つ乗せてあった, 三つの上, 三つ二つづつ三つ叩くんださうです, 三つ二つ日向ま近き, 三つ二階に八帖, 三つ合うたが, 三つ五つ八つ平次の手, 三つ五つ六つ並んで, 三つ五つ六つ瓜畑の中, 三つ五つ曲者は額, 三つ五つ過去三十年以来欧洲の南北, 三つという所, 三つ交ぜてすっかり, 三つ交わした後上り口まで, 三つ人間の塊, 三つ手もとに, 三つ今晩のお, 三つには土台石, 三つ以上五つ位食べなければ, 三つ以外に差しあ, 三つ仮名として区別, 三つ会社を渉, 三つ位大丈夫です, 三つ位年下かも知れない, 三つ位連つて並んだり, 三つ余分に持ち合わせた, 三つ余計なもの, 三つ作つてそれで好い, 三つ作りそのうち, 三つをとっ, 三つ借りっぱなしに, 三つ借りることが, 三つ値段好く売れたる, 三つ停車場を通り過ぎる, 三つと杯, 三つ先きの駅で今, 三つ先生に伺いたい, 三つ先輩のまだ, 三つ光線の角, 三つ安の, 三つ六つ食べた実に, 三つ共倒れになる, 三つ共兎に角, 三つ其のあたりを, 三つ其他長は三十三, 三つへた, 三つ具足は此, 三つ冗談を言っ, 三つ写生しそこで, 三つ処々にこし, 三つを揚げ, 三つ出はじめていた, 三つ出來る, 三つ出版したが, 三つ切っても追っつかない, 三つ切つても追, 三つ列べてバタ, 三つ列べるならばまだ, 三つ列記したが, 三つ初夏の落人, 三つ別々に隱, 三つ前垂にくるん, 三つ前方の席, 三つ前景にし, 三つ割りに致し, 三つ割式の家作り, 三つなげに, 三つ勇躍すると, 三つ動くともなく, 三つ包んだ紙包みが, 三つ十二三丁も下った, 三つ十五カペイキでトマト, 三つ切った, 三つ卒業して, 三つへ手, 三つ對の, 三つ取らずに残し, 三つ取りたいんだ, 三つ取付けられている, 三つ取出して春吉, 三つ受けたかすり傷, 三つ叩いたのが, 三つ叩かせずにはおかない, 三つ台所のが二つ, 三つ台所用二ついるほか, 三つ叶えてもらえる, 三つはせた, 三つ吊つてある, 三つ吊らせて来た, 三つ同じという場合, 三つ同時に並べられて, 三つ向こうの部下, 三つを失った, 三つ咬みついてやらなけれ, 三つ残ったの, 三つ咲きかけたのも, 三つ咲き去年は一つ, 三つ咲くある年, 三つのよう, 三つ喘がせて息, 三つ喜六の頭, 三つ喰ううちに, 三つ喰わせ胸倉を, 三つ噴き出してみせた, 三つをし, 三つつごた, 三つ四ついっしょにね, 三つ四つこちらを覗い, 三つ四つさきに向いあっ, 三つ四つすみにかさねあげ, 三つ四つつみ重ねたらあの, 三つ四つづつ着いて, 三つ四つのが運動場, 三つ四つぴしゃぴしゃ撲叩いて, 三つ四つぼんやりと青い, 三つ四つガラクタの入った, 三つ四つキイをたたいた, 三つ四つビールをのむ, 三つ四つブラームスがある, 三つ四つレコードされて, 三つ四つ一処に出た, 三つ四つ一度に頬張り, 三つ四つ上下して, 三つ四つ二つなどとびゆくさへあはれなり, 三つ四つ二つ燦めいて, 三つ四つ五つぐらゐの年齡までのとぎれとぎれ, 三つ四つ五つそれはみんな紙入れ, 三つ四つ五つひじょうなはやさで銀座通りをよこぎっ, 三つ四つ五つ六つ七つ八つ十だらう, 三つ四つ五つ六つ最後の八つめ, 三つ四つ五つ男ばかりじつに, 三つ四つ人数が七, 三つ四つ先の駅, 三つ四つ先づ兼吉に注い, 三つ四つ八時か否, 三つ四つ冬を越した, 三つ四つ出來るの, 三つ四つ卓子を列べ, 三つ四つ友禅の帯, 三つ四つ向うのテーブル, 三つ四つ咽喉ン処を打ちます, 三つ四つ姉さんだし, 三つ四つ宛傍聽人に擲, 三つ四つ宛舟に乘, 三つ四つ左右に揺られた, 三つ四つ平手で打った, 三つ四つ平次は八五郎, 三つ四つ年下らしく見える, 三つ四つ年長者の家, 三つ四つ彼の臀, 三つ四つ慾には限り, 三つ四つ懐中から出され, 三つ四つ手づかみに投げこむ, 三つ四つ手前の, 三つ四つ手酌でつづけた, 三つ四つ捉まえた, 三つ四つ掌へ握りとっ, 三つ四つ撃れしが, 三つ四つ数へられた, 三つ四つ新聞に発表, 三つ四つ暗闇の中, 三つ四つ本箱が重ね, 三つ四つ松明が木の間, 三つ四つ樹の枝, 三つ四つ歳の少い, 三つ四つ毛皮の上, 三つ四つ水なき處, 三つ四つ火花をすりつけました, 三つ四つ点々と瞬い, 三つ四つ用意させ鳥, 三つ四つ用水堀の中, 三つ四つ発見したから, 三つ四つ盃をあけ, 三つ四つ眞ん中の深い, 三つ四つ短銃の引金, 三つ四つ石を拾っ, 三つ四つ石垣が崩れ落ち, 三つ四つ箸へ立て, 三つ四つ紙で拵, 三つ四つ紫がかっ, 三つ四つ縁先にあらわれた, 三つ四つ背高く肉, 三つ四つ蔵の囲ん, 三つ四つ袋に入れ, 三つ四つ記憶して, 三つ四つ話の中, 三つ四つ軒燈籠の影, 三つ四つ里芋を灰, 三つ四つ青楓の大樹, 三つ四つ靴跡が残っ, 三つ四つ鞭をくれた, 三つ四つ頭をさげ, 三つ四つ食い終ったころ, 三つ四つ食臺をつなぎ, 三つ四つ鴉飛んで, 三つ四方は靜, 三つ坊主山のてっぺん, 三つを払っ, 三つに埋れ, 三つを出し, 三つだな, 三つにいろいろ, 三つ外すと始めて, 三つ外れている, 三つ外国人の顔, 三つ大息を吐き, 三つ大樟のかげ, 三つ天井界の住人黒皮忠兵衛殿, 三つ太陽にむかっ, 三つ夫人の探し, 三つ醜な, 三つ奇抜なもの, 三つの道路, 三つ女らしい名を, 三つ女中に見付けられた, 三つ女久利一つ柏軒と妻俊, 三つ女体の途, 三つ女国二十二安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 三つ女長八つ良六つ全安, 三つ女長十九良十七, 三つ好きなまぐろ, 三つ妾春三十三榛軒未亡人志保五十八であつ, 三つ始末しなくては, 三つにやりました, 三つ婦人の枕頭, 三つ嬉しがらせを織りこんだ, 三つ存在して, 三つ孫祐一つ女国二十安十二琴九つ柏軒の妾春三十九, 三つをつけ, 三つ宿場を越さなけれ, 三つ寂しく浮かんで, 三つ寄せてみろ, 三つ寄ったくらいこみいった, 三つりや, 三つ寝ると正月, 三つがある, 三つ将軍のお, 三つ尋ねて見た, 三つ小さく並んで, 三つ小声でちょい, 三つ小突いて得意, 三つ小突き廻すとわけ, 三つ小説を書いた, 三つの丸っ子, 三つ尾四つ尾の琉金, 三つ居間と次の間, 三つ屋根を渡つて, 三つ属している, 三つ左右にふり, 三つ左吉松の死骸, 三つ左記して, 三つ巻きつけ頸へ, 三つ巻島原勢は左, 三つ巻島原勢者左の袖, 三つ平げて思ひ, 三つ年上のとが台所, 三つ年上染子というの, 三つ年少です, 三つ幽かに光っ, 三つ床下から出た, 三つへ沈ん, 三つ廻りながら掻きはなす, 三つ引いた四十七つまり, 三つ引きの定紋, 三つ引き出し三味線に, 三つ引ぢやない, 三つ引つ叩いても構, 三つ引つ叩いたら背後の, 三つ引出しの机, 三つの庄, 三つ強くしたので, 三つ弾音が宵, 三つつて五十円の, 三つ当りだ, 三つ彫刻四つである, 三つ彼方の野原, 三つ後方に一つ, 三つ徒渉して, 三つている, 三つ得意の奇術, 三つ藩の, 三つ心當りを, 三つ心身共に堕落, 三つ忍び寄って水, 三つ思いきって小さい, 三つ怪しい事, 三つ意見を述べよう, 三つ感じたり即ち, 三つ慰めの言葉, 三つから背中, 三つ懸け値を, 三つ懸ってい, 三つ我々の知っ, 三つる場所, 三つ戲談を云つて, 三つをたたき, 三つ所紋の割羽織, 三つ手のひらへのせ, 三つ手巾にすぶり, 三つ手拍子が聽, 三つ手近なやつ, 三つ手際よく引抜かれ, 三つ手馴しに打っ, 三つ打ち据えたがそれでも, 三つ打ち殺したつて関や, 三つ打ち終えた時下流の, 三つ打ったのちこんどは, 三つ打てば直ぐ, 三つ打擲して, 三つ投げてやり, 三つ投げつけたのだ, 三つ投げ出してもいい, 三つ抜けて夕顔, 三つ抱えてき, 三つ抱え込んだ男が, 三つ押してみた, 三つ押し並んだ休日が, 三つ押し込んで晩飯, 三つ押問答があります, 三つ抽斗下駄や傘, 三つきました, 三つ拍子を踏み, 三つ拍手が起った, 三つをくらわせた, 三つへてひどく, 三つ拵えて父, 三つ拾い夜分牛舎の, 三つ拾えるかもしれない, 三つ持たせてよこした, 三つ持ち大蛇等変化の, 三つ持ちださせてお, 三つ持出して六七百兩づつ, 三つ挙げた丈で, 三つ挙げると最近客, 三つまえて, 三つ捨てるやうに, 三つ据ゑてあつたがその中, 三つに移し, 三つ掛けている, 三つ接待中の間上段の間, 三つ掲げてそれから, 三つ掴み出してぽん, 三つ掴拳を撲, 三つ掻いつまんで話した, 三つ揃えていた, 三つ揃わないと事物, 三つ揚がった光弾の, 三つ握らせてその, 三つ握り飯をつくつた, 三つ撮んでから漆塗り, 三つ撲りつけそれから其処ら, 三つ撲りとばしたら話が, 三つ擧げてゐる, 三つ擲つてやつ, 三つへに行かれ, 三つ散らばつて居た, 三つ散らばっている, 三つ散在し五六本, 三つ数えたきりで, 三つ敷いた床の, 三つ文字をかく, 三つ斑点が急, 三つりなる兒, 三つ斜めして, 三つ斬ったところで, 三つ新次というその, 三つに反射, 三つ日本の三つ輪, 三つ明いている, 三つ明けてあげる, 三つ明り大将刀ぞ褐, 三つ星さまが見え出す, 三つ映って見えた, 三つ映画を観, 三つ映画批評三つ中国における二人, 三つ時分からの持病, 三つ晩秋の午後, 三つ曲がってある, 三つ曲つたのを覺, 三つ曲つてある大きな, 三つ書かせていただき, 三つ書くとなおる, 三つ書けば私, 三つ新式な, 三つ有っても足らない, 三つ有りますが三つ, 三つ有害な楽しみ, 三つの椅子, 三つの表題, 三つてゐる, 三つに向っ, 三つ東京の家, 三つ東南の村口, 三つ松原をくぐります, 三つを並べ, 三つ果敢な邸内着陸, 三つ染め出した本陣の, 三つに浮かせ, 三つに相成ってる, 三つ椅子があつ, 三つ植ゑつけて置いた, 三つ横たわって矮, 三つ横っ面を張り飛ばし, 三つの上, 三つに出, 三つをし, 三つ欠き持ちて足蹟, 三つを歌わなけれ, 三つ歌っていたら, 三つつて, 三つ此代金六銭也これでやつ, 三つ武さんの長竿, 三つ歩いてるんだ, 三つどめ, 三つ死ぬまでにひきだした, 三つ残つてゐる, 三つ残んの実, 三つ殘つてたから, 三つつて置い, 三つ殴ってやりましょう, 三つ殴られるうちには, 三つ殴り候えども画伯, 三つ殴返して小鬢, 三つ殿様の頭, 三つられて, 三つ気がついたことが, 三つぜはしく叩く, 三つ氣休めの言葉, 三つに投げれ, 三つ水上の話, 三つ水平線上の星, 三つ求め候ひし, 三つの二つ, 三つ沈みかかつて, 三つ沢山の松, 三つ泡立てて入れます, 三つを打った, 三つ泣き声がこみ上げ, 三つ注意深くけちらした, 三つ注文した, 三つ洩れていました, 三つ流れていた, 三つ浅ましく投り出された, 三つ浚つて逃げた事, 三つ浚つて遁げた事を思出, 三つ浮かんでゐた, 三つ浮き上る様, 三つ浮んで來, 三つ浮んだのであります, 三つ浴びせてやった, 三つ海上に浮び, 三つ海水で洗っ, 三つ浸けてあります, 三つ消したかと思う, 三つ淋しそうに, 三つ淡い星が, 三つ深々とした, 三つ淺ましく投, 三つ清麿の痩せた, 三つ渡してくれる, 三つ渡ってから急, 三つ溜っている, 三つ溜つた家賃を拂つて, 三つ溜つた店賃でも拂, 三つ溜りを当る, 三つ溜息を吐い, 三つへるは, 三つ漸く最近に, 三つ澁紙の蓋, 三つ火鉢の角, 三つがともれ, 三つけ放し, 三つ点頭いて見せる, 三つ烈しい殴打を, 三つ烙印の文字, 三つ焚いて番, 三つ雑作に, 三つ無情の嵐, 三つ無惨な死骸, 三つ無理にも唸つ, 三つ無駄なこと, 三つ煙草の火, 三つ煽ぎながら可愛い, 三つを突く, 三つ片口をきく, 三つ物絵尽しの, 三つじらみ, 三つわる, 三つ琵琶二つを伴奏, 三つを盗みたべました, 三つ生簀を揺っ, 三つ用心水の石, 三つを越した, 三つのひたい, 三つ留めたまえり, 三つ番狂はせ, 三つ異説のない, 三つ発表したばかり, 三つ発見された, 三つ盗み出させて昼, 三つ盗み出して新, 三つ盗み出したのです, 三つ盗られたんでしょう, 三つ目一つ目さはにあり, 三つ目入道大入道の酌, 三つ目入道河童天狗等のポピュラー, 三つ目入道狐狸猫も鼬, 三つ目叩きをした, 三つ目大入道見越入道等は狸, 三つ目左の扉, 三つ目杉野十兵次どのの借宅, 三つ目玉の潜航艇, 三つを越した, 三つ眼小僧か, 三つ眼界を横切った, 三つを放し, 三つ瞬いて空, 三つ程だけですよ, 三つ程とビイルの, 三つ程に考へられる, 三つの槍, 三つ空中に浮い, 三つ空咳をなさつ, 三つ穿いてゐます, 三つ突き抜き鎖を, 三つ突立って針葉樹, 三つ窓硝子の向う, 三つ立っている, 三つ立てかけてある, 三つ立てつづけにやった, 三つ立て続けに出ます, 三つへ入れ, 三つ笙三つ琵琶二つを伴奏, 三つ筋斗うって, 三つへられますが, 三つ節穴を見せ, 三つから出し, 三つ納屋の乾草, 三つ細い往来の, 三つ細工場から攫つて來, 三つ紹介すると, 三つ紺のが一つ仕立, 三つ組んでいる, 三つを眺め, 三つ絹地総体で三百五十ヤール, 三つ継いだ位離れた, 三つ継ぎにし, 三つ続いてみんな南, 三つ続きの大きな, 三つ綿入れの絆纏, 三つ編みにし, 三つに振れ, 三つ縫取りしたもの, 三つに觸, 三つ繰りの藁繩, 三つ繰りで雜穀屋などに, 三つ置いたという部屋, 三つ置きて門, 三つ考へて見た, 三つ聞いて来ました, 三つ聞いたやうな, 三つ聞いたらこの胸, 三つ聞きかじつて知つ, 三つなつた, 三つ肉何匁といった風, 三つ肝腎な注意, 三つ股道の左右, 三つ股野を横ぎって, 三つ肩書を刷りこんだ, 三つがあべこべ, 三つに置き, 三つのかがり火, 三つに落ちぬ, 三つの空振り, 三つをまげた, 三つのあたり, 三つ自分の頭, 三つ自製しその, 三つへし, 三つ舞ったかと思う, 三つ舞台をくるくる, 三つを換える, 三つ良一つ全安, 三つを附けた, 三つかつた, 三つ若からうと, 三つ苦しげな, 三つ英書を借り, 三つ茶碗を並べた, 三つ荒い息を, 三つ荒縄でくくっ, 三つ落つる筧の, 三つ落散つてゐましたが, 三つが目貫, 三つの紋所, 三つたてて, 三つ藁葺屋根を高く, 三つ藍色の浪, 三つ虚子氏の選, 三つ行列しては, 三つ衣裳のあげ, 三つ補助の鐘, 三つ製作されたの, 三つ見えたのです, 三つ見え出してきた, 三つ見え出した頃には, 三つ見せよか, 三つ見るにすぎなかった, 三つ見付けて来, 三つ見廻せばなお, 三つ規律正しい生活, 三つ覚えている, 三つえ込みました, 三つひ落して, 三つ言い争った揚句支那服が, 三つ言つて見たい, 三つ訊いて主人玄龍, 三つ訊かして下さい, 三つ訊き度いんです, 三つ訊ねてから貝十郎, 三つ訊問した, 三つ記してあった, 三つ記憶して, 三つ記臆に留つて, 三つ許した次手に, 三つを書き, 三つ話して床几, 三つを交わす, 三つへ投げやっ, 三つつたつて, 三つ貰つたと云, 三つ買い上げることに, 三つ買うことが, 三つ買ったばかりであった, 三つ買物もあっ, 三つつて呉れません, 三つはなけれ, 三つや緑, 三つ赤い実を, 三つ走り廻って, 三つ走りでてきた, 三つ越してるよ十八, 三つ足七つあるもの, 三つ足踏みを, 三つ足蹈をし, 三つ足蹴をくれ, 三つ跳ねるうちに, 三つ踏みながら, 三つ踏みこえたかと思われる, 三つ踏み鳴らしてから, 三つ踏むだと思ふ, 三つえると, 三つ蹴られ損を, 三つ軒下に持出, 三つ転がっていた, 三つ軽口を云っ, 三つつてゐた, 三つ載っていた, 三つ載っけて入っ, 三つ輝いている, 三つ辻溝の横, 三つ述べて見ましょう, 三つ追い揚羽の, 三つ送ってやった, 三つ這っている, 三つ這奴の鼻, 三つ通してある, 三つ通って居る, 三つ通りすぎて行く, 三つ通り抜けてとある, 三つ通り抜けましたがどの, 三つ通り過ぎ妙な, 三つ通り過ぎたのか, 三つ通り過ぎると公園, 三つ逞しい肩を, 三つ運んだのは, 三つぎてゐるであらう, 三つ過ぎてもまだ, 三つ道具二通りその他の諸, 三つ違ひで私が尋常科三年生, 三つ遠い過去か, 三つ配置しただけの, 三つ重なった日だった, 三つ重なってるその一番前, 三つ重り合って狭い, 三つ針穴程の孔, 三つのこく, 三つ銀貨を握らせなけれ, 三つ銃弾が入っ, 三つを使わなけれ, 三つ鍵盤を打った, 三つでこなし, 三つ長い曲を, 三つ長椅子からはね起きた, 三つ開いて居る, 三つ開けたのを, 三つ開け放されてあった, 三つかな夜, 三つがある, 三つの中, 三つ附いて居ります, 三つ附きたるありて小, 三つ降りて来, 三つ降りたかと思う, 三つ陳列して, 三つ階子段を上る, 三つ階段がある, 三つった処, 三つ隔てた座敷から, 三つ隠した曲者の, 三つ隠すのは, 三つすの, 三つ雑つて咲いて, 三つ雑話の後, 三つ離して安心, 三つ離れ離れにある, 三つの間, 三つの斷, 三つ青白い大きな月, 三つ静かな夜, 三つ面白い写真も, 三つの踵, 三つ音高に敲く, 三つ響かせながらヴェランダ, 三つ頂戴する, 三つに溝, 三つや鼻, 三つ頬張ったが誰, 三つをあつめ, 三つに二つ, 三つ風呂敷に包んだ, 三つ飛び上ったような, 三つ飛び出した頃に, 三つ飛び出すという具合, 三つ飛び出たともいひ, 三つ食らわせましたがそれ, 三つ食わしてやりました, 三つ食わせてしまいました, 三つ食われ痒くやり切れぬ, 三つ食卓ふきが二つ, 三つ飲ませたり食べさせ, 三つ飲んで赤く, 三つにまじえ, 三つに積ん, 三つ鳴ったらおやつ, 三つ鳴つたので, 三つ鳴らして見る, 三つ鳴り揺れて聞こえます, 三つ鳴るんだ, 三つの為, 三つの鳥, 三つ鹿島入り籠川入り高瀬入りと呼ん, 三つ黄ろい星, 三つ黄金作りの檳榔毛車, 三つけ放し, 三つ鼻面を惱, 三つ齢上