青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「三~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

七兵衛~ 七月~ 万~ 万一~ 万事~ ~丈 丈~ ~丈夫 丈夫~ ~三
三~
~三つ 三つ~ ~三人 三吉~ 三味線~ ~三年 ~三度 ~三日 三月~ 三浦~

「三~」 146468, 1516ppm, 53位

▼ 三~ (16013, 10.9%)

200 の子供 187 の男 173 の女 135 のうち 103 の中 92 の者 76 の客 72 の人 70 の子 67 して 65 の娘, の若い 61 の少年 59 の警官 56 はその 55 が三人, の刑事, の間 53 の顔 47 では 42 はそれ 41 の姿 3835 の前, はまた 32 の人間, や五人 31 の方, の武士, の青年 30 のもの, の兄弟, の眼 28 が, のお, の子供たち, は顔, もある 27 で, の双生児, の男の子 23 である, の仲間, も四人 22 の姉妹, の手, の男女, はもう 21 の侍, の足音 20 ある, の人影, の女中, の小, の若者, はしばらく, は思わず 19 あつた, であった, です, の友達, の百姓 18 の, の目, 来て 17 の上, の外, の部下 16 いた, の子ども, はこの, 並んで, 出て, 連れて 15 いる, のほう, の口, の話, はお, はすぐ, はそこ, は一緒, 揃って

14 [11件] がその, だ, だけで, だった, で食事, のため, の医者, の妃, の少女, はある, は手

13 [12件] の人たち, の人物, の侍女, の内, の力, の生命, の男たち, の頭, はそれぞれ, は黙っ, もいる, 寄れば

12 [15件] あった, がこの, つれて, でこの, で相談, のあと, のうち二人, の名, の役人, の男達, の盲人, の紳士, はいずれ, はどう, も五人

11 [18件] あるが, そろって, になった, の児, の友人, の娘たち, の巨匠, の息子, の胸, の黒人, はここ, はただ, は何, は又, は声, は無言, を乗せた, 寄って

10 [19件] あって, いて, か四人, でお, でその, で出かけ, の人夫, の声, の女たち, の娘ら, の子供ら, の家族, の庄屋, の弟子, の影, の様子, は同じ, を相手, 乗って

9 [18件] かたまって, が出, が揃っ, の一人, の供, の助手, の女の子, の婦人, の子供達, の学生, の日本人, の生活, の白髪婆さん, はあった, は彼, や四人, を連れ, 立って

8 [20件] か, か五人, が一緒, が同時に, が手, だけ, でよく, と一緒, になる, のなか, のチンピラ, の下, の使者, の僧, の心, の水夫, はいつも, は一度, は三人, 集まって

7 [37件] がここ, が三人共, そろつて, で何, で話, に, になっ, のおとな, のほか, の兵士, の兵隊, の壮士, の女性, の子分, の家来, の後, の悪者, の探偵, の武家, の母, の男子, の耳, の職人, の身体, の関係, の騎士, はいっ, はいっしょ, はどこ, は今, は夜, は家, は思い思い, は自動車, は船, を呼ん, を追

6 [54件] が声, しかない, じゃ, でした, でも五人, で一緒, で夕飯, で飲む, とも, とも同じ, に一人, に向っ, のあいだ, のこと, のひと, のニンフ, の人達, の兄妹, の同志, の名前, の妻, の姉弟, の孫, の将校, の小娘, の少年たち, の弟, の敵, の旅人, の旦那方, の潜水夫, の盗賊, の神, の美しい, の足, はいつ, はいる, はそう, はそのまま, はそれから, はまだ, は上, は奥, は少し, は息, は暫く, は歩い, は眼, もその, も子供, を, を殺した, 打連れて, 狩り出して

5 [95件] あれば, いました, います, がいた, がいっしょ, がお, がそこ, がつくねんと, がまた, が同じ, が枕, が顔, だと, でこれ, でまた, で出かけた, で夜食, で手分け, で散歩, で暮す, で酒, で銀座, というの, といっしょ, ともこの, ともそう, ともその, なの, になり, に過ぎなかった, のいる, のおまわりさん, の乗客, の人々, の傍, の先生, の友, の友だち, の命, の外国人, の大, の大男, の女給, の奴, の妹, の姫たち, の娘達, の子持ち, の容疑者, の寝, の小さい, の巡査, の席, の後姿, の従者, の御, の旦那, の泥棒, の犠牲者, の画家, の老人, の腰元, の船頭, の芸者, の若, の話し声, の話題, の跫音, の首, の黒い, はあまり, はおもわず, はたがい, はやがて, はようやく, はハッ, は並ん, は先, は気, は私, は胸, は誰, は部屋, は頭, は黙, も並ん, よれば, を殺す, バラバラと, 呼んで, 坐って, 居た, 待って, 這入って, 連れ立って

4 [155件] あり, ありました, いたの, いつし, いつしよに, かかって, がある, がいる, がはいっ, が一時, が何, が例, が揃い, が来, が食卓, ずつかたまっ, それにお, だけである, であつ, でしたが, でホテル, で出掛けた, で勝手, で夕食, で東京, で活動, で行っ, で行った, で雑談, で顔, で飯, となる, ともしばらく, ともよく, とも口, とも私, なん, に囲まれ, に過ぎない, のうしろ, のうち一人, のおじいさん, のすぐ, の中学生, の事, の仕事, の会話, の働き, の写真, の処女, の勇士, の召使, の和子, の園丁, の天, の夫, の女房, の女達, の姉, の子どもたち, の宿直員, の小さな, の弟妹, の患者, の意見, の愛児, の手先, の新聞記者, の方々, の暮し, の来客, の死, の浪人, の漁師, の父親, の狂人, の王女, の異, の白髪婆さん達, の着物, の私服, の美女, の職工, の若い衆, の視線, の言葉, の身の上, の運転手, の野武士, の雪童子, の食事, の骸骨, の鼻, はこれ, はすこし, はそこで, はだまっ, はちょっと, はついに, はぶらぶら, はめいめい, はもと, はやっと, は一, は一時, は他, は何事, は元, は其処, は再び, は原っぱ, は大, は小屋, は庭, は心, は思はず, は急い, は暗い, は未だ, は橋, は決して, は海岸, は町, は相, は笑い, は笑った, は自分, は自分たち, は街, は警察, は足, は階段, は驚い, まで, もあり, もいた, もゐる, も使っ, も出, も出来た, も居る, も手, も揃っ, やって来た, ゐた, をお, をつれ, を乗せ, を包ん, を案内, を見, を見る, 並べて, 住んで, 走って

3 [311件] あったが, あつて, あります, あるいは五人, あるから, あると, あるん, いたが, がいきなり, がこちら, がしばらく, がつい, が三様, が並ん, が中, が久しぶり, が交代, が住ん, が先, が共謀, が出かけ, が去っ, が又, が口, が各自, が命, が土間, が家, が庭, が彼, が旅衣, が昨夜, が目, が相談, が腰, が自動車, が船, が落ち合った, が見, が詰め, が話し, が車, ぐらいしかいない, しかなかっ, しか客, ずつ一組, だから, だけだ, だけでした, だけです, だけになる, だけの世界, だぜ, つれだって, でいた, でこうして, でここ, でございます, ですから, ですね, でそれ, でまず, でやつ, で一人, で仲よく, で出, で出かけました, で出かける, で分け, で噂, で国府津, で家, で手, で旅館, で暫く, で暮し, で楽しく, で私, で笑った, で茶, で行こう, で見, で話し, で話した, と, とその, となった, ともそれぞれ, ともひどく, ともまだ, とも全然, とも手, とも気, とも落第, とも行く, と云う, と同じ, と顔, ながら古, にお, にし, にした, になつ, になりました, によつて, に一つ, に云った, に共通, に及んだ, に声, に目, のだれ, のひめ, のまえ, のむす, のむすこ, のゆく, のカミナリ病人, のジロリ, のポルトガル人, の乗っ, の乗合, の人手, の人足, の令嬢, の仲, の作品, の兄, の刑事たち, の同僚, の周囲, の味方, の囚人, の団員, の場合, の墓, の士, の士官, の大人, の天使, の女子, の女学生, の女帝, の女房よそ, の委員, の姫, の子息, の子持, の学者, の家, の小児, の小町娘, の少女たち, の巨頭, の幼い, の幼児, の店員, の弟子たち, の当番, の息子たち, の悪, の愛, の旗本, の曲者, の書生, の書記, の有力者, の有様, の横, の気持, の漕ぎ, の牧夫, の犯人, の生徒, の申次, の立っ, の立つ, の笑い, の精霊, の美, の背後, の自動車, の花嫁, の茶, の荒くれ男, の行く, の行員, の行方, の表情, の裸女, の見物, の親子, の訪問者, の証人, の証言, の話し, の誰, の議員, の足軽, の連れ, の連名, の重臣, の門人, の關係, の青年たち, の馬, の駅員, の魂, はあと, はあり, はあります, はいいあわせた, はいそい, はいよいよ, はこんな, はすばやく, はそっと, はそろっ, はつぎつぎ, はときどき, はひそひそ, はひとしく, はびっくり, はぼんやり, はみな, はみんな, はもちろん, はよく, はボート, は一人, は三方, は上野, は中, は互いに, は互に, は仲よく, は兄弟, は先生, は入口, は別, は各, は同時に, は外, は大きな, は廊下, は必ず, は急, は意外, は揃っ, は昨夜, は更に, は森, は歩き出した, は死ぬ, は水, は池, は物, は狭い, は玄関, は皆, は目, は相談, は芝生, は茶, は表, は話, は谷, は走り, は車, は長い, は間もなく, は階下, は風, は食堂, は首領, ばかりいた, ばかりいる, ばかりの男, まで死んだ, もあっ, もあった, もお, もそれ, もそろっ, もできた, も人, も妾, も男, も連れ, も顔, や五人ぢ, よんで, をのせ, を促し, を対手, を招い, を殺し, を眺め, を自分, を除い, 加わって, 呼び集めて, 寄りて, 控えて, 死んで, 殺して, 見える, 連れ立つて, 遊んで, 集って, 集まれば

2 [943件 抜粋] あったの, あつまれば, あるいは四人位, ある事, いたであろうか, いるの, いんだよ, から, か五, があつまっ, がこう, がすぐ, がつづい, がどこ, がのちぞい, がひそか, がふと, がやつ, がテーブル, が一, が一斉, が互に, が五人, が仙太郎, が何処, が共に, が加わり, が口々, が品川, が大, が妙, が室, が少し, が帰っ, が引返し, が急, が息, が振向く, が斉, が村, が来る, が東京行き, が残された, が火鉢, が益満, が突然, が答えた, が膳, が草鞋, が菓子, が裏庭, が訪ね, が軽く, が連れ立っ, が酒, が附い, が集まる, が飛びかかっ, が飛ん, きやうだい, この中, さ, しかいなかった, しか居なかった, しか知らない, すぐ背後, ずつ, ずつの一組, ずつ二三人, ずつ組ん, そんな事, だけが残った, だけだった, だけということ, だけな, だけになっ, だけは見ました, だな, ついて, つれ立って, であなた, であります, であると, でいる, でお話, できた, でしょう, ですよ, でたべ, でちびちび, でなければ, でまるで, でやる, でゆっくり, でビール, で一冊, で一日, で三越, で人々, で例, で八時, で其, で分担, で向う, で地道, で夜, で大いに, で奥, で少し, で支店, で数寄屋橋, で旅行, で暮らし, で来た, で此, で歩く, で温泉, で炬燵, で玉川, で生活, で碁, で粟刈, で自動車, で芝居, で街, で見物, で遊び, で門, で随分, で面会, で食べました, で食卓, という, とか待ち, ともあ, ともいま, ともお, ともすっかり, ともつとめ, ともほとんど, とももう, とも一緒, とも互に, とも同意, とも夢, とも夢中, とも少し, とも必死, とも怪我, とも死ん, とも無言, とも目, とも胸, とも草, とも非常, とも黙った, と二人, と他, と女中三人, と宿, と立ち止らない, ながら同じ, ならんで, なりあるいは, なれば, にすぎない, にとる, にはその, に二人, に分配, に及べ, に宛てた, に手, に挨拶, に目顔, に筆, に話し, に限る, のあさましい, のうしろ姿, のうちだれ, のうち上, のお子さん, のかた, のかわいい, のこれ, のさびしい, のす, のどれ, のならず者, のぼうぼう, のみ, のやつら, のアメリカ人, のカタリーナ, のチンピラども, のマダム, の三人, の下宿人, の不良少年, の中一人, の中隊長, の乾児, の人相, の人造人間, の他, の会員, の伜, の体, の係長, の借手, の側, の僧徒ら, の先輩, の兵卒, の典侍, の出, の刀, の労働者達, の取, の召し, の同じ, の周圍, の坊さん, の坑夫, の大工, の女優, の妓, の妾, の姉達, の婢, の子供等, の家内, の家庭, の家臣, の寵臣, の将軍, の小姓, の少年少女, の尼さん, の島民巡警, の市会議員, の帽子, の幽霊, の座席, の心持, の忠臣, の思い, の息女, の悪人, の情人, の憲兵, の拜見, の教師たち, の新造, の旅僧, の日本, の明智小五郎, の時, の暴力団, の有力者登場, の朋輩, の本草家, の楽人, の欧羅巴人, の武者, の歩み, の死躰, の死骸, の気持ち, の泣きわめく, の泥坊, の洋服, の浪人者, の淋しい, の漁夫, の甚内, の生, の男共, の番頭, の病人, の白髪, の相客, の看護婦, の真中, の眼玉, の眼球, の知人, の笑, の紅茶, の綺麗, の縄付, の美人, の群, の老人連中, の肉親, の背広, の船員, の荷持, の蔵人, の被害者, の記者たち, の談話, の諜者, の貴女, の賊, の農夫, の近侍, の運命, の遺児, の酔漢, の雇人, の面, の頭目, の食客, の騎士達, の高弟, の魔女, の黒衣, はあ, はあまりに, はい, はいつの間にか, はうしろ, はかつて, はくら, はさすが, はさらに, はしきりに, はじっと, はすっかり, はするする, はその後, はそれら, はぞっと, はたいへん, はとうとう, はどんな, はひたい, はひとしきり, はひる, はほ, はまるで, はやれやれ, はわたくし, はドイツ, は一つ, は一体, は一時間, は三様, は乃ち新山堂, は二, は二階, は人, は今日, は住職, は何時の間にか, は俺, は全く, は出, は刑事, は前, は勇気, は勿論, は卓子, は南, は又もや, は口々, は右手奥, は呆気, は唯, は喬生, は固く, は境内, は大声, は女の子, は子供, は室, は小さい, は小石川, は小隊長, は居ます, は山, は平次, は底気味, は後, は応接室, は恐竜, は或, は手足, は改めて, は教室, は新, は明智, は昼間, は東京, は根本, は横山町, は残っ, は汽車, は泊, は火鉢, は犬, は男, は白い, は直ぐ, は石段, は立ちました, は第, は素人, は縁側, は肩, は腹, は船室, は荷, は行った, は見る, は親しく, は話し, は路, は近く, は道, は酒, は隣り, は露台, は面白, は順々, は飛脚屋, は飯, は馬, は黙々, ばかり, ばかりの客, ばかり入っ, ひそひそと, ひっぱって, ほどある, ほどし, ほど姿, まっすぐに, までも人, まで殺す, もあつ, もそれぞれ, もつれて, もの子, もの子供, も出来, も抱え, も斬る, も死にました, も殺す, も立っ, も置い, も行方, も集つて, やつて來, よりなかっ, ゐる, ゐるん, をし, をそっと, をとりまく, をな, をめがけ, を乘, を列侯, を包んだ, を叱し, を四人, を失っ, を射, を従え, を抱え, を招待, を残し, を等分, を部屋, キチンと, ゴロゴロし, 付いて, 同じく夢む, 同時にオウ, 寄ると, 少し鼻白む, 居るが, 思い思いの, 急いで, 打ちそろって, 来ました, 残って, 爆ぜに, 生んだ, 笑う, 育てるも, 薄傷, 走り来て, 連立ちて, 集まっての, 飛んで

1 [7141件 抜粋] あかるい電燈, あづかつて, あるいは四, あるやう, いたよう, いや四人, いる女中, おそるおそるお, お互に, お酒持参, かも知れない, から目, があつ, がうせおるでし, がかつい, がご, がすべて法, がそろっ, がつきそい, がどなった, がひどい, がまつし, がやり出し, がクスクス, がポプラ, が一所, が三人共姉妹みたい, が並行, が京都, が何時, が入れ, が凍つた, が別に, が十月, が吃驚, が呆然と, が土, が大御所, が客, が射立てた, が屋敷, が帰る, が引き取っ, が得心ずく, が悪い, が折り重なっ, が掴み合い, が暗闇, が松戸, が歩けなくなれ, が毒死, が深編笠, が煙草, が生き埋め, が皆, が私, が競い立った, が素早く, が臆病, が茶碗, が見える, が議論, が踵い, が通され, が里見老, が附き添っ, が風説とりどり, が馬, きっと酒, ぐらいずつひと, ぐらい揃う, この三国ヶ嶽, さびし鴉, しか居なかっ, しばらく沈黙, すれ違いながら, ずつの男, ずつ乗込む, ずつ向う, ずつ散っ, ずつ這入る, その日, そろえば, たのんで, だけがどうやら, だけでご飯, だけど一人, だけは人目, だけ外, だったなあ, つかあ, であったか, であろう, でうなぎ, でかけました, でござんしたと, でしょう敵, でたべました, でなにか, でへ, でもゆく, でやって来た, でオーキ, でツウ・テン・ジャック, でペエル・ラセエズ, で一区, で三共, で中澤弘光氏, で二哩, で今晩, で住む, で兄, で冷凍, で利章, で南河内, で叶, で噛, で夜明し, で始めた, で寢轉, で市街散歩, で彼, で急, で担ぎ, で撮つて, で新大阪ホテル, で朝食, で柿, で歩ける, で河豚鍋, で漸, で甲野, で知事, で築地, で舁き, で藤井先生, で親しい, で負担, で近く, で運びました, で関西, で食う, で首席, で黒旋風, といったほう, とかの由, とされ, とともに出, とは人数, ともあき子さん, ともかたまつて, ともそれ, ともども警官五人, ともべつになんとも, ともみんな留守, ともチロ, とも七瀬, とも二度と, とも健康, とも初, とも古びた, とも変, とも嫌, とも巨人, とも恐し, とも揃っ, とも晴やか, とも機會, とも流れ, とも熱し, とも病毒, とも結構, とも荷, とも賢, とも青, とも默りこ, と一しょ, と俊夫君たち, と共に宿, と同類, と女共, と廊下, と散っ, と歌舞伎座, と稚き, と解する, と隅, どの家光, ながらそれぞれ, ながら名前, ながら源兵衛ひとり, ならいい, なるべし, にいった, にそこ, にてなしたる, にとって全く, にはずみ, には十分, にばかりか, によって白日下, に交付, に切りつける, に向い, に対し協約, に必ず, に捻じ伏せられ, に榎木小僧加はり, に無邪気, に示す, に言いつけ, に過ぎず, に食べ, のあれ, のうち二人戦死, のおばあさん, のお母さんたち, のくびもとぶのだよ, のしゃべる, のそんな, のな, のひもじい, のみであった, のやる, のオービユルン家, のタイピスト, のプレイ, のロバァト, の上下五人, の中まめ, の乗組み, の人かげ, の仇, の会見後, の作家, の偵察兵, の先頭, の共用, の判断, の化物, の友人たち, の可憐, の同級生, の商人, の地主, の変物揃い, の天才, の女房達, の妹たち, の婦人作家, の孤独者, の宣教師, の寝床, の小学生, の山, の年増, の弁護士, の後ろ姿, の心臓, の悪友, の所在, の抱妓, の揚げる, の文官教官, の日本人指揮者, の曽孫, の朝鮮人, の杯, の歌声, の毒死, の汽笛, の海軍士官, の無銭旅行者, の特攻隊員, の生み, の男衆, の異性, の盗人ども, の着もの, の私服巡査, の童男, の精霊方, の給仕女, の義理, の聴手, の脱走者, の自転車乗り, の若き, の荷物, の行衛, の見事, の記者達, の負傷兵, の起居, の身體, の逃げ出そう, の遊女, の酢, の長男十六歳以上, の雲助, の頬ぺた, の馬上, の鬢, はああ, はあらた, はいじ, はいま渓向う, はおく, はかまわず, はきらびやか, はこまった, はした, はすすり泣き, はその間, はたしかに, はつぶやき, はどうも, はねこ, はひと, はべとべと, はまっ暗, はもう一度, はよけて通る, はウワー, はシャベル, はツカ, はパン, はマユミさん, は一人づゝ, は一番後, は三重, は不思議, は乗り出し, は二通, は人群, は休みました, は借手, は入れなく, は其夜南, は切れ切れ, は助かりました, は半歳, は口笛, は同期卒業, は喫驚, は土蛛, は墓場, は大小, は女手, は安心, は寄宿舎全体, は少時茫然, は峠, は平等, は座敷, は当惑, は徒歩, は忽ち, は恐ろし, は慣れない, は手拍子, は持っ, は散在, は既に, は昔風, は會釋, は本当, は柔かい, は楽しく, は此方, は殺し, は永く, は泳げる, は湯崎, は炬燵, は熱気, は用, は痩せ, は目立たぬ, は瞬間, は礼拝堂, は空頼み, は立どまつ, は約, は縺れ, は腑, は若松屋惣七, は蒼ざめた顔, は裏, は言うまでもなく, は貧乏人, は足音, は追放, は逸し, は金杉, は隆夫, は霎時, は飛び立っ, は驛, は默りこくつ, ばかりあっ, ばかりのいかにも, ばかりの女の子, ばかりは巡礼, ばかり人, ばかり手伝い, ばかり総代, ひとしくさし, ぶッ, へ命じた, ほどいつのまにか, ほどに見えました, ほど一群, ほど映った, まいりますが, まだ不審そう, までは数えられる, までわずか, まで急病, まで雪, もあらわれた, もおとなしく, もじっとして, もぞろりと, もの夜鷹, もやられたらしい, も今夜, も北, も女, も床, も手きき, も時, も燒, も立止つて内, も自衛上三伝, も附添つて行つた三千兩, やたらに, よくろんぼ, ゐたやう, をある, をここ, をたたえ, をどんなに, をひと, をもめしとられる, を一つ, を並べ, を信じなかった, を初め原士, を叩き伏せ, を品, を室, を巴, を引率, を手招き, を捕え, を救う, を極, を無視, を目前, を筆頭, を至急, を見つけた, を訊問, を踊らせた, を送りこんだ, を釈放, を黒煙, デ調子ガ弾ミ, 之由, 仲よく手, 共に, 出来ちゃった, 去り皆, 同じよう, 同時に金打, 喰うだけ, 寄っての, 小さな蓑笠, 居ります, 干ぼしに, 従って, 手伝って, 押入りまして, 揉みました, 昇って, 来た早耳, 死ななきや, 殺した人間, 漸と, 生れた子, 知って, 立ち上がる, 縛ったの, 若後家, 見たバスガール, 貧しく睦, 迄も同じ, 進み出づ, 青い服

▼ 三~ (6553, 4.5%)

193 の間 160 して 133 のうち 109 の後 96 に一度 88 すると 77 も四日 72 の夜 58 にあげず 53 の晩 47 たって 45 の朝 42 のこと 34 のあいだ, 経って 32 してから 30 経つと 29 も前 26 である 25 の中 23 の内 22 になる, の月 21 たつと 20 にし, ほど前 18 のお, の日, ばかり前 17 に蘭軒 16 すれば, づけの, まえに, 過ぎて 15 や四日 14 か四日, の午後, まえから, 経ってから 13 であった, というもの, の猶予, 続けて 12 の夕方, 待って, 経たないうち 11 たつて, に歿, の手紙, ばかりし, 経っても 10 おいて, たっても, になっ, の事, 経つて 9 でも四日, まえの, や五日, 遊んで, 過ぎてから 8 か, だ, でした, にお, も家, 休んで, 待つて, 過ぎると

7 [19件] いて, しかない, たってから, という, という日, といえ, の雨, はその, ばかりで, もたつ, も帰っ, も経っ, も続いた, も続け, を過ぎ, 泊って, 立つて, 置いて, 見ぬ間

6 [19件] たったある, たてば, であつ, です, ですよ, では, と十八日, にいちど, に棠軒, のため, の旅, の條, ほどし, ほど後, もする, 立って, 立ってから, 経てば, 置きに

5 [29件] かかって, が, するうち, たつてから, つ, つづけて, でも, とたつ, と日, と経つ, なの, に, に一度位, の, のところ, ののち, の新聞, の期限, はかかる, は何, もかかっ, もすれ, も經つて, も飯, を費やし, を隔て, 寝て, 立つと, 考えさして

4 [42件] いた, この池, たった, でもいい, といっ, とたたない, と過ぎ, になった, には蘭軒, にわたつ, に上げず, に書いた, に迫つた八月, のゆう, の午前, の夕, の夜半, の暇, の約束, の記事, は, は何事, は母, は私, ばかりの間, ばかり経った, ばかり経つ, ばかり続け, ほどする, ほどの間, もかかる, もつ, もつづいた, も五日, も経たない, も経つ, やると, を経, 曇り, 経ったある, 経った或, 続いた

3 [118件] あれば, おき二日おき, おき四日おき, から十七日, から始まる, か一週間, が過ぎた, が間, しかならない, したらお, した或, するか, たたないうち, たちました, たつても, だから, だからと, だつた, だね, だよ, つづいて, つづきの, つづく, でも一週間, でも好い, で死ん, というの, といふもの, となり, となる, と云, と云う, にこの, にこれ, にしかならない, になつて, になり, になります, には, にはその, にはもう, にまた, に一, に一ぺん, に一人, に一度くら, に出, に広島, に東京, に母, に江戸, に父, に静岡, ね, のあと, のまだ, の予定, の休暇, の余裕, の公判, の出来事, の分, の午すぎ, の御, の旅行, の昼, の暁, の月夜, の条, の母, の私, の節句, の記, はお, はこちら, はなにごと, はめっきり, は午後, は又, は大丈夫, は少し, は朝, は父, は立居, ばかりする, ばかりの後, ばかり御, ばかり経っ, ばかり間, ほどしたら, ほどたっ, ほどたった, ほどまえ, ほど経っ, ほど経つ, ほど雨, もたたぬ, もたて, も右, も外, も帰らない, も物, も経った, も經, も続く, も食わず, 居て, 帰って, 暮して, 泊めて, 経ち四日, 経った, 経て, 続いて, 置き位, 見えないよう, 見えねば, 過ぎた

2 [310件] ありて, いるうち, お休み, かかった, からいよいよ, からこの, からだ, から七日, から六日, から十日, か五日, がほどを経ました, が小田原, くらい煮なけれ, しかたたない, しか稽古, しか立たない, したら何, した夜, してからの, しての, しても, すぎた, すぎてから, その少女, その日, たつた後, たつての, だが, だけはあたたかい, だけ猶予, だった, だったと, だったな, だな, つづいた, つづくか, であ, であるが, であると, でしたか, ですから, ですっかり, ですもの, でほんとう, でも五日, でも姿, でも旅, で九月, で御座いました, で月, で死ぬ, で癒, で終る, で行ける, という約束, といふ日, とか五日, とたたぬ, とたち, となった, とは生き, とも数, と三月, と二十八日, と云つたの, と保つまい, と八日, と生き, と経たない, と経たぬ, と経たねえ, と続かなかった, と続け, と置い, と言いたい, と間, ならば, なり, なりき, なれば, にあげずやって来, にあげずやって来た, にあの, におめにかかっ, にかけて大風雨, にその, になつ, になりました, にね, にはじめて, には何, には楢, には浄華院, にもなる, にわたった, にわたって行なわれ, にわたる大, に一度必ず, に一遍, に亡くなった, に京都, に先生, に出した, に天上, に夭, に姉, に始めて, に小宴, に山陽, に当っ, に御, に手紙, に挙げず, に於, に来, に柏軒, に横浜, に此, に発布, に第, に至り, に茶山, に行われ, に行われる, に迫っ, に迫つて, のあいだ伴, のうち一日, のころ, のつもり, のま, のよう, のエキセルシオール紙, のハガキ, の事件, の但馬地震, の保養, の午, の午剋, の午前三時, の午前十時, の午後十時, の午過ぎ, の午頃, の国民新聞, の夕刻, の夜二人, の夜亥, の宵, の寅, の寿命, の川開き, の手間, の拘留, の日曜, の日記, の日限, の早朝, の晩以来, の暑, の暮方, の月曜日, の朝不精床, の朝釧路, の期間, の未明, の江戸, の洪水, の深夜, の滞在, の潮時, の火曜日, の直前, の真夜中, の眼前, の祭, の臥床, の誕生日, の議會, の辛抱, の道中, の金曜日, の間出入り, の間奈良丸, の雛祭, はおろか, はかかるだろう, はかかるであろう, はなんにも, はひどく, はまた, はわけて, は三周忌, は五日, は代, は休ん, は余, は可也, は女, は娘, は学校, は寝, は帰っ, は座敷, は新太郎, は日曜日, は枕, は気, は疲れ, は親父, は逗留, は雨, は頭, は飯, は馬鹿, ばかり, ばかりで済ん, ばかりは例, ばかりは無事, ばかり雨, ひどい風, ほどあと, ほどたつ, ほどつづい, ほどで, ほどの後, ほどま, ほど床, まえにも, まへに, まるで顔, も, もある, もあれ, もしない, もそれ, もたたない, もただ, もつづい, も一緒, も來, も四五日, も引留め, も後, も御, も掛る, も放つ, も新聞, も朝野, も流連, も生き, も私, も経たぬ, も続い, も練習, も續, も見ない, も逗留, も連載物, も過ぎた, も酔, も雨, も髯, ゆっくり休養, よ, よく晴れた, よく考えた, より出勤, を中心, を余す, を期し, を用, を経過, を費した, を送った, を過し, 乃至一週間, 休ませられた様, 休んだ時, 休んだ筈, 何かと気, 居れば, 待ち給え, 待てと, 早めたのに, 来て, 死ぬべき命, 立っても, 立つか, 立つてから, 経ちました, 経っての, 経つても, 続いただ, 置きくらいに, 置きぐらいに, 考えて, 詰め切りましたが, 責めました, 買うて, 貸して, 過ぎた或, 過ぎた晩, 過ぎました, 過して, 預かって, 飼われて, 養わるれば, 黙って

1 [3000件 抜粋] あげずに, あの親娘, あるいは七日晒し者, いたが, いなければ, いわゆる霜月三夜, おき時には, おくれの, おとなしくて, お暇, お邪魔, かかっても, かかろうと, から, からで, からはパパ, から七日間, から二十五日, から十五日, から四条畷, から新しい, から私たち日本國民, か十四日, か四日頃, がたった, が三年, が八月既望, が忘, が来ない, が気に入らない, が精, が食べ頃, くらした, ぐらいしか泊らない, ぐらいなんにも, ぐらいまでいる, ぐらい立った, こうして寝, ことによったら, この家, この病気, ご逗留, しかいない, しかなく, しか畑, したらうまい, したらまた, したら夜, したら釣れはじまる見込み, しますと, じゃこの, すこし落, すなわち青々, ずつしかも, そして禁煙二日, その年, そんな処, たったあと, たった仙二, たつたとき, だか, だけごまかし, だけは必ず, だけ閏年, だったの, だのに, ちゅうに十両, ついに天下, つづいた時千世子, づけ, であらう, でかえります, でこんど, でしょうですもの, でその間, でなけりゃいけないの, でもあの, でもじいッ, でもよく, でも世帶, でも向, でも居坐り, でも斯, でも真剣, でも酒, でやむ, でスエーター一着, で上る, で何とか, で六十匁一両, で出来る, で千秋楽, で大潮, で帰ります, で我慢, で東京中, で此所, で法王, で然るべき, で百姓ぶつ, で竣工, で翌, で起る, とあげず, というもの一本, という声, という風, といふもの碌々病院, とうとうその, とか四日, として次第に, とてもお, とは受け, とは違, ともあなた, とも翁附, と七日, と云え, と保たなかった, と卯木, と寝た, と思った, と日附, と泊っ, と相成った, と経ぬ, と置く, と辛棒, と顔, どうもおかしい, なくしさえ, なまあたたかい天気, なら何, なり四日, なんという, にあげずだ, にあげず有るだ, にあげぬ, にいただく, にお松, にかかれ, にきらびやか, にすぎなかった, にとび, にぬがされ, にはこちら, にはそちら, にはね, にはペテルスブルグ, には不帰, には再び, には取詰めた, には大方, には室咲き, には山林局, には戒厳令, には明確, には桜田門外, には清洲, には福井藩主松平茂昭, には築地本願寺, には詩会, には関東, には高尾山, にもなっ, にも手紙, にわけ, にわたって四人, にわたって試合, にわたる御, にパン二斤, に一つ, に一千四百九十八首, に一度位づつ四丁目, に三歳, に中学校, に二度, に井伊大老, に亙り, に仕舞, に伝馬町, に兄さん, に六十九歳, に出府, に到着, に千住, に可決, に坂本, に始まっ, に宝素, に小倉, に山, に帰った, に引移, に影抄元板千金翼方, に成り, に揚げず, に施行, に書い, に本草経竟宴, に松平薩摩守斉彬家来戸塚静海, に梅浦精一, に歩行願, に江戸両国, に津下君, に煤掃き, に生母, に着い, に祭, に突然, に肥前, に致仕, に藤枝, に行う, に裁, に訳了せり, に赤十字, に迫つたこと, に重, に阿部伊勢守正倫, に静岡県三保海岸, に駿河国, のあいだ断食, のあいだ謎, のおとどまり, のこの, のしんぼう, のとき, のひま, のハンデ, の七ツ, の世話, の休み, の僕, の出張, の勤め, の午前五時半, の午後一時頃, の午後東京, の号外, の喫烟, の土曜, の夕方帰宅, の夕食, の夜十二時頃, の夢, の宣旨, の寒気, の式, の後いっしょ, の御前試合, の手伝, の掟, の旅立ち支度, の旭日, の春めいた, の晝, の暮れ方, の會見, の月輪, の朝八時頃, の朝父, の桃の節句, の欲しい, の気, の法律, の深更, の灰色, の申しわけ, の眞夜中, の砲術試合, の程, の窪尼あて, の糧食以外, の総, の航海, の表, の詩会, の辛棒, の違ひで病院, の閑, の間一, の間公家たち, の間搜, の間瓢楽座, の間青, の雨上り, の項, はあまり, はおれ, はげしい野分, はさまざま, はすやすや, はだいじょうぶ, はとにかく, はなんとも, はめずらしい, はろくな, は一生懸命, は不快, は五月二十一日, は休み, は余り, は先, は別に, は口, は唯, は城外城内, は失心, は家, は寝られない, は帰らないでしょう, は引きとどめ, は待たせ, は意気沮喪, は散歩以外, は明治以来天皇制支配, は朝方, は様子, は武蔵, は気抜, は法用, は浦, は燃えつづける, は發熱, は矢代, は空, は背中, は蒸し, は西, は身動き, は遠く, は雪, は麗, ばかりおいた, ばかりそこ, ばかりつ, ばかりで死にました, ばかりの暇, ばかりは口, ばかりは食う, ばかりも日, ばかり不自由, ばかり呼び寄せよう, ばかり寝込んだ, ばかり待っ, ばかり早く, ばかり海, ばかり碌, ばかり経ちます, ばかり船, ばかり部屋, ばかり養家, ひどく貧乏, ほっとした, ほどごたつい, ほどにも当りますまい, ほどゐ, ほど休んだ, ほど寝倒れ, ほど無熱, ほど続い, ほど逢わない, ほんとに寝た, まえで, まえ君, またいつ, また東南, までうぶ腹, までに玉子何箇, までは余す, まで七兵衛, まで四日間, まで物, まで食わね, もあちこち, もいや, もう手, もかかった, もご飯, もた, もちゃしない, もどこ, もぶっ, ももたなかった, も一日中ベッド, も二人きり, も休め, も入洛, も参籠, も吹雪, も国府津, も失神, も居, も岡田, も店, も往, も徹夜, も捜し, も日曜, も晴天, も来んなりません, も水, も泊め, も溜まっ, も生死, も研がなけれ, も立たない, も経っとる, も自堕落, も貴様, も遊んだら, も鍬, も飛ぶ, も飲まず食わず, やっとすこし落ち着い, や草, よりも中日, より九日目, より十五日間休場, より新富座, よ二三日, ゐて, をそこ, をベロベロ, を仰せつける, を出ない, を安全, を心, を数え, を此処, を祝, を見物, を費やす, を過ぎない, を過したる, グッドバイ, 乃至五日間休止, 今午後三時半, 休むこと, 休んだので, 借りたきり, 入つて, 凄まじく降った, 即ちチベット暦, 又相当, 同サナトリウム, 埋けて, 実になる, 寝ないだって, 小さな軍需景気, 履いて, 延ばされたの, 延びて, 待ち給え考えて, 待て, 後れて, 御下山, 御年五十三, 恐ろしく手間取つて八五郎, 手伝って, 捜して, 放って, 早かつ, 晒した上, 暴れて, 来ないから, 汚な, 泊りました, 溜ったの, 潰したこと, 狙って, 病んだ他, 眠れませんぜ, 稼いで, 立てば, 経たねえうち, 経ったらまた, 経った放課後, 経ってからの, 経つ中, 続いた最後, 続けば, 置くと, 考えること, 致しますと, 行くえ, 見えませんでしたね, 見張って, 費して, 迄ばつ文, 迄謹印シ, 遅れたらもう, 遊びたき願い, 過ぎた後, 釣らずに, 附けの, 降り続いて, 食う物, 飲めると

▼ 三~ (4928, 3.4%)

31 顔を 29 年に 25 人が 24 例を 23 宮の 20 ものは 15 一, 人の 14 質問を 13 二, 男が, 者は, 見慣れぬ旅人 12 ことを, 時に, 者が 11 人は, 宮が, 方を 10 字の, 宮は, 年から, 幽霊, 時から, 輪の 9 三, 場合は, 声が, 少年が, 注意を, 若い男 8 事を, 人に, 人を, 家の, 日と, 男の, 男は 7 ものが, 原因は, 字旅行会の, 宮を, 眼に, 精霊は, 腕を, 顔が

6 [18件] 五, 六, 前に, 問題は, 四, 娘が, 家へ, 小僧が, 年の, 心を, 手を, 新聞に, 方へ, 眼には, 種類の, 立派な, 色の, 言葉を

5 [23件] ものに, 人々が, 仮名に, 仮名の, 例外を, 友と, 友人と, 口から, 問題に, 女, 女の, 実例を, 家に, 少女の, 手が, 手紙を, 新聞の, 男の子が, 眼の, 貌を, 間の, 頃から, 顔は

4 [52件] ときに, ものである, ものを, もの即ち, ような, ように, 七, 両日は, 人から, 人と, 人影が, 今日, 仮名における, 作品を, 傍に, 写真を, 原因を, 友人に, 問題について, 壁, 声は, 女の子が, 姿が, 娘を, 字を, 悲劇第, 意味の, 数に, 数の, 方で, 方法は, 方法を, 春に, 時の, 書類を, 木戸の, 桐の, 死骸の, 水出し, 物を, 男と, 禍惡觀を, 者に, 胸に, 胸には, 胸を, 良い年増, 話を, 質問に, 道が, 部屋の, 頭に

3 [101件] おけさ, お祝, これも, すらりと, ところへ, ものだけが, ものの, 世界は, 九, 事件が, 事件の, 事実に, 事実を, 今日まで, 仕事に, 作品は, 例の, 先輩と, 切, 切を, 力めば, 友人を, 句の, 名称を, 品の, 商品で, 問題を, 場所で, 外は, 大年増, 女が, 女に, 女の子を, 女生徒, 姿は, 姿を, 娘の, 子供には, 子供の, 字に, 字旅行会という, 客が, 客も, 宮と, 宮に, 宮も, 家は, 家を, 容子を, 實例を, 小娘の, 少女は, 島の, 巻を, 悪魔が, 手で, 手首を, 数を, 旅人の, 星が, 星は, 春, 時で, 曲輪の, 書物を, 条件は, 歳に, 死を, 段階に, 池の, 浪人者で, 父の, 父は, 物体を, 犠牲者は, 理由は, 眼にも, 眼は, 着物何屋の, 矢四の, 知人が, 知識を, 禍惡觀は, 種類に, 穴を, 絃を, 者も, 者を, 肩に, 詩の, 調を, 足も, 足を, 部屋に, 鐘が, 隆起を, 頃の, 顏が, 顏を, 首が, 鳥居の

2 [331件] いもふと, かけ声で, ことだ, それは, それ自身は, ために, ときの, とし, びつくりする, ぼろぼろに, ものとして, ものには, やうな, ベルが, 一度や, 上品な, 下僚を, 不審は, 世話を, 中年増で, 中年者で, 主義を, 事件で, 事件は, 二を, 二人を, 五郎兵衛と, 井戸から, 人々は, 人たちが, 人たちは, 人にも, 人も, 人名と, 人物を, 人達に, 人間を, 今日では, 今日なら, 仕業かも, 代りに, 仮名および, 仮名が, 仮名以外の, 仲間が, 仲間は, 仲間を, 作を, 作品について, 例である, 例は, 例証を, 価値, 側に, 働き盛りの, 優秀な, 先着の, 公の, 兵が, 内儀白粉も, 凄いほど, 凶を, 出生を, 前へ, 十二, 十字を, 厄年だ, 友だちと, 友人が, 友人たちをも, 友人と共に, 友人も, 友達と, 口を, 句を, 可哀想な, 同僚と, 同僚と共に, 同僚の, 同志の, 同窓と, 名を, 名前が, 品物を, 唐物屋を, 問いを, 問に, 問答が, 問答を, 圓に, 圓第, 場合, 場合に, 場合の, 声, 夏の, 大多数, 大新聞, 大軍を, 天文学会の, 失敗の, 奉仕を, 女だった, 女である, 女であれ, 女は, 女中が, 女房お, 女教師, 好奇心を, 如き者, 妹が, 姿の, 婦人と, 婦人は, 子が, 子だ, 子供たちが, 子分が, 字づくしの, 字と, 実例は, 室とを, 宮へ, 家から, 家で, 容疑者を, 實例によ, 尊氏が, 小作りの, 小刻みに, 小女が, 小家族, 小意気な, 小意氣, 小池が, 小突起, 小粋, 小説を, 少し柔和, 少女が, 少女だ, 少年で, 少年と, 少年の, 山名について, 年で, 年では, 年親を, 弟子の, 強藩, 形を, 復讐を, 忰に, 怪物が, 感情で, 態度を, 戦死が, 所に, 扉の, 手に, 手紙, 手紙に, 手紙は, 手許に, 打合せを, 掛声で, 教育法を, 数で, 文献を, 新しい点, 新しい部屋, 新劇団, 新聞は, 新聞を, 方が, 方に, 旗本屋敷を, 日本映画を, 明智は, 春から, 春まで, 春子に, 時でした, 時まで, 時期は, 時父の, 替りを, 最後の, 木戸と, 村の, 根本問題に, 様子は, 模様それも, 歳でした, 歳まで, 死体を, 段階を, 母は, 気を, 河童が, 法家の, 波が, 淋しい美しい女, 湊の, 滅法美しい, 点は, 爆弾を, 父親は, 物の, 物体の, 特別市場で, 特殊の, 特色は, 犠牲者の, 生徒に, 男, 男で, 男の子に, 男物をも, 疑問は, 痩ぎす, 痩せぎすの, 盆栽を, 目ある, 目に, 目的は, 眼を, 矢の, 矢を, 知らぬ人々, 知人の, 知人を, 石が, 祝い日に, 祝だ, 種類として, 種類は, 積極的規定を, 穴に, 空席が, 立場を, 端の, 細工だ, 組かれ, 組は, 経験を, 絵を, 美しい女, 美しい女の子, 老人とは, 老孃, 考察を, 考究を, 者から, 者と, 者へ, 耳に, 背の, 腕の, 良い男, 色白の, 色黒い, 芝居に, 芝居は, 若い武士, 若い者, 著作, 著名な, 著書も, 行方を, 装置では, 要点は, 要素は, 規定は, 視覚は, 親しい友達, 観客が, 言葉によって, 言葉の, 訪問を, 訪客に, 語を, 説話を, 諸君は, 謎を, 講義を, 谷の, 質問が, 身支度が, 通信, 通信は, 連中に, 遊び人風の, 過去の, 道などを, 道を, 部に, 部を, 部下の, 部下を, 部屋には, 都会, 重要なる, 金の, 鍵の, 鍵は, 鏡を, 鐘の, 長歌が, 間に, 関係です, 関門の, 階級の, 雑誌に, 雑誌にも, 雑談を, 青年が, 青年だった, 青年を, 面の, 頃で, 頃まで, 頭では, 頭には, 頭脳に, 頭蓋骨でない, 風の, 高砂屋が, 黒い袋, 龕の

1 [2989件 抜粋] あいずで, あらくれ, いたずら盛りの, いはば, うち五九六四の, おことば, お世辞文句, お坊さん, お祝ひ, が来, ことで, これに, ころまでは, した, すすり泣きが, そして最も, それ自体は, だらしない, つたない小説, ときである, とき藩主に, になる, は些, ひたむきな, へそを, まだ若い, ものです, やつ, わが影, ウチの, キネマ旬報一等当選脚本, スラリと, チェーザレ, トリックが, ネタ捜し, ピストルを, ペルソナであり, マリアの, リベラリズムに, ヴィルプール人たちは, 一よ, 一幕物二三の, 一空和尚のは, 一部分は, 丈夫な, 三人が, 三浦糸子射殺事件が, 上に, 下に, 下髪, 不逞な, 世界を, 両日にわたって, 中その, 中年増に, 主婦に, 九五より, 事です, 事件に, 事務を, 事実談を, 事蹟は, 五〇〇等, 亭主が, 人たちと, 人によって, 人家を, 人物が, 人足の, 仇である, 今日劇薬を, 仕返しだけ, 令嬢じ, 伊十は, 会話が, 佇立所は, 体を, 作が, 作家の, 作藤森成吉氏の, 例でも, 例によっても, 例外も, 侍女を, 価値を, 俳優は, 個所に, 健康的な挑む, 備えに, 僧の, 元素表の, 先生達戦争中まるで, 光景を, 全出生, 公, 公卿大将も, 共同出資者を, 典型的な, 円頂の, 冬は, 出ようが, 出陣だった, 分も, 初期キリスト教寺院の, 前で, 剣と, 割合に, 助手の, 勝, 北国から, 十二分で, 卒業式に, 印象を, 厄除けに, 原理に, 友だちには, 友人たち田舎の, 友人や, 反オルソドックス作家, 収入が, 口振, 古図や, 句異様の, 右斜めの, 合戦談が, 同僚は, 同志伊達徹之, 君と, 咢堂は, 哲学的書籍の, 問いに, 問題或は, 喉に, 器具を, 困難は, 国境地方の, 圓なる, 土人を, 土着武士を, 地方においても, 地震は, 堀を, 場処, 場合について, 場所は, 壁が, 士官を, 変奏曲であった, 外国トオキイの, 大きな子供, 大木が, 大詩人, 天を, 天罰を, 太夫まで, 夫は, 失敗と, 奥儀は, 女とかいう, 女の子の, 女婿とな, 女達が, 好みらしい, 如く折りそれ, 妨げとしての, 妻アデライデ・デーリ・アルベルティ, 威勢の, 娘も, 婦が, 嫁の, 子供が, 子供みたいに, 子守女が, 字旅行会だ, 学派を, 学者先生切歯を, 官庁に, 客を, 室の, 宮との, 宮以外の, 家が, 家庭の, 家臣の, 寓話, 寿女へ, 将校は, 小さい固い頭, 小さな思ひ, 小供, 小地主たち, 小娘じゃあ, 小屋から, 小曲を, 小説が, 少し耳, 少年たり, 尖れる塔, 尾行者あの, 屋根が, 山名と, 峰が, 島津演出物は, 左の, 巴の, 市民は, 席に, 平凡な, 年である, 年を, 年格好で, 幸福な, 広壮な, 座席は, 弁証法にまで, 弟子と, 弱点など, 弾丸は, 形の, 役に, 彼と, 従者も, 御子母は, 復讐の, 心持では, 快技は, 思想は, 恋人な, 息子らしい, 悪者に, 情報が, 惨劇も, 意気には, 愚直らしい, 憂鬱な, 成功を, 戸を, 所感を, 手から, 手掛で, 手記を, 批評家が, 抜け目の, 拍手に, 指摘が, 推理小説に, 擦過傷を, 政綱は, 敬二郎十の, 敵船を, 文学作者が, 文房具数冊の, 料理は, 新しい俳人, 新刊書で, 新聞が, 新聞雑誌から, 方々は, 方向は, 方陣の, 旅客に, 日曜月曜であった, 日頃をも, 明智探偵は, 星影が, 時お, 時である, 時ロイマチスを, 時分同じ, 時朝廷から, 時與吉が, 晴着が, 暴悪相が, 曲輪には, 書庫に, 書記官や, 會話が, 有志に, 木こりが, 木戸四の, 本の, 机でさえも, 村民村吏ら神林を, 条件が, 来客あり, 松に, 枝が, 校長を, 桐が, 棟が, 検束者が, 楽曲を, 様子に, 横枝に, 機会を, 欠点が, 次に, 歌に, 正直が, 武将を, 歳いよいよ, 死, 死体に, 残り員卓子を, 段を, 段階では, 母すなわち, 比率で, 気ばかり, 水車第, 池なら, 池四の, 河川が, 波の, 洋装婦人が, 流行紳士と, 浪人ていの, 液を, 渡しに, 湯治客は, 漁師が, 瀑も, 炊事道具が, 点について, 烽火が, 燈火なり, 牛と, 物語が, 特徴の, 犠牲と, 犬を, 狡猾さに, 王の, 現象を, 理由とは, 生が, 生活に対する, 男つまり, 男の子じゃ, 男の子を, 男子, 町会議員とが, 画商に, 留意すべき, 番号とが, 疑を, 病囚人が, 痩せて, 白い顔, 的も, 目が, 目的を, 眉に, 真向う, 眼, 矢が, 知人も, 石ぼとけ, 石門を, 確り者, 祈りに, 祝い日彼は, 神輿を, 禿げ頭, 秋に, 租税を, 空間次元を, 立木が, 端艇に, 笑声が, 筆蹟を, 答, 箇条が, 米国生命保険会社が, 糸で, 紙片へは, 細目について, 絃が, 組と, 結婚式に, 絶望とに, 総理大臣が, 縮んだ夏襯衣, 置物が, 美人が, 羞を, 老人達が, 老子との, 考え方は, 者あれ, 者相寄っ, 聖人が, 職人体の, 肥つた一目見, 背後に, 脂ぎつた男で, 腕白が, 臆説を, 自殺體で, 自白によ, 舞である, 船団二隻が, 良策とても, 花, 花枝が, 若い人, 若い方, 若冠, 若者である, 茶碗を, 萎れ返るを, 著しい社会的現象, 蔵の, 虎吉という, 蛇足を, 衣領を, 裸体人形を, 要素として, 規定が, 親しい友, 親友に, 親父でございます, 角を, 言を, 言葉には, 計画を, 訓戒を, 訴えで, 評論家に, 詩で, 話は, 語と, 説は, 談話を, 諸侯の, 警報が, 讓り, 豐かな, 賊兵らしく, 質問には, 趙思綰傳には, 趾ある, 蹲って, 身体つきの, 車夫達の, 軽舸, 輪を, 農夫が, 近世ふうな, 追加語彙が, 通行人の, 連中の, 遊び友達と, 道と, 道場へも, 達者な, 部下は, 部屋にも, 部屋銀三の, 郷開き, 重大な, 重要な, 野郎ひどく, 銀行などは, 鍵と, 長歌, 門の, 開化の, 間ノ岳絶頂に, 関門から, 附加を, 階級は, 雇い入れ方, 雛妓と, 難関だろう, 露国文武官, 青年と, 青年女子聽衆から, 青黒い男, 面上段に, 鞘當で, 音楽を, 頃にか, 頃明治三十年頃に, 項目は, 頤を, 頭立つ者, 額縁を, 顔の, 顔色が, 風即ち, 食器と, 餘計な, 駅で, 骨と, 高座着の, 高齢で, 魂我等の, 鳥類それから, 黒木たとえば

▼ 三~ (4765, 3.3%)

202 の間 71 の後 60 になる, も前 58 ほど前 51 の春 42 のうち, の夏 40 になります, の月日 35 の秋, の頃 29 である, に一度 28 ばかり前 26 のこと 25 のあいだ 24 にし 23 の時 20 まえに 19 の, 経って 18 の喪 16 まえの, も四年 15 に, の役 14 か四年, たって, になっ, の七月 13 に至る, の三月, の冬, の正月 12 して 11 にもなる, のころ, の五月, の初夏, の歳月, や五年 10 このかた, の九月, の二月 9 この方, であつ, の事, の十月, まえから, も五年, 程前

8 [11件] かかって, から四年, だ, であった, のとき, の八月, の十一月, の大, の暮, は蘭軒歿後, 経てば

7 か五年, が間, ですから, という年, になった, に私, の一月, の十二月, ほどの間, を経た

6 [15件] すると, たってから, だと, では, でも五年, と云え, に大, に生れた, に處, に進んだ, の年, の年月, の第, もたつ, も昔

5 [22件] か, たっても, たてば, なり, になつ, に一度位, に彼, に終る, のクリスマス, の今日, の作, の内, の旅, の條, の辛抱, も経っ, も経つ, や四年, を経, 経っても, 経つうち, 経つと

4 [37件] たった, たった今日, たつうち, たつと, だった, であったが, でございます, というもの, なり五年, にその, になつて, にもなります, に出来た, に出版, に妻, に成る, に日本, に歿, に至っ, ののち, の中, の六月, の出来事, の前, の四月, の昔, の時分, の生涯, の相違, の長い, の間私, ばかり経つ, へかけ, も奉公, を経過, 経った, 経ってから

3 [62件] おくれて, かかった, から三四年, すぎて, たつか, たつて, だつた, だよ, であるから, でした, です, という, というよう, といふもの, と云, なの, にこの, にこれ, になりました, には, にパリ, に一遍, に出た, に初めて, に生れ, に第, に薨, のフランス, の修業, の初め, の年期, の序, の御, の恋一朝, の末, の条, の武鑑, の洪水, の生活, の糧, の終り, の苦役, の裡, の長き, の馴染, はこの, はたしかに, は何, ばかりたつた, ばかりの間, ほど続いた, もかかっ, もしたら, も妻子, 経たないうち, 経ちました, 経つた, 経つて, 経つても, 続けて, 見ないうち, 越し私

2 [241件] あるいは五年, あるのに, いたこと, いて, かかつて, かかろうと, から一八七六年, から六年, か二年, か四, がいった, がどんな, が十年, ぐらいで, ぐらいになる, ぐらいの少年, ぐらい前, このかた風邪, しか経たない, したらあんな, じゃない, するか, たたぬうち, たちました, だから, だが, つ, つづいて, つづけて, であったと, であって, でありますが, であるが, であると, でも四年, で卒業, で四倍半, で江戸, で終る, ということ, という月日, といえ, とたつ, と三カ月, と四年, と四月, と少し, と月日, と經, と続け, と過し, ないし一八二〇年, ならずして, なりとも, になり, になろう, にはその, にはそれ, にはもう, にはわずか, にはドイツ, にはローマ, には久しぶり, には十六歳, には同じ, には歌作, には私, には蘭軒, にも四年, にわたった, にブランド教授, にレーニン, に一度金銀, に一日, に世, に中学, に亙る, に入, に入っ, に出, に刊行, に制定, に十四歳, に品川沖, に噴火, に大学, に政府, に智恵子, に書かれた, に東京, に死す, に発表, に義政公, に至, に至り, に致仕, に近く, に進級, のあ, のお, のころ品川楼, のご, のそれ, のはじめ, のもの, のやり直し, のパリ滞在中, のライオン, の不作, の二度目, の二月末, の今, の凶作, の初冬, の勤労者, の噴火, の四月末, の国会開設, の大変, の契約, の娘, の封鎖, の少年, の後兄, の徒刑, の忌, の恋, の恩, の懲役, の旭川, の春三月, の春頃, の暮れ, の期月, の條下, の火事, の生れ, の礼奉公, の秋ごろ, の級, の細井, の表, の課程, の長太郎, の間どこ, の間一度, はおろか, はここ, はことに, はその, はまだ, は人間, は夢, は彼, は待たなけれ, は旅, は生き, は私, は経過, は苛酷, は通信教授, は過ぎ, ばかし遅れ, ばかりし, ばかりは夢, ばかり山の上, ばかり後, ばかり経っ, ばかり続いた, ばかり長崎, ほどし, ほどになります, ほどになる, ほどのあいだ, ほど以前, ほど経っ, まえあんた, まえで, までその, までである, まで十四年間, まで行った, まへまで, もある, もい, もいな, もお, もこの, もこんな, もたたない, もたっ, もたて, も口説い, も居た, も床, も彼女, も後, も我慢, も旅, も泣盡, も生き, も私, も穀物, も経った, も経つた, も経て, も經, も続く, も続け, も行かない, も行方, も逢はず, も過ぎ, よもし, より二十七年前, より前, ゐたの, をこの, を卒業, を待ちわび, を経ずし, を経つ, を距, を過ぎ, を過した, を過て, 乃至五年, 勤めて, 御清, 思っても, 生きて, 程以前, 第四作, 経たぬ中, 経て, 越しお, 越し喘息, 越し暮した事情, 過ぎた, 過ぎてからの, 飼われて

1 [2254件 抜粋] あさ, いきましよか, いたの, いやもうすこし, いる, うたうと, おりまして, お勤, かかったの, かかり約, かかる所業, かへつた, からすでに, からの党員, から一八七四年, から三十六年ころ, から二十七年時代, から今日, から卅五年, から大正七年, から廃娼, から明治六, から毒, から維新後, から阪神間, か五年後, か四年目, があいだ, がこない, がとっくに, がほどに多く, が二十六篇, が出す, が来ました, くされもの, ぐらいがある, ぐらいで解決, ぐらいのうち, ぐらいの停船命令, ぐらい私, このかた牢獄, この二絃琴, この方電気ブラン一杯, ごし身, しかもその, したらわし, してから, すなわち一八五六年, そのま, その妾腹, そんな事, たったか, たつた後, たりとも, だけ続け, だって勤め, だの厭, つづいた, つづけたん, であったか, であります, でこの, でしょう, ですつて, でまだ, でもお, でも巴里, でも根気, でも通った, で一生, で仕了, で元服, で出来るべき, で同じく, で安永八年生れ, で廢止, で斎藤総督, で止し, で父, で級中, で赦免, と, というもの私, という古, という歳月, という言葉, といふ年, とうとうもの, とかれはか, としての記事, とでたらめ, となつて, との二年間, とはたたない, とも経たない, と一口, と二年, と五年, と寛政十一年, と息子たち, と普通, と犬, と称す, と経ち, と踏み, ないし五年, なりと, なるに, にあの, にいよ, におけるゲーテ, にかけた, にかけてほとんど, にきりならない, にした, にそんな, になつたん, になりましょう, にはいる, にはどんな, にはアルキム湾, にはデュッセルドルフ, にはベックレル, には三億三千万トン, には九百七十余万斤, には人頭税, には凡そ, には又, には名古屋, には妻子, には従五位上, には早く, には末尼教, には楽友協会, には死亡, には為相, には矩之, には緑肥, には見られなかった, には陸奧守, には韃靼, にみたず, にもならぬ, にも当たった, にも繋, にわたる多彩, にわたる籠城, にオランダ人, にチブス, にバーナード・ショウ, にベーリング島, にモンフェルメイュ, にロンドン, に一度郷土, に七月二十一日, に三十六歳, に三百疋, に中, に二十, に五十五歳, に亘つて, に京, に何, に働いた, に光圀, に八十一歳, に六年, に制度局, に十七尺, に参事官, に及ん, に国会, に垂んとし, に大戦, に太宰帥, に姫路, に宝川温泉, に富士, に小島氏, に巌松堂, に幕府, に弘前, に彼女, に成ります, に掲載, に故郷, に旨, に来った, に欠員, に江戸, に津田青楓さん, に渡る, に狩谷氏, に生活, に病中国老, に百四十万人, に禁止, に竜池, に綱宗, に缺員, に肅公綱條, に芽, に薨ぜられた, に西郷吉之助, に起筆, に辻花雪三回忌, に長安, に鞠獄, に高, に鹿児島県, のあいだ次郎兵衛, のあと, のこの, のつい, のひで, のま, のよう, のジャコバン党, のルミちゃん, の一月一日, の一月廿一日, の七月八日, の三月二十七日, の三月号, の不, の中央公論, の久しき, の事情, の二月二十日, の二月四日, の五月中, の交, の休戦, の佐野, の例, の元日, の八月はじめ, の八月十五日, の兵営生活, の処, の初春, の前半, の勤務, の十一月中旬, の十二月九日, の卒業実験, の命, の噴火後, の四月四日, の国民公会, の壽命, の夏活動, の大学院, の女官生活, の小説界, の干支, の年頭, の庚戌, の弱点, の役直接, の後田部君, の心喪, の悲惨, の戦役, の折, の收, の文章, の方, の日本, の旱魃, の春以後, の春秋, の時日, の暗い, の朝鮮滞在中, の東京大学, の桜, の歌舞伎座三月興行, の歳首, の水野忠邦, の法事, の火難, の片手間, の猶予, の生徒, の病臥, の石毛, の禁錮, の秋以来, の秋薬師寺家, の竜池会, の経済界, の続, の舞台裏, の苦心, の親, の誤り, の足利将軍失脚以来, の選挙, の鎮座, の長篠, の間不在, の間何物, の間孤島, の間懸案, の間朝子, の間海, の間癪, の間諸方, の間願掛け, の院展, の霜, の頃伊原青々園, の頃鴎外先生, の鱸, はあまりに, はおろか一年, はかかる, はそのまま, はたっ, はどう, はね, はまるっきり, はよく, は三年, は五年, は伝へられる, は全く, は勤め, は受合, は大, は天保壬寅, は平気, は延ばせる, は徳島, は恰も, は改元延宝元年, は文学的, は明治十四年, は暮れ, は正月, は決して, は熱海, は白粥, は経っ, は芳, は迅くに, は閏年, は食, ばかし寝た, ばかりたつ, ばかりになり, ばかりの不, ばかりはもう, ばかりまた, ばかり以前, ばかり宅, ばかり此方, ばかり經ツ, ばかり過した, ほとんど祝い事, ほどが経ちました, ほどはたらい, ほどは辛抱, ほども続い, ほど側, ほど手許, ほど留まり, まえ, まえお父つぁん, まえには, まえ湯島, まけて, までだ, までに位, までの五年間, までは幸福, までサン, まで修めた, まで扶助, まで続きました, まへに, むつまじく連れ添っ, もあの, もう四年目, もかかつ, もし, もじっと, もすわっ, もたった, もつづい, もなじんだ, もの長い, もむずかしゅう, も七年, も今日, も住ん, も入れ, も勉強, も地中, も子供, も家, も居る, も彼, も惚れあっ, も投つて, も暮し, も来られない, も泣尽, も濃やか, も生延びた, も社, も節子, も經過, も続けられ, も萬吉, も見なかった, も逢わぬ, も達磨, も関係, も飼養, やって, やろがい, よりずつと後, より一九二五年, より天保九年, より急速, より永始二年, らしい色彩, ゐても, をこえ, をへ, を一期, を入れれ, を分け, を打ち過ぎし, を期し, を眺める, を經, を越し, を過ぎた, を過しました, を隔, ノ後, 乃至四年, 会わなかったうち, 住み給えども, 作らせちや畑, 全くこの, 再医学館, 勤めそれから, 勤める積, 即ち北清事變, 即ち王政維新, 又モ, 同じく延命院, 営んで, 坐則, 待って, 待て云々, 悩んだが, 或は四年, 振での, 振で図らずも, 掛った, 早く死ん, 暮して, 活きたい, 生かしたそう, 留り居予, 程というもの, 程も以前, 程流行遅れ, 程香ばしかっ, 立ち或, 第十一号, 経ちましたっけ, 経ったいま, 経った今日, 経つたら真打, 続くと, 縮めるが, 置けばと, 聴かざり, 見無え, 越しお前, 越し一生懸命, 越し住んで, 越し夢, 越し巡礼, 越し更科, 越し退屈, 迄の最大風速, 迄牢屋, 近く住ん, 遅れたとて, 過ぎてから, 過ると, 随分根気, 食って

▼ 三~ (3269, 2.2%)

131 の食事 53 に一度 40 の飯 39 も四度 19 では 17 のもの 15 繰り返して 14 か四度, も 13 が三度, の御飯 11 あった, の物, も同じ, 繰返して 10 ある, もその 9 振って 8 に二度, の食, は必ず, もくり返し, も続け 7 も繰り返し, や四度, 出て, 呼んで, 来て, 続けて 6 して, のめし, の膳, 叩いて, 同じこと, 見たこと

5 [15件] つづけて, のお, の食物, は見かけた, もお, も彼, も私, も見た, やって, 会って, 廻って, 羽ばたきを, 行ったり, 訪ねて, 逢ったこと

4 [13件] あると, とも同じ, のお菜, の世話, まで米, もある, も五度, も来, パチパチと, 会ったこと, 叫んだ, 呼んだが, 来たこと

3 [57件] あったと, あって, うなずいて, お目, お目にかかった事, くりかえして, くり返して, ぐるぐると, した, するうち, その人, その前, たずねて, たたいた, たたいて, だ, つづいて, です, という, となる, と来る, と重なる, にし, に一度位, に分け, の通, はあった, はある, はきっと, は顔, まわして, もあり, もくりかえし, もし, もつづけ, も眼, も結婚, も繰返し, も頭, やつて, 会うて, 叩いた, 叩いたが, 同じ言葉, 呼ばれて, 大きく瞬, 押して, 振った, 撫でて, 明るくなっ, 行ったこと, 見かけた, 見かけたこと, 見た, 見て, 重ねて, 頷いた

2 [202件] あつた, ありて, ありました, うなずきながら, うなづく, お邪魔, かえ, かきくどけど, か四度目, ききました, くらいだった, くらいのもの, くりかえしました, くるくると, ぐるぐる巻い, こづいたが, この不思議, ございます, さう云, しかない, しかなかっ, しか喰はん僕, しか男, しごいて, したこと, すれば, ずつつけ, ずつ来, そういうこと, その家, その文句, その鳴き声, そんな話, つ, でも, でも五度, で懲り, と, とくりかえし, となり, ともたいへん, とも宜, と四度, と言, と重なっ, ながら火事, になった, に及び, に及んだ, のうち一度, のこと, のご, のたべ, のほか, のよもや, の一, の不思議, の埒, の大, の大雨, の御, の手術, の時, の火事, の革命, の音, の食事ごと, の食膳, の飯時, はあの, はお, はおろか, はかならず, はこの, はずみました, はそれ, は会っ, は何, は來, ばかり, ばかりあった, ばかり上, ばかり口, ばかり繰返した, ほど, またたいて, またたきを, までくり返し, までこの, まで嘘, まで声, まで私, まで訪ね, まわりました, もあった, もうるさく, もおとし, もおなじ, もお辞儀, もこの, もの戀愛, もぼく, も兄, も参った, も取り, も口, も呼ん, も大声, も子供, も学校, も室, も寺内, も居所, も幟, も店, も廊下, も引返し, も徘徊, も念, も手, も村端, も来る, も此處, も池, も決行, も盃, も目, も立っ, も繰り返した, も聽, も見, も見る, も読み返した, も身代限り, やったが, やって来た, や五度, グルグルと, 云った, 会ったばかりの, 入れて, 出ること, 叩きつけると, 同じよう, 同じ事, 同じ処, 呼ばせて, 呼んでも, 唱えて, 唸つて, 嗅いだ, 噛んだが, 御み足, 御相伴, 打った, 持たせて, 持ちある, 振つて, 振りましたけれども, 振る, 振ると, 振向いたが, 撫でながら, 敲いた, 書き直した, 洗って, 目だつた, 瞬いて, 突いて, 突くと, 窺った平次, 続けさま, 繰り返された, 繰り返されて, 繰り返したよう, 繰返した, 繰返すの, 聞いた, 聞えた, 聞くや, 肯いた, 肯いて, 薄からぬ, 行きつ戻りつして, 行きました, 襲うた, 見た事, 見ましたが, 見もてゆくに, 訊くと, 訪ねた縁故, 訪れたが, 試みて, 読んで, 軽く頷いた, 迄死罪, 逢って, 遠州屋, 頷いて, 頼んで, 飛びはねて, 食う飯

1 [2008件 抜粋] あおぎながら, あったという, あっても, あぶなく引っくり返され, ありましたよ, あるいは泊まっ, あるで又, あるに, ある位, いった, いひ終に, いや正確, うなずいた丈, うなずきます, うまさうに, おなじこと, お出し, お振り, お目にかかって, お見かけいたしました, お通, か, かさなりそれから, から四五度, かるくうなずいた, か五度, か必ず, が三度下女, きいたこと, きこえるという, きまつ, くらいしか試みない, くらいは行く, くらい高い, くりかえしていう, くる, ぐらいしか張り替えなかった, ぐらいそこ, ぐらいに分け, ぐらいはそれ, ぐらいは平気, ぐらい云わなくっ, ぐるぐる円, けたたましく鳴った, こう求め, こそきまり, このなに, この土蔵, この憂鬱, この言葉, ころがすうち, こんなこと, さげながら, しかクラム, しか塩, しか拝んだ, しか芝居, しか見られなかった, しか通らなくなった, しごいた, しばたたいたあと, じゃ, すぎた, するって, ずっこけ最後, ずつある, ずつぐらいだった, ずつそこら, ずつは牛小舎, ずつも来ました, ずつ一週間, ずつ僧侶, ずつ室, ずつ横浜, ずつ精米五合, ずつ長崎屋, せはしげ, そういっ, その上, その名前, その姿, その歌い, その辺, そんな若い, たすけられた, たたくの, だが, だけなら, だけ喰, だまされたあ, ちょっと引張っ, つきとおした中国人, つづけさま, つぶやいた, であつ, でえ, でしたかな, ですか, でもわたし, でも旦那, でも素裸, で出来上った, で常, で流動性, という中, といふ, とか四度, とくり, とそれ, とって, となうれ, とは見られない, ともはずし, ともマジャルドー氏, とも八ツ, とも塩, とも宵, とも放火, とも用, とも窒息, とも能楽, とも赤痢, とも首尾, とやら申します, とり替えながら, と入院, と口, と吠える, と問いかけられる, と彼女, と手紙, と振りました, と故郷, と案内, と無事, と繰り返され, と聞える, と言う, と遠征, と重ねる, と馴染め, どなった, ながらぷつつりとベルト, なぐさめるよう, などは食べない, なら七十五銭, なり見た, なんぞ如何, にいちど, にとどまらない, にもなる, にわたって北海道, にわたる変死事件, に一度西洋料理, に勝負, に及ぶ, に当たる, に熟する, に達する, のいただきもの, のぼりおりしただけの, のミソギ行, の余分, の入学試験, の勤め, の同じ, の喰, の外食食堂, の市, の打ち, の放下, の松風, の炊事, の礼拝, の立ち合い, の糧, の菜, の試合, の連続, の長, の食べ物, の食事時, の麦飯, はうまく, はこうして, はその, はつかまった, はばかりへ通った, はカスピ海, は下痢, は仕た, は全員均一制, は参詣, は四度, は始末書, は寺, は往来, は明神, は東京, は汽車, は猪口, は私, は聞かされ, は見た, は起らない, は逢いましょう, ばかし肉叉, ばかりきまってコツコツ, ばかりその, ばかりひらめいた, ばかり伴, ばかり司令艇, ばかり唾, ばかり彼, ばかり来た, ばかり目, ばかり行った, ばかり電話, ぱちぱちさせ, ひっかかりながら, ひねりました, ぴくぴく動い, ふって, ふると, ぶつかつ, へ上がる, ほどあくび, ほどかわりました, ほどまわった, ほどアンコール, ほど弟, ほど振っ, ほど案内, ほど痿, ほど行った, まがって, または六度, まで, までくり返された, までの告文, までも, までも向, までも握り潰し, までも盗賊, まで下っ, まで十字, まで失敗, まで延期, まで懇ろ, まで来た, まで無駄足, まで結び直し, まで行われ, まで辱, まばたきしただけ, みかけたこと, めぐりて, もあなた, もうなずい, もお前, もかけたつ, もぎ離そうと, もぐもぐさした, もこばんだ, もしくは三月九月, もする, もつ, もつづく, ものものしく動かし, もまいりました, ももらっ, もやって来る, もらひました, もバカ, もマツチ, も万, も不安, も二人, も人, も休まなけれ, も倒れます, も兄きのこ, も出, も切れた, も勘定, も叫ん, も吹, も咯血, も土手, も大量, も宙返り, も家内, も尻餅, も店頭, も往復, も思い入った, も手術, も押しかえし, も挽く, も掻き分けた, も新聞, も明らか, も朗朗, も枕, も此処, も死んだ, も江戸, も泣いた, も海水浴, も火事, も焼け残った, も用足し, も番屋, も眺め, も石炭籠, も空, も米, も縁談, も繰り返された, も繰返した, も聲, も腹, も落第, も蠢, も見合い, も訊き, も試験, も読み返し, も谷水, も起こった, も辞儀, も退り, も通, も遇, も都, も重なる, も鏡, も関西, も電報, も領地, も風呂, も高い, や, やられてから, やり直しても, や四度行, ゆすぶられますと, ゆるく空気, よち, よみ直して, より多く, よろめいたのち, らしい, を基点, を超えぬ, キリキリ舞, コツコツと, ピョンピョンはね, 上りましたけれども, 下びた笑い声, 云うの, 会いますが, 会ったばかり, 伺ったマジャルドー氏, 使ったわけ, 入つたきり, 入れ違ったとき, 出たお客, 出た日本一太郎, 切って, 勇ましい鬨の声, 動かしたが, 動かして, 勝った方, 取っても, 叫んだが, 吃りました, 吐いた, 吸った, 呟くと, 呼びつづけると, 呼べ我, 唱えるの, 問うた, 喚んで, 塗らなければ, 外され千代, 大きくふり, 大きく息, 大きな声, 射た, 少し宛ふり, 帰りました, 廻った後, 弁じて, 引っかかって, 引張って, 強く小突き廻されました, 強く突い, 強く頭, 御消息, 怒鳴りこんだこと, 我が額, 手繰った, 打ちましたよ, 打ち振りました, 扱いて, 折れ曲がり女, 押せど, 振つたかと, 振り切って, 振るの, 探して, 掻き廻して, 揉むやう, 揺って, 揺れる, 撫でまわして, 撲りはずして, 数え直して, 明るくなつ, 曲った末, 書き直したら, 来たという, 来は, 来る確率, 横切った, 歩くうち, 沈まなけりゃ糸, 流れたが, 測れば, 激しく雨戸, 烈しく掌, 狭い額, 用いたので, 登ったきり, 瞬いたきり, 程, 程額づいた, 突き直した痕跡, 笑う, 続いた, 続ざま, 繰り返さなくては, 繰り返す, 繰り返せば, 繰返されて, 繰返してるうち, 置き換えようと, 羽ばたきし出て, 聞いたよ, 聞かされたもの, 聞き直して, 苦しそう, 行きあつ, 行くところ, 行ったら四度, 行って, 見かけたが, 見たが, 見ても, 見掛けたと, 見返りながら, 言うであろうと, 訊いて, 訪ねたが, 試して, 試みたが, 話しを, 読みかえした, 読み口, 読み返して, 買った事, 起き上らうと, 越えたが, 踏んだ, 転がって, 軽くうなずいた, 軽く御, 辷りました, 迄階上, 追い出したよう, 通った, 逢うの, 逢っただけの, 遇ったきり, 運んだとか, 違った生首, 釣って, 開いたり, 降りいよいよ, 響いたの, 頷くと, 食うべしと, 食べさせて, 食べるもの, 飲もう朝, 飼ったけれど, 鳴きゃ夜, 鳴った後

▼ 三~ (2303, 1.6%)

26 はその 1716 の顏 13 の心, はこの 11 の顔 10 は何 8 だ, のこと, の家, の手, の話, はそれ, は又, を殺した 7 がこの, といふの, と田山白雲, の方, の死骸, の無, の面, はお 6 がその, である, と一緒, のため, の姿, の眼, は文太郎, は自分, もまた 5 だった, とお松, に向っ, のところ, はそう, はまた, は其, は再び, は提灯, は母

4 [20件] が, がそれ, が死んだ, が殺された, であった, です, といっ, に言, の, の口, の名, の女房, の娘, の殺された, の言, はここ, はふと, は心, も照ちやん, や照ちやん

3 [37件] がまるで, が帰っ, だと, であります, でした, でなければ, に取, のお, の優しい, の兄弟, の前, の厄介, の妹, の子息, の日記, の羽織, の耳, の胸, はこう, はそんな, はなお, は一種, は中風, は例, は寢, は彼, は斯, は照ちやん, は田山白雲, は病人, は考へた, は言, よ, を殺し, を見, を見る, を連れ

2 [144件] か, か元助, がいない, がいる, がこう, がこうして, がこれ, がそう, がやって来た, が二階, が何, が入っ, が前, が圖書, が床, が急, が殺され, が海, が照ちやん, が生れた, が私, が親分, だったな, だったの, だな, で, であつ, でこれ, でございます, ですが, ですよ, という奴, といふ人, とその, と一夜, と云, と刺違え, と照ちやん, と百太夫, と石川六四郎, ならば, なんか唯, に, につけ込まれた, にはよく, にむかっ, に化け, に宛てた, に對, に斯, に相違, に言いました, ぬし, ぬしの, のあと, の下, の云う, の側, の傍, の兄, の噂, の声, の失踪, の家庭生活, の手紙, の死, の犬, の舌, の行った, の言葉, の身, の部屋, の頭, の顔色, はあの, はいつも, はこうして, はこれ, はさ, はついに, はつく, はともかく, はどう, はまたも, はまだ, はもう, はもう一度, はやっぱり, はやはり, は一方, は七兵衛, は九州, は僕, は兄, は其間, は凄い, は唯, は嘗て, は帳場, は思わず, は戸口, は手, は改めて, は早く, は昨日, は暫く, は最初, は次に, は此頃, は海, は父, は狼狽, は生き, は甥, は留守, は病院, は看護婦, は米藏, は縁側, は耳, は聞いた, は膝, は船, は覺, は近頃, は釣, は静か, は頓着, は顔, は馬, は體温表, も, もこの, もその, もそれ, もやや, も田山白雲, を思っ, を憶, を挙げた, を見た, を訪ね, を訪問, を驚かしました

1 [1494件 抜粋] かそれ, からだ, から借り, から屡々, から頼ん, がある, がいっ, がうっかり, がおれ, がかさね, がしきりに, がなる, がひそか, がまだ, がヌッ, が一時, が三日, が乗取っ, が今日, が仰, が何者, が入れた, が内々, が刀, が切腹, が別嬪, が十九, が参った, が受継ぎ, が可愛く, が夏, が大声, が媒妁, が寢, が小俣村, が屹, が待設け, が思う様, が怪しく, が拔, が指さす, が揃った, が摂津国伊丹, が斬られた, が早馬, が時々, が曾つて, が朋友, が来ない, が楓, が死ね, が殺されました, が氣, が注意, が片, が現われる, が申, が発見, が眼, が研賃, が立っ, が笑い出す, が耶蘇, が自ら, が船員全体, が行く先, が西川流, が覗く, が言つたの, が詮索, が諄々, が迎, が追, が連れ, が金椎, が面, が顔, がDSマグネット, さえもう, だけが船長室, だけはコマ五郎同様板の間, だけをやっ, だぞ, だない, だッ, だ向, っなぜ, であろうか, でございますが, ですけれども, ではなく, でも無き, で昨夜小原山, というの, といえ, といふ評判, とかいう怪盗, とが心中, としては当分, とそれほど, とでも勝手, との両人, との名, との間, とは一緒, とは本間, ともすっかり, とやらはどんな, と云う, と人知れず, と元助夫婦, と南条なにがし, と呼ばる, と団九郎, と妾, と家康, と後見人, と書いた, と植野誠一, と気, と浪人, と熊, と百助, と相談, と称する, と言, と言つて五十, と遊女, と養子, などが怒り, なら五両, な何, にしいられ, にすがりつきました, にて通りし, にはいっこう, にはまた, には不利益, には口惜, には恩分, には見えた, にもう, にもない, にも其事, にも答, にアンタ, に会う, に割腹, に反問, に向, に問詰められ, に大, に家督, に対するよう, に尾崎直右衛門娘おき, に引合わせよう, に微塵, に怨, に恨み, に扮, に救, に殺される, に渡す, に由つて上野, に目, に突き当っ, に耻, に落度, に訊い, に説き聞かし, に違い, に関係, に頼る, のいふ事, のこう, のなれ, のほか, のもと, のサブちゃん, の一行四人, の下手人, の乗っ, の二人, の亡霊, の人相, の仲間, の伯父, の來, の兄さん, の冴えた, の刈り分けた, の勞, の取り, の命, の大体, の女, の嫁, の家来分, の宿, の寢間, の居る, の床, の彫物, の後ろ姿, の心持, の態度, の手筋, の持つ, の指先, の提げ, の曲毬, の期待, の枕, の歌, の死因, の気に入らなかった, の氣, の浪宅, の準備, の父, の犯罪嗜好癖, の生命, の申した, の病氣, の真青, の研究, の磨いた, の紐, の置いた, の脚, の腹卷, の舞台, の苦衷, の衣裳, の言い分, の讃美どころ, の踏み抜いた, の身命, の追いつく, の運命, の間諜, の面倒, の顔いろは, の食客, の馬の脚, の高い, はあたり前, はいずれ, はいよいよ, はおどろかされた, はお構い, はかねて, はくやし, はこうした, はさき, はさっそく, はさる, はじっと, はずかずか, はそのものたち, はただ, はちび, はていねい, はとびあがっ, はどうか, はなごり, はにっこり, はひとり, はびっくり仰天, はほんとに, はまず, はむしろ網, はもはや, はよい, はよろよろ, はわれ, はコーヒー, はハナ, はマスミ, は一々, は一向, は一寸, は一方ならず, は一體, は三度びっくり, は不快, は世間, は二人, は五連発, は今度, は以前盛春館, は何となく, は何度, は係り同心漆平馬, は偶大湫, は僅か, は入婿, は其の, は其文太郎, は其許, は冥土, は切腹, は到頭, は剣, は勸め, は十一二, は千日寺, は参詣, は口許, は合墓, は名前, は哀れ, は善七, は四人, は圖書, は壁, は夜, は大して, は大変, は女, は如何なる, は姿, は安から, は家, は小さい, は少し, は川下, は帳簿, は年三十歳, は幾分, は引廻し, は当面, は後一たび玄英, は微笑, は心身共, は怖く, は急きます, は惜気, は愉快, は慰むべき, は憫, は我, は戦慄, は手拭, は抜き足, は持参, は振返り, は散漫, は明後日, は時々, は書架, は望遠鏡, は松葉屋, は桂, は横, は正体, は此, は此時, は此話, は歸つて來, は殺された, は気抜, は永, は汗, は洲崎, は涙, は清澄, は漸く, は無礼, は熱心, は犬畜生, は王子, は生真面目, は男, は病室, は癇癪紛れ, は直に, は相, は真, は短銃, は神社, は種々, は突如, は立ち, は立ち上っ, は約束, は組ん, は繪姿, は聞け, は腰, は膳, は自覚, は船宿, は若い, は苦笑い, は荷物, は蒼白, は行きなり, は製図用, は観念, は訝かしげ, は語, は読む, は赫, は身, は逃げよう, は遊び人, は遠眼鏡, は酒, は鉄砲, は長靴, は阿賀妻, は雨戸, は飛んだ, は馬鹿, は驚き飛, は髪の毛, は默つた儘, へかけつける, へは何で, へ合図, ほど絶望的, もうなずい, もおれ, もかね, もことし十三, もすぐ, もそこ, もびっくり, も両手, も亦, も今, も傍, も同, も大層, も宇津木兵馬, も庄次郎, も思, も提灯, も景氣, も死刑, も江戸, も男, も相手, も研究室, も船, も重い, も顏色, や六朗, や海賊銀太, よりもさすが, より被, をうながします, をからかう, をさいなむ, をしげしげと, をつかまえ, をな, をば, をひどく, をも喜ばせた, を乘, を仕止めれ, を伴っ, を先頭, を内, を励まし, を取っ, を呼び物, を土地, を家, を山駕, を庇っ, を引っ張り出し, を引摺り, を恐喝, を慕う, を手, を揚屋, を斬らん, を楽屋, を殺そう, を猿樂町, を生ん, を癒したいらしい, を移らせ, を自滅, を襲ぎ, を見つけませんでした, を見下し, を討つ, を訪れました, を誰, を軽んずるごとく, を送, を除け, を馘首, 同五人組, 存じて, 断わって

▼ 三十分~ (1276, 0.9%)

16 ほどし 15 もする, もたった 14 ばかりし 11 ばかり前 10 ほど前 9 ばかりの間, も一時間 8 ほど経っ 7 か一時間, ばかり, ほどする, ほど後, もすれ, も前 6 だ, とたたない, にし, ばかりで

5 [14件] して, のうち, ほどの後, ほど話し, もかかっ, もし, もしたら, もしない, もたっ, もたつ, も経っ, も経った, も経つた, やる

4 [15件] おくれて, か, しかない, であった, でも一時間, でも好い, と経たない, になる, のところ, ばかりする, ばかり話し, ほどたった, も走った, も間, 経っても

3 [21件] がんばれ, すると, すれば, です, ないし四十五分, に東京駅, のもの, ばかりい, ばかりたった, ばかりの後, ばかり私, ばかり経った, ほどのち, もあれ, も登る, も経たない, や一時間, 乃至一時間, 程し, 程の間, 過ぎて

2 [83件] かかった, かな, から一時間位, か四十分の知己, が過ぎた, ぐらい, ぐらいの時間, ぐらいの距離, ぐらい散歩, ぐらい話, たたぬうち, であります, では, というの, とかからなかった, とも経たない, と立たない, と経ぬ, なり, にたちます, にちぢめ, になった, に今日, に規定, のこと, の長岡行, はたっぷり, ばかりかかる, ばかりたつた, ばかりの時間, ばかり後, ばかり散歩, ばかり早め, ばかり昼寝, ばかり熊笹, ばかり立つ, ばかり経つ, ほど, ほどおくれる, ほどかかっ, ほどそう, ほどたっ, ほどたつ, ほどで, ほどのあいだ, ほどまえ, ほど時間, ほど枕元, ほど行く, ほど過ぎる, もおくれた, もかからず, もかかりました, もかかる, もした, もたたぬ, もたつた, ものび, も待つた, も後, も早く, も此処, も歩いた, も生き, も経つ, も經, も話, も費し, も遅れた, も過ぎ, も過ぎた, も過ぎてる, やって, を指し, を示し, 待たなければ, 或時, 早く起きる, 程した, 程たっ, 程前, 経つても, 話す

1 [744件 抜粋] ああなんと, あまり待つた, あるいは一時間, あるいは四十分, あるの, あるひ, いいえもっと, おくらして, おくれたん, おくれるよ, かかって, かかるので, かそこ, かそこら, かだ, から一時間, から八時五十分, から十一時の間, か一時間オルガン, か一時間位づつオルガン, か時に, か気分的, がうまく, がほどを千日, が二, が参りました, が落, が間, くらいかけ, くらいこう, くらいずつ演, くらいで, くらいのうち, くらいの長い, くらい前, くらい子供, くらい待っ, くらい津軽平野, くらい経っ, ぐらいかかっ, ぐらいそう, ぐらいその, ぐらいたっての, ぐらいで, ぐらいで出発, ぐらいで門前, ぐらいな, ぐらいのうち, ぐらいのもの, ぐらいは, ぐらいはかならず, ぐらいまえ, ぐらいまでしか許され, ぐらいルミちゃん, ぐらい前, ぐらい眠りました, ぐらい経っ, ぐらい船長室, ぐらい話し, このはち切れ, この録音, しかかからなかった, しかたっ, しか残っ, したら, したら田村町一丁目, しゃべって, じゃなおらん, すぎたとき, ずつにくぎっ, ずつランニング, ずつ休憩, ずつ前, ずつ早く, ずつ話, その崩壊現場, それから, たってから, たっても, だか, だから, だけな, だけ待っ, だったが, だったね, だったの, だもう, だよ, だッ, ちかくも, ってところが, であったから, である, であるが, でお前, でお茶, でございます, ですかな, でそれ, でたんのう, でもいい, でも人並, でアガり, でオタツ, で一寸, で下りる, で元箱根, で充分, で出来る, で列車, で十時, で完結, で将監峠, で峠, で帰つて, で我々, で来た, で来られる, で汽車, で海上, で祭, で終った, で賽, で運ん, で達する, で雁坂峠, で飛行機, といふこと, といふ報告, とかの汽車, とか一時間, としてももう, とたたぬ, とたち, となる, とはかからなかった, とはかからなかっただろう, とは懸らなかった, とは煩わしませんでした, とも経たぬ, とゐた, と坐, と坐っ, と立たぬ, と続かなかつた, どうしても十時近く, どうしても十時近くなつ, なお, ながらとにかく, なりお, なり一時間, に, にあまる, にしかならない, につく, にのん, にはもう, には必ら, には東京, にひかえ, にもならない, にもなりません, にもなる, にもなるであろう, にも五十分, にも思える, にわたって断続, にキャリフォルニアン号, にブリユツセル市, に一回, に一本, に七つ, に兇行, に出, に到り, に及ぶ, に大変, に始つて, に寄航, に小屋, に松花江, に決っ, に濁, に発車, に突然, に至り, に著く, に親鳥, に過ぎない, に過ぎなかったであろう, に霜, ねた, のみ宿, の小田原発, はあった, はかかった, はかかる, はかかるだらう, はすぎ, はそこ, はたつたらう, はとっくに, はどうやら, は十分, は御, は早目, は進ん, ばかしお, ばかりお, ばかりかかった, ばかりかんがえ, ばかりしたら帰る, ばかりします, ばかりたっての, ばかりたつ, ばかりでかえる, ばかりです, ばかりにてモヤー来, ばかりにて上り得べき, ばかりのうち, ばかりのこと, ばかりの内, ばかりの距離, ばかりは死ん, ばかりは退屈, ばかりも出, ばかりも手間どった, ばかりも這入っ, ばかりよ, ばかりヴェランダ, ばかり不安, ばかり休む, ばかり何, ばかり向, ばかり向い合っ, ばかり塞がらなかった, ばかり夜風, ばかり少なくとも, ばかり待たされた, ばかり支配人, ばかり時間, ばかり根気, ばかり歩き続け, ばかり湯, ばかり火, ばかり煮えた, ばかり用, ばかり發車, ばかり相談, ばかり経ちました, ばかり経っ, ばかり縁, ばかり話, ばかり話しあった, ばかり車, ばかり進ん, ばかり過ぎる, ばかり過ぎ去った, ばかり間, ばかり降った, ばかり青木さん, ばかり静, ほどあるきます, ほどいた, ほどお話, ほどくり下げ, ほどさき, ほどしたら, ほどすぎた, ほどせっせと, ほどだす, ほどつきあっ, ほどではじまる, ほどでモー, ほどで海岸まわり, ほどで行ける, ほどなにか, ほどねむっ, ほどの時間, ほどの間, ほどもいいたい, ほどもかかりました, ほどもします, ほどもすぎました, ほどもひそひそ, ほどもゐました, ほども御覧, ほども歩いた, ほども滝, ほども経ったろう, ほども走りました, ほども身動き, ほども鶏舎, ほどをまだ, ほどを経, ほどジッ, ほどトロ, ほど五目並べ, ほど何, ほど外出, ほど待った, ほど後れ, ほど後れた, ほど拜見, ほど支店長, ほど時刻, ほど本堂, ほど歩いた, ほど歩く, ほど爆発, ほど経ちました, ほど縁喜棚, ほど置く, ほど見詰め, ほど話, ほど費し, ほど費やした, ほど走っ, ほど走る, ほど遅れ, ほど過ぎ, まさに青山, まで, までに五分, までに会, までは召使二人, までは同じ, までラジオドラマ, まで下山電車, もあ, もあと, もあります, もいない, もう一時間, もう十分, もおくれ, もか, もかかった, もかかつ, もかからない, もかかるまい, もかけ, もこんな, もごたつき, もしゃがん, もしゃべっ, もせん, もそう, もた, もたたない, もたつたでせう, もたて, もつづき, もつまっ, もはしった, もふん, もぼんやり, もゐたら, も中, も乗っ, も休ん, も余計, も南部なまり, も喋ってる, も四十分, も坐っ, も子供, も対談, も屋台, も待たされたであろう, も待たし, も待たしとい, も待ち, も待っ, も後れ, も探し廻った, も教壇, も早め, も時間, も歩い, も温かい, も激しい, も狂っ, も眠った, も眠ったら, も私, も私たち, も立たぬ, も立っ, も経ったら, も経ったろう, も続い, も続いた, も続いたら, も續, も自動車, も船長室, も行ったろう, も見つめてる, も調べさせ, も論じたてる, も走っ, も走りつづける, も迂路, も迷った, も遅れ, も遅刻, も過れ, も雑談, も飲んだ, も馳, やっと参拝者, やっと祖母石村, より, より八時七分前, ゐて, をいでずし, をお待ち, を五分以上, を何, を少し, を惜しむ, を期し, を經, を費し, を費した, を過ぎ, を過ぎた, を過した, 乃至四十分, 全く残光, 其の後, 前平沢, 又牽引スル, 喋りまくって, 待ったが, 後甲板, 忽ち八九歳, 掛かって, 早くあく, 早く戻り, 早く着いた, 正に丑満すぎ, 漬けて, 煮て, 煮ては, 煮ますから, 眺めて, 着駅前, 程うとうと, 程かかつ, 程がすむ, 程したら, 程ずつあります, 程たつ, 程ちらりちらりと, 程でムウドン駅, 程で事務室, 程で逃げ出した, 程なんて言ってた, 程の読経, 程もとつおいつ, 程も同じ, 程も経つたらう, 程も經, 程も進ん, 程やっ, 程トロ, 程九段坂, 程傍聴, 程官邸, 程後れた, 程御覧, 程経つた, 程經つて, 程船長室, 程襟飾, 程走っ, 程走り続ける, 程鑑賞, 立った時二匹, 立つと, 立つまで, 経たないうち, 経った, 経ったと, 経って, 経つ, 経つか, 続いた, 置きぐらいに, 行ったらもう, 見せられた, 許して, 費したでしょう, 遅くても, 過ぎた, 過ぎてから, 過ぎると, 長いもの

▼ 三~ (1215, 0.8%)

46 になる 38 を越した 30 にし, を越し 23 に近い 14 になった 13 になっ, になつ 11 を少し 10 の年 9 の時, を幾つ 8 を越え 7 から四十, に手, をいくつ, を越す 6 になつて, にならぬ, の上, もある, を一つ, を越えた, を過ぎ, を過ぎた 5 の歳, をこした, をすぎた, をすこし, をちょっと, 越して 4 ぐらいの男, にもなっ, にもなる, に近く, も四十, を二つ三つ

3 [23件] か四十, くらいで, すぎて, すぎても, そこそこでしょう, だから, であった, であつ, と四十, になり, にもならない, にもなれ, にも足らで, に間, の人, の若, は一昨年, ばかりの男, まえの, も一時, も違, 近い大, 近い女

2 [79件] あつた, あまりになる, か, かそれとも, くらいだ, ぐらい, ぐらいだ, ぐらいだろう, ぐらいであろう, ぐらいのりっぱ, ぐらいの人相, ぐらいの女房, だ, だが, だと, ちょっと出た, です, でもあろう, で死んだ, で買う, という人物, という若い, となり, と六つ, と十九, に, にちかい, にちかき, にならない, になります, になろう, にはなるまい, にはまだ, にもならぬ, にもなり, にも見える, に足らぬ, に近かっ, のころ, のもの, の一切経, の乾菓子, の今日, の又, の坂, の眼, の矢田津世子, の石, の金, の頃, は幾つ, ばかりころげだす, ばかりで, ばかりなる, ばかりの女房, ばかりの年配, ばかり年, までだ, もブラ, も年上, や五十, をこえ, をこし, を一つ二つ, を三つ, を半ば, を大分, を超えた, を越える, 与えよや, 置いて, 迄は生きる, 近い年, 近い年増, 近い年配, 近い身柄, 過ぎて, 過ぎての, 過ぎるまで

1 [604件 抜粋] あったと, あったよ, あまりと, お佐代さん, かあるいは, かざっと, かという唄, かひょっと, から三十五, から三十五六, から上, から二百五十個, から四十位, か一斉, か三十一, か四十位, がえる, がァ, がッ, が二度, が四十, が恐れ, が来る, が添え, きっちり位, きろの, くらいと二十余り, くらいになるだろう, くらいに見え, くらいの中嫁御, くらいの叔母様, くらいの女給, くらいの眼鏡, くらいの袖, くらいはわかる, くらい若い, くらい食う, ぐらいあった, ぐらいかなあ, ぐらいがせいぜい, ぐらいそれ, ぐらいです, ぐらいで総, ぐらいな働き, ぐらいな女, ぐらいな肌目, ぐらいにしか見えない, ぐらいになっ, ぐらいに見える, ぐらいのす, ぐらいのめがね, ぐらいのよ, ぐらいのヤミ屋, ぐらいの丸坊主, ぐらいの体格, ぐらいの力, ぐらいの威勢, ぐらいの婦人患者, ぐらいの容貌, ぐらいの年頃, ぐらいの弁舌さわやか, ぐらいの粋, ぐらいの細, ぐらいの紳士, ぐらいの若い, ぐらいはどうしても, ぐらいは空, ぐらい色, ぐらい身長, ころっとした, しかしどう, しか持ち得なかった, しか違, しか違わない, じゃ, すぎた奥方ふう, すぎた片意地そう, すぎた独身者, すぎると, ずつ四ツ目形, ずつ袋, ずつ連れ, だか, だした, だったよ, だつた, だつたの, だて, だの二十, だらう三十, だろう, だろうそう, だろう三十, ちかい年配, ちかくも, ちょいと, ちょうどこの間, ちょっとか, ちょっと前, ちょっと過, ちらばってるの, づらを, であいつ, であります, であるが, でいらっしゃるよう, でお, でこれ, でしたね, ですし, ですって, ですね, ですよ, ではモウケ, でほんの, でまだ, でもおんなじ, でも俺, でも持っ, でわります, でタダ, で今日, で名, で失敗, で成道, で摘み喰, で摘み喰い, で滅相, で相当, とあるだろう, という, というところ, というわけ, という年, という年紀, という年配, という感じ, といっ, といふ大, といふ男盛り, とか云, とちがっ, とはありますまい, とはいっ, とはたいへん, とはなかつた, とは思われない, とやら, とよめない, と三尋, と三銭, と九歳, と五十さ, と六人, と六十, と分ける, と十一月, と四十歳, と思しき, と思はれる, と感違い, と気づいたら, と纏った, と聞いた, と言, と言つて, と郎党, と重なっ, ないし四十シルリングス, ないし四十個, なの, ならば, なんぞである, なんて厭, なんと素晴らしい, にあたる, にかかりかけ, にかかれ, にとせり上げ, になってる, になつて遊民, にならん, になりたい, になり掛け, になるまい, にはとどくまい, にはならない, にはならないであろう, にはひとつ間, には一つ, には二三年間, には少し, には成るまい, には間, にまず, にもなつて, にもならう, にもならぬらしく, にもなりゃ, にもなるでせう, にもま, にも三十五, にも届かない, にも手, にも近う, にやお, にわり, に三つあまり, に二ツ三ツ間, に余る, に充たぬ, に分け, に到る, に及ばずし, に及ん, に届いた, に届くまい, に成つて, に據, に減少, に渡つた, に至らず, に至る, に足らず, に近, に近し, に達し, に間近い, のけち, のとき, のなかば, のほう, のやつ, のやり方, のルイ金貨, の一, の一三進, の三日間, の人俵, の人影, の人生, の仕事, の会員, の働き盛り, の前後, の劇場, の半ば, の同型, の壮年者, の声, の大, の大男, の太, の女, の字, の小僧, の小屋, の小池, の屋根, の年配, の座敷, の弦四重奏曲, の後家, の捕物小説, の放送局, の數, の新進, の星霜, の春, の本山, の楼主達, の櫓船, の死体, の死者, の泡沫, の男ざかり, の男盛り, の目腐れ金, の眼玉, の石工, の石碑, の私たち, の美丈夫, の若い, の荒くれ男, の複雑, の見る, の身, の遊郭, の過去, の青年, の騎士, はある, はぐっと, はとうに, はわけなく, は平気, は慥か, は男, は超え, は越し, ばかしの野郎, ばかり, ばかりあった, ばかりでしょう, ばかりな, ばかりになる, ばかりに殖え, ばかりに見ゆれ, ばかりのしかるべき, ばかりのすらり, ばかりの品, ばかりの問題, ばかりの奥方, ばかりの女, ばかりの女中頭, ばかりの女房一人, ばかりの客, ばかりの待合茶屋, ばかりの怜悧そう, ばかりの気, ばかりの筋骨, ばかりの総桐, ばかりの美しい, ばかりの舗石, ばかりの螢, ばかりの質樸, ばかりの鬚男, ばかりはからっぽ, ばかりほか, ばかりベッド, ばかり二銭, ばかり其の, ばかり数, ばかり気, ばかり財布, ばかり違う, ばかり面長, ほどあった, ほどいろんな, ほどそのうち, ほども並ん, ほども年, まえじゃ, まえで, までがまだしも, までしか生きない, までで, までとしたい, までに学位論文, までに血, までの女, までの若者, までの間, までは春, までも生きよう, まで十何年, まで大根, まで永生きし, まで獨, まで絞っ, まで苦しまなけれ, まへ, もあい, もありました, もおれ, もくる, もこしらえたら, もの肩書, もポケット, も一所, も並べ, も入っ, も半ばすぎ, も取れまし, も同意語, も大分, も少し, も年下, も年歯, も建っ, も悪口, も持っ, も敷かるべく, も歳, も礼拝, も若かっ, も見える, も読ん, も越え, も過ぎ, も違う, も鍵, も雲の上, も頭数, やそこ, やって, よ, よりは下, よりは少く, よりは若い, よりむしろ四十, より四十, より四十歳位, をえ, をお, をこえる, をすぎ, をすぎます, をすぎる, をたしかもう, をだいぶ, をまだ, をもう, をやつ, をよほど, を三つ四つ, を与える, を二つ, を五つ, を余り, を余計, を四つ五つ, を少々, を数え, を減じ, を越, を越えない, を越えまい, を越したやせた, を過, を過ぎた太った, を過ぎちまった, を過ぎる, を過ごし, 一方里, 並んで, 乃至四十名, 元お出しなさい, 入って, 分つ, 分とた, 切っても, 動かすには, 叩かれて, 女らしく言葉, 少し出た, 尚独身生活, 干からびた球根, 引つ叩かれると, 拾って, 持ちながら, 持出して, 故並べた, 数えたら私, 無之, 積み上げて, 若いと, 見張つて, 越えた男, 越したばかり, 越したらまた, 越した女教師, 越してからが, 迄女, 迄生き, 近い, 近いこれ, 近いつつ, 近い人々, 近い今日, 近い働き者, 近い兄貴, 近い兵士さん, 近い奥様, 近い娘, 近い尾羽打, 近い年齡, 近い年齢, 近い智的, 近い浪人, 近い男, 近い筈, 近い細面, 近い職業婦人, 近い能, 近い色, 近い若者, 近い貴婦人, 近い齡, 近かった, 遅く考へ, 過ぎた女中頭, 過ぎた男, 過ぎた病身, 過ぎなくっちゃ, 過ぎるまでは, 過ぎれば, 長槍三十本, 集まったら何

▼ 三~ (1202, 0.8%)

9 云った 8 自分の 7 明智の 5 それを, 急に 4 一の, 顔を

3 [11件] あわてて, お霜, この, 何か, 勘次の, 変な, 夫人の, 思った, 眼を, 頭を, 黙って

2 [55件] あんな綺麗, おけを, お仲, お関, お雛さん, これを, そこで, その借金, その時, だまって, びっくりし, まだ人間らしい, イロリの, 一生懸命に, 不図, 之は, 今日だ, 仕方なく, 例の, 傲慢也, 兄の, 入れねば, 刀を, 前に, 勘次を, 十五六人の, 十年越し店に, 呼吸も, 天地自然の, 女の, 妙に, 家へ, 小石川の, 山野夫人が, 年こそ, 彼が, 彼れ, 彼を, 思わずいった, 恨めしそう, 懐から, 支那の, 明日の, 昨夜の, 最後まで, 球が, 町へ, 相手の, 確かに, 笑いながら, 笑って, 美い, 訊ねた, 誰に, 首を

1 [1017件 抜粋] あきれて, あったと, あの時, ありますまいね, あるし, ある日, あれ程までに, いかなる球, いきなり赤く, いくども, いささかたじろいだ, いざ目的, いっこう顧みる, いつに, いまだその, いよいよただ事, いよいよ怒っ, いわは, うけ取りて, うそ寒いの, うんざりした, おのおの一類, おれが, お浪, お菊, かつて古来, くすぐったいと, こういっ, こう声, こう肚, ここでも, このくらいに, この一歴史的範疇, この共同態, この宿, この手紙, この文化部門, この新しい, この時, この頃政枝, これくらゐ, これには, こッそり, さきの, しくしくしくしくと, しゃべりながら, じっと考えた, すぐに, すぐ空馬, すたすたと, すっかり親しく, すでにその, すでに炊き, すなわち今, そう云っ, そう真理, そこで腹, そなた, その中, その他である, その古めかしい, その子, その平常, その日, その欠点, その点, その蔭, それから下, それだけ聞く, それでも引入れられ, それによ, そんなもの, そんな事柄, たしかな, ただ黙っ, たった一人山畠, たまらなく苦しくなった, だき起こそう, ちらりと宮岡警部, ついに甲府, できあがった暗号文, でも念, とても自分, どうかする, どうなる, どちらも, ない, なきだしそう, なぜか, なんだ, にやにや笑い, はじめて口, はっきり断った, はや奥様, ひどく感激, ひどく醉つて, ひろ子の, ふたたび沈黙, ふとさし俯向, ふと勘次, ふと気がつい, ほんとに可愛い, ぽつ, また原稿, また疎ら, まだ夢中, まもなく帰った, まるで夫人, みんなの, めきめきと, もう三十七八, もう帰っ, もう死ん, もう涙ぐん, もはやきく, やっぱり小松, やはり相, ゆたかに, よほど人並, ろばの, わけが, わらった, アデレード市, アヒトペルの, カオールの, ガバと, キリスト教信者の, コブナグサである, スリ, セピア色の, ダンテロセッティ幽, トロンヘイム市, ハトロンの, ピアトニツキー, フット顔を, フラフラに, ベッドから, ホールド, ボンヤリし, ムッと, ヴァラエティこれは, 一つ急ぎの, 一も, 一切有を, 一寸意外, 一層にくい, 一徹者だ, 一時に, 一目見る, 一瞬間不思議な, 一種の, 一言も, 一足おさきに, 丁寧に, 万事徳子夫人に, 三十七八の, 三千子が, 三千子の, 三塁に, 三沢初を, 下枝に, 不倫理行, 不意に, 世の中の, 世界像の, 両手で, 中学校一二年生の, 丹那の, 久しぶりで, 乞食から, 二人に, 二十三才の, 二十五の, 二十四才しかして, 二階の, 云うこと, 云って, 五だ, 井戸の, 井戸端へ, 京水が, 仇敵の, 今まで, 今君にも, 今日の, 仕事が, 以前から, 仲弟猶, 伐楚事件, 似而非自治, 低く唸っ, 体質によっても, 何であろう, 何にか, 何も, 余ほど, 余程恐ろしい, 使は, 俗称平, 信者の, 借金を, 傍へ, 僧侶に, 兄を, 光一に, 全体に, 六波羅割符を, 共産主義の, 其境遇による, 其那時自分の, 円筒形の, 冬旭の, 刀で, 別に気, 利あっ, 制服の, 力が, 勇気を, 勘次に, 勿論お, 医師を, 十三夜, 十二歳の, 十時ごろまで, 午前中は, 半分泣き面だった, 協団の, 単に, 博士は, 原稿紙を, 又し, 受取つてお, 叫ぶと, 可哀想に, 各自の, 同類として, 呆るる, 唄い連れて, 唇紅の, 啓吉に, 啓吉を, 器械的実験によって, 四百米突高地の, 困った様, 国の, 土も, 地に, 地響きの, 堪りかねて, 塾で, 声盲な, 夕飯を, 夜具の, 大の字に, 大変遅い, 大得意, 大急ぎで, 大阪の, 天草の, 太平洋方面あるいは, 夫人を, 奇跡説ないしは, 奥庭から, 女を, 好きな, 如才なく, 娘の, 子どもの, 孔子が, 学問が, 安次を, 完全に, 宝暦変の, 実に相, 家に, 家内の, 寒気を, 寛子の, 寝返ろうとして, 尊敬の, 小林紋三で, 少しばかり, 少時と, 山を, 山腹以下花崗岩, 工業における, 市街の, 師匠を, 帰り支度を, 平安朝の, 年は, 幹事の, 店の, 座ったまま, 座を, 廣義に, 弟子たちを, 当分結婚の, 彼女を, 往来の, 後から, 得物に, 御所持, 御馳走を, 徳子の, 必ずキャメラ, 忙しそう, 思いだしたよう, 思わず大きな, 恬として, 悪口を, 悲しさ, 意志であります, 意識の, 愕然と, 愛に, 我が秘密, 戸を, 手まめに, 手塚なる, 手束ねの, 抵抗も, 押入の, 掛軸の, 政党の, 故土佐守信義, 教会, 教頭を, 斉民教に, 新聞など, 既に単行本, 日本の, 早速手塚医師, 明らかに, 明智と, 明治二十三年十月三十日には, 春陽堂の, 昨夜から, 昭和二十四年の, 時計四は, 暇を, 暗い路地, 暗い顔, 暫くし, 暫らく眼を, 更に娘, 最後に, 有力者の, 朝から, 未知の, 本集の, 東京を, 松の, 枕木を, 林田に, 柴を, 森である, 極り悪, 横は, 橋本, 次第に胸, 此方を, 死の, 死んだが, 死体が, 死線を, 殆ど夫人を, 殺された坑夫, 毒物学の, 水が, 水分の, 水産講習所に, 沖縄の, 油壺から, 涙が, 混血人種すなわち, 濡れたハンカチ, 無我夢中二十四人目は, 無言だつた, 無限の, 煎茶の, 照れ隠しに, 煽てて, 父が, 父母を, 牛の, 独り呟く, 現代で, 現在耕作され, 環境への, 生存闘争, 生産の, 甲府へ, 留守です, 疑い深か, 疲労より, 白人種五分の二は, 皆様の, 目を, 直接に, 眠らせなければ, 着いた, 矢庭に, 石田清左衛門の, 破れた着物, 秀次の, 私の, 種痘である, 空を, 突き刺さったの, 窓よりの, 立ち上つた, 笑った, 第四, 答えて, 精神作用による, 純粋に, 紫第, 統計的操作第, 続けた, 縮まった, 罪惡其物に, 美作の, 老婆を, 考証を, 肉筆掛物中の, 育児係りの, 背筋に, 脅迫状を, 腰を, 膝を, 自分で, 自棄気味に, 自然の, 舞台の, 良人から, 花模様の, 芸術的な, 若い事務員, 苧の, 茶を, 草雪に, 蒲生家から, 薄情な, 藁小屋から, 蘭軒の, 處刑され, 血の気で, 術無そう, 袖を, 西洋の, 親が, 観せたいやう, 言葉を, 訴えるよう, 語り終っ, 読める字, 諸人の, 豊島郡の, 貨幣經濟貨幣經濟の, 資格の, 赫く, 起とうとも, 蹌踉めいた, 身辺私小説の, 農家出らしい, 通俗に, 運わるく, 道士公孫勝どの, 適当な, 酒の, 醜いと, 重三, 重大な, 金融施設整備改善に関する, 鋏を, 鏡の, 長屋の, 閨の, 陰に, 隣接一仙亭と, 雁坂峠から, 集まって, 雪子学士は, 雷門の, 霊魂である, 非常に, 頬に, 頭が, 頷きけり, 頽廃階級の, 願人坊主この, 飛込んで, 餌の, 馬鹿馬鹿しさ, 騎將の, 驚いたり, 魅入られるよう, 麦の, 黄鳥一声

▼ 三~ (1125, 0.8%)

208 の萬七 174 の親分 111 の万七 59 の萬七親分 49 の兄哥 23 と乙吉 21 の万七親分 159 の親分さん 7 の町, の里 6 の神, の金座, はその, を殺した 5 の社, の神杉, の花 4 の子分, の家, の山, はそれ, を殺す

3 [14件] が言う, の万七兄哥, の側, の大, の山もと, の檜原, の胸, の萬七兄哥, の酒, の顔, は新, は自分, や乙吉, を見

2 [30件] お三輪, お袖, が何, が崎, しか咲い, である, にもない, に取っ, に感激, のうま酒, の口, の周囲, の場合, の山もと道, の杉, の死骸, の母親, の眼, の神様, の美し, の茶屋, の萬七はさ, の藍玉屋, は宵, は思い出した, へ来た, も乙吉, も十七, を怨ん, 咲いて

1 [281件] あかき色, あまた花, か, から北, から山, から日本堤, から来た, があどけない, がしっかり, がちょうど, がとめ, がはる子, がヒョイ, が上京, が下女, が両親, が大切, が娘時分, が小竹, が念, が揃, が揃い, が擦寄っ, が新, が東京, が浦和, が湯, が笑止そう, が自分, が蒲団, が薄く, が衣裳箪笥, が言った, が評判, が話した, が調子高, が踊屋台, が踊屋臺, が通る, が金切り声, が震災, が靴, さえ声, たてかけて, だが, だけでした, で, でやらなかった, というところ, という人, という地名, といっ, とはこれ, とは違った, とは違つた意味, ともぱっと, と一所, と並ん, と云う, と同じ, と呼ん, と竝, と言う, と顔, などにも其, ならば, に, にきかれ, について一緒, になっ, にはそう, にはなつかしかっ, には信じられ, にも思われた, にも秘した, に三年, に乙吉, に引, に彼女, に思われた, に積みこん, に聞いた, に行き, に言っ, に訊ねた, に話し聞かせた, に通ずる, のあっし, のあつし, のいう, のいった, のうす赤い, のお山, のこと, のさびしさ, のそう, のそれ, のため, のところ, のやう, のやしろ, のよう, のオホモノヌシ, のフロントガラス, の一族, の七つ, の七杉, の乾分衆, の兄量一郎, の八, の出, の土地, の妻, の姿, の子分衆, の小型自動車, の山もと杉, の山吹, の席, の影, の後, の御山, の御幣使, の御社, の手, の手絡, の旦那, の東, の植田丹後守, の植田丹後守様, の殿戸, の気, の水仙, の狭, の町いっぱい, の目ざし, の磐井, の社頭, の祝, の神人, の神奈備, の神樣, の神話, の神霊, の祭り, の緒環, の縄張, の繩張, の耳, の菊古流, の萬七といつた, の萬七懸命, の薔薇, の街道, の西, の見, の親分假病, の親分始め江戸中, の親分御苦労様, の親分繩, の追分, の郵便局, の重ね咲き, の針仕事, の驢車, はあの, はある, はお力, はきっぱり, はくれられる, はこういう, はこの, はすっぽん仕立, はそういう, はそこ, はどこ, はほんの, はまた, はもう, はわざわざ, はサソク, はシクシク, はテーブル, は今, は伜, は何, は半蔵, は口惜し, は同じ, は唯, は問い返した, は外泊, は多吉, は女中, は姉, は婦人何, は子守娘, は安心, は小竹, は情ない, は我, は打ち消す, は料理場, は旅人, は旧い, は枕, は椅子, は気軽, は永い, は沢村源之助, は浦和, は濃い, は無, は率直, は疲れ, は眼, は私, は結い, は膝, は芝公園, は茫然, は言っ, は詩, は采女, は隅, は震災後, は颯と, は驚き, ばかりテーブル, ぱっと花弁, へかけ, へたどりついた, へ出た, へ廻つて, へ急, へ来なけれ, へ行く, また五六輪, までは一足, まで持っ, まで逆戻り, もお力, もすこし, もはらりと, ももう, もやや, もよく, もシャクリ, も別れ, も思わず, も恐い, も皆, も胸, も自分, も負けない, も食堂, や久我, や新, らしいね, をちょうど, をつとめ, をとどむる, をも驚かした, を導こう, を小型自動車, を殺させた, を生み, を誘い出し, を誘ひ出し, 匂って, 寒そう, 小さき花, 或は大和, 挿したり, 摘んで, 淋しく咲い, 盛られて, 綻びかけたの, 落ちて, 開いた日本水仙, 開きそめたり

▼ 三~ (1106, 0.8%)

16 の指 15 の竹 12 の手紙 9 の梭 8 の絃, も四本, 立って 7 の煙突, の脚 6 の徳利, の木, の矢 5 の掻き, の松, 買って

4 [12件] のうち, の大きな, の柱, の樹, の糸, の腕, の蝋燭, の角, の赤い, の足, の長い, 生えて

3 [21件] あった, あれば, しかない, ついて, つづけざま, のローソク, の刀, の大きい, の手, の木立, の榛, の樹木, の皺, の竿, の金, の釘, の銚子, の髪の毛, 持って, 書いた, 立てて

2 [82件] あったそう, あって, あり, ある, うで, おくられ二本, ぐらいずつ栽, しかなかっ, ずつ切った, その前, つけて, では, とは手, とも外, と弓, と無い, にし, になった, になり, のあし, のかげろう, のならんだ, のむちで, のビール, の光, の大, の太刀, の尾, の杉, の松の木, の枝, の桷, の樫, の燃えさし蝋燭, の物, の直線, の立木, の線, の葡萄酒, の薪, の藁, の蝙蝠傘, の軌条, の道, の針金, の鈎, の青い, はひり, は出羽国米沢上杉公, は多田満仲公, は煙, は鞘, ばかり手紙, ほどカーテン, もある, も五本, も結び合せた, を用い, 倒した事, 入れて, 切って, 取って, 吹かしたところ, 呉れぬかと, 寄せて, 寄って, 投げ込みましたが, 抜いて, 植わって, 残して, 残っても, 着いて, 立ち小さなその, 立つて, 落ちて, 見える, 見ゆ, 貰って, 買った, 赤い焔, 転がって, 飲んで

1 [708件 抜粋] あけましたが, あしらって, あった庭, あつさ, あてて, あの度胸, ありいずれ, ありと, あります, あり百尺以上, あるきり, あるといふ, あるとでも, あるの, あるわ, ある三十坪以上, ある大きな, ある筈, ある陰, おつ立てる, か, かたまって, からからゆすり, からんで抜け, から五本, から立ちのぼる, か四本位, がしきりに, がひょいと, が他, が其中, が所, が投げ込まれた, が空洞, が置かれ, きりだします, くは, くべた, くらいを黒猩々特有, ぐらいにあとリンゴその他, ぐらいまとめ, こけの, この庭, さしてある, しかありませんでした, しか来なかった, しか残っ, しか残らない, しか殘つて, しか無い, しばって, ずつ, ずつご, ずつしかない, ずつで, ずつとのう, ずつになっ, ずつは行き渡っ, ずつ並ん, ずつ刺さっ, ずつ墨, ずつ川中, ずつ束, ずつ花瓶, そしてみんな, そのうち, その下, その扇, たしかに太夫, たっぷりはみ出た, たらぬ智恵, だから, だけか, だけくれろ, だけない, だけの巨大, だけよ, だけソッ, だけ取, だけ庭木, だけ持っ, だして, だった, だつて云, ちょうど出入口, ついた竹籠, であったという, であらう, でございますね, です, ですよ, でそれ, でちゃんと, でも, でもあの, でも悦ん, でよろしい, で二時間, で創口, で十銭, で流行色, で確保, といっしょ, としぼんだ, とつづけられた, となる, とにより, とまた, ともからだ, ともけっこう, ともずいぶん, ともほとんど, とも一時, とも大きい, とも枯れた, とも節, とも飲ん, とわけ, とを同じく, と五本, と倒します, と兎, と大きに, と書き溜めた, と植え, と油糟, と細君, と菓子, と蟹, と言う, どうぞお, どり百両, ながら立派, ながら膨れ上がり, などはいよいよ, なにかの, ならべて, なり, なり二本, なわ, なァ, になつ, になつて, になり始め, にまた, にわかれ, に二本, に二貫, に書い, に東京, に殖え, に火, に焔, に足, に霰, に鴉, のうち二本, のお, のけすじたて, のこって, のその, のたくましい, のはね, のまき, のまばら, のむちをもらうだけでいいのだがね, のよう, のろうそく, のゴム管, のサイダー, のストランド, のタンクみたい, のド, のドラフト, のハチス, のピッケル, のヘロヘロ矢, のマッチ, のロウソク, のロープ, の丸太, の倍数, の六尺棒, の内, の剣, の半, の卒塔婆, の同じ, の命, の坑道, の外国タバコ, の大木, の太い, の夾竹桃, の小さい, の小松, の尾羽, の川楊, の帆柱, の幹, の弓一度, の息杖, の憂鬱, の懸, の手杵, の手紙くら, の指環, の掻痕, の月夜, の木切れ, の木綿針, の材木, の杭, の枯れ枝, の枯木, の柳, の栗, の栗羊羮, の桐苗, の梅, の棒, の棗, の植込, の榎, の槇, の檣, の歯, の気弁桿, の渋団扇, の炬火, の煙筒, の燐寸, の狂言中二本休演, の猛烈, の玉卷芭蕉, の用意, の異, の発破, の白い, の白刃, の白線, の百匁蝋燭, の筋, の筍, の篠竹, の紅い, の納豆, の縮れ毛, の羽, の老樹, の肢, の花, の草, の蝦夷菊, の赤く黒く, の赤幣束, の赭松, の遅れ髪, の運河, の遺書, の酒, の酒徳利, の針, の鉄, の鋭い, の鋭き, の際だつ, の雄, の電線, の黒い, はあるだらう, はえて, はおめでた, はほしい, は両側, は多, は新しい, は無抵抗, は途方, ばかり, ばかりある, ばかりおいら, ばかりと, ばかりの注射, ばかりの髪, ばかり一時, ばかり一緒, ばかり並ん, ばかり伐り取られ, ばかり咲, ばかり常夏, ばかり抜きましょう, ばかり掘り, ばかり摘ん, ばかり曲っ, ばかり貰った, ばかり買, ひょいと出し, ぶち抜いて, ぶつ壞, へばりついた横顔, ほど, ほどのチュリップ, ほどはなれた, ほどを肌身, ほど内側, ほど植, ほど生えた, ほど結え, ほど飲みほし, ほの, まじってたん, まではづさせ, まで命中, まで手, もあっ, もあった, もう並ん, もくっきり, もって, もつない, もとりつけ, もぶち, もらって, も並ぶ, も井戸端, も來, も倒しちまった, も入, も出し, も刻み込まれ, も吸ツ, も大きな, も抜い, も抜け, も持っ, も景気, も来, も水, も注ぎ込ん, も深く, も現代, も用, も短刀, も置かれ, も萎えしなび, も買い込ん, も赤葡萄酒, も飲ませ, やったの, やぶけた新聞紙, やら有る, や五本, や五本來, よりない, をさげ, をさらに, をぬく, をへだてる, をより, を一尺おき, を一尺二寸, を万寿丸, を三股, を作り, を切断, を前, を口尻, を和田惟政, を家の後, を射切, を射切っ, を手間ひま, を抜き, を抜き出し, を持ち運び, を支給, を植, を植ゑる, を比較, を火, を竿, を節込み, を縛りつけ, を飲んだ, チラチラと, 並べて, 並べて薄い, 並べながら, 並んだ砂浜, 並んで, 何時も硝子戸越し, 使ったらどう, 倒れたの, 傾いて, 入って, 出した, 出して, 出すと, 出て, 出ますね, 出ること, 分れて, 切り倒されて, 勝つて, 包んで, 取り入れて, 取出した, 合せる必要, 合わせその, 吸いさし, 吸ううち, 吸うと, 咲き残ったコスモス, 喰い込むよう, 噛み切って, 増えたって, 売って, 多くった, 太い棒, 嬉しそう, 定め他, 屈めて, 差したまま, 引いたり, 引かけて, 引き奇麗, 後二本, 忘れずに, 快く微酔, 懸けた, 戴いて, 打つてあつ, 打てば, 折り取って, 抛り込まれた儘, 抜かれて, 抜けて, 抜けるかと, 担ぎ出す奴, 担ぎ込ませた, 拵えました, 拾って, 持つて, 描いたの, 提げて, 摘んで, 擦った, 曲げるには, 書かないこと, 書き捨ての, 欠けて, 残った, 残って, 残る燐燧, 殖えて, 添えること, 濡れたの, 燃え残った蝋燭, 生えた厭, 生えてる根っ子, 画いて, 白く残つて, 祝うの, 程す, 空いて, 立ちシヤツ, 立ち列んで, 立った白茶, 立てたよう, 立て口, 細くって, 細く文身, 組み合せた青竹, 組み合せて, 組み合わせて, 組合せて, 続いて, 縛り寄せたの, 繁った桐, 置かれて, 置きに, 聳えて, 若い者, 薄暗く咲い, 見えるだけの, 見える下, 見つけたので, 角以上, 買いたいの, 買い求めて, 贈つた, 足りないだの, 透かして, 通って, 通り越して, 長々と, 飛ばせると, 食って, 飲んだだけ

▼ 三~ (1075, 0.7%)

46 の窓 17 の部屋 13 で, にある, の廊下, の階段 11 へ上っ 9 の一室, の上, の十四号室 8 の室, の隅 6 か四階, では, の建物 5 の屋根, の病室, へのぼっ, へ案内 4 から二階, にあった, の先生, の大, の家, の屋根裏, へのぼる, への階段

3 [20件] から, からは甲走, から下り, から四階, にいる, になった, の一つ, の一隅, の十四号, の呉服売場, の天井, の客, の座敷, の梯子, の総監室, の自分, の間, の高, へ上る, へ行く

2 [83件] から一階, から下, から火, から見る, から降り, から飛び降り, から駈け降り, がある, だ, でした, で初めて, などに陳べられ, なの, に, にあっ, にい, にのぼる, にゐる, に上った, に上つて, に上る, に住む, に住ん, に寝る, に案内, に陣取, のあき部屋, のある, のすぐ, のその, のどこ, のほう, のバルコニー, の亜字, の何課, の出窓, の受持ち, の大きな, の大広間, の奥, の女, の寝室, の小さい, の小笠原, の広間, の彼女, の手摺, の方, の明るい, の梯子段, の欄干, の渾天儀, の源氏香, の片隅, の物置, の私, の突出床, の端, の自室, の蚊帳, の表, の露台, の食堂, の騷ぎも手, は屋根裏, へ, へあがっ, へかけ, へのぼった, へはもう, へ三階, へ上がっ, へ上った, へ上つて, へ上り, へ登る, へ行っ, までのぼっ, までの窓, まで上っ, を見上げる, を限り, 見霽

1 [610件 抜粋] あるの, か, かの羽目, からでない, からとび降り, からは寒い, からほうり出された, からも先生, からコンフェッチー, から一人, から七階, から中庭, から先, から出た, から四万, から地階, から外, から威勢, から小用, から幕内相撲, から平土間, から投, から担ぎおろされ, から本屋, から樣子, から死骸, から湧上, から白粉, から立ち, から落ち, から薄, から見へる, から見下される, から見下ろす, から身投げ, から通した, から遠く, から遠眼鏡, から降りる, から飛んだ, から飛下り, から飛降り, か上, があてられ, がええ, がつい, ができる, がアパート, がスペシャル, が人, が使用, が博士, が堕ち, が寄宿生, が爆破, が立ち並ん, が西洋館, が頂上, が高座, が黒, ぎっしり一杯, ぐらいから地上, ぐらい上, しかない, しかなく, じゃない, だから, だけが支那, だけでも三十幾間, だけで用, だったから, だて, だの, であ, である, でございまして, でございますよ, です, ですから, ですよ, でちょっと, でね, でも, でも信仰, でも死ぬるで, でよく, でよん, でイヤ, で三間, で二, で二つ, で五人, で休憩, で使える, で午後, で叩い, で夜, で女, で新撰組, で来月一日, で段々, で立, で診察, で顔, というの, といふ風, とうち, とくま, とそれだけ, とて人間, とに建て分け, との間, ともつかぬ, とも工人密集, とを寄席, とを通ずる, と云う, と幾, と称, と覚しい, と順次, ないし五階, などへのぼっ, なら誰, なる取附, にあげる, にあつまっ, にいつも, にかかりました, にきちんと, にぐっすり, にこの, にだれ, につづく, にて腹切相果申候, になつ, になつて屋根裏, になりました, にのぼつ, にはその, にはどんな, には人, には何者, には係官一行, には鑛物, にまで達し, にもある, にも三つ, にも四階, にも明るく, にわたる陰気, にダンスホール, にチラ, にポッカリ, に一部屋, に上がっ, に上がり, に上つて行つた跫音, に仕切っ, に仕切る, に入れる, に出た, に及び, に四つ, に大小, に姿, に少年探偵団, に居た, に居られた, に居合せた, に左右, に引き上げた, に思ひ, に懸かっ, に手掛り, に書生さんたち, に有る, に本社, に来た, に永く, に発見, に登つた時, に登つて, に登り, に登りました, に登る, に相原, に着く, に移った, に移転, に空いた, に立つ, に続い, に縛められ, に落着ける, に薄暗い, に行った, に見える, に見つけた, に送り, に通し, に通つて, に進んだ, に過去, に金字, に間借り, に隠れ, に食卓, に駈け下りた, のあがり, のあたり, のい, のお客様, のこと, のこの, のてすり, のてつぺん, のとっつき, のひと, のひろい, のひろびろ, のもの, のやすい, のよう, のよく日, のエレベーター, のネオンサイン電気看板, のベッド, のベニ, のホール, のローザ・ルクセンブルグ, のヴェランダ, の一劃, の一号室, の一番奥, の一番隅, の一種, の一角, の一部屋, の三一八号, の三十八号室, の上層, の下, の中央, の五ツめ, の仮, の会議室, の何番, の修竹堂, の光景, の八室全部, の八畳, の六畳, の円塔, の加茂川, の勾欄, の北側, の十二号病室, の南側, の南面, の取, の右, の向側, の喝采, の四畳半, の増築, の大部屋, の天辺, の娘子軍, の婆, の婦人, の客間, の室内, の宵, の宿, の寝台, の寝床, の寝所, の寝泊り, の小, の就中二ツ目, の山, の左手, の席, の床, の彼, の後, の応接室, の怪しい, の手欄, の折れ曲った, の料理茶屋, の新しい, の新築, の日, の日あたり, の暗き, の書棚, の東, の東側病棟, の松, の柱, の柳, の棚, の棟木, の棟柱, の楼, の標本室, の模樣, の横, の檐, の櫓下, の段梯子, の殺し場, の河添, の洋室, の海水, の火熨斗場, の灯, の煉瓦建, の煉瓦造, の燈火, の牡丹, の物, の特別応接室, の真, の真紀子, の真鍮, の石造り, の硝子戸, の空部屋, の窓あたり, の窓ぎわ, の窓ス, の窓掛け, の縁側, の衣裳部屋, の裏側, の裏階子, の角座敷, の診療室, の講堂, の踊り場, の踊場, の部屋部屋, の重役室, の鉄筋コンクリート建, の長, の降り口, の陳列場, の陽あたり, の隅っこ, の階段口, の非常口, の頭取室, の騒ぎ, の高楼, はあと, はからっぽ, はどう, はぱら, はわたしたち, は三階, は事務室, は二階, は全体, は十月半ば, は大小, は平家, は後で, は料理店, は殊に, は湯治客, は煉瓦造, は相中, は窓, は細君, は縁起, は襲い, は雨戸, へあがりました, へあがる, へあげます, へいった, へおし上つて, へかけた, へかけのぼっ, へぎしぎし, へそして, へつれ, へとのぼりました, へと天井, へと導く, へと登っ, へのぼり切る, への上り口, への階子段, へは案内, へまた, へもう, へも一度, へゐ, へハンモック, へ上, へ上つた, へ上れ, へ下りた, へ切立て, へ化粧前, へ参っ, へ取って返し, へ向, へ座敷替え, へ引き返し, へ引上げ, へ引入れた, へ往復, へ御, へ急いだ, へ投げ, へ持っ, へ掛けた, へ昇った, へ昇る, へ栗, へ横尾, へ登, へ登っ, へ登つて, へ落着, へ行きませう, へ行くらしい, へ行った, へ誰, へ跳び上る, へ通じた, へ降り, へ隠れた, へ雷, へ馳, へ馳上ッ, へ駈け上った, へ駈け上る, へ駈け昇った, までいきます, までが屋根, までつい, までは罹災, までウロ, まで上った, まで上る, まで下り, まで二度往復, まで充満, まで入り込んだ, まで割れる, まで嘗める, まで来る, まで歩い, まで登っ, まで筒抜け, まで行かなけれ, まで運ん, まで階段, もあぶなく, もこんな, もどの, もわれ, も下宿, も四階, も戸, も西, や二階, や四階, より, よりか海, をあげ, をのぼりおり, をのぼりきった, をみ, をよく, を下り, を下りた, を下る, を去, を宿屋, を建つる, を建て, を押廻, を撰んだ, を洋食, を積重ね, を見上げた, を見回り, を重ね, 或は四階建, 第十号室, 落ちるよ, 迄人, 遂に五階目

▼ 三~ (1055, 0.7%)

67 の時 55 になる 26 にし 25 の頃 22 で歿 19 であつ 18 であった 16 のとき, の少年 15 の子供 14 の少女, の春 12 になっ 11 になった 10 である, の子, の童子 9 の児童, の小児 8 になつ, の年 7 の童児 6 の女 5 だった, の秋, の青年 4 であったから, なの, になり, にもなっ, の姉, の折, の頼朝, を迎えた

3 [19件] だが, だと, だという, で, であ, であったが, であるが, です, でまだ, で彼, で死んだ, で私, にもなる, に至る, のお, のころ, のむす, の男の子, ばかりの男

2 [48件] かの河童, から二十歳, から十四歳, ぐらいで, だったと, であったと, であるべきに, でこの, でご, で元服, で夭折, で子供, で有馬喜兵衛, で死ん, で茨城県布川, といえ, となった, と云う, と四歳, なり, になつて, のその, のゴーリキイ, のヘンデル, の乳児, の二人, の今日, の夏, の大, の女の子, の女児, の嬰児, の孫, の小, の幼君, の彼, の時分, の父, の自分, の若君, の豊麗, の頃京都, の顔, の高齢, までの間, や四歳, をもって薨, を以て歿

1 [448件] かと思われた, かと言っ, かな, かまたは, からだろう, からノロオニュ, から二十七, から五, から十五, から十六, から四十歳, から此, から瀧壺道, か四歳ごろ, か四歳上, か骨格, が, が物音, くらいのころ, くらいの童子, ぐらいから祖父, ぐらいから衣食住, ぐらいであった, ぐらいな若, ぐらいになっ, ぐらいの子供, ぐらいの時, ぐらいまでと思っ, ぐらいまでの保育, ぐらいをかしら, さぞかしお, そして養父, だから, だからね, だったから, だった藤村, だつた, だつたかと, だよ, だらうが, だ一度, ちょうど頃加減, であったこと, であったろうと, であったケーテ, であったゴーリキイ, であった一子実, であった晶子, であと, であるから, であること, である社会的, でお, でおいで, でお伴, でかかれた, でこの世, でございます, でございますよ, でしか, でした, ですと, でとも, ではじめて, でむッくり, でも年長者, でオルガン, でボン, で一高, で上京, で世俗, で中, で亡, で亡くなった, で信長, で健康, で先立つ, で六十七万石, で共に, で其の, で出家, で剃髪, で十代, で卒, で南洋, で印刷屋, で嗣立, で妻帯, で嫡子, で実母, で宮城縣立仙臺第一中學校, で少将, で山陽, で幕府, で弘前, で新太郎, で早世, で月並出仕, で服装, で未だ, で歩兵仲間, で死にました, で死にます, で母, で浅草, で病気, で病氣, で痢病, で目黒村, で相当, で相手, で知った, で秋, で立派, で筆, で結婚, で薨, で詩, で議長ジャカン夫人, で貴女, で身体, で逝去, とある, というの, という時, という歳, という男ざかり, という若, といふこと, といふもの, といふより, といふ年齢, といふ比喩, とかいう, とか申しました, とか申します, とすれ, とその他, となっ, とは云え, とは見えぬ, とは言, とは首肯, ともなる, と一ヵ月, と信じ, と六歳, と十七歳, と左手, と推定, と書し, と相成り, と答え, と聞け, と見える, と雖, ならず胡馬洛陽, ならば, なるに, なる小, におなり, にしかならない, にすぎなかった, にて切腹, にて石川五右衛門, にならなけれ, になります, にもなつて, にもなりたれ, にもなれ, にも達した, に亘り, に似合わぬませた, に及び, に及ん, に府立二中, に当る, に成っ, に成る, に至つたの, に至らざる, のあかちやん, のあどけない, のあなた, のあんじ, のお婆さん, のかわいらしい, のきみ, のころ病身, のつぶら, のときパリ, のとき入京, のとき得度受戒, のとき文殊講, のとき結婚, のねばり, のひとり者, のひろ子, のみぎり養子, のむかし, のわが, のわが子, のアントニオ, のアントニヨ, のエルマン, のカール, のケーテ, のショパン, のジイド, のソフィヤ夫人, のチンピラ, のチンピラ小僧, のネロ, のハイドン, のバッハ, のピオニェール少女, のマリア, のロダン翁, の一個, の一子, の一少年, の一年, の一葉, の一郎, の三人, の三男生田玄俊, の世慣れ切った, の中農出, の丸, の主人維明, の九月, の九男政之助, の二児, の五百, の今年, の伊達者, の体躯, の作, の信忠, の信長, の倅養真, の僕, の元服, の内儀, の円満示寂, の冬大阪緒方先生, の処女, の分別, の初夏, の十二月, の千賀菊, の又次, の可憐, の君, の四月, の国守, の堂々たる, の壮年, の変り者, の多久家, の天寿, の天正四年, の太郎, の奈々子, の女学生, の女性, の女盛り, の妹, の妻常, の娘, の娘さん, の子ども, の孤独, の家, の寿, の小さな, の小僧, の小坊主, の小娘たち, の少女壹與, の少女有, の工科, の平治二年, の年増, の年長者, の年齢, の幼少, の幼年工, の弁, の強健, の彼女, の後, の御, の忠之, の快楽主義者, の息子, の憂, の才能ゆたか, の折両親, の折爐, の抽斎, の政江, の文学少女, の新帝後村上, の日, の明治二十四年, の明治卅五年, の昔, の春初, の春駒, の時シューマン, の時ローマ, の時器官支カタル, の時帰国, の時父, の時父母, の時玄機, の時病死, の時足, の未亡人五百, の未婚, の松篁, の梵妻風, の楽女, の次兄, の正行, の武将, の毛附駒, の水野仙子, の法師丸, の漁師, の牢人者, の猟師, の玉喜久, の生涯, の男, の男ざかり, の町人風, の癸巳, の皇女, の皇子, の眼, の祐二, の祝ひ, の神様時代, の神靈竹内信治五十七歳神靈竹内日座定介改め, の私, の稚な, の童, の納豆売, の美人, の美術学校生徒, の翁, の老, の老体, の老後, の老齢, の者, の聟殿, の肥った, の背たけ, の腕白小僧, の色道餓鬼, の若, の若者, の英一, の處女, の血気, の血気盛り, の記憶, の豊か, の赤子, の身, の農家, の長兄, の間, の陽, の頃愛読, の頭, の駒, の髪, はおとな, は生年, は過ぎぬ, ばかりです, ばかりになる, ばかりの一小児, へかけ, ほどの男の子, または二歳, まで, までこの, までしか居らな, までで, までのもの, までの二十二年間, までの年, までの男, までの聖者, まではさうだ, までは口, までは東プロシア, までよく, までをかぎっ, までを三浦半島, まで両親, まで人生, まで勤続, まで四年間土曜日ごと, まで女子, まで生き, まで生きた, まで生れた, まで生存, まで生殖力, まで育て, やそこら, より上, より十五歳, より将棋, をもっ, をもって大厄, を一期, を以て卒, を以て早世, を以て未だ, を以て没す, を以て終, を以て終った, を減じ, を経, を過ぎ, を頭, 全く頃加減, 初めてと, 初めて母, 初めて詩, 吾が姪義卿身, 弱い山田, 早くも, 然たる, 若く見えた, 見知らぬ遠い, 記す, 迄の十一名, 迄位, 迄更年期, 長十九歳

▼ 三~ (1043, 0.7%)

20 の童子 16 もある 13 のところ 11 離れて 10 を締め 9 の剣 8 の距離, の高 7 に近い, の路地 6 になる, に余る, の廊下, ほどの高, も積, も離れ 5 の床, の押入, の木戸, の開き, ばかりのところ, も上, 高い木 4 に及ぶ, に足らない, の壁, の空地, の間, の雪, ばかりな, ばかりの流れ, ほどのところ

3 [28件] から四尺, か四尺, ぐらいの高, だけ貰つて行, に一間, に足らぬ, に足りない, の, の上, の入口, の切戸, の厚, の土間, の太刀, の抜け裏, の木剣, の椽, の秋水, の穴, の鳥居, ばかりなる, ばかりの高, も積もっ, を例, を盜, を脊負つて産, 高いところ, 高さ

2 [68件] そろばん, では, というの, とは離れ, と共に欄干, と思い, にも足りぬ, に四尺, に渡り, に草履, に過ぎない, に長, の中, の小, の幅, の廊下口, の引戸, の戸, の戸棚, の押入れ, の木太刀, の板敷, の槍, の狹, の窓, の竿, の糸, の縁, の縁側, の長, の開戸, の間隔, ばかりしかない, ばかりで, ばかりの古, ばかりの幅, ばかりの棒, ばかりの距離, ばかりの長, ばかり下, ばかり外れる, ばかり隔てた, ばかり高い, ほどそぎ取らなけれ, ほどの幅, ほどの板, ほどの柄, ほどの石, ほど前方, ほど後, ほど離れ, も低く, も四尺, も芽, も間隔, をぐるぐる, をしめ, をしめて, をグイ, を前, を腰, 下って, 伸びて, 動かして, 濃い霧, 程の流れ, 離れたところ, 離れた所

1 [607件 抜粋] あるかなしかの, あるなし, おきそれ, からスイ, から一丈二尺, から一間, から五尺, から六尺, から四五尺, から紙幣, か三尺五寸, がだらし, が一本, が四尺, が捻じくれ, が歩く, くらい, くらいの三角形, くらいの地面, くらいの小さい, くらいの焚火, くらいの赤い, くらいの速力, くらいの高, くらい今年, くらい長, ぐらい, ぐらいあります, ぐらいしかない, ぐらいしきゃ, ぐらいな五色, ぐらいに変わっ, ぐらいのところ, ぐらいの小さな, ぐらいの幅, ぐらいの比較的, ぐらいの狭い, ぐらいの白い, ぐらいの花崗石, ぐらいの苗箱, ぐらい上, ぐらい二十坪, この満, ころころと, さがれば, しかありません, しかない, じゃあ間に合う, すなわち直径一丈三尺余, ずつの間合, ずつ積, そこそこです, そこそこ相, その広い, たらずで水, たらずの, たらず後, たらず無銘, だ, だけを輝らす, だつて言, ちかい大, ちかくに, で, でした, です, ですからな, ですが, でその, でもない, でも宜, で結構, で絞められ, で頬被り, で首, という不思議, という日本一, という服装, といっ, とかへずられ, とか天子, となり, とはなれ, とは距つて, とは隔てず, とは飛び上る, ともいうべき, とも隔たらぬ, とを出し, と儒者ふう, と六尺, と塵紙, と手ぬぐい, と掘り下げる, と臍, と行かぬ, と離れない, ないし八尺, なめし, なり, なるが, なる青麦畠, なんか盜みや, にあまる, にし, にしか見えなかった, には用, にまでもし, にもおよぶ, にも余らう, にも及びます, にも及んだ, にも四尺, にも足らない, にも足りない, にも餘, に二尺, に二尺位, に五尺, に五尺位, に六尺, に切っ, に及び, に幅, に満たぬ, に生長, に縮め, に足らず, に足らね, に達し, に達したる, に達するあり, に高, のある, のげい, のど, のひと端, のひらき, のへだたり, のもの, の一間, の上り框, の中押入, の仏壇, の仮, の児童, の入口扉, の円, の刀, の刀身, の利剣, の剛刀, の台, の四尺の, の囲炉裏, の土饅頭, の地, の垂涎, の堤防, の壻, の外, の大, の大刀, の子, の尻ッ, の局, の布, の布巾, の帯, の床の間, の庭, の形, の往来, の後, の惨めさ, の或は, の持主, の方, の春, の暖簾, の木綿, の板庇, の棚, の棹, の椽側, の水, の沓脱, の流れ木, の液体天地, の淡彩図, の潜戸, の瀑, の狭い, の甌穴, の白木, の白蛇, の盆栽, の監房, の眞, の眺め, の矮生, の石塔, の空, の空間, の箸, の紅手拭, の綺麗, の締, の置床, の腰板, の船, の花, の苗木, の虹, の袖, の襖, の警棒, の赤土, の辺, の釣床, の鎖, の長方形, の開き戸, の開口, の附き, の附合ひで, の附合ひといふ奴, の雨戸, の青竹, の韜晦, の頑丈, の頭, の鯉, の麻縄, の麻繩, の龕塔, はなれた, はみ出して, はらはらくるくると, は大層, は町内, は誰の, は道路, は飛び上る, ばかりあり, ばかりある, ばかりしか離れ, ばかりだ, ばかりであった, ばかりにし, ばかりになった, ばかりに巣, ばかりのお, ばかりのすき間, ばかりの下駄, ばかりの低い, ばかりの光り, ばかりの処, ばかりの分厚, ばかりの厚, ばかりの台, ばかりの四つ目垣, ばかりの土間, ばかりの壁, ばかりの大, ばかりの大根, ばかりの小池, ばかりの小道, ばかりの山, ばかりの所, ばかりの扁平, ばかりの押入れ, ばかりの曲り口, ばかりの木, ばかりの樫, ばかりの段, ばかりの深, ばかりの狭い, ばかりの白い, ばかりの空地, ばかりの竹, ばかりの箱, ばかりの紙札, ばかりの細い黒い, ばかりの細長い, ばかりの胸壁, ばかりの苧殻, ばかりの草履, ばかりの鉄, ばかりの鉄管, ばかりの開戸, ばかりの間, ばかりの露地, ばかりの高度, ばかりひきさがっ, ばかりもある, ばかりも庭, ばかりケシ, ばかり上った, ばかり低く, ばかり八ツ手, ばかり前, ばかり向う, ばかり垂らし, ばかり埋め込ん, ばかり宙, ばかり幅二間, ばかり掘, ばかり掘り下げる, ばかり板, ばかり水面, ばかり細い, ばかり船体, ばかり行く, ばかり裂けたら, ばかり長, ばかり開放, ばかり間, ばかり離れ, ばかり離れた, ばかり非常, ばかり風呂場, ばかり飛, ばかり飛び上りました, ばかり飛び上る, ばかり高まった, ばかり鯰, ひきさがって, へだたれば, へ泳い, ほどしか離れ, ほどづゝ間, ほどと頭, ほどな, ほどにすぎない, ほどに断らせた, ほどのります, ほどの丈夫, ほどの丸い, ほどの入口, ほどの剣, ほどの台上, ほどの墓穴, ほどの大き, ほどの延々, ほどの御影石, ほどの愚楽老人, ほどの所, ほどの払子, ほどの横木, ほどの横長, ほどの流れ, ほどの溝川, ほどの狭, ほどの狹いところ, ほどの白い細い, ほどの直径, ほどの竪坑, ほどの脚棍, ほどの蓮根, ほどの角, ほどの路, ほどの近, ほどの長, ほどの間, ほどの間隔, ほどもあり, ほども高, ほどを隔て, ほど上げ, ほど下, ほど春日, ほど空, ほど走, ほど鉛, ほど開け放し, ほど隔, ほど離し, ほど音, ほど飛び上った, までの空気中, まはり四角, もあつ, もあらう, もあり, もあるらしい, もお湯, もしめぬ, もない, もの下, もはみ出し, も五尺, も伸びた, も何処, も先, も厚く, も土, も地びた, も大地, も奥, も岸, も幅, も彼方此方, も往来, も手前, も掘り返せる, も掘る, も根もと, も没する, も生えた, も空, も裳裾, も跡, も躍りあがる, も隔, も隔て, も離れた, も離れない, も雪, や何, よりもつと, よろめくと, をぐっと, をしっかり, をしめた, をしめ直す, をといた, をとけ, をほどい, をわざ, を下, を下目, を伊達, を何本, を何處, を前下り, を博多, を捲きつけ, を盜まれ, を盜ん, を結び, を締め直し, を解きかける, を越え, を距, を踰, を隔て, 下ればと, 乃至六尺, 伸びたばかり, 倒れて, 厚さ三寸, 去つて, 取の, 大きい奴, 掘って, 残して, 残すよう, 深さ, 潜る丈, 照らすで, 程づゝ間, 程に切っ, 程のところ, 程の大幅, 程の所, 程の扁平, 程の棒, 程の溝, 程の途, 程の高, 程も高, 程横, 程跨い, 程隔て, 程高い, 近いもの北村四海氏作, 近い大, 近い大刀, 近い鰊, 近よっては, 退いたが, 進むと, 長さ二間, 長さ五尺, 長さ六尺, 長さ百間, 開けたところ, 隔てたばかり, 離れたが, 離れた処, 離れると, 飛ばされる者, 飛びあがる果物, 飛び退いて, 高い処, 高い急ごしらえ, 高い獄門, 高さ二尺, 高さ四尺

▼ 三~ (1014, 0.7%)

21 して 14 なって 13 なつた 8 なったばかりの 6 なるまで 5 なります, なる, なれば, んの, 端折つて 4 しては, なったばかり, なる娘, 何か, 至つて作者は

3 [16件] するよう, なっても, なると, なるの, なる女, なる少年, なる男, なる男の子, 云つた, 向って, 常識は, 此の, 私の, 私は, 訊ねた, 過ぎない

2 [53件] からげて, くらべると, これが, これは, さんげの, するの, そのたまり, それが, それは, なった, なったとき, なった時, なりました, なるが, なるといふ, なるん, なる女の子, なる年, なる末, なる頃, わけて, んは, 一つ, 一人これを, 不破の, 云った, 会って, 伯は, 併し, 僕は, 出づ, 分る, 右の, 向いて, 吝嗇の, 増加し, 声を, 安堵の, 對し, 幽霊を, 彼は, 据へ, 止まらない, 止まりません, 深刻な, 盃を, 立つ, 膝を, 自然に, 訊ね正三, 話した, 送られて, 頭巾を

1 [753件 抜粋] あきないが, あてて, あの作, あるもの, ある人曰く, あれほど, いじめられたの, いづるアンキセス, いわく, いわく過去世に, うつつた, おとなしく分けた, おばは, おやと, おらが, お前の, お化け鞄と, かかって, かくの, からげた裾, かれを, こうされた, このよう, この分析, この底, この教, この特殊, この盜賊, この諸, こんな事, ございます, さわがす, しかしながら教, しなだれかかって, しろ進んで, すぎない, するかく, するくらい, すること, するインチキ商売人, す思え, せざるを, せまつ, そう訊ねた, そこには, そそのかされたの, そっと目, その声, その工業品, その時一緒, その気持, それ自身によ, それ自身によって, だまって, ちがいなかった, つながって, つれて, とどまらず語り伝えられて, とどまらなかったが, とりあげねば, どんなの, なったか, なったって, なったので, なったのよ, なった仕込み, なった年, なった頃, なってから, なつたばかり, ならうが, なりました年, なりますが, なり四, なり奉公, なるか, なるかと, なるこの, なるでしょうか, なるな, なるのに, なるもの, なるメリーちゃん, なる丸顏, なる五郎三郎, なる今日, なる伜, なる侍, なる円顔, なる凜, なる可愛らしい, なる園丁, なる姉娘, なる娘分, なる子守り娘, なる孝, なる小, なる小女, なる少し, なる尹氏, なる年増, なる弱, なる息子, なる悪たれ小僧, なる清次郎, なる源吉, なる百姓女, なる盲, なる老人, なる聡明, なる良い, なる若党, なる農夫体, なる長女, なる鼻垂小僧, ぶたの, ぼくらが, まげ物菊田, みえる浅草, みんなを, むけて, もしある, やって, やはりだ, やるつもり, よく似, よく眠れる, よむもの, わけられるよう, んまで, アダム, アフリカ内地の, イデア的存在は, キャッチボールを, ザッと, スーと, ファッシズムは, プラグマチズムの, ベーリング海峽及び, ヤソは, レイニーア山や, ロレンソの, 一つの, 一二ペーヂ読ん, 一層火力, 一番長く, 一等運転士の, 七たす, 三を, 三人の, 下つて, 下らぬが, 下宿は, 不審は, 与えなかった, 与えられること, 与へるもの, 世の中は, 丙と, 中野実の, 久保田万太郎君なり, 之け, 乞丐と, 事務所に, 云わせると, 五色の, 人あり, 人は, 人民に対して, 今日の, 今日有力な, 仏成道し, 以前は, 伊達正男が, 会いに, 会わねえうち, 会釈した, 伝わつた血統, 位する巨刹, 何かに, 何にか, 余程偶然, 作つて可なる, 使わるる八蔵, 便宜品や, 信仰の, 個人的此の, 優人杜生の, 先生の, 入りめっきり, 入れた, 八月上旬屋敷の, 兵糧としての, 出て, 出るが, 出会ったので, 出現した, 分けて, 分った眼差し, 到ては, 前にも, 割って, 劇場や, 劣らぬ悪人, 労働時間の, 動かされて, 勤労と, 北インド咀叉始羅国の, 区別します, 十万円ほどの, 十五であった, 卜部兼倶説として, 危害を, 又この, 及ぼすは, 取った裾, 取っては, 取ツ, 各官庁, 同情が, 同情した, 向かった千三, 向つて牧野さん, 向直った, 君たちは, 君は, 含まれるもの, 吾, 命ずる, 哲学が, 哲学そのものの, 問うて, 嘱托者が, 四六を, 四方木田鶴子が, 国民生活の, 國威を, 土曜日をもって, 地勢から, 坐って, 変り二, 外国の, 外国トオキイの, 夜九時までに, 大衆を, 太平洋まで, 妙に, 委しき縁起候, 婦人は, 子供を, 存在を, 学問を, 学校の, 学生乃至, 宗教は, 官学的伝統よりの, 対って, 尋ねた, 對する, 小さな卒塔婆百本, 尚とくと, 尚敬王, 尻を, 尽く背負わし, 尾行され, 屬する, 岐れ, 左の, 師友に, 帰る, 平次と, 年月日某, 幾何学の, 広渓峡, 度胸四に, 弁証法の, 引つからげて, 引用し, 張騫を, 強いて今, 当り散らした, 当る分量, 彼の, 彼を, 従兄の, 御同情, 復讐し終えた, 心を, 必要な, 忍びし一郎, 思われるの, 恋人が, 悪く云, 惚れて, 愉快を, 意向および, 意識させよう, 意識を, 感染れた, 憂い愁い目, 成って, 成りまする布卷吉, 成るが, 成る小僧, 成長し, 我々の, 戯曲全体を通じて, 所説は, 手を, 手綱を, 扮した, 技術家と, 投与え, 投球させ, 拵へて, 持たせて, 挟まれた位置, 挨拶される, 捨てられ時, 据えて, 揃えて, 握らせる, 撫でつけて, 故, 数枚の, 敵方の, 文化部門の, 文字を, 文学座の, 文芸を, 新劇人たちの, 新劇団, 於いて, 於て, 日本従来の, 昇に, 明治この, 是ほど, 時間と, 暇を, 曰, 曰く人骨は, 曰く滅亡に, 曰く詔を, 曰く調和四に, 最も不審, 最後に, 本官の, 梵授王の, 概して勧善懲悪, 構えて, 構へ, 横丁の, 止まらずしかも, 止まらないが, 止らぬ, 止り刀, 死が, 死なうと, 死人ありし, 死人ありたる, 殺されたと, 比べて, 毘舎離の, 氏が, 気が, 気づいて, 水海道に, 永く居られた, 洪水の, 活きた言葉, 淘汰され, 清十郎女共が, 演劇が, 漢字を, 然も, 物質は, 犯行に, 猿の, 現われたる立憲帝政論派これ, 現在の, 生活を通じて, 画面の, 番人の, 當る, 直して, 相成ります, 瞞された, 知らさない限り, 破得, 示さねば, 社会階級の, 科学は, 科學は, 移って, 税吏神前に, 種々な, 穀物は, 空想の, 空間概念は, 竈の, 竜樹の, 端折った素跣足, 端折り女, 第六節, 答うる, 系図錦橋本の, 紡績工及び, 結う, 結った女, 結った幾子, 絵に, 綺麗浮靡な, 繋がって, 羊僧とは, 翻訳が, 考えたこと, 考へられるは, 聞いたれば, 聞きまた, 肩下, 背いたの, 脚は, 脚本の, 自らの, 自分とは, 自己の, 自殺の, 自由な, 至っては, 至るは, 舞台は, 苛責され, 茅芽を, 菰を, 薄らと, 衝当ろうとして, 衝当ッた, 覆面探偵を, 見える一人, 見える痩せた男の子, 見える色, 見せた証拠, 見せた高慢, 見たの, 見て, 見われ, 見出されて, 規定した, 覚られて, 親しんでから, 解らないよう, 言つた, 言わせると, 訊ねて, 話した幣帛, 認められぬ, 誘はれ上陸, 説明し, 貴婦人相手の, 質多, 質料的存在は, 趣味的に, 足利時代の, 身を, 較べて, 載って, 輸入制限は, 農本, 農本主義は, 追いついて, 退るほどに, 送られた脅迫状, 通じて, 逢いました, 逢うの, 逢っては, 逢つた晩に, 逢ふ, 連れられた三人, 過ぎない憾, 過ぎなかった, 過ぎまい, 道徳に, 遣ると, 適当に, 選んだもの, 部分的には, 酒, 酒を, 銭を, 鎗四に, 間違ひ, 間違ひもない, 限られて, 陸に, 隔てが, 預かつた, 飲みますと, 騾は

▼ 三日前~ (900, 0.6%)

31 の晩 24 のこと 19 の夜 12 の事 87 から, の新聞 6 に来た, の雨 5 から風邪, にお, にこの, にそれ, に私 4 からこの, からまた, から私, から行方, にある, に死んだ, に見た, に降った, の朝

3 [11件] からもう, から寝, から急, から病気, にそんな, にもお, にも一度, に書いた, に逢った, の夕方, までその

2 [62件] からお, からここ, からどうも, から作り始めた, から出す, から出る, から大, から家出, から宿, から寝込ん, から少し, から泊りこん, から起き, から降り続い, さ, その翌, で, でございました, でした由松, では日, で御座いました, にあの, にその, にちょっと, にとうとう, になり, にもこんな, に一度, に作つた許, に來, に八五郎, に出, に初雪, に古道具屋, に君, に失くし, に小野, に届いた, に帰っ, に帰った, に彼, に急, に手紙, に旦那, に来, に東京, に死ん, に江の島, に父, に積んだ, に鞍馬, の, のあの, の夕刻, の或, の話, は一人, までは郵便配達夫, まで私, もこんな, より御用, 帰って

1 [562件 抜粋] あの人, あの婆さん, あの子, あの辺, あるいかがわしい, ある料理店, ある本, いやひょっとしたらまだ, うけとった多, お嘉代, お懐しい, お旅立ち, からあがっ, からお待ち, からお母さま, からお母様, からかかっ, からかぜぎみ, からこっち, からし, からしきりに, からその, からだらけ, からちゃあん, からである, からでした, からです, からとうとう, からと三日後, からね毎日, からの寝, からの悪, からの曇り, からの申込, からの私, からの行乞, からの雨, からはじまっ, からはっきり, からわるかっ, からゐなく, からアイちやん, からコークス, からチュニス, からレースコース, から一人, から一寸, から一度, から一組, から万有還銀術, から不眠, から中橋氏, から二日がかり, から今日, から今日占領, から仕事, から伊香保, から休ん, から休暇, から会社, から佐渡屋, から余所, から例, から俄, から僕, から全, から八月, から内々毛利方, から冷蔵庫, から判事, から到頭, から前, から副官, から取, から右眼, から向う, から咽喉, から太宰君, から女学, から女郎買い, から妙, から姿, から子供, から学校, から安治川岸, から官兵衛, から実家, から実弾射撃演習, から家, から宿屋, から寢, から小田原, から少々, から引っ越す, から当地はめッきり, から後, から徹夜, から成田樣, から戦場, から手, から持ち越し, から日傭取り, から東京, から梅雨, から橋, から歯, から毎朝入浴, から江の島, から江戸, から泳ぎ, から混雑, から港内, から然, から熱, から牧場, から物, から用人, から白っぽく, から着々, から禁漁, から秀麿, から稀, から稽古, から節約, から紛失, から組合, から続い, から綾吉, から肝胆, から脳膜炎, から腰部, から苦痛, から草むしり, から落葉, から薄々, から行方不知, から見えなくなっ, から読みかけ, から貴美子, から赤ちゃん, から趣向, から足柄, から運動場, から遠方, から釘, から鉛筆, から開業, から降り, から霍亂, から預けられ, から顔, から風心持, から食慾, から香川, から馬丁, から馬鹿, から鼻寺, か四日前, が木曜日, この問題, この気勢, こらえ切れなくなって, さる所, すぐ下, すでにそこ, そういう時, たい, たしかに見た, たるべし, だ, だぜ, だった, だったお前, だったろうと, だ門前, でございます, でした, でしたが, でしょうか, ですが, ですがね, で丁度, とはすっかり, と云え, などは学校裏, なのよ, にあつ, にうけ取っ, において朋友, におれ, にかう, にここ, にこじき, にさんざん, にすでに, にずっと, についた, につゆ子さん, になく, になくなった, になっ, になったら, にね何心, にね山, には, にはあの, には中, には僕, には口惜し, には国境ヴェステルバーゲン, には拷問倉, には政治談, には数ヵ月, には斯ん, には無かっ, には賢二くん, にひま, にひょっくり, にふい, にふった, にふっと, にまた, にみち子, にもう, にもそう, にもちやう, にもなア国学院, にもやってき, にもタマムシ, にも何, にも柳橋, にも猪, にも薄闇, にも見本, にも読み返した, にも隨分強意見, にも高嶋屋, にやって来, にやっと, によんだ, にわざ, にわたし, にガラツ八, にキッ, にツイ, にピアノ, にホテル, にポーランド, にメイ, に一人, に一寸, に七首, に三日, に上京, に上陸, に久慈, に乗車, に乘出, に予行演習の, に二人, に五両一分, に五助ちゃん, に亡くなりました, に人間, に今度会社, に仏, に伊東市, に伊香保, に会談, に伺います, に何処, に保吉, に信托会社, に倒れた, に倫敦, に兄, に先生, に入院, に八日八夜, に出た, に出発, に刈つて, に刑務所, に千秋楽, に参りました, に受け取った, に地震研究所, に太宰君, に夫人自身, に夫婦, に奉公, に始め, に学校, に學, に小山, に山, に岡田, に巻き上げた, に平次, に平湯, に座席, に庭前, に弟, に得た, に忘れ, に思兼尊, に愛想, に房州, に手, に押入, に拵, に掃除, に撮った, に改造社, に教会前, に明けた, に明智小五郎, に暇, に書きあげたけれ, に木元, に松平侯, に松本伊豆守, に板橋, に枕元, に森川さん, に椎茸, に横浜, に死亡届, に殺した, に比べる, に気がついた, に水鉄, に決心, に治子さん, に海岸通り, に清, に済ん, に猪, に猿子橋, に田原, に田舍, に画家, に畫家, に白井道也, に百姓, に百花園, に盗まれた, に盜まれ, に着くでしょう, に石辰, に祖父さん, に突然, に立てた, に笠屋町, に紙, に聊か, に聞きました, に腹, に自殺, に芝居, に芳秋蘭, に荷物, に行った, に行方不明, に見かけた, に許された, に誰, に豊世, に買, に買った, に買つて, に買立, に越前屋, に近所, に送り出しました, に這, に通りかかった, に郁文堂, に郷里, に配給, に金, に金澤, に長崎, に降, に隣り, に隱居, に雪, に頂戴, に髪, に龍, のゆう, のゆうがた, のルリ, の出来事, の北海道, の十月五日, の午後, の土曜日, の夕, の夕暮れ, の大雪, の大風, の女, の妻, の御, の徳, の恐ろしい, の悪戯, の日附, の明方, の晩ここ, の晩偶, の暴風雨, の會見, の深更, の激雨, の節季, の花見衣裳, の誰か, の豪雨, の通り, の鉄道事件, の銀座, の難問, の風, は, は居住区, は首縊り, ばかりから湯田中, ひよつと, ふと夜店, ぶらりと沢屋米穀商, まで, までうつ, まですっかり, までそこ, までの主人, までは一パイ, までは一念ただ戦い, までは三, までは好い, までは官等, までは少し, までは時計, までは現在, までは老母, まで一刻, まで不足, まで休ん, まで土, まで幾組, まで床, まで烈しい, まで甲州, まで病院, まで知らなかった, まで読まなかった, まで通つて, まで風邪, もあなた, もね奥様, もやっぱり, も半日近く, も寄合, も朝, も本郷, も空襲, も維也納, も電車, も黒田策太郎, や四日前, よく晴れた, よりはあたたかい, よりは健康, より夫, より毎日二, より深く, より稀代, らしい, わざわざ権田原先生, 初めてこの, 初めて辻氏, 即ち金曜日, 古い反古, 失って, 始めて, 已にこの, 当江戸上屋敷, 思い切って, 或る, 早い桜, 来たばかりさ, 激しく雨水, 突然碇泊中, 総司令部, 若い人たち, 行った時, 迄に籍, 迄其所, 飛んで

▼ 三~ (896, 0.6%)

17 になる 14 になっ 11 だ, の汽車 9 であった, である, を過ぎ 8 から, を打つ 7 を打った 6 だから, だった, までの間, を報じた 5 か四時, か四時頃, にはもう, に起き, のお, の時計, まで行乞, を過ぎた 4 です, という, との間, なり, の急行, を打っ

3 [24件] かな, から夜, すぎたころ, だつた, でした, ですから, では, となり, になった, になつて, になり, に家, に近い, のお茶, の秋, の船, の頃, まで, をすこし, を少し, を打ち, 過ぎてから, 過に, 過まで

2 [67件] からその, からといふこと, から七時, から五時, から四時, が鳴った, だが, であ, であつ, でしょうか, ですね, ですよ, といふ, となった, となれ, と云え, なりと, に, には間, にもならない, に来, に来る, に目, に眼, に立った, に至り, に船, に起きる, に近づい, に青森, の, のあいだ, のこと, のふじ, の半, の思想, の急行列車, の教説, の蝋燭, の退校, の鐘, の音, の鳩時計, は経った, までか, までの時間, までをどうして, まで仕事, まで居た, まで市街行乞, まで機械, まで話し込む, より前, をうった, をうつ, をすぎ, を廻っ, を打つた, を指し, を期し, 少しすぎ, 少し前, 少し過ぎ, 迄, 迄か, 過から, 過ぎて

1 [499件] いよいよ出帆, か, かで重子, かと言ってる, からお, からが, からけい古, からだ, からということ, からとした, からなら会っ, からの予定, からの講義, からは又, からは如水会館, からまた, からゆるい, からを面会日, からを面會日, からゼネ・スト, からブガーノフ, からヴィスト, から三時二十分頃, から三時五十九分, から二十六哩四分ノ一, から今, から働きはじめ, から八時頃, から六時, から十時, から君, から四時の間, から四時半, から四時頃, から四月, から夜ふけ, から始, から始まった, から始まる, から始め, から始めた, から式, から本郷, から毎週, から深夜, から祖母上, から私たちきり, から立つ, から管理人, から約束, から起き, から開始, かれこれで, か三時半, か四時ごろ, か四時位, が, がある, が來, が十月二十何日, が待遠しく, が打っ, が最後, が来る, が近い, が過ぎまし, が過ぎる, が間, が鳴, が鳴つた, ぐらいには発っ, これから進ん, さ, さがりやや, じゃない, すぎた, すぎたあきらめて, すぎたエキストラ, すぎて, すぎては, すぎると, すこし前, すでに暗黒, すると俺, その毒気, だか, だけれど, だたべが, だったと, だったの, だと, だな, だの, だ四時, だ寝なければ, ちかい頃, ちかくだった, ちかく峠, つけて, であったが, であるから, であるひどく, であるまた, でございます, でございますよ, でさえも, でしょう, でしんしん, ですって, ですわ, でなければ早く, でもあたし, でもあったろう, でもと待ち受け, でも三十八度, でも四時, でも眼, でも起き, でカエリタイ, で五時, で四十カット近く, で姿, で真暗, で騒ぎ出したの, と, とあっ, というの, という数字, という時刻, という深夜, といえ, といふ出発, といふ半端, といふ約束の, とうっ, とおもう, となっ, となる, と一つ, と云, と思いゆく, と思わしい, と真夜中, と第, なんて云う, にあたし, にある, においては真, におさまった, にお茶の水駅, にきめたら, にた, にたつ, にちゃんと, についた, につく, にと思っ, になったら, になつ, になつて一, にならなけれ, になれ, にね, にはご覧, にはさすが, にはなってた, にはなり, にはなる, にはまちがい, にはもうぼうっと, には三つ, には三角太郎氏, には三角点, には僕たち, には出で立つべし, には分るでしょう, には君, には大菩薩峠, には山口縣下, には帰っ, には床, には戻, には戻つ, には授業, には河岸払い, には燈台, には用, には用意, には聖上, には警察, には間違い, には雪子さん, にぼくたち, にみ, にもう, にもなっ, にもなっただろう, にもならぬ, にゆるゆる, にアラスカ, にオルタ港, にネフスキイ通り, にムア・ハウス, にロビー, に上諏訪駅, に下男, に与えた, に並ぶ, に会う, に伴さん, に修善寺, に停車場, に先, に出, に出かける, に出る, に出帆, に出頭, に及び, に及ぶ, に及ん, に変更, に外, に大, に大毎本社, に大阪, に失望, に奉幣殿, に始まる, に宿, に小林くんたち五人の, に屆, に屋敷, に岩魚留, に帰っ, に帰る, に帰着, に御, に息, に支度, に改札, に政府, に散歩, に新, に新庄, に月, に本社, に東京発, に東宝グリル, に東宝劇場, に梅月, に櫓, に歸つて, に浅井軍, に牛乳, に男の子, に當, に登, に着いた, に着く, に立ちます, に約束, に紅茶, に終る, に終戦, に自動車, に至る, に花婿, に行く, に行われた, に行われる, に行列, に見舞, に解剖, に訪問, に起きた, に起きてる, に起こす, に起す, に近かっ, に退けます, に送っ, に遂に, に頂上, に高崎, ねる, のお茶時間, のため, のとき, のところ, のやすみです, のアイスクリーム, のアベード, のアリバイ, のチヨコレート, のデパアトメントストア, のポー, の三等車, の三輛目, の上り, の中一たび, の事, の交, の先, の出番, の勤行, の古川橋, の告別式, の夕飯後, の富士, の市況, の心づかい, の散歩, の文字, の日, の日光, の時分, の暑, の来る, の果物, の次, の深更, の真夜中, の真昼間, の空気, の約束, の紅茶, の終り, の若松停車場, の茶, の茶菓, の茶菓子, の菓子, の衢, の西日, の起こり, の透明, の郷愁, の銃声, の陽盛り, の電車, はちょうど, はまさに, はイエルサレム, は二時, は今途中, は切ない, は愚か四時, は日出後, は毎日私, は油, は過, は過ぎた, ばかりに念仏, ばかりの間, ふたたび出, ほど前, まえの, までうたせ, までぎっしり, までこうして, までさまざま, までそれだけ, までたった, までと限られ, までに, までにはかれこれ, までにはまだ, までには帰っ, までに帰りませんでしたら, までに曲馬, までに横浜, までに近所, までのあいだ, までの労働, までの私, までの練習休み, までは日本, までは調理場, までぽ, までも凡そ酒, までも勉強, までも四時, までも夜, までも續, までやつ, までやり, までを限り, までベロン, までマッチ, まで三日, まで二つ, まで何, まで午睡, まで同じ, まで奥様, まで学校, まで寝, まで当, まで待った, まで散歩, まで書い, まで本通り, まで町中, まで研究, まで競売, まで読ん, まで読書, まで調理場, まで諍い, まで起き, まで起き上がっ, まで踊っ, まで遊楽地, まで青年会, まで頬, まで飛行場, まへ, まへに, まへまで, もう一度やっ, もう寝る, もかかった, もしくは午前十時頃, ものど, もりそば, も五時四十五分, も傍, も前, も厭, よ, よもうじきに, より三時半, より司法省, より吉村方, より小日山君夫婦, より日沒迄, より西公園, より鳴, らしい心持, を, をうち, をうちました, をうっ, をうつた, をさし, をすぎた, をすぎれ, をまわった, を上野, を十二, を十五分, を告げ, を大分, を廻つ, を廻ろう, を待ち, を打ちました, を点, を物憂く, を示し, を繰り返し繰り返し打ち, を纔, を聞い, を見計っ, を通じて残る, を過ぎる, 下ってから, 再び出, 再び自然, 別れた, 少し廻った, 少し過ぎた, 愈, 満洲里, 第六時, 起き行ったら, 起て見ると, 迄ねた, 迄の余暇, 迄の時間, 迄も話し込ん, 迄やってる, 迄ゐ, 迄二荘, 迄仮睡, 迄日給六拾銭, 迄眠る, 迄話した, 迄読む, 迄鼾, 近かった, 近かつ, 遂に死去, 過, 過ぎたの, 過てレオニード・グレゴリウィッチ, 過ギ, 頂きに

▼ 三千代~ (888, 0.6%)

24 の顔 18 の方 14 の事 12 と自分, の兄, は急 10 の言葉 8 が又, が平岡, の前, の病気, は今, よりは気の毒 7 はその 6 との関係, の上, の所, はた, はただ, は下女, は又, は固, は少し, は手 5 に渡した, に逢っ, の姿

4 [29件] に迷惑, の声, の心, の手頸, の未来, の来る, の様子, の為, の眼, の説明, の運命, の頬, は, はまだ, は低い, は何, は例, は声, は寧ろ, は玄関, は自分, は顔, をた, をただ, を周旋, を呼んだ, を平岡, を愛し, を訪れる

3 に逢, はこの, は漸く

2 [198件] からも何とも, から何, から永く, から頼まれた, がそれ, がわざと, が出, が己, が帰る, が徳利, が提げ, が来, が来た, が来る, が横町, が気の毒, が涙, が清水町, が無, が産後心臓, が直に, が細君, が聞いた, が裾, が金, であつ, との現在, と会見, と別れた, と口, と差向, と平岡, と懇意, と最後, と永遠, と知り, と結婚, には決して, にもう, にも三千代, にも平岡, にも関係, に刻下, に危しげ, に対してこんな, に対してそれ程, に対しては一点, に対して責任, に対する情合, に対する愛情, に対する義務, に対する自分, に対する自己, に対する責任, に就, に平岡, に洩らした, に逢った, に逢つて, に金, のいる, のこと, のため, のゐる, の事丈, の云, の云う, の仲間入り, の依頼, の口元, の口吻, の名, の周囲, の場合, の官能, の容体, の引力, の心臓, の息, の意味, の愛嬌, の挙止動作, の極めて, の歓心, の泣く, の父, の結婚, の胸, の腹の中, の色沢, の表情, の調子, の迷惑, の退屈, の過去, の門前, の間柄, の関係, の陰, はあまり, はすぐ, はそれ, はでも余り, はもう, はやはり, はわざと, は不安, は不思議, は不意, は二人, は五年, は今代助, は仰山, は何方, は傘, は元来, は兄, は先刻, は先刻代助, は全く, は其時, は前日, は力, は危険, は叱られる, は命ぜられた, は夫, は始め, は嫁ぐ, は小, は平岡, は心持, は忽ち, は手帛, は手拭, は暗に, は東京, は次, は次の間, は歇私的里, は死ぬ, は気, は涙, は淋しい, は濡れた, は燗徳利, は父, は状袋, は猶, は甚だ, は看護, は眼, は穏, は笑っ, は笑つて, は精神的, は美くし, は翻, は逆, は長い, は隣り, は顎, は顫, は驚ろ, は黙, は黙っ, は鼻, へ宛, へ手紙, も彼, も心配, をこんな, を三年前, を介抱, を僕, を呼ぶ, を喜ばし, を大変, を奥さん, を帰した, を弁護, を引き渡す, を引合, を引張り廻さなけれ, を彼, を愛した, を慰める, を捨てる, を救, を普通, を独り, を自分, を見た, を見詰めた, を訪ねた, を訪問, を連れ, を遮断

1 [135件] がい, がゐ, が云, が云った, だけであった, だな, であった, では, という名, といつた, といふ名, とすれ, とすれすれ, となり, と不, と云い, と対坐, と対座, と思ってる, と思つて, と抱き, と抱き合っ, と相対, と相対ずく, にそれだけ, にみたされ, に云, に云い付け, に冷酷, に夫丈, に対してこそさ, に対してこそそう, に対してみる, に対して思い切った, に対して思ひ切つた, に対して見る, に対する態度, に対する私, に比べ, に逢い, に逢おう, に逢つた, に逢つた時, に逢つて以後, に逢つて己, に逢つて自分, に逢わなけれ, に遣, に遣った, のこう, のこの, のすすめる, の云った, の云つた通り, の勢力, の勢威, の地位, の希い, の店, の当面, の悲願, の才気, の斯, の期待, の杯, の此一語, の腹, の訴, の訴え, の長子, の顔色, はいきなり, はえ, はええと, はかねがね, はこ, はこごん, はすでに, はそう, はそれだけ, はそれ丈接近, はそれ以上, はたとひ, はたぶん, ははじめ県犬養連三千代, はわざ, はわざわざ, は不, は云, は云った, は其, は其光, は其妹, は其方面, は其膝, は夫以上, は始め美努王, は左様, は年老い, は強, は怖, は恥づ, は文武天皇, は更に, は椽側, は此不思議, は此問, は此暑, は気の毒さうに詫, は気の毒そう, は水, は水いじり, は生き生き, は瞬時, は矢, は矢張り俯, は私, は竦み, は笑った, は笑つた, は答, は答えなかった, は絶望, は縁側, は耻, は首皇子, も私, をみつめ, を女傑, を強い, を救い得べき, を救おう, を貰, を貰った, を騙しつづけ

▼ 三年前~ (877, 0.6%)

26 のこと 12 の事 11 の夏 9 に死んだ 6 に女房, に見た 5 に亡くなった, に死ん, の秋 4 に一度, に別れ, に故人, に東京, に母, に行方不明, のよう, の自分

3 [17件] からのこと, から養子, だ, でございます, にある, に亡, に出た, に来た, に死にまし, のお正月, のもの, の三月三日, の五月, の出来事, の十月一日, の大, の話

2 [71件] からお, からこの, からでございます, から密か, から田, から行方, で, である, です, といえ, にお, にここ, にこの, にそれ, にそんな, にはまだ, には文学, にも来, に上海, に主人, に亡くなつ, に亡くなり, に亡くなりました, に亭主, に信州, に内儀, に出, に別れた, に埋葬, に大学, に妹, に御府内, に悲劇的, に感じた, に日本, に来, に歿, に沒落, に流行った, に溯る, に父親, に獄門, に私, に約束, に脱獄, に自分, に配偶, のあどけな, のあの, の三千代, の事業熱, の五月頃, の冬, の初心, の割前勘定, の十二月, の夜這星, の大水, の夫婦, の彼女, の或, の泥棒, の火事, の生活, の私, の約束, の都新聞, は君, まではさる, までは奉公人, まで同じ

1 [567件 抜粋] お父様, から, からあの, からおそらく, からここ, からこちら, からこっそり, からこつ, からすでに, からその, からつけ始め, からで, からでございました, からでした, からの事, からの仲, からの奨励, からの知合, からの知己, からふたたび, からぽ, からをります, からアメリカ, から不思議, から不義理, から中気, から予言, から兄, から兆候, から入込ん, から内, から出, から函館, から分岐溝, から品川, から堅気, から堅氣, から堺屋, から夏, から女, から女道樂, から妻子, から子供, から寢, から専ら, から小さい, から居る, から居候, から巡礼, から店, から張, から当, から御, から折りおり, から探し, から昔, から杉, から東福寺, から横浜, から比べたら, から江戸, から浦戸, から満, から父, から田鶴子, から神経衰弱, から糖尿病, から聞き得なく, から英国, から萌芽, から行方不知, から話, から豊後, から身動き, から輕, から顕著, か木菟, この人々, この仲間, この旅, この箱根関所役人, こんなこと, すでにかく, すでに発行, そのままだ, その父親, だが, だった, だった妻, だつたか, だつて, だね, だやっぱり, だらうもう, ちょうど今夜, ちょうど十六, であった, であったとの, でございました, でさえ, でした, ですが, で当時, で綱宗, で芋子村, という時期, とかこちら, とくらべる, とすこしも, とは驚く, と云う, と同じ, と同じく, と比べる, と違っ, にあずかった, にあなた, にあの, にお前さま, にお父さん, にきた, にくらべる, にこういう, にこれ, にすでに, にそういう, にそっくり, にその, になくなられまし, になつて, にね大崎, にはどうしても, にはよく, にはわたしたち, にはコルネリウス・アグリッパ, にはフランス, には丸, には古い, には大, には日光, には未だ, には知られなかった, にほんとう, にぽ, にみんな, にめとった, にもこういう, にもらっ, にも一年, にも娘, にも幽霊, にゃ通る, にやはり, にアメリカ海軍, にアルゼンチン, にアロハ, にイタリヤンストロウ, にエドガア・ポオ, にオランダ, にジョン, にチベット, にトルレス, にドイツ, にラサ府, にリベディンスキー, にロオペ, に一度通, に一本, に三十余, に上野, に不, に世, に中村座, に中津川, に中風, に久し振り, に久離切つて勘當, に乗捨てた, に二人, に五十余歳, に亡くな, に亡くなっ, に亡くなつた, に亡くなられた, に亡父, に京極家, に人, に今, に今の, に今川氏, に他界, に休刊, に何, に作られた, に來, に俄, に借りました, に兄, に八五郎, に六十幾つ, に写した, に出来た, に初めて, に別, に別れ別れ, に利根, に勃発, に医学校, に友, に叔母さん, に取手, に古渡城, に右, に君, に外国, に夜逃げ, に夜遊び, に大使館, に夫人, に失, に妙, に妻室, に婚礼早々大阪, に子供二人, に家, に家内, に家出, に富之助, に少し, に尾張瀬戸町, に屡々, に崩壊, に已に, に帰っ, に平和, に店, に引きつづい, に引取つた與茂吉さん, に張, に当, に彼自身, に徳撰, に怪事, に手ひどい, に振りすてた, に捨てた, に捨てられた, に支倉方, に故郷, に教会, に新聞, に旦那衆, に早く, に書き終え, に有名, に本妻, に林道, に桐渡鐐通達, に此処, に此離屋, に死せし, に死んでしまつた, に殺された, に比べる, に池上, に没, に海軍大尉, に清水, に湖, に漸く, に濟, に熊五郎, に熱帯, に生れた, に登った, に盗んだ, に盜ん, に目見, に県, に窓, に竣功, に紀伊, に結婚, に編纂, に縁, に置去り, に老母, に聟養子, に自分等, に自宅, に自殺, に至る, に草津, に萩原, に行った, に誕生, に読みたい, に調布, に買つた儘の, に買入れた, に買取つて, に起った, に足利栄町, に較べれ, に轉げ, に近江国, に逃げ, に逝去, に逢った, に過去, に銀座, に長い, に難破, に電磁気廻転, に青豌豆, に頼まれ, に飛び返った, に飛び返つた, に高岡, に鼠小僧, ね, のお, のたまたま, のとき, のひと, のインキ, のナオミ, のモリソン, のモリソン案, の一月末, の三十一, の三方ヶ原以後, の九月, の事件, の二十一歳, の二月ごろ, の二月十九日, の二科展覧会, の井戸, の仮, の八月, の六月上旬, の其の, の再, の冷, の初夏, の前々日, の創立, の十月十二日, の古い, の古傷, の吹込み, の嘉永六年, の埋葬屍体, の多く, の大患以後, の大火以後, の天正四年頃, の太平洋, の失恋談, の女, の女中, の婚礼, の季節, の屍体, の嵐, の帝展, の幸福そう, の延暦元年, の思い, の感激, の戀, の承, の放埒, の文芸復興, の旅行中, の旧, の明治, の春, の昭和, の晩, の東京お目見え, の検査, の横文字, の正月, の殺人, の永徳二年三月十七日, の永禄元年, の浅間行き, の海岸通り, の準備時代, の熱心, の発作, の發作, の矢張り夏, の知己, の紀行, の舞台, の著, の蔵前, の西暦一五六五年, の赤ん坊, の越中, の釘, の閉門, の閉門蟄居, の院展, の順礼行, の馭者台上, の鶏舎, はまだいわば, はまるで, はや西國順禮, は一円, は主として, は捕り損ねた, ぽっくり死んだ, までいわゆる, までおじいさん, までどう, までなら, までは, まではお正月, まではこの, まではこれ, まではそう, まではほとんど, まではチベット国, までは一緒, までは十五六軒, までは大阪, までは女子大, までは実に, までは寂光, までは居ました, までは山下, までは川, までは政府同士, までは日本的, までは死んだ, までは毎年初夏, までは生き, までは町, までは百パーセント, までは盆, までは秋川駿三, までは繁盛, までわれわれ, まで三浦屋, まで上っ, まで上野山下, まで中村, まで土地, まで坊, まで坊っちゃん, まで小田原, まで彼, まで明瞭, まで春, まで毒消し, まで留守居, まで繁昌, まで萬兩分限, まで西国, まで西國, まで近藤日出造君, まで通り, よりさらに, よりは余程, よりは肉, より今, より商店, より喘息, より退い, 亡くなったよう, 亡くなつた時, 亡くなりましたが, 入込んだ炭焼, 分れた時, 分れた時そつくり, 半歳, 半死, 同じ九月二十八日, 同じ座, 大地震, 大洪水, 小さき者, 已に淨書, 建てた書院, 恐しい洪水, 或る, 新鳥越, 第一回, 素晴らしい大物, 若くは, 訪ねて, 迄は恐ろしく, 迄吾, 通ったハルビン, 間違えて

▼ 三~ (854, 0.6%)

16 の者 9 の婦人 8 の妃, の姿 65 して, の中, の侍, の顔 4 であった, のうち, の将, は, はその, は顔, も 3 いた, がその, のばてれ, のほう, の敵, の首, はすぐ, をつれ

2 [41件] がこの, が膝, が親, ございますから, だった, である, とその, のうしろ, のタクミ, の一行, の仏人宣教師, の使者, の医学, の名, の壮佼, の委員, の子供, の学生中, の巡査, の平安, の影, の後ろ, の御, の武士, の武者, の水兵, の眼, の胸, の親友, の記者, の警官, はいる, はにわかに, は各, は忽ち, は馬, を励まし, を招ぎ, を睨みつけた, を見, 死んで

1 [653件 抜粋] ありしが, ありと, ある, あるこの, いかにし, いるの, お立会い, かけこんで, かけつけとうとう, から一挙, から五六名, から引く, から暴行, から肝, から遁, がいずれ, がいつ, がいわば, がこっそり, がこもごも, がこれ, がそれぞれ, がとび出し, がひとしく, がやがて, がやにわに, がバタバタ, が一人, が三名, が上, が今や, が全国区, が前後五日, が去った, が各, が嗚咽, が土曜日, が地質調査, が定夫, が寮, が居合せた, が平作, が強, が当選, が彼, が抜け, が押入った, が採用, が早く, が来, が樹蔭, が死んだ, が残る, が水明り, が潜水兜, が甲斐, が相伴っ, が稽古槍, が窓, が立つ, が血まつり, が覗き, が貴家, が躍り立ち, が連署, が進み出, が遮った, が集っ, が額, が首, が駈け寄っ, ぐらいずつに別れ, ことごとく死んだ, この三名, じゃあなかっ, すぼめた蝙蝠傘, ずつで, ずつの浮浪児, ずつ両側, ずつ問屋場, そのほか新館別館, だ, だけが, だけがお客様, だけが当面, だけが讀める, だけで, だけでございます, だけです, だけで交代勤め, だけはたとえ, だけは姫路, だけを蔭, だけを連れ, だと, であったが, であつ, でと, では, でもここ, で押し問答, で相談, といふ大, とそれ, とともにこの, となつ, となり, とはてまえ, とも, ともこの, ともしばし, ともついと, ともにその, とも一週間, とも各, とも名刺入れ, とも味わった, とも洩れなく追っつい, とも蒟蒻, とも霹靂, とトラック, と他, と伊勢, と住持, と來, と共にある, と共に仙臺陸軍病院, と共に迅舟, と共に陸前, と思われる, と経済学者四名, と舎人雑色, と草笛, なだれこんで, なりと, なんての, にいいつけ, にし, にすぎない, にでかけ, にとって容易, になっ, にはその, にはべつに, にはわかっ, にまかせ, にもいま彼自身, にもおよぶ, に下した, に何, に内地人, に向, に對, に小者一名, に床几, に引継がせ, に松明, に横, に止った, に相当, に篤と, に言い渡した, に達し, のあいだ, のうち二名, のうで, のからだ, のこと, のことば, のご, のさむ, のす, のつぶさ, のなか, のほか, のもの, のよろこび, のブル候補, のヨーロッパ人水夫, の一致, の下役達, の主, の乗務員, の乗組員だれ, の乱拳, の人々, の人影, の人達, の会員, の使い, の使命, の侍女, の兇漢, の先, の先頭, の共産党代議士, の兵, の典侍, の分骨, の前, の剣客風, の医員, の即死, の叔父たち, の口, の召使い, の地主, の塾生, の変死, の多き, の女, の女子, の女帝, の姓名, の娘, の客, の家来, の家禄, の将士, の小, の局長中二名, の役人, の後, の得心, の怪我人, の恨み, の慇懃, の戦死者, の政友会席, の新撰組, の方, の日本学生, の有する, の柱, の案内者, の機関庫員, の機関庫掛員, の武将, の死者, の死者さ, の殺気満々, の法師武者, の浪々, の浪人, の消息, の漁師, の牢人者, の生徒, の申す, の男, の番屋, の白刃, の目ざした, の目明したち, の相続者, の破らん, の硬, の紳士, の縄, の縷々数百言, の義盟, の肉体, の背, の脱, の臣道, の船員たち, の若い, の英人, の荒武者, の著者, の行方不明, の被疑者, の訓導, の談合数刻, の護衞, の豪, の豪傑, の質問, の足, の辯護士, の連れ, の選手, の郎党, の郷士, の酒乱, の重軽傷者, の野武士たち, の門人, の間, の闘い, の陵墓管守, の隊員, の青年たち, の頭目, の顔つき, の顧問, はあっと, はある, はあわて, はいきなり, はお互い, はかたい, はこもごも, はさしずめ, はさっと, はすばらしい, はそち, はそのまま, はぞろぞろ, はたっぷり, はちょっと, はちょッ, はとつぜん, はどこ, はなお, ははっと, はふたたび, はぽかんと, はまったく, はやや, はよく, はわが家, はゐる, はワッ, は一, は一旦, は万事, は三名, は三方, は下, は不平, は主人成政, は介錯人, は代わり代わり, は体, は何ら, は元, は兄弟, は先, は内蔵助, は前, は却って, は取った, は口, は合点, は塩竈, は声, は外, は大岡家代々, は宿舎, は寄っ, は密林, は寛いだ, は少く, は居, は布川, は幕, は弾, は忽然と, は教室, は日頃, は早, は時刻, は暗殺, は曖昧, は朱貴, は槍, は母里邸, は無事帰還, は特務機関員, は狼狽, は礼儀, は祭, は祭壇, は私, は箱根, は組合旗, は繰返した, は自余, は自署, は舟, は若くして, は苫, は萬一, は誇張, は賊, は途絶え, は連れ立っ, は電光一瞬, は頼朝, は驢, は鼎, ばかり, ばかりゐる, ばかり役人, ばらばらと, ひきぬかれて, へこう, へも黄金, へ両手, へ云つてやつ, ほどは井口城, ほどをつれ, ほどを証人, ほど見張, また黙々と, までが主, までここ, までの代表代理, までを洛外一乗邑, まで引っかけ, もかばん, もそこここ, もそれぞれ輿, もまた, も乗りこんだ, も任命, も加わっ, も午飯, も同じく, も女, も年配, も後, も据え, も明石, も横濱, も異口同音, も顔, を, をあらためて, をうち, をお, をかえりみ, をこなし, をさっき, をすえ, をそこ, をつれた, をならべ, をねじ, をのせた, をのぞい, をひき止め, をやすやす, をよん, をバッタ, を一時, を並べ, を乗せた, を九組, を先, を先鋒, を刎, を副将, を右, を合祀, を密輸問題, を引っかけた, を従え, を応援, を拘引, を招ぎ哥沢節, を挙げ, を揃え, を携え, を数える, を木履, を本部向け護送, を案内, を殺す, を泊め, を浮かし, を添え, を獲得, を現地, を突き伏せ, を西洋人, を要, を見る, を討ちとる, を説い, を説きまわった, を迎えた, を連れた, を関外, を附け, を除く, を除け, を頼む, 出たり, 出て, 動き出したの, 各々法衣, 夜どおし眼, 思いきって, 打ち揃い, 泊って, 疾くから, 着早速, 這入つた

▼ 三日目~ (843, 0.6%)

80 の朝 34 の晩 27 の夜 20 のこと 18 の午後, の夕方 17 になっ 9 にはもう 8 か四日目 7 だ, です 6 だぞ 5 である, でした, の今日 4 にこの, にまた, にも同じ, に一度, に彼, の午, の夕暮れ

3 [16件] だった, であった, なのに, にあたる, になった, になる, にやっと, に帰っ, に私, に突然, の今夜, の夕暮, の日暮, の晝頃, の暮れ方, は雨

2 [52件] かに私, からはもう, から今, であったが, となつて, となる, になつ, になつて, になります, にはお, にはその, にはまた, には何, には帰っ, には私, には親分, にようやく, に信者, に俺, に僕, に岸本, に死亡, に父, に甥, に番頭, に見, に馬, のこの, のその, の午ごろ, の午前中, の夕刻, の夜汽車, の新聞, の日, の日曜, の日盛, の昼, の昼過ぎ, の昼頃, の晝過ぎ, の暮方, の正午, の深夜, の真夜中, は過ぎ, ばかりの時計, もやはり, も同様, も四日目, よりもより, ガラッ八

1 [397件] あまり遅, あるいは四日目, いよいよお, お余野, か, かの朝, からの飢え, からは朝夕, からは決して, からは船, からもう, から四日目, から松木, から次第に, から殆, から毎晩, から腹ア, から顱頂骨, か五日目, か四, か四日目ごろ, があの, がきました, が土曜, が我々, が来た, が長途, が食べ頃, くらいにお, くらいには田舎, くらいには誰か, ぐらいずつに会っ, ぐらいと昨夜, ぐらいには散歩, ぐらいに来つづけ, ぐらいに決定的, ぐらいに自宅, すっかり腐っ, その日イいか, たうとう, だったか, だと, だのに, だろういい, だ三日眠り, つまずいた, であつ, でございます, でしたか, ですから, ですね, です今, で昨夜湯たんぽ, で玉子, で節句, といはなく, とうとうその, とか四日目, となった, と云, と次第に, と約束, と記憶, など側, なん, に, にあった, にあります, にお, における舟夫, にお袋, にお陀仏, にき, にきた, にこちら, にこっそり, にさる, にし, にそいつ, にそこ, にたった, にとうとう, になぎ, にならなけれ, になりました, には, にはあなた, にはいけなかった, にはかれ, にはこの, にはつく, にはつくづく, にはどうしても, にはもうどうにも, にはチロル, にはドバ, にはマニラ, にはモー, には一, には一泊一圓, には九丁目, には九時, には二, には二フラン五十, には京都七条口, には倍, には兄, には入院, には四五人, には四本目, には師範学堂, には帰る, には彼, には必ず, には扉, には日没, には映画, には札, には来, には歸, には母, には流石, には激しいはや, には病気, には病院, には白痴, には百物語, には目録, には秋川家, には精力, には美術館, には自分, には許され, には遠い, には那覇, には風, には香蔵, には鼻, にふたたび, にもう, にも商売, にも挽回, にも落とす, にやつ, にわざ, にわざわざ, にカルカッタ, にテキサス, にトラック, にホテル, にワシリ, に一人, に一夜, に一度位, に一度位それ, に一昼夜当番, に一本, に一羽, に万来舎, に三吉, に両国, に予言, に二人, に二個中隊, に井元安吉, に井戸端, に亡くなつた, に仕, に伊賀, に会, に使わなけれ, に例, に倫敦市内, に僅か, に入院, に再び, に到り, に医者, に半, に南殿村着, に古ぼけた, に各, に告別式, に呼ばれ, に四軒目, に回診, に土, に墓, に奥山大学, に女学生, に女房, に妙, に妻, に姿, に娘, に宮の山, に家, に家出, に小倉, に少年, に屋根, に帝都, に帰つて, に年代記, に幼児, に床上げ, に引出され, に引越し, に張夫婦, に当っ, に彼女, に思い, に思いがけない, に戻され, に戻っ, に手下, に手賀野村, に掘り出した, に掲載, に教員, に敵, に新子, に旅, に旅疲れ, に日置, に早々, に書生さん, に朝, に木谷, に未決監, に本因坊, に条々伏罪, に某区, に柴進, に桑名, に棺, に植木屋, に極めて, に正, に正気, に歸, に歸つて來, に死にました, に死ぬ, に死んだ, に殺された, に殺し, に母, に毒藥, に気, に気がつい, に江戸, に洗礼, に清之介君, に漸く, に焼鏝, に煙草, に甦った, に田辺, に男の子, に病院, に盲腸, に知りました, に碇, に神殿, に秩父, に立ち, に第, に紡績会社, に終戦, に美保子, に老, に職業, に自殺, に至っ, に至る, に葉子, に蒔, に蓼科山, に藥, に行なう, に裏口, に見つかっ, に誤っ, に豊三郎, に逃げ出さう, に這入る, に進む, に院, に離縁, に雨宮紅庵, に馬上, に駿介等, に高尾槇尾栂尾, に高熱, の, のお嬢さん, のひる, のもう, のアヴェ・マリア, の七月三日, の中村座, の九月十二日, の九月十四日, の事トムさん, の二十三日, の今朝, の今頃, の信吉, の十一月二十五日, の十五夜, の午すぎ, の午前, の午後五時すぎ, の午時頃途上, の午過ぎ, の命名式, の四月十日, の報告, の夕, の夕べ, の夕方私, の夕食, の夜中, の夜明け, の夜明けがた, の夜明けごろ, の夜更け, の大寿院訪問, の完成, の宵, の寒い, の対局, の屯, の市役所, の日暮方婆ア, の明け方, の晩方, の晩私, の晩食後, の暁方, の朝まだき, の朝不思議, の朝電燈, の正月二十日, の正餐, の此, の汽車, の真夜中頃ミシリ, の真昼, の興行, の茶の湯茶碗, の街道, の見物, の辰, の黄昏, は, はいよいよ, はじめて弁当, はとうとう, はまた, は京, は人間的交渉, は午後二時ごろ, は午頃來, は午頃来, は即ち, は向う, は対岸, は小沢岳, は暮れ, は朝, は東北, は熱海, は玉子, は眼, は私, は見なかった, は院, またまたかれ, まだ姿, までにみなけれ, までに帰らな, までに必ず, まで船, もその, も二万円, も空しく, も過ぎた, ようやく落つく, を待たず, を迎えた, を食べ頃, 半狂亂, 即ち三月二十八日, 燃え残り, 遅くとも七日目

▼ 三~ (830, 0.6%)

9 に卸し 8 書いた 7 つづきの, におろし, の紙幣, 持って 5 の切符, の着物, の紙, の絵, 出して, 出て, 重ねて 4 しかない, だ, の写真, の原稿, の小判, の雨戸, もって, 書く

3 [16件] か四枚, がとこ, しいて, になった, のもの, の切り札, の十円紙幣, の扉, の板, の莚, の葉, の銀貨, めくって, めくると, 入って, 買って

2 [53件] あった, あるだけ, がある, しか残っ, すらすらと, だけ, ちらばって, とる, と半紙一枚, と羽織, におろす, にし, の写生, の夕刊, の小, の小菊, の御, の必勝, の手紙, の新聞紙, の枯葉, の毛布, の浴衣, の畳, の的, の紙片, の翼, の銭, の障子, の骨牌, はどなた, は手, は白紙, ばかり買っ, も五枚, も出した, も四枚, も外れ, をかき, を握, 倒して, 出した, 取って, 取つて, 取り出して, 引いたので, 持つて, 散らばって, 書いて, 続は, 繰って, 落ちて, 覗かれた

1 [564件 抜粋] あいて, あけて, あげよう, あったが, あった筈, あった葉, あつた, あつち, あつて, ありますよ, ある, あるうち, あるきり, あるね, あるばかり, あれば, いれました, うけとった, うつした, か, かき込んで, かけこのごろ栗栖, かさねに, かつてやらう, から四十枚位, か五枚, か四五枚, か或は, がさ, がところ, が一ヶ処, が一枚, が三列, が僅か, が延び, が挙げられる, くらいしかお, くらいの小品, くらいをつなぎ, くれ, くれました, ぐらい, ぐらいでしたら, ぐらいの間, ぐらいもあり, ぐらい上げ, こぼれた, こぼれて, ご寄進, さ, さかのぼって, しか手, しか持たない, しか花びら, しまるよう, じゃあるまい, じゃない, ずつさかのぼっ, ずつつけ, ずつはある, ずつはかならず, ずつディクテイト, ずつ一度, ずつ三列, ずつ書い, ずつ真田, ずつ貰い, その封筒, それでずぶ濡れ, たれたしも, だから, だが, だけです, だけといふ約束, だけどうしても, だけは何気なく, だけ座ぶとん, だけ書いた, だけ残しました, だけ統制官, だこれ, ださう, だらりと, っての, ついて, ついてるから, つい近い, つかみ出すと, つかんで, つづきでその, つづきや, つづき五枚, つづき絵, でいい, でお前, でお前さん, でこれ, でもかまひ, でも手, でも書けた, でも書ける, でよい, で丁寧, で書店, で飛ばし, というところ, といふやう, といふ法, といふ贅澤, とおして, とお化け, とか買い, とその, とそれ, ととのえる, とばされて, ともちゃんと, ともまぐれ当たり, とも出し, とも勝った, とも糊, とも見られる, とも辯護士, とれた程度, とを湯煎, と三百円, と二枚, と云った, と交換, と子供達, と小粒, と思つた, と扇子, と新しい, と漉い, と畳, と粉白粉, と買っ, と質, と適合, と銅貨, と長い, と鮫, どうか将来, ど大, なの, ならべた穀物置場, ならべて, ならテレジイナ, なりを斜, なん, におろした, にくらべ, にては到底, になつ, になる, にまとめ, にむずかしい, にもわたる, にシャツ一, に下された, に下ろし, に亘っ, に似, に切れる, に卸した, に卸ろ, に就, に桜桃二粒, に櫻桃二粒, に毛氈, に畳ん, に白粉, に製図用, に過, ぬきだすと, のうち一枚, のお, のお守り, のこった, のする, のなか, のもめん, のキャン, のシリング銀貨, のチョッキ, のトランプ, のニッケル貨幣, のプログラム, のボロ, のリバノールガーゼ, のレコード, の一円紙幣, の上前歯, の久保田万太郎論, の乾パン, の二ツ, の便箋, の便箋全部, の割り板, の十銭貨幣, の半, の単物, の原稿用紙, の反古紙, の古, の名刺, の名品, の大形, の小さな, の小説, の尾羽, の床板, の座ぶとん, の引き戸, の戸, の戸板, の投げ, の揚代, の敷蒲團, の日本銀行, の早取り寫眞, の曲線図, の朝刊, の木綿, の木葉舟, の札, の札幣, の楽譜, の樫, の櫛, の油画, の活字ケース, の煎餅, の片隅, の画, の畑, の百円札, の着古し, の着替え, の短文, の禁札, の穴銭, の紙つづり, の紙出, の素描, の素材, の羊皮紙, の羽根, の芭蕉, の花弁, の花瓣, の苗, の苗畑, の荒莚, の蒲団, の蓋, の衣, の衣服, の衣類, の謄写, の赤い, の金貨, の長, の長崎繪圖, の陽画, の青葉, の骨牌札, はいってる, はがして, はくっつけ, はぐり最後, はけれ, はここ, はその, はどだい, はねのけた, はペロリ, は又, は和文, は地面, は多すぎら, は婦人雑誌, は尾翼, は工面, は廊下, は書けない, は栗原, は砂地, は窃, は絵, は胸, は芝居, は買える, は順に, は風, ばかりかけ, ばかりじとじと, ばかりに青く, ばかりの文章, ばかりをほうり出し, ばかり今, ばかり其庭葢, ばかり出し, ばかり取っ, ばかり取出した, ばかり国, ばかり引っ, ばかり持ち出し, ばかり新聞, ばかり書いた, ばかり浮かし, ばかり私, ばかり繰った, ばかり裏, ばかり買い込ん, ばかり載せ, ばかり附木, ばし, ぱっと出し, ひっくり返して, ほどお勝手用木綿, ほどに書き連ねた, ほどのセンベイ, ほどの幅, ほど懸っ, ほど敷き, ほど書き得, ほど蔵, ほど距つて, ほど重ね, みること, むしり取り元, も, もあつ, もいずれ, もかさね, もしまっ, もったきり, もってや, もつて, もの, ものべつ, もやつ, も引き出した, も拵ら, も拾, も描きました, も敷い, も書い, も書いた, も破り棄て, も立派, も続いた, も蒲団, も襲, も重ね, も鎧, やいて, よこして, わけなく離れどすんと, をお, をつまみ出す, をめくっ, を五圓, を余し, を借りる, を元, を入れ, を入れた, を出し, を切り皮, を包ん, を取りだした, を取出し, を呼ぶ, を奉納, を寄進, を徃年欧米漫遊中購, を持っ, を景物, を書く, を畳, を皆んな, を細かく, を読み返し, を送る, を除いた, を馬淵, ダブって, ヲ下, 並べそれ, 交ぜて, 交って, 仕上げた時, 仕立てまして, 但中枢, 働いて, 光る物手, 入るとして, 入れて, 写したから, 写したが, 剥がされると, 剥ぎ取られて, 加わって, 加わる, 包んで, 及びズボン, 取り出した, 取れと, 同じよう, 同ズボン下二枚, 執って, 封じ込むで郵税, 小さく畳ん, 届けて, 布いて, 引き出して, 張れば, 手早く円め, 投付けたら一番仕舞, 抛出して, 抜いて, 抜き出して, 抜けた壜底, 持ち並べたお, 持つてるぞ, 捜して, 掘出しけるゆ, 掛けて, 掴ませた, 掴み出すと, 描いて, 散ったわけ, 散り敷いて, 書いたのみ, 書きなぐるそれ, 書き続けて, 書くと, 書くといった, 書く間, 来て, 歩いて, 残る, 求めた, 浮いて, 無いこと, 焼きましを, 物すごい音, 盗むと, 看枝, 着たの, 着て, 程する, 続き, 続きですが, 続き位, 続キノ錦絵ガ掲ゲテアッタノヲ, 綴り合せて, 繰ると, 置いて, 落ちると, 見えその, 見えた, 読んで, 貰ったの, 貰った写真, 貰って, 買いそれ, 買い込んで, 買った, 買っちゃったの, 貼って, 貼りつけたまま, 貼りつけて, 足して, 蹴破った, 蹴飛, 載せて, 辷るよう, 送って, 送られて, 送りましたの, 這入って, 運ばれて, 運ぶ, 重なって, 重ねさせようと, 重ね黒魚子五つ紋, 重ること, 開いた, 開いたのみ, 開けて, 附けたして, 離れて, 預けて, 飛ばして, 飛び吹きちぎられた栗, 黒くした

▼ 三~ (741, 0.5%)

17 の方 16 の顏 1311 は又 6 と云う 5 の頭 4 の傳, の入唐, は大いに, は少し, は暫く, は水月, は自分, を見る

3 [17件] が聞く, が言, の傍, の家, の心, の手, の時代, の許, はそれ, は中, は京都, は人, は十風, は我, は答, は覺, も亦

2 [59件] が, が印度, が大, が支那, が景淨, が金剛智三藏, が開, と特別, と申す, に, に挨拶, に逢っ, のこと, の入寂, の友人, の想像, の懐, の机, の法統たる, の爲め, の生, の目, の耳, の脇腹, の顏色, の鼻, はきく, はさつき五十嵐, はどうして, はまだ, は今, は何だか, は初め, は初めて, は只, は困, は困つた, は尚, は慌て, は或, は日本, は時々, は氣, は漸く, は狼狽, は獨, は考へた, は行李, は言, は開, は頭, は驚い, は驚きまし, は默つて, や不, や金剛智三藏, を導く, を見, 不空三藏

1 [472件] かえ, からこの, から二十錢, から内所, から甘露, がお若, が中, が主として, が乘, が五印度, が京都, が作藏, が來, が入唐, が入唐以前, が其の, が初めて, が十風, が南北印度交通, が口移し, が同じく, が國王派遣, が天子, が將軍米准那, が居つた, が帰る, が廣州, が後, が懷, が或, が朝顏, が枕許, が歩く, が歸, が歸つて來, が法外遲, が活動, が渡天, が漸く, が熱心, が玄關, が生れた, が矢張り青色, が示寂, が立, が綿, が羅, が聊, が聞いたら, が袖, が見にく, が見上げた, が車中, が這入, が重ね, が長々, が頻りに, が頼みこんだ, が驚い, が高野, それから斯様, だの云, だよ, だ己, てえば, であつ, であるが, ではない, で不空金剛三藏, とある, という質屋, といふもの, とがこれ, とが居る, との話, とは一旦, とは十風, とは同行, とは或, とは歸つて來, とは毎日只ごろ, とは表, とは金剛智三藏, とチャン, と云, と十分許, と將軍米准那, と快, と申しまし, と相談, と細君, と言う, などにサンスクリツト, などの氣, にお, にさした, にし, にした, につぐ, には, にはわからぬ, にはわから無, にも其の, にも善, にも師事, にも強, にも酌, によつて互, にコーヒー茶碗, に傳, に出合つて, に取, に審判, に就き, に怨み, に此, に目禮, に眼, に突き出す, に紹介, に言, に貸し, に迷惑, に逢った, に關, に集まる, のやう, の上足, の乘, の代り, の住, の作, の來朝以來一行禪師, の俳諧的生涯, の入寂後, の其傍, の処, の出生, の初心, の功, の南印度, の南海寄歸傳, の南海寄歸内法傳, の句, の問うた, の坐る, の大, の妹, の密教, の師, の師事, の後姿, の御, の思ひ, の愛讀, の手土産, の教化, の時, の母, の求法高僧傳, の父, の生れ, の生家, の盃, の相手, の眼中, の硯箱, の碑文, の種姓, の聲, の肩, の腑, の膝, の膳, の茶, の茶碗, の表兄, の見る, の譯, の贔屓, の足, の部屋, の金襴, の間, の音, の飜譯, の首筋, の高風, はあ, はあまえた, はいつた, はいふべき, はお, はかしこ, はこの, はこれ, はこんな, はさう, はその, はその大きな, はそれでは, はそんな, はた, はぢ, はつか, はつく, はどうも, はなつかしい, はなんだか, ははつ, はふら, はほ, はまごつい, はまぶしい, はもともと, はも少し, はをかしく思, はコップ, はラムプ, は一人, は一册, は一寸, は一寸立, は一日, は一昨日手紙, は一番あと, は一言, は一週間, は三藏, は下, は不思議, は乾いた, は事, は二月, は五十嵐, は京極, は今宵珍, は今度, は今朝, は以前獨逸語, は伊豫尋常中學校, は何かと, は何とも, は何処, は何心, は何處, は佛教, は俄, は保護人, は俳句, は俳句其, は傍, は兄妹, は全く, は六十幾番, は其, は其五十嵐, は其俳話, は其前日十風, は其夜三人, は其夜渥美, は其尼, は其後一年間, は其後姿, は其手紙, は其日新聞, は其繪看板, は其翌日三角, は其葉書, は其足, は内, は凝視, は別に, は前後左右, は加藤, は北印度迦畢試, は南天竺, は南天竺將軍米准那, は博覽會雜記, は印度, は受け, は受けた, は受け取, は右手, は同居, は呪, は哀れ, は喉, は喜ばる, は四五日無沙汰, は四年級, は國, は國許, は執拗, は増田, は女郎, は妙, は婆羅門種, は嬉しく, は宿醉, は寧ろ, は少なから, は居た, は屡, は己, は希臘羅馬, は帽子, は幌, は幼少, は彼, は心, は心地よく, は心細い, は思はぬ, は思ひ出しつ, は恐る, は恭しく, は意外, は感心, は戸, は手紙, は持ち, は掛茶屋, は文學者, は既に, は昨日夫婦連れ, は晝寢, は曩, は更に, は最前, は最早, は會釋, は朝, は朝飯, は李堂, は東山, は松山, は格別氣, は梅ちやん, は梵語, は極まり, は横町, は此, は此一月許, は此時, は此牡丹, は此狹, は此間, は歸途, は殆ど空席, は気, は淋しい, は源平盛衰記, は灌頂國師, は獨逸文法, は獨逸語, は畏敬, は盃, は益, は直ちに, は眞赤, は眞面目, は瞬き, は突然, は立ち, は立止, は第, は筆蹟, は答える, は素直, は細君, は終に, は羨まし, は聞いた, は聞く, は育英會寄宿舍, は臺所, は茶, は茶店, は草鞋, は蒲團, は蓬亭, は蘇生, は處女作, は血液, は行かなかつた, は覆つた, は見る, は言つた, は謠曲大原御幸, は豫期, は貞元四年, は財布, は起上り, は躊躇, は近くなつ, は迦畢試國, は逆ら, は進ん, は運座, は道, は醫者, は鋭鋒, は間, は露伴, は面白い, は面目, は頻り, は題, は飛び出, は飽迄, は體中, は鶴子さん, は默つて二人, ばかりである, も, もお, もゐる, も中, も其以上, も加藤, も同じく, も大概毎晩, も密教, も心配, も招かれた, も散々, も是, も時々, も次の間, も水月, も無い, も筆, も言, も遂に, も默つて, や將軍米准那, や牟尼室利三藏, や米准那, や覩貨羅國, よりは成績, より以前, を刺戟, を助け, を壓服, を好いたらしい, を子供扱, を怨む, を悪, を扶, を指した, を振り返, を振返つた, を推, を支配, を敵, を此処, を牽きつけた, を目, を經, を見上げ, を見下し, を見逃がし, を誘ひ, を蹶落し, を迎, を迎え, を通して何等, を驚かした, 其の人, 故白洲, 次いで不空金剛三藏

▼ 三時間~ (736, 0.5%)

13 の後 7 も四時間 6 か, か四時間, のうち 5 というもの, にし, ばかり行乞, も前 4 あれば, の間, ほどし, もたった

3 [17件] おくれて, かかって, たって, たてば, でも五時間, に亘る, の中, ばかりの間, ほど前, もある, もか, もしたら, も待った, も経った, も経つ, を費した, 置きます

2 [44件] ぐらいで, ぐらい経過, しか泊らない, しか眠らない, たつと, だ二時間, でも四時間, で充分, で行ける, なん, に亙っ, ねかして, のちがい, の余, の労働, の登り, はかかる, は汲めない, ばかりし, ばかりめ, ばかり省, ばかり遊ん, もおくれ, もかかっ, もじっと, もする, もすれ, も寝た, も待たなけれ, も教壇, も暮らさなけれ, も続く, も續, や五時間, をすごした, を要する, を費し, 休むと, 坐り込んで, 待っても, 立つと, 第六日, 第四日, 縮める為

1 [523件 抜粋] あったらお, あつた, あまりあります, ある, あるいて, あるいは六時間, ある二時間, いる間, いろ, うとうとした, おきて, お相手, かかった事, かかった後, かかりました, かかります, かかりますやろ, かかり青山, かかるか, かかるのに, かけて, から二時間, から四時間, から四時間位, か三時間半, か多く, がどれ位ノロノロ, が好かつた, が續, くらいきり, くらいし, くらいしか無い, くらいずつ愚痴, くらいもたった, ぐっすりと, ぐらい, ぐらいあれ, ぐらいずつも楽しく, ぐらいで行ける, ぐらいな, ぐらいはいつも, ぐらいは夢中, ぐらいも漕いだ, ぐらい会える, ぐらい漫然と, ぐらい突っ, ぐらい費やされた, こうして身動き, この作業, この物質, この箱自動車ごと僕, さいて, しかございません, しかねなかった, しか効果, しか無, しか無い, しか猶予, したらカフエ・リツツ, したら僕, したら家内, してから, しや, じゃ来られねえや, すごす, ずつかけれ, ずつは早く, ずつクリストフ, ずつ三日間, ずつ働い, ずつ博士, ずつ幾何, ずつ教師, ずつ毎夜授講, ずつ自修, そのあいだ, たたなければ, たったの, たったら寝台車, たった後, たてつづけに, だ, だからって, だけかかる, だけでも自分, だけ寝ます, だけ聴い, だったの, だつた, だとか, だろう, ちかくかかるらしい, ちかく調べられた, つづいた, であった, であつ, でおい, でここ, です, ですね, でできる, でもここ, でも一室中, でも否, でも坐っ, でも姿勢, でも布衍, でも平気, でも散歩, でも時, でも話, でも話しこんだ, でも開場, で五時半, で來, で全部売り切れ, で出来る, で固まります, で塩, で帰れ, で日, で此, で死んで, で済む, で焼き尽される, で着く, で着陸, で破風, で繊維労働者, で行っ, で通っ, で運ん, で魚籠, というふう, といふの, とたたない, とたっ, となつ, とは続かな, と二十分, と何十分, と歩きます, と見, などに執る, なりの間, なり四時間, なり委せよう, なれば, にかれ, にこうすらすら, にしかならない, にすぎなかったろう, につけとく, になった, にもなる, にも亙る, にも思われた, にわたって芸術, にわたりまるで, にわたる熟慮, にわたる長講, に一回転, に一息, に三百六十度, に亘っ, に亘った, に値切られ, に及べり, に思われる, に渡る, に短縮, に足りない, に近い, ねた, ねたか, ねて, ねむらせて, のあいだ, のあいだわたしたち, のあいだ雷, のおなじみ, のつかい, のわずか, の交代時間中, の休息, の勉強, の勤務, の差, の後彼, の手間, の授業, の旅, の期限付, の汽車, の注意, の演説, の漫歩, の睡眠, の経過, の經過, の自由行動, の航, の行程, の訪問, の講義, の辛抱, の農村, の間人, の間聴衆, はある, はあるだろう, はうめきつ, はかかりましょう, はかかります, はかかりませう, はこ, はごく, はたっぷり, はねむられ, はのろのろ, はひどく, はぶらぶら, はもっ, はもの, はやつ, は充分, は博士, は大丈夫, は女, は家, は少し, は工場学校, は彼女, は昔, は暇, は眠れ, は眠れない, は私, は経った, は経過, は舟旅, は速, は過ぎた, は黄金, ばかし前, ばかり, ばかりからかっ, ばかりしゃべりつづけ, ばかりすぎた, ばかりそんな, ばかりで, ばかりといふ, ばかりとりとめなく, ばかりのあいだ, ばかりのところ, ばかりののちホテル, ばかりの後, ばかりの汽車, ばかりの短時間, ばかりはなれた, ばかりは狂, ばかりも待ちくたびれた, ばかり一しょ, ばかり右岸, ばかり寝, ばかり川尻町行乞, ばかり市街行乞, ばかり彼, ばかり待っ, ばかり後, ばかり昼寝, ばかり牛, ばかり相談, ばかり経つ, ばかり費やし, ばかり門内, ばかり麓, ほどい, ほどしか眠らず出かけ, ほどじっと, ほどする, ほどすれ, ほどたった, ほどで帰宅, ほどで烏帽子小屋, ほどねた, ほどのしんぼう, ほどのところ, ほどののち, ほどの辛抱, ほどの間, ほどひとり, ほどまえ, ほどもかかっ, ほども世間噺, ほども歩い, ほどよこ, ほどよる, ほど停車場前, ほど北上, ほど寝ころん, ほど川, ほど彼, ほど待っ, ほど歩いた, ほど歩き, ほど泣い, ほど煮, ほど眠った, ほど眠り得る, ほど眠る, ほど禁断症状, ほど経ちます, ほど置い, ほど置きます, ほど裏, ほど馴染んだ, まえに, また一里, また三里ひき, も, もあらふ, もあれ, もうつら, もう二時近くなつ, もかかった, もかかつ, もかかり, もかかります, もぐうぐうねむりつづけている川上, もことこと, もこの, もしたら死ぬでしょう, もしゃべっ, もそう, もその, もた, もたたない, もたたなけれ, もたって, もたつ, もたつたら, もたて, もつづけね, ものながい, もの大, もの長い, もぶつ, もぼんやり, ももませ, もやる, もわめきつづけた, もアレコレ, もシーツ一つ, もテーブル, もフライ, もマジリ, も一軒一軒, も不時停車, も乗り廻す, も二人, も五時間, も人々, も休み, も働いた, も働かせられ, も働ら, も出, も午後, も同, も坐り込ん, も垣根, も婆, も子供たち, も家人, も寐, も居られた, も帰っ, も帰りゃしない, も張る, も待たされ, も待っ, も打ち, も打ち続けた, も打っち, も掘る, も掛かっ, も掛かる, も早く, も時, も時間, も止まっ, も歩き, も歩き廻った, も歩く, も死闘, も湯, も潜っ, も王, も眼, も空腹, も立, も経っ, も続いたろう, も置く, も腰, も見, も近廻り, も連れ立っ, も遅れた, も遊ん, も錨作業, も長座, も離れる, も零下二十度近く, も震え, も頭, も飲みつづけ, も高い, も黙, やって, やらされる, や四時間, や四時間後, ようやくこれ, ようやく私, より眠っ, より長い, らしいの, をすごし, を下宿, を余し, を多く, を実によく, を慌ただしい, を神, を経, を経過, を費さない, を費す, を送らう, を通じて村, を過ごす, を過した, を過す, ウトウトした, 乃至五時間, 休みますと, 休んだため, 休んだという, 即ち一萬八百秒, 寝て, 寝るん, 帰らないからと, 廻って, 待たされた, 待たされたわけ, 待って, 待つたつて, 待つの, 待つもの, 拭きすました紫檀, 放って, 教えて, 暮らして, 書いた, 来れば, 歩いたの, 漬けて, 煮たが, 煮詰めると, 眠ったわけ, 眠って, 眠る, 程あります, 程ずつ夕刊, 程は十八節, 程会った, 程汽車, 程眠った, 立ちて, 立って, 第五日, 経って, 経っても, 続いた, 置いた後, 置いて, 置くと, 見ただけ, 課すること, 走っても, 逢った後, 進めて, 遅らした, 遅れて, 過シテ来テクレ, 隔てて, 食っちまった書き上ると, 駈出して

▼ 三十年~ (705, 0.5%)

40 も前 20 の間, ほど前 16 の昔 13 も四十年 9 も昔 8 たって, も以前 7 に近い, の歳月 6 このかた, にもなる, の後, の春 5 のあいだ, の今日, の生涯, ばかり前, も経っ 4 になる, にもなります, もか

3 [13件] という時間, のこと, の年月, の月日, の生活, の長い, の頃, まへ, もたっ, もまえ, も住ん, を記念, 程前

2 [48件] から三十二年, か四十年, ちかく前, であるが, では, という, というもの, にし, になっ, になります, に亙る, に入る, に及んだ, のむかし, のもの, の一月, の九月, の体験, の働き, の四月, の夏, の星霜, の歴史, の清節, の辛抱, の長き, ばかりも前, ほど以前, もかかっ, もその, もたつ, もの間, もぼく, も五十年, も使っ, も働い, も夫婦, も奉公, も安全, も後, も御, も経たない, も雲水, を経, を経た, 住んで, 続けて, 近い歳月

1 [361件] あるいはそれ以上, あるいは五十年, あるん, いたずらに青春, いや二十年, いや四十年近く, うっかりと, かかったわけ, かかって, からになる, からゐる, から三十二, から六百六十八年, から四十年, から株, から連れ添う, か三十五年位, か五十年, か四十年世の中, があいだ, が二十年, が二度と, が程, くらいは監獄, くらい生き, ぐらいと今度, ぐらいはごく, ぐらいはもつ, ぐらいまでの世の中, ぐらい前, このかた使つて來, このかた毎日腰, この方, この方急, この時, この街道, この鎌倉, しかない, しか経たない, したならまた, して, じゃない, すると, ずッ, その論, たちました, たったいま, だ, だから, ちかくたけ, ちかくなります, ちかくも, ちかく互, ちかく日本, であったか, である, でいい, ですね, でその, でも四十年, でも毎日, で子規, で行われた, という年, という歳月, という老, といえ, といふ新劇俳優, といふ漢文, といふ黄いろ, といへ, とか五十年, とし, としても四百年, とちゅうでわが最愛, とは二つ, とは好く, とは経たぬ, と云, と云え, と云つたの, と材, と申す, と研究練磨, と経つ, と続いた, と覺, ないし四十年, なのに, なり, なりの月賦, にあまる, にいたり, になったら, にならう, には二十三万四千戸, には保, には内閣, には勘弥以外, には子規, にもなろう, にもなんなんとする, にも劣らぬ, にやお, にわたっ, にわたるファン, に一度, に亙, に來, に全国絵画共進会, に出で, に創立, に及ん, に徳政令, に新, に於ける, に日本, に東京, に架け換えられた, に生れ, に発表, に至って, に薨去, に足らぬ, に較べれ, に近き, に遂に, に鑑三郎, に雑誌, に面目, に韓, の, のうち, のお, のころ, のながい, のひる, のほとんど, の一月三日, の七月, の三月, の上, の不孝, の久しき, の二月, の五月, の五月末, の今, の今日記念, の余, の余憤, の八月, の兵糧, の冬, の初め, の前, の劇界, の努力, の半ばころ, の夢, の太平, の学究生活, の学窓生活, の學問, の帰省, の年, の彷徨, の心, の探究, の新, の新年, の方, の日子, の日本, の日記, の春上京, の春明治座, の期間, の正月, の永い, の清徳, の清貧, の生んだ, の生命, の生計, の略史, の短, の短い, の祝典, の私, の秋, の経験, の育英事業, の自身, の苦心, の輝, の近い, の運命, の過去, の道程, の違い, の長, の間それ, の間安穏, の間影, の間朝夕, の間校長, の間私, の頃僕麹町一番町, はかかつて, はかなり, はさておき, は優に, は古い, は大丈夫ダ, は既に, は明治二十一年, は最大, は歌舞伎座, は生き過ぎ, は経過, は続けなけれ, ばかりのあいだ, ばかりの昔, ばかりの生活, ばかりの軍人生活, ばかり大, ばかり後, ばかり昔, ばかり続いた, ばかり郷里, ほどにもなりましょう, ほどの昔, ほどの歳月, ほどの間, ほどまえ, ほども前, まあ三十年, まえの, まえまだ, までの被害三千五百万円, もあと, もお, もかけはなれた, もこ, もこらえ, もさまざま, もしたら, もすれ, もたった, もっとにも, もつれそい, ものあ, もの前, もの昔, もの歳月, もの間研究, もはたらいた, もひとつ家, もまめ, もむかし, もアメリカ, も一年, も一緒, も住み, も使い古した, も使った, も修理, も先, も入った, も冷凍球, も功夫参学, も勤めた, も古い, も同じ, も国境, も大阪, も居ります, も己, も年々, も応分, も恐しい, も掃除, も掛つた人, も攻めた, も新堀, も早く, も時代, も机, も来る, も東京暮し, も機会, も此, も生き, も生存, も生活, も碁, も秘密部, も節操, も経った, も護っ, も過ぎる, も遡らなけれ, も鉄砲打, も鉄道, も銅, も長く, も風雨, も鳴らし, も龍麿, や五十年間, や四十年, より三十九年, ゐたとしても, ゐても, をありし, をその, を一時代, を出でずし, を算, を経過, を費やした, を超える, を越した, を過ぎざれ, を閲せ, を隔て, 一度び, 一旦汝ら, 乃至四十年, 勤めて, 待つて, 思へば, 振で故郷, 新小説, 旧十一月八日, 早かった, 暮して, 未だいちど, 生きようとは, 生きられたところ, 程になります, 程を經, 経った, 経ったとこそ, 経ったの, 経ったばかり, 経った今, 経って, 経て, 若かつ, 若くば, 越し白山, 迄の文学精神, 近い今日, 近い月日, 近う過ぎました, 近くなろう, 這い廻り続けたらどんなに, 通じて, 過ぎた今

▼ 三~ (616, 0.4%)

18 の壁 15 です 13 の上 8 にわかれ 6 から火, に別れ, に載せ 5 に分れ 4 にのせ, の幕 3 にある, にはむかし, に山, に散っ, の御, は山, へ

2 [35件] からこの, からじりじり, からどっと, からバラバラ, から三ツ, から五六人, から人間, から取り囲みました, から取巻いた, から彼, から攻撃, から電車, でした, にお, には屏風, に別れた, に古りたる, に垂らした, に盛り, に突, のすみ, の中, の屍体, の山, の海, の登場, の窓, の類, は壁, は猛火, また信仰, より相, を囲まれた, を山, を本箱

1 [440件] あいて, あけつぱなし, いらつし, から, からあ, からあらわれた, からお, からかけつけ, からかこむ, からかため, からかぶさりかかっ, からこれ, からすでに, からせまる, からその, からそれ, からたてかけた, からつかん, からとりかこん, からとりで, からべつ, からもみたてられ, からアーケード, からサッと, からサツ, からパッ, からメリメリ, から一ぺん, から一度, から三通, から不思議そう, から二十幾人, から仙太, から來, から信, から兵助, から包まれた, から取, から取りまかれ, から各, から合羽, から向い合っ, から君自身, から吹き寄せられる, から呂布, から問い詰められ, から囲う, から囲ん, から囲爐裏, から城太郎, から堤道, から女王, から姿, から寄っ, から寄合, から封鎖, から射つ, から小さな, から広場, から引, から引っぱり合っ, から彼奴, から彼等, から怪人, から息, から描く, から攻め, から敵, から曲者, から来た, から機関銃, から源明峠その他, から火の手, から燃え, から狙, から狙い打, から猛, から現われ, から真黒, から突き出した, から突撃, から競いかかりました, から競いかかる, から縁日, から自分, から薄, から見はっ, から調べ始めました, から護衛, から谺, から起った, から迎えた, から近く, から近く寄つて來, から迫っ, から進路, から郷民達, から野嵐, から集ツ, から鼓, か四方, がお出で下, がつぎつぎ, がどうやら, がひどく, がよろこびます, が三つ四つ, が山, が招待, が据え, が昔, が殆, が現れた, が現れたら, が硝子戸, が高い, だけで, だけのこっ, だけの立ち木, だけ吊った, だけ圍まれ, であつ, では, で行われた, という形, ともかべになっ, ともがらんどう, とも一二枚, とも引き, とも御, とも本, とも板, とも羽目板, と屋根, と書く, と結婚, と試合, なの, に, にあっ, にうち, にかけつらねたる, にかわらけ, にこの, にすそ, にせり, にちりちり, につき出し, にのせた, にのっ, にのっかっ, にはお巡りさん, にはすべて, にはまつ白, には中庭, には二間, には季節, には實, には濠, には用意, には祝入営竜巻雪太郎君, には竹, には薄墨色, にひらけた, にみられる, にめぐり立て, にゆるやか, にわけ, にわたるカラ濠, にマゴコロ, に三人, に下っ, に下山, に丹塗, に乗せた, に二千兩づつ, に人数, に仕切った, に付い, に何, に候え, に充分, に出, に分け, に分れ立ち, に別れました, に別れ別れ, に別れ去らうで, に別れ去ろうで, に割, に向い, に向け, に四ツ宛, に四五米, に土人達, に垣根, に埋伏, に城壁, に堆く, に嫌疑, に尖った, に居流れ, に峯, に床, に建繞, に引かれた, に手, に拡がつ, に掛け渡した, に散った, に散りました, に敵, に映り合った, に板, に桟敷, に涙, に深い, に渦, に煌, に盛り上げ, に眼, に砕き, に積み立て, に積んだ, に窓, に立っ, に立った, に立て, に続い, に置忘れた, に腰掛, に舗石, に見, に設け, に認識不足, に走つ, に載っ, に適宜, に配り, に配置, に鉋, に長い, に門, に開い, に開き分れ, に離れ, に頭, に飛び別れ, に高い, に高く, に鼎足, の, のうえ, のお, のどれ, のほか, のワタツミ, の与党, の会合所, の入口, の口, の名, の土器, の境, の外, の女, の姫さまたち, の家臣, の小判, の山岸, の崖, の嶮, の帰る, の心気顛倒, の攻勢, の敵, の文字ばん, の早馬, の柱, の桟敷, の煉瓦塀, の用意, の甲板, の町はずれ, の眼界, の硝子戸, の硝子窓一面, の縁, の縁側, の羽目, の腹心, の落武者, の街道, の要害, の覆い, の見所, の諸, の路, の軍勢, の道, の部屋, の隅, の電車, の露路, の鞭, はお, はかべになっ, はぐるり, はこの, はつぶ, はふさがり, はまばら, はみな重々, はキッ, はコンクリート, はコンクリートの, はスッテンテン, は住吉神社, は分厚, は剣, は大, は天井, は奇しき, は巨大, は平, は広い, は広やか, は建物, は得斎塗り, は悉く, は日本風, は旧約, は明り障子, は曠野, は本箱, は板壁, は林, は此島, は比較的, は海, は深い, は濠, は王蛇, は田圃, は皆, は皆山, は皇太子, は硝子障子, は絶地, は翠峯青嶂, は脚下, は見通し, は遠く, は遮られ, は郭門, は高地, へいよいよ, へばらばら, へむかっ, へ不規則, へ分れ, へ坐った, へ垂れ, へ嫁, へ岐, へ平凡, へ張り, へ押し寄せた, へ振飛ばし, へ散らした, へ渠, へ突き廻し, へ約束, へ脚, へ詰っ, へ身, へ返し, へ道, へ釣るし, へ開き, ほどになっ, まで一度, まで毛利家, もお, よりの立体戦, よりもはるか, より北上, より同じく, より手, より清須城, より見られる, より闇夜, より雪, わかれの, をかかえる, をぐるり, をご覧, をささげ, をすえ, をその, をとりまいた, をとりまかせた, をとり囲む, をとり巻い, をまわっ, をめぐらされ, をカウンタ式, をカーテン, を出さなくなった, を切り裂かれ, を占め, を取りまかれ, を囲い, を囲まれ, を固めい, を圍まれ, を壁, を守つて, を幾分, を廻廊, を廻廊下, を怖, を手, を捧げ, を溝, を立てこめ, を縁どっ, を繞, を見込んだ, を賜, を防空壕, ヲ塞ガレ, 共に退, 包み鉄刀, 取巻いた泥沼, 同時に起つ, 囲まれた上, 大きな蒲, 或ひ, 折り放しの

▼ 三度目~ (608, 0.4%)

109 の正直 8 である 6 か四度目, です, に, の時, は 5 にまた 4 だが, にお, には, の夏, の正月 3 だぜ, だった, の使者, の声, の火事

2 [48件] が最後, だから, だと, ですよ, なの, にたまりかねた, になる, には十本許, には已, には座敷, には蝦, に会った, に來, に兄, に八五郎, に力, に声, に日本, に来る, に私, に聴き, に致命的, に芒, に行った, に送る, の, のあの, の同じ, の報告, の外国行, の大, の妻, の応召, の手紙, の手術, の旅, の日曜日, の爆発, の琴, の登山, の結婚, の襲撃, の記憶, の質問, の辱, の音楽会, は今夜, は正月十八日

1 [415件] かだった, かだつた, からもうそ, がこの, が一番, が大変, が天満組, が定, が愈々, が比較的, くらい, くらいに訪ねた, ぐらいです, こそは妾, さ, じゃ, じゃといわれ, じゃない, じゃ忝, だいくら, だか, だけれど, だこんど, だっていい, だって可愛, だなん, だね, だねえ, で, であった, であるが, でいつも, でおまけ, でご, でしょう, ですが, ですがね, ですわ, でそう, では, でも子供, で前, で鈎, といううち, という田川君, といったの, といふ不吉, とかの途中, となれ, と半兵衛重治, と見, なので, なん, にあなた, にあの, にいよいよ, にいらっしゃる, にうち, におこし, にお里, にぐるり, にこう, にこそこそ, にこれ等三つ, にこんな, にじ, にじだんだ, にすぎなかった, にそう, にそうした, にそこ, にたいがい穴, にて妙義山, にどう, になった, にはいった, にはお, にはこっち, にはこんな, にはじめて, にはそう, にはついに, にはひょうッ, にはまた, にはまたもや, にはやっぱり, には亡き骸, には余り, には六, には力一ぱい, には十手, には半々, には右側の, には大穴, には学校, には引きさかれる, には御, には怖, には怖気, には思ひ切つ, には抵抗, には擦違っ, には注意, には玄人, には甚助, には肩幅, には腰, には身, には逃亡, には馬, にひどく, にも川, にゃア忘ア, にやっ, にやつ, にようやく, にわが, にサツマ, にホテル, にランチ, に不通, に中房川, に丸太格子, に会うた, に促す, に入, に入った, に入国, に其処, に再び, に出す, に出会った, に出会つたの, に加奈子, に同じ, に否定, に呼ばれた, に命, に問う, に四階, に女性, に嫁いだ, に小さな, に少女, に尼提, に帰国, に帰省, に平次, に広子, に床, に引き出し, に引っ掛かった, に引越した, に彼, に得三, に御門内, に徳川二代将軍秀忠, に戴いた, に手, に手代, に投げよう, に掛合った, に掛合つた, に敲いた, に更に, に書いた, に最後, に望み, に未だ, に来た, に棒, に樺太, に水, に法王, に津田, に流行性感冒, に清水, に火, に灸, に熊, に父親, に特に, に男, に発光路, に白い小さい, に目, に直させた, に真田, に眼, に着替, に着替えた, に立たなく, に立ち止った, に笑った, に米友, に結んだ, に結婚, に繰り返した, に美作, に聖堂裏, に聞く, に聴いた, に致死量, に蝶, に行つた時, に見た, に見る, に訊いた, に読み返し, に起き直った, に迎い, に送つ, に這入れた, に逢, に逢つたの, に遣る, に階上, に電話, に靡い, に顔, に飛び上がっ, に飛び込んだ, に食いあげる, に食堂, に鳴る, のお, のお正月, のお湯, のこの, のそして, のそれ, のつぎ, ので, のびっくり, のぶり返しなれ, のもの, のわかい, のコーヒー沸, のステージ, のフロウナウ町行き, のヤトナ, の一喝, の一騎, の七月, の下宿, の不思議, の不運, の世帯, の乾杯, の二十哩, の任命, の休息, の会合, の会釈, の体当り, の使, の使い, の停留所, の入賞, の入院, の八月十五日, の冬, の凶報, の出會い, の出産, の刀, の勝利, の勝負, の包み, の参詣, の古い, の名月, の呼出, の呼声, の問, の嘘, の城, の天守閣, の失敗, の奇説, の奥様, の女房, の妊娠, の妙, の妙義登山, の妻岡西氏徳, の宇宙旅行, の定, の実に, の家出, の家庭, の審問, の対面, の山, の工場訪問, の年始, の年末, の弁当, の彦根行き, の急須, の怪事件, の息, の感情, の憲法保護, の戸, の打撃, の拍手, の掃除, の掛け声, の新田先生, の日曜, の日本訪問, の早馬, の明り, の暗い, の書き直し, の書簡, の月末計算, の樹, の檢束, の歌, の此路地, の母, の決心, の決闘, の注射, の注意, の洗礼名, の深川, の物音, の産月, の用意, の男, の発狂, の真っ向拝み打ち, の短篇集, の祁山出兵, の福井町行き, の秀吉, の私, の稽古, の稽古日, の筒口, の答辯, の精密, の紀元節, の細君, の結婚式, の総, の縁, の繰返し, の考え, の者, の胎児, の胎兒, の舌打ち, の花嫁, の若き, の血書, の見物, の視線, の解雇, の記, の訪問, の試合, の請い, の貝, の迎え, の逃亡, の連絡船, の邂逅, の酒, の鈴, の鉄拳, の鉄砲, の録音, の鎌, の鐵拳, の電話, の鬨の声, の黒姫, はあつし, はお前, はお松, はかれ, はこの, はただ, はとう, はどんな, はまた, はラップ夫人, は三人, は三時, は二度目, は二月七日開場, は何, は大, は大変, は我が, は櫻, は気, は物音, までもから手, もそれから, もやはり, よここ, をかける, をさまし, をしばたたいた, を吼えた, を繰返し, を負, 見知らない男, 誦した, 零しを

▼ 三四人~ (598, 0.4%)

13 の人 9 の子供 7 して, の男, の者, の若い 5 の声, の客, の武士 4 ある, の人間, の女, の家族, の若者, はある, 集って

3 [13件] いた, いて, しかいない, つれて, の中, の乗客, の人影, の友達, の女たち, の女給, の笑い声, の職人, はもう

2 [40件] あった, いました, かたまって, がそれ, で抱き止めよう, と一緒, と連れ立たれ, にてなす, のもの, の人々, の人夫, の先客, の反響, の同志, の少年, の幼い, の店員, の日本人, の知らない, の親戚, の跫音, の選者, の青年, の黒い, はいた, はいる, もある, も居る, 休んで, 入って, 出て, 呼んで, 多い時, 居た, 居る, 来た, 残って, 狩り出して, 薄暗い門口, 集まって

1 [386件] あったが, あつたらしい, あつまって, あつまると, ありました, あります, いちどに丹波, いやしてね, いる, おいて, および菓子屋, おりると, お連, かかって, かな, か五六人, か四, が, があった, がい, がいた, がう, がうずくまる, がその, がとび出し, がまた, がヒソヒソ, がユースタス, が一しょ, が一度, が一時, が三室, が低く, が何, が出来, が句切れ, が四本, が声, が居合, が左右, が懸, が手, が火鉢, が然, が男, が磔柱, が私たち, が立ちどま, が答え, が箒, が群れ, が聲, が腰かけ, が追, が駈けつけ, きめて, くらいしか乗客, くらいずつも乗り込む, ぐらいの力, ぐらい連れ, このウィンザア, ごろごろと, しかない, しか乗っ, しか居なかつた, しか居らん, しゃがんで, ずついた, ずつかたまっ, ずつが一組, ずつのっ, ずつの群, ずつはいっ, ずつは船, ずつ交代, ずつ幾組, ずつ廊下, ずつ次々, ずつ雪, たかって, たかってる, たずねて, だかで, だけで, だったそう, であった, であつ, でいずれ, でお, でさびしく, でしたたか, です, でひそ, でやって来, でトラック, で一個, で一冊, で何, で出しつ, で品川, で手, で抱える, で本, で私, で苦惱, で遊び, で飮ん, で騒いで, で麻袋, とかくれ, とか御用弁, とともに村, となった, となり, とび起きて, とパリ, と共に手燭, と共に高遠公園, と其他, と山車, と山遊び, と廻船問屋筋, と数, と窮屈そう, と連れ立つ, と順々, なら知つてるわ, にすぎず, にすすめてた, になつ, にも出した, に診察, に逢, に過ぎない, に過ぎなかった, のいづれ, のいなせ, のうち教師, のかかり, のがさつ, のそういう, のひと, のりこんだが, のユダヤ人, の不幸, の乘客, の人声, の人足, の仲間, の作, の侍, の侍女たち, の供, の俳優, の借金取り, の先達, の兵, の兵士, の力, の加勢, の労働者, の原士, の友, の友人, の友達附, の句, の同窓, の名前, の味方, の命, の土工頭, の堂衆, の売女, の大工, の大男, の奉公人, の女の子, の女中, の女中達, の女文子, の女達, の女郎, の奴ら, の妻妾, の婆さん, の婢, の子, の子ども, の子供たち, の子分, の子分共, の学生, の対手, の小, の小さな, の少し, の居候, の島, の工人達, の工夫, の強い, の影, の意見, の愛嬌者, の手, の手下, の手代り, の挨拶, の放免たち, の料理, の新しい, の最も, の朋友, の朋輩, の洋服男, の男たち, の男ども, の男女, の男達, の町人, の番当, の番頭, の異人, の百姓, の相手, の看守, の看護婦, の眼, の私達, の童, の端武者, の笑, の給仕, の綺麗, の群れ, の聲, の腕きき, の芸者, の若手俳優, の若衆, の葬儀, の覆面, の講演団, の足音, の軽輩, の遊び, の遊び仲間, の酔った, の重立つた, の釣り師, の鉱山, の門下, の間, の雑役夫, の雜役夫, の靜, の顔, の食事客, の駅夫, の高い, の鬼卒, の黒, はありました, はいっ, はいよう, はいるらしい, はきっと, はこれ, はそこ, はつい, はウツカリ, は並ん, は交つて, は入ったでしょう, は其處, は召使, は専攻科, は居る, は廻っ, は泊, は濡れず, は立ち去った, は立った, は船尾, は訣れ, は間もなく, は馬車, ばかりいり, ばかりを従え, ひっぱって, ほど駆けおくれ, まじって, みえた頃, むれを, も, もあつ, もう頭, もそれぞれ銃眼, もの人, もまあ, も一緒, も使っ, も出, も加わり, も大, も妓, も寝, も居たろう, も斬っ, も来られる, も笑う, も細君, も置い, も若い, やって来た, やって来たが, やって来てね, らしい, らしく聞える, ゐた, ゐるけど, をすこし, をも引連れさせ, を下らない, を伴う, を引連れ, を批評, を撃ち負かした, を無理, を相手, を見る, を除いた, を集め, バラバラと, パラパラと, 並んで, 付いたの, 代ったその, 何気ない体, 使って, 動いて, 呼ぼうじゃ, 固まって, 埋まって, 多ければ, 大きな蟻, 奉教人, 居たの, 居ますよ, 居りました, 居るそう, 居合せて, 座れる程, 或は七八人, 打ち連れて, 押掛け来り電話, 撃った, 来たと, 来て, 来ました, 次第にかたまっ, 残ってるよ, 涼んで, 炙串, 立ちふさがって, 立ち停つて, 立ち固まって, 組んで, 置いて, 行くならともかく, 行って, 見せて, 覗いて, 訪ねて, 詰らなさそう, 貸して, 赤い布, 走つて, 連れて, 連れ立つて, 連立つて, 隔てて, 集りまして, 飛び出して, 駈け戻って, 黙りこくって

▼ 三~ (531, 0.4%)

24 して 9 すると 7 です 6 のところ 5 か五分, とたたない, もたった 4 と経たない, もたつ 3 するの, たって, である, に尻, ののち, の大, も経っ

2 [38件] か, かの間, か四分, がすぎた, が一, くらいで, されて, そのへん, たった後, たつと, たらずであるが, だった, だと, であった, と云, と新しい, に見比べ, に過ぎなかった, のもの, の不安, は火鉢, ばかりし, ばかり舞台, ほど間, もか, もしない, もする, も五分, も経たない, も経たぬ, や五分, 延びて, 程の幅, 立たない内, 経ち五分, 経つと, 過ぎた, 過ぎて

1 [365件] あった, あった時, あります, あるいは六分四分, あるじゃ, あれば, いたかと, いまして, おくれるだけに, かあるいは, かかって, かかると, か入れ, か四分の間, がたつ, がとこ, がまだ, がもの, が二, が女, が室, が憲政会, が源冶店界隈, が空しく, が終つたの, くらいしか出せ, くらいだった, くらいにかける, くらいのもの, くらいの大き, くらいの大小二, くらいまことに, くれて, ぐらいかも知れません, ぐらいであったろう, ぐらいです, ぐらいで眠っ, ぐらいで行かれる, ぐらいで降り, ぐらいの土産, ぐらいの大き, ぐらいの深, ぐらいの符合, ぐらいの距離, ぐらいの魚, ぐらいは残っ, ぐらいやっ, ぐらいを除い, ぐらい一番下, ぐらい上, ぐらい眠っ, こういう時, この緊張, させ箇々殲滅, されるの, しかかからない, しかたたぬ, しかない, しか動い, したらあけて, したら何もかも, した中央, した天下, した頃, しつ, しては, し午前, し益州, すかして, すぎたとき, すぐ前, せられし, そのとき, その三分, たった, たったとき, たったらこの, たってから, たっても, たてば, たらずの, だが, だけいい, だけに願います, だけ植, だけ考え, だけ考へ, だそう, だったの, だつた, だまったまま, だまって, だろう, ちがって, づきくらいの, であった事, であつ, であると, であろうが, でいい, でか, できめる, でございます, でした, ですん, でその, でとまっ, でひょいと, でも持ち続け得たであろう, でやってきます, でわたしたち, で一千五百噸, で下り, で例, で切, で午後九時, で半熟, で問題, で失敗, で尽き, で本船, で来る, で校長, で残り, で泳い, で熱海, で爆発, で登れる, で百五十五個半, で立ち, で終った, で行き得た, で行ける, で買った, で馬返し, で馬鹿, という割合, という布地, という形勢, という東京地方, という物質, という近い, といったよう, といふところ, といふ気味, とうなだれる, とおっしゃった, とかいうの, とかからない, とか六分四分, とか四分六分, とたたぬ, とちがっ, となっ, とはかからなかった, とはかからぬ, とはたたない, とはつづかなかった, とは中津, とは経っ, ともかからなかった, と一日七千二百円, と云う, と十秒, と定めたい, と掘り出した, と時, と時間, と見, と記し, と過ぎました, どうも宜しく, なのに, なり, なれども, にからかい, にし, にその, にとどまるべからず, になっ, になつ, にまぜた, にブラ, に下っ, に出る, に切り, に劃, に化け物七分, に土合, に定め, に巻き揚げ, に帰, に引下げた, に握り占め, に来, に構え, に止った, に狙い, に畳み込み, に眺め, に睨み, に芋七分, に苅っ, に裳, に見下ろした, に見競べ, に見較べ, に足らず, のうち, ののちわれ, の厚, の大垣行, の気, の神経質, の聡明性, の計, の迷惑, はいい, はこの, はさえぎられ, はとても, はまったく, はスペイン人, は三人持ち寄り, は意識, は暇, は目, は社会階級, は遅れる, は邪慳, ばかりこれ, ばかりしか這入っ, ばかりです, ばかりのびた, ばかりの朱, ばかり前, ばかり咽喉, ばかり安心, ばかり延びてる, ばかり彼, ばかり待った, ばかり待つた, ばかり後, ばかり汁, ばかり菜蔬, ばかり進ん, ばかり黙, ばかり黙っ, ひらき一輪, ほどあつ, ほどここ, ほどする, ほどたちました, ほどたつ, ほどともりのこっ, ほどの厚み, ほどの間, ほどまでさしこん, ほどめくっ, ほどもか, ほどもたつた, ほどももぐっ, ほども身, ほどランプ, ほど削り上げた, ほど抜き上げ, ほど揚がる, ほど火, ほど経っ, ほど綻び, ほど過ぎた, まえに, までさげ, までに買い入れ, まで出, まで行った, も, もかからぬ, もかかります, もかかれ, もきい, もしたであろう, もしたら, もすれ, もせぬ, もそれ, もつづいた, ももぐっ, もゆさぶっ, も余計, も加, も増加, も居た, も歩い, も経った, も経つ, も考えた, も考へる, も遅れ, も遲, やって, や四分の早業, をへた, を占め, を基礎, を官, を患, を手帳, を指します, を最も, を浪費, を減じ, を示し, を翌年, を自分, デ奥カラ主婦ガ紅絹, ブラブラし, ブルブルと, 上げると, 乃至五分おき位, 乃至四五分の後, 付するを, 又五分, 咲いた躑躅, 咲きかけて, 咲き金鳳華, 喋り得たの, 小さな蝉ぐらゐあつた, 待たされましたから, 待ちましよう, 待ったが, 御辛抱, 早く出, 早く帰っ, 歩いても, 泣きじゃくって, 深い睡眠, 滑れば, 無くする知恵, 狭い監房, 着一時出発, 程ある, 程たつ, 程人, 立ってから, 立つと, 経った, 経ってから, 経つか, 経つたと, 置きに, 置き位い, 考えた, 考へた, 考へて, 芽ぐんで, 見つめて, 話しかけた, 話して, 話せば, 遅れたな, 遅れましたか, 過ぎた時分半紙, 鳴り続けたのみ, 黙って

▼ 三十人~ (525, 0.4%)

7 の人, の部下 6 に近い 5 も居た 4 の中, の武士 3 に及ん, の壮士, の客, の男女, もある, も四十人

2 [38件] が一度, が中, して, になり, に大判三十, のうち, のお客, の人影, の人足, の人間, の会員, の会員達, の兵, の土民男女, の女, の患者, の手下, の男, の留守軍遊隊, の群衆, の者, の若い, の覆面武士, の足軽, ばかりの人数, ばかりの男, ばかりの男女, ばかりの青年ら, ほどの人数, もあります, もいる, もどつと, も五十人, も人, も小さい, も居る, も押しかけ, や五十人

1 [398件] あって, ある筈, いた, いつも大声, いる男女, おろうと, かたまって, かねがね牢番, からの女中, からの店員, からブチ, から呼びまし, から四十人, から居たろう, か五十人, がおどり込み, がことごとく, がてんでに, がみんな, が之, が乗り組ん, が列, が助手, が広い, が散, が聖餐, が鱗, くらいそれ, くらいは発見, ぐらいあります, ぐらいかかっ, ぐらいかたまっ, ぐらいしかおらぬ, ぐらいだ, ぐらいで, ぐらいでした, ぐらいです, ぐらいに見える, ぐらいのごく, ぐらいの人々, ぐらいの人員, ぐらいはいます, ぐらいはみんなバクチ打ち, ぐらい一緒, こっきりであったなら捕縛, しか来ない, じゃから, ずつおい, ずつで, ずつの群, ずつほどの人数, ずつも往来, ずつ一団, ずつ乗りこん, ずつ二組, ずつ真夏, その婦女, だけ, だけ見せる, だけ選択, だんびら, で, でないと, で一丈青, で九千円, で二三度往復, で二円, で出掛け, で博士, で堅め, で売りあげ, で相手, で私, で駆け, とある, というばけ, というもの, といえ, とうち, とかたまっ, とか四十人, とつづい, となる, とは揃つて, とふやし, と伏鐘, と対談, と数, と束, と横浜, と死, と衆多, と醜業婦, と限, と隊伍, と集まった, どっと押し寄せ, ないし四十人, ならその, なり, なれば, にあまる, になったら, になる, にはさらに, にもなっ, にも上った, にも余る, にも及ぶ, によつて心, に一人, に一人位, に余んぬる, に倍し, に分配, に及んだ, に小筒, に敵し, に過ぎなかった, のお, のこの, のスパイ, のフランススパイ団, のミスたち, の人々, の人たち, の人夫, の人屋内, の人民栄養労働組合員, の仇討ちさ, の仲間, の住所氏名, の侍, の入院希望者, の兵卒, の兵士, の剽盗, の力士, の労働者, の労働者達, の半分, の友達, の可愛らしい, の同輩, の囚徒, の団体, の團體, の土人, の坑夫諸君, の士共, の声, の婦人代議士, の子供, の子分, の客人, の小隊, の少年たち, の巡査部長, の心理, の所番地, の手下たち, の抜き身, の擲弾兵, の文学者ども, の方, の日本人, の朝鮮, の木偶の坊, の法師武者ら, の生徒, の男たち, の男女生徒がち, の番士たち, の病死者, の白ハチマキ, の破門連, の粒選り, の精兵, の紳士たち, の組子, の美女たち, の臨時, の蛮卒, の蜈蚣衆, の見物, の証人, の講中, の赤松家, の足, の足軽小隊, の郎党, の郎党ども, の部下ぜんぶ, の部下たち, の門弟, の集まっ, の音楽愛好家, の頭, はあります, はいただろう, はいたであろう, はいる, はおります, はゐた, は如何なる, は家, は小糠雨, は彼, は必ず, は白襲, は続い, は自分, は赤丹, は集まらなく, は集まるだろう, は集會, ばかり, ばかりありました, ばかりあります, ばかりある, ばかりいた, ばかりおれ, ばかりが中毒, ばかりが輿, ばかりきちんと, ばかりずつの子供, ばかりそれ, ばかりで, ばかりと米村, ばかりにても動かし, ばかりになっ, ばかりのアメリカ陸軍, ばかりの一隊, ばかりの人數, ばかりの俘虜, ばかりの信徒, ばかりの匪賊, ばかりの婦人たち, ばかりの子供, ばかりの学生, ばかりの宴会, ばかりの小, ばかりの申し込み, ばかりの男打, ばかりの講習生, ばかりの賊, ばかりの軍楽隊, ばかりの青, ばかりは揃った, ばかりは銃, ばかりひとかたまり, ばかりひとつ精, ばかりも行った, ばかりをこなした, ばかりを持ち来たし, ばかりを送る, ばかり一団, ばかり上段, ばかり丸, ばかり出, ばかり参詣, ばかり嶮岨, ばかり席, ばかり技術養成, ばかり押しかけました, ばかり時には, ばかり玄關, ばかり私, ばかり芸者, ばかり討死, ばかり車座, ばかり集つて, ばかり鳶口, ばっかりが田圃, ほどある, ほどが幾つ, ほどが神輿, ほどが背中, ほどすぼまっ, ほどつれ, ほどな, ほどの侍, ほどの女, ほどの少年たち, ほどの手下, ほどの捕, ほどの掠奪隊, ほどの男, ほどの見送り人, ほどの記者達, ほどは巣, ほどを伴っ, ほど上った, ほど相手, ほど童女六人, ほど集まっ, ほど駈けつけ, まいって, または四十人, までの客, までは辞世, もあったろう, もあつ, もあれ, もあろう, もいた, もいたであろう, もつ, もならん, ものチノヴニキ, もの人, もの人間, もの嬖妾, もの支那兵, もの無垢, もの生徒たち, もの目, もの集団生活, もゐた, も三人, も妾, も姿, も山路, も手わけ, も持っ, も来, も来た, も死ぬ, も殺す, も男, も男ども, も真っ裸, も立っ, も続い, も置い, も落合つて飮, も要する, も跳びつい, も連れ, も集まっ, も集まった, も馬, も駕籠, や四十人, よこせと, ゐる酒場, をけふ, をこえる, をひき連れ, を乗せ, を信者, を兼ねたる, を切った, を召し連れた, を得た, を支配, を新た, を率い, を立たしむべき, を買入れ, を越した, を連れ, を選ん, を野寺, を附し, を限り, を限り食道楽者流, 乃至四十人, 互いに自慢, 出す, 列んで, 合わせて, 多いとき, 居ましたよ, 居るから, 来て, 死にました, 殺したと, 申し合わせたらしく性教育, 程で, 程の客, 程の者, 程の詩人, 程一人, 立ち掛りて, 続々と, 翌四十三年, 計五十人, 辛くも鎖した, 近い女, 近い年上, 近い御, 近い男女優, 近い頭数, 近い黒装束, 近かった, 集まって, 集めて

▼ 三分の一~ (509, 0.3%)

5 である, になっ 4 か四分の一, しかない 3 であると, にも足りない, に減らし, もない

2 [34件] から半分, か五分の一, がゆく, ぐらいのところ, だから, というの, ないしほとんど, にも足りなかった, にも過ぎなかったであろう, に当る, に減じた, に相当, の価値, の境界線, の裂, の財産, の面積, の高, はもう, は家, は父, は雪, ばかりのところ, ほどのところ, ほど分け, ほど残っ, または四分の一, も容易, も持っ, をその, を占め, を失っ, を失った, を本人

1 [411件] あるいはもつ, から八〇分の一, から良い, か二分の一, か残った, がつかりし, がふさがった, が女, が寝室, が怒っ, が曝涼, が本物, が標準, が死ん, が租税, が雲, くらい, くらいかける, くらいが出来, くらいしか持っ, くらいしか来, くらいな, くらいに今, くらいのところ, くらいのよう, くらいの小, くらいの距離, くらいはほんとう, くらいは蔽う, くらいまでくる, くらいより働かない, ぐらいが様, ぐらいずつ入り, ぐらいずつ蒸溜水, ぐらいだ, ぐらいです, ぐらいで赤い, ぐらいとおびただしい, ぐらいな人々, ぐらいな人間, ぐらいになる, ぐらいに減じられ, ぐらいに減らす, ぐらいのこし, ぐらいの働き, ぐらいの安値, ぐらいの道程, ぐらいの頁, ぐらいはいかにも, ぐらいはいまだに, ぐらいは割合, ぐらいを, ぐらいを占め, ぐらい死ぬ, ぐらい盗まれました, しかでき, しかなかっ, しかなかつた, しか出ない, しか工場, しか年, しか残らなかった, しか無い, しか生き, すなわち一二対一〇, すなわち一人, すら辿る, ずつを注意, ずつ縮んだ, ずつ耕作, それから内海, だか, だけ, だけに限られ, だけは綿, だけをそれ, だけ出し, だけ吸い, だけ実隆, だけ文明, だけ残し, だけ継立て, だけ遅れ, だと, だね, だろうね, であったろうと, であり混合年一〇年, であるいは, であるからと, であるという, であるオランダ, でだから, でも呉れよう, でも日本, でも記憶, で二百機サ, で他, で生き, で税金, という, ということ, という死亡率, という財産, といふ程, とかに落ち, とされ, と一二二分の一, と増加, と引替, と思っ, と認める, ないし四分の一, などという安値, なりお, なん, にきめられた, にさえ足らなかった, にし, にしか過ぎない, にすぎず, にすぎなかった, につい, になった, になり, になる, には出来ないでしょう, には無論, にまで伐り平らげ, にもならぬ, にもなりやせん, にもへらさなく, にも五分の一, にも当らなかった, にも減じた, にも満たず, にも満たなかった, にも行き渡らない, にも足らない, にも足らぬ, にも足りまい, にも足りますまい, にも足りません, にも達し, にも達しない, にも達しません, に上る, に上昇, に下落, に値切った, に出でず, に切詰める, に受けたらう, に増加, に対しては好むべき, に当, に当たる, に感じられる, に正解, に減じ, に減ぜられ, に減る, に當, に縮めた, に聴い, に討ちへらされ, に過ぎない, に達せ, のところ, のファン, の七百余頭, の人口増加, の仕事, の値段, の入りである, の六百機, の兵, の内, の分量, の割, の力, の土蔵, の安, の実費, の小勢, の懐かし, の所, の日数, の未完稿, の百五十円, の罰金取立て, の賃金, の距離, の部分, の金高, は, はあい, はあったでしょう, はあろう, はうっかり, はこの, はぜひとも, はその, はそれで, はなはだしきは, はね, はよも, はアフリカ, はサイダー, はハネ, はパルテノン, はベートーヴェン, はマイナス, は主として, は五郎, は人, は休み, は信者, は入口, は全く, は出来, は半, は大きい, は大学教授, は夫, は女, は好い, は婦人, は嬰児期, は子息, は尊氏, は尼, は成童以後生活, は暴動, は来よりました, は楓也, は死骸, は江戸, は泣き声, は深, は渋柿, は灰, は炊事場, は生活, は白刃, は白刄, は砂場, は確, は福建省, は空家, は自分たち, は茶器, は過ぎたでない, は遙, は適当, は部屋, は部屋部屋, は領下, は飢え死に, ばかりが中尉, ばかりが小さな, ばかりしかない, ばかりであります, ばかりでう, ばかりと残り二巻, ばかりの殺人的賃銀, ばかりの部分, ばかりの黒い, ばかりをさし入れ, ばかりを明るく, ばかり上眼瞼, ばかり下っ, ばかり手前, ばかり燃え尽した, ばかり自分, ばかり蒸発, ばかり進んだ, ばかり飲ん, ほどから上, ほどが京都, ほどが地面, ほどだ, ほどついだ, ほどで, ほどに散ら, ほどのそれ, ほどのぞい, ほどのみ干した, ほどの上, ほどの座, ほどの手, ほどの減り, ほどの湖, ほどの登り坂, ほどの賃銀, ほどの閑暇さ, ほどはその, ほどは織田方, ほどは食い込ん, ほどまで植え亙し, ほどまで踏み出した, ほども余計, ほども蔽, ほどやった, ほどを剥ぎ, ほど低く, ほど余し, ほど吸った, ほど手前, ほど書いた, ほど書いてる, ほど東洋的, ほど欠けた, ほど歩いた, ほど津田, ほど済ん, ほど牛蒡, ほど登る, ほど行く, ほど覚え込む, ほど通り過ぎ, ほど顔, またはしばしば, までの部分, までの養育費, まで燃え上っ, もあり, もそれ, もそれら, もちぢめられ, もできない, もなかっ, もはかどらない, もわからない, も仕事, も入らぬ, も出来, も削る, も売れず, も展, も戴い, も持たない, も持つ, も捗らない, も片づかない, も知らぬ, も聞かない, も覚束, も言い, も記憶, も話せない, も読まない, も読ん, も進みませぬ, やること, よりもまだ, より上, より漁獲, をお礼, をさだ子さん, をしめて, を与える, を今度, を以つて, を余した, を供せられる, を分け, を分ける, を切り落し, を削減, を占むる, を占めた, を占める, を名, を吸う, を唱え, を土間, を奪っ, を引き受ける, を成し, を持つ, を教育, を教育界, を書く, を此方, を減ずる, を焼い, を白き, を瞑目, を私, を経過, を芥川家, を草花, を補う, を見た, を課せられる, を貯金, を費し, を超過, を金貨, 乃至三分の二, 乃至四分の一, 仕上げた頃, 多きは, 失うと, 或は四分の一, 死んでも, 減ったからな, 約五十人, 見たら時間, 買った

▼ 三~ (498, 0.3%)

7 のところ, もある 6 の距離, 離れて 5 の家, の所, 行くと 4 ばかり向う, 離れたところ 3 か四間, しかない, の間, ばかりのところ, ばかり前, ばかり離れ, ほどある, もあろう

2 [41件] あるいては, か三間半, くらい二階造り, さきでかう言, しかない狭い, しか離れ, つづきの, であったという, で特別, とは離れない, と行かない, と離れない, に四間, のかなた, の大, の大き, の小さい, の小さな, の部屋, の間隔, はなれた, ばかりこっち, ばかりの家, ばかりケシ, ばかり先, ばかり離れた, ほどの垣, ほどの幅, ほどの距離, ほど先, ほど向う, ほど離れた, も五間, も夜川, やり過してから, ゆくと, を隔てた, 歩いて, 進んで, 隔てて, 離れた所

1 [343件] あった, あって, あつち, あり, ありました, ある, あるいて, あるか, あるほか, あるらしいが, あるアンテナ, ある平屋, いくと, おくれた, おくれて, かそれ, からあります, からも上, から四五間, か四間ぐらゐの, がぶっこぬかれ, が私たち, くらいと思われる, くらいの砂利, くらい胴, ぐらいしかない, ぐらいだろう, ぐらいで, ぐらいにうねりくねっ, ぐらいの一軒だて, ぐらいの作事小屋, ぐらいの大きな, ぐらいは距, ぐらいまで延す, ぐらい前, ぐらい普通二間, ございますが, さらに三間半, しかなかっ, しかなく, して, ずつは必ず, ずつよくもこんなに, ずつ相続き, そんなにも, たっぷり離れ, たらず, だけまだ, つ, つつつつと歩い, であった, です, でも四間, でも書き続けた, で中央, で六畳, で家, で家賃, で平氏門, で平生, で時, で波打ち, で自分, という木造平屋, とない, とはあるまい, とはない, とはない深, とはなれぬ, とはへだたぬ, とは歩かなかったであろう, とは泳げません, とは進まない, とは隔, とは離れ, とは離れません, とぶこと, ともとっ, とも歩, と二尺, と二間半, と思われ, と綯っ, と距離, と通り過ぎ, と陣どっ, と離れ, ならば, なり, なりバラバラ, にし, になっ, になった, にも足跡, にも達する, に一箇所位, に七間, に五間, に分れ, に及び, に台所, に奥行二間, に拡がっ, に溢れる, に足らない, に過ぎなかった, に階下, に餘, のあたり, のうち, のなげし, の借家, の処, の出格子, の半径, の唐紙, の喰, の囲, の堂, の塀, の塚, の小橋, の屋, の幅, の平, の幽, の御堂, の御殿, の方, の木, の板敷, の槍, の洋室, の深川, の溝, の畳廊下, の石造り, の空地, の細長い, の舞台, の軍用道路, の近, の近い, の近く, の長, の間正面桜, の階段, の隔たり, の隔て, の高, はなれ, は勢いよく, は無言, は隔たり, は離れ, は飛ん, ばかし行く, ばかり, ばかりお出かけ, ばかりせ, ばかりのめった, ばかりの一方, ばかりの下流, ばかりの北向き, ばかりの地点, ばかりの奥行, ばかりの客座敷, ばかりの小さい, ばかりの小屋, ばかりの廣, ばかりの空地, ばかりの総, ばかりの釣堀, ばかりの長, ばかりの長屋風, ばかりもすさらし, ばかりも有るらしい, ばかりも釣られ, ばかりを遠のいた, ばかりを隔つて, ばかり下がる, ばかり其處, ばかり向, ばかり堤防, ばかり夢中, ばかり彼方, ばかり後, ばかり忍返し, ばかり火, ばかり眞向う, ばかり石, ばかり腰元, ばかり走り, ばかり逃げ延びた, ばかり通り, ばかり進んだ, ばかり隔て, ひきかえして, ひょこひょこ発奮ん, へだてて, ほどなこの, ほどのその, ほどのところ, ほどのもの, ほどの前面, ほどの古びた, ほどの小ぢんまり, ほどの巌窟, ほどの彼方, ほどの深, ほどの狭い, ほどの神社, ほどの空地, ほどの貸家, ほどの長, ほども, ほどもある, ほども歩い, ほども歩ん, ほども辿っ, ほどをまったく, ほどショウ, ほど上, ほど出, ほど占領, ほど打ち抜い, ほど打っこ抜い, ほど打つ, ほど掘つ, ほど明, ほど歩き出します, ほど歩み降り行く, ほど粗, ほど行った, ほど距, ほど進んだ, ほど隔て, ほど駈け, も, もあらう, もだ, もどり十足, もひょろつい, も下, も向う, も小径, も延びた, も後方, も打払っ, も投げとばせる, も歩い, も歩いた, も歩かぬ, も行かない, も走り, も逃げた, も隔, も隔たった, も離れ, も離れた, やり過して, ゆきすぎてから, よろめいて, よろめき出した, をき, をとぶ, をへだてた, を先んじ, を天子様, を室内, を数えられる, を数える, を越す, を通して借受ける, を過ぎない, を隔て, 上ると, 下りたところ, 引きかえして, 引っ込んで, 引つ込ませて, 引返した, 打ち抜いて, 打つて, 来ると, 歩いた, 歩いたかと, 歩いてから, 歩きだすと, 歩き出したとき, 歩くと, 歩くにも, 段々に, 泳ぐこと, 深いところ, 深さ, 滑ったかと, 滑っただけで, 直徑二尺, 程ある, 程ずつ隔て, 程の橋, 程離れた, 突き出て, 置きの, 置き位, 行きすぎた頃, 行き過ぎた, 行き過ぎた侍, 行き過ぎた惣太, 行き過ぎた竜, 行った時, 行って, 行過ぎて, 走り後, 走るところ, 跳ね飛ばされました, 踏みこえて, 軋ったかと, 転がりして, 辷つて, 追いかけた後, 追い詰めて, 追っかけると, 追っ掛けて, 追つかけ, 追ひ行き, 離れた処, 離れた大きな, 離れた小, 離れた方, 離れた橋, 離れた私, 離れた薄暗がり, 離れながら, 離れると, 飛び退いて, 駆け出す内, 駈けたかと, 駈け出すとね, 駈出して, 高さ, 高さ一間余

▼ 三~ (485, 0.3%)

5 か四回 4 に分け, に及んだ, の発病 3 だかの, でうち, に及ぶ, の操作, の時

2 [31件] だと, つづいた, である, という風, とす, と四回, と辛抱, にし, に及ん, の事件, の交替, の大, の撮影, の放火, の爆発, の発作, の被害, の訊問, の遠征, は単なる, は必ず, ほど繰返された, まわって, もお, も便所, も重ね, 乗って, 廻った末, 盗まれたこと, 繰り返して, 行ったこと

1 [391件] あった, あったが, あつちこつち, あり, ありました, あり其震動, ある, あるいは四回, あるから, いいの, いろ, おもち, お千代, かならず一回, かわりましたが, か二回, か五回, がすむ, が三回, が三回右門, が最も, が開かれる, が関の山, くらいも出かけ, くりかえしたあげく, くり返して, ぐらいずつこの, ぐらいずつ先生, ぐらいずつ毛色, ぐらいの見物, ぐらいまわる, ぐらい同じ, ぐるぐると, この方日報社, しか同行, しか肉類, しか訪れた, しか講義, しか逢った, したと, した後, するは, ずつくり返し, ずつとある, ずつの下痢, ずつ二十町, ずつ流れ走っ, ずつ繰り返せよ, ずつ開廷, そのほか, その勝負, その家, その辺, たずねた, だ, だけです, だけ大, だけ苦しませ, だけ藤井博士, だったろうか, だろう俺, だ龍介, ついには, つづけて, で, であるが, でしかも, ですが, でどう, でない, でも四回, で三十分, で三十銭, で二百四十人, で十回, で四冊目, で完了, で運ん, と, というの, という一人旅, とおったの, とぐるぐる, とつづけた, となっ, とも, ともここ, ともその, ともとれる, ともギッシリ, とも僕, とも大体五月中旬, とも毎日二つ, とも的, とも負ける, とオルガスム, と云, と似, と催す, と対面, と最後, と殆ど, と漸次, と続い, と美人画, ないし二日, ならしめたる, なり, なるが, にいっ, にくらべる, にした, にすぎなかった, になった, になり, にのぼり, には, にははじめ, にはカルデヤ人, にもわたっ, にも同じ, にわけ, にわたってうちあげられ, にわたっておこなわれた, にわたって昭和十七年, にわたって載っ, にわたつ, にわたり五千円宛, にわたる不景気, にわたる世紀的上演, にわたる殺人事件, に与えられた, に二百七十円, に互角, に亘る, に亙っ, に伐ります, に分けた, に分ち, に分れ, に及び, に及べり, に延し, に探査, に渉, に通計十ヵ月, に過ぎません, の, のあ, のあんな, のうち, のご, のみである, のアボット, のタダメシ, のテレヴィ放送, のマタドル, の万国女子オリンピック, の上演, の世界的, の主宰神, の乗換, の休み, の会合, の会戦中敗北三回, の会議, の公判延期, の午前中, の博覧会, の受験, の国名, の外, の夜行, の定期, の審問, の少雨, の後, の応募原稿, の悲劇, の成功以来目, の戦争, の拷問, の挫折, の掃除, の排英大会, の探検, の探検旅行, の攻撃, の放談, の文化擁護, の文通, の暴風, の最後, の検温, の殺人, の水泳, の氷河期, の溺死, の犯罪, の病気, の発射, の登山, の筈, の総会, の織田徳子さん, の繰り返し, の興行, の航空写真測量, の芝居, の行, の訓練, の訪問, の試演, の調査, の足跡, の送別, の連絡, の間, の降雪, の電車, の面識者, の飲料, の驟雨, はいや, はきっと, はきまって, はそこ, はその, は三月三十一日, は九月十六日, は人数, は今, は勝利, は城内, は家政婦, は掬ぶ, は日本橋, は明治四十四年四月, は智利, は本人, は私, は第, は聞取, は聴講, は著しい, は読み直させられ, は郷土史家三原良吉君, は酔っ払っ, は首尾, ばかり, ばかりで, ばかり同じ, ばかり空転, ばかり続けざま, ばかり足, ばたばたと, ひいて, ひいてから, ひくの, ひどいの, ひらひらあおぐ, ぶつかって, ほどある, ほどにし, ほどの航海, ほどまわっ, ほど空, ほど行き逢っ, ほど読んだ, ほど雛, ほど食道鏡, まで, までに五点, までのところ, までも東京郊外, まで取り替ゆる, まで起こった, まで長助チーム, まはし, まはつ, まわしますと, まわす間, まわせという, まわった, まわる, めぐりたり, もいく, もうたいました, もうたわされました, もぐるぐる, もこの, もした, もその, もそれ, もまわっ, もダンス, も他, も公使館, も出られる, も受け, も受験, も四回, も堤, も宴席, も屈折, も往復, も怪飛行機, も打ちつづけられる, も打つ, も木彫り, も欺, も歩い, も火事, も着いた, も突きつけられた, も給仕, も繰りかえし, も繰返される, も翻刻, も行った, も読ん, も負けつづけ, も走らせれ, も足, も通っ, も通り, も連絡, やつて, やり北米合衆国, やる入りがい, や五回, より, よんで, をかい, を序曲, を過ぎ, フワフワと, 休んで, 会った, 催されました, 出したけれど, 出す由, 勝つて, 即ち最後, 及び警部, 同じよう, 同じ講義, 呼んで, 唱えて, 変ったが, 多いとき, 実に好い, 寄せ合った合戦, 廻すと, 強く枯草, 必ずポスト, 投げられた, 掲げられたこと, 書いた, 来たこと, 殴りつけました, 泳いで, 済むと, 白い散薬, 盗まれて, 瞬いて, 程の窄胸術, 程檢束, 第一流, 第八回, 第四回, 終って, 終る何とも, 続いたあと, 続きましたが, 続けられた, 繰り返された後, 聞いたこと, 見ました, 負け越しに, 起った, 踊り脚, 転げ廻った, 転げ廻つた, 軽く咳込む, 通って, 逢ったきり, 遠クノ日本便所, 長い消息, 飛んだ最後, 飲んだ

▼ 三~ (481, 0.3%)

10 云った 4 立って, 答えた 3 ある, いった, 出て, 頭を

2 [25件] さした, たずねて, ひどく小遣, ズブ濡れ泥だらけに, 一ほど, 九, 九三三が, 九二五十の, 云ったとおり, 働きお, 台所から, 委細呑込んで, 帰って, 手紙を, 来る, 死んだ, 現れた, 臭いと, 見付けたと, 言った, 途中から, 遮った, 重三郎の, 露次の, 馳け

1 [401件] あ, あけられて, あたらしく淹, あなたを, あの暗い, あの部屋, ありますよ, あり得て, あるため, あるので, いう, いそいそ帰宅, いた, いちもつ, いまだに師匠, うしろを, うれしがっ, うろたえるお, うんそう, おかね, おずおずあけた, お世辞, お前の, お前らの, お屋敷, お浪, かすかな, かわいそうじゃ, げためでも, ここへ, こちらの, この世の中, この室, この戸, この歌, こんな広い, さきに, さもさも苦々し, しきりに, しきりに何, しきりに友達, しっかり抱き込ん, しよつちゆう顔, すぐ湯, ずきんと, せいぜいと, せいぜい色白, そういう過去, そう云い出した, その後を, それぞれ三箇の, それを, そんなこと, つい浮, つくねんとし, つの, とつぜん異様, とんきょう, どういふ, どこかに, どこまでも, どなつ, にわかに強く, のっそり這入っ, はいったとき, ひどいもの, ひろ子に, ふらふらと, ふりかえると, ほんとに恐縮, まず頷き, まだの, まだ幹, まっ黒な, みごとに, もぎ離して, もしやと, もの問いたげに, やつれた顔, やむなく中, やられた, よその, サクラ子の, サンフランシスコの, シケジケと, トラック運送に, ヌツと, ビルディングの, ピンピンし, フロオベエルは, ラマ・テーカン第, 一そこそこで, 一にも, 一人の, 一人一人紹介した, 一同を, 一度に, 三尺帯を, 三等船客總ての, 下がらうが, 下がろうが, 下るもの, 下手人であろう, 中心を, 中支, 丹那の, 乃ちこの, 之に, 九つつまり二十四尺二寸だけ, 九合で, 乱心の, 二か, 二ほど, 二十五六にしか, 二葉亭の, 二階から, 云ったとき, 五に, 人形室を, 仆れ, 今やはいあがる, 今度林田に, 他の, 付いて, 仮に黒猫トミー, 仰向きに, 伊達正男を, 伝えて, 低い地, 何という, 何とも答えない, 何んと, 何時までも, 何気なく言いかける, 何者かに, 余りに呑気, 佛心を, 來ました, 促し立つれば, 優しい性質, 元気よく, 免職に, 入って, 入ってから, 入り込むこと, 入るの, 全く欠亡, 六に, 其の後, 冒し合わないとも, 出たらどう, 出っ歯を, 刀で, 分らなかったら公沙汰, 初めて来た, 割り込んで, 力なく, 力無, 勇躍した, 動かされて, 医師を, 十七に, 十五字詰めあとが, 千鶴子の, 半で, 卑屈な, 即ち兵主, 即其第二, 去ってから, 参照した, 叔父の, 受け, 口を, 古事も, 古日本, 叫ぶ, 可愛いからのう, 可愛くって, 向柳原, 君に, 吹筒に, 吾輩を, 告げたこと, 和藤内に, 在京し, 地蹈, 坐って, 場所仕掛けと, 塾へ, 夜来た, 大原草雪の, 夫人を, 奇数である, 奇數である, 奥を, 女の, 女中の, 奴隷ども, 妻に, 妻の, 始めて, 始終履歴, 娘を, 子らも, 子三郎盛綱でござる, 子太郎定綱こちらは, 安次の, 実は知, 宿の, 宿所にを, 尋ぬれ, 尋ねた, 小姓の, 小間使いに, 居ないから, 居る, 屈竟な, 山で, 山に, 山田家から, 左近から, 帰ってさえ, 帰ると, 引き取って, 引返し来, 張りきつ, 当日限りで, 彼が, 彼の, 後見を, 御客さま, 忠勤の, 思はしく行かない, 思わず口, 急いで, 急に, 性質の, 恋人よ, 悪者と, 惡者と, 愛の, 慄へて, 懐いて, 戸板の, 手を, 打ちますから, 折ふし通りかけた, 折助部屋に, 持って, 振り切れそう, 推量通り再び, 教へ, 散歩する, 数学者だ, 旅館兼料理屋の, 明智を, 景岡の, 曾て, 最も多く, 月の, 本塁に, 本気で, 本郷の, 来た許, 来り石田, 松王で, 枕の, 林田の, 林田を, 柏屋を, 格子戸を, 桃花山それである, 案内を, 棺と共に, 標本に, 横合から, 歎願した, 正男, 此の, 此那で, 武蔵足立郡で, 歩いて, 歯噛みを, 死んだなどと, 死んだ時, 死んでも, 死体, 殺された, 殺されました, 殺したの, 殺した弁太郎, 母の, 母子砲, 毒殺なせ, 比目の, 気に入りますまい, 汗ばんだ顔, 江沼を, 泣き出しそう, 津山で, 津総, 湯屋での, 無名の, 無愛想で, 焼け死んだと, 熊沢蕃山殿第, 牧野さんを, 物狂わしく, 物理学の, 犠牲を, 猫の, 生きて, 生まるるが, 登に, 白い上っぱり, 百円札の, 百姓の, 皮肉な, 目撃した, 相当の, 眼の, 確か元治元年, 禿頭を, 私, 私立探偵として, 窃むが, 立ちどまった, 立ち去る日, 立ち廻つた賭場, 立ち戻って, 立上がりお, 立上りお, 答えた所, 結託し, 続いて, 縁側に, 繩付の, 聞いたらさぞ, 肩には, 肩先を, 腰かけて, 腹立し, 膵液第, 自作の, 自分の, 自動車を, 自動電話から, 航空会社へ, 藤枝の, 虚勢を, 行くと, 行って, 行方不明に, 襖を, 解説を, 言うに, 言つた金の, 言ふと, 訊いた, 詞に, 詞も, 話した, 話して, 読めるの, 諷ひ, 豆腐を, 足と, 身を, 近頃ぼろ家, 追つかける, 追つて, 逃げ出したという, 逃出した, 通りかかったよう, 進む, 遅く帰っ, 遊びに, 道子に, 達者で, 遠くの, 郵便が, 配達人を, 重々しい顔, 重要な, 鉱車で, 鏡の, 長ずるまでの, 阿国に, 陽気な, 集って, 頼朝の, 顔を, 飛び込む, 飛び込んで, 飛んだ災難, 養子である, 駈けて, 駈け出して, 駿太郎を, 高い声, 鼻唄まじり

▼ 三~ (463, 0.3%)

15 の頃 11 の女 7 のころ, の小娘, の若い 5 の子供, の男の子, の色 4 になる, の句, の女の子, の小, の時, の青年 3 であった, であるから, になっ, の久松型, の子, の小僧, の少年, の男

2 [30件] が竝ん, である, でもあろう, で色, というところ, とも見ゆる, と切れたる, と思われる, になった, のまだ, のもの, の友, の友人, の友達, の学生, の学生風, の少女, の平凡, の弟子, の方, の時分, の有力, の水, の灯, の科目, の美しい, の華奢, の青, の青白い, または四四

1 [293件] あるいは十五, いたの, いや五, いわゆる小股, か, かそれとも, からぐれた, からずっと, からに成らなく, から二十歳過ぎ, から人生, から入った, から六, から六七, から十八九, から踊り, か何, が厭味, が艶, が退治, くらいか知ら, くらいで, ぐらい, ぐらいだった, ぐらいに見えた, ぐらいのどこ, ぐらいのよう, ぐらいのテンポ, ぐらいの女の子, ぐらいまでの男の子, けん荒物屋, さうし, しか見られない, それとも五, だが, だけを抄, だとかで, だらう, だろう, っ五, っ日前, であっただろう, であったとか, であつ, であらう, であろうけれども, であろうのに, でいらせられる, でいらつ, でこの, でしょう, でしょうね, ですが, でせう, でどこ, でなかなか, ではなかっ, ではにかん, でもう, でも百, で一方, で五, で四肢, で年, で色白, と, という女, といふ数, といふ風, とか部屋, としずか, となる, とは思えぬ, と一四, と二十歳, と云, と何, と判, と判った, と十, と四月, と実に, と指, と数えた, と数え始めた, と歩い, と胸, と見うけられる, と言いたい, と足數, どくるくる, なのよ, なるべし種々, なる男, にいづる, にいわく, にお, にしかみえませんでした, にしか見えない, にすぎない, についてその, にて, になつて, にもなっ, にもなったであろう, にもなり, にもなりましょう, にもなるらしい, にも及ばず, に主上疱瘡, に仏, に宛て嵌め, に見える, に記載, に過ぎず, に過ぎない, に限った, の, のうち, のうらわけ, のこと, のこれ, のちょっと, のはず, のませた, のめくら縞, のよく, のわけ, のイス, のクイティ, のコル, のタイテイ, のチョコ, のモダン, の一, の一人, の丁稚小僧, の下, の下役, の両島, の両日, の両月, の中学生, の主, の二, の二人, の五, の人, の人々, の人影, の会社, の伝染病, の倅, の八百屋, の公卿, の凧, の初々し, の勇氣, の十二, の可愛, の可愛らしい, の同, の名, の名流婦人, の命, の和音, の坊や, の壮者, の声, の声色, の女盛り, の好い, の娘, の婦人, の子守娘, の子役, の孫娘, の定まった, の宿屋, の小僧さん, の小僧ッ子, の小売店, の小峰, の小曲, の小肥り, の少年少女, の峰頭, の年地方, の年頃, の強か, の役僧, の恭吉, の惜しい, の教授方, の散在, の新, の新聞, の方々, の書生, の本木昌造傳, の村, の武士, の歳, の母, の母親, の民家, の洋服, の浪人ふう, の浪人風, の瀑布, の独身, の生, の病気, の痩せた, の白壁, の白雲頭, の眞黒, の禿, の紅葉, の細そり, の美少年, の老, の者, の職人, の背, の脂ぎった, の色白, の花梗, の若旦那型, の草屋, の華奢立, の著者, の蛮貊, の親しい, の警官, の豊滿此上, の賢, の足音, の軽輩, の通行者, の郵便物, の重臣, の鉄漿, の防寨, の陵墓, の雀, の音楽的大時代, の頃中学校, の頃大阪, の頃私, の頼朝, の顔見知り, の鳥刺, は, は佐々木巌柳, は狡猾, は雷, ばかりになる, まいしたため, まさにまさしくべっぴん, または七%, または十五六, また七日, まで, までがとまりである, までの男の子, まわると, もう七歳, もらったこと, や岩見重太郎, らしい, らしいその, らしいやはり, を一所, を出, を卒, を左, を打ち抜い, を抄録, を数, ノ一, ノ徒ッ子, ノ頃ダッタト思ウ, 一一一四、等, 及び三七, 名まえ, 服する丈, 知ってる者, 見かけたが, 見かけたけれども, 迄は使い, 返して, 返繰返されたが

▼ 三~ (462, 0.3%)

6 のところ 5 にし, 下がるという 4 のもの, の舌 3 あけて, の厚, の的, の胸, の辺, の間, の隙間

2 [44件] あいて, あった, から四寸位, か三寸五分位, か五寸, か四寸位, くらいの手ごろ, さがると, しかない, ずつ動かし, で芝居, とか五寸, と云う, と物, に延びた, に過ず, のスラリ, の下, の宙, の小さな, の小品, の所, の手斧傷, の木, の深, の辺り, の高, ばかりの刀, ばかりの厚, ばかりの山海鼠, ばかりの魚, ばかり開い, ほどです, ほども人間, もある, も叩き込める, も打ち込む, も打ち込める, も高く, を借り受けまし, を越し, 伸びた頭, 引き裂かれた, 長さ五尺

1 [329件] あいたところ, あけただけ, あけました, あったとか, あると, あるとか, あれば, から三四寸位, から五六寸位, から五寸, から六尺五寸, から四五寸ぐらゐの, か五寸位, か四寸, か四寸位づゝすかしてあるに, が絶対金科玉条, くらい, くらいに長く, くらいの巻煙草, くらいは高い, くらい深, くらい積, くれエ, ぐらい, ぐらいずつ削ぐ, ぐらいに短く, ぐらいのところ, ぐらいの丸い, ぐらいの大, ぐらいの肉片, ぐらいの赤い, ぐらいの鮒, ぐらい血潮, さがるという, さがる時, しか開かぬ, しか間, するするさがっ, ずつを発育, ずつジリジリ, ずつ上, ずつ切ッ先, ずつ壊れ, ずつ後退, ずつ摺らし, その廻り六尺五寸, だけ陽炎, だただ, でおめおめ, でこの, では, で事もなげ, で人情情景, で売る, で夜, で天下, で成上者, で老若, で螻蟻, という化物, という自分, という距離, とかいう高, とは不作法, とは組立屋台, とは超えない, とは離れ, とほき, と云, と出たら, と思われる, と見る, と開かれ, と開けられ, と離れ, と離れない, ないし一尺, なり, にみたぬ, にも足らぬ, にも達する, に五寸, に今, に伸び, に刺刀, に四寸, に当る, に拡げ示し, に梳れる, に欺, に足らず, に足らぬ, に足りない, のいき, のさき, のノッポ, の一枚ガラス, の上, の下馬, の丹田中, の人, の体躯, の作條, の処, の刀身, の功利的, の勾配, の十手, の台石, の土, の地球, の堅木, の大男, の太刀, の太刀先, の娘, の小人, の小柄, の尾, の得物, の息, の息の根, の態度, の方, の智慧, の柄, の樫, の毒舌, の毛, の汚れた, の沙魚, の洒落, の狹, の玉, の石室内, の秋水, の立像, の筆, の絲, の背丈, の脊丈, の脛, の舌先, の舌呉, の舌頭, の菜種, の虫蝕, の蛇, の金属, の銅像, の長, の間隔, の陣刀, の雪, の餘, の高下駄, の鴬舌, はあるらしい, はみ出させて, はみ出して, は積もった, は越え, は越し, は踵, ばかりある, ばかりお前さん, ばかりきれい, ばかりぢ, ばかりであらう, ばかりというもの, ばかりなる, ばかりに切, ばかりのお, ばかりのキリスト, ばかりのローラー, ばかりの丈, ばかりの上, ばかりの大き, ばかりの天目台, ばかりの太い, ばかりの小瓶一つ, ばかりの強, ばかりの所, ばかりの新月, ばかりの緋, ばかりの美しい, ばかりの聖体, ばかりの西洋紙, ばかりの赤い, ばかりの鮠, ばかりもあり, ばかりもある, ばかりも抜け出, ばかりも樫, ばかりも溜っ, ばかり上, ばかり先, ばかり出, ばかり切開, ばかり地, ばかり小松菜, ばかり屏風, ばかり明い, ばかり明きたる, ばかり明けた, ばかり暗き, ばかり短い, ばかり積り, ばかり背い, ばかり落下, ばかり透し, ばかり颯と, ばかり黒塗, ひろげれば, ほどあげよ, ほどあります, ほどの, ほどのコンクリート, ほどの丸籠, ほどの原稿, ほどの大, ほどの狹, ほどの白い, ほどの逞, ほどの鮒, ほどの黒い丸い, ほどひと晩, ほどもある, ほどもしも, ほども口, ほど下, ほど丸く, ほど前, ほど抜いた, ほど此方, ほど絲, また三寸, もあ, もあり, もあるでしょう, もきられた, もたまっ, もない, ものびた, も一度, も伸び, も出, も出刃, も喉, も張れ, も深く, も突っ, も背, も高かっ, よりか切れる, より五六寸, をますごとく, をもって主君, を借りうけまし, を振り廻す, 上って, 下がらんばかりな, 下がる, 下ったところ, 下るうし, 下るといった, 不爛, 乃至五寸下, 伸びたと, 出てからも, 出る, 切り詰めたところ, 切り込まれた, 切れて, 刺さった青竹, 動いて, 厚いところ, 外れると, 寛げれば, 延びた蔭, 延びた麦, 引いて, 引きて, 抜き上げたまま, 押し上げて, 押し拡げるでないぞ, 掻き取って, 斬られた傷, 斬られても, 斬り下げて, 斬下げた凄い, 沈んで, 深さ二, 短いとかという, 短くて, 短くなっ, 程, 程の所塀, 程の鉛, 程は確か, 程もあった, 程もくびれ, 程も長かっ, 程切られた, 程深, 程都合七箇所, 程鋏様, 積もって, 置いた所, 見えたばかり, 足りない程, 跳ね返ッ, 転びぼく, 長さ二三尺, 長さ六寸位, 閉め残されて, 閉め残されてるその, 閉め残して, 開いて, 開けたま, 離して, 離れた壁, 離れた所, 離れて, 青い空, 飛び上つたまま, 高いだけ, 高くし, 高さ

▼ 三~ (440, 0.3%)

22 の間 20 の部屋 17 の方 13 の室 7 と四畳半, の畳 6 の二間 4 と六畳, に寝る, ばかりの部屋, へ入 3 に坐つ, の書斎, の檻, の玄関, の茶室, の襖, の部屋いっぱい

2 [23件] か二畳, では, でよ, と台所, などという狭い, にくすぶっ, に六畳, に寝, に寝た, に頑張っ, のわが, の壁, の小, の小間, の戸, の暗がり, の暗き, の狭い, の監房, の窓, の障子, の食堂, へなげ込んだ

1 [265件] あれば, いつぱい, お浜, お風呂場, からこの, からはシシド君, からヌッ, から六畳, から出, から台所, から女湯, から婆さん, から廊下, から御, から見た, から飛出し, か四畳, か四畳半, があっ, があり, がある, がつい, がつまり, がとこ, が一太, が多喜子, が婆, が明い, が榎本君, が茶の間, くらいの小さな, くらいの小ざっぱり, ぐらいな次の間, ぐらいの大, ぐらいの大き, ぐらいの女中部屋, ぐらいの小, ぐらいの広, ぐらいの時計塔, ぐらいの板敷き, ずつの二間, そのほか, そのまた, その奥, それから右, それに二畳, たたみの, だけれども, だった, だ一ト部屋, つづいて, であった, である, でお, でここ, でこれ, でご, でそこ, でそれ, でたべ, での応対, での窮屈, でふうちゃん, で何者, で古本箱, で夜, で女中, で小ぢんまり, で少く, で影人形, で後向き, で押入れに, で曇硝子, で書いたらしい, で煎茶, で狭い, で直ぐ, で結構, で賽ころ, で針仕事, で飲んだ, とに押し合っ, との二室, との二間, との境, と三間, と並ん, と二室, と共に, と四畳半二間切り, と横六畳, と玄関, にいるらしかった, にうとうと, にお, にかくれた, にじっと, にす, につつましく, にねつけた, には一組, には久助, には婆, には男, にもいられなかった, にも六人分, にゆき子, に一人, に三人, に三人許, に三人雑居, に佇ん, に便所, に入, に入っ, に入り, に出, に反古張, に台所, に四畳半, に寄寓, に寝かされた, に居, に床, に横, に母親, に煎餅蒲団, に移し, に移す, に立つ, に置い, に置いた, に蚊帳, に行っ, に足らぬ, に這入つた, に鏡, に隠れる, に非常, に風邪, のあなた, のこたつ, のその, のたたみ, のふた間, のへや, のよう, のシシド君, のテーブル, のバラック, の一室, の三間, の両方, の二室, の二部屋, の二階, の低い, の入口, の台所, の四室, の境, の大家屋, の奥, の女, の女中室, の室内, の家, の小室, の小屋, の左隅, の広, の座敷牢, の彼女, の微, の戸棚, の押入, の控え, の控室, の新築, の木綿, の本棚, の板敷, の格子, の棚, の火鉢, の片隅, の独房, の破, の私, の空間, の紙, の置床, の茶の間, の薄汚い, の詞, の部屋一ぱい, の野郎, の長屋, の長火鉢, の開き戸, の間借り, の防空陣, の隅, の隠れ家, の電燈, はたちまち, はみじめ, は俺たち一家, は大人, は湯殿, は矢張, は雨, ばかり, ばかりすらすら, ばかりと見ゆる, ばかりに立, ばかりのところ, ばかりの住居, ばかりの室, ばかりの座敷, ばかりの板敷, ばかりの茣蓙, ばかり敷ける, ばかり暗い, へやってきた, へり下っ, へリュック, へ出, へ大きな, へ欄干, へ着物, へ移した, へ行く, へ行つて, へ視線, ほどに賽銭, ほどのせまい, ほどのところ, ほどの控え, ほどの温突, まで出, まで戻っ, もあきます, もある, もあろう, やら四畳半, をつけ, をやります, を借り, を占領, を寝間, を抜け, を玄関, を突っ切っ, を締め切, を覗きました, を通る, を間借り, 並べて, 大して汚く, 敷きぐらいの, 敷きに, 敷き程度, 程の小さな, 程の部屋

▼ 三十日~ (439, 0.3%)

21 の夜 8 の午後 6 のお, の朝 5 づけの, の晩 4 のこと, の夕方 3 か三十一日, だった, だと, の年始, の日, 迄日

2 [27件] から旅行, が来た, だ, であった, である, であると, です, ですから, になっ, には, に歿, に爆撃, に父, に袷, に解散, の夕, の夜半, の深更, の町中, は例年, は雪, ばかりになる, ほどまえ, も前, も雨, 乃至二十日, 或はそれ以下

1 [308件] あまり経つた, あまり過ぎたのち, かかって, かに痩せた, から, から七月一日, から七月二十九日, から三箇日, から世間, から四十日, から四日間, から国, から行方不明, から電磁気, か随分, が二月, が四十日, が土曜, が父, が輿入, が間, ぐらいかかる, ぐらいくらし, ぐらいのもの, ぐらい生存, この日, すぎたらきいて, すなわち神送り, たつと, たつ中, だったが, だったで, だつた, ちかくなっ, づけです, であったから, でいなくなる, できょう, でもあり, でもこの, でもない, で二月, で同じく, で天使, で尊氏, で廃刊, で西風, で越えて, で足, とある, という遅配欠配, といふ, といふわけ, として一, とは過, とは過ぎざりし, とプラン, と三日, と云, と云う, と定め, と數, と箱根, と経たない, と考える, なりそこら中, なり其所等中回つて, なり四十日, にあの, にお, におめにかかっ, にかい, にこの, にその, になる, にのばさせ, にのまう, にはそれぞれ帰途, にはどう, にはゼノバ北方, にはバアナア街, には何, には便所, には初めて, には加藤子爵, には四十三弗四分の三, には寛, には小山田, には少し, には彼奴, には是非音楽, には東京府社会事業協会, には江戸, には炭倉, には荒巻, には街頭, には賑やか, には除隊, にひょっくり, にまたも, にもう, にもならず, にもなる, にサロン, にサンタ・マリア・デル・アンティガ, にフヂエ, にホンデュラス湾端, にヴェルサイユ, に上海, に中條, に九十一歳, に二回目, に亡くなっ, に保, に借金取, に出, に出された, に出発, に割りつける, に半日, に又, に及び, に及びぬ, に古, に各々家, に喪服, に四十三弗四分の三, に城中, に夢, に大, に夭, に実験, に山陰, に巣鴨, に帰っ, に帰京, に当分旅行, に御歌所寄人, に悪く, に愛知県中学校長, に押され, に拘留, に旅行, に既に, に来る, に渡し, に無事通過, に生まれました, に生れ, に生れた, に発表, に直させ, に私, に終った, に織田家, に羽嶽, に至りし, に至る, に荷造り, に行なう, に西安, に見た, に親任式, に贈られた, に軍隊, に遂に, に遡ります, に野口君, に金瓶村, ね, のあいだ, のお七夜, のよ, の分, の刑, の労, の午ごろ, の午前七時, の午前八時, の午前十一時二十分頃, の午前十時, の午前十時半ごろ, の午後三時頃, の午後五時, の午後十時, の午過ぎ, の名古屋, の壁評論, の夏越, の夕刻, の夕刻以後, の夕刻以後五月一日, の夜七時, の夜十時すぎ蓼科, の子, の学課, の定案, の宵, の後, の御祓, の忌, の旅寢, の日曜日, の日本内地, の日記, の明けがた, の昼, の時, の暇, の朝八時半, の期, の未, の東京人民大会, の東都, の正午, の正午近く, の毒, の火曜, の芝居, の苦労, の言渡し, の遅速, の遅配欠配, の道程, の遺失品, の閉門後, の間何事, の間傍観, の間私生子, の闇, の雲龍寺, はまた, は一年祭, は二年目, は動けない, は午後, は夕方, は多賀ちゃん, は大した, は昨日, は朝, は牙山, は粕壁, は長崎, は雨, ばかりで, ばかりの間, ばかり目通り, ばかり経つ, ほどかかる, ほどは充分, ほども滞在, ほど擱, ほんの二, まで, までであった, までなんての, までには約束, までのモスク, までの六日間, まではラサ, までは毎日午後, までを粉鉱, まで並べる, まで公開, まで子供, まで楊州, まで毎日, まる一日, もおり, もお湯, もすぎた, もま, もゐる, も人, も四十日, も居た, も經, も補助椅子, も野, よ, よという, より二日, より八月十三日, をついやした, をぶっ, をもって一年, をもって教育勅語, を中心, を以て外國製布非買同盟, を以て東京地方裁判所, を以て私, を名残, を経, を經, を迎えた, を限り, 初七日, 曇り, 曇りのち晴れ, 第十一回目, 経ち五十日, 迄に利子, 迄に来た, 迄まだ, 迄京宝, 過ぎた四十日, 高商

▼ 三~ (438, 0.3%)

4 の方, は 3 だ, の命, の戦争, を殺した

2 [26件] か, から何, がそれ, である, というところ, とお前, と仲, ぬし, の, のほう, の中学, の内閣組織, の分裂, の声, の女房, の部屋, はそう, は二十五六, は江戸, は背後, は足, もう辰刻, をかいた, をつれ, を眠らせ, 第四次

1 [366件] から五里, から帰った, がいう, がいつた, がこの, がたくさん, がつづける, がなだめ, がねだる, がもう, がブラリ, が一喝, が不, が二, が井戸, が佐原屋, が傍, が出来た, が十次, が半日, が呶, が嗅ぎ廻っ, が土間, が大声, が戦争, が手, が手がけた, が承服, が抱きとめた, が指図, が旅装束, が棒, が棒切れ, が棚, が殺された, が油斷, が渡船, が濟むと, が煙草, が白眼ん, が相手, が眼, が立っ, が絶えず, が考えこんだ, が腰繩, が舳, が花川戸, が言った, が訊いた, が詰め寄る, が足, が身分, が逢, が遠く, が障子, が集り, が飛ん, が首, じゃございません, すなわち主, そそくさと, それとなし, たらいうところ, だった, だよ, だろう, ちょっと細工, って, で, であった, でした, です, でなくて, でも連れ, で小, で文化的, とあり, というは学問, というよう, という下男, という名, という少年, という町, という私, という者, という駅, といふの, といふ少年, とかくの, としてこれから, とともにこの, との間, とやら, と云, と云っ, と人目, と伊助, と全国, と別れ, と同じく, と来た, と老人, と考査, と荷抜屋, と藤吉, と謳われた, と進む, どの宿, などが, などの若い, なの, なら第, にし, になる, にはできなかった, には万事, には照林坊, には私, に小, に小銭, に強制献金, に愛想, に着いた, に着こう, に至っ, に行, に行ける, に見当, のうち丸子, のうち沼津, のこと, のそなえ, のその, のなか, のまなざし, のよう, のバンホフ, の万年床, の世界, の世界大戦, の並木, の中, の事件, の事業, の介抱, の付け句, の代数曲線, の伝法風, の住家, の侠客, の前, の原子変成現象, の口ぶり, の名所絵, の喉笛, の図太い, の国民信仰, の国民戦線, の地勢風光気象, の城主浅野因幡守長治, の大, の家, の宿, の宿駅, の密告, の幕, の惡黨振り, の手, の手下ども, の推量どおり, の攻撃, の料亭, の新, の方程式, の方策, の昔, の本, の桂内閣, の死骸, の気分, の泊り, の浅野家, の激戦今, の現場不在証明, の町, の癖, の空間, の立っ, の経験, の考え, の船, の萬年床, の血, の行楽, の街, の親戚たち, の言葉, の話, の調子, の賑わい, の身上, の身体, の身内, の顏, の顔, の風物, の風邪, の駅, はあそこ, はあの, はいかに, はいっそう, はお, はかっとして, はきっと, はこう, はここ, はしばらく, はすっかり, はすなわち, はせき込ん, はそっち, はその, はたたみかけた, はちょっと, はつや子はん, はどうして, はなぜ, はなれなれしく, はははあ, はもう, はもの, はテコ, は一番獰猛, は一眼, は三十前後, は二十七八, は五郎八茶碗, は人, は今, は何, は何となく, は何ん, は何事, は何處, は其技, は剣術, は勝負事, は去年以来, は右側, は呆れる, は命, は坐った, は外出中, は多分, は夢中, は大, は大金, は家, は家主甚右衛門, は小走り, は崩れた, は左, は待っ, は思い返し, は思った, は思わず, は急い, は恐ろしい, は懐中, は房州, は手, は拇指, は拷問, は振向いた, は握っ, は材木町, は来る, は棒切れ, は渋い, は潮, は焦れだした, は猫, は立ち上った, は老爺, は脅し, は腕, は自分, は舊惡, は花川戸, は蒲団, は観念, は赤い, は身軽, は辰, は辺り, は逃げ, は這う, は遣りきれない, は鋭く, は闇黒, は集っ, は驀地, は黙っ, へ出, へ嫁, へ帰らね, へ発足, へ目, へ突ッ, へ良一君, へ行くなら行っ, へ長, まであなた, まで出, まで叔父, もいっ, もなにか, も傷, も兼久, も唯, も客, も日本橋, も気が付かなかった, も識, やほか, やれやれの, やマチス, や二人, や政岡, や荷抜屋, より取つ, をあばれまわる, をお, をこきおろす, をする, をはじめ荷抜屋, をドライブ, を三月がかり, を三里, を伝わったごとく, を何, を僞, を初め仲間, を去つた, を取り巻いた, を放っ, を東, を物蔭, を番屋, を肩, を見た, を見つめた, を追憶, を順々, を飛ばし, ハ十六歳次, 並びに第, 中でも三次, 新思潮, 早くも, 来るか, 看詳, 第四次内閣, 素早く伊助

▼ 三~ (435, 0.3%)

9 あるくと 8 あるいて, 進んで 6 のところ 5 あるいたかと, すると, 行くと, 退いた, 進んだ 4 とびさ, 出て, 歩いて 3 いっては, さがって, にし, よろめいた, よろめいて, 近寄って, 進むと

2 [30件] あるいたとき, か四歩, すすむと, その辺, ついて, です, では, とびすさつて, ほどうしろ, よたよたと, よろめいたま, よろよろと, 寄って, 引下がりました, 後ずさりした時, 戻って, 戻つて, 歩いた, 歩いたが, 歩いてから, 程前, 踏み出した, 退いたの, 退き遂に, 退って, 進んだ時, 遅れて, 遠退い, 離れて, 飛び退いて

1 [286件] あがったまま, あとじさりしました, あとずさりする, あとずさりながら, あとずさりを, あゆまず, あゆまれた, あゆみ寄る, あゆむが, あるいた, あるいたきり, あるいたなり, あるいた時, あるいては, あるきかけた時, あるきかけて, あるきそれから, あるきだした, あるきました, あるきましたが, あるきマントルピース, あるき出したが, あるき出したり, あるき出した形, あるき出して, あるき出しながら, あるく, あるく短き, いくと, いくやいなや, おもて, お糸さん, お鳥, か五歩, がちょッ, ぎょうさんに, ぐらいに近づいた, さ, さがったかと, さがってから, さがり, さがりきっと, さがり前, しざった, して, してから, しりぞいて, じゃ小さ, すぎると, すさって, すすまないうち, すすみ出て, すすんだ時, すすんで, ずつ左右, ずつ後ずさり, ずつ進んだ, その方, たじろいで, たじろぎは, だ, だけ彼, だよ, で, でしたが, ですぐ, でその, でて, でもいい, でも半歩, で引きかえし, で彼, で曇り, で部屋, で階段, で顔, と, という嫌, となり, とは歩かない与, とへだてぬ, とも踏み出さない, と前, と思ふ, と歩かない, と足, と進ん, なりき, には及ばない, に一歩, に買う, に買おう, の値, の前, の地, の小さい, の小さな, の庭, の所, の機会, の貸し, の距離, の間, の隔り, の高利, はいっ, はいり込んで, はしって, はなれた, は小さい, ばかりあと, ばかりにて我, ばかりに大股, ばかりの間隔, ばかりも, ばかり取られた, ばかり引き, ばかり後ろ, ばかり近寄る, ばかり隔てた, ばかり離れた, ばかり黙々と, ひょろついて, ふみ出して, ほど兵部, ほど前, ほど歩い, ほど生命, ほど音, ほど飛び退る, まえに, まえへ, またたじたじ, また前, もどった, もはやその, もまだ, も先, も前進, も大股, も納める, も行く, も進む, や一両, や五歩, ゆきすぎてから, ゆき五歩, ゆるゆると, よろけた, よろけたが, よろけただけで, よろけて, よろめいたが, よろめきましたが, よろめき出て, よろめき前進, を動かす, を受け, を抽, を距, を進むる, を運ぶ, を離れた, 下ったが, 出し候由, 出たが, 動いたかと, 動きだした, 動きはじめた, 動き出しながら, 向かいながら, 奥深くなり, 寄りそう, 帰りかけた, 引かえ, 引き下がりしまま, 引き下がりて, 引き返した, 引つ張, 引返すと, 弾みかけると, 往き過ぎてから, 往く, 後すざった, 後ずさった, 思わず歩き出す, 懸茶屋, 戻りかけたが, 来て, 歩いては, 歩きかえして, 歩きかけた背後, 歩きだした, 歩きだした時, 歩きまわって, 歩き出した, 歩き出して, 歩き出す, 歩くや, 歩く位, 歩みながら, 歩んだ所, 泳いで, 泳ぎだすかと, 泳ぐよう, 狭い司令塔, 立ち戻って, 立ち戻つて, 聞えたかと, 行きかけたが, 行きかけたところ, 行きかけた時, 行きかけて, 行きかけると, 行き過ぎてから, 行くか, 行くや, 行けば, 行ったかと, 行ってから, 譲っただけ, 走ったが, 走ったと, 走りだしそれ, 走り出した, 走り出しながら, 跳び退いた, 踏みこんだばかり, 踏みしさ, 踏みだしたが, 踏みだしたの, 踏み出した時, 踏み出して, 近づいて, 近づき, 近寄ったが, 近寄つた, 近寄つて, 返つて, 追いかけそれ, 追いかけた, 追ってすぐ, 追ひかけ, 退, 退いたが, 退いて, 退きそのうえ, 退きますと, 退き其間, 退く遑, 退つた八五郎, 逃げて, 逃げるやう, 這入つたところ, 通り過ぎた時, 進みました, 進みます, 進み出しまた, 進み出た, 進み出たが, 進み出た私, 進み出て, 進み寄ります, 進み社長室, 進む, 進む毎, 進む間, 進めば, 進んだが, 進んだそして, 進んだ拍子, 進んだ私, 運んで, 遠ざかった, 降りて, 離れたところ, 離れた所, 離れながら, 離れるか, 飛びしざつた, 飛び去らせた, 飛び退ざって, 飛び退ると, 駆寄った, 黙って, 黙つて

▼ 三~ (433, 0.3%)

19 もある 10 も五倍, も四倍 9 にし 6 になった, にもし 5 の長 4 になる, にも五倍, にも四倍, もあり 3 して, になっ, になりました, にもなっ, にもなった, もの値, もの力, も大きな, も違う

2 [37件] から四倍, くらいになった, くらいもある, ぐらいも働いた, だ, だと, である, となっ, となる, なり, にする, にもした, にもなる, の値, の大, の大き, の年数, の時間, の能力, の賃銀, はある, ほどになっ, または四倍, もあろう, もいや, もの烈し, も力, も勉強, も大きい, も大きく, も時, も物, も長い, も高い, も高く, 乃至四倍, 高い

1 [251件] あつた, あるいは四倍, あるいは相場, かな, かにし, からそれ以上, から四倍以下, くらいに確実, くらいのお金, くらいの働き, くらいの太, くらいの数, くらいの時間, くらい大きな, ぐらいと思え, ぐらいになった, ぐらいになる, ぐらいの広, ぐらいの法外, ぐらいの滝, ぐらい優等, ぐらい堅い, ぐらい掛け, ぐらい高騰, される, したの, したほどの, し雨晨月夕, す, すること, するとして, するの, する兵力, する劍, する大軍, ずつで進み増す, ずつの生計費, だけ泣く, だけ長い, ちかくあった, ちかくに, ちかくも, であって, であるであろう, です, では, でもなげ出す, でもSOL, でやりきれない, という素晴, とす, となった, ともらえた, と十, ないし五倍, にあがった, にあたる兵力, にされた, にした, にしなけれ, にでもなります, になったら, になつ, になり, になりし, にはなる, にふえた, にもつらい, にも上った, にも値, にも八倍, にも十倍, にも増え, にも増大, にも売っ, にも延び, にも強く, にも感じとられた, にも深められぬ, にも覺, にも計り出し, に上りました, に増額, に嵩む, に当たるも信仰, に当った, に昇せた, に殖えた, に減り, に疑惑, に膨脹, に近い, に飛, の, のお礼, のもの, のよき愚かし, の一万五千円, の三倍, の上昇, の人, の人口, の人数, の仕事, の余, の価格, の修法, の値上げ, の値上り, の値打, の兵力, の労銀, の効果, の十二, の十五, の十八ぢ, の収穫, の四十二, の地域, の声, の大声, の太, の威力, の害, の富, の度, の強, の成績, の手数, の手間, の抵抗力, の敵, の日数, の田地, の百四十一, の税, の給料, の行, の誅求, の賠償拂, の量, の金, の非, の高価, の9, はあった, はあり, はおろか数倍, は仕事, は働く, は儲かる, は入用, は必ず, は能率, は貰, は貰える, ふっくらした坐, ほどある, ほどな大, ほどにはあがった, ほどに語り続けた, ほどの巨大, ほどの広, ほどの時価, ほどの領地, ほどもあっ, ほどもある, または何倍, までの距離以内, もあっ, もあつ, もえらい, もございます, もしくは四倍分, もする, もできる, もとれる, もの人数, もの仕事, もの価, もの地域, もの嵩, もの後方, もの恥ずかし, もの料金, もの時間, もの肉, もの臨時費, もの長い, もむりをいって, もやらなけれ, もニコニコ, も仕事, も余計, も働かなく, も働く, も儲, も先生, も出し, も危険, も向う, も命, も多い, も多く, も大きかっ, も大人, も太かっ, も嫉妬, も年, も年數, も広い, も広く, も持つ, も早く, も時間, も汗, も激しく, も短い, も稼い, も肥つて, も落着き, も蒼白, も通いました, も遣っ, も酒, も重い, も重なる, も釣り上げ, も長, も長く, も飲ん, も高かっ, も高けりゃ, を生産, を與, を費した, を飲みました, 乃至六倍, 働くつもり, 受けもって, 多きも, 大きくした, 安し, 広かったらしく, 強いもの, 程も毛, 稼いで, 稼がねば, 約一万種, 若しくはそれ以上, 高く三メートル上

▼ 三~ (406, 0.3%)

10 になっ 7 になった 5 にわけ 4 か四段, がまえ, に分れ, のはじめ, の階段, の順序, 登ると 3 にわかれ, に重なっ, の区別, の棚, の構え, 第四段

2 [28件] であった, となっ, とびの, にくっ, にし, になつ, になつて, にも四段, に分ち, に分つ, に分る, に切っ, に区別, に配置, の変化, の撃ち, の海舟, の石段, の石級, の腕前, の雪駄, や五段, より上, を一躍, 上って, 上りながら, 程の段階子, 降りて

1 [282件] あげる, ありて, ある, あるいは四段, かになった, から五段ぐらゐの土地, から槍, か四段位, がえし, が欲しく, くらいで, ぐらいになっ, ぐらいに別れ, ことに教育, この中, ころんで, さらったわけ, しかない, しか石, ずつ一, ずつ一ぺん, ずつ横, ずつ薄暗い, ずつ蝗, だけ昇っ, だという, であって, でありましたが, である, であるという, です, でそうして, でなくて, でも五段, でも四段, で上段, で小, で柔道, というの, という豪, とか四段, ときい, とす, となす所謂, とびを, とわき, と云う, と大将, と大股, と岩谷社長, と敵陣, と理, と計画, と跫音, と迫らない, と降りはじめました, に, にう, にかぎられ, にくまれて, にございます, にした, にそうして, につった, になつて大器晩成, になる, にはたらく, には次, にまで縮まつ, にめぐらされた, にもこまめ, にもなっ, にも及び, にわけた, にわける, にバラバラ, に並べ, に並べる, に伐り倒されました, に備, に備え, に光度, に分かれ, に分け, に分たれ, に分っ, に切れ, に別れた, に勝った, に化け, に區分, に卑下, に埋め, に大砲, に安堂寺, に巻い, に建てた, に張った干し, に形容, に心, に手筈, に打ち, に打ちひびいた, に打ち折り, に折つて座中, に斬られ, に於, に染まる, に染め分けた, に柵, に渡っ, に畳まれ, に畳み上げられた, に破裂, に積んだ, に置い, に考え, に考へられる, に軍, に進めよう, に重ね, に釣った, に陣, に雀, に雪, に高く, ぬき, の, のうでまえ, のうでまえです, のこの, のスロープ, のロケット, の下, の主観的象徴, の仕切り, の備え, の備え立て, の免許持ち, の削除, の区劃, の古, の変遷, の夢中遊行, の奴, の嶮, の形態, の急, の戸石君, の戸納, の拍車, の料理, の明智探偵, の最後, の木, の松山さん, の水沫, の水銀拡散ポンプ, の法, の深, の準備, の溜, の瀑布, の無造作, の爆発, の畠はな, の相手, の私, の空柱, の策, の紅, の経過, の結果, の考え, の腕, の見方, の記事, の變化, の豪, の追撃策, の連絡, の進級, の鈴木中尉, の鉄砲, の鉄砲組, の鉄砲陣, の開展, の関節, の隊伍, の階, の青年, の静寂, はいおりた, はおろか物騒, は人, は悪魔, は持っ, は改悔, は更に, は柏木, は殊に, は海舟, は源氏物語絵巻, は腐つ, は飛び降りたらしい, ばかし作つとる, ばかりあがっ, ばかりあつ, ばかりある, ばかりに横, ばかりの処, ばかりの場所, ばかりもつ, ばかり上, ばかり下り, ばかり棚, へかけ, へ麦, ほどあっ, ほどおり, ほどの石段, ほどの階子段, ほどの階段, ほど上っ, ほど下りた, ほど下りる, ほど助広, ほど残っ, ほど段, ほど石段, まで短縮, もある, もうへを, もさがった, もしくは四段, ものぼります, も上, も低い, も男, も踏みはずし, も重ね, も驚いた, や四段, をよこせ, を一足飛, を始め, を尽くし, を抜い, を相手, を紹介, を経由, を透, を閉口, ノ進化, ノ進化ヲナセリ, ノ高, 上がった, 上ると, 下りて, 下りる順, 備え鶴翼, 御裳, 打ち脱, 抜かなんかで, 抜き二段抜き, 昇ると, 次第に上っ, 片頬, 登って, 登る, 第四, 跨ぎに, 踏みかけたとき, 返し糶上げ, 進んだと, 開きとなつて, 降りたところ, 降りると, 降りるよう, 隔たった水, 飛び降りた, 高く王座

▼ 三~ (401, 0.3%)

15 の家 7 しかない 5 ある, も四軒 4 あった, あつた, の酒屋, 並んで 3 あって, ありて, あるが, きいて, の料亭, の酒倉, の長屋, はあった, 廻って, 見て

2 [26件] あったが, あり, あるだけ, が同じく, しか廻り切れない, つづいて, つづきの, では, とも同じ, に放火, のうち, の使, の士族, の屋敷, の料理屋, の旅館, の者, の農家, もあつ, やって, 出来た, 建ち並んで, 当って, 残って, 置いて, 訪ねて

1 [271件] あいて, あったでしょう, あったよ, あった掛け持ち, あつたり, ありと, ありました, ありましたよ, あるくらい, あるでしょうあの, あるので, あるばかり, ある安宿, ある家, ある断崖, ある斷崖, ある親戚, いつた所, うす汚ない, かたまって, かと思ったら, からの申込, から出来, から前借, があっ, がいま江戸, がまた, が三軒, が三軒共, が仲, が全部, が向いあい, が容易, が皆, が皆跣足, が蓋し, くらいはする, くらい掛け持ち, ぐらいそんな, ぐらい門前払い, ことわられたそう, さる席, しかありません, しかなかっ, しかなく, しかも大, しか旅籠屋, しもたやが, ずつの家, ずつ門前, その並びに, それだけの, たずねて, だ, だけある, つ, であろう, でかこまれた, ですが, でもう, で五升宛, で冠木門, で無理, で訊いた, とあはれ, といわれた, とか許され, ともたすかりました, ともまことに, ともギフト, とも名題, とも夜中過ぎ, とも子供, とも灯, とも物持ち, とも薪, とも連日, とも隠宅, と云われた, と人家, と仕舞屋, と廻つて, と心覚え, と洒落た, と飛び, と飛び飛び, ないし四軒, ながら明き店, ながら私, ならず冷かして, ならんで, になった, にはみな, には人, には拙, にひろがっ, に一つ, に一匹, に住む, に尋ね, に火, に立寄り, に過ぎず, のお喋り, のお寺, のそれ, のどれ, のほか, のバア, のホテル, のマンナカ, のレコード, の一坪館, の中華料理店, の人家, の人形, の別荘風, の医院, の口入れ屋, の古道具屋, の名家, の問屋, の土竈, の墓參, の学校, の家々, の家作, の家屋, の寒村, の寮, の小さい, の小売店, の小間物店, の屋根越, の平家, の庭, の得意先, の本屋, の板前, の果物, の棟割長屋, の武器商店, の湯屋, の瓦屋根, の田舎屋, の画商, の知合, の競争, の筆屋, の茶屋, の草屋, の荒し, の蓄音機店, の蔵, の藁屋根, の親類, の貧しい, の貸家, の障子, の雑誌社, は, はあつ, はあります, はある, はなれた, は一法, は右, は恐ろしく, は持つ, は細君, ばかり並ん, ばかり借家, ばかり別荘風, ばかり焼け, ばかり菊人形, ばかり見せ, ばかり飲み歩きました, へ入り込ん, へ問, へ行った, ほどある, ほどのこった, ほどの地所, ほどゆく, ほど北, ほど固まつ, ほど焼けた, ほど続く, ほど貸し渡し, ほど養魚場, ぽつりと, まじりそのうち, までも焼, まはつ, まわって, まわらなくっちゃ, みすぼらしいオランダ船, もあらう, もありました, もさき, も並ん, も入っ, も出し, も同, も焼く, も燒, も通り過ぎた, も連つて, やそこら, やられましたね, や四ん軒はぶッ, をあるきま, をきい, を半, を廻り, を持っ, を見廻り歩く, 両お隣りや, 両どなり, 両鄰, 両隣り, 並んだ中央, 並んだ右端, 入って, 出て, 出来て, 向い合って, 呑み歩いたと, 回った新聞社, 回って, 寄る, 小さな長屋, 建って, 建つただけで, 建つて, 廻った, 廻ったの, 懸持ちの, 持つて, 探し回つたが, 揃って, 断られた, 有る, 歩いたが, 歩いてから, 歩き廻つた上, 残ったの, 焼いた罪, 知らねえで, 程に分れ, 稼げば, 立ち寄つて, 置いた隣りに, 聞きあわせた後, 聞き込んで, 行き過ぎると, 行くと, 行った処, 行って, 見えるな, 見廻りに, 覗いて, 訊いて, 起きて, 通って, 隔てては, 離れたところ, 離れた近所, 飛び飛びに, 飛ぶ歳, 飲める

▼ 三~ (380, 0.3%)

12 の酒 8 飲んで 6 食った, 飲んだ 5 のん, の砂糖, 飲むと 4 まで飲んだ, 入れて 3 だ, つづけて, は息, もお代り, を加え, 食って

2 [23件] あがって, あふつ, か, ずつ貰う, それから枕, たべた晩, でもう, にし, のむ, のむと, の盃, もお, もやつ, も呑ん, も汲ん, も飲む, も飲め, やれば, を飲んだ, 加えて, 後一杯, 混ぜて, 飲んだと

1 [261件] あがったと, あびて, あほる, いそいで, いただいた, いただくと, うまそう, おいしい昼餉, おいしくいた, お代わり, かたむけるありがたい, かっこんで, かつこん, かところで, か四杯, が, が大, が適量, きめ出すと, くって, ぐいぐいつづけ, ぐっとやりました, ぐっと飲んだ, ぐらいが丁度, ぐらいの酔, しか呑めず, しか飮, ずつキング・オブ・キングス, ずつ味噌汁, ずつ干した, ずつ飲む, ずつ飲ん, たたき込んだという, たてつづけに, たべただけ, だからなどと, だけ少し, だけ持つ, だつた, だと, だ百浴百杯, つくった, つづけさま, であった5対3, できりあげる, でございます, ですます, でで, でももはや, でも飲ん, で昼, で止め, で済ます, で跡形, で醉, で陶然, というの, といふところ, といふ風, とこれ, とごめん, とともに二合, となり, とのむ, とよく, とよばれ, とりためた, とをよくよく, とを弱火, とを混ぜ, とビール一本, と乾し, と傾けた, と同じ, と呷り, と啜らせ, と増し, と嬶, と定めてる, と牛乳二合, と続け様, と肉汁, と腰, と重る, と飲まぬ, と飲ん, と飲んだ, ながしこんだ, なんぼうに, に, になつた, にグッ, に味噌汁, に牛乳一合五勺, に玉子, に罎詰, に茶九杯, ねだって, のお, のおかげ, のすむ, のまされそうして, のみつづけた, のみ干した, のもの, のカクテル, のセメント, のバケツ, のビール, のメリケン粉, のラウチュウ, の屠蘇, の正宗, の水, の涙, の清酒, の灌奠酒, の焼酎, の牛乳, の茶, の量, の飯, はい, はいい, はいけます, はひつ, は利いたろう, は幾カロリー, は許す, は食べられる, ばかりあざやか, ばかりお, ばかりで止みました, ばかり立てつづけ, ばかり続けざま, ばかり黙っ, ひっかけて, ほどあけ, ほどもはいり, ほども続け, ほど三十分間, ほど入れ, ほど引っかけ, ほど紙袋, ほど肉, までかさねさせ, までたべた, までひつ, までを傾けぬ, まで呑ん, まで重ねた, まで飲ませた, もあける, もある, もうお, もかきおろし, もかきこん, もかき込ん, もございます, もさして, もすすりかける, もたべられたら, もつ, もつくる, もとった, ものんだ, もひっかけ, もらわずには, も乾し, も呑む, も啜った, も喰べた, も平らげました, も引っかけさせた, も換え, も食べた, も飲める, も飲んだ, やったため, やってるが, やっとの, やつて, やりたい, やりたいなあ, よそうと, よそっても, よばれて, をかさねるべからず, をやらず, をよく, を一合, を二杯, を五勺, を今, を傾け, を喫した, を混ぜ, を納める, を規則通り, 傾けて, 傾けると, 入ったらば, 入れた, 冷たい茶碗酒, 加えます, 取れた, 呑んだ酒, 呷って, 呷りつけるよう, 呷るその, 呷切, 大きな胃の腑, 干して, 平らげた, 引っかけたが, 引つかけたが, 引つ掛けて, 持って, 掘り井戸, 掻き込んだまま, 残らず食い終わっ, 毒々しいほど, 汲み上げては, 汲んで, 注して, 流し込んで, 流すん, 漸く飲む, 空けた, 立つづけて, 続けさま, 続けたから, 見舞って, 詰めこんで, 這入る小さな, 食う俺, 食う飯, 食えなかった時, 食えば, 食ったので, 食べたの, 食べたよ, 食べました, 食べること, 食べると, 食らわせて, 飲ました, 飲みごろりと, 飲みました, 飲み干したり, 飲み干すと, 飲み歩いたもしも, 飲むうち, 飲んだから, 飲んだじゃ, 飲んだの, 飲んだので, 飲んだら今朝, 飲んだろうが, 飲んだ野蛮, 飲んでから

▼ 三~ (359, 0.2%)

8 ある 65 か四ツ, になる 4 のつづら, の首, も四ツ, 書いた 3 の事件, の掟, の顔, や四ツ

2 [19件] あるよう, おしょうろ船, して, とれる三ツ身, になった, に固, のもの, の人影, の出来事, の夕刊, の時, の死骸, の部屋, はじき, は悪魔, ばかりつない, ほど小説, も, 並んで

1 [269件] あった, あったって, あった限, あって, あっても, ありたりとて, あるうち, あるから, あるといふ, あるね, あるよ, ある化け物, ある殿様, ある目, あわせた記念日, お袖さん, かの僅少, か三ツ襲, か多く, が同時に, が無残, くれた, ぐらいずつ五回, ぐらい上, ぐらい読ん, ぐるぐると, しか書かない, しか見つける, ずつあいかわらず, ずつ各自, ずつ同じ, ずつ鶏卵, だけは退治れ, ちらちらした, ついて, つついては, つぶして, であつ, であろう, でそれ, でまず, でカギ, で無く, という年ごろ, とせ, となり, となる, とも違う, と乗せる, ながら全う, なぐりつけた, などがヒダ族, なので, なのね, になられる, には金持ち, にも別れ, にも四ツ, にわかれ, にギッシリ, に分て, に分れ, に張, に成つた, に減らしました, に裂い, のうち, のすゞ, のその, のたく, のアパート, のタバ, のルシヤ, の仏, の作品, の光り, の力, の古代人, の場合, の声, の大きな, の大字, の大釜, の子供, の孔, の寝床, の小道, の屍, の峠, の帝国主義ブルジョアジー, の平屋, の役目, の心得, の悴, の慌しい, の戒め, の手紙, の手記, の担架, の持病, の提灯, の新聞, の星, の曲, の書院, の村, の東太, の橋, の歌, の歓喜, の死, の水, の水道口, の氷嚢, の流れ有, の温泉自殺, の温泉都市, の滝, の火縄, の男の子, の瘤, の目玉, の眼, の祝い, の者, の膳, の花, の荷葛籠, の葛籠, の蔵, の蝶々, の行政区画, の袋, の要素, の見学, の語, の貨幣, の質點, の車, の郭, の酒樽, の陣所, の隣組, の青梅, の駕, の黒い, の黒衣, は上, は人間, は利子, は危く頬邊, は手, は捨て鐘, は明らか, は都, は附き, ばかり, ばかりある, ばかりくる, ばかりくるくる, ばかりどう, ばかりの児, ばかりはき, ばかりはきはき, ばかりものの言い, ばかりガン, ばかり先, ばかり小さく, ばかり年紀たけ, ばかり念仏講, ばかり押し, ばかり握飯, ばかり横, ばかり添, ばかり畝, ばかり見ゆる, ばかり谷, ばかり集まった, ばかり黄色い, ばたばたと, ぶんなぐったの, ぶん殴った, ぶん殴って, ほどの都市, もある, ものいううち, ものいえりし, もの会, も出し, も廻る, も旅館, も爲, も獲, も若かろ, も荷物, も買えない, よりぞ多から, を入れ, を同時に, を峡門, を見, を賞め, 並べたピース, 並べた熟字, 並んだ土蔵, 乃至四ツ, 付くよ, 借りて, 入つて, 切った, 占めて, 取って, 受取って, 叩いて, 同時にテーブル, 咽びながら, 大きくうなずき, 大きく櫓幅, 引ったくる, 強ク打ツ, 当って, 御相伴, 打ちすえて, 打ち四ツ, 打った, 打つ, 抉りましたから, 押すと, 括り付けて, 持てれば, 挙げて, 振廻され此方, 掴み出して, 撲りつけた, 教えて, 敷いて, 新しい枕, 書いたが, 有り升, 殖えるわけ, 洩れた, 煽ぐよう, 狭い入口, 現れた時, 立って, 組み合せた巴, 結んだ, 続けて, 聞かせたまいつ, 聞かせ給ひつ, 落ちて, 見せて, 詠んで, 超した超さぬが, 足らざるべく洋服, 載せたこと, 追続い, 遣ロ, 選んだなか, 重った不意, 重つた不意, 重ねて, 長けて, 隠して, 面白い事実, 頬張っては, 飛び越えて, 飲んなすったか, 鳴るあいだ

▼ 三番目~ (357, 0.2%)

10 の娘, の子, の男 8 のお 6 の, の窓 5 の兄, の弟 4 の高い, の鳥居 3 だ, の人, の妹, の子供, の男の子, の部屋

2 [29件] が, にある, に出た, に封, のもの, のバラード, の児, の十八, の大枝, の女, の奴, の娘露子, の実子, の宿場, の席, の手紙, の文句, の松江, の枝, の樹, の畝, の鍵, の門, の門番, の鹿, は妾, は母, は番頭, は芝口

1 [213件] がことに, がわめき, が一分二分, が中田屋, が初, が大きな, が姉, が子守女の, が朗詠, が正岡忠三郎, が百万長者宝田銀造さん, が眞重, が花紋賞, が赤茄子, が長男, だった, であるから, で従つて私, で羅宇屋煙管, で長男, という, となる, との間, と五番目, と四番目, に, にあたる, になります, にねた子, にはいっ, にはどうせ, には三井寺, には先月, には嘗て, には彼, には愈, には散髪, には椅子, には露国文豪トルストイ伯傑作, には露國文豪トルストイ伯傑作, には魏延, に一, に乗っ, に取り調べられた, に名前, に呂, に坐る, に変化, に女, に姪, に寄っ, に強い, に当る, に数えられ, に来る, に森積嘉兵衛, に私, に置き, に見える, に見栄え, に誰か, に附い, に飛ん, のあたし, のいろ, のおとなしい, のお姫様, のお嬢様, のお子さん, のかぎ, のすみ, のところ, のひきだし, のむす, のやつ, のグラン・キヤツフエ, のパラグラフ, のホ, のミケル, のムクチ王子様, のランプ, のリイ, の一番, の一等年下, の一銭, の三号車, の人々, の人造人間, の仕事, の令息, の伯母, の伯父, の作品, の侍者, の俥, の像, の入口, の初江, の勝負, の北の方, の十字架, の叔父, の召集, の台, の問題, の土人, の声, の大, の大きい, の女の子, の女児, の女房, の妹娘, の姉, の姉さん, の姦通, の娘さん, の子息, の孫, の宇宙艇, の室, の少女, の引出し, の弱気, の張紙, の強盗, の息子, の手記, の折助, の抽出, の探検旅行, の教会, の書きなおし, の曹植, の木, の末, の末ッ子, の机, の杭, の柱, の森積, の歌, の正, の武士, の沢付近, の泰蔵, の灯, の熊吉, の物, の犠牲, の理由, の田草取り, の由良子, の登場人物, の目, の相手, の社員, の私, の稽古, の空中, の窕子, の立川さん, の箱, の籤, の紙, の絵, の絵葉書, の群落, の習作, の聖観世音, の落雷殺人, の街角, の裸馬, の赤ん坊, の赤茄子, の足, の通り, の酒蔵, の里子, の野太刀, の針, の鉄之助, の雅治, の電子, の音楽会, の餌肉, の駕籠, は, はおそろしく, はこわい, はだれ, はやはり, はよそ, はアーニャ, はドイツ人, はブラジル, はマチヤス, は又, は姉, は意気ぢ, は早目, は木乃伊取り, は肉料理, は航空戦隊, は馬麟, までの工場, もまた, もやはり, も四番目, も生れよう, も落ち, を作りはじめた, を射る

▼ 三~ (350, 0.2%)

6 連れて 5 挙げて 4 得, 頭に 3 ここに, 呼んで, 書いて, 見た

2 [19件] おどろかして, つれて, キリキリと, 促した, 列挙し, 取って, 叱りつけた, 憎んで, 指摘し, 挙げる, 支配し, 書く, 横に, 真砥野媛, 綜合する, 見て, 見ても, 見るに, 迎えた

1 [281件] あげたの, あげて, あげれば, あべこべに, おやしき, お知り, お話いたします, かえりみると, きめこんで, けさがけに, ごらんが, ざんぎり物に, じろりと見やった, すぎ八時, そそのかし通夜, たしなめた, つかまえて, つついた, つづけること, つなぎ合せ, とっちめる大屋さん, どう思い返し, にらみつけて, ねむらせて, のぞいて, のぞくほか, ばらり, まだ寝かせ, みまいに, むしろ嫌っ, やっても, よそへ, よぶ, わが妾宅, ケレンハップクと, ズラリと, ヴァラエティ四は, 一に, 一同に, 一寸睥ん, 一度は, 一期に, 一纒めに, 上演する, 下げて, 下の, 乗じて, 乗せると, 云へば, 今ちよつと, 今後六カ月に, 今誰にも, 介抱し, 付記すべし, 仲間に, 伝へて, 伴れ, 何となく怪しい, 何十回と, 併せ知らず, 写生した, 出し, 出し未完, 初めて観た, 初め侍たちが, 前に, 加えれば, 加ふ, 加へて, 加へれ, 助けて, 努めて引立てた, 十五だ, 十四枚三時迄か, 占むるものさえあり, 占めて, 占め以, 参と, 参酌す, 取つて, 取りて, 取りひしぐ力, 取り囲んで, 取り巻きました, 取るん, 取上げるもの, 叩いて, 吐くなるに, 呪い殺したの, 呼びに, 呼びました, 呼び出すよう, 唯一無二の, 四に, 売りに, 外へ, 多くは, 奪い一七三六年, 女衒の, 好きな, 好くの, 如何, 嫌悪した, 左に, 庇った, 庇護って, 座敷へ, 引けば, 引用する, 彼女に, 従えて, 得たり, 必然と, 思ひ切り罵倒, 怪しいという, 恐れて, 恨んで, 悪魔, 悪魔と, 想像する, 想起する, 愛して, 憎む以外, 戻して, 打ちとりぬ, 打った, 打っても, 托した, 承るもの李典, 抜いて, 抜かして, 抜く, 抱きあげると, 抱きながら, 抱き込む気, 持ちだして, 挙ぐるに, 挙ぐれ, 挙げたの, 挙げよう, 挙げるに, 挙げんに, 振りこころみてから, 振りもぎるやう, 振りもぎるよう, 捕えて, 捕ッ, 探しまわったかれは, 控除する, 掲ぐ, 掲出しよう, 擧くれ, 擧げると, 擧示する, 数えて, 数えるか, 数えるまでに, 数え七十, 数ふなり, 斜めに, 斥し, 春陽堂に, 書きつけて, 最後に, 木村梅吉と, 極く, 次に採録, 残して, 殺した下手人, 殺し再び, 殺せる奴, 殺そうという, 沒却する, 没却する, 泊りに, 減じた, 片づけて, 犯人と, 生じなければ, 生ずるが, 産んだ, 男臭い, 画に, 疲らせつつ, 疾視付け, 発見し, 監視し, 睥み, 睥んで, 知ってるもの, 知つたのも, 知つてゐる, 知らせて, 知らぬため, 知ること, 示す, 示せるもの, 私に, 私も, 私達も, 移そうと, 突きのけ村道, 突きまくり陣十郎, 窘めること非常, 立てようと, 笑わせる, 脅しつけるもの, 膿爛相第, 興奮させる, 苦しめようと, 茲に, 補ふ, 見おろした, 見たとたん, 見つめた千三, 見よ, 見ること, 見ると, 見る度, 見る矢代, 見事に, 覚えて, 言えば, 討つわが, 記しい, 記したもの, 記して, 記す, 訪問した, 訳して, 診察し, 認められたこと, 誘つて來て, 誘ひ出したの, 誘惑しかけた, 語り個人的作, 語る, 説き伏せ終, 読ましめよ次, 読んだ記憶, 誰やらが, 調べると, 讀めば, 賭場から, 贈ったこと, 走らせて, 超えずしかも, 足せば, 足わざにかけて, 足蹴に, 車屋へ, 転々として, 軽減し, 軽蔑し, 輕減し, 述べよう, 逃さぬ様, 通りがかりに, 通りこし, 造り成す三, 連れたきり, 連れての, 連れ出して, 遠巻きに, 選ばしめん, 選び出しました, 選ぶこと, 選み出し, 選んだが, 選んだの, 選んだ理由, 録存する, 長屋へ, 間へ, 除いたらば, 除いた三十四, 除いては, 除くの外, 顧みて, 顧みる, 驚かせたが

▼ 三十円~ (349, 0.2%)

15 の金 4 や四十円 3 か四十円, であった, の月給, もあれ, やる

2 [20件] あると, くらいで, だ, っててめえ, である, です, では, で嘆い, という大金, な, のもの, の捨扶持, の生活費, も出せ, や五十円, 使いこんだ顔, 出しただけじゃ, 呉れた, 貸して, 送って

1 [275件] あります, ありゃあそこ, ありゃええだげな, ありゃの, ある, あれば, あればと, か, かえさ, かし, かの手当, からの予算, から七十円, から六十円, から四五十円, かりたいの, か五十円, がこれから, がたいへん, が三十枚, が不当, が二人, が五十円, きり入って, くらいにし, くらいになる, くらいのところ, くらいのまだ, くらいの収入, くらいよりない, くらい使う, くらい置いといた, くれると, ぐらいかかる, ぐらいだ, ぐらいで, ぐらいです, ぐらいのもの, ぐらいの悲しい, ぐらいの金, ぐらいは手, この後, こんな放蕩息子, しか収入, じゃあなた方, じゃない, すること, ずつくれた, ずつとる, ずつ仕送り, ずつ助け, ずつ得し, ずつ払う, そんな金, ためて, だから, だけこの, だけにした, だけぬきだし, だけはなんとか, だけを毎月郷里, だった, だったという, だっていう, だという, だな, だッ, であつ, でこの, ですたい, ですな, ですよ, でそれ, でできるげながのオ, でもくらし, でもどうにか, でも二十円, でも有りや, でやっと, でフロ桶, で売っ, で売附けられるやう, で売附けられるよう, で憲兵隊, で泊め, で私, で買, で買いとった, で買う, で買っ, で買った, という, といふ高い, といや, とかいうの, とか申し, として九千円, とって, とはどう, とは譲吉, とまとまった, とられる, と云, と云う, と値段, と払, と時借り, と纏った, と纏まった, と言, どすか, どりの, ないと, などと呉れ, なの, ならしの, ならびに交通費, なり, なりの餞別, なり強盗, なんかよこす, にし, になっ, になつ, にならなかった, になり, になりし, になる, にも充たない, にも売れる, にも足りなかった, に値せぬ, に売ります, に年金, に当たる, に換, に改めよう, に近い, のうち, のうち半分, のこと, のつきあひ, のみいりで, のわがまま, のオ, のサラリー, のネブチ, のピーナッツ, の不足, の仕送り, の借金証文, の催促, の入場料, の内, の十姉妹, の原料, の売り上げ, の大金, の実費, の家, の寄附, の手数料, の敷金, の旧, の月収, の月給取り, の月賦, の正札, の為替, の由, の立ち退き, の蜜柑, の註文, の身元金, の餞別, の馬鹿値, はかかるでしょう, はそこで, はたいへん, ははづむつもりと, は一度, は一文, は入用, は出し, は出したくねえ, は大金, は実は, は払い, は掛かりました, は掛ります, は欠けまい, は残るだらう, は高い, ばかしある, ばかり, ばかりか, ばかりで買っ, ばかりにしかならぬ, ばかりのお金, ばかりの家, ばかりの月給, ばかりは何, ばかり出した, ばかり拵, ばかり暫く, ばかり貯蓄, ばかり銀子, ほどありました, ほど余っ, ほど取っ, ほど懐, ぽつち, まで下落, まで減ずる, めぐんで, もあったら, もありましょう, もお, もくれる, もしたらあるだろう, もします, もする, も下, も五十円, も大庭親方, も奮発, も月給, も自分, も送れ, も運命, やった, やります, よこせと, より取らない, をそっくり, をたし, をどうして, をも出させた, をも懐中, を不足, を受け, を受取った, を売る, を懐, を持っ, を枕元, を無, を突破, を納め, を自分, を越えた, を鷲掴み, 乃至五十円位, 借りが, 入れて, 出して, 出す, 取られるか, 抜取つた曲者, 持たせて, 持って, 新喜劇, 有りましたが, 有りや, 渡した由, 無之, 程だ, 程出せ, 程貸せ, 置いて, 若くは, 貰えば, 貸したぞ, 賭けて, 遣せと

▼ 三~ (348, 0.2%)

18 助十 5 いふに, いふの 3 なって, 一緒に, 名乗って, 第七, 聞いて, 言つても, 顔を

2 [25件] あるの, いっしょに, おたね, なりそして, 云うのに, 云う関係, 云えば, 云ふ, 云へや, 五十これで, 五十に, 切れたるも, 別れた, 十一まだろくに, 四ツ目屋の, 手先が, 為すこと, 申しますと, 申姪孫生長迄の, 番号の, 称した, 第四, 若吉, 言っても, 言ふ

1 [249件] 〇・八二の, ありますが, あわすれた, いいまたは, いい了, いい年, いうが, いうには, いうよりも, いえば, いえるが, いっては, いつもの, いふと, いふもの, いふわけ, いわれて, うしやうは, うしやう水銀メタル, うち連れて, おけさ, およみ, おるいさん, お久良, お咲, お涌, お立合い下さる, お菊, かいつた, かけ声を, くると, さして違わぬ, したり, します, しわから, し豊乃, する, すれば, つけました, つづいて, なった, なった暁, なりこれ, なり十四五, なり取捨相反, なり林田, なり縦横, なる, なるからという, なるであろう, なるといふ, ひとりは, ひと争い, ひろ子と, ほりに, ほりばかり, もう一つ珠, もう一人女中, やる, よく似, 一しょに, 一といふ, 一の, 一人の, 一家との, 七つの, 七の, 三つまで, 三とが, 三国との, 三日も, 三部に, 上って, 中村仲蔵の, 丹三を, 久六と, 二と, 二人で, 二人に, 二十の, 二番指し, 云い, 云いまして, 云うて, 云うところ, 云うもの, 云う二十六, 云う人, 云う医学士, 云う句, 云う恐る可, 云う方, 云う歳, 云ったの, 云つ, 云つた, 云ふつし, 人相見の, 人眼を, 今自分に, 会うの, 会って, 何にも, 信秀は, 偽名を, 入違い, 八つの, 八の, 六の, 出会ったこと, 分けて, 分って, 刑事も, 加へて, 勘次の, 十まで, 十五くらゐ, 叫んで, 右隣り, 合い図, 合せて, 合図の, 同じく米国, 同じよう, 同じ人間, 同じ匂, 同じ様, 同じ長屋, 同年か, 名乗れと, 呼ぶ人, 和しパラリ, 品定した, 喧嘩した, 四と, 四に, 四は, 四十, 四十九なり, 団蔵と, 場所を, 増えて, 声を, 家主との, 小さい二人, 小学からの, 差向いに, 帳づら, 幾つでも, 引けば, 心の, 思ったが, 思はれるが, 思はれる温和, 思へて, 恠我の, 恭とに, 想はれる, 想像され, 懇ろに, 所掛かっ, 手紙を, 折り合いが, 拍子の, 改名し, 数は, 數の, 文三が, 新助, 書いたの, 書いた立派, 書して, 来りラッキー, 柳光一は, 極めたので, 楽章が, 正岡子規が, 母親が, 比較する, 測られ利根川右岸, 渾力を, 為すいわゆる, 爺やの, 理学博士清水氏と, 申しまして, 申しましてね, 申します, 申しますの, 申す旅人, 申す者, 申す若者, 番号が, 異名を, 直線隊形を, 眺望とを, 知らぬ間, 磯二とに, 私とは, 秩序を, 称して, 称すること, 第三九四, 第六, 答えて, 素六の, 結び父子, 続ける事, 縮めて, 置くやろさ, 羽村の, 考えて, 聟の, 腕を, 自分との, 自分の, 見えますが, 見えるが, 見える船頭, 見たが, 見ゆる女の子, 見受けられるが, 親しくさせない, 解すは, 言いましてな, 言い畢, 言う代わり, 言った飯炊き, 言つた飯炊きの, 言つて小, 言ひました, 言ひ交し, 記して, 記すを, 話し合った, 読んで, 起された十字軍, 逢ったが, 連れの, 連之, 連絡を, 進んで, 道連れに, 鑑定した, 長い顔, 隣りの, 順々に, 順次に, 須川と, 鷺山に

▼ 三十歳~ (326, 0.2%)

11 になる 10 の時 6 になっ, を越し 5 になった, を少し 4 であった, であつ, である, の人, の頃

3 [11件] から四十歳, にし, にもならない, のとき, の男, の私, の若, ばかりで, ばかりになる, を出た, を越した

2 [21件] から五十歳, くらいの男, ぐらいでしょう, ぐらいのひと, ぐらいの男, だったと, でも一弗, で死ぬ, になれ, になろう, には間, に足らぬ, に近い, に達せずし, の初夏, の女, の年, の生涯, の蘭軒, までで, を過ぎ

1 [188件] お互, かなるほど, からもう, から三十二歳, から三十五歳, か三十五, か少く, が年頭, くらいで, くらいに見え, くらいのころ, くらいのビイル会社, くらいのヘロイン, くらいの感じ, くらいの筈, くらいの英国人, くらいの青年期, くらいの髪, くらいの黄色い, くらい色, ぐらい, ぐらいごく, ぐらいであった, ぐらいな, ぐらいな若い, ぐらいにしか見えない, ぐらいのとき, ぐらいのやせた, ぐらいの上品, ぐらいの中年増, ぐらいの人, ぐらいの人間, ぐらいの会社員, ぐらいの奇妙, ぐらいの白い, ぐらいの美しい, ぐらいの見知らぬ, だが, だった, ちかくなっ, ちかくの, であ, であったが, であると, でございまして, でしたが, です, では, で以, で出征, で卒し, で友江田先生, で売れる, で太原, で死なう, で死ん, で生殖不能, で眼鼻立, で自分, という年齢, といえ, といふ年齢, となった, ともなっ, と宣うた, ならずに, ならぬ内, なり千四百四十氣, におなり, にかかる, にてはかなく, になったら, になったら死のう, になつ, になつて, になります, にはまだ, には三十歳, にもなっ, にもならぬ, にもなれ, に充たない, に及んだ, に御, に応じた, に手, に満たない, に相成らざる, に至る, に至れ, に近づい, に達した, に達せざる, のおとな, のお正月, のさかり, のとき道元, のもの, のジイド, のツルゲーネフ, の予感, の人妻, の今日, の伸子, の十一月末, の地味, の境, の壮年, の夏, の大人, の家内, の将軍, の小児, の岩田熊吉, の巳, の彼, の後半, の春, の時公, の波風, の男ざかり, の男子, の竜女, の純粋派, の終り, の若い, の著者, の蝶子, の誕生日, の身の上, の道楽者, の長, の閑人, の青年, ばかりしたがって, ばかりで死んだ, ばかりのこの, ばかりのすっきり, ばかりの下女, ばかりの女, ばかりの男, ばかりの背, ばかりの色, ばかりの躯, ばかりの連中, ばかりの青年, ばかりの頑丈, ほどになっ, ほどにも思えます, ほどの洋服紳士, までが花, までにほぼ, までに出れ, までに味わった, までの女, までの生, までの若様, までの間, までは大根, までは生きられまい, まで大学, まで衣服相談, もの年, も違, よな, より五十歳, より四十歳, をこした, をすぎ, をすぎた, をでた, をとうに, を一期, を半ば, を待たず, を貰い受け, を超え, を超えた, を越えた, を越す, を越せ, を越ゆ, を踰, 乃至三十九歳, 子貢, 程に見える, 近いころ, 近い大人

▼ 三~ (314, 0.2%)

9 の金 5 だと 4 の料金 3 の定食, の見料

2 [26件] から四円, か五円, か四円, しか昇給, です, でその, で売る, で帰る, で買っ, で質, で頂戴, のネクタイ, の会費, の儲, の品, の回数券, の料理, の果亭, の稿料, の資金, は安い, もする, も呉れてた, 出して, 払って, 持って

1 [238件] あったの, あつて, ありますが, ある, あるだけ, あれば, かかる注射, かし, かそこ, からした, から七円ぐらゐする, から六七円, から十五円, から十八円, から税, かりて, か三円五十銭, か五円ソコラ, がいま, が六円, が出来ない, くらいこさえ, くれた, くれと, ぐらいで, ぐらい仁丹, ぐらい奮発, ぐらい手, しかしない, しかなかっ, しか持っ, しか持ってない, しか残っ, しか残らなかった, じゃききません, すこし高い, ずつの利息, ずつ二枚, そのほか同僚, その内, たまったから, たらずの, だ, だか, だけつごうし, だけを彼, だけ渡し, だけ漸, だぢ, だった, だったの, だな, だらうつて, であった, であったもの, であったろうか, であるが, でお前, でしょう, ですが, でそんな, でちょうど, では, でもいい, でも取れ, でも取れる, でも毎月, でも當時, でも買手, でも高い, でタンス, でベコン, で一株, で二等, で借り, で偶然, で古い, で子供, で小学校, で払下げ, で果亭, で満足, で買いとっ, で買い入れた, という, ということ, という会費, という安い, という約束, といえ, といふ, とかいうよう, とか出し, ときめた, として家庭風, として百五十円, とって, となる, とはまるで, とはむしろ, とられて, とる五円, と一つ, と上っ, と云, と八十銭, と割い, と小銭, と某, と致します, と記し, ないし五円, などは直ぐ, なら値ぎりようもありません, なら安い, なり, なりあるいは, なんてお, なんてお金, にしかならず, にしてやろう, にて高し, にもなる, に当たる, に御座候, に改まり, に負け, のお, のこと, のでもいい, のでも大きく, ののり, のはした金, のはず, のもの九円, のアガリ, のコンミッション, のシャツ, の下宿料, の仁丹, の俸給, の借金, の借銭, の値打ち, の利, の割, の器械一つ, の報酬, の室代, の家, の小さい, の年極購読予約券, の手数料, の手附金, の旅費, の昇給, の月給取り, の柳里恭, の洋酒, の石油, の給料, の観覧料, の財貨, の雪駄, の高い, はあがる, はあつ, はある, はいりますね, は五年, は何, は使, は使わず, は修繕費, は正しく, は決して, ばかしのお金, ばかし残し, ばかり, ばかりなり, ばかりの税, ばかりの金, ばかりの金ぢ, ばかり出さう, ばかり持たし, ばかり持っ, ばかり貸し, ほどある, ほんとに三円, もかかる, もの報酬, もふん, もやすく, もらった, もらったと, も上げん, も不用, も五円, も叩き付け, も損しろ, も祝儀, やる, や十八円, より五円, をふところ, を乱費, を出ざる, を容れた, を寄附, を強奪, を得, を母, を蝦蟇口, を越える, を頂戴, を食費, 丁度ふた, 下さい, 使ううち, 借せ五円, 借りて, 入って, 出した, 出すと, 出れば, 包ませる, 安く食っ, 差しだした, 払った, 投出したの, 持て母, 時には五円, 残して, 残って, 程のもの, 迄, 送って, 頂きます

▼ 三~ (307, 0.2%)

7 の女帝, の間 5 に亙る, も前 4 の君, の天皇, の才女, を並べ 3 の, の将軍, の道 2 かかって, に亙っ, に歴仕し, のうち, の大統領, の家光, の後, の物語, を経た

1 [240件] あったその間, うちつづく三人, か, から七代, か四代, があいだ, がその, がだ, が安政四年, が宦官, が玄益成美, が立っ, が築いた, が間, その業, た, たたぬ間, だけだった, つづいた鰹節問屋, つづいて, つづくと, つらぬく筆硯, でたいがい没落, でもかかっ, で亡びた, で亡ぶ, で没落, という, といふもの, といふやう, といふ王朝, とかさねさせ, とつづく, となり, とほとんど, と主人, と代, と立つ, と続く, にかけて一つ, にかけて尼子, には自らそれ相当, にもなっ, にもわたっ, にわたってこの, にわたってその, にわたって仇敵, にわたって続いた, にわたって蓄積, にわたり一万, にわたり人民, にわたる, にわたるわが, にわたる不運, にわたる宗教, にわたる家, にわたる日本統治者, にわたる罪状, にわたる遺産相続, に一人位, に亘っ, に亘り, に亘る, に亙, に亙る思ひ, に仕え, に仕えた, に仕へ, に到っ, に割當, に就, に当る, に歴任, に渉, に溯っ, に物, に王, に由り, に関する革命, のあいだ, のうらみ, のきびしい, のころ壱百両, のご, のなが, のなき, のみかど仁明天皇, のトルストイ, のリレー, の一期, の世, の中, の主君, の人, の仇, の公, の初め, の功臣, の勇将たち, の古典, の合言葉, の名主北条泰時, の名君家光公, の君主, の君恩, の呉, の因縁, の国主, の在, の基, の基礎, の天皇顕宗, の如く官氏, の孫権, の宗家治郎右衛門, の宗親公, の実, の宮中, の家風, の宿将, の将軍職, の居城, の工人, の帝, の帝王, の年代, の府, の廟, の当主, の忠節, の恥, の恩沢, の愚民, の手, の才気, の推移, の故郷, の教祖直伝, の新, の昔, の時, の時これ, の朝, の木像, の木像首, の末, の栄耀, の栄耀一睡, の棺, の楠正儀朝臣, の歴史, の源, の無念, の王朝, の田賦, の皇帝神宗, の祖先信昌公, の移り變, の純良, の統治, の織物, の義輝将軍, の藝妓, の藝者, の血統, の要心深く, の説話, の變化, の豪奢, の近, の通家, の都, の重恩, の間皮, の間蔵, の霊廟, の革命, の頃, はひどく, はもとより, は彼女, は盲, は相, は知らず, ばかりは昔, ほど前, まえからの, まえに, まだ他国, までたおし, まではタタラ, までも世に, まへに, もあなた, もかかっ, もする, もつづい, もつづき, もつづく, も一番馬鹿, も亦, も仲直り, も住ん, も住んだ, も同じ, も四代, も変つて, も宮廷, も專制時代, も後, も持ち, も持ち伝えた, も続きました, も續, も葉巻一つ喫, も重縁, ようやく大, より直接, をひどく, を並べん, を経る, を継い, を通じても同じ, を通じてわづか, を通じて概して, を通じて法運, を通じて築き上げられた, を黄金時代, 住めば, 初めての, 小法師御用, 相つぎしが, 祟る執念, 立って, 第四代, 約百四十年間, 経って, 続いた家, 続いて, 順次に

▼ 三~ (307, 0.2%)

19 の小熊さん 15 の犬 10 のあり 9 の馬 8 の子 4 の狐, の猫, の猿 3 の小, の鼠

2 [11件] して, ついて, になる, の大, の家来, の虎, の蟹, の鬼, はお, 出て, 描いて

1 [206件] あげような, いい餌食, いたり, いようと, いらあ, いる, いると, いれば, うごいて, おったん, およいだ, かそいつ, か五匹, か四五匹宛, がお, がそろっ, がところ, が動く, が同時に, が幾千匹, が程, が近く, さして, しかいず, しかはいっ, しか喰, しか釣っ, すぐ背, ずつの犬, ずつフライ, ずつ居る, ずつ繋い, ずつ繰りだし, だけは途方, つかまえ入口, つかめえましたならば, つれたこと, であった, でせいぜい, でもいい, でもゴチソー, で一万円, とたべ, とった正, とっつかめえま, とつつもたせ, となり, とも, ともかなり上等, とも料理, とも機械師達, とも頭, と人質, と当, と数, と数え, と日本馬二匹, と牝馬, と蟹, と鯰, どんなこと, なのに, ならんで, におびやかされる, にご, にし, になっ, に号令, に過ぎない, の, のお, のむす, のスヾメ蜂, のタノンダゾヨ, のフカ, のプードル, の亀, の人馬, の仔牛, の仔犬, の兎, の動物, の同胞, の吠える, の唄った, の大きい, の奴等, の子ども, の子供, の子猫, の家來, の小さい, の尺取り虫, の忠義者, の恐竜, の愛くるしい, の感心, の木馬, の栗鼠, の深海魚, の熊, の狐め, の獅子, の獣, の白馬, の紙製, の紫色, の虫, の蛍, の蟻, の警察犬, の豚, の野良犬, の雄魚, の青い, の飼い, の魚, の鮭, の鯉, の鳴く, の鶺鴒, の鹿, の黄色い, の黒犬, はいずれ, はそれ, はのんき, はトンネル, は仲, は停車場, は墜落, は子鹿, は戦っ, は汽車, は砂濱, は虫眼鏡, は首, ばかりまごまご, ばかり仕入れ, ばかり手, ばかり採つた, ひっかかって, ひらひら舞っ, ひらひら舞つて, ふえて, ぶらさがつて, ほど増えます, もいた, もいるじ, もはまっ, もらいました, もらって, も動い, も殺し, も殺せる, も箱, も見え, も見せ, も豚コレラ, も退治, も鈎, も食いこまれ, やられたかな, ゐること, ゐるどれ, をえ, をお, をぜんぶ, をつかん, をひつぱり, をみんな, を目がけ, を置い, を見出し, を食らっ, ヲ, 並んで, 何ぞ大物, 合わせたほどの, 大きな奴, 大人しくとぐろ, 寝て, 少し低い, 持つて, 捕れませんか, 游いで, 焼け死んで, 生きてるの, 盗まれりゃあ, 立って, 繋がれた, 落ちて, 要る訳, 見かけた, 貼りつけられた, 赤い背, 迷い込んだ, 這い出して, 這い廻って, 釣ったって, 釣ったばかり, 釣った事, 飛び込もうと, 飛び込んで, 飼ったこと, 飼って

▼ 三~ (304, 0.2%)

18 の兵 3 か, となる, に余る, の兵力, の勇士, の金, や五千, や四千

2 [19件] が物の具, というの, に足らなかった, に近い, の, のうち, の人夫, の人馬, の僧兵, の兄弟たち, の兵士, の坊舎, の精鋭, の菩薩達, の衆徒, の軍兵, をひきい, を加え, 大世界

1 [224件] あります, ある, あるひ, おく圓, かつての, からある, からの三河武士, か四千, があらまし, がいつ, がほど二行, がよい, が一心一体, が城西普通門方面, が桑山隊, が遮断, が遽, ぐらいだ, さらに園城寺, ずつ三口, ずつ二手, その真先, だ, だか, だけ刷った, だったが, ちかくの, である, でもお召, でも五千, で下谷, で問題, とあっ, とある, ということ, というよう, という大, という如き, という有様, という現金, といえる, といった風情, とかだから, とはいわない, と三百八十人, と共に飯浦坂, と申す, と称され, と称し, と称せられ, と糧米一万斛, と買い集め, なお二万, などが手土産, にし, になった, になる, になんなんとする, に余った, に及ぶ, に足らない, に足りなかった, に足りぬ, に達しましょう, に達する, に馬五百匹, のあれ, のいのち, のお, のところが, のはした金, のスペイン兵, のフイルム, のモスク, の三河武士, の不良少年, の不足, の世界, の人形, の人数, の人間, の仏弟子, の仲間, の健児, の先鋒, の兵士ら, の兵数, の兵陣, の兵馬, の内, の円頂黒衣, の刑罪, の列, の力, の古い, の同志, の味方, の喊声, の城兵, の大軍, の妙理, の子弟, の宮女中, の寄手, の寝床, の射手, の将兵, の小, の小さい, の尼僧, の平家軍, の影, の心, の忠精, の怪物, の悪僧, の手下, の投擲弾, の提灯, の援軍, の數, の日本軍, の権利金, の武士, の武者, の歩兵, の死者, の泊兵, の法門, の焼死体, の燈籠, の牝馬, の生命, の生態, の町, の経費, の美姫, の美姫麗人, の美翠, の聽衆, の被害民, の裹頭, の西軍, の言葉, の詩, の謂いである, の賞金, の軍, の軍勢, の軽, の農兵, の連環馬軍, の遊女, の運命, の野武士, の鉄砲組, の鉄騎, の門下生, の門人中, の雪, の頭, の騎兵, の鼠, はあるらしい, はお祖父さん, ははいります, はほしい, は余人, は出る, は固め, は怒, は遠く, は長篠, は集まった, ばかりが城下, ばかりに限ら, ばかりの先鋒, ばかりの勝, ばかりひきい, ばかり借りた, ばかり勝った, ばかり引き, へって, ほどがふたり, ほどの人数, ほどの兵, ほど駈けつけ, もそれ, もの武者, も出来た, も勝, も勝った, も打ちころし, も装置, も野, や一万, をあずけ, をあつめ, をさずけた, をつれ, をひい, をもあわせ, を出なかった, を叱咤, を引き具し, を御, を授ける, を率, を率い, を率いしめ, を申し受けた, を知る, を縦横, を賜ら, を連れ, ノ剣佩黄道, 乃至三万, 出れば, 刷るので, 勝った, 反拝, 弱水深, 総軍一万五千, 纏ったもの

▼ 三丁目~ (301, 0.2%)

8 の重 7 の方, の角 4 の停留場, の家主喜左衛門, の親分, の通り 3 から電車, に住ん, の, の糸屋, の裏, を除い

2 [26件] から筋違橋, から靖国神社, で足, と二丁目, なん, に店, に杵屋, のほう, のアパート, の井筒屋, の井筒屋豊三郎, の吾妻屋, の唄, の喧囂, の店, の御, の混雑, の米屋, の糸物問屋, の翁屋, の道, の長崎屋源右衛門方, の電車, は旧, は明治二十二, へと急ぎました

1 [193件] かと思ひました, から一丁目, から二丁目, から來, から傾斜, から切通坂, から南江堂, から右折, から向, から来る, から湯島天神祠, から須田町, か四丁目, がある, がまま, だ, だぞ, ちょうど吉良左兵衛邸, であつ, でこんな, でございます, でございます指物屋, でして, では, でぶら提灯, で十銭, で書く, で町会長小笠原三九郎氏, で花, で賣つて, で質両替油渡世, で電車, となっ, との境い, との町ざかいから靖国神社, との間, と下がり, と書いた, と源助町, と背中合せ, と話, と通油町, と順に, と鼻唄, にあたっ, にあり, にある, にいた, にいます, にいる, にかけて例, にさしかからない, にちかごろ, には他, にも一つ, にも寄席, にも蒲焼, に來, に名高い, に向, に居し, に引越した, に彳, に手頃, に来, に河童, に端物, に藤村屋新兵衞, に近い, のある, のうなぎ, のえ, のおでん, のその, のところ, のよく, のアパアトメント, の三島屋, の上総屋, の両, の両替屋伊勢屋伝右衛門, の中田屋, の丸八, の丸善, の交叉点, の交番, の十字路, の古い, の古着屋, の周庵, の四県連合足尾銅山鉱業停止同盟事務所, の坂田屋, の堀端, の外科醫周庵, の大, の大分限, の大和田, の大塚外科病院, の大賀屋宇右衞門さん, の大野田仁左衞門, の大野田家, の守田座, の小, の小町娘, の屋上, の岡村由兵衞, の岡野さん, の川中, の左久良書房, の常盤ビルディング, の所, の持店, の指物屋岩吉方, の指物店山大, の揚屋, の播摩屋, の方角, の旅館信濃屋, の書肆, の本郷座, の東洋新報, の松屋前, の森田座, の横丁, の横町, の橋, の沖田, の河岸, の油屋, の浪宅, の病家, の磯部, の筆屋, の紀国屋, の線路, の老舗, の船橋, の芝居茶屋三河屋, の蔵屋敷, の薬種問屋, の薬種屋, の親分さん, の赤い, の辺, の辻村, の近, の近く, の通, の酢屋定七君, の釜屋, の間, の雑穀屋, の雜穀屋, の電車停留場, の露路, はスピード, は来ない, は通勤, は郵便局, へまわっ, へ出, へ来, へ来た, へ来る, へ着いた, へ移轉, へ行く, へ通り, へ通りかかる, まであっ, までてくてく, までという, までと言, までに青楼, までの町家, までの直線, までを東界, まで屆, まで行っ, まで行つて見てくれ, も, より冬, より地図, らしい, をすぎれ, をちょっと, を左, を廻り, を徘徊中, を戸田采女, を越え, を随分, 残らず本町通り

▼ 三年間~ (298, 0.2%)

8 の生活

2 [14件] では, と云う, に日本, のある, のこと, の仙台生活, の利, の努力, の期限, の歴史, は喪, みて, も彼, も続いた

1 [262件] あそんだ, あの人, いわゆる部, お借上げ, お小夜, お貸し, かの病床及療養, がそう, が一番, が終わり, が飛ん, ぐらいつ, ぐらいのもの, ぐらいはそれ, ぐらいは乗船不可能, ぐらいは著作, ぐらいは都会, この問題, この娘, こんなこと, こんな生活, そのままに, その事實, その仕来り, ただ茶箪笥, たちました, たとえ順番, だ, だけ遊学, ついに天下無敵, つづけて, つぶさに修学, であった, でその間, でよい, で三百圓, で卒業, というもの, といふもの, といふもの好き, といふもの私, とは私, とも出席日数不足, と云, なの, にあの, においていつ, において重大, における私, におよんだ, におわる, にこう, にたかまっ, にて修了, にど, になん, にはどこ, には一ヵ年, には何とか, には大分更迭, にもこんな, にも彼, にも練吉, にやった, に七倍, に三円, に二度, に二度目, に二百六十万, に亘る, に今日, に他, に出生率, に別に, に別家, に反, に可, に商業, に始め, に学び得る, に實際, に小麦, に幕府, に幾百万, に幾百萬, に所要, に数十万円, に於ける, に書いた, に書かれた, に殆ど, に殺し, に深く, に特殊, に生じた, に約, に育っ, に親しく, に解体, に起こった, に起った, に起つた, に足利義昭, に返納, に雜誌, に鱈, の, のさまざま, のブルッセル時代, の一生, の下獄, の事, の仕事, の作品, の入牢, の全盛時代, の前半, の勞作, の土産, の夢, の大臣, の契約, の子供芝居全盛時代, の実験, の巴里駐在, の年月, の意味, の成行, の我が, の文学, の旅, の日本, の月日, の期間, の洛内, の深刻, の混乱期, の滞在, の父母, の狂愚, の画期的鍛錬, の病院生活, の療養生活, の私, の積, の約束, の経過, の経験, の結婚生活, の習慣, の自分, の自由, の苦しみ, の苦役, の苦心, の草取, の蟄居生活, の見聞, の読者, の軍隊生活, の道場通い, の選句, の選集, の重, の間, の闘い, の雪国, はいくら, はおれ, はむしろ, は主として, は人, は何, は健康, は内地, は勉強, は古典, は四畳半, は天下, は彼, は徴用, は思ふ, は最も, は杉村, は無事, は無制限, は無税, は物質, は矢張り心, は私, は結婚, は維持, は親子三人, は諸国, は長い, ばかりその, ばかりの間, ばかりツルゲーネフ, ばかり洋行, ほどあす, ほどの間, ほどは御, ほど文壇, まあ人並, みつちり, もし, もだって, もつれ添って, もなん, も一つ社, も不可解, も人事, も人間, も作物, も勝ちつづけた, も喪, も固い, も地方官, も夜間診療程度, も掛かった, も書, も楽, も歩く, も毎日浅草, も礼, やつて, をここ, をこの, をたった, を三十年間, を三日, を始, を押し通した, を此作品, を浅草, を深い, を生き, を要する, を追加, を風雨, 休んだの, 住まって, 便りしないと, 即ち碧子虚子, 受け持って, 執念深くつきまとわれた, 少しも, 居るだけの, 時々兄, 暖められた事, 未嘗て, 本当に屋根裏, 正しく云え, 渡りなれた長い, 留まって, 絶えず彼, 解かれなかった, 費した事, 鋭意し, 開かれなかったが, 飲まず食わず殊に, 黙って

▼ 三百年~ (292, 0.2%)

15 の間 7 の昔 6 の後, ほど前 5 の太平, も前 4 たつても, にし, のあいだ, も後 3 たった後, にわたつ, の年月, の歳月, の鎖国, の長い

2 [13件] おくれて, このかた, になる, の幕府, の星霜, の江戸, の泰平, の習癖, の風流, ばかり前, より古い, を経過, を經

1 [188件] ありますから, おかしなこと, から二千年近く, から五六百年ぐらゐ, がはじまった, が一年, くらいに一度, くらいも後, ぐらい前, ぐらい昔, そのあと, その前, その頃おい飯貝村, たっても, たてば, だって初め, ちかくの, つづいて, である, でもちょっと, といい伝えられ, という, といふ古家, とのみ言, とは, と云え, どんなに無辜, にあたる, にいっぺん, にしかなりません, にはなるだろう, にわたって国, に当っ, に袈裟, に該当, のいにしえ, のこと, のハンディキャップ, のマイナス, のヴェール, の久しき, の二重, の仕来り, の伝統, の余命幾何, の冷凍文化, の冷凍文化崩壊後, の前, の古, の各, の君恩, の国粋的伝統, の土, の城下町, の基, の夏木, の夢, の大樹, の天下云々, の太平逸楽, の宿村, の寿命, の封建性, の封建社会, の屋台骨, の履歴, の峻烈無比, の平和, の平和期, の弊風, の弾圧, の御, の徳川, の徳川幕府, の悲しい, の愉しいなつかしい, の愚, の招來, の招来, の推移, の政府, の政権, の文化, の昔朱印船, の時世, の時代, の最も, の月日, の桜, の業, の歴史, の江戸文化, の治世, の治世中, の泰平治下, の洪業, の活動, の潜伏信仰, の現実, の理論, の短い, の社稷, の禁令, の積威, の立後れ, の老樹, の苦心, の蔦紅葉, の跛行的, の迫害, の過去, の遠, の遺業, の都, の都会, の重し, の鎖国政策, の鎖國, の間別家, の間隔, はたたう, は対立, は待てない, は永い, は経過, ばかりたつた, ばかり後, ほとんど絶え間, ほどの昔, ほども続いた, まえには, までの間, まで生きられます, まへ, もあの, もか, もたって, もともかく, ものあ, もの昔, もの間戦争, もひきつ, もひきつづい, もまえ, も一手, も伝わる, も偽装, も先, も凍らせ, も古い, も大藩, も天下太平, も待つ, も日本, も昔, も生きる, も経て, も経過, も經, も經つた樹, も続い, や五百年中, よい行いのち, を流る, を経, を経れ, を經過, を通じて一貫, を通じて我が国, を通じて文化, 乃至五六百年, 乃至四百年, 引き続いて, 或いは三年, 或は數百年前, 掛かって, 暮らすうち, 生きても, 生きられるでしょう, 短いの, 程か, 程以前, 経たぬ位, 経った後, 経て, 続いたあと, 続いたよ, 遠諱記念

▼ 三四年~ (289, 0.2%)

26 の間 8 の頃, も前 6 して, の後 5 にし, になる, のころ 4 のあいだ, のこと 3 この方, の月日, の秋, まえの, も経っ 2 たって, にかけてのイタリア旅行, に訪れ, のもの, の十一月, の十二月, の夏, ほど前, まえに

1 [179件] いらいよりつかなくなっ, いるん, うろうろし, か, かにしかならず, からひどく, から三五年, から十年ぐらゐまでである, から十年ぐらゐまでの七八年, から書きはじめられ, がほどは国元, が思いきった, くらいい, ぐらいで, このかた, このかた金融, この方カフェー, してから, するうち, たたないうち, たった時分葉子, たつうち, たつたらまた, だろうから, であったが, であるが, でもう, で丁度, で蟹, という年, という短い, といえ, といふものぱつたり, とた, と三五年, と日本プロレタリア文化連盟, に, にかかれた, にかけて日本, にかけて現在, にこの, にしかならない, につづい, には, にはヤコビ, にもなった, にもなれ, にイグナチウス・ロヨラ, にドイツ, にモスク, に一度, に一度雹害, に丹精, に出版, に初めて, に及んだ, に将軍, に改訂版, に日本プロレタリア作家同盟, に矢張り獨逸, に至って, に至る, に過, に鉄造船ガリイ・オーエン号, の, のあの, のその, のとき, のナツーアウィッセンシャフテン, のブルジョア文学, の一月, の事, の二月九日, の交年二十歳, の人民, の今, の俳句界, の兇状, の六月, の六月十三日, の冬十勝岳, の十一月日本精神協会, の困難, の子供たち六七人, の学生諸君, の寿命, の年月, の後相応, の日本, の昔, の星霜, の末, の歳月, の無, の生活, の短い, の組, の統計, の複式学級, の課程, の開き, の間検事, の陸軍パンフレット, の頃好き, の頃癲癇, はいただろう, はお, はその, はつぶさに, は作物, は先, は別して, は勉強, は寝込む, は山, は帰郷, は彼, は懸るだろう, は日本, は特筆, は生き, は疫病神, は籠っ, は米国, は都, は間, は隱居, ばかりの間, ほどごろつい, まえだったらわたし, まえまだ, まえまでは, までには約, までは夏氷, まで法王, まへ, まへに, まへまで, みっしり稽古, みっちり稽古, もかかる, もしたら, もすれ, もそこ, もたたった, もたち, もたって, もたつ, も一緒, も働い, も大学, も待て, も持ち馴れ, も此, も決して, も経つ, も続く, も英国, も飼われ, を出ない, を劃し, を受けもち, を送る, を過し, 住み古し, 帰りません, 待たなけりゃなりません, 揚げたこと, 早かった, 経って, 経つうち, 経つて, 経て, 若かつ, 行って, 見ないうち, 見ない間, 通いつづけたお蔭, 遠ざかつてゐながら

▼ 三時頃~ (284, 0.2%)

8 になる 5 まで 4 だった, であった, であつ 3 であったろう, である, にお, になっ, のこと

2 [21件] か, から夜, から家, から床, から疲れ, だったと, であったと, であろう, でした, ですよ, でもあろう, になつて, には父, の事, の陽, までの間, まで営業, まで待つた, まで用, まで眠つて, まで過し

1 [202件] あのカフェ, あるいは時, おかへりの, おきて, おひる, お政, かえって来た, かえる, かしら雨, かなと又, からか, からきまって, からし, からで終っ, からになる, からのこと, からはじまる, からはもう, からぼつぼつ, からまた, からコーヒー, から七時頃, から二時間, から八百人余り, から六時頃, から出かけた, から出掛る, から初, から同, から同じ, から啼き出す, から四時間位, から夕方, から大八車, から天気, から如何, から始め, から宅, から小, から広場, から強い, から拵え, から来, から看護婦, から祖母様, から私, から立っ, から自宅, から角, から起き, から部屋, から雪, から非常, かアルコール, じゃない, だったが, だったろう, だつた, だつたさうだが, だと, てくてく帰っ, であったが, であったらしい, であったろう室戸岬, でございましたお客様, でしたでしょうか, でしたらう, です, でもあったろう, で冬, で御座いますわ, で赤坂, とか夜, とこの, とに給与, ともなれ, と覚える, なので, なりけむ, なりけり, にお家, にかけて暑い, にこの, にそう, にそつ, にたずねた, になった, になつて眼, になりましたろう, になります, にね, にはお, にはおいとまさし, にはもう, には三銭銅貨大, には夫婦, には山, には日, には洲, には確か, には社, には私, には連, には餘, にまた, にやっと, に一度, に一杯, に万歳万歳, に三回分十二枚, に会社, に僕, に出, に出かけ, に又, に受けし, に太郎, に家, に小屋, に帰, に帰っ, に弟, に来, に松木さん, に病家, に眼, に神田見附, に私, に私共, に至っ, に至つて人, に至り, に被害者山上みさを, に買い物袋, に起き, に起され, に陣場夫人, に隆治, ねたのに, ねる, の夏, の懶い, の日光, の汽車, の温かい, の版画荘楼上, の至極穏, の薄い, ぼーっと銀座, また昨日, また渡し船, まだ決心, までかい, までくたびれ, までちょっと, までに五, までに出, までに帰る, までに行こう, までは店, までは私, までも入口, までも男女, までやっ, まで下, まで出たら, まで寝ませんでした, まで専念, まで居, まで引, まで日当り, まで筆, まで腰, まで行った, まで行乞, まで話す, まで降り, まで降り続いた, やっとすっかり仕事, よかつ, より再び, より正門, 初めて食事, 呼び出された, 大きい方, 寒くなった, 少しうとうとし, 帰って, 帰る, 待ち兼ねて, 散髮, 最も鮮, 来て, 来るって, 着いた, 突然或, 辞し東宝ビル, 迄か, 迄ね, 迄ねた, 迄やり, 酔ったよう

▼ 三~ (284, 0.2%)

11 行くと 6 の間 5 も先 4 にし, も行く 3 の道, ほどの間, も歩いた, も歩く, も行け

2 [28件] あり, が間, とは離れ, に二人位, のところ, の幅, の彼方, はなれた, は蓋し, ばかりある, ばかり先, ばかり東, ばかり離れ, ほど先, ほど極めて, もある, もない, も歩い, も歩かない, も行きます, も行った, も遠く, も離れ, を通る, 上ると, 来ると, 歩いてから, 離れて

1 [183件] あった, あって, あります, あるいは四, おいた番太郎, から鉄砲隊, が間人家, きて, くらいはあったでしょう, くらい続い, くると, ぐらいしか離れ, ぐらいな, ぐらいの池, ぐらいの空地, ぐらいまた, しか植, それとなく迹, だけ賀美村, だけ離れ, だった, だつた, です橋, でやる, で引き返した, で松, とお, としか思えなかった, とは登らぬ, とも行かぬ, と五町, と思はれる, と歩かぬ, と行かない, と距, と隔てない, と離れ, ならずして, にも五町, にも見え, にも足らぬ, にわたりそれ, に及んだ, に相, のぼった中腹, のもの, の下流, の地幅, の松林, の橋, の田, の登り, の細い, の自分, の路, の間乘, の間道, の餘, はある, はなれ, ははなれ, は御, は瞬く, は続い, は離れた, ばかし行く, ばかりその, ばかりにし, ばかりのこと, ばかりのところ, ばかりの交番, ばかりの地面, ばかりの間, ばかりへだたっ, ばかりまいりまする, ばかりまっすぐ, ばかりもう, ばかりものぼった, ばかりも歩く, ばかり下っ, ばかり伸した, ばかり全, ばかり向う見ず, ばかり商家, ばかり御, ばかり手前, ばかり手前ども, ばかり林, ばかり歩い, ばかり歩いた, ばかり泣き, ばかり続い, ばかり行った, ばかり軽い, ばかり追掛けました, ばかり退けいろ, ばかり進ん, ばかり遠く, ばかり隔たつたらう, ほどの速, ほどは何事, ほどへだたった, ほどむかふ, ほど向うだす, ほど手捜, ほど歩かね, ほど行った, ほど走, ほど遠ざかっ, ほど隔, ほど隔たった, ほど離れた, もあり, もあろう, もぐる, もすすん, もとんだ, もなかっ, もなかつた, もはい, も下った, も下ったろう, も屈折, も川, も帰りかけた, も往, も急ぎ足, も手前, も来た, も歩かぬ, も熱海道, も行, も行かない, も過ぎた, も遠く淡, も長く, も間, や五町, ゆきすぎたところ, ゆくと, をも超える, を帰りかけた, を超, を過ぎ行く, 一段と大きな, 下った川下, 下るとも, 乃至五, 出ると, 参りますと, 往きますと, 来た時, 来て, 歩むか, 深さ二十間, 登って, 登ると, 程で幅, 程の山道, 程も下った, 程も参ッ, 程行く, 程離れた, 続いて, 行き過ぎてから, 行ったところ, 行った処, 行った所, 行った時うしろ, 行った清島町, 行った突当りに, 走り六町, 走るか, 追つかけ, 追イ, 運ぶと, 隔たった広場, 隔てた電車通り, 離れたお湯, 離れたばかりの, 離れた山, 離れた所, 離れた灯

▼ 三~ (282, 0.2%)

11 の兵 5 や五百 3 といふ代言, の小, の金, や四百

2 [30件] ありましたぜ, か, か五百, が格子外, しかない, だ欲しく, でも利かない, と記され, に押, の例, の侯伯, の口調態度, の城下, の小勢, の帰った, の會衆, の歸つた後, の煮え切らない, の者, の諸侯, の頭顱中, はプン, は念, は斯, は異, もつくらんなら, も五百, をひきつれ, 欲しいと, 近い男女

1 [194件] あった, あつて, あり, あるいは五百, あるいは百, あれば, から千四, から四百, から四百フラン, か八百, がお待ち, がやって来る, がやつ, が乱暴, が亂暴, が來, が弓箭戟光, が来, が玄関, が玄關, が真っ先, ぐらいだ, ぐらいの手並, しかなく, しかみえなかった, ずつが両, ずつもさばく, ずつ一所, ずつ笞, そのほか非人雑種, たらずあわせて, だという, だろうと, であった, であり稀, でなきは, でもくれ, でも出来る, でも口銭, でも泥棒, でも銭, という下っ, といふ, とだけ言つて圓, とは例, と懐ろ, と秀吉, と算, と纒, と預っ, どうで, ないし四百どまり, にあまり, にあまる, にすぎない, になっ, にはなる, には足りますまい, にまで漕ぎつけよう, にも足らぬ, に及んだ, に足りぬ, に足りませぬ, に近い, に過ぎますまい, に過ぎる, に酒一升, に限, のお布施, のかた, のスペイン兵, のピストル, の一群, の上飯台, の不良少女, の中, の二乗, の云, の云う, の人集り巡査, の兄弟, の兵力, の卒, の変わり, の大, の大名, の宇宙線, の官人気質, の小隊, の戦死, の手下, の手勢, の損, の数字, の敵, の日本, の月給, の椅子, の死傷者, の民, の決死隊, の焼死者, の牧, の痛棒, の白い, の神輿, の童児, の組, の聴衆, の見物, の観光団員総て, の調子, の諸侯おのおの生, の軍勢, の軍艦旗, の部下, の銭, の関門兵, の領主, の黒法師, はここ, は一日, は三銭, は何, は物の数, は瞬く, は私, は要る, は飛ん, ばかりだ, ばかりの墓燈籠, ばかりの狼, ばかりも畳, ばかり並んでる, ばかり教, ばかり書きました, ばかり有りましたろう, ばかり黄, ほどな, ほどの兵, ほども並ん, ほど嬬, ほど掛かり, まだその, も, もあらう, もある, もいた, もうなり, もちりばめた, も兵, も出る, も四百, も居りますやろ, も持つ, も損じた, も目刺しまがい, も閉鎖, も馳, より七百位, をこえ, をさずけ, をし, をひきい, をもって数える, を併せ, を供, を出し兼ねた, を叩き出す, を叱咤, を択びたる, を欠けた, を狩りあつめ, を率い, を率いた, を立たせ, を越えた, を長瀬川堤上, を魚鱗, 乃至五百, 乃至六百米, 出せといつた, 出ますぜ, 及び十隻, 大銭, 引っ叩い, 引っ叩きましょう, 引つ叩きませうか, 持たぬとて, 持って, 振鎗五百筋, 置いて, 近い黒い袋, 通ったって

▼ 三~ (279, 0.2%)

4 の人 3 ありて, のボタン, の人影, の斑点, の石

2 [23件] である, のつづら, のサツマ芋, のトランク, の亡骸, の個性, の小石, の屍体, の形式, の意見, の方面, の松明, の死骸, の燈光, の生物, の石屋, の窓, の要点, の道, の鐘群, の額面, は第, を窃取

1 [214件] ありと, ある, あるが, あるという, あるもの, ある様, かせいで, からからとテーブル, からなる, からまた, が, がどこ, が手足, が銀貨, くれたもの, ぐらいしかはいらない, しかありません, しかなく, ずつの小判型, ずつ三列, ずつ六個, ずつ分配, ずつ拾い集めた, ずつ附い, だけその, だけだ, だつた, ついて, つけて, であった, できけれ, でその, でひよろひよろ, で並ぶ, で五千万円, で壊滅, という南京虫腕時計, という順序, といたします, とも厳重, とも封瓶, とも無事, と不思議, と加え, と十匹足らず, と右, と洋銀, と金貨, ないし五個, ながら口, ならびその, ならんだ紫ぼかし, になった, により推進, に分けた, に数えた, に於, に無花果, の, のこの, のほか, のもの, のカール, のシー, のスイス製, のダイヤモンド, のチョコレート, のハミガキ粉, のヘッツイ, のマドロス, の世界, の中央火口丘, の丸い, の丸餅, の主, の人物, の人間, の他, の代表者, の価, の信友, の傾き, の六分搗, の冷蔵庫, の卵, の古い, の器械, の大, の大きな, の女, の姉妹篇, の姿, の孤児院, の宝物, の室, の小さい, の小判型, の小判形, の思想, の性質, の意見並立, の懐中電灯, の提灯, の握り飯, の支那説話, の文字それ, の方法, の本箱, の条件, の柱頭, の案山子, の棺桶, の横, の死体, の水, の水車, の泥蛙, の浮標, の炭, の点景人物, の煉瓦, の燈籠, の物体, の独楽, の玉子, の理由, の生首, の発動機, の的, の眼玉, の破片, の神話, の空箱, の空骸, の竅, の箱, の組み合わせ, の羽毛状柱頭, の舷燈, の船燈, の花, の英雄, の荷つづら, の荷物, の蕾, の褐腐, の計略, の記事, の記憶, の説, の赤い, の連環湖, の重, の錨, の長方形, の開き口, の階段, の雄蕊, の青年, の面部左右兩端, の鞣し, の類型中, の風雲児, の馬丁, の骰子, の鬼, の黍団子, はたしかに, はなれ, は何れ, は土器表面, は隣り, は鼠色, ばかりく, ばかり受け取った, ばかり蜘蛛, ばかり貸し, ばかり転がし, ほどある, まで数えられた, もしくは六個, も前途, も眼, も補助席二脚, よ, よりなかっ, より成る, をとり出し, をぱら, を得, を有する, を窃, を紳士, を運転, 並べた, 並べて, 乃至四個, 入って, 入れおけり, 再び百草園, 出して, 出て, 割って, 半噸爆弾, 同遊, 嵌め込まれて, 持って, 現はれ, 積み上げたもの, 穿たれて, 立てて, 置く権利, 落ちましたこれ, 遂に八個

▼ 三日間~ (270, 0.2%)

6 というもの 3 のうち

2 [15件] お屋敷, がある, が過ぎ, つ, つづけて, といふもの, にその, に亘り, の出来事, の後, の猶予, は毎日, をどこ, を置い, 続いた

1 [231件] あまねく天下, いかな, おって, お休み, か, くらいのもの, ぐらいずつ禁酒宣言, ぐらいその, ぐらいである, ぐらいはゲーム, ぐらいは天下, ぐらい水, ぐらい醤油, ぐらい鮎釣り, こうして晒された, この服装, ごまかされて, さがし廻った, さらした上, すぐには, その家, その村, その苦悶, その身体, だけは頑張る, だけ許し, だけ超過, だつた, つい昨日, であつ, ですら, でその, では, でも飲食店, でやめる, で一ヵ月, で一年分生産, で五百万円, で全滅, で全部, で六円, で出来上った, で完全, で打ちきる, で書き上げた, で東京, で終り, で頭, とある, といえ, とって, とはいう, とは何処, と五日間, なりし, にかたづけ, にくらべる, にし, にせっかち, にそういう, にわたって第, にわたって行われ, にわたつ, にわたりて開場式, にわたり全, にわたる天皇, に亘っ, に六七回エーテル, に六五, に宮中, に本物, に生涯, に跨つた, に通り抜け, に通り抜けた, に關, ね, ねて, ねばった, の, のお目見え, のお目見得, のこと, のべつに, の不在, の予定, の事, の仕事, の休養, の倦み疲れた, の停学, の僕ら, の出席停止, の勤務, の双葉山, の収容所, の報告, の報酬, の大, の大会, の実演大会, の延期料, の強い, の思い出した, の戦跡, の所, の拘禁, の断食, の日限, の晒し, の暴動, の期限, の死, の流鏑馬, の渉外局, の生命, の監禁, の祭礼, の禁忌, の窒息, の競輪, の結果, の緊張, の苦しい, の観察, の記事, の話, の講座, の辛い, の通行, の連続, の遅延, の道, の門外不出, の雨乞い, の饗宴, はかかる, はこなかった, はする, はどうしても, はやまったと, はわし, はパン, は人, は全然, は兵戈, は城外, は娑婆, は安静, は少し, は平一郎, は彼女, は恩暇, は是非こ, は更にもう, は母国語, は決して, は牡蠣, は空白, は虫の息, は蟲, は遊び, ばかりというもの, ばかりといふもの續, ばかりは釣, ばかり信州八ヶ嶽, ばかり出かけたい, ぶっつづき, ぶっ通し, ほとんどロシア, ほどお, ほど寝込ん, ほど寢, ほど自由, まつたく門外不出, もかかった, ももえつづけ, も動けなかった, も泣け, も潮, も立像化, も続き, も興行, も船中, も苦しむ, よ, よく私, わが郷, をついやし, をのぞいた, をば尚, をソックリ, をホテル, を塔, を如何, を定例, を引揚げ, を忘れる, を暮し, を次郎, を生きた, を私, を要する, を過ごした, を過した, を限っ, 休む, 働くこと, 共に行幸, 動かずに, 動けなかつたといふ, 同じ円山公園, 寝て, 引き続いて, 待たして, 待って, 待てという, 得るところ, 御頭, 思うまま, 描いては, 晒した上, 曝した上, 殆ど何物, 泊め置かれてから, 睡らせて, 花々しく大阪瓦斯ビル樓上, 苦しいいらだたしい日, 踊ったこと, 食った館十何軒, 黒い他人

▼ 三百円~ (258, 0.2%)

7 の金 5 もする 3 か五百円, である

2 [17件] であった, で立派, と云う, のもの, の元, の利益, の大金, の新, の月収, の証書, の金剛石, は大金, もって, や五百円, 乃至五百円, 借りて, 儲けた話

1 [206件] あっても, あまして, ありまするじゃ, あるよ, ある筈, いた, かけねなし, かそこら, かで何百品, かな, かの賞金, から千円, から四百円, か高く, がにせ, が懸, が汚らしく, くらいいる, くらいからどうやら, くらいで足り, くらいになる, ぐらいの金, ぐらい出します, しかなかっ, しかよこさない, しか儲からない, ずつとる, ずつをこの, ずつ払, そのうち日三円, だ, だけで, だけの金, だけ取っ, だけ引かした, だけ残し, だけ貰った, だして, だつて, だと, だろうと, つかつ, でいい, でつまり一万二千円, でもいい, でも客, でも自分, でライオン, で売っ, で姉, で素晴らしい, で買い取った, というの, という大金, という類稀, といへ, とかいわれ, とか云う, とか五百円, とか余った, ときまっ, ときめた, とはっきり, とは高い, とられちゃうの, とわずか, と云い, と纏まった, と纒, と蝶子, と頭, ないし三百五十円, などと低俗, ならそんなに, なら次, なりと, にお目にかかっ, にしろ, にて雇わん, になっ, になった, には手, にも匹敵, にも廻し, に売る, に対しては借主, に決定, に物, に近い, に達した, のうち, のうち二百円前借り, のお金, のコヅカイ, のダイヤ, のダイヤモンド, のダイヤモンドだっか, の借用, の元金, の原稿料, の品, の増加, の売上げ, の小切手, の慰労金, の懸賞金, の月給, の本, の札束, の為替, の無心, の物, の現金, の総, の資本, の贅沢物, の酒, の金剛石ぢ, の金子, の金高, の高利, はいった, はいってる, はね思い出, はもう, は下らない, は出し, は小料理屋, は捜したら, は相場, は私, は蹈め, ばかりで, ばかりどう, ばかりの注文, ばかりはいっ, ばかり大臣, ばかり貰った, ほしん, ほどに過ぎない, ほどのもの, ほどの余裕, ほどの金, ほどもっ, ほど集った, ほど黒字, ぽつち, までの貯金, もあるだろう, もいらない, もかかります, もかかる, もしました, もだして, も与え, も五百円, も千円, も奮発, も盗ん, も致します, も落した, も負けた, やそこら, や四百円はか, よ, よりも支那料理, をさし, をもって一家, をもって開店, をもらう, を一晩, を一緒, を下りますまい, を与え, を交換, を余す, を借金, を加え, を受けた, を呉れ, を少し, を月賦, を醵出, を預ける, 位するそう, 借りる, 入れて, 出した, 出せるか, 出た, 出来なかつたら二百円, 取れば, 受取れあと, 合わせて, 呉れた, 得ました, 残ってる, 程入用, 立て替えて, 貰えなかったこと, 買うこと, 貸して, 貸しとくな, 返す気, 高いの, 高くつい

▼ 三ヶ月~ (256, 0.2%)

19 の間 9 ほど前 4 になる, の中, も前, 程前 3 して, にもなる, ばかり前, ほどし, も魚

2 [15件] が空しく, すると, というもの, といふもの, にしか成らぬ, に一度, の, のうち, の内, の後, の日子, ばかりし, も経つ, 乃至三週間, 経つてから

1 [167件] いくら手紙, か, かかった, かかつて, か半年, が融資期限, ぐらいの中型, しか経っ, しないと, じっとし, た, たった時, たつて, だつた, だと, ちかいころ, ちょっとの, つづいた, てん, であ, であつ, であの, でありました生死混沌, であると, であるところ, でお金, ですから, ですよ, でも二, でも半年, で俺, で急, で朝鮮半島全部, で科学大衆文芸運動, で精神状態, で結構, で鎮, というの, というもの消息不明, とはまた, と二日目, と六ヶ月, と切っ, と聴い, と高, なんかこの, にあざやか, になりました, になります, にもなった, にもなります, に一回, に三度, に亙, に亙り, に及ん, に延びた, に比べる, に渡っ, のあ, のお, のこと, の下宿料, の予定, の京都, の余, の判決, の博覧会, の地方旅行, の子供, の実習期間, の差, の拘禁, の支那旅行, の日数, の月日, の服役, の漂流, の病院生活, の短い, の維持費, の腹, の苦心, の記念, の退職手当, は体, は夢, は大丈夫, は平気, は書物, は泊つた, は軽井沢滞在, は郷里, ばかりだつた, ばかりで, ばかりです, ばかりで脱稿, ばかりというもの, ばかりのうち, ばかりの後, ばかり暮した, ばかり花子, ばかり過ぎた, ばかり過ぎる, ほどたっ, ほどたつ, ほどの南北支那, ほどの後, ほどの胎児, ほどの進空, ほどは何物, ほどは彼, ほどスペイン, ほど以前, ほど旅行, ほど東京, または六ヶ月, もか, もし, もする, もたちます, もたて, もつづく, ももちこたえた, も一疋, も住みきれやしません, も多分, も帰らん, も床, も枕, も準備, も経つた, も経過, も置いたなら, も過ぎ, やそこ, やつて, や五六ヶ月, や四ヶ月, ゐたその, を, を一年, を昼, を經, を經過, を費す, 住む場所, 住んだ芝, 働いたばかり, 半札, 帰らなくとも, 引かして, 必ず切り抜い, 早く辭職, 暮して, 程あい, 程たっ, 程過ぎた, 終りて, 経ったもの, 経った頃, 経てば, 見たこと, 許して, 近い日柄, 遣て, 預って

▼ 三四郎~ (251, 0.2%)

12 の方 9 を見た 6 を見 5 が聞いた 4 が言った, の前, の目, の耳 3 に向かっ, のそば, のほう, の頭, の顔

2 [14件] が, が答えた, が聞く, が見る, だった, に聞いた, のよう, の横, の肩, は, はこの, は明らか, も驚いた, を待ち設けた

1 [160件] からみる, から一間, から言いだした, があと, がきょう, がこれ, がそう, がまじめ, がまた, が与次郎, が乗り合わせ, が今, が元, が尋ねたら, が池, が目, が目星, が礼, が笑い出した, が第, が絵, が臨時講師, が言う, だけがいっしょ, である, でなく及川, という若, といふの, とを疑う, と真向かい, と美禰子, に, にこう, にそんなに, にはこたえた, にはこれ, にはその, にはそれ, にはただ, にはちと, にはてっきり, にはよほど, にはわからなかった, には小さん, には確然, にもじつは, にもどこ, にもよく, にもわかっ, にもわかった, にもわからない, にも四十時間, にも女, に与えた, に九段, に似合わぬ, に向け, に妙, に対する責任, に当て, に挨拶, に教え, に相談, に言う, に言った, に許諾, に話した, に近づいた, に隣, のあわてた, のうわずった, のはいっ, のノート, の下宿, の両, の受けた, の向い, の宅, の宛名, の家, の心, の情緒, の憔悴, の手, の挙動, の書斎, の枕, の横顔, の留守宅, の真正面, の眸, の私, の筋向こう, の胸, の腰, の臆断, の覚えた, の話, の質問, の隣, の隣り, の鼓膜, はかの, はからになった, はぐあいが, はこれ, はしじゅう, ははじめて, はまた, はやはり, はよし子, はサッフォー, は与次郎, は二人, は例, は八畳敷, は呪い, は四十時間, は少し, は彼女, は念, は思った, は書物, は東京, は毎日学校, は生返事, は目立たぬ, は立ち, は美学, は美禰子, は考えた, は聞いた, は追分, は運動会, は野々宮さん, は風流人, は黒い, は黙っ, もそう, もなる, も病気, も知ってる, も笑い出した, も笑う, も等しく, よりも一日, をちょっと, をどやしつけた, をながめ, をながめた, を一目, を呼ぶ, を呼んだ, を安心, を弁護, を拉し, を襲っ, を見なかった, を見守った, を驚かした

▼ 三五郎~ (250, 0.2%)

4 の家

3 [21件] が大, だ唯, といふ仇名, といへ, とその, と松吉, など内々, なり思ふさま, に口上, の子分達, は何時, は口惜し, は居る, は首, や美登利, をも撃たし, を中, を取こめ, を土間, を擲, 弱りきる時

2 [18件] とお, の方, の聲, の處, の詩, の顔, は, はあ, はうなずいた, はこの, はもう, は三太郎, は云った, は心, は益, は説明, は馬, をた

1 [147件] か, かいい, から京, から申, がきめ, が上州屋, が先ず, が席, が年寄り, が憤り, が来た, が武具, が気, が江戸, が特に, が通つて, が飛ん, が飛込ん, だけは奧, だと, であった, でした, です, ですよ, で江戸, というの, という前髪, という少年, という山女衒, という御家人, という新興成金, という若い, となる, との対照, と一緒, と三人, と云, と云う, と口, と平次, と言う, どうであった, に会っ, に似, に別れた, に引渡し, に教えられ, に案内, に渡す, に紹介, に耳打, に聞く, に脅かされる, に見せた, に見せました, の, のところ, の二人, の五分, の処, の分別臭い, の前, の問答, の声, の女房, の娘, の子分, の役目, の後ろ, の来る, の船, の親, の話, の賭場, の隣り, はあるき, はさ, はすぐ, はその, はそれ, はそれから, はなつかし, はなにか, はびつくり, はまた, はやがて, はやがて少し, はやつぱり狐, はやはり, はハイカラ, は不安そう, は依然として, は俄, は先, は先づそ, は再びハッ, は別, は又もや, は呑ませる, は唯, は子供達, は小鬢, は帰った, は平次, は庭, は強硬, は待つ, は急, は恰幅, は支度, は森, は横合, は橋番所, は毬, は泳ぐ, は狐, は矢, は突然, は笑っ, は答えた, は箸, は簡單, は紺飛白, は自分, は自慢, は舌, は蝋塗り, は見, は証拠品, は障子, は隠れよう, は頭, は顏, もその, も一生懸命, も一種, も信如, も古着屋, も来た, も隣り, をたたき殺せ, をタタキ, を抛り投げました, を撫め, を番人, を迎, 義理堅い良い目明し

▼ 三週間~ (249, 0.2%)

9 ばかり前 7 も前 4 すると, の間 3 というもの, のうち, ほど前, もする, を床

2 [22件] であった, であつ, で次第に, と診断, になる, に違, のあいだ, の安臥, の後, の期間, の賜暇, は眠られない, は眼, ばかり滞在, ほどかかつて, ほど湯治, まえから, もしたら, も遅れ, も過ぎ, を経た, 長引かせた

1 [166件] いて, かかって, かそこ, かの休暇, が半分以上, くらいの胎児, くらい少く, ぐらいで, ぐらいは懸るだろう, ぐらい泊っ, しかいなかった, しかない, しか經, した日, すぎて, たちました, たっても, だぜ, だそう, だよ, ちかくも, であって, である, でしたが, です, ですつかり亡びて, でそれ以上, では, でみんな, でも二三日, で使い果す, で太平洋, で完成, で街, で面会, というの, という見立て, といふやう, といふ慌ただしい, といふ時日, といふ短い, とたたない, とたたぬ, となりました, と一日, と経たない, なり四週間, なんていふ, にもならない, にも処分, に一度, に二三日位, に亙る, に迫った, のあいだ私達, のお, のこと, ののち, のもの, の休養, の内, の出張旅行, の労苦, の契約, の安静, の安靜, の小, の打撲傷, の暇, の東京滞在中, の滞在中, の礼拝, の終り, の謝礼, の餘, は, はかかる, はそれ, はわれら, は悩む, は持つ, ばかりし, ばかりそこ, ばかりで全治, ばかりと推定, ばかりの予定, ばかりぶらぶら, ばかりも経つ, ばかりも長崎, ばかりを消過, ばかり床, ばかり旅行, ばかり早, ばかり早く, ばかり滯在, ばかり磯釣, ばかり経つ, ばかり隣, ほどある, ほどお目にかかっ, ほどしかいなかった, ほどたった, ほどのち, ほどを静か, ほど仕事, ほど佐倉, ほど新潟, ほど滞在, ほど甲府, ほど留守, ほど病院, ほど続く, ほど親切, ほど過ごした, まえだ, まえの, もお, もかかっ, もかかる, もし, もじっとして, もすぎ, もすぎる, もすれ, もたたない, もたつ, もだらだら, もつづい, もとぢ, もね, もベッド, も口, も姿, も手, も滞在, も経っ, も経った, も経つ, も続く, をここ, を指し, を越えざる, を過ぎなかった, を過しました, 居たこと, 待ったって, 待つても, 早かった, 暮して, 程一人, 程何処, 程前, 立ってから, 経ちますが, 経った頃, 経ってから, 経つうち, 経つか, 経てば, 続いた後, 近い船旅, 遅くて, 過ぎて, 過ぎると, 過すの, 長くて

▼ 三年目~ (241, 0.2%)

9 の春 7 の夏 5 の秋 4 になっ, のこと, の冬 3 であった, である, のある, の今日, の盆

2 [14件] だからね, と云う, なりし, にそれでは, になる, にはもう, にもう, に一度, に入った, に初めて, の夏休み, の学生, の或, の祥月命日

1 [165件] かに私, からいくら, からはほんとう, からは電力, から毎年, か四年目, がエエリヒ・シュミット総長, が何, が明治十九年, ぐらいからぐっと, ぐらいに, じゃ, その屍体, だ, ださうだそして, だった, だったと, だでね, だなあ, だねえ, であつ, であり検閲, であるから, である或, でございます, でないと, ではない, で子供, で家, で山浦様, で当時助手, で故国, で真珠湾, で長崎, という年, とかちやん, とか二年目, となる, なので, なん, にあたる一八四八年, におなじ, におまえ, にし, になった, になってる, にはきっと, には又, には家, には早く, には百兩, には自分, には蔵, には視察, には高田馬場, にも死なん, にやっと, にやはり, にわずか, にペリクレス, に一味, に七八十銭, に五円位, に亡, に亡くなった, に亡くなりました, に僅, に先代夫人, に先代燕枝, に入り, に化け, に唐, に奥様, に娘, に小説, に帰藩, に当, に彼, に或は, に戦争, に掘り出し, に新, に本懐, に本音, に村, に欣然, に死んだ, に母, に漲, に生れた, に病歿, に直, に矢並樣先代伊織樣, に私, に纔, に肺病, に自分, に花, に若, に蕾, に近づいた, に送金, に馬券, のお正月, のきょう, のことし, のしろき, のはじめ, のはじめ頃, のアニバーサリー, の一七九八年, の一八七一年, の一八二八年, の一月末, の丁度嫁さん, の三月三日, の上京, の九月二十三日, の事, の二月, の今年, の今年江戸, の今日今さら, の免許皆伝, の再会後, の初冬, の初夏, の初秋, の十一月二十日, の半ば, の命日, の夜, の大正六年二月神楽坂署, の天平二十年四月二十七日, の学生たち, の寛永三年六月, の将軍家, の帰郷, の年, の彼, の思い出, の文化十年, の新, の方, の日本, の明治三十五年, の春五月, の時, の晦日, の末, の歸, の江戸, の洗濯もの, の終り, の結婚記念日, の覚悟, の遂行, はああ, は女達, は逝ける, もう, も来年, ようやく少し経営, より五年目, 丁度坪内逍遙

▼ 三四日~ (238, 0.2%)

17 して 12 の間 8 のうち 7 の後 4 すると 3 は姿, 経つと 2 うずめなけぁいけないんだ, たつと, にし, のところ, の日子, 経ったある, 経って

1 [170件] あるし, いて, いなかったうち, うづめなけぁいけないんだ, うづめなけあいけないんだ, お考え, お詣りしない, から一週間, か一週間, がかんじん, しかいられない, しかたっ, しか働かぬ, したとき, したらまた, したら直るでしょう, した四月六日, してから, しての, しても, すぎた, するうち, ずつ四十度以上, ずつ見習, そのため, たちますと, たったある, たった後, たった或, たって, たっても, たつたこれ, たつて, たつての, たてば, だけだったで, だってこちら, つづいて, つづきます, で, でお, でかえろう, でしょう, で大方, で散つて, で直そう, で祇園, で開く, で飯田町, という蕾, といふもの枕, とされ, とひどく, と最高, どうもなかつた, なかなかきびしい, における宗助, にしかならぬ, になつた町, には上野駅, にわたる四十八時間スト, に於, に終らね, ねこむの, のこと, のもん, のゐつづけ, の中, の予定, の内, の後判明, の旅行, の日数, の月夜, の滞在, の生命, の生活, の禁酒, の自由, の遊び, の間潜伏, の雪, はうなされ, はかかる, はかかるだろう, はご, はすぎた, はすっかり, はそんな, はたっぷり, は一人, は一圖, は乗れねえ, は何程, は余り風, は多少, は夢現, は大事, は春, は是非, は服用, は熱, は目, は知らなかつた, は置い, は貴島, は酷く, は間, は顏, ばかりゆっくり, ばかり何物, ぶらぶらと, まえに, また京子, もする, もすれ, もそう, も休ませ, も前, も喰わず, も寝, も掛つて, も経っ, も経て, も続き, も置い, も通い来り, も過した, も間, も食物, やせるよう, ゐたいと, ゐて, を經, を要し, を送る, を過ごした, を面白く, 休んだ, 休んだらいい, 何だか家中, 何と暖たか, 働かなければ, 出ませんので, 取れたから, 売って, 待って, 後れ昨夜東京, 悶えに, 書き続けて, 泊って, 泊ること, 眠れない様, 眠れなかったけれど, 立った, 立った頃, 立ってからの, 立つてからの, 経たある, 経った, 経ってから, 続いた, 続いて, 行かずに, 見えずに, 見なかったばかりの, 迄毎晩明月, 逢わないので, 遊んで, 過ぎると

▼ 三~ (237, 0.2%)

6 になっ 4 にも四重 3 にもなっ, の塔, の締り, の鉄

2 [11件] にかさなる, にし, になる, にも重なり, に入り組んだ, に浸, の姿, の底意, の箱, の鎖, 三

1 [193件] いろいろさまざま, から來, ぐらいに詰っ, であるが, といいます, といふ, となりおる, とり如水, とガンジガラメ, と輪廓, な罪悪, にあっ, にうれしい, にお, におっとり, にくびれ, にたた, にたたみ, につるし, になった, になつ, になり, になりました, にはっ, にもあるいは, にもかさな, にもする, にもなつ, にもなつて, にもなり, にもなる, にもの嘘, にもの縁合, にもの陥穽, にもひそん, にもわがね, にもイヤ, にもボンヤリ, にも世間, にも事件, にも使いわけ, にも働き出し, にも取り, にも可愛, にも塗りつけた, にも変える, にも嬉しく, にも巻, にも巻い, にも建て廻らされた, にも引かれ, にも抵当, にも抵當, にも損, にも柵, にも構, にも疲れ, にも瞳, にも結びつけられ, にも綾, にも老若男女, にも聞こえ, にも興味, にも苦しめ, にも蓋, にも融通, にも透きとおる, にも鳴りだした, にらくに, にわ, に上る, に亭主, に人垣, に仕立て, に働く, に兎ども, に募っ, に包んだ, に取りかこん, に取巻い, に囲まれ, に囲ん, に圍, に圍ん, に大江山課長, に学ぶ, に守られた, に密閉, に巻いた, に巻きつけ, に巻く, に布陣, に張っ, に張った, に念, に念入り, に悲しみ, に拡がった, に捲き, に散漫, に曲がっ, に桐油紙, に植, に植え, に決定, に生え, に畳みなしたるあり, に白い, に盗賊, に目張り, に相, に眼張, に立て囲わせ, に絞首, に繋がれた, に群つた, に若い, に著, に裏書き, に試み, に警戒, に貼っ, に重なる, に陣幕, に面, に黒旋風, のいただき, のかまえ, のげんじゅう, のその, のむずかしい, のよろこばし, のスカーフ雲, のディレンマ, の不, の不倫, の不可思議, の不可能事, の人, の働き, の光, の函, の剣輪, の包み紙, の包紙, の固め, の堅甲, の子, の密室, の幕, の廊下, の心理, の必要, の念, の怒り, の恋, の意外, の愛嬌, の戸前, の手間, の權利, の気がね, の渦巻, の災難, の物心内外, の石垣, の空中防備, の策, の背中, の苦境, の表現, の警戒陣, の鐵格子, の関所, の防ぎ, の陥穽, の頂上, の魚雷防禦網, はそして, はない, はもう, は利剣, まであり, まはる, まわしの, ものややこし, もの心, もの鎧, よ, を聴く, 卷く帶, 卷く綾織, 映しにな

▼ 三~ (233, 0.2%)

9 の札 8 の札所 6 の凶 5 の, の部屋 4 てがらです, では, の室, の野呂 3 てがら, の客

2 [17件] か四番, さして, だ, であつ, です, といふ成績, とさがった, のお, のお客, のみお, の内, の右, の沢村さん, の襖, の野呂さん, は, も四番

1 [144件] かそれくら, から出, がある, がよかろ, がスプラッシュ, が一つ, が同じく, が甦る, が石山寺, が続け, が追い込ん, ぐらいはきっと, さした後, さして負け, してるなんて, するうち, だが, だけれど, だらうつて, ってとこ, つづけて, であったよう, でいらっしゃいますか, でお, でき, ですか, でもよろしい, でも酒, でも醉拂つた野呂, で三年生, で入学, で是非, で自分, という約束, という頭, といえ, ときめられた, となりました, とは下がらぬ, とは下りません, とも私, と一々, と四番, と忽ち, と済まぬ, と申す, と言われる, と記したる, と進みました, と順に, と順次, なのよ, におり, には中納言, には四条隆資, にも五番, にピース, に一人, に五手組, に人, に勤められる, に殘つて, に津保見, に落ちた, のうち二番, のお客様, のところ, のもと, のウインチ, のタタム氏, の三毛猫, の上汽車, の中心, の出來事, の大, の大きな, の大貫, の席, の座, の座敷, の弁護士金井角蔵氏, の御, の方角, の札所和銅寺, の札所薬王寺, の梶さん, の欧洲楽, の水原, の澪木, の福井文吾, の窓硝子, の綿谷, の練習曲, の舌, の車, の野呂丈, の阿倍, の霊場, の馬券, はお, はブッシュ, はレヴィツキー, は不破萬作, は何時, は十一時, は千三, は外科, は小森蓮蔵, は平河町, は忌々し, は泰平時代, へたびたび, へのる, へもお札, へ小, べや, までさらつて, までとは段, までの三曲, まで位, まで取り, も二十五点, も手合せ, も碁, よ, よりは下らない, をそつ, をぬけ, をブゾーニ, を下らなかった, を指し, を掃除, を漕い, を行つて, を越えなかった, を越えなかつた, 勝越して, 同じく二番, 打ちましたが, 打った, 打ったそう, 打つたさうですよ, 立て投げなどを, 踊りつづけて

▼ 三~ (231, 0.2%)

12 の道 5 のところ 4 にし, の間, ばかりにし, ばかり離れた, ほど離れた 3 に余る, の山路, ばかり行く, もある, 歩いて

2 [13件] です, の余, の大, の山奥, の峠, の路, ばかりの大きな, ばかり傍道, ばかり西, ほどの山路, もあるべし, も行け, も離れた

1 [153件] あまりある, あるという, あるん, かは大した, か四里, がほどはずっと, がほどはずつと深, この往復, しかない, たらずの, だから, だけはいつも, でご, でもお, でも大抵, でも歩い, でも自動車, という京都, という割り当て, という薬研, ときく, と云つて, と歩い, と称, と稱, と覚え, と解く, と進ん, にて西側, にはきつい, にもおよぶ, にも及べる, にわたって濛々, に一村, に亘つた白浜, に亘る, に渉, のあ, のみち, のみちのり, のもの, の佐渡, の先, の内, の南, の地点, の城, の城壁, の場所, の外, の夜道, の奥, の山坂, の山峽, の山道, の彼方, の往復, の散歩, の東京, の正面, の泥水, の焼き芋, の自然, の諏訪池, の赤崎城, の遠出, の郊外, の間桜, の間續, の雪道, はあらう, はあるいた, はあるであろう, はなれた, は一夢, は子供, ばかりその間, ばかりだ, ばかりで, ばかりの噴火口, ばかりの山奥, ばかりの急坂, ばかりの細長き, ばかりチベット政府, ばかり下りる, ばかり也, ばかり北, ばかり小路, ばかり山路, ばかり岐阜城下, ばかり東, ばかり歩く, ばかり眞北, ばかり糸滿, ばかり赤トンボ, ばかり距, ばかり降っ, ばかり降ります, ほどあっ, ほどしかございません, ほどづゝにげ候衆, ほどの奥まり, ほどの距離, ほども離れた, ほど北, ほど多少, ほど東, ほど歩い, ほど進ん, ほど隔たっ, また五里, まだ私達, もさき, も五里, も前, も四里, も奥, も山道, も引込んだ, も揉まれなけれ, も来た, も歩い, も登りたる, も行く, も隔つて, をひたすら, をへだて, をハイキング, を大名行列, を歩い, を涼しい, を行く, を距, を隔て, 下って, 下り一里, 下ると, 入ったところ, 及び多大, 大抵足駄, 御著駅, 有るん, 近付いた訳, 退きて, 進んで, 長白山脈, 降って, 隔たって, 隔てた牧園, 離れた有野村, 離れた青梅, 離れた飛行場, 離れて

▼ 三~ (230, 0.2%)

15 の本 10 の書物 5 になっ 4 のノート, 持って, 読んで, 買って 3 の洋書, の詩集 2 あった, あるの, つづきの, の可能, の帳簿, の絵本, の雑誌, を読んだ, 送って

1 [160件] あったかも, あったの, あって, ありそれ, あり宇田川榕庵, ある, あるからね, かかえて, からはルビ付, が一冊, が占め, が母, きちんと積まれ, きりきりと, ぐらいになっ, ございます, ございますが, しかない, ずつ本, ずつ補給, それから白耳義製, それから自分, たずさえて, たてて, でつぶれた, で完了, で略六円, で終った, と, というの, といっしょ, とだんだんに, とも, ともその, とも五十円, とも赤い, と万年筆, と女, と小さな, と新, と次第に, ながら極めて, にある, にて, になつ, に伊藤東涯先生, に到った, に編んだ, に過ぎなかつた, ね, のって, のアルバム, のノートブック, のノートブツク, のフランス文学史, のプログラム, の仏教書, の兄弟, の割, の印税, の厚い, の古い, の外, の大きい, の小さな, の小説, の振仮名, の新刊, の易, の書籍, の法令書, の立派, の経文, の脚本集, の草双紙, の講談本, の辞書, はあっ, はおかしい, は九州, は今, は十幾年来, は天下稀有, は新しい, は皇帝, ばかりある, ばかりその, ばかりの書物, ばかり本, ひろげられて, また借してやった, までも板, みせて, もつづく, ものノート, も亦, も出, も出し, も家, も本, も火, も読んだらしい気取つた, や四冊, よ私, をいくら, をとっ, を八十銭, を刊行, を加え, を占める, を取っ, を取り出し, を合本, を投げ込ん, を持っ, を書いた, を火, を獲, を私, を置い, を読み終える, を買, を買った, を購, を通じて口, を選ん, 交って, 借りるよう, 借り受けそれ, 入って, 入れた方, 各定価三円位, 売って, 売れば, 届くわけ, 或は五冊, 手早く重ね, 新しい小説集三冊, 旧新約全書, 来たの, 求め何とか, 求め日暮里, 求め虎屋, 程本, 積まれて, 立て懸けて, 置いて, 置かれて, 見たこと, 見まわした位, 訳されて, 読み終ると, 読んだこと, 貰った, 貰って, 買い求めた, 貸して, 貸そうと, 送られました, 送リマシタ

▼ 三十銭~ (224, 0.2%)

4 にねぎる 3 でこれ, の金

2 [14件] から三十五銭, か五十銭, か四十銭, ですから, で容易, で自分, になる, に値上げ, の, の会費, の原料, も五十銭, も出したら, や五十銭

1 [186件] あがりだった, あった, いくらでもひま, おいて, お出しください, か, かいくら, から一円五十銭, から七十銭どまり, から三四円, から五十銭, から五十銭位, から四十銭, が, が原価, くらいしか持っ, ぐらいで始終, ぐらいで買った, ぐらいなら, ぐらいなら上げる, ぐらい掛る, こんなに厚い, しかかからず, しかない, じゃ気, すなわち食費, ずつの日手間, ずつ九十銭, そのほか, だから, だが, だけとっ, だけど, だけ一昼夜, だけ支払え, だけ足せ, だったか, だったの, だつた, だつたか, だと, でうんと, でええ, ですが, でせう, でできる, でどうか, でなくても, でもクリーム, でも拵えよう, でよかっ, で出来る, で切り出し, で取っとい, で合計二円七十銭, で売った, で承知, で新, で毎日通勤, で求める, で真夏, で私, で行く, で計, で買っ, で買った, で購め, で雇い入れた, というの, というみじめさ, という下駄, という食代, といっ, といふ札, とか五十銭, とそれ, となったら, となつ, となり, とは, とる茶房, と三銭, と五厘, と見た, なぜそこ, なりの, なり五十銭, なんて払, にし, になつて, になります, には代, にも附けられない, に値切っ, に売っ, に売れる, に自動車, に負け, に負けとき, に買い取りし, に鰯, のちらし, のみたくなる呑んだくれで, のクリーム, のセルロイド工場, のビイフ・ステエク, の上等, の会合, の価値, の傘, の儲, の入山料, の内, の原料代, の原稿料, の品, の外, の安西洋料理, の定食組, の定食組み, の小銭, の幸福, の指輪, の料理, の月謝, の村, の相場, の西洋料理, の賃銀, の運搬華工, の銅貨, の駄金魚, はあげ, はいつ, はひどい, は一体, は今日, は惜し, は明治中世, は知己料, は遠大, は食, ばかりで, ばかりの安, ばかりも持っ, ばかり買つて, ほど明日, ほど買っ, まで値下げ, も, もする, も稼げぬ, も貰える, やすと, やったらひっくるかえして, やって, やら二円五十銭, やるつもり, やる必要, を一枚一枚, を三十円, を仕, を出し, を奉納, を徴集, を手, を払い, を握っ, を父母, を請求, を頂戴, 乃至二十五銭, 乃至四十銭, 出して, 出すと, 出せば, 可い, 御損, 払っても, 残って, 渡して, 貰うつまり二十銭, 買った, 貸して, 近い価, 集った

▼ 三分の二~ (219, 0.1%)

3 しかない

2 [13件] ぐらいのところ, に減じ, に達し, の多き, は, はもう, は皆是, をその, を主人, を占め, を熱中, を通過, を領する

1 [190件] がそれら, が公民籍, が南京虫, が喜び, が怒り, が父, が結婚, が解決篇みたい, くらい, くらいの広, くらいも下っ, くらい行っ, ぐらい, ぐらいが出た, ぐらいそれ, ぐらいは唇頭, ぐらいは崩れ, ぐらいまでの高, ぐらい三分の一, ぐらい姿, ぐらい月給, だけぶった切っ, だけ側面, だけ経済, だけ隣り, でどうやらこう, ではなく, でも二分の一, で満足, で自動車, という差別, と一, どうかする, にも足らなかった, に及ぶ, に及んだ, に相当, に過ぎ, の, のもの, の主, の主たる, の二百人, の人びと, の位置, の傍聴人, の労働, の十六銭, の厭, の回収, の多数意見, の所, の支持者, の板の間, の空席, の賃銀, の銀貨, はきっと, はこんど, はすべて, はたしかに, はふつう, はみな, はよそ, はパンパン, はヘカトンペドス・ナオス, はムダ, はワグナー, は予定どおり峡谷, は二つ, は二階, は今, は僅か, は僥倖, は全滅, は内実, は切りとられ, は地方, は壊滅, は女子, は宗教, は所謂旅, は抵當, は損傷, は旅行, は早, は是, は未亡人, は東京, は櫻, は此, は消費, は白く, は皆禿首, は監督, は砲車, は義歯, は耕されず, は芝生, は見えぬ, は贋金, は隠され, は雑草, は飯, は黒人, ばかりが土中, ばかりころげおちた, ばかりに物, ばかりのところ, ばかり来ました, ばかり食み出し, ほどしかありません, ほどしかなかっ, ほどのところ, ほどのカステラ, ほどの大き, ほどの所, ほどは恋愛的, ほどひらい, ほどよみ進ん, ほどをのぼっ, ほど切られ, ほど小林の, ほど広い, ほど映っ, ほど殘, ほど登る, ほど見, ほど見える, ほど見渡す, ほど読み終えた, ほど進んだ, ほど雪, ほど飲み, までの人, までは仏教, までは禿首, までは自分, までも占領, までも未婚婦人, までやり, まで下がっ, まで漕ぎつけ, まで行かない, まで読んだ, まで買, も出来てない, も埋もれ, も来た, も来る, も近く, も進まない, も進んだ, よりも高い, をくつきり, をそこ, をもらっ, を下らぬ, を佐々, を充分, を免ぜ, を免除, を全, を前借り, を北条, を占むるにいたり, を占むる主要部, を占めた, を占める, を取り, を取り出し, を国外, を埋める, を平気, を所有, を手, を既に, を書き上げる, を机, を水, を渡し, を焦土, を笑わせる, を終えた, を終った, を請求, を踏破せり, を通り過ぎ, を領, 乃至三分の一

▼ 三~ (219, 0.1%)

9 の間 8 も四晩 7 つづけて 6 続けて 5 というもの 4 かかって 3 と云う, もつづいた

2 [11件] といふもの, となっ, と続いた, のあいだ, のその間, の責め, もつづけ, も続け, も續, や四晩, 続いた

1 [152件] ああし, あの化け銀杏, か, かかりきって, か四晩読合せ, が此, くらいぶっつづけ, くらすうち, ぐらいのこと, この薪小屋, しか泊つて, しか泊らない, たいてい毎晩和尚様, つ, つづいて, でもお, でも眠っ, でも考え, でも野宿, で参る, で書き飛ばす, というもの小止み, といふもの碌, とたたない, とは措かず盗まれ, ともちゃんと, とも大沢, とも我々, とも無事, とも眠らない, とも碌, とも話し続けだ, と二日, と何処, と泊り込み, なんにも食べない, になり, になる, にわたって炎々, にわたって行われた, にわたる戦前, に及んだ, ねむらず考えて, ねむれませんでした, のうち, の不眠不休, の宿営, の屋根代, の徹夜, の悪い, の曲者, の火, の責苦, の足ぶみ, の足取り, の長き, はごた, はざら, は何事, は夜, は宿泊の, は平気, は消えぬ, は眠れない, は通う, ばかしあけた, ばかりは一睡, ばかりも碌, ばかり泊っ, ばかり燻, ばかり続い, ばかり続いた, ばかり行ツ, ぶっ通し, ほどそんな, ほどは外出, ほど休ん, ほど御, ほど打ちました, まるで死屍みたい, もあれ, もうなった, もかかっ, もかかります, もかさね, もとめて, ももどらない, もやまない, も京, も保った, も執拗, も夜神楽, も家, も寄宿舎, も寝, も寝ない, も寝通した, も帰らない, も張り番, も張番, も水, も泊り, も泣いてた, も眠らない, も硯, も絶食, も続い, も続ける, も繰返した, も通つて, も顎, やすまずに, やそこ, を大阪, を殆ど, を過ごした, 努めたの, 坐って, 寝ずに, 寝ないこと, 寝ないで, 寝ないので, 寝ました, 恐ろしく寒い, 揉みに, 明かした, 暮して, 歩き通し, 泊ったもの, 泊って, 泊まって, 泊めて, 泣きあかしましたそして, 泣きくらしました, 焼けつづけたの, 燃えとおした, 眠らずに, 眠りつづけて, 立って, 経っても, 続いた其一部分, 続け殊に, 置きには, 考えつづけて, 考えぬいた揚句, 考えぬいて, 考え抜いた揚句, 考へたなア, 考へた揚句, 行って, 起きて, 降り通して

▼ 三十一日~ (212, 0.1%)

7 の夜 5 の朝 3 だ, の午後, を要せ

2 [13件] であった, である, になりました, に大沢, に成績, のお, のこと, の二時, の午前十時頃, の晩, は午後, を越え, 迄留守

1 [165件] ある日, ある月, から四月一日, から救護団, から約, か四日, が日曜, さ, だった, だって午後, だと, だわ, ですって, でその, でどの, でなきゃ出ないらしい何, では, でよかっ, で低い, で書き了, で箱館奉行, で警察, という押, と云, と云え, と日付, と繰返し, と英語, と見せかけ, と訂正, どんよりと, にいたる, におめにかかります, にきり, にここ, にし, につい, につきました, になっ, になった, になり, になる, には京橋區北槇町, には其, には又, には命令, には大阪, には大隈, には昼間, には渡良瀬川, には証人, には近年, には逃げ出したがっ, にひとり, によそ, にタケノコ, にフェルミ側, にボンベイ, にロンドン, に一門, に二十九日, に会った, に八十四歳, に出来まし, に夫人, に届きし, に帰京, に常, に彼, に急, に手つだい, に旅, に書い, に来る, に死んだ, に汽車, に浜松, に田舎, に石老山, に確定, に立つ, に網野さん, に翌日, に至り, に至る, に行っ, に鎌倉稻瀬川, に関藤藤陰, に電報, に首切り, に黄ボッチ, のころ年越, のなか, のよう, のロンドン, の両度, の五時, の先生, の午前一時, の午前八時, の午前六時頃, の午前十時ごろ, の夕方, の夕暮, の夜完, の夜晩, の夜更け, の寿, の常例, の年, の当日, の投票日, の時, の晩位, の暁, の月, の朝日新聞, の未明, の条, の次, の法要, の深更, の真夜中, の私, の絵葉書, の葉書, はい, はそう, はどんな, は一日, は一日二人, は二度目, は利根, は吉例どおり, は土曜日, は外, は天氣, は学校, は蘭軒, までおめにかかれます, までその, までという所得税, までには一ヶ月以上, までには何, までは何と, までをかいた, まで一日交替, まで一週間, まで十二時, まで私, まで防空訓練, もう葬式, もやっ, も来, より浅草座, を以て情報局官制, を初日, を要, 及び十一月二日, 果して広幡侍従, 迄, 迄なんての, 迄四日間, 迄広島, 迄桑港領事

▼ 三十前後~ (212, 0.1%)

21 の男 9 の女 5 の小 4 ですが 3 の, のこれ, の大, の婦人, の小柄, の町人風, の背, の色, の達者, の青年

2 [14件] でせう, のお, の一寸, の典型的, の商人, の女房, の少し, の屈強, の恰幅, の立派, の若い, の若者, の薄, の顔

1 [115件] かと思われる, かと見える, から右足, ぐらいで, だが, だったが, だろう, だろうか, である, であろう, であろうか, でかなり, ではとても, ではなかっ, でゐ, でガラッ, でガラツ八, で体格, で名前, で母親, で顔色, といつた, と云っ, と思われる, と聴きました, と聽, なの, にしか見えない, にはすっかり, に不養生, に失っ, に実, のこと, のころ, のころ谷中, のそれ, のちょっと, のちよい, のひと, のぶらぶら, のキリ, のセル, のハキハキ, のヒョロヒョロ, の一処士, の一見, の上品, の下品, の下男風, の乞食, の人, の人たち, の仇, の仏蘭西女, の会社員, の健康そのもの, の働き者, の充分, の凄い, の出戻り, の利助, の和服, の品, の品格, の壮年, の壮漢, の女中, の好い, の実直そう, の小作り, の小意気, の平凡, の年増女, の年配, の年頃, の店員, の微, の恐ろしく, の技術家, の新内流し, の時, の武士, の武家, の歳, の浪人者, の温良, の煙草切, の狐, の独り者, の獨, の町人, の痩せ, の盛装, の眼, の眼つき, の眼尻, の総髪, の背広, の能登守, の腕達者, の若, の苦味, の蒼, の逞しい, の銀杏, の面長, の頽廢的, の顔色, の風貌, の鬚武者, の黒光り, は謂わ, までは彼, までは真面目一方, 半十郎

▼ 三年生~ (211, 0.1%)

17 の時 14 になった 6 になる 5 のとき 4 です, になっ, になつて, の私 3 か四年生, の男の子

2 [17件] ぐらいのとき, だった, だつた, であった, であつ, であり, で本郷素行, と二年生, になつ, に進む, のこまっ, のころ, の一隊, の夏, の愛情, は云った, は見る

1 [113件] お父さま, か, かそこら, かの時, からは片山久寿頼氏, か四年生ぐらゐでしたもの, がい, がきく, がない, が五人, が刑事, が去った, が挨拶, が男女六人医師, くらいだった, くらいの弟, ぐらいの年, ぐらいの時, ぐらいまではこの, さ入る, だ, だから, だが, であ, であった弟, であって, である, である一年二年, である四年五年, である数学, でした, では, で三段, で乙丑, で大正五年, で恋愛, で文化九年, で榛軒, で此時, で當時三十八歳, で自殺, というの, というもの, としての一年間, として下関, として先生, と一緒, と四年生, なかなかしっかりし, なの, なのに, に, にて美文, になれ, に劣らざる, に無茶, に進んだ, に進級, の, のじん, のため, のなかよし, のひとり, のルミちゃん, の一夫, の一部, の三月, の中田, の久次郎, の二学期, の仙太, の修学旅行, の全部, の冬, の可愛い, の啄木, の姉, の委員, の子供, の学力調査, の寛, の常識, の弟, の感じ, の文化祭, の早苗さん, の春彦さん, の某々二君, の次郎, の男の子全部, の知識, の研究実験, の純子ちやん, の素人, の終り頃, の舞踊, の言葉, の試験, の長男, の隆チヤン一年生, の頭, はひとり, は嘲笑, は地質, は声, は居ない, は算術, は調神社, までうけもっ, までくらいの少年諸君, を天上界, を繰り返し, を繰り返した

▼ 三~ (211, 0.1%)

3 の切手, の金

2 [21件] あるいは四銭五銭, か五銭, か四銭, が四銭, しか持ち, だ, だった, であった, である, ですがね, というの, とか五銭, に負け, のお, のメシ, の小遣い, の納豆, の蜜柑, の釣銭, を添え, 買って

1 [163件] あった, あまりうまく, あるいは四銭位の, ある中, お酒一本十二銭, かい, かの会費, かの銭湯, からはじまつた, から五銭, から四銭, か三銭五厘, か四五銭, がエプロン, が相当, くらいだった, くらいな, ぐらいで, ぐらいの蟋蟀, じゃ木賃, じゃ行くますまい, ずつだ, ずつです, そして古本屋, そして焼酎一合十銭也, だから, だけよけい, だったか, だって云った, だつた, だとか, だ目, ってこんな, で, であったが, であるが, でこの, でございやす, でごぜ, ですから, ですね, ですよ, でたくあんを, では, でめざし, でも引い, でよい, でエ, でバリカン, で二人とも, で二十五六七銭, で入浴, で労働者, で売る, で大, で封入, で手紙, で相場, で芋, で見られる, で観られる, で請負う, で買った, で軍隊, で通った, とかいふ鳥, とか書いた, ときまりました, として毎年二円四十銭, とだけ, との釣り銭, とは右, とは比較, とも思っ, と云う, と差引い, と早口, と来たら, と湯銭三銭, と竹, と米一升六合, と見, と貯蓄, などという為替, ならばと, なり, なり安い, にさっせ, にしかなりません, にまけ, にもなりやしない, に値上げ, に売った, に売る, に改め, に比べ, に米八合, に頂戴, のお金, のさつま汁, のもの, のキヤラコ, のラムネ, の五銭の, の切手一枚, の切手一枚封じ, の利, の利子, の刻み煙草四日, の報償, の大根, の安物, の定め, の定食, の封緘, の山梨, の幸福, の恨, の木札, の梅, の水筆, の浪費, の現金, の生活費, の端, の竿, の納豆代, の藁草履, の見料, の足, の郵便切手, の銅貨, の銭, の鮨, はする, は正当, は詮議, は酒, は高い, ばかりで買いました, ばかりない, までに勉強, もあった, も落し, も買っ, も遣, も遣わ, やえっ, より下, よウ, をもって隗, をマッチ, を惜しみたまわぬ, を投ず, を盗む, を返し, 一杯飲む, 下さいな, 中大根一本, 乃至二銭五厘, 借りたよ, 置いて, 買い五銭

▼ 三~ (210, 0.1%)

4 の方 3 であった, と正太, に言っ, に話した, はお, を案内

2 [19件] だけさ, である, と大辻, と相対, と隣, に向っ, に紹介, のところ, の又, の顔, はどこ, は正太, は高島, をお, を呼ん, を見つけ, を誘った, を連れ, を驚かした

1 [150件] およつ相合傘, が三歳, が屋外, が検めた, が生れた, だ, だったの, だつたの, だな, でした, と, とが同腹, としてはすくなから, とメートル法, と仲, と共に熱烈, と同級生, と枕, と珍探偵大辻, と野幇間, と野幇間七平, と顔, にお, にくっ, にしゃべらせない, にすらそれ位, にだけいった, にはよけい, には一言, には何かしら, には思われなかった, には打解けない, には見定められなかった, にも身元保証, に今度, に分け, に別れ, に別れた, に告げた, に尋ね, に思わせた, に想像, に挨拶, に樫山村, に比べる, に渡り, に無い, に百兩, に船, に蒼ざめた手, に見, に見せ, に言った, に語った, に起させた, に逢い, に連れられ, に頼ん, に頼んだ, のいる, のため, の住む, の保久呂霊薬, の傍, の去る, の声, の家, の居る, の心, の死骸, の潜り, の父子, の生活的, の番屋, の発っ, の発議, の眼光, の考えない, の腹, の膝, の芝居, の見る, の部屋, は, はこう, はこの, はそう, はそこ, はヤリキレ, は下, は兎, は午前, は参加, は名古屋, は地盛, は声, は学校, は廊下, は彼女, は後, は復, は新婚, は新宿, は昨夜, は材木, は東京, は珍探偵大辻又右衛門, は直に, は確か, は窓, は簡単, は美しい, は老, は聞耳, は遮った, は高い, への感謝, もう一度槌, もう止め, も一服, も佇立ん, も半日, も姉, も度々, も数え, も聞いた, も読み耽った, をいじめる, をかえしました, をすくっ, を不憫, を仲間, を力, を反対, を呪った, を呼んだ, を安心, を寝かさなかった, を射った, を待受けた, を思っ, を眠らせなかった, を眺め, を睨む, を神経, を舷, を訪ねた, を防空監視哨, を静か, を頼り

▼ 三~ (209, 0.1%)

7 の諸仏 5 の時代 3 の命, の手, は 2 との崩, に亙っ, の妃, の子

1 [180件] ありと, あるも, かけた主, かけた主従, かけて, から基督, かわいいおまえ, がどう, がローマ, がヴェルサイユ, が世界外交, が何, が巴里中, が幕府, が平和会議, が平和条約, が必ず, が没落, が法令, が王権, が立った, が起り, が鷲, ぐらいに見立てられる, この風, であ, である, では, で愛称, というの, というよう, という縁合, といつも, といふ, といふやう, とかたり後, とその, との戰, とは, とほとんど, と共におり, と申します, に, にし, になった, にまた, によってなされた, により, にわたっての人類, にわたって不可得, にわたって糸, にわたりて不滅, にわたるなんてえ, にわたるわれわれ, に三女サンシヤ, に乞, に亘るなり, に亙り, に交錯, に伝わる, に助言, に及ばざる, に宛て, に対する企計, に拡充, に跨がる, に踏襲, に転々, のうち, のころ, のごとき, のため, のみならん, のやう, の七年忌, の両, の事, の仏, の仏皆座, の代理者, の令書, の住職, の信任, の側近者, の公然, の動作, の命令, の因果因縁, の国王, の國家, の外, の大, の天鼓, の奸雄, の妹, の妻, の姉妹クニッツァ, の子孫, の孫, の実在, の実相, の宮中, の家来, の宿縁, の將ルージアロ・ディ・ラウリア, の小姓みたい, の己, の帝政布告, の年月, の座主法性房尊意, の建立, の後, の後妻, の御恩顧, の心, の忠義, の政府, の末葉, の桃林契悟禅師, の次子, の武士道, の治世, の王子, の禁令, の立場, の絵師清満, の蘊, の覺知宗昭, の許, の説, の諸, の諸仏たち并び, の長子アルフォンソ三世, の間, の頭蓋骨, はしばらく, はその, はまだ, はインド総督クーニャ, はグローチゥス, は之, は仏国首相レイノー, は大, は宗教審判, は政権, は有名, は氏, は王位, は王妃, は自らセダン, は蒼白い長い, は西家, は長門守正利, は雪, は非常, までのただ, までの主人, までもと思ふ, までも契りし, までも苦しんだ, まで来, もはなはだ, もフィリップ, も変らぬ, も夫婦, も女夫, も浮気, やプリンス・オブ・ウエィルス, よりなりき, より假准許, を学び, を學び, を屈伏, を歴し, を看透した, を経た, 之介二十四歳, 之説, 即ち彼, 諸孃

▼ 三千円~ (209, 0.1%)

7 の金 4

2 [13件] から五千円, だと, と云, の家, の懸賞金, の損失, の負債, は払った, ばかりの父親, もする, を借り得, 住みこみ五千円, 貸して

1 [172件] あったら大丈夫, ありやす, ある, あれば, か, かかったという, からかけ, から儲けた, から段々に, から足りない, か知ら, がおとり, がとこ, が何, が問題, が必要, が鎧兜, きつと, くらいだったろう, ぐらいじゃない, ぐらいということ, ぐらいなけ, ぐらいなら出す, ぐらいにだって売れる, ぐらいの大金, ぐらいは素丁稚, この珊瑚, しかない, しか持っ, しか用意, じゃたかい, じゃァたしかに, ずつもっ, ずつ貰う, だけでも拵え, だったそう, だといふ, であるが, であろう, でいい, でおさまる, でしたか, でずいぶん, でどう, で可, で合計一万八千円, で売っ, で売った, で売りつけた, で得ら, で手, で桂子, とあった, といい, というの, というもの, という利益, という妾宅, という木, という金, といふ聞いた, とかかかった, とかに売らん, とかのお金, とか出した, とその, とちょッ, となれ, とにらんだ, とられたこと, と十円札, と吹きかける, と噂, と申, と見, にし, にて売払い, になる, にもそれ以上, に増額お手盛り, に成る, ね, の, のうち千円づつは貯金, のお金, のこと, のもと, の一時, の俸給, の借金, の切実, の前渡金, の大, の寄付, の小切手, の工面, の巻取り段ボール機械, の広告費, の損害賠償, の支払, の激減, の為替, の現金, の話, の貯金, の貸し, の費消, の費途, の返金, の金策, の金額, の頼母子, の飼養料, の高額, はあらためて, はする, はたいへん, はとうに, は三月, は上る, は兼重さん, は叔父, は取られる, は決して, は貸さん, は随分, ばかりでございます, ばかりの借金, ばかりの公債証書, ばかりの資本, ばかりの黒字, ばかり送った, ほど, ほどあっ, ほどのもの, ほどの損, もあり, もつかっ, もとられました, もらつて, も両, も出せ, も支払うた玉, やそこら, やない, や五千円, や四千円, をうけ取っ, を伊東, を借りよう, を償い, を出した, を分け, を奪い, を奪っ, を懐中, を払いしなりき, を掴みだし, を携え, を渡せ, を着服, を私, を費した, 出せ, 届けて, 掛り差し引き一万九千円, 要ること, 計六万三千円, 貸し付けて, 貸せつたら, 迄もの入学献金, 送って

▼ 三~ (208, 0.1%)

6 と二人 4 と三人, と漫才, のこと, の一人トーキー 3 と万才, と僕

2 [13件] が, がセリフ, が出る, が子供, が川口, との漫才, と言, のセリフ, の万才, の後, の方, も一緒, を連れ

1 [154件] から電話, がある, がしょげ, がゐた, がチ, がヒステリー, がビフテキ, が五九郎一座, が代る, が休み柏, が何, が出られぬ, が参っちまっ, が司会, が名古屋, が四時半すぎ, が子供連れ, が帰っ, が帰った, が映画, が松竹, が江戸っ子, が池田, が無理, が理解力, が生意気, が聚楽, が胃ケイレン, が腹痛, が遊び, が銀座, が飲む, だけが一人ポツネン, だけ三十分以上遅刻, ってとこ, つかまへて, とかけあ, とで徳川夢声, とで放送, とのかけ合, との夫婦げんか, との芝居, とは比較, とめぐり, とガスビル, とリヤカー, と三時, と上山, と並ん, と乗っ, と云う, と仲よく, と共に慰問, と子供, と富士アイス, と待ち合せ, と待機, と抱き, と杉狂児, と梅田新道, と歌, と比べる, と気, と渡辺, と神戸, と舞台, と花井四人, と落合っ, と遠慮, と重, と高杉, にはメエウエスト, にやれ, に休まれた, に僕, に小声, に川口, に当らせる, に渡辺, に自分, に言, の, のお宮, のたっぷり, のとこ, のよく, のゐない, のアナ, のカット, の一人トーキー式おしゃべり, の一人トーキー等, の三人, の他, の代役高杉, の件, の善後策, の始末, の娘, の我, の招待, の演, の芝居, の見舞, の造った, の進退, の部屋着, はうち, はぢめ皆セリフ, はもう, はやめさせる, はハリキ, は今月, は例, は僕, は全く, は八月, は心がけ, は採, は最近, は東宝劇団, は病気, は突放す, は調子, まだ帰っ, まだ帰らず, も乗っ, も人気者, も参ってる, も渡辺, やっと来り, よりサラッ, より秘密, をひたす, をやっぱり, を七月, を五月, を可愛がっ, を呼び, を呼びよせ, を川口, を待合せ, を招待, を断, を書き出し, を貸し, 不出演, 乗込みで, 亦然, 休み柏, 出て, 参って, 又遅刻, 来り岡庄五, 程のモダニズム

▼ 三には~ (207, 0.1%)

3 それが 2 じわじわした駈, どうもまとも, 好い相手, 此の, 死しても, 淫乱なれ, 生活は, 矢代の, 長兄と, 頭上に

1 [184件] あの奇怪, あやまちを, いったいそういう, おなりに, おもえた, おもへた, お勢, お絹, この風呂屋, そこまで, そのひと, そのよう, その婦人, その朝家, その親切, その際全権, それと, それらの, そんな卑屈, そんな説明, だ, だね, つい最近, とくにそれ, とどまらなかった, とどまらなかったであろう, ともかくも, どこが, なって, なるだらうといふ, なるだろうという, なるであらう, なんの, また一日, また浪子, また秋田県下, まだ明智, むさくるしく思はれた, もう大人, わからなかった, わからなかつた, わが源家再興, アガルイの, アブノルマルな, スズメの, バッジの, フィルムの, プラトン自身の, ヨオロッパや, ヨブの, 一種の, 上に, 久し振りに, 久振りに, 五人の, 人々が, 人が, 人の, 人を, 人智の, 今日は, 仏出世の, 仕事から, 他にも, 似合うと, 何より苦しかっ, 何故検事, 何等の, 信切でも, 俳優の, 僅かばかりの, 全く覚, 分らないらしく出るもの, 分らなかった, 別にお, 勝上行あり, 千代の, 南部家の, 却つて迷惑でならなかつた, 古典の, 右の, 吉田内閣は, 君は, 品位を, 唐人川尻並に, 喜七なる, 四人の, 困難だらう, 地方的な, 変に, 変死人の, 多くもうけ, 大した名誉, 大槌を, 大津皇子が, 天狗笑い, 女性が, 妻に, 学校へ, 家へかへ, 封建的な, 工業の, 常備間防という, 幕府に, 平気で, 廻向, 当時アテーネ遊君の, 彼が, 彼の, 彼らの, 彼女の, 思い付いたこと, 恰も彼, 惡い, 想へ, 我に, 手の, 採集した, 文芸, 方便である, 日本の, 早同じ, 昨日お, 昭信将軍呉子蘭, 時と, 材料に, 欲しくて, 止まらなかったの, 歩兵四には, 死ぬん, 毀呰と, 気に, 江を, 治を, 泊中の, 海尊高館の, 無性に, 無欲恬淡で, 牡牛の, 犯人の, 獄営内から, 珍しかった, 甚だ近く, 生きた人間, 疑った, 直球である, 着物の, 祖母を, 禁じられて, 私は, 私初め豫審の, 空御, 立派な, 第三, 第二, 第四, 範疇使用方法の, 經史子集を, 美しいか, 自ら知識が, 自分の, 芸能で, 若しもの, 華氏七十ないし, 萍が, 裏面の, 見えそれ, 見えたが, 見えますが, 見えますよ, 見えるの, 視察四には, 親族を, 記して, 記事に, 話せなかつた, 買うて, 辛い, 遥の, 里村千代という, 錯覚でも, 食べるなという, 食物の, 高慢な

▼ 三~ (204, 0.1%)

7 の中将 4 の君 3 になっ, に叙せられた, の中将殿 2 といっ, に叙せられ, に進ん, の前, の卿, の参議, の子供, の家, の殿

1 [166件] かい, からお, から正, から眼, から討幕, がある, がいる, がなく, が三年目, が何, が傍ら, が合わされた, が将軍, が左様, が持ち, が来た, が気に入らない, が矢, が這個, が重喜, が鳴門水陣, きさま, くやしければ, じゃ, そういえ, その人, その騒ぎ, だあれ, だろうか, っていうん, であった, であったろうか, であり前, である, であるゆえ, でお供, です, で二人, で四十円以上, で延びた五分刈頭, とある, というの, という狸, とお, とか侯爵, ときた, となった, とは下らない, ともいわれる, と中納言, と大き, と宣る, と弓槍, どの, なんて言う, な綺麗, に, におる, にこれ, にしか見えない, にて七千三百五十七尺, にでも叙せ, になった, になり, になる, には恐れ入った, にまで叙せられた, にも中御門中納言, に上った, に兵法, に劣らない, に叙, に叙せしむべき, に対してだけは正面, に対してともかく, に就い, に差支え, に於, に比べる, に玉鬘, に石炭採掘量, に至る, に致し, に落し始め, に落とされ, に軍師呉用, に進まん, に進み, に進出, に長州, に食われ, の, のお, の中将維盛卿, の中将資盛, の中將殿, の乱, の作, の典侍, の大き, の大都市, の天使, の娘, の小柄, の屋敷, の幼い, の廉子, の廉子さま, の弟, の懐紙入れ, の所, の手, の手ずから, の望, の本体, の栄位, の格式, の案内, の横顔, の歌, の殿様, の永年サロン, の男子, の矢, の神像, の美しい, の若い, の観, の邸前, の重臣, の長, の門前, の高位, はまもなく, はエライエライ, はカ, は偉大, は僕, は女御, は座右, は御, は改めて, は星, は確実, は花岡, は菜種, は鍬, へ献上物, まである, までに至った, までの女の子, も満足, も遂に, よむまでも, よりも知恵, をたずね, を保つ, を信ず, を占め, を占める, を向う, を贈られた, を送り出し, ノお, 同二年十二月十日従二位, 思いつくと

▼ 三百両~ (203, 0.1%)

25 の金 8 の大金 5 という大金 3 の支度金 2 というところ, とか五百両, と一分, になったら, になる, のお, のお宝, の金包, 持出そうと

1 [144件] あったらちょい, ありゃ角, おくんなさい, からの包み金, から下, がとこの, が欲しけりゃ, が残り惜しくっ, が牧野伊勢守, が程, が高梁藩主板倉伊賀守, くれろと, ぐらいの価値, ぐらいの価格, ぐらい掛ろう, ございましょうそっくり, じゃあ出来ねえ, する所, ずつを下し置かれる, せしめる気, だが, だけの始末, だけ主, だけ分け, だそこ, であったら売っても, でいい, です, では, でみんな, でもお, でも金子, で出来た, で売っ, で売れる, で聟, で譲っ, というなかなか, という法外, という耳, という運動費, という金, という金星, といえ, といや, とえそんな, とは纏まらなかった, とまでわれ, と主人, と彦四郎貞宗, と秘蔵, と言え, と言った, などいう, なりの纏まった, にでもた, にでも五百両, にも五百両, にゃ売れるだろう, に対して百両, のあがり, のうち, のお金, の不足, の借用証書, の切りもち包み, の利得, の包み, の半額, の小判, の抵当, の有金, の現金, の紛失, の纏まった, の金無駄, の銀子, の頼母子講, はおろか, はどこ, は今, は何, は大金, は安い, は少ない, は建築, は惜しい, は所持, は按摩, は朝, は綺麗, は迚, は飛騨, ばかりで, ばかりの証文, ばかりの金, ほどある, ほどのお, ほどの立て替え, まき上げさせようと, もかけ, もかけれ, もございましょう, も借り込ん, も儲けさせる, も強請っ, も持出させた, も稼いだ, も積ん, や和蘭陀カルタ, や四百両, よこせさもなければ, より後で, をあなた様, をつくり, を一人占め, を三つ, を借り, を借る, を儲け得, を取戻し, を持っ, を持出した, を捜し出し, を捲上げられる, を添え, を盗ん, を肌身, を貸し, を費, を運び込んだらしい, を隠した, 乃至五百両, 出して, 取出したに, 受取って, 呉れろと, 引出して, 持ち出して, 持って, 持出して, 捲き上げられたが, 程取り寄せ, 預けて

▼ 三~ (201, 0.1%)

11 の月 6 の晩 4 のお 3 かな, である, 泣きつ

2 [21件] で, ですか, ですよ, で今夜, で近江屋, というの, なりとも, に縁, のうち, のお話, のぼた餅, の前夜, の前日, の大師講, の方, の月待, の月見, の身悶え, は一八四八年, をつひやした, 続けて

1 [129件] おりましたが, かかって, がある, が陽暦, こそ円, ことごとく若き, さ炎, しっぽりと, すなわち旧, だ暗黒裡, であるので, ですねと, では, でもそ, で亥刻過ぎ, で書きあげた, で月, で村, で遲, という不思議, という九月なかば, という今夜, といふ夜, とのちがい, とはよく, とは言わず, とは限らず, と大師講, と庚申, などには村, なども念, なれど, にお祭り, にし, について皆一つ, になる, にはとくに, には山, には山々, には枝豆, には白衣, には雨中, にも半, にも月々順まわり, にわたって私, に一軒, に両国橋, に兩國橋, に搗き, に月め, に渡邊織江, に祭る, に谷中瑞林寺, のあいだ赤, のこの, のご, のすすき, のテスト十二時近く, の三日月さま, の前後, の十四日, の夜, の夜話, の大師さま, の宵, の後, の放送, の文字, の旅, の日, の明るい, の暇, の月夜, の朧月, の殺人事件, の湯島台, の疲れ, の眠り, の石塔, の祈り, の神, の神様, の祭, の読み合せ, の豆名月, の赤銅色, の集まり, はお, はことに, はひとり, は正月, は無駄, は熟睡, は甘え, は私, は葛飾, は襖, は農民, は遠, ほど外泊, ほど続い, まで七夜, まで引き伸ばした, もしくは馬頭観音, もとどめられる, もまた, も屋外, も火, も第, も降り流せ, や庚申, や庚申講, よりも二十二夜待, をおくり, をもって稲, を一日一夜, を大切, を拝み続け, を過ぎ, を過した, 之御, 又五夜, 新蝉第一声, 晴れて, 泣きつづけし事, 深碧, 続いた者, 続く中, 飲みつづけ夕方

▼ 三~ (199, 0.1%)

15 の烏 7 の鶏 5 の鶴 4 の雀, 飛んで 3 の小鳥, の雁, の雛, の鳥, の鷄, やるぞ, 立つと 2 とまって, とも無言, と薄, の小さな, の烏あら, の鴉, も, 来た

1 [127件] あわてて, いた, いつも父, いるの, かの鳶, か三疋, が不平そう, が大幅, が立ち退く, きて, きれぎれ, ぐらいになっ, こぼれ飛び, さつと大きな, しか獲っ, しか生き, しか見えぬ, すり寄り大きい, だけ, だって存外, とうまつて, とだけに減っ, となつて, とまつ, とも可哀相, とも雛鳥, とんで, と吹雪, と山羊一疋, と最後, と續, と群, ながらみんな, に, に増殖, に追っかけられた, に鳩一羽, のうみがらす, のすずめ, のつぐみ, のにわとり, のむく, のインコ, のシギ, の仔鷲, の友だち, の子供, の燕, の牝, の生きた, の生み鳥, の白鳥, の白鳩, の美しい, の翼, の野鳩, の金翅鳥, の鍋鶴, の雌鳥, の飛鴉, の鳩, の鳶, の鴨, の鴻, の鵝鳥, の鵞鳥, の鶺鴒, の鷹, の鸚鵡, は, はすぐ, はずつと下, は小さな, は採集, は村田, は村田君, は訳, は飼ふか, ばかりあそん, ばたばたと, ひらひらと, ほど鳩一流, また驚い, まだ肉, までは死にました, もこの, もつながっ, もつれた夫婦, もつれて, も下り, も五羽, も入っ, も打ち落し, も白い, も籠, も飛び立つ, やはり同じ, やる約束, より数, をさげ, を捕獲, を撃ち損じた, を連れた, 丁度お, 並んで, 居たの, 居ます, 怒濤, 持つて, 揃った, 来りて, 止って, 止まってないて, 止まつて, 死ぬとかいう, 潰れた儘, 白い褄, 眠ったやつ, 眩く翼, 翔け去っただけ, 起ち上がる, 遊んで, 降りて, 飛び下りて, 飛び四羽五羽, 飛出したの, 鳴きながら

▼ 三~ (196, 0.1%)

14 話して 3 いった, いって, の挨拶, 云い合って, 云った, 交すうち 2 つぶやき教壇, で済ん, とは呼ばれ, 云っては, 交して, 話しかけられたが, 話した後, 話し合ったの

1 [148件] あらそって, いいわたす機会, いい合ったと, いい合って, いっそう権柄, いったかと, いってから, いひあふうち, いひ争, いひ交した後女, おっしゃいましたら二尺, お念仏, かけて, からかいかける, かを言つて默, が今, が無限, ぐれエ, この細君, ささやいた, ささやいたが, ささやいたに, ささやいてから, さもなき, して, しぼり出すこと, しゃべったよう, しゃべって, しゃべるため, すぐ木蔭, その下問, その礼, それから双方, そんな談話, だ, だけ普通, つづけて, つぶやいたかと, つぶやいただけ, つぶやいて, つまらないこと, であと, でようやく, でわたし, で云う, で全体, で必ず, で本, で結んだ, で罪状, で説明, で鳧, といったよう, とグレンディニング, なじるよう, なにか言いました, にとどめ, に万感, に分け, のやりとり, の中, の云い, の次, の秘策, の立ち話, の答え, の説明, の雑談, はなしかけて, は未だ少し, は言葉, は變へた, ばかりで, ほど口, また何, まるで意味, やり合, やり合う間もなく, を交, を交える, を交した, を発する, を聞く, を費した, を返した, を返す, 云いながら, 云いやってねえ, 云いわけ, 云い争い, 云い棄てて, 云い残すが, 云うかと, 云う中, 云ったと, 云ったなり一人, 云ったらしかった, 云って, 交えてから, 交す間, 何やら袈裟太郎, 優しく靜, 口ごもつたが, 口ごもりながら, 吠えるやう, 呟いた, 呻いたよう, 唄いながら, 囁いたかと, 囁いた後, 囁きあったあと, 怒鳴って, 烈しく云い合った, 発しても, 白々しい言葉, 立ちながら, 答えた, 続いたら僕, 続いて, 罵り合って, 聞いただけ, 聞いただけで, 聞いて, 聞きとれた, 聞き取って, 聞けば, 言い争ったと, 言う, 言えば, 言ったと, 話しかけたが, 話しかけたや, 話しかけて, 話しかけました, 話したかと, 話したが, 話したきり, 話したっきり, 話しを, 話し出したが, 話し出すや, 話し合, 話し合った, 話すと, 話す中, 話す内, 誘って, 軽い言葉

▼ 三~ (192, 0.1%)

11 り半 6 書いて 4 の, の文句 3 しかない, に書く, の手紙, の文字, の記事

2 [14件] にわけ, に並べ, に寂静, の詩, ばかり, も読まない, を御覧, を心, 書いたが, 書いては, 書き出した, 書くとも, 読むと, 読んで

1 [124件] あったの, あるいは五六行, かいた, かいたお, かかれる事, から次, か四行づゝ, があります, がくりかえされた, がギラギラ, が簡潔, くらいの面白い, しか書けない, ずつ傷寒論, そっくりな, だから, だけの名前, つけ加えて, ですと, でもいい, でも書き送った, でローマ字, で到底, で報道, で書かれ, で済ませ, で済み, で簡単, とその, と云う, と目, と第, なれど, に, にかけての感想, には僕, にわかれ, に一本, に一行づゝ, に印, に及ん, に各行三個, に書い, に書かれ, に眼, に綴る, に縮め, に續, に足りぬ, に過ぎぬであらう, のはじめ, のひ, のもの, のコンミュニケ, のシヒツカハ, のセンテンス, のダルマ, のハガキ, の中, の僭主, の劇評, の句, の圈, の場合, の女文字, の文, の文章, の新聞記事, の日記, の涙, の病人, の短い, の罫紙, の見出し, の解説, の走り書, は, は所謂尚々書, は武士, ばかりあつ, ばかりです, ばかりの文字, ばかりの言葉, ばかり書きつけ, ほどが書きそえ, ほどぎざぎざ, ほどに字数, までカペー, までダンテ, まで第, も四行, も読めない, も読ん, よ, をはしり読みした, をはしり讀みした, をもって片付け, を一時, を全部抹殺, を吟味, を幾度, を教わった, を書き写す, を読み返し, 及び第, 書いたら実に, 書いたり, 書いた時, 書きかけた時, 書きだすと, 書き出すと, 書き添えて, 書くと, 第七行, 第二枚, 第十二字, 第十五字, 語らうと, 読み下し, 読み始めた, 読むか, 読んだとたん, 読んでも, 讀まぬうち

▼ 三~ (192, 0.1%)

2 [18件] するうち, で歩く, の女, の烏, の男, の蛙, の青蛙, の鶏, もはく, よろめいて, 歩いて, 歩いてから, 歩き出した, 歩き出して, 歩くと, 特に歯, 行くと, 踏み出すが

1 [156件] あつたの, あゆみ出すと, あるきかけたところ, あるきだしたの, あるき出した, あるき出してから, あるき出しながら, あるけれど, いきますと, おいてあつ, おくれたわい, かためて, が三足とも, ぐいぐいと, ぐらいじゃ, ぐらいもっ, ぐらい歩い, ごんざんのきゅうぼくとす, さがらないうち, しかない, しか歩い, するたび, その男, ぞ退きたる, たぢろぐよ, つまりその, であるいたという, であるいた形, ですぐ, でもよけい, で子ども, で復, で息, で行ける, で襟, で豆小僧, で起き上っ, で追いつい, で逃れ廻る, とあるき出す, といっ, とちゃんと, とふみこん, とも飛ばない, と何, と歩かない, と汚い, と足, と近づい, と重相, と隔てない, ならんで, なるのみ, になつ, には明, にシャボン, に一礼, のそのそ前, のぼりぬ, のゴム草履, の下駄, の足, の雪駄, の青い, はいった, は地べた, は棚, ばかりつかつか, ばかりにて向, ばかりの庭下駄, ばかりよろけ, ばかりを小刻み, ばかり下りた, ばかり前, ばかり前方, ばかり右, ばかり往, ばかり歩いた, ばかり謙三郎, ばかり路, ふらふらと, ほどくすね, ほど動いたら, ほど歩い, ほど立ち退い, ほど退いた, ほど進みます, ほど部屋, ほど馬, もふみ出しました, もわらじ, も譲っ, も買っ, ゆかんとして, ゆき掛けたが, ゆき過ぎてから, よろけて, よろめくと, よろよろと, をつくっ, をむしり取っ, をもって立つ, を以て立つ, を駆け出した, 寄ったもの, 寄って, 帰って, 感じられたと, 戻って, 戻つて, 戻りかけたが, 昇りかけた殉愛, 曳かれて, 歩いたと, 歩きかかった時, 歩きかけた背後, 歩きかけては, 歩きだした, 歩きだして, 歩き出したという, 歩き出した時, 歩き出しました, 歩き出すと, 歩みたり, 歩み出したかと, 歩むと, 歩むほどに, 歩めば, 汚い下足, 登る, 立ちかけた鐘巻, 行きかかると, 行きかかれば, 行きかけたが, 行きかけて, 行きかけますと, 行きつもどりつしどろもどろ, 詰め寄つた, 買った, 走りかけて, 踏みつけて, 踏み出したが, 踏み出したと, 踏み出すほどに, 近づいて, 追いかけて, 追い駆けたれど, 追っかけて, 退いた, 退いて, 送って, 這入って, 通り越して, 進むと, 進んで, 附きて

▼ 三百人~ (190, 0.1%)

3 の美姫

2 [15件] だ, のスパルタ人, の乗員, の信者, の僧侶, の兵, の客, の者, はことごとく, もある, もあろう, もって, や四百人, を下らざるべし, を率い

1 [157件] あまりと, あるとして, か, からあった, からの人間, からの坑夫, から居た, から成る, から集まっ, があっ, がすっかり, がバルボア, が今暁, が僅か, が味方, が定員, が港, が現われ, が重なり合っ, きても, ぐらいな, ぐらいな部下, ぐらいのこと, しか無, ずつの同勢, そうも, たぶらかそうと, であった, でコーラス, という兵, という文明人, といっ, とか十五, とされ, として一々, と数えられ, と注せられた, と見, と身, にあまる, にすぎない, になった, にも足らなかっただろう, にも足らなかつただらう, に取りまかれ, に改め, に減っ, に過ぎない, に達した, に鉄砲, の, のお客, のお客樣達, のオーケストラ, の中, の乗客, の二分の一, の人, の人足, の人間, の仕立屋, の労働者, の印度人, の名, の命, の士卒, の多数, の娘子軍, の家来, の巡査, の徳川兵, の捕手, の支那人, の敵兵, の料理人, の死体, の洋服屋, の男女, の疑問, の眼, の縦隊, の職工, の警察官, の軍兵, の軽, の連中, の野武士, の釣り客, の銃手, の間, の闇屋, はあるだらう, はあるだろう, はたてこもっ, はとても, は吃り, は女学生, は来, は楚, ばかりあっ, ばかりいる, ばかりその, ばかりになつ, ばかりの人々, ばかりの傷病兵, ばかりの官軍, ばかりの後陣, ばかりの連中, ばかり山手, ばかり長柄付, ほどな, ほどの中, ほどの原地人たち, ほどの家来, ほどの手下, ほどの自由労働者, ほどもない, ほど兵士, まず将軍, もあります, もいたでしょう, もいよう, もうろつい, もございましょう, もの大名小名ども, もの彌次馬, もの敵, も一緒, も入り込みおる, も取っ, も四百人, も堵列, も大, も手, も来る, も隠し, や二百五十人位, や五百人, より四百人, より増さん, をかぞえる, をその, をつれ, をわし, を一団, を下らない, を募つた, を殺す, を毎日, を越す, を養うべき, 乗り込みおりこれ, 傭って, 御繰出, 来て, 続々と, 近い傍聴者

▼ 三十年前~ (180, 0.1%)

5 に踏んだ 4 のこと, の本所 3 の話

2 [12件] と際限, にありし, には動く, にぼく, にもっと, にパリ, に冷凍, に白鷺, の保吉, の東京, の火事, の記憶

1 [140件] からかかつて, からこの, からたくさん, からの壮大, から一貫, から何度, から入っ, から各, から唱, から四十年前, から晒飴, から気が付きおり, がつい, が行き止まり, が行止まり, くらいになります, この土地, すなわち一八三二年六月五日六日, ただ真暗, だ, だから, だったが, だと, であります, では無い, といふ, とすこし, と同じく少し, と現在, なら遭難, なん, に, にあ, にあなた, にこういう, にし, には, にはよく, には夢, には山間, には新しい, には暴動, にやっぱり, にファヴロール, にボストン, に一度, に九州, に亡くした, に亡くなり, に人種競争, に会った, に其種子, に出来た, に出版, に古, に在, に富裕, に恐ろしい, に指環, に於, に於ける, に書いた, に松山, に死んだ, に比し, に比べ, に父親, に発表, に神, に私, に自分, に至つて, に遡ります, に隣村, に集めた, に鹿, の, のあの, のこと也, のむかし, のもの, のよう, のわたし, のパリー下水道, の不完全, の事, の京都, の人間, の別嬪, の北海道, の善良, の國民, の夢, の子供, の子規庵, の宝永四年, の家持ち, の布哇, の愚痴, の懐しい, の我, の我国, の新聞, の日本, の日本婦人, の旧態, の法律, の清正, の演劇革新運動, の王政維新, の理宗, の相好, の社会状態, の自分, の若い, の著作権法解説, の記録, の錯覚だらけ, の閏土, の音楽教師, の風流才子, の高い, の鶯横町, はじめて, は何, は分明, は天明七年, は天明七年丁未, へ飛び越した, まではそれ, までは数十頭雑居, までは片原町, までは確か, までは続け織られた, までは鎖国, もきかれた, やがて月世界, 始めて京都, 我が開国, 既にあった

▼ 三~ (180, 0.1%)

5 の赤切符 4 に乗る 3 の人たち, の弟子

2 [11件] だ, で喫烟, にあたる, に乗せる, に處, の客車, の旅費, の旭日章, の汽車, を加, を得

1 [143件] あるのみ, から乘, から切り, から成り立っ, から来た, がお, が満員, ぐらいだった, ぐらいな立派, ぐらいの住居, この一, しかない, だってゼイタク, だろうな, てもの, であった, でいい, でかま, でしょう, ですが, ですらも, では, でも樂, で十数年前, で威張っ, で年俸三千六百円程度, で我慢, で行った, というの, という区別, といふの, となっ, とに振り分けられ, とのむ, との区別, との区別さ, との區別さ, とわけ, と云, と少し, と違い, と違う, なきは, なんか前, にしかも, にそれ, になつ, にはロシヤ人, には友禅, にばかり乗る, にも山, にゐる, に一ヶ所空席, に乗せ, に乗っとります, に乗つた, に乗り, に乗りこんだ, に乘つて, に入院, に分かつ, に對, に物理, に編入, に置い, に行け, のお客さま, のそれら, のみである, のデッキ, のベンチ, の三角網, の人達, の位置, の入口, の切符, の切符代, の句, の外乘ら, の夜汽車, の女, の客, の客室, の寝台, の寝床, の幸福, の廻遊切符, の待合室, の患者, の所謂大根, の方, の旅, の旗, の早稲田派, の牛乳, の物持ち, の狭い, の田中氏, の相場, の穴, の窓一つ一つ, の籠つて, の航海, の茶番, の訊問法, の訊問法以上, の賃金, の資質, の賞金, の質, の連中, の長旅, の食堂, はだまつて, はなお, は一桁, は二段, は半, は大して, は昨日, は殆, は空い, へでも行っ, へは農民, へ乗っ, へ行きます, へ行こう, まで賞金美景, もその, もって安し, もない, も今夜, や二等, よりもあ, をお薦め, を愛し, を楽, を減じ, を見ろ, を輕減, ん方, 或は四等, 貶して

▼ 三千両~ (177, 0.1%)

21 の金 7 の小判 6 の行方 5 の大金 4 の盗人 3 の結納, の釣台 2 の始末, の御, の祠堂金, の身代, の隠し場所, はどこ, を持ち出した, 持って, 盗んだ大

1 [110件] かいあの, から五千両, がとこ稼, が品川, が庄内藩主酒井左衛門尉, が羽, が蔵, くれると, ぐらいの小判, しか無かっ, してやられて, だが, だけ減っ, だけ用達, ですよ, でも安い, でも買えません, で売っ, で息, というその, という大金, という大金持参, という数字, という金, という高い, といや大金, といわね, とかいう話, とか五千両, と云え, と千五百両, と宝物, と御家, と言う, と言え, などと申す, なりと, なんて金, に過ぎない, に間違い, のお話, の事, の値打, の夢, の寄進, の工面, の御用金泥捧, の憑物, の手間, の打撃, の数, の現金, の盗み出し手, の紛失, の結納金, の軍資金, の醵出, はお, はおろか, はここ, はございます, はすぐ, はそれっきり行方, は九牛, は平次, は次, は浜町河岸, は消え, は盗め, は目腐れ金, は遠く, は都合, は首尾, ばかりの正金, ほどになりました, ほども撒き散らす, ほどをたくわえ, も同じ, も貯め, や四千両, をこの, をどう, を佐兵衛, を借用, を半分, を奪, を寄進, を山分け, を持ち出し, を持っ, を捜せ, を盗った, を盗まれた, を盗み溜め, を盗ん, を見つけ, を見付けた, を載せた, を送っ, を醵出, を釣台, を隠しおおせる, を隠した, 入ったの, 持たして, 揚がったん, 纏まらなきゃ主人, 落ちる金, 足りないの, 足りません

▼ 三~ (176, 0.1%)

6 の通称 3 の額

2 [14件] いとも麗々しく, があった, が何, であった, です, との間, の漢字, の熟語, の記号, は, は皆, を書し, を書したる, を頼り

1 [139件] があっ, があつ, がある, がかくし, がどこ, がはっきり, がよまれた, がよめない, が五回, が使われる, が入った, が共通, が書い, が書かれ, が真紅, が示し, が読まれる, が非常, が題し, が鮮, さえ明, ずつひ, ずつ二行, ずつ何だか, ずつ欠字, だ, だけがわざわざ, だけである, だけでもおぼえさせ, だけで解釋, だけれども, だけを見る, だけ書い, だけ片づけた, だよ, ついに後世美人, であってもさ, であります, である, である場合, であろう, でいえ, でひらめ, でもあたし, でも読んだ, でわたくし, で喝破, で字, で父, ということ, と四十ミニュート, になったら, にはよく, には意味, にも作る, にダアト, に君, に寺, に彼, に書い, に梵語, に棒, のいれ, のゆき, のよびかけ, の上と下, の初め, の原音, の和歌十八字, の外, の如き, の官歴, の怪しい, の扁額, の片仮名, の略号, の称, の組合せ, の考証, の覺悟, の解釋如何, の言葉, の貴い, の通称関五郎, はあと, はどう, は何, は屡々, は支配階級, は昌平黌, は皆相, は若し, は頗る, も今, や四字, をかれ, をしけじ, をとり, をみとむ, を以てし, を以て瀉下, を何度, を円, を別々, を加えた, を塗抹, を大きく, を失つて, を指頭, を採, を控除, を掲げ, を插入, を敍, を書す, を求めた, を特筆大書, を用, を篆字, を考, を脱し, を補, を見つめ, を記入, を認める, を門, を除い, を除ける, を題し, を題しました, 又は十八九字, 書いて, 書かれて, 書くこと, 書くと, 消したり, 消した跡, 第五字, 集めた姦

▼ 三〇年~ (175, 0.1%)

6 の革命 5 の暮, の秋 4 の夏, の春 3 のメーデー, の冬, を包括 2 から四八年, だ, と一八四八年, に入る, に死んだ, の一月, の七月, の初夏, の十一月, の歴史

1 [122件] からであった, からはジャバ, から一八三五年, から一八四八年, から三三年, すなわちことし, その第, その限界線, と共に消え, と称せられる, にいたる, におけるルイ, における日本, にかけて経験, にはこの, にはシャール十世, にはソヴェト, にはデュアメル, には内職, には報告, には大衆, には戯曲, には既に, には早く, には明瞭, には生みの親, にふさわしい, にまる, にエヴルー, にオソアビアヒム, にソヴェト同盟, にプロレタリア文学運動, にミハエリス, にモスクワ, にモスクワ芸術座, に一日平均百三十万人, に上院一名, に五〇パーセント, に亙り, に入っ, に再び, に原著者, に同じ, に据えられた, に敗れたる, に書かれた, に死す, に歿, に毒殺, に立ち戻っ, に至り, に至る, に見, に較べ, のこと, のこの, のはじめ, のシーズン, のスローガン, のソヴェート舞台芸術, のモスク, のモスクワ, のレンズ, のロシア共産党大会, の一特徴, の上, の上演目録, の中頃, の事実, の事業, の二月, の党大会, の党大会後, の初めローマ法王, の初春, の動揺, の化身, の収穫時, の或, の押しつまっ, の政府, の文学, の春以来, の暮れ帰国, の暮ベルリン, の暮日本プロレタリア作家同盟, の末, の残余, の海, の現代, の種蒔時, の第, の給仕男, の英国メーデー, の鉄道貨物, はあっちこっち, はかつて, はすべて, はもはや, は一七九三年, は中途, は包括, は既に, は本道, は民衆, へかけ, まで, までのうち, までの五年, までの映画美学, までの良妻, までは七面鳥, までソ連, まで続いた, よたいへん, より二〇八八年, をクレミュウ, を境, を待たずし, を要し, を通り越し, 遂に

▼ 三人目~ (168, 0.1%)

8 の男 3 がやられました, のお, の女, の妻, の妻沢, の子供

2 [13件] から銀簪, だ, で, のひと, の女房, の奴, の椅子, の犠牲者, の犧牲者, の行方不明, はお, は小三郎さん, を出さない

1 [116件] か, かい, かナ, が, がい, がまた, がやられた, が叫んだ, が死んだ, が隅ッこ, が飛び出し, が首, ぐらいの侍, だと, だとの, だよ, である, です, で暮し, とか覆水盆, と云, と登場人物, にかかった, にとうとう, にはもう, には伊賀, には答えなかった, には飛脚, にマッキントン博士, に僕, に児島, に出, に出た, に十六, に取り, に呼出された, に居た, に庭, のお客さん, のお産, のところ, のシェイクヂョイント, の一方損, の一番小, の乾児, の人, の内裏様, の出費, の十三郎, の報告, の女の子, の女学生, の妹, の妻徳, の妾, の姉妹, の客, の容疑者, の小松与一, の弟, の後妻, の徳, の恋人, の情人, の成敗, の所, の手拭, の旅人, の末弟, の槍, の武士, の死, の死人, の殺し, の沖島, の洋行, の漁夫, の犠牲, の瓊子, の盗賊, の稽古台, の者, の色, の行方, の行方知らず, の被害者金之助, の角刈, の進藤孫三郎, の首縊り, はいつぞや, はこの, はその, はどこ, はやっと, はロッティ, は主人, は何, は喬僉知, は恐しく, は死んだ, は浪人, は男子, は諸沢五郎, は跪い, は部屋頭, は長島萃, は黒馬, もすでに, もまた, も京都, よ, を廻した, を殺さない, を殺し, を腰車, ノ後妻ナリ

▼ 三~ (166, 0.1%)

11 の兵 4 の兵馬, の精兵 3 にちかい, の兵士, や五万

2 [11件] であったが, とか四万, の人, の大軍, の将士, の小, の膃肭獣, の蜂, をこえ, を率い, を越し

1 [116件] ありと, からの兵, からの民間人, が, ぐらいずつ与え, ぐらいな兵力, ずつ頼ん, つづいて, であった, である, ですわと, ではきかなかった, といっ, といふ, とか, となり, とまとまりゃ, と云われた, と号す, と合した, と捲き上げる, と称した, と聞い, と言っ, どうにかなります, なくちゃ, におよぶ, にご, になった, になりうる, にはなるだろう, にも足りない, に上った, に近い, のうち, のもの, の上, の世界, の中, の人馬, の信徒達, の兵力, の兵士たち, の労働者諸君, の味方全部, の大, の大兵, の大王, の太郎左衛門, の学校図書館, の守備兵, の将兵, の市民, の幼虫, の張, の強, の弾薬, の数, の杭, の東海道, の機関銃, の歩兵, の活動, の焚殺, の猛, の現金, の甲冑, の町, の眼, の秀吉軍, の穴, の装備, の観衆, の軍旅, の軍隊, の軽, の部下, の配当, の野武士, の金, は, はあったろう, はおりましょう, は作らなけれ, は声, は自分, は銀行, ばかり投資, ほどある, もさらに, もの市民, ももっ, も儲ける, も来た, も死ん, も溜まっ, やそこ, や四万円, わが軍, わずかそれだけの, をお, をここ, をひきつれ, をもって五原, をもって雁門, を以てすれ, を加え, を召集, を失い, を帥, を数えた, を越える, を越す, を附与, 乃至六七万円, 御奮発

▼ 三~ (165, 0.1%)

12 の境 5 の界 3 の呉, 越えを 2 の嶮, の干渉, の時代, の津, の鎮め, の領有, を越し

1 [128件] いいところ, いづれの, おろしが, から佐渡ヶ島, から出, から迎, か四国, がそれぞれ領事, が三角点, が協約, が各, が合, が境, が干渉, が本場, が連合, だから, だけである, つづいて, でも造られた, で新, で米国大統領, とかから越後, との間, と領地, に, において同様, にすぎなくなっ, にまたがっ, にまたがる, にも自動器械流行, にわたって動こう, に亘つて演説, に亙る, に似せた, に共通, に君臨, に外従五位下, に対する敗残, に潜在, に跨がる, に跨り, に跨る, に随一, のうち, のごとき, のほか, の一方, の三角点, の世, の主要飛行場, の人, の代, の使節, の兵, の出身滝川, の利害, の劉備玄徳, の勢力下, の協定, の史, の同意, の名神, の呑吐港, の図, の国境, の国旗, の園, の土地, の地図, の外, の大戦史, の女, の字, の山々, の峰, の愛子, の戦, の時魏, の村, の某, の無頼漢, の疲弊, の第, の罪悪, の良将, の色町, の英語, の虞翻, の蜀, の裏山, の語, の謀士, の資本, の間, の関係, は, はいい, はまた, はヤソ新教, は各, は晋一国, は西, は鎬, へとうじんぼう, へまわり, へ上つた婦人客, へ上る, へ出る, へ散った, へ行きましょう, もない, や四国, より物, を与へる, を含みます, を存続, を米国資本, を経, を統一, を越え, を過ぎる, 大源太, 小女郎, 第一山, 荒れに, 越えから, 越え清水峠

▼ 三十五六~ (164, 0.1%)

6 の女, の男 4 の大, の小 3 の浪人, の浪人者, の精悍

2 [11件] であったと, のそれ, の世馴れた, の婦人, の少し, の獰猛, の男盛り, の色, の蒼白い, の赭ら顔, の面皰だらけ

1 [113件] あるいは四十, から五十ぐらゐまでの男女俳優, ぐらいの品, ぐらいの男, だが, だったろう, だろうか, であったかと, であったよう, であったろうが, であろうと, でしょう, でしょうか, ですが, でもあらう, で二人共身體, で独り身, で色, で見苦しから, で風采, で飲み, という人々, といふ, とするなら, とも見える, と見えた, と見ゆれ, と言つて, なる男, にし, にしか見えない, にしか見えません, にて太れり, になっ, にならなけれ, にもなる, にもなるでせう, に見える, の, のお, のきゃしゃ, のこの, のこれ, のしとやか, のちょっと, のまだ, のやせ, のやつれた, のシイク, の万田龍, の不, の人品, の兵隊風, の出戻り, の剽軽, の口髭, の大きい, の大兵, の大家, の女房, の女盛り, の姐, の富裕, の實, の小皺, の小肥り, の小造り, の屈竟, の年, の年配, の思い, の房州者, の日本人, の柄, の柔和, の棒手, の武士, の毛, の氣, の淋しい, の独身嬢, の用人, の申分, の病弱, の立派, の端麗, の素晴, の細面, の綽名, の肥った, の背, の若, の苦味, の角顔, の赤ら顔, の逞, の達者, の醜い, の青, の青白い, の食, の齢, ばかりになる, ほどある, もつと, よりは上, らしいが, をあまり, 似たもの夫婦, 本當, 漸く円熟境, 負けん氣, 迄のいずれ

▼ 三~ (159, 0.1%)

10 あつた 6 死んで 4 色の 3 叫ぶこ

2 [11件] ござります, せう, せうか, 一緒に, 健の, 初めは, 小粋, 片方は, 立止る, 細面の, 背の

1 [114件] あらうから, あらうと, いっしょに, いて, いらっしゃいますか, おいかけようや, おかくれ, おなくなり, この祖母, これが, これまでも, ころりと, せうが, せうね, そのあと, その次, その韻文史劇, たたいて, だんだんその, ちょいと, ちょうど其処, ちょうど小学校, どの室, なほ若, また腹這い, みんないっしょに, むすめ, やはり緋, ゐら, トリ, パッと, モツアルトの, 一を, 上品すらり, 上品で, 主人の, 久という, 二人の, 二人目の, 五年まえ, 亡くなった, 亡くなった母, 亭主とは, 人品賤しからず, 人間教育を, 今年が, 住職に, 何処かしら, 作物を, 例の, 出っくわした奴, 出家した, 分けたり, 勝って, 十を, 半合羽, 去年の, 取られました, 吟味の, 啓介は, 四箇年と, 妹は, 妹娘の, 安房の, 小学校へ, 小学校を, 小池が, 崩御次の, 左少将建保五年二十歳で, 年よりも, 年季が, 床から, 彼自身の, 御縁組, 手習い師匠山村小左衛門へも, 担架は, 旦那が, 有る秀子, 未だ其気, 未だ其氣, 権中納言二十七で, 武が, 武家出の, 死にました, 死ねるわけ, 死んだ, 死んだ人, 死んでは, 歿した, 殺された市太郎老人, 温和やか, 物の, 独身で, 生むよう, 男振りも, 皆伝に, 私は, 立派な, 肋骨が, 脾弱な, 興に, 行詰りし世, 親の, 買い喰いの, 買ひ, 配所の, 鐘巻流の, 除る, 震災の, 顔に, 顔は, 駈けだそう, 騒がす四, 麻布の

▼ 三~ (159, 0.1%)

5 の娘 2 がつぶやいた, ではない, と連れ立つ, のむす, の住居, の居間, の末, の言葉, はその, はますます

1 [134件] から, からこう, からどんなに, からも彼, から斬れ, から盗む, から耳うち, から聴きたく, から蓮花, から見れ, が, がいった, がしきりに, がふくみ状, がまた, が三斎老, が側, が出, が夢にも, が小倉, が招い, が豊前, が近づく, が鬼, だ, だった, であった, でないと, で一ぱい, という人間, という駿河守隠居名, とやらの寝間, と当時, と知り合いました, と長崎以来, どの, なるほどめっきり, について注目, にまず, に召され, に対する第, に贈つた, に限り, のいま, のけぞるばかり, のこけん, のじじい, のところ, の一行, の三回忌, の三男, の分身, の声, の奴, の姿, の娘ずれ, の子, の屋敷, の御, の意, の手, の歿年, の目口, の視線, の角屋敷, の陣, の隠宅, の顎, の高弟, はあたり, はいつならず, はいぶかし, はいま, はうなった, はこう, はこれ, はこんな, はしげしげと, はそれ, はそんな, はひどく, はゆたか, はフッ, は一度, は世にも, は伊達政宗, は何, は先考, は利休, は奥まった, は平, は心安, は忠利, は政宗, は日頃, は明るく, は春花秋草, は案内, は沢庵, は無手, は狂おし, は猶, は眉, は礼, は立派, は美, は肯首ずい, は自分, は頗る, は頷い, へその, もおどろい, もかかる, もそれ, もぴたり, も変りもの, も当主, も愕きの色, や日本橋, や横山, よりも闇太郎, をおい, を介し, を前, を勁, を始め, を密室, を権勢家, を苦しめる, パタリと, 何となく危さ, 叫んだと, 好み中身, 実はひそか

▼ 三位卿~ (157, 0.1%)

4 はもう 2 だ, と周馬, と啓之助, の前, の屋敷, は

1 [141件] あの炯々, お綱, があぶない, がおそろしく, がお前, がそれ, がなん, がズカズカ, が上がっ, が兵書, が幕府, が御, が手, が横, が自刃, が見えられたら, が降り, が驚いた, きびしくたたみかけ, こういう晩, しばらく小首, そっとたち, そのほか, その人, その様子, だけはおのれ, であった, であり柳川藩, でここ, というお方, とで双方傷だらけ, とほか三人組, と一緒, と一角, と共に船楼, と孫兵衛, と森啓之助様, どったり, などとともに昨年大阪表, など面, にし, について足, にどう, には不, に呼びつけられ, に囁いた, に声, に渡し, に知らせ, に面罵, のいる, のお, のところ, のニヤリ, の一行, の仮借, の側, の剣, の加勢, の助勢, の口, の口添え, の報告, の影, の思判, の感じる, の手出し, の様子, の死骸, の殺人好み, の目, の眺め, の耳, の落した, の行動, の記憶, の話, の追, の音声学, の顔, はいる, はうなずいた, はかこち, はしどろもどろ, はその, はどう, はぶっ, はまだ, はゆうゆう, はピン, は夜具, は安治川屋敷, は岩, は年, は得意, は数寄屋, は歯がゆ, は混惑, は物, は腰かけ, は膝, は行燈, は読みあげる, は賢く, は躬みずから, は迷っ, は間者牢, は静か, へ両, へ話, ほんとに剣山, まッ先, めったに余人, もすぐ, もただ, もつい, もよく, も九重, も孫兵衛, も木魂, も柳剛流, も片, も真偽, も襖, も重喜, も鼓, や拙者, らしい者, わが手功, をかえりみ, をへ, をゴマ化, を中心, を促し, を対手, を艫寄り, を見つける, 困ったこと, 大きくいっ, 帰ったらしい様子, 素早く二の矢

▼ 三千兩~ (156, 0.1%)

17 の金 10 の小判 8 の大金 4 の盜人, の行方 3 といふ大金, の吊, の結納 2 が見付, の始末, の祠堂金, の身上, の隱, は何處, を隱

1 [90件] あれば, かいあの, かな, から五千兩, が品川, くれると, だ, だが, だけ持出し, でさる, ですよ, でも多, でも安い, で八方, で賣つ, といふ大, といふ金, と寶物, と御家, と纒つて, にもなる, に利息, に十年間, に心, に買收, に間違, のお話, の値打, の利息, の匂, の因縁, の寄進, の御, の憑物, の手間, の打撃, の持參金, の現金, の紛失, の結納金, の誘惑, の身代, はあるだらう, はお, はございます, はそれ, はたしかに, はどう, は入ります, は愚か, は愚か三百文, は戻らず, は手, は手近, は此處, は濱町河岸, は盜, は目腐れ金, ばかり, までも溜めた, もあつ, もかせいだ, もございませう, も同じ, や五千兩, や四千兩ぢ, より少し, を何うしよう, を償, を出させる, を半分づつわけることにした, を右左, を吊, を奪, を家, を寄進, を山分け, を持つ, を搜, を早速, を盜, を盜つたのさ, を見つけ, を見つけた, を見付け, を載せた吊, を送つ, 持出したが, 近いもの, 近い身上

▼ 三~ (155, 0.1%)

8 の金 6 か五両 4 で絎け, の給金, や五両 3 の小判 2 ずつはすける, でお, でよかっ, を与え, 持って

1 [116件] ありゃ一年, から五両, か四両, が大した, ぐらいのこと, しかありゃ, しかござらぬ, しか持合せ, しようと, じゃ安い, ずつ誰, ずつ貰う, せえ, たまったん, だ, だかて, だから, だけ受け取りまし, だけ都合, だっていう, だと, っておっしゃいました, であつ, でありましたが, であるが, では, でも, でも余るでしょう, で人, で利欲, で売っ, で売りまし, で岡, で我慢, で括けて, で此難, で買えた, で買ったほりだし, という大金, という送, という金, とか束, とする, とそれ, と三分, と五両二度, と兵馬, と出し, と小袖, と思っ, と明日本郷, と米一斗, と糶り上げ, と聞い, なら三両, になる, にまけた, にも買い求める, に小袖, に目, のうち, のご, のとむらい, のへそくり, のよう, の事, の二倍, の会費, の借金, の包み, の商売, の始末, の手付け金, の本, の給金取り, の聞き, の貯え, の資本, はあります, はどうして, はもともと, は恵みました, は貸す, ばかり入れた, ばかり残っ, ばかり薪四両二分, ばかり這入っ, ほどじゃ, ほどの金, ほど置く, もあろう, もお, もする, も三千両, も五両, やるよ, を先, を実隆, を打つ, を貸した, を里人, を駕屋, 余り多い, 出しかけて, 出て, 包んで, 取ったら堪忍, 少き者, 思いがけないもうけ, 恵んで, 渡して, 程置い, 第二, 貸せて, 貸せとは, 足しますとな

▼ 三十枚~ (153, 0.1%)

7 の持主 3 の小説

2 [14件] ありました, あるの, ぐらいのもの, では, の原稿, の褒美, の銀, ばかりずつ幾山, ほどのもの, も一度, を, を郵送, 同五, 書き上げた

1 [115件] あつめて, あります, あるでは, あるん, かいた夢, かくの, がた, がヤット, が三十枚, が入っ, が卓, が股, くらい何, くらい売っ, ぐらい買っ, しか出け, ずつ, ずつほど持っ, そうだ, そのいずれ, そのいづれ, たひらげ, だ, だって, だつた, だつたが, であった, であつ, でかたづく, でたった, でも書い, でも書きあげる, でピタリ, とお, と云う, と指環, と私, ながら別々, になつたの, になる, に書く, のあ, のため, のもの, のアフタヌーン, のハガキ, のムシロ, の作, の小判, の白金貨幣, の短篇, の紙数, の評論, の貨幣, の賞賜, の銀子, の銀貨, の黄金, は平気, は用意, は神業, ばかりたまっ, ばかりです, ばかりの, ばかりの器用, ばかりの小説, ばかりの文章, ばかり咲, ばかり書い, ばかり書きなぐっ, ばかり貰っ, ひきうける, ほど, ほどの小説, ほどの短篇小説, ほどまで原稿, ほど彼女, ほど揃, ほど発表, もあったでしょう, もあり, もある, もずらりと, もそういう, も四十枚, も批評, も掃き立てた, も用意, も破った, も破つた, も花火, も貼つ, も首, よ, をあわて, を代議士, を取り返す, を取り返そう, を彼女, を掴ん, を携え, を欠かした, を詐欺師, を隠し, 並べた, 入って, 描く辛棒, 数えると, 時には四十枚, 書いたが, 書いたらねちまった, 渡した黄金, 溜まったところ, 程の短篇, 送る

▼ 三~ (150, 0.1%)

13 の自動車 7 の車 3 のパトロールカー, の飛行機, の馬車, 来た, 来て 2 の橇, の洋車, の荷馬車, の電車, ほどの車, も四台

1 [103件] あったの, いるの, おまわり, か五台, か四台, が家並, ございました, しかない, しか見えなかった, ずつのロケット, だが, つ, つかまえた, つづいた, でそれぞれ, で乗込ん, で十分, で搬びつけたのだつたが, といへ, とそれ, とはない, とまつ, ともサイレン, とも乗り, とも人, と其仏, と同様, と続い, と通る, に全速力, に分乗, に坐する, に対しこっち, に止まらなかった, に行, のこと, のそり, のため, のエレベーター, のカメラ, のコリントゲーム, のタイプライター, のタクシー, のトラツク, のパトロール, のポムプ, のロケット艇, の三輪車, の乗客三百余人, の人力, の人力車, の仏像, の地下電車, の小型自動車, の引っ越し車, の手押車, の敵艇, の星, の橇曳, の機, の殺人団機, の火星, の白い, の空, の艇内, の装甲車, の辻馬車, の追手, の追跡隊, はこれ, はさっき, は曳, ばかりのコンクリート・ミキサア, ばかりの威勢, ばかり俥, ぶち毀し, ほど空, もある, もかけつける, もき, もここ, もの馬車, もやってきました, も止まっ, も発射, を以て配達, を親, を頼む, 並べて, 並んで, 乗り捨てて, 仕立てて, 備えつけて, 備えて, 待って, 来たけれども, 来たタクシー, 次ぎつぎ, 置いて, 誂えた, 通りかかりました, 通り過ぎたり, 雇って

▼ 三~ (150, 0.1%)

5 のお, のほう, の姿 2 がその, にも玉, のからだ, の様子, は, はどう, は今, を膝

1 [119件] あるから, かと問え, から六毛位, がいなくなった, が変, が大きな, が彼, が昔かたぎ, が来, が横, が連, さあ下り, だの, だの赤, ですらも, では, でもう, でも日々, で年, というの, といっ, とは反対, とを呪いました, なん, なんてありません, にくらべる, にけんか, にさわろう, にそっくり, に似た, に先妻, に導かれ, に復讐, に斬りつけました, に養われ, のあだ名, のかたき, のす, のそば, のため, のはげしい, のよう, の事, の代り, の出入り, の四つ足, の墓, の声, の姿勢, の子, の実子, の挙動, の斑, の方, の死, の生活, の病気, の脊中, の若, の苦しみ, の記憶, の負担, の足, の雌, の雌猫, の頭, はあきれた, はあと, はいた, はこの, はその, はその小さな, はのら猫, はまた, はもうすぐ, はもう一度, はクルークルー, は一年前, は二度目, は何, は何と, は全く, は居間, は庭, は御飯, は急, は明らか, は時折, は暫く, は死体, は神経, は私, は縁, は自分, は逃げ, ほどで甚小便, ほどに当たる, もぶち, も可愛い, も浮かばれましょう, や, やおま, や三毛, や御飯, や松子, や黒, をおもちゃ, をすわらせた, をだい, をながめ, を好みませんでした, を忘れ, を抱い, を知らない, を自分, を訪問, を退治, を飼, を馬鹿

▼ 三左衛門~ (147, 0.1%)

11 可成 7 は僧 3 はそう 2 が云った, はすぐ, はそれでも, はもう, は不思議, は竈, は若党, をはじめ

1 [110件] からかれこれ, から紙包, がいう, が上, が世間, が二目, が人, が会う, が先, が寝泊まり, が得意, が悲壮, が止む, が江戸五郎親方, が驚い, っていうの, っていう役者, でした, というこの, というは私, とかいう上方役者, とか八左衛門, とに送られ, との口上, と云う, と僧, ならずとも, にも外記, にも逢った, に人気, に会釈, に親しきよし, のおちついた, のことば, のほう, の三人, の云う, の位牌, の前, の可愛, の大坂下り, の密, の寝泊まり, の対手, の小屋, の左手先, の意, の意見, の手兵, の推薦, の次男, の泊まっ, の笑い声, の紋, の肩, の胸, の詞, の身, の身辺, の首, はあっちこっち, はあわて, はいう, はこう, はこの, はそこ, はその, はちょ, はどこ, はびっくり, はふり, は一呼吸, は不審そう, は主, は人, は何時も, は傍, は兵, は刀, は小屋, は己, は平気, は形, は後, は扉, は控え, は揮, は江戸, は湯治, は碁盤, は笑い, は話, は起っ, は路, は隠居, は面白く, もそこ, もとうとう, もゆったり, も主, も竈, も討死, も諫め, も陰った, も駈けつけ, や加藤図書, をそれ, を副え, を追い払っ, 可成どの

▼ 三世紀~ (146, 0.1%)

7 の後半, の頃 6 の末 4 の半, の半頃, の間 3 の人, の前半 2 から十四世紀, になる, に起った, のころ, のもの

1 [98件] および第, からはじまった, から十六世紀, から始まっ, が終る, ぐらい続いた, すれば, だか, だね, でもなけれ, というの, とも言, と遡れ, においてはイズモ, において発明, におけるフィレンツェ, にはこれ, にはその, には考へる, には蒙, にもわたっ, にわたる徳川氏, にわたる文明, にわたる鎖國, にアルベルトゥス・マグヌス, にコンスタンチノプル帝, にダンテ, に一つ, に亙る, に入っ, に入る, に出た, に到っ, に及ん, に始まれるなれ, に崩壊, に決して, に滅び, に瀬戸物屋, に至る, に蒙, に遡る, に限られた, のあいだ, のある, のはじめ, のイタリー, のカソリック, のゴシツク式建築, のフランチスカン派, のフリードリッヒ二世, のマルコ, の中ごろクシャーナ王朝, の中頃, の人々, の伊太利亜, の円塔内, の初, の初め, の初めウェールス, の初期ここ, の半過ぎ, の古, の始めローマ皇帝フリートリヒ二世, の宗教史, の寺院, の年月, の建造, の後, の後半シエーナ市中富豪, の後半二囘, の昔, の書, の末イタリア, の末グエルフィ黨, の末フィレンツェ附近, の欧州, の武士, の歴史, の異端者, の疥癬, の科学者, の終頃, の自然哲学者ヴィテロ, の言語, の頃法王, へと連続, まで奴隷制度, まで奴隷經濟, も奇蹟, も昔, も遅れ, より十四世紀, を經過, 但し生死, 早く既に, 早く生れなかつた, 蒙古

▼ 三たび~ (142, 0.1%)

2 して, の万歳, の諸声, 吼えて, 呼んだ, 変った, 揉んでは, 移りぬ, 訪れた

1 [124件] あらん限り, うなずく, おののくトロイア, お嫁, かいた, かわりぬ, か鞭, が三たび連れ, くりかえして, こう言っ, こづくと, このさびしい, この夜, するを, すれども, その人, その名, その夫, その御, その恐ろしい, その手, その職, その行方, その面, ぞ記し置かれける, ぞ途絶えたる, たずねられても, である, であるから, で逼, とまでは踏ま, なり, にし, に及び, に及ん, に及んだ, の凱歌, の音づれを, の食物, はいったい, ばかりめぐりました, ほど息, ほど触発, まことに憤怒, までかかる, まではお, までは許す, までもこれ, までも繰り返し, まで改めた, まで書し, まで杖, めぐり荒れた墳墓, も十字, も唱, も此, も続き, も覆りかけた, やがて歌, を再び, ハッと, 光った, 勝った, 去ったの, 取って返したの, 口説いて, 叫びました, 呼ぶとともに, 呼ぶ声, 呼んだが, 呼んで, 唱えたの, 唸った, 変って, 変わりたっぷり, 大きく, 少し, 我が行きし, 打たれた, 抱き上げたお雪ちゃん, 撫でまわすと, 曳き, 止めしに, 死んだひもじ, 浮いては, 消しましたけれど, 深く山状, 激しく追, 濡れた目, 燃え立つ火, 現われた, 登ると, 白い齒, 祈れるアカイア, 立直って, 絶つ, 絶つなどとは, 考えてから, 肯いた, 舞い歌って, 荒く揺れぬ, 言うた, 言った, 訪う, 説いて, 論ずらく, 賭けて, 起つべき策, 躍って, 迄, 近づき飛びかゝる, 進める大, 進んで, 遂に決意, 重ねて, 鋭どい, 閲しつ, 靡き三たび, 響き出しました, 響く, 驚かされて, 驚くの, 鳴らすまで, 黙って

▼ 三~ (140, 0.1%)

543 の字余り, はすらり, は極めて, は贅物, 全く役に立ち 2 あるのみ, から出, と第, に, の歌, までは序詞, を現在, 並べて, 重く下

1 [98件] あり, から第, があ, がご, がトリプチコン, が中心, が同じく, が奈何結句, が弱い, しかなかっ, しか作らず, しか拾, だけで, だけの写真, であります, では, で小, で序詞, で最後, で風格, とする, とも皆, とも絶えず, とも駄作, と判じ, と四句, と篇末, ながら同, にあっ, について見, には感官的, にも, に主眼, に対してはこの, に成る, に比し, に現, に百韻千句, に置かれ, に置き, に至る, に言, に踊る, に過ぎない, のうち, のなか, の中, の句意, の如き, の批評, の景, の爽快, の終わり, の緊張, の繋り, の豚, は, はどうしても, はやはり, はアフミノミ, は人間, は今晩, は原作, は字余り, は尋常, は未だ, は枕詞, は牛込, ばかりの後, ぶち抜き, へ一気に, までが, までは極めて, までは現実, より第, を, をある, をここ, をし, を並べた, を併観, を添える, を無用, を発した, を聞かした, 作って, 作りました, 出来た事, 出来た多少, 分つて, 即ち第, 抜き出して, 旧板本, 歌った後, 突然に, 続いても, 聊か平俗調, 迄は序詞

▼ 三~ (137, 0.1%)

5 の政論 3 に分つ, の政論派

2 [12件] に入, に入っ, に分ける, に分れる, に属す, に於ける, の五百年, の新生, の末, の生活, の終り, を書いた

1 [102件] ある, か, かけ合せても, が来, こそ資本主義, だったと, だの, であつ, である, です, では, といった, とかに入った, とし, としたなら, として述べる, とする, となった, と創作時代, と申します, と見る, において保守派, において自由論派, における出生数, における若干, における音韻, にかかっ, にかかった, になったら, にはこの, には出生二四, には当然, にわけ, にわけた, にわける, に入る, に分け, に分ち, に分とう, に區別, に外, に小説, に採った, に移る, に編入, に近く右肺, に近づいたらしい, に這入っ, に達する, に遷, に関しては反対, のもの, の世界, の世界経済恐慌, の中, の今度, の住居, の巨獣ヂノテリウム, の思想, の恐るべき, の恐ろしい, の患者, の戦争, の手前, の材料, の殆, の毒野, の泰平時代, の特色, の玉落ち, の研究, の組, の自由主義, の間, の音韻, はギリシア, は一七六〇年, は下, は明治以来, は晴天, は梢, は江戸初期, は第, ぶっと, へのあいだ, への衰亡期, までふたたび, まで勤めあげた, も四期, も続い, より第, を列記, を劃する, を合し, を承認, を立て, を迎, を通じて四百人, を閲し尽し, 大恐慌, 第四期成層岩, 重い勞働

▼ 三十両~ (136, 0.1%)

8 の金 4 持って 2 お呉んなさい, か五十両, という大穴, という大金, と早く, にはなる, のお金, の小判, ほどの金, もする

1 [104件] あつて, あるから, あるの, あるはず, あれば, かい, か四十両, がところ, がなん, がほどもする, が好餌, ぐらいの金, こういうばか, ござりまする, ずつやる, だぞ, ちょっきり, で, で八, で売り渡した, で形, で買いましょう, という金, といふ纏まつ, とお, とか五十両, とか貸せ, とつけられ, と年賦, と言いてえ, どうだ, なら増村, になりました, に価, に売れた, に見積っ, のお, のこと, のという大, の他, の内, の前借, の収入, の大穴, の工面, の無心, の目腐れ金, の福運, の端, の給金, の見積, の銀子, はいっ, はおろか, はこの, はなん, は借財, は備中, は僅か, は増屋, は溜め, は行きがけ, は鈴文さん, ばかりじゃねえやい, ばかりとして総て, ばかりの借り, ばかりの金, ばかり無断, ばかり盗られた, ばかり返した, ほどな, ほど出, までに負け, もするだ, もつけれ, も余計, やらア, やろう, をあずけ, をひと, を与え, を借受けた, を出し, を工面, を改めて, を晁蓋, を私, を結納金, 使いこみ, 使い込みただし, 使い込んだに, 借りて, 出そう, 出来ました, 合せて, 宜しい昆布, 少ないの, 払って, 本当に己ア金運, 正阿弥, 貰っても, 貸して, 遣は, 遣ると

▼ 三~ (136, 0.1%)

3 の雑録欄 2 で, に載せ, の二番館, の自画像, はどう, はまだ, 第四号

1 [119件] おくれと, かどれ, かに, から, から百〇八号, から純粋, か第, がそれ, がだれ, ができた, がなけれ, が姙娠, が皮肉, が誰, じゃありません, だかで, だぜ, だよ, でこ, です, でその, でつぶれるだろう, では九人, で片上天弦, とあった, というの, という日本海軍, という自動車, といふやつ, とが破壊, と分かれ, と切符, と四号, と札, と第, に, にいろ, には百万, には硯友社員, にまとめ, にも平田君, に侵され切った, に博士, に子供, に書いた, に載せた, に載っ, に青森県, に高頭君, のお婆さん, のお客さん, のその, のところ, のバス, のロボット, のローズ色ずくめ, の中, の乙, の二番, の付言, の信吉, の倉光君, の倉庫, の受信機, の妾, の宅, の客貨物列車, の室, の廻転窓, の患者, の方, の条項, の活字, の発刊, の社説, の秘密なかくし場所, の艦内, の艦橋, の草稾, の表紙, の辺, の間部さん, の附録中村清太郎君筆, の顔, はあまり, はいる, はね女給さん, はま, はまず, は一路飛行島, は千部, は幸い, は救貧監督官, は立っ, は第, へとことごとく, へ掛け, まで, までつくった, までにのった, までの価格, までの十三隻, までの透明人間, までは無料, まで出し, まで印, まで各, もでき, やかましいぞ, をあけ, をかこっ, を作りたい, を数えた, を減らした, を読ん, を調べ, 出したばかりの, 大法廷, 迄も行かぬ

▼ 三~ (136, 0.1%)

26 の馬 4 の熊, の牛 3 の犬 2 と次々, のうち, の獅子, の豚, の騾馬, も四頭

1 [87件] いた, からあたり, から鋩子先, がくるくる, が三頭, が列, が放し飼い, が種馬, しか取れない, しか持たない, そのうち, その傍, だか, だけどういう, つけて, であった, であった其中一頭, であつ, である, でしてね, でも曳く, とか四頭, とそれから, とちゃくちゃく, ともみごと, とも全部, とも巴, とも見つ, とを合併, と白金一笏, ながら大き, ながら空, に下げ, に乗, に行き, に過ぎないらしい, のあたり, のくつわ, のくま, のみごと, のりつぱな種豚, のカウ, の中, の乗馬, の乳牛, の子, の家畜, の山羊, の巨大, の手綱, の毛むくじゃら, の登り, の白馬, の種豚, の竜, の親, の馬の背, の駄馬, の駻馬, の駿馬, の騾, の鹿毛, の黄牛, の黒い, はもっと, は仏蘭西流, は有, は頭, ばかりの乳牛, ひっぱって, も同じ, も撃つた, も癪, も飽くまで, やられること, わけなく引き裂くだろうこと, を傾け, を力まかせ, を槍, 並んで, 或は七頭, 振も, 死んだ, 盗まる, 連れて, 遊んで, 高く吠え

▼ 三~ (135, 0.1%)

2 しゃがみ込む, その路, 仕方なくしゃがん, 十五に, 妹の, 年が, 清二の, 親の

1 [119件] ある大きな, ある昴, いやな, いんぎんに, えらいこと, ここに, この油断, こは, しばらくは, しゃがみ込み, ずんぐり太い, その通り, それを, そんなこと, たんと生きよう, だ, とつかは, なんとなく心, な我が, ひろ子も, ほっと呼吸, またぶっつかる, またぶつかる, また同じ, また金, まったく弱っ, もう回復, やっぱり鱗, やはり一種, よろずに, タガメも, ニセツンボで, ホロリとは, 一緒である, 上だ, 下手な, 不意を, 五右衛門も, 人なり, 今は, 今朝とは, 他から, 何と返さん, 何やら自分, 余程驚いたらしく, 例外では, 八人の, 其の墓, 写して, 創りお世話, 右奥を, 同様, 呆れ果てて, 呼びだされた, 嘉永二年の, 変り者で, 大勢の, 大日坊も, 大蔵に, 奉公中は, 嫌ひな青年では, 定めし困難, 実は大変, 実行できない, 容易に, 實行出來ない, 小首を, 年の, 年齡の, 年齢が, 幼年の, 座を, 彼女の, 待ちかねてるだろうし, 徳子も, 心中に, 必ず特殊, 怒らぬには, 思い出したらしく笑った, 怫然とは, 打ちのめせば, 拒否し, 探偵に, 暫く手, 暫らくは, 最初こそ, 最初は, 李四も, 来合せて, 気を, 気味が悪かった, 無事に, 無明の, 無論ここ, 無量の, 猛之介, 玉, 略ぼ察し, 目先が, 知って, 知らんフリ, 祖先代々の, 空に, 節が, 経験せぬ, 經驗せぬ, 聞いて, 興奮の, 討たれたので, 賛成した, 走ったかれが, 遂には, 違う上, 遣って, 酬いて, 驚いたが, 黙して, 黙ったまま, 黙ッ

▼ 三十二三~ (135, 0.1%)

5 の男 3 になる, の小, の痩

2 [15件] で小, で細面, にもなる, のお, の一度, の品, の夏, の大, の小作り, の浪人者, の立派, の良い, の若い, の遊び人風, 何となく一脈

1 [91件] いかにも酒好き, かそれとも, ぐらいで, ぐらいにしか見えない, ぐらいのこれ, だが, だと, だろうが, であった, であった世阿弥, である, でいらっしゃいます, でかく観察力, でもあろう, でゐ, で主人, で去年, で床, で色, という人物, という見当, と云え, と思はれる, と想, と見受けられる, と言っ, と言つて, なる男, にしかみえなかった, にしか見えなかった, にしか見られない, になつ, にはなっ, にはなるだろう, には見えた, にもなるでせう, の, のこれ, のそれ, のぞろりと, のちょい, のドクトル, の中年増, の亭主, の働き者, の優さ男, の北国, の北國, の夫人, の女, の女房, の女盛り, の好い, の威勢, の婀娜っぽい, の小意気, の少し, の彼, の念入り, の抜ける, の旅人, の時, の未亡人, の武士, の派手, の海軍, の痩せぎす, の痩せた, の盛装, の社員, の細君, の総髪, の總髮, の美しい, の職人体, の肥つた一目, の背, の色, の芸術家, の若者, の逞しい, の達者, の開化, の青年, の青黒い, の頃, の額, の黒い, やはり普通, 大町人, 如何にも酒好き

▼ 三カ月~ (131, 0.1%)

3 に一度, のうち, の間 2 いると, すると, にし, になる, ばかりし, ばかり前, も滞在

1 [108件] あって, いたんだよ, かかって, かかっても, か四カ月, ぐらいで済まし, しかない, しか住まなかった, すれば, たった, たった時, だったが, つづけた, であった, である, でしたが, でつぎ, でまるで, で世の中, で二年, で二年生, で現役, で約, ということ, というもの, というもの秋山, ところどころに, とすぎた, と二十日間, にあたる, にも充たなかった, にも見えやしなくっ, にわたって第, に一篇, に及ぶ, に縮め, に近い, のあいだ, の一日, の予定, の仕事, の刑, の命, の慰問, の敗衄, の教え, の昔, の期限以内, の滞在費, の短い, の禁錮, の糧, の補充兵役, の間何, の間日々, の頃, はとくに, はどんなに, は夏休み, は完全, は書物, は死ん, は療養, は続いた, は草, ばかりかかっ, ばかりになる, ばかりの戰鬪, ばかりも過ぎた, ばかり京都, ばかり印刷所, ほどいろいろ, ほどわたし, ほど前, ほど外, ほど日本兵, もし, もたった, ものぞかなかった, も会わない, も前, も同じ, も床, も心, も留まり, も経たぬ, をすぎ, を山間, を思い出す, を暮した, を経, を要します, を費し, を限っ, を隔てたる, ジリジリと, ノ中, 乃至半年, 多いだけ, 悩まされなければ, 磨いたら飛び付くよう, 程つづい, 程の経過, 経った, 経って, 経っても, 見なかった友, 預って

▼ 三~ (131, 0.1%)

6 の酒 5 の配給 3 の病 2 では, とど仙太, の余, の割, の汁, もったら養子, もまかう, 飲むと

1 [101件] あゝ三合, いた, かれ劣らずこれ, か五合買, が四合, ぐらい, ぐらいなら飲む, けっして量, しかない, ずつの握り飯, ずつ出す, ずつ子供, ずつ振る舞いましょう, せいぜいでしょう, それに時として, たてつ, だけ置い, だった, であった, で四銭, で折れ合っ, で神, で酔, という戯れ, とかそう, とかまた, とか小刻み, とか日, となつたの, となる, とも戦わぬ, と私, と裏漉し, と酒, にきまつた, にし, になり, に成る, に水一升, に瞠目, に苦, に計り出し, のおつもり, のスープ, の俳諧, の入, の割当, の奇現象, の寢酒, の小糠, の焼酎, の牛乳, の白米, の空腹, の米, の食べ物, はげしくわたりあう, は出, は飲, ばかり, ばかりも捕れた, ばかり槍, ばかり買, へ塩, ぺろりと, ほどの価, ほどの徳利, ほどの遠慮, ほどチャリン, ほど入れる, ほど注し, までは許さるべし, もたらしたの, もったいなかった, も合わせる, も呑める, も多い, も食べ, より四合以上, をなめた, を与え, を二合, を六合, を得たく, を持つ, を撒こう, を注し, を超, ノ加入ヲスル人, 借りて, 借りるほうれん草二把四銭, 切結ぶ中, 合せ少し, 呑んだ酒, 大きなの, 持ったら官吏, 持ったら聟, 斬り結んだが, 程お, 買って, 飲んで

▼ 三~ (125, 0.1%)

4 のところ 3 いくと, 行くと, 行って 2 の間, の駕籠, ばかり離れ, ほど入った, ほど茅葺, も来た, 抱えこんだ遊四, 歩いて, 買って, 通るうち

1 [92件] お貸しくだ, がホッ, さかのぼると, じゃいけません, だ, てまえ, で, であるが, ですかね, という所, という時, とかある, とは離れ, とは離れない, とろとろと, と四丁, にし, に一つ, に及ぶ, に過ぎない, のある, のお, のみを持っ, の処, の嶮, の川岸, の手前, の暗闇, の距離, の長, はなれた, はむかし, は非常, ばかりある, ばかりいった, ばかりで, ばかりのところ, ばかり一大飛瀑発見, ばかり先, ばかり往, ばかり畑, ばかり背後, ばかり行く, ばかり裏手, ばかり走る, ばかり離れた, ほどの平地, ほどよりあるまい, ほど上る, ほど先, ほど手前, ほど有所, ほど歩い, ほど歩いた, ほど煙草屋, ほど登った, ほど行く, ほど離れた, また一丁位の, もあらう, もあります, もう町, もくる, もふらふら, もわざと, も下, も下った, も下る, も五丁, も先, も向, も山道, も杉, も歩いた, も約, も行く, も遠方, も離れ, も馬, 上れば, 引込んだ小高い, 後れて, 来た角, 来てから, 歩くごと, 程あった, 程はなれた, 程作らせ, 程歩く, 隔てて, 雇うて, 離れた路角

▼ 三千人~ (125, 0.1%)

3 の女 2 か, といえ, と註, のうち, の人, の勇士, の農奴, もいる, も同居

1 [104件] あった技術家, あり, からの争議団, からの客, からの群集, からの見物, から小, が, がひし, が出迎え, が同居, が職場, くらいしか住ん, ぐらい家屋その他, しか仏教徒, で, である, であると, というおどろくべき, というの, との報, と一ト口, と世上, と云, と云う, と称します, におよんだ, にしろ, にのぼります, に余る, に過ぎ, に達した, のお客, の人々, の人たち, の兵隊, の内, の凍, の出京, の口, の同勢中, の塚, の士官, の女房, の学生, の客, の将卒, の弩弓隊, の御免, の手兵, の技師, の技師職工たち, の易道, の水兵, の泊兵, の白衣, の美人, の群衆, の聴衆, の見物, の警官, の身柄, の軍隊, の部下, の釣り客, の長, の門下, の集団, の首, は各, は同時に, は降りませぬ, は飯浦坂, ほどになった, ほどの女, まで来た, もいた, もそれ, もの人, もの農奴, も五万人, をさずけ, をそえ, をひきい, をもって一, を与え, を入るるべき, を入れ, を入れる, を出した, を出なかった, を募集, を引き去る, を殺す, を率い, を葬った, を越えるだろう, を選りすぐっ, 多き者, 少き時, 程ある, 第一番, 近い人数, 隠れて

▼ 三~ (125, 0.1%)

5 の巻物 4 の天書 3 の書物, は 2 から成る, である, の本, を読みました, を購, 第一号, 第五号

1 [96件] あった, ある, から第, か五巻, がおの, がここ, がこの, が九月, が剏め, ことごとく読み終える, で, で起る, と, と言行録, なりかう発刊, に, にある, におさめられ, になる, にわたる労働者, にエー・ネヴィル・ホワイマント氏, に収めた, に収められ, に当, に欧州, に現われる, に男, に移ろう, に至る, に進んだ, のころ, のなか, の七色, の中, の二二四, の冒頭, の原稿, の嘉靖本, の大きな, の大著, の奥旨, の小説, の後記, の書, の粗布, の結末, の著書, の要項, の詳しい, の鈴木行三, はこの, はまだ, は一七九二年秋, は上, は天明五年ごろ, ばかりのこっ, ばかりの仕事, まで進んだ, まで順次, もあれ, もどうやら, も亦, や, や五巻, より成る, より第, をお, をくくっ, をこれ, をよむ, を作る, を割い, を印刻, を取り扱っ, を合著せり, を完成, を待っ, を授けた, を描いたで, を書く, を清書, を焼い, を発行, を著した, を著わし, を見よ, を観た, を記し, を読み, を読んだ, 信ぜざるもの, 第二十九号, 第二号出づ, 第六号, 第十一号, 第十二号

▼ 三時半~ (125, 0.1%)

6 に出 4 である 3 であった, まで行乞 2 だ, だな, です, となり, におき, になる, には既に, には私, の風景, までいた

1 [89件] あますところ, から, から七時半, から内幸町高千穂ビル, から夜, から座, から死体, か四時ごろ, ぐらいでございます, すこし廻, すっかりつかれ, だこれ, だす, だった, だって, ついに未亡人, つひに, であり露営, である四時, で一統, で駄目, と, という, という頃おい, といえ, と四時の間, なり, に, における新宿, にかっきり, になった, にねた, にはこの, にはまだ, にはゆっくり, には仕事, には戸外, には比野町, には起きた, には起床, にもう, にゆく, にアガる, に上井出, に伝馬, に先生, に出発, に到着, に古賀氏, に四条河原町, に女, に家, に帰っ, に彼, に眼, に眼科, に終り, に至り, に訪ね, に起き, に起こされる, に迎, に阿見, ねる, の定, の木かげ, の網走行き, ばかりやった, まで, までさらに, までに, までのあいだ, まで会社, まで起き, をしめす, を打つ, を過ぎ, を過ぎる, 乃至四時半頃, 少し過ぎ, 晴れた西日, 着待合室, 辛くも雪, 迄とも思はなかった, 迄ね, 迄例, 迄眠った, 遅くも, 過ぎて

▼ 三~ (125, 0.1%)

3 はその

2 [15件] が答えた, に至, の, のよう, の中, の伝, の外, の好意, の訳, は, は大変, は夫人, もおっとり, を抑留, 固より

1 [92件] および今回出資, および他, から投書, から推薦文, か大野仁平氏, がおられた, がその, がまだ, がわれわれ, が中心, が是, が編輯主任, が腰かけた, が見えた, が見学, こんなところ, である, であるが, で美髭, という弁護士, とが之, と互に, と余, と兵治君, と銀座, には衷心, にやや, によっても試みられ, により, に五千円, に尽きぬ, に此, に獄中, に獻, に發賣, に示すべし, に送られ, に面会, のあと, のあの, のいわゆる, のお, のみ, のグループ, の伝説, の作, の個人的, の兄, の原作以外, の名, の場合, の天下, の如き, の子, の御, の採集, の文章, の方, の死, の私城, の筆, の結社, の署名, の著, の譯文, の近く, はともに, は七月二十九日首相, は各, は国際的, は多少, は幾度, は甲乙, は當時小波門下, は真面目, は社長黒岩周六, は私, は立つ, は解説, は重要書類, へ神宮絵葉書, またこんど, もその, をよび見せる, を始め, を当選, を捨てる, を料理店, を経, ノ他, 及び他, 見送る

▼ 三十五~ (122, 0.1%)

7 になる 4 である, にもなる 3 のとき

2 [14件] から四十五歳, か六, ぐらいにおなり, で二十四五, で船長, にお, になっ, になつ, になります, の今日, の年, の男盛り, の町, の若

1 [76件] か, から四十歳, か男盛り, くらいでしょう, くらいのその, ぐらいで未婚, ぐらいの姐さん, じゃ無い, それでいて新, だ, だから, だが, だった, だった相, だと, だよ, で, であった, ですつて, でその, で三人, で去年亭主, で垢抜け, で小作り, で既に, で止めた, で病氣, という女盛り, といふ女盛り, といふ脂, とか六, となった, と成り, と改めて, と聞い, などがそれ, なン, にし, になった, になりたい, になりました, になんかなる, にはよも, にもなっ, にも見え, にも見える, に二つ, に対し学校, のうち, のベンゲット道路, の人, の伊豆, の出戻り, の品, の女盛り, の年齢, の春秋, の若い, の行倒人, の部分, の鶏卵, ばかりの女, ほどの小男, ほどの年配, までの間, まで奉公, まで数え, まで獨, やられます, よ, より八, を過ぎた, 乃至五十五種, 反帆, 大そう, 振質

▼ 三万円~ (119, 0.1%)

7 の金 3 の懸賞 2 あれば, だと, で手, の小切手, の現金, の軍資金, をフトコロ, 出しても

1 [93件] いるの, かし, かね, がか, が欲しく, が無理, が通過, が限度, くらいに売りたい, くらいの俸給, ぐらいは費用, だ, だかの, だから, だからな, だかを, だそう, ちかくもうけました, てえと, でも十万円, で売りたい, で売ろう, で買い落す, というところ, という大金, といふ, とられる証文, と定め, と致し, と認定, どころかその, なら, ならと, にはなる, には売れるだらう, にも相当, に査定, に見積る, のほか, のモトデ, の値打ち, の償金, の前渡し, の収入, の口, の名器, の夜服, の大穴, の契約, の拐帯犯人, の損害賠償, の特別予算, の生産, の由, の私酬, の約手, の貯金, の賞与, の運動費, はたしかに, は大きい, ばかり, ばかりさ, ばかりの金, ばかりまあ, ほどの百円札, もする, もたまりました, もなけれ, も余計, も家賃, も高価, や五万円, をどこ, を与う, を取り返した, を奪った, を年, を投ずる, を持ちだし, を持っ, を捨て, を日本国中, を昭和二十三年十月二十日以降, を残し, を殺す, を渡す, を現金, を紙, を贈呈, 使うても, 渡して, 程であった

▼ 三十四五~ (118, 0.1%)

10 の男 6 の女 3 か, の女房, の年増, の痩せた 2 であるが, になる, の一人, の人物, の大, の痩せぎす, の色, の若

1 [74件] かと思う, かと見える, くらいにみえた, ぐらいな夫人, ぐらいの塩分, ぐらいの少し, だろう, だろうすべて, であったが, でしかない, ですが, でどこ, でまだ, で色, で若い, で隣村, という, とも見える, なるべし, にしかならん, にて色白, になつ, にはなつ, にもなり, にもなる, にもまた, にも成りましょう, にも見えた, のいかにも, のすっきり, のたいへん, のちょい, のふてぶてしい, のまだ, の一人物, の上品, の中番頭, の丸髷, の主婦さん, の二人, の人, の何處, の働き, の分別, の口, の壯者, の奧樣, の婦人党員, の実直, の小, の小麦色, の年格好, の年輩, の年齢, の御, の技師, の旅商人, の時, の浅黒い, の浪人, の涼し, の渋い, の病身, の痩せ, の眉, の背, の苦労, の青白い, の頃, の髪サン, の鼠, までの比, もう一つ二つ年, 実際この

▼ 三~ (118, 0.1%)

3 の方 2 のこと, の眼, を不安

1 [109件] から聞き込んだ, があけ, がいた, がこの, が受取った, が壁一重向う, が犯人, が疑わしく, が見かけ, が見る, が言う, だったの, であること, であるとは, です, ですから, と言う, なの, なら夕方, にそれ, にとっては斉, にとって滑稽, にはたまらない, には伯父, には凡て, には堪えられない, には思われた, には腹, にまで反感, にまで感じられた, にむかっ, にも勧めた, に与えた, に云う, に似合わしく, に何, に希臘悲劇, に落ちつかない, に行, に見つめられ, に読ませ, のいない, の一寸知つた男, の不在, の友人, の告白, の変死, の妹, の影, の性癖, の所在, の手, の故に, の有罪, の気持, の知っ, の聞いた, の背中, の買っ, の身辺, の過った, の頭, の顔, はこういう, はすぐ, はその, はただ, はまず, はポケット, は一種, は今更, は伯父, は何, は初め, は家, は思, は思い出した, は思う, は思った, は歎息, は正々堂々, は独り本, は知らない, は神経衰弱, は考え, は考えた, は脚絆, は良く, は頭, は驚いた, もかなり, も自分, をその, をつかまえ, をとらえなけれ, を世間並, を呼び止め, を喜ん, を弱らせた, を愛し, を捉え, を無理, を疑う, を疑っ, を見る, を誘う, を逃亡, を途方, を馬鹿

▼ 三ヵ月~ (117, 0.1%)

4 の間 3 になる 2 になっ, のあいだ, のうち, ばかり前, も入院

1 [100件] いじょう, おいて, かかって, から五ヵ月, から四ヵ月, が最も, くらいのもの, ぐらいで出来上ります, こそ多少, して, しても, ずつ期間, たった, たつと, だ, だけで, だけ伯龍, つづいたわけ, つづくと, つづけて, であったが, でさえ, ですもの, でその, でもうどう, でやれるなら, で権利, と一日ぶり, と聴い, にあまる, にならない, にわたってあらゆる, に一度, に亙る, に処せられ, に殺される, に物価, に百五十版, に限られ, ね, のこと, ののち, の主人公, の余, の判決, の契約, の方, の期間中, の由, の病院暮し, の食い扶持, はいや, はまったく, はもてた, はダージリン, は刈らぬ, は別, は娑婆, は工場管理者インガ, は平気, は月評, は私立学校補欠募集, は置い, ばかりで, ばかりの間, ばかりは東京, ばかり下宿, ばかり顕治, びっしりかかっ, ほどおりました, ほどつとめ, ほどで死ん, ほどで通う, ほどまえ, ほど休養, ほど大工, ほど女中, ほど実行, ほど経った, また一段と, もある, もいる, もかかる, もくらせ, もする, もたって, も勉強, も家, も留置場生活, を隊中, 同じ内, 同じ条件, 少しよ, 待てと, 未だ慶喜公, 止りかえって, 生きて, 程経っ, 経てば, 近い先

▼ 三~ (117, 0.1%)

13 はいった 3 の母親, は, はそれ, はもう 2 がいった, であった, です, のこと, はそこ, はその, は十一娘, は孟, や花和尚魯智

1 [74件] お孝, があたふた, がもう, が来, が独り, が生け捕り, が祝, が老婆, が自分, が門, このお茶, だ, であるから, です寇, ということ, というたいした, といっ, と一緒, と言っ, にうちとけ, にちがい, にやった, に強い, に母, のいる, のくれた, の両親, の双刀, の意, の手がわり, の持っ, の方, の来る, の袂, の襠, の言う, の遺骸, はあれ, はこばん, はそっと, はとうとう, はとっ, はとつて十九, はどうしても, はひらり, はぽっと, は侍女, は其所, は家, は富豪, は帰っ, は帰らなかった, は帰りたい, は来た, は母, は涙, は祝, は醒め, は門, は隠れた, は頬, へ当っ, もいった, もこんど, も心, も髻, をじっと, をなおさら, を先, を家, を敵, を生れ代らせない, を自分, を見

▼ 三~ (116, 0.1%)

4 の間 2 から発し, である, の別, の結合, はその

1 [102件] あひ寄り, おのおの有限, からの申込みだつたら, から生じる, がおたがいに, がくつわ, がただ, が一つ, が一致, が三者, が相, が科学, とも円満, とも自然, にさきだち, にて使用, に出ずる, に分かちまする, に分配, に向っ, に対する情操, に対する我, に帰着, に殊に, に関し三者, のあいだ, のいずれ, の一, の中, の事業, の云わ, の佳致, の働, の合併, の同一, の名, の地位, の大, の如く解釋, の後裔, の必要, の意見, の所有, の提携, の数年間, の歩調, の混沌, の渾然, の無, の盟約, の立場, の肖像, の與, の融合, の解釈, の連合力, の関係, の魂胆一致, はいずれ, はいづれ, はおのおの, はそのまま, は信ずる, は共に, は同一, は同等, は孔子, は存在, は時に, は本質, は決して, は狐狸中, は皆それぞれ一国一城, は皆それぞれ一國一城, は私, は積極的, は耕作, は自然, は近代フランス, は関聯, ばかりでなく, ばかりは説明, もおのずから, よりも一番人, をあて, をたより, をなぎ倒し, をはじめ, をもっ, を列挙, を区別, を取り合せ, を必要, を排斥, を掲げ, を数, を相剋, を考察, を自由, 合して, 同じき頭音, 挙がらざれば

▼ 三十五歳~ (115, 0.1%)

8 の時 5 になる 4 であった, であつ, になっ 3 にし 2 である, にもなっ, にもなる, に到る, のとき, の男

1 [75件] から七十余歳, から百五十円, だが, だった, だったピエール, だつた, だという, だといふ, であるが, でこの世, でせう, で不遇, で亡くなった, で初めて, で命, で妻帯, で幾らか, で廉塾, で彼, で有った, で死別, で永い, で病歿, で自殺, という何となく, といえ, とやらで, にご, にしか見えぬ, になった, になったなら, になり, になるです, にもおなり, に似合わぬ, に過ぎなかつた, のロバァト・ルゥイス・スティヴンスン, の丸髷, の今日, の働き盛り, の其妻, の年, の年齢, の彼, の新, の時私, の無名, の現在, の男ざかり, の章三, の老兵, の若い, の藤吉郎, の親, の青年, の頃, ばかりの年配, ほどにもなっ, ほどの女, ほどの女性, ほど腺病質, まさに脂, までの人, まで呑みぬけ, まで女性, より上, より下, を越え, を過ぎし, 互に貧乏世帯, 働き盛り, 初めて法山, 少し腕, 迄の間, 長い旅刀

▼ 三~ (115, 0.1%)

3 剣客の, 原則ヲ 2 急流の, 怪と, 時期に, 神楽の, 要素は, 都会に, 音と

1 [95件] そう若い, とは立方体, には及ばざるべし, までを知る, アルプス越え, ヴァイオリン協奏曲と, ヴァイオリン協奏曲として, ヴァイオリン協奏曲に, ヴァイオリン協奏曲の, 不思議と, 人種を, 使命を, 傑作, 則, 則を, 劇場の, 区に, 区別が, 博物館を, 原則と, 原則は, 原則を, 原則ノ, 原則ハ大, 原因を, 合唱隊の, 名物ここに, 問題といふ, 妨げに, 宗教は, 官衙の, 寺院が, 将軍が, 将軍家光と, 巨人と, 巨峰である, 市といふ, 強国と, 強国など, 強国を, 思想は, 描線で, 政綱や, 新聞だ, 新聞に, 新聞には, 新聞は, 時期を, 景観として, 景観に, 景観の, 本能, 森林地の, 機関, 機関すなわち, 機関たる, 歌曲の, 段に, 法則という, 活力から, 湯滝に, 潮流を, 瀑布の, 町人の, 画伯お, 画伯御, 發明, 睦の, 祭りと, 祭りの, 祭礼と, 種族から, 窯業地の, 竹と, 節に, 節歌留多会豆撒き彼岸釈迦まつり, 群島においては, 義務の, 脈を, 自由権を, 要件と, 要素, 要素とも, 要素中俗法師の, 計画を, 詩人と, 諫暁の, 講演を, 變, 輝きである, 都に, 都府の, 醫學者の, 雄藩の, 高原であっ

▼ 三十代~ (112, 0.1%)

5 の男, の美し, の者

2 [11件] であった, なれば, になっ, に入, の人, の半ば, の商人, の女, の痩せた, の若, はほとんど

1 [75件] かと思はれる, ぐらいな若僧, ぐらいまでの長い, じゃない, だの呆れ果てた, であった仏国革命, であろう, でしょうが, で亭主, で役, で文学, とは違う, と見える, と見れ, にあえなく, にかけての事故, にさえ見える, になつ, になる, に傷寒, に入った, に加奈陀ロッキー, に於ける, に既に, に熊野, に見える, に達し, のはじめ, のアメリカ宣教師, のゴーリキイ, のフランツ, の一寸, の人々, の作家, の作家たち, の全体, の壮年資本主義国, の天皇, の夫, の夫婦, の女房, の定家, の寧ろ, の小田, の少く, の年増, の我々見物, の文学者, の新聞記者時代, の時, の未だ, の流行作家, の狡, の生活, の盛り, の私, の終り, の良い, の若い鋭い, の若僧, の著書, の認識, の顔子, はどう, は今, は数日, は無気力, は過ぎてるらしい, まで飛びつかなけれ, もっと年, も続いた, を四十, を終つた, を越し, を過された

▼ 三十五年~ (111, 0.1%)

4 の春 3 に堤防, のこと, の夏, の秋 2 から現在, にし, にはもう, にやはり, にわたる古事記, の二月, の昔

1 [81件] から七百八十一年, から三十七年, から人民, から十年間, から日露戦争, から當年, かれこれの, か六年, か六年大阪, か四十年, が初めて, が苦しい, くらい前, だ, でありまた, である, で今, で未亡人, というふう, とか勤め, と大正二年, にどこ, になります, には伊勢, には既に, には脩, にドツサリ泥, に出版, に大, に大阪大林区署, に小島烏水君, に徳島, に故山階宮菊磨王殿下, に数学教授要目, に暴風雨, に白骨温泉, に第, に筆子事件, に結ばれた, に至る, の, のあ, の七月, の五月末, の八月, の十月, の南米チリ地震, の四月三十日, の夢, の大, の日本人住居録, の星霜, の晩春, の暴風雨, の歌舞伎座一月興行, の正月, の歳月, の洪水, の生, の生涯, の短い, の秋あらし, の秋頃, の距離, の鑛毒地, の長い, の間, の頃, の項, ばかりになる, ほど前, まえ父, までおよそ, もこの, も前, も奉公, も経っ, を経, を経過, 乃至第, 同州

▼ 三~ (111, 0.1%)

9 太は 3 の家, の手, の野郎, 太の 2 がやります, が二三人朋輩, といふ若者, の顔, も倉松, やあい, をそそのかした

1 [76件] か, がつい, がぽつねんと, がもと, がやって来た, が呼びかけ, が子供部屋, が家鴨, が床, が本, が裏庭, さ, ですよ, といふ厄介, とかの書物, とかを見る, と一緒, と呉服屋, と書い, と申, と良い, に気がつく, に笑いかけた, に答える, に罪, に逢った, のごとき, のため, のなれ, のやう, の友達, の心, の方, の旧称, の泣き声, の眼, の繩, の跨ぐ, の馬車, はかなし, はそれ, は下手人ぢ, は久留米絣, は呼びかけた, は土, は嬉しく, は少時, は恥し, は手, は抜ける, は旦那, は母親, は江戸, は父親, は爺さん, は牧, は皆, は話しかける, は谷口金五郎殺し, は酔っ払った, は頭, は黙っ, もこれ, も行く, や, やい次, をメッセンジャア・ボーイ, を前, を庇つて, を抱きあげ, を描いた, を見る, を追, を連れ込ん, 一人である, 左衛門

▼ 三~ (111, 0.1%)

3 第八章 2 である, の中, の発表, の論文, 第五章

1 [98件] ある, および洒落本意地, かきその, から二十篇, か四篇, がある, がわけ, が一貫, が擧げ, が非常, しか詩作, だけを輯め, でいづれも, です, では, でも出来れ, というところ, とである, ともモオリアック獨特, とも僕, とも小説, と共に文壇人, と後正統論, にこの, になっ, には婦人, にも失望, によってこの, に分類, に及ぶ, に各々一たび, に尽く, に幾分, に擬, に止, に現われた異なる, に盡, に能楽仲間, のうち, のこと, のほか, のみであろう, の一つ一つ, の中野重治, の原稿, の執筆中, の小説, の戦争, の戯曲, の文章, の末, の爾雅, の短, の短篇小説, の稿料, の緒言, の詩, の詩作, は, はある, はいつも, はいづれ, はそれぞれ, はたしか, はジャーナリズム, はジャーナリズム現象, は上下二册, は作者, は偶然, は其中, は吾, は多分, は日本文壇, は油, は特に, は特殊個々, は自分, は蓋し, は詩書, までがおさめ, や四篇, を, をえらび出した, を上演, を存, を掲載, を書い, を書き下ろし, を残した, を第, を見たかつた, を読みおえた, を選ん, 及び官報局出仕, 第五, 第四篇, 読んで, 讀みそれから

▼ 三日後~ (110, 0.1%)

10 のこと 4 のある 3 にその, の夜 2 くれて, であった, である, にとり壊される, にまた, に父

1 [78件] お蓮, からもうびくびく, しかもカレワラ, そのとき傍, そのジジ, そのドラム缶, その禅師, だ, だつた, だね, であろうと, にあの, にいよいよ, にお目にかかりましょう, にさし迫った, にする, になっ, になってる, にはや, には売り飛ばす, には大伴宗久, には必ず, には或, には早, には華々しく, には隆佐, にようやく, にわかつた, にカブラル, にロイド, にワルシャワ, に上りたく思っ, に亀田屋, に二百二十日, に偶然映画, に元, に前, に司教, に四十年, に岸本, に御, に急性肺炎, に慶四郎君, に李, に正造, に死んだ, に死亡, に法水, に神月, に第, に西, に辻, に迫った, に風, の七月十一日, の事, の二十一日, の今夜, の今日, の十二日, の午前九時, の午頃, の始末, の或, の文, の晴れた, の暮れ方, の運命, の金曜日, までいる, までとを併せ, まで反抗的, ようやくマナサロワール湖, よく主, を約し, 少しずつ, 老友, 見出されて

▼ 三千石~ (109, 0.1%)

6 の大身, の旗本 4 のお 3 の大, の家, の知行, 取の 2 の地, の城下, の小禄, の御, の殿様, の殿樣, の田地, の美人, の身分

1 [63件] が何, が立行かなけれ, ずつ加増, だが, だし, でした, でしたから, では, で二百何十人, と一時, と二千石, と申した, と言った, になっ, になつ, にも足らない, に昇らしめた, の一家中, の世帯, の城主, の夜, の大家, の奧方, の家老, の岡部家, の平地, の弟, の役高, の意味, の扶持, の格式, の殿樣ぢ, の沐浴料, の浅井, の浅野家, の碌, の粂野美作守さま, の締めくくり, の自暴, の芙蓉間詰め, の裕福, の跡取り, の館主, の駒井能登守, の龜井樣, は三千石, は鹵獲, ばかりの旗本, ほどだった, も取る, や四千石, より一躍, より生き, を借り, を加増, を喰, を後生大事, を本領, を過, 乃至五千石, 取つて, 御一門, 近い大身

▼ 三日中~ (109, 0.1%)

3 には必ず, にまた, に江戸 2 にとつ, には村長, に何とか, に出発, に圭吾, に家財, に帰る, に私, に通知

1 [82件] でよけれ, にあれ, にいずれ, にお, にお腹, にきっと, にこの, にこのあいだ, にちょっと, になりましょう, にね, にはきっと, にはきっとどうか, にはここ, にはこの, にはっきり, にはみんな, には上ります, には吉左右, には抹香臭き, には田舎, には纏められましょう, には越し, には足利家, には退院, には鑑札, にほか, にもう一度, にも片, によき, によく, にソーホー街八十八番, にペンさん, に一切極り, に上洛, に何, に何処, に僕, に出, に又, に合格通知, に嗅ぎつけ, に坪刈り, に大村, に大鹿さん, に如何, に屹度自分, に岩村田, に帰ります, に御, に慶四郎君, に持っ, に持て来ます, に控え, に敬坊, に文芸春秋社, に文藝春秋社, に旅, に是非, に書く, に来, に歳暮, に死ぬ, に片づけ, に知らせ, に立つ, に端書, に考えた, に芍薬, に行きたい, に行く, に行こう, に西郷, に謙さん, に貴, に買宅, に送り込むだろう, に重要, の訪問者, はそう, は急, 是非伺います

▼ 三~ (106, 0.1%)

6 の歌 4 がある 3 ある, があつ, である 2 あつて, あり, あるが, であるが, のうち, のお歌, ばかりにては強き方, を作り, を挙げん, 書いて

1 [67件] あって, ありこの, あり此, いづれも, が, がかなり, が同封, が森枳園, が短冊, が載せ, が飛ん, だけ抜き出し, ですって, でも人麿, で断然群, ときめ, とは傾向, と同様, には, に一箇所, に共通, に冬, のみ, のみ選び, の一, の一つ, の中, の如き, の次に, の短歌, の第, の蜂腰, の贈答, は, はねかづら, はペルシア語, は下句, は即ち, は素直, は自作數首, は舎人等, は草, は足羽山, ばかりである, ひきたい, ほどある, も皆, よりよい, をかきつけ, を作っ, を報じた, を憶良, を拔, を挙げおき, を挙げ置き, を撰す, を擧げん, を擧げ置き, を書き遺した, を添う, を載せ, を録す, 乃至十首, 併せて, 掲げて, 書きつけたばかり, 添えて

▼ 三ヶ所~ (104, 0.1%)

2 あり, ある, あるから, から互に, にも鎖され, に或, ばかりで

1 [90件] あった, あって, あるさ, お大師詣で, からはげしい, から火, から聽, がさういふ, が今, きつた, だ, だが, で, で古銭, で同時に, で問う, で左右, で見た, というの, とくにその, ともに立派, ともフラ, とも数え, と肋, において崩れ, にちり, につい, にも其處, に事, に備, に出し, に分っ, に分宿, に卓子, に張っ, に現れた, に積んだ, に穴, に膏藥, に限らず, に陣取, のかすり, の会合, の傷, の土臺, の放け, の放火, の散, の札所廻り, の残雪, の水口, の汚れた, の湧出口, の白い, の観音めぐりなどもあつたといふ, の途方, の靈場, の風穴, はこういう, ばかりの鋳物屋, へ落ち, へ落雷, ほどあります, ほどある, ほど行乞, もそれ, も傷, も刺し, も同じ, も四ヶ所, も留め, より知行, をこれ, をわたり歩い, を年中, を泳ぎ, を荒し廻りました, を荒らし廻りました, 作りましたよ, 作れという, 出て, 切った, 切ったの, 切れて, 寄る所, 少し高, 程ある, 程銀, 突かれた上袈裟掛, 第一

▼ 三~ (103, 0.1%)

3 が伝馬 2 たるゆえん, と大原, は言いました, も知らない, を愛する

1 [90件] から揶揄, があと, がいる, がしきりに, がその, がとも, がどうして, がのっそり, が一秒間, が一足先, が便所, が受けた, が学生時代, が帰っ, が書斎, が生き, が癪, が知らせ, が船長, が鐘ヶ淵, が靴, が魔境, だけが一人, だったと, だとて, だの, であった, でさえも, ですわ, と, という悪党, としばらく, とサンパン, と福井, にし, にすすめた, にせよ, には多少, にもある, にも小倉, にも気に入っ, に会う, に会った, に在る, に挑まれた, に渡した, に送られ, のいう, の一喝, の今夜, の伝馬事件, の問い, の城主, の姿, の息子, の意, の感触, の様子, の直接, の神職, の胸元, の行方, の野郎首, は, はさっき, はその, はそれ, はどこ, はもし, は人間, は到底, は影, は浮きあがっ, は膝, は若輩, は言い出しました, もさ, や西沢, よりも体力, をいじめ, をおだて上げ, をしきりに, をみた, を對手, を引い, を懲戒下船命令, を抱え, を有頂天, を殺し, 諸峰

▼ 三~ (103, 0.1%)

3 の狼, も四疋

2 [18件] がカン蛙, ともしばらく, ともはだし, とももう, とも口, とも杭穴, になりました, の中, の仔犬, の子供, の小, の獣, の綿羊, の赤蜻蛉, はカン蛙, は年, は萱, を彼

1 [61件] いて, から五六疋どまり, か四疋位, か燕, がどんなに, が普通, が食う, くらいだろう, じゃれて, ずつつい, それと朝, だけだった, だと, で羊二疋, とも蛇, とも言わない, と押寄せ, と馬士, になった, には敵, に割っ, に止まらなかったであろう, のうちどれ, のうち一疋, のゴーゴン, のヤク, の仔猫, の促織, の外, の大きな, の屍骸, の犬, の狼子, の皮, の竜, の聯合軍, の蜂, の鯛, はぼ, はぽかぽか, はみんな, は入れる, は和田, は姉妹, は斬られた, は買手, ばかり世話, ばかり食い殺し, までとまっ, もとつ, もらった, もゐる, も引, や四疋, より多く, を以て兼日用意, を溺らせた, 売ったなどと, 捕えた, 踊る踊るいや, 飼って

▼ 三十間~ (100, 0.1%)

3 の距離 2 ですが, と離れない, に及ぶ, ばかりの処, ばかりの路地, ばかり来た, ばかり離れた, も歩け

1 [81件] から五十間, くらいに見, ぐらいの所, だつた, といわれ, とも離れ, にし, に一本, に一本位, に一軒ぐらひの間隔, のほんの小さな, の大, の巾, の幅, の彼方, の間口, の間隔, の高, はなれた, ばかりずつ間隔, ばかりのところ, ばかりの所, ばかりの間隔, ばかりを小半時, ばかり上, ばかり上方, ばかり上流, ばかり北, ばかり向, ばかり距, ほどしかない, ほどの円筒, ほどの間, ほどもはひつ, ほども行く, ほども離れた, ほど上手, ほど坂, ほど行く, ほど隔, もし, も上, も上る, も下った, も下る, も下れ, も前, も向う, も登れ, も行く, も行け, も行ったであろう, も行つた頃, も距, も進んだ, も遅れ, も遠く, も遲, も離れ, も離れた, やって, わが眼, を遡った, を隔て, 下ると, 乃至七八十間, 或は四十間, 来ると, 歩いて, 潜って, 登ってから, 程はなれた, 程向う, 程続い, 程西, 突いて, 行くと, 遅れて, 離れた崖路, 駆け付けるまで, 駈け付けるまで

▼ 三四歳~ (100, 0.1%)

10 の頃 7 の時 3 の少女 2 のとき, の子供, の小, の小僧, の小児, の少年, の男の子

1 [66件] から十六, から大きい, から水茶屋, ぐらいの, ぐらいの女の子, ぐらいの時, ぐらいの色白, それでいて礼儀ことば, であったが, であった宗房, であって, でしか, でしたかな, で結婚, という年齢期, といえ, と推定, ないし十歳, なるべし, にいたる, にしかなるまい, にしか見えない, になっ, になる, にはなる, にもなろう, に見えた, のあどけない, のころ, のとき母, のグットネル, のシューマン, の丸顔, の乞食娘, の作, の児童, の坊や, の女の子たち, の娘, の孔明, の小坊主, の小姓, の屈強, の山家, の彼, の彼女, の息子, の日本児童, の時分, の未婚者, の母, の男, の若々しい, の茶坊主, の血気, の青年, までの児童, までの男女, までの青年, まで大人, も下, より一刀, らしい武家, を過ぎ, 乃至五十一二歳, 迄しか住まない

▼ 三時ごろ~ (100, 0.1%)

6 になっ 3 だった, である, になる, にはもう, のこと 2 であった, であったろう, にやっと, 帰って

1 [71件] お庄, からしばらく, からどんどん, からもう, から四時半, から店, から日没前, から晴れ, この時, じゃない, その家, だったそう, だつた, だつたらう, だと, だのに, であったか, であったが, であろう, でした, でしたが, でしょう, です, でなくては, というの, とが一, なのに, にお, には援兵, には日, にぶらりと, にもなった, にホルトショ, に二人, に午後, に楊家店, に楽しみ, に給仕, に蓉子姉ちやん, のだれ, の冬, の日ざかり過ぎ, の明るい, の昼御飯, の遅い, までに病院, まではまア, までは調理場, までひとり, までも勉強, までも表, までも話し込んだ, まで一服, まで仕事, まで坐り込まれた, まで寝ない, まで居た, まで居ました, まで机, まで病室, まで私, まで起き, まで閂, よ, より五時ごろ, を避けれ, 両名, 再び霧, 多介屋本店, 歩き疲れ途中, 目ざめる

▼ 三分間~ (99, 0.1%)

3 だと 2 かっきり三分間, である, にし

1 [90件] ある, あれば, おくれて, かかる, か五分間, くらいのもの, ぐらい閉口, しか戸外, そのドアー, その貼紙, だけ考え, だけ考へ, だよ, つづくと, であった, であつ, であなた, でお陀仏, でかい, でかき消すよう, でも会っ, でゆかれる, で出, で往かれる, で済む, で爆発, で終りました, といったの, とかからない, とちょっと, どころかもっともっと, にて鑑定, に一度, に一枚, に亘っ, に私, のあいだ, のこと, の出来事, の力漕, の卓上演説, の変装, の後, の猶予, の異変, の私, の興味, の間, の電話, はありましたろう, はつづいた, は一センチ, は僅か, は議場, ばかり, ばかりはげしい, ばかり下駄, ばかり待っ, ばかり話し, ほどし, ほど一人, ほど前, ほど曲り角, ほど血, もあ, もかか, もかかっ, もかかった, もした, もしない, もじっと, もたて, もつづけ, も凝視, も棒, も考え, を経験, を送った, デ平常, 坐らせて, 待ったが, 待って, 待つたが, 焼きます, 焼くと, 疑を, 睨み合ったまま, 程の間隔, 考えて, 黙って

▼ 三七郎~ (98, 0.1%)

7 の家 5 の妾 4 の死骸 3 が首 2 が自分, を顧みました

1 [75件] から預, がそれ, が今更, が兩國廣小路, が小用, が振り返る, が梁, が此間, が死ん, が死んだ, が殺された, が顎, でございます, といふの, といふ人, といふ藝人, と内儀, と物蔭, と申しました, には死ななき, に引かれ, に書面, に逢つて, に預, に預つた, に頼まれた, の, のお, のこと, のため, の一座, の世話, の側, の名前, の外, の女房, の居間, の新しい, の方, の本, の柿, の浪宅, の眼, の藝, の調べ, の首, はお, はどう, はなか, はゴクリ, は何ん, は名古屋山三, は四十七八, は娘, は子分共, は平次, は引, は心得, は横合, は櫓, は氣, は生, は白痴, は舌鼓, は船, は華奢, は藝達者, は追究, は默つて貰つて, も豫想外, を怨む, を殺さう, を殺した, を殺す, を見上げました

▼ 三十三~ (98, 0.1%)

5 の年 4 の厄年, の死 3 になった, になる 2 であつ, であります, でございます, といふ年, なん, の今日, の女, は

1 [63件] あるの, かの年, が二十五六, が女, ぐらいの女, だから, だつた, であった, であったが, であるという, ですぢ, で二人目, で死にました, で温, で独身, という年ごろ, という年齢, という歳, といふ年齡, とか云っ, とはなった, と四十九, なら晩婚, にし, になっ, には死ぬ, にもなっ, に成長, に於い, に死, に死なう, に死ぬ, に私, に載する, のいは, のお, のこの, のとき, の今, の厄除け, の変奏曲, の小池, の島, の新婚, の松, の歳, の生, の石, の石神, はいまだ, は女, までか, までだ, までは生きよう, までも独身, まで独身, もやっぱり, を数, を迎えた, を通り, 同従三位, 子棠助九つ, 小会議区

▼ 三~ (97, 0.1%)

5 の客 3 にわかれ, に分れ, の男女 2 に分けられ, の五月人形, の杯, はいっ, ほどの客, も四組

1 [71件] から成る, か五組, か四組, があり得る, がつかみ, が三つ, が食事, しかなかっ, しか客, ずつ実に, だかの, だね, である, になつて, に会う, に分かれ, に分け, に分けた, に分ける, に分れた, に分れる, に結び, に過ぎず, のふしぎ, のレコード, の事実, の人, の人々, の人たち, の人形, の人数, の刺客, の同勢, の外, の大, の夫妻, の夫婦づれ, の役人, の朱塗り, の縁結び, の繩, の者, の者ども, の若い, の葢物, の道中, の難船者, の食籠, はあり, は浪, ばかりは夫婦, ばかり各, ばかり子供づれなどは一人, ばかり宴会, ばかり来, ほどあった, ほど来た, もあつ, もいる, も学生連, も実験, も寝, も手, も揃え, も来, も用意, を比較, 売る, 寄って, 残った優勝者, 見えた

▼ 三五兵衛~ (96, 0.1%)

3 はその 2 の影, はそう, はそれ, は少し

1 [85件] が, がいかに, がやめない, が旅, が討つ, その者, だ, だった, っていう奴, であった, である, ですが, でも, とお, と何やら, と知らない, にでも訊い, にはよく, には意外, にもどう, に勘づかれねえ, に愛想, に討たれたら, のうらみ, のす, のそば, のやつ, の仇討, の倅, の前, の寝, の寮, の左, の心, の性格, の愛する, の手, の敵討, の方, の気に入らなく, の目, の考え, の腰, の言伝, の頬, はいつ, はうなずい, はおかしく, はおどろいた, はこう, はここ, はこの, はたまらなく, はつい, ははなはだ, はひからびた, はひとごと, はほろ苦く, は先, は吐き出す, は吹く, は困った, は心, は明らさま, は果てし, は標札, は炬燵, は癇, は眉間, は笛師春日平六, は結構, は肉親, は草鞋, は見まわし, は通された, は陽, は頬, は黙々と, へ注意, も, も多く, も当り, も笠, をよろこばそう, を追って

▼ 三十七八~ (96, 0.1%)

5 の女, の男 2 といふ, のすっきり, の代, の古道具屋, の大, の狐, の背, の良い, の青白い

1 [68件] かなりなき, ぐらいな女, じゃ, そういう武士, だったかの, だらうと, つら構え, である, であろうが, でしかあるまい, でせう, でもあろう, でわが子, で手痛い, で色, で若い, で見た, というところ, とながめられた, ともみえる, と思える, と言っ, と言つて, になっ, になつ, になり, になろう, にはなるだろう, には手痛い, のまるまる, の中間, の乞食, の人, の他, の仲間, の何處, の侍, の供, の削げた, の品, の商人体, の喰, の実業家, の小意気, の小柄, の年, の年配, の材木屋, の正直, の殘, の淋しく, の父, の立派, の粋, の精悍, の色, の若, の薄汚, の詩人的人物, の身分柄, の逞しい, の遊人風, の醜い, の頭, の髪, 少しの, 少しのっぺり, 恐らく相

▼ 三四年前~ (96, 0.1%)

4 の自分 3 のこと 2 この村, になっ, に貴方, の, の出来事, まではこの

1 [77件] からそれ, からでした, からまた, からパッタリ, から今, から始まつた, から新協劇団, から痛ん, から發心, から遺族, から陰毛, その境内, である, とは全く, とは見違える, にその, にその小さな, にたった, にちょっと, になつ, になりましょう, にはじめて, には手, にもやはりこう, にやめた, にわざわざ, にエレディヤ, にマロー, に一寸, に一度乘, に一度行, に一緒, に亡くなり, に亡くなりし, に亡くなりまし, に伊太利, に北支, に半年, に又, に始め, に庭, に拙者, に拵えた, に暇, に死んだ, に死去, に流行, に炎上, に田舍, に発明, に蘇子, に買った, に近所, の事, の元治元年五月十三日, の千九百二十六年, の四月, の寒い, の幡ヶ谷, の日, の晩春, の田舎源氏, の蟻地獄みたい, はいくら, まだ私, までの彼, までは目黒, までは素晴らしい, まで其家, まで自分, よりは別居, よりもっと, を憶, 云い出されたこと, 初めて三語楼, 即ち元治元年, 或寺

▼ 三~ (96, 0.1%)

3 に分け 2 だ, だけ賣れた, なん, における道徳論, になる, に分たれ, に分れる, の中, の初, より成る

1 [73件] あって, からなっ, からなる, から成り, から成る, から成立, が佛教, が執筆, が早く, ぐらいまで進ん, しかない善い, しか売れなかつた, そろって, だね, で, でもほしけれ, といふの, とずっと, とそれぞれ, との間, と云, と第, に分かたれ, に分かち, に分けた, に分ける, に別け, に於, に本格的, に規定, の, のうち, のおわり, の一区劃, の作, の合巻歌集, の小曲, の推移, の甲, の終り, の試験, の近代哲学, は, は主として, は文学, は本書, は白, は終った, は隋志, ばかりとまた, ばかりやる, までのせ終った, までを書いた, まで執筆, まで進んだ, も合体, も持っ, よりなる, をかい, をかき終った, をやらなく, をやれ, をよみ, を中心, を僕一座, を受けたいらし, を書きあげる, を爲, を観た, を通じて一二九, 取つて, 来ましたが, 買う

▼ 三年後~ (95, 0.1%)

4 の今 2 にはもう, のこと, の事, の明治四十年

1 [83件] お千代ちゃん, か, から小作料, かれは, か四年後, すなわち一七九二年, だった, で, であった, であって, でありました, でも宜, にあの, にか五年後, にその, になっ, になるでしょう, には, にはドイツ, には京都, には前期, には娘, には当時, には御多分, には教える, には日米海軍, には横山町, には死ぬ, には男, には私, には米国, には表, には長径十七哩, にもう一度, にジワジワ, にバルトリ, にルイス・ダルメイダ, に三倍, に上京, に今日, に会った, に初, に大老, に妙テコリン, に御, に死んだ, に母, に江戸, に深川, に牢獄, に独立経済, に獨立經濟, に生誕, に脳溢血, に自然的, に至って, に興行, に辞任, のある, のつい, の一九三六年, の一九四九年, の一五五七年, の一五五六年, の一八二二年, の一四八八年, の今日, の今日岩波書店主, の仕合, の八月十五夜, の十五夜, の千九百〇六年, の嘉永四年, の夏, の寛延元年, の平治, の年, の建保元年癸酉の, の明治二十九年, の明治四十四年, の池上様, の詩引中, またたまたま

▼ 三~ (95, 0.1%)

3 しかない, すなわち自己 2 あって, あり, ありて, あり第, である, に属す, の別, の新聞, の書, 揃って

1 [69件] あった, あった中, あります, あるが, あわせると, い節, がボール箱, が大伴氏没落, しか持ち合せない, して, すなわち欧洲, で手, とし, とす, となる, にも属すべし, にわけ, に分かるる, に分ける, に分類, に属する, に黒枠二十行, のよき, の内, の出版物, の原稿, の取, の哲學書, の定型, の実験五十余種, の戦争, の書類, の本, の活動, の生活, の異なりたる, の神器, の聖書, の自我, の花, の草, の薬品, の融合, の讀本, の辞書, の辭書, の野生, の食物, の駄菓子, の髪油, はその, は有る, ばかり枕もと, へ目, も, もオードゥブル式, も来る, ゐる, を借り得, を借り得た, を各々, を合わせ, を挙げ, を攫っ, を残し, を比較, 或いはもっと, 未ダ熟セザル時ハ, 疾く昔徳川時代

▼ 三十七年~ (94, 0.1%)

5 の夏 3 のこと, の九月, の春 2 であった, である, の二月, の日露戦争, の秋, は私, 振に

1 [66件] から八年, から大正九年, つづけて, であります, です借金, です年度, で同じく, で年譜, とか奉公, とした, と云え, になり, になる, にはチュカロフ, には二百余丁, には保, には日露戦争, には相, にアメリカ, に住ん, に使, に卒業, に參つて, に戦争, に東南巡游中, に没した, に準備, に澳門, に私, に竣工, に至る, に首, の, のんべんだらりと, の七, の九月八日, の九月頃, の事, の五月場所, の今年, の入学, の冬, の初秋, の十一月, の十月, の四月, の夏以後, の夏休み, の後, の戦争, の戦役なかば, の早春, の暮, の正月二日, の歳, の歴史, の生涯, の間, は我家, まで, もの間生活, を経過, 経ち今年, 経ったと, 迄の間, 迄は夏時

▼ 三~ (94, 0.1%)

11 の手紙 4 の封書 3 の鼓 2 まで重ねられ, 来て

1 [72件] かな, がある, くれる約束, しか残っ, ずつの書状, ずつ来る, だったかしら, つづけて, といはれ, とも別々, とも日本橋式部小路, と自分, にてわれ, にて厭き足りぬ, にもならない, のお便り, のこと, の人達, の完全, の密書, の書き物, の書付, の書信, の書面, の書類, の欠勤届, の男, の紹介状, の肖像集, の訴え状, の郵便物, の郵書, の金鼓, の願書, の鼓声, はいっ, はげに, は天草, は永遠, は雨, ばかり書く, ばかり見る, までがその, まで打ち囃した, まで貰っ, もあった, もらったよう, もわかりました, も來, も書い, も警察, も里人, やが, よこした, をしたため, をどうぞ, を作らしめた, を手, を次ぎ, を認め, を貫く, 何となく忠相, 借りて, 又大平, 取って, 取出して, 届いた, 持って, 書いた書いたと, 書く抱壺, 未開封, 長きは

▼ 三二年~ (93, 0.1%)

14 の春 3 の夏 2 の後半期, の春以後, の正月

1 [70件] からのち, から一九四五年八月, から一九四五年八月十五日, から以後, から前後三回, から四〇年いっぱい, から四年間, から足かけ十三年, であって, とは七月革命, に, にいたる, におけるパリー, には, にはまだ, にはエトアール街, には上, には収入, には夫, には薩日隅, にもファラデー, にも警察, にシャム, にノイツ, にモスク, に上, に之, に再び, に十九貫, に国際情勢, に国際的決定, に建てられた, に彼, に於, に日本, に日本政府, に明, に書い, に此, に死んだ, に私, のこと, のこの, のアジア修好使エドムンド・ロバーツ, のファッショ, のブリュジョン, の一月, の七月末ごろ, の三月下旬, の三月後, の二月, の五月某日, の六月三日, の冬, の反乱, の反乱後, の国際婦人デー, の大会, の封建的軍事的絶対主義日本, の文化団体, の文学生活四十年祝祭, の日本, の春ごろ, の暴動, の秋ごろ, の警視総監, は恐ろしい, までの文化, までわたし, 捕へられて

▼ 三~ (93, 0.1%)

8 の船 5 の小舟 3 のボート 2 の潜水艦, の艦隊, の英艦, の軍艦

1 [69件] ありその, ある, いるの, が出, が大坂, が小さく美しい, が機微, この小さい, この騒ぎ, この騷ぎ, したがって, すでに一隻, である, で千八百, とも見えません, と対峙, にした, に二十名, に使う, に移され, のうち, の仏艦, の出現, の協力, の哨戒艦, の大, の官船, の小, の小船, の形勢, の怪物, の水雷船, の船団, の船長たち, の蒸汽軍艦, の軍船, の遠征艦隊, はやくから, は下田, は司令青木大佐, は早速, は沈んだ, は碇泊, ばかりの煙, ばかり煙, までも失った, も火, も通っ, や五隻, よって, よりなる, をおろし, をひきい, をやっつけた, をハイチ, を以てインド, を以て出発, を帥, を撃沈, を沈めた, を泛, を率, を率い, を鏃, を長崎, パッと, 出さう御厩河岸, 出そう, 同九年上總國望陀沖

▼ 三一年~ (92, 0.1%)

52 に, に初めて, の夏, の後半期, の秋

1 [77件] からのち, からの著しい, からプロレタリア文学運動, から三二年, から三二年ごろ, から三六年, から三四年, から終焉, か二年, であった, で終っ, という, という旧い, となっ, と一八三二年, と三五年, にいよいよ, における日本文化, にかかれ, にかけてラップ, には, には代議士六一五名中, には文学サークル, には日本プロレタリア作家同盟, には結婚, には針金, には電磁気感応, には飛び切り, にビスコォ, にプロレタリア作家, にボムベイ, に入っ, に大学, に彼, に於ける, に死す, に着手, に至っ, に起り, に電気感応, に電磁気感応, のこと, のはじめプロレタリア文学運動, のパリ, の中ごろ, の中国, の事, の二十箇年, の二月ごろ湯河原, の冬, の十一月号, の十二月二十七日, の十月十八日, の夏以来, の大, の大会, の徴兵検査, の日付, の正月, の活動方針, の満州上海事変, の満州事変, の秋日本プロレタリア文化連盟, の秋連盟結成, の約, の終り, の頃シケリア, は日本, までは続けられた, までフランス王, まで改正, まで毎年平均七百五十メートル, より三九年, らしい東京ジャズ, を中心, 満洲事変以後, 迄の年譜

▼ 三人組~ (92, 0.1%)

6 の大 4 の一人 2 と天童利根太郎, の侍, の客, の少女, の少年たち, の泥棒, の首領, を手

1 [66件] からは悪口, があった, がそろっ, がまた, がやって来た, が三人, が急い, が手分け, が東京, が現われ, が真黒, が芋, が証人, が變, だ, だが, でそれ, で宿, と来, と母親, なれば, に才蔵, に気がついた, のなか, のロボット, の中, の他, の兇賊, の前, の声, の奴ら, の定, の客達, の強盗, の捜査隊, の方, の泥坊, の浪人, の独逸人, の真中, の私立大学生, の第, の素性, の職人, の脱走者, の若, の賊, の青年たち, は, はこの, はふだん, はナガレ目, は怒っ, は政子, は竹屋卿, は荷車, へ, もその, もとより間髪, も急い, も真剣, をなし, を拵えます, を特に, を見直し, 互に目

▼ 三人連れ~ (92, 0.1%)

6 の女 4 の客 3 のお, の侍, の男 2 である, でこの, でその, でやって来ました, の大学生, の無駄話, の男女

1 [59件] かと思った, があった, がある, がそれ, が二階, が僕, が呂昇, が彼, が火事, だった, だって両国, だって帰った, だって歩い, だって殺気, だって道, だつた, だつて田舎道, で, できょう, でここら, でじつはあまり, でたずね, でわたし, で一人, で上りました, で参りました, で大木戸, で散歩, で村, で来, で来た, で歩く, で氷川, で氷川神社, で湯田, で町家, で私, で芝居, で英国, で長崎, とは気がつかなかった, に出逢った, の中年, の人, の学生風, の尾行, の新, の旅, の海軍青年士官, の登山者, の者, の職人ふう, の自転車, の草鞋, の顔, の高等学校生徒, はなんと, は何処, は元

▼ 三~ (92, 0.1%)

4 の筆頭 3 の連 2 の一, の一つ, の中

1 [79件] いわゆる宇井, からはそれぞれ返信, か将軍家, がお, がその, が奪, が寄合, が数, しかない, だけは交際, でおれ, でございます, で加賀節, で晉國, とも護, と云い, と云っ, と埋もれた, と妙心寺, と称, と言われた, にジヤン・ポオル, に及ん, に相談, に見るごとき, のかた, のみで, のもの, の一格, の中歌麿, の内, の叔父, の合議, の名人鐘巻, の大名, の嫡子, の実際, の家風, の居城, の師範, の庶子, の恥辱, の方々, の次, の物, の祭り, の秘刀, の秘法, の若殿万太郎, の葛藤, の詰部屋, の誼みと, の譜代大名, の関係, の随一人, の集, の頭, は一族同体, は則, は家憲, は浮世絵師, ばかりで往来, ばかりは尾張家, へも使者, へ度々, も同様, も屈伏, や四家, を三職, を世相派, を例えれ, を初め, を得, を手, を支配, を生み残された, を録, 之易, 御三卿

▼ 三~ (92, 0.1%)

4 の歌 2 がこれ, のふところ, の遺, の際

1 [80件] から, から奥不帰岳, があった, がある, がすっかり, が不完全, が天外, が太平洋, が目, が相, が見られる, さっそくに, しか挙げてない, である, ですが, という華族さん, とここ, と申す, と異名, などへ出かけた, にいだかれた, にかこまれた, には登りそこねた, に亘っ, に今, に寄せ, に巣食う, に登っ, に登り, に詣し, に通う, に通信, に鬼声, のあだ名, のごとき, の一, の下, の中, の中心, の争闘, の冠, の割拠, の勢力, の合一, の名, の姿, の山, の御歌, の怪雄ども, の手下, の東, の漢ども, の爭, の私, の裾, の諸, の諸侯, の連立, の雄大, の麓, の黄信, はいっ, は体, は各, は形, は遠望, もない, も今, や蔵王山あたり, をひかへ, を上州, を偲ぶ, を加えた, を含む, を始め, を見る, を高嶺づたいによじ, 同時に見える, 毅然と聳え, 詣り

▼ 三十分間~ (90, 0.1%)

5 煮て 2 おさえおるも, が彼, も焼きます, 揉みに, 漬けて, 煮ます, 程も長講

1 [71件] あつち, があった, このアリバイ, この大きな都会, その肉, だけモデル, だけ待っ, つづいたの, であったが, でもいい, で出来ます, で柔, というもの半日用意, なり, にし, にわたって酸素, に付金五円宛申受候, に僕, に彼, に過ぎない, に顔, のうち, のむりな働き, の小雨, の心臓運動, の相手, は家内平穏, は彼, は心臓, は説教, は電波収録班, ばかりの間, ばかり二人, ばかり即興演奏, ばかり呆然と, ばかり我慢, ばかり湯, ばかり煮る, ほどな, ほどは敵, ほど上り下り, ほど休み, ほど強火, ほど彼, ほど煮, ほど行く, もかかった, もかた, もくっつい, もその, もそんな, も湯, も煮, も聞いた, も電車, を, をぐっすり, をこの, を与えられ, を皆, を陽あし, ポカポカと, 入れて, 同方向, 弱い火, 焼きますが, 煮た処, 煮ると, 煮詰めます, 眠るつもり, 置いてから

▼ 三回目~ (90, 0.1%)

32 だ, の分, の怪放送

1 [81件] からうごめく, からは道頓堀, が神経, が終る, ぐらいのとき, だから, だが, だ海, であって, である, で一, で土用, というの, とてもよく入ってる, なの, なんとかなんとか, にすらすら, になっ, には僕, には嘔, には穴, には第, には考え直し, に会った, に参ります, に恵端, に日本, に時計, に登った, のとき, のメーデー, の予告, の事件, の人形, の会見, の元日, の劇, の勝負, の午後三時すぎ, の取調べ, の召喚, の問題, の嘆願書, の妻, の密書, の封筒, の惨劇, の手紙, の新年, の日記, の時, の朝, の本日門, の歌, の水, の演説会, の犯人, の矢文, の終り, の終る, の繰り返し, の襲撃, の計画, の訊問, の請願, の金, の雪下ろし, はギッシリ大入り, はモーゼ, は二日後, は大入, は序カット, は玄関, は超, は鎌倉, も四回目, も札止め, をやる, を付けた, を終える, を防ぐ

▼ 三~ (90, 0.1%)

5 へ入 3 に寢 2 と六疊, の座敷, の棚, の部屋, の間

1 [72件] お濱, かの室, が明い, ぐらい, だけは明るく, でこ, でそこ, では母, でまご, で使つて, で其處, で母屋, で番頭, で髪, と四疊半, にはそつ, には下女, には八五郎, には電信學校, に一人, に二疊, に件, に六疊, に坐つ, に型, に居た, に居る, に引入れ, に引込ん, に死んだ, に泊り込ん, に移させ, に陣取り, に隱居, のきたない, の二, の二階, の入口, の兩方, の化粧, の土, の圭一郎, の外, の小女, の小座敷, の押し入れ, の控室, の置床, の薄暗い, の鏡臺, の隅, の隣, は彼女達, ばかりに立籠つた, ばかりの小, ばかりの板敷, ばかりの茣蓙, へ下した, へ大きな, へ引, へ滑り込みました, へ落ちつく, へ間借り, ほどの小さい, ほどの板の間, ほどの疊, ほどの疊敷, ほどの茶の間, をたたまし, を占領, 丁度座布團, 大して汚く

▼ 三~ (89, 0.1%)

4 に止るなら, の後 3 を描いた 2 が東, と稱, においても阿彌陀像, の像, の光転旋, の光轉旋, の来迎

1 [64件] がガラン, が垣, が如何にも, が胸, さようどうしてもあれ, そろって, だと, である, とどこ, と上下, と比べ, と称す, について語った, に仰がるる, に対した, に最も, に酷似, に随いま, のあの, のうち, のお, のごとき, のごとき光り, のよう, の中, の中尊, の仏, の來迎, の半裸像, の墳塋, の巨大, の年代, の弥陀, の揃っ, の横, の比, の涙ぐましい愛らし, の灯華おごそか, の背後, の製作年代, の鋪金, の阿弥陀, はかよう, はこの, はみんな, はわれわれ, は前記, は天武天皇発願, は藤原初期, も元明天皇, よりは三十年近く, よりも前, をもし, を主として, を初めて, を安置, を彫り上げる, を挙げたい, を描いたであろう, を纏め上げる, を造, を鋳造, 及び聖観音, 同聖観音

▼ 三~ (89, 0.1%)

4 の宮 3 の大橋 2 の規約

1 [80件] あって, あり, あり最初, ある, ある横, か, かに寒水石, から大津行き, が脳髄衛生学, ずつの後光, であったこと, ですか, で秘密結社, とか三所, となる, とはこれ, と云っ, と描く, と書きかえた, どの, に, にある, には, にゃ言う, によって本員, により詩人的才能, に六十日, に分かるる, に分かれ, に国外犯, に基き始め, に断れ, に聞い, に至る, に蔦屋, に行った, に規定, のここかしこ, の中, の光り, の内侍ヶ原, の妖怪学研究, の存在, の家, の小さい, の応急規約, の意, の橋, の河原院, の瀑, の男員いっさい女座員, の若, の茶褐色, の規約通り, の谿流, の辺, の離婚, の雪, の饅頭屋道徹, は向こう, は金物, り見た時マア, をもって最, を上った, を出し, を呼ばせた, を奉承した, を改定, を目的, 下る, 下る処, 並んだ上, 交っては, 入れなければ, 即ち詔勅, 巻きつけて, 御遺, 最も注意, 第三項, 鋭い金

▼ 三次元~ (89, 0.1%)

18 の世界 4 でなければ 3 では, の空間 2 である, であること, となる, に於, に限定, の物, の物体, の生物, の観念

1 [43件] から四次元, が, が抽象, が生れる, だ, であり後者, であるか, であるから, であるとしても, であるとは, であるべき理性必然性, でなくては, という, とはすべて, とは空間直観, と第, と考えられる, なん, にまた, に就い, に拡張, に移る, に移るべく, に限られる, のもの, のユークリッド幾何学, のリーマン空間, の人間, の八分一空間, の各, の外, の実体, の直観空間, の立体, の統一, は分る, は変換, までの世界, よ, を四次元, を幾何学的空間, を必然的, を産む

▼ 三という~ (88, 0.1%)

2 ことに, のが, 数の, 数字が

1 [80件] お人, かけ声とも, これも, その男, その道の, のでございましょう, のも, のを, れっきとした私立探偵, われながら, んです, テアトル築地の, 一団と, 三人姉妹の, 不足が, 主人公が, 二人の, 人が, 人は, 人物さ, 人物の, 人生の, 兄, 兄を, 八才と, 八歳の, 名を, 執事が, 女役者の, 字に, 字を, 実業家が, 封筒の, 小さい家, 年ごろも, 年には, 年よりも, 年を, 年寄に, 年齢が, 年齢さえも, 悪戯ざかりで, 掛声と共に, 数が, 数で, 数に, 数は, 数を, 数字に, 数字は, 旅役者であった, 木場の, 未婚男子の, 条実は, 此年の, 歳です, 歳に, 歳は, 母子乞食でした, 甥だ, 男だった, 男は, 石炭商であった, 稚い兄弟, 約束の, 結果を, 老人だ, 老人だった, 老人の, 者だった, 者です, 良い年増, 荒神様が, 見当, 言葉と, 記者が, 許嫁が, 近頃売り出した, 青年を, 香具師に

▼ 三三年~ (87, 0.1%)

3 から三四年, の夏 2 にはドイツ, のこと, のパリ滞在中, の冬, の秋

1 [71件] から一八四八年, から三年間, から以後, で, である, でした, という, との間, と一八五五年, と云え, と引き続い, にかけてのプロレタリア文学運動, にかけて日本, にそれ, にはいる, にはその, にはまた, にはデュッセルドルフ, には三億三千万トン, には十万五千キロメートル, には同校, には多数, には極洋, には見られなかった, には長崎奉行, には電気分解, にもと, にわたるソヴェト産業拡張五ヵ年計画, にプロレタリア文学, にポロニー, にリスボン市, にルネッサンス, に二人, に亙る, に亡んだ, に始められた, に小林多喜二, に平均六・八六時間, に日本, に百四十万人, に石坂洋次郎, に老齢, に至る, に英譯, の, のオリジナル, の一月ドイツ, の二月, の二月二十日, の佐野, の初夏, の文章, の春, の晩春, の暮, の東京, の生産拡張五ヵ年計画, の終り, の結婚式, の選挙, の銀座, の頃ピエモンテ, はこういう, は前年, は文学的, は日本, までの世界, までの五年間, までの間, までサン, まで百十四年間

▼ 三十秒~ (87, 0.1%)

2 だ, とたたない, にあの, の間, ばかり相対, 消えて

1 [75件] あります, おくれただけ, かかるであろうし, からあの, か四十秒, が命, が経つ, が經, くらいの間, ぐらいつづい, ぐらい待っ, すぎると, たった, だけ余裕, だけ加え, だッ, つきそれからまた, てどれ, である, です, でもよか, で四時, で往復, で爆発, で終り, とか一分, とそれ, とたっ, となる, とはたたない, とは経っ, と経たない, ないし二分, ないし二分の埋め合わせ, にも足らぬ, に一閃光, のうち, のもの, の作業, の現状, の間隔, はかかる, はかかるであろう, はなん, ばかりたつ, ばかりわたし, ばかり継続, ほどかかった, ほどじっと, ほどする, ほどそうして, ほどにせまった, ほどのあいだ, ほどもつづきました, ほども息づまる, ほど彼, ほど沈黙, までわかる, もう十秒, もかからない, もかからなかったでしょう, もすれ, も待った, も睨み合っ, も笛, も経たない, も続けられたろう, を要し, 乃至は, 早い, 程でおさまった, 程になつ, 経ったの, 経って, 続いたと

▼ 三~ (87, 0.1%)

9 の舟 6 の船 4 の小舟 2 と釣舟, の大, の漁船, の苫船, も別

1 [58件] あげられて, いたので, か五艘, ぐらいの汽船, ずつ唐太島, だけが雲, である, でした, とが井桁, ともたがい, とも山一丸, にて事済み, になっ, に乘つて入江, に及ん, のうち, のインド行艦隊, のカノオ, のブリキ製, のモーターボート, の伝馬, の伝馬船, の小舟とわ, の屋根船, の探検船, の水車船, の汽船, の片帆, の田舟, の画, の矢, の碇泊, の等しき, の花見船, の荷足舟, の蒸汽船, の貨物船, の頭, は皆難船, ばかりの船, ばかり流, もあれ, もつい, もやっ, も下っ, も先, も寄付, も竿, も連つて上, 乗った, 取る十艘, 大きな船, 居たので, 帰って, 打ちあげられるけれど, 浮いて, 通って, 集まって

▼ 三通り~ (86, 0.1%)

5 ある 2 あって, あつた, に分け, に分れ, の式, の観念, も四通り, 程あります

1 [65件] あったよう, あったわけ, ありそれぞれ, ありましたが, あります, あり各々, あるが, あるの, かいて, かかったが, か四通り, くらいに分け, でなかったであろうという, といふこと, になっ, になる, にも伝, に処理, に分かつ, に分ける, に分れる, に区別, に書き別けられ, に画, に考え, に見立て, のお, のこと, のそれぞれ一風, のタイプ, の人, の命名法, の國民性, の外, の尊称, の常世, の掛声, の方言, の暦, の暦法, の樣式, の毛, の活動, の浅草, の焼き, の生活, の用い, の異様, の発展, の経費, の虫, は必要, は附い, ばかりの新聞, ばかり見つくろっ, ほどあった, もあった, もある, も入っ, も持っ, をもって終る, 入って, 写して, 出て, 取り寄せまして

▼ 三~ (85, 0.1%)

3 も四遍 2 まわって, も繰り返した, 回って, 繰返して

1 [74件] あがき廻った後, うたいすましたんで, うたっただけで, お辭儀, か, くり返しいう, ぐらいトンボ, ずつやっ, ずつモンラム, ずつ唱え, ずつ礼拝, だけです, つづいて, で尻, と何, なすったこと, なで廻わ, にし, に沢山, の歓迎, はきおとすまね, は行った, は酔ぱらって夜中, ばかりお, ばかり逢う, ほど片足, まで娘, まわるその, まァわっ, もたたかれた, もらうこと, も下女, も入れ替え, も廻れ, も端渓, も細工人, も繰り返し, も耳, も行った, も逢ったろう, やって, ゆさぶって, よみやけど, よむべし, グルグルと, 会ったぎりで他, 全體, 動いたと, 動かしおまけ, 取ったとか, 唱うべしと, 唱うるなり, 唱うれば, 唱えて, 唱えれば, 唱え言, 尋ねた覚え, 屈めて, 帰りかけた, 廻ったという, 廻って, 廻らせられると, 引き止めた, 御振りなさいまし, 振ると, 搖れて, 続けて, 繰り返して, 行きましたよ, 行われなければ, 見りや, 話したん, 逢って, 駈け廻つたやう

▼ 三~ (84, 0.1%)

2 あるいは四点, の中, の出品, の灯

1 [76件] あるのみ, あるん, いえば, から可, から生活, から見られる, が伝来, すぐに, だけはいくぶん, であった, でよい, とか九十五点, とられるからね, と星, と言, なぞということ, なぞといふこと, なり, において交わる, になった, になる, に先程, に分け, に即ち, に尽き, に注意, に要約, に集約, のなか, の勝星, の区別, の占める, の映画, の法則, の火影, の物品, の異同, の草花, の血, の鐘, の骨董品, の黒影, はトルストイ, は今, は小さい, は教正, は比較的, は無論, または四点, まで坐禅, やがて続々と, をあげる, をお話, を一航路, を差押えられ, を徹底的, を放っ, を更に少しく, を林, を目標, を知り, を答えた, を結ぶ, を調べなけれ, を超過, を述べ, を順序, 云わば, 共に同じ, 即ちこの, 取り出して, 描いて, 既に売約済, 灯りし森, 見えたが, 見せ給えな

▼ 三百兩~ (84, 0.1%)

14 の金 4 の大金, の支度金 3 といふ大金 2 と言, の小判, の持參金, 持出して

1 [51件] あるん, か, から吐き出させられ, が今朝, が千兩, ございませうか, するもの, する所, だけ分け, でい, で月足らず, で聟, で賣り, で身請け話, といふの, といふ利息, とは纒ら, と聽, なりの纒まつ, になる, にも上るでせう, にも五百兩, に引, のうち二百兩, の有金, の現金, の資本, の金包, の餌, は今朝清松, は何處, は大した, は欲しい, は要ります, は通用價値, ばかり, ほど持出し, も五百兩, も呉れなくつ, も投, も持出させた, も隱, をお, を出させた, を勘定, を取出し, を叩き返し, を持つ, を費, 取出したに, 小通詞三級銀三百兩

▼ 三~ (84, 0.1%)

3 か五秒, のあいだ, の後, の間 2 か四秒, とたたぬ, と四秒, のあ, のこと, ばかりしん, 置きに

1 [58件] から六秒, から四秒, かッ, がで, が一番, が最高, くらいしなけれ, くらいの間隔, ぐらいで泳い, ぐらい続き, しかありません, して, じッ, するどくみつめ, たつと, だったかも, でありました, でありタグチさん, である結果, ですませ, で凍る, で勝負, で殺す, で軒下, という世界記録, とし, とはつづかなかった, とは続かなかつた, とは續, にし, には及びません, にモロー彗星, に地球, のあいだ眼, のうち, の出来事, の沈默, の沈黙, の記録, の週期, の間三人, の間毒気, の隙, は気, ばかりの間, ひらく大, ほどつづいた, もかからなかった, もたたない, もたつ, も四秒, も掛つた, も過ぎる, をわらない, を破らない, 俄然中谷助役, 動かなかつたの, 程になる

▼ 三十男~ (83, 0.1%)

8 です 5 でした 3 ですが 2 が物事, でその, と下女, のよう, の喜八郎, の独身者

1 [55件] がすわっ, が云った, が僕, が少し, が平次, が猪, が見, が見付けた, だが, だけが案内顏, であった, である, でお, でおまけ, でこれ, ですから, で主任大寺警部, で伜菊次郎, で何となく, で何より, で目, で眉, で遊び好き, と与三郎, にすぎなくなった, になつて, に化ける, に見える, のこの, のその, のづうづうしさで, のんびりした, の二人, の仲平, の八五郎, の和助, の意気地, の感覚, の町人, の皮膚, の遊び盛り, の金五郎, の顔, の馬, はいつ, は気, は臆病, も襟巻, わからぬこと, を伴, を引っ張っ, を発見, を相手, 少し剽軽そう, 少し剽輕

▼ 三十里~ (83, 0.1%)

3 の隔て 2 の道, の間

1 [76件] あわただしの, からある, から歩い, ぐれえ何, すれば, その尽く, だったであろう, である, でございまする, という洋上, とその, と他国, と追いかけ追いかけ鞭打った, に及び, に渉, に足らず, に陣取った, のドーバー海峡, の下流, の中, の先, の処々方々, の地, の外, の小, の山, の山中, の山間, の峡中, の平原, の彼方, の政事, の流, の深山, の清水港, の谷, の遠方, の野, の長い, はあゆむべし, はたいした, は修羅, は日本アルプス, は歩く, は軽く, ばかりの処, ばかり出, ばかり隔たった, ばかり離れた, ほども来る, ほども退却, ほど先, ほど小, ほど東, ほど谷, ほど退い, まで出迎え, まで迫った, もある, もゆく, も引っ, も敗走, も東京, も歩く, も距, も退いた, も遠く, も離れ, をわざ, をわざわざ, を出でざる, を帰り, を渡い, 往いて, 躍龍潭, 退いたという

▼ 三四度~ (83, 0.1%)

3 に及びし, も有りける 2 も転居

1 [75件] あったり, ある, いな, お友達, かかった, かかつ, かの女, くり返し手紙, ぐらいなら, ぐらいまでのぬるい, このこと, しかありません, しかだれ, しか会った, ずうっと, ずつは往復, ずつは必ず, ずつ彼, そういうこと, そうした罪, そうやっ, です, とは通らなかつた, にくぎっ, にし, にもおよんだ, に上る, に及び, はきまつて, は上る, は何となく, は欠かさず, は行, また夕刻帰邸, もその, もつづい, もつづけ, もやつ, も低い, も出かけ, も危く爪, も忍び, も来た, も歩き, も泥, も素気, も良沢, も行つたの, も読んだ, も貸し, も鎌倉, やると, よこした, 会ったこと, 会って, 加わって, 同じ言葉, 壊れたん, 寄って, 当てた, 押しこんでから, 来たか, 来たこと, 現われたが, 盗んだ物, 知り合ったに, 続くうち, 繰り返されて, 繰返した頃, 行って, 見かけました, 見に, 調べられた, 逢った, 逢ったばかりの

▼ 三十万~ (82, 0.1%)

7 の兵 3 の大軍, の金 2 にも達する

1 [67件] あり国中春, かないや, からになっ, からの生粋, から四十万, か四十万, が城下, ぐらいのもの, だすぐらゐなら, ですね, でも社, という人口, という金, といふ, といわれ, とかいう相場, とはいう, になっ, には過, にゃすこし, に充たず, のみでなく, のクラブ員, のサルマチア族, のロッペン鳥, の人々, の人口, の人民, の借財, の労働者, の味方, の増加, の多き, の大兵, の未, の来るあら, の民, の特権者, の町, の異姓, の精兵, の群集, の軍, の青年, はあるだろう, はあるであろう, はよろしく, は大した, は用意, ばかりかけ, ばかり今夜中, もこの, もって, もつぎこんだ, や五十万, を下るまい, を動員, を従えた, を発し, を直ちに, を相手, を算, を超え, 乃至五十万, 儲けたん, 近い人間, 近い金

▼ 三十三年~ (82, 0.1%)

4 である 2 と三カ月, の一月, の十二月, の夏, の期月, の條, の生涯, の秋

1 [62件] からのこと, から三十六年ころ, たった今日, だから, だと, であって, であるから, である吾派同人, と称す, に, にご, になりました, になる, にはここ忍沼, には五月二日, に今, に六年, に出来た, に十七尺, に当る, に役所, に日本絵画協会, に来った, に浦和, に狩谷氏, に發, に聯合軍, に至つて路, に靜岡縣周智郡長, のあいだ, の一月一日, の七月二十一日, の三月二十七日, の三月十日チベット暦, の中秋, の九月, の北清事件当時, の十二月ラサ, の収益, の四月, の忌, の新聞生活, の日本美術院展覧会, の春, の春頃, の時, の暮, の歌舞伎座三月興行, の正月, の正月芝居, の間, は春木座, は犬, は私, へかけ, までに該地, までの一年, も今日, も地中, わが二十二歳, を経, 即ち北清事變

▼ 三~ (82, 0.1%)

3 も四筋 2 か四筋, の皺, の髪の毛

1 [73件] あって, ある, あるので, ある岐, があり, くっきりと, ぐらいずつ光っ, さらにさらさらと, しかありませぬ, すく, たなびいて, だけ余分, とも色合ひも形, に, にかかっ, になっ, に分れ, に分れる, に別れ, に塗られ, に宝結び, のうち, のけむり立つ, のもつれ, のゆるやか, の不安, の人種, の処, の友達川, の噴煙, の大通, の往来, の柳町, の煙り, の絲, の脉, の赤縞, の静, の髪毛, の髮, の麻縄, はらはらと, ばかりの皺, ばかりの長い, ばかり向う, ばかり耕, ばかり蒸氣, ばかり長い, ばかり青, ほど床, ほど括られ, ほど紫色, ほど芒, も血, を手挟み, を斯, キラリと, 付いて, 入れその, 取っても, 垂れ下るの, 夢見るよう, 当て置け, 後毛, 散りかかるほつれ毛, 溶けて, 濡れて, 現れました, 白い髪, 程ある, 粘り付いて, 粘り附いて, 長い髪の毛

▼ 三十六~ (81, 0.1%)

5 の瓢箪 42 そんなには, であった, であつ, という, になった, になつ, にもなっ, までの数

1 [56件] おりる, か七, だ, だった, だったが, だつた, だと, ですつて, ですよ, ですマダム, でなくなりました, で初めて, で死ん, という年齢, となる, にし, にしかならない, になっ, になりました, になります, のうち十八, のころ, の今日, の光平, の劃内, の印刷工場, の大砲弾, の年遁世, の手, の手荷物, の方, の時, の椅子, の湾それぞれ, の童子, の美しくも, の義枝, の胡桃, はそう, は却, は愚か, は挫け, まで足かけ二十六, もう玄米, や七, よしっかり, より四十三, よ今夜, よ御苦労様, よ新しい, よ此, よ緩, 大きいの, 急ぐな, 早撮, 負けるな

▼ 三十本~ (81, 0.1%)

4 から五十本, の刀, の神 32 ありましたが, ほどの刀

1 [62件] かけ並べた白刃, かけ並べた白刄, ぐらい一束ね, ぐらい転がっ, ずつの毛, そら, だけ自分の, だけ負けた, でも人, で僅か, といふの, とかの神, ときまっ, と一生懸命, と入, にしない, にしなけれ, になる, に及ぶ, のマンノー, の代赭, の刀全部, の吸い, の大きな, の杉, の杭, の松明, の終らない, の針, の髪の毛, の鰹, はない, は確実, ばかりある, ばかりと清酒, ばかりのろうそく, ばかり次第に, ほどおくれ, ほどつまっ, ほどつめこん, ほどの大小, ほど試漕, むらがって, もの手, もカンフル, も並べ, も出た, も右, も堂塔, も漕ぐ, も立つ, 借り非常, 吸ったこと, 平らげたこと, 引っ懸っ, 打ちこみましたがね, 打ち出すと, 揃えたもの, 撚りくらいに, 混ぜて, 立って, 買って

▼ 三空曹~ (80, 0.1%)

3 のこと, はそれ 2 の体, の名, の方, は自分, は舵, もこの

1 [62件] がよびかけました, が壮烈, が操縦, が笑いました, です, との乗った, とはこの, なんだかエンジン, にはきこえた, にむかっ, によびかけました, に声援, に彼, のお, のがんばり, のこの, のそば, の下っ, の乗っ, の人間わざ, の仇, の悲痛, の最期, の服, の死, の焼け, の燃える, の生命, の空中, の考えだしたおどろくべき, の腰, の顔, は, はあくまで, はうれしなき, はお, はここ, はこの, はさすが, はじゃまもの, はすぐさま, はすこし, はついに, はどなり, ははりきったこえ, はほめられた, はまったく, はもうすこし, はりっぱ, はバンド, は怒った, は怪塔ロケット, は桿, は機体, は武者, は磁力砲, は頼もしい, もいさましく, もっと小さく, も鬼神, を励まし, を殺した

▼ 三~ (80, 0.1%)

32 となっ, に, の札, の言葉, を見よ

1 [67件] あるうち, あるのみ, からなり, から成, が, がそれ, が軽快, さ, だけの書き手, だつたが, では, で勘弁, で老人, で長たらしく, として, と七章, な概念, においてはヨブ, におけるヨブ, について一言, にはギュスターヴ, にブリレツム辺等, に收め, に示され, に約し, に見ゆる, に農家, の, のみこ, のヨブ, の下, の中, の二節目, の反覆, の哀語, の寛仁, の御, の救主予言, の断章, の末, の痛歎, の研究, の神婚説話, の結末, の要, の訳註, の間, はその, は三段, は河間七篇本, は私ひとり, は統計, ほどのレムブラント, もなか, を友達, を掲げ, を書い, を筆写, を約した, を読ま, を譯, を讀みしか, を附加, を除い, を齎した, 読んで, 飛び読みして

▼ 三四尺~ (79, 0.1%)

4 の流れ 2 のところ, の間隔, の雪, の高, も積, 去女王四千餘里

1 [63件] から五, から六, ずつ違う, たった五六坪, で充分, で光り, ということ, といっ, にも達する, に穴, に達し, に達する, のこと, のもの, のトタン屋根, の土橋, の大, の小さな, の段, の氷柱, の沙魚, の泥, の深, の火尾, の由, の空地, の糸, の距離, は二厘柄, は離し, は高かっ, ばかりその, ばかりに土, ばかりの蛇, ばかり小高く, ひらりと, ほどで, ほどのところ, ほどの店, ほどもあがっ, ほど引き摺り歩いた, ほど離れ, もあらう, もありませう, もある, もポンプ, も伸び, も増す, も歩い, も突っ込み, も退った, も隆起, も離れた, を一厘五毛柄, 切り下げたもの, 或は一丈下, 短くする, 短くつける, 自朱儒東南行船一年, 跳び退いて, 辷らして, 離れたる所, 高さ一丈二

▼ 三毛猫~ (79, 0.1%)

2 が云, でした, のよう, の雄, を抱い

1 [69件] から追, がいる, がおもちゃ, がじい, がはひつ, がやって来ました, が一つ, が一匹, が一匹静か, が一緒, が云いました, が何処, が出, が口, が室, が朝仕事, が来, が行方不明, が音, が飼っ, だあ, だけ連れ, であった, であつ, である, であるが, でもあやす, で北, で毛色, で躯, とは栖鳳氏, と一緒, などにし, なの, になりました, に狙, のしなやか, のまり, の事, の二つ, の大きな, の姿, の様, の死骸, の背, はあんまり, はこの, はすぐ, はその後, はだまつて, はとびつきました, はもう, はビックリ, は一番正直, は吃驚, は彼女, は急, までみんな財産, も仕方, も気持, をさすり, をなだめました, を一匹, を捕まえ, を盜ん, を空腹がらさんやう, を膝, を見, を見つけました

▼ 三百石~ (79, 0.1%)

4 の田地持 3 の旗本, 取の 2 といえ, にも踏め, の侍, ほどあった, も持っ, や五百石

1 [57件] あるとは, いただいて, かがやしき, ぐらいであった, だ, だからの, だという, である, であるから, ですぐ, での五百石, で召還, で赤穂, とし, となれ, と二十五人扶持, と申す, にすぎない, になり, には取立て, に六百両, に準ず, のえらい, のお, のおじいさん, のもの, の内藤常太郎さん, の加増, の合力米, の家, の寺領, の小身, の屋敷, の御, の微々たる, の歩行頭, の殿, の無, の知行, の知行取り, の米, の高祿, はむかし, は優, ほどの家督, もお, もらう, も田地, をその, を加増, を忘れない, を給, を頂戴, を食み, 取った奴, 取以上, 被下置

▼ 三代目~ (78, 0.1%)

3 となる 2 では, という, の主人, の家族, は

1 [65件] かであった, かの廣重, か四代目, が出現, が嫁, が山田長政, ぐらいに貴族, こうしていまだに, だという, であらう, でありますが, であるよう, でも短時日, で初代, ということ, という時代, として彼等, とすれ, との間, と続い, と襲名, なん, にあたる, になっ, になる, にはなき, には四倍, に家, に当る, に授け, に至っ, の, のが, のつき, のオービユルン, のモルモット, の今日, の先生, の太, の宗旦, の家光, の小糸, の店子, の当主, の忠利公, の怪談, の新, の横井何太郎, の此, の法王, の皇帝, の綱宗, の芸, の金庫, の院長ベルトラン神父, はさておき, は中部, は日本, は諸, は谷川氏あたり, は難しい, よ浮木, をすでに, を門弟, 少くとも

▼ 三十二年~ (78, 0.1%)

5 の春 3 になっ, の秋 2 である, のこと, の八月, の暮

1 [59件] かにでき, からこの, からはじめて, から三十三年, か三年頃, そろそろ重い, つまり日本, であった, でしたが, でそれから, でもっとも, という, という三年間位, といえ, となせる, と称し, に, にその, には倉田, にわたる頃, にチベット, に二ヶ村, に京都府, に六十六歳, に刑事民事訴訟法, に十七尺, に女学校令, に来朝, に東京, に東西, に百五十一箇, に菊池博士, に計, のお正月元日, の一月五日, の九月, の作, の十二月十一日, の十月, の卒業生, の四月博文館, の夏, の夏頃, の子規, の末頃, の條, の正月, の秋風, の頃, の頃文廷式氏, の頃清朝, の颱風, の高等女学校令, はどんな, は小, は明治二十三年, まで三年間, 即ち天保三年, 又は三十四年

▼ 三~ (78, 0.1%)

2 さげて, にし, の籾, ばかり取り分け, や五升

1 [68件] ある, ぐらいはペロリ, ずつの米, たかねば, だけのお, つくって, であ, でも手銭, で二百十七文, で濟, で解き, で酔う, というの, とよび, と提, と松, と決め, なり買っ, にあるいは, にかがっ, に足らぬ, に過ぎない, のうち, のなか, の大豆, の富樫, の弟, の暫, の水, の白米, の目印, の米, の紋, の蕎麦, の評判好きこと, の酒, の餅, はある, は八代目団十郎, は取れるであろう, は呑んだ, は酒, は重, ばかりだつた, ばかりに銭五十文, ばかりの米, ばかり持つ, ほどの米, ほどの酒, ほどもちごめ, ほど搗い, もある, もって, も入る, も飲んだ, や橘, を炊き, を越えた, 借り, 借りる, 入る, 少々ぐらいの, 持ったら何とか, 焚きぐらいの, 焚きの, 程花菖蒲五百株送附, 詰めたくらいに, 飲んだつてホロ酔ひ

▼ 三~ (78, 0.1%)

12 では, より現 3 からである, より現われた 2 が最初, に付せん, に対する原著者, に至っ, までに多く

1 [38件] かが出た, からのもの, から削除, から書き改められ, から現われた, が一八九六年, が出た, であった, でそのまま, で削除, で著しく, と重ね, においても第, において著しい, にて若干加筆, にとり, になり, にはじめて, には大分, に助け載せられ, に書き改められた, に現われ, に至って, のもの, の完譯, の裏, の頃, は数ヵ処, は期し, また七九年, よりのこと, よりの新, よりはじめて, をそのまま, を出し, を印行, を購う, 及び第

▼ 三~ (78, 0.1%)

6 の雲 4 のサンドウィッチ, の糸 3 に變, の帽章 2 ういろ, のみを識別, の母衣武者, の淺, の線, の記章

1 [46件] があり, が用いられ, しか使ってない, しか使つて, だ, で九つ, で濃厚, という気, と赤十字, にそめ, に変, に明, に点滅, に進歩, のかがり, のスポット, のネオンサイン, のモール, の交通信号, の古い, の布, の心持, の怪しい, の染め分け, の活動写真, の澱粉, の瓦, の異なった, の細い, の緑, の美しい, の色彩, の配置, の金, の鯉, は仏国, も御, や四色, より用いない, をなし, をよく, をカッ, を以て染分けたる, を用い, を見た, 入り乱れて

▼ 三十四年~ (76, 0.1%)

4 である 3 の秋 2 で一葉柳浪二家, に卒業, の十二月, の後, の春

1 [59件] か, かかりました, から五年, から十年間, から明治三十九年, それから日露戦争, でない, で彼, といえ, とは永徽六年來朝, と五年, なりきダンテ, なりし, にせがれ, になる, には我等夫婦, には翁媼共, には脩, には遠藤さと, にやはり, に一二六六年, に与謝野晶子, に先, に再び, に十四尺浸水, に女子, に帰京, に新聞, に有名, に法科大学, に當, に至って, に至る, に飯田, のこと, のころ, のチェルシー, の三月, の九月末, の二月, の五月, の今日, の六月, の六月十日, の十一月, の十一月十八日, の十月, の夏休み, の暮, の活動, は演伎座, は過ぎ去りぬ, までの私, もおくれ, も後, も押, も暮れ, より後で, 勤めて

▼ 三千年~ (76, 0.1%)

7 の昔 6 の歴史 3 の文化 2 にし, に一度, の伝統, の間

1 [52件] か五千年, が三日, が間, ぐらいにしかならぬ, だよ, であ, とおつし, になる, に一度実, に亘つて, に亘らう, に及ん, のあいだ, の先, の光栄, の古, の古い, の夏毎, の媚, の春毎, の時, の杉, の桃, の欧羅巴, の皇恩, の系図, は昔, ばかり前, ほど前, または四千年以前, もあっ, もいにしえ, も前, も少かろ, も生き, も経った, も続い, も言, も言い古した, を司配し, を流る, を滝壺, を経たる, を経ました, を經過, を通じ, 乃至五千年前, 活きようが, 程前, 程逆戻り, 第一等, 経って

▼ 三びき~ (74, 0.1%)

10 の犬 4 のろば 3 の子, の小, の小犬, の虎, の金魚 2 の大きな, の赤い

1 [41件] いるの, くれました, しかいなかった, しか釣れなかった, ずつのサル, だね, だろうが, でありました, とつづい, とも捕まえ, とも死ん, とネコ, のあわ, のうち, のうち二ひき, のお化け, のかわいらしい, のきれい, のひき, のアリ, のイヌ, の大きい, の子供, の子供ら, の新しく, の蛙, の雄, の骸骨, の魚, はどこ, ほど遊ん, もい, もいる, も見つけ, も食べ, 光った, 大ねずみ, 死んで, 買うほどの, 買って, 飛んで

▼ 三メートル~ (74, 0.1%)

7 もある 2 ほどに近づいた, ほどむこう, もあっ

1 [61件] あった, からの巨大, ぐらいです, ぐらいの幅, ちかくの, では, とした, とはなれ, と青江, ならその, になっ, になる, にのびる, に減じ, のこる, のエベレスト山, の厚, の大きな, の所, の深, の積雪, の間廊下じゅう, の高, ばかりあった, ばかりうしろ, ばかりの丈夫, ばかりの小, ばかりの身, ばかりの雑木, ばかり上, への尾根, ほどおりる, ほどすすみました, ほどで終り, ほどに近づい, ほどのところ, ほどのもの, ほどの台, ほどの坂, ほどの太い, ほどの深, ほどの道いっぱい, ほどの長, ほどはいあがり, ほどへだて, までは平坦, もうき上がっ, もひくい, もへだたった, もむこう, も上った, も引き離され, をこし, をひく, をへだて, を超える, を越し, を越す, 下って, 下っては, 走れば

▼ 三十二~ (74, 0.1%)

3 の年 2 か, だと, という, といふ, のピアノ, の千両箱, の大, の歳

1 [55件] あった, ありと, か三, きろの, ぐらいの若, しかもなお逆境, じゃない, じや, そっくり同じ, だけがこれ, だぞ, であった, である, ではじめて, で亡妻, で名, で御座る, で恋, という外形, といえ, と一目上り, と云っ, と五十六, と言っ, なん, にいわく, になっ, になった, になってた, になつたの, になります, になれ, に対して僅か, に死ん, に相成ります, のお, のとき, のソナタ中, の不思議, の主任司祭館, の人, の何処, の僕, の厄前, の哨所, の四重奏曲, の若, へん, まで, も咲きました, も年下, より今年五十四, 及び, 咲きましたてば, 良二十五

▼ 三~ (74, 0.1%)

4 があつ 3 であつ, である 2 のしづ, のシゲ子, を挙げた

1 [58件] あらわれたるが, ありて, お品, があっ, がお, がまだ, が七つ, が敬, が生れた, が赤痢, だとして, であったお, で山内氏, で時, という, として姫君, と共に寂しく, と共に秀吉, と結婚, などは数え年, に有, に生まれた, に生れ, のいみ, のそれ, のとみ, のとみ子, のなき, のひとり, のやう, のよう, のアレクサンドラ, のジェン, のフランチスカ, の兒女, の園, の死, の礼子, の種子, の種子姉, の美しい, はそれぞれ他家, は三子, は今, は姉, は死に, は無事秀吉, は生, をアーディマリ家, を入らしめた, を娶, を抱え, を持つ, を挙げ, を東宮, を生んだ, を設け, 世にいう

▼ 三日うち~ (74, 0.1%)

4 にまた 32 に参ります, に帰国, に来る, に死ぬ, に行っ

1 [57件] と思つて, にある, にう, にお, におふくろ, にお返し, にきっと, にきつ, にこの, にすっかり, にすべて, にだってお祭, にね, にはすこし, には屹度大丈夫, には自分, には見つけます, には雨龍, にやるらしい, に一先づ歸宅, に三沢, に上っ, に主人, に二枚, に京都, に仏印出発, に兇器, に全国庭球大会, に出, に分る, に又, に四五日うち, に大次郎, に大阪, に女学生, に小田原, に届けます, に山, に帰らなけれ, に床上げ, に引越し, に当地, に揃いましょう, に歸京, に死ぬだろう, に江崎満吉, に牛島神社, に私, に立ちます, に立っ, に紫陽花, に締めます, に若い, に荷物, に退院, に雨龍, に願書

▼ 三種類~ (74, 0.1%)

4 のもの 3 ある 2 がある, の外国煙草, の考え方, の鼻

1 [59件] あって, ありまして, あります, あるので, ある事, があつ, くらい別, ぐらいの運動, つくりました, であって, であります, でこれ, です, でそれ, になっ, にもさまざま, にわけ, に分け, に分けられる, に分たれ, に分ち, に分れ, に分れる, に分類, に区別, のうち何れ, のほか, のアカバナ, のウォツカ, のディレッタント, の事実, の他者性, の内容, の刺身, の区別, の夕刊, の外, の外国語, の奈良文献, の小道具, の尼僧女学校, の新聞, の本, の永劫, の画家, の系列, の詞章, の雑誌, の面, の魔人, は見られる, ほどの錐, もお, も完成, を作っ, 或はもつ, 用いて, 習った, 見た

▼ 三十一歳~ (73, 0.0%)

11 の時 3 であった, であつ, のとき 2 である, になっ, になった, になる, の若, は三十一歳

1 [41件] から五十二歳, その臨終, だけのこと, だった, であった枳園, でお, で夭折, で夭死, で妻, で従容, で既に, で死ん, で江戸, で池, で県会議員, で迷庵, で雁次郎横丁, となった, とは思へぬ, なら二十七年, なりにいろいろ, にし, にて慶安二年俄, になつた私, になつて, になり, のそれ, のバッハ, の三月, の某, の猪, の男, の碧山, の誕生日, の青年, は三十一歳みたい, まで完全, まで諸国, より三十六歳, 子夏, 若くは

▼ 三十八~ (73, 0.0%)

4 たべた 3 にもなつて 2 だと, です, になる, のとき, の大, の年, の銃眼

1 [52件] かひょっとしたら, か九, だ, だってね, だつた, であえなく, であった, であつ, である, でお母様, でこの世, ですもの, では年, でへエ, で初めて, で容貌, といふ, といふ大, とする, となり, と云, と云う, と改竄, と聞い, になります, にもお, にもなっ, にもなる, にもなろう, に成ります, のいい, のとき三たび江戸, のとき江戸, の人生案内狂, の今日, の働き, の女盛り, の娘, の時一度, の歳延宝八年, の皺, の若, の誤で, はインデアン人種, は隣室, ばかりを書き抜い, もう一廻り上, も食った, や九, をかける, を早飛脚, 子徳十四

▼ 三四十人~ (73, 0.0%)

2 に過ぎない, の形, の浴客, の群衆, 集まって

1 [63件] いたその, いや四五十人, がふたり, が各, が島津, くらいおける, しかもみな, して, ずつの卒業生, であったかと, で取卷いて, にすぎない, にすぎなかった, のいる, の人, の人物, の党員, の声, の女, の子分, の客, の宮女, の教師, の教授, の教育, の武者輩, の眼, の覆面少女, の間, の隊伍, の顔, の麗しい, はいるだろう, はうごめい, はもう, はやられた, は優良, は入ります, は連れ, ばかりどっと, ばかりどつと, ばかりの兵, ほどお召, ほどそこ, ほどの聴き, ほども付い, もあろう, もいます, もちり, もゐる, も使っ, も寄りあっ, も泊, も詰めかけ, を入れる, を出ない, を埋め, を手兵, 多い日, 居る, 蹴破って, 集った信仰者達, 集まった会合

▼ 三五年~ (72, 0.0%)

2 この方, になる, の二月十三日, の初め, の春ごろ

1 [62件] から一五三七年, から七年, から三七年, このかた, だ, であること, とに於ける, とを較べ, ないし一七五五年, ないし四〇年以前スイス, にかけた, にそんな, にてブオンデルモンテ, にはいっ, にはモールス, には名誉, には静電気, にイリア, にバッセイン, に亡くなっ, に京大, に公刊, に国際聯盟, に書かれた, のこの, のもの, のサンフランシスコ, の上半期, の中, の事業, の五月一日, の人物, の初冬, の初夏, の四月, の夏, の大陸, の太陽, の後, の早春, の春, の海外渡航禁止, の研究, の秋, の第, の給仕監督, の総, の艱苦, の間, の非常時, は一ヵ月凡そ十四五冊以上, は案外, ほどになやみくらし, までつづいた, までに既に, までに発表, までの新しい, までパリー, も續, より翌, をすぐれ, を豫想

▼ 三六年~ (72, 0.0%)

3 に這入っ 2 に文学誌, の, のこと, の思想界, 及び一七三七年

1 [59件] からは灯台, が最後, ついに権力者, であろう, という年, としての特色, ないし一七四一年, において社会情勢, におけるツァラア, にはオランダ, にはフランス, には六十七歳, には小松清, にアメリカ, にコルドヴァ, にピサロ, にファシズム, に今ジャン, に入っ, に全然, に効力, に帰着, に死す, に生れ, に第, に英国, に諧謔小説, に釈放, のごく, のダイジェスト, のバイロイト, のルーズヴェルト大統領選挙, のヴェノスアイレス, の一月十九日, の二・二六事件, の二月, の内乱, の初め, の初夏, の十月二日, の哲学科学, の声明, の夥しい, の始め, の少なくとも, の年頭, の引き, の当時, の文学, の来航, の特別議会, の秋, の議会, の追放者二百八十七人, は全く, は思想界, は私, まで, まで法王

▼ 三十二歳~ (72, 0.0%)

5 であった 4 の時 3 である 2 くらいで, で死んだ, になった, になつて, の生涯, の男盛り, より下

1 [46件] だが, だったであろう, だと, であったの, であつ, であるが, でこんなに, でナオミ, で保釋, で初めて, で子供, で早, で溌剌, で熊本, で生活力, で生涯, で祐二, で神辺, とはそれ, ともあれ, と改めね, と書い, になっ, には少し, にもなっ, に當, のとき, の三月清澄山, の下手, の二人, の四月, の大きく, の大工, の女性, の巨体, の巨體, の市, の年, の春ドイツ, の白系韃靼人, の美しい, の酔詩人, の間, の頃, までである, 即歿前二

▼ 三十名~ (72, 0.0%)

2 ほど中

1 [70件] から三十五名, がどっと, が藻屑, が集っ, ぐらいでしょう, ぐらいはいよう, であった, であるのに, で作っ, との珍事, とはいない, とフランス, と共に出張, と勢揃, ないし三十五名, に減じ, のいわゆる, の余, の兵, の剣星, の執筆者, の壮漢, の子供, の情報, の捕手, の援軍, の新, の新入生, の新田方, の日本人信徒, の武士, の男女, の組, の者, の賛成, の重役連, の銃口, の青年, はたしかに, は対外部的, は後, ばかりで, ばかりと一緒, ばかりの人, ばかり差入れ, ばかり田, ほどで守っ, ほどの家中, ほどの来賓, ほどの知友, ほどの警官隊, もあり, もあれ, もおりましたろう, も代議士, よりもずっと, をはじめ満場, をもつ, を二分, を付近, を先頭, を取り, を撃ち取り, を艶, を越える, を預かる, を預ける, 近い, 近い女弟子, 近い研究員

▼ 三~ (72, 0.0%)

2 に特に, の最上

1 [68件] あればこそ, が二呎半, が何事, が入, が即ち, が大きな, が文学座, が涙香, が熱した, が組織, が考へ, が聞く, が酔, が震災後, その死んだ, であり型附, である, という, とはまるで, とは兄弟, とは領事館, とも, とも相談, と一しょ, と互に, と余, と共に六時, と共に國頭, と協力, と私, と言う, と附近, なりにいずれ, にも逢つた, に懺悔謝罪状, に調べ, に過ぎなかつた, のやう, のよう, のアメリカ劇紹介, の中, の入, の外, の奉公, の居る, の座談会記事, の方, の時間, の殉教的努力, の絵, の賜, は, はどうやら, はドノバン君, は三君, は修養会場龍穏寺, は居残つ, は揃い, は生面, への同時, へ手紙, もこう, も来り, も辛抱, より御礼可, を促し集め, を維新, 各

▼ 三~ (72, 0.0%)

2 の心, の顔, は唐鍬

1 [66件] から出る, が床, とは五六間, にしろ, にすすめた, には竜雄, に話しかけた, の一坪四銭五厘, の上, の前, の寝, の爛れた, の眼, の瞳, の言葉, の訴え, の足許, の長い, は, はいろいろ, はす, はすっかり, はその, はそのまますぐ, はその後, はそれ, はどんな, はなかなか, はなんとなく, はもう一度, はもう一度こう, はやはり, は一本, は一緒, は不安, は事実, は二度, は今日, は他所, は伜, は勿体な, は口, は土まみれ, は少しむっと, は市平, は思い出した, は涙, は爛れた, は病気, は痩せこけた, は白毛混じり, は稲扱き機械, は突然, は笑い, は紙, は自分, は自慢, は訊いた, は辞退, は遠慮勝ち, は重い, は開墾場, は難儀, も市平, も村, も爛れた

▼ 三~ (72, 0.0%)

3 を見よ 2 に, になる, の第, 捲る様

1 [61件] から引, ぐらい読め, しか読ん, ずつ目, ずつ読んだ, だけはぐっと, であ, でも引剥, と五四頁, にあっ, にあり, にある, において計算, にその, にはこんな, にもお, にも書けず, にも足らぬ, にアーマドナガール, にペンシルヴァニア, に亘る, に出でざる, に基づく, に当時, に林魁一君, に渉, に紀元三九八年カルタゴ, に英国, に蝮酒, に西アフリカ, に記念, に過ぎぬ, のあたり, のもの, のノート, の一巻, の半紙本, の文章, の表, は引用, ばかりの小品, へ熊岳城, もよみました, も五頁, も書い, も詩, も讀まない, よむと, をよんだ, を参照, を影, を書いた, を模, を模する, を繰り返し, を読ん, 程の手紙, 読み一枚翻訳, 読み返して, 進むと, 飛び読み

▼ 三ヵ所~ (71, 0.0%)

3 の城 2 にボヤ, の札, を巡礼

1 [62件] ありました, ありますので, かすり傷, からみるみる, から同じ, から寝床, から火, から熾ん, が幕府経営, ずつつごう, だか, つまり背中, でいつ, でおこった, でがさがさ, でそうして, でひらかれ, にある, につみあげ, にもきこえるらしい, に仮, に分れ, に大きな, に大袈裟, に放った, に橋, に火災, に灯皿, に組屋敷, に陣, に陣地, に飛び飛び, のみ霊, の功力, の宿場, の山関, の浅手, の温泉地, の牧, の用達し, の短刀傷, の観音詣で, の賭場, の陣, の陣屋, ばかりある, ばかり直径二三尺, へ落雷, へ門人たち, ほどの浪, まで奪取, も受領, も堤, も落ちたらしかった, も見, わかれわかれに, をふやす, を模, を毎日往来, 受けたという, 嗅いで, 残って

▼ 三十一~ (71, 0.0%)

5 になる 43 か二, の年, の時 2 すこし流行, だから, だった, であった, にし, になっ, の冬

1 [39件] だかの, だが, だったの, だとよ, であったから, であつ, でこれ, です, ですって, でせう, で万乗, で下宿住まい, で夭死, で女房, で色, で討死, という遅い, と書かれた, と稱, なん, になった, になつて, にもなっ, にもなり, に成った, のとき, のバカ, の大, の大学, の年頭, の男盛り, の第, は紐, まで十六年間一座, まで独り者, を斃, 子棠助七つ, 新吉原夜景, 長二十七

▼ 三~ (71, 0.0%)

2 です, の悲劇, を発表, 第四場

1 [63件] からヘルマー, が三幕, が二十四年十月, が単に, が国立劇場, ですがね, で岩見重太郎劇, で閉場, といふの, とも舞台, と四幕, と淡淡, などを私, なり, にかかっ, にかかる, にて山崎合戦, になっ, にまとめられる, にわけた, に別れ, に於, に発揮, のみで, のもの, の全曲, の前奏曲, の善鸞遊興, の如き, の想像的舞台, の想像的舞台面, の戯曲, の戲曲, の改作, の登場人物, の白人, の箕輪, の終り, の観物, は僕, は別に, は城, は宮崎三昧, は岡君, は草案, ばかり夜, ほども済んだ, まで見, も続いた, より一年後, をとどこおり, を上場, を俳優座, を全部, を書い, を書いた, を浄書, を訂, を通じて最も, 未完成一作, 第一場, 第二場, 見たの

▼ 三等車~ (71, 0.0%)

7 の三輛目 4 の中 3 の隅っこ 2 の方, の片隅, の窓, の隅, の隅ッこ, は神戸

1 [45件] かそれとも, だと, であつ, でなければ, で九州, で遣っ, との間, には都市警察庁, に乗せられた, に乗せられました, に乗っ, に乗った, に乗りたい, に入った, に少, に少し, に眠られぬ, に膝, の中央部, の乗客達, の人いきれ, の人ごみ, の内部, の前, の固い, の客, の席, の床, の或, の板, の網棚, の間, の隅ッ子, はこみ, はやけに, はホーム中央事務室, は割合, は込み合つて, は鋼鉄, へ押し込ん, へ行, よりも二等車, より下り, を厭う, 次に二等車

▼ 三階建~ (71, 0.0%)

5 の大きな, の家 2 だった, である, のビルディング, の一坪館, の下宿屋, の大, の家屋, の洋館

1 [45件] があっ, がある, が多く, が立ちかかっ, だつて, であつ, であるが, であろう, でかなり, でその, で信長, で入口, で地下室, で建設費, で役場, なの, になっ, のお, のこの辺, のよう, のシャレエ, のテューダー・ハウス, の古, の多少, の威風, の建物, の普請, の木造家屋, の校舎, の構, の此ガクガク, の潰れ, の煉瓦造, の白壁, の石造, の社屋, の美しい, の見事, の赤煉瓦, の青楼, は二階建, は勿論, をつくられた, 何とか院樣, 程の建物

▼ 三~ (70, 0.0%)

5 という, よ 3 と云, 女の 2 が若者中, といふ, ね, んに

1 [46件] あくまでも居ねえで通し, からね, から一つ上, から歳どん, から氏輝, が, が十七八, が変, が智慧, が見た, けれども七十三, つたお玉が, つたで, つたとお, つたのよ, つてね, といい, というで, というん, という多少, という理窟, といへ, とさ, とて有る, とサ, と云う, と云つて, と云われた, と出た, と思われる, と自称, と頑張っ, な, もの私は, やっぱり男らしい, よ背, よ誰, んほど, んほどの, ん交代の, ん梯子を, ネもう, ベソ三だ, 十三時だ, 彼は, 雲霧の

▼ 三十七~ (69, 0.0%)

4 になる

2 [12件] だ, だよ, であった, でお, という年, と云う, なん, になっ, になつて, の年, の時, まで生き

1 [41件] いやもう, かとさすが, か八, だった, だと, だとの, だ人, であ, であつ, でございます, です, で小太郎, で戦死, で没した, で自分, で若い, で道臣, というよい, という所, になつ, になり, になります, になるだ, にもなる, に上げ, のオヤジ, の壮齢, の女, の己, の御, の欠伸, の歳, の男盛り, の義兄, の連隊, までいた, まで仲居奉公, を要する, ノ歳ダ, 同二十七年今川了俊, 大教区

▼ 三十七歳~ (69, 0.0%)

5 の時 4 であつ 3 になっ 2 お歳上, であった, で妻, のとき, の今日, の年, の御, の男性

1 [41件] から三十八歳, から六十三歳, から四十歳, だった, だと, で, である, であるが, であること, でお, でその, でインド, で京都, で歿, で花婿, といえ, とは誤写, に, にし, にて落飾, になります, になる, にもなっ, のおり, の分別盛り, の名誉職, の実業家北沢栄二, の春琴, の暮れ, の桃青, の棠軒, の独身, の男子, の私, の良人, ばかりの婦人, より三十九歳, より前, を厄年, 若かった, 迄に向う

▼ 三十六年~ (69, 0.0%)

4 の夏 3 である, の昔, の横浜 2 から明治四十年, のこと, の七月, の春

1 [48件] だった, で山形地方裁判所鶴岡支部, と年譜, と答え, なり, に, における団菊, になっ, には主務, には当時, には曙覧未亡人, には脩, にもなる, にも私, に三井呉服店, に及び, に大学, に発表, に福岡, に菊五郎, の九月, の二月, の二月十八日, の元旦, の八月, の六月二十三日, の冬, の初め, の制科, の十一月, の夏來, の寺田先生, の心血, の文科, の早春, の春三月, の暮, の歴史, の秋, の間, は明治, は暮れた, は終に, まで繼續, もの昔, も今日, も前, も大げさ

▼ 三十年間~ (68, 0.0%)

2 というもの, に於ける, の生活, 絶えず彼

1 [60件] あらゆる階級, いろいろの, くらいきちんと, くらして, そしてその後, では, といふもの, にうけた, におよそ, にし, には何遍, には同一, にわが, にわたって潜伏信徒, にわたって研究, にわれわれ, にナイチンゲール, に出来た, に彼, に於, に日本, に木立, に欧洲, に至つて, に際立つた, の世界, の収穫, の収集, の回顧, の地代, の忠勤, の教員生活, の櫛風沐雨, の特に, の研究, の社会主義社会建設, の進歩, は先ず, は原型, は平均, は鋭意, ほど関八州一円, もアフリカ, も写真, も土地, も意地, も手品師, も提擧市舶, も支持, も蜀, 不知行, 勤めて, 屡々国劇, 抑へに, 押し動かして, 生き残ったこの, 言わば私, 謂わば, 賢くない, 飲んだとして

▼ 三十間堀~ (68, 0.0%)

11 の猪 3 の春日, の親分 2 に利助, の友達, の喜多屋, の堀割, の河岸, の河岸通, は私

1 [37件] であった, で近く, にいた, には酒醤油, に一酌, に住ん, に出で, に大, に巡査, に移した, に面し, に飲む, のある, のお家, のふち, の中島五郎作, の元春, の大きい, の如き, の家, の彼, の方, の洛南柴田元春, の深雪, の色物席柳江亭, の蜂龍, の警察署, の酒亭寿, の野口, の長谷川, は三十堀, へ來, へ出よう, へ来る, もそこ, を拾っ, 即ち真福寺橋

▼ 三~ (68, 0.0%)

2 でございますね

1 [66件] あり武功, あれば, か四品, があ, があります, が客観的, が金紫光禄太夫, ずつ取寄せ, だ, であった, では, で食事, とパン, とフランス, と枕本, なり, に過ぎず, に酒, のおかず, のもの, の作, の御, の御馳走, の料, の料理, の肴, の藥, の門, はその, は一種, は揃っ, は西洋風, ばかりにそれ, ばかりの皿, ばかり並べ, ふやしたぐらいの, ほど作った, をいつも, をそのまま, をねぢ, をのせ, を一旦, を出した, を山野夫人, を意味, を新聞紙, を書棚, を渡し, を示し, 並べて, 並んで, 取っても, 命じたが, 引っ抱え, 御菜, 持って, 持つて, 珍しい物, 盗み出して, 見つくらつたもの, 買って, 軽いもの, 載せられて, 集めて, 頼む, 頼んだ

▼ 三~ (68, 0.0%)

2 とお, のあと, の手, の隠れ家, を付け狙っ

1 [58件] いいお, が来, が身延, が高田, と同, と名乗っ, と呼ばれた, にも相当, に係り合い, に少し, に逢っ, に逢わせ, のお父さん, のこと, のよう, の事, の保護, の先代, の器量, の子分, の家, の株, の為, の男, の若, の身延, の迷惑, の顔, はお上, はその後, はもう, は何, は思い, は本石町, は株, は気, は狙われ, は神明前, は身延, ばかりを笑っ, もいい, もお, もここ, もよく, も一人前, も二度, も如才, も承知, も気, も身延, をほか, を付け狙う, を殺らし, を狙っ, を突き殺す, を追って, を連れ, を附け狙っ

▼ 三ちゃん~ (67, 0.0%)

2 が井戸, が病気, のダイガン, の店

1 [59件] いるお茶, お起き, かえ, かエ, がいいました, がここ, がそう, が点, が聞かせ, が良ちゃん, が見たら, が黙っ, このお茶, たいへんだ, ちから, であった, でも, というの, どうだったい, にはかなわない, に納得, に語った, に違い, の, のあにい, のところ, の大きな, の志願, の番, は, はどうして, はみんな, はポケット, は他人, は号令, は命令, は大層, は強う, は敬二, は既に, は本気, は水, は水洗, は水洗平皿, は波屋書店, は滅相, は現像室, は白目, は親戚, ばかりじゃない, もたまげた, もちょうど, もまた, も姉, やまだ, や徳ちゃん, や末ちゃん, 行って, 見落さないよう

▼ 三~ (67, 0.0%)

5 もある 3 の鬼 2 から四, とか三丈三寸, もあら, もあらう, もあろう

1 [49件] ある岩, から四丈, が, とある, とも見える, と信じたら, と言ったら, にも余る, にも及ぶ, に近い, に過ぎないであろう, に達する, の不動瀑, の地上, の大樹, の大蛇, の巣, の木, の瀑, の瀑布, の絶壁, の鈴, の長, の青空, の飛瀑, の高, はありました, はある, ばかりある, ばかりしかできない, ばかりなる, ばかりのユーカリ, ばかりの滝, ばかりの真黒, ばかりの砂夕立, ばかりの銅標, ばかりもある, ばかり跳ん, ばかり高, ほども幅, もあった, もあるであらふ, も積, も飛び上る, を噴い, 突っ飛んだ, 近い瀑, 長さ十餘丈, 高さ一丈

▼ 三~ (67, 0.0%)

2 の高利

1 [65件] か四割, がた, がとこ, が煙草屋, が通勤者, くらいの売上増加, くらいは大きく, くらいを減じ, くらい引い, くらい減ずる, ぐらいしか浮く, ぐらいは女学生, ぐらいピン, ぐらい余分, ぐらい高, しか付加, ずつソヴェト同盟, だけが役に立つ, でもがそんな, で済む, という高い, とかが適当, とか引上げ, として実収, とられたって, と云われ, などいひ, にし, になる, に足らない, に近づき, のもの, の三月縛, の利子, の増加, の底, の手付金, の税, の米利堅粉, は償, は必ず, は殖え, は減る, ばかり割った, も多く, も小さく, も配達費, や五割, をしめ, を与え, を住宅手当, を減じ, を超え, を越す, ヲ加エタルモノトス, 上っては, 安くできる, 引いたという, 当たったこと, 減るからね, 程もその, 近いぞ, 近い利益, 高く売らね, 高く買わされた

▼ 三十三歳~ (67, 0.0%)

4 であった, であつ, になる 3 にし, の時 2 で彼, になった, になつて, の大, の春

1 [39件] だった, だった藤村, であったこと, であったゴーリキイ, である, でお伴, ですと, で先立つ, で妻帯, で嫡子, で弘前, とは見えぬ, と左手, なの, になっ, のとき結婚, のひとり者, の一年, の世慣れ切った, の今年, の壮年, の夏, の女性, の女盛り, の年, の明治卅五年, の春初, の未婚, の豊麗, の身, の長兄, の頃, までを三浦半島, まで生き, まで生きた, まで生殖力, をもって大厄, を以て未だ, 早くも

▼ 三十九年~ (67, 0.0%)

4 の秋 3 の春 2 である, の日記, の正月

1 [54件] かに, から四十年, という年, と云, と云う, になつて, になる, には, には北海道, には脩, には関根八段, に九州, に出来た, に功三級, に堺利彦君, に小島烏水君, に川浦, に常盤大定君, に從來中, に故, に私, に至り, のお正月頃, のこと, の一月, の一月十八日, の三月, の丙午, の九月, の二月, の五月, の五月六日, の元朝, の勅令, の勅命, の十一月中旬, の半生, の四月, の夏, の年末, の後半, の手紙, の末, の條, の長い, の頃, は日本山岳会, は私, まで歌舞伎座, まで独逸公使, も前, も秋, を迎, 掛るかも

▼ 三四時間~ (67, 0.0%)

3 の後 2 はかかる, もかかる, 置くと

1 [58件] あの女, あれば, いる, かかるかも, ぐらいはもつ, ぐらい黙っ, すると大, であろうが, でもいい, で国境, で結構, で行き着けるある, ながくて, に亙っ, の, のところ, の人, の労働, の料理, の旅, の旅程, の汽車, の間, はかれの, はオレ, は待つです, は熟睡, は遅れる, ばかりうとうと, ばかり一生懸命, ほどな, ほどのもの, もかかった, もする, も吹き曝され, も居られた, も待たされた, も眠ります, も立った, も話し, も話し込ん, も費やした, も走る, も遡っ, をグッ, を過ぎ, 或る, 漬けて, 煮る中, 煮通して, 生きて, 立ちど, 第二, 置いて, 置かなければ, 置きますと, 考へた處, 話して

▼ 三年頃~ (67, 0.0%)

3 からだ 2 だと, までであった

1 [60件] あれね, からそれぞれ, からのこと, からテレヴィジョン, から一九三五, から同じ, から四十年前後, から大, から当時, から昭和八年初夏, から松山時代, から機業上, から渡良瀬川, から目, から目附, から竜池会, このバクー, すでにあった, だ, だった, つまり, であったら道庵先生, であらう, でありますから, である, ですから, にし, にその, にはまだ, に到る, に大久保豊後守忠恕, に当時, に新しく, に死に別れた, に燈火管制, に発表, に發表, の作, の出版, の大阪朝日, の或, の栃木, の満州事変, の相場, の秋, の記録, の話, の錦絵帖, はまだ, は日本, は頗る, までだったろう, までは容易, まで文学, まで親, もし今日, 新吉原, 詠まれた, 買って, 迄の日本

▼ 三度三度~ (67, 0.0%)

21 の食事 3 の飯 2 のお, のお菜, の飯時

1 [37件] お供物, お粥, が四度, こうして結構, しぶい顔, すごい御馳走, その通り, だが, ちゃんとたべさせ, ちゃんと持っ, ちゃんと食事, つまみ出して, とって, に御飯, ね, のいただきもの, のまずい, のめし, のゴツゴツ, の喰, の外食食堂, の御飯, の私, の糧, の膳, の食卓, はこばせるよ, 素晴らしい御馳走, 美味いもの食い, 美味い御馳走, 食えるしな, 食っちゃ, 食べさせて, 食べさせられたつて, 食べようという, 食べるもの, 食べるよりは

▼ 三さん~ (66, 0.0%)

2 がいきなり, がお金, が見付け, の船, も寮

1 [56件] いるの, お暇, か, があの, がお, が世, が乗っ, が家族, が満州, が真人間, だって云え, だと, だよ, てえの, でござんしたか, という二人, といふ人, とおえい, と云, と云われる, と安, なら何, に怪我, に見せ, に託け, に頼まれ, のああ, のお父さん, のこと, の事, の公邸, の弟子, の泊っ, の泊った, の泊つた時, の泊つて, の田ン中, の親切, の語源類解, の顔, はお前, は去年, は御, は昔, は櫂, は病身, へ送る, また学校, をお, をよこし, を介し, を死んだ, を江戸, 御精, 言ったが, 重三さん

▼ 三千子~ (66, 0.0%)

3 の持物, の部屋 2 のこと, のもの, の手, の継母

1 [52件] がいなくなっ, が余り, が使っ, が占領, が家出, が死んだ, じゃない, だったという, という人, とそして, と落合っ, に不気味, に取っ, に当てた, に復讐, に思いつかせる, に渡した, のふしだら, の前, の化けた, の化粧台, の去った, の告白, の大好き, の失踪, の安否, の家出, の恋人, の手足, の指紋, の提案, の書き, の書棚, の死骸, の殺害事件, の父親, の異変, の筆蹟, の行方, の行方不明, の計画, の身体, の顔, はあの, はどこ, は倒れかかる, は面, よりも遅れ, をどうか, を何, を嫌っ, を殺し兼ねない

▼ 三人づれ~ (65, 0.0%)

5 の侍 3 の客, の若い 2 のダンナ方, の旅, の旅僧

1 [48件] がバスガール, が戻っ, が来る, が隣り, だった, だよ, で再び, で出かけ, で出かけた, で出かけました, で戻っ, で戻った, で押しかけ, で来た, で来る, で歩いた, で泣く, で私, で立ち, で行っ, で通りかかった, で降り, に向っ, に行, のアメリカ, の労働者, の同, の外国人, の娘, の婦人, の学生, の少女, の方, の旅商人, の旦那衆, の東京, の江戸, の洋装, の浪人, の浪士体, の赤い, の零落, はこっち, はだれ, ははや, は世代, は作曲家, も立った

▼ 三十メートル~ (65, 0.0%)

3 もある 2 くらい, の円筒, はあったろう, をへだて, を越す

1 [52件] ぐらいで, ぐらいの断崖, ぐらいの距離, ぐらい進んだ, ってどんな, でしたね, なら歩いたらどう, にせまっ, に過ぎない, に達するであろう, の全姿, の口, の崖, の巨大, の烈風, の風速, の高, はあるだろう, はなれた, は同時に, ばかりのひとすじ, ばかりの高, ばかりむこう, ばかり歩い, ほどでした, ほどにげ, ほどのところ, ほどの空中, ほどの高, ほどはなれた, ほどむこう, ほどもある, ほど先, ほど入っ, ほど向こう, ほど手前, ほど歩く, ほど行く, ほど近く, ほど進んだ, まで降りる, もあった, もおりる, も上, も下, も高い, やがて十メートル, や四十メートル, より低く, を歩い, 突きだした一番地理, 突きだして

▼ 三日三晩~ (65, 0.0%)

5 の間 3 というもの 2 のその間, の責め

1 [53件] ああし, かかって, くらいぶっつづけ, くらすうち, この薪小屋, といふもの, とたたない, と云う, なんにも食べない, にわたって炎々, にわたって行われた, にわたる戦前, に及んだ, ねむらず考えて, のあいだ, の不眠不休, の火, の責苦, の長き, は夜, は消えぬ, ばかり燻, もかかります, もつづいた, ももどらない, も夜神楽, も寝, も絶食, も続い, も続ける, やすまずに, を殆ど, 努めたの, 坐って, 寝ずに, 寝ないので, 揉みに, 歩き通し, 泣きあかしましたそして, 泣きくらしました, 焼けつづけたの, 燃えとおした, 眠らずに, 眠りつづけて, 続いた, 続いた其一部分, 考えつづけて, 考えぬいた揚句, 考えぬいて, 考え抜いた揚句, 考へたなア, 考へた揚句, 降り通して

▼ 三~ (64, 0.0%)

11 の銃声 2 の号砲, の弾丸

1 [49件] うて, くらったよう, しか与えられ, せられた, つづけ撃ちに, でやん, と, と続い, どす黒い煙, ならびにかなた, のフォッカー機, の十六吋, の大砲, の小銃弾, の弾, の弾痕, の放たれし, の狙撃弾, の短銃, の砲口, の祝砲, の銃弾, はおそろしく, はなった, は一将校, は命中せり, は確か, ひびいた, ほど発砲, まで, まで浴せられ, も撃た, も撃てれ, も発せられ, やると, を直射, ドンドン打っ, 射たれましたが, 打ちあげて, 打ちかけて, 打って, 撃ち出した, 撃ち出しましたが, 撃ったくらい, 極く, 続け打ち, 聞えた, 致し候時, 鳴ったと

▼ 三百年前~ (64, 0.0%)

3 の遺跡 2 の人, の弘安, までは巫女従軍, よりすでに

1 [53件] からその, から段々, この像, において初めて, におこなわれた, にこの, にご, にその, にもう, に初めて, に印度, に在, に城, に建てられた, に描かれた, に日本, に権力者, に死んだ, に焼, に琉球, に生れ, に西洋, に見た, に見立てられた, に身投げ, の中国, の井原西鶴, の佛教傳道者, の元正天皇, の十字架, の古い, の古物, の和蘭版万国地図, の大, の宮本武蔵, の感情, の政治地図, の教区登記簿, の日本人, の昔, の時代, の槍一筋, の民たち, の社會, の自作農, の西欧, の謂わ, の重, の銭形平次, の音, は三百年前, 一向宗, 第十八世紀

▼ 三箇月~ (64, 0.0%)

3 して, の後, の間 2 になります

1 [53件] か四箇月目, が終っ, ぐらいな, ぐらいの手頃, しか立っ, したが, してから, しても, すると, たった後, だけ学校教育, だつて, で, である, では, という約束, なる事, のうち, の停頓, の懲役, の時間, の猶予, の短期間, の終り, はかかる, は何となく, は床, は立ちました, ばかりこの, ばかりで, ばかりというもの, ばかり経った, ほど忘れ, ほど本州, ほど経っ, もかかった, もする, もすれ, も前, も四箇月, も寝込ん, も持続, も監獄, も苦役, も苦心, も行方不明, を以て夏, を以て春, を出でない, を支うる, を要する, 経って, 経つか

▼ 三鞭酒~ (64, 0.0%)

5 の壜 3 の栓, の盃 2 のため, の杯, の酔, を六七杯, を抜く, を拔

1 [41件] あり, たらいうもの, だけはぜひ, だつたの, だらう, で醉, と血潮, なぞの名前, などではなく, に唇, のびん, のやう, のキルク, の名高い, の噴泉, の循, の方, の機嫌, の瓶, はどこ, は気分, もて熱, よ, をな忘れ, をのみ, をのむ, をみな, をガブガブ, をワイシャツ, を一同, を二本, を取りよせ, を売出, を御馳走, を抜い, を抜いた, を指さした, を気張り, を煽り, を片手, を矢鱈

▼ 三人きり~ (62, 0.0%)

3

2 [13件] お絹, さ, だった, であった, である, でお, でご, となっ, なん, になっ, になった, の家庭, 取り残されて

1 [33件] しか知りません, だぜ, だったのに, だっていいやした, でいる, でお祝い, でこれから, でした, でしたから, です, ですが, では人手不足, では少, でも退屈, で割合, で加賀家, で古い, で小さな, で湯, で調所, で豊臣家, で退屈, なの, なので, になつ, のこと, のよう, の世界, の家族, の暮し, の生活, をのこし, 見えなかった

▼ 三十一年~ (62, 0.0%)

4 の秋 3 の十月 2 である, のこと

1 [51件] から三十四年, それから次, であった, になる, にはそれ, には保, には社, にめでたく, にわたる六回, に二十尺五寸, に今, に刊行, に小島氏, に当時, に歳費辞退, に焼け, に當つて三十四年, に白馬岳, に開かれた, のむかし, の一月一日, の一月二十一日, の三年間, の三月二十一日, の九月, の八月中旬, の出生五人, の初め, の前, の劇界, の十二月十九日, の夏, の文壇, の春, の春出版, の歌, の正月, の洪水, の生涯, の間, の頃, は明治二十二年, は浅草宮戸座, までの各, わが二十歳, を距, 再び第, 即ち推古天皇, 好ましいと, 旧二月十日, 第五号

▼ 三十度~ (62, 0.0%)

2 の傾斜, の時, ばかり傾いた, までの間

1 [54件] かたむいて, から四十五度, から四十度, くらいの気温, くらいまでの範囲, くらいまで温度, くらい傾い, くらい左, ぐらいあります, ぐらいだ, ぐらいだろう, ぐらいによこ, ぐらいの角度, であったならば, でその, という, という空気, といっ, といふ空気, と百四十度, にくだる, にも及んだ, にわたる海岸, に見えだしました, に赤い, のカーヴ, の低温室, の十月尽, の坂, の実験, の室温, の所, の斜面, の程度, の範囲内, の緩, の角度, の辺, の附近, はあった, は入獄, ふらぬ日, ほどの勾配, ほど北, ほど左, まで冷却, も傾いてる, も気温, も続け, も電鈴, より上, を何度昇つたら, を越す, を通過

▼ 三~ (61, 0.0%)

3 呼んで 2 か四声, つづけて, のこと

1 [52件] いったよう, きいて, きこえた, くち走ったの, くらいで, くらい啼い, ぐらい繰り返し, けたたましくほえる, さえずりました, ささやくと, さも悲し, じや, すごい悲しそう, ずつ約, つづく, つづけざま, とは懸けさせず, ないたぎり黙つてる, なく, にし, のうち, ばかり, ばかり呼ぶ, ばかり太く, ばかり聞える, ふき徐, ほと, ほど, も, も呼ぶ, ようやく開いた, を続け, 叫びます, 叫んだかと, 吠えた後, 吹く, 呼ぶと, 呼んだ, 啼いた, 啼き初めた, 啼き立てたが, 嘶くと, 引続きて, 泣いて, 続けて, 聞こえて, 高く鷹, 鳴いた牛, 鳴いて, 鳴きながら, 鳴き続ける, 鳴くん

▼ 三~ (61, 0.0%)

10 の間 2 のうち, の後, の暇, の煙草, ふかして, ほどの後, ほどの間, 吸うて, 呑ませた方

1 [33件] さも旨, つづけて, でち, でももりたがる, という, といふ, といふところ, とな, とは違つて, と思はれる, の吸付莨, の痲痺剤, の隙, ふかしてから, ほどのうち, ほどの手間, ほどもし, ほども手間, ほども經つて, ほど待つ, まで飮, もする, も經, 吸いて, 吸うほど, 吸う間, 吸って, 呑めば, 呑んだ事, 急がしさうに煙草, 盛って, 立てつ, 飲む間

▼ 三~ (61, 0.0%)

3 が花弁, の被 2 が真正, が萼片, の花弁, は萼

1 [47件] あり, ありて, うまさうに口, おちて, がどう, が垂れ, が直立, が萼, が薄, が門屋根, ぐらいをすし, しか口, ずつ落ち散っ, であったの, でもいい, で昼, といふ蕪村, とその, と塩焼, と巻煙草, と紅茶, なり今一度乞食, にし, に断れ, のうろこ, のわり, のキャラメル, の大きな, の小, の小形苞, の砕片, の萼, ばかり赤味, ほど地面, もうら悲しく, より成り, をその, を取り, 入れて, 散って, 散りこむ湯治場, 散りたるおもしろし, 散りたる後, 更に床, 落つる様, 誘ふ春風, 食べたとき

▼ 三軒長屋~ (61, 0.0%)

2 が一, の中, の者

1 [55件] から飛び出す, があつ, があり, が三軒, が並ん, が二, が二つ, その眞ん中, でまた, で灯り, で留吉, で突き當, には馬鹿, に廻つた, に引返しました, に按摩夫婦, に落着, のとつつき, のケチ兵衞ぢ, の一つ, の中央, の住人, の住人達, の出入り, の取っ付き, の取つ, の土竈, の大川寄, の奥, の屋根, の最, の格子窓, の浪人, の浪人者, の狂言, の申松, の真ん中, の空家, の端, の衆, の裏, はこいつ, は右隣, は庇, は近い, へ帰る, へ行っ, も内外, を伊八, を全部, を四棟, を廻つて來, を覗きました, を調べる, 最合

▼ 三~ (61, 0.0%)

4 の辻 3 よりする 2 のうち, は所詮

1 [50件] おのおの霊魂不滅説, およびわが国固有, から, からのこなた, から一挙都, から呉, から込み入っ, から進められ, から鎌倉奪回, から魏, があり, として其神儒佛, となり, とも突き, にかけて探す, にもわたった, にわかち, にわけ, にわたり平氏, に分っ, に分れ, に潮, のいずれ, のどこ, のわかれ道, の三軍一せい, の伏勢, の合言葉, の客, の攻め口, の方, の藪, の西海岸, の諸君, の軍, の通路, の魏軍, は唯物, は法身般若外脱, へわかれ, へ向っ, も嶮峻巍峨, より出発, より徐州, より進んだ, を包括せり, を取り違えた, を塞い, を左, を攻め詰め

▼ 三十三間堂~ (60, 0.0%)

3 の裏 2 のお, の佛, の太閤塀, の通し矢, の長い

1 [47件] からいい, が眼中, が聞きたい, だ, です私, で寛文, で通し矢, といい, とのシムメトリイ, ともよばれ, と東福寺, には金色, にふしぎ, にも九千百五十本, のさわり, のそば, のよう, の上, の下, の事, の二十八部衆, の写真絵はがき, の堂衆, の塀, の奥, の廂, の折, の暗い, の果し合い, の永い, の浄瑠璃, の矢數, の競い矢, の細長い, の縁, の西, は京, は今, へ立たせ, へ行つて, へ這, も御, を先, を思い出させる, を摸し, を横, を通り宮川町

▼ 三十六歳~ (60, 0.0%)

4 の時 3 であった, であつ, である 2 であったが, で始め, にし, になる, の若

1 [37件] だった, でしか, でその, では, で右近衛権少将, で未亡人, で死ん, で歿, で漱石先生, で私, といふ小, になっ, になつ, になつて, にもなっ, のその, のとき, の一人, の壯年, の女性, の岡田, の年, の幾勢, の時嫡男徴, の死, の男子, の短い, の若い, の里恵, の頃, まで二十三年, まで生きた, らしい顔, をもって鎌倉, を一期, を年, 若しくは十三年三十七歳

▼ 三本目~ (60, 0.0%)

7 の腕 6 の徳利 5 の銚子 2 にうまく, の若い, の酒

1 [36件] でやっと, といふ皮肉, にはすでに, には下り松, には斃, にも酔えなかった, にも醉, に妻, に至っ, のビール, のローソク, の手紙, の木, の棗, の楊, の槍, の注射, の煙草, の竹, の筋, の箭, の羽根, の薬酒, の藥酒, の触手, の釘, の雫, の電柱毎, のMCC, は折らなかった, は決戰, は笠, は誰, を投げる, を越し, を飲み

▼ 三段目~ (60, 0.0%)

6 の右端 2 になっ, の, のところ, の左端, の答, の角力, へ戻る, へ落ち, も一位, や九段目

1 [34件] かもう, から, からくるり, から飛び降り, がそれ, ぐらいに立派, ぐらいまでは兄弟子連, ぐらいまでナガシメ, じゃない, で私たち, として現在, などは私, なり, に, には一七六五年, に切り抜きどおり, に水色, に清元, に白太夫, に立った, の喧嘩場, の師直, の幕, の昔, の眼, の石, の裏門外, の道行, の階段, の4, は水, まではとり上げた, や, を世話

▼ 三~ (60, 0.0%)

26 四の 9 四と 5 四第

1 [20件] 三は, 三審事件ハ第, 三話, 二より, 二巻の, 五ロケット砲発射準備, 五未亡人里恵代関五郎で, 八獄は, 六第, 十四の, 四, 四である, 四という, 四は, 四ルバックの, 四乃至, 四夫れ, 四校舎の, 四版においては, 四集と

▼ 三間堂~ (60, 0.0%)

3 の裏 2 のお, の佛, の太閤塀, の通し矢, の長い

1 [47件] からいい, が眼中, が聞きたい, だ, です私, で寛文, で通し矢, といい, とのシムメトリイ, ともよばれ, と東福寺, には金色, にふしぎ, にも九千百五十本, のさわり, のそば, のよう, の上, の下, の事, の二十八部衆, の写真絵はがき, の堂衆, の塀, の奥, の廂, の折, の暗い, の果し合い, の永い, の浄瑠璃, の矢數, の競い矢, の細長い, の縁, の西, は京, は今, へ立たせ, へ行つて, へ這, も御, を先, を思い出させる, を摸し, を横, を通り宮川町

▼ 三四本~ (59, 0.0%)

2 ぶら下げて, を用意

1 [55件] あって, ぐらいずつ残し, しかない, ずつビール, ずらりと欠け, ですね, ですむ, とつまみ物, と八分通り, ならべたあいだ, のウイスキー, のトタン, の乱杭歯, の使い古し, の大きな, の女, の扇骨木, の手拭, の新しい, の梅, の槍さき, の横皺, の白髪, の短, の章魚, は見られる, ほど熟し切らない, まっ黄, ものん, もアリアリ, も並んでる, も列べられた, も掬い出した, も植え, わびしそう, を取り, を拾つたの, 並べたもの, 並んで, 出た, 出て, 含んで, 垂れ下って, 差し入れて, 恭しげ, 折れ拳, 有り, 残って, 燃やして, 生えてる樹蔭, 立って, 縺れたよう, 見えた, 見える, 飲むと

▼ 三日四日~ (59, 0.0%)

3 と経つ 2 あかぬ別れ, となった, となる, と少し, と日, の養生

1 [44件] かかっても, が続いた, が間, たつうち, でとう, で止め, で舞, ときには七日, とこん, とすぎさりました, とだんだん, とつづく, と夢中, と度, と待ち暮らし, と滞在, と空しく, と経った, と経つた, には会える, にネ, に岩本, に帰りし, に歸, に繰送らん, のかけ斗, のほどを安く, の小, の辛抱, は落ちゐぬ, は遊ん, は顔, も前, も夜伽, も粥, も続け, を経っ, を費した, を過ぎる, 経つうち, 経つと, 続くと, 考えた, 行きたい

▼ 三時すぎ~ (59, 0.0%)

2 になる, に眠った

1 [55件] お清さん, から, から三河島日暮里, から井上さん, から仕度, から六時, から六時すぎ, だ, だった, であった, ですから, でなければ, で九時すぎ, なれども, にお, にて店, にはそこ, にはもう, には隣組全部, にオールチョン, に出, に出かける, に出る, に始まる, に帰京, に来, に私ども, に終る, に荒巻, に角平が, に辞し, に銀座, ねる, のこと, の日没, まで, までかかった, までの間, までやる, まで仕事, まで前, まで座敷, まで待っ, まで横浜, やっとうち, より第, 寝られなくても, 帰ると, 終り満, 終る, 迄, 迄ねられなかった, 迄やった, 迄久しぶり, 迄読ん

▼ 三にも~ (58, 0.0%)

9 なって 4 なるでせうか, 成ッて 2 なると, もう珍しい, 手紙で

1 [35件] あった, あつた, ある精練所御用一条, なった, なったもん, なったら店番, なった娘, なつた, なりながら, なりやがって, なるでしょうか, なるでせう, なるのに, なる大, なろうか, わかって, 九にも, 二商人伴れ行く, 云うの, 会いますから, 会釈を, 四五にも, 妥当らしく思へた, 成りましょうか, 手が, 毛皮である, 第四, 胴切に, 見ゆ, 解る, 言葉, 話したの, 転輪聖王, 金, 長屋の

▼ 三四町~ (58, 0.0%)

6 行くと 5 も行く 4 の間 2 にし, のところ, の廣さ, の水車, 歩いて

1 [33件] あるから, しかありません, と言った, どころかもう, にて達す, に及ぶ, に過ぎない, の処, の市街, の幅, の距離, はなれた, ばかり連れ, ほどの間, ほども死骸, ほど距, ほど逃げた, まっすぐに, もあったであろう, もある, もおくれ, もかかった, も來, も入った, も南, も沖合, も駈通し, をかけ, 来てから, 続いた, 通り越した所, 離れた根本, 離れて

▼ 三~ (58, 0.0%)

43 を見る 2 の前

1 [49件] こそひと足先, だった, だつたら合して, であつ, とあった, という人, という男, などであと, などの予審ぶり, に, にあぶなく, に云った, に会った, に対した, に渡した, に渡す, の処, の姿, の思索, の手, の死, の男, の神経, の肩, の随一, の顔, はいい, はその, はそれ, は不, は好奇心, は梅吉, は組み伏せられ, も大亀, も自白, も裏, も顔, や大, や阿, をも煙, を伏し拝んだ, を大いに, を睡らせ, を突き放し, を見, を見つめ, を見上げ見下した, を遮っ, ガ此年御

▼ 三日め~ (58, 0.0%)

7 の朝 5 の夜 3 のこと 2 になる, に七つ, の午ごろ, の午後

1 [35件] から風, がきました, でおろし, で眼, にお, になった, にはネズミ, には下痢, には又五郎, には帰っ, には心, には必ず, にやっと, に姿, に庵, に律, に暇乞い, に朝目, に杉田庄三郎, に照彦様, に着た, に車, のお, のお昼すぎ, のでき, の午, の同じ, の夕がた, の夕方, の夜あけ, の晩方, の未明, は家中, は殊に, をすぎる

▼ 三七年~ (57, 0.0%)

3 の日本 2 に公, のスウェーデン旅行

1 [50件] ある僧侶, からジェイムズ一世, から四一年, すなわち今日, である, であるから, という年, と云え, ないし一七〇〇年, にかけては自ら, にし, にどこ, になお, になっ, にはオランダ人側, にはシャルロット, には九十二ポンド, には伝染病, には八百人, にベートーヴェン, に一身代, に書きあげられた, に死す, に独特, のカルデロン, の一年, の九月九日, の伝染病流行, の前半期, の十二月, の十二月三十一日, の十月十九日, の国家, の夏, の日本文学, の日本社会, の暮, の私, の見聞記, の間, の頁, はメーデー, は三六年, は暮れよう, までつづきます, までに行われる, まで再び, まで皇帝, 即ち西暦八五一年, 及び一七三八年

▼ 三~ (57, 0.0%)

6 のこと 2 があんな, の所業, の話, の顔

1 [43件] がどう, がまだ, が三氣, が君, が押入った, が真に, が罪, であった, とは第, とふたり, と中山, と爲, と花札, などと麻雀卓, にし, に教えた, に課せられる, のそうした, のその, の不幸, の世界, の事件, の友人, の姿, の家, の心情, の指, の日, の犯罪事件, の行為, の顔かたち, はすこし, はすでに, はろくに, は彼, は無罪, は自分, は花札, も彼, や三聖, をやった, を打ち込み参った, を荘家

▼ 三回忌~ (57, 0.0%)

4 に当る, の法事 2 だったそう, で是, までにはお

1 [43件] あり, かの追善, が一昨年, が営まれたらしい, だつたさうですね, だとして, であつ, ですから, とした, とやらで, と知っ, と知つて尺八, に, になる, にめぐり会おう, に弟子, に当ります, に盛豊, に相当, に碓氷甚太郎定光, に船岡山, に関係, のとき, の三十四年, の影画合, の日, の時, の来る, の法会, の祥月命日, の追善興行, は慶安元年, までにはきっと, も経たねえ, も過ぎた, をいとなむべき, をすましたら, をやりたい, を修す, を勘定, を営んだ, を待得候, を行った

▼ 三~ (56, 0.0%)

3 に, の日 2 というの

1 [48件] か日取り, が先, が蜆汁, が野州, で, であり, でげす, ですか, ですと, と〇・一四六, という奴, という幇間, といった日, とか大抵日, とがある, と書いた, などは前, にいづる, にゃゴロツキ, に俗説, に王趙方, に竜, に賜る, に髮, の二百四十円, の休課, の夜, の小屋, の方, の腰障子, の間, はいい, は五十両, は先ず, は帰っ, は度胸, は自分, は誠に, は身, は高見, へ銀, も素姓, も馴染, や桃太郎, を表向き, 一一二四, 及び四二, 及び四四

▼ 三十年後~ (56, 0.0%)

18 の今日 3 のこと, の保吉 2 の地下農場, の強盗団, の東京

1 [26件] であった, にたいへん, になっ, になつて自殺, にはおそらくは, にはじめて, にはなお, には不思議, には地球, には来ない, には莫大, に地球, に本当に, に生き, のその, の一五四三年, の世界最後, の今日さ, の今日カフエー, の今日彼等, の今日思い, の今日郷土人, の最終戦争, の東洋, の決勝戦, の論文

▼ 三四回~ (55, 0.0%)

2 しか開場, の興行

1 [51件] ある, あるか, ぐらいはここ, ぐらい読ん, この舗石, しかなかっ, しか見られない, ずつひと, つづけざま, で毎月, ないし四, ながめてから, にすぎぬ, にわたる会合, に及んだ, に過ぎない, のポンコツ, の成功, の特殊協議, の給食, はステツプ, は山崎, は必ず, は裏木戸, は襲来, は逢った, ほども宙, まはる, もかの女, もそう, もつづいた, も便り, も便所, も唾, も国立劇場, も座敷, も強いた, も往く, も歩きまわらない, も演じ, も続け, も繰り返されたでしょう, も自分, を草, 思い立つ, 書いて, 滑って, 激しく往来, 行い貧民, 観たの, 読み直したが

▼ 三四軒~ (55, 0.0%)

7 の家 3 もあった 2 あり俥, ある, の人家, 並んで

1 [37件] あつた, おいて, つづいて, です, で男, に減っ, のよそ, のホテル, の中, の古い, の埴生, の女郎屋, の小, の小作人, の店, の店屋, の易断所, の芝居茶屋, の藁葺屋根, の農場, はあったろう, は転々, ぽつりぽつりと, やけた, を訪れた, 並んだ二階建て, 出て, 寄って, 廻った, 歩いた, 歩いて, 焼きこがして, 焼け肴町, 薄暗くなる, 行くと, 見て, 飲み歩いた

▼ 三度め~ (55, 0.0%)

4 の航海 3 にいった 2 で無残至極, に, には傍, に見, は根戸川亭

1 [38件] からは会っ, くらいに彼, であつ, である, ですよ, でとし, にいや, にうち, にうまく, にか四度め, についた, にはお, にはよほど, には六尺, には宋江, にやっと, にようやく, にチカッ, にトム, に一寸法師, に今度, に引金, に来た, に若い, のとき, のない, のメーデー, の呼び声, の奉公, の宿, の宿命地, の審問, の帰宅, の戦争, の時, の杯, の発病, は

▼ 三~ (55, 0.0%)

5 の得 2 の値, の値打, の安, 出して

1 [42件] か四文, しかない, ずつ貰った, たあ, だけ安く, だよ, であったか, でございましたそれから, でもあの, でも旦那様, でモウ五文, で売り, で夜店, で紙屑屋, で買いしめた, で買えた, とある, とは安, と申す, などとある, にもあたいしない, にも当たらざれ, のがらくた, の価, の価値, の値打ち, の当時, の徳アリ, の瓦楽多, の資本, の足袋, の駄鶉, ばかりつかみ出し, も借りた, も出来ません, を与うれ, 使った, 持ちだすよう, 持って, 見つかったぞ, 軽尻四十文, 頂きました

▼ 三本足~ (55, 0.0%)

8 の青い 5 のがま 2 であった, の蝦蟆将軍, の黒い

1 [36件] ことごとく舞い上がり, だ, であるか, でとっ, でとん, では走れない, で匍いま, で支那, で歩く, で確, で立ってる, で道行き, という, と六本足, にし, にも見えるでしょう, にヤカン, のやぐら, のテーブル, の上, の人間, の床几, の竹, の組み立て, の蝦蟆, の装置, の金華将軍, の銚子, の鍋かけ, の驢馬, はいたって, は腰かけ, よりも不合理, をたて, をひっつかみ, を使う

▼ 三百万~ (55, 0.0%)

2 そろえて, という大金, の契約金, の読者, の金

1 [45件] いわゆるエタ, から五千七八百万, か四百万, そろえれば, だか, だします, だすかい, でも五百万, で売れるなら, で身売り, で身売り先, という値, という数, といえ, といっ, と云われた, になれ, に下落, の人, の会員, の住民たち, の信徒, の値うち, の値打, の党員, の兵士, の在郷軍人, の失業, の失業者, の市民, の帝都人, の生活, の票, の選挙人, の領民, はある, はおろか, ばかり男子人口, やって, より五千万, を擁した, 出そう, 払うという, 払える, 渡して

▼ 三十がらみ~ (54, 0.0%)

6 の男 2 に見えた, の大柄, の女, の痩せた

1 [40件] か, だ, であるが, でちょっと, で撥髪頭, で木綿縞, で鳶の者, という青年紳士, としか見えない, の, のさむ, の乞食, の働きもの, の働き者, の元気, の和装, の商人風, の商家, の壮者, の大男, の小, の年, の年恰好, の強, の従業員, の泣き女, の海女, の渋皮, の痩せ, の纏足, の若い, の若者, の苦みばしった, の藩士, の見る, の見事, の遊び人風, の露人, の青瓢箪野郎, 苦みばしった男前

▼ 三十四~ (54, 0.0%)

2

1 [52件] あったが, およびその, か, から四十, か五, ぐらいで死んだ, この女, だか, だった, だと, であった, であつ, であります, であるが, でございます, です, では, では今, で働き, で従四位上, で最早, で東京, で死んだ, という年, といふ年, といふ年齡, とかの人, とする, となる, と云々, と際限, なり, に, にお, になる, の今日, の又四郎, の姉, の少年, の年, の座敷, の支店, の歳, の肉体, の頃, の齢, は驚く, まで二十年, を拔, を求める, 即ち九票, 破れた恋

▼ 三~ (54, 0.0%)

2 に住ん, に居る, の岸, の方, の歌

1 [44件] から來, と伊豆, などへ出, なるあの, についで相当, にや燈, に於ける, に渡る, に渡御, に留まり, のあたり, の一隅, の原, の向, の女, の宿, の宿屋, の小, の屋敷, の沖あたり, の浜辺, の海辺, の港, の漁師, の灯台, の生れ, の町人, の番所, の話, は諸, へ出かけ, へ参り, へ向, へ向つたこと, へ往, へ渡つた, へ着いた, へ行っ, へ行つた時, までおい, までだ, まで流れ, まで遠乗り, も面白く

▼ 三から~ (53, 0.0%)

2 二ひく, 十五までの, 廿歳までの

1 [47件] きいた左近, こんなに御, すっかり離れ, それと, ようやく現われ, ステッキを, 七までの, 二十五六までの, 五ひく, 人体衣食住に関する, 依頼された, 先が, 八百三位まで, 十五ぐらいまでの, 十五ぐらゐまでの間に, 十五に, 十五六までが, 十五六七歳ごろの, 十五六迄, 十五歳位の, 十四五どまりの, 取り上げた例, 外國ばかりに, 始まるので, 始まるん, 少しは, 心良く, 持ち運んで, 持って, 放逐論さえ, 日記を, 木造の, 林田の, 正面に, 死ぬまでも, 流離の, 異様に, 秀子と, 第一, 聴きたい様子, 育ったあんた, 育てられただ, 解雇を, 選んだ短歌, 金の, 離れて, 頼まれて

▼ 三カ所~ (53, 0.0%)

2 に轡

1 [51件] ありしと, ありました, ある, あるから, から歌舞伎座, が今, ぐらいときき, それから日本橋, だけ池みたい, だろうよ, ちょいちょいと, で, でがさがさ, で同時に, で幽霊, で相, で起こっ, にあった, にある, についてこちら, にもきこえるらしい, にも造営, に傷, に分かっ, に分け, に地境, に従前, に稲妻形, に繩, に限った, のみ, の人民, の摺り疵, の決潰, の温泉場, の爪, ばかりに焚かれ, ばかり焼夷弾, ぺったりと, ほどに井桁, ほど巻い, まで区画, もある, をぐるぐる, を中心, を会堂, を擦りむいた, チョロチョロと, 掘り散らしたこと, 突いて, 離れたところ

▼ 三~ (53, 0.0%)

3 に分れ 2 になっ, の木像, 同時に上る

1 [44件] あつた, がおかれ, が三体共, が同, ぐらいそれ, だけ他, となっ, と唱え, と極, と言, に変化, に対する岩, に見ゆる, のこと, のほとけ, の中, の中二体, の人形, の人物, の仏, の子ども地蔵, の寝, の戦闘機, の火, の焼, の石碑, の神, の神様, の秘密, の立像, の羅漢, の観音様, の通魔, の黒法師, はだれ, も祀っ, も集った, をお, を一つ, を作り, を増した, 浅ましい御, 見せて, 造らして

▼ 三十八年~ (53, 0.0%)

5 の春 2 のこと, の秋, 即ち昨年

1 [42件] から三十九年, から以後明治四十五年, この特異, であった, であつ, である, であること, でした, といへ, と云, なり, に, になる, には保, には日比谷, に一坪十円, に大宗, に書かれ, に着手, に至つて谷中村, に至り, に買, の一月, の一月二日旅順陥落, の七月, の上半期, の今日, の初期, の十一月, の十二月日露戦役, の句, の弥生興行, の新春, の星霜, の東京市中, の焼打騒動, の盛夏, の間引, の頃, までとする, をもって思想界, 迄四年間

▼ 三~ (53, 0.0%)

3 の藤太 2 の境, の血, ノ分界ニシテ, ヘ行キオッタガ

1 [42件] からこっち, から瀬戸内海, です, で百七万石, と信州, と連合, には新, に跨る, のある, のうち, の主, の伊良湖岬, の北部, の北部山間, の名代人, の名山, の在, の地, の太守, の山々, の山家, の御, の方, の有名, の池鯉鮒, の渡辺崋山, の渡辺崋山あたり, の界, の者, の赤坂, の間, は三倍, は吉田名物, は岡崎, は脚下, へ帰国, へ攻め, へ行つた芸能, を加, を見渡す, 第一, 遠州美濃

▼ 三人一緒~ (52, 0.0%)

2 に, になっ, になった, になつて, に下宿, に死ぬ, に自動車

1 [38件] だった, だと, にお寺, にくらす, にこっち, にそれ, につれて來, にどっと, になつ, には書けぬ, にほっと, にやおら, にゐる, に世渡り, に住もう, に出た, に厦門, に外出, に奥, に小使室, に帰っ, に帰京, に成っ, に戻っ, に撮った, に早く, に暮し, に歩き, に燈火, に町, に腹, に行く, に車, に退治, に青色, に食べた, に馳, のこと

▼ 三十四歳~ (51, 0.0%)

10 の時 2 でお人好し, にし, になった, の分別者

1 [33件] が本当, くらいの若, だ, だが, だった, でこの世, です, で備後, で小, で帰朝, で札幌, で死したるかれ, で歿, という事, という男盛り, とはどうしても, になっ, にもなっ, にもなり, に相成, のとき, のトルストイ, のフロレンス・ナイチンゲール, の六人, の壮年, の寶龍院, の年, の春, の晩春, の生涯, の蘭軒, まで長命, 向柳原

▼ 三四名~ (51, 0.0%)

2 の法師, の者

1 [47件] あったの, いただけ, が一カ月, ぐらい眩, しかいない, して, ずつそれぞれ, つづいて, とはちょうど, と収容所, と宿屋, と表, に傷, に対する二年間, に過ぎない, のもの将来, の中学生, の側臣, の具足, の口, の坊主, の學生, の従者, の御, の水兵, の男たち, の若, の衆, の近習, の部下, はそこ, は特に, は端, ほどがばらばら, も居並ん, も招きまし, も無事, ゐます, を三河一色村, を暗殺, 伏せて, 小侍, 従えたぐあい, 連れて, 集まった, 飛び出すと, 駈けて

▼ 三四日前~ (51, 0.0%)

2 から少し, に共立病院, に手文庫, に橋, のこと

1 [41件] からその, からであります, からな, からはそれ, から入院, から千世子, から口, から房州, から時候あたり, だった, でございます, ですね, に, にも泳ぎ, にわざ, にチョッ, に出しました, に夜一寸芸当, に帰京, に彼女, に彼自身, に村, に来た, に浦和, に畳まれ, に着き, に私, に頼みました, のむしあつかっ, の事, の夜, の廃屋, の日, の桜花, の酉の市, までは師匠, ようやく京都, 何と冷えたでしょう, 既に京都, 早いの, 漸く京都

▼ 三少年~ (51, 0.0%)

2 のほう

1 [49件] がいた, がそれ, がどう, がどうして, が乗せ, が案内役, が楽屋口, が立っ, だけだった, である, でした, です, と天野勇一君, と天野勇一少年, と白犬, のうち, のとじこめられ, のひとり, のほか, のまわり, の三つ, の前, の牢屋, の狸踊, はあい, はあの, はおどろいた, はこの, はさそいあっ, はじ, はそれ, はとらわれ, はばらばら, はやっぱり, はゾウ, は夢中, は小学生, は相手, は驚い, は黒覆面, までがゆくえ不明, もおとなしく, もおりました, もつい, もとび出した, もギックリ, をおしこんだ, をてらし, を驚かした

▼ 三年ぶり~ (51, 0.0%)

2 に見る, のこと, の出版

1 [45件] か四年ぶり, だろ, であけよう, である, でお, でここ, でこの, です, で一緒, で偶然袈裟, で再び, で始めて, で小澤碧童, で帰っ, で愛吉, で會つたの, で東京, で聞いた, で自分, で逢, で邂逅, で郷里下総, なので, にお前さま, に上方見物, に初めて, に別れ, に又, に句稿, に彼, に懐かしい, に故郷, に日本, に来, に東京, に歩い, に江戸, に逢う, の仕事, の再会, の対面, の教職, の日本, の甘, の馴染

▼ 三フィート~ (50, 0.0%)

3 もあった 2 で一つ, の板, もある

1 [41件] あるいはそれ以上, くらいが畝, くらいは積, である, でさかまい, で脊色, とは無かっ, とは離れ, に過ぎない, に達し, に達する, のきまった, のところ, のガス管, の奇妙, の柵, の植木鉢, の水, の水量, の百年, の薔薇, の踏台, の軽く, の長, の青い, の青銅, の高, はあの, はなれた, はプラン, ばかりで, ばかりのところ, ばかりの小, ばかりの木像, ばかりもあった, ばかり不規則, も外れ, を越え, 依って, 入ったところ, 深さ

▼ 三~ (50, 0.0%)

3 や五兩 2 の小判, の給金

1 [43件] あるの, くすねて, せえ, だ, だが, ではない, では何, で岡, で我慢, で扇屋, といふ仕, とお, とか貸し, とはない, と乃ち, と明日本郷, にて賣り付けられ, になつ, のお, の借金, の値段, の包み, の小粒, の小遣, の給金ぢ, の貯, の費, の金, はあります, は惠, ばかり借り, ばかり入, ほどぢ, ほど置く, もあらう, も三千兩, も纒, や五兩ぢ, や四兩, をかき集め, 借りて, 要るわけ, 逃がさずに

▼ 三~ (50, 0.0%)

2 ばかりで, ばかりの土間, ばかりの庭, ばかりの板敷, ほどな, ほどの空地

1 [38件] かそこ, くらいのもの, ぐらいでもあろう, にたりない, にも足らぬ, に足らざれ, に足らぬ, のお, のひろ, の中庭, の佗住居, の地面, の場席, の家, の小, の庭, ばかりな, ばかりの小, ばかりの空地, ばかりの薄暗い, ばかりの部屋, ほどしかない, ほどのせまい, ほどの前栽, ほどの土間, ほどの小, ほどの小屋, ほどの平地, ほどの庭, ほどの檻, ほどの荒庭, ほどの菖蒲畑, ほどの踊り場, ほどの離屋, ほどの面積, ほど地, もあり, 程の木小屋

▼ 三~ (50, 0.0%)

3 の中, の句, の芝居 2 の新

1 [39件] ありその, である, でその他, となった, とは盛, とも正月興行, とも狂言名題, と称せられた, などで森元, などに出で, に区別, に拠っ, に神樣, に見物, に限られ, のうち, のほか, の一つ, の外, の大, の役者, の役者たち, の役者衆, の御, の楽屋, の櫓, の神樣, の絵番付, の絵看板, の芝居街, の随一, はみな浅草, は人, は無理, は確か類焼, やその他, より抱, を数, 来りしが

▼ 三~ (50, 0.0%)

3 を勤め 2 がしきりに, に入, の中, まで取, をつとめた, を兼ねた, を勤めた, を退い

1 [31件] かの役割, からは下がらなかった, からは下がらなかつた, から下った, か四役, があり, が評判, くらいで対話, では, で本当に本当に, と呼ばれ, にでも入, にならなく, に扮, の事務, の好, の廃止, の廃止以来, の繁務, まではとれた, まで取った, も立ち合い, や前頭, を兼ねる, を勤める, を半蔵, を引受け, を演じる, を譲られた, 勤めて, 然たる

▼ 三~ (50, 0.0%)

3 の思い, の思ひ 2 の冷水, の冷汗, の水, の酢

1 [36件] いいえいま, ぐらいは炊ける, しまって, する, ずつ内証, ずつ彼, だつた, である, でこの, という思い, なり, に堪えない, の不足, の力, の悪, の汗, の生涯, の立廻り, の苛責, の血, の醋, ばかりは二十日足らず, ばかり取れる, ばかり米, ほどずつ収穫, もだし, も入れる, も焚い, やって, を借りね, を残し, 乃至四斗, 入つた粳粟, 納めなくては, 蒔き四組, 食いきれない

▼ 三時過ぎ~ (50, 0.0%)

2 でなければ, にぼんやり, ね

1 [44件] からある, からお, からさわい, だから, だった, だったよ, だって, だつた, であった, でありました, でございましょう, でございませう, でした, でしたよ, です, と云, に, になった, になります, になる, には延岡着, にやつ, にブ師, に叩きおこす, に家, に市中, に帰っ, に式, に清三, に玄関, に福次郎, に行け, の強き日光, の日光, の空, まで, までお, まで結びごんにゃくをこしらえていた, まで行乞, まで起き, 寒い思ひ, 懶さ, 戻つた, 着きました

▼ 三~ (50, 0.0%)

3 の意味 2 に出雲文献, の変化, の心理

1 [41件] だった, と義龍様, な性格, にかへてもつ, に使い分け, に使える, に分たれる, に分れ, に大別, に岐, に懸, に数える, に書い, に演出, に答える, に考へ, に髪, のまなざし, の人生, の兵, の化け, の姿態, の寓話, の心, の心持, の思い立ち, の情緒, の感想, の態度, の文字, の朝廷, の画趣, の眼, の英文字, の見解, の解決, の解釈, の音, の鼻, もわかった, も了つた人

▼ 三人前~ (49, 0.0%)

3 を一手 2 にし, にどんぶり, の料理, の膳, もある, も働く

1 [34件] からの膳, くらいを食, ぐらいのたい, ぐらいの嫁入り仕度, ぐらい食わなけれ, こごみに, でございますね, で足りない, といっ, としては驚くべき, として二升, なん, にお, になさる, に使っ, に置い, の中食, の働き, の力, の料理代, の正餐, の食器, はペロリ, は余分, は働いた, は肉, へ来る, もします, もませやがった, もらく, も喰, も喰べたの, も食っ, 食った

▼ 三十八歳~ (49, 0.0%)

8 の時 3 であった, であつ, になる 2 で孫, にし, のチェーホフ

1 [26件] から翌年, けれども私, でお, でした, で夫婦, で死にました, で江の島, で生年, で神聖ローマ帝国, で躋寿館, という壮年, となった, になっ, のバッハ, のユアン, の三月, の戲作者焉馬, の有為, の男, の私, の秋, の重吉, まで長生, を以てこの世, を以て歿, 代稽古

▼ 三右衞門~ (49, 0.0%)

2 と稱, は幸

1 [45件] かさ, からの傅言, がお, がこの, が丈夫, が今, が死ん, といふの, といふ男, といへ, ともいはれる, と云う, にある, には三十年前家督, には何, には出, には聞かせる, に代, のもの, の伜, の伜數馬, の使, の処, の力, の奉公人, の奧方, の慈愛, の氣, の甥世, の自適齋眞譽東里威性居士, の覺了院性譽一鎚自聞居士, の邸, はこの, はわたくし, は下総, は丹後, は享保四年五月九日, は力, は天保十一年十月二日, は老病, は許し, も素直, を殺した, を自分, 幸い貴様

▼ 三~ (49, 0.0%)

4 の路 3 の罪 2 の上村源, の大橋, の町, 小鍛冶, 第七坊

1 [32件] からずつと河原, から四條, だけでも住民七八十戸, では今, でも皆宏才博覽, とか四條, との關係, による帝國議會, に向つた, に於, に該當, の三條八幡, の人形操, の尾, の斎藤左衛門大夫茂頼, の柱, の樋の口, の橋, の殿, の百太夫合祀, の直道, の蛭子社, の邸, の附近, は古く, は茲, ばかり頂邊, へやつ, まであります, まで厚い, をつくし, 後一條天皇

▼ 三四寸~ (48, 0.0%)

2 の小, の所, の長

1 [42件] くらいしかない, ずつ, で一羽, で枯死, で錘, に積り, に育っ, に育った, のなが, のびて, のもの, の尺伸び, の白栴檀, の穴, の空間, の竹, の肥後守, の若鮎, の距離, の釘, の間, の間隔, の雪, の高, の髪の毛, の鮒二匹, はある, は切っ, は大きい, は生える, ばかりの札, ほど上, ほど開い, も厚味, も突きぬけ, も高かっ, を隔て, 伸びただけの, 伸びて, 折れて, 浮いたところ, 離れたところ

▼ 三尺帯~ (48, 0.0%)

2 にさすが, の腰, を前, を尻下り, を締め, を解い

1 [36件] かなに, か何, がほどけ, が気に入る, だの, で乗り出した, に手拭, に突か, に草鞋がけ, に落した, のまま, の中, の尻, の尻ッぺた, の布, の若衆, の遊び人, は愛吉, へはさん, をきりっと, をぐっと, をぐるぐる, をぐるり, をしめた, をキリリ, を一重, を引っ, を締めた, を締めまし, を締め直した, を腰骨, を臍, を詰め, を足, を鉄火, 但し繻珍

▼ 三~ (48, 0.0%)

3 であるが, の建物

1 [42件] あった, あり中, からなっ, があつ, が発見, とも所々, にある, に一ぱい, に分かれ, に分けた, に分たれ, に潜ん, に覆つた, の, のうえ, のデッキ, のビルディング, の古代風, の天守, の星辰台, の殿楼, の温泉旅館, の漆喰建, の煉瓦造, の白塔, の白壁, の眞中, の石輪塔, の磚身白堊, の窓, の装鋼甲板, の西洋づくり東豊山, の隅, の階上, の階段, の高, の高楼, は, までの階段, まで梯子, も階, 又は四層

▼ 三百メートル~ (48, 0.0%)

5 のところ 2 の塔, の逢

1 [39件] あった, から一千七百メートル位, くらいの高, ぐらいしかない, ぐらいになった, ぐらい距, しかない, そして五百メートル, でキカイ, となっ, と地図, と距, ないし七百メートル, にさがっ, に設けられたる, の下水道, の距離, の近く, の間隔, の高原, ばかり先, ばかり向こう, ほどさき, ほどのけわしい, ほどのところ, ほどの低空, ほどの空中, ほども離れた, ほど向こう, ほど進んだ, ものぼる, もへだたっ, も向こう, も四百メートル, も行かなけれ, も走る, も進んだ, も遠く, を越えない

▼ 三人分~ (47, 0.0%)

2 か四人分, の力, も働きます

1 [41件] あいて, いれた, ぐらいの持場, ぐらいの白い薄い, だけの料理代, だけ空席, だぜ, で, であるあたり, でも四人分, にし, のコーヒー, のベッド, の三等寝台, の寝台, の握り飯, の洋服, の炭酸水, の用意, の皿, の目, の米, の紅茶, の荷物, の衣服, の賃金, の遺骨, の食事, の食器, の食糧, の首, はゆうに, もあらう, もありましたろう, もあろう, もの荷物, もはたらい, も四人分, も智慧, を一人, 持って

▼ 三~ (47, 0.0%)

3 のため 2 が日本, の三, の予算, の困難, はアメリカ

1 [34件] が巧, が輸入, である, ではあまりはっきり, では無理, で六年, ということ, というもの, という新, と考え, になっ, に対する認識, に対する風当り, のもと, の制度, の十年, の問題, の実態, の実施, の文字通り, の最初, の本家, の本来, の混乱, の現実, は一九四九年度, は全く, は前述, をどう, を変形, を少し, を活かす, を謬, を輸入

▼ 三十年代~ (47, 0.0%)

4 のはじめ 3 の吉原 2 と婦人作家, になっ, になつて, の本所, の終り

1 [30件] ある大, だが, であったかと, であったと, にその, には, にはいつた, にはその, に写生文学, に初めて, に渉, に萩野半之丞, に雑誌, のこと, のやや, のロマンティシズム, の事, の初頭, の彼, の文学, の新派歌人, の日本, の浪漫主義, の終り頃, の終頃, は日清戦争, は浅草, へかかる, までは真, を通つて

▼ 三~ (47, 0.0%)

2 か四口, とかある, をあんぐり

1 [41件] あつて, あります, あります渡良瀬沿岸三郡, あるぞ, いやいや飲み込む, うがいして, からかいかけた, から仏坂, しか食べ, すすって, たべて, でも美しい, でよした, で干し, で終っ, で飲ん, となる, と續, と飲ん, に吐き出す, のこと, は熱心, ばかり歯, べらべらやっ, ほおばったが, ほどで食っ, ほど残っ, ほど飮むと, を授けた, 取交して, 合わせて, 吸って, 啜っただけ, 啜って, 啜り乍ら, 持ちて, 重ねると, 食うたばかり, 食うや, 食べたと, 飲み下して

▼ 三軒目~ (47, 0.0%)

3 の家 2 がそれ, に目的, に着いた, のうち

1 [36件] おもて, かえ, さう, だ, だよ, であった, ですぜ, ですよ, でとまりました, で其処, で色, とはっきり, にくる, についた, にみょう, にツイ二十年前, に伊勢虎, に篠田, の同じ, の小家, の店, の後家, の格子戸作り, の格子造り, の焼, の立派, の見事, の門内, の隣, はどう, はどなた, は夜鷹そば的屋, は大工, へ這入った, まで来た, を尋ね

▼ 三七日~ (46, 0.0%)

5 の夜 3 の断食 2 が過ぎる

1 [36件] が済んだ, だ, でご, で其の, とある, といふ日, となり, とは三七二十一日, にあたりぬ, にし, にまいった, にもならない, に及んだ, に近い, の, のあいだ, のあいだ日参, の仏事, の別時念仏, の墓参り, の夜半, の如法念仏, の寺, の水垢離, の法事, の済む, の逮夜, の間, の間断食, の願, ほどねん, も經, を済ませ, を済ませた, 已に斯願, 経て

▼ 三十五日~ (46, 0.0%)

3 も済まない 2 には見事, に相, の墓参, も濟

1 [35件] か, かかりましたよ, か四十日, がすむ, がすん, が濟, が濟ん, が無事, が終る, が過ぎれ, すると, たったけれど, たつと, だったので, で谷中静雲寺, という日数, に, になる, にはお, にも亦, に多助, に如意輪寺, に相当, のおかえし, の回向かたがた, の山狩, の忌あけ, の法事, の済む, の配り, は雨, までいる, も済みません, を費し, 御当日

▼ 三千五百石~ (46, 0.0%)

9 の大 7 取の 6 の大身 4 の殿樣 3 のお 2 の御家, の旗本, の由緒, を喰む旗本 1 が何ん, だらうが, に惚れ込んだ, のガタピシ, の家督, の板屋家, の殿様, の直, の面目

▼ 三~ (46, 0.0%)

3 の櫛屋 2 が怪しい, のお, の文吉

1 [37件] か, か平手, が骨董, その男, そんなもの, たいへんな, だ今度, であろうとも, でございます, ではない, というもの, という家, という櫛屋, と云う, と呼んだ, と申します, どの今度, の手先, の櫛, の男, は, はいった, はいや, はつぶやく, はケロリ, はザッ, は擦り抜けた, は無意味, は熱心, は襖, へは金, へ乘, へ行つて, へ金, またある, もどこ, も限度

▼ 三年来~ (46, 0.0%)

2 である, のこと, の幸運, の日本, の私, の詩壇

1 [34件] このとおり, その家運, その率, というもの, なんとかし, のお, のコンデイシヨン, の一日一夜, の出版界, の大局, の失踪者, の平生, の深い, の社会情勢, の身体的疲労, の金, は健康, は小説, また急, めきめき活況, 到るところ, 各作家, 始めてであった, 実に急速, 少しも, 常に予, 度々邂逅, 望んで, 欠かさず観音様, 死ぬこと, 漂うて, 特に駄目, 珍しいこと, 頓に萎靡沈滞

▼ 三~ (46, 0.0%)

6 の駕籠 3 のピストル, の鉄砲 2 に増えた, の櫓, の駕, 持って

1 [26件] くらいになる, ご用意, とピヤノ, に背丈, の乗物, の使命, の列ね, の四ツ手, の太い, の女, の早, の梯子, の機関銃, の車門, の鍬, はボート, ばかり来てる, もつながっ, も取揃え, も壁, を残らず, を買, エイホイ, 出て, 組合せて, 頂いて

▼ 三~ (46, 0.0%)

2 の濱

1 [44件] から藩, が人一倍, が浜, が絞め殺され, で終る, といふ船着場, と照之助, などの漁村, につきます, に着した, のほか, のゆくえ, のゆくえ不明, の地, の家, の新, の新しい, の方, の死骸, の波打際, の黄土, はこの, はせいぜい, はその, はなん, は人気役者, は今度, は堅い, は師匠, は年, は文字吉, は泣い, は肯かない, へ, へ来, も文字吉, や照之助, をたいへん, を出し, を想像, を文字吉, を殺した, を絞め殺し, を自分

▼ 三~ (46, 0.0%)

2

1 [44件] あわただしい急, があった, がその, がはしっ, がはせ帰っ, が取って返し, が番外, が試合場, が追っ, して, で, で行く, で谷, となっ, とまでなっ, と共に西, と相次い, と絶えない, に手, のうち二騎, のお, のかげ, のひと, の人, の人々, の勇士, の從, の斥候, の武人, の武士, の落ち, の鞭, の騎馬巡査, の騎馬武者, はそのまま, はとち, ほど淀川, また七, も束, も次第に, も駒, を左右, 並んで, 駈けつづいて

▼ 三十そこそこ~ (45, 0.0%)

3 の若 2 ですが, の女, の若い

1 [36件] か, だのに, であらう, でありながら, でございます肌合, でその, で世間, で双方容子, で放埒, で父, になっ, に見られる, のどう, のひと, のまだ, のよう, のインテリ階級, のブールジョア独身婦人, のベットリ襟首, の人物, の分別者, の女優, の女性, の好い, の年輩, の年配, の年齢, の男, の畫學生, の色, の若僧, の若者, よく湯屋, らしく都会, 少し病身, 若くも

▼ 三四間~ (45, 0.0%)

3 の所, 離れて 2 ほどの間

1 [37件] おくれて, おそらく五間, が間, ぐんぐん押し, しかない, ずつの段々, ずるずると, というところ, なるあり, の備え, の間, はなれた, ばかり離れた, ほども付い, もあらう, もあろう, も上つて, も前, も前方, も抜いた, も行きすぎ, も行き過ぎない, も離れ, ゆくと, を距, 出ると, 後れたるに, 歩くと, 滑るよう, 白くこまかき砂地, 程の間, 続くと, 行き過ぎてから, 離して, 離れたら無地, 離れた新建, 高さ十数丈

▼ 三~ (45, 0.0%)

4 の赤い 2 は即ち

1 [39件] ありました, あります, あれば, かれの, かを取っ, こぼした, ずつ拾い取っ, ずつ食べ残し, だ, つまんで, でした, で百円, なり四粒, に過ぎぬ, のごはん, のって, のびっくり, の丸薬, の棗, の米, の糧, の紅玉, の美しい, の飯粒, ばかり固め, ばかり撮み出した, ほてり切つた頬, ほどわたくし, ほど噛んだ, 取り出して, 滾び, 程しか持合, 落ちて, 転がって, 附いて, 降って, 降るまでも, 飲むと, 飲めば

▼ 三~ (45, 0.0%)

2 が, の, はまた, は大した

1 [37件] か, か春水, がいま, がいま黄表紙, がか, がびっくり, が一日, が下町, だ, とここ, と画工豊国, と道連れ, などが相当, などとは著しく, などのよう, などはどんな, などは市井, など勝つ, なので, にはいろいろ, にはそれ, に私淑, の前, の顔, はこんな, はたいした, は光る, は唆, は小, は得意気, や一九, や京伝, をはじめ, を偸, を卑しめ, を見やった, を迎い

▼ 三~ (44, 0.0%)

3 三五七〇より, 二 2 三, 三五七〇の, 五, 橋まで

1 [30件] 一, 一・五とな, 一九四, 一八が, 三作品六七ノ, 三六近藤方に, 二伊勢町の, 八, 六築地会館武原はん方, 口と, 四, 地方ニ三時代變遷, 姫を, 御子, 替合邦, 木戸と, 櫓ほかの, 理由ハ三年間, 理由ハ國家トシテ不合理ナル所有ニ對シテ賠償ヲ, 理由ハ婦人, 理由ハ幼童ノ, 理由ハ東西文明ノ, 町と, 町の, 目的ハソウスレバ彼女モ僕ガイカニ彼女ノ, 箭, 趾トヲ口一杯ニ頬張ル, 通信ト, 郷, 食秋風ニ

▼ 三~ (44, 0.0%)

3 のぶた 2 である, に, の死骸

1 [35件] か, が殺された, が醉つて居眠り, でありクロオメ, ですか, というところ, とたつた, とも言, どのお, どのおく, どのと腹ちがい, どの五郎ざえもんどの, などといふ惡黨, に思ひ知らせる, に散々怨み, に斉, に超えたる, のとむらい, の家, の日, の胸, の言, の部屋, は三十七八, は撚, は薄情, を引照, を恐れる, を殺さう, を殺した, を殺す, を殺せる, ノ九, 即ち二分五厘下落, 及び四〇

▼ 三ヶ月前~ (43, 0.0%)

2 のこと, までは生き

1 [39件] からお, からはじまつた, から三崎, から伯爵夫人, から心臓病, から梅沢女剣劇一座, から行方不明, から雑誌, だった, でございました, にできた, にとう, にヨハネスブルグ, に入門, に初めて, に夜店, に彼女, に比べ, に注文, に独逸, に生き, に私, に見せ, に鬼倉, の, のかたき, のちらし, のもの, の一日, の九月二日, の服部君, の白昼強盗事件, の自分, の雑誌, までは活気, までは瘠せ, までゐた, まで生き, 迄は間違い

▼ 三人五人~ (43, 0.0%)

2 と組, の子分, 多いとき

1 [37件] いや全部, かたまって, が下足, こぼれますの, ずつ中, ずつ学び, ずつ連れ立っ, それからそれ, たたずんで, とかたまっ, と一団, と一家団欒, と上っ, と云った, と互に, と岸, と彫り, と揃つて來, と数, と来る, と楽隊, と町内近所, と畑, と異様, と目, と立ちあがっ, と肩, と草, と足, の口, の堅気, の手前, の青年たち, 剥いだ獸皮, 多いところ, 小さくあちこち, 続いて

▼ 三~ (43, 0.0%)

3 に並ん 2 になっ, にならん, の石英粗面岩

1 [34件] あるいは五列等, が二十, が射ち終る, それから二つ, ついて, で十人, なして, にし, にならび, にならべられ, になりし, にラケル, に並べた, に入る, に入れ, に坐っ, に控えたる, に植えられ, に流れ, に百, に立てたる, に続く, に腰掛け, に行列, に詰まった, のテエブル, の篝火, の苗, の長い, は第, ばかりにし, もしくは五列, をなし, 第三列

▼ 三四枚~ (43, 0.0%)

2 で完結

1 [41件] あらわれた, あるの, あわせたほども, かさねて, から五六枚せい, ぐらい混, しか出, すらすらと, ずつ手紙, だけ出, でそれ, と, というの, とこれ, とめて, に包み, に見解, のレコオド, の原稿, の原稿紙, の夕刊新聞, の旅日記, の段々畑, の皺くちゃ, の着換え, の絵端書, の肖像, の花, の身, はって, はやはり, は売れ, ひろげられその, ほどの距離, 上げて, 写した, 取り出して, 平らげて, 持って, 散らばって, 載せて

▼ 三~ (43, 0.0%)

2 だけを呉

1 [41件] すらお, だけでも受取っ, だけを返す, で其一萬九千町歩, にかぎられた, にわたる地域, にわたる常陸源氏, に分れます, に及んだ, に打ち入っ, に拓けた, に群がる, に遣り, のさまざま, の三十五ヶ間切, の中, の土地, の地方, の境, の太守, の戡定, の攻略, の民家百七十余区, の漁業家, の狄俘八百三人, の軍官民, の領土接収, はすなわち, は北部, は御, は臣下, は遠く, は鎌倉役, ばかりを犠牲, ほとんどは, もよろしい, を受取る, を確実, を設置, を通じてこれ, ヲ攻

▼ 三十九~ (42, 0.0%)

3 になる 2 で死んだ, になりなさる, になります, の機会

1 [31件] から二十五, じゃもの花, だ, だった, だったと, であ, であったと, である, でおととし, でさ, でまだ, で若い, という若, と持ち出しました, にし, には老込み, にもなっ, に據, に記された, のくせ, のウバ桜, の今日, の奇蹟, の女, の年, の歳, の無気味, はをかしい, まで独身, 全安, 子徳十五

▼ 三十歳前後~ (42, 0.0%)

1 [42件] から十五六歳, すなわち明治三十四, だったが, だったの, であったプレハーノフ, で死ん, に, にて花, にみえた, に至っ, に見える, のいわゆる, のこと, のころ, のひと, のめしたき女, のやはり, の一人, の一見, の人, の人物, の作家, の刺青, の勘, の壮年, の好男子, の年, の武家, の無学, の男ざかり, の男子, の粋, の細君, の血気, の血氣, の見知らぬ, の諸君, の頃, は生涯, まで十人あまり, 即ち明治三十四, 然も

▼ 三~ (42, 0.0%)

2 あって, しかない, その中

1 [36件] から出来, から成る, か四室, が博士, が研究部, その上, つづきで十留, と移っ, にしきり, になっ, にも別れ, に分かれ, に分れ, に巣くう, に机, の住居, の大相, の家屋, の彼自身, の青山敬太郎君, の高価, は空, ばかりに襖, ばかり隣, へ赴く, ほど貸しあたえられた, を借り, を借り受け, を加え, を幾回, を教場, を通して客, を連ねた, 並んで, 各々寮長, 通り抜けて

▼ 三百万円~ (42, 0.0%)

1 [42件] かかる, かし, から五百万円, が紛失, くらいの資本, ぐらい稼い, だせと, です, で出来る, で苦労, で身売り, と兇器, と血だらけ, なら大, にする, にも附かない, の償金, の契約, の富, の小切手, の火災保険, の財産, はフイ, は煙山, は紛失, は高い, ほどに達する, まきあげるため, もうける, もアジト, をフイ, を奪う, を渡し, を超え, 出しましょう, 受取ったらしいが, 届けては, 払えないもの, 持って, 欲しかった, 渡したこと, 渡すこと

▼ 三箇所~ (42, 0.0%)

1 [42件] あります, ある, あるの, から一度, から燃え, から起った, だけにゐる, だけは大事, だけ殘つて, である, においてこの, において津田氏, に停まっ, に分れる, に加えられた, に四角, に寄つて三津, に火事, に火災, に美術博物館, の人馬, の出火, の境, の奉行, の持地, の火事, の順礼札, はあるらしかった, へもの静か, へ集合, ほど崩れ落ち, まで見え, も一度, も無事, やられた事, を縫つた, を見, を貫い, 削つて, 同じよう, 流して, 置いて

▼ 三~ (41, 0.0%)

7 十四の 2 何でも

1 [32件] い帝釈やいと, おまえの, かいで, さうかと思ふ, そこい, そこらの, その弟, ちょいと, つても, キョトキョトと, 万里なんかと, 佐七の, 何かとは, 十五に, 十四じゃ, 千鶴子たちと, 半次を, 四で, 四の, 四や, 安江などの, 政宗どの, 昨夜仙太郎親方が, 正三, 母の, 源太等の, 私を, 空家ばかり, 羽村の, 菊池肥後守が, 豊作など, 近藤無

▼ 三十位~ (41, 0.0%)

4 の男 3 に見える, のでつ, の大 2 の女

1 [26件] かと思う, から一寸, しか無い, だったかも, だん, であつ, であろう或いは, でいき, でで, でもあった, でも有う, なん, な男, にお, にしか見えまい, になる, にもなっ, に言っ, の丸髷, の卑しい, の奥さん, の婦人, の巌丈, の眼鏡, の背, の間

▼ 三国ヶ嶽~ (41, 0.0%)

5 の頂上 3 のふもと 2 の猿, の麓

1 [29件] から下り, から帰った, から帰宅, から藤屋, で, でいう, でその, で会おう, で大次郎, で師匠法外先生, のお, のお山, のお花畑以来, のす, のすぐ, の三国神社, の下, の会合, の山上, の月, の登山ぐち, の絶項, へお, へのぼろう, へ往, へ来なかった, へ登る, を下山, を背

▼ 三~ (41, 0.0%)

3 の君 2 にや, のうち, の君加, の君等, もいた

1 [28件] あったらしい, あり総て, いた, くれないか, しか釣れなかった, の一尾, の一群, の勝野, の君カタブ, の大, の小, の岩魚, の鮠, は甲州, は籃, ほど捕え, ほど貰つて, ほど釣り上げたらしい, もらって, も投げ, も若鮎, を携, を釣った, 出て, 彫って, 揃って, 選って, 釣れたばかり

▼ 三~ (41, 0.0%)

4 の思想 2 の徳, の時, の頃

1 [31件] すでに病院生活, だった健坊, だといふ, と云え, などと名づけ, になります, になる, にも達せぬ, に抜けた, に拔けた自分, の, のころ, のその, のとき, の奈々子, の婦人, の子供, の手相画, の拍子, の松太郎, の歳, の筋, の聖女テレジア, の誕生日, ばかりのバラ, まで獨身, よりも妙, を同時に, を生じ, を綜, 之大事

▼ 三~ (41, 0.0%)

3 ある建物, の高い, 並んで 2 あつた, の土蔵, の大, の長屋

1 [24件] あり老婆, から成る, から成立つた, が三列, でその, で二十四戸, というもの, に分けた, に別れ, の二階家, の土藏, の大湯, の官舎, の家, の寄宿舎, の屋根, の石, ばかりの倉庫, ばかりの木造, ぱらぱらと, ほどある, も続き, を並べ, 並べる塗籠

▼ 三べん~ (40, 0.0%)

2 お祈りを

1 [38件] あちらこちらに, いうて, おたたきなさい, おぶち, おぶちだ, お辞儀を, かかとで, とこ往復しやした, ふるえたと, またも, まはす, まわりました, やり直した, トンボ返り, 下りただけ, 会つた, 刀を, 動いて, 十字を, 同じところ, 吹き返したす, 唱えると, 座を, 廻つて, 廻つてお, 廻つて何やら, 手風琴みたいに, 揺らぎました, 撫でお松, 歌つ, 目の, 目を, 私と, 繰り返して, 自転車に, 見に, 閃めかした, 養子が

▼ 三ツ四ツ~ (40, 0.0%)

2 と並ん, の装飾, 売って

1 [34件] あたかも人, あるが, おちし村雨, きらきらとして, くるりと, した, つづけさま, でコマ, と投げこんだ, に砕けたる, の灯, は手掛り, ふら, むくむくと, もっとかと, も年上, も暗い, より行末, をおき, を設, 伏せて, 出て, 小さな顔, 張り飛ばされ両, 抜いたん, 暗い流し, 残して, 浮いたり, 溜った, 落ちたという, 薄暗き明, 起ったよう, 転がった, 預けたとて

▼ 三~ (40, 0.0%)

3 の十五 2 である, の明月, の月

1 [31件] あらん人, だけの集まり, であること, となった, とも考へられ, と二三八, に分っ, に鍾馗, の, のうち, のほう, のもの, の例, の卓, の同位元素, の名, の妙齢, の少女, の日, の星, の癡漢, の純粋分離, の采粒, の青年相, はいい, は全く, ばかりなる, までページ五四, を分離, を十分大量, 及び十一ピアストル

▼ 三人連~ (40, 0.0%)

3 の客 2 の一行, の女

1 [33件] が昨夜, だ, で, でそして, でぶらぶら, でもいい, で一人, で何方, で先刻, で入り込ん, で向う, で向側, で日本橋, で東隣, で浴衣, で軽井沢, になっ, になつて我等, に逢うたでしょう, のひとり, のテーブル, の侍, の小学, の後, の會社員, の漁師, の男客, の紳士, の草鞋, の観覧者, の電信工夫, は振返り, は顔附

▼ 三十余年~ (40, 0.0%)

4 の昔, の間 2 を経た

1 [30件] であったが, にし, にしかならぬ, になります, にもなっ, にわたつ, に渡る, に過ぎぬ, のうつりかわり, のむかし, の今日, の半, の寛平年中, の建暦三年, の昔自分, の昔話, の米国人, の長日月間, ほとんど世界, ほとんど社交, もダラダラ, も前, ようやく蜀, を独身, を経, を経過, を費やした, を通じて一回, を過ぎ, を隔て

▼ 三十女~ (40, 0.0%)

3 の厚化粧 2 です, で愛嬌, で身許, の心

1 [29件] お藤, がかう, がどんなに, がよびとめ, が何気なく, が前, が居ました, が挨拶, で以前, で明けつ放しな, などの泣き, ならば, になり, に寄せた, に近い, のよう, のレッキ, の婦人病, の気持ち, の聡明さ, の自尊心, の豊満, の黒水晶, はそんなに, は強い, は遲, をひそか, を朝, を見れ

▼ 三~ (40, 0.0%)

6 に分け 3 にわかれ, にわかれた, に分れ 2 に分かち, 指したとき

1 [21件] から火矢, が引ッ, さして, だけ発明, と碁, にもわかれ, にも分れた, にわけ, に備え, に分かれた, に分った, に分つ, に別れた, に相, のうち, の組子, の軍勢, の軍勢三方, も前, を鯛, 指した時

▼ 三歩前~ (40, 0.0%)

5 へ出た 3 に出た, へ出 2 にのめつた, のほう, へ進んだ

1 [23件] で清三, で福, に押し出し, に曹長, に歩いた, に痩せた, に立つ, に身の丈六尺以上, に進み出, の所, へ, へつんのめった, へツカツカ, へ伸びよう, へ出ろ, へ大, へ歩き出し, へ踏み出す, へ進み, へ進みかけた, へ進み出, へ進む, へ進ん

▼ 三~ (40, 0.0%)

9 の雪渓 6 の頭 2 の大

1 [23件] から劒, で僅か, との間, に引返し, に続く, の凹所, の北, の底部, の眺望, の若々しい, は勿論, へ出られない, へ出る, へ続く, ほど長く, まで二時間半, も長次郎谷, より小, を登っ, を登る, を隔て, 両渓, 小窓

▼ 三~ (39, 0.0%)

6 めに 3 めには 2 まわすと

1 [28件] あって, うちあげて, くりかえして, こえ高らか, しごきエイヤッ, その汗, たたくと, なめまわしました, はくちょうに, ふって, めで, めの, めも, やると, わたしを, ドアに, ハタハタと, パッパッと, 両手で, 前後に, 地を, 御前へ, 忍剣の, 朱柄の, 汗を, 聞いた, 見たこと, 食ふ

▼ 三万人~ (39, 0.0%)

2 に増加

1 [37件] からの人, から出来た, が就業, しばらくこれ, その中, でも容れられる, としたなら, とをば静思修養, と云われた, と出, になっ, の仇, の作家志望者, の兵士たち, の労働文化協会, の失業技術家, の失業者, の女の子, の学生, の将士, の尻, の従業員, の従業者, の海陸兵, の生霊, の百姓, の群集, の観衆, の高級技術家, は三月, は出来, は北海道内, は第, もいます, もの兵士たち, も冬, をくだらなかっ

▼ 三万石~ (39, 0.0%)

2 の太守, の恩典, の領主, の領地

1 [31件] が対手, ぐらいの小, だが, だけが領邑, でそれ, となり, と四ツ, と申さ, にも似合わず, に傷, に増され, のお家, のりょうぶん, の地域, の大, の大名, の富強, の小, の幕臣, の御, の重大, は藩主家族, は諏訪因幡守, は集るであらう, も共に, も近頃, より少し, をやる, を十四万四千余石, を有難く, を領

▼ 三人四人~ (39, 0.0%)

2 と絶えず

1 [37件] が協同, しかピオニェール, ずついろいろ, ずつの群, ずつ参りました, ずつ散歩, たちまちかり集める, でええ, で圧, で狙う, とかたまっ, とつれだちぬ, とよそ, と公卿たち, と別々, と取り残され, と外, と大量, と寄合い, と次第に, と組ん, と行く, と見えなくなる, と見はっ, と隊, の下女, の力, の声, の奴隷, の話しだす, は急, むくんだ茄子, 付いたな, 打ち連れて, 減り黒い, 続々と, 集めなければ

▼ 三十万円~ (39, 0.0%)

2 は愚か, まで出す

1 [35件] あれば, かかったという, から概算, が心残り, こういう大金, だった, ですな, で浮かばれない, で走りまわる, というん, なら十五万円, なんとかし, にちがい, になる, にも相当, にも達するであろう, のふぐ, の価格, の大, の大金, の恨み, はやすい, ほどでゆずりうけ, ほどの小さな, ほどの費用, もふり撒く, も取る, やって, を必要, を提供, を新宿, を書きしるし, を製艦費, 出せとい, 早速明日

▼ 三十兩~ (39, 0.0%)

5 の小判 4 の金

1 [30件] か, だが, でなくしつかり溜めて, で一年, で八, といふ大金, と借り出し, にはなる, に値踏み, のお, の元金, の財布, の貯蓄, は借財, は愚か, は溜め, は財布, ばかりその, ばかり持つ, ばかり盜, ほどで, ほど出, ほど拜借, までに負け, も四十兩, やらう, や五十兩ぢ, や五十兩はか, を費はず, 借りて

▼ 三十六人~ (39, 0.0%)

2 のうち

1 [37件] が信者, が十二名, が屹然, ぎっしり詰められ, だか, だかの, という多勢, という芝居, とは, と云う, にきまつ, にし, について測定, にて匈奴, のとんぼ組, のもの, の代表, の会員達, の処刑, の子供, の小勢, の巨擘, の情夫, の愛妾達, の手下, の眼, の肺結核患者, の部下, はいずれ, は思い思い, は釈放, は風俗, を数えた, を數, を矢つぎ早, を選ん, 内男三百二十五人

▼ 三十前~ (39, 0.0%)

8 の青年 3 に何, の若い 2 なのに

1 [23件] いいえ二十六七, から大きい, から綱, くらいの二人連れ, ぐらいね, だぞ, だよ, だろうに, と言つて, に一仕事, に書きつくされ, のあまり, のしかも, のまんざら, の公達ども, の女, の年増, の時, の独身者, の男女, の私立タンテイ, の若, 肥り肉

▼ 三斎隠居~ (39, 0.0%)

2 の屋敷

1 [37件] から渡された, がニヤニヤ, が何, して, だって怖, であろうか, とかいういけ好かない, どんな場合, に直, に訴える, のまなむ, のやさし, のよう, の出, の姿, の機嫌, の身, の邸, の顔, はぎょっと, はこの, はだんだん, はまんじりと, はわが, は小姓一人, は物, は猶も, は相手, は自分, は苦み, は苦笑, は蚕豆, は言っ, は部屋, は青ざめた, ももう, を見

▼ 三百六十五日~ (39, 0.0%)

3 の間 2

1 [34件] あるの, が御, この工合, こんな好い, その三百日余, その負けじ魂, だ, つづけたと, てやっぱし, ですか, でも七百五十日, と六時, と六時間, ならば, に分け, に足らず, のうち, のとき, のべつそんな, の一年, の年中行事, の日, の日附, の最終, の死, の生活, の長い, を一番生産, を生き, を調節, 働いて, 浚って, 繰りかえされるわけ, 過ぐる

▼ 三等室~ (39, 0.0%)

2 より

1 [37件] から髪, がプラットホーム, しかない, でも決して, で中央, で白い, なら森本春雄, にはトランシルヴァニア, には電気, にも林檎一つ, に入っ, に入れられる, に固まつ, に憧憬, に滑り込んだ, に移る, に膝, に這入つ, のドア, の一隅, の中, の冷たい, の前, の患者, の戸, の棚, の窓, の蚕棚, は矢張, は途中, へ, へまぎれ込ん, へ行, も二等室, や薄暗い, を出, を勇吉

▼ 三~ (39, 0.0%)

3 の性格, の民 2 に渡つて, の巻

1 [29件] から入った, でこの, で本来, という腕節, といふところ, といわん, とかきのうの, とざっと, とする, なる窪みに, にありつける, に分ける, に分った, に叙せられ, に対して第, に教え, に進級, の原因, の天使, の打ち, の水, の職業婦人, の雑役, は平均点, ばかりに仕切られた, もあっ, を藉, 上ると, 低きところ

▼ 三~ (38, 0.0%)

4 四の 3 唐人髷に 2 四か, 四で, 四な, 四に

1 [23件] ああおいら, おまえの, それとも五六, どちらか, 十四ぐらいに, 十四ぐらいの, 十四だろう, 十四の, 四, 四かの, 四ぐらいの, 四ぐらゐまで映画だの, 四だした, 四であったろう, 四です, 四でも, 四五では, 四五一体の, 四五程度の, 寺に, 必ず始末, 町の, 第四

▼ 三~ (38, 0.0%)

12 んも 6 ん廻っ 3 んばかり 2 んほど

1 [15件] んいっ, んか, んこづき廻した, んだ, んだけ, んとな, んは, んまでは, んまわっ, んまわる, んもつ, ん唱え, ん四へん稲びかりから漂白される, ん廻った, ん廻らせ

▼ 三兄弟~ (38, 0.0%)

2 の家

1 [36件] から熱心, が三人, が眼, そのほか, だった, でしたら薄々, で分, とかの公孫勝, となっ, とは阮小二, とも, と食客, などともいっ, などに代りまし, なる者, にあずける, にひきあわせたい, にむかっ, にもその, のその, のつぎ, のほか, の中, の性格, の誘いこみ, の豪傑ぶり, の長幼順序, はその, はもと, はゆうべ, はニコ, は別れ去り, ばかりでなく, もいた, もそれぞれ小舟, も加わっ

▼ 三十石~ (38, 0.0%)

3 の夜船

1 [35件] が出ます, ぐらい造る, さア今夜, だとは, で上っ, で伏見, で大, で鮓, なら酒, にあまる, に乗っ, に乗つ, に乗つた, に乗る, に乘, に代る, に横付, の客, の小, の扶持米, の昼舟, の潮, の知行, の船代, はその, は棹, は淀川, へ寄っ, も頂戴, や五十石, を一艘, を増され, を川中, 大宰帥, 被下置

▼ 三四年間~ (38, 0.0%)

2 はこの

1 [36件] だけのこと, つまり私, でありますが, で日本, における日本, における日本文学, にし, にすっかり, にはわずか, には父, に亙る, に取り, に夏, に非常, の, のため, の作品, の健全, の各, の呉, の成長, の波瀾, の生活, の自分, の豫定, は大丈夫, は或, は故, は日蓮, ばかりの間, ばかり地方, もわたし, を上京, を自分, を通じて幾分, 居ない留守中

▼ 三幕目~ (38, 0.0%)

2 の, の舞台

1 [34件] があります, がある, が始まった, だ, でいざ, ですが, ではちゃんと, では遺憾, となつ, には客間, に行っ, に高輪海岸, の中程, の主役, の出, の出雲守, の初, の常磐津, の情景, の終り, はゆとり, は何, は又, は口, は斎藤, は氷, は清三郎, は金助, までなよたけ物語, もまだ, をかい, を書いた, を読み, オーセ

▼ 三次元世界~ (38, 0.0%)

3 に住ん, の生物 2 と四次元世界, の中, の者

1 [26件] からぬけだす, がある, といえ, となっ, と交った, なの, ならポーデル博士, なんかへいった, においては四次元物体, につかまっ, にひっかかっ, に交わる, に火, に生れた, に近づく, に重なっ, の僕, の方, の間, は立体, へは案内, へもどったら, へもどりえた, へもどれる, へ遠足, をつらぬい

▼ 三~ (38, 0.0%)

2 です, のよう, はロンドン

1 [32件] がうたっ, がお前達, が一度, が最大, が行っ, だけが残っ, だタマキナ, である事, で食事, としての純粋さ, にお目にかかりたい, にアドバイス, に始め, のお腹, のイタリー語, の屋敷, の山里, の御, の洋装, の海岸, の蝶々さん, の計画, は世界, は何, は大学, は日本, は本物通り, は歌, は私, も立, を御, 之輩

▼ 三か月~ (37, 0.0%)

3 の間 2 のあいだ

1 [32件] おそく生まれた, くらいかかった, しかこの世, たった, たって, たつと, だけも別れ, つづけて, であったから, で名誉教授, にも半年, のあいだおまえ, のあいだ兄貴, の敷金, の月日, の注目, の雛鳥, はよく, は床, は見, ほどかよいました, ほどが過ぎ去りました, ほどのち, ほど後, ほど足りない, もあの, もいたみとおす, もする, も勉強, も自分, より長く, 食らったの

▼ 三カ条~ (37, 0.0%)

8 の誓紙 2 に帰着, の要求, は呉れ

1 [23件] ありますが, がたいそう, だ, だったと, であった, とはなん, について私, の, のうち彼, の御, の文言, の非, はどんな, はみな文学史, は事, は取った, は熟読, は諦めた, をどう, を守らざるべからず, を提示, を記した, を誓紙

▼ 三八九~ (37, 0.0%)

7 の原稿 6 の仕事 3 を復活 2 の事, 第一集

1 [17件] がある, が出来たら, によつて酒代, の, の原稿整理, の発送準備, の趣意書, はメシ, をかぢ, をだし, を出し, を復活刊行, を発刊, を発送, を綴ぢ, 第二回発送, 第六集

▼ 三円五十銭~ (37, 0.0%)

2 だが, で乾山, というの

1 [31件] くらいの僅か, こまるわね, しかしない, だった, だったろうが, だってその, だと, であった, でちょうど, で借り, で全部, で毎日それ, で泊, という, といふ会費, となった, と四円, のほう, の本, の泊り, の画, の蓄音機, の蝙蝠傘, もする, もの使い途, やそこら, らしいって, を五十銭, を得た, を投げ出す, を投じた

▼ 三十一字~ (37, 0.0%)

5 の歌 3 の短歌 2 の形式

1 [27件] から成立つ, だけれども, であ, で構成, という調子, となり, と古き, にし, にした, のた, のみごと, の仮名, の初め, の和歌十七字, の型, の形, の方, の歌三首, の短い, の詩, の詩形, はその, を並べ, を標準, を笑, を綴り得ず, 又は十七字

▼ 三十九歳~ (37, 0.0%)

4 の時 3 になる 2 であった, である, の頃

1 [24件] だ, だと, であつ, であると, で大体平安末, で死ん, で歿, で源氏, で現在, で病歿, で親, という若, になっ, になつ, になつて, のとき, の生涯, の男, の稜々, の筈, の若, の蕾, まで生き延びた, 若きもの

▼ 三十五銭~ (37, 0.0%)

2 ぐらい

1 [35件] ぐらいのランチ, さ, だと, である, であるから, でずっと, では, で売れる, で菊版三百頁, で見る, で辛抱, という宿賃, とする, と思え, と間違え, と雑費, に買っ, のネクタイ, の上等弁当, の二割以上手数料, の値打, の原稿, の手当, の板一枚, はもう, はやすい, はダンゼン, は丸儲け, は高く, ばかり, ばかりだった, もするです, 取られる如き費用, 合せて, 払う

▼ 三十歩~ (37, 0.0%)

3 かな

1 [34件] あるくごと, あるく中, お通, した後, では, で忽ち, とだんだん, と先, にし, にする, にて小太刀, の所, の石畳, ばかりしかなく, ばかり上, ばかり向う, ばかり向こう, ばかり隔てた, ほども歩いた, ほど歩い, また見ぬ, も歩け, も行かぬ, も行ったであろう, を歩き, を隔て, 行きましたが, 行くと, 行くなり, 行くの, 行った時, 行って, 離れたところ, 離れて

▼ 三時近く~ (37, 0.0%)

2 なって, ねる, までか

1 [31件] から, である, と知り, なったので, なった朝, なつて帰庵, なつて湯ノ原着, なりねる, になっ, になる, にト, に丸の内, に南風太郎, に有明荘, に終り, までいちど, までやっ, まで働い, まで僕, まで国男, まで続けた, まで話し, まで遊ぶ, 両名帰京, 出て, 帰ると, 済み東宝劇場, 辞し京極, 迄か, 迄ベロ, 迄中野

▼ 三月頃~ (37, 0.0%)

4 まで 3 になる 2 のこと, の事

1 [26件] から七月頃, から五, から五郎, から何となく, から南欧, から引っ越し, にゲエテ, に短篇小説, の初産, の方, の晩, の東都, の程度, の野原, はまだ, はスキー, は初鰹, へかけ, までの全, まではいい, までは積雪, まで此処, まで略三年間, より前年, 出たらその, 寒いモスクワ

▼ 三百枚~ (37, 0.0%)

3 くらいの見当

1 [34件] あるいは五百枚, ある筈, かの絵葉書, から五百枚, くらいで完成, その眞ん中, その真ん中, だ, ちかい作品, となつ, どころか四百三十五頁, にしなけれ, に至る, のガラス板, の中, の原稿紙, の古銭, の小説, の翻訳料, の蒟蒻版, の飜訳料, の黄金, ばかりです, ばかり戦地, ほどすべっ, ほどでしょう, ほど持てあましたる, ほど書き, もある, も出来てる, も刷らせました, を式部卿智仁親王, 程この, 程入った

▼ 三~ (37, 0.0%)

2 の地, を征伐

1 [33件] からの移住土着者, から持つ, から文字, といふ小さい, などよりひか, などより息長帶姫尊, にこと, の一部分, の七十餘國, の侵入, の古い, の吏民, の如き, の如く一度支那, の役, の文化, の未だ, の民, の諸, の貴族, の野山, へご, また或, や大陸南洋方面, よりも早く, をし, を伐たせられし, を併呑, を失し, を征する, 御征服, 或は隋唐, 諸國等

▼ 三九年~ (36, 0.0%)

2 から四〇年ごろ

1 [34件] から一九四五年, から一八四五年, という感じ, における国会図書館, にかけて肺, にはイエニー, にはウラニウム二三五, にはレティクス, には失敗, には従姉エンマ・ウェジウッド, には秋, にワシントン, に一時オーストリア国, に出版, に多く, に本国, に生れ, に至る, の九月, の事, の写真, の初夏, の半ばごろ, の四月, の夏, の春, の時代, の暮, の終り頃, は世界, までここ, も秋, より一九四二年, 死んだ北インド王ランジットシン

▼ 三十余人~ (36, 0.0%)

3 を右 2 はことごとく, をつれ

1 [29件] からの武装, がみな一様, が西向, ことごとく餓死, とともに京師, に減った, のうち, のお供, のほんもの, の中, の侍女, の信者, の同勢, の女ども, の客, の武士, は相, は総立ち, は誅せられ, は降参, は集まっ, もある, をひきつれ, を容れ, を殺した, を相手, を糾合, を連れ, 同じく谷

▼ 三尺位~ (36, 0.0%)

42 の深, の鏡

1 [28件] あります, この下, であったと, な鈴, にしか想えなかった, のずぶ濡れ, のところ, のもの數本, の上下, の中納言, の入口, の大, の引手, の樫, の溝, の箱, の細い, の距離ほか, の道, の長, の長方形, の露地, の露次, の高, は床土, は離せる, ひの, 厚さ五寸位

▼ 三年越し~ (36, 0.0%)

4 の岡惚れ 2 の弟子, の深い, の関係

1 [26件] にて参りましたる, にて最初内金五両お下げ, になっ, に交際, に娘, に小諸, に江戸, の交際, の恋, の恋人, の流浪, の深間, の病, の病人, の私, の胃潰瘍, の裁判, の起居不自由, の身投げ狂言, の長, の顔, もつづい, 引き続いた事柄, 患った六十, 患って, 連れ添って

▼ 三斎公~ (36, 0.0%)

2 に召しいだされ, の耳

1 [32件] が偉く, が老年, そして御, その時死罪, という者, にお, には勿論, に五百石, に助命, に参らせ, に向っ, に従って武功, のお, の仁慈, の余光, の十三回忌, の御, の御供, の言葉, の部屋, はわらっ, は天晴, は御, は景一, は笑っ, は聞い, は茶人, は豊前小倉, へ自己, も御, も随従, 御致仕

▼ 三~ (36, 0.0%)

3 第四節 2

1 [31件] お聴かせ下さい, か十四節, なれど, において, においていかに, にては, には, にもある, にフォン・コーレン, に於, に曰く, に書いた, に注意, に移り, に述べる, の, のヨブ, の大竹流れ, の朗讀, の語, の間, は彼, へのうつり, までである, まで歌, もある, より五節, をわざわざ, を奏する, を抜摘, を話し

▼ 三~ (35, 0.0%)

2 で干物

1 [33件] くっついて, ぐらい飛ばない, すなわち一二対一〇, その長, であった, であること, であると, でがまん, ですが, ではなく, では只, とあるは, というよう, という数, とか基本財産造成費五八一, として記載, と推定, と考え得よう, と見積られた, ないし三一・八分の一, にすなわち, には, にはこれ, に願う, の人口, の別, ばかりの文化事業団体, またはそれ以上, より西洋礼式, ノ二, 乃至四〇平方粁, 大槍小屋スキー, 常念乗越沢出合

▼ 三十五分~ (35, 0.0%)

2 を指し

1 [33件] から四十分, ぐらい, だ, だから, だった, であった, であった眺望雄大, であつ, である, であること, でした, でしたがネ, です閣下, でそれから, で一九八〇米, で広島, と記録, には少し, にアンハルター停車場, に一台, に見, のパリ行急行, の京都行, の岐阜発電車, の浜松行, ほど蒸焼, までずいぶん, も懸っ, やから, よりも二十五分前後, より二十五分, を要した, 着三時五十分出発

▼ 三~ (35, 0.0%)

2 である, と比較, のみなら, の手

1 [27件] がかなり, が大した, であ, でありましたが, であるから, というの, とてもいずれ, と共に同じこの, と共に食卓, と定められ, と木の葉, なり, には劣らない, に止らざりし, のほか, の会合, の姿, の来, の来さうな, の母飯田氏益, の言, や時雨, を生んだ, 何ぞ喪う, 又二郎, 夙に傲岸不遜, 棠助九つ紋次郎一つ女長十四良

▼ 三尺四方~ (35, 0.0%)

2 ばかりの炉, ばかり粗末

1 [31件] ぐらいだった, ぐらいの穴, に切り取られ, に過ぎぬ, のうすぐらい, の厚い, の口, の呼び込み, の四隅, の囲炉裡, の大き, の床, の息抜, の板, の溝, の窓, ばかり, ばかりの手摺, ばかり眞四角, へ覚束, ほどの囲炉裡, ほどの堂, ほどの小, ほどの頑丈, ほど新しい, もある, 程に拡大, 程ののし板, 程の大, 程の狭い, 程の真赤

▼ 三~ (35, 0.0%)

3 の法師 2 では直ぐ, のチムニー, の社前, へ行った

1 [24件] から池の平, がお, だろうか, とし, と称した, にて強, にも劣らず, に下る, に岐, に登った, に登り, に縁故, に行く, に関さん, のお, のふもと, の左, の方, は北, へお, へ出かける, へ参詣, へ来る, を擡げ

▼ 三~ (35, 0.0%)

2 の側, の方, の角

1 [29件] から歩く, から竜, から饅頭, が来, といふ凶悪, といふ所, なん, にしよう, に出る, に連れられ, のあたり, のところ, の前, の志, の欄干, の田楽屋, の近辺, の通り, はこっち, は渡った, へ出ず, へ走らせ, まで引上げ, まで徒歩, も一つ先, を北, を架す, を池, 渡れば

▼ 三貫目~ (35, 0.0%)

2 の人, の味噌樽, も痩せた, ゆすぶり出して

1 [27件] あるぜ, ぐらいまことに, ずつ分ける, だつた, といふもの, にあたれり, に育つ, の荷物, の衣裳, の重量, はあった, は掛りましょう, は掛りませう, は百六十六両余, ばかり割い, ばかり運ばせた, もあった, もあったでしょう, もありまし, もある, も減っ, より八貫目, より小さい, をお, 被成下, 近いもの, 食えるだろうかと

▼ 三ちやん~ (34, 0.0%)

3 に何, の口上, を何故, を擲 2 の樣, は神戸, を頼みます

1 [16件] がゐた, が一等賞, が持つ, が捕虫網, だつた, といふ五つ六つ, と一緒, にたづねた, のお, のお父さんみたい, の様, はお爺さん, は初め, は折角, は東京, は自殺

▼ 三とは~ (34, 0.0%)

2 ろくに口, 何者か, 本当に出来ない

1 [28件] いつも大きい, しばらく明石, なった, まるで別, もっぱら田植, ややおくれ, 下らぬ豪家, 以前から, 似ても, 共に惡, 共に第, 別人の, 合併し, 同気相集る, 容易く現れまい, 師弟の, 平面である, 書いて, 殆ど同一, 異った, 異なつて, 知るまいが, 第一, 罪惡に, 誰だろう, 過去及び, 違った顔, 顔見あわせる

▼ 三~ (34, 0.0%)

2 の米俵

1 [32件] が処, すなわち三ミル, ずつ背負っ, だけ残し, つんで, で貸そう, とか十五俵, となる, とも一度, にし, のこり, のせて, の借り, の収入, の収穫, の炭, ほど播い, または五俵真ん中, まアどうやら, もくわえ, もはこび込ん, も不足, も四俵, も有る, をくれる, をまけ, を付け, を取, を送つ, 取れたところ, 押し込んで, 背負って

▼ 三十五円~ (34, 0.0%)

2 で約束, の家

1 [30件] が続く, くらいじゃ食えない, ぐらいだった, ぐらいという, だけど, だそう, だったの, だと, で, でありましたが, である, でしてね, とおやじ, として約, なんて, に価, のお, の慈恵金, の憂鬱, の月給, ばかり取っ, もあれ, も出い, や四十円, よ, を必要, 位するそう, 取ろうと, 持たして, 給すと

▼ 三十尺~ (34, 0.0%)

4 もある 2 の支柱, もあろう

1 [26件] あって, から四十尺, ぐらい岩, だとか, です, なるもの, に及ぶ, のところ, の円筒形, の小, の崖, の飛瀑, の高, はあろう, はかりそれから, はかるという, はかるの, ばかり下, ほどの崖, ほどの崖下, もあっ, もあったでしょう, もあらう, も出来てない, も高い, を墜落

▼ 三十年来~ (34, 0.0%)

2 の苦闘

1 [32件] お宅, この方面, その隠し事, そんな事, の友, の大, の実験, の寒気, の市五郎, の希望, の建設的努力, の敵同志, の旧友, の深, の現象, の経験, の苦節, の記憶, の誤信, の重荷, まだか, も自炊生活, やって来ました実地, 住み馴れたイギリス, 同じ机, 少しも, 欠かしたこと, 欠かすこと, 絶えて, 考えて, 行ったこと, 高まって

▼ 三号室~ (34, 0.0%)

3 の女 2 ですよ, のベッド, の前

1 [25件] が二階, だな, で, でその, でという風, で眼, というの, には無論, にもっ, に居た, に泊った, に纏め, に近づい, に電話, の上, の中, の信吉, の戸, は, への伝信, へ入った, へ電話, をいきなり, を八時, を見下せる

▼ 三次郎~ (34, 0.0%)

1 [34件] が到頭, が盗, が話した, です, で年, という六十, とこの, と云う, と俵右門, と平戸久作, などはどう, にはあたたか, にめあわす, にも一驚, に向い, に声援, のアリバイ, の上京, の作略, の姿, の娘, の寝床, の後, の早業, の腕, はどう, は兄玄道, は橋場, は舌, もやや, も俵右門, も大きな, も私, よりも豊綱方

▼ 三~ (34, 0.0%)

1 [34件] あるいは四, からも聞え, から五石, が少し, ぐらいであった, ずつもある, で炊がせた, とれた, と夫婦気取り, と結婚, など利根川西岸, なん, に入る, に合, に至る, のアルコール, の事, の二山, の半分, の所, の敵, の昆布, の粟, はついに, は十七歳, は既に, は洋画家, へかかっ, まではとれる, より三千八百石, より四十石, を布片, を抜い, を食んだ

▼ 三~ (34, 0.0%)

4 もゆかない, も行かない 3 も行かなくなっ 2 も行かなくなった

1 [21件] が一十, もいかない, もいかなかつた, もいかぬ, もいきゃ, もできぬ破, もならず, もゆかなくなった, もゆかぬ, もゆきやしません, もゆくまい, も出来なくなる, も動き, も動けない, も動けなく, も勘考, も行かなく, も行かなくなってる, も行かぬ, も行かねえ, も首

▼ 三間先~ (34, 0.0%)

3 きに 2 からで, の曲角

1 [27件] から言, から言った, が見える, きも, きを, で叫んだ, にもあった, に大きな, に小さな, に思い, に投げ飛ばしました, に立っ, に見え, のところ, の宝石商, の宮崎, の物, の線路, の路面, の鉄扉, は嫁, へ行きかけた, へ進んだ, まで来, をぼんやり, を歩い, を階段

▼ 三~ (33, 0.0%)

7 の神 2 であった, に

1 [22件] であ, である, という奴, とは三, と見積られた, にある, にいづ, にいます, に出, に前漢, に司農卿揚邁, に后, に結ばる, の, の半目, の微妙, の文, の気楽, の眞理, の示現, の神直接, 及び神人兩性

▼ 三人暮し~ (33, 0.0%)

2 であつ, である

1 [29件] がはじめられた, だ, だから, だで, だと, でありました, である塚本, でいふ, でございますが, でそうして, でその, でほか, で一家, で名古屋, で子供, で御座いますが, で正直, で町, となりました, にていよ, にていよいよ, になった, に積, のこと, のその, の家, の有様, をし, をしよう

▼ 三分一~ (33, 0.0%)

2 即ち弥左衛門

1 [31件] だけの世話, つけて, です, でも拵, なり, にも足らぬ, に過ぎない, のところ, の価値, の利益, の権利, はあるやろ, はたしかに, は他, は南, は服装, ばかり剃り落され, ほどに当る, ほどの手製, ほどよみかけた, ほど広かっ, または二分一, もえ, も書く, も有りゃしません, も歩かぬ, も残つて, も言えず, をのみ取得, を竪, 即ち二度目

▼ 三十郎~ (33, 0.0%)

5 の顔

1 [28件] がいつか, がお, が素, が言った, だ, でした, とお, との姿, なぞで, に足洗, に間違ひも, のすぐ, のため, の心, の抜いた, の方, の樣子, の頭, はお, は云った, は人, は刀, は知らず, は自分, へ縋った, を人間, を女房, を意識

▼ 三四十分~ (33, 0.0%)

2 もたつ

1 [31件] おそい時, かかって, かかるかも, ぐらいし, ぐらいね, しか経過, して, してから, ずつ手, たって, だね, であったろう, で店, で椅子, で行きましょう, で話, で霽, という時間, ないし一時間, に過ぎなかったであろう, のうち, の無駄, は懸る, ばかりの間左舷, ばかりも前, もかかっ, もすれ, もそう, も掛かっ, も遅れ, 待たされ漸く

▼ 三~ (33, 0.0%)

2 の小説, 第三七號

1 [29件] がある, が入っ, が発表, くらいで, だけ不足, とも同じ, と各々, にその, にはまだまだ, に於い, に泣きいし, に過ぎない, に達した, の中, の四, はチェーホフ, は二百編, は脂, までも勉め, も四編, も第, も読んだ, を公布, を読ん, を読んだ, を議了, 書いて, 第二章筑紫, 第十一章

▼ 三人衆~ (32, 0.0%)

2 の一人, の手

1 [28件] が京都, が神父, だに降し, といわるる, といわれ, との前, との対峙, とは, と離れた, にも手伝う, にも渋々, のうち, の人物, の内, の力, の名, の横槍弱, の第, の親戚, の軍隊, はその, はまた, は抜けますまい, は篠原長房, をもほぼ, を引きこん, を抜い, を重んじ

▼ 三~ (32, 0.0%)

2 といひ, といわれる, よりも一層

1 [26件] がある, が額, だったか, だの鉄棒, とよばれる, と称せられた, と称せられたる, と稱, などといわれ, なりと, に二百余, に比べたなら, の一人, の中, の原因, の名, の子, の子息, の御前, の息子, は, は一人一人, は口, も旧家, をはじめ, を以て上毛

▼ 三十年近く~ (32, 0.0%)

3 も前 2 にもなる, の間, 呼ばれて

1 [23件] お互に, がすぎた, ではじめて, なるの, になっ, になります, の昔, の色々, もいっしょ, もお, もしくしく, もつれ添つた亭主, も全く, も同棲, も子供, も後, も機関士, も第, も落着, も過ぎた, を苦しみ抜い, 早いが, 生きて

▼ 三~ (32, 0.0%)

1 [32件] が助ける, が吹筒, が見えました, が降参, だか, だけは御免, というよう, という女, という新宿, に重ね, のこと, の一人, の宿, の役, はぐっと, はどうしても, はまだ, は吹筒, は呼びかけた, は嘯いた, は姿, は己, は庵室, は持った, は物すごい, は立ち, は誰, もおれ, も五右衛門, をぐるぐる, を殺す, を試し

▼ 三~ (32, 0.0%)

2 の産

1 [30件] かほんの, しか見えぬ, ずつと百戸, ずつ二, だけとびはなれ, だけは燃え上る, であ, であったと, です, と合せ, なれば, につきぬ, に一人, に殖えた, に産す, に過ぎず, のうち, の一部落, の人家, の城, の場所, の実行組合, の移住者, の近世, はある, を他, を合せた, を数え, を置く, を見る

▼ 三日分~ (32, 0.0%)

1 [32件] くらいの食料, くらいを要する, くらい用意, ずつを貰っ, だ, だして, でよろしい, で買つた靴, と思っ, に竜神, の仕事, の俸給, の大きな, の思い, の焼米, の米, の給料, の酒代, の餌, ばかり兵糧, ほどずつまとまった, ほどの薪, ほどの量, ほどの食糧, も折りこん, も背負い歩いた, を手帳, を直しかけたれ, を貰っ, 持つて, 溜めて, 炊けないこと

▼ 三等地~ (32, 0.0%)

4 が耕作, と第 2 は何ら

1 [22件] からは一六〇クヲタア, が再び, が各々一八〇, が最後, では, なる異, において得られる, における生産, に十クヲタア, に用い, に用いられ, に用いられる, のそれ, のの耕作者, の地代, の生産物, の耕作者, は租税, よりも第, を用いず, を耕作, 第四等地

▼ 三~ (32, 0.0%)

2 ぐらいしかない

1 [30件] あった, ありしと, ありました図体, ある園長, ええッこの, か資本, じゃあ, すこしです, すなわち痩せ, である, でしょう, で行け, といふ水, とも纒まつ, と二百四十文, と纏まった, なり十五貫, にも育った, に決め, に足りなかった, のからだ, のこの, の大男, の昔, の綿糸, の自然薯, の親, の鮪, は殘, までぐらいの小さい

▼ 三八年~ (31, 0.0%)

2 にハーン, の十一月

1 [27件] から三九年, から九年, が最後, であつ, という年, ないし一七四八年, にはまだ, にはケーニツヒ, にはロシア, には七千, にオルソン・ウェルス, に出版, に歿, に至っ, のイギリス, のノーベル賞受賞者, の九月, の二ヵ年, の南米, の変り型, の夏ころ微熱, の現在, の秋二十二名, までの十年間, まる一年, よ, 第七一号

▼ 三十センチ~ (31, 0.0%)

3 ほどの長 2 もある

1 [26件] くらいの棒, ぐらいだって, ぐらいで, ぐらいにもなり, ぐらいのかんかく, ないし五十センチ, になり, にも達し, の処, の筒, の鉛板, の銀色, ばかり向こう, ほどのなん, ほどのへら, ほどの厚, ほどの小さい, ほどの幅, ほどの長い, ほどの間隙, ほど手前, ほど柱, もあっ, もあり, 程手前, 高さ二十センチ

▼ 三十何年~ (31, 0.0%)

4 か前 2 かになる, か過ぎた, といふ, もむかし, を始め大抵

1 [17件] おっぽりだして, かかって, かになります, かに買った, かのお正月, かの有名, かまえの, とか撒水車, になる, の八月, の昔, の生涯, の間つれ, まへ, も我慢, も童貞, を過ぎ

▼ 三十町~ (31, 0.0%)

2 に余る, もある, も離れ

1 [25件] あると, ずつを隔て, ちかくも, と出, と註, にし, にわたる, にわたる火, に及ん, の原, の熔岩流, はくだる, ばかりの水田, ほどだ, ほどで中野, ほども漕ぎ巡っ, もつ, も葭, も行く, も走る, も進み来り, ゆくと, を上っ, 程しかない, 長さ五十町

▼ 三~ (31, 0.0%)

2 が喰う, のご, の人々

1 [25件] がお, が将軍家, が謡う, ただ今お, で歴々, とともに息, とももうやがて, とも将軍, に対しては一応, のうち, のかたがた, のほか, の一, の一方, の式事, の方々, の筆頭, の臣, の面々, は今し方, は血, は間もなく, も声, を初め, を登用

▼ 三度四度~ (31, 0.0%)

2 と重なる, 鳴つた

1 [27件] ぐらいにおりる, ずつ入浴, とあたしはつ, とうまい, とそれ, となる, とやっ, とやり, とやりかえす, と会見, と兵隊, と呼んでる, と會, と突, と繰り返し讀ん, と行く, と見, と重なった, と震動, と鳴らされ, ほど繰り返し, まで彼, 同じこと, 呼んで, 擦って, 繰り返されたのち, 聞き返して

▼ 三日經~ (31, 0.0%)

12 たない 2 ちました, つたある

1 [15件] た, ち五日經, つが, つたが, つたけれど, つたら千二百兩, つた或, つとモウ私, つと死にます, つと突然免職, つと繪解, てば小, てば矢之助, てば自然, てば長崎

▼ 三杯目~ (31, 0.0%)

4 の酒 3 の水 2 にはそっと, の焼酎

1 [20件] くらいにやっと, でございます, に, にはそつ, にはもう, には耳, には酒, のごはん, のウイスキイ, の土瓶, の御, の御飯, の甘い, の硝子盃, の茶, の茶碗, をあける, をさらさら, を汲んだ, を注文

▼ 三~ (31, 0.0%)

2 は編隊

1 [29件] か四機, が編隊, ずつ二組, だけだった, である, で時間, というの, と合わせ, の, の一大爆撃編隊, の偵察機, の大, の攻撃機, の消息, はそれぞれ機首, はみごと, はユダヤ秘密帝国, は一斉, は並ん, は幾度, は気, は無電, は翼, ひゅーん, ほど同じ, ほど房総, までの共同参加, もわが, も前後

▼ 三法師~ (31, 0.0%)

3 に謁 2 を擁し

1 [26件] が擁立, だの, にも謹ん, のいじらしい, のいたいけ, のほう, の名, の座所, の手, の承, の擁護, の祝事, の身, の食邑, は何, は盛装, も人形, も見えなかった, をうしろ, を仰い, を奉じ, を守っ, を抱い, を相続者, を膝, を除い

▼ 三~ (31, 0.0%)

2 のアイヌ皆竪穴

1 [29件] あり, ありて, が一致, が有, が皆竪穴, だ, とは何, にもおのおの, に優劣, に就き, に新, のどれ, のアイヌ皆石器土器, のアイヌ間, の中魯韓二派, の剣宗, の協定, の外, の大, の対立, の差別, の片岸, の私設会社, の路, の選挙協定, はいま, はコロポックル, は実に, を分つ

▼ 三~ (31, 0.0%)

3 まえの 2 の祭り

1 [26件] あり, が勧請, その牛頭天王祭, それに流山在, といっ, とは浅草観音, とは香取祠, に仕へ, のいずれ, のみを官知社, の会, の前, の托宣, の神樂, の神馬, の頭字, へ早朝, へ頼朝, まえでだって, まえとかの, を掛け, を祀った, 御夢想, 新潮, 詣りから, 詣りを

▼ 三~ (31, 0.0%)

2 の女

1 [29件] ぐらい迷信, で名高, で飢民, といえ, ともにその, なり, には斉興, には音, にカッフェー, に上演, に亘っ, に次ぐ, に移り住む, に聞えた, の三名物, の地, の大, の如き, の市中, の芝居, の芸人間, の読書子, の賦, はおろか田舎城下, へ出し, へ売り出す, へ電波, をはじめ六十余州, 共に一時

▼ 三まで~ (30, 0.0%)

2 働き二

1 [28件] いた, かかって, たいがい女学校卒業の, だ, だと, だよ, ですね, で齢頃, ほんの一年足らず, ステッキに, 三九郎の, 三人の, 下落し, 勘定する, 年齢を, 廻った, 手しお, 打ち負かされたウェリントン, 殊に母, 泳げなかつたこと, 独身で, 生きて, 生きてを, 白齒な, 育った頃, 育てて, 育てられた小三郎さん, 自動車で

▼ 三マイル~ (30, 0.0%)

3 なり

1 [27件] あり, ありて, から十五マイル, くらいの間, ぐらいに減じられ, で五昼夜, というところ, にある, にし, にわたって火勢, に過ぎず, の路, の速度, の間, ばかり登る, ばかり郊外, ほどある, ほどもへだたった, ほど行く, もあと, もはなれた, も行き過ぎ, も行く, を示し, を走る, を隔て, 進みちょうど

▼ 三千尺~ (30, 0.0%)

2 に過ぎない

1 [28件] あらうとも, あると, そして海岸, である, とあり, といえ, とし, なりき依て, にもあまる, にも足らず, に達す, の, のこの, のユングリングリラ, の地下, の峠, の断層山脈, の渓谷赤松谷, の矢倉岳, の聖ヶ岳, の雄大, の高, の高山, の高空, はうそ, ほどの高, もある, 近い見当

▼ 三四丁~ (30, 0.0%)

2 のところ, の間, 来た所, 離れた山

1 [22件] こわいまぎれ, でこの, のぼる, の上と下, の列樹, の道, の道程, ひどい山坂, ほど折れ, ほど歩いた, もありましょう, もある, も来た, も歩かなけれ, も登る, も行, も行く, も離れた, を隔て, 行きますと, 行けば, 迷い込んで

▼ 三~ (30, 0.0%)

4 だと 2 の小遣

1 [24件] が物, が私, その内, だ, だけ多く, ですよ, でその, で古い, で淫賣, で滿, で約束, で買つたの, といふ値段, といふ安い, といふ安直下宿, といふ約束, と云, に負け, に過ぎません, の金, も四圓, やで, を見込む, 取られるの

▼ 三年坂~ (30, 0.0%)

3 の下, の旅籠 2 のほう

1 [22件] から清水, でころんだ, でつまずいた, での騒ぎ, ではまんまと, で殺された, で苔, というの, と呼ばれ, の不安, の坂下, の辺り, の間, は辛抱坂, へ傍, や茶わん坂, を上る, を下り, を傘, を先, を武蔵, 程の勾配

▼ 三斎屋敷~ (30, 0.0%)

2 の方角

1 [28件] から出, での一条, という, になき, に乗り込みねえ, に乗り込みます, に乗り込むまえ, に乗り込ん, に例, に出はいり, に駆け込まなけりゃ, に駆け込む, のお, のわがまま, の奥向, の奥深い, の方, の秘事, の裏庭, の門前, へこの, へでも駆け込まなきゃ, へなぞ, への出入りなぞ, へ本職, を意味, を言っ, を辞し

▼ 三~ (30, 0.0%)

1 [30件] かこれ, がいまや, がそち, がとち狂った, がみずから, が下手人, が様子探り, っていや, でなくたって, といや, とかが自身, と事, にちげ, に対する幽霊水, に着せる, のやつがね, のやつめ, の両手, の住まい, の持ち物, の死骸のちょうどまうしろになっている柱, の髪, はゆかし, は撥もろとも, へ往き, へ行, へ行つて, も存外, をあげ, を殺した

▼ 三~ (30, 0.0%)

2 ののど, の死体, の語, の部屋

1 [22件] がそこ, が何, が入口, が寝床, が殺される, と書こう, のからだ, のまわり, の両手, の名, の寝床, の死, の死因, はほか, はむごたらしく, はやっぱり, は三月一日, は左, は誰, を殺した, を殺傷, ヲ得

▼ 三~ (30, 0.0%)

3 の国 2 から一緒, のある

1 [23件] から来た, だと, であり遠, ではなくなっ, で下々, といふ所, と書い, なる二見, に入り, に活動, の一色, の一色村, の伊良湖岬, の山奥, の方, の段嶺村, の海岸, の現地, の細川村, の豊川上流, へ行き, を席巻, を過

▼ 三~ (29, 0.0%)

2 から寄越した, にいる

1 [25件] が云った, が崎, が崎いやしろじろ, が崎君, が誘惑, だと, であった, とくっつけよう, とは出, と接待, と竜華寺, と龍華寺, なの, にいるなら見せ, に何, に婿, のよけく, の云う, の姿, の崎, の最, の浦, の浦びと, も見えず, を筏

▼ 三~ (29, 0.0%)

5 の上帛 2 になった, 持って

1 [20件] か四反歩, で二万円, とない, と本, の布, の水田, の浴衣, の銘仙物, ばかし取出し, ばかりの沖合, ばかり山路, ばかり滑り, ばかり用意, も五反, 出して, 拝し奉り, 持ちかえりの, 畠と, 百姓の, 買って

▼ 三四里~ (29, 0.0%)

4 もある 3 の間 2 はなれた, を歩い

1 [18件] ぐらいは来, しか離れ, でございますだが, ですが, の外, の進軍, はありぬべし, は我が, ばかりも隔, ほども離れ, ほど山伝い, ほど来た, ほど離れた, も山, も進んだ, も離れた, を進ん, 程なく二升庵

▼ 三~ (29, 0.0%)

4 の数, の數 2 であり百位, である, であるから, であるからには, であるのに, ですから, というの 1 あれば, か四桁, と六桁, と四桁, の数字, の除数, の除數

▼ 三百余人~ (29, 0.0%)

1 [29件] がいま上陸中, が一体, が刑場, が平野, が肩, だけは命, であるから, となった, となつ, とられ野菜作物, と伝えられる, に対して味方, に謁, に追いつく, の同勢, の多人数, の毛利兵, の決死隊, の番衆, の長州藩, は倉兼川, は無事, は犬射, をあわせ, をつれ, を率い, を続, 殺した, 誅せら

▼ 三色旗~ (29, 0.0%)

2 をかかげ

1 [27件] がへんぽん, がヒラヒラ, が世界, が人, が勇壮, が飜つて, その病院, だ, とが朝風, と腕, に雨, の印刷, の大, の天気予報旗, の役割り, の片々, の白, の色, の鮮やか, はいま, は日一日, は銃剣, を一つ, を手, を組合わせた, を翻えさ, を陣頭

▼ 三人共~ (28, 0.0%)

1 [28件] うんとわがまま, お關, この屋根, さらって, すぐ浮き上った, ちゃんと部屋, どっとふき出しました, に帰る, ひどく臆病, まだ夜中, グーグー寝, ニヤニヤ笑った, 云い合したよう, 助かったという, 単にその, 呼び寄せるかね, 思ひも, 未だ何, 某大学生, 無實, 申し合せたよう, 申し合わせたよう, 白い手拭, 若い丁髷, 酔っ払うこと, 飛び乗って, 飛んでも, 食って

▼ 三千麿~ (28, 0.0%)

2 といふ若

1 [26件] が二十年前, が懇意, が曲者, が木戸, が漸く, が背, です, ですよ, といふ好い, といふ良い, といふ若い, とはあの, と聽, なんて大, には嬉しい, のやう, の口, の春木道夫, はす, はサツ, は考へました, も, や番頭, を呼ん, を引つこ, を縛れる

▼ 三太夫~ (28, 0.0%)

2 というもの, と才蔵

1 [24件] がかつて, が鳰鳥, この老人, であった, とは御嶽山中, と云います, と若殿, と鳰鳥, に逢い損ね, のお, の呼び声, の方, の話, はこう, はそれ, はノソノソ, は何ん, は呼ばわった, は微笑, は礼, よ, よく我が, をはら, を挙げなけれ

▼ 三年四月~ (28, 0.0%)

3 の条 2 の, のこと, の八日

1 [19件] からやった, から八月, でありこの, にいたる, には一日, には刈屋, には東北, には陸前, に五人, に出版, に勝道上人, に書かれた, に楠公像, に死んだ, に発表, に神田孝平氏, の六日, の版, の角力番附

▼ 三畳間~ (28, 0.0%)

2 へ行き

1 [26件] がぎん, が滅茶, であった, で子供たち, で縫いもの, で髪, と二間, にあぐら, に一人永逗留, に三つ, に細引, に進み, に集まり, に雪崩れ, のまん中, の窓ガラス, の窓縁, の隅, は薄茶, をとおっ, をのぞい, を三元, を借り, を借りる, を片づけ, を覗く

▼ 三百名~ (28, 0.0%)

2 ばかり居る

1 [26件] が内務省, しか居らぬ, だ, でした, という数, にちかい, に及ぶ, に書き改め, に近い, のエキストラ, の代表者, の供廻り, の兵, の浪士, の知己門人, の聴講者, の門下生, は到頭, ばかりのPW, ほどの生徒, ほどまとまり, ほど居ります, もあった, も討死, をつけ, を徴兵忌避

▼ 三百歳~ (28, 0.0%)

4 である, のお爺さん 2 が浦島, だかの, になつたの, になつて, にもなり, までも長生き 1 という未だ, なり百歳, にし, になります, に変化, に變化, に達すれ, の齢

▼ 三~ (28, 0.0%)

4 の料理 2 も出

1 [22件] か四皿, ぐらいお代り, ぐらいの肴, けろりと食べ, たべられた, で, の代, の正餐, の肴, ばかりで, ばかりの酒, ばかり食べ, ほどの料理, まで代え, もお代り, も平らげる, も食, ウイを, 平らげたといふ, 誂えて, 食うとき, 食って

▼ 三〇〇年~ (27, 0.0%)

1 [27件] なれば, における同市, には, にはグイード・ダ・ポレンタ, にはフィレンツェ, には九歳, には公, には猶, にフランス, に亘る, の半, の四月, の四月八日, の始め, の幕府, の聖金曜日, の頃, の頃チェルキ家, の頃フランス, の頃殆, はダンテ, まで, までにフランス王, までの間, より後, を得べし, 即ちダンテ

▼ 三・一五~ (27, 0.0%)

2 には無事, の検挙, の被告, の記念日, を記念

1 [17件] が二十年目, が起り, で三年, という, といっ, として歴史的, とよばれる, のほこるべき, の事件, の同志, の奴, の檢擧, の私たち, の連中, の顛落者, やら山本宣治, を歌

▼ 三~ (27, 0.0%)

6 の輩 2 や本願寺

1 [19件] である, という称, として出馬, とは何者, と仲間われ, にくみし, にすぎぬ, に呼応, に襲われ, の中, の仲間, の何者, の南, の反, の救援, の者ども, はいずれ, は再び, をつくっ

▼ 三十万石~ (27, 0.0%)

3 を与える, を分与 2 をお, を一ノ関, を一ノ関さま

1 [15件] がおれ, といふ天下, と大兵, にも更, に削られ, のうち十万石, の地, の大名, の欲, の社稷, の粮米, の領主, をあて行う, を旧, を超え

▼ 三十余名~ (27, 0.0%)

1 [27件] あるからには, がこの, がこれ, が件, が大八車, が斃, が芝浦亭, ぐらいな小勢, といわれ, につけねらわれ, に途, の人々, の側臣, の大勢, の女, の妻妾子供, の官職, の密航団, の決死, の獄吏, の美人, の者, の諸, の郎党, の関取連, を伴い, を船中

▼ 三十貫~ (27, 0.0%)

3 の熊 2 のもの, の箱, もある, もあろう

1 [16件] が入, では, と仰せつかった, にご, にし, にはなる, のうち, の小身, の巨漢, の扶持, の本職, の脂肉, の豚, はあろう, ばかりの重量, もあらう

▼ 三千里~ (27, 0.0%)

3 の外 2 のお, の行脚, の間

1 [18件] せしむる, で畢竟, なり流され, に及ぶ, に處, の三種, の場合, の旅, の白い, の道, の錦綾江山, の長江, の離れた, ほどもある, もはなれた, も四千里, を隔てたる, 歩いて

▼ 三四十年~ (27, 0.0%)

4 も前 3 の間 2 にし, も逆戻り

1 [16件] が寄りで, が衰亡期, しか隔つて, ずつ遅れ, のむかし, の後, の昔, の歴史, の永い, の若い, の間剰余収穫, は立っ, もたっ, も呑み続け, も昔, も遅れ

▼ 三四月~ (27, 0.0%)

4 の頃 3 の交 2 の候

1 [18件] からだ, であろう, で蚤世, にくる, になっ, に大使一行, に限るです, のころ雪, の交病, の弧線, の春色, の暖, の間, は最も, を区切っ, を経た, 居る中, 誠に好い

▼ 三~ (27, 0.0%)

2 にはもう, は無実, 剪んで

1 [21件] がわった, が便所, が己, が見え, という女, と兄妹, と申す, にムネ, に岐, に非, の仕業, の持つ, の財産, の身投げ, は己, は戸籍面, は自ら, へ毛糸, らしさ, ヲ折ルモ大樹ハ損傷サルルコトナシ, 手折って

▼ 三歩後~ (27, 0.0%)

3 へ退った 2 へ下っ, へ下った

1 [20件] すさりに, にさがった, にたじろぐ, にはもう, によろけた, によろめき, に下っ, に下りました, に發見, に退いた, に退っ, の方, へさがった, へ下がった, へ退がった, へ退き, へ退っ, を女中, を慕った, を追いかけた

▼ 三~ (27, 0.0%)

4 の水 2 の涙

1 [21件] おとしそんな, こぼしながら, こぼれた, こぼれて, しか飲まない, ずつアトロピン, ずつ茶碗, たらして, だ, でもこぼれ, のロー, の血, の透明, の静か, の香水, ばかり仙女香, より葉書一枚, 落した, 落して, 落ちた, 落とせば

▼ 三藐院~ (27, 0.0%)

5 の掛物

1 [22件] が何, が曲者, が書画とも, が発句, だなと, だの烏丸光広, とある, という, として吉野太夫, とは殆ど, と武蔵, のこと, の影響, の書, の書風, の獨特, の筆, の筆蹟, はと見れ, はもう, をその, を光悦

▼ 三軒先~ (27, 0.0%)

3 の軒下 2 の合宿, の革屋

1 [20件] きに, き千日前通, で支那人, なの, にあります, に小さい, に荒井真画堂, のおかみさん, のくすんだ, の付木屋, の権作, の權作, の男, の硯造り, の荒物屋, の豆腐屋, の麺麭屋, へ出迎え, へ辿りついて, を行く

▼ 三人兄弟~ (26, 0.0%)

2 だつた, の中, の家族

1 [20件] が即座, が男手, が程度, だったという, で兄, で妻, と一しょ, なの, の一番, の二番目, の医者, の対仇討観, の末, の末ッ子, の杯, の長兄, は, は一番上, は紙芝居, を張り

▼ 三人姉妹~ (26, 0.0%)

3 の中 2 の長女

1 [21件] が脅え, でしょ, とが灰色, とくれ, とも優秀, なんかどう, にはそれぞれ旦那様, には血, のうち, のこと, のところ, のよう, の一番姉娘, の呼び, の末娘, の芝居, は殺される, は痩せ, は私, も上出来, を読み

▼ 三十軒~ (26, 0.0%)

2 も襲つて

1 [24件] だけに押し, の古めかしい, の家, の家持ち, の宿屋, の支店長, ばかりどこ, ばかりなりし, ばかりの村, ばかり家, ばかり焼け残った, ばかり石造, ほどの人家, ほど焼け, もかぞえられる, も床屋, も引き, も歩いた, も歩かなけれ, も荒し, を富士見町, 並んで, 挙って, 飲み歩いて

▼ 三年以上~ (26, 0.0%)

3 の生徒 2 になる, 埋められたの

1 [19件] いや五年, という証文, にもなつ, のもの, の児童たち, の分, の懲役, の服役義務, の親, はその, は長年, もかかる, もたった, もの間, も前, も故郷, も絶縁, も考へあ, 最も不可思議

▼ 三年以前~ (26, 0.0%)

3 の事 2 のこと

1 [21件] から, とは安並, にさかのぼらなけれ, には一人, に別れ, に別れた, に水戸家, に浅草あたり, に見世物用, に逢った, に逢つた時, のもの, の作, の十年間, の民主的文学評論, の秋, は瀧壺, まだかの, までに仕事, までは九州, 返り打

▼ 三日来~ (26, 0.0%)

2 特に暑気甚

1 [24件] あの落ちついた, ずっと下総東風, だよ, のこと, のこの, の偽らない, の出来事, の心, の振舞い, の新聞, の水車, の猛暑, の異常, の興奮, の身体, の風邪心地, の馬鹿陽気, の驟雨模様, ますます衰弱, またどうもよく, 小親われ, 潜んで, 珍しく晴ればれした, 見つけない怪船

▼ 三~ (26, 0.0%)

2 買って

1 [24件] がその, が花, ずつ三列, ずつ離れ離れ, の大, の松, の棕櫚樹, の熊笹, の老, の苗, の西瓜, ばかりの球根, ほど眼界, を抜いた, を植ゆ, を鉢植, 倒れ摧, 咲いて, 持つて, 摘み取り僕, 比較的大きな, 目立たぬほどに, 美しく咲い, 見せて

▼ 三百八十両~ (26, 0.0%)

5 の金 4 の大金 2 の小判

1 [15件] が懐中, だの, のこと, の手土産, はおろか, は大金, は安い, は巾着切り, は結納, は見事, をこの, を取り返した, を抜かれた, 抜いたの, 返しゃ徳之助

▼ 三ばい~ (25, 0.0%)

3 もある 2 たべた, もあるき, 立てつづけに

1 [16件] あればい, たっぷりと, だけおくれ, つづけて, とひっかける, にし, になりました, の生ビール, ほどになりました, ほど出, 引っかけると, 漕ぎ出したぞ, 飲まなくちゃ, 飲みなお, 飲んだ, 飲んで

▼ 三万両~ (25, 0.0%)

2 のうち

1 [23件] から一万両, が程, さ, さしあげるでご, だったが, では, というにせ, という大金, との有難い, どうだい姐, にはなる, の無尽, の金, は確か, ばかりため, もかかる, もの大金, を儲けた, を出した, を御用立て, を携え, を極秘, 古二朱金八百十二万両

▼ 三人扶持~ (25, 0.0%)

2 を給

1 [23件] か五人扶持, しか取っ, という最下等, の小禄, の徒士, の足軽, の軽輩, はもったいない, を受け, を受けた, を売っ, を支給, を給せられ, を給せられた, を給せられる, を賜っ, を賜わった, を頂い, を領し, 執松尾立造, 小通詞並, 御作事方賄い役, 御料理人頭

▼ 三十八人~ (25, 0.0%)

6 の子分 3 の発狂者 2 の仲間, の眼

1 [12件] だが, である, と出ました, の人數, の会員, の子分ども, の子分共, の炬火持, の看護婦, の組子, の附添, の附添ひだ

▼ 三十分以上~ (25, 0.0%)

1 [25件] その忙しい, で漸く, にもわたっ, の距離, はとても, もあの, もこんな, もまえ, も上野, も仔細, も停車場, も時間, も次郎, も湯ブネ, も石, も論じた, も遅れ, も遊んだ, も過ぎた, も長く, やるトリ, を費しました, 歩いて, 煮て, 続いた

▼ 三十分前~ (25, 0.0%)

1 [25件] から急, ぐらいに出勤, だよ, ともすこし, と出, にこれ, には確, にも亦, にやって来た, にアルプス山, に一つ, に出, に参観者たち, に向, に念, に盛子, に船医, に表, に金華山, の出来事, の自分, ばかりに眼, までそれ, までの自分, まで未来永劫

▼ 三十過ぎ~ (25, 0.0%)

3 の出戻り 2 ともみえた, の男

1 [18件] だし, であること, にも見えます, にも見える, のこれ, のちよい, のビリケン頭, の下僚, の同じく, の大, の心, の時, の独身, の立派, の青年紳士, までニキビ, まで奉公, まで荻野家

▼ 三号車~ (25, 0.0%)

2 の中, の駅

1 [21件] がわかれ, が宙, が支線, ときめます, とはいい, と四号車, にいた, にはいる, に乗っ, に乗ります, に辿りつい, に飛びのった, の外, の間, はいきおい, はわりあい, は本線, は柩車, は車内, まで辿りつく, もうしろ

▼ 三~ (25, 0.0%)

1 [25件] あるこの, か四哩, しかない, なるパセパンシャン, なるフェルラーラ市, なる一丘上, にし, に及び, に過ぎず, のキャッチャーボート, の處, の長, ばかし繋がね, ばかり, ばかり自動車, ほどしかない, またそれ, もさかのぼらなけれ, も上, も上らなけれ, 向うとも, 程南方, 程東方, 運んだに, 離れた場所

▼ 三~ (25, 0.0%)

3 の前, の土手, の堤 2 の堤下

1 [14件] から竹屋, から舟, のあたり, の古き, の方, の段, の稲荷堤上, の雁木, の鳥居前, や白髭, や白髯, りさま, りの, を通りすぎ

▼ 三年五年~ (25, 0.0%)

2 と経つ

1 [23件] ざっと七年目, その内, とそういう, と中, と住む, と生きてる, と重病室, ないしは十年, ないし十年二十年, などという筈, のあいだ, のうち, の後, の漂泊, の程, の苦業, の落ち残り, はともかく, もっと以前, 生き延びんが, 経って, 過ぎても, 食いつなぐ金

▼ 三~ (25, 0.0%)

2 散りて

1 [23件] ずつ他, た, で一葉, のもの, の写真, の書簡箋, の自身, の芭蕉, の訳稿, は左, は生煮え, は都會, まじつて, をとつて, をもらった, をも譲られた, を懷, 或ハ五葉, 折れながら, 散りかかる折, 見えて, 見たこと, 飛ばして

▼ 三~ (25, 0.0%)

5 の河 3 の脱 2 の河原

1 [15件] あるべきのみ, が相当, で溺れかけたら, ともいう, に迷つた事, のこちら側, のやみ, のよう, の川原, の案内, の渡し賃, の秋, の道づれ, の道伴, まで奈落

▼ 三週間前~ (25, 0.0%)

4 のこと

1 [21件] から切符, から杳, から毎, から私, でしたが, になる, にバアトン・マッキンネル, にブルターニュ, に卒中, に学校, に或, に死ん, に発梓, に転地先, に門司駅, の最後, までのやう, までのよう, まで博士, まで晴れやか, 差上げた手紙

▼ 三~ (25, 0.0%)

3 と云 2 であつ, ならばと, の切手

1 [16件] から五錢以内, から十五錢ぐらゐだと, から十五錢ぐらゐに, か四錢, して, それからこれ, だ, でも氣もち, とられるで, なりといふ, のもの, の値, の安物, の藁, は一人前, を四錢

▼ 三ある~ (24, 0.0%)

2 に過ぎずし

1 [22件] がか, がこれ, が或は, が狼, が言う, ことを, し弟子, とする, とのこと, にはあっ, にはあった, のか, のだった, は物, やうだ, ようだ, 丈け, 同時にうれしい, 山蔭に, 所以である, 様子である, 義務作業の

▼ 三キロ~ (24, 0.0%)

2 ばかりいった, ばかりはなれ

1 [20件] あまり登らね, くらいまでは普通火傷, ぐらいだ, ぐらいは平気, であるから, で八時間, として十時間, に及ん, のやや, の近く, の高地, はあるだろう, ばかりの道, ほどの道, まで出, もはなれた, も目方, も隔たった, 乃至四キロ, 長さ

▼ 三センチ~ (24, 0.0%)

3 もある 2 ほどの厚

1 [19件] くらいの平, しかひらかなかった, だけ煙, にも足りない, に足りぬ, に過ぎなかった, のところ, の線, ばかりのいもむし, ばかりのところ, ばかりは楽, ほどたまる, ほどのまるい, ほどの小さな, ほどの木ぎれが, ほどもある, ほど開い, 程である, 重い金属

▼ 三十尋~ (24, 0.0%)

5 の水底 4 の海底 2 の鯨

1 [13件] あるいはそれ以上, から六, から四十尋, から百二, に及びました, の味, の底, の深い, の測鉛線, の處, は潜り, もある, も手繰る

▼ 三十年頃~ (24, 0.0%)

2 には庭, までの温泉宿

1 [20件] からの傾向, から猫, だったとか, でしたろうか, ですが, でもあろう, と今日昭和, になります, にはわれわれ, には柴明館, には立派, には紫明館, にわたる昔, までの活版, までは日暮里, までは深良家, までは西成郡勝間村, までは運送馬車, を絶頂, 迄には寒蘭

▼ 三~ (24, 0.0%)

3 につき修正, の数 2 がある, についての修正, につき適当

1 [12件] について修正, について訂正, はそれだけ極めて, は結婚, も含ん, や四婚, や私生児, をも含ん, を含む, を含ん, を考え, を考慮

▼ 三~ (24, 0.0%)

3 の権現

1 [21件] から洞, というところ, とかう書い, とか書いた, に仕切っ, に分け, に小さい, に移り, に見出される, に餅, に黒い, の大, の祠, の第, の觀音, ばかり寺院, ほどに高く, も四所, も雨, を巡, 括り呪言

▼ 三方子川~ (24, 0.0%)

3 の川底, の水 2 の下流, の川波

1 [14件] から救いあげ, という流れ, の夜, の川, の川べり, の川水, の底, の水音, の漁師六兵衛, の激流, の真下, へ浮かびあがった, へ浮かびあがる, をすこし

▼ 三時半頃~ (24, 0.0%)

2 から明るく

1 [22件] かそれとも, から大丸, から田, だったと, だと, でした, にお, にお客, になる, にはついに, には女中, には最早, に中野, に柳橋, に第, に至り, 御宅, 思い切って, 揃って, 漸く出来た, 迄か, 青白き大佐

▼ 三時間目~ (24, 0.0%)

1 [24件] かの始め, がすむ, が気, でその, ときまっ, なら三時間目, に, になっ, になる, には生徒, に再び, に初めて, に動きだした, に校長室, に菊池先生, の休み, の哺乳, の唱歌, の授業中, の板木, の終, の終わり, の習字, も四時間目

▼ 三百八十兩~ (24, 0.0%)

5 の金 4 の大金 2 の小判

1 [13件] が懷中, だの, のこと, の手土産, は大金, は安い, は巾着切, は愚か, は結納, は見事, をこの, を取り返した, を拔

▼ 三~ (24, 0.0%)

6 の山 2 の山の上

1 [16件] である, といふ金文字, と河出, に対する興味, の, のため, の一仕事, の模型, の目録, は限り, へ電話, も金線サイダア, を一目, を出した, を見物, を遠く

▼ 三~ (24, 0.0%)

2 の三角点

1 [22件] が四五米, ぐらいだ, ちかくそうして, で沼, という物凄い, と覚しき, のカット, の低い, の厚, の地点, の山巓, の緩い, ばかりも伸びた, もある, も跳ね, を下る, 押し流されて, 程隔, 離れたところ, 離れて, 離れてを, 高い

▼ 三~ (24, 0.0%)

1 [24件] が出た, が川, となっ, とも同じ, には利益, にわけ, に備え, に剛勇, に編成, の堀久太郎どの, の後備, の梯形編隊, の軽, はパリー, はプリアモス王, は小早川秀包, は左, は手薬, は林冲, は軍監, は道, は門内, もやはり, ノ女子日ニ従テ迎客

▼ 三階建て~ (24, 0.0%)

2 の大きな

1 [22件] で屋根, で雪, なので, のかし, のくろい, のその, のビルディング, のホテル, の古い, の古校舍, の室数二十四五, の家, の家々, の家並み, の家屋, の洋館, の焼けビル, の立派, の紅梅派本部, の西洋館, の長屋, はしたがって

▼ 三~ (23, 0.0%)

6 が九

1 [17件] が九つ, が九合, でありまた, であり西紀一七五五年, であろう, です, に, にかなり, にしか減らない, にその, に仏, に広, のウゴリーノ, を多く, を奪い, を控除, ノ四

▼ 三人がかり~ (23, 0.0%)

1 [23件] じゃ耐ら, でお節, でかかえ, でしらべ上げる, でその, でそれ, でなくては, でもあんなに, でもん, でやっと, でやられ, でダイヤ入り, でネル仕立て, で出来上った, で勝則, で変, で彼, で片, で立ち騒ぐ, で箸, で草屋, にて一個, も仰山

▼ 三人それ~ (23, 0.0%)

3 にしっかり 2 に大工, は廻り, を冷たい

1 [14件] から中居, がいつ, がみんな掃除, が惡, こそうれしい, にしつかりとりつきました, に大徳屋, に年寄, に縫箔屋, に船頭二人, もただ, も大抵, も雨, を囲ん

▼ 三~ (23, 0.0%)

2 のノート, の著書

1 [19件] あつて, そのどれ, とが掲載, と手帳, と手習, と江川書房, に刻みたばこ, の佛教書, の部, は七月, は破邪, まで發行, を一軒, を公刊, を製本, 出す, 程しか出, 讀んで, 送つて

▼ 三十個~ (23, 0.0%)

2 ずつポケット

1 [21件] ありましたが, ある, くぢ, ぐらいずつちゃんと, ぐらいのバッジ, ずつ弾薬, の, のたから, のわな, の反射鏡, の爆弾, ばかりの部下, ばかり三和土, ばかり合わせ, ほどならん, ほどのメダル, もってるよ, も飛び飛び, をボート, を死骸, 集めそれ

▼ 三十分位~ (23, 0.0%)

1 [23件] かかりますから, ずつ吾, だ, だつた, つ, で帰らなけれ, で散歩, で済みます, で終った, には当ります, のもの, の演説, の間, はき, はどちら, は夢, は眠れた, ひの, ゐは, を經過, 歩き廻って, 経って, 遅れて

▼ 三十頭~ (23, 0.0%)

2 のもぐら, の雌, の馬

1 [17件] ある, くらいの群れ, ぐらいごろごろ, ずつを一ト組み, につき一頭, に見えた, の名馬, の土佐犬, の海ひょう, の駱駝, ばかり草, ほど軍, もつながれ, ものもぐら, も用意, も群がっ, を献上

▼ 三千ルーブル~ (23, 0.0%)

2 だけおれ, のお金, の金, もらって

1 [15件] があります, がさ, が手, すっかり耳, で黄金精液, という金, になります, の使いこみ, の問題, の開き, は全く, をポケット, を受け取り, 返して, 送って

▼ 三千騎~ (23, 0.0%)

3 を附し 2 をさずけ

1 [18件] がなん, が一せい, が雲, に足らなかった, のうち千頭, のしだいに, の兵馬, の連環馬軍, ほどをとりあえず, をこえ, をひきい, をひきつれ, をひっさげ, をもって働き, をわが, を拝借, を連れ, 尚御家人等

▼ 三~ (23, 0.0%)

1 [23件] かといえ, ずつ取っ, だ, でもあり, で買い, ということ, にヤーラツパ, に当る, に相当, のあゆ, の時代, の相違, の襯衣, ほどのび, もしくは五厘, や五厘, を含む, を家賃, を払う, を支払う, を溶かし, 思い思いに, 払うわけ

▼ 三~ (23, 0.0%)

1 [23件] ずつ同じ, にもやらなけれ, にわけ, に抛, の人口調査, の割合, の幹事, の記憶以外, の質問, の通告, は風葉, ほど人, ほんの小, も不, も同じ, も旅費, も舞臺, も行く, やつて, や四囘, を讀んだ, ウロウロし, 続けて

▼ 三四分~ (23, 0.0%)

2 しかない

1 [21件] ある, が彼, ぐらいの厚, して, たってから, でちゃんと, で家, で歩ける, といふところ, といふ程度, のやう, はたしかにたった, ほどそんなふうに, もう積, もきら, もしない, もたつ, を讀み, 歩きまわった, 程開い, 繰り返される

▼ 三娘子~ (23, 0.0%)

1 [23件] が姿, が驢馬, こんな姿, であろうと, といい, という宿屋, という独身者, といえ, に言った, のうち, の家, の餅, はさき, はさらに, はその, は或, は相, は老人, は諸, も居間, も罪, を同, を油断

▼ 三学期~ (23, 0.0%)

1 [23件] がはじまります, であつ, になった, になつ, になつて, になる, にはいっ, には百二十点ぐらゐとらないと乙, にも白紙, に新しい, のおわり, のこと, の初め, の始め, の始頃, の白紙, の綜合点, の試験, は短, もおった, ももう, 即ち一年半, 通じて

▼ 三寸位~ (23, 0.0%)

2 もある

1 [21件] から一尺, でございましょうか, な貧弱, にはなりました, に切っ, のところ, のもの, の大き, の富士形, の小さな, の山形, の山葵, の山葵一本, の底, の本物, の緑色, の茶色, の距離, の長方形, 置いて, 離れる程度

▼ 三年ごろ~ (23, 0.0%)

2 のこと

1 [21件] か, からはロシア語, からぼつぼつ, から文芸, から最近, から秘か, から雪国, その悪風, だったと, だろうと, にたおれ, には馬, に死んだ, の, の木曜会, の諸, は二ヵ月, は松山館, まではまず, までは一番楽, を思い出す

▼ 三方面~ (23, 0.0%)

1 [23件] から一せい, から府内, から引, から日々ここ, から空前, から競進, から自分, から論じ, ともいずれ, にも或は, に分っ, に対しいささか, に展開, に廣, に於, に發展, に破れ, の精神作用, は二百尺, へわかれだした, へ分け, へ向っ, より霧社

▼ 三~ (23, 0.0%)

2 のうち

1 [21件] あるが, から成っ, から成り, が記憶, だけに止めよう, でこの, ともとても, と進む, のごとき, のコラール, のソナタ, の前奏曲, の終り, の題, はその後十七年, また大曲, りばかり, を三旬, 入って, 書いたが, 済んで

▼ 三本指~ (23, 0.0%)

2 の先

1 [21件] があらわれた, がいかなる, がお, が宗久, しかなかっ, だったの, でぐるぐる, には三, に撮ん, のジャック, の変死人, の子, の指先, の方, の方程式, の死人, の由, の藤田画伯, の鳥娘, の黒, をつき

▼ 三百文~ (23, 0.0%)

2 から一朱二朱, の切山椒

1 [19件] くらいのもの, ぐらい置いた, この他, しか残らぬ, ずつの祝儀, だつて只, つかんで, というの, と酒一升, になる, にも売上げる, に酒一升, の酒手, ばかり恵ん, ばかり紙, ほど仕入れ, も余計, 出せ手形, 盗んだこと

▼ 三百米~ (23, 0.0%)

2 もあろう

1 [21件] から六, から喫茶店, ぐらいの山, ぐらいの見晴しし, にすぎず, の丘陵地帯, の地点, の絶崖, の高所, ほどで, ほど走った, もひた, も下, も下る, も低い, も傑出, も攀じ登っ, を一瞬間, を下った, を少し, を超

▼ 三階級~ (23, 0.0%)

2 に踏みとどまっ, の間

1 [19件] があ, がある, である, で士, というもの, として封建領主, として自身, と考える, にのみおもに, に分類, に寄与, に踏みとどまらざる, のヘゲモニイ, の功績, の土地, の崩壊, の生活, への分割, 即ち赤切符等

▼ 三~ (23, 0.0%)

1 [23件] ある, から成立っ, だけはこの, である, についてその, には試掘若, に就き, に明らか, に移った, の性質, の断片, の石油貯蔵場捜索, の談話, の連絡, はこの, まで書い, をあげ, を偽装, を分ち, を挙げる, を根本的, を設け, を述べよう

▼ 三十七八年~ (22, 0.0%)

2 の日露戦争

1 [20件] ですからね, という時代, にこれ, にもなるだろう, に至つて成墾, の, のころ, の戦争, の戦役, の戦役直後, の日露戦争以来, の日露戰役後, の歳月, までに中村屋, までは中村屋, も奉公, も親, も親しん, を隔てた, 即ち日清戦争

▼ 三十分許~ (22, 0.0%)

2 りの, り前, り経つて, り經

1 [14件] で鞍部, りおくれたりき, りお待ち, りしか, りすぎると, りすると, りたった頃, り休んで, り応接間, り椽, り経つと, り經つて暇乞, り西, 休んで

▼ 三十匹~ (22, 0.0%)

2 の金魚, も斃

1 [18件] かさなり合って, くらいだった, ぐらいだ, ぐらいもいるらしい, つれ僧正谷, は確か, は金米糖, ばかりの鮒, ほどの子猫, ほど藁床, もらって, も要る, を平気, 乃至二三百匹, 乃至四五十匹, 放させた, 殺すほど, 程メダカ

▼ 三十圓~ (22, 0.0%)

4 の金 2 どりの, の月給

1 [14件] から四十圓, か五十圓, であると, といふ本, と云, の利益, はかかつ, ほど貯金, もお, も春三郎, や五十圓, を取られた, を拂, 借りが

▼ 三千メートル~ (22, 0.0%)

2 に近い, の高空

1 [18件] ぐらいだったらしい, ぐらいのもの, で宇宙艇, におよぶ, にとり, にまで達する, のところ, のまつ, の上空, の距離, の高, の高度, へ上昇, もある, もあろう, をとっ, をとり, 近い高山

▼ 三千万円~ (22, 0.0%)

3 の割合 2 を要する

1 [17件] だが, であろうと, でできた, で売っ, で財団法人, という中, という話, と云う, に上っ, に上る, に近い, の多き, の相続, ほど多い, ほど譲っ, を下らないだろう, キッカリ

▼ 三千余騎~ (22, 0.0%)

3 を率い 2 が腰越浦

1 [17件] が喊, だった, で賤ヶ岳, にちがい, にもなっ, の兵ども, の精兵, の美々し, の跫音, もみな風, をさずけられ, をひきい, をひっさげ, を与え, を与え給え, を具, を従え

▼ 三千貫~ (22, 0.0%)

5 の賞金 2 の賞

1 [15件] くれて, だと, とてめえ, とは, とわめい, の地, の宝刀, の所, の知行, の証文, の采地, は払い, は残りもの, も徴発, をここ

▼ 三四ヶ月~ (22, 0.0%)

3 の間 2 と申す

1 [17件] すると, でやめ, で馘, にて始む, の分と, の療養, の長い, は一人, まではよかっ, もする, も来なかった, も石, も足りない, 生きて, 程の間, 遊んだだけの, 過ぎて

▼ 三~ (22, 0.0%)

2 はこの

1 [20件] がこの, でいへ, と左, と比較, に示す, の, のだけは二見浦, の三つ, の両, の人, の結晶, の署名, はマスペロ, は南アフリカ産ヒラクス・カベンシス, は本文書翰, は橋詰, は童児二人紙鳶, までここ, を並べ, を見直した

▼ 三奉行~ (22, 0.0%)

3 の一人

1 [19件] がある, が天下, が御, が秀吉, といわれ, として, とに届済, と相談, に厭味, の一人大谷刑部少輔吉継, の五手掛り, の増田長盛, の権詐, の重い, の高力与左衛門, はさう, は寺社, を初め, 大憤激

▼ 三年八月~ (22, 0.0%)

3 の水害

1 [19件] かれは, であったが, になっ, には遠江, にわが, に二歳, に僧良勝, に円朝, に御, に秩父宮様, に起った, の二十日, の偕行社記事, の初め, の天誅組挙兵, を以て生る, 再度赤倉, 死すダンテ, 第十一回民藝協会全国大会

▼ 三日おき~ (22, 0.0%)

2 に時ちゃん

1 [20件] ぐらいに来, ぐらいに降る, にこの, になり, には両国橋, には細君, には髯, に亡くし, に何, に前後四たび, に団子, に大野木, に教室, に水, に王様, に私, に行縢, に降る, に食物, に馬

▼ 三日五日~ (22, 0.0%)

3 と日 2 とそれ

1 [17件] が経ちました, で来る, とか, とは言わない, と乗りつづける, と家, と過ぎた, の差, の立退き, の間, は出かけます, ほどユックリ, も続けた, を送っ, 多い時, 続けて, 長くて

▼ 三日位~ (22, 0.0%)

1 [22件] か, かかります, かかるであろう, が食べ頃, で達し得た, で部屋, なもの, ならやめても, に取, の二十歳前後, の旅だつた, は, はかう, は利く, は随分, は頭, までで, までは毎日, やって, 一気に徹夜, 経ちますと, 違うこと

▼ 三~ (22, 0.0%)

3 の旅

1 [19件] した, したい心組, したの, して, する, する事, だけし, だけで東京, であるが, の予定通り, の修学旅行, の慰安旅行, の慰安温泉旅行, の旅行, の登山旅行, の豫定, は長, ほどし, 長い時

▼ 三百年来~ (22, 0.0%)

3 の徳川 2 の江戸, 手広く取引

1 [15件] あったの, いつも活火山, のよき, の主人, の否三千年来, の家, の徳川政権, の江戸趣味, の泰平, の記録, の道徳教育, はじめて行われた, 事欠かなん, 住み慣れた墳墓, 未だ曾

▼ 三~ (22, 0.0%)

1 [22件] からそれ, だけに限り, で劇研究會, などという所謂秀才, に関係, のこと, のトラック, の出身, の学生, の校長, の演説, の理乙, の生活, の試合, はじめての, へはいった, へはいる, へはいれた, へ入学, へ大丈夫, へ通っ, を受ける

▼ 三〇年代~ (21, 0.0%)

2 のはじまり

1 [19件] からフランス文学, から今日, から米国, であつ, にいくら, にかけての日本, にはシナ海, に至つて, のはじめごろ, のフランス, の世界的, の今ごろ, の現代, の終り, の自覚, の複雑, はやった, までの, より四〇年代

▼ 三です~ (21, 0.0%)

3 ね, よ 2 か四

1 [13件] か, からね, から二, から赤ん坊, がこいつ, がどこ, がもう少し, が器量, そこの, ぢや, の, もの人間の, 多少彼

▼ 三ページ~ (21, 0.0%)

2 の小品

1 [19件] くると, であった, と一〇六ページ, と進む, にはてもめずらしき, に対してもはなはだ, のなか, の前, は近所, もあり, を占め, を参照, を見, を開い, を開いた, 読みたうとう, 読むと, 読めば, 読んだきり

▼ 三亀雄~ (21, 0.0%)

4 の妻

1 [17件] だ, などははじめ, などは気, にとっては問題, には良家, に資本, のたんげい, の声, の顔, はいざ, はがっちり, はほっと, は腹立った, は高利貸, もその, もと雇人, も関係無し

▼ 三人とも~ (21, 0.0%)

2 に一致

1 [19件] にいと, に何とも, に合羽, に同名, に女, に引ッ搦げ, に役所, に快く, に手, に手鞠, に最, に白けきった, に眼, に老人, に腹切, に討首, に認めない, に野郎どもめ, に鼻

▼ 三十三番~ (21, 0.0%)

8 の札 7 の札所 2 の内 1 てがらです, に人, に津保見, のお

▼ 三十五六歳~ (21, 0.0%)

3 の人 2 の男

1 [16件] から四十歳, くらいの年配, ぐらいに時には, であったという, でありながら, ですでに, にもなる, の中流婦人, の壮年武士, の武士, の無, の男女, の白皙美髯, の青白い, の顏容子, ほどの若い美しい

▼ 三十分後~ (21, 0.0%)

1 [21件] ただ眼前, にすぐ, には, にはおそらく, にはこの, にはなごやかな夜食, にはりっぱ, には今度, には僕, には法水麟太郎, にボンド街, に並山, に到着, に旅館, に検事, に法水, に第, に起った, は三十分後, ぽっかりと, 正九時

▼ 三十恰好~ (21, 0.0%)

5 の男 2 の商家, の女, の背 1 で大して, に見える, のずんぐり, のりっぱ, のロイド眼鏡, の上品, の商人体, の商人風, の大きな, の浴衣

▼ 三~ (21, 0.0%)

2 より成る

1 [19件] あるとして, があつ, が善く, である, と序録一卷, に分けた, に收め, に見ゆる, のはじめ, の存, の帖, の微々たる, の此, は手, は漢書藝文志, を終り, を著, を記し, を讀み通す

▼ 三友人~ (21, 0.0%)

2 はヨブ

1 [19件] と全く, に向っ, のため, の上, の対話, の批難, の来訪, の第, の耳, の議論, の長い, の面, の顔, の驚き, はいわゆる, は依然として, は当時, は彼, 現れ各々

▼ 三四冊~ (21, 0.0%)

1 [21件] あきらめても, あったので, ありその, で破約, に過ぎなかった, のかなり, の小説, の帳面, の書物, の本, の経文, みつけます, もあつ, も抱え, 借りて, 出しました, 出来た, 持って, 求めた, 積み重ねて, 買えるの

▼ 三四十年前~ (21, 0.0%)

4 のこと 2 までは決して

1 [15件] だと, であったら鳶, ですけれども, と云え, になりましょう, には可, に外人, に有名, に行われたる, のあの, の人, の少年時代, の道慈, までは浅草橋場, までは随分

▼ 三女神~ (21, 0.0%)

2 が名高く, の示現, の総称, は分布, は天真名井

1 [11件] があったらしい, があつ, の, のうちアートロポス, の間, は福岡縣, よ, をパリス, を娘娘, を祀, を祀った

▼ 三~ (21, 0.0%)

3 形の 2 衝角, 衝角の, 衝角は, 衝角を 1 が一個, の八環刀, の大刀, の槍, の長, 両刃, 刀と, 刀を, 方形の, 杖を

▼ 三日ぶり~ (21, 0.0%)

5 に入浴 2 に街

1 [14件] である入浴, で染, で私, にぐつすりと, にオマンマ, にコツプ酒一杯, に喫ふたの, に点燈, に煙草, に見た, のつかれ, の御飯, の朝湯, の酒

▼ 三日以内~ (21, 0.0%)

2 にこの, には元, に立退かね

1 [15件] にあげちまえ, には一応, には取返さなけれ, にエベネザー・スクルージ, に人間, に他, に処分, に受取る, に島外, に本棚, に殺された, に水面, に生首, の約束, の規定

▼ 三次元性~ (21, 0.0%)

2 の必然性, はその

1 [17件] から救おう, との差, とは何, と彫刻, に外, に発見, の両, は対応, は経験, や平面性, をも含む, をも超え, を予想, を合理的, を有, を脱した, を超えた

▼ 三畳敷~ (21, 0.0%)

1 [21件] があり, ぐらいのバラック, だから, である, で目, とは壁, にて外, に寝床, の, のお座敷, の一間, の小室, の玄関, の窓, の部屋, は畳, ばかりの小綺麗, へ引き取った, へ引き取つた, ほどのその, ほどもあり

▼ 三百万人~ (21, 0.0%)

2 の失業者

1 [19件] から四百万人, という婦人, とも言われ得る, に下らざるなり, に及べり, の女子人口, の女子人口過剰, の市民, の有産階級, もの失業者, も人, も多い, も婦人, をささやか, を改宗, を越え, を越える, 多かった, 多くなりました

▼ 三百坪~ (21, 0.0%)

1 [21件] あるから, からありました, ぐらいもある, ぐらいホコラ, と致しまし, なくて, になっ, に改め, に算, の天井, は無い, ばかりの地面, ばかりの空地, ばかりを木槿垣, ほどな, ほどもあった, もあっ, もありましょう, や四百坪, 切り開いて, 程の東西

▼ 三百里~ (21, 0.0%)

2 という, 多竹木叢林

1 [17件] あっちゃ, で戸数, となり, と云, に及べ, のあいだ, の里程, も先, も北, も西, も遠い, を下らざるべし, を此様, を没収, を疾駆, を飛ん, 往けねえと

▼ 三~ (21, 0.0%)

1 [21件] ぐらいまで打ちこまれる, さあいらっしゃい, だけ, でもめった, でも負かし, という相当, といふ相, についた, の上屋敷, の松平家中屋敷, はハルトマン, は弱く, は負けた, は逍遙子立て, より本因坊膏汗, 勝って, 置いたが, 置いて, 置かして, 置かせたから, 置かせて

▼ 三~ (21, 0.0%)

2 第四陣

1 [19件] ありである, が間, とさらに, として城下, とも奥行, と備え立て, に分れ, のうち, のくずれ, の兵, の木下秀吉, の隊伍, の騎兵部隊, は池田勝, また遊軍, も, も無視, を襲わん, を配し

▼ 三~ (21, 0.0%)

2 の冒頭

1 [19件] あって, だけ読む, だけ讀む, と順に, には穀類, にひらかれ, に出, に落ち, の下, の政治欄, の神, の記事, の鏡, の雜報, の鬼, は山, より討っ, を囲ん, 看梅花

▼ 三といふ~ (20, 0.0%)

2 日本的原理を

1 [18件] 割合の, 封筒の, 小さい部落, 年に, 年の, 年配よりは, 年齡を, 弁護士殿なり, 惡戯ざかりで, 数を, 數字は, 猫の, 男は, 色師に, 若盛り, 藝名で, 許婚が, 飛んだ業平男

▼ 三~ (20, 0.0%)

1 [20件] が得られる, で生命蓋然率, と〇・一九, という人口, という数字, という番号, となる, とも註せられる, に, には宋, に康定, に服虔曰く, の方, の星宿, の運転手芳木, または四〇人, または四〇分の一, を乗ずれ, 及び一対四五, 及び三四四頁

▼ 三分の二以上~ (20, 0.0%)

2 の賛成, を得たる

1 [16件] といっ, の人数, の地域, の場所, の多数, の財産, はまる, は右翼的思想以外, は女, は当然, もいた, もの職工, も似よった, を占め, を占領, 悪変

▼ 三十何年間~ (20, 0.0%)

4 いや兄 2 いやはははは, さう, といふもの, どのやう, も迷惑 1 この辺, この邊, というもの, の女王, の話, は全く

▼ 三十八九~ (20, 0.0%)

2 の火箸

1 [18件] か, なんて正確, にし, にしかならぬ, になったろう, に成る, の, のでっぷり, の丈, の和服, の大家, の時, の洋服, の男, の色, の顔, までの歌, やがて四十年輩

▼ 三十六号船~ (20, 0.0%)

8 の留さん 4 の船長 2 に乗っ, の水夫, の者, の舳先

▼ 三十幾つ~ (20, 0.0%)

1 [20件] かあ, かある, かであっただろう, かになつ, かになる, かの年配, かの総桐, かの若い, かの部屋部屋, か下る, か取り出され, か若く, がレコード, だろうが, ならんで, にもなっ, の部屋, は浅ましく, まで, 食った

▼ 三十近く~ (20, 0.0%)

2 でありませうか, なって, なつて

1 [14件] あつて湯ヶ, なつて丈夫, なると, にみえる, にもなっ, にもなつて, にもなる, にも見えるだろう, の, の痩繊, まで東京, も違, も齢, 見えたが

▼ 三千歳~ (20, 0.0%)

2 を語る

1 [18件] と, との単純, と呼んだ, なぞよりも遥, にしよう, に見えた, のやう, の妖女, の芝居, の花魁, は先刻おれ, は無頼漢, は聞き, を出した, を勤めた, を演じ, を素人, を預けた

▼ 三四杯~ (20, 0.0%)

2 の酒, 飲んで

1 [16件] あほり, だけれど, のん, のバケツ, ひっかけて, を独り, を重ね得た, 傾くるところ, 呷りつ, 持って, 立てつづけに, 続けさま, 続けて, 飲む, 飲んだ酒, 飲んでも

▼ 三尺幅~ (20, 0.0%)

2 の一人, もある

1 [16件] くらいの堅物, くらいの路地, ぐらいの鉄, でどちら, に一間, の, の光, の出入り口, の出入口, の新道, の日蔭, の植込み, はその, は一尺, ほどの水, ほどの裏

▼ 三年以後~ (20, 0.0%)

1 [20件] あらゆるナポレオン反対, であること, でそれから, にあっ, にぞくし, には一般民衆, に在, に成つた事, に新しく, に至り, のかしましく苦しい, のこと, の人民戦線運動, の文学批評, の方言区域, の社会, はこんな, はさらに, は母子, は空白

▼ 三度それ~ (20, 0.0%)

2 を繰り返し

1 [18件] にみずから, に平日, に続い, もチョット, も大抵, らしい女, をたべる, をやられる, をよみかえした, を不愉快, を使っ, を口, を左右, を揺, を横, を烈しく, を疑わし, を繰り返した

▼ 三~ (20, 0.0%)

2 に余る

1 [18件] ぐらいの天然, の楢, の樹, ばかりあらう, へに及ぶ, への大き, への楢, への荒石, へもあらう, へも四抱, へも有る, ほどなる, ほどの大きな, もある, もあるだらう, もあろう, も四抱, も物置

▼ 三日月形~ (20, 0.0%)

2 の大

1 [18件] がちらりと, が分らぬ, という, になった, に仕切りたる, に頬, のほそい, のパン, の前, の口孔, の古, の唇元, の欠け目, の疵痕, の眉毛, の穴, をした, 利きが

▼ 三段階~ (20, 0.0%)

2 に数え, はこの, を経

1 [14件] あって, がある, である, となっ, に分け, に分れ, に相応, の交替, の出没, の宗教, の登攀, は特に, を立て, 乃至三領域

▼ 三法師君~ (20, 0.0%)

3 の御 2 のお, を安土

1 [13件] あるのみ, が在る, である, では, にもご, はまだきわめて, へお, への伺候, も明け, をわが, を天下人, を奉ずる, を飾りもの

▼ 三番地~ (20, 0.0%)

2 にて太田

1 [18件] だ, といひました, といふところ, と車夫, なる棟割長屋, にちょっとした, に一家, に住む, に住ん, に同棲, に宿泊, のある, のそこ, のアドレス, の家, の小さな, は廣い, へ

▼ 三~ (20, 0.0%)

2 に黒い

1 [18件] ぐらいの鉄片, でも四角, にし, になつ, になつて, にめり込ん, に並べた, のサンムトリ, の一線, の不思議, の宿題, の封筒, の帽子, の弦, の手紙, の白帆, の頂点, 並びに対数

▼ 三どん~ (19, 0.0%)

3 の末 2 が眞先

1 [14件] がぶっ, が皸, が真先, が風呂敷, だ愛ちゃん, でも決していきなり, に意地, のやう, のよう, の象徴, は仙介, や仲働き, を相手, 少し話

▼ 三インチ~ (19, 0.0%)

2 長さ六インチ

1 [17件] か四インチ位, ぐらいのもの, ぐらいの剣, ぐらいより巻き取る, で見受ける所, の丸い, の所, の熔岩, の長細い, ばかりの板, ばかりの隙間, ばかり西, ほど短い, も伸びる, も余計, 上げて, 短いズボン

▼ 三ヶ月間~ (19, 0.0%)

1 [19件] ついぞ日, つづいた, に三千圓, に何, に余, に於ける, に痩せ, に百回, に編物講習, に脚気, の一部分, の旅行, の日照り, の鯛, は, は実に, も続演, 若クハソレ以上ニ渉ル事アルベシ, 見て

▼ 三人め~ (19, 0.0%)

3 の骸骨 2 のひと

1 [14件] が出, じゃ, のつまり, の不器量, の侍, の娘, の手代, の男, の種蒔爺さん, の紳士, の若, の部下, は鯉, をねらっ

▼ 三先生~ (19, 0.0%)

1 [19件] から郷里, が年輩, だけじゃない, に対して粗雑, に応酬, のほか, の言説, の賜, の食事中, は坪内先生, は次第に, は私, ももう, も塾長室, を慰める, を招待, を訪れ, 多く仏書, 既に斯文

▼ 三十九度~ (19, 0.0%)

2 あった, の熱, もある, 馬鹿らしい話

1 [11件] あっても, あつた, ある, からあった, から四十度, この里程二千八百二十マイル, といふ病中, にや上り, に上り, もお, を示し

▼ 三十六七~ (19, 0.0%)

2 の小作り, の男

1 [15件] ぐらいな五分刈り, だつたらう, であった, で小, と見え, なるべし, にもなりましょう, のギメレウスカヤ, のフロック姿, の上さん, の時, の盛り, の眼, の色, の達者

▼ 三十坪~ (19, 0.0%)

1 [19件] か五十坪, か四十坪ぐらゐの庭, ちかくあり, ということ, の一戸, の大, の書斎, の茶畠, の野菜畑, ばかりであった, ばかりの部屋, ばかりの長方形, ばかりの風雅, ほどにて先方手取一万円引ナシ, ほどの広, ほどの思った, ほどもあろう, まあザッ, 欠けるんでしたな

▼ 三句切~ (19, 0.0%)

8 の歌 3 にしたる, の必要 2 の事 1 が既に, なり, のこと

▼ 三四月頃~ (19, 0.0%)

2 の小さい, の岩

1 [15件] からは米寿, だつた, になる, には信長, には立派, のよう, の船, は東京中, までこの, までだ, までつづいた, まではちよい, まで絶対, まで続いた, もまるで

▼ 三~ (19, 0.0%)

2 並んで

1 [17件] ありて, とも停止, と汲出櫓, ならべて, に向っ, に移る, のジャイロスコープ, のスイッチ, の中, の墓, の墓石, の墳塋, は某, は第, よりも獲, より本, を置く

▼ 三年九月~ (19, 0.0%)

2 に旅行, の末

1 [15件] であったが, におこった, にはなお, にヨーロッパ, に大目附服忌令分限帳改, に日本, に留守居, に香以, の, のホトトギス, の東小川村, の関東大震災, より岩波書店内, 到四十四年一月, 新吉原品川楼

▼ 三年位~ (19, 0.0%)

2 にしかならない

1 [17件] から漸, が絶頂, じゃ泣い, で罷める, で誰, になる, になるだろう, のとき, のもの, の島送り, の時間, の私, の間, までは特に, 住んだといふ, 居る, 見たこと

▼ 三日がかり~ (19, 0.0%)

2 で此処, の仕事

1 [15件] でやって来た, でりっぱ, で全部十六通, で奔走, で帳面, で庖丁, で彼女, で村じゅう, で東京, で泣き, で遣る, として飯田泊まり, と思え, にでもしたら, の難路

▼ 三日滞在~ (19, 0.0%)

9 して 1 しただけ, したの, したのち, した上, した後, すること, するだけの, するの, のつもり, の上帰路

▼ 三枚襲~ (19, 0.0%)

1 [19件] でと羞, でも見立てる, で着痩せ, などもあった, には上着, に合せ, ね, ねのまだ, ねの振袖, ねの薄い, ねを着せ, の上, の外部, の時, の雪駄, を掴みのけ, を着飾った, を着飾り, を被

▼ 三民主義~ (19, 0.0%)

2 の中國, の中國國民黨

1 [15件] から始め, すなわち民族, というの, とはどんな, の信奉者, の名, の排撃, の民族, の民族主義, の連発, の進出, は東洋的先覺孫文, や新, をわかり易く, を信奉

▼ 三津三~ (19, 0.0%)

3

1 [16件] がサクラ子, との激論, はた, はたちまち, はガバ, はニヤリ, は不意, は別れる, は悲し, は瀬戸, は縁側, は育児係り, も, も何やら, を挙げる, を軽蔑

▼ 三百年間~ (19, 0.0%)

2 老いる事

1 [17件] ついぞ安定, にたつた, に亙る, に人口, に何回, に僅か, に出, に日本, に發生, のハンデキヤツプ, の人文, の因縁, はその後, は大体, まずこれ, を失意, 概して言

▼ 三等列車~ (19, 0.0%)

2 の中, の棚

1 [15件] がソヴェト・ロシア, が余, が来, にどこ, にのっ, に乗, に乗った, に乗込ん, のプロレタリヤ, の上, の外, の鋼鉄, は呑気, も通る, や貨車

▼ 三軒家~ (19, 0.0%)

1 [19件] から広尾, がある, がとりとめ, で弁当, で盃, なんで, に上る, に借家, に着きました, に閉じ籠っ, のある, の同じ, の宅, の方, の茶店, の軒, の通り, まで連れ, や四貫島

▼ 三とせ~ (18, 0.0%)

2 ばかり官長

1 [16件] あまりなりし, なじみし, になり, になりぬ, になれ, の余, の前, の間, は過, は長き, ばかりになりける, ばかり前, までいかに, 御筆, 経てば, 馴染みし

▼ 三ヶ年~ (18, 0.0%)

3 の間 2 憎さ

1 [13件] との刑, には足らなかつた, にわたって毎月末相談, の戦陣生活, の日, の日子, の記念日, の重傷, の長, ばかり監獄生活, も貴様, を要する, 濃州

▼ 三両二分~ (18, 0.0%)

1 [18件] ある, か, か何, しか入っ, だと, だという, でもあれ, とかかった, とか村, と二百五六十文, に相成ります, に端, は大した, ばかり大根漬一両三分, ほどで, もあつ, も覚束, 残して

▼ 三~ (18, 0.0%)

2 とや, まで之

1 [14件] あります, ある, さりとは, だけに就い, で多門先生, に減っ, の不思議, の事実, の考証, の重要題目, はどう, は併合罪, もある, も四件

▼ 三倍以上~ (18, 0.0%)

2 になった

1 [16件] あります, であった, である, であるから, です, になり, に拡大, に擴大, の人, の借金, の大き, の広い明るい, の水量, もする, も大きい, も時間

▼ 三~ (18, 0.0%)

2 の母

1 [16件] が立ち並ん, といえ, のあと, の後影, の籍, の運命, はわれ勝ち, は一時金魚, は三郎, は向かい合わせ, は女子, をかかえ, を抱い, を生んだ, を遺し, を長養

▼ 三~ (18, 0.0%)

2 あります, とは半打掛, と定められ, を併せる 1 あるが, にもなるで, にも思える, のやう, のよう, の後, の静寂, ばかり家, もある, も前

▼ 三十二号船~ (18, 0.0%)

2 から聞え, が, の, の中, の仁公, の舳先, の見習い水夫, へ戻っ, を待ちかね

▼ 三十余年前~ (18, 0.0%)

3 のこと

1 [15件] なり, にここ, にただ一度実見, にはこれ, にツルゲーネフ, に仏蘭西, に佛蘭西, に異なり, に跡見女学校, のかの, の冬, の建保元年十月, の手製, の時節柄, 見たが

▼ 三十分あまり~ (18, 0.0%)

1 [18件] かかった, かかって, で工場, で見事, のべつ口きらず, の後, の間, もかかっ, もはいっ, もはしりました, もひと息, も二つ, も全速力, も同じ, も待ったでしょう, も独り, 待ちかねて, 待った

▼ 三千枚~ (18, 0.0%)

4 の写真 2 の小判

1 [12件] ある, ぐらいはこわし, で所望, の小説, ほどとなり, ほどの作品, ほどの長編小説, もぶら下がっ, を一冊, を上納, 写すと, 見當

▼ 三四十~ (18, 0.0%)

2 の武家屋敷, もある

1 [14件] が入り乱れ, にも上るであろう, の, の家, の者, の萱葺, の金, はとったろう, はなぐつた, もあろう, もひきだし, も打つ, も若い, 産みます

▼ 三室銀子~ (18, 0.0%)

2 と左近倉平, の人気

1 [14件] が曾, に楽壇, の洋行説, の結婚式, はさすが, はその, はそれ, は何処, は恐ろしい, は極り, は胸, は自分, は花々しく, を押し込める

▼ 三尺許~ (18, 0.0%)

5 りの 2 にし, り彼方 1 になった, の自然石, の黄色, り, りあいて, りなる烏蛇, りに, りもて傘, り離れて

▼ 三年三月~ (18, 0.0%)

2 の日記, の末

1 [14件] から九月, である, なり, にいたり, には刈屋, にも同, に更に, に秋田, に起った, の出版, の歌舞伎座, の頃, も浸っ, 生る

▼ 三年以来~ (18, 0.0%)

2 のこと

1 [16件] あの一角, あの堅固, こうな, であるから, の忙しい, の惨澹, の暑気, の最低記録, はまとも, 別段の, 寝て, 当仙台, 添って, 用いられて, 重い物, 頓に健康

▼ 三年半~ (18, 0.0%)

2 として推定, に一回

1 [14件] と見, になる, に処す, のうち, のかれ, の久坂葉子, の兵隊生活, の出生, の刑期, の歳月, ばかり前, も岬, も続けました, 居内部

▼ 三度口~ (18, 0.0%)

4 の中 2 をきいた, を御, を蠢かし 1 からほとばしり出た, から血, でよん, のうち, のなか, をつい, をひらい, を開いた

▼ 三度頭~ (18, 0.0%)

3 を強く 2 を下げ, を振った

1 [11件] の上, の中, をさげた, をゆすつ, をゆり動かす, を下げた, を左右, を振っ, を振つ, を掻い, を横

▼ 三文字~ (18, 0.0%)

2 書かれて

1 [16件] かけるに, が彫っ, が懐しく, が現れ, が白彫り, が目, が認められ, が金繍, が金色, が鮮, とかいう人, に切った, のある, のついた, の漢字, をなにげなく

▼ 三~ (18, 0.0%)

1 [18件] である, で六十六銭, ぬすんで, ぬゥ, の大, の肉, ばかりの然, ばかりの白く, ばかりの麦粉, ばかり買っ, ほど食つた, を入れ, を漬け, 但隠岐国三十三斤五両凡中男一人輸作物海松五斤志摩国調海松安房国庸海松四百斤云, 使うとして, 取ります, 買って, 足りない

▼ 三方ヶ原~ (18, 0.0%)

2 で大

1 [16件] がよけい, であいつら, で家康, で惨敗, で最期, で破られ, にいっ, には間, のおちこち, の北端, の戦い, の東, は遠く, へかけつけね, まで伊那丸, を横ぎって進軍

▼ 三~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことごとく落首, とは瞿曇族迦葉族, にまで及ぶ, に及ぶ, までも滅び, もすべて死, も今し方, も支那, をも亡ぼすであろう, を亡ぼされます, を召し捕っ, を夷す, を捕え, を捨て, を罪せられよう, を罰すであろう, を誅し, を誅する

▼ 三日逗留~ (18, 0.0%)

9 して 1 が出来れ, さして貰っ, した, したい, したの, した正太, し八月三日, し同勢四百人, すること

▼ 三~ (18, 0.0%)

5 の神

1 [13件] ありて, だ, の中, の大神, の女子, の女王, の姫神, の弟たち, の綿津見, の貴子, をば迎, を建て, 又娶

▼ 三~ (18, 0.0%)

1 [18件] かの人物, ぐらいのねうち, なの, に甘んじ, のもの, の劇場, の商店, の家, の小店, の小説, の店, の煙, の独創性, の生物, の雑誌, の顏, 或は時代, 立って

▼ 三~ (18, 0.0%)

2 は張良

1 [16件] なるべし, にある, にはそれきり, に通ず, のことば, の一部, の妙, の学胆, の文句, の方, の第, の要諦, の言, はそうして, は然様, を胸

▼ 三~ (18, 0.0%)

3 して

1 [15件] された, した, するという, のこころ, のこと, の心持, の敬虔, の苦辛, はしなかった, をなし, をなした, をやっ, を施した, を済まし, を致します

▼ 三等船客~ (18, 0.0%)

1 [18件] がもう, が眠っ, だったそう, だと, でなければ, でマダム・クラビンスキイ, としての航海, となる, と申す, の一人, の中, の僕, の姿, の間, は全部ピストル, も四十名, や船, を四十名

▼ 三~ (18, 0.0%)

2 と都合九つ, と食堂車, の車

1 [12件] かそれ, ずつ自転車, つながれて, ないし四輛編成, の乗合馬車, の江州車, の牛車, の聯結列車, の車がらがら, の馬車, までも家, も引

▼ 三ミリ~ (17, 0.0%)

3 もある

1 [14件] あった, から三百二十五ミリ, くらいの直径, くらいまである, ぐらい剥ぎ取られ, でいい, というよう, という普通, のもの, のガラス玉, の普通, の砲弾, ほどの幅, ほどの水晶

▼ 三ヶ寺~ (17, 0.0%)

2 とも同じ

1 [15件] からは正月年頭, から約, だけは不思議, とも, とも広い, とも度々, とも相当, の中央, の状態, の相互, の説明, の類似, はその, はまったく, も持て居る

▼ 三人娘~ (17, 0.0%)

2 の一人, の一番

1 [13件] があった, が不思議, が十姉妹, が赤前垂, のうち, のどれ, のよう, の命, の運命, は仔細, は申譯, へ門並眼, を嫁

▼ 三人暮らし~ (17, 0.0%)

2 であった, で別に

1 [13件] だが, であったが, である, であるが, でいました, で主人, で代地, で大して, で格別, で男切れ, のわび住まい, の月日, の気

▼ 三~ (17, 0.0%)

1 [17件] がある, がいったい, が三伝, が低い, が来る, が蘇った, だなんて, として君, と対立, に利得金, に彼, の張る, の死, の顔, はこの, はちがう, を出し

▼ 三個所~ (17, 0.0%)

1 [17件] から起りました, ずつ絵, だけ微か, で野営, になっ, に招かれ, に達するであろう, に附着, の中心, の盲管銃創, は釜山, ほんとに泣けた, もアゲ, も居, を抜萃, を襲った, 貼つてあつ

▼ 三~ (17, 0.0%)

3 の家 2 の奴

1 [12件] から御, なんかは巾着切り, にやっ, に封ずべし, に封ずるであろう, に殺される, の位, の重職, をはねのけ, を出し, を立てる, を経

▼ 三六分の一~ (17, 0.0%)

5 という死亡率 4 と仮定 1 であるが, であるのに, でなく三八分の一, という平均死亡率, という比率, となり, と考え得よう, なるヴォー州

▼ 三六年度~ (17, 0.0%)

2 で全く, に於ける, の特色

1 [11件] になっ, には一時休憩, に入っ, に厳密, に限定, の世界的デマゴギー, の出版界, の思想界, の日本文化情勢, の総, 云わば

▼ 三分の間~ (17, 0.0%)

2 は東京ぢ, 黙々として

1 [13件] その儘, にまく, に一生, に写真, に出, に海面, に見た, に音楽, はその, ももどかしい, をおいた, ヒソヒソと, 話して

▼ 三十あまり~ (17, 0.0%)

5 の年増

1 [12件] でしょう, と覺, のそれでも, の人物, の品, の女性, の年頃, の立派, の若い, の音階, もイス, も年

▼ 三十マイル~ (17, 0.0%)

1 [17件] と離れ, なり, にもひろがる, のあたり, の山脈, の所, の線, は何, もある, も遠く, も遡らなきゃなりません, も離れた, を四時間, を殆ど継続的, を隔て, 程離れた, 行くの

▼ 三十二人~ (17, 0.0%)

1 [17件] ことごとく枕, だったかの, という夥しい, といふ下, と尼二名, に過ぎなかった, のうち一割強, の代表的インテリガール, の住所, の供奉, の俗名, の全, の内十四人, の面倒, ほどであった, も人, を有す

▼ 三十米~ (17, 0.0%)

1 [17件] ぐらいの丘, ぐらいの海底, ぐらいはある, とへだたらない, のあたり, のもの, の吹雪, の海底, の脚下, の風, の風速, もつけ, も下る, を登る, を超え, 低い, 高い所

▼ 三十錢~ (17, 0.0%)

2 か五十錢

1 [15件] かく儉約, から賣つたつ, だけをのせ, であつ, でどうしてそんなに, でも取り, で手札形三枚, と五厘, なりなどが暫らく續, に賣, に賣れ, の内, の金, は安い, や五十錢

▼ 三合目~ (17, 0.0%)

2 に, に相手

1 [13件] であった, にし, についたろう, に一人, の小舎, の茗荷岳, の茗荷谷, の附近, ばかりの麓, へは決して, へ下りる, まで, までもむずかしい

▼ 三四カ月~ (17, 0.0%)

3 の間

1 [14件] が経った, くらいの赤子, だまって, にし, の停学, の後, はその, はちっとも, ほど前, もおとなしく, も前, ノ御, 経ってから, 長ければ

▼ 三四子~ (17, 0.0%)

2 はもう

1 [15件] が青木, であるやう, なら彼, にさ, の傍, の姿, はにつこりした, はステツプ, は彼, は気持, は腕時計, は青年, らしい女, を見, を踊り

▼ 三四行~ (17, 0.0%)

1 [17件] が一番カンジン, したためた, ずつ書きちらし, で書き終えられる, で此話, なん, には書き切れまじき, に於, のもの, の文, の英語, よむと, 乃至十四行宛要領, 明けたまま, 続けると, 読みかけた時, 讀みかけた時

▼ 三年二月~ (17, 0.0%)

1 [17件] からきょう, になる, には私, にも弘前, に京極殿, に使, に南イタリイ, に定められた, に潤吉, に発布, に至っ, に至る, に艦隊二十隻, に蕃書調所, に虐殺, の氷ノ山, までの約

▼ 三年四年~ (17, 0.0%)

2 となる

1 [15件] がせいぜい, ぐらいまではまだ, たって, という時代, とたつ, と経ち, と見る, の初め, の女の子たち, の年月, の連中, の鼻, はすぐ, は世, は空しく

▼ 三年近く~ (17, 0.0%)

2 いて

1 [15件] になる, のハルピン, の前, の月日, の苦艱, の間自分, もいた, もお, もその, も前, も彼, も見ない, も黙し, 被り慣れた大黒帽, 通って

▼ 三~ (17, 0.0%)

5 の苗

1 [12件] で四銭, と十六足, の清い, の献上, の藁, ばかり出だし, ほど転がっ, を禁裏, を食った, 刈る間, 安いよ, 束ねないうち

▼ 三日三夜~ (17, 0.0%)

3 泣きつ 2 なりとも

1 [12件] おりましたが, かかって, さ炎, のあいだ赤, のうち, のご, の疲れ, の眠り, の祈り, も火, を一日一夜, 泣きつづけし事

▼ 三晩目~ (17, 0.0%)

2 に姫

1 [15件] が一晩, だ, になり, にはた, にはもう, には持遁, には最早, には私, に天上, に室津, に渡辺刑事, に漸, のこと, の夜中, の朝

▼ 三杯ひつ~ (17, 0.0%)

4 かけて 3 かける 2 かけるそして 1 かけたが, かけること, かけるこれ, かけるその, かけるたうとう, かけるどうも, かけるほろ酔機嫌, かける歩けなくな

▼ 三段抜き~ (17, 0.0%)

5 の大 2 の記事 1 くらいで出る, だから, で, で仰々しく, で大きく, で掲げ, で紙面, の大きな, の見, の見出し

▼ 三百五十石~ (17, 0.0%)

4 の旗本 3 取の 1 か取, で藤枝, とか聞いた, に嫁入, のお, のお家, の小身, の武家ぢ, の馬廻格, 取った深見

▼ 三百代言~ (17, 0.0%)

1 [17件] だ, だと, でもなけれ, にすぎない, についてさまざま, になられた, にも劣つた陰険, に仕立てさせ, に仕立てられた, に育てた, のやう, のよう, みて, をし, をやっ, を知り, を頼む

▼ 三百諸侯~ (17, 0.0%)

2 の中

1 [15件] から養子, がおのおの, が供, が大小, それから老中側御用人, つづいて, に開港, の大, の家, の総, の領分, も, をひとりひとり, を洗う, を相手

▼ 三萬兩~ (17, 0.0%)

3 の金 2 や五萬兩

1 [12件] からの金, で百五十貫, とか五萬兩, と轉げ, の半分, の大判小判, の大金, の小判, の現金, の謎, の身代, 見付かりや

▼ 三~ (17, 0.0%)

1 [17件] かわしたのみ, が前, つた, で書かれ, とも習用, ないし四語, には一つ, の掾, はフォルツナート・ヂ・チエーネダー, は古, を交えた, を交換, を用い, 云った, 囁いた, 話しかけたところ, 話して

▼ 三軒両隣~ (17, 0.0%)

3 りの

1 [14件] がお, が尽く, が空家, と申しました, にノラ, の人々, の窓, の縁, はある, へ八犬伝, へ蕎麦, りと, を問はず, を当ったら

▼ 三~ (17, 0.0%)

12 して 1 した, しては, そうでなくなるであろう, そして, と急転

▼ 三〇〇〇~ (16, 0.0%)

2 であって, ではなく

1 [12件] から二八七, その中七六, だけ数, である, であるか, でなく七, という一七八〇年, となり, となる, の増加, の比, を残し

▼ 三か所~ (16, 0.0%)

1 [16件] あるばかり, からもえ上った, ぐらいは消し, で撮った, にある, に上っ, に御, に植え付けられ, に相次い, に置かれた, の水口, の波止場, の餌肉, へ落ち, ほど縛っ, も打たれた

▼ 三~ (16, 0.0%)

3 のだ 2 んだ

1 [11件] すこしもはやく, なつまだ, の, のが, のであった, のであらう, のです, のよウ, のを, んです, 目に

▼ 三~ (16, 0.0%)

1 [16件] きつかけ, むしゃぶりついた, やつた, 何か, 何かの, 引越した, 張ったところ, 成る, 申しまするに, 登る, 相談しました, 言った, 言つた, 話しにくい, 誘いを, 談判を

▼ 三ツヶ谷~ (16, 0.0%)

4 の頂上

1 [12件] との中間, と仏, に取付き, の手前, の直下, の頂上海抜四〇九〇尺, へ登る, まではそう, や扇ノ山附近, を下り, を越し, を青ヶ丸

▼ 三ツ目~ (16, 0.0%)

3

1 [13件] のお, の包み, の室, の岡崎女郎衆, の峰, の弾, の曲り勾配, の町, の眼, の筬, の間道, の面, ノ窓ニ星印アリ

▼ 三ツ目錐~ (16, 0.0%)

9 の殿様 2 の屋敷 1 といえ, のお, の炎, は今日, を急所

▼ 三ヵ国~ (16, 0.0%)

1 [16件] からし, から八百九十名, が合同, とも毛利, にまたがっ, に達した, のさかい小太郎山, の境, の大名, の婦人たち, の宣教師, は阿波, を与えようで, を他人, を取り, を賜る

▼ 三三九度~ (16, 0.0%)

2 から床盃, が済む, の盃 1 がこれ, じゃ, でもと, のお, の儀式, の御, の杯, の杯事, の盞, を遣った

▼ 三九度~ (16, 0.0%)

2 から床盃, が済む, の盃 1 がこれ, じゃ, でもと, のお, の儀式, の御, の杯, の杯事, の盞, を遣った

▼ 三~ (16, 0.0%)

1 [16件] である, で文人, と発表, における友田君, に反し, のほとんど, の中, はお前, は相, は軽妙, ましてそれ, を挙げ, を最後, を私, を通じて作劇態度, を通じて見事

▼ 三~ (16, 0.0%)

2 という金, の遺産

1 [12件] くらいの金, というの, という説明, に達する, の予算, の人間, の入超, の当り屋, の支那國民, の鉱業権, も人, をこっち

▼ 三分の一位~ (16, 0.0%)

2 の処

1 [14件] しかして残り, だ, で済まし, なもの, にしか見えなかった, に減っ, のところ, のます, のもの, の人数, の補助金, はあるであろう, は小, より与える

▼ 三十いくつ~ (16, 0.0%)

3 になる 2 の墓石

1 [11件] あったという, かになっ, かの年, かの若造, で一代, という盛り, にもなつて, の墓, の浪人風情, の石, の立ちならぶ

▼ 三十幾人~ (16, 0.0%)

2 の無力, の頭, は一 1 かの子持ち, が皆, が皆んな気, の出席者, の前, の卒業生, の奇談クラブ, の客, の聽, は令嬢奈々子

▼ 三十文~ (16, 0.0%)

3 の金 2 選り出させて

1 [11件] しかなかっ, ずつ絞り上げ, だとか, と云う, に相成り, の, のところ, の刀, の抵当, の銭, もらって

▼ 三十棒~ (16, 0.0%)

2 を怖

1 [14件] が梢, で鍛えあげられた, といっ, に価する, のもと, の痛み, の響き, は大地, をくらう, を啗, を喰わされた, を膏雨, を観念, 思わず後

▼ 三~ (16, 0.0%)

2 は紅葉

1 [14件] が紅葉, が頻繁, である, と天才露伴, と違っ, のよう, の人, の処女作, は, はこれ, は土佐, もまた, も旋毛, を暗黒

▼ 三四倍~ (16, 0.0%)

2 ある事, になっ, もある, 続けるつもり 1 には売つた, に拡張, の兵力, の時間, もの金, も大き, も食う, 大きくなりまし

▼ 三四十円~ (16, 0.0%)

3 のもの

1 [13件] しか取れなかった, ですからな, と云う, にはなっ, の下級サラリーマン, の借地料, の利子, の寫眞器, の給料, は間違い, もあったら, も出す, をお

▼ 三四百人~ (16, 0.0%)

1 [16件] から二, の人造人間部隊, の兵, の実業家, の番頭, の聴衆, の蛇形陣, の軍人, は加勢, は立て籠っ, まるで腹, もいる, もいるでしょう, も桟敷ヶ岳, を以て戦闘隊, 来て

▼ 三回大会~ (16, 0.0%)

1 [16件] がもたれた, で内容的, で報告提案, で理論部, で運動, にも云われた, に向っ, に文学サークル協議会, の小説部会, の時, の眼目, はこの, はもり, は自身独特, へのメッセージ, をバルセロナ

▼ 三~ (16, 0.0%)

1 [16件] でありました, であること, では何れ, についてごく, に及ぶ, の前, の古代文學, の君, の呑吐港, の太守, の時, の港, は京都, へ寄つて, を加, を連結

▼ 三女史~ (16, 0.0%)

1 [16件] が先んずるあれ, であると, とも共通, と私, に対してお答え, に対して捧げ, に対する従来, のため, の前, の包囲攻撃, の博詞宏弁, の如き, の意見, の自己主張, の識見, も私

▼ 三~ (16, 0.0%)

2 あること

1 [14件] から七尋, から八尋, くらいははげしく, たぐりあげる, たぐるの, といった工合, ときく, とちっと, の有利, の深海, はありました, もあつ, も有, も辷り落つる

▼ 三尺五寸~ (16, 0.0%)

1 [16件] あります, くらいの竪幅, ぐらい, だ, のところ, の大, の大刀, の太刀, の小, の扉, の長い, ばかりで, もあらう, もあろう, 程と思われる, 鞣し革

▼ 三州屋~ (16, 0.0%)

2 は早耳瓦版

1 [14件] てえの, であると, といふ西洋料理屋, と言う, にいる, には三十人前後, に宿, の店, の瓦版, の階上, の集り, へでもお, へ来た, を出る

▼ 三年め~ (16, 0.0%)

2 の春

1 [14件] とかで, とごたつき, になりました, にのっぴき, にはすっかり, にはそれ, に産後, のやはり, の冬, の安政二年, の明治三十五年, の末, の正月, の秋

▼ 三年五月~ (16, 0.0%)

2 の末, の条

1 [12件] である, という月, となっ, にかの有名, にはやはり, には江戸, に調べられた, の作, の地震, まで, 新京, 登って

▼ 三度位~ (16, 0.0%)

1 [16件] しか花環, しきゃア, ずつ雑司ヶ谷, であった, でよろしい, なおすつもり, なら同じ, の気温, は必ら, は来る, は足音, は道場破り, ひ退屈, 使ったこと, 売れる雑文, 繰返さないと

▼ 三度彼~ (16, 0.0%)

1 [16件] に向っ, に手, のそば, の名, の家, の様子, の画室, の目, の腹, の邸, は, はあやす, はおずおず, は何, は町, を蹴とばした

▼ 三度顔~ (16, 0.0%)

2 を出した, を合せた, を合わせた, を見た 1 にまつわり付いた, も見知っ, をあわせた, を出し, を叩い, を合せ, を背けた, を見合せた

▼ 三戸前~ (16, 0.0%)

5 の蔵 4 の土蔵 1 ともに古かっ, には大判小判, の土藏, の奥蔵, の白い, の繩張り, もあった

▼ 三~ (16, 0.0%)

6 して 2 した 1 したら通して, しなければ, し出鱈目, するの, する有様, せざるを, の上, もつけ加え

▼ 三本脚~ (16, 0.0%)

5 の松ツァン

1 [11件] あるいは四本脚, でビッコ引き引き, で立ち, になった, のついた, のれき, の丸い, の寝台, の竹, の野良犬, の黒塗

▼ 三番目の~ (16, 0.0%)

5 がいいのけた 2 は鋏 1 が云, が今, にも仁王, はまだ, は四角い, は妹, は妾, は逃げる, も二番目の

▼ 三箇条~ (16, 0.0%)

2 の心得

1 [14件] が呑み込め, しかない, というの, といふの, に過ぎなかった, に過ぎぬ, のほか, の加入規約, の手配, の武家, はあるいは, を呑むなら, を守り, を見出し

▼ 三~ (16, 0.0%)

2 が含まれ, の結晶, の雪, を有し 1 が伸び, が発達, であるが, の時, は双児, は従来外国, や四花, を着けたれ

▼ 三~ (16, 0.0%)

2 から援軍, の兵

1 [12件] が攻守同盟, が朝廷, にわたりその, に預けられ, の, のあった, のみでなく, の兵隊, の者, も命令, より一足先, を平げ

▼ 三遊派~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] では喜び, といい, というもの, と柳派, のため, の主立った, の人たち, の前座, の大いなる, の宗家藤浦富太郎氏, の昔以来, の落語家, もこんなに, 大した御

▼ 三野村~ (16, 0.0%)

2 という男, の方

1 [12件] がすぐ, がそうした, が女, が離れ, という彼女, という絵師, との間, にはほか, にまた, のこと, のところ, の話

▼ 三でも~ (15, 0.0%)

4 あろうか 2 無いし 1 あったの, ありましょうか, ありまた, あろう髪, 割れる四, 勝手口を, 居れば, 時々十三, 男の子の

▼ 三カット~ (15, 0.0%)

2 撮ると

1 [13件] ある, しか行かない, して, で, で昼めし, のため, の出揃ひと, ばかり, を撮る, 寒さ, 撮って, 撮りアガり藤原, 残って

▼ 三カ年~ (15, 0.0%)

1 [15件] くらい全く, したがってその, とし, と九カ月, の延刑, の後, の手当金百五十両, の扶助, の月日, の間競技生活, はただ, も延長, を申渡さる, を終, を要す

▼ 三ツ指~ (15, 0.0%)

6 をつい 2 ついて 1 ついたの, で, と泣き顔, へ礼儀, をおつき, を極めた, を突いた

▼ 三七信孝~ (15, 0.0%)

1 [15件] が来, が退る, たりとも丹羽五郎左衛門長秀, と北畠信雄, などが何, などもその, の方, の養父, はいよいよ, は中川瀬兵衛, は馬印, も城, を擁し, を立て, を立てるであろう

▼ 三亀松~ (15, 0.0%)

1 [15件] かうならべた, がその, が宝塚, と二戸儚秋来楽, などの方, にクソ, に逢, の, の三味線芸, の声色, の色気, の非, はこの, も一緒, をき

▼ 三交代~ (15, 0.0%)

2 の連中

1 [13件] からはヤーシャ, ぐらいになっ, で入っ, で勤め, で勤務, で運転, に, にした, の八時間勤務, の婦人労働者達, の旋盤工, は初め四日間, へ働く

▼ 三人伴~ (15, 0.0%)

3 れて, れの 2 れで 1 の客, の村, の道具箱, れが, れでは, れで通りかかった, れもい

▼ 三位殿~ (15, 0.0%)

4 に献上 21 が自分, にあげる, の上, の侍, の御, はその, はななめ, は守護, は此

▼ 三分五厘~ (15, 0.0%)

2 と脂

1 [13件] だけが大蔵大臣, だけ利息, だ壁, というもの, と人生, と言つて, に比すれ, に洒落飛ばし, のうち, の人生観, の利益, ほどに描き上げた, ほどに書き上げた

▼ 三十キロ~ (15, 0.0%)

1 [15件] で残り, という, と聞い, にて北西, のところ, の円周海上, の地点, の大, の海上, の速度, の重力, もはなれた, も来たであろう, も歩く, も走った

▼ 三十フラン~ (15, 0.0%)

1 [15件] いただきたいですな, たくわえて, です, でゴルボー屋敷, にオリヴィエ, の罰金, の金, はする, ばかりだった, ばかりにしかならなかった, ばかりの夕飯, を儲け, を増し, 出すこと, 分けて

▼ 三十三四~ (15, 0.0%)

2 の女

1 [13件] だが, でなかなか, でもあろう, というところ, と見うけられる, になっ, になる, の一人, の強か, の武士, の痩せた, の若い, の鉄漿

▼ 三十倍~ (15, 0.0%)

2 の時

1 [13件] が支払われる, した程, となる, にもなり, に増大, に当る, の実, の少年少女, の間, は届く, ほどに大きく, も五十倍, も遠方

▼ 三十冊~ (15, 0.0%)

2 もある

1 [13件] があった, ぐらいのもの, とりよせて, と古代百科辞典, の中, の参考書, の本, ほどの孔子, ほどの本, も買いこんだ, や呑, わざわざ自分, 持って

▼ 三十号~ (15, 0.0%)

2 の画布

1 [13件] から命令, がひとり, がスパイ, が厳粛, でい, のそば, のカンバス, はふり, は少し, は時々, は満足, は無理, は起ち上がっ

▼ 三十戸~ (15, 0.0%)

2 の部落, も有らう

1 [11件] ある, しか無い, の小村, の山村, の村, ばかりの家族, ばかりの漁村, ばかり並ん, ばかり宿屋, もある, 小さな家

▼ 三十畳~ (15, 0.0%)

1 [15件] いやもっと, ぐらいは敷けるであろう, に足らぬ, のマンナカ, の寒気, ばかりにさあ, ばかりのこの, ばかりの広間, ほどの大部屋, ほどの広, ほどの広間, も敷けよう, も敷ける, を一人, 程の広々

▼ 三十種~ (15, 0.0%)

2 に近い, の種

1 [11件] ある第, か四十種以外, ぐらいな, のうまい, の一切経保存, の事物, の漬物, ばかりもある, も挙げ, 程, 買う

▼ 三博士~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] が学生たち, が注意, との, と呼ばれたる, などは將來支那, の合編, の絶讃, の論文, は余り, は日本製, は私, を感, を民法起草

▼ 三号館~ (15, 0.0%)

2 の中庭

1 [13件] というの, という物理専門, に輪太郎, の外れ, の窓, の街, の表, の近所, はこれ, まで行った, を訪ねた, を辞し, 大いによろしい

▼ 三四脚~ (15, 0.0%)

4 を要求 2 の粗末 1 ある, おいて, が取り囲んだ, そして小さな, のベンチ, の木榻, の肱掛け椅子, の長, 持つて

▼ 三~ (15, 0.0%)

3 亭で, 楼の 2 亭の, 楼 1 亭, 亭に, 亭まで, 楼といふ, 楼を

▼ 三対一~ (15, 0.0%)

2 であった, である, の比例, の比率 1 ぐらいだった, であり換言, であるが, であると, ではまず, でもどう, という割合

▼ 三左衞門~ (15, 0.0%)

1 [15件] に渡す, の胤, は先刻, は奧, は左右, は押取刀, は明治二十年二月二十六日, は會釋, は若, は起つ, は送り, は送り出, は遮る, は顏, 頑として應

▼ 三年一月~ (15, 0.0%)

2 に発表, の

1 [11件] からストップ, から三十五年秋ごろ, から二十六年七月, には陸奥, に五箇, に兄, に蔵原惟人, の大会, の家持, の日記, 第九日目

▼ 三年六月~ (15, 0.0%)

2 のこと

1 [13件] であること, には和蘭文法書, には外史, には高橋氏, にパナマ, に佐野学, に南裔和尚, に木曾長政, に痢病, に発表, に秀忠, の, の人類學雜誌佐々木喜善氏

▼ 三年十二月~ (15, 0.0%)

1 [15件] かの女優モッヂェスカ, から大正九年九月, にも慶応二年, にアジヤ協会, に単行本, に和歌山藩, のある, のこと, のすえ, の下関市, の出来事, の押詰め, の末, の条, の誤り

▼ 三年級~ (15, 0.0%)

2 だつたが, だと, です, の時 1 であった時, にいた, になっ, に入れる, の教室, の生徒たち, も終り

▼ 三年越~ (15, 0.0%)

1 [15件] お便, だつた, だよ, と云, に貯, の中氣, の古, の御, の月賦, の浪人生活, の溜飮, 御厄介, 教えて, 立たぬ腰, 見なかった人

▼ 三日内~ (15, 0.0%)

2 に家

1 [13件] にお送り, にお願い, にこれ, には又, には帰らう, には音信, にハッキリ, に予, に出発, に又, に御, に復, に歸京ら

▼ 三日私~ (15, 0.0%)

1 [15件] によく, の修行場, の心, の父, の背後, の誕生日, はし, は下宿, は何だか, は幼稚園, は満, は第, は終日涙, は面白く, を困らせ

▼ 三時間前~ (15, 0.0%)

1 [15件] この席, にはどんな, にぶらりと, に産婦, に落下傘, に象, に龍頭, のこと, の彼, の恐しいさわぎ, の激情, までのセエラ, までは元気, まで人間, まで全く

▼ 三時間半~ (15, 0.0%)

2 あるな

1 [13件] か, がすぎさっ, ぐらいに殺された, ずつ仕事, だ, で間に合う, にあ, にて着駅, の余裕, ほどである, も待たなけれ, も登っ, を費した

▼ 三枚橋~ (15, 0.0%)

3 の家 2 の場 1 です, と下谷, に到り, の傍, の方, の畔, へでも出かける, へ横丁, を中, を渡りました

▼ 三枚続き~ (15, 0.0%)

2 の絵, の錦絵

1 [11件] が出版, が割り竹, では中, で五銭, で五銭位, にし, にも残る, のいのち, の武者絵, を仕上げられる, を沢山

▼ 三歩あと~ (15, 0.0%)

1 [15件] からつい, から李, から附い, じさりを, すざりした, にさがる, に身, の暗闇, へさがっ, へよっ, へよろけた, へよろめきました, へ引返した, へ退った, もどりを

▼ 三歩うしろ~ (15, 0.0%)

2 へ退いた

1 [13件] にいた, にさがった, によろめく, に身, に退った, へとびのいた, へよろめいた, へ下った, へ忽ち, へ身, へ退, へ退った, まではしつて來

▼ 三~ (15, 0.0%)

2 で私, の決議

1 [11件] からどかどか, だけ行っ, では, に分れ, に分れた, のそれら, の急派, はどう, は今朝, は野田, 程に分け

▼ 三~ (15, 0.0%)

2 お留守居

1 [13件] か安, でも皆, という始末, とか云う, など, などの顔, に植木屋, に生まれた, に生れた, に生れたる, の厄, は二十一, 諸藩

▼ 三番め~ (15, 0.0%)

2 の句, の彫刻

1 [11件] が君, になる, に原田敬策, のいちばん末, の四角い, の娘, の子, の若, の部屋, の鶏, を中村さん

▼ 三等船室~ (15, 0.0%)

3 に帰っ

1 [12件] ではむろん, でよろけ, で配給, にごろごろ, にて, に納まっ, のベット, の中, の丸窓, の方, の暗がり, の階段

▼ 三聯隊~ (15, 0.0%)

2 の兵全部凹形, の隊歌作成

1 [11件] との間, に参, に參, のモダアン兵營, の一個小隊, の兵営, の兵營, の砲車, の裏手, の赭, の近所

▼ 三~ (15, 0.0%)

3 の御飯 2 とは食 1 かッ, ぐらいおかゆ, しか代えなかった, ずつに極め, の冷飯, の飯, は妙, 出しましたと, 食べた, 食べるところ

▼ 三~ (15, 0.0%)

3 の後

1 [12件] で帰っ, にし, に及べ, の仮, の北遊終つて, の土台, の暇, の賜暇, の間, ほど前, まえでしたね, をご

▼ 三郎兵衞~ (15, 0.0%)

1 [15件] に引き合せられ, に慰められ, に當, の娘, の顏, はそれ, は分別らしい, は女房, は娘, は武家, は自分, は覺束, を差し置い, を殺した, を狙つて五年

▼ 三金時丸~ (15, 0.0%)

1 [15件] なり又は, に最も, の乗組員たち, の厚い, の場合, の舵手, はこうして, はその, は三千三十噸, は動かなかった, は沈没, は痛風, は貪慾, も特に, を見る

▼ 三面記事~ (15, 0.0%)

1 [15件] が出, しか読み, でも読ん, とを同じ, と選むところはないのである, の一部分, の上, の間, は醜態, をも作っ, を写真版, を見た, を読み続けた, を読む, を讀まう

▼ 三頭目~ (15, 0.0%)

1 [15件] からもくれぐれよろしく, が三人とも, が恐れ, が逐一, だが, なん, に打ち明け, のご, の一人, の斃牛, は, も何, も王四, を一ト束ね, を招い

▼ 三~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] が入っ, たべて, って帰宅, ということ, ともうどん, とも店, とも魚, に代えた, のうち, の一度, の外, や四食, を合し

▼ 三こと~ (14, 0.0%)

2 喋ると

1 [12件] ささやくと, しゃべってから, しゃべると, その男, であった, であつ, とりか, を言う, を話す, 云ったと, 尋ねてから, 話し合っては

▼ 三とか~ (14, 0.0%)

1 [14件] いった, いった手代, いつた手代, ならそういう, はり代りに, 万蔵とか, 云う人, 云って, 五と, 四で, 四であった, 聞けり, 言つた, 賢四愚六とか

▼ 三ツ葉~ (14, 0.0%)

2 の花

1 [12件] がしげっ, が青く, ですね, と鶏卵, のおした, の刻んだ, の根, は庭一面, や雪の下, を五銭, を摘みはじめた, を摘んだ

▼ 三フラン~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐらいはします, しかしない, した, ずつ借家主, だ, であった, です, と五十サンチーム, の価値, をもうけ, を数え, 下さいワーテルロー, 出せば, 残ってるのみ

▼ 三ヵ条~ (14, 0.0%)

1 [14件] あり, あるのみ, が実によく, なり, にまとめた, にわたって真に, に言う, のその, の約束, の計, の誓約, はおろか何ヵ条, は譲歩, を忘れなけれ

▼ 三代将軍家光~ (14, 0.0%)

2 は水泳

1 [12件] お手植桜, と, に至つて, の寛永年間, の日光, の時代, の時分, の死, の牟礼野田猟, の祖先, は数度, をどうして

▼ 三~ (14, 0.0%)

2 である, でこの, とす 1 に近い, をあげ, を手當, を拾っ, を挙げ, を擧, を考え, 話そう

▼ 三分の一以上~ (14, 0.0%)

1 [14件] が不毛, が疫病, であるはず, に及んだであろう, に達し, はすぐれ, は女義太夫一座, は愛蘭人, は焼け, も優勢, も数量, も超過, も集っ, 破れたれど

▼ 三~ (14, 0.0%)

1 [14件] からは島田三郎君, から立てる, です, というところ, に分け, に分つ, に跨が, の塵, の災禍, ははじめて, は提灯山, より成る, より木村半兵衛, を二区

▼ 三十五名~ (14, 0.0%)

2 のうち

1 [12件] になり, の信徒, の密入国者, の放送委員, の発明官, の証人, は一日, をもって構成, を収容, を満載, を算, を選拔

▼ 三十以上~ (14, 0.0%)

1 [14件] だ, である, で見る, になっ, になつ, に達し, の人間, の女優, の年輩, の者, はあろう, まだ四十, まで通り, 掛ける様

▼ 三十何人~ (14, 0.0%)

4 の子分 1 かの代議士, かの侍, かの妾達, かの所員, だかの, で飮ん, で飲ん, と分て, の乗合, もできあがる

▼ 三十俵~ (14, 0.0%)

2 か五十俵

1 [12件] だけ馬, に五十俵, に薪, の収入, の御家人, の炭, の白米, の禄, の米, も積重ねる, より四十九俵, を大

▼ 三十六峰~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいちどに, が庭先, が黒, と睨め, に見立て, の上, の中腹, の懐, の翠, の背, は庭, もずっと, を白く, を背負

▼ 三十幾年~ (14, 0.0%)

2 と云, の生涯, を経過 1 かにその, といふ月日, のむかし, の後, の月日, の維新前後, の長い, も続けた

▼ 三十石船~ (14, 0.0%)

2 のうち

1 [12件] がゆ, が朝昼晩, でお, で先生, といえ, に移った, のなか, の中, の舳, は夕凪, へ乗った, をはじめ

▼ 三十羽~ (14, 0.0%)

4 に茶漬け三杯 1 ぐらいは飼える, ずつは吉左衛門, と茶漬け三杯, の孔雀, の鶏, はナイフ, ばかり飼う, ほどの鶏, まさか風, もらえる

▼ 三十騎~ (14, 0.0%)

1 [14件] が飛ん, しか続い, でやる, と後, に討ちへらされ, の一隊, の者, の與力, の迎, の騎馬武者, ばかりひい, ほどの者, も追いつい, をつれ

▼ 三四十間~ (14, 0.0%)

2 その瀬, も歩いた 1 ぐらいのもの, ぐらいの距離, とははなれてない, ばかり上手, ばかり離れ, より漸次, 広い所, 置きに, 行きますと, 行くと

▼ 三四年来~ (14, 0.0%)

1 [14件] その精緻, になかっ, のいろいろ, の日本, の波瀾, の繁忙, はさぞ, は一層, は米, 人知れず苦, 捲き起って, 特に私, 苦しんで, 随分特別異常

▼ 三四百年~ (14, 0.0%)

1 [14件] しかたっ, といふ説, と見る, にもなる, の今, の古, の昔, またはそれ以上必要, もたつた, も以前, より古く, 再び生気, 経った今日, 経って

▼ 三国時代~ (14, 0.0%)

2 の呉

1 [12件] が続き, に訳された, に鍾, の人, の呉国, の後漢, の支那, の英雄, の蜀, の袁紹, の豪傑関羽さま, 後漢

▼ 三~ (14, 0.0%)

5 に北 1 だけが上地, で佐比大路, とは成善, には雛人形, は成善, は疾く, まで來, も御苦労, 第二保

▼ 三太刀~ (14, 0.0%)

2 やり過したの, 斬られて 1 あしらうたが, でも斬れなかった, で三人, とはもう, まで切った, まで切つた上, も斬り付け, 切った, 振って, 斬りつけて

▼ 三~ (14, 0.0%)

2 長慶が

1 [12件] 三人衆が, 先生の, 党に, 党の, 党を, 愛して, 春房であった, 松永の, 爺さんです, 退蔵塩谷恒太郎桜井熊太郎今村力三郎卜部喜太郎高橋秀臣その他十六名毎日新聞の, 長慶と, 長慶を

▼ 三~ (14, 0.0%)

1 [14件] から成都, がつづいた, と共に焼, と藤吉郎, に, に包囲, に諮った, のうち, の像, の手, はそれぞれ手分け, へ伝える, をそえ, を迎え

▼ 三層楼~ (14, 0.0%)

2 何と典麗

1 [12件] があつ, で廓内, といふ感じ, にあがった, のやぐら, のやぐら柱, の役場, の支那, の村役場, の高い, へ案内, も年

▼ 三~ (14, 0.0%)

2 をよん

1 [12件] えもん勝政, がお, が来た, などの諸, に云っ, に列挙, に示せ, の一隊, もここ, も来やい, も死, を

▼ 三幕物~ (14, 0.0%)

2 に書き下す, の戯曲 1 その主人公, でしかも, としての価値, に書い, の喜劇, の社会劇, や一幕物, を一つ, を殆ど, を私

▼ 三年經~ (14, 0.0%)

4 たない 2 つと甲子 1 ち五年, ち五年經, ち或, つた, つたが, つたらば, てば四十, て後貴君

▼ 三度グリ~ (14, 0.0%)

1 [14件] たる現, だの七度グリ, というクリ, とはこんな, ともいい得れ, と同様, と呼ん, などはみなシバグリ, ならずとも, については私, について小野蘭山, に当っ, の記事, を指した

▼ 三度私~ (14, 0.0%)

2 の足, は裏 1 が使, に聲, の前, の戦争観, の方, の眼, の耳, の通つた數, は彼, を洲崎

▼ 三文字屋~ (14, 0.0%)

2 を怨ん

1 [12件] であつ, に行つて, の二度目, の娘, の店, の方, の者, の血, の跡, の遠い, へ船, を繼ぐことになつたのが癪

▼ 三日あと~ (14, 0.0%)

3 のこと 2 に父 1 から来させる, で私, で陽, になっ, になり, に人質, に吉報, の事, よほど催眠剤

▼ 三日頃~ (14, 0.0%)

3 になる

1 [11件] からとう, から見物, にかえります, になります, には二日, に来る, に江戸, に立つ, の寒月, の月夜, より早稲

▼ 三昼夜~ (14, 0.0%)

1 [14件] かかって, しかない, で大阪, と七時間半, と経つ, にわたった, の猛攻, の祈祷, はたっぷり, ばッ, べろべろに, ほど泣き続け, もつづいた, を要す

▼ 三時前~ (14, 0.0%)

1 [14件] からひえびえ, ってこと, とはあまりに早, に五重塔, に出た, に寝, に彼, に牧瀬さん, に行, に行った, の早, まだ戻らず, までに帰れない, までもかかつ

▼ 三時間以上~ (14, 0.0%)

2 になる

1 [12件] ずつかけ, だ, も遅れた, も頑張っ, をついやした, を節約, を経過, を要するであろう, 煮ます, 眠りたることこれ, 置きまして, 費します一日分

▼ 三時間後~ (14, 0.0%)

1 [14件] だ, にいけなくなりました, にしか出なかった, には愴惶, にふと, にブーラトリュエル, に利かせる, に同市, に女中風, に帰っ, に引上げ, に芝居, に近所, のこと

▼ 三~ (14, 0.0%)

1 [14件] から抽斎, である, として擧げたる, の事, の格, の謂, はいかにも, は其製作, は尤も, は或は, を擧げ, を湊, 共にこれ, 共に金港堂発行

▼ 三~ (14, 0.0%)

1 [14件] あれば, しかない, だと, で求めた, と二百五十六文, と云う, と四十八文, と成る, と銭五貫二百文, の五分の一, の稼ぎ, の裏店, は相当, 出ない

▼ 三~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるいは十三潟, が冷え冷え, である, と同じ, の北, の如き, の水, の総, の総称, の雄, らしい, を代表, を引括め, を過ぎる

▼ 三百余~ (14, 0.0%)

1 [14件] というの, と共に物々しい, に及んだ, の兵, の手勢, の関門兵, の頭数, はただ, をひっさげ, を各, を従え, を数えられた, を率, 忽ち討たれ

▼ 三~ (14, 0.0%)

2 貪狼巨門等北斗

1 [12件] が古代人, だ, とも迦具土, とを除け, に向っ, に當, に関係, の一、人, の自ら化生, の贖料, の魂, を仰い

▼ 三秀龍~ (14, 0.0%)

1 [14件] が云い出した, が窓べり, が蜂須賀邑, だけに後, という肚ぐろいのが舅殿, とがそんな, に属し, の側衆たち, の居城鷺山, の耳, は前, は喉, は多年, は駕籠

▼ 三~ (14, 0.0%)

2 を建て

1 [12件] あること, とは即ち, によるを必要, に対してほぼ, に帰, のうち, の評議, はみんな釈迦, をちゃんと, をもっ, を立て, を終え

▼ 三箇年~ (14, 0.0%)

2 の日

1 [12件] がその, には疾病, の短期間, の身の代金六両二分, の長い, の間横川, は五二シリング, は他, は凶作, は死亡, までは大きく, までは大きな

▼ 三途河~ (14, 0.0%)

5 の婆様 2 の姥 1 という川, という言葉, の奪, の婆, の婆さん, の婆ア, はにせもの

▼ 三連隊~ (14, 0.0%)

2 ってえ, ってえば, でひどく 1 が虜, に総動員, の上等兵, の中立, の兵士, の営内, の雪中行軍凍死問題, を徴募

▼ 三願転入~ (14, 0.0%)

6 の文 2 の自 1 にいう, については次, に深い, の根拠, は単なる, は歴史的事実

▼ 三~ (14, 0.0%)

2 の目的

1 [12件] があつ, です, といっ, にもなる, にも或いは, の使命, の妙案, の実, の獲物, の重任, や卵, をも兼ねた

▼ 三〇分の一~ (13, 0.0%)

1 [13件] から三五分の一, から二四分の一, が年々結婚, すなわち七〇キロメートル, でありそして, であり出生対死亡, である, というの, という死亡率, となす, のスウェーデン, を加え, 加えて

▼ 三ぐらいの~ (13, 0.0%)

2 子供が

1 [11件] これは, もので, ものに, スマートな, 女, 女の子, 子供ばかり, 年頃だった, 粋な, 金髪の, 長さ

▼ 三である~ (13, 0.0%)

1 [13件] から日本金, が先輩, が私, ことおよび, ことが, ことや, ことを, ということ, ときには, と言いました, と認められ, のに第, 場合には

▼ 三では~ (13, 0.0%)

2 あるが, なくて 1 ありませんでした, ないが, なかった, なかったらしい, なく三〇, なく四年, ルチアノ一味は, 無かつ, 鹿嶋の

▼ 三にしか~ (13, 0.0%)

1 [13件] ならない妻, ならない阿倍, ならなかつたわけ, ならぬ三男, みえなかった, 減らない, 見えず少々, 見えない位, 見えない教師, 見えない男, 見えなかった, 見えませんね, 見られないと

▼ 三スー~ (13, 0.0%)

2 しか持っ, を使っ 1 ではたん, で随意, のお金, のデザート, の乗合馬車賃, の野菜, の金, の銭, をまた

▼ 三ヶ村~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありて, がその, に一軒位, の政治, の有志, の百姓共鐵砲槍, の票數, の進退地, はいう, は島田, を一緒, を歩い, 離れたある

▼ 三~ (13, 0.0%)

3 に比例 2 した数 1 すなわち三百四十三分の一, と重量, に反比例, に而出立, に通じ, の一つ, は即ち, を含む

▼ 三~ (13, 0.0%)

2 であった, に 1 だ, という名前, という男, という車, といっ, と南僑, ないし四〇分の一, の平均, 及び二七・八七七

▼ 三人以上~ (13, 0.0%)

1 [13件] いるが, が聚つて口, におそろしい, に上らない, に多く, の人数, の大男, の奴等, の子供, の斬合い, の者, も子供, も寄合

▼ 三人殺し~ (13, 0.0%)

2 の下手人, の曲者, の罪, や浅草仲店 1 にならう, の, の發頭人, の證據, は本

▼ 三代将軍~ (13, 0.0%)

2 の頃

1 [11件] が生れた, が谷中辺, の世, の供, の御前, の承, の義満, は工事奉行, へ使, を継がせた, 実朝

▼ 三位中将~ (13, 0.0%)

2 も来, 重衡 1 が訪ね, が負けぶるまい, って渾名, でいらっしゃいました, などもこうした, はいろいろ, は初恋, は始終, は身

▼ 三億円~ (13, 0.0%)

1 [13件] から十六七億円, であった, である, に上るだろう, に近い, の増税, の小口翼, の負担激増, ばかり回収不能, もかかる, を使っ, を得, 高く売れる

▼ 三分心~ (13, 0.0%)

5 の洋燈 2 の吊, の置洋燈, の薄暗い 1 が黒, のランプ

▼ 三切れ~ (13, 0.0%)

2 か四切れ

1 [11件] おろし少々, ずつ, ずつにし, とか立派, とを嫌う, のパン, は, はいっ, ほどお, を一枚, 食べた

▼ 三勇士~ (13, 0.0%)

3 の一人 1 がある, である, には涙, のなか, のレコード, の記念碑, の講釈, の随一人, はその, をそのまま

▼ 三~ (13, 0.0%)

1 [13件] から七匁, くらいの錘, くらいまでであっ, くらいまでの間, でございましょうか, と五匁位, の收, の銃丸型, も四匁, や五匁, を調合, 乃至五匁, 其の黒き

▼ 三十一二~ (13, 0.0%)

1 [13件] ってところ, で丸髷, で其の, どうかしたら, に見え, の小柄, の年増ざかり, の年恰好, の年齡, の男, の男盛り, の筈, 小意氣

▼ 三十七人~ (13, 0.0%)

2 の者

1 [11件] あるん, いた, が火, しかいない, しかない, の旗本, の町内, の罪人, は譯, ものおお, 死んだその

▼ 三十万人~ (13, 0.0%)

2 の労働通信員

1 [11件] からいる, くらいなら, であったとして, と伝えられた, にも上る, の人間, の兵士, の参観者, の女, の被害人, を生かす

▼ 三十余り~ (13, 0.0%)

2 の男, の短篇 1 か四十, しかも男, のふっくり, の人, の人々長方形, の侍, の姿, の色, 立つて

▼ 三十八度~ (13, 0.0%)

2 を越す

1 [11件] から四十度, か八度五分, ぐらいである, ですけれど, と九度, に下った, に及ぶ, の体温, の所, の熱, をさし

▼ 三十分近く~ (13, 0.0%)

1 [13件] もプラットホーム, も帰っ, も廻し, も廻し続ける, も彼方此方, も待たされる, も歩いた, も走りましたでしょう, も蹲ん, も身, 待たされたとき廊下, 待たされました, 経った

▼ 三十台~ (13, 0.0%)

1 [13件] ぐらいの若い, だった, でいる, で亡くなった, で六十円, と列, と思われる, にも満たない, の売出し, の男, の電車, も持っ, 及び空中給油機六台

▼ 三十四五歳~ (13, 0.0%)

1 [13件] ぐらいの女, と見受け, に見ゆる, のときトウ, のば, の丸髷, の年配, の自動車, の芸人, の豊満, の間, の青年, の髪の毛

▼ 三十回~ (13, 0.0%)

1 [13件] が慣例, くらい往復, で四十五円, といえ, のその, の会戦中二十三回, の処, の間, ほどになる, ほどはげしく, も五十回, も私, も重ね

▼ 三十巻~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] ぐらいの長, しかない, とし, と脈経一巻, に縮まつ, の全, の善本, は此紀, ばかりのもの, ほどの長, を撰び

▼ 三十日間~ (13, 0.0%)

2 というお

1 [11件] だけあり, に十分, に幾日, の売切, の天気, の行住, は彼女, は海, を種籾, 打って, 立てっぱなし

▼ 三十篇~ (13, 0.0%)

2 である

1 [11件] ちかい歴史的素材, になる, に対して現前, の, の捕物小説, の論文, は書い, ばかり発表, をこえ, を擧げる, 近い記録

▼ 三十金~ (13, 0.0%)

1 [13件] ください直に, でございますが, で買った, とかいう大枚, と言, に過ぎず, の星, は容易い, は必ずや, は資本, を投じ, を渡し, 並べまして

▼ 三千万~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるゆえ, から一千五百万, から二千三百万, から六千万, となし, にどれ, の人々, の人口過剰, の再び, の農夫, の金, をなすなら, を越える

▼ 三四円~ (13, 0.0%)

2 の金, もあれ 1 から七八円, ずつの損害, ずつの金, で売っ, にし, の働き, まで, もし, 入って

▼ 三四種~ (13, 0.0%)

3 の新聞 1 とりまぜ送り手紙, に及ぶ, に統合, のレコード, の戯曲, の歌, の芝居, ゐる, 写し更に, 選んだ

▼ 三堂微々~ (13, 0.0%)

2 の家

1 [11件] が思ひ, が粛然, が額, だ, とかつて, のみは僅か, の住居, は正義, は此, は玄関, を初め

▼ 三尺あまり~ (13, 0.0%)

1 [13件] で銅, にのびた, の口, の瘤, の石地蔵, の繼竿, の身体, の高, の鰤, もあり, もありましたろう, もある, も自然

▼ 三尺帶~ (13, 0.0%)

2 が氣, に突か, を締め, を解い 1 が勘三郎の, とを風呂敷, には其の, を前, を卷い

▼ 三年度~ (13, 0.0%)

2 の三四月頃

1 [11件] に入る, に全国, に生きる, のため, の一年半, の三四月, の劇壇, の勤労者, の豫算, の饗応役, は

▼ 三年振り~ (13, 0.0%)

2 で, で邂逅 1 だからな, だったが, で向き合った, で行っ, で見る, で越後, にて娑婆, に広島, に復活

▼ 三年正月~ (13, 0.0%)

2 の五日

1 [11件] には従四位下右京大夫, に国学, に小普請奉行, に生れ, に至る, の, の出来事, の文書, の門松, も過ぎ, 初めてニューヨーク

▼ 三度手紙~ (13, 0.0%)

3 の往復 2 が来た, や電報, を寄こした 1 をやり取り, を出し, を受け取りました, を貰つて

▼ 三日夜~ (13, 0.0%)

2 の亥

1 [11件] か昼, と定める, に上京, のこと, のなん, の五ツ, の十一時四十分, の国巡り, も昼, より二十一年三月七日夜, より廿四日

▼ 三日經つて~ (13, 0.0%)

1 [13件] からあけ, からある, からつく, からでした, からの事, から下男, から私, はじめて學校, も五日經つて, も四日經つて, も歸つて來, 又喧嘩, 返して

▼ 三歩先~ (13, 0.0%)

2 きに, へ出, を歩い 1 になっ, になった, に佇ん, に出た, に立っ, に立った, を行

▼ 三~ (13, 0.0%)

1 [13件] あり, がある, さ, だけ今, である大陸封鎖強行, として三万部, に出でたる, はすな, は張仲景, を原理, を根拠, 出して, 南無三法

▼ 三百尺~ (13, 0.0%)

2 の高

1 [11件] ぐらいの滝, であるが, に及ぶ, の一孤邱, の上, の塔, の断崖, の梯子, ほど下る, も四百尺, も掘ったら

▼ 三~ (13, 0.0%)

1 [13件] あまり面白く, ずつ用意, で到頭, とせり, と受け, になった, になります, のタキシード, の水浴着, は羅漢将軍, までない, まで配当, 出して

▼ 三~ (13, 0.0%)

3 の柴 2 の潮, の荷物 1 があたり前, では少し, とか花嫁, と多く, の唐草, 苅るはず

▼ 三~ (13, 0.0%)

2 に轉

1 [11件] あり, とは全く, と第, には暴風雨, の中, の当時, は犯人, を用いた, 第一, 第三, 第二

▼ 三~ (13, 0.0%)

2 に一

1 [11件] ながらただ, はきっと, は伝通院辺, ほど読み直した, も余計, も羅宇, 手を, 目に, 程讀み直した, 精読し, 行つても

▼ 三銭切手~ (13, 0.0%)

1 [13件] が買えない, が返し, でとどくなら, の代用, をそのまま, を一枚, を五つ, を出し, を出した, を封入, を手紙, を貼った, を貼るべき

▼ 三陽さん~ (13, 0.0%)

2 の言

1 [11件] が印南, が抄出, に聞け, の云, の書, の考証, は其二種, は別に, は寛斎漫稿, は此誤字, は祖父米庵

▼ 三~ (13, 0.0%)

2 に分れ

1 [11件] あると, であ, となつ, に溯り, に通じ, の地藏尊, の巨人, の本尊, の石地藏樣, の觀音樣, 授けられたと

▼ 三高地~ (13, 0.0%)

1 [13件] が流行れ, といふ洋髮, にわたって三段, の上, の北麓, の役, の方, の激戦, の輸出, は日露戦争, へ行く, もかくや, を攻撃

▼ 三か村~ (12, 0.0%)

2 の人民, の庄屋 1 から出た, が山地, には福島, の人民総代, の併合, の庄屋あて, の総代, の総代十五名

▼ 三つめ~ (12, 0.0%)

1 [12件] には, のあくび, のたんす, のひき出し, の停車場, の最後, の横丁, の窓, の薄い, の門, の黒白, まできました

▼ 三とも~ (12, 0.0%)

2 見える少し 1 ある老獪, あろうもの, なれば, にまず, 云われる悪, 今は, 借りものよ, 引き合, 思われる小僧, 見えるの

▼ 三ばかりの~ (12, 0.0%)

1 [12件] が墨染め, 女の子が, 女形美なる, 娘が, 子どもが, 小僧あり, 少女であった, 獅子を, 男の, 私が, 童児なり, 細君の

▼ 三パーセント~ (12, 0.0%)

1 [12件] か五パーセント, だけが労働者階級, となり, と報告, にのぼった, に増加, に激増, に過, のロケット, は欲望, を占むる, 乃至七パーセント

▼ 三ヶ条~ (12, 0.0%)

2 です 1 である, といふの, によって七ツ八ツ, に尽き, の下問, の問題, の概略, の議論, は今, を云え

▼ 三万余騎~ (12, 0.0%)

1 [12件] である, で隅田川, で駈けつけた, と伊達勢, と激戦, のうち, の兵, の兵力, の大軍, をさしむけ, を率い, を立ちどころに

▼ 三人位~ (12, 0.0%)

2 の聴衆 1 ありその, で, でぶつかっ, には負けないだらう, の重量, はいるらしく, はそろそろ, は居た, は岡惚れ, 列んで

▼ 三人力~ (12, 0.0%)

2 だぞ, を協, を合せ 1 で働い, で山, という位, もある, や五人力, を出す

▼ 三人手~ (12, 0.0%)

3 に手 2 をつなぎ, を分け 1 が要る, と足, をあげる, を取った, を揃え

▼ 三代目小さん~ (12, 0.0%)

2 を聴いた 1 が, が結構, それと私, だけは大震災直後, の, の十八番, の手口, の看板, はこの, はしばらく

▼ 三~ (12, 0.0%)

1 [12件] すでに地中, にも其色, の嚴寒, の季節, の研究生活, の節, の育教, の間, を蟄, を越した, を過ごした, 無雪梅花早

▼ 三分前~ (12, 0.0%)

2 に出た 1 だ, でございました, です, にそれ, にフィリップス, に発車, のこと, の悲劇, までね, までは確

▼ 三十すぎ~ (12, 0.0%)

2 の小姑 1 たらもう, て二十七八, なければ, のきれい, のひと, のユーブカ, の壮者, の女, の婦人, まで女

▼ 三十スー~ (12, 0.0%)

1 [12件] くらいです, であると, でしかも, でそれ, に一スー, の金, ばかりですむ, もうける, よりもらわなかった, 出しその, 出せば, 持って

▼ 三十三秒~ (12, 0.0%)

2 と四秒 1 から六秒, がで, が一番, が最高, という世界記録, には及びません, の記録, も四秒, をわらない, を破らない

▼ 三十二三歳~ (12, 0.0%)

2 の頃 1 かと言っ, か骨格, ぐらいであった, ぐらいまでと思っ, だらうが, でむッくり, で死ん, の男, の血気盛り, 迄位

▼ 三十五度~ (12, 0.0%)

2 か寒い, だ 1 から四十二度, だった, である, なり, になった, に近かっ, の傾斜, を越える

▼ 三十人扶持~ (12, 0.0%)

1 [12件] であつ, である, で細川家, と若党, になり, に進められた, の奥医師, を受け, を給, を給せられた, を食んだ, 被下置

▼ 三十六時間~ (12, 0.0%)

2 の豪雨, を要す, 即ち一昼夜半 1 の旅だつた, もぶっ続け, も働かせられ, を経過, 乃至四十八時間ぐらゐです, 過ぎた処

▼ 三十四番~ (12, 0.0%)

3 の札 1 が一番札, だぞ, てがらです, に於知母, の薬師堂, の観音, はない, を呼び出し, を当り

▼ 三十銭位~ (12, 0.0%)

1 [12件] かかりましょうね, からある, だと, であったもの, です, でもあろう, で出来ます, で売り出せ, で承知, で買い得るであろう, のすし, の肉

▼ 三千余~ (12, 0.0%)

1 [12件] しか数えられぬ, であったと, の人口, の兵, の将士, の戦兵, の戦死者, の精兵, の領民, は武田信廉, は流れ, をひっさげ

▼ 三~ (12, 0.0%)

1 [12件] が自分の, たりしなり, となる, と鈴木作右衛門, の田, は名, は寝, は藁束, ばかりでない, も不幸, を同, 御歎

▼ 三周忌~ (12, 0.0%)

1 [12件] がすんで, が近く, さえすまし, だから, だったのに, であつ, でしたか, にお, に帰郷, のひと月, を機, を過ぎ

▼ 三四丈~ (12, 0.0%)

3 の瀑 1 に減ぜる, に過ぎないであろう, の高, もあり, もありましょう, もあるであろう, もあろう, も剥い, を下らず

▼ 三四五~ (12, 0.0%)

2 の三月間 1 から縫針, がある, がこちら, ぐらいな子守, とおのおの, とお送り, とよそ, と七歩, と五つ, と順に

▼ 三四歩~ (12, 0.0%)

1 [12件] とこちら, ゆるりと, よちよち駆け出し, ウロウロ迷つた末, 歩く, 行きカーテン, 行くうち, 進みだした, 進む, 進んでは, 遠ざかったとき, 駈けだした

▼ 三宿~ (12, 0.0%)

1 [12件] からは福島, といわれ, となる, と云ふところ, にはゐない, に着いた, に設けられた, の情調, へは伊奈九十九か村, へ六百両, を訪ねた, 持ちながら

▼ 三~ (12, 0.0%)

1 [12件] とは身密, と互いに, と人, の嗜, の声, の月, の棟梁, の行, の行法, の観想, の雲ふかきみ山, の霊場叡山

▼ 三州味噌~ (12, 0.0%)

1 [12件] がよい, に限る, のおつけ, のはなし, の煮, の香気, は全体, は澱粉, は濃, は結構, をたくさん, を小口

▼ 三年七月~ (12, 0.0%)

1 [12件] においてはさらに, には信濃, には浅間山, には渡島, には胆振, に大学, に至っ, に芥川龍之介氏追慕展覽會, の地震, の大旱, 第一次大戦, 遂に俳優

▼ 三度首~ (12, 0.0%)

1 [12件] をまげ, を傾げ, を傾げた, を打った, を持ち上げ, を振, を振った, を振つた, を振る, を横, を沈め, を縮め

▼ 三抱え~ (12, 0.0%)

4 もある, もあろう 1 くらいの椎, ぐらいの, に及ぶ, ほどもあるらしい

▼ 三時三十分~ (12, 0.0%)

1 [12件] だしたな, です, とかのつもり, とかの汽車, には事務所, に今日, に浅草, までに会, まで汽車, より初めて, を五分以上, 再び雪渓

▼ 三時間あまり~ (12, 0.0%)

2 か, 続いた 1 がまるで, しかない, で十一時半, にさげ, の時間, は行乞, もうオオゼエル村, も熱心

▼ 三~ (12, 0.0%)

2 の線香, 引つ叩いて 1 あつた, あり, の紙幣調, 叩いて, 引っ叩い, 打たれたら他愛, 買って, 釣れば

▼ 三~ (12, 0.0%)

2 の岸 1 から取れる, といふ, と呼ばれ, と秋田, に注ぎ, に注ぐ, のよう, の出口, の寂しい, の水戸口

▼ 三町四方~ (12, 0.0%)

1 [12件] ぐらいの広, にひろがる, に蚤, に蟠, に響く, の真下, の霊魂, へ寄附, ほどの岩礁, もある, もあろう, をそっくり

▼ 三百匁~ (12, 0.0%)

2 ぐらいのもの 1 から四, くらいのすずき, とイワシ, のもの, の中鯛, の大物, ばかりの石, ばかり目方, もあり, を最大

▼ 三百餘里~ (12, 0.0%)

2 に過ぎず 1 が即ち, とある, と計上, なること, にては大和, に當, は大約, を此書, を行く, を距

▼ 三百騎~ (12, 0.0%)

1 [12件] あまりと, いちどに水, が横, であった, にて取って返し, の敵陣, はあった, は例, ばかりで, ほどな, ほどは息, ほどをつれ

▼ 三~ (12, 0.0%)

2 の黄金 1 なので, の崎, の金, ほどためし, ほど届い, 入れられたの, 差し出す手つき, 持って, 買うて, 買ってよ

▼ 三~ (12, 0.0%)

3 の椅子 1 あるばかり, ずつ置い, の普通, の机, の無器用, の粗末, の肱掛椅子, 並べ日覆, 何だかこ

▼ 三~ (12, 0.0%)

2 の荷馬車 1 が一列, つい目, つづいて, と埃, の車, もの馬橇, も四臺, も駢, 流れるやう, 見たきり

▼ 三~ (12, 0.0%)

3 やる 2 やって 1 たっぷりやる, の勢力, やりヘト, やり三千八百, やり三千近く, やるあゝ, 又勝った

▼ 三蓋松~ (12, 0.0%)

1 [12件] か, だ, てえので, でした, に実, のあの, のひとそろい, の紋, の紋つきちりめん, の紋どころ, を抱きあわせた, 大御番組

▼ 三~ (12, 0.0%)

3 した, して 1 いよい, さらに持ち直し, したであろうかと, した上, するため, なお飽く

▼ 三~ (12, 0.0%)

2 の指図 1 といふ難所, に追い迫っ, に隠さなけれ, のいう, のやさしい, の手筈, の遊女, の顔, をすぎ, を悸

▼ 三道楽~ (12, 0.0%)

2 に身 1 だ, であった時分, で日本, で私, と同列, に浮き, の修業, の外, の虫, を舐め廻した

▼ 三~ (12, 0.0%)

1 [12件] が来, が階下, であり同時に, という屑鉄専門, とニューグリル, とフロリダキチン, の二人, はごくときたま, はしばしば, もづっとガン, を中心, 来りハネ

▼ 三~ (12, 0.0%)

1 [12件] だけは当分, とを比較, と続い, にあつめられた, にある, に入っ, に収められた, の内, は互に, は為世, まで連載, 第四集

▼ 三~ (12, 0.0%)

2 の泡 1 が注がれ, が現れる, になりまし, に色づい, のコロップみたい, の入りし, の盃, を打った, を持っ, を酌い

▼ 三〇年頃~ (11, 0.0%)

1 [11件] からアメリカ, から昨年, には便利, にスコットランド, のこと, のヴェラ・インベル, の劇場, はケーテ, までは中, より, 迄は萬事

▼ 三しか~ (11, 0.0%)

2 なかった 1 ない尤も, 年齢が, 残らぬこと, 知らずその, 組織され, 見て, 見られない由, 連れて, 違いませんが

▼ 三その~ (11, 0.0%)

1 [11件] うちに, なかに, 中で, 中でも, 仕事を, 作品を, 前に, 女は, 姓に, 昔ユミールに, 時膝押向け

▼ 三ばんめ~ (11, 0.0%)

2 の部屋 1 と四ばんめ, にあらわれた, には中村警部, に座っ, のお, の妖女, の娘伽羅沙, の須佐, は炉

▼ 三ばん目~ (11, 0.0%)

2 の息子, の木, の鹿 1 のこの, の兄, の女, の王女, の競争者

▼ 三ぴん~ (11, 0.0%)

3 よた 1 だ, の円卓会議, の連中, の頭, の飯, も折助, よた者, 言うと

▼ 三ルーブリ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ぐらい金, せしめる気, だして, です, でも賃銀, で十四時間, ということ, の札, より少い金, をもう, 貰いますよ

▼ 三ヶ国~ (11, 0.0%)

2 の国旗, の語 1 からの公私, の大名, の総, の言葉, の郷, を代表, を擁し

▼ 三七二十一日~ (11, 0.0%)

4 の間 1 である, にし, のご, の滿願, の立願, の間蕎麦湯, もかかる

▼ 三五八八~ (11, 0.0%)

5 の自動車 1 が帰っ, であった, の幌, の幌自動車, の車, より足

▼ 三人ぐらし~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ, だった, である, でしたが, で友, となった, の女, の彼女, の時, の稼ぎ人, をし

▼ 三人これ~ (11, 0.0%)

1 [11件] こそは正義, だけの家内, で退治, なら充分, に対しても番頭, はいづれ, は髪, も口説い, も斥候長, をかつぎ, を頭取

▼ 三人子供~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出来たらしく, が居, もあり, もこもれり, もって, をつれ, をつれた, をよこさなくなった, を仕立てる, を生ん, を見

▼ 三人顔~ (11, 0.0%)

1 [11件] と顔, や手足, を出し, を突き合わし, を見合, を見合せ, を見合せた, を見合つて笑, を見合わせ, を見合わせた, を見合わせる

▼ 三代前~ (11, 0.0%)

1 [11件] からこの, からの生粋, から家, にあつ, の一色家, の主人, の何とか, の帝, の神主, の者, は因州侯

▼ 三代集~ (11, 0.0%)

1 [11件] から段々, と, と名づける, と近世歌人中, にかわる, にまなん, に後, の和歌, を以て贈物, を出, を指す

▼ 三分刈~ (11, 0.0%)

3 の頭 1 と極めて, などと云う, にし, にする, のクリ, の巨頭, の濃い, の額

▼ 三十フィート~ (11, 0.0%)

2 もある 1 かまたは, に足りない, の大蛇, の小, の応接間, の竿, はある, まで長ず, 高い所

▼ 三十五ノット~ (11, 0.0%)

2 で走る, へ 1 でもって移動, で移動, で走り, といえ, の快, の烈風, を出す

▼ 三十六歌仙~ (11, 0.0%)

2 の一人 1 が行儀, だのそんな, の中, の在, の時代, の歌, の額, も又, を拝観

▼ 三十六番~ (11, 0.0%)

1 [11件] てがらです, とワッショイワッショイ, どろ, に落ち, の山車, の歌合, の自, の責め手, 斬りなんと, 斬りの, 斬を

▼ 三十年以前~ (11, 0.0%)

1 [11件] からで, から書き来った, に彼, に死んだ, のこと, のもの, の北アメリカ合衆国, の流行唄, の画人, の私, の記憶

▼ 三十面~ (11, 0.0%)

4 さげて 2 をさげ 1 の一寸法師, をかかえ, をした, を下げ, 下げるん

▼ 三千余人~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, となった, と称された, に対し前回, の人命, の心, の日本人, の農民兵, の門人, は候うべし, は居る

▼ 三千年来~ (11, 0.0%)

2 この三者 1 いつも彼等, その良心, その風土, の淳風美俗, の潜在意識, の誤謬, の謎, の長江, 未だ曾

▼ 三四ヵ月~ (11, 0.0%)

2 の間 1 して, つづけたら殆ど, もかかり, もたった, もたつ, もめぐり歩い, も石, 生きて, 程の間

▼ 三四万~ (11, 0.0%)

1 [11件] から十万円位貯蓄, に兵粮十万石, の乞食, の人夫, の兵力, の古い, の大軍, の読者, の金, は逃げ込んだ, を越

▼ 三四分間~ (11, 0.0%)

2 であるか, は過ぎ 1 この人, でさ, でさえ, に取り, に取り換わした, 掻き廻したもの, 経って

▼ 三四千~ (11, 0.0%)

1 [11件] とな, にも充たない, の兵, の寡兵, の屈強, の州軍, の敵, はかぞえられる, は残っ, も喊声, 出るの

▼ 三四合~ (11, 0.0%)

2 かわすが 1 ぐらい這入る, すると, のん, ばかり一升, もらいだめ, を傾けまする, を置く, 入つて, 引っぱずして

▼ 三夜様~ (11, 0.0%)

1 [11件] という神様, という祭, とだいぶ, に来, の方, の昔話, の話, を拝み, を月, を百姓, を祭れ

▼ 三大師~ (11, 0.0%)

2 の有難い, の百籤 1 と称し, などの話, などを想像, に参詣, の御籤, の手印, や角大師

▼ 三~ (11, 0.0%)

2 の勝負 1 あり最大五百ワツト, だけで切上げよう, の碁, は別人, は驚くべき, ばかり調べ, ほど碁, もやがて, を挑んだ

▼ 三層倍~ (11, 0.0%)

2 にも五層倍 1 に沸, もかかるだろう, もでっかい, も働き, も入念, も勤勉, も取, も取った, も湧きあがった

▼ 三年十月~ (11, 0.0%)

21 から私製絵ハガキ, さる事, として宿役人, に徳川慶喜, に改造, に至って, の晦日, の条, まで

▼ 三年私~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこんなに, が上野, が十七才, が四十七, が豊前中津, が遲, に他, は, はいた, は浪, も稽古

▼ 三年秋~ (11, 0.0%)

1 [11件] からだった, ちょうどこの, であつ, に至り, の初め, の半ば, の彼岸, の洪水, の頃, は九月, までの

▼ 三度くり~ (11, 0.0%)

3 返した 2 かへした 1 かへしました, 返された, 返したよう, 返した後, 返しました, 返せしに

▼ 三~ (11, 0.0%)

1 [11件] がうち, がうろうろ, が子ども同様, が書生, が青ざめた, どの千萩どの, に命じました, の姿, の家, はあたり, はあの

▼ 三~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 と申し, に捉, に浮べ, の中, の事, の河, は具足, を具, を知らない

▼ 三~ (11, 0.0%)

2 にこの 1 あげたの, あります, と云, の一人, の名, の順, ばかり房, ゆらゆらと, 結わえて

▼ 三時代~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありて, あるひ, にわたって十手捕縄, に分かつ, の句, の解釈法, の錯綜, は学術, を更に, ノ前後, ヲ經過セズ

▼ 三時間位~ (11, 0.0%)

1 [11件] かうして, しか学校, しか寝, だつたが, でしょう, でなおり, で登れる, のもの, よく煮詰める, 煮て, 白い壁

▼ 三時間余~ (11, 0.0%)

1 [11件] にし, のあと, の後, もかかる, もっとも成功, もつとも成功, もねり歩いた, も恁, も縦走, 在るを以て, 揺られ

▼ 三枚半~ (11, 0.0%)

2 と, にのたくらせた 1 ずつ三回, で一月, で先ず, のなか, の大, を書い, 書く

▼ 三楽章~ (11, 0.0%)

1 [11件] がつづい, がまた, が急, そうして最後, だけたった, でまた, に美しくも, の, の十二句, の燃え立つ, への躍進

▼ 三歩足~ (11, 0.0%)

2 を早め, を運んだ 1 がそろいだす, をすゝめ, をそろえ, を動かせ始めた, を踏み出し, を踏み出した, を進んだ

▼ 三発目~ (11, 0.0%)

1 [11件] とぶっつづけ, と修整, に頭, の原子バクダン, の大砲, の射撃, の弾, の狙い, の鉄砲, も否, を帆村

▼ 三百五十円~ (11, 0.0%)

1 [11件] お酒一合二百円, お銚子二百円, から五百円, だけ拵えよう, で譲っ, とせり上げ, と云った, の家賃, はある, は越さない, 払いて

▼ 三~ (11, 0.0%)

1 [11件] がおかれ, が一水, でメダシ, で百姓いじめ, と東京府, においてテテポポ, にしかなく, にわたって県庁所在地, の利害, へ巡回, を廃

▼ 三竿~ (11, 0.0%)

2 でその 1 すでに翌日, にいたる, にかかる, にもなっ, に上る, に及び, に至っ, の疎ら, ばかりちょろちょろ

▼ 三等客車~ (11, 0.0%)

2 に席, の窓 1 に乗り込ん, に腰, の中, の混雑, の混雜, へ乘, を出した

▼ 三箇月前~ (11, 0.0%)

2 にも或 1 からどうやら, から主, から待ってる, にこんな, にチラリ, に叔父さま, に大阪, に帰っ, の或

▼ 三~ (11, 0.0%)

2 はその 1 すなわち, にはかなり, の初めごろ, の林道, の長, は地唄, もまた, を守る, を弾ずる

▼ 三~ (11, 0.0%)

1 [11件] の下, の袖, の身, を打, を着けた, を着ける, を着た, を纏, を纒, を脱い, 安詳

▼ 三角帽~ (11, 0.0%)

2 をかぶっ 1 と毛皮, をかぶせました, をかぶった, をかぶり, をちよい, を右手, を戴き, を教師, を渡し

▼ 三~ (11, 0.0%)

2 や華嚴 1 というよう, など, の奥旨, の法門聖教, の遺, もあれ, も華嚴, や法相, 必ず起ら

▼ 三輛目~ (11, 0.0%)

2 の三等客車, の網棚, の車 1 でやって来, に気がつい, の婦人客, へ乗っ, へ乗り込み

▼ 三途川~ (11, 0.0%)

1 [11件] で釣, と云, と振り, にし, の姥石, の婆さん, の水, の渡し銭, は鉄橋, へ落こつて蘇生, へ逆

▼ 三週間目~ (11, 0.0%)

2 にはもう, の授業 1 かにブラリ, からは譲吉, だから, にある, になる, のある, はそれ

▼ 三部屋~ (11, 0.0%)

2 を隔てた 1 が寄宿舎, つ, つづきに, で食費, ばかりたん, ばかり続いた, ほど向う, も予約, を借り

▼ 三部経~ (11, 0.0%)

1 [11件] がどう, だの日蓮, だの浄土三部経, とを預け, のいずれ, のごとき, の類, を書写, を法華, を読誦, を講じ

▼ 三韓征伐~ (11, 0.0%)

1 [11件] で歸, に對, のお, のとき, の參謀會議, の折案内役, の昔, の時, の舊陣, の遠因, の際

▼ 三〇磅~ (10, 0.0%)

2 と等しい, を支払う 1 がハムブルグ, の純良, の英国宛手形, はハムブルグ, は金属貨幣, は銀

▼ 三あった~ (10, 0.0%)

2 のである 1 かない, からである, がそれ, が孔子, というの, のだ, のでせっぱつまる, のは

▼ 三であり~ (10, 0.0%)

1 この三洞, そしてあらゆる, また都市, 一八二一年には, 同じ年齢, 同期の, 弦三は, 最も重要, 死亡率が, 西紀一七五五年には

▼ 三より~ (10, 0.0%)

2 上では 1 一つ少い, 三つ上だ, 三ツ年上の, 上のが, 二つだけ, 二十八九までの, 汝の, 逆算する

▼ 三ツ児~ (10, 0.0%)

2 でも知っ 1 がそんな, でさえも花和尚, でもたしなめる, にも劣っ, の尻, の魂, も知る, を相手

▼ 三ヶ月後~ (10, 0.0%)

1 くらいに新聞, になっ, には, には仙臺, には手足, に僕, に又, に来るべき, に結婚, のこと

▼ 三三三号室~ (10, 0.0%)

2 ですよ 1 だな, でという風, には無論, に電話, の女, へ電話, をいきなり, を八時

▼ 三三号室~ (10, 0.0%)

2 ですよ 1 だな, でという風, には無論, に電話, の女, へ電話, をいきなり, を八時

▼ 三世瑞仙~ (10, 0.0%)

9 直温 1 の先祖書初代瑞仙

▼ 三~ (10, 0.0%)

2 の記すべき 1 ありて, と稱, なり, によりて天處, の業, はけっして, や農業雑誌, を架相

▼ 三~ (10, 0.0%)

2 だけ軽く 1 だけ重い, となっ, にはダンテ, に紐, は, をさしひいた, 即ち七分五厘餘, 後漢王延寿王孫賦

▼ 三人いっしょ~ (10, 0.0%)

1 にいたら, にというふう, にどやどや, になっ, にやろう, に乗りこみました, に住まわせ, に床木, に押し込まれ, に袋

▼ 三人の~ (10, 0.0%)

4 はだ 2 からだ 1 かえ, だん, と断った, はだに

▼ 三人一~ (10, 0.0%)

2 しよに, とかたまり 1 っかたまりに, と塊, と目中, どに来た, ならびに松, 坐に

▼ 三人何~ (10, 0.0%)

1 かひそ, かコソコソ, か喋り, か話し, か高い, て面白い, でもありません, といふ善良, に胆, をし

▼ 三人掛り~ (10, 0.0%)

2 で運ばれ 1 でこの, でその, でやっと, で十五分間, で廻す, で毛皮, で消し, やア

▼ 三人枕~ (10, 0.0%)

8 を並べ 1 を並べた, を並べる

▼ 三~ (10, 0.0%)

3 どの 1 が砕けよ, の代理, の半面, の役, の後ろ, は云った, もいる

▼ 三~ (10, 0.0%)

3 の頃 1 のよう, の暑熱, の矢, の節, の酷熱裡, の雁叉, を迎

▼ 三倍位~ (10, 0.0%)

1 ある, つりあげるだろうがね, になった, には取られ, のもの, の大き, の広, の長, はある, 長い医者

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 がある, に種痘, の保姆, の後, は一時金魚, は一樣, は向, は吾勝ち, は遊び, を擧げ得

▼ 三円五円~ (10, 0.0%)

1 ぐらいずつ三日, ぐらいの程度, で買った, という村内, と時々, と贋金, の会合, の全集物, の定価, の見料

▼ 三分の一程~ (10, 0.0%)

2 の所 1 にもえつくした, のところ, の大き, の薄い, は中央公論, もある, 浸った幅一吋, 飲み干した

▼ 三分の後~ (10, 0.0%)

2 にその, もうもと 1 かれは, です, にはもう, に通り, は一大衝突, わずかに

▼ 三分位~ (10, 0.0%)

2 の厚 1 かも知れません, で死ん, になり, に大きく, に展し, の幅, の熱, の輪切り

▼ 三十三か村~ (10, 0.0%)

2 の人民, の庄屋 1 には福島, の人民総代, の併合, の庄屋あて, の総代, の総代十五名

▼ 三十二枚~ (10, 0.0%)

3 の歯 1 そうです, そろって, だ親分, であの, の竹牌, 入れて, 張りさ

▼ 三十五万石~ (10, 0.0%)

2 の城主 1 だ池田様, だ私, でげす, の彦根, の財力, を与え, を領, を領する

▼ 三十五人~ (10, 0.0%)

1 ある, になった, のうち十七人落第, の教祖, の片, の首, は一度に, もあった, ゐる, 来る明後日

▼ 三十分の後~ (10, 0.0%)

2 には彼 1 とうとう私, には私, には私達, には都, にまるで, に一時間, に恐ろしい, やっとあの

▼ 三十四人~ (10, 0.0%)

1 え申渡, そのほか名古屋百七十九人, です, となり, と云う, になる, の勇士, の男女, は十五日, 死んだ

▼ 三十歳位~ (10, 0.0%)

2 の男 1 であったが, で尾崎君, に成りませんけれ, の会社員風, の小綺麗, の御, の時, の眼

▼ 三十疋~ (10, 0.0%)

2 ぐらいはたしかに, のあま 1 が首尾, ぐらいもとった, の河鹿, は毎日, ばかりが數頭, ばかり繋がれ

▼ 三十艘~ (10, 0.0%)

4 の兵船 1 のうえ, の小舟, の船, も牛車, も続い, を下流

▼ 三千万ボルト~ (10, 0.0%)

3 を越える 2 の高圧電気 1 と口, の電気, の高圧, の高圧電流, を越す

▼ 三千丈~ (10, 0.0%)

1 すべき数万金, たちまち飛ん, だな, で流場一面, といふ, の価値, の都会, の銀河, もある, 疑是銀河落九天

▼ 三千年前~ (10, 0.0%)

2 に尽きた 1 から聖人, に何ん, に支那, の, のエジプト, の神, の項羽, 初めて火星

▼ 三号機~ (10, 0.0%)

1 がにくにくしい, だけが不思議, と続々, にうちのった, には熊内中尉, は, はひくい, は三百キロ, は今, は伊豆大島

▼ 三四匹~ (10, 0.0%)

1 の蠅, の野良犬, はいっ, はひつ, ひっかけに, ふなや, もひきつれ, も相次い, 繋いで, 這って

▼ 三四年頃~ (10, 0.0%)

2 のこと, の東京 1 からは文学的, から課目, にいたり, にも盛ん, までの樣, 小国民

▼ 三四百円~ (10, 0.0%)

1 あつた, で譲つて, の収入, の現金, の総額, はかかっ, は切符, もあれ, もする, を渡辺均君

▼ 三四週間~ (10, 0.0%)

1 にもなっ, のあいだ, のうち, はかかる, ひるねを, ほど私, もすれ, も発見, も餌, 過ごした

▼ 三四間先~ (10, 0.0%)

1 きで学生帽, きに, にあります, には死骸, に見えた, の地べた, の廊下, の水上, は番太, へ走った

▼ 三国干渉~ (10, 0.0%)

1 があった, だの, というよう, などいふ, に到る, のうわさ, のとき, の時, の首謀者, は朧

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 が終つた時, すら含む, にとも言い得るであろう, に編み直しました, に通じ, の同志一, の幕切, ばかりへ顔, を上演, を迎えた

▼ 三宝山~ (10, 0.0%)

2 である 1 が見える, で中央, に劣る, に至る, に行く, を指した, を控え, を真

▼ 三家老~ (10, 0.0%)

2 の首 1 が長島, で相談, とはべつに, と四評定役, の殺害, は一枚, は歯噛み, は翌年幕府

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 と土器, に土器, に盛りあげ, に眞先, に祈誓, に調, の上, を二つ, を供, を敬信

▼ 三尺余り~ (10, 0.0%)

1 になっ, の大刀, の強, の細長い, の長, の長光, の長刀, 切れて, 進んだ四人, 隔てて

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 がまた, であること, で書いた, とかいろ, のやり方, の宿, は荒涼, を知っ, を経る, を設け

▼ 三左衛門輝政~ (10, 0.0%)

2 の兄弟 1 とまだ, と末子, などの年, は年二十一, も, や長吉, をそば, をよん

▼ 三年あまり~ (10, 0.0%)

2 続いて 1 つづいて, の年月, の次郎, の長煩い, は殆ど, も同棲, をむつまじく, 御奉公

▼ 三年十一月~ (10, 0.0%)

1 あらためて申す, だった, には山城, に始め, のごとき, のなかば, の中央公論, の末, の紀, より本年二月

▼ 三年町~ (10, 0.0%)

2 の邸町 1 のベルギー公使館, の下宿, の伊大利大使館, の伊太利大使館, の特許局出願課窓口, の私, の自宅自室, の通り

▼ 三度声~ (10, 0.0%)

3 をかけた, をかける 1 をかけ, を出し, を張り上げ, を掛けた

▼ 三度手~ (10, 0.0%)

1 で水, はわが, をとほし, をふつ, を入れ, を振, を敲い, を滑らせ, を通した, 招いた

▼ 三才図会~ (10, 0.0%)

2 に長 1 にある, には, によれ, に俗伝, に本草綱目云玉柏生石上如松高五六寸紫花人皆置盆中養数年不死呼為千年柏万年松即石松之小者也, の岩城山権現, は漢文, もない

▼ 三日許~ (10, 0.0%)

1 に候, りしか, りして, りで危険, りで危險, りの, り経つと, り続きまして, り行って, 過ぎてから

▼ 三日路~ (10, 0.0%)

2 も横 1 たらずの, で帝駕, というくらいのところ, の旅人, の樂, ばかり辿っ, も外, を経

▼ 三日顔~ (10, 0.0%)

3 を見せない 1 の手入れ, も見せない, をあわさなかった, を出さない, を合, を見せざるなり, を見せません

▼ 三時ころ~ (10, 0.0%)

4 になります 3 帰ったよ 1 で陽気, なるべし, の斜陽

▼ 三時十五分~ (10, 0.0%)

1 から子供, くらいだ, ずつ, という時刻, にゴールデンゲート, に平岳沢, に於い, に白沢, を報じた, を示し

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 が随一, しかも軽い, つづいたひどい, で坊主, にし, の發展, の經營, は別天地, を通して語り継ぎ言い, 続いたひどい

▼ 三本マスト~ (10, 0.0%)

3 の大船 1 の堂々たる, の大きな, の帆前船, の帆船, の旗艦ミスシッピイ号, の黒船, 或は四本マスト

▼ 三本鍬~ (10, 0.0%)

2 も唐鍬, や唐鍬, を動かす 1 で日なか, と一緒, の刃, をかついだ

▼ 三~ (10, 0.0%)

3 の駕籠 1 のチェッコ機関銃, のピストル, の乗物, の梯子, の鋤, は轉げ, も取

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 がほどは芋, で部落, の園, の増段, の増段ぢ, の畑, ばかりの畑, も増段, り尾, 白い花

▼ 三百キロ~ (10, 0.0%)

2 の速力 1 でまっすぐ, ないし四百キロ, のかなた, の快, ほどいった, ほど離れた, をだしうる, を突破

▼ 三百フラン~ (10, 0.0%)

2 送って 1 お渡し, といふ相場, と三月, の定期納金, ばかりお, もかかる, を返そう, 受け取って

▼ 三百圓~ (10, 0.0%)

1 で素晴らしい, といふ金, とか餘, のはした金, はいつ, ばかりとなつ, ほどになつたの, を受取つて, を生命保險, 溜めたあたし

▼ 三百年後~ (10, 0.0%)

2 の文禄 1 のこと, の人, の今, の北宋, の政治地図, はおろか, は三百年四百年後, は四百年五百年後

▼ 三益愛子~ (10, 0.0%)

1 から電報, と二人, と僕, と能勢妙子, と行き, より, より電報, より電話, を悩ます, 続けて

▼ 三社権現~ (10, 0.0%)

1 が地主, それから矢大臣門, である, と祭られ, に属した, のお祭, の広前, も浅草神社, をめぐり, 御祭礼

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 に似, のす, のビスケット, の壇, の弁, の柱, の立鏡台, の細身, の重なる, よりはみな一

▼ 三等切符~ (10, 0.0%)

2 を二枚買, を握つ 1 が買, をかった, を一枚ただ, を出し, を握っ, を買

▼ 三義的~ (10, 0.0%)

4 なもの 2 のもの 1 だ, で面白く, な方面, になり

▼ 三自身~ (10, 0.0%)

1 がかかつ, が渡満, すぐそこ, の口, はちっとも, はちつ, は見る, は誰, も心, を其の

▼ 三芝居~ (10, 0.0%)

1 あったが, が揃っ, だとか, といふ芝, とも焼け, に役者, の許可, もどんな, も遠慮, を替り目毎

▼ 三題話~ (10, 0.0%)

3 のよう 2 のやう 1 がしきりに, の流行つた時分, の種, は揃いました, を掲載

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 で総数, には右, にわかれ, に分け, に分つ, に分れる, の人物, の処女, の怨敵, は常に

▼ 三~ (10, 0.0%)

1 のうち, の名, の間, の雄風, の駅, はらくに, ばかり離れた, を押下, を過, 離れた海辺

▼ 三高等学校~ (10, 0.0%)

2 に入学 1 で催される, の先輩, の校長, へ行け, を受験, 第何期生, 第六十期生, 第六十期生山中弦介

▼ 三〇〇〇磅~ (9, 0.0%)

1 から三, であると, ではなく, に売れよう, に対する利潤, に騰貴, の価値, は流動資本, を使用

▼ 三すじ~ (9, 0.0%)

1 くっついて, その朱色, の巻き, の波, の煙, の鏑矢, の青い, の黒い, 立ちのぼるの

▼ 三または~ (9, 0.0%)

2 三四と 1 それ以上である, 一三・三分の一対一〇であり, 一四歳以下で, 三・二分の一対一では, 三分の二で, 四の, 四五の

▼ 三ガ日~ (9, 0.0%)

1 がすん, だけは焼い, の朝供御, の間ふり, の間書斎, は私, へかけ, へかけた, も例年どおり日本髪

▼ 三ツ眼~ (9, 0.0%)

1 が全く, が少々, が青い, で行列, の一つ, の怪物, はクルクル, をひらめかす, を休め

▼ 三~ (9, 0.0%)

2 下奴 1 で左右, とひとり, の号令, の掛け声もろ, 下さんぜひ, 下バクチ打ち, 下博徒

▼ 三・一五事件~ (9, 0.0%)

2 が起こる 1 からあと, で革命的労働者, として有名, のとき, の新聞記事, の記念, をよむ

▼ 三万メートル~ (9, 0.0%)

4 の高空 1 に着陸場, に近い, までいっ, をめざし, 近い高空

▼ 三上皇~ (9, 0.0%)

2 の御歌, の御製 1 と皇太子, と皇子ら, の遷幸, も御幸, を僻陲

▼ 三並び~ (9, 0.0%)

8 に註參照 1 の目貫

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 が, が四対三, では, と荏原中学, に入学, の二塁, は本所江東橋, を出た, を受け

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 丞が, 丞って, 丞の, 丞へ, 丞も, 丞少し, 助殺し, 助窃盗, 進様の

▼ 三事件~ (9, 0.0%)

1 ともほとんど, と同じ, にはこの, には少なくとも, に共通, に科学的, の真相, の記念日, を並べ

▼ 三人一しょ~ (9, 0.0%)

1 ではなく, になり, に外, に暮し, に歩い, に死んだら, に熱海, に落ち合う, に見

▼ 三人相~ (9, 0.0%)

3 会して 2 誘いて 1 あうべしとは, 並んで, 携えて, 顧みて

▼ 三人許~ (9, 0.0%)

2 りの, り警固 1 りも, りを, り加つた, り加はつ, り来て

▼ 三以下~ (9, 0.0%)

1 で自分, にいづ, に出, の児, はすべてイズラム文化, 並びに註參照, 及び同, 及び地, 同一九

▼ 三位以上~ (9, 0.0%)

3 及び別 2 の公卿 1 になれ, には食封, のきわめて, は餌

▼ 三分二~ (9, 0.0%)

1 で崩れた, は既に, は皆方便的, は郷里, を休会, を休會, を加えた, を占める, を岩

▼ 三割方~ (9, 0.0%)

1 だけ軽い, の増加, の高価, は確, も暴騰, 多い, 張るかも, 落ちても, 高かった

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 が病中, といふ, と半, に義理, のよう, の存在, の意気, は少し, もそつ

▼ 三~ (9, 0.0%)

8 にし 1 したとか

▼ 三十三ヵ所~ (9, 0.0%)

2 の札, を巡礼 1 だか, のみ霊, の功力, の観音詣で, を模

▼ 三十九人~ (9, 0.0%)

1 だ, となる, なり, になっ, のポルトガル人, の同車, の残り, の生き残った, も捨てられ

▼ 三十九名~ (9, 0.0%)

3 の婦人代議士 1 から一名増加, が気, という多数, の活動, は皆一味, もの婦人代議士

▼ 三十二名~ (9, 0.0%)

2 の婦人代議士, の警官 1 が誰, である, なん, の警官たち, は三千一名

▼ 三十五番~ (9, 0.0%)

1 だと, てがらです, でございます, と叫ん, と思いました, のいない, の留守, の花籤, は両

▼ 三十兆~ (9, 0.0%)

6 の細胞 1 の市民, の細胞同志, の細胞群

▼ 三十六品~ (9, 0.0%)

3 のお 2 の料理, の献立 1 になります, の中

▼ 三十匁~ (9, 0.0%)

1 である, でございましょうか, の出殻, の生肝, の茶, ばかり, ほどが最大, ほどのもの, までであっ

▼ 三十哩~ (9, 0.0%)

2 の, 程離れた 1 にある, の土地, の最大速力, ばかり離れた, も先

▼ 三十年あまり~ (9, 0.0%)

1 このかた, にもなったろう, の今日, もかかっ, もこの, もこれ, も蜂, を経, を經

▼ 三十年以上~ (9, 0.0%)

2 の昔, も昔 1 というの, になる, はさげる, はもち, も僕

▼ 三十年内外~ (9, 0.0%)

2 に最終戦争, に起るであろう 1 で人類, で次, に決勝戦, に起る, は余りに

▼ 三十数名~ (9, 0.0%)

1 が物頭役, と一緒, になった, に襲われ, のもの, の婦人代議士, の婦人代議士たち, の男, の高等

▼ 三十段~ (9, 0.0%)

2 あった 1 の階子, もあった, もくだる, もこれ, も駆けあがり, を見る, 登り詰めてから

▼ 三千ポンド~ (9, 0.0%)

1 で丁度, で此, の代り, は大金, は決して, も彼, を出し, を返済, 戴きます

▼ 三千圓~ (9, 0.0%)

2 ばかりの品物 1 で賣りつけた, ばかりの仕事, も貯金, やない, を初, を提供, を越す

▼ 三千坪~ (9, 0.0%)

2 もある 1 くらいあっ, だから, の一町歩, の亀沢町, ほどの土地, ほどの桑畠, 程の中

▼ 三千院~ (9, 0.0%)

1 から寂光院あたり, とは対岸的, にもまさる, の写真絵はがき, の大, の方, の来迎院, の門前, をたずね

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 である, でござる, の部屋, はある, は寛永三年, は忠明, もおり, も家, をのぞい

▼ 三四段~ (9, 0.0%)

1 かけあがる, に分かれ, の上り口, の梯子, の棚, ほどとととととよろめいた, をまた, 上って, 降りながら

▼ 三四百~ (9, 0.0%)

1 に足らなかった, の兵, の小, の病院, の神殿, の金, をまとめ, を率い, 間遠き處

▼ 三国神社~ (9, 0.0%)

1 から三つ, というの, のお告げ, のまえ, の前, の古びた, の境内, の檐, へ集まる

▼ 三多摩~ (9, 0.0%)

2 の地 1 からは人, にや今, の名物, の土豪出身, の壮士, の自由党, は昔

▼ 三夫婦~ (9, 0.0%)

1 が今, が日曜日, が近所, そろいました, に小田ちゃん, の住居, は別に, もそろっ, 助十兄弟

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 あり, こう数えたてれ, だ, といっ, とは何, をのぞきましょう, を力説, を除く, を除こう

▼ 三家族~ (9, 0.0%)

1 が, が坐る, が暮し, が絶滅, と一緒, と父, の詰込まれない, ほどは家, も同居

▼ 三尺以上~ (9, 0.0%)

1 にも及ぶ, に接近, のもの八本, の刀, の雪, はあるだらう, もあり, もある, も離れた

▼ 三局目~ (9, 0.0%)

4 は七目 2 は負けました 1 になる, はさ, はたしか

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 しその, したもの, した左の沢, して, で一度, にわかれ, の一場面, の一方, を目の下

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 あるんで, か四席, であるが, で天, という栄誉, に着けられ, の清之介君, は愉しい, 過ぎたところ

▼ 三年あと~ (9, 0.0%)

1 お邸, から奉公, にお, になくなられまし, になくなり, には, に手前, に親父, の意趣

▼ 三度往復~ (9, 0.0%)

4 して 1 された後, した時, するうち, すれば, をし

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 がある, が発射, とまたも, の戦術, の正体, は確か, を息もつ, を放とう, を銃

▼ 三形態~ (9, 0.0%)

1 である, であると, のこの, のヒューマニズム, の一つ, の他, の自然弁証法, の重要, は自然科学

▼ 三~ (9, 0.0%)

2 の奥さん 1 が殺しました, と関係, に殺されました, の家, の羅刹, はわたくし, は騎

▼ 三~ (9, 0.0%)

2 の悪魔 1 あり, あります水面, でその, にせよ, の原子構造, の問題, の雲

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 とし, と呼ばれる, に通じた, の一つ, の不振, の事, の帰一, は今日, を兼ね

▼ 三文文士~ (9, 0.0%)

2 の御託 1 くさくて, でも宴席, と音楽批評家, にケチ, の方, の生活, は色々

▼ 三日付~ (9, 0.0%)

1 から引用, そのとき, で徳川幕府, で長崎商館長, のゲーテ, の手紙, の條, の翁, を以て下

▼ 三日家~ (9, 0.0%)

1 にい, に居, に閉じこもっ, のあるじ, の様子, へ寄りつき, へ戻らなかった, をあけてる, を留守

▼ 三日月~ (9, 0.0%)

1 がかげ, が空, で月蝕, とやらはもちろん, の下, の円く, の名, は落ちかかり, をかくし

▼ 三日程~ (9, 0.0%)

1 うろついて, して, にて相, の猶, の距離, もある, 休みたいと, 前夕暮れ, 泊り八月二十四日

▼ 三時五十分~ (9, 0.0%)

2 から四時五十分 1 から五時, から同, から四時五十分の間, であります, に自らロード・スタア, に鶴子, 着下り

▼ 三時間許~ (9, 0.0%)

4 りも 2 りの 1 りかねて, りしか, り前

▼ 三本錐~ (9, 0.0%)

1 だぞ, で傷つけられた, に見舞われ, の傷, の兇器, の尖で傷つけたらしく, をかつがせ, をもっ, を自由自在

▼ 三杯家~ (9, 0.0%)

2 の娘 1 が潰れる, に乘込, に引, の浮沈, の眞實, の血筋, の跡取り

▼ 三枚重ね~ (9, 0.0%)

1 に三つ大, に忍, に忍ばるる, の冬, の外出向, の小袖元日, の引とき, の縮緬, を女たち

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 が政權, と称した, に擁立, の力, の労力, の子孫, の爲, の諒解, は代々大夫

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 で決して, に區別, に疑, の對立, の意味, の愛, の概念, の變化, の類型

▼ 三次世界大戦~ (9, 0.0%)

1 か, にでも発展, に突入, の危機, の口火, の空戦, の結果, の舞台, はどういう

▼ 三歳児~ (9, 0.0%)

2 も合掌礼拝 1 じゃア, でも区別, に言い聞かす, のとき, のやう, の三歳, の偏僻

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 から起った, のその, の善用, の善用法, の害, の眠, を仏教, を備えた, を具えね

▼ 三法師丸~ (9, 0.0%)

1 がある, がいる, が清洲, は安土城, を受け取っ, を擁せしめる, を秀吉, を織田家, を迎え入れよう

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 の賤士, もかかっ, を証す, を貫通, ニ赭馬, 唖子を, 宿縁を, 縁已に, 軒居室より

▼ 三百ルーブリ~ (9, 0.0%)

1 から六百ルーブリ, ぐらいで筒元, だけ追, だとしても, の借り, の借金, の扶助料不払い, も買い込ん, 借りが

▼ 三百万両~ (9, 0.0%)

2 の非常準備金 1 からの背負い切れない, で事足りるか, で幕府, の軍用金, の金, を積立てた, 積んだ和蘭船

▼ 三百余名~ (9, 0.0%)

1 さすが警固, そのころ, で他, という多数, にのぼり, の兵, の浪人中, を乗せ, を加えた

▼ 三百余騎~ (9, 0.0%)

1 が殺到, である, で馳せ降っ, にふえ, に対して味方, に射手百人, の供揃い, をつれ, 見る見る鎖

▼ 三百十一個~ (9, 0.0%)

1 で右, となる, の一分銀, の量目, をもって新, をもって米ドル, をもって米銀百ドル, を以て新, を百円

▼ 三百年祭~ (9, 0.0%)

1 か五百年祭, であの, に出来た, の事, の伊達政宗, は昭和十九年, も来, をする, を祝っ

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 で切り上げ, にし, の酔, ばかり飲みました, までの酒, を斟むべ, を過し得ぬ, 又三杯とつ, 続けて

▼ 三等待合室~ (9, 0.0%)

1 にひしめき, に通じ, の中央, は放浪者, へはいっ, へ行つて, へ這入, を覗い, を鳴り渡らせた

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 の上空, の地点, の小, ほどである, ほどのところ, ほど南, も来た, 乃至四粁, 離れたところ

▼ 三繋平~ (9, 0.0%)

2 の南 1 から南, から爪先上り, と称する, に登り, へ登ったなら, を甲信武三州, を界

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 か知りません, が生じ, である, といふ様, とはこの, に分ち用, に落ち, の問題, 之塚

▼ 三~ (9, 0.0%)

2 を續, 呼んで 1 しか聲, の叫び, 試みる樣, 鳴いた, 鳴いた時

▼ 三~ (9, 0.0%)

2 は元 1 がはいっ, が元, が小鳥, が飛びのいた, とは大声, は答えました, をじろりと

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 で現, などのいわゆる, の丹波堺, の山間, へとった, をもみ, 越えの, 越えを, 越え以後

▼ 三菩提~ (9, 0.0%)

2 ということ, の仏たち, を得た 1 の仏たちわ, の仏達, の佛たち

▼ 三要素~ (9, 0.0%)

1 がある, が渾然, すなは, の渾然, の綜合, を兼有, を含み, を国家, を綜合

▼ 三言口~ (9, 0.0%)

1 もきいたであろう, をきいた, をきき交わし, をきく, をすべらした, をはさんだ, を利い, を利いた, を利く

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 があっ, があった, がもうすこし, が起きた, しもし, です, としてまことに, において物語ったごとく, を始める

▼ 三調~ (9, 0.0%)

2 の結句 1 で止め, には肯ん, に用, に用いたる, に緊, のもの, の名詞止め

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 から南下, から呉, にわかれ, の, の大軍, は, はすなわち, は一生, まで突ッ

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 と改めた, と早く, なら三輔, に遊ぶべし, のこと, の所, の經, の駱曜, は達者

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 から成る, ずつ唱うた, における, までを家, も四辺, を大, 打ち叩くの, 繰り反されたや, 繰り反すうち

▼ 三銭五厘~ (9, 0.0%)

1 かのパイレイト一つ買, か四銭, だって, であったが, で卸し, で持っ, にしかならぬ, のペン先, の大根

▼ 三階梯~ (9, 0.0%)

6 の階級性 1 である, に止り, の夫

▼ 三階造り~ (9, 0.0%)

1 です, になっ, のごとく, の大, の建築, の結構, の頂上, は一番上, をたてました

▼ 三頭立~ (9, 0.0%)

4 の馬 2 の馬車 1 の橇, の癇, は気狂い

▼ 三頭立て~ (9, 0.0%)

2 の白い 1 でいつも, でマリヤ, と医師, に乗っ, の大きな, の花, の馬

▼ 三~ (9, 0.0%)

1 しきゃないん, であろうと, で起債, の損失, は一八〇磅, ばかり白米, までが放送局編輯, まで中継放送, よりもより

▼ 三〇年間~ (8, 0.0%)

1 その実情, には一二七対一〇〇, には一四八対一〇〇、後, には増加, に亘っ, の発達, の社会, も坐り通し

▼ 三あつ~ (8, 0.0%)

3 たが 2 た, たの 1 たけれども

▼ 三~ (8, 0.0%)

2 清の 1 えいは, 多幸で, 清にも, 菅さんを, 訊きすること, 訊ねしたいこと

▼ 三これ~ (8, 0.0%)

2 は山の手 1 にも既に, は吾家, は武家態, もちょッ, を取り扱った, を打見遣り

▼ 三たび目~ (8, 0.0%)

1 になつて, に云った, に拭い, に私, の夜, の野草, の電気, を見合せた

▼ 三とおり~ (8, 0.0%)

1 あって, あること, しか無い, の別, の原因, の牢舎, の綴り, の虫

▼ 三との~ (8, 0.0%)

1 二つに, 人相書を, 和は, 問答が, 姿が, 激論にな, 衝突日に, 間に

▼ 三とを~ (8, 0.0%)

4 加へる 2 加えると 1 加えるたびごと, 喪ったの

▼ 三カ月後~ (8, 0.0%)

2 にはじめて 1 で痛烈, には姉君, には恥ずかし, には領内, に作品, に再び

▼ 三シリング~ (8, 0.0%)

2 に騰貴 1 から三〇シリング, ずつ余計, だけ余計, であり一八一三年, であると, にまたは

▼ 三ヵ年~ (8, 0.0%)

1 あるいは五ヵ年位, と見積らね, の後, の手当, の日子, は故, 働いて, 無裁判

▼ 三ヵ日~ (8, 0.0%)

2 の間, をすごした 1 だけでもちょっと, には鼓, によう, 小さい弟妹

▼ 三ヶ月分~ (8, 0.0%)

1 がある, ですか, の前金, の家賃, の月謝, の給料三十両, もたまってる, 納めたので

▼ 三丁先~ (8, 0.0%)

1 から匂, から匂ひで, のいつ, の或, の自分, の草原, は新花町, へ野菜もの

▼ 三万七千~ (8, 0.0%)

1 そのうち, といわれた, の一団, の屍体, の戦死者, の軍勢, の農民, の霊

▼ 三人あと~ (8, 0.0%)

2 の七十何人, の三十人あまり, は老年 1 はお, は悲鳴

▼ 三人いずれ~ (8, 0.0%)

2 も荒くれ 1 がいずれ, もしとやか, も年, も白い, も籃, も身

▼ 三人家族~ (8, 0.0%)

1 だった, だったが, で使用人, で同家, なの, に落着, の一人娘, は早朝

▼ 三代家光~ (8, 0.0%)

1 が将軍, この義伝公, であること, とだけである, のころ, の頃, は日光, 相ついでの

▼ 三倍四倍~ (8, 0.0%)

1 と評価, にすれ, になります, の兵, は事実, もある, も高い, 働いても

▼ 三~ (8, 0.0%)

1 い, いじゃねえか, それにぼく, にし, の子車, はこんな, は決して, もたいへん

▼ 三円以上~ (8, 0.0%)

1 かかること, そうする, にも上る, の反物, の小説, の芝居, もし, も払わせられる

▼ 三列目~ (8, 0.0%)

1 が射つ, との間, に来, に腰, のテーブル, の一番端, の中程, の端

▼ 三勝半七~ (8, 0.0%)

2 のお, のサワリ 1 の三勝, の墓, も永う, 見たよう

▼ 三勝半七酒屋~ (8, 0.0%)

7 の段 1 之段

▼ 三十七年前~ (8, 0.0%)

1 に常に, に日本, に果さなかった, に溯つた, の恋, の恋人, の母親, の藤波金三郎

▼ 三十万石分与~ (8, 0.0%)

2 の密約, の証文 1 ということ, という密約, の, の機会

▼ 三十五年前~ (8, 0.0%)

1 なり斯く, には自分, にクルプ性喉頭炎, に住ん, に感じた, のもの, の青葉, までこの

▼ 三十人余り~ (8, 0.0%)

2 の会員 1 のお客様, の中, の乗馬, の人数, の女, もこもっ

▼ 三十余里~ (8, 0.0%)

1 です, のあなた, の官渡, の所, の旅, の道, も馬, を行っ

▼ 三十六七歳~ (8, 0.0%)

1 だったそう, で懐中, にしかならなかった, に達した, の堂々たる, の時, の独身者, の良人たち

▼ 三十六号~ (8, 0.0%)

4 はやみ 2 の船長 1 でしょう, などというもの

▼ 三十六碗~ (8, 0.0%)

1 だけ並べて, だの六十四碗, でも随分, といっ, になりましょう, になる, の献立, を拵える

▼ 三十分余り~ (8, 0.0%)

1 かかつて, の電車, もたつ, も前, も居, も時, も樹, も経過

▼ 三十分頃~ (8, 0.0%)

2 であろうクック 1 この邸, だから, だつた, では, といえ, に西那須驛

▼ 三十四十~ (8, 0.0%)

3 になっ 1 と攫ん, と数える, と火, に及んだ, の汚らしい

▼ 三十年ぶり~ (8, 0.0%)

1 だった, での帰省, で奇妙, で生れ故郷, で郷里, につこりした, に逢う, の味

▼ 三十年前後~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 ではなかっ, で一葉女史, にかけて揚巻, に盛岡中学, の此, は市川荒五郎

▼ 三十年四十年~ (8, 0.0%)

2 の功夫 1 となる, と後れた, と時, と禅那, の長, も隔て

▼ 三十年戦争~ (8, 0.0%)

1 たる事, などと申しまし, には徴発, の如き, の成果, ももう, やこの, や七年戦争

▼ 三十度以上~ (8, 0.0%)

2 の熱した 1 の偏異, の傾斜, の急, の蒸し暑い狭い, まるで土用, もあろう

▼ 三十時間~ (8, 0.0%)

1 ぐらいしか経ってない, しか使えない, しか役に立たない, しないと, だけは最深, といふの, に近い, を費した

▼ 三十番~ (8, 0.0%)

2 が太田 1 てがらです, の, の第, の錦繪, までを横田君, 習った事

▼ 三十餘~ (8, 0.0%)

2 りの 1 あり土人, とあつ, とある, と見え, にし, りと

▼ 三十餘年~ (8, 0.0%)

1 このかた, なり, の後, の昔, の月日, の長い, も前, を距

▼ 三千名~ (8, 0.0%)

1 から握手, が任, が隠れ, と称せられた, の地球人類, の女, の連隊, を入れる

▼ 三千噸~ (8, 0.0%)

1 くらいもあったであろう, ぐらいな汽船, ぐらいまでは入れる, に近い, のもの, の小さな, の船, の重油

▼ 三及び~ (8, 0.0%)

1 その家族, 一一卷, 三・二分の一対一であり, 二四, 松島廉作が, 福田理軒などの, 第五, 第六項目

▼ 三~ (8, 0.0%)

1 であつ, の一つ, の中, の包含, の尊重, の後漢書, をば為政, を蔵

▼ 三号潜水艦~ (8, 0.0%)

1 が風雨, が飛行島, との連絡, に出動, はいまどこ, は一たい, は風雨, を呼ん

▼ 三名人~ (8, 0.0%)

1 とうたわれ, の放った, の放つた, の演奏, の豹太, の顔, は精根, を合せた

▼ 三四十本~ (8, 0.0%)

1 というところ, の杉, の枝, の銃剣, の錆刀, ほどの筍, も漕げ, 並んで

▼ 三国氏~ (8, 0.0%)

1 が他, が聖武天皇, だと, とか聖武天皇, にその, に会つて, の出, の名

▼ 三~ (8, 0.0%)

1 が大, など五百人, の慰撫, の首, は, は事変後, をことごとく, を殺す

▼ 三~ (8, 0.0%)

2 と段々上 1 ともいひ, なお高し遠し, においてダンテ, のコッケコーコー, をしのぎ, を象っ

▼ 三寸四方~ (8, 0.0%)

1 から五, から五寸位, くらいの小さい, ぐらい切り取っ, ほどのパラフィン紙, ほどの四角い, ほどの小さい, ほど鋭利

▼ 三尊仏~ (8, 0.0%)

2 の背景, をおく 1 としての調和, と言う, と言ふよ, の構図

▼ 三尺八寸~ (8, 0.0%)

1 あり根元, ある, それでよし, という大, という小柄, の寸法, の朱鞘, やがて四尺

▼ 三市さん~ (8, 0.0%)

2 の家 1 が今, に問うた, の聞い, は, は夢, は現に

▼ 三~ (8, 0.0%)

1 で坐った, には薄い, のほう, のほか, の小, ばかりの小, ばかり濡, へ入っ

▼ 三~ (8, 0.0%)

1 だつた, に収められた, の広い, の掛け物, の竪旗, も寄附, を同じ, を懸く

▼ 三年毎~ (8, 0.0%)

1 に一人, に一回彼島, に会盟, に洗骨, に約, に繰り返す, に行う, に閏月

▼ 三年江戸~ (8, 0.0%)

2 に未曾有 1 から足, でキリシタン, に出, に別れ, の捕物, を外

▼ 三年版~ (8, 0.0%)

2 の, の英譯 1 について考案, の作品集, の戯作本, の東陽堂

▼ 三年許~ (8, 0.0%)

4 りに 3 りの 1 り前

▼ 三度彼女~ (8, 0.0%)

1 に逢った, の後, はニコレット, は小型, へ頭, を夫, を打てり, を見た

▼ 三度水~ (8, 0.0%)

1 で洗, に這入った, の面, ぶるひを, へ入ったろう, をくぐらせた, を切っ, を呑んだ

▼ 三度遊び~ (8, 0.0%)

3 に行った 2 に来ました 1 に来, に来た, に立ち寄った

▼ 三廻り~ (8, 0.0%)

2 もすれ 1 の旦那方, の神, ほど捲かれ, 罷越度, 罷越度段, 罷越申度段

▼ 三~ (8, 0.0%)

3 の音 1 からはみ出し, のこと, の弦楽器, は五万, は暴風雨

▼ 三才社~ (8, 0.0%)

2 に徃 1 と仏蘭西書院, に注文, に立寄り, に至り, に行く, を訪

▼ 三日目ごろ~ (8, 0.0%)

2 からますます 1 から意識的, から消化器障害, から足, にはす, にはすっかり, には自分

▼ 三日雨~ (8, 0.0%)

2 が多, が降り続いた 1 がふり, が続いた, に打たれ, に降りこめられ

▼ 三日風邪~ (8, 0.0%)

2 で寝込む 1 で臥, の気味, の氣味, をひい, をひいた, を引い

▼ 三時二十分~ (8, 0.0%)

1 きっかり, と答, において北, に女中, に茶臼山, のところ, を過ぎる, 即ち年前九時

▼ 三時間近く~ (8, 0.0%)

1 あいてを, かかった, なるだろう演説, もたつ, も押し黙っ, も登っ, を要し, 待って

▼ 三本勝負~ (8, 0.0%)

1 だよ, であつ, でうち二本無二斎, となる, の上, もありまする, をしたい, を致される

▼ 三本腕~ (8, 0.0%)

2 の怪物 1 の兵, の発明, の製図, の要旨, はもちろん, をどこ

▼ 三~ (8, 0.0%)

1 が工芸技術学校, といふ誌, に往来, の内, の教職, は無, も凡て自分, を幹部

▼ 三~ (8, 0.0%)

2 の雑煮 1 と喰, はやった, まで換え, を盡, 程召, 食われた

▼ 三~ (8, 0.0%)

1 あるのみと, ならむ, に加勢, に取られ, に命じ, は太田道灌, ほどの知恵, を生む

▼ 三樂齋~ (8, 0.0%)

1 いらつて, が死, など頗る, に據, に首, もいたく, も前後, も漸く

▼ 三歳位~ (8, 0.0%)

1 であった, であったが, の小さい, の小児, の少女たち, の時分, の青年, ゐで

▼ 三歳御陵~ (8, 0.0%)

2 は掖上, は玉手, は菅原 1 はイザ, は伊耶河

▼ 三番勝負~ (8, 0.0%)

3 の第 1 である, で私, にことごとく, を三番, を見物

▼ 三番機~ (8, 0.0%)

1 とは全力, にひっきりなしに, に命中, のガソリン, の機銃射撃, は火, は編隊長機, も翼

▼ 三番池~ (8, 0.0%)

2 の堤 1 には非常, の周囲, は美くし, は貯水池, は近頃, を見下し

▼ 三~ (8, 0.0%)

3 の眼 1 で手の甲, なこと, のよう, の子, の射通す

▼ 三百フィート~ (8, 0.0%)

1 しかない, というの, のマッキンレイ, の間隔, までの高, も離れ, 離れた所, 高さ二百フィート以上

▼ 三百五十人~ (8, 0.0%)

1 からの死罪, くらいの学生, で私, の一隊, の信者, ばかりの兵, への一度分, 多いとき

▼ 三百目位~ (8, 0.0%)

3 の雛鶏 2 の雛鳥 1 な雄鶏, の新しい, の鶏

▼ 三百部~ (8, 0.0%)

1 が完成, だけは刷り上げ, だけ拵え, だったが, ほど私版本, を限り, 乃至五百部, 売れるなら収支

▼ 三~ (8, 0.0%)

2 せらるべし 1 すべきであらう, すべきところ, せられんこと, の地, の農民, も

▼ 三等寝台~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 のあつ, の随筆, はその, はとっつき, も上, を買い

▼ 三等賞~ (8, 0.0%)

1 ぐらいには漕ぎつける, です, となつ, の, は脚, を得た, を貰いました, を貰った

▼ 三~ (8, 0.0%)

1 と為す, の不忠, をもてなした, を崇拜, を崇拝, を父, 五更を, 遊女観覧車を

▼ 三藐三菩提~ (8, 0.0%)

2 の仏たち, を得た 1 ということ, の仏たちわ, の仏達, の佛たち

▼ 三行広告~ (8, 0.0%)

1 が二つ, が新聞, に, のインチキ, は同じ, も出し, も見うけられ, を見

▼ 三行目~ (8, 0.0%)

2 から四行目, に 1 から作者, である, にある, を通し

▼ 三親分~ (8, 0.0%)

1 がいきなり, が生温, の偉力, の子分衆, の配下, は帆村, は評議一決, もす

▼ 三言何~ (8, 0.0%)

1 かいいました, かいっ, かささやく, か乱暴そう, か云った, か云つて, か言った, か諜

▼ 三言挨拶~ (8, 0.0%)

2 して 1 が済む, したの, の言葉, らしいこと云つて, をし, を交わしたらしかった

▼ 三軒め~ (8, 0.0%)

1 でした, にある, のお, のしもた屋, の京屋, の前, の奥, の家

▼ 三軒茶屋~ (8, 0.0%)

1 から帰る, だって三軒茶屋, などあゆ, の傍, の名, の家, は大きな, よりもうすこし

▼ 三輪神社~ (8, 0.0%)

1 から曲りこんだ, がある, の横手, の裏, の裏手, へでかけた, へでる, までの往復

▼ 三遊亭圓生~ (8, 0.0%)

1 とあと, と師匠, のお, の内弟子, の墓石, の弟子, の身振り, は茶

▼ 三道樂~ (8, 0.0%)

3 に身 1 で私, で金山, に愛想, の修業, の外

▼ 三部作~ (8, 0.0%)

1 であるが, として完, ともして, になる, のうち, の一部, の中, をはじめ

▼ 三間前~ (8, 0.0%)

1 から私, であったの, ならトメ, に今, の方, へ出ました, まで行った, を一人

▼ 三間柄~ (8, 0.0%)

2 の大身 1 が有利, に近い, の朱槍, の長, の長い, もある

▼ 三~ (8, 0.0%)

2 を自分 1 だけはずし, にちょうど, にも新井田氏, に金箔, に集まっ, の小母さん

▼ 三階だて~ (8, 0.0%)

2 の西洋館 1 のこの, のコンクリート, の前面, の古い, の洋館, の雑貨商

▼ 三項目~ (8, 0.0%)

4 の下 1 である, に分類, を主, を消した

▼ 三〇〇~ (7, 0.0%)

2 ぐらいのお金, はどうにも 1 ぐらいにし, とあり, と見れ

▼ 三〇〇〇フラン~ (7, 0.0%)

1 と私, に対する五分の利子, の営業費, を受け, を支出, を支払った, を記入

▼ 三あし~ (7, 0.0%)

1 あゆみつ, ばかりそっち, ひかれるよう, 歩いて, 走った, 走つた, 進み入りぬ

▼ 三あり~ (7, 0.0%)

1 その日, て尾, また一時, 一には, 今世俗, 曰く過去の, 第一

▼ 三じゃ~ (7, 0.0%)

2 ないの, ねえか 1 なかったね, ねえよう, アねえか

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 ぢへと, ぢほど, ぢ五す, ぢ口に, ぢ流れ, ぢ現, ぢ細み引く

▼ 三それ~ (7, 0.0%)

1 が物質的素材, にマン, に近所, ばかりで, も今, も經過, を試み

▼ 三として~ (7, 0.0%)

1 あります, ある, あるを以て, 州の, 複數動詞を, 見れば, 酒を

▼ 三について~ (7, 0.0%)

2 語って 1 一丁先の, 書き並べて, 評すれ, 語ろう, 読んで

▼ 三までの~ (7, 0.0%)

1 お下髪の, どの項目, 三事件九カ月半の, 大切な, 男の子だけ, 道を, 長の

▼ 三カペイキ~ (7, 0.0%)

2 の砂糖 1 だ, で, で売っ, の小, の銅貨

▼ 三カ月間~ (7, 0.0%)

1 ついぞ日, に事故, に二隻, に雨, の強攻, はサッサ, 吸いつ

▼ 三ヵ月間~ (7, 0.0%)

1 くらいくすぶりつづけた, の兵営生活, の兵糧, の生活費, の証明, は呼び出せない, をおくっ

▼ 三一旦那~ (7, 0.0%)

1 から再度, から頂戴, というの, とやらはいったい, なるもの, の歌, は定家卿

▼ 三万フラン~ (7, 0.0%)

2 の年金 1 で全部銀行紙幣, との間, の金額, を下らない, を貯蓄

▼ 三万七千石~ (7, 0.0%)

2 の大名 1 と釣り替え, の大, の家中, を没収, を賭けた

▼ 三万五千円~ (7, 0.0%)

2 のラジウム 1 が三十倍以上, でチャン老人, で売りたい, で姉川五郎, で買い取った

▼ 三万余~ (7, 0.0%)

1 が近々と, と称された, と言う, の大軍, の市民男女, をどう, を糾合

▼ 三万八千石~ (7, 0.0%)

1 の城主真田昌幸, の大名, の御曹司, の御曹司頼門, の殿様, の百姓, の百姓何万人

▼ 三世紀頃~ (7, 0.0%)

1 かと思われる, から伝わる, に出来た, に改造, に顯, のもの, の建立

▼ 三个日~ (7, 0.0%)

2 の間, は精進潔斎 1 はた, は必在処, は無論

▼ 三中学校~ (7, 0.0%)

2 の剣道部, へ避難 1 へ通っ, も鉄筋コンクリイト, も鉄筋コンクリート

▼ 三九郎貞昌~ (7, 0.0%)

1 により, はすぐ, は今日, は再度, は彼, も侍臣たち, より岡崎

▼ 三二年六月~ (7, 0.0%)

2 の暴動 1 にはその, のフィロソフィカル・マガジン, の戦い, の騒動, よりもはるか

▼ 三五人~ (7, 0.0%)

1 じゃきかねえだろう, と共に納棺, の子供, の知己, の裸美人, 出盛りたるが, 来て

▼ 三人それぞれ~ (7, 0.0%)

1 にこんな, に官位, に役割り, に晩餐, の事務, 大きな机, 引いた赤い

▼ 三人ぢ~ (7, 0.0%)

2 や無い 1 やありません, やない, やねえ, や手, や駄目ぢ

▼ 三人中~ (7, 0.0%)

1 で二杯三杯, にも気軽, の一人, の三十名, の小男, の第, 最も年少

▼ 三人以外~ (7, 0.0%)

1 にはどうしても, には話さない, に丸岡九華, に誰, に足跡, の誰, はみな成人

▼ 三人全部~ (7, 0.0%)

1 が完全, が寝そべっ, が爪先, である, では二十名近く, に向っ, を肩

▼ 三人同道~ (7, 0.0%)

6 して 1 にて広

▼ 三人声~ (7, 0.0%)

2 を合せ, を揃え 1 かけあいて, をかけ合った, を涸らし

▼ 三以上~ (7, 0.0%)

1 に達し, のもの, の二つ, の意義, の號, を要す, 死んだもの

▼ 三~ (7, 0.0%)

3 と五忘 1 が呑む打つ買う, てえ, と兄, はおどろかない

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 おいた彼, ぐらいの芝居, ぐらいはすぐ, ぐるりと, しか入っ, ばかり取っ, ほどまばら

▼ 三八さん~ (7, 0.0%)

1 あの何, が可愛, こんな婆, にまで御苦労, のお, は時々, 誠にお

▼ 三冊目~ (7, 0.0%)

2 にあたる 1 が私, にかかっ, のある, はまだ, は第

▼ 三分のあいだ~ (7, 0.0%)

1 があつ, にどこ, に佐原屋, に明智探偵, に消し, に煙, の出来事

▼ 三~ (7, 0.0%)

2 か四片 1 あるわ, にし, に声, はミキレ, 食べたが

▼ 三十ヶ所~ (7, 0.0%)

1 から一時, に及び, に於ける, もある, も御座いませう, や五十ヶ所, を越える

▼ 三十一度~ (7, 0.0%)

1 でした, というブラジル沖, といふん, に達する, のところ, の地点, の薩摩

▼ 三十七八度~ (7, 0.0%)

1 から十度あたり, ぐらいだろう, に及び, の辺, の邊, はある, 傾くと

▼ 三十七八歳~ (7, 0.0%)

1 かと思われた, に至る, のころ, の威風, の頃, 或は四十歳くら, 蒼白い顔色

▼ 三十七名~ (7, 0.0%)

4 の水兵 2 と連署 1 の水夫

▼ 三十七年間~ (7, 0.0%)

2 あの裏山 1 であったなどと, にわたって主権者, にわたる記載, に十倍程度, 我が中村屋

▼ 三十三尋~ (7, 0.0%)

2 あること 1 ときく, とちっと, の深海, はありました, も有

▼ 三十九号室~ (7, 0.0%)

1 で誰か人, に足, の出口, の有様, へいっ, へとびこんだ, へ入っ

▼ 三十二万石~ (7, 0.0%)

2 に瑕, の城主 1 とをつり, のお姫さま, の大名

▼ 三十二三年~ (7, 0.0%)

3 の頃 1 にかけて, のこと, の頃伊原青々園, ばかり前

▼ 三十五六年~ (7, 0.0%)

2 の頃 1 にもなります, の時代, の時分, の間, を過ぎた

▼ 三十人あまり~ (7, 0.0%)

1 の人間, の博労, の家族, の野武士たち, は崩れ残った, は崩れ殘つた櫓, 同じ方角

▼ 三十人以上~ (7, 0.0%)

2 を饗する 1 ありました, だと, では同じく, に達し, 居る宿

▼ 三十人許~ (7, 0.0%)

4 りの 1 であつ, りで御輿, り全く

▼ 三十八分~ (7, 0.0%)

1 だから, です, で帰る, という, と一字一字二尺平方, もう旅館, わりにうまく

▼ 三十八度線~ (7, 0.0%)

2 は線 1 はまだ, は日本内地, をこえ, を区ぎり, を頭

▼ 三十六坊~ (7, 0.0%)

1 あったと, といわれ, の寺, の炎上, も文珠閣, をグル, を宮様

▼ 三十六景~ (7, 0.0%)

1 が古, と諸国滝巡り, においてなせ, のコンチニュイティ, の三島, の集作, 及び諸国滝巡り等

▼ 三十六本~ (7, 0.0%)

1 ぐらいだ, の線, の蝋燭, はもう, 仕上がって, 仕上がりましたゆえ, 染め上がって

▼ 三十円以上~ (7, 0.0%)

1 となる, の品物, の支出, の月給, の身の代金, の阿呆, を値い

▼ 三十分以内~ (7, 0.0%)

1 で行ける, にね, にはすべて, にふたり, に交替, に本庁, に第

▼ 三十数年~ (7, 0.0%)

2 の昔 1 たって, たってのこと, に猪苗代兼載, の作陶研究, の童貞

▼ 三十数年前~ (7, 0.0%)

2 の出来事 1 から利根川, のイギリス, の古い, の昔, の講演

▼ 三十樽~ (7, 0.0%)

2 だけで, の毒薬, の毒藥 1 ほどあつらえ

▼ 三千万人~ (7, 0.0%)

2 の人口 1 に増加, のアメリカ人, の国民, を保っ, を突破

▼ 三千二百石~ (7, 0.0%)

2 の大 1 と百五十石, のお, の家祿, の殿樣ぢ, の禄高

▼ 三千五百~ (7, 0.0%)

1 が餓死, の人数, の会員, の信者, もある, 無格社一万八千九百, 迄にはし

▼ 三千五百円~ (7, 0.0%)

1 だと, と帳面, なり四千円也, の句集, の年金, の教科書, を持ち出し

▼ 三千米~ (7, 0.0%)

3 を超え 1 に近い, の劒岳, の天空, を超えた

▼ 三升釜~ (7, 0.0%)

1 が二つ, と五升釜, を一つ, を井戸端, を磨いた, を磨く, を買った

▼ 三反歩~ (7, 0.0%)

1 といふの, の小作, の小作田, の方, の畠, の自作地, ほどの畑

▼ 三合目陶器師~ (7, 0.0%)

2 であった 1 だ, とは俺, と卜伝, と名, と邂逅

▼ 三吾さん~ (7, 0.0%)

1 が多喜二, と二人, に, の兄さん, は三十三, は朝八時半ごろ, わるいわね

▼ 三四十名~ (7, 0.0%)

1 の侍, の先頭, の者達, の聴衆, の警官, の顔合せ, や遽

▼ 三四十銭~ (7, 0.0%)

2 で其処ら 1 なくては, の切符, の小説, の小銭, の苦力

▼ 三四台~ (7, 0.0%)

1 あって, つらねて, の荷車, の車, の週期, の馬橇, 多くて

▼ 三四品~ (7, 0.0%)

1 だけ別, のお, を待合式, 並べたり, 作る事, 取って, 食べた

▼ 三四回目~ (7, 0.0%)

2 の演奏会 1 からは, から平気, に落ちない, に見た, の白洲

▼ 三回四回~ (7, 0.0%)

1 とゆっくり, と当り興行, と見事, と試み, と送っ, と重なる, も繰り返し

▼ 三回戦~ (7, 0.0%)

1 だかの, では, に先立っ, に関する問い, は九時五分過ぎ, までやる, をたたかう

▼ 三国界~ (7, 0.0%)

1 から飛騨, に在る, に記入, に跨る, のあたり, の蓮華岳一名三俣岳, の黒岩山

▼ 三国街道~ (7, 0.0%)

1 がある, が走つ, である, の入口, を入った, を月夜野, を離れ

▼ 三地方~ (7, 0.0%)

1 が江戸時代, が重大, と都会, には痕跡, に關聯, の凋落, の方言

▼ 三~ (7, 0.0%)

2 と小山男爵 1 が呼び物, だかへと, だけが全部, の木剣, はこの

▼ 三寶ヶ辻~ (7, 0.0%)

1 で下りた, で又, と呼ぶ, に彳, に於ける, の夜目, まで引返す

▼ 三尺余~ (7, 0.0%)

2 の大, もある 1 のずん, の小, も雪

▼ 三~ (7, 0.0%)

2 の毛無山 1 という, との間, は北, をのぼる, を越せ

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 である, で三市さん, といった賑やかさ, の人口, の相, は数時間, へ洪水

▼ 三平が~ (7, 0.0%)

1 か, きたないなりを, すでにもうこ, どなって, 向ひ, 嗣いだ, 大きくどなり立てる

▼ 三年余り~ (7, 0.0%)

2 住んで 1 になる, にもなります, の静養, も寂しい, 突っ走っちゃったもん

▼ 三年兵~ (7, 0.0%)

1 との大, と一緒, になる, にもなっ, のうち, の一部, を関東平野

▼ 三年夏~ (7, 0.0%)

1 の, のなかば, のはじめ, のはじめころ, の佐々征伐, の始め, の詩凡て十四首

▼ 三度これ~ (7, 0.0%)

2 を繰返し 1 に旋, はよした, を尋ねた, を抱かん, を遣

▼ 三度以上~ (7, 0.0%)

1 あった, にのぼる, に及んだ, もベル, も着た, 来るもの, 繰返す時

▼ 三度分~ (7, 0.0%)

1 だと, にする, の弁当, の愛, の食事, は残, を一度

▼ 三度眼~ (7, 0.0%)

2 をパチパチ 1 に痛い, をさました, をぱちぱち, を白黒, を瞬いた

▼ 三~ (7, 0.0%)

2 の一行, の道 1 と称し, の教え, や七

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 がある, で倒れた, にし, を加, を加えた, を待つ, を激しく

▼ 三文々士~ (7, 0.0%)

1 が借金, が女, であること, の実相, の方, の栗栖按吉, は歯痛

▼ 三日のち~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 か見当, に, にと約束, に機械, の朝

▼ 三日以前~ (7, 0.0%)

1 から幸田節三, から此, に御, に昨日, に行, の事, の出来事

▼ 三日續~ (7, 0.0%)

2 いた 1 いての, くと, く二日目, けて興行, けて見張

▼ 三時半ごろ~ (7, 0.0%)

1 そっと鶴子, その建物, だが, でそれ, になる, までうろつい, 当港岸壁

▼ 三晩續~ (7, 0.0%)

1 いた, くの, けて徹夜, けて殺された, けて知人岬, けて行つて, け樣

▼ 三曲線~ (7, 0.0%)

2 は再び 1 が折れた, とも元, の意味, は特異, をその

▼ 三枚目~ (7, 0.0%)

2 の戸 1 におりました, に据えられた, に据ゑられた布袋屋萬三郎, の二つ, の橋板

▼ 三枚肉~ (7, 0.0%)

1 があり, とも七段肉, のお鍋, の上等, は普通, を小さく, を杉箸

▼ 三條天皇~ (7, 0.0%)

1 が即位, が莊園, といふやう, と云, なども好, は御, も武力

▼ 三次元的~ (7, 0.0%)

2 でなければ 1 であって, な空間, に移動, に貫通, の空間

▼ 三歳以下~ (7, 0.0%)

2 の子供 1 で死亡, なは, の娘, の嬰児, の子供達

▼ 三歳頃~ (7, 0.0%)

1 からあちこち, のゴーリキイ, の印象, の子, はもう, までは西洋人, より十七

▼ 三段ぬき~ (7, 0.0%)

2 の大 1 で書かれた, で組ん, のデカデカ活字, の見出し, の頭

▼ 三毛子~ (7, 0.0%)

1 だけは尊敬, でも訪問, にはとうとう, に思い焦がれた, は自慢, や黒, を訪問

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 か三矢, に出張, の叔母, の炭坑, の石炭, ふかく湛, 有り一池

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 だろうと, で前者, になっ, の越後獅子, は源平盛衰記, を名のり, を襲

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 が開かれた, と共に米, の繁栄, をロシヤ船, を開いた, を開かせた, を開き

▼ 三点鐘~ (7, 0.0%)

2 が鳴った 1 が鳴っ, が鳴りました, のこと, の鳴らぬ, を打つ

▼ 三番手~ (7, 0.0%)

1 いずれ結構上, いづれ結構, が撃ち込ん, の刺客, の買手, も同じ, も破れた

▼ 三百トン~ (7, 0.0%)

1 くらいの小, くらいの帆船, だった, という巨船, のロケット航空船, の十二ノット半, 積込み荷役

▼ 三百ドル~ (7, 0.0%)

1 せいぜいの, だと, で喜ん, で承知, にガタ落ち, は米貨, をふところ

▼ 三百マイル~ (7, 0.0%)

1 あり, の間, も向う, も航海, も行く, も離れた, 離れた丈

▼ 三百ヤード~ (7, 0.0%)

1 あった, あります, の瓦, の遠い, ばかりひっこん, ほどある, 進むと

▼ 三百五十~ (7, 0.0%)

2 の仕上げ 1 という現状, どころかただ, に, も討ち, 刷らせて

▼ 三百人以上~ (7, 0.0%)

2 ののろく 1 であった, で予期以上, と称されました, の農奴, 長い列

▼ 三百以上~ (7, 0.0%)

1 あったの, に達せり, の数字, の種類, もあり, も覚, 出るとき

▼ 三百六十~ (7, 0.0%)

2 や三千六百 1 だらう, のひとつ, の命, の骨, 第一辰

▼ 三百円位~ (7, 0.0%)

1 でおい, にし, のよし, の欠損, の金子, までとる, 出るには

▼ 三百歩~ (7, 0.0%)

1 にし, の彼方, の所, の距離, ばかり一直線, ばかり行った, ばかり進んだ

▼ 三百疋~ (7, 0.0%)

1 の収入, の年, の猴, ばかり来た, も谷間, を賜, を賜わった

▼ 三百目~ (7, 0.0%)

1 しかない, に相応, の体量, の綿, の鶏, ほどの雄鶏, もあらう

▼ 三百石取り~ (7, 0.0%)

1 か相当, と申します, のお, の旗本, の知行, の資産, の身柄

▼ 三百篇~ (7, 0.0%)

2 の詩 1 のうち, の註, は越し, も捕物, も書き続け得た

▼ 三~ (7, 0.0%)

2 に下落 1 との間, ならば, に騰貴, も余計, 遣るよ

▼ 三磅一〇シリング~ (7, 0.0%)

3 に下落 1 で売られる, で売ろう, ならば, の穀物百五十クヲタア

▼ 三社前~ (7, 0.0%)

2 の水茶屋当り矢 1 に通っ, の姐さん, の掛け茶屋当り矢, の水茶屋女, の茶屋女

▼ 三社様~ (7, 0.0%)

1 が夢枕, など数えたら, に至っ, の地内, の境内, の祭礼, もきのう

▼ 三等分~ (7, 0.0%)

2 したん, の必要 1 すれば, ですね, にし

▼ 三等客~ (7, 0.0%)

1 として空席, の中, の僕等, の学生たち, の見送り人, は皆甲板, は穴蔵

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 でかき廻した, で枝, の流れ, はまだ, へ石地蔵, をちょい, を担い

▼ 三~ (7, 0.0%)

4 の郎女 1 に据えかねる, の娘, を据え兼ね

▼ 三~ (7, 0.0%)

2 の山 1 つまりただ私, という大学生幇間, の山ゆ秋津, の讒言, は南海

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 がこれ, は予定, は列, は艦体, を一戦, を以て迎, を追い払わせ

▼ 三~ (7, 0.0%)

2 の軍勢 1 でありますから, の市民, の活動, や五萬ぢ, を率

▼ 三萬七千石~ (7, 0.0%)

2 の大名 1 と釣, の大, の家中, を沒收, を賭けた

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 には次, に入社, に續狗尾録, に轉, のその, まで出れ, 第四號

▼ 三議会~ (7, 0.0%)

2 に於ける 1 が十六日, に先立つ, に於, に臨む, の開院式

▼ 三貫五百~ (7, 0.0%)

3 の巨体 1 という位, という牛, のデブ, の体躯

▼ 三軒さき~ (7, 0.0%)

1 で棟上げ, に住ん, に鳥居清満, のうす暗い, の家, の煙草屋, の酒屋

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 とは宿命的, の平野, 二ヵ国の, 四ヵ国の, 地方にては, 州今切の, 駿信四州の

▼ 三郎神~ (7, 0.0%)

1 が海, とは何で, とは常に, なるもの, にぶつかる, の信仰, を持つ

▼ 三郎等~ (7, 0.0%)

1 でいずれ, に会, に召抱え, の被害民総代, の険しい, は祖父, 去る

▼ 三里余~ (7, 0.0%)

1 にわたる途, に足守, のところ, の所, の迦葉山, も畑, 速末水

▼ 三里半~ (7, 0.0%)

1 で海抜七千六百尺, ばかしの道, ばかりにし, ばかり離れた, ばかり黒羽, ほど距, 行くと

▼ 三間位~ (7, 0.0%)

1 あります, しか飛ばない, の処, の橋, はあろう, もあ, もある

▼ 三間後~ (7, 0.0%)

1 から追っかけた, に成つて, に立っ, に飛びのい, へ退いた, へ退り, を離れ

▼ 三~ (7, 0.0%)

1 からだ, に啼く, に響い, に鳴く, をば續, を失い, を連唱

▼ 三~ (7, 0.0%)

2 話し見たやう 1 ともやう, の第, を例, を吹き込んだ, を選ん

▼ 三馬鹿~ (7, 0.0%)

2 の記 1 という, と言われた, のつづき, の一人, の筆頭

▼ 三〇シリング~ (6, 0.0%)

2 から三三シリング 1 と交換, に下落, に値, に通用

▼ 三〇分~ (6, 0.0%)

1 しか経っ, である, と経ぬ, ばかりで帰っ, もたたぬ, も行く

▼ 三〇度~ (6, 0.0%)

1 ずつ上昇, に甚だ, に至っ, の凛烈, の時, まで行った

▼ 三くらい~ (6, 0.0%)

1 であったろうか, でしょう, な小坊主, な年恰好, 性質は, 狭く高さ

▼ 三だけは~ (6, 0.0%)

1 その位, そんなこと, できるだけ苦しめたい, 東京に, 負けたん, 食事が

▼ 三だった~ (6, 0.0%)

2 と思う 1 と申します, な, のに十月二十九日, 非常に

▼ 三ぶちゃん~ (6, 0.0%)

1 あれは, か, 君は, 山田伸吉と, 未だゐ, 等出席

▼ 三めぐり~ (6, 0.0%)

2 の土手 1 が済む, の女気, 七めぐり, 田圃を

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 と共に鎌倉, のこころざし, のため, の一行, の通り過ぎた, 若夫婦

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 で遣りかけるだ, ときどきパッと, とたどらせ, と八つ, と数え, はじめるぞ

▼ 三カ月前~ (6, 0.0%)

1 たしか去年, にさかのぼる, に三人, に自分, に親しんだ, の自分

▼ 三ツ峠~ (6, 0.0%)

1 が限界, の左, の悪場, へのぼつ, 向ふ, 或は黒岳

▼ 三ツ年上~ (6, 0.0%)

1 であったから, でした, で獅子ッ鼻, のおなじ, のその, のタエ

▼ 三ツ目入道~ (6, 0.0%)

1 が屍, だこれ, というの, どろどろどろ, の神尾主膳, もぬい

▼ 三ツ組~ (6, 0.0%)

3 の朱塗 1 にし, に編ん, の背広服

▼ 三ツ輪~ (6, 0.0%)

1 に結っ, のすき焼, の紅, の頭, は今, またつぶし

▼ 三ツ鱗~ (6, 0.0%)

1 だ, だし, の大紋, の幕, の紋, はあの

▼ 三トン~ (6, 0.0%)

1 ぐらい他, でちょうど, では, ということ, にし, にしちゃった

▼ 三ノット~ (6, 0.0%)

1 だ, という, と公表, の全速力, の当時, の速度

▼ 三パラグラフ~ (6, 0.0%)

2 は第 1 がこの, となった, においてただし, については本章末尾

▼ 三ペンス~ (6, 0.0%)

1 だけおい, だな, である, で茶色, のパン菓子, 払って

▼ 三ヤード~ (6, 0.0%)

1 くらいの所, のところ, の布, もない, 繰り出してから, 繰り出すん

▼ 三丁さき~ (6, 0.0%)

1 から風, の旅籠町辺, の村, の樹, までかえる, までかへる

▼ 三七どの~ (6, 0.0%)

1 がふた, としば, としめしあわされ, は丹羽五ろざえもんどのと, へみつ, もよぎなく

▼ 三万ドル~ (6, 0.0%)

1 ありますが, で買いかけた, で買う, に対し公立図書館, の大金, の紙幣

▼ 三万余人~ (6, 0.0%)

1 が籠城, そのあらまし, で石亭, という盛況, といわれる, をつれ

▼ 三世十方~ (6, 0.0%)

2 の諸 1 お見通し, とは, を坐, を蔽

▼ 三乃至~ (6, 0.0%)

1 五十五行を, 十四内外の, 四の, 四世帯ずつも, 四尺, 四面

▼ 三二年以後~ (6, 0.0%)

2 のゴーリキイ 1 に日本, の日本, の社会主義的リアリズム, 思わず呻

▼ 三五二号室~ (6, 0.0%)

1 ではない, で今日, という数字, の女, は到頭, へ午後三時

▼ 三人そこ~ (6, 0.0%)

1 へお, へころころ, へ丁稚, へ並べ, へ来, へ走

▼ 三人一組~ (6, 0.0%)

1 が二円, で市中, で請負仕事, なのよ, になつて, の読売

▼ 三人切り~ (6, 0.0%)

2 になった 1 か, だ, でこんな, という生活

▼ 三人口~ (6, 0.0%)

3 おも湯 2 を揃え 1 の明日

▼ 三人男~ (6, 0.0%)

1 がとび下り, が六人, が歩い, という評判, に飛び付いた, はコソコソ

▼ 三人私~ (6, 0.0%)

1 とお, とすれちがっ, の実兄, の家, は末子, を加え

▼ 三仏堂~ (6, 0.0%)

2 の前, の縁 1 のまわり, の役僧

▼ 三代め~ (6, 0.0%)

1 が後, で代々養, になる, の主, の子, の源氏

▼ 三位様~ (6, 0.0%)

1 お履物, がいらっしゃいます, がかわいがっ, が寮, のお, のお供

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 といふ小村, に面した, の村, は二三十戸, へ引つ返す, 川土呂部川の

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 から申します, と申す, によつて, の内, の前後, の弟子

▼ 三六五日~ (6, 0.0%)

1 でないため, ということ, と二四二一九八七九, と五時間四六分二二秒, にする, より五時間四分の三

▼ 三円位~ (6, 0.0%)

1 です, で出来る, で追返せ, なら私, まで御, 取れたの

▼ 三分の一以下~ (6, 0.0%)

1 ですむ, で足りるであろう, になった, に小さく, の地震力, は男

▼ 三分の割合~ (6, 0.0%)

1 でかう告げた, でせね, で入れ, で製した, で頭蓋骨, に錬り出した

▼ 三分利付公債~ (6, 0.0%)

2 の量 1 のある, は六〇フラン, ヲ交付ス, ヲ以テ交付ス

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 だけはそれでも, とむかい, に尽き, のひざ, はふつう, は運送屋

▼ 三匹目~ (6, 0.0%)

2 の馬 1 が食い殺された, の仲間, の奴, の生き血

▼ 三十だい~ (6, 0.0%)

1 で死んだ, なら取り返せるが, の人物, の年, の沢庵, の男ざかり

▼ 三十ぢ~ (6, 0.0%)

2 かい小づくり 1 かい和服, かい肥肉, やから, をなかば

▼ 三十ヤード~ (6, 0.0%)

1 くらいの後, とは隔てざる, にわたって二百個余り, ばかりのところ, ばかり泳ぐ, 即ち町

▼ 三十一文字~ (6, 0.0%)

1 で出来, と定まりたる, などの勉強, の歌, または二十八言等, をひねっ

▼ 三十一音~ (6, 0.0%)

2 の短歌形式 1 から成る, にはめこんだ, の和歌, の歌

▼ 三十七日~ (6, 0.0%)

1 かかって, にもならない, の船旅, の間, も掛た, も掛った

▼ 三十丈~ (6, 0.0%)

1 に余る, の虚空, もあった, もの斷崖, ようように, を掘っ

▼ 三十三分~ (6, 0.0%)

1 だそう, だつた, です, も考へる, を浪費, 着一時出発

▼ 三十二円~ (6, 0.0%)

1 いるから, であ, で買つた, で非常, の百倍, も滞る

▼ 三十二号~ (6, 0.0%)

2 から一人, で逢曳 1 という米, より四百四十五号

▼ 三十五圓~ (6, 0.0%)

1 そのうち, だつた, に價, の月給, もあれ, も取られたさうです

▼ 三十五枚~ (6, 0.0%)

1 かいて, の色紙, の額, ほどかいた, を書き下し, 書きました

▼ 三十人位~ (6, 0.0%)

1 ありますよ, が, が歩い, の積り, は一緒, まで居る

▼ 三十会場~ (6, 0.0%)

2 まである 1 のちょうど, までが残り, までのうち, をパス

▼ 三十余万~ (6, 0.0%)

1 が旌旗, に過ぎなかった, の, の大兵, の寡婦, の民衆

▼ 三十余年後~ (6, 0.0%)

3 の今日 1 に自分, の今, の斉明天皇六年

▼ 三十余年間~ (6, 0.0%)

1 に於ける, の勤勉, の好色生活, の私, の腰弁生活, はめざましい

▼ 三十八名~ (6, 0.0%)

2 しかありません, に二十, は裏山

▼ 三十六度~ (6, 0.0%)

2 であるが 1 ぐらい, の勝負, も試合, を下廻っ

▼ 三十六里~ (6, 0.0%)

2 の山道 1 にたらない, のアイビキ, もある, を歩い

▼ 三十分くら~ (6, 0.0%)

2 ゐで, ゐの 1 ゐあひだ, ゐか

▼ 三十分ごと~ (6, 0.0%)

1 にポウポウ, に学校, に巡回, に時計, に有る, に注射

▼ 三十分の間~ (6, 0.0%)

1 そして第, にどんな, に実に, に私, に資性穎悟, を永代橋

▼ 三十四五年頃~ (6, 0.0%)

2 までが最も 1 かに, から心掛け, のこと, まで講中

▼ 三十年目~ (6, 0.0%)

1 であった, で三尺二貫七百余匁, にはどうしても, には十億本以上, には必ず, に至っ

▼ 三十度近く~ (6, 0.0%)

1 ある時, なると, にもなる, の急, の急斜面, も揺れる

▼ 三十會場~ (6, 0.0%)

2 まである 1 のちやうど三分の一, までが殘, までのうち, をパス

▼ 三十束~ (6, 0.0%)

2 にした, を贈られた 1 で足る, も要る

▼ 三十歳以後~ (6, 0.0%)

2 に新た 1 では, にやる, に新, は東京

▼ 三十歳頃~ (6, 0.0%)

1 から政治, でしたが, までの彼, まではさ, までは普通, 迄はこれ

▼ 三十間堀春日~ (6, 0.0%)

1 にて昼餉, にて猿之助千代菊八郎等, に少憩, に徃, に立寄り, に赴き

▼ 三十階選士~ (6, 0.0%)

2 として最高, となる 1 になった, になつ

▼ 三十隻~ (6, 0.0%)

1 からの軍艦, ずつ一塊, でしたね, の潜水艦, の駆逐艦, をもって遊撃艦隊

▼ 三千フラン~ (6, 0.0%)

1 ある, いただきましょう, で暮らし, ほどもくだらない, を与える, を授ける

▼ 三千五百両~ (6, 0.0%)

1 で沢山, という大金, に負けさせ, は大金, ほどでございます, 出して

▼ 三千八百円~ (6, 0.0%)

1 それだけ有つたら, で譲り受けた, で買, という大金, の場所, の権利

▼ 三千法~ (6, 0.0%)

1 とほか, などという大金, に達し, ばかりせしめた, もあれ, 勝って

▼ 三千米以上~ (6, 0.0%)

2 の山 1 の天空, の峰, の高, の高峰

▼ 三千金~ (6, 0.0%)

1 です, にかえ, のため, もつぐなう, を何者, を都

▼ 三原則~ (6, 0.0%)

2 の如き 1 だけは動かすべからざる, の主旨, の正しい, を解釈

▼ 三右衛~ (6, 0.0%)

1 か, こういう訳, この筒, その顔, 困ったな, 聞くこと

▼ 三合会~ (6, 0.0%)

1 と哥老会, の会員, の会員全部, の教理, また一名銅銭会, や哥老会

▼ 三合入~ (6, 0.0%)

2 の徳利, の瓢箪 1 と申します, の大

▼ 三合配給~ (6, 0.0%)

2 などを公約, の公約 1 が先決問題, して

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 した, して, しませう, せずんば, せられよ, なさい

▼ 三商品~ (6, 0.0%)

2 のそれぞれ, の場合 1 の交換, の価格

▼ 三問題~ (6, 0.0%)

2 は比較的 1 だけは兎, となります, に及ぼす, に対しては死したる

▼ 三四人先~ (6, 0.0%)

4 に立つ 1 に木部, に立っ

▼ 三四十分間~ (6, 0.0%)

1 なら出来ます, はさほど, ほどもそれ, を要, 待つあ, 煉って

▼ 三四十羽~ (6, 0.0%)

2 の鴨 1 と群, にのぼるだろう, の鷺, も群れ

▼ 三四十里~ (6, 0.0%)

1 たちまちに, にて之, の距離, の間, まで進んだ, も歩い

▼ 三四年生~ (6, 0.0%)

3 の頃 1 に匹敵, のとき, の男女

▼ 三四日後~ (6, 0.0%)

1 に倫敦, に迫つた演説會, のこと, の事, の夜, の朝日

▼ 三四百年前~ (6, 0.0%)

1 にある, のイタリー, の欧州社会, の歌謡, の生活者, まで因

▼ 三四箇月~ (6, 0.0%)

2 は郷里 1 したところ, で駄目, のあいだ, の間

▼ 三四艘~ (6, 0.0%)

1 うかんで, ならず追い越した, の小舟, の某, の艀, を一組

▼ 三四通~ (6, 0.0%)

1 しまって, にとどまらない, はある, はあるべし, は必ず, も書く

▼ 三回め~ (6, 0.0%)

2 の発病 1 すなわち七月二十七日, の功名争い, の対面, の資金調達

▼ 三回位~ (6, 0.0%)

21 しか聞えない, しか通わない, は欠かさず, ゐ手紙

▼ 三回分~ (6, 0.0%)

2 書いた 1 くらいなら, の料金, は強い, 飲んだ

▼ 三~ (6, 0.0%)

3 の前 1 から柳橋, では小判, の藤屋

▼ 三夜講~ (6, 0.0%)

1 のよう, の前, の実例, の晩, の頭屋, は村

▼ 三大学~ (6, 0.0%)

2 の僧侶 1 から十六人, にはどこ, の堂々たる, の間

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 に, に享保年中, に於ける, に渡され, の雨, は此木下蔭

▼ 三~ (6, 0.0%)

2 を転々 1 と同じく, の例, は東北方, も皆

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 である, で鷹司殿, との間, の条, の現れた, へ一時

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 あったらしい脚, ずつの仏像, という有様, の眼球, 並びに一人, 併せて

▼ 三尊佛~ (6, 0.0%)

2 と言ふよ, の背景, をおく

▼ 三~ (6, 0.0%)

1 あって, が天, という虫, と結合, は小, を守る

▼ 三尺足らず~ (6, 0.0%)

2 の竹 1 の侏儒, の屋台, の福助頭, の黒い

▼ 三層目~ (6, 0.0%)

2 の左 1 で働い, に当る, に當, の白壁

▼ 三州岡崎~ (6, 0.0%)

1 の八丁味噌, の松平家, の生まれ, へひき揚げ, へ抜ける, をさし

▼ 三年がかり~ (6, 0.0%)

1 で探し廻った, で数万ドル, で聞い, で長, で集めた, の死

▼ 三年以下~ (6, 0.0%)

1 の体刑, の厳罰, の懲役, の禁錮, の要塞禁錮, ノ體刑

▼ 三年來~ (6, 0.0%)

1 あの方, に於ける, のお, の慣れ, は照, やつて來

▼ 三年分~ (6, 0.0%)

1 とって, の給料, の貯金, の金, 暑いに, 書きためて

▼ 三年四分の三~ (6, 0.0%)

2 の出生 1 ではなく, ということ, と見積り得よう, の全

▼ 三年忌~ (6, 0.0%)

2 の日 1 が三世, にはどうか, には袈裟一領家元, に今年

▼ 三年間私~ (6, 0.0%)

1 が夢, のいのち, はあり余る, は下鴨, は留學, は自分

▼ 三度四度目