青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「不安~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

下手~ ~下手人 下手人~ 下男~ ~下駄 下駄~ 不便~ ~不可能 不可能~ ~不安
不安~
~不審 不審~ ~不平 不平~ ~不幸 不幸~ ~不快 不快~ ~不思議 不思議~

「不安~」 7966, 86ppm, 1294位

▼ 不安~ (1185, 14.9%)

127 なって 72 なった 35 した 25 襲われて 24 なつて 23 なつた, 思って 16 襲われた 15 して 13 なる 11 駆られて 9 なりました, 襲はれ 7 かられて, 思いながら 6 なりだした, 感じた, 胸を, 襲われながら 5 おそわれて, したの, する, 感じて, 打たれた, 駆られながら 4 させて, なったが, なったり, なります, 思った, 思ったが, 脅かされて, 襲はれた

3 [21件] おののいて, かられた, させた, された, とらわれた, なったので, なりながら, なり出した, なり始めた, なるくらい, なるの, なるほど, をの, 思うこと, 思われた, 思われて, 怯えて, 戦いて, 戦きながら, 襲われました, 襲われること

2 [42件] さいなまれて, さいなまれながらも, させいら, させたの, させられて, しました, し出した, し悩ました, とざされて, とらえられて, なつたり, ならざるを, なり, なりだしたくせ, なり段々, なり落, なるので, なるもの, なる必要, なれば, みちた眼, 似たもの, 充たしめた, 囚われて, 圧されて, 堪えずして, 堪へないので, 思いました, 思う必要, 思われないでも, 思召し, 怯やかされ, 感じたさ, 感じたので, 感ぜら, 慣れるに, 脅かされる日, 襲われたが, 襲われたの, 襲われる, 身を, 駆られた

1 [536件 抜粋] あたしは, いよいよ兄高氏, いらいらさせられた, うながされて, うるんでる瞳, うろついて, おかれて, おきかえられない限り, おきかえるなら即ち, おさせして, おそわれた, おそわれたから, おそわれはじめたの, おそわれはじめました, おそわれフラフラ, おちいったが, おちいること, おちこんだこと, おとしいれて, おなりに, おののいた, おののく目差し, おののく野獣, おびえたふう, おびえて, おびえるの, おびえる心持, おびやかされて, おもったが, おもって, かすめられたので, かられだして, かられての, かられはじめた, かられる心情, かられ出したよう, かられ神, くらべても, くるまれて, さいなまれる様子, さえ襲われた, させずには, させたので, させたらしいので, させた儘, させないよう, させなかった, させました, させるつもり, させる原因, さまよい精神, されたよう, されて, されるか, さわがしたの, さ迷つて, しかれを, しその, したのに, したもの, したらしかった, したり, してる, しないだけ, しなければ, します, し世間態, し本能的, し自分, し饒舌, するか, すること, するため, するだけ, するだけで, すると, するという, するのよ, するばかり, するよう, する事情, する人物, する人間, する以外, する日本そのもの, する現実, する空気, する野蛮, せかれて, せき立てられて, せめられて, ぞくするもの, たうとう, たえきれなくなって, たえないよう, たえない残り, たえない面持ち, たえぬよう, たえぬ青ざめた顔, たえられなくなって, つつまれて, つれて, とらわれざるを, とらわれずには, とらわれたが, とらわれて, とりつかれて, とり合わなかった, なし悲しませる, なすの, なったから, なったこと, なっただけで, なったと, なったという, なったとき, なったもの, なったよう, なったらしくかわるがわる, なった健三, なった家庭, なった役人, なった彼, なった様子, なった風, なった黒馬旅館, なつたらしく, なつて別, なやまされて, なやまされはじめた, なやみました朝, なやんで, ならないでも, なりいっそ, なりお互い同士, なりこわく, なりしかし, なりたがりも, なりだして, なりて, なりどうしても, なりながらも, なりなにか, なりはじめた, なりはじめたが, なりましたから, なりましたので, なりますから, なりやっぱり, なりようやく, なりガサコソ藪, なり不自然, なり信用, なり出したの, なり出して, なり初めた, なり周囲, なり大学, なり子供達, なり彼女, なり憂欝, なり憂鬱, なり指先, なり湯たんぽ, なり犬, なり理由, なり疲れきるの, なり神経, なり結婚, なり翌日早朝, なり自邸, なり警報, なり路ば, なり近所, なり金, なること, なるたび, なるため, なるばかり, なるらしい, なるん, なる姫君, なる遠吠え, はなつて, はりつめられて, ひきしめて, ふと襲われた, ふるえて, みえる, みちた声, みちた幻覚, みちた憧憬, みちた横顔, みちて, みちびかれて, もうぢ, ゆがんで, ゆすぶられた, ゆられて, よつて, よつて充足, よつて希望, ドシンと, プラットホームを, ワナワナ顫へて, 一層確実, 一方では, 一變した, 京弥たちふたりは, 他ならぬ, 付きまとわれて, 似た寂寥, 似た感じ, 似た苛立たしさ, 借家を, 停滞する, 充ちた, 充ちた小さな, 充ちた生活, 充ちて, 充ち不平, 光って, 入口から, 冒されて, 刺激され, 刻まるるが, 加えて, 動いて, 動きます, 動揺し, 包まれて, 原因が, 同感し, 向けて, 向って, 囚えられ, 囚われ銘々心, 基づくもの, 堪えかねて, 堪えて, 堪えないので, 堪えないよう, 堪えなかった, 堪えぬ, 堪えません, 堪えられなかった, 堪えられなかったころ, 堪えられなくなって, 堪えられぬ憂鬱, 堪えられませんでした, 堪なかった, 堪へないこと, 堪へないもの, 堪へないやう, 堪へませぬので, 堪へられないの, 塗り潰されたの, 変へ, 夜を, 対向する, 對する, 導く媒, 就いて, 就いての, 川窪で, 引き入れねば, 引っ張られて, 引入れねば, 心が, 心づいたと, 思い, 思いつつも, 思いまして, 思い出して, 思う, 思うだろうし, 思うなら私, 思うの, 思う半面, 思う段, 思う者, 思ったぐらい, 思ったの, 思っては, 思つた, 思つて郷里に, 思はしめるやう, 思はないでも, 思はれた, 思はれないもの, 思はれるやう, 思はれ出した, 思ひながら, 思ひ出しましたの, 思ひ合, 思ふべき何物, 思ふ其懸念, 思わずには, 思わせるかも, 思われたが, 思われたの, 思われたので, 思われましたが, 思われること, 思われると, 思われるの, 思われるので, 思われるらしい, 思われる節, 思われ出した, 思召される, 思召す, 怯えついに, 怯えるとも, 怯え続け安定, 恐ろしく思っ, 息を, 悩まされて, 悩まされ始めた, 悩んで, 想像した, 感じたが, 感じたの, 感じたらしかつ, 感じはじめて, 感じましたから, 感じられた, 感じられて, 感じられました, 感じられると, 感じられるの, 感ずるの, 感ぜられた, 感ぜられて, 慄かれる, 慄へ, 慄へて, 慴え, 戦き弁明, 戦慄した, 押えつけられながらも, 拍手する, 捉はれ, 捉はれたらしい, 捉われた, 捉われ出した, 捕われたかの, 捕われて, 掴まれたか, 揺か, 揺れたろう, 攪き乱した, 攻めさいなめられながらも, 敗北した, 明け不安, 暮れた, 曇った, 曇らせた, 植幸の, 次ぐ恐怖, 歪んで, 殺して, 殺人犯人でも, 気づかないほど, 気まぐれに, 気を, 沈みながらも, 沈み混乱, 沈んだ人, 浸つて來, 満たされた胸, 満ちたささやきであった, 満ちた人, 満ちた現実生活, 源を, 滿たされ, 滿ち, 特にわが国, 狩りたてられ逃げても, 皮肉に, 直面し, 真蒼, 神経が, 私の, 私は, 空を, 空気を, 突かれたと, 突き抜くほど, 突つ込むなら, 立ち返るの, 結びつける憎みの, 絶えずおびやかされ, 締めつけられながら, 縮み上つて, 翻弄される, 考へて, 耐えないよう, 耐えぬものの, 耐え切れずついに, 耳を, 胸が, 脅えた, 脅えた番頭, 脅えてべ, 脅えながら, 脅かされ, 脅かされつつ, 脅かされるまでは, 脅かされ續, 自分で, 自分を, 致して, 苦しむこと, 苦しめられた, 苦しめられて, 苦しめられはじめたの, 苦しめられること, 落込まない, 蒸されながら, 蒼白と, 蔽われて, 襲は, 襲はれました, 襲はれる, 襲はれ出した, 襲れた, 襲れだした, 襲われかけたから, 襲われかけて, 襲われたらしく息, 襲われた二人, 襲われつつ, 襲われては, 襲われながらも, 襲われはじめた, 襲われはじめたという, 襲われはじめました, 襲われるという, 襲われるに, 襲われるの, 襲われるもの, 襲われ出した, 襲われ出したの, 襲われ出すの, 襲われ始めた, 襲われ始めるの, 襲われ帆村, 襲われ絶望, 覚えた者, 訴えるもの, 誘はれて, 責められるに, 踊り初めて, 較べれば, 輪を, 近い気持, 近い色, 近くまた, 迫られて, 追いかけられて, 追い懸けられ不安, 追はれ, 追われ何物, 追立てられ, 送り迎えされ始めました, 過ぎなかった, 達した, 閃く眼, 閉されたま, 閉された必死, 閉されるやう, 閉されるよう, 閉ざされた胸, 閉ざされて, 限らず一般, 陥しいれて, 陥った, 陥って, 陥れた, 陥れたの, 陥れたり, 陥れようなどとは, 陥れるよう, 顏を, 顔を, 顫へて, 馳られる, 駆られたので, 駆られた時間, 駆られはじめながら, 駆られるばかり, 駆られ出したシュナイダア夫人, 駆りたたれて, 駆りたてられるあまり心, 駆り立てられて, 駈られながら, 騒ぐ胸, 驅られ, 黙りこませられたよう

▼ 不安~ (1102, 13.8%)

104 感じて 52 感じた 20 感じながら 19 覚えて 16 覚えた 14 抱いて 12 感じたの 10 感じる, 感じ出した 8 感じないでは, 感ぜずには 7 もって 6 感じるの, 感ずるの, 懐いて 5 いだきながら, 与えて, 感じないわけ, 感じること, 感ずること, 持って, 覚ゆる 4 もつて, 感じだした, 感じ出して, 感ずるよう

3 [17件] いだいて, いだきながらも, おぼえて, 一掃し, 感じさせて, 感じずには, 感じたが, 感じたので, 感じたもの, 感じたり, 感じはじめた, 感じはじめて, 感ぜざるを, 覚えたの, 覚える, 覚えるの, 覚え始めた

2 [48件] おぼえる, お感じ, 与えるの, 与へ, 与へて, 云々する, 募らせた, 増して, 天候の, 孕んだま, 帯びて, 感じさせた, 感じさせるので, 感じその, 感じたと, 感じつつ, 感じては, 感じないと, 感じながらも, 感じはじめました, 感じる場合, 感じ初めた, 感じ始めた, 感ずる, 感ずると, 感ずるに, 感ぜずに, 抑えきれずに, 抱かずに, 抱かせたの, 抱きながら, 抱き始, 抱き始めたの, 有夫姦の, 無制限, 示して, 表は, 覚えさせられた, 覚えないでは, 覚えながら, 覚えながらも, 覚えるよう, 覚える程, 訴えた, 起して, 追究せよ, 除いて, 除去する

1 [606件 抜粋] あたえた, あたえまた, あたかも映画, あまねく日本, あらわして, あらわすため, いだかせて, いだかなかった, いだき出したり, いだき抗議, いだく必要, いやす事, おさえずに, おそれて, おぼえあわてて, おぼえしめないの, おぼえだした, おぼえるという, おぼえ自分, おもち, お互, お覚え, かくしては, かくすこと, かもしその, かもす経済事情, ききました, こ, ことさら隠す, これらの, ごまかして, さそふ匂, さへ, さらにあおり立て, さらに多く, さらに掻き立てる, しずめるよう, して, すこしでも, すつかり忘れ果てた程満足, すて得ないが, そらそうとは, た, だいぶ静める, ちゃんぽんに, つのらせるだけ, つのらせるばかり, できるだけ胸, とてもひとり, とりのけて, ながめて, なくして, なくしみな嘆き, なだめすかして, なだめて, なだめるもの, なだめる自然的心理, にれ噛んで, ぬき去った荷風, のぞきその, はぐらかすゆとり, はね飛ばそうと, はらいのけて, ひろげた, まき散らした, まぎらかさうと, まぎらさうとして, まぎらして, まぎらすため, まぎらす惨め, まぎらわしたいまま, まぎらわすため, まします, まぜた険しい, また新た, まぬがれること, みせて, みなぎらせたまま, もちはじめ, もったが, もってるのね, もっともいみじ, もつだけの, もつわけ, もつ者, ものとも, もらした, もらしたとの, よびさまして, よび起して, アングロ・サクソン人は, ツイ口に, 一刻一分の短時間に, 一掃したらしく, 一掃する, 不安の, 与うること, 与えた, 与えたか, 与えたこと, 与えたでありましょう, 与えたの, 与えは, 与えまい大局的, 与えました, 与えられずには, 与える, 与えるに, 与えるほど, 与えるほどに, 与えるもの, 与える結果, 与え何, 与え周囲, 与え正直, 与へずには, 与へるの, 与へる周囲, 世間に, 予知し, 云って, 今でも, 今日の, 今日まで, 今更の, 代表し, 代表する, 伝へた, 伴うの, 伴った, 伴つた, 伴ふ, 何度と, 俗世界の, 催した, 克服しよう, 克服し得ぬ, 克服する, 免かれた, 免れない, 其心に, 内容した, 凝視し, 分ちあつ, 募らせたが, 募らせて, 募らせる, 募らせるいっぽう, 募らせるばかり, 友人に, 反映する, 取り除くこと, 取り除くよう, 取除かせて, 叫んだこと, 否定した, 含んで, 告白した, 味わって, 呼びおこし, 呼び起した, 呼び醒まさずには, 呼び醒ました, 唆つて来た, 唆り, 唆り立てる, 唱えて, 国家存亡の, 圧迫した, 増した, 増したやう, 外に, 大きくし, 天使と, 夫人は, 室の, 察したらしく, 帶びた風物, 序した, 引きずり前方, 引き出された, 強ひ, 彼は, 彼女の, 彼等の, 得ようとも, 徹底させる, 忘れかねて, 忘れたといふ, 忘れたの, 忘れたり, 忘れて, 怖れた, 思いながら, 思い出すと, 思つて居た, 急に, 恐怖を, 想像した, 愚しく取越し, 感じさせずに, 感じさせられたはじめて, 感じさせられる, 感じさせられるよう, 感じさせるところ, 感じさせるの, 感じさせるやう, 感じさせる結婚, 感じそういう, 感じそれ, 感じたから, 感じたこと, 感じたため, 感じたやう, 感じたらしかった, 感じたらしくとうとう, 感じたらしく友蔵, 感じたらしく眩しい, 感じたらしく自分, 感じたるが, 感じた事, 感じた彼ら, 感じた時, 感じた石子刑事, 感じた結果, 感じた青年, 感じだしそれ, 感じだして, 感じだし自分, 感じてる猛獣, 感じないで, 感じないでも, 感じないという, 感じないばかりか, 感じなければ, 感じは, 感じました, 感じましたが, 感じまして, 感じませんでしたか, 感じみ, 感じやすい, 感じられたと, 感じるという, 感じるところ, 感じるもの, 感じるやう, 感じるよ, 感じる事, 感じる人, 感じる人々, 感じる代り, 感じる時, 感じれば, 感じ元, 感じ出したの, 感じ出したほど, 感じ出したもの, 感じ出すの, 感じ初めたの, 感じ報謝, 感じ始めついに, 感じ始めました, 感じ旅籠, 感じ水, 感じ焦躁, 感じ第, 感じ維新, 感じ自然, 感じ落着き, 感じ身, 感じ非常口, 感ずべきであるが, 感ずることさ, 感ずるこの, 感ずるごと, 感ずるところ, 感ずると共に, 感ずるには, 感ずるので, 感ずるらしくそれ, 感ずる必要, 感ず二十六, 感ぜしむることも一再, 感ぜしむるには十分の功力, 感ぜしめひいては, 感ぜぬ譯, 感覚の, 慮つて, 慰めたと, 慰めようと, 懐かなかつた始末, 懐きながら, 懐きながらも, 手つだう, 打ち明けようかと, 打ち消すため, 打消すこと, 払いのけようと, 抑えて, 抑え豪州防衛, 投げるよう, 投入する, 抱いた, 抱いたといふ, 抱いては, 抱かしめた, 抱かせまいと, 抱かせられたに, 抱かないで, 抱かないわけ, 抱きこの, 抱きながらも, 抱きはじめたやう, 抱き一人一人, 抱き同日, 抱くかも, 抱くに, 抱くよう, 押えつけること, 押えて, 押えること, 押し包んだやう, 押し包んだよう, 招来し, 持たせない口調, 持たないだらう, 持たないわけ, 持ちきたさずには, 持ち来し, 持ち過ぎ殊に, 持ったこと, 持ったり, 持つたに, 持つて, 持つ必要, 捺すって, 掻きおこすよう, 掻き立てたもの, 撚りを, 撫でさ, 支えて, 救う政治, 敬太郎に, 数へ, 数年前から, 暗示した, 未荘, 村の, 来たしたの, 根治しよう, 植えつけたの, 植ゑ付け, 植ゑ付けられ, 極めたもの, 構成し, 次から, 残しおられて, 残して, 殘し, 殘した, 浮べて, 消して, 消すこと, 消すため, 深かめ, 深くする, 深刻がる, 湛えた眼, 湛へた陰鬱な, 満喫する, 漠然といだい, 漲らした, 激しくされ, 激しく感じ, 点火し, 牧師に, 現した, 現わし, 生きて, 生むもの, 生れてから, 生涯の, 目に, 直感した, 相川良之介が, 眉に, 知らず過去, 知らぬ俗物さ, 知らぬ阿父, 確めず, 確める, 示せば, 社会不安に, 禁じる事, 禁ずること, 私が, 私に, 突然感じた, 紛らわすため, 経験した, 経験する, 絶つこと, 絶叫し, 考えて, 考えると, 考慮した, 耐へ, 背景として, 胸に, 胸の, 脱出しよう, 自ら持つ, 自己目的として, 與へ, 與へる, 色づけ, 苦しんで, 表して, 襲ふための, 覆いかくしがたい, 見せるよう, 見た, 視つめて, 覚えさせて, 覚えさせないよう, 覚えさせられなくては, 覚えたくらい, 覚えたこと, 覚えたので, 覚えたものの, 覚えたらしく, 覚えだすと, 覚えてる家畜, 覚えない, 覚えない俗物さ, 覚えなかった, 覚えましたが, 覚えるなら仮り, 覚えるやう, 覚えるらしい, 覚える位, 覚える貪婪, 覚え出した, 覚え出したこと, 覚え初めた, 覚ったと, 覺えつ, 覺えて, 解決しよう, 解決する, 訴えたこと, 訴えて, 訴えるほど, 訴えるもの, 詩酒遊芸の, 認め伸子, 誘った, 誘はれた, 誘ふ, 語りあうさえ, 語りまた, 語り合って, 語り摘発, 語るもの, 説いて, 豫感した, 豹一の, 質問の, 賭けての, 起こさせない方便, 起こす程度, 起させ誰, 起しあは, 身に, 追い払うため, 追っかけるよう, 追って, 追払わせる物語, 逃れるため, 逐い退けようとして, 連れて, 遠い過去, 避けようと, 醸成し, 鎮めまた, 長く続ける, 除きその, 除きたいと, 除くこと, 除くため, 除くだけの, 除くべき魔よけ, 除却する, 隠して, 隠そうと, 非常に, 面いっぱいに, 齎したの, 齎し何

▼ 不安~ (1026, 12.9%)

25 気持に 23 顔を 20 気が 16 気持が 15 のだ, ような, 眼を 11 ものが, 気持で 10 ものを 8 のは, 気持ちに, 気持を 7 のである, 一夜を, 空気が 6 のか, のです, 心持が, 感じを, 空気を 5 いやな, 予感に, 心持に, 感じが, 気も, 気持の, 眼付を, 面持で

4 [11件] ものに, 予感が, 影が, 心持で, 期待に, 気持ちを, 状態が, 状態に, 眼で, 胸を, 色を

3 [24件] ことだ, ものである, んだ, 一瞥を, 予感と, 動揺に, 影を, 心持を, 思いが, 思いで, 思いに, 感が, 感情を, 日が, 日を, 様子が, 様子は, 気持は, 氣持が, 生活を, 表情を, 視線を, 顔つきで, 顔つきを

2 [85件] かんがへに, ことなどは, ことは, それかと, ところが, とも何とも, におい, のさ, のだろう, のであった, のであらう, のよ, ものだ, もので, ものは, やうで, 一夜が, 一語を, 不快な, 中にも, 予感で, 予感を, 人を, 冷たいもの, 印象を, 噂が, 境遇に, 夢を, 心で, 心もちに, 心を, 心地で, 心地に, 心持ちで, 心持ちに, 思いから, 思いを, 恐怖に, 感じ, 感情に, 手さぐりも, 日常の, 時が, 暗い影, 期待が, 期待の, 期待を, 未来を, 様子を, 気に, 気もちに, 気を, 気分に, 気持ちが, 気持でがや, 氣持を, 淋しい事, 点が, 点を, 状態である, 生活に, 病気に, 目を, 眉を, 眸を, 眼が, 眼つきを, 瞳を, 神経を, 空気に, 空気の, 空気は, 胸の, 胸騒ぎが, 胸騒ぎを, 自覚が, 衝動を, 豫感に, 部分が, 顔し, 顔で, 顔と, 顔付で, 風説が, 魅力で

1 [464件] あくびを, あやしい道, うしろ髪ひかれる, うちに, うちは, おの, お気持ち, かなしい所, からだ, がたがたした, けはい, ことが, ことで, ことであります, ことに, ことばかり, ことを, この感じ, さなかで, さびしい日, ざわめきが, しかし不確か, しかも好奇, せいかも, せかせかした, そして孤独, その好奇心, つつみどころ, とき, ときは, ところから, ところも, なまぬるい生, のかも, のだった, ので, のであろう, のでこれ, のでございます, のでただ, のでまた, のでもう一度, のでエフェドリン八錠服用, のでエフエドリン一錠半服用, ので下, ので中間, ので千枝松, ので却って, ので唱歌, ので御, ので掏摸, ので李, のにどうして, のよね, はなし, ほどみごと, ほど平身低頭, ほど故, ほど簡単, まなざしを, もどかしさ, ものかも, ものだった, ものだつた, ものです, ものと, ものの, やうな, やら不愉快, やら悲しい, ようすを, ようで, ようであり, ようでも, ように, わけで, わけであった, をのの, んじゃ, んです, キシリ声から, サイレンを, ジメジメと, センセーションを, ソヴェト文学の, ポプラの, 一夜, 一夜だ, 一日一日を, 一点が, 一致が, 一週間を, 一面を, 上に, 上方から, 上眼づか, 不味い朝, 不定な, 不審に, 不快な曇り, 不思議な, 不愉快な, 不滿, 不確かな, 不穏な, 丑松の, 世の中でも, 世界に, 世界ばかりに, 予想が, 予想に, 予感の, 予期に, 予覚の, 事がら, 事で, 事も, 人の, 人心を, 何物かを, 余裕では, 作為の, 作用が, 健康は, 健康状態とを, 兆しが, 兆しを, 光輝を, 処が, 出来ごとは, 切ないいく度, 前途に対して, 動き方を, 動掻の, 動揺が, 動揺した, 動揺は, 印象が, 危っかし, 友だちでは, 反射を, 吹込みを, 周囲の, 呻吟, 呼吸に, 唇と, 囁きは, 囚人らを, 四つ辻も, 土地には, 圧迫から, 執拗な, 場合には, 塊が, 声で, 声を, 夕日の, 夕飯を, 外観を, 夜を, 夢うつつの, 夢と, 夢に, 夢路を, 大衆こそ, 天候でした, 天地に, 太平洋路を, 失業という, 好き方だった, 好奇心は, 姿で, 威圧を, 嫌な, 子どもらしい, 存在は, 実体の, 実例が, 容態そのものの, 容態でさえ, 寂しそう, 将来と, 居心地の, 市民も, 帰途に, 年の, 年月の, 幻惑が, 底に, 底流を, 当てで, 形式, 影, 影と, 彼女の, 待ち遠しい時, 心が, 心と, 心もちでございました, 心もちは, 心持だ, 心持だけに, 心持ちから, 心持ちが, 心持ちを, 心持にも, 心持も, 心配な, 念が, 念に, 念を, 念慮は, 思い, 思いの, 思いばかりが, 思を, 思惟は, 怪しげな, 恐れが, 恐れそれは, 恐ろしさ, 恐怖を, 恰好に, 悒鬱な, 悔や, 悩ましい一夜, 悩ましい思い, 情報が, 情愛に, 情調と, 想いを, 想ひ, 想像が, 感じで, 感じと, 感情, 感情も, 感覚を, 感触を, 態度で, 憂欝の, 懸念とに, 戀を, 戦いは, 戦争の, 戦慄を, 所が, 手紙は, 掏摸の, 推測は, 擾乱を, 收入に, 政府は, 数分が, 数日を, 方へ, 旅でない, 旋風に, 日の, 昂奮の, 春の, 時で, 時の, 時を, 時代で, 時代に, 時期だ, 時間を, 暗澹たる, 月の, 朝が, 朝食を, 未知に, 枕に, 様な, 様子, 模様に, 模索を, 樣子で, 橋を, 此の, 歩行を, 毎日の, 毎日を, 気だけに, 気は, 気もちが, 気分が, 気分であった, 気分である, 気分と, 気分の, 気分を, 気持, 気持だった, 気持ちだった, 気持ちで, 気持ちでした, 気持ちの, 気持ちは, 気持ちも, 気持でした, 気持という, 気持も, 気持一杯で, 気色を, 気配は, 気配を, 氣も, 氣を, 氣持からは, 氣持で, 氣持に, 氣持にな, 氣持は, 沈黙が, 油断の, 淋しいこと, 激しい生命, 瀬戸際まで, 焦慮を, 焦燥に, 焦燥の, 焦燥を, 焦躁と, 焦躁を, 焦躁感を, 燈火はを, 物の, 物音が, 状態, 状態で, 状態です, 状況に, 狡猾な, 現代日本で, 現状で, 生から, 生活が, 生活などを, 生活の, 由左様, 界へ, 異常の, 疑いは, 疑いも, 疑念に, 病気であった, 病状だつた, 白鳥の, 目で, 目と, 目付で, 眉の, 眠りに, 眼つきで, 眼つきに, 眼つきや, 眼付きを, 眼付で, 眼光で, 眼差しで, 眼差しを, 眼差の, 眼附を, 睡眠に, 瞬間も, 瞳広い, 社会状態に, 程の, 程度の, 程胸に, 空模様が, 空氣が, 空氣に, 空虚と, 立場にも, 笑いを, 第三期, 箇所が, 精神だ, 精神を, 結末を, 緊張の, 緊張を, 美に, 翳が, 老人にとって, 考えは, 考へが, 耳へ, 胸で, 自負心は, 興味で, 船だった, 色が, 色っぽい眼付, 色どりの, 色は, 色も, 芽だった, 苦しみは, 苦痛に, 荒々しい力, 落著か, 血が, 衝動に, 表情が, 表情で, 表情に, 視線が, 視線の, 親切者を, 誘惑を, 語気を, 読者の, 調子で, 諷諭をも, 謎が, 謎と, 謎に, 警戒の, 豫感は, 足で, 足どりの, 足の, 足を, 足音の, 身ごなしに, 身の, 追想が, 逃走で, 遊びは, 道連れと, 閑散の, 間隔である, 関心に, 雰囲気を, 雰圍氣によ, 雰圍氣の, 雲と, 面もちを, 面を, 面持, 面持ちで, 面持ちを, 面持であった, 面持を, 音色を以て, 響きが, 頼りない, 顏を, 顔いろはかれ, 顔とは, 顔は, 顔も, 顔付を, 顔色を, 食料の, 餘計な心づかひ, 驚きと, 魅力を, 黒い雲, 點は

▼ 不安~ (815, 10.2%)

39 念を 37 念に 34 色が 23 ために 20 影が, 念が 17 うちに 15 色を 14 中に 11 眼を 10 影を 9 文学 7 うちにも, 底に, 状態に, 種に 6 中にも, 文学という, 文学の, 裡に 5 上に, 念は, 気が 4 いろが, なかに, 様子を, 気持から, 種であった, 種を, 空気が, 胸を, 雲が

3 [11件] なかにも, ままで, ようにも, 原因は, 心を, 念から, 思いを, 情が, 方が, 日を, 眼で

2 [46件] せいか, ないよう, ままに, やうで, ようで, ように, 一夜, 一夜を, 中でも, 伴ふ, 内容が, 分子が, 原因が, 原因に, 原因を, 哲学とか, 影は, 心持ちを, 念で, 念と, 念の, 思いが, 想いを, 感が, 感じを, 文学が, 文学を, 旋風が, 時代には, 暗い影, 根を, 気分を, 気持が, 為に, 無いところ, 状も, 相貌を, 眉を, 種と, 興奮が, 色で, 色に, 色も, 表情が, 雲の, 面持で

1 [338件] あったこと, あとから, あまりたがい, あまりどうせ, あまりぶるぶる, あまり寝, あまり死に, あまり無, あまり立ち上った, あること, あるべき何物, ある呂宋兵衛, ある様子, おかしさ, おそれない正義感, かげに, かげを, かたまりが, かたまりであった, かたまりは, きざしたこと, こころ, こころを, ことな, ことを, こもったそういう, こもつたもの, ごときもの, せいによる, せつなさ, ためかえって, ためかしら, ため目の, ため足も, どん底に, ないいくら, ないこと, ない一時間, ない人間, ない夫人たち, ない時間, ない程度, なくなった, なくなった証拠, なさそう, においを, ひとつで, ほうが, ほどは, まじりあった表情, ものであった, やうに, ゆえに, ようでも, ような, ナゾと, 一つである, 一つの, 一夜が, 一大原因と, 一度に, 一日が, 一時, 一番深い, 下にも, 不断に, 不断の, 中から, 中へ, 中を, 久しいうち, 予感が, 予感一座を, 予覚である, 二種類, 交錯した, 伴うもの, 伴わない結婚, 位置を, 体にて, 余りの, 余り虫眼鏡を, 光りが, 光を, 入混, 内には, 凝視は, 凝視を, 出所が, 前には, 動揺だった, 動機には, 募るたび, 化身の, 危急を, 原因の, 原理だ, 去らないやう, 反映だ, 叫びを, 同じ高, 吹雪が, 呼び声の, 哲学と, 哲学という, 哲学として, 哲学にまで, 哲学は, 哲学を, 問題が, 因に, 国際関係を, 圧迫が, 基調を, 境に, 境涯に, 壊れ落ち, 声を, 夏も, 外に, 夢に, 大根に, 姿も, 子よ, 実質は, 客, 対象だった, 屬する, 嵐が, 常闇は, 平地を, 年と, 幾分を, 度も, 廷臣たちは, 強い割合, 形で, 影さへも, 影に, 影ばかりが, 影も, 彼方に, 徴候であった, 心から, 心持で, 心持を, 心理を, 念, 念いを, 念という, 念との, 念も, 思いで, 思いに, 思を, 思想などは, 思想の, 怯え, 恐れが, 情に, 情は, 想いに, 想ひ, 意味なら, 意識も, 感じに, 感じは, 感じも, 感を, 感情である, 感情という, 感情といった, 感情を, 憂を, 憂色です, 戦いであった, 折だ, 指示的な, 挙動を, 揺ぎも, 故に兄, 故に大, 文学と, 文学とか, 文学とかが, 文学について, 文学は, 文学を通じて, 文学提唱その, 文学提唱に際して, 方だけ, 方は, 方を, 旅に, 時代, 時代だ, 時代である, 時期であった, 時期を, 最も忍び, 最大の, 期待に, 本質だ, 材料がは, 来るはず, 根本原因である, 根源は, 根源を, 森の, 極みだ, 極点に, 極限に, 様だつた, 様で, 様にも, 様子が, 様子であった, 様子なる, 権利を, 正体を, 歴史が, 気に, 気の, 気持だけが, 気持とでも, 気持に, 気持は, 気持を, 気色を, 気雲の, 氣持を, 波が, 波立ちを, 海に, 淵に, 淵まで, 混乱した, 渦が, 渦巻の, 溜息を, 漣, 潮流は, 激しさ, 点で, 点において, 点を, 為めに, 無い優等生, 無い社会, 爲將軍日光社參延引を, 特別な, 状が, 状態, 状態が, 状態で, 状態にも, 状態の, 状態を, 理由が, 生を, 生活を, 的を, 皺が, 目を, 目的物たる, 直感が, 眉根を, 眸で, 眸を, 眼つきを, 眼付で, 瞬きを, 瞳を, 社会的基礎, 程度より, 種から, 種だった, 種だつた, 種で, 種とは, 種は, 究極に, 空気に, 空間の, 第二夜, 絶えないこと, 絶えないその後, 絶頂に, 緊張の, 翳が, 翳は, 翳や, 胸に, 能力を, 良心的な, 艱苦を, 色なり, 色は, 色を以て, 色濃く, 蔭が, 衝動力が, 表情, 表情では, 表情を, 裏に, 裏打ちなし, 裡から, 裡にも, 複雑な, 要素が, 解決を, 言葉を, 説を, 説法が, 重大原因を, 錘を, 鎮静を, 間に, 闇が, 除去, 除去とは, 陰影が, 陰影を, 雲であった, 雲に, 雲は, 雲を, 面から, 面にも, 面を, 面持に, 顏色が, 顔いろ, 首を, 驚きであった, 體にて, 黒雲に

▼ 不安~ (619, 7.8%)

30 あった 17 ある 12 頭を 9 湧いて 7 あつた, 彼の 6 あります, あるの, ないでも, 彼女の, 襲って 5 ありました 4 あったから, あって, あつて, こみ上げて, 増して, 彼を, 忍んで 3 あるから, あるならば, あるので, あるわけ, お前を, 私の, 胸に, 胸の

2 [43件] あったもの, ありましょう, あるばかり, いよいよ募っ, おせき, こみあげて, つのりました, ない, ないこと, アリ, 人々の, 何時の間にか入れ, 出て, 募って, 去ると共に, 増大し, 大きかった, 家中に, 常に心中, 彼女を, 微かに, 心の, 心を, 急に, 感ぜられたから, 次第に大きな, 残って, 流れて, 渠に, 満ちて, 潮の, 無いでも, 犇, 生ずる, 私を, 聞いて, 自分に, 萠し, 襲つて来る, 言葉を, 起つて, 這入る, 響いた

1 [364件] あったの, あったので, あったらしく, あったらしくそれ, あの人, ありません, ありパリー, あるからと, あるからよ, あるし, あるため, あるでせうが, あると, あるとき, あるところ, あるなんて, あるん, ある動揺, ある場合, ある様子, あれば, あればこそ, いっぱいで, いつの間にかまた, いつぱいになつて, いつも落ちつき, いよいよ増大, いろいろと, おありで, おこって, おそって, お国, お藤, かすかに, かすめた, かれを, きざして, きざし始める頃, きまった箇所, ぐんぐん胸, この沙汰, これほどまでに, これまでにも, ございますから, さう, させたもの, さらに恐怖, しつづけて, して, じいっと仕, すぎたよう, すぎ伸子たち, すぐに, すこし恥かしく, せまって, せまりはじめて, そこから, そして生涯, その後から, その胸, その顏, その顔, それから, それである, それを, そろそろと, ぞくぞくと, だんだん募っ, ぢり, つきまとった, つき纏って, つて彼を, つの, つのって, つのれば, つよくなった, ともすれば私, どうしてまた, どうなる, どこかの, どこから, どす黒い湿った, どのよう, ないから, ないそう, ないだけの, ないで, ないと, ないの, ないので, ないよう, なかった, なくその, なくなって, なくなるもの, なくなるわけ, なくむしろ, なくも, なぜである, にわかにつのりました, のけがたい, のしかかって, はじまるの, ひしひしと, ひそかに, ふっと掠めた, ほかの, ぼくには, まぎれるの, ますます大きく, ますます大きな, ますます濃く, また人, また新, また蘇っ, また起っ, まだ拭われないらしく, まだ消え去らず, みなぎって, むらむらと, もう抑えきれない, やまないよう, わいたから, わいたの, わいて, わかるよ, われを, インテリの, ガタガタ体を, コミ上げ, ムラムラと, 一刻一刻に, 一同の, 一層強く, 一時に, 一番大きかっ, 一見まるで別, 上って, 不安に, 不安を, 予想される, 事実と, 事実容易な, 二人の, 二人を, 交錯し, 人々を, 今までは, 今僕の, 他の, 伝わるもの, 伴うの, 伴ひ, 伴わなくなった, 伸子の, 何とはなし, 何処からとも, 何時の間にか心, 俺の, 倍加し, 僕の, 僕らの, 僕を, 先に, 入道雲の, 全くない, 全く除かれ, 全く除かれた, 兼子の, 再び僕, 切迫し, 加わって, 募った, 募ったの, 募つて, 募るにつれ, 匐いあがっ, 北原はじめ一行の, 単に個人, 去ったという, 去った代り, 去らずこれから, 去りません, 去るの, 双方の, 吉田の, 同時に小野さん, 固より, 塊の, 増し取り沙汰, 増す, 多少は, 大きくなっ, 大きくのしかかっ, 大御心, 大衆の, 大衆的組織を, 女史の, 始めて, 始めて庸, 始中, 始終私, 始終附き纏っ, 始終頭脳, 子の, 宗教復興に, 宗教運動と, 宿って, 寂しい家, 小さな胸, 少いから, 少年たちの, 少年を, 巣くって, 左門の, 常に潜ん, 幸にも, 幾晩もつ, 引き離された時, 強くなった, 強まると, 彼に, 彼にも, 往々に, 心に, 思いやられる, 恐怖と, 想像せられなけれ, 意識の, 感じられた, 感じられたから, 感じられて, 感じられるの, 感ぜられた, 感ぜられたので, 感ぜられて, 感ぜられるの, 慢性に, 我々の, 手を, 抜け出て, 押しかけて, 持ちあがりました, 掠った, 揺れはじめた, 救われないという, 新しい芽, 新たな, 既にその, 日増しに初め, 日本の, 時々彼, 時間的に, 本体だ, 来た, 極度の, 様々の, 次第にはっきりした, 次第に私, 次第に順造, 正成の, 歩く度び, 残った, 残るが, 汽車に, 沁み込んで, 沈静に, 浮びどんな, 消えないので, 湧かないでも, 湧き立って, 湧き起る, 湧く, 満ちた夜, 満ち満ちて, 源氏の, 滲まぬでも, 漂いました, 漂い初め, 漂って, 漲った, 漲って, 潜んで, 濃くなった, 濃く淀ん, 無いで, 無くなったと, 無く子, 燭を, 現れて, 現在の, 理解できる, 生じたので, 生じて, 生れる餘地, 甦って, 目の, 真面目に, 社会不安に, 社会不安や, 社会全体の, 突然はつきり, 窺えよう, 窺へ, 立ち戻つて來, 立て罩め, 籠って, 絶えずあつ, 絶えずおそっ, 絶えずかれ, 絶えずつきまとった, 絶えず少年, 絶えず身, 続いた, 続くもの, 羽が, 肉体に, 肌身にまで, 育ちはじめて, 胸いっぱいに, 胸へ, 胸を, 胸中を, 自分の, 自由に, 色濃く残っ, 萠した, 葉子の, 蟠まつて, 襲ひかかり, 見えて, 覚えられる浮舟, 解決されない, 解消した, 誰の, 貞雄の, 走つた, 起って, 起つた, 起り制止, 起る, 起るこれ, 起るので, 起るん, 身を, 迫って, 遂に一応家財, 醸されて, 重い石, 重苦しくの, 金や, 鋭く掠つた, 閃めいた, 関東方に, 附き纏って, 附纏う, 附纏ふ, 雲の, 静まる, 非常に, 首を, 高まった, 高まって, 鬱積した

▼ 不安~ (539, 6.8%)

14 恐怖に 9 恐怖の 8 疑惧 7 なって, 恐怖を 6 動揺とを, 怖れ 5 恐怖とに, 恐怖との, 焦躁に 4 いうほど, 恐怖とが, 淋しさ, 焦燥に, 焦燥の

3 [13件] 心配とが, 恐怖が, 恐怖で, 恐怖と, 混乱と, 焦躁と, 焦躁の, 結びついて, 絶望に, 羞恥に, 苦痛とを, 苦痛に, 苦痛を

2 [43件] いえば, それに, であった, なった, 不眠とに, 云ふ, 動揺とは, 単調が, 危惧とを, 希望とを, 幸福とが, 後悔の, 心痛が, 心痛とを, 心細さ, 恐怖とは, 恐怖は, 憂鬱に, 敗北を, 期待とに, 期待に, 死の, 混乱とを, 灰の, 焦慮の, 焦燥とに, 焦燥とを, 焦燥を, 焦躁とに, 焦躁との, 焦躁とは, 焦躁とを, 狂気に, 疑惑の, 疑惑を, 緊張が, 緊張は, 缺乏の, 自信の, 興奮とを, 苦痛と, 虚無とが, 驚愕とが

1 [322件] あきらめの, あとに, ありがたさ, あるおこがまし, ある意気地, いうか, いうより, いっても, おそれとにをの, およそ荒木, かなしみが, からみあって, このま, このまま気, これらが, さてそう, して, すべきか, すり変え, する説, せずに, そうして散漫, そぞろな, その賞め言葉, それから兵馬, たくらみと, ためらいを, とりわけ憂慮, どうして彼女, どっちつかず, なつた, なつて, なり不安, なり混乱, なるに, なるもの, はかない喜び, はげしい仕事, もう一つ, もちが, ミケランジェロの, 一種の, 七分の信力を, 七分の安心で, 三分の自信を, 不信との, 不審に, 不平が, 不平とが, 不平に, 不幸との, 不快とに, 不快との, 不快の, 不快を, 不愉快との, 不愉快とを, 不満とが, 不満を, 不滿, 不賛成とを, 争つてゐた, 云う側, 云ったらいい, 云っては, 云っても, 云へば, 云われるもの, 今では, 今までとは, 其不安の, 再建, 分裂と, 別につ, 動亂とに, 動揺とが, 動揺とに, 動揺との, 動揺の, 動揺は, 動搖と, 動搖とは, 動搖とを, 勝気と, 卑下とが, 危惧とが, 危惧を, 危懼と, 危険とから, 危険の, 取り救濟, 同じな, 同じ性質, 同意語に, 同時であった, 同時にこれ, 同量, 呼ばれるなら慎一, 哀愁とが, 喜びとが, 喜びとを, 嘆きを, 困惑と, 困惑の, 困難とに, 圧迫感に, 壓迫と, 夫れ, 失望で, 失望とで, 好奇心で, 好奇心とに, 好奇心の, 好奇心を, 妬心とが, 嫉妬であった, 嫉妬とが, 嫉妬との, 嫉妬とを, 嫌忌を, 嫌悪が, 存ずるなれば, 孤独感とで, 安い労働賃銀, 定着との, 寂寞の, 寂寥と, 寂寥とが, 寂寥に, 寂愁とが, 寒さ, 尊敬とを, 少しばかりの, 希望の, 弛緩とが, 当惑とが, 彼が, 後悔とが, 後悔に, 得体の, 心苦しさ, 忿懣に, 怒り, 怒りに, 怖れであった, 怖れである, 怖ろ, 思いながらも, 怪訝と, 怪訝に, 恐れが, 恐れとが, 恐れとに, 恐れに, 恐ろしい疑惑, 恐怖, 恐怖とで, 恐怖とを, 恥しさ, 悔恨とが, 悔恨とで, 悩みが, 悲哀とが, 情なさ, 惑乱と, 愉楽とを, 意地を, 感じられないで, 慌忙し, 憂愁の, 憂慮とを, 憂慮を, 憂鬱が, 憂鬱とが, 憂鬱とに, 憂鬱の, 憎悪と, 憐れみとが, 憤りとを, 憤慨との, 憤懣の, 憧憬とを, 憧憬を以て, 懊悩とに, 懊悩を, 懐疑と, 懐疑に, 戦いながら, 戦つ, 戦争による, 戦慄の, 手に, 抑圧との, 擾亂それが, 政治的革命とを, 新しいこと, 昏迷とに, 暗い思い, 暗さ, 暗黒が, 暗黒に, 期待, 期待の, 様々な, 殺気とが, 殺気とで, 気づかいと, 沈静とが, 洞察によって, 浮説は, 混ぜ合せたよう, 混乱との, 混乱の, 混迷とを, 混雑とより, 混雑とを, 混雑の, 満足と, 溶けあつ, 滿足とを, 激しい乱打, 無戦意, 焦りを, 焦慮とが, 焦慮とは, 焦慮に, 焦燥から, 焦燥が, 焦躁が, 焦躁で, 焦躁とから, 焦躁とを以て, 焦躁は, 焦躁を, 焦躁苦悶の, 煩悶を, 煩累とを, 爭つてゐた, 片時も, 物足りなさ, 猜疑と, 猜疑に, 猜疑の, 生活の, 畏怖と, 畏怖との, 疑いとに, 疑いに, 疑いの, 疑いを, 疑問を, 疑念が, 疑惑とを, 疑懼とに, 疑懼とを, 疲労とが, 疲労とで, 盲目に, 相俟, 矛盾とが, 窮乏とに, 粗暴とを, 結びつけば, 結びつけること, 給料の, 絶対的な, 絶望が, 絶望と, 絶望の, 絶望感に, 緊張から, 緊張とが, 緊張に, 緊張をな, 罪の, 羨望が, 考えたら堪らない不安, 胸騒ぎとを, 脅威が, 脅威とを, 脆さ, 臆病さから, 自負の, 興味とに, 興味とを, 興奮とで, 苦しみも, 苦悩勇気と, 苦悶とを, 苦痛そして, 苦痛の, 要求を, 見たか, 親の, 言えば, 詮索が, 警戒と, 責め問われる, 足が, 躊躇が, 軽い恐怖, 迷いに, 遊ぶこと, 遣瀬, 闘って, 闘つた, 闘ふ, 闘争の, 険悪さは, 離隔と, 頽廃とに, 飢餓と, 饑えとで, 饑餓で, 驚きと, 驚きとを, 驚きを, 驚奇との, 驚奇とを, 驚愕が, 鬱気とが, 魅惑とを

▼ 不安~ (364, 4.6%)

6 いよいよ大きく 5 ない 4 なかった, 彼の 3 いよいよ募っ, ないが, 募るばかり, 去らない, 去らなかった

2 [19件] あった, その不安, それを, どうした, ます, まだ消えない, 事物に対する, 人と, 依然として不安, 刻々に, 増して, 増大し, 学校時代に, 常で, 情念の, 日の, 極点に, 次の, 追

1 [292件] あったが, あったものの, あっても, あつて, あながち酩酊, あのハンチング, あります, ありません, あるが, あるという, いい替えれ, いかばかりだろう, いかばかりであろう, いっこうに薄らがぬ, いっそう募っ, いつでも, いまだに, いままでの, いよいよつのっ, いよいよつのりました, いよいよ加わっ, いよいよ募り, いろいろの, おかけ仕りませぬ, お持ち, けっして起し得なかった, このとき一掃, この町, これから先何度, こんなところ, ございません, さらに大きな, しきりなの, すぐに, すこしも感じなかった, すこしも良好, すっかりなくなっ, すでに現在, そういう日常, そこからも, そこに, そのこと, そのたび, そのところ, そのまま緊張, その面持, その頃, それでした, それにも, そんなもの, そんな主知的, だいぶうすらい, だから将来, だんだんに, だんだん大きく, つのった, ともにし, どうしても消す, どう払いのける, どこから, どこまで, どんなだったろう, どんなであったろう, どんなに恐ろしい, どんなもの, ないし, ないといふ, ない家庭, ない行こう, なかつた, なかなかに, なからう, なかろう, なくて, なくなりました, なくなるだろうと, ぬぐったよう, ほとんど解消, ますます強く, ますます深く, また当然, まだ去らない, まだ容易, まだ生, まだ続い, まだ若干, まぬかれない, みるみる大きな, もう一度体中, もう二, もちませんでした, もちろんある, もって, やがて百姓, やはり去らなかった, やはり時々あった, やまないで, よりどころ, われ, モロー彗星の, 一っ, 一の関あたりから, 一千年後に, 一層加えられる, 一層深い, 一度に, 一度は, 一掃され, 一方ならず, 一日ましに, 一瞬の, 一般ばかり, 一通りの, 丁度北支那, 不安でしょう, 不幸にも, 世に男, 事実増大し, 二十世紀の, 人間全体の, 今も, 今朝に, 以前から, 何う, 何だった, 何故である, 併し, 依然として去らない, 依然として鎮まらなかった, 俺の, 倅が, 児供等を, 全くなかっ, 全く消えました, 全く適中, 全然別途の, 凡て社会不安であり, 刻々吾人, 加わって, 十万にも, 千鶴子と, 半年以上も, 単なる不安, 単なる杞憂, 単に杞憂, 却って彼等, 厭でも, 去らぬ死, 去りきれなかった, 去りません, 又ひとしお, 口に, 国民一人一人の, 執拗な, 増しこそ, 増大する, 多少彼, 夜が, 大きい石, 大きくな, 大きくなった, 大部分, 失望に, 如何なる認識, 存在に, 実にいや, 実にここ, 実に様々, 実に満州国, 実は不安, 実は人間存在, 容易に, 富岡にも, 少しも, 少ないもの, 少年の, 山毛欅へ, 常に靜, 常に驚愕, 年と共に, 幾度も, 彼に, 彼にとって, 彼を, 彼等を, 彼自らを, 従って, 応仁の, 忽ちの, 怒りに, 恐らく僕, 恐怖へと, 感じないけれど, 感じなかった, 感じなかったの, 感じられて, 感じるだらうかな, 持つて, 挙国一致を以て, 掠奪的精神を, 支那大陸の, 既に九つ, 既に通り越し, 明白に, 明確な, 昼間の, 暗の, 暗雲の, 更に募つた, 有るべきもの, 本当に形, 杞憂と, 枯葉色そんな, 極度に, 極点にまで, 槍襖を, 次第にじりじりと, 次第に募っ, 此の, 殆ど嫌厭, 殊にあの, 残りキョロキョロうしろ, 段々ごまかし, 決して諦らめ, 消えずそして, 消えて, 消え去って, 消滅した, 減じなかった, 満ちて, 滲み透るよう, 漠然と確実, 濃くなっ, 無い, 無理で, 無用に, 無限の, 焦燥の, 物質の, 狂躁を, 現下の, 現在の, 病室の, 百里の, 皆けし飛ん, 益, 直接殆ん, 矢ッ張り事実だった, 知らず知らず彼等, 社会の, 社会的な, 私が, 私には, 科学の, 突きのけて, 紀子の, 絶えずもっ, 絶えず君たち, 絶えず母, 絶えず碌三, 絶え間が, 絶対に, 繁昌と, 羞恥と, 自分たちの, 自分に, 自分の, 自分自身の, 良民を, 葉子を, 襲うて, 要するに生, 見事に, 解消された, 言わず語らずの, 試驗の, 認識の, 誰が, 誰の, 諦らめれ, 身の毛の, 適中した, 采女の, 長い間, 限りなく湧い, 除去されなけれ, 隠せなかったの, 雲散霧消で, 非常に, 顔へ, 高まった, 高まって

▼ 不安そう~ (287, 3.6%)

16 な顔 1413 な眼 9 に云った 7 に訊いた 6 な様子 5 であった, な眼つき, にし 4 である, な目, にあたり, に尋ねた, に眺め, に訊ねた 3 な声, な顔つき, にいった, にじっと, に声, に顔

2 [14件] な樣子, な色, な表情, にした, に四方, に夫, に女, に座敷, に新子, に眉, に耳, に見上げ, に言った, に首

1 [137件] だった, だった彼, です, なしかし, なほとんど, な口吻, な姿, な容子, な注意, な物, な男, な目色, な眼付, な私, な笑い, な聽耳, な調子, にあちらこちら, にいう, にいつ, にうかがう, にお, におずおず, にきいた, にきらめいた, にこっち, にこれ, にささやいた, にさらさら, にしばらく, にしょぼつかせ, にそんな, にたづねた, について来る, にのぞき込んだ, にびくびく, にふとすこし, にもじ, にやり返した, にわれわれ二人, にウロウロ, にオズオズ, にキョロキョロ, にロッジ, に一人, に上, に主人, に云い, に云い出した, に云い合っ, に云う, に互, に今度, に何, に光っ, に光った, に兵馬, に凝結, に凝視, に出し, に前, に動い, に動く, に呟い, に呟いた, に呟く, に呼んだ, に噂, に囁き合っ, に囁き合った, に塀, に外, に多四郎, に天井, に宿, に尋ねだした, に尋ねる, に小走り, に左右, に待っ, に待った, に後ろ, に思い, に急ぎ, に感じ, に指, に時々, に構え, に樹, に次郎, に此方, に水煙管, に注意, に父, に片, に疑りぶ, に白骨, に百城, に相手, に眺めた, に眼, に破壊, に窺っ, に立ち去る, に立った, に答えた, に答えました, に節子, に羽ばたきし, に聞いた, に聞き返した, に苦い, に荒れ, に見えた, に見おくる, に見やった, に見守っ, に見送っ, に覗い, に言いだした, に言いました, に言っ, に訊かれ, に訊き返さざる, に訊き返した, に話し, に話し合っ, に説明, に豹吉, に足, に身体, に遠, に部屋, に釘勘, に鍬, に電車, に黙り込んだ

▼ 不安~ (230, 2.9%)

9 なかった 7 あった 6 恐怖も 4 あつた, ないもの, なくその 3 あって, ある, 感じた, 疑惑も, 苦悩も, 苦痛も

2 [13件] あったが, ありません, して, だん, ない, ないの, ないので, なかつたので, なければ, なさげ, 感じて, 感じなかった, 認めないし

1 [152件] あったの, あったので, あったろうか, あつて警戒, ありそれ, ありながら, ありました, ありシドチ, あり実に, あるいはこうした, あること, あるし, あるには, あるので, あるよう, あれば, いくらか, いだいては, おさまるまいと, おそらくいつ, お感じ, お覚え, これで, ございますので, ござらぬよ, さること, しんぱいも, そのあいだ, その根柢, つのった, どうやら再び世, ないから, ないでしょうか, ないと共に, ないわけ, ない落ち着いた, ない身, なかつたの, なかろうと, なくあたりまえ, なくいや味, なくいられる, なくかう, なくからだ, なくさも, なくにこにこ, なくまた, なくむしろ, なくトラック, なく不平, なく交流, なく人間, なく全身, なく家, なく懸念, なく政, なく暮し, なく次々, なく正義, なく眠りこけ, なく経過, なく身, なく進んだ, なく道, なく重病室, なげである, なさそう, なしに, ひそかに, 一方に, 不平も, 不幸も, 不満も, 与えない, 京の, 伴って, 何もかも押し切っ, 何処へか, 動揺も, 募り堅い, 反対も, 吉田が, 姿に, 実はそこ, 尊氏には, 左門の, 心からぬぐわれた, 心配も, 忘れたやう, 忽然とし, 恐れも, 恐怖感も, 悲劇も, 感じない, 感じないで, 感じないほど, 感じないらしくただ, 感じない自然, 感じません, 感じられた, 感じられなかつた, 感じれば, 感ずる, 感ぜしめない, 感ぜぬ殆ど徹底, 抱かなかった, 押しつけて, 拭いきれなかった, 持ったり, 持って, 持つて, 持てなくは, 掻き消されて, 救はれ, 暗さ, 模索も, 残さなかつた, 残って, 消えて, 消えるよう, 湧かなかつた, 無い, 無くあの, 無く職, 無さそう, 無しに, 無形では, 無気, 焦燥も, 生じあらぬ疑心, 疑念も, 疲労も, 知って, 知らないよう, 社会苦も, 綺麗に, 緊張する, 罪悪も, 胸から, 自分は, 船醉の, 見えなかった, 見えなかつた, 覚えた, 覚えられます, 解剖した, 起つたが, 起ること, 迷いも, 邪智も, 非難も, 驚愕も

▼ 不安~ (210, 2.6%)

29 あつた 10 不安で 6 たまらない, はない, 仕方が 4 なう, はなかっ 3 いっぱいに, たまらなかった, はあった, はなく 2 しようがない, たまらないから, たまらなくなった, たまらなくなる, はありません, はある, 心細くて, 自分の

1 [117件] いたたまらない思い, いつもその, いやだ, いやに, このまま, この苦しみ, これまで, ござりますれ, さっきから, ざわざわし, しまうよ, しようがなかった, そして怖し, そして恐ろしい, その日, それは, たまらないうち, たまらないの, たまらないので, たまらないらしく, たまらない何とか, たまらない気持, ちっとも落ちつかなくなりました, とてもこの, な, なあ, のう, はございませんでした, は外人, ひそかに, びくびくし, みのえ, もどかしいの, やり切れなくなっ, より合っ, イッパイな, ソンキに, ドキドキし, 一ぱいだった, 不安でならなかった, 不安でなりませぬ, 不安でなりません, 不安でやりきれず, 不定で, 不透明で, 中隊長以下片, 今の, 今まで, 今も, 仕事が, 仕事の, 他人の, 低いもの, 住んで, 何かしら慌だしい, 何も, 六条院へ, 前進の, 加世子の, 動悸が, 十分ばかりで, 厭で, 外へ, 夜の, 好奇に, 安眠しなかっ, 宮の, 家へ, 小寂しい, 小道を, 幾度も, 得行かなかった, 心の, 心配で, 怖しい, 恐ろしいもの, 恐ろしくて, 悲しくて, 愉快でなかった, 戦いた, 手足の, 揺ぎ易い, 暗いもの, 最も悲惨, 本家に対しても, 母親までも, 気が, 気を, 沈んで, 淋しくて, 父や, 物怪風に, 物知りが, 物足りなくって, 猫に, 皆元気が, 眼を, 空虚な, 絶望的に, 美感が, 胸が, 苦しい, 苦しくも, 苦しさ, 苦しんで, 落ちつきが, 行雲流水の, 西の, 躊躇し, 身を, 身動きが, 軽々した, 追ん, 逞しい勇気, 重くなっ, 重苦しいの, 陰欝な

▼ 不安~ (170, 2.1%)

8 になっ 76 だと 5 だから 4 ですから 3 だし, であった, である, でもある, に思っ

2 [13件] だからと, だからねえ, だが, だったから, だという, でございますから, ですよ, でならぬ, でね, になった, に思う, のもの, のよう

1 [99件] かね, がない, けれどもいやしくも, けれども苟, さうにガラツ八, さ秘密, だった, だとでも, だな, だなあ, だろうと, だわね, で, でありて, であります, であるから, であるという, であるので, でいる, でございますという, です, ですからね, です貴方, でたまらない, でとても, でならない, でならなかった, でならなかつた, でならなくなりました, でなりません, ではある, で其後特高係, で半信半疑, で困る, で堪りません, で士族, で母, で淋し, で淋しく, で為方, で箒, で自分, で落ちつい, で頭, ということ, とてその, となり, と思う, と思ふなら, と感ずる, と肯, と見え, と言う, ながらも總, などは一瞬間, なら今度, なら直々, なり, になつて, になつて來, になりまし, になりました, には思い, にもなっ, にもなった, にもなる, にも思われる, にやせる, によって何, に思いました, に思い迷った, に思ってる, に思ふ, に成ッ, に違い, のみか歳月, のやう, の問, の想い, の点, の種, の節, の色, はいよいよ, は慣れぬ, もなく, や何だか, よりも一層, らしい大きな, らしい様子, らしい眼色, らしい顔, らしく小さい, らしく眞面目, らしく美枝子, をけどられやせまい, を与うる, を招き, を暴露

▼ 不安~ (91, 1.1%)

4 な眼 3 な顔 2 な表情, な面持ち, に尋ねた, に訊いた, に話しだした

1 [74件] なざわめき, なその, なつぶやき, なまた, なまたたく, なまなざし, なもの, な口調, な山鴿, な愛情, な感じ, な様子, な歪み, な氣分, な準之助, な熱心, な眼付, な眼差し, な群衆, な色, な蒼ざめた顔色, な視線, な顔附, に, にいった, にうれ, にうろうろ, におかみ, にかなり, にきいた, にこんな, にしきりに, にその, にそれ, にほとんど, に云った, に互, に光っ, に反問, に呟いた, に呼びとめた, に国政, に尋ねました, に峠, に工場主, に己, に引き歪め, に彼, に念, に打っ, に抗弁, に揺らぎ, に揺らぐ, に文六, に歩い, に毬, に沈み込ん, に注意, に父親, に目, に相槌, に緊張, に自分, に葉子, に見えた, に見まもっ, に言い足した, に訊ねた, に長い, に隣室, に雲, に頷く, に顔, に鳴きつづける

▼ 不安~ (80, 1.0%)

3 恐怖の 2 不満を, 動揺の, 恐怖や, 焦躁を, 虚無の

1 [67件] なげやりの, またあの, もろさや, 不便は, 不平に, 不平を, 不快を, 不愉快さを, 不愉快に, 事情の, 余分の, 健康を, 努力に, 動揺も, 動揺や, 動搖を, 厭な, 困惑を, 天才などを, 失望が, 嫉妬に, 嫉妬を, 孤独感等を, 彼の, 心配が, 心配などに, 必要に, 恐れが, 恐ろしさ, 恐怖という, 恐怖もて, 恐怖やで, 恐怖を, 悩みは, 悲しさ, 憂欝は, 憐愍の, 懐疑の, 日本画の, 根拠ある, 死への, 涙は, 激変の, 焦燥や, 焦躁は, 生活の, 疑問を, 疑惑を, 空想を, 空腹などの, 経済的行き詰まりに, 絶望や, 絶望以外に, 緊張は, 緊張を, 羞恥を, 若し此, 苦悶でも, 苦痛つてそんな, 苦痛な, 苦痛に, 苦痛の, 責任が, 資本主義的矛盾の, 道義の, 頼りな, 驚奇やは

▼ 不安らしい~ (63, 0.8%)

13 顔を 9 眼を 3 様子を, 目を 2 働きを, 表情を

1 [31件] そのくせ意地っぱり, ものであった, ものと, 含羞んだ, 声も, 容子を, 小皺が, 嶮しい, 彼女の, 様子で, 様子である, 様子に, 溜息を, 疑惑の, 目付きを, 目色で, 目附で, 目附を, 眼つきに, 眼の, 眼付きを, 眼差で, 眼色を, 笑みを, 篤介, 色を, 蒼白い顔, 表情が, 調子で, 面を, 顔付を

▼ 不安から~ (58, 0.7%)

3 押し出される張力 2 不安へと, 噂を, 歎息し, 歎息し続け, 漂泊の, 脱れた, 芽ばえて, 解放された

1 [39件] この婆さん, この小論文, これほどまで, すわと, だらうか, でありましょう, である, では, のがれたけれど, ふとんの, シェストーフ的無根の, 下僕たちの, 人間と, 何を, 保の, 再び互いに固い, 北アフリカへの, 奥州は, 小さな蝋燭, 崇高な, 彼女は, 押し出さる, 推し出される張力, 救はれた, 来たもの, 来て, 来る寝小便, 段々自由, 発して, 窓の, 脱しきれたもの, 虚勢を, 逃げられるで, 逃れようと, 逃れられるよう, 逃れること, 重吉は, 離れられまい, 離れること

▼ 不安らしく~ (47, 0.6%)

2 八五郎を, 平次を, 表を, 首を

1 [39件] あたりを, うしろを, お庄, こちらを, じっと空, じろじろと, その顔, また訊いた, まだ後方, もなく, オドオドした, キョロキョロし, グッと, ジリジリし, 三人の, 囁き交し, 天井の, 奧の, 姉弟の, 宗助の, 左右を, 平吉の, 庭を, 甚作を, 白髪の, 相手の, 眠を, 瞬きし, 私に, 立ち聞きを, 立上る, 耳を, 草花の, 足ぶみし, 跟い, 身を, 部屋の, 階段の, 顔を

▼ 不安~ (42, 0.5%)

2 がある

1 [40件] うだ, うでした, うな, から手紙, があっ, があった, がやりきれぬ, が寄せ, が尋常一様, が消えなかった, であった, でつくねんと, と涙, と物悲し, にこの, にはじめ, に一日, に呼吸, に外, に対しては援, に母, に比べ, の全部, はつのっ, は不完全, へも不安, へ今度, も貧, や醤油飯, よ, よりも父君, をで, を多分, を思い浮べた, を感じさせます, を感じた, を感ぜず, を無遠慮, を覚えさせられた, を覚え出してる

▼ 不安である~ (42, 0.5%)

2 という

1 [40件] かということ, かも知れなかつた, からすぐ, からどうしても, からよ, から尚, から決まっ, から飽くまで, か彼, が今, が汽車, ことは, ことも, ことを, しその, し見つくろっ, ぞ, ために, というの, というよう, という中宮, といったほう, といふの, とかない, ところへ, とされ, と云っ, と同時に, と思われた, にきまっ, のでやがて, ので久兵衛ら四人, ので児, ので祐道, のと, ように, よりも幾分, 何か, 例えば活動写真, 限り他の

▼ 不安とを~ (37, 0.5%)

5 感じた 2 感じて, 感じながら, 抱いて

1 [26件] かき消すつもり, こめて, どうする, のせて, もたらし來つたの, もって, 一掃する, 交えながら, 加えた, 同時に感じた, 如何ばかり, 岸本の, 強ひ, 感じさせるもの, 感じたこと, 感ずるの, 感ずるのみ, 感ぜざるに, 感ぜざる能, 抱いた, 抱きながら, 持って, 覚えますから, 誘われて, 起すのみ, 顔色に

▼ 不安とが~ (34, 0.4%)

2 あった, 彼を, 胸一杯に, 見る人

1 [26件] あつた, からみあって, のこされた, はっきりと, まともに, もどかしく心, ややうち, 一つに, 一緒クタに, 下駄の, 今なお, 伴うもの, 前の, 大きいの, 対手に, 常に私, 次第に加わった, 流れて, 添わって, 潜んで, 行く手に, 見られるよう, 認められる, 語られて, 起らぬよう, 長くつづい

▼ 不安~ (31, 0.4%)

2 と云う, と思っ, と考えられる, のを

1 [23件] かなぜ, から, から俯向, から逆, か何, か彼, か知れません, が窓, し, し満足, し糟谷, つたのである, つたのです, とあっ, というの, という様子, という気, とか坐っ, とも一方, と云え, と見え, ものだ, わ

▼ 不安にも~ (29, 0.4%)

3 なった 2 なって, 思われるので

1 [22件] あぶなっかしくも, お感じ, かけ構いない, した, なりながら, なりまた, 制せられた, 反して, 堪えが, 徹しない, 思われた, 思われますので, 恐ろしくも, 感じたが, 感じて, 感じながら, 腹立たしくも, 苦痛にも, 裏切つた程, 襲はれ, 襲われたり, 襲われて

▼ 不安という~ (27, 0.3%)

3 のは, ものが, ものは 2 ような

1 [16件] ことから, ことも, それ自身疑わしい, のも, ものだろう, ものと, ものを, もんだ, わけで, 妙な, 寧ろ第, 本能的な, 程で, 程の, 虚像だけ, 蜘蛛の

▼ 不安だった~ (22, 0.3%)

1 [22件] かも知れない, かも知れません, がその, がそれ, が兎, が昨夜以来神経, が獅子, けれどホテル住まい, ことが, ところな, のか, のだろう, のである, のでこっそり, のでしょう, のでもう一度, ので丁度, ので本当に, ので私, ので自転車, のは, 感情は

▼ 不安でも~ (21, 0.3%)

6 ある 4 あった 2 あるので, 不快でも 1 ありますが, あるが, あるし, あるの, いるの, 好奇でも, 避け得られるところ

▼ 不安さうに~ (18, 0.2%)

2 呟いた, 訊いた

1 [14件] して, どうし, なさいましたけれど, ふとすこし頭, 振返つた, 眩きながら, 眺めて, 眺めるばかり, 第二部, 見えた, 見たので, 見て, 見送つて, 訊ねた

▼ 不安とに~ (18, 0.2%)

2 なやまされて

1 [16件] いらだちながら, さいなまれた眼, そろそろ辛抱, とどまること, 僕の, 充ちた毎日毎日, 囚われた, 声おののき, 怯えきって, 怯えきつて, 押し出されて, 殆ど意識を, 脅かされながらも, 虐まれて, 迫られて, 陥った

▼ 不安さうな~ (16, 0.2%)

2 眼つきで, 顏を

1 [12件] 時でも, 様子も, 目つきで, 目付を, 眼を, 眼付を, 瞳を, 顏つきを, 顏に, 顔つきに, 顔に, 顔や

▼ 不安がっ~ (15, 0.2%)

3 ていた 2 ている 1 たりはしない, てまた, てオドオド, て切れぎれ, て司法権擁護, て居た, て居ります, て居るでございましょう, て自身, て話すまい

▼ 不安とも~ (15, 0.2%)

2 つかないもの, 安心とも

1 [11件] いふべきもの, つかないよう, つかない或, つかぬ異様, なった, 不快とも, 不満とも, 付かぬもの, 好奇心とも, 恐怖とも, 懊悩とも

▼ 不安動揺~ (15, 0.2%)

1 [15件] がある, しながら, するという, と呼ん, などという上品, なるもの, の上, の世界情勢, の人間, の声, の心理, の生, の空気, の色, は仮に

▼ 不安との~ (14, 0.2%)

2 ために, 為めに 1 かすかな, ごつちや, 上に, 伴つて來る, 多かった, 念に, 気持に, 渦巻きの, 色な, 間に

▼ 不安がる~ (13, 0.2%)

2 ことは

1 [11件] し自分, のである, ような, 友へ, 娘を, 役人を, 心に対して, 様子の, 理由の, 編輯長を, 者さまざまな

▼ 不安とで~ (13, 0.2%)

2 心が

1 [11件] ふるへながら, ぶるぶる慄, もはや前, ジョーンは, 人心地も, 今にも気絶, 伸子は, 熱に, 私は, 見詰めて, 頭を

▼ 不安とは~ (13, 0.2%)

2 いつまでも

1 [11件] つまり社会不安, より認識, 今日と, 何である, 全然違う, 子供たちの, 恢復しない, 未だ馴れぬ, 殆ど生理的な, 畢竟するに自己, 自分らの

▼ 不安をも~ (13, 0.2%)

2 感じた

1 [11件] いだいては, たらせて, 同時に感ずる, 彼は, 恐怖をも, 感じたが, 感じないよう, 感じる事, 感ぜず喜ばるるばかり, 懐疑をも, 覚えたの

▼ 不安~ (13, 0.2%)

2 や焦燥感

1 [11件] がありまし, がなくなっ, がひしひし, が漂つて, とからみあっ, に包まれ, の表現, はその, は美麗, をいくらか, をつぶ

▼ 不安なる~ (12, 0.2%)

21 が如く, を免れなかった, 人生の, 凝立, 吾らが, 対立, 態度にて, 折何かが, 期待の, 群れ評壇を

▼ 不安であり~ (11, 0.1%)

1 [11件] コゼットは, 不同意, 動揺であり, 同時に元気, 大衆の, 従って話, 正しい希望, 空虚である, 衰弱であり, 観客は, 遠きを

▼ 不安であった~ (10, 0.1%)

1 がその, が私, けれどそんな, し, し私, とみえ, と同時に, のだった, ので野宿, 油紙の

▼ 不安なく~ (10, 0.1%)

1 つなぐ手がかり, 不平なし, 不自由なく, 信頼に, 働けて, 就職口を, 暮らして, 玉の, 送らせるの, 選び得る上演目録

▼ 不安でならない~ (8, 0.1%)

2 のでその 1 のじゃ, のだ, のであった, ので休み, ように, 顔つきな

▼ 不安~ (8, 0.1%)

1 であるため, とを示す, と並びに, と共に登場, と相, により勤労, は必然的, 及び人民

▼ 不安には~ (7, 0.1%)

1 また不思議, 一向感じないらしく, 思ったけれど, 手段が, 男らしくない, 迫られないですん, 違いなかった

▼ 不安とか~ (6, 0.1%)

1 不吉とかいう, 云う言葉, 云ふ, 困惑とかに, 隣人の, 頭痛頭重不眠とかいふ

▼ 不安ながらも~ (6, 0.1%)

1 お蓮様, このごろは, 一種の, 一縷の, 対照さし, 部屋を

▼ 不安なし~ (6, 0.1%)

2 では 1 にで, にばかりでなく, に合つた時, に親しむ

▼ 不安などは~ (6, 0.1%)

1 どこかへ, まったくこの, もう消しとんでしまつ, 何も, 重大は, 雲散霧消が

▼ 不安~ (6, 0.1%)

1 にあたり, にし, に大, に大きく, に歩き, に眺め

▼ 不安さえ~ (5, 0.1%)

1 心に, 感じなかったらこの, 感じられる, 抱きはじめた, 湧いて

▼ 不安です~ (5, 0.1%)

1 から夜, しおまけ, その感じ, でもそういう, の

▼ 不安なら~ (5, 0.1%)

1 しばらく交際, しむる, しむるような言葉, ば一まとめ, 朝まで

▼ 不安なれ~ (5, 0.1%)

1 どもパリー, ばこそ維新, ば聞かず, 姫路は, 理性の

▼ 不安よりも~ (5, 0.1%)

1 むしろ無気味, もっと大きい, ムヤミに, 南玉が, 好奇心が

▼ 不安~ (5, 0.1%)

1 に一座, に呟く, に耳, に見えた, に黙つ

▼ 不安状態~ (5, 0.1%)

1 におらね, になっ, にも陥らず, に居らね, に置いた

▼ 不安じゃ~ (4, 0.1%)

1 あるまい, ないか, ないでしょうか, ないん

▼ 不安でない~ (4, 0.1%)

2 ことも 1 といふ自分, 処の

▼ 不安でならぬ~ (4, 0.1%)

1 のだ, ので出懸け, ようにも, 時には

▼ 不安ない~ (4, 0.1%)

1 やうに, ように, ろを, 者であろう

▼ 不安ながら~ (4, 0.1%)

1 どうする, 付いて, 何を, 破家

▼ 不安なり~ (4, 0.1%)

1 しも道他, はるかに, フキゲンでも, 苛苛し

▼ 不安について~ (4, 0.1%)

1 お喋舌, 彼に, 断えず説法, 約束した

▼ 不安によって~ (4, 0.1%)

1 わたしの, グズグズに, 却って益々強く, 希望を

▼ 不安ばかり~ (4, 0.1%)

1 だ, でたより, でなくもっと, 感じて

▼ 不安らしく眺め~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 ている, てゐる

▼ 不安を以て~ (4, 0.1%)

1 まじまじと, ピンポンの, 云った, 私を

▼ 不安恐怖~ (4, 0.1%)

1 にくらくら, の念, の深淵, を覚えさせた

▼ 不安懊悩~ (4, 0.1%)

2 大いに苦しめられ 1 におびえつづけ, は話

▼ 不安がらない~ (3, 0.0%)

1 で居る, と云っ, ような

▼ 不安がり~ (3, 0.0%)

1 もした, ようが, 迷惑そうに

▼ 不安こそ~ (3, 0.0%)

1 人生永久の, 文学の, 自分が

▼ 不安その~ (3, 0.0%)

1 夜の, 家庭の, 広さ

▼ 不安だつた~ (3, 0.0%)

1 がその, が案外, ものか

▼ 不安であっ~ (3, 0.0%)

1 たりする, たり何だ, たり無念

▼ 不安であらしめ~ (3, 0.0%)

3 てはならない

▼ 不安でした~ (3, 0.0%)

1 がそれでも, がやつぱり金, がよく

▼ 不安でなく~ (3, 0.0%)

1 てはならぬ, て却って, もなかつた

▼ 不安とでも~ (3, 0.0%)

1 いう文学語, 云うべきもの, 形容すべき

▼ 不安とともに~ (3, 0.0%)

1 文化的な, 文学の, 結婚の

▼ 不安ながらに~ (3, 0.0%)

1 再びあゆみ出す, 立って, 采女に

▼ 不安なき~ (3, 0.0%)

1 をえなかった, 世界は, 眠りの

▼ 不安ならしめ~ (3, 0.0%)

1 つつ未曾有, ていた, てゐる

▼ 不安やら~ (3, 0.0%)

1 いろいろから, 反抗やら, 心配やら

▼ 不安らしくいう~ (3, 0.0%)

1 のです, のは, のを

▼ 不安らしくつい~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 て来る

▼ 不安~ (3, 0.0%)

1 密カニ怺エツツ誰ニモ何モ語ラズ気ヅカレモセズニ過, 招キ更ニ婦人ヲシテ夫ノ, 生活ニ加ヘ

▼ 不安懐疑~ (3, 0.0%)

1 かも知れぬ, の奥底, はかかる

▼ 不安文学~ (3, 0.0%)

1 などもその, の一派, の提唱

▼ 不安極まる~ (3, 0.0%)

1 ものであった, 世が, 四半刻でした

▼ 不安生活~ (3, 0.0%)

2 の不安 1 の危険

▼ 不安苦痛~ (3, 0.0%)

1 さう, そういうもの, はいふ

▼ 不安からの~ (2, 0.0%)

1 出発では, 脱出の

▼ 不安からも~ (2, 0.0%)

1 この世の中, 離れる事

▼ 不安がち~ (2, 0.0%)

1 だったり, に期待

▼ 不安がらせた~ (2, 0.0%)

2 神秘から

▼ 不安がらせる~ (2, 0.0%)

1 空気が, 術においては

▼ 不安さうにあたり~ (2, 0.0%)

1 の人々, を見

▼ 不安する~ (2, 0.0%)

1 ことによって, 状態を

▼ 不安それ~ (2, 0.0%)

1 が画布, に難物

▼ 不安だけは~ (2, 0.0%)

1 お互に, どこに

▼ 不安だろう~ (2, 0.0%)

1 じゃない, と局所

▼ 不安~ (2, 0.0%)

1 やあるまい, やなく

▼ 不安でしょう~ (2, 0.0%)

1 がそう, がない

▼ 不安でならず~ (2, 0.0%)

1 お思い, 万一の

▼ 不安でならなかった~ (2, 0.0%)

1 ので翌日, ものです

▼ 不安でならなく~ (2, 0.0%)

1 て私, なつて來

▼ 不安で書けませんでした~ (2, 0.0%)

2

▼ 不安といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, やうな

▼ 不安とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものを, 感情な

▼ 不安とから~ (2, 0.0%)

1 出る歎息, 救い出された激情

▼ 不安なかるべし~ (2, 0.0%)

1 と思います, と思ひます

▼ 不安などが~ (2, 0.0%)

1 ぼんやりと, 雑然として

▼ 不安などに~ (2, 0.0%)

1 いっこう同情, 徒され

▼ 不安などを~ (2, 0.0%)

1 學問は, 考えると

▼ 不安なんて~ (2, 0.0%)

1 ある筈, 知らないん

▼ 不安な落ちつかない~ (2, 0.0%)

2 心を

▼ 不安にさえ~ (2, 0.0%)

1 なった, 思われ始めるの

▼ 不安に対する~ (2, 0.0%)

1 暗示も, 魅力や

▼ 不安めいた~ (2, 0.0%)

1 疑念を, 騒めき

▼ 不安やは~ (2, 0.0%)

2 もう彼等

▼ 不安やらが~ (2, 0.0%)

1 いかにも表情的, 頭の

▼ 不安をば~ (2, 0.0%)

2 けろりと忘れ

▼ 不安~ (2, 0.0%)

1 均斉は, 統一を

▼ 不安不満~ (2, 0.0%)

1 の影, はつまり

▼ 不安不自由~ (2, 0.0%)

1 との複雑, と更に

▼ 不安~ (2, 0.0%)

1 にもこの, の存在

▼ 不安以上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の力

▼ 不安戦慄~ (2, 0.0%)

1 が更に更に, を今日

▼ 不安時代~ (2, 0.0%)

1 には今夜, に見出す

▼ 不安混迷~ (2, 0.0%)

1 になっ, の空気

▼ 不安等々~ (2, 0.0%)

1 なの, の解決

▼ 不安至極~ (2, 0.0%)

1 で人間, に存じます

▼ 不安苦しみ悲しみ~ (2, 0.0%)

1 さう, そういうもの

▼ 不安起き~ (2, 0.0%)

2 ても不安

▼1* [281件]

不安いま黒き旗, 不安からは救われて, 不安がったが自分, 不安がってるんでしょう, 不安がのこりなく書き尽せよう, 不安がまづ無い, 不安がらすまいと, 不安がらせたりした, 不安がられている, 不安がられないはずも, 不安がるだろうという, 不安がるべきものを, 不安ぐるみそういうもの, 不安こそが幸福の, 不安この島の, 不安この上なし久野先生の, 不安これらは解消, 不安さうだつた, 不安さうにあちこちと枝移り, 不安さうにロツヂの中, 不安さうに何か言, 不安さうに傍に坐つた, 不安さうに口を入れた, 不安さうに囁き合つてゐるの, 不安さうに外科醫の一つ一つ, 不安さうに夢のなか, 不安さうに戸の明いた, 不安さうに房一を見上げた, 不安さうに搖られ乍ら體, 不安さうに此方を見, 不安さうに直吉の表情, 不安さうに眼をみ, 不安さうに私の顔, 不安さうに突つ立つて, 不安さうに胸に波打たせ, 不安さうに膝を乗り出した, 不安さうに言つた, 不安さうに言つて腰の煙草入, 不安さうに身體を曲げ, 不安さうに電車の中, 不安さうに首をのべ, 不安さえが急に, 不安しか感じなかった, 不安すこしずつ手綱, 不安すなわち時あっ, 不安それだけの連続, 不安たへきれなくな, 不安たまらない不快に, 不安だけであり或いは, 不安だけが現われて, 不安だったり熱, 不安だったらしくついに離別, 不安だの焦燥だの, 不安ってありゃしない, 不安であったらしく婆さんが, 不安であらうと思ひます, 不安であるらしく見えましたがそれでも, 不安であろうと泰然, 不安でいながら得意, 不安でいけないんです, 不安でいなければならない, 不安でおちつかないような, 不安でおちつかないでしょうね, 不安でかさばる感じが, 不安でこまったのである, 不安でたまらず起きてあの, 不安でたまらなかつたのでした, 不安でなくなり慰めでさえ, 不安でなければならない, 不安でならなくなり親爪, 不安でならなくなるのでございましょう, 不安でならなく思う舅夫婦とともに, 不安でなりませぬという程, 不安でなりませんでしたし宮様, 不安でもござりますか, 不安でやりきれず家中見廻っ, 不安でゐたたまらない思ひでございました, 不安で充たされてゐる, 不安で困るのでしょう, 不安で堪まら, 不安で堪らないのである, 不安で堪らなかったのです, 不安で堪らなくなるのである, 不安で波だつ空気の, 不安で溜らないのです, 不安で生きている, 不安で眠られなかったので今度, 不安で眺める人達にとって, 不安で聞き済ましてはいられない, 不安で落ちつけない私の, 不安で落ち着き得ないといったよう, 不安で追い立てられるような, 不安で食べずには居られなかった, 不安といふほどのものは, 不安として留守居の, 不安としての空間が, 不安としてはもはや相手, 不安とだけしか感じなかったが, 不安となつて拡が, 不安とへの逆転に, 不安とを以て人間の, 不安と共にこの山谷, 不安どうしたらよい, 不安どういうのかしら, 不安どころか悲しみを, 不安なあるものが, 不安ないら立った顔の, 不安ない明るさは, 不安なおののきなどに彼, 不安なささやきとも戦略的見地, 不安なとりとめのない淋し, 不安などいうもの, 不安などから苦しめられる, 不安などではない思想, 不安などとは少しも, 不安などについて無益な, 不安なひびきのある, 不安ならしめるものだ, 不安なりに同意し, 不安なりは次第に柔らげ, 不安な心づかひでは, 不安な思ひにでも打たれ, 不安な慰めて貰いたい, 不安な戦ぎとして自信, 不安な戦ぎだと思う, 不安な擽ぐられるような時を, 不安な浮かない顔つきに, 不安な燃え顫える, 不安な眠られぬ一夜を, 不安な脅えがやや, 不安な荒んだ生活を, 不安な落ち着かぬ悲しい気持ち, 不安な落つきのない, 不安にこそインテリゲンチャの, 不安にたいしてもじつに気, 不安につれ次第に自然, 不安にまでそれが, 不安にやはらぎ, 不安にをののき, 不安に関する修辞学に, 不安に際してはいかなる迷信, 不安のみあって, 不安のみが心を, 不安はげしい人生への, 不安ばかりが増して, 不安ばかりの社會に, 不安ひと通りでない, 不安へと廻転し, 不安への批判の, 不安ほどにはないなに, 不安まさに深淵の, 不安また不安雨落つ, 不安まだそこまでは, 不安までが心の, 不安やが湧いて, 不安やを感じて, 不安より漸くこの, 不安らしかつた, 不安らしいですね, 不安らしくかう云つたのである, 不安らしくひそめた眉と, 不安らしく光っている, 不安らしく呼びかけたのは, 不安らしく囁き合う家々の, 不安らしく急いでしたがって, 不安らしく慌てて訊いた, 不安らしく答えるのです, 不安らしく続いて行った, 不安らしく考え込みたる後兄弟を, 不安らしく考え込んでいた, 不安らしく見張つた大きい, 不安らしく見えるかな, 不安らしく見つめてゐる, 不安らしく見張った大きい眼, 不安らしく言いますと, 不安らしく言ったあとで, 不安らしく起き直って兵馬, 不安らしく震えており, 不安らしく黙っていた, 不安をすらおぼえた, 不安をもって自覚しはじめた, 不安を通してもやもやと, 不安ガッタリ恐レタリシタ者ハナカッタ, 不安デモアリ彼女ニ罪深イ, 不安ニ襲ハレテ一ニ歐洲諸國, 不安今モナオ, 不安一種の幻滅, 不安不信動揺そうして議論, 不安不安という, 不安不定な苦悶, 不安不平は以来, 不安不幸そのものに転化, 不安不快な気分, 不安不況餓死せんばかりの, 不安且つ迷惑である, 不安世間の不安, 不安主義という確信, 不安乃至は極度, 不安乍らも居る, 不安云わば個人不安, 不安健康にたいする絶えざる, 不安其の他其の, 不安其他あらゆる問題, 不安動揺混乱はまだ, 不安即ちそれらの, 不安同じ詭計同じ, 不安哀愁落膽等は避け, 不安固から必然的に, 不安境外へ抜け出る, 不安は故郷, 不安大いなる憤り大いなる, 不安失望落胆恨み呪い, 不安嫌悪憎悪といふのねこれ, 不安家族の者共, 不安家自身の口, 不安心配落胆夜中に逃げ出し, 不安思想の動乱, 不安怪異の心, 不安恐慌の気, 不安恐懼に滿, 不安悔恨と絶望, 不安愛着悔恨すべて渾沌たる悩み, 不安感焦燥感は不用意, 不安憤怒憎悪あらゆる感情, 不安懊悩タメイキまことに平和, 不安懊悩怨嗟諦めを, 不安懊悩悲痛慟哭に立たされ, 不安或は未来の, 不安振りそのものが, 不安排除だ, 不安政治的不自由の不安等々, 不安新たなり, 不安の雲, 不安期待好奇心を刺戟, 不安果して幾何ぞ, 不安極りなき立場, 不安此上もなく, 不安の辛苦, 不安気がかりなの, 不安気くばり恐怖とはまだまだ, 不安沈鬱のくもり, 不安規準得たい, 不安無限の方向, 不安焦慮は煎じつめる, 不安焦燥混乱のうち, 不安焦燥生活の革新, 不安熱情が時々, 不安状態それに加え, 不安と言い直そう, 不安生活のよりどころ, 不安異様な怖, 不安疑問確信の欠如, 不安疑惑の時期, 不安疑惑憤怒嫉妬の月日, 不安的動性は基礎經驗, 不安真個にいい, 不安矛盾の情調, 不安社会固定の最も, 不安社会的根源をつい, 不安窮乏のうち, 不安競争者の現れる, 不安絶望の表情, 不安絶望感それは類, 不安緊張は極点, 不安自分はその, 不安自身の目的, 不安若い天使の, 不安薄弱なるもの, 不安されて, 不安調度の不備, 不安負けた相手への, 不安責任の感, 不安つぱい葡萄式, 不安障礙蹉躓は隨つて, 不安落つますます, 不安して, 不安騷亂ヲ招クガ如キ國家組織, 不安騷擾ヲ釀スベキヲ以テナリ, 不安騷然たる空氣, 不安驚愕などが譟, 不安鼓舞努力への決心