青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「七月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

丁~ ~丁寧 丁寧~ ~丁度 丁度~ 丁目~ ~七 七~ 七つ~ 七兵衛~
七月~
万~ 万一~ 万事~ ~丈 丈~ ~丈夫 丈夫~ ~三 三~ ~三つ

「七月~」 2559, 26ppm, 4392位

▼ 七月~ (479, 18.7%)

12 末に 9 初めに 5 夜の 4 十二日に, 地震は, 太陽に, 日は, 末から

3 [13件] ある日, ことで, はじめにかけて, はじめの, 七日に, 下旬に, 初には, 十五日に, 太陽が, 太陽の, 末の, 条に, 空に

2 [32件] ある暑い, ことである, ことでした, はじめに, プランを, 中旬から, 中旬に, 二十二日に, 初めから, 初めで, 初めと, 初めには, 初め私は, 初旬に, 十日の, 半ばに, 夜は, 或る, 日も, 日光の, 暑い日, 最初の, 望なるべし, 朝から, 末, 末であった, 末には, 末は, 末加藤との, 条には, 炎天の, 第十六回ロシア共産党大会

1 [330件] ある夜明け, ある日ざかりである, ある朝, ある記憶, うちに, おとづれのごとく, おなじ日, おわり僕, お槍, お腹で, ことであっ, ことであった, ころから, ころでした, ころ花咲く, たなばたの, ときと, ときに, なかばに, なかばの, はじめで, はじめであった, はじめである, はじめケエラに, はじめバダジャッカに, はじめ御, はじめ梅雨も, はじめ高層ビルの, へは書きたく, まだお天道様, みつばちゃ, ような, わらびみち, をこちら, をはり, クウ・デタが, コミンターンの, ヌネスたちが, フランス革命において, ミンヌクーも, 一夕五時より, 七夕という, 七夕も, 七夕祭りとが, 七日, 七日で, 三十日に, 三日だった, 三日でした, 三日です, 三日即ち, 三種が, 上旬である, 上旬蜀軍七十五万は, 上演は, 上諭, 下旬, 下旬ふたりの, 下旬プラトン社の, 下旬上野から, 中の, 中ばの, 中元売出しを, 中山の, 中旬だ, 中旬の, 中旬午後からの, 中旬廟堂の, 中頃から, 中頃でも, 九日が, 九日午後一時過, 事變に, 二十三日だ, 二十九日じゃ, 二十五日から, 二十五日にも, 二十八日朝に, 二十六夜八月の, 二十六日には, 二十四日には, 二十四日日曜日である, 二十日ごろまで, 二十日に, 二十日御, 二十日過ぎどうしても, 二日で, 二日と, 五六日で, 五日鶴岡の, 交に, 今日十六日です, 仏祭に, 休暇に, 來やうが, 元元靈應頌, 党大会に, 党大会後ラップは, 全同盟共産党十六回大会二ヵ月後, 八日で, 八日という, 六日と, 共産党大会後ロシア, 初の, 初めであった, 初めでした, 初めでは, 初めにかけて, 初めの, 初めへ, 初めむかしの, 初めカムシカツカに, 初め一週間ばかり, 初め彼女の, 初め恐ろしく, 初夜である, 初旬であった, 初旬には, 初東京, 加の, 勅令, 北風を, 十一日は, 十七日であった, 十七日長州の, 十三日に, 十三日の, 十九日に, 十二日で, 十五夜などには, 十五日, 十五日いは, 十五日の, 十五日は, 十五日彼は, 十五日江戸と, 十五日老, 十八日が, 十八日であった, 十八日の, 十六日ちやうど, 十六日に, 十四日から, 十四日に, 十日は, 午後, 午後五時は, 半ば, 半ばから, 半ば過ぎである, 半ば頃に, 半を, 半過ぎ, 半頃, 同誌に, 同誌へ, 土用の, 声は, 声を, 夏だ, 夏の, 夏休みに, 夏芝居に, 夕陽の, 夕陽を, 夜に, 夜には, 夜も, 夜を, 夜気の, 夜能の, 夢が, 大旱にも, 天およそ, 太陽, 太陽を, 好い麦打ち, 始じゃ, 始めには, 季感に, 官制改革いらい, 実質賃金指数は, 宣伝会議僕の, 宮戸座では, 宵は, 宵空に, 少子部連螺羸の, 山路に, 平家西走, 建物は, 役割の, 後逃げ, 感想, 改造に, 旅行を, 日々が, 日に, 日の, 日を, 日付で, 日光は, 日劇の, 日劇を, 日盛りに, 日記に, 明るい陽, 晦日の, 晩で, 晩の, 晴れた朝, 暑い世界, 暑い日影, 暑い日盛り, 暑い日盛り頃, 暑い真盛り, 暑い真紅, 暑い陽ざし, 朔日, 朔日か, 朔日から, 朝, 朝ミドル・テンプル・レーンから, 朝小舟で, 末ここらでは, 末ごろ次兄の, 末そちらも, 末だ, 末だった, 末だつた, 末つ方陸上の, 末でございました, 末とも, 末にな, 末にも, 末まで, 末より, 末ダアバンから, 末久しく, 末土用に, 末暑中休暇に, 末長崎駅で, 末頃から, 末頃であった, 本当の, 来たこと, 来たとき, 来るころ, 槍, 歌舞伎座である, 歌舞伎座では, 歴史地理には, 残暑に, 水神祭りにも, 洪水どころじゃ, 満月で, 満月であろう, 滿月近き, 炎天も, 炎天腐敗り, 烈風の, 焼けつく, 熱い日, 版である, 狂言決定三本立と, 猛暑, 猶予撤回の, 王位は, 生氣, 番組の, 病院, 白き真昼, 白鷺の, 盂蘭盆と, 盂蘭盆を, 盂蘭盆会には, 盂蘭盆会を, 盂蘭盆前あたかも, 盆に, 盆の, 盆は, 盆前に, 盆行事が, 盆踊には, 盛季には, 相撲節会は, 眞志屋の, 眞晝の, 真つ, 真昼は, 真赤な, 碑という, 祭に, 秋が, 空は, 空数間彼方の, 第一週, 第二回, 終りごろだった, 終りごろには, 終りで, 終りに, 終り寝不足, 統計に, 緑とは, 臨時閣議で, 自然号への, 記事中に, 評定役会議で, 長雨に, 間に, 陽が, 雨に, 露は, 静謐, 革命は, 革命出で, 革命祭には, 頃から, 頃であった, 頃であろう, 頃に, 頃のろの, 頃始て, 頃東京地方に, 題名左の, 風, 風に, 高い熱, 鮎が, 麗わしい

▼ 七月~ (203, 7.9%)

9 入って 7 なって 6 なると 4 入つて 3 入ると 2 なつた, なる, アメリカの, ハイネたちが, フランスから, 大学を, 東京から, 私は, 這入ってからも, 長崎に

1 [154件] あった, おこった芥川龍之介, お兄様, お隱, かいたもの, しばらく村, そこで病死, ちかく邪風モンスーン, つづけば, なった, なったが, なったの, なったのに, なってから, なっても, なつて, ならなければ, なりかかると, なりました時, なりますと, なるか, なる胤, なろうと, のったわたし, また法要, また行く, やめた, やるギオン祭, カイゼル・ウィルヘルムの, ダブリンに, ドレスデンで, ベルリンの, ペルー人ペロレーなる, マルセーユ着っていう, ワリニャーニは, 一一〇・四〇支払ズミで, 一年じゅうの, 一度と, 七十万ドルの, 三回忌の, 世を, 事変が, 五〇万人を, 仙台へ, 代わって, 伊予同, 佐川高等小學校を, 何か, 備後地方の, 先約あり, 入ったばかりの, 入った嵐気, 入ってから, 入ってからは, 入っても, 入らなければ, 入り咲, 入り梅雨, 入る, 入る頃, 入れば, 到つて, 到着した, 北京に, 卒業した, 友人中村清太郎君が, 名古屋東山動物園で, 吹いて, 国老を, 土屋文明と, 大仏寺, 大学の, 大審院では, 大迦葉, 奈良に, 学士会で, 完成致し, 小田原を, 崩り, 帰朝した, 幕府の, 建設された, 愛妻を, 成つた, 成りますもの, 成りまするもの, 所内で, 挙式したい, 播隆上人が, 支那に, 料理飲食店禁止令という, 日光湯本を, 日本を, 昌造が, 明け渡して, 暇を, 更に二百七十レガ西方, 曾祖母も, 朝廷から, 本科を, 東京に, 東京を, 東京帝国大学理学部植物科を, 棠軒は, 歩兵第, 死にその, 母は, 浅草公園の, 渡して, 熊本二十四年十月に, 物集高見君の, 玄亭の, 瓜熟す, 生れたの, 生れたので, 皇后の, 相撲の, 破格を以て, 神余の, 私と, 私の, 秋田から, 立退きを, 第二回, 経済白書という, 聯隊区司令官の, 自分の, 至って, 至っては, 至って入京, 至りては, 至り其月, 至り府下寺島村八九三マルテロ社, 至り本国政府, 至り水野軍記, 芥川龍之介氏追慕展覽會が, 茶山は, 草した, 葬式が, 蒙古, 蘭軒は, 行った時, 行はれる, 赦されて, 起った地震, 躑躅が, 近くの, 近藤茂吉君が, 這入つて, 過労の, 鉄道庁に, 長い花穂, 霍乱で, 鶯が

▼ 七月には~ (64, 2.5%)

4 いって 2 いってから, いっても, いると, 仙台同

1 [52件] あんなにたくさん, おそれおほくも仙洞御所, この一座, その父, その第, ひると, まだベートーヴェン, もうあらゆる, イギリス軍艦が, ゴリキイが, スペインに, リスボンに, 三日に, 三番目の, 両市で, 五八六一六三四戸, 仙台に, 伊豆大島の, 何でも, 信濃三河遠江山城同年九月には, 又ぞ, 国会論を, 多数の, 富士山の, 将軍家から, 山城摂津丹波丹後近江若狭同, 岡山の, 徳川家慶が, 或は既に, 戦地に, 新造の, 日向豊後に, 日本歴史未曾有の, 日清戦争が, 明治天皇の, 時ニヨリ過, 更に一三七・〇, 更に全, 東京商大の, 武節を, 浅間山の, 渡島胆振に, 琉球那覇港に, 相模武蔵下総常陸上野下野の, 相模江戸に, 紀伊に, 経済安定本部の, 胆振同年十二月には, 能登佐渡同年九月には, 藩の, 配偶いの, 開業する

▼ 七月七日~ (53, 2.1%)

3 の夜 2 に柏軒, の朝

1 [46件] から十三日, であったが, であったという, である, ということ, という日, といふ日, とでその, にしか逢えなくなった, になお, には七回物, には古都テオティワカン, には四つ時, には約束, に三人, に仮御, に友, に執筆, に始まった, に忘れなく, に日本軍, に私共, に笹くじ, に自ら, に髪, のオネンブリ, の七夕祭, の七日竹, の報告, の夕べ, の宵暁, の早暁, の月, の条, の深夜, の病中乍臥, の眠流し, の福音新報, の酉, の長生殿, はなる, は七夕, まで, も例年, も恐ろしい, も水

▼ 七月十五日~ (48, 1.9%)

4 の朝 2 にツーリストビュロオ, に蘭軒

1 [40件] から九月一日, から九月十五日, から総, がご, が一日, そして二百十日, だったな, であって, である, であるが, とか, と都, に, にいつも, にはかの, には岩代, に新しく, に未亡人, のこと, のところ, の三鷹事件, の中元節, の会合, の夜, の御, の攻勢, の日記, の早朝, の最も, の氏神祭, の父, の盂蘭盆, の精霊祭, は根岸庵, までに着く, までの期日, までは禁漁, まで待つ, より歌舞伎座, をここ

▼ 七月一日~ (46, 1.8%)

4 にマルセーユ 2 であった, の未明, 同大使

1 [36件] からまたもや, から丸の内, から四日間銀座西日動画廊, から所謂メートル法, から煙草, この少, たまたまこの, だった, だったから, である, とされ, にその, には失礼, には近代的, に大隈, に天然痘患者, に皆, に着く, に静岡高等英華学校, のこと, の予定, の午前九時ごろ, の午後四時新吉, の夕べ, の夜, の夜コルテス, の夜中, の朝日新聞, は夕陽丘, へかけ, まで進みました, を期し, 僅か六畳一間, 出来あがりたり, 又一着塲せり, 曇り

▼ 七月から~ (39, 1.5%)

2 八月にかけて, 八月へ, 十一月まで

1 [33件] かれこれ半年, こっち体の, して, ずっとこちら, 一寸深刻, 丸一年ミユンヘンに, 九月に, 九月にかけて, 九月中旬まで, 二十七年の, 入社いたし, 八九月にかけて, 八月に, 八月にかけての, 八月へと, 効力を, 十一年五月まで, 十月まで, 又前, 始めて, 建てかけて, 往く様, 攻撃を, 新しい布達, 新道の, 日清戦争が, 朝日の, 本を, 此一月十日まで, 湯殿で, 翌十月, 長崎縣北松浦郡佐々村の, 静岡の

▼ 七月十四日~ (38, 1.5%)

2 のパリ祭, の夜

1 [34件] からひきつづい, この日, であり, です, に, には血, に不可抗力, に出家, に四十七歳, に大統領官邸, に彼, に新, に早, に田舎, に練兵場, に老齢, の, のこと, のキャトールズ・ジュイエ, の事, の夜じゅうピエロ帽, の御, の朝, の朝東京駅発姫路行, の祭日, の詔, の革命記念祭, は毎年北京天津籠城戰死者及北京籠城後死亡者, は私, は革命記念日, は革命記念祭, より開場, を取りたい, を持っ

▼ 七月下旬~ (33, 1.3%)

2 から, なり

1 [29件] からのこと, から八月, から八月中旬, から八月初め, から江戸, が花盛り, における残雪量, になっ, になる, にはカブラル, には出, に偶江戸, に入っ, に大蔵省, に沓掛, に自分, のある, のこと, の上潮, の夕刻, の夕方, の山開き, の盛夏, まで雪, より十月十五日, を期し, を迎えなけれ, 乃至八月上旬, 大東亜文学者大会

▼ 七月二日~ (31, 1.2%)

2 になる, に歿

1 [27件] から同, しみじみと, である, というの, という同じ, と同じ, には巣鴨, には時平, に出発, に及ん, に徳, に提出, に日本, に氏房, に濱口内閣, に爲替相場, のこと, の晩, の月, の月曜日, の朝五つ時, の朝露, の雑誌アセニウム, より開場, を以て調印, を期限, 終に歿

▼ 七月~ (29, 1.1%)

2 来た

1 [27件] がんばります, さっぱり見えない, さやに, しだいに終わり, すぎ総督, ばかに, 何うし, 出ること, 団七九郎兵衛, 小で, 少しく性急, 巴里で, 斎藤の, 新築の, 暮れて, 残暑が, 田丸家から, 百枚ぐらい, 盂蘭盆会と, 盆供の, 菅江真澄翁の, 藤原俊基が, 蟹の, 西暦で, 誰かの, 進んだ, 霞亭の

▼ 七月~ (27, 1.1%)

2 いえば, なった, なり八月, 八月の

1 [19件] いう, いうに, いうのに, したれば, なつて, なりては, なりました, なると, 五円十円とられ, 八月との, 八月とは, 八月は, 十一月の, 十二月の, 定まり僅, 常盤座で, 日づけ, 言って, 言は

▼ 七月~ (27, 1.1%)

4 末に 3 下旬に 2 中旬に, 半に, 過ぎて

1 [14件] おはり, すぎ八月, そろそろおしまい, なかばに, なかばを, まだ初旬, 一日二日で, 二十日間京都, 半ばを, 半ば過ぎ, 忙しい, 終りかけて, 終りに, 間ぢかに

▼ 七月十三日~ (25, 1.0%)

2 のゆう, の午後, の晩

1 [19件] からはパパ, から十七日, である, と言, になつ, にに逼塞, に歿, に牢死, に生れた, に荏原郡品川町南品川百五十九番地, の午すぎごろ我々, の夕方, の夕方哲学者, の夜, の朝, の申, は王子権現, 罷出候而罷帰, 迄の仕事

▼ 七月~ (24, 0.9%)

1 [24件] から八月, から八月上旬, か八月上旬, か八月初, この回, で壽, にそんな, になれ, にはきざし, にはできるでしょう, にわたし, にテワンテペク, に一度, に北信, に太平洋上, に福岡, に行っ, のくるめく, のその, の文士劇ヴァラエティ, の日, の炎天, の長, までの

▼ 七月二十九日~ (23, 0.9%)

1 [23件] から八月十日頃, だと, ですから, で刑死, という, と口, にはまだ, には成歓牙山, には祖父伊兵衛, にアンブロン, に我々, に生れた, に當, に黄粉, の, の朝七時, の牡丹餅, の記念, はちょうど, までは太陽, まで放置, を頂上, 即ち田丸奈保子

▼ 七月革命~ (23, 0.9%)

2 の後

1 [21件] からようやく, であった, でブルジョアジー, で勲章, と二月革命, に対抗, に直接関係, のうち, のごとき, のとき, の太陽, の年, の折, の錯誤, は一陣, は事実, は前, は書籍業, は直ちに, も彼, を経

▼ 七月三日~ (22, 0.9%)

2 の晩

1 [20件] いよいよサウス・クリパー機, から南伊豆, づけの, であつ, にあたる, に抱沖, に松平薩摩守斉彬家来戸塚静海, に歿, に菅三惟繩, に虚子, のゆう, の事, の午過ぎ, の各, の暁, の消防隊組合, の記事, 迄にしなけれ, 迄帯刀ノウチニ逗留シテイタガ, 迄滞京

▼ 七月九日~ (21, 0.8%)

1 [21件] か十日, が御, と改めて, には洞外, にも同様, に判決, に妻子共四人, に暴風, に松田町, に棠軒, に水谷判事, に至り, に茶山蘭軒等, の午すぎ, の墨田川舟遊, の夜, の生国魂神社, の鴎外, は生国魂, やっとカボヴェルデ諸島, 直ちに江戸町奉行所

▼ 七月六日~ (21, 0.8%)

4 の夜

1 [17件] それから青森, であつ, である, であるが, に小田原城攻略, に忠相, に早世, に歿, に田浦, に結婚式, に速達, に遣, に長崎, の午後, の宵, の暗い, わが田浦

▼ 七月~ (21, 0.8%)

1 [21件] から橋口, だったかしら, であった, であったと, であつ, なら雪渓, になれ, にはサクラメント・ヴァレイ, には不治, には六千三百人, にゃあ, に出, に旨い, に早く, の巨済島入佐村, の暑い, の梅雨時, はたけ, までかかる, までが出, 既に旅券

▼ 七月二十五日~ (20, 0.8%)

1 [20件] づけの, にやはり, にカルカッタ市, にマイリ, に両人, に大発, に棠軒良安, に牡蠣, に速達下, のもの, のドラポー・ブラン紙, の下, の事, の夕べ, の夕方, の早朝, の晩, の朝, の朝相川良之介, 同十九年壬子十月神祖

▼ 七月十一日~ (20, 0.8%)

3 の葉書

1 [17件] から始, でした, といふより, になっ, には法印, に全部, に同じ, に末吉, に終了, に長男三吉, に飯田休庵信方, のゆう, の夜品川, の晩, の朝四十六歳, より火木土, 死すとの

▼ 七月八日~ (19, 0.7%)

2 づけの, の夜

1 [15件] から二十九日, には女師匠, に夫妻, に横浜, に牢死, に発会式, のこと, の円舞踏, の朝, の朝十貫匁, の條, はちょうど, まで一夏, もうすぐ暑中休暇, 同じく岡田首相

▼ 七月中旬~ (18, 0.7%)

3 から八月中旬

1 [15件] から, から下旬, から八月はじめ, から折々, だ, であったこと, になる, に上流, に大湯温泉, に死んだ, に水彩風景画家, のこと, の午後, の午後三時, の或

▼ 七月二十日~ (18, 0.7%)

2 の朝

1 [16件] で部屋, という日附, なり, には, には左近中将, に五十三歳, に同じ, に寂蓮, に山崎美成, に故, に榛軒, に歿, に発ち, に銀山平, のこと, の祭

▼ 七月十七日~ (18, 0.7%)

2 に歿

1 [16件] から六日間, から愈々, この髭, つまり盆, という日, といえ, なること, になつ, に下谷龍泉寺町, に庶務局詰, に書い, に起工, の夜行列車, の朝, は新, は陽暦

▼ 七月十二日~ (18, 0.7%)

3 の夜

1 [15件] から三十五頁, から始, である, という日, にあたる, には集, にシンガポール, に勝利, に抽斎, に麻布西町十五番地, のこと, の大, の空襲, の連合通信, わが狎友唖

▼ 七月二十七日~ (17, 0.7%)

1 [17件] から三十日朝, から八月二十五日, に, にやはり, に南亜, に後鳥羽上皇, に書い, に谷中, のこと, の午前八時半, の手紙, の朝, の発病, は朝, もやがて, よき往生, を青箸

▼ 七月二十四日~ (17, 0.7%)

3 の朝 2 から一週間

1 [12件] から二十七日, つまり殺される, にそれぞれ, に私, に除幕式, の, のお, のこと, の陶器祭, は, もすぎ, もまた

▼ 七月五日~ (17, 0.7%)

2 から六日

1 [15件] である, でなくては, といふことに, になっ, には鉱毒婦人救済会, には駿河, には黒田, に右斎藤君, に氏直, に豊後, の朝, の朝築地字海軍原, は十九年, は矢島, 附けの

▼ 七月十六日~ (17, 0.7%)

5 の夜

1 [12件] から先, から取調, づけ請求, にはまた, に六十一歳, に此職, の例祭, の夕方, の年号, の朝, の盆休み, 生於甲州石和小林総右衛門家

▼ 七月十日~ (16, 0.6%)

3 づけの

1 [13件] から一学期, から十五日ごろ, から月一杯一番大切, だった, とが入江道場, に出した, の事, の夜, の朝, の海岸開き, の爆撃, は浅草観音, は石田

▼ 七月四日~ (16, 0.6%)

2

1 [14件] からスペイン, にこの, に保, に国鉄, に家督, に抽斎, に柏軒, に狩谷, に遂に, の夜, の朝母, の独立祭, の製造, 迄に数回

▼ 七月二十八日~ (15, 0.6%)

2 は小夜

1 [13件] であつ, というしるし, にオーストリア, に三十七歳, に初, に歿, に禄, に蘭軒, の午前十時, の夕方, は初, より八日間, より八月一日

▼ 七月~ (14, 0.5%)

2 来た

1 [12件] だんだん終り, ふた月, よい, 丸太ン棒で, 來て, 入学試験, 八月に, 大阪八月有楽座である, 来て, 決算期で, 終って, 頂上である

▼ 七月より~ (14, 0.5%)

2 昭和九年二月に, 本年二月までの 1 い, づっといゝ, 十三年, 十二月の, 安政五年の, 実施せらる, 恵帝の, 秋八月の, 翌年の, 近郊にて

▼ 七月二十三日~ (14, 0.5%)

2 の夜

1 [12件] だろうと, でした, に東京世田谷区, に正, に福山, に突然, の事件, の当日, の明けがた, より二十七日, よ鶴飼, よ鶴飼橋

▼ 七月八月~ (14, 0.5%)

2 はどの

1 [12件] となっ, と毎月, と続きました, の三箇月間, の両月, の暑, の祝い日, はまるで, は映画, を夏, を過ごし, を過す

▼ 七月~ (14, 0.5%)

2 にわたって連載, に発表 1 で畠中尚志, に, には付録, に分, に掲載, に登載, のため, の原稿整理, の小論, の文学界

▼ 七月~ (13, 0.5%)

2 の重要, は日曜月曜 1 であつ, でさえ, に, にかいてい, にかれ, にその, のこと, はちゃんと, は一頓挫

▼ 七月二十一日~ (13, 0.5%)

2 の事

1 [11件] から七日間, から三十一日, が宿直, に歿, に第, に芥川, のこと, の太陽, の桑港放送, は各国連合軍, ばかりの宵闇

▼ 七月初旬~ (13, 0.5%)

1 [13件] おかえりと, で伸子たち, には日々卅九度, に七尺, に例年, に経済安定本部, のある, の午後, の日光, の青磁色, の麗らか, はまだ, までには一片

▼ 七月まで~ (12, 0.5%)

2 三十一年間黒田家に 1 あった勝札, で別して, 八ヶ月間護良親王こ, 将軍還御の, 徹夜した, 思いとまるという, 満十年, 続けられた, 落着延引し, 調べが

▼ 七月十九日~ (12, 0.5%)

2 の夜 1 には上田, には又, にミユンヘン, に将軍頼家, に結婚式, に至る, のこと, の午前十時二十二分, の午後二時頃, の朝

▼ 七月十八日~ (12, 0.5%)

1 [12件] が日, この物語, ですよって, には三道, に一つ, に保, に御, の, のこと, の各紙, の製造, を以て長崎

▼ 七月~ (11, 0.4%)

2 あつた 1 ちょうど於菟さん, また新, まる四年, 亡妻の, 先生の, 外国雑誌は, 帰ると, 父達は, 葉かげに

▼ 七月二十二日~ (11, 0.4%)

1 [11件] から五十日間, から開始, にオーストリー, に御台所, に本郷真砂町桜木天神附近, の, の丑刻, の午前十一時, の夕べ, の夜, は下島

▼ 七月~ (11, 0.4%)

1 [11件] には政府所有, の事, 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 四

▼ 七月上旬~ (10, 0.4%)

1 がもう, にかけてちょっと, になり, に於ける, に至る, のこと, の事, へかけ, まで三ヶ月半, もなお

▼ 七月二十六日~ (10, 0.4%)

1 であった勿論, に世界, に品川, に島田, に歿, の曉方近く, は二十六夜待, は忠宝さま, ひる, を以て生れた

▼ 七月にも~ (9, 0.4%)

1 その信玄, なる妊婦, やってきた, 一滴の, 京都に, 安永元年十二月にも, 将軍家は, 根室まで, 行はれる

▼ 七月三十日~ (9, 0.4%)

1 か三十一日, にあの, には彼奴, にホンデュラス湾端, に城中, に無事通過, のこと, の夜, の朝

▼ 七月~ (8, 0.3%)

1 する高瀬, 例と, 徹底的に, 迎えたの, 迎えて, 迎えるころ, 迎へ, 限りに

▼ 七月ごろ~ (7, 0.3%)

1 からもうそろそろ, から日本, にかける, に相当, の気候, の鮎, まで雪

▼ 七月はじめ~ (7, 0.3%)

1 から法医学教室, の夜, の大水, の宿居, の日, の海, の生

▼ 七月三十一日~ (6, 0.2%)

1 である, になった, にフェルミ側, にボンベイ, の午前六時頃, の晩

▼ 七月~ (6, 0.2%)

2 に剃髪 1 である, に其次男, より五日, を以て始まっ

▼ 七月~ (5, 0.2%)

1 から七八九十十一十二, から其, と國府津, のにジャガいも, ものそれも

▼ 七月にかけて~ (5, 0.2%)

1 宝塚映画に, 小ひと月, 日本橋に, 果された, 江戸市中に

▼ 七月にな~ (5, 0.2%)

2 つても 1 つてから, つて不二屋の, つて間も

▼ 七月一日発行~ (5, 0.2%)

3 の第 2

▼ 七月半ば~ (5, 0.2%)

1 には幅九間余, にモザンビク, に帰っ, の夏, の暑い

▼ 七月~ (5, 0.2%)

1 が法學院, と貞子, は新設, は独逸, は福島県

▼ 七月からは~ (4, 0.2%)

1 その当時, 原器に, 妊娠を, 湯殿で

▼ 七月である~ (4, 0.2%)

1 から陵, のになお, のに残り, 時間といふ

▼ 七月~ (4, 0.2%)

1 かけた時期, かけて, かけての, かけ公方様

▼ 七月一杯~ (4, 0.2%)

1 だけで, としたい, の昆布採集, は居た

▼ 七月九月~ (4, 0.2%)

2 の間 1 である, の芽

▼ 七月以後~ (4, 0.2%)

1 にも, の事, は春夏, 戦ひ止時

▼ 七月~ (4, 0.2%)

2 よりの昇給者 1 に間に合せ度, の月給

▼ 七月十九日夜~ (4, 0.2%)

2 の暗殺事件 1 の出来事, の四人刺殺

▼ 七月廿一日~ (4, 0.2%)

1 に主人飯島平左衞門, の事, の夜, 恐ろしくむし暑い

▼ 七月~ (4, 0.2%)

1 に墮胎, の八月半ば, の月足らず, の腹籠

▼ 七月~ (4, 0.2%)

1 一審が, 一次大戦が, 二會, 四册は

▼ 七月興行~ (4, 0.2%)

1 で原作, に上演, の二番目, の歌舞伎座

▼ 七月~ (3, 0.1%)

1 九月には, 八月かの, 八月頃自然の

▼ 七月この~ (3, 0.1%)

1 かた市中の, 月の, 速記は

▼ 七月でも~ (3, 0.1%)

1 ポイントバローでは, 地蔵さままでが, 死人の

▼ 七月との~ (3, 0.1%)

1 七日が, 人形送りの, 詩の

▼ 七月とは~ (3, 0.1%)

1 いえ山, 南と, 思えないほどの

▼ 七月なかば~ (3, 0.1%)

1 の日, の日曜日, の暑い

▼ 七月までには~ (3, 0.1%)

1 みんな出る, みんな出るでしょう, 一万人ほどに

▼ 七月を以て~ (3, 0.1%)

1 謁見応接の, 踊り月と, 開業した

▼ 七月以前~ (3, 0.1%)

1 に仰せ, に申し越されよ, のもの

▼ 七月初め~ (3, 0.1%)

1 と書い, の日, までずいぶん

▼ 七月十月一年~ (3, 0.1%)

3 も以前

▼ 七月朔日~ (3, 0.1%)

1 にりよ, に始まつ, の朝露

▼ 七月東宝~ (3, 0.1%)

1 に於ける, のこと, へ一座

▼ 七月歌舞伎座~ (3, 0.1%)

1 にて円朝, にて菊五郎, の楽屋

▼ 七月~ (3, 0.1%)

2 の魂祭 1 の時期

▼ 七月蘆溝橋~ (3, 0.1%)

1 ではじめられた日本, に轟いた, の事件

▼ 七月~ (3, 0.1%)

1 でこの, に, を遲

▼ 七月いっぱい~ (2, 0.1%)

1 に私, はほとんど

▼ 七月であった~ (2, 0.1%)

1 大書記官, 沢村田之助は

▼ 七月という~ (2, 0.1%)

1 ように, 身重の

▼ 七月までの~ (2, 0.1%)

1 半年間に, 間には

▼ 七月までは~ (2, 0.1%)

1 幕府は, 無事に

▼ 七月らしい~ (2, 0.1%)

1 日の, 雨の

▼ 七月三・四日~ (2, 0.1%)

1 に行われる, の会議

▼ 七月中央公論~ (2, 0.1%)

1 に三宅花圃, のため

▼ 七月二十九日付~ (2, 0.1%)

1 で堀達之助, の飜譯

▼ 七月二十六夜~ (2, 0.1%)

1 だ, の月待ち

▼ 七月二十日前後~ (2, 0.1%)

1 からひとしお, から野戦病院

▼ 七月二日有吉大使~ (2, 0.1%)

2 は外務省

▼ 七月以來~ (2, 0.1%)

1 の外國貿易, 常に非常

▼ 七月以来会社~ (2, 0.1%)

2 の創立

▼ 七月~ (2, 0.1%)

1 か六月児, だつての

▼ 七月十五夜~ (2, 0.1%)

1 だが, なり

▼ 七月十四日祭~ (2, 0.1%)

1 だという, の夜

▼ 七月十日頃~ (2, 0.1%)

1 の汽船, までにはいずれ

▼ 七月~ (2, 0.1%)

1 に大同江, に至つて洪水

▼ 七月号中央公論掲載~ (2, 0.1%)

2

▼ 七月四日アメリカ合衆国~ (2, 0.1%)

2 の独立記念日

▼ 七月~ (2, 0.1%)

1 の海, 猶浅

▼ 七月廿七日~ (2, 0.1%)

1 の禁令, 第三回登山者

▼ 七月~ (2, 0.1%)

1 が来朝, の艦隊

▼ 七月日本~ (2, 0.1%)

1 に来朝, をし

▼ 七月早々~ (2, 0.1%)

1 あの不順, 母は

▼ 七月~ (2, 0.1%)

1 はとうとう, は二十七歳

▼ 七月終り~ (2, 0.1%)

1 ころから, には中房温泉

▼ 七月記念塔~ (2, 0.1%)

1 といういかめしい, の大きな

▼ 七月越中~ (2, 0.1%)

2 の国守

▼ 七月越後~ (2, 0.1%)

2 の長岡城

▼ 七月遂に~ (2, 0.1%)

1 俳優は, 教授職と

▼ 七月長崎~ (2, 0.1%)

1 に出, の通譯本木昌造

▼ 七月革命後~ (2, 0.1%)

1 のフランス, 常に蝙蝠傘

▼1* [569件]

七月いったん第九師団司令部附, 七月いつぱいは, 七月いろいろなあつ, 七月かにも一度いらっしゃい, 七月かの川上音二郎君が, 七月ぐらいな嬰児を, 七月こんどは白昼, 七月ごろ七軒町へ家, 七月ごろ司令官ドン・ジョアン・ペレイラの乗った, 七月さしもの強大, 七月すゑで日本, 七月そろそろ藪蚊が, 七月ださうだから早く, 七月だったと思う, 七月ちょうど盆だ, 七月ついに四十六歳の, 七月でしたし当時, 七月ですもの, 七月なかば五日か七日, 七月などの同じ日, 七月においてはさらに文政打払令, 七月にかけては日本橋で, 七月にてその死せし, 七月はじめあなたが書い, 七月はじめそれこそどしん, 七月はじめて彼と, 七月ぶるうすた, 七月までということだ, 七月までを第二期, 七月もうすっかり夏であるべき, 七月おかめ鸚哥, 七月わが小説, 七月わたしが自分, 七月ウゴリーノ及びその, 七月カラ始メテ画用紙ヲトジテ画帖ヲ作リ鉛筆デ, 七月サイパン島で全員戦死, 七月シューマンが死んだ, 七月タバコ法度之事, 七月トレヴィーゾに死す, 七月ニ黄花ヲ開ク, 七月ハ下旬マデ学校ガアルシ八月ニナレバ軽井沢ヘ追, 七月バスティーユ牢獄の破壊, 七月バルト海岸ミュリッツに妹, 七月ピサロアルマグロルケの三人, 七月フェルラーラの君, 七月ラッサの宝積院, 七月ローザンヌに開かれた, 七月ローマからゴッス氏, 七月ローマ法教会法ドイツ法オーストリア法制史に関する国家試験, 七月ワリニャーニが渡来, 七月ヴァレエ州ロオヌ溪谷のシエル, 七月一つの熱情, 七月一ぱい八月の初, 七月一日セントポール駅に宿し, 七月一日マルセーユ着という多, 七月一日丁度六年前ヤスナヤポリヤナに居た, 七月一日付で労働者傷害保険協会, 七月一日原田定助宛, 七月一日夜アフリカコンゴオの林中空地, 七月一日夜表アフリカコンゴオの林中, 七月一日妻は母, 七月一日日本の歴史, 七月一日朝まだきにはじめて, 七月一日歌舞伎座にて仏国人, 七月一日病院の組織, 七月一日藤岡町合併の事発布, 七月一日除幕式が擧行, 七月一旦東京を, 七月一杯外出の都合, 七月一葉は十八, 七月七八の二日間, 七月七夕と共に外来, 七月七日きょうは又, 七月七日アドレイドを出帆, 七月七日七夕の生れ, 七月七日三代目沢村田之助死す三十四歳, 七月七日六月十六日のは戻りました, 七月七日大雨の降続いた, 七月七日日華事変をもっ, 七月七日明けの七つ刻, 七月七日梅雨あがりの, 七月七日神經衰弱がひどく, 七月七日蘆溝橋に於い, 七月七日護法の祈, 七月七日退職新たに北条茂時, 七月三十一日七十五歳で没する, 七月三十一日午後六時過の, 七月三十一日号に火野葦平, 七月三十日雷火のため炎上, 七月三日シモンは細君, 七月三日一奇遇あり, 七月三日丸の内なる衛生会楼上, 七月三日付けのフィラデルフィア発行, 七月三日大須賀康高に武装解除, 七月三日当時オーストリア帝国領であったプラーク, 七月三日生年八十四で往生, 七月上旬皈帆の節獵舟獵具等, 七月上旬青ヶ島に着き, 七月席即ち, 七月下旬キンシカイジョケンジという電報, 七月下旬四国の事, 七月下旬東京を出発, 七月下旬私は某, 七月下旬莫斯科を立っ, 七月下旬高頭式田村政七両氏と共に鰍沢, 七月与謝野先生北原白秋木下杢太郎平野万里等と九州, 七月中ばの熱帯国, 七月中国に対する侵略戦, 七月中安兵衛より一足先, 七月中旬ごろからマアちゃん, 七月中旬上野廣小路の卜者四明堂, 七月中旬亡父の三周忌, 七月中旬後閑を中心, 七月中旬梅雨があける, 七月中旬過ぎまで三ヶ月, 七月中晴天が少なかっ, 七月中村座で, 七月中松井の女房, 七月中雨ばかり降っ, 七月中頃には岩間温泉, 七月久振りで尾瀬ヶ原, 七月九州一円四国和歌山奈良京都などを旅, 七月九州遠征から帰っ, 七月九日きょうは浅草観音, 七月九日ごろ咲枝が赤子チャン, 七月九日マルセイユに着き, 七月九日ロンドンの街上, 七月九日五十七歳で卒, 七月九日先生の訃, 七月九日尾瀬殿邸ヲ発セラレ, 七月九日市川新蔵, 七月九日東京地方裁判所第一審判決, 七月九日疝積追, 七月九月十月の六回興行, 七月予腸窒扶斯に罹りたる, 七月二の替り即ち盆興行, 七月二十一日きのうは本当に, 七月二十一日さっき郵便局でハガキ, 七月二十一日三代目河原崎国太郎死す三十八歳, 七月二十一日二十三日には明確, 七月二十一日南緯八十度〇八分における記録, 七月二十一日呂宋へ向け, 七月二十一日殿様はお, 七月二十七八日の爆声, 七月二十七日ロベスピェールが倒れ, 七月二十七日同地占領以来住民の復帰, 七月二十七日大蔵省の中, 七月二十七日当時土佐の藩獄, 七月二十七日恐怖政治が終った, 七月二十七日波岡城主北畠顕村を伐ち, 七月二十七日谷中の斎場, 七月二十七日車の上, 七月二十七日金曜日であった, 七月二十三夜というの, 七月二十三日ベルリンで婚約解消, 七月二十三日付で長崎商館長, 七月二十三日巴里で死んだ, 七月二十三日芥川の伯母さん, 七月二十九日五十一歳病気で歿, 七月二十九日付飜譯のペルリ, 七月二十九日首相を訪問, 七月二十二日ブエノスアイレス発ユーピー特電が突如, 七月二十二日マグダレナの祭日, 七月二十二日午後一時十分愈, 七月二十二日夜九時飯田町発の汽車, 七月二十二日東支鉄道従業員のジェネラル・ストライキ, 七月二十二日生涯の終る, 七月二十二日金曜日である, 七月二十二日附の書, 七月二十五日何処に居た, 七月二十五日出のがある, 七月二十五日大阪桃山にあそぶ, 七月二十五日射殺の判決, 七月二十五日巳の刻, 七月二十五日市街戦が始まった, 七月二十五日朝五時半にピニエス・ペンドル, 七月二十五日東京は突然, 七月二十五日鳥より, 七月二十何日とか, 七月二十八二十九三十の三日間, 七月二十八日きょうから友ちゃん, 七月二十八日ト同ジ姿勢, 七月二十八日一ノ関の嗣子, 七月二十八日亥の刻, 七月二十八日京伏見山科大阪赤穂などに散在, 七月二十八日信長は長政, 七月二十八日十三人の子供達, 七月二十八日午後同艦は港, 七月二十八日弘前に於, 七月二十六日ダアバンを出帆, 七月二十六日ワラタ号は倫敦, 七月二十六日事件加代子さん殺しの場合, 七月二十六日午睡から目, 七月二十六日夜月の出ずる, 七月二十六日島木赤彦土橋青村二君と共に温泉嶽, 七月二十六日我木曾冠者義仲は白馬金鞍, 七月二十六日汽車に乘, 七月二十四日二十七日八月七日十一日と四通, 七月二十四日処によつて, 七月二十四日午後七時三十分汽車にて上野発, 七月二十四日日曜日夏季大學, 七月二十四日犯人から第, 七月二十四日芥川の伯母さん, 七月二十四日芥川龍之介君の河童忌, 七月二十幾日に再度, 七月二十日すぎその年, 七月二十日すぎ熱射病のため, 七月二十日アレツツオに生れき, 七月二十日二代目中村雀右衛門大阪に死す, 七月二十日付の手紙, 七月二十日大坂へ下しけり, 七月二十日棠軒は福山, 七月二十日正午時刻のこと, 七月二十日礫刑に処せられ, 七月二十日過ぎからがいい, 七月二十日頃から凡一ヵ月, 七月二日ブーニンの言葉, 七月二日以前のやう, 七月二日以来どこかへ身, 七月二日出の繪はがき, 七月二日支倉喜平は有罪, 七月二日法皇の御, 七月二日私はメーソン氏, 七月二日藤島の燈明寺畷, 七月二日風雨の烈しい, 七月二月の政変, 七月二艘のオランダ船, 七月五日ごろに出来上ります, 七月五日プラークに到着, 七月五日付で米国, 七月五日区内築地三丁目十五番地先川中へ漂着, 七月五日午前十時より神楽坂, 七月五日岡田首相と会見, 七月五日岩城の平, 七月五日年二十二歳熱病で死んだ, 七月五日東宝劇場初めての, 七月五日榛軒が函嶺宮下奈良屋, 七月五日神祖より御朱印, 七月五日私は招かれ, 七月五日都を進発, 七月五日餘作同行にて発途, 七月亡くなられる時は, 七月享年七十七歳であった, 七月以來妻と自分, 七月以來漸次低落して, 七月以來足かけ三年昌造は文字通り東奔西走, 七月以来佐々木ノ代理ハ御免, 七月以来殆ど病間から外, 七月以来父祖代々の住居, 七月以来私の心持, 七月以来自分は絶えず, 七月以降長篇小説への要望, 七月伊豆湯ヶ島温泉に往つて, 七月休ませてくれ, 七月を佐々, 七月作者二十四歳の時, 七月はい, 七月だつての, 七月同盟共産党第, 七月八日これという災厄, 七月八日以後帝国の高貴さ, 七月八日左大将御直衣始, 七月八日朝刊によって有島武郎氏, 七月八日材木を積, 七月八日東部プロイセンのケーニヒスベルク, 七月八日死刑に処し, 七月八日永遠にかえらぬ, 七月八日発行の明治新聞, 七月八日高野山へ上り給, 七月八月九月の中頃, 七月八月九月十月十一月と丁度半歳, 七月八月九月十月十一月十二月だ, 七月八月冬の十二月, 七月六日午後横浜解纜の英国船, 七月六日家康が家臣全員, 七月六日横浜出帆の信濃丸, 七月六日頃より暑気出, 七月六角獄で刑死, 七月を擁し, 七月其処で夢, 七月列藩を廃, 七月初めアルマグロが南方遠征, 七月初め頃の茹, 七月初坊津にいた, 七月初旬上流は七月中旬, 七月初旬内務次官フォン・デルブリュックは当時ロッテルダム, 七月初旬翁の手紙, 七月創刊號に, 七月劇場は中村座, 七月加南夏漸生雷声送雨晩天晴, 七月として末摩尼法, 七月北支の蘆溝橋, 七月北海道に遊ん, 七月北畠家からし, 七月北米の大, 七月十一十二の両日, 七月十一日あたりのところ, 七月十一日午後五時二十五分頃本州中部地方関東地方から近畿地方東半部, 七月十一日夕龍動市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 七月十一日琉球那覇着同十九日, 七月十七夜の夕月, 七月十七日付大蔵省令第三条, 七月十七日付法令第三条, 七月十七日午前六時半私たちは散歩, 七月十七日午後二時頃から八合目, 七月十七日召集をうけ, 七月十七日大手御帳面調, 七月十七日富士山に登り, 七月十七日朝上野発の, 七月十七日東京の西郊中野, 七月十七日構内の松林, 七月十七日為藤は五十歳, 七月十七日築地本願寺別院に於, 七月十七日草木もねむる, 七月十七日附の手紙, 七月十七日香椎の球場, 七月十三十四十五と三日續, 七月十三日信治の叔母, 七月十三日十二月二十八日兩度の市, 七月十三日大風洪水二に八月四日大風洪水, 七月十三日白昼江戸川の水, 七月十三日祖先の恩恵, 七月十三日秀吉は拝命, 七月十三日頃にかえります, 七月十九日ニ予ノ拒絶ニ会ッテカラ, 七月十九日前後の消息, 七月十九日午前八時モルレーに於, 七月十九日午前十時此頂上を通過, 七月十九日夜伊達家の本邸, 七月十九日淹京中の死, 七月十九日犀川河畔の戦闘, 七月十九日英国汽船ライトニングに乗り, 七月十九日頃から暴風雨, 七月十九日頼朝自身出征の途, 七月十二日のは絵葉書, 七月十二日人人と一日百首, 七月十二日午前九時沼津發同午後二時豐橋着, 七月十二日博多を船, 七月十二日夜処は上根岸, 七月十二日宿老の職, 七月十二日朝の五ツ時, 七月十二日私は最も, 七月十二日迎え火を焚き, 七月十二日雨は止んだ, 七月十二月には別に, 七月十五日ごろ迄に本, 七月十五日せつかくの月, 七月十五日七月十五日と都, 七月十五日事件当夜のてんまつ, 七月十五日南ドイツの鉱泉地バーデンヴァイラー, 七月十五日外務省告示第六〇号, 七月十五日手前家内お種, 七月十五日朝廷最高の顕官蔡大臣, 七月十五日東京新聞の, 七月十五日私は東京女子師範学校, 七月十五日香港よりお, 七月十八日これは墨夷, 七月十八日夕方千草さんの殺された, 七月十八日夜の事件, 七月十八日夜自宅のクローク, 七月十八日大本営発表としてサイパン島守備, 七月十八日法学士の称号, 七月十八日酒井邸へ召され, 七月十六日ニューメキシコでの実験, 七月十六日屋戸野入道に付し, 七月十六日平壌を攻撃, 七月十六日日本人高田兼吉の家, 七月十六日本当の暑, 七月十六日東京府民有志の発企, 七月十四日ダントン狼理性の勝利, 七月十四日パリ祭の日, 七月十四日フランスの人々, 七月十四日一七九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 七月十四日以後のこと, 七月十四日午後三時にた, 七月十四日夜日暮里にて, 七月十四日定例閣議の席上, 七月十四日桃仔園で戦死, 七月十四日河野敏鎌を移し, 七月十四日私は丁度, 七月十四日連盟祭の当日, 七月十四日降誕祭除夜オペラ座やヴェルサイユ宮, 七月十日わたくし父魚屋清左衛門大阪玉造のお, 七月十日以後は出かける, 七月十日千葉県下下総国野田宿なる太田屋, 七月十日午前八時十分私の乗った, 七月十日印刷云々とある, 七月十日野田に祇園会, 七月十日附の返, 七月卅日の幸田露伴, 七月半ばロマーシがカザン, 七月半ば頃にはもう全く, 七月一農学校卒業す, 七月号所載の, 七月号碧子の俳句評釈, 七月吉日とあります, 七月吉田松陰があたかも, 七月同じ処で, 七月同じく薩州宝島に, 七月同人の多く, 七月同市商業會議所から支那學講座資本, 七月同誌の第, 七月和蘭人と支那人, 七月四日之を始め, 七月四日五日これは例, 七月国会に提出, 七月国顴高く眉蹙, 七月土用の頃, 七月坂合部石布津守吉祥等に從, 七月執筆せしもの, 七月の四つ頃, 七月地震速見高崎山なども, 七月大府に向い, 七月大阪朝日新聞社の求むるところにより, 七月天皇も御, 七月夫妻は富士五湖, 七月奈良において日本歴史地理学会, 七月始めの育ち切れない, 七月始頃の雨上り, 七月として生れた, 七月守田座にて, 七月宗祇の草庵, 七月宝塚唱歌隊第一期生, 七月実に余りにも飽, 七月は海水浴, 七月将軍吉宗公中川狩猟の時徒兵, 七月小暑の頃, 七月小金原の観音堂, 七月山村菱秋書という落款, 七月川開きの夜, 七月巣鴨拘置所で百合子, 七月市村座の再築落成, 七月帰って見れ, 七月帰るといふ話, 七月平安兵を率い, 七月にとってはありがたい, 七月廿一日東京発八月十八日福山著廿四日執政を罷め, 七月廿七日炎天下を私, 七月廿三号の表紙, 七月廿三日左之願書相, 七月廿五日に秀吉, 七月廿五日春安と改名, 七月廿五日昨日より, 七月廿八日ベルリンに著い, 七月廿八日大坂の方, 七月廿六日左千夫君百穗君と共に雨, 七月廿四日に秀吉, 七月廿四日地震宮殿舍屋を破る, 七月廿日夕柏軒先生京師旅寓より御, 七月廿日生同壬八月三日死, 七月後妻として野中勝良氏, 七月従四位下侍従に任, 七月更に父母, 七月我國と支那, 七月我西遊を企つる, 七月日の, 七月文芸懇話会賞が与えられた, 七月は記憶, 七月日劇の配役, 七月日支一觸即發を傳, 七月日露戦争が始まる, 七月明治天皇御不例, 七月春陽堂の編輯, 七月昼夜稼いで, 七月時分にそう, 七月時政はまた, 七月より閏七月一日, 七月暑い頃, 七月暑熱は極点, 七月書生芝居の山口定雄一座, 七月朔日四更に発す, 七月朔日水中に没す, 七月朝日新聞へ客員, 七月末あたりまでも叔父さん, 七月末ごろのこと, 七月末ごろ急によばれ, 七月末ピサロが既に, 七月末マデ居ロトイウ故世話ニモナッタカラ, 七月末二千米突の峠, 七月末巣鴨拘置所で病気, 七月末日であるから, 七月末日本に着い, 七月末熱射病で死ぬ, 七月末男子出生の通知, 七月来しことも, 七月東京第一大区十一小区東松下町三十七番地工部省七等出仕塩田真方寄留, 七月東宝進出の予定狂言, 七月東広瀬寺部の二城, 七月東海道岩淵地先の富士川, 七月板垣大佐を総裁官, 七月某日の夜半, 七月柴田環女史帝国劇場に出勤, 七月梁ヶ瀬から田神山, 七月樺太に出張, 七月正式に律, 七月死亡した, 七月の身, 七月沢庵は五十七歳, 七月河内国の地震, 七月洪水のため, 七月浦賀にき, 七月清洲に会し, 七月演芸矯風会起る, 七月熊襲御親征, 七月牢死致しましたから, 七月狂言の配役, 七月看残雪封, 七月現在ではほぼ, 七月畿内の官軍, 七月疫疾の爲, 七月病麻疹而没年纔二十五府下識与不識, 七月発行の同誌, 七月發行の, 七月盆過ぎから来, 七月盛りの夏, 七月相州箱根駅において開設, 七月私たちのため, 七月秋田から呼んだ, 七月移っている, 七月はよく, 七月を切り, 七月精養軒以來はじめての, 七月紐育を騒がせた, 七月統計局調査によれ, 七月維因納で行方不明, 七月維新政府ははじめて一応, 七月聖武天皇は愛する, 七月臨時増刊号に書いた, 七月自ら生命を斷, 七月自分は上海, 七月芝新堀に河原崎座, 七月英京ロンドン客中にわかに思い立ち, 七月英国政府は南緯六十度以南, 七月英文科を卒業, 七月著作権審査会官制の実施, 七月藤島の戦ひ, 七月藤田小四郎等先づ山を下り, 七月蘆溝橋事件を挑発, 七月號のも拜讀, 七月號中央公論掲載の, 七月蜀七十五万の軍, 七月行動を起し, 七月谷川に行った, 七月貴国の使介船, 七月赤城山上大沼でひどい, 七月赤幟洛陽を指し, 七月赤松殿石田三成に荷担, 七月跡部良弼東町奉行となる, 七月近かった, 七月近くに来, 七月近村へ戰死者, 七月州舞坂人江間小兵衞三男俗名利右衞門九代目五郎作實祖父葬于淺草光照院, 七月選ばれて法王, 七月郷里を出, 七月を発っ, 七月に在り, 七月金解禁準備に着手以來, 七月長春に於ける, 七月関東一帯大洪水, 七月除隊になった, 七月が二つ, 七月静かな夕, 七月革命後人はもはや, 七月頃パイは出さず, 七月頃子を産む, 七月頃小林に見せる, 七月は暖かく, 七月風波は葡萄牙船, 七月麻川氏は自殺