青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

下っ~ ~下り 下り~ ~下る 下る~ ~下女 下女~ ~下宿 下宿~ ~下手
下手~
~下手人 下手人~ 下男~ ~下駄 下駄~ 不便~ ~不可能 不可能~ ~不安 不安~

「下手~」 2456, 27ppm, 4385位

▼ 下手~ (820, 33.4%)

32 ことを 22 字で 10 事を 7 んだ, 字が, 字を 6 ことは 5 んです, 手つきで 4 のが, のを, 字は, 小説を, 歌よみにて, 真似を, 言葉を

3 [14件] くせに, ご飯の, のか, のは, ものだ, ものを, 事は, 作家だ, 字だ, 歌も, 絵の, 者が, 調子で, 鳴きやうを

2 [58件] お化粧, かつおぶし, せいか, ために, ところを, のかと, のだ, のだろう, のである, ので手紙, のとに, ばかりでなく, ものは, ロシア語で, ロシア語を, 人が, 作品を, 俳句を, 個所, 僕には, 僕は, 冗談を, 写実から, 写真である, 口笛で, 句は, 句を, 味つけで, 女は, 字ぢや, 字の, 字体で, 尺八が, 尺八を, 弁解を, 感懐を, 手綱では, 文章で, 日本語で, 歌など, 洒落を, 活花を, 煙草の, 画工が, 發句を, 私には, 笑ひ, 素人が, 綴方を, 職人の, 芝居の, 西洋の, 詩でも, 謠を, 謡を, 踊りだ, 踊りを, 鉛筆の

1 [533件 抜粋] あぶなっかしい講演, うなぎよりか, おかしな音楽, おさんどんなどは, おしゃれが, お世辞, お世辞みたい, お便りでした, お前よりも, お寺より, お礼を, お追従, ことし, ことした, ことだろう, ことに, ことばかり, こと驚く, しかめっ面あ, しかも大きな, すいのう, せいでしょう, その人, たどたどしい筆付, ちょっかいを, ちよつかい, ちよつかひ, つつましい返事, ところから, ところが, ところは, ところへ, になひ, のあたりまえ, のさ, のだらう, ので, のであった, のでしょう, のです, のでなかなか, のでよく, のでパーティ, ので何丁, ので余り, ので例, ので十六枚, ので台本, ので名高い, ので思いあまっ, ので話, ので輪カンジキ, ので随分, のとで, のまでが, のわからない, の迄が, はなしようを, ばかりにこれ, ほうで, まぐれ当りで, まねを, まわし者でも, ものあるいは, ものじゃ, もので, ものである, ものでした, ものです, ものに, ものの, もんです, やり方だ, やり方である, よい小説, よそひ, わけ判った, わなです, んだろう, んでせう, んで御座いませう, んで貴方, コックと, ゴルフと, スキーを, スケッチ絵ハガキから, タイプライターの, ダイビングで, ダンサーでは, ダンスを, デッサンを, トーキーの, ドラマを, ニュウ・ファッションの, パノラマ館と, ピアノを, フランス語で, プリントや, ペンキの, メリンスを, ライト式では, ラジオか, レビューを, ロッパが, 三味線が, 三味線と, 三味線を, 世辞に, 両刀つ, 中に, 丸龍の, 乱暴な, 事変芝居や, 二上りを, 五目並べなど, 亭主持ちでも, 人でも, 人なり, 人の, 人は, 人形使いが, 人間などは, 人間の, 人間学に, 仮声, 仮装よりも, 似顔絵に, 体系などを, 余は, 作り話大げさな, 作品に対しても, 作家, 作家でさえ, 作家なら, 作家や, 作者に, 作者の, 例ばかり, 俳優では, 俳諧でも, 俳諧を, 假名で, 假名文字が, 假名文字を, 僕に, 僕にも, 僕の, 八卦が, 公卿大将の, 内科や, 写生を, 写真師と, 写真師の, 冷笑を, 処も, 刀屋じゃ, 剣劇の, 創作が, 労働者は, 勘亭流の, 化け方を, 化粧の, 医者は, 医者ほど, 匿名だ, 占いも, 占ひもやる, 卷舌で, 友達が, 受売りに, 口で, 口笛を, 口説きよう, 合奏の, 和歌を, 唱歌などを, 喜劇役者の, 嗚咽の, 嘘は, 嘘ばかり, 嘘を, 図で, 土壌臭い, 地ぐち調の, 地獄極, 墨竹などへ, 売り手であった, 壺の, 大きな文字, 大工の, 大長刀, 天然色を, 天秤よりも, 夫, 夫を, 女工に, 女文字で, 奴だ, 奴であろう, 奴に, 好意を, 姫達摩を, 子で, 子供人形の, 字です, 字なんか, 字ね, 字も, 実業家以上です, 宿の, 寫眞師の, 射撃を, 将棊, 将棋では, 小唄を, 小学生じみた, 小才や, 小生の, 小細工を, 小説あくせく書きすすめ, 小説では, 小説と, 小説な, 小説の, 小説は, 小説も, 小説よりも, 小説家だった, 小説家に, 小説書きだ, 山よりは, 川柳にでも, 工夫は, 左官の, 左官屋の, 常談口を, 干渉を, 床屋の, 庖丁の, 廷臣喜劇でした, 建てかたで, 弁護に, 弓が, 形容の, 形容詞ばかり, 形而上学の, 役者が, 役者だ, 役者でも, 役者の, 彼には, 御詠歌を, 心理分析などを, 応募俳句を, 忠告を, 思わせぶりな, 情感的な, 感想に, 戀文の, 戦のみ, 戦を, 戯作の, 手に, 手を, 手出しを, 手品を, 手紙だ, 手習ひ, 手蹟だ, 手蹟で, 手際を, 技巧を, 投球ぶりを, 担任教師が, 拵えものである, 指物師の, 挨拶それでも, 掏り, 掛け図を, 探偵は, 探偵小説じゃ, 擬装を, 故か, 教室の, 文人画の, 文句は, 文句を, 文字で, 文字を, 文字をも, 文章ながら, 文章の, 文章を, 料理で, 料理人と, 料理人の, 方に, 方よりも, 旅だ, 日本字で, 日本語を, 春水ぐらいにしか, 時代なりに, 時代は, 智慧でも, 書と, 書体で, 木彫が, 未熟な, 東京弁で, 東京弁などを, 栄蔵は, 梗概を, 植木屋が, 植木師らに, 楽譜の, 槙三の, 横文字の, 機械の, 歌では, 歌みたいな, 歌や, 歌を, 正直者であった, 死に, 民衆の, 油絵の, 泳手の, 洒落に, 洒落をも, 活動の, 活弁を, 浄瑠璃を, 浪花節を, 演奏者の, 演技者だろう, 漫画家に, 無器用な, 熊の, 爲めか, 爲めの, 片手落ちの, 牛肉を, 物理を, 狂句なども, 狂歌なんか, 狡る, 独唱を, 独逸語を, 獨逸語でも, 玄人画描き, 球を, 理髪の, 甚句や, 生れつきで, 田舎芝居の, 男だった, 男である, 男です, 男とでも, 画家では, 画工の, 畫學生などの, 畫家の, 畳の, 癖に, 発句の, 発言が, 發句ばかり, 皮肉で, 監督が, 目あかしよりは, 相場張る, 真似し, 真似は, 真似みたいな, 着陸を, 矢の, 短篇を, 破綻は, 碁などを, 碁を, 礼を, 私が, 科学者は, 程よろしい, 笛の, 筆をと, 筋書どころか, 筋書を, 答案などは, 策や, 算盤を, 節廻しで, 篆書でありまし, 粗末な, 粘土細工の, 紙芝居みたいに, 素人写真を, 細君は, 細工を, 経験よりは, 絵さえが, 絵な, 絵ながら, 絵に, 絵を, 緞帳芝居は, 義太夫や, 義歯が, 習字を, 翻訳に, 翻訳の, 考えは, 考へ, 者は, 職人が, 腕立てを, 自作の, 自分の, 自分は, 舞台に, 芍薬作りなど, 芝居さ, 芝居で, 芝居は, 芝居映画の, 芝居見物みたいに, 芸術や, 芸術家が, 英語で, 英語を, 蒔絵に, 薬なぞよりは, 蘭字が, 蛇足を, 襟掛を, 親切気など, 親爺と, 言葉が, 言葉は, 訳が, 訳者注などを, 評注を, 詩を, 詩人であり, 話が, 話ばっかり, 話手の, 説教坊主ぐらい, 説明が, 説明だ, 説明を, 読手は, 談議なんか, 論文を, 講演を, 講義の, 講釈は, 講釈師の, 謠ひ, 謡なんか, 謡曲などを, 譯だ, 議論も, 買ひ, 質問さえ, 赤絵が, 趣向を, 輕口を, 辻斬が, 返事を, 返辞ばかり, 追分節の, 連中さへ, 連中に, 連中は, 道中稼ぎなんぞ, 邪魔を, 部類で, 酒より, 金釘流で, 鉄物細工を, 鉄砲を, 鏝細工みたいに, 長談義, 長談義に, 隙間風も, 隠しだてを, 雑俳と, 雑俳に, 雑俳を, 音楽をでも, 題を, 飜訳みたいだ, 駄洒落みたいな, 鬼一を, 鯛なんかより, 鳥の, 黒田節

▼ 下手~ (401, 16.3%)

21 出て 11 出ました 6 向ひ 5 あがくと, なったと, 出ると, 出れば 4 なって, やって 3 手を, 走り去る

2 [12件] すつと, つらね申候, でて, やり損じると, やると, 出た, 動くと, 来り, 母の, 煩わされて, 行って, 表沙汰に

1 [305件] あがこうもの, あった, あの子, あらあらしく太く取っ, ある, あるこ, ある宿屋, いい表わされた軍部, いい表わそうと, いじくりまわしたならば, いじくれば, うごけば, おだてると, おていさい, お礼を, かいた性格, かかって, かかわらずなお, かけた, かまけて, からかって, からげた, きちんと坐っ, くよくよし, この台所, ごてりや, させて, されて, しても, しやが, すると, すれば, そんな事, そんな文句, そんな話, ちがいない, ちょっぽ, つかまつては, つけた白粉, つけ入って, なった, なったなどという, なったので, なった人家, なった勉強, なった者, なつたら, なりさ, なります, なり大手, なるの, なるので, なる事不思議, なる筈, ひいた, まごつけば, やったか, やってるだけの, やり崩したん, やろうもの, ゆかんと, よった所, クヨクヨする, ジタバタする, バラック, ベッドの, 万太夫座の, 三人ずつ, 下るので, 下手と, 下手に, 云い出せば, 人が, 人声, 仮名を, 会見なぞ, 伸びた小径, 何か, 何らかの法則, 何事か, 使えば, 依っても, 係らずやと, 信心を, 俳句の, 優しくし, 優しく話し, 出しゃばったら滅茶, 出たお, 出たらどう, 出た爺さん, 出ての, 出てばかり, 出てるの, 出で, 出とるのに, 出ました金, 出られて, 出りゃつけ上がりゃがって, 出るぜ, 出るの, 出るはず, 出るやう, 出るよう, 出るん, 出る手段, 出る氣, 出る相手, 出れは, 出來, 出来て, 出来ると, 切り出して, 初太刀を, 割れば, 助けないで, 動いて, 動かしたり, 動かすと, 十手なんか, 半円形, 卒業する, 参ると, 反問する, 口を, 叩かれたん, 同じ網, 同情し, 同情心なんか, 向う, 向き墨斗, 向ひ吹く, 周章てない積り, 呶鳴りつけ, 唾を, 啼いて, 在る針葉樹, 地方弁を, 坐って, 坐り着物, 坐り鮨桶, 堆積した, 塗った丹波女, 大久保なんかが, 学問なぞを, 尋常に, 就いて, 嵌め込まれた義歯, 左右に, 帰り縄尻, 平伏して, 平衡を, 庇いだで, 座して, 廻り, 強く爪, 当人を, 御説明申, 怒らしては, 息子を, 戦うなと, 截って, 扉一つずつ, 手に, 手出しは, 拘らず當時, 拵えると, 捕えようとして, 捕って, 掛引なし, 掛引無しに, 控え馬, 控へ, 描いたら徒ら, 描かれて, 政治的に, 教えると, 料理し, 斬りこんでなど, 新郎の, 昔白山詣での, 書いたよう, 書いたらしい鉛筆, 書かれたもの, 書かれた小説, 書くこと, 書く必要, 木戸を, 未練も, 村役場の, 来て, 模倣し, 橋, 武器を, 歩み出づる時あわただし, 残して, 河原町の, 泥仕合などを, 泳ぎ着いて, 洋装した, 洒落の, 洗濯を, 涎くりと, 演じたか, 潜り込んで, 炉を, 無理を, 焼くと, 煉ると, 爐を, 物語つた, 独創的な, 現われると, 現金を, 理解する, 瓜の, 生れたもの, 生捕, 申立てたり, 町会の, 畳んで, 痛み入るほか, 真似し, 真似たやう, 真似を, 眼を, 礼義深く, 社会へ, 私の, 突つ張り, 窪んだとこ, 立ち廻わる, 立身出世を, 立退きを, 節子を, 築き上げた煙突, 紅を, 組んで, 続いて, 緑の, 繰り返されては, 羽織の, 耳戸の, 肩に, 背けば, 脅かしに, 腸を, 腹などが, 膝を, 自殺でも, 自然を, 至る路, 船を, 荒らされると, 葭簀張りの, 行けば, 行こうもの, 術を, 見えるの, 見せたん, 見栄えなく, 触ったら噛みつかれる, 触られないほどの, 言い出して, 訓令に, 詩に, 詰めそこねたらこれ, 話して, 話題を, 読む, 読むと, 謙遜に, 謝ったり, 護ろうとして, 走つたり, 跳ぶと, 軽輩に, 近い絵, 退場し, 逃がして, 進みまさに, 違ひありません, 遺言なぞを, 長々と, 長引かせでも, 間に, 間違えると, 降りて, 隊長の, 隠すまいと, 隠蔽し, 雅めかし, 電柱が, 音無しく坐る, 顔を, 顔見られたら, 食い違った結果, 駕籠を, 騒がずうろたえる手下共, 騒ぎ出すと, 騙し合う手数, 騷ぐと親分の, 鬱蒼たる, 鳴り物沢山入れ, 鶯笛を

▼ 下手~ (202, 8.2%)

9 方へ 6 横好きで 4 方を 3 方から, 方に, 横好きと, 横好きといふ

2 [11件] 一つ小島の, 入口より, 床几に, 扉を, 方で, 横好きという, 横好きの, 渡船場の, 立樹の, 考え休む, 障子を

1 [149件] うちには, ことで, たてたる, ところから, ほうで, みちから, ようである, ような, よりもやや, より合い, ガラス戸から, ガラス戸に, サン・タントアーヌ郭外の, バラックは, 一寸ヨ, 一着に, 三田でも, 三艘の, 下手で, 両方から, 乗って, 人の, 作なり, 兄者は, 入口は, 入口を, 出入口から, 分を, 別な, 前には, 動機に, 勝負な, 区域を, 口から, 口の, 右岸の, 同勢も, 味ある, 唐紙が, 問題では, 問題より, 噺家って, 土手に, 境を, 大きいの, 奥から, 奧より, 室に, 家を, 小さな戸口, 小径から, 小径へ, 小説よりは, 岩壁に, 川の, 川沿い黒い, 左側に, 左岸の, 差が, 幕かげに, 度を, 座から, 座に, 庭口から, 庭口の, 庭木戸の, 思案を, 愚劣な, 所は, 扉より, 手前の, 手加減が, 探偵小説には, 方が, 方にも, 方の, 方は, 方へと, 方より, 方程よき, 方賑は, 方路の, 昔の, 板戸は, 椅子に, 横好きが, 横好き連中から, 横好で, 横好です, 横好といふ, 欄干の, 汚い農家, 池の, 河口に, 流の, 淵から, 渓流に, 温泉の, 炊事場の, 無骨者と, 物云い, 町角を, 癖に, 皮人様の, 相違は, 眞似, 真似は, 石段を, 私が, 私は, 空際には, 窓外を, 端で, 簾が, 美, 美を, 考えなんとか, 考え休みに, 考と, 背景は, 舞台練習室に, 舞舞, 舟から, 芝居を, 英語で, 茶テーブルの, 草地に, 裁縫屋に, 裏口を, 襖を, 谷間まで, 車扉に, 道具立なく, 道具詮議といふは, 道具詮議とは, 違う所, 遙か, 遠景に, 部分は, 部屋から, 野原に, 長談義で, 長談義に, 長食卓, 隅に, 随一さ, 雑な, 雨戸である, 高石垣

▼ 下手~ (126, 5.1%)

3 といふ, とおっしゃる, なあ 2 からだ, がわざと, が小唄, と云っ, と笑い, なんて仰っし, ね, のう, べ, よ

1 [97件] あ, おまけに, かちゃんと, かまるで, から, からいくら, からかまわない, からさ, からそう, からそんな, からだめ, からでしょう, からといっ, からとかいふ遁辞, からと云, からと云っ, からな, からなア, からね, からみなさん, からみんな, からややこしい, からよう, から一本, から下手, から分らなかつたら, から大して, から平気, から書かない, から苦労, から行かない, から誰, かを訊く, がお, がそう, がどう, がよく, が一中節, が伝馬牢, が何処, が例, が元気, が全く, が喧嘩, が夢中, が家, が廉, が手, が斯, が村人たち, が私, が話し, が頑固, けれどもここ, けれども下手, けれども暴力的, しうまく, しその, しまあ, し半分, し字, し歌, し雪, つたので, ということ, とか何とか, とはどうしても, とは言えない, とは言わない, と云, と云う, と云った, と君, と大, と客, と思っ, と思ふ, と知っ, と言った, と言つて, と言われ, と詰らない, な, なあそれで, なあの, など噂, なア, ねえ, の, のと, もの, もんで, わ, ナ汝, 小林一三に, 相です, 私あ

▼ 下手~ (105, 4.3%)

5 はない, はなかっ 3 皆目方角, 自分の 2 もない, 河原まで

1 [85件] あつた, あつた証拠, あつて, いかぬわい, いやに, おれが, お三味線, お聞き, お邪魔, かつ無, きっとすぐわかるでしょう, このごろだれにも, しかも巧妙, すっかりおびえさせ, そのプラカート, その美, それに, ぞんざいな, だからプッチーニ, な, なしこの間, ね, は, はありません, はありませんでした, はある, はございます, はなかつた, は仕様, は困つた, は食えない, も安田一角, よういわん, ようやくあがれた, よく叱られる, わるいん, プッチーニが, 一たび隔った, 一概にそうは, 不器用な, 人が, 人との, 人を, 仕方が, 何も, 何処までも, 佝僂かしらと, 加之に, 勉強した, 勝負事で, 半分ぐらい, 南側から, 右から, 同情せざる, 同輩と, 名前だけ, 向う側の, 土瓶が, 地面に, 大げさな, 大道具が, 小汚なかった, 少々観, 少しも, 屈辱の, 座談的筆致の, 座頭らしい, 意外だった, 時々こわがっ, 晦渋で, 流暢に, 父親にも, 病人に, 痛いという, 簾の, 終日山を, 網が, 胡麻摺りゃ, 自分から, 誠に困る, 誰と, 赤面し, 音楽も, 食事の, 駄目な

▼ 下手~ (102, 4.2%)

31 すると 15 すれば 7 やると 3 して, やれば 2 やらずに, 指さした, 流れる熊野川

1 [37件] あらそって, いくらか, うまさうに, こえて, したら寄手, したら手, するより, ねらって, まごつくと, まごつけァ, やって, やっては, やつて, やり出すの, ゴマ化す, マゴつけ, 云う余地, 只一眼, 向き畳む, 喞って, 定めんは, 廻つて庭へ, 打つたの, 指した, 眺めた, 見て, 見る, 見ると, 見分ける余裕, 踏まねば, 踏んで, 遣った, 遣ると, 間誤, 非難する, 顎で, 駛って

▼ 下手でも~ (49, 2.0%)

4 上手でも 3 三十一文字並べ 2 いいから, 何でも

1 [38件] い, いいと, いいのよ, さぞいい, すぐ小, その熱心さ, それが, とにかく兵隊, ないという, ほかの, よろしいが, 上手で, 十分な, 又不美人, 嘘だけは, 女子供でも, 已を, 必ず能, 文章が, 新しい形式, 日本の, 書く事, 構わないと, 構わん, 決して世, 決して逆, 活動と, 生を, 田無の, 白痴でも, 相当の, 素人でも, 絵の, 聞かれるもの, 自然の, 船頭ぐらいは, 話さずには, 體術の

▼ 下手~ (44, 1.8%)

6 下手なりに 2 上手の, 下手ながら

1 [34件] あったろうが, ありますけれども, いくらか聞きなれた, お構いなし, きわめて有名, しません, とにかくとして, ないと, べつとして, また風, やらない, やらぬ, ガラスの, 上手より, 下手で, 下手なり, 便所の, 兎も, 別として, 土手場で, 大坊主, 家の, 所謂文章, 抜きに, 断崖に, 梅松といふ, 海中央は, 湖水に, 瀬かげを, 玄関の, 相変らず, 襖, 誰にも, 食堂の

▼ 下手から~ (43, 1.8%)

2 出て, 出ると, 去る, 水際に, 説いて

1 [33件] おわびを, お世辞, かの女, さう, そう云い返した, ちょろちょろ流れ出, はいって, ひきずる様, 一匹の, 上手の, 少年少女が, 庭を, 庭伝ひ, 来て, 栄二けいより, 此方へ, 殆ん, 水面を, 流れて, 消える, 清姫が, 溜池の, 煽てたり, 登るもの, 第二, 舞台へ, 芸妓たちが, 菰を, 西の, 観るこの, 話し声が, 誤魔化すに, 貧し気

▼ 下手です~ (32, 1.3%)

3 から, もの 2 が, が正直一途, ね

1 [20件] からちぎれちぎれ, からとても, からなにか, から人様, から今朝, から似, から見物人, がお, がね内々武家方, が何となく, が吹矢, が大丈夫, が子供, が食糧, けどその, けどそれでも, しそれ, し文章, ね三尺柄, よ

▼ 下手~ (32, 1.3%)

4 入る 2 おりて, 歩き出す

1 [24件] はいって, よせて, ヴェルサイユ門の, 一直線に, 下がって, 下手へと, 十歩ばかり, 去る, 寄りて, 座敷, 廻った者, 廻らでは, 引っ込む, 引込むん, 来て, 歩み去って, 漕ぎくだつて行つた, 生駒, 繋いたサツパ, 行く, 追いやる, 退場した, 逃げ込んだので, 駆け出して

▼ 下手~ (26, 1.1%)

1 [26件] あって, あっても, あるん, ある濁つたの, いらぬ事, どうした, やると, わからずに, イヤ味に, 五六歩と, 分って, 分らず, 多いから, 多くあった, 奏しても, 少々上達, 滑稽味に, 漕ぐと, 画に, 畫に, 白い飛沫, 苦労を, 角道を, 造ったもの, 釣っても, 飛び付いて

▼ 下手~ (24, 1.0%)

3 申すもの, 評すること 2 いっても

1 [16件] ありても, いうよりも, いえども, いえば, ちがうのよ, 上手で, 上手の, 下手の, 二枚落を, 云つて悪けれ, 定めんは, 来て, 自分で, 蔑まれるそれら, 言つた, 語学の

▼ 下手もの~ (21, 0.9%)

2 の美

1 [19件] であって, である, と呼ん, なら天橋, にでも自分, に属する, に過ぎない, に魂, の味, の骨董品, は安く, ばかりだった, 好き, 料理の, 料理ばかり, 漫談, 覚えも, 趣味などという, 趣味の

▼ 下手だった~ (16, 0.7%)

1 [16件] からで, からである, が他, が南, が城介, ぜ, と見えまし, にしろ, ね, のかしら, のさ, のです, ので弾丸, ばっかりにこの, わけね, 為に

▼ 下手より~ (15, 0.6%)

2 登場

1 [13件] 上手へ, 二番目の, 五六の, 以前の, 出で, 出る, 夢遊病者の, 庭へ, 庭先へ, 急ぎ登場, 来りて, 物語りつつ, 退場

▼ 下手ながら~ (13, 0.5%)

1 [13件] これが, 一生懸命さが, 一種化物屋敷めいた, 互先で, 喜びに, 図に, 国風の, 恐しい, 愉しい絵入り, 撃剣は, 歌はずには, 歌ふ, 英大使も

▼ 下手である~ (12, 0.5%)

21 が弟, けれども自分一己, ことを, しその, というよう, とは決して, と怒, のを, 事が, 故一度

▼ 下手には~ (12, 0.5%)

2 青石峨々たる 1 吾妻橋を, 大きな桜, 書けるだろうが, 殊に熱心, 純ピラミッド形, 細かい砂, 見下せぬやつ, 触れられない, 進めぬ, 鰯粕の

▼ 下手~ (11, 0.4%)

3 上手か, 訳の 1 上手かの, 御存じない, 知らぬが, 解らなかった, 譯の

▼ 下手~ (11, 0.4%)

1 [11件] から来る, が想像, ではない, には呆れた, にわれ, ね, は何, は清げ, も深刻, をつづけ, を嘲り

▼ 下手~ (11, 0.4%)

6 糞な 2 糞だ 1 糞で, 糞です, 糞に

▼ 下手~ (11, 0.4%)

3 の方 1 から出, に出入口, の廊下, の波打際, の玄関, は夜眼, へ列車, へ消

▼ 下手~ (10, 0.4%)

2 のは 1 ことに, とか云う, のかな, ものだ, フランス語で, 下手いっ, 仕事を, 筈だ

▼ 下手~ (10, 0.4%)

2 上手も 1 あるであろうが, あるもの, きまろうという, その道に, なお科学, なかなか大切, 下手この, 有ツ

▼ 下手クソ~ (10, 0.4%)

2 な見えすいた 1 だけんど, だと, だろう, でありそして, な小説, な絵, はあらゆる, やない

▼ 下手する~ (8, 0.3%)

1 とこっち, と半殺し, と卑陋, と女神どころ, と戦争中, と無一文, と負ける, と間

▼ 下手という~ (8, 0.3%)

1 かわりに, ことは, ことも, ものか, ものと, ものは, ような, 者は

▼ 下手じゃ~ (7, 0.3%)

1 ありません, なあ, ないか, ないなと, ないよ, ないん, 駄目よ

▼ 下手なりに~ (7, 0.3%)

2 創作で 1 のんびりやつ, 人に, 句作そのものを, 吾が身, 踊つてやつた

▼ 下手~ (6, 0.2%)

21 とか犯人, ながら江戸追放, はお前達二人, を縛

▼ 下手~ (6, 0.2%)

1 とは一ヶ年, になる, に選ばれた, は車窓, もその, も競争

▼ 下手でした~ (5, 0.2%)

1 からいつ, がその, が帝展, が文学, そして声

▼ 下手~ (5, 0.2%)

1 と言う, なあ, もんで, 夕涼み, 言うて

▼ 下手~ (4, 0.2%)

1 するとしくじら, すると村中, すると次, マゴマゴすっ

▼ 下手かも~ (4, 0.2%)

1 わからなん, 勿論問題, 知れない, 知れないし

▼ 下手だつた~ (4, 0.2%)

1 がこの, が以前, ので数回, 為に

▼ 下手にも~ (4, 0.2%)

1 まぐれあたりの, 出所は, 斜に, 立樹二三その

▼ 下手寄り~ (4, 0.2%)

1 につくねんと, に依子, に出入口, に廊下

▼ 下手だの~ (3, 0.1%)

2 大根だ 1 針のは

▼ 下手であった~ (3, 0.1%)

1 ため訂正は, のは, 証拠だ

▼ 下手であり~ (3, 0.1%)

1 いつも仲間はずれ, 肝心な, 風雅の

▼ 下手でございます~ (3, 0.1%)

1 から唄, から溺れ, けれど弾きます

▼ 下手でない~ (3, 0.1%)

1 と思った, 私では, 聟だ

▼ 下手といふ~ (3, 0.1%)

1 なり, より爲方, 問題が

▼ 下手なら~ (3, 0.1%)

1 いくら鉄砲, 下手なりに, 人を

▼ 下手なり~ (3, 0.1%)

1 でまこと, ということ, といふ

▼ 下手なる~ (3, 0.1%)

1 ものの, ものや, 教材の

▼ 下手~ (3, 0.1%)

21 切甲源一刀流の

▼ 下手庭口~ (3, 0.1%)

1 からツカツカ, からワンピース, の方

▼ 下手さ加減~ (2, 0.1%)

1 がわかつた, はどう

▼ 下手すれ~ (2, 0.1%)

1 ば東京生れ, ば脳溢血

▼ 下手だって~ (2, 0.1%)

1 かまわない, 糸さえ

▼ 下手~ (2, 0.1%)

1 やけえ先生, やない

▼ 下手でし~ (2, 0.1%)

1 てなどう, てね

▼ 下手とか~ (2, 0.1%)

1 そんな区別以前, 邪道とか

▼ 下手とでは~ (2, 0.1%)

1 たいへん違います, 少くとも

▼ 下手ながらも~ (2, 0.1%)

1 尽して, 極めて正確

▼ 下手など~ (2, 0.1%)

1 まるで問題, 釣り人の

▼ 下手にばかり~ (2, 0.1%)

1 出て, 自分の

▼ 下手のみ~ (2, 0.1%)

1 道具を, 道具詮議を

▼ 下手ばかり~ (2, 0.1%)

1 で僕, で先生

▼ 下手まで~ (2, 0.1%)

1 ずっと春めかしく, 来て

▼ 下手~ (2, 0.1%)

1 おっちょこちょいの, まとめかたに

▼ 下手らしい~ (2, 0.1%)

1 が小舟, な

▼ 下手~ (2, 0.1%)

1 すれやあ, まごつくと

▼ 下手切り~ (2, 0.1%)

1 だ, の行なわれる

▼ 下手向き~ (2, 0.1%)

2 の白い

▼ 下手~ (2, 0.1%)

1 の子, をな

▼ 下手~ (2, 0.1%)

1 この島, 此の

▼ 下手~ (2, 0.1%)

1 の大, の大将

▼1* [140件]

下手あして崖, 下手あたりから上流, 下手いって嗤, 下手いというよりも, 下手いとも決める事, 下手いに違ない, 下手なはたき, 下手かは知らないが, 下手からとは何じゃ, 下手からは六三金と, 下手からも学んだ, 下手からよりもフリシュモンの, 下手退屈な, 下手くなって来た, 下手くなっちまったやうな, 下手くなるそうだ, 下手この上に, 下手ごぜえます仏蘭西語独逸語, 下手さおろかさ腹立たしいばかりぞ, 下手さその間のとれ, 下手さ加減でたらめにわれ, 下手すぎたし字, 下手すぎる私には, 下手だったろうね, 下手だろうねえ, 下手ゅうでも雉子と, 下手ちよいと男, 下手つくその意気地, 下手つてことになる, 下手であって理論的, 下手でありますが井上先生, 下手であろうともそれら, 下手でしょうがない, 下手でなくって文章, 下手ではござりませぬ知つて居ります, 下手ではござりませぬ知っております, 下手で困ると嘆息, 下手で弱るんだ, 下手で御座いましたが私, 下手で捕えた主題も, 下手で書きそこなった, 下手で落ちるのが, 下手で追掛ける事は, 下手とかいうのと, 下手ときてるから半日, 下手とで大層な, 下手との分るるところ, 下手どもにて心, 下手なおもゆしか, 下手ながらに著作を, 下手なこじつけに過ぎない, 下手なごとしたら袋た, 下手なつまらぬ手紙を, 下手などの話は, 下手なほめ方を, 下手なもそッと, 下手な云いわけには, 下手な囀りを聴かせた, 下手な拝み屋といふ, 下手な捕人の, 下手な曲ったような, 下手な殺し方を, 下手な突っ張りかたを, 下手な繕いをし, 下手な聞き様を, 下手な蹴つまずきをやっ, 下手な馬鹿げた事の, 下手にかはる松王が, 下手にかけて流れ行く, 下手にしかかけなくて, 下手について廻る本, 下手にて候, 下手にばっかり出て, 下手にまで達するよう, 下手にや余亦, 下手ばかりの故か, 下手ひとつでたいへん, 下手へと相寄り相, 下手まごつくと蛮人, 下手めかすのは, 下手ようように梢, 下手よりに出入口, 下手よりも一人の, 下手らしいですねあなた, 下手れいの有名人, 下手すつと, 下手棚に, 下手カスの芸, 下手くそな, 下手ッかすだが, 下手ッ糞に書いた, 下手ツ糞に書いた, 下手スカラオ婆チャンノヨウニ綺麗デハゴザイマセンケレド, 下手一段高き石畳, 下手上手にか, 下手以外の道, 下手余韻の長短等さまざま, 下手八畳の室, 下手出入口よりの月光, 下手半分と寝室, 下手及び中央と, 下手同志の弱, 下手名人と自称, 下手向う隅に, 下手吸いもののひとつ, 下手土間の隅, 下手売ったワ, 下手天幕の出口, 下手奥窓の下, 下手学問は無し, 下手対岸の蒼, 下手將棋を六番, 下手對岸の蒼, 下手或は不深切さ, 下手を打つ, 下手投残りは大刀, 下手料理と最高材料, 下手に階下, 下手無く大抵の, 下手珍味の類, 下手の辻, 下手だから, 下手窓下の椅子, 下手美食であること, 下手者間部詮勝を刺し, 下手舞台のつくる, 下手でござるか, 下手は一枚, 下手要塞の端, 下手談義を聞い, 下手謡曲に限っ, 下手謡曲家に捕まる, 下手の底, 下手象戯をのぞかれる, 下手距離の適不適, 下手と称する, 下手通りへ歩いた, 下手釣師と自ら, 下手長火鉢の側, 下手を引受ける